Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2014.42019.3

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{278523}}

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,014 学術論文 (審査論文) Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
2) 2,014 学術論文 (審査論文) Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study, Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
3) 2,014 学術論文 (審査論文) Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides., Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
4) 2,014 学術論文 (審査論文) Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans, Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
5) 2,014 学術論文 (審査論文) Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major., Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1) 2,014 国際会議 Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens, Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
2) 2,014 国際会議 Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma : Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb., Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
2) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について, 日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
3) 2,014 国内講演発表 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 : シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分, 第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
4) 2,014 国内講演発表 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
5) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

(なし)

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{278523}}

2015年度(平成27年度) / 著書

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,015 学術論文 (審査論文) Y Yamamoto, T Ueyama, T Ito and Yoshihiro Tsuruo : Downregulation of growth hormone 1 gene in the cerebellum and prefrontal cortex of rats with depressive-like behavior, Physiological Genomics, Vol.47, No.5, 170-176, 2015.
2) 2,015 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Acylated neo-clerodanes and 19-nor-neo-clerodanes from the aerial parts of Scutellaria coleifolia (Lamiaceae)., Phytochemistry, Vol.116, 298-304, 2015.
3) 2,015 学術論文 (審査論文) 湊 晶帆, 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 松山 美和 : 歯科衛生士教育におけるOSCE形式実技試験の環境構築, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.1, 30-39, 2015年.
4) 2,015 学術論文 (審査論文) Y Yamamoto, T Ueyama, T Ito and Yoshihiro Tsuruo : Gene expression profiling in rats with depressive-like behavior, Genomics Data, Vol.5, 279-280, 2015.
5) 2,015 学術論文 (審査論文) Shimokawa Yoshihiko, Yoda Noriaki, Kondo Satoshi, Yamamura Yoshiya, Yoshiharu Takiguchi and Umehara Ken : Inhibitory Potential of Twenty Five Anti-tuberculosis Drugs on CYP Activities in Human Liver Microsomes, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.9, 1425-1429, 2015.
6) 2,015 学術論文 (審査論文) Shin-Ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Coleifolides A and B, Two New Sesterterpenoids from the Aerial Parts of Scutellaria coleifolia H.Lév., Chemistry & Biodiversity, Vol.12, No.8, 1200-1207, 2015.
7) 2,015 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes., Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
8) 2,015 学術論文 (審査論文) 大村 智也, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子, 前田 さおり : 地域在宅高齢者における骨格筋量・骨格筋力と開口力との関連性, 日摂食嚥下リハ会誌, Vol.19, No.3, 214-221, 2015年.
9) 2,015 学術論文 (審査論文) 小林 莉子, 吉岡 昌美, 松山 美和, 日野出 大輔 : 大学歯学部生における口腔健康状態に対する意識および歯科保健行動, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.61, No.1, 81-85, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1) 2,015 総説・解説 松山 美和 : サルコペニアの予防と改善に寄与する補綴歯科を目指して -多職種連携による高齢者の口腔機能,栄養,運動機能の改善-, 日本補綴歯科学会誌, Vol.7, No.2, 90-91, 2015年4月.
2) 2,015 総説・解説 Miwa Matsuyama : The Role of Dental Professionals in Dysphagia Rehabilitation, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry and Commemoration of the 50th Anniversary of Hiroshima University Faculty of Dentistry, 122-125, Oct. 2015.
3) 2,015 総説・解説 滝口 祥令, 佐藤 智恵美, 土屋 浩一郎 : 効果的な実務実習に向けたアクティブ・ラーニングの取り組み, 医薬ジャーナル, Vol.51, No.11, 133-137, 2015年11月.
4) 2,015 総説・解説 松山 美和 : 口腔機能の客観的評価としての舌圧測定:その意義,開発から展望まで, 日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.1, 45, 2016年1月.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1) 2,015 国際会議 Kuwahara Kana, Harada Kazuki, Yamagoshi Ryohei, Yoshiharu Takiguchi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara : Effects of employment of distinct strategies to capture antibody on antibody delivery into cultured cells, 40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
2) 2,015 国際会議 Shima Sawako, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshiharu Takiguchi : Induction of mitochondrial permeability transition by dequalinium, 40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
3) 2,015 国際会議 Miwa Matsuyama, Tomoya Omura, Akari Watanabe and Riko Kobayashi : Relationship between muscle and oral function in Japanese community-dwelling elderly, 39th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 72, Prague, Czech Republic, Sep. 2015.
4) 2,015 国際会議 Miki Mizukami, Fumiyo Tamura, T Isoda, S Genkai, Miwa Matsuyama and Takeshi Kikutani : Eating Instructions for Infants with Severe Infantile Type Nemaline Myopathy, 2015 International Association of Orofafial and Myology Conference, Lake Buena Vista, FL, USA, Oct. 2015.
5) 2,015 国際会議 Miwa Matsuyama : The Role of Dental Professionals in Dysphagia Rehabilitation, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry and Commemoration of the 50th Anniversary of Hiroshima University Faculty of Dentistry, Hiroshima, Oct. 2015.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1) 2,015 国内講演発表 金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復, 遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
2) 2,015 国内講演発表 坂井 大地, 増子 ひとみ, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus serratusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
3) 2,015 国内講演発表 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
4) 2,015 国内講演発表 土井 登紀子, 中江 弘美, 岡澤 悠衣, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 玉谷 香奈子, 松山 美和, 福島 襄 : 小学校低学年における口腔衛生習慣および食・生活習慣の状況, 第64回日本口腔衛生学会・総会, Vol.65, No.3, 208, 2015年5月.
5) 2,015 国内講演発表 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果, 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
6) 2,015 国内講演発表 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 川野辺 弘子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 133, 2015年9月.
7) 2,015 国内講演発表 坂井 大地, 金 尚永, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第62回年会, 134, 2015年9月.
8) 2,015 国内講演発表 守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 岩渕 博史, 犬飼 順子, 角 保徳 : 口腔ケア時の誤嚥性肺炎予防の試み―口腔ケア用ジェルの新規開発 物性評価とプラークの除去効果―, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月.
9) 2,015 国内講演発表 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 日本版Standardized Swallowing Assessment の教則ビデオ有用性の検証, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月.
10) 2,015 国内講演発表 渡辺 朱理, 横田 憲治, 松山 美和, 苔口 進 : 口腔清掃と洗口との併用効果の検討ー口腔内細菌数を指標にしてー, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 120, 2015年9月.
11) 2,015 国内講演発表 土田 佳代, 渡辺 朱理, 松山 美和 : 特別支援学校における歯科医療機関との連携体制ーアンケート調査による問題点抽出ー, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 115, 2015年9月.
12) 2,015 国内講演発表 伊藤 優希, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : Carnitine palmitoyltransferase 1アイソフォームのSDS-PAGE移動度に違いをもたらす領域の同定, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
13) 2,015 国内講演発表 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
14) 2,015 国内講演発表 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(26)–Gentiana rigescensの成分研究(6)–, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
15) 2,015 国内講演発表 小林 莉子, 松山 美和, 梶原 美恵子, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性 第2報 外来受診患者とデイサービス利用者の比較, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 42, 2015年11月.
16) 2,015 国内講演発表 梶原 美恵子, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子 : 回復期リハビリテーション病棟入院患者の栄養状態とサルコペニアに関する現状, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 48, 2015年11月.
17) 2,015 国内講演発表 木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
18) 2,015 国内講演発表 三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
19) 2,015 国内講演発表 滝口 祥令, 下川 義彦, 依田 典明, 近藤 聡志, 山村 佳也, 梅原 健 : 結核治療薬の肝CYP酵素阻害活性に関する網羅的検討, 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 2015年12月.
20) 2,015 国内講演発表 金 尚永, 長嶋 絋紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ (Chloranthus japonicus) 地上部の成分研究, 日本薬学会第136年会, Vol.2, 226, 2016年3月.
21) 2,015 国内講演発表 滝口 祥令 : シンポジウム 先導的薬剤師養成にめけた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 「教育評価手法プログラム及びトランスレーショナルリサーチ・臨床試験プログラム」, 2016年3月.
22) 2,015 国内講演発表 中村 教泰, 木戸 玲子, 鶴尾 吉宏 : 蛍光ナノ粒子を用いたマクロファージ取り込みのタイムラプスイメージング, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
23) 2,015 国内講演発表 兼久 亮, 濱田 芽依, 大道 竜也, 酒井 亮太, 保富 義裕, 上山 敬司, 山本 悠太, 伊藤 隆雄, 鶴尾 吉宏 : 右頚部静脈および,右肺静脈の破格1例, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
24) 2,015 国内講演発表 島野 拳, 稲垣 泰申, 笠原 千聖, 中 勇貴, 両国 文那, 上山 敬司, 山本 悠太, 伊藤 隆雄, 鶴尾 吉宏 : 骨盤腎の一例, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.
25) 2,015 国内講演発表 伊藤 隆雄, 山本 悠太, 鶴尾 吉宏, 上山 敬司 : 幼若期ラット網膜におけるステロイド代謝酵素5α-リダクターゼサブタイプの発現について, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1) 2,015 その他・研究会 中村 教泰, 鶴尾 吉宏, 宇都 義浩, 影治 照喜, 増田 開 : 有機シリカ粒子技術とBNCTセラノスティックスへの展望, 第1回徳島ナノメディシン・シンポジウム, 2015年7月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

(なし)

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{278523}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1) 2,016 著書 郷木 義子, 奥田 紀久子 : 学校における養護活動の展開改訂3版, ふくろう出版, 岡山, 2016年4月.
2) 2,016 著書 森戸 光彦, 武井 典子, 金澤 紀子, 松山 美和, 戸原 玄 : 歯科衛生士のための口腔機能管理マニュアル 高齢者編, 医歯薬出版 株式会社, 2016年5月.
3) 2,016 著書 大森 哲郎 : CHAPTER 1 総論, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
4) 2,016 著書 住谷 さつき : CHAPTER 5 神経症性・ストレス関連性障害および身体表現性障害, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
5) 2,016 著書 田中 秀治 : 第17改正日本薬局方解説書, 株式会社 廣川書店, 東京, 2016年7月.
6) 2,016 著書 玉 真之介 : 総力戦体制下の満洲農業移民, 株式会社 吉川弘文館, 2016年8月.
7) 2,016 著書 田中 秀治, 竹内 政樹 : スタンダード薬学シリーズII 2, 物理系薬学 III. 機器分析・構造決定, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2016年11月.
8) 2,016 著書 奥田 紀久子 : 学校教育における子どもの不安の正体を探る, 徳島県精神保健福祉協会, 徳島, 2016年11月.
9) 2,016 著書 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : うつ病の血液診断マーカー, 医薬ジャーナル社, 2016年12月.
10) 2,016 著書 大森 哲郎 : 精神疾患の治療I 身体療法, へるす出版, 2017年.
11) 2,016 著書 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャン分析化学, 原書7版, 丸善出版, 東京, 2017年1月.
12) 2,016 著書 上岡 義典 : 林邦雄・谷田貝公昭監修,山﨑順子・和田上貴昭編著.新版社会福祉.第13章 社会福祉と子ども, 一藝社, 2017年1月.
13) 2,016 著書 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャンExcelで解く分析化学, 丸善出版, 東京, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,016 学術論文 (審査論文) Yuta Yoshino, Kentaro Kawabe, Kiyohiro Yamazaki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Yoko Mori, Taku Yoshida, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori and Shu-ichi Ueno : Elevated TREM2 mRNA Expression in Leukocytes in Schizophrenia but not Major Depressive Disorder, Journal of Neural Transmission, 2016.
2) 2,016 学術論文 (審査論文) 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 嚥下障害のスクリーニングテストの比較研究, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 3-10, 2016年.
3) 2,016 学術論文 (審査論文) 前田 さおり, 松山 美和, 板東 髙志 : 高齢血液透析患者に対する口腔機能訓練の効果 ―安静時唾液分泌量の変化からみた検討―, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 23-30, 2016年.
4) 2,016 学術論文 (審査論文) Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi : Molecular analysis for bacterial contamination in dental unit water lines, The New Microbiologica, Vol.39, No.2, 143-145, 2016.
5) 2,016 学術論文 (審査論文) Kushima Itaru, Aleksic Branko, Nakatochi Masahiro, Shimamura Teppei, Shiino Tomoko, Yoshimi Akira, Kimura Hiroki, Takasaki Yuto, Wang Chenyao, Xing Jingrui, Ishizuka Kanako, Oya-Ito Tomoko, Nakamura Yukako, Arioka Yuko, Maeda Takuji, Yamamoto Maeri, Yoshida Mami, Noma Hiromi, Hamada Shuko, Morikawa Mako, Uno Yota, Okada Takashi, Iidaka Tetsuya, Iritani Shuji, Miyashita Mitsuhiro, Kobori Akiko, Arai Makoto, Itokawa Masanari, Cheng Min-Chih, Chuang Yang-An, Chen Chia-Hsiang, Suzuki Michio, Takahashi Tsutomu, Hashimoto Ryota, Yamamori Hidenaga, Yasuda Yuka, Watanabe Yuichiro, Nunokawa Ayako, Someya Toshiyuki, Ikeda Masashi, Iwata Nakao, Toyota Tomoko, Yoshikawa Takeo, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Kunimoto Shohko, Mori Daisuke, Yamamoto Toshimichi and Ozaki Norio : High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan, Molecular Psychiatry, Vol.22, No.3, 430-440, 2016.
6) 2,016 学術論文 (審査論文) 渡辺 朱理, 高久 悟, 松山 美和, 苔口 進 : 臨床実習用デンタルユニット給水ライン(DUWLs)における細菌生息状況調査, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.1, 58-64, 2016年.
7) 2,016 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Masahito Nakataki, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder., PLoS ONE, Vol.11, No.6, e0157232., 2016.
8) 2,016 学術論文 (審査論文) Hiroshi Yoshimura, Sugai Tokio, Kato Nobuo, Tominaga Takashi, Tominaga Yoko, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Tetsuya Akamatsu : Interplay between non-NMDA and NMDA receptor activation during oscillatory wave propagation: Analyses of caffeine-induced oscillations in the visual cortex of rats, Neural Networks, Vol.79, 141-149, 2016.
9) 2,016 学術論文 (審査論文) Y Yoshino, K Kawabe, T Mori, Y Mori, K Yamazaki, Shusuke Numata, S Nakata, T Yoshida, JI Iga, Tetsuro Ohmori and SI Ueno : Low methylation rates of dopamine receptor D2 gene promoter sites in Japanese schizophrenia subjects., The World Journal of Biological Psychiatry, Vol.17, No.6, 449-456, 2016.
10) 2,016 学術論文 (審査論文) 富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析, 分析化学, Vol.65, No.8, 425-432, 2016年.
11) 2,016 学術論文 (審査論文) Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi : Monitoring of bacterial contamination of dental unit water lines using adenosine triphosphate bioluminescence, The Journal of Hospital Infection, Vol.94, No.4, 393-396, 2016.
12) 2,016 学術論文 (審査論文) Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts, ChemSusChem, Vol.9, 2769-2773, 2016.
13) 2,016 学術論文 (審査論文) 東 和之, 大田 直友, 橋本 温, 大谷 壮介, 上月 康則 : 徳島市沖洲地区人工海浜で発生している「沈み込み現象」の原因究明, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.72, No.2, 718-725, 2016年.
14) 2,016 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Impaired social cognition in anorexia nervosa patients, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 2527-2531, 2016.
15) 2,016 学術論文 (審査論文) Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Fabrication of hydrophilic graphene film by molecular functionalization, Physica Status Solidi (B) Basic Solid State Physics : PSS, Vol.254, No.2, 1600524-(4pp), 2016.
16) 2,016 学術論文 (審査論文) Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae, Masami Yoshioka, Miwa Matsuyama, Hiroki Iga and Fukushima Yuzuru : Relationship between Chewing Behavior and Oral Conditions in Elementary School Children Based on the "Chewing 30" Program: An Intervention Study, Journal of Dental Health, Vol.66, No.5, 438-444, 2016.
17) 2,016 学術論文 (審査論文) 守谷 恵未, 松山 美和, 犬飼 順子, 道脇 幸博, 岩渕 博史 : 口腔ケア時の誤嚥予防の試み ―口腔ケア用ジェルの新規開発―, 日本老年医学会雑誌, Vol.53, No.4, 347-353, 2016年.
18) 2,016 学術論文 (審査論文) Kohichi Kuwahara, Hiroshi Hirata, Kengo Ohbuchi, Kentaro Nishi, Akira Maeda, Akihiko Kuniyasu, Daisuke Yamada, Takehiko Maeda, Akihiko Tsuji, Makoto Sawada and Hitoshi Nakayama : The novel monoclonal antibody 9F5 reveals expression of a fragment of GPNMB/osteoactivin processed by furin-like protease(s) in a subpopulation of microglia in neonatal rat brain, Glia, Vol.64, No.11, 1938-1961, 2016.
19) 2,016 学術論文 (審査論文) Keizo Nakagawa, Yoshiki Tezuka, Takuya Ohshima, Megumi Katayama, Toshimasa Ogata, Ken-Ichiro Sotowa, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Formation of Cerium Carbonate Hydroxide and Cerium Oxide Nanostructures by Self-Assembly of Nanoparticles Using Surfactant Template and Their Catalytic Oxidation, Advanced Powder Technology, Vol.27, No.5, 2128-2135, 2016.
20) 2,016 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Sho Muraki, Atsushi Tsuchiya, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Cumulative effect of the plasma total homocysteine-related genetic variants on schizophrenia risk., Psychiatry Research, Vol.246, 833-837, 2016.
21) 2,016 学術論文 (審査論文) 小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼・嚥下機能と食品嗜好との関連性, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.3, 132-139, 2016年.
22) 2,016 学術論文 (審査論文) Otsuka Yuta, Akira Ito, Matsumura Saki, Masaki Takeuchi, Pal Suvra and Hideji TANAKA : Quantification of pharmaceutical compounds based on powder X-ray diffraction with chemometrics, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.8, 1129-1135, 2016.
23) 2,016 学術論文 (審査論文) 武田 知也, 濱谷 沙世, 田丸 麻衣, 境 泉洋, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 認知行動療法的介入が有効であった心因性難聴の事例, 児童青年精神医学とその近接領域, Vol.58, No.2, 254-260, 2017年.
24) 2,016 学術論文 (審査論文) 白水 好美, 田中 勝, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリーンルーム雰囲気中のアンモニア及びアミンガスを監視するウエットデニューダ方式の自動モニタ, 分析化学, Vol.66, No.7, 503-508, 2017年.
25) 2,016 学術論文 (審査論文) Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hideji TANAKA, Takaharu Isobe, Hiroshi Okochi and Hiroko Ogata : High Time-Resolution Monitoring of Free-Tropospheric Sulfur Dioxide and Nitric Acid at the Summit of Mt. Fuji, Japan, Water, Air, and Soil Pollution, Vol.228, No.9, Article:325, 2017.
26) 2,016 学術論文 (審査論文) 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 武内 早苗, 武久 美奈子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 留学生のキャンパス内の精神科受診傾向の検討, CAMPUS HEALTH, Vol.54, No.2, 155-160, 2017年.
27) 2,016 学術論文 (審査論文) Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa : Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017.
28) 2,016 学術論文 (審査論文) Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, Mai Tamaru, Masashi Ohta, Chiaki Nakayama-Yamauchi, Yasuhiro Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : 1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder., Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017.
29) 2,016 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa : Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai, PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017.
30) 2,016 学術論文 (審査論文) Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017.
31) 2,016 学術論文 (審査論文) Norio Kamemura, Sara Murakami, Hiroaki Komatsu, Masahiro Sawanoi, Kenji Miyamoto, Kazumi Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017.
32) 2,016 学術論文 (審査論文) Naotaka Ohtake, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : High Thermal Stability Ceria Synthesized via Thermal Hydrolysis Route and Methane Combustion Performance, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.125, No.2, 57-61, 2017.
33) 2,016 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori : Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients, Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
34) 2,016 学術論文 (審査論文) Takuya Ehiro, Hisanobu Misu, Shinya Nitta, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties on Catalytic Activity for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Calcium Phosphates, Doped and Undoped with Chromium, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.50, No.2, 122-131, 2017.
35) 2,016 学術論文 (審査論文) Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Junichi Iga, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, K Ishii and Tetsuro Ohmori : Gene expression-based biological test for major depressive disorder: an advanced study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.13, 535-541, 2017.
36) 2,016 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Prefrontal cortex activation during neuropsychological tasks might predict response to pharmacotherapy in patients with obsessive-compulsive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.23, No.13, 577-583, 2017.
37) 2,016 学術論文 (審査論文) 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙, 前田 留美子 : 言語聴覚士による4種の嚥下スクリーニングテストの主観的評価, 言語聴覚研究, Vol.14, No.1, 40-46, 2017年.
38) 2,016 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, H Yamamori, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Shinji Shimodera, Takanobu Nakazawa, Masataka Kikuchi, Akihiro Nakaya, Hitoshi Hashimoto, Issei Imoto, Ryota Hashimoto and Tetsuro Ohmori : Effect of Clozapine on DNA Methylation in Peripheral Leukocytes from Patients with Treatment-Resistant Schizophrenia., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.3, E632, 2017.
39) 2,016 学術論文 (審査論文) Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine, SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017.
40) 2,016 学術論文 (審査論文) Shinya Matsuda, Kohei Kawamoto, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration and adhesion by negatively modulating FAK activity, Scientific Reports, Vol.7, 45545, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,016 学術論文 (紀要その他) 玉 真之介 : 日本農業のいま-苦悩の歴史的背景と本質-, 農業と経済, Vol.82, No.6, 5-14, 2016年.
2) 2,016 学術論文 (紀要その他) Shigeru Sugiyama, Yuya Nagai, Naotaka Sakamoto, Naotaka Ohtake and Masahiro Katoh : Synthesis of Versatile Chemicals through Oxidative Dehydrogenation on Solid Catalysts of Non-Petroleum Resource, Bulletin of Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, No.61, 1-5, 2016.
3) 2,016 学術論文 (紀要その他) 玉 真之介 : 書評:坂口正彦著『近現代日本の村と政策』, 村落研究ジャーナル, No.45, 56-57, 2016年.
4) 2,016 学術論文 (紀要その他) 堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻の桃の節供の折を逸した贈答歌, 詞林, No.60, 1-18, 2016年.
5) 2,016 学術論文 (紀要その他) 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 161-162, 2016年.
6) 2,016 学術論文 (紀要その他) 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 163-164, 2016年.
7) 2,016 学術論文 (紀要その他) 堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻の桃の節供の日とその翌日の場面, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.24, 1-21, 2016年.
8) 2,016 学術論文 (紀要その他) 上岡 義典 : 発達障がい学生への支援, 徳島大学臨床心理相談室年報, No.8, 14-20, 2017年.
9) 2,016 学術論文 (紀要その他) 玉 真之介 : 戦後の青森リンゴ, グローバル下のリンゴ産業, 133-144, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

(なし)

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1) 2,016 総説・解説 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク介護福祉士国家試験問題解説2017, 2017, 2016年4月.
2) 2,016 総説・解説 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.33, No.1, 33-38, 2016年6月.
3) 2,016 総説・解説 杉山 茂 : 下水汚泥等からリンの回収と利用, Phosphorus Letter, No.86, 24-30, 2016年6月.
4) 2,016 総説・解説 奥田 紀久子 : 「チーム学校」における栄養教諭と養護教諭の連携, 季刊 栄養教諭, Vol.44, 21-23, 2016年7月.
5) 2,016 総説・解説 奥田 紀久子 : 学校保健における保健教育と一次予防, 四国医学雑誌, Vol.72, No.3 4, 89-94, 2016年8月.
6) 2,016 総説・解説 杉山 茂 : 産学官連携活動の経緯と今後の抱負, Phosphorus Letter, No.87, 25-26, 2016年10月.
7) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : 双極性障害の生物学的マーカー, カレントテラピー, Vol.35, No.5, 58-61, 2017年.
8) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメチレーションバイオマーカー, 分子精神医学, Vol.17, No.3, 40-46, 2017年.
9) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の血液バイオマーカー, 日本臨牀, Vol.75, No.10, 1502-1507, 2017年.
10) 2,016 総説・解説 大森 哲郎 : 待てば海路の日和あり, 臨床精神医学, Vol.46, 637, 2017年.
11) 2,016 総説・解説 大森 哲郎 : 精神科薬物療法pros and cons 急性錐体外路症状に対して切り替えか,対症療法か, 臨床精神薬理, Vol.20, 1379-1381, 2017年.
12) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 強迫症/強迫性障害に対する抗精神病薬による増強療法, 精神科治療学, Vol.32, No.4, 449-454, 2017年.
13) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 自閉症スペクトラムと強迫症/強迫性障害, 最新精神医学, Vol.22, No.3, 219-225, 2017年.
14) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 小児・児童の強迫症/強迫性障害の臨床, Depression Strategy, Vol.7, No.2, 12-14, 2017年.
15) 2,016 総説・解説 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク・ケアマネ試験問題解説2017, 2017年1月.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, T Tanaka, Takeo Tominaga, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and employment in Japanese schizophrenia patients, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
2) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Sayo Hamatani, M Tamaru, Masahito Tomotake, Motohiro Sakai and Tetsuro Ohmori : Successful cognitive behavioral intervention in a case of psychogenic hearing loss, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
3) 2,016 国際会議 Hiroshi Yoshimura : Enhancement of oscillatory activity in the endopiriform nucleus (EPN) of rats raised under abnormal oral conditions, Jun. 2016.
4) 2,016 国際会議 Matsuda Shinya, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration by negatively modulating the FAK1 activity, 16th International Conference of Biochemistry and Molecular Biology: Signalling Pathways in Development, Disease and Aging, Vancouver, BC, Canada, Jun. 2016.
5) 2,016 国際会議 Yoshiaki Taniguchi, Tsubasa Miki, Takanori Mitsuno, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Hydrophilic Graphene Film by Molecular Functionalization, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
6) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Set Shifting and Centarl Coherence in Eating Disorders, 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
7) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Social cognition in women with eating disorder, 31st International Congress of Psychology, Jul. 2016.
8) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Masahito Nakataki, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Relationship between WAIS- and AQ in Japanese ASD patients with average intelligence quotient., 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
9) 2,016 国際会議 Masashi Ohta, Y Funakoshi, Masafumi Harada, Junichi Iga, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, C Nakayama, T Nishikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Satsuki Sumitani, M Tamaru and A. Uezato : Structural and functional brain alterations in schizophrenia patients treated with D-cycloserine:a combination of VBM and resting-state functional connectivity study., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
10) 2,016 国際会議 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Altered Serotonin transporter mRNA expression in the peripheral leukocytes of obsessive-compulsive disorder., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
11) 2,016 国際会議 Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen : Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite, 15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Incheon, Korea, Jul. 2016.
12) 2,016 国際会議 Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama and Shik Chi Edman Tsang : Single Layer Niobate Nanosheets Prepared by A Bottom-Up Approach: Photocatalytic Hydrogen Evolution from Water/Methanol Solution, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
13) 2,016 国際会議 Keizo Nakagawa, Suguru Nishida, Akira Yoshida, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Vincent Dubois and Sophie Hermans : Sintering Resistance and Cyclohexane Dehydrogenation of Pt Catalyst Covered with Cubic Mesoporous Silica Layers, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
14) 2,016 国際会議 Keizo Nakagawa, Shigeru Sugiyama and Motonari Adachi : Layered Titanate Nanosheets with and without Lamellar Mesostructure Formed by Surfactant Self-Assembly, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
15) 2,016 国際会議 Saki Hiraoka, Naoya Motoki, Yuta Honda, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Motonari Adachi, Hiroshi Matsuo and Fumio Uchida : Preparation of Titania Thin Film for Dye-Sensitized Solar Cells using Titanium Oxide Nanosheets, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
16) 2,016 国際会議 Hiroharu Yamashita, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Daisuke Saeki and Hideto Matsuyama : Formation and Structural Analysis of Niobate Nanosheets with Different Sheet Thickness, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
17) 2,016 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Takehisa Inoue, Kenji Yamaguchi, Yasuichi Takechi, Mari Morimoto, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Masami Shishibori : Game-Based Evacuation Drill Inside Google Street View, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol.498, 655-666, Orlando, Jul. 2016.
18) 2,016 国際会議 Mari Maeda, Yasunori Kozuki, Ken Hirai, Takashi Nakanishi, Ryoichi Yamanaka and Maya Matsushige : ENVIRONMENTAL EDUCATION FOR SCHOOLCHILDREN IN A SEAWATER POND FOR CREATING A SATOUMI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
19) 2,016 国際会議 Maya Matsushige, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Mari Maeda and Yushu Tashiro : THE EFFECTS OF A SEASIDE ENVIRONMENTAL EDUCATION PROGRAM FOR PRESCHOOL CHILDREN AS SEEN IN THE CONTENTS OF BEFORE-AND-AFTER DRAWINGS, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
20) 2,016 国際会議 Sadao Nakaoka, Yasunori Kozuki, Takashi Nakanishi, Mitsuko Tsuboi, Ei Kodama, Kazuya Tamura, Ken Hirai, Junya Miyoshi, Sayaka Mori, Junichiro Ishikawa, Natsumi Yamaguchi and Ryoichi Yamanaka : ENVIRONMENTAL EDUCATION: LEARNING THE CYCLE OF LIFE BY CONNECTING SEA AND SOIL OF AMAGASAKI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
21) 2,016 国際会議 Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Investigation on carbamazepine polymorphic transformation kinetics with attenuated total reflectance-infrared spectra and multivariate curve resolution-alternating least squares analysis, 2016 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry, Wuyishan, China, Aug. 2016.
22) 2,016 国際会議 堤 和博 : 『蜻蛉日記』:桃の節供の折を逸した翌日の贈答歌, 中日文学与文化交往対話国際学術検討会, 2016年9月.
23) 2,016 国際会議 Hiroshi Yoshimura, Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao and Takahiro Hasegawa : Synaptic plasticity in the brain -Roles of NMDA receptor- (Invited lecture at Nantong University), Sep. 2016.
24) 2,016 国際会議 Takuya Ehiro, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties of Calcium Hydroxyapatites on Catalytic Activities for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane, 9th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials (ISIPM-9), Tokyo, Sep. 2016.
25) 2,016 国際会議 Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Hiroshi Yoshimura : Post-translational modifications of water channel aquaporin-5 in salivary gland cells, Oral Neuroscience 2016, Oral Neuroscience 2016, Osaka, Oct. 2016.
26) 2,016 国際会議 Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Kazuaki Miyata and Hideji TANAKA : Nitric acid gas generator for air analysis, 20th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Mallorca, Spain, Oct. 2016.
27) 2,016 国際会議 Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Protein adsorption characteristics on bare and phosphorylcholine-modified graphene films on SiC substrate, 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016), No.11P-11-16, Kyoto, Japan, Nov. 2016.
28) 2,016 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Issei Imoto, Ryota Hashimoto and Tetsuro Ohmori : DNA methylation changes in leukocytes by clozapine treatment in patients with treatment-resistant schizophrenia., Society for Neuroscience 2016 annual Meeting, San Diego, Nov. 2016.
29) 2,016 国際会議 Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa and Hiroshi Yoshimura : Sexual difference in the regeneration model of the rat submandibular gland., The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki (Japan), Nov. 2016.
30) 2,016 国際会議 Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Takahiro Hasegawa and Hiroshi Yoshimura : Induced expression of a subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in the regeneration model of rat submandibular gland., The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki (Japan), Nov. 2016.
31) 2,016 国際会議 Yuta Otsuka, Akira Ito, Masaki Takeuchi, Hajime Mitome and Hideji TANAKA : Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectrometer, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
32) 2,016 国際会議 Naotaka Ohtake, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : High Specific Surface Area Ceria Catalyzed Organic Transformation, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
33) 2,016 国際会議 Yuki Sanada, Yusuke Minato, Masahiro Katoh, and Shigeru Sugiyama : Preparation of palladium thin membrane over porous SUS tube introduced double intermediate layers with NaA zeolite and alumina, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
34) 2,016 国際会議 Naoto Yamada, Daiki Mine, Norimasa Yoshida, Masahiro Katoh, Kenji Ohnishi, Daisuke Yonekura, and Shigeru Sugiyama : (1) Heat transfer enhancement for water flow boiling by using micro fabricated SUS plate evaporators, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
35) 2,016 国際会議 Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi, Mitome Hajime and Hideji TANAKA : Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectromerer, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
36) 2,016 国際会議 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi : Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA, 2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016.
37) 2,016 国際会議 Hideji TANAKA, Erina Tomiyama, Tomoko Hirasaka, Hiroya Kubo, Sawako Oka, Naoya Kakiuchi, Akihiro Fujikawa and Masaki Takeuchi : High throughput titration by air-segmented flow ratiometry, The 13th Asian Conference on Analytical Sciences, Chiang Mai, Thailand, Dec. 2016.
38) 2,016 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Takehisa Inoue, Kenji Yamaguchi, Yasuichi Takechi, Mari Morimoto, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Masami Shishibori : Penumbral Tourism: Place-based Disaster Education Via Real-world Disaster Simulation, Proc. of 3rd International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM2016), 1-7, Wien, Dec. 2016.
39) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Impaired social cognition in anorexia nervosa patients, 13th London International Eating Disorders Conference, Vol.12, 2527-2531, London, Mar. 2017.
40) 2,016 国際会議 Hamatani Sayo, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Characteristics of social cognition in women with anorexia nervosa., London Eating Disorders Confirence., London, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1) 2,016 国内講演発表 中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 : 健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み, 第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
2) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 統合失調症の理解と診療の基本 レクチャーマラソン 神経内科に必要な精神疾患の基礎知識, 第57回 日本神経学会学術大会, 2016年5月.
3) 2,016 国内講演発表 板東 貴典, 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた温度応答性ハ イブリッドゲルの合成, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
4) 2,016 国内講演発表 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリペレナミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
5) 2,016 国内講演発表 木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討, 第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
6) 2,016 国内講演発表 桑村 修司, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の機能解析, 第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
7) 2,016 国内講演発表 山中 亮一, 上月 康則, 松原 加奈子, 大熊 康平, 上田 敦史, 鶴江 智彦, 一色 圭佑, 森 紗綾香 : コウロエンカワイバリガイの海中での分解過程に関する検討, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-038-2016, 2016年5月.
8) 2,016 国内講演発表 松島 輝将, 上月 康則, 渡辺 雅子, 永峰 和佳, 岡田 直也, 玉井 勇佑, 山中 亮一 : 季節別の海浜標高変動とそれによるルイスハンミョウ生息への影響, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-092-2016, 2016年5月.
9) 2,016 国内講演発表 山中 亮一, 上月 康則, 大熊 康平, 一色 圭佑, 鶴江 智彦, 松原 加奈子, 瀧口 裕己, 森 紗綾香, 中西 敬, 橋丘 真 : 尼崎運河栄養塩回収水路の生物回収による浄化量について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-093-2016, 2016年5月.
10) 2,016 国内講演発表 樋口 僚, 上月 康則, 村上 玲奈, 井若 和久, 杉本 卓司, 山中 亮一, 清水 勝, 佐藤 康徳 : 地域住民の防災力に及ぼす想定津波浸水深シール貼付の効果について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-110-2016, 2016年5月.
11) 2,016 国内講演発表 青木 菜摘, 上月 康則, 山中 亮一, 鴨狩 諒, 山下 勇也, 松重 摩耶 : 無酸素環境中におけるアサリの濾水機能の変化について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-114-2016, 2016年5月.
12) 2,016 国内講演発表 上月 康則, 山中 亮一, 三好 順也, 中西 敬, 平川 倫, 西上 広貴, 鵜池 泰一 : 1997 年以降の尼崎港内外での水質底質の変化について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-123-2016, 2016年5月.
13) 2,016 国内講演発表 吉村 弘 : 大脳皮質神経オシレーションとシグナル伝播経路の変更, 第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
14) 2,016 国内講演発表 田中 秀治, 久保 祐哉, 尾崎 真理, 岡 佐和子, 住友 琢哉, 竹内 政樹 : フィードバック制御フローレイショメトリーと振幅変調多重化フロー分析法, 第76回分析化学討論会, 2016年5月.
15) 2,016 国内講演発表 門田 芳, 宮崎 厚子, 三嶋 りな, 福森 崇貴, 多田 幸雄, 大森 哲郎 : 徳島大学病院における血液疾患患者への心理士介入の現状, 第21回日本緩和医療学会, 2016年6月.
16) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 「内因性うつ病」に治療ガイドラインがあったとしたら シンポジウム 理念型としての「内因性うつ病」―定義・診断・治療ガイドライン作成は可能か, 第112回日本精神神経学会学術総会, 2016年6月.
17) 2,016 国内講演発表 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の診断および治療反応性予測マーカーの検討, 第112回日本精神神経学会学術総会, 2016年6月.
18) 2,016 国内講演発表 松田 真弥, 川本 晃平, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼPCTK3/CDK18による細胞運動調節機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月.
19) 2,016 国内講演発表 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 松尾 貴央, 大野 友久 : 経管栄養高齢患者に対する口腔ケア用ジェルと吸引嘴管を使用した専門的口腔ケアによる口腔細菌数の変化, 老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月.
20) 2,016 国内講演発表 吉村 弘 : 大脳皮質シグナル伝播様式と神経オシレーション, 最新口腔神経科学講演会, 2016年6月.
21) 2,016 国内講演発表 市川 智瑛, 木内 志保, 山田 万葉, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 不登校に対する教員のSocial Networking Service(SNS)活用, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
22) 2,016 国内講演発表 垣内 美月, 山本 莉奈, 山本 真実, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 小学生の保護者におけるSocial Networking Sirvice(SNS)利用に関する意識の実態, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
23) 2,016 国内講演発表 中島 成美, 石川 茜, 山元 優季, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 気がかりな子どもに対する養護教諭の気づきの視点, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
24) 2,016 国内講演発表 奥田 紀久子, 大坂 京子, 堤 理恵, 中窪 萌子, 加藤 千代子, 松岡 麻衣子, 郷木 義子 : 喫煙防止教育による児童生徒の知識・意識・態度の実態, 学校保健研究, Vol.58, No.Suppl., 166, 2016年6月.
25) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 抗精神病薬のリスクとベネフィット,神経精神薬理学教育講座:神経精神薬理の基礎と臨床の最新のエビデンスの紹介, 第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月.
26) 2,016 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 田丸 麻衣, 久保 弘子, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 住谷 さつき, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における内側前頭前皮質の機能的統合安静時fMRI研究, 第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月.
27) 2,016 国内講演発表 伊藤 丹, 松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 紫外吸収スペクトルのフロー測定とケモメトリックスによる二層錠製剤の溶出挙動の評価, 第22回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2016年7月.
28) 2,016 国内講演発表 Hiroshi Yoshimura, Takashi Tominaga and Yoko Tominaga : Cortical disinhibition-induced echo wave in the EPN of rat, The 39th Annual Meeting of the Japan Neuriscience Society, Jul. 2016.
29) 2,016 国内講演発表 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による触媒的酸素酸化, 第48回 若手ペプチド夏の勉強会, 2016年7月.
30) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 医療現場に役立つ精神医学教育;国試出題基準・モデル・コアカリに基づく医学部卒前教育との関連 ワークショップ 医学生・看護学生・心理学科学生にうつ病をどう教えるか, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
31) 2,016 国内講演発表 沼田 周助, 大森 哲郎 : DNAメチル化修飾を利用したうつ病の診断マーカー開発の取り組み, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
32) 2,016 国内講演発表 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 気分の変動と摂食障害の症状が連動した双極性障害の一例, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
33) 2,016 国内講演発表 松重 摩耶, 上月 康則, 前田 真里, 山中 亮一 : 絵画内容からみる幼児を対象とした環境学習についての一考察, 日本環境教育学会第27回大会, 35, 2016年8月.
34) 2,016 国内講演発表 嶋谷 達哉, 嶺岸 誠, 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生モデルにおけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の発現誘導-Part II-, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年8月.
35) 2,016 国内講演発表 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生過程で見られる雌雄差について, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年8月.
36) 2,016 国内講演発表 光原 弘幸, 川井 淳矢, 山住 遥, 井口 恵介, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 井若 和久, 上月 康則, 獅々堀 正幹 : 防災啓発施設におけるICT 活用型防災教育の一事例, 教育システム情報学会第41回全国大会論文集, 209-210, 2016年8月.
37) 2,016 国内講演発表 杉山 茂 : 接触酸化反応を基盤とした有用化学品の合成, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
38) 2,016 国内講演発表 荻野 友保, 坂本 尚隆, , 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 種々のカチオンで修飾したMCM-41触媒によるプロピレンの部分酸化反応, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
39) 2,016 国内講演発表 土屋 祐人, 福島 尚純, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守 : 固定床流通式反応装置を用いた金属Pd触媒による亜硝酸性窒素の還元分解, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
40) 2,016 国内講演発表 新田 真也, 三栖 央頌, 永廣 卓哉, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : メソポーラスシリカ触媒によるイソブタンからイソブテンへの高選択的酸化脱水素反応, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
41) 2,016 国内講演発表 平岡 早紀, 元木 直也, 本田 勇太, 中川 敬三, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 足立 基齊, 松尾 寛, 内田 文生 : チタン酸化物ナノシート/ナノ粒子複合型色素増感太陽電池薄膜の作製と発電特性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
42) 2,016 国内講演発表 吉田 晶, 西田 優, 中川 敬三, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 4-ニトロフェノール還元反応におけるキュービック型メソポーラスシリカ被覆Pt触媒の触媒活性とPt脱落耐性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
43) 2,016 国内講演発表 山下 洋令, 佐伯 大輔, 中川 敬三, 新谷 卓司, 吉岡 朋久, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 松山 秀人 : 吸引ろ過法による二次元ナノシート積層膜の作製と膜分離特性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
44) 2,016 国内講演発表 , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, Kolev D. Spas, Cattrall W. Robert, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : アミノ酸配位基を有する抽出剤を包接した高分子膜によるNi, Co, Mnの相互分離, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
45) 2,016 国内講演発表 杉浦 光, 港 勇介, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : シリカとアルミナの複層化した中間層を導入した多孔質SUS管へのPd薄膜形成, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
46) 2,016 国内講演発表 竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 渡部 裕貴, 田中 秀治 : 大気分析のための硝酸ガス発生装置の開発, 第57回大気環境学会年会, 2016年9月.
47) 2,016 国内講演発表 中川 頌将, 山中 亮一, 馬場 俊孝, 上月 康則 : 新設高速道路と液状化による地盤沈下を考慮した徳島県北部における津波浸水予測, 第71回年次学術講演会講演概要集, 325-326, 2016年9月.
48) 2,016 国内講演発表 久島 周, アレクシッチ ブランコ, 中杤 昌弘, 島村 徹平, 椎野 智子, 吉見 陽, 木村 大樹, 高崎 悠登, Chenyao Wang, Jingrui Xing, 石塚 佳奈子, 大矢 友子, 岡田 俊, 山本 敏充, 新井 誠, 糸川 昌成, Chia-Hsiang Chen, 鈴木 道雄, 高橋 努, 橋本 亮太, 渡部 雄一郎, 染谷 俊幸, 池田 匡志, 岩田 仲生, 吉川 武男, 沼田 周助, 大森 哲郎, 國本 正子, 森 大輔, 尾崎 紀夫 : 統合失調症の高解析度ゲノムコピー数変異解析, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
49) 2,016 国内講演発表 吉野 祐太, 川邉 憲太郎, 森 蓉子, 山崎 聖広, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎, 上野 修一 : 統合失調症における末梢白血球DRD2遺伝子メチル化率を用いた診断バイオマーカーの検討, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
50) 2,016 国内講演発表 松重 摩耶, 上月 康則, 山中 亮一, 前田 真里 : 絵画の内容変化からみた幼児向け海辺環境学習の効果について, 瀬戸内海研究フォーラムin愛媛, 27, 2016年9月.
51) 2,016 国内講演発表 木下 誠, 沼田 周助, 井下 真利, 大森 哲郎 : 統合失調症における血漿CRP濃度のDNAメチル化修飾への影響検討研究, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
52) 2,016 国内講演発表 渡部 真也, 沼田 周助, 石井 一夫, 大森 哲郎 : 遺伝子発現を用いたうつ病マーカーの疾患特異性の検証, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
53) 2,016 国内講演発表 山森 英長, 石間 環, 工藤 紀子, 安田 由華, 藤本 美智子, 大井 一高, 新津 富央, 沼田 周助, 伊豫 雅臣, 大森 哲郎, 橋本 謙二, 武田 雅俊, 橋本 亮太 : 統合失調症における血漿中sTNFR2・MMP-9と臨床症状・認知機能との関わり, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
54) 2,016 国内講演発表 上岡 義典 : 発達障がい学生支援における一考察-キャリア相談と学生相談を通して-, 初年次教育学会第9回大会, 2016年9月.
55) 2,016 国内講演発表 谷川 裕稔, 山本 繁, 上岡 義典 : 初年次教育は「学生の定着」に寄与できるか?-エンロールマネジメントを意識したシステム創り-(ラウンドテーブル), 初年次教育学会第9回大会, 2016年9月.
56) 2,016 国内講演発表 松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全反射減衰-赤外分光法および主成分分析法を用いるテオフィリン無水物錠の溶媒介転移に関する研究, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
57) 2,016 国内講演発表 大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : ポータブルラマン分光計とケモメトリックスを用いる医薬品溶出挙動と粉末X線パターンの予測, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
58) 2,016 国内講演発表 柿内 直哉, 竹内 政樹, 藤川 明洋, 田中 秀治 : フィードバック / 固定三角波制御フローレイショメトリーによる超ハイスループット滴定, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
59) 2,016 国内講演発表 伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全反射減衰赤外分光法と多変量解析を用いるテオフィリン錠剤の示差走査熱量と溶出挙動の予測, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
60) 2,016 国内講演発表 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造, 第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
61) 2,016 国内講演発表 押村 美幸, 寺井 裕貴, 荒川 幸弘, 平野 朋広, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 右手 浩一 : チオウレア型およびグアニジン型有機分子触媒を用いたrac-ラクチドの開環重合, 第65回高分子討論会, 2016年9月.
62) 2,016 国内講演発表 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 第65回高分子討論会, 2016年9月.
63) 2,016 国内講演発表 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : フェニルトロキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子討論会, 2016年9月.
64) 2,016 国内講演発表 村上 彩良, 亀村 典生, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIによるFGF/FGFR/ERK経路阻害機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年9月.
65) 2,016 国内講演発表 大竹 尚孝, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 熱安定性に優れた高比表面積酸化セリウムのメタン燃焼活性, 第118回触媒討論会, 2016年9月.
66) 2,016 国内講演発表 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 松尾 貴央, 大野 友久 : 口腔ケア用ジェルと吸引嘴管を使用した専門的口腔ケアによる口腔細菌数の変化:第2報 ランダム化比較研究, 第22回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2016年9月.
67) 2,016 国内講演発表 守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 道脇 幸博 : 口腔ケア用ジェルの新規開発 ―物性評価―, 第22回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会, 2016年9月.
68) 2,016 国内講演発表 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
69) 2,016 国内講演発表 森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
70) 2,016 国内講演発表 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 中西 智美, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemによるHasA分泌機構の解明, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
71) 2,016 国内講演発表 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを用いた大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
72) 2,016 国内講演発表 辻 明彦, 桑村 修司, 湯浅 恵造 : アメフラシ消化液より単離したフロロタンニン結合蛋白質,EHEPの特性解析, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
73) 2,016 国内講演発表 濱谷 沙世, 友竹 正人, 梅原 英裕, 武田 知也, 大森 哲郎 : 児童養護施設で暮らす小6男児の癇癪弱化と職員へのペアレントトレーニング, 第42回日本認知・行動療法学会, 2016年10月.
74) 2,016 国内講演発表 濱谷 沙世, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 神経性無食欲症患者における社会認知の特性, 第20回日本摂食障害学会, 2016年10月.
75) 2,016 国内講演発表 富永 早百合, 谷 洋江, 奥田 紀久子 : 子どもの心の問題解決に向けたスクールソーシャルワーカーとの協働における養護教諭の役割, 日本養護教諭教育学会第24回学術集会, 2016年10月.
76) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 教育講演 統合失調症概念の変遷と治療パラダイムの変化, 第42回日本認知・行動療法学会, 2016年10月.
77) 2,016 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 新規合成分子を用いた表面修飾による単結晶グラフェンの親水化, 第8回集積化MEMSシンボジウム, No.25pm4-PM-017, 2016年10月.
78) 2,016 国内講演発表 , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : アミド酸型新規キャリアを包接した高分子膜によるレアメタル抽出特性の検討, 第32回 日本イオン交換研究発表会, 2016年10月.
79) 2,016 国内講演発表 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価, 2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
80) 2,016 国内講演発表 三木 翼, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣 : ホスホリルコリン基を有するピレン誘導体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
81) 2,016 国内講演発表 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アキラルなジグアニジンとキラルな酸との塩形成を鍵とする不斉有機塩基触媒の開発, 2016年日本化学会中国四国大会, 2016年11月.
82) 2,016 国内講演発表 悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ケトニトロンとカルボジイミドによる[3+2]環化付加反応, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
83) 2,016 国内講演発表 富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 富士山頂における水溶性酸性ガス/粒子状物質の観測, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
84) 2,016 国内講演発表 渡部 裕貴, 大塚 裕太, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クロマトグラムの多変量解析∼中空キャピラリーカラムを用いたカチオン分析∼, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
85) 2,016 国内講演発表 成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの動態解析, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
86) 2,016 国内講演発表 岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
87) 2,016 国内講演発表 住友 琢哉, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準‐振幅変調多重化フロー分析法の開発とFe2+定量による検証, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
88) 2,016 国内講演発表 岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フローレイショメトリーによるハイスループット滴定, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
89) 2,016 国内講演発表 滝口 祥令 : シンポジウム「先導的薬剤師養成にめけた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発(H22-H27年度)の中四国国立3大学における実施状況と新事業の展開に向けて」, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
90) 2,016 国内講演発表 木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
91) 2,016 国内講演発表 井上 真緒, 高田 元太, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAスプライシング異常修復の検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
92) 2,016 国内講演発表 林 晃己, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応による大環状グアニジン化合物の合成とその触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
93) 2,016 国内講演発表 馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 : フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
94) 2,016 国内講演発表 堀内 公太, 佐藤 文香, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : アルカリ処理がもたらすシリコアルミノリン酸塩系ゼオライトの水蒸気吸脱着性能の向上, 第30回日本吸着学会研究発表会, 2016年11月.
95) 2,016 国内講演発表 川端 正志, 井下 真利, 江戸 宏彰, 垂髪 裕樹, 沼田 周助, 梶 龍兒, 大森 哲郎 : 血液透析による体内リチウム除去後も神経症状が残存した急性リチウム中毒の一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
96) 2,016 国内講演発表 松葉 尚隆, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 : ECTが病相治療と予防に著効した精神病症状を伴う反復性うつ病性障害の一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
97) 2,016 国内講演発表 松本 康平, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 摂食障害の経過中に幻覚妄想が顕在化し統合失調症と診断を変更した一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
98) 2,016 国内講演発表 長井 宏太, 中尾 友紀, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン系触媒によるブテン類の酸化脱水素反応における格子酸素の影響, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
99) 2,016 国内講演発表 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
100) 2,016 国内講演発表 粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
101) 2,016 国内講演発表 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
102) 2,016 国内講演発表 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
103) 2,016 国内講演発表 有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
104) 2,016 国内講演発表 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
105) 2,016 国内講演発表 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
106) 2,016 国内講演発表 杉山 茂, 山根 圭貴, 加藤 雅裕, 加藤 裕樹, 二宮 航 : FSM-16によるグリセリンの接触変換, 石油学会京都大会(第46回石油・石油化学討論会), 2016年11月.
107) 2,016 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : GWASによる強迫性障害の薬物反応性関連パスウエイの同定, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
108) 2,016 国内講演発表 斎藤 竹生, 池田 匡志, 筵田 泰誠, 大関 健志, 近藤 健治, 島崎 愛夕, 川瀬 康平, 橋本 修二, 山森 英長, 安田 由華, 藤本 美智子, 大井 一高, 武田 雅俊, 鎌谷 洋一郎, 沼田 周助, 大森 哲郎, 上野 修一, 牧之段 学, 西畑 陽介, 久保田 正春, 木村 武実, 金原 信久, 橋本 直樹, 藤田 潔, 根本 清貴, 深尾 琢, 諏訪 太朗, 野田 哲郎, 矢田 勇慈, 高木 学, 太田 直也, 大鶴 卓, 村上 優, 高橋 篤, 久保 充明, 橋本 亮太, 岩田 仲生 : クロザピン誘発性無顆粒球症・顆粒球減少症に関する薬理ゲノム学的研究, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
109) 2,016 国内講演発表 久保 弘子, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 原田 雅史, 大森 哲郎 : MRSを用いた気分安定薬服用中の双極性障害患者におけるグルタミン酸神経伝達の異常, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
110) 2,016 国内講演発表 中村 吉伸, 松山 美和, 大村 智也, 渡辺 朱理 : 脳血管疾患患者における舌骨上筋群筋力と摂食嚥下機能との関連性について, 第30回一般社団法人日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 44, 2016年11月.
111) 2,016 国内講演発表 上岡 義典, 織田 孝裕, 椎野 広久, 中山 俊一 : 発達障がいの二次障がいへの対応∼アイデンティティ確立とキャリア支援∼(自主シンポジウム), 日本LD学会第25回大会, 2016年11月.
112) 2,016 国内講演発表 , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : フェニルアラニン型アミド酸抽出剤を用いたレアメタルの抽出特性と高分子包接膜への応用, 第35回 溶媒抽出討論会, 2016年11月.
113) 2,016 国内講演発表 山下 洋令, 佐伯 大輔, 中川 敬三, 新谷 卓司, 吉岡 朋久, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 松山 秀人 : 吸引ろ過法を用いた異なる膜厚さのナノシート積層膜の作製と膜分離性能, 膜シンポジウム2016, 2016年12月.
114) 2,016 国内講演発表 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月.
115) 2,016 国内講演発表 , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : アミド酸型キャリア包接高分子膜(PIM)に よる二価金属イオンの膜分離, 日本膜学会 膜シンポジウム 2016, 2016年12月.
116) 2,016 国内講演発表 松田 真弥, 川本 晃平, 澤本 真菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18による細胞形態・運動の制御, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
117) 2,016 国内講演発表 富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンの高時間分解観測, 第33回イオンクロマトグラフィー討論会, 2016年12月.
118) 2,016 国内講演発表 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens HasAの分泌に関わるHasD領域の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
119) 2,016 国内講演発表 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
120) 2,016 国内講演発表 河内 俊裕, 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコン由来システインプロテアーゼResponsive to Dehydration 19の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
121) 2,016 国内講演発表 西上 広貴, 上月 康則, 山中 亮一, 尾野 薫, 平川 倫 : 「ふるさと」の変遷とそれに対する大学生の行動変容特性について, 景観・デザイン研究発表会, Vol.12, 2016年12月.
122) 2,016 国内講演発表 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
123) 2,016 国内講演発表 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
124) 2,016 国内講演発表 外輪 健一郎, 藤永 悦子, 押村 美幸, 上田 昭子, 河村 保彦, 杉山 茂 : 化学系の女子学生を対象とした大学院進学者増進の取り組み, 平成28年度大学教育カンファレンス in 徳島, 2016年12月.
125) 2,016 国内講演発表 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義への外国人研究者・留学生の参加―グローバル化を目指した高大連携, 大学教育カンファレンス in 徳島, 46-47, 2016年12月.
126) 2,016 国内講演発表 久保田 祐歌, 南川 慶二, 上岡 麻衣子 : ティーチング・ポートフォリオ作成の意義と課題, --- 徳島大学ティーチング・ポートフォリオ作成WSを通して ---, 大学教育カンファレンス in 徳島, 16-17, 2016年12月.
127) 2,016 国内講演発表 松重 摩耶, 上月 康則, 山中 亮一 : ネイチャーゲームを活用したアクティブラーニングの一試行, 平成28年度全学FD推進プログラム大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 32-33, 2016年12月.
128) 2,016 国内講演発表 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 門田 芳, 井下 真利, 多田 幸雄, 福森 崇貴, 大森 哲郎 : 緩和ケアチーム体制の変化が臨床心理士の介入形態に及ぼす影響∼徳島大学病院でのチーム活動の検討から∼, 第30回日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 192, 2017年.
129) 2,016 国内講演発表 光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : Penumbral Tourism:観光を指向したICT活用型防災教育の提案, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.5, 63-68, 2017年1月.
130) 2,016 国内講演発表 室川 優希, 光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : Googleストリートビューを用いたバーチャル避難訓練システム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.5, 69-76, 2017年1月.
131) 2,016 国内講演発表 大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 新規バイオセラミックとしての水酸基置換アパタイトの研究, 第5回日本バイオマテリアル学会 中四国シンポジウム, 2017年1月.
132) 2,016 国内講演発表 中川 頌将, 山中 亮一, 上月 康則, 馬場 俊孝 : 液状化沈下量を考慮した徳島県東部での津波浸水過程の数値的検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.11, 51-62, 2017年1月.
133) 2,016 国内講演発表 富永 武男, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の認知機能と社会機能の関連, 第12回日本統合失調症学会, 2017年3月.
134) 2,016 国内講演発表 新田 真也, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : イソブタンの酸化脱水素反応におけるCr修飾MCM-48の触媒活性の検討, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
135) 2,016 国内講演発表 三栖 央頌, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : SBA-15触媒によるイソブタン酸化脱水素反応のCr修飾による高活性化, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
136) 2,016 国内講演発表 中川 敬三, 山下 洋令, 佐伯 大輔, 吉岡 朋久, 新谷 卓司, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 神尾 英治, 松山 秀人 : 二次元チャネル構造を有する金属酸化物ナノシート積層膜の膜性能評価, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
137) 2,016 国内講演発表 山下 洋令, 中川 敬三, 佐伯 大輔, 吉岡 朋久, 新谷 卓司, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 神尾 英治, 松山 秀人 : 吸引ろ過法により作製されたニオブ酸ナノシート積層膜の膜性能に及 ぼす作製条件の影響, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
138) 2,016 国内講演発表 山田 直人, 峯 大樹, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, , 杉山 茂 : 異なる表面粗さを有するSUS製プレート面における伝熱性能の評価, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
139) 2,016 国内講演発表 髙谷 真弘, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : 多孔質SUS管上に製膜したPd膜の水素透過性向上をめざしたシリカライト中間層の形成条件の検討, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
140) 2,016 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾機能化による SiC 上グラフェンの非特異吸着の抑制, 第64回応用物理学会春季学術講演会(応物2017春), No.15a-B6-7, 15-085-(1pp), 2017年3月.
141) 2,016 国内講演発表 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Mechanistic Aspect of Photoinduced -Oxyamination of Aldehydes Catalyzed by Flavin-Amine Integrated Molecules, The 97th CSJ annual meeting, Mar. 2017.
142) 2,016 国内講演発表 光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : 考えさせるICT活用型避難訓練の実践, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.7, 65-72, 2017年3月.
143) 2,016 国内講演発表 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : DNA傷害によるアポトーシス誘導におけるDRAK1の関連性, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
144) 2,016 国内講演発表 Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Masahito Nakataki, Atsushi Tajima, 池田 匡志, 丸山 惣一郎, 山森 英長, 金沢 徹文, 下寺 信次, 橋本 亮太, Issei Imoto, 米田 博, 岩田 仲生, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : C-reactive protein and schizophrenia; A Mendelian Randomization approach., 第12回日本統合失調症学会, Mar. 2017.
145) 2,016 国内講演発表 山森 英長, 石間 環, 工藤 紀子, 根本 清貴, 安田 由華, 藤本 美智子, 畦 地裕統, 新津 富央, 沼田 周助, 池田 学, 伊豫 雅臣, 大森 哲郎, 福永 雅喜, 渡邉 嘉之, 橋本 謙二, 橋本 亮太 : 統合失調症における血漿中sTNFR2・MMP-9と臨床症状・認知機能との関わり, 第12回日本統合失調症学会, 2017年3月.
146) 2,016 国内講演発表 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : 北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
147) 2,016 国内講演発表 大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : 粉末X線回折パターンの予測を目的としたラマン・赤外スペクトルデータの相関解析;テオフィリン結晶多形への応用, 日本薬学会137年会, 2017年3月.
148) 2,016 国内講演発表 伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 結晶性評価を目的とした赤外分光法と多変量解析の研究; 亜鉛クロロアパタイトへの応用, 日本薬学会137年会, 2017年3月.
149) 2,016 国内講演発表 Maeda Saori, Miyachi Yuki, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Hiroshi Yoshimura : Influences of olfactory stimulation on taste perception: An electroencephalogram frequency analysis study, The 94th Annual Meeting of the Physiological Science of Japan, Mar. 2017.
150) 2,016 国内講演発表 木戸 玲子, 鶴尾 吉宏 : リンパ節にみられる抗原提示細胞が発現する性ステロイド代謝酵素の免疫組織化学的解析, 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

1) 2,016 作品等 大森 哲郎 : 書評 統合失調症治療ガイドライン 日本神経精神薬理学会編, 週刊医学界新聞, No.3190, 2016年9月.
2) 2,016 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 艱難汝を玉にす,は本当か, めんたる・へるす, Vol.66, 2-5, 2017年.

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1) 2,016 その他・研究会 大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶多形におけるビッグデータ回帰予測, 課題提案型ワークショップ「ビッグデータの利活用について考える」, 2016年6月.
2) 2,016 その他・研究会 南川 慶二 : ティーチングポートフォリオの意義・効果, 平成28年度授業設計ワークショップ, 2016年6月.
3) 2,016 その他・研究会 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生過程で見られる雌雄差について, Journal of Oral Biosciences, Vol.Suppl., 451, 2016年8月.
4) 2,016 その他・研究会 嶋谷 達哉, 嶺岸 誠, 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生モデルにおけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の発現誘導-Part II-, Journal of Oral Biosciences, Vol.Suppl., 415, 2016年8月.
5) 2,016 その他・研究会 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 武内 早苗, 武久 美奈子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 留学生の精神科受診傾向について, 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 107, 2016年9月.
6) 2,016 その他・研究会 坂本 尚隆, 荻野 友保, , 加藤 雅裕, 杉山 茂 : チタン修飾MCM-41によるプロピレンの部分酸化反応, 第10回中四国若手CE合宿, 2016年9月.
7) 2,016 その他・研究会 福島 尚純, 土屋 祐人, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守 : 表面改質Pd構造体触媒による亜硝酸性窒素の湿式還元分解, 第10回中四国若手CE合宿, 2016年9月.
8) 2,016 その他・研究会 三栖 央頌, 新田 真也, 永廣 卓哉, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : SBA-15の調製法とイソブタン酸化脱水素触媒活性, 第10回中四国若手CE合宿, 2016年9月.
9) 2,016 その他・研究会 堀内 公太, 佐藤 文香, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : 低温排熱の有効利用をめざしたAlPO系水蒸気吸着材の金属置換, 第10回中四国若手CE合宿, 2016年9月.
10) 2,016 その他・研究会 濱谷 沙世, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 神経性無食欲症患者における社会認知の特性, 第16回精神疾患と認知機能研究会, 2016年11月.
11) 2,016 その他・研究会 木下 誠, 沼田 周助, 富岡 有紀子, 吉田 冬子, 功刀 浩, 大森 哲郎 : Evaluation of causal associations between C-reactive protein levels and bipolar disorder., 第35回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2016年11月.
12) 2,016 その他・研究会 梅原 英裕, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の末梢血におけるメタボローム解析, 第35回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2016年11月.
13) 2,016 その他・研究会 南川 慶二 : 温度応答性ナノコンポジットゲルの粘弾性, エレクトロレオロジー研究会第36回例会, 2016年12月.
14) 2,016 その他・研究会 長井 宏太, 中尾 友紀, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン系複合酸化物触媒によるブテン類の酸化脱水素反応に対するモリブデン含有量の影響, 化学工学会中国四国支部・関西支部合同支部大会(大学院生発表会), 2016年12月.
15) 2,016 その他・研究会 福島 尚純, 土屋 祐人, 増田 愛佳, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守 : 亜硝酸性窒素の湿式還元分解における構造体触媒調製法の検討, 化学工学会中国四国支部・関西支部合同支部大会(大学院生発表会), 2016年12月.
16) 2,016 その他・研究会 杉山 茂 : 無機リン化学と産業応用, 早稲田大学リンアトラス研究所2016年度第15回セミナー, 2016年12月.
17) 2,016 その他・研究会 上岡 義典 : 障害学生支援についての思い, 日本K-ABCアセスメント学会会報, No.58, 2, 2017年2月.
18) 2,016 その他・研究会 中尾 友紀, , 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン系複合酸化物触媒によるブテン類の接触酸化脱水素反応, 第19回化学工学会学生発表会(大阪大会), 2017年3月.
19) 2,016 その他・研究会 佐桑 康太, , 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 多孔質酸化物触媒を用いたプロピレンの接触部分酸化反応, 第19回化学工学会学生発表会(大阪大会), 2017年3月.
20) 2,016 その他・研究会 島津 匠, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : Alで修飾したMCM-48におけるイソブタンの酸化脱水素反応, 第19回化学工学会学生発表会(大阪大会), 2017年3月.
21) 2,016 その他・研究会 三宅 隆太, 真田 雄基, 加藤 雅裕, 松井 勝子, 梶本 博之, 西城 信吾, 大塚 邦顕, , 杉山 茂 : 市販のPdめっき試薬を用いた多孔質SUS管へのPd薄膜製膜の試み, 第19回化学工学会学生発表会(豊中大会), 2017年3月.
22) 2,016 その他・研究会 上嶋 朋恵, 髙谷 真弘, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : 多孔質SUS管上に製膜したPd膜の水素拡散性向上をめざしたシリカライト中間層へのアルカリ処理, 第19回化学工学会学生発表会(豊中大会), 2017年3月.
23) 2,016 その他・研究会 原井 恵, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : 比較的大きな細孔をもつ多孔質SUS支持体への中間層導入によるPd薄膜の製膜, 第19回化学工学会学生発表会(豊中大会), 2017年3月.
24) 2,016 その他・研究会 峯 大樹, 山田 直人, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, , 杉山 茂 : 微細加工を施したSUS製プレートの水の沸騰条件下での伝熱促進挙動, 第19回化学工学会学生発表会(豊中大会), 2017年3月.
25) 2,016 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 結論への飛躍バイアスや決断への自信と認知機能との関連, 第3回CEPD研究会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

1) 2,016 報告書 南川 慶二 : よみがえった「徳島エンゲル楽団」(2), --- 徳島・板東収容所に響いたバイオリンの調べ ---, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, No.13, 37-56, 2016年8月.
2) 2,016 報告書 Takuya Ehiro, Toshihiro Moriga and Shigeru Sugiyama : Template Ion Exchange Behaviors of Chromium into FSM-16 and Fine Structure around Chromium Species in the Exchanged Solid, Photon Factory Activity Report 2015, Vol.33B, 4, Tsukuba, Sep. 2016.

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{278523}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1) 2,017 著書 奥田 紀久子 : 学校における養護活動の展開改訂5版 第14章 保健指導(個別), ふくろう出版, 岡山, 2017年4月.
2) 2,017 著書 奥田 紀久子 : 第30回介護福祉士国家試験 解答・解説, メディックメディア, 東京, 2017年4月.
3) 2,017 著書 永村 眞, 衣川 仁, ほか8名 : 中世の門跡と公武権力, 戎光祥出版, 東京, 2017年6月.
4) 2,017 著書 松山 美和 : 咀嚼の本2 ―ライフステージから考える咀嚼・栄養・健康―, 一般財団法人 口腔保健協会, 2017年8月.
5) 2,017 著書 アーネスト L ロッシ, マーガレット O リアン, ヒレル M ザイトリン, 尾川 丈一, 廣瀬 春次, 上岡 義典 : 催眠による治療-ミルトン・エリクソン言行録 第1巻-, 亀田ブックサービス, 新潟, 2017年9月.
6) 2,017 著書 滝口 祥令 : 図解薬害・副作用学 改訂2版 血液・造血系に作用する薬, 株式会社 南山堂, 2017年9月.
7) 2,017 著書 田中 秀治, 近藤 伸一 : 製剤化のサイエンス, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2017年10月.
8) 2,017 著書 田中 秀治 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月.
9) 2,017 著書 杉山 茂, 約150名以上 共同執筆 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月.
10) 2,017 著書 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2018介護支援専門員試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2018年1月.
11) 2,017 著書 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2018試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2018年1月.
12) 2,017 著書 田中 秀治, 竹内 政樹 : わかりやすい機器分析学,第4版, 株式会社 廣川書店, 東京, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,017 学術論文 (審査論文) 井﨑 ゆみ子, 武久 美奈子, 大森 哲郎 : 大学におけるメンタルヘルス対策の検討 入学時のメンタルヘルス健診と在学中の精神科受療行動との関連から, 精神科治療学, Vol.32, No.5, 697-704, 2017年.
2) 2,017 学術論文 (審査論文) Yukihiro Arakawa, Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, Chemical Science, No.8, 5468-5475, 2017.
3) 2,017 学術論文 (審査論文) Kyoko Osaka, Hiroko Sugimoto, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Rozzano De Castro Locsin, Yueren Zhao, Kikuko Okuda and Ken Saito : Characteristics of a Transactive Phenomenon in Relationships among Older Adults with Dementia, Nurses as Intermediaries, and Communication Robot, Intelligent Control and Automation, Vol.8, 111-125, 2017.
4) 2,017 学術論文 (審査論文) Akira Ohbuchi and Jiryo Komeda : γ-Hyperelliptic Weierstrass Semigroups of Genus 6γ + 1 and 6γ, Bulletin of the Brazilian Mathematical Society, Vol.48, No.2, 209-218, 2017.
5) 2,017 学術論文 (審査論文) Naoya Kakiuchi, Aiko Miyazaki, Akihiro Fujikawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High Throughput Titration Based on Variable and Fixed Triangular Wave Controlled Flow Radiometry with LED-Photodiode Detector, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.34, No.1, 11-14, 2017.
6) 2,017 学術論文 (審査論文) Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Keisuke Izumi, Yoshihiro Tsuruo and Toshinobu Yogo : Mesoscopic multimodal imaging provides new insight to tumor tissue evaluation: an example of macrophage imaging of hepatic tumor using organosilica nanoparticles., Scientific Reports, Vol.7, No.1, 3953, 2017.
7) 2,017 学術論文 (審査論文) Takeo Saito, Masashi Ikeda, Ryota Hashimoto, Nakao Iwata, Yamamori Hidenaga, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Kenji Kondo, Ayu Shimasaki, Kohei Kawase, Masami Miyata, Taisei Mushiroda, Takeshi Ozeki, Michiaki Kubo, Kiyoshi Fujita, Kida Naoya, Nakai Minori, Taku Otsuru, Yasuhide Fukuji, Masaru Murakami, Kentaro Mizuno, Toshiaki Shiratsuchi, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Shu-ichi Ueno, Yuji Yada, Sadakazu Tanaka, Yoshiki Kishi, Manabu Takaki, Akiko Mamoto, Norio Taniguchi, Yutaka Sawa, Haruo Watanabe, Tetsuro Noda, Yuuhei Amano, Takemi Kimura, Taku Fukao, Taro Suwa, Toshiya Murai, Masaharu Kubota, Keishi Ueda, Hideaki Tabuse, Nobuhisa Kanahara, Kawai Nobutoshi, Kiyotaka Nemoto, Manabu Makinodan, Yosuke Nishihata, Naoki Hashimoto, Ichiro Kusumi, Yasuo Fujii, Ryoji Miyata, Kyuryoku Hirakawa and Norio Ozaki : Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population., Biological Psychiatry, Vol.82, No.1, e9-e10, 2017.
8) 2,017 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Yutaka Hatakeyama, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Kiyoshi Nakahara, Takeshi Nikawa and Tetsuro Ohmori : Altered KYN/TRP, Gln/Glu, and Met/methionine sulfoxide ratios in the blood plasma of medication-free patients with major depressive disorder., Scientific Reports, Vol.7, No.1, 4855, 2017.
9) 2,017 学術論文 (審査論文) Kazuo Takiguchi, Akihito Uezato, Michio Itasaka, Hidenori Atsuta, Kenji Narushima, Naoki Yamamoto, Akeo Kurumaji, Makoto Tomita, Kazunari Oshima, Kosaku Shoda, Mai Tamaru, Masahito Nakataki, Mitsutoshi Okazaki, Sayuri Ishiwata, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Kunimasa Arima, Tetsuro Ohmori and Toru Nishikawa : Association of schizophrenia onset age and white matter integrity with treatment effect of D-cycloserine: a randomized placebo-controlled double-blind crossover study., BMC Psychiatry, Vol.17, No.1, 249, 2017.
10) 2,017 学術論文 (審査論文) Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Fast Edge Detection and Early Depth Decision for Intra Coding of 3D-HEVC, International Journal of Advances in Computer and Electronics Engineering, Vol.2, No.7, 11-20, 2017.
11) 2,017 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Takahiro Yamasaki, Shinya Chiba, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Positive- and Negative-Control Pathways by Blood Components for Intermedilysin Production in Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.85, No.9, 1-17, 2017.
12) 2,017 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Kohta Nagai, Yuki Nakao, and Masahiro Katoh : Catalyst Deactivation of a Silica-supported Bismuth-molybdenum Complex Oxide and the Related Complex Oxides for the Oxidative Dehydrogenation of 1-Butene to 1,3-Butadiene, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.50, No.8, 641-647, 2017.
13) 2,017 学術論文 (審査論文) Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Comparison of Ankle Joint Visualization Between the 70° and 30° Arthroscopes: A Cadaveric Study., Foot & Ankle Specialist, Vol.11, No.1, 72-76, 2017.
14) 2,017 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Masashi Ohta, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita and Tetsuro Ohmori : Impaired central coherence in patients with anorexia nervosa, Psychiatry Research, Vol.259, 77-80, 2017.
15) 2,017 学術論文 (審査論文) Akira Ito, Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Mechanochemical synthesis of chloroapatite and its characterization by powder X-ray diffractometory and attenuated total reflection - infrared spectroscopy, Colloid and Polymer Science, Vol.295, No.10, 2011-2018, 2017.
16) 2,017 学術論文 (審査論文) Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Distance Between the Anterior Distal Tibial Edge and the Anterior Tibial Artery in Distraction and Nondistraction During Anterior Ankle Arthroscopy: A Cadaveric Study., Foot & Ankle International, Vol.39, No.1, 113-118, 2017.
17) 2,017 学術論文 (審査論文) Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Dry Mechanochemical Synthesis of Caffeine/Oxalic Acid Cocrystals and Their Evaluation by Powder X-Ray Diffraction and Chemometrics, Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.106, No.12, 3458-3464, 2017.
18) 2,017 学術論文 (審査論文) Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Gen Fujita, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Hardware Oriented Low-Complexity Intra Coding Algorithm for SHVC, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E100-A, No.12, 2936-2947, 2017.
19) 2,017 学術論文 (審査論文) Sumitomo Takuya, Osaki Mari, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Internal Standard-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.33, No.12, 1363-1368, 2017.
20) 2,017 学術論文 (審査論文) 千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 : Functional Independence Measure を用いて評価した統合失調症患者の基本的な社会生活機能と臨床諸要因との関連, 四国医学雑誌, Vol.73, No.5,6, 283-288, 2017年.
21) 2,017 学術論文 (審査論文) Tatematsu Yohei, Fujita Haruhi, Hayashi Hiroki, Yamamoto Atsushi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Ohkura Kazuto : Effects of the Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug Celecoxib on Mitochondrial Function, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.3, 319-325, 2018.
22) 2,017 学術論文 (審査論文) Chikako Kane, Masahito Tomotake, Sayo Hamatani, Shin-ichi Chiba and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing quality of life in anorexia nervosa patients, Open Journal of Psychiatry, Vol.8, 50-60, 2018.
23) 2,017 学術論文 (審査論文) Atsushi Tabata, Douglas Deutsch, Seiya Otsuka, Kathleen Verratti, Toshifumi Tomoyasu, Hideaki Nagamune and A. Vincent Fischetti : A novel plasmid, pSAA0430-08, from Streptococcus anginosus subsp. anginosus strain 0430-08, Plasmid, Vol.95, No.1, 16-27, 2018.
24) 2,017 学術論文 (審査論文) Kikuko Okuda, Okada Hiroki, Tetsuya Tanioka and Kyoko Osaka : Family Environment Factors to Impact on the Effect of the Smoking Prevention Educational Program for Elementary and Junior High School Students, Health, Vol.10, No.1, 75-89, 2018.
25) 2,017 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Naozumi Fukushima, Yuto Tsuchiya, Masahiro Katoh, Yukimi Hayashi, Yuka Arai and Masamori Akakatsu : Reductive Decomposition of Nitrite in a Continuous-Flow Reactor Using Fixed-Bed Structural Pd Catalysts, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.51, No.1, 83-88, 2018.
26) 2,017 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Masaki Matoba, Ayuko Takao, Atsushi Tabata, A Robert. Whiley, Nobuko Maeda and Hideaki Nagamune : Rapid screening method for detecting highly pathogenic Streptococcus intermedius strains carrying a mutation in the lacR gene., FEMS Microbiology Letters, Vol.365, No.3, fnx-258, 2018.
27) 2,017 学術論文 (審査論文) Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018.
28) 2,017 学術論文 (審査論文) Xiantao Jiang, Xiaofeng Wang, Tian Song, Wen Shi, Takafumi Katayama, Takashi Shimamoto and Jenq-Shiou Leu : An Efficient Complexity Reduction Algorithm for CU Size Decision in HEVC, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.14, No.1, 309-322, 2018.
29) 2,017 学術論文 (審査論文) T Nishi, Y Yamamoto, N Yamagishi, M Iguchi, H Tamai, T Ito, Yoshihiro Tsuruo, M Ichinose, M Kitano and T Ueyama : Lansoprazole prevents the progression of liver fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis model rats., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.70, No.3, 383-392, 2018.
30) 2,017 学術論文 (審査論文) Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Anatomic Study of Anterior and Posterior Ankle Portal Sites for Ankle Arthroscopy in Plantarflexion and Dorsiflexion: A Cadaveric Study in the Japanese Population., The Journal of Foot and Ankle Surgery, Vol.57, No.3, 537-542, 2018.
31) 2,017 学術論文 (審査論文) Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Yokota Kenji, Miwa Matsuyama and Kokeguchi Susumu : Use of ATP bioluminescence to survey the spread of aerosol and splatter during dental treatments, The Journal of Hospital Infection, Vol.99, 303-305, 2018.
32) 2,017 学術論文 (審査論文) M Ikeda, A Takahashi, Y Kamatani, Y Okahisa, H Kunugi, N Mori, T Sasaki, Tetsuro Ohmori, Y Okamoto, H Kawasaki, S Shimodera, T Kato, H Yoneda, R Yoshimura, M Iyo, K Matsuda, M Akiyama, K Ashikawa, K Kashiwase, K Tokunaga, K Kondo, T Saito, A Shimasaki, K Kawase, T Kitajima, K Matsuo, M Itokawa, T Someya, T Inada, R Hashimoto, T Inoue, K Akiyama, H Tanii, H Arai, S Kanba, N Ozaki, I Kusumi, T Yoshikawa, M Kubo and N Iwata : A Genome-Wide Association Study Identifies Two Novel Susceptibility Loci and Trans Population Polygenicity Associated With Bipolar Disorder., Molecular Psychiatry, Vol.23, No.3, 639-647, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,017 学術論文 (紀要その他) 田中 祐子, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 日本の高校生の性感染症予防教育, --- 親の知識と子育て ---, 小児保健とくしま, Vol.25, 4-9, 2017年.
2) 2,017 学術論文 (紀要その他) 村瀬 あすか, 瀬部 有紀子, 秋本 美波, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者が必要と考えるSNS利用に関する教育, 小児保健とくしま, Vol.25, 10-14, 2017年.
3) 2,017 学術論文 (紀要その他) 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 森 健治 : 食物アレルギーを持つ就学前の子供の母親の不安とソーシャルサポート, 小児保健とくしま, Vol.25, 15-20, 2017年.
4) 2,017 学術論文 (紀要その他) 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年.
5) 2,017 学術論文 (紀要その他) Tagami Takuma, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for -Oxyamination of Aldehydes under Blue LED Irradiation, Proceedigs of the LED General Forum 2018 Tokushima, 105-106, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術レター

1) 2,017 学術レター 衣川 仁 : 西田友広著『悪党召し捕りの中世』, 週刊読書人, No.3189, 2017年.
2) 2,017 学術レター Keizo Nakagawa, Hiroharu Yamashita, Daisuke Saeki, Tomohisa Yoshioka, Takuji Shintani, Eiji Kamio, T. Kreissl, Shik Chi Edman Tsang, Shigeru Sugiyama and H Matsuyama : Niobate Nanosheet Membranes with Enhanced Stability for Nanofiltration, Chemical Communications, Vol.53, No.56, 7929-7932, 2017.

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1) 2,017 総説・解説 鶴尾 吉宏 : 形態学的観点から見た生体調節物質の働き, 四国医学雑誌, Vol.73, No.1,2, 37-46, 2017年4月.
2) 2,017 総説・解説 松山 美和, 谷口 尚 : 顎顔面補綴のノウハウを一般歯科治療に活かす, 日本補綴歯科学会誌, Vol.9, No.3, 167-168, 2017年7月.
3) 2,017 総説・解説 松山 美和, 梶原 美恵子 : 経管栄養高齢者の口腔ケア, モダンフィジッシャン, Vol.37, No.9, 957-959, 2017年9月.
4) 2,017 総説・解説 松山 美和 : 歯科衛生士による糖尿病予防指導への期待, 日本歯科評論, Vol.77, No.9, 14-15, 2017年9月.
5) 2,017 総説・解説 大森 哲郎 : 電子化時代の精神神経学雑誌, 精神神經學雜誌, Vol.120, No.1, 1, 2018年.
6) 2,017 総説・解説 渡部 真也, 大森 哲郎 : うつ病の薬物療法, 精神科, Vol.32, No.1, 56-60, 2018年.
7) 2,017 総説・解説 富岡 有紀子, 沼田 周助, 大森 哲郎 : ビタミンB6と統合失調症, 会誌ビタミン vitamins(Japan), Vol.92, No.10, 450-456, 2018年.
8) 2,017 総説・解説 松山 美和 : Book Review 角保徳 編著,大野友久・守谷恵未 著「超高齢社会のための新編 専門的口腔ケア 要介護・有病者・周術期・認知症への対応」, デンタルハイジーン, Vol.38, No.1, 122, 2018年1月.
9) 2,017 総説・解説 杉山 茂 : 巻頭言 枯渇資源リンを理解してもらうために, Phosphorus Letter, No.91, 3-5, 2018年2月.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1) 2,017 国際会議 Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Kazuo Ishii, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Gene expression-based diagnostic marker for bipolar disorder., 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, Indonesia, Apr. 2017.
2) 2,017 国際会議 Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Makoto Kinoshita, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Pharmacometabolomic changes following antidepressants in patients with major depressive disorder., 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, Indonesia, Apr. 2017.
3) 2,017 国際会議 Shigeru Sugiyama, Hisanobu Misu, Shinya Nitta, Sho Shimazu, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou and Wataru Ninomiya : Enhancement of Isobutene Yield in the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on SBA-15 Doped with a Trace Amount of Chromium, 6th Korea-Japan Symposium on Catalysis and 3rd International Symposium of Institute for Catalysis, Sapporo, May 2017.
4) 2,017 国際会議 Ryota Fujiki, Yuhki Yano, Tian Song, Takashi Shimamoto and Nobutatsu Nakamura : Training Library Generation for Automatic Sea Cucumber Recognition, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 468-469, Busan, Jul. 2017.
5) 2,017 国際会議 Shota Yusa, Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast CU Depth Decision Algorithm Using Depth-Map for 3D-HEVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 473-474, Busan, Jul. 2017.
6) 2,017 国際会議 Koki Tamura, Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Coding Efficiency Improvement Algorithm for Inter-Layer Reference Prediction in SHVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 479-480, Busan, Jul. 2017.
7) 2,017 国際会議 Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Yuko Tanaka, Yukie Iwasa, Hiroe Tani, Hokuma Munakata and Rozzano De Castro Locsin : Influencing Factors in Smoking Prevention Education among Elementary Shool Students in Tokushima Prefecture, Japan, International Conference Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health, Songkhla,Tailand, Jul. 2017.
8) 2,017 国際会議 Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kongsuwan Warapon, Reiko Okahisa, Rozzano De Castro Locsin and Kikuko Okuda : Japanese Nursing Student' Learning Outcome of Caring in Nursing Expressed Through Story, Poem and Graphic Illustration, International Conference Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health, Songkhla,Tailand, Jul. 2017.
9) 2,017 国際会議 Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi : Survey of Methicillin-Resistant Staphylococci From Hospital Environment in Japan, International Union of Microbiological Societies(IUMS2017), singapore, Jul. 2017.
10) 2,017 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae and Tetsuro Ohmori : The effect of negative thoughts on QOL in patients with schizophrenia., The 45th BABCP Annual Workshops and Conference, Manchester, Jul. 2017.
11) 2,017 国際会議 Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analysis of vinegar samples, Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
12) 2,017 国際会議 Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka and Masaki Takeuchi : Flow titration by feedback-based flow ratiometry with air segmentation, Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
13) 2,017 国際会議 Taniguchi Yoshiaki, Milki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Intrinsic response of protein adsorption to graphene film on SiC substrate, Proceedings of 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials, Sep. 2017.
14) 2,017 国際会議 Atsushi Tabata, Deutsch Douglas, Otsuka Seiya, Verratti Kathleen, Toshifumi Tomoyasu, Hideaki Nagamune and Fischetti A. Vincent : Characterization of a novel plasmid discovered in a clinical isolate of Streptococcus anginosus subsp. anginosus, Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Denarau Island Fiji, Oct. 2017.
15) 2,017 国際会議 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Chiba Shinya, Yamasaki Takahiro, Kusaka Shingo, Takeda Nozomi, Tamaoka Masaaki, Kazuto Ohkura, Whiley A. Robert and Hideaki Nagamune : Positive and negative control mechanisms of pathogenicity expression in Streptococcus intermedius, Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Denarau Island Fiji, Oct. 2017.
16) 2,017 国際会議 Masaki Takeuchi, Naoya Tomiyasu, Makoto Namikawa, Shin-Ichi Ohira, Hideji TANAKA, Kei Toda and Hiroshi Okochi : Online analysis of water-soluble acidic gases and anions in particulate matter at the summit of Mt. Fuji, Japan, 2017 Symposium on Atmospheric Chemistry & Physics at Mountain Sites, Gotenba, Japan, Nov. 2017.
17) 2,017 国際会議 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
18) 2,017 国際会議 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Aerobic Oxidations Using A Flavinium-Resin Catalyst, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
19) 2,017 国際会議 Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Susumu Kokeguchi and Miwa Matsuyama : Survey of Dissemination of Aerosol and Splatter during Dental Treatments, The4th ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on Challenging and Innovation in Oral Sciences, 28, Bali, Dec. 2017.
20) 2,017 国際会議 Takao Matsuo and Miwa Matsuyama : Ultrasonographic evaluation method for swallowing movement, The 4th ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, 34, Bali, Indonesia, Dec. 2017.
21) 2,017 国際会議 Megumi Moriya, Miwa Matsuyama, Ohno Tomohisa and Sumi Yasunori : Development of oral care gel to prevent of aspiration during oral care, The 4th ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, 34, Bali, Indonesia, Dec. 2017.
22) 2,017 国際会議 Mieko Kajiwara, Miwa Matsuyama, Megumi Moriya, Ohno Tomohisa and Sumi Yasunori : Improvement of oral hygiene in elderly patients without oral intake after professional oral hygienic care with a newly developed gel and suctioning, The 4th ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, 35, Bali, Indonesia, Dec. 2017.
23) 2,017 国際会議 Miki Iwase, Miwa Matsuyama, Sone Yumiko, Hasegawa Daiichiro and Kosaka Yoshiyuki : The relationship between parents attainment level after comprehensive educational program of oral health management and oral adverse events of pediatric cancer patients, The 4th ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, 36, Bali, Indonesia, Dec. 2017.
24) 2,017 国際会議 Tomoyasu Ogino, Yasuhiro Sakuwa, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Partial Oxidation of Propylene to Propylene Oxide on Various Acidic Catalysts, 30th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2017), Daejeon, Dec. 2017.
25) 2,017 国際会議 Yuto Tsuchiya, Naozumi Fukushima, Masahiro Katoh, Yukimi Hayashi, Yuka Arai, Masamori Akamatsu and Shigeru Sugiyama : Catalytic Decomposition of Nitrite in a Continuous-Flow Reactor Using Fixed-Bed Structural Supports, 30th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2017), Daejeon, Dec. 2017.
26) 2,017 国際会議 Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Pixel-based Fast CU Depth Decision Algorithm with Edge Strength for HEVC, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 407-412, Las Vegas, Jan. 2018.
27) 2,017 国際会議 Kazuki Kuroda, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Early Mode Selection of High Resolution for HEVC Base on Bits-Mapping, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 428-433, Las Vegas, Jan. 2018.
28) 2,017 国際会議 Yoshiki Ito, Tian Song, Wen Shi, Takafumi Katayama and Takashi Shimamoto : Hardware-oriented Low Complexity Motion Estimation for HEVC, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 438-442, Las Vegas, Jan. 2018.
29) 2,017 国際会議 Wen Shi, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Efficient Intra Prediction Based on Adaptive Downsampling Signal for Parallel HEVC Encoding, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 621-624, Las Vegas, Jan. 2018.
30) 2,017 国際会議 Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analyses drugs in Japanese Pharmacopoeia, Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
31) 2,017 国際会議 Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka, Oka Sawako and Masaki Takeuchi : Flow titrimetry based on air-segmented flow ratiometry controlled with feedback-based/fixed triangular waves, Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
32) 2,017 国際会議 Takafumi Katayama, Kazuki Kuroda, Tian Song, Jenq-Shiou Leu and Takashi Shimamoto : Multi-Input CNN-based Low-Complexity Intra Coding Algorithm for HEVC, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P1-28, 1-3, Tokushima, Mar. 2018.
33) 2,017 国際会議 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Direction and location of the nutrient artery to the fifth metatarsal at risk in osteotomy for bunionette: enhanced computed tomographic study in fresh cadavers., 2018 Orthopaedic Research Society Annual Meeting (March 10-13,2018), New Orleans, Mar. 2018.
34) 2,017 国際会議 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Direction and location of the nutrient artery to the fifth metatarsal at risk in osteotomy for bunionette: enhanced computed tomographic study in fresh cadavers., 2018 Orthopaedic Research Society Annual Meeting (March 10-13,2018), New Orleans, Mar. 2018.
35) 2,017 国際会議 Takafumi Katayama, Kazuki Kuroda, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Low-Complexity Intra Coding Algorithm Based on Convolutional Neural Network for HEVC, Proceedings of 2018 International Conference on Information and Computer Technologies (ICICT2018), 115-118, DeKalb, USA, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1) 2,017 国内講演発表 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 吉田 卓弘, 坪井 光弘, 河北 直也, 澤田 徹, 梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章, 岩田 貴, 赤池 雅史, 金山 博臣, 東野 耕作, 鶴尾 吉宏 : 《考える外科学》未固定遺体とのシミュレーションを用いた新たな実践型内視鏡下低侵襲手術トレーニングプログラムの構築, 第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
2) 2,017 国内講演発表 柿内 直哉, 宮崎 愛子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ハイスループット滴定(43滴定/分)を可能にするフィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリー, 第77回分析化学討論会, 2017年5月.
3) 2,017 国内講演発表 松山 美和 : 歯科衛生士による糖尿病予防指導の展開, 日本歯周病学会会誌, Vol.59, 100, 2017年5月.
4) 2,017 国内講演発表 大竹 尚孝, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 高耐熱性酸化セリウム触媒の雄喜変換特性, 第33回希土類討論会, 2017年5月.
5) 2,017 国内講演発表 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造, 日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
6) 2,017 国内講演発表 亀村 典生, 村上 彩良, 小松 弘明, 澤野井 政宏, 宮本 賢治, 石堂 一巳, 岸本 幸治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 軟骨形成におけるcGMP-dependent protein kinase Ⅱの作用機構の探索., 第58回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2017年5月.
7) 2,017 国内講演発表 岡畑 達也, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis におけるコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の周辺遺伝子配座の多様性とその特徴, 第58回 日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
8) 2,017 国内講演発表 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : カルビノキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
9) 2,017 国内講演発表 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 松山 美和, 河野 文昭, 岡本 好史, 森 秀司 : 後期高齢者の口腔保健状況と医療費・介護給付費との関連, 第2回社会歯科学会総会・学術大会, 2017年6月.
10) 2,017 国内講演発表 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月.
11) 2,017 国内講演発表 吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
12) 2,017 国内講演発表 大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
13) 2,017 国内講演発表 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
14) 2,017 国内講演発表 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江 : 食物アレルギーをもつ子どもの母親が抱く就学に対する不安について, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 31-32, 2017年6月.
15) 2,017 国内講演発表 松岡 麻衣子, 奥田 紀久子 : 中学校の性教育における養護教諭と助産師の連携の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 35-36, 2017年6月.
16) 2,017 国内講演発表 山口 真希, 源幸 ひな, 奥田 紀久子 : 小・中学生保護者の性教育に対する意識の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 37-38, 2017年6月.
17) 2,017 国内講演発表 源幸 ひな, 山口 真希, 奥田 紀久子 : 小・中学生保護者の性教育に対する期待と影響因子, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 39-40, 2017年6月.
18) 2,017 国内講演発表 藤井 美穂, 佐藤 涼香, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 医療系大学生の発達障害に関する知識とイメージ, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 43-44, 2017年6月.
19) 2,017 国内講演発表 水本 絢子, 奥田 紀久子 : 養護教諭の自己効力感と関連要因, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 51-52, 2017年6月.
20) 2,017 国内講演発表 板東 由唯, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵 : 小・中学校のがん教育に対する教員の意識の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 49-50, 2017年6月.
21) 2,017 国内講演発表 川端 正志, 沼田 周助, 井下 真利, 江戸 宏彰, 垂髪 裕樹, 梶 龍兒, 大森 哲郎 : 血液透析による体内リチウム除去後も神経症状が在存した急性リチウム中毒の一例, 第113回日本精神神経学会学術総会, 2017年6月.
22) 2,017 国内講演発表 青山 万理子, 坪井 光弘, 河北 直也, 滝沢 宏光, 丹黒 章, 東野 恒作, 鶴尾 吉宏 : 《一般口演》当科における未固定遺体を用いた手術トレーニングと内視鏡下甲状腺手術導入の取り組み, 第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
23) 2,017 国内講演発表 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 澤田 徹, 河北 直也, 坪井 光弘, 梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章, 岩田 貴, 赤池 雅史, 金山 博臣, 東野 恒作, 鶴尾 吉宏 : 鏡視下手術時代の教育の開発 未固定遺体を用いた胸腔鏡手術トレーニングの経験, 第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
24) 2,017 国内講演発表 宮崎 愛子, 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック制御と固定三角波制御を併用したフローレイショメトリーによるハイスループット滴定, 第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
25) 2,017 国内講演発表 和田 莉緖菜, 富山 えりな, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高濃度試料の分析を目的とした振幅変調フロー分析法の研究, 第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
26) 2,017 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 千葉 真也, 山崎 貴大, 竹田 望, 玉岡 雅章, 大倉 一人, 長宗 秀明 : 糖によるStreptococcus intermediusの病原性制御機構, 第64回トキシンシンポジウム, 2017年7月.
27) 2,017 国内講演発表 Keiji Minagawa : Thermoresponsive polymer-clay nanocomposite hydrogels, Rheology Workshop Yonezawa 2017, Jul. 2017.
28) 2,017 国内講演発表 吉村 弘, 須貝 外喜夫, 加藤 伸郎, 冨永 貴志, 冨永 洋子, 長谷川 敬展, 姚 陳娟, 赤松 徹也 : カフェイン投与により誘発される視覚野オシレーション におけるnon-NMDA受容体とNMDA受容体の相互交錯的関与, 第40回日本神経科学大会, 2017年7月.
29) 2,017 国内講演発表 伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 亜鉛クロロアパタイトのメカノケミカル合成と赤外吸収・粉末X線回折データの多変量解析に基づく結晶性評価, 第26回無機リン化学討論会, 2017年8月.
30) 2,017 国内講演発表 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis が産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月.
31) 2,017 国内講演発表 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素のN末追加ドメインが示す細胞障害作用, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月.
32) 2,017 国内講演発表 岡畑 達也, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis が産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月.
33) 2,017 国内講演発表 奥田 紀久子, 大坂 京子, 中瀬 勝則, 青木 圭子, 中村 真由美, 玉木 佳子, 久木 絵里奈 : 小・中学生の喫煙に対する意識や態度と家庭での会話との関連, 第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
34) 2,017 国内講演発表 千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 : 入院中の統合失調症患者における認知機能と精神症状,基本的な社会生活機能の関連性の検討, 第255回徳島医学会学術集会プログラム抄録集, 31, 2017年8月.
35) 2,017 国内講演発表 大坂 京子, 谷岡 哲也, 安原 由子, ロクシン デ カストロ ロザーノ, 奥田 紀久子 : 認知症高齢者とロボット,介在者としての看護師の3者関係の検討, 第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
36) 2,017 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾によるグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 電子デバイス研究会(ED), 13, 2017年8月.
37) 2,017 国内講演発表 島田 祐依, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ナフィオンチューブを用いる微量陰イオンのオンライン濃縮, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
38) 2,017 国内講演発表 富山 絵里奈, 和田 莉緒菜, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高濃度試料の分析を目的とする三角波制御フロー分析法の開発, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
39) 2,017 国内講演発表 平坂 知子, 岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーの各種酸塩基滴定への応用, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
40) 2,017 国内講演発表 杉岡 賢人, 谷口 嘉昭, 三木 翼, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人 : SiC グラフェンを用いた親水化処理における修飾分子依存性, 第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.8a-C16-16, 15-186-(1pp), 2017年9月.
41) 2,017 国内講演発表 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 森 健治 : 食物アレルギーを持つ就学前の子供の母親の不安とソーシャルサポート, 徳島県小児保健協会第59回講演会, 2017年9月.
42) 2,017 国内講演発表 島津 匠, 加藤 裕樹, 三栖 央頌, 新田 真也, 加藤 雅裕, 二宮 航, 杉山 茂 : 微量のクロムで改質したメソポーラスシリカ触媒によるイソブタンの酸化脱水素反応, 第120回触媒討論会, 2017年9月.
43) 2,017 国内講演発表 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
44) 2,017 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 浅田 元子, 中村 嘉利 : アメフラシ21K セルラーゼのセルロース分解における機能解析, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
45) 2,017 国内講演発表 田積 匡平, 長尾 恭史, 大塚 雅美, 瑞慶覧 優子, 大橋 秀美, 夏目 彩可, 西嶋 久美子, 松山 美和 : 入院中の嚥下造影検査で著明な異常を認めなかったが8カ月間に誤嚥性肺炎で四度入退院を繰り返した一症例, 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集, 222, 2017年9月.
46) 2,017 国内講演発表 中村 吉伸, 松山 美和, 大村 智也, 渡辺 朱理 : 脳血管疾患患者における摂食嚥下機能と開口力の関係, 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集, 331, 2017年9月.
47) 2,017 国内講演発表 守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 道脇 幸博, 岩渕 博史, 大野 友久, 角 保徳 : 口腔ケア時の誤嚥予防の試み―口腔ケア用ジェルの新規開発 除去性の評価―, 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集, 475, 2017年9月.
48) 2,017 国内講演発表 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 松尾 貴央, 大野 友久, 角 保徳 : 口腔ケア用ジェルと吸引嘴管を使用した専門的口腔ケアによる口腔細菌数の変化:第3報 口腔衛生不良者の変化, 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集, 475, 2017年9月.
49) 2,017 国内講演発表 渡辺 朱理, 苔口 進, 横田 憲治, 松山 美和 : 歯科予防処置における飛散汚染状況調査ーATP測定法と細菌培養法からの検討ー, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.12, No.1, 145, 2017年9月.
50) 2,017 国内講演発表 土屋 祐人, 加藤 雅裕, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守, 杉山 茂 : Pdを活性種とした中間層形成構造体触媒を用いた亜硝酸性窒素の湿式還元分解, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
51) 2,017 国内講演発表 新田 真也, 加藤 雅裕, 加藤 裕樹, 二宮 航, 杉山 茂 : 微量のCr修飾メソポーラスシリカによるイソブタンの酸化脱水素反応の高活性化, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
52) 2,017 国内講演発表 杉浦 光, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 市販の球状シリカ微粒子を中間層として導入した多孔質SUS管へのPd薄膜形成, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
53) 2,017 国内講演発表 荒川 幸弘, 山野本 健, 喜多 葉月, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
54) 2,017 国内講演発表 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : オルフェナドリンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
55) 2,017 国内講演発表 松浦 可苗, 濱谷 沙世, 武田 知也, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : ASD精査目的で行われたWAIS-ⅢとPARS-TRとの関連, 第81回日本心理学会, 2017年9月.
56) 2,017 国内講演発表 紫和 滉章, 島本 隆, 宋 天 : 3次元グローバル配置におけるTSV カップリング削減に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-22, 22, 2017年9月.
57) 2,017 国内講演発表 鍬田 理沙, 島本 隆, 宋 天 : 複数ネットにおける長さ整合のための配線アルゴリズムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-23, 23, 2017年9月.
58) 2,017 国内講演発表 田中 宏樹, 宋 天, 島本 隆 : 顕著性検出を用いた動画像符号化アルゴリズムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-16, 150, 2017年9月.
59) 2,017 国内講演発表 坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月.
60) 2,017 国内講演発表 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月.
61) 2,017 国内講演発表 前田 さおり, 吉村 弘, 宮地 ゆうじ, 長谷川 敬展, 姚 陳娟, 赤松 徹也 : 味と匂いのミスマッチが味覚認知に与える影響:脳波周波数分析を用いた研究, 日本味と匂学会第51回大会, 2017年9月.
62) 2,017 国内講演発表 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能を媒介した脳灰白質体積とQOLの関連., 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月.
63) 2,017 国内講演発表 Shusuke Numata, Hidehiro Umehara and Tetsuro Ohmori : DNA methylation of the serotonin transporter gene in obsessive-compulsive disorder., 第39回日本生物学的精神医学会, Sep. 2017.
64) 2,017 国内講演発表 森信 繁, 吉本 啓一郎, 須賀 楓介, 上村 直人, 下寺 信次, 沼田 周助, 大森 哲郎 : GSK3beta遺伝子及びBDNF遺伝子のCNVによる双極性障害のリチウム反応性の研究, 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月.
65) 2,017 国内講演発表 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Altered Serotonin transporter mRNA expression in the peripheral leukocytes of obsessive-compulsive disorder, 第47回日本神経精神薬理学会・第39回日本生物学的精神医学会 合同年会, Sep. 2017.
66) 2,017 国内講演発表 松浦 可苗, 川端 正志, 境 泉洋, 大森 哲郎 : 休職中の反復性うつ病の男性に対する認知行動療法, 第43回日本認知・行動療法学会, 2017年9月.
67) 2,017 国内講演発表 加根 千賀子, 友竹 正人, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 神経性やせ症患者のQOLに影響を及ぼす臨床要因, 第58回日本児童青年精神医学会, 2017年10月.
68) 2,017 国内講演発表 加根 千賀子, 友竹 正人, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 神経性やせ症患者のレジリエンスに影響を及ぼす臨床要因, 第58回日本児童青年精神医学会, 2017年10月.
69) 2,017 国内講演発表 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの開発と局方医薬品のハイスループット滴定への応用, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
70) 2,017 国内講演発表 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月.
71) 2,017 国内講演発表 上岡 義典, 島 治伸, 上岡 千世, 椎野 広久 : 保護者に対する発達・知能検査結果のフィードバックについての検討∼児童デイサービス・放課後児童デイサービス利用保護者への予備調査から∼, 日本LD学会第26回大会, 2017年10月.
72) 2,017 国内講演発表 上岡 義典, 織田 孝裕, 椎野 広久 : 発達障がいの二次障がいへの対応-アイデンティティ確立とキャリア支援,その2-(自主シンポジウム), 日本LD学会第26回大会, 2017年10月.
73) 2,017 国内講演発表 友安 俊文, 日下 信吾, 千葉 真也, 山崎 貴大, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト血漿によるStreptococcus intermediusの病原性発現抑制機構の解析, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
74) 2,017 国内講演発表 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性を規定する構造領域の探索, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
75) 2,017 国内講演発表 山村 桃子, 高田 元太, 冨永 和也, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ヒトカテプシンAスプライス異常修復を目指したトランススプライシング法の確立, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
76) 2,017 国内講演発表 齋藤 朱里, 四宮 槙子, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ヒトカテプシンAエクソン7スキッピングにおける3 'スプライスサイトの関与, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
77) 2,017 国内講演発表 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1a mRNAの3 '-UTRに存在する逆向きAlu配列とRNA編集, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
78) 2,017 国内講演発表 畑 美緒, 赤松 徹也, 姚 陳娟, 前田 さおり, 宮地 裕司, 金山 宏幸, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生モデルにおける雌雄差の影響, 第69回日本生理学会中国・四国地方会, 2017年10月.
79) 2,017 国内講演発表 水上 美樹, 田村 文誉, 磯田 友子, 西澤 加代子, 松山 美和, 菊谷 武 : ダウン症候群児に特化した摂食機能プロトコールの開発にむけての取り組み―新たな分類の有用性についての検討―, 第34回日本障害者歯科学会総会および学術大会抄録集, 2017年10月.
80) 2,017 国内講演発表 前田 さおり, 宮地 裕司, 金山 宏幸, 長谷川 敬展, 姚 陳娟, 赤松 徹也, 吉村 弘 : 甘味とニオイのミスマッチが甘味認知に与える影響, 第69回日本生理学会中国・四国地方会, 2017年10月.
81) 2,017 国内講演発表 木戸 玲子, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 : ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける免疫細胞およびこれら細胞における性ステロイド代謝酵素の免疫組織化学的解析, 日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会, 2017年10月.
82) 2,017 国内講演発表 奥田 紀久子, 棟方 百熊, 小倉 和也 : 小学生が将来たばこをすわない意志を強化するための喫煙防止教育のあり方, 日本公衆衛生学会雑誌, Vol.64, No.10, 444, 2017年11月.
83) 2,017 国内講演発表 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病における血漿グルタミン,グルタミン酸,グルタミン/グルタミン酸比, 第27回日本臨床精神神経薬理学会, 2017年11月.
84) 2,017 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾グラフェンのタンパク質吸着特性, 第9回「集積化MEMSシンボジウム」, 02am2-B-2-(3pp), 2017年11月.
85) 2,017 国内講演発表 板東 由唯, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 小・中学校教員におけるがん教育への意識と関連要因の実態, 学校保健研究, Vol.59, No.Suppl., 172, 2017年11月.
86) 2,017 国内講演発表 松岡 麻衣子, 奥田 紀久子 : 性教育における助産師の連携の在り様と養護教諭の取り組み姿勢との関連, 学校保健研究, Vol.59, No.Suppl., 131, 2017年11月.
87) 2,017 国内講演発表 岩瀬 美紀, 松山 美和, 曽根 由美子, 長谷川 大一郎, 小阪 嘉之 : 小児がん患者の保護者に対する周術期口腔衛生管理指導の実施度と口腔有害事象発症の関連性について, 第59回小児血液・がん学会学術集会抄録集, 2017年11月.
88) 2,017 国内講演発表 荻野 友保, 佐桑 康太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 固体酸触媒を用いたプロピレンの気相部分酸化反応によるプロピレンオキサイドの合成, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
89) 2,017 国内講演発表 岡本 卓真, 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを利用したキラルニトロンへの求核付加反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
90) 2,017 国内講演発表 桒原 和磨, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
91) 2,017 国内講演発表 藤井 博基, 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射によるチオールラジカルカチオンの生成とその酸触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
92) 2,017 国内講演発表 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するN5位無置換中性フラビン分子触媒によるBaeyer-Villiger酸化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
93) 2,017 国内講演発表 Mai Thi Tuyet Nguyen, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
94) 2,017 国内講演発表 田中 祐子, 松山 美和, 田村 文誉, 磯田 友子, 菊谷 武 : 口腔リハビリテーションクリニックにおける偏食・拒食を有する発達期障害児の現状, 第31回日本口腔リハビリテーション学会抄録集, 2017年11月.
95) 2,017 国内講演発表 長井 宏太, 中尾 友紀, 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ブテン類の酸化脱水素反応におけるビスマスモリブデン系触媒の格子酸素の挙動, 石油学会鳥取大会(第47回石油・石油化学討論会), 2017年11月.
96) 2,017 国内講演発表 堀内 公太, 佐藤 文香, 青栁 皓太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : アルカリ処理を施したSAPO-34ゼオライトの水蒸気吸脱着挙動, 第31回日本吸着学会研究発表会, 2017年11月.
97) 2,017 国内講演発表 余宮 佑輔, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリ(N-アシルデヒドロアラニン)の合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
98) 2,017 国内講演発表 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチド触媒による酵素類似のBaeyer-Villiger酸化反応, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
99) 2,017 国内講演発表 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応によるキラルグアニジンポリマーの合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
100) 2,017 国内講演発表 梅原 英裕, 大森 哲郎 : 行動特性に隠れててんかん発作が見逃されていた広汎性発達障害の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
101) 2,017 国内講演発表 多田 幸雄, 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 門田 芳, 谷口 早紀, 中瀧 理仁, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : がん患者を対象とした心理士による心理相談と,精神科によるリエゾン診療, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
102) 2,017 国内講演発表 川端 正志, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 治療抵抗性と考えられたが十分量のリスペリドンにて症状改善した統合失調症の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
103) 2,017 国内講演発表 松葉 尚隆, 井下 真利, 大森 哲郎 : 術後せん妄を併発し診断に時間を要したレビー小体型認知症の1 例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
104) 2,017 国内講演発表 青井 駿, 梅原 英裕, 黒田 一駿, 山本 伸昭, 大森 哲郎 : 幻覚妄想状態の治療後に前頭葉機能低下が残存したパーキンソン病の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
105) 2,017 国内講演発表 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸素酸化反応, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
106) 2,017 国内講演発表 山野本 健, 喜多 葉月, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似酸化能を実現する含フラビンペプチドの理論設計, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
107) 2,017 国内講演発表 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの局方医薬品定量への応用, 第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年12月.
108) 2,017 国内講演発表 竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 田中 秀治 : パーミエーションチューブ法による硝酸標準ガスの発生, 第34回イオンクロマトグラフィー討論会, 2017年12月.
109) 2,017 国内講演発表 唐 卿, 鬼塚 正義, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌治療用新規DDSツール作製に用いるリガンド分子の調製とその機能評価, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
110) 2,017 国内講演発表 岡田 千穂, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : DDS用エフェクター分子としての 細菌毒素組換え体の効率的な調製システムの構築, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
111) 2,017 国内講演発表 八田 和己, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子表面加工システムの構築に用いる細菌由来ペプチド転移酵素Sortase A組換え体の作製とその特性, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
112) 2,017 国内講演発表 日下 信吾, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : シアリダーゼ阻害剤がStreptococcus intermediusのシアリダーゼ活性や溶血活性に及ぼす効果, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
113) 2,017 国内講演発表 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1a mRNA 3'-UTR中の逆向きAlu配列はA-to-I RNA編集を受ける, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
114) 2,017 国内講演発表 川本 晃平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞運動・接着におけるPCTK3によるFAKの制御, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, 2017年12月.
115) 2,017 国内講演発表 冨永 明子, 友安 俊文, 日下 竜馬, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : グループ3に属するコレステロール依存性細胞溶解毒素のCD59認識性の比較, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
116) 2,017 国内講演発表 外輪 健一郎, 藤永 悦子, 押村 美幸, 上田 昭子, 杉山 茂, 河村 保彦 : 企業見学会を通じたロールモデルの提示とその効果, 平成29年度大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
117) 2,017 国内講演発表 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子 : ピア・エデュケーションを取り入れた中学生への喫煙防止教育の効果, 大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, Vol.H29, No.0, 42-43, 2018年1月.
118) 2,017 国内講演発表 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 学部生と大学院生のティーチングアシスタントチームによる高大院連携化学実験出張講義, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
119) 2,017 国内講演発表 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子, 中瀬 勝則, 中窪 萌子, 加藤 千代子 : 喫煙防止教育による中学生の健康観の変化の分析, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.63, No.1, 34, 2018年1月.
120) 2,017 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾技術を用いたグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 平成 29 年度第 4 回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, P10-(4pp), 2018年1月.
121) 2,017 国内講演発表 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連キナーゼDRAK1とp53の細胞内局在とその役割, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
122) 2,017 国内講演発表 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコンの発芽過程における各種システインプロテアーゼの発現解析, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
123) 2,017 国内講演発表 Tagami Takuma, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for alfa-Oxyamination of Aldehydes under Blue LED Irradiation, Proceedigs of the LED General Forum 2018 Tokushima, 105-106, Feb. 2018.
124) 2,017 国内講演発表 伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 粉末X線回折法と全反射減衰赤外分光法を用いたメカノケミカル合成クロロアパタイトの結晶性評価, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
125) 2,017 国内講演発表 大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 佐々木 哲郎, 田中 秀治 : 低温状態におけるカフェイン-シュウ酸共結晶のt高分解能型テラヘルツ測定と密度汎関数理論を用いた振動モード解析の研究, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
126) 2,017 国内講演発表 岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合 ∼サプレッサー部の構築∼, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
127) 2,017 国内講演発表 並川 誠, 前田 夏穂, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 膜透過を利用する大気中アンモニアガスの測定, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
128) 2,017 国内講演発表 野村 未晴, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 標準添加法を取り入れたフローインジェクション分析法によるリン酸イオンの定量, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
129) 2,017 国内講演発表 佐桑 康太, 荻野 友保, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : プロピレンの気相エポキシ化反応における金属修飾SBA- 15触媒の検討, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
130) 2,017 国内講演発表 島津 匠, 加藤 裕樹, 二宮 航, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : バナジウムで改質したSBA-15触媒によるイソブタンの酸化脱水素反応, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
131) 2,017 国内講演発表 脇坂 賢二, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 酸処理を用いたコンポスト化鶏糞からのリンの回収, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
132) 2,017 国内講演発表 中尾 友紀, 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン複合酸化物触媒に対する気相酸素の影響, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
133) 2,017 国内講演発表 三宅 隆太, 加藤 雅裕, 西井 彰宏, 岩崎 保紀, 長尾 敏光, 杉山 茂 : 市販のPdめっき試薬を用いた多孔質SUS管へのPdの製膜, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
134) 2,017 国内講演発表 峯 大樹, 山田 直人, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, 杉山 茂 : 流れの可視化による微細加工を施したSUS製伝熱面がもたらす水の局所沸騰熱伝達機構の解明, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
135) 2,017 国内講演発表 森川 瑠美, 小出(吉田) 静代, 山下 純平, 高木 大地, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescensヘム捕捉タンパク質HasA分泌の分子機構の解明, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
136) 2,017 国内講演発表 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : イミノビオチン修飾グラフェンによるアビジン吸着特性の pH 制御, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-10, 15-057-(1pp), 2018年3月.
137) 2,017 国内講演発表 矢野 雄基, 藤木 良太, 宋 天, 島本 隆 : 機械学習を用いた海鼠の認識システムの開発に関する研究, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-8-1, 76, 2018年3月.
138) 2,017 国内講演発表 八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 上田 昭子, 河村 保彦 : Synthesis and Evaluation of Photophysical Properties of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
139) 2,017 国内講演発表 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 主鎖にグアニジノ基を配列したキラルポリマーの合成とその触媒作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
140) 2,017 国内講演発表 NGUYEN THI TUYET MAI, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
141) 2,017 国内講演発表 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-無置換中性フラビン分子を触媒とする酸素酸化Baeyer-Villiger反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
142) 2,017 国内講演発表 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavinium-Resins as Readily Available Oxidation Organocatalysts, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
143) 2,017 国内講演発表 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
144) 2,017 国内講演発表 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
145) 2,017 国内講演発表 谷脇 竜弥, 杉田 知世, 村上 圭史, 天羽 崇, 田端 厚之, 山村 佳子, 玉谷 哲也, 長宗 秀明, 宮本 洋二, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内創部より検出された多剤耐性レンサ球菌について, 四国歯学会第52回例会, 2018年3月.
146) 2,017 国内講演発表 Mieko Kajiwara, Miwa Matsuyama, Megumi Moriya, Ohno Tomohisa and Sumi Yasunori : Improvement of oral hygiene in elderly patients without oral intake after professional oral hygienic care with a newly developed gel and suctioning, 四国歯学会第52回例会, Mar. 2018.
147) 2,017 国内講演発表 Miki Iwase, Miwa Matsuyama, Sone Yumiko, Hasegawa Daiichiro and Kosaka Yoshiyuki : The relationship between parents attainment level after comprehensive educational program of oral health management and oral adverse events of pediatric cancer patients, 四国歯学会第52回例会, Mar. 2018.
148) 2,017 国内講演発表 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の否定的・肯定的自動思考と臨床要因との関連, 第13回統合失調症学会, 2018年3月.
149) 2,017 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 久保 弘子, 田丸 麻衣, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における脳構造的および機能的結合性変化 VBMと安静時fMRIによるコンビネーション研究., 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
150) 2,017 国内講演発表 富永 武男, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の生活技能と関連する要因の検討~認知機能を中心に~, 第13回統合失調症学会, 2018年3月.
151) 2,017 国内講演発表 富岡 有紀子, 沼田 周助, 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 岩山 佳美, 豊田 倫子, 池田 匡志, 山森 英長, 下寺 信次, 田嶋 敦, 橋本 亮太, 岩田 仲生, 吉川 武男, 大森 哲郎 : 血清ピリドキサール(ビタミンB6)と統合失調症の関連研究, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
152) 2,017 国内講演発表 大森 哲郎 : 統合失調症の概念と治療の変遷, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
153) 2,017 国内講演発表 西 晃, 沼田 周助, 田嶋 敦, Xiaolei Zhu, 伊藤 候輝, 斎藤 淳, 加藤 有介, 木下 誠, 下寺 信次, 小野 慎治, 越智 紳一郎, 今村 明, 黒滝 直弘, 上野 修一, 岩田 仲生, 福井 清, 井本 逸勢, 神谷 篤, 大森 哲郎 : 統合失調症におけるde novo変異(突然変異)研究, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
154) 2,017 国内講演発表 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来の新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
155) 2,017 国内講演発表 友安 俊文, 冨永 明子, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : DTT処理赤血球を用いたコレステロール依存性細胞溶解毒素の CD59認識性の比較, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
156) 2,017 国内講演発表 田端 厚之, 大塚 誠也, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosus subsp. anginosusにおけるプラスミドの保有状況とそれらの特性, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
157) 2,017 国内講演発表 岩浅 弥生, 福富 あすか, 田端 厚之, 村上 漱, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Multiplex-PCR による高病原性 S. mitis 検出系の実用化に向けた検討, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
158) 2,017 国内講演発表 高尾 亞由子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明, 前田 伸子 : グリコシダーゼ活性が Streptococcus intermedius の実験的バイオフィルム量に及ぼす影響, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
159) 2,017 国内講演発表 山田 拓矢, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Transcriptional response of host cells induced by SLS-producing S. anginosus subsp. anginosus, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
160) 2,017 国内講演発表 荒木 理紗子, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 小椋 義俊, 友安 俊文, 林 哲也, 前田 伸子, 長宗 秀明 : タンデム型末追加ドメインを持つコレステロール依存性細胞溶解毒素の特性解析, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
161) 2,017 国内講演発表 前田 さおり, 吉村 弘, 宮地 ゆうじ, 金山 宏幸, 長谷川 敬展, 姚 陳娟, 赤松 徹也 : 匂いと味の不一致が引き起こすシータ波領域脳活動, 第95回日本生理学大会, 2018年3月.
162) 2,017 国内講演発表 木戸 玲子, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 : ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの消化管粘膜における炎症性変化の免疫組織化学的解析, 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

1) 2,017 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言マイケル・ラター教授へのインタビュー, めんたるへるす, Vol.67, 1-4, 2018年.
2) 2,017 作品等 大森 哲郎 : 書評 「なぜ子どもは自殺するのか 傳田健三著」, 精神医学, Vol.60, 1055, 2018年.

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1) 2,017 その他・研究会 中尾 友紀, 長井 宏太, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン複合酸化物触媒による2-ブテンの酸化脱水素反応, 石油学会第22回JPIJS若手研究者のためのポスターセッション, 2017年5月.
2) 2,017 その他・研究会 上岡 義典 : 設立当時を振り返る∼徳島K-ABCアセスメント研究会∼, 日本K-ABCアセスメント学会会報, No.59, 6, 2017年5月.
3) 2,017 その他・研究会 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメタボローム解析, 第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月.
4) 2,017 その他・研究会 杉山 茂, 土屋 祐人, RAYAN HAMID ELBAKHIT GASMALLA, 加藤 雅裕 : 常固定床流通式反応装置による亜硝酸性窒素の湿式還元分解と問題点, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
5) 2,017 その他・研究会 荻野 友保, 佐桑 康太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 多孔質触媒であるH-ZSM-5によるプロピレンのエポキシ化反応, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
6) 2,017 その他・研究会 長井 宏太, 中尾 友紀, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ブテン類の酸化脱水素反応におけるBi-Mo系酸化物触媒のモリブデン含有量の影響, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
7) 2,017 その他・研究会 脇坂 賢二, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : コンポスト化鶏糞の酸処理によるリンの回収, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
8) 2,017 その他・研究会 峯 大樹, 山田 直人, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, 杉山 茂 : 微細加工を施したSUS製プレートがもたらす水の伝熱促進挙動, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
9) 2,017 その他・研究会 上嶋 朋恵, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : パラジウム膜の水素拡散性向上をもたらすシリカライト中間層のアルカリ処理条件の検討, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
10) 2,017 その他・研究会 佐桑 康太, 林 泰範, 荻野 友保, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : SBA-15を基軸とする多孔質触媒によるプロピレンの接触部分酸化反応, 第11回触媒道場, 2017年9月.
11) 2,017 その他・研究会 杉山 茂 : 金属触媒の基礎から応用, --- 反応装置を中心に ---, 第11回触媒道場, 2017年9月.
12) 2,017 その他・研究会 杉山 茂 : フロンティア研究センターにおける対枯渇資源対応技術の開発, 第23回化学工学イノベーション研究会, 2017年10月.
13) 2,017 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : Jumping to conclusionバイアスと認知機能との関連, 第17回精神疾患と認知機能研究会, 2017年11月.
14) 2,017 その他・研究会 杉山 茂 : リンの化学, 第3回持続的リン利用シンポジウム, 2017年11月.
15) 2,017 その他・研究会 脇坂 賢二, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : コンポスト化鶏糞からのリン酸カルシウムの回収, 化学工学会中国四国支部大会山口大会2017, 2017年12月.
16) 2,017 その他・研究会 佐桑 康太, 荻野 友保, 林 泰範, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 多孔質触媒によるプロピレンのエポキシ化反応, 化学工学会中国四国支部大会山口大会2017, 2017年12月.
17) 2,017 その他・研究会 中尾 友紀, 長井 宏太, 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマスモリブデン触媒によるプロピレンの部分酸化反応, 化学工学会中国四国支部大会山口大会2017, 2017年12月.
18) 2,017 その他・研究会 新田 真也, 加藤 裕樹, 島津 匠, 折部 健太, 加藤 雅裕, 二宮 航, 杉山 茂 : イソブタンの酸化脱水素反応におけるMo系触媒の活性検討, 化学工学会中国四国支部大会山口大会2017, 2017年12月.
19) 2,017 その他・研究会 山田 直人, 峯 大樹, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, 杉山 茂 : 微細加工を施したSUS製プレート表面における沸騰熱伝達機構の解明をめざした流路内可視化の試み, 化学工学会中国四国支部大会山口大会2017, 2017年12月.
20) 2,017 その他・研究会 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン系複合酸化物触媒を用いたプロピレンの部分酸化反応, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年3月.
21) 2,017 その他・研究会 林 泰範, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ZSM-5系ゼオライト触媒を用いたプロピレンのエポキシ化反応, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年3月.
22) 2,017 その他・研究会 坪井 立也, 荒井 裕佳, 赤松 正守, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : Pd/Cによる亜硝酸性窒素の湿式還元分解におけるアンモニアの生成挙動, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年3月.
23) 2,017 その他・研究会 折部 健太, 加藤 裕樹, 二宮 航, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン修飾メソ多孔体によるイソブタンの酸化脱水素反応, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年3月.
24) 2,017 その他・研究会 青栁 皓太, 堀内 公太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : メソ孔をもつシリコアルミノリン酸塩系ゼオライトの調製とその水蒸気吸脱着挙動, 第20回化学工学会学生発表会(東広島大会), 2018年3月.
25) 2,017 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能と否定的・肯定的認知の関連., 第4回CEPD会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

1) 2,017 報告書 Yuki Kato and Shigeru Sugiyama : Local Structure around Zr Species in SiO2 Doped with Zr, Photon Factory Activity Report 2016, Vol.34, Tsukuba, Sep. 2017.
2) 2,017 報告書 南川 慶二 : よみがえった「徳島エンゲル楽団」(3), --- 徳島市での「歓喜の歌」日本初演100周年 ---, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, No.14, 45-54, 2017年9月.

2018年度(平成30年度)

article.{@.date="20180400 20190399" @.organization=\E{278523}}

2018年度(平成30年度) / 著書

1) 2,018 著書 奥田 紀久子 : 第14章 保健指導(個別), ふくろう出版, 岡山, 2018年4月.
2) 2,018 著書 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク介護福祉士国家試験問題解説2019, メディックメディア, 東京, 2018年4月.
3) 2,018 著書 東野 恒作, 前田 徹, 合田 有一郎, 眞鍋 裕昭, 鶴尾 吉宏, 西良 浩一 : 腰椎pedicle screwの誤挿入とその対策, 三輪書店, 2018年4月.
4) 2,018 著書 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2019試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2019年1月.
5) 2,018 著書 武藤 裕則 : 水理公式集[2018年版]第2編第7章7.3∼7.5, 丸善, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,018 学術論文 (審査論文) Ho Namkoong, Makoto Ishii, Hideki Fujii, Kazuma Yagi, Takahiro Asami, Takanori Asakura, Shoji Suzuki, Ahmed E. Hegab, Hirofumi Kamata, Sadatomo Tasaka, Koji Atarashi, Nobuhiro Nakamoto, Satoshi Iwata, Kenya Honda, Takanori Kanai, Naoki Hasegawa, Shigeo Koyasu and Tomoko Betsuyaku : Clarithromycin expands CD11b+Gr-1+ cells via the STAT3/Bv8 axis to ameliorate lethal endotoxic shock and post-influenza bacterial pneumonia, PLoS Pathogens, Vol.14, No.4, e1006955, 2018.
2) 2,018 学術論文 (審査論文) Masatoshi Inoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Atsushi Tajima, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Elevated peripheral blood glutamate levels in major depressive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 945-953, 2018.
3) 2,018 学術論文 (審査論文) S Okazaki, A Hishimoto, I Otsuka, Y Watanabe, Shusuke Numata, S Boku, N Shimmyo, Makoto Kinoshita, E Inoue, Tetsuro Ohmori, T Someya and I Sora : Increased serum levels and promoter polymorphisms of macrophage migration inhibitory factor in schizophrenia., Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.83, 33-41, 2018.
4) 2,018 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Takuya Izumikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Phase Behavior of Cholesterol-Containing Binary Membrane of an Ether-Linked Phospholipid, Dihexadecylphosphatidylcholine, Colloid and Polymer Science, Vol.296, No.4, 697-711, 2018.
5) 2,018 学術論文 (審査論文) Yukiko Tomioka, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Y Iwayama, T Toyota, M Ikeda, H Yamamori, S Shimodera, A Tajima, R Hashimoto, N Iwata, T Yoshikawa and Tetsuro Ohmori : Decreased serum pyridoxal levels in schizophrenia: meta-analysis and Mendelian randomization analysis., Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.43, No.3, 194-200, 2018.
6) 2,018 学術論文 (審査論文) Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Advanced Flavin Catalysts Elaborated with Polymers, Polymer Journal, Vol.50, 941-949, 2018.
7) 2,018 学術論文 (審査論文) Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Boundary Correlation-based Intracoding for SHVC Algorithm and its Efficient VLSI Architecture, Journal of Real-Time Image Processing, 1-16, 2018.
8) 2,018 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Sayo Hamatani, Kanae Matsuura and Tetsuro Ohmori : Effect of cognitive function on jumping to conclusion in patients with schizophrenia., Schizophrenia Research. Cognition, Vol.12, 50-55, 2018.
9) 2,018 学術論文 (審査論文) Kuo-Wei Liao, Yasunori Muto and Jessica Gitomarsono : Reliability Analysis of River Bridge against Scours and Earthquakes, Journal of Performance of Constructed Facilities, Vol.32, No.3, 4018017, 2018.
10) 2,018 学術論文 (審査論文) J. I. Moncho-Esteve, M. Garcia-Villalba, Yasunori Muto, K. Shiono and G. Palau-Salvador : A Numerical Study of the Complex Flow Structure in a Compound Meandering Channel, Advances in Water Resources, Vol.116, 95-116, 2018.
11) 2,018 学術論文 (審査論文) Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, K Matsuura, M Otomo, N Takeichi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Structural equation modeling approach between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia: an ICA resting-state fMRI study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 1585-1597, 2018.
12) 2,018 学術論文 (審査論文) Qing Tang, Masayoshi Onitsuka, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Construction of Anti-HER2 Recombinants as Targeting Modules for a Drug-delivery System Against HER2-positive Cells, Anticancer Research, Vol.38, No.7, 4319-4325, 2018.
13) 2,018 学術論文 (審査論文) Noriko Kudo, Hidenaga Yamamori, Tamaki Ishima, Kiyotaka Nemoto, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Hirotsugu Azechi, Tomihisa Niitsu, Shusuke Numata, Manabu Ikeda, Masaomi Iyo, Tetsuro Ohmori, Masaki Fukunaga, Yoshiyuki Watanabe, Kenji Hashimoto and Ryota Hashimoto : Plasma Levels of Soluble Tumor Necrosis Factor Receptor 2 (sTNFR2) are Associated with Hippocampal Volume and Cognitive Performance in Patients with Schizophrenia., The International Journal of Neuropsychopharmacology, Vol.21, No.7, 631-639, 2018.
14) 2,018 学術論文 (審査論文) Fumitoshi Yagishita, Chiho Nii, Yoshihiko Tezuka, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Naohiro Uemura, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Masami Sakamoto and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent N-Heteroarenes Having Large Stokes Shift and Water Solubility Suitable for Bioimaging, Asian Journal of Organic Chemistry, Vol.7, No.8, 1614-1619, 2018.
15) 2,018 学術論文 (審査論文) Y Zhang, A Hishimoto, I Otsuka, Y Watanabe, Shusuke Numata, H Yamamori, S Boku, T Horai, T Someya, Tetsuro Ohmori, R Hashimoto and I Sora : Longer telomeres in elderly schizophrenia are associated with long-term hospitalization in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.103, 161-166, 2018.
16) 2,018 学術論文 (審査論文) 山口 裕之 : 若手・中堅から見た大学改革, 現代の高等教育, No.603, 9-14, 2018年.
17) 2,018 学術論文 (審査論文) Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Entry points of nutrient arteries at risk during osteotomy of the lesser metatarsals: a fresh cadaveric study., Journal of Foot and Ankle Research, Vol.11, 46, 2018.
18) 2,018 学術論文 (審査論文) Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between social and cognitive functions in people with schizophrenia, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 2215-2224, 2018.
19) 2,018 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Keigo Tsuruno, Ryosuke Tanatsugu, Aya Miyazaki, Hiroyuki Kondo, Atsushi Tabata, Whiley A. Robert, Kenji Sonomoto and Hideaki Nagamune : Recognizability of heterologous co-chaperones with Streptococcus intermedius DnaK and Escherichia coli DnaK, Microbiology and Immunology, Vol.62, No.11, 681-693, 2018.
20) 2,018 学術論文 (審査論文) Toru Maeda, Kousaku Higashino, Hiroaki Manabe, Kazuta Yamashita, Fumio Hayashi, Yuichiro Goda, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Pullout Strength of Pedicle Screws Following Redirection After Lateral or Medial Wall Breach., Spine, Vol.43, No.17, E983-E989, 2018.
21) 2,018 学術論文 (審査論文) Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Regiodivergent Behavior of a Flavopeptide Catalyst in Aerobic Baeyer-Villiger Oxidation, Chimia, Vol.72, No.12, 866-869, 2018.
22) 2,018 学術論文 (審査論文) I Kushima, B Aleksic, M Nakatochi, T Shimamura, T Okada, Y Uno, M Morikawa, K Ishizuka, T Shiino, H Kimura, Y Arioka, A Yoshimi, Y Takasaki, Y Yu, Y Nakamura, M Yamamoto, T Iidaka, S Iritani, T Inada, N Ogawa, E Shishido, Y Torii, N Kawano, Y Omura, T Yoshikawa, T Uchiyama, T Yamamoto, M Ikeda, R Hashimoto, H Yamamori, Y Yasuda, T Someya, Y Watanabe, J Egawa, A Nunokawa, M Itokawa, M Arai, M Miyashita, A Kobori, M Suzuki, T Takahashi, M Usami, M Kodaira, K Watanabe, T Sasaki, H Kuwabara, M Tochigi, F Nishimura, H Yamasue, Y Eriguchi, S Benner, M Kojima, W Yassin, T Munesue, S Yokoyama, R Kimura, Y Funabiki, H Kosaka, M Ishitobi, Tetsuro Ohmori, Shusuke Numata, T Yoshikawa, T Toyota, K Yamakawa, T Suzuki, Y Inoue, K Nakaoka, YI Goto, M Inagaki, N Hashimoto, I Kusumi, S Son, T Murai, T Ikegame, N Okada, K Kasai, S Kunimoto, D Mori, N Iwata and N Ozaki : Comparative Analyses of Copy-Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights., Cell Reports, Vol.24, No.11, 2838-2856, 2018.
23) 2,018 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Hidehiro Umehara, Tetsuro Ohmori and R. Hashimoto : Clozapine Pharmacogenetic Studies in Schizophrenia: Efficacy and Agranulocytosis., Frontiers in Pharmacology, Vol.9, 1049, 2018.
24) 2,018 学術論文 (審査論文) Keizo Wada, Daisuke Hamada, Tomoya Takasago, Akihiro Nitta, Tomohiro Goto, Ichiro Tonogai, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Native rotational knee kinematics is restored after lateral UKA but not after medial UKA., Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy, Vol.26, No.11, 3438-3443, 2018.
25) 2,018 学術論文 (審査論文) Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Fast CU Determination Algorithm Based on Convolutional Neural Network for HEVC, International Journal of Machine Learning and Computing, Vol.8, No.5, 442-446, 2018.
26) 2,018 学術論文 (審査論文) Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Distances from the deep plantar arch to the lesser metatarsals at risk during osteotomy: a fresh cadaveric study., Journal of Foot and Ankle Research, Vol.11, 57, 2018.
27) 2,018 学術論文 (審査論文) N Yamaki, I Otsuka, Shusuke Numata, M Yanagi, K Mouri, S Okazaki, S Boku, T Horai, Tetsuro Ohmori, O Shirakawa, I Sora and A Hishimoto : Mitochondrial DNA copy number of peripheral blood in bipolar disorder: The present study and a meta-analysis., Psychiatry Research, Vol.269, 115-117, 2018.
28) 2,018 学術論文 (審査論文) Naoshi Yamazaki, Keisuke Kanazawa, Maria Kimura, Hironobu Ike, Makiko Shinomiya, Shouko Tanaka, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for rescue from exon 7 skipping caused by 5-splice site mutation of human cathepsin A gene, Gene, Vol.677, 41-48, 2018.
29) 2,018 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Ryoma Morigaki, Satsuki Sumitani, Satoshi Goto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Turning on the Left Side Electrode Changed Depressive State to Manic State in a Parkinson's Disease Patient Who Received Bilateral Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation: A Case Report., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.16, No.4, 494-496, 2018.
30) 2,018 学術論文 (審査論文) Masaki Takeuchi, Miharu Nomura, Maria Shichijo and Hideji TANAKA : Flow injection analysis of nitrite nitrogen in seawater introducing standard addition method, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.35, No.2, 59-61, 2018.
31) 2,018 学術論文 (審査論文) Mariko Aoyama, Hiromitsu Takizawa, Mitsuhiro Tsuboi, Shinichi Yamasaki, Yoshihiro Tsuruo and Akira Tangoku : Surgical training in video-assisted neck surgery-based thyroidectomy using fresh frozen human cadavers., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 293-296, 2019.
32) 2,018 学術論文 (審査論文) Keizo Wada, Daisuke Hamada, Tomoya Takasago, Mitsuhiro Kamada, Tomohiro Goto, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Intraoperative analysis of the kinematics of the native knee including two-dimensional translation of the femur using a navigation system : a cadaveric study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 367-371, 2019.
33) 2,018 学術論文 (審査論文) Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Effect of amino acid on calcium phosphate phase transformation: attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemometrics, Colloid and Polymer Science, Vol.297, No.1, 155-163, 2019.
34) 2,018 学術論文 (審査論文) Otsuka Yuta, Ito Akira, Pal Suva, Mitome Hajime, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Prediction of differential scanning calorimetry curve of theophylline direct compression model tablet using Raman spectra, Journal of Drug Delivery Science and Technology, Vol.49, 254-259, 2019.
35) 2,018 学術論文 (審査論文) Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Greener Preparation of 5-Ethyl-4a-hydroxyisoalloxazine and Its Use for Catalytic Aerobic Oxygenations, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1791-1795, 2019.
36) 2,018 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, S Hamatani, K Matsuura, R Yoshida, Naomi Kameoka, Takeo Tominaga, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Negative and positive self-thoughts predict subjective quality of life in people with schizophrenia., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 293-301, 2019.
37) 2,018 学術論文 (審査論文) Chikako Kane, Masahito Tomotake, Hamatani Sayo, Shin-ichi Chiba, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing resilience in patients with anorexia nervosa, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 391-395, 2019.
38) 2,018 学術論文 (審査論文) Satoshi Okazaki, Ikuo Otsuka, Shusuke Numata, Tadasu Horai, Kentaro Mouri, Shuken Boku, Tetsuro Ohmori, Ichiro Sora and Akitoyo Hishimoto : Epigenetic clock analysis of blood samples from Japanese schizophrenia patients., NPJ Schizophrenia, Vol.5, No.1, 4, 2019.
39) 2,018 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Saori Takeuchi, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Phase Behavior of Binary Bilayer Membrane of Dipalmitoylphosphatidylcholine and Stigmasterol, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, Vol.135, No.5, 2635-2645, 2019.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,018 学術論文 (紀要その他) Yasunori Muto, S. Kotani, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Change of Wetland Paddy Fields due to House Land Development toward Wise Land Use against Flood Utilising Paddy Fields as Green Infrastructure -, Proc. IAHR-APD2018, Vol.2, 1209-1218, 2018.
2) 2,018 学術論文 (紀要その他) 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構の解析, LED総合フォーラム 2019 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 67-68, 2019年.
3) 2,018 学術論文 (紀要その他) Fumitoshi Yagishita, Tanigawa Junichi, Sanagawa Yohei, Okamoto Masaki, Ishihara Kaito, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent N-Heteroarene as a DNA Photo-cleaving Agent under the LED Irradiation, LED総合フォーラム2019 in 徳島 論文集, Vol.2019, 71-72, 2019.
4) 2,018 学術論文 (紀要その他) Takuma Tagami, Kensuke Kamei, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Photoinduced conversion on dithioacetals into carbonyls with a flavin catalyst under blue LED irradiation, Proceedings of the LED General Forum 2019, 69-70, 2019.

2018年度(平成30年度) / 学術レター

1) 2,018 学術レター 片山 貴文, 田中 宏樹, 宋 天, 島本 隆 : 注目領域検出を用いた符号化アルゴリズムに関する研究, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.138, No.10, 1185-1186, 2018年.

2018年度(平成30年度) / 総説・解説

1) 2,018 総説・解説 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 二本鎖イオン性界面活性剤の会合挙動:高圧力研究による膜状態の解明, 高圧力の科学と技術, Vol.28, No.2, 81-87, 2018年7月.
2) 2,018 総説・解説 大森 哲郎 : どのような患者にいつまでどのような維持療法が必要か, 臨床精神薬理, Vol.21, No.8, 1007-1018, 2018年8月.
3) 2,018 総説・解説 大森 哲郎 : 症例報告における本人同意原則化の必要性‐投稿規定改訂(2018年4月)に添えて‐, 精神神經學雜誌, Vol.120, No.9, 757-758, 2018年9月.
4) 2,018 総説・解説 木下 誠, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 精神疾患における末梢血所見と死後脳所見の比較, 日本生物学的精神医学会誌, Vol.30, No.4, 157-162, 2019年.
5) 2,018 総説・解説 奥田 紀久子 : 平成30年度介護支援専門員実務研修受講試験問題, クエスチョンバンクケアマネ2019, 535-541, 2019年1月.
6) 2,018 総説・解説 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : ホスファチジルエタノールアミン二重膜の温度および圧力誘起相転移, 膜, Vol.44, No.2, 40-49, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 国際会議

1) 2,018 国際会議 Daisuke Hamada, Keizo Wada, Tomoya Takasago, Akihiro Nitta, Tomohiro Goto, Ichiro Tonogai, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Native rotational kinematics are lost in bicruciate-retaining total knee arthroplasty when the tibial component is replaced: an in vitro study, 18th ESSKA congress(May 9-12,2018), Glasgow, May 2018.
2) 2,018 国際会議 Keizo Wada, Daisuke Hamada, Tomoya Takasago, Ichiro Tonogai, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Knee kinematics after lateral UKA are closer to native knee kinematics compared to those after medial UKA, a cadaveric study, 18th ESSKA congress(May 9-12,2018), Glasgow, May 2018.
3) 2,018 国際会議 Tomoya Takasago, Daisuke Hamada, Keizo Wada, Tomohiro Goto, Akihiro Nitta, Ichiro Tonogai, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Retention of the anterior cruciate ligament increase the joint stability in anterior, external rotation and varus directions in TKA, A biomechanical cadaveric study, 18th ESSKA congress(May 9-12,2018), Glasgow, May 2018.
4) 2,018 国際会議 Tetsuro Ohmori : Partnership with patients and their family in an psychiatric meeting; taking an example in the 13th Annual Meeting of the Japanese Society of Schizophrenia Research in Tokushima., The Royal Australian and New Zealand College of Psychiatrists (RANZCP), Auckland, New Zealand, May 2018.
5) 2,018 国際会議 Keizo Wada, Daisuke Hamada, Tomoya Takasago, Tomohiro Goto, Ichiro Tonogai, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Joint Distraction Force Changes the Three-Dimensional Position of the Femur and the Tibia in Total Knee Arthroplasty: a Cadaveric Study, The 19th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology(May 30-June 1,2018), Barcelona, May 2018.
6) 2,018 国際会議 Keiji Minagawa, Minoru Watanabe and Takahito Saito : Design of General/Basic Education Courses Utilizing Learning through Teaching at School Visit Programs, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), Niigata, Jun. 2018.
7) 2,018 国際会議 Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Science Communication Based Education Program for Graduate Students, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), Niigata, Jun. 2018.
8) 2,018 国際会議 Yoshiharu Takiguchi : Yoshiharu Takiguchi, Shin-ichi Tani, Keisuke Furuta, Naoshi Yamazaki. Implication of endogenous lysophosphatidic acid in intimal thickening in rat injured artery.Implication of endogenous lysophosphatidic acid in intimal thickening in rat injured artery. 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Kyoto, Jul. 2018.
9) 2,018 国際会議 Akinori Sanda, Kunihito Hatai, Ryota Fujiki, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Object Detection System Based On The Embedded Information In The Bitstream, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2018), No.CP-02-145, 1-4, Bangkok, Jul. 2018.
10) 2,018 国際会議 Kunihito Hatai, Ryota Fujiki, Akinori Sanda, Wen Shi, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Learning Library Extension for Sea Cucumber Recognition using GANs, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2018), No.CP-02-153, 1-2, Bangkok, Jul. 2018.
11) 2,018 国際会議 Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation, The 43rd FEBS Congress, Praha, Jul. 2018.
12) 2,018 国際会議 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Cadaveric anatomical study of anterior and posterior ankle arthroscopic portals in ankle plantarflexion and dorsiflexion positions., 2018 American Orthopaedic Foot & Ankle Society Annual meeting(July 11-14,2018), Boston, Jul. 2018.
13) 2,018 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae, Yoshida Reona and Tetsuro Ohmori : Relationship clinical variables and positive self-thought in patients with schizophrenia., The 46th BABCP Annual Workshops and Conference, Glasgow, Scotland., Jul. 2018.
14) 2,018 国際会議 Takafumi Katayama, Koki Tamura, Tian Song and Takashi Shimamoto : Efficient Object Detection Algorithm using Encoded Video Information, Proceedings of Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS2018), No.3AM3A-1, Taichung, Taiwan, Aug. 2018.
15) 2,018 国際会議 Shota Yusa, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast PU Size Decision Algorithm Using RD-Cost and Depth Dispersion for Depth Intra Coding of 3D-HEVC, Proceedings of Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS2018), No.3AM3C-1, Taichung, Taiwan, Aug. 2018.
16) 2,018 国際会議 Koki Tamura, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Multi-line Intra Prediction for Inter-Layer Reference in SHVC, Proceedings of Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS2018), No.3AM3C-2, Taichung, Taiwan, Aug. 2018.
17) 2,018 国際会議 柴崎 由里, Kikuko Okuda, Fusako Imoto and Yuko Tanaka : Cancer education consciousness for school nurse, 2nd Technological compitency caring in the health sciences 2018, Tokushima, Aug. 2018.
18) 2,018 国際会議 Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Yuko Tanaka, Fusako Imoto and 柴崎 由里 : The infulence of smoking prevention education on Tobacco knowledge and consiousness to health for junior high school students, 2nd Technological compitency caring in the health sciences 2018, Tokushima, Aug. 2018.
19) 2,018 国際会議 Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : QP Adaptation Algorithm for Low Complexity HEVC based on a CNN-Generated Header Bits Map, Proceedings of IEEE 8th International Conference of Consumer Electronics in Berlin (ICCE-Berlin), 1-5, Berlin, Sep. 2018.
20) 2,018 国際会議 Y. Morikawa, Yasunori Muto and Takao TAMURA : IMPACTS OF LOW-WATER REVETMENTS ON CHANNEL TRANSITION, Proc. IAHR-APD2018, Vol.1, No.1, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2018.
21) 2,018 国際会議 J. Yamamoto, Yasunori Muto, Y. Anase and Takao TAMURA : INFLUENCE OF VEGATATION PROPAGATION CONDITION ON FLOOD FLOW, Proc. IAHR-APD2018, Vol.2, No.1, 1219-1227, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2018.
22) 2,018 国際会議 Yasunori Muto, S. Kotani, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Change of Wetland Paddy Fields due to House Land Development toward Wise Land Use against Flood Utilising Paddy Fields as Green Infrastructure -, The International Association for Hydro-Environment Engineering and Research (IAHR-APD2018), Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2018.
23) 2,018 国際会議 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Fresh cadaveric study of the origin and branching direction of the anterior medial malleolar artery from the anterior tibial artery., 44th Annual meeting of the Japanese Orthopaedic Society for Sports Medicine(September 7-September 9,2018), Tokushima, Sep. 2018.
24) 2,018 国際会議 Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia., WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.
25) 2,018 国際会議 Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai : Pressure-Induced Membrane Fusion of Phospholipid Bilayers: Irreversible and Spherical Growth of Giant Unilamellar Vesicles, 10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), Numazu, Sep. 2018.
26) 2,018 国際会議 Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Prodan Is a Useful Packing Indicator in Lipid Membranes, Which Discerns Various Kinds of Phase Transitions, 10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), Numazu, Sep. 2018.
27) 2,018 国際会議 Masaki GOTO, Shuntaro Yoshida, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Thermodynamic Study on Ligand Partitioning into Lipid Bilayer Membranes under High Pressure, 10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), Numazu, Sep. 2018.
28) 2,018 国際会議 Yasuyo Yamamoto, Yoshito Kusuhara, Tomoya Fukawa, Kunihisa Yamaguchi, Tomoharu Fukumori, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama, Yoshihiro Tsuruo, Kei Daizumoto and Hidehisa Mori : Usefulness of Fresh Frozen Cadaver and Animal Models for Surgical Training in Laparoscopic Sacrocolpopexy, The 36th World Congress of Endourology, Paris, Sep. 2018.
29) 2,018 国際会議 Yuta Otsuka, Satoru Goto, Akira Ito, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Dry mechanochemical synthesis of 2 : 1 caffeine / oxalic acid cocrystals and their evaluation by powder X-ray diffraction and multivariate analysis, 3rd International Symposium on BA/BE of Oral Drug Products, Lisbon, Oct. 2018.
30) 2,018 国際会議 Takafumi Katayama, Koki Tamura, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Object Detection Algorithm using Encoded Video Information, IEEE CASS Shanghai and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (SSJW'18), Takamatsu, Nov. 2018.
31) 2,018 国際会議 Hazuki Kita, Ken Yamanomoto, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Aerobic Oxygenations Catalyzed by a Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavin, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
32) 2,018 国際会議 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
33) 2,018 国際会議 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Neutral-Flavin Catalyzed Oxidations with Hydrogen Peroxide, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
34) 2,018 国際会議 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Practical Preparation of N5-Ethylated Flavin Catalysts, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
35) 2,018 国際会議 Mahito Kamada and Yasunori Muto : A trial project for installing Eco-DRR to the society in Japan., ICLEE2018, Taichung, Taiwan), Nov. 2018.
36) 2,018 国際会議 Masaki Takeuchi, Yui Shimada, Haruka Yoshikawa and Hideji TANAKA : Nafion tube-based on-line concentrator: preconcentration of perchlorate for ion chromatography, Flow Analysis XIV, Bangkok, Dec. 2018.
37) 2,018 国際会議 Yamada Takuya, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Response of human cells against peptide type hemolysin Streptolysin S derived from Streptococcus anginosus subsp. anginosus, International Peptide Symposium, Dec. 2018.
38) 2,018 国際会議 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2018), Hiroshima, Dec. 2018.
39) 2,018 国際会議 Momoko Hara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Chiral Polymers Containing Sequenced Guanidino Groups in the Main Chain and Their Catalysis, The 12th SPSJ International Polymer Conference, Hiroshima, Dec. 2018.
40) 2,018 国際会議 Yuko Tanaka and Kikuko Okuda : Yogo Teachers' Activities toward Health Promotion and Job Satisfaction in Japan, 4th SPUP International Health Congress, St.Paul University, Tuguegarao city, Philippines., 39, Dec. 2018.
41) 2,018 国際会議 Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Kyoko Osaka and Baua C. Elizabeth : Yogo Teachers' Activities toward Health Promotion and Job Satisfaction in Japan, 4th SPUP International Health Congress, St.Paul University, Tuguegarao city, Philippines., 39, Dec. 2018.
42) 2,018 国際会議 Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Khiaokham Prueksalada and Sriarporn Punpilai : Pilot study for Relation with Sexual communication with Parents and Interacting Among Parents of Junior High School Students. p97, 2nd technological Competency as Caring in the Health Sciences, August 18, 2018. Tokushima University, Tokushima city,, 39, Tokushima, Dec. 2018.
43) 2,018 国際会議 Hideji TANAKA, Riona Wada, Masatoshi Yanase, Keiro Higuchi and Masaki Takeuchi : Triangular-wave controlled flow analysis for determination of high-concentration analyte without dilution, Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
44) 2,018 国際会議 Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Quality analysis and process control of vinegar and drug by feedback-based flow ratiometry, Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
45) 2,018 国際会議 Naoki Oka, Masaki Takeuchi, Hideji TANAKA and Tatsusada Yoshida : Correlation analysis of binding free-energy change due to complex formation of FK506 derivatives with FK506 binding protein: a computational study, Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
46) 2,018 国際会議 Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Reiko Okahisa and Imoto Fusako : Knowledge, behaviors and Attitudes of Older Persons Regarding Sexually Transmitted Infections(STIs) Prevention in Japan, p20, Tokushima University. 2019., Mar. 2019.
47) 2,018 国際会議 Hiroshi Yoshimura : A strategy of NMDA receptor-dependent oscillation in the visual cortex of rats, The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiologial Societies Congress (FAOPS2019), Kobe, Mar. 2019.

2018年度(平成30年度) / 国内講演発表

1) 2,018 国内講演発表 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の脂質膜に対する結合活性, 日本膜学会第40年会, 2018年5月.
2) 2,018 国内講演発表 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 脂質二分子膜の圧力誘起膜融合, 日本膜学会第40年会, 2018年5月.
3) 2,018 国内講演発表 山崎 菜摘, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 住民参加型ワークショップを用いた避難所のペット同行避難マニュアル作成の効用について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.24, jsce7-106-2018, 2018年5月.
4) 2,018 国内講演発表 村田 優樹, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 人的被害の発生状況をふまえた内水氾濫による潜在的危険箇所の特定に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.24, jsce7-113-2018, 2018年5月.
5) 2,018 国内講演発表 平井 悠貴, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : エステルおよびエーテル結合型ホスファチジルコリン二分子膜中の脂質分子運動性評価, 第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
6) 2,018 国内講演発表 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ホスファチジルコリン二分子膜における圧力誘起指組み構造形成の分子機構, 第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
7) 2,018 国内講演発表 木口 碧, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 中鎖ホスファチジルコリン二分子膜のゲル-液晶中間相形成, 第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
8) 2,018 国内講演発表 竹内 政樹, 富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 戸田 敬, 大河内 博 : 富士山頂における大気中HNO3, SO2, NO3-及びSO42-の高時間分解観測, 第27回環境化学討論会, 2018年5月.
9) 2,018 国内講演発表 竹内 政樹, 島田 祐依, 吉川 遥, 石嶺 希一, 三木 直之, 田中 秀治 : ナフィオンチューブを用いる陰イオンのオンライン濃縮/除去デバイス, 第78回分析化学討論会, 2018年5月.
10) 2,018 国内講演発表 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 月本 準, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討, 第59回日本生化学会 中国四国支部例会, 2018年5月.
11) 2,018 国内講演発表 田中 秀治, 和田 莉緖菜, 竹内 政樹 : 高濃度試料の分析を目的とした三角波制御フロー分析法の開発とFe2+定量による検証, 第78回分析化学討論会, 2018年5月.
12) 2,018 国内講演発表 岡本 和将, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフィーにおけるNafionチューブを用いたサプレッサーの開発, 第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年6月.
13) 2,018 国内講演発表 和田 佳三, 浜田 大輔, 高砂 智哉, 後東 知宏, 殿谷 一朗, 鶴尾 吉宏, 西良 浩一 : 内側関節面形状がBCR-TKA術後Screw Home Movementの維持に与える影響, 第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2018年6月.
14) 2,018 国内講演発表 大塚 裕太, 後藤 了, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 徐放性製剤開発を目的としたアミノ酸によるハイドロキシアパタイトの結晶成長制御の研究, 日本薬剤学会第33年会, 2018年6月.
15) 2,018 国内講演発表 友安 俊文, 的場 正樹, 日下 信吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのグリコシダーゼとインターメディリシン産生との関連について, 第50回レンサ球菌研究会, 2018年6月.
16) 2,018 国内講演発表 田端 厚之, 大塚 誠也, Deutsch Douglas, 菊池 賢, Fischetti A. Vincent, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosusが保有するプラスミドとその特徴, 第50回レンサ球菌研究会, 2018年6月.
17) 2,018 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 武田 知也, 沼田 周助, 富永 武男, 亀岡 尚美, 久保 弘子, 木下 誠, 松浦 可苗, 大友 真姫, 武市 直也, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 統合失調症におけるSalience Network機能障害,抑うつ気分,および主観的QOLの因果関係., 第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年6月.
18) 2,018 国内講演発表 柴崎 由里, 奥田 紀久子 : がん教育における養護教諭の意識の実態, 第50回中国・四国学校保健学会講演集, 2018年6月.
19) 2,018 国内講演発表 岡 尚生, 竹内 政樹, 田中 秀治, 吉田 達貞 : 分子科学計算によるFK506結合タンパク質とリガンドとの分子間相互作用解析, 第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年7月.
20) 2,018 国内講演発表 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック制御フローレイショメトリーの工程管理への応用, 第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年7月.
21) 2,018 国内講演発表 冨永 明子, 友安 俊文, 日下 竜馬, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : グループ3に属するコレステロール依存性細胞溶解毒素のCD59認識性の比較, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月.
22) 2,018 国内講演発表 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月.
23) 2,018 国内講演発表 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月.
24) 2,018 国内講演発表 山本 恭代, 大豆本 圭, 楠原 義人, 森 英恭, 布川 朋也, 山口 邦久, 福森 知治, 高橋 正幸, 金山 博臣, 鶴尾 吉宏 : 腹腔鏡下仙骨膣固定術導入にむけたトレーニング, 第20回 日本女性骨盤底医学会, 2018年7月.
25) 2,018 国内講演発表 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 : 浮遊菌とバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性に対するrpoS遺伝子の役割, 第32回日本バイオフィルム学会学術集会, 2018年7月.
26) 2,018 国内講演発表 Maeda Saori, Hiroshi Yoshimura, Miyaji Yuji, Hiroyuki Kanayama, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Tetsuya Akamatsu : Increase in theta-band EEG activities under tasting chocolate with unmatched odor stimulation, 第41回日本神経科学大会, Jul. 2018.
27) 2,018 国内講演発表 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の末梢白血球におけるSGK1遺伝子発現, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
28) 2,018 国内講演発表 井下 真利, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 木下 誠, 富岡 有紀子, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病患者の末梢血グルタミン酸濃度のメタ解析, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
29) 2,018 国内講演発表 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 沼田 周助, 亀岡 尚美, 渡部 真也, 梅原 英裕, 大田 将史, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 双極性障害患者におけるアミノ酸系神経伝達物質の異常, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
30) 2,018 国内講演発表 田端 厚之, 松本 愛理, 藤本 あい, 児玉 千紘, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 咽頭口腔レンサ球菌が産生する溶血毒素とその多様性, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月.
31) 2,018 国内講演発表 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月.
32) 2,018 国内講演発表 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月.
33) 2,018 国内講演発表 児玉 千紘, 唐 卿, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantisが産生するInfantilysinの作用特性を明らかにする, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月.
34) 2,018 国内講演発表 森川 裕基, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 低水護岸の設置箇所と長さが河床形状に与える影響について, 第73回土木学会年次学術講演会講演集, 2018年8月.
35) 2,018 国内講演発表 山口 裕之 : 大学教職員に今,何が求められるのか, 四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD)フォーラム, 2018年8月.
36) 2,018 国内講演発表 佐名川 洋平, 八木下 史敏, 田端 厚之, 長宗 秀明, 河村 保彦 : A-π-D-π-A システムに基づく新規対称発光分子のデザインと合成,及び光物性, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月.
37) 2,018 国内講演発表 八木下 史敏, 畦﨑 翔太, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 河村 保彦 : スチリル基を有するイミダゾ[1,5-a]ピリジン二量体の金属イオン存在下における発光挙動, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月.
38) 2,018 国内講演発表 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 蛍光発光性N-ヘテロアレーンのバイオイメージングへの応用とDNA損傷, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月.
39) 2,018 国内講演発表 畠 一樹 : キャリア形成目標に応じたインターンシップ・プログラム作成に関する提案, 日本インターンシップ学会 第19回 発表要旨集, 66-67, 2018年9月.
40) 2,018 国内講演発表 藤原 奈津美, 村上 圭史, 吉田 賀弥, 工藤 保誠, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 : MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着(撥菌)効果, 第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
41) 2,018 国内講演発表 吉村 弘 : 傍梨状核における回路挙動, 第60回歯科基礎医学会学術大会, 2018年9月.
42) 2,018 国内講演発表 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-ヘテロアレーンの蛍光バイオイメージングへの応用とDNA損傷, 2018年 光化学討論会, 2018年9月.
43) 2,018 国内講演発表 吉村 弘 : 光学計測により捕らえられた大脳皮質における信号伝播の経路変更, 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2018, 2018年9月.
44) 2,018 国内講演発表 田中 秀治, 和田 莉緒菜, 簗瀬 真利, 樋口 慶郎, 竹内 政樹 : 振幅変調多重化フロー分析法と高濃度試料の非希釈分析, 日本分析化学会第67年会, 2018年9月.
45) 2,018 国内講演発表 荒川 幸弘, 喜多 葉月, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチドの酸化触媒機能開拓, 第67回高分子討論会, 2018年9月.
46) 2,018 国内講演発表 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック制御フローレイショメトリーによるプロセス分析と制御, 日本分析化学会第67年会, 2018年9月.
47) 2,018 国内講演発表 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : モデル膜を用いたコレステロール依存性細胞溶解毒素の膜結合活性評価, 第56回生物物理学会年会, 2018年9月.
48) 2,018 国内講演発表 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : リン脂質-コレステロール混合二分子膜に対するコレステロール依存性細胞溶解毒素の結合活性, 第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018年9月.
49) 2,018 国内講演発表 後藤 優樹, 村上 祐介, 村上 尚, 後藤 優樹, 松木 均 : 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム二重膜の高圧相挙動:アニーリング処理に依存した膜状態, 第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018年9月.
50) 2,018 国内講演発表 谷口 早紀, 一宮 由貴, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 三木 幸代, 大田 将史, 大森 哲郎 : 看取りに向けた病棟・緩和ケアチーム連携が家族関係の変容に寄与した一例., 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
51) 2,018 国内講演発表 宮﨑 厚子, 新井 恭子, 谷口 早紀, 與儀 耕大, 三木 幸代, 松岡 由江, 一宮 由貴, 大田 将史, 大森 哲郎 : 急速に進行する原発不明がん患者への意思決定支援:抗がん剤治療中止の喪失感と先進医療への期待の狭間で., 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
52) 2,018 国内講演発表 與儀 耕大, 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 一宮 由貴, 三木 幸代, 堤 理恵, 大森 哲郎 : 徳島大学病院がんサロンの活動報告と今後の展望, 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
53) 2,018 国内講演発表 清水 正仁, 島本 隆, 宋 天 : SPAにおける単一信号及び差動ペアを共に考慮できるエスケープ配線に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-6, 2018年9月.
54) 2,018 国内講演発表 渡邊 拓也, 島本 隆, 宋 天 : look-ahead合法化を用いたフロアプランに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-8, 2018年9月.
55) 2,018 国内講演発表 山田 拓矢, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S.anginosus由来Streptolysin Sホモログに対する宿主ヒト培養細胞の応答反応, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
56) 2,018 国内講演発表 木口 碧, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 中鎖ホスファチジルコリン二分子膜の特異的な相転移:充填状態に依存したゲル-液晶転移, 第35回九州コロイドコロキウム, 2018年9月.
57) 2,018 国内講演発表 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ホスファチジルコリン二重膜の圧力誘起指組み構造形成:蛍光プローブ法による遷移状態の検出, 第35回九州コロイドコロキウム, 2018年9月.
58) 2,018 国内講演発表 松浦 可苗, 武田 知也, 吉田 玲於奈, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 徳島大学病院精神科で実施された心理検査の変遷, 日本心理学会第82回大会, 2018年9月.
59) 2,018 国内講演発表 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソン7スキップの修復, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
60) 2,018 国内講演発表 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1A mRNAの3'-UTR中の逆向きAlu配列はADARによってRNA編集を受ける, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
61) 2,018 国内講演発表 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : Exon specific U1 snRNAを用いたCTSAエクソン7スキッピングの修復, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
62) 2,018 国内講演発表 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸を利用したポストハーベスト殺菌手法の検討, 第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P18, 108, 2018年9月.
63) 2,018 国内講演発表 出口 真理, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するグリコシダーゼの局在性についての解析, 第71回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月.
64) 2,018 国内講演発表 山口 裕之 : 研究は競争で改善するか, 第46回研究員集会, 2018年10月.
65) 2,018 国内講演発表 松木 均 : 麻酔のサイエンス:作用機序の物理化学, 第68回日本薬学会近畿支部大会, 2018年10月.
66) 2,018 国内講演発表 大田 将史, 吉田 朋広, 大森 哲郎 : 入院中に適応障害からうつ病への診断変更を要した1例., 第38回日本精神科診断学会, 2018年10月.
67) 2,018 国内講演発表 吉村 弘 : 大脳皮質視覚野ニューロンが引き起こす膜電位オシレーションの伝播におけるnon-NMDA受容体とNMDA受容体の相互作用, 第70回日本生理学会中国四国地方会, 2018年10月.
68) 2,018 国内講演発表 山口 裕之 : 民主主義と道徳教育, 2018年度香川県教組教育研究集会, 2018年10月.
69) 2,018 国内講演発表 松木 均, 木口 碧, 中尾 俊樹, 本橋 牧子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : リン脂質二分子膜のゲル-液晶中間相形成:充填状態依存相転移と形成機構, 第54回熱測定討論会, 2018年10月.
70) 2,018 国内講演発表 吉村 弘 : 発達期における味覚と嗅覚, 第37回日本小児歯科学会中国四国地方会, 2018年11月.
71) 2,018 国内講演発表 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソンスキップ修復の試み, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
72) 2,018 国内講演発表 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : Exon specific U1 snRNAによる CTSAエクソン7スプライス異常の修復, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
73) 2,018 国内講演発表 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1A mRNAの3'-UTRにおけるA-to-I RNA編集, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
74) 2,018 国内講演発表 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析, 日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Cp70, 329, 2018年11月.
75) 2,018 国内講演発表 松木 均, 風間 暁, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 脂質二分子膜の圧力誘起膜融合2:融合の分子メカニズム, 膜シンポジウム2018, 2018年11月.
76) 2,018 国内講演発表 吉川 遥, 岡本 和将, 島田 祐依, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ナフィオンチューブによる前濃縮を用いた環境試料中過塩素酸イオンの高感度検出, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
77) 2,018 国内講演発表 野村 未晴, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 標準添加法を取り入れた海水中亜硝酸イオンのフロー分析, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
78) 2,018 国内講演発表 並川 誠, 岡本 和将, 小田 達也, 大河内 博, 戸田 敬, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 自由対流圏高度における水溶性酸性ガス及び粒子状物質の連続分析, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
79) 2,018 国内講演発表 岡本 和将, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 軸方向分散を抑えた陽イオン交換モジュールの開発とイオンクロマトグラフィーへの適用, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
80) 2,018 国内講演発表 住友 琢哉, 岡本 和将, 竹内 政樹, 田中 秀治 : Visual Basicによる自動連続分析ソフトウェアの開発, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
81) 2,018 国内講演発表 岡 佐和子, 落合 惇也, 岡本 和将, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーの開発と応用, 第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
82) 2,018 国内講演発表 桑田 真廉, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジスルフィドを反応剤とする触媒的チオエステル交換反応, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
83) 2,018 国内講演発表 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 規則的配列を有する集積型キラルグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
84) 2,018 国内講演発表 松本 優一, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 光学活性な大環状テトラグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
85) 2,018 国内講演発表 川﨑 康平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子担持型N5位エチル化フラビンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
86) 2,018 国内講演発表 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 光照射をトリガーとした水溶性N-ヘテロアレーンによるDNA損傷, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
87) 2,018 国内講演発表 田中 杏奈, 青木 雄椰, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 塩化テトラデシルジメチルアンモニウムの合成と二分子膜物性, 2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
88) 2,018 国内講演発表 清水 建翔, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : カチオン-アニオン界面活性剤の水中における会合挙動, 2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
89) 2,018 国内講演発表 平井 悠貴, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 核磁気共鳴法によるホスファチジルコリン二分子膜中の脂質分子運動性評価, 2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
90) 2,018 国内講演発表 関原 紘太郎, 宋 天, 片山 貴文, 島本 隆 : JEMのイントラ予測符号化における情報隠蔽技術に関する研究, 画像符号化シンポジウム(PCSJ2018), No.P-1-14, 44-45, 2018年11月.
91) 2,018 国内講演発表 吉田 朋広, 大田 将史, 大森 哲郎 : 適応障害からうつ病への診断変更を要した1例., 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
92) 2,018 国内講演発表 松本 唯, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 多職種が介入しクロザピン導入・継続が可能となった治療抵抗性統合失調症の一例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
93) 2,018 国内講演発表 藤雄 一朗, 川端 正志, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 変薬を繰り返して安定した効果を得た統合失調症の1 例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
94) 2,018 国内講演発表 香川 真衣音, 中山 知彦, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 電気けいれん療法(ECT)を重ねて寛解した緊張病症状を伴ううつ病の一例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
95) 2,018 国内講演発表 青木 雄椰, 村上 尚, 村上 祐介, 田中 杏奈, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 陽イオン性二本鎖界面活性剤二重膜の相転移に関する熱力学的研究, 第59回高圧討論会, 2018年11月.
96) 2,018 国内講演発表 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ホスファチジルコリン二重膜の圧力誘起指組み構造形成:高圧蛍光法による遷移状態の実証, 第59回高圧討論会, 2018年11月.
97) 2,018 国内講演発表 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 吉本 早希, 吉田 俊太郎, 玉井 伸岳, 松木 均 : リン脂質二分子膜の圧力誘起相転移 -アシル鎖長の異なる飽和ジアシルホスファチジル グリセロール-, 第59回高圧討論会, 2018年11月.
98) 2,018 国内講演発表 原田 紹臣(三井共同建設コンサルタント株式会社), 三上 卓(エイト日本技術開発株式会社), 畠 一樹 : 地区防災力の向上に向けた取組み及び防災ハザード・マップにおける課題抽出, 安全問題討論会'18資料集, 175-180, 2018年11月.
99) 2,018 国内講演発表 北岡 和義, 吉田 博, 伊藤 健太, 金井 純子, 油井 毅, 寺田 賢治, 高石 喜久 : 学生の社会実装を支援する助成金「仁生イノベーショングラント」の実施,課題とその改善, イノベーション教育学会第6回年次大会, 2018年12月.
100) 2,018 国内講演発表 三井 瑞穂, 道前 菜々子, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者のがん及びがん教育に関する意識の実態, 学校保健研究, Vol.60, 248, 2018年12月.
101) 2,018 国内講演発表 道前 菜々子, 三井 瑞穂, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者ががん教育に求める内容, 学校保健研究, Vol.60, 249, 2018年12月.
102) 2,018 国内講演発表 松本 華穂, 中野 真理, 安井 敏之, 福岡 美和, 奥田 紀久子 : 少子化に対する男子大学生の意識の実態と特別活動の体験との関連, 学校保健研究, Vol.60, 247, 2018年12月.
103) 2,018 国内講演発表 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子, 柴崎 由里 : 喫煙防止教育後の中学生の喫煙に対するイメージの実態, 学校保健研究, Vol.60, 2018年12月.
104) 2,018 国内講演発表 山本 恭代, 楠原 義人, 布川 朋也, 山口 邦久, 福森 知治, 高橋 正幸, 金山 博臣, 鶴尾 吉宏 : 腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC: Laparoscopic Sacrocollpopexy)導入にむけたトレーニング, 第31回 日本内視鏡外科学会, 2018年12月.
105) 2,018 国内講演発表 西平 有里菜, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 長宗 秀明 : 薬剤キャリアのミセルが示す癌細胞障害性, 第22回バイオ治療法研究会学術集会, 2018年12月.
106) 2,018 国内講演発表 村田 梨菜, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 井上 みなみ, 平尾 早紀, 別所 将弘, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 : 呼吸器感染症患者由来緑膿菌の抗菌薬抵抗性と抗酸化能の関連について, 第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
107) 2,018 国内講演発表 藤本 望, 村田 梨菜, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 宮本 理人, 井上 貴久, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 濱野 修一 : 唾液中の硝酸イオンが口腔細菌に与える影響について·, 第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
108) 2,018 国内講演発表 畠 一樹, 川崎 克寛 : ジェネリックスキルの教育効果を高める実践力養成型インターンシップに関する一考察, 平成30年度全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 68-69, 2018年12月.
109) 2,018 国内講演発表 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 科学技術コミュニケーション科目による高大院連携およびグローバル教育の試行, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年12月.
110) 2,018 国内講演発表 衣川 仁 : 「あの世」と「この世」の関係史, 歴文クラブ, 2019年2月.
111) 2,018 国内講演発表 山口 裕之 : 民主主義と道徳教育, 子どもと教育を守る高知県連絡会, 2019年3月.
112) 2,018 国内講演発表 山口 裕之 : 大学教職員に今,何が求められるのか, 平成30年度兵庫医療大学FD・SDワークショップ, 2019年3月.
113) 2,018 国内講演発表 川原 孝之, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-エチル-4a-ヒドロキシイソアロキサジンの実用的合成法とその酸素酸化触媒機能, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
114) 2,018 国内講演発表 上田 祐, 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 均一系フラボペプチド触媒による酵素類似酸素酸化反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
115) 2,018 国内講演発表 亀井 健佑, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 環状ジチオアセタール S,S-ジオキシドからカルボニルへの可視光駆動型直接変換反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
116) 2,018 国内講演発表 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-へテロアレーンを用いたHeLa細胞の蛍光イメージングと光細胞毒性, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
117) 2,018 国内講演発表 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : N5-Unmodified flavins that catalyze enzyme-like oxidations, 日本化学会第99春季年会, Mar. 2019.
118) 2,018 国内講演発表 李 敏, 宋 天, 島本 隆 : HEVCイントラ予測における原画素を用いた高速処理アルゴリズム, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-3, 2019年3月.
119) 2,018 国内講演発表 叶 高駿, 宋 天, 島本 隆 : 画面間予測におけるクラウドベース参照画像選択手法, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-20-6, 2019年3月.
120) 2,018 国内講演発表 吉村 弘 : 口腔機能と脳 -健康との関係-, 第5回高松市訪問歯科診療研究会, 2019年3月.
121) 2,018 国内講演発表 木戸 玲子, 玉村 禎宏, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 : 水浸ストレス負荷ラットじおける膵島内微小循環系による血糖調節機序に関する免疫組織学的解析:交感神経系の役割について, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 作品等

1) 2,018 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 和文論文のすすめ, 精神神經學雜誌, Vol.121, No.1, 1, 2019年.
2) 2,018 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 メランコリーとデプレッション, めんたるへるす, Vol.68, 1-5, 2019年.

2018年度(平成30年度) / その他・研究会

1) 2,018 その他・研究会 大森 哲郎 : 「気分障害の診断と治療 -overview- 」シンポジウム「うつ病診断の治療と未来」, うつ病リワーク協会年次大会, 2018年4月.
2) 2,018 その他・研究会 田中 秀治 : 有効数字と誤差の伝播, 第55回中国四国支部分析化学講習会, 2018年6月.
3) 2,018 その他・研究会 Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation, FEBS Open Bio, Vol.8, No.Supplement 1, ShT.35-1, Jul. 2018.
4) 2,018 その他・研究会 松木 均 : 脂質の熱測定, 第81回熱測定講習会, 2018年8月.
5) 2,018 その他・研究会 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子 : 防煙教育を題材として小・中学生の主体的健康観を育成する試み, 平成29年度調査研究報告書, 2018年10月.
6) 2,018 その他・研究会 井上 麻由, 井﨑 ゆみ子, 武内 早苗, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 前田 健一, 大森 哲郎 : UPIを用いた予防的介入の指標, 第56回全国大学保健管理研究集会, 2018年10月.
7) 2,018 その他・研究会 天羽 崇, 村上 圭史, 田端 厚之, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内から検出された多剤耐性レンサ球菌について, 第71回日本細菌学会中国,四国支部総会, 2018年10月.
8) 2,018 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における自己に関する認知と主観的・客観的QOLとの関連., 第18回精神疾患と認知機能研究会, 2018年11月.
9) 2,018 その他・研究会 藤原 奈津美, 鶴熊 美樹, 吉田 賀弥, 村上 圭史, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 : MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着抑制効果, 2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
10) 2,018 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における結論への飛躍バイアスと神経認知,社会認知との関連, 第10回脳科学クラスター・ミニリトリート, 2019年2月.
11) 2,018 その他・研究会 東野 恒作, 鶴尾 吉宏, 冨田 江一, 西良 浩一 : 9 腰椎椎間板ヘルニア-椎間板性腰痛について-, Modern Physician, Vol.39, No.3, 2019年3月.
12) 2,018 その他・研究会 村上 圭史, 村田 梨菜, 天羽 崇, 片岡 佳子, 藤猪 英樹 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と抗酸化能との関連について, 第53回緑膿菌感染症研究会プログラム, 2019年3月.
13) 2,018 その他・研究会 近藤 優太郎, 宋 天, 島本 隆 : HEVCイントラ予測残差におけるDC係数推定アルゴリズムに関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.118, No.501, 159-163, 2019年3月.
14) 2,018 その他・研究会 鹿庭 美奈子, 喜田 悠太, 村上 圭史, 廣島 佑香, 天羽 崇, 藤猪 英樹 : BNCのインフルエンザ感受性細胞への接着に関与する温度条件, 四国歯学会第54回例会, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 報告書

1) 2,018 報告書 植野 美彦, 関 陽介, 佐藤 健二, 野間口 雅子, 二川 健, 生島 仁史, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 古部 昭広, 松木 均, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 : 平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 徳島, 2019年3月.