Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2016.42021.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 2,004 著書 前田 拓也 : 界面活性剤に対する微生物のストレス応答, サイエンスフォーラム, 東京, 2004年5月.
2) 2,004 著書 野地 澄晴, 佐藤 矩行, 倉谷 滋, 長谷部 光泰 : 進化学, --- 発生と進化 ---, 岩波書店, 東京, 2004年6月.
3) 2,004 著書 大内 淑代 : 線維芽細胞増殖因子,予防医学事典, 松島綱治·酒井敏行·石川晶·稲寺秀邦編, 朝倉書店, 東京, 2005年.
4) 2,004 著書 大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構,発生システムのダイナミックス,野地·上野編, 共立出版株式会社, 2005年.
5) 2,004 著書 高麗 寛紀 : 防菌·防黴剤の開発と展望(分担), 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年3月.
6) 2,004 著書 高麗 寛紀 : 生物工学ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,004 学術論文 (審査論文) Hisashi Ueta, Hideko Nagasawa, Yuriko Oyabu-Manabe, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Hitoshi Hori : Localization of enolase in synaptic plasma membrane as an alpha gamma heterodimer in rat brain., Neuroscience Research, Vol.48, No.4, 379-386, 2004.
2) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Gene and primary structures of dye-linked L-proline dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Thermococcus profundus show the presence of a novel heterotetrameric amino acid dehydrogenase complex, Extremophiles, Vol.8, No.2, 99-108, 2004.
3) 2,004 学術論文 (審査論文) Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of the hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.4, 715-717, 2004.
4) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kazuto Ohkura, Kenneth L. Kirk, Yoshimasa Uehara and Mariko Shimamura : Design of Hypoxia-Trageting Protein Tyrosine Kinase Inhibitor using an innovative pharmacophore 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1697, No.1-2, 29-38, 2004.
5) 2,004 学術論文 (審査論文) Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Identification of the anginosus group within the genus Streptococcus using polymerase chain reaction, FEMS Microbiology Letters, Vol.233, No.1, 83-89, 2004.
6) 2,004 学術論文 (審査論文) Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Bis-Quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli, Biocontrol Science, Vol.9, No.1,2, 1-9, 2004.
7) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryoko Buma, Takuya Maeda, Yuko Marutaka, Masaharu Kamei, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Vectorial capacity of larvae pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 0157:H7 and the possibility of transmission from source to human, Medical Entomology and Zoology, Vol.55, No.2, 95-106, 2004.
8) 2,004 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : Applicability of the 2-Nitroimidazole-sodium borocaptate-10B Conjugate, TX-2060, as a 10B-carrier in Boron Neutron Capture Therapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 2975-2983, 2004.
9) 2,004 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-10B conjugates as10B-carriers in boron neutron capture therapy, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 953-958, 2004.
10) 2,004 学術論文 (審査論文) Cheng-Zhe Jin, Hideko Nagasawa, Mariko Shimamura, Yoshihiro Uto, Seiichi Inayama, Yoshio Takeuchi, L. Kenneth Kirk and Hitoshi Hori : Angiogenesis inhibitorTX-1898: synthesis of the enantiomers of sterically diverse haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.12, No.18, 4917-4927, 2004.
11) 2,004 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Hajime Takahashi and Toshihisa Ohshima : Novel Archaeal Alanine:Glyoxylate Aminotransferase from Thermococcus litoralis, Journal of Bacteriology, Vol.186, No.16, 5513-5518, 2004.
12) 2,004 学術論文 (審査論文) Yohei Shinmyo, Taro Mito, Takashi Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : piggyBac-Mediated somatic transformation of the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus (cricket)., Development Growth & Differentiation, Vol.46, No.4, 343-349, 2004.
13) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein., Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
14) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Structural analysis of human specific cytolysin intermedilysin aiming application to cancer immunotherapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3343-3354, 2004.
15) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Kazunori Umezu, Hidekatsu Shouji and Hiroki Kourai : A cell membrane modification technique using domain 4 of intermedilysin for immunotherapy against cancer, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 3367-3372, 2004.
16) 2,004 学術論文 (審査論文) Hajime Aono, Nobutake Tamai, Daisuke Tatsumi and Takayoshi Matsumoto : Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution, Journal of Society of Rheology Japan, Vol.32, No.4, 169-177, 2004.
17) 2,004 学術論文 (審査論文) Zhou Fei, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of novel biocides, 1,1'-(decanedioyl)bis(4-methyl-4-alkylpiperadinium iodide)s with a gemini structure, Biocontrol Science, Vol.9, No.3, 61-67, 2004.
18) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitomi Kurose, Takaaki Bito, Taro Adachi, Miyuki Shimizu, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression of Fibroblast growth factor 19 (Fgf19) during chicken embryogenesis and eye development, compared with Fgf15 expression in the mouse., Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 687-693, 2004.
19) 2,004 学術論文 (審査論文) Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket), Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004.
20) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideko Nagasawa, Hideyuki Sasaki, Yoshihiro Uto, Shin-ichi Kubo and Hitoshi Hori : Association of the Macrophage Activating Factor (MAF) Precursor Activity with Polymorphism in Vitamin D-binding Protein, Anticancer Research, Vol.24, No.5c, 3361-3366, 2004.
21) 2,004 学術論文 (審査論文) C Kohchi, H Inagawa, M Hino, M Oda, K Nakata, Aya Yoshida, Hitoshi Hori, H Terada, K Makino, K Takiguchi and Genichiro Soma : Utilization of macrophages in anticancer therapy: the macrophage network theory, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3311-3320, 2004.
22) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Shintaro Kamohara, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Oxidative stress response in an anaerobic hyperthermophilic archaeon, --- presence of a functional peroxiredoxin in Pyrococcus horikoshii ---, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 541-547, 2004.
23) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Preferential partitioning of uncharged local anesthetics into the surface-adsorbed film, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.38, No.1-2, 91-99, 2004.
24) 2,004 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004.
25) 2,004 学術論文 (審査論文) Takahito Imagawa, Hitoshi Nakayama, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takashi Itoh, Yoshihiko Sako, Norimichi Nomura and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of homing endonuclease I-Tsp061I, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.11, 2006-2008, 2004.
26) 2,004 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Iwahana, Morisada Hayakawa, Kenji Kuroiwa, Kenji Tago, Ken Yanagisawa, Sumihare Noji and S Tominaga : Molecular cloning of the chicken ST2 gene and a novel variant form of the ST2 gene product, ST2LV, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1681, No.1, 1-14, 2004.
27) 2,004 学術論文 (審査論文) Tadao Yabuhara, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of a Novel Biocide,4,4'-(1,6-Dioxyhexamethylene)bis-(1-alkylpyridinium halide), Biocontrol Science, Vol.9, No.4, 95-103, 2004.
28) 2,004 学術論文 (審査論文) Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai : Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005.
29) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bridge-linked bis-quaternary ammonium anti-microbial agents: relationship between cytotoxicity and anti-bacterial activity of 5,5'-[2,2'-(tetramethylenedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazonium iodide)s, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.7, 2579-2587, 2005.
30) 2,004 学術論文 (審査論文) Mohammad Wadud Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthremostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Journal of Molecular Biology, Vol.345, No.2, 325-337, 2005.
31) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.
32) 2,004 学術論文 (審査論文) Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : The first archaeal agmatinase from anaerobic hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii, --- cloning, expression, and characterization ---, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1748, No.1, 110-115, 2005.
33) 2,004 学術論文 (審査論文) Fumihiko Yamaguchi, Takashi Etoh, Mamoru Takahashi, Hideo Misaki, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : A new enzymatic cycling method for ammonia assay using NAD synthetase, Clinica Chimica Acta, Vol.352, No.1-2, 165-173, 2005.
34) 2,004 学術論文 (審査論文) Yohei Shinmyo, Taro Mito, Taro Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : caudal is required for gnathal and thoracic patterning and for posterior elongation in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, Mechanisms of Development, Vol.122, No.2, 231-239, 2005.
35) 2,004 学術論文 (審査論文) Miriam Entesarian, Hans Matsson, Joakim Klar, Birgitta Bergendal, Lena Olson, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Babak Falahat, Isinev Anne Bolstad, Roland Jonsson, Marie Wahren-Herlenius and Niklas Dahl : Mutations in the gene encoding fibroblast growth factor 10 are associated with aplasia of lacrimal and salivary glands, Nature Genetics, Vol.37, No.2, 125-127, 2005.
36) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Dissociation Equilibrium between Uncharged and Charged Local Anesthetic Lidocaine in a Surface-Adsorbed Film, Colloid and Polymer Science, Vol.283, No.5, 512-520, 2005.
37) 2,004 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 25-32, 2005.
38) 2,004 学術論文 (審査論文) Isao Sarashina, Taro Mito, Michiko Saito, Hiroyuki Uneme, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Location of micropyles and early embryonic development of the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus (Insecta, Orthoptera), Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.2, 99-108, 2005.
39) 2,004 学術論文 (審査論文) 松木 均, 長宗 秀明, 金品 昌志, 上田 一作 : 蛍光プローブ特異的モノクローナル抗体への長鎖両親媒性リガンドの阻害様式, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 35-38, 2005年.
40) 2,004 学術論文 (審査論文) 小栗 顕二, 小松 右京, 松木 均, 金品 昌志 : 牛血清アルブミン水溶液の粘度におよぼすハロセンの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 39-42, 2005年.
41) 2,004 学術論文 (審査論文) 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志, 佐竹 弘, 長山 和史, 秦 隆志 : 不飽和アシル鎖を持つリン脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 43-46, 2005年.
42) 2,004 学術論文 (審査論文) 松岡 和彦, 谷岡 康弘, 秦 隆志, 佐竹 弘, 松木 均, 金品 昌志 : 脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配に及ぼすコレステロールの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 17-20, 2005年.
43) 2,004 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Akihiro Iwahashi, Haruko Okamoto, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Non-canonical functions of hunchback in segment patterning of the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.132, No.9, 2069-2079, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,004 学術論文 (紀要その他) 郷田 秀一郎, 薮谷 智規, 櫻庭 春彦, 本仲 純子, 大島 敏久 : 超好熱菌酵素を素子とするバイオセンサーの開発:ポリアミン関連酵素の機能解析とD-プロリン脱水素酵素機能電極センサーの開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 2,004 総説・解説 Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Unique sugar metabolism and novel enzymes of hyperthermophilic archaea, Chemical Record, Vol.3, No.5, 281-287, May 2004.
2) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : 光触媒と繊維への応用, 加工技術, Vol.39, No.5, 285-290, 2004年5月.
3) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : JABEE生物工学関連分野の試行審査を受けて, バイオサイエンスとインダストリー, Vol.62, No.7, 47, 2004年7月.
4) 2,004 総説・解説 大島 敏久 : 巻頭言:大学法人化と進化, 極限環境微生物学会誌, Vol.3, No.1, 2-3, 2004年7月.
5) 2,004 総説・解説 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱菌の酵素の構造解析に基づく新規耐熱性酵素の創製, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 761-763, 2004年8月.
6) 2,004 総説・解説 大島 敏久, 高木 博史 : 高機能エンザイム創製へのニューアプローチ, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 744, 2004年8月.
7) 2,004 総説・解説 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, モハマッド サハルディン ビン, 中川 美典 : Gcタンパク質(ビタミンD結合タンパク質)の糖鎖プロセシングをベースにしたドラマタイプがん治療薬の創製, 放射線生物研究, Vol.39, No.3, 328-341, 2004年12月.
8) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : JABEE試行審査を受けてⅡ, 生物工学会誌, Vol.82, No.6, 253-256, 2004年12月.
9) 2,004 総説・解説 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : 局所麻酔作用のモデル研究, --- 界面化学的手法による作用機構の解明 ---, 表面, Vol.42, No.12, 353-371, 2004年12月.
10) 2,004 総説・解説 更科 功, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫の体はどうやってできたか?, 遺伝, Vol.57, No.6, 32-38, 2004年.
11) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 全遺伝子の発現を組織切片で観察するテクノロジー, バイオテクノロジージャーナル, Vol.5, 488-492, 2005年.
12) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 光受容細胞の発生進化の謎にせまる, --- 光同調をつかさどるメラノプシン ---, 蛋白質核酸酵素, Vol.50, 440-441, 2005年.
13) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 器官形成とFGF10シグナル, 細胞工学, Vol.10, 1037-1040, 2005年.
14) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構, 発生システムのダイナミクス,蛋白質核酸酵素増刊, Vol.50, 692-698, 2005年.
15) 2,004 総説・解説 野地 澄晴 : ポストゲノム時代の形態学 システム形態学のテクノロジー, バイオテクノロジー ジャーナル, Vol.5, No.1,2, 114-118, 2005年1月.
16) 2,004 総説・解説 金品 昌志, 松木 均 : 圧力と温度による脂質の相転移制御, FFIジャーナル, Vol.210, No.1, 12-19, 2005年1月.
17) 2,004 総説・解説 Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura and Hisashi Ohkuni : Molecular bases of group A streptococcal pyrogenic exotoxin B, Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.11, No.1, 1-8, Feb. 2005.
18) 2,004 総説・解説 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : The hyaluronate lyase in Streptococcus intermedius and Streptococcus constellatus: A putative virulence factor, Recent Research Development in Microbiology, Vol.9, 81-96, Feb. 2005.
19) 2,004 総説・解説 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌由来アルドラーゼのユニークな4次構造と高度耐熱性, 生物物理, Vol.45, No.2, 97-100, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) 2,004 国際会議 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-3: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, 129, Yokohama, Apr. 2004.
2) 2,004 国際会議 Ryushi Kawakami, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Novel dye-linked L-proline dehydrogenase from anaerobic hyperthermophilic archaea, Thermococcus profundus and Pyrococcus horikoshii OT-3, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
3) 2,004 国際会議 Mohammad W. Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Structure of hyperthermostable NAD-specific glutamate dehydrogenase of Pyrobaculum islandicum, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
4) 2,004 国際会議 Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Hideo Ago, Masashi Miyano, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal structure of an unique FAD and FMN containing enzyme; Dye-linked L-proline dehydrogenase from Pyrococcus horikoshii, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
5) 2,004 国際会議 Sumihare Noji, Taro Mito, Y Tanaka, Katsuyuki Miyawaki, (名) Shinmyo and Hideyo Ohuchi : Involvement of Wnt and EGF signaling systems in regeneraion of cricket legs, 8th international Conference Limb Development and Regeneration, 47, Dundee, UK, Jul. 2004.
6) 2,004 国際会議 Hideyo Ohuchi : Roles of FGF10 during vertebrate organogenesis, JSPS Core-to Core Workshop on Organogenesis of the Thymus, Japan, Aug. 2004.
7) 2,004 国際会議 Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, 246, Hamburg, Aug. 2004.
8) 2,004 国際会議 Yoshimi Nishikawa, Kazunari Yoneda, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Structural study on the heat activation process of recombinant glutamate dehydrogenase from a hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum islandicum: analysis by small-angle X-ray scattering, SAX in the 21st Century, Mikazuki-cho, Sep. 2004.
9) 2,004 国際会議 Shin-ichiro Suye, Yutaka Hirose, Tomokazu Kimura, Haitao Zheng, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator and thermostable dehydrogenase by layer-by-layer adsorption, Nano and Giga Challenges in Microelectronics Symposium and Summer School Reserch and Development Opportunities, Cracow, Sep. 2004.
10) 2,004 国際会議 Toshihisa Ohshima, Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Extremophiles2004: 5th International Conference on Extremophiles, Maryland, Sep. 2004.
11) 2,004 国際会議 Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Yoshiki Matsuura, Hironori Hondoh, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : A Molecular Level Study on the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
12) 2,004 国際会議 Hideaki Nagamune, Hisashi Ohkuni, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor secreted by an isolate from a Kawasaki disease patient is a unique member of cholesterol-dependent cytolysin, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
13) 2,004 国際会議 Graeme Cowan, Hideaki Nagamune and Timothy Mitchell : The human-specificity of intermedilysin is determined by the last 56 residues of domain 4, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
14) 2,004 国際会議 Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami and Haruhiko Sakuraba : Gene and primary stuructures, and properties of a novel type of dye-linked FAD-containing L-proline dehydrogenase complex from the hyperthremophilic archaeon Thermococcus profundus, The eighth China-Japan-Korea joint symposium on enzyme engineering, 43-44, Hangzhou, China, Oct. 2004.
15) 2,004 国際会議 Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Y Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Genome-wide RNAi in the cricket Gryllus bimaculactus as a new model system to study gene functions, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.
16) 2,004 国際会議 Hideyo Ohuchi, T Adachi, Y Hayashibara, M Mitsumori, T Ohata, Y Kawano, M Ogasawara and Sumihare Noji : Novel in situ hybridization methods with InSitu Chip and Sheet-Chip to construct expression database for all mouse genes, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 2,004 国内講演発表 松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割, 第51回マトリックス研究会大会, 20-21, 2004年4月.
2) 2,004 国内講演発表 榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
3) 2,004 国内講演発表 助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
4) 2,004 国内講演発表 永澤 秀子, 後藤 恵子, 平岡 正光, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎, 小野 公二 : 中性子捕捉療法のための低酸素細胞指向性ハイブリッド型ホロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
5) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 東 淳哉, 井関 小百合, 貝谷 梨紗, 永澤 秀子, 堀 均 : 可逆的p53阻害作用を有する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
6) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で発現された超好熱アーキア由来酵素の活性化機構の解明, 日本生化学会中国四国支部大会, 2004年5月.
7) 2,004 国内講演発表 岡崎 貴世, 遠藤 千鶴, 高麗 寛紀 : ザンビア共和国首都近郊および山村地域の飲料水の水質について, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IICa-2, 2004年5月.
8) 2,004 国内講演発表 白井 昭博, 川端 サヤカ, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-2, 2004年5月.
9) 2,004 国内講演発表 白井 昭博, 片岡 大也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-3, 2004年5月.
10) 2,004 国内講演発表 薮原 忠男, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規化合物4,4'-(1,8-Dioxyoctametamethylene)bis(1-alkylpyridinium halide)sの合成とその殺菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-4, 2004年5月.
11) 2,004 国内講演発表 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-7, 2004年5月.
12) 2,004 国内講演発表 幸坂 葵, 渡辺 裕子, 前田 拓也, 中 秀雄, 高麗 寛紀 : 銀担持抗菌アクリル繊維の抗菌メカニズムの解析, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-6, 2004年5月.
13) 2,004 国内講演発表 住友 倫子, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の細胞破壊作用とOmpEの関連性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-8, 2004年5月.
14) 2,004 国内講演発表 野々下 理絵, 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ペプチド系抗菌物質の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-9, 2004年5月.
15) 2,004 国内講演発表 山口 文子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズム, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-10, 2004年5月.
16) 2,004 国内講演発表 前田 拓也, 吉田 あゆみ, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化に関する検討, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-11, 2004年5月.
17) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌Pyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造解析, 第396回ビタミンB研究委員会, Vol.78, No.7, 368-369, 2004年5月.
18) 2,004 国内講演発表 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキアThermococcus litoralisに存在する新規アラニン:グリオキシル酸アミノトランスフェラーゼ, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 246, 2004年5月.
19) 2,004 国内講演発表 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3から発見されたフラビン酵素,色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造解析, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 253, 2004年5月.
20) 2,004 国内講演発表 中西 郁夫, 宇都 義浩, 川島 知憲, 薬丸 晴子, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 堀 均, 伊古田 暢夫 : 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応, 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2004年6月.
21) 2,004 国内講演発表 中西 郁夫, 川島 知憲, 宇都 義浩, 大久保 敬, 薬丸 晴子, 田草川 光子, 金澤 秀子, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 福住 俊一, 堀 均, 伊古田 暢夫 : アルテピリンCによるラジカル消去反応の速度論的解析, 第26回日本フリーラジカル学会学術集会, 2004年6月.
22) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎 : X線小角散乱法を用いた低活性超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化機構の解明, 日本生物工学会西日本支部·日本農芸化学会中四国支部合同若手交流会, 2004年6月.
23) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造と機能相関, 日本Archaea研究会第17回講演会, 2004年7月.
24) 2,004 国内講演発表 中川 秀幸, 細谷 岳史, 長坂 邦子, 長坂 壽訓, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : オニオコゼ刺毒からの新規レクチンの精製, 生化学, Vol.76, No.8, 1012, 2004年8月.
25) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱菌由来のNAD依存性L-リジン脱水素酵素, --- 酵素化学的特徴と一次構造の解析 ---, ビタミンB研究委員会第397回夏期研究協議会, Vol.78, No.9, 453-454, 2004年8月.
26) 2,004 国内講演発表 鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼの結晶成長kineticsの分子論的考察, 第34回結晶成長国内会議, 2004年8月.
27) 2,004 国内講演発表 後藤 了, 小松 和志, 宗像 達夫, 堀 均, 寺田 弘 : 分子の動きは超空間における「ヒモ」である: コンフォメーション空間多様体のパーコレーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月.
28) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 演出型がん治療薬としての低酸素微小環境指向性制がん剤の創製への試み, 第63回日本癌学会, 2004年9月.
29) 2,004 国内講演発表 田頭 祐哉, 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎 : 超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidusのL-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ(AF1838)の機能解析, 日本農芸化学会2004年度中四国支部大会, 2004年9月.
30) 2,004 国内講演発表 川内 由香, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 土壌由来環境DNAからのアラニン脱水素酵素遺伝子の検索, 日本生物工学会平成16年度大会, 57, 2004年9月.
31) 2,004 国内講演発表 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302由来のグルタミン酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成16年度大会, 109, 2004年9月.
32) 2,004 国内講演発表 Haitao Zheng, Yukata Hirose, Tomokazu Kimura, Shin-ichiro Suye, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by layer adsorption method, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, Sep. 2004.
33) 2,004 国内講演発表 廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキア由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌検出DNAセンサーの構築, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, 2004年9月.
34) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 中妻 嘉仁, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤とした抗動脈硬化剤の開発, 日本過酸化脂質·フリーラジカル学会第28回大会, 2004年10月.
35) 2,004 国内講演発表 鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶の成長促進機構に関する分子論的考察, 第45回高圧討論会, 2004年10月.
36) 2,004 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
37) 2,004 国内講演発表 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
38) 2,004 国内講演発表 Yaruhiro Shimizu, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : Cloning, Expression, and Characterization of L-Threonine Dehydrogenase from a Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, 第77回日本生化学会大会, Vol.76, No.8, 825, 2004年10月.
39) 2,004 国内講演発表 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
40) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱菌のアルドラーゼの機能開発, 第77回日本生化学会大会 ランチョンセミナー, Vol.76, No.8, 1145, 2004年10月.
41) 2,004 国内講演発表 前田 拓也 : 天然抗菌剤の現状と今後, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
42) 2,004 国内講演発表 野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
43) 2,004 国内講演発表 吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
44) 2,004 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
45) 2,004 国内講演発表 渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
46) 2,004 国内講演発表 唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌特性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
47) 2,004 国内講演発表 浜川 智江, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 曽田 勇作 : 塵埃に付着した浮遊細菌に対する銀担持抗菌フィルターの殺菌評価, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
48) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD(P)依存性L-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ遺伝子の機能解析, 第4回極限環境微生物学会年会, Vol.3, No.2, 45-46, 2004年11月.
49) 2,004 国内講演発表 鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
50) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱アーキアの色素依存性脱水素酵素の探索とその応用, 第27回日本分子生物学会年会, 369, 2004年12月.
51) 2,004 国内講演発表 西川 良美, 郷田 秀一郎, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
52) 2,004 国内講演発表 津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 吾郷 日出夫, 宮野 雅司, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : P. horikoshii由来L-プロリン脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
53) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 佐々木 秀幸, 中島 佳美, 岡村 菜摘子, 田中 彩子, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : TX-2068: マクロファージの低酸素指向性を利用した低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
54) 2,004 国内講演発表 中嶌 瞳, 後藤 恵子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : BNCTのためのTirapazamineハイブリッド型新規低酸素毒性ボロンキャリアーの分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
55) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiの新規プロリン脱水素酵素:補欠分子族の同定と立体構造解析, 第399回ビタミンB研究協議会, 2005年2月.
56) 2,004 国内講演発表 後藤 了, 小松 和志, 永澤 秀子, 藤田 智也, 中山 真一, 堀 均, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
57) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kenneth-L Kirk, 稲山 誠一 : TX-2036: Desing of an anti-angiogenic hypoxic cell radiosensitizer, 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione-containing azomycin derivative, 第2回がんとハイポキシア研究会, 2005年3月.
58) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kirk L Kenneth, 稲山 誠一 : 2ーメチレン-4ーシクロペンテンー1,3-ジオン含有アゾマイシン誘導体の血管新生阻害活性をもつ低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
59) 2,004 国内講演発表 後藤 恵子, 永澤 秀子, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : ホウ素中性子捕捉療法のための低酸素指向性molecular beacon:hypoxic cytotoxinハイブリッド型TX-2100の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
60) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 永澤 秀子, 堀 均, 寺尾 純二 : ブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのLDL抗酸化剤を目指したイソプレノミクス解析, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
61) 2,004 国内講演発表 中山 真一, 永澤 秀子, 藤田 智也, 橋本 敏弘, 浅川 義範, 宇都 義浩, 堀 均, Kuntz Doauglas-A : 標的タンパク質の立体構造に基づくswainsonine アナログの分子設計,立体選択的Mannich 反応によるDiversity-oriented 合成及びGMII 阻害活性, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
62) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアのL-プロリン脱水素酵素複合体の機能·構造解析と応用, 21世紀COEプログラム「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」第4回シンポジウム, 2005年3月.
63) 2,004 国内講演発表 廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : リコンビナント耐熱性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌のDNA検出システム, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
64) 2,004 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : 哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義, 日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, 2005年3月.
65) 2,004 国内講演発表 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : 骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
66) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎, 西川 良美, 小島 正樹, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : X線小角散乱法を用いた超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化による構造変化の解明, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
67) 2,004 国内講演発表 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 倉光 成紀, 川端 猛, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulforobus tokodaii由来機能未知タンパク質ST1625のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
68) 2,004 国内講演発表 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiに存在する新規ATP含有アミノ酸脱水素酵素, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
69) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 本多 恭子, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 新居 修 : スクモ藍建て工程に関与するインジゴ還元酵素の精製と性質, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 2,004 その他・研究会 大島 敏久 : 次世代型酵素電極バイオセンサーチップの開発, 徳島大学テクノクラスター基調講演, 2004年6月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1) 2,004 報告書 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 高橋 正明 : アフィニティリガンド結合磁性粒子の開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 31-32, 徳島, 2004年8月.
2) 2,004 報告書 大島 敏久, 本仲 純子, 郷田 秀一郎, 和田 友良 : 新規酵素バイオセンサーの開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 68-69, 徳島, 2004年8月.
3) 2,004 報告書 大島 敏久 : 超好熱古細菌の補酵素NAD(P)の生合成系の解明, --- ゲノム情報に基づく関連酵素の機能と構造解析 ---, 旭硝子財団助成研究成果報告, 41-42, 東京, 2004年12月.
4) 2,004 報告書 櫻庭 春彦 : 超好熱菌由来の高度耐熱性アルドラーゼによるキラルポリオールの合成, 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))成果報告書, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 2,005 著書 大内 淑代 : 予防医学事典(分担), --- 156. 線維芽細胞増殖因子 ---, 朝倉書店, 東京, 2005年5月.
2) 2,005 著書 金品 昌志 : リポソー厶応用の新展開 ∼人工細胞の開発に向けて∼, --- 第1章 リポソームの基本的物性 1.2 高圧力下における相挙動 ---, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2005年6月.
3) 2,005 著書 高麗 寛紀 : 表面·界面工学大系 下巻 応用編(分担), 株式会社 テクノシステム, 東京, 2005年11月.
4) 2,005 著書 三戸 太郎, 中村 太郎, 宇田 知弘, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 第2章 コオロギの脚の再生メカニズム, コロナ社, 2006年.
5) 2,005 著書 高麗 寛紀 : 食品工学ハンドブック(分担), 朝倉書店, 東京, 2006年1月.
6) 2,005 著書 松木 均 : バイオ研究がぐんぐん進むコンピュータ活用ガイド, --- 第1章 コンピュータを使うための基本作法 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,005 学術論文 (審査論文) Honghie Zhang, Yohei Shinmyo, Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Isao Sarashina, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of the homeotic genes Scr, Antp, Ubx, and abd-A during embryogenesis of the cricket Gryllus bimaculatus, Gene Expression Patterns, Vol.5, No.4, 491-502, 2005.
2) 2,005 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membranes of Phospholipids with Varying Acyl Chain Lengths, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.42, No.1, 79-88, 2005.
3) 2,005 学術論文 (審査論文) Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
4) 2,005 学術論文 (審査論文) Hitomi Kurose, Mayumi Okamoto, Miyuki Shimizu, Takaaki Bito, Cristophe Marcelle, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : FGF19-FGFR4 signaling elaborates lens induction with the FGF8-L-Maf cascade in the chick embryo, Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.4, 213-223, 2005.
5) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
6) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Minoru Suzuki, Kenji Nagata, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia, with reference to effects on quiescent tumor cell populations., International Journal of Hyperthermia, Vol.21, No.4, 305-318, 2005.
7) 2,005 学術論文 (審査論文) Tetsuya Oshikawa, Masato Okamoto, Sharif U. Ahmed, Sachiko Furuichi, Tomoyuki Tano, Akiko Sasai, Shin Kan, Soko Kasai, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Mitsunobu Sato : TX-1877, a bifunctional hypoxic cell radiosensitizer, enhances anticancer host response: immune cell migration and nitric oxide production., International Journal of Cancer, Vol.116, No.4, 571-578, 2005.
8) 2,005 学術論文 (審査論文) Suzuki Kenji, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Sugimoto Yoshikazu, Noguchi Kazuharu, Wakida Motojii, Wierzba Konstanty, Terada Tadafumi, Asao Tetsuji, Yamada Yuji, Kitazato Kenji and Hitoshi Hori : Napthalimidobenzamide DB-51630: A Novel DNA binding agent inducing p300 gene expression and exerting a potent anti-cancer activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.12, 4014-4021, 2005.
9) 2,005 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Hiroko Okuno, Fumihiko Sakano, Masataka Kusube and Shoji Kaneshina : Effect of deuterium oxide on the thermodynamic quantities associated with phase transitions of phosphatidylcholine bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1712, No.1, 92-100, 2005.
10) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, K. Ohnishi, A. Takahashi, T. Ohnishi, M. Suzuki, K. Nagata, Y. Kinashi and K. Ono : Combination of the antivascular agent ZD6126 with hypoxic cytotoxin treatment, with reference to the effect on quiescent tumor cells and the dependency on p53 status of tumor cells, Oncology Reports, Vol.14, No.2, 394-400, 2005.
11) 2,005 学術論文 (審査論文) Hirotaka Tao, Miyuki Shimizu, Ryo Kusumoto, Katsuhiko Ono, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : A dual role of FGF10 in proliferation and coordinated migration of epithelial leading edge cells during mouse eyelid development., Development, Vol.132, No.14, 3217-3230, 2005.
12) 2,005 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Kazunari Yoneda, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal Structure of the NAD Biosynthetic Enzyme Quinolinate Synthase, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.29, 26645-26648, 2005.
13) 2,005 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : First Archaeal Inorganic Polyphosphate/ATP-Dependent NAD Kinase, from Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, --- Cloning, Expression, and Characterization ---, Applied and Environmental Microbiology, Vol.71, No.8, 4352-4358, 2005.
14) 2,005 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : A second novel dye-linked L-proline dehydrogenase complex is present in the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, The FEBS Journal, Vol.272, No.16, 4044-4054, 2005.
15) 2,005 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Shimizu, Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : L-Threonine dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT3, --- gene cloning and enzymatic characterization ---, Extremophiles, Vol.9, No.4, 317-324, 2005.
16) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Hideo Ago, Masashi Miyano, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal Structure of a Novel FAD-, FMN-, and ATP-containing L-Proline Dehydrogenase Complex from Pyrococcus horikoshii, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.35, 31045-31049, 2005.
17) 2,005 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C Isoprenomics: Facile Total Synthesis and Discovery of Amphiphilic Antioxidant, ACS symposium series, No.909, 176-187, 2005.
18) 2,005 学術論文 (審査論文) 山崎 奈穂, 松岡 和彦, 長山 和史, 秦 隆志, 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : イオン選択電極法による脂質二分子膜の相転移観測, 分析化学, Vol.54, No.10, 975-978, 2005年.
19) 2,005 学術論文 (審査論文) Yuichi Wakana, Satoshi Koyama, Ken-ichi Nakajima, Kiyotaka Hatsuzawa, Masami Nagahama, Katsuko Tani, Hans-Peter Hauri, Paul Melancon and Mitsuo Tagaya : Reticulon 3 is involved in membrane trafficking between the endoplasmic reticulum and Golgi, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.334, No.4, 1198-1205, 2005.
20) 2,005 学術論文 (審査論文) Kazunari Yoneda, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Seiki Kuramitsu, Takeshi Kawabata and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal helical repeat protein, Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.F61, No.Pt 7, 636-639, 2005.
21) 2,005 学術論文 (審査論文) Mami Hino, Mutsumi Oda, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Chie Kochi, Takashi Nishizawa, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Establishment of an in vitro model using NR8383 cells and mycobacterium bovis calmette-guerin that mimics a chronic infection of mycobacterium tuberculosis., In Vivo, Vol.19, No.5, 821-830, 2005.
22) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hideyuki Sasaki, Natsuko Okamura, Aya Murakami, Shin-ichi Kubo, Kenneth L.Kirk and Hitoshi Hori : Gc protein (vitamin D-binding protein): Gc genotyping and GcMAF precursor activity, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3689-3695, 2005.
23) 2,005 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure-Induced Phase Transitions of Lipid Bilayers Observed by Fluorescent Probes Prodan and Laurdan, Biophysical Chemistry, Vol.117, No.3, 199-206, 2005.
24) 2,005 学術論文 (審査論文) Michio Ogasawara, Nori Satoh, Yasuhito Shimada, Zhipeng Wang, Toshio Tanaka and Sumihare Noji : Rapid and stable buffer exchange system using InSitu Chip suitable for multicolor and large-scale whole-mount analyses., Development Genes and Evolution, Vol.216, No.2, 100-104, 2005.
25) 2,005 学術論文 (審査論文) Mami Hino, Chie Kohchi, Takashi Nishizawa, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Innate-immune Therapy for Lung Carcinoma Based on Tissue-macrophage Activation with lipopolysaccharide, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3747-3754, 2005.
26) 2,005 学術論文 (審査論文) Sayuri Tomonari, Shino Akamatsu, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : A non-canonical photopigment, melanopsin, is expressed in the differentiating ganglion, horizontal, and bipolar cells of the chicken retina, Developmental Dynamics, Vol.234, No.3, 783-790, 2005.
27) 2,005 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Fumika Mi-ichi, Tamaki Kobayashi, Masaya Yamanouchi, Jun Kotera, Kiyoshi Kita and Kenji Omori : PfPDE1, a novel cGMP-specific phosphodiesterase from the human malaria parasite Plasmodium falciparum, The Biochemical Journal, Vol.392, No.1, 221-229, 2005.
28) 2,005 学術論文 (審査論文) Shuichiro Goda, Masaki Kojima, Yoshimi Nishikawa, Chizu Kujo, Ryushi Kawakami, Seiki Kuramitsu, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Intersubunit Interaction Induced by Subunit Rearrangement Is Essential for the Catalytic Activity of the Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum., Biochemistry, Vol.44, No.46, 15304-15313, 2005.
29) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuya Maeda, Shingo Tanaka, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Characterization and Protein Analysis of Escherichia coli Resistant to a Quaternary Ammonium Compound, Biocontrol Science, Vol.10, No.4, 139-145, 2005.
30) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, A Takaya, Y Handa, K Karata and T Yamamoto : ClpXP controls the expression of LEE genes in enterohaemorrhagic Escherichia coli., FEMS Microbiology Letters, Vol.253, No.1, 59-66, 2005.
31) 2,005 学術論文 (審査論文) Balaji Krishnamachary, David Zagzag, Hideko Nagasawa, Karin Rainey, Hiroaki Okuyama, Jin H. Baek and Gregg L. Semenza : HIF-1-dependent Repression of E-cadherin in VHL-null Renal Cell Carcinoma Mediated by TCF3, ZFHX1A, and ZFHX1B, Cancer Research, Vol.66, No.5, 2725-2731, 2006.
32) 2,005 学術論文 (審査論文) Makiko-Iijima Kitami, Toshiaki Kitami, Masami Nagahama, Mitsuo Tagaya, Seiji Hori, Akira Kakizuka, Mizuno Yoshikuni and Nobutaka Hattori : Dominant-negative effect of mutant valosin-containing protein in aggresome formation, FEBS Letters, Vol.580, No.2, 474-478, 2006.
33) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichi Sakasegawa, Hidehiko Ishikawa, Shigeyuki Imamuna, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Bilirubin oxidase activity of Bacillus subtilis CotA, Applied and Environmental Microbiology, Vol.72, No.1, 972-975, 2006.
34) 2,005 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Tadashi Yoshimoto, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Pratamine: a unique and patent inhibitor of oligopeptidase B, Journal of Peptide Science, Vol.12, No.1, 65-71, 2006.
35) 2,005 学術論文 (審査論文) Atsushi Tabata, Fumihiko Namba, Minoru Yamada, Taeko Hasegawa, Kumiko Nakahira, Daizo Hamada, Hiroyuki Kitajima, Eiichiro Fukusaki and Itaru Yanagihara : Expression and purification of recombinant human annexin A2 in Pichia pastoris and utility of expression product for detecting annexin A2 antibody, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.101, No.2, 190-197, 2006.
36) 2,005 学術論文 (審査論文) Akiko Takaya, Mari Matsui, Toshifumi Tomoyasu, Michihiro Kaya and Tomoko Yamamoto : The DnaK chaperone machinery converts the native FlhD2C2 hetero-tetramer into a functional transcriptional regulator of flagellar regulon expression in Salmonella., Molecular Microbiology, Vol.59, No.4, 1327-1340, 2006.
37) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Keiko Gotoh, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : Evaluation of Hypoxia-Specific Cytotoxic Bioreductive Agent-Sodium Borocaptate-10B Conjugates, as 10B-Carriers in Boron Neutron,Capture Therary, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 98-107, 2006.
38) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yuko Kinashi and Koji Ono : Evaluation of Hypoxic Cell Radio-sensitizers in Terms of Radio-sensitizing and Repair-inhibiting Potential Dependency on p53 Status of Tumor Cells and the Effects on Intratumor Quiescent Cells, Anticancer Research, Vol.26, No.2A, 1261-1270, 2006.
39) 2,005 学術論文 (審査論文) Ryoko Buma, Takuya Maeda, Masaharu Kamei and Hiroki Kourai : Pathogenic Bacteria Carried by Companion Animals and Their Susceptibility to Antibacterial Agents, Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 1-9, 2006.
40) 2,005 学術論文 (審査論文) Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Mari Mayama, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antifungal characteristics of N,N'-hexamethylenebis (4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide), Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 37-42, 2006.
41) 2,005 学術論文 (審査論文) 住友 倫子, 幸坂 葵, 中 秀雄, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 繊維製品の抗真菌性試験, 防菌防黴誌, Vol.34, No.3, 141-147, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) 2,005 学術レター Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hisashi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 71-74, 2006.
2) 2,005 学術レター Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the anginosus streptococci: As the putative virulence factors, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 231-234, 2006.
3) 2,005 学術レター Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 262-266, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 2,005 総説・解説 三戸 太郎, 更科 功, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 昆虫における初期発生システムの進化, タンパク質核酸酵素, Vol.50, No.6, 750-755, 2005年5月.
2) 2,005 総説・解説 高麗 寛紀 : 殺菌剤の定量的構造活性相関手法を用いた基礎的研究および実用化に関する研究, 防菌防黴誌, Vol.33, No.6, 273-285, 2005年5月.
3) 2,005 総説・解説 前田 拓也, 住友 倫子, 高麗 寛紀 : 食品衛生と界面活性剤4, --- 界面活性剤の殺菌·抗菌作用 ---, 防菌防黴誌, Vol.33, No.10, 550-560, 2005年10月.
4) 2,005 総説・解説 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアの新規フラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能開発, 酵素工学ニュース, Vol.54, 31-36, 2005年10月.
5) 2,005 総説・解説 大内 淑代 : 組織修復・再生作用, --- FGFs 薬理作用と生理作用 ---, 日本臨床,臨床分子内分泌学3—甲状腺副甲状腺骨内分泌代謝系, Vol.63, No.10, 503-508, 2005年10月.
6) 2,005 総説・解説 三戸 太郎, 野地 澄晴 : コオロギから学ぶ生物の発生システムの進化, 昆虫と自然, Vol.40, No.11, 5-8, 2005年.
7) 2,005 総説・解説 津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 新規ジフラビン脱水素酵素ファミリー : FAD, FMN, ATP結合L-プロリン脱水素酵素複合体の構造と機能, 生化学, Vol.78, No.1, 41-45, 2006年1月.
8) 2,005 総説・解説 松木 均, 金品 昌志 : リン脂質二分子膜相転移の熱力学, 熱測定, Vol.33, No.2, 74-82, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) 2,005 国際会議 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Cheng-Zhe Jin, Ayako Tanaka, Mariko Shimamura, Yoshio Takeuchi, Kenneth L. Kirk and Seiichi Inayama : Design of 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione-containing azomycin derivatives as antiangiogenic hypoxic cell radiosensitizers, 96th American Association for Cancer Research Annual Meeting, Anaheim, Apr. 2005.
2) 2,005 国際会議 Yuji Tani, Tomoki Yabutani, Yuji Mishima, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Preparation and electrochemical characteristics of thermostable D-Proline dehydrogenase immobilized electrode, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
3) 2,005 国際会議 Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma, Hideo Ago, Masashi Miyano and Toshihisa Ohshima : The Crystal Structure of L-proline Dehydrogenase in a Hyperthermophilic Archaeon, XX Congress of the International Union of Crystallography, Vol.27, No.50, C198, Florence, Italy, Aug. 2005.
4) 2,005 国際会議 Shinichi Nakayama, Hideko Nagasawa, Tomoya Fujita, Toshihiro Hashimoto, Yoshinori Asakawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Douglas A. Kuntz : Synthesis of new GMII mannosidase inhibitors, diversity-oriented 5-substituted swainsonine analogues, via stereoselective Mannich reaction, 230th American Chemical Society Meeting & Exposition, Washington, D.C., Aug. 2005.
5) 2,005 国際会議 Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005.
6) 2,005 国際会議 H Tao, M Shimizu, R Kusumoto, K Ono and Sumihare Noji : Roles of FGF10 in mouse eyelid development., 15th International Society of Developmental Biologists Congress, Sydney, Australia, Sep. 2005.
7) 2,005 国際会議 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Masamitsu Hiraoka, Keiko Goto, Hitomi Nakashima, Satoru GOTO and Shin-ichiro Masunaga : Design, synthesis, and pharmacokinetics of hypoxic tumor-targeting boron carriers, IMEBORON12, Sendai, Sep. 2005.
8) 2,005 国際会議 Toshihisa Ohshima : Structure and function of hyperthermophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolases, The 13th German-Japanese Workshop on Enzyme Technology, Uberlingen, Germany, Sep. 2005.
9) 2,005 国際会議 Yoneda Kazunari, Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Katunuma Nobuhiko, Kuramitsu Seiki, Kawabata Takeshi and Toshihisa Ohshima : The crystal structure of ST1625p from hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii: a novel fold of helical repeat protein, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON EXTREMOPHILES AND THEIR APPLICATIONS, Tokyo, Nov. 2005.
10) 2,005 国際会議 Hideyo Ohuchi : Dual role of FGF10 during mouse eyelid development, 2nd International Symposium on ''Dynamics of Developmental Systems'', Kazusa, Chiba, Nov. 2005.
11) 2,005 国際会議 Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Yoneda Kazunari, Katunuma Nobuhiko and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of the NAD biosynthetic enzyme quinolinate synthase, International Interdisciplinary Conference of Vitamins, Coenzyme and Biofactors 2005, Awaji Island, Japan, Nov. 2005.
12) 2,005 国際会議 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Role of PACE4 and furin in cell differentiation, International Conference on Serine-Carboxyl Peptidases 2005, Kyoto, Nov. 2005.
13) 2,005 国際会議 Hitoshi Matsuki, Ukyo Komatsu, Makoto Nishimoto, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Comparative study of specific and non-specific interactions between bio-macromolecules and ligands, International Congress Series, Vol.1283, 207-210, Nara, Dec. 2005.
14) 2,005 国際会議 Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Takashi Hata, Hiroko Okuno, Masataka Kusube and Nobutake Tamai : Local anesthetic tetracaine induces the interdigitation of lipid bilayers, International Congress Series, Vol.1283, 320-321, Nara, Dec. 2005.
15) 2,005 国際会議 Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Recognition for long-chain saturated fatty acids, by dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membranes, International Congress Series, Vol.1283, 324-325, Nara, Dec. 2005.
16) 2,005 国際会議 Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Study on the interaction between bovine serum albumin and inhalation anesthetic halothane by differential scanning calorimetry, International Congress Series, Vol.1283, 326-327, Takamatsu, Dec. 2005.
17) 2,005 国際会議 Ukyo Komatsu, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Effect of an inhalation anesthetic on the viscosity of aqueous bovine serum albumin solutions, International Congress Series, Vol.1283, 322-323, Nara, Dec. 2005.
18) 2,005 国際会議 Naho Yamazaki, Kazuhiko Matsuoka, Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Distribution of charged and uncharged local anesthetics into phospholipid bilayer membrane: correlation between partition coefficients and anesthetic potency, International Congress Series, Vol.1283, 330-331, Nara, Dec. 2005.
19) 2,005 国際会議 Kazuhiko Matsuoka, Kazuhito Nagayama, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Partition coefficients of local anesthetic into phospholipid-cholesterol mixed bilayer membranes, International Congress Series, Vol.1283, 328-329, Nara, Dec. 2005.
20) 2,005 国際会議 Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : Crystal structure of D-2-deoxyribose-5-phosphate aldolase from a hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix, Pacifichem 2005, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2005.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 2,005 国内講演発表 石田 巧, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンに対する単クローン抗体の作成とその性質, 日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
2) 2,005 国内講演発表 犬伏 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 関矢 加智子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンとその受容体の結合に及ぼすコレステロールの影響, 日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
3) 2,005 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の作製とその電気化学特性評価, 第66回分析化学討論会, 2005年5月.
4) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : 抗動脈硬化剤の創製を目指したArtepillin C Isoprenomics, 第3回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2005年5月.
5) 2,005 国内講演発表 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンに対する各種食中毒菌の耐性化, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
6) 2,005 国内講演発表 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
7) 2,005 国内講演発表 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の抗菌活性とその溶血活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
8) 2,005 国内講演発表 三上 勝弘, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の物理化学的特性と定量的構造活性相関研究, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
9) 2,005 国内講演発表 浅田 舞子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺カビ特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
10) 2,005 国内講演発表 栗本 麻友子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Saccharomycesに対するビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
11) 2,005 国内講演発表 吉成 安純, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
12) 2,005 国内講演発表 野々宮 正晃, 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, Vol.IC-33, 2005年5月.
13) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 : 風呂残り湯の微生物学的及び化学的解析, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
14) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 : 微生物試験用モデル残り湯の構築, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
15) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 森 孝, 阪口 浩士, 鬼塚 浩明, 辻 正光 : 人工バイオフィルムの構築とその定量的評価方法に関する検討, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
16) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 板東 一宏, 米本 謙悟 : 銀系抗菌材のトマト養液栽培病原菌に対する殺菌効果, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
17) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
18) 2,005 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアのヌクレオチド補欠因子要求性酵素の研究, --- 新規酵素の発見,機能と構造の解析並びに応用 ---, 日本ビタミン学会第57回大会 ビタミン学会賞受賞講演, 2005年5月.
19) 2,005 国内講演発表 櫻庭 春彦, 米田 一成, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来キノリン酸シンターゼのX線結晶構造解析, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月.
20) 2,005 国内講演発表 川上 竜巳, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD生合成に機能すると予想されるL-AspDHホモログの機能解析, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月.
21) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 永澤 秀子, 堀 均 : p53の阻害を介して正常細胞のダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第11回癌治療増感研究会, 2005年5月.
22) 2,005 国内講演発表 三好 篤, 永澤 秀子, 北島 吉彦, 井手 貴雄, 宮崎 耕治, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素環境による肝細胞癌の悪性進展機序と低酸素標的治療の確立, 第17回日本肝胆膵外科学会, 2005年6月.
23) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : LDL抗酸化剤を指向したブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのイソプレノミクス解析, 第5回AOB研究会, 2005年6月.
24) 2,005 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼのユニークな自己活性化制御機構, 第5回日本蛋白質科学会年会ワークショップ9, 2005年6月.
25) 2,005 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子 : 低酸素指向性薬物設計:抗血管新生活性低酸素細胞放射線増感剤アゾマイシン-2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン誘導体, 第9回がん分子標的治療研究会総会, 2005年7月.
26) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 後藤 恵子, 中嶌 瞳, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 永澤 秀子, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 低酸素薬剤(hypoxia drug)の創製:p53阻害型低酸素細胞放射線増感剤および低酸素指向性ハイブリッド型ボロンキャリアーの分子設計, 第35回放射線による制癌シンポジウム, 2005年7月.
27) 2,005 国内講演発表 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiの新規色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造, 日本Archaea研究会第18回講演会, 2005年7月.
28) 2,005 国内講演発表 櫻庭 春彦 : アーキアを中心とした微生物の進化をたどる, --- 超好熱アーキアの特異的なNAD(P)生合成系と進化 ---, 第7回日本進化学会大会 シンポジウム, 2005年8月.
29) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : p53の阻害を介して正常細胞のダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の開発, 第64回日本癌学会学術総会, 2005年9月.
30) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川口 久美子, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール誘導体のラジカル消去活性, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年9月.
31) 2,005 国内講演発表 大島 敏久 : 生かせ,微生物のポテンシャル, --- 超好熱アーキアの構造ゲノミクスとその利用 ---, 2005年度日本農芸化学会関西·中四国·西日本合同大会 シンポジウム, 2005年9月.
32) 2,005 国内講演発表 Oheni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Sizuo Kayama, Keiji Murakami, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : The Mechanism of Bile Epithelium Cell Death Under the Stimulation of Streptococcus Intermedius Cytolysin, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2005.
33) 2,005 国内講演発表 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : The role of Reticulocalbin-3 in regulation of PACE4 activation and secretion, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
34) 2,005 国内講演発表 Kentaro Ogawa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Expression of cysteine proteases and oligopeptidase B in early seedling growth of wheat, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
35) 2,005 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Tadashi Yoshimoto : Protamine: a unique and potent inhibitor of oligopeptidase B, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
36) 2,005 国内講演発表 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 during skeletal muscle differentiation, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
37) 2,005 国内講演発表 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of fibrillin-2 during chondrogenesis, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
38) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたLDL抗酸化剤の分子設計, 日本過酸化脂質·フリーラジカル学会 第29回大会, 2005年10月.
39) 2,005 国内講演発表 福居 麻弓, 射本 康夫, 才所 未来, 辻 陽平, 山本 ゆかり, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌特性, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
40) 2,005 国内講演発表 数藤 萌, 岡本 好子, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : MRSAに対するGemini型第四アンモニウム塩の殺菌機構, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
41) 2,005 国内講演発表 渡辺 裕子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
42) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 大腸菌の第四アンモニウム塩系薬剤耐性とmarシステムの関連性, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
43) 2,005 国内講演発表 岡崎 貴世, 高麗 寛紀 : 化粧用パフの除菌·洗浄について, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
44) 2,005 国内講演発表 高麗 寛紀 : 環境保全が求める循環型社会での抗菌剤が果たす役割, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
45) 2,005 国内講演発表 吉村 剛, 中山 友栄, 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄 : 新規ジェミニ型第四アンモニウム塩の抗シロアリ活性, 日本環境動物昆虫学会 第17回年次大会, 2005年11月.
46) 2,005 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価, 第51回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2005年11月.
47) 2,005 国内講演発表 桃沢 茂行, 桃沢 茂行, 清水 泰博, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : :Pyrococcus horikoshii OT-3由来,Quinolinate phosphoriboosyltransferaseの諸性質の解明, 日本農芸化学会関西支部第442回講演会, 2005年12月.
48) 2,005 国内講演発表 岡村 菜摘子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 滝口 公康, 堀 均 : ヒト血清Gc proteinサブタイプの糖鎖構造解析, 第9回バイオ治療法研究会学術集会, 2005年12月.
49) 2,005 国内講演発表 村上 綾, 中江 崇, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : N-アセチルガラクトサミン基を有する低酸素細胞放射線増感剤TX-2068およびアナログによるマクロファージの活性化能について, 第9回バイオ治療法研究会学術集会, 2005年12月.
50) 2,005 国内講演発表 湯浅 恵造, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるSubtilisin-like proprotein convertase(SPC)の機能解析, 第28回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2005年12月.
51) 2,005 国内講演発表 池田 真理, 池内 健, 志賀 篤志, 幡野 紘樹, 高橋 俊昭, 原 賢寿, 辻 明彦, 西沢 正豊, 小野寺 理 : 分泌型セリンプロテアーゼHtrA1とserpinとの高分子複合体形成の解析, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
52) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール誘導体およびビタミンEモデルのラジカル消去活性, 第17回ビタミンE研究会, 2006年1月.
53) 2,005 国内講演発表 永澤 秀子, 稲田 俊行, 宇都 義浩, 堀 均, Semenza G. : HIF1αノックダウンHCT116細胞株の樹立とHIF1α阻害剤解析への応用, 第8回癌治療増感研究シンポジウム, 2006年2月.
54) 2,005 国内講演発表 中嶌 瞳, 後藤 恵子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 新規ボロンキャリアーの分子設計:Hypoxic cytotoxinハイブリッドの合成及び体内動態, 第8回癌治療増感研究シンポジウム, 2006年2月.
55) 2,005 国内講演発表 寺井 利光, 広瀬 由鷹, 末信 一郎, 堀 照夫, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 耐熱性L-プロリン脱水素酵素の電極上への分子配向制御固定, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
56) 2,005 国内講演発表 吉行 貴司, 伊藤 佳洋, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7 由来2-keto-3-deoxygluconate (KDG) aldolase の機能解析, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
57) 2,005 国内講演発表 岡村 菜摘子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 滝口 公康, 堀 均 : ヒト血清Gc proteinサブタイプの糖鎖構造解析, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
58) 2,005 国内講演発表 田中 彩子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均 : 2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン構造を有する新規血管新生阻害剤の分子設計, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
59) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクス:抗動脈硬化剤の創製を目指したアルテピリンCイソプレン誘導体の分子設計, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
60) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 鈴木 桂子, 川口 久美子, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール構造を有する抗酸化物質のラジカル消去活性の評価, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
61) 2,005 国内講演発表 友安 俊文, 高屋 明子, 長宗 秀明, 山本 友子 : 腸管出血性大腸菌ClpXPプロテアーゼによるLEE pathogenic island 発現制御機構の解, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
62) 2,005 国内講演発表 小南 章, 友安 俊文, 福島 江, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の遺伝学的解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
63) 2,005 国内講演発表 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 壽士, 大倉 一人, 長宗 秀明 : インターメディリシン及びそのホモローグの受容体認識部位の解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

(なし)

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,014 学術論文 (審査論文) Satoshi Yamashita, Tsutomu Hattori, Su See Lee and Kimiko Okabe : Estimating the diversity of wood-decaying polypores in tropical lowland rain forests in Malaysia: the effect of sampling strategy, Biodiversity and Conservation, Vol.24, No.2, 393-406, 2015.
2) 2,014 学術論文 (審査論文) 橋本 直史 : 北海道野菜産地におけるGLOBALGAPの取り組み-2農協における取引への影響と問題点を中心に-, フロンティア農業経済研究, Vol.18, No.1, 19-34, 2015年.
3) 2,014 学術論文 (審査論文) 橋本 直史 : 北海道米における「内部規格」導入の影響に関する考察ーホクレンの集荷・販売対応ー, 農業市場研究, Vol.23, No.4, 1-12, 2015年.
4) 2,014 学術論文 (審査論文) Makoto Murakami, Hiroyasu Sato, Yoshimi Miki, Kei Yamamoto and Yoshitaka Taketomi : A new era of secreted phospholipase A2., Journal of Lipid Research, Vol.56, No.7, 1248-1261, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1) 2,014 国際会議 C Isaji, T Kudo, N Ohshima, Y Yamashita, M Araki, A Honda, T Nagano, N Kato, A Konishi, Koji Kishimoto, K Tatei, N Yanaka and T Izumi : GDE4 and GDE7 produce lysophosphatidic acid by lisophospholipase D activity., The 6th International Conference on PLA2 and Lipid Mediators, Tokyo, Feb. 2015.
2) 2,014 国際会議 M Araki, C Aso, N Ohshima, K Tatei, T Hirano, H Sugimoto, M Kishi, Koji Kishimoto and T Izumi : Identification and functional analysis of a novel diacylglycerol lipase from rat brain., The 6th International Conference on PLA2 and Lipid Mediators, Tokyo, Feb. 2015.
3) 2,014 国際会議 Kei Yamamoto, Yoshimi Miki, Yoshitaka Taketomi, Naotomo Kambe, Kenji Kabashima, Gerard Lambeau, Michael Gelb and Makoto Murakami : A unique lipid pathway driven by group IIF sPLA2 undelies epidermal-hyperplasic disorders., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
4) 2,014 国際会議 Kei Yamamoto, Yoshimi Miki, Mariko Sato and Makoto Murakami : Group IIF sPLA2 promotes skin carcinogenesis., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
5) 2,014 国際会議 Yoshimi Miki, Kei Yamamoto and Makoto Murakami : Group IID sPLA2 resolves psoriasis by driving pro-resolving lipid mediators. 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
6) 2,014 国際会議 T. Anjo, T. Hirabayashi, K. Yokoyama, Kei Yamamoto, A. Naoe, J. Ishikawa, A. Muñoz-Garcia, A. Brash and M. Murakami : Impaired skin barrier function in PNPLA1-deficient mice., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
7) 2,014 国際会議 Y. Endo, Y. Taketomi, Kei Yamamoto, T. Kobayashi and M. Murakami : Skin abnormalities in group III sPLA2-deficient mice., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
8) 2,014 国際会議 Y. Taketomi, N. Ueno, H. Sato, Kei Yamamoto and M. Murakami : Group III sPLA2 facilitates mast cell maturation., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
9) 2,014 国際会議 H. Sato, Y. Taketomi, Kei Yamamoto, S. Hara and M. Murakami : Deficiency of group III sPLA2 protects from metabolic disorders., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
10) 2,014 国際会議 H. Sato, Y. Taketomi, Kei Yamamoto, S. Hara, K. Miyata, Y. Oike, M. Gelb and M. Murakami : Adipocyte-inducible group V and IIE sPLA2s play distinct roles in metabolic disorders., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
11) 2,014 国際会議 R. Murase, Y. Taketomi, H. Sato, Kei Yamamoto, T. Yamamoto and M. Murakami : Group X sPLA2 protects from colitis by mobilizing omega-3 polyunsaturated fatty acid metabolites., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
12) 2,014 国際会議 A. Irie, Kei Yamamoto and M. Murakami : Phosphatidylethanolamine dynamics in osteoclast fusion., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
13) 2,014 国際会議 N. Ueno, Y. Taketomi, Kei Yamamoto, T. Hirabayashi, H. Nakanishi and M. Murakami : Analysis of two major intracellular PLA2 in mast cells reveals crucial contribution of cPLA2a, not iPLA2b, to lipid mobilization in proximal mast cells and distal fibroblasts., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
14) 2,014 国際会議 I. Tsukayama, Y. Takeda, K. Nakatani, T. Mega, K. Toda, Y. Kawakami, Y. Takahashi, T. Arakawa, Kei Yamamoto, M. Murakami and T. Suzuki-Yamamoto : Dioscorea japonica suppresses COX-2 and mPGES-1 expression and has preventive effects on squamous cell carcinoma., 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators., Tokyo, Feb. 2015.
15) 2,014 国際会議 Satoshi Yamashita : Effect of human activities on fungal diversity in forests in Malaysia, TMAC Symposium 2015, Melaka, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1) 2,014 国内講演発表 井上 智晴, 永井 信, 山下 聡, Fadaei Hadi, 石井 励一郎, 岡部 喜美子, 滝 久智, 本多 嘉明, 梶原 康司, 鈴木 力英 : UAVによる空撮画像を用いた落葉広葉樹林内の倒木の検出, 日本生態学会大会, 2015年3月.
2) 2,014 国内講演発表 滝 久智, 佐山 勝彦, 安田 美香, 前藤 薫, 磯野 昌弘, 中村 克典, 井上 大成, 佐藤 重穂, 上田 明良, 小坂 肇, 山下 聡, 岡部 貴美子, 牧野 俊一 : 誘引トラップによるスズメバチ類多様性の全国調査, 題59回日本応用動物昆虫学会, 2015年3月.
3) 2,014 国内講演発表 山下 聡, Nafri Mohamad, 市岡 孝朗, 竹松 葉子, 岡部 貴美子 : アカシア 植林地における木材分解速度の林分間変異に関わる要因, 第126回森林学会大会, 2015年3月.
4) 2,014 国内講演発表 山下 聡, 升屋 勇人, 阿部 真, 正木 隆, 岡部 貴美子 : ブナ属とコナラ属に おける木材分解過程と腐朽菌類の群集構造との関係, 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

(なし)

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

2015年度(平成27年度) / 著書

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,015 学術論文 (審査論文) Toshitaka Ikehara, Mutsumi Nakahashi, Zehong Su, Masatake Akutagawa, Koichiro Tsuchiya, Mitsuo Kitamura, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi : Effects of UV-A LED light irradiation on growth of cultured RAW 264.7 cells, Toxicological and Environmental Chemistry, Vol.97, No.2, 243-255, 2015.
2) 2,015 学術論文 (審査論文) 棚田 教生, 團 昭紀, 日下 啓作, 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 1遊走子起源のフリー配偶体を用いたワカメの大規模種苗生産法および養殖への実用化の実証, Algal Resources, Vol.8, No.1, 23-36, 2015年.
3) 2,015 学術論文 (審査論文) Satoshi Yamashita, Hayato Masuya, Shin Abe, Takashi Masaki and Kimiko Okabe : Relationship between the Decomposition Process of Coarse Woody Debris and Fungal Community Structure as Detected by High-Throughput Sequencing in a Deciduous Broad-Leaved Forest in Japan, PLoS ONE, Vol.10, No.6, e0131510, 2015.
4) 2,015 学術論文 (審査論文) Megumi Shimazaki, Rentsenkhand Sambuu, Yoko Sato, Kim Lanh Thi Do, Fuminori Tanihara, Masayasu Taniguchi and Takeshige Otoi : EFFECTS OF ORVUS ES PASTE ON THE MOTILITY AND VIABILITY OF YAK (BOS GRUNNIENS) EPIDIDYMAL AND EJACULATED SPERMATOZOA AFTER FREEZING AND THAWING., Cryo Letters, Vol.36, No.4, 264-269, 2015.
5) 2,015 学術論文 (審査論文) Quang Ngoc Phan, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : DNA-binding protein HU coordinates pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus., Journal of Bacteriology, 2015.
6) 2,015 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Morita, Ni Wayan Kurniani Karja, Lanh Thi Kim Do, Fuminori Tanihara, Masayasu Taniguchi and Takeshige Otoi : Formation of an Antral Follicle-Like Structure by Bovine Cumulus-Oocyte Complexes Embedded with Fragmin/Protamine Microparticles., Animal Biotechnology, Vol.26, No.4, 273-275, 2015.
7) 2,015 学術論文 (審査論文) Satoshi Yamashita, Kiyoshi Ando, Hideto Hoshina, Noboru Ito, Yuji Katayama, Makoto Kawanabe, Munetoshi Maruyama and Takao Itioka : Food web structure of the fungivorous insect community on bracket fungi in a Bornean tropical rain forest, Ecological Entomology, Vol.40, No.4, 390-400, 2015.
8) 2,015 学術論文 (審査論文) Y Fushimi, M Takagi, D Monniaux, S Uno, E Kokushi, U Shinya, C Kawashima, Takeshige Otoi, E Deguchi and J Fink-Gremmels : Effects of Dietary Contamination by Zearalenone and Its Metabolites on Serum Anti-Müllerian Hormone: Impact on the Reproductive Performance of Breeding Cows., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, Vol.50, No.5, 834-839, 2015.
9) 2,015 学術論文 (審査論文) Rahul Vijay, Xiaoyang Hua, David K. Meyerholz, Yoshimi Miki, Kei Yamamoto, Michael Gelb, Makoto Murakami and Stanley Perlman : Critical role of phospholipase A2 group IID in age-related susceptibility to severe acute respiratory syndromeCoV infection, The Journal of Experimental Medicine, Vol.212, No.11, 1851-1868, 2015.
10) 2,015 学術論文 (審査論文) L T. K. Do, Y Shibata, M Taniguchi, M Nii, T V. Nguyen, Fuminori Tanihara, M Takagi and Takeshige Otoi : Melatonin Supplementation During In Vitro Maturation and Development Supports the Development of Porcine Embryos., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, Vol.50, No.6, 1054-1058, 2015.
11) 2,015 学術論文 (審査論文) Kei Yamamoto, Yoshimi Miki, Mariko Sato, Yoshitaka Taketomi, Yasumasa Nishito, Choji Taya, Kazuaki Muramatsu, Kazutaka Ikeda, Hiroki Nakanishi, Ryo Taguchi, Naotomo Kambe, Kenji Kabashima, Gérard Lambeau, Michael H. Gelb and Makoto Murakami : The role of group IIF secreted phospholipase A2 in epidermal homeostasis and hyperplasia., The Journal of Experimental Medicine, Vol.212, No.11, 1901-1919, 2015.
12) 2,015 学術論文 (審査論文) 山際 睦子, 今野 聖士, 橋本 直史, 坂爪 浩史 : 大都市学校給食における域内産青果物調達の展開論理 :札幌市を事例として, 農経論叢, Vol.70, 33-42, 2015年.
13) 2,015 学術論文 (審査論文) Tetsushi Ono, Asako Takaoka, Yasuhiro Morita, Lanh Do, Fuminori Tanihara, Masayasu Taniguchi and Takeshige Otoi : Effects of dibutyryl cyclic adenosine monophosphate and human chorionic gonadotropin on the formation of antral follicle-like structures by bovine cumulus-oocyte complexes., Acta Veterinaria Hungarica, Vol.63, No.4, 485-498, 2015.
14) 2,015 学術論文 (審査論文) 棚田 教生, 團 昭紀, 加藤 慎治, 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 鹿児島県産天然ワカメと鳴門産養殖品種の雌雄フリー配偶体正逆交雑による品種改良の効果, Algal Resources, Vol.8, No.2, 103-112, 2015年.
15) 2,015 学術論文 (審査論文) Yanfei Hou, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Yumi Harada, Akari Tsunedomi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Combined treatment of UVA irradiation and antibiotics induces greater bactericidal effects on Vibrio parahaemolyticus., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1-2, 63-67, 2016.
16) 2,015 学術論文 (審査論文) Mayumi Sugimoto, Norio Kamemura, Mizuho Nagao, Makoto Irahara, Shoji Kagami, Takao Fujisawa and Hiroshi Kido : Differential response in allergen-specific IgE, IgGs and IgA levels for predicting outcome of oral immunotherapy., Pediatric Allergy and Immunology, Vol.27, No.3, 276-282, 2016.
17) 2,015 学術論文 (審査論文) R. Murase, H. Sato, Kei Yamamoto, A. Ushida, Y. Nishito, K. Ikeda, T. Kobayashi, T. Yamamoto, Y. Taketomi and M. Murakami : Group X secreted phospholipase A2 releases ω-3 polyunsaturated fatty acids, suppresses colitis and promotes sperm fertility, The Journal of Biological Chemistry, Vol.291, No.13, 6895-6911, 2016.
18) 2,015 学術論文 (審査論文) 橋本 直史 : 農協販売事業における安全性対応の展開に関する研究 -北海道十勝地域における「十勝型GAP」の取り組みに注目して-, 協同組合奨励研究報告, Vol.41, 171-190, 2016年.
19) 2,015 学術論文 (審査論文) Morita Yasuhiro, Taniguchi Masayasu, Fuminori Tanihara, Ito Aya, Namula Zhao, DO Thi Kim Lanh, Takagi Mitsuhiro, Tatsuya Takemoto and Takeshige Otoi : The optimal period of Ca-EDTA treatment for parthenogenetic activation of porcine oocytes during maturation culture, The Journal of Veterinary Medical Science, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1) 2,015 総説・解説 木戸 博, 杉本 真弓, 亀村 典生, 窪田 賢司, 鈴木 宏一 : クラススイッチを基盤に免疫環境と免疫応答をモニターする高性能タンパクチップの臨床応用, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.64, No.5, 488-494, 2015年11月.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1) 2,015 国際会議 Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Acceptable daily intake levels of sucralose consumption reduces fecal Clostridium cluster 4 in mouse, 12th Asian Congress of Nutrition, 70, May 2015.
2) 2,015 国際会議 Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : Low dose antibiotics treatment in the prenatal period affect newborns health in later life, 12th Asian Congress of Nutrition, 70, May 2015.
3) 2,015 国際会議 Takaaki Shimohata, Negoro Sachie, Kido Junko, Hatayama Sho, Sato Yuri, Iba Hitomi, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : INFECTION OF CAMPYLOBACTER JEJUNI REDUCES CFTR MEDIATED CL- SECRETION IN T-84, 6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
4) 2,015 国際会議 Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Iba Hitomi, Nishimura Kazuya, Taniguchi Yuichi, Kazuki Horikawa, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : COMBINATION BETWEEN A FEW T3SS INJECTISOME AND A LOT EFFECTOR FOR KILLING HOST CELLS ON VIBRIO PARAHAEMOLYTICUS, 6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
5) 2,015 国際会議 Hatayama Sho, Takaaki Shimohata, Negoro Sachie, Sato Yuri, Kido Junko, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : The denudation of lateral part promote Campylobacter jejuni invasion in Caco-2 cells., 6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
6) 2,015 国際会議 Tsunedomi Akari, Masamura Akinori, Mutsumi Nakahashi, Nishisaka Risa, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Katsuyuki Miyawaki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Disinfection system with UVA-LED for hydroponic nutrient solution, 6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
7) 2,015 国際会議 M Araki, C Aso, C Aso, N Ohshima, K Tatei, T Hirano, S Sugimoto, M Kishi, Koji Kishimoto, H Obinata, H Obinata and T Izumi : Purification and characterization of a soluble diacylglycerol lipase from rat brain., 14th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation and Related Diseases, Budapest, Hungary, Jul. 2015.
8) 2,015 国際会議 I. Tsukayama, Y. Takeda, T. Mega, K. Toda, Y. Kawakami, Y. Takahashi, M. Kimoto, Kei Yamamoto, M. Murakami and T. Suzuki-Yamamoto : Preventive effect of discorea japonica on squamous cell carcinoma of the mouse skin involving down-regulation of prostaglandin E2 synthetic pathway., The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Budapest, Hungary, Jul. 2015.
9) 2,015 国際会議 T. Suzuki-Yamamoto, M. Tanaka, E. Kawai, K. Toda, Y. Serai, T. Mega, Y. Kawakami, Y. Takahashi, Kei Yamamoto, M. Murakami and M. Kimoto : Purification and characterization of bovine lipocalin-type prostaglandin D synthase from cow's milk., The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Budapest, Hungary, Jul. 2015.
10) 2,015 国際会議 R. Murase, Y. Taketomi, H. Sato, Kei Yamamoto, T. Yamamoto and M. Murakami : Group X sPLA2 mobilizes omega-3 polyunsaturated fatty acid metabolites to protect from colitis., The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Budapest, Hungary, Jul. 2015.
11) 2,015 国際会議 Y. Taketomi, Y. Endo, Kei Yamamoto, T. Kobayahsi and M. Murakami : Skin abnormalities in group III secreted phospholipase A2-deficient mice., The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Budapest, Hungary, Jul. 2015.
12) 2,015 国際会議 Kei Yamamoto, Y. Miki, M. Sato, Y. Taketomi, N. Kambe, K. Kabashima, G. Lambeau, M.H. Gelb and M. Murakami : Plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine driven by group IIF sPLA2 underlies epidermal-hyperplastic disorders., The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Budapest, Hungary, Jul. 2015.
13) 2,015 国際会議 Salleh Habibah and Satoshi Yamashita : Fungi in Sarawak: Practical use of historical samples in the fungarium of Forest Department Sarawak, Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak, Kuching,Malaysia, Sep. 2015.
14) 2,015 国際会議 Satoshi Yamashita, Ali Nafri Mohamad, Meleng Paulus, Fatimah Bte Mohamad and Itioka Takao : Decomposition process of wood cubes in Acacia plantation forest and natural forest in Bintulu, Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak, Kuching,Malaysia, Sep. 2015.
15) 2,015 国際会議 Meleng Paulus, Itioka Takao, Satoshi Yamashita, Fatimah Bte Mohamad, Ali Nafri Mohamad, Hossman Yazid Mohamad, Takano Takenaka Kohei, Hyodo Fujio, Takematsu Yoko, Ito Masato and Maeto Kaoru : Effects of isolated reserved forests on the assemblage of parasitoid wasps in the surrounding areas, Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak, Kuching,Malaysia, Sep. 2015.
16) 2,015 国際会議 kawamoto Norio, Norio Kamemura, Hiroshi Kido and Fukao Toshiyuki : Detection of Ovomucoid-Specific Low-Affinity IgE in 14-Month-Old Infants and Its Relationship with Eczema, American Academy of Allergy Asthma and Immunology, ロサンゼルス (アメリカ合衆国), Mar. 2016.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1) 2,015 国内講演発表 杉本 真弓, 亀村 典生, 長尾 みづほ, 香美 祥二, 藤澤 隆夫, 木戸 博 : 急速経口免疫療法における抗原特異的IgGおよびIgAと予後に関する検討, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年5月.
2) 2,015 国内講演発表 武富 芳隆, 遠藤 由妃, 山本 圭, 小林 哲幸, 村上 誠 : Ⅲ型ホスホリパーゼA2は皮膚バリア恒常性に関わる, 第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
3) 2,015 国内講演発表 山本 圭, 三木 寿美, 村上 誠 : IIF型分泌性ホスホリパーゼA2により産生されるアルケニル型リゾホスファチジルエタノールアミンは表皮肥厚性疾患のバイオマーカーである, 第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
4) 2,015 国内講演発表 入江 敦, 山本 圭, 村上 誠 : リン脂質動態に基づく破骨細胞融合機構の解明, 第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
5) 2,015 国内講演発表 岸本 幸治, 原口 崇, 清水 健志, 山口 藍子, 吉原 利忠, 岸 美紀子, 井出 宗則, 小山 徹也, 対馬 義人, 飛田 成史, 辻 明彦, 和泉 孝志 : Gタンパク質共役型受容体であるG2Aはがん細胞の幹細胞性を制御する., 第56回 日本生化学会 中国四国支部例会(口頭), 16, 2015年5月.
6) 2,015 国内講演発表 橋本 直史 : 農産物の安全・安心対策と地産地消 -GLOBALGAPから見えるもの-, 株式会社 キョーエイ 「すきとく市中央会」, 2015年6月.
7) 2,015 国内講演発表 下畑 隆明, 木戸 純子, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 射場 仁美, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR regulates Campylobacter jejuni invasion in cultured cells, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2015年7月.
8) 2,015 国内講演発表 畑山 翔, 下畑 隆明, 吉兼 道子, 根来 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの上皮細胞への侵入は細胞のラテラル面の露出により増加する, 第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
9) 2,015 国内講演発表 常冨 愛香里, 正村 彰規, 中橋 睦美, 西坂 理沙, 後藤 茉凛, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 宮脇 克行, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 植物工場の養液殺菌システムの開発, 第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
10) 2,015 国内講演発表 橋本 直史 : トレーサビリティと適正農業規範(GAP)の現状, 日本科学者会議徳島支部科学懇話会, 2015年11月.
11) 2,015 国内講演発表 村瀬 礼美, 武富 芳隆, 山本 圭, 山元 俊憲, 村上 誠 : ホスホリパーゼA2分子群を基点とする脂質代謝経路による大腸炎の制御, 第37回生体膜と薬物の相互シンポジウム, 2015年11月.
12) 2,015 国内講演発表 橋本 直史 : GLOBALGAPの導入と産地への影響に関する日伊比較, 地域農林経済学会中四国支部例会, 2015年12月.
13) 2,015 国内講演発表 城戸口 優, 山本 圭, 三木 寿美, 村上 誠 : 癌病態におけるIID型分泌性ホスホリパーゼA2の役割, BMB2015, 2015年12月.
14) 2,015 国内講演発表 田中 充樹, 木本 眞順美, 川井 恵梨佳, 潮来 由衣, 戸田 圭祐, 目賀 拓斗, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 山本 圭, 村上 誠, 山本-鈴木 登志子 : 牛乳由来リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質, BMB2015, 2015年12月.
15) 2,015 国内講演発表 入江 敦, 山本 圭, 村上 誠 : ホスファチジルエタノールアミンは破骨細胞融合に関与する, BMB2015, 2015年12月.
16) 2,015 国内講演発表 山本 圭 : 表皮肥厚性疾患を調節する新しい脂質メカニズムの発見, 2015年度 第6回学際的脂質創生研究部会, 2016年1月.
17) 2,015 国内講演発表 吉本 亜由美, 上番増 喬, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Effect of low dose antibiotics administration during prenatal period on newborns postnatal health, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
18) 2,015 国内講演発表 山下 聡, Salleh Habibah, 熊谷 朝臣 : ボルネオ島北部における多孔菌類の空間分布推定, 第63回日本生態学会大会, Vol.P2-128, 2016年3月.
19) 2,015 国内講演発表 下畑 隆明, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 天野 幸恵, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 代謝解析で明らかとなったCampylobacter jejuni感染による宿主細胞での特徴的なアミノ酸変動について, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
20) 2,015 国内講演発表 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの細胞侵入は細胞膜表面CFTRにより調節される, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
21) 2,015 国内講演発表 津嘉山 泉, 武田 泰典, 戸田 圭祐, 目賀 拓斗, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : 皮膚癌モデルマウスにおける自然薯の抗炎症・抗腫瘍効果, 日本農芸化学会2016, 2016年3月.
22) 2,015 国内講演発表 山下 聡, Ali Nafri Mohamad, 石井 励一郎, Meleng Paulus, Mohammad Bte Fatimah, 市岡 孝朗, 竹松 葉子, 岡部 貴美子 : アカシア植林地における景観要素が木材の分解過程に及ぼす影響, 第127回日本森林学会大会学術講演集, Vol.P2-230, 2016年3月.
23) 2,015 国内講演発表 小松 弘明, 亀村 典生, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIはRaf1のSer43のリン酸化を介してMAPK経路を負に制御する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1) 2,015 その他・研究会 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniに対するUVA-LEDの有効性, 第8回日本カンピロバクター研究会総会, 2015年12月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

(なし)