RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2014.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Bifurcation analysis of switched dynamical systems with periodically moving borders, IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Regular Papers, Vol.51, No.6, 1184-1193, 2004.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
3)津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博 : 時計遺伝子リズムのニューロンモデルに見られる同調現象の分岐, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J87-D-II, No.7, 1516-1528, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse and Coexistence of Duck Solution in a Circuit Driven by an Extremely Small Periodic Force, Proc. International IEEE Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems, 308-311, Evora, Portugal, May 2004.
2)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Analysis of bifurcation in switched dynamical systems with periodically moving borders: application to power converters, IEEE International Symposium on Circuits and Systems 2004, Vancouver, May 2004.
3)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
4)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
5)YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
6)YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
7)Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
8)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
9)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
10)Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
2)吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
3)藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : 周期的外力を印加したサーカディアン振動子モデルの分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 33-36, 2004年7月.
2)辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
3)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
4)飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
3)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
5)Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
6)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
7)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
8)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
9)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
10)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

(なし)

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
3)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
4)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
5)Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
6)Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
7)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
8)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
9)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
10)Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
2)今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
3)好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
4)藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
5)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
6)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
7)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
8)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
9)的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
10)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
2)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
3)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
4)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
5)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1)川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
3)Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
2)塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
3)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
4)水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

(なし)

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

(なし)

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
2)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
3)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
2)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
3)岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
4)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

(なし)

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1)川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国際会議

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

(なし)

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

(なし)

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」とそれに基づく初年次キャリア教育の実践, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 141-151, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)井ノ崎 敦子 : 対人関係で悩む広汎性発達障害のある学生への支援―恋愛における支援のあり方についての検討―, 日本学生相談学会第29回大会発表論文集, 102, 2011年5月.
2)井ノ崎 敦子 : 高校生対象のデートDV予防教育プログラムに関する一研究(2)―性暴力予防に焦点を当てた予防教育プログラムの開発とその効果の検討―, 日本心理学会第75回大会論文集, 1285, 2011年9月.
3)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 4年一貫就業力育成プログラムとそれに基づく初年時キャリア教育, --- 大学生の就業力育成支援事業採択[自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム] ---, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島(徳島大学大学開放実践センター), 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

(なし)

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 松尾 誠治 : 文部科学省大学生の就業力育成支援事業「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム-社会における確かな「居場所と出番」を見つける力を培うキャリア教育-」平成22・23年度成果報告書, 1-62, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

2012年度(平成24年度) / 著書

1)井ノ崎 敦子 : 性暴力が子どもの発達に与える影響, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午, 山野 明美 : 巣立ちプログラムに基づく1年次学生を対象としたキャリア教育の実践と2年次授業 におけるPBLの試み, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 133-142, 2013年.
2)山野 明美, 平井 松午, 田中 徳一, 成行 義文 : 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業の展開-平成24年度「産業界の ニーズに対応した教育改善・充実事業」-, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 80-88, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)井ノ崎 敦子 : DV被害女性のための心理教育グループの効果に関する研究(2)―事前・事後調査による心理的変化による検討―, 日本心理臨床学会第31回大会論文集(愛知), 2012年9月.
2)井ノ崎 敦子 : 進路選択に悩む大学生へのカウンセリング効果に関する研究―樹木画テストにみられる変化の検討を通して―, 日本描画テスト・描画療法学会第22回大会論文集(東京), 2012年9月.
3)井ノ崎 敦子 : DV被害者のためのサポートグループの開発と効果について-当事者同士の支え合いと心理教育の意義-, 日本子ども虐待防止学会第18回学術集会(高知), 2012年12月.
4)井ノ崎 敦子 : 青年期におけるトラウマの影響ー学生相談現場からー, 日本発達心理学会第22回大会論文集, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)井ノ崎 敦子 : DVにおける心理的虐待への対応―DV被害者の早期発見,支援,効果―, 第1回子どもの心の問題発症予防研究会(徳島), 2012年9月.
2)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 学生自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム, とくTalk(徳大広報), No.149, 2012年10月.
3)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 特集 徳島大学の就職支援への取り組み 「学生自らの就業力向上を促す巣立プログラム」」, 徳大広報 とくtalk, No.149, 1-2, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度) / 著書

1)金西 計英, 吉田 博 : 学生と楽しむ授業創り, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 2013年12月.
2)根本 淳子, 鈴木 克明, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸 : ストーリー中心型カリキュラム(SCC)の設計理論と授業実践:オンライン大学院の挑戦とその波及効果, 東信堂, 東京, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)根本 淳子, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリキュラムによるリフレクション活動の推進と強化, 日本教育メディア研究, Vol.20, No.2, 23-33, 2014年.
2)吉田 博, 金西 計英 : コースの中間期に実施する学生討議型授業コンサルテーションの学生に与える影響, 日本教育工学会論文誌, Vol.37, No.4, 449-457, 2014年.
3)吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 枝川 恵理, 斉藤 くるみ : 大学図書館で実施する学習支援の成果と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 26-37, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午 : キャリア学習のためのPBL型学習事例報告 ―男女共同参画とグローバル人材―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 81-100, 2014年.
2)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午, 大渕 朗 : キャリア教育におけるインターンシップの実践と課題 ―大人数講義における事前学習の効果に関する考察―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 51-64, 2014年.
3)日置 善郎, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 上岡 麻衣子 : 2013年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 161-182, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)井ノ崎 敦子, 赤坂 和哉 : 学生相談室における臨床心理実習の意義:グループ活動における実習効果の検討, 日本学生相談学会(第31回大会), 2013年5月.
2)井ノ崎 敦子 : 子ども虐待の予防, 第16回日本地域看護学会学術集会論文集, 2013年8月.
3)大辻 隆夫(京都女子大学), 井ノ崎 敦子 : 保育カウンセリングにおけるイヌバラ法ー歯学部学生に対する試みー, 全国保育士養成協議会第52回研究大会論文集, 2013年9月.
4)吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの成果と課題, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 8-9, 2013年12月.
5)枝川 恵理, 斉藤 くるみ, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 吉田 博 : 大学図書館を活用した学習支援の試み, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 10-11, 2013年12月.
6)榊原 暢久, 吉田 博 : 「理工系の講義形式授業の中で学生を輝かせるひと工夫」WSプログラム開発について, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 92-93, 2014年3月.
7)吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳 : 学生と図書館職員が運営する学修支援活動の取り組み, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 108-109, 2014年3月.
8)山本 堅一, 吉田 博, 服部 憲児 : FD実質化に必要な新たな視座, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 184-185, 2014年3月.
9)吉田 博 : <ラウンドテーブル>学生とともに進めるFD [話題提供3]学生FD活動の振り返りと今後の可能性, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 216-217, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)井ノ崎 敦子 : 「認知修正期」の養育支援, 第4回子どもの心の問題発症予防研究会/子ども虐待予防フォーラム(代表者:二宮恒夫), 2013年7月.
2)根本 淳子, 和田 卓人, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 久保田 真一郎, 鈴木 克明 : 「学びのスケッチ」による振り返りの改善, 教育システム情報学会2013年度第5回研究会(高知工科大学)研究報告, Vol.28, No.5, 15-16, 2014年1月.
3)高橋 暁子 : 学習内容や学習方法の選択を支援するMoodleプラグインの最新動向, Moodle Moot 2014, 2014年2月.
4)高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledge を活かしたコンピテンシー開発のためのPDCAモデルの提案-減災型地域社会リーダーのコンピテンシー開発を事例に-, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 139-142, 2014年3月.
5)根本 淳子, 井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : レイヤーモデルを用いた学習設計支援方法についての検討, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 285-288, 2014年3月.
6)竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリ キュラム「オリジナルSCC企画書」提出課題の分析に基づく作成支援ポイントの整理, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 123-128, 2014年3月.
7)高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 問題解決型学習のための多段階難易度練習問題の枠組みの提案-新人看護師研修のブレンディング型eラーニングを事例として-, 教育システム情報学会2013年度特集研究会(名古屋学院大学)研究報告, Vol.28, No.7, 81-86, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{276990}}

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
2)Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study, Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
3)Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides., Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
4)Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans, Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
5)高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledgeを活かした減災型地域社会リーダーのコンピテンシー設計プロセス, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, No.Suppl, 57-60, 2015年.
6)Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major., Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.
7)久保田 祐歌, 池田 史子 : 大学教育におけるクリティカルシンキング : 育成課題の検討, 名古屋高等教育研究, No.15, 139-160, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 上岡 麻衣子 : 2014年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.12, 90-111, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens, Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
2)Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma : Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb., Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
2)吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの取り組みと効果に関する一考察, 大学教育学会第36回大会 発表要旨集禄, 222-223, 2014年6月.
3)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について, 日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
4)竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : "学習者個人に係わる要因"分析によるストーリー中心型カリキュラム(SCC)アドオンの方向性の再検討, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 125-126, 2014年9月.
5)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関における教育システムのためのプライベートクラウドの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 143-144, 2014年9月.
6)高橋 暁子, 喜多 敏博 : 学習内容の選択を支援するMoodleプラグイン - Moodle2での動作のためのアップデート -, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 223-224, 2014年9月.
7)根本 淳子, 市川 尚, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : ID基礎力養成に向けたID実力チェックの設計, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 411-412, 2014年9月.
8)高橋 暁子, 金西 計英 : eラーニングおける受講状況の分析:学習行動の7分類を用いて, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 191-192, 2014年9月.
9)井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 根本 淳子, 鈴木 克明 : 教材設計マニュアルによる教材作成を支援するJob-Aidツールの拡張, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 219-220, 2014年9月.
10)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 : シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分, 第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
11)洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
12)川瀬 和也 : 現実性と「概念の生成」(シンポジウムIII 『大論理学』本質論刊行200周年記念「本質論から概念論へ――「現実」章の検討」, ヘーゲル哲学研究, No.20, 113-127, 2014年12月.
13)吉田 博, 川野 卓二, 上岡 麻衣子, 宮田 政徳 : 学士課程教育の体系化を可視化するためのカリキュラムマップ作成に関わるFDと現状の課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 22-23, 2014年12月.
14)片山 裕之, 枝川 恵理, 上村 菜月, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学習スタイルの向上・改善を目指した学生と図書館職員の協働による実践の成果と課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 24-25, 2014年12月.
15)上岡 麻衣子, 川野 卓二 : 第1回と第2回の教員の教育に関する意識調査の比較, 平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 抄録集, 72-73, 2014年12月.
16)吉田 博, 宮田 政徳, 上岡 麻衣子, 山田 剛史 : SPODにおいて標準化された新任教員研修の成果と課題, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 106-107, 2015年3月.
17)亀岡 由佳, 佐々木 奈三江, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学生・教員・図書館職員の協働による学修支援の取り組み, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 98-99, 2015年3月.
18)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成27年度), 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)市川 尚, 根本 淳子, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : IDポータルサイトの現状と改善, 日本教育メディア学会2014年度第1回研究会研究会論集, No.37, 29-34, 2014年7月.
2)高橋 暁子, 竹岡 篤永, 石田 百合子, 鈴木 伸子, 鈴木 克明 : 社会人オンライン大学院修了生のアンケート分析:"修了で身につくコンピテンシー"の充足度の変化を中心に, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.5, 173-180, 2015年1月.
3)川瀬 和也 : ヘーゲルと行為論, 行為論研究会 2014年度研究成果報告会, 2015年3月.
4)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化する携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.7, 43-48, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

1)佐藤 高則, 宮田 政徳, 堤 和博, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 古屋 S. 玲, 吉本 勝彦, 三好 德和, 荒木 秀夫 : 全学共通教育センター FDの歴史, 徳島大学FDの歴史, Vol.2, 91-111, 徳島, 2014年12月.

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{276990}}

2015年度(平成27年度) / 著書

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 新人看護師対象フィジカルアセスメント研修における多段階オンライン練習問題の開発と実践, 教育システム情報学会誌, Vol.32, No.2, 186-191, 2015年.
2)Shin-ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Acylated neo-clerodanes and 19-nor-neo-clerodanes from the aerial parts of Scutellaria coleifolia (Lamiaceae)., Phytochemistry, Vol.116, 298-304, 2015.
3)Shin-Ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Coleifolides A and B, Two New Sesterterpenoids from the Aerial Parts of Scutellaria coleifolia H.Lév., Chemistry & Biodiversity, Vol.12, No.8, 1200-1207, 2015.
4)Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes., Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
5)畠 一樹, 成行 義文 : 初年次学生の行動特性把握によるEQ能力開発手法の提案, 大学教育研究ジャーナル, No.13, 23-37, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 上岡 麻衣子 : 2015年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.13, 94-118, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術レター

1)川野 卓二, 久保田 祐歌 : 徳島大学の教学マネジメントとAP採択事業「SIH道場」による全学へのアクティブ・ラーニング展開の試み (特集 教学マネジメントの試み), 大学教育と情報, Vol.2015, No.3, 19-21, 2015年.

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1)吉田 博 : 徳島大学総合教育センターによる教育改革とFD, 大学教育学会誌, Vol.37, No.2, 187-188, 2015年11月.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1)坂井 大地, 増子 ひとみ, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus serratusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
2)長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
3)川瀬 和也 : マクダウェルの「第二の自然」について, 日本哲学会第74回大会, 2015年5月.
4)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業の実践の効果とその課題について, 大学教育学会第37回全国大会発表要旨集録, 148-149, 2015年6月.
5)久保田 祐歌 : 初年次教育「SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼」の取組, 第63回中国・四国地区大学教育研究会 プログラム, 12-13, 2015年6月.
6)久保田 祐歌 : ジェネリック・スキル概念の背景と育成モデルの検討, 日本高等教育学会第18回大会発表要旨集録, 164-165, 2015年6月.
7)川瀬 和也 : ヘーゲル『大論理学』における「推論」の意義, 2015年度哲学若手研究者フォーラム, 2015年7月.
8)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 携帯端末用ルーブリック評価ツールにおける教員機能の開発, 情報教育シンポジウム, 79-82, 2015年8月.
9)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関におけるクラウドを活用した教育環境の活用, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 91-92, 2015年9月.
10)村井 礼, 金西 計英, 高橋 暁子, 竹口 幸志, 田中 寿郎, 根本 淳子, 仲道 雅輝, 三好 康夫, 林 敏浩 : 四国国立5大学連携におけるe-Learning教育を円滑運用するための著作権処理の提案, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 297-298, 2015年9月.
11)川野 卓二 : ポートフォリオを活用したアクティブ・ラーニングスキルの浸透, 平成27年度 教育改革ICT戦略大会資料, 15-24, 2015年9月.
12)長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 川野辺 弘子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 133, 2015年9月.
13)坂井 大地, 金 尚永, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 134, 2015年9月.
14)金西 計英, 高橋 暁子 : 德島大学における反転授業の実践から, 日本教育工学会第31回全国大会発表論文集, 491-492, 2015年9月.
15)洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(26)–Gentiana rigescensの成分研究(6)–, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
16)吉田 博, 久保田 祐歌 : 初年次教育でラーニングスキル,ティーチングスキルの向上を目指した組織的取り組み, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 38-39, 2016年1月.
17)久保田 祐歌, 吉田 博 : 学生アンケートに基づく初年次教育プログラムの現状と課題, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 40-41, 2016年1月.
18)下村 宗央, 畑中 唯菜, 片山 裕之, 枝川 恵理, 亀岡 由佳, 近藤 薫, 佐々木 奈三江, 吉田 博 : 学生と図書館職員の協働による学習支援の実績と将来展望, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 26-27, 2016年1月.
19)畠 一樹, 成行 義文 : 大人数制キャリア教育における効果的手法の開発と検証 ―アクティブ・ラーニングによる社会人基礎力の育成―, 平成27年度 FD促進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 74-75, 2016年1月.
20)吉田 博, 榊原 暢久 : 理工系分野におけるFDプログラムの開発, 第22回大学教育研究フォーラム発表論文集, 366-367, 2016年3月.
21)久保田 祐歌, 吉田 博 : アクティブ・ラーニング型初年次教育プログラムの成果と課題, 第22回大学教育研究フォーラム発表論文集, 316-317, 2016年3月.
22)金 尚永, 長嶋 絋紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ (Chloranthus japonicus) 地上部の成分研究, 日本薬学会第136年会, Vol.2, 226, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成28年度), 2016年2月.

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)植野 美彦 : 徳島大学の入試改革について, これからの高校教育に必要な進路・学習指導の理想像を求めて, 2015年8月.
2)植野 美彦 : 徳島大学の入試改革, 高大接続型理系入試研究協議会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1)植野 美彦 : 巻頭言, 平成27年度徳島大学総合教育センターアドミッション部門報告書, 2016年3月.

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{276990}}

2016年度(平成28年度) / 著書

(なし)

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Yoshida, Maiko Kamioka, Hiroshi Sakata and Pope J. Christopher : The Proof of the Pudding: Active Learning and Self-Regulated Learning Skills in University Classrooms, On CUE Journal, Vol.9, No.4, 344-371, 2016.
2)久保田 祐歌, 吉田 博 : 学修の振り返りを促進する授業設計, 京都大学高等教育研究, No.22, 115-118, 2016年.
3)植野 美彦 : 徳島大学生物資源産業学部の個別選抜改革ーー高大接続改革実行プランを受けた多面的・総合的評価の設計と実施ーー, 大学入試研究ジャーナル, No.27, 1-7, 2017年.
4)井上 敏憲, 中村 裕行, 前村 哲史, 植野 美彦, 立岡 裕士, 岡本 崇宅, 大塚 智子 : 四国地区国立5大学共通のインターネット出願と多面的・総合的評価への取り組み, 大学入試研究ジャーナル, No.27, 91-96, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 吉田 博, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化するための携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発と試用, 教育システム情報学会誌, Vol.33, No.2, 120-125, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国際会議

(なし)

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1)植野 美彦 : 徳島大学生物資源産業学部の個別選抜改革, 国立大学アドミッションセンター連絡会議 第14回総会 活動報告, 2016年6月.
2)植野 美彦 : 「学力の3要素」評価を個別選抜にどう反映させるかー多面的・総合的評価を実施した徳島大学生物資源産業学部を例にー, 平成28年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会(第11回) 公開討論会, 2016年6月.
3)植野 美彦 : 徳島大学生物資源産業学部の個別選抜改革ー高大接続改革実行プランを受けた多面的・総合的評価の設計と実施ー, 平成28年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会(第11回)研究会, 2016年6月.
4)金西 計英, 高橋 暁子, 南川 貴子, 戸川 聡 : 医療系教育への反転授業の応用, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 371-372, 2016年8月.
5)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業の医療系教育における活用の検討, 第11回医療系eラーニング全国交流会発表論文集, 42-45, 2016年9月.
6)畠 一樹 : 大学生の行動特性把握によるEQ能力開発手法の提案, 日本キャリアデザイン学会 第13回研究大会・総会(2016年度大会)資料集, 39-42, 2016年9月.
7)吉田 博, 久保田 祐歌 : 学習効果を高める振り返りを促進する授業設計, 初年次教育学会第9回大会発表要旨集, 68-69, 2016年9月.
8)金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造, 第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
9)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業における学習層の連続に関する検証, 日本教育工学会第32回全国大会発表論文集, 849-850, 2016年9月.
10)金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
11)森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
12)久保田 祐歌, 新原 将義, 吉田 博 : 初年次教育を学生はどのように捉えるか, 大学教育学会2016年度課題研究集会要旨集, 72-73, 2016年12月.
13)植野 美彦 : 高大接続改革について考える――「徳島方式」として注目される入学者選抜を事例として――, 岩手大学全学FD・SD, 2016年12月.
14)畠 一樹, 川崎 修良, 川崎 克寛 : プロジェクト型インターンシップの教育効果及び地元志向に与える影響の検証∼徳島大学COC+事業寺子屋式インターンシップの試行を題材に∼, 平成28年度全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 26-27, 2016年12月.
15)吉田 博, 上岡 麻衣子, 川野 卓二 : 分野別FDの実質化を目指した各学部等におけるニーズと今後の展望, 平成28年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 20-21, 2016年12月.
16)本田 剛士, 下村 宗央, 畑中 唯菜, 片山 裕之, 枝川 恵理, 亀岡 由佳, 吉田 博 : 徳島大学の教育・学生の学びに与えるStudy Support Spaceのインパクト, 平成28年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 10-11, 2016年12月.
17)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業におけるeラーニングのデザインが与える影響, 第23回大学教育研究フォーラム発表論文集, 172-173, 2017年3月.
18)吉田 博, 宮田 政徳 : 徳島大学における「授業コンサルテーション」の検証, 第23回大学教育研究フォーラム発表論文集, 218-219, 2017年3月.
19)植野 美彦 : 農学系の新設入試についてーー生物資源産業学部の個別選抜改革 多面的・総合的評価の設計と実施事例ーー, 福島大学 AO入試フォーラム, 2017年3月.
20)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : 北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁, 新原 将義 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成29年度), 2017年2月.

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1)植野 美彦 : 徳島大学における入学者選抜変更と意図について--大学入試改革に沿ったアドミッション・ポリシーの具体化を含めて--, 平成28年度倉吉東高等学校教職員研修会, 2016年9月.
2)植野 美彦 : アドミッション・ポリシーに基づいた個別選抜の将来像――これからの入学者選抜改革を見据えて――, 長崎県高等学校指導研究協議会, 2016年10月.
3)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 新原 将義, 上岡 麻衣子, 久保田 祐歌 : 2016年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.14, 99-119, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

1)植野 美彦, 澤田 麻衣子, 田島 俊郎, 田中 克哉, 白山 靖彦, 川添 和義, 外輪 健一郎, 中村 嘉利, 古屋 S. 玲 : 平成28年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成28年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2017年3月.

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{276990}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1)石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山﨑 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博 : 情報科学入門, 日経BP社, 東京, 2017年4月.
2)山本 真由美, 金西 計英, 高橋 暁子 : 発達心理学をアクティブに学ぶ, 北大路書房, 2017年12月.
3)橋本 勝, 倉部 史記, 金西 計英, 河原 和之, 戸田 由美子, 小林 拓也, 林 透, 久保 卓也 : ライト・アクティブラーニングのすすめ, 株式会社 ナカニシヤ出版, 2017年12月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)植野 美彦, 澤田 麻衣子 : 大学入学者選抜改革における「徳島方式」の事例, 大学入試研究ジャーナル, No.28, 215-220, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

(なし)

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Integrated Crisis Management Framework for e-Learning Environment using Hybrid-Cloud Platform, Proc. of 2017 International Conference for Media in Education (ICoME2017),, 1-4, Honolulu, Aug. 2017.
2)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment using Hybrid Cloud Computing and Crisis, Proc. of 10th International Conference of Education, Research and Innovation (iCERi2017), 5672-5677, Seville, Nov. 2017.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造, 日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
2)植野 美彦, 澤田 麻衣子 : 大学入学者選抜改革における「徳島方式」の事例, 平成29年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会(第12回)研究会, 2017年5月.
3)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業における学習過程への影響要因についての検討, 大学教育学会第39回大会発表要旨集録, 96-97, 2017年6月.
4)高橋 暁子, 金西 計英, 吉田 博 : 携帯端末用ルーブリック評価ツールを用いた大人数による評価活動の実践, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 305-306, 2017年8月.
5)金西 計英, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 反転授業における学習デザインの影響についての分析, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 167-168, 2017年8月.
6)戸川 聡, 金西 計英 : マルチクラウド活用による教育支援環境のための統合的危機管理の枠組み, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 451-452, 2017年8月.
7)金西 計英, 高橋 暁子 : 初年次教育における振り返り学習へのeポートフォリオ活用の実践, Maharaオープンフォーラム2017講演論文集, 6-9, 2017年9月.
8)澤田 麻衣子, 佐藤 一 : 大学生の空間認識に関する一考察―大学1年生を対象にした調査結果ー, 数学教育学会 2017年度秋季例会予稿集, 122-124, 2017年9月.
9)金西 計英, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 反転授業における対面授業による学びの差違について, 日本教育工学会第33回全国大会発表論文集, 849-850, 2017年9月.
10)関 陽介, 植野 美彦 : 入学者選抜における分散評価システムの設計, 日本教育工学会第33回全国大会講演論文集, 129-130, 2017年9月.
11)上田 勇仁, 吉田 博 : 初年次教育科目の推進に伴う教員のティーチングに関する意識調査, 大学教育学会2017年度課題研究集会要旨集, 61, 2017年12月.
12)吉田 博, 上岡 麻衣子 : ティーチング・ポートフォリオの作成意義と普及に向けて, 平成29年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 22-23, 2018年1月.
13)向井 将馬, 新免 歩, 広瀬 壮太, 本田 剛士, 下村 宗央, 畑中 唯菜, 片山 裕之, 亀岡 由佳, 近藤 薫, 上田 勇仁, 吉田 博 : 学生が企画する「レポートの書き方講座」の意義, 平成29年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 24-25, 2018年1月.
14)上田 勇仁, 吉田 博, 川野 卓二 : SIH道場におけるラーニングスキル取得傾向について, 平成29年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 32-33, 2018年1月.
15)畠 一樹 : キャリア形成支援における学生の成長度測定に関する一考察, 平成29年度 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 66-67, 2018年1月.
16)澤田 麻衣子 : MCTおよびMRTによる中学生の空間認識力関す評価, 数学教育学会2018年度春季年会予稿集, 22-24, 2018年3月.
17)吉田 博, 榊原 暢久 : 理工系分野におけるFDプログラム開発(ver3.0)の成果と課題, 第24回大学教育研究フォーラム発表論文集, 175, 2018年3月.
18)上田 勇仁, 吉田 博, 川野 卓二 : 『教育の内部質保証に関するガイドライン』に基づく 全学初年次教育プログラムの評価体制の検討, 第24回大学教育研究フォーラム発表論文集, 184, 2018年3月.
19)山地 弘起, 丹羽 量久, 金西 計英, 三宮 真智子 : 大学におけるメタ認知の捉えか方, --- 質問紙による測定の可能性と限界 ---, 第24回大学教育研究フォーラム発表論文集, 231, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁, 新原 将義, 上田 勇仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成30年度), 2018年2月.

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1)植野 美彦 : 今後の大学入学者選抜改革を見据えて---徳島大学の事例を踏まえながら---, 徳島県立池田高等学校保護者会(高1・2), 2017年10月.
2)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 新原 将義, 上田 勇仁, 上岡 麻衣子 : 2017年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.15, 77-99, 2018年3月.
3)植野 美彦 : 大学入試改革ってどうなるの?, 徳島大学 大学入試改革・AO入試セミナー ー変わる大学入試とAO入試(医・薬)の紹介を踏まえてー, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

1)植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 : 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.