RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2010.7〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Corpus Linguistics: Readings in a Widening Discipline, --- Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning ---, Continuum International Publishing, London, Aug. 2004.
2)曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
3)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio, Tetsushi Ueta, Tohru Kawabe and Tohru Ikeguchi : Performance of Chaos and Burst Noises Injected to the Hopfield NN for Quadratic Assignment Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 937-943, 2004.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
3)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 黒岩 眞吾, 北 研二 : Non-negative Matrix Factorizationを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.7, 1500-1506, 2004年.
4)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 大恵 俊一郎 : セキュリティポリシ構築におけるデータベース支援に関する考察, 学術情報処理研究, Vol.8, No.8, 25-32, 2004年.
5)Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material based on Evolutionary Information Sharing Approach, Japanese Society for Information and Systems in Education Magazine, Vol.4, No.1, 24-36, 2005.
6)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 北 研二 : ETSI標準分散音声認識フロントエンドにおける入力系の周波数特性正規化手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 120-127, 2005年.
7)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Lu Xin, Liu Qiong and Shunichiro Oe : Recognizing Non-rigid Human Actions Using Joints Tracking in Space-time, Proceedings of International Conference on Information Technology, 620-625, Las Vegas, Apr. 2004.
2)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
3)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
4)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
5)Raymond David, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : IP Videoconferencing in Distance Education: Ideas for a Successful Integration, Proceedings of ED-MEDIA2004, 4179-4185, Lugano, Jun. 2004.
6)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing for Educational Modification of the Web, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1187-1192, Lugano, Jun. 2004.
7)Yasuo Miyoshi, Youji Ochi, Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : An Illustrative-Sentences Search Tool Using Phrase Structure ``SOUP'', Proceedings of ED-MEDIA2004, 1193-1199, Lugano, Jun. 2004.
8)Tetsushi Ueta, Yu Toyosaki, Shigeki Tsuji and Takuji Kousaka : Partial delayed feedback control and its DSP implementation, Prod. MWSCAS'04, 629-632, Hiroshima, Jul. 2004.
9)Sang-Ho Hyon, X Jiang, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Passive running of planar 1/2/4-legged robots, Proc. IEEE/RS IROS, 3532-3539, Sendai, Sep. 2004.
10)Sang-Ho Hyon, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Detection and stabilization of hybrid periodic orbits of passive running robots, Proc. Mechatronics and Robotics, 1309-1314, Archen, Germany, Sep. 2004.
11)Lu Xin and Shunichiro Oe : Dynamic Scenes Synthesis using Integration of Robust Tracking and View Morphing, Proceedings of 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, 738-745, Oogaki Japan, Nov. 2004.
12)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
13)Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa, Masami Shishibori, Kenji Kita and Fuji Ren : Evaluation of frequency characteristic normalization method with multiple reference cepstrum on the Japanese newspaper article sentences speech corpus, Proceedings of the third International Conference on Information, 199-202, Tokyo, Nov. 2004.
14)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
15)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Tohru Kawabe and Sang-Ho Hyon : Partial External Force Control for Piecewise Smooth Dynamical Systems, Proc. of 2004 IASTED CSS, Clearwater, Florida, Nov. 2004.
16)Lu Xin and Shunichiro Oe : Recognizing and Modeling Non-rigid Human Body Actions in Space-time, Proceedings of Third International Conference on Image and Graphics, 501-506, Hong Kong, Dec. 2004.
17)David Colin Raymond, Veronique Baudin, Kazuhide Kanenishi, Thierry Gayraud, Kenji Matsuura, Michel Diaz and Yoneo Yano : Distant e-Learning Using Synchronous Collaborative Environment "Platine", Proceedings of IEEE MSE, 88-95, USA, Dec. 2004.
18)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : ADAPTIVE LINK GENERATION FOR MULTIPERSPECTIVE THINKING IN WEB-BASED EXPLORATORY LEARNING, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2004), 216-223, Lisbon, Portugal, Dec. 2004.
19)Lu Xin and Shunichiro Oe : View interpolation and synthesis by KLT feature tracker, Proceedings of 17th Annual Symposium Electronic Imaging Science and Technology, 182-190, San Jose, USA, Jan. 2005.
20)Lu Xin, Shunichiro Oe and Liu Qiong : Multiple Data Associations in Robust Visual Tracking, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 109-114, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
21)Atsushi Tanaka, Lu Xin and Shunichiro Oe : Teacher Tracking System for Digital Contents using PZT Camera, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 290-295, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
22)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
23)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
24)Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
25)Yu Toyosaki, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Sang-Ho Hyon : Partial Delayed Feedback Control for Autonomous System, Proc. of NCSP2005, 483-486, Honolulu, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, 116-120, 2004年4月.
2)ポンスー プラシット, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーヒストグラムを用いたステレオ画像の対応点探索法, 第10回画像センシングシンポジウム, No.F-1, 285-290, 2004年6月.
3)片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期仮想教室内の半同期学習者個々の学習文脈に基づく同期化支援, 教育システム情報学会第29回全国大会, 299-300, 2004年8月.
4)松岡 秀朗, 金西 計英, 光原 弘幸, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 演習問題自動生成システムのための領域知識の構成について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 479-480, 2004年8月.
5)山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : スケジュール管理を中心にした学会·イベント等の支援について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 481-482, 2004年8月.
6)Sanghoo Hyon, Suguru Emura and Tetsushi Ueta : elayed feedback control of one-legged passive running robot, Proc. of SICE Annual Conference, 949-954, Aug. 2004.
7)中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Web上での学習活動を再現·共有するWBLシステム, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 477-478, 2004年8月.
8)熊田 充, 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webの教材化を指向したWBLシステムにおけるリフレクション支援, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 303-304, 2004年8月.
9)三好 康夫, 金西 計英, 岡本 竜, 越智 洋司, 矢野 米雄 : 語句用法の知識定着のための復習契機を気付かせるフレームワークの提案, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 347-348, 2004年8月.
10)上田 哲史, 高坂 拓司, 河辺 徹, 玄 相昊 : 部分的外力印加法によるカオス制御, 年度電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, No.2-14, 2004年9月.
11)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
12)豊崎 優, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 部分的遅延制御と部分的外力印加制御の組合せによるカオス制御, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
13)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
14)小東 伸行, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄, 柳田 益造 : 感性共有に基づく協調的音楽鑑賞支援に関する研究, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 901-902, 2004年9月.
15)三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : WeBookLink: リンク情報を有効活用した知識共有支援, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 939-940, 2004年9月.
16)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
17)小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 言語メタデータに基づく画像コンテンツの検索, 言語処理学会第11回年次大会, 2005年3月.
18)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 長·短期間における音声の話者内変動に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 129-130, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎 : 大学におけるISMS準拠のセキュリティポシリ策定に関する一考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-DSM-33, 59-64, 2004年5月.
2)玄 相昊, 江村 超, 上田 哲史 : 脚式走行ロボットにおける非線形振動, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.50, 47-52, 2004年5月.
3)豊崎 優, 上田 哲史, 辻 繁樹, 高坂 拓司 : 部分的遅れ制御とそのDSP実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.14, 23-28, 2004年6月.
4)辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
5)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
6)袁 飛, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 競合的情報共有アプローチによるWeb教材オーサリングシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.19, No.4, 51-56, 2005年1月.
7)西内 悠祐, 上田 哲史, 太田 能 : 非線形曲線を導入したネットワークルータにおける輻輳制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.107, 43-48, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)松浦 健二 : ED-MEDIA2005報告, 教育システム情報学会誌, Vol.22, No.4, 300-301, 2005年.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1)Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Computer Support for Synchronous Asynchronous and Blended Awareness in Collaborative Learning, Ohmsha/IOS Press, Tokyo, Jul. 2005.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)持橋 大地, 菊井 玄一郎, 北 研二 : 言語表現のベクトル空間モデルにおける最適な計量距離, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J88-D-II, No.4, 747-756, 2005年.
2)戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : WAVISABI:Web閲覧特性に基づく管理者支援のための利用動向可視化システム, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.4, 985-994, 2005年.
3)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : A Model for Content and Communication Management in Synchronous Learning, Journal of Educational Technology & Society, Vol.8, No.3, 187-205, 2005.
5)羅 辛, 邰 暁英, 獅々堀 正幹, 北 研二 : Image Database Retrieval Based on Relevance Feedback by Feature Space Warping, 計算机科学, Vol.32, No.7, 235-238, 2005年.
6)黒岩 眞吾, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : Simple PCAを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.11, 1773-1779, 2005年.
7)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Bookmark Sharing for Learning Path Navigation Provided as Web Search Support, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.5, No.1, 55-65, 2006.
8)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Feasibility of videoconference-based lectures over the internet, International Journal of Learning Technology, Vol.2, No.1, 5-27, 2006.
9)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
10)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
11)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Specific Speaker's Japanese Speech Corpus over Long and Short Time Periods, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 115-124, 2006.
12)光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
13)松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 授業アーカイブ型e-Learningシステムにおける簡易試験を用いた受講前・中・後の学習支援環境の試作, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 251-259, 2006年.
14)味岡 四郎, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 順位キューを用いた多次元データの高速近傍検索アルゴリズム, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.126, No.3, 353-360, 2006年.
15)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

(なし)

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Xin Lu and Shunichiro Oe : Human Action Mouse: A Vision Understanding Application in Human Computer Interaction, Proc. 7th International Conference on Quality Control by Artificial Vision, 203-208, Nagoya, May 2005.
2)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive Tools for Multiperspective Thinking in Web-based Exploratory Learning, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 163-168, Takamatsu, May 2005.
3)Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material with High Reusability, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 193-198, Takamatsu, May 2005.
4)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Administrator Assistance System Based on Users Behavior Using Web-Browsing-Activity Visualization, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 339-342, Takamatsu, May 2005.
5)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
6)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : Contents and Communication Modelisation in Synchronous Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1606-1611, Montreal, Jun. 2005.
7)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Reflection and Influence of Learning Activities in Preparation/Review Process on e-Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 3727-3733, Montreal, Jun. 2005.
8)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
9)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yoneo Yano, Veronique Baudin, Thierry Gayraud and Michel Diaz : Synchronous CSCL with Platine Environment, Proceedings of Intl. conf. on CSCL2005, 45-47, Taipei, Jun. 2005.
10)Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Youji Ochi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : ``Awareness for Review Chance'' Framework for Knowledge Stability of Usage of Words and Phrases, Proceedings of ED-MEDIA 2005, 3998-4003, Montreal, Jun. 2005.
11)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Traffic Visualization System or Peer-to-Peer Communication Detection, Proceedings of 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2005) , CD-ROM publishing, Las Vegas, Jul. 2005.
12)Prasit Phonsue, Shunichiro Oe and Toshiyuki Kashiwagi : Stereo Matching Method using Color Frequency Information, Proc. of 2005 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, 177-182, Niagara Falls, Jul. 2005.
13)Xin Luo, Shiro Ajioka, Masami Shishibori and Kenji Kita : Image Feedback Retrieval Based on Vector Space Model Transformation, Information Retrieval Technology, 616-625, Oct. 2005.
14)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Frequency Characteristic Normalization Method using Blind Equalization Technique with Multiple References for DSR, Proceedings of 10th International Conference SPEECH and COMPUTER (SPECOM2005), Vol.1, 103-106, Patras, Greece, Oct. 2005.
15)Yoshihiro Imakura, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations of a Dynamical System Defined by PMART, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 38-51, Bruges, Oct. 2005.
16)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
17)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
18)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Data Collection for Investigating Speech Variability in a Specific Speaker Over Long and Short Time Periods, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 152-157, Wuhan, Oct. 2005.
19)Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Development of a WWW Image Retrieval System Using the Image Knowledge Database, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 506-510, Wuhan, Oct. 2005.
20)Daichi Koizumi, Masahiro Oonishi, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Automatic Meta-Data Annotation of Image Region, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 835-838, Wuhan, Oct. 2005.
21)David Colin Raymond, Carlos Mauad, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Diaz Michel and Yoneo Yano : Bringing Mobility to Synchronous Collaborative Activities: Recent Enhancements of the "Platine" Platform, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 59-61, Tokushima, Nov. 2005.
22)Kenji Matsuura, Niki Keiji, Katayama Masahiko and Yoneo Yano : Development of the Digital Portfolio Environment for both PC and PDA clients, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 79-81, Tokushima, Nov. 2005.
23)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Educational Serialization of Web Pages for Web-Based Exploratory Learning, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2005), 261-268, Porto, Portugal, Dec. 2005.
24)Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System Focusing on Reusability of Web Educational Materials, Proceedings of The 2006 International Conference on SCORM 2004, 87-92, Tamsui, Taiwan, Jan. 2006.
25)Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Feedback Retrieval using the Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 205-210, Tokushima, Feb. 2006.
26)Masami Shishibori, Takayuki Minamimoto, Kazumori Matsumoto, Masaki Naito, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Estimation of the Camera Motion based on Movement of Interest Points between Images, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 145-150, Tokushima, Feb. 2006.
27)Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Video Scenes based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 211-216, Tokushima, Feb. 2006.
28)Kazumori Matsumoto, Keiichiro Hoashi, Masaki Naito, Masami Shishibori and Kenji Kita : Report on TRECVID 2005, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 65-70, Tokushima, Feb. 2006.
29)SHIRAI Keiichi, LU Xin and Shunichiro Oe : 3D Acquisition for moving object using two PZT camara, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 250-255, Tokushima, Feb. 2006.
30)Lu Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation with Suitable Feature Tracking Constraints, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 326-331, Tokushima, Feb. 2006.
31)Nitta Tetsuya, Shunichiro Oe and Kashiwagi Yoshiyuki : Color Texture Image Segmentation Method with High Accuracy using Color Frequency Infomation, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 267-272, Tokushima, Feb. 2006.
32)Kazumori Matsumoto, Masaru Sugano, Masaki Naito, Keiichiro Hoashi, Haruhisa Kato, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and Low-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2005, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2005 (TRECVID2005), 155-167, Washington, D.C., Mar. 2006.
33)Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
34)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
35)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch synchronizing occasional delayed feedback control for piecewise linear systems, Proc. of NCSP2006, 203-206, Honolulu, Mar. 2006.
36)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
37)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
38)Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による協調的音楽鑑賞支援研究, AFIIS Symposium 2004 論文集, 99-102, 2005年4月.
2)柏木 利幸, 高木 圭, 大恵 俊一郎 : カラーヒストグラムを用いた24ビットカラー画像の露出補正, 第11回画像センシングシンポジウム講演論文集, 113-116, 2005年6月.
3)三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 個人ブックマークからのリンク集の生成と,知識共有による学習支援, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 489-490, 2005年8月.
4)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 緒方 広明, 森川 富昭, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : RSSを活用した適応的情報提供·収集システムの試作, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 327-328, 2005年8月.
5)寺尾 覚史, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 簡易的な入力方法を用いた音楽鑑賞支援に関する研究, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 451-452, 2005年8月.
6)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 徳島大学 教育·研究者情報データベースを活用した講義概要 (シラバス) の作成と利用, 教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集, 553-554, 2005年8月.
7)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
8)中川 翔太, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : 時刻依存型断続動作特性を有する力学系にみられるカオスの制御と回路実装, 平成17年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
9)獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける検索質問拡張に基づくフィードバック検索, FIT2005, 43-44, 2005年9月.
10)小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, FIT2005, 45-46, 2005年9月.
11)大西 泰代, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 距離尺度にEarth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, FIT2005, 271-272, 2005年9月.
12)緒方 広明, 矢野 米雄, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二, 森川 富昭, 能瀬 高明 : ユビキタス·モバイル学習環境:語学学習への研究と大学での実践, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 17-18, 2005年9月.
13)森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : Wikiを利用した共同レポート作成システムに関する研究, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 289-290, 2005年9月.
14)光原 弘幸, 平川 靖素, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した実世界インタラクション型ゲーム:2進数の学習を対象として, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 491-492, 2005年9月.
15)森 貴幸, 光原 弘幸, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した授業支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 493-494, 2005年9月.
16)片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期型e-Learningシステムにおける個々の学習目的に応じた同期化支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 571-572, 2005年9月.
17)今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
18)好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
19)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 長・短期間の話者内音声変動による音声認識率の変化抑制法に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 221-222, 2005年9月.
20)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
21)今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : PMART力学系の分岐, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年10月.
22)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 区分的に滑らかな系に対するスイッチ同期型遅延制御法, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 15, 2005年10月.
23)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
24)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
25)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
26)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
27)長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 99-104, 2005年12月.
28)竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける再検索型検索質問拡張に基づくフィードバック検索, 言語処理学会第12回年次大会, 785-788, 2006年3月.
29)宮城 暖, 小泉 大地, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW検索システムにおける分野別URLデータベースを用いたナイーブ・ベイズ選定手法, 言語処理学会第12回年次大会, 652-655, 2006年3月.
30)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者音声認識における精度変動要因の分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 157-158, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)坂本 浩二, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : H-Bridgeインバータにみられる分岐とカオス, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.2, 7-12, 2005年5月.
2)西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕との文字画像特徴量間の距離に基づく映像シーン検索手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 707-714, 2005年7月.
3)小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像領域に対する言語メタデータ自動付与手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 1436-1441, 2005年7月.
4)三好 康夫, 大家 隆弘, 松浦 健二, 金西 計英, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における無線ネットワーク認証基盤とその運用, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 61-66, 2005年10月.
5)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学ポータルの構築とその運用について, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 1-6, 2005年10月.
6)山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : ITを活用した学会·大会支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 67-72, 2005年10月.
7)戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : トラフィック特徴強化と可視化によるP2Pファイル共有通信検出支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 7-12, 2005年10月.
8)松浦 健二, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 矢野 米雄, 森川 富昭 : 「ユビキタス技術による新しい学習環境の創生」の現状と今後, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 25-28, 2005年11月.
9)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 大学ポータルの徳島大学における構築とその運用について, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 113-116, 2005年11月.
10)竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムを用いた関連語の自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 45-51, 2005年11月.
11)山本 一晴, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 出現URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 127-134, 2005年11月.
12)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
13)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : H-Bridgeインバータに対するスイッチ同期型カオス部分的遅延制御, 電気学会技術報告, 2005年11月.
14)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : DSPによるスイッチ同期型部分的カオス遅延制御の実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.115, 99-104, 2006年1月.
15)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
16)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
17)今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : 特性乗数によるPMART力学系の最適なパラメータの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.106, 49-54, 2006年1月.
18)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
19)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.
20)金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 科学的思考の外化をおこなうための内省支援ツールの授業実践に向けて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.632 (ET2005-103), 87-90, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚 : 分散型話者照合方式に関する研究, 平成14年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, Vol.14350204, 1-227, 2005年5月.
2)松浦 健二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learning等ITを活用した教育の概要, eラーニング等のITを活用した教育に関する調査報告書, 53-55, 2006年.
3)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1)邰 暁英, 北 研二 : 信息检索技术导论(情報検索技術入門), 科学出版社, 北京, 2006年9月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)LU Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation Improvement Using Suitable Constraints of Feature Tracking Parameters, The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan, Vol.35, No.3, 166-175, 2006.
2)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive link generation for multiperspective thinking on the Web: an approach to motivate learners to think, Innovations in Education and Teaching International, Vol.43, No.2, 137-149, 2006.
3)小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.SIG8, 147-156, 2006年.
4)獅々堀 正幹, 大西 泰代, 柘植 覚, 北 研二 : Earth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.1, 300-311, 2007年.
5)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : 分散音声認識における実時間周波数特性正規化手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, 900-908, 2007年.
6)Hiroyuki Mitsuhara, Kitamura Akihiro, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money: Approach to Motivating to Share Knowledge, International Journal of WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.2, No.4, 309-316, 2007.
7)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
8)Atsushi Inouchi, Shuichi Shinohara, Hiroshi Inoue, Kenji Kita and Mitsuo Itakura : Identification of specific sequence motifs in the upstream region of 242 human miRNA genes., Computational Biology and Chemistry, Vol.31, No.3, 207-214, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Occasional Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.412, 235-238, 2006.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)金西 計英 : 内省支援ツールを用いた科学的思考方法の学習, 化学と教育, Vol.54, No.5, 268-271, 2006年5月.
2)金西 計英, 矢野 米雄 : 特集に寄せて 情報通信技術の活用はどこまで進んだのか?, 徳島教育, Vol.1110, 6-8, 2006年7月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition, Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006), Vol.1, 397-400, Toulouse, France, May 2006.
2)Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
3)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Proc. of ISCAS2006, 3702-3705, Island of Kos, Greece, May 2006.
4)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
5)Baudin Veronique, David Colin Raymond, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Deployment and Evaluation of a Collaborative Work Environment for a Language Learning Scenario, Proceedings of NOTERE'2006, 105-118, France, Jun. 2006.
6)YUE MA, Soumitro Banerjee, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Classification and Analytical Method of Switched Dynamical Systems, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
7)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
8)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using the Traffic Feature Extraction, Proceedings of 2006 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2006), 2993-2997, Taipei, Oct. 2006.
9)Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
10)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Takahiro Oie, Yasuo Miyoshi, Masahiko Sano and Yoneo Yano : Construction and Operation of a Portal System at Tokushima University, Proceedings of E-Learn 2006, 642-647, Honolulu, Oct. 2006.
11)Rong Wang, Jing Yuan, Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Know-who Knowledge Management to Support Collaborative Learning in Research Laboratory Based on Information Sharing, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3113-3118, Honolulu, Oct. 2006.
12)Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Self-directed Reading Environment for Learning Pronunciation of Japanese Kanji based on Collaborative-building Database, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3139-3144, Honolulu, Oct. 2006.
13)Phonsue Prasit, Suzuki Satoshi, Shunichiro Oe and Kashiwagi Toshiyuki : Construction of Panoramic Image with Distance Information, Proc. of SICE-ICAS International Conference 2006(CD), 4750-4754, Busan, Oct. 2006.
14)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Interaction Oriented Edutainment using Ubiquitous Devices, Proc. of The 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education Wmute2006, 150-152, Athens, Nov. 2006.
15)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money for Lively e-Community, Proc. of the 5th WSEAS International Conference on E-ACTIVITIES, 150-152, Venice, Nov. 2006.
16)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : The Problem Generation Module for Word Problem in the WBT System, ICCE2006 Workshop Proceedings of Problem-Authoring, -Generation and -Posing in a Computer-Based Learning Environment, Vol.1, 17-24, Beijing, Nov. 2006.
17)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Niki Keiji and Yoneo Yano : Multi-step Annotation to Promote Reflective Learning with a Mobile Phone, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 477-480, Beijing, Nov. 2006.
18)Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Collaborative Building of Japanese Kanji Pronunciation Database for Learning Japanese by Chinese, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 413-416, Beijing, Nov. 2006.
19)Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, David Colin Raymond, Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning Support as Bridge between Classroom Lecture and e-Learning, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 45-48, Beijing, Nov. 2006.
20)Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Jing Yuan, Rong Wang, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Collaborative Learning Practice based on Evolutionary Information Sharing Approach, Proceeding of Poster Paper Notes of the 14th International Conference on Computers in Education, Vol.1, 33-36, Beijing, Nov. 2006.
21)Satoru Tsuge, Minoru Fukumi, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Study of Relationships Between Intra-Speaker's Speech Variability and Speech Recognition Performance, 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 41-44, Tottori, Japan, Dec. 2006.
22)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Satoshi Terao, Naka Gotoda and Yoneo Yano : DEVELOPMENT OF THE VLOG-BASED SCENARIO WITH CYBERCOMMUNITIES OF INTEREST FOR EXPERIENCED LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 272-275, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
23)Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Ryuzo Ide and Yoneo Yano : A PROPOSAL TO EXTEND FOLKSONOMY BASED ON TAGS AND LINKS, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 385-383, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
24)Zheng Guang and Shunichiro Oe : Distance and Velocity Measurement Using 3D Optical Flow, Proc. of the 13th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 147-152, Busan, Feb. 2007.
25)Akinori Tuji and Shunichiro Oe : Content-based Similar Image Retrieval using Wavelet Packet Decomposition, Proc. of the 13th Japan-Koria Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 281-286, Busan, Feb. 2007.
26)Masaki Naito, Kazumori Matsumoto, Masami Shishibori, Kenji Kita, Marco Cuturi, Tomoko Matsui, Shin'ichi Sato, Keiichiro Hoashi, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and High-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2006, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2006 (TRECVID2006), Washington, D.C., Mar. 2007.
27)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing on the Web: Approach to Course Material Generation, Proc. of The Sixth IASTED International Conference on Web-based Education, 369-374, Chamonix, France, Mar. 2007.
28)Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Do Children Understand Binary Numbers by Electric Card Game?, Proc. of The First IEEE International Workshop on DIGITAL GAME AND INTELLIGENT TOY ENHANCED LEARNING, 191-193, Jhongli,Taiwan, Mar. 2007.
29)Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi, Takahiko Mendori, Kenji Matsuura, Junko Minato and Yoneo Yano : Learning of Scientific Thinking Using Reflection Support Tool, Proc. of the 17th annual conference of the Society for Information Technology and Teacher Education(SITE 2007), 2014-2020, San Antonio, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践, 北海道大学現代GPフォーラム予稿集, 37-40, 2006年6月.
2)寺尾 覚史, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像ブログ技術による協調学習支援システムのデザイン, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 141-142, 2006年8月.
3)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 閲覧者情報を基にしたコンテンツ提供者支援システム, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 243-244, 2006年8月.
4)中川 雄仁, 三好 康夫, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークを用いた年表作成支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 145-146, 2006年8月.
5)柘植 覚, 小澤 光広, 獅々堀 正幹, 福見 稔, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者長期間音声データベースの構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 277-278, 2006年9月.
6)長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出波長帯域選択手法, 第11回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 14-19, 2006年9月.
7)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
8)塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
9)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
10)水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
11)上田 哲史, 高坂 拓司, 辻 繁樹 : 区分非線形系と部分遅延カオス制御について, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, 11, 2006年9月.
12)田村 彰寿, 上田 哲史 : Bifurcation of the simple third-order automomous system, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-1, 297, 2006年9月.
13)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践とその評価, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 111-114, 2006年11月.
14)金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 外化支援ツールによる科学思考の育成に向けて, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 377-378, 2006年11月.
15)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS的手法を用いたランニング支援システム, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 463-464, 2006年11月.
16)山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : システム管理者を養成するためのノウハウ獲得支援環境の構築, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 695-696, 2006年11月.
17)新田 哲也, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーテクスチャ画像における高精度領域分割法, ViEW ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 139-144, 2006年11月.
18)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
19)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
20)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 実世界ログを用いたSNSコミュニティ構築手法の提案, 電子情報通信学会2007年総合大会講演論文集, 160, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生同士のピアレビューに着目した共同レポート作成システムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.364, 83-88, 2006年11月.
2)熊野 聡促, 上田 哲史 : 写像の方向と回数を利用した周期点抽出機構, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.451, 81-86, 2007年1月.
3)田村 彰寿, 上田 哲史 : 簡素な3次元カオス発生器の分岐構造とその結合系に関するカオス同期, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.452, 11-16, 2007年1月.
4)仁木 啓司, 松浦 健二, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材のカスタマイズ環境を用いた教員・学習者支援研究, --- パワーポイントのレポートを用いた支援例 ---, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.583, 139-144, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)松浦 健二 : 感性共有による非同期協調的学習環境に関する研究, 第一回人工知能研究成果発表会, 1-8, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1)Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Distributed Collaborative Learning Environments, Springer-Verlag, New York, USA, Jun. 2007.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Xin Luo, Masami Shishibori, Fuji Ren and Kenji Kita : Incorporate feature space transformation to content-based image retrieval with relevance feedback, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.3, No.5, 1237-1250, 2007.
2)原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
3)光原 弘幸, 森 貴幸, 伊勢 直史, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を用いて授業開始前の復習を促進するBlended Learning支援システム, 教育システム情報学会誌, Vol.24, No.4, 384-394, 2007年.
4)山口 直木, 大恵 俊一郎 : 線分ラベルを適用した弛緩法による自由曲線の折れ線近似法に関する研究, 画像電子学会誌, Vol.36, No.6, 863-868, 2007年.
5)西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕の文字画像特徴量間の距離に基づく字幕検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.SIG20, 28-38, 2007年.
6)Hiroyuki Mitsuhara, Ise Naofumi, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Student Authentication Function for Preventing Unfair Attendance by Identity Transfer in the Ubiquitous Classroom, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.7, No.1, 103-111, 2008.
7)松浦 健二, 仁木 啓司, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材の編集課題による教育・学習支援環境の試作, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 259-268, 2008年.
8)Shiro Ajioka, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Using Priority Queue, Electrical Engineering in Japan, Vol.164, No.3, 69-77, 2008.
9)獅々堀 正幹, 宮本 裕也, 柘植 覚, 北 研二 : 距離索引VP-treeにおける解絞込みの一改良手法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D-I, No.3, 677-686, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Xin Luo, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像検索のための距離尺度の学習, 広西師範大学学報, Vol.25, No.2, 186-189, 2007年.
2)勅使河原 三保子, 上田 哲史 : 英語による大学院レベル工学系授業の質向上をめざして, --- 授業受講支援の実施状況とアンケート調査結果 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 123-127, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)獅々堀 正幹, 山本 一晴, 小泉 大地, 北 研二 : URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 日本データベース学会Letters, Vol.6, No.1, 57-60, 2007年.
2)Norihide Oda, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 329-332, 2007.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

(なし)

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Shigeki Tsuji : Occasional Delayed Feedback Control for Switched Autonomous Systems, Proc. of ISCAS2007, 2474-2477, New Orleans, May 2007.
2)Hiroyuki Mitsuhara, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Human-Human Interaction, Proc. of The 2nd International Conference of E-Learning and Games, 527-538, Hong Kong, Jun. 2007.
3)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroaki Ogata, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Junko Minato and Yoneo Yano : Design of e-Learning System Using Ubiquitous Technology at The University of Tokushima, Proceedings of 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training(ITHET2007), 578-583, Kumamoto, Jul. 2007.
4)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using Network Traffic Mining, Proc. of 12th International Conference, HCI International 2007 with 8 Further Associated Conferences, 769-778, Beijing, Jul. 2007.
5)Quentin Brandon, Toshiyuki Kumano and Tetsushi Ueta : Method of repellers detection by applied computation over basin of attraction, Proc. NDES2007, 241-244, Tokushima, Jul. 2007.
6)Hassane Bouzahir, El Fatima Guezar and Tetsushi Ueta : On Scicos simulation of a hybrid dynamical system, Proc. NDES2007, 62-65, Tokushima, Jul. 2007.
7)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
8)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
9)Satoru Tsuge, Keiji SEIDA, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren, Minoru Fukumi and Shingo Kuroiwa : Analysis of Variation on Intra-Speakers Speech Recognition Performances, IEEE NLP-KE2007, 387-392, Beijing, Aug. 2007.
10)Mitsuhiro Ozawa, Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Minoru Fukumi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Utterance Segmentation Tool for Speech Corpus, IEEE NLP-KE2007, 401-406, Beijing, Aug. 2007.
11)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Organizing Online Learning-Community Based on the Real World Log, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 4694, 608-615, Salerno, Italy, Sep. 2007.
12)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems, Proc. NOLTA'07, 160-163, Vancouver, Sep. 2007.
13)Fatima Guezar El, Hassane Bouzahir, Tetsushi Ueta and Pascal Acco : Chaos in a Switched Dynamical System: Scicos as a Modeler and Simulator, Proc. NOLTA'07, 164-167, Vancouver, Sep. 2007.
14)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for a simple chaotic circuit and its coupled systems, Proc. NOLTA'07, 529-532, Vancouver, Sep. 2007.
15)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Practical Data Management among Learning-Support Systems, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 271-274, Hiroshima, Nov. 2007.
16)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kazumi Sagayama, Yasuo Miyoshi, Junko Minato, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Progress of the Federation for Campus SNS Using the Shibboleth, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 309-311, Hiroshima, Nov. 2007.
17)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Using the Peer Review between Students in the Collaborative Report Writing System, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 23-24, Hiroshima, Nov. 2007.
18)Yasuo Miyoshi, Katsuhito Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : A Design and Prototyping of a Social Chronology System for History Learning, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 303-308, Hiroshima, Nov. 2007.
19)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Naofumi Ise, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment and its Application to Student-Created e-Learning Material, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 63-64, Hiroshima, Nov. 2007.
20)Chan Chao-Ning, Shunichiro Oe and Lin Cheng-Sheng : Active Eye-tracking System by Using Quad PTZ Camerastracking, Proceedings of The 33rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, 2398-2394, Taipei, Nov. 2007.
21)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Daniele Fournier-Prunaret : Method of Bifurcation Analysis of Hybrid Nonlinear Systems, Proc. NOMA'07, 59-62, Toulouse, Dec. 2007.
22)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
23)Masami Shishibori, Masayuki Muto and Kenji Kita : A Fast Retrieval Method for the Earth Mover's Distance in Multimedia Databases, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 35-40, Oita, Jan. 2008.
24)Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 25-30, Oita, Jan. 2008.
25)Wataoka Koh and Shunichiro Oe : Research of Distance Measurement Method by Using RGB Pattern, Proceedings of The 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 106-111, Beppu, Jan. 2008.
26)Hiroyuki Mitsuhara, Shunsuke Nakaya, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : E-Notebook Tool for Effective Knowledge Construction from Web: Encouragement of Multi-Perspective Thinking and Prevention of Copy-and Paste, Proc. of the Seventh IASTED International Conference on Web-Based Education, 406-411, Innsbruck, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)中出 訓規, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 関連語を用いたWWW検索結果のフィルタリング手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 247, 2007年9月.
2)北條 奈緒美, 獅々堀 正幹, 北 研二 : WWW検索エンジンを用いた質問文内の用語特定手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 246, 2007年9月.
3)影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
4)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャル年表作成システムの開発, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
5)中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : Web システム間でのShibboleth を用いた認証連携の実現, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
6)山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材を利用した講義要約による学習支援, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
7)伊勢 直史, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 学習履歴を用いた不正出席防止機能の提案-PDAとRFIDタグを用いたBlended Learning支援システムを対象として-, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 142-143, 2007年9月.
8)平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainment, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 144-145, 2007年9月.
9)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたキャンパスSNS連携の実現, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 537-538, 2007年9月.
10)Akitoshi Tamura and Tetsushi Ueta : Chaos synchronization of coupled simple oscillators, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-52, 297, Sep. 2007.
11)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Homoclinic structure about the origin of a simple discrete system, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-57, 387, Sep. 2007.
12)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
13)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Local Bifurcations of 3-state Alpazur Oscillator, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-59, 389, Sep. 2007.
14)齊藤 隆仁, 桑折 範彦, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 全学共通教育におけるCMS/Moodleの活用報告, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 22-23, 2008年1月.
15)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 後藤 壽夫, 若泉 誠一 : eコンテンツ開発の現状とコース管理システムMoodle, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 44-45, 2008年1月.
16)鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : eラーニング教材の短縮制御による学習時間の有効活用支援, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 210, 2008年3月.
17)中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルネットワークを活用したインフォーマルな論文レビュー環境の構築, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 217, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Bifurcations is a 3-state Piecewise Smooth Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.NLP2007, No.25, 13-17, Jun. 2007.
2)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたWebSSOと連携について, 平成19年度情報教育研究集会講演論文集, 326-329, 2007年11月.
3)中谷 俊介, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webからのレポート作成支援システムとe-Learningの融合, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 39-42, 2007年11月.
4)赤塚 将人, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通過を用いた知識売買環境における変動相場制の導入, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 81-86, 2007年11月.
5)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2008-23, 33-38, 2008年.
6)平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainmentとその実践, JSiSE(教育システム情報学会)第2回学生・院生研究発表会, 2008年3月.
7)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 活動履歴に基づくランニング動機付けの支援, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2007-95, No.107, 65-68, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
2)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 運動ログを用いたジョギングコミュニティ組織化支援, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.2, 19-29, 2008年.
3)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Keiji Niki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting multi-step annotation to promote reflective learning: triggered by a cell-phone, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.2, No.2, 119-132, 2008.
4)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : 大学間WEBサービス連携のためのShibbolethを用いた許可管理機能の実現, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 93-96, 2008年.
5)光原 弘幸, 平川 靖素, 金西 計英, 矢野 米雄 : RFIDカードを用いた神経衰弱ゲームによる2進数の学習, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 137-140, 2008年.
6)嵯峨山 和美, 久米 健司, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 松本 純子, 矢野 米雄 : 学生支援キャンパスSNSと学生の動向, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 53-56, 2008年.
7)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Daniele Fournier-Prunaret and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.42, No.1, 187-201, 2009.
8)Masami Shishibori and Kenji Kita : Construction of an Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.34, No.2, 108-114, 2009.
9)Masami Shishibori, Nobuki Nishikawa and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops based on the Distance of Character Image Features between Queries and Telops, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.35, No.2/3/4, 234-240, 2009.
10)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 佐野 雅彦, 北 研二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるポータルシステムの構成とその運用について, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 34-42, 2009年.
11)上田 哲史 : 低コスト会議録出版を志向する電子投稿・編集システム, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 27-33, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : キャンパスSNS(Social Networking Service)「さとあい」における学生行動の分析と学生支援の可能性, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 1-12, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)北 研二, 山川 義介 : 類似画像検索技術を用いた商品推薦システム 『SUDACHI』の開発とその応用, 画像ラボ, Vol.19, No.8, 11-15, 2008年8月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Kazumi Sagayama, Kenji Kume, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Characteristics and Method for Initial Activity on Campus SNS, Proceedings of ED-MEDIA2008, 936-945, Wien, Jun. 2008.
2)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : Promoting Physical Skill Development in a Video-Based WEBlog Community Environment, Proceedings of ED-MEDIA2008, 1089-1096, Wien, Jun. 2008.
3)Masami Shishibori, Satoru Tsuge, Le Zhang, Sasaki Minoru, Uemura Yoshiki and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using Lower Bounds, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration, 445-450, Jul. 2008.
4)Tetsushi Ueta, Quentin Brandon, Akihisa Tamura and Takuji Kousaka : Bifurcation and chaos in switched autonomous systems, Proc. NDES'08, 25-28, Nizhny Novgorod, Jul. 2008.
5)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Conditions, Proc. NOLTA'08, 160-163, Budapest, Sep. 2008.
6)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Izhikevich model, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
7)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Chaos Synchronization in Coupled BVP Oscillators, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
8)Q. Zhang, X-Y. Tai, Y. Dong, S. Pan, X. Luo and Kenji Kita : Two-Level Content-based Endoscope Image Retrieval, Fourth International Conference on Natural Computation, 208-212, Oct. 2008.
9)Kazumi Sagayama, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kenji Kume, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior, Proceedings of ICCE2008, 581-586, Taipei, Oct. 2008.
10)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Handheld Review: Ubiquitous Technology-Based Method to Bridge Class and e-Learning, Proceedings of ICCE2008, 635-642, Taipei, Oct. 2008.
11)Toyoaki Nabeshima, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive High-Speed Delivery of e-Learning Contents, Proceedings of E-Learn 2008, 3864-3872, Las Vegas, Nov. 2008.
12)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Design of Authentication Infrastructure for the WEB Service Federation between Universities, Proceedings of Association of Pacific Rim Universities 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008(DLI 2008), 255-262, Tokyo, Nov. 2008.
13)Fujii Shiho, Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Raising Hand Action Detection using Wireless Game Controller for Teaching Assistance System, Proc. of 2009 International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'09), 325-328, Waikiki, Mar. 2009.
14)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Trading of Digital Learning Materials using Virtual Money: Do University Students Accept It?, Proc. of the Eighth IASTED International Conference on Web-Based Education, 252-258, Phuket, Thailand, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)山川 義介, 北 研二 : ECサイトにおける画像の類似性判定∼『SUDACHI』の開発と商品推薦エンジンへの応用∼, 日本行動計量学会第36回大会, 5-6, 2008年8月.
2)山川 義介, 北 研二 : 類似画像検索システム『SUDACHI』を用いた商品レコメンデーション, 第10回日本感性工学会大会, 2008年9月.
3)中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 論文レビュー支援SNSのネットワーク構造を利用した推薦手法の考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 126-127, 2008年9月.
4)松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS援用環境の研究を通じたコミュニティ型学習の一考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 8-9, 2008年9月.
5)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Fournier-Prunaret Daniele : Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-17, 386, Sep. 2008.
6)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Detection of the unstable periodic point in the chaos using direction coloring, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 385, Sep. 2008.
7)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Synchronization Phenomena in Coupled BVP Oscillators, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-12, 381, Sep. 2008.
8)影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能の実装, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2008年9月.
9)田村 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 334, 2008年9月.
10)丸澤 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Webベースにおける演習問題の共有に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 351, 2008年9月.
11)平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける音声・画像によるアウェアネス機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 353, 2008年9月.
12)井上 将彰, 平野 卓次, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける環境・動作情報モニタリング機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 354, 2008年9月.
13)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : グループレポートの相互評価導入による作文能力の向上, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 307-308, 2008年10月.
14)後藤田 中, 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像日記を用いた身体知の獲得及び継承支援システム, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 423-424, 2008年10月.
15)嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 矢野 米雄 : キャンパスSNSにおける学生行動の分析と支援活動, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 801-802, 2008年10月.
16)Hiroyuki Mitsuhara, Hirakawa Yasumoto, Akatsuka Masato, Ise Naofumi, Matsui Toshinori, Nagano Yoshitaka, Yamada Yoshiki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment for Learning Phenomena of Light, 日本教育工学会第24回全国大会論文集, 907-908, Oct. 2008.
17)平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける光・音声・画像によりアウェアネス, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, 192, 2009年3月.
18)松浦 健二, 金西 計英, 大家 隆弘, 上田 哲史, 中川 昌宏, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学内外システム連携のための認証認可検討, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, S-141-S-142, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 矢野 米雄 : SBMとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.WI2-2008-41, 75-76, 2008年7月.
2)永尾 景, 上田 哲史 : 解の写像方向の視覚化を用いた非線形系方程式の周期点検出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.27, 41-46, 2008年7月.
3)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
4)西岡 聡, 上田 哲史 : 結合された BVP 発振器にみられる多様な同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.40, 39-44, 2008年8月.
5)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Affine Switching Conditions, IEICE Technical Report, Vol.NLP2008, No.44, 57-62, Aug. 2008.
6)田村 彰寿, 上田 哲史 : Izhikevich モデルにおける状態の跳躍の取り扱いと分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.45, 63-66, 2008年8月.
7)石川 祐輝, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : e-Portfolioへのスクラップ機能の実現, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-54, 23-26, 2008年11月.
8)中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : 認証基盤を用いたWebシステム間の連携の検討, 平成20年度情報教育研究集会講演論文集, 503-506, 2008年12月.
9)鍋島 豊晶, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 縄跳びを例とした身体スキル開発用SNS支援環境の設計と開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 100-105, 2009年1月.
10)松浦 健二, 後藤田 中, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : ランニング集団をリアルタイムに支援するシステムの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 70-77, 2009年1月.
11)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システムと評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-98, 29-34, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Xiaoying Tai, Lidong Wang, Qin Chen, Fuji Ren and Kenji Kita : A New Method of Medical Image Retrieval based on Color-Texture Correlogram and GTI Model, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.8, No.2, 239-248, 2009.
2)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Chaos Control Implementation by Interrupted Electric Circuit with Switching Delay, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.19, No.7, 2359-2362, 2009.
3)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : ネットワークの利用動向からの異常検知手法について, 学術情報処理研究, Vol.13, 74-83, 2009年.
4)Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.1, 102-106, 2009.
5)Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
6)Tadashi Uemiya, Yoshihide Matsumoto, Koizumi Daichi, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Based on Ellipsoid Distance, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.1, No.1, 89-107, 2009.
7)Akihisa Tamura, Tetsushi Ueta and Shigeki Tsuji : Bifurcation Analysis of Izhikevich Neuron Model, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 849-862, 2009.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)佐野 雅彦, 北 研二 : 徳島大学キャンパスネットワークシステムの更新について, 大学情報システム環境研究, 94-102, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Tetsushi Ueta : Synchronization of Coupled BVP Oscillators, No proceedings, Hong Kong, May 2009.
2)Masami Shishibori, Koizumi Daichi and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using EMD Lower Bounds and the Priority Queue, IEEE NLP-KE 2009, Dalian, China, Sep. 2009.
3)Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of the Lozi Map, --- as a Hybrid System ---, Proc. NOMA'09, 111-113, Urbino, Italy, Sep. 2009.
4)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : A Structural Detection of Unstable Periodic Points in Chaotic Attractors by the Directional Coloring, Proc. NOLTA'09, 419-422, Sapporo, Oct. 2009.
5)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : PHYSICAL SKILL DEVELOPMENT IN A TECHNOLOGY-ENHANCED COMMUNITY SITE, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 511-512, Rome, Italy, Nov. 2009.
6)Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of scrapbook function for e-Portfolio, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 483-485, Hong Kong, Nov. 2009.
7)Masahiro Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Authentication and Authorization exchange for University Federation, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 477-479, Hong Kong, Nov. 2009.
8)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toyoaki Nabeshima, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting Skill Awareness for Runners through Wireless Sensor Network, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 618-622, Hong Kong, Nov. 2009.
9)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Shinji Ootsuka, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : Supporting Joggers in a Web-Community with Simulation and Annotation Functions, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 119-123, Hong Kong, Nov. 2009.
10)Le Zhang, Zhao Zuyun, Luo Xin, Zeng Peifeng and Kenji Kita : A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation, International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering, Dec. 2009.
11)Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : A Pilot Project toward Implementation of a Short-Term Exchange Program between an Affiliated University and The University of Tokushima, Proceedings of the Fourth International Symposium on the Development of the Global Double Degree Program (GDDP), 33-35, Tokushima, Dec. 2009.
12)Zhang Le, He Qing, Luo Xin and Kenji Kita : A Skeleton Extraction and Pruning Algorithm Based on Bisector Angle, 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 327-335, Feb. 2010.
13)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Design of the Poincare Mapping of Piecewise Linear Systems, Proc. NCSP 2010, 125-128, Honolulu, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)後藤田 中, 平野 卓次, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 集団的ランニングにおける能力開発を支援するアウェアネス, 人工知能学会第23回全国大会講演論文集, 2009年6月.
2)後藤田 中, 大塚 真二, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 協調的ランニング訓練コミュニティを支援するアウェアネス環境の構築, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 294-295, 2009年8月.
3)松浦 健二 : 運動技能開発を目的としたコミュニティ環境の設計, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 30-31, 2009年8月.
4)金西 計英, 松浦 健二, 嵯峨山 和美, 久米 健司, 三好 康夫, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習コミュニティへのSNSによる支援環境の構築について, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 2-3, 2009年8月.
5)光原 弘幸, 赤塚 将人, 北村 聡洋, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通貨を用いる知識売買環境への変動相場制の導入, 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2009)第4分冊, 75-80, 2009年8月.
6)西岡 聡, 上田 哲史 : FFTを用いた結合非線形発振器にみられる同期現象の判別, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.TC4-4, 82-86, 2009年9月.
7)永尾 景, 上田 哲史 : 方向彩色法による2次元非線形写像における不変パターンの視覚化と解析, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.MC13-5, 947-950, 2009年9月.
8)久和 広実, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Pukiwikiを基にした演習問題共有システムの構築について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2009年9月.
9)村上 博希, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習者間の相互評価による学習効果について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 302, 2009年9月.
10)高浪 祐輔, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : SNSを用いたモチベーション維持支援システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 303, 2009年9月.
11)Kiyotaka Kunihira, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Development of Presentation-Support System based on Gesture Detection, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 349, Sep. 2009.
12)Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Jogging Simulation for Sustainable Training, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 350, Sep. 2009.
13)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Controlling Chaos Synchronization in Coupled Nonlinear Oscillators, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-22, 346, Sep. 2009.
14)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Analysis of Invariant Pattern in a Non-Invertible Chaotic Map with Directional Coloring, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-23, 347, Sep. 2009.
15)国平 清貴, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ジェスチャに着目したプレゼンテーション支援システムの開発, ゲーム学会第8回全国大会講演論文集, 43-46, 2009年12月.
16)松浦 健二 : Shibbolethによる学内外認証認可の実現, JGN2plus四国連絡協議会セミナー, 2010年2月.
17)松浦 健二 : eK4における認証認可連携基盤構築の報告, e-Knowledgeコンソーシアム四国シンポジウム, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)光原 弘幸, 伊勢 直史, 松井 俊憲, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス技術を用いて教室での授業を演出する試み, 日本教育工学会研究報告集, Vol.09, No.2, 31-36, 2009年5月.
2)中田 一平, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上のオンライン論文レビュー支援環境の設計・開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.1, 34-37, 2009年5月.
3)西岡 聡, 上田 哲史 : 非線形発振器結合系におけるカオス同期化制御法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 1-5, 2009年8月.
4)永尾 景, 上田 哲史 : 2次元離散系の不安定周期点近傍における自己相似性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 83-87, 2009年8月.
5)中田 一平, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : オンライン論文レビューを支援するコミュニティ環境の構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 65-70, 2010年3月.
6)鍋島 豊晶, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 多様な運動者コミュニティを対象としたスキルバンクのデザイン, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 59-64, 2010年3月.
7)後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ジョギングにおける自己調整を支援するオンラインコミュニティ環境, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.7, 72-77, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)北 研二 : 意味空間への情報マッピングに基づくクロスメディア検索に関する研究, 2005∼2008年度科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究(B)), 2009年5月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100700 20110399" @.organization=\E{212897}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)上田 哲史 : 1-1 力学系,相空間,1-2 保存系,可積分系,散逸系,2-1-3 ローレンツシステム,レスラーシステム, --- 知識ベース「知識の森」1群11編 非線形問題 ---, 電子情報通信学会, 東京, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Supporting real-time awareness for the community of runners, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.1, No.3/4, 289-303, 2010.
2)後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想的に訓練集団を構成することによるジョギング支援サイト, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J93-D, No.7, 1144-1153, 2010年.
3)Atsuo Maki, Naoya Umeda, Martin Renilson and Tetsushi Ueta : Analytical formulae for predicting the surf-riding threshold for a ship in following seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.3, 218-229, 2010.
4)後藤田 中, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上でのナワトビスキルの学習者を対象とする個別記事閲覧とその全体像俯瞰の支援, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, 269-277, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)松浦 健二, 中村 勝一 : SNSを用いた学習・教育支援システムの設計・開発, 教育システム情報学会誌, Vol.28, No.1, 21-35, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Zhang Le, He Qing, Shin-ichi Ito and Kenji Kita : Euclidean Distance-Ordered Thinning for Skeleton Extraction, Proc. of the 2nd International Conference on Education Technology and Computer, ICETC'10, Vol.1, 311-315, Shanghai, Jun. 2010.
2)Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yoneo Yano : Learning and competing rope-skipping skills on a community site, Proceedings of ED-MEDIA2010, 3204-3209, Tronto, CA, Jun. 2010.
3)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Two Coupled Izhikevich Oscillators, Proc. NOLTA2010, 627-630, Cracow, Sep. 2010.
4)Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Coupled Nagumo-Sato Models, Proc. NOLTA2010, 488-491, Cracow, Sep. 2010.
5)Tetsushi Ueta and Kei Nagao : Accurate Formulas Locating Unstable Periodic Points in Chaos, Proc. NOLTA2010, 111-114, Cracow, Sep. 2010.
6)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : A Web-Community Supporting Self-management for Runners with Annotation, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6277, 620-629, Cardiff, UK, Sep. 2010.
7)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Bridging Multiple Motor-Skills in a Community Site, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6279, 145-152, Cardiff, UK, Sep. 2010.
8)Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of Synchronized data with e-Learning Systems, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 304-306, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
9)Kiyotaka Kunihira, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Cultivating the Performance of Presentation through Monitoring Presenter's Action, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 495-497, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
10)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Remote Training-Support of Running Form for Runners with Wireless Sensor, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 417-421, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
11)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. ISIMM2011, 107, Tokyo, Mar. 2011.
12)Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamical systems with jumping characteristics, Proc. ISIMM2011, 108, Tokyo, Mar. 2011.
13)Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura, Kazuyuki Aihara and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of piecewise affine systems with hysteresis properties, Proc. ISIMM2011, 109, Tokyo, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)松浦 健二, 林 敏浩, 久米 健司, 上田 哲史, 金西 計英, 矢野 米雄 : LMSにおける組織を跨ぐ認証認可連携, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 339-340, 2010年8月.
2)後藤田 中, 松浦 健二, 平野 卓次, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : 遠隔ランナーの腕振り観察とそのコーチングを支援するシステム, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 355-356, 2010年8月.
3)伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : Izhikevich ニューロンの Gap Junction結合系における分岐解析, 電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 2010年9月.
4)大塚 真二, 後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランナーの心拍安定化を支援するアウェアネス, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, 191-192, 2010年9月.
5)木坂 友哉, 松浦 健二 : SNSを利用した論文レビュー支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 265, 2010年9月.
6)丸山 哲矢, 国平 清貴, 松浦 健二 : センサとTwitterを用いたプレゼンテーション技術の向上支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 264, 2010年9月.
7)Naoya Kamura, Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yoneo Yano : Form-Improvement Supporting System of Rope Jumping with enhanced video, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 318, Sep. 2010.
8)木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一 : カオスを利用したランダムIFSによるフラクタル生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-3, 10, 2010年9月.
9)中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : インパルス系への delayed feedback control の適用と問題, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-5, 2010年9月.
10)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Neimark-Sacker bifurcation in a 3D BVP Oscillator with a switch, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-21, Sep. 2010.
11)Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Effects of a nonlinear conductance in a Josephson Junction Circuit, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-22, Sep. 2010.
12)中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続系のためのdelayed feedback control の応用, 自動制御連合講演会講演論文集, 783-788, 2010年10月.
13)松浦 健二 : 徳島大学におけるSSOの実現と課題, 第四回統合認証シンポジウム, 49-66, 2010年12月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)西内 悠祐, 上田 哲史 : LC回路によって結合されたBVP発振器で起こる非線形現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 105-110, 2010年8月.
2)中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続特性をもつ系におけるdelayed feedback controlの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 111-116, 2010年8月.
3)伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 結合Izhikevichニューロンにおける分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 159-164, 2010年8月.
4)木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 南雲・佐藤モデルの二個結合系における分岐と特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 117-122, 2010年8月.
5)辻 正史, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : スイッチング遅れを伴う断続力学系に対する遅延フィードバック制御の有効性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.299, 21-24, 2010年11月.
6)後藤田 中, 松浦 健二, 平野 卓次, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : 身体動作に基づく仮想競走のリアルタイム訓練支援システム, 第八回身体知研究会予稿集, 1-6, 2010年12月.
7)平野 卓次, 後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランナーのフォームに基づく仮想競争デバイスの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.ET2010-91, 311-316, 2011年3月.
8)國平 清貴, 丸山 哲矢, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 顔方向検出によるプレゼンテーションスキル支援システムの開発と評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.ET2010-91, 269-274, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)松浦 健二 : ED-MEDIA2010報告, 教育システム情報学会誌, Vol.27, No.4, 339-340, 2010年12月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{212897}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Design of the Community Site for Supporting Multiple Motor-Skill Development, Springer-Verlag, Heidelberg, Germany, Oct. 2011.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Liu Yuqin, Yin Chengjiu, Hiroaki Ogata, Qiao Guojun and Yoneo Yano : A FAQ-based e-Learning Environment for Supporting Japanese Language Learning, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.9, No.3, 45-55, 2011.
2)Hiroaki Ogata, Li Mengmeng, Hou Bin, Noriko Uosaki, El-Bishouty M. Moushir and Yoneo Yano : SCROLL: Supporting to Share and Reuse Ubiquitous Learning Log in the Context of Language Learning, Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol.6, No.2, 69-82, 2011.
3)伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 断続自律系方程式における分岐のしきい値解析, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J94-A, No.8, 596-603, 2011年.
4)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Remote coaching system for runner's form with wearable wireless sensor, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.5, No.3/4, 282-298, 2011.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection Using Spherical SOM Visualization for Network Management, Proc. of 14th International Conference, HCI International 2011 with 11 Further Associated Conferences, 259-267, Orlando, Jul. 2011.
2)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. NOLTA 2011, 577-580, Kobe, Sep. 2011.
3)Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamic systems with jumping characteristics, Proc. NOLTA 2011, 615-618, Kobe, Sep. 2011.
4)Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of coupled piecewise affine system with hysteresis properties, Proc. NOLTA 2011, 407-410, Kobe, Sep. 2011.
5)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka, Shinichi Yamagiwa and Yoneo Yano : A Wearable System with Virtual Competitor Based on Runner's Body Motion, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6883, 21-30, Kaiserslautern, Germany, Sep. 2011.
6)Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toshio Tanaka, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Designing the Web-Community for Self-managed Training of Runners, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6883, 520-528, Kaiserslautern, Germany, Sep. 2011.
7)Hiroaki Ogata, Mengmeng Li, Bin Hou, Noriko Uosaki and Yoneo Yano : Learning by Logging: Supporting Ubiquitous Learning Using a Lifelogging Tool, Proc. of IEEE TESL 2011, 552-557, Dalian, Oct. 2011.
8)Masafumi Kosaka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Hiroaki Ogata, Toshio Tanaka, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : System Design to Improve Running-form with Motion-capture, Proceedings of ICISS2011, 260-264, Guilin, China, Oct. 2011.
9)Soichiro Takaiwa, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Integrating Electroencephalogram Analysis for Improving Mental Condition in Physical Skill Learning, Mohd Ayub A.F. et al.(Eds.)(2011). Workshop Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, 516-522, ChiangMai, Thailand, Nov. 2011.
10)Daisuke Ito, Nakanishi Takaya, Akinori Tuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Phenomena of a Light Coupled Oscillator with a Clock Pulse Input, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, NCSP'12, 675-679, Honolulu, Mar. 2012.
11)Yoshinori Kitano, Tetsushi Ueta, Yoshifumi Nishio, Guoan Yang and Yang Yang : On Investigation of the Intensity Scaling Factor in Fractal Image Coding, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'12), 273-276, Honolulu, Mar. 2012.
12)Hiroyuki Mitsuhara, Toshihiko Sadakuni, Katsuhiko Moriya, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : PRELIMINARY EXPERIMENT OF THEATRICAL LEARNING SUPPORT USING DIRECTIONAL SPEAKERS IN LECTUTAINMENT, Proceedings of International Technology, Education and Development Conference (INTED2012), 2666-2675, Valencia, Spain, Mar. 2012.
13)Hiroyuki Mitsuhara, Toshiyuki Moriyama and Yoneo Yano : ADAPTIVE SUPPORT IN PAPER-TOP INTERFACE SYSTEM FOR CLASSROOM EDUCATION, Proceedings of International Technology, Education and Development Conference (INTED2012), 2658-2665, Valencia, Spain, Mar. 2012.
14)Toshiyuki Moriyama, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : DIVERSIFYING STUDENT-NOTEBOOK INTERACTION IN PAPER-TOP INTERFACE SYSTEM, Proceedings of IADIS International Conference e-Society 2012, 3-10, Berlin, Germany, Mar. 2012.
15)Keiji Miki, Hiroyuki Mitsuhara, Yusuke Noda, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Yoneo Yano : INTRODUCING COLLABORATION AND COMPETITION INTO REAL WORLD EDUTAINMENT, Proceedings of IADIS International Conference Mobile Learning 2012, 11-18, Berlin, Germany, Mar. 2012.
16)Hiroyuki Mitsuhara, Katsuhiko Moriya, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : LECTUTAINMENT: AN ENTERTAINMENT COMPUTING APPROACH TO MOTIVATING STUDENTS IN CLASSROOM LECTURE, Proceedings of IADIS International Conference e-Society 2012, 35-43, Berlin, Germany, Mar. 2012.
17)Yusuke Noda, Keiji Miki, Kazuhisa Iwaka, Hiroyuki Mitsuhara, Yasunori Kozuki and Yoneo Yano : REAL WORLD EDUTAINMENT BASED ON BRANCHED GAME STORY AND ITS APPLICATION TO EARTHQUAKE DISASTER PREVENTION LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference Mobile Learning 2012, 205-212, Berlin, Germany, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)松浦 健二 : eK4を支える認証基盤, 情報知識学会誌2011, Vol.21, No.2, 309-312, 2011年5月.
2)松浦 健二 : 四国の地域コンソーシアム(eK4)におけるLMS連携の実装&実践, 2011年7月.
3)小坂 真史, 松浦 健二, 後藤田 中, 緒方 広明, 矢野 米雄 : モーションキャプチャを用いたランニングフォーム改善支援, 教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集, 70-71, 2011年8月.
4)光原 弘幸, 香川 順子, 金西 計英, 矢野 米雄 : Lectutainment:学習意欲向上を目的としたICTによる授業のエンタテインメント化, 教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集, 194-195, 2011年9月.
5)Naoya Ishizaka, Kenji Matsuura and Shinji Otsuka : An SNS environment supporting interaction with different skilled members to solve plateau, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 337, Sep. 2011.
6)Shinsuke Uno, Kenji Matsuura, Tetsushi Ueta and Masahiko Sano : The Design of a Dynamic Virtual Organization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 269, Sep. 2011.
7)Keisuke Hamagami and Kenji Matsuura : Learning support of multiple physical skills with a motion capture system, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 336, Sep. 2011.
8)木村 友亮, 佐野 雅彦 : ICT端末におけるユビキタス環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 319, 2011年9月.
9)宮地 佑典, 上田 哲史 : 線形予測を用いた遅れ時間カオス制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-7, 7, 2011年9月.
10)Jamsran Altanzul and Tetsushi Ueta : On 7th Power in Duffing Equation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-8, 8, Sep. 2011.
11)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Controlling chaos by parallel parameter variations, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-9, 9, Sep. 2011.
12)Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Phenomena of a Piecewise Affine Map with Hysteresis Properties, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-10, 10, Sep. 2011.
13)Takaya Nakanishi and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-11, 11, Sep. 2011.
14)Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-12, 12, Sep. 2011.
15)関 陽介, 松浦 健二, 松村 健, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 矢野 米雄 : ネットワーク監視システムのShibboleth化, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 255-256, 2011年12月.
16)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 林 敏浩 : 大学連携における仮想化による継続的な学習環境の提供, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 347-350, 2011年12月.
17)寺本 生, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 分散e-Learning 環境におけるBCP への適用, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.
18)森 智裕, 金西 計英, 緒方 広明, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : HTML5 を用いた教材作成支援システムの構築, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.
19)小菊 寛和, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 大型美術館における個人嗜好に着目した個別ガイドシステムの開発について, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)木下 和俊, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : ヒステリシス特性を持つ区分的アファインシステムについての分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-13, No.62, 62-64, 2011年5月.
2)伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : しきい値の変分を利用したカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-59, No.106, 193-198, 2011年7月.
3)上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学情報化推進センターにおけるISMS構築について, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-IOT-14, No.5, 1-2, 2011年7月.
4)松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英 : 身体スキル開発のためのWEBコミュニティ環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B101, 27-32, 2011年7月.
5)中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : 馬蹄形写像を利用した周期点の特定と制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-120, No.111, 19-24, 2011年12月.
6)伊藤 大輔, 辻 明典, 上田 哲史, 川上 博 : 周期外力を加えた電子ホタルにおける分岐と同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-138, No.111, 81-86, 2012年1月.
7)上田 哲史, 佐野 雅彦 : 組織評価とISMS, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-IOT-16, No.41, 1-6, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{212897}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)井上 春樹, 長谷川 孝博, 水野 信也, 石井 洋之, 永田 正樹, 鈴木 恵子, 坂田 智之, 杉浦 直代, 淺野 みさき, 関 睦実, 市川 哲彦, 上田 哲史, 三原 義樹 : BCPを支えるクラウド情報基盤, --- 静岡大学情報基盤センター2011年度の活動記録 ---, 静岡学術出版, 静岡, 2012年6月.
2)松浦 健二 : WEB2.0技術を用いたシステム開発, ミネルヴァ書房, 2012年10月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランニングの自己ペース調整を支援するWeb訓練システム, 教育システム情報学会誌, Vol.29, No.3, 152-164, 2012年.
2)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 複数認証基盤に対応する複合SSO環境でのユーザエクスペリエンス, 学術情報処理研究, Vol.16, No.16, 138-145, 2012年.
3)Tetsushi Ueta : Invariant patterns in a non-invertible chaotic map by the directional coloring, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 497-507, 2012.
4)Kunichika Tsumoto, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analyses of nonlinear dynamical systems: From theory to numerical computations, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 458-476, 2012.
5)Tetsushi Ueta and Akihisa Tamura : Bifurcation Analysis of a Simple 3D Oscillator and Chaos Synchronization of its Coupled Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.45, No.12, 1460-1468, 2012.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Energy saving controlling chaos, Proc. ISCAS 2012, 405-408, Seoul, May 2012.
2)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Self-Regulated Training on a Web-based Community Environment for Runners, M. Graña et al. (Eds.) Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, 1081-1090, San Sebastian, Spain, Sep. 2012.
3)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Development of Motor-Skills in a Comfortable Environment, Tokuro Matsuo, Kiyota Hashimoto, Sachio Hirokawa. (Eds.) 2012 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 89-92, Hakata, Japan, Sep. 2012.
4)Munehisa Sekikawa, Akinori Tuji, Keiko Kimoto, Ikku Aihara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Optically coupled oscillators (OCOs) -- LED fireflies, Proceedings of the 2012 ACM Multimedia Conference, MM'12, 1485-1486, Nara, Oct. 2012.
5)Y Yamamoto, Hiroyuki Asahara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : Experimental Control of Chaos via Switching Threshold in an Interrupted Electric Circuit, Proc. ITC-CSCC 2012, No.B-T2-05, Sapporo, Oct. 2012.
6)Yusuke Tone, Hiroyuki Asahara, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : A Method for the Computation of Border Collision Bifurcation Point in a Piecewise Linear System with Interrupted Characteristics, Proc. NOLTA 2012, 828-831, Palma, Spain, Oct. 2012.
7)Keisuke Hamagami, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Naka Gotoda : Support on Repeating Skill Development - Modulating from monitored data to a target, Workshop Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, 491-498, Singapore, Nov. 2012.
8)Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : A Coaching CMS with Wireless Sensors using ANT+ Connectivity Solution, Workshop Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, 508-517, Singapore, Nov. 2012.
9)Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proceedings of The 2012 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks, 14-17, Tokushima, Dec. 2012.
10)Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 673-676, Kona, Mar. 2013.
11)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of a chaotic map with a controller, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 57-60, Kona, Mar. 2013.
12)Jumpei Inaba, Yusuke Nishiuchi and Tetsushi Ueta : Numerical validation for blurred basin of symmetric equilibria in a 3D autonomous system, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 361-364, Kona, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 関川 宗久, 喜多 順三, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの同期現象:自律的に動く光パタンの生成, LED総合フォーラム2012 in徳島論文集, 99-100, 2012年4月.
2)上田 哲史 : ポストカオス制御に向けた取り組み, 回路とシステム(淡路島)ワークショップ論文集, 9-14, 2012年7月.
3)濱上 佳祐, 松浦 健二, 金西 計英 : 反復運動における運動特性の改善支援機構の構築, 教育システム情報学会第37回全国大会講演論文集, 188-189, 2012年8月.
4)宇野 槙祐, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, Bolortsetseg Ganbat : Shibbolethを応用した認可管理機構の一検討, FIT2012講演論文集, No.4, 183-184, 2012年9月.
5)Bolortsetseg Ganbat, Tetsushi Ueta, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Shinsuke Uno : The Design of a Dynamic Virtual Organization, 2012年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, 142, Sep. 2012.
6)佐野 雅彦, 上田 哲史 : ISMS認証取得後の活動について, 学術情報処理研究, Vol.16, 205-206, 2012年9月.
7)金西 計英, 高浪 祐輔, 光原 弘幸, 松浦 健二, 矢野 米雄 : Twitterボット:自学自習における学習意欲の維持を目指して, 日本教育工学会 第28回大会 講演論文集, 31-34, 2012年9月.
8)山田 慶太, 松浦 健二, 濱上 佳祐, 乾 博文 : 身体動作間の類似度を用いた身体スキル獲得支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 344, 2012年9月.
9)宮地 祐典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : モデル方程式を用いないカオス制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2012年9月.
10)大津 智弘, 上田 哲史 : カオス力学系に対する最適制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 13, 2012年9月.
11)稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 36, 2012年9月.
12)北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : 二値画像に対するフラクタル符号化における輝度値変換パラメータの性質, 平成24年度電気関係学会四国地区連合大会講演論文集, 39, 2012年9月.
13)水口 和也, 佐野 雅彦 : ユビキタスなユーザ環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 363, 2012年9月.
14)岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 364, 2012年9月.
15)寺元 生, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 金西 計英 : 大学間アカデミッククラウドでの学習環境のBCPの実現と検証, 大学ICT推進協議が会2012年度年次大会論文集, 170-171, 2012年12月.
16)松浦 健二 : ADユーザのWEBSSO,その実現と課題, 第六回統合認証シンポジウム, 2012年12月.
17)藤本 憲市, 吉永 哲哉, 上田 哲史, 北島 博之, 合原 一幸 : 最大リアプノフ指数に基づいた周期点の分岐回避制御, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS50-SS51, 2013年3月.
18)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : Shibboleth認証におけるセキュリティレベルの多重化, 情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 577-578, 2013年3月.
19)伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 接線分岐回避・補償制御のロバスト性, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS52-SS53, 2013年3月.
20)岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 情報処理学会第75回全国大会, No.3, 363-364, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : コントラストの高い白黒二値画像に対するフラクタル符号の重みについて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-4, No.112, 19-24, 2012年4月.
2)宮地 佑典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 線形予測とリストを用いたカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.117, 7-12, 2012年7月.
3)山本 吉彦, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸, 高坂 拓司 : しきい値の摂動を用いたカオス制御の実験的検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112117, No.112, 13-16, 2012年7月.
4)稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-74, No.112, 99-104, 2012年9月.
5)藤本 憲市, 大津 智弘, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : カオス制御における制御コストの評価と比較, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 1-6, 2012年11月.
6)伊藤 大輔, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸 : 接線分岐により消滅するアトラクタを補償する制御について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 19-22, 2012年11月.
7)松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 乾 博文, 後藤田 中 : コミュニティ内での身体スキル訓練方法に関する一考察, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, 21-26, 2013年3月.
8)後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫 : ランナーの動きに基づき仮想協走者を提供するウェアラブルシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, 5-12, 2013年3月.
9)金西 計英, 光原 弘幸, 三好 康夫, 松浦 健二 : e-Learningの学習継続とソーシャルメディアの関係の考察, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.500, 95-99, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{212897}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)上田 哲史 : 多様体と大域分岐,カオス制御, --- 応用数理ハンドブック ---, 朝倉書店, 東京, 2013年8月.
2)Clara Gracio, Daniele Fournier-Prunaret, Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : Nonlinear Maps and their Applications; Selected Contributions from the NOMA 2011 International Workshop, Springer, New York, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kenji Matsuura, Hiroki Moriguchi and Kazuhide Kanenishi : Supporting self-control of individual training for motor-skill development with a social web environment, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.2/3, 201-216, 2013.
2)金西 計英, 光原 弘幸, 三好 康夫, 松浦 健二 : 自学自習における学習意欲の維持へのTwitterボットの活用, 日本教育工学会論文誌, Vol.37(Suppl), 69-72, 2013年.
3)後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫 : 動きに基づき仮想の協走者を提供するウェアラブルシステム, 教育システム情報学会誌, Vol.31, No.1, 28-37, 2014年.
4)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振の分類, Journal of Signal Processing, Vol.18, No.1, 39-48, 2014年.
5)Atsuo Maki, Naoya Umeda, Renilson Martin and Tetsushi Ueta : Analytical methods to predict the surf-riding threshold and the wave-blocking threshold in astern seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.4, 415-424, 2014.
6)Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit: analytic extension and numerical validation, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.3, 257-264, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : A Server-based System Supporting Motor Learning through Real-time and Reflective Learning Activities, Proceedings of HCII2013, Vol.LNCS 8005, 84-93, Las Vegas, USA, Jul. 2013.
2)Tetsushi Ueta, Daisuke Ito and Kazuyuki Aihara : Restoration control for disappeared periodic solutions, Proc. of 5th Int. Conf. Frontiers of Nonlinear Physics, 34-35, Nyzhny Novgrod, Jul. 2013.
3)Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Hiroyuki Kitajima and Kazuyuki Aihara : Controlling Method to Avoid Bifurcations of Periodic Points Using Maximum Lyapunov Exponent, Proc. of 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 158-161, Santa Fe, Sep. 2013.
4)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji and Kazuyuki Aihara : Attractor-Preserving Control to Avoid Saddle-Node Bifurcation, Proc. NOLTA 2013, 150-153, Santa Fe, Sep. 2013.
5)Keita Yamada, Kenji Matsuura, Keisuke Hamagami and Hirofumi Inui : Motor skill development using motion recognition based on an HMM, 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013, 37-45, Kitakyushu, Sep. 2013.
6)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : Design of Tennis Training with Shot-timing Feedback based on Trajectory Prediction of Ball, Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 196-201, Indonesia, Nov. 2013.
7)Kenji Matsuura, Hirofumi Inui, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Training-Course Design for General Purpose of Motor-Skill Learners on a Web, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 202-207, Indonesia, Nov. 2013.
8)Yu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation phenomena of forced Izhikevich neuron model, Proc. NCSP 2014, 413-416, Honolulu, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)伊藤 大輔, 辻 明典, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの引き込み現象:ホタルはエッジで同期する, LED総合フォーラム2013 in徳島論文集, 87-88, 2013年4月.
2)中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 馬蹄形写像におけるカオス制御, 回路とシステムワークショップ論文集, 1-6, 2013年8月.
3)伊藤 大輔, 上田 哲史 : 結合南雲・佐藤モデルにおける分岐解析, 回路とシステムワークショップ論文集, 285-288, 2013年8月.
4)金西 計英, 松浦 健二, 戸川 聡 : e-Learning システム連携のための認証基盤の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 65-66, 2013年9月.
5)濱上 佳祐, 松浦 健二, 乾 博文, 山田 慶太, 金西 計英 : 反復運動学習における安定化支援の一検討, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 315-316, 2013年9月.
6)乾 博文, 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 後藤田 中, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 身体スキルの分類に基づく学習者別の段階的学習支援環境の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 317-318, 2013年9月.
7)上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 松村 健, 関 陽介 : 大学コミュニケーションポータルの運用と課題, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9, 2013年9月.
8)佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報化推進センター ISMS 活動事例, --- ISMS取得2年目の取り組み ---, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 17-20, 2013年9月.
9)稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ある4次元発振器で見られるバースト発振について, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2, 2013年9月.
10)間野 翔大, 上田 哲史 : 方向彩色による周期点抽出支援ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 9, 2013年9月.
11)菱川 健治, 上田 哲史, 西尾 芳文, 牛田 享宏, 青野 修一 : モバイル端末における身体活動観測ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2013年9月.
12)上田 哲史, 佐野 雅彦, 八木 香奈枝 : JGN-Xを利用した緊急時情報発信機構の確保, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 340, 2013年9月.
13)松崎 浩三, 佐野 雅彦 : 学習用プロセッサに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 115, 2013年9月.
14)大畑 翔太郎, 佐野 雅彦 : システムコール転送による分散処理に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2013年9月.
15)辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルによるゲンジボタルの発光同期パタンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3, 2013年9月.
16)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : eラーニングシステム間のデータ連携について, 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 687-688, 2013年9月.
17)大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS49-SS50, 2014年3月.
18)伊藤 大輔, 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 742-745, 2014年3月.
19)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 属性管理とセキュリティレベルの多重化について, 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, 119, 2014年3月.
20)上田 哲史, 伊藤 大輔 : 分岐を求めるということ, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS35-SS38, 2014年3月.
21)伊藤 大輔, 間野 翔大, 上田 哲史 : カオス中の疑似周期軌道の安定化, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS57-SS58, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)八木 香奈枝, 佐野 雅彦 : WiMAX-徳島大学 キャンパス間ネットワーク接続, 第25回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 75-76, 2013年8月.
2)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振状態の特徴, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 117-122, 2013年10月.
3)稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 4次元自律系のバースト発振の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 199-204, 2013年10月.
4)Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Emergent Control of Pseudo Periodic Orbits in Chaotic Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.113, No.341, 55-58, Dec. 2013.
5)山田 慶太, 吉岡 真也, 松浦 健二 : 動画像解析を用いた縄跳びフォーム改善支援環境の構築, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B303, 35-38, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{212897}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Threshold control for stabilization of unstable periodic orbits in chaotic hybrid systems, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
2)Miki Kobayashi, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Feedback control method based on predicted future states for controlling chaos, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
3)Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Parametric Control to Avoid Bifurcation Based on Maximum Local Lyapunov Exponent, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)刀根 佑輔, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸, 高坂 拓司 : 区分非線形離散時間力学系における局所的分岐点の計算法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.134-C, No.5, 729-736, 2014年.
2)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 関 陽介, 松村 健, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システム BCP および 非常時のワイヤレスアクセスラインの整備, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 99-107, 2014年.
3)佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報センターにおけるISMSの効果, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 90-98, 2014年.
4)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Controlling chaos of hybrid systems by variable threshold values, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.24, No.10, 1450125-1-1450125-12, 2014.
5)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : エージェント方式によるWebサービス間のデータ同期の検討, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, 121-124, 2014年.
6)松浦 健二, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 等位置での反復運動スキル学習支援システムーフラフープスキルを対象として, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J98-D, No.1, 61-70, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)後藤田 中, 松浦 健二 : フィジカル・コンピューティングによる健康向上支援の先行的取り組み, 医療機器学, Vol.84, No.6, 645-651, 2014年12月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Shinya Yoshioka, Keita Yamada and Kenji Matsuura : Supporting system for the form improvement on rope skipping skill by image processing, 2014 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 328-331, Kitakyusyu, Japan, Aug. 2014.
2)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Border-collision bifurcations for the mathematical model of the TCP-RED, Proc. NOLTA2014, 779-782, Luzern, Sep. 2014.
3)Kenji Hishikawa, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Coupled Dictyostelium Oscillators, Proc. NOLTA2014, 419-422, Luzern, Sep. 2014.
4)Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Pseudo periodic orbits and their stabilization, Proc. NOLTA2014, 775-778, Luzern, Sep. 2014.
5)Yuu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of coupled Izhikevich neuron model with an external periodic force, Proc. NOLTA2014, 807-810, Luzern, Sep. 2014.
6)Keita Yamada and Kenji Matsuura : Design of an Environment for Motor-skill Development based on Real-time Feedback, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 799-804, Nara, Japan, Nov. 2014.
7)LKHAGVASUREN Erdenesaikhan, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Learning Log Dashboard: to see your own progress, Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 528-532, Nara, Japan, Dec. 2014.
8)Kenji Matsuura, Yosuke Seki, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Design and Implementation of Organizational Authorization for a Network Monitoring System, Proceedings of the Second International Symposium on Computing and Networking, 605-607, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.
9)Yu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for the forced Alpazur oscillator, Proc. NCSP 2015, 158-161, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
10)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Stability control with a threshold value of the stepping motor, Proc. NCSP 2015, 397-400, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
11)Kenji Hishikawa, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcations and Phase Differences of Nonlinear Coupled Dictyostelium System, Proc. NCSP 2015, 401-404, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
12)Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Circuit implementation of controlling chaos using pseudo periodic orbit, Proc. NCSP 2015, 405-408, Kuala Lumpur, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)吉岡 真也, 山田 慶太, 松浦 健二 : 画像処理による縄跳びフォーム改善支援, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 387-388, 2014年9月.
2)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関における教育システムのためのプライベートクラウドの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 143-144, 2014年9月.
3)松浦 健二 : 反復運動を対象とした身体(運動)スキル開発支援, 教育システム情報学会第39回全国大会公開フォーラム, 2014年9月.
4)松田 基希, 佐野 雅彦 : ファイアーウォールルールの可視化に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 259, 2014年9月.
5)尾方 裕一, 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦 : 時系列分析手法を用いた端末利用予報, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2014年9月.
6)中屋敷 義浩, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : スケジューリングを鑑みたイベント情報共有システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 339, 2014年9月.
7)立井 宏明, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : PC上の作業ログを活用した学生支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 342, 2014年9月.
8)辻 明典, 藤岡 慧明, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルによる自然ホタルの強制同期, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2014年9月.
9)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 尾方 裕一 : 時系列データ分析による端末利用予測システム, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 27-28, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)八木 香奈枝, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : 有線ネットワーク及び仮想化基盤設備の整備, 第26回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 74-75, 2014年8月.
2)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学における学認利用申請システムの開発と運用, 第18回学術情報処理研究集会発表論文集, 51-56, 2014年9月.
3)伊藤 大輔, 上田 哲史 : ネットワークルータの輻輳制御における分岐現象の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 175-178, 2014年10月.
4)間野 翔大, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 疑似周期軌道を用いたカオス制御とその実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 125-128, 2014年10月.
5)美井野 優, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 外力を印加した結合ニューロンモデルの応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 119-123, 2014年10月.
6)菱川 健治, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 非線形結合における同期特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 171-174, 2014年10月.
7)山田 慶太, 松浦 健二 : 試行間の関係性を考慮したフラフープ制御スキル開発支援環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B402, 30-33, 2014年11月.
8)大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸 : Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.348, 69-74, 2014年11月.
9)伊藤 大輔, 高坂 拓司, 上田 哲史, 川上 博 : 周期外力を印加した電子ホタルにみられる時間応答波形, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.414, 113-116, 2015年1月.
10)吉岡 真也, 松浦 健二 : 手の運動に着目した2重とびスキル学習支援の試み, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B403-11, 56-59, 2015年3月.
11)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化する携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.7, 43-48, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{212897}}

2015年度(平成27年度) / 著書

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yuu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : A computation method for non-autonomous systems with discontinuous characteristics, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.77, No.8, 277-285, 2015.
2)Tetsushi Ueta, Daisuke Ito and Kazuyuki Aihara : Can a Pseudo Periodic Orbit Avoid a Catastrophic Transition?, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.25, No.13, 1550185-1-1550185-10, 2015.
3)Yusuke Tone, Hiroyuki Asahara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : Calculation Method of Local Bifurcation Point in Piecewise Nonlinear Discrete-Time Dynamical Systems, Electronics and Communications in Japan, Vol.99, No.3, 22-30, 2016.
4)Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analysis of the Nagumo-Sato Model and its Coupled Systems, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.26, No.3, 1630006-1-1630006-11, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

1)藤井 太就, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 区分非線形離散時間力学系に生じるBorder-collision 分岐の分岐パラメータ計算法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.135, No.4, 468-469, 2015年.
2)Kenji Hishikawa, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcations and Phase Differences of Nonlinear Coupled Dictyostelium Systems, Journal of Signal Processing, Vol.19, No.4, 99-102, 2015.

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1)松浦 健二 : できるように,うまくできるように, 人工知能学会誌, Vol.30, No.3, 287-288, 2015年5月.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)Yosuke Seki, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Providing flexible authorization for shared group spaces by the attribute registration system, Proc. of the 17th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, 256-261, Busan, Aug. 2015.
2)Shinya Yoshioka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Hand-motion analysis for development of double-unders skill, 19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2015, Vol.60, 775-783, Singapore, Sep. 2015.
3)Hiroshi Toyooka and Kenji Matsuura : Development of a system to imply well-timed action in a drill practice of motor actions, Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Management, 321-328, Osaka, Nov. 2015.
4)Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Kousuke Mouri, Hiroaki Ogata and Kenji Matsuura : Let's Find Suitable Word Using LAD, WIPP & PP Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Management, 7-8, Osaka, Nov. 2015.
5)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Laboratory experiment for bifurcation phenomena of the forced Alpazur oscillator, Proc. NOLTA 2015, 169-172, Hong Kong, Dec. 2015.
6)Daisuke Ito, Munehisa Sekikawa, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bursting of transition dynamics on series coupled two operational amplifiers, Proc. NOLTA 2015, 181-184, Hong Kong, Dec. 2015.
7)Tomoyuki Sasada, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Hirokazu Ohtagaki, Takuji Kousaka and Hiroyuki Asahara : Controlling Unstable Orbits via Varying Switching Time in a Simple Hybrid Dynamical Systems, Proc. NOLTA 2015, 475-478, Hong Kong, Dec. 2015.
8)Kyosuke Miyamoto, Daisuke Ito, Hiroyuki Asahara, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Circuit Experiments for Bifurcation of TimeWaveforms on Forced LED Fireflies, Proc. NOLTA 2015, 836-839, Hong Kong, Dec. 2015.
9)Tetsushi Ueta and Yuu Miino : Automatic threshold adjustment for limit cycles holding a specified stability in hybrid systems, Proc. NCSP2016, 672-673, Honolulu, Mar. 2016.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 携帯端末用ルーブリック評価ツールにおける教員機能の開発, 情報教育シンポジウム, 79-82, 2015年8月.
2)野村 卓哉, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 関 陽介 : Maharaにおけるメタデータ構造解析支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 296, 2015年9月.
3)竹野 凌, 関 陽介, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 交通事故の危険度と移動者を考慮した移動経路提案システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 295, 2015年9月.
4)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis for Duffing Equation with Non- smooth Hysteresis Characteristics, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 200, Sep. 2015.
5)宮本 恭介, 上田 哲史, 川上 博 : 2 つのコンパレータを用いたRC 方形波発振回路, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 300, 2015年9月.
6)吉岡 真也, 松浦 健二, 後藤田 中, カルンガル ギディンシ ステファン : 前一重トビから前二重トビへのスキルアップ支援の試み, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 125-126, 2015年9月.
7)豊岡 寛旨, 松浦 健二, 後藤田 中 : フラフープにおけるスタンスと運動方向の一考察, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 183-184, 2015年9月.
8)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関におけるクラウドを活用した教育環境の活用, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 91-92, 2015年9月.
9)竹野 凌, 関 陽介, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 上田 哲史 : 交通事故の危険度と移動手段を考慮した移動経路提案システム, 電子情報通信学会2016年総合大会講演論文集, 144, 2016年3月.
10)野村 卓哉, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 関 陽介, 上田 哲史 : Mahara におけるデータ間の関係性解析支援システム, 電子情報通信学会2016年総合大会講演論文集, 112, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)麻原 寛之, 上田 哲史, 伊藤 大輔, 高坂 拓司 : スイッチング回路のON/OFF時間制御に関する一考察, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.34, 35-38, 2015年5月.
2)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 認証フレームワークを用いたアクセスログを考慮するアンケートシステム, 情報処理学会研究報告, Vol.2015-IOT-30, No.2, 1-6, 2015年6月.
3)八木 香奈枝, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : ISMS新規格における徳島大学情報センターの対応事例, 国立大学情報系センター協議会第13回ISMS研究会資料, 2015年9月.
4)佐野 雅彦 : UNIX系サーバソフトウェア管理のための簡易な情報収集手法, 学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9, 2015年9月.
5)伊藤 大輔, 美井野 優, 上田 哲史 : 双極型ロジスティックカオスニューロンを用いたIsingネットワークの分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NC2015-27, 59,-62, 2015年10月.
6)豊岡 寛旨, 松浦 健二, 後藤田 中 : 反復運動における運動継続のための動作タイミングに関する一考察, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30, No.5, 27-32, 2016年1月.
7)関 陽介, 野村 卓哉, 曽我部 紗也香, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 上田 哲史 : 研究活動の持続的成長を支援するeポートフォリオシステムの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-CLE-18, No.7, 1-6, 2016年2月.
8)石岡 匠也, 後藤田 中, 小林 雄志, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 個別の実践環境の違いを考慮した運動教育のe-Learningフレームワークの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, 199-204, 2016年3月.
9)山本 貴裕, 後藤田 中, 小林 雄志, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : フィットネス測定スキルの養成を支援するCMSの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, 211-214, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1)上田 哲史 : マネジメントシステムの情報セキュリティ版がもたらすもの, --- 信頼?姿勢?安心? ---, SS研ニュースレター選集, Vol.15, 17-27, 2015年5月.

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{212897}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1)Yusuke Nishiuchi and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of a Simple 3D BVP Oscillator and Chaos Synchronization of Its Coupled Systems, Chapter 9, Handbook of Applications of Chaos Theory, CRC Press, Boca Raton, Jun. 2016.
2)松浦 健二, 林 敏浩 : 大学間連携システム, ミネルヴァ書房, 2016年6月.
3)Hiroyuki Asahara, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Analysis of bifurcation in oscillatory circuits, --- Oscillator Circuits: Frontiers in Design, Analysis and Applications, Y. Nishio (ed.) ---, Inspec/Iee, London, Dec. 2016.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Hiroyuki Kitajima and Tetsushi Ueta : Control Technique of Maximum Local Lyapunov Exponent on Stable Periodic Solution in Continuous-Time Non-Autonomous Dynamical Systems, International Journal of Computing Communication and Instrumentation Engineering, Vol.3, No.2, 349-353, 2016.
2)Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Dashboard for Analyzing Ubiquitous Learning Log, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.14, No.3, 1-20, 2016.
3)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システムのBCPテスト結果と課題, 学術情報処理研究, Vol.20, 119-127, 2016年.
4)谷岡 広樹, 板東 孝文, 松浦 健二 : 徳島大学情報センターにおける全文検索システムの導入検討, 学術情報処理研究, Vol.20, 30-39, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)上田 哲史 : 黒板に代わるICTツールの一考察, 大学教育研究ジャーナル, No.14, 62-68, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 吉田 博, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化するための携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発と試用, 教育システム情報学会誌, Vol.33, No.2, 120-125, 2016年.
2)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Steady state analysis of the TCP network with RED algorithm, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.EA99, No.6, 1247-1250, 2016.
3)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, 立井 宏明 : 作業過程・成果の想起を促す作業履歴の提示方法, 日本教育工学会論文誌, Vol.40, No.Suppl., 113-116, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : A difficulty from chattering in bifurcation analysis of the circuit with a Josephson junction including piecewise linear property, Proc. IEEE TJCAS 2016, Tainan, Aug. 2016.
2)Kohta Sugawara, Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Development of a Gross Motor Skill by Combining Primitive Motions in Repetitive Exercise, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 488-492, Kyoto, Oct. 2016.
3)Ryo Takeno, Yosuke Seki, Masahiko Sano, Kenji Matsuura, Kenji Ohira and Tetsushi Ueta : A Route Navigation System for Reducing Risk of Traffic Accidents, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 640-644, Kyoto, Oct. 2016.
4)Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru, Rihito Yaegashi and Toshihiro Hayashi : Proposal of a Methodology based on Organization of Learning Material including Multiple Perceptions for Knowledge Communication of Physical Training, Proceedings of Gong Show & Young Researcher Contributions on ICKM2016, 1-5, Vienna,Austria, Oct. 2016.
5)Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : A Learning Support System Regarding Motion Trigger for Repetitive Motion Having an Operating Instrument, Proceedings of 13th IADIS International Conference of CELDA, 33-40, Mannheim, Germany, Oct. 2016.
6)Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi, Kenichi Fujimoto and Hiroshi Murai : Proposal of Organizing Learning Material with Multiple Perceptions Depending on Preference of Physical Training, Proceedings of The Second International Conference on Electronics and Software Science, 56-64, Takamatsu, Japan, Nov. 2016.
7)Hiroyuki Fukue, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, Hirokazu Ohtagaki and Hiroyuki Asahara : A Switching Ripple Reduction Technique for Current-Controlled 1-Dimensional DC/DC Boost Converter, Proc. NOLTA 2016, 149-151, Yugawara, Nov. 2016.
8)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Synchronized bifurcation in a two-coupled Izhikevich neuron model, Proc. NOLTA 2016, 354-357, Yugawara, Nov. 2016.
9)Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Physical Learning Support using a Smartphone with Image Processing Technologies, Proceedings of ACM IMCOM2017, Beppu, Japan, Jan. 2017.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1)Miino Yuu and Tetsushi Ueta : Synchronization of firing in coupled Izhikevich neuron model, NOLTAソサイエティ大会, No.NLS-13, Jun. 2016.
2)豊岡 寛旨, 菅原 宏太, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 操作機器を有する反復運動における身体制御の学習支援システム, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 119-120, 2016年8月.
3)菅原 宏太, 豊岡 寛旨, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 反復運動を対象とした基本運動の統合化学習支援, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 117-118, 2016年8月.
4)山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 孝之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 研修チェック項目を多視点動画収集・同期再生環境に連携させた振り返り支援システム, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 229-230, 2016年8月.
5)石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 運動スキル学習のための好みの知覚に基づくフィードバックを用いたトレーニング環境の提案, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 281-282, 2016年8月.
6)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Synchronized bifurcation in the two-coupled Izhikevich neuron model with an external force, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 11, Sep. 2016.
7)中桐 健介, 美井野 優, 上田 哲史 : Newton法を用いたポアンカレ写像点の算出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3, 2016年9月.
8)山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 孝之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼 : テスト結果に基づき多視点映像再生の注目視点の切り替えを 動的に構成するフレームワークの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2016年9月.
9)Yoshikawa Takehiko, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Skill Learning Support System Focusing on Rhythm Fitting, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 267, Sep. 2016.
10)仲野 弘一, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 学生証とパスワードの二要素認証を無線LAN接続の認証に用いる手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-573-3-574, 2017年3月.
11)仁科 泉美, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 検出対象動作とリスクを紐づけ対策行動へ誘導する警告手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-601-3-602, 2017年3月.
12)竹田 智洋, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : インターネット到達性確認パケットの推定・追跡を用いた不正アクセスポイント検出手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-161-3-162, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

(なし)

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1)美井野 優, 上田 哲史 : 結合Izhikevichニューロンモデルにみられる同時発火現象と分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.11, 51-56, 2016年5月.
2)宮本 恭介, 上田 哲史, 川上 博 : 光結合型発振回路の同期メカニズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.10, 45-50, 2016年5月.
3)福江 紘幸, 高坂 拓司, 上田 哲史, 伊藤 大輔, 太田垣 博一, 宇都宮 晃, 麻原 寛之 : 電流制御DC/DCコンバータに対するON/OFF時間制御アルゴリズムの適用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.16, 77-81, 2016年5月.
4)伊藤 大輔, 上田 哲史 : Lorenz model に対する External force control とその安定性解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.17, 83-86, 2016年5月.
5)美井野 優, 上田 哲史, 川上 博 : ヒステリシスを有する区分線形Duffing 方程式にみられる非線形現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.50, 31-36, 2016年9月.
6)石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼 : 選択的フィードバックによる個人の運動学習支援, 教育システム情報学会研究報告, 2016年10月.
7)山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 貴之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼 : 多視点動画教材の視聴視点切替え提案による技能研修支援システム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.3, 15-18, 2016年10月.
8)松浦 健二, 佐野 雅彦, 大平 健司, 谷岡 広樹, 上田 哲史, 西村 友基 : 大学における日々の研究活動の保存・活用に関する一検討, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-CLE-20, 2016年11月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

(なし)

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{212897}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1)石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山﨑 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博 : 情報科学入門, 日経BP社, 東京, 2017年4月.
2)松浦 健二 : SNSと教育, 共立出版, 2017年7月.
3)竹林 暁, 谷岡 広樹, 草野 真一 : 12歳からはじめるJavaScriptとウェブアプリ, ラトルズ, 東京, 2017年11月.
4)谷岡 広樹, 康 鑫 : いちばんやさしい ディープラーニング 入門教室, 株式会社ソーテック, 東京, 2018年2月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga : Multivalued discrete tomography using dynamical system that describes competition, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2017, No.Article ID 8160354, 9-pages, 2017.
2)竹田 智洋, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : キャンパス内の不正アクセスポイントを無線フレームの復号なく検出する手法, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J101-B, No.2, 90-99, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術レター

1)吉川 健彦, 松浦 健二, 菅原 宏太, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 二重跳びにおける身体部位間の運動タイミング差の安定化支援, 日本教育工学会論文誌, Vol.41, No.Suppl., 229-232, 2017年.

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

(なし)

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)Michitomo Morii, Hiroki Tanioka, Kenji Ohira, Masahiko Sano, Kenji Matsuura, Yosuke Seki and Tetsushi Ueta : Research on Integrated Authentication Using Passwordless Authentication Method, COMPSAC Workshops 2017 Student Research Symposium, 682-685, Torino, Jul. 2017.
2)Hiroki Tanioka, Takafumi Bando, Kenji Matsuura, Kenji Ohira, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Improving Document Availability in Storage, --- Wherere our important documents for daily business operations? ---, The 9th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2017), 997-1000, Hamamatsu, Jul. 2017.
3)Hiroki Tanioka : Super Easy Way of Building Image Search with Keras, SIGIR 2017 LIARR Workshop, Aug. 2017.
4)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Five-segment PWL conductance in a Josephson junction, Proc. IEEE TJCAS 2017, Okayama, Aug. 2017.
5)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Analysis of Rope Skipping Features for Gross Motor Skill Development, International Research Symposium on Engineering and Technology, 97-102, Singapore, Dec. 2017.
6)Takehiko Yoshikawa, Kohta Sugawara, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Observing the Degree of Distortion in Coordinated Motor Actions, Proceedings of 25Th ICCE, 415-420, Christchurch, NewZealand, Dec. 2017.
7)Kohta Sugawara, Takehiko Yoshikawa, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : A Learning Support System for Integrated Motor Skill by Organized Training Stages, Proceedings of 25Th ICCE, 451-456, Christchurch, NewZealand, Dec. 2017.
8)Hiroki Tanioka : Response Generation for Grounding in Communication at NTCIR-13 STC Japanese Subtask, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, Dec. 2017.
9)Mamoru Sakai and Hiroki Tanioka : Keyword-based Challenges at the NTCIR-13 MedWeb, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, Dec. 2017.
10)Yuu Miino, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Global bifurcation analysis in a simple piecewise linear non-autonomous dynamical system, Proc. NOLTA 2017, 629-632, Cancun, Mexico, Dec. 2017.
11)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Feature Tracking using Particle Filer in Rope Skipping for Gross Motor Skill Development, International Journal of Computer Applications proceedings of 2nd ICKE2016, Vol.1, No.1, 25-29, Aurangabad, India, Jan. 2018.
12)Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga : An attempt to enlarge basin in discrete tomographic dynamics with a competitive term, Proc. of NCSP'18, Honolulu, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)Miino Yuu, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena and homoclinic states of a simple piecewise linear dynamical system, NOLTAソサイエティ大会, No.NLS-18, Jun. 2017.
2)菅原 宏太, 吉川 健彦, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 訓練複合戦略に基づく統合運動スキル学習支援, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 187-188, 2017年8月.
3)吉川 健彦, 菅原 宏太, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 統合反復運動を学習支援するための装着型システム, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 243-244, 2017年8月.
4)石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 小林 雄志, 林 敏浩, 八重樫 理人, 藤本 憲市 : ウェアラブルデバイスを活用したスボーツオノマトペ学習支援環境, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 1-2, 2017年8月.
5)西村 友基, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 谷岡 広樹, 大平 健司, 関 陽介, 上田 哲史 : Maharaにおける研究成果物のメタデータ管理手法, 第16回情報科学技術フォーラム講演論文集, 349-351, 2017年9月.
6)美井野 優, 上田 哲史 : Josephson 接合素子特性の 5 区分線形化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2017年9月.
7)上田 哲史, 板東 孝文 : Raspberry Pi によるディジタルサイネージの構築と運用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2017年9月.
8)中原 輝, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : 運動スキルの細分化による運動学習支援システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 208, 2017年9月.
9)蓮井 宏輔, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : スポーツオノマトペと視覚フィードバックを用いた運動学習システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 209, 2017年9月.
10)丸山 伸, 大平 健司, 佐野 雅彦, 谷岡 広樹, 松浦 健二, 上田 哲史 : 端末教室における環境統一と端末の高速性とを両立する管理ソリューション, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-39, No.14, 1-6, 2017年9月.
11)竹野 凌, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 谷岡 広樹, 大平 健司, 関 陽介, 上田 哲史 : 研究組織における研究分野の可視化, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会論文集, 2017年12月.
12)谷岡 広樹, 松浦 健二, 上田 哲史, 河野 文昭 : BYOD環境によるワークショップ型実習の試みとその課題, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
13)谷岡 広樹, 中谷 良平, 与儀 涼子, 内田 佳孝 : 質問応答システムの基盤化と応答可能性の判定, 第24回年次大会 発表論文集, 651-653, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

(なし)

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1)美井野 優, 上田 哲史, 川上 博 : 簡素な区分線形力学系に発現するホモクリニック点の分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2017-15, No.18, 73-76, 2017年5月.
2)森井 理智, 谷岡 広樹, 大平 健司, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 関 陽介, 上田 哲史 : パスワードレス認証方式を用いた認証連携に関する研究, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-37, No.8, 1-6, 2017年5月.
3)大平 健司, 仲野 弘一, 谷岡 広樹, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : キャンパス無線LAN接続への二要素認証の適用に関する検討, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-38, No.3, 1-6, 2017年6月.
4)中原 輝, 石岡 匠也, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : スポーツオノマトペの理解を支援するウェアラブルシステムの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.296, 57-60, 2017年11月.
5)蓮井 宏輔, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : スポーツオノマトペのコミックフォント表現システムを活用した運動学習の提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.296, 61-64, 2017年11月.
6)中原 輝, 蓮井 宏輔, 石岡 匠也, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 米谷 雄介, 林 敏浩, 八重樫 理人 : 学習者に対し熟達者の動きの認識を目標に 共有された試技動画およびセンサを活用した学習環境, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.469, 71-76, 2018年3月.
7)蓮井 宏輔, 中原 輝, 石岡 匠也, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 米谷 雄介, 林 敏浩, 八重樫 理人 : スポーツオノマトペの直感的な意図を表現するコミックフォントを用いた運動学習支援システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.469, 77-82, 2018年3月.
8)居石 峻寛, 大平 健司, 森井 理智, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : FIDOにおけるオーセンティケータ登録のパスワードフリーな運用に関する設計と実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IA2017, No.74, 1-6, 2018年3月.
9)堀内 拓磨, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : スマートデバイス向けサードパーティーアプリの危険性検証ツールの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IA2017, No.75, 1-6, 2018年3月.
10)岡田 佳奈, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 谷岡 広樹, 上田 哲史 : 研究成果DBを利用した希望研究室選択支援, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CLE-24, No.7, 1-6, 2018年3月.
11)平松 孝雄, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 谷岡 広樹, 上田 哲史 : 利活用を考慮したゼミ議事録蓄積システム, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CLE-24, No.17, 1-4, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

1)松浦 健二 : 巻頭言・産業界と学術界の新たな連携の模索, 教育システム情報学会誌, Vol.34, No.4, 299-301, 2017年10月.
2)森井 理智, 谷岡 広樹 : 得点できる攻撃パターンは? - ディープラーニングを用いた得点予測, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Vol.5, 東京, 2018年3月.
3)坂井 衛, 谷岡 広樹 : 野球における運とはなにか - ロジスティック回帰分析を用いた安打確率の予測, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Vol.5, 東京, 2018年3月.