RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2016.4〜2017.3
理工学部

業績集計 (所属教員)

教員構成: 190名(188.8人/年) -> 教員業績
年度 2004年度
(平成16年度)
2005年度
(平成17年度)
2006年度
(平成18年度)
2007年度
(平成19年度)
2008年度
(平成20年度)
2009年度
(平成21年度)
2010年度
(平成22年度)
2011年度
(平成23年度)
2012年度
(平成24年度)
2013年度
(平成25年度)
2014年度
(平成26年度)
2015年度
(平成27年度)
2016年度
(平成28年度)
合計
著作

(  )内は
欧文数


リスト
著書 29
(10) 
29
(10) 
学術論文 (審査論文) 282
(209) 
282
(209) 
学術論文 (紀要その他) 35
(13) 
35
(13) 
学術レター 16
(13) 
16
(13) 
総説・解説 46
(4) 
46
(4) 
国際会議 428
(427) 
428
(427) 
国内講演発表 931
(51) 
931
(51) 
作品等 1
(0) 
1
(0) 
その他・研究会 231
(93) 
231
(93) 
報告書 10
(1) 
10
(1) 
(未定義) 0
(0) 
0
(0) 
合計 2009
(821) 
2009
(821) 
特許

リスト
特許 11  11  
実用新案 0  0  
合計 11  11  


リスト
教育 9  9  
研究 82  82  
社会貢献 3  3  
合計 94  94  
社会活動

リスト
社会活動 308  308  
合計 308  308  
社会連携

リスト
社会連携 9  9  
合計 9  9  
Graph0 Graph1 Graph2 Graph3 Graph4

業績集計 (本務教員)

教員構成: 0名(0.0人/年) -> 教員業績
年度 2004年度
(平成16年度)
2005年度
(平成17年度)
2006年度
(平成18年度)
2007年度
(平成19年度)
2008年度
(平成20年度)
2009年度
(平成21年度)
2010年度
(平成22年度)
2011年度
(平成23年度)
2012年度
(平成24年度)
2013年度
(平成25年度)
2014年度
(平成26年度)
2015年度
(平成27年度)
2016年度
(平成28年度)
合計
著作

(  )内は
欧文数


リスト
著書 0
(0) 
学術論文 (審査論文) 0
(0) 
学術論文 (紀要その他) 0
(0) 
学術レター 0
(0) 
総説・解説 0
(0) 
国際会議 0
(0) 
国内講演発表 0
(0) 
作品等 0
(0) 
その他・研究会 0
(0) 
報告書 0
(0) 
(未定義) 0
(0) 
合計 0
(0) 
特許

リスト
特許 0  
実用新案 0  
合計 0  


リスト
教育 0  
研究 0  
社会貢献 0  
合計 0  
社会活動

リスト
社会活動 0  
合計 0  
社会連携

リスト
社会連携 0  
合計 0  
Graph0 Graph1 Graph2 Graph3 Graph4

下位&関連組織

組織 期間 対象 種別 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 合計
理工学部 2016.4〜2017.3 所属教員 著作
《(  )内は欧文数で内数》
2,009
(821)
2,009
(821)
特許 1111
9494
社会活動 308308
社会連携 99
本務教員 著作
《(  )内は欧文数で内数》
0
(0)
特許 0
0
社会活動 0
社会連携 0
  理工学科 2016.4〜2017.3 所属教員 著作
《(  )内は欧文数で内数》
2,009
(821)
2,009
(821)
特許 1111
9494
社会活動 308308
社会連携 99
本務教員 著作
《(  )内は欧文数で内数》
0
(0)
特許 0
0
社会活動 0
社会連携 0
※…業績の集計は,帰属組織および,著者,発明者,受賞者等の登録を元に全業績を抽出した後,重複するものは除いている.したがって,複数の教員が関与する業績についても1にカウントされている.また,複数の組織よびそれらの所属教員が関与する業績ついても,同様のカウント方法を用いているため,下位組織の業績数の単純な合計が上位組織の業績数になるとは限らない.
※…
は業績の帰属組織および併任を含む所属教員によって業績抽出集計を行った業績数,
は本務教員のみによって業績抽出集計を行った業績数である(両者の差が併任教員による業績数でないことに注意).
は学生が貢献した業績数である.