RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2014.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)尾崎 朋文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼治療における刺鍼点についての解剖学的考察, 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2004年4月.
2)市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
2)Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
3)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Bifurcation analysis of switched dynamical systems with periodically moving borders, IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Regular Papers, Vol.51, No.6, 1184-1193, 2004.
4)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
5)津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博 : 時計遺伝子リズムのニューロンモデルに見られる同調現象の分岐, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J87-D-II, No.7, 1516-1528, 2004年.
6)大下 修弘, 江口 覚, 久米 景子, 湯淺 哲也, 北村 清一郎, 中條 信義 : 全内臓逆位を伴った右胸心患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.3, 381-382, 2004年.
7)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004.
8)Masato Abe, Gen Murakami, Makoto Noguchi, Seiichiro Kitamura, Kazuyuki Shimada and Gen-iku Kohama : Variations in the Tensor Veli Palatini Muscle With Special Reference to Its Origin and Insertion, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.5, 474-484, 2004.
9)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004.
10) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki, Tohru Fukano and Masafumi Konishi : The Effects of Surface Tension on the Flow Pattern and Counter-Current Flow Limitation(CCFL) in Gas-Liquid Two-Phase Flow in an Inclined Pipe, Japanese Journal of Multiphase Flow, Vol.18, No.4, 337-350, 2004.
11)H. Hosokawa, Kikuji Yamashita, J. Ishibashi, N. Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, T. Ishikawa, Seiichiro Kitamura and M. Nagayama : A new animal raiser : Effect of low temperature narrow wavelength far infrared radiation on tumor growth of A431 cells., ITE Letters on Batteries, New Technologists & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
12)Yamashita Kikuji, Hosokawa Hiroyoshi, Ishibashi Jun, Ishikawa nanami, Morimoto Hiroyuki, Ishikawa Tomoyasu, Nagayama Masaru and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Incubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies and Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
13)藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎 : 口腔周辺の解剖構造と義歯床の形態, デンタルダイヤモンド, Vol.30, No.421, 28-38, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse and Coexistence of Duck Solution in a Circuit Driven by an Extremely Small Periodic Force, Proc. International IEEE Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems, 308-311, Evora, Portugal, May 2004.
2)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Analysis of bifurcation in switched dynamical systems with periodically moving borders: application to power converters, IEEE International Symposium on Circuits and Systems 2004, Vancouver, May 2004.
3)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
4)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
5)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase reglates apoptosis through PKR/eIF-2 a family in human osteoblastic cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
6)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosisi through PKR/EIF-2 pathway in human osteoblastic cells., Kyoto,Japan, Aug. 2004.
7)J. Ishibashi, Kikuji Yamashita, R. Yamauchi, H. Hosokawa, Hiroyuki Morimoto and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared ray on cell proliferation and differentiation of ATDC5, C3H10T1/2 and MC3T3-E1, 16 th International Congress of the IFAA., Kyoto,Japan., Aug. 2004.
8)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosis through PKR/EIF-2Éø pathway in human osteoblastic cells., 16 th Internatinal Congress of the IFAA., Kyoto, Japan., Aug. 2004.
9)YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
10)YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
11)Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
12)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
13)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
14)Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
15)Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Experimental Study on the Liquid Film Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper JC.07(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.
16)Yoshikazu Yamazaki, Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Phase Separation of Air Water Two-Phase Mixture Flowing in a Micro Channel, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper GA.57(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)尾崎 朋文, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎 : 肝兪・魂門・三焦兪・膏門穴刺鍼のCT画像における安全性の検討, 第53回全日本鍼灸学会学術大会, 2004年6月.
2)手島 理絵, 河波繁 滋之, 田内 渚乃, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科治療時の偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 四国歯学会第28回例会, 2004年6月.
3)江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, 2004年7月.
4)中川 秀幸, 細谷 岳史, 長坂 邦子, 長坂 壽訓, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : オニオコゼ刺毒からの新規レクチンの精製, 生化学, Vol.76, No.8, 1012, 2004年8月.
5)福原 真一, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣, 土屋 勉, 相馬 啓 : 地下水流の予冷却による土壌凍結促進効果, 日本混相流学会年会講演会2004講演論文集, 41-42, 2004年8月.
6) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Jiro Yamashita : Hydrodynamic Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, 日本混相流学会年会講演会2004講演論文集, 219-220, Aug. 2004.
7)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
8)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学総会, 2004年9月.
9)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白脱リン酸化酵素剤によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2004年9月.
10)仮屋崎 侃, 深野 徹, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内の界面輸送, 日本混相流学会第8回オーガナイズド混相流フォーラム, 2004年10月.
11)吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
12)仮屋崎 侃, 逢坂 昭治, 深野 徹 : 単純せん断流れ場における気泡,液滴の分裂, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 244, 2004年11月.
13)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 長山 勝, 北村 清一郎 : 癌細胞の特性赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回(社)日本口腔外科学会総会大阪国際会議場,2005., 2005年.
14)藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.
15)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
16)河野 直子, 細谷 岳史, 宮田 匡志, 萱野 真弓, 中川 秀幸, 酒井 仁美, 林 弘三, 野崎 真敏, 篠原 光子, 大浦 清, 長坂 壽訓 : オニダルマオコゼの背鰭毒棘レクチンの部分精製, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.97, 278, 2005年3月.
17)山田 浩之, Deendarlianto, 逢坂 昭治, Akira Kariyasaki : 複雑管路系における空気·水対向二相流のフラッディング現象, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会論文集, 193-194, 2005年3月.
18)手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.
19)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定., 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会., 2005年3月.
20)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋起始・停止・走行に関する肉眼解剖学的研究.第1報 口蓋およびその付近における咽頭挙筋の起始と走行, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)小西 雅史, Deendarlianto, 逢坂 昭治 : 傾斜管内気液対向二相流におけるフラッデイング開始点について, 平成16年度第1回研究討論会, 2004年5月.
2)飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : 周期的外力を印加したサーカディアン振動子モデルの分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 33-36, 2004年7月.
3)Hideyuki Nakagawa : Recent Study on Sea Urchin Venoms, Oct. 2004.
4)辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
5)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
6)飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1)杜 祖健, 三好 伸一, 宮田 秀明, 新谷 茂, 中川 秀幸 : 薬物·中毒用語辞典, 株式会社 化学同人, 京都, 2005年7月.
2)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
3)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4)Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells, Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
5)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
6)手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫, --- 空気の波及経路についての解剖学的考察 ---, 解剖学雑誌, Vol.80, No.2, 73-74, 2005年.
7)Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Ishibashi Jun, Ishikawa Nanami, Hiroyuki Morimoto, Ishikawa Tomoyasu, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Iincubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
8)Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 206-207, 2005.
9)Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Investigation of Liquid Film Behavior at the Onset of Flooding during Adiabatic Counter-current Air-water Two-phase Flow in an Inclined Pipe, Nuclear Engineering and Design, Vol.235, No.21, 2281-2294, 2005.
10)Hiroyoshi Hosokawa, Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Seiichiro Kitamura and Masaru Nagayama : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
11)川西 千恵美, 多田 敏子, 松下 恭子, 谷岡 哲也 : 在宅看護における感染予防対策の検討, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, 11-17, 2005年.
12)尾崎 朋文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 榮, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国での安全深度との比較 ---, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
13)北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開口障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年.
14)Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
15)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
16)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
17)松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経絡と類似走行を示す解剖構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
18)松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経路と類似走行を示す解剖学構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
19)尾崎 明文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 栄, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国の安全深度との比較 ---, 日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
20)杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
21)松下 恭子, 谷岡 哲也, 片岡 睦子, 多田 敏子, 川西 千恵美 : 精神科病棟で実施されている看護技術についての実態調査, 日本看護福祉学会誌, Vol.11, No.2, 51-61, 2006年.
22)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
23)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
24)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
2)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.
2)多田 敏子 : プライマリ·ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.14, 32, 2005年.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—6, --- 臼後三角の局所解剖学—下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年.
2)北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
3)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 6」,歯界展望, Vol.101, No.6, 1194-1199, 2006年.
4)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 1 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する①上顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.1, 79-84, 2006年1月.
5)北村 清一郎, 石橋 淳, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 2 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する②下顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.2, 308-313, 2006年2月.
6)北村 清一郎, 角田 佳折, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 3 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①上顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.3, 518-523, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
2)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
3)Akira Kariyasaki, Yoshikazu Yamazaki, Tohru Fukano, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Separation of Air from Two-Phase Air-Water Mixture Flowing in a Mini Channel, ISBN:0-7918-3758-0, Order No.1725CD, Paper ICMM2005-75057, 1-5, Toronto, Jun. 2005.
4)Mitsuru Yokoo, Mitsuhiro Shibazaki, Hiroshi Yoshida, Hiroshi Souma, Akiharu Ousaka, Koji Kusano and KIyoshi Horii : Prediction and Improvement of Artificial Ground Freezing, Procs. of FEDSM 2005, 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting and Exhibition, 1-4, Houston, Jun. 2005.
5)Shinichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Kyoko Osaka and Hiroki Moriguchi : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 445-450, Benidorm, Sep. 2005.
6)Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Fuji Ren, Kazuyuki Matsumoto, Keisuku Ueta, Lei Yu, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Research on development of the Hospital Management Outcomes Analysis System for using in psychiatric hospitals, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 434-438, Benidorm, Sep. 2005.
7)Tetsuya Tanioka, Yoshihiro Kai, Takuya Matsuda, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Yoshio Inoue and Yoichiro Takasaka : 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker, Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005, Sep. 2005.
8)Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
9)Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, International Symposium of Maxillofacial and Oral Regenerative Biology in OKAYAMA 2005, Okayama, Sep. 2005.
10)Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Isao Nagamine : Relationship between a Life Worth Living and Healthy Longevity among Elderly Residents in Rural Japan, The 3rd International Conference on Community Health Nursing Research, 127, Tokyo, Sep. 2005.
11)Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : The Effects of Pipe Length on Counter-current Air-water Two-phase Flow in Inclined Pipes, Procs. of Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2005, Vol.1, 223-228, Toba-shi, Mie, Oct. 2005.
12)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Isao Nagamine and Chiemi Kawanishi : ASSOCIATION BETWEEN QOL AND HEALTHY LONGEVITY IN THE ELDERLY LIVING AT HOME IN MOUNTAINOUS REGIONS, ISOQOL 13th Annual Conference, 43, San Francisco, Oct. 2005.
13)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
14)Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Isao Nagamine, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Rozzano Locsin and Yoichiro Takasaka : Estimating Emotion Changes Using Electroencephalographic Activities and its Clinical Application, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 830-834, Wuhan, Oct. 2005.
15)Hideyuki Nakagawa : Isolation of a novel lectin from the dorsal venom of the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis, Gordon Research Conference on Marine Natural Products, Ventura, California, Feb. 2006.
16)Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
17)Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
18)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
19)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
20)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
21)Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., 沖縄歯科インプラント研究会定期講演会, 2005年4月.
2)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2005年5月.
3) Deendarlianto, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 深野 徹 : Flooding Phenomena in Inclined Pipes, CD-ROM, 第42回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 2005年6月.
4)北村 清一郎 : 総義歯の印象採得と局所解剖学の知識, 第23回顎咬合学会学術大会総会, 2005年6月.
5)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト軟口蓋の筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
6)三好 正希, 藤崎 翔, 芝辻 豪士, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : サイナス・リフトに必要な局所解剖学の知識, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
7)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江, 永峰 勲 : 山間地域の高齢者の介護度の変化と生活状況との関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.52, No.8, 742, 2005年8月.
8)仮屋崎 侃, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内における気泡発生と液膜厚さの観測, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 211-212, 2005年8月.
9)草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 柴崎 光弘, 吉田 宏, 相馬 啓, 堀井 清之 : 地盤凍結工法における凍土予測と伝熱促進, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 357-358, 2005年8月.
10) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Correlation of the Onset of Flooding in Inclined Pipe, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 477-478, Aug. 2005.
11)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
12)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞対する特性遠赤外線の効果ーマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
13)山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 石川 友康, 長山 勝, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線照射MC3T3-E1, 第14回硬組織再生生物学会, 2005年9月.
14)吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
15)多田 敏子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 松下 恭子, 橋本 文子, 太田 暁子, 俵 志江, 川野 公江 : 山間地域で生活する1人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, 第6回 日本QOL学会, Vol.6, No.2, 2005年9月.
16)今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
17)好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
18)藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
19)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞に対する特性遠赤外線の効果, --- マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析 ---, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
20)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Amorin, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAP発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
21)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺でのヒト咽頭挙筋群の停止状況に関する肉眼解剖学的研究, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
22)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
23)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
24)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
25)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
26)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
27)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 日本解剖学会第60回中国・四国支部学術大会, 2005年10月.
28)的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
29)北村 清一郎 : 歯学分野での解剖学教育の現状と問題点., 日本解剖学会第60回中国・四国地方会 シンポジウム「医学・歯学の解剖学教育の現状と将来を考える」, 2005年10月.
30)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
31)北村 清一郎 : 総義歯治療に必要な局所解剖学の知識, 第14回千里有床義歯臨床研究会「全部床義歯を用いた無歯顎治療—形態と機能の視点から—」, 2005年11月.
32)三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
33)山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 遠赤外線総合医療を目指して, 第116回徳島生物学会, 2005年12月.
34)俵 志江, 太田 暁子, 山下 留理子, 多田 敏子, 中川 洋一 : A保健所管内における事業所労働者のメンタルヘルスに関する意識調査, 日本公衆衛生学会誌, Vol.53, No.10, 993, 2006年.
35)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 日本解剖学会第111回全国学術集会, 2006年3月.
36)松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を通して学生が感じた訪問看護のやりがいや魅力, 日本在宅ケア学会学術集会講演集, 110-111, 2006年3月.
37)北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 日本顎咬合学会九州・沖縄(沖縄)支部 認定教育研修会, 2006年3月.
38)高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの断熱特性, 第35回FRPシンポジウム講演論文集, 274-276, 2006年3月.
39)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 軟口蓋から咽頭壁にわたるヒト咽頭挙筋群の起始・走行および停止に関する肉眼解剖学的研究, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.
40)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : 療養時のこころの持ち方について, SSKA全低肺, No.80, 6-7, 2005年4月.
2)上原 祥佳瑞, ディーンダリアント , 逢坂 昭治 : フラッデイング開始点のウェーブレットスカログラムについて, 平成17年度第1回研究討論会, 2005年5月.
3)多田 敏子 : セルフケアが人に及ぼす影響, SSKA全低肺, No.81, 6-8, 2005年6月.
4)Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
5)多田 敏子 : プライマリ・ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, No.1, 32, 2005年12月.
6)多田 敏子 : 絆と生活の質, SSKA全低肺, No.82, 6-8, 2006年1月.
7)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
8)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
9)小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
10)塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1)尾崎 明文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : トリガーポイントと経穴の関係, 医書出版部, 東京, 2006年4月.
2)逢坂 昭治 : 日本機械学会編 改訂気液二相流技術ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年6月.
3)川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.
4)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策,, 医道の日本社, 神奈川, 2007年1月.
5)尾崎 明文, 森 俊豪, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼灸医療安全ガイドライン(尾崎昭弘,坂本 歩/鍼灸安全性委員会 編), --- 重要臓器の傷害事故の防止 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年1月.
6)北村 清一郎 : なるほど 現代歯塾∼健康で快適な生活のために∼, --- 歯がなくてもかめるの?年齢とお口の関係は? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
7)眞野 典子, 眞野 元四郎, 谷岡 哲也, 石神 文子, 富島 喜揮, 西谷 清美, 武田 廣一, 後藤 雅博, 三船 和史, 上別府 圭子, 上野 里絵, 出越 文悟, 宮部 由起代, 多田 敏子, 橋本 文子, 倉知 延章, 山崎 正雄, 上野 修一 : 精神科リハビリテーション, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年2月.
8)北村 清一郎, 角田 佳折 : 咬合・咀嚼が創る健康長寿, --- 義歯は嚥下とどう係るのか ---, 大阪大学出版, 大阪, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Akiharu Ousaka, Deendarlianto, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Prediction of flooing gas velocity in gas-liquid counter-current two-phase flow in inclined pipes, Nuclear Engineering and Design, Vol.236, No.12, 1282-1292, 2006.
2)Masao Takei and Hideyuki Nakagawa : A sea urchin lectin, SUL-1, from the Toxopneustid sea urchin induces DC maturation from human monocytes and drives Th1 polarization in vitro, Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.213, No.1, 27-36, 2006.
3)Ya Lin, Tetsuya Tanioka, Kokichi Tanihira, Fuji Ren, Toshiko Tada, Katsuyo Howard and Haruo Kobayashi : An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration, Kawasaki Journal of Medical Welfare, Vol.12, No.1, 37-44, 2006.
4)Tetsuya Tanioka, Motoshiro Mano, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada and Chiemi Kawanishi : Challenge of Psychiatric Rehabilitation for Patients With Long-Term Hospitalizations Using the Nirje's Normalization Principles As a Valuation Standard: Two Case Studies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 209-217, 2006.
5)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域で生活する一人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.1, 35-39, 2006年.
6)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita and Nitta Atsuko : Clarification of the Functions Required on Walking-support Devices for the Elderly at-Home Whose Care need Levels are Low, The 2nd International Conference for Unversal Design in Kyoto 2006, Vol.CD-ROM, 2006.
7)谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山崎 正雄, 真野 元四郎, 友竹 正人, 上野 修一 : 地域住民の精神障害関連の行事への参加と精神障害者に対する意識調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 91-98, 2007年.
8)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
9)橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 膠原病患者会におけるメンバー間の療養上の自己決定に至る相互作用の意義, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.2, 117-130, 2007年.
10)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Chiemi Kawanishi and Chiemi Onishi : Clarification of Caring Behaviors by the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, International Journal for Human Caring, Vol.11, No.11, 25-29, 2007.
11)谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 多田 敏子, 真野 元四郎, 山崎 正雄, 友竹 正人, 松下 恭子, 上野 修一, 大森 美津子, 大浦 智華 : 住民の精神障害者に対する意識調査:精神障害者との出会いの経験と精神障害者に対するイメージ, 香川大学看護学雑誌, Vol.11, No.1, 65-74, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 寒冷地に居住する軽度要介護高齢者の歩行支援ニーズの実態, 島根大学医学部紀要, Vol.29, 23-30, 2006年.
2)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.10, No.6, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.
2)多田 敏子 : 在宅高齢者の屋内での歩行支援機器に必要な機能, 健康産業交流会シーズ集, Vol.14, 4-5, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 高橋 章, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 4 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①下顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.4, 738-743, 2006年4月.
2)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- -5 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識-より効果的な麻酔を目指して ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
3)北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年5月.
4)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集5, --- 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 -より効果的な麻酔を目指して- ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
5)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!分かる!臨床に役立つ解剖写真集6-臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年6月.
6)北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集-7顎関節の局所解剖, --- 顎関節症を理解するために ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
7)北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集7, --- 顎関節の局所解剖学 -顎関節症を理解するために- ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
8)熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
9)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 8, --- 義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月.
10)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 医道の日本,臨時増刊, No.11, 80-84, 2006年8月.
11)熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
2)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Chiemi Kawanishi, Chiemi Onishi, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Clarification of Caring Behavior By the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, Proceedings of the 28th Conference of the International Association for Human Caring, Vol.10, No.2, 60, Fremantle, May 2006.
3)Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Fuji Ren, Kyoko Osaka, Kazuyuki Matsumoto, Shunji Mitsuyoshi, Rozzano De Castro Locsin and Shu-ichi Ueno : Consideration of Measuring Method for Empathic Understanding as Technological Competency of Nursing, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 68-72, Cork, Ireland, Aug. 2006.
4)Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.
5)Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Sumiko Yamamoto, Sachiko Okamoto, Sachiko Hara, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and Haruo Kobayashi : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 82-86, Cork(Ireland), Aug. 2006.
6)Kyoko Osaka, Kazuyuki Matumoto, Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Shu-ichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin and Fuji Ren : REQUIRED PRECISION TO NATURAL LANGUAGE PROCESSING FOR THERAPEUTIC PATIENT-HEALTH CARE PROVIDER COMMUNICATION, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 118-123, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
7)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
8)Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo composites, Proceedings of 4th International Workshop on Green Composites, 150-152, Tokyo, Sep. 2006.
9)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Yasuko Matsushita, Chiemi Kawanishi and Shu-ichi Ueno : Support for Single Elderly People's Better QOL Living in Mountainous Areas in Japan, 13th Annual conferenc of the International Society For Quality of Life Research, A71, Lisbon, Oct. 2006.
10)Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
11)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Rozzano De Castro Locsin, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Measurement of the "emotional sensitivity" and "emotion at moment" using Power Map Analysis and Emotion Spectrum Analysis Method, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 121-129, Tokushima, Nov. 2006.
12)Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Kikuji Yamashita and Jun Ishibashi : Gross Anatomical Study of the Arrangement of the Human Stylopharyngeus and Palatopharyngeus Muscles around the Epiglottic Vallecula and the Piriform Fossa, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.
13)Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : The action Mechanism of far-infrared ray on human cancer cell lines, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Science in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)尾崎 朋文, 小島 賢久, 小林 章子, 橋本 美紀, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 生体の触診による胸骨裂孔の出現頻度とCT画像所見での検討, 第55回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2006年6月.
2)大坂 京子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 多田 敏子, 任 福継, 小林 春男 : 人の感情変化と脳波活動電位量の変化との関連, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.1, 50-51, 2006年7月.
3)橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 療養上の自己決定における膠原病患者会(セルフヘルプグループ)の相互作用の意義の明確化, 第19回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.12, No.1, 30-31, 2006年7月.
4)北村 清一郎 : 総義歯の印象採得に必要な局所解剖学の知識, 徳友会学術講演, 2006年7月.
5)藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
6)藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
7)多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 谷岡 哲也 : 基礎看護教育におけるコミュニティー・アズ・パートナーモデルを用いた地域踏査演習の意義, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 65, 2006年7月.
8)橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江, 谷岡 哲也 : 地域看護学臨地実習をとおして学生が捉えた保健師像, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 66, 2006年7月.
9)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2006年7月.
10)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2006年8月.
11)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 学術大会, 2006年8月.
12)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 解剖学雑誌, Vol.81, No.3, 98, 2006年9月.
13)山下 菊治, 上野 明道, 石橋 淳, 大下 修弘, 北村 清一郎 : 歯根模様コラーゲン繊維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第15回硬組織再生生物学会, 2006年9月.
14)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
15)多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.2, 2006年9月.
16)高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの熱伝導率, 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, Vol.1, 395-396, 2006年9月.
17)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
18)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
19)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
20)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
21)塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
22)熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
23)水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
24)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
25)北村 清一郎 : 顔と年齢—大人の顔・子どもの顔・老人の顔, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部市民講座, 2006年10月.
26)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
27)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
28)太田 暁子, 俵 志江, 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子 : 女性の自我同一性の発達の研究, --- 看護学生の場合 ---, 日本公衆絵衛生学会総会抄録, No.65, 696, 2006年10月.
29)松下 恭子, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 山下 留理子, 原 祥子, 東山 由実, 山本 澄子, 岡本 佐智子 : ケア提供者からみた軽度要介護高齢者への歩行支援上の課題, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 128, 2006年11月.
30)大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 要支援・軽度要介護高齢者の歩行支援機器の実態調査, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 129, 2006年11月.
31)草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 相馬 啓 : 地盤中の凍土成長における凍結管温度分布・変動の効果, 日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画鳥取講演会講演論文集, 117-118, 2006年11月.
32)北村 清一郎 : 大学におけるセクハラ防止対策と管理体制について, セクハラ防止対策セミナー(財団法人21世紀職業財団 徳島事務所), 2006年11月.
33)加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : PLA-bamboo composites and their thermal conductivity, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 238, 2006年12月.
34)北村 清一郎 : パネルディスカッション, 国家公務員セクシュアル・ハラスメント防止シンポジウムーセクシュアル・ハラスメントのない職場を目指して(人事院四国事務局, 2006年12月.
35)北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 実践インプラント勉強会&症例相談会, 2006年12月.
36)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2007年1月.
37)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会全国学術大会, 2007年3月.
38)松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 在宅看護実習を通して学生が捉えた訪問看護ステーションにおける災害対策について, 第11回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2007年3月.
39)安本 大介, 上原 祥佳瑞, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 水平に近い傾斜管内における気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 251-252, 2007年3月.
40)行成 義貴, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣 : 大地抵抗率を利用した凍土の測定, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2007年3月.
41)北村 清一郎 : セクシュアルハラスメント防止について, 香川県立保健医療大学教職員研修会, 2007年3月.
42)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2007年3月.
43)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
44)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : 春を間近にして, SSKA全低肺, Vol.84, No.1, 3-4, 2006年4月.
2)多田 敏子 : どのように防災対策をしていますか?, SSKA全低肺, Vol.86, No.84, 12-16, 2006年10月.
3)多田 敏子 : 団塊の世代から, SSKA全低肺, Vol.87, No.1, 5-7, 2006年12月.
4)多田 敏子 : 家族支援について, めんたるへるす, Vol.52, No.1, 52-53, 2006年12月.
5)多田 敏子 : 気分転換, SSKA全低肺, Vol.88, No.1, 3-4, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)多田 敏子 : 災害看護支援マニュアル, 1-18, 2007年3月.
2)多田 敏子 : 地域保健施策化促進事業―産業保健と連携したメンタルヘルス対策報告, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1)福富 純一郎, : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
2)尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 医道の日本社, 横須賀市, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.
2)Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
3)Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, 山本 澄子, 岡本 佐智子, 原 祥子, Chiemi Onishi, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and 小林 春雄 : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.10, No.5, 709-717, 2007.
4)Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
5)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shuichi Ueno, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Empathetic Understanding as Caring in Nursing Using Electroencephalographic Data as Evidence, International Journal for Human Caring, Vol.12, No.1, 7-16, 2008.
6)尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 圧痛点と鍼灸臨床, 66-71, 2008年.
7)角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 42-43, 2008年.
8)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の1例について, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 48-49, 2008年.
9)Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.8, No.1, 73-77, 2007年.
2)小林 珠美, 田中 寿恵, 多田 敏子 : 山間地域の高齢者の就業がQOLに影響を及ぼす要因について, Quality of Life Journal, Vol.18, No.2, 33, 2007年.
3)杉原 治美, 多田 敏子 : ITを活用したバーチャル相談室「まちの保健室」, 保健師ジャーナル, Vol.64, No.1, 24-28, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識1顔の皮下組織—``顔の美しさを守るプロ''として知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.110, No.1, 62-69, 2007年7月.
2)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識2—口唇と頬—美しい顔は美しい口元から, 歯階展望, Vol.110, No.2, 266-273, 2007年8月.
3)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
4)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
5)宮本 洋二, 北村 清一郎, 益井 孝文 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
6)多田 敏子, 上野 修一 : 認知症介護とQOL, 臨牀看護, Vol.33, No.12, 1899-1903, 2007年10月.
7)北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識4—舌下部—この恐い部位を克服するために, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
8)北村 清一郎, 山下 菊治, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識5—舌と下顎骨—口腔機能の立役者である舌の機能を理解する, 歯界展望, Vol.110, No.5, 868-875, 2007年11月.
9)北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
10)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識7—口峡とその周辺—発音・嚥下機能を理解するうえで知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.111, No.1, 108-115, 2008年1月.
11)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
12)谷岡 哲也, Locsin C. Rozzano, 多田 敏子, 大森 美津子, 大坂 京子 : 看護実践におけるケアリングとしての技術的能力, 香川大学看護学雑誌, Vol.12, No.1, 1-6, 2008年3月.
13)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Toshiko Tada and Sumiko Yoshinaga : A trial of teaching Orems Nursing Theory to undergraduate students in a gerontological nursing course, Yokohama, May 2007.
2)Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
3)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
4)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
5)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
6)Tetsuya Tanioka, Ai Kawamura, Kazuyuki Matsumoto, Kazushi Mifune, Yoichiro Takasaka, Kyoko Osaka, Shuichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin, Mutsuko Kataoka, Takuya Matsuda, Fuji Ren and Toshiko Tada : Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals, IEEE NLP-KE2007, 502-506, Beijing, Aug. 2007.
7)Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
8)Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
9)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)北村 清一郎 : 義歯は嚥下とどう係わるのか, 学術講演会「咬合・咀嚼が創る健康長寿」, 2007年5月.
2)尾崎 明文, 松下 美穂, 千 思, 森 俊豪, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 肩外兪刺鍼の安全深度の検討1., 第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2007年6月.
3)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 山間地域のひとり暮らし高齢者間のケアリング, 日本看護福祉学会誌, 36, 2007年7月.
4)角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
5)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
6)山下 菊治, 石橋 淳, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 歯周組織再生を目指した遠赤外線作用の解析, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2007年7月.
7)橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 地域看護学臨地実習における住民を対象とした健康教育での学生の学びからみた今後の実習指導課題, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 95, 2007年7月.
8)多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 4年課程統合カリキュラムにおける地域看護学臨地実習での家庭訪問体験の実態と意義, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 180, 2007年7月.
9)石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線がMC3T3—E1細胞に与える影響, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
10)北村 清一郎, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治 : 口腔周辺の筋膜隙の臨床的意義—皮下気腫・縦隔気腫との係わり, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
11)篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
12)重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
13)武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
14)河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
15)西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
16)石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 益井 孝文, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線(FIR)が骨芽細胞様細胞(MC3T3—E1)と骨細胞に与える影響, 第16回硬組織再生生物学会, 2007年9月.
17)北村 清一郎 : 徳島大学における人権擁護体制について, 大阪府専修学校各種学校連合会人権教育推進協議会主催.第5回人権教育研修会, 2007年9月.
18)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
19)桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, 2007年9月.
20)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, トクヤマデンタル倶楽部主催セミナー「90歳高齢時代の総義歯製作方法はどうあるべきか」, 2007年10月.
21)北村 清一郎 : 大学における人権問題, 平成19年度中国・四国地区国立大学法人係長研修, 2007年10月.
22)北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., IPOI臨床研究会中四国支部学術集会, 2007年10月.
23)重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
24)山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2007年11月.
25)北村 清一郎 : 大学における人権問題とその防止, 森ノ宮医療大学教職員研修会, 2007年12月.
26)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
27)森川 香穂, 津田 真弓, 多田 敏子 : 山間部で生活する高齢者の認知機能とADLの関連について, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 47-48, 2008年2月.
28)岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
29)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
30)中村 友美, 多田 敏子 : 2型糖尿病患者の食事療法について 男性高齢患者のコンプライアンス行動に対する家族の影響, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 35-36, 2008年2月.
31)山下 菊治, 上野 道明, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : チタン上に形成される歯根膜様コラーゲン線維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第21回歯科チタン学会学術講演会, 2008年2月.
32)白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
33)松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を体験した学生からみた訪問看護ステーションの災害対策推進を妨げる要因, 第12回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2008年3月.
34)山下 菊治, 石川 達夫, 上野 道明, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 遠赤外線空間が皮膚及び癌に与える影響, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
35)角田 佳折, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋の構成–その形態的・機能的意義についての考察, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
36)北村 清一郎 : シンポジウム「医学・歯学・コメディカル領域の解剖学教育:現状と展望」第113回日本解剖学会・全国学術集会., 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : QOLについてー日野原重明先生の講演から, SSKA全低肺, Vol.90, No.1, 3-4, 2007年10月.
2)多田 敏子 : 人間万事塞翁が馬と生活の質, SSKA全低肺, Vol.92, No.1, 4-6, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2008年5月.
2)川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Tatsuo Ishikawa, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein(HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
2)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 遠赤外線を用いた歯周組織再生に関する基礎研究ーMC3T3-E1細胞の動態及び骨形成に及ぼす遠赤外線の解析—, 歯産学誌, Vol.22, No.1, 15-25, 2008年.
3)Keiko Miyoshi, Hideya Nagata, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Ivan Wahyudi Arie, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : BMP2-induced gene profiling in dental epithelial cell line., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 216-226, 2008.
4)Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Adenylate kinase isozyme 2 is essential for growth and development of Drosophila melanogaster., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.153, No.1, 29-38, 2009.
5)Nobuyoshi Fukagai, Masayuki Ito and Kimiaki Narukawa : Quasilinear elliptic equations with slowly growing principal part and critical Orlicz-Sobolev nonlinear term, Proceedings of the Royal Society of Edinburgh Section A Mathematics, Vol.139, 73-106, 2009.
6)北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 臨床解剖研究会記録, No.9, 50-51, 2009年.
7)中野 沙織, 藤沢 有未絵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 大学生のメタボリックシンドロームへの認識と生活習慣に関する実態調査, 四国公衆衛生学会誌, Vol.54, No.1, 129-133, 2009年.
8)廣原 紀恵, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 郷木 義子 : フィリピンの看護教育及び病院視察報告, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 58-65, 2009年.
9)井上 菜津子, 木村 佳乃実, 中馬 歩美, 多田 敏子 : 車椅子利用下における路面のバリアと移動時の声かけの影響に関する調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 43-51, 2009年.
10)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 多田 敏子, 吉永 純子 : 高齢者看護学におけるオレム看護理論を基盤にした看護過程演習の学習効果と課題, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1, 52-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)吉岡 昌美, 松本 尚子, 星野 由美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 横山 正明, 市川 哲雄, 河野 文昭, 野間 隆文 : キャリア形成支援教育プログラムの開発と教育効果の評価-「チーム医療体験学習」の実践的研究を通して-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 24-43, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識10—前頸部の皮下組織と顎下部—顎下部の腫れを理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.4, 690-697, 2008年4月.
2)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11, --- 頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために ---, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
3)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11-頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
4)北村 清一郎, 角田 佳折, 山下 菊治 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識12-頸部の内蔵—嚥下を理解するために, 歯界展望, 1066-1073, 2008年6月.
5)多田 敏子 : 療養生活とQOL(生活の質), 全低肺, Vol.94, 3-10, 2008年9月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Kaori Abe and Seiichiro Kitamura : Possibility of Drug Delivery System(DDS)with ability of collagen fiber, International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical,Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes''(ISNT2008), Hokkaodo, Jun. 2008.
2)Ishikawa Tatsuo, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Abe Kaori and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared radiation(FIR) on osteoblast-like cells MC3T3-E1 and bone formation in mice, The International Symposium on ``OralSciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Sep. 2008.
3)Sumiko Ymamamoto, Toshiko Tada and Yasuo Ono : Survey of the subjective sence of nursing burden: When the nurse take care of people who need nursing at home, 6th International symposium on TCM and 10th international symposium on acupuncture & moxibustion, 115, Tianjin.China, Nov. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)多田 敏子 : バーチャル相談室の開設から4年間の利用状況について, --- その2 家庭訪問活動について ---, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.9, No.1, 232, 2008年6月.
2)黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性職員の食生活習慣実態調査, 第11回日本地域看護学会学術集会抄録集, 2008年7月.
3)Masami Yoshioka, Naoko Matsumoto, Yumi Hoshimo, Daisuke Hinode, Hiroki Iga, Masaaki Yokoyama, Tetsuo Ichikawa, Fumiaki Kawano and Takafumi Noma : -, 第27回日本歯学医学教育学会 総会及び学術大会, Jul. 2008.
4)北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 第12回臨床解剖研究会, 2008年7月.
5)山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : 硬組織をターゲットにしたドラッグデリバリーシステム(DDS)の可能性, 17回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2008年8月.
6)石川 達夫, 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 上野 明道, 北村 清一郎 : 遠赤外特性線照射環境下での骨芽細胞様細胞及びmurineの骨組織の変化, 第17回硬組織再生生物学学術大会・総会, 2008年8月.
7)角田 佳折, 阿部 佳織, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きに関わる因子の解剖学的考察, 第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2008年9月.
8)多田 敏子, 板野 綾香 : 一事例から見た在宅療養高齢者の療養場所に関する自己決定の内容, 第13回日本老年看護学会学術集会抄録, 2008年9月.
9)岡久 玲子, 森脇 智秋, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第2報)―市町村での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
10)森脇 智秋, 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第1報)―保健所での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
11)多田 美由貴, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域高齢者の外出に関連する生活実態調査, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月.
12)川村 亜以, 多田 敏子, 谷岡 哲也 : 精神障害者の退院促進支援事業に関わる保健所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 549, 2008年10月.
13)多田 敏子 : 青年女子のケアリング体験の中に含まれる頻度の高い言葉, 第28回日本看護科学学会, 360, 2008年11月.
14)多田 敏子, 板野 綾佳 : 一事例からみた在宅療養高齢者の療養場所に関する, 日本老年看護学会第13回学術集会, 173, 2008年11月.
15)山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2008年11月.
16)山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : コラーゲンを用いたドラッグデリバリーシステムの可能性, 日本バイオマテリアル学会, 2008年11月.
17)黒川 奈美, 多田 敏子, 藤井 智惠子 : 一事業所の労働者のセルフエフィカシと生活習慣の関連, 第52回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 16, 2008年11月.
18)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学を履修した看護学生の職場巡視の視点, 第18回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会講演集, 176, 2008年11月.
19)多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれ, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2008年11月.
20)多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれる共通する言葉, 第28回看護科学学会学術集会抄録集, 2008年12月.
21)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 : がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
22)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 : コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出, 平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
23)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 森脇 智秋, 岡久 玲子, 新見 房子 : ターミナル期の在宅療養者への訪問を通して学生が学んだ内容の分析, 第13回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 140, 2009年3月.
24)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 北村 清一郎 : コラーゲンはドラッグデリバリーシステム(DDS)の単体として有効か?,, 第114 回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
2)多田 敏子 : 療養生活とQOL, 全低肺徳島支部会報, No.94, 3-10, 2008年9月.
3)多田 敏子 : 日々是好日(ひびこれこうじつ), 全低肺徳島支部会報, Vol.95, 7-9, 2008年12月.
4)多田 敏子 : 日々是好日, SSKA全低肺, No.95, 7-9, 2008年12月.
5)多田 敏子 : 療養生活とQOL, はまなす, No.89, 4-7, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)多田 敏子 : 平成20年度「地域保健推進事業」保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-76, 千葉県, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第4版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2009年5月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Keiko Miyoshi, Yuki Akazawa, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Localization of adenylate kinase 4 in mouse tissues., Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.42, No.2, 55-64, 2009.
2)Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : An amperometric D-amino acid biosensor prepared with a thermostable D-Proline dehydrogenase and a carbon nanotube-ionic liquid gel, Analytical Sciences, Vol.25, No.7, 919-923, 2009.
3)平井 松午 : 城下町のGIS分析, 情報処理学会研究報告 2009-CH-83(人文科学とコンピュータ), No.83, 143-158, 2009年.
4)Tomoki Yabutani, Hitoshi Yamaoka, Akinori Fukuda, Hitoshi Nakamura, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : A Preconcentration Method for Collecting Trace Elements in Riverwater by means of Ultrafiltration of Colloidal Magnesium Hydroxide Derived from Magnesium Contained in the Sample, Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan, Vol.63, No.4, 247-252, 2009.
5)杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
6)Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
7)安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
8)Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 102-106, 2009.
9)Le Thi Xuan Thuy, Hiroshi Dehara, Zhang Juan, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 107-113, 2009.
10)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料に基づく徳島県における高糖尿病死亡率の原因についての考察, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5 6, 163-172, 2009年.
11)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 地域看護学実習に臨む看護系大学生の学習目標の分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 45-51, 2010年.
12)山本 澄子, 多田 敏子, 山田 静子, 小野 泰生, 池井 淳子 : 事例から見た介護者の介護負担感, 新潟大学医学部保健学科紀要, Vol.9, No.3, 9-13, 2010年.
13)Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Ryoji Yamanouchi, Le Thi Xuan Thuy, Kei-ichiro Murai, Junko Motonaka, Mitsuharu Ogaki, Madelene Anette Dancila, Rodica Stanescu and Marinera Plesca : Multielemental characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima by inductively coupled plasma mass spectrometry and inductively coupled plasma atomic emission spectrometry, Analytical Sciences, Vol.26, No.3, 395-400, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)平井 松午 : 古地図高精細画像データの活用とGIS分析, 情報の科学と技術, Vol.59, No.11, 551-556, 2009年.
2)多田 敏子, 後閑 容子, 鈴木 るり子, 荒賀 直子 : 保健師教育拡充に向けた教育体制に関する調査, 月刊地域保健, Vol.41, No.1, 58-66, 2010年.
3)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 135-140, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1)平井 松午 : 「古地図・絵図所在情報データベース」への期待, 東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信, No.46, 10-12, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)多田 敏子, 鈴木 るり子 : 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(5)保健師教育の教育体制, 日本公衆衛生学会誌, Vol.57, No.1, 55-57, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Le Thi Xuan Thuy, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
2)Tomoki Yabutani, Honami Kurokawa, Yuka Hayashi, Hiromichi Higuchi, Yuki Iwata, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Development of a Compact System for Determination of Lead using a Liquid Core Waveguide and a Blue Diode, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
3)Shogo Hirai : Historical GIS of Sumoto Castle Town in the 17-19th Century, Awaji Province, Japan: Landuse and Structure, 14th International Conference of Historical Geographers, Kyoto, Aug. 2009.
4)Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Sep. 2009.
5)Takafumi Noma, Taro Muto, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Hiroko Hagita, Wahyudi Arie Ivan and Utami Wahyu Trianna : From a study of tooth morphology and development to a perspective for the future regeneration therapy, ガジャマダ大学 創立62年 記念講演会, Feb. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)薮谷 智規, 林 由夏, 火口 博道, 岩田 裕樹, 林 由佳子, 本仲 純子 : 発光ダイオード/長光路セル/小型分光器を利用する鉛の高感度簡易分析法の開発, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
2)多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍, 吉田 留美子, 村嶋 幸代 : 保健師教育における指定規則改変後の臨地実習の取組調査, 日本地域看護学会 第12回学術集会 講演集, 155, 2009年6月.
3)平井 松午 : 城下町のGIS分析, 人文地理学会第115回歴史地理研究部会(情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会共催)シンポジウム「Historical GISの地平」, 2009年7月.
4)橋本 智弘, 林 由佳子, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子 : 炭素粒子表面へのアミドキシム基の導入, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
5)中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素/電子メディエータ同時固定化電極を用いる分岐鎖アミノ酸フロー系センシングシステムの開発, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
6)Wahyudi Arie Ivan, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 expression in dental epithelial cells, 第51回 歯科基礎医学会, Sep. 2009.
7)的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.
8)出原 宏司, Le Thi Xuan Thuy, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : 固体環境試料中超微量白金族元素の定量に向けた鉄還元析出/磁場回収による前処理法の開発, 58, Vol.1, No.1, 16, 2009年9月.
9)火口 博道, 同前 裕生勇, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出を利用した水圏中Cu(I/II)のスペシエーション, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 5, 2009年9月.
10)山田 洋平, 和田 知賀博, 遠藤 剛, 渡邊 敏夫, 谷 祐児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 酒瀬川 信一 : トリスオスミウム錯体/グルコースオキシターゼおよびビリルビンオキシターゼ/カーボンナノチューブゲル固定化電極の作製とそのバイオ電池への適用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 77, 2009年9月.
11)飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, Geoffrey Waterhouse, James Metson : アガロース中での二元素系金属ナノ粒子の合成とその応用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 242, 2009年9月.
12)多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由起子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍 : 保健師教育における臨地実習の改善対策に関する調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2009年10月.
13)大友 英里, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 高齢者における保健医療福祉制度の情報源に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 491, 2009年10月.
14)川村 亜以, 多田 敏子 : 精神障がい者退院促進支援事業実施状況別にみた保健師所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 530, 2009年10月.
15)黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性労働者の保健指導後の食事・運動習慣の維持・改善に関する要因, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 407, 2009年10月.
16)横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
17)吉岡 昌美, 松本 尚子, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 野間 隆文 : 「チーム医療体験学習」における栄養学専攻大学院生との交流を通じたキャリア形成支援, 第28回日本歯科学医学教育学会, 2009年11月.
18)中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素を利用したアンペロメトリック分岐鎖アミノ酸フロー測定システムの開発, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 149, 2009年11月.
19)橋本 智弘, 薮谷 智規, 林 由佳子, 安澤 幹人, 本仲 純子 : アミドキシム基修飾黒鉛粒子の合成とその分析化学的応用, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 152, 2009年11月.
20)渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : BOD活性Bacillus subtilis CotA 固定化電極の作成とそのバイオ電池カソードへの適用, 第55回 ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 189, 2009年11月.
21)谷 祐児, 糸山 由希子, 西 兼一, 山田 洋平, 和田 知賀博, 庄田 佳生, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化カーボンナノチューブ-アガロース複合膜修飾電極の作製, 第55回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 211, 2009年11月.
22)佐藤 征弥, 和田 洋佳, 葭森 健介, 平井 松午 : 江戸時代の絵図からわかる眉山, 徳島生物学会第123回総会, 2009年11月.
23)松井 通子, 多田 敏子, 有馬 富子, 今井 睦子, 吉田 留美子, 大場 エミ, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子 : 地域看護学実習において自治体保健師の認識する指導上の課題及び工夫, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 202-203, 2009年12月.
24)榊原 陽子, 松本 正子, 多田 美由貴, 多田 敏子 : 20∼30歳代の女性の子宮がん検診に対する意識調査ー若い女性の子宮がん検診受診率向上策の検討ー, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 288-289, 2009年12月.
25)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 28-29, 2010年1月.
26)Wahyudi Arie IVAN, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 Expression in Dental Epthelial Cells, ミニリトリート若手研究報告会 「ストレスと栄養クラスター」, Feb. 2010.
27)古田 昇, 平井 松午 : 吉野川流域における水害防備竹林の地形環境, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.
28)平井 松午, 古田 昇 : 吉野川流域における竹林景観の変化-美馬市舞中島の事例-, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : インフルエンザ対策について, SSKA全低肺, Vol.97, No.1, 3-5, 2009年7月.
2)多田 敏子 : 再度新型インフルエンザについて, SSKA全低肺, Vol.98, No.1, 3-5, 2009年7月.
3)多田 敏子 : 健康と言い伝え, SSKA全低肺, Vol.99, No.1, 5-7, 2009年7月.
4)平井 松午 : 礒永和貴報告と尾崎久美子報告によせて, 歴史地理学, Vol.52, No.1, 53-55, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)平井 松午 : 吉野川中流域・舞中島における洪水の歴史と生活-GISを用いた地域分析-, 2010年2月.
2)森岡 幸子, 松井 通子, 鎌田 久美子, 佐藤 美佐子, 岡島 さおり, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 野口 久美子, 多田 敏子, 佐伯 和子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-93, 大阪府, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Hiroyuki Doi, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Size-controlled synthesis, surface functionalization, and biological applications of thiol-organosilica particles., Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.79, No.1, 19-26, 2010.
2)Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Rapid Size Evaluation of Nanoparticles Using Flow Cytometry, Advanced Science Letters, Vol.3, No.2, 130-137, 2010.
3)Midori Yoshida, Kazuya Kondo and Toshiko Tada : The relation between the cancer screening rate and the cancer mortality rate in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 251-259, 2010.
4)田村 幸子, 多田 敏子 : 日本におけるうつ病患者の職場復帰に関連する文献検討, 地域保健, Vol.41, No.11, 72-77, 2010年.
5)横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.6, No.1, 54-57, 2010年.
6)Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : One-pot synthesis and characterization of dual fluorescent thiol-organosilica nanoparticles as non-photoblinking quantum dots and their applications for biological imaging, Journal of Materials Chemistry, Vol.21, 4689-4695, 2011.
7)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : In Situ Synthesis and Photoresponsive Rupture of Organosilica Nanocapsules, Chemical Communications, Vol.47, No.5, 1518-1520, 2011.
8)山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 山下 和秀, 佐田 知沙, 今井 昭二, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄シリカ触媒のXAFS法による構造解析, X線分析の進歩, Vol.42, 237-248, 2011年.
9)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 15-24, 2011年.
10)山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について ∼特別支援コーディネータの立場から∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.8, 113-121, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)森 名月, 山本 真由美 : 大学生の児童虐待に対する認識と親の養育態度との関連, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 47-57, 2010年.
2)山本 真由美, 津島 知彦 : 学習支援ボランティアの派遣校に対する評価, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 87-103, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 学生も実践者も育つ「保健師教育」カリキュラム:私の提案 国立大学で実施することの可能性, 保健の科学, Vol.51, No.10, 697-700, 2010年10月.
2)多田 敏子 : 禁煙科学学会が徳島でありました, SSKA全低肺徳島支部会報, No.103, 8-10, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multimodal Imaging Nanoparticles using Organosilica Particles Technology, 2010 World Molecular Imaging Congress, Kyoto, Sep. 2010.
2)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : In-Situ Template-Free Synthesis of Organosilica Nanocapsules, 3rd International Congress on Ceramics, Osaka, Nov. 2010.
3)Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multifunctionalized Hybrid Nanoparticles using Organosilica Particles Technology, 3rd International Congress on Ceramics, Osaka, Nov. 2010.
4)Kumio Yokoigawa, Makiko Tsuji and Nirou Takemasa : Attachment of Escherichia coli O157 to abiotic surfaces, PacifiChem2010, Honolulu, Dec. 2010.
5)Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Elements of the strength of Japanese male medical researchers in the process of forming their own health behavior, Helsinki, Mar. 2011.
6)Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Warm caring and welcoming pilgrims in Shikoku region of Japan, Helsink, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)逵 牧子, 寺本 忠司, 横井川 久己男 : ペトリフイルムACプレートを用いる乳酸菌数測定の評価, 日本家政学会第62回大会講演要旨集, Vol.62, 13, 2010年5月.
2)中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術による新規なマルチモーダルイメージングナノ粒子の作製, 日本分子イメージング学会 第5回 学会総会・学術集会, 2010年5月.
3)山本 真由美 : 学習障害,ASDへの個別支援, 神戸市教育委員会, 2010年5月.
4)山本 真由美 : 子どものコミュニケーション能力の向上をめざして, 人権・同和教育連絡協議会, No.55, 2010年6月.
5)小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 脈絡叢におけるD-アミノ酸酸化酵素発現の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月.
6)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生がケアリングと認識した体験の内容, 第22回日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 60, 2010年6月.
7)山本 真由美 : 乳児期からの人間関係が将来的にどう影響するか, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年6月.
8)中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術による多機能ナノ粒子の作製とマルチモーダルDDI, 第26回日本DDS学会, 2010年6月.
9)山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立阿波農業高等学校, 2010年6月.
10)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, 日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 47, 2010年7月.
11)山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立勝浦高等学校, 2010年7月.
12)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 地域看護学履修前に看護大学生が認識している保健師の役割, 日本地域看護学会第13回学術集会講演集, 152, 2010年7月.
13)山本 真由美 : LD等の事例研修と通常学級における特別支援教育, 神戸市教育委員会, 2010年8月.
14)横井川 久己男, 麻野 亜耶佳, 石本 麻衣子, 武政 二郎, 逵 牧子 : 大腸菌O157の調理器具に対する付着性の抑制, 日本農芸化学会中四国支部大会講演要旨集, 48, 2010年9月.
15)山本 真由美 : 支援を必要とする子どもへの理解を深めるために, 保育士・家庭支援推進保育士研修会, 2010年9月.
16)山本 真由美 : 児童精神発達について, はぐくみ支援アカデミー, 2010年9月.
17)山本 真由美 : 児童館職員研修会, 徳島県児童館連絡協議会, 2010年10月.
18)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 学内演習「健康教育」における看護大学4年生の学びの特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2010年10月.
19)山本 真由美 : 地域が子どもを育てるために, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年10月.
20)岡島 さおり, 松井 道子, 佐藤 美佐子, 佐伯 和子, 岡本 里美, 多田 敏子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第2報) 理想的実習モデル, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 490, 2010年10月.
21)松本 珠実, 横山 美江, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第2報) 実習施設インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
22)岡本 里美, 藤山 明美, 横山 美江, 松本 珠実, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第1報) 4単位実習モデル, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
23)野口 久美子, 藤山 明美, 藤丸 知子, 横山 美江, 鎌田 久美子, 松本 珠実, 多田 敏子, 岡島 さおり, 岡本 里美, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第1報) 教育機関インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
24)多田 美由貴, 多田 敏子 : 統合ケアを利用する高齢者の子どもとのサポート授受 生きがいとの関連からみた特徴, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 365, 2010年10月.
25)大友 英里, 多田 敏子 : 過疎地域の30∼50歳代の住民のがん検診に関する情報利用の実態, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 278, 2010年10月.
26)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 自然科学系研究者の持つ生活改善過程における力の分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 258, 2010年10月.
27)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみたがん検診受診率と死亡率の性差および地域差の検討, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 252, 2010年10月.
28)三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 1L-15, 2010年11月.
29)桑原 典子, 川畑 未由貴, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 医療系学生における受動喫煙に関する意識調査, 2010年11月.
30)山本 真由美 : 徳島県幼稚園・小学校・中学校PTA家庭教育研修会, 徳島県立総合教育センター, 2010年11月.
31)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者の理解困難な感情への対応, 子ども虐待防止ワークショップ, 2010年12月.
32)三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 宮崎 泰彰, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる簡便な代替Grignard 試薬の創製とその発展に関する検討, 第60回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, B14, 2010年12月.
33)山本 真由美 : 保育の場を地域に活かすには, 事業所内保育施設等保育従事者研修会, 2010年12月.
34)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 片岡 三佳, 千葉 進一 : 看護大学生の地域看護学実習における健康教育からの学びの一例, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 196-197, 2010年12月.
35)岡久 玲子, 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 千葉 進一 : 看護大学生における体験型演習による保健指導技法の学びの分析, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 198-199, 2010年12月.
36)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通しての学生の学びと訪問看護への関心の検討, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 280-281, 2010年12月.
37)浮田 健太郎, 新井 公誉, 横井川 久己男 : 酵母の発酵力に対するD-システインの影響, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会要旨集, 34, 2011年1月.
38)二宮 恒夫, 山本 真由美, 佐藤 健二, 原 幸一, 境 泉洋, 内海 千種, 福森 崇貴 : 学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
39)山本 真由美 : 学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制への課題 ∼テキストマイニング分析を通して∼, 大学教育カンファレンス in 徳島, 36-37, 2011年1月.
40)山本 真由美 : 青年期の自己中心性について ∼AES尺度日本語版とTSTを用いて∼, 日本発達心理学会第22回大会, 571, 2011年2月.
41)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 佐田 政隆 : 高血圧予防をテーマにした市民公開講座参加者の保健行動について, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
42)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者のアセスメントと子育て支援, 子ども虐待防止ワークショップ, 2011年2月.
43)林 幸壱朗, 坂本 渉, 余語 利信, 中村 教泰, 石村 和敬 : 光線力学療法のためのウニ状酸化チタンナノ構造体の合成, 日本セラミックス協会 2011年年会, 2011年3月.
44)中村 教泰, 林 幸壱朗, 石村 和敬 : Histological analysis and multimodal imaging using multifunctionalized organosilica nanoparticles, 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会, 2011年3月.
45)宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-Ⅲの関連-結果の乖離要因を探る-, 日本発達心理学会第22回大会, 561, 2011年3月.
46)宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-IIIの関連―結果の乖離要因を探る―, 日本発達心理学会第22回大会, 2011年3月.
47)兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月.
48)田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月.
49)宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月.
50)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通して学生が考えた老老介護, 第15回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 111, 2011年3月.
51)小野 公嗣, 小林 杏奈, 石村 和敬 : ラット海馬におけるアロマターゼおよびエストロゲン受容体αの免疫組織学的解析, 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : お遍路さんについて, SSKA全低肺, No.100, 3-4, 2010年4月.
2)多田 敏子 : 紫陽花の花のように, SSKA全低肺, No.100, 4-6, 2010年7月.
3)多田 敏子 : 熱中症について, SSKA全低肺, No.102, 3-5, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)鎌田 久美子, 岡島 さおり, 岡村 冨美子, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 大場 エミ, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 1-80, 福岡, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

1)松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
2)松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
3)松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.
4)松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.
5)杉本 史子, 礒永 和貴, 小野寺 淳, ロナルド トビ, 中野 等, 平井 松午 : 絵図学入門, 東京大学出版会, 東京, 2011年7月.
6)山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について, --- 学習支援ボランティア学生の立場から ---, 徳島市, 2012年3月.
7)HGIS研究協議会編, 平井 松午 : 歴史GISの地平-景観・環境・地域構造の復原に向けて-, --- 第8章「洲本城下絵図のGIS分析」 ---, 勉誠出版, 東京, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts., International Immunopharmacology, Vol.11, No.6, 670-674, 2011.
2)Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda, Masahiro Hiasa, Toshiyuki Suge, Seitaro Saku, Kenichi Hamada, Takashi Matsuo, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Reinforcement of bond strength of self-etching orthodontic adhesive., The Angle Orthodontist, Vol.82, No.1, 30-35, 2011.
3)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Wataru Sakamoto, Toshinobu Yogo, Toshinari Kori and Kazunori Ishimura : Formation of TiO2 Nanostructures by Enzyme-Mediated Self-Assembly for the Destruction of Macrophages, Chemistry of Materials, Vol.23, No.14, 3341-3347, 2011.
4)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Yoji Makita, Rise Fujiwara, Toshinari Kori and Kazunori Ishimura : Synthesis and Photocatalytic Activity of Sea Urchin-Shaped Rutile TiO2 Nanocrystals, Materials Letters, Vol.65, No.19-20, 3037-3040, 2011.
5)Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Roles of dental pulp fibroblasts in the recognition of bacterium-related factors and subsequent development of pulpitis, Japanese Dental Science Review, Vol.47, No.2, 161-166, 2011.
6)坂東 直樹, 富永 敏彦, 湯本 浩通, 住友 孝史, 平尾 早希, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射の歯内療法への応用ーEMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment)ー, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.32, No.3, 184-200, 2011年.
7)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Interleukin (IL)-17A synergistically enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.1, 26-30, 2012.
8)Shibata Shingo, Toshiyuki Suge, Tomoko Kimura, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Antibacterial activity of ammonium hexafluorosilicate solution with antimicrobial agents for the prevention of dentin caries, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.1, 31-34, 2012.
9)Tsuyoshi Fujita, Hiromichi Yumoto, Hideki Shiba, Kazuhisa Ouhara, Tsuyoshi Miyagawa, Takayoshi Nagahara, Shinji Matsuda, Hiroyuki Kawaguchi, Takashi Matsuo, Shinya Murakami and Hidemi Kurihara : Irsogladine maleate regulates epithelial barrier function in TNF--stimulated human gingival epithelial cells, Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.1, 55-61, 2012.
10)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Silica-Porphyrin Hybrid Nanotubes for in vivo Cell Tracking by Near-Infrared Fluorescence Imaging, Chemical Communications, Vol.48, No.32, 3830-3832, 2012.
11)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」とそれに基づく初年次キャリア教育の実践, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 141-151, 2012年.
12)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis increases CC chemokine ligand 20 production in interleukin 1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.5, 470-473, 2012.
13)Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Histochemical and biochemical analysis of the size-dependent nanoimmunoresponse in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles., International Journal of Nanomedicine, Vol.7, 1423-1439, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Koji Ono, Kobahashi Anna and Kazunori Ishimura : Immunohistochemical analysis of aromatase and estrogen receptor in rat hippocampus, The Journal of Physiological Sciences, Vol.61, 2011.
2)弘田 克彦, 湯本 浩通, 星野 由美, 村上 圭史, 宮本 幸治, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : 水溶性MPCポリマーの口腔細菌付着抑制効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.24, 47-49, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)Norikazu Miyoshi, Asaoka Masashi, Miyazaki Yasuaki, Tajima Takahiro, Makoto Kikuchi and Makoto Wada : The Convenient and Useful Esterification of Bulky Tertiary Alcohols Using Strontium Compounds, Chemistry Letters, Vol.2012, No.41, 35-36, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Yoichiro Miyake, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, N Yamamoto, K Miyamoto and Takashi Matsuo : Inhibition of the adherence of oral bacterial by MPC-polymer, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
2)Takashi Sumitomo, Toshihiko Sumitomo, Naoki Bando, Saki Hirao, Shinya Kako, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : A Case Report; Electro-Magnetic Apical Treatment, The 9th KAE-JEA Joint Meeting, Jul. 2011.
3)Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Nur Asikin, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Liu Dali, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene Expression Profiling of Human Monocytic THP-1 Cells Stimulated With Extracellular Streptococcus intermedius Histone-Like DNA Binding Protein, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sep. 2011.
4)Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Silica/Porphyrin Hybrid Nanotubes for Macrophage Tracking by Fluorescence Imaging, International Symposium on EcoTopia Science 2011, Nagoya, Dec. 2011.
5)Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multifunctionalized Nanoparticles for Multimodal DDI using Organosilica Particles Technology, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.
6)Takafumi Kanadani, Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi, Aziz Award, Motoko Higashiguchi, Hiroshi Nakaoka and Kazunori Ishimura : Quantitative Single Cell Analysis of Macrophages using Fluorescent Organosilica Nanoparticles Surface-modified with Polyethylene Glycol, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.
7)Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Imaging of size dependent uptake and identification of novel pathway in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)井ノ崎 敦子 : 対人関係で悩む広汎性発達障害のある学生への支援―恋愛における支援のあり方についての検討―, 日本学生相談学会第29回大会発表論文集, 102, 2011年5月.
2)進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
3)中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術を用いたnon-photoblinking量子ドットの作製と ユニバーサル多重蛍光イメージング, 第6回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2011年5月.
4)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : TLR3 ligandがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
5)湯本 浩通, 富永 敏彦, 柴田 眞吾, 武川 大輔, 高橋 加奈子, 木村 智子, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射を歯内療法に応用した症例, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
6)武川 大輔, 中西 正, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : ヒト培養歯髄細胞の自然免疫応答に対するインターフェロンγの影響, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
7)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TheaflavinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年6月.
8)平井 松午, 鳴海 邦匡, 塚本 章宏 : 鳥取城下町の歴史GIS分析-鳥取御城下全図・市街実測図をもとに-, 人文地理学会・第273回例会(特別例会)(とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)), 2011年6月.
9)平井 松午 : 棚田の景観を歴史地理的に考える-近世実測図とGISを活用した文化的景観調査-, 2011年度棚田学会シンポジウム(東京・三越劇場), 2011年8月.
10)林 幸壱朗, 中村 教泰, 石村 和敬 : 酸化鉄粒子の形状制御によるマクロファージ貪食回避, 第24回日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2011年9月.
11)井ノ崎 敦子 : 高校生対象のデートDV予防教育プログラムに関する一研究(2)―性暴力予防に焦点を当てた予防教育プログラムの開発とその効果の検討―, 日本心理学会第75回大会論文集, 1285, 2011年9月.
12)平井 松午 : 徳島藩作成による実測分間絵図のGIS分析, 2011年度 日本地理学会秋季学術大会シンポジウム11 近世期の測量絵図と歴史GIS」(大分大学), 2011年9月.
13)湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射による骨芽細胞のGrowth Factorの発現・産生誘導, 第135回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2011年10月.
14)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 松尾 敬志 : TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年10月.
15)兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Barbier型反応で進行するSrを用いたエステルへの嵩高いアルキル基の付加反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-02, 2011年11月.
16)菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒下で行う固体ブレンステッド酸を用いたRitter反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
17)菊池 淳, 岡田 咲紀, 三好 德和, 和田 眞 : 鉄-ケイ素複合酸化物を触媒とする炭化水素類の官能基化反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
18)小野 公嗣, 石村 和敬 : ラット海馬におけるステロイド合成酵素は卵巣摘除により変動する, 日本解剖学会第66回中国・四国支部学術集会, 2011年11月.
19)宮崎 泰彰, 福原 早百合, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる嵩高い第三級エステルの簡便な合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-09, 2011年11月.
20)田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-10, 2011年11月.
21)三好 德和, 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 菊池 淳, 和田 眞 : ストロンチウムを用いる嵩高い第3級アルコールエステルの簡便迅速合成法の開発, 第62回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, C16, 2011年11月.
22)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 4年一貫就業力育成プログラムとそれに基づく初年時キャリア教育, --- 大学生の就業力育成支援事業採択[自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム] ---, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島(徳島大学大学開放実践センター), 2012年1月.
23)玉有 朋子, 平井 松午, 髙橋 晋一, 吉田 敦也 : 電子書籍を用いた徳島県上勝町における棚田案内ガイドブックの開発, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.
24)宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 療育を受けている子どもの母親意識の変化-子どもに対する意識を中心に母親の振り返りを通して-, 日本発達心理学会第23回大会, 2012年3月.
25)平井 松午 : GISと絵図研究, 「『地図史料学の構築』の新展開」研究成果と課題報告会(東京大学福武ホール), 2012年3月.
26)宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウムの還元性を利用したメタラサイクル中間体の生成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.92, 4L2-05, 2012年3月.
27)林 幸壱朗, 中村 教泰, 石村 和敬 : 近赤外蛍光シリカ/ポルフィリンハイブリッドナノリングの合成とin vivo癌イメージング, 日本セラミックス協会2012年年会, 2012年3月.
28)小野 公嗣, 石村 和敬 : ラット海馬における神経ステロイド合成酵素発現に対する卵巣摘除の影響, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2012年3月.
29)小野寺 淳, 平井 松午, 小田 匡保, 大島 規江, 尾崎 久美子 : ライデン大学所蔵シーボルト収集古地図の調査報告-「黒龍江中洲并天度」を中心に-, 第31回国絵図研究会研究発表会(東京大学福武ホール), 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)平井 松午 : 社会的自立・職業的自立を目指す「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」, 徳島大学渭水会会報, No.40, 4, 2011年11月.
2)平井 松午, 田中 耕市 : 絵図・古地図を活用したGIS研究と地域貢献活動, ArcGIS事例集, No.8, 32-33, 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)平井 松午 : 2011年秋季学術大会シンポジウム「近世期の測量絵図と歴史GIS」, E-journal GEO, Vol.1, No.1, 90-92, 2012年1月.
2)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 松尾 誠治 : 文部科学省大学生の就業力育成支援事業「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム-社会における確かな「居場所と出番」を見つける力を培うキャリア教育-」平成22・23年度成果報告書, 1-62, 2012年3月.
3)平井 松午 : キャンパスライフ-第25回学生生活実態調査報告書-, --- 第8章 進路・就職について ---, 77-81, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

2012年度(平成24年度) / 著書

1)井ノ崎 敦子 : 性暴力が子どもの発達に与える影響, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
2)Toshiyuki Suge, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Changes in the crystallinity of hydroxyapatite powder and structure of enamel treated with several concentrations of ammonium hexafluorosilicate, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.5, 299-302, 2012.
3)Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Tomoko Kimura, Kanako Takahashi, Takashi Sumitomo, Naoki Bando and Takashi Matsuo : Bactericidal activity and oral pathogen inactivation by electromagnetic wave irradiation, Journal of Applied Microbiology, Vol.113, No.1, 181-191, 2012.
4)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Ryota Kashino and Takuto Ito : Formation of Nanovoids in Femtosecond Laser-Irradiated Single Crystals of Silicon Carbide, Materials Science Forum, Vol.725, 19-22, 2012.
5)平井 松午 : 棚田の景観を歴史地理的に考える, --- 近世実測図とGISを活用した文化的景観調査 ---, 日本の原風景・棚田(棚田学会誌), No.13, 47-56, 2012年.
6)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from Desmodium caudatum and evaluation of their anti-MRSA activity., Phytochemistry, Vol.82, 136-142, 2012.
7)Tohru Uyama, Natsuki Ikematsu, Manami Inoue, Naoki Shinohara, X-H Jin, Kazuhito Tsuboi, Tekuharu Tonai, Akira Tokumura and Natsuo Ueda : Generation of N-acylphosphatidylethanolamine by members of the phospholipase A/acyltransferase (PLA/AT) family, The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.38, 31905-31919, 2012.
8)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from the roots of Desmodium caudatum and evaluation of their antifungal activity., Planta Medica, Vol.78, No.17, 1851-1856, 2012.
9)Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi : New sesquiterpene lactone glucosides from the roots of Ferula varia., Phytochemistry Letters, Vol.5, No.4, 729-733, 2012.
10)Tamotsu Tanaka, Morito K., Kinoshita M., Ohmoto M., Urikura M., Satouchi K. and Akira Tokumura : Orally administered phosphatidic acids and lysophosphatidic acids ameliorate aspirin-induced stomach mucosal injury in mice, Digestive Diseases and Sciences, Vol.58, No.4, 950-958, 2013.
11)Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Michiko Sekiya, Yoshihiko Hatano, Yoshihisa Takaishi and Yasumasa Ikeshiro : Structural elucidation and biological fate of two glucuronyl metabolites of pelargonidin 3-O--D-glucopyranoside in rats., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.61, No.3, 569-578, 2013.
12)Ayumi Shiro, Tatsuya Okada and Takahisa Shobu : Internal Residual Stress Measurements of Tensile-Deformed Aluminum Single Crystals using Synchrotron Radiation, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.7, No.1, 79-91, 2013.
13)Junichi Morishige, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kiyoshi Satouchi, Tanihiro Yoshiomoto and Akira Tokumura : Lysophosphatidic Acid Produced by Hen Egg White Lysophospholipase D Induces Vascular Development on Extraembryonic Membranes, Lipids, Vol.48, No.3, 251-262, 2013.
14)加藤 慎也, 大坪 啓視, 植木 智之, 岡田 達也 : 不均一変形した銅単結晶における初期段階の再結晶粒方位, 日本金属学会誌, Vol.77, No.3, 101-106, 2013年.
15)Mari Kotosai, Sachiko Shimada, Mai Kanda, Namiko Matsuda, Keiko Sekido, Yoshibumi Shimizu, Akira Tokumura, Toshiyuki Nakamura, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Plasma HDL reduces nonesterified fatty acid hydroperoxides originating from oxidized LDL., Lipids, Vol.48, No.6, 569-578, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Toshiyuki Suge and Takashi Matsuo : Effects of ammonium hexafluorosilicate concentration on crystallinity of hydroxyapatite powder and enamel, Key Engineering Materials, Vol.529-530, 526-530, 2013.
2)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午, 山野 明美 : 巣立ちプログラムに基づく1年次学生を対象としたキャリア教育の実践と2年次授業 におけるPBLの試み, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 133-142, 2013年.
3)山野 明美, 平井 松午, 田中 徳一, 成行 義文 : 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業の展開-平成24年度「産業界の ニーズに対応した教育改善・充実事業」-, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 80-88, 2013年.
4)平井 松午 : 古地図GISと地域分析・景観復原, --- 歴史地理学の試み ---, 環境会議, No.spring, 137-143, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

1)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Program and Proceeding Book, 47-48, 2012.
2)細木 眞紀, 松尾 敬志, 永田 俊彦, 市川 哲雄, 松香 芳三, 田中 栄二 : 徳島大学病院, 歯科審美, Vol.25, No.2, 196, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)德村 彰, 井上 愛美, 足立 美佳 : リゾホスファチジン酸濃縮食品の開発に関する基礎研究, ニューフードインダストリー, Vol.54, No.11, 1-6, 2012年11月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga and Takashi Matsuo : Electro-Magnetic Wave Irradiation Stimulates Osteoblasts to Enhance Cell Growth and Gene Expression of Growth Factors, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
2)Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation for Infected Root Canal Treatment -EMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment) -, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
3)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Nur Asikin, Kanako Takahashi, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Global Gene Analysis in Monocytes Stimulated with Streptococcal Histone-Like Protein, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
4)Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Naoki Bando, Takashi Sumitomo, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Signaling Pathways and Gene Expression Activated by Electro-Magnetic-Wave in Osteoblastic-Cells, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
5)Sasaki Hisako, Sato Hisayo, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Hirofumi Shibata, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : Studies on the constituents of Cudrania tricuspidata, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
6)Kurimoto Shin-ichiro, Pu Jian-Xin, Sun Han-Dong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Sesterterpenoids and diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
7)Ishii Yasuyo, Kim Sang-Yong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hydroxycinnamoyl 1,2-dihydro¬furo[3,2-e]tryptamine derivatives from defatted safflower seeds., International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
8)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
9)Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Interferon-g modulates the innate immune response of dental pulp cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.
10)Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Prostaglandin F2a Regulates Cytokine Expression in Dental Pulp Cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)平井 松午, 戸祭 由美夫 : 幕末期箱館周辺における蝦夷地陣屋の景観復原-古地図・GISを用いた試み-, 第55回歴史地理学会大会(新潟大学), 2012年5月.
2)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-22はIL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 2012年5月.
3)清水 嘉文, 小泉 恵子, 神奈木 玲児, 田中 広治, 山下 純, 田中 保, 曹 科, 鈴木 元, 村手 隆, 岩城 壮一郎, 藤井 聡, 德村 彰 : ヒト大腸がん細胞における低酸素条件下でのリゾリン脂質およびエーテル型リン脂質の増加, 第54回 日本脂質生化学会, 262, 2012年6月.
4)田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸およびリゾホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第65回 日本酸化ストレス学会学術集会, p93, 2012年6月.
5)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Roles of extracellular DNA and DNA-binding protein in cell aggregation, biofilm formation and antibiotic tolerance of Streptococcus intermedius, 第21回Lancefieldレンサ球菌研究会&第44回レンサ球菌感染症研究会合同開催, Jun. 2012.
6)中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : prostaglandin F2aは歯髄細胞における炎症性メディエーター発現を調節する, 第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 2012年6月.
7)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TNF-alphaとIL-4刺激が誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL11産生に及ぼす緑茶カテキンの影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年6月.
8)平井 松午 : 大学教育におけるGIS実習の実践, --- 吉野川中流域・舞中島の地域調査とGIS分析 ---, 「地域科学」研究フォーラム(徳島大学総合科学部), 2012年6月.
9)平井 松午 : 古地図・城下絵図をデジタル・マップで読む, --- 古地図GISの世界- ---, 平成24年度岐阜県古地図文化研究会特別研究発表・地図講演会(岐阜県図書館), 2012年6月.
10)城 鮎美, 岡田 達也, 菖蒲 敬久, 河野 智哉, 文屋 宏友 : アルミニウム単結晶における残留応力と再結晶挙動に関する研究, 日本材料学会第46回X線材料強度に関するシンポジウム, 2012年7月.
11)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, 第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, Jul. 2012.
12)平井 松午 : 絵図でたどる阿波の五街道と遍路道, 小松島市教育委員会主催「小松島のふるさと講座」, 2012年7月.
13)横田 洋輝, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也 : 円偏光フェムト秒レーザー照射による4H-SiC単結晶内部の欠陥形成, 2012年度支部学術講演会講演予稿集, 16, 2012年7月.
14)上島 隆伸, 植木 智之, 岡田 達也 : 均一変形方位銅単結晶における内部転位組織, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 63, 2012年8月.
15)加藤 慎也, 植木 智之, 岡田 達也 : 銅単結晶における不均一変形領域に形成した再結晶粒方位, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 64, 2012年8月.
16)河野 智哉, 植木 智之, 岡田 達也 : 均一変形方位アルミニウム単結晶の再結晶挙動, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 65, 2012年8月.
17)横田 洋輝, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也 : 4H-SiC単結晶内部における円偏光フェムト秒レーザ照射誘起欠陥, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 71, 2012年8月.
18)井ノ崎 敦子 : DV被害女性のための心理教育グループの効果に関する研究(2)―事前・事後調査による心理的変化による検討―, 日本心理臨床学会第31回大会論文集(愛知), 2012年9月.
19)井ノ崎 敦子 : 進路選択に悩む大学生へのカウンセリング効果に関する研究―樹木画テストにみられる変化の検討を通して―, 日本描画テスト・描画療法学会第22回大会論文集(東京), 2012年9月.
20)湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射による骨芽細胞の活性化とGrowth Factorの発現誘導, 第10回日本再生歯科医学会学術大会, 2012年9月.
21)田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第21回 日本脂質栄養学会, Vol.21, No.2, 186, 2012年9月.
22)栗本 慎 一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(1), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
23)金子 礼, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiaの成分について(2)—, 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
24)石井 康世, 中野 扶佐子, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含まれる機能性成分の探索研究(4), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
25)加藤 慎也, 大坪 啓視, 植木 智之, 岡田 達也 : 銅単結晶の不均一変形領域近傍に形成する初期段階の再結晶粒方位, 2012年秋期講演大会講演概要, 670, 2012年9月.
26)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究, 第54回天然有機化合物討論会, 2012年9月.
27)平井 松午 : 徳島大学の取組報告, 国土交通省国土地理院主催 基盤地図情報の整備・更新・活用に関する徳島地域連携協議(千秋閣), 2012年9月.
28)平井 松午 : GISを用いた幕末期における蝦夷地陣屋の3D復原, 日本地理学会 2012年度秋季学術大会シンポジウム「幕末蝦夷地陣屋の景観復原に向けて」(神戸大学), 2012年10月.
29)峪口 有香子, 平井 松午 : 淡路島方言の実時間上の言語変化, --- 『瀬戸内海言語図巻』との比較を通じて ---, 2012年度日本語学会中国四国支部大会研究発表会(徳島大学), 2012年10月.
30)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産, --- 舞中島 ---, 2012年度 徳島大学大学開放実践センター公開講座, 2012年10月.
31)平井 松午 : 奈良盆地の条里と環濠集落, 2012年度 四国大学公開講座「奈良を旅する」(四国大学), 2012年10月.
32)平井 松午 : 幕末期の蝦夷地警衛と明治期の北海道屯田政策, 東アジア沿海科研公開シンポジウム「歴史実体としての周縁―北海道・内と外からの視点―」(札幌大学), 2012年11月.
33)中野 扶佐子, 高石 喜久, 位上 健太郎, 下条 洋輔, 宮﨑 寿次, 柏田 良樹 : 発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制成分の探索, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
34)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjaragal, Damdinjv Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(1) —Sanguisorba officinalis花部の成分研究(1) —, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
35)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : Cymbidium Great Flower葉部の成分研究, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
36)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(6), 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
37)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(17) —Gentiana rigescens根の成分研究(1)—, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
38)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産-舞中島-, 徳島地方史研究会 2012年11月例会(徳島県立文学書道館), 2012年11月.
39)石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与, 第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
40)平井 松午 : 安政期の「鳥取城下全図」と「鳥取市街実測地図」にみる侍屋敷地の実像, --- GIS城下図の比較分析 ---, 2012年度 人文地理学会大会(立命館大学), 2012年11月.
41)平井 松午 : 安政期の「鳥取城下全図」と「鳥取市街実測地図」にみる侍屋敷地の実像-GIS城下図の比較分析-, 2012年度 人文地理学会大会(立命館大学), 2012年11月.
42)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-17AはTNF-aが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
43)細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Adrenomedullinが樹状細胞のTh17関連サイトカイン産生に関与するcell signalingに及ぼす影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
44)井ノ崎 敦子 : DV被害者のためのサポートグループの開発と効果について-当事者同士の支え合いと心理教育の意義-, 日本子ども虐待防止学会第18回学術集会(高知), 2012年12月.
45)喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド-ホスホリパーゼD, 第25回 植物脂質シンポジウム, 86, 2012年12月.
46)山下 量平, 安藤 千恵, 田畑 優美香, 喜田 孝史, 清水 嘉文, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 德村 彰 : 種々のセラミド-1-リン酸分子種の細胞遊走および抗アポトーシス活性, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
47)喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生合成経路, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
48)井ノ崎 敦子 : 青年期におけるトラウマの影響ー学生相談現場からー, 日本発達心理学会第22回大会論文集, 2013年3月.
49)平井 松午 : 絵図から見た守護町, --- 「板野郡住吉村分間絵図」(写図)および「板野郡勝瑞村分間絵図写」からみた勝瑞 ---, 勝瑞検証会議, 2013年3月.
50)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産-舞中島-, 徳島地方史研究会 2013年大会(文化の森21世紀館多目的室), 2013年3月.
51)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(3), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
52)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(18) —Gentiana rigescens根の成分研究(2)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
53)中野 扶佐子, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(19)—Saussurea lanicepsの成分研究(1)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
54)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサン葉の成分について(5), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
55)吉川 和子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 博, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子, 橋本 敏弘 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサンの葉のNO酸性抑制活性成分(2), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
56)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(7), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
57)大石 慶二, 竹内 久裕, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
58)菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)井ノ崎 敦子 : DVにおける心理的虐待への対応―DV被害者の早期発見,支援,効果―, 第1回子どもの心の問題発症予防研究会(徳島), 2012年9月.
2)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 学生自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム, とくTalk(徳大広報), No.149, 2012年10月.
3)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 特集 徳島大学の就職支援への取り組み 「学生自らの就業力向上を促す巣立プログラム」」, 徳大広報 とくtalk, No.149, 1-2, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度) / 著書

1)白山 靖彦 : ケアマネしあわせ便利帳2013年度版, 日総研, 2013年4月.
2)白山 靖彦 : 介護支援専門員速習テキスト第17版, 日総研, 名古屋, 2013年4月.
3)安井 武史 : 第5章 第2節 皮膚(真皮)のコラーゲン量を測定したい, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2013年5月.
4)白山 靖彦 : 社会福祉士・精神保健福祉士国試対策白山靖彦教授の熱血授業, 日総研出版, 名古屋, 2013年8月.
5)成行 義文, 加賀 晃次, 長尾 文明, 野田 稔 : とくしまの橋 平成の橋めぐり, 徳島橋梁技術者の会, 徳島, 2013年12月.
6)金西 計英, 吉田 博 : 学生と楽しむ授業創り, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 2013年12月.
7)根本 淳子, 鈴木 克明, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸 : ストーリー中心型カリキュラム(SCC)の設計理論と授業実践:オンライン大学院の挑戦とその波及効果, 東信堂, 東京, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Youichi Sato, Timothy Jinam, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi, Issei Imoto, Ituro Inoue and Atsushi Tajima : Replication study and meta-analysis of human nonobstructive azoospermia in Japanese populations, Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 87, 2013.
2)Ryosuke Tanaka, Shuichiro Fukushima, Kunihiko Sasaki, Yuji Tanaka, Hiroyuki Murota, Takeshi Matsumoto, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : In vivo visualization of dermal collagen fiber in skin burn by collagen-sensitive second-harmonic-generation microscopy, Journal of Biomedical Optics, Vol.18, No.6, 061231, 2013.
3)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, D Liu, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo, R Shu and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA and DNA-binding protein on the development of a Streptococcus intermedius biofilm., Journal of Applied Microbiology, Vol.115, No.1, 260-270, 2013.
4)Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Y chromosome haplogroup D2* lineage is associated with azoospermia in Japanese males, Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 107, 2013.
5)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 25-29, 2013.
6)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : TLR3 agonist enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Cellular Immunology, Vol.283, No.1-2, 8-11, 2013.
7)白山 靖彦, 尾崎 和美, 中野 雅德, 薮内 さつき, 中江 弘美, 那賀川 明美, 伊賀 弘起 : クラウドコンピューティングを活用した口腔保健業務支援システムの有用性に関する検討, 総合リハビリテーション, Vol.41, No.6, 569-572, 2013年.
8)Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Plasma total homocysteine is associated with DNA methylation in patients with schizophrenia., Epigenetics, Vol.8, No.6, 584-590, 2013.
9)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : (-)-Epigallocatechin-3-Gallate Inhibits CC Chemokine Ligand 11 Production in Human Gingival Fibroblasts., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.31, No.6, 960-967, 2013.
10)Tamotsu Tanaka, T. Kida, H. Imai, J. Morishige, R. Yamashita, H. Matsuoka, S. Uozumi, K. Satouchi, M. Nagano and Akira Tokumura : Identification of a sphingolipid-specific phospholipase D activity associated with the generation of phytoceramide-1-phosphate in cabbage leaves, The FEBS Journal, Vol.280, No.16, 3797-3809, 2013.
11)Tetsuo Iwata, Shuji Yoshioka, Shota Nakamura, Yasuhiro Mizutani and Takeshi Yasui : Prediction of the Thickness of a Thin Paint Film by Applying a Modified Partial-Least-Squares-1 Method to Data Obtained in Terahertz Reflectometry, Journal of Infrared, Millimeter and Terahertz Waves, Vol.34, No.10, 646-659, 2013.
12)Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi : A Meta-Analysis of PTGS1 and PTGS2 Polymorphisms and NSAID Intake on the Risk of Developing Cancer, PLoS ONE, Vol.8, No.8, e71126, 2013.
13)Kiyoshi Masuda, Yuki Kuwano, Kensei Nishida, Kazuhito Rokutan and Issei Imoto : NF90 in Posttranscriptional Gene Regulation and MicroRNA Biogenesis., International Journal of Molecular Sciences, Vol.14, No.8, 17111-17121, 2013.
14)Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch., Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
15)Kenji Matsuura, Hiroki Moriguchi and Kazuhide Kanenishi : Supporting self-control of individual training for motor-skill development with a social web environment, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.2/3, 201-216, 2013.
16)Ayuko Sakane, AA Abdallah, K Nakano, K Honda, T Kitamura, Issei Imoto, N Matsushita and Takuya Sasaki : Junctional Rab13-binding protein (JRAB) regulates cell spreading via filamins., Genes to Cells, Vol.18, No.9, 810-822, 2013.
17)Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb., Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
18)源 貴志, 成行 義文, 垣内 貴行 : 住民属性の経年変化が地区の津波避難安全性に及ぼす影響に関する基礎的研究, 第8回南海地震四国地域学術シンポジウム論文集, Vol.8, 89-92, 2013年.
19)金西 計英, 光原 弘幸, 三好 康夫, 松浦 健二 : 自学自習における学習意欲の維持へのTwitterボットの活用, 日本教育工学会論文誌, Vol.37(Suppl), 69-72, 2013年.
20)根本 淳子, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリキュラムによるリフレクション活動の推進と強化, 日本教育メディア研究, Vol.20, No.2, 23-33, 2014年.
21)Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada : Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae)., Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.
22)Ayumi Shiro, Masayuki Nishida, Muslih Rafai M., Tatsuya Okada and Takao Hanabusa : Micro Stresses within Cu Bi-crystal and Al Tri-crystal after Plastic Deformation, Materials Science Forum, Vol.768-769, 363-373, 2014.
23)Silvia Naomi MITSUI AKAGI, Akihiro Yasue, Kiyoshi Masuda, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Novel PAX9 Mutations Cause Non-syndromic Tooth Agenesis., Journal of Dental Research, Vol.93, No.3, 245-249, 2014.
24)Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiyuki Sakaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Francis Hindle, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Spectrally interleaved, comb-mode-resolved spectroscopy using swept dual terahertz combs, Scientific Reports, Vol.4, 3816, 2014.
25)Wang Yiwei, 湯本 浩通, Liu Dali, 松尾 敬志, Shu Rong : The comparison of the ability of polysaccharide from different Porphyromonas gingivalis in inducing THP-1 cells to produce cytokines, Chinese Journal of Stomatology, Vol.49, No.2, 78-83, 2014年.
26)Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Genipin inhibits IL-1-induced CCL20 and IL-6 production from human periodontal ligament cells., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.33, No.2, 357-364, 2014.
27)Yoshibumi Shimizu, Kazutoshi Murao, Tamotsu Tanaka, Yoshiaki Kubo and Akira Tokumura : Increased lysophospholipase D activity of autotaxin in sera of patients with atopic dermatitis., Journal of Dermatological Science, Vol.74, No.2, 162-165, 2014.
28)Masaya Uno, Yasunori Saitoh, Kanako Mochida, Eri Tsuruyama, Tohru Kiyono, Issei Imoto, Johji Inazawa, Yasuhito Yuasa, Toshiro Kubota and Shoji Yamaoka : NF-κB inducing kinase, a central signaling component of the non-canonical pathway of NF-κB, contributes to ovarian cancer progression., PLoS ONE, Vol.9, No.2, e88347, 2014.
29)吉田 博, 金西 計英 : コースの中間期に実施する学生討議型授業コンサルテーションの学生に与える影響, 日本教育工学会論文誌, Vol.37, No.4, 449-457, 2014年.
30)吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 枝川 恵理, 斉藤 くるみ : 大学図書館で実施する学習支援の成果と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 26-37, 2014年.
31)Yuji Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima, Yuki Ogura, Toyonobu Yamashita, Tetsuji Hirao, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Motion-artifact-robust, polarization-resolved second-harmonic-generation microscopy based on rapid polarization switching with electro-optic Pockells cell and its application to in vivo visualization of collagen fiber orientation in human facial skin, Biomedical Optics Express, Vol.5, No.4, 1099-1113, 2014.
32)F Hosoda, Y Arai, N Okada, H Shimizu Hiroko, M Miyamoto, N Kitagawa, H Katai, H Taniguchi, K Yanagihara, Issei Imoto, J Inazawa, M Ohki and T Shibata : Integrated genomic and functional analyses reveal glyoxalase I as a novel metabolic oncogene in human gastric cancer., Oncogene, Vol.34, No.9, 1196-1206, 2014.
33)B Sapaar, A Nur, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, T Amoh, Takashi Matsuo, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA from Candida albicans and pneumonia-related pathogens on Candida biofilm formation and hyphal transformation., Journal of Applied Microbiology, Vol.116, No.6, 1531-1542, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)村田 明広, 前川 寛和 : 四国西部秩父帯,鳥形山-大野ヶ原石灰岩体と新期伊野変成コンプレックスの地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.27, No.4, 91-100, 2013年.
2)西山 賢一, 中野 晋, 武藤 裕則, 村田 明広, 田村 隆雄 : 平成26年台風12号豪雨による阿南市加茂谷の洪水災害, 阿波学会紀要, No.60, 199-200, 2014年.
3)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午 : キャリア学習のためのPBL型学習事例報告 ―男女共同参画とグローバル人材―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 81-100, 2014年.
4)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午, 大渕 朗 : キャリア教育におけるインターンシップの実践と課題 ―大人数講義における事前学習の効果に関する考察―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 51-64, 2014年.
5)日置 善郎, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 上岡 麻衣子 : 2013年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 161-182, 2014年.
6)金西 計英 : 大学間インタークラウド構築手法の検討, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.23, 1-10, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)安井 武史, 美濃島 薫 : フェムト秒増幅光カーゲートによる超高速イメージング, 光アライアンス, Vol.24, No.4, 30-35, 2013年4月.
2)橋本 守, 福島 修一郎, 荒木 勉, 安井 武史 : SHG顕微断層偏光イメージング, 光アライアンス, Vol.24, No.4, 21-29, 2013年4月.
3)松尾 敬志, 尾崎 和美, 中西 正, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 武川 大輔 : 歯髄疾患の病態と診断, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.34, No.2, 67-76, 2013年5月.
4)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, ケミカルバイオロジー, Vol.6, 6-9, 2013年6月.
5)松尾 敬志, 中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科評論, Vol.73, No.6, 9-11, 2013年6月.
6)安井 武史 : 光源としての光コム(1)~テラヘルツ領域~, 分光研究, Vol.62, No.3, 141-150, 2013年6月.
7)安井 武史, 荒木 勉 : 偏光分解SHG顕微鏡による真皮コラーゲン配向のイメージング, レーザー研究, Vol.41, No.8, 601-605, 2013年8月.
8)山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み① -女性研究者の現状と必要とされる支援とは?, 文部科学教育通信, Vol.322, No.8/26, 16-17, 2013年8月.
9)山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み② -支援するための環境を整える, 文部科学教育通信, Vol.323, No.9/9, 16-17, 2013年9月.
10)山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み③ -支援推進の原動力は全学的な意識改革, 文部科学教育通信, Vol.324, No.9/23, 16-17, 2013年9月.
11)安井 武史 : ギャップレスTHzコム分光法, OplusE, Vol.35, No.10, 1137-1142, 2013年10月.
12)山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み④ -女性研究者のモチベーション向上のために-, 文部科学教育通信, Vol.325, No.10/14, 16-17, 2013年10月.
13)山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み⑤ -AWA(OUR)サポートシステム事業の成果-, 文部科学教育通信, Vol.326, No.10/28, 16-17, 2013年10月.
14)村田 明広 : 活断層を見に行こう2 徳島県,中央構造線活断層帯の池田断層の地形観察, 季刊 理科の探求, 53-55, 2013年12月.
15)山内 あい子 : 30歳代を中心とする女性研究者のエンパワーメント, 共同参画, No.64, 5-6, 2014年1月.
16)安井 武史 : SHG(第二高調波発生光)顕微鏡, 光アライアンス, Vol.25, No.3, 46-50, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Takeshi Yasui, Makoto Fujio, Shuko Yokoyama and Tsutomu Araki : Distance measurement of optically roughobject based on phase slope of tunable CW-THz wave, International Workshop on Terahertz Science and Technology (OTST2013), Kyoto, Apr. 2013.
2)Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiuyki Sakaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Tsutomu Araki, Francis Hindle and Takeshi Yasui : Gapless terahertz frequency comb spectroscopy of molecular gas, The 2nd Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS'13), Yokohama (Japan), Apr. 2013.
3)Naoki Bando, Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation to the Treatment for Periapical Periodontitis; Case Report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
4)Toshihiko Tominaga, Naoki Bando, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Trial of Electro-Magnetic Wave Irradiation Therapy for Vertical Root Fracture as Tooth Conservative Therapy: a Case report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
5)Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Seasonal variation on the reproductive characteristics and sperm concentration of Japanese males, 7th Copenhagen Workshop on Endocrine Disrupters, Copenhagen, May 2013.
6)Takeshi Yasui, Yuki Iyonaga, Yi-Da Hsieh, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Shuko Yokoyama, Tsutomu Araki and Mamoru Hashimoto : Frequency-swept asynchronous-optical-sampling terahertz time-domain spectroscopy, CLEO: Science & Innovations 2013, San Jose (USA), Jun. 2013.
7)Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
8)Shusuke Numata, Kumiko Kikuchi, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Masahito Tomotake, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Plasma homocysteine and schizophrenia: A gender-specific meta-analysis., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
9)Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Genome-wide association study of plasma homocysteine and DNA methylation in patients with schizophrenia., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
10)Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Junichi Iga, Shinya Watanabe, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Genome-wide methylation status of human leukocytes in mood disorders., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
11)Takeshi Yasui, Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiyuki Sajaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Tsutomu Araki : Gapless THz comb spectroscopy, Fourier Transform Spectroscopy 2013 (Imaging and Applied Optics Congress), Arlington (USA), Jun. 2013.
12)Takeshi Yasui, Yi-Da Hsieh, Yoshiyuki Sakaguchi, Francis Hindle, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Tsutomu Araki : Gapless THz comb spectroscopy, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Osaka, Jul. 2013.
13)Yuji Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima, Takeshi Yasui and Tsutomu Araki : Fast Polarization-resolved SHG Microscopy for in vivo Imaging of Collagen Orientation, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Kyoto, Jul. 2013.
14)Kenta Hayashi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Precise Frequency Measurement of Continuous-Wave Terahertz Radiation Based on THz Comb, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Kyoto, Jul. 2013.
15)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Cooperation Framework for Reducing the Earthquake Damage on e-Learning Environment, Proc. of 15th International Conference, HCI International 2013, 503-510, Las Vegas, Jul. 2013.
16)Emanuel Abraham, Mukesh Jewariya, Tetsuo Iwata, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Fast 3D computed tomography using intense terahertz pulses, 38th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
17)Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Takeshi Yasui, Keiko Kitagishi and Tsutomu Araki : All-fiber-based, asynchronous-optical-sampling THz time-domain spectroscopy using dual mode-locked fiber lasers and fiber-coupled photoconductive antenna, 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
18)Kenta Hayashi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Precise frequency measurement of continuous-wave terahertz radiation based on THz comb, 38th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
19)Takeshi Yasui and Emanuel Abraham : (invited talk) Fast THz computed tomography, 21st International Conference on Applied Electromagnetics and Communications (ICECom2013), Dubrovnik, Croatia, Oct. 2013.
20)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Cooperation Framework of e-Learning Environment for Disaster Recovery, Proc. of 2013 IEEE Int'l Conf. on Systems, Man and Cybernetics,, 4104-4109, Manchester, Oct. 2013.
21)Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
22)Akira Nishi, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Kumiko Kikuchi, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Masahito Tomotake, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Total plasma homocysteine and schizophrenia: gender and MTHFR C677T genotypes., Neuroscience, San Diego, Nov. 2013.
23)Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Shinji Shimodera, Issei Imoto, Masatoshi Takeda and Tetsuro Ohmori : The effect of MTHFR C677T on DNA methylation of peripheral leukocytes in schizophrenia., Neuroscience, San Diego, Nov. 2013.
24)Kenji Matsuura, Hirofumi Inui, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Training-Course Design for General Purpose of Motor-Skill Learners on a Web, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 202-207, Indonesia, Nov. 2013.
25)Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : Pathogenic roles of Streptococcal histone-like protein in microbial infection, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD (Gyeongju, Korea), Nov. 2013.
26)Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa and Takashi Matsuo : The effect of genipin on MMP-1 and MMP-3 expression in IL-1beta-stimulated human periodontal ligament cells, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD, Gyeongju, Korea, Nov. 2013.
27)Takeshi Yasui, Ryosuke Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima and Tsutomu Araki : In vivo time-lapse imaging of skin burn wound healing using second-harmonic generation microscopy, Proceedings of SPIE, Vol.8948, 8948-81, San Francisco, USA, Feb. 2014.
28)Takeshi Yasui : Gapless THz comb spectroscopy, International Workshop on THz Technology (IWOTT2014), 日本・蔵王, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 橋本 亮太, 武田 雅俊, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 統合失調症における末梢血DNAメチル化修飾解析研究, 第8回日本統合失調症学会, 2013年4月.
2)細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : IL-6はIL-1βが誘導するヒト歯根膜由来細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 97, 2013年5月.
3)岸本 直人, 成行 義文, 白井 常彦, 山口 貴幸 : 実大実験に基づく蛇籠の摩擦係数に関する検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5-6, 2013年5月.
4)浅川 和也, 豊崎 裕司, 成行 義文, 源 貴志 : 単純鋼桁橋の部分損傷がモード特性に及ぼす影響に関する解析的検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 21-22, 2013年5月.
5)立田 成信, 成行 義文, 井上 健, 松本 健嗣 : ワイヤーロープを用いた高強度パイプハウス構造に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 23-24, 2013年5月.
6)角田 豊土, 成行 義文, 浅川 和也, 豊崎 裕司 : モード解析に基づくトラス・ラーメン構造の損傷同定法に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 25-26, 2013年5月.
7)木下 勇人, 成行 義文, 岸本 直人, 豊崎 裕司 : 剛体ブロックのすべり摩擦係数に関する机上実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 27-28, 2013年5月.
8)安井 武史, 謝 宜達, 坂口 良幸, 横山 修子, 美濃島 薫, 稲場 肇, 荒木 勉 : ギャップレスTHzコムを用いた低圧ガス分光, 第13回分子分光研究会, 2013年5月.
9)井ノ崎 敦子, 赤坂 和哉 : 学生相談室における臨床心理実習の意義:グループ活動における実習効果の検討, 日本学生相談学会(第31回大会), 2013年5月.
10)Akira Nishi, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Issei Imoto, Masatoshi Takeda and Tetsuro Ohmori : Functional variants of the MTHFR gene and schizophrenia in the Japanese population., 第36回日本神経科学大会, Jun. 2013.
11)富永 敏彦, 湯本 浩通, 坂東 直樹, 平尾 功治, 平尾 早希, 加古 晋也, 前田 やよい, 山口 由美子, 高比良 一輝, 松尾 敬志 : Electro-Magnetic Apical Treatment ー嚢胞性疾患に対する対応ー, 第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
12)弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusヒストン様タンパク質のPAMPsとしての解析, 第22回Lancefieldレンサ球菌研究会&第45回レンサ球菌感染症研究会, 2013年6月.
13)白山 靖彦 : 知的障がい者支援領域における権利擁護, 第45回日本社会福祉学会中国・四国ブロック徳島大会, Vol.1, No.1, 7, 2013年7月.
14)湯本 浩通, 富永 敏彦, 坂東 直樹, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射の歯内療法への応用ー基礎実験∼臨床症例ー, 第13回日本歯内療法学会西日本支部会研修会, 2013年7月.
15)Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa, 第27回Bacterial Agherence & Biofilm学術集会, Jul. 2013.
16)山内 あい子 : 男女共同参画社会の実現と医療の変革, オンリーワンとくしま学講座, 2013年7月.
17)森本 和樹, 植木 智之, 岡田 達也 : アニール前後におけるNi/SiC界面の変化, 2013年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 講演予稿集, 102, 2013年7月.
18)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
19)白山 靖彦 : 人とのつながりを科学する, 日本地域看護学会 第16回学術集会講演集, 20, 2013年8月.
20)井ノ崎 敦子 : 子ども虐待の予防, 第16回日本地域看護学会学術集会論文集, 2013年8月.
21)山内 あい子 : 教育評価手法開発について 「大学から」, 教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
22)島添 隆雄, 山内 あい子 : 教育評価手法開発プログラムG4のアンケートから見えてくるもの, 教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
23)長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : インターロイキン遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌リスクに関するメタアナリシス, 第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013年8月.
24)長谷 香奈美, 植木 智之, 岡田 達也 : <111>引張アルミニウム単結晶における変形および内部転位組織と再結晶, 日本金属学会第53回中国四国支部講演大会 講演概要集, 42, 2013年8月.
25)森本 和樹, 植木 智之, 岡田 達也 : 4H-SiC単結晶に蒸着したNi薄膜のアニールに伴う変化, 日本金属学会中国四国支部第53回講演大会 講演概要集, 35, 2013年8月.
26)成行 義文 : Web版キャリア学習ポートフォリオの意義と活用法, 第2 回徳島地域人材育成セミナー キャリア学習ポートフォリオとその利活用について考える, 2013年8月.
27)村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミをモデルとした常染色体転座にともなうY染色体進化過程の解明, 日本進化学会 第15回大会・つくば, 2013年8月.
28)園田 茂, 白山 靖彦, 田辺 佐知子, 下村 康氏, 鈴木 真 : 高次脳機能障害支援経過手帳によるインテーク時間短縮効果, 第33回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会, 2013年8月.
29)金西 計英, 松浦 健二, 戸川 聡 : e-Learning システム連携のための認証基盤の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 65-66, 2013年9月.
30)濱上 佳祐, 松浦 健二, 乾 博文, 山田 慶太, 金西 計英 : 反復運動学習における安定化支援の一検討, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 315-316, 2013年9月.
31)乾 博文, 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 後藤田 中, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 身体スキルの分類に基づく学習者別の段階的学習支援環境の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 317-318, 2013年9月.
32)豊﨑 裕司, 浅川 和也, 成行 義文, 源 貴志 : 部分的な剛性低下が単純合成H型鋼橋の1 次モード特性に及ぼす影響, 土木学会第68回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 659-660, 2013年9月.
33)山内 あい子 : 『医薬品の正しい使い方』教育と医療の変革, 学校環境衛生・薬事衛生研究協議会, 2013年9月.
34)大辻 隆夫(京都女子大学), 井ノ崎 敦子 : 保育カウンセリングにおけるイヌバラ法ー歯学部学生に対する試みー, 全国保育士養成協議会第52回研究大会論文集, 2013年9月.
35)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4), 日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
36)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-, 日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
37)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-, 日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
38)村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの祖先Y染色体およびneo-X,neo-Yの進化過程, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年9月.
39)佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-, 日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
40)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究, 日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
41)山内 あい子 : 食の安全 薬と食べ物の飲み合わせ, 徳島大学大学開放実践センター同窓会六一会 講演会, 2013年9月.
42)安井 武史 : (招待講演)応用展開におけるテラヘルツメトロジー, 第74回応用物理学会秋季学術講演会シンポジウム「革新的テラヘルツ技術が加速する応用展開」, 17p-A14-3, 2013年9月.
43)市川 竜嗣, 中村 翔太, 木村 洸仁, 林 建太, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアルTHzコムにおけるコム間ビート信号の抽出, 第74回応用物理学会秋季学術講演会, 18a-A14-10, 2013年9月.
44)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 : キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究, 第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
45)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
46)長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10フェムト秒レーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 生体医工学シンポジウム2013, 2-2-06, 2013年9月.
47)長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : NSAIDs服用による発癌リスク抑制効果とPPAR 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス, 第23回日本医療薬学会年会, 2013年9月.
48)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : eラーニングシステム間のデータ連携について, 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 687-688, 2013年9月.
49)進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6産生を抑制する, 日本歯科保存学雑誌, 70, 2013年10月.
50)梶浦 耕一郎, 井本 逸勢, 増田 清士, 田嶋 敦, 近藤 和也, 丹黒 章 : ゲノムワイドな異常DNAメチル化探索によるにおける新規メチル化標的喫煙関連肺腺癌抑制遺伝子の同定, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月.
51)梶浦 耕一郎, 井本 逸勢, 増田 清士, 田嶋 敦, 近藤 和也, 丹黒 章 : ゲノムワイドな異常DNAメチル化探索によるにおける新規メチル化標的喫煙関連肺腺癌抑制遺伝子の同定, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月.
52)宇都宮 徹, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : ゲノムワイドなDNAメチル化解析に基づく非B非C肝癌例の非癌部肝組織におけるDNAメチル化異常の特徴, 第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
53)橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 : シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
54)増田 清士, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : 選択的スプライシング制御因子SRSF3による大腸がん細胞の悪性形質変化誘導の解明, 第21回日本消化器関連学会週間, 2013年10月.
55)湯本 浩通, 平尾 功治, 松尾 敬志 : イグサ抽出液のう蝕および歯周病予防効果の評価, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
56)進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6 産生を抑制する, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
57)長谷 栄治, 田仲 亮介, 福島 修一郎, 荒木 勉, 安井 武史 : SHG(第二高調波発生)顕微鏡を用いた熱傷治癒過程における真皮コラーゲン動態の可視化, 第36回日本生体医工学会中国四国支部大会, 2013年10月.
58)沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 橋本 亮太, 井本 逸勢, 武田 雅俊, 大森 哲郎 : 治療抵抗性統合失調症のバイオマーカー, 第23回日本臨床精神神経薬理学会, 2013年10月.
59)岩佐 亮佑, 中谷 充志, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : ヒト有機アニオントランスポーター3(hOAT3)新規アイソフォームのクローニングと発現解析, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
60)鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : DPP4欠損ラット及び培養細胞を用いた腎臓におけるDPP4の機能解析, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
61)中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 : アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
62)山本 藍美, 田中 優, 山川 祥悟, 桑原 章, 田中 保, 苛原 稔, 德村 彰 : ラット卵胞発育および排卵調節機構におけるリゾホスファチジン酸受容体と代謝酵素の関与, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
63)小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
64)畠中 貴代子, 山下 修司, 橋村 慧, 加藤 瞭典, 田中 保, 中山 泰介, 木下 肇, 原 知也, 添木 武, 佐田 政隆, 北川 哲也, 德村 彰 : 心血管病変患者血漿でのリン脂質メディエーターLC-MS/MS 分析—バイオマーカーとしての有用性—, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
65)小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
66)小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
67)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
68)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
69)上村 裕明, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : 二重変調方式THzエリプソメータの製作, Optics & Photonics Japan 2013, 12pP17, 2013年11月.
70)山内 あい子 : 妊婦授乳婦の薬物治療-精神疾患・てんかん, 第二回妊婦授乳婦薬剤研究会, 2013年11月.
71)増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 桑野 由紀, 西田 憲生, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : RNA結合蛋白質HuRによる選択的スプライシング制御機構の解明, 第29回日本ストレス学会学術総会, 2013年11月.
72)謝 宜達, 弥永 祐樹, 中村 翔太, 荒木 勉, 安井 武史 : オール光ファイバー型非同期光サンプリング式THz時間領域分光装置の開発, Optics & Photonics Japan 2013, 12pE1, 2013年11月.
73)林 建太, 横山 修子, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアル・テラヘルツ・コムを用いた連続発振テラヘルツ波のリアルタイム絶対周波数計測, Optics & Photonics Japan 2013, 13aB2, 2013年11月.
74)Takeshi Yasui : (invited talk)Dermatological applications in vivo using second-harmonic-generation microscopy equipped with a 1250-nm mode-locked Cr:Forsterite laser, Optics & Photonics Japan 2013, 13pAS2, Nov. 2013.
75)山内 あい子 : 妊娠・授乳期における薬学的ケアの基礎知識, 益田市薬剤師会学術研修会, 2013年11月.
76)木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 : Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割, 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
77)佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
78)岡本 伸彦, 長谷川 龍志, 池田 妙, 山崎 藍, 井本 逸勢 : --SENDA, 日本人類遺伝学会58回大会 仙台, 2013年11月.
79)増田 清士, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : 新規RNA結合蛋白質による食堂扁平上皮がんの発がん機構の解明, 第100回日本消化器病学会四国支部例会, 2013年11月.
80)白山 靖彦, 中島 八十一 : 相談支援からみた高次脳機能障害者の就労率に関する検討, 第37回日本高次脳機能障害学会学術総会抄録集, 242, 2013年11月.
81)白山 靖彦 : 高次脳機能障害者支援における医科歯科連携の実態に関する研究, 第37回日本高次脳機能障害学会抄録集, 243, 2013年11月.
82)伊賀上 舞, 白山 靖彦 : 急性期医療機関に対する高次脳機能障害支援拠点機関の啓発に関する有用性についての検討, 第37回日本高次脳機能障害学会学術総会抄録集, 244, 2013年11月.
83)村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : 大規模ゲノム解析で捉えたオキナワトゲネズミneo-X,neo-Yにおける新しいPARの進化, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
84)増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 田嶋 敦, 桑野 由紀, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : HuR stimulates cell growth in colon cancer cells by regulating alternative splicing under oxidative stress, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
85)山内 あい子 : ワークライフバランスを考える, 徳島大学病院 診療支援部研修会 WLB講演, 2013年12月.
86)山内 あい子 : 自立的取組の成果と課題 ∼意識・組織・財政の面から∼, 第4回四国女性研究者フォーラム, 2013年12月.
87)安井 武史 : (招待講演)第2高調波発生光顕微鏡を用いた真皮コラーゲン線維のin vivo 計測, 応用物理学会・量子エレクトロニクス研究会「バイオ・メディカルフォトニクス:基礎と応用の最前線」, 2013年12月.
88)白山 靖彦 : 高次脳機能障害者に対する医科歯科連携ツールの開発, 日本職業リハビリテーション学会中部ブロック実践報告・研究発表会, 2013年12月.
89)吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの成果と課題, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 8-9, 2013年12月.
90)枝川 恵理, 斉藤 くるみ, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 吉田 博 : 大学図書館を活用した学習支援の試み, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 10-11, 2013年12月.
91)山本 真由美, 石本 麻奈, 出口 桜子, 村田 明広, 西山 賢一 : 災害・防災ボランティアへの意識について, --- 授業「災害を知る」を通して ---, 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 4849, 2013年12月.
92)山本 真由美, 徐 暁せい, 張 博, 村田 明広, 西山 賢一 : 中国人留学生の防災意識, 大学教育カンファレンスin徳島, 5051, 2013年12月.
93)謝 宜達, 弥永 祐樹, 坂口 良幸, 横山 修子, 稲場 肇, 美濃島 薫, 荒木 勉, 安井 武史 : テラヘルツ周波数コムの観測と分光計測への応用, レーザー学会学術講演会第34回年次大会, 2014年1月.
94)田中 保, 生駒 照, 森戸 克弥, 德村 彰, 南 利夫 : ホスファチジン酸(PA)の抗消化性潰瘍効果と穀類におけるPA含量, 日本農芸化学会中四国支部第 38回講演会, 講演要旨集, 24, 2014年1月.
95)上村 裕明, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : 二重変調方式THzエリプソメータによる塗装膜厚測定, 第29回塗料・塗装研究発表会, 2014年3月.
96)木下 誠, 沼田 周助, 土屋 篤司, 村木 翔, 西 晃, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 血漿ホモシステイン濃度に影響を与える機能性多型の統合失調症遺伝子関連研究, 第9回日本統合失調症学会, 2014年3月.
97)長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10fsレーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 第61回応用物理学関係連合講演会, 17p-E6-10, 2014年3月.
98)田中 佑治, 長谷 栄治, 福島 修一郎, 安井 武史, 荒木 勉 : 電気光学的偏光分解SHG顕微鏡を用いたヒト真皮コラーゲン配向のin vivo計測, 第61回応用物理学関係連合講演会, 17p-E6-9, 2014年3月.
99)榊原 暢久, 吉田 博 : 「理工系の講義形式授業の中で学生を輝かせるひと工夫」WSプログラム開発について, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 92-93, 2014年3月.
100)吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳 : 学生と図書館職員が運営する学修支援活動の取り組み, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 108-109, 2014年3月.
101)木村 洸仁, 謝 宜達, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : 精密THzシンセサイザーの高周波化とガス分光への応用, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-17, 2014年3月.
102)中村 翔太, 謝 宜達, 安井 武史 : 光ファイバーベース非同期光サンプリング式THz-TDSを用いた動的ガス分光, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-16, 2014年3月.
103)林 建太, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアルTHzコムを用いたCW-THz波のリアルタイム絶対周波数計測, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-15, 2014年3月.
104)山本 堅一, 吉田 博, 服部 憲児 : FD実質化に必要な新たな視座, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 184-185, 2014年3月.
105)吉田 博 : <ラウンドテーブル>学生とともに進めるFD [話題提供3]学生FD活動の振り返りと今後の可能性, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 216-217, 2014年3月.
106)森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
107)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
108)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6), 日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
109)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
110)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
111)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
112)武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
113)長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 炎症関連遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌抑制に関するメタ解析, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
114)中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 : アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)井ノ崎 敦子 : 「認知修正期」の養育支援, 第4回子どもの心の問題発症予防研究会/子ども虐待予防フォーラム(代表者:二宮恒夫), 2013年7月.
2)成行 義文 : 新聞紙で自分だけの強い橋をつくろう!, 「第17回 科学体験フェスティバル in 徳島」ガイドブック, 15, 2013年8月.
3)成行 義文 : 第7回 工業会ホームカミングデイ, 徳島大学工業会会報, No.59, 67, 2013年9月.
4)山内 あい子 : 女性研究者研究活動支援事業による成果の継続と発展をめざして, 第5回中国四国男女共同参画シンポジウム, 2013年11月.
5)沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 伊賀 淳一, 下寺 信次, 橋本 亮太, 井本 逸勢, 武田 雅俊, 大森 哲郎 : DNAメチル化修飾に着目したクロザピンの薬理作用解明と臨床反応予測の検討, 第46回精神神経系薬物治療研究会報告会, 2013年12月.
6)沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : One-carbon metabolismに注目した統合失調症のメチル化解析研究, 第46回精神神経系薬物治療研究会報告会, 2013年12月.
7)成行 義文 : 平成25年度修了・卒業予定者の進路, 平成25年度美土利会会報, 2013年12月.
8)根本 淳子, 和田 卓人, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 久保田 真一郎, 鈴木 克明 : 「学びのスケッチ」による振り返りの改善, 教育システム情報学会2013年度第5回研究会(高知工科大学)研究報告, Vol.28, No.5, 15-16, 2014年1月.
9)井下 真利, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : C-reactive protein と統合失調症との関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月.
10)木下 誠, 沼田 周助, 田嶋 敦, 西 晃, 村木 翔, 土屋 篤司, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : MTHFR遺伝子の機能性多型と統合失調症の遺伝子関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月.
11)高橋 暁子 : 学習内容や学習方法の選択を支援するMoodleプラグインの最新動向, Moodle Moot 2014, 2014年2月.
12)高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledge を活かしたコンピテンシー開発のためのPDCAモデルの提案-減災型地域社会リーダーのコンピテンシー開発を事例に-, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 139-142, 2014年3月.
13)根本 淳子, 井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : レイヤーモデルを用いた学習設計支援方法についての検討, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 285-288, 2014年3月.
14)竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリ キュラム「オリジナルSCC企画書」提出課題の分析に基づく作成支援ポイントの整理, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 123-128, 2014年3月.
15)高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 問題解決型学習のための多段階難易度練習問題の枠組みの提案-新人看護師研修のブレンディング型eラーニングを事例として-, 教育システム情報学会2013年度特集研究会(名古屋学院大学)研究報告, Vol.28, No.7, 81-86, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1)大石 慶二, 竹内 裕久, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 71-79, 2014年2月.
2)菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 81-89, 徳島, 2014年2月.
3)成行 義文 : 第8章 進路・就職について, 徳島大学学生生活実態調査(学部学生対象)報告書, 78-82, 2014年3月.

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{276990}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)白山 靖彦 : ケアマネしあわせ便利帳2014年度版, 日総研, 名古屋, 2014年4月.
2)白山 靖彦 : 介護支援専門員速習テキスト第18版, 日総研, 名古屋, 2014年4月.
3)吉本 勝彦, 赤池 雅史, 苛原 稔, 青田 桂子 : 歯科医師のための医学ハンドブック, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年5月.
4)陶山 史朗 : 「光」の制御技術とその応用事例集, --- プリズム現象の発生原理 ---, 2014年5月.
5)赤池 雅史 : 歯科医師のための医学ハンドブック「呼吸困難・息切れ・喘息」, 医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
6)佐野 茂樹 : IV 有機・高分子化学品/材料,16章 医薬品,16.4.8 アレルギー・喘息薬, 丸善 株式会社, 2014年7月.
7)酒井 徹 : 免疫疾患(食物アレルギーなど), 株式会社 中外医学社, 東京, 2014年8月.
8)齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 基礎物理学実験テキスト (2014年度後期改訂版), 徳島大学生協, 2014年10月.
9)酒井 徹 : 公衆栄養学第5版, 株式会社 中外医学社, 東京, 2015年2月.
10)酒井 徹 : 公衆栄養学第5版, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 2015年2月.
11)Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Parametric Control to Avoid Bifurcation Based on Maximum Local Lyapunov Exponent, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
12)Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Jun-ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Robust Bifurcation Analysis Based on Degree of Stability, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
13)Yasuaki Oishi, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Use of a Matrix Inequality Technique for Avoiding Undesirable Bifurcation, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
14)Hiroyuki Kitajima and Tetsuya Yoshinaga : A Method for Constructing a Robust System Against Unexpected Parameter Variation, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
15)清水 新二, 宮本 みち子, 吉原 千賀, 神原 文子, 上野 加代子 : 『新訂 家族生活研究 - 家族の景色とその見方ー』(6章ネットワークとしての家族,7章グローバルのなかの家族 執筆), 放送教育振興会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Takayuki Ise, Takashi Iwase, S Masuda, Shusuke Yagi, Masashi Akaike, S Nishio, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Acute pulmonary thromboembolism from deep vein thrombosis induced by trauma to the popliteal vein with a tennis racket., Journal of Cardiology Cases, Vol.9, No.4, 162-164, 2014.
2)Yoshitaka Hosokawa, Satoru Shindo, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : IL-6 trans-signaling enhances CCL20 production from IL-1-stimulated human periodontal ligament cells., Inflammation, Vol.37, No.2, 381-386, 2014.
3)Kyung-Sun Heo, J Hannah Cushman, Masashi Akaike, Chang-Hoon Woo, Xin Wang, Xing Qiu, Keigi Fujiwara and Jun-ichi Abe : ERK5 activation in macrophages promotes efferocytosis and inhibits atherosclerosis., Circulation, Vol.130, No.2, 180-191, 2014.
4)中野 雅德, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 那賀川 明美, 中江 弘美, 伊賀 弘起, 大熊 るり, 藤島 一郎 : 要介護高齢者の口腔ケアを支援する簡易版アセスメントシートの開発, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会誌, Vol.18, No.1, 3-12, 2014年.
5)坂東 智子, 赤池 雅史, 鶴尾 美穂, 石本 寛子, 宮内 和瑞, 坂東 良美, 生島 葉子, 宮 恵子, 瀧 雅, 原田 和代, 角瀬 裕子, 豊崎 纏 : 徳島市医師会の女性医師支援事業, 四国医学雑誌, Vol.70, No.5-6, 161-166, 2014年.
6)Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma., Leukemia, 2014.
7)藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 中江 弘美, 薮内 さつき, 白山 靖彦, 尾崎 和美 : 歯科衛生士養成臨床実習における学習プロセスに関する質的分析, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.5, No.1, 39-45, 2014年.
8)Ken'ichi Fujimoto, Yoshihiro Tanaka, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-time method and its discretization to inverse problem of intensity-modulated radiation therapy treatment planning, Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation, Vol.19, No.6, 1996-2004, 2014.
9)島田 広昭, 石垣 泰輔, 武藤 裕則, 馬場 康之, 大年 邦雄 : 海岸利用者の津波に対する防災意識の経年低下, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.30, No.2, I_37-I_42, 2014年.
10)山本 裕紹, 内田 景太朗, 高橋 昌史, 陶山 史朗 : 3層液晶パネルによる3視点表示 及びセキュア2視点表示, 映像情報メディア学会誌, Vol.68, No.10, J460-J463, 2014年.
11)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : IL-22 Enhances CCL20 Production in IL-1-Stimulated Human Gingival Fibroblasts., Inflammation, Vol.37, No.6, 2062-2066, 2014.
12)Mai Yamamoto, Ko-ichi Magishi, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Manabu Takusari, Hirotaka Kato and Chihiro Sekine : NMR Study of Filled Skutterudite Pr0.9Ce0.1Ru4P12, JPS Conference Proceedings, Vol.3, 011003-1-011003-6, 2014.
13)Ko-ichi Magishi, Takahiro Kusaka, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Hitoshi Sugawara, Yuko Sekihara, Kenya Tanaka, Hidekazu Aoki and Hideyuki Sato : NMR/NQR Studies of Filled Skutterudite La0.5Co4Sb12, JPS Conference Proceedings, Vol.3, 011064-1-011064-6, 2014.
14)Hiroyuki Kitajima and Tetsuya Yoshinaga : A Method for Finding Optimal Parameter Values Using Bifurcation-Based Procedure, International Journal of Modern Nonlinear Theory and Application, Vol.3, No.2, 37-43, 2014.
15)Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
16)S Bando, Takeshi Soeki, T Matsuura, Toshiyuki Niki, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, T Aiba, W Shimizu and Masataka Sata : Congenital long QT syndrome with compound mutations in the KCNH2 gene., Heart and Vessels, Vol.29, No.4, 554-559, 2014.
17)Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study, Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
18)Rie Tsutsumi, Tomomi Yoshida, Yoshitaka Nii, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Masao Tsukayama, Rei Hashimoto, Yasuko Taniguchi, Hiroshi Sakaue, Toshio Hosaka, Emi Shuto and Tohru Sakai : Sudachitin, a polymethoxylated flavone, improves glucose and lipid metabolism by increasing mitochondrial biogenesis in skeletal muscle., Nutrition & Metabolism, Vol.11, 32, 2014.
19)Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Agelamadins A and B, Dimeric Bromopyrrole Alkaloids from a Marine Sponge Agelas sp., Organic Letters, Vol.16, No.15, 3916-3918, 2014.
20)Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Takashi Saito, Ryuji Higasinaka, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Pseudogap Behavior in Fully Filled Skutterudite YbFe4Sb12 Detected by Sb NQR, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, No.8, 084712-1-084712-5, 2014.
21)Shigeru Sonoda, Yasuhiko Shirayama, Rie Sakamoto, Shota Nagai and Shinobu Sakurai : Factors Influencing the Zarit Burden Interview in a Japanese Community:Activities of Daily Living and Depressive State, International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, Vol.2, No.216, 2014.
22)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : High serum parathyroid hormone and calcium are risk factors for hypertension in Japanese patients., Endocrine Journal, Vol.61, No.7, 727-733, 2014.
23)Shusuke Yagi, M Fujimura, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, M Tada, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Increase in serum triglyceride was associated with coronary plaque vulnerability in a patient with rheumatoid arthritis., Journal of Cardiology Cases, Vol.10, No.2, 54-57, 2014.
24)Hirotsugu Yamamoto, Yuka Tomiyama and Shiro Suyama : Floating aerial LED signage based on aerial imaging by retro-reflection (AIRR), Optics Express, Vol.22, No.22, 26919-26924, 2014.
25)Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides., Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
26)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto and Michiyasu Nakao : E-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of 2-OBO-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(E)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.32, 4480-4483, 2014.
27)関根 佳明, 日比野 浩樹, 小栗 克弥, 岩本 篤, 永瀬 雅夫, 影島 博之, 佐々木 健一, 赤崎 達志 : 金微粒子によるSiC上グラフェンの表面増強ラマン散乱, レーザー研究, Vol.42, No.8, 652-657, 2014年.
28)T Hara, K Kishi-Tanaka, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike and Masataka Sata : Utility of lower limb positive pressure test for diagnosis of diastolic heart failure: a case report., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 404-408, 2014.
29)Nhat-Tu Le, Yuichiro Takei, Yuki Izawa-Ishizawa, Kyung-Sun Heo, Hakjoo Lee, V Alan Smrcka, L Benjamin Miller, Ae Kyung Ko, Sara Ture, Craig Morrell, Keigi Fujiwara, Masashi Akaike and Jun-Ichi Abe : Identification of Activators of ERK5 Transcriptional Activity by High-Throughput Screening and the Role of Endothelial ERK5 in Vasoprotective Effects Induced by Statins and Antimalarial Agents., The Journal of Immunology, Vol.193, No.7, 3803-3815, 2014.
30)Sonoda Shigeru, Yasuhiko Shirayama, Tanabe Sachiko, Shimomura Kouji and Suzuki Shin : Validity of the progress notebook in supporting patients with higher cortical dysfunction, Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, Vol.5, 93-96, 2014.
31)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 関 陽介, 松村 健, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システム BCP および 非常時のワイヤレスアクセスラインの整備, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 99-107, 2014年.
32)Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Agelamadins C-E, Bromopyrrole Alkaloids Comprising Oroidin and 3-Hydroxykynurenine from a Marine Sponge Agelas sp., Organic Letters, Vol.16, No.19, 5176-5179, 2014.
33)田村 隆雄, 上杉 明大, 武藤 裕則 : 分布型流出モデルを用いた佐波川流域における斜面地中水貯留高と斜面崩壊に関する考察, 第7回土砂災害に関するシンポジウム論文集, 205-210, 2014年.
34)Ray S. Furuya, Kitamura Yoshimi and Shinnaga Hiroko : A Dynamically Collapsing Core and a Precursor of a Core in a Filament Supported by Turbulent and Magnetic Pressures, The Astrophysical Journal, Vol.793, No.article id.94, 23-pages, 2014.
35)Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Genipin inhibits MMP-1 and MMP-3 release from TNF--stimulated human periodontal ligament cells., Biochimie, Vol.107PB, 391-395, 2014.
36)A Takashima, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, S Kimura, Yuka Ueda, K Nishikawa, A Ishii, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike and Masataka Sata : Cardiac rehabilitation reduces serum levels of oxidized low-density lipoprotein., Circulation Journal, Vol.78, No.11, 2682-2687, 2014.
37)島田 広昭, 川中 龍児, 石垣 泰輔, 大年 邦雄, 武藤 裕則, 馬場 康之 : 避難訓練データを援用したマルチエージェントモデルによる海水浴場利用者の安全避難に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70, No.2, I_1346-I_1350, 2014年.
38)T. M. Beltrán, Á. Sánchez-Monge, R. Cesaroni, M. N. S. Kumar, D. Galli, C. M. Walmsley, S. Etoka, Ray S. Furuya, L. Moscadelli, T. Stanke, F. der van S. F. Tak, S. Vig, K.-S. Wang, H. Zinnecker, D. Elia and E. Schisano : Filamentary structure and Keplerian rotation in the high-mass star-forming region G35.03+0.35 imaged with ALMA, Astronomy & Astrophysics, Vol.571, No.article id. A52, 24-pages, 2014.
39)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Hiroshi Nanataki, Shota Tempaku and Michiyasu Nakao : Z-Selective HornerWadsworthEmmons Reaction of 2-TOM-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(Z)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.45, 6248-6251, 2014.
40)Shusuke Yagi, T Hara, R Ueno, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata : Serum concentration of eicosapentaenoic acid is associated with cognitive function in patients with coronary artery disease., Nutrition Journal, Vol.13, No.1, 112, 2014.
41)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : エージェント方式によるWebサービス間のデータ同期の検討, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, 121-124, 2014年.
42)Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans, Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
43)Akiko Nakamoto, Emi Shuto, Rie Tsutsumi, Mariko Nakamoto, Yoshitaka Nii and Tohru Sakai : Vitamin A Deficiency Impairs Induction of Oral Tolerance in Mice., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.2, 147-153, 2015.
44)Tohru Sakai, Tomoyo Taki, Akiko Nakamoto, Shiho Tazaki, Mai Arakawa, Mariko Nakamoto, Rie Tsutsumi and Emi Shuto : Dietary ribonucleic Acid suppresses inflammation of adipose tissue and improves glucose intolerance that is mediated by immune cells in C57BL/6 mice fed a high-fat diet., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 73-78, 2015.
45)Masaki Takeuchi, Naoyuki Miki, Kiichi Ishimine and Hideji TANAKA : Nafion Membrane Tube-Based On-Line Concentrator. Application to Urinary Orotic Acid Determined by Suppressed Ion Chromatography, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 97-100, 2015.
46)Akira Ohbuchi and Jiryo Komeda : The Weierstrass Semigroups on Double Cver of genus Two Curves, Tukuba Journal of Mathematics, Vol.38, No.2, 201-206, 2015.
47)高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledgeを活かした減災型地域社会リーダーのコンピテンシー設計プロセス, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, No.Suppl, 57-60, 2015年.
48)松浦 健二, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 等位置での反復運動スキル学習支援システムーフラフープスキルを対象として, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J98-D, No.1, 61-70, 2015年.
49)Michiyasu Nakao, Shintaro Fukayama, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Rhodotorulic Acid and Its 1,4-Dimethylated Derivative, Heterocycles, Vol.90, No.2, 1309-1316, 2015.
50)Shusuke Yagi, A Takashima, M Mitsugi, T Wada, Junko Hotsuchi, Ken-ichi Aihara, T Hara, Masayoshi Ishida, Daiju Fukuda, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata : Effect of combination tablets containing amlodipine 10 mg and irbesartan 100 mg on blood pressure and cardiovascular risk factors in patients with hypertension., Therapeutics and Clinical Risk Management, Vol.11, 83-88, 2015.
51)S Kimura, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, K Nishikawa, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike, Natsuo Yasui and Masataka Sata : Impact of supervised cardiac rehabilitation on urinary albumin excretion in patients with cardiovascular disease., International Heart Journal, Vol.56, No.1, 105-109, 2015.
52)O Ryong-Sok, Takamura Makoto, Furukawa Kazuaki, Masao Nagase and Hiroki Hibino : Effects of UV light intensity on electrochemical wet etching of SiC for the fabrication of suspended graphene, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.54, No.3, 036502-(5pp), 2015.
53)Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Imura Jun-ichi and Kazuyuki Aihara : Robust bifurcation analysis based on optimization of degree of stability, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.11, No.1, 153-162, 2015.
54)Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major., Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.
55)住田 英之, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 堰の部分撤去に伴い上流側へ発達する流路の形状について, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.59, I_925-I_930, 2015年.
56)野村 一至, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 吉野川中流域における砂州地形の長期的変化に及ぼす要因分析, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.59, I_1141-I_1146, 2015年.
57)Naonobu Tanaka, Minami Takekata, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Davaadagva Damdinjav, Enkhajargal Dorjbal and Yoshiki Kashiwada : Algiolide A, secoiridoid glucoside from Mongolian medicinal plant Gentiana algida, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.6, 817-819, 2015.
58)中野 晋, 鳥庭 康代, 武藤 裕則, 宇野 宏司, 金井 純子 : 豪雨災害を対象とした保育所の業務継続のあり方, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.70, No.2, I_45-I_52, 2015年.
59)Masami Yoshioka, Yasuhiko Shirayama, Issei Imoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa and Yuko Takeuchi : Current status of collaborative relationships between dialysis facilities and dental facilities in Japan: results of a nationwide survey, BMC Nephrology, Vol.16, No.17, 2015.
60)井上 貴文, 成行 義文 : パルス性地震動を受ける橋脚の断面力に及ぼす基礎と地盤の非線形動的相互作用の影響, 構造工学論文集, Vol.61A, 256-264, 2015年.
61)久保田 祐歌, 池田 史子 : 大学教育におけるクリティカルシンキング : 育成課題の検討, 名古屋高等教育研究, No.15, 139-160, 2015年.
62)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 胡 萌萌, 入口 幸子, 間賀田 悠吾 : グローバル教育の課題-「持続可能な開発のための教育」の視点から, 大学教育研究ジャーナル, Vol.12, No.12, 54-61, 2015年.
63)Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama and Tetsuya Fujiwara : NMR study of heavy fermion compound EuNi2P2, Journal of Physics: Conference Series, Vol.592, No.1, 012031-1-012031-6, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)垣内 菜摘, 湊 晶帆, 岡澤 悠衣, 大津 朱里, 藤原 奈津美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 : ヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学への短期留学における活動報告, 四国歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 49-53, 2014年.
2)白山 靖彦 : 社会福祉の立場から認知症高齢者の意思決定プロセスを考える, 日本補綴歯科学会誌, Vol.6, No.3, 255-260, 2014年.
3)白山 靖彦 : クリニカルリハビリテーション, 高次脳機能障害者に関連する法制度, Vol.23, No.11, 1059-1065, 2014年.
4)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 上岡 麻衣子 : 2014年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.12, 90-111, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

1)Keisuke Kobayashi, Shinichi Tanabe, Takuto Tao, Toshio Okumura, Takeshi Nakashima, Takuya Aritsuki, Ryong-Sok O and Masao Nagase : Resistivity anisotropy measured using four probes in epitaxial graphene on silicon carbide, Applied Physics Express, Vol.8, No.2, 036602-(3pp), 2015.

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)永瀬 雅夫 : 高品質単結晶グラフェンの作製技術, --- 大学発!次世代を担うR&D特集 ---, 月刊機能材料, Vol.34, No.5, 28-35, 2014年5月.
2)今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性(第11回若手奨励賞受賞論文), 四国医学雑誌, Vol.70, No.3, 4, 87-92, 2014年8月.
3)成行 義文 : キャリア支援部門長挨拶「キャリア支援室では学生のキャリア学習と就職活動をサポートしています!」, 未来に伸びる徳大生2014 ∼企業様向け大学案内∼, 2014年10月.
4)後藤田 中, 松浦 健二 : フィジカル・コンピューティングによる健康向上支援の先行的取り組み, 医療機器学, Vol.84, No.6, 645-651, 2014年12月.
5)赤池 雅史 : クリニカル・クラークシップの現状と展望∼求められる指導医像とは∼, 徳島市民病院医学雑誌, Vol.29, 1-4, 2015年.
6)成行 義文 : 特集 徳島大学の就職「徳島大学のキャリア教育と学生のみなさんへのメッセージ」, 徳大広報 とくtalk, Vol.158, 4, 2015年1月.
7)山本 裕紹, 陶山 史朗 : 最新3Dディスプレイのからくり ー見える気がする3Dから確実に見える空中表 示までー, 3D合同シンポジウム (映像情報メディア学会立体映像技術研究会 3Dコンソーシアム 共催), 2015年3月.
8)成行 義文 : 第7章 進路選択・就職について, 第5回大学院生生活実態調査報告書, 103-115, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Hirotsugu Yamamoto, Atsuhiro Tsunakawa, Junnosuke Kawakami and Shiro Suyama : Principle and recent developments on depth- fused 3D (DFD) display, SPIE DSS, Vol.9117, 9117-17, Baltimore, Apr. 2014.
2)Hirotsugu Yamamoto, Kengo Sato, Syahmi Farhan and Shiro Suyama : Hand-Waving Steganography by Use of a High-Frame-Rate LED Panel, SID 2014 DIGEST, 915-917, San Diego, Jun. 2014.
3)Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Improving image quality using an extended continuous-time CT image reconstruction system, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.9, No.Supplement 1, S372, Fukuoka, Jun. 2014.
4)Ko-ichi Magishi, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama and Tetsuya Fujiwara : NMR study of heavy fermion compound EuNi2P2, The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCEC2014), SCES2014, Grenoble, Jul. 2014.
5)Kayoko Ueno : Facebook Activism by Foreign Domestic Workers in Singapore, XVIII ISA World Congress of Sociology,, Jul. 2014.
6)Kayoko Ueno : How Japan Imports Social Problems from the West: Child Abuse from the Early 20th Century to the Present, XVIII ISA World Congress of Sociology,, Yokohama, Jul. 2014.
7)Hirotsugu Yamamoto, Yuka Tomiyama and Shiro Suyama : Directivity of floating LED formed with aerial imaging by retro-reflection (AIRR), Digital Holography & 3-D Imaging, DW4B.6, Washington, D.C., Jul. 2014.
8)Ryousuke Kujime, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Bidirectional Visual and Thermal 3D Information Display by Use Crossed-Mirror Array, OSA Technical Digest, Seattle, Jul. 2014.
9)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Collaboration Framework for e-Learning Environment for Disaster Recovery using Smartphone Alert Notification, Proc. of 16th International Conference, HCI International 2014, 118-126, Crete, Jul. 2014.
10)Masao Nagase : Epitaxial graphene grown by infrared rapid thermal annealing, --- [invited] ---, The 6th IEEE International Nanoelectronics Conference (INEC2014), Sapporo, Jul. 2014.
11)Kageshima Hiroyuki, Hiroki Hibino, Hiroshi Yamaguchi and Masao Nagase : Theoretical studies of graphene on SiC, --- [invited] ---, The 6th IEEE International Nanoelectronics Conference (INEC2014), Sapporo, Jul. 2014.
12)Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens, Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
13)Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma : Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb., Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
14)Naonobu Tanaka, Jun'ichi Kobayashi and Yoshiki Kashiwada : Meroterpenoids from Hypericum plants, Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
15)Risa Tanimoto, Takafumi Kurokawa, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Suppression of ghost 3-D image and luminance calibration for multi-focal-lens volumetric 3-D display, The 14th International Meeting on Information Display (IMID 2014), 37-4, Daegu, Aug. 2014.
16)Akinori Tuji, Kengo Sato, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Development of Smart LED Tiles for Scalable and Real-time Large Display, IMID 2014, 29, Daegu, Aug. 2014.
17)Yuka Tomiyama, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : LED aerial-image size dependence on floating distance by Retro-Reflection, The 14th International Meeting on Information Display, 6-1, Daegu, Aug. 2014.
18)Shintaro Yamada, Shiro Suyama, Hirotsugu Yamamoto and Idaku Ishii : Motion direction dependence of perceived depth by monocular motion parallax, iMiD'14, Daegu, Aug. 2014.
19)Ryousuke Kujime, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Crossed-mirror array configuration with one-side mirrors for four-view aerial LED signage, IMID 2014, 6-4, Daegu, Aug. 2014.
20)Tsuji Akinori, Kengo Sato, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Development of Smart LED Tiles for Scalable and Real-Time Large Display, IMID 2014, 6-3, Daegu, Aug. 2014.
21)Fumito Kimura, Takuya Yamamoto, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Dynamic wavefront changes in high-speed LC prism by using LED flashing, IMID 2014, P1-88, Daegu, Aug. 2014.
22)Shinya Yoshioka, Keita Yamada and Kenji Matsuura : Supporting system for the form improvement on rope skipping skill by image processing, 2014 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 328-331, Kitakyusyu, Japan, Aug. 2014.
23)Mamiko Ito, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav and Yoshiki Kashiwada : Study on the constituents of Hypericum plants (38): structures of prenylated coumarins from H. perforatum, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 97, Fukuoka, Sep. 2014.
24)Natsuki Kobayakawa, Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Hirofumi Shibata and Yoshiki Kashiwada : Plant-derived anti-influenza A virus agents: Study on the roots of Salvia miltiorrhiza, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 87, Fukuoka, Sep. 2014.
25)Naonobu Tanaka, Eri Tsuji, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Structures of hikiokoshins AI, diterpenes from the leaves of Isodon japonicus, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 96, Fukuoka, Sep. 2014.
26)Daisuke Hinode, Tokiko Doi, Hiromi Nakae, Satsuki Yabuuchi, Kanako Tamatani, Masami Yoshioka, Miwa Matsuyama, Hiroki Iga, Hiroki Iga and Yuzuru Fukushima : Relationship between sufficient chewing behavior and oral conditions in Japanese primary school children through the chewing 30 program, 100th Annual Meeting of American Academy of Periodontology, Sep. 2014.
27)Yuka Tomiyama, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Comparison of retroreflective elements directivity of aerial imaging by retroreflection (AIRR), JSAP-OSA Joint Symposium 2014, 18-114, Sapporo, Sep. 2014.
28)Ryousuke Kujime, Kouhei Miyamoto, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : System of crossed-mirror array to converge illumination light for culturing chlorella, JSAP-OSA Joint Symposia 2014, 20p--C4-3, Sapporo, Sep. 2014.
29)H. Hayashida, Yasunori Muto, Takao TAMURA and T. Tazoe : Scour and Deposition around Spur Dykes with Longitudinal Dykes, Proc. IAHR-APD 2014, Hanoi, Vietnam, Sep. 2014.
30)H. Sumida, Yasunori Muto and Takao TAMURA : Impact on Bed Morphology due to Partially Removed Weir, Proc. IAHR-APD 2014, Hanoi, Vietnam, Sep. 2014.
31)K. Nomura, Yasunori Muto and Takao TAMURA : Channel Transition Processes by Natural and Artificial Impacts in the Middle Yoshino River, Proc. IAHR-APD 2014, Hanoi, Vietnam, Sep. 2014.
32)T. Ishigaki, A. Shimada, Yasunori Muto and Y. Baba : TSUNAMI Preparedness and Evacuation of Beach Users, Proc. IAHR-APD 2014, Hanoi, Vietnam, Sep. 2014.
33)Masao Nagase : Graphene on SiC substrates fabricated by an infrared rapid thermal annealer, --- [invited] ---, 3rd International Conference on Nanotechnology (NANOCON 014), Pune, India, Oct. 2014.
34)Hirotsugu Yamamoto, Yuka Tomiyama and Shiro Suyama : Multi-layered floating display by use of retro-reflector, IWH (International Workshop on Holography and Related Technologies) 2014 Digest, 34-35, Beijing, Oct. 2014.
35)Ryousuke Kujime, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Viewing angle of aerial image by use crossed-mirror array, IWH (International Workshop on Holography and Related Technologies) 2014 Digest, No.16p06, 86-87, Beijing, Oct. 2014.
36)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment based on Private Cloud Collaboration, Proc. of 13th International Conference WWW/Internet 2014 (ICWI2014), 387-390, Porto, Oct. 2014.
37)Keita Yamada and Kenji Matsuura : Design of an Environment for Motor-skill Development based on Real-time Feedback, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 799-804, Nara, Japan, Nov. 2014.
38)LKHAGVASUREN Erdenesaikhan, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Learning Log Dashboard: to see your own progress, Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 528-532, Nara, Japan, Dec. 2014.
39)Takeshi Ogusu, Takeshi Uemura, Katsuya Uchimoto, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric determination of phosphate ion by amplitude modulated multiplexed flow analysis, 19 th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.
40)Risa Tanimoto, Takafumi Kurokawa, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Floating depth-fused 3D image using multi-focal lens 3D system for image data reduction, International Display Workshops 2014 (IDW'14), Vol.21, 898-901, Niigata, Dec. 2014.
41)Tomoki Soumiya, Hidenori Kuribayashi, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Wide Viewing Zone by Dynamic Head Movement in Edge-Based DFD Display, Proc. of The International Display Workshops, Vol.21, 902-905, Niigata, Dec. 2014.
42)Shintaro Yamada, Shiro Suyama, Hirotsugu Yamamoto and Idaku Ishii : Perceived depth degradation by delay time and discontinuous image flipping in monocular motion parallax display, IDW'14, 910-913, Niigata, Dec. 2014.
43)Ryousuke Kujime, Kouhei Miyamoto, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Crossed-Mirror Array (CMA) converges sound wave in 3D space, IDW'14, 3Dp1-7, Niigata, Dec. 2014.
44)Masaki Takeuchi, Kiichi Ishimine, Naoyuki Miki, Yuki Miyazaki and Hideji TANAKA : Nafion tube-based carbonate removal device for ion chromatography, 19 th International Confere0nce on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.
45)Kengo Sato, Akinori Tuji, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Development of column-parallel LED screen with flexible shape, Proc. of The International Display Workshops, Vol.21, 1139-1142, Niigata, Dec. 2014.
46)Yuka Tomiyama, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Fabrication of special glass-beads retroreflector for AIRR, The 21th International Display Workshops (IDW'14), Vol.21, 395-398, Niigata, Dec. 2014.
47)Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae, Satsuki Yabuuchi, Kanako Tamatani, Masami Yoshioka, Miwa Matsuyama, Masanori Nakano, Hiroki Iga and Yuzuru Fukushima : The effect of the education program chewing 30 through the information and communication technology system, The 3rd Asian plus and Tokushima Joint International Conference, Indonesia, Dec. 2014.
48)Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Floating Digital Signage Based on Aerial Imaging Techniques, Proc. IDW, 3D2-2, Niigata, Dec. 2014.
49)Hirotsugu Yamamoto, Yasui Masahiro, Alvissalim Sakti M., Takahashi Masashi, Yuka Tomiyama, Shiro Suyama and Masatoshi Ishikawa : Floating display screen formed by AIRR (Aerial Imaging by Retro-Reflection) for interaction in 3D space, Proc. 2014 International Conference on 3D Imaging (IC3D 2014), Vol.Paper 40, 1-5, Belgium, Dec. 2014.
50)Kenji Matsuura, Yosuke Seki, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Design and Implementation of Organizational Authorization for a Network Monitoring System, Proceedings of the Second International Symposium on Computing and Networking, 605-607, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.
51)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Building of a Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment using Private Cloud Collaboration, Proc. of International Conference on Sustainability, Technology and Education 2014 (STE2014), 233-237, New Taipei City, Dec. 2014.
52)M. Arita, Yasunori Muto and Takao TAMURA : Levee Breach Process by Overflow using a Small Scale Experimental Model, Proc. the 3rd Technical Conference on Hydraulic Engineering, Hong Kong, China, Dec. 2014.
53)Yukiko Yoshida, Shiro Suyama, 石井 抱 and Hirotsugu Yamamoto : Observation of Vibrating Object by Interference Fringe Projection and Lens-Tilt Imaging, 102-103, Okinawa, Dec. 2014.
54)Risa Tanimoto, Takafumi Kurokawa, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : The multifocal lens system be adapted to the depth fused 3D display, The Fourth Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics, Okinawa, Dec. 2014.
55)Hirotsugu Yamamoto, Ryousuke Kujime and Shiro Suyama : Aerial Display of Light, Heat, and Sound, Proc. of DHIP2014 (The Fourth Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics), 48-49, Okinawa, Dec. 2014.
56)Hirotsugu Yamamoto, Ryousuke Kujime and Shiro Suyama : Aerial Display of Light, Heat, and Sound, Proc. of DHIP2014 (The Fourth Japan-Korea Workshop on Digital Holography, 48-49, Okinawa, Dec. 2014.
57)Suginohara Hidetsugu, Sakamoto Hirotaka, Yamanaka Satoshi, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Multi-layer 3D imaging using multiple viewpoint images and depth map, 2015 Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXVI, 9391-37, San Francisco, Feb. 2015.
58)Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-time Dynamic Image Segmentation based on Oscillations in a Coupled System with Adaptive Coupling, Proc. of 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 599-602, Kuala Lumpur, Feb. 2015.
59)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Imprementation of Programming Error Understanding Tools for Programming Learners in the Elementary Grades, Proc. of 2015 International Workshop on Nonlinear Circuits Communications and Signal Processing (NCSP2015),, 437-440, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
60)Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Tanaka and Ken'ichi Fujimoto : Iterative method as discretization of continuous-time method based on dose-volume constrained optimization for intensity-modulated radiation therapy treatment planning, EPOS in European Congress of Radiology 2015, Wien, Mar. 2015.
61)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : IL-4 modulates chemokine productions from IL-1-stimulated human periodontal ligament cells, 93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, Mar. 2015.
62)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Shindo Satoru, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Melatonin inhibits inflammatory mediators productions in human periodontal ligament cells, 93rd General Session & Exhibition of the IADR, Mar. 2015.
63)Shindo Satoru, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : The effect of genipin on dendritic cells activation, 93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 吉川 幸造, 西 正暁, 近清 素也, 髙須 千絵, 柏原 秀也, 松本 規子, 赤池 雅史 : 大学と関連病院が連携した若手医師の研修プログラム構築―地方からの提言―, 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
2)田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続時間法による強度変調放射線治療計画の最適化, 日本放射線技術学会第70回総会学術大会予稿集, 182, 2014年4月.
3)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続時間法を用いたDual-Energy CT画像再構成, 日本放射線技術学会第70回総会学術大会予稿集, 165-166, 2014年4月.
4)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
5)北中 祐太郎, 細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : genipinはTNF-αが誘導するヒト歯根膜由来細胞のIL-6産生を抑制する, 第57回春季歯周病学会学術大会, 2014年5月.
6)大塚 裕太, 松村 沙季, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ATR-IRスペクトルの多変量解析に基づくヒドロキシプロピルセルロース水溶液による結晶転移抑制の研究, 第74回分析化学討論会, 2014年5月.
7)山下 瑛人, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 流出モデルを用いた水位-流量曲線作成手法の適用条件と精度の考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 69-70, 2014年5月.
8)上田 幹洋, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : H-Q曲線の再構築が必要となる洪水規模に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 71-72, 2014年5月.
9)吉岡 昌美, 板東 髙志, 横田 成司, 森山 聡美, 日野出 大輔, 白山 靖彦 : 透析患者の歯科受診・受療行動に影響を及ぼす環境因子の検討, 口腔衛生学会雑誌, Vol.64, No.2, 233, 2014年5月.
10)渡邉 健一, 成行 義文, 豊崎 裕司, 源 貴志 : 部分損傷が梁の1次モード特性に及ぼす影響に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
11)木下 勇人, 成行 義文, 岸本 直人, 白井 常彦 : 実大実験と模型実験に基づく蛇篭の摩擦係数に関する検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
12)立田 成信, 成行 義文, 米原 大樹, 井上 健, 松本 健嗣 : アーチ部の剛性向上による既設パイプハウスの耐風補強法に関する解析的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
13)角田 豊土, 浅川 和也, 成行 義文, 豊崎 裕司 : 1次モード特性に基づく単純合成H型鋼橋の損傷同定法に関する解析的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
14)源 貴志, 成行 義文, 垣内 貴行 : 津波避難時の自動車利用が住民の津波避難挙動に及ぼす影響に関する解析的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 27-28, 2014年5月.
15)柳沢 志津子, 白山 靖彦 : 沖縄離島における介護従事者の感情労働特性, 日本老年社会科学会第56回大会, 2014年6月.
16)吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの取り組みと効果に関する一考察, 大学教育学会第36回大会 発表要旨集禄, 222-223, 2014年6月.
17)本田 壮一, 小原 聡彦, 谷 憲治, 白川 光雄, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 : 医学生実習を受け入れて-5年間の経験よりー, 第110回 日本内科学会四国地区支部主催四国地方会 徳島, 2014年6月.
18)坂根 亜由子, 西村 将臣, 吉澤 信, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動においてRab13-JRAB系がつくりだす秩序と法則性, 第66回日本細胞生物学会, 2014年6月.
19)齊藤 隆仁 : 学びのコミュニティーを活用した徳島大学における教養教育, 第62回 中国・四国地区大学教育研究会, 6, 2014年6月.
20)山田 晋太郎, 陶山 史朗, 山本 裕紹, 石井 抱 : 単眼運動視差により知覚される奥行きの運動方向依存性, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.38, No.24, 21-24, 2014年6月.
21)細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 活性型ビタミンDはIL-1β刺激ヒト歯根膜細胞の炎症性サイトカイン産生を抑制する, 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
22)進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはE.coli LPSが誘導するヒト歯根膜細胞のIL-6およびIL-8産生を抑制する, 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
23)柳沢 志津子, 白山 靖彦, 中野 雅德, 尾崎 和美, 伊賀 弘起 : 口腔保健業務支援システムを用いた離島高齢者福祉施設における連携体制の構築, 第11回日本口腔ケア学会総会, 2014年6月.
24)上野 加代子 : チェンマイにおける日本人退職者のケア戦略, 福祉社会学会(東洋大学), 2014年6月.
25)石川 久子, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 東 雅之, 松尾 敬志, 丹黒 章 : 外来化学療法患者の口腔健康管理に対する意識調査, 第11回日本口腔ケア学会・旭川, 2014年6月.
26)岡田 英史, 大川 晋平, 谷川 ゆかり, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 橋本 康, 岩瀬 正, 河野 理, 星 詳子 : ヒト生体イメージングを目指した革新的バイオフォトニクス技術の構築, 第53回日本生体医工学会学会大会.シンポジウム, 2014年7月.
27)薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 星野 由美, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 高齢者交流学習後の歯学部生の高齢者イメージの変化 ・北九州, 日本歯科医学教育学会雑誌, 105, 2014年7月.
28)星野 由美, 溝部 潤子, 中道 敦子, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 岩城 重次, 菅 武雄 : 口腔ケアシミュレータを応用したリカレント教育の試み -学生実習との比較- ・北九州, 第33回日本歯科医学教育学会, 2014年7月.
29)富山 裕香, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 再帰反射による空中結像(AIRR)におけるLED空中像の大きさ, 3次元画像コンファレンス2014, 5-1, 2014年7月.
30)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 動脈硬化および虚血に対するeNOS非依存的なピタバスタチンの臓器保護効果の検討, 第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年7月.
31)今田 久美子, 伊勢 孝之, 原 知也, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 心不全を合併した頻脈性心房細動にランジオロールを有効に使用することができた2症例, 第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
32)長宗 雅美, 岩田 貴, 福富 美紀, 赤池 雅史 : 医学生に必要な医療コミュニケーション能力―臨床実習前教育とクリニカルクラークシップとのギャップー, 第46回日本医学教育学会大会, 2014年7月.
33)石井 亜由美, 八木 秀介, 西川 幸治, 後藤 強, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 : 心臓リハビリテーション実施期間中の体重増加が運動耐容能におよぼす影響, 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
34)西川 幸治, 石井 亜由美, 後藤 強, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 : 運動習慣の有無が運動耐用能および動脈機能の関係に及ぼす影響について, 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
35)Bukasa Kalubi, Omar Maningo Rodis, Masashi Akaike and Kiyoshi Fukui : Communication Know-how course: A practical approach to improving professional communication skills in graduate and post-graduate education, 17th JASMEE Academic Meeting, Jul. 2014.
36)Yosuke Sakai, Bukasa Kalubi, Masashi Akaike and A. Nishimura : Enhancing English communication skills through a students-run English-only extracurricular activity, Journal of Medical English Education, Vol.13, No.2, 38, Jul. 2014.
37)成行 義文 : 新パイプハウス構造解析, 第5回未来農業検討会, 2014年7月.
38)髙木 直弥, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ウェットデニューダー/ミストチャンバー法による水溶性酸性ガス/PM2.5の連続分析, 第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
39)成田 三紀, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフィーを用いた環境中の過塩素酸イオン分析法の検討, 第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
40)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について, 日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
41)谷本 理沙, 黒川 隆文, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 多焦点レンズを用いたDFD表示の評価, 映像情報メディア学会2014年年次大会予稿集, 23-7, 2014年9月.
42)富山 裕香, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 再帰反射によるLED空中像(AIRR) の視域, 映像情報メディア学会2014年次大会講演予稿集, 23-6, 2014年9月.
43)真岸 孝一, 渡邉 凌, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 斉藤 隆志, 東中 隆二, 青木 勇二, 佐藤 英行 : 高圧合成YbFe4Sb12のSb-NQR, 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, 374, 2014年9月.
44)久田 旭彦, 小山 晋之, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 松林 和幸, 上床 美也, 島 龍夫, 萩原 亮 : PrBa2Cu4O8セラミックスにおける超伝導の圧力効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, 424, 2014年9月.
45)吉岡 真也, 山田 慶太, 松浦 健二 : 画像処理による縄跳びフォーム改善支援, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 387-388, 2014年9月.
46)竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : "学習者個人に係わる要因"分析によるストーリー中心型カリキュラム(SCC)アドオンの方向性の再検討, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 125-126, 2014年9月.
47)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関における教育システムのためのプライベートクラウドの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 143-144, 2014年9月.
48)高橋 暁子, 喜多 敏博 : 学習内容の選択を支援するMoodleプラグイン - Moodle2での動作のためのアップデート -, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 223-224, 2014年9月.
49)戸川 聡, 金西 計英 : プライベートクラウド連携によるLMS 減災フレームワークの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 145-146, 2014年9月.
50)中野 晋, 鳥庭 康代, 武藤 裕則, 宇野 宏司, 金井 純子 : 集中豪雨による保育所の被災と早期再開に向けた取り組み, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.69, 165-166, 2014年9月.
51)松浦 健二 : 反復運動を対象とした身体(運動)スキル開発支援, 教育システム情報学会第39回全国大会公開フォーラム, 2014年9月.
52)根本 淳子, 市川 尚, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : ID基礎力養成に向けたID実力チェックの設計, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 411-412, 2014年9月.
53)尾方 裕一, 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦 : 時系列分析手法を用いた端末利用予報, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2014年9月.
54)中屋敷 義浩, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : スケジューリングを鑑みたイベント情報共有システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 339, 2014年9月.
55)立井 宏明, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : PC上の作業ログを活用した学生支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 342, 2014年9月.
56)伊賀 弘起 : 新しい歯科衛生士の養成をめざして, --- 多職種連携における歯科衛生士の教育 ---, 日本歯科衛生学会 第8回学術大会ワークショップ・神戸, 2014年9月.
57)有月 琢哉, 奥村 俊夫, 呉 龍錫, 中島 健志, 小林 慶祐, 永瀬 雅夫 : デバイス化プロセスにおける SiC 上グラフェン電子物性変調, 第75回応用物理学会秋季学術講演会(応物2014秋), No.17p-B1-4, 2014年9月.
58)泰地 耕作, 奥村 俊夫, 中島 健志, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェン表面電位の環境雰囲気効果に関する研究, 第75回応用物理学会秋季学術講演会(応物2014秋), No.17p-B1-5, 2014年9月.
59)石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 竹内 政樹 : Nafion tubeを用いた炭酸イオン除去装置, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
60)三木 直之, 石嶺 希一, 田中 秀治, 竹内 政樹 : Nafion tubeを用いたポストカラム濃縮法による陰イオンの高感度定量, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
61)内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ミセル濃縮を利用した振幅変調フロー分析法, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
62)宮崎 亜珠美, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 縮合リン酸の酸加水分解に対する金属イオンの影響, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
63)大楠 剛司, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法; 内標準法の導入の検討, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
64)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 粉末X線回折法とケモメトリックスに基づく医薬品原末中の多成分の同時定量, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
65)青木 翔, 呉 龍錫, 井口 宗明, 中島 健志, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンのラマンスペクトルにおける表面成分抽出, 第75回応用物理学会秋季学術講演会(応物2014秋), No.18p-B1-9, 2014年9月.
66)関根 佳明, 日比野 浩樹, 小栗 克弥, 岩本 篤, 永瀬 雅夫, 影島 博之, 赤崎 達志 : 金微粒子によるSiC上グラフェンの表面増強ラマン散乱, 第75回応用物理学会秋季学術講演会(応物2014秋), No.18p-B1-12, 2014年9月.
67)影島 博之(島根大学), 日比野 浩樹, 山口 浩司, 永瀬 雅夫 : SiC(0001) Si 面上第一層目グラフェン成長における [1-100]ステップの役割, 第75回応用物理学会秋季学術講演会(応物2014秋), No.19p-B3-3, 2014年9月.
68)高橋 暁子, 金西 計英 : eラーニングおける受講状況の分析:学習行動の7分類を用いて, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 191-192, 2014年9月.
69)井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 根本 淳子, 鈴木 克明 : 教材設計マニュアルによる教材作成を支援するJob-Aidツールの拡張, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 219-220, 2014年9月.
70)大古 和也, 陶山 史朗 : 受動的移動による単眼運動視差の奥行き評価, 第15回情報フォトニクス研究グループ研究会(秋合宿)講演予稿集, 46, 2014年9月.
71)坂根 亜由子, 西村 将臣, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動においてJRABがつくりだす秩序と法則性, 第73回日本癌学会総会, 2014年9月.
72)岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 江藤 祥平, 中尾 寿宏, 赤池 雅史 : 内視鏡外科手術におけるOff-the-jobトレーニングを科学する, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
73)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 非線形微分方程式を用いた磁気共鳴画像再構成, 第37回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 35, 2014年10月.
74)立石 貴代子, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 微分方程式の離散化に基づくCT画像再構成法, 第37回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 34, 2014年10月.
75)中江 弘美, 日野出 大輔, 森山 聡美, 土井 登紀子, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起 : 脳血管障害患者と健常者の舌苔中における細菌叢についての比較検討, 第25回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会・神戸, 2014年10月.
76)武方 みなみ, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹 : 中国ならびにモンゴル産Gentiana属植物の成分研究, 第56回天然有機化合物討論会, 357-362, 2014年10月.
77)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 : シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分, 第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
78)草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 : 沖縄産Agelas属海綿から単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造, 第56回天然有機化合物討論会, 235-240, 2014年10月.
79)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 添木 武, 佐田 政隆 : 血清PTH濃度は高血圧の発症と関連する, 第37回日本高血圧学会総会, 2014年10月.
80)坂根 亜由子, 西村 将臣, 吉澤 信, 横田 秀夫, 佐々木 卓也 : 集団的細胞運動において1分子の構造変化がつくりだす秩序と法則, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
81)進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Shikoninがヒト歯根膜由来細胞のIL-6およびIL-8産生に与える影響, 第141回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2014年10月.
82)中上 久美子, 白山 靖彦, 池田 真己, 榎 恵子, 三野 聖子, 高島 美絵, 岡林 愛, 井手口 英章 : 当校における友人との学習活動と学習との関連について, 日本歯科衛生教育学会誌, Vol.5, No.2, 150, 2014年11月.
83)柳沢 志津子, 白山 靖彦, 中野 雅德, 吉岡 昌美 : 常食化に向けた食物形態と口腔評価との関連に関する研究 ―口腔評価に基づく食物形態選択のアルゴリズムの開発―, 平成26年度 全国老人福祉施設研究会議, 2014年11月.
84)宗宮 智貴, 栗林 秀範, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : Edge-based DFD 表示方式におけるオーバーラップ条件の緩和, --- エッジ画像の水平移動の影響 ---, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2014 講演予稿集, 5aDS5, 2014年11月.
85)久次米 亮介, 宮本 康平, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 直交ミラーアレイを用いた空中への音の収束, Optics & Photonics Japan 2014, 5aDS12, 2014年11月.
86)富山 裕香, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 屈折率の異なるガラスビーズによる再帰反射光の広がり比較, Optics & Photonics Japan 2014 講演予稿集, 6aE10, 2014年11月.
87)中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用したロドトルラ酸の効率的合成, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
88)草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 : 沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドAgelamadins C-Eの構造, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 155, 2014年11月.
89)佐藤 寿世, 田中 直伸, 敷島 康普, 酒巻 康明, 柏田 良樹 : 徳島県産ハスNelumbo nucifera可食部の成分研究, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 156, 2014年11月.
90)洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
91)松澤 和樹, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, Ahmed Fakhruddin Ali, 柏田 良樹 : バングラディシュ産植物の成分研究(4) -センダン科植物Xylocarpus mekongensis樹皮の成分研究-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 158, 2014年11月.
92)中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質ロドトルラ酸ならびに関連誘導体の効率的合成, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
93)赤池 雅史 : これからの医学教育∼総合診療への期待∼, 第14回日本PC連合学会四国ブロック支部/第21回四国地域医学研究会学術集会・合同集会ミニレクチャー, 2014年11月.
94)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : グローバル化社会に向けた生涯教育, --- 留学生と学び合う大学教育との融合 ---, 日本生涯教育学会, 2014年11月.
95)久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 程 金光, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 直樹, DENG Guochu, POMJAKUSHINA Ekaterina, CONDER Kazimierz, RADHEEP MOHAN Dinadhayalane, THIYAGARAJAN Raman, ESAKKIMUTHU Sankaran, ARUMUGAM Sonachalam : 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41単結晶の電気抵抗の異方性, 高圧力の科学と技術, Vol.24, 219, 2014年11月.
96)松下 夏樹, 松下 佐知, 坂根 亜由子, 佐々木 卓也, 今村 健志 : 非組込型レンチウイルスベクターを用いたCRISPR/Cas9システムによる高効率遺伝子ターゲティング, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月.
97)中野渡 友香, 白山 靖彦, 中原 佳子, 濱本 恵, 佐藤 紀, 江西 哲也, 加藤 真介, 木戸 保秀 : 高次脳機能障害者における簡便な自動車運転評価法の検討, 第38回日本高次脳機能障害学会, 2014年11月.
98)白山 靖彦 : 高次脳機能障害支援に関する地域支援ネットワーク会議(研修)に関する報告, 第38回日本高次脳機能障害学会, 2014年11月.
99)白山 靖彦, 伊賀上 舞, 木戸 保秀 : 高次脳機能障害支援拠点機関の前方連携に関する調査報告, 第38回日本高次脳機能障害学会, 2014年11月.
100)濱本 恵, 白山 靖彦, 中野渡 友香, 中原 佳子, 佐藤 紀, 江西 哲也, 加藤 真介, 木戸 保秀 : 重なり五角形を用いた高次脳機能障害評価法(スクリーニング)の検討, 第38回日本高次脳機能障害学会, 2014年11月.
101)竹内 祐子, 柳沢 志津子, 白山 靖彦 : 特例子会社における精神障害者の就労プロセスの検討, 第62回日本社会福祉学会, 2014年11月.
102)豊﨑 裕司, 成行 義文, 源 貴志 : 1次モード形の変化に基づく合成桁橋の損傷同定法に関する数値解析的研究, 第14回日本地震工学シンポジウム論文集, 3812-3821, 2014年12月.
103)源 貴志, 成行 義文 : 津波避難安全性への住民属性の経年変化による影響に関する基礎的研究, 第14回日本地震工学シンポジウム論文集, 3270-3275, 2014年12月.
104)稲垣 太造, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 治療抵抗性本態性高血圧に対する利尿剤の効果-インダパミドが効果的であった2例の検討-, 第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
105)八木 秀介, 鳥居 祐太, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 突然の片側性下肢腫脹を呈した変形性関節症の2例, 第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
106)石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 単心室症患児の開心術後に心臓リハビリテーションを有効に施行し得た一例, 第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
107)今田 久美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 高木 恵理, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 高島 啓, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 慢性血栓塞栓性肺高血圧症にリオシグアトを使用した1症例, 第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
108)高橋 優, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 背景画像の相違による前方物体の奥行き知覚の変化, 映像情報メディア学会技術報告, 5-6, 2014年12月.
109)川瀬 和也 : 現実性と「概念の生成」(シンポジウムIII 『大論理学』本質論刊行200周年記念「本質論から概念論へ――「現実」章の検討」, ヘーゲル哲学研究, No.20, 113-127, 2014年12月.
110)吉田 博, 川野 卓二, 上岡 麻衣子, 宮田 政徳 : 学士課程教育の体系化を可視化するためのカリキュラムマップ作成に関わるFDと現状の課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 22-23, 2014年12月.
111)片山 裕之, 枝川 恵理, 上村 菜月, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学習スタイルの向上・改善を目指した学生と図書館職員の協働による実践の成果と課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 24-25, 2014年12月.
112)薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化, 平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
113)長宗 雅美, 岩田 貴, 辻 暁子, 石田 加寿子, 東 瞳, 赤池 雅史 : 医療系学科1年生合同ワークショップの効果的実践∼8年間の振り返りより, 大学教育カンファレンスin徳島大学, 2014年12月.
114)三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 : 授業のアクティブラーニング化は学生の自学自習を促進するかー反転授業の場合―, 大学教育カンファレンスin徳島大学, 2014年12月.
115)古屋 S. 玲, 齊藤 隆仁 : 徳島大学における「物理学とその関連分野の教育に関する情報交換会」, --- (通称,物理 FD)の試み ---, 平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 14-15, 2014年12月.
116)古屋 S. 玲, 齊藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 佐々木 奈三江 : 徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み, --- 読書からアカデミック・ライティングへ ---, 平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 14-15, 2014年12月.
117)齊藤 隆仁 : リメディアル授業における学力と継続した学習意欲の関係, 平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 40-41, 2014年12月.
118)大橋 眞, 齊藤 隆仁, モロムジャム ツエンヘジャルガルガル, 孫 元至, ウガンバートル ガートルガー, 齊藤 隆仁 : グローバル化社会に向けた教養教育の課題, 平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 2014年12月.
119)上岡 麻衣子, 川野 卓二 : 第1回と第2回の教員の教育に関する意識調査の比較, 平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 抄録集, 72-73, 2014年12月.
120)古屋 S. 玲, 齋藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 吉本 勝彦, 佐々木 奈三江 : 徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み:読書からアカデミック・ライティングへ-, 平成26年度 FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
121)小林 鉄平, 佐藤 謙吾, 辻 明典, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 複数のセンサを搭載したLEDモジュールによる音階の可視化, LED総合フォーラム 2014-2015 in 徳島 論文集, 153-154, 2015年1月.
122)佐藤 謙吾, 小林 鉄平, 辻 明典, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : センサ情報の低レイテンシー表示を可能とする列並列処理LEDディスプレイ, LED総合フォーラム, 155-156, 2015年1月.
123)川上 淳之介, 佐藤 謙吾, 小林 鉄平, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : LEDストライプ型Non-overlapped DFD表示 ―画像ぼけによる奥行き知覚の線形性の改善―, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.39, No.2, 61-64, 2015年1月.
124)宗宮 智貴, 栗林 秀範, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : Edge-based DFD 表示方式の視域角と奥行きにおける課題の解決方法, 情報ディスプレイ研究会- 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会, Vol.39, No.2, 57-60, 2015年1月.
125)佐藤 謙吾, 小林 鉄平, 辻 明典, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 列並列処理による高速LEDスクリーンの開発, 情報ディスプレイ研究会- 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会, Vol.39, No.2, 33-36, 2015年1月.
126)船戸 葉月, 宗宮 智貴, 辻 明典, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : DFD表示方式の前後像で異なった空間周波数フィルタを用いた場合の奥行き知覚, 情報ディスプレイ研究会- 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会, Vol.39, No.2, 83-86, 2015年1月.
127)本田 壮一, 谷 憲治, 白川 光雄, 橋本 崇代, 小原 聡彦, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 : 医学生実習を受け入れて(第2報), 第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
128)岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 : 反転授業を応用したクリニカルクラークシップ学生対象の縫合実習の試み, 第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
129)森山 聡美, 吉岡 昌美, 村上 愛由, 十川 悠香, 中江 弘美, 土井 登紀子, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 : 食道がん周術期患者の口腔内状態について, 第60回四国公衆衛生学会総会 平成26年度四国公衆衛生研究発表会・高松, 2015年2月.
130)白山 靖彦 : 高次脳機能障害者支援の現状と課題 -包括的リハビリテーションの有用性-, 第25回 回復期リハビリテーション病棟協会, 26, 2015年2月.
131)寺井 一弘, 河口 洋一, 武藤 裕則, 野村 一至 : 吉野川におけるアユの産卵場変化と河道の経年変化, 第42回 四国魚類研究会(徳島), 2015年2月.
132)Kayoko Ueno : From a Closet in the Employers House: Facebook Activism among Foreign Domestic Workers, International Workshop on Intimate Lives of Labores, Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University, Mar. 2015.
133)白山 靖彦 : わかりやすい高次脳機能障害, 第38回 日本脳神経外傷学会, 2015年3月.
134)中村 宏典, 久次米 亮介, 山本 裕紹, 陶山 史朗 : 音の収束に関するCMAのスケールに関する研究, 第13回関西学生研究論文講演会, 33-34, 2015年3月.
135)吉田 博, 宮田 政徳, 上岡 麻衣子, 山田 剛史 : SPODにおいて標準化された新任教員研修の成果と課題, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 106-107, 2015年3月.
136)小田 達也, 小林 慶祐, 有月 琢哉, 青木 翔, 永濵 拓也, 永瀬 雅夫 : HSQ 塗布による SiC 上グラフェンのキャリア濃度変化, 第62回応用物理学会春季学術講演会(応物2015春), No.12a-D7-8, 2015年3月.
137)亀岡 由佳, 佐々木 奈三江, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学生・教員・図書館職員の協働による学修支援の取り組み, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 98-99, 2015年3月.
138)久次米 亮介, 宮本 康平, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 直交ミラーアレイによって収束された音波の波形, 第62回応用物理学会春季学術講演会, 14a-A11-4, 2015年3月.
139)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 尾方 裕一 : 時系列データ分析による端末利用予測システム, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 27-28, 2015年3月.
140)久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 程金 光, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 直樹, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam : 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41における電気抵抗の異方性と超伝導の圧力効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.1, 2367, 2015年3月.
141)真岸 孝一, 渡邊 凌, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 : 遍歴電子強磁性体Sr2ScCoPO3のNMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.1, 2434, 2015年3月.
142)松澤 和樹, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhuruddin, 柏田 良樹 : バングラディシュ産薬用植物に関する研究(5)–センダン科植物Xylocarpus mekogensis樹皮の成分研究–, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 87, 2015年3月.
143)竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 : ミネラル炭酸水に含まれる陰イオンの分析, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
144)草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 : 沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
145)和田 悠, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 田中 直伸, 柏田 良樹 : 抗HIV天然物に関する研究(27)–アミノ酸を含むリンカーによるベツリン酸誘導体とAZTの縮合体の合成と抗HIV活性–, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 226, 2015年3月.
146)上園 望緒, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorival Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(5)–ハマビシ科植物Peganum nigellastrumの成分研究–, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
147)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.
148)田中 秀治, 大楠 剛司, 戌亥 孝次, 吉田 悠, 内本 勝也, 竹内 政樹 : 気節-非相分離振幅変調多重化フロー分析法の開発と応用, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
149)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン‐シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
150)呂 爽欣, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(6)–リンドウ科植物Gentianella acuta地上部の成分研究–, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 129, 2015年3月.
151)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品配合剤原末の赤外スペクトルと粉末X線回折による定量的相関解析, 日本薬学会135年会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成27年度), 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)市川 尚, 根本 淳子, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : IDポータルサイトの現状と改善, 日本教育メディア学会2014年度第1回研究会研究会論集, No.37, 29-34, 2014年7月.
2)成行 義文 : 第8回 工業会ホームカミングデイ, 徳島大学工業会会報, No.60, 68, 2014年8月.
3)八木 香奈枝, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : 有線ネットワーク及び仮想化基盤設備の整備, 第26回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 74-75, 2014年8月.
4)田中 秀治 : Analytical Sciences, ぶんせき, Vol.2014, No.9, 512, 2014年9月.
5)西山 慎悟, 陶山 史朗 : 動くアーク3D表示のための線刻の自動化, 第15回情報フォトニクス研究グループ研究会(秋合宿)講演予稿集, 54, 2014年9月.
6)吉岡 一貴, 陶山 史朗 : アーク3D表示とDFD表示の融合, 第15回情報フォトニクス研究グループ研究会(秋合宿)講演予稿集, No.15, 45, 2014年9月.
7)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学における学認利用申請システムの開発と運用, 第18回学術情報処理研究集会発表論文集, 51-56, 2014年9月.
8)Masao Nagase : Graphene on SiC substrate fabricated by infrared rapid thermal annealer, --- [Invited] ---, India-Japan workshop on "Nanotechnology: Synthesis & Sensing Applications", Oct. 2014.
9)小林 美緒, 吉永 哲哉 : 1次元離散時間振動子の結合系にみられる振動応答を利用した動的画像領域分割, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2014-53, No.2014-10, 43-48, 2014年10月.
10)齊藤 隆仁 : グローバル教育の視点からのESD(2), --- 徳島大学における事例から ---, 第8回 HESDフォーラム2014in名古屋, 2014年11月.
11)久次米 亮介, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 直交ミラーアレイを用いた光と熱の空中像, 第六回多感覚研究会, 2014年11月.
12)山田 慶太, 松浦 健二 : 試行間の関係性を考慮したフラフープ制御スキル開発支援環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B402, 30-33, 2014年11月.
13)高橋 暁子, 竹岡 篤永, 石田 百合子, 鈴木 伸子, 鈴木 克明 : 社会人オンライン大学院修了生のアンケート分析:"修了で身につくコンピテンシー"の充足度の変化を中心に, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.5, 173-180, 2015年1月.
14)成行 義文 : 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業, 2015年2月.
15)吉岡 真也, 松浦 健二 : 手の運動に着目した2重とびスキル学習支援の試み, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B403-11, 56-59, 2015年3月.
16)川瀬 和也 : ヘーゲルと行為論, 行為論研究会 2014年度研究成果報告会, 2015年3月.
17)永瀬 雅夫 : SiC上グラフェンのナノ物性評価, JSM SPM分科会・RIIFセミナー-グリーンエレクトロニクス材料・デバイスのSPM解析技術-, 2015年3月.
18)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化する携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.7, 43-48, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

1)成行 義文 : 平成25年度共同研究報告書「石詰かごの摩擦係数の解明」, 1-87, 2014年4月.
2)佐藤 高則, 宮田 政徳, 堤 和博, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 古屋 S. 玲, 吉本 勝彦, 三好 德和, 荒木 秀夫 : 全学共通教育センター FDの歴史, 徳島大学FDの歴史, Vol.2, 91-111, 徳島, 2014年12月.
3)成行 義文, 大渕 朗, 田中 徳一, 山野 明美, 高石 喜久, 武田 仁志 : 徳島大学キャリア教育4年間の歩み, 1-54, 2015年3月.

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{276990}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1)白山 靖彦 : 介護支援専門員速習テキスト第19版, 日総研, 2015年5月.
2)白山 靖彦 : ケアマネしあわせ便利帳2015年度版, 2015年5月.
3)白山 靖彦 : 高次脳機能障害者の自動車運転再開とリハビリテーション2 「支援体制」, 2015年5月.
4)齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 基礎物理学実験テキスト (2015年度後期改訂版), 徳島大学生協, 2015年10月.
5)田中 秀治, 竹内 政樹 : 基礎分析化学, --- 解説と問題 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2016年1月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)花田 愛, 吉田 健介, 掛井 秀一 : 机上面に形成される心理的領域への天板形状の影響 PBLのための学習環境の開発に関する研究(その1), 日本建築学会計画系論文集, Vol.80, No.710, 823-830, 2015年.
2)高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 新人看護師対象フィジカルアセスメント研修における多段階オンライン練習問題の開発と実践, 教育システム情報学会誌, Vol.32, No.2, 186-191, 2015年.
3)山村 里恵, 古北 一泰, 村尾 和俊, 久保 宜明 : Graham-Little症候群, 皮膚病診療, Vol.37, No.4, 345-348, 2015年.
4)Yoshihiro Tanaka, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Dose-volume constrained optimization in intensity-modulated radiation therapy treatment planning, Journal of Inequalities and Applications, Vol.1, No.2015:122, 2015.
5)Hideo Nishino, Saygo Ishii and Takashi Furukawa : Resonant phenomena of circumferential SH waves converted from T(0,1) mode guided waves at non-axisymmetric defects, 41th annual review of progress in quantitative nondestructive evaluation, Vol.34, 221-226, 2015.
6)松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 : ヒアレインミニ点眼液とミドリンP点眼液による接触皮膚炎, 皮膚病診療, Vol.37, No.5, 475-478, 2015年.
7)Y Yamamoto, T Ueyama, T Ito and Yoshihiro Tsuruo : Downregulation of growth hormone 1 gene in the cerebellum and prefrontal cortex of rats with depressive-like behavior, Physiological Genomics, Vol.47, No.5, 170-176, 2015.
8)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Tomoya Hara, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata : Effects of docosahexaenoic acid on the endothelial function in patients with coronary artery disease., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.22, No.5, 447-454, 2015.
9)Noriko Tarashima, Tatsuya Sumitomo, Hidenori Andou, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa : Synthesis of DNA fragments containing 2-deoxy-4-selenonucleoside units using DNA polymerases: comparison of dNTPs with O, S and Se at the 4-position in replication Org, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.25, 6949-6952, 2015.
10)Yasuaki Oishi, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Robustification of a Nonlinear Dynamical System with a Stability Index and a Matrix Inequality, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.8, No.3, 209-213, 2015.
11)Shin-ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Acylated neo-clerodanes and 19-nor-neo-clerodanes from the aerial parts of Scutellaria coleifolia (Lamiaceae)., Phytochemistry, Vol.116, 298-304, 2015.
12)湊 晶帆, 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 松山 美和 : 歯科衛生士教育におけるOSCE形式実技試験の環境構築, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.1, 30-39, 2015年.
13)Y Yamamoto, T Ueyama, T Ito and Yoshihiro Tsuruo : Gene expression profiling in rats with depressive-like behavior, Genomics Data, Vol.5, 279-280, 2015.
14)Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi, Makoto Otsuka, Besim Ben-Nissan, David Grossin and Hideji TANAKA : Effect of carbon dioxide on self-setting apatite cement formation from tetracalcium phosphate and dicalcium phosphate dihydrate; ATR-IR and chemoinformatics analysis, Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.10, 2781-2788, 2015.
15)Koji Inui, Haruka Yoshida, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Air Segmented Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition to the Determination of Ammonium Ion in Water Samples, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.1, 5-8, 2015.
16)Yuta Otsuka, Masahiro Yamamoto, Hideji TANAKA and Makoto Otsuka : Predictive Evaluation of Pharmaceutical Properties of Direct Compression Tablets Containing Theophyline Anhydrate by Near-Infrared Spectroscopy, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.25, No.3, 223-236, 2015.
17)Shimokawa Yoshihiko, Yoda Noriaki, Kondo Satoshi, Yamamura Yoshiya, Yoshiharu Takiguchi and Umehara Ken : Inhibitory Potential of Twenty Five Anti-tuberculosis Drugs on CYP Activities in Human Liver Microsomes, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.9, 1425-1429, 2015.
18)Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida : Anti-PEG IgM is a major contributor to the accelerated blood clearance of polyethylene glycol-conjugated protein, Molecular Pharmaceutics, Vol.12, No.7, 2429-2435, 2015.
19)Tomoya Hara, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Masataka Sata : Transdermal patch of bisoprolol for the treatment of hypertension complicated with aortic dissection., International Journal of Cardiology, Vol.198, 220-221, 2015.
20)Munehira Kawanishi, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Ikuko Sagawa, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Comprehensive analysis of PEGylated liposome-asscociated proteins relating to the accelerated blood clearance phenomenon by combination with shotgun analysis and conventional methods, Biotechnology and Applied Biochemistry, Vol.62, No.4, 547-555, 2015.
21)Shigeki Sano, Hayato Sumiyoshi, Atsuhi Handa, Rie Tokizane and Michiyasu Nakao : A Novel Synthetic Approach to Glycerophospholipid via Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Mixed Phosphonoacetate, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.32, 4686-4688, 2015.
22)吉岡 昌美, 白山 靖彦, 井本 逸勢, 柳沢 志津子, 日野出 大輔 : 歯科併設のない人工透析実施医療機関における医科歯科連携, 口腔衛生学会雑誌, Vol.65, No.4, 348-353, 2015年.
23)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Calcitriol Suppressed Inflammatory Reactions in IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells., Inflammation, Vol.38, No.6, 2252-2258, 2015.
24)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Daiju Fukuda, HM Salim, Masayoshi Ishida, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Predictive factors for efficacy of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors in patients with type 2 diabetes mellitus., Diabetes & Metabolism Journal, Vol.39, No.4, 342-347, 2015.
25)Shin-Ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Coleifolides A and B, Two New Sesterterpenoids from the Aerial Parts of Scutellaria coleifolia H.Lév., Chemistry & Biodiversity, Vol.12, No.8, 1200-1207, 2015.
26)Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Effect of hydroxypropyl cellulosse and hydroxypropyl methylcellulose on carbamazepine polymorphic transformation; attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemiinformatics analysis, Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.12, 3471-3478, 2015.
27)Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes., Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
28)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Teppei Yano, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao : Synthesis of Allenyl Esters by Horner-Wadsworth-Emmons Reactions of Ketenes Mediated by i-PrMgBr, Synlett, Vol.26, No.15, 2135-2138, 2015.
29)Rie Tsutsumi, Masakazu Goda, Chisa Fujimoto, Kyoko Kanno, Misaki Nobe, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Misako Kawai, Hideki Matsumoto, Tohru Sakai and Noriaki Takeda : Effects of chemotherapy on gene expression of lingual taste receptors in patients with head and neck cancer., The Laryngoscope, Vol.126, No.3, E103-E109, 2015.
30)Taro Shimizu, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Masami Ukawa, Hidenori Andou, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida : Anti-PEG IgM and complement system are required for the association of second doses of PEGylated liposomes with splenic marginal zone B cells, Immunobiology, Vol.220, No.10, 1151-1160, 2015.
31)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Mika Bando, Tomoya Hara, Sachiko Nishimoto, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata : Reduced ratio of eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid to arachidonic acid is associated with early onset of acute coronary syndrome., Nutrition Journal, Vol.14, No.1, 111, 2015.
32)Akira Ohbuchi and Kei Miura : Automorphism group of plane curve computed by Galois points, Beiträge zur Algebra und Geometrie / Contributions to Algebra and Geometry, Vol.56, No.2, 695-702, 2015.
33)T Shigekiyo, E Sekimoto, H Shibata, Shuji Ozaki, T Okumura, H Fujinaga, H Shibata, Ken-ichi Aihara and Masashi Akaike : Factor VII Tokushima: the first case of factor VII Cys22Gly with the development of myocardial infarction in the proband receiving recombinant factor VIIa replacement therapy., Blood Coagulation & Fibrinolysis, Vol.26, No.8, 956-958, 2015.
34)Hidenori Andou, Sakiko Kobayashi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, N Eldin Essam, Chihiro Katoh, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Kazuyoshi Kawazoe and Tatsuhiro Ishida : Advanced therapeutic approach for the treatment of malignant pleural mesothelioma via the intrapleural administration of liposomal pemetrexed, Journal of Controlled Release, Vol.220, 29-36, 2015.
35)Hiroyuki Nakamura, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Miho Nishio, Masao Tanaka, Hidenori Andou, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida : Intra-tumor distribution of PEGylated liposome upon repeated injection: No possession by prior dose, Journal of Controlled Release, Vol.220, 406-413, 2015.
36)Yusuke Takidani, Kazuki Morimoto, Kenta Kondo, Tomoyuki Ueki, Takuro Tomita, Yasuhiro Tanaka and Tatsuya Okada : Low-Temperature Diffusion at Ni/SiC Interface with the Aid of Femtosecond Laser-Induced Strain, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.10, No.3, 314-319, 2015.
37)大村 智也, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子, 前田 さおり : 地域在宅高齢者における骨格筋量・骨格筋力と開口力との関連性, 日摂食嚥下リハ会誌, Vol.19, No.3, 214-221, 2015年.
38)Hiroya Kubo, Azumi Miyazaki, Kazunori Kuritani, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Cobalt(III) Pretreatment for Total Phosphorus Determination, Phosphorus Research Bulletin, Vol.30, No.1, 26-29, 2015.
39)Hideo Nishino, Kodai Iwata and Masashi Ishikawa : Wall thickness measurement using resonant phenomena of circumferential Lamb waves generated by plural transducer elements located evenly on girth, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.55, 7S1, 2016.
40)Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry, Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016.
41)N Eldin Essam, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Kazuyoshi Kawazoe, M H Elnahas, A M Mahdy and Tatsuhiro Ishida : Encapsulation in a rapid-release liposomal formulation enhances the anti-tumor efficacy of pemetrexed in a murine solid mesothelioma-xenograft model, European Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.81, 60-66, 2016.
42)Yoshiaki Kubo, Toshitatsu Nogita, Ikuko Kimura, Mami Chiba and Kanako Sakakibara : Interventional Evaluation of Monoammonium Glycyrrhizinate-Glycine/DLMethionine Combination Tablets in Mild Alopecia Areata, Journal of Clinical & Experimental Dermatology Research, Vol.7, No.1, 322, 2016.
43)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : IL-4 Modulates CCL11 and CCL20 Productions from IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.38, No.1, 153-159, 2016.
44)豊﨑 裕司, 成行 義文, 源 貴志 : 1次モード形の変化に基づく合成桁橋の損傷同定法に関する数値解析的研究, 日本地震工学会論文集 Vol. 16(2016) No. 1 特集号「第14回日本地震工学シンポジウム」その2, 238-247, 2016年.
45)Noriko Tarashima, Hidenori Andou, Takamitsu Kojima, Nozomi Kinjo, Yosuke Hashimoto, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa : Gene silencing using 4'-thioDNA as an artificial template to synthesize short-hairpin RNA without inducing a detectable innate immune response, Molecular Therapy. Nucleic Acids, Vol.5, e274, 2016.
46)白山 靖彦, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 竹内 祐子 : 高次脳機能障害支援における地域支援ネットワーク会議(研修)に関する予備的研究, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.61, No.1, 63-70, 2016年.
47)小林 莉子, 吉岡 昌美, 松山 美和, 日野出 大輔 : 大学歯学部生における口腔健康状態に対する意識および歯科保健行動, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.61, No.1, 81-85, 2016年.
48)Kassim bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki, Jaafar I. H. and Aras S. M. M. : Indoor Navigation System based on Passive RFID Transponder with Digital Compass for Visually Impaired People, International Journal of Advanced Computer Science and Applications, Vol.7, No.2, 604-611, 2016.
49)Masami Ukawa, Yukako Fujiwara, Hidenori Andou, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida : Hepatic tumor metastases cause enhanced PEGylated liposome uptake by Kupffer cells, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 215-220, 2016.
50)Shigeki Sano, Masanori Kamura, Akihito Nakamura, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Asymmetric Synthesis of cis-4a,5,8,8a-Tetrahydrophthalazin-1(2H)-one Derivatives Based on Organocatalytic Alcoholysis of Cyclic Dicarboxylic Anhydride, Heterocycles, Vol.93, No.1, 391-398, 2016.
51)Toshihiro Yamamoto, Takashi Furukawa and Hideo Nishino : Frequency dependence of the defect sensitivity of guided wave testing for efficient defect detection at pipe elbows, Materials Transactions, Vol.57, No.3, 397-403, 2016.
52)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 教養教育における持続可能な社会を目指す体験型学習, 大学教育研究ジャーナル, Vol.13, No.13, 56-62, 2016年.
53)Michiyasu Nakao, Yuta Hiroyama, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano : N4-Methylation Changes the Conformation of (3S,6S)-3-Alkyl-6-benzylpiperazine-2,5-diones from Folded to Extended, Journal of Molecular Structure, Vol.1116, 37-44, 2016.
54)Kiyoko Tateishi, Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga : Continuous analog of multiplicative algebraic reconstruction technique for computed tomography, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, 2016.
55)Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga : Noise reduction in computed tomography using a multiplicative continuous-time image reconstruction method, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, 2016.
56)畠 一樹, 成行 義文 : 初年次学生の行動特性把握によるEQ能力開発手法の提案, 大学教育研究ジャーナル, No.13, 23-37, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)井上 貴文, 成行 義文 : パルス性地震動を受ける橋脚の断面力に及ぼす地盤-構造物系の非線形動的相互作用の影響, 第18回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 365-370, 2015年.
2)石田 三千雄 : フッサール生活世界の現象学-生活世界の存在論の課題と射程をめぐって, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.23, 73-88, 2015年.
3)赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 上岡 麻衣子 : 2015年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.13, 94-118, 2016年.
4)金西 計英 : 大学内プライベートクラウド構築手法の検討, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.25, 43-54, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術レター

1)Kassim bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Jaafar Izzuan Hazriq and Shahrieel Aras Mohd Mohd : Development and Evaluation of Voice Recognition Input Technology in Navigation System for Blind Person, Journal of Signal Processing, Vol.19, No.4, 135-138, 2015.
2)Takuya Matsumoto and Takashi Yasuno : Design and Evaluation of Behavior Control Algorithm for Multiple-Mobile-Robot System in Panel Cruising Problem, Journal of Signal Processing, Vol.19, No.4, 139-142, 2015.
3)Yoshihiro Matsudate, Mayu Tetsutani, Nozomi Fukui, Kenji Hirose, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo : Case of nevoid basal cell carcinoma syndrome with multiple cutaneous keratocysts., The Journal of Dermatology, Vol.42, No.10, 1015-1016, 2015.
4)川野 卓二, 久保田 祐歌 : 徳島大学の教学マネジメントとAP採択事業「SIH道場」による全学へのアクティブ・ラーニング展開の試み (特集 教学マネジメントの試み), 大学教育と情報, Vol.2015, No.3, 19-21, 2015年.

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1)成行 義文 : キャリア支援室, 徳大広報 とくtalk, Vol.159, 6, 2015年4月.
2)松山 美和 : サルコペニアの予防と改善に寄与する補綴歯科を目指して -多職種連携による高齢者の口腔機能,栄養,運動機能の改善-, 日本補綴歯科学会誌, Vol.7, No.2, 90-91, 2015年4月.
3)松浦 健二 : できるように,うまくできるように, 人工知能学会誌, Vol.30, No.3, 287-288, 2015年5月.
4)久保 宜明 : 表皮角化細胞の腫瘍化メカニズム(後編)癌, 西日本皮膚科, Vol.77, No.3, 250-255, 2015年6月.
5)赤池 雅史 : これからの医学教育∼総合診療への期待∼, 日本プライマリ・ケア連合学会四国支部論文集, Vol.8, 2-5, 2015年6月.
6)Shigeki Sano and Michiyasu Nakao : Chemistry of 2.5-Diketopiperazine and its Bis-lactim Ether: a Brief Review, Heterocycles, Vol.91, No.7, 1349-1375, Jul. 2015.
7)阪間 稔, 安野 卓, 山田 隆治, 嵯峨山 和美 : 前立腺癌治療用ヨウ素(I-125)シード放射線強度品質管理測定システムの開発と製品化, Isotope News, No.8, 18-21, 2015年8月.
8)久保 宜明, 松立 吉弘 : Cowden disease (PTEN hamartoma tumor syndrome, Bannayan-Riley-Ruvalcaba syndrome, Multiple hamartoma syndrome)(カウデン病), 日本臨牀, Vol.73, No.6, 85-88, 2015年8月.
9)伊賀 弘起 : ヘルペスウイルスによる口腔領域の疾患, デンタルハイジーン, Vol.35, No.9, 985-987, 2015年9月.
10)Miwa Matsuyama : The Role of Dental Professionals in Dysphagia Rehabilitation, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry and Commemoration of the 50th Anniversary of Hiroshima University Faculty of Dentistry, 122-125, Oct. 2015.
11)滝口 祥令, 佐藤 智恵美, 土屋 浩一郎 : 効果的な実務実習に向けたアクティブ・ラーニングの取り組み, 医薬ジャーナル, Vol.51, No.11, 133-137, 2015年11月.
12)Masami Ukawa, Hidenori Andou, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida : Pharmaceutics of Nanoparticles, Nanomaterials in Pharmacology, 219-238, Nov. 2015.
13)吉田 博 : 徳島大学総合教育センターによる教育改革とFD, 大学教育学会誌, Vol.37, No.2, 187-188, 2015年11月.
14)石田 竜弘 : PEGに対する免疫反応∼PEG修飾製剤の安全性に関する研究∼, 製剤機械技術学会誌, Vol.24, No.5, 78-83, 2015年12月.
15)田中 秀治 : フィードバック制御フローレイショメトリーによるハイスループット滴定, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 101-105, 2015年12月.
16)浜田 賢一, 武川 恵美 : MRIでアーチファクトを生じない生体医療用合金の開発, バイオマテリアル-生体材料-, Vol.34, No.1, 50-53, 2016年1月.
17)松山 美和 : 口腔機能の客観的評価としての舌圧測定:その意義,開発から展望まで, 日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.1, 45, 2016年1月.
18)石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 北川 哲也, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 : 単心室症患児の開心術後にフェイススケールを用いて心臓リハビリテーションを試みた1症例, 心臓, Vol.48, No.2, 181-186, 2016年2月.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Toshihiro Nakao, Masaaki Nishi, Chie Takasu, 江藤 祥平 and Mitsuo Shimada : Investigation of training for students who is weak in maneuver of laparoscopic surgery Laborer of the off-the-job training, Surgical Education Week, Seattle, Apr. 2015.
2)K. Hashimoto, H. Fujii, Satoru Kohno, E. Okada, S. Okawa, Y. Tanikawa, Tetsuya Yoshinaga and Y. Hoshi : Numerical simulation of iterative reconstruction for optical tomography and detection of tumor in human neck based on the time-dependent 3D radiative transfer equation., 5th Asian and Pacific-Rim Symposium on Biophotonics, Yokohama, Apr. 2015.
3)Toshihiro Yamamotoh, Takashi Furukawa and Hideo Nishino : Influence of the dimensions of an elbow on defect sensitivity of guided wave testing at an elbow part, Proceedings of 11th International Conference on Nondestructive Evaluation, May 2015.
4)Y. Hoshi, E. Okada, S. Okawa, Y. Tanikawa, Tetsuya Yoshinaga, H. Fijii, K. Fujimoto, K. Hashimoto and Satoru Kohno : Diffuse optical tomography: how to improve image quality?, ICM2015, Jun. 2015.
5)Masaki Takeuchi, Miki Narita, Emako Takano, Kaoru Yoshioka and Hideji TANAKA : Determination of perchlorate in the atmospheric aerosol by ion chromatography, Flow Analysis Xlll, Jul. 2015.
6)Kuwahara Kana, Harada Kazuki, Yamagoshi Ryohei, Yoshiharu Takiguchi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara : Effects of employment of distinct strategies to capture antibody on antibody delivery into cultured cells, 40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
7)Shima Sawako, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshiharu Takiguchi : Induction of mitochondrial permeability transition by dequalinium, 40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
8)Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Magnetic Susceptibility and Vickers Hardness of Au-Pd-X Ternary Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications, Gold 2015, Cardiff, Jul. 2015.
9)Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Magnetic Susceptibility of Au-X (X = Nb, Ta, Ti, Zr) Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications, Gold 2015, Cardiff, Jul. 2015.
10)Kassim bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Jaafar Izzuan Hazriq, Aras Shahrieel Mohd Mohd and Abas Norafizah : Performance Analysis of Wireless Warning Device for Upper Body Level of Deaf-Blind Person, Proceedings of SICE Annual Conference 2015, No.196, 341-346, Hangzhou, Jul. 2015.
11)Yosuke Seki, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Providing flexible authorization for shared group spaces by the attribute registration system, Proc. of the 17th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, 256-261, Busan, Aug. 2015.
12)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment Using Private Cloud Collaboration and Emergency Alerts, Proc. of 17th International Conference, HCI International 2015, Vol.LNCS 9173, 588-596, Los Angeles, Aug. 2015.
13)INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group IV Elements (Ti, Zr) for MRI Artifact-free Biomedical Applications, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), Cracow, Aug. 2015.
14)Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group V Elements (Nb, Ta) for MRI Artifact-free Biomedical Applications, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), Cracow, Aug. 2015.
15)Yumika Ida, Jiyon Be, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of powder/liquid ratio on the strength of β-tricalcium phosphate cement modified mechano-chemically, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), Cracow, Aug. 2015.
16)Miwa Matsuyama, Tomoya Omura, Akari Watanabe and Riko Kobayashi : Relationship between muscle and oral function in Japanese community-dwelling elderly, 39th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 72, Prague, Czech Republic, Sep. 2015.
17)Sejati Purnomo and Takashi Yasuno : Push position estimation for irregular object in conveyance problem using multiple mobile robots system, International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON2015), No.18, Tokushima, Sep. 2015.
18)Takahiro Kitajima, Akinobu Kuwahara, Takashi Yasuno, Tatsuya Fujii, Inoue Ken and Masahiro Inoue : Development of Autonomous Pesticide Spray Robot and Its Driving Algorithm for Greenhouse Horticulture, International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON2015), No.52, Tokushima, Sep. 2015.
19)Shinya Yoshioka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Hand-motion analysis for development of double-unders skill, 19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2015, Vol.60, 775-783, Singapore, Sep. 2015.
20)K. Hashimoto, Satoru Kohno, H. Fujii, E. Okada, S. Okawa, Y. Tanikawa, Tetsuya Yoshinaga and Y. Hoshi : Numerical simulation of iterative reconstruction for optical tomography and detection of tumor in human neck based on the time-dependent 3D radiative transfer equation., ISEM 2015, Sep. 2015.
21)Noriko Tarashima, Kinjo Nozomi, Kojima Takamitsu, Hidenori Andou, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa : Gene silencing via RNA interference (RNAi) machinery using 4'-thioDNA as an artificial template, The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Himeji, Sep. 2015.
22)Miki Mizukami, Fumiyo Tamura, T Isoda, S Genkai, Miwa Matsuyama and Takeshi Kikutani : Eating Instructions for Infants with Severe Infantile Type Nemaline Myopathy, 2015 International Association of Orofafial and Myology Conference, Lake Buena Vista, FL, USA, Oct. 2015.
23)Miwa Matsuyama : The Role of Dental Professionals in Dysphagia Rehabilitation, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry and Commemoration of the 50th Anniversary of Hiroshima University Faculty of Dentistry, Hiroshima, Oct. 2015.
24)Hiroshi Toyooka and Kenji Matsuura : Development of a system to imply well-timed action in a drill practice of motor actions, Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Management, 321-328, Osaka, Nov. 2015.
25)Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Kousuke Mouri, Hiroaki Ogata and Kenji Matsuura : Let's Find Suitable Word Using LAD, WIPP & PP Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Management, 7-8, Osaka, Nov. 2015.
26)A.M Kassim, M.N Othman, M.R Yaacob, A.K.R.A. Jaya, M.I.M. Sabri, A.H. Azahar, Sivaraos and Takashi Yasuno : Development and Implementation of Travel Aid Device for Blind Person, International Conference on Knowledge Transfer, Kuala Lumpur, Dec. 2015.
27)Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Flow analysis utilizing periodically varying flow rate: feedback-based flow ratiometry and amplitude modulated multiplexed flow analysis, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
28)Hideji TANAKA, Kubo Hiroya and Masaki Takeuchi : Pretreatment of phosphorus compounds by electrogenerated cobalt(III) ions and its evaluation by flow injection analysis, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
29)Nakagawa Shinya, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Nitric acid gas generator, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
30)Mizuki Awata, Risako Fujita, Yu Mima, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida : Altering PEGylated liposomes modification from DSPE-PEG-OCH3 to DSPE-PEG-OH suppresses secretion of anti-PEG IgM and proliferation of PEG-specific B cell, Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
31)Yuka Kitayama, Ryo Abe, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida : Anti-PEG IgM production induced by siRNA-containing PEGylated liposome, Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
32)Nozomi Kinjoh, Hidenori Andou, Noriko Tarashima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida : Targeted gene silencing by introduction of intelligent RNA expression device (iRed), Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
33)Takuma Takayama, Taro Shimizu, Masami Ukawa and Tatsuhiro Ishida : Liposomal doxorubicin (DXR) exerts antitumor effect via securing antitumor immunity against DXR in tumor microenvironment, Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
34)Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Hiroki Watanabe, Yuki Miyazaki, Hideji TANAKA, Takaharu Isobe, Hiroko Ogata and Hiroshi Okochi : Water-soluble atmospheric acid gases at the summit of Mt. Fuji, Japan, monitored with parallel plate wet denuder coupled ion chromatograph, The 8th Asia Pacific Symposium on Ion Analysis, 2015.
35)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Live Migration Destination Selecting Method for Disaster Recovery on e-Learning Environment, Proceedings of 3rd International Conference on Big Data and Smart Computing (BigComp2016), 149-156, Hong Kong, Jan. 2016.
36)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Live Migration Destination Selecting Method Using Weather Information and Emergency Alerts for e-Learning Environment, Proceedings of 7th International Conference on Information Science and Application (ICISA2016), 115-125, Ho Chi Minh, Feb. 2016.
37)Kiyoko Tateishi, Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga : Continuous analog of multiplicative algebraic reconstruction technique for computed tomography, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, San Diego, Feb. 2016.
38)Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga : Noise reduction in computed tomography using a multiplicative continuous-time image reconstruction method, Proceedings of SPIE, Vol.9783, San Diego, Feb. 2016.
39)Takafumi Inoue and Yoshifumi Nariyuki : EFFECT OF NON-LINEAR DYNAMIC INTERACTION ON SECTIONAL FORCE OF BRIDGE PIERS SUBJECTED TO PULSE-LIKE GROUND MOTIONS, Proceedings of Special Issue 3rd TMAC Symposium 2016, Malacca, Feb. 2016.
40)Renwei Liu, Yoshihiro Deguchi, Akihiro Ikutomo, Tatsuya Okada, Fang-jung Shiou, Jiping Liu and Zhenzhen Wang : Composition measurement of steel at evaluated temperature using laser-induced breakdown spectroscopy, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2016, 165-167, Tokushima, Mar. 2016.
41)Nobuto Okubo, Takahiro Kitajima, Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno and Kiyoshi Takigawa : Cloud Movement Prediction of Meteorological Satellite Images Using Hierarchical Neural Network, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 467-470, Honolulu, Mar. 2016.
42)Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Youhei Miyabe and Takahiro Kitajima : Wind Speed Prediction System Using Multiple Time-Delayed Neural Networks, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 660-663, Honolulu, Mar. 2016.
43)Mizuki Higashi, Hiroshi Suzuki, Sejati Purnomo, Takashi Yasuno and Akinobu Kuwahara : Investigation of Teleoperation Support System Using Environmental Recognition Sensors for Three-Parallel-Crawler-Type Mobile Robot, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 775-778, Honolulu, Mar. 2016.
44)Takuya Agui, Hiroshi Suzuki, Kassim bin Mohamed Anuar and Takashi Yasuno : Design Method of Hip Joint Power Assist Orthosis Based on Dynamic Simulation of Human Motion, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 779-782, Honolulu, Mar. 2016.
45)Tomoaki Inoue, Kenichi Iida, Etsuko Ueda and Takashi Yasuno : Sensing System for Agricultural Environment using Mobile Robot, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016, 767-770, Honolulu, Mar. 2016.
46)Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Toshihiro Nakao, Masaaki Nishi, Chie Takasu and Mitsuo Shimada : Trial of the filipped classroom for open suturing and simulated laparoscopic cholecystectomy for medical., Society American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES 2016), Boston, Mar. 2016.
47)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Live Migration Destination Selecting Method for Disaster Recovery of E-Learning Environment Using Weather Alerts, ICEEEL 2016 : 18th International Conference on e-Education and e-Learning, 2220-2224, Madrid, Mar. 2016.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1)乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au-Nb合金の磁化率へのAu2Nb析出の影響, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年4月.
2)伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの強度に粉液比が及ぼす影響, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年4月.
3)梶本 昇, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その1:剥離特性の評価, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年4月.
4)岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 中尾 寿宏, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 赤池 雅史 : 鏡視下手技が苦手な学生をどうトレーニングするか?―off-the-job トレーニングの工夫―, 第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
5)坂口 真由香, 秦 明子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 中尾 隆之, 三好 雅士, 船木 真理, 米本 孝二 : Reduced Rank Regressionにより抽出された食事パターンの一般化可能性に関する検討∼メタボリックシンドローム発症追跡データを用いて∼, 糖尿病, Vol.58, No.Suppl.1, 2015年5月.
6)竹内 政樹, 成田 三紀, 髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治 : 大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの分析, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
7)渡部 裕貴, 杉浦 潤, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 小型溶離液発生装置を用いる低圧イオンクロマトグラフィー, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
8)竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 : イオンクロマトグラフィーに用いる炭酸イオン除去デバイス, 日本分析化学会第64年会, 2015年5月.
9)金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復, 遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
10)金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 : 胸腔内がん治療を目指した新規核酸デバイスの有用性評価, 遺伝子・デリバリー研究会第15回シンポジウム, 2015年5月.
11)藤川 昂樹, 森戸 克弥, 生駒 照, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 : ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
12)金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 : 新規RNAi分子発現核酸デバイスを用いた標的遺伝子発現抑制効果, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
13)渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 : 胃がん腹膜播種動物モデルにおけるオキサリプラチン封入リポソームの治療効果に関する検討, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
14)坂井 大地, 増子 ひとみ, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus serratusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
15)長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
16)川瀬 和也 : マクダウェルの「第二の自然」について, 日本哲学会第74回大会, 2015年5月.
17)岸本 和貴, 成行 義文, 井上 貴文, 北島 精一, 土橋 貴明 : 戸棚の耐震性能評価法に関する基礎的研究 ∼木製枠を有するガラス引戸の耐震性能評価∼, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.15, 11-12, 2015年5月.
18)阿部 遼, 清水 太郎, 石田 竜弘 : IV 投与PEGリポソームに対するanti-PEG IgM応答への腹腔内免疫細胞の関与, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
19)加藤 千尋, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, 安藤 英紀, 石田 竜弘 : 悪性胸膜中皮腫治療に向けたリポプレックスの胸腔内投与とその動態, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
20)高橋 孝典, 石田 竜弘 : Doxil®を投与することによる抗がん剤耐性化についての検討, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
21)田中 真生, 蓮井 太一, 高橋 孝典, 寺田 靖子, 八木 直人, 石田 竜弘 : 蛍光X線分析を用いたリポソーム化Oxaliplatinの腫瘍内分布の評価, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
22)本藤 栄里, 美馬 優, 際田 弘志, 石田 竜弘 : PEG修飾タンパク質Pegasys®投与によるABC現象誘導, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
23)渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 : 静脈内投与PEG修飾リポソームの濾胞への輸送に関与する脾臓細胞の検討, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
24)石田 竜弘 : 日本医療薬学会とのジョイントシンポジウムでのアンケート結果報告, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
25)尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
26)井上 貴文, 成行 義文 : パルス性地震動を受ける道路橋へのロッキング免震の適用性評価, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集, 2015年5月.
27)西田 匠吾, 木下 勇人, 井上 貴文, 成行 義文 : 模型実験に基づく蛇籠の摩擦特性に関する二,三の考察, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集, 2015年5月.
28)渡邉 健一, 成行 義文, 角田 豊土, 井上 貴文 : 3本主桁橋梁モデルを対象とした1次モード特性に基づく損傷同定法に関する研究, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集, 2015年5月.
29)金田 泰明, 成行 義文, 豊崎 裕司, 井上 貴文 : 1次モード特性を用いた単純梁の剛性評価ならびに損傷同定手法に関する研究, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集, 2015年5月.
30)久保 祐哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全リン定量のための各種リン化合物のCo3+による前処理, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
31)小畑 智, 西野 秀郎 : Lamb波用水結合センサーの開発, 非破壊検査協会超音波部門講演会資料, 23-26, 2015年5月.
32)田中 保, 藤川 昂樹, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰 : リゾホスファチジン酸が誘導する小胞分泌現象の解析, 第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
33)吉岡 昌美, 井本 逸勢, 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 金川 裕子, 日野出 大輔 : 歯科併設のない人工透析実施医療機関における医科歯科連携, 第64回日本口腔衛生学会・総会, 2015年5月.
34)土井 登紀子, 中江 弘美, 岡澤 悠衣, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 玉谷 香奈子, 松山 美和, 福島 襄 : 小学校低学年における口腔衛生習慣および食・生活習慣の状況, 第64回日本口腔衛生学会・総会, Vol.65, No.3, 208, 2015年5月.
35)池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 松本 俊夫 : 心血管疾患における男性ホルモンの意義, 第15回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム「知って得するテストステロンアップデート」, 2015年5月.
36)久保 宜明 : 脈管系母斑症の概要, 第114回日本皮膚科学会総会, 2015年5月.
37)頼田 和子, 黒澤 すみれ, 宍戸 裕二, 佐野 茂樹, 柏田 良樹, 南川 典昭, 福井 清 : ヒト由来D-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索のためのハイスループットクリーニングと構造機能相関, 第56回日本生化学会 中国四国支部例会, 2015年5月.
38)松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 : 後天性リンパ管腫を契機に診断に至ったCowden病の1家系, 第114回日本皮膚科学会総会, 2015年5月.
39)金西 計英, 高橋 暁子 : 反転授業の実践の効果とその課題について, 大学教育学会第37回全国大会発表要旨集録, 148-149, 2015年6月.
40)赤池 雅史 : 確かな学力による,確かな実力―能動的学習について―, 第63回中国・四国地区大学教育研究会, 2015年6月.
41)久保田 祐歌 : 初年次教育「SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼」の取組, 第63回中国・四国地区大学教育研究会 プログラム, 12-13, 2015年6月.
42)齊藤 隆仁 : 徳島大学全学共通教育センターの取り組み∼物理を中心として∼, 第63回 中国・四国地区大学教育研究会, 2015年6月.
43)柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 鉄谷 真由, 久保 宜明 : 光線療法に対して難治性でIFN-γを使った菌状息肉症の一例, 第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
44)柳沢 志津子, 白山 靖彦, 吉岡 昌美, 高村 春菜, 尾崎 和美, 竹内 祐子, 中野 雅德 : 施設介護職員における口腔評価の精度向上の検討, 第12回日本口腔ケア学会総会, 2015年6月.
45)久保田 祐歌 : ジェネリック・スキル概念の背景と育成モデルの検討, 日本高等教育学会第18回大会発表要旨集録, 164-165, 2015年6月.
46)中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 回復期病院職員が抱える口腔ケアについての悩みー他職種へのアンケート調査よりー, 第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年6月.
47)森山 聡美, 吉岡 昌美, 村上 愛由, 森下 幸, 十川 悠香, 中江 弘美, 土井 登紀子, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 食道がん化学療法患者の全身状態・栄養摂取状況と口腔粘膜炎との関連性, 第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年6月.
48)金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 : 新規RNAi分子発現核酸デバイスのin vitro, in vivo有用性評価, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
49)石田 竜弘 : 大型放射光施設(SPring-8)における蛍光X線分析法を用いたオキサリプラチン封入PEG修飾リポソームの腫瘍内微小分布の検討, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
50)渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 : 胃がん腹膜播種モデルにおけるオキサリプラチン封入リポソーム静脈内投与による腫瘍増殖抑制効果, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
51)廣瀬 憲志, 仁木 真理子, 水谷 友哉, 中村 宗夫, 久保 宜明, 榊 哲彦, 山田 裕一, 小田 義直 : Ossifying fibromyxoid tumor の1例, 第31回 日本皮膚悪性腫瘍学会, 2015年7月.
52)大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第3回若手研究者シーズ発表会ー計測と分析ー, 2015年7月.
53)藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 尾崎 和美 : 歯科衛生士学生の自己教育力に関する実態について, 日本歯科医学教育学会雑誌, 2015年7月.
54)薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果, 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
55)中江 弘美, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 全人的医療を支援する歯科衛生士教育としての病棟実習の取り組みとその効果, 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
56)川瀬 和也 : ヘーゲル『大論理学』における「推論」の意義, 2015年度哲学若手研究者フォーラム, 2015年7月.
57)大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
58)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
59)岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 中尾 寿宏, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 江藤 祥平, 赤池 雅史 : 内視鏡手術時代における卒前教育からのoff-the-jobと反転授業を応用した実習の試み, 第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
60)八木 秀介, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 高川 由利子, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 : 重症心不全患者におけるAdaptive servo-ventilation装着による運動耐容能改善効果, 第21回日本心臓リハビリテーション学会, 2015年7月.
61)山田 佳子, Bukasa Kalubi, Masashi Akaike and Akiyoshi Nishimura : Improving doctor-patient communication in extracurricular activities, 第18回日本医学英語教育学会, Jul. 2015.
62)石田 竜弘 : P E G修飾製剤に対する免疫応答∼抗P E G - I g Mの分泌誘導∼, 第5回薬剤学セミナー, 2015年7月.
63)西 晃, 村山 美咲, 赤池 雅史 : ぬいぐるみ病院活動が参加学生に及ぼす教育的効果に関する検討, 第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
64)岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 : クリニカルクラークシップ学生対象の反転授業応用縫合実習の試み, 第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
65)三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 : 講義の反転授業化により学生の自学自習は促進されるか, 第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
66)渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 : 層状化合物Sr2ScCoPO3のNMR, 2015年度応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会 講演予稿集, 78, 2015年8月.
67)村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 島 龍夫, 萩原 亮 : PrBa2Cu4O8セラミックスの磁場下における電気伝導, 2015年度応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会 講演予稿集, 77, 2015年8月.
68)岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 : 鏡視下手技が苦手な学生に対するoff-the-jobトレーニングの工夫, 第251回徳島医学会学術集会, 2015年8月.
69)大渕 朗 : Torres の定理の拡張について, 2015年8月.
70)田中 真生, 高橋 孝典, 寺田 靖子, 八木 直人, 石田 竜弘 : Oxaliplatin封入PEG修飾リポソームの繰り返し投与による腫瘍内微小環境の能動的制御, 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業合同成果発表会, 2015年8月.
71)柏木 美咲, 西田 健太朗, 室木 究, 柴 俊輔, 池田 理沙, 大石 晃弘, 石田 竜弘, 長澤 一樹 : PEGリポソーム製剤化オキサリプラチン投与ラットの後肢皮膚組織における手足症候群様症状の評価, 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業合同成果発表会, 2015年8月.
72)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 携帯端末用ルーブリック評価ツールにおける教員機能の開発, 情報教育シンポジウム, 79-82, 2015年8月.
73)髙田 大輔, 植木 智之, 岡田 達也 : <110>傾角Σ3,3,9アルミニウム三重結晶の引張変形および焼鈍による粒界挙動, 日本金属学会中国四国支部第55回講演大会講演概要集, 35, 2015年8月.
74)南 俊介, 植木 智之, 岡田 達也 : {112}板面アルミニウム単結晶の<110>方向せん断変形による変形帯形成, 日本金属学会中国四国支部第55回講演大会講演概要集, 36, 2015年8月.
75)滝谷 悠介, 近藤 健太, 植木 智之, 田中 康弘, 富田 卓朗, 岡田 達也 : Ni/SiC界面におけるフェムト秒レーザ照射誘起ひずみを応用した低温拡散, 日本金属学会中国四国支部第55回講演大会講演概要集, 52, 2015年8月.
76)赤池 雅史 : 医療教育の充実と看護教育への期待, 日本看護学教育学会第25回学術集会 教育講演Ⅱ, 2015年8月.
77)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 工業用解体性接着技術の歯科分野への応用, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, 2015年8月.
78)野村 卓哉, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 関 陽介 : Maharaにおけるメタデータ構造解析支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 296, 2015年9月.
79)竹野 凌, 関 陽介, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 交通事故の危険度と移動者を考慮した移動経路提案システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 295, 2015年9月.
80)中本 真理子, 首藤 恵泉, 三谷 麻実, 酒井 徹 : 豆乳摂取は若年者の心身ストレスを改善するか, 第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年9月.
81)三谷 麻実, 中本 真理子, 首藤 恵泉, 酒井 徹 : In vivo におけるスダチチンの免疫調節作用 -ALZET pumpを用いた検討-, 第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年9月.
82)首藤 恵泉, 三谷 麻実, 中本 真理子, 酒井 徹 : 食餌誘導性肥満マウスにおけるエクオールの効果, 第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年9月.
83)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵泉 : スダチ果皮による血糖上昇抑制作用の検討, 第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年9月.
84)竹内 政樹, 中川 慎也, 渡部 裕貴, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 磯部 貴陽, 緒方 裕子, 大河内 博 : ウエットデニューダー法による水溶性酸性ガスの富士山頂定点観測, 第56回大気環境学会年会, 2015年9月.
85)吉岡 真也, 松浦 健二, 後藤田 中, カルンガル ギディンシ ステファン : 前一重トビから前二重トビへのスキルアップ支援の試み, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 125-126, 2015年9月.
86)豊岡 寛旨, 松浦 健二, 後藤田 中 : フラフープにおけるスタンスと運動方向の一考察, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 183-184, 2015年9月.
87)金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関におけるクラウドを活用した教育環境の活用, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 91-92, 2015年9月.
88)戸川 聡, 金西 計英 : 大学間インタークラウドによるLMS減災フレームワーク, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 93-94, 2015年9月.
89)吉田 明恵, 仲道 雅輝, 根本 淳子, 田中 寿郎, 林 敏浩, 村井 礼, 金西 計英, 宮下 晃一, 立川 明 : 四国国立5大学における共通シラバスの履修プロセスの開発, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 293-294, 2015年9月.
90)村井 礼, 金西 計英, 高橋 暁子, 竹口 幸志, 田中 寿郎, 根本 淳子, 仲道 雅輝, 三好 康夫, 林 敏浩 : 四国国立5大学連携におけるe-Learning教育を円滑運用するための著作権処理の提案, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, 297-298, 2015年9月.
91)川野 卓二 : ポートフォリオを活用したアクティブ・ラーニングスキルの浸透, 平成27年度 教育改革ICT戦略大会資料, 15-24, 2015年9月.
92)本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 : ポリエチレングリコール修飾タンパク製剤Pegasys投与によるABC現象発現, 第24回DDSカンファランス, 2015年9月.
93)渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 : PEG修飾リポソーム(PL)繰り返し投与時における脾臓内各種細胞による取り込みに関する検討, 第24回DDSカンファランス, 2015年9月.
94)廣瀬 憲志, 久保 宜明, 江川 麻理子, 鈴木 正和 : TNF-α抗体加療中に両眼性ぶどう膜炎を発症した尋常性乾癬の1例, 第30回 日本乾癬学会, 2015年9月.
95)花田 愛, 吉田 健介, 掛井 秀一 : グループワークに於けるコミュニケーションに座席配置が与える影響 コミュニケーションを活性化するプロジェクト型学習教室の在り方に関する研究 その5, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 279-280, 2015年9月.
96)田中 秀治, 平坂 知子, 富山 えりな, 竹内 政樹 : フィードバック制御フローレイショメトリーに基づくフロー滴定法への気節法の導入, 日本分析化学会第64年会, 2015年9月.
97)長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 川野辺 弘子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 133, 2015年9月.
98)坂井 大地, 金 尚永, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 134, 2015年9月.
99)守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 岩渕 博史, 犬飼 順子, 角 保徳 : 口腔ケア時の誤嚥性肺炎予防の試み―口腔ケア用ジェルの新規開発 物性評価とプラークの除去効果―, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月.
100)松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 日本版Standardized Swallowing Assessment の教則ビデオ有用性の検証, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月.
101)細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : IL-4がヒト歯根膜由来細胞のCCL11およびCCL20産生に及ぼす影響, 第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
102)滝谷 悠介, 近藤 健太, 植木 智之, 田中 康弘, 富田 卓朗, 岡田 達也 : フェムト秒レーザー照射によるNi/SiC界面へのひずみ導入と低温アニール, 第76回応用物理学会秋季学術講演会, 13p-2F-10, 2015年9月.
103)Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki : PKRやインフラマソームがP. gingivalisを感染させた骨芽細胞において骨吸収に関連する因子の発現に与える影響, 第57回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2015.
104)石井 誠吾, 西野 秀郎, 古川 隆, 山本 敏弘 : T(0,1) モードガイド波の軸方向欠陥における反射挙動, 日本機械学会2015年年次大会講演概要集, J0420202, 2015年9月.
105)小畑 智, 渡邉 雄太, 西野 秀郎 : A0 mode Lamb波用水結合式トランスデューサの試作機開発, 日本機械学会2015年年次大会講演概要集, J0420204, 2015年9月.
106)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 2015 Tokushima Bioscience Retreat, 2015年9月.
107)金田 泰明, 成行 義文, 豊﨑 裕司, 井上 貴文, 源 貴志 : モード特性を利用した梁の曲げ剛性評価手法とその損傷同定への適用に関する基礎的研究, 土木学会全国大会 第70回年次学術講演会講演概要集, 2015年9月.
108)西野 秀郎, 浅見 研一, 池田 隆, 四辻 淳一, 鹿子 慎太郎, 四阿 佳昭 : 円周ガイド波による配管減肉検出技術研究会報告 第1報 (ガイド波技術(磁歪方式と圧電方式)の配管検査への適用), 日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会概要集, Vol.28, 716, 2015年9月.
109)村上 侑平, 小畑 智, 石川 真志, 西野 秀郎 : 円周ガイド波による配管減肉検出技術研究会報告 第4報 板を伝搬するガイド波の欠陥での反射現象の解明と数学モデルの構築, 日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会概要集, Vol.28, 719, 2015年9月.
110)滝谷 悠介, 近藤 健太, 植木 智之, 田中 康弘, 富田 卓朗, 岡田 達也 : Ni/SiC界面におけるフェムト秒レーザ照射誘起ひずみ及び低温アニールによるNiシリサイド形成, 日本金属学会2015年秋期講演大会(第157回)概要集, 80, 2015年9月.
111)浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : 生体医療用Au-Nb-Ti合金の磁化率と硬さに及ぼす時効熱処理の影響, 日本金属学会2015年秋季大会, 2015年9月.
112)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 強固に接着し容易に除去できる歯科用スマートセメントの開発, 第31回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」, 2015年9月.
113)山口 雄作, 吉永 哲哉 : 雑音低減のための乗法的連続時間CT画像再構成法, 第110回日本医学物理学会学術大会報文集, 2015年9月.
114)立石 貴代子, 山口 雄作, 吉永 哲哉 : 連続時間CT画像再構成法とその乗法的離散化, 第110回日本医学物理学会学術大会報文集, 2015年9月.
115)渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 : Sr2Sc(Co1-xFex)PO3のNMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2150, 2015年9月.
116)久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 松林 和幸, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam : 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力下NMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2104, 2015年9月.
117)村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 島 龍夫, 萩原 亮 : PrBa2Cu4O8セラミックスにおける非線形電気伝導の磁場依存性, 日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2116, 2015年9月.
118)田中 義浩, 吉永 哲哉 : 線量体積制約の最適化に基づく強度変調放射線治療計画法の有用性, 第110回日本医学物理学会学術大会報文集, 2015年9月.
119)渡辺 朱理, 横田 憲治, 松山 美和, 苔口 進 : 口腔清掃と洗口との併用効果の検討ー口腔内細菌数を指標にしてー, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 120, 2015年9月.
120)土田 佳代, 渡辺 朱理, 松山 美和 : 特別支援学校における歯科医療機関との連携体制ーアンケート調査による問題点抽出ー, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 115, 2015年9月.
121)金西 計英, 高橋 暁子 : 德島大学における反転授業の実践から, 日本教育工学会第31回全国大会発表論文集, 491-492, 2015年9月.
122)戸川 聡, 金西 計英 : プライベートクラウド連携によるe-Learning環境減災フレームワークの構築, 日本教育工学会第31回全国大会発表論文集, 657-658, 2015年9月.
123)井上 貴史, 北島 孝弘, 安野 卓 : ZMPのPI フィードバックを有する複素CPGネットワークを用いた4 脚ロボットの歩行制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-1, 85, 2015年9月.
124)安居 拓也, 安野 卓 : パワーアシスト装具の仕様設計を目的とした逆動力学解析に基づく関節トルク推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-3, 87, 2015年9月.
125)東 瑞樹, 安野 卓, 桑原 明伸 : 3連パラレルクローラ型移動ロボットの実環境におけるテレオペレーションの性能評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-6, 90, 2015年9月.
126)大久保 暢人, 北島 孝弘, 安野 卓, 瀧川 喜義 : 気象衛星画像の特徴量を用いた階層型ニューラルネットワークによる雲移動予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-20, 254, 2015年9月.
127)宮部 洋平, 北島 孝弘, 安野 卓 : 階層型ニューラルネットワークを複数用いた風速予測における最適な学習手法に関する一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-20, 253, 2015年9月.
128)北島 孝弘, 安野 卓, 大久保 暢人, 瀧川 喜義 : 気象衛星画像とニューラルネットワークを用いた短時間先雲移動予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-20, 255, 2015年9月.
129)北島 孝弘, 安野 卓, 大久保 暢人, 瀧川 喜義 : 気象衛星画像とニューラルネットワークを用いた短時間先雲移動予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-20, 255, 2015年9月.
130)Kassim Bin Mohamed Anuar, 安野 卓, K.T Long, M.S.M Aras, Sivaraos : Evaluation of Power Consumption on Wireless Vibration Warning System for Blind Person, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-4, 88, 2015年9月.
131)Sejati Purnomo, 安野 卓, 北島 孝弘, M.S.M Aras, Sivaraos : Performance Investigation of Complex Valued Neural Network for Object Conveyance Problem by Multiple Mobile Robots, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-9, 93, 2015年9月.
132)森山 聡美, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 中江 弘美, 土井 登紀子, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 食道がん化学療法患者に対するがん支持療法としての専門的口腔ケアの効果, 第26回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2015年9月.
133)柳沢 志津子, 白山 靖彦, 吉岡 昌美, 高村 春菜, 尾崎 和美, 竹内 祐子, 中野 雅德 : 常食化に向けた食物形態と口腔評価との関連に関する研究-口腔評価の精度向上と「不適合」要因の解明-, 平成27年度 全国老人福祉施設研究会議, 2015年10月.
134)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その2: 通電条件の影響, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月.
135)乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au-Nb-Ti 合金の磁化率と硬さ, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月.
136)伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの注入性と気孔率に粉液比が及ぼす影響, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月.
137)中尾 允泰, 松本 知也, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : ケテンのHWE反応を基盤とするアレニルエステル誘導体の効率的合成, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
138)田中 一江, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 含フッ素1-リゾホスファチジン酸ミメティクスの合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
139)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルを用いる多置換テトラヒドロチオフェン類の合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
140)仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : cis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の効率的不斉合成法の開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
141)伊藤 優希, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : Carnitine palmitoyltransferase 1アイソフォームのSDS-PAGE移動度に違いをもたらす領域の同定, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
142)金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
143)久保 幸代, 本藤 栄里, 阿部 遼, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 : PEG化製剤に対するanti-PEG IgM結合特性に関する検討, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
144)吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 : ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームを用いた静注型ワクチン開発に関する基礎的検討, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
145)洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(26)–Gentiana rigescensの成分研究(6)–, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
146)久保 祐哉, 富山 えりな, 平坂 知子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーによる滴定, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
147)尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法によるFe2+の定量, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
148)中川 慎也, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 硝酸ガス発生装置, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
149)米谷 拓磨, 鵜川 真実, 石田 竜弘 : Hyperthermia時の腫瘍血管変化が与える長期滞留性リポソームの腫瘍内集積に関する検討, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
150)金沢 有希, 高山 拓磨, 鵜川 真実, 石田 竜弘 : G2/M arrestを引き起こす抗がん剤であるドキソルビシン処置による外来遺伝子発現向上の試み, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
151)望月 啓志, 安藤 英紀, 石田 竜弘 : 抗がん剤徐放性製剤の腹腔内投与の有用性に関する検討, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
152)Hideo Nishino, Kodai Iwata and Masashi Ishikawa : A method of the wall thickness measurement using resonant phenomena of the circumferential Lamb waves generated by plural transducers located evenly on the girth, Proceedings of symposium on Ultrasonic electronics, Vol.36, Nov. 2015.
153)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : グローバル社会に向けた生涯教育, --- 大学教育との融合による医療制度の検証 ---, 日本生涯教育学会, 2015年11月.
154)滝谷 悠介, 近藤 健太, 直井 美貴, 富田 卓朗, 岡田 達也 : レーザー支援アニールによるNi/SiC界面でのニッケルシリサイド形成及び炭素拡散, 公益社団法人 応用物理学会 先進パワー半導体分科会 第2回講演会, Vol.2, 148, 2015年11月.
155)伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : ボールミリング法で改質したβ-TCPセメントの機械的性質に及ぼす混水比の影響, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月.
156)浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : MRI適合生体医療用Au-Nb-Ti合金の開発, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月.
157)邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 関根 一光, 浜田 賢一 : 骨欠損部に充填する三次元多孔性チタン織物の開発, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月.
158)関根 一光, 裵 志英, 内藤 禎人, 市川 哲雄, 浜田 賢一 : 早期内膜新生を狙ったチタン多孔質スキャフォールドの作成と評価, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月.
159)細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Alkanninはヒト歯根膜由来細胞のCCR5 ligand産生を誘導する, 日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会, 2015年11月.
160)小林 莉子, 松山 美和, 梶原 美恵子, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性 第2報 外来受診患者とデイサービス利用者の比較, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 42, 2015年11月.
161)梶原 美恵子, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子 : 回復期リハビリテーション病棟入院患者の栄養状態とサルコペニアに関する現状, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 48, 2015年11月.
162)清水 太郎, 高橋 孝典, 石田 竜弘 : FTY720併用によるドキシルの細胞内取り込み向上に関する検討, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
163)田中 真生, 高橋 孝典, 寺田 靖子, 八木 直人, 石田 竜弘 : Oxaliplatin封入PEG修飾リポソームの繰り返し投与による腫瘍内微小環境の能動的制御, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
164)本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 : PEG修飾タンパク製剤Pegasysに対する抗PEG免疫反応, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
165)金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 : Intelligent RNA expression devise(iRed)による標的遺伝子抑制に関する検討, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
166)荻原 琢男, 石田 竜弘, 河原 昌美, 宇都口 直樹, 大槻 純男, 宮本 祐司, 中田 雄一郎, 岩本 卓也 : 医療現場における抗がん薬製剤の現状と薬剤学的な課題-日本薬剤学会とのジョイントシンポジウムでのアンケート結果の解析-, 第25回日本医療薬学会, 2015年11月.
167)石田 竜弘, 河原 昌美, 宮本 祐司, 荻原 琢男, 大槻 純男, 宇都口 直樹, 中田 雄一郎, 岩本 卓也 : 医療現場における抗がん薬製剤の現状と薬剤学的な課題-日本薬剤学会年会におけるラウンドテーブルセッションの実施を受けて-, 第25回日本医療薬学会, 2015年11月.
168)白川 光雄, 本田 壮一, 松田 啓次, 折野 真哉, 坂東 弘康, 赤池 雅史 : 徳島県海部郡医療方言用語集作成の試み, 第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
169)五家 基樹, 三浦 到, 西野 秀郎, 古川 隆, 山本 敏弘, 外輪 純久, 永田 博幸, 服部 行也, 浅見 研一 : ハイパワーガイド波を活用した埋設配管探傷技術の開発, 第14回評価診断に関するシンポジウム, Vol.15, No.123, 12-25, 2015年11月.
170)中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 : 非線形微分方程式を用いた離散トモグラフィ, 第38回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2015年11月.
171)原野 真太郎, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 : 金属アーチファクト削減のための連続時間 CT 画像再構成法, 第38回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2015年11月.
172)PURNOMO SEJATI, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 安野 卓 : A Preliminary Study of Electrolocation for Floating Swarm Robot, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.1-24, 2015年11月.
173)宮部 洋平, 北島 孝弘, 鈴木 浩司, 安野 卓 : 複数の階層型ニューラルネットワークを用いた簡易風速予測における最適な入力情報の検討, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.1-26, 2015年11月.
174)東 瑞樹, 鈴木 浩司, 安野 卓, 桑原 明伸 : 3連パラレルクローラ型移動ロボットのテレオペレーションにおけるカメラ視点の検討, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.2-20, 2015年11月.
175)山本 和也, Kassim Bin Mohamed Anuar, 鈴木 浩司, 安野 卓, 桑原 明伸 : 複数のDCモータを相互結合したCPGモデルの発振特性, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.2-27, 2015年11月.
176)中上 久美子, 白山 靖彦, 池田 真己, 三野 聖子, 榎 恵子, 岡林 愛, 井手口 英章 : 某歯科衛生士専門学校における友人との学習活動と学習との関連について-第2報-, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.2, 157, 2015年11月.
177)澤田 美紗緒, 白山 靖彦, 上村 弘美, 畑山 千賀子, 黒崎 薫, 藤井 由香, 柳沢 志津子, 野村 慶雄 : 歯科衛生士養成校における「口腔機能管理計画・アセスメント票」を用いて高齢者施設臨地実習を行った場合の教育効果, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.2, 163, 2015年11月.
178)清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 際田 弘志, 石田 竜弘 : 脾臓辺縁帯B細胞を標的とした新規がんワクチンの開発, 第4回若手研究者シーズ発表会, 2015年11月.
179)木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
180)三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
181)藤川 昂樹, 生駒 照, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 徳田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 : ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析, 第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
182)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異, 平成27年度 第1回班会議, 2015年12月.
183)楊 曉琳, 中本 真理子, 酒井 徹, 鈴木 公 : 中国雲南省昆明市における幼児体型の違いに基づく生活習慣・食習慣に関する実態調査, 第14回日本栄養改善学会近畿支部学術総会, 2015年12月.
184)白山 靖彦, 伊賀上 舞, 木戸 保秀 : 高次脳機能障害者の医療同意に関する専門職への意識調査, 第39回日本高次脳機能障害学会学術総会, 2015年12月.
185)勝田 友梨, 白山 靖彦, 錦見 俊雄 : 回復期リハビリテーション病棟における高次脳機能障害患者の帰結予測, 第39回日本高次脳機能障害学会学術集会, 2015年12月.
186)滝口 祥令, 下川 義彦, 依田 典明, 近藤 聡志, 山村 佳也, 梅原 健 : 結核治療薬の肝CYP酵素阻害活性に関する網羅的検討, 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 2015年12月.
187)濱本 恵, 白山 靖彦, 中野渡 有香, 中原 恵子, 佐藤 紀, 尾崎 和美, 加藤 真介 : 重なり五角形を用いた高次脳機能スクリーニング検査の検討(第2報), 第39回日本高次脳機能障害学会学術集会, 2015年12月.
188)田中 秀治 : 流量の周期的変化を利用するフロー分析法の創案, 日本分析化学会中国四国支部 周南地区講演会, 2015年12月.
189)Yoshihiro Matsudate, Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo and Issei Imoto : Genetic diagnosis of the nevoid basal cell carcinoma syndrome using next-generation sequencer, 第40回日本研究皮膚科学会, Dec. 2015.
190)梶本 昇, 浜田 賢一 : スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発, 第34回日本接着歯学会, 2015年12月.
191)吉田 博, 久保田 祐歌 : 初年次教育でラーニングスキル,ティーチングスキルの向上を目指した組織的取り組み, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 38-39, 2016年1月.
192)久保田 祐歌, 吉田 博 : 学生アンケートに基づく初年次教育プログラムの現状と課題, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 40-41, 2016年1月.
193)下村 宗央, 畑中 唯菜, 片山 裕之, 枝川 恵理, 亀岡 由佳, 近藤 薫, 佐々木 奈三江, 吉田 博 : 学生と図書館職員の協働による学習支援の実績と将来展望, 平成27年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 26-27, 2016年1月.
194)畠 一樹, 成行 義文 : 大人数制キャリア教育における効果的手法の開発と検証 ―アクティブ・ラーニングによる社会人基礎力の育成―, 平成27年度 FD促進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 74-75, 2016年1月.
195)三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 : 共通教育課程における留年のリスクファクターに関する研究, 大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
196)岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 : 臨床実習での技能トレーニングにおける反転授業の効果, 大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
197)立石 浩平, 岩貞 邦也, 石川 真志, 西野 秀郎 : 高振幅・広帯域ガイド波のインパクタによる励起とモード解析及びその応用, 第23回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, 85-88, 2016年1月.
198)岩貞 邦也, 立石 浩平, 石川 真志, 西野 秀郎, 山本 敏弘, 古川 隆 : ガイド波によるノッチ状減肉の長さと深さと角度による検出感度, 第23回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, 81-84, 2016年1月.
199)近藤 大祐, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 若槻 哲三, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 福田 大受, 赤池 雅史, 島袋 充生, 佐田 政隆 : 急性冠症候群発症時のイコサペント酸とドコサヘキサエン酸の血中濃度低下は慢性期冠動脈 ステント内再狭窄の予測因子である, 第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
200)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 接着力を制御できる歯科用セメントの開発, 第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
201)武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一, 浜田 賢一 : 非磁性Au合金で試作した医用デバイスのMRIアーチファクト, 第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
202)邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 神野 洋平, 関根 一光, 浜田 賢一 : 三次元多孔性チタン織物の機械的特性と骨伝導能, 第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
203)伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : ボールミリング法で改質したβ-TCPセメントの粉液比の増加による強度と注入性, 第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
204)金沢 有希, 高山 拓磨, 鵜川 真実, 石田 竜弘 : G2/M arrestを誘導するドキソルビシン処置による外来遺伝子発現向上の試み, ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
205)久保 幸代, 本藤 栄里, 阿部 遼, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 : PEG化製剤に対するanti-PEG IgMの結合性と補体活性化能に関する検討, ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
206)望月 啓志, 安藤 英紀, 石田 竜弘 : Doxil®及びオキサリプラチン封入リポソームの腹腔内投与の有用性に関する検討, ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
207)吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 : PEG修飾リポソームのPEG末端構造ががんワクチン効果に与える影響, ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
208)米谷 拓磨, 鵜川 真実, 石田 竜弘 : 繰り返しhyperthermiaによる長期滞留性リポソームの腫瘍内集積性への影響, ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
209)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 新規バイオセラミックスとしてのクロロアパタイトのメカノケミカル合成とその評価, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
210)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : 示差走査熱量曲線の予測を目的としたポータブルラマン分光計によるテオフィリン錠剤の測定, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
211)松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高湿度条件下におけるテオフィリン無水物の溶媒介転移, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
212)髙木 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 徳島市内における酸性ガス/PM2.5のオンライン分析, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
213)成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフィーを用いた河川水中の過塩素酸イオン分析法の検討, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
214)小畑 智, 石川 真志, 西野 秀郎 : ベースライン信号の低減化による高感度A0 mode Lamb波用水結合式トランスデューサ, 第171回春季講演大会概要集, Vol.29, 2016年3月.
215)中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 : 微分方程式を用いた離散トモグラフィ画像再構成法の数値実験による検討, 島根県診療放射線技師会平成27年度春季学術大会, 2016年3月.
216)竹野 凌, 関 陽介, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 上田 哲史 : 交通事故の危険度と移動手段を考慮した移動経路提案システム, 電子情報通信学会2016年総合大会講演論文集, 144, 2016年3月.
217)野村 卓哉, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 関 陽介, 上田 哲史 : Mahara におけるデータ間の関係性解析支援システム, 電子情報通信学会2016年総合大会講演論文集, 112, 2016年3月.
218)安藤 正紀, 石川 真志, 西野 秀郎, 八田 博志, 宇都宮 真 : レーザー励起アクティブサーモグラフィによるCFRPの非破壊検査, 第7回日本複合材料会議(JCCM-7)講演論文集, 2016年3月.
219)吉田 博, 榊原 暢久 : 理工系分野におけるFDプログラムの開発, 第22回大学教育研究フォーラム発表論文集, 366-367, 2016年3月.
220)久保田 祐歌, 吉田 博 : アクティブ・ラーニング型初年次教育プログラムの成果と課題, 第22回大学教育研究フォーラム発表論文集, 316-317, 2016年3月.
221)石川 真志, 安藤 正紀, 西野 秀郎 : 赤外線パルス・サーモグラフィ検査におけるCFRP中の欠陥検出精度の定量化, 第7回日本複合材料会議(JCCM-7)講演論文集, 2016年3月.
222)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, T Hara, Takayuki Ise, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Modulation of Tissue Thrombin Action is a Novel Therapeutic Approach for Prevention of Polyvascular Disease., 第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
223)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Mika Bando, T Hara, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata : Reduced Ratio of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid to Arachidonic Acid is Associated with Early Onset of Acute Coronary Syndrome., 第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
224)赤池 雅史 : Current Status and Issues of Clinical Clerkship in Undergraduate Medical Education in Japan - Analysis of Students Satisfaction -, 第80回日本循環器学会学術集会 会長特別企画 10「日米の医学教育を考える」, 2016年3月.
225)渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 : Sr2Sc(Co1-xFex)PO3のNMR Ⅱ, 日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年3月.
226)久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 松林 和幸, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam : 63Cu-NMRによる 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力誘起超伝導の研究, 日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年3月.
227)本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 : ポリエチレングリコール修飾タンパク製剤Pegasysに対する抗PEG IgM応答, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
228)矢田 未央, 廣瀬 憲志, 村尾 和俊, 久保 宜明, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 安齋 眞一 : 鼻尖部に生じた脂腺癌の1例, 第169回 日本皮膚科学会山口地方会, 2016年3月.
229)金 尚永, 長嶋 絋紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ (Chloranthus japonicus) 地上部の成分研究, 日本薬学会第136年会, Vol.2, 226, 2016年3月.
230)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
231)仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 環状酸無水物の不斉加メタノール分解を基盤とするcis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
232)高山 拓磨, 清水 太郎, 鵜川 真美, 石田 竜弘 : Doxil投与による腫瘍内免疫細胞の変動とこの変動による抗腫瘍効果への影響, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
233)金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 : Intelligent shRNA expression deviceのin vitro, in vivoにおける有用性評価, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
234)滝口 祥令 : シンポジウム 先導的薬剤師養成にめけた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 「教育評価手法プログラム及びトランスレーショナルリサーチ・臨床試験プログラム」, 2016年3月.
235)中村 教泰, 木戸 玲子, 鶴尾 吉宏 : 蛍光ナノ粒子を用いたマクロファージ取り込みのタイムラプスイメージング, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
236)兼久 亮, 濱田 芽依, 大道 竜也, 酒井 亮太, 保富 義裕, 上山 敬司, 山本 悠太, 伊藤 隆雄, 鶴尾 吉宏 : 右頚部静脈および,右肺静脈の破格1例, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
237)島野 拳, 稲垣 泰申, 笠原 千聖, 中 勇貴, 両国 文那, 上山 敬司, 山本 悠太, 伊藤 隆雄, 鶴尾 吉宏 : 骨盤腎の一例, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
238)伊藤 隆雄, 山本 悠太, 鶴尾 吉宏, 上山 敬司 : 幼若期ラット網膜におけるステロイド代謝酵素5α-リダクターゼサブタイプの発現について, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
239)中尾 允泰, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの合成, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成28年度), 2016年2月.

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)雲財 崇, 新井 悠太, 松永 直樹, 鉄谷 真由, 村尾 和俊, 久保 宜明 : 糖尿病性腎症・網膜症患者に生じた菌状息肉症の1例, 四国医学雑誌, Vol.71, No.1-2, 55-56, 2015年4月.
2)鉄谷 真由, 村尾 和俊, 久保 宜明 : 糖尿病性腎症・網膜症患者に生じた菌状息肉症の1例, 日本皮膚科学会雑誌, Vol.125, No.4, 945, 2015年4月.
3)幸田 舞子, 福井 眺万, 村尾 和俊, 久保 宜明 : 症状が再燃,遷延し,治療に難渋した薬剤過敏症症候群の1例, 第114回日本皮膚科学会総会,横浜, 2015年5月.
4)成行 義文 : 新型パイプハウスの耐風性能の照査, トマト生産施設落成式及び内覧会(山口圃場), 2015年6月.
5)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 認証フレームワークを用いたアクセスログを考慮するアンケートシステム, 情報処理学会研究報告, Vol.2015-IOT-30, No.2, 1-6, 2015年6月.
6)LEE Heejin, Takahiro Kitajima, Masaharu Inoue and Takashi Yasuno : Accuracy Improvement Method of Self-Localization for Outdoor Multiple Mobile Robots Using Neural Network, IEICE Technical Report, No.NC2015-12, 1-6, Jul. 2015.
7)中村 教泰, 鶴尾 吉宏, 宇都 義浩, 影治 照喜, 増田 開 : 有機シリカ粒子技術とBNCTセラノスティックスへの展望, 第1回徳島ナノメディシン・シンポジウム, 2015年7月.
8)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異, 厚生労働科学研究費補助金 平成27年度 第1回班会議, 2015年8月.
9)植野 美彦 : 徳島大学の入試改革について, これからの高校教育に必要な進路・学習指導の理想像を求めて, 2015年8月.
10)成行 義文 : Engineering Festival 2015, 2015年9月.
11)山村 里恵, 廣瀬 憲志, 村尾 和俊, 久保 宜明, 坂尾 佳久 : シクロスポリン内服が有効であった小児剣創状強皮症の1例, 第67回 日本皮膚科学会 西部支部学術大会, 2015年10月.
12)廣瀬 憲志, 宮本 千暁, 村尾 和俊, 久保 宜明, 小川 博久, 藤本 篤夫 : 顔面に広範囲に多発した偽リンパ腫の1例, 第67回日本皮膚科学会 西部支部学術大会, 2015年10月.
13)兒島 雄志, 吉永 哲哉 : 競争モデルに基づく離散値トモグラフィ, 電気学会研究会資料, 2015年11月.
14)大津 雅信, 木下 華子, 村尾 和俊, 吉岡 正太郎, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 久保 宜明 : 頭部IVR施行後に脱毛を生じた1例, 日本皮膚科学会第143回宮崎地方会, 2015年11月.
15)祖川 麻衣子, 木下 華子, 廣瀬 憲志, 久保 宜明 : 長島型掌蹠角化症の1例, 第144回 日本皮膚科学会徳島地方会, 2015年12月.
16)谷川 ゆかり, 川口 拓之, 岡田 英史, 河野 理, 藤井 宏之, 橋本 康, 吉永 哲哉, 大川 晋平, 星 詳子 : バイオメディカル光イメージングにおける数理モデルと画像再構成 における光学特性のin vivo計測, 産業技術総合研究所人間情報研究部門シンポジウム, 2015年12月.
17)谷川 ゆかり, 川口 拓之, 岡田 英史, 河野 理, 藤井 宏之, 橋本 康, 吉永 哲哉, 大川 晋平, 星 詳子 : 時間分解計測を用いた生体の光学特性計測, つくば医工連携フォーラム, 2016年1月.
18)豊岡 寛旨, 松浦 健二, 後藤田 中 : 反復運動における運動継続のための動作タイミングに関する一考察, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30, No.5, 27-32, 2016年1月.
19)関 陽介, 野村 卓哉, 曽我部 紗也香, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 上田 哲史 : 研究活動の持続的成長を支援するeポートフォリオシステムの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-CLE-18, No.7, 1-6, 2016年2月.
20)谷川 ゆかり, 川口 拓之, 岡田 英史, 河野 理, 藤井 宏之, 橋本 康, 吉永 哲哉, 大川 晋平, 星 詳子 : 時間分解計測を用いた生体の in vivo 光学特性計測, 第15回 産総研・産技連 LS-BT合同研究発表会「ビッグデータとビッグシミュレーションによる生命医科学の未来」, 2016年2月.
21)植野 美彦 : 徳島大学の入試改革, 高大接続型理系入試研究協議会, 2016年3月.
22)石岡 匠也, 後藤田 中, 小林 雄志, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 個別の実践環境の違いを考慮した運動教育のe-Learningフレームワークの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, 199-204, 2016年3月.
23)山本 貴裕, 後藤田 中, 小林 雄志, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : フィットネス測定スキルの養成を支援するCMSの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, 211-214, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1)成行 義文 : 平成26年度共同研究報告書「石詰かごの摩擦係数の解明 ∼模型実験による検証∼」, 1-50, 2015年5月.
2)成行 義文 : H26年度共同研究成果報告書「新型パイプハウスの耐風性能の照査」, 1-4, 2015年5月.
3)成行 義文 : 受託研究成果報告書「試作品及び構成材料等の基本的耐震性能の検証の為の強度試験等の委託研究」, 1-10, 2015年6月.
4)植野 美彦 : 巻頭言, 平成27年度徳島大学総合教育センターアドミッション部門報告書, 2016年3月.

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{276990}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1)河村 保彦, 外輪 健一郎, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 2016年4月.
2)郷木 義子, 奥田 紀久子 : 学校における養護活動の展開改訂3版, ふくろう出版, 岡山, 2016年4月.
3)森戸 光彦, 武井 典子, 金澤 紀子, 松山 美和, 戸原 玄 : 歯科衛生士のための口腔機能管理マニュアル 高齢者編, 医歯薬出版 株式会社, 2016年5月.
4)川添 和義 : CKD患者において注意が必要なサプリメントは何ですか?, 株式会社 中外医学社, 東京, 2016年6月.
5)白山 靖彦 : 介護支援専門員速習テキスト第20版, 日総研, 2016年6月.
6)大森 哲郎 : CHAPTER 1 総論, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
7)住谷 さつき : CHAPTER 5 神経症性・ストレス関連性障害および身体表現性障害, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
8)デレク ワード=トンプソン, アンソニー P ウィットワース, 古屋 S. 玲 : ワード-トンプソン&ウィットワース 星形成論―銀河進化における役割から惑星系の誕生まで, --- 翻訳 ---, 丸善出版, ISBN-13: 978-4621087367, 全404ページ, https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b294462.html,, 東京, 2016年6月.
9)西 麻希, 濵田 康弘 : CKD患者におけるサルコペニアとフレイルについて教えて下さい., 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
10)松浦 健二, 林 敏浩 : 大学間連携システム, ミネルヴァ書房, 2016年6月.
11)久保田 祐歌 : 大学のFD Q&A(佐藤浩章・中井俊樹・小島佐恵子・城間祥子・杉谷祐美子 編), --- 「Q28クリティカルシンキング能力の育成をテーマにしたFDをどのように実施したらよいでしょうか.」「Q83教員養成を担う教員を対象としたFDをどのように進めたらよいでしょうか.」 ---, 玉川大学出版部, 東京, 2016年6月.
12)田中 秀治 : 第17改正日本薬局方解説書, 株式会社 廣川書店, 東京, 2016年7月.
13)玉 真之介 : 総力戦体制下の満洲農業移民, 株式会社 吉川弘文館, 2016年8月.
14)齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 基礎物理学実験テキスト (2016年度後期改訂版), 徳島大学生協, 2016年10月.
15)石黒 京子, 伊藤 美千穂, 井上 誠, 内田 龍児, 梅垣 敬三, 大島 吉輝, 大城 太一, 太田 富久, 岡村 信幸, 奥山 恵美, 柏田 良樹, 木内 文之, 木下 武司, 合田 幸広, 小林 資正, 小松 かつ子, 小山 清隆, 小山 信裕, 酒井 英二, 渋谷 雅明, 白瀧 義明, 高山 廣光, 田中 隆, 谷口 雅彦, 供田 洋, 永津 明人, 野口 博司, 羽田 紀康, 波多野 力, 藤井 勲, 伏見 裕利, 船山 信次, 松田 久司, 三巻 祥浩, 森田 博史, 吉松 嘉代 : 化学系薬学 Ⅲ. 自然が生み出す薬物, 株式会社 東京化学同人, 2016年10月.
16)佐々木 千鶴, 吉田 雄介, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 日本ナシ剪定枝を原料とした有用化学物質の生産, 2016年11月.
17)片岡 佳子, 尾崎 和美 : 太田敏子 岡崎充宏 金森政人 古畑勝則 松村充 山本容正 (編集): メデイカルサイエンス 微生物検査学 第2版, --- Ⅳ 感染症の検体検査 p353-363 口腔感染症 ---, 近代出版, 東京, 2016年11月.
18)田中 秀治, 竹内 政樹 : スタンダード薬学シリーズII 2, 物理系薬学 III. 機器分析・構造決定, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2016年11月.
19)奥田 紀久子 : 学校教育における子どもの不安の正体を探る, 徳島県精神保健福祉協会, 徳島, 2016年11月.
20)沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : うつ病の血液診断マーカー, 医薬ジャーナル社, 2016年12月.
21)大森 哲郎 : 精神疾患の治療I 身体療法, へるす出版, 2017年.
22)濵田 康弘 : 病棟栄養士のための臨床栄養ベーシックセミナー, 医歯薬出版株式会社, 2017年.
23)田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャン分析化学, 原書7版, 丸善出版, 東京, 2017年1月.
24)上岡 義典 : 林邦雄・谷田貝公昭監修,山﨑順子・和田上貴昭編著.新版社会福祉.第13章 社会福祉と子ども, 一藝社, 2017年1月.
25)濵田 康弘 : 酸・塩基平衡, 南江堂, 2017年3月.
26)田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャンExcelで解く分析化学, 丸善出版, 東京, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomohiro Osaki, Misato Ono, Yoshihiro Uto, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi, Kazuo Azuma, Yusuke Murahata, Takeshi Tsuka, Norihiko Ito, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Sonodynamic therapy using 5-aminolevulinic acid enhances the efficacy of bleomycin., Ultrasonics, Vol.67, 76-84, 2016.
2)吾不力 阿布都乃比, 掛井 秀一 : SNSの発信情報に基づく地域における個人の感情表現に関する調査研究, 文理シナジー, Vol.20, No.1, 27-32, 2016年.
3)Atsushi Nakayama, Nishio Satoshi, Otani Akira, Mera Akane, Osawa Ayumi, Tanino keiji and Kosuke Namba : Substituent Effect at C4-Position of 1,3a,6a-Triazapentalene, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 830-837, 2016.
4)Yuta Yoshino, Kentaro Kawabe, Kiyohiro Yamazaki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Yoko Mori, Taku Yoshida, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori and Shu-ichi Ueno : Elevated TREM2 mRNA Expression in Leukocytes in Schizophrenia but not Major Depressive Disorder, Journal of Neural Transmission, 2016.
5)Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Shinji Abe, Chiemi Sato, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Evaluation of the risk factors associated with high-dose chemotherapyinduced dysgeusia in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation: Possible usefulness of cryotherapy in dysgeusia prevention, Supportive Care in Cancer, Vol.24, No.9, 3979-3985, 2016.
6)松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 嚥下障害のスクリーニングテストの比較研究, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 3-10, 2016年.
7)前田 さおり, 松山 美和, 板東 髙志 : 高齢血液透析患者に対する口腔機能訓練の効果 ―安静時唾液分泌量の変化からみた検討―, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 23-30, 2016年.
8)Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi : Molecular analysis for bacterial contamination in dental unit water lines, The New Microbiologica, Vol.39, No.2, 143-145, 2016.
9)池田 真己, 井手口 英章, 伊賀 弘起, 日野出 大輔, 河野 文昭 : 歯科衛生士養成校におけるOSCE導入の教育学的効果に関する解析, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.1, 73-82, 2016年.
10)Kushima Itaru, Aleksic Branko, Nakatochi Masahiro, Shimamura Teppei, Shiino Tomoko, Yoshimi Akira, Kimura Hiroki, Takasaki Yuto, Wang Chenyao, Xing Jingrui, Ishizuka Kanako, Oya-Ito Tomoko, Nakamura Yukako, Arioka Yuko, Maeda Takuji, Yamamoto Maeri, Yoshida Mami, Noma Hiromi, Hamada Shuko, Morikawa Mako, Uno Yota, Okada Takashi, Iidaka Tetsuya, Iritani Shuji, Miyashita Mitsuhiro, Kobori Akiko, Arai Makoto, Itokawa Masanari, Cheng Min-Chih, Chuang Yang-An, Chen Chia-Hsiang, Suzuki Michio, Takahashi Tsutomu, Hashimoto Ryota, Yamamori Hidenaga, Yasuda Yuka, Watanabe Yuichiro, Nunokawa Ayako, Someya Toshiyuki, Ikeda Masashi, Iwata Nakao, Toyota Tomoko, Yoshikawa Takeo, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Kunimoto Shohko, Mori Daisuke, Yamamoto Toshimichi and Ozaki Norio : High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan, Molecular Psychiatry, Vol.22, No.3, 430-440, 2016.
11)渡辺 朱理, 高久 悟, 松山 美和, 苔口 進 : 臨床実習用デンタルユニット給水ライン(DUWLs)における細菌生息状況調査, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.1, 58-64, 2016年.
12)Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-Time Dynamic Image Segmentation Using Oscillators with Adaptive Coupling, International Journal of Modern Nonlinear Theory and Application, Vol.5, No.2, 93-103, 2016.
13)吉岡 昌美, 石川 久子, 永井 浩美, 伊賀 弘起, 東 雅之 : 外来化学療法患者の口腔健康管理に対する認識, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 24-29, 2016年.
14)中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 回復期病院職員が抱える口腔ケアについての悩み-他職種へのアンケート調査より-, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 30-34, 2016年.
15)Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Shikonin Inhibits Inflammatory Cytokine Production in Human Periodontal Ligament Cells., Inflammation, Vol.39, No.3, 1124-1129, 2016.
16)Ubul ABDUNABI and Hidekazu Kakei : Research the Regional Differences in Person Sensibility Expression in Blog Document, International Journal of Computing and Technology, Vol.3, No.6, 342-346, 2016.
17)Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Damdinjav Davaadagva, Dorjbal Enkhjargal and Yoshiki Kashiwada : Tetrahydroxanthones from Mongolian medicinal plant Gentianella amarella ssp. acuta, Journal of Natural Medicines, Vol.70, No.4, 780-788, 2016.
18)Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Yoshio Endo, Kazunori Yaju, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Ikuo Nakanishi, Kenichiro Mastumoto and Yoshihiro Uto : RADIOSENSITIZING EFFECT OF PROTOPORPHYRIN IX WITH CARBON ION BEAM AGAINST MOUSE MAMMARY BREAST TUMOR CELL., Journal of Advanced Manufacturing Technology, 47-51, 2016.
19)Kadota Takako, Nami Kakuta, Horikawa T. Yousuke, Rie Tsutsumi, Takuro Oyama, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi : Plasma substance P concentrations in patients undergoing general anesthesia: an objective marker associated with postoperative nausea and vomiting, JA Clinical Reports, Vol.2, No.9, 2016.
20)Eisuke Hamaguchi, Yasuo Tsutsumi, Katsuyoshi Kume, Yoko Sakai, Nami Kakuta, Yuta Uemura, Shinji Kawahito and Katsuya Tanaka : General anesthesia of a Japanese infant with Barber-Say syndrome: a case report, JA Clinical Reports, Vol.2, No.11, 2016.
21)Naonobu Tanaka, Niwa Kanji and Yoshiki Kashiwada : Merohyperins A-C, meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense, Tetrahedron Letters, Vol.57, No.29, 3175-3178, 2016.
22)Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Masahito Nakataki, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder., PLoS ONE, Vol.11, No.6, e0157232., 2016.
23)Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Shohei Ogata, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada : Preventive Effects of Houttuynia cordata Extract for Oral Infectious Diseases., BioMed Research International, Vol.2016, 2581876, 2016.
24)Takeuchi Kohei, Atsushi Nakayama, Tanino Keiji and Kosuke Namba : Facile Guanidine Formation under Mild Acidic Conditions, Synlett, Vol.27, No.18, 2591-2596, 2016.
25)Toshio Inui, Goro Katsuura, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Leslye Chenery, Yoshihiro Uto, Takahito Nishikata and Martin Mette : Case Report: GcMAF Treatment in a Patient with Multiple Sclerosis, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3771-3774, 2016.
26)Toshio Inui, Haruka Amitani, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Yoshihiro Uto, Takahito Nishikata and Martin Mette : Case Report: A Non-small Cell Lung Cancer Patient Treated with GcMAF, Sonodynamic Therapy and Tumor Treating Fields, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3767-3770, 2016.
27)Yu Sumiya, Takahiro Inoue, Mami Ishikawa, Toshio Inui, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Yoshihiro Uto and Takahito Nishikata : Macrophages Exhibit a Large Repertoire of Activation States via Multiple Mechanisms of Macrophage-activating Factors, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3619-3623, 2016.
28)Kazuto Ohkura, Yuki Kawaguchi, Y Tatematsu, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : An Antitumor 2-Hydroxyarylidene-4-cyclopentene-1,3-Dione as a Protein Tyrosine Kinase Inhibitor: Interaction Between TX-1123 Derivatives and Src Kinase, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3645-3649, 2016.
29)Hiroshi Yoshimura, Sugai Tokio, Kato Nobuo, Tominaga Takashi, Tominaga Yoko, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Tetsuya Akamatsu : Interplay between non-NMDA and NMDA receptor activation during oscillatory wave propagation: Analyses of caffeine-induced oscillations in the visual cortex of rats, Neural Networks, Vol.79, 141-149, 2016.
30)Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Dashboard for Analyzing Ubiquitous Learning Log, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.14, No.3, 1-20, 2016.
31)Naonobu Tanaka, Tsuji Eri, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi : Yezo'otogirins A-H, acylphloroglucinols and meroterpenes from Hypericum yezoense, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 991-995, 2016.
32)Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki F. Yu, Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Nakamura Takanori : Acylated triterpene saponins from the stem bark of Acer nikoense, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 924-929, 2016.
33)Tomohiro Hirano, Ryota Kamiike, Yuchin Hsu, Hikaru Momose and Koichi Ute : Multivariate analysis of 13C NMR spectra of branched copolymers prepared by initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate and tert-butyl methacrylate, Polymer Journal, Vol.48, No.7, 793-800, 2016.
34)Y Yoshino, K Kawabe, T Mori, Y Mori, K Yamazaki, Shusuke Numata, S Nakata, T Yoshida, JI Iga, Tetsuro Ohmori and SI Ueno : Low methylation rates of dopamine receptor D2 gene promoter sites in Japanese schizophrenia subjects., The World Journal of Biological Psychiatry, Vol.17, No.6, 449-456, 2016.
35)Yukio Morimoto, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Toshiyuki Chatake and Hitoshi Hori : Structural Insight Into Protein Binding of Boron Tracedrug UTX-97 Revealed by the Co-Crystal Structure With Lysozyme at 1.26 Å Resolution, Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.105, No.8, 2298-2301, 2016.
36)Masahiro Yoshida, Shoko Ohno, Sayaka Eguchi, Tomotaka Mizuguchi and Kosuke Namba : Direct cyclization of 1,3-diaryl propargylic alcohols with dicarbonyl compounds by palladium-boric acid dual-catalyst system, Tetrahedron, Vol.72, No.36, 5633-5639, 2016.
37)M Kadota, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, R Ueno, Y Kawabata, T Hara, K Ogasawara, Mika Bando, S Bando, Tomomi Matsuura, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Response prediction and influence of tolvaptan in chronic heart failure patients considering the interaction of the renin-angiotensin-aldosterone system and arginine vasopressin., International Heart Journal, Vol.57, No.4, 461-465, 2016.
38)Yoshiki Shimamura, Dai Tamatani, Shota Kuniyasu, Yusuke Mizuki, Takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Toru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi and Yoshihiro Uto : 5-Aminolevulinic Acid Enhances Ultrasound-mediated Antitumor Activity via Mitochondrial Oxidative Damage in Breast Cancer, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3607-3612, 2016.
39)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Melatonin Inhibits CXCL10 and MMP-1 Production in IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells., Inflammation, Vol.39, No.4, 1520-1526, 2016.
40)Ai Asakawa, Tomohiro Oka, Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Cholininum ionic liquid/cosolvent pretreatment for enhancing enzymatic saccharification of sugarcane bagasse, Industrial Crops and Products, Vol.86, 113-119, 2016.
41)富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析, 分析化学, Vol.65, No.8, 425-432, 2016年.
42)Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Takashi Morii : Latent pH-responsive ratiometric fluorescent cluster based on self-assembled photoactivated SNARF derivatives, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.1, 431-436, 2016.
43)Rui Kamada, Fumi Tano, Fuki Kudoh, Nozomi Kimura, Yoshiro Chuman, Ayumi Osawa, Kosuke Namba, Keiji Tanino and Kazuyasu Sakaguchi : Effective Cellular Morphology Analysis for Differentiation Processes by a Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalene Derivative Probe in Live Cells, PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0160625, 2016.
44)Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi : Monitoring of bacterial contamination of dental unit water lines using adenosine triphosphate bioluminescence, The Journal of Hospital Infection, Vol.94, No.4, 393-396, 2016.
45)Takanori Tada, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, Yukiteru Katsumoto, Taka-aki Asoh, Tatsuya Shoji, Noboru Kitamura and Yasuyuki Tsuboi : Effects of Syndiotacticity on the Dynamic and Static Phase Separation Properties of Poly(N-Isopropylacrylamide) in Aqueous Solution, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.120, No.31, 7724-7730, 2016.
46)Naoji Mita, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Kazumi Takaishi, Hiroshi Kitahata, Munehide Matsuhisa, Mitsuo Shimada, Kinoshita Hiroyuki, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka : Strict blood glucose control by an artificial endocrine pancreas during hepatectomy may prevent postoperative acute kidney injury, Journal of Artificial Organs, Vol.20, No.1, 76-83, 2016.
47)Michiyasu Nakao, Shunsuke Tsuji, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Erythrochelin: A Hydroxamate-Type Siderophore from Saccharopolyspora erythraea, Synthesis, Vol.48, No.23, 4149-4154, 2016.
48)Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts, ChemSusChem, Vol.9, 2769-2773, 2016.
49)Shinji Abe, Kato Mika Kaneko, Yuki Tsuchihashi, Toshihiro Izumi, Satoshi Ogasawara, Naoto Okada, Chiemi Sato, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kawazoe, Yukinari Kato and Yasuhiko Nishioka : Antitumor effect of novel anti-podoplanin antibody NZ-12 against malignant pleural mesothelioma in an orthotopic xenograft model., Cancer Science, Vol.107, No.9, 1198-1205, 2016.
50)Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka and Yoshiki Kashiwada : Erecricins A-E, prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum, Fitoterapia, Vol.114, 188-193, 2016.
51)東 和之, 大田 直友, 橋本 温, 大谷 壮介, 上月 康則 : 徳島市沖洲地区人工海浜で発生している「沈み込み現象」の原因究明, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.72, No.2, 718-725, 2016年.
52)Takamura Haruna, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki : Porphyromonas gingivalis attenuates the insulin-induced phosphorylation and translocation of forkhead box protein O1 in human hepatocytes, Archives of Oral Biology, Vol.69, 19-24, 2016.
53)Kentaro Igami, Yosuke Shimojo, Hisatomi Ito, Toshitsugu Miyazaki, Fusako Nakano and Yoshiki Kashiwada : Fermented Ginseng Contains an Agonist of Peroxisome Proliferator Activated Receptors and ., Journal of Medicinal Food, Vol.19, No.9, 817-822, 2016.
54)Koki Arai and Emi Morimoto : Construction industry and (dis)economies of scope, The Association of Researchers in Construction Management, Vol.32, No.1, 289-297, 2016.
55)Masami Yoshioka, Yasuhiko Shirayama, Issei Imoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yuko Takeuchi, Takashi Bando and N Yokota : Factors associated with regular dental visits among hemodialysis patients., World Journal of Nephrology, Vol.5, No.5, 455-460, 2016.
56)Jesus Rafael Alcantara Avila, Morihiro Tanaka, César Márquez Ramírez, I. Fernando Gómez-Castro, Gabriel J. Segovia-Hernández, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design of a Multitask Reactive Distillation with Intermediate Heat Exchangers for the Production of Silane and Chlorosilane Derivates, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.55, No.41, 10968-10977, 2016.
57)Shigeki Sano, Eiko Kujime, Hiroko Tanaka, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Enzymatic Synthesis of Chiral P-Stereogenic Phosphonoacetates, Chemical Data Collections, Vol.5/6, 12-20, 2016.
58)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システムのBCPテスト結果と課題, 学術情報処理研究, Vol.20, 119-127, 2016年.
59)谷岡 広樹, 板東 孝文, 松浦 健二 : 徳島大学情報センターにおける全文検索システムの導入検討, 学術情報処理研究, Vol.20, 30-39, 2016年.
60)Sonoko Yasui, Yumiko Shirai, Mayu Tanimura, Sayaka Matsuura, Yu Saitou, Kazuaki Miyata, Eiji Ishikawa, Chikao Miki and Yasuhiro Hamada : Prevalence of protein-energy wasting (PEW) and evaluation of diagnostic criteria and etiology in Japanese maintenance hemodialysis patients, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.25, No.2, 292-299, 2016.
61)阿布都乃比 吾不力, 掛井 秀一 : Twitterの投稿情報に基づく政治分野における地域の感性表現に関する調査研究, 文理シナジー, Vol.20, No.2, 113-118, 2016年.
62)Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Impaired social cognition in anorexia nervosa patients, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 2527-2531, 2016.
63)Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Fabrication of hydrophilic graphene film by molecular functionalization, Physica Status Solidi (B) Basic Solid State Physics : PSS, Vol.254, No.2, 1600524-(4pp), 2016.
64)Jun-ichi Sawada, Ayumi Osawa, Tomoki Takeuchi, Masato Kaneda, Shinya Oishi, Nobutaka Fujii, Akira Asai, keiji Tanino and Kosuke Namba : Functional 1,3a,6a-triazapentalene scaffold: Design of fluorescent probes for kinesin spindle protein (KSP), Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.26, No.23, 5765-5769, 2016.
65)Naonobu Tanaka, Yuki Yano, Yutaka Tatano and Yoshiki Kashiwada : Hypatulins A and B, meroterpenes from Hypericum patulum, Organic Letters, Vol.18, No.20, 5360-5363, 2016.
66)Kim Sang-Yong, Nagashima Hisako, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Jun'ichi and Kojoma Mareshige : Hitorins A and B, hexacyclic C25 terpenoids from Chloranthus japonicus, Organic Letters, Vol.18, 5420-5423, 2016.
67)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Yoshihiro Ohta, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Alkannin inhibits CCL3 and CCL5 production in human periodontal ligament cells., Cell Biology International, Vol.40, No.12, 1380-1385, 2016.
68)Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae, Masami Yoshioka, Miwa Matsuyama, Hiroki Iga and Fukushima Yuzuru : Relationship between Chewing Behavior and Oral Conditions in Elementary School Children Based on the "Chewing 30" Program: An Intervention Study, Journal of Dental Health, Vol.66, No.5, 438-444, 2016.
69)澤田 美佐緒, 白山 靖彦, 上原 弘美, 畑山 千賀子, 黒崎 薫, 藤井 由香, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 竹内 祐子, 野村 慶雄 : 歯科衛生学生の高齢者施設臨地実習における「口腔機能管理計画・アセスメント票」導入らよる高齢者に対するイメージ変化, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.2, 152-161, 2016年.
70)守谷 恵未, 松山 美和, 犬飼 順子, 道脇 幸博, 岩渕 博史 : 口腔ケア時の誤嚥予防の試み ―口腔ケア用ジェルの新規開発―, 日本老年医学会雑誌, Vol.53, No.4, 347-353, 2016年.
71)Kohichi Kuwahara, Hiroshi Hirata, Kengo Ohbuchi, Kentaro Nishi, Akira Maeda, Akihiko Kuniyasu, Daisuke Yamada, Takehiko Maeda, Akihiko Tsuji, Makoto Sawada and Hitoshi Nakayama : The novel monoclonal antibody 9F5 reveals expression of a fragment of GPNMB/osteoactivin processed by furin-like protease(s) in a subpopulation of microglia in neonatal rat brain, Glia, Vol.64, No.11, 1938-1961, 2016.
72)Keizo Nakagawa, Yoshiki Tezuka, Takuya Ohshima, Megumi Katayama, Toshimasa Ogata, Ken-Ichiro Sotowa, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Formation of Cerium Carbonate Hydroxide and Cerium Oxide Nanostructures by Self-Assembly of Nanoparticles Using Surfactant Template and Their Catalytic Oxidation, Advanced Powder Technology, Vol.27, No.5, 2128-2135, 2016.
73)Erisa Harada, Kenji Sugase, Kosuke Namba and Yoshiko Murata : The helical propensity of the extracellular loop is responsible for the substrate specificity of Fe(III)-phytosiderophore transporters., FEBS Letters, Vol.590, No.24, 4617-4627, 2016.
74)Naoji Mita, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Tosiko Katayama, Narutomo Wakamatsu, Tomiya Kawahara, Nami Kakuta, Eisuke Hamaguchi, Yasuo Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Kazumi Takaishi and Hiroshi Kitahata : Anesthetic management of a patient with unruptured sinus of valsalva aneurysm with right ventricular outflow tract obstruction., Circulation Control, Vol.37, No.3, 195-198, 2016.
75)Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Yoshida, Maiko Kamioka, Hiroshi Sakata and Pope J. Christopher : The Proof of the Pudding: Active Learning and Self-Regulated Learning Skills in University Classrooms, On CUE Journal, Vol.9, No.4, 344-371, 2016.
76)久保田 祐歌, 吉田 博 : 学修の振り返りを促進する授業設計, 京都大学高等教育研究, No.22, 115-118, 2016年.
77)Ray S. Furuya and Yoshiaki Taniguchi : A massive dense gas cloud close to the nucleus of the Seyfert galaxy NGC 1068, Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.68, No.6, 2016.
78)Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Sho Muraki, Atsushi Tsuchiya, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Cumulative effect of the plasma total homocysteine-related genetic variants on schizophrenia risk., Psychiatry Research, Vol.246, 833-837, 2016.
79)小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼・嚥下機能と食品嗜好との関連性, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.3, 132-139, 2016年.
80)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 公共工事における新規参入の効果, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.72, No.1, 2016年.
81)Otsuka Yuta, Akira Ito, Matsumura Saki, Masaki Takeuchi, Pal Suvra and Hideji TANAKA : Quantification of pharmaceutical compounds based on powder X-ray diffraction with chemometrics, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.8, 1129-1135, 2016.
82)武田 知也, 濱谷 沙世, 田丸 麻衣, 境 泉洋, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 認知行動療法的介入が有効であった心因性難聴の事例, 児童青年精神医学とその近接領域, Vol.58, No.2, 254-260, 2017年.
83)白水 好美, 田中 勝, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリーンルーム雰囲気中のアンモニア及びアミンガスを監視するウエットデニューダ方式の自動モニタ, 分析化学, Vol.66, No.7, 503-508, 2017年.
84)Masaki Takeuchi, Miyazaki Yuki, Hideji TANAKA, Isobe Takaharu, Okochi Hiroshi and Ogata Hiroko : High Time-Resolution Monitoring of Free-Tropospheric Sulfur Dioxide and Nitric Acid at the Summit of Mt. Fuji, Japan, Water, Air, and Soil Pollution, Vol.228, No.9, Article:325, 2017.
85)Chiaki Murakami, Nami Kakuta, Katsuyoshi Kume, Yoko Sakai, Asuka Kasai, Takuro Oyama, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi : A comparison of fosaprepitant and ondansetron for preventing postoperative nausea and vomiting in moderate to high risk patients: A retrospective database analysis., BioMed Research International, 2017.
86)井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 武内 早苗, 武久 美奈子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 留学生のキャンパス内の精神科受診傾向の検討, CAMPUS HEALTH, Vol.54, No.2, 155-160, 2017年.
87)A Sakai, H Hamada, K Hara, K Mori, T Uchida, T Mizuguchi, J Minaguchi, K Shima, S Kawashima, Yasuhiro Hamada and Takeshi Nikawa : Nutritional counseling regulates interdialytic weight gain and blood pressure in outpatients receiving maintenance hemodialysis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 129-135, 2017.
88)Masahiro Yoshida, Kinoshita Kouki and Kosuke Namba : Syntheses of 2-vinyl-2,3-dihydropyrroles and 3-methylene-1,2,3,4-tetrahydropyridines by palladium-catalyzed cyclization of N-tosyl imines with allylic diesters, Heterocycles, Vol.95, No.1, 410-421, 2017.
89)Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa : Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017.
90)Jesus Rafael Alcantara Avila, Terasaki Masataka, Lee Hao-Yeh, Chen Jun-Lin, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design and Control of Reactive Distillation Sequences with Heat- Integrated Stages To Produce Diphenyl Carbonate, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.56, No.1, 250-260, 2017.
91)Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, M Tamaru, Masashi Ohta, C Nakayama-Yamauchi, Y Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : 1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder., Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017.
92)Mera Akane, Ito Masami, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba : Synthesis of 2,6-Disubstituted-1,3a,6a-Triazapentalenes and Their Fluorescence Properties, Chemistry Letters, Vol.46, No.4, 539-542, 2017.
93)Shunsuke Kametani, Sokei Sekine, Takahiro Ohkubo, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, N. H. Cheng and Tetsuo Asakura : NMR studies of water dynamics during sol-to-gel transition of poly (N-isopropylacrylamide) in concentrated aqueous solution, Polymer, Vol.109, 287-296, 2017.
94)Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa : Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai, PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017.
95)Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017.
96)Quan Binh Cao Nguyen, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto, MD Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl ester of Ketorolac: A "Click Chemistry"-based highly potent PAK1-blocking cancer-killer., European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.126, 270-276, 2017.
97)Norio Kamemura, S Murakami, H Komatsu, M Sawanoi, K Miyamoto, K Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017.
98)Naotaka Ohtake, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : High Thermal Stability Ceria Synthesized via Thermal Hydrolysis Route and Methane Combustion Performance, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.125, No.2, 57-61, 2017.
99)中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 徳島県内の回復期病院における看護師の口腔ケアに対する認識ーアンケート調査結果からー, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.62, No.1, 95-99, 2017年.
100)吉岡 昌美, 中野 敦子, 橋本 寛文, 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 竹内 祐子, 日野出 大輔, 井本 逸勢 : 血液透析患者における口腔衛生管理に対する意識, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.62, No.1, 89-93, 2017年.
101)Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori : Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients, Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
102)Takuya Ehiro, Hisanobu Misu, Shinya Nitta, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties on Catalytic Activity for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Calcium Phosphates, Doped and Undoped with Chromium, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.50, No.2, 122-131, 2017.
103)Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Junichi Iga, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, K Ishii and Tetsuro Ohmori : Gene expression-based biological test for major depressive disorder: an advanced study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.13, 535-541, 2017.
104)Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Prefrontal cortex activation during neuropsychological tasks might predict response to pharmacotherapy in patients with obsessive-compulsive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.23, No.13, 577-583, 2017.
105)Kanji Niwa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada : Frondhyperins A-D, short ketide-phenylketide conjugates from Hypericum frondosum cv. Sunburst, Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1495-1498, 2017.
106)Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Shun-Lin Li, Han-Dong Sun and Yoshiki Kashiwada : Rigenolides B and C, conjugates of norsecoiridoid and secoiridoid glucoside from Gentiana rigescens Franch., Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1459-1461, 2017.
107)新原 将義 : ワークショップ型授業における教授・学習活動の対話的展開過程, 教育心理学研究, Vol.65, No.1, 120-131, 2017年.
108)松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙, 前田 留美子 : 言語聴覚士による4種の嚥下スクリーニングテストの主観的評価, 言語聴覚研究, Vol.14, No.1, 40-46, 2017年.
109)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 地域社会人・留学生とのpeer learningによるグローバル社会に対応できる人材育成と教養教育, 大学教育研究ジャーナル, Vol.14, No.14, 77-84, 2017年.
110)Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, H Yamamori, Y Yasuda, M Fujimoto, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, S Shimodera, T Nakazawa, M Kikuchi, A. Nakaya, H Hashimoto, I Imoto, R Hashimoto and Tetsuro Ohmori : Effect of Clozapine on DNA Methylation in Peripheral Leukocytes from Patients with Treatment-Resistant Schizophrenia., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.3, E632, 2017.
111)Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine, SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017.
112)Tomohiro Osaki, Yoshihiro Uto, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi, Kazuo Azuma, Yusuke Murahata, Takeshi Tsuka, Norihiko Ito, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Artesunate Enhances the Cytotoxicity of 5-Aminolevulinic Acid-Based Sonodynamic Therapy against Mouse Mammary Tumor Cells In Vitro, Molecules, Vol.22, No.4, 533, 2017.
113)行實 鉄平, 佐藤 充宏 : Jリーグチームをフィールドとした体験学習プログラムのジェネリックスキル評価, 大学教育研究ジャーナル, No.14, 21-28, 2017年.
114)Shinya Matsuda, Kohei Kawamoto, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration and adhesion by negatively modulating FAK activity, Scientific Reports, Vol.7, 45545, 2017.
115)植野 美彦 : 徳島大学生物資源産業学部の個別選抜改革ーー高大接続改革実行プランを受けた多面的・総合的評価の設計と実施ーー, 大学入試研究ジャーナル, No.27, 1-7, 2017年.
116)井上 敏憲, 中村 裕行, 前村 哲史, 植野 美彦, 立岡 裕士, 岡本 崇宅, 大塚 智子 : 四国地区国立5大学共通のインターネット出願と多面的・総合的評価への取り組み, 大学入試研究ジャーナル, No.27, 91-96, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)川添 和義 : 透析中の薬剤投与のきほん 13漢方薬, 透析ケア, Vol.22, No.6, 48-50, 2016年.
2)玉 真之介 : 日本農業のいま-苦悩の歴史的背景と本質-, 農業と経済, Vol.82, No.6, 5-14, 2016年.
3)Shigeru Sugiyama, Yuya Nagai, Naotaka Sakamoto, Naotaka Ohtake and Masahiro Katoh : Synthesis of Versatile Chemicals through Oxidative Dehydrogenation on Solid Catalysts of Non-Petroleum Resource, Bulletin of Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, No.61, 1-5, 2016.
4)玉 真之介 : 書評:坂口正彦著『近現代日本の村と政策』, 村落研究ジャーナル, No.45, 56-57, 2016年.
5)堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻の桃の節供の折を逸した贈答歌, 詞林, No.60, 1-18, 2016年.
6)田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 161-162, 2016年.
7)三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 163-164, 2016年.
8)田島 俊郎 : 芥川龍之介の『手巾』あるいは朝鮮団扇が露わにするもの, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.24, 89-109, 2016年.
9)堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻の桃の節供の日とその翌日の場面, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.24, 1-21, 2016年.
10)Akemi Hioka, Yoshifumi Mizobuchi, Yoshiteru Tada, Kyoko Nishi, Yasuhiko Shirayama, Shinsuke Katoh, N Akazawa, Ryuji Kaji, Y Ojima and Shinji Nagahiro : Usefulness of a novel higher brain dysfunction screening test for evaluating higher brain function in healthy persons., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 280-285, 2017.
11)松下 英二, 伊賀 弘起, 吉田 幸恵, 升井 一朗, 山中 克己 : シラバスにおける医療関係専門職が学ぶ口腔ケア関連科目について― シラバスによる教育内容の調査 ―, 日本口腔ケア学会誌, Vol.12, No.1, 2017年.
12)上岡 義典 : 発達障がい学生への支援, 徳島大学臨床心理相談室年報, No.8, 14-20, 2017年.
13)玉 真之介 : 戦後の青森リンゴ, グローバル下のリンゴ産業, 133-144, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Rino Suzukawa, Yukina Hirata, Masami Yamao, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Masataka Sata : Effects of Transthoracic Echocardiographic Simulator Training on Performance and Satisfaction in Medical Students., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.29, No.4, 375-377, 2016.
2)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 吉田 博, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化するための携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発と試用, 教育システム情報学会誌, Vol.33, No.2, 120-125, 2016年.
3)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 我が国における建設業の元請と下請の受注動態に関する研究-理論と実証-, 第32回 建築生産シンポジウム論文集, No.32, 249-256, 2016年.
4)土屋 敦, 三笠 洋明, 渡部 稔, 新原 将義, 古澤 修一 : アクティブ・ラーニングを取り入れた授業実践, 平成28年度徳島大学「大学教育再生加速プログラム」シンポジウム アクティブ・ラーニング&反転授業 発表抄録集, 4-5, 2016年.
5)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, 立井 宏明 : 作業過程・成果の想起を促す作業履歴の提示方法, 日本教育工学会論文誌, Vol.40, No.Suppl., 113-116, 2016年.
6)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 建設業の生産性変動要因に関する試行的分析, 第34回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集, Vol.34, No.2-10, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1)赤池 雅史 : 医学部における教育評価の特殊性 ―臨床医学の面から―, 医学教育, Vol.47, No.2, 63-68, 2016年4月.
2)伏見 賢一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 中山 信太郎, 折戸 玲子, 久田 旭彦, 真岸 孝一 : 基礎物理学実験テキスト 総合科学部・医学部医学科・歯学部歯学科, 基礎物理学実験テキスト, 2016年4月.
3)川西 良典, 堤 保夫, 田中 克哉 : デスフルランの上手な使い方 各科手術での使用:胸部(呼吸器)外科手術 -HPV・重要筋無力症-, 臨床麻酔学会誌, Vol.36, No.4, 464-467, 2016年4月.
4)堤 保夫, 川西 良典, 田中 克哉 : デスフルランの上手な使い方 特殊病態や状態下での使用: 喘息患者・COPD患者, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.36, No.4, 491-493, 2016年4月.
5)角田 奈美, 堤 保夫, 田中 克哉 : 術後嘔気・嘔吐の最前線, 臨床麻酔, Vol.40, No.4, 573-581, 2016年4月.
6)奥田 紀久子 : クエスチョンバンク介護福祉士国家試験問題解説2017, 2017, 2016年4月.
7)田中 克哉, 濵口 英佑, 堤 保夫 : 大動脈弁狭窄症を考える ∼非心臓手術からTAVIまで∼ AS患者の非心臓手術の麻酔, 日本麻酔科学会 第63回学術集会 シンポジウム, 2016年5月.
8)田中 克哉 : Chapter 3 麻酔全般 Q25 揮発性吸入麻酔薬の心筋保護作用(プレ,ポストコンディショニング)とはどのようなものか?, 麻酔科 クリニカルクエスチョン 101 Chapter 3 麻酔全般, 56-58, 2016年5月.
9)白山 靖彦 : 高次脳機能障害者に関する意思決定支援の定式化に向けた報告, 歯界展望, Vol.129, No.6, 1184-1186, 2016年6月.
10)田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.33, No.1, 33-38, 2016年6月.
11)杉山 茂 : 下水汚泥等からリンの回収と利用, Phosphorus Letter, No.86, 24-30, 2016年6月.
12)Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi : Bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 691-694, Jul. 2016.
13)奥田 紀久子 : 「チーム学校」における栄養教諭と養護教諭の連携, 季刊 栄養教諭, Vol.44, 21-23, 2016年7月.
14)奥田 紀久子 : 学校保健における保健教育と一次予防, 四国医学雑誌, Vol.72, No.3 4, 89-94, 2016年8月.
15)濵田 康弘, 谷 佳子, 安井 苑子, 齋藤 裕 : 客観的栄養評価(Objective Data Assessment: ODA), 内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.43, No.3, 185-189, 2016年9月.
16)芝 一休, 山田 久嗣, 富永 正英, 宇都 義浩 : 低酸素を標的とした抗転移剤による化学放射線療法の可能性, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 216-229, 2016年9月.
17)原 毅弘, 富永 正英, 笈田 将皇, 本田 弘文, 宇都 義浩 : Flattening Filter Free(高線量率)モードを用いた放射線治療の効果, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 230-240, 2016年9月.
18)本田 弘文, 笈田 将皇, 富永 正英, 宇都 義浩 : 放射線治療における In Vivo Dosimetryの発展と応用, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 255-267, 2016年9月.
19)右手 浩一, 平野 朋広 : 高分子反応で得られる共重合体の連鎖解析と連鎖制御, 高分子, Vol.65, No.9, 506-508, 2016年9月.
20)杉山 茂 : 産学官連携活動の経緯と今後の抱負, Phosphorus Letter, No.87, 25-26, 2016年10月.
21)川西 良典, 堤 保夫, 田中 克哉 : 第6章 各科手術での使用 4 胸部(呼吸器)外科手術 -HPV・重症筋無力症―, 臨床麻酔実践シリーズ8 デスフルランの上手な使い方, 106-110, 2016年10月.
22)堤 保夫, 川西 良典, 田中 克哉 : 第7章 特殊病態や特殊状態下での使用 2 喘息患者・COPD, 臨床麻酔実践シリーズ8 デスフルランの上手な使い方, 152-154, 2016年10月.
23)白山 靖彦, 市川 哲雄, 柳沢 志津子, 尾崎 和美 : 離島における福祉崩壊の危機, 月刊介護保険, No.249, 23, 2016年11月.
24)川人 伸次, 曽我 朋宏, 箕田 直治, 堤 保夫, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋, 木下 浩之 : 2.カリウムチャネルと循環, --- 第37回総会シンポジウム2「神経調節による循環制御」 ---, 循環制御, Vol.37, No.3, 181-184, 2016年12月.
25)沼田 周助, 大森 哲郎 : 双極性障害の生物学的マーカー, カレントテラピー, Vol.35, No.5, 58-61, 2017年.
26)沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメチレーションバイオマーカー, 分子精神医学, Vol.17, No.3, 40-46, 2017年.
27)沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の血液バイオマーカー, 日本臨牀, Vol.75, No.10, 1502-1507, 2017年.
28)大森 哲郎 : 待てば海路の日和あり, 臨床精神医学, Vol.46, 637, 2017年.
29)大森 哲郎 : 精神科薬物療法pros and cons 急性錐体外路症状に対して切り替えか,対症療法か, 臨床精神薬理, Vol.20, 1379-1381, 2017年.
30)住谷 さつき : 強迫症/強迫性障害に対する抗精神病薬による増強療法, 精神科治療学, Vol.32, No.4, 449-454, 2017年.
31)住谷 さつき : 自閉症スペクトラムと強迫症/強迫性障害, 最新精神医学, Vol.22, No.3, 219-225, 2017年.
32)住谷 さつき : 小児・児童の強迫症/強迫性障害の臨床, Depression Strategy, Vol.7, No.2, 12-14, 2017年.
33)奥田 紀久子 : クエスチョンバンク・ケアマネ試験問題解説2017, 2017年1月.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1)Yoshitaka Kurashiki, Keiko Kitazato, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Tomoya Kinouchi, Manabu Sumiyoshi, Takeshi Miyamoto, Tadashi Yamaguchi, Junichiro Satomi, Yoshihiro Uto and Shinji Nagahiro : Activation of M2 macrophages in the late phase of cerebral ischemia may contribute to phagocytosis of infarct area and neurogenesis, 25th European Stroke Conference, Apr. 2016.
2)Masami Yoshioka, Yasuhiko Shirayama, Issei Imoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yuko Takeuchi, Yamasaki Akika and Bando Takashi : Factors associated with regular dental visits among hemodialysis patients, The 12 International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health, May 2016.
3)Tomoya Takeda, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, T Tanaka, Takeo Tominaga, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and employment in Japanese schizophrenia patients, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
4)Tomoya Takeda, Sayo Hamatani, M Tamaru, Masahito Tomotake, Motohiro Sakai and Tetsuro Ohmori : Successful cognitive behavioral intervention in a case of psychogenic hearing loss, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
5)Hiroshi Yoshimura : Enhancement of oscillatory activity in the endopiriform nucleus (EPN) of rats raised under abnormal oral conditions, Jun. 2016.
6)Hiroyuki Kagawa, Yoshiaki Okabe, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : High heat resistance and electric insulating resin derived from woody lignin obtained by steam-explosion, 20th Annual Green Chemistry & Engineering Conference, Portland, USA, Jun. 2016.
7)Matsuda Shinya, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration by negatively modulating the FAK1 activity, 16th International Conference of Biochemistry and Molecular Biology: Signalling Pathways in Development, Disease and Aging, Vancouver, BC, Canada, Jun. 2016.
8)Yoshiaki Taniguchi, Tsubasa Miki, Takanori Mitsuno, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Hydrophilic Graphene Film by Molecular Functionalization, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
9)Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada : Agelamadins, bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp., Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
10)Wada Shizuka, Naonobu Tanaka, Chen Chin-Ho, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsing and Yoshiki Kashiwada : Anti-HIV natural products (28): preparation of conjugate for 3-O-acyl betulin derivative and AZT as anti-HIV agents, Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
11)Niwa Kanji, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada : Studies on the constituents Hypericum plants (43): Meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense, Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
12)Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Set Shifting and Centarl Coherence in Eating Disorders, 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
13)Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Social cognition in women with eating disorder, 31st International Congress of Psychology, Jul. 2016.
14)Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Masahito Nakataki, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Relationship between WAIS- and AQ in Japanese ASD patients with average intelligence quotient., 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
15)Masashi Ohta, Y Funakoshi, Masafumi Harada, Junichi Iga, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, C Nakayama, T Nishikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Satsuki Sumitani, M Tamaru and A. Uezato : Structural and functional brain alterations in schizophrenia patients treated with D-cycloserine:a combination of VBM and resting-state functional connectivity study., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
16)Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Altered Serotonin transporter mRNA expression in the peripheral leukocytes of obsessive-compulsive disorder., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
17)Shun Ogura, Shuzo Matsubara, Shouta Kuniyasu, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura : Study of Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields on Cancer Cell by using in Vivo and ex vivo Assay, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 377-381, San Francisco, Jul. 2016.
18)Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen : Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite, 15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Incheon, Korea, Jul. 2016.
19)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Masahiro Abe : Pleiotropic Effects of Pitavastatin against Vascular Stress in eNOS-deficient Mice, The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
20)Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama and Shik Chi Edman Tsang : Single Layer Niobate Nanosheets Prepared by A Bottom-Up Approach: Photocatalytic Hydrogen Evolution from Water/Methanol Solution, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
21)Keizo Nakagawa, Suguru Nishida, Akira Yoshida, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Vincent Dubois and Sophie Hermans : Sintering Resistance and Cyclohexane Dehydrogenation of Pt Catalyst Covered with Cubic Mesoporous Silica Layers, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
22)Keizo Nakagawa, Shigeru Sugiyama and Motonari Adachi : Layered Titanate Nanosheets with and without Lamellar Mesostructure Formed by Surfactant Self-Assembly, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
23)Saki Hiraoka, Naoya Motoki, Yuta Honda, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Motonari Adachi, Hiroshi Matsuo and Fumio Uchida : Preparation of Titania Thin Film for Dye-Sensitized Solar Cells using Titanium Oxide Nanosheets, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
24)Hiroharu Yamashita, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Daisuke Saeki and Hideto Matsuyama : Formation and Structural Analysis of Niobate Nanosheets with Different Sheet Thickness, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
25)Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Building a Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment Using Disaster Information and Inter-cloud Computing, Proc. of the 7th International Conference on Applied Human an Factors Ergonomics(AHFE2016), Vol.AISC, volume 498, 901-908, Florida, Jul. 2016.
26)Hiroyuki Mitsuhara, Takehisa Inoue, Kenji Yamaguchi, Yasuichi Takechi, Mari Morimoto, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Masami Shishibori : Game-Based Evacuation Drill Inside Google Street View, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol.498, 655-666, Orlando, Jul. 2016.
27)Koki Arai and Emi Morimoto : Construction industry and (dis)economies of scope, 2016 Asia Meeting of the Econometric Society, No.Session 196Industrial Organization 2RY106, 279-287, Kyoto, Aug. 2016.
28)Ray S. Furuya : BISTRO (B-fields In STar forming Region Observations) -- A JCMT Large Program with the POL-2 and SCUBA-2 System, Array Science Center Colloquium, National Radio Astronomical Observatory, Soccorro, NM, U.S.A., Soccorro, NM, U.S.A., Aug. 2016.
29)Mari Maeda, Yasunori Kozuki, Ken Hirai, Takashi Nakanishi, Ryoichi Yamanaka and Maya Matsushige : ENVIRONMENTAL EDUCATION FOR SCHOOLCHILDREN IN A SEAWATER POND FOR CREATING A SATOUMI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
30)Maya Matsushige, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Mari Maeda and Yushu Tashiro : THE EFFECTS OF A SEASIDE ENVIRONMENTAL EDUCATION PROGRAM FOR PRESCHOOL CHILDREN AS SEEN IN THE CONTENTS OF BEFORE-AND-AFTER DRAWINGS, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
31)Sadao Nakaoka, Yasunori Kozuki, Takashi Nakanishi, Mitsuko Tsuboi, Ei Kodama, Kazuya Tamura, Ken Hirai, Junya Miyoshi, Sayaka Mori, Junichiro Ishikawa, Natsumi Yamaguchi and Ryoichi Yamanaka : ENVIRONMENTAL EDUCATION: LEARNING THE CYCLE OF LIFE BY CONNECTING SEA AND SOIL OF AMAGASAKI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
32)Chizuru Sasaki, Yusuke Yoshida, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Extraction of polyphenol and production of bioethanol from unutilized pear tree prunings, International Symposium on Life Science & Biological Engineering (ISLSBE 2016), Tokyo, Aug. 2016.
33)Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Investigation on carbamazepine polymorphic transformation kinetics with attenuated total reflectance-infrared spectra and multivariate curve resolution-alternating least squares analysis, 2016 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry, Wuyishan, China, Aug. 2016.
34)Koki Arai and Emi Morimoto : The Effect of Firm Entry on Public Bidding Price in Japanese Construction Works, 7th Civil Engineering Conference in the Asian Region, Hawaii, Aug. 2016.
35)Kohsuke Yamato, Akihito Kawabata, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Control of Avoidance for Chaos by using Downhill Simplex Method, Proc. NOLTA 2016, Yugawara, Sep. 2016.
36)Koki Arai and Emi Morimoto : Construction industry and (dis)economies of scope, Proceedings of 32nd Annual Conrerence 2016 ARCOM, Vol.32, No.1, 289-297, Manchester, Sep. 2016.
37)堤 和博 : 『蜻蛉日記』:桃の節供の折を逸した翌日の贈答歌, 中日文学与文化交往対話国際学術検討会, 2016年9月.
38)Hiroshi Yoshimura, Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao and Takahiro Hasegawa : Synaptic plasticity in the brain -Roles of NMDA receptor- (Invited lecture at Nantong University), Sep. 2016.
39)Takuya Ehiro, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties of Calcium Hydroxyapatites on Catalytic Activities for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane, 9th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials (ISIPM-9), Tokyo, Sep. 2016.
40)外輪 健一郎 : Units of Microchannel Reactors and Application to Process Intensification, International Workshop on Process Intensificatin 2016, マンチェスター, 2016年9月.
41)Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Hiroshi Yoshimura : Post-translational modifications of water channel aquaporin-5 in salivary gland cells, Oral Neuroscience 2016, Oral Neuroscience 2016, Osaka, Oct. 2016.
42)Kohta Sugawara, Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Development of a Gross Motor Skill by Combining Primitive Motions in Repetitive Exercise, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 488-492, Kyoto, Oct. 2016.
43)Ryo Takeno, Yosuke Seki, Masahiko Sano, Kenji Matsuura, Kenji Ohira and Tetsushi Ueta : A Route Navigation System for Reducing Risk of Traffic Accidents, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 640-644, Kyoto, Oct. 2016.
44)Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru, Rihito Yaegashi and Toshihiro Hayashi : Proposal of a Methodology based on Organization of Learning Material including Multiple Perceptions for Knowledge Communication of Physical Training, Proceedings of Gong Show & Young Researcher Contributions on ICKM2016, 1-5, Vienna,Austria, Oct. 2016.
45)Shiho Satomi, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Naoji Mita, Eisuke Hamaguchi, Kazumi Takaishi, Hiroshi Kitahata, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka : Accuracy and Reliability of Continuous Blood Glucose Monitoring During Pediatric Cardiopulmonary Bypass, The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Chicago, Oct. 2016.
46)Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : A Learning Support System Regarding Motion Trigger for Repetitive Motion Having an Operating Instrument, Proceedings of 13th IADIS International Conference of CELDA, 33-40, Mannheim, Germany, Oct. 2016.
47)Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Kazuaki Miyata and Hideji TANAKA : Nitric acid gas generator for air analysis, 20th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Mallorca, Spain, Oct. 2016.
48)Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Tak