RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2016.4〜2018.3

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{309158}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1)河村 保彦, 外輪 健一郎, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 2016年4月.
2)Jesus Rafael Alcantara Avila and Lee Hao-Yeh : Heat-Integrated Intensified Distillation Processes, Process Intensification in Chemical Engineering Design Optimization and Control, Apr. 2016.
3)Yoshihiro Deguchi and Zhenzhen Wang : Plasma Science and Technology - Progress in Physical States and Chemical Reactions, Chapter 15 , Industrial Applications of Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, InTech, Apr. 2016.
4)Yusuke Nishiuchi and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of a Simple 3D BVP Oscillator and Chaos Synchronization of Its Coupled Systems, Chapter 9, Handbook of Applications of Chaos Theory, CRC Press, Boca Raton, Jun. 2016.
5)橋本 親典, 綾野 克紀, 浦野 真次, 渡邉 健, その他43名 : 施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針[2016年版], 社団法人 土木學會, 東京, 2016年6月.
6)松浦 健二, 林 敏浩 : 大学間連携システム, ミネルヴァ書房, 2016年6月.
7)高木 均 : ポリプロピレンの改質,複合化と応用事例 --耐熱性,耐衝撃性の改善/接着技術--, --- ポリプロピレンへのセルロースナノファイバーの分散 ---, 技術情報協会, 東京, 2016年6月.
8)宇治 公隆, 佐伯 竜彦, 綾野 克紀, 上野 敦, 呉 承寧, 橋本 親典, その他23名 : フェロニッケルスラグ骨材を用いたコンクリートの設計施工指針, 社団法人 土木學會, 東京, 2016年7月.
9)宇治 公隆, 佐伯 竜彦, 綾野 克紀, 上野 敦, 呉 承寧, 橋本 親典, その他23名 : 銅スラグ細骨材を用いたコンクリートの設計施工指針, 社団法人 土木學會, 東京, 2016年7月.
10)古賀 正文, 太田 聡, 高田 篤 : 基礎情報伝送工学, 共立出版株式会社, 2016年9月.
11)齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 基礎物理学実験テキスト (2016年度後期改訂版), 徳島大学生協, 2016年10月.
12)太田 光浩, : 気泡・分散系現象の基礎と応用, 三恵社, 2016年10月.
13)Yoshifumi Nishio : Oscillator Circuits; Frontiers in Design, Analysis and Applications, Institute of Engineering and Technology (IET), London, Nov. 2016.
14)Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Coupled Oscillator Networks with Frustration, --- Oscillator Circuits; Frontiers in Design, Analysis and Applications, Yoshifumi Nishio (Ed.), pp. 163-181 ---, Institute of Engineering and Technology (IET), London, Nov. 2016.
15)中原 勝, 吉田 健 : 理科年表 平成29年版, --- 物理/化学部 502∼509頁「熱化学」,514∼517頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---, 丸善出版 株式会社, 東京, 2016年11月.
16)Hiroyuki Asahara, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Analysis of bifurcation in oscillatory circuits, --- Oscillator Circuits: Frontiers in Design, Analysis and Applications, Y. Nishio (ed.) ---, Inspec/Iee, London, Dec. 2016.
17)西山 賢一, 日本地形学連合編 : 地形の辞典, 朝倉書店, 東京都, 2017年1月.
18)今任 稔彦, 角田 欣一, 髙栁 俊夫 : クリスチャン分析化学 原著7版 II機器分析編 Chapter 18 試料調製:溶媒抽出と固相抽出, 丸善 株式会社, 2017年1月.
19)今任 稔彦, 角田 欣一, 髙栁 俊夫 : クリスチャン分析化学 原著7版 II機器分析編 Chapter 21 液体クロマトグラフィーと電気泳動法, 丸善 株式会社, 2017年1月.
20)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Refinement by Filtering Translation Candidates and Similarity Based Approach to Expand Emotion Tagged Corpus, Jan. 2017.
21)橋本 親典, 上野 敦, 他8名 : 土木材料実験指導書 2017年改訂版 土木学会コンクリート委員会編, 社団法人 土木學會, 東京, 2017年2月.
22)小野 公輔 : 徳大テキスト 線形代数入門, 徳島大学生協, 徳島, 2017年3月.
23)Fuji Ren and Kazuyuki Matsumoto : Natural Language Processing Capabilities Required for Humanoid Nursing Robots, Fukuro Shuppan Publishing, Mar. 2017.
24)Dahi Ghareab Abdelsalam, Takeshi Yasui, Takayuki Ogawa and Baoli Yao : Chapter 12. Surface Characterization by the Use of Digital Holography, INTECH Open Access Publisher, Mar. 2017.
25)Kazuyuki Matsumoto : The Current State of Performance and Development of Natural Language Processing Required for Humanoid Caring Robots, Fukuro Shuppan Publishing, Mar. 2017.
26)石田 啓祐, 佐藤 正和, 大橋 育順 : 南海地震阿波地震津波碑及び津波標石碑調査報告書, 徳島県教育委員会, 徳島, 2017年3月.
27)徳島県教育委員会(編), 石田 啓祐 : 南海地震阿波地震津波碑及び津波標石碑調査報告書, --- 地質学から診た地震津波碑 ー立地・石材・保存の意義ー ---, 徳島県教育委員会, 徳島, 2017年3月.
28)土木学会土木計画学ハンドブック編集委員会【編】 , 小林 潔司, 山中 英生, 奥嶋 政嗣, 他126名 : 土木計画学ハンドブック, 株式会社 コロナ社, 東京, 2017年3月.
29)徳島県教育委員会(編), 石田 啓祐 : 赤色顔料生産遺跡及び関連遺跡の調査 採掘遺跡 石器編, --- 赤色顔料採掘遺跡出土の石杵・石臼石材の産地と石材の特性 ---, 徳島県教育委員会, 徳島, 2017年3月.
30)徳島県教育委員会(編), 石田 啓祐 : 赤色顔料生産遺跡及び関連遺跡の調査 採掘遺跡 土器編, --- 徳島県丹生谷-津乃峰山塊の赤色顔料鉱物はどのように産するのか –地質学の調査研究から- ---, 徳島県教育委員会, 徳島, 2017年3月.
31)西本 和哉, 石田 啓祐, 植地 岳彦 : 赤色顔料生産遺跡及び関連遺跡の調査 採掘遺跡 土器編, 徳島県教育委員会, 徳島, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)X.W. Zhang, Ryosuke Uzuoka, X.W. Tang and Q Shao : Study of Seabed Pullout Resistance on Quadrate Foundation Using Adaptive Time Stepping Method, Marine Georesources & Geotechnology, Vol.34, No.3, 234-243, 2016.
2)國立 忠秀, 木下 和彦, 渡辺 尚 : 自動車内における高信頼通信の実証的検討, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J99-B, No.4, 323-333, 2016年.
3)M. T. Sarode, Y. B. Khollam, S. D. Gunjal, P. N. Shelke, B. B. Kale, Pankaj M. Koinkar and K. C. Mohite : Structural and Optical Studies of Sol-Gel Dip Coated Nano-Crystalline TiO2 Films, Advanced Science Letters, Vol.22, No.4, 1089-1092, 2016.
4)P. N. Shelke, Y. B. Khollam, S. D. Gunjal, M. T. Sarode, Pankaj M. Koinkar and K. C. Mohite : Optical Properties of DC Electrochemically Deposited Co3O4 Thin Films, Advanced Science Letters, Vol.22, No.4, 1080-1084, 2016.
5)S. D. Gunjal, Y. B. Khollam, S. A. Arote, M. T. Sarode, Pankaj M. Koinkar, P. N. Shelke and K. C. Mohite : Characterization of Spray Pyrolysis Deposited Hexagonal CdS Films, Advanced Science Letters, Vol.22, No.4, 945-949, 2016.
6)井ノ口 弘昭, 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 都市高速道路における路線別対距離料金の適用可能性の検討, 交通工学論文集, Vol.2, No.4, 9-15, 2016年.
7) , Kubota Fukiko, Kamiya Noriho and Goto Masahiro : Mutual separation of indium, gallium, and zinc with the amic acid-type extractant D2EHAG containing glycine and amide moieties, Solvent Extraction Research and Development, Japan, Vol.23, No.21, 9-18, 2016.
8)Zhenzhen WANG, Yoshihiro Deguchi, Ren Wei Liu, Jun Jie Yan and Ji Ping Liu : Characteristics of emission from laser-induced plasma of metallic compounds in gaseous condition: the effects of gas pressure and laser pulse energy, Spectroscopy Letters; an International Journal for Rapid Communication, Vol.49, No.6, 396-403, 2016.
9)今井 昭二, 山本 祐平, 上村 健 : 本州日本海沿いの遠隔地における降雪中の無機小球体粒子の組成と長距離輸送, 分析化学, Vol.65, No.4, 211-219, 2016年.
10)Takehito Yoshida, Tei Watanabe, Fumito Kikuchi, Takeru Tabucchi, Ikurou Umezu and Masanobu Haraguchi : Pulsed-laser-deposited TiO2 nanocrystalline films supporting Au nanoparticles for visible-light-operating plasmonic photocatalysts, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.122, 510-1-510-5, 2016.
11)Changqin Quan and Fuji Ren : Textual Emotion Recognition for Enhancing Enterprise Computing, Enterprise Information Systems, Vol.10, No.4, 422-443, 2016.
12) , Fukiko Kubota, Masahiro Goto, W. Robert Cattrall and D. Spas Kolev : Separation of cobalt(II) from manganese(II) using a polymer inclusion membrane with N-[N,N-di(2-ethylhexyl)aminocarbonylmethyl]glycine (D2EHAG) as the extractant/carrie, Journal of Chemical Technology and Biotechnology, Vol.91, No.5, 1320-1326, 2016.
13)山越 幸太, 永田 裕一, 小野 功 : TSPのためのGA-EAXにおける探索ステージ切換条件とマルチスタート戦略の提案, 計測自動制御学会論文集, Vol.52, No.4, 242-248, 2016年.
14)Takahiko Mizuno and Tetsuo Iwata : Hadamard-transform fluorescence-lifetime imaging, Optics Express, Vol.24, No.8, 8202-8213, 2016.
15)Yi-Da Hsieh, Hiroto Kimura, Kenta Hayashi, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Francis Hindle and Takeshi Yasui : Terahertz frequency-domain spectroscopy of low-pressure acetonitrile gas by a Photomixing terahertz synthesizer referenced to dual optical frequency combs, Journal of Infrared, Millimeter and Terahertz Waves, Vol.37, No.9, 903-915, 2016.
16)Eiji Hase, Oki Matsubara, Takeo Minamikawa, Katsuya SATO and Takeshi Yasui : In situ time-series monitoring of collagen fibers produced by standing-cultured osteoblasts using a second-harmonic-generation microscope., Applied Optics, Vol.55, No.12, 3261-3267, 2016.
17)Aritsuki Takuya, Nakashima Takeshi, Kobayashi Keisuke, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Epitaxial graphene on SiC formed by the surface structure control technique, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.55, No.6, 06GF03-(4pp), 2016.
18)Sasayama Manabu and Kazuyuki Matsumoto : Retrieving Vaguely Remembered Lyrics Using N-Gram Edit Distance, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.8, No.1, 1-11, 2016.
19)Fujisawa Akira, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : An Illustration Image Classification Focusing on Infrequent Colors, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.8, No.1, 72-83, 2016.
20)Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida, Seiji Tsuchiya, Kenji Kita and Fuji Ren : Slang Analysis Based on Variant Information Extraction Focusing on the Time Series Topics, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.8, No.1, 84-98, 2016.
21)Masatsugu Oishi, Keisuke Yamanaka, Iwao Watanabe, Keiji Shimoda, Toshiyuki Matsunaga, Hajime Arai, Yoshio Ukyo, Yoshiharu Uchimoto, Zempachi Ogumi and Toshiaki Ohta : Direct observation of reversible oxygen anion redox reaction in Li-rich manganese oxide, Li2MnO3, studied by soft X-ray absorption spectroscopy, Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.4, No.23, 9293-9302, 2016.
22)Tian Chen, Xin Yi, Wei Wang, Jun Liu, Huaguo Liang, 任 福継 : Low Power Multistage Test Data Compression Scheme, ACTA ELECTRONICA SINICA, Vol.44, No.4, 241-247, 2016年.
23)任 福継, Yanqiu Li, Liangfeng Xu, Min Hu, Xiaohua Wang : Face recognition method based on local mean pattern description and double weighted decision fusion for classification, Journal of Image and Graphics, Vol.21, No.5, 565-573, 2016年.
24)今任 嘉幸, 石橋 正信, 馬場 俊孝, 安藤 和人, 上原 均, 加藤 孝広 : 新地球シミュレータによる 新地球シミュレータによる 新地球シミュレータによる 高分解能・量的津波シミュレーョン 高分解能・量的津波シミュレーョン, ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集, 2016年.
25)T Nakamura and Toshitaka Baba : Development of semi-real-time tsunami monitoring and calculation system on ocean-bottom stations off the Kii peninsula, southwest Japan, Marine Technology Society Journal, Vol.50, No.3, 76-86, 2016.
26)Sun Yan, Fuji Ren, XIN KANG and Changqin Quan : Developing a Japanese Adverb-Emotion Corpus to Investigate the Effect of Adverbs in Japanese Sentence Emotion Classification, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.8, No.1, 99-116, 2016.
27)Takafumi Inoue and Yoshifumi Nariyuki : EFFECT OF NON-LINEAR DYNAMIC INTERACTION ON SECTIONAL FORCE OF BRIDGE PIERS SUBJECTED TO PULSE-LIKE GROUND MOTIONS, Journal of Advanced Manufacturing Technology, 13-24, 2016.
28)橋爪 正樹, 伊喜利 勇貴, 小西 朝陽, 四柳 浩之, Shyue-Kung Lu : バウンダリスキャンテスト機構を用いたはんだ接合部の電気検査法とその組込型検査回路, エレクトロニクス実装学会誌, Vol.19, No.3, 161-165, 2016年.
29)Sejati Purnomo, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima, Akinobu Kuwahara and Takashi Yasuno : Object Conveyance Algorithm for Multiple Mobile Robots based on Object Shape and Size, International Journal of Advanced Computer Science and Applications, Vol.7, No.5, 553-559, 2016.
30)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (143 coauthors) : MAGIC observations of the February 2014 flare of 1ES 1011+496 and ensuing constraint of the EBL density, Astronomy & Astrophysics, Vol.590, id.A24, 2016.
31)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (154 coauthors) : Deep observation of the NGC 1275 region with MAGIC: search of diffuse -ray emission from cosmic rays in the Perseus cluster, Astronomy & Astrophysics, Vol.589, id.A33, 2016.
32)K. Abe, Reiko Orito and et al (37 coauthors) : Measurements of Cosmic-Ray Proton and Helium Spectra from the BESS-Polar Long-duration Balloon Flights over Antarctica, The Astrophysical Journal, Vol.822, No.2, id.65, 2016.
33)Wenli Lin, Katsutoshi Ueno, Mingroung Shen, Ryosuke Uzuoka and Hisashi Suzuki : Development of Capacitance Displacement Monitoring System and Its Performance Tests, International journal of GEOMATE : geotechnique, construction materials and environment, Vol.10, No.2122, 1956-1963, 2016.
34)Hamid Abdul Rahimah and Teruaki Ito : 3D prosthodontics wire bending mechanism with a linear segmentation algorithm, Journal of Advanced Manufacturing Technology, Vol.10, No.1, 33-46, 2016.
35)Ritesh Haldar, Munehiro Inukai, Satoshi Horike, Kazuhiro Uemura, Susumu Kitagawa and Kumar Tapas Maji : 113Cd Nuclear Magnetic Resonance as a Probe of Structural Dynamics in a Flexible Porous Framework Showing Selective O2/N2 and CO2/N2 Adsorption, Inorganic Chemistry, Vol.55, No.9, 4166-4172, 2016.
36)M.H.M. Akmal, A.R.M. Warikh, U.A.A. Azlan, M.A. Azam, T.J.S. Anand and Toshihiro Moriga : Structural evolution and dopant occupancy preference of yttrium-doped potassium sodium niobate thin films, Journal of Electroceramics, Vol.37, No.1-4, 50-57, 2016.
37)Kazuhiko Kinoshita, Natsuki Inoue, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode and Takashi Watanabe : Fair Routing for Overlapped Cooperative Heterogeneous Wireless Sensor Networks, IEEE Sensors Journal, Vol.16, No.10, 3981-3988, 2016.
38)Yasuhide Ohno, Kanai Yasushi, Mori Yuki, Masao Nagase and Matsumoto Kazuhiko : Top-gated graphene field-effect transistors by low-temperature synthesized SiNx insulator on SiC substrates, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.55, No.6S1, 06GF09, 2016.
39)松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一 : 紙容器入り牛乳の製造プロセスへの充填操作条件の影響, 化学工学論文集, Vol.42, No.3, 83-91, 2016年.
40)Shen Z., He L., Jin-Ping Ao, Zhang B.J. and Liu Y. : Investigation of O3-Al2O3/H2O-Al2O3 dielectric bilayer deposited by atomic-layer deposition for GaN MOS capacitors, Physica Status Solidi (A) Applications and Materials Science, Vol.213, No.10, 2693-2698, 2016.
41)Kazuhiro Hasezaki, Sena Wakazuki, Takuya Fujii and Masato Kitamura : Constituent Element Addition to n-Type Bi2Te2.67Se0.33 Thermoelectric Semiconductor without Harmful Dopants by Mechanical Alloying, Materials Transactions, Vol.57, No.6, 1001-1005, 2016.
42)Hisatomo Matsumura, Shin-ichiro Yanagiya, Masao Nagase, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Microscopic Raman Study of Graphene on 4H-SiC Two-Dimensionally Enhanced by Surface Roughness and Gold Nanoparticles, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.55, No.6S1, 06GL05, 2016.
43)Hiroki Kishikawa, Yoshihiro Makimoto, Kensuke Inoshita, Sanae Igarashi, Nobuo Goto and Shin-ichiro Yanagiya : Improvement of Contrast Ratio in QPSK Optical Label Recognition with Passive Optical Waveguide Circuit, Optical Engineering, Vol.55, No.5, 05714-1-05714-12, 2016.
44)Xiao Sun, Chengcheng LI and Fuji Ren : Sentiment Analysis for Chinese Microblog based on Deep Neural Networks with Convolutional Extension Features, Neurocomputing, Vol.210, 227-236, 2016.
45)Xiao Sun, Jiaqi Yi and Fuji Ren : Detecting Influenza States based on Hybrid Model with Personal Emotional Factors from Social Networks, Neurocomputing, Vol.210, 257-268, 2016.
46)Fuji Ren and Chao Li : Hybrid Chinese Text Classification Approach Using General Knowledge from Baidu Baike, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.11, No.5, 488-498, 2016.
47)Bu Yuyu, Chen Zhiwei, Xie Tian, Li Weibing and Jin-Ping Ao : Fabrication of C3N4 ultrathin flakes by mechanical grind method with enhanced photocatalysis and photoelectrochemical performance, RSC Advances, Vol.6, 47813-47819, 2016.
48)Xiao Sun, Ting Pan and Fuji Ren : Facial Expression Recognition Using ROI-KNN Deep Convolutional Neural Networks, ACTA AUTOMATICA SINICA, Vol.42, No.6, 883-891, 2016.
49)Fuji Ren, Yu Wang and Changqin Quan : A novel factored POMDP model for affective dialogue management, Journal of Intelligent and Fuzzy Systems, Vol.31, No.1, 127-136, 2016.
50)DOOWON CHOI, GYONGRAE CHO, JOONHWAN SHIM, JOONHWAN SHIM, 出口 祥啓, DONGHYUK KIM, DEOGHEE DOH : 2D Temperature Measurement of CT-TDLAS by Using Two-Ratios-of-Three-Peaks Algorithm, Transactions of the Korean Hydrogen and New Energy Society, Vol.27, No.3, 318-327, 2016年.
51)W. K. Liao, Yasunori Muto, L. W. Chen and H. B. Wu : A probabilistic bridge safety evaluation against floods, SpringerPlus, Vol.5, No.783, 2016.
52)Suguru Tsujioka, Akio Kondo and Kojiro WATANABE : Estimation of Residence Information of Twitter Users based on their Posted Messages, --- Data for Tourism Development ---, International Journal of Research in Chemical Metallurgical and Civil Engineering, Vol.3, No.1, 180-183, 2016.
53)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (153 coauthors) : Super-orbital variability of LS I +61°303 at TeV energies, Astronomy & Astrophysics, Vol.591, id.A76, 2016.
54)J. Aleksić, Reiko Orito and et al (164 coauthors) : Insights into the emission of the blazar 1ES 1011+496 through unprecedented broadband observations during 2011 and 2012, Astronomy & Astrophysics, Vol.591, id.A10, 2016.
55)Humio Ichimura and Hiroki Sumida-Takahashi : Normal integral basis of an unramified quadratic extension over a cyclotomic Z2-extension, Journal de Theorie des Nombres de Bordeaux, Vol.28, No.2, 325-345, 2016.
56)Wei Wei Xu, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto, Bin Bin Xu, Ai-Wu Li and Ji-Ping Wang : Preparation of Large-area Controllable Patterned Silver Nanocrystals for High Sensitive and Stable Surface-enhanced Raman Spectroscopy, Chemical Research in Chinese Universities, Vol.32, No.3, 428-432, 2016.
57)Takao Ueda, Keisuke Aihara and Tomihiro Iiboshi : Steel corrosion in recycled aggregate concrete containing amino acid, Proceedings of the 2nd International Conference on Concrete Sustainability, 832-839, 2016.
58)Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi, Y. Shisawa, Y. Kitauchi and Y. Eto : DEVELOPMENT OF FUEL COMPOSITION MEASUREMENT TECHNOLOGY USING LASER DIAGNOSTICS, Applied Thermal Engineering, Vol.102, 596-603, 2016.
59)Ken-Ichi Fushimi, Hiroyasu Ejiri, R. Hazama, H. Ikeda, K. Imagawa, K. Inoue, G. Kanzaki, A. Kozlov, Reiko Orito, T. Shima, Y. Takemoto, Y. Teraoka, S. Umehara, K. Yasuda and S. Yoshida : Dark matter search project PICO-LON, Journal of Physics: Conference Series, Vol.718, 042022, 2016.
60)T Iida, K Nakajima, S Ajimura, T Batpurev, W M Chan, Ken-Ichi Fushimi, R Hazama, H Kakubata, B T Khai, T Kishimoto, X Li, T Maeda, A Masuda, K Matsuoka, N Nakatani, M Nomachi, S Noshiro, I Ogawa, T Ohata, H Ohsumi, K Suzuki, Y Tamagawa, K Tetsuno, V T T Trang, T Uehara, S Umehara and S Yoshida : Status and future prospect of 48Ca double beta decay search in CANDLES, Journal of Physics: Conference Series, Vol.718, 062026, 2016.
61)Luisa Prasetyo, Toshihide Horikawa, Poomiwat Phadungbut, Shiliang (Johnathan) Tan, D. D. Do and D. Nicholson : A GCMC Simulation and Experimental Study of Krypton Adsorption/Desorption Hysteresis on a Graphite Surface, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.478, 402-412, 2016.
62)Queaño L. Karlo, Dimalanta B. Carla, Jr. P. Yumul Graciano, Marquez J. Edanjarlo, Faustino-Eslava V. Decibel, Suzuki Shigeyuki and Keisuke Ishida : Stratigraphic units overlying the Zambales Ophiolite Complex in Luzon, Philippines: Tectonostratigraphic significance and regional implications, Journal of Asian Earth Sciences, Vol.Special issue "Crust Mantle Evolution", No.published online, in-press, 2016.
63)Naoki Ogiwara, Munehiro Inukai, Tomoya Itakura, Satoshi Horike and Susumu Kitagawa : Fast Conduction of Organic Cations in Metal Sulfate Frameworks, Chemistry of Materials, Vol.28, No.11, 3968-3975, 2016.
64)Yuusuke Takashima, Masato Tanabe, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : Highly polarized emission from a GaN-based ultraviolet light-emitting diode using a Si-subwavelength grating on a SiO2 underlayer, Optics Communications, Vol.369, 38-43, 2016.
65)山口 晶子, 永野 哲平, 橋本 親典, 後藤 昭彦 : フライアッシュを混合した高強度コンクリートの施工性能および強度性状に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 123-128, 2016年.
66)山田 悠二, 稲葉 諒, 橋本 親典, 渡邉 健 : フェロニッケルスラグ骨材を混合した舗装用スリップフォームコンクリートの施工性能および硬化特性の評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1659-1664, 2016年.
67)平田 大希, 橋本 親典, 横井 克則, 渡邉 健 : 多量のフライアッシュおよび高炉スグ細骨材の使用による低度処粗骨材コンクリートの耐凍害性向上に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1785-1790, 2016年.
68)岡 友貴, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 低度処理再生骨材およびフライアッシュを使用したコンクリートの施工性能および初期強度発現性状に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1569-1574, 2016年.
69)福冨 隼人, 渡邉 健, 宮崎 一樹, 橋本 親典 : 超音波法による鉄筋腐食の早期発見に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 2169-2174, 2016年.
70)三宅 純平, 山田 悠二, 渡邉 健, 橋本 親典 : 各種要因がシリンダーを用いた簡易透気試験に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1995-2000, 2016年.
71)Yi-Da Hsieh, Shota Nakamura, Ghareab Dahi Abdelsalam, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Francis Hindle and Takeshi Yasui : Dynamic terahertz spectroscopy of gas molecules mixed with unwanted aerosol under atmospheric pressure using fibre-based asynchronous-optical-sampling terahertz time-domain spectroscopy., Scientific Reports, Vol.6, 28114, 2016.
72)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Masaaki Toyohara : Performance and Flow Condition of Cross-Flow Wind Turbine with a Symmetrical Casing Having Side Boards, International Journal of Fluid Machinery and Systems, Vol.9, No.2, 169-174, 2016.
73)Toru Shigemitsu, Fukuda Hiroaki and Junichiro Fukutomi : PIV Measurement of Inlet and Outlet Flow of Contra-Rotating Small-Sized Cooling Fan, International Journal of Fluid Machinery and Systems, Vol.9, No.2, 175-181, 2016.
74)Akitaka Imamura, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristics of Quad Rotor Helicopter with Thrust Vectoring Equipment, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, 334-359, 2016.
75)Motomichi Sonobe, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Effectiveness of Delayed Feedback Control Applied to a Small-Size Helicopter with a Suspended Load System, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, 351-360, 2016.
76)Masafumi Miwa, Shinji Uemura and Akitaka Imamura : Arbitrary Attitude Hovering Control of Quad Tilt Rotor Helicopter, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, 328-333, 2016.
77)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : LED Panel Detection and Pattern Discrimination Using UAV'sOn-Board Camera for Autofligjt Control, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, 295-303, 2016.
78)Yoriko Sonoda, Midori Goto, Yuki Matsumoto, Yukihiro Shimoi, Fumio Sasaki and Akihiro Furube : Halogenated (F, Cl, Br, or I) Diphenylhexatrienes: Crystal Structures, Fluorescence Spectroscopic Properties, and Quantum Chemical Calculations, Crystal Growth & Design, Vol.16, No.7, 4060-4071, 2016.
79)Xiao Sun, Chongyuan Sun, Fuji Ren, Fang Tian and Kunxia Wang : Emotional Element Detection and Tendency Judgment Based on Mixed Model with Deep Features, 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2016.
80)Xiao Sun, Xiaoqi Peng and Fuji Ren : Detect the Emotions of Whe Public Based on Cascade Neural Network Model, 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2016.
81)Fei Gao, Xiao Sun, Kunxia Wang and Fuji Ren : Chinese micro-blog sentiment analysis based on semantic features and PAD model, 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2016.
82)Shih-Hsuan Chiu, Ivan Ivan, Cheng-Lung Wu, Kun-Ting Chen, Sigit Tri Wicaksono and Hitoshi Takagi : Mechanical properties of urethane diacrylate/bamboo powder composite fabricated by rapid prototyping system, Rapid Prototyping Journal, Vol.22, No.4, 676-683, 2016.
83)Shih-Hsuan Chiu, Cheng-Lung Wu, Shun-Ying Gan, Kun-Ting Chen, Yi-Ming Wang, Sheng-Hong Pong and Hitoshi Takagi : Thermal and mechanical properties of copper/photopolymer composite, Rapid Prototyping Journal, Vol.22, No.4, 684-690, 2016.
84)Katsusuke Nabeshima, Katsuyoshi Ohara and Shinichi Tajima : Comprehensive Gröbner systems in rings of differential operators, holonomic D-modules and b-functions, Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC' 2016), 349-356, 2016.
85)Shunsuke Kanda, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe : A compression method of double-array structures using linear functions, Knowledge and Information Systems, Vol.48, No.1, 55-80, 2016.
86)Zhang Jiaqi, Wang Lei, Wang Qingpeng, Jiang Ying, Li Liuan, Zhu Huichao and Jin-Ping Ao : Self-Aligned-Gate AlGaN/GaN Heterostructure Field-Effect Transistors with Titanium Nitride Gate, Chinese Physics B, Vol.25, No.8, 087308, 2016.
87)Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Hiroyuki Kitajima and Tetsushi Ueta : Control Technique of Maximum Local Lyapunov Exponent on Stable Periodic Solution in Continuous-Time Non-Autonomous Dynamical Systems, International Journal of Computing Communication and Instrumentation Engineering, Vol.3, No.2, 349-353, 2016.
88)Shyue-Kung Lu, Cheng-Ju Tsai and Masaki Hashizume : Enhanced Built-In Self-Repair Techniques for Improving Fabrication Yield and Reliability of Embedded Memories, IEEE Transactions on Very Large Scale Integration (VLSI) Systems, Vol.24, No.8, 2726-2734, 2016.
89)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (161 coauthors) : Investigating the peculiar emission from the new VHE gamma-ray source H1722+1, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol.459, No.3, 3271-3281, 2016.
90)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (160 coauthors) : Multiwavelength observations of the blazar 1ES 1011+496 in Spring 2008, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol.459, No.3, 2286-2298, 2016.
91)重光 亨, 竹島 康東司, 小川 雄也, 楠 丁, 福富 純一郎 : 二重反転形小型ハイドロタービンの翼近傍における圧力変動, ターボ機械, Vol.44, No.7, 429-437, 2016年.
92)KASSIM MOHAMED Anuar, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki, ARAS SHAHRIEEL MOHD Mohd, JAAFAR IZZUAN Hazriq, JAFAR AZNI Fairul and SUBRAMONIAN Sivarao : Conceptual design and implementation of electronic spectacle based obstacle detection for visually impaired persons, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.10, No.7, 1-12, 2016.
93)Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Dashboard for Analyzing Ubiquitous Learning Log, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.14, No.3, 1-20, 2016.
94)リベイロ ブルノ, 中山 一秀, 上田 隆雄, 七澤 章 : コンクリートの水セメント比が通電による補修効果と通電後表面保護に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1167-1172, 2016年.
95)上田 隆雄, 河野 惇平, 飯干 富広, 江里口 玲 : アミノ酸の添加がフライアッシュコンクリートの塩害抵抗性に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1221-1226, 2016年.
96)横山 直哉, 高 玉荃, 上田 隆雄, 塚越 雅幸 : フライアッシュと亜硝酸リチウムを用いた断面修復材料の適用性に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1905-1910, 2016年.
97)秋山 孝正, 井ノ口 弘昭, 奥嶋 政嗣 : 長期的需要を考慮した都市高速道路料金政策に関するモデル分析, 高速道路と自動車, Vol.59, No.7, 20-28, 2016年.
98)Tomohiro Hirano, Ryota Kamiike, Yuchin Hsu, Hikaru Momose and Koichi Ute : Multivariate analysis of 13C NMR spectra of branched copolymers prepared by initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate and tert-butyl methacrylate, Polymer Journal, Vol.48, No.7, 793-800, 2016.
99)宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 謝 宜達, 水谷 康弘, 岩田 哲郎, 安井 武史, 山本 裕紹 : スリット共焦点と波長/空間変換を用いたスキャンレス・フルフィールド共焦点顕微鏡, 精密工学会誌, Vol.82, No.7, 679-682, 2016年.
100)Zhen Zhen Wang, Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Zhang, Zhe Wang, Xiaoyan Zeng and Jun Jie Yan : Laser-induced breakdown spectroscopy in Asia, Frontiers of Physics, Vol.11, No.6, 114213-1-114213-25, 2016.
101)Shun Kamada, Toshihiro Okamoto, Salah E. El-Zohary and Masanobu Haraguchi : Design optimization and fabrication of Mach-Zehnder interferometer based on MIM plasmonic waveguides, Optics Express, Vol.24, No.15, 16224-16231, 2016.
102)Koji Okuda, Shun Kamada, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Gap plasmon excitation in plasmonic waveguide using Si waveguide, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.55, No.8S3, 08RG02-1-08RG02-4, 2016.
103)Munehiro Inukai, Satoshi Horike, Tomoya Itakura, Ryota Shinozaki, Naoki Ogiwara, Daiki Umeyama, Sanjog Nagarkar, Yusuke Nishiyama, Michal Malon, Akari Hayashi, Takashi Ohhara, Ryoji Kiyanagi and Susumu Kitagawa : Encapsulating Mobile Proton Carriers into Structural Defects in Coordination Polymer Crystals: High Anhydrous Proton Conduction and Fuel Cell Application, Journal of the American Chemical Society, Vol.138, No.27, 8505-8511, 2016.
104)Yoshihisa Suzuki, Yoshiaki Hattori, Jun Nozawa, Satoshi Uda, Akiko Toyotama and Junpei Yamanaka : Adsorption, Desorption, Surface Diffusion, Lattice Defect Formation, and Kink Incorporation Processes of Particles on Growth Interfaces of Colloidal Crystals with Attractive Interactions, Crystals, Vol.6, No.7, 80-1-80-11, 2016.
105)青井 洋視, 永野 哲平, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 再生骨材モルタルの初期から長期材齢までの強度発現に影響を及ぼす鉱物質微粉末のフィラー効果に関する一考察, 材料, Vol.65, No.7, 509-516, 2016年.
106)松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一 : 牛乳紙容器への牛乳充填プロセスの三次元数値解析, 日本レオロジー学会誌, Vol.44, No.3, 159-166, 2016年.
107)Yohichi Suzuki, Rupashree Balia Singh, Hiroyuki Matsuzaki, Akihiro Furube, Guijun Ma, Takashi Hisatomi, Kazunari Domen and Kazuhiko Seki : Rationalizing long-lived photo-excited carriers in photocatalyst (La5Ti2CuS5O7) in terms of one-dimensional carrier transport, Chemical Physics, Vol.476, 9-16, 2016.
108)Haruhiko Koizumi, Ryo Suzuki, Masaru Tachibana, Katsuo Tsukamoto, Izumi Yoshizaki, Seijiro Fukuyama, Yoshihisa Suzuki, Satoshi Uda and Kenichi Kojima : Importance of Determination of Crystal Quality in Protein Crystals when Performing High-Resolution Structural Analysis, Crystal Growth & Design, Vol.16, 4906-4909, 2016.
109)野田 稔, 大西 慎也, 細見 玄武, 長尾 文明 : 静止並列2円柱の表面変動圧力の空間組織構造, 日本風工学会論文集, Vol.41, No.3, 93-102, 2016年.
110)池本 直矢, 寺田 賢治, 高科 勇太, 中野 昭雄 : 画像処理による色や形が類似した微小害虫の高精度分類, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.136, No.8, 1120-1127, 2016年.
111)羽田 遼, 寺田 賢治 : 3次元回転不変位相限定相関法を用いた3次元モデリング, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.136, No.8, 1128-1134, 2016年.
112)Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Yuki Gojima, Kazuki Nanba, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Evaluation of human bowel motility using non-contact microphones, Biomedical Physics & Engineering Express, Vol.2, No.4, 1-8, 2016.
113)Stephen Githinji Karungaru, Yamamoto Jumpei and Kenji Terada : Towards Autonomous Driving: Road Surface Signs Recognition using Neural Networks, International Journal of Engineering Research and Technology, Vol.5, No.8, 34-38, 2016.
114)H. Takiya, K. Abe, K. Hiraide, K. Ichimura, Y. Kishimoto, K. Kobayashi, M. Kobayashi, S. Moriyama, M. Nakahata, T. Norita, H. Ogawa, H. Sekiya, O. Takachio, A. Takeda, S. Tasaka, M. Yamashita, B.S. Yang, N.Y. Kim, Y.D. Kim, Y.I tow, R. Kegasa, K. Kobayashi, K. Masuda, Ken-Ichi Fushimi, K. Martens, Y. Suzuki, R. Fujita, K. Hosokawa, K. Miuchi, N. Oka, Y. Onishi, Y. Takeuchi, Y.H. Kim, J.S. Lee, K.B. Lee, M.K. Lee, Y. Fukuda, K. Nishijima and S. Nakamura : A measurement of the time profile of scintillation induced by low energy gamma-rays in liquid xenon with the XMASS-I detector, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, Vol.834, 192-196, 2016.
115)Satoshi D. Ohmura, Choki MUROI, Hajime SAKATA, Makoto Wada and Norikazu Miyoshi : Depolymerization of Waste PET with Phosphoric Acid-Modified Silica Gel Under Microwave Irradiation, Journal of Polymers and the Environment, Vol.25, No.2, 250-257, 2016.
116)Takanori Tada, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, Yukiteru Katsumoto, Taka-aki Asoh, Tatsuya Shoji, Noboru Kitamura and Yasuyuki Tsuboi : Effects of Syndiotacticity on the Dynamic and Static Phase Separation Properties of Poly(N-Isopropylacrylamide) in Aqueous Solution, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.120, No.31, 7724-7730, 2016.
117)Takashi Yamamoto, Aoi Teramachi, Akihiro Orita, Akihito Kurimoto, Takashi Motoi and Tsunehiro Tanaka : Generation of Strong Acid Sites on Yttrium-Doped Tetragonal ZrO2-Supported Tungsten Oxides: Effects of Dopant Amounts on Acidity, Crystalline Phase, Kinds of Tungsten Species, and Their Dispersion, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.120, No.35, 19705-19713, 2016.
118)Noor Hisyam Noor Mohamed, Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Mechanical properties of heat-treated cellulose nanofiber-reinforced polyvinyl alcohol nanocomposite, Journal of Composite Materials, 2016.
119)Suzuki Shigeyuki, Peña E. Rolando, Tam A. Tomas, Jr. P. Yumul Graciano, Dimalanta B. Carla, Usui Mayumi and Keisuke Ishida : Development of the Philippine Mobile Belt in northern Luzon from Eocene to Pliocene, Journal of Asian Earth Sciences, Vol.Special issue "Crust Mantle Evolution", No.(published online), in-press, 2016.
120)Ming Cai, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Yan Li and Geoffrey I.N. Waterhouse : Effect of alkali treatment on interfacial bonding in abaca fiber-reinforced composites, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, Vol.90, 589-597, 2016.
121)Fumitoshi Yagishita, Mamoru Kato, Naohiro Uemura, Hiroki Ishikawa, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Yoshio Kasashima and Masami Sakamoto : Asymmetric Synthesis Using Chiral Crystals of Coumarin-3-carboxamides and Carbenoids, Chemistry Letters, Vol.45, No.11, 1310-1312, 2016.
122)Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts, ChemSusChem, Vol.9, 2769-2773, 2016.
123)Shinobu Takao, Oki Sekizawa, Gabor Samjeské, Shin-ichi Nagamatsu, Takuma Kaneko, Kotaro Higashi, Takashi Yamamoto, Kensaku Nagasawa, Xiao Zhao, Tomoya Uruga and Yasuhiro Iwasawa : Spatially Non-Uniform Degradation of Pt/C Cathode Catalysts in Polymer Electrolyte Fuel Cells Imaged by Combination of Nano XAFS and STEM-EDS Techniques, Topics in Catalysis, Vol.59, No.19, 1722-1731, 2016.
124)Jinn P. Chu, Chia-Chi Yu, Yusuke Tanatsugu, Mikito Yasuzawa and Yu-Lin Shen : Non-stick syringe needles: Beneficial effects of thin film metallic glass coating, Scientific Reports, Vol.6, 31847, 2016.
125)東 和之, 大田 直友, 橋本 温, 大谷 壮介, 上月 康則 : 徳島市沖洲地区人工海浜で発生している「沈み込み現象」の原因究明, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.72, No.2, 718-725, 2016年.
126)小島 拓郎, 山中 英生 : 自治体における自転車ネットワーク計画の策定内容の比較分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.36, 171-176, 2016年.
127)山中 英生, 原澤 拓也, 西本 拓弥 : サイクリストによる多様な車道内自転車利用空間の安全感評価, 交通工学研究発表会論文集, Vol.36, 183-188, 2016年.
128)Yiming Tang and Fuji Ren : Variable Differently Implicational Inference for R- and S-Implications, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.15, No.5, 1235-1264, 2016.
129)L. M. Ahnen, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Long-term multi-wavelength variability and correlation study of Markarian 421 from 2007 to 2009, Astronomy & Astrophysics, Vol.593, id.A91, 2016.
130)任 福継, Yanqiu Li, Min Hu, Liangfeng Xu : Face Recognition Method Based on Multi Features Description and Local Fusion Classification Decision, Opto-Electronic Engineering, Vol.43, No.9, 82-89, 2016年.
131)塚越 雅幸, 湊 聖徳, 上田 隆雄, 古澤 洋祐 : 絶縁仕様で施工されたウレタン系塗膜防水層下にあるコンクリートの中性化, コンクリート工学年次論文報告集, Vol.38, No.1, 735-740, 2016年.
132)Akira Mizobuchi, Yuki Kagawa and Tohru Ishida : Miniature Drilling of Chemically Strengthened Glass Plate Using Electroplated Diamond Tool, International Journal of Automation Technology (IJAT), Vol.10, No.5, 780-785, 2016.
133)Jesus Rafael Alcantara Avila, Morihiro Tanaka, César Márquez Ramírez, I. Fernando Gómez-Castro, Gabriel J. Segovia-Hernández, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design of a Multitask Reactive Distillation with Intermediate Heat Exchangers for the Production of Silane and Chlorosilane Derivates, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.55, No.41, 10968-10977, 2016.
134)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Koujiro Itotani and Yoshiro Fukubayashi : Development and characterization of thermoset green composites reinforced by unidirectional abaca fibers, Journal of Materials Research, Vol.230, No.5, 934-938, 2016.
135)Fumitoshi Yagishita, Koh Nomura, Saki Shiono, Chiho Nii, Takashi Mino, Masami Sakamoto and Yasuhiko Kawamura : Palladium-catalyzed Mizoroki-Heck Reaction Using Imidazo[1,5-a]pyridines, ChemistrySelect, Vol.1, No.15, 4560-4563, 2016.
136)長谷川 諒, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : タンクモデルで推定した地中水量と斜面長・勾配に基づく深層崩壊発生斜面の特徴, 第8回土砂災害に関するシンポジウム論文集, 91-96, 2016年.
137)Xin Zhao, Guoqing Hu, Bofeng Zhao, Cui Li, Yingling Pan, Ya Liu, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Picometer-resolution dual-comb spectroscopy with a free-running fiber laser, Optics Express, Vol.24, No.19, 21833-21845, 2016.
138)Zhigang Zhao, , Wataru Yoshida, Fukiko Kubota and Masahiro Goto : Development of novel adsorbent bearing aminocarbonylmethylglycine and its application to scandium separation, Journal of Chemical Technology and Biotechnology, Vol.91, No.11, 2779-2784, 2016.
139)Suzuki Shigeyuki, Keisuke Ishida, Yamashita Shinji and Takesue Norito : Deformation in shear zone of the Butsuzo Tectonic Line under syn-sedimentary to diagenetic conditions, Abstracts Volume of GSA 2016 Denber, Colorado, USA, Vol.Online, No.#281331, Session265-Booth438, 2016.
140)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システムのBCPテスト結果と課題, 学術情報処理研究, Vol.20, 119-127, 2016年.
141)谷岡 広樹, 板東 孝文, 松浦 健二 : 徳島大学情報センターにおける全文検索システムの導入検討, 学術情報処理研究, Vol.20, 30-39, 2016年.
142)Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe and Kazuya Takeda : Investigation of DNN-based audio-visual speech recognition, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.10, 2016.
143)Toshio Takayanagi, Daichi Itoh and Hitoshi Mizuguchi : Analysis of Acid Dissociation Equilibrium of Bupropion by Capillary Zone Electrophoresis After the Heat-Degradation, Chromatography, Vol.37, No.3, 105-109, 2016.
144)松木 剛志, 久保 智裕, 大屋 英稔 : 時変むだ時間を含む中立系における逆LQレギュレータの指数安定度指定, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.136, No.10, 1466-1472, 2016年.
145)Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers and Action of Electric Discharges on Solution Liquid, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.10, 2167-2172, 2016.
146)Mitsuru Morimoto, Toshiki Ninomiya, Tomohide Ikemoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Ozone Production by Streamer Discharges Using Nanosecond Pulsed Powers and Coaxial Reactor With Tensioned Inner Electrode, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.10, 2190-2195, 2016.
147)Shin-ichi Nakayama and Shigeru MASUYAMA : A linear time algorithm for finding a spanning tree with non-terminal set $V_{NT}$ on cographs., IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.10, 2574-2584, 2016.
148)Jun Liu, Tangya Wang, 任 福継 : Bad-Die Recycling Technique for Yield Enhancement of Three-Dimensional Memories, Microelectronics & Computer, Vol.33, No.10, 7-12, 2016年.
149)Wei Wang, Xia Zhu, Fang Fang, Zhenlu Qin, Erhui Guo, 任 福継 : Optimal design of 3D chip scan chains based on cores-hierarchical-placement, Journal of Electronic Measurement and Instrumentation, Vol.30, No.10, 1482-1489, 2016年.
150)上田 隆雄, 藤本 磨美, 七澤 章, 塚越 雅幸 : リチウム系電解液を用いた通電と表面保護の併用によるASR膨張抑制効果, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.16, 43-48, 2016年.
151)SAHRONI RONI Taufik, LAU Ying Li and Teruaki Ito : Design of welded joint based on transient thermal condition, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.10, No.7, 1-8, 2016.
152)Kaneko Takuma, Gabor Samjeské, Shin-ichi Nagamatsu, Kotaro Higashi, Sekizawa Oki, Takao Shinobu, Takashi Yamamoto, Xiao Zhao, Tomoya Uruga and Yasuhiro Iwasawa : Key Structural Kinetics for Carbon Effects on the Performance and Durability of Pt/Carbon Cathode Catalysts in Polymer Electrolyte Fuel Cells Characterized by in Situ Time-Resolved XAFS, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.120, No.42, 24250-24264, 2016.
153)Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Fabrication of hydrophilic graphene film by molecular functionalization, Physica Status Solidi (B) Basic Solid State Physics : PSS, Vol.254, No.2, 1600524-(4pp), 2016.
154)Feian Sun, Zhenguo Sun, Qiang Chen, Riichi Murayama and Hideo Nishino : Mode conversion behavior of guided wave in a pipe inspection system based on a long waveguide, Sensors, Vol.16, No.10, 1737, 2016.
155)Mitsuru Morimoto, Ryotaro Arai, Koji Omatsu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Introduction of Tensioned Inner Wire Electrode for NOx Treatment With Nanosecond Pulsed Power System, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.11, 2874-2879, 2016.
156)AM Session, Y Uno, Minoru Watanabe and 他71名中24番目 : Genome evolution in the allotetraploid frog Xenopus laevis., Nature, Vol.538, No.7625, 336-343, 2016.
157)長曽我部 まどか, 小川 宏樹 : 郊外共同住宅居住者の住宅ニーズとまちなかへの転居の住環境条件に関する研究, 都市計画論文集, Vol.51, No.3, 972-978, 2016年.
158)Tao Wen, Qiaogen Zhang, Yifan Qin, Junping Zhao, Jingtan Ma, Zhicheng Wu, Naoyuki Shimomura, Fengbo Tao, Yongyong Jia, Yu Yin, Weidong Shi and Weijiang Chen : On-site standard lightning impulse test for 1,100-kV gas-insulated switchgear with large capacitance, IEEE Electrical Insulation Magazine, Vol.32, No.6, 36-43, 2016.
159) Widiant, Masaki Hashizume, Shohei Suenaga, Hiroyuki Yotsuyanagi, Akira Ono, Shyue-Kung Lu and Zvi Roth : A Built-in Test Circuit for Electrical Interconnect Testing of Open Defects in Assembled PCBs, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.11, 2723-2733, 2016.
160)Xiaohua Wang, Ruijing Li, Min Hu, 任 福継 : Occluded facial expression recognition based on the fusion of local features, Journal of Image and Graphics, Vol.21, No.11, 1473-1482, 2016年.
161)Xiao Sun, Jiajin He, 任 福継 : Ironically linguistic judgement based on hybrid neural network model via multi-feature fusion, Journal of Chinese Information Processing, Vol.30, No.6, 37-45, 2016年.
162)Xiao Sun, Zhongyuan Sun, 任 福継 : Biomedical Named Entity Recognition Based on Deep Conditional Random Fields, Moshi Shibie yu Rengong Zhineng/Pattern Recognition and Artificial Intelligence, Vol.29, No.11, 997-1008, 2016年.
163)Bohan Chen, Norihide Kitaoka and Kazuya Takeda : Impact of acoustic similarity on efficiency of verbal information transmission via subtle prosodic cues, EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing, Vol.2016, No.19, 2016.
164)Chao Chen, Shengdun Zhao, Minchao Cui, Xiaolan Han, Shuqin Fan and Tohru Ishida : An Experimental Study on the Compressing Process for Joining Al6061 Sheets, Thin-Walled Structures, Vol.108, 56-63, 2016.
165)Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Takushi Kazama, Takeshi Umeki, Masafumi Koga and Atsushi Takada : Optical pump phase locking to a carrier wave extracted from phase-conjugated twin waves for phase-sensitive optical amplifier repeaters, Optics Express, Vol.24, No.23, 26300-26306, 2016.
166)Perumal A. Puvanasvaran, Teruaki Ito, Siang Yong Teoh and Sieng Sai Yoong : Examination of Overall Equipment Effectiveness (OEE) in Term of Maynard's Operation Sequence Technique (MOST), American Journal of Applied Sciences, Vol.13, No.11, 1214-1220, 2016.
167)Keizo Nakagawa, Yoshiki Tezuka, Takuya Ohshima, Megumi Katayama, Toshimasa Ogata, Ken-Ichiro Sotowa, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Formation of Cerium Carbonate Hydroxide and Cerium Oxide Nanostructures by Self-Assembly of Nanoparticles Using Surfactant Template and Their Catalytic Oxidation, Advanced Powder Technology, Vol.27, No.5, 2128-2135, 2016.
168)奥嶋 政嗣 : クリーンエネルギー車両普及促進に関するマルチエージェントシミュレーション, 知能と情報, Vol.28, No.5, 846-854, 2016年.
169)Ikuma Takahashi, Katsutoshi Fukuda, Tomoya Kawaguchi, Hideyuki Komatsu, Masatsugu Oishi, Haruno Murayama, Masaharu Hatano, Takayuki Terai, Hajime Arai, Yoshiharu Uchimoto and Eiichiro Matsubara : Quantitative Analysis of Transition-Metal Migration Induced Electrochemically in Lithium-Rich Layered Oxide Cathode and Its Contribution to Properties at High and Low Temperatures, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.120, No.48, 27109-27116, 2016.
170)Eiji Hase, Katsuya SATO, Daisuke Yonekura, Takeo Minamikawa, Mitsuhiko Takahashi and Takeshi Yasui : Evaluation of the histological and mechanical features of tendon healing in a rabbit model with the use of second-harmonic-generation imaging and tensile testing, Bone & Joint Research, Vol.5, No.11, 577-585, 2016.
171)Koji Kashihara and Masashi Iwase : Automatic design of an effective image filter based on an evolutionary algorithm for venous analysis, Network Modeling and Analysis in Health Informatics and Bioinformatics, Vol.5, No.1, 1-14, 2016.
172)Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : Computing Tjurina stratifications of mu-constant deformations via parametric local cohomology systems, Applicable Algebra in Engineering, Communication and Computing, Vol.27, No.6, 451-467, 2016.
173)Xiao Sun, Fei Gao, 任 福継 : Mining the impact of social news on the emotions of users based on Deep Model, Journal of Chinese Information Processing, 2016年.
174)Fuji Ren and Zhong Huang : Automatic Facial Expression Learning Method Based on Humanoid Robot XIN-REN, IEEE Transactions on Human-Machine Systems, Vol.46, No.6, 810-821, 2016.
175)Kensuke Inoshita, Yoshimitsu Hama, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Noise Tolerance in Optical Waveguide Circuits for Recognition of Optical 16 Quadrature Amplitude Modulation Codes, Optical Engineering, Vol.55, No.12, 126105-1-126105-8, 2016.
176)Kitamura Masato and Kazuhiro Hasezaki : Effect of Mechanical Alloying on Thermal Conductivity of Bi2Te3-Sb2Te3, Materials Transactions, Vol.57, No.12, 2153-2157, 2016.
177)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島都市圏における津波危険性を考慮した住宅立地傾向の分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.81, No.730, 2713-2721, 2016年.
178)Yosuke Sato, Ryoya Fukasaku and Katsusuke Nabeshima : On simple representation of locally closed sets, Proc. Asian Technology Conference in Mathematics 2016, 190-199, 2016.
179)Y. Toyomori, S. Tsuji, S. Mitsuda, Y. Okayama, A. Mori, T. Kobayashi, Y. Miyazaki, T. Yaita, S. Arae, T. Takahashi and Masamichi Ogasawara : Bithiophene with Winding Vine-Shaped Molecular Asymmetry: Preparation, Structural Characterization, and Enantioselective Synthesis, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.89, No.12, 1480-1486, 2016.
180)長谷 栄治, 南川 丈夫, 佐藤 克也, 米倉 大介, 高橋 光彦, 安井 武史 : 第2高調波発生光(SHG)顕微鏡を用いた腱修復の観察, 生体医工学, Vol.54, No.6, 253-260, 2016年.
181)G.Sarda Narendra, Hayashi Takanori, Takeuchi Yuta, Harada Kyosuke, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : A New Synthesis Route of Petrovskite-related Sr2TaO3N Oxynitride via Sr2Ta6O10.188, AIP Conference Proceedings, No.1790, 020016-1-020016-4, 2016.
182)Fuji Ren and Xiao Sun : Current Situation and Development of Intelligence Robots, ZTE, Vol.14, No.S1, 25-34, 2016.
183)西山 賢一 : 粗粒砂岩の風化による岩石物性の変化, 応用地質, Vol.57, No.5, 213-218, 2016年.
184)Xiaohua Wang, Dengyong Hou, Min Hu, 任 福継 : Dual-modality Emotion Recognition Model Based on Temporal-spatial LBP Moment and Dempster-Shafer Evidence Fusion, Opto-Electronic Engineering, Vol.43, No.12, 154-161, 2016年.
185)Tong Zhang, Liuan Li and Jin-Ping Ao : Temperature-dependent electrical transport characteristics of a NiO/GaN heterojunction diode, Surfaces and Interfaces, Vol.5, 15-18, 2016.
186)Chao Li, Fuji Ren and XIN KANG : Selectional Preferences Based on Distributional Semantic Model, WSEAS TRANSACTIONS ON COMPUTERS, Vol.15, 258-264, 2016.
187)Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Lawrence R. Chen : All-Optical Wavelength Preserved Modulation Format Conversion From PDM-QPSK to PDM-BPSK Using FWM and Interference, IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.34, No.23, 5505-5515, 2016.
188)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kenya Nishimura and Takahiro Matsui : Mechanical characterisation of nanocellulose composites after structural modification, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.166, 335-341, 2016.
189)Ryuzi Katoh, Hiroyuki Matsuzaki, Akihiro Furube, Prashant Sonar, L Evan Williams, Chellappan Vijila, Sandhya Gomathy Subramanian, Sergey Gorelik and Jonathan Hobley : Charge Generation and Recombination in Diketopyrrolopyrrole Polymer: Fullerene Bulk Heterojunctions Studied by Transient Absorption and Time-Resolved Microwave Conductivity, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.120, No.50, 28398-28406, 2016.
190)野田 稔, 八谷 実, 長尾 文明 : 漏斗雲の見え方と竜巻パラメータとの関係性について, 第24回風工学シンポジウム論文集, 121-126, 2016年.
191)野田 稔, 八谷 実, 長尾 文明 : 竜巻状流れの幾何学的スケールが飛散物の飛行特性に及ぼす影響, 第24回風工学シンポジウム論文集, 259-264, 2016年.
192)野田 稔, 末廣 聖志, 新谷 尚人, 長尾 文明 : 多層格子の圧力損失特性および減速効果の風洞試験, --- マツ林の流体力学的機能の基礎的検討 ---, 第24回風工学シンポジウム論文集, 127-132, 2016年.
193)Toyotaro Tokimoto, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : 4320-Hz LED Display With Pulse-Width Modulation by Use of a Nonlinear Clock, IEEE/OSA Journal of Display Technology, Vol.12, No.12, 1581-1587, 2016.
194)Toshio Takayanagi, Natsumi Shimakami, Masashi Kurashina, Hitoshi Mizuguchi and Tomoki Yabutani : Determination of the Acid-Base Dissociation Constant of Acid-Degradable Hexamethylenetetramine by Capillary Zone Electrophoresis, Analytical Sciences, Vol.32, No.12, 1327-1332, 2016.
195)Xiaohua Wang, Xinyue Liu, Lingyun Li, Fuming Zhang, MIn Hu and Fuji Ren : GlycCompSoft: Software for Automated Comparison of Low Molecular Weight Heparins Using Top-Down LC/MS Data, PLoS ONE, Vol.11, No.12, 2016.
196)Contreras-Zarazúa Gabriel, Vázquez-Castillo Antonio José, Ramírez-Márquez César, Segovia-Hernández Gabriel Juan and Jesus Rafael Alcantara Avila : Multi-objective optimization involving cost and control properties in reactive distillation processes to produce diphenyl carbonate, Computers & Chemical Engineering, 2016.
197)Jiang Li, Pankaj M. Koinkar, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : A fine pointed glucose oxidase immobilized electrode for low-invasive amperometric glucose monitoring, Biosensors and Bioelectronics, Vol.86, 90-94, 2016.
198)Zhong Huang and Fuji Ren : Facial expression recognition method based on multi-regional D-S evidences theory fusion, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), 2016.
199)Jingyuan Liu, Takashi Hisatomi, HK Dharmapura Murthy, Miao Zhong, Mamiko Nakabayashi, Tomohiro Higashi, Yohichi Suzuki, Hiroyuki Matsuzaki, Kazuhiko Seki, Akihiro Furube, Naoya Shibata, Masao Katayama, Tsutomu Minegishi and Kazunari Domen : Enhancement of Charge Separation and Hydrogen Evolution on Particulate La5Ti2CuS5O7 Photocathodes by Surface Modification, The Journal of Physical Chemistry Letters, Vol.8, No.2, 375-379, 2016.
200)Rosni Binti Yusoff, Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Tensile and flexural properties of polylactic acid-based hybrid green composites reinforced by kenaf, bamboo and coir fibers, Industrial Crops and Products, Vol.94, 562-573, 2016.
201)Nobuo Yasuike, Fumitoshi Yagishita, Kazushi Sunaoshi, Yasuhiro Hasegawa, Takashi Mino and Masami Sakamoto : Reversible changes of axial chirality of naphthamide by photochemical and thermal reactions, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, Vol.331, 110-114, 2016.
202)Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Enlargement of continuous perceived depth region in Depth-fused 3D display, IEEE Transactions on Industry Applications, Vol.52, No.6, 5226-5230, 2016.
203)原澤 拓也, 山中 英生, 西本 拓弥 : 追越挙動に基づく車道部自転車通行空間の安全感評価モデルの開発, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.72, No.5, I_845-I_852, 2016年.
204)倉橋 宏輔, 岩脇 有軌, 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 伊藤 照明, 市川 哲雄 : 汎用デジタル機器を用いて製作した複製義歯:材料特性と臨床評価, 日本補綴歯科学会誌, Vol.9, No.4, 357-364, 2017年.
205)佐々木 剛, 丹羽 英之, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 小型UAVを用いた海岸マツ林の林床光環境の推定, 日本緑化工学会誌, Vol.1, No.43, 51-55, 2017年.
206)藤宗 朋樹, 河口 洋一, 竹川 有哉, 藪原 佑樹, 山城 明日香 : 吉野川市美郷川田川におけるカワニナの生息密度とホタルの飛翔数の関係, 土木学会論文集G(環境), Vol.73, No.6, II_373-II_377, 2017年.
207)Malik Ahmed Sameen, Swee Tian Tan, Malek Ahmad Nizam Nik Nik, Kadir Rafiq Abdul Mohammed, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Meng Kah Leong, Hou Jia Tan and Alang Ahmad Iskandar Tengku Tengku : Comparison of standard light-emitting diode (LED) and 385 nm ultraviolet A LED (UVA-LED) for disinfection of Escherichia coli, Malaysian Journal of Fundamental and Applied Sciences, Vol.13, No.(4-2), 430-437, 2017.
208)Harshada K. Patil, Megha A. Deshmukh, Sumedh D. Gaikwad, Gajanan A. Bodkhe, K. Asokan, Mikito Yasuzawa, Pankaj M. Koinkar and Mahendara D. Shirsat : Influence of Oxygen Ions Irradiation on Polyaniline/ Single Walled Carbon Nanotubes Nanocomposite, Radiation Physics and Chemistry, Vol.130, 47-51, 2017.
209)Hiroki Kishikawa, Akito Ihara, Nobuo Goto and Shin-ichiro Yanagiya : Increase of Recognizable Label Number with Optical Passive Waveguide Circuits for Recognition of Encoded 4- and 8-Bit BPSK Labels, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E100-C, No.1, 84-93, 2017.
210)Luisa Prasetyo, Mu'sab Abdul Razak, D. D. Do, Toshihide Horikawa, Kazuyuki Nakai and D. Nicholson : On the Resolution of Constant Isosteric Heat of Propylene Adsorption on Graphite in the Sub-Monolayer Coverage Region, Colloids and Surfaces A:Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.512, 101-110, 2017.
211)Kosuke Kurahashi, Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Teruaki Ito and Tetsuo Ichikawa : Duplication of complete dentures using general-purpose handheld optical scanner and 3-dimensional printer: Introduction and clinical considerations, Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 81-86, 2017.
212)Xiao Sun, Chongyuan Sun, Changqin Quan, Fuji Ren, Fang Tian and Kunxia Wang : Fine-Grained Emotion Analysis Based on Mixed Model for Product Review, International Journal of Networked and Distributed Computing, Vol.5, No.1, 1-11, 2017.
213)H. Hu, W.-Y. Wu, T. Takahashi, K. Yoshida and Masamichi Ogasawara : Enantioselective Synthesis of Ferrocene- or Cymantrene-Fused Planar-Chiral Phospholes, European Journal of Inorganic Chemistry, Vol.2017, No.2, 325-329, 2017.
214)出口 祥啓, 神本 崇博, 髙木 琢, 岡本 智美, 渡邉 直人 : CT半導体レーザ吸収法を用いたエンジン筒内の2次元時系列温度分布計測, 自動車技術会論文集, Vol.48, No.1, 35-40, 2017年.
215)山本 祐平, 喜多 郁弥, 磯野 成美, 今井 昭二 : 鉄(III)イオン競合によるフミン酸と有害微量金属イオンの錯生成反応への影響, 分析化学, Vol.66, No.12, 875-883, 2017年.
216)Kota Tanikawa, Toshihiro Okamoto, Shun Kamada, Ryota Matsumoto, Naoki Tamura and Masanobu Haraguchi : Fabrication of peelable thin films containing crescent-shaped split-ring resonators for three-dimensional optical metamaterials, Optical Materials Express, Vol.7, No.1, 1-7, 2017.
217)Toshihiro Sera, Ryosuke Higashi, Hisashi Naito, Takeshi Matsumoto and Masao Tanaka : Distribution of Nanoparticle Depositions after a Single Breathing in a Murine Pulmonary Acinus Model, International Journal of Heat and Mass Transfer, Vol.108, No.Part A, 730-739, 2017.
218)西川 弘太郎, 赤対 真行, 平田 健太郎, 髙岩 昌弘 : 感覚フィードバック機能を備えた空気圧ベローズ式筋電義手の開発, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.137, No.1, 127-135, 2017年.
219)Toshihiro Moriga, Ryota Minakata, Yutaro NOMURA, Hiroki ISHIKAWA, Kei-ichiro Murai and Masashi Mori : Stability and electrical conductivity of Nb- or Ta- doped SrTiO3 perovskites for interconnectors in solid oxide fuel cells, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.125, No.4, 1-4, 2017.
220)Takuya Hosokai, Hiroyuki Matsuzaki, Akihiro Furube and Ken Nakamura : Photoelectron detection from transient species in organic semiconducting thin films by dual laser pulse irradiation, Applied Physics Express, Vol.10, 022401, 2017.
221)Zhang Guodong, Jiang Peilin, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Reidentification of Persons Using Clothing Features in Real-Life Video, Applied Computational Intelligence and Soft Computing, Vol.2017, 1-9, 2017.
222)Jesus Rafael Alcantara Avila, Terasaki Masataka, Lee Hao-Yeh, Chen Jun-Lin, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design and Control of Reactive Distillation Sequences with Heat- Integrated Stages To Produce Diphenyl Carbonate, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.56, No.1, 250-260, 2017.
223)Martinez-Gomez Juan, Ramírez-Marquez Cesar, Jesus Rafael Alcantara Avila, Segovia-Hernandez Gabriel Juan and Ponce-Ortega JoseMaría : Intensification for the Silane Production Involving Economic and Safety Objectives, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.56, No.1, 261-269, 2017.
224)Liu Xinke, Liu Qiang, Li Chao, Wang Jianfeng, Yu Wenjie, Xu Ke and Jin-Ping Ao : 1.2 kV GaN Schottky barrier diodes on free-standing GaN wafer using a CMOS-compatible contact material, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.56, No.1, 026501-1-026501-5, 2017.
225)Kazuyuki Uchida, Takashi Kubo, Daiki Yamanaka, Akihiro Furube, Hiroyuki Matsuzaki, Ritsuki Nishii, Yusuke Sakagami, Aizitiaili Abulikemu and Kenji Kamada : Synthesis, crystal structure, and photophysical properties of 2, 9-disubstituted peropyrene derivatives, Canadian Journal of Chemistry, Vol.95, No.4, 432-444, 2017.
226)K. Kamikawa, Y.-Y. Tseng, J.-H. Jian, T. Takahashi and Masamichi Ogasawara : Planar-Chiral Phosphine-Olefin Ligands Exploiting a (Cyclopentadienyl)manganese(I) Scaffold to Achieve High Robustness and High Enantioselectivity, Journal of the American Chemical Society, Vol.139, 1545-1553, 2017.
227)松本 和幸, 土屋 誠司, 芋野 美紗子, 吉田 稔, 北 研二 : 感性を考慮した日本語俗語の標準語変換, 人工知能学会論文誌, Vol.32, No.1, WII-A_1-12, 2017年.
228)Yuki Saito, Haruro Ishitani, Masaharu Ueno and Shu Kobayashi : Selective Hydrogenation of Nitriles to Primary Amines Catalyzed by a Polysilane/SiO2-Supported Palladium atalyst unde Continuous-Flow Conditions, ChemistryOpen, Vol.6, No.2, 211-215, 2017.
229)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Tomoyuki Ueki, Yuki Masai, Yota Bando and Yasuhiro Tanaka : Femtosecond laser-induced modification at aluminum/diamond interface, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.56, 026601-1-026601-5, 2017.
230)一宮 昌司, 中村 育雄 : 各種情報量を用いた混合層の層流―乱流遷移過程の解析, 日本機械学会論文集, Vol.83, No.845, 2017年.
231)Shunsuke Kametani, Sokei Sekine, Takahiro Ohkubo, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, N. H. Cheng and Tetsuo Asakura : NMR studies of water dynamics during sol-to-gel transition of poly (N-isopropylacrylamide) in concentrated aqueous solution, Polymer, Vol.109, 287-296, 2017.
232)Masaharu Nishikino, Noboru Hasegawa, Takuro Tomita, Yasuo Minami, Takashi Eyama, Naoya Kakimoto, Rui Izutsu, Motoyoshi Baba, Tetsuya Kawachi and Tohru Suemoto : Formation of x-ray Newton's rings from nano-scale spallation shells of metals in laser ablation, AIP Advances, Vol.7, No.1, 015311-1-015311-5, 2017.
233)Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017.
234)Hayato Masuda, Takafumi Horie, Robert Hubacz, Mitsuhiro Ohta and Naoto Ohmura : Prediction of Onset of Taylor-Couette Instability for Shear-thinning Fluids, Rheologica Acta, Vol.56, No.2, 73-84, 2017.
235)Hiroyuki Mitsuhara, Keisuke Iguchi and Masami Shishibori : Using Digital Game, Augmented Reality, and Head Mounted Displays for Immediate-Action Commander Training, International Journal of Emerging Technologies in Learning, Vol.12, No.2, 101-117, 2017.
236)Su KuanWu, Leu JenqShiou, Yu MinChieh, Wu YongTing, Lee EauChung and Tian Song : Design and Implementation of Various File Deduplication Schemes on Storage Devices, Mobile Networks and Applications, Vol.22, No.1, 40-50, 2017.
237)Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : Algebraic local cohomology with parameters and parametric standard bases for zero-dimensional ideals, Journal of Symbolic Computation, Vol.82, 91-122, 2017.
238)Naotaka Ohtake, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : High Thermal Stability Ceria Synthesized via Thermal Hydrolysis Route and Methane Combustion Performance, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.125, No.2, 57-61, 2017.
239)今井 昭二, 山本 祐平, 佐名川 洋右, 耒見 祐哉, 黒谷 功, 西本 潤, 菊地 洋一 : 2008年から2014年における高知県梶ヶ森山頂の樹氷と降雪中のカドミウム,鉛,非海塩性硫酸イオンの長距離輸送機構, 分析化学, Vol.66, No.2, 95-113, 2017年.
240)Yuusuke Takashima, Masato Tanabe, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : Theoretical investigation of polarization control in ultraviolet wavelength region using eigenmode within subwavelength grating, Optical Review, Vol.24, No.1, 80-86, 2017.
241)石垣 陸太, 森 正人, 田畑 慶人, 仁木 登, 河田 佳樹, 鈴木 秀宣, 村松 禎久, 花井 耕造, 遠藤 啓吾 : 低線量肺がんCT検診の被曝・画質管理システム, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J100-D, No.2, 277-284, 2017年.
242)伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 複属性データ対応型自己組織化マップを用いた脳波分析に関する一考察, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.137, No.2, 302-309, 2017年.
243)Masayuki Ohshima, Shohei Matsuda, Toshimitsu Tetsui and Kazuhiro Hasezaki : MoSi2 Oxidation-Resistance Lifetime of Functionally Graded Materials Coatings for γ-TiAl, Journal of Functionally Graded Materials, Vol.31, 1-5, 2017.
244)Min Hu, Zixi Yu, Xiaohua Wang, 任 福継, Lei He : G-LBP and Variance Cross Projection Function for Face Recognition, Journal of Graphics, Vol.38, No.1, 82-89, 2017年.
245)Xiaohua Wang, Dengyong Hou, Min Hu, 任 福継 : Dual-modality emotion recognition based on composite spatio-temporal features, Journal of Image and Graphics, Vol.22, No.1, 39-48, 2017年.
246)三好 学, 田村 隆雄, 武藤 裕則, 安芸 浩資 : 粗い領域メッシュにスプライン補間を適用して詳細な浸水深分布を作成する手法, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.73, I_7-I_13, 2017年.
247)Retsuo Kawakami, Masahito Niibe, Yoshitaka Nakano and Takashi Mukai : AlGaN Surfaces Etched by CF4 Plasma with and without the Assistance of Near-Ultraviolet Irradiation, Vacuum, Vol.136, 28-35, 2017.
248)Suguru Ohira, Hideo Tanaka, Yoshinori Harada, Takeo Minamikawa, Yasuaki Kumamoto, Satoaki Matoba, Hitoshi Yaku and Tetsuro Takamatsu : Label-free detection of myocardial ischaemia in the perfused rat heart by spontaneous Raman spectroscopy., Scientific Reports, Vol.7, 42401, 2017.
249)Guoqing Hu, Tatsuya Mizuguchi, Xin Zhao, Takeo Minamikawa, Takahiko Mizuno, Yuli Yang, Cui Li, Ming Bai, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : Measurement of absolute frequency of continuous-wave terahertz radiation in real time using a free-running, dual-wavelength mode-locked, erbium-doped fibre laser., Scientific Reports, Vol.7, 42082, 2017.
250)Bu Yuyu and Jin-Ping Ao : A Review on Photoelectrochemical Cathodic Protection Semiconductor Thin Films for Metals, Green Energy & Environment, Vol.2, No.4, 331-362, 2017.
251)Takuya Ehiro, Hisanobu Misu, Shinya Nitta, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties on Catalytic Activity for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Calcium Phosphates, Doped and Undoped with Chromium, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.50, No.2, 122-131, 2017.
252)泉谷 依那, 中野 晋, 安藝 浩資, 三好 学 : 徳島県那賀町和食地区における洪水氾濫時の住民の避難行動とボトルネックの抽出, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.73, No.4, I_1309-I_1314, 2017年.
253)Makoto Ginya, Makoto Kimura and Tetsuo Iwata : Optical-rotatory-dispersion measurement approach using the nonlinear behavior of the geometric phase, Optics Express, Vol.25, No.4, 3024-3037, 2017.
254)Syota Tetsuno, Kyuki Shibuya and Tetsuo Iwata : Subpixel-shift cyclic-Hadamard microscopic imaging using a pseudo-inverse-matrix procedure, Optics Express, Vol.25, No.4, 3420-3432, 2017.
255)金井 純子, 中野 晋, 野々村 敦子, 宇野 宏司 : 四国4県における福祉避難所の運営に関する実態調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_145-I_150, 2017年.
256)佐々木 信和, 篠原 潤, 山本 真史, 喜多村 敦史, 中野 晋 : 被災した桟橋上部工の電磁波レーダを用いた状態把握に関する研究, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_171-I_176, 2017年.
257)鳥庭 康代, 中野 晋, 金井 純子, 泉谷 依那 : 2015年関東・東北豪雨による常総市内での学校・保育所等の浸水被害と再開までの取組み, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_47-I_52, 2017年.
258)湯浅 恭史, 中野 晋, 西原 正彦, 西本 日出世, 新居 勇, 丸山 泰秀 : 建設業 BCP とタイムラインを活用した地域災害対応体制の構築, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_53-I_58, 2017年.
259)徳永 雅彦, 中野 晋, 天羽 誠二 : 発生頻度の異なる洪水による段階的な危険区域の設定と住民への情報提供, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_131-I_138, 2017年.
260)野々村 敦子, 金井 純子, 中野 晋, 白木 渡 : 香川県内における特別支援学校の防災対策の現状調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_93-I_98, 2017年.
261)Haruki Mizushina, Junya Nakamura, Yasuhiro Takaki and Hiroshi Ando : Super multi-view 3D displays reduce conflict between accommodative and vergence responses, Journal of the Society for Information Display, Vol.24, No.12, 747-756, 2017.
262)M. Torii, M. Okuno, Ken-ichi Nishiyama, Y. MKitazono, T. Hasenaka and S. Yokota : Three types of sediment movement in the Sannoudani River, Minamiaso Village, Kumamoto Prefecture, southwestern Japan, Journal of the Sedimentological Society of Japan, Vol.75, No.2, 64, 2017.
263)Yiming Tang and Fuji Ren : Fuzzy Systems Based on Universal Triple I Method and Their Response Functions, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.16, No.2, 443-471, 2017.
264)Xiao Sun, Fuji Ren and Jiaqi Ye : Trends Detection of Flu based on Essemble Models with Emotional Factors from Social Networks, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.12, No.3, 388-396, 2017.
265)Shin-ichi Nakayama and Shigeru MASUYAMA : A linear time algorithm for finding a minimum spanning tree with non-terminal set $V_{NT}$ on outerplanar graphs., IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E100-D, No.3, 2017.
266)Masamichi Ogasawara, Y.-Y. Tseng, Q. Liu, N. Chang, X. Yang, T. Takahashi and K. Kamikawa : Kinetic Resolution of Planar-Chiral (5-Bromocyclopentadienyl)manganese(I) Complexes by Molybdenum-Catalyzed Asymmetric Ring-Closing Metathesis, Organometallics, Vol.36, No.7, 1430-1435, 2017.
267)Osman bin Edynoor, Toshihiro Moriga, Kei-ichiro Murai and Rashid Warikh bin Abd Mohd : Study of morphology and electrical properties of indium zinc oxide-modified kenaf fiber, Industrial Crops and Products, Vol.100, 171-175, 2017.
268)XIN KANG, Fuji Ren and Yunong Wu : Disambiguating Users' Temporal Intent in Search Queries with Deep Neural Networks, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.1, 11-28, 2017.
269)Jiawen Deng, Mingyu Huang and Fuji Ren : Text Classification Based on Word Co-occurrence with Background knowledge, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.1, 29-42, 2017.
270)Shun Nishide, Hidenobu Shibasaki, XIN KANG and Fuji Ren : Generation of Humanlike Facial Expression for Natural Human-Robot Interaction System, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.1, 77-65, 2017.
271)Min Hu, Yaona Zheng, Xiaoyin Huang and Fuji Ren : FacialExpressionRecognitionBasedonMonogenicMulti-featureandFused SparseRepresentation, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.1, 111-126, 2017.
272)Xun Feng, Hongjun Ni and Fuji Ren : Voice conversion based on RBF neural network, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.2, 163-173, 2017.
273)西山 賢一, 瀬部 直之, 石田 啓祐, 中尾 賢一, 辻野 泰之 : 地形・地質から見た鳴門海峡の成立, 阿波学会紀要, Vol.61, 1-10, 2017年.
274)西山 賢一, 石田 啓祐, 中尾 賢一, 辻野 泰之 : 「ドイツ橋」および「ドイツ兵の慰霊碑」撫養石石材の産地と経年風化, 阿波学会紀要, Vol.61, 177-184, 2017年.
275)Yu Kawasaki, Ryo MORIOKA, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Kohei NISHIYAMA, Takehide KOYAMA, Takeshi MITO, Takuyuki BABA, Toru YAMAUCHI, Masahiko ISOBE and Yutaka UEDA : 51V-NMR study of charge order induced by cation order in -Ag2/3V2O5, Journal of Physics: Conference Series, Vol.807, No.062001-1 062001-6, 2017.
276)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 地域社会人・留学生とのpeer learningによるグローバル社会に対応できる人材育成と教養教育, 大学教育研究ジャーナル, Vol.14, No.14, 77-84, 2017年.
277)Wang Lei, Zhang Jiaqi, Li Liuan, Maeda Yutaro and Jin-Ping Ao : Plasma-assisted surface treatment for low-temperature annealed ohmic contact on AlGaN/GaN heterostructure field-effect transistors, Chinese Physics B, Vol.26, No.3, 037201, 2017.
278)Ryo Suzuki, Haruhiko Koizumi, Kenichi Kojima, Seijiro Fukuyama, Yasutomo Arai, Katsuo Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Masaru Tachibana and Satoshi Uda : Characterization of grown-in dislocations in high-quality glucose isomerase crystals by synchrotron monochromatic-beam X-ray topography, Journal of Crystal Growth, Vol.468, 299-304, 2017.
279)Kouki Ichihashi, Tomoyuki Maehara, Yasuhiro Mizutani and Tetsuo Iwata : Proposal of a new optical system for prism-based surface-plasmon-resonance imaging, Optical Review, Vol.24, No.2, 156-164, 2017.
280)Yu-chuan Kao, Chien-Kuo Chiu and Takao Ueda : Experimental Investigation on the Bonding Strength of Cement Mortar with Fly Ash, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies 2017, 153-156, 2017.
281)Yu-Jou Juan, Chien-Kuo Chiu, Takao Ueda and Yu-chuan Kao : Experimental Investigation on Basic Properties of Patch Repair Mortar with Different Kinds of SBR and Fly Ash, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies 2017, 157-159, 2017.
282)上田 隆雄, 河野 惇平, 飯干 富広, 江里口 玲 : アミノ酸の添加がコンクリートの自己治癒性能に与える影響, セメント·コンクリート論文集, Vol.70, 321-327, 2017年.
283)Shunya Nagai, Hidetoshi Oya, Tomohiro Kubo and Tsuyoshi Matsuki : Decentralised variable gain robust controller design for a class of large-scale interconnected systems with mismatched uncertainties, International Journal of Systems Science, Vol.48, No.8, 1616-1623, 2017.
284)Keiji Shimoda, Masatsugu Oishi, Toshiyuki Matsunaga, Miwa Murakami, Keisuke Yamanaka, Hajime Arai, Yoshio Ukyo, Yoshiharu Uchimoto, Toshiaki Ohta, Eiichiro Matsubara and Zempachi Ogumi : Direct observation of layered-to-spinel phase transformation in Li2MnO3 and the spinel structure stabilised after the activation process, Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.5, 6695-6707, 2017.
285)Wen Shi, Tian Song, Takafumi Katayama, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Hardware Implementation-Oriented Fast Intra-Coding Based on Downsampling Information for HEVC, Journal of Real-Time Image Processing, 1-15, 2017.
286)Yoshihiro Deguchi, R. Muranaka, T. Kamimoto, T. Takagi, S. Kikuchi and A. Kurihara : Reaction path and product analysis of sodium-water chemical reactions using laser diagnostics, Applied Thermal Engineering, Vol.114, 1319-1324, 2017.
287)Tomoaki Kashiwao, Koichi Nakayama, Shin Ando, Kenji Ikeda, Moonyong Lee and Alireza Bahadori : A neural network-based local rainfall prediction system using meteorological data on the Internet: A case study using data from the Japan Meteorological Agency, Applied Soft Computing, Vol.56, 317-330, 2017.
288)Wang Lei, Bu Yuyu and Jin-Ping Ao : Effect of oxygen plasma treatment on the performance of AlGaN/GaN ion-sensitive eld-effect transistors, Diamond and Related Materials, Vol.73, No.3, 1-6, 2017.
289)Terasawa D., Fukuda A., Fujimoto A., Yasuhide Ohno, Kanai Y. and Matsumoto K. : Relationship between conductance fluctuation and weak localization in graphene, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.95, No.12, 125427, 2017.
290)Wang Lei, Bu Yuyu, Li Liuan and Jin-Ping Ao : pH sensitivity of AlGaN/GaN heterostructure ion-sensitive field-effect transistors with thermal oxidation treatment, Applied Surface Science, Vol.411, 144-148, 2017.
291)Xiao Sun, Fei Gao, 任 福継 : Mining the Impact of Social News on the Emotions of Users Based on Deep Model, Journal of Chinese Information Processing, Vol.31, No.3, 184-190, 2017年.
292)Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine, SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017.
293)Min-Gyu Jeon, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Deog-Hee Doh and Gyeong-Rae Cho : PERFORMANCES OF NEW RECONSTRUCTION ALGORITHMS FOR CT-TDLAS(COMPUTER TOMOGRAPHY-TUNABLE DIODE LASER ABSORPTION SPECTROSCOPY), Applied Thermal Engineering, Vol.115, 1148-1160, 2017.
294)山本 孝, 近藤 真季, 入江 智章, 谷間 直人 : タングステンジルコニウムオキシ水酸化物結晶脱水過程のXRD/XAFS観察およびその酸触媒特性, X線分析の進歩, Vol.48, 137-148, 2017年.
295)Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : Computing μ*-sequences of hypersurface isolated singularities via parametric local cohomology systems, Acta Mathematica Vietnamica, Vol.42, No.2, 279-288, 2017.
296)原田 紹臣, 日高 幸治, 藤澤 健一, 三上 卓, 橋本 親典 : 海岸堤防の改築におけるコンクリート増厚時の新旧接着面に関する研究, 構造工学論文集, Vol.63, No.A, 867-875, 2017年.
297)Ryosuke Higashi, Toshihiro Sera, Hisashi Naito, Takeshi Matsumoto and Masao Tanaka : Pulmonary Kinematic Analysis With Non-Rigid Deformable Registration for Detecting Localised Emphysema, Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering. Imaging & Visualization, Vol.5, No.2, 100-109, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)村上 公一 : 一般化Hopf分岐の標準形の計算公式とその応用, 数理解析研究所講究録, Vol.1994, 140-145, 2016年.
2)猪瀬 紋花, 長曽我部 まどか, 小川 宏樹 : 郊外の賃貸共同住宅居住者を対象とした転居意向に関する研究 -和歌山市を事例として-, 都市計画報告集, Vol.14, 351-354, 2016年.
3)杉本 紗季, 長曽我部 まどか, 小川 宏樹 : 地区レベルにおける共同住宅の空き家率の推計に関する研究 -和歌山市を事例として-, 都市計画報告集, Vol.14, 383-386, 2016年.
4)Takuya Hosokai, Hiroyuki Matsuzaki, Akihiro Furube, Katsumi Tokumaru, Tetsuo Tsutsui, Hajime Nakanotani, Masayuki Yahiro and Chihaya Adachi : Revealing the Excitedstate Dynamics of Thermally Activated Delayed Flourescence Molecules by using Transient Absorption Spectrospy, SID Symposium Digest of Technical Papers, Vol.47, No.1, 786-789, 2016.
5)Shigeru Sugiyama, Yuya Nagai, Naotaka Sakamoto, Naotaka Ohtake and Masahiro Katoh : Synthesis of Versatile Chemicals through Oxidative Dehydrogenation on Solid Catalysts of Non-Petroleum Resource, Bulletin of Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, No.61, 1-5, 2016.
6)蒋 景彩, 李 傑龍, 中野 晋 : 過去の南海地震による四国太平洋沿岸地盤変動再現の試み, 平成28年度地盤と防災・環境に関するシンポジウム講演概要・技術論文集, 56-61, 2016年.
7)日野 順市, 中原 佑貴, 園部 元康 : 質量変更法による正規化固有モードの推定手法に関する研究, D&D2016 日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会論文集, 2016年.
8)鎌田 磨人 : 風土を読み解くツールとしての景観生態学, 景観生態学, Vol.21, No.1, 57-67, 2016年.
9)山口 大貴, 園部 元康, 日野 順市 : 遅延を考慮した立位人体前額面の1 自由度力学モデリング, 日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, 2016年.
10)森實 卓朗, 日野 順市 : 特異値分解と正則化法を用いた構造物に対する インパルス加振力の推定, 日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, 2016年.
11)長町 周, 日野 順市 : カルマンフィルタによるインパルス加振力の時間領域推定に関する研究, 日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, 2016年.
12)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Isolation and Identification of Cu, Fe-tolerant Bacteria from Myoho Copper Mine Spoils, Wakayama, Proceedings of 11th International Congress on Extremophiles, 155, 2016.
13)Takuya Hosokai, Hiroyuki Matsuzaki, Akihiro Furube, Katsumi Tokumaru, Tetsuo Tsutsui, Hajime Nakanotani, Masayuki Yahiro and Chihaya Adachi : Role of intermediate state in the excited state dynamics of highly efficient TADF molecules, Proceedings of SPIE, Vol.9941, 994107-1-994107-6, 2016.
14)Takanori Satoh, Yui Hamaji, Daiki Fujimoto, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Narumi Maegawa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Yurie Ohiwa and Shota Inoue : Exploration for bacteria from Japanese fermented foods, Narezushi and Awa Bancha tea by 16S rRNA gene analysis, Proceedings of 8th Asian Symposium on Microbial Ecology(ASME2016), S7-17, 2016.
15)Yousuke Ohyama : q-Stokes Phenomenon of a Basic Hypergeometric Series 1phi1(0;a;q;x), Journal of Mathematics Tokushima University, Vol.50, 49-60, 2016.
16)S. Umehara, T. Kishimoto, M. Nomachi, S. Ajimura, N. Nakatani, K. Mtasuoka, K. Ichimura, M. Saka, T. Ishikawa, D. Tanaka, M. Tanaka, S. Yoshida, K. Suzuki, G. Ito, H. Kakubata, W. Wang, J. Takemoto, W.M. Chan, M. Doihara, Y. Tamagawa, I. Ogawa, T. Ueno, S. Maeda, A. Yamamoto, S. Tomita, G. Fujita, A. Kawamura, T. Harada, Ken-Ichi Fushimi, Ryuta Hazama, H. Ohsumi and K. Okada : Search for neutrino-less double beta decay of 48 Ca CANDLES, Proceedings of Physics(INPC2916) The 26th International Nuclear Physics Conference, 246, 2016.
17)須田 裕子, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : ポーラスコンクリートにおける細骨材の種類が力学的特性に与える影響, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.43, 77-80, 2016年.
18)谷口 純一, 馬場 俊孝, 三好 学, 安芸 浩資 : 徳島市を対象とした津波による流入水の堤外排水シミュレーション, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.72, 1525-1530, 2016年.
19)Kosuke Ono : On global solvability for some degenerate dissipative nonlinear Kirchhoff strings, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.50, 61-80, 2016.
20)Y. Igarashi, T. Hori, S. Murata and Toshitaka Baba : Maximum tsunami height prediction using pressure gauge data by a Gaussian process at Owase in the Kii Peninsula, Japan, Mar, Marine Geophysical Research, Vol.37, No.4, 361-370, 2016.
21)田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 161-162, 2016年.
22)三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 163-164, 2016年.
23)Shin-ichi Katayama : Hypothesis of Schinzel and Sierpinski and Cyclotomic Fields with Isomorphic Galois Groups, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.50, 43-47, 2016.
24)片山 真一 : 石原侑氏の数学史論文について, 徳島科学史雑誌, Vol.35, 63-65, 2016年.
25)Takeo Minamikawa, Hisataka Matsuo, Yoshiyuki Kato, Yoshinori Harada, Eigo Otsuji, Akio Yanagisawa, Hideo Tanaka and Tetsuro Takamatsu : Simple and optimum background-free estimation method of PPIX fluorescence for 5-ALA-based fluorescence diagnosis of malignant lesions, Proceedings of SPIE, Vol.10047, 100470S, 2017.
26)Takeo Minamikawa, Yoshinori Harada and Tetsuro Takamatsu : Raman spectroscopic detection of peripheral nerves towards nerve-sparing surgery, Proceedings of SPIE, Vol.10054, 100541E, 2017.
27)Kosuke Atsuta, Yuki Ogura, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : In situ monitoring of collagen fibers in human skin using a photonic-crystal-fiber-coupled, hand-held, second-harmonic-generation microscope, Proceedings of SPIE, Vol.10069, 100692B, 2017.
28)Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Katsuya SATO, Daisuke Yonekura, Mitsuhiko Takahashi and Takeshi Yasui : Orientation analysis of collagen fibers in healing tendon by using second-harmonic-generation microscopy, Proceedings of SPIE, Vol.10069, 1006909, 2017.
29)Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Scan-less confocal phase imaging with dual comb microscopy, Proceedings of SPIE, Vol.10076, 100761C, 2017.
30)Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Hyperspectral single-pixel imaging with dual optical combs, Proceedings of SPIE, Vol.10076, 100761C, 2017.
31)豊田 啓生, 塚越 雅幸, 石川 真志, 上田 隆雄 : アクティブサーモグラフィ法によるポリマーセメント系塗膜防水層の初期不具合の検出方法の検討, 2016年度(第87回)関東支部優秀研究報告集, 2017年.
32)阿部 悠香, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 通気緩衝工法でのウレタン系塗膜防水層の施工が電気化学的補修後の鉄筋の腐食速度に及ぼす影響, 2016年度(第87回)関東支部優秀研究報告集, 2017年.
33)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 代数的局所コホモロジーを用いた Limiting Tangent Space の計算法, 数理解析研究所講究録, Vol.2019, 53-63, 2017年.
34)伊澤 毅, 鍋島 克輔, 田島 慎一 : Computer algebra and Bruce-Roberts Milnor number, 数理解析研究所講究録, Vol.2019, 64-79, 2017年.
35)小川 宏樹 : 木造建築物の地震被害と耐震設計技術に関する研究, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.13, 31, 2017年.
36)Toshitaka Baba, S. Allgeyer, J. Hossen, P.R. Cummins, H. Tsushima, K. Imai, K. Yamashita and K. Kato : Accurate numerical simulation of the far-field tsunami caused by the 2011 Tohoku earthquake, including the effects of Boussinesq dispersion, seawater density stratification, elastic loading, and gravitational potential change, Ocean Modelling, No.111, 46-54, 2017.
37)上田 昭子, 河村 保彦 : 単結晶X線構造解析による特異な環状有機化合物の構造決定, 大学院理工学研究部総合技術センター 技術報告, Vol.2017, No.18, 2017年.
38)Takeo Minamikawa, Ogura Takashi, Masuoka Takashi, Eiji Hase, Yoshiaki Nakajima, Yamaoka Yoshihisa, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Optical-frequency-comb based ultrasound sensor, Proceedings of SPIE, Vol.10064, 100645C, 2017.
39)Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Scan-less confocal phase imaging with dual comb microscopy, Proceedings of SPIE, Vol.9720, 972006, 2017.
40)礒合 俊輔, 日裏 健太郎, 丹波 萌, 倉科 昌, 安澤 幹人 : 電解析出法を用いたグルコース オキシターゼ固定電極の作製, 化学センサ, Vol.33, No.Supplement A, 75-77, 2017年.
41)上田 哲史 : 黒板に代わるICTツールの一考察, 大学教育研究ジャーナル, No.14, 62-68, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1)高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 吉田 博, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化するための携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発と試用, 教育システム情報学会誌, Vol.33, No.2, 120-125, 2016年.
2)Daisuke Yonekura, Hiroki Ushita and Sakaguchi Yusuke : Stability of ZnO/Self-Assembled Gold Nanoparticle Network Film, Advanced Science Letters, Vol.22, No.4, 1045-1050, 2016.
3)Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Steady state analysis of the TCP network with RED algorithm, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.EA99, No.6, 1247-1250, 2016.
4)Seiya Kita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization State of Chaotic Circuit Containing Time Delay in One Direction, Journal of Signal Processing, Vol.20, No.4, 125-128, 2016.
5)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Investigation of Optimal Ratio of Males to Females in Firefly Algorithm, Journal of Signal Processing, Vol.20, No.4, 153-156, 2016.
6)Mizuki Higashi, Hiroshi Suzuki, Sejati Purnomo, Takashi Yasuno and Akinobu Kuwahara : Investigation of Teleoperation Support System Using Environmental Recognition Sensors for Three-Parallel-Crawler-Type Mobile Robot, Journal of Signal Processing, Vol.20, No.4, 187-190, 2016.
7)K. Abe, K. Hiraide, K. Ichimura, Y. Kishimoto, K. Kobayashi, M. Kobayashi, S. Moriyama, M. Nakahata, T. Norita, H. Ogawa, H. Sekiya, O. Takachio, A. Takeda, M. Yamashita, B.S. Yanga, N.Y. Kim, Y.D. Kim, S. Tasaka, Ken-Ichi Fushimi, J. Liue, K. Martense, Y. Suzuki, B.D. Xue, R. Fujita, K. Hosokawa, K. Miuchi, Y. Onishi, N. Oka, Y. Takeuchi, Y.H. Kim, J.S. Lee, K.B. Lee, M.K. Lee, Y. Fukuda, Y. Itow, R. Kegasa, K. Kobayashi, K. Masuda, H. Takiya, K. Nishijima and S. Nakamura : Direct dark matter search by annual modulation in XMASS-I, Physics Letters B, Vol.759, 272-276, 2016.
8)A. Gando, Y. Gando, T. Hachiya, A. Hayashi, S. Hayashida, H. Ikeda, K. Inoue, K. Ishidoshiro, Y. Karino, M. Koga, S. Matsuda, T. Mitsui, K. Nakamura, S. Obara, T. Oura, H. Ozaki, I. Shimizu, Y. Shirahata, J. Shirai, A. Suzuki, T. Takai, K. Tamae, Y. Teraoka, K. Ueshima, H. Watanabe, A. Kozlov, Y. Takemoto, S. Yoshida, Ken-Ichi Fushimi, T.I. Banks, B.E. Berger, B.K. Fujimura, T. O'Donnell, L.A. Winslow, Y. Efremenko, H.J. Kanwowski, D.M. Markoff, W. Tornow, J.A. Detwiler, S. Enomoto and M.P. Decowski : Search for Majorana Neutrinos Near the Inverted Mass Hierarchy Region with KamLAND-Zen, Physical Review Letters, Vol.117, 082503, 2016.
9)Nishiguchi Katsuhiko, Yoshizumi Daisuke, Sekine Yoshiaki, Furukawa Kazuaki, Fujiwara Akira and Masao Nagase : Planar cold cathode based on a multilayer-graphene/SiO2/Si heterodevice, Applied Physics Express, Vol.9, No.10, 105101-(4pp), 2016.
10)Zhangcheng Liu, Jin-Ping Ao, Li Fengnan, wang Wei, wang Jingjing, Zhang Jinwen and wang Hong-Xing : Fabrication of three dimensional diamond ultraviolet photodetector through down-top method, Applied Physics Letters, Vol.109, 153507, 2016.
11)A. Gando, Y. Gando, T. Hachiya, A. Hayashi, S. Hayashida, H. Ikeda, K. Inoue, K. Ishidoshiro, Y. Karino, M. Koga, S. Matsuda, T. Mitsui, K. Nakamura, S. Obara, T. Oura, H. Ozaki, I. Shimizu, Y. Shirahata, J. Shirai, A. Suzuki, T. Takai, K. Tamae, Y. Teraoka, K. Ueshima, H. Watanabe, A. Kozlov, Y. Takemoto, S. Yoshida, Ken-Ichi Fushimi, T.I. Banks, B.E. Berger, B.K. Fujimura, T. O'Donnell, L.A. Winslow, Y. Efremenko, H.J. Kanwowski, D.M. Markoff, W. Tornow, J.A. Detwiler, S. Enomoto and M.P. Decowski : A SEARCH FOR ELECTRON ANTINEUTRINOS ASSOCIATED WITH GRAVITATIONAL-WAVE EVENTS GW150914 AND GW151226 USING KAMLAND, The Astrophysical Journal Letters, Vol.829, No.2, L34, 2016.
12)Xiantao Jiang, Tian Song, Wen Shi, Takafumi Katayama, Takashi Shimamoto and Lisheng Wang : Fast Coding Unit Size Decision Based on Probabilistic Graphical Model in High Efficiency Video Coding Inter Prediction, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.11, 2836-2839, 2016.
13)土屋 敦, 三笠 洋明, 渡部 稔, 新原 将義, 古澤 修一 : アクティブ・ラーニングを取り入れた授業実践, 平成28年度徳島大学「大学教育再生加速プログラム」シンポジウム アクティブ・ラーニング&反転授業 発表抄録集, 4-5, 2016年.
14)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, 立井 宏明 : 作業過程・成果の想起を促す作業履歴の提示方法, 日本教育工学会論文誌, Vol.40, No.Suppl., 113-116, 2016年.
15)Yi-Lin Yu, Hzu-Hsuan Hung, Shien-Kuei Liaw, Min-Hsiung Shih, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Simultaneously two-parameter measurement using tilted fiber grating and long period fiber grating, Microwave and Optical Technology Letters, Vol.59, No.5, 1122-1125, 2017.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1)山中 英生 : ヴェロ・シティと自転車利用環境向上会議, --- 政策推進へ専門家コミュニティの場づくりを ---, パーキングプレス, Vol.73, No.653, 042-043, 2016年4月.
2)伏見 賢一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 中山 信太郎, 折戸 玲子, 久田 旭彦, 真岸 孝一 : 基礎物理学実験テキスト 総合科学部・医学部医学科・歯学部歯学科, 基礎物理学実験テキスト, 2016年4月.
3)伏見 賢一 : 観測指針4月, 天文回報, Vol.885, 2-4, 2016年4月.
4)岡本 敏弘 : 2015年日本光学会の研究動向 「7.近接場光学」, 光学, Vol.45, No.4, 132-134, 2016年4月.
5)Junpei Yamanaka, Yoshihisa Suzuki, Jun Nozawa and Tsutomu Sawada : In-situ observation of colloidal crystallization, Progress in Crystal Growth and Characterization of Materials, Vol.62, No.2, 413-416, Apr. 2016.
6)髙岩 昌弘 : 空気圧編ー3.空気圧の新しい成長分野ー介護・福祉, フルードパワー, Vol.30, No.2, 124-125, 2016年5月.
7)伏見 賢一 : 観測指針5月, 天文回報, Vol.886, 2-4, 2016年5月.
8)中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 津波からの避難 ---, 徳島教育, No.1169, 38-39, 2016年5月.
9)中野 晋 : 平成28年熊本地震からの速やかな復旧・復興を祈念して, 安全教育学研究, Vol.16, No.1, 1-2, 2016年5月.
10)寺田 賢治 : 産学連携による画像センシング技術の実用化, 非破壊検査, Vol.65, No.6, 250-253, 2016年6月.
11)伏見 賢一 : 観測指針6月, 天文回報, Vol.887, 2-4, 2016年6月.
12)武若 耕司, 黒田 泰弘, 上田 隆雄 : 提言・これからの維持管理「どう考え,どう行動すべきか」第3回 維持・補修補強, セメント・コンクリート, No.832, 27-34, 2016年6月.
13)杉山 茂 : 下水汚泥等からリンの回収と利用, Phosphorus Letter, No.86, 24-30, 2016年6月.
14)大西 一賢, 蒋 景彩 : 「進行性破壊を考慮した新しい斜面安定解析法」への討論に対する回答, 日本地すべり学会誌, Vol.53, No.4, 29-35, 2016年7月.
15)伏見 賢一 : 観測指針7月, 天文回報, Vol.888, 2-3, 2016年7月.
16)芥川 正武 : 紫外線LEDの基礎知識, 小児科, Vol.57, No.8, 989-996, 2016年7月.
17)中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 熊本地震と学校 ---, 徳島教育, No.1170, 45-46, 2016年7月.
18)森 篤史 : 重力を用いた材料処理によるコロイド結晶中の欠陥低減, 日本結晶成長学会誌, Vol.43, No.2, 78-88, 2016年7月.
19)伏見 賢一 : 観測指針8月, 天文回報, Vol.889, 2-3, 2016年8月.
20)長町 拓夫 : 年間展望-ロール成形-, 塑性と加工, Vol.57, No.667, 700-702, 2016年8月.
21)Masao Nagase : Observation of graphene on SiC using various types of microscopy, THE HITACHI SCIENTIFIC INSTRUMENT NEWS, Vol.7, 8-16, Sep. 2016.
22)伏見 賢一 : 観測指針9月, 天文回報, Vol.890, 2-4, 2016年9月.
23)右手 浩一, 平野 朋広 : 高分子反応で得られる共重合体の連鎖解析と連鎖制御, 高分子, Vol.65, No.9, 506-508, 2016年9月.
24)中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 豪雨災害に備える ---, 徳島教育, No.1171, 39-40, 2016年9月.
25)村田 明広 : 布田川・日奈久断層帯という活断層が引き起こした熊本地震, いのち輝く, No.83, 7-11, 2016年9月.
26)倉科 昌 : レーダー 無機層状化合物の剥離ナノシートの複合体と機能, 化学と教育, Vol.64, No.9, 446-447, 2016年9月.
27)中野 晋, 湯浅 恭史, 金井 純子 : 徳島大学におけるBCPの普及啓発活動, 沿岸域学会誌, Vol.29, No.2, 10-14, 2016年9月.
28)梅田 和昇, 寺田 賢治, 野口 稔 : ViEWとアルコン - IAIP 最新活動報告 -, 精密工学会誌, Vol.82, No.10, 841-845, 2016年10月.
29)山中 英生 : いかに自転車を道に位置づけるか, --- 自転車の通行空間整備の理念と展望 ---, 都市問題, Vol.107, 28-33, 2016年10月.
30)浦野 真次, 橋本 紳一郎, 橋本 親典, 綾野 克紀 : 土木学会「施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針[2016年版]」の概要, コンクリート工学, Vol.54, No.10, 987-992, 2016年10月.
31)伏見 賢一 : 観測指針10月, 天文回報, Vol.891, 2-5, 2016年10月.
32)Norihide Kitaoka : FOREWORD: Special section on recent advances in machine learning in spoken language processing, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E-99-D, No.10, 2422, Oct. 2016.
33)杉山 茂 : 産学官連携活動の経緯と今後の抱負, Phosphorus Letter, No.87, 25-26, 2016年10月.
34)安澤 幹人 : 特集(1):臨床検査の次世代分析・試薬の開発, --- 血糖モニタリング用体内埋め込み型バイオセンサの開発 ---, 医療と検査機器・試薬, Vol.39, No.5, 466-469, 2016年10月.
35)山中 英生, 大脇 鉄也, 松原 淳 : 自転車通行を考慮した交差点設計, 国際交通安全学会誌, Vol.41, No.2, 99-105, 2016年10月.
36)伏見 賢一 : 観測指針11月, 天文回報, Vol.891, 2-5, 2016年11月.
37)安井 武史, 宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 山本 裕紹 : ライン集光スリットと波長-空間変換を用いたスキャンレス・フルフィールド共焦点レーザー顕微鏡, 光アライアンス, Vol.27, No.11, 10-13, 2016年11月.
38)羽田 遼, 寺田 賢治 : RGBDカメラを用いた室内環境の再構成, 日本設計工学会誌, Vol.51, No.11, 765-769, 2016年11月.
39)伏見 賢一 : 観測指針12月, 天文回報, Vol.891, 2-7, 2016年12月.
40)上野 勝利 : 技術手帳 ピクセルフリーな画像解析による変形計測, 地盤工学会誌, Vol.64, No.6, 41-42, 2016年12月.
41)白木 渡, 中野 晋 : 大学における地域連携の取組み, --- 四国防災・危機管理特別プログラム ---, 土木学会誌, Vol.101, No.12, 18-19, 2016年12月.
42)吉田 健, 松林 伸幸, 中原 勝, 魚崎 泰弘 : 超臨界水の振動スペクトルに対する回転運動の影響:密度効果および水素の同位体効果による解析, 高圧力の科学と技術, Vol.26, No.4, 323-332, 2016年12月.
43)Masamichi Ogasawara : Cross-Coupling Reactions Other Than Suzuki-Miyaura Coupling, Science of Synthesis, Reference Library, Vol.2016/5a, 141-159, Jan. 2017.
44)上田 隆雄 : 各人各説「大学におけるメンテナンスエキスパートの養成」, Ace 建設業界, Vol.69, No.794, 26, 2017年1月.
45)中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時の学校の役割と避難所運営 ---, 徳島教育, No.1173, 30-31, 2017年1月.
46)宇治 公隆, 佐伯 竜彦, 上野 敦, 橋本 親典, 栗栖 一之 : 土木学会/フェロニッケルスラグ骨材を用いたコンクリートの設計施工指針・銅スラグ細骨材を用いたコンクリートの設計施工指針, --- 副産骨材の普及と理解のために ---, セメント・コンクリート, Vol.840, No.2, 19-26, 2017年2月.
47)中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時アクションカードを作成しよう ---, 徳島教育, No.1174, 41-42, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1)Yu Gu, Mengni Chen, Fuji Ren and Jie Li : Handling Environmental Dynamics in Indoor WiFi Fingerprint Localization, 2016 IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC), 1-6, Doha, Qatar, Apr. 2016.
2)Elmarhomy Ahmed and Kenji Terada : Counting People Utilizing Space-Time Imagery, 18th International Conference on Image and Vision Computing(ICIVC2016), No.65, Apr. 2016.
3)Toru Shigemitsu, Fukuda Hiroaki and Junichiro Fukutomi : Wake and Potential Interference of Contra-Rotating Small-Sized Axial Fan at Design Flow Rate, Proceedings of International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery 2016, Honolulu, USA, Apr. 2016.
4)Yu Gu, Lianghu Quan, Fuji Ren and Jie Li : Optimal parameter setting for indoor localization via big data analysis, Computer Communications Workshops (INFOCOM WKSHPS), 2016 IEEE Conference on, 1-6, San Francisco, CA, USA, Apr. 2016.
5)Toru Shigemitsu, Matsubara Takumi, Sakaguchi Masahiro and Junichiro Fukutomi : Influence of Back Shroud Shape on Performance and Internal Flow of Fluid Food Pump, Proceedings of International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery 2016, Honolulu, USA, Apr. 2016.
6)Wei Wei Xu, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Bin Bin Xu : Large-Area Controllable Silver Nanocrystal Patterns for Surface-Enhanced Raman Spectroscopy, The 11th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2016), 37, 松島, Apr. 2016.
7)Toshihiro Okamoto, Kota Tanikawa and Masanobu Haraguchi : Metallic Split-Ring Resonator Metamaterial Fabricated by Nanosphere Lithography, The 11th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2016), 47, 松島, Apr. 2016.
8)Takumi Miyabe, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Shyue-Kung Lu and Zvi Roth : A Built-in Electrical Test Circuit for Detecting Open Leads in Assembled PCB Circuits with RC Integrator, Proceedings of International Conference on Electronics Packaging 2016, 451-455, Sapporo, Apr. 2016.
9)Masahiko Aihara, Shiori Kono, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi Yamai and Takashi Watanabe : Joint Bandwidth Scheduling and Routing Method for Large File Transfer with Time Constraint, Proceedings of the Eighth IEEE/IFIP International Workshop on Management of the Future Internet, 1125-1130, Apr. 2016.
10)Shusaku Shibata, Kazuhiko Kinoshita, Keita Kawano and Takashi Watanabe : A Fair Spectrum Sharing Method in Consideration of CoMP, Proceedings of the Eighth IEEE/IFIP International Workshop on Management of the Future Internet, 1137-1142, Apr. 2016.
11)Kazuyuki Matsumoto, Manabu Sasayama, Kohsuke Miyauchi, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Lyric Retrieval System Based on Word's Intimacy Value, Advances in Engineering Research, Vol.24, 84-87, May 2016.
12)Yurie Iribe, Norihide Kitaoka and Shuhei Segawa : Speech Corpus Spoken by Young-old, Old-old and Oldest-old Japanese, Proc. LREC 2016, 4674-4677, May 2016.
13)Takeshi Watanabe, Miyazaki Kazuki, Fukutomi Hayato and Chikanori Hashimoto : EARLY DETECTION OF CRACK AND REBAR CORROSION DUE TO CHLORIDE DAMAGE BY UT, Structural Faults & Repair 2016, May 2016.
14)Yu Kawasaki, Ryo MORIOKA, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Kohei NISHIYAMA, Takehide KOYAMA, Takeshi MITO, Takuyuki BABA, Toru YAMAUCHI, Masahiko ISOBE and Yutaka UEDA : 51V-NMR study of charge order induced by cation order in -Ag2/3V2O5, The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems, Hangzhou,China, May 2016.
15)Rashid Warikh Abd Mohd, Hatta Akmal Mohd Maziati, Azlan AL-Amani Umar, Mohamad Effendi, Salleh Rizal Mohad Mohad, Teruaki Ito and Toshihiro Moriga : Preparation and properties of layer-by-layer K0.5Na0.5NbO3 thin films derived from sol-gel technique, 13rd Intertnational Conference on Ceramic Processing Science, Nara, May 2016.
16)Sarda G. Narendra, Hayashi Takanori, Takeuchi Yuta, Harada Kyosuke, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : A new synthesis and characterization of novel K2NiF4-type strontium tantalum oxynitreide, 13rd Intertnational Conference on Ceramic Processing Science, Nara, May 2016.
17)Osman Edynoor, Rasid Warikh Abd Mohd, Toshihiro Moriga and Kei-ichiro Murai : The Mechanical and conductivity properties of indium zinc oxide modified kenaf fibre, 13rd Intertnational Conference on Ceramic Processing Science, Nara, May 2016.
18)Oi Mitsuo, Nakamura Kazushi, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Synthesis and luminescent properties of Sr3SiO5:Eu2+ phosphor for White LED application, 13rd Intertnational Conference on Ceramic Processing Science, Nara, May 2016.
19)Takeuchi Yuta, Hayashi Takanori, Sarda G. Narendra, Harada Kyosuke, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Synthesis and Investigation of formation mechanism of K2NiF4-type novel oxynitriede Sr2TaO3N, 13rd Intertnational Conference on Ceramic Processing Science, Nara, May 2016.
20)Minoru Noda, Onishi Shinya and Fumiaki Nagao : Study on spatial correlation of fluctuating pressure acting on a circular cylinder, Proceedings of 1st International Symposium on Flutter and its Application, 1-10, Tokyo, May 2016.
21)Tetsuo Iwata, Akihiro Sato and Takeshi Yasui : Direct measurement of the geometric phase of metal screw hole arrays in THz-TDS, EMN Meeting on Tearhertz Energy Materials Nanotechnology, 139, San Sebastian, Spain, May 2016.
22)Fumiaki Nagao, Minoru Noda, Masahiro Inoue, Shoto Matsukawa and Akihiro Shitamori : Properties of wake excitation of circular cylinder, Proceedings of 1st International Symposium on Flutter and its Application, 1-8, Tokyo, May 2016.
23)Takeshi Yasui : (Invited talk) Super-resolution discrete Fourier transform spectroscopy beyond time window size limitation using precisely periodic THz pulse train, EMN (Energy Materials Nanotechnology) Meeting on Terahertz, San Sebastian, May 2016.
24)Ikutomo Akihiro, Yoshihiro Deguchi, Katsumori Shunpei, Komatsubara Tatsuma, Liu Renwei, Wang Zhenzhen, Yan Junjie and Liu Jiping : Rapid detection of trace elements using laser breakdown time-of-flight mass spectrometry, Laser Solution for Space and the Earth 2016 OPIC2016, LSSEp5-7, Yokohama, May 2016.
25)Yoshihiro Deguchi, Ikutomo Akihiro, Katsumori Shunpei, Shiou Fang-jung, Liu Renwei, Wang Zhenzhen, Yan Junjie and Liu Jiping : LIBS Applications to Thermal Power Plants and Iron and Steel Making Processes, Laser Solution for Space and the Earth 2016 OPIC2016, LSSE6-2, Yokohama, May 2016.
26)Tadashi Kondo, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Talabattula Srinivas : Proposal of Optical Thresholder Consisting of Two MZIs with Nonlinear MicroRing Resonator, 18th European Conference on Integrated Optics 2016 (ECIO2016), No.o-16, Warsaw, May 2016.
27)Mao Okada, Kazuto Takahashi, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Multi-Wavelength Lasing with SOA and AWG for Linear-Cavity Fiber Sensor, 18th European Conference on Integrated Optics 2016 (ECIO2016), No.o-04, Warsaw, May 2016.
28)Pu Taofei, Zhang Fuzhe and Jin-Ping Ao : Effect of Oxidation Treatment on Threshold Voltage of GaN MOSFETs Fabricated on AlGaN/GaN Heterostructure, 10th International Conference on New Diamond and Nano Carbons, Xi'an, May 2016.
29)Liu Xinke, Jin-Ping Ao, He Jiazhu, Wang Jianfeng, Yu Wenjie and Xu Ke : 1200 V GaN Schottky Barrier Diode on 2'' Free-Standing Wafer using a CMOS-Compatible Gold-Free Process, 10th International Conference on New Diamond and Nano Carbons, Xi'an, May 2016.
30)Wang Lei, Maeda Yutaro, Bu Yuyu and Jin-Ping Ao : Effect of UV/Ozone and Oxygen Plasma Treatment on AlGaN surface of AlGaN/GaN Ion-Sensitive Field-Effect Transistor, 10th International Conference on New Diamond and Nano Carbons, Xi'an, May 2016.
31)Yoshio Tanimoto, Hideki Yamamoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Kazunari Furusawa and Hiroyuki Ukida : Measurement of wheelchair users calorie consumption to develop a wheelchair activity device, 2016 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2016) Proceedings, 1222-1227, Taipei, May 2016.
32)Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Flight Control of UAV Using LED Panel and On-board Camera, 2016 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2016) Proceedings, 183-188, Taipei, May 2016.
33)XIN KANG and Fuji Ren : Understanding Blog author's emotions with hierarchical Bayesian models, 2016 IEEE 13th International Conference on Networking, Sensing, and Control (ICNSC), 1-6, Mexico City, Mexico, May 2016.
34)Mitsuhiro Ohta, Ogawa Mao and Shuichi Iwata : Dynamic Behavior of a Bubble Rising in a Hydrophobically Modified Alkali-Soluble Emulsion Polymer (HASE) Solution; Dependence on the HASE Type, The 9th International Conference on Multiphase Flow, Firenze, May 2016.
35)Mikito Yasuzawa, Jiang Li and Yusuke Fuchiwaki : Fabrication and In Vivo Evaluation of Low-Invasive Patch Type Glucose Sensors, 229th ECS Meeting, San Diego, May 2016.
36)Yasuhiro Okamura, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Masafumi Koga and Atsushi Takada : Optical phase-locking among phase-conjugated twin waves and free-running pump by using sum-frequency and second harmonic generation assisted OPLL for ND-PSA repeaters, Conference on Lasers and Electro-Optics 2016 (CLEO 2016), SF1G.6, San Jose, Jun. 2016.
37)Hidekazu Okamura and HIroshi Sawa : Optical conductivity of excitonic insulator Ta2NiSe5 under high pressure, International Conference on Low Energy Electrodynamics in Solids (Hotel Lafore Biwako, June 2016), Biwako, Jun. 2016.
38)Guoqing Hu, Tatsuya Mizuguchi, Xin Zhao, Takeo Minamikawa, Yuli Yang, Cui Li, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : Real-time absolute frequency measurement of continuous-wave terahertz radiation using a free-running, dual-wavelength, dual-comb mode-locked fiber laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, SM1H.2, San Jose, Jun. 2016.
39)Kyuki Shibuya, Takuma Matsumoto, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Scan-less dual comb spectroscopic imaging with a single pixel detector, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, SM2I.2, San Jose, Jun. 2016.
40)Takeshi Yasui, Takashi Ogura, Takeo Minamikawa, Yoshiaki Nakajima and Kaoru Minoshima : Strain sensing with a disturbance/RF-converting fiber comb cavity, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, AM2J.1, San Jose, Jun. 2016.
41)Xin Zhao, Bofeng Zhao, Guoqing Hu, Cui Li, Yingling Pan, Ya Liu, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Picometer-resolution, dual-comb spectroscopy based on a dual-wavelength mode-locked fiber laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, AM4K.4, San Jose, Jun. 2016.
42)Ya Liu, Xin Zhao, Bofeng Zhao, Zijun Yao, Zheng Gong, Takeshi Yasui, Lin Zhang and Zheng Zheng : High-resolution, dual-comb spectroscopy enabled by a polarization-multiplexed, dual-comb femtosecond fiber laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, AM4K.5, San Jose, Jun. 2016.
43)Yousuke Ohyama : q-Painleve equations and q-Stokes phenomenon of linear q-difference equations, Exponential Asymptotics of Difference and Differential Equations, Jun. 2016.
44)XIN KANG, Yunong Wu and Fuji Ren : KGO at the NTCIR-12 Temporalia Task: Exploring Temporal Information in Search Queries, Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 247-252, Tokyo, Jun. 2016.
45)Ning Liu, Mengjia He, Chao Li, Xin Kang and Fuji Ren : TUTA1 at the NTCIR-12 Temporalia Task, Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 258-261, Tokyo, Jun. 2016.
46)Hiroo Tarao, Hiromichi Yumoto, Tominaga Toshihiko, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Current Distribution around Lesions due to Apical Periodontitis by Applying 500-kHz Current Across Electrodes, 2016 The Joint Annual Meeting of The Bioelectromagnetics and the European BioElectromagnetics Association (Ghent, Belgium), Jun. 2016.
47)Ning Liu, Mengjia He, Chao Li, XIN KANG and Fuji Ren : TUTA1 at the NTCIR-12 Temporalia Task, Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 258-261, Tokyo, Jun. 2016.
48)Minoru Noda, Onishi Shinya and Fumiaki Nagao : Fluctuating pressure acting on leeward circular cylinder of fixed tandem circular cylinders, Proceedings of 8tht International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, 1-10, Boston, Jun. 2016.
49)Eiji Hase, Shuji Miyamoto, Yi-Da Hsieh, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Scan-less, line-field, confocal microscopy based on dimensional-conversion optical frequency comb, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, SW1H.3, San Jose, Jun. 2016.
50)Takeo Minamikawa, Yi-Da Hsieh, Kyuki Shibuya, Yoshiki Kaneoka, Sho Okubo, Hajime Inaba, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Dual-optical-comb spectroscopic ellipsometry, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, SW1H.5, San Jose, Jun. 2016.
51)Xin Zhao, Cui Li, Yingling Pan, Guoqing Hu, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Dual-comb-assisted real-time microwave frequency measurement with a single mode-locked fiber laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2016, JTh2A.134, San Jose, Jun. 2016.
52)Masatake Kawada, Masao Suzuki, Ryohei Ikeda and Satoru Ota : Improving Detection Sensitivity of an On-Board Radio Interferometer System for Locating Partial Discharge Sources in Propulsion Coils of Superconducting Maglev Systems, Proceedings of the 34th IEEE Electrical Insulation Conference, 151-155, Montreal, Jun. 2016.
53)Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Effects of microstructural modification on mechanical performance of cellulose nanofiber composites, Program aand proceedings of the International Symposium on Green Manufacturing and Applications (ISGMA 2016), 14, Bali, Jun. 2016.
54)Toshihiro Okamoto, Kota Tanikawa and Masanobu Haraguchi : Split-ring resonator metamaterial fabricated by nanosphere lithography, The CollaborativeConferenceon3DandMaterialsResearch2016(CC3DMR2016), 266, Incheon, Jun. 2016.
55)Masao Nagase : Single-crystal graphene growth on SiC by infrared rapid thermal annealing, --- [invited] ---, 2016 Collaborative Conference on 3D and Materials Research(CC3DMR), inchon, Korea, Jun. 2016.
56)Bin Zhang, Changqin Quan and Fuji Ren : Study on CNN in the recognition of emotion in audio and images, Computer and Information Science (ICIS), 2016 IEEE/ACIS 15th International Conference on, 319-323, Okayama, Japan, Jun. 2016.
57)Yuhei Yamamoto, Yosuke Sanagawa, Yuya Kurumi, Takeshi Kamimura, Kenji Kodama and Shoji Imai : Chemical properties of wet depositions at a remote site in Shikoku highland, Japan, Goldschmidt Conference 2016, Yokohama, Jun. 2016.
58)Yoshitaka Nakano, Masahito Niibe and Retsuo Kawakami : Electrical Damage Investigation of n-GaN Films Treated by CF4 Plasma, Proceedings of the 43rd International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS2016), MoP-ISCS-LN-4_1-MoP-ISCS-LN-4_2, Toyama, Jun. 2016.
59)Retsuo Kawakami, Masahito Niibe, Yoshitaka Nakano and Takashi Mukai : Effect of Ultraviolet Light-Assisted CF4 Plasma Irradiation on AlGaN Thin Film Surface, Proceedings of the 43rd International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS2016), MoP-ISCS-096_1-MoP-ISCS-096_2, Toyama, Jun. 2016.
60)Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Takashi Shimamoto and Jenq-Shiou Leu : Reference Frame Selection Algorithm of HEVC Encoder for Low Power Video Device, Proceedings of 2nd International Conference on Intelligent Green Building and Smart Grid (IGBSG 2016), 34-39, Praha, Jun. 2016.
61)Liu Chun-Yao, Chen Yi-Siang, Leu Jenq-Shiou and Tian Song : Energy Efficient Streaming for Smartphones by Video Adaptation and Backlight Control, The Proceedings of the 2nd International Conference on Intelligent Green Building and Smart Grid (IGBSG), 124-128, Jun. 2016.
62)Kanai Yasushi, Ikuta Takashi, Ono Takao, Yasuhide Ohno, Maehashi Kenzo, Inoue Koichi and Matsumoto Kazuhiko : Detection Kondo effect in Graphene Quantum Dots, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
63)Yoshiaki Taniguchi, Tsubasa Miki, Takanori Mitsuno, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Hydrophilic Graphene Film by Molecular Functionalization, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
64)Takanori Mitsuno, Yoshiaki Taniguchi, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Intrinsic pH Sensitivity of Graphene Field-Effect Transistors, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
65)Ono Takao, Kanai Yasushi, Yasuhide Ohno, Maehashi Kenzo, Inoue Koichi and Matsumoto Kazuhiko : An Application of Graphene Field Effect Transistor to Enzymatic Assay, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, Jun. 2016.
66)Kenji Ikeda : Consistent Estimate of Innovations Model, Preprints, 12th IFAC International Workshop on Adaptation and Learning in Control and Signal Processing, 1-6, Eindhoven, Jun. 2016.
67)Toshihiko Aramaki, Kazuhiko Kinoshita, Yusuke Tanigawa, Hideki Tode and Takashi Watanabe : A Congestion Control Method for Multiple Services on Shared M2M Network, Proceedings of the 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, 873-877, Jul. 2016.
68)Takeshi Umeki, Shigehiro Takasaka, Yasuhiro Okamura, Hirokazu Takenouchi, Ryuichi Sugizaki, Atsushi Takada and Yutaka Miyamoto : R&D on Optical Parametric Amplifiers in Coherent lambda Project, 21st Optoelectronics and Communications Conference / International Conference on Photonics in Switching 2016 (OECC/PS 2016), Niigata, Jul. 2016.
69)Kazuya Mori, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Modulation Format Conversion from QPSK to 16QAM Using Delay Line Interferometer and Spectral Shaping Filter, 21st Optoelectronics and Communications Conference / International Conference on Photonics in Switching 2016 (OECC/PS 2016), No.MF1-4, Niigata, Jul. 2016.
70)Ryosuke Takabatake, Momoyo Ito, Shin-ichi Ito and Minoru Fukumi : Vowel sound recognition using electromyogram with dry sensors, Proceeding of the 2016 International Conference on Electrical Engineering, ID90049-1-5, Naha, Jul. 2016.
71)Shunsuke Takata, Momoyo Ito, Shin-ichi Ito and Minoru Fukumi : A Basic Study for Driver State Estimation Based on Time Series Data Analysis, Proceeding of the 2016 International Conference on Electrical Engineering, ID90096-1-6, Naha, Jul. 2016.
72)Taiki Nonoguchi, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : A Method to Detect and Track Mosquitoes Using Orientation Code Matching and Particle Filter, Proceeding of the 2016 International Conference on Electrical Engineering, ID90204-1-6, Naha, Jul. 2016.
73)Songhao Yang, Masahide Hojo, Kenji Yamanaka and Baohui Zhang : A Novel Method for Optimization of PMU Placement, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2016, Naha, Jul. 2016.
74)Kenji Sunahara, Hiroyuki Matsuzaki and Akihiro Furube : Transient absorption anisotropy to reveal energy migration among sensitizing molecules on nanocrystalline film, IUMRS-ICEM2016, Jul. 2016.
75)kensuke inoshita, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Bit-Error-Rate Performance in Optical 16QAM Recognition by Maximum Output with Optical Waveguide Circuit, 21st Optoelectronics and Communications Conference / International Conference on Photonics in Switching 2016 (OECC/PS 2016), No.WA2-111, Niigata, Jul. 2016.
76)Kazuto Takahashi, Mao Okada, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Multi-Channel Lasing Characteristics for Linear-Cavity Fiber Sensor System using SOA and Fiber Bragg Grating Elements, 21st Optoelectronics and Communications Conference / International Conference on Photonics in Switching 2016 (OECC/PS 2016), No.WA2-66, Niigata, Jul. 2016.
77) , Fukiko Kubota, Masahiro Goto, Robert Cattrall and Spas Kolev : Selective separation and recovery of strategically important metals using polymer inclusion membranes containing acidic extractants with alkylamide and amino acid moieties, IEx 2016: Ion Exchange - a continuing success story, Jul. 2016.
78)Hao Ma, Masahide Hojo, Kenji Yamanaka and Yongqing Meng : Comparison and Analysis on Control Strategies of Generator-Side Converter for Permanent Magnet Direct-drive Wind Power System, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2016, Naha, Jul. 2016.
79)Zian Wang, Masahide Hojo and Kenji Yamanaka : Examination of PLL Circuit Under Different Three-Phase Voltage Unbalanced Rate, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2016, Naha, Jul. 2016.
80)Kouichiro Kouno, Tsuyoshi Sogabe, Katsushi Itou, Tadao Nagase and Masahide Hojo : Field Test of Reactive Power Control of Mega-Solar System for Voltage Regulation with Long Distribution Line, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2016, Naha, Jul. 2016.
81)Fumiya Fujimoto, Yuichi Okumi, Yohei Yamashita and Tomohiro Kubo : Dual Mode Operation of Electric Vehicles using an Active Trolley Pole with an Optical Sensor at the Top, Proc. International Conference on Electrical Engineering, Vol.4, No.07, 90195, Naha, Jul. 2016.
82)Zhang Guoliang, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Face Identification based on Deep Learning Using Low Pixel Images, International Conference on Engineering & Technology, Computer, Basic & Applied Sciences, Jul. 2016.
83)Shun Ogura, Shuzo Matsubara, Shouta Kuniyasu, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura : Study of Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields on Cancer Cell by using in Vivo and ex vivo Assay, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 377-381, San Francisco, Jul. 2016.
84)Kouji Omatsu, Ryoutarou Arai, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Observation of Discharges in NOx Treatment Reactor Using Nanosecond Pulsed Powers and the Reactor Improvement, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 382-385, San Francisco, Jul. 2016.
85)Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Effect of the Number of Inner Wire Electrodes on Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 386-361, San Francisco, Jul. 2016.
86)Toru Shigemitsu, Takeshima Yasutoshi, Ogawa Yuya and Junichiro Fukutomi : Internal Flow of Contra-Rotating Small Hydroturbine at Off-Design Flow Rates, Proceedings of the 28th IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Grenoble, France, Jul. 2016.
87)Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen : Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite, 15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Incheon, Korea, Jul. 2016.
88)Tomohide Ikemoto, Toshiki Ninomiya, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Improvement of Ozone Producing Coaxial Reactor by Tensioned Inner Wire Electrode in Using Nanosecond Pulsed Power, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 621-624, San Francisco, Jul. 2016.
89)Kai Shimizu, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Effect of Solution Electric Conductivity on Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 625-630, San Francisco, Jul. 2016.
90)Toru Hasunuma : Constructions of universalized Sierpinski graphs based on labeling manipulations, Proceedings of the 9th International Workshop on Graph Labeling (July 7-9, 2016), Electronic Notes in Discrete Mathematics, Vol. 60, 47-54, Krakow, Poland, Jul. 2016.
91)Yousuke Ohyama : Some q-Painleve equations and connection problems, Symmetries and Integrability of Difference Equations, Sainte-Adele, Quebec, Canada, Jul. 2016.
92)Yoshiki Ito, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : An Adaptive Search Range Selection Algorithm for HEVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2016), 211-214, Okinawa, Jul. 2016.
93)Ryo Kuroda, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Hardware Oriented Early CU Splitting Algorithm by Coding Unit Feature Analysis for HEVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2016), 217-220, Okinawa, Jul. 2016.
94)Kazuki Kuroda, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Adaptive Mode Selection for Low Complexity Enhancement Layer Encoding of SHVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2016), 355-358, Okinawa, Jul. 2016.
95)Masashi Okamoto, Akihiro Odoriba, Hiroyuki Yotsuyanagi, Masaki Hashizume and Shyue-Kung Lu : A Built-in Test Circuit to Monitor Changing Process of Resistive Open Defects in 3D ICs, Proc. of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications 2016, 295-298, Okinawa, Jul. 2016.
96)Kouhei Ohtani, Daisuke Suga, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : A Built-in Test Circuit for Injected Charge Tests of Open Defects in CMOS ICs, Proc. of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications 2016, 291-294, Okinawa, Jul. 2016.
97)Yoshio Kan and Koji Kashihara : Evaluation of temporal change in heart rate variability during the advanced trail making test, 2016 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (SCAI 2016), 626-629, Kumamoto, Jul. 2016.
98)Mikito Yasuzawa, Jiang Li, Yusuke Fuchiwaki, Toshihiko Harada and Noriko Minamimoto : Preparation and evaluation of low-invasive type amperometric glucose sensor, The 16th International Meeting on Chemical Sensors, Jeju, Korea, Jul. 2016.
99)Masahiro Takaiwa : Wrist rehabilitation training simulator for P.T. using pneumatic parallel manipulator, IEEE International conference on Advanced Intelligent Mechatronics, AIM 2016, Jul. 2016.
100)Kiyoshi Yasuda, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Jun-ichi Aoe and Noriaki Kuwahara : Videophone Conversation of Two Individuals with Dementia using an Anime Agent System, Proceedings of 7th International Conference on Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management (HCI International 2016), 317-326, Toronto, Jul. 2016.
101)Sejati Purnomo, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Investigation of Collision Signal Measured with Accelerometer for Determining Team Member on Non-Prehensile Object Conveyance by Multiple Mobile Robots, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 333-338, Tsukuba, Jul. 2016.
102)Shogo Yoshida, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima, Anuar Mohamed Kassim and Takashi Yasuno : Correctiomn Method of Wind Speed Prediction System using Predicted Wind Speed Fluctuation, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, No.Th2bPo5.5, 1054-1059, Tsukuba, Jul. 2016.
103)Heejin Lee, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Self-driving System Using GPS Coordinate Tracking under Relative Distance, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, No.Th2bPo5.4, 1050-1053, Tsukuba, Jul. 2016.
104)Kassim bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki, Jaafar Izzuan Hazriq and Aras Shahrieel Mohd Mohd : Performance Analysis of 125 kHz Passive RFID on Auto-Navigation System at Outdoor Environment for Visually Impaired Person, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 1520-1525, Tsukuba, Jul. 2016.
105)Masaki Ohnuma : A strong comparison principle of semicontinuous viscosity solutions for the prescribed mean curvature equation, Nonlinear PDE satellite Workshop, Sendai, Jul. 2016.
106)Teruaki Ito and Tomio Watanabe : Motion control algorithm of ARMCOMS for entrainment enhancement, Lecture Notes in Computer Science, No.LNCS 9734, 339-346, Toronto, Jul. 2016.
107)Hiroyuki Mitsuhara, Junya Kawai, Keisuke Iguchi and Masami Shishibori : Game-based Evacuation Drills using Simple Augmented Reality, Proc.of 16th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies (ICALT2016), 133-137, Austin, Jul. 2016.
108)Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama and Shik Chi Edman Tsang : Single Layer Niobate Nanosheets Prepared by A Bottom-Up Approach: Photocatalytic Hydrogen Evolution from Water/Methanol Solution, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
109)Keizo Nakagawa, Suguru Nishida, Akira Yoshida, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Vincent Dubois and Sophie Hermans : Sintering Resistance and Cyclohexane Dehydrogenation of Pt Catalyst Covered with Cubic Mesoporous Silica Layers, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
110)Keizo Nakagawa, Shigeru Sugiyama and Motonari Adachi : Layered Titanate Nanosheets with and without Lamellar Mesostructure Formed by Surfactant Self-Assembly, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
111)Saki Hiraoka, Naoya Motoki, Yuta Honda, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Motonari Adachi, Hiroshi Matsuo and Fumio Uchida : Preparation of Titania Thin Film for Dye-Sensitized Solar Cells using Titanium Oxide Nanosheets, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
112)Hiroharu Yamashita, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Daisuke Saeki and Hideto Matsuyama : Formation and Structural Analysis of Niobate Nanosheets with Different Sheet Thickness, The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), Nara, Jul. 2016.
113)Takahashi Shinji, Ishibashi Tatsuki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Shoichiro Fujisawa : Quantitative Evaluation of Orientation Performance of Tactile Walking Surface Indicators for the Blind, Proceedings of the AHFE2016 International Conference on Human Factors in Transportation, 151-158, Orlando, Jul. 2016.
114)Nagahama Hideaki, Inagaki Tomoyuki, Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Takeuchi Kiyohito, Ogino Hiroshi, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Shoichiro Fujisawa : Proof Experiment of LED Block Equipped with Projections to Locate Travel Direction for Blind and Vision Impaired Persons, Proceedings of the AHFE2016 International Conference on Human Factors in Transportation, 159-169, Orlando, Jul. 2016.
115)Teruaki Ito and Tomio Watanabe : Emotional entrainment enhancement using an active display interface, Advances in Affective and Pleasurable Design, Vol.483, 563-569, Orlando, Jul. 2016.
116)Katsuyoshi Ohara, Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : Comprehensive Gröbner systems for parametric Poincare-Birkhoff-Witt ideals, Algebraic Statistics and Symbolic Computation, Jul. 2016.
117)Takeshi Matsumoto and Shinya Itamochi : Effects of Whole Body Vibration on Breast Cancer Bone Metastasis and Vascularization in Mice, Physiology 2016 Abstracts, 166, Dublin, Jul. 2016.
118)Hiroyuki Mitsuhara, Takehisa Inoue, Kenji Yamaguchi, Yasuichi Takechi, Mari Morimoto, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Masami Shishibori : Game-Based Evacuation Drill Inside Google Street View, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol.498, 655-666, Orlando, Jul. 2016.
119)Shinya Itamochi and Takeshi Matsumoto : Combined Effect of Whole-body Vibration and Parathyroid Hormone on Bone Structure and Material Properties of Ovariectomized Mice, Physiology 2016 Abstracts, 356-357, Dublin, Jul. 2016.
120)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : A difficulty from chattering in bifurcation analysis of the circuit with a Josephson junction including piecewise linear property, Proc. IEEE TJCAS 2016, Tainan, Aug. 2016.
121)J Hossen, P.R Cummins, J. Detter and Toshitaka Baba : Tsunami Time Reverse Imaging Case Study: The 2009 Samoa Tsunami., AOGS2016, Vol.OS22, No.SE37, D4AM2-303A, Beijing, Aug. 2016.
122)Y Igarashi, S. Murata, Toshitaka Baba, K. Sato, T. Hori and M. Okada : Maximum Tsunami Height Prediction Using Pressure Gauge Data by a Gaussian Process at Owase in the Kii Peninsula, Japan, AOGS 2016, Vol.IG22, No.SE37, D4-AM2-303A-(L3S)004, Beijing, Aug. 2016.
123)S. Murata, Y. Igarashi, Toshitaka Baba, K. Sato, T. Hori and M. Okada : Multiple Linear Regression and L1 Regularization for Tsunami Height Prediction,, AOGS2016, Vol.IG22, No.D5, PM2-P009, Beijing, Aug. 2016.
124)Masayuki Tsukagoshi, Yasuji Shinohara, Hiroki Sugi and Takao Ueda : The Influence of Fly Ash on Bond Strength Property Between Corroded Reinforcement Steel Bars and Concrete, Civil Engineering Conference in the ASIAN Region CECAR7, Aug. 2016.
125)koki sakamaki, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Perceived depth dependence of transparent layered images in the Depth-fused 3D display, IMID2016, Cheju, Aug. 2016.
126)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Takahiro Matsui and Kenya Nishimura : Preparation of structurecontrolled cellulose nanocomposites and their mechanical properties, Proceedings of the 17th US-Japan Conference on Composite Materials, 25_1-25_4, Sapporo, Aug. 2016.
127)Kazuki Tainaka, Kenji Tanno, Takahiro Kamimoto, Masato Nakagawa and Yoshihiro Deguchi : Application of Computed Tomography - Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy to Pulverized Coal Combustion Fields, 36th International Symposium on Combustion, WIP160731-0805, Seoul, Korea, Aug. 2016.
128)Tomoya Kawaguchi, Masashi Sakaida, Masatsugu Oishi, Katsutoshi Fukuda, Satoshi Toyoda, Tetsu Ichitsubo and Eiichiro Matsubara : Strain effects on redox reaction in Li-rich layered oxide electrode, PRiME 2016/230th ECS Meeting, Honolulu, Hawaii, (2016. 8.2-7)., 290, Aug. 2016.
129)Toshitaka Baba, J. Taniguchi, M. Miyoshi and K. Aki : Long-term flooding simulation due to the great Nankai tsunami in Tokushima-city,Japan., AOGS2016, Vol.OS22, No.SE37, D4PM2P-005, Beijing, Aug. 2016.
130)Inoue Yuta, Shun Nishide and Fuji Ren : Facial Expression Recognition Adaptive to Face Pose Using RGB-D Camera, Springer International Publishing Switzerland, IEA/AIE 2016, Vol.LNAI 9799, 422-427, Aug. 2016.
131)Watanabe Kanta, Shun Nishide, Gouko Manabu and Kim Hae Chyon : Fully Automated Learning for Position and Contact Force of Manipulated Object with Wired Flexible Finger Joints, Springer International Publishing Switzerland, IEA/AIE 2016, Vol.LNAI 9799, 753-767, Aug. 2016.
132)Shin-ichiro Yanagiya, Yoshida Atsushi and Akihiro Furube : Growth and Shrinkage of Microbubbles in Water-Alcohol Mixture generated by Photoexcitation of Gold Nanoparticles, Abstracts of ICCGE-18, MoP-G02-4, Nagoya, Aug. 2016.
133)Shin-ichiro Yanagiya, Yoshida Atsushi and Akihiro Furube : Growth and Shrinkage of Microbubbles in Water-Alcohol Mixture generated by Photoexcitation of Gold Nanoparticles, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, MoP-G02-4, Nagoya, Aug. 2016.
134)Takahisa Fujiwara, Daido Nakahashi, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki : Step velocities of glucose isomerase crystals in the presence of hen egg-white lysozyme in solution, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
135)Ryo Suzuki, Takeharu Kishi, Haruhiko Koizumi, Katsuo Tsukamoto, Yasutomo Arai, Seijiro Fukuyama, Yoshihisa Suzuki, Kenichi Kojima and Masaru Tachibana : Characterization of grown-in dislocation in high quality glucose isomerase crystals by synchrotron X-ray topography, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Vol.468, 299-304, Nagoya, Aug. 2016.
136)Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Nanostructure for Hybrid Plasmonic-Photonic Crystal Formed on Gel-Immobilized Colloidal Crystal Observed by SEM after Solvent Exchange, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
137)Hidekazu Okamura : Optical study of excitonic insulator Ta2NiSe5 under high pressure, International Conference on High Pressure in Semiconductor Physics (University of Tokyo, August 2016), Tokyo, Aug. 2016.
138)Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara and Shoko Ueta : Protein Crystallization by Slow Evaporation of Precipitant-free Solution in the Presence of Hydrochloric Acid, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
139)Hidekazu Okamura and Takayuki Goto : Infrared study of black phosphorus under high pressure, International Conference on High Pressure in Semiconductor Physics (University of Tokyo, August 2016), Tokyo, Aug. 2016.
140)Kenji Matsumoto, Mitsuhiro Ohta and Shuichi Iwata : The Effect of Milk Inflow Condition on a Filling Process of Paper Carton Milk, The 17th International Congress on Rheology, Kyoto, Aug. 2016.
141)Katsuo Tsukamoto, Hitoshi Miura, Yoshihisa Suzuki and Izumi Yoshizaki : In-Situ Measurement of Lysozyme Crystal Growth Rate vs Supersaturation with different impurity level in the International Space Station, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
142)Yanqiu Li, Fuji Ren and Min Hu : Facial Expression Recognition based on DT-CWT and Weighted Inverse Cloud Model, Modelling, Simulation and Identification / 841: Intelligent Systems and Control, Campinas, Brazil, Aug. 2016.
143)Masamichi Ogasawara : Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral Zirconocenes by Asymmetric Ring-Closing Metathesis and Their Application in ZACA Reaction, International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2016 (ISPAC 2016), Kuching, Aug. 2016.
144)Yasunori Muto, M. Miyoshi, Takao TAMURA and Mahito Kamada : Retarding Effect Evaluation of Wetland with Land-use Change, 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Pusan, Korea, Aug. 2016.
145)Mahito Kamada : Ecosystem-based Disaster Risk Reduction as adaptation to global warming in an era of depopulation in Japan, 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Busan, Aug. 2016.
146)Yohta Imai and Mahito Kamada : Preserving water storage function of paddy fields through conserving hooded cranes (Grus monacha), 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Busan, Aug. 2016.
147)Zhong Huang, Fuji Ren and Yanwei Bao : Human-like facial expression imitation for humanoid robot based on recurrent neural network, International Conference on Advanced Robotics and Mechatronics (ICARM),, Aug. 2016.
148)Rakkappan Balasubramanian, Yasumitsu Miyazaki and Nobuo Goto : Optical Functional characteristics of Transverse A-O Waveguide With SAW By FDTD Analysis (invited), 2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC2016), No.S-B12a-5, Seoul, Aug. 2016.
149)Mari Maeda, Yasunori Kozuki, Ken Hirai, Takashi Nakanishi, Ryoichi Yamanaka and Maya Matsushige : ENVIRONMENTAL EDUCATION FOR SCHOOLCHILDREN IN A SEAWATER POND FOR CREATING A SATOUMI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
150)Maya Matsushige, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Mari Maeda and Yushu Tashiro : THE EFFECTS OF A SEASIDE ENVIRONMENTAL EDUCATION PROGRAM FOR PRESCHOOL CHILDREN AS SEEN IN THE CONTENTS OF BEFORE-AND-AFTER DRAWINGS, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
151)Sadao Nakaoka, Yasunori Kozuki, Takashi Nakanishi, Mitsuko Tsuboi, Ei Kodama, Kazuya Tamura, Ken Hirai, Junya Miyoshi, Sayaka Mori, Junichiro Ishikawa, Natsumi Yamaguchi and Ryoichi Yamanaka : ENVIRONMENTAL EDUCATION: LEARNING THE CYCLE OF LIFE BY CONNECTING SEA AND SOIL OF AMAGASAKI, Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI), RUSSIA, Aug. 2016.
152)Chen-Chia Cho, Yu-Ren Chen, Dikky A. Hutauruk, Da-Hsiang Tsai and Yoshihiro Deguchi : Phase Evolution in Plasma Electrolytic Oxidation Coatings on Hot-Dipped Aluminized Medium Carbon Steels, European Advanced Materials Congress, 10.5185/eamc2016, Yokohama, Aug. 2016.
153)Rui Takano, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Continuous depth perception by only two small-light sources in Non-overlapped DFD display, The 16th International Meeting on Information Display, 239, Cheju, Aug. 2016.
154)Tomohiro Yamamoto, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Viewing zone expansion by blurring edge parts in Edge-based DFD (Depth-fused 3D) display, IMID2016, 342, Cheju, Aug. 2016.
155)Kotaro Nisikawa, Masayuki Shakutsui, Kentaro Hirata and Masahiro Takaiwa : Development of Pneumatic Myoelectric Hand with Simple Motion Selection, The 9th International Conference on Intelligent Robotics and Applications, Aug. 2016.
156)Hiroki Ogawa and Madoka Chosokabe : Pilot Programs for Town Management Utilizing the Unused Facilities -Case studies in Wakayama city-, International Conference of Asian-Pacific Planning Societies Hand Book & Proceeding, 121-124, Taipei, Aug. 2016.
157)Yusuke Nagao, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Deep edge-based DFD display with long viewing distance and large screen, IMID'16, 628, Cheju, Aug. 2016.
158)Tatsuhiko Eguchi, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Perceived depth and smooth image shift of motion parallax by using layered multi-view DFD (Depth-fused 3D) display, IMID'2016, 343, Cheju, Aug. 2016.
159)Masashi Okushima : Multi-Agent Simulation of Commuting Modal Shift Considering with Health Conscious, Proceeding of Joint 8th the International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Intelligent Systems, 472-477, Sapporo, Aug. 2016.
160)H. Mizutani and Yasunori Muto : Numerical Simulation of Riverbed Variation in Tonda River Using Simplified Lagrangian Bedload Model, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
161)N. Koi, Yasunori Muto and Takao TAMURA : An Observational Research on Hydrogical Data and Sediment Transport in the Nishidani River Basin, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
162)M. Arita, Yasunori Muto and Takao TAMURA : An Experimental study on Levee Breach by Overflow Using a Small Scale Model, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
163)A. Sasao, Yasunori Muto, Takao TAMURA and T. Nomura : Impacts of Sediment Discharge and its Particle Size Composition on Channel Transition and Sandbar Formation, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
164)Takao TAMURA, Yasunori Muto and A. Yamashita : A Method For Establishing Stage-Discharge Curve By Using Rainfall, Water Level Data, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
165)R. Hasegawa, Takao TAMURA and Yasunori Muto : Consideration of Subsurface Water and Slope Failure in Mountain Forest Watershed Using a Distributed Runoff Model, Proc. IAHR-APD2016, Colombo, Sri Lanka, Aug. 2016.
166)Pankaj M. Koinkar, Sandip S. Patil, Toshihiro Moriga, Akihiro Furube and Mahendra A. More : Enhanced field emission properties from conducting polymer nanostructures, R.N.C. Arts, J.D.B. Commerce, Nashik Road, India, Sep. 2016.
167)Norihide Kitaoka, Shuhei Segawa and Kazuya Takeda : Emotion recognition from speech using a physical model, Proc. ICA2016, Sep. 2016.
168)Daiki Yamanaka, Shin-ichiro Yanagiya, Akihiro Furube, Hiroyuki Matsuzaki, Kazuyuki Uchida and Takashi Uchida : TIME-RESOLVED SPECTROSCOPIC STUDY OF SINGLET EXCITONS IN CRYSTALLINE PEROPYRENE DERIVATIVES: INVESTIGATION OF SINGLET FISSION PROCESS, 2016 International Symposium for Young Chemical Engineers, Sep. 2016.
169)Toru Hasunuma : Two generalized variants of dominating sets in subdivided-line graphs, Abstracts of International Symposium on Combinatorial Optimisation 2016 (Sep. 1-3, 2016), 27, Canterbury, UK, Sep. 2016.
170)Pankaj M. Koinkar, Sandip S. Patil, Akihiro Furube and Mahendra A. More : Field Electron Emission Characteristics from Metal-conducting Polymer Nanocomposite, International Symposium for Young Chemical Engineers (2016 iSyCE), 194, Taipei, Taiwan, Sep. 2016.
171)Mikito Yasuzawa : Development of Biosensors for Continuous Glucose Monitoring, 2016 Young Chemical Engineer Symposium, Taipei, Sep. 2016.
172)Eiji Komura, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Field Enhancement on Hetero Plasmonic Antenna, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques(NFO-14), Tu-9P-42, Hamamatsu, Sep. 2016.
173)Toshihiro Okamoto, Kota Tanikawa, Naoki Tamura and Masanobu Haraguchi : Large area fabrication of stacked optical magnetic metamaterial by nanosphere lithography, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques(NFO-14), Tu-6B-6, Hamamatsu, Sep. 2016.
174)Shun Kamada, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Transmission Spectrum of Anti-symmetric Mach-Zehnder Interferometer in Metal-insulator-metal Plasmonic Waveguide, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques(NFO-14), We-14P-57, Hamamatsu, Sep. 2016.
175)Hiroyuki Okamoto, Kosuke Kusaka, Kenzo Yamaguchi, Terumasa Kagamihara, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Development of Plasmonic Bragg Gratings with a Trench Plasmonic Waveguide, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques(NFO-14), We-14P-56, Hamamatsu, Sep. 2016.
176)Masanobu Haraguchi, Koji Okuda, Toshihiro Okamoto, Shinpei Bando and Hiroyuki Okamoto : Trench Plasmonic Waveguide Integrated in Si Waveguide Circuit, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques(NFO-14), Tu-16B-1, Hamamatsu, Sep. 2016.
177)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Isolation and Identification of Cu, Fe-tolerant Bacteria from Myoho Copper Mine Spoils, Wakayama, 11th International Congress on Extremophiles, 155, Kyoto, Sep. 2016.
178)Yoshihiro Deguchi, A. Ikutomo, Y. Fujita, M. Teramura, T. Sudou and T. Haga : Development of Trace Element Detection Method Using Laser Breakdown - Time of Flight Development of Trace Element Detection Method Using Laser Breakdown - Time of Flight Mass Spectrometry, The 9th International Conference on Laser Induced Breakdown Spectroscopy (LIBS2016), IF6, Chamonix-France, Sep. 2016.
179)Zhenzhen Wang, Yoshihiro Deguchi, Renwei Liu, Akihiro Ikutomo, Zhenzhen Zhang, Daotong Chong, Junjie Yan and Jiping Liu : Emission characteristics from laser-induced plasma using coaxial long and short double-pulse LIBS, The 9th International Conference on Laser Induced Breakdown Spectroscopy (LIBS2016), P93, Chamonix-France, Sep. 2016.
180)Toshihiro Moriga and Pankaj M. Koinkar : Collaborative Research Effort and Rise of New Research Networks and Mobility at Global Level, Impact of Globalisation on cross-cultural and ethical issues in Science and Technology, Commerce and Management, Arts and Media, Nashik, India, Sep. 2016.
181)Ryousuke Kujime, Haruki Mizushina, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Design of CMA to Improve Luminance of Aerial Image, JSAP-OSA Joint Symposia 2016 13a_C301_3, 13a_C301_3, Toki Messe (Niigata, Niigata), Sep. 2016.
182)Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Masaru Nakahara and Yasuhiro Uosaki : NMR and MD studies on dynamics in sub- and supercritical water and application to conversion of renewable resources, Joint EMLG/JMLG Annual Meeting 2016, Chania, Sep. 2016.
183)Ohshima Masayuki, Matsuda Shohei, Tetsui Toshimitsu and Kazuhiro Hasezaki : Oxidation Resistance of MoSi2/Mo FGMs Layer for Titanium Aluminide Intermetallic Compound, 14th International Symposium Functionally Graded Materials, Bayreuth, Sep. 2016.
184)Rahimah Hamid Abdul and Teruaki Ito : Wire bending using sheet metal feature for dentistry application, Proceedings of International Design and Concurrent Engineering Conference 2016 (iDECON2016), No.104, 1-5, Langkawi, Sep. 2016.
185)Masaki Hashizume, Yudai Shiraishi, Hiroyuki Yotsuyanagi, Hiroshi Yokiyama, Tetsuo Tada and Shyue-Kung Lu : Electrical Test of Resistive and Capacitive Open Defects at Data Bus in 3D Memory IC, Proc. of International Design and Concurrent Engineering Conference 2016, Langkawi, Sep. 2016.
186)Fara Binti Ali Ashikin, Akihiro Odoriba, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Electrical Tests for Capacitive Open Defects in Assembled PCBs, Proc. of International Design and Concurrent Engineering Conference 2016, Langkawi, Sep. 2016.
187)Yuichi Nagata : Population Diversity Measures Based on Variable-Order Markov Models for the Traveling Salesman Problem, Proceedings of the 14th International Conference on Parallel Problem Solving from Nature (PPSN 2016), 973-983, Sep. 2016.
188)Aziz Sanusi Abdul Mohd, Redzuwan Ikram Bahrin, Zaimi Muhammad, Izamshah Raja, Kasim Shahir Mohd, Ali Amran Md Mohd, Akira Mizobuchi and Tohru Ishida : Cutting Performance of Electroless Ternary Ni-W-P Coated Cutting Tools, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON2016), No.102, 1-4, Langkawi, Malaysia, Sep. 2016.
189)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kenya Nishimura and Takahiro Matsui : Mechanical characterisation of nanocellulose composites after structural modification, Proceedings of the 2016 High Performance and Optimum Design of Structures and Materials, 532-538, Siena, Sep. 2016.
190)Hiroki Ogawa and Madoka Chosokabe : Proposal of the DIY Leasing Scheme for Utilizing the Unused Facilities, 11th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 1791-1794, Sendai, Sep. 2016.
191)Hiroyuki Ukida : Mobile Robot Operation by Repeated Human Motion and Operator Discrimination, Proceedings of the SICE Annual Conference 2016, 385-390, Tsukuba, Sep. 2016.
192)Kazuyuki Matsumoto, Seiji Tsuchiya, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Judgment of Slang Based on Character Feature and Feature Expression Based on Slangs Context Feature, Communications in Computer and Information Science, Vol.652, 280-288, Kuala Lumpur, Sep. 2016.
193)Kitamura Masato and Kazuhiro Hasezaki : Thermoelectric Properties of Isotropic BixSb2-xTe3 by Mechanical Alloying and Followed by Hot Pressing, 14th European Conference on Thermoelectrics (ECT2016), Lisbon, Sep. 2016.
194)Kenji Ikeda : Consistent Estimates of Kalman Gain and the Covariance of the Innovations Process, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 182-185, つくば, Sep. 2016.
195)Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : An equation for estimating Kalman gain based on the finite-interval stochastic realization, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 186-189, つくば, Sep. 2016.
196)Tomoaki Kashiwao, Mayu Hiura, Bahadori Alireza, Kenji Ikeda and Takao Shimomura : Optimization of a Light Reflector Angle of Surface-mount-devide Light-emitting Diode Packaging Using Ray-tracing Simulation, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 361-364, つくば, Sep. 2016.
197)Yutaka Kameda and Koji Kashihara : Study of a Human Interface Based on Transfer Gain between Controlled Respiration and Pulse Wave Features, Proc. of SICE Annual Conference 2016, 1307-1309, Tsukuba, Sep. 2016.
198)Takuya Ehiro, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effects of Acidic-basic Properties of Calcium Hydroxyapatites on Catalytic Activities for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane, 9th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials (ISIPM-9), Tokyo, Sep. 2016.
199)Takeshi Yasui : (Invited talk) Gapless Dual THz Comb Spectroscopy, 41st International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz2016), M2C.5, Copenhagen, Sep. 2016.
200)Takayuki Ogawa, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Off-Axis THz digital holography by use of THz quantum cascade laser and uncooled micro-bolometer array detector, 41st International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz2016), T5P.09.07, Copenhagen, Sep. 2016.
201)Mizuguchi Tatsuya, Hu Guoqing, Zhao Xin, Takeo Minamikawa, Yang Yuli, Li Cui, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : Real-time Absolute Frequency Measurement Of CW-THz Radiation Using Dual THz Combs Induced By A Free-running, Dual-wavelength, Mode-locked Fiber Laser, 41st International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz2016), W5P.15.02, Copenhagen, Sep. 2016.
202)外輪 健一郎 : Units of Microchannel Reactors and Application to Process Intensification, International Workshop on Process Intensificatin 2016, マンチェスター, 2016年9月.
203)Miyazato Shinichi, Yamamoto Takashi, Takahashi Ryousuke, Takeshi Watanabe and Kobayashi Koichi : Study on maintenance management for deteriorated concrete by JSCE- 342, Life-Cycle of Engineering Systems: Emphasis on Sustainable Civil Infrastructure, 1566-1573, Oct. 2016.
204)Takanori Satoh, Yui Hamaji, Daiki Fujimoto, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Narumi Maegawa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Yurie Ohiwa and Shota Inoue : Exploration for bacteria from Japanese fermented foods, Narezushi and Awa Bancha tea by 16S rRNA gene analysis, The 8th Asian Symposium on Microbial Ecology(ASME2016), S7-17, Taipei, Oct. 2016.
205)Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and R. Lawrence Chen : Modulation Format Conversion From PDM-QPSK to PDM-BPSK Using FWM and Interference, 29th Annual Conference of the IEEE Photonics Society (IPC2016), No.WE1.4, Waikoloa, Hawaii, Oct. 2016.
206)Kensuke Inoshita, Yoshihiro Makimoto, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Shin-ichiro Yanagiya : Contrast Ratio and Noise Tolerance in Multisymbol-QPSK-Label Recognition Devices, 29th Annual Conference of the IEEE Photonics Society (IPC2016), No.WP22, 722-723, Waikoloa, Hawaii, Oct. 2016.
207)Teruaki Ito, HAMID Abdul Rahimah and Tetsuo Ichikawa : Collaborative Design and Manufacturing of Prosthodontics Wire Clasp, Proceedings of the 23th ISPE International Conference on Concurrent Engineering, 421-428, Curitiba, Oct. 2016.
208)Mikito Yasuzawa, Daisuke Mima, Yusuke Fuchiwaki and Toshihiko Harada : Enzyme-immobilized electrode prepared using cellulose nanofiber, PRiME 2016, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2016.
209)Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Takushi Kazama, Takeshi Umeki, Masafumi Koga and Atsushi Takada : First Demonstration of Non-Degenerate Phase- Sensitive Amplification with Pump Light Recovered by Optical Phase-Locked Loop, The 2016 IEEE Photonics Conference (IPC 2016), WB1.4, Waikoloa, Oct. 2016.
210)Takahide Kunitachi, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe : An Experimental Study of Reliable Wireless Communications in Vehicles, Proceedings of the 18th Asia Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2016), Oct. 2016.
211)Tomohiro Hirano : Stereoregular poly(N-alkylacrylamide)s - radical polymerization and aqueous phase transition behavior, 2016 International Symposium on Novel and Sustainable Technology, Tainan, Oct. 2016.
212)J Taniguchi, Toshitaka Baba, M. Miyoshi and H. Aki : A Numerical Simulation of Drainage of Influent Water Caused by Tsunami at Kawauchi, Tokushima, Tecno-ocean2016, Vol.3F2, Kobe, Oct. 2016.
213)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Fiber orientation control in cellulose nanofiber-reinforced green nanocomposites, The Fiber Society 2016 Fall Meeting and Technical Conference, 26, Ithaca, Oct. 2016.
214)Antonio Norio Nakagaito and Hitoshi Takagi : Cellulose nanofiber extraction from grasses by kitchen blender and ultrasonication, The Fiber Society 2016 Fall Meeting and Technical Conference, Ithaca, Oct. 2016.
215)Kota Honda, Akira Mizobuchi and Tohru Ishida : Investigation of Grinding Fluid for Prevention of Chip Adhesion in Miniature Drilling of Glass Plate Using Electroplated Diamond Tool, Proceedings of 2nd International Conference on Machining, Materials and Mechanical Technologies (IC3MT2016), No.100, 1-4, Matsue, Oct. 2016.
216)Yuusuke Takashima, Masato Tanabe and Yoshiki Naoi : Highly polarized ultraviolet light control using Ge subwavelength grating, The 2016 Asian Conference on Nanoscience and Nanotechnology, 1P-011, Sapporo, Oct. 2016.
217)Kohta Sugawara, Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Development of a Gross Motor Skill by Combining Primitive Motions in Repetitive Exercise, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 488-492, Kyoto, Oct. 2016.
218)Ryo Takeno, Yosuke Seki, Masahiko Sano, Kenji Matsuura, Kenji Ohira and Tetsushi Ueta : A Route Navigation System for Reducing Risk of Traffic Accidents, Proceedings of IEEE 5th GCCE, 640-644, Kyoto, Oct. 2016.
219)Lay Kuen-Tsair, Stephen Githinji Karungaru, Chen Yi-Jing and Hsuen Hsing-Chun : Visually Comprehensible QR Codes via Embedding of Big Logos, Proceedings of IEEE International Conference on Signal and Image Processing, 225-230, Beijing China, Oct. 2016.
220)Chung Ming-Hsuan, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Intelligent Driver Support Systems: Pedestrian Detection Using HOG Algorithm, Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing, 261-264, Kyoto, Oct. 2016.
221)Po-Jung Chen, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Spectral Structure in Multi-channel Lasing with a Cavity Consisting of Optical Amplifier and AWG for Linear Cavity Fiber Sensing, 21st Microoptics Conference (MOC'16), No.13C-9, Berkeley, California, Oct. 2016.
222)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Waveguide Type Optical Circuit for Recognition of Optical 8QAM Coded Labels in Photonic Router, 21st Microoptics Conference (MOC'16), No.13C-14, Berkeley, California, Oct. 2016.
223)Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida, Kenji Kita, Yunong Wu and Iwasa Fumihiro : Effect of Users Attribute on Emotion Estimation from Twitter, Proceedings of the 2nd IEEE International Conference on Computer and Communications, Vol.3, 1186-1190, Oct. 2016.
224)Toshihiro Moriga, Takeuchi Yuta, Sakai Namiko, Sarda Narendra, Harada Kyosuke, Hayashi Takanori and Kei-ichiro Murai : Synthesis from oxide precursor and structural refinement of K2NiF4-type Sr2TaO3N as a red pigment, The 2nd International Forum on Advanced Functional Materials and Polymer Materials, 青島,中国, Oct. 2016.
225)Nakata Katsuya, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Shih Shao-Ju and Mori Masashi : Synthesis and sintering behavior of La0.3Sr0.7TiO3 powders for SOFC interconnector using spray pyrolysis method, The 2nd International Forum on Advanced Functional Materials and Polymer Materials, 青島,中国, Oct. 2016.
226)Chih-Wei Hsiao, Mitsuo Oi, Koki Shibai, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Synthesis and optical properties of Sr3Si6O3N8:Eu2+ Oxynitride phosphors for white LEDs, The 2nd International Forum on Advanced Functional Materials and Polymer Materials, 青島,中国, Oct. 2016.
227)Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru, Rihito Yaegashi and Toshihiro Hayashi : Proposal of a Methodology based on Organization of Learning Material including Multiple Perceptions for Knowledge Communication of Physical Training, Proceedings of Gong Show & Young Researcher Contributions on ICKM2016, 1-5, Vienna,Austria, Oct. 2016.
228)Jin-Ping Ao, Xie Tian, Zhang Tong, Xue Junshuai and Bu Yuyu : Synthesis and Applications of P-type Metal Oxides by Reactive Magnetron Sputtering, 12th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XII), Changsha, Oct. 2016.
229)Fuji Ren : Robot Evolution and Humanitarian Intelligence, Institute of Automation, Chinese Academy of Sciences, Oct. 2016.
230)Wang Lei, Zhang Jiaqi, Li Liuan, Xue Junshuai and Jin-Ping Ao : Plasma-assisted low-temperature annealed ohmic process on AlGaN/GaN heterostructure field-effect transistors, International Forum on Wide Bandgap Semiconductors China (IFWS 2016), Beijing, Oct. 2016.
231)Ding Nan, Toru Shigemitsu and Takeshima Yasutoshi : Internal Flow with Foreign Vegetable Materials of Contra-Rotating Small Hydroturbine, Proceedings of 7th International Symposium on Fluid Machinery and Fluids Engineering, Jeju, Korea, Oct. 2016.
232)Shuji Miyamoto, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui and Hirotsugu Yamamoto : Video-rate volume imaging confocal microscope based on wavelength / space conversion by use of multichannel spectrometer, Frontier in Optics (FiO) 2016, JTh2A.128, New York, Oct. 2016.
233)Fuji Ren : IQ and EQ of The future robot, World Robot Conference 2016, Oct. 2016.
234)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Chaos Propagation in Coupled Chaotic Circuits with Multi-Ring Combination, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS'16), 65-68, Jeju, Oct. 2016.
235)Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization in Complex Networks by Coupled Parametrically Excited Oscillators with Parameter Mismatch, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS'16), 69-72, Jeju, Oct. 2016.
236)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Firefly Algorithm Existing Leader Fireflies, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS'16), 313-316, Jeju, Oct. 2016.
237)Seiya Kita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Switching Synchronization States of a Ring of Coupled Chaotic Circuits with One-Direction Delay Effects, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS'16), 384-387, Jeju, Oct. 2016.
238)Hai Minh Tran, Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in Star-Coupled van der Pol Oscillators by Adding Different Frequency Oscillators, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS'16), 629-632, Jeju, Oct. 2016.
239)Toshihiro Moriga : Eco-Friendly Preparation of Oxynitride Pigments and Phosphors from Nonstoichiometric Mixture of Starting Materials, BITs 6th Annual World Congress of Nano Science & Technology 2016, Singapore, Oct. 2016.
240)Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : A Learning Support System Regarding Motion Trigger for Repetitive Motion Having an Operating Instrument, Proceedings of 13th IADIS International Conference of CELDA, 33-40, Mannheim, Germany, Oct. 2016.
241)Songhao Yang, Baohui Zhang, Masahide Hojo and Kenji Yamanaka : An Optimization Scheme for PMU Placement based on Generators Grouping, Proceedings of 2016 IEEE PES Asia Pacific Power and Energy Engineering Conference, Xi'an, Oct. 2016.
242)Takahiro Kaji, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Fabrication of plasmonic modulator usin the micro displacement MEMS, OSJ - OSA Joint Symposia (OPJ2016), No.31pOOP1, Tokyo, Oct. 2016.
243)Mitsuru OKUNO, Masayuki TORII, Ken-ichi Nishiyama and Shuichiro YOKOTA : Landslides and earth-flow deposits triggered by the 2016 Kumamoto Earthquake in Aso caldera, SW Japan., Geological Society of America Annual Meeting 2016, Nov. 2016.
244)Yoshinori Mizuno : Katok-Sarnak type result for Eisenstein series on O(1,m+1), School on Mock Modular Forms and Related Topics, Kyushu University, Nov. 21 -- 25, 2016, Nov. 2016.
245)Takuma Nakagawa and Norihide Kitaoka : Multimodal control system for autonomous vehicles using speec and gesture recognition, 5th ASA/ASJ Joint Meeting, Nov. 2016.
246)Eichi Seto and Norihide Kitaoka : Example-based spoken chat system which can be cutomized for each user, 5th ASA/ASJ Joint Meeting, Nov. 2016.
247)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Yuya Sakaguchi, Takahiro Matsui and Kenya Nishimura : Effect of multiple extensions on mechanical performance of cellulose nanofiber/polyvinyl alcohol composites, Proceedings of the 9th International Conference on Green Composites, P-03_1-P-03_3, Kobe, Nov. 2016.
248)Noor Hisyam Noor Mohamed, Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Enhanced mechanical properties of cellulose nanofiber polyvinyl alcohol green composites by heat treatment, Proceedings of the 9th International Conference on Green Composites, P-02_1-P-02_3, Kobe, Nov. 2016.
249)Rosni Binti Yusoff, Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Tensile, impact and flexural strengths of hybrid green composites reinforced by kenaf, bamboo and coir, Proceedings of the 9th International Conference on Green Composites, P-13_1-P-13_3, Kobe, Nov. 2016.
250)Antonio Norio Nakagaito and Hitoshi Takagi : Affordable extraction of cellulose nanofibers from grass straw and their application in green composites, Proceedings of the 9th International Conference on Green Composites, S01-04_1-S01-04_4, Kobe, Nov. 2016.
251)Fuji Ren : On measures against aged society based on advanced intelligence, 2, Nov. 2016.
252)Antonio Norio Nakagaito and Hitoshi Takagi : Cellulose nanofiber extraction by kitchen blender and ultrasonication, Program and Abstract Book Innovation in Polymer Science and Technology (IPST) 2016, 126, Medan, Nov. 2016.
253)Masaki Hashizume, Akihiro Odoriba, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Built-in Defective Level Monitor of Resistive Open Defects in 3D ICs with Logic Gates, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan 2016, 99-102, Kyoto, Nov. 2016.
254)Kouhei Ohtani, Masaki Hashizume, Daisuke Suga, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Power Supply Circuit for Interconnect Tests Based on Injected Charge Volume of 3D IC, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan 2016, 139-140, Kyoto, Nov. 2016.
255)Ali Ashikin Binti Fara, Masaki Hashizume, Yuki Ikiri, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Testability for Resistive Open Defects by Electrical Interconnect Test of 3D ICs without Boundary Scan Flip Flops, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan 2016, 137-138, Kyoto, Nov. 2016.
256)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Fiber orientation control of cellolose nanofiber-reinforced green composites, Abstracts and Programme Book of Advances in Materials and Processing Technologies Conference (AMPT 2016), 131, Kuala Lumpur, Nov. 2016.
257)Minoru Noda, Hachiya Minoru and Fumiaki Nagao : Visualization of Tornadoes by Funnel and Debris Clouds, Proceedings of 28th Conference on Severe Local Storms, 1-4, Portland, Nov. 2016.
258)Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Protein adsorption characteristics on bare and phosphorylcholine-modified graphene films on SiC substrate, 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016), No.11P-11-16, Kyoto, Japan, Nov. 2016.
259)Kitaoka Makoto, Nagahama Takuya, Nakamura Kohta, Takashima Kazuya, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Carrier doping effect of humidity for single-crystal graphene on SiC, 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016), No.11P-11-24, Kyoto, Japan, Nov. 2016.
260)Masamichi Ogasawara : Enantioselective Synthesis of P-Stereogenic Phosphine Derivatives by Molybdenum-Catalyzed "Formal" Cross-Metathesis: Use of Chromium-Template for High Enantio-, Chemo-, and E/Z-Selectivities, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2016 (C&FC 2016), Taipei, Nov. 2016.
261)Hitoshi Takagi and Antonio Norio Nakagaito : Cellolose nanofiber-reinforced green nanocomposites, --- Fablication and characterization ---, Program Book of Second Composite Materials and Manufacturing Symposium (CMM Symposium 2016), 9, Kuala Lumpur, Nov. 2016.
262)Ken-Ichi Fushimi, Hiroyasu Ejiri, Ryuta Hazama, H. Ikeda, K. Inoue, K. Imagawa, G. Kanzaki, A. Kozlov, Reiko Orito, Tatsushi Shima, Y. Takemoto, Y. Teraoka, S. Umehara and S. Yoshida : High purity NaI(Tl) scintillator to search for dark matter, JPS Conference Proceedings: Proceedings of International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016), Vol.11, 020003(1)-020003(6), つくば市, Nov. 2016.
263)Takeshi Yasui : (Invited talk) Dual-comb spectroscopy in the THz region, Light, Energy and the Environment Congress/Fourier Transform Spectroscopy (FTS2016), FTh3B.1, Leipzig, Germany, Nov. 2016.
264)Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi, Kenichi Fujimoto and Hiroshi Murai : Proposal of Organizing Learning Material with Multiple Perceptions Depending on Preference of Physical Training, Proceedings of The Second International Conference on Electronics and Software Science, 56-64, Takamatsu, Japan, Nov. 2016.
265)Ya Liu, Xin Zhao, Bofeng Zhao, Zijun Yao, Guoqing Hu, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Broadband dual-comb spectroscopy with a polarization- multiplexed, dual-comb fiber laser, Light, energy and the Environment Congress/Fourier Transform Spectroscopy, FM4D.2, Leipzig, Germany, Nov. 2016.
266)Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada : Pump Phase-Locking Techniques for Frequency Non-Degenerate Optical Parametric Phase-Sensitive Amplifier Repeaters, 11th International Workshop on Optical signal processing and Optical switching (IWOO 2016), Sapporo, Nov. 2016.
267)Fenfen Chen, Lujia Wang, Jue Lu, Fuji Ren, Yang Wang, Xi Zhang and Changzhong Xu : A Smart Cloud Robotic System Based on Cloud Computing Services, Cloud Computing and Big Data (CCBD), 2016 7th International Conference on, Macau, China, Nov. 2016.
268)Satoshi Obata, Masashi Ishikawa and Hideo Nishino : A highly sensitive Lamb wave transducer by immersion method with natural rubber insulator, The 29th symposium on ultrasonic electronics 2016, Nov. 2016.
269)Koji Kashihara : Deep convolutional neural networks improve vein image quality, Proc. of 17th IEEE International Symposium on Computational Intelligence and Informatics (CINTI 2016), 209-212, Budapest, Nov. 2016.
270)Fuji Ren : Affective Computing and Human Robot Interaction, Peking University Shenzhen Graduate School, Nov. 2016.
271)Shyue-Kung Lu, Shang-Xiu Zhong and Masaki Hashizume : Enhancement of Flash MemoriesAdaptive ECC Techniques for Yield and Reliability, Proc. of 2016 IEEE 25th Asian Test Symposium, 287-292, Hiroshima, Nov. 2016.
272)Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Early Depth Determination Algorithm for Enhancement Layer Intra Coding of SHVC, Proceedings of IEEE International Technical Conference TENCON 2016, 3083-3086, Singapore, Nov. 2016.
273)Yoshitaka Nakano, Masahito Niibe and Retsuo Kawakami : Electrical damage in n-GaN films treated by CF4 plasma, Proceedings of International Symposium of Dry Process 2016, 73-74, Sapporo, Nov. 2016.
274)Kota Watanabe, Akira Mizobuchi and Tohru Ishida : Improvement of Chip Discharge in Drilling of Glass Plate Using Electroplated Diamond Tool with Eccentric Arm, Proceedings of Annual Conference on Engineering and Applied Science (2016 ACEAT), No.ACEAT-1017, 133-134, Kyoto, Nov. 2016.
275)Takumi Kawaguchi, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : On Control Circuit and Observation Conditions for Testing Multiple TSVs Using Boundary Scan Circuit with Embedded TDC, Proc. of the 17th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, 1-3-1-1-3-6, Hiroshima, Nov. 2016.
276)Fara Ashikin Binti Ali, Yuki Ikiri, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Capacitive Open Defect Detection by Electrical Interconnect Test of 3D ICs without Boundary Scan Flip Flops, Proc. of the 17th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, 1-2-1-1-2-6, Hiroshima, Nov. 2016.
277)Daiki Hiraoka, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Japanese Janken Recognition Based on Wrist EMG Analysis by CNN and SVM, Proceeding of International Conference on Advanced Technology & Sciences (ICAT'Rome), 323-328, Rome, Nov. 2016.
278)Kohei Nakanishi, Daiki HIraoka, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Biometric Authentication of Aerial Handwritten Signature Using a Convolutional Neural Network, Proceeding of International Conference on Advanced Technology & Sciences (ICAT'Rome), 329-334, Rome, Nov. 2016.
279)Ryohei Shioji, Daiki Hiraoka, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Personal Authentication Based on Wrist EMG Analysis by a Convolutional Neural Network, Proceeding of International Conference on Advanced Technology & Sciences (ICAT'Rome), 335-340, Rome, Nov. 2016.
280)Chihiro Ikuta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Multilayer Perceptron Including Different Amplitude Random Noise, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'16), 44-47, Yugawara, Nov. 2016.
281)Ryoji Fukumasa, Masayuki Yamauchi and Yoshifumi Nishio : Investigation of Attracting Force to Synchronization States on Coupled Oscillator System by Using Electric Power, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'16), 385-388, Yugawara, Nov. 2016.
282)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Hybrid Method of Genetic Algorithm and Firefly Algorithm Distinguishing Between Males and Females, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'16), 542-545, Yugawara, Nov. 2016.
283)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Ruedi Stoop : Synchronization in Dynamical Polygonal Oscillatory Networks with Switching Topology, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'16), 578-581, Yugawara, Nov. 2016.
284)Hiroyuki Fukue, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, Hirokazu Ohtagaki and Hiroyuki Asahara : A Switching Ripple Reduction Technique for Current-Controlled 1-Dimensional DC/DC Boost Converter, Proc. NOLTA 2016, 149-151, Yugawara, Nov. 2016.
285)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Synchronized bifurcation in a two-coupled Izhikevich neuron model, Proc. NOLTA 2016, 354-357, Yugawara, Nov. 2016.
286)Atsushi Wada, Yuichi Sakano, Haruki Mizushina and Hiroshi Ando : Neural response to object motion-in-depth independent of vergence eye movement, Neuroscience 2016, 328.11, San Diego, Nov. 2016.
287)Takeshi Watanabe, Yamaguchi Yoshitaka, Mori Narumi, Chikanori Hashimoto and Shiotani Tomoki : Detection of Elastic Waveform Parameter to Evaluate Deterioration of Concrete, PROGRESS IN ACOUSTIC EMISSION XVIII, 457-460, Dec. 2016.
288)Nishiyama Kohei, Takeshi Watanabe, Nakashima Kazutoshi, Chikanori Hashimoto and Shiotani Tomoki : Evaluation of crack due to drying shrinkage in mortar and concrete by AE method, PROGRESS IN ACOUSTIC EMISSION XVIII, 473-478, Dec. 2016.
289)Fukutomi Hayato, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto, Miyazaki Kazuki and Keisuke Ishimaru : Evaluation of Ultrasonic Propagation Properties in Reinforced Concrete that Reproduced Rebar Corrosion by Artificial Defect and Chloride Damage, PROGRESS IN ACOUSTIC EMISSION XVIII, 539-544, Dec. 2016.
290)koki sakamaki, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Perception of Many Transparent Layered Images in the Depth-Fused 3D Display, IDW'16, 1651-1654, Fukuoka, Dec. 2016.
291)Hiroyuki Mitsuhara, Keisuke Iguchi, Junya Kawai and Masami Shishibori : Augmented Reality Systems for Immediate-Action Commander Training During Disasters, Proc.of 24th International Conference on Computers in Education (ICCE 2016), 437-441, Mumbai, India, Dec. 2016.
292)Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto and Kenji Kita : Table Topic Models for Hidden Unit Estimation, Proceedings of the 12th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS2016), LNCS 9994, 302-307, Dec. 2016.
293)Naotaka Ohtake, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : High Specific Surface Area Ceria Catalyzed Organic Transformation, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
294)Yuki Sanada, Yusuke Minato, Masahiro Katoh, and Shigeru Sugiyama : Preparation of palladium thin membrane over porous SUS tube introduced double intermediate layers with NaA zeolite and alumina, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
295)Naoto Yamada, Daiki Mine, Norimasa Yoshida, Masahiro Katoh, Kenji Ohnishi, Daisuke Yonekura, and Shigeru Sugiyama : (1) Heat transfer enhancement for water flow boiling by using micro fabricated SUS plate evaporators, 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016), Miyazaki, Dec. 2016.
296)Naho Yoshioka, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Dependency of States of Polarization in All-Optical Modulation Format Conversion from QPSK to BPSK Using Four Wave Mixing with Polarization-Diversity Configuration, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270127, Taipei, Dec. 2016.
297)Kohei Uematsu, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Synthesis of cerium dioxide particles using a micromixer, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, Miyazaki, Dec. 2016.
298)Kohei Kato, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Behavior of liquid-liquid reaction in a circulating microreactor, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, Miyazaki, Dec. 2016.
299)Kohei Suzue, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Numerical Simulation of mass transfer behavior of slug flow in a microreactor, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, Miyazaki, Dec. 2016.
300)Takahiro Aoyama, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Separation performance and composition distribution of pressure driven distillation system, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, Miyazaki, Dec. 2016.
301)Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Modulation format conversion techniques for flexible transmission over format different networks, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), Taipei, Dec. 2016.
302)Batdalai Sukh, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Pulse Compression Technique Applied to QPSK Signal Using HNLF and SMF, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270018, Taipei, Dec. 2016.
303)Hanayo Fujimoto, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Shin-ichiro Yanagiya : Behavior of Hidden Layer Neurons in BPSK Label Recognition Using Neural Network, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270019, Taipei, Dec. 2016.
304)Hiroshi Masuoka, Yuta Maruo, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Shin-ichiro Yanagiya : Evaluation of Autonomous FDL Buffer with Priority Control for Synchronous Packets, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270020, Taipei, Dec. 2016.
305)Mao Okada, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yu Yi-Lin and Liaw Shien-Kuei : Designing of Multi-Channel Fiber Sensing System Using Multi-Wavelength Lasing with SOA and AWG, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270022, Taipei, Dec. 2016.
306)Kazuto Takahashi, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yu Yi-Lin and Liaw Shien-Kuei : Wavelength Detection Method Using Cascaded AWGs for Wavelength-Multiplexed Multi-Channel Fiber Sensor, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270029, Taipei, Dec. 2016.
307)Yen-Ting Lin, Chao-Yang Cheng, Yi-Lin Yu, Shien-Kuei Liaw, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Indoor Optical Wireless Communication and Sensing System: Design and Measurement, Optics & Photonics Taiwan, the International Conference (OPTIC 2016), No.270757, Dec. 2016.
308)Yasuhide Ohno, Takanori Mitsuno, Yoshiaki Taniguchi and Masao Nagase : Intrinsic ion sensitivity of graphene field-effect transistors, 2016 Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems, Dec. 2016.
309)Masashi Ichimiya and Ikuo Nakamura : Randomness Representation with Kolmogorov Complexity in Laminar-Turbulent Transition Process of Mixing Layer, Proceedings of 20th Australasian Fluid Mechanics Conference, Perth, Australia, Dec. 2016.
310)Ryotaroh Nakatsu and Masashi Ichimiya : Laminar-Turbulent Transition in an Inlet Region of a Circular Pipe Induced by the Jet Disturbance, Proceedings of 20th Australasian Fluid Mechanics Conference, Perth, Australia, Dec. 2016.
311)Junya Asano, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Shinsuke Konaka, Fumio Shichijo, Yoshio Kaji, Kazuhiko Furukawa and Tetsuo Ichikawa : Automated repetitive saliva swallowing test using magnetic sensors, Abstracts book of the 16th International Conference on Biomedical Engineering, 124, Singapore, Dec. 2016.
312)Hiroki Nishiwaki, Takuya Ishimoto, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Emiko Yasuno, Akira Tangoku, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Development of bioelectrical impedance measurement device for discrimination of the mammary tumor using switching circuit, Abstracts book of the 16th International Conference on Biomedical Engineering, 124, Singapore, Dec. 2016.
313)Shimpachi Matsunaga, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Shinsuke Konaka, Kazuhiko Furukawa, Yoshio Kaji and Fumio Shichijo : EEG source localization using eccentric electrode arrangement and sLORATA, Abstracts book of the 16th International Conference on Biomedical Engineering, 129, Singapore, Dec. 2016.
314)Akihiro Furube, Murthy Dharmapura, Hiroyuki Matsuzaki, Qian Wang, Yohichi Suzuki, Kazuhiko Seki, Takashi Hisatomi, Taro Yamada, Akihiko Kudo and Kazunari Domen : Transient absorption study of Doped SrTiO3 Photocatalyst: Effect of Rh Valence State and La Doping Level, 9th Asian and Oceanian Photochemistry Conference, Dec. 2016.
315)Rui Takano, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Depth Perception Difference by only two light sources with various distance in Non-overlapped DFD, The 23rd International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2016, 1578-1581, Fukuoka, Dec. 2016.
316)Tomohiro Yamamoto, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Viewing Zone Expansion by Blurring Edge -based DFD(Depth-fused 3D) Display, IDW'16, 1574-1577, Fukuoka, Dec. 2016.
317)Ryosuke Ozaki, Hirotsugu Yamamoto, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : New Directional Backlight of Arc 3D Display for Stereoscopic Display with All Surrounding Viewpoints, IDW'16, 923-924, Fukuoka, Dec. 2016.
318)Tatsuhiko Eguchi, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Layered Multi-View DFD (Depth-Fused 3D) Display for Improving Perceived Depth and Image Shift Smoothness even at Small Number of Multi-View, IDW'16, 1647-1650, Fukuoka, Dec. 2016.
319)ZIJIAN FAN, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : New Method for Luminance Addition/Subtraction System by Using Polarization Operation in Layered TN-LCDs, IDW/AD'16, 1632-1635, Fukuoka, Dec. 2016.
320)Yusuke Nagao, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Large and Deep Edge-based DFD Display by Blurring Edge Parts, IDW/AD'16, 1582-1585, Fukuoka, Dec. 2016.
321)Kazuhiro Morita, Shunsuke Kanda and Masao Fuketa : An Implementation Method of Trie Structure using Xorshift, Proceedings of 9th International Conference on Computer Science and Information Technology (ICCSIT2016), Limerick, Ireland, Dec. 2016.
322)Yuma Fujita, Yoshiaki Ichihashi, Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Full-Text Search using Double-Array CDAWG, Proceedings of 9th International Conference on Computer Science and Information Technology (ICCSIT2016), Limerick, Ireland, Dec. 2016.
323)Hitoshi Mizuguchi, Keiko Sasaki, Hirokazu Ichinose, Shota Seino, Jun Sakurai, Masamitsu Iiyama, Tatsuro Kijima, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Toshio Takayanagi and Junichi Shida : Simultaneous detection system for L-lactate and D-glucose using track-etched microporous membrane electrodes, ASIANALYSIS XIII, Chiang Mai, Dec. 2016.
324)Jin-Ping Ao, Okada Naoto, Pu Taofei, Itoh Hiroko and Ohno Yasuo : GaN SBDs on Silicon Substrate for Microwave Power Rectification, 2016 Asia Wireless Power Transfer Workshop, Chengdu, Dec. 2016.
325)OHNO Yasuo, ITOH Hiroko and Jin-Ping Ao : Reflection Control in Microwave Rectenna Using Integrated GaN SBD Configuration, 2016 Asia Wireless Power Transfer Workshop, Chengdu, Dec. 2016.
326)Akira Fujisawa, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Improvement of the Histogram for Infrequent Color-Based Illustration Image Classification, Fuzzy Systems and Data Mining II, Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Vol.293, 299-305, Dec. 2016.
327)Kou Kubodera, Masashi Ishikawa, Masashi Koyama, Hiroshi Hatta and Yasuo Kogo : Improvement of defect detectability in pulse phase thermographic non-destructive inspection using data processing techniques, The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering, Dec. 2016.
328)Yang Wang, Shuibing He, Fuji Ren, Lujia Wang and Changzhong Xu : On Autonomous Service Migrations in the Cloud for Mobile Accesses, Parallel and Distributed Systems (ICPADS), 2016 IEEE 22nd International Conference on, Las Vegas, Dec. 2016.
329)Toru Hasunuma : Completely independent spanning trees in the powers of sparse graphs, Abstracts of the 40th Australasian Conference on Combinatorial Mathematics and Combinatorial Computing (Dec. 12-16, 2016), 23, Newcastle, Australia, Dec. 2016.
330)Pohsun Yin, Junpei Hashimoto, Tadashi Segata, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : The effect of stereoregularity on phase-transition behaviors of aqueous polymethacrylamides, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
331)Kazuyuki Matsumoto, Tanaka Satoshi, Minoru Yoshida, Kenji Kita and Fuji Ren : Ego-state Estimation from Short Texts Based on Sentence Distributed Representation, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Dec. 2016.
332)Fuji Ren : Advanced Intelligence and Multisource Imaging Model, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
333)XIN KANG, Yunong Wu and Fuji Ren : Disambiguating Users' Temporal Intent in Search Queries with Deep Neural Networks, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), 1, Okinawa, Dec. 2016.
334)Chao Li and Fuji Ren : Classification of Biological Contacts and Crystal Contacts Using Deep Learning Model, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
335)Xiao Sun, Man Lv, Changqin Quan, Fang Tian and Fuji Ren : Facial Expression Recognition Based on Hybrid Deep-learning and Shallow Features, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
336)Shun Nishide, Hidenobu Shibasaki, XIN KANG and Fuji Ren : Generation of Humanlike Facial Expression for Natural Human-Robot Interaction System, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
337)Hiroki Urakami, Shun Nishide and Fuji Ren : Towards a Developmental Human-Robot Interaction System Using Robot Facial Expressions From Human Feedback, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
338)Jiawen Deng, Mingyu Huang and Fuji Ren : Text classification based on word co-occurrence with background knowledge, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
339)Xun Feng, Hongjun Ni and Fuji Ren : Voice conversion based on RBF neural network, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
340)Zhichao Cui, Yuehu Liu and Fuji Ren : Integration of Homography Constraints and Feature Correspondences in the Image Sequences for Traffic Sign Localization, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
341)Penlin Jiang, Ziqin Wang, Fei Wang, Xuetao Zhang and Fuji Ren : Salient Object Detection from Global to Local, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
342)Hiroyuki Mitsuhara, Takehisa Inoue, Kenji Yamaguchi, Yasuichi Takechi, Mari Morimoto, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Masami Shishibori : Penumbral Tourism: Place-based Disaster Education Via Real-world Disaster Simulation, Proc. of 3rd International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM2016), 1-7, Wien, Dec. 2016.
343)Junya Kawai, Hiroyuki Mitsuhara and Masami Shishibori : Tsunami Evacuation Drill System Using Motion Hazard Map and Smart Devices, Proc. of 3rd International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM2016), 1-7, Wien, Dec. 2016.
344)Keisuke Iguchi, Hiroyuki Mitsuhara and Masami Shishibori : Evacuation Instruction Training System Using Augmented Reality and a Smartphone-based Head Mounted Display, Proc. of 3rd International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM2016), 1-6, Wien, Dec. 2016.
345)Ma Lei, Jiang Bitao and XIN KANG : Shorthand Character Recognition based on Leap Motion Sensor, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Vol.0, No.0, 1, Okinawa, Dec. 2016.
346)Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara : Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics, 29th International Symposium on Superconductivity (ISS2016), ISS2016, Tokyo, Dec. 2016.
347)Fuji Ren : Advanced Intelligence and Multisource Imaging Model, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Dec. 2016.
348)Yousuke Ohyama : q-Stokes phenomenon of basic hypergeometric series, IRMAR Analtytic geometry seminar, Rennes, France, Dec. 2016.
349)Yuta Ogasa, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Chemoselective radical polymerization of N-allylmethacrylamide in the presence of Li salts, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
350)Nenji Munekane, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Cationic polymerization of vinyl ethers in the presence of Li salts, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
351)Masashi Ishikawa, Hideo Nishino, Masaki Ando, Hideyuki Kasano and Hatta Hiroshi : Infrared thermographic non-destructive testing using laser-scanning excitation, The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering, Dec. 2016.
352)Shuda Xing, Yang Cao and Fuji Ren : Human-robot emotion interaction via human skeleton tracking, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
353)Kai Yang, Quan Shi and Fuji Ren : Speech emotion recognition based on MFCC and D-MFCC, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
354)Yindong Dong, Fuji Ren, Fang Fang and Wei Wang : An improved clustering algorithm for EEG-based Emotion feature selection, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
355)Changqin Quan, Lei Hua, Xiao Sun and Fuji Ren : Improve question type classification by integrating rich representation through neural networks, The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'16), Okinawa, Dec. 2016.
356)Stephen Githinji Karungaru : Human Action Recognition using Surveillance Cameras and Wearable Sensors, Proceedings of 2nd ICKE2016, Aurangabad, India, Dec. 2016.
357)Pankaj M. Koinkar : The Role of Innovative Sensor Technologies in Shaping the Future of Smart Cities, 2nd International Conference on Cognitive Knowledge Engineering (ICKE-2016), Aurangabad, India, Dec. 2016.
358)S. Umehara, T. Kishimoto, M. Nomachi, S. Ajimura, T. Iida, Y. Takemoto, K. Matsuoka, V.T.T. Trang, S. Yoshida, W. Wang, W.M. Chang, T. Maeda, T. Ohata, K. Tetsuno, T. Uehara, X. Lee, B. Temuge, K. Akutagawa, K. Kanagawa, S. Katagiri, M. Tsuzuki, N. Yotsunaga, Y. Tamagawa, I. Ogawa, K. Nakajima, S. Noshiro, A. Masuda, K. Morishita, M. Washino, N. Takahashi, K. Teranishi, F. Tokaku, T. Hiyama, Ken-Ichi Fushimi, K. Mori, Ryuta Hazama, N. Nakatani, K. Suzuki and H. Ohsumi : Search For Neutrino-less Double Beta Decay Of 48Ca- Candles -, Proceedings of Science, Vol.281, 2017.
359)Shu Nishikori, Kazuhiko Kinoshita, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode and Takashi Watanabe : A Cooperative Channel Control Method of ZigBee and WiFi for IoT Services, Proceedings of the 14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2017), Jan. 2017.
360)Kazuki Ginnan, Keita Kawano, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe : Access Point Virtualization for Multiple Services in Heterogeneous WLANs, Proceedings of the 14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2017), 704-707, Jan. 2017.
361)Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Physical Learning Support using a Smartphone with Image Processing Technologies, Proceedings of ACM IMCOM2017, Beppu, Japan, Jan. 2017.
362)Kurumi Saito, Kouki Maeda, Yuuya Kobayashi, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Keiji Umetani, Yasutaka Nakano, Hiroaki Sakai and Harumi Itou : Three-dimensional microstructure analysis of human lung specimens using a synchrotron radiation micro-CT, The International Forum on Medical Imaging in Asia 2017, P2-31, Jan. 2017.
363)Shunya Nagai, Hidetoshi Oya, Tomohiro Kubo and Tsuyoshi Matsuki : A New Variable Gain Robust Controller Giving Consideration to Nominal L2 Gain Performance for Linear Systems with Structured Uncertainties, IEEE ICISC2017 International Conference on Inventive Systems and Control, 91-96, Coimbatore, Jan. 2017.
364)Kosuke Atsuta, Yuki Ogura, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : In situ monitoring of collagen fibers in human skin using a photonic-crystal-fiber-coupled, hand-held, second-harmonic-generation microscope, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), 10069-81, San Francisco, Jan. 2017.
365)Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Scan-less confocal phase imaging with dual comb microscopy, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), 10076-32, San Francisco, Jan. 2017.
366)Takeo Minamikawa, Takashi Ogura, Takashi Masuoka, Eiji Hase, Yoshiaki Nakajima, Yoshihisa Yamaoka, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Optical-frequency-comb-based ultrasound sensor, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), 10064-192, San Francisco, Jan. 2017.
367)Katsusuke Nabeshima : Computation method for mu*-sequences of hypersurface isolated singularities, Topology of Singularity in Hanoi 2017, Feb. 2017.
368)Takeo Minamikawa, Matsuo Hisataka, Kato Yoshiyuki, Harada Yoshinori, Otsuji Eigo, Yanagisawa Akio, Tanaka Hideo and Takamatsu Tetsuro : Simple and optimum background-free estimation method of PPIX fluorescence for 5-ALA-based fluorescence diagnosis of malignant lesions, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), Vol.10047, San Francisco, CA, USA, Feb. 2017.
369)Takeo Minamikawa, Harada Yoshinori and Takamatsu Tetsuro : Raman spectroscopic detection of peripheral nerves towards nerve-sparing surgery, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), Vol.10054, San Francisco, CA, USA, Feb. 2017.
370)Ito Shusei, Keitaro Uchida, Haruki Mizushina, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Aerial Secure Display by Use of Polarization-Processing Display with Retarder Film and Retro-Reflector, Proceedings of SPIE, Vol.10126, 101260O-6, The Moscone Center (San Francisco, USA), Feb. 2017.
371)Abousharara Elsayed, Akinori Tuji and Kenji Terada : Upper Back Pain Detection System by Monitoring VDT Workers Pose and Eyes, Proceedings of International Workshop on Frontiers of Computer Vision, No.P1-9, Seoul, Feb. 2017.
372)Masamichi Ogasawara : Catalytic Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral Transition-Metal Complexes and Their Applications, TMU and PetroMat Joint Mini Symposium, Bangkok, Feb. 2017.
373)Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Hyperspectral single-pixel imaging with dual optical comb, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), 10076-47, San Francisco, Feb. 2017.
374)Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Katsuya SATO, Daisuke Yonekura, Mitsuhiko Takahashi and Takeshi Yasui : Orientation analysis of collagen fibers in healing tendon by using second-harmonic-generation microscopy, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS 2017), 10069-8, San Francisco, Feb. 2017.
375)Toshihiro Okamoto, Kota Tanikawa and Masanobu Haraguchi : Large area fabrication of optical magnetic metamaterials by nanosphere lithography, SPIRITS international symposium 3, Kyoto, Feb. 2017.
376)Masamichi Ogasawara : Total Synthesis of Axially Chiral Naturally Occurring Allenes Utilizing Palladium-Catalyzed Allene Synthesis Reaction, Pure and Applied Chemistry International Conference 2017 (PACCON 2017), Bangkok, Feb. 2017.
377)A.S. Maklad, Mikio Matsuhiro, Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Mitsuo Shimada and Gen Iinuma : A hybrid 3D region growing and 4D curvature analysis-based automatic abdominal blood vessel segmentation through contrast-enhanced CT, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10134, 101344C-1-7, Feb. 2017.
378)Vincent Birundu Getanda, Hidetoshi Oya and Tomohiro Kubo : Improving the Accuracy of the GM(1,1) by Data Grouping Technique and its Application to Forecast Vehicle Volume and CO2 Emission in Tokushima City Japan, The 36th IASTED MIC2017 International Conference on Modeling, Identification and Control, Innsbruck, Feb. 2017.
379)Toshitaka Baba : Numerical calculations of tsunami caused by the 2011 Tohoku earthquake considering dispersions in short- and long-wavelength ,, International symposium on disaster mitigation researches in earthquake-prone countries,, Kagawa University, Kagawa,, Feb. 2017.
380)Ryuta Yoshimura, Shinsaburo Kittaka, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Denoising Auto Encoder with Logistic Map, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 57-60, Guam, Feb. 2017.
381)Masaki Takeuchi, Thomas Ott, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : K-Means Algorithm Using Improved Firefly Algorithm, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 225-228, Guam, Feb. 2017.
382)Masaki Moriyama, Masaki Takeuchi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Analysis of Firefly Algorithm Combined with Chaotic Map, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 229-232, Guam, Feb. 2017.
383)Takahisa Ando, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Cellular Neural Networks with Switching Three Templates for Image Processing, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 257-260, Guam, Feb. 2017.
384)Kazuki Ueta, Seiya Kita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in Complex Networks of van der Pol Oscillators, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 285-288, Guam, Feb. 2017.
385)Daiki Nariai, Hai Minh Tran, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization in Two Rings of Coupled Three van der Pol Oscillators, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 289-292, Guam, Feb. 2017.
386)Katsuki Nakashima, Kazuki Ueta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization of Coupled Two Rings of Chaotic Circuits, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 325-328, Guam, Feb. 2017.
387)Shuhei Hashimoto, Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in Complex Networks of Coupled Chaotic Circuits with Different Degree Distribution, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 333-336, Guam, Feb. 2017.
388)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Investigation of Spreading Chaotic Behavior in Coupled Chaotic Circuit Networks with Various Features, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 337-340, Guam, Feb. 2017.
389)Kazuki Nagao, Shinsaburo Kittaka, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Improvement of Learning Efficiency Using Noise for Back Propagation in Deep Learning, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), 397-400, Guam, Feb. 2017.
390)Pu Taofei, Zhang Tong, Wang Lei, Huang Qian and Jin-Ping Ao : Enhancement-Mode GaN-Based High Electron Mobility Transistors With a Blocking Layer, 9th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 10th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science, Mar. 2017.
391)Zheng-Hong Cai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : A Modified PRPG for Test Data Reduction Using BAST Structure, Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing, 441-444, Guam, Mar. 2017.
392)Kenji Kita, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Yunong Wu : A Comparison of Face Recognition Features Derived from Convolutional Neural Networks, Conference Abstracts of the 2017 International Conference on Frontiers of Image Processing, 17, Kathmandu, Nepal, Mar. 2017.
393)Kyohei Toriu, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Parameter Search of CPG Model Coupled Two DC Motors Using PSO, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3AM1-1-3, 505-508, Guam, Mar. 2017.
394)Tomohito Uchiyama, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Flexibility Evaluation of Action Control Rule for Autonomous Multiple Mobile Robots Based on Decision-making Function for Panel Cruising Problem, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3AM1-1-4, 509-512, Guam, Mar. 2017.
395)Shota Nakazawa, Hiroshi Suzuki, Akinobu Kuwahara, Takahiro Kitajima and Takashi Yasuno : Measurement Accuracy Verification of Kinect Using Motion Measurement Orthosis for Teleoperation-type Nursing-care Robot, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3AM2-1-5, 561-567, Guam, Mar. 2017.
396)Naoki Nakao, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima, Akinobu Kuwahara and Takashi Yasuno : Path Planning and Traveling Control for Pesticide Spraying Robot in Greenhouse, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3AM2-1-4, 557-560, Guam, Mar. 2017.
397)Shogo Yoshida, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima and Takashi Yasuno : Prediction of Wind Speed Fluctuation Using Deep Belief Network with Ensemble Learning Method, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3PM1-1-4, 613-616, Guam, Mar. 2017.
398)Takahiro Kitajima, Shogo Yoshida, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Sign Prediction of Wind Speed Change by Support Vector Machine, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2017, No.3PM1-1-5, 617-620, Guam, Mar. 2017.
399)Stephen Githinji Karungaru, Tomohiro Ishino and Kenji Terada : Safe Driving Support System using Three Onboard Camera, Proceedings of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), No.3AM1-3-3, 537-540, Guam, Mar. 2017.
400)Lkhagvasuren Ulziisaikhan, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Drone Control using Visual Natural Markers, Proceedings of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17), No.3AM2-3-1, 581-584, Guam, Mar. 2017.
401)Yoshitaka Nakano, Masahito Niibe and Retsuo Kawakami : Damage Introduced into n-GaN Films by CF4 Plasma Treatments, 9th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2017) and 10th Interational Conference on Plasma-Nano Technology & Science (IC-PLANTS2017), Aichi, Mar. 2017.
402)Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hidenobu Suzuki, Mitsuo Shimada, Masafumi Harada, Issei Imoto, Masahiro Abe, Keiji Umetani, Masahiko Kusumoto, Keiju Aokage, Genichirou Ishii, Gen Iinuma, Yuuji Matsumoto, Yasutaka Nakano and Hiroaki Sakai : Cancer diagnosis and prognosis assistance based on multidisciplinary computational anatomy - Progress Overview FY2016 -, The 3nd International Symposium on Multidisciplinary Computational Anatomy, 87-94, Mar. 2017.
403)Rakkappan Balasubramanian, Yasumitsu Miyazaki and Nobuo Goto : Optical Characteristics of Transverse A-O Waveguide Devices With SAW By FDTD Analysis, The 3rd IEEE Antennas and Propagation Society Topical Meeting on Computational Electromagnetics, (ICCEM2017), Kumamoto, No.2A2.2, Mar. 2017.
404)Yuma Mori, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Krunal Girase, Min-Gyu Jeon, Yoshiki Nishida and Satomi Kusanagi : Evaluation of two-dimensional CO2 concentration distribution using computed tomography-tunable diode laser absorption spectroscopy, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 193-195, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
405)Masato Nakagawa, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Kazumasa Udagawa, Junji Sakai and Hitoshi Matsui : Development of 2D concentration measurement technique of NH3 in two cross sections using CT tunable laser absorption spectroscopy, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 177-179, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
406)Min-Chao Cui, Yoshihiro Deguchi, Renwei Liu, Fujita Yuki, Zhenzhen Wang and Shengdun Zhao : Application of collinear long and short dual-pulse LIBS to carbon steel samples, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 181-183, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
407)Yoshihiro Deguchi, Fang-jung Shiou and Zhenzhen Wang : Application of LIBS and 3D Profile Measurement to iron and steel making processes, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 139-141, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
408)Yuki Fujita, Yoshihiro Deguchi, Akihiro Ikutomo and Zhenzhen Wang : Real-time measurement of steel materials using laser-induced breakdown spectroscopy, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 189-191, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
409)Zhengtao Hu, Yoshihiro Deguchi, Qulan Zhou, Renwei Liu and Heng Xu : The Temperature Influence on Unburned Carbon Detection of Rice Husk Ash by Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 197-199, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
410)Min-Gyu Jeon, Yoshihiro Deguchi, Qulan Zhou, Takahiro Kamimoto and Krunal G. Girase : Evaluation of 2D H2O and CH4 measurement in high temperature and pressure field using CT-TDLAS, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 185-187, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
411)Krunal Girase, Liu Hsin Lun, Qulan Zhou, Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi and Chen-Chia Chou : Spectroscopic investigation of Zirconia thick film coatings on Magnesium Alloy AZ91 using Plasma Electrolytic Oxidation, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 173-175, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
412)Fang-Jung Shiou, Geo-Ry Tang, Tzu-Han- Hsu, Ming-Chung Yeh, Yoshihiro Deguchi and Zhenzhen Wang : Application of the Laser Fringes Projection System Embedded with Two CCD Cameras to the 3D Profile Measurement of the Heated Slags, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies IFAT2017, 169-171, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
413)Toshihiro Moriga : Eco-friendly Prepapartion of Oxynitride Pigments, Phosphors and Electrode Materials, International Conference on Advanced Rechargeable Batteries and Allied Materials, Pune, Mar. 2017.
414)Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Hiroshi Yokoyama, Tetsuo Tada and Shyue-Kung Lu : Test Input Vectors for Detecting Stuck-at Faults at Address and Data Buses in 3D Stacked Memory ICs, Proc. of International Forum on Advanced Technologies 2017, 127-129, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
415)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Akihiro Odoriba, Yohei Kakee, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Built-in Test Circuit Using A Comparator of Offset Cancel Type for Electrical Interconnect Tests of 3D Stacked ICs, Proc. of International Forum on Advanced Technologies 2017, 233-235, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
416)Naoki Takashima, Toshihide Horikawa, Wei-Ting Li, Wei-Hung Chiang, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Analysis of water adsorption isotherms on B-doped CNT and graphene, Third International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2017), Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
417)Wei-Hung Chiang and Toshihide Horikawa : Synthesis and Water Adsorption Study of Heteroatom-Doped Carbon Nanomaterials: Toward the Development of Highly-Efficient Adsorption Materials, Third International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2017), Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
418)Kei-ichiro Murai, Koizumi Tetsuta, Inoue Norimasa and Toshihiro Moriga : Synthesis and Characterization of Negative Thermal Expansion of Zr2(WO4)(PO4)2 System, IFAT 2017, The Third International Forum on Adanced Technologies, Taroko, Mar. 2017.
419)Toshihiro Moriga, Minakata Ryota, Minato Ryunosuke, Nakata Katsuya, Kei-ichiro Murai and Shih Shao-Ju : Identification of Second Phase Deposited on La-Doped SrTiO3 Perovskites Synthesized by Citric-Gel Method, IFAT 2017, The Third International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Mar. 2017.
420)Nakata Katsuya, Ikenaga Koji, Shiroi Yuka, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Shih Shao-Ju : The Exhaust Gas Pressure Dependence of Electrical Property for ITO Thin Film Deposited by DC Co-sputtering, IFAT 2017, The Third International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Mar. 2017.
421)Oi Mitsuo, Hsiao Chih-Wei, Shibai Koki, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Development of Oxynitride Green Phosphor Sr3Si6O3N8:Eu2+, IFAT 2017, The Third International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Mar. 2017.
422)Hsiao Wei Chih, Oi Mitsuo, Shibai Koki, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Fabrication of Red-orange Nitride Phosphors M2Si5N8:Eu2+ (M=Ca, Sr) for White LEDs, IFAT 2017, The Third International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Mar. 2017.
423)Yu-Cheng Chou, Chen-Hsian Lee, Shien-Kuei Liaw, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Distributed Fiber Sensing using Brillouin Optical Correlation Domain Analysis (BOCDA) for 313 Meter Distance, Third International Forum on Advanced Technologies (IFAT 2017), No.DS36, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
424)Kazuya Mori, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Time and Wavelength Dependency on QPSK to 16QAM Modulation Format Conversion Using Delay Line Interferometer, Third International Forum on Advanced Technologies (IFAT 2017), No.FS17, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
425)Po-Jung Chen, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Spectral Structure in Multiple Wavelength Lasing with a Cavity Consisting of Optical Amplifier and AWG for Linear Cavity Fiber Sensing, Third International Forum on Advanced Technologies (IFAT 2017), No.FS25, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
426)Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Modulation Format Conversion from 16QAM to QPSK Using FWM and Modulation of Amplitude and Phase, Third International Forum on Advanced Technologies (IFAT 2017), No.D1, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
427)Jesus Rafael Alcantara Avila, Morihiro Tanaka, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design of a distillation column with heat-integrated stages for the separation of styrene in a quaternary mixture, Third International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2017), 125-126, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
428)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Yuya Sakaguchi and Takahiro Matsui : Structural changes in cellulose nanofiber-reinforced polyvinyl alcohol nanocomposites, Program and Proceedings of The 3rd International Forum on Advanced Technologies, 85-87, Hualien, Mar. 2017.
429)A. Sasao, Yasunori Muto and Takao TAMURA : Riverbed Morphology Change by Dam Sediment Removal and its Supply to Downstream, Proc 3rd International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
430)K.W. Liao, Yasunori Muto and J. Gitomarsono : A Probabilistic-based Design Procedure of Bridges under Multiple Hazards: Floods and Earthquakes, Proc 3rd International Forum on Advanced Technologies, Taroko, Hualien, Taiwan, Mar. 2017.
431)Mikito Yasuzawa, Daisuke Mima, Shunsuke Isoai, Masashi Kurashina, Yusuke Fuchiwaki and Toshihiko Harada : Preparation of Enzyme-Immobilized Film Using Cellulose Nanofibers, 3rd International Forum on Advanced Technologies, 花蓮, Mar. 2017.
432)Fuji Ren : Mental Health Computing and Emotional Robotic, The Fourth Military Medical Universit, Xian, China, Mar. 2017.
433)Fuji Ren : Health Computing and Emotional Robots, Xi'an Fourth Military Medical University, Xian, China, Mar. 2017.
434)Teruaki Ito : Activities in Japan with regard to supporting SME, CeBIT2017 - IoT Expert Conference, Hannover, Mar. 2017.
435)Masaharu Nishikino, Noboru Hasegawa, Takuro Tomita, Yasuo Minami, Takashi Eyama, Naoya Kakimoto, Rui Izutsu, Motoyoshi Baba, Tetsuya Kawachi and Tohru Suemoto : Observation of fs-laser spallative ablation using soft X-ray laser probe, Proceedings of SPIE, Vol.10091, 100910O-1-100910O-5, San Francisco, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1)今村 彰隆, 三輪 昌史 : ティルト型クアッドロータヘリコプタのモデリングおよび制御, 日本航空宇宙学会第47期年会講演会, JSASS-2016-1027, 2016年4月.
2)大西 貴斗, 三輪 昌史 : 手投げによるマルチコプタの運用方法, 日本航空宇宙学会第47期年会講演会, JSASS-2016-1028, 2016年4月.
3)三角 侑司, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 小玉 拓寛 : 層間補強材を添加したCFRPの層間破壊じん性評価, 第14回日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 23-24, 2016年4月.
4)坂口 友哉, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 松井 喬寛 : PVA/CNF複合材料の延伸による高強度化, 第14回日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 37-38, 2016年4月.
5)庄治 匡之郎, ナカガイト ノリオ アントニオ, 高木 均 : 牧草のセルロース繊維を用いたスピーカ振動板材の低コスト化に関する研究, 第14回日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 31-32, 2016年4月.
6)栗須 祥寛, ナカガイト ノリオ アントニオ, 高木 均 : ブレンダーを基に植物繊維の解繊に特化した機器の開発, 第14回日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 35-36, 2016年4月.
7)畠 明宏, 米倉 大介 : 結晶粒径に及ぼす電子ビーム照射処理の影響, 日本材料学会四国支部第14回学術講演会講演論文集, 17-18, 2016年4月.
8)鎌田 磨人 : 震災後5年の森・地域を考える(コーディネート), 第4回「森林環境市民講座」, 2016年4月.
9)鎌田 磨人 : どうする?どうなる?宝が池の森と水,流域から問う深刻化するシカ被害(コーディネート), 宝が池シンポジウム2016, 2016年4月.
10)南川 丈夫, 安井 武史 : (招待講演)周波数コムを用いたTHz周波数標準技術の構築, 超高速光エレクトロニクス研究会, 2016年4月.
11)合嶋 裕樹, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 曽我部 正弘, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 : 腹鳴 による過敏性腸症候群の腸活動評価, 第55回日本生体医工学会大会 2016, 2016年4月.
12)松岡 史倫, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 : Estimating the bowel sound source from bowel sounds acquired by the electronic stethoscopes, 第55回日本生体医工学会大会 2016, 2016年4月.
13)谷口 純一, 馬場 俊孝, 三好 学, 安芸 浩資 : 徳島市を対象とした,津波による流入水の堤外排水のシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
14)対馬 弘晃, 林 豊, 馬場 俊孝, 安藤 和人, 加藤 季広 : 線形分散波理論に基づく理論津波波形データベースの作成とそれを活用した津波即時予測, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
15)五十嵐 康彦, 村田 伸, 馬場 俊孝, 佐藤 憲一郎, 加藤 季広, 堀 高峰, 岡田 真人 : ガウス過程を用いたDONET水圧データによる沿岸津波高予測, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
16)村田 伸, 五十嵐 康彦, 馬場 俊孝, 佐藤 憲一郎, 堀 高峰, 岡田 真人 : 形回帰とL1正則化を用いた津波高予測, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
17)勝間田 昭男, 林 豊, 宮岡 一樹, 対馬 弘晃, 馬場 俊孝 : 津波警報装置の試作(3), 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
18)馬場 俊孝, 坂東 淳 : 気象庁防災情報XMLを活用したデータベース検索型津波浸水予測システムの試作, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年5月.
19)塚越 雅幸, 湊 聖徳, 上田 隆雄 : 絶縁仕様でウレタン系塗膜防水層が施工された下地コンクリートの中性化, 日本建築学会四国支部研究発表会, 2016年5月.
20)阿部 悠香, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : コンクリート中の塩化物イオン濃度と表面仕上材が鉄筋腐食速度に与える影響, 日本建築学会四国支部研究発表会, 2016年5月.
21)鍋島 克輔 : A computation method for algebraic local cohomology classes and its applications, 東京大学数理「複素解析幾何セミナー」, 2016年5月.
22)宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 高岡 慶史, 谷口 達哉, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 岡久 稔也 : 胸腹水濾過濃縮再静注法の手技習得のための輸液製剤を用いた模擬腹水の作成, 第43回日本血液浄化技術学会学術大会, 2016年5月.
23)浮田 浩行 : 3次元全周形状計測のための欠損部の検出, 第97回パターン計測部会研究会資料, 12-17, 2016年5月.
24)常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : UVA-LED殺菌システムによるCampylobacter jejuni食中毒の予防, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
25)三浦 真紀, 岡本 悠輝, 光森 瞳子, 渡部 稔 : Kruppel-like factor 6(KLF6)によるアフリカツメガエルの胚葉形成, 日本動物学会中四国支部会報, Vol.68, 4, 2016年5月.
26)朝波 史香, 佐々木 剛, 藤永 真人, 吉川 貴之, 鎌田 磨人 : 徳島県海陽町大里における海岸マツ林の自律的管理, 第60回日本生態学会中国・四国地区大会, 2016年5月.
27)吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : 表形式のトピックモデルとその数値単位推定への応用, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-226, No.16, 1-6, 2016年5月.
28)高木 均 : 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の基礎知識, 2016年度第1回CFRP技術分科会講演概要集, 1_1-1_5, 2016年5月.
29)犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 : 規則性ナノ空間に閉じ込められた二酸化炭素の特異的なダイナミクス, 第59回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年5月.
30)長町 拓夫, 仲子 武文 : 長手方向予ひずみがロール成形される広幅断面材のポケットウェーブに及ぼす影響, 平成28年度塑性加工春季講演会, 299-300, 2016年5月.
31)柏原 考爾, 渡部 基信, 松田 佳尚 : 乳幼児のうつぶせ寝を自動検知する知的画像処理システム, 日本赤ちゃん学会 第16回学術集会 プログラム抄録集, 77, 2016年5月.
32)長曽我部 まどか, 杉本 紗季, 小川 宏樹 : 共同住宅の空き家率の推計に関する研究 -和歌山市を事例として-, 第68回土木学会中国支部研究発表会発表概要集, 305-306, 2016年5月.
33)長曽我部 まどか, 猪瀬 紋花, 小川 宏樹 : 郊外居住者を対象としたまちなか居住推進に関する研究 -和歌山市を事例として-, 第68回土木学会中国支部研究発表会発表概要集, 317-318, 2016年5月.
34)片山 真一, 小野 公輔, 住 彩花, 近藤 彰, 松澤 康平 : 海野十三と暗号,虫食い算, 海野十三忌2016, 2016年5月.
35)平野 朋広, 橋本 惇平, 三輪 洋平, 押村 美幸, 右手 浩一 : LiN(SO2CF3)2存在下でのビニルエーテルの熱誘起カチオン重合, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
36)亀谷 俊輔, 関根 素馨, 大窪 貴洋, 平野 朋広, 右手 浩一, 朝倉 哲郎 : NMRを用いた水の分子運動性評価に基づく立体規則性の異なるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)のゲル化挙動解析, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
37)寄本 佳孝, 下元 浩晃, 伊藤 大道, 井原 栄治, 岡村 岳, 右手 浩一 : ポリ(アルコキシカルボニルメチレン)の立体規則性解析手法確立の試み:連鎖移動剤を用いたオリゴマーの合成およびそのジアステレオマーへの分離, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
38)金子 文俊, 佐藤 充眞, 瀬戸 直樹, ラドレスク オーレル, シアボネ マリア, 右手 浩一 : シンジオタクチックポリスチレンとポリエチレングリコールの共結晶構造に関する中性子小角散乱・FTIR 同時測定法による研究, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
39)神本 崇博, 出口 祥啓, 髙木 琢, 森 悠馬, 中川 真人, 木戸口 善行, 名田 譲 : CT半導体レーザ吸収法を用いた2次元燃料濃度・温度分布同時計測, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会講演予稿集, Vol.CD-ROM(192), 2016年5月.
40)池田 建司 : Cholesky 分解を用いた Kalman ゲインの一致推定, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会, 1-4, 2016年5月.
41)沢田石 真史, 佐藤 和人, 伊藤 桃代, 間所 洋和, 門脇 さくら : 身体情報に着目したDMT(Driver Monitoring Tool)の試作, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会講演予稿集, 150-155, 2016年5月.
42)海野 翔平, 佐藤 和人, 伊藤 桃代, 間所 洋和, 門脇 さくら : リカレントSOMを用いた運転シーンの分類, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会講演予稿集, 156-161, 2016年5月.
43)神本 崇博, 出口 祥啓, 髙木 琢, 森 悠馬, 中川 真人, 木戸口 善行, 名田 譲 : CT半導体レーザ吸収法を用いた2次元燃料濃度・温度分布同時計測, 自動車技術学術講演会前刷集, Vol.41, No.16, 1027-1031, 2016年5月.
44)出口 祥啓, 髙木 琢, 神本 崇博, 岡本 智美, 渡邉 直人 : CT半導体レーザ吸収法を用いたエンジン筒内の2次元温度分布リアルタイム計測, 自動車技術学術講演会前刷集, Vol.41, No.16, 1032-1037, 2016年5月.
45)上山 聡喜, 手塚 美彦, 橋本 修一 : 白金電極上に電解析出したポリチオフェン薄膜のレーザー微細断片化, 第65回高分子学会年次大会予稿集, 2016年5月.
46)角元 義基, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いたオゾン発生器の小型化とオゾン生成特性, 第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 5-8, 2016年5月.
47)池本 知英, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワー放電方式オゾン生成における濃度低下の原因とその対策, 第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 9-12, 2016年5月.
48)清水 快, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤処理に関する検討, 第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 69-72, 2016年5月.
49)村田 啓輔, 荘田 歩, 寺西 研二, 下村 直行 : 同軸円筒型誘電体バリア放電リアクタによるインジゴカルミン水溶液の脱色特性, 第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 73-76, 2016年5月.
50)板東 貴典, 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた温度応答性ハ イブリッドゲルの合成, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
51)横田 大地, 中西 由佳, 平野 朋広, 右手 浩一 : ポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析(3), 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
52)許 祐菁, 莊 明曄, 平野 朋広, 右手 浩一 : 種々の高分子反応で合成したメタクリル酸メチル-メタクリル酸ベンジル共重合体の連鎖解析, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
53)妹尾 美咲, 小川 修平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
54)寺井 裕貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : チオウレア型有機分子触媒を用いたラクチドの立体特異性開環重合, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
55)押村 美幸, 魚住 秀行, 仙波 史也, 平野 朋広, 右手 浩一 : モノマー連鎖の異なるメタクリル酸エステル共重合体への糖修飾, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
56)菅沼 こと, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, Cheng H.N., 朝倉 哲郎 : 溶媒効果を利用した溶液NMRによるポリ乳酸の詳細な立体規則性解析, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
57)渡邊 一也, 右手 浩一 : Diffusion-Ordered Two-Dimensional Spectroscopy(DOSY)による高分子量 2-(アクリロイルオキシ)エチルトリメチルアンモニウムクロリド系ポリマーの分析, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
58)丹羽 実輝, 乗定 孟, 田中 均 : アミノ酸由来キラルオキサゾリジノンのラジカル重合と置換基による重合能の変化, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
59)牧 和慶, 丹羽 実輝, 田中 均 : ラジカル重合の立体化学に及ぼすアクリレートの分 子構造と分子間相互作用, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
60)髙岩 昌弘 : 空気式パラレルマニピュレータを用いたP.T.のための手首リハビリシミュレータ, 平成28年度春季フルードパワーシステム講演会講演論文集, 2016年5月.
61)Jesus Rafael Alcantara Avila : Development of combined simulation-optimization approaches to design intensified chemical processes, 分離技術会年会2016, May 2016.
62)田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリペレナミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
63)別役 優太, 倉科 昌, 髙栁 俊夫 : グラフェン懸濁液のミセル動電クロマトグラフィーにおけるポリエチレングリコールの添加効果, 第76回 分析化学討論会, 2016年5月.
64)小林 拓真, 髙栁 俊夫, Geoffery Waterhouse, 薮谷 智規 : インバースオパール構造炭素を用いた新規な炭素電極の作製, 第76回 分析化学討論会, 2016年5月.
65)伊藤 大地, 髙栁 俊夫 : キャピラリー電気泳動法による分解反応下でのブプロピオンの酸解離反応解析, 第76回 分析化学討論会, 2016年5月.
66)岡田 英理子, 髙栁 俊夫 : キャピラリー電気泳動法を用いたエステラーゼの加水分解反応の速度論解析, 第76回 分析化学討論会, 2016年5月.
67)橋本 直哉, 髙栁 俊夫, 安澤 幹人, 薮谷 智規 : イオンクロマトグラフィーによるフッ化水素酸とヘキサフルオロケイ酸の同時定量, 第76回 分析化学討論会, 2016年5月.
68)石丸 啓輔, 須貝 成喜, 橋本 親典, 渡邉 健 : FA 混入による低度処理再生骨材コンクリートの施工性能の改善に関する実験的検討, --- jsce7-041-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
69)葛西 博文, 橋本 親典, 渡邉 健, 岡野 真弥, 小田島 勉 : 6号砕石ポーラスコンクリートに使用した細骨材の違いが強度や耐久性に及ぼす影響, --- jsce7-031-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
70)西山 航平, 渡邉 健, 橋本 親典, 中島 和俊 : AE 法を適用した使用骨材の異なるモルタルの乾燥収縮特性の評価, --- jsce7-049-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
71)三宅 純平, 渡邉 健, 山田 悠二, 橋本 親典 : 測定条件や配合条件に対するシリンダーを用いた簡易透気試験の適用性, --- jsce7-048-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
72)福冨 隼人, 渡邉 健, 橋本 親典, 宮崎 一樹 : 超音波を用いたコンクリート内部の鉄筋近傍における欠陥の検出に関する検討, --- jsce7-063-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
73)森 成美, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 内部欠陥が弾性波伝搬特性へ及ぼす影響に関する基礎的検討, --- jsce7-051-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
74)小林 雅央, 森本 恵美, 滑川 達 : 四国における建設コンサルタントの「規模の経済」の成立に関する研究, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集, Vol.22, No.VI-2-4, 2016年5月.
75)湯浅 恭史, 中野 晋, 粕淵 義郎 : 大学本部における災害対策図上訓練の実施と今後の課題, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
76)鳥庭 康代, 中野 晋, 金井 純子, 泉谷 依那 : 2015年関東・東北豪雨による常総市内の教育機関と保育所の被災と再開までの取り組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
77)中野 晋, 湯浅 恭史, 土肥 佳瑞馬 : 自己チェックシートを活用した市町村BCPの普及促進の取り組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
78)泉谷 依那, 中野 晋, 武藤 裕則, 馬場 俊孝 : 那賀川中流域における台風1411号と台風1511号による洪水氾濫と住民避難行動, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
79)金井 純子, 野々村 敦子, 中野 晋, 清重 健次 : 障害者のニーズを反映した災害時避難体制構築手法の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
80)谷田 有里, 三上 卓, 中野 晋 : 徳島県内放課後児童クラブの地震時危険度と防災対策, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
81)井若 和久, 山中 英生, 佐藤 幸好, 矢部 洋二郎, 浜 大吾郎 : 津波脅威下にある沿岸集落における リスク分散型近居のための住宅地開発の提案, 土木計画学研究·講演集, Vol.53, 2016年5月.
82)永松 啓吾, 溝口 諒, 山中 英生 : ドライビングシミュレータを用いた 信号交差点左折時の自転車安全対策の評価実験, 土木計画学研究·講演集, Vol.53, 2016年5月.
83)山中 英生, 竹平 誠治, 道工 敏央, 池田 典弘 : 自転車レーンにおける逆走警告の効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.53, 2016年5月.
84)小島 拓郎, 山中 英生, 三国 成子, 森 万由子 : 細街路における自転車指導帯ネットワークの整備効果, --- 金沢市まちなか地区 ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.53, 2016年5月.
85)岸本 和貴, 田村 和也, 成行 義文, 井上 貴文, 井上 雅弘 : 大型パイプハウス用基礎アンカーの引抜き強度試験, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会講演概要集, 2016年5月.
86)井上 貴文, 成行 義文, 脇田 康平, 豊﨑 裕司, 加賀 晃次 : 曲弦ワーレントラス橋のリダンダンシー評価に関する検討, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会講演概要集, 2016年5月.
87)加島 悠生, 成行 義文, 豊﨑 裕司, 井上 貴文 : 1次モード特性を用いた連続梁の曲げ剛性同定法に関する基礎的研究, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会講演概要集, 2016年5月.
88)嶋田 圭吾, 武藤 裕則, 田村 隆雄, 三好 学 : 土地利用の変化が湿地の湛水機能に与える影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-078-2016, 2016年5月.
89)澤田 昂大, 長谷川 諒, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 平成26 年台風11 号那賀川洪水の流出解析について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-027-2016, 2016年5月.
90)滝沢 侑也, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 銅山跡地の植林事業に見る森林の洪水低減機能, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-029-2016, 2016年5月.
91)青山 大輝, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 堤体の横越水破壊に関する実験的検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-028-2016, 2016年5月.
92)小井 宣秀, 武藤 裕則, 田村 隆雄, 河尻 拓郎 : 西谷川流域における降水量,地下水位及び流砂量の関係について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-072-2016, 2016年5月.
93)野村 卓翔, 武藤 裕則, 笹尾 彰宏, 田村 隆雄 : 供給土砂の粒度構成が河床形状に与える影響に関する実験的検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-030-2016, 2016年5月.
94)吉岡 篤志, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 徳島市沖洲地区における津波避難ビルの課題と整備に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, jsce7-026-2016, 2016年5月.
95)八谷 実, 野田 稔, 長尾 文明, 高井 俊伍 : 水平シアに生じる竜巻状流れの漏斗雲による可視化, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 7-8, 2016年5月.
96)末廣 聖志, 野田 稔, 長尾 文明, 新谷 尚人 : 数値流体解析におけるマツ林の圧力損失係数の評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 9-10, 2016年5月.
97)岡村 宗一郎, 野田 稔, 長尾 文明 : 旧タコマナローズ橋の空力振動モード間の相互干渉に関する検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 29-30, 2016年5月.
98)奥嶋 政嗣 : 地方都市における生活時間を考慮した健康活動促進に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.53, 1-4, 2016年5月.
99)松井 佑樹, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男, 安芸 浩資 : 交通シミュレーションを用いた降雨浸水時の交通渋滞緩和に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2016年5月.
100)山中 亮一, 上月 康則, 松原 加奈子, 大熊 康平, 上田 敦史, 鶴江 智彦, 一色 圭佑, 森 紗綾香 : コウロエンカワイバリガイの海中での分解過程に関する検討, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-038-2016, 2016年5月.
101)松島 輝将, 上月 康則, 渡辺 雅子, 永峰 和佳, 岡田 直也, 玉井 勇佑, 山中 亮一 : 季節別の海浜標高変動とそれによるルイスハンミョウ生息への影響, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-092-2016, 2016年5月.
102)山中 亮一, 上月 康則, 大熊 康平, 一色 圭佑, 鶴江 智彦, 松原 加奈子, 瀧口 裕己, 森 紗綾香, 中西 敬, 橋丘 真 : 尼崎運河栄養塩回収水路の生物回収による浄化量について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-093-2016, 2016年5月.
103)樋口 僚, 上月 康則, 村上 玲奈, 井若 和久, 杉本 卓司, 山中 亮一, 清水 勝, 佐藤 康徳 : 地域住民の防災力に及ぼす想定津波浸水深シール貼付の効果について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-110-2016, 2016年5月.
104)青木 菜摘, 上月 康則, 山中 亮一, 鴨狩 諒, 山下 勇也, 松重 摩耶 : 無酸素環境中におけるアサリの濾水機能の変化について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-114-2016, 2016年5月.
105)上月 康則, 山中 亮一, 三好 順也, 中西 敬, 平川 倫, 西上 広貴, 鵜池 泰一 : 1997 年以降の尼崎港内外での水質底質の変化について, 平成28年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-123-2016, 2016年5月.
106)石田 亮太, 河野 泰志, 橘 忠彦, 本田 知己, 木島 龍朗, 水口 仁志 : ナノファイバーフィルターを用いる微量ヒ素(III)の目視分析, 第76回分析化学討論会, 2016年5月.
107)湯浅 恭史, 中野 晋, 戸島 慶祝, 大黒 三義, 山口 啓二 : 家庭版災害時アクションカードを活用した津波避難訓練の取り組み, 地域安全学会 梗概集, Vol.38, 17-20, 2016年5月.
108)青木 正繁, 中野 晋, 湯浅 恭史 : 『医療機関と福祉施設併用型のBCPを策定する』∼医療機関・福祉施設のマンパワー連携体制を考える∼, 地域安全学会 梗概集, Vol.38, 1-4, 2016年5月.
109)藤澤 日明, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 画像特徴量を用いたアスキーアートからの顔文字検出, 人工知能学会全国大会2016講演論文集, 1-2, 2016年6月.
110)田中 聡, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 情報推薦のための Twitter ユーザの性格分析手法, 人工知能学会全国大会2016発表予稿集, 1-4, 2016年6月.
111)鍋島 克輔, 田島 慎一 : パラメトリック局所コホモロジーを用いたμ*の計算, 第25回日本数式処理学会大会,福岡大学, 2016年6月.
112)Miino Yuu and Tetsushi Ueta : Synchronization of firing in coupled Izhikevich neuron model, NOLTAソサイエティ大会, No.NLS-13, Jun. 2016.
113)山本 祐平, 佐名川 洋右, 耒見 祐哉, 上村 健, 児玉 憲治, 今井 昭二 : 四国の山岳地帯における湿性沈着の化学的特徴, 第25回環境化学討論会, 2016年6月.
114)大石 篤哉, 加藤 正大, 山本 健斗 : 機械学習を用いたIsogeometric局所接触探索, 計算工学講演会論文集, Vol.21, 2016年6月.
115)犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 : 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016, 2016年6月.
116)菅 祥雄, 柏原 考爾 : ATMT法を用いた心拍変動の経時的変化の評価, 日本生理人類学会誌 第73回大会要旨集, Vol.21, 特別号(1), 38, 2016年6月.
117)Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Yui Hamaji, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav and Takanori Satoh : Functional analysis for whey protein and peptides in Mongolian animal milks, The 16th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan,The Program and Abstracts, Jun. 2016.
118)Shota Inoue, Kouta Nagai, Mayu Kanamoto, Yui Hamaji, Natsumi Yoshioka, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Contribution of Thr91 to the conformational stabilities in Geobacillus thermocatenulatus Uridine kinase, The 16th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan,The Program and Abstracts, Jun. 2016.
119)Yurie Ohiwa, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Mayu Kanamoto, Yui Hamaji, Natsumi Yoshioka, Shota Inoue and Takanori Satoh : Contribution of amino acids to the thermostability of Geobacillus stearothermophilus Nucleoside diphosphate kinase, The 16th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan,The Program and Abstracts, Jun. 2016.
120)藤岡 亮太, 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : Twitterから抽出したユーザの発言に基づく健康状態の推定, 人工知能学会全国大会2016発表予稿集, 2016年6月.
121)松田 紘伸, 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : Twitterを用いた病気の事実性解析及び知識ベース構築, 人工知能学会全国大会2016講演論文集, 2016年6月.
122)永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 清山 幹弘, 稲垣 具志, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻野 弘, 高橋 和哉 : 視覚障害者のための方向定位付きLED 発光ブロックの実証実験, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 2P1-03a3(1)-2P1-03a3(3), 2016年6月.
123)石橋 樹, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 視覚障害者誘導用ブロックの方向定位性能の定量的評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 2P1-03a4(1)-2P1-03a4(3), 2016年6月.
124)浮田 浩行, 三輪 昌史 : オンボードカメラを用いた LED パネルの検出と識別による UAV の飛行制御, 第22回画像センシングシンポジウムダイジェスト集, DS1-06, 2016年6月.
125)倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 日本海水学会第67年会, 2016年6月.
126)本多 智貴, 三輪 昌史 : 水中移動可能なクアッドコプタの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1A1-18b7, 2016年6月.
127)今村 彰隆, 三輪 昌史 : ティルトロータ型クアッドコプタの基礎的検討 H 型,+型およびX 型のフレーム構成を比較, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1P1-17b4, 2016年6月.
128)三輪 昌史, 丸橋 伸也 : 可変ノズルを用いた推進型VTOL, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1A1-17b6, 2016年6月.
129)大西 貴斗, 三輪 昌史 : UAV の手離し発進法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1P1-18a5, 2016年6月.
130)今村 彰隆, 三輪 昌史 : ティルトロータ型クアッドコプタの基礎的検討. ―H 型,+型および X 型のフレーム構成を比較―., ロボティクスメカトロニクス講演会2016, 1P1-17b4, 2016年6月.
131)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 複数次元特徴量を用いた室内環境の3次元モデリング, 第22回画像センシングシンポジウム, No.IS3-1, 2016年6月.
132)中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 : 局所構造の擾乱にともなうニオブ酸ナトリウムのイオン伝導挙動の変化, 第19回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 79-82, 2016年6月.
133)高川 裕太, 髙岩 昌弘 : 装着者の体重を用いた空気式歩行支援シューズの開発, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2016, 2016年6月.
134)Kazuki Ueta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization of Coupled Oscillators Containing Ring and Star, 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会 講演論文集, No.A-15, NLS15, Jun. 2016.
135)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Female Percentage in Firefly Algorithm, 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会 講演論文集, No.A-17, NLS17, Jun. 2016.
136)Hai Minh Tran, Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena of Star-Coupled van der Pol Oscillators with Additional Oscillators, 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会 講演論文集, No.A-18, NLS18, Jun. 2016.
137)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Process of Chaos Propagation in Coupled Chaotic Circuits, 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会 講演論文集, No.B-18, NLS41, Jun. 2016.
138)南川 丈夫, 小倉 隆志, 増岡 孝, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム共振器型ひずみセンサーの開発, 第57回光波センシング技術研究会講演会, 145-150, 2016年6月.
139)鎌田 磨人 : 身近な自然を考える―生態系の危機と保全, 大阪府立泉陽高等学校, 2016年6月.
140)鎌田 磨人 : 里山の今とこれから―人の営みで育まれる生物多様性の森, 宝が池連続学習会2016, 2016年6月.
141)上野 雅晴 : 実践的なグリーンケミストリーへの挑戦, 日本プロセス学会第20回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2016年6月.
142)鍋島 克輔 : グレブナー基底の安定性とパラメトリック・システム, 埼玉大学数学談話会, 2016年7月.
143)馬場 俊孝 : 阿南市における南海トラフ巨大津波の予測, 那賀川利用協議会, 2016年7月.
144)柏原 考爾 : 自己符号化器による静脈画像の雑音除去, 第9回コンピュテーショナル・インテリジェンス研究会 講演論文集, 68-72, 2016年7月.
145)今井 洋太, 三宅 武, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : グリーンインフラ指標としてのナベヅルの潜在的生息適地推定―農地の多面的機能を活かした国土管理に向けて, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月.
146)朝波 史香, 佐々木 剛, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の持続性評価―地域社会の視点から, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月.
147)佐々木 剛, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の持続性評価―生態学的視点から, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月.
148)鎌田 磨人 : 地域住民の自治管理で守り育てられる海岸林, 「北の海辺で考える砂丘海岸とのつきあい方―東北における復興の現場を中心に,ミニシンポジウム``砂丘海岸とのつきあい方'', 2016年7月.
149)小笠原 正道 : 均一系遷移金属触媒による遷移金属錯体の立体選択的分子変換とその応用, 第49回有機金属若手の会 夏の学校, 2016年7月.
150)森 篤史 : 磁場中調製によるシリカ中における構造異方性の発現の解明に向けて, 第18回日本磁気科学研究会, 2016年7月.
151)芦田 健人, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 青景 圭樹, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量CT画像における肺門部の肺動静脈解析, 日本医用画像工学会大会, PP-3, 2016年7月.
152)益田 端栄, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 加藤 勝也, 岸本 卓巳, 芦澤 和人, 中野 恭幸, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : じん肺・正常肺CT画像を用いた肺動静脈の比較評価, 日本医用画像工学会大会, PP-5, 2016年7月.
153)今吉 隼, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 呼気・吸気時の肺CT画像解析, 日本医用画像工学会大会, PP-30, 2016年7月.
154)平島 孝樹, 井村 涼太, 掛田 貴章, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 島田 光生, 飯沼 元 : 造影CT画像(門脈相)を用いた大腸の結腸分類, 日本医用画像工学会大会, PP-31, 2016年7月.
155)清家 京介, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 胸部CT画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 日本医用画像工学会大会, PP-32, 2016年7月.
156)西川 雄大, 篠原 寿広, 中迫 昇, 寺田 賢治 : 頭部3次元CT画像における血管径推定の初期値依存性およびパラメータ調整の実験的検討, 第35回日本医用画像工学会大会, No.PP-37, 2016年7月.
157)西坂 理沙, 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 県内医療施設の透析液細菌汚染調査と近紫外LEDによる殺菌効果の評価, 第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
158)A.S. Maklad, Mikio Matsuhiro, Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Mitsuo Shimada and Gen Iinuma : Automatic blood vessel-based liver segmentation through the portal phase CT, IEICE Technical Report, Vol.116, No.160, 29-34, Jul. 2016.
159)成行 義文 : 工学的視点で見る栽培施設, 未来農業検討会, 2016年7月.
160)西田 拓矢, 小川 宏樹 : 木防建ぺい率の違いを考慮した都市災害危険度判定方法の開発に関する研究, 2016年度日本都市計画学会第14回関西支部研究発表会講演概要集, Vol.14, 113-116, 2016年7月.
161)能登 俊平, 小川 宏樹 : 南海難波駅東側における店舗の増加要因となる地域特性に関する研究 -ウラなんば地域を事例として, 2016年度日本都市計画学会第14回関西支部研究発表会講演概要集, Vol.14, 145-148, 2016年7月.
162)小川 宏樹, 櫻井 祥之, 伊勢 昇 : 都市機能や都市生活の快適性に関する評価指標を用いた都市構造の類型化 -都市構造の特性を踏まえた中心市街地活性化施策のあり方 その1, 2016年度日本都市計画学会第14回関西支部研究発表会講演概要集, Vol.14, 133-136, 2016年7月.
163)櫻井 祥之, 小川 宏樹, 伊勢 昇 : 都市機能や都市生活の快適性による都市構造類型からみた中心市街地活性化施策の評価 -都市構造の特性を踏まえた中心市街地活性化施策のあり方 その2, 2016年度日本都市計画学会第14回関西支部研究発表会講演概要集, Vol.14, 137-140, 2016年7月.
164)草葉 啓太, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長格子/導波構造による二波長帯紫外光検出器の開発, 2016年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, Bp-10, 2016年7月.
165)岡本 裕, 高島 祐介, 佐竹 正行, 田邉 聖人, 原口 雅宣, 直井 美貴 : 高透過ストライプ状p型電極を用いたUV-LEDの光取り出し制御, 2016年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, Bp-11, 2016年7月.
166)橋本 拓哉, 植木 智之, 田中 康弘, 富田 卓朗, 岡田 達也 : SiC単結晶上に電子ビーム蒸着したニッケル薄膜の双晶化, 2016年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演概要集, 26, 2016年7月.
167)政井 勇輝, 植木 智之, 田中 康弘, 富田 卓朗, 岡田 達也 : Al/ダイヤモンド単結晶界面へのフェムト秒レーザ照射に伴う微細周期構造形成, 2016年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演概要集, 27, 2016年7月.
168)坂東 健司, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : スタブ構造を有するPMMAフィン構造を用いたプラズモニック導波路作製プロセスの検討, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, No.Ca-9, 2016年7月.
169)板東 真平, 難波 祐太, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : Si導波路とTrench型プラズモニック導波路の接合部接続高さによるモード励起特性の変化, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, No.Ca-10, 2016年7月.
170)鎌田 隼, エルゾハリ サラ, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 圧力 温度センサのためのMIM型プラズモニック導波路の光透過特性, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, No.Bp-8, 2016年7月.
171)板東 洋太, 竹中 一将, 滝谷 悠介, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也, 富田 卓朗 : 極薄SiCにおけるラマンスペクトルの極性面依存性, 2016年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演概要集, 44, 2016年7月.
172)村中 貴恵, 浜崎 寛子, 中島 弘貴, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : 酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
173)齋藤 あゆみ, 塩見 太嘉良, 日達 涼太, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : Fe-Se二元系の合成及びその輸送特性, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
174)山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による触媒的酸素酸化, 第48回 若手ペプチド夏の勉強会, 2016年7月.
175)橋本 竜治, 鈴木 雄大, 西野 克志 : 昇華法AlN基板上へのMOCVD法によるAlGaN決勝の成長, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, 86, 2016年7月.
176)梨子木 清人, 西野 克志 : 6H-SiC基板上へのAlNバルク結晶成長, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, 87, 2016年7月.
177)多喜川 直也, 西野 克志 : 剥離AlNを種結晶として用いた昇華法AlN成長, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, 88, 2016年7月.
178)久田 旭彦 : 高ドープ領域の梯子格子銅酸化物の圧力誘起超伝導, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 9, 2016年7月.
179)林 知樹, 北岡 教英, 戸田 智基, 武田 一哉 : Deep Neural Networkに基づく日常生活行動認識における適応手法, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.SP-2016, No.27, 1-6, 2016年8月.
180)松重 摩耶, 上月 康則, 前田 真里, 山中 亮一 : 絵画内容からみる幼児を対象とした環境学習についての一考察, 日本環境教育学会第27回大会, 35, 2016年8月.
181)藤本 修吾, 太田 光浩, 岩田 修一 : アルカリ溶解会合性高分子溶液中を上昇する特異なマイクロ構造を有する気泡の運動, 混相流シンポジウム2016, 2016年8月.
182)末次 祐基, 太田 光浩 : Shear-thinning流体中における液滴の剪断変形挙動の数値解析, 混相流シンポジウム2016, 2016年8月.
183)塚越 雅幸, 上田 隆雄, 古澤 洋祐 : 絶縁仕様でウレタン系塗膜防水層が施工された下地コンクリートの中性化, 日本建築学会大会学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2016年8月.
184)福永 柚理子, 渡辺 公次郎 : 美波町日和佐地区における街路空間の評価に関する研究, --- 避難困難性と景観の連続性からみた分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1069-1070, 2016年8月.
185)石丸 竜士, 上田 昭子, 八木下 史敏, 西内 優騎, 河村 保彦 : ピリジンN-オキシドの光反応:活性酸素種の発生とプラスミドDNAの損傷, 若手研究者のためのセミナー(若手化学者のための化学道場), Vol.2016, 2016年8月.
186)八木下 史敏, 香西 菜摘, 木内 隆志, 上田 昭子, 手塚 美彦, 河村 保彦 : イミダゾ[1,5-a]ピリジン二量体へのアリールまたはアシル基の導入とその光物理学的性質, 若手研究者のためのセミナー(若手化学者のための化学道場), Vol.2016, 2016年8月.
187)渡辺 公次郎 : 津波危険性がある地方都市における近居の特徴に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 913-914, 2016年8月.
188)野田 稔 : 漏斗雲画像による竜巻特性値の推定に関する検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 143-144, 2016年8月.
189)柏原 考爾 : 畳み込みニューラルネットワークによる静脈画像の超解像処理, 信学技法 SIP研究会, Vol.116, No.196, 39-44, 2016年8月.
190)森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーとオゾン発生器の併用による界面活性剤処理への影響, 電気学会パルスパワー研究会資料, 7-12, 2016年8月.
191)小倉 瞬, 山本 靖旺, 寺西 研二, 宇都 義浩, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたがん治療のIn vivoおよびEx vivo実験, 電気学会パルスパワー研究会資料, 43-47, 2016年8月.
192)加藤 健志郎, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : USBカメラを用いたVDT作業者の疲労度検出, 第21回知能メカトロニクスワークショップ, No.1B1-3, 2016年8月.
193)高橋 昌也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : すれ違いや追い抜きを考慮した通行人数計測, 第21回知能メカトロニクスワークショップ, No.1C1-3, 2016年8月.
194)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LED パネルとオンボードカメラを用いた UAV の飛行制御, 第21回知能メカトロニクスワークショップ講演概要集, 156-161, 2016年8月.
195)豊岡 寛旨, 菅原 宏太, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 操作機器を有する反復運動における身体制御の学習支援システム, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 119-120, 2016年8月.
196)菅原 宏太, 豊岡 寛旨, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 反復運動を対象とした基本運動の統合化学習支援, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 117-118, 2016年8月.
197)山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 孝之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 研修チェック項目を多視点動画収集・同期再生環境に連携させた振り返り支援システム, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 229-230, 2016年8月.
198)石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 八重樫 理人, 林 敏浩 : 運動スキル学習のための好みの知覚に基づくフィードバックを用いたトレーニング環境の提案, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, 281-282, 2016年8月.
199)光原 弘幸, 川井 淳矢, 山住 遥, 井口 恵介, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 井若 和久, 上月 康則, 獅々堀 正幹 : 防災啓発施設におけるICT 活用型防災教育の一事例, 教育システム情報学会第41回全国大会論文集, 209-210, 2016年8月.
200)内田 周平, 山中 建二, 北條 昌秀 : 二重巻線を有する同期発電機を用いたハイブリッドシステムへの検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, 141, 2016年8月.
201)筒井 健太, 山中 建二, 北條 昌秀 : ハイブリッド自動車のモータジェネレータを用いたトラクションコントロールにおける駆動力の測定実験, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2016年8月.
202)鈴木 浩司, 松本 卓也, 安野 卓 : データマイニング手法を用いた群ロボット操縦における意思決定スキルの抽出, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, No.2-OS1-3, II-65-II-68, 2016年8月.
203)村上 友治, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた出入り口付近の不審者検知, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.PS5-4, 2016年8月.
204)石野 智大, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 前方・後方・内部カメラを用いた運転支援システム, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.PS5-5, 2016年8月.
205)山上 正人, 山中 建二, 北條 昌秀 : R-D コンバータを用いた巻線界磁型同期電動機のセンサレス制御の検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2016年8月.
206)大道 雄也, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 : 信号光位相共役光対光信号に対する非縮退パラメトリック位相感応型光増幅に おける和周波光発生を利用した励起光位相同期ループ制御, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2016年9月.
207)社領 真介, 岡村 康弘, 高田 篤 : 偏波多重化された信号光位相共役対信号の和周波光 キャリア抽出における伝送路偏波変動の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2016年9月.
208)藤田 悠貴, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 高田 篤 : 光電圧制御発振器用シングルサイドバンド光変調器の バイアス電圧制御法に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2016年9月.
209)伊澤 毅, 鍋島 克輔, 田島 慎一 : Computer algebra and Bruce-Roberts Milnor numbers, 数理解析研究所共同研究「数式処理の新たな発展-その最新研究と基礎理論の再構成-],, 2016年9月.
210)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 代数的局所コホモロジーを用いた Limiting Tangent Spaceの計算法と比較, 数理解析研究所共同集会「数式処理の新たな発展-その最新研究と基礎理論の再構成-」,, 2016年9月.
211)藤澤 日明, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 出現頻度の低い色に注目した作風に基づくイラスト画像の分類, 第15回情報科学技術フォーラム講演論文集, Vol.3, 87-88, 2016年9月.
212)長房 慶, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : Deep Convolutional Neural Network による顔画像からの表情識別, 第15回情報科学技術フォーラム講演論文集, Vol.3, 293-294, 2016年9月.
213)小原 功任, 鍋島 克輔, 田島 慎一 : 包括的グレブナー基底とパラメータつきb-関数の計算, 第10回玉原特殊多様体研究集会,玉原国際セミナーハウス, 2016年9月.
214)西山 賢一, 鳥井 真之, 奥野 充, 井口 隆 : 2016年熊本地震で発生した地すべり・斜面崩壊の地形・地質的特徴, 日本地質学会第123年学術大会講演要旨集, 149, 2016年9月.
215)Yuu Miino and Tetsushi Ueta : Synchronized bifurcation in the two-coupled Izhikevich neuron model with an external force, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 11, Sep. 2016.
216)中桐 健介, 美井野 優, 上田 哲史 : Newton法を用いたポアンカレ写像点の算出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3, 2016年9月.
217)廣澤 克彦, 重光 亨, 福田 裕章 : 二重反転形小型軸流ファンの設計流量における動翼先端流れ場, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016年9月.
218)佐竹 央基, 重光 亨, 荘田 勤, 渡邊 惠信 : 船舶用スラスターの研究開発, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016年9月.
219)小川 雄也, 竹島 康東司, 楠 丁, 重光 亨 : インライン式小型ハイドロタービンの設計に関する研究, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016年9月.
220)重光 亨, 竹島 康東司, 楠 丁 : 二重反転形小型ハイドロタービンの翼近傍における圧力変動, ターボ機械協会北見講演会, 2016年9月.
221)中川 拓磨, 北岡 教英 : 音声と指差しを用いた自動運転車とのマルチモーダルインタラクション, 日本音響学会講演論文集, Vol.3-Q-11, 2016年9月.
222)瀬戸 栄地, 北岡 教英 : 単語の分散表現を用いた雑談対話システムの事例適, 日本音響学会講演論文集, Vol.2-Q-8, 2016年9月.
223)酒巻 光希, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : DFD(Depth-fused 3D)表示方式における透明な積層面の表現方法とその奥行き表現範囲の拡大, 映像情報メディア学会2016年年次大会予稿集, 2016年9月.
224)橋爪 環樹, 石川 真志, 西野 秀郎, 池田 隆, 浅見 研一 : 実機欠陥部での波動伝搬シミュレーションと実験, 日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会概要集, 134, 2016年9月.
225)浅見 研一, 西野 秀郎 : 圧電方式による円周ガイド波配管検査技術の開発, 日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会概要集, 135, 2016年9月.
226)村上 侑平, 石川 真志, 西野 秀郎 : 圧電方式による円周ガイド波配管検査技術の開発, 日本機械学会2016年度年次大会, J0420103, 2016年9月.
227)岩貞 邦弥, 立石 浩平, 石川 真志, 西野 秀郎, 山本 敏弘, 古川 敬 : T(0,1) mode ガイド波によるノッチ状欠陥の検出と検出感度, 日本機械学会2016年度年次大会, J0420104, 2016年9月.
228)奥嶋 政嗣 : 都市高速道路交通障害発生時における迂回割引制度の効果分析, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, Vol.32, 1-2, 2016年9月.
229)三好 德和, 北方 咲, 立田 彩和, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴 : ストロンチウム-メタラサイクル中間体の合成とその反応性に関する研究, 第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 1C05, 2016年9月.
230)大村 D. 聡, 森田 健司, 三好 德和, 平尾 俊一, 森内 敏之 : アミノ酸部位の導入により誘起されたレドックス活性フェニレンジアミンの不斉構造, 第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 2P067, 2016年9月.
231)山名 啓介, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 有機機能性材料を指向したトリアリールアミン誘導体の合成と電子的特性, 第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 2P084, 2016年9月.
232)江口 達彦, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 視差成分を多様化した積層多眼DFD (Depth-fused 3D)表示方式の提案および単眼奥行き知覚と動きの滑らかさ, 映像情報メディア学会2016年年次大会講演予稿集, 2016年9月.
233)ファン ズチェン, 陶山 史朗, 水科 晴樹 : 積層TN液晶の偏光演算による輝度の加減算システム, 映像情報メディア学会誌, No.34c-6, 2016年9月.
234)竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : 沖縄本島億首川におけるマングローブ林の再生管理に向けた協働モニタリングの開発, 応用生態工学, 2016年9月.
235)Kassim Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki, Jaafar Izzuan Hazriq and Aras Shahrieel Mohd : Improvement and Evaluation of Electronic Spectacle Device based on Obstacle Detection System for Visually Impaired Person, 2016 Annual Conference of Electronics, Information and Systems Society, I.E.E. of Japan, No.NMo.GS10-5, 1246-1251, Sep. 2016.
236)吉田 健 : 高温高圧水中のダイナミクス研究:並進・ 回転・振動の分子描像, 九重分子科学セミナー2016, 2016年9月.
237)山本 孝, 寺町 葵 : イットリア-ジルコニア担持酸化タングステン触媒表面上での複合酸化物の生成, 第19回XAFS討論会, 2016年9月.
238)野々口 大幹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 蚊の検出・追跡システム, 平成28年度電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文, 412-415, 2016年9月.
239)金山 一平, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 刺激画像の振動による運動性奥行き効果における振幅および振動数の影響, 第17回情報フォトニクス研究グループ研究会 講演予稿集, 67, 2016年9月.
240)杉山 茂 : 接触酸化反応を基盤とした有用化学品の合成, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
241)荻野 友保, 坂本 尚隆, , 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 種々のカチオンで修飾したMCM-41触媒によるプロピレンの部分酸化反応, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
242)土屋 祐人, 福島 尚純, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守 : 固定床流通式反応装置を用いた金属Pd触媒による亜硝酸性窒素の還元分解, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
243)新田 真也, 三栖 央頌, 永廣 卓哉, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : メソポーラスシリカ触媒によるイソブタンからイソブテンへの高選択的酸化脱水素反応, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
244)平岡 早紀, 元木 直也, 本田 勇太, 中川 敬三, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 足立 基齊, 松尾 寛, 内田 文生 : チタン酸化物ナノシート/ナノ粒子複合型色素増感太陽電池薄膜の作製と発電特性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
245)吉田 晶, 西田 優, 中川 敬三, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 4-ニトロフェノール還元反応におけるキュービック型メソポーラスシリカ被覆Pt触媒の触媒活性とPt脱落耐性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
246)山下 洋令, 佐伯 大輔, 中川 敬三, 新谷 卓司, 吉岡 朋久, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 松山 秀人 : 吸引ろ過法による二次元ナノシート積層膜の作製と膜分離特性, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
247) , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, Kolev D. Spas, Cattrall W. Robert, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : アミノ酸配位基を有する抽出剤を包接した高分子膜によるNi, Co, Mnの相互分離, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
248)南川 丈夫, 小倉 隆志, 増岡 孝, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム共振器によるひずみセンシング, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会, B62, 2016年9月.
249)南川 丈夫, 長谷 栄治, 宮本 周治, 謝 宜達, 水谷 康弘, 山本 裕紹, 安井 武史 : 光コムの波長/空間次元変換を援用したスキャンレス共焦点光学顕微鏡, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会, B18, 2016年9月.
250)青山 崇寬, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 堀河 俊英 : 圧力駆動型蒸留装置における組成分布の測定と分離性能評価, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
251)廣瀬 康裕, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : マイクロ流路を用いた試薬混合が反応収率に及ぼす影響の実験的検討, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
252)西東 佑輔, 井内 裕敏, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : カーボン複合によるLiFePO4ナノ粒子/C複合体の創製, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
253)吉田 健 : MDとNMRによる超臨界水中のダイナミクス解析, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
254)藤本 修吾, 太田 光浩, 岩田 修一 : アルカリ溶解会合性高分子溶液中を上昇する気泡の運動への溶液pHの影響, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
255)粟田 陽光, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 不同視におけるアーク3D表示と二眼表示の奥行き知覚の比較, 第17回情報フォトニクス研究グループ研究会 講演予稿集, 68, 2016年9月.
256)髙岩 昌弘, 高川 裕太 : 装着者の体重を用いた空気式歩行支援シューズの開発, LIFE2016, 2016年9月.
257)山田 悠二, 岡 友貴, 橋本 親典, 渡邉 健 : 非鉄スラグ細骨材コンクリートの間隙通過性に影響を与える要因に関する一考察, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, 641-642, 2016年9月.
258)岡﨑 大周, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : マイクロ流路における塩化ナトリウムの貧溶媒晶析, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
259)漆原 克友, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 活性炭への2価金属イオン吸着特性と吸着機構の解明, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
260)奥野 元貴, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 気液界面における液滴の走化性, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
261)白井 大輝, 小西 駿介, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : プルシアンブルー固定化吸着剤の調製およびそのセシウム吸着特性, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
262)井内 裕敏, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : RF樹脂を利用したチタン酸リチウムナノ粒子-カーボン複合材の合成, 化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
263)Jesus Rafael Alcantara Avila, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Comparative evaluation of multi-product and multitask manufacturing processes including reaction and separation, SCEJ 48th Autumn Meeting, Sep. 2016.
264)岡田 卓也, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英 : 抽出蒸留における装置構造が所要エネルギー及びコ ストに与える影響の評価, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
265)田中 盛博, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英 : モデルベース最適化方法による内部熱交換型蒸留塔(HIDiC) の設計, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
266)安平 雅, 山木 雄大, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英 : 加水分解反応による循環型反応蒸留を用いた乳酸の 純度に対する影響, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
267)森下 友統, 太田 光浩 : 単一落下液滴の不混和静止液体層への衝突過程の数値解析, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
268)杉浦 光, 港 勇介, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : シリカとアルミナの複層化した中間層を導入した多孔質SUS管へのPd薄膜形成, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
269)稲田 貴郁, 柳谷 伸一郎, 橋本 修一 : 単一金ナノ粒子のLSPRシフトから見たホットエレクトロンの 移動, 2016年光化学討論会講演要旨集, 2016年9月.
270)住忠 亜寿, 岡田 直也, 北條 昌秀, 山中 建二 : 2台の直流タップ回路を応用した多端子直流給電システムの動作特性, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, 2016年9月.
271)竹内 祐太, Sarda G. Narendra, 坂井 菜見子, 林 孝憲, 村井 啓一郎 : rnTaOn+₁N(n=₁, ₂)の結晶構造と光学特性評価, 2016年9月.
272)南方 良太, 湊 龍之介, 東 祐太, 中田 克弥, 村井 啓一郎, 施 劭儒, 森賀 俊広, 森 昌史 : 高温アニール時に出現するSr₁-xLaxTiO₃ ペロブスカイト相中の第₂ 相の同定, 日本セラミックス協会第29 回秋季シンポジウム, 2016年9月.
273)山中 大樹, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広, 松﨑 弘幸, 内田 一幸, 久保 孝史 : 時間分解分光測定によるペロピレン誘導体結晶におけるシングレットフィッションの検討, 光化学討論会, 2016年9月.
274)出口 祥啓 : レーザ誘起ブレークダウン法の工業プロセスへの応用展開, 2016JASISコンファレンス, レーザーアブレーションワークショップ, 2016年9月.
275)金井 純子, 野々村 敦子, 中野 晋, 宇野 宏司, 清重 健次 : 福祉避難所の整備状況に関するアンケート調査, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, 213-214, 2016年9月.
276)中川 頌将, 山中 亮一, 馬場 俊孝, 上月 康則 : 新設高速道路と液状化による地盤沈下を考慮した徳島県北部における津波浸水予測, 第71回年次学術講演会講演概要集, 325-326, 2016年9月.
277)今村 彰隆, 三輪 昌史 : 高圧送電線から電子コンパスへの影響, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 1F2-02, 2016年9月.
278)菱田 聡, 三輪 昌史 : オープンソースフライトコントローラを用いた産業, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 1F2-04, 2016年9月.
279)福冨 隼人, 渡邉 健, 橋本 親典, 宮崎 一樹 : 超音波法による鉄筋腐食の発生状況の定量的評価に向けた基礎的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, 951-952, 2016年9月.
280)八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 上田 昭子, 河村 保彦 : 二量体構造を有するイミダゾ[1,5-a]ピリジニウム塩の合成と光物性, 2016光化学討論会, Vol.2016, 3P041, 2016年9月.
281)Jesus Rafael Alcantara Avila : Research on energy savings in processes that use mechanical and chemical heat pumps, SCEJ 48th Autumn Meeting, Sep. 2016.
282)森 篤史, 山登 正文, 高橋 弘紀 : シリカゲルの磁場中調製による複屈折性の発現, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
283)岡﨑 翼, 依岡 和也, 石田 徹, 溝渕 啓, 浅川 直紀, 竹内 芳美 : 多軸制御放電加工による断面変化穴の創成を実現するための2重C-Spaceを用いた干渉回避法の開発, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 461-462, 2016年9月.
284)幸泉 哲太, 井上 紀正, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Ti をドープしたZr₂ (WO₄)(PO₄)₂ の負の熱膨張挙動, 日本セラミックス協会第29 回秋季シンポジウム, 2016年9月.
285)大井 満雄, 蕭 至維, 芝井 功喜, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Sr₃Si₆O₃N₈:Eu₂+酸窒化物蛍光体の合成と発光特性, 日本セラミックス協会第29 回秋季シンポジウム, 2016年9月.
286)Murthy Dharmapura, Hiroyuki Matsuzaki, Qian Wang, Yohichi Suzuki, Kazuhiko Seki, Takashi Hisatomi, Taro Yamada, Akihiko Kudo, Kazunari Domen and Akihiro Furube : Origin of Rh Valence State and La Doping Level Dependent H2 Evolution Efficiency in Doped SrTiO3 Photocatalyst, Sep. 2016.
287)矢倉 瑞基, 手塚 美彦, 橋本 修一 : 高結晶性フラーレン誘導体の液中レーザーアブレーションによる微粒子形成, 2016年光化学討論会, 2016年9月.
288)松重 摩耶, 上月 康則, 山中 亮一, 前田 真里 : 絵画の内容変化からみた幼児向け海辺環境学習の効果について, 瀬戸内海研究フォーラムin愛媛, 27, 2016年9月.
289)青江 匡剛, 石丸 啓輔, 橋本 親典, 渡邉 健 : 原コンクリートのAE 剤有無を判定するための液化窒素による簡易試験方法の開発, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, 321-322, 2016年9月.
290)村井 啓一郎, 高橋 大, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型LaCoO₃ 系熱電変換材料の合成と評価, 日本セラミックス協会第29 回秋季シンポジウム, 2016年9月.
291)北尾 泰広, 青矢 睦月 : 後期白亜紀ユーラシア東縁沈み込み帯の地質を巡る徳島周辺のジオ鉄コース, 日本地質学会第123年学術大会講演要旨集, 225, 2016年9月.
292)野田 篤, 植木 岳雪, 川畑 博, 松浦 浩久, 青矢 睦月 : 5 万分の1 地質図幅「観音寺」地域の地質, 日本地質学会第123年学術大会講演要旨集, 2016年9月.
293)馬場 俊孝 : 南海トラフ巨大地震とその津波, 高松市民大学, 2016年9月.
294)泰中 一樹, 丹野 賢二, 神本 崇博, 中川 真人, 出口 祥啓 : 微粉炭燃焼場における2次元温度分布の時系列可視化計測, 日本機械学会2016年度年次大会, J0510105, 2016年9月.
295)高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 松井 喬寛, 坂口 友哉 : 延伸処理したセルロースナノコンポジットの評価, 日本機械学会2016年年次大会講演論文集, J0450201_1, 2016年9月.
296)石田 啓祐, Sizuki Shigeyuki, Dimalanta B. Carla, Jr. Graciano P. Yumul, R. Lawrence Zamoras, Michel Faure, Francis Hirsch, Murat Ali Kilic, Pablo Placencia : Litho- and microbiostratigraphy of Triassic carbonates in the Buruanga Peninsula, Panay Island, Philippines, Abstract Volume of the GSJ 123th Annual Meeting, Vol.123, R9O6, 2016年9月.
297)田口 裕樹, 米倉 大介 : Sn-Zn 系ハンダとガラスの接合強度に及ぼす亜鉛の影響, 日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, 2016年9月.
298)森本 征士, 有月 琢哉, 青木 翔, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : 顕微ラマン分光法による SiC 上グラフェンの応力とキャリア密度の面内分布評価, 第77回応用物理学会秋季学術講演会(応物2016秋), No.13a-A32-3, 2016年9月.
299)山田 祐輔, 有月 琢哉, 高嶋 和也, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : 走査プローブ顕微鏡を用いた SiC 上グラフェンの実効ヤング率計測, 第77回応用物理学会秋季学術講演会(応物2016秋), No.13a-A32-4, 2016年9月.
300)中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 : NaCoO2のNa組成とNaサイト周辺の局所構造, 日本物理学会2016年秋季大会 講演概要集, 2016年9月.
301)伊藤 慧, 居上 靖弘, 大黒 雄貴, 上寺 裕輝, 渦岡 良介, 上野 勝利 : 地震時変形を考慮した河川堤防の耐浸透性能評価 (その 1:遠心力場における動的実験), 第51回地盤工学研究発表会講演概要集, 0530, 2016年9月.
302)居上 靖弘, 伊藤 慧, 大黒 雄貴, 上寺 裕輝, 渦岡 良介, 上野 勝利 : 地震時変形を考慮した河川堤防の耐浸透性能評価(その2:遠心力場における浸透実験および解析), 第51回地盤工学研究発表会講演概要集, 0531-0532, 2016年9月.
303)南川 丈夫 : (招待講演) 術中医療センシングを目指したラマン散乱分光法, BioOpt Japan 2016, 2016年9月.
304)Trovato Clement, Abdelsalam Ghareab Dahi, Abraham Emmanuel and Takeshi Yasui : Dual-wavelength digital holography using optical frequency synthesizer, 第77回応用物理学会秋季学術講演会/JSAP-OSA Joint Symposia予稿集, 14a-C301-4, Sep. 2016.
305)神田 峻介, 藤田 勇磨, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 動的ダブル配列辞書における実用的な再構成法, 情報処理学会情報基礎とアクセス技術研究会報告, Vol.2016-IFAT-123, 2016年9月.
306)山田 洋平, 椋田 千景, 村井 啓一郎, 髙栁 俊夫, 薮谷 智規 : 過酸化水素を溶出液とする水酸化ランタン共沈殿からのオキソ酸金属イオンの回収, 日本分析化学会 第65年会, 2016年9月.
307)吉川 直人, 飯島 真充, 木島 龍朗, 髙栁 俊夫, 水口 仁志 : トラックエッチ膜を鋳型とする多孔質電極を用いるコレステロールの迅速検出, 日本分析化学会 第65年会, 2016年9月.
308)今井 昭二, 山本 祐平, 耒見 祐哉, 佐名川 洋右, 齋藤 あゆみ : 日本海沿岸および四国の遠隔地における降雪中のPb/Cd比を用いた長距離輸送機構解明のためのバックグラウンド, 日本分析化学会第65年会 北海道大学・札幌, 2016年9月.
309)神川 憲, 曾 雅怡, 小笠原 正道 : 面不斉シクロペンタジエニルマンガンカルボニル錯体を基盤とした第二世代型P-オレフィン配位子の開発, 第63回有機金属化学討論会, 2016年9月.
310)小笠原 正道, 胡 淏, 呉 威毅, 吉田 和弘, 高橋 保 : メタロセン縮環した面不斉ホスホールの不斉合成, 第63回有機金属化学討論会, 2016年9月.
311)松岡 宏哉, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : ゲルシート上に置いた表皮角層細胞のフォースカーブ測定, 第77回応用物理学会秋季学術講演会, 14p-P18-5, 2016年9月.
312)栂村 誠哉, 米倉 大介 : 移流集積法を用いた微細マイクロレンズアレイ用鋳型の作製, 日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, 2016年9月.
313)村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : 酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移の酸化・還元効果, 日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
314)蕨野 龍世, Ka S., 出口 博之, 美藤 正樹, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスにおけるグレイン間相転移の磁場-温度相図, 日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
315)久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam : 高圧下NMRによる 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力誘起超伝導の研究, 日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年9月.
316)岡村 英一, 永田 信, 松本 光亮, 坪内 厚志 : YbCu2Ge2およびYbAl2の高圧下における光学伝導度と電子状態, 日本物理学会秋季大会(金沢大学,2016年9月), 2016年9月.
317)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長構造中の固有モード波数分散関係を用いた屈折率検出の高感度化, 第77回応用物理学会秋季学術講演会, 15a-P5-14, 2016年9月.
318)Takeshi Yasui : (Invited talk)Discrete Fourier transform spectroscopy using precisely periodic THz pulse train, 第77回応用物理学会秋季学術講演会/JSAP-OSA Joint Symposia予稿集, 15p-C301-8, Sep. 2016.
319)澁谷 九輝, 南川 丈夫, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : (招待講演)スキャンレスデュアルコム分光イメージング法の提案, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 15p-C32-4, 2016年9月.
320)長谷 栄治, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史, 南川 丈夫 : 共焦点レーザー走査型光コムの開発, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 15p-C32-8, 2016年9月.
321)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム型超音波センサーに関する基礎研究, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 15p-C32-7, 2016年9月.
322)長谷 栄治, 宮本 周治, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 次元変換光コムを用いたスキャンレス・フルフィールド 共焦点顕微鏡の開発(3)~2次元共焦点イメージの取得~, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 15a-C42-6, 2016年9月.
323)多賀 貴規, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : FPGAを用いた光子計数型位相変調方式蛍光寿命測定計の製作, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2016年9月.
324)鉄野 翔太, 澁谷 九輝, 岩田 哲郎 : 疑似逆行列を用いたサブピクセルシフト巡回型アダマールイメージング, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2016年9月.
325)水野 孝彦, 多賀 貴規, 岩田 哲郎 : FPGAを用いた高効率光電子パルス列同時検出方式蛍光寿命計, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2016年9月.
326)鍋島 克輔, 田島 慎一 : パラメータ付きホロノミーD加群とb-関数 -μ-constant deformation の場合-, 日本数学学会総合分科会 (函数論), 関西大学, 2016年9月.
327)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 局所コホモロジーを用いたμ*列の計算法について, 日本数学会総合分科会(函数論), 関西大学, 2016年9月.
328)妹尾 美咲, 小川 修平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析(2), 第65回高分子討論会, 2016年9月.
329)押村 美幸, 寺井 裕貴, 荒川 幸弘, 平野 朋広, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 右手 浩一 : チオウレア型およびグアニジン型有機分子触媒を用いたrac-ラクチドの開環重合, 第65回高分子討論会, 2016年9月.
330)亀谷 俊輔, 関根 素馨, 大窪 貴洋, 平野 朋広, 右手 浩一, 朝倉 哲郎 : ボリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の立体規則性で異なるゲル化挙動とNMRによる分子レベル解析, 第65回高分子討論会, 2016年9月.
331)新部 正人, 川上 烈生, 中野 由崇, 田中 良, 荒木 佑馬, 東 知里, 向井 孝志 : AlGaN 表面特性への酸素プラズマ照射効果, 第77回秋季応用物理学会学術講演会, 2016年9月.
332)鎌田 隼, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : MIM型プラズモニック導波路による非平衡Mach-Zehnder干渉計の光透過特性, 第77回応⽤物理学会秋季学術講演会, No.15p-B12-10, 2016年9月.
333)谷川 紘太, 岡本 敏弘, 岩切 一彦, 原口 雅宣 : 金スプリットリング共振器からなる積層型メタマテリアルの光学特性, 第77回応⽤物理学会秋季学術講演会, No.15p-B12-11, 2016年9月.
334)岩切 一彦, 谷川 紘太, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 三次元分散したスプリットリングからなる光メタマテリアルの作製, 第77回応⽤物理学会秋季学術講演会, No.15a-P5-13, 2016年9月.
335)北岡 誠, 永濱 拓也, 中村 晃大, 有月 琢哉, 高嶋 和也, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンの水脱離による導電率変化, 第77回応用物理学会秋季学術講演会(応物2016秋), No.15p-A33-2, 2016年9月.
336)大野 恭秀, 光野 琢仁, 谷口 嘉昭, 永瀬 雅夫 : グラフェン本来のイオンセンシング特性, 第77回応用物理学会秋季学術講演会(応物2016秋), No.15p-A33-10, 2016年9月.
337)大沼 正樹 : 平均曲率方程式の半連続解に対する強比較原理, 日本数学会 2016年度秋季総合分科会, 2016年9月.
338)柳谷 伸一郎, 吉田 篤志, 古部 昭広 : アルコール水溶液中で発生する光熱バブルの寿命に関する研究, 第77回応用物理学会秋季学術講演会, 15a-P3-7, 2016年9月.
339)真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 野坂 洸太, 雷前 伸, 並木 孝洋, 西村 克彦 : Nd(V,Ti)2Al20のNMR, 日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
340)山本 祐平, 今井 昭二, 白崎 俊浩, 米谷 明, 田上 梓 : 黒鉛炉型原子吸光光度計による高温原子化元素の定量における化学修飾剤の化学状態変化が吸光度に及ぼす影響, 日本分析化学会 第65回年会, 2016年9月.
341)水口 達也, 胡 国庆, 南川 丈夫, 郑 铮, 安井 武史 : 2波長モード同期ファイバーレーザーを用いたデュアルTHzコム参照型THz絶対周波数計測, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 16a-B2-10, 2016年9月.
342)謝 宜達, 中村 翔太, 南川 丈夫, フランシス ヒンデル, 安井 武史 : 動的THzガス分光とマルチピークフィッティングを用いた煙混在ガスの定量分析, 第77回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 16a-B2-9, 2016年9月.
343)平野 朋広, 松本 大志, 押村 美幸, 右手 浩一 : 1H NMRによるMMA-BnMA共重合体の連鎖解析 - 1種類のサンプルで決定したモノマー反応性比, 第65回高分子討論会, 2016年9月.
344)荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 高分子討論会, 2016年9月.
345)前田 亘輝, 小林 裕弥, 斉藤 くるみ, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光CTを用いた肺細葉のミクロ構造解析, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.116, No.225, 13-15, 2016年9月.
346)田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : フェニルトロキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子討論会, 2016年9月.
347)常冨 愛香里, 下畑 隆明, 永田 早紀恵, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni食中毒予防に対するUVA-LED照射殺菌の有用性について, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
348)髙橋 章, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 上番増 喬, 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 芥川 正武, 木内 陽介 : 飲料水の色が近紫外線殺菌にあたえる影響, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
349)中橋 睦美, 常冨 愛香里, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 紫外線LEDと次亜塩素酸ナトリウムの併用による食品殺菌装置の開発, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
350)藤本 華代, 岸川 博紀, 後藤 信夫, 柳谷 伸一郎 : ニューラルネットワークを用いたBPSK 光符号処理システムにおける中間層の振る舞い, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-1, 2016年9月.
351)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Recognition of optical 8QAM Coded Labels in Photonic Router, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.12-2, Sep. 2016.
352)近藤 正, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : 非線形マイクロリングを有する2 段縦続MZI 型非線形光閾値素子の提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-4, 2016年9月.
353)森 和也, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : 遅延干渉計とスペクトル整形フィルタを使用したQPSKから16QAM への変調フォーマット変換, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-5, 2016年9月.
354)吉岡 奈保, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : 偏波ダイバーシティ構成における四光波混合を用いたQPSK からBPSK への全光変調フォーマット変換法の入力偏波依存性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-6, 2016年9月.
355)高橋 一斗, 岡田 真央, 岸川 博紀, 後藤 信夫, ヨー イーリン, リャオ シェンクエ : 波長多重多チャネルファイバセンサのための縦続接続AWG を用いた波長検出手法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-18, 2016年9月.
356)岡田 真央, 高橋 一斗, 岸川 博紀, 後藤 信夫, ヨー イーリン, リャオ シェンクエ : SOA とAWG を用いた多波長レーザ設計による多チャネルファイバセンシングシステム設計, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-19, 2016年9月.
357)Po-Jung Chen, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Spectral Structure in Multi-channel Lasing with a Cavity Consisting of Optical Amplifier and AWG for Fiber Sensing, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.12-20, Sep. 2016.
358)川口 晃弘, 島本 隆, 宋 天 : アンテナ効果を削減する多層配線に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-29, 29, 2016年9月.
359)山野本 武, 島本 隆, 宋 天 : 積層信号TSV活用のための熱源探索に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-30, 30, 2016年9月.
360)鎌田 祐毅, 島 康平, 島本 隆, 宋 天 : HEVCにおけるDCT係数の差分符号化による符号化効率向上の性能評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-22, 173, 2016年9月.
361)李 敏, 石 文, 島本 隆, 宋 天 : HEVCのハードウェア実装におけるTUサイズ選択手法の性能評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-23, 174, 2016年9月.
362)榎木 一史, 片山 貴文, 黒田 一樹, 島本 隆, 宋 天 : 携帯端末向け参照フレーム削減によるHEVCの低消費電力実現に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-24, 175, 2016年9月.
363)武市 和也, 重田 和弘, 柏原 考爾 : 道路上の錯視ペイントによる速度抑制の効果, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会 講演論文集(13-25), 176, 2016年9月.
364)山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 孝之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼 : テスト結果に基づき多視点映像再生の注目視点の切り替えを 動的に構成するフレームワークの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2016年9月.
365)Yoshikawa Takehiko, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Skill Learning Support System Focusing on Rhythm Fitting, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 267, Sep. 2016.
366)Batdalai Sukh, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Characteristics of Pulse Compression Technique for QPSK Signal Using HNLF and SMF, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.12-23, Sep. 2016.
367)川上 烈生, 新部 正人, 中野 由崇, 東 知里, 向井 孝志 : 紫外線照射下でのCF4 プラズマエッチングによるAlGaN表面ダメージ, 平成28年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 44, 2016年9月.
368)永井 浩紀, 藤澤 日明, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 深層学習に基づく顔画像によるアニメキャラクタの分類, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 178, 2016年9月.
369)伊喜利 勇貴, 南原 康亮, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, Shyue-Kung Lu : nMOSダイオード組込型検査回路を用いたIC間配線の電気検査用不良判定しきい値の導出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 83, 2016年9月.
370)岡本 匡史, 踊場 明宏, Fara Binti Ali Ashikin, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, Shyue-Kung Lu : ダイオードとnMOSからなる電気検査回路による容量断線の実験による検出可能性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 84, 2016年9月.
371)踊場 明宏, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, Shyue-Kung Lu : 組込み型電気検査回路による3D IC内容量断線の進行過程検出の可能性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 85, 2016年9月.
372)田中 聖也, 月本 功, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 電流テストによる出力リード浮き検出時の隣接配線からの交流電界印加電圧, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 86, 2016年9月.
373)大谷 航平, 菅 大介, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 電荷注入量による断線不良検出の回路規模に対する影響調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 87, 2016年9月.
374)掛江 庸平, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 実験によるIC内組込み型IDDT出現時間検出回路の断線検出可能性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 88, 2016年9月.
375)河塚 信吾, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型スキャンFFの遅延分解能へのばらつきの影響調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 92, 2016年9月.
376)伊勢 幸太郎, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 樋上 喜信, 高橋 寛 : 隣接線の信号遷移を用いる半断線故障判別法の断線位置に対する有効性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 93, 2016年9月.
377)藤谷 和依, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 論理値割当隣接線選択と故障顕在化しきい値の断線故障用テスト生成時間への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 94, 2016年9月.
378)三好 大地, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : IDDT出現時間を用いる断線故障検査法の伝搬不能故障検出に対する有効性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 95, 2016年9月.
379)森 亮介, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC 組込み型バウンダリスキャンを用いる遅延故障検査でのチップ間ばらつき補正, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 96, 2016年9月.
380)上田 敏治, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 発話文への前置き表現付与手法, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 280, 2016年9月.
381)溝渕 亮太, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 地域改善案作成のための不満表現抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 282, 2016年9月.
382)田中 修司, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 認知症患者の行動変化の解析, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 236, 2016年9月.
383)藤田 康平, 泓田 正雄, 森田 和宏 : ユーザーのリンク関係を考慮した Twitter 利用者の性別推定, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 281, 2016年9月.
384)笠原 諒, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 想定外発話に対応した対話システムの提案, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 234, 2016年9月.
385)才田 涼, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 外国人の観光地評価対象の抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2016年9月.
386)迫 海斗, 泓田 正雄, 森田 和宏 : DACs を用いたパトリシアトライの圧縮手法, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 235, 2016年9月.
387)西岡 悠輔, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 最近の訪問情報を使った観光スボットの推薦, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 247, 2016年9月.
388)堀口 琢充, 森田 和宏, 泓田 正雄 : SNS 上の投稿を用いた消費者のニーズ抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 246, 2016年9月.
389)森 一樹, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitter を用いた対話システムからの話題提供文の生成, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 249, 2016年9月.
390)岡本 拓也, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による人の重なりを用いた進行方向別人数計測, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-5, 2016年9月.
391)守分 良, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 頭部および顔認識を用いた人物認識システム, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-6, 2016年9月.
392)魚住 尚輝, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : カメラ映像からの挙手者認識, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-7, 2016年9月.
393)Abousharara Elsayed, Akinori Tuji and Kenji Terada : A Comparison of Viola-Jonese Object Detector and Skin-color Detection for Observing VDT Worker Fatigue, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-8, Sep. 2016.
394)西川 雄大, 篠原 寿広, 中迫 昇, 寺田 賢治 : 頭部3 次元CT 画像における血管径の繰り返し推定によ る推定精度向上の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-11, 2016年9月.
395)小賀野 慎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 指先を用いたスマートフォンアプリによるコミュニケーション支援ツール, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-12, 2016年9月.
396)芳野 直幸, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 人物画像を対象としたピクセルアート自動変換, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-13, 2016年9月.
397)和田 修一, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 監視カメラを用いた遺失物の自動検知, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-14, 2016年9月.
398)猪俣 翔大, 山中 建二, 北條 昌秀 : 共振型電圧均等充電回路の実機検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 2016年9月.
399)島川 大司, 山中 建二, 北條 昌秀 : 出力段フィルタレス単相正弦波インバータの効率検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 2016年9月.
400)山岡 祐也, 山中 建二, 北條 昌秀 : 双方向スイッチを用いた直並列巻線切り替えを導入した交流電動機の負荷試験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 2016年9月.
401)筒井 健太, 山中 建二, 北條 昌秀 : HEV のMG を用いたTraction Control の効果検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.5, 2016年9月.
402)内田 周平, 山中 建二, 北條 昌秀 : 二重巻線を有する同期発電機の運転特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 2016年9月.
403)山上 正人, 山中 建二, 北條 昌秀 : R-D コンバータを用いた巻線界磁型同期電動機のセンサレス駆動実験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.7, 2016年9月.
404)山根 直人, 山中 建二, 北條 昌秀 : オルタネータハイブリッドの実車走行による燃費向上効果の検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 2016年9月.
405)宇治田 俊樹, 松本 健志 : がん骨破壊に対する全身性微振動刺激の作用について:インビボ位相 CT に基づく検討, JBMES2016 Proceedings, 57, 2016年9月.
406)佐藤 大熙, 福田 寛, 寺西 研二, 下村 直行 : パルス電界による小胞体ストレス応答の影響に関する研究, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 39, 2016年9月.
407)森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 : 水処理におけるOHラジカル生成量評価と評価中のオゾン生成, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2016年9月.
408)雄松 光司, 石野 真吾, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理における放電リアクタ直径の影響に関する検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2016年9月.
409)藤岡 佑樹, 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : 8bit 音源に対する自動採譜システムに関する研究, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 17-5, 2016年9月.
410)美馬 航, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : nMOS広帯域差動増幅器多段化の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.9-9, 91, 2016年9月.
411)吉光 陽紀, 小中 信典, 大野 雅也, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 抽出済血管との方向類似性を用いた血管伸長画像処理の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-37, 188, 2016年9月.
412)大和 卓史, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 従来の通常光と狭帯域光(NBI)内視鏡画像からの血管抽出比較の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-38, 189, 2016年9月.
413)明賀 法之, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 狭帯域光内視鏡画像からの細い血管抽出法の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-39, 190, 2016年9月.
414)松本 裕佑, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : ベクトル間距離による扁平血管輝度分布を考慮した血管幅抽出法の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-40, 191, 2016年9月.
415)Katsuki Nakashima, Kazuki Ueta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Dynamic Behavior of Coupled Two Rings of Chaotic Circuits, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-6, 6, Sep. 2016.
416)Seiya Kita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Switching Synchronization State of System Including Time Delay in One Direction, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-7, 7, Sep. 2016.
417)小林 加奈, 細川 康輝, 上手 洋子, 西尾 芳文 : メモリスタで結合したカオス回路における同期現象と誤差の関係, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-10, 10, 2016年9月.
418)Daiki Nariai, Hai Minh Tran, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in Two Rings of van der Pol Oscillators, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-11, 11, Sep. 2016.
419)Hai Minh Tran, Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena and Oscillation Death of Star-Coupled van der Pol Oscillators with Additional Oscillators, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-12, 12, Sep. 2016.
420)Shuhei Hashimoto, Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Penomena of Coupled Chaotic Circuits with Different Degree Distribution, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-13, 13, Sep. 2016.
421)Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization in Complex Networks of Parametrically Excited Oscillators with Parameter Mismatch, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-14, 14, Sep. 2016.
422)Ryota Oshima, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Neural Firing of Coupled Izhikevich Neurons with Bug Neuron, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-19, 19, Sep. 2016.
423)Yuki Fujisawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in a Ring of Cubic Maps Containing Delay Coupling, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-20, 20, Sep. 2016.
424)佐藤 柊, 生田 智敬, 中村 雄一, 上手 洋子, 西尾 芳文 : カオスを用いた選択的学習を行うニューラルネットワーク, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-22, 22, 2016年9月.
425)Shinsaburo Kittaka, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Feed-Forward Neural Networks with Temporal Change in Gradient of Sigmoid Functions, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-23, 23, Sep. 2016.
426)Ryuta Yoshimura, Shinsaburo Kittaka, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Deep Learning Using Dropout by Intermittency Chaos, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-24, 24, Sep. 2016.
427)Kazuki Nagao, Shinsaburo Kittaka, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Deep Learning Using Noise for Back Propagation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-25, 25, Sep. 2016.
428)Takahisa Ando, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Cellular Neural Networks with Switching Two-Type Templates for Edge Detection, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-34, 34, Sep. 2016.
429)Masaki Moriyama, Masaki Takeuchi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Firefly Algorithm with Bernoulli Shift Map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-36, 36, Sep. 2016.
430)大野 竜河, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : モーションセンサを用いたプレゼンテーション支援システムの開発, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2016年9月.
431)上野 総司郎, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : DPマッチングに基づく時間伸縮を考慮した音響指紋照合手法に関する研究, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 233, 2016年9月.
432)中西 雅哉, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : 局所特徴量の類似性・出現位置を考慮した特定物体認識手法に関する研究, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 177, 2016年9月.
433)向原 啓悟, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : クロマベクトルに基づくインストゥルメンタル楽曲検索手法に関する研究, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2016年9月.
434)河村 大生, 寺西 研二, 下村 直行 : 試験管内で発生させた誘電体バリア放電による純水処理, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 37, 2016年9月.
435)西雄 翔平, 寺西 研二, 下村 直行, 山中 建二 : 誘電体バリア放電からの誘導気流による羽根車の回転特性(II) 羽根車の重さと枚数を変えた際の回転トルク, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 38, 2016年9月.
436)國方 佑樹, 赤田 壮佑, 水田 康治, 寺西 研二, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットのノズル形状がプラズマの伸びに及ぼす影響, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 48, 2016年9月.
437)寺西 研二, 木村 栄輝, 國方 佑樹, 赤田 壮佑, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットを物体に照射した際の放電特性, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 49, 2016年9月.
438)吉田 匠吾, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 安野 卓 : 中間層出力を継承する複数の階層型ニューラルネットワークを用いた風速の増減予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-4, 53, 2016年9月.
439)川邊 賢也, 榎本 崇宏, 芥川 正武, Abeyratne R. Udantha, 川田 育二, 陣内 自治 : 聴覚モデルを用いたいびき音解析による OSAS スクリーニングの検討, 生体医工学シンポジウム in 旭川, 2016年9月.
440)岡田 卓也, 榎本 崇宏, 芥川 正武 : 非接触マイクロフォンを用いた呼吸音の音響特徴量による睡眠,覚醒判定の基礎検討, 生体医工学シンポジウム in 旭川, 2016年9月.
441)大久保 暢人, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 安野 卓, 瀧川 喜義 : 気象衛星画像を用いた畳み込みニューラルネットワークによる雲移動予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-5, 54, 2016年9月.
442)高橋 諒太, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓, 原田 正志 : 施設園芸ハウス内の温湿度空間分布計測システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.7-5, 71, 2016年9月.
443)Heejin Lee, Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Akinobu Kuwahara and Takahiro Kitajima : Positioning Error Correction Method for the GNSS Using Relative Position of Satellite and Receiver, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.7-7, 73, Sep. 2016.
444)水石 翔平, 鈴木 浩司, 安野 卓 : 一次元ホッピングロボットのCPGモデルに基づく跳躍制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-2, 76, 2016年9月.
445)鳥生 恭平, 鈴木 浩司, 安野 卓 : PSOを用いたCPGモデルの発振パラメータ自動探索, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-3, 77, 2016年9月.
446)内山 智仁, 鈴木 浩司, 安野 卓 : パネル巡航問題における群移動ロボットのスケーラビリティ評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-4, 78, 2016年9月.
447)小嶋 広幹, 鈴木 浩司, 桑原 明伸, 安野 卓 : 自律型UGVの動的障害物回避シミュレーション, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-5, 79, 2016年9月.
448)仲尾 直樹, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓 : 人の動作に応じた農作業支援ロボットの走行制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-6, 80, 2016年9月.
449)中澤 翔太, 鈴木 浩司, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓 : 遠隔操作型介護ロボットのためのkinectセンサの計測精度検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-2, 193, 2016年9月.
450)安居 拓也, 鈴木 浩司, 安野 卓 : 人体の動力学モデルを用いた腰関節パワーアシスト装具のアシストトルク評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-3, 194, 2016年9月.
451)Kassim bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno and Hiroshi Suzuki : Evaluation of Power Consumption on Improved Electronic Spectacle for Blind Person, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.14-1, 192, Sep. 2016.
452)田中 良, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 周波数スペクトル類似度を用いた楽音照合率改善の検討, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-6, 219, 2016年9月.
453)長谷 栄治, 南川 丈夫, 佐藤 克也, 米倉 大介, 高橋 光彦, 安井 武史 : SHG顕微鏡を用いた腱修復の観測, 生体医工学シンポジウム2016, 2P-5-6, 2016年9月.
454)小倉 有紀, 厚田 耕祐, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 第2高調発生光顕微鏡の小型化, 生体医工学シンポジウム2016, 2P-5-8, 2016年9月.
455)小倉 有紀, 田中 佑治, 長谷 栄治, 山下 豊信, 安井 武史 : 画像解析手法を用いた第二高調波発生によるコラーゲンin vivoイメージングの定量化と,肌弾力性との関連, 生体医工学シンポジウム2016, 2P-5-7, 2016年9月.
456)岡田 真央, 高橋 一斗, 岸川 博紀, 後藤 信夫, Yi-Lin Yu, Shien-Kuei Liaw : 多チャンネルファイバセンシングシステムのためのSOAとAWGを用いた多波長レーザ発振特性, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.C-3-6, 2016年9月.
457)森 和也, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : 遅延干渉計とスペクトル整形フィルタを用いたQPSKから16QAMへの変調フォーマット変換, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.C-12-3, 2016年9月.
458)瀧本 涼介, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 上田 寛 : Bi4V2O11-δ のNMRによる研究, 日本物理学会2016年秋季大会 講演概要集, 2016年9月.
459)Tomoaki Kashiwao, Hiura Mayu, Bahadori Alireza and Kenji Ikeda : Optimization of a Light Reflector Angle of Surface-mount-devide Light-emitting Diode Packaging Using Ray-tracing Simulation, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, 361-364, Sep. 2016.
460)山本 孝, 栗本 彰人 : 13 族イオン添加酸化ジルコニウムによるエタノール転換反応, 第118回触媒討論会, 2016年9月.
461)安藤 優香, 菊池 尚子, 澤尻 拳太, 山崎 達也, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : 種々の金属を添加したCo/CeO2系触媒のバイオエタノール水蒸気改質反応特性, 第118回触媒討論会, 2016年9月.
462)村上 公一 : 3次元Lotka-Volterra競争系の極限周期軌道, 研究集会「常微分方程式の定性的 理論ワークショップ」, 2016年9月.
463)出口 祥啓, Zhenzhen Wang : Enhancement of plasma temperature and signal intensity using coaxial long and short double-pulse LIBS, 日本鉄鋼協会 第172回秋季講演大会, 522-524, 2016年9月.
464)Renwei Liu, 出口 祥啓, Akihiro Ikutomo, Zhenzhen Wang : Enhancement of plasma temperature and signal intensity using coaxial long and short double-pulse LIBS, 日本鉄鋼協会 第172回秋季講演大会, 518-520, 2016年9月.
465)生友 章裕, 出口 祥啓, 劉 人瑋 : レーザ誘起ブレークダウン法を用いたスラグ・鉄鋼材料のリアルタイム計測技術の開発, 日本鉄鋼協会 第172回秋季講演大会 講演論文集, PS-66, 2016年9月.
466)Renwei Liu, 出口 祥啓, Akiriro Ikutomo, Weigang Nan, Zhenzhen Wang, Junjie Yan, Jiping Liu : Measurement of the steel samples using laser-induced breakdown spectroscopy, 日本鉄鋼協会 第172回秋季講演大会 講演論文集, PS-76, 2016年9月.
467)大竹 尚孝, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 熱安定性に優れた高比表面積酸化セリウムのメタン燃焼活性, 第118回触媒討論会, 2016年9月.
468)大石 篤哉, 加藤 正大, 山本 健斗 : Isogeometric解析における接触探索の計算量, 第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, Vol.16, No.4, 1-2, 2016年9月.
469)大石 篤哉, 山本 健斗, 加藤 正大 : Isogeometric要素行列計算への機械学習の適用, 第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, Vol.16, No.4, 1-2, 2016年9月.
470)浅野 純弥, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 七條 文雄 : 磁気センサを用いた嚥下障害スクリーニングテストの検討, 第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 368, 2016年9月.
471)伏見 賢一 : PICO-LON報告:高感度NaI(Tl)検出器による宇宙暗黒物質探索の現状, 日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学木花キャンパス), 2016年9月.
472)野々村 敦子, 金井 純子, 中野 晋, 白木 渡 : 香川県における特別支援学校の南海トラフ巨大地震対策, 日本安全教育学会第17回徳島大会予稿集, 52-53, 2016年9月.
473)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Genetic analysis and expression of nucleoside diphosphate kinase gene from Anoxybacillus flavithermus, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 2P-183, Sep. 2016.
474)Daiki Fujimoto, Kouta Nagai, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Characterization of genes for pyrimidine-nucleoside monophosphate kinases from Anoxybacillus flavithermus, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 2P-189, Sep. 2016.
475)Shota Inoue, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Genetic analysis and expression of uridine kinase gene from Anoxybacillus flavithermus, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 2P-185, Sep. 2016.
476)Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Genetic analysis and expression of genes for dTMP-forming enzymes from Anoxybacillus flavithermus, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 2P188, Sep. 2016.
477)Natsumi Yoshioka, Narumi Maegawa, Mayu Kanamoto, Yui Hamaji, Kohta Nagai, Daiki Fujimoto, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Yurie Ohiwa, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav and Takanori Satoh : Lipocalin function of whey proteins from Mongolian animal milks, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 2P-144-2P144, Sep. 2016.
478)Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue and Takanori Satoh : 16S rRNA gene analysis of bacteria from Awa Bancha tea (fermented tea) produced at Tokushima by clone library method, Annual Meeting of The 89th Japanese Biochemical Society, Abstracts, 3P-277, Sep. 2016.
479)野田 稔, 末広 聖志, 新谷 尚人, 長尾 文明 : 多層格子の流体力学的機能に関する検討, 日本流体力学会年会梗概集, 1-4, 2016年9月.
480)康 鑫 : 言語処理に基づく感情認識, エンジニアリングフェスティバル 2016, 2016年9月.
481)野田 稔, 八谷 実, 長尾 文明 : 竜巻の強さや規模と漏斗雲の形の関係, 日本流体力学会年会梗概集, 1-4, 2016年9月.
482)野田 稔, 八谷 実, 長尾 文明 : 竜巻状渦中の飛散物の飛行特性に対する流れ場スケールの影響, 日本流体力学会年会梗概集, 1-4, 2016年9月.
483)一宮 昌司, 中村 育雄 : 乱流境界層の再層流化過程における複雑さ解析, 日本流体力学会年会2016講演論文集, 2016年9月.
484)程 飛, 山中 英生, 井若 和久, 黒田 慎也 : 津波災害におけるリスク分散型近居の生活再建への効果, 環境共生学会 学術大会論文集, Vol.19, 7-12, 2016年9月.
485)今村 雅紀, 溝渕 啓, 圓井 良, 杉本 卓也, 濱田 泰以 : 厚物鋼板のガス溶断時に発生するノロの抑制に関する 熟練技術, 日本材料学会第2回材料WEEK講演論文集, 2016年10月.
486)小原 功任, 鍋島 克輔, 田島 慎一 : Comprehensive Gröbner systems in Poincare-Birkhoff-Witt algebra and Bernstein-Sato ideals, 数理解析研究所研究集会「超局所解析と特異摂動論の新展開」, 2016年10月.
487)高橋 成実, 今井 健太郎, 末木 健太郎, 大林 涼子, 稲住 孝富, 石橋 正信, 馬場 俊孝, 金田 義行 : DONETデータを用いた津波増幅率による即時津波予測システムの高度化, 2016年度日本自然災害学会地震学会秋季大会, No.S17-04, 2016年10月.
488)西山 賢一, 鳥井 真之, 奥野 充, 井口 隆, 加藤 靖郎 : 2016年熊本地震により熊本県阿蘇地方で発生した斜面崩壊・土石流の地形・地質的特徴, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 51-52, 2016年10月.
489)田近 淳, 薄井 敏彦, 矢野 寛幸, 西山 賢一 : 2016年熊本地震で発生した崩壊ー土石流:とくに垂玉川の例, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 243-244, 2016年10月.
490)井口 隆, 高見 智之, 加藤 靖郎, 西山 賢一, 山本 茂雄 : 熊本地震による京都大学阿蘇火山センター周辺の斜面災害の特徴, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 145-146, 2016年10月.
491)日本応用地質学会2016年熊本・大分地震災害調査団陥没性亀裂調査班, 西山 賢一 : 阿蘇カルデラ内に出現した陥没性亀裂と周辺の地形変位, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 147-148, 2016年10月.
492)高見 智之, 井口 隆, 加藤 靖郎, 西山 賢一, 日本応用地質学会九州支部WG斜面災害班 : 2016年熊本地震で生じた斜面災害の特徴と類型化, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 149-150, 2016年10月.
493)朽津 信明, 森井 順之, 西山 賢一 : 風化形態の違いによる砂岩の侵食速度の違い, 日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 201-202, 2016年10月.
494)西山 賢一, 横田 修一郎 : 2016年熊本地震で発生した立野地区の斜面崩壊と宇土・御船地区の盛土地すべり, 日本応用地質学会中国四国支部平成28年度研究発表会発表論文集, 33-38, 2016年10月.
495)J Taniguchi, Toshitaka Baba, M. Miyoshi and H. Aki : A Numerical Simulation of Drainage of Influent Water Caused by Tsunami at Kawauchi, Tokushima, Tecno-ocean2016,Kobe, 489-492, Oct. 2016.
496)伊藤 照明, 宇都 義浩, Mohammad Bin Effendi, Salleh Rizal Bin Mohd : TMAC Design Workshop 2016 によるアカデミックコラボレーション, 日本機械学会設計工学システム部門講演会2016・講演論文集, Vol.16, No.1402, 1-8, 2016年10月.
497)伊藤 照明, Hamid Abdul Rahimah, Rashid Warikh Abd Mohd, Osman Edynoor : TMAC Design Workshop Training Seminar 2016 によるグローバル教育, 日本機械学会設計工学システム部門講演会2016・講演論文集, Vol.16, No.1401, 1-8, 2016年10月.
498)Hamid Abdul Rahimah, 伊藤 照明 : Verification of Sheet Metal based Wire Bending Procedures, 日本機械学会設計工学システム部門講演会2016・講演論文集, Vol.16, No.1403, 1-6, 2016年10月.
499)石川 真志, 小山 昌志, 笠野 英行, 小笠原 永久, 山田 浩之, 八田 博志, 西谷 豊, 福井 涼, 宇都宮 真 : 遠隔加熱装置を利用した構造物のアクティブサーモグラフィ検査システムの開発, M&M2016 材料力学カンファレンス, 2016年10月.
500)伊藤 照明, 川上 祐輝, 渡辺 富夫 : ロボットアームを用いたハンドジェスチャ追随動作の実装と評価研究, 日本機械学会設計工学システム部門講演会2016・講演論文集, Vol.16, No.3103, 1-8, 2016年10月.
501)倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 第3回日本海水学会若手会 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2016年10月.
502)山本 蒼馬, 中原 佐, 南 和幸, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 伸縮ひずみに対する骨芽細胞のカルシウムシグナル応答, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, 15, 2016年10月.
503)松原 央樹, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史, 佐藤 克也 : 偏光分解SHG顕微鏡を用いた繰り返し伸縮刺激を受ける骨芽細胞産生コラーゲンのin vivo線維配向解析, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, 17, 2016年10月.
504)井村 涼太, 掛田 貴章, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 島田 光生, 飯沼 元 : 多時相造影CTにおける転移性リンパ節の解析, 第39回日本生体医工学会中国四国支部大会, III-4, 2016年10月.
505)掛田 貴章, 井村 涼太, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 島田 光生, 飯沼 元 : 造影CT画像(動脈相・門脈相・平衡相)を用いた腹部血管画像解析, 第39回日本生体医工学会中国四国支部大会, III-3, 2016年10月.
506)斉藤 くるみ, 前田 亘輝, 小林 裕弥, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光CTによる肺3次元ミクロ構造解析, 第39回日本生体医工学会中国四国支部大会, I-1, 2016年10月.
507)清水 亮太, 松本 健志 : 骨粗鬆症における骨修復遅延およびepoxyeeicosatrienoic acid による骨修復改善効果の解析:放射光位相CTによる検討, 第39回日本生体医工学会中国四国支部大会・講演抄録, 14, 2016年10月.
508)川人 勇介, クレモン トロバト, 小川 貴之, 南川 丈夫, 安井 武史 : 2波長デジタルホログラフィーを用いたバイオイメージング, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, II-2, 2016年10月.
509)宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 波長/空間変換およびマルチチャネル分光器を用いたワンショット・フルフィールド共焦点光学顕微鏡の開発, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, II-1, 2016年10月.
510)長谷 栄治, 南川 丈夫, 佐藤 克也, 米倉 大介, 高橋 光彦, 安井 武史 : 偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡を用いた修復腱におけるコラーゲン配向解析, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, I-7, 2016年10月.
511)坂上 卓也, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 偏光分解第2高調波発生光顕微鏡を用いた組織コラーゲン配向の計測, 第39回 日本生体医工学会 中国四国支部大会 講演抄録, II-1, 2016年10月.
512)久次米 亮介, 水科 晴樹, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : AIRRとCMAの複合化による空中ディスプレイ, Optics & Photonics Japan 2016, 31aES3, 2016年10月.
513)渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近視外LEDによる殺菌効果の評価, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
514)胡 文強, 渡辺 公次郎, 辻岡 卓 : 徳島市中心部における阿波踊り期間中の景観イメージに関する研究, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.25, 2016年10月.
515)岡村 英一, 後藤 貴之, 坪内 厚志, 岩本 賢尚 : 黒リンの高圧下における赤外分光と電子状態, 第26回日本赤外線学会研究発表会(国立天文台三鷹キャンパス), 2016年10月.
516)髙岩 昌弘, 高川 裕太 : ワイヤー式空気圧シリンダを用いたエネルギー自律型歩行支援シューズの開発, 平成28年フルードパワーシステム秋季講演会論文集, 2016年10月.
517)蒋 景彩, 李 傑龍, 中野 晋 : 南海トラフ地震による高知県沿岸地盤上下変動の再現, 公益社団法人 土木学会 第36回地震工学研究発表会(CD-ROM), 2016年10月.
518)中野 秀亮, 小林 慎一, 木戸口 善行, 名田 譲 : 天然ガス希薄燃焼エンジンにおける熱効率向上とNOx低減の両立(第1報 燃焼コンセプト), 自動車技術会2016年秋季大会学術講演会講演予稿集, Vol.CD-ROM(164), 2016年10月.
519)賀谷 龍, 小林 慎一, 木戸口 善行, 名田 譲 : 天然ガス希薄燃焼エンジンにおける熱効率向上とNOx低減の両立(第2報 燃焼諸元の影響), 自動車技術会2016年秋季大会学術講演会講演予稿集, Vol.CD-ROM(165), 2016年10月.
520)犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 : 多孔性配位高分子内部の架橋配位子と二酸化炭素のダイナミクス, 第60回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年10月.
521)松原 央樹, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史, 佐藤 克也 : 偏光分解SHG顕微鏡を用いた繰り返し伸縮刺激を受ける骨芽細胞産生 コラーゲンの線維配向に関するin vivo解析, 第27回バイオフロンティア講演会講演論文集, 101-102, 2016年10月.
522)安井 龍太, 中原 佐, 南 和幸, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 基質伸展による骨芽細胞カルシウム応答の異なる伝達経路による動態の違い, 第27回バイオフロンティア講演会講演論文集, 3-4, 2016年10月.
523)山本 蒼馬, 中原 佐, 南 和幸, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 伸縮ひずみの付与に対する骨芽細胞のカルシウムシグナル変動, 第27回バイオフロンティア講演会講演論文集, 5-6, 2016年10月.
524)小川 修平, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体のグラジエント溶出LCによる分析, 第21回高分子分析討論会, 2016年10月.
525)出口 祥啓 : レーザ応用計測技術の鉄鋼プロセスへの応用展開, 第119回 熱経済技術部会(日本鉄鋼協会), 2016年10月.
526)Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue and Takanori Satoh : Bacterial analysis of Awa Bancha tea leaves (fermented tea) by clone library method, Program and Abstracts of the 31st Annual Meeting of the Japanese Society of Microbial Ecology (JSME2016), 119, Oct. 2016.
527)三輪 昌史 : テザー飛行での墜落条件と安全対策, 第54回飛行機シンポジウム, 3H15, 2016年10月.
528)北岡 誠, 永濱 拓也, 中村 晃大, 有月 琢哉, 高嶋 和也, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンのシート抵抗の湿度依存性, 第8回集積化MEMSシンボジウム, No.25pm4-PM-016, 2016年10月.
529)谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 新規合成分子を用いた表面修飾による単結晶グラフェンの親水化, 第8回集積化MEMSシンボジウム, No.25pm4-PM-017, 2016年10月.
530)山本 孝, 近藤 真季, 入江 智章 : タングステンジルコニウムオキシ水酸化物の脱水結晶化過程および酸触媒特性, 第52回X線分析討論会, 2016年10月.
531)山本 敏弘, 古川 敬, 西野 秀郎 : ガイド波試験による配管エルボ探傷での欠陥位置と欠陥検出感度の関係, 平成28年度火力原子力発電大会, 2016年10月.
532) , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : アミド酸型新規キャリアを包接した高分子膜によるレアメタル抽出特性の検討, 第32回 日本イオン交換研究発表会, 2016年10月.
533)久保田 富生子, 趙 志鋼, 吉田 航, , 後藤 雅宏 : 新規アミド酸型官能基を導入したイオン交換樹脂の開発とレアメタル分離回収, 第32回 日本イオン交換研究発表会, 2016年10月.
534)岡村 英一, 後藤 貴之, 坪内 厚志, 岩本 賢尚, 赤浜 祐一 : 黒リンの高圧下における光学スペクトルと電子状態, 第57回高圧討論会(筑波大学), 2016年10月.
535)出口 祥啓 : レーザ応用先端計測技術の工業応用展開, 持続可能な社会と先端技術を支えるレーザプロセシング技術調査専門委員会(電気学会), 2016年10月.
536)長谷 栄治, 南川 丈夫, 米倉 大介, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : SHG顕微鏡を用いた腱修復におけるコラーゲ ン配向解析, Optics&Photonics Japan2016, 2aA4, 2016年10月.
537)長谷 栄治, 南川 丈夫, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史 : スキャンレスデュアル光コム顕微鏡を用いた 共焦点位相差イメージング, Optics&Photonics Japan2016, 2aA7, 2016年10月.
538)小野瀬 翔, 髙橋 昌史, 水谷 康弘, 安井 武史, 山本 裕紹 : 高速LEDアレイへのランダムドットパターンの 埋め込みを用いたシングルピクセルイメージ ング, Optics&Photonics Japan2016, 1aE2, 2016年10月.
539)澁谷 九輝, 南川 丈夫, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : デュアルコム分光シングルピクセルイメー ジング, Optics&Photonics Japan2016, 1aE3, 2016年10月.
540)鉄野 翔太, 澁谷 九輝, 岩田 哲郎 : 疑似逆行列を用いたサブピクセルシフト巡回型アダマールイメージング, Optics&Photonics Japan2016, 2016年10月.
541)多賀 貴規, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : 光子計数型位相変調方式蛍光寿命測定計の製作, Optics&Photonics Japan2016, 2016年10月.
542)水野 孝彦, 多賀 貴規, 岩田 哲郎 : 高効率光電子パルス列同時検出方式蛍光寿命計, Optics&Photonics Japan2016, 2016年10月.
543)水野 孝彦, 多賀 貴規, 岩田 哲郎 : 高効率光子計数型位相変調方式方式蛍光寿命計, Optics&Photonics Japan2016, 2016年10月.
544)今村 雅紀, 圓井 良, 杉本 卓也, 溝渕 啓 : 伝統的溶断加工におけるノロ削減技術, 第24回機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 2016年11月.
545)奥野 充, 鳥井 真之, 西山 賢一, 中西 利典, 横田 修一郎 : 平成28年熊本地震による阿蘇カルデラ内の斜面崩壊堆積物の地形, 地形, Vol.38, No.1, 56-57, 2016年11月.
546)川上 祐輝, 重光 亨, 尾花 大記 : コルゲート翼を有するクロスフロー風車のCFD解析, 第94期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2016年11月.
547)佐竹 央基, 重光 亨, 小倉 康平 : 開水路条件に設置するプロペラ水車への二相流解析の適用とその効果, 第94期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2016年11月.
548)長川 祐樹, 重光 亨 : 極低比速度遠心ポンプの高性能化に関する研究開発, 第94期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2016年11月.
549)田邉 聖人, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : 紫外域偏光制御におけるナノ周期構造の形状依存, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2016, 1pP4, 2016年11月.
550)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : 高屈折率差サブ波長周期構造を用いた広範囲な屈折率に対する高感度屈折率検出, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2016, 1pP15, 2016年11月.
551)佐竹 正行, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : 表面実装サブ波長周期構造中の固有モードを用いた窒化物系 LED の放射パターン制御, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2016, 1pP16, 2016年11月.
552)鎌田 隼, エルゾハリ サラ, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 四角形共振器を有するMIM型プラズモニック導波路の光学特性評価, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2016, No.1pC7, 2016年11月.
553)石川 真志, 小山 昌志, 久保寺 光, 向後 保雄 : 温度データのフーリエ変換による位相画像を利用したサーモグラフィ検査の高精度化, 第21回神奈川県非破壊試験技術交流会・技術発表会,JSNDI赤外線サーモグラフィ部門合同ミニシンポジウム, 2016年11月.
554)南川 丈夫, 増岡 孝, 小倉 隆志, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : 光コムセンシングキャビティによる超音波計測, Optics & Photonics Japan 2016, 2pD6, 2016年11月.
555)長谷 栄治, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史, 南川 丈夫 : 光コムを用いた共焦点レーザー走査型顕微鏡 の開発, Optics&Photonics Japan2016, 2aA8, 2016年11月.
556)小川 貴之, トロヴァト クレモン, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 光シンセサイザを用いた多波長ディシタルホログラフィ計測, Optics&Photonics Japan2016, 2aE1, 2016年11月.
557)石丸 竜士, 八木下 史敏, 上田 昭子, 河村 保彦 : 光吸収波長の超波長化を狙いとした置換ピリジンN-オキシドの脱酸素化とDNA損傷, 日本化学会中国四国支部大会, Vol.2016, 2016年11月.
558)八木下 史敏 : 結晶化による分子構造制御を活用した不斉合成法の開発, 2016年日本化学会中国四国支部大会 若手特別講演, 2016年11月.
559)吉川 直人, 飯島 真充, 木島 龍朗, 髙栁 俊夫, 水口 仁志 : アルカンチオール修飾型多孔質金電極の作製とコレステロール検出, 日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
560)水口 仁志, 佐々木 景子, 市瀬 博一, 清野 翔太, 櫻井 淳, 飯山 真充, 木島 龍朗, 立花 和宏, 仁科 辰夫, 髙栁 俊夫, 志田 惇一 : トラックエチ膜フィルター電極システムを用いる乳酸とグルコースの同時定量, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
561)永松 啓吾, 山中 英生, 吉岡 宏晃 : ドライビングシミュレータを用いた細街路交差点での自転車通行方向の安全性評価, 土木計画学研究·講演集, Vol.54, 2016年11月.
562)坂本 真理子, 山中 英生, 澤田 俊明 : 実践のプロファイリング手法を用いた協働のまちづくりにおける調整役機能分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.54, 2016年11月.
563)曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価, 2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
564)三木 翼, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣 : ホスホリルコリン基を有するピレン誘導体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
565)田仲 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アキラルなジグアニジンとキラルな酸との塩形成を鍵とする不斉有機塩基触媒の開発, 2016年日本化学会中国四国大会, 2016年11月.
566)悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ケトニトロンとカルボジイミドによる[3+2]環化付加反応, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
567)長曽我部 まどか, 猪瀬 紋花, 杉本 紗季, 小川 宏樹 : 郊外居住者の住宅ニーズに基づく中心市街地の評価に関する研究, 第54回土木計画学研究発表会, 2393-2399, 2016年11月.
568)立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : ストロンチウムアミドを利用した合成手法の開発, 2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 1J12, 2016年11月.
569)西澤 高宏, 北方 咲, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるメタラサイクル中間体の合成とそれを用いた反応の開発, 2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 1J13, 2016年11月.
570)押村 美幸 : 天然物由来モノマーの重縮合によるポリエステル合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
571)松井 佑樹, 奥嶋 政嗣, 安芸 浩資, 花住 陽一 : 交通シミュレーションを用いた降雨浸水時の交通渋滞緩和に関する基礎的分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.54, 1-5, 2016年11月.
572)大沼 正樹 : 平均曲率方程式に対する粘性解の強比較原理, 第15回埼玉セミナー, 2016年11月.
573)劉 強, 木村 亮介, 和田 志郎, 高橋 保, 吉田 和弘, 小笠原 正道 : 面不斉4-ジアルキルアミノピリジン誘導体のエナンチオ選択的合成法の開発と応用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
574)瓜生 瑞穂, 曾 雅怡, 石本 寛人, 高橋 保, 神川 憲, 小笠原 正道 : 不斉閉環メタセシス反応を用いた面不斉マンガン錯体の触媒的不斉合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
575)馬場 俊孝 : 南海トラフ地震・津波の発生機構と予測の最前線, 美波町昭和南海地震シンポジウム, 2016年11月.
576)東 紀公子, 八木下 史敏, 上田 昭子, 河村 保彦 : テトラアリール[5]クムレンの熱三量化と固体発光性物質への変換, 日本化学会中国四国支部大会, Vol.2016, 2016年11月.
577)小山 朋之, 八木下 史敏, 上田 昭子, 河村 保彦 : フラーレンC60の化学就職:メソイオン型チアゾリウム-4-オレートとの反応, 日本化学会中国四国支部大会, Vol.2016, 2016年11月.
578)澤井 華奈, 八木下 史敏, 上田 昭子, 河村 保彦 : 新規含臭素1,1'-スピロビインデン誘導体の合成, 日本化学会中国四国支部大会, Vol.2016, 2016年11月.
579)八木下 史敏, 香西 菜摘, 上田 昭子, 河村 保彦 : イミダゾ[1,5-a]ピリジン二量体の合成と酸・塩基性条件下の発光挙動, 日本化学会中国四国支部大会, Vol.2016, 2016年11月.
580)米澤 健太, 西内 優騎, 天羽 國顕, 八木下 史敏, 河村 保彦 : α,β-不飽和イミニウム型親双極子へのα‐ヒドロキシニトロナート環状付加反応挙動, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
581)林 晃己, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応による大環状グアニジン化合物の合成とその触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
582)馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 : フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
583)日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 : ビスマス塩を触媒として用いるRitter反応の開発, 2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 2P84, 2016年11月.
584)竹内 梨絵, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : マンデル酸と乳酸からなる立体規則性交互共重合体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
585)時谷 哲郎, 芥川 正武, 木内 陽介, 佐々木 英機 : キーパーの形状と材質の違いによるMRI幾何学的アーチファクト, 日本磁気歯科学会 第26回学術大会抄録集, 20, 2016年11月.
586)酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 1,10-架橋型フラビニウムカチオンを担持した硫酸化キチンの合成と触媒的酸化反応への応用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
587)丹羽 実輝 : 配座制御ラジカル重合による立体規則性の制御, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 170, 2016年11月.
588)堀河 俊英, 中島 功貴, D. D. Do, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 高黒鉛化炭素への気相吸着にみられる吸着ヒステリシス, 第30回 日本吸着学会研究発表会, 2016年11月.
589)白井 大輝, 小西 駿介, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : プルシアンブルー固定化球状吸着材の調製方法の検討およびそのセシウム吸着特性, 第30回 日本吸着学会研究発表会, 2016年11月.
590)中島 功貴, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 脱着スキャニングカーブを利用した高黒鉛化炭素に対するKr吸着挙動, 第30回 日本吸着学会研究発表会, 2016年11月.
591)伊藤 大地, 髙栁 俊夫 : キャピラリーゾーン電気泳動法を用いたブプロピオンの分解反応の追跡と分解条件下での酸解離平衡解析, 第36回キャピラリー電気泳動シンポジウム, 2016年11月.
592)岡田 英理子, 髙栁 俊夫 : キャピラリー電気泳動法を用いたエステラーゼによる酢酸p-ニトロフェニルの加水分解反応速度の解析, 第36回キャピラリー電気泳動シンポジウム, 2016年11月.
593)別役 優太, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 : PEGを添加したミセル動電クロマトグラフィーにおけるグラフェン懸濁液の電気泳動, 第36回キャピラリー電気泳動シンポジウム, 2016年11月.
594)外輪 健一郎, 鈴江 晃平, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 微細管路内に生じる気液二相流における相間物質移動の数値シミュレーション, 第36回キャピラリー電気泳動シンポジウム, 2016年11月.
595)堀内 公太, 佐藤 文香, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : アルカリ処理がもたらすシリコアルミノリン酸塩系ゼオライトの水蒸気吸脱着性能の向上, 第30回日本吸着学会研究発表会, 2016年11月.
596)岡本 拓也, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による人の重なりを考慮した進行方向ごとの人数計測, 第59回自動制御連合講演会, No.ThA1-1, 2016年11月.
597)池本 直矢, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : Webカメラでの指先検出によるAR入力デバイス, 第59回自動制御連合講演会, No.ThA2-3, 2016年11月.
598)永井 駿也, 大屋 英稔, 久保 智裕, 松木 剛志 : ノミナルシステムに対する L2 ゲイン性能を考慮したあるクラスの非線形摂動を受けるシステムに対する可変ゲインロバストコントローラの構成法, 自動制御連合講演会前刷, No.ThC5-2, 2016年11月.
599)池田 建司 : Cholesky Factor を用いたKalmanゲインの推定手法の収束性について, 第59回自動制御連合講演会, 455-458, 2016年11月.
600)榎本 崇宏 : 腸音解析による腸の運動機能評価技術, 第69回日本自律神経学会総会, 2016年11月.
601)長井 宏太, 中尾 友紀, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン系触媒によるブテン類の酸化脱水素反応における格子酸素の影響, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
602)松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一 : 牛乳充填過程への流入速度条件の効果に関する数値解析, 日本機械学会第94期流体工学部門講演会, 2016年11月.
603)曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
604)粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
605)田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
606)三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
607)有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
608)大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
609)山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
610)長曽我部 まどか, 小川 宏樹 : 郊外共同住宅居住者の住宅ニーズとまちなかへの転居の住環境条件に関する研究, 第51回日本都市計画学会学術研究論文発表会, Vol.51, No.3, 972-978, 2016年11月.
611)上野 雅晴, 喜多 亜希子, 室井 超帰, 大村 D. 聡, 和田 眞, 三好 德和 : ビスマス塩を触媒として用いるアルコール類の空気酸化反応およびアルデヒドの酸化的エステル化反応の開発, 第49回酸化反応討論会, 講演番号 1O-05, 2016年11月.
612)松原 渥樹, 一宮 昌司 : 局所周期撹乱による二次元混合層の乱流遷移(レイノルズ数の差異), 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集, 2016年11月.
613)藤木 美沙, 北川 隆啓, 川守田 創一郎, 今田 泰嗣, 直田 健 : 長鎖アシル基を有するリボフラビンの超音波応答性ゲル化と分子状酸素によるオレフィンの触媒的還元反応への応用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
614)酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 種々のカウンターアニオンを有する1,10-架橋型フラビニウムカチオンの酸化触媒能と高分子担持触媒への応用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
615)小川 真央, 太田 光浩, 岩田 修一 : アルカリ溶解性会合高分子中における気泡上昇速度の不連続変化, 日本機械学会第94期流体工学部門講演会, 2016年11月.
616)中津 亮太郎, 田村 和大, 一宮 昌司 : 噴流撹乱を用いた円管内助走部後段における孤立乱流塊の特性, 日本機械学会第94期流体工学部門講演会講演論文集, 2016年11月.
617)清家 京介, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 3次元胸部CT画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.116, No.298, 19-23, 2016年11月.
618)髙栁 俊夫 : グリーンケミストリーと分析化学, 平成28年度化学教育研究会, 2016年11月.
619)田村 優実, 犬飼 宗弘, 中村 浩一 : 多孔性配位高分子の空隙に物理吸着させた気体分子のダイナミクス, 第55回 NMR討論会, 2016年11月.
620)杉山 茂, 山根 圭貴, 加藤 雅裕, 加藤 裕樹, 二宮 航 : FSM-16によるグリセリンの接触変換, 石油学会京都大会(第46回石油・石油化学討論会), 2016年11月.
621)髙栁 俊夫, 別役 優太, 水口 仁志 : ポリエチレングリコールを添加したミセル動電クロマトグラフィーにおけるグラフェンの保持挙動とシグナル形状の変化, 第27回クロマトグラフィー科学会議, 2016年11月.
622)中野 晋 : 災害の世紀の農業継続戦略を考える, 農地保全研究, No.37, 2016年11月.
623)羽田 遼, 寺田 賢治 : Kinectを用いた室内環境の再構成, 第21回パターン計測シンポジウム, 2016年11月.
624)西川 雄大, 篠原 寿広, 中迫 昇, 寺田 賢治 : 頭部CT画像の血管径の推定精度向上のための実験的検討, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-20(SO2-20), 164-169, 2016年11月.
625)岡本 拓也, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 監視カメラを用いた交差する人の計測, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-23(SO2-23), 182-187, 2016年11月.
626)小賀野 慎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 空中に描いた絵や文字の可視化アプリ, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-22(SO2-22), 176-181, 2016年11月.
627)芳野 直幸, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 顔画像のドット絵の自動生成, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-21(SO2-21), 170-175, 2016年11月.
628)高橋 昌也, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 複数人の重なりを考慮した通行人数計測, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS1-20(SO1-20), 70-75, 2016年11月.
629)和田 修一, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 監視カメラによる遺失物の検知と遺失者特定, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS1-21(SO1-21), 76-81, 2016年11月.
630)魚住 尚輝, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による挙手者の計数と特定, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS1-22(SO1-22), 82-87, 2016年11月.
631)守分 良, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 頭部および顔認識を用いた少ないデータベースからの人物認識システム, 平成28年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS1-23(SO1-23), 88-93, 2016年11月.
632)溝渕 啓, 植田 和輝, 渡部 航大, 本田 康太, 石田 徹 : キャビテーション援用によるストレート面付き電着工具の貫通穴加工, 第17回国際工作機械技術者会議論文集(ポスターセッション論文抜粋版), 86-87, 2016年11月.
633)平石 昂大, 久保 智裕 : 有限次元リカッチ方程式による複数のむだ時間を含む中立系の逆最適レギュレータ, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.SICE_2016_2_05, 2016年11月.
634)洲口 天斗, 久保 智裕 : 有限次元リカッチ方程式に基づく最適メモリーレスレギュレータと双対なオブザーバによる指数安定度指定, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.SICE_2016_1_04, 2016年11月.
635)秋田 翔平, 鈴木 浩司, 安野 卓 : 2関節筋機構を有する2リンクロボットマニピュレータの位置制御特性, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.PS1-05(SO1-05), 17-20, 2016年11月.
636)東 瑞樹, 鈴木 浩司, 安野 卓, 桑原 明伸 : センサ情報の画像化によるテレオペレーションシステムの操作性評価, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.PS2-15(SO2-15), 146-148, 2016年11月.
637)内山 智仁, 鈴木 浩司, 安野 卓 : パネル巡航問題における移動ロボットの意思決定関数を用いた行動制御ルールの評価, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.PS2-27(SO2-27), 197-200, 2016年11月.
638)川崎 史也, 野村 匠太, 石原 達朗, 名田 譲, 木戸口 善行 : 乱流非予混合火炎の浮き上がり高さに対する既燃ガス温度の影響の解明, 第54回燃焼シンポジウム講演論文集, Vol.USB-memory (C112), 2016年11月.
639)谷口 嘉昭, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC上グラフェンのタンパク質吸着特性, --- ∼分子修飾による高性能バイオセンサの実現に向けて∼ ---, サイエンスプラザ2016, No.52, 2016年11月.
640)森 悠馬, 出口 祥啓, 神本 崇博, GIRASE Krunal, JEON Min-Gyu, 中川 真人 : CT半導体レーザ吸収法を用いた2次元メタン濃度・温度分布同時計測技術の特性評価, 第54 回燃焼シンポジウム講演論文集, P107, 2016年11月.
641)出口 祥啓, 神本 崇博, 泰中 一樹, 丹野 賢二, 宇田川 和正, 酒井 順司, 松井 仁, 岡本 智美, 渡邉 直人 : レーザ応用計測技術の実用燃焼機器への応用展開 -最近の動向と計測の2次元・3次元化について-, 第54 回燃焼シンポジウム講演論文集, A311, 2016年11月.
642)神本 崇博, 出口 祥啓, KRUNAL Girase, Min-gyu JEON, 森 悠馬, 中川 真人 : CT半導体レーザ吸収法による高温・高圧燃焼場における2次元多種成分同時計測技術の開発, 第54 回燃焼シンポジウム講演論文集, A321, 2016年11月.
643)玉井 瑠人, 笠井 嘉人, 田中 大基, 谷 直也, 平田 光里, 中川 忠彦, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 : 胸腹水濾過濃縮再静注法のクロスフロー方式の腹水濾過時の物理的刺激が腹水に及ぼす影響に関する実験的検討., 第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
644)岸川 博紀, 後藤 信夫 : 四光波混合および干渉を用いた偏波多重QPSK信号から偏波多重BPSK信号への変調フォーマット変換, 電子情報通信学会光エレクトロニクス研究会資料, No.OPE2016-100, 2016年11月.
645)安井 武史, 水口 達也, 胡 国庆, 南川 丈夫, 郑 铮 : デュアル・テラヘルツ・コム分光を簡略化する2色モード同期ファイバーレーザー, テラヘルツ科学の最先端Ⅲ, 2016年11月.
646)中川 恵介, 丹羽 実輝, 田中 均 : トリチオカルボネートを有するRAFT剤を用いたジオキソラノンのラジカル重合, 第31回中国四国地区高分子若手研究会, 39, 2016年11月.
647)山口 敦史, 丹羽 実輝, 田中 均 : ジチオカルボネートを有するRAFT剤を用いたジオキソラノンのラジカル重合, 第31回中国四国地区高分子若手研究会, 40, 2016年11月.
648)坂口 友哉, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 松井 喬寛 : PVA/CNF複合材料の延伸による高強度化, 61st FRP CON-EX 2016講演会講演要旨集, 196-198, 2016年11月.
649)三角 侑司, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 小玉 拓寛 : 層間補強材を添加したCFRPの層間破壊じん性評価, 61st FRP CON-EX 2016講演会講演要旨集, 193-195, 2016年11月.
650)大塚 豊, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ : プレス成形が及ぼすマニラ麻ルーメンの強度特性及び温度特性評価, 61st FRP CON-EX 2016講演会講演要旨集, 199-201, 2016年11月.
651)杉山 和也, 松本 正幸, 藤田 翔久, 名田 譲, 木戸口 善行 : 高温空気噴霧燃焼のNOx 排出特性に対するバーナー構造の影響, 第54回燃焼シンポジウム講演論文集, Vol.USB-memory (A342), 2016年11月.
652)福本 広太, 丹羽 実輝, 田中 均 : 乳酸由来ジオキソラノンポリマーの特性評価, 第31回中国四国地区高分子若手研究会, 84, 2016年11月.
653)宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 : 模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築, 第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
654)北村 政人, 長谷崎 和洋 : 等方性BixSb2-xTe3熱電材料の格子熱伝導率における組成依存性, 第27回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウムFGMs2016, 2016年11月.
655)角谷 洋平, 草野 剛嗣, 長谷崎 和洋 : 二軸追尾型太陽熱集熱装置の移設状況, 第27回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウムFGMs2016, 2016年11月.
656) , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : フェニルアラニン型アミド酸抽出剤を用いたレアメタルの抽出特性と高分子包接膜への応用, 第35回 溶媒抽出討論会, 2016年11月.
657)中野 由崇, 新部 正人, 川上 烈生 : CF4プラズマ処理したn-GaN膜の電気的ダメージ, 2016 真空・表面科学合同講演会,第36回表面科学学術講演会・第57回真空に関する連合講演会, No.1, 2016年11月.
658)河塚 信吾, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 微小遅延故障テストのためのTDC組込み型スキャンFFの設計について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.331, 105-110, 2016年11月.
659)伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔 : ドライバの姿勢変化に着目した安全確認行動の解析, 日本機械学会 第25回交通・物流部門大会(TRANSLOG2016)講演論文集/ 1306, 2016年11月.
660)尾野 薫 : 暮らしに基づいた地域の特徴を捉える資料としての写真の活用可能性, 景観・デザイン研究講演集, Vol.12, 228-235, 2016年12月.
661)田島 慎一, 鍋島 克輔 : Base change formula によるパラメータ付き多変数留数計算アルゴリズム, 数理解析研究所共同研究「数式処理とその周辺分野の研究」, 2016年12月.
662)鍋島 克輔, 田島 慎一 : b-関数の因子チェックを用いたパラメトリックb-関数の計算 - mu-constant deformation の場合-, 数理解析研究所共同研究「数式処理とその周辺分野の研究」, 2016年12月.
663)馬場 俊孝, 谷口 純一, 堀 高峰, 吉川 真史, 村田 伸, 五十嵐 康彦, 岡田 真人 : L1正則化項付き線形回帰による沖合津波観測網の最適配置の検討, 第6回巨大地震津波災害研究集会, 2016年12月.
664)西山 賢一, 鳥井 真之, 奥野 充, 横田 修一郎 : 2016年熊本地震により阿蘇崋山地域で発生した地すべり・斜面崩壊の地形・地質的特徴, 第16回日本地質学会四国支部講演会要旨, 8, 2016年12月.
665)山下 洋令, 佐伯 大輔, 中川 敬三, 新谷 卓司, 吉岡 朋久, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 松山 秀人 : 吸引ろ過法を用いた異なる膜厚さのナノシート積層膜の作製と膜分離性能, 膜シンポジウム2016, 2016年12月.
666)荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月.
667) , 吉田 航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 加藤 雅裕, 杉山 茂, Robert Cattrall, Spas Kolev : アミド酸型キャリア包接高分子膜(PIM)に よる二価金属イオンの膜分離, 日本膜学会 膜シンポジウム 2016, 2016年12月.
668)板東 洋太, 滝谷 悠介, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也, 富田 卓朗 : 極薄SiCにおけるラマンスペクトルの極性面及び膜厚依存性, 第27回光物性研究会論文集, Vol.27, 19-22, 2016年12月.
669)Guoqing Hu, Tatsuya Mizuguchi, Takeo Minamikawa, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : A free-running, dual-wavelength, mode-locked Er:fiber laser based real-time determination of absolute frequency of continuous-wave terahertz radiation, 第1回フォトニクス研究会, Dec. 2016.
670)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : 光音響波検出のためのRF変換ファイバー光コムの開発, 第1回フォトニクス研究会, 2016年12月.
671)小川 貴之, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : テラヘルツ波を用いたディジタルホログラフィによる3次元計測, 第1回フォトニクス研究会, 2016年12月.
672)水口 達也, 胡 国庆, 南川 丈夫, 郑 铮, 安井 武史 : デュアルTHzコム分光のための2波長モード同期ファイバーレーザー, 第1回フォトニクス研究会, 2016年12月.
673)宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 波長分散素子を用いたスキャンレス共焦点レーザー顕微鏡の開発, 第1回フォトニクス研究会, 2016年12月.
674)犬飼 宗弘 : 多孔性配位高分子の多核NMR, 16-2 NMR 研究会 最新の多核NMR, 2016年12月.
675)髙岩 昌弘 : 空気圧駆動系を用いた人間支援システムの構築, 計測自動制御学会中国支部平成28年度チュートリアル講演会, 2016年12月.
676)平野 朋広 : 立体規則性ポリ(N-アルキルアクリルアミド)-合成,感熱応答性,キャラクタリゼーション, 第158回東海高分子研究会講演会, 2016年12月.
677)北尾 泰広, 青矢 睦月 : 後期白亜紀ユーラシア東縁沈み込み帯の地質を巡る徳島周辺のジオ鉄コース, 第16回日本地質学会四国支部講演要旨集, 2, 2016年12月.
678)出口 祥啓, 森本 恵美, 織田 聡, 井内 健介, 藤井 章夫 : 徳島大学における地域企業ニーズを反映した実践的知財教育, 日本知財学会第14回年次学術研究発表会予稿集, 2D2, 2016年12月.
679)大石 昌嗣, 下田 景士, 岡田 宗次郎, 渡邊 巌, 内本 喜晴 : リチウム過剰系正極材料Li2MnO3の平均・局所構造解析, 第42回固体イオニクス討論会 (2016.12.05-07), 2016年12月.
680)近藤 真季, 入江 智章, 谷間 直人, 山本 孝 : タングステンジルコニウムオキシ水酸化物結晶の脱水過程のXRD/XAFS観察およびその酸触媒特性, 触媒学会第26回キャラクタリゼーション講習会, 2016年12月.
681)柏原 考爾 : 転移学習に基づく深層畳み込みニューラルネットワークによる静脈形状の超解像推定, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016 (SSI 2016) 講演論文集, 97-99, 2016年12月.
682)寒川 翔太, 稗田 泰文, 名田 譲, 木戸口 善行 : 菜種油を直接適用した直噴ディーゼル機関における潤滑油の燃料希釈に関する研究, 第27回内燃機関シンポジウム講演論文集, Vol.CD-ROM(71), 2016年12月.
683)井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一, 中村 浩一 : LiMPO4(M=Fe, Mn, Co)における高温でのイオン運動と局所構造の変化, 第42回固体イオニクス討論会, 100-101, 2016年12月.
684)齋藤 誠, 小野 典彦, 永田 裕一 : 騙し構造をもつ最適化問題への 適用を考慮したニッチングGAの提案, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016年12月.
685)堀河 俊英, D. D. Do, Wei-Hung Chiang, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 炭素系吸着剤への水蒸気吸着挙動に関する研究, 第43回 炭素材料学会年会, 2016年12月.
686)出口 祥啓, 神本 崇博, 岡本 智美, 渡邉 直人, 宇田川 和正, 酒井 順司, 松井 仁 : CT 半導体レーザ吸収法を用いた2次元時系列温度・濃度計測特性とエンジン筒内2次元時系列温度分布計測, 第27回内燃機関シンポジウム,フォーラム 2 「進化を続けるける計測技術」, 2016年12月.
687)森下 友統, 太田 光浩 : 静止液体層への不混和液滴の衝突ダイナミクスの数値解析, 第22回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム, 2016年12月.
688)末次 祐基, 太田 光浩 : Shear-thinning流体中における液滴の剪断変形・分裂挙動の数値解析, 第22回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム, 2016年12月.
689)小栁 修平, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 建物内の多地点カメラを用いた人物追跡システム, ビジョン技術の実利用ワークショップ2016, No.IS1-15, 132-135, 2016年12月.
690)久保 和博, 浮田 浩行 : 欠損部の自動検出による3次元全周形状計測, ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2016, 315-320, 2016年12月.
691)出口 祥啓 : LIBS及びLB-TOFMSの工業プロセス応用, 第4回先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム講演論文集, 22-23, 2016年12月.
692)生友 章裕, 出口 祥啓, 劉 人瑋 : ロング・ショートDP-LIBS法を用いたリアルタイム元素組成計測特性, 第4回先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム講演論文集, 24-25, 2016年12月.
693)崔 敏超, 出口 祥啓, 刘 人玮, 藤田 裕貴 : Application of collinear long and short dual-pulse LIBS to iron and steel samples, 第4回先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム講演論文集, 28-29, 2016年12月.
694)藤田 裕貴, 出口 祥啓, 生友 章裕 : LB-TOFMSを用いた微量元素成分のリアルタイム計測の開発, 第4回先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム講演論文集, 26-27, 2016年12月.
695)廣戸 萌, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 自走する二成分系液滴の移動メカニズム, 第26回 非線形反応と協同現象研究会, 2016年12月.
696)奥野 元貴, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : オレイン酸ナトリウム水溶液界面における液滴の移動現象, 第26回 非線形反応と協同現象研究会, 2016年12月.
697)上原 健志, 安澤 幹人 : セルロースナノファイバーを固定膜に用いた酵素電極の作製と評価, 2016年度 第3回関西電気化学研究会, 2016年12月.
698)沖 展彰, 小野 典彦, 永田 裕一 : 実問題制約付き車両配送問題に対する配送計画システムの提案, 進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
699)今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 : GA を用いた絵画的迷路の自動生成, 進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
700)西村 悠哉, 小野 典彦, 永田 裕一 : 解構造のシームレスな変異と集団の多様性維持に基づくリカレントニューラルネットの進化的設計, 進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
701)寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 : 差分データを用いた巡回セールスマン問題のための GA-EAX の効率的並列化, 進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
702)永田 裕一 : 可変長マルコフモデルに基づく巡回セールスマン問題に対する GA の多様性指標の提案, 進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
703)今村 彰隆, 三輪 昌史 : 高圧送電線周辺における方位センサの誤差, 第22回スカイスポーツシンポジウム, 1-6, 2016年12月.
704)西上 広貴, 上月 康則, 山中 亮一, 尾野 薫, 平川 倫 : 「ふるさと」の変遷とそれに対する大学生の行動変容特性について, 景観・デザイン研究発表会, Vol.12, 2016年12月.
705)渡部 稔 : 異質四倍体生物アフリカツメガエルに対するゲノム編集, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会 講演要旨集, 17, 2016年12月.
706)山田 理恵, 名田 譲, 平岡 克大, Basmil YENARDAG, 源 勇気, 志村 祐康, 店橋 護 : 定容容器内乱流予混合火炎のためのフラクタル・ダイナミックSGS燃焼モデルの構築, 第30回数値流体力学シンポジウム, 2016年12月.
707)富田 優作, 集堂 裕也, 三輪 昌史, 室内 聡子, 松浦 太郎 : インターネット回線を用いた有給電マルチコプの遠隔操作, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1664-1667, 2016年12月.
708)三輪 昌史, 二井見 博文, レスキューロボットコンテスト実行委員会 : 第16 回レスキューロボットコンテストにおける電波管理と安全管理上の問題について, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2H1-3, 2016年12月.
709)石橋 樹, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 視覚障害者誘導用ブロックの方向定位性能の定量的評価, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016), 2819-2821, 2016年12月.
710)永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 清山 幹弘, 稲垣 具志, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻野 弘, 高橋 和哉 : 視覚障害者用方向定位付きLED 発光ブロックの実証実験, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016), 2822-2825, 2016年12月.
711)井上 紀正, 幸泉 哲太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : TiおよびMoをドープしたZr2(WO4)(PO4)2の負の熱膨張挙動, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 24-25, 2016年12月.
712)湊 龍之介, 南方 良太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 共沈法で合成したSOFC電解質材料Ce1-xLaxO2-x/2の電気特性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 62-63, 2016年12月.
713)水田 悠介, 梅岡 優, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Li量を変化させたLiFe0.2Co0.8O2の合成および電気化学的特性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 68-69, 2016年12月.
714)芝井 功喜, 蕭 至維, 大井 満雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : S3Si6O3N8:Eu2+酸窒化物蛍光体の合成及び発光特性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 100-101, 2016年12月.
715)白井 ゆか, 池永 幸次, 中田 克弥, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : DCマグネトロンスパッタリング法で作製したITO薄膜の電気特性への排気圧依存性, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 138-139, 2016年12月.
716)西浦 拓也, 久次米 裕太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型構造を有する熱電変換材料の合成と物性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 148-149, 2016年12月.
717)仲井 駿, 郡 修平, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 熱電変換材料LaCoO3の合成と特性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 152-153, 2016年12月.
718)坂井 菜見子, 竹内 祐太, 高橋 光志, SARDA NARENDRA GIRISH, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Sr-Ta系酸窒化物SrnTaOn+1N(n=1,2)の合成および光学特性評価, 第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 28-29, 2016年12月.
719)石田 啓祐 : 古代人が求めた朱の正体, --- 地質学の調査研究から ---, 講演会要旨集「朱を考古学する part II」, 20-26, 2016年12月.
720)三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
721)田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
722)今中 宏之, 髙岩 昌弘 : 空気式パラレルマニピュレータを用いたP.T.のための手首リハビリシミュレータ, 平成28年計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2016年12月.
723)八瀬 快人, 佐々木 大輔, 髙岩 昌弘 : 空気圧ゴム人工筋を用いた歩容矯正用パワーアシストウエアの開発, 平成28年計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2016年12月.
724)井上 豊, 佐々木 大輔, 髙岩 昌弘 : 空気圧ソフトアクチュエータを用いたエアーオペレートバルブの開発, 平成28年計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2016年12月.
725)出口 祥啓 : レーザ応用先端計測技術の工業応用展開, 2016年度第1回 粉体界面における高温反応のメカニズム解明とモデリング ワークショップ(粉体工学会), 2016年12月.
726)馬場 俊孝 : 南海トラフ巨大津波襲来後の徳島市における長期湛水の予測,徳島県土木研究発表会, 2016年12月.
727)吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : 表形式からの分散表現獲得, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-229, No.19, 1-6, 2016年12月.
728)佐藤 高則, 秋吉 研二, Ahmed Ibrahim Elhossany Elmarhomy, 武岡 大輔, 時久 栞, 井上 翔太, 小林 大起, 都築 弘充, 村中 貴恵, 森 健太朗, 小野 覚久, 山本 真由美, 中山 信太郎 : 東日本大震災から学ぶ防災教育の実態と課題, 平成28年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 38-39, 2016年12月.
729)佐藤 高則, 石田 啓祐, 小山 晋之, 久田 旭彦, 渡部 稔, 秋山 治彦, 三好 徳和 : 高校生向け課題研究研修会によるアクティブ・ラーニング型高大連携とFDへの展開, 平成28年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 28-29, 2016年12月.
730)外輪 健一郎, 藤永 悦子, 押村 美幸, 上田 昭子, 河村 保彦, 杉山 茂 : 化学系の女子学生を対象とした大学院進学者増進の取り組み, 平成28年度大学教育カンファレンス in 徳島, 2016年12月.
731)金井 純子, 森本 恵美, 井上 貴文, 佐々木 千鶴, 北岡 和義, 日下 一也, 浮田 浩行, 岡本 敏弘, 岸本 豊, 出口 祥啓, 久保 智裕, 安澤 幹人, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 学生の自己能力評価アンケート調査からみたイノベーション教育の課題, 大学教育カンファレンスin徳島, 2016年12月.
732)南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義への外国人研究者・留学生の参加―グローバル化を目指した高大連携, 大学教育カンファレンス in 徳島, 46-47, 2016年12月.
733)久保田 祐歌, 南川 慶二, 上岡 麻衣子 : ティーチング・ポートフォリオ作成の意義と課題, --- 徳島大学ティーチング・ポートフォリオ作成WSを通して ---, 大学教育カンファレンス in 徳島, 16-17, 2016年12月.
734)松重 摩耶, 上月 康則, 山中 亮一 : ネイチャーゲームを活用したアクティブラーニングの一試行, 平成28年度全学FD推進プログラム大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 32-33, 2016年12月.
735)八木下 史敏, 下川 創太, 野村 航, 塩野 紗希, 新居 千穂, 三野 孝, 坂本 昌巳, 河村 保彦 : イミダゾ[1,5-a]ピリジン-パラジウム触媒を用いたMizoroki–Heck反応, 日本化学会中国四国支部大会, 2016年.
736)艾尼 阿不都外力, 滑川 達 : 日中の公共工事積算システムにおける共通課題に関する研究, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, Vol.23, No.VI-1, 2017年.
737)長田 玲於, 戴 崧元, 岡村 康弘, 塙 雅典 : 低時間ジッタ利得スイッチ短光パルスを光源とした 20Gbit/s-PAM4×4OCDM 信号の伝送実験, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
738)木村 剛史, 岡村 康弘, 高田 篤 : 非縮退光パラメトリック位相感応型増幅中継伝送系における 光位相同期回路の励起光許容位相誤差に関する検討, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
739)大道 雄也, 阿部 真志, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 風間 拓志, 梅木 毅伺, 古賀 正文, 高田 篤 : 信号光位相共役光対光信号の和周波光発生を利用した 励起光位相同期ループ制御による非縮退パラメトリック位相感応型光増幅実験, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
740)鍋島 克輔, 田島 慎一 : Tangent coneを用いた局所環でのパラメトリック・イデアルの次元判定, 日本数式処理学会合同分科会, 京都大学東京オフィス, 2017年1月.
741)光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : Penumbral Tourism:観光を指向したICT活用型防災教育の提案, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.5, 63-68, 2017年1月.
742)室川 優希, 光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : Googleストリートビューを用いたバーチャル避難訓練システム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.5, 69-76, 2017年1月.
743)菊地 史人, 渡辺 てい, 田淵 武尊, 吉田 岳人, 梅津 郁朗, 原口 雅宣 : パルスレーザアブレーション法による金属ナノ粒子担持型光触媒の作製と特性評価, レーザー学会学術講演会 第37回年次大会, Vol.F107a 01, 2017年1月.
744)板東 真平, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : Trench型プラズモニック導波路の曲がりおよび分岐における光透過特性, レーザー学会学術講演会 第37回年次大会, Vol.F307p 08, 2017年1月.
745)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : 光音響波検出のためのRF変換ファイバー光コムの開発, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
746)水口 達也, 胡 国庆, 南川 丈夫, 荒木 勉, 郑 铮, 安井 武史 : デュアル光コム分光のための2波長ファイバー光コム光源, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
747)長谷 栄治, 南川 丈夫, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史 : スキャンレスデュアル光コム顕微鏡による共焦点位相イメージング, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
748)小川 貴之, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : テラヘルツ・ディジタルホログラフィを用いた3次元形状計測, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
749)宮本 周治, 長谷 栄治, 山本 裕紹, 安井 武史, 南川 丈夫 : 波長/空間変換を用いたスキャンレス共焦点レーザー顕微鏡の開発, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
750)伊藤 秀征, 内田 景太朗, 水科 晴樹, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : 偏光演算型ディスプレイを用いた空中セキュアディスプレイ, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, H307p07, 2017年1月.
751)古部 昭広, 佐伯 雅也, 池野 裕哉, 石河 泰明 : フェムト秒過渡吸収分光によるシリコン太陽電池の劣化診断の検討, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
752)出口 祥啓, 神本 崇博, Zhenzhen Wang, Min-gyu JEON, 泰中 一樹, 丹野 賢二 : 火力発電プラントへのレーザ応用計測利用, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, S-3電力・公共インフラの維持・保全に向けたレーザー利用, S307p02, 2017年1月.
753)森 悠馬, 出口 祥啓, 神本 崇博 : CT半導体レーザ吸収法を用いたエンジン排ガス特性評価, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E608pI02, 2017年1月.
754)中川 真人, 出口 祥啓, 神本 崇博, 宇田川 和正 : CT半導体レーザ吸収法を用いた2次元NH3濃度計測技術の開発, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E608pI04, 2017年1月.
755)刘 人玮, 出口 祥啓, 王 珍珍, 南 维刚 : レーザー誘起ブレークダウン分光法の測定の環境影響因子, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E608pI08, 2017年1月.
756)寺村 昌幸, 出口 祥啓, 生友 章裕, 藤田 裕貴 : LB-TOFMSを用いた微量成分のリアルタイム計測, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E909pI03, 2017年1月.
757)藤田 裕貴, 出口 祥啓, 生友 章裕, 寺村 昌幸 : レーザー誘起ブレークダウン法を用いた鉄鋼材料・スラグ組成リアルタイム計測技術の開発, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E608pI07, 2017年1月.
758)鈴木 彰真, 出口 祥啓, Safil Alam Toaha, 森 悠馬, 菊地 晋, 栗原 成計 : レーザー計測技術を用いたナトリウム-水表面反応場における生成物の計測, レーザー学会学術講演会第37回年次大会講演予稿集, E909pI02, 2017年1月.
759)田中 良, 新部 正人, 川上 烈生, 中野 由崇, 向井 孝志 : 酸素および窒素プラズマ処理したAlGaN膜の表面分析, 第30回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2017年1月.
760)荒木 佑馬, 新部 正人, 川上 烈生, 竹平 徳崇, 中野 由崇 : TiO2薄膜のプラズマ処理試料のXPS法による組成と触媒活性の相関III, 第30回日本放射光学会年会 放射光科学合同シンポジウム, 2017年1月.
761)井筒 類, 近藤 恭介, 富田 卓朗 : Linnik干渉計を用いたホウケイ酸ガラスにおけるフェムト秒レーザーアブレーション過程の観測, レーザー学会学術講演会 第37回年次大会, Vol.37, 20, 2017年1月.
762)南川 丈夫 : (招待講演) デュアル光コム顕微鏡, レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
763)岡村 英一, 後藤 貴之, 坪内 厚志, 岩本 賢尚, 赤浜 祐一 : 黒リンの高圧下における赤外スペクトルと電子状態, 日本放射光学会年会(神戸芸術センター), 2017年1月.
764)田淵 武尊, 菊地 史人, 吉田 岳人, 梅津 郁朗, 原口 雅宣 : 気相パルスレーザーアブレーション法によるAuナノ粒子担持TiO2ナノ構造体の光触媒活性, レーザー学会学術講演会 第37回年次大会, Vol.D809a 08, 2017年1月.
765)鎌田 隼, 武市 慎矢, 香西 貴典, 藤原 健志, 小西 智也, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 釜野 勝 : 3C-SiCに対する光熱拡散信号の周波数依存性, レーザー学会学術講演会 第37回年次大会, Vol.E909p 04, 2017年1月.
766)久次米 裕太, 西浦 拓也, 郡 修平, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Coをドープしたペロブスカイト構造を有する熱電変換材料の合成および特性評価, 第55回セラミックス基礎科学討論会, 2017年1月.
767)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2016, 画像応用技術専門委員会2016年度第5回研究会, Vol.31, No.5, 28-31, 2017年1月.
768)幸泉 哲太, 井上 紀正, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Ti及びMoで置換したZr2(WO4)(PO4)2の熱膨張挙動, 第55回セラミックス基礎科学討論会, 2017年1月.
769)大沼 正樹 : On a strong comparison principle of semicontinuous viscosity solutions of the mean curvature equation, HMAセミナー・冬の研究集会 2017, 2017年1月.
770)徳永 雅彦, 中野 晋, 武藤 裕則, 佐藤 塁 : 水位計がない中小河川における住民の安全な避難のための防災行動計画策定, 平成28年自然災害フォーラム論文集, 15-22, 2017年1月.
771)徳永 雅彦, 中野 晋 : 1971年8月台風第23号による那賀町鷲敷地区の浸水被害にみる防災情報に関する考察, 平成28年自然災害フォーラム論文集, 23-28, 2017年1月.
772)中川 頌将, 山中 亮一, 上月 康則, 馬場 俊孝 : 液状化沈下量を考慮した徳島県東部での津波浸水家庭の数値的検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.11, 51-62, 2017年1月.
773)尾﨑 亮介, 山本 裕紹, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : アーク3D表示による新たな方向性バックライトを用いた全周多眼ディスプレイ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 13-16, 2017年1月.
774)吉岡 一貴, 西山 慎悟, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : アークDFD表示方式における水平方向の視域拡大に関する研究, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 9-12, 2017年1月.
775)西山 慎悟, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : アーク3D表示の動画化のためのサブピクセル構造の検討, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 17-20, 2017年1月.
776)粟田 陽光, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : アーク3D表示と二眼式の奥行き知覚における不同視の影響, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 1-4, 2017年1月.
777)中田 直理, 石川 真志, 西野 秀郎, 古川 敬 : T(0,1) モードガイド波の軸方向ノッチ欠陥におけるSH板波へのモード変換とその共鳴現象, 第24回超音波による非破壊評価シンポジウム, Vol.24, 33-34, 2017年1月.
778)橋爪 環樹, 石川 真志, 西野 秀郎, 池田 隆, 浅見 研一 : 実機配管減肉部での実験とシミュレーションによるSH板波の反射挙動, 第24回超音波による非破壊評価シンポジウム, Vol.24, 43-44, 2017年1月.
779)鈴木 秀宣, 松廣 幹雄, 河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘, 中野 恭幸, 杉浦 寿彦, 田邉 信宏 : 非造影胸部CT画像による肺血栓塞栓症診断支援システム, 第9回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P-37, 2017年1月.
780)松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : マルチスライスCT画像を用いた気管支・肺動静脈抽出法, 第9回呼吸機能イメージング研究学術集会, P-41, 2017年1月.
781)守本 達郎, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 肺がんCT検診コンピュータ診断支援システムのワークフロー解析, 第9回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P-25, 2017年1月.
782)前田 亘輝, 小林 裕弥, 斉藤 くるみ, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光造影CTを用いた肺二次小葉のミクロ構造解析, 第9回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P-59, 2017年1月.
783)大古 和也, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 受動的な単眼運動視差からの奥行き知覚における移動周期の影響, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 77-80, 2017年1月.
784)江口 達彦, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 積層多眼DFD表示方式における積層感覚を変化させたときの単眼奥行き知覚と動きの滑らかさへの影響, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.41, No.2, 73-76, 2017年1月.
785)小笠原 正道 : 均一系遷移金属触媒による遷移金属錯体の立体選択的分子変換, 有機金属部会平成28年度第4回例会, 2017年1月.
786)河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 青景 圭樹, 土田 敬明, 松元 祐司, 江口 研二, 金子 昌弘 : 拡大CT画像を用いた肺がんのコンピュータ支援診断, 第9回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P-24, 2017年1月.
787)犬飼 宗弘 : 固体NMRによる多孔性配位高分子のダイナミクス解析と機能発現, 1. 環境調和セラミック材料研究会 名工大-FS調査共同研究支援事業 共同研究 講演会, 2017年1月.
788)田浦 拓, 小野 典彦, 永田 裕一 : 進化計算を用いた非球面カメラレンズ設計, 第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
789)山吹 卓也, 小野 典彦, 永田 裕一 : 同卓スケジューリング問題のモデル化とメタ戦略を用いた近似解法の開発, 第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
790)山中 英生 : 都市における自転車利用とまちづくりシンポジウムを活かしたまちづくりの展開, 都市における自転車利用とまちづくりシンポジウム, 2017年1月.
791)湯浅 恭史, 中野 晋 : 医療機関BCPにおける事業継続戦略検討の重要性, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Vol.21, No.3, 458, 2017年2月.
792)河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 大松 広伸, 青景 圭樹, 石井 源一郎, 松元 祐司, 土田 敬明, 江口 研二 : 拡大CT画像を用いた肺腺がん(病期IA)の周囲構造特徴と再発リスクの関連, 第24回日本CT検診学会学術集会, 4-7, 2017年2月.
793)鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 杉浦 寿彦, 田邉 信宏, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二 : 非造影胸部CT画像による肺血栓塞栓症診断支援システム, 第24回日本CT検診学会学術集会, 4-8, 2017年2月.
794)松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 3次元マルチスライスCT画像を用いた肺動静脈分類法, 第24回日本CT検診学会学術集会, 2017年2月.
795)井村 涼太, 掛田 貴章, 平島 孝樹, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 島田 光生, 飯沼 元 : 多時相造影CTにおける大腸癌の転移性リンパ節の解析, 第24回日本CT検診学会学術集会, 4-6, 2017年2月.
796)清家 京介, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 3次元胸部CT 画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 第24回日本CT検診学会学術集会, 2017年2月.
797)佐藤 良祐, 守本 達郎, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量肺がんCT検診コンピュータ診断支援システムの読影ワークフロー解析, 第24回日本CT検診学会学術集会, 2017年2月.
798)前田 亘輝, 小林 裕弥, 斉藤 くるみ, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光CTを用いた細葉の肺3次元ミクロ構造解析, 第24回日本CT検診学会学術集会, 2017年2月.
799)南川 丈夫, 永井 大規, 金子 貴昭, 谷口 一徹, 安藤 真理子, 赤間 亮, 竹中 健司 : 浮世絵技法の復元的研究のための光計測・画像解析基盤技術の創出, 文部科学省 共同利用・共同研究拠点 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点 2016年度成果発表会, 2017年2月.
800)伏見 賢一 : PICO-LONの現状報告, LBGT2017(飛騨市), 2017年2月.
801)二関 森人, 細川 利典, 吉村 正義, 新井 雅之, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 到達不能状態を用いたSATベース順序回路のテスト不能故障判定法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.466, 29-34, 2017年2月.
802)須谷 和弘, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 中原 佐, 南 和幸, 佐藤 克也 : 呼吸性胸郭運動を模擬した繰り返しストレッチ刺激に対する皮膚線維芽細胞の感受性評価, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年2月.
803)岡澤 章汰, 松本 健志, 安井 武史, 南川 丈夫, 佐藤 克也 : 微小振動とストレッチを組み合わせた刺激による骨芽細胞コラーゲン産生促進, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年2月.
804)Yuki Mando, Ryouhei Sakamoto, Eriko Soma, Ichiro Shoita, Takayuki Hirai, Hiroki Kurita, Koji Tanaka and Masatake Kawada : Polarization Analysis of Microwave Generated by Hypervelocity Impacts, Proceedings of Symposium of Laboratory Experiments Related to Space Science, 4-pages, Feb. 2017.
805)塚越 雅幸, 豊田 啓生, 上田 隆雄 : 超音波法によるポリマーセメント系塗膜防水層の力学的性質の推定, 2016年度(第87回)関東支部研究発表会, 2017年2月.
806)豊田 啓生, 塚越 雅幸, 石川 真志, 上田 隆雄 : アクティブサーモグラフィ法によるポリマーセメント系塗膜防水層の初期不具合の検出方法の検討, 2016年度(第87回)関東支部研究発表会, 2017年2月.
807)阿部 悠香, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 通気緩衝工法でのウレタン系塗膜防水層の施工が電気化学的補修後の鉄筋の腐食速度に及ぼす影響, 2016年度(第87回)関東支部研究発表会, 2017年2月.
808)塚越 雅幸, 豊田 啓生, 上田 隆雄 : アクティブサーモグラフィ法を用いたシーリング材の剥離箇所の判定法の検討, 2016年度(第87回)関東支部研究発表会, 2017年2月.
809)渡辺 公次郎 : ツイートデータを用いた徳島市における地域イメージ分析, 第10回四国GISシンポジウム, 2017年2月.
810)岡村 康弘, 阿部 真志, 近藤 紘太郎, 岡部 拓海, 風間 拓志, 佐野 明秀, 梅木 毅伺, 笠原 亮一, 高田 篤 : 励起光位相同期回路を適用した非縮退位相感応型光増幅器による80 km光ファイバ伝送されたQPSK位相共役ツイン波増幅実験, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2017年3月.
811)馬場 俊孝 : 平面二次元モデルによる津波の伝播・変形・遡上,第26回海洋工学シンポジウム, 日本海洋工学シンポジウム, OES26-021, 2017年3月.
812)馬場 俊孝 : 分散性を考慮した2011年東北地方太平洋沖地震津波のシミュレーション, 第10回海事防災研究会, 2017年3月.
813)太田 健吾, 丸本 理貴人, 北岡 教英 : ユーザ発話の音響情報に基づく雑談対話システムの応答種別選択, 日本音響学会講演論文集, Vol.3-5-4, 2017年3月.
814)冬野 雄三, 北岡 教英 : 対話システムとのタスク指向型・非タスク指向型対話における特徴と嗜好の関係分析, 日本音響学会講演論文集, Vol.2-P-13, 2017年3月.
815)澤田 優希, 入部 百合絵, 北岡 教英 : マルチモーダル情報を用いた運転中におけるシステム向け発話の推定, 日本音響学会講演論文集, Vol.2-P-6, 149-150, 2017年3月.
816)黒川 有紀, 入部 百合絵, 北岡 教英 : 音響的特徴を利用した高齢者の認知症傾向の分析, 日本音響学会研究発表会講演論文集, Vol.1-Q-36, 313-314, 2017年3月.
817)中川 拓磨, 大須 賀晋, 北岡 教英 : 音声・指差し・視線認識を用いた自動運転車とのマルチモーダルインタラクション, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.D-14-4, 2017年3月.
818)南川 丈夫 : (招待講演) 医療応用を目指したラマン散乱分光法, 光材料・応用技術研究会 第4回研究会, 2017年3月.
819)岡崎 航樹, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : Google Map上で危険箇所情報共有可能な集合知活用型運転支援システム, 教育システム情報学会 2016年度学生研究発表会論文集, 217-218, 2017年3月.
820)小松 朋訓, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : 教材配信デジタルサイネージにおける視聴者アウェアネス機能, 教育システム情報学会 2016年度学生研究発表会論文集, 221-222, 2017年3月.
821)元田 遥, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : RFIDとデジタルサイネージを用いたインタラクティブクイズシステム, 教育システム情報学会 2016年度学生研究発表会論文集, 225-226, 2017年3月.
822)三宅 剛史, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 分散表現を用いた有害表現判別に基づく炎上予測, 人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第15回), 1-6, 2017年3月.
823)松本 流星, 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : Twitter を用いた感染症発生動向の視覚化, 人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第15回), 48-53, 2017年3月.
824)太田 光浩, 末次 祐基 : Shear-thinning流体中における気泡の剪断変形・分裂挙動の数値解析, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
825)大沼 正樹 : 平均曲率方程式の半連続粘性解に対する強比較原理, 偏微分方程式の最大値原理とその周辺 2, 2017年3月.
826)薮井 大輔, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : バウンダリスキャンテスト回路を用いた実装基板のオンライン配線試験法, 第31回エレクトロニクス実装学会春季講演大会, 58-61, 2017年3月.
827)大谷 航平, 菅 大介, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 電荷注入回数によるIC間配線の試験回路, 第31回エレクトロニクス実装学会春季講演大会, 62-65, 2017年3月.
828)神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列辞書圧縮の検討と評価, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), 2017年3月.
829)川人 侑弥, 松本 健志 : 全身性微振動刺激による骨構造への影響と骨微小血管形成の関与, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年3月.
830)清水 亮汰, 松本 健志 : 放射光位相CTに基づく⾻構造ダイナミクスのインビボイメージング:マウス骨欠損モデルへの応用, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年3月.
831)秦 啓訓, 石田 徹, 川﨑 健人, 佐藤 佑哉, 北 正彦, 溝渕 啓, 竹内 芳美 : 昆虫型マイクロロボットによる曲がり穴放電加工システムの開発 -放電加工機能を有したマイクロロボットによる穴創成の実現-, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, No.909, 1-2, 2017年3月.
832)森本 颯, 名田 譲, 木戸口 善行 : 副室直噴式天然ガスエンジンにおける筒内混合気分布の数値シミュレーション, 日本機械学会 中国四国支部第55期講演会論文集, Vol.CD-ROM (710), 2017年3月.
833)清水 恒希, 野田 裕也, 木戸口 善行, 名田 譲 : 噴射条件によるディーゼル噴霧の混合気形成過程の変化が着火,燃焼に及ぼす影響, 日本機械学会 中国四国支部第55期講演会論文集, Vol.CD-ROM (714), 2017年3月.
834)中村 将秀, 中村 優志, 宮崎 進之介, 木戸口 善行, 名田 譲 : 多噴孔ディーゼル噴霧の後燃え期間における燃焼と燃焼生成物濃度履歴に関する研究, 日本機械学会 中国四国支部第55期講演会論文集, Vol.CD-ROM (715), 2017年3月.
835)中津 亮太郎, 一宮 昌司 : 噴流撹乱による円管内助走部後段での孤立乱流塊の特性, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年3月.
836)松原 渥樹, 一宮 昌司 : 2次元混合層に及ぼす微小周期撹乱の影響, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年3月.
837)花光 愛勇希, 一宮 昌司 : 外部流れにおける解析領域と数値解の精度の関係, 日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会講演論文集, 2017年3月.
838)出口 祥啓, 神本 崇博, 木戸口 善行, 名田 譲, 太田 光浩 : CT 半導体レーザ吸収法の開発及び実用化展開, 日本機械学会 中国四国支部第55 期 総会・講演会, 2017年3月.
839)藤田 裕貴, 出口 祥啓, 生友 章裕, 寺村 昌幸 : レーザー誘起ブレークダウン法を用いた溶融スラグリアルタイム計測技術の開発, 日本機械学会 中国四国支部第55 期 総会・講演会, No.705, 2017年3月.
840)寺村 昌幸, 出口 祥啓, 生友 章裕, 藤田 裕貴 : LB-TOFMS を用いた微量成分のリアルタイム計測と計測技術の開発, 日本機械学会 中国四国支部第55 期 総会・講演会, No.701, 2017年3月.
841)小田 康人, 三輪 昌史 : マルチコプタ用衝突回避機構, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1209, 2017年3月.
842)本多 智貴, 三輪 昌史 : 水空両用マルチコプタの開発, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1210, 2017年3月.
843)小寺 健太, 三輪 昌史 : マルチコプタを用いたテールシッタ型VTOLの開発, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1213, 2017年3月.
844)落合 祐太, 三輪 昌史 : 水難救助用のマルチコプタの開発, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1211, 2017年3月.
845)大西 貴斗, 三輪 昌史 : 2DSLAMを用いたUAVの位置制御, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1307, 2017年3月.
846)小寺 健太, 三輪 昌史 : マルチコプタを用いたテールシッタ型VTOLの開発, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 1213, 2017年3月.
847)新田 真也, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : イソブタンの酸化脱水素反応におけるCr修飾MCM-48の触媒活性の検討, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
848)三栖 央頌, , 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : SBA-15触媒によるイソブタン酸化脱水素反応のCr修飾による高活性化, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
849)中川 敬三, 山下 洋令, 佐伯 大輔, 吉岡 朋久, 新谷 卓司, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 神尾 英治, 松山 秀人 : 二次元チャネル構造を有する金属酸化物ナノシート積層膜の膜性能評価, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
850)山下 洋令, 中川 敬三, 佐伯 大輔, 吉岡 朋久, 新谷 卓司, 加藤 雅裕, 杉山 茂, 神尾 英治, 松山 秀人 : 吸引ろ過法により作製されたニオブ酸ナノシート積層膜の膜性能に及 ぼす作製条件の影響, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
851)山田 直人, 峯 大樹, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, , 杉山 茂 : 異なる表面粗さを有するSUS製プレート面における伝熱性能の評価, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
852)髙谷 真弘, 加藤 雅裕, , 杉山 茂 : 多孔質SUS管上に製膜したPd膜の水素透過性向上をめざしたシリカライト中間層の形成条件の検討, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
853)馬場 裕太, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 液晶レンズを用いた空中積層多眼DFD表示方式, 第15回関西学生研究論文講演会 講演予稿集, 19-20, 2017年3月.
854)池田 建司 : イノベーションモデルの一致推定のための解法の局所収束性, 第4回 制御部門マルチシンポジウム, 1365-1370, 2017年3月.
855)木下 亘, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : アークDFD表示と多眼表示の融合による広視域な多眼アークDFD表示, 第15回関西学生研究論文講演会, 13-14, 2017年3月.
856)浮田 浩行, 久保 和博 : 3 次元形状を用いた物体表面の光沢の推定, 動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2017, 298-301, 2017年3月.
857)佐々木 遼, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 液晶可変焦点レンズを用いた熱像の奥行き表示, 第15回関西学生研究論文講演会, 17-18, 2017年3月.
858)高橋 浩樹 : 円分体の一般Greenberg予想とK群の特殊元, 九州代数的整数論2017, 2017年3月.
859)斉藤 くるみ, 前田 亘輝, 小林 裕弥, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光CTによる肺3次元ミクロ構造解析, 第12回京滋呼吸器リサーチフォーラム, 2017年3月.
860)辻 大輔, 清家 京介, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 3次元胸部CT画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 第12回京滋呼吸器リサーチフォーラム, 2017年3月.
861)松本 和幸, 任 福継, 吉田 稔, 北 研二 : 感情表出傾向の分析による対話破綻検出, 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, 158-161, 2017年3月.
862)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長周期構造を用いた垂直入射型屈折率高感度検出, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 14a-F202-8, 2017年3月.
863)井筒 類, 近藤 恭介, 富田 卓朗 : 透明固体材料における干渉計測によるフェムト秒レーザーアブレーション過程の観測, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 14p-512-2, 2017年3月.
864)柏原 考爾 : 深層強化学習に基づく高速道路の合流地点における自動運転の最適走行経路の検討, 第44回知能システムシンポジウム講演論文集 B6-2, 1-5, 2017年3月.
865)水口 達也, 胡 国庆, 南川 丈夫, 郑 铮, 安井 武史 : 2波長独立モード同期ファイバーレーザーを用いた非同期光サンプリング式テラヘルツ時間領域分光法, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 15a-211-2, 2017年3月.
866)山際 将具, 小川 貴之, 川人 勇介, Clement TROVATO, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 光コム参照型シンセサイザを用いたカスケードリンク多波長デジタルホログラフィ, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 14p-F205-8, 2017年3月.
867)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー型光周波数コムを用いた超音波センサーの開発, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 14p-514-5, 2017年3月.
868)山崎 勇輝, 川上 博貴, 直井 美貴, 富田 卓朗 : フェムト秒レーザーアニールによるp-GaN上へのNi/Auオーミック電極作製, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 15a-512-7, 2017年3月.
869)川上 博貴, 直井 美貴, 富田 卓朗 : フェムト秒レーザー支援アニールによるSiC上へのNi電極作製, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 15a-512-8, 2017年3月.
870)鎌田 隼, 武市 慎矢, 香西 貴典, 藤原 健志, 小西 智也, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 釜野 勝 : 光熱拡散法における3C-SiCの不純物濃度の影響, 第64回応用物理学会春季学術講演会, No.15p-P13-10, 2017年3月.
871)依岡 和也, 石田 徹, 岡﨑 翼, 溝渕 啓, 浅川 直紀, 竹内 芳美 : 多軸制御放電加工による断面変化穴の創成を実現するための2+5軸制御荒加工用メインプロセッサの開発, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 401-402, 2017年3月.
872)朴 理博, 永瀬 雅夫, 大野 恭秀 : 集束イオンビームを用いたステンシルリソグラフィ技術のための Sub10nm パターンの作製, 第64回応用物理学会春季学術講演会(応物2017春), No.15a-304-2, 2017年3月.
873)北岡 誠, 永濱 拓也, 中村 晃大, 有月 琢哉, 高嶋 和也, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンの水吸着によるキャリア密度変化, 第64回応用物理学会春季学術講演会(応物2017春), No.15a-B6-6, 15-084-(1pp), 2017年3月.
874)谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾機能化による SiC 上グラフェンの非特異吸着の抑制, 第64回応用物理学会春季学術講演会(応物2017春), No.15a-B6-7, 15-085-(1pp), 2017年3月.
875)長谷 悠樹, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : 1ビット光子自己相関計による蛍光寿命計, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年3月.
876)國方 佑樹, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 周囲ガス供給型プラズマジェットの時間分解観測, 平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 85, 2017年3月.
877)山中 大樹, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広, 松﨑 弘幸, 内田 一幸, 久保 孝史 : 過渡吸収測定によるペロピレン誘導体結晶におけるシングレットフィッション過程の検討, 第64回応用物理学会春期学術講演会, 15p-303-6, 2017年3月.
878)浅見 研一, 西野 秀郎 : 圧電方式による円周ガイド波配管検査技術の開発3, 日本鉄鋼協会第173回春季講演大会概要集, Vol.30, 296, 2017年3月.
879)Tao Wen, Naoyuki Shimomura, Kenji Teranishi and Qiaogen Zhang : Research on Insulation Defect Detection Effectiveness of On-site Impulse Voltage Test for GIS Equipment, 平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.7, 119, Mar. 2017.
880)草葉 啓太, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長格子/導波構造を有する二波長帯紫外光検出, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 16p-P13-9, 2017年3月.
881)新見 和成, 谷川 紘太, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 最密充填された金属分割リング共振器アレイからなる2次元メタマテリアルの作製, 第64回応用物理学会春季学術講演会, No.16p-P13-12, 2017年3月.
882)張 開鋒, 松本 涼太, 山川 市朗, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 谷口 伸一 : 薄膜光導波路付カンチレバーチップ先端で発生する近接場のシミュレーション, 第64回応用物理学会春季学術講演会, No.16p-P13-16, 2017年3月.
883)Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Mechanistic Aspect of Photoinduced -Oxyamination of Aldehydes Catalyzed by Flavin-Amine Integrated Molecules, The 97th CSJ annual meeting, Mar. 2017.
884)宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介, 益田 駿志 : 地域住民の動線および交通量の確率的不確実性を考慮した商業施設の立地最適化, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2017年春季研究発表会アブストラクト集, 131-132, 2017年3月.
885)木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるアミド化合物のモノアルキル化反応, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 1PB-110, 2017年3月.
886)大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるアミド化合物の還元反応, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 1PB-111, 2017年3月.
887)Siang Yong Teoh, 伊藤 照明, Perumal Puvanasvaran : Hidden wastes in Overall Equipment Effectiveness in term of transportation between processes, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.8, 81-82, 2017年3月.
888)石川 真志, 小山 昌志, 西谷 豊, 福井 涼, 羽深 嘉郎 : CFRP積層板のアクティブサーモグラフィ検査における積層構成の影響, 第8回日本複合材料会議(JCCM-8)講演論文集, 2017年3月.
889)遠藤 光哉, 石川 真志, 西野 秀郎, 杉本 直 : 空中超音波反射法によるCFRP の内部検査に向けた基礎研究, 第8回日本複合材料会議(JCCM-8)講演論文集, 2017年3月.
890)安藤 正紀, 石川 真志, 西野 秀郎 : レーザー走査を用いたアクティブサーモグラフィ検査によるCFRP積層板の非破壊検査, 第8回日本複合材料会議(JCCM-8)講演論文集, 2017年3月.
891)陳 彦洲, 小笠原 正道 : 3-ブロモ-2,4-ペンタジエニル・エステル類を基質とするパラジウム触媒二重求核置換反応によるC2-対称軸不斉アレンの触媒的不斉合成, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
892)植田 潤一, 小笠原 正道, 吉田 和弘 : ドミノ酸化/分子内環化反応を用いる含窒素縮合環の形成, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
893)瓜生 瑞穂, 曾 雅怡, 石本 寛人, 大矢 直輝, 高橋 保, 神川 憲, 小笠原 正道 : モリブデン触媒閉環メタセシス反応による面不斉ホスファシクロペンタジエニル-マンガン錯体の触媒的不斉合成, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
894)劉 強, 木村 亮介, 和田 志郎, 吉田 和弘, 小笠原 正道 : メタロセン縮環面不斉4-ジアルキルアミノピリジン誘導体のエナンチオ選択的合成法の開発と応用(2), 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
895)木村 亮介, 劉 強, 和田 志郎, 小笠原 正道, 吉田 和弘 : メタロセン縮環面不斉4-ジアルキルアミノピリジン誘導体のエナンチオ選択的合成法の開発と応用(1), 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
896)胡 淏, 関 直樹, 小笠原 正道 : ジフェロセニルホスフィノ基を有する新規不斉配位子の合成及び応用, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
897)松岡 宏哉, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : レーザー損傷した表皮角層細胞の原子間力顕微鏡観察, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 16p-F206-7, 2017年3月.
898)酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : イオン間相互作用を用いてアニオン性キチン誘導体に固定化した不均一系フラビニウム触媒の開発, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
899)中西 雅哉, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : 特定物体認識におけるSIFT特徴点マッチング手法の改善, 情報処理学会第79回全国大会講演論文集, Vol.1, 495, 2017年3月.
900)岡崎 理宏, 古部 昭広, Chen Liang-Yih, Chen Yen-Jhih : 過渡吸収分光法によるヘマタイト光アノードの電荷分離機構の解明, 第64回応用物理学会春期学術講演会, 16p-P15-9, 2017年3月.
901)金澤 誠, コインカー マドゥカー パンカジ, 古部 昭広, マヘンドラ モレ, 松崎 弘幸 : レーザーアブレーションによるMoS2ナノ粒子の作製および時間分解分光によるキャリアダイナミクスの評価, 第64回応用物理学会春期学術講演会, 16p-P15-6, 2017年3月.
902)小宮 潤, 松富 正⽂, 山中 大樹, 古部 昭広, 小島 秀⼦, 朝⽇ 透 : アミノサリチリデンアニリン結晶のフォトメカニカル機能, 日本化学会第97春季年会, 1E7-39, 2017年3月.
903)坂本 雅典, 田原 量, ⾦ 賢得, 古部 昭広, 金光 義彦, 寺⻄ 利治 : 機能性材料修飾金属クラスターの光学応答における分子配向依存性, 日本化学会第97春季年会, 1B3-39, 2017年3月.
904)指村 奈穂子, 古本 良, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : マングローブの絶滅危惧植物ヒルギモドキの林分構造と潜在生育域推定, 第64回日本生態学会大会, 2017年3月.
905)郡 修平, 仲井 駿, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Ca, Feをドープした熱電変換材料LaCoO3の合成と特性評価, 日本セラミックス協会 2017年年会, 2017年3月.
906)南方 良太, 湊 龍之介, 中田 克弥, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 森 昌史 : 共沈法で合成したSOFC用電解質材料Ce1-xLaxO2-δの合成条件の検討及び特性評価, 日本セラミックス協会 2017年年会, 2017年3月.
907)長岡 玄, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 発光特性を有するトリアリールアミン誘導体の合成とストロンチウム試剤を用いた置換基効果の検討, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2PC-060, 2017年3月.
908)上野 雅晴, 喜多 亜希子, 室井 超帰, 大村 D. 聡, 和田 眞, 三好 德和 : ビスマス塩を触媒として用いた簡便かつ多様な酸化反応の開発, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2E5-38, 2017年3月.
909)日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 : ビスマス塩を環境調和型触媒として用いるRitter反応の開発, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2E5-39, 2017年3月.
910)仲野 弘一, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 学生証とパスワードの二要素認証を無線LAN接続の認証に用いる手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-573-3-574, 2017年3月.
911)仁科 泉美, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : 検出対象動作とリスクを紐づけ対策行動へ誘導する警告手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-601-3-602, 2017年3月.
912)内田 周平, 山中 建二, 北條 昌秀 : 二重巻線を有する同期発電機を用いたハイブリッドシステムへの実機検証, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.246, 2017年3月.
913)山岡 祐也, 山中 建二, 北條 昌秀 : 直並列巻線切り替えを導入した交流発電機の直並列比率切り替えによる実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.251, 2017年3月.
914)赤田 壮佑, 木村 栄輝, 水田 康治, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットによる 枯草菌芽胞の殺菌特性, 平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 136, 2017年3月.
915)寺西 研二, 村田 啓輔, 米沢 昌紘, 下村 直行 : アルゴン誘電体バリア放電によるインジゴカルミン水溶液の脱色特性, 平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 182, 2017年3月.
916)Kimura Masato, Sakamoto Masanori, Adachi Hiroyuki, Sugimoto Toshiki, Haruta Mitsutaka, Watanabe Kazuya, Akihiro Furube, Kurata Hiroki, Matsumoto Yoshiyasu and Teranishi Toshiharu : Investigation on Long-lived Charge Separation in Visible Light-response AuxS/ZnS Heterostructured Nanoparticles, 日本化学会第97春季年会, 2B542, Mar. 2017.
917)光原 弘幸, 井上 武久, 山口 健治, 武知 康逸, 森本 真理, 上月 康則, 井若 和久, 獅々堀 正幹 : 考えさせるICT活用型避難訓練の実践, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.7, 65-72, 2017年3月.
918)鷹尾 忍, 関澤 央輝, Samjeske Gabor, 金子 拓真, 東 晃太朗, 東 晃太朗, 趙 暁, 吉田 祐介, 坂田 智裕, 山本 孝, 宇留賀 朋哉, 岩澤 康裕 : ナノXAFS-TEM/STEM-EDS同視野測定法による燃料電池MEA内の合金カソード触媒層の劣化分布・因子の解明に関する研究, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
919)竹田 智洋, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : インターネット到達性確認パケットの推定・追跡を用いた不正アクセスポイント検出手法, 情報処理学会全国大会講演論文集, 3-161-3-162, 2017年3月.
920)村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : サイトレイト・パイロリシス法を用いて作成された超微細セラミックス高温超伝導体の酸化・還元効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2017年3月.
921)伊東 拓, 六人部 陽介, 萩原 亮, 島 龍夫, 小山 晋之 : サイトレイト・パイロリシス前駆体の焙焼処理によってPr247単一相を生成させる手法, 日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2017年3月.
922)折口 直輝, 竹内 正俊, 藤原 直樹, 久田 旭彦, 上床 美也 : 一軸圧用加圧セル装置の開発, 日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2126, 2017年3月.
923)西澤 高宏, 北方 咲, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるメタラサイクル中間体の調製とそれを用いる新たな反応の開発, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 4D4-01, 2017年3月.
924)下田 亮介, 阿比留 保奈美, 小松 翔, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : ストロンチウムアルコキシドを用いる新規合成手法の開発, 日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 4D4-02, 2017年3月.
925)安藝 将也, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 小山 岳秀, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 : A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究, 日本物理学会第72回年次大会 講演概要集, 2017年3月.
926)伏見 賢一 : NaI(Tl)による宇宙暗黒物質探索(PICO-LON)報告, 日本物理学会第72回年次大会(大阪大学待兼山キャンパス), 2017年3月.
927)竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 中村 浩一 : NaxCoO2の電気伝導と局所構造変化, 日本物理学会第72回年次大会 講演概要集, 2017年3月.
928)犬飼 宗弘 : 配位高分子のダイナミクスとプロトン伝導能, 第1 回有機・バイオイオニクス研究会・第67 回固体イオニクス研究会, 2017年3月.
929)矢野 雄基, 藤木 良太, 宋 天, 島本 隆, 中村 暢達 : 深層学習を用いた海鼠認識に関する研究, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-8-9, 2017年3月.
930)Jiawen Deng and Fuji Ren : Sentiment analysis of Chinese corpus based on emotional lexicon, 2017年電子情報通信学会総合大会, D-5-2-29, Mar. 2017.
931)神原 東風, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : IDDT出現時間差を用いる検査法のための低遷移パターンの故障検出率調査, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 139, 2017年3月.
932)島 康平, 石 文, 宋 天, 島本 隆 : H.265/HEVCにおけるウォーターマーキング技術に関する研究, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-55, 2017年3月.
933)大石 昌嗣, 山中 恵介, 山重 寿夫, 服部 将司, 山本 健太郎, 水口 仁志, 渡辺 巌, 内本 喜晴, 太田 俊明 : 金属酸化物電極材料における,Liイオン脱離時の酸素アニオンの電子状態解析, 電気化学会第84回大会(東京) (2017.3.25-27), 1L10, 2017年3月.
934)礒合 俊輔, 安澤 幹人, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンの電気特性評価, 電気化学会第84回大会, 2017年3月.
935)礒合 俊輔, 日裏 健太郎, 丹波 萌, 倉科 昌, 安澤 幹人 : 電解析出法を用いたグルコース オキシターゼ固定電極の作製, 第​61回​化​学​セ​ン​サ​研​究​発​表​会, 2017年3月.
936)浮田 浩行, 原田 千珠 : ニューラルネットワークを用いた反復動作のジェスチャ認識, 電気学会研究会資料(知覚情報・次世代産業システム合同研究会), 77-81, 2017年3月.
937)鍋島 克輔, 小原 功任, 田島 慎一 : パラメータ付きBernstein-Sato イデアルとホロノミーD 加群の計算, 日本数学会年会(函数論), 首都大学東京,, 2017年3月.
938)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 包括的グレブナー基底系を用いたmu-stratificationとmu*列の計算法について, Risa/Asir conference 2017, 金沢大学, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

1)川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁, 新原 将義 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成29年度), 2017年2月.

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1)塚越 雅幸 : 近赤外分光法によるポリマーセメントモルタルの硫酸腐食評価, 第164回定例会ポリマーセメントモルタルにおける劣化評価と補修技術, 2016年4月.
2)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Chaos Propagation and Synchronization in Double Ring and Single Ring Model, International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Apr. 2016.
3)Naoto Kanazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization of Hindmarsh Rose Neurons by Temporal Evolution of Coupling Strengths, International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Apr. 2016.
4)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Firefly Algorithm Changing Female Moving Distance, International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Apr. 2016.
5)Kazuki Ueta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization of Coupled Oscillators Containing Ring and Star Structures, International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Apr. 2016.
6)錦織 秀, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 : ZigBee/WiFi共存環境における協調的チャネル制御手法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2016-26, 69-74, 2016年5月.
7)銀杏 一輝, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 : 異種無線LAN混在環境における複数のサービスを考慮した仮想アクセスポイント構成手法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2016-27, 75-80, 2016年5月.
8)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus ndk gene for nucleoside diphosphate kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128785, May 2016.
9)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus uk gene for uridine kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128786, May 2016.
10)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus cmpk gene for cytidylate kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128787, May 2016.
11)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus thyA gene for thymidylate synthase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128788, May 2016.
12)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus tdk gene for thymidine kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128789, May 2016.
13)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus tmk gene for thymidylate kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128790, May 2016.
14)Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Shota Inoue, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Anoxybacillus flavithermus umpk gene for uridylate kinase, complete cds, strain: NBRC 15317, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Anoxybacillus flavithermus ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC128791, May 2016.
15)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Geobacillus sp. S5-1-11 gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129500, May 2016.
16)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Paenibacillus sp. S5-1Fe gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129501, May 2016.
17)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Streptomyces sp.S10G5B gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129502, May 2016.
18)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Streptomyces sp.S96-001 gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129503, May 2016.
19)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Rahnella sp. S15-1 gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129504, May 2016.
20)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Streptomyces sp.S10G5R gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129505, May 2016.
21)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Streptomyces sp.S10Cu gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129506, May 2016.
22)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Staphylococcus sp. S5-1-2Y gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129507, May 2016.
23)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Staphylococcus sp. S5-1-2WY gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129508, May 2016.
24)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Staphylococcus sp. S5-1-2W gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129509, May 2016.
25)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Streptomyces sp.S3Cu gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129510, May 2016.
26)Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh : Paenibacillus sp. S5-1-1 gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, --- Exploration for Cu,Fe-tolerant bacteria from Myoho copper mine spoils in Wakayama prefecture ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC129511, May 2016.
27)上手 洋子, 西尾 芳文 : 確率的に結合が切り替わる多角形発振器ネットワークの同期現象, 第29回 回路とシステムワークショップ 論文集, 261-266, 2016年5月.
28)佐藤 高則 : まなびの森講演会 「藍染めの世界へようこそ!」, 放送大学徳島学習センター公開講演会「まなびの森講演会」, 2016年5月.
29)金澤 尚人, 上手 洋子, 西尾 芳文 : ニューロン間の結合強度を時間的に変化させたときの同期現象, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.4, 19-23, 2016年5月.
30)橘高 新三郎, 上手 洋子, 西尾 芳文 : シグモイド関数の傾きを減少させたフィードフォワードニューラルネットワークにおけるバックプロパゲーション, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.5, 25-28, 2016年5月.
31)武内 将希, 松下 春奈, 上手 洋子, 西尾 芳文 : 雌のパラメータを変化させたときのホタルアルゴリズム, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.6, 29-32, 2016年5月.
32)上田 和輝, 上手 洋子, 西尾 芳文 : リング・スター構造を含んだ結合発振器の同期現象, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.7, 33-36, 2016年5月.
33)チャン ミン ハイ, 上手 洋子, 西尾 芳文 : 異なる周波数の発振器を付加した結合 van der Pol 発振器系における同期現象, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.8, 37-40, 2016年5月.
34)近澤 隆啓, 上手 洋子, 西尾 芳文 : シングルリングとダブルリングモデルにおけるカオス伝搬と同期現象, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, Vol.NLP2016, No.9, 41-44, 2016年5月.
35)美井野 優, 上田 哲史 : 結合Izhikevichニューロンモデルにみられる同時発火現象と分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.11, 51-56, 2016年5月.
36)宮本 恭介, 上田 哲史, 川上 博 : 光結合型発振回路の同期メカニズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.10, 45-50, 2016年5月.
37)福江 紘幸, 高坂 拓司, 上田 哲史, 伊藤 大輔, 太田垣 博一, 宇都宮 晃, 麻原 寛之 : 電流制御DC/DCコンバータに対するON/OFF時間制御アルゴリズムの適用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.16, 77-81, 2016年5月.
38)伊藤 大輔, 上田 哲史 : Lorenz model に対する External force control とその安定性解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.17, 83-86, 2016年5月.
39)森 篤史, 山登 正文, 高橋 弘紀, 古川 英光 : 異方性シリカハイドロゲルの磁場中調製, 第1回ゲルネットワーク研究会, 2016年6月.
40)南川 慶二 : ティーチングポートフォリオの意義・効果, 平成28年度授業設計ワークショップ, 2016年6月.
41)Yoko Uwate, Yuichi Tanji and Yoshifumi Nishio : Torus Hub in Two Parameters Space of Coupled Oscillators with Transmission Line Model, International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES'16), Jun. 2016.
42)堀河 俊英 : 炭素系吸着剤への水蒸気吸着, 活性炭技術研究会 第158回講演会, 2016年6月.
43)出口 祥啓 : CT半導体レーザ吸収法を用いた2次元時系列温度・濃度計測技術, 燃焼・ガス化数値解析技術の高度化に関する研究会, 2016年6月.
44)錦織 秀, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 : IoTサービスの満足率を考慮したZigBeeと無線LANのチャネル制御手法, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム講演論文集, 1093-1099, 2016年7月.
45)銀杏 一輝, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 : 高密度無線LAN環境における異種サービスを考慮した仮想アクセスポイント構成手法, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム講演論文集, 1157-1163, 2016年7月.
46)川上 博貴, 近藤 健太, 直井 美貴, 富田 卓朗 : 連続波レーザーアニールによるSiC上へのNi電極作製と評価, 第35回電子材料シンポジウム, Vol.114, No.338, Fr1-5, 2016年7月.
47)Yoshifumi Nishio : Chaos and its Applications, IEEE CASS Guangzhou and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (GSCAS'16), Jul. 2016.
48)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Ruedi Stoop : Synchronization in Frustrated Coupled Oscillatory Systems, IEEE CASS Guangzhou and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (GSCAS'16), Jul. 2016.
49)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Process of Chaos Propagation as Multi-Ring with Hub Network, IEEE CASS Guangzhou and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (GSCAS'16), Jul. 2016.
50)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Firefly Algorithm Focused on Female Moving Distance, IEEE CASS Guangzhou and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (GSCAS'16), Jul. 2016.
51)森 篤史 : 磁場中調製によるシリカゲル中における構造異方性の発現の解明に向けて, 第18回磁気科学研究会, 2016年7月.
52)小濱 佑哉, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 樋上 喜信, 高橋 寛 : 半断線故障検査時の遷移タイミングを考慮する信号割当隣接線候補の削減について, 第75回FTC研究会資料, 2016年7月.
53)河口 巧, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC 組込み型バウンダリスキャンを用いた複数 TSV の検査用信号の印加と観測について, 第75回FTC研究会資料, 2016年7月.
54)安井 武史 : (招待講演)テラヘルツ波を用いた塗膜モニタリング技術, 試験方法研究会 西支部 平成28年度 講演会, 2016年7月.
55)浅野 純弥, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 加治 芳雄, 古川 和彦, 小中 信典, 市川 哲雄, 七條 文雄, 木内 陽介 : 磁気センサを用いた嚥下機能評価法の検討, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.116, No.170, 29-32, 2016年7月.
56)松長 新八, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 加治 芳雄, 古川 和彦, 小中 信典, 七條 文雄, 木内 陽介 : 偏在配置電極を用いたsLORETAによる脳内信号源推定, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.116, No.170, 33-36, 2016年7月.
57)西脇 裕記, 石本 卓也, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 安野 恵実子, 丹黒 章, 小中 信典, 木内 陽介 : 電極位置切り替え機能を実装した生体インピーダンス測定装置の検討, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.116, No.170, 37-40, 2016年7月.
58)Yoshifumi Nishio : Complex Phenomena in Coupled Chaotic Circuits, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), Jul. 2016.
59)Takahisa Ando, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Cellular Neural Networks with Switching Two-Type Templates for Image Processing, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S1B.5, Jul. 2016.
60)Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Features of Firefly Algorithm Inceasing Females, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S1B.7, Jul. 2016.
61)Norio Inukai, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Strategic Particle Swarm Optimization with Predators, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S1B.8, Jul. 2016.
62)Kosuke Oi, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Investigation of Synchronization in Complex Networks by Coupled Parametrically Excited Oscillators with Mismatch, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S2A.4, Jul. 2016.
63)Seiya Kita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Switching Synchronization Phenomena of a Ring of Coupled Chaotic Circuits with One-Direction Time-Delayed Effects, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S2A.6, Jul. 2016.
64)Daiki Nariai, Hai Minh Tran, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena in a Ring of Coupled Three van der Pol Oscillators, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S2B.7, Jul. 2016.
65)Katsuki Nakashima, Kazuki Ueta, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Dynamics of Coupled Two Rings of Chaotic Circuits, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S3A.3, Jul. 2016.
66)Yuki Fujisawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization States in Coupled Cubic Maps with Delay Coupling, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S3A.5, Jul. 2016.
67)Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Chaos Propagation in Coupled Chaotic Circuits as Multi-Ring with Hub Network, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S3B.1, Jul. 2016.
68)Shuhei Hashimoto, Takahiro Chikazawa, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization Phenomena of Coupled Chaotic Circuits with Degree Distribution Network Topology, Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'16), S3B.7, Jul. 2016.
69)Zheng-Hong Cai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : A Modified PRPG for Test Pattern Generation using BAST structure, 2016 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, Aug. 2016.
70)大山 陽介 : A q-analogue of the Stokes phenomenon, 2016 函数方程式論サマーセミナー, 2016年8月.
71)Toshihide Horikawa and Wei-Hung Chiang : Synthesis and water adsorption study of heteroatom-doped carbon nanomaterials: toward the development of highly-sensitive humidity sensors, Itinerary of Joint Research Workshop (tentative) 2015-2016 Project Final Report and 2016-2017 Project Plan, Aug. 2016.
72)高木 均 : 低環境負荷,有限資源下の工業材料の選択と設計, 3DCAD講座 コマ7, 77-83, 2016年8月.
73)誉田 栄一, 伊藤 照明 : ゆらぎおよびフラクタル理論に基づく無疲労LED照明の開発, イノベーション・ジャパン2016, No.L65, 2016年8月.
74)池本 知英, 雄松 光司, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いた同軸円筒型リアクタによる放電化学ガス処理に関する研究, 電気学会パルスパワー研究会資料, 1-6, 2016年8月.
75)高木 均 : 炭素繊維とセルロースナノファイバーの利活用について, とくしま高機能素材活用コンソーシアム講演会要旨, 1-8, 2016年8月.
76)Tadahide Kunitachi, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe : An Experimental Evaluation on Reliable Wireless Communications with Substitute Forwarding in Vehicles, Proceedings of IEICE Society Conference, BS5-9, Sep. 2016.
77)岡村 康弘 : 光アクセスネットワークの低消費電力・低遅延化に応える高速多値光ファイバ伝送方式, 第16回 徳島大学エンジニアリングフェスティバル 2016, 9, 2016年9月.
78)高木 均 : 非鉄材料・複合材料・レアメタルとその用途, 3DCAD講座 コマ8, 84-90, 2016年9月.
79)Pankaj M. Koinkar : Growing Advancement and New Innovations in Display Technologies, The Institute of Engineering and Technology, Sep. 2016.
80)美井野 優, 上田 哲史, 川上 博 : ヒステリシスを有する区分線形Duffing 方程式にみられる非線形現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2016, No.50, 31-36, 2016年9月.
81)長町 拓夫 : ロール成形の基礎と成形解析, ロール成形基礎技術講演会資料, 2016年9月.
82)堀河 俊英 : 炭素系吸着剤への気相吸着, 関西大学・同志社大学合同ゼミ(2016), 2016年9月.
83)Pankaj M. Koinkar : Future Perspectives and Impact of Nanotechnology, Institute of Science, Nagpur, Sep. 2016.
84)河野 高一郎, 曽我部 剛, 伊藤 勝志, 長瀬 只雄, 北條 昌秀 : 長距離配電線における大規模太陽光発電の無効電力制御による電圧変動抑制の実証試験, 電気学会研究会資料, 2016年9月.
85)野々口 大幹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 方向符号照合法とパーティクルフィルタを用いた蚊の追跡, 瀬戸内信号処理研究会 SSS2016, 9, 2016年9月.
86)日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : ジェスチャーモーションによる拡張現実空間における文字列検索, 瀬戸内信号処理研究会 SSS2016, 13, 2016年9月.
87)田中 智也, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 表情分析による蓄積ストレス評価, 瀬戸内信号処理研究会 SSS2016, 14, 2016年9月.
88)Yoshifumi Nishio : CASS Regional and Local Activities, 2016 CAS Worksh