Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2014.42021.3

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 福澤 健治, 木崎 真弓, 真鍋 幸恵, 德村 彰 : ビタミンE研究の進歩 XII, --- α-トコフェロール誘導体のアポトーシス誘導作用:構造-活性相関 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2007年.
2) 2,006 著書 福澤 健治, 小暮 健太朗, 真鍋 幸恵, 德村 彰 : ビタミンE研究の進歩 XII, --- α-トコフェロールジカルボン酸誘導体の抗ガン作用 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Proposal for Rapid Acquisition Method Using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.4, 251-254, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) Zhuoming Li, Xiaoxiao Bai, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo and Yohsuke Kinouchi : Accuracy of Two-Dipole Source Localization Using a Method Combining BP Neural Network with NLS Method from 32-Channel EEGs, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.89, No.7, 2234-2242, 2006.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) 松谷 満, 高木 竜輔, 丸山 真央, 樋口 直人 : 日本版極右はいかにして受容されるのか, --- 石原慎太郎・東京都知事の支持基盤をめぐって ---, アジア太平洋レビュー, No.3, 39-52, 2006年.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Kenji Fukuzawa, Aya Fujisaki, Kaori Akai, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in solution and in intact membranes by the ferric-xylenol orange assay, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.359, No.1, 18-25, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) 松谷 満 : 参加型民主主義の蹉跌, --- 権威主義の変容と『勝手連』選挙のアンチノミー ---, ソシオロジ, Vol.51, No.157, 21-38, 2006年.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) 手川 歓識, 木内 陽介 : 磁性アタッチメントで維持されたオーバーデンチャーの力学的特性に関する基礎的考察, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 35-40, 2006年.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) Toshihiko Tsutsumi, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Movememt of monoglyceride derived from hydrolysis of fluorescence-labeled lyso platelet-activating factor by lysophospholipase C through plasma membranes of porcinr kidney epithelial cell line LLC-PK1, Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.83, No.1-2, 33-41, 2007.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) Junichi Morishige, Kanako Touchika, Tamotsu Tanaka, Kiyoshi Satouchi, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Production of bioactive lysophosphatidic acid by lysophospholipase D in hen egg white, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1771, No.4, 491-499, 2007.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masahiro Murata, Susumu Ito, Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto and Masaji Nishimura : Influence of leukocytapheresis therapy for ulcerative colitis on anemia and hemodynamics., Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.11, No.1, 16-21, 2007.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) Akira Tokumura, Tetsuya Kume, Kenji Fukuzawa, Masahiro Tahara, Keiichi Tasaka, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Katsuhiko Yasuda and Hideyo Kanzaki : Peritoneal fluids from patients with certain gynecologic tumor contain elevated levels of bioactive lysophospholipase D activity, Life Sciences, Vol.80, No.18, 1641-1649, 2007.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Measurement of Blood Flow Velocity Waveforms in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries during Head-up Tilt, Journal of Biomedical & Pharmaceutical Engineering, 2007.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,006 学術論文 (紀要その他) 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.
2) 2,006 学術論文 (紀要その他) Junichi Morishige, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 脂質生化学研究, Vol.48, No.0, 91-94, 2006年.
3) 2,006 学術論文 (紀要その他) 松谷 満, 伊藤 美登里, 久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 高木 竜輔, 丸山 真央 : 東京の社会的ミリューと政治, --- 2005年東京調査の予備的分析 ---, 徳島大学社会科学研究, No.20, 2007年.
4) 2,006 学術論文 (紀要その他) Takuya YABE, Mitsutu Matsutani, Ryosuke Takaki, Masao Maruyama, Hiroshi Murase, Shigeru Kubota and Naoto Higuchi : Social Consciousness and Local Politics under the Post-1955 Regime, --- analyzing Voting Behaviors in Tokushima, Japan ---, Social Science Research University of Tokushima, No.20, 2007.
5) 2,006 学術論文 (紀要その他) 丸山 真央, 高木 竜輔, 久保田 滋, 樋口 直人, 松谷 満, 矢部 拓也 : ポピュリズムと底辺民主主義の隘路, --- 2006年長野県知事選での田中康夫の敗北をめぐる投票行動 ---, 茨城大学地域総合研究所年報, Vol.40, No.40, 41-75, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Occasional Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.412, 235-238, 2006.
2) 2,006 学術レター Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 森口 博基, 森川 富昭 : Pマーク取得へ 院内体制整備, 徳島新聞, 2006年4月.
2) 2,006 総説・解説 森口 博基, 森川 富昭 : プライバシーマーク 徳島大学病院が取得, 日本経済新聞, 2006年5月.
3) 2,006 総説・解説 森口 博基, 森川 富昭 : 徳大病院がPマーク取得, 徳島新聞, 2006年5月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Toshitaka Ikehara, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : A new water sterilization system which use UVA-light emitting diode (Q-401)., 106th ASM general meeting, Florida, USA, May 2006.
2) 2,006 国際会議 Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
3) 2,006 国際会議 Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Proc. of ISCAS2006, 3702-3705, Island of Kos, Greece, May 2006.
4) 2,006 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
5) 2,006 国際会議 Akira Tokumura, Emi Kuwahara, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Shuji Yamano : Lysophosphatidic acid stimulates hyaluronic acid production in mouse oocyte-cumulus cells complex in vitro, 20thIUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
6) 2,006 国際会議 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, 81-82, Cancun, Jun. 2006.
7) 2,006 国際会議 Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Yuko Ohka and Yukiko Ishiyama : Construction and evaluation of e-learning system for medical treatment safty measure, NI2006, Seoul, Jun. 2006.
8) 2,006 国際会議 Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi and Akihiro Kashihara : Peer Review Framework with ``Review Diagram'' for Self-Directed Learning, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia, & Telecommunications (ED-MEDIA2006), 806-811, Florida, Jun. 2006.
9) 2,006 国際会議 Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effects of ultraviolet LED on bacteria., World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006, Korea, Aug. 2006.
10) 2,006 国際会議 Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, Sachie Manabe and Akira Tokumura : In vitro cytotoxicity of alpha-tocopherol succinate, malonate and oxalate on cancer cells and their in vivo anti-cancer effects on mouse melanoma, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
11) 2,006 国際会議 Kenji Fukuzawa, Akira Shibata, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, H. Ichikawa and Jansuz M. Gebicki : Colored complex of ferric-xylenol orange/phosphatidylcholine vesicle in the Fox assay, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
12) 2,006 国際会議 Kenji Fukuzawa, A. Fujiwara, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in membranes by the ferric-xylenol orange (FOX) assay, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
13) 2,006 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Analysis of a Neural Oscillator Model With Plasticity for Treatment of Tinnitus, Proceedings of World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.14, 3413-3416, Seoul, Aug. 2006.
14) 2,006 国際会議 Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Magnetic Attachments toward the Next Generation, The International Federation for Medical and Biological Engineering Proceedings, Vol.14, No.T18-4551, Seoul, Aug. 2006.
15) 2,006 国際会議 Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : Analysis of multi-layer neural network's recognition mechanism using Alopex algorithm, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 133-136, Seoul, Aug. 2006.
16) 2,006 国際会議 Yoshinobu Terahashi, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Magnetic motion measurement using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 530-532, Seoul, Aug. 2006.
17) 2,006 国際会議 Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Neural networks for the novel diagnosis method based on clinical snoring sound analysis in apnea, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 836-840, Seoul, Aug. 2006.
18) 2,006 国際会議 Tada Tomohiro, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain signal source localization from EEG during recall of the aural stimulation, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 967-970, Seoul, Aug. 2006.
19) 2,006 国際会議 Kunihiko Inoue, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Tetsuya Uemura, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Order estimation and screening of apneic snore sound using the Akaike Information Criterion, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1028-1031, Seoul, Aug. 2006.
20) 2,006 国際会議 Shingo Yoko, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Simulation study on artifact elimination in EEG signals by artificial neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1057-1059, Seoul, Aug. 2006.
21) 2,006 国際会議 Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Extracting characteristic feature of a inert region from EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1075-1078, Seoul, Aug. 2006.
22) 2,006 国際会議 Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : EEG analysis using neural networks to detect changes of brain conditions during operations, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1079-1082, Seoul, Aug. 2006.
23) 2,006 国際会議 Mizuki Nishioka, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Signal separation of the biological signal using ICA, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1098-1101, Seoul, Aug. 2006.
24) 2,006 国際会議 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi : Possibility of predicting Ht values during a plasma exchange therapy using back propagation neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1041-1044, Seoul, Aug. 2006.
25) 2,006 国際会議 Junpei Imajo, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Fumio Shichijo and Hiroshi Kido : Effect of Carnitine Ingestion on EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1137-1140, Seoul, Aug. 2006.
26) 2,006 国際会議 Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effect of ultraviolet LED on bacteria, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1218-1221, Seoul, Aug. 2006.
27) 2,006 国際会議 Tatsuaki Kamiya, Azhim Azran, Masatake Akutagawa, Hisao Yamaguchi, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka, Kazuo Yoshizaki and Yohsuke Kinouchi : Detection of a maximum blood flow velocity variation in the carotid artery during physical exercise using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3271-3274, Seoul, Aug. 2006.
28) 2,006 国際会議 Azhim Azran, Tatsuaki Kamiya, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Changes in the common carotid blood velocity waveform for exercise training, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, Seoul, Aug. 2006.
29) 2,006 国際会議 Mizuki Katai, Azhim Azran, Tatsuaki Kamiya, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Measurement and analysis of carotid blood flow and ECG in cardiac, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3359-3362, Seoul, Aug. 2006.
30) 2,006 国際会議 Yuichi Kogure, Hiroki Matsuoka, Masatake Akutagawa, Yoshihiro Shimada and Yohsuke Kinouchi : The application of remote patient monitoring system using a Java-enabled 3G mobile phone, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 3359-3362, Seoul, Aug. 2006.
31) 2,006 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Oscillation and Its Inhibition in a Neural Oscillator Model for Tinnitus, Proceedings of the 28th IEEE-EMBS Annual International Conference, 5547-5550, New York, Aug. 2006.
32) 2,006 国際会議 Akira Tokumura, Satoshi Taira, Kenji Fukuzawa, Toshihiko Tsutsumi, Tomoya Kitayama, K Morita and Toshihiro Dohi : LC-MS analysis on productions of bioactive lysophosphatidic acids from lysophosphatidylcholines in human mixed saliva, 47th International Conference on theBioscience of Lipids, Pecos, Sep. 2006.
33) 2,006 国際会議 YUE MA, Soumitro Banerjee, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Classification and Analytical Method of Switched Dynamical Systems, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
34) 2,006 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
35) 2,006 国際会議 Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
36) 2,006 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Takahiro Oie, Yasuo Miyoshi, Masahiko Sano and Yoneo Yano : Construction and Operation of a Portal System at Tokushima University, Proceedings of E-Learn 2006, 642-647, Honolulu, Oct. 2006.
37) 2,006 国際会議 Okuno O., Yohsuke Kinouchi, Tanaka Y., Mizutani H., Hosoi T., Takada Y., Ishigami T., Caputo A. and Okabe T. : Development and standardization of the dental magnetic attachment, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 1, Takamatsu, Oct. 2006.
38) 2,006 国際会議 Yohsuke Kinouchi and Tanaka Y. : Development and Design of Magnetic Circuits for Magnetic Attachments, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 2, Takamatsu, Oct. 2006.
39) 2,006 国際会議 Yohsuke Kinouchi and Hosoi T. : Studies on Safety of Magnetic Field and Standardization of Leakage Magnetic Fields out of a Magnetic Attachment, Development and Standardization of Dental Magnetic Attachment, 3, Takamatsu, Oct. 2006.
40) 2,006 国際会議 Akira Takahashi, Hamamoto Akiko, Wakikawa Noriko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Yutaka Nakaya : New water sterilization system used by UVA-LED., The 41st Joint Conference US-Japan Cooperative Medical Science Program Cholera Panel, Gifu, Japan, Nov. 2006.
41) 2,006 国際会議 Eiji Tasaka, Masaki Hashizume, Seiichi Nishimoto, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takahiro Oie, Ikuro Morita and Toshihiro Kayahara : At Speed Testing of Bus Interconnects in Microcomputers, 7th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT06), 123-127, Fukuoka, Nov. 2006.
42) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, David Colin Raymond, Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning Support as Bridge between Classroom Lecture and e-Learning, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 45-48, Beijing, Nov. 2006.
43) 2,006 国際会議 Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Blood Flow Velocities in Common Carotid Artery Changes with Age and Exercise, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 523-530, Singapore, Dec. 2006.
44) 2,006 国際会議 Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Exercise Training Improved Blood Flow Velocity and Autonomic Nervous Activity, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 517-522, Singapore, Dec. 2006.
45) 2,006 国際会議 Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Measurement of Blood Flow Velocity Waveforms in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries during Postural Change, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 438-442, Singapore, Dec. 2006.
46) 2,006 国際会議 Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Some Limitations of Localizing Inert Region from EEG, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 180-185, Singapore, Dec. 2006.
47) 2,006 国際会議 Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro, Yohsuke Kinouchi, Emiko Yasuno, Omine Yuken, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Nomivasive Estimation of Tissue Impedance Based on an Equivalent Circuit Model, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 246-251, Singapore, Dec. 2006.
48) 2,006 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Satoshi Terao, Naka Gotoda and Yoneo Yano : DEVELOPMENT OF THE VLOG-BASED SCENARIO WITH CYBERCOMMUNITIES OF INTEREST FOR EXPERIENCED LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 272-275, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
49) 2,006 国際会議 Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Ryuzo Ide and Yoneo Yano : A PROPOSAL TO EXTEND FOLKSONOMY BASED ON TAGS AND LINKS, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 385-383, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
50) 2,006 国際会議 Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Evaluation of Magnetic Field Leakage out of a Cup Yoke Type of Magnetic Attchment, Proceedings of The 6th International Conference on Magnetic Applications in Dentistry, Vol.16, No.2, 25-32, Tokyo, Mar. 2007.
51) 2,006 国際会議 Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Improvement of Rapid Acquisition Method using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Proc. of NCSP'07, 265-268, Shanghai, Mar. 2007.
52) 2,006 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi, Takahiko Mendori, Kenji Matsuura, Junko Minato and Yoneo Yano : Learning of Scientific Thinking Using Reflection Support Tool, Proc. of the 17th annual conference of the Society for Information Technology and Teacher Education(SITE 2007), 2014-2020, San Antonio, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 盛重 純一, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 第48回日本脂質生化学会, 2006年6月.
2) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践, 北海道大学現代GPフォーラム予稿集, 37-40, 2006年6月.
3) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形解析例, 体力科学 第57回日本体力医学会中国・四国地方会, Vol.55, No.5, 536, 2006年6月.
4) 2,006 国内講演発表 中川 雄仁, 三好 康夫, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークを用いた年表作成支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 145-146, 2006年8月.
5) 2,006 国内講演発表 井手 隆三, 三好 康夫, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークにおけるブックマーク間のリンクに基づく探求学習支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 477-478, 2006年8月.
6) 2,006 国内講演発表 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌, 平成18年度(第39回)照明学会全国大会講演論文集, 245, 2006年8月.
7) 2,006 国内講演発表 池原 敏孝, 細川 敬子, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 最大1.5テスラ変動磁界が牛副腎クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 61, 2006年9月.
8) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形解析について, 第61回日本体力医学会大会, Vol.55, No.6, 649, 2006年9月.
9) 2,006 国内講演発表 Reiji Suzuki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Method of Analysis for alpha-wave in EEG under Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 180, Sep. 2006.
10) 2,006 国内講演発表 Shuuhei Higashi, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Development of a Measurement System of EEG and Its Spectrogram, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 181, Sep. 2006.
11) 2,006 国内講演発表 Daisuke Adachi, Takayuki Araki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation by Noise in a Neural Network Model for Treatment of Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 188, Sep. 2006.
12) 2,006 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
13) 2,006 国内講演発表 塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
14) 2,006 国内講演発表 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
15) 2,006 国内講演発表 水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
16) 2,006 国内講演発表 上田 哲史, 高坂 拓司, 辻 繁樹 : 区分非線形系と部分遅延カオス制御について, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, 11, 2006年9月.
17) 2,006 国内講演発表 田村 彰寿, 上田 哲史 : Bifurcation of the simple third-order automomous system, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-1, 297, 2006年9月.
18) 2,006 国内講演発表 前川 健志, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : cos-sin変調ガウシアンパルスを用いたUWB-IR(TH-FH/SS型)におけるPSDマッチング高速同期捕捉法の評価, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-11, 127, 2006年9月.
19) 2,006 国内講演発表 西岡 瑞起, 芥川 正武, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳波の独立成分分離に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 178, 2006年9月.
20) 2,006 国内講演発表 多田 朋広, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークと非線形最適化法を用いた脳内2信号源推定に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2006年9月.
21) 2,006 国内講演発表 片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位の大きさによる推定位置誤差の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2006年9月.
22) 2,006 国内講演発表 新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ステップ幅を可変にしたAlopex algorithm, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2006年9月.
23) 2,006 国内講演発表 横 真悟, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いた瞬目アーチファクトの除去について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2006年9月.
24) 2,006 国内講演発表 砂崎 一紀, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた時系列パターン認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2006年9月.
25) 2,006 国内講演発表 寺橋 由展, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : MIセンサを用いた顎運動計測に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2006年9月.
26) 2,006 国内講演発表 井上 邦彦, 芥川 正武, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 植村 哲也, 長篠 博文, 木内 陽介 : AICによる鼾音のパラメータ推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 201, 2006年9月.
27) 2,006 国内講演発表 Yongjian Chen, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Blind source separation by ICA for EEG multiple sources localization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 179, Sep. 2006.
28) 2,006 国内講演発表 今城 純平, 芥川 正武, 木内 陽介, 七條 文雄, 木戸 博 : 脳波におけるカルニチンの効果に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 182, 2006年9月.
29) 2,006 国内講演発表 神谷 達明, アズラン アズヒム, 片井 自生, 芥川 正武, 山口 久雄, 田中 弘之, 野村 昌弘, 小原 繁, 吉﨑 和男, 平尾 友二, 木内 陽介 : 運動中の頸動脈血流測定による血液循環システム変化の検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 192, 2006年9月.
30) 2,006 国内講演発表 片井 自生, アズラン アズヒム, 神谷 達明, 篠原 康一, 平尾 友二, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 野村 昌弘, 小原 繁, 田中 弘之, 木内 陽介 : 加齢による頚動脈血流速度の変化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 193, 2006年9月.
31) 2,006 国内講演発表 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの病原性菌への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 196, 2006年9月.
32) 2,006 国内講演発表 松岡 央樹, 木暮 祐一, 芥川 正武, 島田 嘉洋, 木内 陽介 : 携帯電話を用いた遠隔リアルタイムモニタリングシステムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 202, 2006年9月.
33) 2,006 国内講演発表 篠原 康一, アズラン アズヒム, 片井 自生, 神谷 達明, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 高血圧症患者と健常者の血流速度パターンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 194, 2006年9月.
34) 2,006 国内講演発表 Azhim Azran, Shinohara Kohichi, Katai Mizuki, Kamiya Tatsuaki, Yuji Hirao, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Shigeru Obara and Yohsuke Kinouchi : The Effect of Aerobic Exercise on Blood Flow Velocity and Autonomic Activity, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 3258, Sep. 2006.
35) 2,006 国内講演発表 福澤 健治, 佐野 真純, 道倉 亜美, 柴田 瑩, 德村 彰 : 改良FOX法による過酸化脂質の簡易定量, 日本過酸化脂質フリーラジカル学会第30回大会, 2006年10月.
36) 2,006 国内講演発表 吉原 添修, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾリン脂質メディエーター産生酵素の阻害物質の探索とその検定法の構築, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
37) 2,006 国内講演発表 佐野 真純, 道倉 亜美, 德村 彰, 柴田 瑩, 福澤 健治 : キシレノールオレンジ錯体形成によるFe2+定量法の開発と過酸化物簡易定量法への応用, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
38) 2,006 国内講演発表 佐藤 康弘, 池田 祐一, 谷田 弓磨, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下計測装置の開発, 日本磁気歯科学会第16回学術大会抄録集, 13, 2006年10月.
39) 2,006 国内講演発表 南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
40) 2,006 国内講演発表 三好 康夫, 井手 隆三, 中川 雄仁, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークシステムの学習支援への活用, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 457-458, 2006年11月.
41) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践とその評価, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 111-114, 2006年11月.
42) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 外化支援ツールによる科学思考の育成に向けて, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 377-378, 2006年11月.
43) 2,006 国内講演発表 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDによる殺菌, 第21回生体・生理工学シンポジウム論文集, 547-548, 2006年11月.
44) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 片井 自生, 神谷 達明, 平尾 友二, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形解析, 第58回日本生体医工学会中・四国地方会, 2006年11月.
45) 2,006 国内講演発表 池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 50, 2007年.
46) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形解析, 体力科学, Vol.56, No.2, 296, 2007年.
47) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形情報, 体力科学, Vol.56, No.5, 545, 2007年.
48) 2,006 国内講演発表 田中 弘之, 山口 久雄, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 小原 繁, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形情報について, 体力科学, Vol.56, No.6, 639, 2007年.
49) 2,006 国内講演発表 森口 博基 : 大学附属病院における個人情報保護の取組み-プライバシーマークの取得を通して-, 文部科学省主催 情報セキュリティーセミナー, 2007年2月.
50) 2,006 国内講演発表 德村 彰, 吉原 添修, 盛重 純一, 福澤 健治 : ヒト口腔粘膜細胞のエクト型リゾホスホリパーゼDによるリン脂質性増殖因子(LPA)の産生, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
51) 2,006 国内講演発表 桑原 絵美, 山野 修司, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸遊離と卵丘膨化, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
52) 2,006 国内講演発表 森口 博基 : 3DCG contents for medicine, 第18回医療情報学会中国四国支部会, 2007年3月.
53) 2,006 国内講演発表 Azhim Azran, Hisao Yamaguchi, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Noboru Utsuyama, Kazuo Yoshizaki, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Simultaneous measurement of the maximum blood flow velocity in common carotid, branchial and femoral arteries during head-up-tilt by Doppler ultrasound method, The 84th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2007.
54) 2,006 国内講演発表 濱本 晶子, 髙橋 章, 森 美怜, 中野 政之, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌装置の開発, 日本細菌学雑誌「第80回日本細菌学会総会」, Vol.62, No.1, 130, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの細菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 5-8, 2006年7月.
2) 2,006 その他・研究会 豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 体表面心電図のバンドエリミネイトフィルタによる影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 17-20, 2006年7月.
3) 2,006 その他・研究会 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群に関する新しい診断方法の開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 29-31, 2006年7月.
4) 2,006 その他・研究会 片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた不活性部位EEGの特徴抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 37-40, 2006年7月.
5) 2,006 その他・研究会 桑原 絵美, 盛重 純一, 山野 修司, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸分泌と卵丘膨化 -卵成熟および排卵促進機構への関与の可能性ー, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
6) 2,006 その他・研究会 吉原 添修, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾリン脂質メディエーター産生酵素の阻害物質の探索とその検定法の構築, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
7) 2,006 その他・研究会 三好 康夫 : タグとリンクによるフォークソノミの提案, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 第2回ワークショップ JWEIN2006 講演論文集, 27-28, 2006年9月.
8) 2,006 その他・研究会 大家 隆弘 : 徳島大学PKIの構築とキャンパス無線LAN認証への応用, 第20回インターネット技術第163委員会研究会, 2006年10月.
9) 2,006 その他・研究会 熊野 聡促, 上田 哲史 : 写像の方向と回数を利用した周期点抽出機構, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.451, 81-86, 2007年1月.
10) 2,006 その他・研究会 田村 彰寿, 上田 哲史 : 簡素な3次元カオス発生器の分岐構造とその結合系に関するカオス同期, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.452, 11-16, 2007年1月.
11) 2,006 その他・研究会 森口 博基 : Changing medicine,to whom by what?, 第16回日本脳神経外科コンピュータ研究会, 2007年1月.
12) 2,006 その他・研究会 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : 生体膜脂質の生理的および病態生理的役割, 日本農芸化学会中四国支部創設5周年記念特別講演会, 2007年3月.
13) 2,006 その他・研究会 森口 博基 : ICT-誰のために何のために, 第6回日本医療マネジメント学会香川地方会, 2007年3月.
14) 2,006 その他・研究会 今泉 洋子, 尾澤 昌悟, 蛭川 幸史, 山田 恒, 中村 好徳, 服部 正巳, 福井 壽男, 木内 陽介, 戸苅 彰史, 田中 貴信 : MC3T3-E1 細胞に対する簡易変動磁場の影響, 第4回 研究成果報告会 プログラム・抄録集, 15, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 2,006 報告書 原田 健太郎 : 学位に関するベンチマークステートメント ー英国・高等教育水準審査機関(QAA)の学科目別報告ー, 広島大学高等教育研究開発センター, 広島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) 森川 富昭, 森口 博基, 岡田 達也 : 【徳島大学の医学教育を考える】 医学教育におけるe-Learningの活用 マルチメディア教材の分析, 四国医学雑誌, Vol.63, 11-18, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) Iwaki Hiroshi, Toshiya Okahisa, Murata Masahiro, Miyamoto Hiorshi, Yasuhiro Kuroda, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Susumu Ito : Influence of Lipid Emulsion for the Hematocrit Value Measured With Continuous Hematocrit Monitor., ASAIO Journal, Vol.53, No.4, 474-478, 2007.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model of Sound Therapy of Tinnitus, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.2, No.4, 488-490, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) 森川 富昭, 森口 博基, 能瀬 高明, 田木 真和, 大岡 裕子, 石山 由紀子 : 徳島大学病院における個人情報保護対策 プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 369-374, 2007年.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) 手川 歓識, 西田 美奈子, 木内 陽介 : カップヨーク型磁性アタッチメントの漏れ磁界解析, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 23-29, 2007年.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) Azhim Azran, Mizuki Katai, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Exercise Improved Age-associated Changes in the Carotid Blood Velocity Waveforms, Journal of Biomedical & Pharmaceutical Engineering, Vol.1, No.1, 17-26, 2007.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) Akiko Hamamoto, Mirei Mori, Akira Takahashi, Masayuki Nakano, Noriko Wakikawa, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New water disinfection system using UVA-light emitting diodes., Journal of Applied Microbiology, Vol.103, No.6, 2291-2298, 2007.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Tachibana Satoko, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Development of a new water sterilization device with a 365 nm UV-LED, Medical and Biological Engineering and Computing, Vol.45, No.12, 1237-1241, 2007.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Optimization of MLP/BP for character recognition using a modified alopex algorithm, International Journal of Knowlrge-based and Intelligent Engineering Systems, Vol.11, No.6, 371-379, 2007.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Dental Magnetic Attachment, --- Toward third generation devices ---, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.55, No.3, 1185-1190, 2008.
11) 2,007 学術論文 (審査論文) 村上 昭継, 芥川 正武, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 木内 陽介 : 集中治療分野における医療機器情報の収集および警報情報のモニタリングシステム, 医療情報学, Vol.27, No.5, 415-423, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,007 学術論文 (紀要その他) 池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 73-74, 2008年.
2) 2,007 学術論文 (紀要その他) 勅使河原 三保子, 上田 哲史 : 英語による大学院レベル工学系授業の質向上をめざして, --- 授業受講支援の実施状況とアンケート調査結果 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 123-127, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1) 2,007 学術レター Norihide Oda, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 329-332, 2007.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 森口 博基, 森川 富昭 : 医療・介護 改革の主役たち 徳島大学, 日経産業新聞, 2007年6月.
2) 2,007 総説・解説 森口 博基, 森川 富昭, 岡田 達也 : ジャストシステムと徳島大病院が医療機関向日本語変換システム開発, 日本経済新聞, 2007年7月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Hamamoto Akiko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Water disinfection system using UVA-light emitting diodes and its effects on bacterial DNA., 107th ASM general meeting, Toronto,Canada, May 2007.
2) 2,007 国際会議 Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Shigeki Tsuji : Occasional Delayed Feedback Control for Switched Autonomous Systems, Proc. of ISCAS2007, 2474-2477, New Orleans, May 2007.
3) 2,007 国際会議 Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, Jun. 2007.
4) 2,007 国際会議 Ali A. Danesh, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model for Tinnitus Inhibition, Poster Presentation in Advances in Tinnitus Assessment, Treatment and Neuroscience Basis Conference, New York, Jun. 2007.
5) 2,007 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation in a Plastic Neural Network Model Using Noise Stimulus, Proceedings of The 11th World Multi-Conference on systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.IV, 108-112, Orlando, Jul. 2007.
6) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroaki Ogata, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Junko Minato and Yoneo Yano : Design of e-Learning System Using Ubiquitous Technology at The University of Tokushima, Proceedings of 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training(ITHET2007), 578-583, Kumamoto, Jul. 2007.
7) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Toshiyuki Kumano and Tetsushi Ueta : Method of repellers detection by applied computation over basin of attraction, Proc. NDES2007, 241-244, Tokushima, Jul. 2007.
8) 2,007 国際会議 Hassane Bouzahir, El Fatima Guezar and Tetsushi Ueta : On Scicos simulation of a hybrid dynamical system, Proc. NDES2007, 62-65, Tokushima, Jul. 2007.
9) 2,007 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
10) 2,007 国際会議 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
11) 2,007 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Dynamical Properties of a Plastic Neural Network Model for Tinnitus Therapy and Inhibition of Oscillation Using Noise Stimulus, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS, 2408-2411, Lyon, Aug. 2007.
12) 2,007 国際会議 Noriyuki Yagi, Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masatake Akutagawa, Satoko Tachibana, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi and Masayuki Nakano : Sterilization Using 365 nm UV-LED., 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5841-5844, Lyon, France, Aug. 2007.
13) 2,007 国際会議 Azhim Azran, Kohei Akioka, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Effect of Gender on Blood Flow Velocities and Blood Pressure: Role of Body Weight and Height, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 967, Lyon, France, Aug. 2007.
14) 2,007 国際会議 Azhim Azran, Akioka Kohei, Masatake Akutagawa, Hirao Yuji, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Tanaka Hiroyuki, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Effects of Aging and Exercise Training on the Common Carotid Blood Velocities in Healthy Men, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 989-993, Lyon, France, Aug. 2007.
15) 2,007 国際会議 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Miyamoto Hiroshi, Okahisa Toshiya, Yoshiaki Ohnishi, Nishimura Masaji, Nakane Syunya, Kaji Ryuji and Yohsuke Kinouchi : Investigation of the new prediction method for Ht values during the plasma exchange, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3160-3163, Lyon, France, Aug. 2007.
16) 2,007 国際会議 Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Additive and Multiplicative Noise Reduction by Back Propagation Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3184-3187, Lyon, France, Aug. 2007.
17) 2,007 国際会議 Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Evaluation of Leakage Flux out of a Dental Magnetic Attachment, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3520-3523, Lyon, France, Aug. 2007.
18) 2,007 国際会議 Zhang Pu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Remote Patient Monitoring System Using a Java-enabled 3G Mobile Phone, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 3713-3716, Lyon, France, Aug. 2007.
19) 2,007 国際会議 Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Localization of an Inert Region in the Brain using Modified Levenberg Marquarts Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 4098-4101, Lyon, France, Aug. 2007.
20) 2,007 国際会議 Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Feature Extraction for Snore Sound via Neural Network Processing, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5477-5480, Lyon, France, Aug. 2007.
21) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems, Proc. NOLTA'07, 160-163, Vancouver, Sep. 2007.
22) 2,007 国際会議 Fatima Guezar El, Hassane Bouzahir, Tetsushi Ueta and Pascal Acco : Chaos in a Switched Dynamical System: Scicos as a Modeler and Simulator, Proc. NOLTA'07, 164-167, Vancouver, Sep. 2007.
23) 2,007 国際会議 Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for a simple chaotic circuit and its coupled systems, Proc. NOLTA'07, 529-532, Vancouver, Sep. 2007.
24) 2,007 国際会議 Teruhiro Ichida, Yuichi Ikeda, Emiko Yasuno, Kenji Okazaki, Yasuhiro Sato, Akira Tangoku, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : Improvement of bio-impedance measurement accuracy with guard electrodes approach, International journal of bioelectromagnetism, Vol.9, No.1, 126-127, Aizuwakamatsu, Oct. 2007.
25) 2,007 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Practical Data Management among Learning-Support Systems, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 271-274, Hiroshima, Nov. 2007.
26) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kazumi Sagayama, Yasuo Miyoshi, Junko Minato, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Progress of the Federation for Campus SNS Using the Shibboleth, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 309-311, Hiroshima, Nov. 2007.
27) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Using the Peer Review between Students in the Collaborative Report Writing System, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 23-24, Hiroshima, Nov. 2007.
28) 2,007 国際会議 Yasuo Miyoshi, Katsuhito Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : A Design and Prototyping of a Social Chronology System for History Learning, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 303-308, Hiroshima, Nov. 2007.
29) 2,007 国際会議 Higashiyama Yukitaka, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Kazuo Yoshizaki, Morimoto Toshifumi and Inoue Tadaaki : Effects of 438.5 MHz electromagnetic fields on transient increase in intracellular Ca2+ in adrenal chromaffin Cells, International Conference on Magneto-Science(ICMS2007), 92, Hiroshima, Nov. 2007.
30) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Daniele Fournier-Prunaret : Method of Bifurcation Analysis of Hybrid Nonlinear Systems, Proc. NOMA'07, 59-62, Toulouse, Dec. 2007.
31) 2,007 国際会議 Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
32) 2,007 国際会議 Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain Inert Region Identification from EEG using LM Neural networks, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 272-277, Harbin, Jan. 2008.
33) 2,007 国際会議 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Analysis of hematocrit value during the plasma exchange, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 278-279, Harbin, Jan. 2008.
34) 2,007 国際会議 Yagi Noriyuki, Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Tachibana Satoko, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Development of a tank-type sterilization device using 365 nm UVA-LED, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 113-116, Harbin, Jan. 2008.
35) 2,007 国際会議 Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Tetsuro Koga, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 109-112, Harbin, Jan. 2008.
36) 2,007 国際会議 Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : Inplementation and Standardization of a Telemedicine System Applying 3G Technology for Supporting ICU/CCU Treatment, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 143-146, Harbin, Jan. 2008.
37) 2,007 国際会議 Yuichi Kogure, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : The latest circumstances of a mobile phone and possibility of application to telemedicine and telecare, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 147-150, Harbin, Jan. 2008.
38) 2,007 国際会議 Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008.
39) 2,007 国際会議 Hiromi Isshiki, Tadaaki inoue and Yohsuke Kinouchi : Consideration of a method for transforming an impedance parameter of the skin into other parameters, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 213-216, Harbin, Jan. 2008.
40) 2,007 国際会議 Lian Xin, Akira Takahashi, Maeda Miku, Yagi Noriyuki, Tachibana Satoko, Masayuki Yamato, Hamamoto Akiko, Masatake Akutagawa, Nakano Masayuki, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New surface sterilization system using UV-LED for vegetables, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 257-259, Harbin, Jan. 2008.
41) 2,007 国際会議 Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Hirofumi Nagashino, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Additive and Multiplicative Noise Reduction by Back Propagation Neural Network, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 280-283, Harbin, Jan. 2008.
42) 2,007 国際会議 Azhim Azran, Masatake Akutagawa, Yuji Hirao, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura, Hiroyuki Tanaka, Hisao Yamaguchi and Yohsuke Kinouchi : Assessments of Carotid Velocity Waveform in Sedentary and Regular Execise-trained Men, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, Vol.1, No.1, 284-287, Harbin, Jan. 2008.
43) 2,007 国際会議 Nishida Minako, Yoshinori Tegawa and Yohsuke Kinouchi : Development of Dental Magnetic Attachments and the Analysis of their Characteristics, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 351-352, Harbin, Jan. 2008.
44) 2,007 国際会議 Emiko Yasuno, Xueli Zhao, Yohsuke Kinouchi, Tadaoki Morimoto, Akira Tangoku, Okazaki Kenji, Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro and Ichida Teruhiro : A fundamental study on theory of space distribution estimation for EIT, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 353-354, Harbin, Jan. 2008.
45) 2,007 国際会議 Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, 第22回生体・生理工学シンポジウム, Harbin, Jan. 2008.
46) 2,007 国際会議 Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008.
47) 2,007 国際会議 Takayuki Kimura, Takahiro Oie and Keishiro Nakahigashi : Prototype of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer with High Speed Convergence, Proc. of NCSP'08, 363-366, Gold Coast, Mar. 2008.
48) 2,007 国際会議 Takayuki Ishikawa and Takahiro Oie : Design of Pulse Shape for UWB-IR by Combining Modulated Gaussian Pulses, Proc. of NCSP'08, 399-402, Gold Coast, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 張 璞, 松岡 央樹, 木暮 祐一, 芥川 正武, 木内 陽介 : 携帯電話を用いた医療従事者向け遠隔モニタリングシステムの開発, シンポジウム「モバイル」2007, 2007年5月.
2) 2,007 国内講演発表 木暮 祐一, 松岡 央樹, 芥川 正武, 木内 陽介 : 携帯電話の遠隔医療応用における標準化への問題点, シンポジウム「モバイル」2007, 2007年5月.
3) 2,007 国内講演発表 八木 教行, 森 美玲, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE), 2007年7月.
4) 2,007 国内講演発表 手川 歓識, 木内 陽介 : 第3世代に向けた磁性アタッチメントの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 47-50, 2007年7月.
5) 2,007 国内講演発表 濱本 晶子, 中野 政之, 八木 教行, 芥川 正武, 橘 聡子, 池原 敏孝, 髙橋 章, 木内 陽介, 中屋 豊 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
6) 2,007 国内講演発表 森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : 徳島大学病院における個人情報保護対策, --- プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ ---, 日本医療マネンジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 2007年9月.
7) 2,007 国内講演発表 影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
8) 2,007 国内講演発表 中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャル年表作成システムの開発, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
9) 2,007 国内講演発表 中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : Web システム間でのShibboleth を用いた認証連携の実現, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
10) 2,007 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたキャンパスSNS連携の実現, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 537-538, 2007年9月.
11) 2,007 国内講演発表 三好 康夫, 大家 隆弘, 村上 昭継, 矢野 米雄 : WebDAVを用いたeコンテンツサーバ(EDB/CMS)の開発, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 721-722, 2007年9月.
12) 2,007 国内講演発表 Akitoshi Tamura and Tetsushi Ueta : Chaos synchronization of coupled simple oscillators, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-52, 297, Sep. 2007.
13) 2,007 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Homoclinic structure about the origin of a simple discrete system, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-57, 387, Sep. 2007.
14) 2,007 国内講演発表 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
15) 2,007 国内講演発表 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Local Bifurcations of 3-state Alpazur Oscillator, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-59, 389, Sep. 2007.
16) 2,007 国内講演発表 岡本 博紀, 佐藤 雅哉, 藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための神経回路モデルにおける高周波正弦波刺激を用いた振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2007年9月.
17) 2,007 国内講演発表 高須 水城, 千住 昭博, 藤本 憲市, 手川 歓識, 長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りモニタリングのための脳波計測と雑音出力システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2007年9月.
18) 2,007 国内講演発表 石原 尚樹, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文 : ニューラルネットワークを用いた下顎運動計測装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 219, 2007年9月.
19) 2,007 国内講演発表 佐藤 康弘, 池田 祐一, 櫟田 英広, 木内 陽介, 森本 忠興, 丹黒 章, 岡崎 憲二, 安野 恵実子 : 生体インピーダンス計測時の組織内電流計測時の組織内電流分布解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 220, 2007年9月.
20) 2,007 国内講演発表 櫟田 英広, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 木内 陽介, 岡崎 憲二, 丹黒 章, 森本 忠興, 安野 恵実子 : 食塩水ファントムを用いた生体インピーダンス計測装置の検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 221, 2007年9月.
21) 2,007 国内講演発表 東山 征貴, 池原 敏孝, 木内 陽介, 芥川 正武, 森本 敏文, 井上 忠照 : マイクロ波電磁界(438.5MHz)がクロマフィン細胞に及ぼす影響に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 222, 2007年9月.
22) 2,007 国内講演発表 神高 宏明, 池原 敏孝, 山口 久雄, 稲垣 明浩, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 培養クロマフィン細胞の細胞内Ca2+増加に及ぼす変動強磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 223, 2007年9月.
23) 2,007 国内講演発表 西田 美奈子, 手川 歓識, 木内 陽介 : カップヨーク型磁性アタッチメントの漏洩磁界解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 224, 2007年9月.
24) 2,007 国内講演発表 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血液浄化療法時における1分後のHt値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2007年9月.
25) 2,007 国内講演発表 嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 226, 2007年9月.
26) 2,007 国内講演発表 谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下診断装置の開発に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 228, 2007年9月.
27) 2,007 国内講演発表 萩原 大輔, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群のスクリーニングに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2007年9月.
28) 2,007 国内講演発表 八木 教行, 森 美怜, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2007年9月.
29) 2,007 国内講演発表 Zhang Pu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel Real-time Monitoring System Using Java-enabled 3G Mobile Phone, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 235, Sep. 2007.
30) 2,007 国内講演発表 篠原 康一, アズラン アズヒム, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 運動訓練者と非運動訓練者の頸動脈血流速度波形, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 237, 2007年9月.
31) 2,007 国内講演発表 秋岡 響平, アズラン アズヒム, 篠原 康一, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 血流速度と血圧に関する性と身体の大きさの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2007年9月.
32) 2,007 国内講演発表 山本 紗世, アズラン アズヒム, 篠原 康一, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 姿勢変化時の頭部動きによる頸動脈血流速度の変化計測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 239, 2007年9月.
33) 2,007 国内講演発表 新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ノルムの変更が受容野パターンに及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2007年9月.
34) 2,007 国内講演発表 今城 純平, 芥川 正武, 木内 陽介, 七條 文雄, 木戸 博 : 脳波におけるカルニチンの効果に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 243, 2007年9月.
35) 2,007 国内講演発表 村田 敏洋, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いたEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2007年9月.
36) 2,007 国内講演発表 片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位EEGの特徴とニューラルネットワークを用いた推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2007年9月.
37) 2,007 国内講演発表 Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama and Yohsuke Kinouchi : Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 397, Sep. 2007.
38) 2,007 国内講演発表 Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro, Ichida Teruhiro, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi, Okazaki Kenji, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Development of Noninvasive Bio-impedance Measuring Method for Breast Cancer Diagnosis, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 398, Sep. 2007.
39) 2,007 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : 周波数高速収束が可能な非整数PLL周波数シンセサイザの設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-15, 165, 2007年9月.
40) 2,007 国内講演発表 湯浅 寛規, 大家 隆弘 : UWB-IR通信変復調に適した変調ガウシアンパルス列の設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-19, 169, 2007年9月.
41) 2,007 国内講演発表 石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルス列によるUWB-IR変復調に適したパルス整形, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-20, 170, 2007年9月.
42) 2,007 国内講演発表 嶋本 竜也, 田坂 英司, 茅原 敏広, 四柳 浩之, 大家 隆弘, 橋爪 正樹 : Z80のバス縮退故障の実時間テストプログラム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 100, 2007年9月.
43) 2,007 国内講演発表 森川 富昭, 森口 博基 : 気管支喘息長期管理を目的とした遠隔医療の試み 携帯電話による呼吸機能モニタリング, 日本遠隔医療学会雑誌, Vol.3, No.2, 291, 2007年10月.
44) 2,007 国内講演発表 Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel Remote Monitoring System Using Java-jiglet Application of a 3G Mobile Phone, 日本遠隔医療学会学術大会, 295-296, Oct. 2007.
45) 2,007 国内講演発表 篠原 康一, アズラン アズヒム, 秋岡 響平, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 野村 昌弘, 田中 弘之, 山口 久雄, 木内 陽介 : 運動訓練者の頸動脈血流速度パターン, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 9, 2007年10月.
46) 2,007 国内講演発表 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 時間遅れニューラルネットワークを用いた閉塞型無呼吸症候群に関する特徴抽出, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 13, 2007年10月.
47) 2,007 国内講演発表 陳 永健, 芥川 正武, 片山 雅仁, 張 欽宇, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた加法性雑音と乗法性雑音減少, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 14, 2007年10月.
48) 2,007 国内講演発表 西田 美奈子, 手川 歓識, 木内 陽介 : サンドイッチ型磁性アタッチメントの漏れ磁界解析, 第17回磁気歯科学会学術大会抄録, 73, 2007年11月.
49) 2,007 国内講演発表 谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 本釜 聖子, 市川 哲雄 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下時の咽頭運動計測装置に関する研究, 第17回磁気歯科学会学術大会抄録, 75, 2007年11月.
50) 2,007 国内講演発表 川添 和義, 川内 陽子, 伏谷 秀治, 森川 富昭, 岡田 達也, 森口 博基, 水口 和生 : ホームページを利用したオンデマンド型院内医薬品情報配信システムの構築と評価, 第27回 医療情報学連合大会論文集, 1142-1143, 2007年11月.
51) 2,007 国内講演発表 是松 英恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 長尾 隆宏, 矢野 米雄 : 学習者への気づき支援とその評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 1265-1268, 2007年11月.
52) 2,007 国内講演発表 田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基 : 徳島大学病院におけるレジメンオーダの導入と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 1146-1147, 2007年11月.
53) 2,007 国内講演発表 大友 英里, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 杉原 浩美, 正 智恵, 西原 香子 : まちの保健室のコンテンツ提供の有用性の検討, 医療情報学連合大会論文集27回, 550-553, 2007年11月.
54) 2,007 国内講演発表 正 智恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 西原 香子, 大友 英里 : NIC・NOCで示される看護記録を導入したクリティカルパスシステムの有用性の評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 478-481, 2007年11月.
55) 2,007 国内講演発表 近藤 佐地子, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : NIC/NOCの実績データの評価分析, 医療情報学連合大会論文集27回, 476-477, 2007年11月.
56) 2,007 国内講演発表 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基 : 大学病院で動かす仕組み 病院情報システム稼動に向けて, 医療情報学連合大会論文集27回, 437-440, 2007年11月.
57) 2,007 国内講演発表 森口 博基, 丹黒 章, 森川 富昭, 近藤 佐地子, 岡田 達也 : Web上の協力による外科手術のためのインフォームド・コンセント用3DCGアニメーションの作成, 医療情報学連合大会論文集27回, 415-416, 2007年11月.
58) 2,007 国内講演発表 近藤 佐地子, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 褥瘡評価システムの構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 304-305, 2007年11月.
59) 2,007 国内講演発表 森川 富昭, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : Podcasting用マルチメディア教材作成支援システムの構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 1373-1374, 2007年11月.
60) 2,007 国内講演発表 岡田 達也, 森川 富昭, 近藤 佐地子, 田木 真和, 杉原 浩美, 森口 博基 : 地域医療連携システムの導入と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 893-894, 2007年11月.
61) 2,007 国内講演発表 西原 香子, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基, 田木 真和, 正 智恵, 大友 英里 : データ分析に基づいた徳島大学病院の肺癌パスの有効性の検討, 医療情報学連合大会論文集27回, 761-764, 2007年11月.
62) 2,007 国内講演発表 長尾 隆宏, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : 診療科別医療辞書の構築, 医療情報学連合大会論文集27回, 704-705, 2007年11月.
63) 2,007 国内講演発表 田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 近藤 佐地子, 森口 博基 : 治験患者のスクリーニング支援システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集27回, 285-286, 2007年11月.
64) 2,007 国内講演発表 Zhang Pu, Kumabe Akinobu, Yuichi Kogure, Matsuoka Hiroki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Qinyu Zhang : A Novel ICU/CCU Monitoring System Using 3G Mobile Phone, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 125-126, Nov. 2007.
65) 2,007 国内講演発表 新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : BP学習を用いたMLPの認識機構の類推, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 137-140, 2007年11月.
66) 2,007 国内講演発表 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いたHt値の予測と信号解析, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 141-146, 2007年11月.
67) 2,007 国内講演発表 アズラン アズヒム, 田中 弘之, 小原 繁, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 血流速度波形を用いた心臓自律神経系活動の評価の検討, 体力科学, Vol.57, No.4, 521, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Bifurcations is a 3-state Piecewise Smooth Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.NLP2007, No.25, 13-17, Jun. 2007.
2) 2,007 その他・研究会 藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための可塑的神経回路モデルの力学的性質と二種類の雑音刺激を用いた振動抑制, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 63-66, 2007年7月.
3) 2,007 その他・研究会 新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ニューラルネットワークとAlopexアルゴリズムを組み合わせた文字認識, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 1-4, 2007年7月.
4) 2,007 その他・研究会 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたWebSSOと連携について, 平成19年度情報教育研究集会講演論文集, 326-329, 2007年11月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Daniele Fournier-Prunaret and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.42, No.1, 187-201, 2009.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 佐野 雅彦, 北 研二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるポータルシステムの構成とその運用について, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 34-42, 2009年.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) 上田 哲史 : 低コスト会議録出版を志向する電子投稿・編集システム, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 27-33, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 森口 博基 : 業務フロー改善と組織を見直しDr.OrientedSystemからPatient-OrientedSystemを実現, 月刊 新医療2008年5月号, Vol.35, No.5, 10, 2008年5月.
2) 2,008 総説・解説 森口 博基 : 電子カルテの入力は簡単になったか 入力方法の多様化と残された問題, 月刊新医療2008年7月号, 62-65, 2008年7月.
3) 2,008 総説・解説 森口 博基 : PACS導入の一視点--更新の方法と考え方 (PACS導入による具体的変化を見る(Part 1)), 月刊新医療 2009年2月号, Vol.36, No.2, 138-141, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Tetsushi Ueta, Quentin Brandon, Akihisa Tamura and Takuji Kousaka : Bifurcation and chaos in switched autonomous systems, Proc. NDES'08, 25-28, Nizhny Novgorod, Jul. 2008.
2) 2,008 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Conditions, Proc. NOLTA'08, 160-163, Budapest, Sep. 2008.
3) 2,008 国際会議 Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Izhikevich model, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
4) 2,008 国際会議 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Chaos Synchronization in Coupled BVP Oscillators, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
5) 2,008 国際会議 Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Convergence Speed of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer Improving with Frequency High Speed Convergence and High Resolution, Proc. of NCSP'09, 645-648, Honolulu, Mar. 2009.
6) 2,008 国際会議 Yoshiro Yamaguchi and Takahiro Oie : Designing UWB-IR Pulse by Convolving in Window Function and Sinc Function, Proc. of NCSP'09, 691-694, Honolulu, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Fournier-Prunaret Daniele : Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-17, 386, Sep. 2008.
2) 2,008 国内講演発表 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Detection of the unstable periodic point in the chaos using direction coloring, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 385, Sep. 2008.
3) 2,008 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Synchronization Phenomena in Coupled BVP Oscillators, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-12, 381, Sep. 2008.
4) 2,008 国内講演発表 坂本 典大, 大家 隆弘 : ネットワークトラフィック監視のためのOS組み込み型パケット解析ドライバの製作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 349, 2008年9月.
5) 2,008 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘, 中東 敬志郎 : 周波数高速収束と高分解能を両立させた非整数PLL周波数シンセサイザの収束速度, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 166, 2008年9月.
6) 2,008 国内講演発表 中東 敬志郎, 木村 孝之, 大家 隆弘 : 高速収束非整数分周PLL周波数シンセサイザの位相比較器制御法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 167, 2008年9月.
7) 2,008 国内講演発表 山口 善郎, 大家 隆弘 : 窓関数とsinc 関数の畳み込みによるUWB-IR基本パルスの比較検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 169, 2008年9月.
8) 2,008 国内講演発表 石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルスによるUWB-IR基本パルス波形合成の改善, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 170, 2008年9月.
9) 2,008 国内講演発表 松田 和也, 大家 隆弘 : UWB-IR(FH-TH/SS型) におけるPSDマッチング同期捕捉法の高速化, --- 高次フィルタを用いた同期候補点の絞り込み ---, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 171, 2008年9月.
10) 2,008 国内講演発表 森川 富昭, 玉木 悠, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 電子カルテオーダリングシステムと連携した医事業務適正化の取り組み, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
11) 2,008 国内講演発表 岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基 : 薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
12) 2,008 国内講演発表 田木 真和, 玉木 悠, 岡田 達也, 森川 富昭, 森口 博基, 中村 敏己 : レジメンオーダの導入と抗がん剤調整一元化の評価, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
13) 2,008 国内講演発表 玉木 悠, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 脳卒中地域連携パスによる地域医療連携システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
14) 2,008 国内講演発表 岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 広域災害医療情報システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
15) 2,008 国内講演発表 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 鈴記 洋子, 宮川 操, 近藤 佐地子, 大岡 裕子, 森口 博基 : PDCAサイクルに基づいたキャリア開発支援システムの構築, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
16) 2,008 国内講演発表 玉木 悠, 森川 富昭, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 診療科別辞書を用いた入力支援, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
17) 2,008 国内講演発表 森口 博基, 森川 富昭 : OR手法によるSPD在庫管理の最適化, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
18) 2,008 国内講演発表 是松 英恵, 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 矢野 米雄 : e-Learning上での学習者への気づき支援に関する研究, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
19) 2,008 国内講演発表 松浦 健二, 金西 計英, 大家 隆弘, 上田 哲史, 中川 昌宏, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学内外システム連携のための認証認可検討, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, S-141-S-142, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 永尾 景, 上田 哲史 : 解の写像方向の視覚化を用いた非線形系方程式の周期点検出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.27, 41-46, 2008年7月.
2) 2,008 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
3) 2,008 その他・研究会 西岡 聡, 上田 哲史 : 結合された BVP 発振器にみられる多様な同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.40, 39-44, 2008年8月.
4) 2,008 その他・研究会 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Affine Switching Conditions, IEICE Technical Report, Vol.NLP2008, No.44, 57-62, Aug. 2008.
5) 2,008 その他・研究会 田村 彰寿, 上田 哲史 : Izhikevich モデルにおける状態の跳躍の取り扱いと分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.45, 63-66, 2008年8月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) 原田 健太郎 : 大学の教科書の研究 -標準性に着目して-, 高等教育研究, Vol.12, 297-309, 2009年.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Fractional-N Type PLL Frequency Synthesizer with Improved Frequency Convergence Speed and Resolution, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 319-322, 2009.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Chaos Control Implementation by Interrupted Electric Circuit with Switching Delay, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.19, No.7, 2359-2362, 2009.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) 杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.1, 102-106, 2009.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) Akihisa Tamura, Tetsushi Ueta and Shigeki Tsuji : Bifurcation Analysis of Izhikevich Neuron Model, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 849-862, 2009.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Tetsushi Ueta : Synchronization of Coupled BVP Oscillators, No proceedings, Hong Kong, May 2009.
2) 2,009 国際会議 Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of the Lozi Map, --- as a Hybrid System ---, Proc. NOMA'09, 111-113, Urbino, Italy, Sep. 2009.
3) 2,009 国際会議 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : A Structural Detection of Unstable Periodic Points in Chaotic Attractors by the Directional Coloring, Proc. NOLTA'09, 419-422, Sapporo, Oct. 2009.
4) 2,009 国際会議 Tatsuya Okada, Tomiaki Morikawa, Yuu Tamaki, Masato Tagi, Hiroki Moriguchi, Yoshiyasu Terashima, Hiroaki Mikasa, Masashi Akaike and Yoneo Yano : Scenario making support in PBL, E-Learn 2009, Vancouver, Oct. 2009.
5) 2,009 国際会議 Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : A Pilot Project toward Implementation of a Short-Term Exchange Program between an Affiliated University and The University of Tokushima, Proceedings of the Fourth International Symposium on the Development of the Global Double Degree Program (GDDP), 33-35, Tokushima, Dec. 2009.
6) 2,009 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Design of the Poincare Mapping of Piecewise Linear Systems, Proc. NCSP 2010, 125-128, Honolulu, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 鈴記 洋子, 宮川 操, 近藤 佐地子, 大岡 裕子, 森口 博基 : PDCAサイクルに基づいたキャリア開発支援システムの構築, 第13回日本医療情報学会春季学術大会, 49, 2009年6月.
2) 2,009 国内講演発表 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 電子カルテ・オーダリングシステムと連携した医事業務適正化の取組み, 第13回日本医療情報学会春季学術大会, 55, 2009年6月.
3) 2,009 国内講演発表 西岡 聡, 上田 哲史 : FFTを用いた結合非線形発振器にみられる同期現象の判別, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.TC4-4, 82-86, 2009年9月.
4) 2,009 国内講演発表 永尾 景, 上田 哲史 : 方向彩色法による2次元非線形写像における不変パターンの視覚化と解析, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.MC13-5, 947-950, 2009年9月.
5) 2,009 国内講演発表 原田 健太郎 : 教科書から見る大学教育の分析, 日本教育社会学会第61回大会発表論文集, 144-145, 2009年9月.
6) 2,009 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘 : 位相比較器を改善した高速収束非整数PLL周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2009年9月.
7) 2,009 国内講演発表 山口 善郎, 大家 隆弘 : sinc関数補間を利用した正弦波の荷重和によるUWB-IR基本パルスの設計, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2009年9月.
8) 2,009 国内講演発表 松田 和也, 大家 隆弘 : UWB-IR(FH-TH/SS型)におけるPSDマッチング同期捕捉法の高速化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2009年9月.
9) 2,009 国内講演発表 坂本 典大, 大家 隆弘 : ブリッジPCを用いたXSSの検知および遮断システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 319, 2009年9月.
10) 2,009 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Controlling Chaos Synchronization in Coupled Nonlinear Oscillators, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-22, 346, Sep. 2009.
11) 2,009 国内講演発表 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Analysis of Invariant Pattern in a Non-Invertible Chaotic Map with Directional Coloring, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-23, 347, Sep. 2009.
12) 2,009 国内講演発表 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 病院情報システムの運用・管理におけるヘルプデスクの仕組みと評価, 日本医療情報学連合大会論文集29回, 1056-1057, 2009年11月.
13) 2,009 国内講演発表 岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 森口 博基 : 薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集29回, 1108-1109, 2009年11月.
14) 2,009 国内講演発表 田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 宮川 操, 木田 菊恵, 森口 博基 : 看護業務量分析システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集29回, 1058-1059, 2009年11月.
15) 2,009 国内講演発表 森川 富昭, 玉木 悠, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : 診療報酬請求業務の見直し 医事業務改善, 医療情報学連合大会論文集29回, 698-699, 2009年11月.
16) 2,009 国内講演発表 田木 真和, 森川 富昭, 岡田 達也, 玉木 悠, 森口 博基 : プライバシーマーク取得後の病院情報システムのセキュリティ評価, 医療情報学連合大会論文集29回, 835-836, 2009年11月.
17) 2,009 国内講演発表 岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 寺嶋 吉保, 三笠 洋明, 赤池 雅史, 矢野 米雄 : PBLにおけるシナリオ作成支援, 医療情報学連合大会論文集29回, 913-914, 2009年11月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 西岡 聡, 上田 哲史 : 非線形発振器結合系におけるカオス同期化制御法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 1-5, 2009年8月.
2) 2,009 その他・研究会 永尾 景, 上田 哲史 : 2次元離散系の不安定周期点近傍における自己相似性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 83-87, 2009年8月.
3) 2,009 その他・研究会 中田 一平, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : オンライン論文レビューを支援するコミュニティ環境の構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 65-70, 2010年3月.
4) 2,009 その他・研究会 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 多様な運動者コミュニティを対象としたスキルバンクのデザイン, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 59-64, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 2,010 著書 森口 博基 : 医療経営士 上級テキスト7 医療情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS), --- 第5章 ISMS構築とISMS認証取得機関の事例 事例②徳島大学病院 ---, 株式会社日本医療企画, 東京, 2010年9月.
2) 2,010 著書 上田 哲史 : 1-1 力学系,相空間,1-2 保存系,可積分系,散逸系,2-1-3 ローレンツシステム,レスラーシステム, --- 知識ベース「知識の森」1群11編 非線形問題 ---, 電子情報通信学会, 東京, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) 坪根 正, 稲葉 直彦, 坪内 孝司, 吉永 哲哉 : 極めて簡素な区分定数強制発振器にみられる同期現象, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J93-A, No.5, 375-383, 2010年.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) Chika Ueda, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Iterative Method Based on a Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, Journal of Signal Processing, Vol.14, No.4, 293-296, 2010.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda, Martin Renilson and Tetsushi Ueta : Analytical formulae for predicting the surf-riding threshold for a ship in following seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.3, 218-229, 2010.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Takashi Hikihara : Period-Doubling Cascades of Canards from the Extended Bonhoeffer-van der Pol Oscillator, Physics Letters A, Vol.374, No.36, 3745-3751, 2010.
5) 2,010 学術論文 (審査論文) Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Block continuous-time image reconstruction for computed tomography, Far East Journal of Dynamical Systems, Vol.14, No.1, 51-70, 2010.
6) 2,010 学術論文 (審査論文) Mio Kobayashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations of Oscillatory Responses Observed in Discrete-Time Coupled Neuronal System for Dynamic Image Segmentation, Journal of Signal Processing, Vol.15, No.2, 145-153, 2011.
7) 2,010 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : FPGA Implementation of Discrete-Time Neuronal Network for Dynamic Image Segmentation, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.131, No.3, 604-605, 2011.
8) 2,010 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Implementation of continuous-time image reconstruction system in analog electronic circuit, Far East Journal of Electronics and Communications, Vol.6, No.1, 13-25, 2011.
9) 2,010 学術論文 (審査論文) 原田 健太郎 : 大学教科書における知識の変化の速度に関する実証研究 -専門分野の比較を通した分析-, 大学論集, Vol.42, 297-309, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) 2,010 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Two Coupled Izhikevich Oscillators, Proc. NOLTA2010, 627-630, Cracow, Sep. 2010.
2) 2,010 国際会議 Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Coupled Nagumo-Sato Models, Proc. NOLTA2010, 488-491, Cracow, Sep. 2010.
3) 2,010 国際会議 Tetsushi Ueta and Kei Nagao : Accurate Formulas Locating Unstable Periodic Points in Chaos, Proc. NOLTA2010, 111-114, Cracow, Sep. 2010.
4) 2,010 国際会議 Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extraction of image regions using oscillatory responses in chaotic neuronal network, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 169-172, Krakow, Sep. 2010.
5) 2,010 国際会議 Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Stability of a Switched System for Continuous-time Tomographic Image Reconstruction, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 115-118, Krakow, Sep. 2010.
6) 2,010 国際会議 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Bridging Multiple Motor-Skills in a Community Site, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6279, 145-152, Cardiff, UK, Sep. 2010.
7) 2,010 国際会議 Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Common Lyapunov function for a switched nonlinear dynamical system, Proc. of the 1st International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 94, Tokyo, Feb. 2011.
8) 2,010 国際会議 Mio Kobayashi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis for designing dynamic image segmentation system, Proc. of the 1st International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 93, Tokyo, Feb. 2011.
9) 2,010 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. ISIMM2011, 107, Tokyo, Mar. 2011.
10) 2,010 国際会議 Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamical systems with jumping characteristics, Proc. ISIMM2011, 108, Tokyo, Mar. 2011.
11) 2,010 国際会議 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura, Kazuyuki Aihara and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of piecewise affine systems with hysteresis properties, Proc. ISIMM2011, 109, Tokyo, Mar. 2011.
12) 2,010 国際会議 Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Numerical Study of Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, EPOS in European Congress of Radiology 2011, Wien, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 2,010 国内講演発表 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-299, 2010年5月.
2) 2,010 国内講演発表 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-298, 2010年5月.
3) 2,010 国内講演発表 秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-207, 2010年5月.
4) 2,010 国内講演発表 秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl 1, S207, 2010年5月.
5) 2,010 国内講演発表 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.298, 2010年5月.
6) 2,010 国内講演発表 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.299, 2010年5月.
7) 2,010 国内講演発表 原田 健太郎 : 大学教科書に見られる知識の取捨選択と有効期間に関する実証研究 -専門分野内の比較の観点からの分析-, 日本高等教育学会第13回大会発表論文集, 144-145, 2010年5月.
8) 2,010 国内講演発表 松浦 健二, 林 敏浩, 久米 健司, 上田 哲史, 金西 計英, 矢野 米雄 : LMSにおける組織を跨ぐ認証認可連携, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 339-340, 2010年8月.
9) 2,010 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : Izhikevich ニューロンの Gap Junction結合系における分岐解析, 電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 2010年9月.
10) 2,010 国内講演発表 原田 健太郎 : 大学教科書に見られる知識の変化の速度に関する実証研究 -専門分野間比較の観点からの分析-, 日本教育社会学会第62回大会発表論文集, 150-151, 2010年9月.
11) 2,010 国内講演発表 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続時間CT画像再構成法の電子回路実装, 第25回生体・生理工学シンポジウム論文集, 277-280, 2010年9月.
12) 2,010 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法によるCT再構成画像の性質, 第33回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 20, 2010年9月.
13) 2,010 国内講演発表 森本 隆大, 大家 隆弘 : 高速EthernetブリッジにおけるTCPコネクション解析のマルチスレッド化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 139, 2010年9月.
14) 2,010 国内講演発表 守屋 龍一, 大家 隆弘 : 事後調査のためのトラフィック記録・解析システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 294, 2010年9月.
15) 2,010 国内講演発表 木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一 : カオスを利用したランダムIFSによるフラクタル生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-3, 10, 2010年9月.
16) 2,010 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : インパルス系への delayed feedback control の適用と問題, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-5, 2010年9月.
17) 2,010 国内講演発表 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Neimark-Sacker bifurcation in a 3D BVP Oscillator with a switch, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-21, Sep. 2010.
18) 2,010 国内講演発表 Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Effects of a nonlinear conductance in a Josephson Junction Circuit, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-22, Sep. 2010.
19) 2,010 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続系のためのdelayed feedback control の応用, 自動制御連合講演会講演論文集, 783-788, 2010年10月.
20) 2,010 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法を用いたCT画像再構成の特徴, 第6回 中四国放射線医療技術フォーラム2010プログラム抄録集, 82, 2010年10月.
21) 2,010 国内講演発表 上原 英紀, 森川 富昭, 玉木 悠, 岡田 達也, 田木 真和, 森口 博基 : ナースコールログとタイムスタディデータ分析による看護支援, 第30回医療情報学連合大会プログラム・抄録集, 305, 2010年11月.
22) 2,010 国内講演発表 四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-355, 2011年.
23) 2,010 国内講演発表 坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-248, 2011年.
24) 2,010 国内講演発表 Battulga Bayanmunkh, 岡田 達也, 小西 健史, 森口 博基 : Current situation of Mongolian public health and e-health, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.56, No.1, 28, 2011年2月.
25) 2,010 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT 画像再構成法の性能評価, 医用画像情報学会 平成22年度春季(第159回)大会, 2011年2月.
26) 2,010 国内講演発表 中村 陽一, 森川 富昭, 森口 博基 : 成人喘息長期管理におけるテレメディスンの試み(第4報) アンケートによる有用性の検討, Vol.49, 147, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) 2,010 その他・研究会 稲葉 直彦, 関川 宗久, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 坪内 孝司, 遠藤 哲郎 : あるSlow-Fast系にみられる混合モード振動の回路実験, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 35-38, 2010年7月.
2) 2,010 その他・研究会 上田 知佳, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 5-9, 2010年7月.
3) 2,010 その他・研究会 藤原 政良, 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間ニューロンの3個結合系にみられる振動応答の分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 123-128, 2010年7月.
4) 2,010 その他・研究会 関川 宗久, 稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 合原 一幸 : 微小周期外乱下における二対の安定および不安定なあひる解の形状の酷似について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 39-42, 2010年7月.
5) 2,010 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史 : LC回路によって結合されたBVP発振器で起こる非線形現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 105-110, 2010年8月.
6) 2,010 その他・研究会 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続特性をもつ系におけるdelayed feedback controlの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 111-116, 2010年8月.
7) 2,010 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 結合Izhikevichニューロンにおける分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 159-164, 2010年8月.
8) 2,010 その他・研究会 木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 南雲・佐藤モデルの二個結合系における分岐と特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 117-122, 2010年8月.
9) 2,010 その他・研究会 辻 正史, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : スイッチング遅れを伴う断続力学系に対する遅延フィードバック制御の有効性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.299, 21-24, 2010年11月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 2,011 著書 Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-Time Dynamic Image-Segmentation System in Discrete Time Systems (M. A. Jordán and J. L. Bustamante Eds.), INTECH, Rijeka, Apr. 2011.
2) 2,011 著書 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Design of the Community Site for Supporting Multiple Motor-Skill Development, Springer-Verlag, Heidelberg, Germany, Oct. 2011.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,011 学術論文 (審査論文) Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Common Lyapunov function based on Kullback-Leibler divergence for a switched nonlinear system, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2011, No.723509, 1-12, 2011.
2) 2,011 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Gen Kurosawa, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Modeling Light Adaptation in Circadian Clock: Prediction of the Response That Stabilizes Entrainment, PLoS ONE, Vol.6, No.6, e20880, 2011.
3) 2,011 学術論文 (審査論文) 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 断続自律系方程式における分岐のしきい値解析, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J94-A, No.8, 596-603, 2011年.
4) 2,011 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-Time Dynamic Image Segmentation Based on Oscillations by Destabilizing a Fixed Point, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.6, No.5, 468-473, 2011.
5) 2,011 学術論文 (審査論文) Munehisa Sekikawa, Kuniyasu Shimizu, Naohiko Inaba, Hiroki Kita, Tetsuro Endo, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Sudden change from chaos to oscillation death in the Bonhoeffer-van der Pol oscillator under weak periodic perturbation, Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, Vol.84, No.5, 056209, 2011.
6) 2,011 学術論文 (審査論文) 原田 健太郎 : 大学での知識の生産・整理・伝達に関する研究 -日本における研究動向のレビュー-, 大学論集, Vol.43, 239-254, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) 2,011 国際会議 Naohiko Inaba, Munehisa Sekikawa, Tetsuya Yoshinaga and Tetsuro Endo : Coexisting two pairs of stable canards and unstable canards and their remarkable resemblances in the van der Pol oscillator under extremely weak periodic perturbation, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 760-763, Jun. 2011.
2) 2,011 国際会議 Hiroki Kita, Tetsuro Endo, Kuniyasu Shimizu, Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Ken'ichi Fujimoto : Amplitude Death and Chaos from the BVP Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 764-767, Gyounju, Jun. 2011.
3) 2,011 国際会議 Naohiko Inaba, Tetsuro Endo, Tetsuya Yoshinaga and Ken'ichi Fujimoto : Collapse of Mixed-Mode Oscillations and Chaos in the Extended Bonhoeffer-van Der Pol Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 20th European Conference on Circuit Theory and Design, 374-377, Linköping, Aug. 2011.
4) 2,011 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Identification of Number of Target Image Regions Based on Bifurcation of Fixed Point in Discrete-Time Coupled Neuronal System, Proc. of 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 156-159, Kobe, Sep. 2011.
5) 2,011 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. NOLTA 2011, 577-580, Kobe, Sep. 2011.
6) 2,011 国際会議 Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamic systems with jumping characteristics, Proc. NOLTA 2011, 615-618, Kobe, Sep. 2011.
7) 2,011 国際会議 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of coupled piecewise affine system with hysteresis properties, Proc. NOLTA 2011, 407-410, Kobe, Sep. 2011.
8) 2,011 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Coupled Neuronal System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, IFMBE Proceedings, Vol.37, 643-646, Budapest, Sep. 2011.
9) 2,011 国際会議 Bayanmunkh Battulga, Takeshi Konishi, Ken-ichiro Shimai, Hideki Uehara, 田村 陽子, Masato Tagi and Hiroki Moriguchi : The effectiveness of 3DCG model for medical education, World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (ELEARN) 2011, 30-34, Honolulu, Oct. 2011.
10) 2,011 国際会議 Bayanmunkh Battulga, Takeshi Konishi, Ken-ichiro Shimai, Hideki Uehara, 田村 陽子, Masato Tagi and Hiroki Moriguchi : The effectiveness of 3DCG for distance education via satellite network between Mongolia and Japan, The 5th Asia Telemedicine Symposium Kyushu University Hospital, Fukuoka, Nov. 2011.
11) 2,011 国際会議 Daisuke Ito, Nakanishi Takaya, Akinori Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Phenomena of a Light Coupled Oscillator with a Clock Pulse Input, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, NCSP'12, 675-679, Honolulu, Mar. 2012.
12) 2,011 国際会議 Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extended Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, EPOS in European Congress of Radiology 2012, Wien, Mar. 2012.
13) 2,011 国際会議 Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Theoretical and Experimental Study of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 485-488, Honolulu, Mar. 2012.
14) 2,011 国際会議 Kiyoko Tateishi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Convergence of Iterative Method as Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 489-492, Honolulu, Mar. 2012.
15) 2,011 国際会議 Yoshinori Kitano, Tetsushi Ueta, Yoshifumi Nishio, Guoan Yang and Yang Yang : On Investigation of the Intensity Scaling Factor in Fractal Image Coding, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'12), 273-276, Honolulu, Mar. 2012.
16) 2,011 国際会議 Tetsuya Hikida and Takahiro Oie : Consideration of channel capacity guaranteed on MIMO communication with array antenna placed on spherical surface, Proc. of NCSP'12, 579-582, Honolulu, Mar. 2012.
17) 2,011 国際会議 Yu Yamasumi and Takahiro Oie : Fractional N Frequency Synthesizer Using Accumulator-type Frequency Detector, Proc. of NCSP'12, 651-654, Honolulu, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 2,011 国内講演発表 原田 健太郎 : 大学教科書における知識とその変容に関する実証研究 ―差異と変化に影響を及ぼす要因の試験的分析―, 日本高等教育学会第14回大会発表論文集, 166-167, 2011年5月.
2) 2,011 国内講演発表 坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
3) 2,011 国内講演発表 四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
4) 2,011 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成における目標関数の収束性, 第101回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.31, No.1, 144, 2011年5月.
5) 2,011 国内講演発表 藤本 憲市, 小林 美緒, 吉永 哲哉 : 動的画像領域分割のための可塑的結合を有する離散時間ニューロン結合系, 第24回 回路とシステムワークショップ論文集, 274-278, 2011年8月.
6) 2,011 国内講演発表 守屋 龍一, 大家 隆弘 : 事後調査のためのトラフィック記録・解析システムの改良, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 316, 2011年9月.
7) 2,011 国内講演発表 山住 悠, 大家 隆弘 : アキュムレータ型周波数比較器を用いた非整数周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 164, 2011年9月.
8) 2,011 国内講演発表 疋田 哲也, 大家 隆弘 : 正多面体配置アンテナによるMIMO通信路容量に関する考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 195, 2011年9月.
9) 2,011 国内講演発表 Shinsuke Uno, Kenji Matsuura, Tetsushi Ueta and Masahiko Sano : The Design of a Dynamic Virtual Organization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 269, Sep. 2011.
10) 2,011 国内講演発表 宮地 佑典, 上田 哲史 : 線形予測を用いた遅れ時間カオス制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-7, 7, 2011年9月.
11) 2,011 国内講演発表 Jamsran Altanzul and Tetsushi Ueta : On 7th Power in Duffing Equation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-8, 8, Sep. 2011.
12) 2,011 国内講演発表 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Controlling chaos by parallel parameter variations, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-9, 9, Sep. 2011.
13) 2,011 国内講演発表 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Phenomena of a Piecewise Affine Map with Hysteresis Properties, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-10, 10, Sep. 2011.
14) 2,011 国内講演発表 Takaya Nakanishi and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-11, 11, Sep. 2011.
15) 2,011 国内講演発表 Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-12, 12, Sep. 2011.
16) 2,011 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 拡張連続法を用いた少数方向投影からのCT画像再構成, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 17, 2011年10月.
17) 2,011 国内講演発表 立石 貴代子, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 拡張連続法の離散化に基づくCT画像再構成, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 18, 2011年10月.
18) 2,011 国内講演発表 吉永 哲哉 : 先端数理に基づく CT 画像再構成, 2011年10月.
19) 2,011 国内講演発表 木村 敦, 島井 健一郎, 小西 健史, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基 : 災害時対応薬剤識別支援システムの開発と評価, 医療情報学連合大会論文集, Vol.31, 209-211, 2011年11月.
20) 2,011 国内講演発表 Bayanmunkh Battulga, 島井 健一郎, 小西 健史, 田木 真和, 玉木 悠, 森口 博基 : e-Learningにおけるインタラクティブ3DCGの開発と評価, 医療情報学連合大会論文集, Vol.31, 388-391, 2011年11月.
21) 2,011 国内講演発表 田木 真和, 玉木 悠, 島井 健一郎, 森口 博基 : 部署別看護辞書の構築~医療辞書の活用から見た看護オリジナル辞書作成の有用性検証~, 医療情報学連合大会論文集, Vol.31, 432-433, 2011年11月.
22) 2,011 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の拡張による効果, 第7回 中四国放射線医療技術フォーラム2011後抄録, 75, 2011年11月.
23) 2,011 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 松村 健, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 矢野 米雄 : ネットワーク監視システムのShibboleth化, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 255-256, 2011年12月.
24) 2,011 国内講演発表 木村 敦, 島井 健一郎, 森口 博基 : 薬剤識別支援システムの開発と評価, 第3回J-SUMMITS研究会・日本ユーザーメード医療IT研究会, 14-15, 2011年12月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1) 2,011 その他・研究会 木下 和俊, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : ヒステリシス特性を持つ区分的アファインシステムについての分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-13, No.62, 62-64, 2011年5月.
2) 2,011 その他・研究会 橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法を用いた強度変調放射線治療計画法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.62, 105-110, 2011年5月.
3) 2,011 その他・研究会 小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間ニューロン結合系にみられる同期現象の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.62, 79-84, 2011年5月.
4) 2,011 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : しきい値の変分を利用したカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-59, No.106, 193-198, 2011年7月.
5) 2,011 その他・研究会 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学情報化推進センターにおけるISMS構築について, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-IOT-14, No.5, 1-2, 2011年7月.
6) 2,011 その他・研究会 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英 : 身体スキル開発のためのWEBコミュニティ環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B101, 27-32, 2011年7月.
7) 2,011 その他・研究会 小林 美緒, 藤原 政良, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 合原 一幸 : 離散時間振動子の星型結合系にみられる分岐とカオス現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.276, 1-5, 2011年11月.
8) 2,011 その他・研究会 藤本 憲市, 山口 雄作, 吉永 哲哉 : ブロック連続CT画像再構成システムの電子回路設計, 電気学会研究会資料, Vol.ECT-11, 9-14, 2011年11月.
9) 2,011 その他・研究会 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : 馬蹄形写像を利用した周期点の特定と制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-120, No.111, 19-24, 2011年12月.
10) 2,011 その他・研究会 伊藤 大輔, 辻 明典, 上田 哲史, 川上 博 : 周期外力を加えた電子ホタルにおける分岐と同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-138, No.111, 81-86, 2012年1月.
11) 2,011 その他・研究会 小西 健史, 森口 博基 : 医療分野におけるWINDS利用実験, 第7回WINDS協議会, 2012年2月.
12) 2,011 その他・研究会 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 組織評価とISMS, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-IOT-16, No.41, 1-6, 2012年3月.
13) 2,011 その他・研究会 小西 健史, 森口 博基 : 遠隔教育・医療のための通信基盤技術の評価-超高速インターネット衛星(WINDS)を用いて-, 第28回中国四国医療情報学研究会, 2012年3月.
14) 2,011 その他・研究会 上田 剛士, 島井 健一郎, 森口 博基 : ステレオ三次元(3D)画像編集・観察における眼精疲労の評価, 第28回中国四国医療情報学研究会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

2012年度(平成24年度) / 著書

1) 2,012 著書 井上 春樹, 長谷川 孝博, 水野 信也, 石井 洋之, 永田 正樹, 鈴木 恵子, 坂田 智之, 杉浦 直代, 淺野 みさき, 関 睦実, 市川 哲彦, 上田 哲史, 三原 義樹 : BCPを支えるクラウド情報基盤, --- 静岡大学情報基盤センター2011年度の活動記録 ---, 静岡学術出版, 静岡, 2012年6月.
2) 2,012 著書 Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography in Computed Tomography: New Research (J. H. Park Ed.), Nova Science Publishers, New York, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,012 学術論文 (審査論文) Bayanmunkh Battulga, Takeshi Konishi, Yoko Tamura and Hiroki Moriguchi : The effectiveness of an interactive 3-dimensional computer graphics model for medical education., Interactive Journal of Medical Research, Vol.1, No.2, 2012.
2) 2,012 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 複数認証基盤に対応する複合SSO環境でのユーザエクスペリエンス, 学術情報処理研究, Vol.16, No.16, 138-145, 2012年.
3) 2,012 学術論文 (審査論文) Tetsushi Ueta : Invariant patterns in a non-invertible chaotic map by the directional coloring, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 497-507, 2012.
4) 2,012 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analyses of nonlinear dynamical systems: From theory to numerical computations, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 458-476, 2012.
5) 2,012 学術論文 (審査論文) Kiyoko Tateishi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Convergence of Iterative Method as Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Journal of Signal Processing, Vol.16, No.6, 617-621, 2012.
6) 2,012 学術論文 (審査論文) Tetsushi Ueta and Akihisa Tamura : Bifurcation Analysis of a Simple 3D Oscillator and Chaos Synchronization of its Coupled Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.45, No.12, 1460-1468, 2012.
7) 2,012 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Identification of target image regions based on bifurcations of a fixed point in a discrete-time oscillator network, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.9, No.1, 355-363, 2013.
8) 2,012 学術論文 (審査論文) Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : GPU Implementation of Oscillator Network System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, Journal of Electronic Systems, Vol.3, No.1, 17-24, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,012 学術論文 (紀要その他) 原田 健太郎 : 大学教育に影響を与えるものー大学教科書の検討を通してー, 大学教育研究ジャーナル, Vol.10, 39-48, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1) 2,012 国際会議 Junichiro Satomi, AHMAD AMMAR GHAIBEH, W Abozaid, Hiroki Moriguchi and Shinji Nagahiro : Predictability of future development of intracranial hemorrhage/infarction in cranial dural arteriovenous fistula, American Association of Neurologial Surgeons Annual Scientific Meeting, Miami, Apr. 2012.
2) 2,012 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Energy saving controlling chaos, Proc. ISCAS 2012, 405-408, Seoul, May 2012.
3) 2,012 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Self-Regulated Training on a Web-based Community Environment for Runners, M. Graña et al. (Eds.) Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, 1081-1090, San Sebastian, Spain, Sep. 2012.
4) 2,012 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Development of Motor-Skills in a Comfortable Environment, Tokuro Matsuo, Kiyota Hashimoto, Sachio Hirokawa. (Eds.) 2012 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 89-92, Hakata, Japan, Sep. 2012.
5) 2,012 国際会議 Munehisa Sekikawa, Akinori Tsuji, Keiko Kimoto, Ikku Aihara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Optically coupled oscillators (OCOs) -- LED fireflies, Proceedings of the 2012 ACM Multimedia Conference, MM'12, 1485-1486, Nara, Oct. 2012.
6) 2,012 国際会議 Y Yamamoto, Hiroyuki Asahara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : Experimental Control of Chaos via Switching Threshold in an Interrupted Electric Circuit, Proc. ITC-CSCC 2012, No.B-T2-05, Sapporo, Oct. 2012.
7) 2,012 国際会議 Takeshi Konishi, Bayanmunkh Battulga, Masato Tagi, Yoko Tamura, Yuu Tamaki, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Ken-ichiro Shimai and Hiroki Moriguchi : Evaluation of Multimedia Protocol for Distance Medical Education using the Wideband InterNetworking Satellite, E-LEARN 2012 - World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare & Higher Education, Montreal, Oct. 2012.
8) 2,012 国際会議 Yusuke Tone, Hiroyuki Asahara, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : A Method for the Computation of Border Collision Bifurcation Point in a Piecewise Linear System with Interrupted Characteristics, Proc. NOLTA 2012, Vol.1, 828-831, Palma, Spain, Oct. 2012.
9) 2,012 国際会議 Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proceedings of The 2012 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks, 14-17, Tokushima, Dec. 2012.
10) 2,012 国際会議 Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extended Continuous-Time Image Reconstruction System for Binary and Continuous Tomography, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 309-312, Kona, Mar. 2013.
11) 2,012 国際会議 Yoshiaki Akaishi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Electronic Circuit Design of a Block Continuous-Time Image Reconstruction System, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 217-220, Kona, Mar. 2013.
12) 2,012 国際会議 Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 673-676, Kona, Mar. 2013.
13) 2,012 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of a chaotic map with a controller, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 57-60, Kona, Mar. 2013.
14) 2,012 国際会議 Jumpei Inaba, Yusuke Nishiuchi and Tetsushi Ueta : Numerical validation for blurred basin of symmetric equilibria in a 3D autonomous system, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 361-364, Kona, Mar. 2013.
15) 2,012 国際会議 Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Method to Inverse Problem of Intensity-Modulated Radiation Therapy Treatment Planning, EPOS in European Congress of Radiology 2013, Wien, Mar. 2013.
16) 2,012 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : GPU Implementation of Oscillator Network System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, Abstract Proceedings of The International Conference on Signal Processing and Telecommunications, 23, Sousse, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1) 2,012 国内講演発表 辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 関川 宗久, 喜多 順三, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの同期現象:自律的に動く光パタンの生成, LED総合フォーラム2012 in徳島論文集, 99-100, 2012年4月.
2) 2,012 国内講演発表 里見 淳一郎, ガイベ アマドアマ, アボザイド ワリド, 森口 博基, 永廣 信治 : 決定木解析を用いた硬膜動静脈重症化予測, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月.
3) 2,012 国内講演発表 坂東 由記子, 四釜 洋介, 西村 美穂, 小杉 知里, 安芸 菜奈子, 秦 明子, 赤松 康代, 片山 りか, 阿部 房代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinの糖代謝異常予測因子としての検討, 糖尿病, Vol.Vol.55, No.Suppl.1, S.359, 2012年5月.
4) 2,012 国内講演発表 木村 敦, 島井 健一郎, 森口 博基 : 薬剤識別支援システムの設計と開発と評価, J-SUMMITS Special Seminar, 18, 2012年6月.
5) 2,012 国内講演発表 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法の離散化に基づく強度変調放射線治療計画法の収束性, 第25回 回路とシステムワークショップ論文集, 239-244, 2012年7月.
6) 2,012 国内講演発表 上田 哲史 : ポストカオス制御に向けた取り組み, 回路とシステム(淡路島)ワークショップ論文集, 9-14, 2012年7月.
7) 2,012 国内講演発表 宇野 槙祐, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, Bolortsetseg Ganbat : Shibbolethを応用した認可管理機構の一検討, FIT2012講演論文集, No.4, 183-184, 2012年9月.
8) 2,012 国内講演発表 Bolortsetseg Ganbat, Tetsushi Ueta, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Shinsuke Uno : The Design of a Dynamic Virtual Organization, 2012年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, 142, Sep. 2012.
9) 2,012 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の拡張によるバイナリ・トモグラフィ, 第104回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.32, No.3, 137-138, 2012年9月.
10) 2,012 国内講演発表 田中 義浩, 橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法の離散化反復法による強度変調放射線治療計画, 第104回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.32, No.3, 200-201, 2012年9月.
11) 2,012 国内講演発表 立石 貴代子, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 画素の非負と単調収束性を保証する逐次CT画像再構成法, 第104回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.32, No.3, 269-270, 2012年9月.
12) 2,012 国内講演発表 橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 拡張連続法を用いた強度変調放射線治療計画, 第104回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.32, No.3, 198-199, 2012年9月.
13) 2,012 国内講演発表 佐野 雅彦, 上田 哲史 : ISMS認証取得後の活動について, 学術情報処理研究, Vol.16, 205-206, 2012年9月.
14) 2,012 国内講演発表 山住 悠, 大家 隆弘 : 自動ゲイン変更が可能な非整数周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 174, 2012年9月.
15) 2,012 国内講演発表 宮地 祐典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : モデル方程式を用いないカオス制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2012年9月.
16) 2,012 国内講演発表 大津 智弘, 上田 哲史 : カオス力学系に対する最適制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 13, 2012年9月.
17) 2,012 国内講演発表 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 36, 2012年9月.
18) 2,012 国内講演発表 北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : 二値画像に対するフラクタル符号化における輝度値変換パラメータの性質, 平成24年度電気関係学会四国地区連合大会講演論文集, 39, 2012年9月.
19) 2,012 国内講演発表 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 高品質CT画像再構成を目的とした拡張連続法の収束性, 第8回 中四国放射線医療技術フォーラム2012プログラム抄録集, 73, 2012年10月.
20) 2,012 国内講演発表 橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 強度変調放射線治療計画のためのスイッチト連続法, 第8回 中四国放射線医療技術フォーラム2012プログラム抄録集, 77, 2012年10月.
21) 2,012 国内講演発表 赤石 祥彰, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法を用いた電気インピーダンス・トモグラフィ, 第35回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 26, 2012年10月.
22) 2,012 国内講演発表 田木 真和, 玉木 悠, 松久 宗英, 島井 健一郎, 森口 博基 : ICTを活用した健康データの見える化による行動変容に関する研究, 医療情報学連合大会論文集, Vol.32, 518-519, 2012年11月.
23) 2,012 国内講演発表 小西 健史, Battulga Bayanmunkh, 田木 真和, 田村 陽子, 玉木 悠, 島井 健一郎, 森口 博基 : 衛星「きずな」(WINDS)を用いた衛星回線の医療分野における通信システムとしての評価, 医療情報学連合大会論文集, Vol.32, 638-641, 2012年11月.
24) 2,012 国内講演発表 木村 敦, 島井 健一郎, 小西 健史, 森口 博基 : 薬剤識別支援システムの設計と開発, 医療情報学連合大会論文集, Vol.32, 854-855, 2012年11月.
25) 2,012 国内講演発表 木村 敦, 島井 健一郎, 小西 健史, 森口 博基 : 薬剤識別支援システムの開発と評価, 第4回J-SUMMITS研究会, 13-15, 2012年12月.
26) 2,012 国内講演発表 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 強度変調放射線治療計画のための離散化連続法, 日本放射線技術学会近畿部会 第56回学術大会誌, 24, 2013年1月.
27) 2,012 国内講演発表 北島 博之, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 合原 一幸 : ロバスト分岐解析と計算手法, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS46-SS47, 2013年3月.
28) 2,012 国内講演発表 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 上田 哲史, 北島 博之, 合原 一幸 : 最大リアプノフ指数に基づいた周期点の分岐回避制御, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS50-SS51, 2013年3月.
29) 2,012 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : Shibboleth認証におけるセキュリティレベルの多重化, 情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 577-578, 2013年3月.
30) 2,012 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 接線分岐回避・補償制御のロバスト性, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS52-SS53, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1) 2,012 その他・研究会 北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : コントラストの高い白黒二値画像に対するフラクタル符号の重みについて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-4, No.112, 19-24, 2012年4月.
2) 2,012 その他・研究会 宮地 佑典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 線形予測とリストを用いたカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.117, 7-12, 2012年7月.
3) 2,012 その他・研究会 山本 吉彦, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸, 高坂 拓司 : しきい値の摂動を用いたカオス制御の実験的検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112117, No.112, 13-16, 2012年7月.
4) 2,012 その他・研究会 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-74, No.112, 99-104, 2012年9月.
5) 2,012 その他・研究会 藤本 憲市, 大津 智弘, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : カオス制御における制御コストの評価と比較, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 1-6, 2012年11月.
6) 2,012 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸 : 接線分岐により消滅するアトラクタを補償する制御について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 19-22, 2012年11月.
7) 2,012 その他・研究会 藤原 澄人, 稲葉 直彦, 関川 宗久, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 遠藤 哲郎 : 2-トーラスと3-トーラスの境界について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.487, 77-80, 2013年3月.
8) 2,012 その他・研究会 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 乾 博文, 後藤田 中 : コミュニティ内での身体スキル訓練方法に関する一考察, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, 21-26, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度) / 著書

1) 2,013 著書 上田 哲史 : 多様体と大域分岐,カオス制御, --- 応用数理ハンドブック ---, 朝倉書店, 東京, 2013年8月.
2) 2,013 著書 Clara Gracio, Daniele Fournier-Prunaret, Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : Nonlinear Maps and their Applications; Selected Contributions from the NOMA 2011 International Workshop, Springer, New York, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,013 学術論文 (審査論文) Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extended Continuous-Time Image Reconstruction System for Binary and Continuous Tomography, Journal of Signal Processing, Vol.17, No.4, 163-166, 2013.
2) 2,013 学術論文 (審査論文) Aly Elrazek Abd Elrazek M Abd, Nakamura Yoko, Hiroki Moriguchi, Mohamed Afify, Mohamed Asar, Badr Ismael and Magdy Salah : Endoscopic management of Dieulafoy's lesion using Isoamyl-2-cyanoacrylate., World Journal of Gastrointestinal Endoscopy, Vol.5, No.8, 417-419, 2013.
3) 2,013 学術論文 (審査論文) Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Image Reconstruction for Binary Tomography, Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation, Vol.18, No.8, 2081-2087, 2013.
4) 2,013 学術論文 (審査論文) Kenji Matsuura, Hiroki Moriguchi and Kazuhide Kanenishi : Supporting self-control of individual training for motor-skill development with a social web environment, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.2/3, 201-216, 2013.
5) 2,013 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Fujii, Yoko Hoshi, Shinpei Okawa, Tetsuya Yoshinaga, Satoru Kohno and Yukio Yamada : A coupling model of light propagation based on the radiative transfer and diffusion equations, AIP Conference Proceedings, Vol.1558, 2528-2531, 2013.
6) 2,013 学術論文 (審査論文) 伊藤 薫, 清水 邦康, 稲葉 直彦, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 遠藤 哲郎 : 拡張BVP発振器における微小周期外乱下でのMMOsの挙動, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J97-A, No.1, 14-22, 2014年.
7) 2,013 学術論文 (審査論文) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振の分類, Journal of Signal Processing, Vol.18, No.1, 39-48, 2014年.
8) 2,013 学術論文 (審査論文) Naohiko Inaba, Munehisa Sekikawa, Yoshimasa Shinotsuka, Kyohei Kamiyama, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Tetsuro Endo : Bifurcation scenarios for a 3D torus and torus-doubling, Progress of Theoretical and Experimental Physics, Vol.2014, No.2, 2014.
9) 2,013 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda, Renilson Martin and Tetsushi Ueta : Analytical methods to predict the surf-riding threshold and the wave-blocking threshold in astern seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.4, 415-424, 2014.
10) 2,013 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit: analytic extension and numerical validation, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.3, 257-264, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1) 2,013 国際会議 AHMAD AMMAR GHAIBEH and Hiroki Moriguchi : Data Mining in Medical Diagnosis: A case study of Esophageal varices in patients awaiting for Liver Transplantation, 2013 3nd Annual International Conference of Hepato-Gastroenteroligy, Apr. 2013.
2) 2,013 国際会議 Hiroki Moriguchi and Takeshi Konishi : 徳島大学とSIAPの共同のe-learning研修について, Fifth Workshop on Forging Partnerships in Statistical Training in Asia and the Pacific: Making e-Learning Work for Us 2013, Chiba, Jun. 2013.
3) 2,013 国際会議 Tetsushi Ueta, Daisuke Ito and Kazuyuki Aihara : Restoration control for disappeared periodic solutions, Proc. of 5th Int. Conf. Frontiers of Nonlinear Physics, 34-35, Nyzhny Novgrod, Jul. 2013.
4) 2,013 国際会議 Yoshihiro Tanaka, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Nonlinear continuous method for non-negatively constrained inverse problem of IMRT planning, Medical Physics, Vol.40, No.6, 358, Indianapolis, Aug. 2013.
5) 2,013 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Hiroyuki Kitajima and Kazuyuki Aihara : Controlling Method to Avoid Bifurcations of Periodic Points Using Maximum Lyapunov Exponent, Proc. of 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 158-161, Santa Fe, Sep. 2013.
6) 2,013 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji and Kazuyuki Aihara : Attractor-Preserving Control to Avoid Saddle-Node Bifurcation, Proc. NOLTA 2013, 150-153, Santa Fe, Sep. 2013.
7) 2,013 国際会議 Konishi Takeshi, Nakamura Yoko, Masato Tagi, Hachiro Nakagawa, Ken-ichiro Shimai, Setoguchi Yoko and Hiroki Moriguchi : Development and Evaluation of Web-based Learning Management System with UN SIAP for Government Statisticians in Asia and the Pacific, E-Learn 2013 World Conference on E-Learning, Las Vegas, Oct. 2013.
8) 2,013 国際会議 Kenji Matsuura, Hirofumi Inui, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Training-Course Design for General Purpose of Motor-Skill Learners on a Web, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 202-207, Indonesia, Nov. 2013.
9) 2,013 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Successive Algorithm Using Discrete-Time Oscillator Network for Three-Dimensional Image Segmentation, IIE Int'l Conference Proceedings of International Conference on Innovations in Engineering and Technology (ICIET'2013), 62-63, Bangkok, Dec. 2013.
10) 2,013 国際会議 Fujii Hiroyuki, Okawa Shinpei, Tetsuya Yoshinaga, Yamada Yukio, Hoshi Yoko and Satoru Kohno : Image errors of timeresolved optical tomography based on the radiative transfer and diffusion equations, Proceedings of the 9th International Conference on Optics-photonics Design & Fabrication, Tokyo, Feb. 2014.
11) 2,013 国際会議 Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Magnetic resonance image reconstruction using nonlinear continuous-time dynamical system, Proc. of 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 586-589, Honolulu, Feb. 2014.
12) 2,013 国際会議 Yu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation phenomena of forced Izhikevich neuron model, Proc. NCSP 2014, 413-416, Honolulu, Mar. 2014.
13) 2,013 国際会議 Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Tanaka and Ken'ichi Fujimoto : Continuous-time method based on dose optimization for intensity-modulated radiation therapy treatment planning, The ECR 2014 Book of Abstracts is a Supplement to Insights into Imaging, Wien, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 2,013 国内講演発表 秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 丹下 幸子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.56, 2013年4月.
2) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 辻 明典, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの引き込み現象:ホタルはエッジで同期する, LED総合フォーラム2013 in徳島論文集, 87-88, 2013年4月.
3) 2,013 国内講演発表 秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.Vol.56, No.Suppl.1, S.208, 2013年5月.
4) 2,013 国内講演発表 赤石 祥彰, 飯田 仁, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : ブロック連続時間CT画像再構成システムの電子回路実装, 第26回 回路とシステムワークショップ論文集, 293-298, 2013年7月.
5) 2,013 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 馬蹄形写像におけるカオス制御, 回路とシステムワークショップ論文集, 1-6, 2013年8月.
6) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 結合南雲・佐藤モデルにおける分岐解析, 回路とシステムワークショップ論文集, 285-288, 2013年8月.
7) 2,013 国内講演発表 森口 博基, ガイベ アハマド アンマール, 中村 陽子 : 医療情報システムの現状と未来, 八万地区医師会臨床懇話会, 2013年8月.
8) 2,013 国内講演発表 乾 博文, 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 後藤田 中, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 身体スキルの分類に基づく学習者別の段階的学習支援環境の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 317-318, 2013年9月.
9) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 松村 健, 関 陽介 : 大学コミュニケーションポータルの運用と課題, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9, 2013年9月.
10) 2,013 国内講演発表 佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報化推進センター ISMS 活動事例, --- ISMS取得2年目の取り組み ---, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 17-20, 2013年9月.
11) 2,013 国内講演発表 玉木 悠, 田木 真和, 島井 健一郎, 松久 宗英, 森口 博基 : 1-A-8 徳島県における病病・病診連携システムの構築(企業事例交流会(2)), 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2013年9月.
12) 2,013 国内講演発表 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ある4次元発振器で見られるバースト発振について, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2, 2013年9月.
13) 2,013 国内講演発表 間野 翔大, 上田 哲史 : 方向彩色による周期点抽出支援ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 9, 2013年9月.
14) 2,013 国内講演発表 菱川 健治, 上田 哲史, 西尾 芳文, 牛田 享宏, 青野 修一 : モバイル端末における身体活動観測ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2013年9月.
15) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 佐野 雅彦, 八木 香奈枝 : JGN-Xを利用した緊急時情報発信機構の確保, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 340, 2013年9月.
16) 2,013 国内講演発表 辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルによるゲンジボタルの発光同期パタンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3, 2013年9月.
17) 2,013 国内講演発表 小西 健史, 中川 八郎, 中村 陽子, 田木 真和, 島井 健一郎, 玉木 悠, 森口 博基 : 国連アジア太平洋統計研修所(SIAP)との連携による各国の統計職員向けe-Learningシステムの開発と評価, 第33回医療情報連合大会論文集, Vol.33, 378-381, 2013年11月.
18) 2,013 国内講演発表 瀬戸口 要子, 橋本 一郎, ガイベ アハマド アンマール, 田村 陽子, 中川 八郎, 小西 健史, 三谷 和江, 木田 菊恵, 森口 博基 : データマイニングによる褥瘡発生要因の検討, 第33回医療情報連合大会論文集, Vol.33, 1052-1053, 2013年11月.
19) 2,013 国内講演発表 森口 博基, 小西 健史, 中村 陽子, ガイベ アハマド アンマール : 地域に広がるe-Learning, 第5回横幹連合コンファレンス論文集, 233-235, 2013年12月.
20) 2,013 国内講演発表 銀 花, 黒田 暁生, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 松本 俊夫, 藤中 雄一, 安藝 宏信, 森川 富昭, 松久 宗英 : ITを活用した徳島県糖尿病医療連携システム構築のこころみ, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, Vol.9, 47, 2014年1月.
21) 2,013 国内講演発表 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS49-SS50, 2014年3月.
22) 2,013 国内講演発表 小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : ロバスト分岐解析に基づくカオス状態の回避, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS61-SS62, 2014年3月.
23) 2,013 国内講演発表 小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : ロバスト分岐解析法によるカオスからの回避制御, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 746, 2014年3月.
24) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 742-745, 2014年3月.
25) 2,013 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 属性管理とセキュリティレベルの多重化について, 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, 119, 2014年3月.
26) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 伊藤 大輔 : 分岐を求めるということ, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS35-SS38, 2014年3月.
27) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 間野 翔大, 上田 哲史 : カオス中の疑似周期軌道の安定化, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS57-SS58, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 2,013 その他・研究会 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 非線形スイッチトシステムを用いたバイナリトモグラフィ, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.15, 13-18, 2013年4月.
2) 2,013 その他・研究会 関川 宗久, 藤原 澄人, 稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 遠藤 哲郎 : ある離散力学系に見られる不変トーラスとアーノルドタング, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.69, 39-42, 2013年5月.
3) 2,013 その他・研究会 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 非線形力学系を用いた強度変調放射線治療計画法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.147, 47-52, 2013年7月.
4) 2,013 その他・研究会 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 線量体積制約の最適化に基づく連続時間強度変調放射線治療計画法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.258, 25-29, 2013年7月.
5) 2,013 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振状態の特徴, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 117-122, 2013年10月.
6) 2,013 その他・研究会 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 4次元自律系のバースト発振の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 199-204, 2013年10月.
7) 2,013 その他・研究会 藤本 憲市, 赤石 祥彰, 飯田 仁, 吉永 哲哉 : ブロック連続時間CT画像再構成回路の設計と実装, 電気学会研究会資料, Vol.ECT-13, 69-74, 2013年11月.
8) 2,013 その他・研究会 Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Emergent Control of Pseudo Periodic Orbits in Chaotic Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.113, No.341, 55-58, Dec. 2013.
9) 2,013 その他・研究会 中村 陽子, ガイベ アハマド アンマール, 瀬戸口 要子, 三谷 和江, 橋本 一郎, 森口 博基 : On Admission Pressure Ulcer Prediction, 第32回中国四国医療情報学研究会, 49, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{276983}}

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1) 2,014 国際会議 Taku Tsuchida : The Settlers Involved in Forestry Operation during Winter: the Hokkaido Settlers Strategy for a Living, in Terms of Their Side Jobs, The Mountainous Cultre,Ecology and Personage in East Asia(The 4th International Conference of East Asian Association of Mountainous Culture), 387-397, 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1) 2,014 国内講演発表 原田 健太郎 : 「地(知)の拠点整備事業」に関する研究, 大学教育学会第36回大会発表要旨集録, 232-233, 2014年5月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

(なし)

2014年度(平成26年度) / 報告書

1) 2,014 報告書 原田 健太郎 : 研究における大学間連携の現状, 国立大学の多様な大学間連携に関する調査研究, 51-67, 2014年7月.

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{276983}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1) 2,015 著書 土田 拓 : 第3章第1節農業, 第3章第3節牧畜, 第4章第3節住(農業), 鳥取県, 鳥取市, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,015 学術論文 (審査論文) 小山 治 : 法科大学院には所得と仕事満足度を高める教育効果はあるのか――新旧司法試験合格者である弁護士に対する質問紙調査, 大学評価・学位研究, No.17, 35-49, 2016年.
2) 2,015 学術論文 (審査論文) 小山 治 : 学生のレポートを書く力の熟達度――社会科学分野の大学4年生に対する聞きとり調査, 大学教育実践ジャーナル, No.14, 9-16, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,015 学術論文 (紀要その他) 小山 治 : 県内就職を促進する効果的なカリキュラム・授業開発――徳島大学を事例として, 平成27年度とくしま政策研究センター委託調査研究事業 成果報告書, 1-15, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国際会議

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1) 2,015 国内講演発表 小山 治 : 就職活動に対して有効な大学の学習経験——社会科学分野の大学4年生に対する質問紙調査をもとにして, 日本教育社会学会第67回大会, 2015年9月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1) 2,015 その他・研究会 小山 治 : 調査研究の研究倫理――質問紙調査に関する授業の事例, 兵庫県立大学経済学部FDフォーラム, 2015年11月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

(なし)

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{276983}}

2016年度(平成28年度) / 著書

(なし)

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,016 学術論文 (紀要その他) 土田 拓 : 境界線上への入植―北海道紋別市Sさんの戦後開拓経験, 語りの地平:ライフストーリー研究, No.1, 164-172, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

(なし)

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国際会議

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1) 2,016 国内講演発表 小山 治 : 初期キャリアに対して有効な大学の学習経験――社会科学分野の大学卒業生に対する質問紙調査, 日本高等教育学会第19回大会, 2016年6月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

(なし)

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

(なし)

2016年度(平成28年度) / 報告書

(なし)

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{276983}}

2017年度(平成29年度) / 著書

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

(なし)

2017年度(平成29年度) / 国際会議

(なし)

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

(なし)

2017年度(平成29年度) / 作品等

(なし)

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

(なし)

2017年度(平成29年度) / 報告書

(なし)

2018年度(平成30年度)

article.{@.date="20180400 20190399" @.organization=\E{276983}}

2018年度(平成30年度) / 著書

1) 2,018 著書 土田 拓 : らっきょう栽培用具と出荷調整用具, 鳥取県, 鳥取市, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2018年度(平成30年度) / 学術レター

(なし)

2018年度(平成30年度) / 総説・解説

(なし)

2018年度(平成30年度) / 国際会議

(なし)

2018年度(平成30年度) / 国内講演発表

(なし)

2018年度(平成30年度) / 作品等

(なし)

2018年度(平成30年度) / その他・研究会

(なし)

2018年度(平成30年度) / 報告書

(なし)

2019年度(平31(令元)年度)

article.{@.date="20190400 20200399" @.organization=\E{276983}}

2019年度(平31(令元)年度) / 著書

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 学術レター

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 総説・解説

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 国際会議

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 国内講演発表

1) 2,019 国内講演発表 土田 拓, 伊藤 広幸, 垣田 満, 井川 由貴 : 海外有力大学と比較した教員と職員の割合に関する考察, RA協議会第5回年次大会, 2019年9月.

2019年度(平31(令元)年度) / 作品等

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / その他・研究会

(なし)

2019年度(平31(令元)年度) / 報告書

(なし)

2020年度(令和2年度)

article.{@.date="20200400 20210399" @.organization=\E{276983}}

2020年度(令和2年度) / 著書

(なし)

2020年度(令和2年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2020年度(令和2年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2020年度(令和2年度) / 学術レター

(なし)

2020年度(令和2年度) / 総説・解説

(なし)

2020年度(令和2年度) / 国際会議

(なし)

2020年度(令和2年度) / 国内講演発表

(なし)

2020年度(令和2年度) / 作品等

(なし)

2020年度(令和2年度) / その他・研究会

(なし)

2020年度(令和2年度) / 報告書

(なし)