RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2008.12〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)Tetsuo Ichikawa and Naeko Kawamoto : New Magnetic Applications in Clinical Dentistry, --- Biological Effects of Magnetic Attachment on the Human Body and Tissue ---, Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Dec. 2004.
2)市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
2)Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
3)Kuniyoshi Abe, Shao-Liang Zhang, Taketomo Mitsui and Cheng-Hai Jin : A Variant of the ORTHOMIN(2) Method for Singular Linear Systems, Numerical Algorithms, Vol.36, No.3, 189-202, 2004.
4)Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
5)市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 : 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか, 補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年.
6)Chen Jain-rong, 岡 謙次, Hua Wei, 市川 哲雄 : Effect of surface treatment with commercial primers on tensile bone strength of auto-polymerizing resin to magnetic stainless steel, International Chinese Journal of Dentistry, Vol.5, No.1, 7-11, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大石 寧子 : 留学生センターの在り方と日本語教育, 留学交流, Vol.16, No.5, 10-13, 2004年.
2)坂田 浩, 前田 有香 : 異文化発達質問紙(IDI)を用いた多様性トレーニング効果の検証, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.1, No.1, 1-18, 2005年.
3)大石 寧子 : 終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用能力の係わり, 日本語教育方法研究会会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月.
2)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, 11-12, 2004年7月.
3)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
4)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 : 歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
2)大村 直幹, 本釜 聖子, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 機能水の歯科補綴領域への応用, 日本口腔機能水学会誌, Vol.6, No.1, 24-25, 2005年2月.
3)大石 寧子 : 「終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用の係わり」, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

(なし)

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1)丸山 尚子, 奥尾 祐子, 太田 暁子, 竹内 左有里, 濱田 美穂, 知花 美鈴, 石田 愛 : 21世紀を育み·生きるⅡ 21世紀を生きる·とくに女性の生涯発達の立場から, 三学出版, 大津, 2005年5月.
2)永田 俊彦, 二宮 雅美 : 歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---, 永末書店, 京都, 2005年12月.
3)上田 崇仁 : 第Ⅱ部第四章 朝鮮でラジオは何を教えたのか, --- ラジオを利用した「国語」教育 ---, 勉誠出版, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用, 日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
2)Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
3)大石 寧子 : 「国際協力という視点から見た留学生の日本語教育とその実践例」, 多摩留学生教育研究論集, No.5, 59-64, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)坂田 浩 : 「聞き手」からの英語スピーキング指導の可能性, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.2, No.2, 1-11, 2006年.
2)大石 寧子 : 「日本語教育と地域・学生サポーターとの係わり」, 「徳島大学留学生センター紀要」, Vol.1, No.1, 30-36, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
2)瀬戸 浩行, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の治療, Dental Diamond, Vol.30, No.12, 118-119, 2005年12月.
3)瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 : 実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態, クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Rosa G Paredes J, Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito, Chengjiu Yin, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : LOCH: Supporting Informal Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 182-186, Tokushima, Nov. 2005.
2)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)二宮 雅美, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例, 日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
2)Chie Wada, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effects of Cyclosporine A on the Remodeling of alveoalr Bone in Rats, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
3)Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata : Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
4)Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
5)田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 : Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
6)大石 慶二, 永田 俊彦 : 喫煙している慢性歯周炎患者に外科的歯周治療を行なった一症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.47, 241, 2005年9月.
7)大石 寧子 : 「地域と大学が生んだ日本語教育の一面とその実践」, --- -吉野川市におけるドイツ高校生の日本語·日本文化体験- ---, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.2, 16-17, 2005年9月.
8)和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
9)大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
10)山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
11)Yasuko OISHI : Supporting Informal Language Learning Outside the classroom mith Handhelds, Third IEEE International Workshop on Wireless Technologies in Educatio, 10-15, Nov. 2005.
12)瀬戸 浩行, 大場 博史, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : スタチンによるラット骨欠損部の石灰化促進作用について, 第4回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)上田 崇仁 : 植民地朝鮮におけるラジオ国語講座の特徴と放送内容, 2005年5月.
2)上田 崇仁 : 植民地朝鮮の「国語読本」からわかる歴史, --- 資料的価値の再検討 ---, 2005年8月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006.
2) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells, Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
3)Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
4)Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Arachidonic acid inhibits osteoblast differentiation through cytosolic phospholipase A2-dependent pathway., Oral Diseases, Vol.13, No.1, 32-39, 2007.
5)Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における副甲状腺ホルモンの局所投与による歯槽骨形成作用, 第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会記録集, 36, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)上田 崇仁 : 書評『植民地朝鮮の日本語教育 日本語による「同化」教育の成立過程』, 日本歴史, No.706, 122-125, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats, International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
2)Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin, Rosa G Paredes Juarez, Nobuji A Saito V, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : Supporting Mobile Language Learning outside Classrooms, Proc. of Sixth International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 928-932, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
3)Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and phosphorylation of p65NF-kB, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)大場 博史, 瀬戸 浩行, 徳永 格, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット頭蓋骨骨欠損におけるシンバスタチンの石灰化促進作用, 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
2)稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 : 2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与, 第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
3)大石 寧子 : 留学生センターにおける地域主導型プログラムの試み, 日本語教育方法研究会誌, Vol.13, No.2, 38-39, 2006年9月.
4)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 原因不明の歯髄炎様疼痛および抜歯後疼痛が長期間持続した1症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.49, 203, 2006年10月.
5)山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
6)山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
7)阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 野間 隆文, 永田 俊彦 : MAPK activation via ROS induces amelognin expression in the ameloblast-lineage cells, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年.
8)上田 崇仁 : ラジオを利用した日本語教育, 日本語教育史研究会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

(なし)

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1)上田 崇仁 : 『放送教本初等国語講座』に見る「国語」教育, 第一書房, 2007年6月.
2)細井 和雄, : 基礎歯科生理学 第5版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hiroaki Ogata, Gan Li Hui, Chengjiu Yin, Takahito UEDA, Yasuko OISHI and Yoneo Yano : LOCH: Supporting Mobile Language Learning Outside Classrooms, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.2, No.3, 271-282, 2008.
2)緒方 広明, 和田 誠, 上田 崇仁, 大石 寧子, 矢野 米雄 : LOCH:留学生のためのモバイル日本語学習支援システムの開発, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 220-228, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 効果的短期語学研修プログラムの開発を目指して, --- 異文化感受性質問紙(IDI)による短期語学研修の効果測定 ---, 徳島大学留学生センター紀要, 2008年.
2)Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : English: Do students need it? Do they want it?, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.4, No.4, 31-37, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)上田 崇仁 : 書評 「多仁安代著『日本語教育と近代日本』」, 植民地教育史研究年報, No.9, 194-198, 2007年4月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Makoto Wada, Hiroaki Ogata, Li Hui Gan, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Implementation of Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, Vol.1, 48-52, Hiroshima, Nov. 2007.
2)Li Hui Gan, Hiroaki Ogata, Makoto Wada, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Language Learning Outside the Classroom with Handhelds with Knowledge Management, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 361-368, Hiroshima, Nov. 2007.
3)上田 崇仁 : 植民地朝鮮の教育-日本語初習時期に注目して, 2007年12月.
4)上田 崇仁 : 朝鮮総督府「国語読本」と国定「国語読本」を比較して見えるもの, 東京, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, アズリナ アハマド, カラバシル ミレーバ, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Transient increase in IL-6 by duct ligation leading to continuous elevation of Sca-1, a stem cells marker, in the mouse submandibular gland, 第49回歯科基礎医学会学術大会, Aug. 2007.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)細井 和雄 : 口の中は唾液腺によって守られている, とくtalk 徳大広報, No.129, 5-6, 2007年10月.
2)細井 和雄 : 留学生交流の意義, 徳島大学留学生センターニュース, No.9, 2007年11月.
3)細井 和雄 : 地域に根ざした国際化の推進, 徳島大学留学生センターニュース, No.10, 2008年3月.
4)細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学留学生センター紀要第3号・年報第4号 2007年度, No.3/4, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20081200 20090399" @.organization=\E{185114}}

2008年度(平成20年度) / 著書

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Xuefei Li, Ahmad Azlina, Mileva Ratko Karabasil, Nunuk Purwanti, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Degradation of submandibular gland AQP5 by parasympathetic denervation of chorda tympani and its recovery by cevimeline, an M3 muscarinic agonist, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.295, No.1, G112-G123, 2008.
2)Shingo Kurabuchi, Edward W Gresik, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Hypophysectomy and hormonal therapy modulate mK1-immunoreactive duct cells in the mice sublingual glands, Journal of Molecular Histology, Vol.39, No.5, 499-507, 2008.
3)Tetsuya Akamatsu, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Inhibition and transcriptional silencing of a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4/SPC4, reduces the branching morphogenesis of and AQP5 expression in rat embryonic submandibular gland, Developmental Biology, Vol.325, No.2, 434-443, 2009.
4)Shingo Kurabuchi and Kazuo Hosoi : Immunocytochemical study of granular duct cells with a hormonally enhanced granular cell phenotype in the mouse parotid gland, Odontology, Vol.97, No.1, 57-61, 2009.
5)Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Javkhlan Purevjav, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Trafficking of GFP-AQP5 chimeric proteins conferred with unphosphorylated amino acids at their PKA-target motif (152SRRTS) in MDCK-II cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1, 2, 55-63, 2009.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)中野 雅德, 細井 和雄, 伊賀 弘起 : 朝鮮大学校歯科大学訪問の報告, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 287-288, 2008年.
2)橋本 智, 大石 寧子 : ペン入力PCを活用したクラス活動の試み-日本語クラスでのタブレットPCの使用, 日本語教育方法論研究会誌, Vol.15, No.2, 26-27, 2008年.
3)Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Initial Investigation of a Meaningful Language Learning Center in the Making, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
4)Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Fostering Teacher-Learner Interaction in the Classroom, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
5)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 大学英語教育におけるTask-Basedlnstruction(TBI)の可能性と限界, 徳島大学国際センター紀要, No.5, 15-23, 2009年.
6)竹内 利夫, 三隅 友子, 橋本 智 : 美術館の鑑賞支援プログラムとの連携-美術作品を通した学習の可能性, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 17-24, 2009年.
7)橋本 智, 石田 愛 : 言語運用能力とは?-日本語クラスで求められる能力, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 38-42, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara, Kenji Kume, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Hiroshi Sakata and Yoneo Yano : Student Centered Method to Create Learning Materials for Niche-Learning, IADIS Multimedia Conference on Computer Science and Information Systems Proceedings of e-Learning 2008, Vol.Vol.1, 177-184, Amsterdam, Jul. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

(なし)

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)光原 弘幸, 松本 純子, 魚崎 典子, 勅使河原 三保子, 福田 利久 スティーブ, 坂田 浩, 久米 健司, 矢野 米雄 : Niche-Learning: 学生の休憩時間に着目した教材配信, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 2008年10月.
2)細井 和雄 : 大学教育の国際化加速プログラム-サマープログラム2008-, HBS研究部だより, Vol.9, 2008年10月.
3)細井 和雄 : 国際センターへの改組に向けて⋯, 徳島大学国際センターパンフレット, 2008年12月.
4)細井 和雄 : Greeting from the director, Facilitating academic partnership with other universities around the world, The University of Tokushima International Center pamphlet, 2009年.
5)細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学国際センター 紀要第4号・年報第5号 2008年度, No.4/5, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)細井 和雄, 金森 憲雄, 赤松 徹也, 姚 陳娟 : 外分泌腺における水チャネル,特にアクアポリン5の発現と機能調節の分子機構, 平成18年度-平成20年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 徳島, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{185114}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)大石 寧子 : 「使える会話」, 徳島大学国際センター, 徳島, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Bin Hou, Satoshi Hashimoto, Noriko Uosaki, Yuqin Liu and Yoneo Yano : Development of Adaptive Kanji Learning System for Mobile Phone, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.8, No.4, 29-41, 2010.
2)福田 利久 スティーブ, 坂田 浩 : 学習方略形成を中心とした英語授業に関する一考察, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, 30-40, 2010年.
3)福田 利久 スティーブ, 坂田 浩 : 学生の授業外学習時間の現状とこれからの課題, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 138-146, 2010年.
4)Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Fostering Autonomy through Dialogue, --- Is Counselor-learner Dialogue the Key in Fostering Learner Autonomy? Investigating Effective Approaches for Self-access Language Learning Centers ---, Hyperion, Vol.56, 1-18, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : セルフ・コーチングに基づく自律英語学習支援に関する一考察, --- 大学生向け自律英語学習支援教材(Learning How to Learn)の概要 ---, 徳島大学国際センター紀要, Vol.6, No.6, 5-11, 2010年.
2)大石 寧子, 橋本 智 : 教科書から飛び出した日本語教育-使える日本語への手立て, 全学FD大学教育カンファレンス発表抄録集, 48-49, 2010年.
3)大石 寧子 : 「就職支援のためのプロジェクト・ワーク-アジア人財コースPBL型授業-」, 徳島大学国際センター紀要, No.5, 2010年.
4)橋本 智, 村上 和義 : インターンシップの取り組み-アジア人財資金構想における役割, 徳島大学国際センター紀要, Vol.5, 44-49, 2010年.
5)橋本 智, 山木 眞理子, 古賀 美千留 : 新しい映像教材の開発を目指して-学習者の専門に配慮した授業の試み, 徳島大学国際センター紀要, Vol.5, 34-43, 2010年.
6)橋本 智, 三隅 友子, 金 成海 : 共創型学習活動の可能性-国際交流の扉を拓く, 徳島大学国際センター紀要, Vol.5, 15-23, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Kazumi Takaishi, Shigemasa Tomioka, Fumiaki Kawano and Kazuo Hosoi : Local anesthetics inhibit bradykinin-stimulated increment of [Ca2+]i in cultured bovine aortic endothelial cells, The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Oct. 2009.
2)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Satoshi Hashimoto and Yoneo Yano : Adaptive Kanji Learning Using Mobile-based Email, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 94-98, Hong Kong, Nov. 2009.
3)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Satoshi Hashimoto and Yoneo Yano : Adaptive Kanji Learning Using Mobile-based Email, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 520-526, Hong Kong, Nov. 2009.
4)Kazuo Hosoi, Masataka Murakami and Ivana Novak : The report on the 11th international symposium on exocrine secretion, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 171-178, Tokushima, Dec. 2009.
5)Shingo Kurabuchi, Takanori Matsuoka and Kazuo Hosoi : Hormone-induced granular convoluted tubule-like cells in mouse parotid gland, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 290-295, Tokushima, Dec. 2009.
6)Chun Wang, Gang Chen, Junkang Jiang, Lianglin Qiu, Kazuo Hosoi and Chenjuan Yao : Aquaglyceroporins are involved in uptake of arsenite into murine gastrointestinal tissues, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 343-346, Tokushima, Dec. 2009.
7)Tetsuya Akamatsu, Azlina Ahmad, Purevjav Javkhlan, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Salivary Gland Development: Its mediation by a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 241-246, Tokushima, Dec. 2009.
8)Nunuk Purwanti, Azlina Ahmad, Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Involvement of the IL-6/STAT3/Sca-1 system in proliferation of duct cells following duct ligation in the submandibular gland of mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 253-254, Tokushima, Dec. 2009.
9)Azlina Ahmad, Xuefei Li, Purevjav Javkhlan, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Down-regulation of submandibular gland AQP5 following parasympathetic denervation in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 273-276, Tokushima, Dec. 2009.
10)Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Azlina Ahmad, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi : Induction of calprotectin mRNAs by lipopolysaccharide in the salivary gland of mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 287-289, Tokushima, Dec. 2009.
11)Mileva Ratko Karabasil, Kwartarini Murdiastuti, Nunuk Purwanti, Azlina Ahmad, Javkhlan Purevjav, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Effects of natural point mutation of rat aquaporin 5 expressed in vitro on its capacity of water permeability and membrane trafficking, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 398-400, Tokushima, Dec. 2009.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)三隅 友子, 安永 悟 : 「協同学習の理念と技法を学ぶ∼学生の変化・成長を促す授業づくり∼」, 平成21年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2010年3月.
2)三隅 友子 : 「大学と地域を結ぶ教育活動―吉野川プロジェクト・徳島を<食べる!>プロジェクト」, 平成21年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)細井 和雄 : 国際センター長からのご挨拶, 徳島大学国際センターニュース, No.12, 2009年11月.
2)細井 和雄 : 第11回外分泌腺機能国際シンポジウム開催報告, HBS研究部だより, Vol.11, 2009年11月.
3)細井 和雄 : 国際センター長からのご挨拶―この1年を振り返ってー, 徳島大学国際センターニュース, No.13, 2010年3月.
4)細井 和雄 : 寄稿 法人化第1期終了によせて「国際化事業に携わって」, 躍進する徳島大学 法人化第1期の歩み(2004-2010), 2010年3月.
5)細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学国際センター 紀要第5号・年報第6号 2009年度, No.5/6, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{185114}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)大石 寧子 : 「にほんご これだけ!1」, ココ出版, 東京, 2010年5月.
2)福井 清 : ビタミン総合事典, --- Ⅱ水溶性ビタミン 2.ビタミンB2 2.6疾患との関連 ---, 朝倉書店, 東京, 2010年11月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Seongpil Chung, Motoshige Miyano, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia, Journal of Psychopharmacology, Vol.24, No.7, 1055-1067, 2010.
2)Nam Hoang Tran, Takashi Sakai, Sun Mi Kim and Kiyoshi Fukui : NF-B regulates the expression of Nucling, a novel apoptosis regulator, with involvement of proteasome and caspase for its degradation, The Journal of Biochemistry, Vol.148, No.5, 573-580, 2010.
3)Rabab Mohamed Abou El-Magd, Chizuru Sasaki, Tomoya Kawazoe, Salah M. El-Sayed, Kazuko YORITA, Yuji Shishido, Takashi Sakai, Yoshitoshi Nakamura and Kiyoshi Fukui : Bioprocess development of the production of the mutant P-219-L human D-amino acid oxidase for high soluble fraction expression in recombinant Escherichia coli, Biochemical Engineering Journal, Vol.52, No.2-3, 236-247, 2010.
4)Seongpil Chung, Sogabe Kimiko, Hwan Ki Park, Ying Song, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Potential cytotoxic effect of hydroxypyruvate produced from D-serine by astroglial D-amino acid oxidase, The Journal of Biochemistry, Vol.148, No.6, 743-753, 2010.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育-まほろば国際プロジェクト3年の活動を経て-, 第23回日本語教育連絡会議報告発表論文集, No.23, 159-168, 2011年.
2)三隅 友子, 竹内 利夫 : 美術作品を通した学習の可能性 -共通教育日本語「日本人への提言」を通して-, 国際センター紀要, No.6, 20-30, 2011年.
3)神崎 道太郎, 向井 留美子, 橋本 智, 正楽 藍 : ビジネス日本語とアカデミック・ジャパニーズの比較分析, 第13回専門日本語教育学会研究討論会誌, 21-22, 2011年.
4)神崎 道太郎, 向井 留美子, 橋本 智, 正楽 藍 : ビジネス日本語教育とアカデミックジャパニーズ教育との比較から示唆される授業実践への手がかり, 日本語教育方法論研究会誌, Vol.18, No.1, 10-11, 2011年.
5)大石 寧子 : 「日本語教育研究者の受け入れ-そこから見えてきたもの-」, 徳島大学国際センター紀要, No.7, 16-19, 2011年.
6)橋本 智 : アジア人財コースの自立化を目指した試行授業-共通教育科目への取り込み, 徳島大学国際センター紀要, Vol.6, 1-4, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Bin Hou, Satoshi Hashimoto, Noriko Uosaki, Yuqin Liu and Yoneo Yano : Development of Adaptive Vocabulary Learning via Mobile phone Email, Proceeding of The 6th IEEE International Conference on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education, 34-41, Kaohsiung, Taiwan, Apr. 2010.
2)大石 寧子 : 「『使える』が実感できる教材作成-教師側の意図と学習者の反応」, 世界日本語教育大会, 台湾, 2010年7月.
3)三隅 友子 : 「地域と作る演劇と日本語教育∼まほろば国際プロジェクトⅠⅡⅢ∼」, 日本語教育学世界大会2010, 2010年8月.
4)三隅 友子 : 「地域と作る演劇と日本語教育∼まほろば国際プロジェクトⅠⅡⅢ∼」, 第23回日本語教育連絡会議, 2010年8月.
5)Sun Mi Kim, Takashi Sakai, Nam Hoang Tran and Kiyoshi Fukui : Physiological Function of a Novel NF-B-Regulating Molecule, Nucling, in Immune System, the 12th IUBMB Conference, the 21st FAOBMB Conference and the ComBio2010 meeting, Melbourne, Sep. 2010.
6)Kiyoshi Fukui, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Sanae Iwana, Tomoya Kawazoe, Seongpil Chung, Ying Song, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : D-amino acid oxidase: pathophysiological basis and molecular target for schizophrenia, the 12th IUBMB Conference, the 21st FAOBMB Conference and the ComBio2010 meeting, Melbourne, Sep. 2010.
7)Takashi Sakai, Li Liu, Nam Hoang Tran, Sun Mi Kim and Kiyoshi Fukui : Nucling a novel apoptosis-associating protein, regulates NF-B pathway, the 12th IUBMB Conference, the 21st FAOBMB Conference and the ComBio2010 meeting, Melbourne, Sep. 2010.
8)Kiyoshi Fukui : Enzyme Pathophysiology on D-Amino Acid Metabolism and Apoptosis: Molecular Targets for Schizophrenia and Neurodegeneration, Enzyme Research Forum 2011 in Nantong University, 南通市, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)チャン ホアン ナム, 坂井 隆志, 金 善美, 福井 清 : 新規アポトーシス制御分子 Nucling は NF-κB,プロテアソーム及びカスパーゼに制御される, 第51回日本生化学会中国四国支部例会, 2010年5月.
2)宋 瑩, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : D-セリン代謝システムにおける D-アミノ酸酸化酵素の役割及び代謝産物の細胞毒性, 第51回日本生化学会中国四国支部例会, 2010年5月.
3)鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 曽我部 公子, 小野 公嗣, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : アストログリア細胞内のD-セリン代謝システムにおけるD-アミノ酸酸化酵素の役割及び代謝産物の細胞死誘導活性, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月.
4)小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 脈絡叢におけるD-アミノ酸酸化酵素発現の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月.
5)佐古 有季哉, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 福井 清 : 新規アポトーシス誘導因子Nuclingのホモシステイン代謝系における関与, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月.
6)大石 寧子 : 「運用につなげる日本語教育」, 第5回日本語教育シンポジウム, 2010年7月.
7)三隅 友子 : 「大学における演劇を教育活動とする試みー異文化理解の視点からー」, 国際表現言語学会第三回大会, 2010年8月.
8)三隅 友子 : 「ドラマを利用した日本語・日本文化教育のための教材と授業デザイン」, 2010年度日本語教育学会秋季大会, 2010年10月.
9)モハメド エルサイード サラ, モハメド アブ エルマグド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピルビン酸の解糖系への阻害作用が増強される, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
10)金 善美, 坂井 隆志, チャン ホアン ナム, 福井 清 : Physiological Function of a novel NF-B-regulating molecule, NUCLING, in Immune system, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
11)チャン ホアン ナム, 坂井 隆志, 金 善美, 福井 清 : Intracellular metabolism of Nucling, a novel apoptosis regulator, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
12)鄭 丞弼, 曽我部 公子, 朴 煥埼, 宋 瑩, 小野 公嗣, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : Potential cytotoxic effect of hydroxypyruvate produced from D-serine by astroglial D-amino acid oxidase, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
13)三隅 友子 : 「教師のための『教える・学ぶ・ケアする』」, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 於徳島大学, 2011年1月.
14)大石 寧子 : 大学における日本語教育①-プロジェクト型日本語教育の効果」, 全学FD大学カンファレンスin徳島, 2011年1月.
15)福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素をターゲットとした疾患酵素学研究とその方法論, 第1回酵素学講習会(酵素学ウインタースクール), 2011年1月.
16)鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : D-セリン代謝産物ヒドロキシピルビン酸の細胞死誘導活性, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会 日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会 合同講演会, 2011年1月.
17)Salah El-Sayed Mohamed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : DAO gene therapy sensitizes glioma cell selectively to anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会 日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会 合同講演会, Jan. 2011.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)大石 寧子, 細井 和雄 : 2.4国際交流,2.4.1国際センター, 徳島大学60周年史, 97-99, 2010年6月.
2)福井 清 : D-アミノ酸代謝システムによる脳機能制御に関する医学応用酵素学研究, 日本応用酵素協会第36回研究発表会, 2010年11月.
3)福井 清 : D-アミノ酸代謝の病態システム酵素学:D-アミノ酸酸化酵素と精神神経疾患, 第32回日本トリプトファン研究会学術集会, 2010年12月.
4)三隅 友子 : 「実習教育を協同学習の観点から捉え直す-日本語教育演習・日本語教材研究の実践から-」, 平成22年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{185114}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)岩田 一成, 森 篤嗣, 大石 寧子 : 「にほんご これだけ!2, ココ出版, 東京, 2011年10月.
2)Hiroshi Sakata and Steve Toshihisa Fukuda : Advising Language Learners in Large Classes to Promote Learner Autonomy, IATEFL (International Association of Teachers of English as a Foreign Language), 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Sakata and Mitsue Takeuchi : Facilitating Autonomy to Enhance Motivation: Examining the Effects of a Guided-Autonomy Syllabus, Electronic Journal of Foreign Language Teaching, Vol.8, No.1, 71-86, 2011.
2)福田 利久 スティーブ, 坂田 浩 : 学生の視点から見た学習環境の改善のすすめ, --- Self-Access Center利用者の調査結果から ---, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 114-122, 2012年.
3)Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate, Cancer Gene Therapy, Vol.19, No.1, 1-18, 2012.
4)福井 清 : D-アミノ酸代謝酵素システムの機能と構造に関する疾患酵素学研究, ビタミン, Vol.86, No.2, 63-73, 2012年.
5)Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou EL-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : 3-Bromopyruvate antagonizes effects of lactate and pyruvate, synergizes with citrate and exerts novel anti-glioma effects, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.1, 61-79, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)橋本 智 : 大学における日本語教育② 「わかる」ではおわらない,「できる」授業へ, 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 52-53, 2012年.
2)三隅 友子, 生駒 佳也(徳島市立高校) : 地域の国際化を目指す高大連携の可能性-交流活動のもたらすもの-, 徳島大学国際センター紀要, Vol.2011, No.7, 25-32, 2012年.
3)三隅 友子 : プロジェクトワーク再考-新たな日本語教育の可能性-, 第24回日本語教育連絡会議報告発表論文集, No.24, 99-108, 2012年.
4)橋本 智, 山木 朝彦, 山木 眞理子, 古賀 美千留 : Visual Thinking Strategies (VTS)の日本語教育への応用を考える, 日本語教育方法研究会誌, Vol.19, No.1, 2-3, 2012年.
5)橋本 智 : ビジネス日本語とアカデミックジャパニーズの連続性について-大学におけるビジネス日本語教育の一考察-, 徳島大学国際センター紀要, Vol.2011, 1-7, 2012年.
6)大石 寧子 : 日本事情」コースにおけるプロジェクトタイプの試み, --- -「留学生のための生活ハンドブック-徳島大学へようこそ」の作成を通して- ---, 徳島大学国際センター紀要 2011年度, 19-24, 2012年.
7)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 継続的英語自律学習を支援するためのワークシート Learning How to Learn と自己評価用紙の作成について, 2011年 徳島大学国際センター 紀要・年報, 14-24, 2012年.
8)三隅 友子, 大橋 眞 : 交流と対話を通した学内の連携を考える-「異文化交流の体験から何を学ぶのか」と「日本事情Ⅳ」の連携, 徳島大学国際センター紀要, 31-43, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)Norihiro Shibuya, Mari Ishigami, Mariko Tanaka, Yuka Kimura, Yuki Ogasawara, Kiyoshi Fukui and Hideo Kimura : Another Pathway to produce hydrogen sulfide in the brain, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.Suppl.1, 104, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)三隅 友子 : 「プロジェクトワーク再考」, 第24回 日本語教育連絡会議, 2011年8月.
2)三隅 友子 : 「映画・ドラマを通した『学び』の可能性∼対話を中心とした授業デザイン∼」, 2011年 日本語教育国際研究大会口頭発表, 2011年8月.
3)大石 寧子 : 就職支援の日本語-『大人になるための日本語』の視点から」, 日本語教育国際研究大会(ICJLE天津), 2011年8月.
4)Kiyoshi Fukui, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Koji Ono, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Kumiko Shinohara, Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Modulation of D-amino acid oxidase activity as a novel strategy for the treatment of psychiatric disorders, Function and dysfunction of D-amino acids in the central nervous system, Tokyo, Sep. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)金 善美, 坂井 隆志, 佐古 有季哉, 福井 清 : 新規 NF-kB 制御分子ヌクリングの免疫系における役割の検討, 第52回 日本生化学会中国・四国支部例会・シンポジウム, 2011年5月.
2)Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate, 第52回 日本生化学会中国・四国支部例会・シンポジウム, May 2011.
3)福井 清, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, エルサイード モハメド サラ, 篠原 久美子, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志 : D-アミノ酸酸化酵素の活性制御による新規精神神経疾患治療戦略, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
4)宍戸 裕二, 宋 瑩, 篠原 久美子, アブ エルマグド モハメド ラバブ, チャン ホン ディエム, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : グリア細胞における D‒アミノ酸酸化酵素の機能解析, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
5)鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : アストログリア細胞内の D-アミノ酸酸化酵素により D-セリンから産生されるヒ ドロキシピルビン酸の細胞死誘導活性, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
6)エルサイード モハメド サラ, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピル ビン酸の解糖系への阻害作用が増強される, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
7)坂井 隆志, 金 善美, チャン ホアン ナム, 福井 清 : 新規アポトーシス/NF-κB制御分子ヌクリングの機能解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
8)宍戸 裕二, 宋 瑩, 篠原 久美子, チャン ホン ディエム, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : ヒトD-アミノ酸酸化酵素のグリア細胞内における機能解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
9)Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : Combination of oxidative stress and energy depletion induced significant glioma cell death, The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Sep. 2011.
10)福井 清, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, エルサイード モハメド サラ, チャン ホン ディエム, 篠原 久美子, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志 : D-アミノ酸代謝システムの活性制御による新規精神神経疾患治療戦略, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
11)福井 清 : D-アミノ酸代謝酵素システムの活性制御による新規精神神経疾患治療薬の開発戦略, 第3回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウム, 2011年10月.
12)三隅 友子 : 地域型日本語教室の展望-板橋区『ことばのひろば』20年の活動, 日本語教育, 2011年11月.
13)Norihiro Shibuya, Mari Ishigami, Mariko Tanaka, Yuka Kimura, Yuki Ogasawara, Kiyoshi Fukui and Hideo Kimura : Another Pathway to produce hydrogen sulfide in the brain, 第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)Kiyoshi Fukui : D-AMINO ACID OXIDASE : PATHOPHYSIOLOGICAL BASIS AND MOLECULAR TARGET FOR SCHIZOPHRENIA, 26th KITASATO MICROBIAL CHEMISTRY (KMC) FRONTIER SEMINAR, Jul. 2011.
2)三隅 友子 : 共通教育賞から学ぶ, 徳島大学FD/SDセミナー, 2011年9月.
3)福井 清 : D―アミノ酸酸化酵素を用いたグリオーマの遺伝子治療戦略, 第426回ビタミンB研究協議会, 2011年11月.
4)福井 清 : D​-​ア​ミ​ノ​酸​代​謝​シ​ス​テ​ム​の​活​性​制​御​に​よ​る​新​規​精​神​神​経​疾​患​治​療​薬​の​開​発​戦​略​, 日本応用酵素協会第37回研究発表会, 2011年11月.
5)若松 清江, 境 泉洋, 佐藤 健二, 川野 卓二, 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 日本語版Mindful Attention Awareness Scale(MAAS)の開発:注意機能とマインドフルネスおよび抑うつとの関連についての検討, 日本行動療法学会第37回大会発表論文集, 462-463, 2011年11月.
6)福井 清 : 酸化ストレス誘導系と解糖系を分子標的としたD-アミノ酸酸化酵素遺伝子による グリオーマ治療法, 第427回ビタミンB研究協議会, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{185114}}

2012年度(平成24年度) / 著書

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
2)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from Desmodium caudatum and evaluation of their anti-MRSA activity., Phytochemistry, Vol.82, 136-142, 2012.
3)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from the roots of Desmodium caudatum and evaluation of their antifungal activity., Planta Medica, Vol.78, No.17, 1851-1856, 2012.
4)Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi : New sesquiterpene lactone glucosides from the roots of Ferula varia., Phytochemistry Letters, Vol.5, No.4, 729-733, 2012.
5)Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Michiko Sekiya, Yoshihiko Hatano, Yoshihisa Takaishi and Yasumasa Ikeshiro : Structural elucidation and biological fate of two glucuronyl metabolites of pelargonidin 3-O--D-glucopyranoside in rats., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.61, No.3, 569-578, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)橋本 智 : 4MATシステムと日本語教育, 徳島大学国際センター紀要, 1-6, 2013年.
2)大石 寧子 : 日本語教育を支援する「サポーター」の現状と課題, 2012年度徳島大学国際センター, P19-P24, 2013年.
3)三隅 友子, 保坂 敏子, 門脇 薫 : 「映像作品を利用した日本語教育の体系化に向けて」, 徳島大学国際センター紀要8号, 47-59, 2013年.
4)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 継続的自律英語学習におけるネガティブな感情への対応:マインドフルネスを中心とした対応の可能性を探る, 2012年度 徳島大学国際センター紀要・年報, 7-19, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Sasaki Hisako, Sato Hisayo, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Hirofumi Shibata, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : Studies on the constituents of Cudrania tricuspidata, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
2)Kurimoto Shin-ichiro, Pu Jian-Xin, Sun Han-Dong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Sesterterpenoids and diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
3)Ishii Yasuyo, Kim Sang-Yong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hydroxycinnamoyl 1,2-dihydro¬furo[3,2-e]tryptamine derivatives from defatted safflower seeds., International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)三隅 友子 : 映像作品を利用した日本語教育と授業デザイン-授業を通した気づき-, 2012年ICJLE日本語教育国際研究大会, 2012年8月.
2)栗本 慎 一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(1), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
3)金子 礼, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiaの成分について(2)—, 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
4)石井 康世, 中野 扶佐子, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含まれる機能性成分の探索研究(4), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
5)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究, 第54回天然有機化合物討論会, 2012年9月.
6)三隅 友子, 竹内 利夫(徳島県立近代美術館・学芸員) : 美術作品を通した学習の可能性-日本語教育と美術鑑賞教育の協働-, 第4回協働実践研究会, 2012年9月.
7)三隅 友子, 大橋 眞 : 交流と対話を通した学内の協同・連携を考える, 日本協同教育学会第9回全国大会予稿集, 2012年9月.
8)中野 扶佐子, 高石 喜久, 位上 健太郎, 下条 洋輔, 宮﨑 寿次, 柏田 良樹 : 発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制成分の探索, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
9)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjaragal, Damdinjv Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(1) —Sanguisorba officinalis花部の成分研究(1) —, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
10)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : Cymbidium Great Flower葉部の成分研究, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
11)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(6), 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
12)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(17) —Gentiana rigescens根の成分研究(1)—, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
13)大石 寧子 : 「大学における日本語教育①-プロジェクト型日本語教育の効果-」, 全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2013年1月.
14)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(3), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
15)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(18) —Gentiana rigescens根の成分研究(2)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
16)中野 扶佐子, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(19)—Saussurea lanicepsの成分研究(1)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
17)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサン葉の成分について(5), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
18)吉川 和子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 博, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子, 橋本 敏弘 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサンの葉のNO酸性抑制活性成分(2), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
19)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(7), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)大石 寧子 : サマースクールにおける地域及び日本人学生との連携の試みーそれぞれの国際化への入り口ー, 日本語教育方法研究会誌, Vol.20, No.1, P90-P91, 2013年3月.
2)大石 寧子 : 「サマースクールにおける地域及び日本人学生との連携の試み-それぞれの国際化への入口-」, 日本語教育方法研究会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

1)橋本 智 : VTSの日本語教育への具体的な援用と実践, 科研費研究報告書, 17-30, 2013年3月.

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{185114}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)Steve Toshihisa Fukuda, Pope J. Christopher, Hiroshi Sakata and Takaki Fukumori : I Am Me !: Getting to Know Yourself through Language Lerarning, Perceptia Press, 2014.
2)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 継続的自律英語学習ワークシート, 徳島大学生協, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch., Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
2)Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb., Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
3)Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada : Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae)., Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)橋本 智 : 日本語教育における「ファシリテータ」の役割, 2013年度徳島大学国際センター紀要, 17-22, 2014年.
2)三隅 友子 : 映像作品を利用した構成主義に基づく授業デザイン, 2013年度 国際センター 紀要, 1-10, 2014年.
3)三隅 友子 : 地域の国際化を目指す高大連携の可能性Ⅱ, 2013年度 国際センター 紀要, 35-49, 2014年.
4)坂田 浩, 福田 利久 スティーブ, ポープ クリストファー : 継続的自律英語学習の支援を目的とした授業における自己評価ワークシートの作成について, 2013年度 徳島大学国際センター紀要・年報, 23-34, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)三隅 友子, 竹内 利夫 : 絵の身になって鑑賞しよう -よーいアクション!-, 国際表現言語学会, 2013年12月.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)大石 寧子 : プロジェクトワーク型日本語教育ー「留学生のための生活ハンドブック」作成を通してー, 第61回中国・四国地区大学教育研究会, Vol.61, 2013年6月.
2)三隅 友子 : きんびセミナー「ドイツ紀行」, 日本語教育, 2013年7月.
3)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4), 日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
4)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-, 日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
5)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-, 日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
6)佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-, 日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
7)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究, 日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
8)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 : キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究, 第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
9)橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 : シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
10)小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
11)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
12)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
13)大石 寧子 : 「国際理解教育」を踏まえた小学校と大学の協働ー日本語教育の効果的なかかわり方の模索例を通してー, 第42回日本語教育方法研究会, Vol.42, 2014年3月.
14)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6), 日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
15)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
16)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
17)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
18)武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)三隅 友子 : 多文化共生とわたしたち, 講義, 2013年7月.
2)三隅 友子 : 日本語支援のための異文化理解と外国語としての日本語, JTM日本語指導養成セミナー, 2013年9月.
3)三隅 友子, 仙石 桂子 : 教育にインプロを取り入れよう!, 大学教育カンファレンス, 42-43, 2013年12月.
4)三隅 友子 : 教養教育におけるコミュニケーション教育, 京都大学高等教育研究開発推進センター, 2014年3月.
5)三隅 友子 : プロジェクトワークの力, 北海道大学留学生センター, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1)橋本 智 : VTSは日本語教育でどのように応用できるか, アート・コミュニケーション・プロジェクト報告書, 213-214, 2013年5月.

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{185114}}

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)橋本 智, 坂田 浩 : アクティブラーニングを取り入れた授業∼外国人留学生と日本人学生混在の授業での試行, 2014年度徳島大学国際センター紀要, 13-18, 2015年.
2)三隅 友子, 大橋 眞 : 共生社会を支える教養教育の可能性Ⅰ-パフォーマティブ・ラーニングを導入する-, 徳島大学国際センター紀要, Vol.2014, 1-12, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育2014 -プロジェクトワークの視点から-, 第18回ヨーロッパ日本語教師学会, 2014年8月.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-, 日本語教育学会四国地区第7回研究集会, 2014年10月.
2)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-, 日本語教育学会四国地区第7回研究集会, 2014年10月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)細井 和雄 : 留学生受入の意義, 徳島大学国際センターニュース, No.22, 2014年8月.
2)三隅 友子 : 「留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-」, 日本語教育学会, 2014年10月.
3)三隅 友子, 仙石 桂子 : 教育にインプロを取り入れよう! 自らの教育活動に活かすには?, 大学教育カンファレンス, 12-13, 2014年12月.
4)三隅 友子, 仙石 桂子 : 「教育にインプロを取り入れよう! 自らの教育活動に活かすには?」, 大学教育カンファレンスin 徳島, 12-13, 2014年12月.
5)細井 和雄 : 渡目前入学許可, 徳島大学国際センターニュース, No.23, 2015年2月.
6)細井 和雄 : 巻頭言, 2014 年度 徳島大学国際センター紀要・年報, 2015年3月.
7)細井 和雄 : 「はじめに」, 徳島大学国際センター 外部評価 報告書, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{185114}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1)三隅 友子, 渡部 淳 : 「教育プレゼンテーション」, 旬報社, 2015年12月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)赤岩 慶, 香留 崇, 藤原 亜希子, 堀田 芙美香, 内藤 毅, 三田村 佳典 : 多発性後極部網膜色素上皮症に対して低照射エネルギー光線力学的療法が奏効した2例, 臨床眼科, Vol.69, No.7, 1043-1050, 2015年.
2)Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Sakata and Pope Christopher : The GAS that Fuels Motivation, --- Satisfying the Need for Relatedness in the Guided-Autonomy Syllabus ---, Electronic Journal of Foreign Language Teaching, Vol.12, No.2, 219-237, 2015.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)坂田 浩, 橋本 智, 福田 利久 スティーブ, Pope Christopher : 継続的自律外国語学習を支える自己評価に関する一考察, 徳島大学国際センター紀要, 14-23, 2016年.
2)三隅 友子 : 多文化共生のまちづくり・未来への第一歩-提言作成とフューチャーセンター-, 徳島大学国際センター紀要, 37-46, 2016年.
3)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育2015-新たな評価の観点から-, 第28回日本語教育連絡会議報告書, 54-63, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育2014 -プロジェクトワークの視点から-, 第18回ヨーロッパ日本語教師学会論文集, 25-30, 2015年4月.
2)三隅 友子 : 地域と作る日本語教育2015-新たな評価の観点から-, 日本語教育連絡会議, 2015年8月.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

(なし)

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)細井 和雄 : 対日理解促進交流プログラムKAKEHASHI project, 徳島大学国際センターニュース, No.24, 2016年1月.
2)三隅 友子, 仙石 桂子 : 「アクティブからパフォーマティブラーニングへ-身体とこえとことばを体験する-」, 大学教育カンファレンスin 徳島, 18-19, 2016年1月.
3)細井 和雄 : 巻頭言, 2015 年度 徳島大学国際センター紀要・年報, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1)三隅 友子 : 多文化共生のまちづくり・未来への第一歩 徳島から発信する受け入れる心の育成, 徳島大学国際センター紀要, 2016年1月.

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{185114}}

2016年度(平成28年度) / 著書

(なし)

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)佐埜 弘樹, 香留 崇, 大串 陽子, 井上 昌幸, 内藤 毅, 三田村 佳典 : 自然閉鎖を認めた黄斑円孔の4症例の検討, 臨床眼科, Vol.70, No.10, 1625-1631, 2016年.
2)Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Yoshida, Maiko Kamioka, Hiroshi Sakata and Pope J. Christopher : The Proof of the Pudding: Active Learning and Self-Regulated Learning Skills in University Classrooms, On CUE Journal, Vol.9, No.4, 344-371, 2016.
3)Khulood Mohammed Sayed, Mahmoud M. Farouk, Takashi Katome, Toshihiko Nagasawa, Takeshi Naito and Yoshinori Mitamura : Corneal topographic changes and surgically induced astigmatism following combined phacoemulsification and 25-gauge vitrectomy., International Journal of Ophthalmology, Vol.10, No.1, 72-76, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり -とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-, ウェブマガジン『留学交流』, No.VOL.64, 20-31, 2016年.
2)橋本 智 : 日本語上級研修コースの取り組みー渡日前入学許可制度の学生を対象にした新しいコースの設定, 2016年度徳島大学国際センター紀要, 29-32, 2017年.
3)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊2016 -, 徳島大学国際センター紀要, 5-14, 2017年.
4)劉 玉琴, 時 春慧, 三隅 友子 : 現代日本語における「あなた」の使用について, 徳島大学国際センター紀要, 1-4, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1)三隅 友子 : 演劇的手法を取り入れた日本語教育, フランス日本語教師会便り, No.78, 2-3, 2016年.
2)三隅 友子 : 日本語教育におけるパフォーマティブラーニング-演劇的知を活かす-, ヨーロッパ日本語教育20, 140-141, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国際会議

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

(なし)

2016年度(平成28年度) / 作品等

(なし)

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

(なし)

2016年度(平成28年度) / 報告書

(なし)

2017年度(平成29年度)