RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2010.7〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Corpus Linguistics: Readings in a Widening Discipline, --- Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning ---, Continuum International Publishing, London, Aug. 2004.
2)曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
3)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio, Tetsushi Ueta, Tohru Kawabe and Tohru Ikeguchi : Performance of Chaos and Burst Noises Injected to the Hopfield NN for Quadratic Assignment Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 937-943, 2004.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
3)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 黒岩 眞吾, 北 研二 : Non-negative Matrix Factorizationを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.7, 1500-1506, 2004年.
4)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 大恵 俊一郎 : セキュリティポリシ構築におけるデータベース支援に関する考察, 学術情報処理研究, Vol.8, No.8, 25-32, 2004年.
5)Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material based on Evolutionary Information Sharing Approach, Japanese Society for Information and Systems in Education Magazine, Vol.4, No.1, 24-36, 2005.
6)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 北 研二 : ETSI標準分散音声認識フロントエンドにおける入力系の周波数特性正規化手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 120-127, 2005年.
7)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Lu Xin, Liu Qiong and Shunichiro Oe : Recognizing Non-rigid Human Actions Using Joints Tracking in Space-time, Proceedings of International Conference on Information Technology, 620-625, Las Vegas, Apr. 2004.
2)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
3)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
4)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
5)Raymond David, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : IP Videoconferencing in Distance Education: Ideas for a Successful Integration, Proceedings of ED-MEDIA2004, 4179-4185, Lugano, Jun. 2004.
6)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing for Educational Modification of the Web, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1187-1192, Lugano, Jun. 2004.
7)Yasuo Miyoshi, Youji Ochi, Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : An Illustrative-Sentences Search Tool Using Phrase Structure ``SOUP'', Proceedings of ED-MEDIA2004, 1193-1199, Lugano, Jun. 2004.
8)Tetsushi Ueta, Yu Toyosaki, Shigeki Tsuji and Takuji Kousaka : Partial delayed feedback control and its DSP implementation, Prod. MWSCAS'04, 629-632, Hiroshima, Jul. 2004.
9)Sang-Ho Hyon, X Jiang, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Passive running of planar 1/2/4-legged robots, Proc. IEEE/RS IROS, 3532-3539, Sendai, Sep. 2004.
10)Sang-Ho Hyon, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Detection and stabilization of hybrid periodic orbits of passive running robots, Proc. Mechatronics and Robotics, 1309-1314, Archen, Germany, Sep. 2004.
11)Lu Xin and Shunichiro Oe : Dynamic Scenes Synthesis using Integration of Robust Tracking and View Morphing, Proceedings of 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, 738-745, Oogaki Japan, Nov. 2004.
12)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
13)Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa, Masami Shishibori, Kenji Kita and Fuji Ren : Evaluation of frequency characteristic normalization method with multiple reference cepstrum on the Japanese newspaper article sentences speech corpus, Proceedings of the third International Conference on Information, 199-202, Tokyo, Nov. 2004.
14)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
15)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Tohru Kawabe and Sang-Ho Hyon : Partial External Force Control for Piecewise Smooth Dynamical Systems, Proc. of 2004 IASTED CSS, Clearwater, Florida, Nov. 2004.
16)Lu Xin and Shunichiro Oe : Recognizing and Modeling Non-rigid Human Body Actions in Space-time, Proceedings of Third International Conference on Image and Graphics, 501-506, Hong Kong, Dec. 2004.
17)David Colin Raymond, Veronique Baudin, Kazuhide Kanenishi, Thierry Gayraud, Kenji Matsuura, Michel Diaz and Yoneo Yano : Distant e-Learning Using Synchronous Collaborative Environment "Platine", Proceedings of IEEE MSE, 88-95, USA, Dec. 2004.
18)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : ADAPTIVE LINK GENERATION FOR MULTIPERSPECTIVE THINKING IN WEB-BASED EXPLORATORY LEARNING, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2004), 216-223, Lisbon, Portugal, Dec. 2004.
19)Lu Xin and Shunichiro Oe : View interpolation and synthesis by KLT feature tracker, Proceedings of 17th Annual Symposium Electronic Imaging Science and Technology, 182-190, San Jose, USA, Jan. 2005.
20)Lu Xin, Shunichiro Oe and Liu Qiong : Multiple Data Associations in Robust Visual Tracking, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 109-114, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
21)Atsushi Tanaka, Lu Xin and Shunichiro Oe : Teacher Tracking System for Digital Contents using PZT Camera, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 290-295, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
22)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
23)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
24)Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
25)Yu Toyosaki, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Sang-Ho Hyon : Partial Delayed Feedback Control for Autonomous System, Proc. of NCSP2005, 483-486, Honolulu, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, 116-120, 2004年4月.
2)ポンスー プラシット, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーヒストグラムを用いたステレオ画像の対応点探索法, 第10回画像センシングシンポジウム, No.F-1, 285-290, 2004年6月.
3)片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期仮想教室内の半同期学習者個々の学習文脈に基づく同期化支援, 教育システム情報学会第29回全国大会, 299-300, 2004年8月.
4)松岡 秀朗, 金西 計英, 光原 弘幸, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 演習問題自動生成システムのための領域知識の構成について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 479-480, 2004年8月.
5)山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : スケジュール管理を中心にした学会·イベント等の支援について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 481-482, 2004年8月.
6)Sanghoo Hyon, Suguru Emura and Tetsushi Ueta : elayed feedback control of one-legged passive running robot, Proc. of SICE Annual Conference, 949-954, Aug. 2004.
7)中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Web上での学習活動を再現·共有するWBLシステム, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 477-478, 2004年8月.
8)熊田 充, 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webの教材化を指向したWBLシステムにおけるリフレクション支援, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 303-304, 2004年8月.
9)三好 康夫, 金西 計英, 岡本 竜, 越智 洋司, 矢野 米雄 : 語句用法の知識定着のための復習契機を気付かせるフレームワークの提案, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 347-348, 2004年8月.
10)上田 哲史, 高坂 拓司, 河辺 徹, 玄 相昊 : 部分的外力印加法によるカオス制御, 年度電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, No.2-14, 2004年9月.
11)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
12)豊崎 優, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 部分的遅延制御と部分的外力印加制御の組合せによるカオス制御, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
13)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
14)小東 伸行, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄, 柳田 益造 : 感性共有に基づく協調的音楽鑑賞支援に関する研究, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 901-902, 2004年9月.
15)三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : WeBookLink: リンク情報を有効活用した知識共有支援, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 939-940, 2004年9月.
16)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
17)小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 言語メタデータに基づく画像コンテンツの検索, 言語処理学会第11回年次大会, 2005年3月.
18)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 長·短期間における音声の話者内変動に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 129-130, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎 : 大学におけるISMS準拠のセキュリティポシリ策定に関する一考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-DSM-33, 59-64, 2004年5月.
2)玄 相昊, 江村 超, 上田 哲史 : 脚式走行ロボットにおける非線形振動, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.50, 47-52, 2004年5月.
3)豊崎 優, 上田 哲史, 辻 繁樹, 高坂 拓司 : 部分的遅れ制御とそのDSP実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.14, 23-28, 2004年6月.
4)辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
5)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
6)袁 飛, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 競合的情報共有アプローチによるWeb教材オーサリングシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.19, No.4, 51-56, 2005年1月.
7)西内 悠祐, 上田 哲史, 太田 能 : 非線形曲線を導入したネットワークルータにおける輻輳制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.107, 43-48, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)松浦 健二 : ED-MEDIA2005報告, 教育システム情報学会誌, Vol.22, No.4, 300-301, 2005年.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1)Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Computer Support for Synchronous Asynchronous and Blended Awareness in Collaborative Learning, Ohmsha/IOS Press, Tokyo, Jul. 2005.
2)Hiroaki Ogata : Proceeding of the third IEEE Internatinal Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education, IEEE CS Press, Canada/Switzerland, Nov. 2005.
3)緒方 広明 : 人工知能ハンドブック, --- 第 18章 -ユビキタスラーニング ---, 共立出版株式会社, 東京, 2005年12月.
4)矢野 米雄 : 人工知能学事典, --- 第18章 -17 教育エージェント ---, 共立出版株式会社, 東京, 2005年12月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)持橋 大地, 菊井 玄一郎, 北 研二 : 言語表現のベクトル空間モデルにおける最適な計量距離, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J88-D-II, No.4, 747-756, 2005年.
2)戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : WAVISABI:Web閲覧特性に基づく管理者支援のための利用動向可視化システム, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.4, 985-994, 2005年.
3)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : A Model for Content and Communication Management in Synchronous Learning, Journal of Educational Technology & Society, Vol.8, No.3, 187-205, 2005.
5)羅 辛, 邰 暁英, 獅々堀 正幹, 北 研二 : Image Database Retrieval Based on Relevance Feedback by Feature Space Warping, 計算机科学, Vol.32, No.7, 235-238, 2005年.
6)Kazunari Yoneda, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Seiki Kuramitsu, Takeshi Kawabata and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal helical repeat protein, Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.F61, No.Pt 7, 636-639, 2005.
7)田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 大西 秀樹, 兼松 康久, 玉置 俊晃, Ronald Mason, 滝口 祥令 : ラジカル認識抗体を用いた酸化ストレス由来プロテインラジカル検出法, 日本薬理学雑誌, Vol.126, No.4, 246-249, 2005年.
8)Hirokazu Tamamura, Akira Otaka and Nobutaka Fujii : Development of Anti-HIV Agents Targeting Dynamic Supramolecular Mechanism: Entry and Fusion Inhibitors Based on CXCR4/CCR5 Antagonists and gp41-C34-Remodeling Peptides, Current HIV Research, Vol.3, No.4, 289-301, 2005.
9)Tomohiro Hirano, Keisuke Tanaka, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Effect of Nitrobenzene on Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene with Dimethyl 2,2'-Azobisisobutyrate, Polymer, Vol.46, No.21, 8964-8972, 2005.
10)黒岩 眞吾, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : Simple PCAを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.11, 1773-1779, 2005年.
11)Satoshi Ueda, Mizuno Fujita, Hirokazu Tamamura, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Photolabile Protection for One-Pot Sequential Native Chemical Ligation, ChemBioChem, Vol.6, No.11, 1983-1986, 2005.
12)Ken-Ichi Fushimi, Hideyuki Kawasuso, Masako Toi, eriko Aihara, Rena Hayami, Shintaro Nakayama, Norihiko Koori, Ryuta Hazama, Kayoko Ichihara, Yukiko Shichijo, Saori Umehara and Sei Yoshida : WIMPs Search by Means of the Highly Segmented Scintillator, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.11, 3117-3121, 2005.
13)Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-bond-assisted isotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide with pyridine N-oxide, Polymer, Vol.46, No.24, 10607-10610, 2005.
14)Shuichiro Goda, Masaki Kojima, Yoshimi Nishikawa, Chizu Kujo, Ryushi Kawakami, Seiki Kuramitsu, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Intersubunit Interaction Induced by Subunit Rearrangement Is Essential for the Catalytic Activity of the Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum., Biochemistry, Vol.44, No.46, 15304-15313, 2005.
15)Hirokazu Tamamura, Ai Esaka, Teppei Ogawa, Takanobu Araki, Satoshi Ueda, Zixuan Wang, John O. Trent, Hiroshi Tsutsumi, Hiroyuki Masuno, Hideki Nakashima, Naoki Yamamoto, Stephen C. Peiper, Akira Otaka and Nobutaka Fuji : Structure activity relationship studies on CXCR4 antagonists having cyclic pentapeptide scaffolds, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.3, No.24, 4392-4394, 2005.
16)Makiko Seno, Makoto Hasegawa, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato : Radical Polymerization Behavior of Trimethoxyvinylsilane, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.23, 5864-5871, 2005.
17)Hiroyuki Yotsuyanagi, Toshimasa Kuchii, Shigeki Nishikawa, Masaki Hashizume and Kozo Kinoshita : Reducing Scan Shifts Using Configurations of Compatible and Folding Scan Trees, Journal of Electronic Testing - Theory and Applications, Vol.21, No.6, 613-620, 2005.
18)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Veronika Butterweck, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl., 300-3001, 2005.
19)Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Hiroyuki Matsunami, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Deep-ultraviolet micro-Raman investigation of surface defects in a 4H-SiC homoepitaxially grown film, Applied Physics Letters, Vol.87, No.24, 241906-1-241906-3, 2005.
20)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Bookmark Sharing for Learning Path Navigation Provided as Web Search Support, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.5, No.1, 55-65, 2006.
21)Shin-ichi Sakasegawa, Hidehiko Ishikawa, Shigeyuki Imamuna, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Bilirubin oxidase activity of Bacillus subtilis CotA, Applied and Environmental Microbiology, Vol.72, No.1, 972-975, 2006.
22)Ayumu Niida, Zixuan Wang, Kenji Tomita, Shinya Oishi, Hirokazu Tamamura, Akira Otaka, Jean-Marc Navenot, James R. Broach, Stephen C. Peiper and Nobutaka Fujii : Design and synthesis of downsized metastin (45-54) analogs with maintenance of high GPR54 agonistic activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.16, No.1, 134-137, 2006.
23)Yusuke Ohta, Saori Itoh, Akira Shigenaga, Saori Shintaku, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Cysteine-Derived S-Protected Oxazolidinones: Potential Chemical Devices for the Preparation of Peptide Thioesters, Organic Letters, Vol.8, No.3, 467-470, 2006.
24)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Feasibility of videoconference-based lectures over the internet, International Journal of Learning Technology, Vol.2, No.1, 5-27, 2006.
25)Tomohiro Hirano, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with bidentate Lewis base, Polymer, Vol.47, No.2, 539-546, 2006.
26)Daiki Kawamura, Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Method for reducing debris and thermal destruction in femtosecond laser processing by applying transparent coating, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.82, No.3, 523-527, 2006.
27)Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Nermin Ali, Koichiro Tsuchiya, Shuichi Hamano, Toshiaki Tamaki and Masanori Yoshizumi : Pramipexole protects against H2O2-induced PC12 cell death, Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.372, No.4, 257-266, 2006.
28)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
29)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
30)田村 隆雄, 端野 道夫, 橘 大樹 : 一般中小河川にも適用可能な雨量·水位データを用いた流出解析モデルパラメータの同定手法, 水工学論文集, Vol.50, 355-360, 2006年.
31)Shinya Ohishi, Kazuhide Miyamoto, Ayumu Niida, Mikiko Yamamoto, Keiichi Ajito, Hirokazu Tamamura, Akira Otaka, Yoshihiro Kuroda, Akira Asai and Fujii Nobutaka : Application of Tri- and Tetrasubstituted Alkene Dipeptide Mimetics to Conformational Studies of Cyclic RGD Peptides., Tetrahedron, Vol.62, No.7, 1416-1424, 2006.
32)Shuji Kondo, Maki Shimizu, Maki Urushihara, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T. Mark, Lambeth J. David and Shoji Kagami : Addition of the antioxidant probucol to angiotensin II type I receptor antagonist arrests progression mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat, Journal of the American Society of Nephrology, Vol.17, No.3, 783-794, 2006.
33)Tsuneyuki Sato, Hiroki Nobutane, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Hyperbranched Acrylate Copolymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and Ethyl Acrylate: Synthesis, Characterization, Hydrolysis, Dye-Solubilization, Ag Particle-Stabilization, and Porous Film Formation, Macromolecular Materials and Engineering, Vol.291, No.2, 162-172, 2006.
34)Shingo Tamano, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Phase-shifting digital holography with a low-coherence light source for reconstruction of a digital relief object hidden behind a light-scattering medium, Applied Optics, Vol.45, No.5, 953-959, 2006.
35)Ko-ichi Magishi, Yusuke Nakai, Kenji Ishida, Hitoshi Sugawara, Ikuko Mori, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Evidence for Ferromagnetic Fluctuations in Filled Skutterudite LaFe4Sb12 : Sb NQR and La NMR, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.75, No.2, 023701-1-023701-4, 2006.
36)Ayumu Niida, Kenji Tomita, Makiko Mizumoto, Hiroaki Tanigaki, Tomohiro Terada, Shinya Oishi, Akira Otaka, Ken-ichi Inui and Nobutaka Fujii : Unequivocal Synthesis of (Z)-Alkene and (E)-Fluoroalkene Dipeptide Isosters to Probe Structural Requirements of Peptide Transporter PEPT1., Organic Letters, Vol.8, No.4, 613-616, 2006.
37)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Specific Speaker's Japanese Speech Corpus over Long and Short Time Periods, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 115-124, 2006.
38)光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
39)杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
40)松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 授業アーカイブ型e-Learningシステムにおける簡易試験を用いた受講前・中・後の学習支援環境の試作, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 251-259, 2006年.
41)Yoshiko Fujita, Masanori Yoshizumi, Yuki Izawa, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Transactivation of fetal liver kinase-1/kinase-insert domain-containing receptor by lysophosphatidylcholine induces vascular endothelial cell proliferation., Endocrinology, Vol.147, No.3, 1377-1385, 2006.
42)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 大沼 正樹, 佐藤 高則, 桑折 範彦 : 徳島大学共通教育における高大接続のための改革, --- 理数科目の補習的授業の実施と課題- ---, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 20-29, 2006年.
43)M Nakano, T Hamada, T Hayashi, S Yonemitsu, L Miyamoto, T Toyoda, S Tanaka, H Masuzaki, K Ebihara, Y Ogawa, K Hosoda, G Inoue, Y Yoshimasa, Akira Otaka, T Fushiki and K Nakao : a2 Isoform-specific activation of 5 adenosine monophosphate-activated protein kinase by 5-aminoimidazole-4-carboxamide-1-b-D-ribonucleoside at a physiological level activates glucose transport and increases glucose transporter 4 in mouse skeletal muscle, Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.55, No.3, 300-308, 2006.
44)味岡 四郎, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 順位キューを用いた多次元データの高速近傍検索アルゴリズム, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.126, No.3, 353-360, 2006年.
45)Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Hyperbranched Polymer through Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinyl Adipate with Allyl Acetate: Synthesis, Characterization, Dye Solubilization, Metal-Nanoparticle Stabilization, and Porous Film Formation, Polymer Journal, Vol.38, No.3, 240-249, 2006.
46)桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : プランニングに必要な能力の測定, 工学教育, Vol.54, No.2, 110-115, 2006年.
47)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Development of photo-responsive self-processing peptides, Peptide Science 2006, 92, 2006.
2)Takashi Tsuji, Yoshikazu Sasaki, Keiko Yamaguchi, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene cis-Xaa-Pro type dipeptide isosteres using organocopper-mediated anti-SN2' reactions, Peptide Science 2006, 327, 2006.
3)齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 58-65, 2006年.
4)藤本 憲市, 吉永 哲哉, 大家 隆弘, 三好 康夫 : EDB/CMSと汎用LMSを用いたe-ラーニングシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル(別冊), No.3, 43-44, 2006年.
5)田村 隆雄, 端野 道夫, 橘 大樹 : 雨量・水位データを使用したH-Q曲線の作成方法, --- 徳島県園瀬川を対象とした2004年台風10号,16号,23号洪水の評価とH-Q曲線の作成 ---, 平成18年自然災害フォーラム論文集, 1-8, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアの新規フラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能開発, 酵素工学ニュース, Vol.54, 31-36, 2005年10月.
2)藤井 信孝, 大髙 章, 玉村 啓和 : ケミカルプロテオミックス先導型創薬基盤の革新, 細胞工学, Vol.15, No.11, 1181-1186, 2005年11月.
3)緒方 広明, 矢野 米雄 : ユビキタスラーニング環境のデザインとチャレンジ, 人工知能学会誌, Vol.21, No.1, 70-76, 2006年1月.
4)緒方 広明, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるユビキタスラーニング(u-Learning)の取り組み, メディア教教育研究, Vol.3, No.1, 19-27, 2006年1月.
5)津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 新規ジフラビン脱水素酵素ファミリー : FAD, FMN, ATP結合L-プロリン脱水素酵素複合体の構造と機能, 生化学, Vol.78, No.1, 41-45, 2006年1月.
6)吉田 敦也 : シニアネットの役割り~ シニアライフの楽しみと社会参加, 研究成果レポート, No.17, 25-32, 2006年3月.
7)桑原 章, 森川 富昭 : 医師と診療情報管理士が二人三脚で進める改革, --- DPC活用に取り組む徳島大学医学部歯学部附属病院 ---, 日経CME, 2006年3月.
8)森川 富昭 : 徳大病院にPマーク 個人情報管理を徹底, 読売新聞, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Xin Lu and Shunichiro Oe : Human Action Mouse: A Vision Understanding Application in Human Computer Interaction, Proc. 7th International Conference on Quality Control by Artificial Vision, 203-208, Nagoya, May 2005.
2)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive Tools for Multiperspective Thinking in Web-based Exploratory Learning, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 163-168, Takamatsu, May 2005.
3)Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material with High Reusability, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 193-198, Takamatsu, May 2005.
4)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Administrator Assistance System Based on Users Behavior Using Web-Browsing-Activity Visualization, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 339-342, Takamatsu, May 2005.
5)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
6)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : Contents and Communication Modelisation in Synchronous Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1606-1611, Montreal, Jun. 2005.
7)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Reflection and Influence of Learning Activities in Preparation/Review Process on e-Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 3727-3733, Montreal, Jun. 2005.
8)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
9)David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yoneo Yano, Veronique Baudin, Thierry Gayraud and Michel Diaz : Synchronous CSCL with Platine Environment, Proceedings of Intl. conf. on CSCL2005, 45-47, Taipei, Jun. 2005.
10)Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Youji Ochi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : ``Awareness for Review Chance'' Framework for Knowledge Stability of Usage of Words and Phrases, Proceedings of ED-MEDIA 2005, 3998-4003, Montreal, Jun. 2005.
11)Xiang Hua, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Jiang Pelin : An Experimentation on Creating a Mental State Transition Network, IEEE International Conference on Information Acquisition, Vol.1, No.1, 432-436, Hong Kong, Jun. 2005.
12)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Traffic Visualization System or Peer-to-Peer Communication Detection, Proceedings of 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2005) , CD-ROM publishing, Las Vegas, Jul. 2005.
13)Prasit Phonsue, Shunichiro Oe and Toshiyuki Kashiwagi : Stereo Matching Method using Color Frequency Information, Proc. of 2005 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, 177-182, Niagara Falls, Jul. 2005.
14)Xin Luo, Shiro Ajioka, Masami Shishibori and Kenji Kita : Image Feedback Retrieval Based on Vector Space Model Transformation, Information Retrieval Technology, 616-625, Oct. 2005.
15)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of Ginkgo biloba Extract on Rat brain Function, 2nd International Conference on Polyphenols and Health, California Davis, Davis, Oct. 2005.
16)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Frequency Characteristic Normalization Method using Blind Equalization Technique with Multiple References for DSR, Proceedings of 10th International Conference SPEECH and COMPUTER (SPECOM2005), Vol.1, 103-106, Patras, Greece, Oct. 2005.
17)Yoshihiro Imakura, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations of a Dynamical System Defined by PMART, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 38-51, Bruges, Oct. 2005.
18)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
19)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
20)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Support Ubiquitous Learning with Knowledge Awareness, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 2179-2187, Vancouver, Oct. 2005.
21)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Using Streaming Media to Facilitate Knowledge Building in Instructional Skills Training, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 2188-2193, Vancouver, Oct. 2005.
22)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Support Personalized e-Learning with Meta-knowledge Mining, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 2536-2541, Vancouver, Oct. 2005.
23)Raul Morales-Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Towards a new learning concept: Using dynamic metadata for educational virtual collections, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 2776-2783, Vancouver, Oct. 2005.
24)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Data Collection for Investigating Speech Variability in a Specific Speaker Over Long and Short Time Periods, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 152-157, Wuhan, Oct. 2005.
25)Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Development of a WWW Image Retrieval System Using the Image Knowledge Database, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 506-510, Wuhan, Oct. 2005.
26)Daichi Koizumi, Masahiro Oonishi, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Automatic Meta-Data Annotation of Image Region, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 835-838, Wuhan, Oct. 2005.
27)Yoneda Kazunari, Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Katunuma Nobuhiko, Kuramitsu Seiki, Kawabata Takeshi and Toshihisa Ohshima : The crystal structure of ST1625p from hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii: a novel fold of helical repeat protein, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON EXTREMOPHILES AND THEIR APPLICATIONS, Tokyo, Nov. 2005.
28)Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Yoneda Kazunari, Katunuma Nobuhiko and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of the NAD biosynthetic enzyme quinolinate synthase, International Interdisciplinary Conference of Vitamins, Coenzyme and Biofactors 2005, Awaji Island, Japan, Nov. 2005.
29)Maki Shimizu, Shuji Kondo, Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami : Reactive Oxygen Species (ROS) is Pivotal Mediator for Glomerular Epithelial-Mesenchymal Transition (EMT) in Experimental Progressive Glomerulonephritis (GN), 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
30)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
31)Toshiaki Tamaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Shoji Kagami and Koichiro Tsuchiya : Chronic oral administration of nitrite restores circulating NO level and improves renal injury in L-NAME treated rats, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
32)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
33)Ikuko Mori, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Daisuke Kikuchi, Kenya Tanaka and Hideyuki Sato : Single crystal growth and electrical and magnetic properties of CeFe4Sb12, Joint Workshop on NQP-skutterudites and NPM in multi-approach, Tokyo, Nov. 2005.
34)David Colin Raymond, Carlos Mauad, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Diaz Michel and Yoneo Yano : Bringing Mobility to Synchronous Collaborative Activities: Recent Enhancements of the "Platine" Platform, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 59-61, Tokushima, Nov. 2005.
35)Kenji Matsuura, Niki Keiji, Katayama Masahiko and Yoneo Yano : Development of the Digital Portfolio Environment for both PC and PDA clients, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 79-81, Tokushima, Nov. 2005.
36)Rosa G Paredes J, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Gerardo Ayala San Martin : A Multi-Model Approach for Supporting the Personalization of Ubiquitous Learning Applications, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 40-44, Tokushima, Nov. 2005.
37)Rosa G Paredes J, Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito, Chengjiu Yin, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : LOCH: Supporting Informal Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 182-186, Tokushima, Nov. 2005.
38)Nobuji A Saito, Hiroaki Ogata, Rosa G Paredes J, Yoneo Yano and Gerardo Ayala San Martin : Supporting Classroom Activities with the BSUL Environment, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 243-250, Tokushima, Nov. 2005.
39)Raul Salcedo Morales, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Towards a New Digital Library Infrastructure with RFID for Mobile E-Learning, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 261-263, Tokushima, Nov. 2005.
40)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Ubiquitous-Learning System for the Japanese Polite Expressions, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 261-263, Tokushima, Nov. 2005.
41)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Secure information display by use of composite visual cryptography of a secret image and identification images, Proc. IDW/AD'05 (The 12th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2005), Vol.2, 793-796, Takamatsu, Dec. 2005.
42)Hisanori Noto, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Syuji Muguruma, Yoshifumi Nagai, Yoshinori Shimizu and Nobuo Nishida : Analysis of Reproduced 3D Space by Stereoscopic Large LED Display, Proc. IDW/AD'05 (The 12th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2005), Vol.2, 1739-1742, Takamatsu, Dec. 2005.
43)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber-matrix interface property effects on mechanical properties and shape recovery of NiTi shape memory alloy fiber / denture-base-resin matrix composites, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, Waikoloa, Hawaii, USA, Dec. 2005.
44)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Educational Serialization of Web Pages for Web-Based Exploratory Learning, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2005), 261-268, Porto, Portugal, Dec. 2005.
45)Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : Crystal structure of D-2-deoxyribose-5-phosphate aldolase from a hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix, Pacifichem 2005, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2005.
46)Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System Focusing on Reusability of Web Educational Materials, Proceedings of The 2006 International Conference on SCORM 2004, 87-92, Tamsui, Taiwan, Jan. 2006.
47)Masaki Hashizume, Tomomi Nishida, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takeomi Tamesada and Yukiya Miura : Current Testable Design of Resistor String DACs, The IEEE International Workshop on Electronic Design, Test and Applications, 197-200, Kuala Lumpur, Malaysia, Jan. 2006.
48)Raul Salcedo Morales, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : USING RFID AND DYNAMIC METADATA IN AN EDUCATIONAL DIGITAL LIBRARY, Pro. of the IASTED International Conference on WBE-BASED EDUCATION, 323-331, Puerto Vallarta, Mexico, Jan. 2006.
49)Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Feedback Retrieval using the Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 205-210, Tokushima, Feb. 2006.
50)Masami Shishibori, Takayuki Minamimoto, Kazumori Matsumoto, Masaki Naito, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Estimation of the Camera Motion based on Movement of Interest Points between Images, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 145-150, Tokushima, Feb. 2006.
51)Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Video Scenes based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 211-216, Tokushima, Feb. 2006.
52)Kazumori Matsumoto, Keiichiro Hoashi, Masaki Naito, Masami Shishibori and Kenji Kita : Report on TRECVID 2005, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 65-70, Tokushima, Feb. 2006.
53)SHIRAI Keiichi, LU Xin and Shunichiro Oe : 3D Acquisition for moving object using two PZT camara, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 250-255, Tokushima, Feb. 2006.
54)Hiroyuki Ukida, Tadashi Araki, Keiji Kojima, Yasuko Nagai and Maki Shinoda : Color Restoration Methods for Scanned Book Images, Proceedings of the Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 295-300, Tokushima, Feb. 2006.
55)Lu Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation with Suitable Feature Tracking Constraints, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 326-331, Tokushima, Feb. 2006.
56)Nitta Tetsuya, Shunichiro Oe and Kashiwagi Yoshiyuki : Color Texture Image Segmentation Method with High Accuracy using Color Frequency Infomation, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 267-272, Tokushima, Feb. 2006.
57)Kazumori Matsumoto, Masaru Sugano, Masaki Naito, Keiichiro Hoashi, Haruhisa Kato, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and Low-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2005, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2005 (TRECVID2005), 155-167, Washington, D.C., Mar. 2006.
58)Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
59)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
60)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch synchronizing occasional delayed feedback control for piecewise linear systems, Proc. of NCSP2006, 203-206, Honolulu, Mar. 2006.
61)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
62)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
63)Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.
64)Tomohiko Nagashima, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masaki Hashizume and Takeomi Tamesada : Test Time Reduction Method for Scan Design with Clock-Control DFT, Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing, 441-444, Honolulu, Mar. 2006.
65)Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Proposal of Rapid Acquisition Method using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Proc. of NCSP'06, 413-416, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による協調的音楽鑑賞支援研究, AFIIS Symposium 2004 論文集, 99-102, 2005年4月.
2)柏木 利幸, 高木 圭, 大恵 俊一郎 : カラーヒストグラムを用いた24ビットカラー画像の露出補正, 第11回画像センシングシンポジウム講演論文集, 113-116, 2005年6月.
3)三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 個人ブックマークからのリンク集の生成と,知識共有による学習支援, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 489-490, 2005年8月.
4)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 緒方 広明, 森川 富昭, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : RSSを活用した適応的情報提供·収集システムの試作, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 327-328, 2005年8月.
5)寺尾 覚史, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 簡易的な入力方法を用いた音楽鑑賞支援に関する研究, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 451-452, 2005年8月.
6)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 徳島大学 教育·研究者情報データベースを活用した講義概要 (シラバス) の作成と利用, 教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集, 553-554, 2005年8月.
7)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
8)中川 翔太, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : 時刻依存型断続動作特性を有する力学系にみられるカオスの制御と回路実装, 平成17年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
9)獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける検索質問拡張に基づくフィードバック検索, FIT2005, 43-44, 2005年9月.
10)小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, FIT2005, 45-46, 2005年9月.
11)大西 泰代, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 距離尺度にEarth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, FIT2005, 271-272, 2005年9月.
12)緒方 広明, 矢野 米雄, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二, 森川 富昭, 能瀬 高明 : ユビキタス·モバイル学習環境:語学学習への研究と大学での実践, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 17-18, 2005年9月.
13)森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : Wikiを利用した共同レポート作成システムに関する研究, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 289-290, 2005年9月.
14)光原 弘幸, 平川 靖素, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した実世界インタラクション型ゲーム:2進数の学習を対象として, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 491-492, 2005年9月.
15)森 貴幸, 光原 弘幸, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した授業支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 493-494, 2005年9月.
16)片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期型e-Learningシステムにおける個々の学習目的に応じた同期化支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 571-572, 2005年9月.
17)今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
18)好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
19)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 長・短期間の話者内音声変動による音声認識率の変化抑制法に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 221-222, 2005年9月.
20)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
21)今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : PMART力学系の分岐, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年10月.
22)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 区分的に滑らかな系に対するスイッチ同期型遅延制御法, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 15, 2005年10月.
23)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
24)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
25)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
26)富田 卓朗, 三谷 武志, 中島 信一 : SiCにおける極紫外ラマンスペクトルの数値シミュレーション, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.14, 44-45, 2005年11月.
27)中島 信一, 三谷 武志, 富田 卓朗, 西澤 伸一, 加藤 智久, 奥村 元, 播磨 弘 : 極紫外ラマン散乱分光によるSiC{0001}面の極性判定, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.14, 42-43, 2005年11月.
28)茶円 光太, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工, --- 空間光変調素子の空間応答特性の補正 ---, Optics Japan 2005 講演予稿集, 22-23, 2005年11月.
29)能登 久典, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 六車 修二, 永井 芳文, 清水 義則, 西田 信夫 : 両眼カメラの輻輳角と大画面LED立体ディスプレイに再現される奥行きの関係, Optics Japan 2005 講演予稿集, 578-579, 2005年11月.
30)内田 京吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 複数のスリットを通して左眼と右眼に表示される画像の時間差を利用した奥行き表示, Optics Japan 2005 講演予稿集, 580-581, 2005年11月.
31)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基 : 人間ドック成績判定及び事後指導区分に関するガイドラインを導入した人間ドックシステムの構築と運用評価, 第25回医療情報学連合大会, 211, 2005年11月.
32)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基, 宮川 操 : 安全管理に関するe-Learningシステムの構築と評価:第25回医療情報学連合大会:P241, 第25回医療情報学連合大会, 241, 2005年11月.
33)能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : e-Learningシステムの運用およびログ評価に基づく教員支援, 第25回医療情報学連合大会, 142, 2005年11月.
34)能瀬 高明, 森川 富昭, 田木 真和, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 看護におけるキャリア開発支援システムの構築と評価, 第25回医療情報学連合大会, 237, 2005年11月.
35)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 第25回医療情報学連合大会, 139, 2005年11月.
36)岡田 達也, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : 論文検索における特徴後抽出モデル, 第25回医療情報学連合大会, 140, 2005年11月.
37)早崎 芳夫 : 組織代謝分布計測のための位置検出機能付き近赤外分光プローブ, 科学技術振興機構平成17年度新技術説明会, 2005年11月.
38)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 2005 PC Conference 論文集, 215-218, 2005年11月.
39)黒部 裕嗣, 冨田 修平, 井澤 有紀, 福原 弥生, 神原 保, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 北川 哲也, 松本 俊夫, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 : T細胞特異的HIF1αKOマイスではカフモデルにて血管リモデリングが促進される, 第15回日本循環薬理学会, 2005年11月.
40)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
41)谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価, 第51回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2005年11月.
42)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略ならびにDPC対応, 2005年11月.
43)浜田 賢一 : 金属系スマートマテリアルの生体応用, 第27回日本バイオマテリアル学会, 2005年11月.
44)森川 富昭 : 医療の情報化について, 2005年11月.
45)桃沢 茂行, 桃沢 茂行, 清水 泰博, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : :Pyrococcus horikoshii OT-3由来,Quinolinate phosphoriboosyltransferaseの諸性質の解明, 日本農芸化学会関西支部第442回講演会, 2005年12月.
46)武市 裕司, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : イメージセンサ型近赤外分光プローブの開発, 第12回医用近赤外線分光法研究会抄録集, 12, 2005年12月.
47)長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 99-104, 2005年12月.
48)長谷川 智士, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : フレネルレンズの重ね合わせを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, レーザー学会第343回研究会報告, 7-12, 2005年12月.
49)河村 大樹, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 2つの異なる透明材料の境界付近にフェムト秒レーザーを集光したときに形成される微小構造, レーザー学会第343回研究会報告, 1-6, 2005年12月.
50)森川 富昭 : DPC研究会講演, 2006年1月.
51)早崎 芳夫 : 生体メディア, --- 爪への3次元光記録 ---, 第39回光学五学会関西支部連合講演会, 19-22, 2006年1月.
52)早崎 芳夫, 河村 大樹, 西田 信夫 : フェムト秒レーザー加工を用いたガラス表面上への微細構造の形成, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.583, 55-60, 2006年2月.
53)長谷川 智士, 茶円 光太, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 多重化された位相フレネルレンズによるホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.583, 61-66, 2006年2月.
54)茶円 光太, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 液晶空間光変調素子の空間応答特性を考慮した計算機ホログラムを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, レーザー学会学術講演会第26回年次大会講演予稿集, 114, 2006年2月.
55)河村 大樹, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 集光フェムト秒レーザーによる水中のガラス表面加工, レーザー学会学術講演会第26回年次大会講演予稿集, 116, 2006年2月.
56)田北 啓洋, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 加工対象の移動を補正する集光フェムト秒レーザー加工システム, レーザー学会学術講演会第26回年次大会講演予稿集, 133, 2006年2月.
57)早崎 芳夫 : 組織代謝分布計測のための位置検出機能付き近赤外分光プローブ, 科学技術振興機構,新技術説明会(愛知), 2006年2月.
58)竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける再検索型検索質問拡張に基づくフィードバック検索, 言語処理学会第12回年次大会, 785-788, 2006年3月.
59)宮城 暖, 小泉 大地, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW検索システムにおける分野別URLデータベースを用いたナイーブ・ベイズ選定手法, 言語処理学会第12回年次大会, 652-655, 2006年3月.
60)重永 章, 大髙 章 : 蛋白質機能の時空間的制御を目指した外部刺激応答型ペプチドの開発, 日本薬学会年会, 2006年3月.
61)早崎 芳夫, 河村 大樹, 西田 信夫 : 透明材料の塗布を伴う集光フェムト秒レーザー照射によるガラス表面の微細加工, 電気学会研究会資料(光·量子デバイス研究会), 39-44, 2006年3月.
62)高橋 秀知, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 最適回転角法により設計した計算機ホログラムを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第4回学生研究論文講演会講演論文集, 17-18, 2006年3月.
63)西村 勇人, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : アパーチャグリルを用いたパララックスバリア式LED立体ディスプレイ, 第4回学生研究論文講演会講演論文集, 19-20, 2006年3月.
64)西谷 麻希, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : フェムト秒レーザーを用いた2光子光造形, 第4回学生研究論文講演会講演論文集, 21-22, 2006年3月.
65)加地 世治, 浮田 浩行 : 色情報およびシルエットを用いたモーションキャプチャ, 中国四国支部第44期総会·講演会講演論文集, Vol.No.065-1, 471-472, 2006年3月.
66)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者音声認識における精度変動要因の分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 157-158, 2006年3月.
67)齊藤 隆仁 : 共通教育における大学入門科目(物理学), 平成17年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.
68)齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 共通教育・創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 平成17年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.
69)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略について, 2006年3月.
70)河村 俊志, 細田 秀樹, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 種々の第三元素を添加したTiAu合金の形状回復, 日本金属学会, 2006年3月.
71)津金 靖仁, 稲邑 朋也, 若島 健司, 細田 秀樹, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : AuCoTi合金の形状記憶特性と組織に及ぼす時効処理の影響, 日本金属学会, 2006年3月.
72)早崎 芳夫, 茶円 光太, 西田 信夫 : 液晶空間光変調素子への空間応答特性を考慮した画像入力方法, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1079, 2006年3月.
73)藤本 浩志, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 光フィードバックシステムによるパターン中の欠損の補間, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1079, 2006年3月.
74)長谷川 智士, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 多重位相フレネルレンズを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1210, 2006年3月.
75)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 立体映像取得用両眼カメラの注視点と視差量の関係, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1081, 2006年3月.
76)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 視覚復号型セキュア情報ディスプレイにおける観察空間の3次元移動, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1075, 2006年3月.
77)山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, , 桑原 稔, 森 篤史, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 手塚 美彦, 西田 信夫 : 光応用工学分野における工作を通したPBL学習, 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.1, 450, 2006年3月.
78)中島 信一, 三谷 武志, 富田 卓朗, 加藤 智久, 西澤 伸一, 奥村 元, 播磨 弘 : DUVラマン散乱分光によるSiCの表面フォノンの測定と極性面判定, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 419, 2006年3月.
79)富田 卓朗, 三谷 武志, 中島 信一 : 極紫外光励起によるSiC表面フォノンに対するラマンスペクトルの数値計算, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 419, 2006年3月.
80)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukumura, Tamotsu Kanbara, Atsushi Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in T cells has a pivotal role in vascular in flammation and remodeling., 第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
81)山口 誠, 上野 滋, 木下 敬太, 村井 利彰, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 半導体表面におけるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造の顕微分光, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1209, 2006年3月.
82)福森 康裕, 木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 少数パルス照射によるフェムト秒レーザー誘起リップル, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1209, 2006年3月.
83)寺井 利光, 広瀬 由鷹, 末信 一郎, 堀 照夫, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 耐熱性L-プロリン脱水素酵素の電極上への分子配向制御固定, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
84)齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 菅原 仁, 小山 晋之, 竹屋 浩幸 : Li2Pd3B 超伝導体のNMR III, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 2006年3月.
85)吉行 貴司, 伊藤 佳洋, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7 由来2-keto-3-deoxygluconate (KDG) aldolase の機能解析, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
86)真岸 孝一, 尾崎 拓雄, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 佐藤 英行 : CeFe4X12 (X = P, Sb) の核磁気共鳴 II, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 2006年3月.
87)山口 誠, 上野 滋, 木下 敬太, 村井 利彰, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 顕微分光によるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造の評価, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 737, 2006年3月.
88)富田 卓朗, 木下 敬太, 村井 利彰, 福森 康裕, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 長瀬 寛和, 中嶋 誠, 末元 徹 : 半導体におけるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造生成過程, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 737, 2006年3月.
89)菅原 仁, 岩橋 由典, 森 育子, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊池 大輔, 佐藤 英行, 宍戸 寛明, 摂待 力生, 大貫 惇睦 : NdRu4P12の低温物性, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 603, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)坂本 浩二, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : H-Bridgeインバータにみられる分岐とカオス, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.2, 7-12, 2005年5月.
2)西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕との文字画像特徴量間の距離に基づく映像シーン検索手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 707-714, 2005年7月.
3)小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像領域に対する言語メタデータ自動付与手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 1436-1441, 2005年7月.
4)三好 康夫, 大家 隆弘, 松浦 健二, 金西 計英, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における無線ネットワーク認証基盤とその運用, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 61-66, 2005年10月.
5)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学ポータルの構築とその運用について, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 1-6, 2005年10月.
6)山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : ITを活用した学会·大会支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 67-72, 2005年10月.
7)戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : トラフィック特徴強化と可視化によるP2Pファイル共有通信検出支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 7-12, 2005年10月.
8)松浦 健二, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 矢野 米雄, 森川 富昭 : 「ユビキタス技術による新しい学習環境の創生」の現状と今後, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 25-28, 2005年11月.
9)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 大学ポータルの徳島大学における構築とその運用について, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 113-116, 2005年11月.
10)竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムを用いた関連語の自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 45-51, 2005年11月.
11)山本 一晴, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 出現URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 127-134, 2005年11月.
12)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
13)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : H-Bridgeインバータに対するスイッチ同期型カオス部分的遅延制御, 電気学会技術報告, 2005年11月.
14)富田 卓朗 : 加工と物性の観点からみたフェムト秒レーザー照射の可能性, レーザー学会 中国四国支部 平成17年度第1回講演会, 13-16, 2005年12月.
15)飯原 健司, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 為貞 建臣 : 回路構造に基づく複数コアのスキャンツリー構成, 第54回FTC研究会資料, 2006年1月.
16)西本 誠一, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : マイクロコンピュータ回路のバス故障の実時間テスト法, 第54回FTC研究会資料, 2006年1月.
17)豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : DSPによるスイッチ同期型部分的カオス遅延制御の実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.115, 99-104, 2006年1月.
18)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
19)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
20)今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : 特性乗数によるPMART力学系の最適なパラメータの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.106, 49-54, 2006年1月.
21)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
22)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.
23)金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 科学的思考の外化をおこなうための内省支援ツールの授業実践に向けて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.632 (ET2005-103), 87-90, 2006年3月.
24)高橋 勇, 越智 洋司, 三好 康夫, 長谷川 忍, 光原 弘幸, 小尻 智子 : 若手研究者による教育システム研究の再定義, --- 2005年度教育システム若手の会での議論より ---, 人工知能学会研究会資料, Vol.A503, No.16, 89-94, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚 : 分散型話者照合方式に関する研究, 平成14年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, Vol.14350204, 1-227, 2005年5月.
2)松浦 健二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learning等ITを活用した教育の概要, eラーニング等のITを活用した教育に関する調査報告書, 53-55, 2006年.
3)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.
4)桑折 範彦, 佐野 勝德, 松谷 満, 村田 明広, 桂 修治, 平井 松午 : 全学共通教育における学生による授業評価と授業改善のシステム, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 44-57, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1)浜田 賢一, 宮本 洋二, 淺岡 憲三 : 骨修復材, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年5月.
2)邰 暁英, 北 研二 : 信息检索技术导论(情報検索技術入門), 科学出版社, 北京, 2006年9月.
3)早崎 芳夫 : ホログラム最新技術, 情報機構, 東京, 2006年12月.
4)川﨑 賀照, 安井 夏生 : 年長になって症状が発現したり,発症する疾患 下肢長不等に対する手術:延長術+矯正術, 株式会社 メジカルビュー社, 2007年.
5)安井 夏生 : 4章 四肢短縮を特徴とする疾患 軟骨無形成症とその類縁疾患 軟骨無形成症, 株式会社 中山書店, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Ken-Ichi Fushimi, Hideyuki Kawasuso, Eriko Aihara, Rena Hayami, Norihiko Koori, Shintaro Nakayama, Kensuke Yasuda, Ryuta Hazama, Kayoko Ichihara, H Nakamura, Masagaru Noumachi, T Ogama, Saori Umehara, Sei Yoshida, Hiroyasu Ejiri, Kyoshiro Imagawa and Hiroshi Ito : WIMPs search by means of thin NaI(Tl) array, Journal of Physics: Conference Series, Vol.39, 120-122, 2006.
2)Tsuneyuki Sato, Atsushi Ono, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-fragment incorporation radical copolymerization of vinyl acetate and 1,2-polybutadiene as a multivinyl monomer, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.7, 2328-2337, 2006.
3)Tomohiro Hirano, Naoki Higashida, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Synthesis and Characterization of Soluble Hyperbranched Polymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene with Dimethyl 2,2'-Azobisisobutyrate, Journal of Applied Polymer Science, Vol.100, No.1, 664-670, 2006.
4)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Distinct Fine and Coarse Ripples on 4H-SiC Single Crystal Induced by Femtosecond Laser Irradiation, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.45, No.16, L444-L446, 2006.
5)Yoneda Kazunari, Ryushi Kawakami, Tagashira Yuya, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : The first archaeal l-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus: gene cloning and enzymological characterization, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.6, 1087-1093, 2006.
6)T. Koide, Y. Nishikawa, S. Asada, C. M. Yamazaki, Y. Takahara, D. L. Homma, Akira Otaka, K. Ohtani, N. Wakamiya, K. Nagata and K. Kitagawa : Specific recognition of the collagen triple helix by chaperone HSP47. II. The HSP47-binding structural motif in collagens and related proteins, The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.16, 11177-11185, 2006.
7)Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki : Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats, Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
8)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama and Hideyuki Sato : NMR studies of Ce-based filled skutterudites CeFe4P12 and CeRu4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.378-380, 175-176, 2006.
9)Ayumu Niida, Hiroaki Tanigaki, Eriko Inokuchi, Yoshikazu Sasaki, Shinya Oishi, Hiroaki Ohno, Hirokazu Tamamura, Zixuan Wang, C Stephene Peiper, Kazuo Kitaura, Akira Otaka and Nobutaka Fujii : Stereoselective Synthesis of 3,6-Disubstituted-3,6-dihydropyridin-2-ones as Potential Diketopiperazine Mimetics Using Organocopper-Mediated anti-SN2' Reactions and Their Use in the Preparation of Low-Molecule CXCR4 Antagonists., The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.10, 3942-3951, 2006.
10)LU Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation Improvement Using Suitable Constraints of Feature Tracking Parameters, The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan, Vol.35, No.3, 166-175, 2006.
11)Ayumu Niida, Makiko Mizumoto, Tetsuo Narumi, Eriko Inokuchi, Shinya Oishi, Hiroaki Ohono, Akira Otaka, Kazuo Kitaura and Fujii Nobutaka : Synthesis of (Z)-Alkene and (E)-Fluoroalkene-Containing Diketopiperazine Mimetics Utilizing Oraganocopper-Mediated Reduction-Alkylation and Diastereoselectivity Examination Using DFT Calculations., The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.11, 4118-4129, 2006.
12)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive link generation for multiperspective thinking on the Web: an approach to motivate learners to think, Innovations in Education and Teaching International, Vol.43, No.2, 137-149, 2006.
13)Satoshi Hasegawa, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Holographic femtosecond laser processing with multiplexed phase Fresnel lenses, Optics Letters, Vol.31, No.11, 1705-1707, 2006.
14)Tsuneyuki Sato, Tsukasa Nakamura, Makiko Seno and Tomohiro Hirano : Soluble hyperbranched copolymer via initiator-fragment incorporation radical copolymerization using a trivinyl monomer, Polymer, Vol.47, No.13, 4630-4637, 2006.
15)Ken-Ichi Fushimi, Hideyuki Kawasuso, Eriko Aihara, Rena Hayami, Masako Toi, Kensuke Yasuda, Shintaro Nakayama, Norihiko Koori, Masagaru Noumachi, Kayoko Ichihara, Ryuta Hazama, Sei Yoshida, Saori Umehara, Kyoshiro Imagawa and Hiroshi Ito : The Performance of Thin NaI(Tl) Scintillator Plate for Dark Matter Search, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.75, No.6, 064201, 2006.
16)小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.SIG8, 147-156, 2006年.
17)Yoshikazu Sasaki, Ayumu Niida, Takashi Tsuji, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Stereoselective Synthesis of (Z)-alkene-containing proline dipeptide mimetics, The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.13, 4969-4979, 2006.
18)Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Proposal for Rapid Acquisition Method Using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.4, 251-254, 2006.
19)Zhuoming Li, Xiaoxiao Bai, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo and Yohsuke Kinouchi : Accuracy of Two-Dipole Source Localization Using a Method Combining BP Neural Network with NLS Method from 32-Channel EEGs, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.89, No.7, 2234-2242, 2006.
20)Daiki Kawamura, Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Bump formation on a glass surface with a transparent coating using femtosecond laser processing, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.85, No.1, 39-43, 2006.
21)Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Dual roles of alkyl alcohols as syndiotactic-specificity inducers and accelerators in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide and some properties of syndiotactic poly(N-isopropylacrylamide), Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.15, 4450-4460, 2006.
22)Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki : Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
23)阪間 稔, 井村 裕吉, 笹谷 章之, 久世 絋太郎, 桑折 範彦 : 大気中の鉛(214Pb, 212Pb)とビスマス(214Bi)濃度の共沈分離による定量, KEK-proceedings, Vol.5, 117-121, 2006年.
24)Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Remarkable effect of hydrogen-bonding interaction on stereospecificity in the radical polymerization of N-vinylacetamide, European Polymer Journal, Vol.42, No.9, 2114-2124, 2006.
25)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Seiji Yano, Saburo Sone, Hideki Ohnishi, Keisuke Ishizawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The novel Src kinase inhibitor M475271 inhibits VEGF-induced vascular endothelial-cadherin and β-catenin phosphorylation but increases their association, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 112-120, 2006.
26)Tesuo Narumi, Ayumu Niida, Kenji Tomita, Shinya Oishi, Akira Otaka, Hiroaki Ohono and Nobutaka Fujii : A novel one-pot reaction involving organocopper-mediated reduction/transmetalation/asymmetric alkylation, leading to the diastereoselective synthesis of functionalized (Z)-fluoroalkene dipeptide isosteres., Chemical Communications, No.45, 4720-4722, 2006.
27)Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Structures of Comets in a Homoepitaxially Grown 4H-SiC Film Studied by DUV Micro-Raman Spectroscopy, Materials Science Forum, Vol.527-529, 339-342, 2006.
28)Mitsue Otaka, Hirotsugu Yamamoto and Yoshio Hayasaki : Manually operated low-coherence interferometer for optical information hiding, Optics Express, Vol.14, No.20, 9421-9429, 2006.
29)Hisanori Noto, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Syuji Muguruma, Yoshifumi Nagai, Yoshinori Shimizu and Nobuo Nishida : Analysis of reproduced 3D space by stereoscopic large LED display, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E89-C, No.10, 1427-1434, 2006.
30)Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Diallyl Phthalate: Kinetics, Formation of Hyperbranched Polymer, and Iridescent Porous Film Thereof, Journal of Applied Polymer Science, Vol.102, No.1, 408-415, 2006.
31)Tatsuya Okada, Kengo Ochi, Hiroyuki Kawahara, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Makoto Yamaguchi, Kouichi Higashimine and Tsunenobu Kimoto : Source of Surface Morphological Defects Formed on 4H-SiC Homoepitaxial Films, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.45, No.10A, 7625-7631, 2006.
32)T. Kawamura, R. Tachi, T. Inamura, H. Hosoda, K. Wakashima, Kenichi Hamada and S. Miyazaki : Effects of ternary additions on martensitic transformation of TiAu, Materials Science and Engineering A, Vol.438-440, 383-386, 2006.
33)手川 歓識, 木内 陽介 : 磁性アタッチメントで維持されたオーバーデンチャーの力学的特性に関する基礎的考察, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 35-40, 2006年.
34)Yoshio Tanimoto, Yasuhiko Rokumyo, Kuniharu Nanba, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Imaging of Computer Input Ability for Patient With Tetraplegia, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.55, No.6, 1953-1958, 2006.
35)Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Femtosecond laser processing system with target tracking feature, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.1, No.3, 288-291, 2006.
36)Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayasaki, Keiji Fujita, Kan Nagao, Masaya Murata, Takanori Kawano and JianRong Chen : Femtosecond pulse laser-oriented recording on dental prostheses:a trial introduction, Dental Materials Journal, Vol.25, No.4, 733-736, 2006.
37)Nakayama Hitoshi, Shimamura Tatsuro, Imagawa Takahito, Shirai Nobuaki, Ito Takashi, Sako Yoshihiko, Miyano Masashi, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Nomura Norimichi and Tsuge Hideaki : Structure of a hyperthermophilic archaeal homing endonuclease, I-Tsp061I: contribution of cross-domain polar networks to thermostability, Journal of Molecular Biology, Vol.365, No.2, 362-378, 2007.
38)Takao YOSHIDA, Ryo IIZUKA, Keisuke ITAMI, Takuo YASUNAGA, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Masafumi YOHDA and Tadashi MARUYAMA : Comparative analysis of the protein folding activities of two chaperonin subunits of Thermococcus strain KS-1; the effects of beryllium fluoride, Extremophiles, Vol.11, No.2, 225-235, 2007.
39)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 藤中 雄一, 井上 大輔, 福本 誠二, 大歯 浩一, 遠藤 健次, 安井 夏生, 長谷川 匡, 上原 久典, 坂東 良美, 松本 俊夫 : 腫瘍性骨軟化症の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.83, 136-138, 2007年.
40)Y. Sasaki, Akira Shigenaga, N. Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene-containing cis-proline dipeptide mimetics using samarium(II) diiodide (SmI2)-mediated reductive alkylation reaction., Tetrahedron, Vol.63, No.9, 2000-2008, 2007.
41)桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : 計画能力の一側面としてのコミュニケーション能力, 工学教育, Vol.55, No.1, 54-58, 2007年.
42)Maki Moritani, Kyoko Nomura, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Yuka Fujita, Shinohara Syuichi, Yuka Yamaguchi, Parvaneh Keshavarz, Eiji Kudo, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiichi, Yoichiro Takata, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic association of single nucleotide polymorphisms in endonuclease G-like 1 gene with type 2 diabetes in a Japanese population., Diabetologia, Vol.50, No.6, 1218-1227, 2007.
43)Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui : Extension of contained rupture of an abdominal aortic aneurysm into a lumbar intervertebral disc. Case report., Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.2, 221-226, 2007.
44)Kousaku Higashino, Yoshito Matsui, Syoji Yagi, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : The alpha2 type IX collagen tryptophan polymorphism is associated with the severity of disc degeneration in younger patients with herniated nucleus pulposus of the lumbar spine., International Orthopaedics, Vol.31, No.1, 107-111, 2007.
45)Ryosuke Sato, Yoshito Matsui, Hiromiti Yokoi, Kiminori Yukata, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Chronic osteomyelitis of the tibia resembling benign bone tumors., Pediatrics International, Vol.49, No.5, 663-667, 2007.
46)Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Katsutoshi Miyatake, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R. Scafe, Vincent M. Reeve, Dai Osabe, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Genetic association between the PRKCH gene encoding protein kinase Ceta isozyme and rheumatoid arthritis in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.56, No.1, 30-42, 2007.
47)Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui : Minimally invasive technique for direct repair of the pars defects in young adults using a spinal endoscope. A technical note., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 186-190, 2007.
48)Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : Numerical Computation on Analyticity of the Solution of a Cauchy Problem for the Backward Heat Equation, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.56, 291-300, 2007.
49)Zhenyu JIN, Hideo Sakaguchi, Naoyuki Ishimura and Hitoshi Imai : Global in Space Simulation for the Black-Scholes Equation Incorporating Transaction Costs, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.56, 445-450, 2007.
50)獅々堀 正幹, 大西 泰代, 柘植 覚, 北 研二 : Earth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.1, 300-311, 2007年.
51)田村 隆雄, 端野 道夫, 末永 慶寛, 星川 豪 : 引田湾に隣接する森林流域からの物質流出機構と流出負荷量, 水工学論文集, Vol.51, 1165-1170, 2007年.
52)Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.
53)Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masahiro Murata, Susumu Ito, Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto and Masaji Nishimura : Influence of leukocytapheresis therapy for ulcerative colitis on anemia and hemodynamics., Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.11, No.1, 16-21, 2007.
54)Shinjiro Takata, Aziz Abbaspour, Hiroshi Yonezu and Natsuo Yasui : Differences of therapeutic effects on regional bone mineral density and markers of bone mineral metabolism between alendronate and alfacalcidol in Japanese osteoporotic women., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 35-40, 2007.
55)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : 分散音声認識における実時間周波数特性正規化手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, 900-908, 2007年.
56)Fumihiko Yamaguchi, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : An enzymatic cycling assay for nicotinic acid adenine dinucleotide phosphate using NAD synthetase, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.364, No.2, 97-103, 2007.
57)Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami, Yuichiro Kanai, Shuichiro Goda and Haruhiko Sakuraba : Gene expression and characterization of 2-keto-3-deoxygluconate kinase, a key enzyme in the modified Entner-Doudoroff pathway of the aerobic and acidophilic hyperthermophile Sulfolobus tokodaii., Protein Expression and Purification, Vol.54, No.1, 73-78, 2007.
58)Hiroyuki Mitsuhara, Kitamura Akihiro, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money: Approach to Motivating to Share Knowledge, International Journal of WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.2, No.4, 309-316, 2007.
59)Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Measurement of Blood Flow Velocity Waveforms in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries during Head-up Tilt, Journal of Biomedical & Pharmaceutical Engineering, 2007.
60)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
61)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Support online social interaction with Context-Awareness, International Journal of Continuing Engineering Education and Life-Long Learning, Vol.17, No.2/3, 160-177, 2007.
62)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 中恵 真理子, 田村 貞夫 : 「ものづくり」と大学初年次教養教育における創造力育成プログラム, 大学教育研究ジャーナル, Vol.4, No.4, 1-14, 2007年.
63)Ikuko Mori, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Daisuke Kikuchi, Kenya Tanaka and Hideyuki Sato : Single crystal growth and electrical and magnetic measurements on CeFe4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.310, No.2, 277-279, 2007.
64)Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi and Keizo Endo : NMR study of gap function with point nodes in borocarbide superconductor, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.310, No.2, 681-683, 2007.
65)Kuniyuki Koyama, Hironobu Houda, Hisashi Amano, Takahito Saito, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi and Hiroyuki Deguchi : Control of successive phase transition in YBCO superconductive ceramics, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.310, No.2, e113-e115, 2007.
66)Ko-ichi Magishi, Yosinori Iwahashi, Takuji Horimoto, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR study of magnetic properties in filled skutterudite compound EuRu4P12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.310, No.2, 951-953, 2007.
67)Shin-ichi Nakashima, Takeshi Mitani, Takuro Tomita, Tomohisa Kato, Shin-ichi Nishizawa, Hajime Okumura and Hiroshi Harima : Observation of surface polarity dependent phonons in SiC by deep ultraviolet Raman spectroscopy, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.75, No.11, 115321-1-115321-5, 2007.
68)Atsushi Inouchi, Shuichi Shinohara, Hiroshi Inoue, Kenji Kita and Mitsuo Itakura : Identification of specific sequence motifs in the upstream region of 242 human miRNA genes., Computational Biology and Chemistry, Vol.31, No.3, 207-214, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.
2)Yoshikazu Sasaki, Takashi Tsuji, Ayumu Niida, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Regio- and stereoselective synthesis of (Z)-alkene cis-Xaa-Pro dipeptide mimetics, Peptides 2006, 126-127, 2007.
3)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Materials Science Forum, Vol.539-543, 3279-3284, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Occasional Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.412, 235-238, 2006.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)早崎 芳夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 月刊 オプトロニクス, Vol.25, No.4, 145-149, 2006年4月.
2)森口 博基, 森川 富昭 : Pマーク取得へ 院内体制整備, 徳島新聞, 2006年4月.
3)早崎 芳夫 : 光の基礎ーレンズの機能ー, 自動車技術, Vol.60, No.5, 18-22, 2006年5月.
4)櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 川上 竜巳, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌タンパク質の耐熱化の分子戦略, 化学と生物, Vol.44, No.5, 305-312, 2006年5月.
5)森口 博基, 森川 富昭 : プライバシーマーク 徳島大学病院が取得, 日本経済新聞, 2006年5月.
6)森口 博基, 森川 富昭 : 徳大病院がPマーク取得, 徳島新聞, 2006年5月.
7)田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 生体情報メディア ー レーザー加工技術を応用した本人認証 ー, 光技術コンタクト, Vol.44, No.5, 245-250, 2006年5月.
8)金西 計英 : 内省支援ツールを用いた科学的思考方法の学習, 化学と教育, Vol.54, No.5, 268-271, 2006年5月.
9)森川 富昭 : 民間の病院に看護情報提供, 徳島新聞社, 2006年7月.
10)金西 計英, 矢野 米雄 : 特集に寄せて 情報通信技術の活用はどこまで進んだのか?, 徳島教育, Vol.1110, 6-8, 2006年7月.
11)吉栖 正典, 石澤 啓介, 井澤 有紀, 玉置 俊晃 : インスリン抵抗性による血管障害の細胞内情報伝達機構, 日本薬理学雑誌, Vol.128, No.3, 147-151, 2006年9月.
12)大髙 章, 藤井 信孝 : 膜融合阻害性抗ウイルスペプチドの開発, 化学工業, Vol.57, No.10, 797-801, 2006年10月.
13)藤井 信孝, 大石 真也, 大髙 章 : プロテオミクスを基盤とするケミカルバイオロジー -情報から制御へ, Bionics, Vol.3, No.10, 46-51, 2006年10月.
14)早崎 芳夫 : 代謝の空間分布を計測するための位置検出機能を有する近赤外分光プローブ, 計測と制御, Vol.45, No.11, 928-933, 2006年11月.
15)橋爪 正樹, 四柳 浩之 : 東京大学VDECのICツールを用いたICの設計と試作, 広報, Vol.13, 30-32, 2006年12月.
16)東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 : 後方限局型腰椎終板障害の長期成績, 日本小児整形外科学会雑誌, Vol.16, No.1, 100-104, 2007年.
17)中野 俊次, 大歯 浩一, 川﨑 賀照, 安井 夏生, 木下 勇 : Chiari 骨盤骨切り術の術後不良症例の検討, Hip Joint, Vol.33, 505-509, 2007年.
18)髙田 信二郎, 中尾 成孝, 安井 夏生, 稲次 正敬, 岩佐 悟, 稲次 美樹子, 林 浩希, 多田 昌代, 河野 友志 : パワーリハビリテーションが片麻痺を有する高齢者の運動機能,骨密度,軟部組織組成に及ぼす治療効果, 別冊整形外科, Vol.52, 273-277, 2007年.
19)池田 建司, 毛利 公美, 最上 義夫, 得重 仁, 辻 明典, 緒方 広明 : 徳島大学工学部知能情報工学科における創造性教育の取り組み, 計測と制御, Vol.46, No.1, 31-36, 2007年1月.
20)森川 富昭 : 動画見て患者に説明, --- 内視鏡や超音波,心電図 電子カルテに保存 ---, 徳島新聞, 2007年1月.
21)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座1 企業とCMS, --- 企業とCMS「消費」を測定した活用 ---, 徳島新聞, 2007年1月.
22)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座2 病院情報システム, --- 病院情報システム ---, 徳島新聞, 2007年2月.
23)山田 千晴, 平坂 勝也, 安井 夏生, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-b による運動器の廃用性萎縮, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, Vol.44, No.3, 163-170, 2007年3月.
24)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座3 セキュリティーポリシー, --- セキュリティーポリシー ---, 徳島新聞, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Akira Otaka : Development of chemal devices for synthesis of proteins including membrane proteins, The 6th International Symposium on Peptide and Protein Materials, Gwangju, Korea, Apr. 2006.
2)Shigeki Matsuo, Yusuke Tabuchi, Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shuichi Hashimoto, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond laser assisted etching of quartz, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 520, Kyoto, Apr. 2006.
3)Masaki Hashizume, Masahiro Ichimiya, Hiroyuki Yotsuyanagi and Takeomi Tamesada : Open Lead Detection Based on Supply Current of CMOS Logic Circuits by AC Voltage Signal Application, Proceedings of ICEP2006, 147-152, Tokyo, Apr. 2006.
4)Hiroyuki Ukida, Seiji Kaji, Yoshio Tanimoto and Hideki Yamamoto : Human Motion Caputure System Using Color Markers and Silhouette, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 151-156, Sorrento, Apr. 2006.
5)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patient with Spinal Cord Injuries, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 423-427, Sorrento, Apr. 2006.
6)Hiroyuki Ukida, Tadashi Araki, Keiji Kojima, Yasuko Nagai and Maki Shinoda : Color Restoration of Scanned Book Images for Various Background Colors and Specular Reflections, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 76-81, Minori, Apr. 2006.
7)Tanimoto Yoshio, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 119-124, Minori, Apr. 2006.
8)Akira Otaka, Yusuke Ohta, Akira Shigenaga and Nobutaka Fujii : Preparation of peptide thioester utilizing S-protected oxazolidinone derived from systeine, The 11th Korea-Japan Joint Symposium On Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
9)Yoshikazu Sasaki, Ayumu Niida, Takashi Tsuji, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene-containing Pro dipeptide isosteres corresponding to cis-prolyl peptides, The 11th Korea-Japan Joint Symposium On Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
10)Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Toshitaka Ikehara, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : A new water sterilization system which use UVA-light emitting diode (Q-401)., 106th ASM general meeting, Florida, USA, May 2006.
11)Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Femtosecond laser processing system with target tracking feature, The Fourth Internatinal Congress on Laser Advanced Materials Processing (LAMP 2006), 126, Kyoto, May 2006.
12)Satoshi Hasegawa, Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Holographic femtosecond laser processing with multiplexed phase Fresnel lenses, The Fourth Internatinal Congress on Laser Advanced Materials Processing (LAMP 2006), 226, Kyoto, May 2006.
13)Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Keita Kinoshita, Toshiaki Murai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Characterization of femtosecond pulsed laser-induced ripple structure in semiconductor materials by using of micro-optical spectroscopy, The 4th International Congress on Laser Advanced Materials Processing, 117, Kyoto, May 2006.
14)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition, Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006), Vol.1, 397-400, Toulouse, France, May 2006.
15)Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
16)Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Proc. of ISCAS2006, 3702-3705, Island of Kos, Greece, May 2006.
17)Masaki Hashizume and Hiroyuki Yotsuyanagi : Test Circuit for Open Lead Detection of CMOS ICs Based on Supply Current, the IEEE European Board Test Workshop, Southampton, UK, May 2006.
18)Yoshiyasu Terashima, Kazuo Mori, Takuji Kawano and Toshiaki Tamaki : Four-hour student workshop for introduction to PBL tutorial learning program, 6th Asia Pacific Conference on Problem-Based Learning, Tokyo, May 2006.
19)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
20)Takao Hanabusa, Shoichiro Fujisawa and : "Roots Finding", --- PBL in the first year course ---, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, May 2006.
21)Masanobu Haraguchi, Satoshi Kiriyama, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Education of the ability to find solution through making WEB pages for first-grade students, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 78, Tokyo, May 2006.
22)Satoshi Kiriyama, Takao Hanabusa and Masanobu Haraguchi : The self analysis of setbacks in the WEB designer project, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 80, Tokyo, May 2006.
23)Baudin Veronique, David Colin Raymond, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Deployment and Evaluation of a Collaborative Work Environment for a Language Learning Scenario, Proceedings of NOTERE'2006, 105-118, France, Jun. 2006.
24)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, 81-82, Cancun, Jun. 2006.
25)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Yuko Ohka and Yukiko Ishiyama : Construction and evaluation of e-learning system for medical treatment safty measure, NI2006, Seoul, Jun. 2006.
26)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Y Fukuhara, Tamotsu Kanbara, A Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in Tcells has a pivotal role in vascular inflammation and remodeling, XIL International Symposium on Atherosclerosis, Italy, Jun. 2006.
27)Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi and Akihiro Kashihara : Peer Review Framework with ``Review Diagram'' for Self-Directed Learning, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia, & Telecommunications (ED-MEDIA2006), 806-811, Florida, Jun. 2006.
28)Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Soluble Hyperbranched Polymer Synthesis via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization Using Allyl Monomers, Asia Polymer Symposium 2006, Seoul, Jun. 2006.
29)Satoshi Kiriyama and Takao Hanabusa : Teaching elementary school student in a handicraft lesson by science and technological students, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
30)Masayuki Kon, Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano, Ken'ichi Yokoyama, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Improvement of thermal conductivity for glass-ionomer cement, International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
31)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Development of Photo-triggered Self-processing Peptides, ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Kyoto, Jul. 2006.
32)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Personalized Knowledge Awareness Map in Computer Supported Ubiquitous Learning, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 817-821, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
33)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata, Tomonobu Sasada and Yoneo Yano : PSSLSA: Participatory Simulation System for Learning Sorting Algorithms, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 843-844, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
34)Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin, Rosa G Paredes Juarez, Nobuji A Saito V, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : Supporting Mobile Language Learning outside Classrooms, Proc. of Sixth International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 928-932, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
35)Hiroaki Ogata, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Knowledge Awareness Map in Mobile Language-Learning, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 1180-1181, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
36)Hosoda Hideki, Tachi Ryosuke, Inamura Tomonari, Wakashima Kenji, Kenichi Hamada and Miyazaki Shuichi : Martensitic Transformation of TiAuCo Biomedical Shape Memory Alloys, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, Vancouver, Jul. 2006.
37)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, Vancouver, Jul. 2006.
38)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Learning Japanese Polite Expression in Ubiquitous, Pro. of The Second International Conference on Collaboration Technologies, 96-101, Tsukuba, Jul. 2006.
39)Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito V, Rosa G Paredes Juarez, Chengjiu Yin and Yoneo Yano : Basic Support for Ubiquitous Learning Environment in the University, Proc. of The Second International Conference on Collaboration Technologies, 102-107, Tsukuba, Jul. 2006.
40)Takao Hanabusa, Kim Yun-Hae, Kim Yoon-Sik, Cho Jong-Rae and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition, --- Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University ---, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 32-34, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
41)Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effects of ultraviolet LED on bacteria., World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006, Korea, Aug. 2006.
42)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo, International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
43)Ikuko Mori, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Daisuke Kikuchi, Kenya Tanaka and Hideyuki Sato : Single crystal growth and electrical and magnetic properties of CeFe4Sb12, International Conference on magnetism 2006 (ICM2006), Kyoto, Aug. 2006.
44)Takuro Tomita, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Analysis of surface polarity dependent DUV Raman spectra by bond-Raman-polarizability concept, The abstracts of the 20th international conference on Raman spectroscopy (ICORS), 149, Yokohama, Aug. 2006.
45)Hagiwara Makoto, Shima Tatsuo, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Oxygen Reduction Effects on Electric Conductivity of Pr2 Ba4Cu7O15-δ,ICM2006, Kyoto, Aug. 2006.
46)Kuniyuki Koyama, Hironobu Houda, Hisashi Amano, Takahito Saito, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi and Hiroyuki Deguchi : Control of successive phase transition in YBCO superconductive ceramics, International Conference on magnetism 2006 (ICM2006), Kyoto, Aug. 2006.
47)Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi and Keizo Endo : NMR Study of Gap Function with Point Nodes in Borocarbide Superconductor, International Conference on magnetism 2006 (ICM2006), Kyoto, Aug. 2006.
48)Ko-ichi Magishi, Yoshinori Iwahashi, Takuji Horimoto, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR study of magnetic properties in filled skutterudite compound EuRu4P12, International Conference on magnetism 2006 (ICM2006), Kyoto, Aug. 2006.
49)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Analysis of a Neural Oscillator Model With Plasticity for Treatment of Tinnitus, Proceedings of World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.14, 3413-3416, Seoul, Aug. 2006.
50)Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Magnetic Attachments toward the Next Generation, The International Federation for Medical and Biological Engineering Proceedings, Vol.14, No.T18-4551, Seoul, Aug. 2006.
51)Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : Analysis of multi-layer neural network's recognition mechanism using Alopex algorithm, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 133-136, Seoul, Aug. 2006.
52)Yoshinobu Terahashi, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Magnetic motion measurement using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 530-532, Seoul, Aug. 2006.
53)Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Neural networks for the novel diagnosis method based on clinical snoring sound analysis in apnea, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 836-840, Seoul, Aug. 2006.
54)Tada Tomohiro, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain signal source localization from EEG during recall of the aural stimulation, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 967-970, Seoul, Aug. 2006.
55)Kunihiko Inoue, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Tetsuya Uemura, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Order estimation and screening of apneic snore sound using the Akaike Information Criterion, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1028-1031, Seoul, Aug. 2006.
56)Shingo Yoko, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Simulation study on artifact elimination in EEG signals by artificial neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1057-1059, Seoul, Aug. 2006.
57)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Extracting characteristic feature of a inert region from EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1075-1078, Seoul, Aug. 2006.
58)Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : EEG analysis using neural networks to detect changes of brain conditions during operations, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1079-1082, Seoul, Aug. 2006.
59)Mizuki Nishioka, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Signal separation of the biological signal using ICA, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1098-1101, Seoul, Aug. 2006.
60)Kuniyuki Koyama, Hironobu Houda, Hisashi Amano, Takahito Saito, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Hiroyuki Deguchi and Seishi Takagi : Pressure Dependence of Successive Phase Transition in YBCO Superconductive Ceramics, ICM2006 satellite workshop: Novel Pressure-induced Phenomena in Condenced Matter Systems, Fukuoka, Aug. 2006.
61)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi : Possibility of predicting Ht values during a plasma exchange therapy using back propagation neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1041-1044, Seoul, Aug. 2006.
62)Junpei Imajo, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Fumio Shichijo and Hiroshi Kido : Effect of Carnitine Ingestion on EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1137-1140, Seoul, Aug. 2006.
63)Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effect of ultraviolet LED on bacteria, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1218-1221, Seoul, Aug. 2006.
64)Tatsuaki Kamiya, Azhim Azran, Masatake Akutagawa, Hisao Yamaguchi, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka, Kazuo Yoshizaki and Yohsuke Kinouchi : Detection of a maximum blood flow velocity variation in the carotid artery during physical exercise using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3271-3274, Seoul, Aug. 2006.
65)Azhim Azran, Tatsuaki Kamiya, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Changes in the common carotid blood velocity waveform for exercise training, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, Seoul, Aug. 2006.
66)Mizuki Katai, Azhim Azran, Tatsuaki Kamiya, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Measurement and analysis of carotid blood flow and ECG in cardiac, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3359-3362, Seoul, Aug. 2006.
67)Yuichi Kogure, Hiroki Matsuoka, Masatake Akutagawa, Yoshihiro Shimada and Yohsuke Kinouchi : The application of remote patient monitoring system using a Java-enabled 3G mobile phone, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3359-3362, Seoul, Aug. 2006.
68)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Ikuko Mori, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Sb NQR Study of Filled Skutterudite CeFe4Sb12, QuSB2006, Tokai, Aug. 2006.
69)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Oscillation and Its Inhibition in a Neural Oscillator Model for Tinnitus, Proceedings of the 28th IEEE-EMBS Annual International Conference, 5547-5550, New York, Aug. 2006.
70)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Design, Synthesis and Photo-processing Reaction of Peptides Possessing the External Stimulus-responsive Amino Acid, 29th European Peptide Symposium, Gdansk, Sep. 2006.
71)Yoshikazu Sasaki, Takashi Tsuji, Ayumu Niida, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Regio- and Stereoselective Synthesis of (Z)-Alkene cis-Xaa-Pro Dipeptide Mimetics with Organocopper-mediated Anti-SN2' Reactions, 29th European Peptide Symposium, Gdansk, Sep. 2006.
72)Yoneda K., Ryushi Kawakami, Tagashira Y., Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda, Hideaki Tsuge, Katunuma N. and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal L-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus, EXTREMOPHILES 2006 CONFERENCE, Brest, Sep. 2006.
73)Hiroyuki Sakakibara, Yuki Izawa, Jun-ichiro Nakajima, Shujiro Seo, Toshiaki Tamaki, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Antidepressant effects of polyphenol rich herbal medicine, Ginkgo biloba, extracts in behavioral models, 232 nd American Chemical Society Meeting & Exposition, San Francisco, Sep. 2006.
74)YUE MA, Soumitro Banerjee, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Classification and Analytical Method of Switched Dynamical Systems, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
75)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
76)Akira Otaka, Yusuke Ohta, Akira Shigenaga and Nobutaka Fujii : Development of Chemical Devices for Chemical Ligations, The 11th Akabori Conference, Kloster Banz, Germany, Oct. 2006.
77)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using the Traffic Feature Extraction, Proceedings of 2006 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2006), 2993-2997, Taipei, Oct. 2006.
78)Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
79)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Takahiro Oie, Yasuo Miyoshi, Masahiko Sano and Yoneo Yano : Construction and Operation of a Portal System at Tokushima University, Proceedings of E-Learn 2006, 642-647, Honolulu, Oct. 2006.
80)Rong Wang, Jing Yuan, Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Know-who Knowledge Management to Support Collaborative Learning in Research Laboratory Based on Information Sharing, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3113-3118, Honolulu, Oct. 2006.
81)Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Self-directed Reading Environment for Learning Pronunciation of Japanese Kanji based on Collaborative-building Database, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3139-3144, Honolulu, Oct. 2006.
82)Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Soichiro Tajima and Toshiaki Tamaki : Effects of quercetin on NO production from nitrite at physiological conditions, 20th Scientific Meeting of the International Soiciety of Hypertension, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
83)Phonsue Prasit, Suzuki Satoshi, Shunichiro Oe and Kashiwagi Toshiyuki : Construction of Panoramic Image with Distance Information, Proc. of SICE-ICAS International Conference 2006(CD), 4750-4754, Busan, Oct. 2006.
84)Tojo Mitsuru, Masahiro Ichimiya, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Current Testing of Interconnect Opens between CMOS LSIs Having Scan Cells, IEEE International Workshop on Current and Defect Based Testing, 39-42, Santa Clara, Oct. 2006.
85)Okuno O., Yohsuke Kinouchi, Tanaka Y., Mizutani H., Hosoi T., Takada Y., Ishigami T., Caputo A. and Okabe T. : Development and standardization of the dental magnetic attachment, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 1, Takamatsu, Oct. 2006.
86)Yohsuke Kinouchi and Tanaka Y. : Development and Design of Magnetic Circuits for Magnetic Attachments, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 2, Takamatsu, Oct. 2006.
87)Yohsuke Kinouchi and Hosoi T. : Studies on Safety of Magnetic Field and Standardization of Leakage Magnetic Fields out of a Magnetic Attachment, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 3, Takamatsu, Oct. 2006.
88)Makoto Hagiwara, Tatsuo Shima, S. Tanaka, K. Nishio, T. Issiki, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Superconductivity and Structural Characteristics of Ceramic Pr2 Ba4Cu7O15-δ prepared by Ambient Pressure Synthesis using Citrate Pyrolysis Method, ISS2006, Nagoya, Oct. 2006.
89)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Development of Photo-responsive Self-processing Peptides, 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting, Yokohama, Nov. 2006.
90)Takashi Tsuji, Yoshikazu Sasaki, Keiko Yamaguchi, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene cis-Xaa-Pro type dipeptide isosteres using organocopper-mediated anti-SN2' reactions, 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting, Yokohama, Nov. 2006.
91)Akira Takahashi, Hamamoto Akiko, Wakikawa Noriko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Yutaka Nakaya : New water sterilization system used by UVA-LED., The 41st Joint Conference US-Japan Cooperative Medical Science Program Cholera Panel, Gifu, Japan, Nov. 2006.
92)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Learner-Space Knowledge Awareness Map in Computer Supported Ubiquitous Learning, Proc. of The 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education Wmute2006, 116-120, Athens, Nov. 2006.
93)Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin and Yoneo Yano : JAMIOLAS: Support Japanese Mimicry and Onomatopoeia Learning with Sensors, Proc. of The 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education Wmute2006, 111-115, Athens, Nov. 2006.
94)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Interaction Oriented Edutainment using Ubiquitous Devices, Proc. of The 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education Wmute2006, 150-152, Athens, Nov. 2006.
95)Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi : Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells, 13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
96)Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami : Extracellular signal regulated kinase 5 induces mesangial cell survival in rat progressive mesangioproliferative glomerulonephritis, 39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
97)Keisuke Ishizawa, Erika Miki, Arisa Hironaga, Koichiro Tsuchiya, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker inhibits PDGF-induced cell migration in rat mesangial cells, 39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
98)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money for Lively e-Community, Proc. of the 5th WSEAS International Conference on E-ACTIVITIES, 150-152, Venice, Nov. 2006.
99)Masato Nakanishi, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Yukiya Miura : A BIC Sensor Capable of Adjusting IDDQ Limit in Tests, Proc. of 15th Asian Test Symposium, 69-74, Fukuoka, Nov. 2006.
100)Hiroyuki Yotsuyanagi, Tomohiko Nagashima and Masaki Hashizume : Test Time Reduction for Scan Circuits by Selection of a Flip-flop with Hold Operation, 7th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT06), 81-85, Fukuoka, Nov. 2006.
101)Eiji Tasaka, Masaki Hashizume, Seiichi Nishimoto, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takahiro Oie, Ikuro Morita and Toshihiro Kayahara : At Speed Testing of Bus Interconnects in Microcomputers, 7th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT06), 123-127, Fukuoka, Nov. 2006.
102)Keiji Fujita, Akihiro Takita, Tetsuo Ichikawa and Yoshio Hayasaki : Data recording on a dental device by use of a femtosecond laser for personal identification, The 9th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS9), P1-2, Taipei, Nov. 2006.
103)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : The Problem Generation Module for Word Problem in the WBT System, ICCE2006 Workshop Proceedings of Problem-Authoring, -Generation and -Posing in a Computer-Based Learning Environment, Vol.1, 17-24, Beijing, Nov. 2006.
104)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Niki Keiji and Yoneo Yano : Multi-step Annotation to Promote Reflective Learning with a Mobile Phone, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 477-480, Beijing, Nov. 2006.
105)Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Collaborative Building of Japanese Kanji Pronunciation Database for Learning Japanese by Chinese, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 413-416, Beijing, Nov. 2006.
106)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Participatory Simulation System to Support Learning Computer Science, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 25-32, Beijing, Nov. 2006.
107)Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, David Colin Raymond, Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning Support as Bridge between Classroom Lecture and e-Learning, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 45-48, Beijing, Nov. 2006.
108)Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Jing Yuan, Rong Wang, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Collaborative Learning Practice based on Evolutionary Information Sharing Approach, Proceeding of Poster Paper Notes of the 14th International Conference on Computers in Education, Vol.1, 33-36, Beijing, Nov. 2006.
109)Satoshi Hasegawa and Yoshio Hayasaki : Holographic femtosecond laser processing using a hologram designed with optical estimation, 5th Internatinal Conference on Optics-photonics Design & Fabrication (ODF'06), 133-134, Nara, Dec. 2006.
110)Hidetomo Takahashi, Satoshi Hasegawa and Yoshio Hayasaki : Holographic femtosecond laser processing using a hologram calculated with an optimal-rotation angle method, 5th Internatinal Conference on Optics-photonics Design & Fabrication (ODF'06), 139-140, Nara, Dec. 2006.
111)Kenji Fujita, Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Tetsuo Ichikawa : Data recording on a dental device using femtosecond laser processing with a surface detection system, 5th Internatinal Conference on Optics-photonics Design & Fabrication (ODF'06), 197-198, Nara, Dec. 2006.
112)Masahiro Nitta, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Adjustment of depth of field of binocular cameras to reproducible depth with stereoscopic LED display, Proc. IDW'06 (The 13th International Display Workshops), Vol.2, 1381-1384, Otsu, Dec. 2006.
113)Keigo Uchida, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Limits of disparity angle for perception of depth reproduced by a stereoscopic display by use of a large LED panel, Proc. IDW'06 (The 13th International Display Workshops), Vol.2, 1385-1388, Otsu, Dec. 2006.
114)Hayato Nishimura, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Large stereoscopic display with a parallax barrier by use of an aperture grille, Proc. IDW'06 (The 13th International Display Workshops), Vol.2, 1389-1392, Otsu, Dec. 2006.
115)Hirotsugu Yamamoto and Yoshio Hayasaki : Three-dimensional displacement of the viewing space of secure display by use of visual cryptography, Proc. IDW'06 (The 13th International Display Workshops), Vol.2, 1409-1412, Otsu, Dec. 2006.
116)Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Blood Flow Velocities in Common Carotid Artery Changes with Age and Exercise, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 523-530, Singapore, Dec. 2006.
117)Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Exercise Training Improved Blood Flow Velocity and Autonomic Nervous Activity, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 517-522, Singapore, Dec. 2006.
118)Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Measurement of Blood Flow Velocity Waveforms in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries during Postural Change, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 438-442, Singapore, Dec. 2006.
119)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Some Limitations of Localizing Inert Region from EEG, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 180-185, Singapore, Dec. 2006.
120)Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro, Yohsuke Kinouchi, Emiko Yasuno, Omine Yuken, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Nomivasive Estimation of Tissue Impedance Based on an Equivalent Circuit Model, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 246-251, Singapore, Dec. 2006.
121)Satoru Tsuge, Minoru Fukumi, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Study of Relationships Between Intra-Speaker's Speech Variability and Speech Recognition Performance, 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 41-44, Tottori, Japan, Dec. 2006.
122)Satoshi Hasegawa and Yoshio Hayasaki : Holographic femtosecond laser processing by use of a spatial light modulator, SPIE Photonic West, LASE2007, Lasers and Applications in Science and Technology, San Jose, Jan. 2007.
123)Hirotsugu Yamamoto and Yoshio Hayasaki : Secure display that limits the viewing space by use of optically decodable encryption, Proceedings of SPIE, Vol.6482, 64820C-1-64820C-10, San Jose, Jan. 2007.
124)Hayato Nishimura, Abe Tesuya, Keigo Uchida, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Development of 140-inch autostereoscopic display by use of full-color LED panel, Proceedings of SPIE, Vol.6486, 64861B-1-64861B-8, San Jose, Jan. 2007.
125)Fukuda J., Yoneda K., Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Crystallization and Chracterization of L-lysine Dehydrogenase (LysDH) from Hyperthermophilic Archaeon yrococcus horikoshii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
126)Shimizu Y., Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Elucidation of the L-Serine Biosynthesis in the Hyperthermophilic Archaeon:Characterization of D-3-Phosphoglycerate Dehydrogenase from Sulfolobus tokodaii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
127)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Satoshi Terao, Naka Gotoda and Yoneo Yano : DEVELOPMENT OF THE VLOG-BASED SCENARIO WITH CYBERCOMMUNITIES OF INTEREST FOR EXPERIENCED LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 272-275, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
128)Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Ryuzo Ide and Yoneo Yano : A PROPOSAL TO EXTEND FOLKSONOMY BASED ON TAGS AND LINKS, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 385-383, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
129)Zheng Guang and Shunichiro Oe : Distance and Velocity Measurement Using 3D Optical Flow, Proc. of the 13th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 147-152, Busan, Feb. 2007.
130)Akinori Tuji and Shunichiro Oe : Content-based Similar Image Retrieval using Wavelet Packet Decomposition, Proc. of the 13th Japan-Koria Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 281-286, Busan, Feb. 2007.
131)Masaki Naito, Kazumori Matsumoto, Masami Shishibori, Kenji Kita, Marco Cuturi, Tomoko Matsui, Shin'ichi Sato, Keiichiro Hoashi, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and High-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2006, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2006 (TRECVID2006), Washington, D.C., Mar. 2007.
132)Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Evaluation of Magnetic Field Leakage out of a Cup Yoke Type of Magnetic Attchment, Proceedings of The 6th International Conference on Magnetic Applications in Dentistry, Vol.16, No.2, 25-32, Tokyo, Mar. 2007.
133)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Awaji, Mar. 2007.
134)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : High formability of newly developing biomedical porous titanium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Awaji, Mar. 2007.
135)Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Improvement of Rapid Acquisition Method using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Proc. of NCSP'07, 265-268, Shanghai, Mar. 2007.
136)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing on the Web: Approach to Course Material Generation, Proc. of The Sixth IASTED International Conference on Web-based Education, 369-374, Chamonix, France, Mar. 2007.
137)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Tetsuo Ichikawa, Kenzo Asaoka and Kenichi Hamada : High formable porous titanium for biomedical applications, International Association for Dental Research, New Orleans, Mar. 2007.
138)Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Do Children Understand Binary Numbers by Electric Card Game?, Proc. of The First IEEE International Workshop on DIGITAL GAME AND INTELLIGENT TOY ENHANCED LEARNING, 191-193, Jhongli,Taiwan, Mar. 2007.
139)Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi, Takahiko Mendori, Kenji Matsuura, Junko Minato and Yoneo Yano : Learning of Scientific Thinking Using Reflection Support Tool, Proc. of the 17th annual conference of the Society for Information Technology and Teacher Education(SITE 2007), 2014-2020, San Antonio, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)早崎 芳夫 : フィンガーネイルメモリー, 第40回バイオメックフォーラム21研究会, 2006年4月.
2)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年4月.
3)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 156, 2006年4月.
4)穴水 秀樹, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 吉野川池田・岩津間流域への分布型流出モデルの適用と洪水伝播特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 168-169, 2006年5月.
5)星川 豪, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 馬宿川流域における溶質流出特性について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 426-427, 2006年5月.
6)小野 敦士, 佐藤 恒之, 妹尾 真紀子, 平野 朋広 : ポリブタジエンとN-ビニルピロリドンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐ポリマーの合成, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
7)中村 司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : トリビニルモノマーとスチレンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐コポリマーの合成, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
8)中村 公彦, 石井 里志, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ルイス塩基存在下でのN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
9)上窪 貴裕, 奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : アルコール存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
10)石津 秀朗, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのイソタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
11)升田 周平, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : N,N-ジメチルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
12)小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 勝本 之晶 : 赤外分光法による立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造の研究, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
13)宮川 操, 森川 富昭 : E-Learningを用いた看護現任教育の効果, 2006年5月.
14)郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 小島 正樹, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌内で不活性な構造で生産される超好熱アーキア Pyrobaculum islandicum 由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
15)川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302が生産するNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の遺伝子クローニング, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
16)米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
17)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践, 北海道大学現代GPフォーラム予稿集, 37-40, 2006年6月.
18)浮田 浩行 : 固有空間法を用いたイメージスキャナによる形状復元, 第12回画像センシングシンポジウム(SSII06)予稿集, 426-431, 2006年6月.
19)田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形解析例, 体力科学 第57回日本体力医学会中国・四国地方会, Vol.55, No.5, 536, 2006年6月.
20)早崎 芳夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 平成18年度第1回工学部研究者との集い(主催:徳島大学), 2006年6月.
21)川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 : ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価, 第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
22)長谷川 智士, 早崎 芳夫 : 多重フレネルレンズを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第31回光学シンポジウム, 65-68, 2006年6月.
23)松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : フェムト秒レーザーによる透明固体材料の内部加工, 第66回レーザ加工学会講演論文集, 2006年6月.
24)内田 京吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式立体LEDディスプレイにおける立体視の成立範囲, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 153-156, 2006年7月.
25)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 両眼カメラを用いた立体視可能な領域の解析と被写界深度の調節, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 157-160, 2006年7月.
26)西村 勇人, 阿部 哲也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : アパーチャグリルを用いた大画面パララックスバリア式立体LEDディスプレイ, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 165-168, 2006年7月.
27)内田 京吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式立体LEDディスプレイにおける立体視の成立範囲, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 153-156, 2006年7月.
28)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 両眼カメラを用いた立体視可能な領域の解析と被写界深度の調節, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 157-160, 2006年7月.
29)西村 勇人, 阿部 哲也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : アパーチャグリルを用いた大画面パララックスバリア式立体LEDディスプレイ, 3次元画像コンファレンス 2006 講演論文集, 165-168, 2006年7月.
30)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維を埋め込んだ床用レジンの諸特性, 第21回日本歯科産業学会・学術講演会, 2006年7月.
31)桐山 聰, 英 崇夫 : プレゼンテーション資料から評価する学生の企画·計画能力, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 138-139, 2006年7月.
32)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 照射条件と試料表面粗さに依存したレーザー誘起ナノ周期構造生成, 2006年度日本物理学会中国支部・四国支部学術講演会講演予稿集, 80, 2006年7月.
33)守屋 聖, 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチングによるガラスの内部加工, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 45, 2006年7月.
34)佐藤 正弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : マイクロレンズアレイを用いた微小三次元周期構造物の作製, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 33, 2006年7月.
35)河原 啓之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 東嶺 孝一, 山口 誠, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面に存在するエピ膜表面欠陥の起源のTEM観察, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 138, 2006年7月.
36)藤田 圭二, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 焦点位置補正機能を有するフェムト秒レーザー加工システム, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 37, 2006年7月.
37)藤本 浩志, 早崎 芳夫 : 自発的光パターン形成の数値的解析, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 36, 2006年7月.
38)笹 亮介, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 微粒子位置検出機能を有するホログラフィック光ピンセットシステム, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 38, 2006年7月.
39)竹内 梓, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : フェムト秒レーザーを用いた水中でのガラスの加工, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 46, 2006年7月.
40)西村 勇人, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : アパーチャグリルを用いたパララックスバリア式立体LEDディスプレイにおける副ローブの光強度分布, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 57, 2006年7月.
41)内田 京吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式立体LEDディスプレイにより再現される距離の限界, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 58, 2006年7月.
42)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 両眼カメラによる再現空間に合わせた被写界深度の設定, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 59, 2006年7月.
43)堀江 典子, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : イメージセンサを用いた近赤外分光画像計測, 応用物理学会2006年度支部講演会予稿集, 60, 2006年7月.
44)桐山 聰, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 450-451, 2006年7月.
45)森 育子, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊池 大輔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : RFe4Sb12(R=La, Ce, Pr) の単結晶育成と物性, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2006年度支部学術講演会講演予稿集, 64, 2006年7月.
46)神田 悟, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菅原 仁, 真岸 孝一 : 電子ドープ型超伝導体Eu2-xCexCuO4-yの作成, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2006年度支部学術講演会講演予稿集, 93, 2006年7月.
47)小山 晋之, 神田 悟, 齊藤 隆仁, 萩原 亮, 島 龍夫, 田中 晋吾 : Citrate pyrolysis 法による Pr2Ba4Cu7O15-δの作成, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2006年度支部学術講演会講演予稿集, 94, 2006年7月.
48)岩橋 由典, 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 充填スクッテルダイト化合物EuRu4P12のNMR, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2006年度支部学術講演会講演予稿集, 69, 2006年7月.
49)桐山 聰, 英 崇夫 : 学部学生に対するプロジェクト·マネジメント教育, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 584-585, 2006年7月.
50)桐山 聰, 英 崇夫 : ミニFMプロジェクト『Ignition』をモデルとする戦略的人材育成, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 586-587, 2006年7月.
51)池田 祐一, 宝田 浩延, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのLEDプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 690-691, 2006年7月.
52)森岡 真吾, 野村 正人, 小西 正暉, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのソーラーボートプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 758-759, 2006年7月.
53)清水 泰博, 吉田 晴美, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 柊 弓弦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアAeropyrum pernixK1由来5'-deoxy-5'-methylthioadenosinephosphorylase(MTAP)の機能解析, 日本Archaea研究会第19回講演会, 2006年8月.
54)田北 啓洋, 早崎 芳夫 : アダプティブフェムト秒レーザーシステム, レーザー学会中国・四国支部,平成18年度第1回講演会, 9-14, 2006年8月.
55)高橋 秀知, 長谷川 智士, 早崎 芳夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工のための改良された最適回転角法, レーザー学会中国・四国支部,平成18年度第1回講演会, 21-22, 2006年8月.
56)西谷 麻希, 藤田 圭二, 早崎 芳夫 : フェムト秒レーザーを用いた2光子光造形の特性評価, レーザー学会中国・四国支部,平成18年度第1回講演会, 25-27, 2006年8月.
57)常峰 啓伸, 長谷川 智士, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 空間光変調素子に表示した回折型ビームスプリッタによる干渉フェムト秒レーザー加工, レーザー学会中国・四国支部,平成18年度第1回講演会, 29-30, 2006年8月.
58)寺尾 覚史, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像ブログ技術による協調学習支援システムのデザイン, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 141-142, 2006年8月.
59)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 閲覧者情報を基にしたコンテンツ提供者支援システム, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 243-244, 2006年8月.
60)中川 雄仁, 三好 康夫, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークを用いた年表作成支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 145-146, 2006年8月.
61)井手 隆三, 三好 康夫, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークにおけるブックマーク間のリンクに基づく探求学習支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 477-478, 2006年8月.
62)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌, 平成18年度(第39回)照明学会全国大会講演論文集, 245, 2006年8月.
63)藤本 浩志, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 光フィードバックシステムの計算機シミュレーションによる特性評価, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 924, 2006年8月.
64)藤田 圭二, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 市川 哲雄 : フェムト秒レーザーを用いた歯科装置への情報記録, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 926, 2006年8月.
65)西村 勇人, 阿部 哲也, 内田 京吾, 藤本 浩志, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 140インチLEDを用いたパララックスバリア式立体ディスプレイ, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 924, 2006年8月.
66)高橋 秀知, 長谷川 智士, 早崎 芳夫 : 最適回転角法による計算機ホログラムを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 1026, 2006年8月.
67)田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 3次元的に位置が変化する対象のフェムト秒レーザー加工, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 1027, 2006年8月.
68)長谷川 智士, 早崎 芳夫 : 光学的評価により設計された計算機ホログラムを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 1027, 2006年8月.
69)常峰 啓伸, 長谷川 智士, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 空間光変調素子を用いた可変干渉フェムト秒レーザー加工, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 1026, 2006年8月.
70)田村 隆雄, 端野 道夫, 星川 豪, 酒巻 和美 : 1回の降雨イベントが長期的な渓流水質形成に及ぼす影響に関する考察, 研究発表会要旨集, 266-267, 2006年8月.
71)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : レーザー誘起ナノ周期構造生成の試料表面粗さ依存性, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1037, 2006年8月.
72)山口 誠, 上野 滋, 熊井 亮太, 木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : リップル形成過程における局所構造変化の顕微ラマン分光解析, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1037, 2006年8月.
73)越智 謙吾, 富田 卓朗, 岡田 達也, 山口 誠, 東嶺 孝一, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面における表面欠陥の起源のTEM観察, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 370, 2006年8月.
74)齊藤 隆仁 : 徳島大学における初年次教育, 第38回IDE大学セミナー, 2006年8月.
75)池原 敏孝, 細川 敬子, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 最大1.5テスラ変動磁界が牛副腎クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 61, 2006年9月.
76)重永 章, 新宅 沙織, 大髙 章 : 光刺激応答型ペプチドの開発と速度論的検討, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
77)柘植 覚, 小澤 光広, 獅々堀 正幹, 福見 稔, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者長期間音声データベースの構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 277-278, 2006年9月.
78)吉原 久美子, 高橋 克幸, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 : 超好熱菌Thermotoga maritima及びPyrobaculum aerophilum由来2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase(DERA)が触媒するアルドール縮合反応, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2006年9月.
79)大島 敏久, 里村 武範, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 谷 裕児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumの色素依存性D-プロリン脱水素酵素の機能解析と応用, 第2回D-アミノ酸研究学術講演会, 2006年9月.
80)清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaii strain 7 由来D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本生物工学会大会, 2006年9月.
81)大島 敏久, 里村 武範, 櫻庭 春彦, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱菌の膜結合性D-プロリン脱水素酵素の機能開発, 酵素・補酵素を楽しむ会, 2006年9月.
82)松田 日嘉, 浮田 浩行 : 自律移動ロボットの経路探索, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)一般講演論文集, Vol.3, 157-158, 2006年9月.
83)長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出波長帯域選択手法, 第11回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 14-19, 2006年9月.
84)津金 靖仁, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuCo 合金の形状記憶特性に及ぼす組成の影響, 日本金属学会誌, 2006年9月.
85)平野 朋広, 上窪 貴裕 : N-イソプロピルアクリルアミドのヘテロタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
86)藤岡 靖弘, 平野 朋広, 佐藤 恒之 : ヘキサメチルホスホラミド存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合における溶媒効果, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
87)宮崎 誉将, 平野 朋広 : N-アセチルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
88)石津 秀朗, 平野 朋広, 佐藤 恒之 : ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
89)小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 田中 丈幸, 勝本 之晶 : 立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
90)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の解の接続の数値計算について, 日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 69-70, 2006年9月.
91)谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素-寒天固定化電極の作製とその特性評価, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月.
92)岩橋 由典, 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : EuRu4P12 の NMR, 日本物理学会秋季大会, Vol.61, No.2, 498, 2006年9月.
93)真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 関根 ちひろ, 武田 圭生, 城谷 一民 : 重希土類充填スクッテルダイト化合物(Gd,Tb)Fe4P1231P-NMR, 日本物理学会秋季大会, Vol.61, No.2, 410, 2006年9月.
94)森 育子, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊地 大輔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : 単結晶 RFe4Sb12 (R = La, Ce, Pr) の電子輸送効果, 日本物理学会秋季大会, Vol.61, No.2, 409, 2006年9月.
95)田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形解析について, 第61回日本体力医学会大会, Vol.55, No.6, 649, 2006年9月.
96)Reiji Suzuki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Method of Analysis for alpha-wave in EEG under Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 180, Sep. 2006.
97)Shuuhei Higashi, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Development of a Measurement System of EEG and Its Spectrogram, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 181, Sep. 2006.
98)Daisuke Adachi, Takayuki Araki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation by Noise in a Neural Network Model for Treatment of Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 188, Sep. 2006.
99)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
100)塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
101)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
102)水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
103)上田 哲史, 高坂 拓司, 辻 繁樹 : 区分非線形系と部分遅延カオス制御について, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, 11, 2006年9月.
104)田村 彰寿, 上田 哲史 : Bifurcation of the simple third-order automomous system, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-1, 297, 2006年9月.
105)前川 健志, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : cos-sin変調ガウシアンパルスを用いたUWB-IR(TH-FH/SS型)におけるPSDマッチング高速同期捕捉法の評価, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-11, 127, 2006年9月.
106)清水 達也, 江崎 大輔, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : ダイナミック・ストップウォッチ回路のブロック分割による消費電力評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 76, 2006年9月.
107)中西 雅人, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 三浦 幸也 : しきい値調整可能なIDDQテスト用BICセンサ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 69, 2006年9月.
108)池上 徹, 月本 功, 高木 正夫, 一宮 正博, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 交流電界印加時電源電流測定によるリード浮き検出における内層ベタグランドの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 70, 2006年9月.
109)矢野 康治郎, 高木 正夫, 月本 功, 一宮 正博, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 交流電界印加時の電流テストによるCMOS LSIの出力リード浮き検出のための電界発生用電圧, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 71, 2006年9月.
110)東條 充, 一宮 正博, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 交流電界印加による電流テスト用検査装置の試作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 72, 2006年9月.
111)飯原 健司, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : スキャンツリー構成に対する複数コアの検査時間削減法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 85, 2006年9月.
112)池 浩司, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 配線長制限を用いるスキャンツリー構成法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 86, 2006年9月.
113)美崎 洋介, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : スキャンツリー内のフリップフロップ配置変更による遷移数削減法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 87, 2006年9月.
114)西岡 瑞起, 芥川 正武, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳波の独立成分分離に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 178, 2006年9月.
115)多田 朋広, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークと非線形最適化法を用いた脳内2信号源推定に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2006年9月.
116)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位の大きさによる推定位置誤差の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2006年9月.
117)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ステップ幅を可変にしたAlopex algorithm, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2006年9月.
118)横 真悟, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いた瞬目アーチファクトの除去について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2006年9月.
119)砂崎 一紀, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた時系列パターン認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2006年9月.
120)寺橋 由展, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : MIセンサを用いた顎運動計測に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2006年9月.
121)井上 邦彦, 芥川 正武, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 植村 哲也, 長篠 博文, 木内 陽介 : AICによる鼾音のパラメータ推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 201, 2006年9月.
122)Yongjian Chen, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Blind source separation by ICA for EEG multiple sources localization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 179, Sep. 2006.
123)今城 純平, 芥川 正武, 木内 陽介, 七條 文雄, 木戸 博 : 脳波におけるカルニチンの効果に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 182, 2006年9月.
124)神谷 達明, アズラン アズヒム, 片井 自生, 芥川 正武, 山口 久雄, 田中 弘之, 野村 昌弘, 小原 繁, 吉﨑 和男, 平尾 友二, 木内 陽介 : 運動中の頸動脈血流測定による血液循環システム変化の検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 192, 2006年9月.
125)片井 自生, アズラン アズヒム, 神谷 達明, 篠原 康一, 平尾 友二, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 野村 昌弘, 小原 繁, 田中 弘之, 木内 陽介 : 加齢による頚動脈血流速度の変化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 193, 2006年9月.
126)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの病原性菌への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 196, 2006年9月.
127)松岡 央樹, 木暮 祐一, 芥川 正武, 島田 嘉洋, 木内 陽介 : 携帯電話を用いた遠隔リアルタイムモニタリングシステムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 202, 2006年9月.
128)篠原 康一, アズラン アズヒム, 片井 自生, 神谷 達明, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 高血圧症患者と健常者の血流速度パターンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 194, 2006年9月.
129)Azhim Azran, Shinohara Kohichi, Katai Mizuki, Kamiya Tatsuaki, Yuji Hirao, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Shigeru Obara and Yohsuke Kinouchi : The Effect of Aerobic Exercise on Blood Flow Velocity and Autonomic Activity, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 3258, Sep. 2006.
130)早崎 芳夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 京大IIC/NEDO特別講座光集積ラボラトリースタートアップセミナー, 5-6, 2006年9月.
131)川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌由来の巨大グルタミン酸脱水素酵素, 酵素工学研究会, 2006年10月.
132)長谷川 智士, 高橋 秀知, 早崎 芳夫 : 高品質・高スループットな並列加工を実現するためのホログラフィックフェムト秒レーザー加工技術, レーザー学会第354回研究会報告, 7-11, 2006年10月.
133)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第13報)-界面特性の解析-, 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年10月.
134)佐藤 康弘, 池田 祐一, 谷田 弓磨, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下計測装置の開発, 日本磁気歯科学会第16回学術大会抄録集, 13, 2006年10月.
135)南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
136)平 広範, 石澤 啓介, 廣永 有沙, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : 血管内皮細胞障害におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の保護効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 102, 2006年10月.
137)松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 : ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
138)大島 敏久, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来のデノボNAD生合成系の初発酵素L-アスパラギン酸脱水素酵素の機能と構造解析, 第406回ビタミンB研究委員会, 2006年11月.
139)森川 富昭 : 大学病院における個人情報保護対策-プライバシーマーク認証取得の方法とその成果-, 第26回医療情報学連合大会, 2006年11月.
140)三好 康夫, 井手 隆三, 中川 雄仁, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークシステムの学習支援への活用, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 457-458, 2006年11月.
141)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践とその評価, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 111-114, 2006年11月.
142)金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 外化支援ツールによる科学思考の育成に向けて, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 377-378, 2006年11月.
143)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS的手法を用いたランニング支援システム, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 463-464, 2006年11月.
144)山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : システム管理者を養成するためのノウハウ獲得支援環境の構築, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 695-696, 2006年11月.
145)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 境界条件が充足していない熱伝導方程式のスペクトル選点法による数値計算, 第19回計算力学講演会講演論文集, 741-742, 2006年11月.
146)新田 哲也, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーテクスチャ画像における高精度領域分割法, ViEW ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 139-144, 2006年11月.
147)藤田 圭二, 田北 啓洋, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : 本人認証のための歯科装置への情報記録, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 70-71, 2006年11月.
148)長谷川 智士, 早崎 芳夫 : 光学的評価により設計された計算機ホログラムを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 268-269, 2006年11月.
149)常峰 啓伸, 長谷川 智士, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 可変干渉露光を用いた2光子光造形, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 270-271, 2006年11月.
150)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : LED立体ディスプレイの再現空間に合わせた両眼カメラの被写界深度調節, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 272-273, 2006年11月.
151)笹 亮介, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : ビジュアルフィードバックを有するホログラフィック光ピンセットシステム, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 284-285, 2006年11月.
152)尾高 光恵, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 2波長低コヒーレンス位相シフトデジタルホログラフィ, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 588-585, 2006年11月.
153)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 超短パルスレーザーを用いたSiCのマイクロ/ナノ加工, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.15, 106-107, 2006年11月.
154)高橋 寛, 樋上 喜信, 相京 隆, 高松 雄三, 山崎 浩二, 堤 利幸, 橋爪 正樹, 四柳 浩之 : オープン故障に対する一故障モデルの提案とその故障診断, LSIテスティングシンポジウム, 181-186, 2006年11月.
155)山崎 浩二, 堤 利幸, 高橋 寛, 樋上 喜信, 相京 隆, 高松 雄三, 橋爪 正樹, 四柳 浩之 : 隣接信号線を考慮したオープン故障の一診断法, LSIテスティングシンポジウム, 187-192, 2006年11月.
156)早崎 芳夫 : 生体情報メディアと生体を加工するためのレーザー加工技術, 第1回けいはんな新産業創出・交流センターシーズフォーラム, 2006年11月.
157)田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 生体情報メディア ー 爪を記録媒体とする3次元光メモリー, センシング技術応用研究会第153回研究会, 1-9, 2006年11月.
158)早崎 芳夫 : 組織代謝分布計測のための近赤外分光プローブの開発, 第21回生体・生理シンポジウム論文集, 535-536, 2006年11月.
159)田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性NAD依存性酵素/ジアホラーゼ電極の作製とその特性評価, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
160)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDによる殺菌, 第21回生体・生理工学シンポジウム論文集, 547-548, 2006年11月.
161)桐山 聰 : 新聞記事を活用した大学生の計画能力育成, 日本NIE学会 第3回大会 発表要旨集録, 14, 2006年11月.
162)浮田 浩行, 是恒 寛 : イメージスキャナを用いた様々な光源状態における3次元形状復元, 第11回パターン計測シンポジウム資料, 23-28, 2006年11月.
163)田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 片井 自生, 神谷 達明, 平尾 友二, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形解析, 第58回日本生体医工学会中・四国地方会, 2006年11月.
164)重永 章, 新宅 沙織, 大髙 章 : 外部刺激応答型ペプチドの合成と外部刺激応答能の検討, 第32回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
165)常峰 啓伸, 早崎 芳夫 : フォトレジストへの可変干渉フェムト秒レーザー露光, レーザー学会第356回研究会報告, 41-46, 2006年12月.
166)藤田 圭二, 早崎 芳夫 : 個人認証のための歯科用合金へのフェムト秒レーザー加工, レーザー学会第356回研究会報告, 35-40, 2006年12月.
167)松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : 感光性を付与されていない透明固体材料の内部加工, レーザ学会 第356回研究会報告, 47-51, 2006年12月.
168)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の初期値問題の解の解析性とその数値計算, 応用数学合同研究集会報告集, 149-150, 2006年12月.
169)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 50, 2007年.
170)田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形解析, 体力科学, Vol.56, No.2, 296, 2007年.
171)田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形情報, 体力科学, Vol.56, No.5, 545, 2007年.
172)田中 弘之, 山口 久雄, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 小原 繁, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形情報について, 体力科学, Vol.56, No.6, 639, 2007年.
173)安井 夏生 : 骨の成長障害とその治療, 第3回宇摩運動器疾患研究会 (四国中央市), 2007年1月.
174)藤田 圭二, 田北 啓洋, 河野 孝則, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : 歯科用金属へのフェムト秒レーザー加工, レーザー学会学術講演会弟27回年次大会講演予稿集, 119, 2007年1月.
175)内田 圭吾, 山口 一樹, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 左目と右目に表示される動画の表示時間差を利用して知覚される視差の測定, レーザー学会学術講演会弟27回年次大会講演予稿集, 212, 2007年1月.
176)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 大画面LED立体テレビジョンにおける立体視可能な撮像範囲の解析, レーザー学会学術講演会弟27回年次大会講演予稿集, 212, 2007年1月.
177)早崎 芳夫 : 生体情報メディアのためのレーザー加工技術, レーザー学会学術講演会第27回年次大会講演予稿集, 218-219, 2007年1月.
178)藤本 浩志, 早崎 芳夫 : 自発的光パターン形成による画像中の欠陥の補間, レーザー学会学術講演会弟27回年次大会講演予稿集, 220, 2007年1月.
179)高橋 秀知, 西谷 麻希, 早崎 芳夫 : ホログラフィック2光子造形法によるフォトレジストを用いた3次元構造の作製, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.513, 19-24, 2007年1月.
180)田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 生体情報メディアのための3次元的な焦点位置の補正を可能にするアダプティブ加工システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.513, 147-150, 2007年1月.
181)森川 富昭 : 医学教育におけるe-Learningの活用, 第234回徳島医学会学術集会, 2007年2月.
182)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 東四国医療セミナー (徳島市), 2007年2月.
183)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
184)福田 純也, 米田 一成, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来L-リジン脱水素酵素ホモログ遺伝子PH1688の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
185)清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアのセリン生合成系の解明:Sulfolobus tokodaii D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
186)米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2007年度本大会, 2007年3月.
187)黒田 早織, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiのNAD合成酵素(NADS)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
188)井手 康裕, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱菌の耐熱性2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼ(DERA)の磁性化, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
189)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 2006年度東海整形外科医会横浜公開セミナー (横浜市), 2007年3月.
190)坂田 剛, 藤田 圭二, 田北 啓洋, 早崎 芳夫 : 共焦点位置検出機能を有するフェムト秒レーザー加工システムを用いた透明材料の加工, 第5回関西学生研究論文講演会, 1-2, 2007年3月.
191)山下 智, 長谷川 智士, 早崎 芳夫 : ホログラムにより空間的に成形されたフェムト秒レーザーパルスの多光子励起による発光パターンの観測, 第5回関西学生研究論文講演会, 3-4, 2007年3月.
192)山口 一樹, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 大画面LED立体ディスプレイの観察条件に適応したステレオ画像の処理, 第5回関西学生研究論文講演会, 5-6, 2007年3月.
193)是恒 寛, 浮田 浩行 : 複数の白色光源を用いたイメージスキャナによる形状復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 475-476, 2007年3月.
194)高橋 幸司, 浮田 浩行 : 画像処理によるネジ頭部の外観検査, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 477-478, 2007年3月.
195)大和 直史, 浮田 浩行 : パターン投影による全方位カメラを用いた全周環境の取得, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 481-482, 2007年3月.
196)今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた連続画像からの3次元情報の復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 483-484, 2007年3月.
197)松田 日嘉, 浮田 浩行 : ステレオ法を用いた自律移動ロボットの経路探索, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 499-500, 2007年3月.
198)早崎 芳夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工, Microoptics News, Vol.25, No.1, 35-40, 2007年3月.
199)安井 夏生 : ハワイ大学2月WS参加報告, 徳島大学 平成18年度 大学教育の国際化推進プログラムFD「国際感覚を育む統合的な医療人教育の推進」(徳島大学医学部), 2007年3月.
200)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
201)齊藤 隆仁, 若泉 誠一 : 大学入門科目 物理学におけるeラーニング, 平成18年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2007年3月.
202)齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 平成18年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2007年3月.
203)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 健二, 中恵 真理子, 田村 貞夫 : 教養教育と「ものづくり」, 平成18年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2007年3月.
204)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 大橋 眞, 若泉 誠一, 後藤 壽夫, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 2006年問題に対するeコンテンツ開発と学習環境の整備, 平成18年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 51-52, 2007年3月.
205)森川 富昭 : 病院機能評価における医療情報マネージメント, 第18回医療情報学会中国四国支部会, 2007年3月.
206)森 育子, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊地 大輔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : RFe4Sb12 (R = Pr, Sm) の単結晶育成と低温物性, 日本物理学会春季大会, Vol.62, No.1, 521, 2007年3月.
207)真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 関根 ちひろ, 武田 圭生, 城谷 一民 : 重希土類充填スクッテルダイト化合物 (Gd,Tb)Fe4P1231P-NMR II, 日本物理学会春季大会, Vol.62, No.1, 521, 2007年3月.
208)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 初期表面粗さがフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造生成に及ぼす影響, 日本物理学会春季大会, Vol.62, No.1, 737, 2007年3月.
209)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 実世界ログを用いたSNSコミュニティ構築手法の提案, 電子情報通信学会2007年総合大会講演論文集, 160, 2007年3月.
210)山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 偏光演算型セキュアディスプレイ, 電子情報通信学会 2007年総合大会講演論文集, エレクトロニクス, 58, 2007年3月.
211)Azhim Azran, Hisao Yamaguchi, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Noboru Utsuyama, Kazuo Yoshizaki, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Simultaneous measurement of the maximum blood flow velocity in common carotid, branchial and femoral arteries during head-up-tilt by Doppler ultrasound method, The 84th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2007.
212)安井 夏生 : 骨の成長障害とその治療, 学術講演会 (徳島市), 2007年3月.
213)高橋 秀知, 西谷 麻希, 早崎 芳夫 : ホログラフィック2光子造形法によるSU-8を用いたマイクロ構造の作製, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1207, 2007年3月.
214)西村 勇人, 山口 一樹, 内田 圭吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫 : 両眼表示時間差により知覚される距離の測定, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1080, 2007年3月.
215)長谷川 智士, 早崎 芳夫 : 2光子イメージングを用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.3, 1207, 2007年3月.
216)早崎 芳夫 : 歯科補綴物への情報記録による本人認証, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.0, 40, 2007年3月.
217)早崎 芳夫 : 学会特別シンポジウム, 応用物理学の将来ビジョン, オプティクス, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, No.0, 15, 2007年3月.
218)Daniel Werner, 橋本 修一, 松尾 繁樹, 富田 卓朗 : 液中レーザーアブレーションによる金属ナノ粒子作製法の検討, 日本化学会第87春季年会講演予稿集, 2007年3月.
219)細田 秀樹, 津金 靖仁, 舘 良介, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 生体用超弾性TiAuCo合金の開発, 日本金属学会誌, 2007年3月.
220)濱本 晶子, 髙橋 章, 森 美怜, 中野 政之, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌装置の開発, 日本細菌学雑誌「第80回日本細菌学会総会」, Vol.62, No.1, 130, 2007年3月.
221)熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 高配向性グラファイトにおけるリップル構造の断面形状, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1203, 2007年3月.
222)松尾 繁樹, 守屋 聖, 富田 卓朗, 橋本 修一 : カバーガラスのフェムト秒レーザー支援エッチング加工, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1206, 2007年3月.
223)河原 啓之, 岡田 達也, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠 : フェムト秒レーザーを照射した4H-SiC単結晶表面における構造変化のTEM観察, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1206, 2007年3月.
224)重永 章, 津田 修吾, 大髙 章 : 外部刺激応答型ペプチドプロセシングデバイスの開発, 日本薬学会年会, 2007年3月.
225)八巻 陽子, 重永 章, 富田 健嗣, 鳴海 哲夫, 藤井 信孝, 大髙 章 : N-ヘテロサイクリックカルベンによる分子内レドックス反応を利用したフルオロアルケンイソスターの合成, 日本薬学会年会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)森 篤史, 山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 手塚 美彦, 西田 信夫 : 光応用工学を素材としたPBLプラットホームに関する研究, 第16回統計物理学研究会研究報告集, 48-51, 2006年4月.
2)真岸 孝一, 中井 祐介, 石田 憲二, 菅原 仁, 森 育子, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : NMR/NQR studies of LaFe4Sb12 and CeFe4Sb12, 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」 第4回研究会, 2006年6月.
3)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの細菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 5-8, 2006年7月.
4)豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 体表面心電図のバンドエリミネイトフィルタによる影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 17-20, 2006年7月.
5)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群に関する新しい診断方法の開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 29-31, 2006年7月.
6)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた不活性部位EEGの特徴抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 37-40, 2006年7月.
7)中西 雅人, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 三浦 幸也 : BICセンサを用いた製造ばらつき耐力を持つIDDQテスト法, 第55回FTC研究会資料, 2006年7月.
8)岩橋 由典, 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 充填スクッテルダイト化合物EuRu4P12のNMR,応用物理学会·日本物理学会·日本物理教育学会中国四国支部会講演会, 2006年7月.
9)森 育子, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊地 大輔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : RFe4Sb12 (R = La, Ce, Pr) の単結晶育成と物性, スクッテルダイト若手夏の学校, 2006年8月.
10)岩橋 由典, 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 充填スクッテルダイト化合物 EuRu4P12 の NMR, スクッテルダイト若手夏の学校, 2006年8月.
11)三好 康夫 : タグとリンクによるフォークソノミの提案, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 第2回ワークショップ JWEIN2006 講演論文集, 27-28, 2006年9月.
12)大家 隆弘 : 徳島大学PKIの構築とキャンパス無線LAN認証への応用, 第20回インターネット技術第163委員会研究会, 2006年10月.
13)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明 : 超好熱菌のアミノ酸代謝関連酵素,NAD生合成系酵素の立体構造解析, タンパク3000プロジェクト代謝系評価会, 2006年11月.
14)森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生同士のピアレビューに着目した共同レポート作成システムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.364, 83-88, 2006年11月.
15)細井 和雄 : 学術情報基盤と図書館, 高度情報基盤センター広報, No.13, 2006年12月.
16)Yoshiko Kawaguchi, Shintaro Nakayama, Ken-Ichi Fushimi, Norihiko Koori, Hirokazu Miyoshi, Takuya Saze, Namiko Irikura and Hiroshi Maezawa : Spread of Tritium Distribution in the Model Room Obtained using Imaging Plate, KEK Proceedings, 2007.
17)真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 関根 ちひろ, 武田 圭生, 城谷 一民 : NMR study of filled skutterudites with heavy lanthanide GdFe4P12 and TbFe4P12, 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」 第5回研究会, 2007年1月.
18)森 育子, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊地 大輔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : Electrical and magnetic properties in RFe4Sb12 (R = Pr, Sm) single crystals, 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」 第5回研究会, 2007年1月.
19)熊野 聡促, 上田 哲史 : 写像の方向と回数を利用した周期点抽出機構, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.451, 81-86, 2007年1月.
20)田村 彰寿, 上田 哲史 : 簡素な3次元カオス発生器の分岐構造とその結合系に関するカオス同期, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.452, 11-16, 2007年1月.
21)川口 佳彦, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 中山 信太郎, 桑折 範彦, 伏見 賢一, 前澤 博 : イメージングプレートを使用したトリチウム飛散測定の画像化, 弥生研究会「放射線検出器とその応用」プログラム, 2007年2月.
22)森川 富昭 : 注射に関わるシステムの課題と提示, 九州大学, 2007年2月.
23)今泉 洋子, 尾澤 昌悟, 蛭川 幸史, 山田 恒, 中村 好徳, 服部 正巳, 福井 壽男, 木内 陽介, 戸苅 彰史, 田中 貴信 : MC3T3-E1 細胞に対する簡易変動磁場の影響, 第4回 研究成果報告会 プログラム・抄録集, 15, 2007年3月.
24)浮田 浩行 : 「C言語実習」における創造的課題への取り組みと学生の評価について, 徳島大学工学教育シンポジウム2007(SEE2007), 7-12, 2007年3月.
25)森川 富昭 : 医学教育におけるe-Learningの活用, 徳島大学医療教育開発センター, 2007年3月.
26)仁木 啓司, 松浦 健二, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材のカスタマイズ環境を用いた教員・学習者支援研究, --- パワーポイントのレポートを用いた支援例 ---, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.583, 139-144, 2007年3月.
27)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導逆問題の初期値問題の解の解析性に関する数値計算, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 539-540, 2007年3月.
28)金 珍玉, 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 円環領域におけるCauchy問題の無限精度数値計算, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 541-542, 2007年3月.
29)金 珍玉, 坂口 秀雄, 石村 直之, 今井 仁司 : 取引費用を考慮したBlack-Scholes方程式の空間大域的数値シミュレーション, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 569-570, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)松浦 健二 : 感性共有による非同期協調的学習環境に関する研究, 第一回人工知能研究成果発表会, 1-8, 2007年3月.
2)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 大橋 眞, 若泉 誠一, 後藤 寿夫, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 高大接続eコンテンツ開発プロジェクト「eコンテンツによる初年次学生の学習支援」報告, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 48-54, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1)吉田 敦也 : 市民の健康をめざす大学開放プログラム, 東洋館出版社, 2007年4月.
2)Ryu Hokyoung, Milrad Marcelo and Hiroaki Ogata : Pervasive Learning 2007, Massey University, New Zealand, May 2007.
3)Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Distributed Collaborative Learning Environments, Springer-Verlag, New York, USA, Jun. 2007.
4)Hoppe Ulrich, Hiroaki Ogata and Soller Amy : The Role of Technology in CSCL, --- Studies in Technology Enhanced Collaborative Learning ---, Springer, New York, Jun. 2007.
5)Hiroaki Ogata and Song Yanjie : Proceedings of the 2nd International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE 2007), Hong Kong University Press, Hong Kong, Aug. 2007.
6)Hiroaki Ogata and Chen Weiqin : The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 Poster Papers, APSCE, Japan, Nov. 2007.
7)Hiroaki Ogata, Chen Chung Liu and Masonori Sugimoto : Chapter 2: International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE 2007)-- The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, APSCE, Japan, Nov. 2007.
8)中馬 寛 : 化学構造解析 赤外・ラマンスペクトル測定法, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年.
9)吉田 敦也 : ユビキタス双六遍路ーICT利活用推進と市民の健康づくりを支援するバーチャルお遍路システム, 第一法規, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kumiko Sakamoto, Aiko Yamauchi, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : A structural similarity evaluation by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 117-122, 2007.
2)Hideyo Ohuchi, Y Hayashibara, H Matsuda, M Onoi, M Mitsumori, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Diversified expression patterns of autotaxin, a gene for phospholipid-generating enzyme during mouse and chicken development, Developmental Dynamics, Vol.236, No.4, 1134-1143, 2007.
3)森川 富昭, 森口 博基, 岡田 達也 : 【徳島大学の医学教育を考える】 医学教育におけるe-Learningの活用 マルチメディア教材の分析, 四国医学雑誌, Vol.63, 11-18, 2007年.
4)Takanobu Nakase, Natsuo Yasui, Kenzo Hiroshima, Kenji Ohzono, Chikahisa Higuchi, Nobuyuki Shimizu and Hideki Yoshikawa : Surgical outcomes after treatment of fractures in femur and tibia in pycnodysostosis., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.127, No.3, 161-165, 2007.
5)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Effect of surface roughening on femtosecond laser-induced ripple structures, Applied Physics Letters, Vol.90, No.15, 153115-1-153115-3, 2007.
6)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Study on factors related to loss of lower extremity muscle mass in elderly acute stroke patients, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 23-27, 2007.
7)Shigeki Matsuo, Yoshinori Shichijo, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Laser Fabrication of Ship-in-a-bottle Microstructures in Sapphire, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.2, No.2, 114-116, 2007.
8)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Toshiaki Murai, Yasuhiro Fukumori, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Femtosecond Laser-Induced Ripple Structures in Semiconductor Materials, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.2, No.2, 141-145, 2007.
9)Ichiro Tonogai, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Minimally invasive endoscopic removal of herniated nucleus pulposus that had migrated to the S1 nerve root foramen., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 173-177, 2007.
10)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 谷 真琴, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティ·データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて, 情報管理, Vol.50, No.3, 135-143, 2007年.
11)Iwaki Hiroshi, Toshiya Okahisa, Murata Masahiro, Miyamoto Hiorshi, Yasuhiro Kuroda, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Susumu Ito : Influence of Lipid Emulsion for the Hematocrit Value Measured With Continuous Hematocrit Monitor., ASAIO Journal, Vol.53, No.4, 474-478, 2007.
12)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model of Sound Therapy of Tinnitus, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.2, No.4, 488-490, 2007.
13)NHAR Heng, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 化学系繊維ネット単独およびスターラップとの併用によるRC部材のせん断補強効果に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 477-489, 2007年.
14)福嶋 慎吾, 橋本 親典, NHAR Heng, 渡邉 健 : 吸水率が大きい骨材が乾燥収縮量に与える影響に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 645-650, 2007年.
15)湯北 記代彦, 橋本 紳一郎, 橋本 親典, 渡邉 健 : 簡易凍結融解試験装置による表面緻密性の評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 897-902, 2007年.
16)伊達 重之, 御領園 悠司, 渡邉 健, 橋本 親典 : コンクリートの振動充てん性能に及ぼすフレッシュ性状の影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 25-30, 2007年.
17)橋本 親典, 吉田 元昭, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 可視化モデルを用いた2軸強制練りミキサの局部交錯流動のせん断流の定量化, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 49-54, 2007年.
18)小野寺 誠司, 吉田 元昭, 橋本 親典, 渡邉 健 : 振動付与2軸強制練りミキサを用いた高強度コンクリートのフレッシュ性状に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 61-66, 2007年.
19)藤垣 博敏, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : グラウトの硬化過程がインパクトエコー法による充填評価に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 637-642, 2007年.
20)細見 素康, 渡邉 健, 伊達 重之, 橋本 親典 : AE法を用いた分割練混ぜ工法による再生骨材コンクリートの品質評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 649-654, 2007年.
21)西岡 啓介, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 弾性波における入力波長と部材寸法の関係が弾性波伝播速度に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 655-660, 2007年.
22)Shunji Nakano, Takuya Mishiro, Sigeyuki Takahara, Hhiromiti Yokoi, Daisuke Hamada, Kiminori Yukata, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Hiroshi Egawa, Susumu Yasuoka, H Furouchi, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Distinct expression of mast cell tryptase and protease activated receptor-2 in synovia of rheumatoid arthritis and osteoarthritis., Clinical Rheumatology, Vol.26, No.8, 1284-1292, 2007.
23)Y Takehara-Kasamatsu, K Tsuchida, M Nakatani, T Murakami, A Kurisaki, O Hashimoto, Hideyo Ohuchi, H Kurose, K Mori, S Kagami, Sumihare Noji and H Sugino : Characterization of follistatin-related gene as a negative regulatory factor for activin family members during mouse heart development, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 276-288, 2007.
24)Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression pattern of the melanopsin-like (cOpn4m) and VA opsin-like genes in the developing chicken retina and neural tissues., Gene Expression Patterns, Vol.7, No.7, 746-753, 2007.
25)Shinjiro Takata, Aziz Abbaspour, Michiharu Kashihara, Shigetaka Nakao and Natsuo Yasui : Unilateral chronic insufficiency of anterior cruciate ligament decreases bone mineral content and lean mass of the injured lower extremity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 316-321, 2007.
26)Masahito Ochiai, Kaneaki Takao, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto, Hiroshi Chuman, Shiro Motoo, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : A New Type of Imido Group Donor: Synthesis and Characterization of Sulfonylimino-λ3-bromane that Acts as a Nitrenoid in the Aziridination of Olefins at Room Temperature under Metal-Free Conditions, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.43, 12938-12939, 2007.
27)Katsutoshi Miyatake, Hiroshi Inoue, Kahoko Hashimoto, Hiroshi Takaku, Yoichiro Takata, Shunji Nakano, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : PKC412 (CGP41251) modulates the proliferation and lipopolysaccharide-induced inflammatory responses of RAW 264.7 macrophages., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.360, No.1, 115-121, 2007.
28)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Participatory simulation framework to support learning computer science, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.1, No.3, 288-304, 2007.
29)Nori Hirohashi, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Koichi Oba, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Lumbar radiculopathy caused by extradural rheumatoid nodules. A case report., Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.3, 352-356, 2007.
30)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : PERKAM: Personalized Knowledge Awareness Map for Computer Supported Ubiquitous Learning, Journal of Educational Technology & Society, Vol.10, No.3, 122-134, 2007.
31)Xin Luo, Masami Shishibori, Fuji Ren and Kenji Kita : Incorporate feature space transformation to content-based image retrieval with relevance feedback, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.3, No.5, 1237-1250, 2007.
32)Ken-Ichi Fushimi, H. Kawasuso, K. Yasuda, Y. Kameda, Norihiko Koori, Shintaro Nakayama, K. Ichihara, Masagaru Noumachi, S. Umehara, Ryuta Hazama, S. Yoshida, Hiroyasu Ejiri, K. Imagawa and H. Ito : WIMPS Search by Exclusive Measurements with Thin Multilayer NaI(T1) Scintillators (PICO-LON), Proceedings of Sixth International Workshop "Identification of Dark Matter", 296-301, 2007.
33)M Mitsumori, T Adachi, K Takayanagi, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, S Kimura, M Kokubo, T Higuchi and Sumihare Noji : Film tomography as a tool for three-dimensional image construction and gene expression studies., Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.7, 583-589, 2007.
34)森川 富昭, 森口 博基, 能瀬 高明, 田木 真和, 大岡 裕子, 石山 由紀子 : 徳島大学病院における個人情報保護対策 プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 369-374, 2007年.
35)Makoto Hagiwara, Tatsuo Shima, Tanaka Shingo, Nishio Koji, Isskiki Toshiyuki, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Superconductivity and structural characteristics of ceramic Pr2Ba4Cu7O15-δ prepared by ambient pressure synthesis using sitrate pyrolysis method, Physica C: Superconductivity, Vol.463-465, 161-164, 2007.
36)原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
37)手川 歓識, 西田 美奈子, 木内 陽介 : カップヨーク型磁性アタッチメントの漏れ磁界解析, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 23-29, 2007年.
38)Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007.
39)Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Exercise Improved Age-associated Changes in the Carotid Blood Velocity Waveforms, Journal of Biomedical & Pharmaceutical Engineering, Vol.1, No.1, 17-26, 2007.
40)Takanobu Nakase, Natsuo Yasui, Hidehiko Kawabata, Nobuyuki Shimizu, Keizi Ohzono, Kauzo Hiroshima and Hideki Yoshikawa : Correction of deformity and shortening due to post traumatic epiphyseal arrest by distraction osteogenesis., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.127, No.8, 659-663, 2007.
41)Yoshitaka Hamada, Koichi Sairyo and Natsuo Yasui : Locking of the metacarpophalangeal joint as a result of the shape of the metacarpal head in achondroplasia., The Journal of Hand Surgery, European Volume, Vol.32, No.5, 588-590, 2007.
42)Kuniyuki Koyama, Houda Hironobu, Amano Hisashi, Takahito Saito, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Deguchi Hiroyuki and Takagi Seishi : Pressure Dependence of Successive Phase Transition in YBCO Superconductive Ceramics, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.76, No.Supplement A, 116-117, 2007.
43)緒方 広明, 近藤 智央, 殷 成久, 劉 玉琴, 矢野 米雄 : JAMIOLAS: センサを用いた擬態語・擬音語学習支援環境の試作, 教育システム情報学会誌, Vol.24, No.4, 333-342, 2007年.
44)光原 弘幸, 森 貴幸, 伊勢 直史, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を用いて授業開始前の復習を促進するBlended Learning支援システム, 教育システム情報学会誌, Vol.24, No.4, 384-394, 2007年.
45)Naohito Hibino, Yoshitaka Hamada, Koichi Sairyo, Kiminori Yukata, Toshiaki Sano and Natsuo Yasui : Callus formation during healing of the repaired tendon-bone junction. A rat experimental model., The Journal of Bone and Joint Surgery. British Volume, Vol.89, No.11, 1539-1544, 2007.
46)山口 直木, 大恵 俊一郎 : 線分ラベルを適用した弛緩法による自由曲線の折れ線近似法に関する研究, 画像電子学会誌, Vol.36, No.6, 863-868, 2007年.
47)上野 勝利, 吉田 敦也 : 大規模災害に備えた住民自らによる自立的な通信手段の必要性とVoIP アマチュア無線について, 21 世紀の南海地震と防災, Vol.2, 2007年.
48)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Ikuko Mori, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Sb NQR Study of Filled Skutterudite CeFe4Sb12, The Journal of Physics and Chemistry of Solids, Vol.68, No.11, 2076-2079, 2007.
49)Akiko Hamamoto, Mirei Mori, Akira Takahashi, Masayuki Nakano, Noriko Wakikawa, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New water disinfection system using UVA-light emitting diodes., Journal of Applied Microbiology, Vol.103, No.6, 2291-2298, 2007.
50)Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Tachibana Satoko, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Development of a new water sterilization device with a 365 nm UV-LED, Medical and Biological Engineering and Computing, Vol.45, No.12, 1237-1241, 2007.
51)Yoshitaka Hamada, Koichi Sairyo, Natsuo Yasui and Tokio Kasai : Intraneural heterotopic ossification of a digital nerve., The Journal of Hand Surgery, European Volume, Vol.32, No.6, 715, 2007.
52)Shigeki Matsuo, Takashi Miyamoto, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Applications of microlens array and photomask to the laser microfabrication of periodic photopolymer rod array, Applied Optics, Vol.46, No.34, 8264-8267, 2007.
53)Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Optimization of MLP/BP for character recognition using a modified alopex algorithm, International Journal of Knowlrge-based and Intelligent Engineering Systems, Vol.11, No.6, 371-379, 2007.
54)Hirofumi Kosaka, Koichi Sairyo, A Biyani, D Leaman, R Yeasting, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano, VK Goel and Natsuo Yasui : Pathomechanism of loss of elasticity and hypertrophy of lumbar ligamentum flavum in elderly patients with lumbar spinal canal stenosis., Spine, Vol.32, No.25, 2805-2811, 2007.
55)Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Tadanori Sakamaki, Shinnji Komatsubara, Kiminori Yukata, Naohito Hibino, hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano and Natsuo Yasui : Vertebral rounding deformity in pediatric spondylolisthesis occurs due to deficient of endochondral ossification of the growth plate: radiological, histological and immunohistochemical analysis of a rat spondylolisthesis model., Spine, Vol.32, No.25, 2839-2845, 2007.
56)西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕の文字画像特徴量間の距離に基づく字幕検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.SIG20, 28-38, 2007年.
57)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 空間1次元熱伝導方程式の解の接続の数値計算, 日本応用数理学会論文誌, Vol.17, No.4, 481-493, 2007年.
58)Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui : Continuous infusion of insulin-like growth factor-I into the epiphysis of the tibia., International Orthopaedics, Vol.32, No.3, 395-402, 2008.
59)Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Daisuke Hamada, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, F Shinomiya and Natsuo Yasui : Radiological features of lumbar spinal lesions in patients with rheumatoid arthritis with special reference to the changes around intervertebral discs., The Spine Journal, Vol.8, No.4, 605-611, 2008.
60)Yoichiro Takata, Hiroshi Inoue, Aya Sato, Kazue Tsugawa, Katsutoshi Miyatake, Daisuke Hamada, Fumio Shinomiya, Shunji Nakano, Natsuo Yasui, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Replication of reported genetic associations of PADI4, FCRL3, SLC22A4 and RUNX1 genes with rheumatoid arthritis: results of an independent Japanese population and evidence from meta-analysis of East Asian studies., Journal of Human Genetics, Vol.53, No.2, 163-173, 2008.
61)Hiroshi Chuman : Toward basic understanding of the partition coefficient log P and its application in QSAR, SAR and QSAR in Environmental Research, Vol.19, No.1-2, 71-79, 2008.
62)Tatsusada Yoshida, Yamagishi Kenji and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 PR, QSAR & Combinatorial Science, Vol.27, No.6, 694-703, 2008.
63)Hiroyuki Mitsuhara, Ise Naofumi, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Student Authentication Function for Preventing Unfair Attendance by Identity Transfer in the Ubiquitous Classroom, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.7, No.1, 103-111, 2008.
64)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patients With Spinal Cord Injuries, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.57, No.1, 213-219, 2008.
65)Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito, Rosa G Paredes J, Gerardo Ayala San Martin and Yoneo Yano : Supporting Classroom Activities with the BSUL System, Journal of Educational Technology & Society, Vol.11, No.1, 1-16, 2008.
66)T Nakamura, Taro Mito, T Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dissecting insect leg regeneration through RNA interference., Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.65, No.1, 64-72, 2008.
67)Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Continuous local infusion of fibroblast growth factor-2 enhances consolidation of the bone segment lengthened by distraction osteogenesis in rabbit experiment., Bone, Vol.42, No.1, 98-106, 2008.
68)Shunji Nakano, Toshihiko Nishisyo, Daisuke Hamada, Hirofumi Kosaka, Kiminori Yukata, Kouichi Oba, Yoshiteru Kawasaki, Hideaki Miyoshi, Hiroshi Egawa, Isamu Kinoshita and Natsuo Yasui : Treatment of dysplastic osteoarthritis with labral tear by Chiari pelvic osteotomy: outcomes after more than 10 years follow-up., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.128, No.1, 103-109, 2008.
69)渡邊 政幸, 橋口 卓平, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度推定における観測地点変更時の精度向上, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.128, No.1, 84-90, 2008年.
70)Taro Mito, Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Divergent and conserved roles of extradenticle in body segmentation and appendage formation, respectively, in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 67-79, 2008.
71)Hideo Sakaguchi, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : PARALLEL COMPUTING OF INTERVAL ARITHMETIC IN MULTIPLE PRECISION FOR SIMULTANEOUS LINEAR EQUATIONS, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.28, 165-172, 2008.
72)Takuro Tomita, Yasuhiro Fukumori, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Observation of laser-induced surface waves on flat silicon surface, Applied Physics Letters, Vol.92, No.1, 013104-1-013104-3, 2008.
73)Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Yoshitsugu Takeda and Natsuo Yasui : Conservative treatment for osteochondrosis of the humeral capitellum., The American Journal of Sports Medicine, Vol.36, No.5, 868-872, 2008.
74)Ichiro Tonogai, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui : Myelopathy in a 6-year-old girl caused by neurofibromatosis Type 1: a case report, The Spine Journal, Vol.8, No.5, 836-840, 2008.
75)Junko Minato, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Japanese Emotion Corpus Analysis and its Use for Automatic Emotion Word Identification, Engineering Letters, Vol.16, No.1, 172-177, 2008.
76)Noriaki Okazaki, Ryoji Asano, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Simple computational models of type I / type II cells in Fas signaling-induced apoptosis, Journal of Theoretical Biology, Vol.250, No.4, 621-633, 2008.
77)Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Bunji Hirao, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Minimally invasive excision of lumbar epidural lipomatosis using a spinal endoscope., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.51, No.1, 43-46, 2008.
78)松浦 健二, 仁木 啓司, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材の編集課題による教育・学習支援環境の試作, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 259-268, 2008年.
79)緒方 広明, 和田 誠, 上田 崇仁, 大石 寧子, 矢野 米雄 : LOCH:留学生のためのモバイル日本語学習支援システムの開発, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 220-228, 2008年.
80)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Yoji Makita : Examination of silver nanoparticle fabrication by pulsed-laser ablation of flakes in primary alcohols, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.112, No.5, 1321-1329, 2008.
81)Mayumi Okamoto, Sayuri Tomonari, Yuki Naito, Kaoru Saigo, Sumihare Noji, Kumiko Ui-Tei and Hideyo Ohuchi : Introduction of silencing-inducing transgene against Fgf19 does not affect expression of Tbx5 and beta3-tubulin in the developing chicken retina., Development Growth & Differentiation, Vol.50, No.3, 159-168, 2008.
82)Kiminori Yukata, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Yoshito Matsui, Yoshitaka Hamada and Natsuo Yasui : Os odontoideum in achondroplasia: a case report., Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.17, No.2, 103-105, 2008.
83)Shiro Ajioka, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Using Priority Queue, Electrical Engineering in Japan, Vol.164, No.3, 69-77, 2008.
84)Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Dental Magnetic Attachment, --- Toward third generation devices ---, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.55, No.3, 1185-1190, 2008.
85)獅々堀 正幹, 宮本 裕也, 柘植 覚, 北 研二 : 距離索引VP-treeにおける解絞込みの一改良手法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D-I, No.3, 677-686, 2008年.
86)Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008.
87)村上 昭継, 芥川 正武, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 木内 陽介 : 集中治療分野における医療機器情報の収集および警報情報のモニタリングシステム, 医療情報学, Vol.27, No.5, 415-423, 2008年.
88)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 中恵 真理子, 田村 貞夫, Idu Mamaena Loise : 共創型授業における社会人活用の展開, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 13-25, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Xin Luo, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像検索のための距離尺度の学習, 広西師範大学学報, Vol.25, No.2, 186-189, 2007年.
2)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導逆問題の初期値問題に関連する数値計算, 数理解析研究所講究録, Vol.1566, 170-180, 2007年.
3)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 207, 2007.
4)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 316, 2007.
5)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 73-74, 2008年.
6)勅使河原 三保子, 上田 哲史 : 英語による大学院レベル工学系授業の質向上をめざして, --- 授業受講支援の実施状況とアンケート調査結果 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 123-127, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)獅々堀 正幹, 山本 一晴, 小泉 大地, 北 研二 : URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 日本データベース学会Letters, Vol.6, No.1, 57-60, 2007年.
2)Norihide Oda, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 329-332, 2007.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座4 携帯電話の広告戦略, --- 携帯電話の広告戦略 ---, 徳島新聞, 2007年4月.
2)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座5 インターネットマーケティング(上), --- インターネットマーケティング(上) ---, 徳島新聞, 2007年5月.
3)森口 博基, 森川 富昭 : 医療・介護 改革の主役たち 徳島大学, 日経産業新聞, 2007年6月.
4)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座6 インターネットマーケティング(下), --- インターネットマーケティング(下) ---, 徳島新聞, 2007年6月.
5)矢野 米雄 : 教育評価の実践と雑感, 工学教育, Vol.55, No.4, 21-25, 2007年7月.
6)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座7 ユビキタス, --- ユビキタス ---, 徳島新聞, 2007年7月.
7)森口 博基, 森川 富昭, 岡田 達也 : ジャストシステムと徳島大病院が医療機関向日本語変換システム開発, 日本経済新聞, 2007年7月.
8)水内 潔, 井上 漢龍, 川原 正和, 浅沼 博, 浜田 賢一, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)による金属/金属間化合物積層材料の高機能化, 粉体および粉末冶金, Vol.54, No.8, 560-569, 2007年8月.
9)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座8 eラーニング, --- eラーニング ---, 徳島新聞, 2007年8月.
10)森川 富昭 : DPC・出来高データの分析による医療経営への提言, 野村證券 Healthcare note, No.07-24, 4-13, 2007年9月.
11)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座9 パレートの法則, --- パレートの法則 ---, 徳島新聞, 2007年9月.
12)中馬 寛, 吉田 達貞 : 分子科学計算・シミュレーションと定量的構造活性相関, 医療ジャーナル, Vol.43, No.10, 2007年10月.
13)富田 卓朗 : 超短パルスレーザーを使ったSiCのマイクロ/ナノ加工と用途, --- 特集 「シリコンカーバイドがやってきた」 ---, 工業材料, Vol.55, No.10, 56-59, 2007年10月.
14)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座10 情報戦略と情報戦術, --- 情報戦略と情報戦術 ---, 徳島新聞, 2007年10月.
15)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座11 情報活用への投資, --- 情報活用への投資 ---, 徳島新聞, 2007年11月.
16)浮田 浩行, 福田 直毅, 吉田 敦也 : eラーニングとスクーリングによる小中学生のためのロボットプログラミング講座, 日本機械学会誌, Vol.110, No.1069, 28-29, 2007年12月.
17)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座12 Web2・0時代の企業, --- Web2・0時代の企業 ---, 徳島新聞, 2007年12月.
18)森川 富昭 : 病院広報とIT ∼IT広報マネージメントのための二つの仕組みの構築∼, 野村證券 Healthcare note, No.07-35, 4-14, 2007年12月.
19)中村 孝志, 高岡 邦夫, 立花 新太郎, 安井 夏生, 高橋 和久, 内藤 正俊 : 今後の整形外科人材育成はどうあるべきか, 整形外科 700号記念座談会, Vol.59, No.7, 813-827, 2008年.
20)松浦 哲也, 柏口 新二, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 : 少年野球肘検診-障害の早期発見・早期治療と予防をめざして-, 関節外科, Vol.27, No.8, 123-129, 2008年.
21)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座13 アウトソーシング, --- アウトソーシング ---, 徳島新聞, 2008年1月.
22)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座14 価値ある広告, --- 価値ある広告 ---, 徳島新聞, 2008年2月.
23)上野 淳二, 髙尾 正一郎, 岡久 稔也, 久保 満, 仁木 登 : stool tagging法を用いたCT colonography, Early Colorectal Cancer, Vol.12, No.2, 155-159, 2008年3月.
24)吉田 敦也 : シニア情報生活アドバイザー事業の社会的な意義と活動, 研究成果レポート, No.21, 3-21, 2008年3月.
25)緒方 広明, 矢野 米雄 : ユビキタス・モバイル技術による学習支援, 人工知能学会誌, Vol.23, No.2, 213-220, 2008年3月.
26)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座15 起業家精神 「今」を創造的に壊す, --- 起業家精神 「今」を創造的に壊す ---, 徳島新聞, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Hiroshi Chuman and Noriaki Okazaki : Link between Traditional QSAR and Molecular Simulation, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium 2007 (AHeDD2007), Shanghai, Apr. 2007.
2)Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Studies on Relations between Frequency and Phase Difference in Power System Based on Phasor Measurements, Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems, 478-482, Phuket, Apr. 2007.
3)Kenji Yamanaka, Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : A Novel Position Sensorless Vector Control of Permanent-Magnet Synchronous Motors, Conference Proceedings of the Fourth Power Conversion Conference (PCC-Nagoya 2007), 290-295, Nagoya, Apr. 2007.
4)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Surface morphology-dependent formation of ripples on Si, SiC, and HOPG substrates, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 219, Wien, Apr. 2007.
5)Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Amorphous structure of ripple on SiC studied by micro Raman spectroscopy, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 221, Wien, Apr. 2007.
6)Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Design of fault current limiter by series-connected voltage source inverter, Proceedings of International Conference on Advanced Power System Automation and Protection (APAP2007), Vol.CD-ROM, No.P524, Cheju, Apr. 2007.
7)Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : TEM observation of structural changes under 4H-SiC single crystal surface irradiated by femtosecond laser pulses, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 65, Wien, Apr. 2007.
8)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Side-approach Transfer Measurement for Patient with Spinal Cord Injuries, 2007 IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (IMTC/2007), Warsaw, May 2007.
9)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape Reconstructions Using Image Scanner under Various Number of Illuminations, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
10)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Position for Analyzing Transfer Motion for SCI Patient, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
11)Tetsuya Sano, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Strokes in Hand Writing Japanese Character, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
12)Hiroaki Ogata, Matsuka Yoshiki, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : LORAMS:Capturing, Sharing and Reusing Experience by Linking Physical Objects and Videos, Pro. of the Workshop on Pervasive Learning 2007, 34-42, Toronto, May 2007.
13)Hamamoto Akiko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Water disinfection system using UVA-light emitting diodes and its effects on bacterial DNA., 107th ASM general meeting, Toronto,Canada, May 2007.
14)Nhar Heng, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto and Nagao Satoshi : Efflorescence of Concrete Products for Interlocking Block Pavements, Proceedings of Ninth CANMET/ACI International Conference on Recent Advanced in Concrete Technology (SP-243), 19-34, Warsaw, Poland, May 2007.
15)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Shigeki Tsuji : Occasional Delayed Feedback Control for Switched Autonomous Systems, Proc. of ISCAS2007, 2474-2477, New Orleans, May 2007.
16)Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jun. 2007.
17)Emi Fujihara, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Effects of calcium concentration on hydrothermal surface modification of titanium, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jun. 2007.
18)Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, Jun. 2007.
19)Hiroyuki Mitsuhara, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Human-Human Interaction, Proc. of The 2nd International Conference of E-Learning and Games, 527-538, Hong Kong, Jun. 2007.
20)Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : Utility Power Quality Control by using A Three Phase Inverter Module, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2007 Record (CD-ROM), No.793, 3073-3078, Orlando, Jun. 2007.
21)Ali A. Danesh, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model for Tinnitus Inhibition, Poster Presentation in Advances in Tinnitus Assessment, Treatment and Neuroscience Basis Conference, New York, Jun. 2007.
22)Yoshihito Naitou, Kenichi Hamada, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Bioactivity of porous titanium produced using moldless process, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jul. 2007.
23)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation in a Plastic Neural Network Model Using Noise Stimulus, Proceedings of The 11th World Multi-Conference on systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.IV, 108-112, Orlando, Jul. 2007.
24)Hirotaka Kikuya, Shoji Kawasaki, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki and Masahide Hojo : Study on Optimal Allocation and Gain of Active Filter Considering Distribution Network Configuration, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.479, Hong Kong, Jul. 2007.
25)Shigekazu Sakai, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki, Jumpei Baba, Shinji Wakao, Naoki Kobayashi, Shoji Kawasaki, Masahide Hojo, Akihiko Yokoyama and Kohei Oishi : Active Coordinated Operation of Distribution Network with Distributed Generators, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.480, Hong Kong, Jul. 2007.
26)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroaki Ogata, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Junko Minato and Yoneo Yano : Design of e-Learning System Using Ubiquitous Technology at The University of Tokushima, Proceedings of 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training(ITHET2007), 578-583, Kumamoto, Jul. 2007.
27)Masahide Hojo, Akira Izume, Tokuo Ohnishi, Shoji Taki, Kohei Oishi and Nobuyuki Fujiwara : A Control Method of Photovoltaic Generation Systems for Voltage Rise Suppression, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.531, Hong Kong, Jul. 2007.
28)Hiroaki Ogata, Moushir M. El-Bishouty, Yoneo Yano and Yoshika Matsuka : Linking Physical Objects and Videos toward Computer Supported Ubiquitous Learning, Pro. of The Third International Conference on Collaboration Technologies 2007, 153-158, Seoul, Jul. 2007.
29)Youji Ochi and Yoneo Yano : Proposal of Registry System for Sharing Educational Web Service, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2007, 647-649, Niigata, Jul. 2007.
30)Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using Network Traffic Mining, Proc. of 12th International Conference, HCI International 2007 with 8 Further Associated Conferences, 769-778, Beijing, Jul. 2007.
31)Quentin Brandon, Toshiyuki Kumano and Tetsushi Ueta : Method of repellers detection by applied computation over basin of attraction, Proc. NDES2007, 241-244, Tokushima, Jul. 2007.
32)Hassane Bouzahir, El Fatima Guezar and Tetsushi Ueta : On Scicos simulation of a hybrid dynamical system, Proc. NDES2007, 62-65, Tokushima, Jul. 2007.
33)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
34)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
35)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita and Shigeki Matsuo : Examination of silver nanoparticle fabrication in primary alcohols by laser ablation of flakes, XXIII International Conference on Photochemistry Book of Abstracts, 595, Cologne, Jul. 2007.
36)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A Personalized Collaborative Learning Environment Using Ubiquitous Technologies, Pro. of the 2nd International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (Mule2007), 37-40, Hong Kong, Aug. 2007.
37)Kuniyuki Koyama, Yamashita Kazuaki, Kanda Satoshi, Takahito Saito, Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara and Hagiwara Makoto : Magnetic Field Dependences of Linear and Nonlinear Resistivities at Successive Phase Transition in Superconductive Pr2Ba4Cu7O15-δ Ceramics, Yamada Conference LXI, Spectroscopies in Novel Superconductors (SNS 2007), Sendai, Aug. 2007.
38)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Dynamical Properties of a Plastic Neural Network Model for Tinnitus Therapy and Inhibition of Oscillation Using Noise Stimulus, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS, 2408-2411, Lyon, Aug. 2007.
39)Noriyuki Yagi, Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masatake Akutagawa, Satoko Tachibana, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi and Masayuki Nakano : Sterilization Using 365 nm UV-LED., 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5841-5844, Lyon, France, Aug. 2007.
40)Azhim Azran, Kohei Akioka, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Effect of Gender on Blood Flow Velocities and Blood Pressure: Role of Body Weight and Height, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 967, Lyon, France, Aug. 2007.
41)Azhim Azran, Akioka Kohei, Masatake Akutagawa, Hirao Yuji, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Tanaka Hiroyuki, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Effects of Aging and Exercise Training on the Common Carotid Blood Velocities in Healthy Men, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 989-993, Lyon, France, Aug. 2007.
42)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Miyamoto Hiroshi, Okahisa Toshiya, Yoshiaki Ohnishi, Nishimura Masaji, Nakane Syunya, Kaji Ryuji and Yohsuke Kinouchi : Investigation of the new prediction method for Ht values during the plasma exchange, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3160-3163, Lyon, France, Aug. 2007.
43)Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Additive and Multiplicative Noise Reduction by Back Propagation Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3184-3187, Lyon, France, Aug. 2007.
44)Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Evaluation of Leakage Flux out of a Dental Magnetic Attachment, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3520-3523, Lyon, France, Aug. 2007.
45)Zhang Pu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Remote Patient Monitoring System Using a Java-enabled 3G Mobile Phone, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3713-3716, Lyon, France, Aug. 2007.
46)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Localization of an Inert Region in the Brain using Modified Levenberg Marquarts Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 4098-4101, Lyon, France, Aug. 2007.
47)Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Feature Extraction for Snore Sound via Neural Network Processing, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5477-5480, Lyon, France, Aug. 2007.
48)Satoru Tsuge, Keiji SEIDA, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren, Minoru Fukumi and Shingo Kuroiwa : Analysis of Variation on Intra-Speakers Speech Recognition Performances, IEEE NLP-KE2007, 387-392, Beijing, Aug. 2007.
49)Mitsuhiro Ozawa, Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Minoru Fukumi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Utterance Segmentation Tool for Speech Corpus, IEEE NLP-KE2007, 401-406, Beijing, Aug. 2007.
50)Takeshi Watanabe, HIrotoshi Fujigaki, Tomoki Shiotani, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : Effect of grout material on impact-echo in repaired concrete, International Conference on Advanced technorogy in Experimental Mechanics 2007, Fukuoka, Sep. 2007.
51)Hiroshi Chuman : Toward Basic Understanding of The Partition Coefficient Log P and Its Applications in QSAR, Fourth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources (CMTPI-2007), Moscow, Sep. 2007.
52)Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Experimental Studies on Fault Current Limiter by Voltage Source Inverter with Line Voltage Harmonics Compensation, Proceedings of European Conference on Power Electronics and Applications, Vol.CD-ROM, No.0324, Aalborg, Sep. 2007.
53)Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Organizing Online Learning-Community Based on the Real World Log, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 4694, 608-615, Salerno, Italy, Sep. 2007.
54)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems, Proc. NOLTA'07, 160-163, Vancouver, Sep. 2007.
55)Fatima Guezar El, Hassane Bouzahir, Tetsushi Ueta and Pascal Acco : Chaos in a Switched Dynamical System: Scicos as a Modeler and Simulator, Proc. NOLTA'07, 164-167, Vancouver, Sep. 2007.
56)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for a simple chaotic circuit and its coupled systems, Proc. NOLTA'07, 529-532, Vancouver, Sep. 2007.
57)Hiroyuki Ukida : Visual Defect Inspection of Rotating Screw Heads, SICE Annual Conference in Takamatsu SICE 2007 PROCEEDINGS, 1478-1483, Takamatsu, Sep. 2007.
58)Y. Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, R. Settai and Y. Onuki : de Haas-van Alphen Effect in LaOs4P12, International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems", Kobe, Sep. 2007.
59)Ko-ichi Magishi, Y. Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, K. Tanaka, D. Kikuchi and H. Sato : 31P NMR Study of Filled Skutterudite ROs4P12 (R = La and Pr), International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems", Kobe, Sep. 2007.
60)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, C. Sekine, K. Takeda and I. Shirotani : NMR Study of Filled Skutterudite with Heavy Lanthanide GdFe4P12 and TbFe4P12, International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems", Kobe, Sep. 2007.
61)Hitoshi Sugawara, Y. Iwahashi, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, H. Harima, D. Kikuchi, H. Sato, T. Endo, R. Settai and Y. Onuki : de Haas-van Alphen study of the filled skutterudite compounds(Invited), International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems", Kobe, Sep. 2007.
62)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
63)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
64)Teruhiro Ichida, Yuichi Ikeda, Emiko Yasuno, Kenji Okazaki, Yasuhiro Sato, Akira Tangoku, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : Improvement of bio-impedance measurement accuracy with guard electrodes approach, International journal of bioelectromagnetism, Vol.9, No.1, 126-127, Aizuwakamatsu, Oct. 2007.
65)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Practical Data Management among Learning-Support Systems, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 271-274, Hiroshima, Nov. 2007.
66)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kazumi Sagayama, Yasuo Miyoshi, Junko Minato, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Progress of the Federation for Campus SNS Using the Shibboleth, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 309-311, Hiroshima, Nov. 2007.
67)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Using the Peer Review between Students in the Collaborative Report Writing System, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 23-24, Hiroshima, Nov. 2007.
68)Yasuo Miyoshi, Katsuhito Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : A Design and Prototyping of a Social Chronology System for History Learning, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 303-308, Hiroshima, Nov. 2007.
69)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Naofumi Ise, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment and its Application to Student-Created e-Learning Material, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 63-64, Hiroshima, Nov. 2007.
70)Makoto Wada, Hiroaki Ogata, Li Hui Gan, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Implementation of Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, Vol.1, 48-52, Hiroshima, Nov. 2007.
71)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata, Yuqin Liu and Yoneo Yano : PDA-based Languages System for Learning Japanese Polite Expression, The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, Vol.1, 69-74, Hiroshima, Nov. 2007.
72)Hiroaki Ogata, Yoshiki Matsuka, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : LORAMS: Linking Physical Objects and Videos for Ubiquitous Learning, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 297-304, Hiroshima, Nov. 2007.
73)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Detection, Recommendation and Collaboration: Knowledge Awareness Map in Computer Supported Ubiquitous Learning, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 305-312, Hiroshima, Nov. 2007.
74)Hiroaki Ogata, Kazuya Terai, Takaaki Shinto, Wataru Bando and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Real-time Distance Learning with a Real-world Avatar, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 425-429, Hiroshima, Nov. 2007.
75)Hiroaki Ogata, Tomoo Kondo, Chengjiu Yin, Yuqin Liu and Yoneo Yano : Computer Supported Ubiquitous Learning Environment for Japanese Mimicry and Onomatopoeia with Sensors, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 463-470, Hiroshima, Nov. 2007.
76)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata, Yuqin Liu and Yoneo Yano : JAPELAS2: Japanese Polite Expressions Learning Assisting System in Ubiquitous Environments, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 471-478, Hiroshima, Nov. 2007.
77)Li Hui Gan, Hiroaki Ogata, Makoto Wada, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Language Learning Outside the Classroom with Handhelds with Knowledge Management, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 361-368, Hiroshima, Nov. 2007.
78)Makoto Hagiwara, S. Tanaka, Tatsuo Shima, K. Gotoh, S. Kanda, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Superconductivity of reduction-treated ceramic material of Pr2 Ba4Cu7O15-δ mixed with the related structure phase, 20th International Symposium on Superconductivity (ISS2007), Tsukuba, Nov. 2007.
79)Chan Chao-Ning, Shunichiro Oe and Lin Cheng-Sheng : Active Eye-tracking System by Using Quad PTZ Camerastracking, Proceedings of The 33rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, 2398-2394, Taipei, Nov. 2007.
80)Higashiyama Yukitaka, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Kazuo Yoshizaki, Morimoto Toshifumi and Inoue Tadaaki : Effects of 438.5 MHz electromagnetic fields on transient increase in intracellular Ca2+ in adrenal chromaffin Cells, International Conference on Magneto-Science(ICMS2007), 92, Hiroshima, Nov. 2007.
81)Junko Minato, Kazuyuki Matsumoto, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Comparison of corpus-based emotion estimation methods, Proceeding of the 10th IASTED International Conference Intelligent Systems and Control, 235-239, Massachusetts, Nov. 2007.
82)Masahide Hojo, Yasunori Mitani, Hiroyuki Ukai, Osamu Saeki and Issarachai Ngamroo : A Study on Behaviors of Phase Differences and Frequency Deviations in Thailand Power System by Wide Area Phasor Measurement System, IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems, 43-46, Bangkok, Nov. 2007.
83)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Solubility of Strontium and Carbonate-substituted Calcium Phosphate Bone Cement Mixed with SrCl2 Solution, International Dental Materials Congress 2007, Bangkok, Nov. 2007.
84)Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, International Dental Materials Congress 2007, Bangkok, Nov. 2007.
85)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yuko Shiba, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : Chemoinformatics and QSAR Study of Flavonoids, Tokyo, Dec. 2007.
86)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Model analysis of Fas signaling-induced apoptosis network by using the reaction network compiler React, Tokyo, Dec. 2007.
87)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Masahiro Katoh, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Intercalation of organic drugs or polymers into Mg-Al layered double hydroxide, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
88)Shohei Ikemiya, Naonori Tokuyama, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Slipping-nonslipping control of PEG based immiscible blends and suspensions by electric field, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
89)Yurie Komatsu, Suguru Beppu, Keiji Minagawa, Masami Tanaka and Takeshi Mori : Thermosensitive properties of N,N'-alkylmethylenemalonamide copolymers and gels, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
90)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
91)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : Bioactivity of porous titanium prodeced by a newly developing moldless process, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
92)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Daniele Fournier-Prunaret : Method of Bifurcation Analysis of Hybrid Nonlinear Systems, Proc. NOMA'07, 59-62, Toulouse, Dec. 2007.
93)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
94)Ahmed Shawky Maklad, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Head and neck's important anatomical organ's detection and analysis based on CT image, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 53-55, Harbin, Jan. 2008.
95)Fumiaki Masakiyo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, M. Nishikawa, H. Miyamoto, K. Yoshikawa, Mitsuo Shimada and Hiromu Nishitani : Detection algorithm of abdominal lymph nodes based on multi-modality iamge, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 56-57, Harbin, Jan. 2008.
96)Marodina Sinsuat, Ichiro Shimamura, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Ryutaro Kakinuma, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko, K. Tominaga and Noriyuki Moriyama : Comparative evaluation of physicians' pulmonary nodule diagnosis with thin and thick section multislice CT images at lung cancer screening, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 58-61, Harbin, Jan. 2008.
97)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Region segmentation of CT colonography using stool tagging method to improve the electronic bowel cleansing, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 62-64, Harbin, Jan. 2008.
98)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain Inert Region Identification from EEG using LM Neural networks, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 272-277, Harbin, Jan. 2008.
99)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Analysis of hematocrit value during the plasma exchange, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 278-279, Harbin, Jan. 2008.
100)Yagi Noriyuki, Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Tachibana Satoko, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Development of a tank-type sterilization device using 365 nm UVA-LED, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 113-116, Harbin, Jan. 2008.
101)Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Tetsuro Koga, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 109-112, Harbin, Jan. 2008.
102)Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : Inplementation and Standardization of a Telemedicine System Applying 3G Technology for Supporting ICU/CCU Treatment, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 143-146, Harbin, Jan. 2008.
103)Yuichi Kogure, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : The latest circumstances of a mobile phone and possibility of application to telemedicine and telecare, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 147-150, Harbin, Jan. 2008.
104)Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008.
105)Hiromi Isshiki, Tadaaki inoue and Yohsuke Kinouchi : Consideration of a method for transforming an impedance parameter of the skin into other parameters, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 213-216, Harbin, Jan. 2008.
106)Lian Xin, Akira Takahashi, Maeda Miku, Yagi Noriyuki, Tachibana Satoko, Masayuki Yamato, Hamamoto Akiko, Masatake Akutagawa, Nakano Masayuki, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New surface sterilization system using UV-LED for vegetables, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 257-259, Harbin, Jan. 2008.
107)Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Hirofumi Nagashino, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Additive and Multiplicative Noise Reduction by Back Propagation Neural Network, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 280-283, Harbin, Jan. 2008.
108)Azhim Azran, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Assessments of Carotid Velocity Waveform in Sedentary and Regular Execise-trained Men, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, Vol.1, No.1, 284-287, Harbin, Jan. 2008.
109)Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Development of Dental Magnetic Attachments and the Analysis of their Characteristics, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 351-352, Harbin, Jan. 2008.
110)Emiko Yasuno, Xueli Zhao, Yohsuke Kinouchi, Tadaoki Morimoto, Akira Tangoku, Okazaki Kenji, Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro and Ichida Teruhiro : A fundamental study on theory of space distribution estimation for EIT, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 353-354, Harbin, Jan. 2008.
111)Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, 第22回生体・生理工学シンポジウム, Harbin, Jan. 2008.
112)Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008.
113)Masami Shishibori, Masayuki Muto and Kenji Kita : A Fast Retrieval Method for the Earth Mover's Distance in Multimedia Databases, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 35-40, Oita, Jan. 2008.
114)Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 25-30, Oita, Jan. 2008.
115)Wataoka Koh and Shunichiro Oe : Research of Distance Measurement Method by Using RGB Pattern, Proceedings of The 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 106-111, Beppu, Jan. 2008.
116)Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Hironobu Ohmatsu, Keigio Tominaga, kenji Eguchi and Noriyuki Moriyama : Algorithm of pulmonary emphysema extraction using thoracic 3-D CT images, Proceedings of SPIE, Vol.6915, 69152L1-8, San Diego, Feb. 2008.
117)Marodina Sinsuat, Ichiro Shimamura, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Ryutaro Kakinuma, Masahiro Kaneko, Kenji Eguchi, Keigo Tominaga and Noriyuki Moriyama : Comparative evaluation of physicians' pulmonary nodule detection with reduced slice thickness at CT screening, Proceedings of SPIE, Vol.6916, 691621-1-10, San Diego, Feb. 2008.
118)Kazuyuki Matsumoto, Junko Minato, Seiji Tsuchiya and Fuji Ren : An Algorithm for Extracting Emotion Occurrence Sentence Pattern from Corpus, Proceedings of 2008 AIAC Symposium, 109-123, Tokushima, Mar. 2008.
119)Takayuki Kimura, Takahiro Oie and Keishiro Nakahigashi : Prototype of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer with High Speed Convergence, Proc. of NCSP'08, 363-366, Gold Coast, Mar. 2008.
120)Takayuki Ishikawa and Takahiro Oie : Design of Pulse Shape for UWB-IR by Combining Modulated Gaussian Pulses, Proc. of NCSP'08, 399-402, Gold Coast, Mar. 2008.
121)Masahide Hojo, Kota Amo, Toshihisa Funabashi and Yoshinobu Ueda : A control method of parallel inverter for smart islanding of a local power system, Renewable Energy & Power Quality Electronic Journal, Vol.on the Web site, No.502, Santander, Mar. 2008.
122)Hiroyuki Mitsuhara, Shunsuke Nakaya, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : E-Notebook Tool for Effective Knowledge Construction from Web: Encouragement of Multi-Perspective Thinking and Prevention of Copy-and Paste, Proc. of the Seventh IASTED International Conference on Web-Based Education, 406-411, Innsbruck, Mar. 2008.
123)Hiroaki Ogata : Computer Supported Ubiquitous Learning: Augumenting Learning Experiences in the Real World, --- Keynote paper ---, Proceedings of IEEE international Conference on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education, Vol.1, 3-10, Beijing, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)安井 夏生 : 誰にもわかる骨系統疾患, 第26回浜松整形外科セミナー(浜松市), 2007年4月.
2)張 璞, 松岡 央樹, 木暮 祐一, 芥川 正武, 木内 陽介 : 携帯電話を用いた医療従事者向け遠隔モニタリングシステムの開発, シンポジウム「モバイル」2007, 2007年5月.
3)木暮 祐一, 松岡 央樹, 芥川 正武, 木内 陽介 : 携帯電話の遠隔医療応用における標準化への問題点, シンポジウム「モバイル」2007, 2007年5月.
4)浜田 賢一, 淺岡 憲三 : MRIアーチファクトフリー生体用合金の研究(第1報)-候補合金と基礎的評価-, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
5)藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの溶解性, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
6)内藤 禎人, 浜田 賢一, 市川 哲雄, 淺岡 憲三 : モールドレス成形および焼成したチタン多孔体の基礎的評価, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
7)西岡 啓介, 渡邉 健, 橋本 親典, 野上 茜 : 弾性波法を用いた入力波長と部材寸法の関係が弾性波伝播速度に及ぼす影響についての検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 386-387, 2007年5月.
8)細見 素康, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : AE法による分割練りコンクリートの品質評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 388-389, 2007年5月.
9)御領園 悠司, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : 合理的な振動締固めに及ぼす配合の影響に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 390-391, 2007年5月.
10)芝崎 圭佑, NHAR HENG, 橋本 親典, 渡邉 健 : 低度処理再生骨材コンクリートの配合設計に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 392-393, 2007年5月.
11)石丸 啓輔, 中村 聡, Heng Nhar, 渡邉 健 : 化学系繊維ネット単独およびスターラップとの併用によるRC部材のせん断補強効果に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 400-401, 2007年5月.
12)福嶋 慎吾, 橋本 親典, NHAR HENG, 渡邉 健 : 骨材の吸水率の差がコンクリートの乾燥収縮量に与える影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 398-399, 2007年5月.
13)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチング加工による固体内光圧回転体の作製, 第68回レーザ加工学会講演論文集, 215-216, 2007年5月.
14)嶋村 一朗, Marodina Sinsuat, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 10mm厚CT画像と2mm厚CT画像による肺結節の特徴量解析, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.107, No.57, 41-46, 2007年5月.
15)鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた部位判別アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.107, No.57, 137-140, 2007年5月.
16)元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.107, No.57, 141-144, 2007年5月.
17)南川 慶二, 青木 康典, 田中 正己 : LDH/DNA複合粒子分散系のER効果, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
18)Mohamed Reda Berber, A. A. Saafan, M. F. Abd-El Aal, 南川 慶二, 田中 正己 : The effect of pretreatments on the rate of acetylation of cellulosic fiber, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
19)田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, 森 健 : チクロピジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
20)元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断のための椎体の形状解析, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.17, No.1, S79, 2007年5月.
21)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 第53回神戸大学整形外科開講記念講演会 (神戸市), 2007年6月.
22)安井 夏生 : 運動器不安定症, 徳島市老人クラブ整形外科疾患公開講座 (徳島市), 2007年6月.
23)川口 佳彦, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 桑折 範彦, 入倉 奈美子, 前澤 博 : イメージングプレートを使用したトリチウム飛散分布の画像化, 第44回アイソトープ・放射線研究発表会, 2007年7月.
24)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 小坂 信之, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺葉・肺区域分類アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.133, 21-24, 2007年7月.
25)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Electronic cleansing for CT colonography using stool tagging method, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.107, No.133, 35-40, Jul. 2007.
26)元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた椎体形状の3次元解析アルゴリズム, 3次元画像コンファレンス, Vol.15, 125-128, 2007年7月.
27)安井 夏生 : ILIZAROV法による骨欠損再建の基礎と臨床, 第40回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 甲斐セミナー (甲府市), 2007年7月.
28)丹下 大輔, 鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた部位判別アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.107, No.154, 25-28, 2007年7月.
29)日野 賢司, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 時系列10mm厚検診CT画像を用いた肺結節の進展度解析アルゴリズム, 日本医用画像工学大会, B2-1, 2007年7月.
30)明石 健吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 日本医用画像工学大会, B2-2, 2007年7月.
31)酒井 俊, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊谷 寧崇, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 日本医用画像工学大会, B2-3, 2007年7月.
32)嶋村 一朗, Marodina Sinsuat, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 10mm厚CT画像と2mm厚CT画像による肺結節の特徴量解析, 日本医用画像工学大会, B2-4, 2007年7月.
33)米倉 泰平, 松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 金子 昌弘, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動静脈分類アルゴリズム, 日本医用画像工学大会, B2-5, 2007年7月.
34)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた葉単位別の気腫性病変抽出アルゴリズムの構築, 日本医用画像工学大会, B3-1, 2007年7月.
35)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた3次元凸閉包による肺葉,肺区域分類アルゴリズム, 日本医用画像工学大会, B3-2, 2007年7月.
36)尾崎 勇, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の抽出アルゴリズムの構築, 日本医用画像工学大会, B3-3, 2007年7月.
37)紡車 尚吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 小坂 信之, 伊藤 春海, 森山 紀之 : 高分解能胸部3次元CT画像による切除肺の定量的な解析に関する研究, 日本医用画像工学大会, B3-5, 2007年7月.
38)Marodina Sinsuat, Ichiro Shimamura, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Ryutaro Kakinuma, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko, Tominaga Keigo and Noriyuki Moriyama : Pulmonary nodules detected through 2-mm- thick and 10-mm-thick multislice CT image: Comparative and quantitative analysis, JAMIT, B4-2, Jul. 2007.
39)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Head and neck anatomical organ analysis and detection based on multi-slice CT image, JAMIT, B4-3, Jul. 2007.
40)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Yasutomo Motokatsu, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Segmentation of regions for CT colonography using stool tagging method, JAMIT, C1-6, Jul. 2007.
41)元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断のための椎体の形状解析, 日本医用画像工学大会, B5-3, 2007年7月.
42)田中 孝明, 元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 体幹部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 日本医用画像工学大会, B5-4, 2007年7月.
43)鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた部位判別アルゴリズム, 日本医用画像工学大会, B5-5, 2007年7月.
44)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 島田 光生, 西谷 弘 : マルチモダリティ画像を用いた腹部リンパ腫特定に関する基礎的検討, 日本医用画像工学大会, C6-4, 2007年7月.
45)八木 教行, 森 美玲, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE), 2007年7月.
46)手川 歓識, 木内 陽介 : 第3世代に向けた磁性アタッチメントの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 47-50, 2007年7月.
47)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 第6回北海道整形外科サマーセミナー(札幌市), 2007年7月.
48)安井 夏生 : 骨と関節の一生, 鳴門市医師会学術講演会 (鳴門市), 2007年7月.
49)浮田 浩行 : イメージスキャナを用いた形状復元における最適な光源の台数と配置の検討, 第10回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2007)論文集, 923-928, 2007年7月.
50)岩橋 由典, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 摂待 力生, 大貫 惇睦 : LaOs4P12のドハース・ファンアルフェン効果, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2007年度支部学術講演会講演予稿集, 7, 2007年8月.
51)神田 悟, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 菅原 仁, 萩原 亮, 田中 晋吾, 島 龍夫 : citrate pyrolysis法により常圧下で合成したPr2Ba4Cu7O15-δの超伝導特性の酸素量依存性, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2007年度支部学術講演会講演予稿集, 112, 2007年8月.
52)山本 純也, 薮谷 智規, 本仲 純子, 別府 卓, 南川 慶二 : メディエータ機能を有する熱応答性高分子の合成とその電気化学的応用, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
53)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電圧歪み補償電流制御形正弦波電圧連系三相インバータ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.126, 619-620, 2007年8月.
54)安井 夏生 : 骨変形短縮に対する手術療法, 日本小児整形外科学会 第14回研修会 (東京都), 2007年8月.
55)濱本 晶子, 中野 政之, 八木 教行, 芥川 正武, 橘 聡子, 池原 敏孝, 髙橋 章, 木内 陽介, 中屋 豊 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
56)安井 夏生 : Distraction osteogenesis における骨形成と骨吸収, 第49回歯科基礎医学会学術大会 (北海道), 2007年8月.
57)森川 富昭 : 徳島大学病院における個人情報保護対策, --- プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ ---, 日本医療マネンジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 2007年9月.
58)森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : 徳島大学病院における個人情報保護対策, --- プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ ---, 日本医療マネンジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 2007年9月.
59)中出 訓規, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 関連語を用いたWWW検索結果のフィルタリング手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 247, 2007年9月.
60)北條 奈緒美, 獅々堀 正幹, 北 研二 : WWW検索エンジンを用いた質問文内の用語特定手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 246, 2007年9月.
61)熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠 : Si, SiC 及びHOPGにおけるリップル断面形状の直接観察, 応用物理学会学術講演会, Vol.68, No.3, 1142, 2007年9月.
62)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー加工による固体内光圧回転体の作製, 応用物理学会学術講演会, Vol.68, No.3, 1143, 2007年9月.
63)水内 潔, 井上 漢龍, 杉浦 正美, 伊丹 正郎, 尾崎 公洋, 浜田 賢一, 浅沼 博, Lee H. J., 川原 正和, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)によるボロン繊維強化Ti-15V-3Cr-3Al-3Sn合金基複合材料のプロセシング, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
64)御領園 悠司, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : 細骨材率および混和材が合理的な振動締固めに及ぼす影響, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 1085-1086, 2007年9月.
65)影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
66)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャル年表作成システムの開発, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
67)中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : Web システム間でのShibboleth を用いた認証連携の実現, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
68)山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材を利用した講義要約による学習支援, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
69)渡邊 政幸, 橋口 卓平, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度推定における観測地点変更時の精度向上, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.20, No.10, 19-24, 2007年9月.
70)坪井 清浩, 太田 豊, 鵜飼 裕之, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : Campus WAMSによる電力動揺情報の抽出・評価, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.19, No.225, 1-2, 2007年9月.
71)菊谷 裕隆, 川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 北條 昌秀 : 系統構成を考慮した分散型電源連系配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置箇所に関する研究, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.51, No.406, 15-16, 2007年9月.
72)天羽 晃大, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 小規模電力システムの自立支援装置の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.30, No.293, 31-32, 2007年9月.
73)伊勢 直史, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 学習履歴を用いた不正出席防止機能の提案-PDAとRFIDタグを用いたBlended Learning支援システムを対象として-, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 142-143, 2007年9月.
74)平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainment, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 144-145, 2007年9月.
75)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電流検出による電圧形インバータ方式限流器の基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.42, No.367, 25-26, 2007年9月.
76)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 配電線情報に基づく太陽光発電システムによる無効電力補償法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.431, 15-16, 2007年9月.
77)酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の検証実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.34, No.323, 15-16, 2007年9月.
78)岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽光発電システムによる不平衡補償法の基礎検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.429, 11-12, 2007年9月.
79)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の解の存在に関する数値計算, 日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集, 334-335, 2007年9月.
80)安隨 和彦, 南川 慶二, 田中 正己 : α-二置換型水溶性モノマーの超音波重合挙動, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
81)南川 慶二, バーバー モハメドレダ, 賀集 健介, 田中 正己 : 新規多成分系ER 流体の調製とそのER 効果のメカニズム, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
82)岩橋 由典, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菊地 大輔, 佐藤 英行, 摂待 力生, 大貫 惇睦 : LaOs4P12 の単結晶育成と低温物性, 日本物理学会年次大会, Vol.62, No.2, 2007年9月.
83)真岸 孝一, 岩橋 由典, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 田中 謙弥, 菊地 大輔, 佐藤 英行 : ROs4P12 (R = La, Ce, Pr) の NMR, 日本物理学会年次大会, Vol.62, No.2, 2007年9月.
84)小松 由利絵, 別府 卓, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)共重合体の熱応答相転移の制御, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
85)池宮 昌平, 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコール粒子分散系のER 効果に対する電極間ギャップの影響, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
86)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 小坂 信之, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺葉・肺区域分類アルゴリズム, 生体医工学シンポジウム2007, 1-3-3, 2007年9月.
87)鈴木 秀宣, 天野 雅史, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘 : DICOM画像の個人情報保護のための匿名化システム, 生体医工学シンポジウム2007, 1-7-4, 2007年9月.
88)後藤 和士, 萩原 亮, 島 龍夫, 田中 晋吾, 北田 亮平, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 松浦 基浩 : サイトレイト・パイロリシス法を利用したY系247相および関連化合物系の常圧下合成, 日本物理学会年次大会, Vol.62, No.2, 524, 2007年9月.
89)萩原 亮, 田中 晋吾, 島 龍夫, 後藤 和士, 高田 晃平, 西尾 弘司, 神田 悟, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : サイトレイト・パイロリシス前駆体から合成したPr247と関連構造相における酸素還元効果, 日本物理学会年次大会, Vol.62, No.2, 527, 2007年9月.
90)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたキャンパスSNS連携の実現, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 537-538, 2007年9月.
91)三好 康夫, 大家 隆弘, 村上 昭継, 矢野 米雄 : WebDAVを用いたeコンテンツサーバ(EDB/CMS)の開発, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 721-722, 2007年9月.
92)Daniel Werner, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 槇田 洋二 : 銀フレークを用いたアルコール中におけるレーザーアブレーションによるナノ粒子作製, 2007光化学討論会講演要旨集, 2007年9月.
93)Akitoshi Tamura and Tetsushi Ueta : Chaos synchronization of coupled simple oscillators, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-52, 297, Sep. 2007.
94)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Homoclinic structure about the origin of a simple discrete system, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-57, 387, Sep. 2007.
95)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
96)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Local Bifurcations of 3-state Alpazur Oscillator, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-59, 389, Sep. 2007.
97)佐俣 和男, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹 : ゼオライト微粒子の2次元・3次元配列による光機能の創出, 2007光化学討論会講演要旨集, 2007年9月.
98)岡本 博紀, 佐藤 雅哉, 藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための神経回路モデルにおける高周波正弦波刺激を用いた振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2007年9月.
99)高須 水城, 千住 昭博, 藤本 憲市, 手川 歓識, 長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りモニタリングのための脳波計測と雑音出力システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2007年9月.
100)石原 尚樹, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文 : ニューラルネットワークを用いた下顎運動計測装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 219, 2007年9月.
101)佐藤 康弘, 池田 祐一, 櫟田 英広, 木内 陽介, 森本 忠興, 丹黒 章, 岡崎 憲二, 安野 恵実子 : 生体インピーダンス計測時の組織内電流計測時の組織内電流分布解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 220, 2007年9月.
102)櫟田 英広, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 木内 陽介, 岡崎 憲二, 丹黒 章, 森本 忠興, 安野 恵実子 : 食塩水ファントムを用いた生体インピーダンス計測装置の検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 221, 2007年9月.
103)東山 征貴, 池原 敏孝, 木内 陽介, 芥川 正武, 森本 敏文, 井上 忠照 : マイクロ波電磁界(438.5MHz)がクロマフィン細胞に及ぼす影響に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 222, 2007年9月.
104)神高 宏明, 池原 敏孝, 山口 久雄, 稲垣 明浩, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 培養クロマフィン細胞の細胞内Ca2+増加に及ぼす変動強磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 223, 2007年9月.
105)西田 美奈子, 手川 歓識, 木内 陽介 : カップヨーク型磁性アタッチメントの漏洩磁界解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 224, 2007年9月.
106)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血液浄化療法時における1分後のHt値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2007年9月.
107)嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 226, 2007年9月.
108)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下診断装置の開発に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 228, 2007年9月.
109)萩原 大輔, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群のスクリーニングに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2007年9月.
110)八木 教行, 森 美怜, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2007年9月.
111)Zhang Pu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel Real-time Monitoring System Using Java-enabled 3G Mobile Phone, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 235, Sep. 2007.
112)篠原 康一, アズラン アズヒム, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 運動訓練者と非運動訓練者の頸動脈血流速度波形, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 237, 2007年9月.
113)秋岡 響平, アズラン アズヒム, 篠原 康一, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 血流速度と血圧に関する性と身体の大きさの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2007年9月.
114)山本 紗世, アズラン アズヒム, 篠原 康一, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 姿勢変化時の頭部動きによる頸動脈血流速度の変化計測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 239, 2007年9月.
115)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ノルムの変更が受容野パターンに及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2007年9月.
116)今城 純平, 芥川 正武, 木内 陽介, 七條 文雄, 木戸 博 : 脳波におけるカルニチンの効果に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 243, 2007年9月.
117)村田 敏洋, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いたEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2007年9月.
118)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位EEGの特徴とニューラルネットワークを用いた推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2007年9月.
119)Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama and Yohsuke Kinouchi : Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 397, Sep. 2007.
120)Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro, Ichida Teruhiro, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi, Okazaki Kenji, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Development of Noninvasive Bio-impedance Measuring Method for Breast Cancer Diagnosis, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 398, Sep. 2007.
121)木村 孝之, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : 周波数高速収束が可能な非整数PLL周波数シンセサイザの設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-15, 165, 2007年9月.
122)湯浅 寛規, 大家 隆弘 : UWB-IR通信変復調に適した変調ガウシアンパルス列の設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-19, 169, 2007年9月.
123)石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルス列によるUWB-IR変復調に適したパルス整形, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-20, 170, 2007年9月.
124)嶋本 竜也, 田坂 英司, 茅原 敏広, 四柳 浩之, 大家 隆弘, 橋爪 正樹 : Z80のバス縮退故障の実時間テストプログラム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 100, 2007年9月.
125)井爪 朗, 北條 昌秀, 不破 由晃 : 太陽光発電システムと変圧器タップ変更による配電線電圧制御の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.6, 31, 2007年9月.
126)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電圧形インバータを用いた限流器制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 37, 2007年9月.
127)天羽 晃大, 北條 昌秀, 舟橋 俊久 : 自立支援装置による小規模電力系統の負荷追従運転, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.2, 38, 2007年9月.
128)岩瀬 勇太, 北條 昌秀 : 負荷変動を考慮した太陽光発電システムによる不平衡補償法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 39, 2007年9月.
129)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系単相インバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 40, 2007年9月.
130)藤垣 博敏, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : インパクトエコー法を利用したグラウトの硬化過程における充填評価, 日本非破壊検査協会平成19年度秋季大会講演概要集, 99-102, 2007年10月.
131)森川 富昭, 森口 博基 : 気管支喘息長期管理を目的とした遠隔医療の試み 携帯電話による呼吸機能モニタリング, 日本遠隔医療学会雑誌, Vol.3, No.2, 291, 2007年10月.
132)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Kinetic Analysis of Fas Signaling-Induced Apoptosis Network, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
133)Tatsusada Yoshida, Kenji Yamagishi and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1PR, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
134)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoides, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
135)矢野 米雄 : ユビキタス環境の創生と教育実践プロジェクト, 日本コンピュータ化学会2007年秋季年会, 2007年10月.
136)安井 夏生 : 小児整形外科のピットホール, 第5回新潟小児整形外科研究会 (新潟市), 2007年10月.
137)Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel Remote Monitoring System Using Java-jiglet Application of a 3G Mobile Phone, 日本遠隔医療学会学術大会, 295-296, Oct. 2007.
138)篠原 康一, アズラン アズヒム, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 運動訓練者の頸動脈血流速度パターン, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 9, 2007年10月.
139)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 時間遅れニューラルネットワークを用いた閉塞型無呼吸症候群に関する特徴抽出, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 13, 2007年10月.
140)陳 永健, 芥川 正武, 片山 雅仁, 張 欽宇, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた加法性雑音と乗法性雑音減少, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 14, 2007年10月.
141)安井 夏生 : イリザロフ法による四肢機能再建, 第63回山形整形外科研究会講演会 (山形大学), 2007年10月.
142)米倉 泰平, 松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺血管の接触点抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.326, 69-72, 2007年11月.
143)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 島田 光生, 西谷 弘 : マルチモダリティ画像を用いた腹部リンパ節の特定アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.326, 43-48, 2007年11月.
144)Sayed Zikri Bin Sayed Aluwee Ahmad, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Improved Electronic Colon Cleansing Method for CTColonography Using Stool Tagging, CADM, 275-276, Nov. 2007.
145)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Segmentation and analysis of different organs of head and neck based on CT image, CADM, 233-234, Nov. 2007.
146)山本 純也, 薮谷 智規, 本仲 純子, 別府 卓, 南川 慶二 : 熱応答性高分子を用いる固体表面の機能化について, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
147)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh and Masami Tanaka : Optimization of urea method for the preparation of Mg-Al layered double hydroxide, 2007年日本化学会西日本大会, Nov. 2007.
148)齊藤 隆仁 : 高校履修アンケート,復習テストから高大接続を考える, 平成19年度高校と大学の教育内容接続のための情報交換会, 2007年11月.
149)西岡 大貴, 近藤 崇泰, 寺尾 直也, 中馬 寛 : チトクロームP450の基質および阻害剤選択性の情報科学的方法による予測, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
150)糸川 大祐, 山内 あい子, 中馬 寛 : アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析 (2), 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
151)福島 淳治, 吉田 達貞, 橋爪 清華, 中馬 寛 : 炭酸脱水酵素-ベンゼンスルホンアミド阻害剤複合体の非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析とQSAR, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
152)小松 由利絵, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)共重合体及びハイドロゲルの熱応答挙動, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
153)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたER流体の調製と評価, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
154)池内 良典, 池宮 昌平, 徳山 直宜, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化PPG/PEG混合系のER挙動, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
155)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた複合粒子の調製と機能材料への応用, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
156)西田 美奈子, 手川 歓識, 木内 陽介 : サンドイッチ型磁性アタッチメントの漏れ磁界解析, 第17回磁気歯科学会学術大会抄録, 73, 2007年11月.
157)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 本釜 聖子, 市川 哲雄 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下時の咽頭運動計測装置に関する研究, 第17回磁気歯科学会学術大会抄録, 75, 2007年11月.
158)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh and Masami Tanaka : Preparation of new nanocomposite materials based on layered double hydroxide (I), 第15回プラスチック成形加工学会秋季大会, Nov. 2007.
159)賀集 健介, Mohamed Reda Berber, 南川 慶二, 加藤 雅裕, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた新規ナノコンポジット材料の調製(II), 第15回プラスチック成形加工学会秋季大会, 2007年11月.
160)川添 和義, 川内 陽子, 伏谷 秀治, 森川 富昭, 岡田 達也, 森口 博基, 水口 和生 : ホームページを利用したオンデマンド型院内医薬品情報配信システムの構築と評価, 第27回 医療情報学連合大会論文集, 1142-1143, 2007年11月.
161)是松 英恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 長尾 隆宏, 矢野 米雄 : 学習者への気づき支援とその評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 1265-1268, 2007年11月.
162)田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基 : 徳島大学病院におけるレジメンオーダの導入と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 1146-1147, 2007年11月.
163)大友 英里, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 杉原 浩美, 正 智恵, 西原 香子 : まちの保健室のコンテンツ提供の有用性の検討, 医療情報学連合大会論文集27回, 550-553, 2007年11月.
164)正 智恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 西原 香子, 大友 英里 : NIC・NOCで示される看護記録を導入したクリティカルパスシステムの有用性の評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 478-481, 2007年11月.
165)近藤 佐地子, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : NIC/NOCの実績データの評価分析, 医療情報学連合大会論文集27回, 476-477, 2007年11月.
166)森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基 : 大学病院で動かす仕組み 病院情報システム稼動に向けて, 医療情報学連合大会論文集27回, 437-440, 2007年11月.
167)森口 博基, 丹黒 章, 森川 富昭, 近藤 佐地子, 岡田 達也 : Web上の協力による外科手術のためのインフォームド・コンセント用3DCGアニメーションの作成, 医療情報学連合大会論文集27回, 415-416, 2007年11月.
168)近藤 佐地子, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 褥瘡評価システムの構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 304-305, 2007年11月.
169)森川 富昭, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : Podcasting用マルチメディア教材作成支援システムの構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 1373-1374, 2007年11月.
170)岡田 達也, 森川 富昭, 近藤 佐地子, 田木 真和, 杉原 浩美, 森口 博基 : 地域医療連携システムの導入と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 893-894, 2007年11月.
171)西原 香子, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 正 智恵, 大友 英里 : データ分析に基づいた徳島大学病院の肺癌パスの有効性の検討, 医療情報学連合大会論文集27回, 761-764, 2007年11月.
172)長尾 隆宏, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : 診療科別医療辞書の構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 704-705, 2007年11月.
173)田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基 : 治験患者のスクリーニング支援システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 285-286, 2007年11月.
174)Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel ICU/CCU Monitoring System Using 3G Mobile Phone, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 125-126, Nov. 2007.
175)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : BP学習を用いたMLPの認識機構の類推, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 137-140, 2007年11月.
176)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いたHt値の予測と信号解析, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 141-146, 2007年11月.
177)松尾 繁樹, 守屋 聖, 富田 卓朗, 橋本 修一 : レーザー光照射によるガラスの選択的エッチング, 第26回固体表面光化学討論会講演要旨集, 2007年11月.
178)藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの試作, 第29回日本バイオマテリアル学会, 349, 2007年11月.
179)岩見 勝弘, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 北田 貴弘, 中河 義典, 井須 俊郎 : フェムト秒レーザー照射に伴う4H-SiC上での電気伝導度変化の検討, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.16, 129-130, 2007年11月.
180)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状復元, 第12回パターン計測シンポジウム資料, 43-50, 2007年12月.
181)安隨 和彦, 南川 慶二, 田中 正己 : α-二置換型水溶性モノマーの超音波重合挙動, 第16回ソノケミストリー討論会, 2007年12月.
182)安井 夏生 : 低侵襲を意識した創外固定術, 第13回日本最小侵襲整形外科学会 (高松市), 2007年12月.
183)安井 夏生 : 小児における変形矯正, 山口県整形外科学術講演会 (山口市), 2007年12月.
184)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 爆発時刻を越える数値シミュレーションの可能性について, 応用数学合同研究集会報告集, 188-189, 2007年12月.
185)アズラン アズヒム, 田中 弘之, 小原 繁, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 血流速度波形を用いた心臓自律神経系活動の評価の検討, 体力科学, Vol.57, No.4, 521, 2008年.
186)日野 賢司, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 時系列10mm厚検診CT画像を用いた肺結節の進展度解析アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 13-16, 2008年1月.
187)嶋村 一朗, Sinsuat Marodina, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 10mm厚CT画像と2mm厚CT画像による肺結節の特徴量解析, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 17-20, 2008年1月.
188)紡車 尚吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 小坂 信之, 伊藤 春海, 森山 紀之 : 高分解能胸部3次元CT画像による切除肺の定量的な解析に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 63-66, 2008年1月.
189)米倉 泰平, 松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺血管の接触点抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 67-70, 2008年1月.
190)尾崎 勇, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 79-82, 2008年1月.
191)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の肺葉,肺区域分割アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 83-86, 2008年1月.
192)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた葉単位別の気腫性病変抽出アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 87-90, 2008年1月.
193)酒井 俊, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊谷 寧崇, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 91-94, 2008年1月.
194)丹下 大輔, 鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : 肺がんCADにおけるDICOM画像の選別法, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 95-98, 2008年1月.
195)明石 健吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 103-106, 2008年1月.
196)Sayed AluweeAhmadZikriBinSayed, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Electronic cleansing for CT colonography using stool tagging method based on boundary accuracy classification, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 131-138, Jan. 2008.
197)岸本 和樹, 鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 田中 清人 : デジタル医用画像を用いた研究環境におけるセキュリティの構築に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 329-332, 2008年1月.
198)鈴木 秀宣, 天野 雅史, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘 : DICOM画像の個人情報保護のための匿名化システム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 333-336, 2008年1月.
199)田中 孝明, 元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 体幹部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 401-404, 2008年1月.
200)M.S. Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Lower jaw head, artery and muscle segment and analysis from CT image, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 405-408, Jan. 2008.
201)元木 瑞穂, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症解析アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 439-442, 2008年1月.
202)齊藤 隆仁 : スキャナーによる課題提出支援の試行, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2008年1月.
203)齊藤 隆仁, 佐野 勝德 : 高校履修アンケート,復習テストから高大接続を考える, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2008年1月.
204)齊藤 隆仁, 桑折 範彦, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 全学共通教育におけるCMS/Moodleの活用報告, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 22-23, 2008年1月.
205)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 後藤 壽夫, 若泉 誠一 : eコンテンツ開発の現状とコース管理システムMoodle, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 44-45, 2008年1月.
206)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 田村 貞夫 : 全学共通教育共創型学習科目における社会人活用の展開, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2008年1月.
207)安井 夏生 : 高齢者における廃用症候群(生活不活発病)の実態調査と生活機能向上のための運動療法の開発, 長寿科学総合研究成果発表会(研究者向け)プログラム (東京都), 2008年2月.
208)安井 夏生 : 四肢の変形矯正と延長, 第5回九州・山口地区小児整形外科教育研修会 (福岡市), 2008年2月.
209)大和 直史, 浮田 浩行 : 2台の全方位カメラを用いたパターン投影法による全周環境の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 477-478, 2008年3月.
210)今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた因子分解法による3次元情報の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 479-480, 2008年3月.
211)鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : eラーニング教材の短縮制御による学習時間の有効活用支援, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 210, 2008年3月.
212)中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルネットワークを活用したインフォーマルな論文レビュー環境の構築, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 217, 2008年3月.
213)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系三相インバータのAF動作, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.169, 283, 2008年3月.
214)岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける太陽光発電系統連系インバータによる不平衡補償法の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.215, 359, 2008年3月.
215)天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける無停電電源装置の制御法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.216, 360, 2008年3月.
216)橋口 卓平, 佐藤 典幸, 合田 忠弘, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測値を用いた慣性中心の構成法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.021, 37-38, 2008年3月.
217)林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 酒井 重和, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 不破 由晃, 森 健二郎 : 分散型電源の連系課題解決支援実験システム(ANSWER)の構築, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.258, 435-436, 2008年3月.
218)北條 昌秀, 林 泰弘 : 分散電源の系統連系インバータによる高調波抑制手法の模擬実験による検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.254, 428, 2008年3月.
219)戸田 雅敏, 廣澤 雄士, 岩橋 由典, 菅原 仁, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : PrPt4Ge12の超伝導特性,日本物理学会第63回年次大会, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.1, 2008年3月.
220)神田 悟, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 菅原 仁, 萩原 亮, 田中 晋悟, 島 龍夫 : 高温超伝導セラミックスの非線型電気伝導に対する磁場依存性,日本物理学会第63回年次大会, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.1, 2008年3月.
221)萩原 亮, 田中 晋悟, 島 龍夫, 北田 亮平, 神田 悟, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 松浦 基浩 : citrate pyrolysis法によって合成されたPr247系セラミクスの超伝導発現と磁化の振る舞い,日本物理学会第63回年次大会, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.1, 2008年3月.
222)後藤 和士, 萩原 亮, 北田 亮平, 島 龍夫, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : citrate pyrolysis法によるEu2-xCexCuO4の合成と磁気特性の評価,日本物理学会第63回年次大会, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.1, 2008年3月.
223)富田 卓朗, 河原 啓之, 熊井 亮太, 川本 昌子, 山口 誠, 岡田 達也, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : レーザー誘起ナノ周期構造の断面形状と物性解析, 日本物理学会年次大会, Vol.63, 742, 2008年3月.
224)松本 和幸, 湊 純子, 土屋 誠司, 任 福継 : 日英対訳感情表現コーパスに基づく感情表現抽出手法の提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2008, No.NL-184, 69-75, 2008年3月.
225)岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 川本 昌子 : フェムト秒レーザ照射により誘起された4H-SiC表面周期構造の断面TEM観察, 日本金属学会2008年春期大会講演概要, 342, 2008年3月.
226)徳見 憲亮, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー照射と高温エッチングによるサファイア内部の除去加工, 応用物理学関係連合講演会, Vol.55, No.3, 1188, 2008年3月.
227)角 治樹, 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチングの進行過程のその場観察, 応用物理学関係連合講演会, Vol.55, No.3, 1192, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)大西 徳生, 山中 建二, 林 洋幸, 北條 昌秀 : 誘導電動機を駆動源とする速度センサレスインバータ制御電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-07, No.03, 13-19, 2007年4月.
2)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Bifurcations is a 3-state Piecewise Smooth Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.NLP2007, No.25, 13-17, Jun. 2007.
3)藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための可塑的神経回路モデルの力学的性質と二種類の雑音刺激を用いた振動抑制, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 63-66, 2007年7月.
4)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ニューラルネットワークとAlopexアルゴリズムを組み合わせた文字認識, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 1-4, 2007年7月.
5)酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 配電ネットワーク模擬実験による分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.31(46), 13-18, 2007年7月.
6)川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 菊谷 裕隆, 北條 昌秀 : 分散型電源が連系された配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置箇所に関する研究, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.33(48), 25-30, 2007年7月.
7)淺岡 憲三, 浜田 賢一, 藤原 江美 : チタンの表面処理とキャラクタリゼーションの変化, 「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会, Vol.4, 2007年8月.
8)北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 同期計測に基づく周波数と位相差の統計的考察による広域電力系統の特性解析, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.51(66), 53-57, 2007年8月.
9)太田 豊, 川口 剛季, 坪井 清浩, 鵜飼 裕之, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : 多地点同期フェーザ計測システムの運用実績について, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.53(68), 63-67, 2007年8月.
10)齊藤 隆仁 : 徳島大学の現状について, 徳島県内高等学校と徳島大学との連絡協議会, 2007年8月.
11)富田 卓朗 : レーザー誘起ナノ周期構造の物性分析, 励起ナノプロセス研究会, 2007年9月.
12)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたWebSSOと連携について, 平成19年度情報教育研究集会講演論文集, 326-329, 2007年11月.
13)中谷 俊介, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webからのレポート作成支援システムとe-Learningの融合, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 39-42, 2007年11月.
14)赤塚 将人, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通過を用いた知識売買環境における変動相場制の導入, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 81-86, 2007年11月.
15)齊藤 隆仁 : 手書きレポートとネットワーク, 広報, Vol.14, 45-48, 2007年12月.
16)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2008-23, 33-38, 2008年.
17)小山 晋之, 神田 悟, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 菅原 仁, 萩原 亮, 田中 晋吾, 島 龍夫 : 超伝導セラミックスの二段階転移における非線型電気伝導に対する磁場および電流効果, 第1回トピカルミーティング「フラストレート新規物質」, 50, 2008年1月.
18)平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainmentとその実践, JSiSE(教育システム情報学会)第2回学生・院生研究発表会, 2008年3月.
19)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 活動履歴に基づくランニング動機付けの支援, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2007-95, No.107, 65-68, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)富田 卓朗 : フェムト秒レーザーを用いた新加工領域における半導体の改質, 2006年度新世代研究所研究助成成果報告書, 61-66, 千葉, 2007年12月.
2)富田 卓朗 : ワイドギャップ半導体における三次元フェムト秒レーザー加工と光改質, 池谷科学技術振興財団年報, Vol.18, 84, 2007年12月.

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1)森川 富昭 : 医療情報サブノート, 株式会社 篠原出版新社, 東京, 2008年5月.
2)Hiroaki Ogata and Hui Li Gan : Design and Case Studies on Mobile and Wireless Technologies in Education, Springer-Verlag, Heidelberg, Jul. 2008.
3)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Participatory Simulation for Collaborative Learning Experiences, Information Science Publishing, New York, Oct. 2008.
4)森川 富昭 : MOOK医療情報技師スキルアップ 医療情報システム実践シリーズ1 注射に関するシステムの現状と課題, --- 注射オーダーの流れ徳島大学病院の場合 ---, 株式会社 篠原出版新社, 東京, 2009年1月.
5)吉田 敦也 : ユビキタス双六遍路, 国立教育政策研究所社会教育実践センター, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
2)後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 運動ログを用いたジョギングコミュニティ組織化支援, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.2, 19-29, 2008年.
3)Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Yuka Fujita, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiishi, Hiroshi Shiota, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Lack of association of genetic variation in chromosome region 15q14-22.1 with type 2 diabetes in a Japanese population., BMC Medical Genetics, Vol.9, 22, 2008.
4)鈴木 秀宣, 天野 雅史, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : DICOM画像の個人情報保護のための匿名化システム, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.6, 1656-1662, 2008年.
5)Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Yuichiro Goda, Toshinori Sakai, Takashi Kitaichi, Tetsuya Kitagawa and Natsuo Yasui : Pseudoaneurysm of the thoracoabdominal aorta caused by the severe migration of an anterior spinal device. A case report., The Spine Journal, Vol.8, No.4, 696-699, 2008.
6)Sayuri Tomonari, K Migita, A Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression patterns of the opsin 5-related genes in the developing chicken retina, Developmental Dynamics, Vol.237, No.7, 1910-1922, 2008.
7)Taro Mito, Taro Nakamura, Isao Sarashina, CC Chang, S Ogawa, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dynamic expression patterns of vasa during embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, Development Genes and Evolution, Vol.218, No.7, 381-387, 2008.
8)Shu Kobayashi, Katsunori Ikari, Hirotaka Kaneko, Yuta Kochi, Kazuhiko Yamamoto, Kenichi Shimane, Yusuke Nakamura, Yoshiaki Toyama, Takeshi Mochizuki, So Tsukahara, Yasushi Kawaguchi, Chihiro Terai, Masako Hara, Taisuke Tomatsu, Hisashi Yamanaka, Takahiko Horiuchi, Kayoko Tao, Koji Yasutomo, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Hiroshi Okamoto, Naoyuki Kamatani and Shigeki Momohara : Association of STAT4 with susceptibility to rheumatoid arthritis and systemic lupus erythematosus in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.58, No.7, 1940-1946, 2008.
9)T Nakamura, Taro Mito, K Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : EGFR signaling is required for re-establishing the proximodistal axis during distal leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus nymph, Developmental Biology, Vol.319, No.1, 46-55, 2008.
10)福嶋 慎吾, 吉田 元昭, 渡邉 健, 橋本 親典 : 固液2相系コンクリートモデルによる2軸強制練りミキサ内のブレード表面に発生するせん断流の定量化, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 199-204, 2008年.
11)御領園 悠司, 渡邉 健, 橋本 親典, 高橋 克則 : 変形性評価試験による鉄鋼スラグ水和固化体の圧送性に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 241-246, 2008年.
12)野上 茜, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : インパクトエコー法を用いたプラスチックシース管内部のPCグラウト充てん度評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 685-690, 2008年.
13)西岡 啓介, 渡邉 健, 伊達 重之, 橋本 親典 : 衝撃弾性波法を用いた鋼-コンクリート合成構造の鋼板下面の空隙の検出, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 715-720, 2008年.
14)宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 超音波波法による断面修復箇所での欠陥検出に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 721-726, 2008年.
15)江口 正晃, Nhar Heng, 渡邉 健, 橋本 親典 : 骨材全量を再生細・粗骨材Lを用いたコンクリートの硬化性状に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 385-390, 2008年.
16)Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites, Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
17)Ken-Ichi Fushimi, K. Yasuda, Y. Kaameda, Hiroyasu Ejiri, Ryuta Hazama, K. Ichihara, K. Imagawa, H. Ito, Norihiko Koori, H. Nakamura, Shintaro Nakayama, Masagaru Noumachi, T. Shima, S. Umehara and S. Yoshida : PICO-LON project for WIMPs search, Journal of Physics: Conference Series, Vol.120, No.4, 042024, 2008.
18)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Keiji Niki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting multi-step annotation to promote reflective learning: triggered by a cell-phone, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.2, No.2, 119-132, 2008.
19)Junko Minato, Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Seiji Tsuchiya and Shingo Kuroiwa : Evaluation of Emotion Estimation Methods Based on Statistic Features of Emotion Tagged Corpus, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.4, No.8, 1931-1941, 2008.
20)Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Masako Kawamoto, Yoji Makita and Makoto Yamaguchi : Cross-sectional TEM analysis of laser-induced ripple structures on the 4H-SiC single-crystal surface, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.92, No.3, 665-668, 2008.
21)Shinjiro Takata, Shoichiro Takao, Shusaku Yoshida, Fumio Hayashi and Natsuo Yasui : Therapeutic effects of one-year alendronate treatment in three cases of osteoporosis with parietal thinning of skull., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 297-302, 2008.
22)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Yoshinori Shichijo, Takuro Tomita, Shuichi Hashimoto, Yoichiroh Hosokawa and Hiroshi Masuhara : Laser microfabrication and rotation of ship-in-a-bottle optical rotators, Applied Physics Letters, Vol.93, No.5, 051107-1-051107-3, 2008.
23)Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Chisa Shukunami, Osamu Takimoto, Tomohiro Goto, Yuriko Nishizaki, Yuko Nakamichi, Takahiro Kubo, Toshiaki Sano, Shigeaki Kato, Yuji Hiraki and Natsuo Yasui : Altered fracture callus formation in chondromodulin-I deficient mice., Bone, Vol.43, No.6, 1047-1056, 2008.
24)Shigeki Matsuo, Kensuke Tokumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Three-Dimensional Residue-Free Volume Removal inside Sapphire by High-Temperature Etching after Irradiation of Femtosecond Laser Pulses, Laser Chemistry, Vol.2008, No.5, 892721-1-892721-4, 2008.
25)Hitoshi Sugawara, Y. Iwahashi, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, H. Harima, D. Kikuchi, H. Sato, T. Endo, R. Settai, Y. Onuki, N. Wada, H. Kotegawa and T. Kobayashi : de Haas-van Alphen study of the Pr-based filled skutterudite PrOs4P12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.Suppl. A, 108-113, 2008.
26)Y. Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, R. Settai, Y. Onuki, Gerald Giester and Peter Rogl : de Haas-van Alphen Effect in LaOs4P12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.Suppl. A, 219-221, 2008.
27)Ko-ichi Magishi, Y. Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, R. Settai, Y. Onuki and Gerald Giester : 31P NMR Study of Filled Skutterudite ROs4P12 (R = La and Pr), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.Suppl. A, 222-224, 2008.
28)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Sekine Chihiro, Takeda Keiki and Shirotani Ichimin : NMR Study of Filled Skutterudite with Heavy Lanthanide GdFe4P12 and TbFe4P12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.Suppl. A, 300-302, 2008.
29)Makoto Hagiwara, Tanaka Shingo, Tatsuo Shima, S. Gotoh, S. Kanda, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : Superconductivity of reduction-treated ceramic material of Pr2Ba4Cu7O15-δ mixed with the related structure phases, Physica C: Superconductivity, Vol.468, No.15-20, 1217-1220, 2008.
30)Hiroaki Ogata, Gan Li Hui, Chengjiu Yin, Takahito UEDA, Yasuko OISHI and Yoneo Yano : LOCH: Supporting Mobile Language Learning Outside Classrooms, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.2, No.3, 271-282, 2008.
31)橋本 親典, 渡邉 健, 水口 裕之, 伊藤 祐二 : 振動充てん時間を用いたフライアッシュコンクリートの施工性能の評価に関する基礎的研究, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.35, 19-24, 2008年.
32)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Yoji Makita : In-situ spectroscopic measurements of laser ablation-induced splitting and agglomeration of metal nanoparticles in solution, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.112, No.43, 16801-16808, 2008.
33)Hiroaki Ogata, Toru Misumi, Matsuka Yoshiki, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : A Framework for Capturing, Sharing and Comparing Learning Experiences in a Ubiquitous Learning Environment, Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol.3, No.3, 297-312, 2008.
34)Hideyo Ohuchi, A Hamada, H Matsuda, A Takagi, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Expression patterns of the lysophospholipid receptor genes during mouse early development, Developmental Dynamics, Vol.237, No.11, 3280-3294, 2008.
35)Shuichi Hashimoto, Kazuo Samata, Tatsuya Shoji, Nobuyuki Taira, Takuro Tomita and Shigeki Matsuo : Preparation of large-scale 2D zeolite crystal array structures to achieve optical functionality, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.117, No.1-2, 220-227, 2008.
36)Mohamed Reda Berber, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh, Takeshi Mori and Masami Tanaka : Nanocomposites of 2-arylpropionic acid drugs based on Mg-Al layered double hydroxide for dissolution enhancement, European Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.35, No.4, 354-360, 2008.
37)M. Toda, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Y. Aoki and H. Sato : Electrical, Magnetic and NMR Studies of Ge-based Filled Skutterudites RPt4Ge12 (R=La, Ce, Pr, Nd), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.12, 124702-1-124702-9, 2008.
38)金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : 大学間WEBサービス連携のためのShibbolethを用いた許可管理機能の実現, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 93-96, 2008年.
39)光原 弘幸, 平川 靖素, 金西 計英, 矢野 米雄 : RFIDカードを用いた神経衰弱ゲームによる2進数の学習, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 137-140, 2008年.
40)嵯峨山 和美, 久米 健司, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 松本 純子, 矢野 米雄 : 学生支援キャンパスSNSと学生の動向, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 53-56, 2008年.
41)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Daniele Fournier-Prunaret and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.42, No.1, 187-201, 2009.
42)Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Natsuo Yasui, Ali Kiapour, Ashok Biyani, Nabil Ebraheim and K Vijay Goel : Newly occurred L4 spondylolysis in the lumbar spine with pre-existence L5 spondylolysis among sports players: case reports and biomechanical analysis., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.129, No.10, 1433-1439, 2009.
43)Tatsusada Yoshida, Fujita Toshio and Hiroshi Chuman : Novel Quantitative Structure-Activity Studies of HIV-1 Protease Inhibitors of the Cyclic Urea Type Using Descriptors Derived from Molecular Dynamics and Molecular Orbital Calculations, Current Computer-Aided Drug Design, Vol.5, No.1, 38-55, 2009.
44)Itokawa Daisuke, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Quantitative Structure-Activity Relationship for Inhibition of CYP2B6 and CYP3A4 by Azole Compounds - Comparison with Their Binding Affinity, QSAR & Combinatorial Science, Vol.28, No.6-7, 629-639, 2009.
45)Junko Matsumoto, Hiroyuki Mitsuhara, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara and Yoneo Yano : LEARNING MATERIAL CREATION BY STUDENT PARTICIPATION FOR NICHE-LEARNING, IADIS International Journal on WWW/Internet, Vol.7, No.2, 31-46, 2009.
46)Hitoshi Imai, Hideo Sakaguchi and Toshiki Takeuchi : Numerical Computation of Continuation Problems in the Annular Domain, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.58, 153-164, 2009.
47)Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Tatsuya Tamura, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Cervical and upper thoracic screwing for spinal fusion: strategy for its safe insertion to avoid major complications., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.129, No.11, 1447-1452, 2009.
48)Hitoshi Sugawara, Y. Iwahashi, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, H. Harima, D. Kikuchi, H. Sato, T. Endo, R. Settai and Y. Onuki : Fermi surface of the Pr-based filled skutterudite compound PrOs4P12 , Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.79, No.3, 035104-1-035104-5, 2009.
49)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Hirokazu Nagase, Makoto Nakajima and Tohru Suemoto : Femtosecond Laser-Induced Surface Patterning on 4H-SiC, Materials Science Forum, Vol.600-603, 879-882, 2009.
50)Koichi Sairyo, Toshinori Sakai and Natsuo Yasui : Conservative treatment of lumbar spondylolysis in childhood and adolescence: the radiological signs which predict healing., The Journal of Bone and Joint Surgery. British Volume, Vol.91, No.2, 206-209, 2009.
51)Masami Shishibori and Kenji Kita : Construction of an Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.34, No.2, 108-114, 2009.
52)Masami Shishibori, Nobuki Nishikawa and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops based on the Distance of Character Image Features between Queries and Telops, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.35, No.2/3/4, 234-240, 2009.
53)Rui Amari, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Kosaku Higashino, Keizo Tachibana and Natsuo Yasui : Fresh stress fractures of lumbar pedicles in an adolescent male ballet dancer: case report and literature review., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.129, No.3, 397-401, 2009.
54)金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 佐野 雅彦, 北 研二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるポータルシステムの構成とその運用について, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 34-42, 2009年.
55)Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, Journal of Physics: Conference Series, Vol.149, No.1, 012023, 2009.
56)Kazumasa Nishimoto, Yuta Kochi, Katsunori Ikari, Kazuhiko Yamamoto, Akari Suzuki, Kenichi Shimane, Yusuke Nakamura, Koichiro Yano, Noriko Iikuni, So Tsukahara, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Okamoto, Hirotaka Kaneko, Yasushi Kawaguchi, Masako Hara, Yoshiaki Toyama, Takahiko Horiuchi, Kayoko Tao, Koji Yasutomo, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Hisashi Yamanaka and Shigeki Momohara : Association study of TRAF1-C5 polymorphisms with susceptibility to rheumatoid arthritis and systemic lupus erythematosus in Japanese., Annals of the Rheumatic Diseases, Vol.69, No.2, 368-373, 2009.
57)北條 昌秀, 湊 和幸 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータを用いた直流給配電方式の基礎検討, パワーエレクトロニクス学会誌, Vol.34, 76-81, 2009年.
58)上田 哲史 : 低コスト会議録出版を志向する電子投稿・編集システム, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 27-33, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : キャンパスSNS(Social Networking Service)「さとあい」における学生行動の分析と学生支援の可能性, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 1-12, 2009年.
2)曾田 紘二, 宮田 政徳, 川野 卓二, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 奈良 理恵 : 2008年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 171-189, 2009年.
3)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 菊池 淳, 香川 順子, 廣渡 修一 : 大学教育改革と教養教育, --- 地域社会人活用による知の循環型社会構築に向けて ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 58-69, 2009年.
4)光永 雅子, 中恵 真理子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 金成 香奈子, 的場 一将, 大橋 眞 : 学生・職員・教員参加型の教養教育FD活動, --- UD(University Development)活動としての意義 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 161-170, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座16 ブルー・オーシャン, --- ブルー・オーシャン ---, 徳島新聞, 2008年4月.
2)森川 富昭 : 医療情報部は病院側とベンダを結び付けているコーディネーター, 月刊新医療2008年5月号, Vol.35, No.5, 12-13, 2008年5月.
3)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座17 グリーンIT, --- グリーンIT ---, 徳島新聞, 2008年5月.
4)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座18 iPone, --- iPhone ---, 徳島新聞, 2008年6月.
5)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座19 iPhone②, --- iPhone② ---, 徳島新聞, 2008年7月.
6)北 研二, 山川 義介 : 類似画像検索技術を用いた商品推薦システム 『SUDACHI』の開発とその応用, 画像ラボ, Vol.19, No.8, 11-15, 2008年8月.
7)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座20 六次の隔たり, --- 六次の隔たり ---, 徳島新聞, 2008年8月.
8)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座21 グーグル・クロム, --- グーグル・クロム ---, 徳島新聞, 2008年9月.
9)森川 富昭 : 経営改善に繫がる医事改革 ∼徳島大学病院の取り組み∼, 野村證券 Healthcare note, No.08-32, 2-8, 2008年10月.
10)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座22 グーグル携帯, --- 強み生かし市場参入 ---, 徳島新聞, 2008年10月.
11)森川 富昭 : 医事改革 診療報酬請求体制の見直し-出来高算定部分-, 野村證券 Healthcare note, No.08-34, 2008年10月.
12)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座23 ワン・ツー・ワン・マーケティング, --- ワン・ツー・ワン・マーケティング ---, 徳島新聞, 2008年11月.
13)森川 富昭 : 医事改革 診療報酬請求体制の見直し-包括算定部門-, 野村證券 Healthcare note, No.08-37, 3-11, 2008年11月.
14)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座24 社内システムの見直しを, --- 社内システム見直しを 来年は動画の時代に ---, 徳島新聞, 2008年12月.
15)中馬 寛, 吉田 達貞 : 次世代創薬テクノロジー/実践:インシリコ創薬の最前線; QSAR研究の最前, 遺伝子医学MOOK, No.14, 112-116, 2009年.
16)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座25 金融危機, --- 金融危機 内需拡大する契機に ---, 徳島新聞, 2009年1月.
17)森川 富昭 : 医事改革 診療報酬請求体制の見直し-総括-, 野村證券 Healthcare note, No.09-03, 3-14, 2009年1月.
18)森川 富昭 : 続基本からわかる医療経営学10 病院における情報システムとオペレーション, 病院, Vol.68, No.2, 142-146, 2009年2月.
19)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座26 セキュリティー, --- セキュリティー 外部監査制度導入を ---, 徳島新聞, 2009年2月.
20)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座27 クラウドコンピューティング, --- クラウドコンピューティング 安い経費で導入可能 ---, 徳島新聞, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Intelligent Texture Alignment for Kimono Disign, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 265-269, Victoria, May 2008.
2)Hiroyuki Ukida, Naofumi Yamato, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Omni-directional 3D Measurement by Hyperbolic Mirror Cameras and Pattern Projection, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 365-370, Victoria, May 2008.
3)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Disign of Human-Computer Interface for Hand Writing Character, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 594-597, Victoria, May 2008.
4)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Movement Area for SCI patient's Remodeling House, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 706-711, Victoria, May 2008.
5)Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Properties of MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, May 2008.
6)Emi Fujihara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Resorbable calcium phosphate bone cement precipitated strontium and carbonate apatite, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, May 2008.
7)Takeshi Watanabe, Takanori Miyachi, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : DETECTING DEFECTS IN PATCH REPAIRED CONCRETE BY ULTRASONIC METHOD, Structural Faults and Repair 2008, エジンバラ(英国), Jun. 2008.
8)Mohamed Reda Berber and Keiji Minagawa : Preparation of new nanocomposite materials based on layered double hydroxide, The First Egypt-Japan International Symposium on Science and Technology, Tokyo, Jun. 2008.
9)Takashi Iwase, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Natsuo Yasui and Toshio Matsumoto : Single erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of endothelial progenitor cells, 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
10)Shigeki Matsuo, Haruki Sumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Femtosecond laser assisted etching of borosilicate glasses, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
11)Satoshi Kiyama, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Laser fabrication and manipulation of optical rotator embedded inside a transparent solid material, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
12)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Masako Kawamoto and Makoto Yamaguchi : Structural Changes Induced by Femtosecond Laser Pulses on 4H-SiC Single Crystal: Studies Utilizing Transmission Electron Microscopy, Proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, #08-59, Québec City, Jun. 2008.
13)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Makoto Yamaguchi, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : SEM observation of cross-sectional structures of laser-induced ripples on semiconductors and HOPG, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
14)Hiroshi Chuman and Tatsusada Yoshida : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg, ULP, Jun. 2008.
15)Kazumi Sagayama, Kenji Kume, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Characteristics and Method for Initial Activity on Campus SNS, Proceedings of ED-MEDIA2008, 936-945, Wien, Jun. 2008.
16)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : Promoting Physical Skill Development in a Video-Based WEBlog Community Environment, Proceedings of ED-MEDIA2008, 1089-1096, Wien, Jun. 2008.
17)Masami Shishibori, Satoru Tsuge, Le Zhang, Sasaki Minoru, Uemura Yoshiki and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using Lower Bounds, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration, 445-450, Jul. 2008.
18)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A Model of Personalized Collaborative Computer Support Ubiquitous Learning Environment, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2008, 97-101, Santander, Spain, Jul. 2008.
19)Hiroaki Ogata, Gan Li Hui, Wada Makoto and Yoneo Yano : Supporting Task Assignments for Language Learning Outside Classroom with Handhelds, Pro. of International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2008, 814-818, Santander, Spain, Jul. 2008.
20)Takuhei Hashiguchi, Tadahiro Goda, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Osamu Saeki, Masahide Hojo and Hiroyuki Ukai : Detection Method of Power System Oscillations in Phasor Measurement Data, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2008, No.P-102, Okinawa, Jul. 2008.
21)Shoji Kawasaki, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki, Hirotaka Kikuya and Masahide Hojo : Optimal Allocation and Gain of Active Filter for Distribution Network Connected Distributed Generation, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2008, No.P-152, Okinawa, Jul. 2008.
22)Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara, Kenji Kume, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Hiroshi Sakata and Yoneo Yano : Student Centered Method to Create Learning Materials for Niche-Learning, IADIS Multimedia Conference on Computer Science and Information Systems Proceedings of e-Learning 2008, Vol.Vol.1, 177-184, Amsterdam, Jul. 2008.
23)Tetsushi Ueta, Quentin Brandon, Akihisa Tamura and Takuji Kousaka : Bifurcation and chaos in switched autonomous systems, Proc. NDES'08, 25-28, Nizhny Novgorod, Jul. 2008.
24)Kazuyuki Matsumoto, Junko Minato, Seiji Tsuchiya and Fuji Ren : An Approach for Evaluating Emotion Tagged Corpus, IADIS International Conference Interfaces and Human Computer Interaction 2008, 258-262, Amsterdam, Jul. 2008.
25)Masayuki Fujitsuka, Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Ichiro Miura, Wataru Erikawa and Takuro Tomita : Application of confocal laser scanning microscope combined with Raman spectroscopy system for 4H-SiC under indentation, The abstracts of the 21th international conference on Raman spectroscopy (ICORS), 311, Uxbridge, Aug. 2008.
26)Hiroyuki Ukida : 3D Information Acquisition Using Pattern Projection and Omni-directional Cameras, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 485-490, Tokyo, Aug. 2008.
27)Hiroyuki Ukida : 3D Shape and Specular Reflection Measurement Using Image Scanner, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 1526-1530, Tokyo, Aug. 2008.
28)Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, International Conference on Electorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Dresden, Aug. 2008.
29)Hiroaki Ogata, Toru Misumi, Yoshiki Matsuka, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Capturing, Sharing, Retrieving and Comparing Learning Experiences in a Ubiquitous Learning Environment, Pro. of the fourth International Conference on Collaboration Technologies 2008, 110-115, Wakayama, Aug. 2008.
30)Takeshi Watanabe, Hirotoshi Fujigaki, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : EVALUATION OF GROUTING CONDITION IN REPAIRED CONCRETE BY IMPACT-ECHO, On Site Assessment of Concrete, Masonry and Timber Structures SACoMaTiS 2008, Vol.1, 79-86, Varenna Italy, Sep. 2008.
31)Masahide Hojo, Yuta Iwase, Toshihisa Funabashi and Yoshinobu Ueda : A method of three-phase balancing in microgrid by photovoltaic generation systems, Proceedings of 2008 13th International Power Electronics and Motion Control Conference, Vol.CD-ROM, No.394, Poznan, Sep. 2008.
32)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Conditions, Proc. NOLTA'08, 160-163, Budapest, Sep. 2008.
33)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Izhikevich model, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
34)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Chaos Synchronization in Coupled BVP Oscillators, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
35)Emi Fujihara, Kenichi Hamada, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Preparation of biodegradable calcium phosphate cement using a-TCP with low crystallinity, The International Symopsium on Oral Science to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
36)Shigeki Matsuo, Haruki Sumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Femtosecond laser assisted etching of borosilicate glasses with aqueous solution of KOH, 6th International Conference on Photo-Excited Processes and Applications, Sapporo, Sep. 2008.
37)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape, Color and Specular Estimation Using Image Scanner with Multiple Illuminations, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 271-276, Chania, Sep. 2008.
38)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Wheelchair Size for Analyzing Transfer Motion for SCI Patients, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 265-270, Chania, Sep. 2008.
39)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Characters, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 257-260, Chania, Sep. 2008.
40)Hiroyuki Ukida and Yamanaka Yasuyuki : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation (ICMA2008), 195-200, Awaji, Sep. 2008.
41)Q. Zhang, X-Y. Tai, Y. Dong, S. Pan, X. Luo and Kenji Kita : Two-Level Content-based Endoscope Image Retrieval, Fourth International Conference on Natural Computation, 208-212, Oct. 2008.
42)Masahide Hojo and Toshihisa Funabashi : Unified power quality conditioner for dynamic voltage restoration and fault current limitation, Proceedings of 13th International Conference on Harmonics and Quality of Power, Vol.USB Flash Drive, No.1166, Wollongong, Oct. 2008.
43)Yuji Goryozono, Shigeyuki Date, Chikanori Hashimoto and Takeshi Watanabe : Study on the influence of sand percentage, mineral admixture and mixing method on vibration filling ability, Program & Abstract Book of AMDP 2008 (International conference on Advanced Materials Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
44)Motoaki Yoshida, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe and Hiroyuki Mizuguchi : Estimation of mixing efficiency of model concrete mixed in bi-axial forced-mixing type mixer by the fluctuation of pressure measured on the blade, Program & Abstract Book of AMDP 2008 (International conference on Advanced Materials Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
45)Kazumi Sagayama, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kenji Kume, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior, Proceedings of ICCE2008, 581-586, Taipei, Oct. 2008.
46)Hiroyuki Mitsuhara, Junko Minato, Kenji Kume, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara and Yoneo Yano : Niche-Learning: e-Learning Material Delivery Using Public Display System, Proceedings of ICCE2008, 601-602, Taipei, Oct. 2008.
47)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Handheld Review: Ubiquitous Technology-Based Method to Bridge Class and e-Learning, Proceedings of ICCE2008, 635-642, Taipei, Oct. 2008.
48)Masayuki Miyata, Hiroaki Ogata, Tomoo Kondo and Yoneo Yano : JAMIOLAS2.0: Supporting to Learn Japanese Mimetic Words and Onomatopoeia with Wireless Sensor Networks, Proceedings of ICCE2008, 643-650, Taipei, Oct. 2008.
49)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata, Gerardo Ayala and Yoneo Yano : Object-Oriented Recommendation (OOR) for Ubiquitous Learning Environments, Proceedings of ICCE2008, 673-680, Taipei, Oct. 2008.
50)Hiroaki Ogata, Makoto Wada, Gan Li Hui and Yoneo Yano : Supporting a Decision Making for Task Assignments in Language Learning Outside Classroom with Handhelds, Proceedings of ICCE2008, 713-720, Taipei, Oct. 2008.
51)Toru Misumi, Hiroaki Ogata, Moushir M. El-Bishouty, Yoshiki Matsuka and Yoneo Yano : Comparing Learning Experiences by Linking Physical Objects and Videos, Proceedings of ICCE2008, 743-747, Taipei, Oct. 2008.
52)Masayuki Miyata, Hiroaki Ogata, Tomoo Kondo and Yoneo Yano : Supporting Japanese Mimetic Words and Onomatopoeia Learning with Wireless Sensor Networks for Overseas Students, Supplementary Proceedings of ICCE2008, 211-216, Taipei, Oct. 2008.
53)Toru Misumi, Hiroaki Ogata, Yoshiki Matsuka, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Supporting Ubiquitous Learning by Linking Physical Objects and Videos, Supplementary Proceedings of ICCE2008, 225-232, Taipei, Oct. 2008.
54)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata, Gerardo Ayala and Yoneo Yano : Personalized Recommendations for Ubiquitous Learning Environments, Proc. of ICCE 2008 Theme-Based Doctoral Student Consortium for CUMTEL & DIGITE, 17-18, Taipei, Oct. 2008.
55)Junko Matsumoto, Hiroyuki Mitsuhara, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Kenji Kume and Yoneo Yano : Proposal of Learning Material Creation Model for Niche-Learning, Supplementary Proceedings of ICCE2008, 186-193, Taipei, Oct. 2008.
56)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Optically Driven Micro Rotator embedded in Solid Substrate, Microprocesses and Nanotechnology 2008, 482-483, Fukuoka, Oct. 2008.
57)Tatsusada Yoshida, Kazuya Nagaoka, Toshio Fujita and Hiroshi Chuman : Reprofiling the HanschFujita Type of Classical QSAR Using Modern Molecular Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
58)Nagaoka Kazuya, Oonishi Miku, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Theoretical Consideration on Enzymatic QSAR; Energy Decomposition Analysis of the Hammett Constant and QSAR of MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
59)Hiroshi Chuman : Links between QSAR and Molecular Simulation, The Annual Meeting 2008 of Korean Society for Bioinformatics and Systems Biology, Cheong-joo, Korea, Nov. 2008.
60)Takashi Iwase, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Natsuo Yasui, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of circulating progenitor cells, American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
61)Nhar Heng, Hitoshi Ushio, Chikanori Hashimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Takeshi Watanabe : Durability of concrete using low quality of fine and coarse recycled aggregate for the whole aggregate, Proceedings of The Third ACF International Conference (CD-ROM), Vol.3, 1014-1019, HoChiMinh City, Vietnam, Nov. 2008.
62)Toyoaki Nabeshima, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive High-Speed Delivery of e-Learning Contents, Proceedings of E-Learn 2008, 3864-3872, Las Vegas, Nov. 2008.
63)Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Design of Authentication Infrastructure for the WEB Service Federation between Universities, Proceedings of Association of Pacific Rim Universities 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008(DLI 2008), 255-262, Tokyo, Nov. 2008.
64)Hidenobu Suzuki, Masashi Amano, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hiromu Nishitani : Anonymization system to protect the personal data of dicom images, RSNA Scientific Assembly and Annual Meeting program, 892, Chicago, Dec. 2008.
65)Takeshi Watanabe, Motoyasu Hoshomi, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : EVALUATION OF CRACKING IN RECYCLED CONCRETE CONTAINING RECYCLED AGGREGATE BY ACOUSTIC EMISSION TECHNIQUE, PROGRESS IN ACOUSTIC EMISSION 19, Kyoto, Dec. 2008.
66)Noriaki Okazaki and Hiroshi Chuman : Positive Feedback of Caspase Activation as a Possible Mechanism of Life-Death Decision in Fas Signaling-Induced Apoptosis, The 2008 Annual Conference of the Japanese Society for Bioinformatics (JSBi2008), Osaka, Dec. 2008.
67)Hiroyuki Kawahara, Tatsuya Okada, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : Cross-Sectional TEM Analysis of Structural Change in 4H-SiC Single Crystal Irradiated by Femtosecond Laser Pulses, Materials Science Forum, Vol.600-603, 883-886, Otsu, Japan (Oct.2007), Jan. 2009.
68)Mikio Matsuhiro, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Masashi Takahashi, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Mashiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Classification method of pulmonary vein and artery based on multi-slice CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 101-104, Taiwan, Jan. 2009.
69)Keita Ishimatsu, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hideki Otsuka, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Method for lung cancer detection in PET/CT image, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 105-110, Taiwan, Jan. 2009.
70)Jun Nakai, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Hironobu Ohmatsu, Keigo Tominaga, Kenji Eguchi and Noriyuki Moriyama : Algorithm of pulmonary emphysema extraction using low dose thoracic 3-D CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 115-120, Taiwan, Jan. 2009.
71)Kengo Akashi, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Yuichi Takiguchi, Naoko Kawata, Nobuhiro Tanabe, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Bronchial Wall Regions Extraction Algorithm using Multi Slice CT Images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 121-124, Taiwan, Jan. 2009.
72)Haruki Nakago, Jun Nakai, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Satoko Mizuno, Yuichi Takiguchi, Nobuhiro Tanabe and Koichiro Tatsumi : Quantitative evaluation of Pulmonary Emphysema Using Thoracic 3-D CT Images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 131-134, Taiwan, Jan. 2009.
73)Hidenobu Suzuki, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : An automated distinction of DICOM image for lung cancer CAD, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 135-138, Taiwan, Jan. 2009.
74)Ahmed Shawky Maklad, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Extraction and evaluation of different organs of head and neck using multi-slice CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 443-446, Taiwan, Jan. 2009.
75)Shun Sakai, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Itani, Keigo Tominaga and Noriyuki Moriyama : Coronary artery calcification detection algorithm using low dose thoracic multi-silce CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 359-362, Taiwan, Jan. 2009.
76)Mitsuru Kubo, Yoshihumi Kishi, Ahmed Shawky Maklad, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masanori Nishioka, Mitsuo Shimada and Hiromu Nishitani : Computer aided treatment system for living donor liver transplantation using multi-slice CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 371-374, Taiwan, Jan. 2009.
77)Takaaki Tanaka, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masako Ito, Hiromu Nishitani, Keigo Tominaga and Noriyuki Moriyama : Quantitative Evaluation of Osteoporosis Likelihood using Multi-slice CT Images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 381-386, Taiwan, Jan. 2009.
78)Hirohisa Sasada, Mikio Matsuhiro, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Tsuyoshi Oguma, Hisako Matsumoto, Akio Niimi, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Classification algorithm lobe for multi-slice CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 387-390, Taiwan, Jan. 2009.
79)Kengo Akashi, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Bronchial Wall Regions Extraction Algorithm using Multi Slice CT Images, Proceedings of SPIE, Vol.7258, 72582J-1-8, San Diego, Feb. 2009.
80)Hidenobu Suzuki, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : An automated distinction of DICOM image for lung cancer CAD system, Proceedings of SPIE, Vol.7264, 72640Z-1-9, San Diego, Feb. 2009.
81)Shinsuke Saita, Keita Ishimatsu, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hideki Otsuka, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Algorithm for Lung Cancer Detection Based on PET/CT Images, Proceedings of SPIE, Vol.7260, 726034-1-8, San Diego, Feb. 2009.
82)Fujii Shiho, Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Raising Hand Action Detection using Wireless Game Controller for Teaching Assistance System, Proc. of 2009 International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'09), 325-328, Waikiki, Mar. 2009.
83)Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Convergence Speed of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer Improving with Frequency High Speed Convergence and High Resolution, Proc. of NCSP'09, 645-648, Honolulu, Mar. 2009.
84)Yoshiro Yamaguchi and Takahiro Oie : Designing UWB-IR Pulse by Convolving in Window Function and Sinc Function, Proc. of NCSP'09, 691-694, Honolulu, Mar. 2009.
85)Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Trading of Digital Learning Materials using Virtual Money: Do University Students Accept It?, Proc. of the Eighth IASTED International Conference on Web-Based Education, 252-258, Phuket, Thailand, Mar. 2009.
86)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Kensuke Tokumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Three-dimensional Microstructuring inside Transparent Solid Substrates Assisted by Femtosecond Laser Pulses, PIERS 2009 in Beijing (Progress In Electromagnetics Research Symposium), Beijing, Mar. 2009.
87)Moushir M. El-Bishouty, Hiroaki Ogata, Gerardo Ayala and Yoneo Yano : Towards Technology-Support for Self-Directed Ubiquitous-Learning, Proceedings of the 5th International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments 2009 (MULE2009), 118-122, Tokushima, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の肺葉・肺区域分類アルゴリズム, 第3回京滋呼吸器リサーチフォーラム, 2008年4月.
2)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT像を用いた葉単位別の気腫性病変抽出アルゴリズム, 第3回京滋呼吸器リサーチフォーラム, 2008年4月.
3)財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大塚 秀樹, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 森山 紀之 : PET/CT画像を用いた肺癌検出システム, 第3回京滋呼吸器リサーチフォーラム, 2008年4月.
4)吉田 元昭, 福嶋 慎吾, 橋本 親典, 渡邉 健 : 圧力変動に基づく2軸強制練りミキサの練混ぜの定量化, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 29-30, 2008年4月.
5)橋本 親典, 江口 正晃, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 振動付与2軸強制練りミキサを用いて製造した再生骨材コンクリートの品質に関する実験的検討, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 33-34, 2008年4月.
6)宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 断面修復箇所での欠陥検出における二探触子一面法の適用, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 35-36, 2008年4月.
7)井上 裕史, 光滝 敬二, 渡邉 健, 橋本 親典, 黒木 優介 : 表面気泡抜き取り器具を用いたコンクリートの耐久性に関する基礎的研究, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 39-40, 2008年4月.
8)安井 夏生 : 骨と軟骨の成長,修復, 骨と軟骨の成長,修復学術講演会 (徳島市 大塚製薬株式会社), 2008年4月.
9)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 吉川 幸造, 島田 光生, 西谷 弘 : 腹部CT画像を用いた肥大リンパ節の抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.47, 55-58, 2008年5月.
10)鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : 肺がんCADにおけるDICOM画像の選別法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.47, 87-90, 2008年5月.
11)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の肺葉・肺区域分割アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.47, 91-94, 2008年5月.
12)徳山 直宜, 池宮 昌平, 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエーテル混合系におけるER効果の温度依存性, 日本レオロジー学会第35年会, 2008年5月.
13)宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 断面修復部の欠陥検出における一探触子超音波の適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 316-317, 2008年5月.
14)千賀 年浩, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : FAの産地と添加量が2次製品用コンクリートの振動締固めに及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 312-313, 2008年5月.
15)橋本 親典, 石田 清嗣, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : BOX形充てん装置の振動充てん時間によるフレッシュコンクリートの施工性能の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 314-315, 2008年5月.
16)江口 正晃, ニョー ヘン, 橋本 親典, 渡邉 健 : 再生細・粗骨材Lを全量骨材に用いたコンクリートの耐久性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 318-319, 2008年5月.
17)高橋 昌子, 石丸 啓輔, 渡邉 健, 水口 裕之 : SP剤およびフライアッシュを用いたコンクリートのひび割れ抵抗性, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 282-283, 2008年5月.
18)安井 夏生 : 小児における四肢の変形と矯正, 第1回秋田県小児整形外科セミナー (秋田市), 2008年5月.
19)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 東京医科大学大学院特別講義(整形外科セミナー) (東京医科大学病院), 2008年5月.
20)田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, 森 健 : クロミプラミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第57回高分子学会年次大会, 2008年5月.
21)齊藤 隆仁 : 徳島大学における高大接続, 第56回 中国・四国地区大学教育研究会 議事要録, 2008年6月.
22)安井 夏生 : 小児整形外科の目指すもの, 第7回香川小児病院学術講演会 (香川小児病院 研修棟 ), 2008年7月.
23)田中 孝明, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.131, 29-33, 2008年7月.
24)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の区域気管支分類アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.131, 65-68, 2008年7月.
25)酒井 俊, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊谷 寧崇, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.131, 69-72, 2008年7月.
26)財田 伸介, 石松 啓太, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大塚 秀樹, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : PET/CT画像を用いた肺癌の評価, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.131, 19-23, 2008年7月.
27)安井 夏生 : 高齢者の骨折予防, 第21回地域学術研修セミナー (博愛記念病院(徳島市)), 2008年7月.
28)浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状および反射特性の推定, 第11回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2008)論文集, 979-984, 2008年7月.
29)山川 義介, 北 研二 : ECサイトにおける画像の類似性判定∼『SUDACHI』の開発と商品推薦エンジンへの応用∼, 日本行動計量学会第36回大会, 5-6, 2008年8月.
30)尾崎 勇, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の抽出アルゴリズムの検討, Medical Imaging Technology, C1-02, 2008年8月.
31)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気腫性病変抽出アルゴリズムの構築, Medical Imaging Technology, C1-03, 2008年8月.
32)中郷 晴規, 中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の気腫性病変の定量的評価, Medical Imaging Technology, P21, 2008年8月.
33)酒井 俊, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊谷 寧崇, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, Medical Imaging Technology, P27, 2008年8月.
34)明石 健吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, Medical Imaging Technology, P28, 2008年8月.
35)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の肺区域分割アルゴリズム, Medical Imaging Technology, P30, 2008年8月.
36)川真田 章, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 森山 紀之, 柿沼 龍太郎 : 10mm厚CT画像と2mm厚CT画像の肺結節の定量的評価, Medical Imaging Technology, P31, 2008年8月.
37)丹下 大輔, 鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : 肺がんCADにおけるDICOM画像の選別法, Medical Imaging Technology, P32, 2008年8月.
38)紡車 尚吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊藤 春海, 森山 紀之 : 高分解能胸部3次元CT画像による切除肺の定量的な解析に関する研究, Medical Imaging Technology, P34, 2008年8月.
39)岸 佳史, A.S.Mohamed Maklad, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 島田 光生, 西谷 弘 : 多時相マルチスライスCT画像の肝臓の画像解析, Medical Imaging Technology, P35, 2008年8月.
40)河村 真太朗, SayedAhmadZikriBinSayed Aluwee, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : マルチスライスCT画像の大腸抽出, Medical Imaging Technology, P40, 2008年8月.
41)石松 啓太, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大塚 秀樹, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 森山 紀之 : PET/CT画像による肺癌検出システム, Medical Imaging Technology, P45, 2008年8月.
42)田中 孝明, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : 体幹部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, Medical Imaging Technology, B5-05, 2008年8月.
43)MohammedShabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Segmentation of head and neck structures based on multislice CT images, Medical Imaging Technology, P15, Aug. 2008.
44)A.S.Mohamed Maklad, Yoshihumi Kishi, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masanori Nishioka, Mitsuo Shimada and Hiromu Nishitani : Hepatic blood vessels detection from multi slice CT images, Medical Imaging Technology, P37, Aug. 2008.
45)SayedAhmadZikriBinSayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Basic segmentation of colonic wall for better boundary extraction accuracy, Medical Imaging Technology, P39, Aug. 2008.
46)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 高岡整志会病院ビアパーティー (富山県高岡市), 2008年8月.
47)湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータによる直流給配電システムの基礎検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.13, 2008年8月.
48)浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム水溶液中での水熱処理によりチタンの表面改質, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, 40, 2008年8月.
49)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメントの特性, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, 52, 2008年8月.
50)明石 健吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 生体医工学シンポジウム, 220-223, 2008年9月.
51)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺葉別気腫性病変抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.209, 1-5, 2008年9月.
52)尾崎 勇, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支内空気領域の抽出アルゴリズムの検討, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.209, 7-10, 2008年9月.
53)紡車 尚吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 森山 紀之 : 高分解能胸部3次元CT画像による切除肺の定量的な解析に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.209, 11-14, 2008年9月.
54)山川 義介, 北 研二 : 類似画像検索システム『SUDACHI』を用いた商品レコメンデーション, 第10回日本感性工学会大会, 2008年9月.
55)中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 論文レビュー支援SNSのネットワーク構造を利用した推薦手法の考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 126-127, 2008年9月.
56)松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS援用環境の研究を通じたコミュニティ型学習の一考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 8-9, 2008年9月.
57)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 北田 貴弘, 中河 義典, 井須 俊郎, 齋藤 伸吾 : フェムト秒レーザー照射により改質されたSiCの電気伝導特性, 第69回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.69, No.3, 999, 2008年9月.
58)安井 夏生 : 骨延長における骨形成と骨吸収, 第3回 岡山 骨・関節セミナー (岡山県岡山市), 2008年9月.
59)西岡 啓介, 渡邉 健, 伊達 重之, 橋本 親典 : 衝撃弾性波法を用いた鋼-コンクリート合成構造の鋼板下面の空隙検出について, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.63, 335-336, 2008年9月.
60)福嶋 慎吾, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : ICタグを用いた生コンクリートのトレーサビリティの実用化に関する基礎的研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.63, 633-634, 2008年9月.
61)真岸 孝一, 戸田 雅敏, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 佐藤 英行 : RPt4Ge12 (R = La,Ce)のNMR,日本物理学会2008年秋季大会, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.2, 2008年9月.
62)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有アパタイトセメントの細胞毒性評価, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 2008年9月.
63)浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム溶液中で高温水熱処理したチタンのアパタイト析出能, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 2008年9月.
64)浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金合金の特性, 日本金属学会2008年秋季大会, 2008年9月.
65)天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドの自立運転時におけるインバータ群の並列動作の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P38, 2008年9月.
66)岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける複数台の太陽光発電システムによる不平衡補償の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P37, 2008年9月.
67)渡辺 健人, 北條 昌秀 : 風力発電システムのための直列インバータによる電圧低下補償法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P12, 2008年9月.
68)秦野 秀稔, 北條 昌秀, 不破 由晃 : 自律制御を主とする太陽光発電システムの無効電力制御による電圧上昇抑制法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P27, 2008年9月.
69)酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 森 健二郎, 不破 由晃 : ANSWERを用いた分散型電源と配電ネットワークの協調運用実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P22, 2008年9月.
70)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化ポリエチレングリコール粒子分散系ER流体の調製, 第57回高分子討論会, 2008年9月.
71)小松 由利絵, 槇村 卓巳, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : ポリビニルアミノ酸およびそのハイドロゲルのヒステリシスを伴う熱応答性, 第57回高分子討論会, 2008年9月.
72)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Fournier-Prunaret Daniele : Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-17, 386, Sep. 2008.
73)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Detection of the unstable periodic point in the chaos using direction coloring, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 385, Sep. 2008.
74)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Synchronization Phenomena in Coupled BVP Oscillators, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-12, 381, Sep. 2008.
75)影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能の実装, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2008年9月.
76)田村 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 334, 2008年9月.
77)丸澤 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Webベースにおける演習問題の共有に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 351, 2008年9月.
78)平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける音声・画像によるアウェアネス機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 353, 2008年9月.
79)井上 将彰, 平野 卓次, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける環境・動作情報モニタリング機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 354, 2008年9月.
80)坂本 典大, 大家 隆弘 : ネットワークトラフィック監視のためのOS組み込み型パケット解析ドライバの製作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 349, 2008年9月.
81)木村 孝之, 大家 隆弘, 中東 敬志郎 : 周波数高速収束と高分解能を両立させた非整数PLL周波数シンセサイザの収束速度, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 166, 2008年9月.
82)中東 敬志郎, 木村 孝之, 大家 隆弘 : 高速収束非整数分周PLL周波数シンセサイザの位相比較器制御法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 167, 2008年9月.
83)山口 善郎, 大家 隆弘 : 窓関数とsinc 関数の畳み込みによるUWB-IR基本パルスの比較検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 169, 2008年9月.
84)石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルスによるUWB-IR基本パルス波形合成の改善, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 170, 2008年9月.
85)松田 和也, 大家 隆弘 : UWB-IR(FH-TH/SS型) におけるPSDマッチング同期捕捉法の高速化, --- 高次フィルタを用いた同期候補点の絞り込み ---, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 171, 2008年9月.
86)天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける無停電電源装置の無負荷時の制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 2008年9月.
87)岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : 系統連系インバータの容量に応じた不平衡補償の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 2008年9月.
88)渡辺 健人, 北條 昌秀 : 風力発電システムのための直列インバータとピッチ制御による電圧低下補償法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 2008年9月.
89)湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータを用いた交直供給独立電源用変換器の基礎検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 2008年9月.
90)秦野 秀稔, 北條 昌秀, 不破 由晃 : サンプル値データを用いた太陽光発電システムの無効電力制御による電圧上昇抑制法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.8, 2008年9月.
91)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : グループレポートの相互評価導入による作文能力の向上, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 307-308, 2008年10月.
92)後藤田 中, 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像日記を用いた身体知の獲得及び継承支援システム, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 423-424, 2008年10月.
93)嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 矢野 米雄 : キャンパスSNSにおける学生行動の分析と支援活動, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 801-802, 2008年10月.
94)鈴木 秀宣, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : 肺がんCADにおけるDICOM画像の選別法, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.271, 1-5, 2008年10月.
95)明石 健吾, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 滝口 裕一, 川田 奈緒子, 田邉 信宏, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.271, 7-10, 2008年10月.
96)A.S.Mohamed Maklad, Yoshifumi Kishi, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masanori Nishioka and Mitsuo Shimada : Liver segmentation based on extraction of portal and hepatic veins from CT images, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.108, No.271, 11-16, Oct. 2008.
97)吉田 達貞, 中馬 寛 : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, 第36回構造活性相関シンポジウム, 2008年10月.
98)南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いた粒子分散系および液体混合系のER効果, 第56回レオロジー討論会, 2008年10月.
99)Hiroyuki Mitsuhara, Hirakawa Yasumoto, Akatsuka Masato, Ise Naofumi, Matsui Toshinori, Nagano Yoshitaka, Yamada Yoshiki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment for Learning Phenomena of Light, 日本教育工学会第24回全国大会論文集, 907-908, Oct. 2008.
100)中馬 寛 : 定量的構造活性相関と分子科学計算・シミュレーション, JST-CREST/CBIシンポジウム「フラグメント分子軌道法-その基礎と応用-」, 2008年10月.
101)浮田 浩行, 山中 康行 : 2台のパンチルトカメラとアームロボットを用いた物体追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.263, 113-118, 2008年10月.
102)Hitaoka Seiji, Kori Eri, Horikawa Yasushi, Taguchi Masahiro, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Molecular Dynamics Study of the Effect of Arg344 Mutation on the Activation of Human Cathepsin A, CBI2008, Oct. 2008.
103)Kazuya Nagaoka, Miku Oonishi, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Biphenyl Sulfonamide Type MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
104)Tatsusada Yoshida, Youhei Munei and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analyses of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Based on Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
105)池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : 分子量の異なる末端修飾ポリエチレングリコール系ER流体の調製と評価, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
106)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたスリップ層を形成するER流体の調製と評価, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
107)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた無機有機複合材料の調製と機能性, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
108)小松 由利絵, 槇村 卓巳, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリビニルアミノ酸およびそのハイドロゲルの熱応答挙動, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
109)安井 夏生 : 骨長調整法の問題点, 第3回熊本大学整形外科卒後研修セミナー (熊本市), 2008年11月.
110)柴田 洋文, 吉田 敦也, 大野 三規, 三谷 明彦, 高石 喜久 : 電圧負荷による非凍結低温度帯における低温細菌の挙動, 第29回日本食品微生物学術総会, 2008年11月.
111)吉田 達貞, 中馬 寛 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体のフラグメント分子軌道法計算に基づくQSAR, 第4回「シミュレーション技術と実用化基盤の構築」領域シンポジウム, 2008年11月.
112)徳山 直宜, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン混合系ER流体の調製とER効果の温度依存性, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
113)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたスリップ層を形成するER流体の調製, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
114)南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : 末端修飾ポリエチレングリコール分散系のエレクトロレオロジー特性, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
115)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : LDH/高分子複合材料を用いたER流体の調製, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
116)小松 由利絵, 別府 卓, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 強固な分子内相互作用に由来する温度応答性ポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)の異常な熱履歴現象, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
117)浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金基合金の開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
118)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメント存在下での骨芽細胞様細胞の培養, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
119)内藤 禎人, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 市川 哲雄 : モールドレス成形および焼成可能なポーラスチタンの開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
120)浮田 浩行, 劉 寛 : 複数光源イメージスキャナによる三次元物体の形状および反射特性の復元, 第13回パターン計測シンポジウム資料, 41-47, 2008年11月.
121)松尾 繁樹, 角 治樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : ホウケイ酸ガラスのフェムト秒レーザー誘起選択エッチング, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 85-86, 2008年11月.
122)Werner Daniel, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹 : その場観察法を用いたレーザーアブレーションによる金ナノ粒子作製法の検討, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 77-78, 2008年11月.
123)徳見 憲亮, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー照射と高温エッチングによるサファイアの内部加工, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 113-114, 2008年11月.
124)高井 宏章, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 金ナノ粒子を利用した透明無機固体材料の微細光加工の試み, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 115-116, 2008年11月.
125)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチング加工よる微小流体制御素子の開発, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 119-120, 2008年11月.
126)森川 富昭, 玉木 悠, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 電子カルテオーダリングシステムと連携した医事業務適正化の取り組み, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
127)岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基 : 薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
128)田木 真和, 玉木 悠, 岡田 達也, 森川 富昭, 森口 博基, 中村 敏己 : レジメンオーダの導入と抗がん剤調整一元化の評価, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
129)玉木 悠, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 脳卒中地域連携パスによる地域医療連携システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
130)岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 広域災害医療情報システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
131)森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 鈴記 洋子, 宮川 操, 近藤 佐地子, 大岡 裕子, 森口 博基 : PDCAサイクルに基づいたキャリア開発支援システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
132)玉木 悠, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 診療科別辞書を用いた入力支援, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
133)森口 博基, 森川 富昭 : OR手法によるSPD在庫管理の最適化, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
134)是松 英恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : e-Learning上での学習者への気づき支援に関する研究, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
135)江島 由華, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 安価なカメラを用いたバーチャル水族館, ビジョン技術の実利用ワークショップ, No.I-9, 104-107, 2008年12月.
136)藤塚 将行, 山口 誠, 上野 滋, 三浦 一郎, 江利川 亘, 富田 卓朗 : 4H-SiCにおけるインデンテーション圧痕部の顕微ラマン分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 76-77, 2008年12月.
137)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 齋藤 伸吾, 阪井 清美 : フェムト秒レーザー改質された4H-SiCの赤外分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 121-122, 2008年12月.
138)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : フェムト秒レーザー照射による4H-SiC改質部のTEM観察とラマン分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 125-126, 2008年12月.
139)北條 昌秀 : 太陽光発電システムの系統連系インバータによる系統電圧ひずみの補償, 2008年12月.
140)中井 潤, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺葉別気腫性病変の定量化と肺機能検査の比較評価, 呼吸機能イメージング研究会学術集会, 57, 2009年1月.
141)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT 画像の肺葉・肺区域分割法, 呼吸機能イメージング研究会学術集会, 67, 2009年1月.
142)明石 健吾, 尾崎 勇, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 富永 慶晤, 大松 広伸, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT 画像を用いた気管支壁の定量的解析法 ─気管支壁と呼吸器疾患との関連の定量的評価, 呼吸機能イメージング研究会学術集会, 67, 2009年1月.
143)酒井 俊, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 田邉 信宏, 滝口 裕一, 巽 浩一郎 : 造影CT を用いた慢性肺血栓塞栓症における肺血管の定量評価, 呼吸機能イメージング研究会学術集会, 72, 2009年1月.
144)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : Microfluidic devices のための埋め込み型可動構造物の作製, レーザー学会学術講演会第29回年次大会講演予稿集, Vol.29, 116, 2009年1月.
145)熊井 亮太, 富田 卓朗, 森田 健, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 井須 俊郎 : 100kHzフェムト秒レーザーを用いた半導体へのナノ周期構造の作製, レーザー学会学術講演会第29回年次大会講演予稿集, Vol.29, 125, 2009年1月.
146)森川 富昭, 玉木 悠 : 病院情報システムにおけるUSBリムーバブルメディアの情報漏洩対策, 平成20年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 141-144, 2009年1月.
147)高橋 英治, 田中 孝明, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 第16回日本CT検診学会学術集会, PS1-3, 2009年2月.
148)久保 満, 中郷 晴規, 中井 潤, 財田 伸介, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 富永 慶晤, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像と肺機能検査による肺葉別気腫性病変の解析, 第16回日本CT検診学会学術集会, OR4-2, 2009年2月.
149)松廣 幹雄, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 高橋 雅士, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像の肺葉・肺区域分割法, 第16回日本CT検診学会学術集会, OR5-2, 2009年2月.
150)財田 伸介, 石松 啓太, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大塚 秀樹, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 金子 昌弘, 森山 紀之 : PET/CT画像を用いた肺癌検出アルゴリズム, 第16回日本CT検診学会学術集会, PS1-1, 2009年2月.
151)浮田 浩行, 劉 寛 : 複数の光源によるスキャナ画像からの3次元形状と反射特性の推定, 電気学会研究会資料, Vol.IP-09-1∼12,IIS-09-1∼12, 7-12, 2009年2月.
152)安井 夏生 : 小児における変形矯正, 第28回滋賀県臨床整形外科医会総会・学術講演会 (琵琶湖ホテル), 2009年3月.
153)平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける光・音声・画像によりアウェアネス, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, 192, 2009年3月.
154)松浦 健二, 金西 計英, 大家 隆弘, 上田 哲史, 中川 昌宏, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学内外システム連携のための認証認可検討, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, S-141-S-142, 2009年3月.
155)秦野 秀稔, 北條 昌秀, 小林 直樹, 不破 由晃 : 太陽光発電システム群の無効電力制御における発電電力変動の影響, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.277, 448, 2009年3月.
156)渡辺 健人, 北條 昌秀 : 直列インバータとピッチ制御による風力発電システムにおけるFault Ride-Throughの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.275, 445, 2009年3月.
157)湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータを用いた直流給配電システムの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.268, 434, 2009年3月.
158)真岸 孝一, 永田 聖仁, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : NdOs4P12のNMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.64, No.1, 2009年3月.
159)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : 顕微ラマン分光およびTEM/EELSによるレーザー誘起表面ナノ構造の解析, 日本物理学会年次大会, Vol.64, No.4, 749, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)中馬 寛, 吉田 達貞 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体の分子軌道法計算に基づくQSAR, 2007年度エミール研究会セミナー, 2008年4月.
2)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 複素ニュートン法の熱伝導逆問題への応用, 第57回理論応用力学講演会講演論文集, 523-524, 2008年6月.
3)浜田 賢一 : MRIアーチファクトフリー生体用金合金の開発, 血管内手術用デバイス開発研究会, 2008年7月.
4)真岸 孝一, 戸田 雅敏, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 青木 勇二, 佐藤 英行 : NMR measurements of LaPt4Ge12 and CePt4Ge12, 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」 第6回研究会, 2008年7月.
5)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 矢野 米雄 : SBMとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.WI2-2008-41, 75-76, 2008年7月.
6)永尾 景, 上田 哲史 : 解の写像方向の視覚化を用いた非線形系方程式の周期点検出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.27, 41-46, 2008年7月.
7)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
8)西岡 聡, 上田 哲史 : 結合された BVP 発振器にみられる多様な同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.40, 39-44, 2008年8月.
9)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Affine Switching Conditions, IEICE Technical Report, Vol.NLP2008, No.44, 57-62, Aug. 2008.
10)田村 彰寿, 上田 哲史 : Izhikevich モデルにおける状態の跳躍の取り扱いと分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.45, 63-66, 2008年8月.
11)酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 森 健二郎, 不破 由晃 : ANSWER を用いた分散型電源と配電ネットワークの協調運用形態の検証実験, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.21(30), 1-6, 2008年8月.
12)佐伯 修, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測データ検索・提供システムの高機能化, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.73(82), 49-53, 2008年8月.
13)佐藤 典幸, 橋口 卓平, 合田 忠弘, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測値に基づく電力需要変動の構成法に関する検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.75(84), 59-64, 2008年8月.
14)北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 多地点同期位相計測結果の統計量の特徴抽出とその考察, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.76(85), 65-69, 2008年8月.
15)下村 直行, 森田 郁朗, 安野 卓, 北條 昌秀, 川田 昌武, 寺西 研二, 大西 徳生 : 電気電子工学実験の試み, --- 少人数教育から見えてくるもの ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-08, No.2, 11-15, 2008年9月.
16)長岡 和也, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析に基づく置換基の電子的効果の理論的考察, 第2回分子科学討論会, 2008年9月.
17)光原 弘幸, 松本 純子, 魚崎 典子, 勅使河原 三保子, 福田 利久 スティーブ, 坂田 浩, 久米 健司, 矢野 米雄 : Niche-Learning: 学生の休憩時間に着目した教材配信, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 2008年10月.
18)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : SiCへのフェムト秒レーザー照射によって誘起されたアモルファス相の分析, 励起ナノプロセス研究会, Vol.4, P-11, 2008年11月.
19)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 齋藤 伸吾, 阪井 清美 : シリコンカーバイドにおけるフェムト秒レーザー改質部の赤外分光, 励起ナノプロセス研究会, Vol.4, P-10, 2008年11月.
20)石川 祐輝, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : e-Portfolioへのスクラップ機能の実現, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-54, 23-26, 2008年11月.
21)北條 昌秀, 湊 和幸 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータで構成した直流給配電システムについての基礎検討, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08, No.161, 25-28, 2008年11月.
22)北條 昌秀, 三谷 康範 : 同期位相計測に基づくSSSCを用いた電力動揺線形化による系統安定度向上, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08, No.170, 25-29, 2008年12月.
23)中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : 認証基盤を用いたWebシステム間の連携の検討, 平成20年度情報教育研究集会講演論文集, 503-506, 2008年12月.
24)松尾 繁樹, 木山 聡, 徳見 憲亮, 富田 卓朗, 橋本 修一 : 透明固体材料の内部加工と内部駆動, レーザー学会第382回研究会, 19-23, 2008年12月.
25)齊藤 隆仁 : 聴衆応答システム(クリッカー)を用いた協同学習授業のすすめ, 広報, Vol.15, 61-64, 2008年12月.
26)北條 昌秀, 岩瀬 勇太, 天羽 晃大, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける電力品質向上のための三相インバータの制御方式, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.8, 47-52, 2009年1月.
27)三谷 康範, 景山 拓弥, 李 長松, 渡邊 政幸, 鵜飼 裕之, 佐伯 修, 北條 昌秀 : キャンパスWAMSを用いた電力系統動特性長期監視結果, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.5, 25-30, 2009年1月.
28)西尾 洋輔, 坪井 清浩, 太田 豊, 鵜飼 裕之, 北條 昌秀, 佐伯 修, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 青木 睦 : Campus PMU/WAMS による電力システムの外乱検出, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.7, 41-46, 2009年1月.
29)鍋島 豊晶, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 縄跳びを例とした身体スキル開発用SNS支援環境の設計と開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 100-105, 2009年1月.
30)松浦 健二, 後藤田 中, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : ランニング集団をリアルタイムに支援するシステムの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 70-77, 2009年1月.
31)江島 由華, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 安価なカメラシステムによるバーチャル水族館の構築, 電気学会情報処理・産業システム情報化合同研究会, No.IIS-09-10, 53-56, 2009年2月.
32)中馬 寛 : 新しいQSARの構築を目指して, 2008年度 第2回CACフォーラムセミナー, 2009年3月.
33)中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システムと評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-98, 29-34, 2009年3月.
34)中馬 寛 : FMO法による亜鉛含有タンパク質阻害剤の定量的構造活性相関解析, CREST-FMO 2009研究会, 2009年3月.
35)真岸 孝一, 菅原 仁, 大田 尚志, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : NMR Measurements of Filled Skutterudites MPt4Ge12 (M = Sr, Ba), 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 「重い電子系の形成と秩序化」 第1回研究会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)橋本 親典, 水口 裕之, 上田 隆雄, 渡邉 健 : 可視化実験手法を用いた高性能コンクリートの製造・施工システムの実用化に関する研究, 科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書(課題番号17360205), 2008年12月.

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1)森川 富昭 : 新版医療情報, --- 医療情報システム編 ---, 株式会社 篠原出版新社, 東京, 2009年6月.
2)大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.
3)猶本 良夫, 水越 康介, 森川 富昭, : ITが可能にするマネジメント, (株) 碩学舎, 津, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Xiaoying Tai, Lidong Wang, Qin Chen, Fuji Ren and Kenji Kita : A New Method of Medical Image Retrieval based on Color-Texture Correlogram and GTI Model, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.8, No.2, 239-248, 2009.
2)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Nobuyuki Takamori, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Masataka Sata, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is an independent protective factor against peripheral arterial disease in elderly subjects with cardiovascular risk factors., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.2, 127-134, 2009.
3)H Iwata, K Nakamura, M Sumi, M Ninomiya, Y Sakai, Y Hirata, Masashi Akaike, T Igarasi, S Takamoto, R Nagai and Masataka Sata : Local delivery of synthetic prostacycline agonist augments collateral growth and improves cardiac function in a swine chronic cardiac ischemia model., Life Sciences, Vol.85, No.5-6, 255-261, 2009.
4)Razia Sultana, Kenichi Hamada, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Effects of heat treatment on the bioactivity of surface-modified titanium in calcium solution, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 193-204, 2009.
5)Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Fractional-N Type PLL Frequency Synthesizer with Improved Frequency Convergence Speed and Resolution, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 319-322, 2009.
6)Hiroaki Ogata, Yoshiki Matsuka, El-Bishouty M. Moushir and Yoneo Yano : LORAMS: linking physical objects and videos for capturing and sharing learning experiences towards ubiquitous learning, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.3, No.4, 337-350, 2009.
7)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Chaos Control Implementation by Interrupted Electric Circuit with Switching Delay, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.19, No.7, 2359-2362, 2009.
8)Shinya Horiuchi, Kazuyuki Kaneko, H Mori, Emi Kawakami, T Tsukahara, K Yamamoto, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Enamel bonding of self-etching and phosphoric acid-etching orthodontic adhesives in simulated clinical conditions: Debonding force and enamel surface, Dental Materials Journal, Vol.28, No.4, 419-425, 2009.
9)Tatsusada Yoshida, Y Kadota, S Hitaoka, E Kori, Yuta Horikawa, M Taguchi, Daisuke Tsuji, Mitsuyoshi Hirokawa, Hiroshi Chuman and Kouji Itou : Expression and molecular dynamics studies on effect of amino acid substitutions at Arg344 in human cathepsin A on the protein local conformation., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1794, No.11, 1693-1699, 2009.
10)杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
11)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : ネットワークの利用動向からの異常検知手法について, 学術情報処理研究, Vol.13, 74-83, 2009年.
12)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, T Niki, K Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Y Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Clinical Utility of Single Beat E/e' Obtained by Simultaneous Recording of Flow and Tissue Doppler Velocities in Atrial Fibrillation with Preserved Systolic Function., JACC. Cardiovascular Imaging, Vol.2, No.10, 1147-1156, 2009.
13)Y Hirata, Takeshi Soeki, Masashi Akaike, Y Sakai, T Igarashi and Masataka Sata : Synthetic prostacycline agonist, ONO-1301, ameliorates left ventricular dysfunction and cardiac fibrosis in cardiomyopathic hamsters., Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.63, No.10, 781-786, 2009.
14)Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.1, 102-106, 2009.
15)Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
16)Tadashi Uemiya, Yoshihide Matsumoto, Koizumi Daichi, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Based on Ellipsoid Distance, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.1, No.1, 89-107, 2009.
17)Akihisa Tamura, Tetsushi Ueta and Shigeki Tsuji : Bifurcation Analysis of Izhikevich Neuron Model, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 849-862, 2009.
18)Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice., Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, 2009.
19)Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, KI Aihara, Masafumi Harada, H Nishitani and Masataka Sata : Diagnostic utility of cardiac magnetic resonance for detection of cardiac involvement in female carriers of Duchenne muscular dystrophy., Heart Asia, Vol.2, 52-55, 2010.
20)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Bin Hou, Satoshi Hashimoto, Noriko Uosaki, Yuqin Liu and Yoneo Yano : Development of Adaptive Kanji Learning System for Mobile Phone, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.8, No.4, 29-41, 2010.
21)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Game Story and Human-Human Interaction in the Real World, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.9, No.1, 45-56, 2010.
22)Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Ubiquitous Learning, International Journal of Mobile and Blended Learning, Vol.1, No.4, 1-11, 2010.
23)Bin Hou, Hiroaki Ogata, Masayuki Miyata, Mengmeng Li, Yuqin Liu and Yoneo Yano : JAMIOLAS 3.0:Supporting Japanese Mimicry and Onomatopoeia Learning Using Sensor Data, International Journal of Mobile and Blended Learning, Vol.2, No.1, 40-54, 2010.
24)Hirotsugu Kurobe, Masahisa Urata, Masaki Ueno, Masaaki Ueki, Shiro Ono, Yuki Izawa-Ishizawa, Yayoi Fukuhara, Yu Lei, Adiratna Mat Ripen, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Keisuke Ishizawa, Masashi Akaike, Frank J. Gonzalez, Toshiaki Tamaki, Yousuke Takahama, Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Role of Hypoxia-Inducible Factor 1α in T Cells as a Negative Regulator in Development of Vascular Remodeling, Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.30, No.2, 210-217, 2010.
25)Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Computer supported ubiquitous learning environment for vocabulary learning, International Journal of Learning Technology, Vol.5, No.1, 5-24, 2010.
26)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata, Yoshiyuki Tabata and Yoneo Yano : JAPELAS2: Supporting the Acquisition of Japanese Polite Expressions in Context-Aware Ubiquitous Learning, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.4, No.2, 214-234, 2010.
27)Seiichiro Ten-no, Jaewoon Jung, Hiroshi Chuman and Yukio Kawashima : Assessment of Free Energy Expression in RISM Integral Equation Theory: Theoretical Prediction of Partition Coefficients Revisited., Molecular Physics, Vol.108, 327-332, 2010.
28)Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Ezetimibe ameliorates metabolic disorders and microalbuminuria in patients with hypercholesterolemia., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.17, No.2, 173-180, 2010.
29)Ko-ichi Magishi, Kiyohito Nagata, Yoshinori Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite NdOs4P12, Journal of Physics: Conference Series, Vol.200, No.1, 012110-1-012110-4, 2010.
30)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 北欧とドイツの生涯学習と,徳島大学の「地域社会人を活用した教養教育」から見えてくる視点とは, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 66-71, 2010年.
31)大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁 : 地域社会に学ぶ体験型学習∼第7回国際珍島学会と韓国の地域から学ぶことの意義∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 72-77, 2010年.
32)大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁 : 高等教育と生涯教育を考えるInternational Conference-地域社会人を活用した教養教育の一環としての日韓中交流-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 78-84, 2010年.
33)光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁, 的場 一将, 大橋 眞 : 自主的な学びを目指す「学びのコミュニティー」活動-学生・社会人・教員で創る生涯学習の形-, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 102-109, 2010年.
34)嵯峨山 和美, 齊藤 隆仁 : 持続可能な開発のための高等教育(HESD)へ向けて(Higher Education for Sustainable Development)∼地域社会人とともにつくるアクティブラーニング∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 110-119, 2010年.
35)大橋 眞, 岸江 信介, 光永 雅子, 中恵 真理子, 富永 朝己, 宮武 秀考, 齊藤 隆仁 : 学際的分野における学士課程構築を視野に入れた授業評価アンケートとその活用, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 120-130, 2010年.
36)Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Kazue Ishikawa, Takashi Iwase, Yasumasa Ikeda, Takeshi Soeki, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Endothelial nitric oxide synthase-independent protective action of statin against angiotensin II-induced atrial remodeling via reduced oxidant injury., Hypertension, Vol.55, No.4, 918-923, 2010.
37)Seitaro Saku, Hirotomo Kotake, RJ Vilchis Scougall, Shizue Ohashi, Masato Hotta, Shinya Horiuchi, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka, Eiji Tanaka and Kohji Yamamoto : Antibacterial activity of composite resin with glass-ionomer filler particles, Dental Materials Journal, Vol.29, No.2, 193-198, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)佐野 雅彦, 北 研二 : 徳島大学キャンパスネットワークシステムの更新について, 大学情報システム環境研究, 94-102, 2010年.
2)田中 さやか, 香川 順子, 神藤 貴昭, 川野 卓二, 宮田 政徳, 曾田 紘二 : FDファシリテーター養成研修の効果に関する一考察 : 徳島大学におけるFDファシリテーターの役割と意義, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, 1-10, 2010年.
3)曾田 紘二, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2009年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, 211-226, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座28 IT投資, 徳島新聞, 2009年4月.
2)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座29 ビジネスインサイト, 徳島新聞, 2009年5月.
3)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座30 デジタルサイネージ, 徳島新聞, 2009年6月.
4)森川 富昭 : セキュリティ保護確保のための施策 ネットワーク見直しと職員教育の実際, 月刊新医療, Vol.36, No.7, 80-82, 2009年7月.
5)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座31 ネットショッピング, 徳島新聞, 2009年7月.
6)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座32 デジタルサイネージ2, 徳島新聞, 2009年8月.
7)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Heparin Cofactor II as a Novel Vascular Protective Factor Against Atherosclerosis., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.5, 523-531, Sep. 2009.
8)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座33 動画コンテンツ, 徳島新聞, 2009年9月.
9)森川 富昭 : 情報戦略を描いて全体をマネジメントできるCIOが病院経営の未来をつくる, 最新医療経営 Phase3 11月号, No.303, 8-12, 2009年10月.
10)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座34 情報マネジメント, 徳島新聞, 2009年10月.
11)森川 富昭 : 病院ITにおけるネットワークの品質, 月刊新医療, Vol.36, No.11, 119-122, 2009年11月.
12)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座35 iPhone導入, 徳島新聞, 2009年11月.
13)森川 富昭 : 厳しい時代を生き抜くための病院マネジメントのあり方を探る, 最新医療経営 Phase3 1月号, No.305, 40, 2009年12月.
14)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川病院教授のネット講座36 事業仕分け, 徳島新聞, 2009年12月.
15)森川 富昭 : 7人のホープが語るこれからの病医院経営人材と経営本部の役割-次代の人的資源像 実践 経営部門の導入と稼動-組織・業務改革の断行「チーム力」と「現場力」で動か, 医療経営白書2010年度版, 2010年.
16)森川 富昭 : 「見える化」は何をもたらすか-第1回・IT化のイメージと実際, 月刊新医療, Vol.37, No.2, 74-82, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Tetsushi Ueta : Synchronization of Coupled BVP Oscillators, No proceedings, Hong Kong, May 2009.
2)Hiroyuki Mitsuhara, Junko Matsumoto, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Kenji Kume and Yoneo Yano : Niche-Learning: New Learning Style Using Public Display System, Proc. of ED-MEDIA 2009-World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, 1167-1175, Honolulu, Jun. 2009.
3)Hiroshi Chuman, Toshio Fujita, Seiji Hitaoka, Eri Kori and Tatsusada Yoshida : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, CMTPI 2009 (Fifth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Reseour), Istanbul, Jul. 2009.
4)Tatsusada Yoshida, Yohei Munei, Koji Hirozumi and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analysis of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, CMTPI 2009 (Fifth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Reseour), Istanbul, Jul. 2009.
5)Ko-ichi Magishi, Kiyohito Nagata, Yoshinori Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite NdOs4P12, International Conference on Magnetism (ICM2009), Karlsruhe, Jul. 2009.
6)Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Local persistent hypercoagulability after drug-eluting stent implantation: siroliumus-eluting stent vs. paclitaxel-eluting stent., ESC Congress 2009, Aug. 2009.
7)Takeshi Soeki, T Niki, Kunihiko Koshiba, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Plasma concentration of pentraxin 3 is a useful marker for monitoring the anti-plaque effect of telmisartan., ESC Congress 2009, Aug. 2009.
8)Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-term local inflammatory response after coronary artery stenting -BMS vs SES vs PES-., ESC Congress 2009, Aug. 2009.
9)Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Smart process of porous titanium for tailor-made medical and dental devices, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2009, Berlin, Aug. 2009.
10)Masami Shishibori, Koizumi Daichi and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using EMD Lower Bounds and the Priority Queue, IEEE NLP-KE 2009, Dalian, China, Sep. 2009.
11)Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Naoshi Ohta, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite Superconductors MPt4Ge12 (M= Sr, Ba), 9th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S-IX), M2S-IX, 新宿, Sep. 2009.
12)Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of the Lozi Map, --- as a Hybrid System ---, Proc. NOMA'09, 111-113, Urbino, Italy, Sep. 2009.
13)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : A Structural Detection of Unstable Periodic Points in Chaotic Attractors by the Directional Coloring, Proc. NOLTA'09, 419-422, Sapporo, Oct. 2009.
14)Tatsuya Okada, Tomiaki Morikawa, Yuu Tamaki, Masato Tagi, Hiroki Moriguchi, Yoshiyasu Terashima, Hiroaki Mikasa, Masashi Akaike and Yoneo Yano : Scenario making support in PBL, E-Learn 2009, Vancouver, Oct. 2009.
15)Kunihiko Koshiba, Takeshi Soeki, T Niki, Kenya Kusunose, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata : C-type Natriuretic Peptide Ameliorates the Progression of Experimental Autoimmune Myocarditis., American Heart Association 2009, Nov. 2009.
16)Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-Term Local Inflammatory Response After Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent., American Heart Association 2009, Nov. 2009.
17)Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-Term Local Inflammatory Response After Coronary Artery Stenting. Bare Metal vs Sirolimus-Eluting vs Paclitaxel-Eluting Stent., American Heart Association 2009, Nov. 2009.
18)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, K Endo, H Takashima, C Mimura, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Prognostic Value of Changes in Transmitral Flow Velocity Pattern During Leg Positive Pressure in Mild Heart Failure: A Clinical Application of "Preload Stress Echocardiography", American Heart Association 2009, Nov. 2009.
19)Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Predictors of Local Persistent Hypercoagulability After Sirolimus-eluting Stent Implantation: Implication for Correlates of Late Stent Thrombosis., American Heart Association 2009, Nov. 2009.
20)Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Biocompatibility evaluation of Strontium-substituted apatite cement, 3rd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, Vol.3, No.1, 83, Hiroshima, Nov. 2009.
21)Ken-ichi Aihara, Mizuho Kinouchi, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
22)Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis., Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
23)Yuka Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Exacerbation of Angiotensin ll-induced Cardiac Remodeling through Enhancement of NADPH oxidase-TGF- 1 Pathway in Heparin Cofactor ll-Deficient Mice, Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
24)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : PHYSICAL SKILL DEVELOPMENT IN A TECHNOLOGY-ENHANCED COMMUNITY SITE, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 511-512, Rome, Italy, Nov. 2009.
25)Hiroyuki Mitsuhara, Yoshiki Yamada, Toshiyuki Moriyama, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : PAPER-TOP INTERFACE IN CLASSROOM, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 299-301, Rome, Italy, Nov. 2009.
26)Yasuo Miyoshi, Ryo Okamoto, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A DESIGN OF SOCIAL NETWORKING SERVICE FOR SUPPORTING LEARNING HABITS DEVELOPMENT, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 396-399, Rome, Italy, Nov. 2009.
27)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Ab initio Fragment MO Study of Complexes between Influenza Neuraminidase-1 and Various Type of Sialic Acid Analogues, The Second French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry 2009, Nishinomiya, Nov. 2009.
28)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Yoshito Kadota, Yasushi Horikawa, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Expression and Molecular Dynamics Studies on Effect of Amino Acid Substitutions at Arg344 in Human Cathepsin A, The Second French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry 2009, Nishinomiya, Nov. 2009.
29)Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of scrapbook function for e-Portfolio, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 483-485, Hong Kong, Nov. 2009.
30)Masahiro Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Authentication and Authorization exchange for University Federation, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 477-479, Hong Kong, Nov. 2009.
31)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toyoaki Nabeshima, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting Skill Awareness for Runners through Wireless Sensor Network, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 618-622, Hong Kong, Nov. 2009.
32)Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Shinji Ootsuka, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : Supporting Joggers in a Web-Community with Simulation and Annotation Functions, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 119-123, Hong Kong, Nov. 2009.
33)Bin Hou, Hiroaki Ogata, Masayuki Miyata and Yoneo Yano : Supporting Japanese Mimicry and Onomatopoeia Learning Using Sensor Data, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 114-118, Hong Kong, Nov. 2009.
34)Noriko Uosaki, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Supporting Communicative English Class Using PDAs, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 109-113, Hong Kong, Nov. 2009.
35)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Satoshi Hashimoto and Yoneo Yano : Adaptive Kanji Learning Using Mobile-based Email, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 94-98, Hong Kong, Nov. 2009.
36)Bin Hou, Hiroaki Ogata, Masayuki Miyata and Yoneo Yano : AMIOLAS 3.0: Supporting Japanese Mimicry and Onomatopoeia Learning Using Sensor Data, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 593-597, Hong Kong, Nov. 2009.
37)Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Satoshi Hashimoto and Yoneo Yano : Adaptive Kanji Learning Using Mobile-based Email, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 520-526, Hong Kong, Nov. 2009.
38)Junko Matsumoto, Hiroyuki Mitsuhara, Noriko Uosaki, Kenji Kume and Yoneo Yano : Context-Aware Delivery of Contents for Niche-Learning, Proceeding of The 17th International Conference on Computers in Education, 574-578, Hong Kong, Nov. 2009.
39)Samia Rahman, Hiroaki Ogata, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Visualization of Social Knowledge Awareness Map for Computer Supported Ubiquitous Learning, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 551-558, Hong Kong, Nov. 2009.
40)Chengjiu Yin, Yoshiyuki Tabata, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Building a Participation Simulation Mobile Learning Environment through Scaffolding Technique, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 569-573, Hong Kong, Nov. 2009.
41)Yoshiyuki Tabata, Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Mobile Phone-based Quiz System for Learning Foreign Culture, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 603-607, Hong Kong, Nov. 2009.
42)Le Zhang, Zhao Zuyun, Luo Xin, Zeng Peifeng and Kenji Kita : A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation, International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering, Dec. 2009.
43)Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : A Pilot Project toward Implementation of a Short-Term Exchange Program between an Affiliated University and The University of Tokushima, Proceedings of the Fourth International Symposium on the Development of the Global Double Degree Program (GDDP), 33-35, Tokushima, Dec. 2009.
44)Zhang Le, He Qing, Luo Xin and Kenji Kita : A Skeleton Extraction and Pruning Algorithm Based on Bisector Angle, 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 327-335, Feb. 2010.
45)Hiroshi Chuman : Protein Inhibitors Using Full Ab Initio Molecular Orbital Calculations on Their Complex Structures with Protein, CTDDR - 2010(Current Trends In Drug Discovery Research), Lucknow, India, Feb. 2010.
46)Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Uemoto Ryoko, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Rosuvastatin attenuates left ventricular mass even in subjects without cardiac hypertrophy, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
47)Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
48)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Design of the Poincare Mapping of Piecewise Linear Systems, Proc. NCSP 2010, 125-128, Honolulu, Mar. 2010.
49)C Mimura, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, H Takashima, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Predictive Value of Subepicardial Fat Thickness in Coronary Artery Sclerosis in Comparison with Intima-media Thickness, 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
50)Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Time-Dependent Changes of Local Coagulative Response up to Five Years after Sirolimus-Eluting Stent Implantation., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
51)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Detection of Myocardial Amyloid Involvement Using 2-Dimentional Speckle Tracking Echocardiography: Utilization of Inner and Outer Myocardial Strain and Strain Rate., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
52)Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y Hirata, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata : Ghrelin Protects Heart against Ischemia-Induced Arrhythmias by Preserving Connexin43 Protein., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
53)Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-Term Local Inflammatory and Coagulative Responses after Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
54)Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Masataka Sata : Utility of Cardiac Magnetic Resonance for Detection of Cardiac Involvement in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
55)T Niki, Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y Hirata, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Role of Circulating High-Mobility Group Box-1 (HMGB1) in Patients with Coronary Artery Disease., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
56)S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, J Miki, K Endo, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Clinical Evaluation of Stiffness Parameter beta of Common Carotid Artery Obtained by Echo-tracking Method in Coronary Heart Disease., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
57)K Endo, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Ken Saito and Masataka Sata : N-3 Fatty Acids, IMT and CKD as Risk Factors in Coronary Artery Disease., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
58)N Tomita, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, K Endo, H Takashima, C Mimura, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Detection of Patent Foramen Ovale by Contrast Realtime 3-dimensional Transesophageal Echocardiography., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
59)S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Evaluation of Secondary Pulmonary Hypertension by Tricuspid Annular Velocity Profile Using Pulsed Tissue Doppler Imaging., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
60)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Doppler Echocardiographic Estimation of Left Ventricular End-diastolic Pressure in Challenging, 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
61)Yoshiyuki Tabata, Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : An iPhone Quiz System for Learning Foreign Languages, Proc. of 2010 2nd International Asia Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics (CAR 2010), 299-302, Wuhan, Mar. 2010.
62)Yoshiaki Hada, Yoneo Yano and Hiroaki Ogata : Design of a Language Learning Support Environment using Handwritten Annotation, Proc. of 2010 2nd International Asia Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics (CAR 2010), 303-306, Wuhan, Mar. 2010.
63)Hiroaki Ogata, Toru Misumi, Bin Hou, Mengmeng Li, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano : Task Recommendation for Ubiquitous Learning, Proc. of 2010 2nd International Asia Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics (CAR 2010), 307-310, Wuhan, Mar. 2010.
64)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Identification of Pseudonormal Transmitral Flow Velocity Pattern using its Change by Nitroglycerin Spray Oral Administration., American College of Cardiology 2010, Mar. 2010.
65)Hiroaki Ogata, Toru Misumi, Yoshiki Matsuka, Bin Hou, Mengmeng Li, Moushir El-Bishouty, Noriko Uosaki and Yoneo Yano : RECOMMENDATION OF THE VIDEO IN A UBIQUITOUS LEARNING ENVIRONMENT, Proc. of he IADIS International Conference Mobile Learning 2010, 93-100, Porto, Mar. 2010.
66)Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 : DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討), 第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月.
2)関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメントの生体反応性評価, 第53回日本歯科理工学会学術講演会, Vol.28, No.2, 108, 2009年4月.
3)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 僧帽弁口血流と僧帽弁輪運動の不整合は左室拡張能の評価に有用か:dual Doppler systemを用いた検討, 第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
4)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : Post systolic shortening(PSS)による心筋虚血の検出, 第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
5)西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 三尖弁輪運動速波形を用いた二次性肺高血圧の評価, 第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
6)平岡 葉月, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 高松 直子, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 心エコーによる心病変の経過観察が可能であった続発性(AA)アミロイドーシスの一例, 第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
7)佐藤 光代, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 平岡 葉月, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 経食道心エコー検査により治療経過が観察できた高安動脈炎に伴う肺動脈狭窄症の一例, 第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
8)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月.
9)赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 : グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害におけるミネラルコルチコイド受容体の関与, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 373, 2009年4月.
10)遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月.
11)関根 一光, 藤原 江美, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 生体吸収性ストロンチウム含有アパタイトセメントの試作, 第48回日本生体医工学会大会, Vol.47, No.S1, 254, 2009年4月.
12)八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 重症心不全患者における酸素療法とAdaptive-servo ventilator療法の効果の比較検討, 日本内科学会第100回四国地方会, 2009年5月.
13)倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例, 第100回日本内科学会四国地方会, 2009年5月.
14)鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 三原 正明, 湯浅 智之, 江尻 純子, 笠松 哲司, 瀬尾 浩二, 木内 美瑞穂, 工藤 美千代, 吉田 守美子, 赤池 雅史 : 著名な高Lp(a)血症を合併した糖尿病患者における血管障害の検討, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
15)西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 多田津 陽子, 冨田 紀子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 下肢静脈血栓スクリーニング検査で発見されたベーカー嚢胞破裂の2症例, 日本超音波医学会第82回学術集会, 2009年5月.
16)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 多田津 陽子, 冨田 紀子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 安静時post systolic shortening による虚血心筋の検出, 日本超音波医学会第82回学術集会, 2009年5月.
17)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 廣渡 修一 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる知の循環型社会実現を目指して―, 日本高等教育学会第12回要旨集禄, Vol.12, 218-221, 2009年5月.
18)森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 鈴記 洋子, 宮川 操, 近藤 佐地子, 大岡 裕子, 森口 博基 : PDCAサイクルに基づいたキャリア開発支援システムの構築, 第13回日本医療情報学会春季学術大会, 49, 2009年6月.
19)森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 電子カルテ・オーダリングシステムと連携した医事業務適正化の取組み, 第13回日本医療情報学会春季学術大会, 55, 2009年6月.
20)後藤田 中, 平野 卓次, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 集団的ランニングにおける能力開発を支援するアウェアネス, 人工知能学会第23回全国大会講演論文集, 2009年6月.
21)小柴 邦彦, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 平田 陽一郎, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 多発性筋炎に伴う心障害の一例, 第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
22)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 心エコーによる心病変の経過観察が可能であった続発性(AA)アミロイドーシスの一例, 第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
23)仁木 敏之, 若槻 哲三, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 冨田 紀子, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの二例, 第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
24)平岡 葉月, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 赤池 雅史, 北市 隆, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 3D経食道心エコー法で診断できた僧帽弁位人工弁機能不全の一例, 第34回日本超音波検査学会, 2009年6月.
25)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Regular use of rosuvastatin attenuates carotid atherosclerosis regardless of LDL cholesterol lowering effect, 第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
26)粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors, 第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.