RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2012.5〜2015.3

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120500 20130399" @.organization=\E{248355}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : テリパラチド皮下注製剤の骨形成促進作用とその使用法, 2012年6月.
2)Baetta G., Consentino M.T., Sakurada S., M Piskula and Junji Terao : Herbal Medicines for Human Health, --- Bioavailability issues of non-nutrient plant and fruit constituents. ---, CRC press, Sep. 2012.
3)大髙 章 : 生体有機化学 第12章 生理活性ペプチドホルモン, 株式会社 東京化学同人, 2012年10月.
4)遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 骨転移の分子標的治療薬, 2012年12月.
5)向井 理恵, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生理機能性, 日本ビタミン学会, 2013年2月.
6)木戸 博 : カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼII欠損症, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Keizo Yuasa, Takeshi Nagame, Makoto Dohi, Yayoi Yanagita, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase I is involved in neurite outgrowth via a Rho effector, rhotekin, in Neuro2A neuroblastoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.421, No.2, 239-244, 2012.
2)Graham Anderson and Yousuke Takahama : Thymic epithelial cells: working class heroes for T cell development and repertoire selection, Trends in Immunology, Vol.33, No.6, 256-263, 2012.
3)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : An Efficient Method for C8-Prenylation of Flavonols and Flavanones, Synthesis, Vol.44, No.9, 1308-1314, 2012.
4)Keiji Ogura, Akira Shigenaga, Koji Ebisuno, Hiroko Hirakawa and Akira Otaka : Fmoc-based solid phase synthesis of adenylylated peptides using diester-type adenylylated amino acid derivatives, Tetrahedron Letters, Vol.53, No.27, 3429-3432, 2012.
5)Cisa Fujimoto, Noriaki Takeda, A Matsunaga, A Sawada, T Tanaka, Takashi Kimoto, Wakako Shinahara, Takako Sawabuchi, Miyoko Yamaguchi, M Hayama, Hiroaki Yanagawa, Mihiro Yano and Hiroshi Kido : Induction and maintenance of anti-influenza antigen-specific nasal secretory IgA levels and serum IgG levels after influenza infection in adults., Influenza and Other Respiratory Viruses, Vol.6, No.6, 396-403, 2012.
6)Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : cGMP-dependent protein kinase I promotes cell apoptosis through hyperactivation of death-associated protein kinase 2., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.422, No.2, 280-284, 2012.
7)Katsuyuki Miyawaki, Sachi Fukuoka, Yasuko Kadomura, Hirokazu Hamaoka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, Wilfried Schwab and Sumihare Noji : Establishment of a novel system to elucidate the mechanisms underlying light-induced ripening of strawberry fruit with an Agrobacterium-mediated RNAi technique, Plant Biotechnology, Vol.29, 271-278, 2012.
8)Ishii Ayumi, Kaminori Kanae, Mineyoshi Hiyoshi, Hiroshi Kido, Ohta Takeshi and Hiroaki Konishi : Inhibitory effect of SPE-39 due to tyrosine phosphorylation and ubiquitination on the function of Vps33B in the EGF-stimulated cells, FEBS Letters, Vol.586, No.16, 2245-2250, 2012.
9)Takemasa Niro and Kumio Yokoigawa : Analysis of cumin in the ability to suppress verocytotoxin production by enterohemorrhagic Escherichia coli O157., Food Preservation Science, Vol.38, No.4, 217-223, 2012.
10)Etsuhisa Takahashi, Kosuke Kataoka, Irene L. Indalao, Keiko Konoha, Kazuyuki Fujii, Junji Chida, Dai Mizuno, Kohtaro Fujihashi and Hiroshi Kido : Oral clarithromycin enhances airway immunoglobulin A (IgA) immunity through induction of IgA class switching recombination and B-cell-activating factor of the tumor necrosis factor family molecule on mucosal dendritic cells in mice infected with influenza A virus., Journal of Virology, Vol.86, No.20, 10924-10934, 2012.
11)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Synthetic procedure for N-Fmoc amino acyl-N-sulfanylethylaniline linker as crypto-peptide thioester precursor with application to native chemical ligation, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.16, 6948-6958, 2012.
12)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, W Hadley Horch, Naoya Hamaguchi, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji and Taro Mito : Non-transgenic genome modifications in a hemimetabolous insect using zinc-finger and TAL effector nucleases., Nature Communications, Vol.3, 1017-1025, 2012.
13)Kyoko Ishimoto, Takeo Iwata, Hisaaki Taniguchi, Noriko Mizusawa, Eiji Tanaka and Katsuhiko Yoshimoto : d-Dopachrome tautomerase promotes IL-6 expression and inhibits adipogenesis in preadipocytes., Cytokine, Vol.60, 772-777, 2012.
14)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Near-Infrared Fluorescent Silica/Porphyrin Hybrid Nanorings for In Vivo Cancer Imaging, Advanced Functional Materials, Vol.22, No.17, 3539-3546, 2012.
15)Saulius Zuklys, E Carlos Mayer, Saule Zhanybekova, E Heather Stefanski, Gretel Nusspaumer, Jason Gill, Thomas Barthlott, Stephane Chappaz, Takeshi Nitta, James Dooley, Ruben Nogales-Cadenas, Yousuke Takahama, Daniela Finke, Adrian Liston, R Bruce Blazar, Alberto Pascual-Montano and A Georg Holländer : MicroRNAs control the maintenance of thymic epithelia and their competence for T lineage commitment and thymocyte selection., The Journal of Immunology, Vol.189, No.8, 3894-3904, 2012.
16)Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Yutaka Fujikura, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Prevention of disuse muscle atrophy by dietary ingestion of 8-prenylnaringenin in denervated mice, PLoS ONE, Vol.7, No.9, e45048, 2012.
17)Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki : Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway, The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
18)Kimihiko Mizutani, Sae Tsuchiya, Mayuko Toyoda, Yuko Nanbu, Keiko Tominaga, Keizo Yuasa, Nobuyuki Takahashi, Akihiko Tsuji and Bunzo Mikamia : Structure of β-1,4-mannanase from the common sea hare Aplysia kurodai at 1.05 Å resolution., Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.68, No.10, 1164-1168, 2012.
19)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : Evaluation of the inhibitory effects of quercetin-related flavonoids and tea catechins on the monoamine oxidase-A reaction in mouse brain mitochondria., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.41, 10270-10277, 2012.
20)Keizo Yuasa, Go Futamatsu, Tsuyoshi Kawano, Masaki Muroshita, Yoko Kageyama, Hiromi Taichi, Hiroshi Ishikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase paired basic amino acid-cleaving enzyme 4 is required for chondrogenic differentiation in ATDC5 cells, The FEBS Journal, Vol.279, No.21, 3997-4009, 2012.
21)Hiroshi Hagino, Toshiyuki Takano, Masao Fukunaga, Masataka Shiraki, Toshitaka Nakamura and Toshio Matsumoto : Eldecalcitol reduces the risk of severe vertebral fractures and improves the health-related quality of life in patients with osteoporosis., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.31, No.2, 183-189, 2012.
22)Akio Kuroda, Tetsuyuki Yasuda, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Ryuichi Kasami, Kazuyuki Miyashita, Sumiko Yoshida, Eri Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Taka-Aki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Toshio Matsumoto, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa : Carbohydrate-to-Insulin Ratio Is Estimated from 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetes Patients Who Use the Insulin Pump., Diabetes Technology & Therapeutics, Vol.14, No.11, 1077-1080, 2012.
23)Yasushi Nakagawa, Ohigashi Izumi, Nitta Takeshi, Sakata Mie, Tanaka Keiji, Murata Shigeo, Kanagawa Osami and Yousuke Takahama : Thymic nurse cells provide microenvironment for secondary T cell receptor rearrangement in cortical thymocytes, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.109, No.50, 20572-20577, 2012.
24)Akihiko Tsuji, Shiori Sato, Ayumi Kondo, Keiko Tominaga and Keizo Yuasa : Purification and characterization of cellulase from North Pacific krill (Euphausia pacifica). Analysis of cleavage specificity of the enzyme., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.163, No.3-4, 324-333, 2012.
25)Takeshi Nitta, Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : The development of T lymphocytes in fetal thymus organ culture., Methods in Molecular Biology, Vol.946, 85-102, 2013.
26)A Rodriguez-Mateos, Akari Ishisaka, Kazuaki Mawatari, Alberto Vidal-Diez, Jeremy Spencer and Junji Terao : Blueberry intervention improves vascular reactivity and lowers blood pressure in high fat, high cholesterol fed rats, British Journal of Nutrition, Vol.109, No.10, 1746-1754, 2013.
27)Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Chika Ikeda, Marie Haruna, Arisa Ochi, Rie Mukai, Motoko Oarada, Shigetada Kondo, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Isoflavones derived from soy beans prevent MuRF1-mediated muscle atrophy in C2C12 myotubes through SIRT1 activation., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.59, No.4, 317-324, 2013.
28)Akihiko Tsuji, Kana Tsukamoto, Keiko Iwamoto, Yuka Ito and Keizo Yuasa : Enzymatic characterization of germination-specific cysteine protease-1 expressed transiently in cotyledons during the early phase of germination., The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.1, 73-83, 2013.
29)Inoue Junji, Y Ueda Yuuki, Bando Tetsuya, Taro Mito, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : The expression of LIM-homeobox genes, Lhx1 and Lhx5, in the forebrain is essential for neural retina differentiation., Development Growth & Differentiation, Vol.55, No.7, 668-675, 2013.
30)Hirotsugu Kurobe, Takashi Tominaga, Mikio Sugano, Yasunobu Hayabuchi, Yoshiyasu Egawa, Yousuke Takahama and Tetsuya Kitagawa : Complete but not partial thymectomy in early infancy reduces T-cell-mediated immune response: three-year tracing study after pediatric cardiac surgery., Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.145, No.3, 656-662, 2013.
31)Tetsuya Bando, Yoshiyasu Ishimaru, Takuro Kida, Yoshimasa Hamada, Yuji Matsuoka, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Analysis of RNA-Seq data reveals involvement of JAK/STAT signalling during leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.140, No.5, 959-964, 2013.
32)Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Sachiko Kagawa, Shohei Kohno, Arisa Ochi, Kenro Utsunomiya, Atsuko Sakai, Ayako Maita, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Yoichi Maekawa, Junji Terao, Edward M. Mills and Takeshi Nikawa : Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice., Diabetes, Vol.62, No.6, 1957-1969, 2013.
33)Koichiro Hada, Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Keizo Yuasa and Akihiko Tsuji : Engineering of α1-antitrypsin variants with improved specificity for the proprotein convertase furin using site-directed random mutagenesis, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.26, No.2, 123-131, 2013.
34)Rika Kuriwaka-Kido, Shinsuke Kido, Yuka Miyatani, Yuji Ito, Takeshi Kondo, Takashi Omatsu, Bingzi Dong, Itsuro Endo, Ken-ichi Miyamoto and Toshio Matsumoto : Parathyroid hormone (1-34) counteracts the suppression of interleukin-11 expression by glucocorticoid in murine osteoblasts: a possible mechanism for stimulating osteoblast differentiation against glucocorticoid excess., Endocrinology, Vol.154, No.3, 1156-1167, 2013.
35)Kohta Ohnishi, Shinya Ohkura, Erina Nakahata, Akari Ishisaka, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Taiki Mori, Takeshi Ishii, Tsutomu Nakayama, Noriyuki Kioka, Yasutaka Ikeda, Minoru Akiyama, Kazuhiro Irie, Akira Murakami and Shinya Matsumoto : Non-specific protein modification by a phytochemical induce heat shock response for self-defense., PLoS ONE, Vol.8, No.3, e58641, 2013.
36)Mari Kotosai, Sachiko Shimada, Mai Kanda, Namiko Matsuda, Keiko Sekido, Yoshibumi Shimizu, Akira Tokumura, Toshiyuki Nakamura, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Plasma HDL reduces nonesterified fatty acid hydroperoxides originating from oxidized LDL., Lipids, Vol.48, No.6, 569-578, 2013.
37)Hiroshi Hagino, Masataka Shiraki, Masao Fukunaga, Tetsuo Nakano, Kunio Takaoka, Yasuo Ohashi, Toshitaka Nakamura and Toshio Matsumoto : Number and severity of prevalent vertebral fractures and the risk of subsequent vertebral fractures in Japanese women with osteoporosis: results from the minodronate trial., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.31, No.5, 544-550, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Junji Terao : Development of singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method. 3. Measurements of the SOAC values for phenolic antioxidants., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.32, 7905-7916, 2012.
2)逵 牧子, 寺本 忠司, 守山 隆敏, 横井川 久己男 : ペトリフイルムを用いる食品中の乳酸菌の生菌数測定, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.26, No.1, 1-6, 2012年.
3)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, Peptide Scinece 2012, Vol.2012, 165-166, 2013.
4)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor protein and their identification, Peptide Science 2012, Vol.2012, 31-32, 2013.
5)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, Peptide Science 2012, Vol.2012, 13-14, 2013.
6)Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, Peptide Science 2012, Vol.2012, 135-136, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

1)Hideaki Morita, Ichiro Nomura, Kanami Orihara, Koichi Yoshida, Akira Akasawa, Hiroshi Tachimoto, Yoshikazu Ohtsuka, Yoshiyuki Namai, Masaki Futamura, Tetsuo Shoda, Akio Matsuda, Norio Kamemura, Hiroshi Kido, Takao Takahashi, Yukihiro Ohya, Hirohisa Saito and Kenji Matsumoto : Antigen-specific T-cell responses in patients with non-IgE-mediated gastrointestinal food allergy are predominantly skewed to T(H)2., The Journal of Allergy and Clinical Immunology, Vol.131, No.2, 590-592, 2012.

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)木戸 博, 千田 淳司 : インフルエンザ脳症への新たな対応策は?, インフルエンザの最新知見 Q & A 2012, 171-172, 2012年5月.
2)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 副甲状腺疾患, Medical Practice, Vol.29, 171-178, 2012年5月.
3)藤本 寛太, 浜本 芳之, 松岡 敦子, 森 可南子, 龍岡 久登, 河崎 祐貴子, 本庶 祥子, 山田 正三, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 越山 裕行 : 家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討, 日本内分泌学会雑誌, Vol.88, No.Suppl. June, 11-14, 2012年6月.
4)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : [New approved drugs for osteoporosis in Japan]., Clinical Calcium, Vol.22, No.6, 870-876, 2012年6月.
5)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Effects of Statins on Cardiorenal Syndrome., International Journal of Vascular Medicine, Vol.2012, 162545, Jun. 2012.
6)木戸 博, 高橋 悦久, 水野 大, 木本 貴士, Indalao L Irene, 鈴木 悟 : マクロライド薬によるインフルエンザ感染時の粘膜免疫増強作用, 臨床と微生物, Vol.39, No.4, 331-335, 2012年7月.
7)鈴木 宏一, 亀村 典生, 多田 仁美, 窪田 賢司, 澤淵 貴子, 木戸 博 : 低侵襲性高感度マルチ抗原アレルギー診断チップの開発, アレルギーの臨床, Vol.32, No.54, 331-335, 2012年7月.
8)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ビタミンDの代謝, ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 26-33, 2012年7月.
9)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 活性型ビタミンD3製剤の治療上の注意点, ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 252-259, 2012年7月.
10)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : エルデカルシトールの開発の経緯, ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 260-269, 2012年7月.
11)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : エルデカルシトールの使用上の注意点, ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 294-301, 2012年7月.
12)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 新規活性型ビタミンD誘導体エルデカルシトールの副作用としての高Ca血症・高Ca尿症の頻度や程度は従来の活性型ビタミンD3製剤とは違いますか?, ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 326-331, 2012年7月.
13)高田 健介, 高浜 洋介 : 獲得免疫, カラー版 内科学, 374-379, 2012年7月.
14)木戸 博 : 体内酵素が制御するインフルエンザウイルス感染と感染の重症化, 感染·炎症·免疫, Vol.42, No.2, 36-44, 2012年7月.
15)吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 : AIP遺伝子と下垂体腫瘍 (特集 内分泌腫瘍発症機構に迫る) -- (生殖細胞変異), ホルモンと臨床, Vol.60, No.8, 627-632, 2012年8月.
16)Akira Otaka, Kohei Sato, Hao Ding and Akira Shigenaga : One-pot/sequential native chemical ligation using N-sulfanylethylanilide peptide, Chemical Record, Vol.12, No.5, 479-490, Aug. 2012.
17)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ビタミンDの骨と免疫への作用, 医学のあゆみ, Vol.242, No.9, 751-757, 2012年9月.
18)木戸 博, 亀村 典生, 多田 仁美, 日吉 峰麗 : 唾液を用いたアレルギー診断の新技術と今後の展望, 月刊バイオインダストリー, Vol.29, No.10, 42-47, 2012年10月.
19)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, 有機合成化学協会誌, Vol.70, No.10, 1054, 2012年10月.
20)木戸 博 : 肺サーファクタントの新たな医学応用の可能性ー粘膜アジュバントへの応用とワクチン開発ー, 日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌, Vol.43, 1-8, 2012年10月.
21)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 活性型ビタミンD3およびその誘導体, Medical Practice, Vol.29, No.11, 1949-1953, 2012年11月.
22)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ビスホスホネート製剤, Medicina, Vol.49, No.11, 348-350, 2012年11月.
23)木戸 博, 高橋 悦久, 山根 一彦, 日吉 峰麗 : インフルエンザ感染の重症化機序と治療の最新知見, 大阪府内科医会会誌, Vol.21, No.2, 146-151, 2012年11月.
24)木戸 博, 高橋 悦久, Indalao L Irene, 山根 一彦, 日吉 峰麗 : インフルエンザの重症化, 臨床と微生物, Vol.39, No.6, 720-724, 2012年11月.
25)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 副甲状腺, 内分泌代謝専門医ガイドブック, 56-57, 2012年11月.
26)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : [Space flight/bedrest immobilization and bone. Bisphosphonate and the loss of bone mineral due to space flight or prolonged bed rest]., Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1863-1870, 2012年12月.
27)木戸 博, 高橋 悦久, I.L Indalao, 山根 一彦 : インフルエンザ脳症の重症化メカニズムと対策, 呼吸器内科, Vol.22, No.6, 553-560, 2012年12月.
28)木戸 博, 高橋 悦久, 片岡 宏介, 水野 大, 木本 貴士, 藤本 知佐, Indalao L Irene : インフルエンザ感染症における粘膜免疫とその制御による治療効果の増強, 新薬と臨床, Vol.61, No.12, 2459-2470, 2012年12月.
29)木戸 博, 高橋 悦久, 片岡 宏介, 水野 大, 木本 貴司, 藤本 知佐, Indarao L. Irene : インフルエンザ感染症における粘膜免疫とその制御による治療効果の増強, 新薬と臨床, Vol.61, No.12, 2459-2470, 2012年12月.
30)木戸 博, 高橋 悦久, Irene L. Indarao, 山根 一彦 : インフルエンザ脳症の重症化メカニズムと対策, 呼吸器内科, Vol.22, No.6, 553-560, 2012年12月.
31)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : BSAP(骨型ALP), 日本臨牀, Vol.71, No.supple, 258-260, 2013年.
32)木戸 博, 高橋 悦久, 山根 一彦 : インフルエンザの生体防御, 感染症内科, Vol.1, No.6, 544-551, 2013年.
33)木戸 博, 高橋 悦久, 堺 聡子 : ウイルス性気道感染症における粘膜免疫の重要性, 感染と抗菌薬, Vol.16, No.4, 361-367, 2013年.
34)木本 貴司, 水野 大, 堺 聡子, 木戸 博 : 肺サーファクタント由来人工合成粘膜アジュバントSF-10の感染防御効果と液性・細胞性免疫誘導効果「の検討, 日本肺サーファクタント・界面医学界雑誌, Vol.44, 59-61, 2013年.
35)板東 哲哉, 三戸 太郎, 野地 澄晴, 大内 淑代 : 脚再生の分子メカニズム, --- 再生芽誘導とサイズの決定について ---, 実験医学, Vol.32, No.1, 15-21, 2013年1月.
36)木戸 博, 多田 仁美, 亀村 典生, 窪田 賢司, 鈴木 宏一 : アレルゲン特異IgE抗体の新しい測定方法 3. Diamond-Like Carbon を用いた新規高感度アレルゲンマイクロアレイの多項目抗原特異的IgE測定, アレルギー・免疫, Vol.20, No.1, 56-62, 2013年1月.
37)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 現在開発中あるいは今後開発される予定の骨粗鬆症治療薬にはどのようなものがありますか?, 骨粗鬆症治療, Vol.12, No.2, 67-70, 2013年2月.
38)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 開発中の薬剤, Hormone Frontier in Gynecology, Vol.20, No.3, 51-56, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional abnormality of peripheral CD8 T cells in β5t-deficient mice, The 99th AAI Annual Meeting IMMUNOLOGY, Boston, May 2012.
2)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional abnormality of peripheral CD8 T cells in beta5t-deficient mice, The 99th American Association of Immunologists Annual Meeting, May 2012.
3)Yousuke Takahama : Thymic cortical epithelial cells for T cell repertoire formation, The 99th AAI Annual Meeting IMMUNOLOGY, Boston, May 2012.
4)Yousuke Takahama : The thymic cortex and positive selection of T cells, Thymus Symposium, May 2012.
5)Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilides as a Versatile Chemical Device for Protein Chemistry, 2012 SNU Symposium on Medicinal Chemistry, Seoul, May 2012.
6)Michiyuki Kasai and Yousuke Takahama : TOWARDS THE ESTABLISHMENT OF FUNCTIONALLY COMPETENT THYMIC EPITHELIAL CELL LINES, The 3rd Workshop of Synthetic Immunology, Kyoto, May 2012.
7)Michiyuki Kasai and Yousuke Takahama : Towards the establishment of functionally competent thymic epithelial cell lines, The 3rd Workshop of Synthetic Immunology 2012, 11, May 2012.
8)T Fukui, N Fukuhara, H Nishioka, N Kobayashi, N Inoshita, N Yoshida, H Suzuki, A Takeshita, Y Takeuchi, Shozo Yamada, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto : Clinical and histological characteristics of giant GH producing pituitary adenomas, The Joint 15th International Congress of Endocrinology and the 14th European Congress of Endocrinology- ICE/ECE2012, May 2012.
9)Yousuke Takahama : T lymphocyte repertoire formation in thymic microenvironments, 3rd International Conference Advances in Microbiology and Immunology, ウランバートル, Jun. 2012.
10)Enkhsaikhan Lkhagvasuren and Yousuke Takahama : Heterogenesity in medullary thymic epithelial cells A2147G is the most prevalent mutation among clarithromycin resistant, 3rd International Conference Advances in Microbiology and Immunology, ウランバートル, Jun. 2012.
11)Akio Kuroda, YASUDA TETSUYUKI, TAKAHARA MITSUYOSHI, SAKAMOTO FUMIE, KASAMI RYUUICHI, MIYASHITA KAZUYUKI, MATSUOKA TAKA-AKI, Sumiko Yoshida, KONDO ERI, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, KANETO HIDEAKI, Toshio Matsumoto, SHIMOMURA IICHIRO and Munehide Matsuhisa : Carbohydrate-to-Insulin Ratio is Calculated to be 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients Who Are on Insulin Pump Therapy, American Diabetes Association 72nd Scieentific Sessions, Philadelphia, Jun. 2012.
12)Naoki Shimojo, Norio Kamemura, Morita Yoshinori, Tada Hitomi, Kubota Kenji, Mineyoshi Hiyoshi, Suzuki Koichi, Ichioka Takao, Kohno Yoichi and Hiroshi Kido : Allergen sensitization develops in utero: analysis of allergen-specific antibodies by a highly-sensitive new allergen microarray, European Academy of Allergy and Clinical Immunology Congress 2012, Jun. 2012.
13)Taro Nakamura, Taro Mito, Tetsuya Bando and Sumihare Noji : Role of Wnt and BMP signaling pathways in the regional specification of early blastoderm in the cricket Gryllus bimaculatus,, 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
14)Tetsuya Bando, Yoshimasa Hamada, Taro Nakamura, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dachsous/Fat signaling via Hippo/Salvador/Warts pathway regulates cell proliferation and pattern formation during leg regeneration in the cricket, 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
15)Taro Mito, Nakamura Taro, Bando Tetsuya, Watanabe Takahito and Sumihare Noji : Exploring mechanisms of embryonic patterning in Gryllus bimaculatus, a hemimetablous insect model system, [Symposium: From embryo to metamorphosis: Genes for insect development (Organizers: Sumihare Noji and Martin Klingler)], 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
16)Rie Mukai, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Antioxidative flavonoid quercetin suppresses disused muscle atrophy, Society for Free Radical Research International, London, Sep. 2012.
17)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Hiroyo Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions, Australian & New Zealand Bone & Mineral Society 22th Annual Scientific Meeting with 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research meeting, Perth, Australia., Sep. 2012.
18)Takeshi Kondo, Omatsu Takashi, Dong Bingzi, Ohnishi Yukiyo, Aizawa Shin-ichi, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto : Interleukin(IL)-11 is required for mechanical stress-induced bone formation, Australian and New Zealand Bone and Mineral Society, Gold Coast, Sep. 2012.
19)Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Kenzo Asaoka, Toshio Matsumoto, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : RelB attenuates the activation of the classical NF-κB pathway to facilitate osteoblastogenesis, ANZBMS Annual Scientific Meeting, Perth, Sep. 2012.
20)Akira Otaka : Chemical Protein Synthesis Using N-Sulfanylethylanilide Peptide, The 14th Akabori Conference, Niseko, Japan, Sep. 2012.
21)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Development of novel antagonistic peptide for CXCL14 receptor, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012.
22)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide peptide-mediated one-pot multi-fragment condensation, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012.
23)Masahiro Hiasa, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : RelB attenuates the activation of the classical NF-kB pathway to facilitate osteoblastogenesis, Sep. 2012.
24)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Efficient production of knockout crickets using custom designed nucleases, ZFNs and TALENs, FASEB Science Research Conferences: Genome Engineering; Research & Applications, Lucca, Italy, Sep. 2012.
25)Akira Otaka, Kohei Sato, Hao Ding and Akira Shigenaga : N-Sulfanylethylanilide peptide for peptide engineering, The Sixth Peptide Engineering Meeting, Atlanta, Oct. 2012.
26)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, H Mori, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01, 34th ASBMR meeting, Minneapolis, MN, USA., Oct. 2012.
27)Masahiro Hiasa, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Harada Takeshi, Fujii Shirou, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 suppresses BMP-2 signaling as a common inhibitory mediator of osteoblastogenesis in myeloma, ASBMR 2012 Anuual Meeting, Minneapolis, Oct. 2012.
28)Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
29)Akira Otaka : Development of ``Tracable Linker''for Protein Idebtification Using Stimulus-responsive Amino Acid, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
30)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Hadley W. Horch, Naoya Hamaguchi, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji and Taro Mito : Gene knockout in a hemimetabolous insect Gryllus bimaculatus by nontransgenic genome modification with zinc-finger and TALE nucleases, Asia-Pacific Developmental Biology Conference, Taipei, Taiwan, Oct. 2012.
31)Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Eicosapentaenoic acid administration ameliorates cardiac remodeling in humans and protects against Ang II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress in mice., American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
32)Yousuke Takahama : Aire+ thymic medullary epithelial cells originate from beta 5t+ progenitor cells, ThymUS International Conference, Nov. 2012.
33)Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Kazuya Kondo, Nomura Yoshiko, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji : Increased Hassalls Corpuscles In Myasthenia Gravis Patients Carrying Thymic Hyperplasia, 11th International congress of neuroimmunology, Nov. 2012.
34)Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masataka Sata, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki : Heparin Cofactor II Promotes Angiogenesis in Response to Ischemic Hindlimb via an AMPK-eNOS-dependent Manner, American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
35)Taisuke Nakayama, Hirotsugu Kurobe, Noriko Sugasawa, Hajime Kinoshita, Mayuko Higashida, Yuki Matsuoka, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Mie Sakata, Mark Webster Maxfield, Yousuke Takahama, Masataka Sata, Toshiaki Tamaki, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Role of Macrophage-derived Hif-1a as a Mediator of Vascular Remodeling, American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
36)Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Androgen Receptor is Required for Cellular Survival and Angiogenesis in Response to Ischemia via Activation of VEGF Receptor Signaling Pathway Regardless of Sex, American Heart Association Scientific Session 2012, Nov. 2012.
37)Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Takeshi Kondo, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto : Diabetes Spoils the Favorable Effect of HDL-Cholesterol on Endothelial Function in the Elderly with Cardiovascular Risk Factors, American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
38)Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Harada Takeshi, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, 12th Int'l Meeting on Cancer Induced Bone Disease, Lyon, Nov. 2012.
39)Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Watanabe ken-ichiro, Nakamura Shingen, Harada Takeshi, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, 12th CIBD International Meeting on Cancer Induced Bone Disease (CIBD) Lyon, Nov. 2012, Nov. 2012.
40)Yousuke Takahama : T cell repertoire formation in the thymus, 3rd International Thymic Malignancy Interest Group Annual Meeting, Nov. 2012.
41)Takai C., Yasushi Nakagawa, Kazuya Kondo and Yousuke Takahama : Microarray analysis for CD classification of thymic epithelial cell subpopulations, 3rd International Thymic Malignancy Interest Group Annual Meeting, Nov. 2012.
42)Junji Terao : Effect of prenylation on the bioavailability of dietary flavonoids, Annual Conference ofISNFF2012, Hawaii, Dec. 2012.
43)Rie Mukai, Horikawa Hitomi, Fujikura Yutaka, Kaeko Murota, Kawamura Tomoyuki, Hisao Nemoto and Junji Terao : Effect of prenylation on the bioavailability of dietary flavonoids, The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods, Dec. 2012.
44)Yousuke Takahama : Thymic microenvironments for T cell repertoire formation, Centennial of Hashimoto Disease International Symposium, Dec. 2012.
45)Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto : Profile of microRNA inhuman saliva, Asean Plus Tokushima Joint International Conference, Dec. 2012.
46)Ryota Amachi, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, S Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : An acidic milieu suppresses DR4 editing to cause myeloma resistance to TRAIL, ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, Yogjakarta, Indonesia, Dec. 2012.
47)T Harada, Shuji Ozaki, A Oda, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Hirofumi Shibata, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ri, S Iida, Y Shiotsu, S Kawai, H Yamada-Okabe and Toshio Matsumoto : Combination Therapy of a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody Plus Lenalidomide Induces Marked Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Inhibits the Clonogenic Potential of Myeloma Cancer Stem-Like Cells., 54th ASH Annual Meeting and Exposition, USA, Atlanta, Dec. 2012.
48)Harada Takeshi, Ozaki Shuji, Oda Asuka, Iwasa Masami, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Shibata Hironobu, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Ito Kohji, Ri Masaki, Iida Shinsuke, Shiotsu Yukimasa, Kawai Shigeto, Yamada-Okabe Hisafumi and Toshio Matsumoto : Combination therapy of a defucosylated anti-HM1.24 monoclonal antibody plus Ienalidomide induces marked antibody-dependent cellular cytotoxicity and inhibits the clonogenic potential of myeloma cancer stem-like cells. Atlanta, Dec. 2012., The 54th Annual Meeting of the American Society of Hamatology, Dec. 2012.
49)遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 福本 誠二 : FGF(), 厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 ホルモン受容機構異常に関する調査研究 平成24年度班会議 東京都 2013年1月, 2013年1月.
50)Yousuke Takahama : Development and developmental potential of cTECs, The Second Immunology Symposium of The University of TokushimaImmune Development, Deviation, and Regulation, Jan. 2013.
51)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Thymoproteasome-dependent positive selection conditions cytokine reactivity of mature CD8 T cells., The Second Immunology Symposium of The University of Tokushima Immune System Development, Deviation, and Regulation, Jan. 2013.
52)Yousuke Takahama : Attacking the endocrine system: what is AIRE doing?, Society for Endocrinology BES 2013, Mar. 2013.
53)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai and Junji Terao : Attenuation of monoamine oxidase-A activity and its expression level in the brain as possible mechanism of antidepressant-line action of flavonoids., The 17th Biennial Meeting of Society for free radical international, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管内皮機能制御における血圧関連指標の意義, 日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
2)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介して心臓リモデリングを抑制する, 日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
3)倉橋 清衛, 伊藤 太二, 野村 明利, 宮本 千伸, 津川 和江, 森 智 子, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 膵β細胞におけるグルコース応答性インスリン分泌低下に小胞体膜の流動性変化と小胞体ストレスが応答が影響する, 第55回日本糖尿病学会学術集会, 2012年5月.
4)本田 壮一, 小原 聡彦, 新谷 保実, 吉本 勝彦 : 溺死した糖尿病2症例の検討-津波対策を含めて-, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
5)秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例, 第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
6)上野 裕子, 堀筋 富士子, 森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 湯浅 智之, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導, 第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
7)鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 : 粥状動脈硬化病変を呈した高Lp(a)血症合併糖尿病の姉妹例, 第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
8)一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
9)河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるPACE4の基質の同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
10)西山 奈見, 造田 莉沙, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
11)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞の分化促進作用, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
12)向井 理恵, 堀川 瞳, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニル化フラボノイドによる廃用性筋萎縮の予防, 第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
13)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の進歩, 中外骨粗鬆症セミナー, 2012年5月.
14)中村 教泰, 林 幸壱朗, Aziz Awaad, 三木 浩和, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術を用いた近赤外蛍光ナノプローブの作製とユニバーサル蛍光イメージング, 第7回日本分子イメージング学会学術集会, 2012年5月.
15)李 悦子, 瀧本 朋美, 松本 真弓, 石井 博之, 福森 泰雄, 尾崎 修治, 竹内 恭子, 松本 俊夫 : 亜型遺伝子AelおよびAx03を同時に保有していた非常にまれな亜型症例, 第60回日本輸血・細胞治療学会総会, 2012年5月.
16)Taro Nakamura, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Regulation of orthodenticle and Wnt/Cad signaling pathway in anterior-posterior axis patterning during cricket early embryogenesis, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
17)Tetsuya Bando, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Angiomotin regulates cell proliferation cooperatively with Expanded and Merlin during leg regeneration in Gryllus bimaculatus, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
18)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, 三戸 太郎, 大内 淑代, Takashi Yamamoto, 野地 澄晴 : Efficient production of knockout crickets using zinc-finger nucleases, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
19)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, 第101回有機合成シンポジウム2012年【春】, 2012年6月.
20)山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
21)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
22)Lkhagvasuren Enkhsaikhan and Yousuke Takahama : Molecular heterogeneity in medullary thymic epithelial cells, 第11回四国免疫フォーラム, Jun. 2012.
23)大黒 由加里, 中村 信元, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 三木 浩和 : 腰痛と副腎不全症状で発症した両側副腎原発DLBCLの1例, 日本内科学会第106回四国地方会, 2012年6月.
24)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : インクレチン関連薬を用いた周術期血糖管理の有用性, 第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
25)遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 : Werner症候群に伴う糖尿病の治療経過, 第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
26)Yauhen Bandaruk, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 脳内セロトニン代謝とフラボノイド:マウス脳ミトコンドリアのmonoamine oxidase-A活性阻害の評価, 第12回AOB研究会, 2012年6月.
27)大東 いずみ, 高浜 洋介 : 胸腺皮質上皮細胞特異的b5t遺伝子座にCreをノックインしたマウスの作製, 第22回 Kyoto T Cell Conference, 2012年7月.
28)高田 健介, 高浜 洋介 : β5t欠損マウスにおける末梢CD8T細胞の機能異常, 第21回 Kyoto T Cell Conference, 2012年7月.
29)辻 明彦, 佐藤 しおり, 富永 景子, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : アミエビセルラーゼの基礎と応用研究, 日本生物工学会西日本支部第2回講演会, 2012年7月.
30)天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸性環境は骨髄腫細胞にDR4 の発現抑制とcFLIP の活性化を惹起しTRAIL に対する抵抗性を獲得させる, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 259, 2012年7月.
31)尾松 卓, 近藤 剛史, 董 冰子, 大西 幸代, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : PKCδは骨再構築系の制御に重要である, 第30回日本骨代謝学会学術総会, 2012年7月.
32)近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : インターロイキン(IL)-11は力学的負荷による骨形成促進に必要である, 第30回日本骨代謝学会学術総会, 2012年7月.
33)松本 俊夫 : ビスホスホネート治療の新たな展開, 第30回骨代謝学会学術集会ランチョンセミナー, 2012年7月.
34)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : Diabetes abolishes protective effect of HDL-cholesterol against endothelial dysfunction., 第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2012年7月.
35)日浅 雅博, 安倍 正博, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 淺岡 憲三, 松本 俊夫, 林 良夫, 石丸 直澄 : RelBは古典的NF-κB経路の活性化を阻害し骨芽細胞分化を正に制御する, 第30回日本骨代謝学会, 2012年7月.
36)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : 血管形態と機能解析からみた 頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用, 第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会: シンポジウム11 心・血管病の性差, 2012年7月.
37)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : シンポジウム11 心・血管病の性差:血管形態と機能解析からみた頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用, 第44回日本動脈硬化学会・学術総会/ヒルトン福岡シーホーク, 2012年7月.
38)松本 俊夫 : 骨代謝治療薬としての新規活性型ビタミンD製剤の位置づけ, 第30回日本骨代謝学会集会シンポジウム4, 2012年7月.
39)松本 俊夫 : 宇宙飛行に伴う骨量減少とその防止対策, 第30回日本骨代謝学会学術集会JAXA共催シンポジウム, 2012年7月.
40)松本 俊夫 : 骨代謝治療薬としての新規活性型ビタミンD製剤の位置づけ, 第30回日本骨代謝学会集会シンポジウム4, 2012年7月.
41)渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 天知 良太, 日浅 雅博, 中村 信元, 遠藤 逸郎, 森 裕史, 田中 栄二, 松本 俊夫 : カテプシンK 阻害剤KK1-300-01 は骨髄腫骨病変部の骨破壊を抑制し骨形成を惹起する, 第30回日本骨代謝学会学術大会, 217, 2012年7月.
42)薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 羽田 勝, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 高齢社会を担う地域育成型歯学教育:専門教育終了時の授業アンケートから考察される教育効果, 第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会プログラム・抄録集, 124, 2012年7月.
43)河上 真緒, 杉本 明日奈, 杉本 明日奈, 堀川 絵里子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 診療室で行う総合模型実習の試み, 第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会, 2012年7月.
44)松本 俊夫 : RANKLシグナルと癌の骨病変, 第30回日本骨代謝学会学術集会ランチョンセミナー9, 2012年7月.
45)原田 武志, 尾崎 修治, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 柴田 泰伸, 重清 俊雄, 岡田 直人, 長尾 多美子, 鈴木 麗子, 先山 正二, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 徳島県のエイズ拠点病院におけるHIV感染症及び後天性免疫不全症候群の現状, 第245回徳島県医学会学術総会, 2012年7月.
46)高橋 悦久, 奥村 裕司, Indalao L Irene, 木葉 敬子, 木戸 博 : II型膜結合型プロテアーゼMSPL/TMPRSS13-KOマウスにおける高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の感染病態解析, 第17回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2012年8月.
47)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質完全化学合成∼ケミストによるタンパク質医薬品開発を目指して∼, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, 2012年8月.
48)丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-チオプロリンを用いたDual-kinetic NCL法の開発, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, 2012年8月.
49)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, アステラス製薬シンポジウム, 2012年8月.
50)辻 明彦, 福元 淳生, 湯浅 恵造 : オリゴペプチダーゼBにおけるベータープロペラドメインと触媒ドメインの相互作用解析-触媒ドメインの安定化に重要な塩橋の同定, 第17回日本病態プロテアーゼ学会, 2012年8月.
51)寺尾 純二 : 「筋萎縮を予防する機能性フラボノイド誘導体の評価」, 日本宇宙生物科学会2013年度大会, 2012年9月.
52)高浜 洋介 : 胸腺微小環境と自己免疫性涙腺異常, 第21回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2012年9月.
53)重永 章, 大髙 章 : ''化学''でペプチド・タンパク質をあやつる, 第28回若手化学者のための化学道場, 2012年9月.
54)白河 綾, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 副腎不全症状を呈し,診断に苦慮した両側副腎B細胞リンパ腫の1例, 第12回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2012年9月.
55)松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 野村 芳子, 高浜 洋介, 梶 龍兒 : 重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 第24回日本神経免疫学会, 2012年9月.
56)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 高尿酸血症は頸動脈プラークおよび血管抵抗を亢進させる, 第35回日本高血圧学会総会, 423, 2012年9月.
57)松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 野村 芳子, 高浜 洋介, 梶 龍兒 : 重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 第24回日本神経免疫学会学術集会, 2012年9月.
58)横井川 久己男 : 徳島大学での農芸化学的研究と大腸菌O157に関する研究の今後, 日本農芸化学会中四国支部創立10周年記念シンポジウム講演要旨集, 14, 2012年9月.
59)李 悦子, 瀧本 朋美, 松本 真弓, 前田 和寿, 尾崎 修治, 三木 浩和, 松本 俊夫 : 血液型検査から無症候性の低ガンマグロブリン血症が判明し,周産期の感染予防に貢献し得た一例, 第57回日本輸血・細胞治療学会中国四国地方会, 2012年9月.
60)松本 俊夫 : 宇宙飛行に伴う骨量減少とその防止対策, 市民公開講演会「震災後の我が国における宇宙開発のあり方」, 2012年9月.
61)松本 俊夫 : 骨粗鬆症治療の進歩と高齢者の骨折予防, 平成24年度日本内科学会生涯教育講演会, 2012年9月.
62)渡辺 崇人, 中井 綾, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : ZFN/TALENを用いたフタホシコオロギにおける遺伝子改変について, 第2回ゲノム編集研究会, 2012年9月.
63)福井 崇人, 福原 紀章, 西岡 宏, 井下 尚子, 鈴木 尚宣, 竹下 章, 竹内 靖博, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 山田 正三 : GH産生巨大下垂体腺腫の臨床的および組織学的特徴の検討, 第8回 アクロメガリー フォーラム, 2012年10月.
64)松本 俊夫 : 骨粗鬆症治療の進歩, 第26回日本臨床内科医学会教育講演, 2012年10月.
65)中山 泰介, 冨田 修平, 黒部 裕嗣, 菅澤 典子, 木下 肇, 菅野 幹雄, 神原 保, 藤本 鋭貴, 北市 隆, 玉置 俊晃, 佐田 政隆, 高浜 洋介, 北川 哲也 : 小口径グラフト開存性改善を目的とする血管リモデリングにおけるマクロファージの基礎研究, 第65回日本胸部外科学会定期学術集会, 2012年10月.
66)福井 崇人, 福原 紀章, 西岡 宏, 井下 尚子, 鈴木 尚宣, 竹下 章, 竹内 靖博, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 山田 正三 : GH産生巨大下垂体腺腫の臨床的および組織学的特徴の検討, 日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012年10月.
67)Ryota Amachi, Masahiro Abe, Keiichiro Watanabe, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : An acidic milieu suppresses DR4 editing and induces p22 c-FLIP to cause myeloma resistance to TRAIL, 第74回日本血液学会学術集会, Oct. 2012.
68)Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Harada Takeshi, Fujii Shirou, Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Pim-2 acts as a common downstream mediator to suppress bone formation in myeloma., 第74回に本血液学会, Oct. 2012.
69)藤井 志朗, 安倍 正博, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 日浅 雅博, 竹内 恭子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 松本 俊夫 : Pim inhibition preferentially induces anti-myeloma activity in an acidic milien, 第74回日本血液学会学術集会, 2012年10月.
70)富永 景子, 西山 奈美, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
71)植野 勇司, 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来β-グルコシダーゼの特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
72)西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
73)Junji Terao : 「食事性フラボノイドの中枢神経系酸化ストレスに対する作用:モノアミン酸化酵素A活性の抑制」, 第1回薬食国際カンファレンス(The 1st International Conference on Pharma and Food ), Nov. 2012.
74)遠藤 逸朗, 大薗 卓也, 斉藤 光恵, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨転移に対するdenosumab 120mg皮下注後の重症低Ca血症発現の実態, 癌と骨代謝研究会, 2012年11月.
75)小田 直輝, 李 悦子, 松本 真弓, 高松 典道, 三木 浩和, 松本 俊夫 : 輸血後7日目にIgG抗E抗体を酵素法にて強く検出した一症例, 第45回中四国支部医学検査学会, 2012年11月.
76)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor proteins and their identification, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
77)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
78)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
79)Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
80)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 酸化ストレス応答型アミノ酸の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
81)向井 理恵, 嶺川 祥子, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基の導入がケルセチンの生体利用性に与える影響, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会, 2012年11月.
82)堀川 瞳, 向井 理恵, 藤倉 温, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 坐骨神経切除マウスにおける8-プレニルナリンゲニンの廃用性筋萎縮抑制効果, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
83)水口 八重子, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 筋管細胞における遊離脂肪酸ヒドロペルオキシド誘導ユビキチンリガーゼ発現に対するケルセチンの抑制作用, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
84)木戸 博 : インフルエンザ感染の重症化とその対策, 三府県内科医会合同学術講演会, 2012年11月.
85)傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質選択的ラベル化法の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
86)奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 直也, 笠松 哲司, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : 運転中の低血糖についての意識調査, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
87)岩佐 昌美, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福島 泰江, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 血糖管理基準を満たすために分割食を必要としなかった2型糖尿病合併妊娠の1例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
88)幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
89)伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : インスリン注入器に関する患者の意識調査, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
90)近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : アドレナリン優位の褐色細胞腫の術前後で持続血糖測定(CGM)により血糖変動を比較した一例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
91)近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の一例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
92)幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
93)戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 寺脇 拓, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成とタンパク質結合能の評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
94)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : リソソーム病治療薬を指向したヒトGM2活性化タンパク質誘導体の化学合成と活性評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
95)辻 耕平, 種子島 幸祐, 重永 章, 粟飯原 圭佑, 丁 昊, 傳田 将也, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14受容体の同定とそのアンタゴニストペプチドの合成, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
96)山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
97)吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 高島 啓, 山口 浩司, 松本 俊夫 : 難治性冠攣縮性狭心症を合併した無痛性甲状腺炎の1例, 第55回日本甲状腺学会学術集会, Vol.88, No.2, 516, 2012年11月.
98)松本 俊夫 : 新時代の骨粗鬆症治療, 第85回日本内分泌学会学術総会 ランチョンセミナー12, 2012年12月.
99)高橋 悦久, 奥村 裕司, Indalao L Irene, 木葉 敬子, 木戸 博 : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL/TMPRSS13 knockout mice attenuates multicycle replication of highly pathogenic avian influenza viruses, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
100)木葉 敬子, 高橋 悦久, 片岡 宏介, Indalao Lorinda Irene, 木戸 博 : Airway mucosal IgA which reduced by oseltamivir is improved by combination with Clarithromycin in mice infected with influenza A virus, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
101)黒田 暁生, 高原 充佳, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 下村 伊一郎, 金藤 秀明, 松久 宗英 : 日本人1型糖尿病患者における「500ルールとは?」, 第12回日本先進糖尿病治療研究会, 2012年12月.
102)黒田 暁生, 新居 沙央里, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例, 第12回日本先進糖尿病治療学会研究会, 2012年12月.
103)佐埜 弘樹, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 片岡 菜奈子 : 正常MRI所見を示し,ADH放出障害が主因と考えられた中枢性尿崩症の1例, 日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月.
104)松崎 苑美, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 : 血栓性微小血管障害症様の病態を示したメタボリックシンドロームの1例, 第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
105)三木 浩和, 中村 信元, 竹内 恭子, 原田 武志, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 赤芽球癆を合併した多中心性Castleman病の1例, 日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月.
106)中川 靖士, 高浜 洋介 : Microarray analysis for CD classification of thymic epithelial cell subpopulations, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
107)大東 いずみ, 高浜 洋介 : Analysis of cortical and medullary bifurcation mechanisms in thymic epithelial cells using cortical thymic epithelial cell-specific beta 5t-Cre knock-in mice, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
108)Lkhagvasuren Enkhsaikhan and Yousuke Takahama : Autoimmune regulator and lymphotoxin beta receptor affect the development of CCL21-producing medullary thymic epithelial cell, 第41回日本免疫学会学術集会, Dec. 2012.
109)笠井 道之, Ariunzaya BAT-ERDENE, 高浜 洋介 : Cell-cell contact maintains beta 5t expression in cortical thymic epithelial cells, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
110)松井 尚子, 大東 いずみ, 高浜 洋介 : Increased Hassalls Corpuscles In Myasthenia Gravis Patients Carrying Thymic Hyperplasia, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
111)Naoko Matsui, Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : Increased Hassalls corpuscles in myasthenia gravis patients carrying thymic hyperplasia, 41st Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, Dec. 2012.
112)Chisa Fujimoto, Hiroshi Kido and Noriaki Takeda : Induction and maintenance of anti-influenza antigenspecific nasal secretory IgA levels and serum IgG revuls after influenza infection in adults, 第41回日本免疫学会学術集会, Dec. 2012.
113)高田 健介, 高浜 洋介 : Functional abnormality of peripheral CD8 T cells in beta 5t-deficient mice, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
114)矢野 弘太, 高浜 洋介 : Mouse IAN4/Gimap3 encodes a functional melecule that regulate cellularity of T cells, 第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
115)高浜 洋介 : 餅は餅屋, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月.
116)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン刺激で誘導される骨芽細胞の分化機構に関する研究, 日本生化学会, 2012年12月.
117)福元 淳生, NOR ISMALIZA BINTI MOHD ISMAIL, 井上 雅広, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bにおけるβ-プロペラドメインと触媒ドメインの相互作用に重要な塩橋の同定, 第85回日本生化学大会, 2012年12月.
118)河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 内軟骨性骨化過程におけるPACE4によるproBMP6の活性化, 第85回日本生化学大会, 2012年12月.
119)一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)によるDeath-associated protein kinase-2 (DAPK2)調節機構, 第85回日本生化学大会, 2012年12月.
120)倉橋 清衛, 森 智子, 井上 寛, 小倉 淳, 津川 和江, 三宅 雅人, 井上 寛, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸による膵β細胞のインスリン分泌低下には小胞体膜流動性の変化による小胞体ストレスが関与し,PERK経路の活性化により改善される, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
121)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Generation of knockout crickets using ZFNs and TALENs, 第35回日本分子生物学会年会, Dec. 2012.
122)T Bando, Y Ishimaru, T Kida, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Molecular mechanisim of regulation of blastemal cell proliferation during leg regeneration in Gryllus bimaculatus, 第35回日本分子生物学会年会, Dec. 2012.
123)遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 福本 誠二 : FGF23関連低リン血症性疾患の全国疫学調査(最終報告), 厚生労働科学研究費補助金 難治疾患克服研究事業 ホルモン受容機構異常に関する調査研究, 2013年1月.
124)幸田 舞子, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 悪性症候群様の症状から診断されたACTH分泌低下症の一例, 第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
125)牟田口 惇, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 尿細管性アシドーシスの診断にアミノレバンが有用であった一例, 第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
126)曽我部 公子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえた褐色細胞腫の一例, 第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
127)吉本 勝彦 : 遺伝性・家族性の下垂体腫瘍の基礎と臨床, 第22回 臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
128)中島 明日香, 横井川 久己男 : 腸内細菌に対する香酸柑橘類の影響, 日本農芸化学会中四国支部第35回講演会講演要旨集, 20, 2013年1月.
129)松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 高浜 洋介, 梶 龍兒 : 重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 第32回日本胸腺研究会, 2013年2月.
130)高井 ちか子, 中川 靖士, 大岩 由香里, 藤田 結衣, 滝沢 宏光, 吉田 光輝, 川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 先山 正二, 丹黒 章, 高浜 洋介, 近藤 和也 : ヒト胸腺・胸腺腫における皮質・髄質 component の distribution, 第32回日本胸腺研究会, 2013年2月.
131)高浜 洋介 : 胸腺上皮細胞によるT細胞選択, 第9回宮崎サイエンスキャンプ, 2013年2月.
132)松田 真弥, 篠倉 悠久, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化因子の同定, 日本農芸化学会2013年大会, 2013年3月.
133)T Nakayama, Hirotsugu Kurobe, H Sugasawa, Hajime Kinoshita, M Higashida, Y Matsuoka, Y Yoshida, Y Hirata, M Sakata, Yousuke Takahama, Masataka Sata, Toshiaki Tamaki, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Macrophage-specific HIF-1a-deficient Mice Suppress Vascular Remodeling., 第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
134)Yauhen Bandaruk, 向井 理恵, 寺尾 純二 : Accumulation of flavonoids quercetin and luteolin in SH-SY5Y cells and their effects on Monoamine oxidase-A, 日本農芸化学会2014年度大会, 2013年3月.
135)折原 賢祐, 小林 久剛, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 中村 崇洋, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章, 宍戸 宏造 : Aspergillide Cの活性評価および標的タンパクの探索, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
136)大石 慶二, 竹内 久裕, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
137)菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
138)吉本 勝彦 : ホルモンとがん, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
139)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
140)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製・選択的ラベル化ツール「トレーサブルリンカー」の開発, 日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
141)横井川 久己男 : 食品製造設備の汚れに関連する微生物について, 神戸食品微生物研究会産学連携研究発表会特別講演, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)松本 俊夫 : 腫瘍と骨の相互作用 多発性骨髄腫と骨微少環境, 学術講演会「骨バイオロジーの行方」, 2012年5月.
2)松本 俊夫 : エビスタ最新の話題, Evista Web Conference, 2012年5月.
3)松本 俊夫 : 生活習慣病・ステロイド過剰と骨粗鬆症, 北九州PTH治療講演会, 2012年5月.
4)Enkhsaikhan Lkhagvasuren and Yousuke Takahama : Molecular heterogeneity in medullary thymic epithelial cells, 第11回四国免疫フォーラム, Jun. 2012.
5)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 : 心腎連関病態におけるEPA;エイコサペントエン酸の臨床的意義, 第10回徳島リスクファクター研究会, 2012年6月.
6)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の進歩, 佐賀県骨粗鬆症学術講演会, 2012年6月.
7)松本 俊夫 : 生活習慣病と骨代謝, 糖尿病の先端研究を臨床に応用するための研究会, 2012年6月.
8)松本 俊夫 : 力学的負荷による骨量代謝制御, Chiba OsteoBiology Seminar, 2012年6月.
9)松本 俊夫 : 骨粗鬆症治療の進歩と宇宙飛行に伴う骨量減少の予防宇宙で骨量減少, 整形外科長良リバーサイドフォーラム, 2012年6月.
10)松本 俊夫 : 腫瘍と骨の相互作用 多発性骨髄腫と骨微少環境, 内分泌・代謝セミナー, 2012年7月.
11)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の病態と治療Update, 第12回中高年女性の予防医学研究会イブニングセミナー, 2012年7月.
12)松本 俊夫 : 骨粗鬆症治療Update, 八王子市医師会学術講演会, 2012年7月.
13)松本 俊夫 : 骨代謝の調節機構と骨粗鬆症, 愛媛大学大学院消化器・代謝生物学コースフォーラム 第34回愛媛内分泌代謝疾患懇話会, 2012年7月.
14)天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志郎, 原田 武志, 三木 浩和, 中村 信元, 小田 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸環境は骨髄腫細胞のTRAILに対する抵抗性を増強する, 第3回骨バイオサイエンス研究会, 2012年7月.
15)松本 俊夫 : ビスホスホネートと骨粗鬆症治療, 島原市医師会学術講演会, 2012年7月.
16)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : 血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導組織壊死に対するpitavastatinの効果, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第1回班会議, 2012年8月.
17)Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Shingen Nakamura, Itsuro Endo, Hiroshi Mori, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsinK inhibitor ONO-KK1-300-01 (ONO-KK1) prevents bone destruction and restores bone formation in myeloma bone lesions, Bone Seminar, Aug. 2012.
18)松本 俊夫 : 癌の骨病変に対する治療戦略, 癌領域の骨代謝を考える会, 2012年8月.
19)松本 俊夫 : 生活習慣病・ステロイド過剰と骨粗鬆症, 第20回筑後骨代謝・骨粗鬆症研究会, 2012年8月.
20)寺尾 純二 : 「ポリフェノール研究のこれまでと未来」, 第10回高付加価値食品開発のためのフォーラム, 2012年9月.
21)寺尾 純二 : 「プレニルフラボノイドの生体利用性と筋萎縮抑制作用」, 環太平洋プロポリス研究会第1回講演会, 2012年9月.
22)松本 俊夫 : ビタミンDと骨粗鬆症治療, 第26回ROD-21研究会, 2012年9月.
23)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の病態と治療, 腰痛セミナーin城南 2012, 2012年9月.
24)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の治療戦略とエディロール, 姫路内科医会学術講演会, 2012年9月.
25)松本 俊夫 : 骨カルシウム代謝異常症の病態と診断, 第13回名古屋エンドクリン治療研究会, 2012年9月.
26)松本 俊夫 : 新時代の骨粗鬆症治療, 出雲整形外科学術講演会, 2012年10月.
27)重永 章, 山本 純, 前田 奈美, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製およびラベル化を可能とするトレーサブルリンカーの開発, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第2回若手研究者ワークショップ, 2012年10月.
28)松本 俊夫 : 骨粗鬆症の病態と治療Update, 沖縄県臨床整形外科医会 第13回教育研修会, 2012年10月.
29)渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 松本 俊夫 : リベロマイシンAによる酸性環境がもたらす骨髄腫薬剤耐性の克服と骨病変形成の制御, 第15回癌と骨病変研究会, 2012年11月.
30)遠藤 逸朗, 大薗 卓也, 齋藤 光恵, 久保田 由紀子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 骨転移に対するdenosumab 120mg 皮下注後の重傷低Ca血症発現の実態, 第15回癌と骨病変研究会, 2012年11月.
31)松本 俊夫 : 骨粗鬆症診断Update, 第10回骨粗鬆症フォーラム, 2012年11月.
32)松本 俊夫 : 新時代の骨粗鬆症治療, 運動器疾患フォーラムin Osaka, 2012年11月.
33)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 : 当院で経験したSITSHの2例, 第18回 徳島内分泌研究会, 2012年11月.
34)松本 俊夫 : 腫瘍と骨の相互作用 多発性骨髄腫と骨微少環境, 第15回最新医学研究会, 2012年11月.
35)松本 俊夫 : 骨粗鬆症治療の新たな展開, 骨粗鬆症治療講演会, 2012年11月.
36)粟飯原 圭佑, 重永 章, 辻 耕平, 佐藤 浩平, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向した多成分ペプチドフラグメント縮合法の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回若手スクール, 2012年11月.
37)松本 俊夫 : 骨代謝の調節機構と骨粗鬆症制御機構とその異常, 第5回分子内分泌代謝学セミナー, 2012年12月.
38)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : Pitavastatinは血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導 組織壊死を抑制する, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第2回班会議, 2013年1月.
39)寺尾 純二 : 「生体利用性から考えるフラボノイドの高機能化戦略」, 第1回九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム「食機能研究のフロンティア」, 2013年2月.
40)Dong Bingzi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Yukiyo Ohnishi, Masahiro Abe, Shin-ichi Yoshizawa, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto : The Effect of calcilytics on activating mutation of calcium-sensing repceptor knock-in mice model of autosomal dominant hypocalcemia, 骨とCaクラスターミニリトリート, Feb. 2013.
41)高井 ちか子, 中川 靖士, 大岩 由香理, 藤田 結衣, 滝沢 宏光, 吉田 光輝, 川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 先山 正二, 丹黒 章, 高浜 洋介, 近藤 和也 : ヒト胸腺・胸腺腫における皮質・髄質componentのdistribution, 第32回日本胸腺研究会, 2013年2月.
42)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 虚血耐性における性差非依存性のアンドロゲン受容体作用, 第5回核内受容体・ホルモン研究会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{248355}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)松本 俊夫 : 骨代謝疾患, Medic Media, 2013年4月.
2)榊原 啓之, 下位 香代子, 寺尾 純二, 武田幸作・齋藤規夫・岩科 司 編 : 植物色素フラボノイド, --- フラボノイドの薬理作用 ---, 株式会社 文一総合出版, 東京, 2013年6月.
3)向井 理恵, 二川 健, 寺尾 純二 : フラボノイドによる廃用性筋萎縮予防, 2013年10月.
4)Noriaki Minakawa and Matsuda Akira : Design,Characterization,and Application of Imidazopyridopyrimidine:Naphthyridine Base-Pairing Motifs Consisting of Four Hydroren Bonds, Springer, 2014.
5)T Boehm and Yousuke Takahama : Thymic development and selection of T lymphocytes., Springer, 2014.
6)Junji Terao, Rie Mukai, Yamashita Y., Ochi Arisa, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa : Chapter 7. Food Functions Preventing Muscle Atrophy., 2014.
7)横井川 久己男 : 食物科学概論改訂版食品の安全性 微生物による食中毒, 朝倉書店, 東京, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)吉田 守美子, 黒田 暁生, 新居 沙央里, 松本 友里, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 新たなインスリンポンプParadigm 722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1型糖尿病の1例, 糖尿病, Vol.56, No.4, 240-245, 2013年.
2)Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study., Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013.
3)Enkhsaikhan Lkhagvasuren, Mie Sakata, Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : Lymphotoxin receptor regulates the development of CCL21-expressing subset of postnatal medullary thymic epithelial cells., The Journal of Immunology, Vol.190, No.10, 5110-5117, 2013.
4)Yosuke Shikama, Naozumi Ishimaru, Yasusei Kudo, Yukiko Bandou, N Aki, Yoshio Hayashi and Makoto Funaki : Effects of Free Fatty Acids on Human Salivary Gland Epithelial Cells., Journal of Dental Research, Vol.92, No.6, 540-546, 2013.
5)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Wataru Sakamoto, Toshinobu Yogo, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : "Superparamagnetic Nanoparticle Clusters for Cancer Theranostics Combining Magnetic Resonance Imaging and Hyperthermia Treatment, Theranostics, Vol.3, No.6, 366-376, 2013.
6)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Gold Nanoparticle Cluster/Plasmon-Enhanced Fluorescent Silica Core-Shell Nanoparticles for X-Ray Computed Tomography/Fluorescence Dual-Mode Imaging of Tumors, Chemical Communications, Vol.49, 5334-5336, 2013.
7)Natsumi Shimizu, Izumi Nakako Nakajima, Takaaki Tsunematsu, Ikuko Ogawa, Hidehiko Kawai, Ryoichi Hirayama, Akira Fujimori, Akiko Yamada, Ryuichi Okayasu, Naozumi Ishimaru, Takashi Takata and Yasusei Kudo : Selective enhancing effect of early mitotic inhibitor 1 depletion on the sensitivity of doxorubicin or X-ray treatment in human cancer cells., The Journal of Biological Chemistry, 2013.
8)Emi Kawakami, Nobuhiko Kawai, Nao Kinouchi, Hiroyo Mori, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Yoshihide Sunada, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Local applications of myostatin-siRNA with atelocollagen increase skeletal muscle mass and recovery of muscle function., PLoS ONE, Vol.8, No.5, 2013.
9)Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shinsuke Kido, Ayako Nakano, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hiroe Amou, Keiichiro Watanabe, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Activating transcription factor 4, an ER stress mediator, is required for, but exce ssive ER stress suppresses osteoblastogenesis by bortezomib., International Journal of Hematology, Vol.98, No.1, 66-73, 2013.
10)Tomoki Abe, Shohei Kohno, Tomonari Yama, Arisa Ochi, Takuro Suto, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Inho Choi, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Soy Glycinin Contains a Functional Inhibitory Sequence against Muscle-Atrophy-Associated Ubiquitin Ligase Cbl-b., International Journal of Endocrinology, Vol.2013, 907565, 2013.
11)Izumi Ohigashi, Saulius Zuklys, Mie Sakata, E Carlos Mayer, Saule Zhanybekova, Shigeo Murata, Keiji Tanaka, A Georg Holländer and Yousuke Takahama : Aire-expressing thymic medullary epithelial cells originate from β5t-expressing progenitor cells., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.110, No.24, 9885-9890, 2013.
12)Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013.
13)L Jerrod Bryson, V Ann Griffith, Bernard Iii Hughes, Fumi Saito, Yousuke Takahama, R Ellen Richie and R Nancy Manley : Cell-autonomous defects in thymic epithelial cells disrupt endothelial-perivascular cell interactions in the mouse thymus., PLoS ONE, Vol.8, No.6, e65196, 2013.
14)Toshiyuki Nakamura, Ayako Noma, Sachiko Shimada, Nanase Ishii, Noriko Bando, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Non-selective distribution of isomeric cholesterol hydroperoxides to microdomains in cell membranes and activation of matrix metalloproteinase activity in a model of dermal cells., Chemistry and Physics of Lipids, Vol.174, 17-23, 2013.
15)Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa : Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
16)Kaeko Murota, Rainer Cermak, Junji Terao and Siegfried Wolffram : Influence of fatty acid patterns on the intestinal absorption pathway of quercetin in thoracic lymph duct-cannulated rats., British Journal of Nutrition, Vol.109, No.12, 2147-2153, 2013.
17)Rie Mukai, Yutaka Fujikura, Kaeko Murota, Shoko Minekawa, Naoko Matsui, Hisao Nemoto and Junji Terao : Prenylation enhances quercetin uptake and reduces efflux in Caco-2 cells and enhances tissue accumulation in mice fed long-term., The Journal of Nutrition, Vol.143, No.10, 1558-1564, 2013.
18)Kojima Takamitsu, Kazuhiro Furukawa, Maruyama Hideto, Inoue Naonori, Tarashima Noriko, Matsuda Akira and Noriaki Minakawa : PCR amplification of 4-thioDNA using 2-deoxy-4-thionucleoside 5-triphosphates, ACS Synthetic Biology, Vol.2, No.9, 529-536, 2013.
19)青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 : Sjogren症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止 : セファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究, 日本口腔科学会雑誌, Vol.62, No.4, 254-261, 2013年.
20)Hiroyuki Yotsuyanagi, Hiroyuki Makimoto, Takanobu Nimiya and Masaki Hashizume : On Detecting Delay Faults Using Time-to-Digital Converter Embedded in Boundary Scan, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E96-D, No.9, 1986-1993, 2013.
21)Taisuke Nakayama, Hirotsugu Kurobe, Noriko Sugasawa, Hajime Kinoshita, Mayuko Higashida, Yuki Matsuoka, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Mie Sakata, Mark Maxfield, Yousuke Takahama, Masataka Sata, Toshiaki Tamaki, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Role of macrophage-derived Hypoxia-Inducible Factor (HIF)-1 as a mediator of vascular remodeling, Cardiovascular Research, Vol.99, No.4, 705-715, 2013.
22)Mayumi Takahashi, Naoki Yamada, Hiroto Hatakeyama, Manami Murata, Yusuke Sato, Noriaki Minakawa, Hideyoshi Harashima and Akira Matsuda : In vitro optimization of 2'-OMe-4'-thioribonucleoside-modified anti-microRNA oligonucleotides and its targeting delivery to mouse liver using a liposomal nanoparticle., Nucleic Acids Research, Vol.41, No.22, 10659-10667, 2013.
23)Miyazawa Tadashi, Umezaki Kouhei, Tarashima Noriko, Kazuhiro Furukawa, Takashi Ooi and Noriaki Minakawa : Synthesis of a novel 1,2-dithianenucleoside via Pummerer-like reaction, followed by Vorbruggen glycosylation between a 1,2-dithiane derivative and uracil, Chemical Communications, Vol.49, 7851-7853, 2013.
24)Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Akira Takahashi : Phototropin 2 is involved in blue light-induced anthocyanin accumulation in Fragaria x ananassa fruits, Journal of Plant Research, Vol.126, No.6, 847-857, 2013.
25)橋爪 正樹, 小西 朝陽, 四柳 浩之 : 3次元実装IC内ダイ間論理信号線の断線に対する電気テスト用回路, 電子情報通信学会論文誌(C), Vol.J96-C, No.11, 361-370, 2013年.
26)Akari Ishisaka, Kyuichi Kawabata, Satomi Miki, Yuko Shiba, Shoko Minekawa, Tomomi Nishikawa, Rie Mukai, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Mitochondrial dysfunction leads to deconjugation of quercetin glucuronides in inflammatory macrophages., PLoS ONE, Vol.8, No.11, e80843, 2013.
27)弘世 貴久, 渡邉 隆宏, 綿田 裕孝, 安孫子 亜津子, 羽田 勝計, 武部 典子, 佐藤 譲, 山口 賢, 石原 寿光, 前田 朝美, 江藤 一弘, 太田 明雄, 田中 逸, 武田 貞二, 駒津 光久, 卯木 智, 前川 聡, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 池上 博司, 寺前 純吾, 花房 俊昭, 富永 貴元, 井上 康, 谷澤 幸生, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 野見山 崇, 柳瀬 敏彦, 小林 邦久, 近藤 龍也, 荒木 栄一, 石井 則夫, 井形 元雄, 久木留 大介, 本島 寛之, 河盛 隆造 : 糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討ー血糖自己測定(SMBG)を用いた評価ー, Therapeutic Research, Vol.34, No.12, 1503-1511, 2013年.
28)Jun Yamashita, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masaki Hashizume and Kozo Kinoshita : SAT-Based Test Generation for Open Faults Using Fault Excitation Caused by Effect of Adjacent Lines, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E96-A, No.12, 2561-2567, 2013.
29)Rhiannon S Jenkinson, A Joy Williams, Hyein Jeon, Jingjing Zhang, Takeshi Nitta, Izumi Ohigashi, Michael Kruhlak, Saulius Zuklys, Susan Sharrow, Anthony Adams, Larry Granger, Yongwon Choi, Ulrich Siebenlist, A Gail Bishop, A Georg Hollander, Yousuke Takahama and J Richard Hodes : TRAF3 enforces the requirement for T cell cross-talk in thymic medullary epithelial development., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.110, No.52, 21107-21112, 2013.
30)Takeshi Harada, Shuji Ozaki, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Akishige Ikegame, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Yoshiaki Kuroda, Shigeto Kawai, Kouji Itou, Hisafumi Yamada-Okabe, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Combination with a defucosylated anti-HM1.24 monoclonal antibody plus lenalidomide induces marked ADCC against myeloma cells and their progenitors., PLoS ONE, Vol.8, No.12, e83905, 2013.
31)Takeshi Harada, Shuji Ozaki, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Akishige Ikegame, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Yoshiaki Kuroda, Shigeto Kawai, Kouji Itou, Hisafumi Yamada-Okabe, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Combination with a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody plus Lenalidomide Induces Marked ADCC against Myeloma Cells and Their Progenitors, PLoS ONE, Vol.8, No.12, e83905, 2013.
32)長谷川 智一, 赤澤 友基, 永井 宏和, 北村 尚正, 石丸 直澄, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 郡 由紀子, 山本 愛美, 岩本 勉 : 幼児期の小児の口蓋に発生した血管腫の1例, 小児歯科学雑誌, Vol.52, No.3, 448-453, 2014年.
33)近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例, 糖尿病, Vol.57, No.9, 729-735, 2014年.
34)Junji Terao : Cholesterol hydroperoxides and their degradation mechanism., Sub-cellular Biochemistry, Vol.77, No.1, 83-91, 2014.
35)A Joy Williams, Jingjing Zhang, Hyein Jeon, Takeshi Nitta, Izumi Ohigashi, David Klug, J Michael Kruhlak, Baishakhi Choudhury, O Susan Sharrow, Larry Granger, Anthony Adams, A Michael Eckhaus, Rhiannon S Jenkinson, R Ellen Richie, E Ronald Gress, Yousuke Takahama and J Richard Hodes : Thymic medullary epithelium and thymocyte self-tolerance require cooperation between CD28-CD80/86 and CD40-CD40L costimulatory pathways., The Journal of Immunology, Vol.192, No.2, 630-640, 2014.
36)Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Gene knockout by targeted mutagenesis in a hemimetabolous insect, the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs., Methods, Vol.69, No.1, 17-21, 2014.
37)Hiroshi Yoshida, Tetsuya Bando, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : An extended steepness model for leg-size determination based on Dachsous/Fat trans-dimer system., Scientific Reports, Vol.4, 4335, 2014.
38)Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto : Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014.
39)Hiroto Hatakeyama, Manami Murata, Yusuke Sato, Mayumi Takahashi, Noriaki Minakawa, Akira Matsuda and Hideyoshi Harashima : The systemic administration of an anti-miRNA oligonucleotide encapsulated pH-sensitive liposome results in reduced level of hepatic microRNA-122 in mice., Journal of Controlled Release, Vol.173, 43-50, 2014.
40)Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Keijirou Tanaka, Mie Sakata, Takahiro Furukawa, Yasushi Nakagawa, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Sumimasa Yamashita, Yoshiko Nomura, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji : Increased number of Hassall's corpuscles in myasthenia gravis patients with thymic hyperplasia., Journal of Neuroimmunology, Vol.269, No.1-2, 56-61, 2014.
41)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto, Toshinari Kori and Kazunori Ishimura : Photostable Iodinated Silica/Porphyrin Hybrid Nanoparticles with Heavy-Atom Effect for Wide-Field Photodynamic/Photothermal Therapy Using Single Light Source, Advanced Functional Materials, Vol.24, No.4, 503-513, 2014.
42)Kouta Yano, Christine Carter, Naofumi Yoshida, Takaya Abe, Akiko Yamada, Takeshi Nitta, Naozumi Ishimaru, Kensuke Takada, W Geoffrey Butcher and Yousuke Takahama : Gimap3 and Gimap5 cooperate to maintain T-cell numbers in the mouse., European Journal of Immunology, Vol.44, No.2, 561-572, 2014.
43)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : The First Synthesis of Uralenol, 5'-Prenylated Quercetin via Palladium-catalyzed O-dimethylallylation Reaction with Concurrent Acetyl Migration, Synthesis, Vol.46, No.02, 170-174, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)逵 牧子, 武政 二郎, 横井川 久己男 : 食品中の大腸菌に対するマイクロ波の影響, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.27, No.3, 13-17, 2013年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

1)LI Tsu-Lin, Masaki Hashizume and Shyue-Kung LU : An Efficient Test and Repair Flow for Yield Enhancement of One-Time-Programming NROM-Based ROMs, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E96-D, No.9, 2026-2030, 2013.

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 新しい骨粗鬆症治療薬, --- エルデカルシトール ---, 臨床雑誌 内科, Vol.111, No.4, 671-676, 2013年4月.
2)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ビスホスホネート, The Lipid, Vol.24, No.4, 73-78, 2013年4月.
3)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : [Bone Structural Properties and Bone Strength. Bone architecture and strength on unloading]., Clinical Calcium, Vol.23, No.7, 1013-1019, 2013年7月.
4)橋爪 正樹 : TSV故障解析・検査法・検査容易化技術, Electronic Journal Archives, No.727, 1-58, 2013年7月.
5)Rie Mukai and Junji Terao : Role of dietary flavonoids in oxidative stress and prevention of muscle atrophy, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.2, No.4, 385-392, Nov. 2013.
6)野村 勇作, 柏木 怜, 佐藤 浩輔, 南川 典昭, 松田 彰 : 4本の水素結合対を持つ核酸塩基の設計(2), Antisense, Vol.17, No.2, 3-13, 2013年11月.
7)渡辺 崇人, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : ZFN/TALENを用いたコオロギの遺伝子ノックアウト, 細胞工学, Vol.32, No.5, 543-549, 2013年.
8)高浜 洋介 : 一次リンパ器官,胸腺,近交系マウス,ナース細胞,免疫監視,免疫トレランス,免疫プロテアソームの9項目, 岩波生物学辞典第5版, 2013年.
9)鈴木 麗子, 大和 光, 川添 和義, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 : インスリン注射により生じた皮下硬血を有する患者の実態調査とその介入の有用性の検討, プラクティス, Vol.31, No.6, 815-821, 2014年.
10)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : アレンドロ酸ナトリウム, --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 144-145, 2014年1月.
11)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : リセドロン酸ナトリウム, --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 146-147, 2014年1月.
12)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ミノドロン酸水和物, --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 148-149, 2014年1月.
13)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : エルデカルシトール, --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 150-151, 2014年1月.
14)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ラロキシフェン, --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 152-153, 2014年1月.
15)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : テリパラチド(遺伝子組換え,合成), --- 骨粗鬆症治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 154-155, 2014年1月.
16)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : レボチロキシンナトリウム, --- 甲状腺機能異常治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 156-157, 2014年1月.
17)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : チアマゾール, --- 甲状腺機能異常治療薬 ---, 重要薬マニュアル, 158-159, 2014年1月.
18)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : RANKL, 最新医学, Vol.69, No.2, 257-261, 2014年2月.
19)Shinji Iizuka, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Matrix metalloproteinases: the gene expression signatures of head and neck cancer progression., Cancers, Vol.6, No.1, 396-415, Feb. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acidic milieu suppersses histone acetylation in myeloma cells to down-regulate the TRAIL receptor DR4 expression., Kyoto, Apr. 2013.
2)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, H Mori, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsinK inhibition, Kyoto, Apr. 2013.
3)Kiyoshi Fukui, Yoshiteru Urai, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Medical Aspects of D-Amino Acid Metabolism: Molecular Target for Cancer Gene Therapy and Schizophrenia, FAOBMB Mini-Symposium Molecular Bases for Medical and Pharmaceutical Sciences, Yahaba, Apr. 2013.
4)Masaki Hashizume, Masatake Akutagawa, Shyue-Kung Lu and Hiroyuki Yotsuyanagi : Electrical Test Method of Open Defects at Bi-directional Interconnects in 3D ICs, Proceedings of ICEP2013, 13-18, Osaka, Japan, Apr. 2013.
5)Akira Ono, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masao Takagi and Masaki Hashizume : Open Defect Detection in Assembled PCBs by Supply Current Testing with Electrodes Embedded inside ICs, Proceedings of ICEP2013, 451-456, Osaka, Japan, Apr. 2013.
6)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional conditioning of CD8 T cells by thymoproteasome-dependent positive selection., 100th American Association of Immunologists Annual Meeting, May 2013.
7)Arisa Ochi, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao, Taesik Gwang, Inho Choi and Takeshi Nikawa : Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced muscle atorophy., The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
8)Manley R Nancy, Li Jie, Timmons Cullen, Yousuke Takahama and Sornborger Andrew : CASA: A new method for quantifying tissue organization, KTCC 2013 International Workshop on T Lymphocytes, Jun. 2013.
9)Lkhagvasuren Enkhsaikhan, Sakata Mie, Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : Lymphotoxin receptor regulates the development of CCL21-expressing subset of postnatal medullary thymic epithelial cells, KTCC 2013 International Workshop on T Lymphocytes, Jun. 2013.
10)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional conditioning of CD8 T cells by thymoproteasome-dependent positive selection, KTCC 2013 International Workshop on T Lymphocytes, Jun. 2013.
11)Yousuke Takahama and Izumi Ohigashi : Development and developmental potential of 5t-expressing thymic epithelial cells, KTCC 2013 International Workshop on T Lymphocytes, Jun. 2013.
12)Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, 上元 良子, 石川 カズ江 and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities are Inversely Associated with Aberrant Glucose Metabolism in Humans and Mice., American Heart Association, Scientific Sessions 2013, Dallas, Jun. 2013.
13)Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda and Toshio Matsumoto : Androgen receptor promotes angiogenesis in response to ischemia via activation of VEGF receptor signaling pathway regardless of sex, ENDO 2013;The Endocrine Society's 95th Annual Meeting & Expo, San Francisco, Jun. 2013.
14)Akio Kuroda, Takeshi Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, T Yasuda, H Kaneto, T Matsuoka, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa : The characteristics of type 1 diabetes patients who use insulin pump with square-wave bolus insulin., 73th America Diabetes Association (poster), Jun. 2013.
15)Yosuke Shikama, Naozumi Ishimaru, Yasusei Kudo, Yukiko Bandou, Nanako Aki, Yoshio Hayashi and Makoto Funaki : High Levels of Free Fatty Acids May Advance the Severity of Primary Sjögrens Syndrome, Diabetes, Vol.62, No.Supplement 1, A166, Jul. 2013.
16)Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji : Increased Hassalls corpuscles in myasthenia gravis patients carrying thymic hyperplasia, Myasthenia 2013, Paris, Jul. 2013.
17)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional conditioning of CD8 T cells by thymoproteasome-dependent positive selection., 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference, Kyoto, Jul. 2013.
18)Yousuke Takahama : The thymic microenvironments that shape T cell repertoire, 15th International Congress of Immunology, Aug. 2013.
19)Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mie Kurosawa, Tomoyuki Kondo, Koichi Yamada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Deficient differentiation of Treg cell in a murine model of Sjogren's syndrome., 15th International Congress of Immunology, Milan, Aug. 2013.
20)Shoichi Umezu, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Testability of Open Defects at Interconnections in 3D ICs with a Built-in Test Circuit for Supply Current Testing, International Test Conference 2013, PO29, Anaheim, Sep. 2013.
21)Hiroki Sakurai, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masanori Nakamura and Masaki Hashizume : Time-to-Digital Converter Embedded in Boundary-Scan Circuit and Its Application to 3D iC Testing, International Test Conference 2013, PO30, Anaheim, Sep. 2013.
22)Takahito Watanabe, Ochiai Hiroshi, Sakuma Tetsushi, Ishihara Satoshi, Nakamura Taro, Yamamoto Takashi, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus, Conference of Transposition & Genome Engineering 2013, Budapest, Hungary, Sep. 2013.
23)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Potent induction of bone formation in myeloma bone lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01 in combination with the proteasome inhibitor bortezomib, ASBMR 2013 Annual Meeting,, Baltimore, Oct. 2013.
24)Ryota Amachi, Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, S Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Acidic conditions epigenetically repress the TRAIL receptor DR4 in myeloma cells to confer their resistance to TRAIL, ASBMR 2013 Annual Meeting,, Baltimore, Oct. 2013.
25)Noriko Tarashima, Kojima Takamitsu, Hashimoto Yosuke, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Kiwada, Tatsuhiro Ishida, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi : A novel approach of gene suppression using an intelligent shRNA expressing device (iRed), 9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Naples(Italy), Oct. 2013.
26)Junji Terao : Prenylation modulates the bioavailability of dietary flavonoids, International Conference on Polyphenols and Health, Buenos Aires, Oct. 2013.
27)Junji Terao : Revisit of dietary carotenoids as antioxidants in biomembrane:Efficacy in the prevetion of photoaging, Ineternational society of Neutraceuticals and Functional Foods Conference, Taipei, Nov. 2013.
28)Shohei Suenaga, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Tetsuo Tada and Shyue-Kung Lu : Built-in IDDT Appearance Time Sensor for Detecting Open Faults in 3D IC, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan(ICSJ2013), 247-250, Kyoto, Nov. 2013.
29)Ei Haraguchi, Masaki Hashizume, Katsuya Manabe, Hiroyuki Yotsuyanagi, Tetsuo Tada, Shyue-Kung Lu and Zvi Roth : Reduction Method of Number of Electromagnetic Simulation Times for Estimating Output Voltage at Hard Open TSV in 3D IC, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan(ICSJ2013), 251-254, Kyoto, Nov. 2013.
30)Tarashima Noriko, Naoshi Yamazaki, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa : Enzymatic incorporation of unnatural ImNN:NaOO base pair consisting of four hydrogen bonds, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
31)Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa : Allosteric control of DNA-hydrolyzing deoxyribozyme by short oligonucleotides, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
32)Hayashi Koya, Tarashima Noriko, Terasaki Maki, Kazuhiro Furukawa, Fukuda Shinji and Noriaki Minakawa : Consideration of insufficient yield in oligonucleotide synthesis containing 4'-selenonucleosides, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
33)Higuchi Yosuke, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa : Synthesis of circular decoy DNA containing unnatural base pair ImON:NaNO by CuAAC reaction, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
34)Yousuke Takahama and Izumi Ohigashi : Serial development of cortical and medullary thymic epithelia, Fourth Synthetic Immunology WorkshopEngineering in Immunity, Nov. 2013.
35)Taisuke Nakayama, Hirotsugu Kurobe, Noriko Sugasawa, Hajime Kinoshita, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Mie Sakata, Mark Webster Maxfield, Michio Shimabukuro, Yousuke Takahama, Masataka Sata, Toshiaki Tamaki, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Macrophage-Specific Hypoxia-Inducible Factor (HIF)-1-Deficient Mice Suppress the Vascular Remodeling and Regulate M2 Macrophage Polarization, American Heart Association AHA 2013, Nov. 2013.
36)Masaki Hashizume, Tomoaki Konishi, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Testable Design for Electrical Testing of Open Defects at Interconnects in 3D ICs, Proc.of IEEE 22th Asian Test Symposium, 13-18, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
37)Shyue-Kung Lu, Hao-Cheng Jheng, Masaki Hashizume, Jiun-Lang Huang and Pony Ning : Fault Scrambling Techniques for Yield Enhancement of Embedded Memories, Proc.of IEEE 22th Asian Test Symposium, 215-220, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
38)Koji Yamazaki, Toshiyuki Tsutsumi, Hiroshi Takahashi, Yoshinobu Higami, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masaki Hashizume and K. Kewal Saluja : Diagnosing Resistive Open Faults Using Small Delay Fault Simulation, Proc.of IEEE 22th Asian Test Symposium, 79-84, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
39)Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities are Inversely Associated with Aberrant Glucose Metabolism in Humans and Mice, American Heart Associations Scientific Sessions 2013 Dallas, Texas, Nov. 2013.
40)Shoichi Umezu, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Shyue-Kung Lu and Zvi Roth : Feasibility of Interconnect Tests of Open Defects in a 3D IC with a Built-in Supply Current Test Circuit, Digest of Papers of the 14-th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, I.1.F-1-I.1.F-5, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
41)Akira Ono, Masao Takagi, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Supply Current Test Method for Pin Open Defects in Assembled PCB Circuits, Digest of Papers of the 14-th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, I.3.S-1-I.3.S-4, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
42)Jun Yamashita, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masaki Hashizume, Yoshinobu Higami and Hiroshi Takahashi : On SAT-based Test Generation for Observing Delay Variation Caused by a Resistive Open Fault and Its Adjacent Lines, Digest of Papers of the 14-th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, IV.2.F-1-IV.2.F-6, Yilan,Taiwan, Nov. 2013.
43)Koichi Yamada, Akihiko Iwasa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Y Taquahashi, A Takagi, J Kanno and Naozumi Ishimaru : Invivo effect of multi-wall carbon nanotubes on immune system., 6th International Symposium on Nanotechnology,Occupational and Environmental system., Nagoya, Nov. 2013.
44)Shohei Suenaga, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Shyue-Kung Lu and Zvi Roth : DFT for Supply Current Testing to Detect Open Defects at Interconnects in 3D ICs, Proc. of IEEE Electrical Design of Advanced Packaging & Systems (EDAPS) Symposium, 60-63, Nara, Dec. 2013.
45)Rie Mukai, Naoko Matsui, N Matsumoto, N.T. Dang, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao : Anti-Oxidative Flavonoid suppresses disuse muscle atrophy in denervation mice., XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference., 2014.
46)Takahito Watanabe, Matsuoka Yuji, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome editing in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, FASEB SRC on Genome Engineering-Cutting-Edge Research and Applications, Nassau, Bahamas, Jan. 2014.
47)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : What is the positive selection for?, The Third Bizan Immunology Symposium at The University of Tokushima (BISUT3) "Immune System Development, Deviation, and Regulation", Feb. 2014.
48)Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : Development and developmental potential of 5t-expressing thymic epithelial cells, The Third Bizan Immunology Symposium at The University of Tokushima (BISUT3) "Immune System Development, Deviation, and Regulation", Feb. 2014.
49)Taro Mito, Takahito Watanabe and Sumihare Noji : Genome modification technology in the cricket Gryllus bimaculatus, 1st Asian Invertebrate Immunity Symposium, Busan, Feb. 2014.
50)Yousuke Takahama : Thymus microenvironments for T cell repertoire formation, The 1st international Nano.BioMedical conference, Feb. 2014.
51)Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, H Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system., International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, Tokushima, Mar. 2014.
52)Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, International Symposium on RNAi and Genome editing methods, Tokushima, Japan, Mar. 2014.
53)Nakamura Taro, Sumihare Noji and Taro Mito : Molecular mechanisms underlying early embryonic patterning and germ cell specification in the cricket, International Symposium on RNAi and Genome editing methods, Tokushima, Japan, Mar. 2014.
54)Tomoyuki Kondo, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takaaki Tsunematu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of the regulatory mechanism for tumor immunity by using autoimmune lpr mice., International Congress on Autoimmunity, Niece, Mar. 2014.
55)Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathologenesis of Sjogren's syndrome through Aromatase and adipose tissue., International Congress on Autoimmunity, Niece, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsin K inhibition, 14th International Myeloma Workshop, Apr. 2013.
2)Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu suppresses histone acetylation in myeloma cells to down-regulate the TRAIL receptor DR4 expression, 14th International Myeloma Workshop, Apr. 2013.
3)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 重症下肢虚血壊死に対するピタバスタチンの組織保護効果に関する検討, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
4)松本 和久, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
5)三橋 威史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 : 粥状動脈硬化モデルにおけるピタバスタチンの臓器保護効果の検討, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
6)松本 和久, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 岩佐 昌美, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
7)秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 丹下 幸子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.56, 2013年4月.
8)吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
9)近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : インターロイキン(IL)-11は骨形成促進に必要である, 第86回日本内分泌学会学術集会, 2013年4月.
10)近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
11)秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.Vol.56, No.Suppl.1, S.208, 2013年5月.
12)奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 澤井 敏子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : 運転中の低血糖についての意識調査, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
13)近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 頻回インスリン療法による厳格な血糖管理下におけるシダグリプチン併用のインスリン所要量現象効果の検討, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2013年5月.
14)黒田 暁生, 鶴尾 美穂, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
15)鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 : インスリン治療患者に対するチーム医療で行う段階的糖尿病療養指導の試み, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
16)倉橋 清衛, 三浦 直子, 宮本 千伸, 津川 和江, 森 智子, 親泊 美帆, 三宅 雅人, 小倉 淳, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 膵β細胞における飽和脂肪酸による脂肪毒性に小胞体膜流動性の低下とPERK経路が影響する, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
17)伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : インスリン注入器に関する患者の意識調査, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
18)藤島 周子, 森岡 隆子, 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 斎村 玉緒, 秋田 賢子, 松本 幸恵, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : 当院の参加型糖尿病教室の取り組み, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
19)鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 大和 光, 木田 菊恵, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 : フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬結患者への介入の有用性検討, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
20)近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 日本口腔科学会雑誌, Vol.67, 200, 2013年5月.
21)青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 : シェーグレン症候群に対する新規治療戦略―唾液腺腺房構造の破壊を阻止する-, 第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
22)寺尾 純二 : 食事性フラボノイドの脳移行と酸化ストレス抑制, 日本薬剤学会28年会特別講演, 2013年5月.
23)嶺川 祥子, 向井 理恵, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基付加がケルセチンのグルクロン酸抱合とABCトランスポーターによる排出に及ぼす影響, 第67階日本栄養食糧学会, 2013年5月.
24)松井 直子, 向井 理恵, 候 徳興, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 酸化ストレス上昇を伴う廃用性筋萎縮に対する抗酸化プレニルケルセチンの効果, 第67回本栄養食糧学会, 2013年5月.
25)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of cathepsin K induce bone formation in myeloma osteolytic lesions, International Bone and Mineral Society 2013, May 2013.
26)Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu confers the resistance to TRAIL in myeloma cells through the PI3K-Akt-mediated epigenetic down-regulation of the TRAIL receptor DR4, International Bone and Mineral Society 2013, May 2013.
27)中村 教泰, 林 幸壱朗, 三木 浩和, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 石村 和敬 : 有機シリカ・マルチ蛍光ナノプローブによるSeamless蛍光イメーシング, 第8回日本分子イメージング学会学術集会, 2013年5月.
28)Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Targeted genome modifications using ZFNs and TALENs in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, May 2013.
29)松岡 佑児, 板東 哲哉, 中村 太郎, 渡辺 崇人, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Epigenetic regulation of Hox gene expression by PcG genes in a primitive mode of insect embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, 2013年5月.
30)Bando Tetsuya, Taro Mito, Ohuchi Hideyo and Sumihare Noji : JAK/STAT signaling promotes blastemal cell proliferation during leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, May 2013.
31)Nakamura Taro, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Regulation of Wnt and BMP signaling pathways in the regional specification of early blastoderm in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, 2013年5月.
32)岩浅 亮彦, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおける肥満とシェーグレン症候群様病変との関連, 第102回日本病理学会, 2013年6月.
33)近藤 智之, 工藤 保誠, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 第102回日本病理学会, 2013年6月.
34)新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 江口 洋, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルを用いたレバミピド点眼薬によるドライアイの改善効果とその作用機序, 第102回日本病理学会, 2013年6月.
35)山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の機能解析, 第102回日本病理学会, 2013年6月.
36)大東 いずみ, 高浜 洋介 : 胸腺皮質上皮細胞特異的β5tおよび髄質上皮細胞に発現するCCL21aの発現トレーサー実験による胸腺上皮細胞分化機構の解析, 第37回日本リンパ学会総会, 2013年6月.
37)岩浅 亮彦, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターぜ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 四国免疫ファオーラム, 2013年6月.
38)粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英, 大和 光 : 血管年齢を正確に知ってアンチエイジング!, 第13回日本抗加齢医学会総会, 2013年6月.
39)Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and Cdt1 in mitosis, 第35回Naito Conference, Jul. 2013.
40)水口 八重子, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 抗酸化フラボノイドの廃用性筋萎縮予防効果,培養細胞による評価, 第13回AOB研究会, 2013年7月.
41)粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 岩佐 昌美, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : Evaluation for influence of diabetes on clinical vascular function, 第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年7月.
42)近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 第32回分子病理学研究会, 2013年7月.
43)木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 臨床血管機能における糖代謝異常の影響の解析, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
44)本田 壮一, 小原 聡彦, 橋本 崇代, 吉本 勝彦, 松本 俊夫 : 長期臥床の入院患者の増加—骨粗鬆症—, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
45)向井 理恵, 藤倉 温, 室田 佳恵子, 上原 万里子, 嶺川 祥子, 松井 直子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生体利用性―プレニル化がケルセチンの腸管吸収と組織蓄積に与える影響の解析, 第7回日本ポリフェノール学会,, 2013年8月.
46)鈴木 麗子, 大和 光, 瀧川 稲子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 : フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬血患者への介入の結果報告, 第13回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2013年8月.
47)渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石原 聡, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : ゲノム編集技術によるノックアウトコオロギの作製, 第15回日本進化学会大会, 2013年8月.
48)石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病理診断の新機軸, 第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2013年9月.
49)横井川 久己男, 逵 牧子 : 非生物素材に付着した大腸菌O157の生存性, 日本農芸化学会2013年度合同広島大会講演要旨集, 95, 2013年9月.
50)近藤 剛史, 岩佐 昌美, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 不動が惹起した高カルシウム血症で頻回の意識障害を来たした一例, 第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
51)大黒 由加里, 近藤 剛史, 藤井 志朗, 中村 信元, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 著名な汎血球減少と肝筋逸脱酵素高値を呈した神経性食欲不振症の一例, 第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
52)倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 : ポスター発表 飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
53)樋上 喜信, 高橋 寛, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 山崎 浩二, 堤 利幸 : 3次元LSIにおけるTSVの故障検査および特性評価に関する研究, STARCワークショップ2013, 2013年9月.
54)倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
55)近藤 智之, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 日本歯科基礎医学会誌, 2013年9月.
56)日下 敬雄, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 同一信号線上のビアオープン故障の隣接線影響を用いる診断可能性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 101, 2013年9月.
57)原口 英, 四柳 浩之, 多田 哲生, Shyue-Kung Lu, Zvi Roth, 橋爪 正樹 : 電磁界シミュレーション値を用いた完全断線TSV出力電圧の高精度推定法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 102, 2013年9月.
58)藤原 明大, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 隣接TSVの影響を考慮するTSV故障検査用リングオシレータの提案と評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2013年9月.
59)中村 真規, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TSV故障検出回路制御用TSVの検査手法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 104, 2013年9月.
60)池地 大輔, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 遅延故障検査容易化回路を用いた 複数経路の同時検査可能性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 105, 2013年9月.
61)二宮 孝暢, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型バウンダリスキャンを用いる製造ばらつきを考慮した遅延故障検査法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 106, 2013年9月.
62)西條 慎吾, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : レイアウト設計した検査容易化CMOSセンサ回路の電気的検査可能性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 111, 2013年9月.
63)末永 翔平, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 組込み型IDDT出現時間検出回路の実験による評価用設計, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 112, 2013年9月.
64)姫尾 勇気, 芥川 正武, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, Shyue-Kung Lu : 双方向信号線の電気的断線検査法の実験による検査能力評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 113, 2013年9月.
65)梅津 翔一, 橋爪 正樹, 四柳 浩之 : ESD入力保護能力を低下させない検査容易化設計によるIC間配線の電気検査可能性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 114, 2013年9月.
66)山下 淳, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 樋上 喜信, 高橋 寛 : SAT 手法による隣接線影響を考慮した 微小遅延故障検査用テストパターン生成に関する一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 126, 2013年9月.
67)森 凌太, 橋爪 正樹, 四柳 浩之 : 反転信号のリセットを制御するBASTを用いたテストデータ量削減手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 127, 2013年9月.
68)花房 世規, 橋爪 正樹, 四柳 浩之 : 設計制約下におけるスキャンチェーン接続順変更によるBAST用テストデータ量削減手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 128, 2013年9月.
69)大栗 裕人, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 信号の伝送方向を考慮した半断線故障配線の遅延解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 129, 2013年9月.
70)松川 翔平, 高橋 寛, 樋上 喜信, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 抵抗性オープン故障に対する診断用テスト生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 125, 2013年9月.
71)安藤 諒, 月本 功, 高木 正夫, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 交流電界印加時の電流テストによるBGA LSI のはんだボール断線故障検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 100, 2013年9月.
72)三戸 太郎, 友成 さゆり, 野地 澄晴 : 発生・再生研究のモデル昆虫,フタホシコオロギのゲノム解析, NGS現場の会 第3回研究会, 2013年9月.
73)横井川 久己男, 逵 牧子, 武政 二郎 : 食品及び食物繊維のベロ毒素吸着性, 第34回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, 41, 2013年10月.
74)岩浅 亮彦, 石丸 直澄, 井澤 俊, 徳永 律子, 工藤 保誠, 田中 栄二 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月.
75)天知 良太, 渡邉 佳一郎, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 田中 栄二 : 酸性環境が骨髄腫細胞の破骨細胞活性に及ぼす影響, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月.
76)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, K Udaka, M Iwasa, D Hanson, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Bone restoration and tumor suppression in myeloma by cathepsin K inhibition with Bortezomib, 第75回日本血液学会学術集会, Oct. 2013.
77)住友 達弥, 古川 和寛, 南川 典昭 : 2'-デオキシ-4'-セレノピリミジンヌクレオシドの合成, 第52回日本薬学会 ・ 薬剤師会 ・ 日本病院薬剤師会 ・ 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
78)宮澤 忠, 梅崎 浩平, 田良島 典子, 古川 和寛, 大井 高, 南川 典昭 : 新規1, 2-ジチアンヌクレオシドの合成と性質, 第52回日本薬学会 ・ 薬剤師会 ・ 日本病院薬剤師会 ・ 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
79)粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 糖代謝異常の血管機能評価に及ぼす効果, 第36回日本高血圧学会総会, 2013年10月.
80)三戸 太郎, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 野地 澄晴 : ゲノム編集によるフタホシコオロギの機能ゲノミクス, 昆虫ポストゲノム研究会2013, 2013年10月.
81)渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石原 聡, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : CRISPR/Cas システムを用いたフタホシコオロギにおける遺伝子ノックアウト, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月.
82)近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
83)堀川 瞳, 向井 理恵, 河村 知志, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニルナリンゲニンは廃用性筋萎縮からの筋量回復を促進する, 第18回日本フードファクター学会学術集会, 2013年11月.
84)粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : メタボリックシンドロームおよび糖尿病の有無が血管内皮機能に及ぼす影響, 日本糖尿病学会 中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
85)近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
86)松本 幸恵, 黒田 暁生, 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 : 主食の摂取状況調査, 日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
87)大黒 由加里, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 過剰基礎インスリン量が不適切な間食摂取に関連したインスリンポンプ使用1型糖尿病の2例, 日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
88)大和 光, 瀧川 稲子, 松村 晃子, 山田 静恵, 谷 佳子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 銀 花, 黒田 暁生, 松久 宗英 : 徳島大学病院における糖尿病透析予防指導の有用性の検討, 日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
89)藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
90)山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
91)黒田 暁生, 近藤 剛史, 安田 哲行, 高原 充佳, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松本 俊夫, 松久 宗英 : インスリンポンプ療法での追加インスリン注入時間を規定する因子の検討, 第13回日本先進糖尿病治療研究会, 2013年11月.
92)Yasusei Kudo, 常松 貴明 and Naozumi Ishimaru : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and CDT1 in mitosis., 第36回日本分子生物学会年会, Dec. 2013.
93)Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013.
94)Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013.
95)高浜 洋介 : 死に行くT細胞へのレクイエム, 第36回日本分子生物学会, 2013年12月.
96)新垣 理恵子, 江口 洋, 山田 安希子, 工藤 保誠, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄 : Eye drop administration of rebamipide is effective to a dry eye symptom in a model mice of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月.
97)岩浅 亮彦, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Relationship between aromatase-related obesity and autoimmunity in Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月.
98)黒澤 実愛, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 近藤 智之 : Anovel role of CXCR7 in controlling autoreactive T cells of a murine model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月.
99)Yousuke Takahama : Immune cells need stromal cells to work, 第42回日本免疫学会学術集会, Dec. 2013.
100)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Functional conditioning of CD8 T cells by thymoproteasome-dependent positive selectio, 第42回日本免疫学会学術集会, Dec. 2013.
101)Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama : Development and developmental potential of5t-expressing thymic epithelial cells, 第42回日本免疫学会学術集会, Dec. 2013.
102)三戸 太郎, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 山本 卓, 野地 澄晴 : ゲノム編集技術によるノックアウトコオロギの作製, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
103)銀 花, 黒田 暁生, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 松本 俊夫, 藤中 雄一, 安藝 宏信, 森川 富昭, 松久 宗英 : ITを活用した徳島県糖尿病医療連携システム構築のこころみ, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, Vol.9, 47, 2014年1月.
104)高浜 洋介 : Tリンパ球レパトアを形成する胸腺微小環境, 大阪大学微生物研究所 Advanced Seminar Series on Microbiology and Immunology, 2014年1月.
105)Yousuke Takahama : T cell repertoire formation in the thymus, The 3rd NIF Winter School on Advanced Immunology, Jan. 2014.
106)大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 下垂体の経時的な変化を捉えたシーハン症候群の一例, 第23回臨床内分泌代謝Update, 2014年1月.
107)櫻井 浩希, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型バウンダリスキャン回路による遅延検出能力評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.430, 7-12, 2014年2月.
108)森 凌太, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : BASTにおけるスキャンシフト制御および反転信号の部分リセットによるテストデータ量削減法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.430, 55-60, 2014年2月.
109)森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 6年間にわたる多剤併用降圧療法が心・腎・大血管障害の改善に寄与した高レニン性高血圧症の1例, 第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
110)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 松本 幸子, 福田 大受, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 松本 俊夫, 佐田 政隆 : DPP-4阻害薬の血糖降下作用に対する有効性予測因子, 第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
111)菅澤 典子, 中山 泰介, 黒部 裕嗣, 宅見 央子, 東口 文治, 木下 肇, 菅野 幹雄, 神原 保, 藤本 鋭貴, 粟飯原 賢一, 北市 隆, 松本 俊夫, 北川 哲也 : 動脈硬化病巣進展に対する糖転移ヘスペリジンの抑制効果についての検討, 第44回日本心臓血管外科学会学術総会, 2014年2月.
112)橋爪 正樹, 白石 雄大, 四柳 浩之, Shyue-Kung Lu : 組み込み型電気検査回路によるIC 間容量断線検査, 第28回エレクトロニクス実装学会講演大会, 237-238, 2014年3月.
113)梅津 翔一, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : ICのピン浮きの電気検査用組み込み型電流センサ, 第28回エレクトロニクス実装学会講演大会, 239-240, 2014年3月.
114)梅津 翔一, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 組み込み型電気検査回路によるIC 間容量断線検査, 2014 年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集1, 125, 2014年3月.
115)田良島 典子, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 : 人工塩基対ImNN :NaO0 のPCR増幅とRNAi創薬への応用, 日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
116)相良 和幸, 松本 大貴, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 : クリックケミストリーを用いたRNA簡便精製法の開発, 日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
117)住友 達弥, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 : 2'-デオキシ-4'-セレノピリミジンヌクレオシドの合成とDNAオリゴマーへの導入, 日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
118)古川 和寛, 児島 貴美子, 南川 典昭 : リガンドアナログを用いるc-diAMPリボスイッチの構造活性相関解析, 日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
119)三戸 太郎, 渡辺 崇人, 野地 澄晴 : CRISPR/Casシステムを用いたフタホシコオロギにおけるゲノム編集, 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

1)遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : ビスホスホネートの分子種と骨親和性, ビスホスホネートエビデンスブック, 2013年10月.

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)寺尾 純二 : 酸化ストレスから考える食品機能研究, 兵庫県立大学先端食科学研究センター開設記念式典講演, 2013年4月.
2)寺尾 純二 : カロテノイドによる光老化予防, 食品ニューテクノロジー研究会4月例会, 2013年4月.
3)Junji Terao : Flavonoids for disuse muscle atrophy, 13thInternational Conference of Functional Food Center (Kyoto-city)symposium, May 2013.
4)寺尾 純二 : 食品ポリフェノールの吸収代謝と血管機能, オールジャパン「食と健康」シンポジウム, 2013年6月.
5)Togoo Khongorzul, Yousuke Takahama and Kensuke Takada : How do the lymph nodes maintain memory CD8 T cells?, 第12回四国免疫フォーラム, Jun. 2013.
6)Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Takashi Omatsu, Shin-ichi Yoshizawa, Hiroshi Sakaue and Toshio Matsumoto : Interleukin-11 controls bone and adipose tissue mass by regulating osteoblastic and adipogenic differentiation, 4th Bone BioScience Meeting, Jun. 2013.
7)下村 直行, 直井 美貴, 橋爪 正樹 : 初年度教育・導入教育としてのエンジニアリング入門教育の導入, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-13, No.2, 25-28, 2013年9月.
8)Junji Terao : Dietary flavonoids for disuse muscle atrophy, 10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Sep. 2013.
9)寺尾 純二 : カカオポリフェノールは紫外線障害から皮膚を保護する, 第18回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム, 2013年9月.
10)Junji Terao : A role of dietary flavonoids in oxidative stress of the central nervous system, Antioxidans and Redox Process in Health Bilateral Meeting Brazil-Japan, Oct. 2013.
11)泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 崇人, 佐久間 哲史, 親泊 政一, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 田中 栄二 : TALEN,CRISPR/Casシステムを用いたマウス1細胞期胚における標的遺伝子破壊, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月.
12)香西 美奈, 大東 いずみ, 高浜 洋介 : CCL21Ser欠損マウスにおける免疫システムの解析, 2013感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2013年10月.
13)Togoo Khongorzul, Yousuke Takahama and Kensuke Takada : Characterization of SMA-expressing stromal cells in lymph nodes, 2013感染免疫クラスター・ミニリトリート, Nov. 2013.
14)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 : 心血管ストレス制御におけるアンドロゲン受容体機能の性差, 第4回テストステロン研究会, 2013年11月.
15)天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 原田 武志, 三木 浩和, 渡邉 佳一郎, 小野 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 骨髄腫の酸性環境はTRAIL受容体発現をエピジェネティックに抑制し,TRAIL抵抗性をもたらす, 第20回徳島骨代謝研究会, 2013年11月.
16)梶 龍兒, 松井 尚子, 古川 貴大, 近藤 和也, 高浜 洋介, 野村 芳子 : 重症筋無力症の発症機序:過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月.
17)藤原 明大, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 隣接TSVの影響を考慮するTSV故障検査用リングオシレータ構成について, 第70回FTC研究会資料, 2014年1月.
18)櫻井 浩希, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型バウンダリスキャン回路による実測実験評価, 第70回FTC研究会資料, 2014年1月.
19)松井 尚子, 中川 靖士, 近藤 和也, 梶 龍兒, 高浜 洋介 : 第33回日本胸腺研究会, 重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 2014年2月.
20)松井 尚子, 中川 靖士, 近藤 和也, 梶 龍兒, 高浜 洋介 : 重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している, 第33回日本胸腺研究会, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{248355}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 口腔顎顔面に現れる全身性疾患, 医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
2)山村 佳子, 東 雅之 : 口腔真菌症, 医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
3)青田 桂子, 東 雅之 : 悪性腫瘍治療時の口腔ケア, 医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
4)難波 康祐, 谷野 圭持 : Click 反応を利用した小型蛍光分子の合成, 2014年8月.
5)阿波学会60周年記念誌編集委員会, 髙橋 晋一 : 徳島の自然と文化, --- トクシマシタッ! 阿波学会 ---, 阿波学会60周年記念誌刊行委員会, 徳島, 2014年12月.
6)鈴木 正崇, 髙橋 晋一 : 森羅万象のささやき, --- 「船型だんじり」の地域的展開-徳島県を事例として ---, 風響社, 東京, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa : Allosteric control of a DNA-hydrolyzing deoxyribozyme with short oligonucleotides and its application in DNA logic gates., Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.21, 3344-3348, 2014.
2)Ashrin Nur Meinar, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Yasusei Kudo, Megumi Watanabe, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : A critical role for thymic stromal lymphopoietin in nickel-induced allergy in mice., The Journal of Immunology, Vol.192, No.9, 4025-4031, 2014.
3)宮田 隆弘, 山中 英生 : 実践プロファイル分析による住民行政協働型コミュニティ計画の成果と課題, --- 高知市コミュニティ計画の取り組みから ---, 計画行政, Vol.37, No.2, 42-52, 2014年.
4)Nick Warr, Pam Siggers, Gwenn-Aël Carréa, Debora Bogani, Rachel Brixey, Mika Akiyoshi, Makoto Tachibana, Sara Wells, Jeremy Sanderson and Andy Greenfield : Transgenic Expression of Map3k4 Rescues T-associated Sex Reversal (Tas) in Mice, Human Molecular Genetics, Vol.23, No.11, 3035-3044, 2014.
5)Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Mayuko Furukita, Kenji Fujisawa, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Orthostatic Dysregulation during Postural Change on the Dental Chair and Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis., Case Reports in Dentistry, Vol.2014, 2014.
6)Yi-An Chen, Yoichi Murakami, Shandar Ahmad, Tetsuro Yoshimaru, Toyomasa Katagiri and Kenji Mizuguchi : Brefeldin A-inhibited guanine nucleotide-exchange protein 3 (BIG3) is predicted to interact with its partner through an ARM-type -helical structure., BMC Research Notes, Vol.7, No.1, 435, 2014.
7)Jun Ueda, Ho Caifeng Jolene, Lee Leong Kian, Kitajima Shojiro, Yang Henry, Sun Wendi, Fukuhara Noriko, Zaiden Norazean, Chan Leng Shing, Makoto Tachibana, Shinkai Yoichi, Kato Hiroyuki and Poellinger Lorenz : The Hypoxia-Inducible Epigenetic Regulators Jmjd1a and G9a Provide a Mechanistic Link between Angiogenesis and Tumor Growth, Molecular and Cellular Biology, Vol.34, No.19, 3702-3720, 2014.
8)Kosuke Namba, Yoshihiro Shobo, Kazuki Fujimoto, Isamu Shoji, Masahiro Yoshida and Keiji Tanino : N-Acyl-N-tosylhydrazine as a Synthon To Construct Tetrasubstituted Carbon Centers Possessing a Nitrogen Group, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2014, No.24, 5196-5203, 2014.
9)Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Daisuke Takegawa, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : High-Wattage Pulsed Irradiation of Linearly Polarized Near-Infrared Light to Stellate Ganglion Area for Burning Mouth Syndrome, Case Reports in Dentistry, 2014.
10)Masahiro Yoshida, Tomotaka Mizuguchi and Kosuke Namba : One-pot synthesis of tri- and tetrasubstituted pyridines by sequential ring-opening-cyclization-oxidation reaction of N-arylmethyl 3-aziridinylpropiolate esters, Angewandte Chemie International Edition, Vol.53, No.52, 14550-14554, 2014.
11)Yi Paulisally Hau Lo, Chizu Tanikawa, Toyomasa Katagiri, Yusuke Nakamura and Koichi Matsuda : Identification of novel epigenetically inactivated gene PAMR1 in breast carcinoma., Oncology Reports, Vol.33, No.1, 267-273, 2014.
12)Taisuke Matsuo, Le Tan Dat, Masato Komatsu, Tetsuro Yoshimaru, Kei Daizumoto, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka and Toyomasa Katagiri : Early growth response 4 is involved in cell proliferation of small cell lung cancer through transcriptional activation of its downstream genes., PLoS ONE, Vol.9, No.11, e113606, 2014.
13)Tetsuro Yoshimaru, Masato Komatsu, Etsu Tashiro, Masaya Imoto, Hiroyuki Osada, Yasuo Miyoshi, Junko Honda, Mitsunoi Sasa and Toyomasa Katagiri : Xanthohumol suppresses oestrogen-signalling in breast cancer through the inhibition of BIG3-PHB2 interactions., Scientific Reports, Vol.4, 7355, 2014.
14)松浦 正浩, 山口 行一, 八木 絵香, 山中 英生, 坂本 真理子 : 合意形成の調整役機能理解のための実践のプロファイリング手法の研究レビュー, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_143-I_149, 2014年.
15)中嶋 悠人, 山中 英生, 真田 純子 : スポーツサイクル・シティサイクル利用者のルール認知および運転態度の比較分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_747-I_754, 2014年.
16)王 如剛, 山中 英生, 三谷 哲雄 : ドライビングシミュレータによる幹線小交差点での見通しと自転車走行位置の安全性評価, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_951-I_959, 2014年.
17)Ayako Yanai, Natsuko Inoue, Tomoko Yagi, Arisa Nishimukai, Yoshimasa Miyagawa, Keiko Murase, Michiko Imamura, Yukie Enomoto, Yuichi Takatsuka, Takahiro Watanabe, Seiichi Hirota, Mitsunori Sasa, Toyomasa Katagiri and Yasuo Miyoshi : Activation of mTOR/S6K But Not MAPK Pathways Might Be Associated With High Ki-67, ER(+), and HER2(-) Breast Cancer., Clinical Breast Cancer, Vol.15, No.3, 197-203, 2014.
18)山村 佳子, 青田 桂子, 武川 大輔, 十川 悠香, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 里見 淳一郎, 河野 文昭, 松尾 敬志, 永廣 信治, 東 雅之 : 徳島大学病院脳卒中センターにおける口腔管理の意義について, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.9, No.1, 37-41, 2015年.
19)可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 : 口腔癌担癌ヌードマウスに対するdocetaxelおよびγ-tocotrienolの併用による抗腫瘍効果の検討, 日口組織培養誌, Vol.24, No.2, 23-30, 2015年.
20)青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 菅原 千恵子, 吉岡 昌美, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 : 徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.1, 29-36, 2015年.
21)Ryoichi Araki, Kayoko Kousaka, Kosuke Namba, Yoshiko Murata and Jun Murata : 2'-Deoxymugineic acid promotes growth of rice (Oryza sativa L.) by orchestrating iron and nitrate uptake processes under high pH conditions, The Plant Journal : for Cell and Molecular Biology, Vol.81, No.2, 233-246, 2015.
22)Kosuke Namba, Ayumi Osawa, Akira Nakayama, Akane Mera, Fumi Tano, Yoshiro Chuman, Eri Sakuda, Tetsuya Taketsugu, Kazuyasu Sakaguchi, Noboru Kitamura and Keiji Tanino : Synthesis of Yellow and Red Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalenes and the Theoretical Investigation of Their Optical Properties., Chemical Science, Vol.6, No.2, 1083-1093, 2015.
23)Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Yamanoi Tomoko and Masayuki Azuma : γ-tocotrienol prevents 5-FU-induced reactive oxygen species production in human oral keratinocytes through the stabilization of 5-FU-induced activation of Nrf2, International Journal of Oncology, Vol.46, No.4, 1453-1460, 2015.
24)吉岡 昌美, 永井 浩美, 石川 久子, 東 雅之, 河野 文昭, 松尾 敬志 : 徳島県下の地域歯科診療所における病院・施設への往診/訪問歯科診療の現状, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.60, No.1, 103-107, 2015年.
25)髙橋 晋一 : 阿波踊りの観光化と「企業連」の誕生, 国立歴史民俗博物館研究報告, No.193, 221-237, 2015年.
26)山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 長井 幸二郎, 東 雅之 : 徳島大学病院における慢性腎臓病患者の口腔管理について, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.9, No.1, 23-27, 2015年.
27)髙橋 晋一 : 阿南市の祭礼山車と囃子, 阿波学会紀要, No.60, 157-162, 2015年.
28)Yoshiko Murata, Yoshiyuki Ito, Takashi Iwashita and Kosuke Namba : Transgenic Petunia with the Iron(III)-Phytosiderophore Transporter Gene Acquires Tolerance to Iron Deficiency in Alkaline Environments, PLoS ONE, Vol.10, No.3, e0120227, 2015.
29)Masayuki Azuma, Takanori Fujimura, Takashi Fujimoto, Tomoko Miyaoka and Shin Takasawa : Interleukin-6/STAT pathway is responsible for the induction of gene expression of REG Ia, a new auto-antigen in Sjogren's syndrome patients, in salivary duct epithelial cells., Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.2, No.1, 69-74, 2015.
30)Wada Satoshi, Ideno Hisashi, Shimada Akemi, Kamiunten Taichi, Nakamura Yoshiki, Nakashima Kazuhisa, Kimura Hiroshi, Shinkai Yoichi, Makoto Tachibana and Nifuji Akira : H3K9MTase G9a is essential for the differentiation and growth of tenocytes in vitro, Histochemistry and Cell Biology, Vol.144, No.1, 13-20, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)髙橋 晋一 : なぜ津波から逃げ遅れたのか, --- 海部郡牟岐町牟岐浦における昭和南海地震体験談の聞き取り調査より ---, 徳島地域文化研究, No.13, 1-16, 2015年.
2)峪口 有香子, 髙橋 晋一 : 徳島県海部郡牟岐町の方言談話資料, --- 津波の話を中心に ---, 徳島地域文化研究, No.13, 17-42, 2015年.
3)髙橋 晋一 : 板野郡北島町の祭りと民俗芸能(1), 徳島地域文化研究, No.13, 54-87, 2015年.
4)髙橋 晋一 : 板野郡板野町の祭りと民俗芸能(2), 徳島地域文化研究, No.13, 88-120, 2015年.
5)髙橋 晋一 : 板野郡上板町の神社祭礼, 徳島地域文化研究, No.13, 121-140, 2015年.
6)田村 健治, 髙橋 晋一 : 徳島市の地神塔 その二(市西部), 徳島地域文化研究, No.13, 154-165, 2015年.
7)田村 健治, 髙橋 晋一 : 佐那河内村下字丸田・秋葉神社境内の寛政元年銘地神塔, 徳島地域文化研究, No.13, 166-168, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)Junji Terao and Rie Mukai : Prenylation modulates the bioavailability and bioaccumulation of dietary flavonoids., Archives of Biochemistry and Biophysics, Apr. 2014.
2)桃田 幸弘, 東 雅之 : 臓器移植後の歯科治療, 月刊「歯界展望」別冊 歯科医師のための医学ハンドブック, 192-193, 2014年5月.
3)山中 英生 : 「ケア」としての交通施策, 運輸と経済, Vol.74, No.5, 2-3, 2014年5月.
4)山中 英生 : 自治体における自転車施策の動向と展望, 住民行政の窓, No.409, 2-12, 2014年12月.
5)東 雅之, 山村 佳子 : くすり&全身疾患㈭ヘルパンギーナ, デンタルハイジーン, Vol.35, No.8, 869-871, 2015年.
6)Makoto Tachibana : Epigenetic regulation of mammalian sex determination, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 19-23, Feb. 2015.
7)大澤 歩, 難波 康祐 : 小型蛍光発色団1,3a,6a-Triazapentalene, 社団法人日本化学会生体機能関連化学部会, Vol.29, 11-14, 2015年3月.
8)髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係文献目録(2013年1月∼2014年12月), 徳島地域文化研究, No.13, 184-195, 2015年3月.
9)髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係新聞記事一覧(2014年1月∼12月), 徳島地域文化研究, No.13, 194-208, 2015年3月.
10)渡辺 公次郎, 山中 英生, 近藤 光男 : 地方都市における東日本大震災前後の建築活動に関する研究, --- 徳島都市圏におけるケーススタディ ---, 環境共生, Vol.26, 58-62, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Izumi Ohigashi, Zuklys Saulius, Hollander Georg and Yousuke Takahama : mTECs derived from embryonic and postnatal beta5t+ progenitors, The 7th ThymOZ International Conference, Apr. 2014.
2)Kensuke Takada and Yousuke Takahama : Positive selection conditions antigen responsiveness of CD8 T cells, The 7th ThymOZ International Conference, Apr. 2014.
3)Yasusei Kudo, 常松 貴明 and Naozumi Ishimaru : Geminin regulates pre-replicative complex formation though the stabilization of CDT1 in mitosis., American Association for Cancer Reseach, San Diego, Apr. 2014.
4)Toyomasa Katagiri, Tetsuro Yoshimaru, Masato Komatsu and Taisuke Matsuo : BIG3-PHB2 Interaction is a key therapeutic target in Iuminal-type of breast cancer., Amerian Association for Cancer Research (AACR) Annal Meeting 2014, San Diego, Apr. 2014.
5)Akira Ono, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Pin Open Detection of BGA IC by Supply Current Testing, Proceedings of International Conference on Electronics Packaging 2014, 231-234, Toyama, Japan, Apr. 2014.
6)Shoichi Umezu, Masaki Hashizume and Hiroyuki Yotsuyanagi : A Built-in Supply Current Test Circuit for Pin Opens in Assembled PCBs, Proceedings of International Conference on Electronics Packaging 2014, 227-230, Toyama, Apr. 2014.
7)Yudai Shiraishi, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Tetsuo Tada and Shyue-Kung Lu : Electrical Test Method of Open Defects at Data Buses in 3D SRAM IC, Proc. of International Conference on Electronics Packaging 2014, 235-238, Apr. 2014.
8)Shyue-Kung Lu, Huai-Min Li, Masaki Hashizume, Jin-Hua Hong and Zheng-Ru Tsai : Efficient Test Length Reduction Techniques for Interposer-based 2.5D ICs, Proc. of 2014 International Symposium on VLSI Design, Automation and Test (VLSI-DAT), 1-4, Hsinchu, Taiwan, Apr. 2014.
9)Hideo Yamanaka : Bicycle tourism promotion strategy in Nara, the lovely ancient capital of Japan, VELO-CITY GLOBAL 2014 CELEBRATION OF CYCLING, Adelaide, Australia, May 2014.
10)Makoto Tachibana and Shunsuke Kuroki : Epigenetic regulation of mammalian sex determination by histone demethylation, Molecular Targets for Diseases and Structural Life Science (The 9th International Symposium of the Institute Network), Osaka, Jun. 2014.
11)Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma : Clinical significance of time-domain analysis of heart rate variability in burning mouth syndrome, 96th Annual Meeting Scientific Sessions & Exhibition, Hawaii, Sep. 2014.
12)Kosuke Namba : Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants, The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products, Osaka, Oct. 2014.
13)Toyomasa Katagiri : A novel AKAP protein, BIG3 coodinates estrogen signaling pathways in breast cancer cells., 11th International Conference on Protein Phosphatase, Sendai, Nov. 2014.
14)Minami Sato, Kumiko Nagata, Shingo Kuroda, MANSJUR KARIMA QURNIA, Shinya Horiuchi, Yoshiko Yamamura, Masayuki Azuma and Eiji Tanaka : Effects of low-intensity pulsed ultrasound on salivary gland, The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Indonesia., Dec. 2014.
15)Kosuke Namba : Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants, Osaka City University International Conference, Osaka, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 生活習慣病治療薬が血管内皮機能 に及ぼす影響の検証, 第111回日本内科学会講演会, 2014年4月.
2)遠藤 逸朗, Dong Bingzi, 長谷川 智香, 網塚 憲生, 福本 誠二, 松本 俊夫 : Ca感知受容体関連疾患の最新の知見とその治療, 第87回日本内分泌学会, 2014年4月.
3)近藤 智之, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月.
4)常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : ユビキチン分解による複製前複合体形成因子CDT1の発現制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月.
5)石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症機序の解明, 日本口腔外科学会中国四国支部集会, 2014年4月.
6)新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : ニッケルアレルギー発症におけるThmic Stromal Lymphopoiethinの重要性, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月.
7)山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症における制御性T細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月.
8)工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とEMTとの関連, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月.
9)桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 : 一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-, 第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
10)山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 : 唾液腺腺房細胞におけるMAPK経路を介したAQP5発現機構-SMRTとHDAC3発現からの解析-, 第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
11)青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 : ドライマウス患者における唾液中のTNF-αとMMP-9発現に関する研究, 第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
12)Makoto Tachibana : Epigenetic regulation of mouse sex determination by histone demethylation, International Institute for Advanced Studies Research Conference 2014, May 2014.
13)Makoto Tachibana : Epigenetic regulation of mouse sex determination by histone demethylation, 47th Annual meeting of the Japanese Society of Developmental Biologist, May 2014.
14)美馬 成一郎, 井若 和久, 山中 英生 : 防災と地域継承のための事前復興まちづくりの事例, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 205-206, 2014年5月.
15)木内 怜菜, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 自転車指導帯による細街路交差点の安全性分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 241-242, 2014年5月.
16)溝口 諒, 山中 英生, 井上 賢 : 広視野型自転車シミュレータの性能分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 239-240, 2014年5月.
17)難波 康祐 : 実践的合成研究を基盤とした新規土壌改良素材および蛍光素材の開発, 新規素材探索研究会, 2014年6月.
18)竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 : Palau'amineの全合成研究, 第24回万有福岡シンポジウム, 2014年6月.
19)難波 康祐 : イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究, 理研シンポジウムー有機合成化学を起点とするものづくり戦略ー, 2014年6月.
20)坂根 亜由子, 西村 将臣, 吉澤 信, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動においてRab13-JRAB系がつくりだす秩序と法則性, 第66回日本細胞生物学会, 2014年6月.
21)難波 康祐 : 生物活性天然有機化合物の機能解明及び実用化を指向した実践的合成研究, 住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所, 2014年6月.
22)笠井 知世, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : パラジウム触媒を用いるアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とするHM-3の不斉全合成, 2014年度第1回(第14回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年6月.
23)髙橋 晋一 : 吉野川流域の信仰と民俗, まるごと吉野川「魅力再発見」講座, 2014年6月.
24)吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ER陽性乳がんの治療法の創製, 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014年6月.
25)小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌におけるプロテアソーム構成因子のプロテアソーム活性非依存的な役割, 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014年6月.
26)可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : 徳島大学病院口腔内科発足前後の患者動向について, 第45回四国歯学会例会・第33回四国歯学会総会, 2014年6月.
27)山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 : 頭頸部領域に対する癌化学放射線療法による口腔粘膜炎の実態調査, 第11回日本口腔ケア学会総会, 2014年6月.
28)青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 : 徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題, 第11回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2014年6月.
29)永井 浩美, 吉岡 昌美, 石川 久子, 東 雅之, 河野 文昭, 松尾 敬志 : 地域歯科診療所における医科歯科連携の実態調査ー病院・施設への訪問診療の現状分析ー, 第11回日本口腔ケア学会, 2014年6月.
30)石川 久子, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 東 雅之, 松尾 敬志, 丹黒 章 : 外来化学療法患者の口腔健康管理に対する意識調査, 第11回日本口腔ケア学会・旭川, 2014年6月.
31)笠井 知世, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : パラジウム触媒を用いるアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とする天然物の合成研究, 第49回天然物化学談話会, 2014年7月.
32)吉田 昌裕, 大野 祥子, 難波 康祐 : パラジウム触媒を用いた炭酸プロパルギルエステルと2-ビニルフェノールの連続的求核置換-[2+2]環化付加反応, 第49回天然物化学談話会, 2014年7月.
33)吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 : プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
34)米良 茜, 大澤 歩, 谷野 圭持, 難波 康祐 : 機能性系高分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型シデロフォアへの応用, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
35)大谷 彬, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-triazapentaleneを用いた最小蛍光標識基の開発, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
36)吉田 昌裕, 小林 明日香, 難波 康祐 : 一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
37)津川 陵, 小林 香織, 金木 美知佳, 難波 康祐 : ムギネ酸類の実用的合成を志向したアゼチジンカルボン酸合成法開発, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
38)片桐 豊雅 : 包括的ゲノム解析を通じたトリプルネガティブ乳がんの分子特性, 第22回日本乳癌学会学術総会, 2014年7月.
39)黒木 俊介, 馬場 翔子, 立花 誠 : 哺乳類の性決定とエピゲノム, 新学術領域研究「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」生殖エピゲノム若手勉強会2014, 2014年7月.
40)立花 誠 : マウス性決定のエピジェネティックな制御機構, 第32回日本受精着床学会総会・学術講演会, 2014年7月.
41)黒木 俊介, 馬場 翔子, 立花 誠 : ヒストン修飾エピゲノムによるマウスの性決定機構, 第26回 高遠・分子生物学シンポジウム, 2014年8月.
42)立花 誠 : マウス性決定のエピジェネティックな制御機構, 第26回 高遠・分子生物学シンポジウム, 2014年8月.
43)Kosuke Namba : Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants, Asubio Pharmaceuticals, Inc., Sep. 2014.
44)難波 康祐 : 生物活性天然物の機能解明を指向した実践的合成研究, 武田薬品工業CMC研究センター, 2014年9月.
45)可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : 徳島大学病院口腔内科組織改編前後の患者動向について, 第24回日本口腔内科学会, 2014年9月.
46)髙橋 晋一 : COOL JAPAN-世界にひろがる日本文化, 徳島県立阿波高等学校出張講義, 2014年9月.
47)大豆本 圭, 小松 正人, 吉丸 哲郎, 上原 久典, 布川 朋也, 金山 博臣, 片桐 豊雅 : 核小体がんタンパク質BCRG1は膀胱癌の進行に関連している, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
48)片桐 豊雅 : がん特異的糖転移酵素による小胞体ストレス応答の恒常的活性化を標的とした新規創薬開発, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
49)高田 亮, 加藤 陽一郎, 前佛 均, 片桐 豊雅, 角田 達彦, 藤岡 知昭, 中村 祐輔, 小原 航 : 網羅的遺伝子発現解析による筋層湿潤性膀胱がんのオーダーメイド医療, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
50)吉丸 哲郎, 小松 正人, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ER陽性乳がん治療法の開発, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
51)坂根 亜由子, 西村 将臣, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動においてJRABがつくりだす秩序と法則性, 第73回日本癌学会総会, 2014年9月.
52)渡辺 公次郎, 山中 英生, 近藤 光男, 伊勢 千尋 : 津波リスクが存在する地域における転居意識に関する研究, 日本環境共生学会第17回(2014年度)学術大会発表論文集, 7-13, 2014年9月.
53)小松 正人, 吉丸 哲郎, 尾野 雅哉, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : 悪性度の高いトリプルネガティブ乳癌における核内19S-proteasome関連遺伝子(nPAG1)の役割, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
54)金 南希, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : 乳癌細胞における癌抑制分子PHB2のエストロゲン依存性核内移行機構の解明, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
55)Jiaying Lin, Jae-Hyun Park, Suyoun Chung, Koji Ueda, Toyomasa Katagiri, Koichi Matsuda and Yusuke Nakamura : GALNT6 stabillizes GRP78 protein by O-type glycosylation and enhances its activity to suppress apoptosis under stress, The 73rd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Sep. 2014.
56)宮川 義仁, 小松 正人, 清谷 一馬, 吉丸 哲郎, 笹 三徳, 三好 康雄, 片桐 豊雅 : トリブルネガティブ乳癌における癌抑制遺伝子BCLR1の発現低下について, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
57)米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭時, 難波 康祐 : 蛍光分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型蛍光シデロフォアへの応用, 2014年度第2回(第15回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年9月.
58)髙橋 晋一 : パネルディスカッション「四国八十八箇所霊場と遍路道」(コーディネーター), 四国八十八箇所霊場と遍路道(明治大学・徳島大学・徳島県連携講座), 2014年10月.
59)立花 誠 : マウス性決定のエピジェネティック制御機構, 新学術領域研究「性差構築の分子基盤」研究成果報告会, 2014年10月.
60)大澤 歩, 谷野 圭持, 難波 康祐 : Kansuinine A の全合成研究, 第56回天然有機化合物討論会, 2014年10月.
61)青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 東 雅之 : Sjögren症候群におけるサイトカイン/ケモカイン発現の解析, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
62)高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 : 5-FUによるヒト口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制とγ-T3によるその解除機構の検討, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
63)桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 : 一次性舌痛症に対する心拍間変異分析-Time-Domain測定の意義-, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
64)坂根 亜由子, 西村 将臣, 吉澤 信, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動において1分子の構造変化がつくりだす秩序と法則, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
65)片桐 豊雅, 吉丸 哲郎, 小松 正人 : 新規エストロゲンシグナル制御分子BIG3による新たながん抑制因子prohibitin2の機能喪失機構の解明, 第87回日本生化学学会大会, 2014年10月.
66)Ayumi Osawa, Kosuke Namba and Keiji Tanino : Development and Application of 1,3a,6a-Triazapentalene Derivatives as a Novel Fluorescent Molecule, 大津会議, Oct. 2014.
67)佐藤 南, 永田 久美子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 山村 佳子, 東 雅之, 田中 栄二 : 唾液腺に対する低出力パルス超音波照射の影響の検討, 第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 176, 2014年10月.
68)高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 橋本 俊顕, 久保 宜明, 東 雅之 : 頬部脂肪萎縮性脂肪織炎の1例, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
69)山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 高瀬 奈緒, 十川 悠香, 東 雅之 : 肺癌患者における周術期口腔機能管理の有用性について-術後合併症の観点より-, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
70)溝口 諒, 山中 英生 : 広視野型自転車シミュレータの性能分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.50, 2014年11月.
71)加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : フェニルプロパルギルエーテルの連続的異性化ー[2+2]環化付加反応の開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
72)大野 祥子, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : パラジウム触媒を用いたプロパルギルアルコールと環状ジケトンの連続的環化反応, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
73)大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
74)林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
75)坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : Calyciphylline Gの全合成研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
76)津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 : ムギネ酸類の実用的合成, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
77)柴田 弥希, 難波 康祐 : Himandrine の全合成研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
78)吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 : プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
79)青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 : Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の役割, 第51回日本口腔組織培養学会学術大会, 2014年11月.
80)難波 康祐 : 複雑な天然有機化合物の実践的合成研究, 熊本大学大学院特別講義, 2014年11月.
81)難波 康祐 : ムギネ酸およびパラウアミンの合成研究~有機合成の実力向上を目指して~, 有機合成化学協会中四国支部第71回パネル討論会:天然物合成を通してみる「有機合成の実力」, 2014年11月.
82)松下 夏樹, 松下 佐知, 坂根 亜由子, 佐々木 卓也, 今村 健志 : 非組込型レンチウイルスベクターを用いたCRISPR/Cas9システムによる高効率遺伝子ターゲティング, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月.
83)黒木 俊介, 馬場 翔子, 立花 誠 : Epigenetic regulation of mouse sex determination by the histone H3K9 methylation, 第37回 日本分子生物学会年会, 2014年11月.
84)難波 康祐 : 機能解明や実用化を指向した微量天然有機化合物の実践的合成研究, 関西学院大学理工学部講演会, 2014年11月.
85)坂本 真理子, 山中 英生, 真田 純子 : 実践のプロファイリング手法による 景観デザイナーの調整役としての機能分析, 景観・デザイン研究講演集, No.10, 297-302, 2014年12月.
86)髙橋 晋一 : 「阿波の暮らし」をフィールドワークする, --- 阿波学会総合学術調査と「民俗班」の取り組み ---, 阿波学会創立60周年記念式典講演, 2014年12月.
87)Shunsuke Kuroki, baba shoko and Makoto Tachibana : Role of H3K9 methylation and demethylation enzymes on mouse sex determination, 新学術領域研究「性差構築の分子基盤」 「性差構築」若手研究者集会, Dec. 2014.
88)難波 康祐 : 機能解明および実用化を指向した天然有機化合物の実践的合成研究, 慶應義塾大学理工学部講演会, 2014年12月.
89)大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-Triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開, 2014年度第3回(第16回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2015年1月.
90)髙橋 晋一 : 「巡り」の文化論, --- 四国遍路と世界の巡礼 ---, 平成26年度徳島大学公開講座「空海と歩く-四国伊予遍路2015Ⅰ」, 2015年2月.
91)髙橋 晋一 : COOL JAPAN-世界にひろがる日本文化, 徳島県立海部高等学校出張講義, 2015年3月.
92)立花 誠 : H3K9脱メチル化酵素Jmjd1aとそのアイソザイムJmjd1bの機能, 国際高等研究所 研究プロジェクト「クロマチン・デコーディング 」第2回研究会, 2015年3月.
93)水口 智貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : アルキニルアジリジンの1,5-水素移動を鍵とする置換ピぺリジンの立体選択的合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
94)米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 蛍光標識ビブリオフェリンの合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
95)柴田 弥希, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : Himandrineの全合成研究, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
96)笠井 知世, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : (+)-Furanonaphthoquinone Iの合成研究, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
97)林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
98)向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 : イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
99)大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
100)立花 誠 : H3K9脱メチル化酵素Jmjd1aとそのアイソザイムJmjd1bはマウスの胚発生に必須である, 第3回 X染色体研究会, 2015年3月.
101)竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 : パラウアミンの全合成, 日本化学会第95春季年会, 千葉県船橋市, 2015年3月.
102)吉田 昌裕, 小林 明日香, 中山 淳, 難波 康祐 : 一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[ポスター], 2015年3月.
103)難波 康祐 : イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
104)津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 : ムギネ酸類の実用的合成, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
105)加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : プロパルギルスチリルエーテルの連続的異性化-[2+2]環化付加反応の開発, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
106)片桐 豊雅, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 田代 悦, 井本 正哉, 長田 裕之 : エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ホルモン依存性乳がん治療法の開発, 日本農芸化学会 2015年度(平成27年度)大会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

1)公益財団法人徳島県文化振興財団, 髙橋 晋一 : 鳴門市撫養町宇佐八幡神社の「おごく」神事(短編), 公益財団法人徳島県文化振興財団平成26年度映像記録事業, 2015年3月.
2)公益財団法人徳島県文化振興財団, 髙橋 晋一 : 鳴門市撫養町宇佐八幡神社の「おごく」神事(長編), 公益財団法人徳島県文化振興財団平成26年度映像記録事業, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)片桐 豊雅 : 乳癌における小胞体ストレス応答活性化制御機構の解明, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月.
2)片桐 豊雅 : 学術誌「がん分子標的治療」vol.12 No.4掲載座談会, がん分子標的治療, 2014年8月.
3)木村 竜一朗, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌の発症・進展におけるBIG3の役割, 平成26年度がん若手研究者ワークショップ, 2014年9月.
4)可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : がん治療における周術期口腔機能管理の現状と課題, 徳島大学病院Cancer Board, 2014年9月.
5)片桐 豊雅 : 日本の医学研究を考える∼サバイバーと研究者の連携をめざし, リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡 講演会, 2014年9月.
6)高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : γ-トコトリエノールはNrf2-Keap1経路と抗酸化タンパク質の誘導を介して5-FUによる口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制を解除する, 第13回中四国口腔癌研究会, 2014年10月.
7)片桐 豊雅 : 滑膜肉腫に対するゲノム抗体創薬,ー新規診断と治療薬開発の可能性, 第12回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会, 2014年10月.
8)片桐 豊雅 : 新たな乳がん治療薬開発の試み, あけぼの徳島 乳がん講演会, 2014年11月.
9)髙橋 晋一 : 阿波学会60年(中), --- 暮らしをフィールドワークする ---, 徳島新聞, 2014年12月.
10)里見 淳一郎, 山村 佳子, 青田 桂子, 武川 大輔, 松本 文博, 十川 悠香, 東 雅之 : 徳島大学病院脳卒中センターにおける口腔管理の意義について, 第17回徳島脳卒中研究会, 2015年2月.
11)髙橋 晋一 : 地神さんの祭り, 徳島新聞, 23, 2015年3月.
12)片桐 豊雅 : 乳がんにおけるゲノム解析研究の最新知見, 徳島県生活習慣病管理指導協議会 乳がん部会 乳がん検診従事者講習会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

1)「阿波木偶箱まわし」伝承推進実行委員会, 髙橋 晋一 : 「阿波木偶箱まわし」伝承推進事業報告書, --- さらなる伝承に向けて ---, 徳島, 2015年2月.
2)髙橋 晋一 : 徳島県海部郡美波町木岐の津波防災とまちづくり, --- 地域住民の防災知識・意識に関する聞き取り調査の分析 ---, 徳島, 2015年3月.