Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2016.42021.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 2,004 著書 前田 拓也 : 界面活性剤に対する微生物のストレス応答, サイエンスフォーラム, 東京, 2004年5月.
2) 2,004 著書 野地 澄晴, 佐藤 矩行, 倉谷 滋, 長谷部 光泰 : 進化学, --- 発生と進化 ---, 岩波書店, 東京, 2004年6月.
3) 2,004 著書 大内 淑代 : 線維芽細胞増殖因子,予防医学事典, 松島綱治·酒井敏行·石川晶·稲寺秀邦編, 朝倉書店, 東京, 2005年.
4) 2,004 著書 大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構,発生システムのダイナミックス,野地·上野編, 共立出版株式会社, 2005年.
5) 2,004 著書 高麗 寛紀 : 防菌·防黴剤の開発と展望(分担), 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年3月.
6) 2,004 著書 高麗 寛紀 : 生物工学ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,004 学術論文 (審査論文) Hisashi Ueta, Hideko Nagasawa, Yuriko Oyabu-Manabe, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Hitoshi Hori : Localization of enolase in synaptic plasma membrane as an alpha gamma heterodimer in rat brain., Neuroscience Research, Vol.48, No.4, 379-386, 2004.
2) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Gene and primary structures of dye-linked L-proline dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Thermococcus profundus show the presence of a novel heterotetrameric amino acid dehydrogenase complex, Extremophiles, Vol.8, No.2, 99-108, 2004.
3) 2,004 学術論文 (審査論文) Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of the hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.4, 715-717, 2004.
4) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kazuto Ohkura, Kenneth L. Kirk, Yoshimasa Uehara and Mariko Shimamura : Design of Hypoxia-Trageting Protein Tyrosine Kinase Inhibitor using an innovative pharmacophore 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1697, No.1-2, 29-38, 2004.
5) 2,004 学術論文 (審査論文) Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Identification of the anginosus group within the genus Streptococcus using polymerase chain reaction, FEMS Microbiology Letters, Vol.233, No.1, 83-89, 2004.
6) 2,004 学術論文 (審査論文) Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Bis-Quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli, Biocontrol Science, Vol.9, No.1,2, 1-9, 2004.
7) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryoko Buma, Takuya Maeda, Yuko Marutaka, Masaharu Kamei, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Vectorial capacity of larvae pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 0157:H7 and the possibility of transmission from source to human, Medical Entomology and Zoology, Vol.55, No.2, 95-106, 2004.
8) 2,004 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : Applicability of the 2-Nitroimidazole-sodium borocaptate-10B Conjugate, TX-2060, as a 10B-carrier in Boron Neutron Capture Therapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 2975-2983, 2004.
9) 2,004 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-10B conjugates as10B-carriers in boron neutron capture therapy, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 953-958, 2004.
10) 2,004 学術論文 (審査論文) Ken-ichi Nakajima, Hidenori Hirose, Mei Taniguchi, Hirofumi Kurashina, Kohei Arasaki, Masami Nagahama, Katsuko Tani, Akitsugu Yamamoto and Mitsuo Tagaya : Involvement of BNIP1 in apoptosis and endoplasmic reticulum membrane fusion, The EMBO Journal, Vol.23, No.16, 3216-3226, 2004.
11) 2,004 学術論文 (審査論文) Cheng-Zhe Jin, Hideko Nagasawa, Mariko Shimamura, Yoshihiro Uto, Seiichi Inayama, Yoshio Takeuchi, L. Kenneth Kirk and Hitoshi Hori : Angiogenesis inhibitorTX-1898: synthesis of the enantiomers of sterically diverse haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.12, No.18, 4917-4927, 2004.
12) 2,004 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Hajime Takahashi and Toshihisa Ohshima : Novel Archaeal Alanine:Glyoxylate Aminotransferase from Thermococcus litoralis, Journal of Bacteriology, Vol.186, No.16, 5513-5518, 2004.
13) 2,004 学術論文 (審査論文) Yohei Shinmyo, Taro Mito, Takashi Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : piggyBac-Mediated somatic transformation of the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus (cricket)., Development Growth & Differentiation, Vol.46, No.4, 343-349, 2004.
14) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein., Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
15) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Structural analysis of human specific cytolysin intermedilysin aiming application to cancer immunotherapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3343-3354, 2004.
16) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Kazunori Umezu, Hidekatsu Shouji and Hiroki Kourai : A cell membrane modification technique using domain 4 of intermedilysin for immunotherapy against cancer, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 3367-3372, 2004.
17) 2,004 学術論文 (審査論文) Hajime Aono, Nobutake Tamai, Daisuke Tatsumi and Takayoshi Matsumoto : Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution, Journal of Society of Rheology Japan, Vol.32, No.4, 169-177, 2004.
18) 2,004 学術論文 (審査論文) Zhou Fei, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of novel biocides, 1,1'-(decanedioyl)bis(4-methyl-4-alkylpiperadinium iodide)s with a gemini structure, Biocontrol Science, Vol.9, No.3, 61-67, 2004.
19) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitomi Kurose, Takaaki Bito, Taro Adachi, Miyuki Shimizu, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression of Fibroblast growth factor 19 (Fgf19) during chicken embryogenesis and eye development, compared with Fgf15 expression in the mouse., Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 687-693, 2004.
20) 2,004 学術論文 (審査論文) Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket), Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004.
21) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideko Nagasawa, Hideyuki Sasaki, Yoshihiro Uto, Shin-ichi Kubo and Hitoshi Hori : Association of the Macrophage Activating Factor (MAF) Precursor Activity with Polymorphism in Vitamin D-binding Protein, Anticancer Research, Vol.24, No.5c, 3361-3366, 2004.
22) 2,004 学術論文 (審査論文) C Kohchi, H Inagawa, M Hino, M Oda, K Nakata, Aya Yoshida, Hitoshi Hori, H Terada, K Makino, K Takiguchi and Genichiro Soma : Utilization of macrophages in anticancer therapy: the macrophage network theory, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3311-3320, 2004.
23) 2,004 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Shintaro Kamohara, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Oxidative stress response in an anaerobic hyperthermophilic archaeon, --- presence of a functional peroxiredoxin in Pyrococcus horikoshii ---, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 541-547, 2004.
24) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Preferential partitioning of uncharged local anesthetics into the surface-adsorbed film, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.38, No.1-2, 91-99, 2004.
25) 2,004 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004.
26) 2,004 学術論文 (審査論文) Takahito Imagawa, Hitoshi Nakayama, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takashi Itoh, Yoshihiko Sako, Norimichi Nomura and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of homing endonuclease I-Tsp061I, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.11, 2006-2008, 2004.
27) 2,004 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Iwahana, Morisada Hayakawa, Kenji Kuroiwa, Kenji Tago, Ken Yanagisawa, Sumihare Noji and S Tominaga : Molecular cloning of the chicken ST2 gene and a novel variant form of the ST2 gene product, ST2LV, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1681, No.1, 1-14, 2004.
28) 2,004 学術論文 (審査論文) Masami Nagahama, Yoshimitsu Hara, Akihiro Seki, Takeshi Yamazoe, Yumiko Kawate, Takashi Shinohara, Kiyotaka Hatsuzawa, Katsuko Tani and Mitsuo Tagaya : NVL2 is a nucleolar AAA-ATPase that interacts with ribosomal protein L5 through its nucleolar localization sequence, Molecular Biology of the Cell, Vol.15, No.12, 5712-5723, 2004.
29) 2,004 学術論文 (審査論文) Tadao Yabuhara, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of a Novel Biocide,4,4'-(1,6-Dioxyhexamethylene)bis-(1-alkylpyridinium halide), Biocontrol Science, Vol.9, No.4, 95-103, 2004.
30) 2,004 学術論文 (審査論文) Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai : Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005.
31) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bridge-linked bis-quaternary ammonium anti-microbial agents: relationship between cytotoxicity and anti-bacterial activity of 5,5'-[2,2'-(tetramethylenedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazonium iodide)s, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.7, 2579-2587, 2005.
32) 2,004 学術論文 (審査論文) Mohammad Wadud Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthremostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Journal of Molecular Biology, Vol.345, No.2, 325-337, 2005.
33) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.
34) 2,004 学術論文 (審査論文) A Takaya, A Suzuki, Y Kikuchi, M Eguchi, E Isogai, Toshifumi Tomoyasu and T Yamamoto : Derepression of Salmonella pathogenicity island 1 genes within macrophages leads to rapid apoptosis via caspase-1- and caspase-3-dependent pathways., Cellular Microbiology, Vol.7, No.1, 79-90, 2005.
35) 2,004 学術論文 (審査論文) Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : The first archaeal agmatinase from anaerobic hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii, --- cloning, expression, and characterization ---, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1748, No.1, 110-115, 2005.
36) 2,004 学術論文 (審査論文) Fumihiko Yamaguchi, Takashi Etoh, Mamoru Takahashi, Hideo Misaki, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : A new enzymatic cycling method for ammonia assay using NAD synthetase, Clinica Chimica Acta, Vol.352, No.1-2, 165-173, 2005.
37) 2,004 学術論文 (審査論文) Yohei Shinmyo, Taro Mito, Taro Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : caudal is required for gnathal and thoracic patterning and for posterior elongation in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, Mechanisms of Development, Vol.122, No.2, 231-239, 2005.
38) 2,004 学術論文 (審査論文) Miriam Entesarian, Hans Matsson, Joakim Klar, Birgitta Bergendal, Lena Olson, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Babak Falahat, Isinev Anne Bolstad, Roland Jonsson, Marie Wahren-Herlenius and Niklas Dahl : Mutations in the gene encoding fibroblast growth factor 10 are associated with aplasia of lacrimal and salivary glands, Nature Genetics, Vol.37, No.2, 125-127, 2005.
39) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Dissociation Equilibrium between Uncharged and Charged Local Anesthetic Lidocaine in a Surface-Adsorbed Film, Colloid and Polymer Science, Vol.283, No.5, 512-520, 2005.
40) 2,004 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 25-32, 2005.
41) 2,004 学術論文 (審査論文) Isao Sarashina, Taro Mito, Michiko Saito, Hiroyuki Uneme, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Location of micropyles and early embryonic development of the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus (Insecta, Orthoptera), Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.2, 99-108, 2005.
42) 2,004 学術論文 (審査論文) Wakako Shimoi, Ichiko Ezawa, Koji Nakamoto, Shihoko Uesaki, Gavin Gabreski, Meir Aridor, Akitsugu Yamamoto, Masami Nagahama, Mitsuo Tagaya and Katsuko Tani : p125 is localized in endoplasmic reticulum exit sites and involved in their organization, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.11, 10141-10148, 2005.
43) 2,004 学術論文 (審査論文) 松木 均, 長宗 秀明, 金品 昌志, 上田 一作 : 蛍光プローブ特異的モノクローナル抗体への長鎖両親媒性リガンドの阻害様式, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 35-38, 2005年.
44) 2,004 学術論文 (審査論文) 小栗 顕二, 小松 右京, 松木 均, 金品 昌志 : 牛血清アルブミン水溶液の粘度におよぼすハロセンの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 39-42, 2005年.
45) 2,004 学術論文 (審査論文) 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志, 佐竹 弘, 長山 和史, 秦 隆志 : 不飽和アシル鎖を持つリン脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 43-46, 2005年.
46) 2,004 学術論文 (審査論文) 松岡 和彦, 谷岡 康弘, 秦 隆志, 佐竹 弘, 松木 均, 金品 昌志 : 脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配に及ぼすコレステロールの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 17-20, 2005年.
47) 2,004 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Akihiro Iwahashi, Haruko Okamoto, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Non-canonical functions of hunchback in segment patterning of the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.132, No.9, 2069-2079, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,004 学術論文 (紀要その他) 郷田 秀一郎, 薮谷 智規, 櫻庭 春彦, 本仲 純子, 大島 敏久 : 超好熱菌酵素を素子とするバイオセンサーの開発:ポリアミン関連酵素の機能解析とD-プロリン脱水素酵素機能電極センサーの開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 2,004 総説・解説 長浜 正巳, 多賀谷 光男 : 細胞小器官シャペロンであるVCP/p97の働きを仲介するアダプタータンパク質, 生体の科学, Vol.55, No.2, 139-145, 2004年4月.
2) 2,004 総説・解説 Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Unique sugar metabolism and novel enzymes of hyperthermophilic archaea, Chemical Record, Vol.3, No.5, 281-287, May 2004.
3) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : 光触媒と繊維への応用, 加工技術, Vol.39, No.5, 285-290, 2004年5月.
4) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : JABEE生物工学関連分野の試行審査を受けて, バイオサイエンスとインダストリー, Vol.62, No.7, 47, 2004年7月.
5) 2,004 総説・解説 大島 敏久 : 巻頭言:大学法人化と進化, 極限環境微生物学会誌, Vol.3, No.1, 2-3, 2004年7月.
6) 2,004 総説・解説 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱菌の酵素の構造解析に基づく新規耐熱性酵素の創製, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 761-763, 2004年8月.
7) 2,004 総説・解説 大島 敏久, 高木 博史 : 高機能エンザイム創製へのニューアプローチ, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 744, 2004年8月.
8) 2,004 総説・解説 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, モハマッド サハルディン ビン, 中川 美典 : Gcタンパク質(ビタミンD結合タンパク質)の糖鎖プロセシングをベースにしたドラマタイプがん治療薬の創製, 放射線生物研究, Vol.39, No.3, 328-341, 2004年12月.
9) 2,004 総説・解説 高麗 寛紀 : JABEE試行審査を受けてⅡ, 生物工学会誌, Vol.82, No.6, 253-256, 2004年12月.
10) 2,004 総説・解説 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : 局所麻酔作用のモデル研究, --- 界面化学的手法による作用機構の解明 ---, 表面, Vol.42, No.12, 353-371, 2004年12月.
11) 2,004 総説・解説 更科 功, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫の体はどうやってできたか?, 遺伝, Vol.57, No.6, 32-38, 2004年.
12) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 全遺伝子の発現を組織切片で観察するテクノロジー, バイオテクノロジージャーナル, Vol.5, 488-492, 2005年.
13) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 光受容細胞の発生進化の謎にせまる, --- 光同調をつかさどるメラノプシン ---, 蛋白質核酸酵素, Vol.50, 440-441, 2005年.
14) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 器官形成とFGF10シグナル, 細胞工学, Vol.10, 1037-1040, 2005年.
15) 2,004 総説・解説 大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構, 発生システムのダイナミクス,蛋白質核酸酵素増刊, Vol.50, 692-698, 2005年.
16) 2,004 総説・解説 野地 澄晴 : ポストゲノム時代の形態学 システム形態学のテクノロジー, バイオテクノロジー ジャーナル, Vol.5, No.1,2, 114-118, 2005年1月.
17) 2,004 総説・解説 金品 昌志, 松木 均 : 圧力と温度による脂質の相転移制御, FFIジャーナル, Vol.210, No.1, 12-19, 2005年1月.
18) 2,004 総説・解説 Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura and Hisashi Ohkuni : Molecular bases of group A streptococcal pyrogenic exotoxin B, Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.11, No.1, 1-8, Feb. 2005.
19) 2,004 総説・解説 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : The hyaluronate lyase in Streptococcus intermedius and Streptococcus constellatus: A putative virulence factor, Recent Research Development in Microbiology, Vol.9, 81-96, Feb. 2005.
20) 2,004 総説・解説 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌由来アルドラーゼのユニークな4次構造と高度耐熱性, 生物物理, Vol.45, No.2, 97-100, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) 2,004 国際会議 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-3: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, 129, Yokohama, Apr. 2004.
2) 2,004 国際会議 Ryushi Kawakami, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Novel dye-linked L-proline dehydrogenase from anaerobic hyperthermophilic archaea, Thermococcus profundus and Pyrococcus horikoshii OT-3, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
3) 2,004 国際会議 Mohammad W. Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Structure of hyperthermostable NAD-specific glutamate dehydrogenase of Pyrobaculum islandicum, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
4) 2,004 国際会議 Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Hideo Ago, Masashi Miyano, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal structure of an unique FAD and FMN containing enzyme; Dye-linked L-proline dehydrogenase from Pyrococcus horikoshii, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
5) 2,004 国際会議 Sumihare Noji, Taro Mito, Y Tanaka, Katsuyuki Miyawaki, (名) Shinmyo and Hideyo Ohuchi : Involvement of Wnt and EGF signaling systems in regeneraion of cricket legs, 8th international Conference Limb Development and Regeneration, 47, Dundee, UK, Jul. 2004.
6) 2,004 国際会議 Hideyo Ohuchi : Roles of FGF10 during vertebrate organogenesis, JSPS Core-to Core Workshop on Organogenesis of the Thymus, Japan, Aug. 2004.
7) 2,004 国際会議 Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, 246, Hamburg, Aug. 2004.
8) 2,004 国際会議 Yoshimi Nishikawa, Kazunari Yoneda, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Structural study on the heat activation process of recombinant glutamate dehydrogenase from a hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum islandicum: analysis by small-angle X-ray scattering, SAX in the 21st Century, Mikazuki-cho, Sep. 2004.
9) 2,004 国際会議 Shin-ichiro Suye, Yutaka Hirose, Tomokazu Kimura, Haitao Zheng, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator and thermostable dehydrogenase by layer-by-layer adsorption, Nano and Giga Challenges in Microelectronics Symposium and Summer School Reserch and Development Opportunities, Cracow, Sep. 2004.
10) 2,004 国際会議 Toshihisa Ohshima, Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Extremophiles2004: 5th International Conference on Extremophiles, Maryland, Sep. 2004.
11) 2,004 国際会議 Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Yoshiki Matsuura, Hironori Hondoh, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : A Molecular Level Study on the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
12) 2,004 国際会議 Hideaki Nagamune, Hisashi Ohkuni, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor secreted by an isolate from a Kawasaki disease patient is a unique member of cholesterol-dependent cytolysin, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
13) 2,004 国際会議 Graeme Cowan, Hideaki Nagamune and Timothy Mitchell : The human-specificity of intermedilysin is determined by the last 56 residues of domain 4, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
14) 2,004 国際会議 Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami and Haruhiko Sakuraba : Gene and primary stuructures, and properties of a novel type of dye-linked FAD-containing L-proline dehydrogenase complex from the hyperthremophilic archaeon Thermococcus profundus, The eighth China-Japan-Korea joint symposium on enzyme engineering, 43-44, Hangzhou, China, Oct. 2004.
15) 2,004 国際会議 Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Y Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Genome-wide RNAi in the cricket Gryllus bimaculactus as a new model system to study gene functions, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.
16) 2,004 国際会議 Hideyo Ohuchi, T Adachi, Y Hayashibara, M Mitsumori, T Ohata, Y Kawano, M Ogasawara and Sumihare Noji : Novel in situ hybridization methods with InSitu Chip and Sheet-Chip to construct expression database for all mouse genes, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 2,004 国内講演発表 松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割, 第51回マトリックス研究会大会, 20-21, 2004年4月.
2) 2,004 国内講演発表 榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
3) 2,004 国内講演発表 助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
4) 2,004 国内講演発表 永澤 秀子, 後藤 恵子, 平岡 正光, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎, 小野 公二 : 中性子捕捉療法のための低酸素細胞指向性ハイブリッド型ホロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
5) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 東 淳哉, 井関 小百合, 貝谷 梨紗, 永澤 秀子, 堀 均 : 可逆的p53阻害作用を有する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
6) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で発現された超好熱アーキア由来酵素の活性化機構の解明, 日本生化学会中国四国支部大会, 2004年5月.
7) 2,004 国内講演発表 岡崎 貴世, 遠藤 千鶴, 高麗 寛紀 : ザンビア共和国首都近郊および山村地域の飲料水の水質について, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IICa-2, 2004年5月.
8) 2,004 国内講演発表 白井 昭博, 川端 サヤカ, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-2, 2004年5月.
9) 2,004 国内講演発表 白井 昭博, 片岡 大也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-3, 2004年5月.
10) 2,004 国内講演発表 薮原 忠男, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規化合物4,4'-(1,8-Dioxyoctametamethylene)bis(1-alkylpyridinium halide)sの合成とその殺菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-4, 2004年5月.
11) 2,004 国内講演発表 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-7, 2004年5月.
12) 2,004 国内講演発表 幸坂 葵, 渡辺 裕子, 前田 拓也, 中 秀雄, 高麗 寛紀 : 銀担持抗菌アクリル繊維の抗菌メカニズムの解析, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-6, 2004年5月.
13) 2,004 国内講演発表 住友 倫子, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の細胞破壊作用とOmpEの関連性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-8, 2004年5月.
14) 2,004 国内講演発表 野々下 理絵, 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ペプチド系抗菌物質の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-9, 2004年5月.
15) 2,004 国内講演発表 山口 文子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズム, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-10, 2004年5月.
16) 2,004 国内講演発表 前田 拓也, 吉田 あゆみ, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化に関する検討, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-11, 2004年5月.
17) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌Pyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造解析, 第396回ビタミンB研究委員会, Vol.78, No.7, 368-369, 2004年5月.
18) 2,004 国内講演発表 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキアThermococcus litoralisに存在する新規アラニン:グリオキシル酸アミノトランスフェラーゼ, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 246, 2004年5月.
19) 2,004 国内講演発表 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3から発見されたフラビン酵素,色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造解析, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 253, 2004年5月.
20) 2,004 国内講演発表 中西 郁夫, 宇都 義浩, 川島 知憲, 薬丸 晴子, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 堀 均, 伊古田 暢夫 : 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応, 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2004年6月.
21) 2,004 国内講演発表 中西 郁夫, 川島 知憲, 宇都 義浩, 大久保 敬, 薬丸 晴子, 田草川 光子, 金澤 秀子, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 福住 俊一, 堀 均, 伊古田 暢夫 : アルテピリンCによるラジカル消去反応の速度論的解析, 第26回日本フリーラジカル学会学術集会, 2004年6月.
22) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎 : X線小角散乱法を用いた低活性超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化機構の解明, 日本生物工学会西日本支部·日本農芸化学会中四国支部合同若手交流会, 2004年6月.
23) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造と機能相関, 日本Archaea研究会第17回講演会, 2004年7月.
24) 2,004 国内講演発表 中川 秀幸, 細谷 岳史, 長坂 邦子, 長坂 壽訓, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : オニオコゼ刺毒からの新規レクチンの精製, 生化学, Vol.76, No.8, 1012, 2004年8月.
25) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱菌由来のNAD依存性L-リジン脱水素酵素, --- 酵素化学的特徴と一次構造の解析 ---, ビタミンB研究委員会第397回夏期研究協議会, Vol.78, No.9, 453-454, 2004年8月.
26) 2,004 国内講演発表 鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼの結晶成長kineticsの分子論的考察, 第34回結晶成長国内会議, 2004年8月.
27) 2,004 国内講演発表 後藤 了, 小松 和志, 宗像 達夫, 堀 均, 寺田 弘 : 分子の動きは超空間における「ヒモ」である: コンフォメーション空間多様体のパーコレーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月.
28) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 演出型がん治療薬としての低酸素微小環境指向性制がん剤の創製への試み, 第63回日本癌学会, 2004年9月.
29) 2,004 国内講演発表 田頭 祐哉, 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎 : 超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidusのL-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ(AF1838)の機能解析, 日本農芸化学会2004年度中四国支部大会, 2004年9月.
30) 2,004 国内講演発表 川内 由香, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 土壌由来環境DNAからのアラニン脱水素酵素遺伝子の検索, 日本生物工学会平成16年度大会, 57, 2004年9月.
31) 2,004 国内講演発表 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302由来のグルタミン酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成16年度大会, 109, 2004年9月.
32) 2,004 国内講演発表 Haitao Zheng, Yukata Hirose, Tomokazu Kimura, Shin-ichiro Suye, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by layer adsorption method, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, Sep. 2004.
33) 2,004 国内講演発表 廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキア由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌検出DNAセンサーの構築, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, 2004年9月.
34) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 中妻 嘉仁, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤とした抗動脈硬化剤の開発, 日本過酸化脂質·フリーラジカル学会第28回大会, 2004年10月.
35) 2,004 国内講演発表 鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶の成長促進機構に関する分子論的考察, 第45回高圧討論会, 2004年10月.
36) 2,004 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
37) 2,004 国内講演発表 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
38) 2,004 国内講演発表 Yaruhiro Shimizu, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : Cloning, Expression, and Characterization of L-Threonine Dehydrogenase from a Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, 第77回日本生化学会大会, Vol.76, No.8, 825, 2004年10月.
39) 2,004 国内講演発表 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
40) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱菌のアルドラーゼの機能開発, 第77回日本生化学会大会 ランチョンセミナー, Vol.76, No.8, 1145, 2004年10月.
41) 2,004 国内講演発表 前田 拓也 : 天然抗菌剤の現状と今後, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
42) 2,004 国内講演発表 野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
43) 2,004 国内講演発表 吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
44) 2,004 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
45) 2,004 国内講演発表 渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
46) 2,004 国内講演発表 唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌特性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
47) 2,004 国内講演発表 浜川 智江, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 曽田 勇作 : 塵埃に付着した浮遊細菌に対する銀担持抗菌フィルターの殺菌評価, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
48) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD(P)依存性L-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ遺伝子の機能解析, 第4回極限環境微生物学会年会, Vol.3, No.2, 45-46, 2004年11月.
49) 2,004 国内講演発表 鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
50) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱アーキアの色素依存性脱水素酵素の探索とその応用, 第27回日本分子生物学会年会, 369, 2004年12月.
51) 2,004 国内講演発表 西川 良美, 郷田 秀一郎, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
52) 2,004 国内講演発表 津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 吾郷 日出夫, 宮野 雅司, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : P. horikoshii由来L-プロリン脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
53) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 佐々木 秀幸, 中島 佳美, 岡村 菜摘子, 田中 彩子, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : TX-2068: マクロファージの低酸素指向性を利用した低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
54) 2,004 国内講演発表 中嶌 瞳, 後藤 恵子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : BNCTのためのTirapazamineハイブリッド型新規低酸素毒性ボロンキャリアーの分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
55) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiの新規プロリン脱水素酵素:補欠分子族の同定と立体構造解析, 第399回ビタミンB研究協議会, 2005年2月.
56) 2,004 国内講演発表 後藤 了, 小松 和志, 永澤 秀子, 藤田 智也, 中山 真一, 堀 均, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
57) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kenneth-L Kirk, 稲山 誠一 : TX-2036: Desing of an anti-angiogenic hypoxic cell radiosensitizer, 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione-containing azomycin derivative, 第2回がんとハイポキシア研究会, 2005年3月.
58) 2,004 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kirk L Kenneth, 稲山 誠一 : 2ーメチレン-4ーシクロペンテンー1,3-ジオン含有アゾマイシン誘導体の血管新生阻害活性をもつ低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
59) 2,004 国内講演発表 後藤 恵子, 永澤 秀子, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : ホウ素中性子捕捉療法のための低酸素指向性molecular beacon:hypoxic cytotoxinハイブリッド型TX-2100の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
60) 2,004 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 永澤 秀子, 堀 均, 寺尾 純二 : ブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのLDL抗酸化剤を目指したイソプレノミクス解析, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
61) 2,004 国内講演発表 中山 真一, 永澤 秀子, 藤田 智也, 橋本 敏弘, 浅川 義範, 宇都 義浩, 堀 均, Kuntz Doauglas-A : 標的タンパク質の立体構造に基づくswainsonine アナログの分子設計,立体選択的Mannich 反応によるDiversity-oriented 合成及びGMII 阻害活性, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
62) 2,004 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアのL-プロリン脱水素酵素複合体の機能·構造解析と応用, 21世紀COEプログラム「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」第4回シンポジウム, 2005年3月.
63) 2,004 国内講演発表 廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : リコンビナント耐熱性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌のDNA検出システム, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
64) 2,004 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : 哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義, 日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, 2005年3月.
65) 2,004 国内講演発表 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : 骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
66) 2,004 国内講演発表 郷田 秀一郎, 西川 良美, 小島 正樹, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : X線小角散乱法を用いた超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化による構造変化の解明, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
67) 2,004 国内講演発表 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 倉光 成紀, 川端 猛, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulforobus tokodaii由来機能未知タンパク質ST1625のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
68) 2,004 国内講演発表 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiに存在する新規ATP含有アミノ酸脱水素酵素, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
69) 2,004 国内講演発表 大島 敏久, 本多 恭子, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 新居 修 : スクモ藍建て工程に関与するインジゴ還元酵素の精製と性質, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 2,004 その他・研究会 大島 敏久 : 次世代型酵素電極バイオセンサーチップの開発, 徳島大学テクノクラスター基調講演, 2004年6月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1) 2,004 報告書 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 高橋 正明 : アフィニティリガンド結合磁性粒子の開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 31-32, 徳島, 2004年8月.
2) 2,004 報告書 大島 敏久, 本仲 純子, 郷田 秀一郎, 和田 友良 : 新規酵素バイオセンサーの開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 68-69, 徳島, 2004年8月.
3) 2,004 報告書 大島 敏久 : 超好熱古細菌の補酵素NAD(P)の生合成系の解明, --- ゲノム情報に基づく関連酵素の機能と構造解析 ---, 旭硝子財団助成研究成果報告, 41-42, 東京, 2004年12月.
4) 2,004 報告書 櫻庭 春彦 : 超好熱菌由来の高度耐熱性アルドラーゼによるキラルポリオールの合成, 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))成果報告書, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 2,005 著書 大内 淑代 : 予防医学事典(分担), --- 156. 線維芽細胞増殖因子 ---, 朝倉書店, 東京, 2005年5月.
2) 2,005 著書 金品 昌志 : リポソー厶応用の新展開 ∼人工細胞の開発に向けて∼, --- 第1章 リポソームの基本的物性 1.2 高圧力下における相挙動 ---, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2005年6月.
3) 2,005 著書 高麗 寛紀 : 表面·界面工学大系 下巻 応用編(分担), 株式会社 テクノシステム, 東京, 2005年11月.
4) 2,005 著書 三戸 太郎, 中村 太郎, 宇田 知弘, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 第2章 コオロギの脚の再生メカニズム, コロナ社, 2006年.
5) 2,005 著書 高麗 寛紀 : 食品工学ハンドブック(分担), 朝倉書店, 東京, 2006年1月.
6) 2,005 著書 松木 均 : バイオ研究がぐんぐん進むコンピュータ活用ガイド, --- 第1章 コンピュータを使うための基本作法 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,005 学術論文 (審査論文) Honghie Zhang, Yohei Shinmyo, Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Isao Sarashina, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of the homeotic genes Scr, Antp, Ubx, and abd-A during embryogenesis of the cricket Gryllus bimaculatus, Gene Expression Patterns, Vol.5, No.4, 491-502, 2005.
2) 2,005 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membranes of Phospholipids with Varying Acyl Chain Lengths, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.42, No.1, 79-88, 2005.
3) 2,005 学術論文 (審査論文) Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
4) 2,005 学術論文 (審査論文) Hitomi Kurose, Mayumi Okamoto, Miyuki Shimizu, Takaaki Bito, Cristophe Marcelle, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : FGF19-FGFR4 signaling elaborates lens induction with the FGF8-L-Maf cascade in the chick embryo, Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.4, 213-223, 2005.
5) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
6) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Minoru Suzuki, Kenji Nagata, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia, with reference to effects on quiescent tumor cell populations., International Journal of Hyperthermia, Vol.21, No.4, 305-318, 2005.
7) 2,005 学術論文 (審査論文) Tetsuya Oshikawa, Masato Okamoto, Sharif U. Ahmed, Sachiko Furuichi, Tomoyuki Tano, Akiko Sasai, Shin Kan, Soko Kasai, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Mitsunobu Sato : TX-1877, a bifunctional hypoxic cell radiosensitizer, enhances anticancer host response: immune cell migration and nitric oxide production., International Journal of Cancer, Vol.116, No.4, 571-578, 2005.
8) 2,005 学術論文 (審査論文) Suzuki Kenji, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Sugimoto Yoshikazu, Noguchi Kazuharu, Wakida Motojii, Wierzba Konstanty, Terada Tadafumi, Asao Tetsuji, Yamada Yuji, Kitazato Kenji and Hitoshi Hori : Napthalimidobenzamide DB-51630: A Novel DNA binding agent inducing p300 gene expression and exerting a potent anti-cancer activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.12, 4014-4021, 2005.
9) 2,005 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Hiroko Okuno, Fumihiko Sakano, Masataka Kusube and Shoji Kaneshina : Effect of deuterium oxide on the thermodynamic quantities associated with phase transitions of phosphatidylcholine bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1712, No.1, 92-100, 2005.
10) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, K. Ohnishi, A. Takahashi, T. Ohnishi, M. Suzuki, K. Nagata, Y. Kinashi and K. Ono : Combination of the antivascular agent ZD6126 with hypoxic cytotoxin treatment, with reference to the effect on quiescent tumor cells and the dependency on p53 status of tumor cells, Oncology Reports, Vol.14, No.2, 394-400, 2005.
11) 2,005 学術論文 (審査論文) Hirotaka Tao, Miyuki Shimizu, Ryo Kusumoto, Katsuhiko Ono, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : A dual role of FGF10 in proliferation and coordinated migration of epithelial leading edge cells during mouse eyelid development., Development, Vol.132, No.14, 3217-3230, 2005.
12) 2,005 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Kazunari Yoneda, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal Structure of the NAD Biosynthetic Enzyme Quinolinate Synthase, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.29, 26645-26648, 2005.
13) 2,005 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : First Archaeal Inorganic Polyphosphate/ATP-Dependent NAD Kinase, from Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, --- Cloning, Expression, and Characterization ---, Applied and Environmental Microbiology, Vol.71, No.8, 4352-4358, 2005.
14) 2,005 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : A second novel dye-linked L-proline dehydrogenase complex is present in the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, The FEBS Journal, Vol.272, No.16, 4044-4054, 2005.
15) 2,005 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Shimizu, Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : L-Threonine dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT3, --- gene cloning and enzymatic characterization ---, Extremophiles, Vol.9, No.4, 317-324, 2005.
16) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Hideo Ago, Masashi Miyano, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal Structure of a Novel FAD-, FMN-, and ATP-containing L-Proline Dehydrogenase Complex from Pyrococcus horikoshii, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.35, 31045-31049, 2005.
17) 2,005 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C Isoprenomics: Facile Total Synthesis and Discovery of Amphiphilic Antioxidant, ACS symposium series, No.909, 176-187, 2005.
18) 2,005 学術論文 (審査論文) 山崎 奈穂, 松岡 和彦, 長山 和史, 秦 隆志, 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : イオン選択電極法による脂質二分子膜の相転移観測, 分析化学, Vol.54, No.10, 975-978, 2005年.
19) 2,005 学術論文 (審査論文) Yuichi Wakana, Satoshi Koyama, Ken-ichi Nakajima, Kiyotaka Hatsuzawa, Masami Nagahama, Katsuko Tani, Hans-Peter Hauri, Paul Melancon and Mitsuo Tagaya : Reticulon 3 is involved in membrane trafficking between the endoplasmic reticulum and Golgi, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.334, No.4, 1198-1205, 2005.
20) 2,005 学術論文 (審査論文) Kazunari Yoneda, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Seiki Kuramitsu, Takeshi Kawabata and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal helical repeat protein, Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.F61, No.Pt 7, 636-639, 2005.
21) 2,005 学術論文 (審査論文) Mami Hino, Mutsumi Oda, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Chie Kochi, Takashi Nishizawa, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Establishment of an in vitro model using NR8383 cells and mycobacterium bovis calmette-guerin that mimics a chronic infection of mycobacterium tuberculosis., In Vivo, Vol.19, No.5, 821-830, 2005.
22) 2,005 学術論文 (審査論文) Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hideyuki Sasaki, Natsuko Okamura, Aya Murakami, Shin-ichi Kubo, Kenneth L.Kirk and Hitoshi Hori : Gc protein (vitamin D-binding protein): Gc genotyping and GcMAF precursor activity, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3689-3695, 2005.
23) 2,005 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure-Induced Phase Transitions of Lipid Bilayers Observed by Fluorescent Probes Prodan and Laurdan, Biophysical Chemistry, Vol.117, No.3, 199-206, 2005.
24) 2,005 学術論文 (審査論文) Michio Ogasawara, Nori Satoh, Yasuhito Shimada, Zhipeng Wang, Toshio Tanaka and Sumihare Noji : Rapid and stable buffer exchange system using InSitu Chip suitable for multicolor and large-scale whole-mount analyses., Development Genes and Evolution, Vol.216, No.2, 100-104, 2005.
25) 2,005 学術論文 (審査論文) Mami Hino, Chie Kohchi, Takashi Nishizawa, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Innate-immune Therapy for Lung Carcinoma Based on Tissue-macrophage Activation with lipopolysaccharide, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3747-3754, 2005.
26) 2,005 学術論文 (審査論文) Sayuri Tomonari, Shino Akamatsu, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : A non-canonical photopigment, melanopsin, is expressed in the differentiating ganglion, horizontal, and bipolar cells of the chicken retina, Developmental Dynamics, Vol.234, No.3, 783-790, 2005.
27) 2,005 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Fumika Mi-ichi, Tamaki Kobayashi, Masaya Yamanouchi, Jun Kotera, Kiyoshi Kita and Kenji Omori : PfPDE1, a novel cGMP-specific phosphodiesterase from the human malaria parasite Plasmodium falciparum, The Biochemical Journal, Vol.392, No.1, 221-229, 2005.
28) 2,005 学術論文 (審査論文) Shuichiro Goda, Masaki Kojima, Yoshimi Nishikawa, Chizu Kujo, Ryushi Kawakami, Seiki Kuramitsu, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Intersubunit Interaction Induced by Subunit Rearrangement Is Essential for the Catalytic Activity of the Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum., Biochemistry, Vol.44, No.46, 15304-15313, 2005.
29) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuya Maeda, Shingo Tanaka, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Characterization and Protein Analysis of Escherichia coli Resistant to a Quaternary Ammonium Compound, Biocontrol Science, Vol.10, No.4, 139-145, 2005.
30) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, A Takaya, Y Handa, K Karata and T Yamamoto : ClpXP controls the expression of LEE genes in enterohaemorrhagic Escherichia coli., FEMS Microbiology Letters, Vol.253, No.1, 59-66, 2005.
31) 2,005 学術論文 (審査論文) Balaji Krishnamachary, David Zagzag, Hideko Nagasawa, Karin Rainey, Hiroaki Okuyama, Jin H. Baek and Gregg L. Semenza : HIF-1-dependent Repression of E-cadherin in VHL-null Renal Cell Carcinoma Mediated by TCF3, ZFHX1A, and ZFHX1B, Cancer Research, Vol.66, No.5, 2725-2731, 2006.
32) 2,005 学術論文 (審査論文) Makiko-Iijima Kitami, Toshiaki Kitami, Masami Nagahama, Mitsuo Tagaya, Seiji Hori, Akira Kakizuka, Mizuno Yoshikuni and Nobutaka Hattori : Dominant-negative effect of mutant valosin-containing protein in aggresome formation, FEBS Letters, Vol.580, No.2, 474-478, 2006.
33) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichi Sakasegawa, Hidehiko Ishikawa, Shigeyuki Imamuna, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Bilirubin oxidase activity of Bacillus subtilis CotA, Applied and Environmental Microbiology, Vol.72, No.1, 972-975, 2006.
34) 2,005 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Tadashi Yoshimoto, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Pratamine: a unique and patent inhibitor of oligopeptidase B, Journal of Peptide Science, Vol.12, No.1, 65-71, 2006.
35) 2,005 学術論文 (審査論文) Atsushi Tabata, Fumihiko Namba, Minoru Yamada, Taeko Hasegawa, Kumiko Nakahira, Daizo Hamada, Hiroyuki Kitajima, Eiichiro Fukusaki and Itaru Yanagihara : Expression and purification of recombinant human annexin A2 in Pichia pastoris and utility of expression product for detecting annexin A2 antibody, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.101, No.2, 190-197, 2006.
36) 2,005 学術論文 (審査論文) Akiko Takaya, Mari Matsui, Toshifumi Tomoyasu, Michihiro Kaya and Tomoko Yamamoto : The DnaK chaperone machinery converts the native FlhD2C2 hetero-tetramer into a functional transcriptional regulator of flagellar regulon expression in Salmonella., Molecular Microbiology, Vol.59, No.4, 1327-1340, 2006.
37) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Keiko Gotoh, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : Evaluation of Hypoxia-Specific Cytotoxic Bioreductive Agent-Sodium Borocaptate-10B Conjugates, as 10B-Carriers in Boron Neutron,Capture Therary, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 98-107, 2006.
38) 2,005 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yuko Kinashi and Koji Ono : Evaluation of Hypoxic Cell Radio-sensitizers in Terms of Radio-sensitizing and Repair-inhibiting Potential Dependency on p53 Status of Tumor Cells and the Effects on Intratumor Quiescent Cells, Anticancer Research, Vol.26, No.2A, 1261-1270, 2006.
39) 2,005 学術論文 (審査論文) Ryoko Buma, Takuya Maeda, Masaharu Kamei and Hiroki Kourai : Pathogenic Bacteria Carried by Companion Animals and Their Susceptibility to Antibacterial Agents, Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 1-9, 2006.
40) 2,005 学術論文 (審査論文) Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Mari Mayama, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antifungal characteristics of N,N'-hexamethylenebis (4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide), Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 37-42, 2006.
41) 2,005 学術論文 (審査論文) 住友 倫子, 幸坂 葵, 中 秀雄, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 繊維製品の抗真菌性試験, 防菌防黴誌, Vol.34, No.3, 141-147, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) 2,005 学術レター Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hisashi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 71-74, 2006.
2) 2,005 学術レター Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the anginosus streptococci: As the putative virulence factors, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 231-234, 2006.
3) 2,005 学術レター Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 262-266, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 2,005 総説・解説 三戸 太郎, 更科 功, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 昆虫における初期発生システムの進化, タンパク質核酸酵素, Vol.50, No.6, 750-755, 2005年5月.
2) 2,005 総説・解説 高麗 寛紀 : 殺菌剤の定量的構造活性相関手法を用いた基礎的研究および実用化に関する研究, 防菌防黴誌, Vol.33, No.6, 273-285, 2005年5月.
3) 2,005 総説・解説 前田 拓也, 住友 倫子, 高麗 寛紀 : 食品衛生と界面活性剤4, --- 界面活性剤の殺菌·抗菌作用 ---, 防菌防黴誌, Vol.33, No.10, 550-560, 2005年10月.
4) 2,005 総説・解説 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアの新規フラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能開発, 酵素工学ニュース, Vol.54, 31-36, 2005年10月.
5) 2,005 総説・解説 大内 淑代 : 組織修復・再生作用, --- FGFs 薬理作用と生理作用 ---, 日本臨床,臨床分子内分泌学3—甲状腺副甲状腺骨内分泌代謝系, Vol.63, No.10, 503-508, 2005年10月.
6) 2,005 総説・解説 三戸 太郎, 野地 澄晴 : コオロギから学ぶ生物の発生システムの進化, 昆虫と自然, Vol.40, No.11, 5-8, 2005年.
7) 2,005 総説・解説 津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 新規ジフラビン脱水素酵素ファミリー : FAD, FMN, ATP結合L-プロリン脱水素酵素複合体の構造と機能, 生化学, Vol.78, No.1, 41-45, 2006年1月.
8) 2,005 総説・解説 松木 均, 金品 昌志 : リン脂質二分子膜相転移の熱力学, 熱測定, Vol.33, No.2, 74-82, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) 2,005 国際会議 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Cheng-Zhe Jin, Ayako Tanaka, Mariko Shimamura, Yoshio Takeuchi, Kenneth L. Kirk and Seiichi Inayama : Design of 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione-containing azomycin derivatives as antiangiogenic hypoxic cell radiosensitizers, 96th American Association for Cancer Research Annual Meeting, Anaheim, Apr. 2005.
2) 2,005 国際会議 Yuji Tani, Tomoki Yabutani, Yuji Mishima, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Preparation and electrochemical characteristics of thermostable D-Proline dehydrogenase immobilized electrode, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
3) 2,005 国際会議 Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma, Hideo Ago, Masashi Miyano and Toshihisa Ohshima : The Crystal Structure of L-proline Dehydrogenase in a Hyperthermophilic Archaeon, XX Congress of the International Union of Crystallography, Vol.27, No.50, C198, Florence, Italy, Aug. 2005.
4) 2,005 国際会議 Shinichi Nakayama, Hideko Nagasawa, Tomoya Fujita, Toshihiro Hashimoto, Yoshinori Asakawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Douglas A. Kuntz : Synthesis of new GMII mannosidase inhibitors, diversity-oriented 5-substituted swainsonine analogues, via stereoselective Mannich reaction, 230th American Chemical Society Meeting & Exposition, Washington, D.C., Aug. 2005.
5) 2,005 国際会議 Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005.
6) 2,005 国際会議 H Tao, M Shimizu, R Kusumoto, K Ono and Sumihare Noji : Roles of FGF10 in mouse eyelid development., 15th International Society of Developmental Biologists Congress, Sydney, Australia, Sep. 2005.
7) 2,005 国際会議 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Masamitsu Hiraoka, Keiko Goto, Hitomi Nakashima, Satoru GOTO and Shin-ichiro Masunaga : Design, synthesis, and pharmacokinetics of hypoxic tumor-targeting boron carriers, IMEBORON12, Sendai, Sep. 2005.
8) 2,005 国際会議 Toshihisa Ohshima : Structure and function of hyperthermophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolases, The 13th German-Japanese Workshop on Enzyme Technology, Uberlingen, Germany, Sep. 2005.
9) 2,005 国際会議 Yoneda Kazunari, Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Katunuma Nobuhiko, Kuramitsu Seiki, Kawabata Takeshi and Toshihisa Ohshima : The crystal structure of ST1625p from hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii: a novel fold of helical repeat protein, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON EXTREMOPHILES AND THEIR APPLICATIONS, Tokyo, Nov. 2005.
10) 2,005 国際会議 Hideyo Ohuchi : Dual role of FGF10 during mouse eyelid development, 2nd International Symposium on ''Dynamics of Developmental Systems'', Kazusa, Chiba, Nov. 2005.
11) 2,005 国際会議 Haruhiko Sakuraba, Tsuge Hideaki, Yoneda Kazunari, Katunuma Nobuhiko and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of the NAD biosynthetic enzyme quinolinate synthase, International Interdisciplinary Conference of Vitamins, Coenzyme and Biofactors 2005, Awaji Island, Japan, Nov. 2005.
12) 2,005 国際会議 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Role of PACE4 and furin in cell differentiation, International Conference on Serine-Carboxyl Peptidases 2005, Kyoto, Nov. 2005.
13) 2,005 国際会議 Hitoshi Matsuki, Ukyo Komatsu, Makoto Nishimoto, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Comparative study of specific and non-specific interactions between bio-macromolecules and ligands, International Congress Series, Vol.1283, 207-210, Nara, Dec. 2005.
14) 2,005 国際会議 Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Takashi Hata, Hiroko Okuno, Masataka Kusube and Nobutake Tamai : Local anesthetic tetracaine induces the interdigitation of lipid bilayers, International Congress Series, Vol.1283, 320-321, Nara, Dec. 2005.
15) 2,005 国際会議 Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Recognition for long-chain saturated fatty acids, by dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membranes, International Congress Series, Vol.1283, 324-325, Nara, Dec. 2005.
16) 2,005 国際会議 Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Study on the interaction between bovine serum albumin and inhalation anesthetic halothane by differential scanning calorimetry, International Congress Series, Vol.1283, 326-327, Takamatsu, Dec. 2005.
17) 2,005 国際会議 Ukyo Komatsu, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Ogli Kenji : Effect of an inhalation anesthetic on the viscosity of aqueous bovine serum albumin solutions, International Congress Series, Vol.1283, 322-323, Nara, Dec. 2005.
18) 2,005 国際会議 Naho Yamazaki, Kazuhiko Matsuoka, Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Distribution of charged and uncharged local anesthetics into phospholipid bilayer membrane: correlation between partition coefficients and anesthetic potency, International Congress Series, Vol.1283, 330-331, Nara, Dec. 2005.
19) 2,005 国際会議 Kazuhiko Matsuoka, Kazuhito Nagayama, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Partition coefficients of local anesthetic into phospholipid-cholesterol mixed bilayer membranes, International Congress Series, Vol.1283, 328-329, Nara, Dec. 2005.
20) 2,005 国際会議 Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : Crystal structure of D-2-deoxyribose-5-phosphate aldolase from a hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix, Pacifichem 2005, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2005.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 2,005 国内講演発表 石田 巧, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンに対する単クローン抗体の作成とその性質, 日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
2) 2,005 国内講演発表 犬伏 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 関矢 加智子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンとその受容体の結合に及ぼすコレステロールの影響, 日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
3) 2,005 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の作製とその電気化学特性評価, 第66回分析化学討論会, 2005年5月.
4) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : 抗動脈硬化剤の創製を目指したArtepillin C Isoprenomics, 第3回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2005年5月.
5) 2,005 国内講演発表 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンに対する各種食中毒菌の耐性化, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
6) 2,005 国内講演発表 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
7) 2,005 国内講演発表 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の抗菌活性とその溶血活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
8) 2,005 国内講演発表 三上 勝弘, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の物理化学的特性と定量的構造活性相関研究, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
9) 2,005 国内講演発表 浅田 舞子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺カビ特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
10) 2,005 国内講演発表 栗本 麻友子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Saccharomycesに対するビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
11) 2,005 国内講演発表 吉成 安純, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
12) 2,005 国内講演発表 野々宮 正晃, 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, Vol.IC-33, 2005年5月.
13) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 : 風呂残り湯の微生物学的及び化学的解析, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
14) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 : 微生物試験用モデル残り湯の構築, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
15) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 森 孝, 阪口 浩士, 鬼塚 浩明, 辻 正光 : 人工バイオフィルムの構築とその定量的評価方法に関する検討, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
16) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 板東 一宏, 米本 謙悟 : 銀系抗菌材のトマト養液栽培病原菌に対する殺菌効果, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
17) 2,005 国内講演発表 住友 倫子, 白井 昭博, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
18) 2,005 国内講演発表 大島 敏久 : 超好熱アーキアのヌクレオチド補欠因子要求性酵素の研究, --- 新規酵素の発見,機能と構造の解析並びに応用 ---, 日本ビタミン学会第57回大会 ビタミン学会賞受賞講演, 2005年5月.
19) 2,005 国内講演発表 櫻庭 春彦, 米田 一成, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来キノリン酸シンターゼのX線結晶構造解析, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月.
20) 2,005 国内講演発表 川上 竜巳, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD生合成に機能すると予想されるL-AspDHホモログの機能解析, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月.
21) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 永澤 秀子, 堀 均 : p53の阻害を介して正常細胞のダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第11回癌治療増感研究会, 2005年5月.
22) 2,005 国内講演発表 三好 篤, 永澤 秀子, 北島 吉彦, 井手 貴雄, 宮崎 耕治, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素環境による肝細胞癌の悪性進展機序と低酸素標的治療の確立, 第17回日本肝胆膵外科学会, 2005年6月.
23) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : LDL抗酸化剤を指向したブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのイソプレノミクス解析, 第5回AOB研究会, 2005年6月.
24) 2,005 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼのユニークな自己活性化制御機構, 第5回日本蛋白質科学会年会ワークショップ9, 2005年6月.
25) 2,005 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子 : 低酸素指向性薬物設計:抗血管新生活性低酸素細胞放射線増感剤アゾマイシン-2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン誘導体, 第9回がん分子標的治療研究会総会, 2005年7月.
26) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 後藤 恵子, 中嶌 瞳, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 永澤 秀子, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 低酸素薬剤(hypoxia drug)の創製:p53阻害型低酸素細胞放射線増感剤および低酸素指向性ハイブリッド型ボロンキャリアーの分子設計, 第35回放射線による制癌シンポジウム, 2005年7月.
27) 2,005 国内講演発表 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiの新規色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造, 日本Archaea研究会第18回講演会, 2005年7月.
28) 2,005 国内講演発表 櫻庭 春彦 : アーキアを中心とした微生物の進化をたどる, --- 超好熱アーキアの特異的なNAD(P)生合成系と進化 ---, 第7回日本進化学会大会 シンポジウム, 2005年8月.
29) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : p53の阻害を介して正常細胞のダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の開発, 第64回日本癌学会学術総会, 2005年9月.
30) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川口 久美子, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール誘導体のラジカル消去活性, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年9月.
31) 2,005 国内講演発表 大島 敏久 : 生かせ,微生物のポテンシャル, --- 超好熱アーキアの構造ゲノミクスとその利用 ---, 2005年度日本農芸化学会関西·中四国·西日本合同大会 シンポジウム, 2005年9月.
32) 2,005 国内講演発表 Oheni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Sizuo Kayama, Keiji Murakami, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : The Mechanism of Bile Epithelium Cell Death Under the Stimulation of Streptococcus Intermedius Cytolysin, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2005.
33) 2,005 国内講演発表 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : The role of Reticulocalbin-3 in regulation of PACE4 activation and secretion, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
34) 2,005 国内講演発表 Kentaro Ogawa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Expression of cysteine proteases and oligopeptidase B in early seedling growth of wheat, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
35) 2,005 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Tadashi Yoshimoto : Protamine: a unique and potent inhibitor of oligopeptidase B, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
36) 2,005 国内講演発表 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 during skeletal muscle differentiation, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
37) 2,005 国内講演発表 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of fibrillin-2 during chondrogenesis, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
38) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたLDL抗酸化剤の分子設計, 日本過酸化脂質·フリーラジカル学会 第29回大会, 2005年10月.
39) 2,005 国内講演発表 福居 麻弓, 射本 康夫, 才所 未来, 辻 陽平, 山本 ゆかり, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌特性, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
40) 2,005 国内講演発表 数藤 萌, 岡本 好子, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : MRSAに対するGemini型第四アンモニウム塩の殺菌機構, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
41) 2,005 国内講演発表 渡辺 裕子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
42) 2,005 国内講演発表 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 大腸菌の第四アンモニウム塩系薬剤耐性とmarシステムの関連性, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
43) 2,005 国内講演発表 岡崎 貴世, 高麗 寛紀 : 化粧用パフの除菌·洗浄について, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
44) 2,005 国内講演発表 高麗 寛紀 : 環境保全が求める循環型社会での抗菌剤が果たす役割, 日本防菌防黴学会, 2005年11月.
45) 2,005 国内講演発表 吉村 剛, 中山 友栄, 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄 : 新規ジェミニ型第四アンモニウム塩の抗シロアリ活性, 日本環境動物昆虫学会 第17回年次大会, 2005年11月.
46) 2,005 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価, 第51回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2005年11月.
47) 2,005 国内講演発表 桃沢 茂行, 桃沢 茂行, 清水 泰博, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : :Pyrococcus horikoshii OT-3由来,Quinolinate phosphoriboosyltransferaseの諸性質の解明, 日本農芸化学会関西支部第442回講演会, 2005年12月.
48) 2,005 国内講演発表 岡村 菜摘子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 滝口 公康, 堀 均 : ヒト血清Gc proteinサブタイプの糖鎖構造解析, 第9回バイオ治療法研究会学術集会, 2005年12月.
49) 2,005 国内講演発表 村上 綾, 中江 崇, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : N-アセチルガラクトサミン基を有する低酸素細胞放射線増感剤TX-2068およびアナログによるマクロファージの活性化能について, 第9回バイオ治療法研究会学術集会, 2005年12月.
50) 2,005 国内講演発表 湯浅 恵造, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるSubtilisin-like proprotein convertase(SPC)の機能解析, 第28回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2005年12月.
51) 2,005 国内講演発表 池田 真理, 池内 健, 志賀 篤志, 幡野 紘樹, 高橋 俊昭, 原 賢寿, 辻 明彦, 西沢 正豊, 小野寺 理 : 分泌型セリンプロテアーゼHtrA1とserpinとの高分子複合体形成の解析, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
52) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール誘導体およびビタミンEモデルのラジカル消去活性, 第17回ビタミンE研究会, 2006年1月.
53) 2,005 国内講演発表 永澤 秀子, 稲田 俊行, 宇都 義浩, 堀 均, Semenza G. : HIF1αノックダウンHCT116細胞株の樹立とHIF1α阻害剤解析への応用, 第8回癌治療増感研究シンポジウム, 2006年2月.
54) 2,005 国内講演発表 中嶌 瞳, 後藤 恵子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 新規ボロンキャリアーの分子設計:Hypoxic cytotoxinハイブリッドの合成及び体内動態, 第8回癌治療増感研究シンポジウム, 2006年2月.
55) 2,005 国内講演発表 寺井 利光, 広瀬 由鷹, 末信 一郎, 堀 照夫, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 耐熱性L-プロリン脱水素酵素の電極上への分子配向制御固定, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
56) 2,005 国内講演発表 吉行 貴司, 伊藤 佳洋, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7 由来2-keto-3-deoxygluconate (KDG) aldolase の機能解析, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月.
57) 2,005 国内講演発表 岡村 菜摘子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 滝口 公康, 堀 均 : ヒト血清Gc proteinサブタイプの糖鎖構造解析, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
58) 2,005 国内講演発表 田中 彩子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均 : 2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン構造を有する新規血管新生阻害剤の分子設計, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
59) 2,005 国内講演発表 宇都 義浩, 阿江 周太郎, 小山 大輔, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクス:抗動脈硬化剤の創製を目指したアルテピリンCイソプレン誘導体の分子設計, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
60) 2,005 国内講演発表 川島 知憲, 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 鈴木 桂子, 川口 久美子, 金澤 秀子, 福原 潔, 奥田 晴宏, 永澤 秀子, 堀 均, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 伊古田 暢夫 : 4-プロペニルフェノール構造を有する抗酸化物質のラジカル消去活性の評価, 第126年会日本薬学会, 2006年3月.
61) 2,005 国内講演発表 友安 俊文, 高屋 明子, 長宗 秀明, 山本 友子 : 腸管出血性大腸菌ClpXPプロテアーゼによるLEE pathogenic island 発現制御機構の解, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
62) 2,005 国内講演発表 小南 章, 友安 俊文, 福島 江, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の遺伝学的解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
63) 2,005 国内講演発表 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 壽士, 大倉 一人, 長宗 秀明 : インターメディリシン及びそのホモローグの受容体認識部位の解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

(なし)

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 松木 均, 入砂 久美子, 坂本 弥生, 長宗 秀明, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第14章 高圧力下におけるFITC特異的モノクローナル抗体の熱力学的キャラクタリゼーション ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
2) 2,006 著書 楠部 真崇, 松木 均, 山中 美智男, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第1章 蛍光プローブProdanおよびLaurdanを用いたリン脂質二分子膜の圧力誘起相転移観測 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
3) 2,006 著書 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第2章 高圧蛍光プローブ法を用いたN-メチル化DPPE二分子膜の相転移観測 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
4) 2,006 著書 多田 佳織, 後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第3章 ジラウロイルホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起相転移 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
5) 2,006 著書 後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第4章 リン脂質二分子膜ゲル相の多形と安定性に及ぼす圧力効果 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : A proteomic approach reveals transient association of reticulocalbin-3, a novel member of the CREC family, with the precursor of subtilisin-like proprotein convertase, PACE4, The Biochemical Journal, Vol.396, No.1, 51-59, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Sugita Kazutoshi, Saito Takeshi, Utsumi Motoo, Maekawa Takaaki and Kobayashi Michihikko : Biochemical characteristics of microcystin LR degradation by typical protease, Japanese Journal of Water Teatment Biology, Vol.42, No.1, 27-35, 2006.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) A Yoshimura, A Nakata, Taro Mito and Sumihare Noji : The characteristics of karyotype and telomeric satellite DNA sequences in the cricket, Gryllus bimaculatus (Orthoptera, Gryllidae), Cytogenetic and Genome Research, Vol.112, No.3-4, 329-336, 2006.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroki Kourai, Tadao Yabuhara, Akihiro Shirai, Takuya Maeda and Hideaki Nagamune : Syntheses and antimicrobial activities of series of new bis-quaternary ammonium compounds, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.41, No.4, 437-444, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoneda Kazunari, Ryushi Kawakami, Tagashira Yuya, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : The first archaeal l-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus: gene cloning and enzymological characterization, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.6, 1087-1093, 2006.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Munehiro Yoshida, Tomoyo Kaimura, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Synthesis and biological properties of gemini quaternary ammonium compounds,5,5'-[2,2'-(α,ω-polymethylnedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide) and 5,5'- [2,2'-(ρ-phenylenedicarbonyldioxy)diethyl] bis(3-alkyl-4-methylthiazolium bromide), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.5, 639-645, 2006.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) N Wada, Tsutomu Nohno, 野地 澄晴 : [Roles of the BMP family in pattern formation of the vertebrate limb], Clinical Calcium, Vol.16, No.5, 773-780, 2006年.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) Hirotaka Tao, K Ono, Hitomi Kurose, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Exogenous FGF10 can rescue an eye-open at birth phenotype of Fgf10-null mice by activating activin and TGFalpha-EGFR signaling., Development Growth & Differentiation, Vol.48, No.5, 339-346, 2006.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) Ryosuke Sueyoshi, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic phase transition between the lamellar liquid crystal phase and the inverted hexagonal phase of dioleoylphosphatidylethanolamine, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.50, No.1, 85-88, 2006.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) Masahiro Shin, Sumihare Noji, Annette Neubuser and Sadao Yasugi : FGF10 is required for cell proliferation and gland formation in the stomach epithelium of the chicken embryo, Developmental Biology, Vol.294, No.1, 11-23, 2006.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a newly developed hypoxia-oriented 10B conjugate compound, TX-2100, for boron neutron capture therapy, International Journal of Hyperthermia, Vol.22, No.4, 287-299, 2006.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) Masami Nagahama, Takeshi Yamazoe, Yoshimitsu Hara, Katsuko Tani, Akihiko Tsuji and Mitsuo Tagaya : The AAA-ATPase NVL2 is a component of pre-ribosomal particles that interacts with the DexD/H-box RNA helicase DOB1, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.346, No.3, 1075-1082, 2006.
13) 2,006 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Haruko Okamoto, Wakako Shinahara, Yohei Shinmyo, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Kruppel acts as a gap gene regulating expression of hunchback and even-skipped in the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.294, No.2, 471-481, 2006.
14) 2,006 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Bilayer Phase Transitions of N-methylated Dioleoylphosphatidylethanolamines under High Pressure, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.142, No.1-2, 94-102, 2006.
15) 2,006 学術論文 (審査論文) Aya Yoshida, M. Matumoto, H. Hashizume, Y. Oba, T. Tomishige, H. Inagawa, C. Kohchi, M. Hino, F. Ito, K. Tomoda, T. Nakajima, K. Makino, Hiroshi Terada, Hitoshi Hori and Genichiro Soma : Selective delivery of rifampicin incorporated into poly(DL-lactic-co-glycolic) acid microspheres after phagocytotic uptake by alveolar macrophages, and the killing effect against intracellular Mycobacterium bovis Calmette-Guerin, Microbes and Infection, Vol.8, No.9-10, 2484-2491, 2006.
16) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Azusa Hotta, Junji Terao, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C analogues as antiatherogenic antioxidants, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.578, 113-118, 2006.
17) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Mitsutoshi Sakakibara, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki, Hideko Nagasawa, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C isoprene analogues as lipid peroxidation inhibitor having low mitochondrial toxicity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.14, No.16, 5721-5728, 2006.
18) 2,006 学術論文 (審査論文) M Tanaka, S Okudaira, Y Kishi, R Ohkawa, S Iseki, M Ota, Sumihare Noji, Y Yatomi, J Aoki and H Arai : Autotaxin stabilizes blood vessels and is required for embryonic vasculature by producing lysophosphatidic acid., The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.35, 25822-25830, 2006.
19) 2,006 学術論文 (審査論文) Tomoko Sumitomo, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Correlation between the Bacterioclastic Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound and Outer Membrane Proteins, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 115-124, 2006.
20) 2,006 学術論文 (審査論文) Tomoko Sumitomo, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Construction of a leftover bath water model for microbial testing, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 107-114, 2006.
21) 2,006 学術論文 (審査論文) Kanji Fujimoto, Daiki Morisaki, Munehiro Yoshida, Tetsuto Namba, Kim Hye-Sook, Yusuke Wataya, Hiroki Kourai, Hiroki Kakuta and Kenji Sasaki : Antimalarial effect of bis-pyridinium salts,N.N'-hexamethylenebis(4-carbamoyl-1-alkylpyridinium bromide), Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.16, No.10, 2758-2760, 2006.
22) 2,006 学術論文 (審査論文) Fumihiko Namba, Hiroyuki Kitajima, Atsushi Tabata, Masahiro Nakayama, Noriyuki Suehara, Katsura Matsunami, Keiko Yanagihara, Masahiro Nishihara, Akihiro Morita, Minoru Yamada, Akihito Kimoto, Shinya Hirano, Kiyotoshi Sekiguchi, Masanori Fujimura and Itaru Yanagihara : Anti-Annexin A2 IgM Antibody in Preterm Infants: Its Association with Chorioamnionitis, Pediatric Research, Vol.60, No.6, 699-704, 2006.
23) 2,006 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Hideaki Nagamune : Molecular dynamics of human-specific cytolysin: analysis of membrane binding motif for therapeutic application, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4055-4062, 2006.
24) 2,006 学術論文 (審査論文) Yohei Shinmyo, Taro Mito, T Uda, Taro Nakamura, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : brachyenteron is necessary for morphogenesis of the posterior gut but not for anteroposterior axial elongation from the posterior growth zone in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus., Development, Vol.133, No.22, 4539-4547, 2006.
25) 2,006 学術論文 (審査論文) K Tsuchida, Y Sunada, Sumihare Noji, T Murakami, A Uezumi and M Nakatani : Inhibitors of the TGF-β superfamily and their clinical applications., Mini Reviews in Medicinal Chemistry, Vol.6, No.11, 1255-1261, 2006.
26) 2,006 学術論文 (審査論文) Y Ohsawa, H Hagiwara, M Nakatani, A Yasue, K Moriyama, T Murakami, K Tsuchida, Sumihare Noji and Y Sunada : Muscular atrophy of caveolin-3-deficient mice is rescued by myostatin inhibition., The Journal of Clinical Investigation, Vol.116, No.11, 2924-2934, 2006.
27) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Yuji Yamashita and Shoji Kaneshina : Adsorption-Equilibrium Surface Tension of Surfactant Solutions -Examination by the Drop Volume Method-, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.79, No.11, 1704-1710, 2006.
28) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Miyoshi, Yoshihiko Kitajima, Takao Ide, Kazuma Ohtaka, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Kohji Miyazaki : Hypoxia accelerates cancer invasion of hepatoma cells by upregulating MMP expression in an HIF-1alpha-independent manner, International Journal of Oncology, Vol.29, No.6, 1533-1539, 2006.
29) 2,006 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Natsuko Okamura, Aya Murakami and Hitoshi Hori : The Role of Gc Protein Oligosaccharide Structure as a Risk Factor for COPD, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4073-4078, 2006.
30) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Yoshinori Sakurai, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Koji Ono : The usefulness of a continuous administration of tirapazamine combined with reduced dose-rate irradiation using gamma-rays or reactor thermal neutrons, The British Journal of Radiology, Vol.79, No.948, 991-998, 2006.
31) 2,006 学術論文 (審査論文) Taro Mito and Sumihare Noji : Evolution of developmental systems underlying segmented body plans of bilaterian animals: insights from studies of segmentation in a cricket, Paleontological Research, Vol.10, No.4, 337-344, 2006.
32) 2,006 学術論文 (審査論文) Nakayama Hitoshi, Shimamura Tatsuro, Imagawa Takahito, Shirai Nobuaki, Ito Takashi, Sako Yoshihiko, Miyano Masashi, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Nomura Norimichi and Tsuge Hideaki : Structure of a hyperthermophilic archaeal homing endonuclease, I-Tsp061I: contribution of cross-domain polar networks to thermostability, Journal of Molecular Biology, Vol.365, No.2, 362-378, 2007.
33) 2,006 学術論文 (審査論文) Takao YOSHIDA, Ryo IIZUKA, Keisuke ITAMI, Takuo YASUNAGA, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Masafumi YOHDA and Tadashi MARUYAMA : Comparative analysis of the protein folding activities of two chaperonin subunits of Thermococcus strain KS-1; the effects of beryllium fluoride, Extremophiles, Vol.11, No.2, 225-235, 2007.
34) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Yuko Kinashi and Koji Ono : Dependency of the effect of a vascular disrupting agent on sensitivity to tirapazamine and gamma-ray irradiation upon the timing of its administration and tumor size, with reference to the effect on intratumor quiescent cells, Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, Vol.133, No.1, 47-55, 2007.
35) 2,006 学術論文 (審査論文) Taro Nakamura, Taro Mito, Yoshihisa Tanaka, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Involvement of the canonical Wnt/Wingless signaling in determination of the proximodistal positional values within the leg segment of the cricket Gryllus bimaculatus, Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.2, 79-88, 2007.
36) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, G Kashino, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with continuous tirapazamine administration under reduced dose-rate irradiation with gamma-rays, International Journal of Hyperthermia, Vol.23, No.1, 29-35, 2007.
37) 2,006 学術論文 (審査論文) Fumihiko Yamaguchi, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : An enzymatic cycling assay for nicotinic acid adenine dinucleotide phosphate using NAD synthetase, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.364, No.2, 97-103, 2007.
38) 2,006 学術論文 (審査論文) Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami, Yuichiro Kanai, Shuichiro Goda and Haruhiko Sakuraba : Gene expression and characterization of 2-keto-3-deoxygluconate kinase, a key enzyme in the modified Entner-Doudoroff pathway of the aerobic and acidophilic hyperthermophile Sulfolobus tokodaii., Protein Expression and Purification, Vol.54, No.1, 73-78, 2007.
39) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Eri Miyazaki, Fumihiko Sakano, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions in bilayer membranes of ether-linked phospholipids with varying alkyl chain lengths, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1768, No.3, 479-489, 2007.
40) 2,006 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Chiharu Kobayashi, Isao Sarashina, H Zhang, Wakako Shinahara, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : even-skipped has gap-like, pair-rule-like, and segmental functions in the cricket Gryllus bimaculatus, a basal, intermediate germ insect (Orthoptera)., Developmental Biology, Vol.303, No.1, 202-213, 2007.
41) 2,006 学術論文 (審査論文) Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai, Nobuo Suzuki and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of Phenol in Seawater Using a Novel Microorganism Isolated from the Intestine of Aplysia kurodai, International Biodeterioration & Biodegradation, Vol.59, No.3, 252-254, 2007.
42) 2,006 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Hiroki Kanie, Hirotaka Makise, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Engineering of α1-antitrypsin cariants selective for subtilisin-like proprotein convertases PACE4 and PC6: Importance of the P2' residue in stable complex formation of the serpin with proprotein convertase, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.20, No.4, 163-170, 2007.
43) 2,006 学術論文 (審査論文) Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,006 学術論文 (紀要その他) Junichi Morishige, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 脂質生化学研究, Vol.48, No.0, 91-94, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Toshiro Ohta, Shigenori Kumazawa, Miya Kamihira, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Tsutomu Nakayama : Suppression of tumor-induced angiogenesis by Brazilian propolis: Major component artepillin C inhibits in vitro tube formation and endothelial cell proliferation, Cancer Letters, Vol.252, No.2, 235-243, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 高麗 寛紀 : 食品工場における環境汚染微生物制御のための抗菌剤の開発動向と抗菌特性, 日本食品微生物学会雑誌, Vol.23, No.1, 13-20, 2006年4月.
2) 2,006 総説・解説 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の分子設計と抗菌特性, オレオサイエンス, Vol.6, No.5, 247-255, 2006年5月.
3) 2,006 総説・解説 金品 昌志 : 加圧による脂質の物性変化, 食品と容器, Vol.47, No.5, 274-282, 2006年5月.
4) 2,006 総説・解説 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 川上 竜巳, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌タンパク質の耐熱化の分子戦略, 化学と生物, Vol.44, No.5, 305-312, 2006年5月.
5) 2,006 総説・解説 宇都 義浩, 永澤 秀子, 後藤 恵子, 中嶌 瞳, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 4. 低酸素薬剤(hypoxia drug)の創製:p53阻害型低酸素細胞放射線増感剤および低酸素指向性ハイブリッド型ボロンキャリアーの分子設計, 癌の臨床, Vol.52, No.1, 11-14, 2006年7月.
6) 2,006 総説・解説 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 癌化学療法の新展開, PHARMSTAGE, Vol.6, No.3, 46-52, 2006年7月.
7) 2,006 総説・解説 高麗 寛紀 : 光触媒抗菌について, 防菌防黴誌, Vol.34, No.9, 577-584, 2006年9月.
8) 2,006 総説・解説 Shouji Suzuki, Shigeo Imai and Hiroki Kourai : Background and Evidence Leading to the Establishment of the JIS Standard for Antimicrobial Products, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 135-145, Sep. 2006.
9) 2,006 総説・解説 Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Design of Hypoxia-Targeting Drugs as New Cancer Chemotherapeutics, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2335-2342, Dec. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hiroshi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 71-74, Palm cove, Australia, Apr. 2006.
2) 2,006 国際会議 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the Anginosus streptococci:Putative virulence factor, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 231-234, Palm cove, Australia, Apr. 2006.
3) 2,006 国際会議 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene during Chondrogenrsis, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
4) 2,006 国際会議 Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase II is required for chondrogenic differentiation, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
5) 2,006 国際会議 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : RCN3 facilitates the secretion and activation of PACE4, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
6) 2,006 国際会議 Akihiko Tsuji : A novel protein which regulates autoactivation and secretion of subtilisin-like proprotein convertase. International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors, Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
7) 2,006 国際会議 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Activation of processing protease PACE4 during myogenic differentiation., International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
8) 2,006 国際会議 Hiroki Kanie, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Development of selectivity of 1-antitrypsin variant by mutagenesis in reactive site loop against proprotein convertase, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
9) 2,006 国際会議 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase PACE4 is transcriptionally regulated by E2F/Rb, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
10) 2,006 国際会議 Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in the embryo of germinating wheat seed, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
11) 2,006 国際会議 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Small heat shock protein ``AgsA'' suppresses aggregation of heat denatured proteins., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
12) 2,006 国際会議 Atsushi Tabata, Akiko Inubushi, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Immunochemical analysis of a human specific cytolysin, intermedilysin, for elucidation of its mode of action to human cells, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
13) 2,006 国際会議 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki and Takashi Tuji : Design and synthesis of LDL oxidation inhibitor based on isoprenomics, XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
14) 2,006 国際会議 Yoneda K., Ryushi Kawakami, Tagashira Y., Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda, Hideaki Tsuge, Katunuma N. and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal L-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus, EXTREMOPHILES 2006 CONFERENCE, Brest, Sep. 2006.
15) 2,006 国際会議 Tomoko Sumitomo and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Gemini-Quaternary Ammonium Compound, Membrane Stress Biotechnology Symposium, Sep. 2006.
16) 2,006 国際会議 Takuya Maeda, Ryoko Buma, Masaharu Kamei, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : Pathogenic Bacteria Carried by Houseflies and The Possibility of Transmission from Source to Human, Second Bangladesh-Japan Joint International Conference of Microbiology and Food Hygiene, 31-34, Nara, Dec. 2006.
17) 2,006 国際会議 Fukuda J., Yoneda K., Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Crystallization and Chracterization of L-lysine Dehydrogenase (LysDH) from Hyperthermophilic Archaeon yrococcus horikoshii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
18) 2,006 国際会議 Shimizu Y., Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Elucidation of the L-Serine Biosynthesis in the Hyperthermophilic Archaeon:Characterization of D-3-Phosphoglycerate Dehydrogenase from Sulfolobus tokodaii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
19) 2,006 国際会議 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : α1-Antitrypsinを用いたSPC特異的阻害剤の開発, 第6回日本蛋白質科学会年会, 2006年4月.
2) 2,006 国内講演発表 上川 健一, Ismaliza Nor Ismail, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪組織におけるプロセシングプロテア-ゼ群の機能解析, 第47回日本生化学会中国・四国支部例会, 2006年5月.
3) 2,006 国内講演発表 伊藤 雅代, 縣 邦雄, 高麗 寛紀 : 新規抗菌剤の抗菌及び,銅に対する腐食防止特性, 腐食防食協会 材料と環境討論会2006, 2006年5月.
4) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 松本 英樹 : 新規hypoxic cytotoxinの分子設計及び生物活性, 第12回癌治療増感研究会, 2006年5月.
5) 2,006 国内講演発表 中江 崇, 宇都 義浩, 村上 綾, 田中 彩子, 堀 均, 永澤 秀子 : 細胞表面を構成するsugar scaffoldに基づくハイブリッド型低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第4回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2006年5月.
6) 2,006 国内講演発表 郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 小島 正樹, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌内で不活性な構造で生産される超好熱アーキア Pyrobaculum islandicum 由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
7) 2,006 国内講演発表 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302が生産するNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の遺伝子クローニング, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
8) 2,006 国内講演発表 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
9) 2,006 国内講演発表 盛重 純一, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 第48回日本脂質生化学会, 2006年6月.
10) 2,006 国内講演発表 清水 泰博, 吉田 晴美, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 柊 弓弦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアAeropyrum pernixK1由来5'-deoxy-5'-methylthioadenosinephosphorylase(MTAP)の機能解析, 日本Archaea研究会第19回講演会, 2006年8月.
11) 2,006 国内講演発表 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるsubtilisin-like proprotein convertase (SPC)の機能解析, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
12) 2,006 国内講演発表 増田 哲也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Subtilisin-like Proprotein Convertase (SPC)は骨格筋分化制御の重要因子である, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
13) 2,006 国内講演発表 吉原 久美子, 高橋 克幸, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 : 超好熱菌Thermotoga maritima及びPyrobaculum aerophilum由来2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase(DERA)が触媒するアルドール縮合反応, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2006年9月.
14) 2,006 国内講演発表 大島 敏久, 里村 武範, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 谷 裕児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumの色素依存性D-プロリン脱水素酵素の機能解析と応用, 第2回D-アミノ酸研究学術講演会, 2006年9月.
15) 2,006 国内講演発表 清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaii strain 7 由来D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本生物工学会大会, 2006年9月.
16) 2,006 国内講演発表 大島 敏久, 里村 武範, 櫻庭 春彦, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱菌の膜結合性D-プロリン脱水素酵素の機能開発, 酵素・補酵素を楽しむ会, 2006年9月.
17) 2,006 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素-寒天固定化電極の作製とその特性評価, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月.
18) 2,006 国内講演発表 三宅 講太朗, 西岡 将規, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 島田 光生 : 膵臓癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877誘導体の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
19) 2,006 国内講演発表 越川 信子, 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 竹永 啓三 : ヒト乳癌細胞株における転移抑制遺伝子nm23-H1発現の低酸素による抑制, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
20) 2,006 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 低分子性血管新生阻害剤2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン化合物の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
21) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化能を有する糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
22) 2,006 国内講演発表 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌由来の巨大グルタミン酸脱水素酵素, 酵素工学研究会, 2006年10月.
23) 2,006 国内講演発表 岡村 菜穂, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : gemini型第四アンモニウム塩の枯草菌(Bacillus subtilis)に対する殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
24) 2,006 国内講演発表 上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
25) 2,006 国内講演発表 北浦 真希, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : セラチアに対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
26) 2,006 国内講演発表 古小路 夏美, 住友 倫子, 間世田 英明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 多剤交叉耐性Achromobacter sp.の耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
27) 2,006 国内講演発表 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
28) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 大友 直紀, 小山 大輔, 大津木 護, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化フェルラ酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第30回大会, 2006年10月.
29) 2,006 国内講演発表 福島 江, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 大国 壽士, 長宗 秀明 : Sm-hPAFの受容体多様性:コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子進化, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月.
30) 2,006 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月.
31) 2,006 国内講演発表 大島 敏久, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来のデノボNAD生合成系の初発酵素L-アスパラギン酸脱水素酵素の機能と構造解析, 第406回ビタミンB研究委員会, 2006年11月.
32) 2,006 国内講演発表 間世田 英明 : 微生物の応答と制御, 日本農芸化学会北海道・東北支部合同若手シンポジウム, 2006年11月.
33) 2,006 国内講演発表 稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 岩木 孝晴, 永澤 秀子 : HIF-1{alpha}抑制作用及び血管新生阻害作用を有する新規hypoxic cytotoxinの分子設計, 第4回がんとハイポキシア研究会, 2006年11月.
34) 2,006 国内講演発表 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性NAD依存性酵素/ジアホラーゼ電極の作製とその特性評価, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
35) 2,006 国内講演発表 三木 俊二, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : リボソーム生合成およびmRNA前駆体スプライシングにおけるAAA型分子シャペロンNVL2の機能, 第118回徳島生物学会, 2006年11月.
36) 2,006 国内講演発表 滝口 公康, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 村上 綾, 永澤 秀子, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : 多機能性糖タンパク質Gc protein及びその糖ペプチドの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
37) 2,006 国内講演発表 大倉 一人, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : 血管新生の制御を目指して:抗血管新生作用を有するchiral haloacetyl-carbamoyl-1-2-nitroimidazoleの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
38) 2,006 国内講演発表 Ismaliza Ismail Nor Mohd, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪細胞の分化過程におけるSPCファミリーの機能解析, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
39) 2,006 国内講演発表 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Transcriptional Regulation of Fibrilin-2 Gene during Chondrogenesis, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
40) 2,006 国内講演発表 上原 正太郎, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるcGMP-dependent protein kinase IIの遺伝子発現調節機構, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
41) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 小山 大輔, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 堀 均, 永澤 秀子 : トコフェロールの生合成前駆体フィチル化キノールのイソプレノミクス的考察, 第18回 ビタミンE研究会, 2007年1月.
42) 2,006 国内講演発表 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素腫瘍移行性糖ハイブリッド放射線増感剤の創製, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
43) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬のための低酸素転写活性化スクリーニングシステム, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
44) 2,006 国内講演発表 福田 純也, 米田 一成, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来L-リジン脱水素酵素ホモログ遺伝子PH1688の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
45) 2,006 国内講演発表 清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアのセリン生合成系の解明:Sulfolobus tokodaii D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
46) 2,006 国内講演発表 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2007年度本大会, 2007年3月.
47) 2,006 国内講演発表 黒住 明大, 山下 裕哉, 小林 史尚, 中村 嘉利 : Coriolus versicolorを用いた抗酸化物質の生産に及ぼす光照射条件の影響, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
48) 2,006 国内講演発表 黒住 明大, 熊田 賢太郎, 寺沢 なお子, 小林 史尚, 中村 嘉利 : おからフリーの豆腐様食品の製造, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
49) 2,006 国内講演発表 小林 史尚, 大代 正和, 中村 嘉利 : オゾンと二酸化チタン光触媒による2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D)の分解処理, 第41回日本水環境学会, 2007年3月.
50) 2,006 国内講演発表 黒田 早織, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiのNAD合成酵素(NADS)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
51) 2,006 国内講演発表 井手 康裕, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱菌の耐熱性2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼ(DERA)の磁性化, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
52) 2,006 国内講演発表 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
53) 2,006 国内講演発表 間世田 英明, 小中 瑠実, 長宗 秀明, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Serratia marcescens の消毒剤および抗生物質に対する耐性機構の解明, 日本細菌学会, 2007年3月.
54) 2,006 国内講演発表 大津木 護, 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたハイドロプレニルクマリン酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
55) 2,006 国内講演発表 荒井 健, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 滝口 公康, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : Non-secosteroidal Vitamin D mimicを用いたGc-Proteinのアフィニティーカラムの作成, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
56) 2,006 国内講演発表 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 田中 彩子, 谷本 加奈子, 永澤 秀子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規FTY720アナログのCAM法による血管新生阻害活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
57) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬の分子設計と低酸素転写活性化スクリーニング, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
58) 2,006 国内講演発表 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, マンダ スシュマ, 金澤 秀子, 永澤 秀子, 堀 均, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 福住 俊一, 伊古田 暢夫, 安西 和紀 : 抗酸化作用の増強を目的としたアルテピリンC誘導体の開発, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
59) 2,006 国内講演発表 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : GrlR,GrlAによる腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
60) 2,006 国内講演発表 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 細胞溶解毒素インターメディリシンのヒト細胞特異的感染因子としての役割, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明 : 超好熱菌のアミノ酸代謝関連酵素,NAD生合成系酵素の立体構造解析, タンパク3000プロジェクト代謝系評価会, 2006年11月.
2) 2,006 その他・研究会 高麗 寛紀 : 環境調和型殺菌剤・抗菌剤の開発現状と展望, 日本防菌防黴学会18年度製造環境における微生物汚染と対策に関する基礎講座(第3回), 2006年12月.
3) 2,006 その他・研究会 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : バイオセンサー素子としてのアミノ酸脱水素酵素の構造と機能, 共立出版株式会社, 東京, 2007年4月.
2) 2,007 著書 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明 : 超好熱菌由来酵素を創薬に利用:2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼ, 共立出版株式会社, 東京, 2007年4月.
3) 2,007 著書 三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫ミメティックス -昆虫の設計に学ぶ-(下澤楯夫,針山孝彦監修;分担執筆), エヌ・ティー・エス, 東京, 2008年.
4) 2,007 著書 堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] 総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月.
5) 2,007 著書 堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] [CD-ROM for Windows]総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) Michio Yamanaka, Yuichi Takajo, Shinji Ono, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volume study on the exclusion of lithium naphthylsulfonate from lithium decylsulfonate micelles, Colloid and Polymer Science, Vol.285, No.7, 761-769, 2007.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) Hideyo Ohuchi, Y Hayashibara, H Matsuda, M Onoi, M Mitsumori, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Diversified expression patterns of autotaxin, a gene for phospholipid-generating enzyme during mouse and chicken development, Developmental Dynamics, Vol.236, No.4, 1134-1143, 2007.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Masakazu Daidai, Fumihisa Kobayashi, Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of 2,4-Dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D) by Ozonation and TiO2/UV treatment, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.4, 378-384, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) Takahiro Anai, Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Design of a Hybrid Biosensor for Enhanced Phosphopeptide Recognition Based on a Phosphoprotein Binding Domain Coupled with a Fluorescent Chemosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.19, 6232-6239, 2007.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) K Sun, Z Li, K Ueno, S Juodkazis, Sumihare Noji and H Misawa : Electrophoretic chip for high-fidelity fractionation of double-stranded DNA, Electrophoresis, Vol.28, No.10, 1572-1578, 2007.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) Toyofuku Masanori, Nomura Nobuhiko, Fujii Tatsuya, Takaya Naoki, Hideaki Maseda, Sawada Isao, Nakajima Toshiaki and Uchiyama Hiroo : Quorum Sensing Regulates Denitrification in Pseudomonas aeruginosa PAO1, Journal of Bacteriology, Vol.189, No.13, 4969-4972, 2007.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) A de Marco, E. Deuerling, A. Mogk, Toshifumi Tomoyasu and B. Bukau : Chaperone-based procedure to increase yields of soluble recombinant proteins produced in E. coli., BMC Biotechnology, Vol.7, No.32, 2007.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) Haruyuki Funahashi and Yoshitoshi Nakamura : Model of the Continuous Prefermentation Process in Cheese Manufacture and Stability Analysis of Steady State, Journal of Food Process Engineering, Vol.30, No.4, 522-537, 2007.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Gene cloning and characterization of the very large NAD-dependent L-glutamate dehydrogenase from the psychrophile Janthinobacterium lividum, isolated from cold soil, Journal of Bacteriology, Vol.189, No.15, 5626-5633, 2007.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) Kazunari Yoneda, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal structure of archaeal highly thermostable L-aspartate dehydrogenase-NAD-citrate ternary complex, The FEBS Journal, Vol.274, No.16, 4315-4325, 2007.
11) 2,007 学術論文 (審査論文) Y Takehara-Kasamatsu, K Tsuchida, M Nakatani, T Murakami, A Kurisaki, O Hashimoto, Hideyo Ohuchi, H Kurose, K Mori, S Kagami, Sumihare Noji and H Sugino : Characterization of follistatin-related gene as a negative regulatory factor for activin family members during mouse heart development, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 276-288, 2007.
12) 2,007 学術論文 (審査論文) Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression pattern of the melanopsin-like (cOpn4m) and VA opsin-like genes in the developing chicken retina and neural tissues., Gene Expression Patterns, Vol.7, No.7, 746-753, 2007.
13) 2,007 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of subtilisin-like proprotein convertase PACE4 by E2F: Possible role of E2F-mediated upregulation of PACE4 in tumor progression, Gene, Vol.402, No.1-2, 103-110, 2007.
14) 2,007 学術論文 (審査論文) Yuichi Takajo, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina, Makoto Aratono and Michio Yamanaka : Miscibility and interaction between 1-alkanol and short-chain phosphocholine in the adsorbed film and micelles, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.59, No.1, 52-58, 2007.
15) 2,007 学術論文 (審査論文) M Mitsumori, T Adachi, K Takayanagi, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, S Kimura, M Kokubo, T Higuchi and Sumihare Noji : Film tomography as a tool for three-dimensional image construction and gene expression studies., Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.7, 583-589, 2007.
16) 2,007 学術論文 (審査論文) Kachiko Sekiya, Takumi Akagi, Kiyoko Tatsuta, Eriko Sakakura, Tsutomu Hashikawa, Akio Abe and Hideaki Nagamune : Ultrastructural analysis of the membrane insertion of domain 3 of streptolysin O, Microbes and Infection, Vol.9, No.11, 1341-1350, 2007.
17) 2,007 学術論文 (審査論文) Youichi Tajima, Fumiko Matsuzawa, Sei-ichi Aikawa, Toshika Okumiya, Michiru Yoshimizu, Takahiro Tsukimura, Masahiko Ikekita, Seiichi Tsujino, Akihiko Tsuji, Tim Edmunds and Hitoshi Sakuraba : Structural and biochemical studies on Pompe disease and a "pseudodeficiency of acid α-glucosidase", Journal of Human Genetics, Vol.52, No.11, 898-906, 2007.
18) 2,007 学術論文 (審査論文) Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Motoaki Ohkita, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antibacterial activity and characteristics of modified ferrite powder coated with a gemini pyridinium salt molecule, Biocontrol Science, Vol.12, No.3, 83-91, 2007.
19) 2,007 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Kumiko Yoshihara, Kyoko Satoh, Ryushi Kawakami, Yoshihiro Uto, Hideaki Tsuge, Katsuyuki Takahashi, Hitoshi Hori and Toshihisa Ohshima : Sequential aldol condensation catalyzed by hyperthermophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase., Applied and Environmental Microbiology, Vol.73, No.22, 7427-7434, 2007.
20) 2,007 学術論文 (審査論文) Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Kentaro Kumada, Fumihisa Kobayashi, Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Novel extraciton method of antioxidant compounds from Sasa palmata (Bean) Nakai using steam explosion, Process Biochemistry, Vol.42, No.10, 1449-1453, 2007.
21) 2,007 学術論文 (審査論文) Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of Lignocellulosic Enzymes from White-rot Fungus Phlebia chrysocreas Isolated from a Marine Habit, Journal of Engineering and Applied Sciences, Vol.2, No.10, 1501-1508, 2007.
22) 2,007 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Shimizu, Haruhiko Sakuraba, Katsumi Doi and Toshihisa Ohshima : Molecular and functional characterization of D-3-phosphoglycerate dehydrogenase in the serine biosynthetic pathway of the hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.470, No.2, 120-128, 2007.
23) 2,007 学術論文 (審査論文) Akihiro Kurosumi, Fumihisa Kobayashi and Yoshitoshi Nakamura : Development of New Extraction Method of Natural Antioxidants from Bamboo Grass, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.32, No.4, 1139-1142, 2007.
24) 2,007 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Effect of molecular chirality and side chain bulkiness on angiogenesis of haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole compounds, Anticancer Research, Vol.27, No.6A, 3693-3700, 2007.
25) 2,007 学術論文 (審査論文) Haruyuki Funahashi, Junichi Horinouchi and Yoshitoshi Nakamura : Predicting of Manipulated Variables to Control Water Content in Continuous Butter Manufacture by an Artificial Neural Network, Milchwissenschaft, Vol.63, No.1, 41-44, 2008.
26) 2,007 学術論文 (審査論文) T Nakamura, Taro Mito, T Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dissecting insect leg regeneration through RNA interference., Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.65, No.1, 64-72, 2008.
27) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Masayoshi Miyagawa, Shinya Tsukiji, Tomohisa Ogawa and Itaru Hamachi : Target-Specific Chemical Acylation of Lectins by Ligand-Tethered DMAP Catalysts, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.1, 245-251, 2008.
28) 2,007 学術論文 (審査論文) Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways, Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008.
29) 2,007 学術論文 (審査論文) Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Mito, Alessandro Minelli, Sumihare Noji and Martin Klingler : Antenna and all gnathal appendages are similarly transformed by homothorax knock-down in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 80-92, 2008.
30) 2,007 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Divergent and conserved roles of extradenticle in body segmentation and appendage formation, respectively, in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 67-79, 2008.
31) 2,007 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Hangxiang Wang and Itaru Hamachi : Ratiometric Fluorescent Biosensor for Real-Time and Label-Free Monitoring of Fine Saccharide Metabolic Pathways, ChemBioChem, Vol.9, No.1, 25-28, 2008.
32) 2,007 学術論文 (審査論文) Haruhiko Sakuraba, K. Yoneda, I. Asai, Hideaki Tsuge, N Katunuma and Toshihisa Ohshima : Structure of l-aspartate oxidase from the hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1784, No.3, 563-571, 2008.
33) 2,007 学術論文 (審査論文) Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008.
34) 2,007 学術論文 (審査論文) Masashi Nakatani, Yuka Takehara, Hiromu Sugino, Mitsuru Matsumoto, Osamu Hashimoto, Yoshihisa Hasegawa, Tatsuya Murakami, Akiyoshi Uezumi, Shin'ichi Takeda, Sumihare Noji, Yoshihide Sunada and Kunihiro Tsuchida : Transgenic expression of a myostatin inhibitor derived from follistatin increases skeletal muscle mass and ameliorates dystrophic pathology in mdx mice., The FASEB journal, Vol.22, No.2, 477-487, 2008.
35) 2,007 学術論文 (審査論文) Niraldo Paulino, Lemos Sheila Rago Abreu, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Verena M. Dirsch, Angelika M. Vollmar, Amarilis Scremin and Walter A. Bretz : Anti-inflammatory effects of a bioavailable compound, Artepillin C, in Brazilian propolis, European Journal of Pharmacology, Vol.587, No.1-3, 296-301, 2008.
36) 2,007 学術論文 (審査論文) Mayumi Okamoto, Sayuri Tomonari, Yuki Naito, Kaoru Saigo, Sumihare Noji, Kumiko Ui-Tei and Hideyo Ohuchi : Introduction of silencing-inducing transgene against Fgf19 does not affect expression of Tbx5 and beta3-tubulin in the developing chicken retina., Development Growth & Differentiation, Vol.50, No.3, 159-168, 2008.
37) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoshitoshi Nakamura, Akihiro Kurosumi and Godliving Mtui : Manufacturing Method of Okara-Containg Soybean Curd Using Steam Explosion, Journal of Food Technology, Vol.6, No.3, 135-138, 2008.
38) 2,007 学術論文 (審査論文) Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008.
39) 2,007 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of hydrostatic pressure on the bilayer phase behavior of symmetric and asymmetric phospholipids with the same total chain length, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.4, 1067-1078, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1) 2,007 学術レター Manda Sushma, Nakanishi Ikuo, Ohkubo Kei, Yoshihiro Uto, Kawashima Tomonori, Hitoshi Hori, Fukuhara Kiyoshi, Okuda Haruhiro, Ozawa Toshihiko, Ikota Nobuo, Fukuzumi Shunichi and Anzai Kazunori : Enhanced radical-scavenging activity of naturally-oriented artepillin C derivatives, Chemical Communications, No.5, 626-628, 2008.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 Eiji Nakata, Shinya Tsukiji and Itaru Hamachi : Development of New Methods to Introduce Unnatural Functional Molecules into Native Proteins for Protein Engineering, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.80, 1268-1279, May 2007.
2) 2,007 総説・解説 金品 昌志, 松木 均 : リン脂質二重膜の熱および圧力誘起構造転移, 高圧力の科学と技術, Vol.17, No.2, 106-112, 2007年5月.
3) 2,007 総説・解説 間世田 英明 : Quorum-sensing機構, 呼吸器科, Vol.12, 77-88, 2007年7月.
4) 2,007 総説・解説 高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743として制定「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験」, 染織経済新聞, Vol.8, No.2415, 19-23, 2007年8月.
5) 2,007 総説・解説 高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その1:発光法による微生物内ATP量の測定 ---, 加工技術, Vol.42, No.11, 681-684, 2007年11月.
6) 2,007 総説・解説 高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その2:菌転写法(Printing method) ---, 加工技術, Vol.42, No.12, 745-748, 2007年12月.
7) 2,007 総説・解説 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Lectin Functionalization by Post-Photo Affinity Labeling Modification (P-PALM), Trends in Glycoscience and Glycotechnology, Vol.19, No.107, 121-131, Jan. 2008.
8) 2,007 総説・解説 高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その3:転写法(Transfer method) ---, 加工技術, Vol.43, No.2, 139-142, 2008年2月.
9) 2,007 総説・解説 高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その4:菌液吸収法(Absorption method) ---, 加工技術, Vol.43, No.3, 210-213, 2008年3月.
10) 2,007 総説・解説 宇都 義浩, 中江 崇, 永澤 秀子, 中田 栄司, 堀 均 : 解糖系代謝のエネルギー源となる単糖に対するがん細胞特異性:糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤/制癌剤の分子設計-Pharmacokinetic drug designのすすめ-, 放射線生物研究, Vol.43, No.1, 68-79, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Akira Tokumura : Lysophosphatidic acid produced by lysophospholipase D in hen egg white induces blood vessel formation on hen chorioallantoic membrane, 3rd International Conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Sorrento, May 2007.
2) 2,007 国際会議 Natsuko Kusunoki, Kozue Edo, Kaori Ohnishi, Keiko Ashida, Asami Nakanishi, Hitomi Sakai, Hideyuki Nakagawa, Kumio Yokoigawa, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Multiple lectins from globiferous pedicellariae of the sea urchin, Toxopneustes pileolus, The Proceeding of 21st Pacific Science Congress:Session:4-10 Health hazard by marine animals in Pacific region, 7p, Okinawa, Jun. 2007.
3) 2,007 国際会議 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Function of DnaK in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Budapest, Aug. 2007.
4) 2,007 国際会議 Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membrane of Ether-linked Lipid, Dihexadecylphosphatidylcholine, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 61-67, Tsukuba, Aug. 2007.
5) 2,007 国際会議 Kaori Tada, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of Dilauroylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 68-72, Tsukuba, Aug. 2007.
6) 2,007 国際会議 Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Bilayer Phase Behavior of an Asymmetric Lipid, 1-Stearoyl-2-palmitoylphosphatidylcholine, under High Pressure, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 73-78, Tsukuba, Aug. 2007.
7) 2,007 国際会議 Nobutake Tamai, Kazuyo Fujishige, Masafumi Sakamoto, Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volumetric Study on Barotropic and Thermotropic Phase Transitions of Dimyristoylphosphatidylcholine Bilayer, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 79-85, Tsukuba, Aug. 2007.
8) 2,007 国際会議 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hideko Nagasawa : A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics'', ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Uppsala, Sweden, Aug. 2007.
9) 2,007 国際会議 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
10) 2,007 国際会議 Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : The role of subutilisin-like proproteinn connvertase PACE4 in myogenesis, 5th General Meeting of the International Proteolysis Society, Patras, Greece, Oct. 2007.
11) 2,007 国際会議 Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Suspended culture system coupled with mechanical disruption of Sparasis crispa myceria by a homogenizer and addition of olive oil, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007.
12) 2,007 国際会議 Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Biodegradation of persistent organic pollutants by laccase with natural mediator ectracted from bamboo grass, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007.
13) 2,007 国際会議 Tani Yuji, Tomoki Yabutani, Mishima Yuji, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Electrochemical characterization of a thermostable D-proline dehydrogenase immobilized electrode under aqueous and alcohol solvents, the 9th Asian Conference on Analytical Chemistry, Jeju(Korea), Nov. 2007.
14) 2,007 国際会議 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 浅井 一作, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7由来L-アスパラギン酸オキシダーゼのX線結晶構造解析, 日本農芸化学会中四国支部第18回講演会, 2007年5月.
2) 2,007 国内講演発表 前田 拓也, 伊藤 雅代, 縣 邦雄, 森 孝, 高麗 寛紀 : 金属表面上のバイオフィルム形成の定量的評価, 腐食防食協会 材料と環境討論会2007(春期大会), 2007年5月.
3) 2,007 国内講演発表 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 田中 智子, 村上 綾, 佐々木 有紀, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素がん選択的ハイブリッド型放射線増感剤の創製, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月.
4) 2,007 国内講演発表 永澤 秀子, 須藤 智美, 岡部 泰之, 林 慧, 稲田 俊行, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均 : 交差共役系マイケル受容体構造を有する新規血管新生阻害剤の分子設計, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月.
5) 2,007 国内講演発表 谷田 渚, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体分子シャペロンNVL2とrRNAプロセシング複合体の相互作用解析, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
6) 2,007 国内講演発表 糟谷 拓, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 上川 健一, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 助野 晃子, 桑島 正道, 辻 明彦 : ヒト内臓・皮下脂肪組織におけるアドレノメジュリンとその活性化に必要なプロセシング酵素群の発現, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
7) 2,007 国内講演発表 湯浅 恵造, 増田 哲也, 吉川 千尋, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は骨格筋分化に必須である, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
8) 2,007 国内講演発表 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の極性有機溶媒環境下における特性評価, 第68回分析化学討論会, 2007年5月.
9) 2,007 国内講演発表 辻 明彦, 菊池 弥生, 長浜 正巳, 湯浅 恵造, 井上 英史 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼプロペプチドの機能, 第7回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ4(「分子内シャペロン」としてのプロペプチド研究:分子機構から生理機能まで), 2007年5月.
10) 2,007 国内講演発表 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 安部 千秋, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするハイドロプレニルp-クマリン酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第29回 日本フリーラジカル学会学術集会・日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第31回大会 合同学会, 2007年6月.
11) 2,007 国内講演発表 友安 俊文, 廣島 理樹, 石田 俊輔, 小南 章, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性発現調節機構の解析, 第16回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2007年6月.
12) 2,007 国内講演発表 増永 慎一郎, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 永田 憲司, 鈴木 実, 菓子野 元郎, 木梨 友子, 小野 公二 : 低減線量率γ線照射において低温度温熱処置とTirapazamine連続的投与を併用する有用性についての検討, 第46回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2007年7月.
13) 2,007 国内講演発表 辻 明彦 : SPCを選択的に阻害できるアンチトリプシン改変体の作成と応用, 第12回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2007年8月.
14) 2,007 国内講演発表 白井 昭博, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型ピリジニウム塩系薬剤の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
15) 2,007 国内講演発表 岡村 菜穂, 住友 倫子, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 魚病細菌に対する光触媒抗菌紙の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
16) 2,007 国内講演発表 福居 麻弓, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エーテル結合を有するGemini型第四アンモニウム塩の合成及び殺菌特性の検討, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
17) 2,007 国内講演発表 森下 裕生, 室巻 良彦, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の毒性と化学構造の定量的構造活性相関解析, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
18) 2,007 国内講演発表 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : モノ型とジェミニ型第四アンモニウム塩の抗菌特性の差異, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
19) 2,007 国内講演発表 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系ポリマー型固定化殺菌剤の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
20) 2,007 国内講演発表 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 種々のN-側鎖を有するビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
21) 2,007 国内講演発表 辻 陽平, 伊藤 雅代, 延嶋 浩文, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩化合物のレジオネラ殺菌に及ぼすCa2+,Mg2+の影響, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
22) 2,007 国内講演発表 清水 泰博, 米田 一成, 土居 克己, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアSulfolobus tokodaiiのセリン生合成系の解明:ホスホグリセリンアミノ基転移酵素(PSAT)の機能解析, 日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 2007年9月.
23) 2,007 国内講演発表 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱菌由来アルドラーゼの結晶構造解析, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
24) 2,007 国内講演発表 末信 一郎, 吉田 達剛, 桶崎 陽友, 鄭 海涛, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 好熱菌由来L-リジン脱水素酵素を用いたL-リジンバイオセンシング, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
25) 2,007 国内講演発表 関矢 加智子, 赤木 巧, 龍田 季代子, 端川 勉, 安部 章夫, 長宗 秀明 : ストレプトリジンOによる溶血機構の超微形態学的解析, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
26) 2,007 国内講演発表 西木 一生, 内山 成人, 上野 友美, 只野 健太郎, 長宗 秀明, 吉田 照豊 : 日本の海産魚類由来Lactococcus garvieaeとその他種由来株の遺伝疫学に関する研究, 第4回日本魚病学会, 2007年9月.
27) 2,007 国内講演発表 山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
28) 2,007 国内講演発表 黒住 明大, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : オゾンとシュウ酸資化性菌を用いたアゾ染料の分解, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
29) 2,007 国内講演発表 塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼの三次元分子構造に及ぼす圧力効果, 第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム, 2007年9月.
30) 2,007 国内講演発表 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : NAD依存性酵素センシングのための耐熱性ジアホラーゼ固定化電極の作製とその応用, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
31) 2,007 国内講演発表 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
32) 2,007 国内講演発表 中村 嘉利 : 爆砕処理を用いたエタノール生産前処理技術, バイオエタノール・シンポジウム, 2007年10月.
33) 2,007 国内講演発表 永澤 秀子, 林 慧, 岡部 泰之, 上田 聡, 堀 均, 宇都 義浩 : 交差共役系マイケル受容体構造を有する新規血管新生阻害剤の構造活性相関, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
34) 2,007 国内講演発表 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 血管新生阻害活性をもつアセチレン型FTY720アナローグTX-2152の設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
35) 2,007 国内講演発表 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 解糖系基質と低酸素細胞放射線増感剤のハイブリッド分子設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
36) 2,007 国内講演発表 三宅 講太朗, 西岡 将規, 杉本 光司, 宮谷 知彦, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均, 島田 光生 : 直腸癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
37) 2,007 国内講演発表 松川 雅則, 塚本 泰司, 間世田 英明 : 緑膿菌尿分離株における薬剤排出ポンプの発現とバイオフィルム形成能, 第56回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 2007年10月.
38) 2,007 国内講演発表 篠原 由樹, 石田 巧, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用部位の解析, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
39) 2,007 国内講演発表 弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
40) 2,007 国内講演発表 塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 : 高圧力下で成長したグルコースイソメラーゼ結晶の常圧下でのX線結晶構造解析, NCCG-37予稿集, 43, 2007年11月.
41) 2,007 国内講演発表 雨宮 崇, 清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : microcystin分解酵素遺伝子の転写に関する研究, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
42) 2,007 国内講演発表 倉島 巧, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻類microcystin分解関連酵素群の機能, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
43) 2,007 国内講演発表 宇都 義浩 : イソプレノミクスを基盤とした抗酸化剤の分子設計, 日本農芸化学会中部支部 第151回例会 若手シンポジウム, 2007年11月.
44) 2,007 国内講演発表 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性ジアホラーゼ固定化電極の作製とそのNAD依存性酵素センサーへの応用, 第53回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会プログラム, 2007年11月.
45) 2,007 国内講演発表 盛重 純一, 吉岡 泰子, 堀 均, 德村 彰 : ニワトリ初期胚の血管系形成における卵白リゾホスファチジン酸の生理的役割, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
46) 2,007 国内講演発表 山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第119回 徳島生物学会, 2007年12月.
47) 2,007 国内講演発表 黒住 明大, 佐々木 千鶴, 山下 祐哉, 中村 嘉利 : 農業系廃棄物由来リグニンの効率的有効利用法の開発, 第18回日本MRS学術シンポジウム, 2007年12月.
48) 2,007 国内講演発表 滝口 公康, 荒井 健, 辻 祐亮, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 中田 栄司, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGc proteinの糖ペプチド構造解析, 第11回 バイオ治療法研究会学術集会, 2007年12月.
49) 2,007 国内講演発表 上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構, 第119回徳島生物学会, 2007年12月.
50) 2,007 国内講演発表 湯浅 恵造, 影山 陽子, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は軟骨分化に必須である, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
51) 2,007 国内講演発表 山上 真, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼと相互作用する因子の検索, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
52) 2,007 国内講演発表 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 木村 道江, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるフィブリリン-2の機能解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
53) 2,007 国内講演発表 小川 健太郎, 雑賀 裕子, 林 絢子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼの酵素学的特性, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
54) 2,007 国内講演発表 湯浅 剛, 小田 英里奈, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 井上 雅広, 辻 明彦 : Trypanosoma brucei oligopeptidase Bの基質結合部位の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
55) 2,007 国内講演発表 村松 和明, 関 光太, 鈴木 龍介, 前野 貴則, 辻 明彦, 松田 佳子 : オステオカルシンの成熟化に関与するプロセシング酵素の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
56) 2,007 国内講演発表 大西 満智, 河手 裕美子, 松井 隆幸, 三宅 仁美, 湯浅 恵造, 谷 佳津子, 多賀谷 光男, 辻 明彦, 長浜 正巳 : UBXD1はVCP/97と結合しERADを制御する, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
57) 2,007 国内講演発表 友安 俊文, 東 俊介, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌のGrlAによるLEE1オペロンの新規発現調節機構, 第30回日本分子生物学会年会, 2007年12月.
58) 2,007 国内講演発表 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが生産するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディシンの発現調節, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
59) 2,007 国内講演発表 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
60) 2,007 国内講演発表 渡辺 隆司, 芦田 和信, 矢野 健太, 親泊 政二三ほか3名, 中村 嘉利 : 白色腐朽菌複合前処理を用いた木質バイオマスのメタン発酵, 第3回 バイオマス科学会議, 2008年1月.
61) 2,007 国内講演発表 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムによる蛋白質間相互作用の解析, 第10回生命化学研究会シンポジウム, 2008年1月.
62) 2,007 国内講演発表 木村 禎亮, 河村 泰男, 上田 聡, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎 : インテグリンを標的とする新規ボロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月.
63) 2,007 国内講演発表 皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : ニトロイミダゾールアセトアミド誘導体による低酸素放射線増感効果, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月.
64) 2,007 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 連鎖球菌(S. intermedius)ClpP破壊株の作成とその表現型の解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
65) 2,007 国内講演発表 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
66) 2,007 国内講演発表 大国 寿士, 留目 優子, 高橋 秀実, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
67) 2,007 国内講演発表 関矢 加智子, 安部 章夫, 長宗 秀明 : 溶血毒素ストレプトリジンOのドメイン3の膜貫入による溶血機構の超微形態学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
68) 2,007 国内講演発表 長宗 秀明, 友安 俊文, 田端 厚之 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節の遺伝学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
69) 2,007 国内講演発表 間世田 英明, 橋田 裕美子, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定と解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
70) 2,007 国内講演発表 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
71) 2,007 国内講演発表 柴田 明奈, 中江 崇, 滝口 公康, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化因子GcMAFの糖鎖構造部位をミミックしたGalNAc-Thrデンドリマーの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
72) 2,007 国内講演発表 白井 斉, 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたトコフェロール生合成前駆体フィチル化キノールのLDL抗酸化剤分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
73) 2,007 国内講演発表 中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
74) 2,007 国内講演発表 一久 和弘, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司, 杉本 弘, 城 宜嗣, 堀 均 : 低酸素腫瘍を標的としたTirapazamineハイブリッド型新規IDO阻害剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
75) 2,007 国内講演発表 百瀬 郁理, 中山 真一, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 谷本 加奈子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規血管新生阻害剤の開発を目指したFTY720アセチレニックアナログの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
76) 2,007 国内講演発表 安部 千秋, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた酸化的血管障害に対するin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
77) 2,007 国内講演発表 岩木 孝晴, 稲田 俊行, 榎本 幸浩, 小林 拓, 須藤 智美, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 血管新生阻害及び転移抑制作用をめざすhypoxic cytotoxinの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
78) 2,007 国内講演発表 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4は軟骨分化に必須である, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008年3月.
79) 2,007 国内講演発表 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムを利用した細胞内蛋白質間相互作用の検出, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
80) 2,007 国内講演発表 根本 圭美, 八幡 穣, 間世田 英明, 野村 暢彦, 中島 敏明, 内山 裕夫 : 異種細菌由来細胞間シグナル物質によるPseudomonas aeruginosa PAO1株バイオフィルムの抗生物質耐性の制御, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
81) 2,007 国内講演発表 上野 広太郎, 橋本 義輝, 戸来 幸男, 株本 浩樹, 間世田 英明, 東端 啓貴, 小林 達彦 : 工業的放線菌におけるタンパク質新規生産系, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
82) 2,007 国内講演発表 間世田 英明, 小林 弘明, 土井 嘉亮, 岡野 邦宏, 高麗 寛紀, 杉浦 則夫, 小林 達彦 : ミクロキスチン分解酵素MlrAのトポロジー解析, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
83) 2,007 国内講演発表 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 宿主細胞膜構造がStreptococcus intermediusのヒト細胞感染に及ぼす影響, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 高麗 寛紀 : バイオサイドの現状と将来, 日本防菌防黴学会第35回通常総会付設講演会, 2007年5月.
2) 2,007 その他・研究会 中田 栄司 : スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)留学中体験記, 生命化学研究レター, Vol.24, 2007年6月.
3) 2,007 その他・研究会 高麗 寛紀, 長宗 秀明 : 高機能性ジェミニ型殺菌剤の分子設計, 神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2007年8月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 2,008 著書 堀 均, 中田 栄司, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 酸化ストレスを標的とした薬剤・治療法, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2008年6月.
2) 2,008 著書 高麗 寛紀 : カビ対策マニュアル(分担), 文部科学省, 東京, 2008年10月.
3) 2,008 著書 Taro Mito and Sumihare Noji : The two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, Cold Spring Harbor Laboratory Press, New York, 2009.
4) 2,008 著書 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : ハイポキシアを標的とした抗癌剤, 株式会社 羊土社, 東京, 2009年2月.
5) 2,008 著書 堀 均 : ステッドマン ポケット医学略語辞典 ,高久史麿総監修,ステッドマン ポケット医学略語辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) 板東 一宏, 河野 充憲, 黒田 康文, 草刈 眞一, 山崎 基嘉, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : トマトロックウール栽培における銀担持光触媒を利用した殺菌装置の殺菌効果と収量,品質,培養液無機成分濃度に及ぼす影響, 園芸学研究, Vol.7, No.2, 309-315, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Cheng-Zhe Jin, Shinichi Nakayama, Ayako Tanaka, Saori Kiyoi, Hitomi Nakashima, Mariko Shimamura, Seiichi Inayama, Tomoya Fujiwara, Yoshio Takeuchi, Yoshimasa Uehara, Kenneth L. Kirk, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Design of antiangiogenic hypoxic cell radiosensitizers: 2-Nitroimidazoles containing a 2-aminomethylene-4-cyclopentene-1,3-dione moiety, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.11, 6042-6053, 2008.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Takayuki Matsui, Nobutaka Moribayashi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Cholesterol Suppresses Pressure-induced Interdigitation of Dipalmitoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.37, No.6, 604-605, 2008.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of dilauroylphosphatidylcholine bilayer, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.153, No.2, 138-143, 2008.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Tetsuya Takeichi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : A new interpretation of eutectic behavior for distearoylphosphatidylcholine-cholesterol binary bilayer membrane, Biophysical Chemistry, Vol.135, No.1-3, 95-101, 2008.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshitoshi Nakamura, Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai and Akihiro Kurosumi : Purification of Seawater Contaminated with Undegradable Aromatic Ring Compounds Using Ozonolysis Followed by Titanium Dioxide Treatment, Marine Pollution Bulletin, Vol.57, No.1-5, 53-58, 2008.
8) 2,008 学術論文 (審査論文) Akihiro Kurosumi, E. Kaneko and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of Reactive Dyes by Ozonation and Oxalic Acid-Assimilating Bacteria Isolated from Soil, Biodegradation, Vol.19, No.4, 489-494, 2008.
9) 2,008 学術論文 (審査論文) Y Ohsawa, T Okada, A Kuga, S Hayashi, T Murakami, K Tsuchida, Sumihare Noji and Y Sunada : Caveolin-3 regulates myostatin signaling. Mini-review, Acta Myologica : Myopathies and Cardiomyopathies, Vol.27, 19-24, 2008.
10) 2,008 学術論文 (審査論文) Sayuri Tomonari, K Migita, A Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression patterns of the opsin 5-related genes in the developing chicken retina, Developmental Dynamics, Vol.237, No.7, 1910-1922, 2008.
11) 2,008 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Taro Nakamura, Isao Sarashina, CC Chang, S Ogawa, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dynamic expression patterns of vasa during embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, Development Genes and Evolution, Vol.218, No.7, 381-387, 2008.
12) 2,008 学術論文 (審査論文) T Nakamura, Taro Mito, K Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : EGFR signaling is required for re-establishing the proximodistal axis during distal leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus nymph, Developmental Biology, Vol.319, No.1, 46-55, 2008.
13) 2,008 学術論文 (審査論文) Shinichi Nakayama, Yoshihiro Uto, Kanako Tanimoto, Yasuhiro Okuno, Yuki Sasaki, Hideko Nagasawa, Eiji Nakata, Ken Arai, Kaori Momose, Tetsuro Fujita, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa, Satoru GOTO and Hitoshi Hori : TX-2152: A conformationally rigid and electron-rich diyne analogue of FTY720 with in vivo antiangiogenic activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.16, 7705-7714, 2008.
14) 2,008 学術論文 (審査論文) Y Moriyama, T Sakamoto, SG Karpova, A Matsumoto, Sumihare Noji and K Tomioka : RNA interference of the clock gene period disrupts circadian rhythms in the cricket Gryllus bimaculatus, Journal of Biological Rhythms, Vol.23, No.4, 308-318, 2008.
15) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitomi Nakashima, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Kazuhiro Ikkyu, Noriko Hiraoka, Kouichiro Nakashima, Yuki Sasaki, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa and Hitoshi Hori : Synthesis and biological activity of 1-methyl-tryptophan-tirapazamine hybrids as hypoxia-targeting indoleamine 2,3-dioxygenase inhibitors, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.18, 8661-8669, 2008.
16) 2,008 学術論文 (審査論文) Kotaro Miyake, Mitsuo Shimada, Masanori Nishioka, Koji Sugimoto, Erdenebulgan Batmunkh, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : The novel hypoxic cell radiosensitizer, TX-1877 has antitumor activity through suppression of angiogenesis and inhibits liver metastasis on xenograft model of pancreatic cancer., Cancer Letters, Vol.272, No.2, 325-335, 2008.
17) 2,008 学術論文 (審査論文) 松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志 : リン脂質膜の非二分子膜形成に対する熱力学的考察, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 61-67, 2008年.
18) 2,008 学術論文 (審査論文) 後藤 優樹, 戸田 雅隆, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下におけるジノナデカノイルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 68-74, 2008年.
19) 2,008 学術論文 (審査論文) 金品 昌志, 後藤 優樹, 多田 佳織, 玉井 伸岳, 松木 均 : エーテル結合型リン脂質における指組み構造形成, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 75-81, 2008年.
20) 2,008 学術論文 (審査論文) Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Lignocellulosic Enzymes from Flavodon flavus, a fungus isolated from Western Indian Ocean off the Coast of Dar es Salaam, Tanzania, African Journal of Biotechnology, Vol.7, No.17, 3066-3072, 2008.
21) 2,008 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Lateral phase separation in cholesterol/diheptadecanoylphosphatidylcholine binary bilayer membrane, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.65, No.2, 213-219, 2008.
22) 2,008 学術論文 (審査論文) 白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性, 防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年.
23) 2,008 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Trafficking of cGMP-dependent protein kinase II via interaction with Rab11, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 522-526, 2008.
24) 2,008 学術論文 (審査論文) Kai Sun, Nobuko Suzuki, Zheyu Li, Ryoko Araki, Kosei Ueno, Saulius Juodkazis, Masumi Abe, Sumihare Noji and Hiroaki Misawa : Electrophoretic chip for fractionation of selective DNA fragment, Electrophoresis, Vol.29, No.19, 3959-3963, 2008.
25) 2,008 学術論文 (審査論文) Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Satoko Yoshida, Akiko Yamada, Sumihare Noji and Yoshio Hayashi : Expression of the retinoblastoma protein RbAp48 in exocrine glands leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy., The Journal of Experimental Medicine, Vol.205, No.12, 2915-2927, 2008.
26) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshio Takeuchi, Tomoya Fujiwara, Yoshihito Shimone, Hideki Miyataka, Toshio Satoh, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Possible involvement of radical intermediates in the inhibition of cysteine proteases by allenyl esters and amides, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.18, No.23, 6202-6205, 2008.
27) 2,008 学術論文 (審査論文) Yayoi Kikuchi, Hiroko Saika, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Isolation and Biochemical Characterization of Two Forms of RD21 from Cotyledons of Daikon Radish (Raphanus sativus)., The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 789-798, 2008.
28) 2,008 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Kentaro Ogawa, Hiroko Saika, Keizo Yuasa and Masami Nagahama : Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus, The FEBS Journal, Vol.275, No.21, 5429-5443, 2008.
29) 2,008 学術論文 (審査論文) Sugimura Makoto, Hideaki Maseda, Hanaki Hideaki and Nakae Taiji : Macrolide Antibiotic-Mediated Downregulation of MexAB-OprM Efflux Pump Expression in Pseudomonas aeruginosa, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.52, No.11, 4141-4144, 2008.
30) 2,008 学術論文 (審査論文) Hideyo Ohuchi, A Hamada, H Matsuda, A Takagi, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Expression patterns of the lysophospholipid receptor genes during mouse early development, Developmental Dynamics, Vol.237, No.11, 3280-3294, 2008.
31) 2,008 学術論文 (審査論文) Shuntaro Ito, Hideaki Nagamune, Haruki Tamura and Yasuo Yoshida : Identification and molecular analysis of betaC-S lyase producing hydrogen sulfide in Streptococcus intermedius., Journal of Medical Microbiology, Vol.57, No.11, 1411-1419, 2008.
32) 2,008 学術論文 (審査論文) Kaori Tada, Kensuke Saito, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : High-pressure study on bilayer phase behavior of oleoylmyristoyl- and myristoyloleoyl-phosphatidylcholines, Biophysical Chemistry, Vol.138, No.1-2, 36-41, 2008.
33) 2,008 学術論文 (審査論文) Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Development of effective utilization method of lignin from rice straw, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.33, No.4, 1153-1157, 2008.
34) 2,008 学術論文 (審査論文) Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Ethanol Production from Paper Sludge by Immobilized Zymomonas mobilis, Biochemical Engineering Journal, Vol.42, No.3, 314-319, 2008.
35) 2,008 学術論文 (審査論文) A Urasaki, Taro Mito, Sumihare Noji, R Ueda and K Kawakami : Transposition of the vertebrate Tol2 transposable element in Drosophila melanogaster, Gene, Vol.425, No.1-2, 64-68, 2008.
36) 2,008 学術論文 (審査論文) Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of Various Fruit Juices as Carbon Source for Production of Bacterial Cellulose by Acetobacter xylinum NBRC 13693, Carbohydrate Polymers, Vol.76, No.2, 333-335, 2009.
37) 2,008 学術論文 (審査論文) Y Moriyama, T Sakamoto, A Matsumoto, Sumihare Noji and K Tomioka : Functional analysis of the circadian clock gene period by RNA interference in nymphal crickets Gryllus bimaculatus, Journal of Insect Physiology, Vol.55, No.2, 183-187, 2009.
38) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : A chemical biosynthesis design for an antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on "isoprenomics", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.645, 109-114, 2009.
39) 2,008 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Yuki Kawguchi, Yasuo Watanabe, Yasuhiro Masubuchi, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Flexible Structure of Cytochrome P450: Promiscuity of Ligand Binding in the CYP3A4 Heme Pocket, Anticancer Research, Vol.29, No.3, 935-942, 2009.
40) 2,008 学術論文 (審査論文) Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene by E2F Family Members in Chondrocyte Differentiation, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.106, No.4, 580-588, 2009.
41) 2,008 学術論文 (審査論文) Masami Nagahama, Machi Ohnishi, Yumiko Kawate, Takayuki Matsui, Hitomi Miyake, Keizo Yuasa, Katsuko Tani, Mitsuo Tagaya and Akihiko Tsuji : UBXD1 is a VCP-interacting protein that is involved in ER-associated degradation, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.382, No.2, 303-308, 2009.
42) 2,008 学術論文 (審査論文) Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Mayuko Kurimoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : The mode of the antifungal activity of gemini-pyridinium salt against yeast, Biocontrol Science, Vol.14, No.1, 13-20, 2009.
43) 2,008 学術論文 (審査論文) Shanta M. Messerli, Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Miyako Yanagihara, Tomoki Tatefuji, Ken Hashimoto, Victor Mautner, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Shigenori Kumazawa, Kazuhiko Kaji, Toshiro Ohta and Hiroshi Maruta : Artepillin C (ARC) in Brazilian green propolis selectively blocks oncogenic PAK1 signaling and suppresses the growth of NF tumors in mice, Phytotherapy Research, Vol.23, No.3, 423-427, 2009.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,008 学術論文 (紀要その他) 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 安部 千秋, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレン側鎖を有する植物成分のex vivo 有機合成とその生理活性の評価, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 52-56, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (紀要その他) Hideaki Maseda : An RND-type Multi-drug Efflux Pump and Inhibition of Quorum-sensing System, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.22, 31-37, 2008.
3) 2,008 学術論文 (紀要その他) 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.
4) 2,008 学術論文 (紀要その他) 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 白井 斉, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ビタミンEの生合成前駆体およびその非環状類縁体のラジカル消去速度, ビタミンE研究の進歩Ⅷ, 83-87, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 金品 昌志, 松木 均, 玉井 伸岳 : リン脂質二分子膜における圧力誘起指組み構造形成, 高圧力の科学と技術, Vol.18, No.2, 110-118, 2008年5月.
2) 2,008 総説・解説 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌の病原因子, 日本細菌学雑誌, Vol.63, No.2-4, 425-435, 2008年6月.
3) 2,008 総説・解説 中田 栄司, 浜地 格 : 蛍光異方性測定, 生命化学研究レター, Vol.27, 24-29, 2008年6月.
4) 2,008 総説・解説 後藤 優樹 : 高圧蛍光法による対称および非対称型リン脂質二重膜相挙動の研究, 高圧力の科学と技術, Vol.18, No.3, 267-272, 2008年8月.
5) 2,008 総説・解説 高麗 寛紀 : 抗カビ剤と抗カビ製品の今日, かびと生活, Vol.1, No.4, 8-11, 2009年1月.
6) 2,008 総説・解説 Hiroki Kourai : Weaving a safer future, --- Antibacterial textiles ---, ISO Focus, Vol.6, No.2, 28-30, Feb. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Atsushi Tabata, Shizuka Saito, Eriko Sakakura, Yuki Shinohara, Soichiro Miyoshi, Kou Fukushima, Toshifumi Tomoyasu, Hisashi Ohkuni and Hideaki Nagamune : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor is a novel type of cholesterol-dependent cytolysin that recognizes dual receptors, cholesterol and human CD59., XVII Lancefield International Symposium on Streptococci & Streptococcal Diseases, Porto Heli, Greece, Jun. 2008.
2) 2,008 国際会議 Hiromichi Yumoto, Liu Dali, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene-regulatory and Physiological Functions of Histone-like Protein from Streptococci, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toronto (Canada), Jul. 2008.
3) 2,008 国際会議 Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Atelocollagen-mediated lapplications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass, 86th IADR, Toronto, Jul. 2008.
4) 2,008 国際会議 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Yoshio Endo, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Development of an in vivo evaluation system of antioxidants for their vascular protective activities using the chick embryo chorioallantoic membrane, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008.
5) 2,008 国際会議 Hitomi Nakashima, Kazuhiro Ikkyu, Kouichiro Nakashima, Keiichiro Sano, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Yoshinori Nakagawa and Hitoshi Hori : Design of novel hypoxia-targeting IDO hybrid inhibitors conjugated with an unsubstituted L-Trp as an IDO affinity moiety, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008.
6) 2,008 国際会議 Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Amemiya Takao, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 12th International Symposium on Microbiol Ecology, Cairns, Aug. 2008.
7) 2,008 国際会議 Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Amemiya Takao, Hideaki Maseda, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 1st Japan-China Graduated Forum, Tsukuba, Oct. 2008.
8) 2,008 国際会議 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008.
9) 2,008 国際会議 Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Study on lactic acid production from pretreated woody material, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 688-699, Philadelphia, Mar. 2009.
10) 2,008 国際会議 Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of sugarcane bagasse for producing useful chemicals, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 313-319, Philadelphia, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成に関わる部分構造に関する解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
2) 2,008 国内講演発表 石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAの機能解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
3) 2,008 国内講演発表 辻 明彦, 雑賀 裕子, 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼと動物カテプシンBの比較生化学, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
4) 2,008 国内講演発表 宇都 義浩, 中江 崇, 佐々木 有紀, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 第14回癌治療増感研究会, 2008年6月.
5) 2,008 国内講演発表 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 山下 洋平, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第61回 日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年6月.
6) 2,008 国内講演発表 皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : 低酸素細胞に対するニトロイミダゾールアセトアミド誘導体の放射線増感効果, 第47回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2008年6月.
7) 2,008 国内講演発表 間世田 英明 : Quorum-sensing機構の制御と薬剤排出ポンプ, 第22回Bacterial Adherance & Biofilm学術集会, 2008年7月.
8) 2,008 国内講演発表 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
9) 2,008 国内講演発表 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 山本 泰裕, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : ヒトCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
10) 2,008 国内講演発表 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
11) 2,008 国内講演発表 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 連鎖球菌属が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識における多様性, 第2回 細菌学若手コロッセウム, 2008年8月.
12) 2,008 国内講演発表 下村 直行, 矢野 大輝, 山中 卓, 城山 和己, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 227, 2008年8月.
13) 2,008 国内講演発表 長浜 正巳, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 小胞体異常タンパク質分解におけるVCP/p97結合タンパク質UBXD1の役割, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
14) 2,008 国内講演発表 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4の機能解析, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
15) 2,008 国内講演発表 白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
16) 2,008 国内講演発表 室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
17) 2,008 国内講演発表 森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
18) 2,008 国内講演発表 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
19) 2,008 国内講演発表 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
20) 2,008 国内講演発表 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
21) 2,008 国内講演発表 藤岡 耕太郎, 白井 昭博, 高麗 寛紀, 斉藤 美佳子, 松岡 英明 : 超深焦点可変域顕微システムを使用した抗菌加工固相表面の抗菌作用機作の迅速評価方法の検討, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
22) 2,008 国内講演発表 曽我 部咲, 岡崎 貴世, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶と保存容器に関する調査, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
23) 2,008 国内講演発表 岡崎 貴世, 曽我 部咲, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶用容器の衛生管理状態に関する調査および検討, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
24) 2,008 国内講演発表 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : ナノ秒パルスパワーの腫瘍へのインビボ印加実験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2008年9月.
25) 2,008 国内講演発表 三好 宗一郎, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒト細胞感染現象におけるインターメディリシンと宿主細胞膜構造の役割, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
26) 2,008 国内講演発表 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール及びヒト型CD59を受容体とするCholesterol-dependent cytolysin:Sm-hPAFのコレステロール認識特性に関する検討, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
27) 2,008 国内講演発表 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
28) 2,008 国内講演発表 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現に及ぼすmvaT遺伝子の効果, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
29) 2,008 国内講演発表 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
30) 2,008 国内講演発表 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 永澤 秀子, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いたin vivo放射線増感活性評価モデルの開発, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月.
31) 2,008 国内講演発表 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 島村 真里子, 稲山 誠一, 上原 至雅 : 2-アミノメチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン構造を有する抗血管新生低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月.
32) 2,008 国内講演発表 清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 雨宮 崇, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻由来生物毒microcystin分解酵素遺伝子の転写制御に関する研究, 第45回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2008年11月.
33) 2,008 国内講演発表 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の安全性評価, 第121回徳島生物学会, 2008年11月.
34) 2,008 国内講演発表 森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
35) 2,008 国内講演発表 上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
36) 2,008 国内講演発表 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの膜孔形成に関与する分子構造の解析, 第120回徳島生物学会, 2008年11月.
37) 2,008 国内講演発表 佐々木 千鶴, 渡辺 隆司, 中村 嘉利 : 未利用セルロース系バイオマスからの有用高分子物質の生産, 08-2 NMR研究会, 2008年12月.
38) 2,008 国内講演発表 中村 嘉利 : リグノセルロースを用いたエタノールの生産プロセスと技術課題, 技術情報協会セミナー, 2008年12月.
39) 2,008 国内講演発表 石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAのN末端とC末端領域の機能解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
40) 2,008 国内講演発表 廣島 理樹, 友安 俊文, 小南 章, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンをコードするily遺伝子のプロモーター領域の解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
41) 2,008 国内講演発表 坂倉 永里子, 田端 厚之, 齋藤 静香, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌標的化毒素を用いた癌療法のための効果的DDSの開発, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
42) 2,008 国内講演発表 齋藤 静香, 田端 厚之, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 垣口 貴沙, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
43) 2,008 国内講演発表 伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
44) 2,008 国内講演発表 長目 健, 湯浅 恵造, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターRhotekinとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
45) 2,008 国内講演発表 湯浅 恵造, 山上 真, 長目 健, 長浜 正巳, 辻 明彦 : II型cGMP依存性プロテインキナーゼと小胞輸送制御因子Rab11bとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
46) 2,008 国内講演発表 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物システインプロテアーゼRD21の精製と生化学的性質の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
47) 2,008 国内講演発表 辻 明彦, 菊池 弥生, 雑賀 裕子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : オクルーディングループ構造の違いによる植物カテプシンBの特性, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
48) 2,008 国内講演発表 間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 第43回緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年2月.
49) 2,008 国内講演発表 Uwate Maki, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤耐性ポンプMexEF-OprN制御領域の解析, 第43回緑膿菌感染症研究会, 108-116, 2009年2月.
50) 2,008 国内講演発表 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 中江 崇, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 第11回癌治療増感研究シンポジウム, 2009年2月.
51) 2,008 国内講演発表 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
52) 2,008 国内講演発表 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
53) 2,008 国内講演発表 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
54) 2,008 国内講演発表 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
55) 2,008 国内講演発表 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
56) 2,008 国内講演発表 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
57) 2,008 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptooccus intermediusのストレス誘導型シャペロンDnaKの機能解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
58) 2,008 国内講演発表 金 惠珍, 友安 俊文, 田端 厚之, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速細菌検査, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
59) 2,008 国内講演発表 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成を誘導する構造変化領域の解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
60) 2,008 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : カタボライト抑制因子CcpAによるヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
61) 2,008 国内講演発表 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 腫瘍へのナノ秒パルスパワー印加インビボ実験, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 219, 2009年3月.
62) 2,008 国内講演発表 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, 松本 謙一郎, MANDA Sushma, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ブラジル産プロポリスに含まれるフェノール性抗酸化物質およびその誘導体のラジカル消去機構, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
63) 2,008 国内講演発表 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
64) 2,008 国内講演発表 金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
65) 2,008 国内講演発表 山下 洋平, 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : プレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸(カフェ酸)誘導体のLDL抗酸化活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
66) 2,008 国内講演発表 辻 祐亮, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 河野 悠介, 藤田 秀司, 千葉 一裕, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGalNAcの結合様式, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
67) 2,008 国内講演発表 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた静脈投与による致死率を指標としたin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
68) 2,008 国内講演発表 新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
69) 2,008 国内講演発表 佐野 圭一郎, 宇都 義浩, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 山本 五郎, 堀 均 : 温熱療法;Radio FrequencyとThermal Hyperthermia の抗がん効果, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
70) 2,008 国内講演発表 三原 法秀, 林 慧, 岡部 泰之, 上田 聡, 奥田 健介, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 交差共役ケトン骨格を有する抗腫瘍性血管新生阻害剤の構造活性相関, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
71) 2,008 国内講演発表 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ結合タンパク質の同定および機能解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009年3月.
72) 2,008 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 假屋園 大和, 任 仙光, 宇都 義浩, 堀 均 : 癌の低酸素環境を標的とした蛍光プローブの開発, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月.
73) 2,008 国内講演発表 佐々木 千鶴 : バイオマスの利用に向けて, とくしま環境県民会議シンポジウム, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 中田 栄司 : グローバルな視点を持った研究者となるために―海外留学のすすめ―, 日亜特待生懇談会, 2008年4月.
2) 2,008 その他・研究会 高麗 寛紀 : 「JIS L1902繊維製品の抗菌性試験方法・抗菌効果」がISO20743として登録, 日本防菌防黴学会第36回通常総会付設講演会, 2008年5月.
3) 2,008 その他・研究会 間世田 英明 : 日和見感染菌の抗菌剤耐性機構の解明と制御, 2008年5月.
4) 2,008 その他・研究会 松木 均 : 大鵬薬品工業包括協定における研究紹介, 知的財産本部ニュース, Vol.10, 2-3, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 2,009 著書 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司 : 酸素をターゲットとしたがんの治療, 朝倉書店, 東京, 2009年9月.
2) 2,009 著書 松木 均 : 熱量測定・熱分析ハンドブック(第2版), --- 5.4.9 脂質の相転移 ---, 丸善 株式会社, 東京, 2010年1月.
3) 2,009 著書 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.
4) 2,009 著書 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : セルロース系バイオエタノール製造技術集成∼食糧クライシス回避のために∼, 第1編-第7章 リグノセルロースの総合的利用法と各段階における技術課題, (株)エヌ・ティー・エス, 東京, 2010年3月.
5) 2,009 著書 間世田 英明 : 安心・安全・信頼のための抗菌材料, 米田出版, 千葉, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki and Issaku Ueda : Interaction modes of long-chain fatty acids in dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membrane: contrast to mode of inhalation anesthetics, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.158, No.2, 71-80, 2009.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Kurasima Taku, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Microcystin and Its Degradation Products on the Transcription of Genes Encoding Microcystion Degrading Enzymes, Japanese Journal of Water Teatment Biology, Vol.45, No.1, 45-55, 2009.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) A. Matthias Brun, Kui-Thong Tan, Eiji Nakata, J. Marlon Hinner and Kai Johnsson : Semisynthetic fluorescent sensor proteins based on self-labeling protein tags, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.16, 5873-5884, 2009.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) T Takahashi, A Hamada, K Miyawaki, Y Matsumoto, Taro Mito, Sumihare Noji and M Mizunami : Systemic RNA interference for the study of learning and memory in an insect, Journal of Neuroscience Methods, Vol.179, No.1, 9-15, 2009.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) Kaori Tada, Eri Miyazaki, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic and thermotropic bilayer phase behavior of positional isomers of unsaturated mixed-chain phosphatidylcholines, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1788, No.5, 1056-1063, 2009.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Shigenori Kumazawa, Tsutomu Nakayama, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Toshiro Ohta : Correlation between antiangiogenic activity and antioxidant activity of various components from propolis, Molecular Nutrition & Food Research, Vol.53, No.5, 643-651, 2009.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) M Okamoto, T Bito, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Subtype-specific expression of Fgf19 during horizontal cell development of the chicken retina, Gene Expression Patterns, Vol.9, No.5, 306-313, 2009.
8) 2,009 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Tetsuya Masuda, Chihiro Yoshikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like Proprotein Convertase PACE4 is Required for Skeletal Muscle Differentiation, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.3, 407-415, 2009.
9) 2,009 学術論文 (審査論文) Koichi Takeda, You Sano, Sosaku Ichikawa, Yuuki Hirata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of a Local Anesthetic Lidocaine Hydrochloride on the Bilayer Structure of Phospholipids, Journal of Oleo Science, Vol.58, No.7, 369-377, 2009.
10) 2,009 学術論文 (審査論文) T Bando, Taro Mito, Y Maeda, T Nakamura, F Ito, T Watanabe, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during regeneration, Development, Vol.136, No.13, 2235-2245, 2009.
11) 2,009 学術論文 (審査論文) Tomoko Takahashi, Takanori Ida, Takahiro Sato, Yoshiki Nakashima, Yuki Nakamura, Akihiko Tsuji and Masayasu Kojima : Production of n-octanoyl-modified Ghrelin in Cultured Cells Requires Prohormone Proceeding Protease and Ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.5, 675-682, 2009.
12) 2,009 学術論文 (審査論文) Koichi Takeda, Hiroko Okuno, Takashi Hata, Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Interdigitation and vesicle-to-micelle transformation induced by a local anesthetic tetracaine in phospholipids bilayers, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.72, No.1, 135-140, 2009.
13) 2,009 学術論文 (審査論文) Makoto Nishimoto, Ukyo Komatsu, Nobutake Tamai, Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Kenji Ogli and Hitoshi Matsuki : A comparative study on specific and nonspecific interactions in bovine serum albumin: thermal and volume effects of halothane and palmitic acid, Colloid and Polymer Science, Vol.287, No.8, 979-989, 2009.
14) 2,009 学術論文 (審査論文) A Hamada, K Miyawaki, E Honda-sumi, K Tomioka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Loss-of-function analyses of the fragile X-related and dopamine receptor genes by RNA interference in the cricket Gryllus bimaculatus, Developmental Dynamics, Vol.238, No.8, 2025-2033, 2009.
15) 2,009 学術論文 (審査論文) Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai and Yoshitoshi Nakamura : Development of Landfill Leachate Treatment System Using Ozone Oxidation and Moss, Environmental Research Journal, Vol.3, No.3, 87-91, 2009.
16) 2,009 学術論文 (審査論文) Yutaka Yawata, Hideaki Maseda, Satoshi Okabe, Akinobu Ito, Isao Sawada, Hiroaki Kurashima, Hiroo Uchiyama and Nobuhiko Nomura : The Response of Pseudomonas aeruginosa PAO1 Efflux Pump-Defective Mutants to N-Octanoyl-L-Homoserine Lactone, Microbes and Environments, Vol.24, No.4, 338-342, 2009.
17) 2,009 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Kariyazono Hirokazu, Im Seongwang, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Hashimoto Toshihiro, Okamoto Yasuko and Hitoshi Hori : Design of a bioreductively-activated fluorescent pH probe for tumor hypoxia imaging, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.17, No.19, 6952-6958, 2009.
18) 2,009 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Chain asymmetry alters thermotropic and barotropic properties of phospholipid bilayer membranes, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.161, No.2, 65-76, 2009.
19) 2,009 学術論文 (審査論文) Agnieszka Broniec, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : A Peculiar Phase Transition of Plasmalogen Bilayer Membrane under High Pressure, Langmuir, Vol.25, No.19, 11265-11268, 2009.
20) 2,009 学術論文 (審査論文) Kotaro Miyake, Mitsuo Shimada, Masanori Nishioka, Koji Sugimoto, Erdenebulgan Batmunkh, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Downregulation of matrix metalloprotease-9 and urokinase plasminogen activator by TX-1877 results in decreased tumor growth and metastasis on xenograft model of rectal cancer, Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.64, No.5, 885-892, 2009.
21) 2,009 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Yasuo Shinohara : Role of C-terminal region of yeast ADP/ATP carrier 2 protein: dynamics of flexible C-terminal arm., Anticancer Research, Vol.29, No.11, 4897-4900, 2009.
22) 2,009 学術論文 (審査論文) Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Konaka Rumi, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai : Mutational upregulation of a resistance-nodulation-cell division-type multidrug efflux pump, SdeAB, upon exposure to a biocide, cetylpyridinium chloride, and antibiotic resistance in Serratia marcescens, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.53, No.12, 5230-5235, 2009.
23) 2,009 学術論文 (審査論文) K Sun, N Suzuki, Z Li, R Araki, K Ueno, S Juodkazis, M Abe, Sumihare Noji and H Misawa : High-fidelity fractionation of ssDNA fragments differing in size by one-base on a spiral-channel electrophoretic chip, Electrophoresis, Vol.30, No.24, 4277-4284, 2009.
24) 2,009 学術論文 (審査論文) Kunihiro Okano, Kazuya Shimizu, Yukio Kawauchi, Hideaki Maseda, Motoo Utsumi, Zhenya Zhang, Brett A Neilan and Sugiura Norio : Characteristics of a Microcystin-Degrading Bacterium under Alkaline Environmental Conditions., Journal of Toxicology, Vol.2009, 1-8, 2009.
25) 2,009 学術論文 (審査論文) Arnaud Gautier, Eiji Nakata, Grazvydas Lukinavicius, Kui-Thong Tan and Kai Johnsson : Selective cross-linking of interacting proteins using self-labeling tags., Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.49, 17954-17962, 2009.
26) 2,009 学術論文 (審査論文) Makoto Nishimoto, Tohru Morimitsu, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hideaki Nagamune and Hitoshi Matsuki : Inhibition of anti-fluorescent probe monoclonal antibody by long-chain amphiphiles, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.75, No.1, 80-87, 2010.
27) 2,009 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of cGMP-dependent protein kinase II (cGK-II) in chondrocytes., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 44-49, 2010.
28) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuo Jimbo, Kunihiro Okano, Kazuya Shimizu, Hideaki Maseda, Motoo Utsumi and Norio Sugiura : Quantification of Microcystin-degrading Bacteria in a Biofilm from a Practical Biological Treatment Facility by Real-time PCR, Journal of Water and Environment Technology, Vol.8, No.3, 193-201, 2010.
29) 2,009 学術論文 (審査論文) Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability, The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010.
30) 2,009 学術論文 (審査論文) Yuya Yamashita, Megumi Shono, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Alkaline peroxide pretreatment for efficient enaymatic saccharification of bamboo, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.4, 914-920, 2010.
31) 2,009 学術論文 (審査論文) Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Etsuko Hashimoto, Minoru Nakamura, Hiroshi Miyakawa, Katsuhiko Hirota, Noriyuki Shibata, Hidehito Kato, Yutaka Arimura, Yoichiro Kato, Takehiko Uchiyama, Hideaki Nagamune, Makio Kobayashi, Yoichiro Miyake, Keiko Shiratori and Junji Yagi : Long-term bacterial exposure can trigger nonsuppurative destructive cholangitis associated with multifocal epithelial inflammation., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.4, 577-588, 2010.
32) 2,009 学術論文 (審査論文) Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Effective enzyme saccharification and ethanol production from Japanese cedar using various pretreatment methods, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.110, No.1, 79-86, 2010.
33) 2,009 学術論文 (審査論文) Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Development of efficient system system for ethanol production from paper sludge pretreatment by ballmilling and phosphoric acid, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.2, 250-254, 2010.
34) 2,009 学術論文 (審査論文) Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure Effect on the Bilayer Phase Transition of Asymmetric Lipids with an Unsaturated Acyl Chain, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 77-85, 2010.
35) 2,009 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Masataka Kusube, Makoto Nisimoto, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure Study on Symmetric and Asymmetric Phospholipid Bilayers: Effect of Vesicle Size on Prodan Fluorescence, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 68-76, 2010.
36) 2,009 学術論文 (審査論文) Masataka Kusube, Takumi Nishino, Yuki Nishikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Hitoshi Iwahashi : Recovery of Tobacco BY-2 Cells After Treatment of High Hydrostatic Pressure, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 139-142, 2010.
37) 2,009 学術論文 (審査論文) 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム化合物を担持させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発, 防菌防黴誌, Vol.38, No.3, 133-142, 2010年.
38) 2,009 学術論文 (審査論文) Douglas A. Kuntz, Shinichi Nakayama, Kayla Shea, Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and David. R. Rose : Structural Investigation of the Binding of 5-Substituted Swainsonine Analogues to Golgi -Mannosidase II, ChemBioChem, Vol.11, No.5, 673-680, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,009 学術論文 (紀要その他) 間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年.
2) 2,009 学術論文 (紀要その他) 上手 麻希, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprN領域の解析, 緑膿菌感染症研究会, 108-112, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 2,009 総説・解説 松木 均, 玉井 伸岳 : リン脂質二重膜の圧力誘起指組み構造形成, コロイドアンドインターフェースコミュニケーション, Vol.34, No.2, 18-20, 2009年5月.
2) 2,009 総説・解説 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 新元 優也, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 放射線生物研究, Vol.44, No.2, 233-241, 2009年6月.
3) 2,009 総説・解説 金品 昌志, 松木 均, 玉井 伸岳 : 高圧力下における脂質膜の構造転移と相挙動, 材料, Vol.58, No.6, 456-464, 2009年6月.
4) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : 抗かび加工繊維製品認証に向けて, 加工技術, Vol.44, No.7, 413, 2009年7月.
5) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : 抗かび加工繊維製品の抗かび効果評価方法のJIS化とISO化に向けて, 加工技術, Vol.44, No.8, 477-482, 2009年8月.
6) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : 繊維用抗かび剤の概要, 加工技術, Vol.44, No.9, 541-546, 2009年9月.
7) 2,009 総説・解説 Hangxiang Wang, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Recent progress in strategies for the creation of protein-based fluorescent biosensors., ChemBioChem, Vol.10, No.16, 2560-2577, Nov. 2009.
8) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎① 抗菌剤を使用するにあたっての基礎知識, 防菌防黴誌, Vol.37, No.11, 821-828, 2009年11月.
9) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎② 抗菌剤の種類と特性, 防菌防黴誌, Vol.37, No.12, 883-891, 2009年12月.
10) 2,009 総説・解説 高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎③ 新規抗菌剤の開発動向と抗菌剤の将来性, 防菌防黴誌, Vol.38, No.1, 43-51, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Yoshiaki Okabe, Yoshitaka Takezawa, Yoshitoshi Nakamura, Chizuru Sasaki and Akio Takahashi : Lignin-derived epoxy resin and its application to electronic devices, International Conference on Green and Sustainable Chemistry, Singapore, Aug. 2009.
2) 2,009 国際会議 Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Shou Nashino, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial properties of novel anionic heterocyclic surfactant derivatives of 5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole, 42nd IUPAC Congress: Chemistry Solutions, Vol.P206_018, Glasgow, Aug. 2009.
3) 2,009 国際会議 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Design of a Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, SJBC2009, Tokyo, Sep. 2009.
4) 2,009 国際会議 Yoshitoshi Nakamura : Bioconversion of plant waste materials into useful chemicals and fuels, International Conference on Emerging Technologies in Environmental Science and Engineering, Aligarh, Oct. 2009.
5) 2,009 国際会議 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Functions of DnaK chaperone system in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Sapporo, Oct. 2009.
6) 2,009 国際会議 Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in cotyledons of daikon radish during germination., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Gold Coast, Oct. 2009.
7) 2,009 国際会議 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Nuclear Translocation of NF-kB induced by Streptococcus intermedius intermedilysin, International Conference of Indonesian Society for Microbiology: Recent advances of Microbiology in Health, Agriculture, Bioindustry, Surabayai, Nov. 2009.
8) 2,009 国際会議 Chizuru Sasaki, Akihiro Kurosumi, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Xylitol production from diluted-acid hydrolysis of bean group shells, Lisbon, International Conference on Environment Industrial and Applied Microbiology (BioMicroWorld2009), Lisbon, Dec. 2009.
9) 2,009 国際会議 Hideaki Maseda : Determination of Membrane Topology of the Microcystin-degrading Enzyme, MlrA, and Construction of its High-level Expressing Cells, Chiang Mai, Dec. 2009.
10) 2,009 国際会議 Yasuo Jimbo, Kunihiro Okano, Kazuya Shimizu, Hideaki Maseda, Motoo Utsumi and Norio Sugiura : Quantification and Seasonal Change of Microsystin-Degrading Bacteria by Real-Time PCR, Journal of Water and Environment Technology, Vol.8, No.3, 193-201, Ishinomaki, Jan. 2010.
11) 2,009 国際会議 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Strategic study of atelocollagen-mediated application of mystatin-targeting siRNA for therapeutic use for muscular atrophy diseases, QOL International Congress, Niigata, Feb. 2010.
12) 2,009 国際会議 Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Thermodynamic characterization of bilayer-nonbilayer phase transitions of phospholipid membranes, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12160, Bristol, Mar. 2010.
13) 2,009 国際会議 Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hideaki Nagamune, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki : Effect of pressure on interactions of anti-fluorescent probe monoclonal antibody with a ligand and inhibitors, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12157, Bristol, Mar. 2010.
14) 2,009 国際会議 Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of pressure on the bilayer phase transitions of asymmetric lipids with an unsaturated acyl chain in sn-1 position, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12162, Bristol, Mar. 2010.
15) 2,009 国際会議 Takuya Izumikawa, Yuko Nambu, Kazuyo Fujishige, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volume behaviour of dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membrane: pressure perturbation calorimetry and densitometry, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12163, Bristol, Mar. 2010.
16) 2,009 国際会議 Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : A mechanism of pressure-induced interdigitation of lipid bilayers, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12161, Bristol, Mar. 2010.
17) 2,009 国際会議 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, I Endo, A Nakano, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Myeloma-bone marrow stromal cell interaction enhances osteoclastogenesis and suppresses dendritic cell differentiation from monocytes, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳 : 内軟骨性骨分化におけるBMP6の活性化機構, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月.
2) 2,009 国内講演発表 田端 厚之, 篠原 由樹, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用に寄与する部分構造の解析, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月.
3) 2,009 国内講演発表 佐々木 千鶴 : 木質系バイオマスの総合的有効利用, 第一回資生堂女性研究者サイエンスグラント研究報告会, 2009年6月.
4) 2,009 国内講演発表 田端 厚之, 篠原 由樹, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの膜孔形成に携わる分子構造と機能に関する解析, 第18回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2009年6月.
5) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩, 安部 千秋, 山下 洋平, 田中 涼, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニル化フェニルプロパノイドの分子設計と発育鶏卵を用いたin ovo抗酸化活性の評価, 第62回日本酸化ストレス学会学術集会, 2009年6月.
6) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩, 中江 崇, 安部 千秋, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤の薬物動態解析, 第15回国際癌治療増感研究会, 2009年6月.
7) 2,009 国内講演発表 友安 俊文, 廣島 理樹, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現調節機構の解析, 第18回 Lancefield レンサ球菌研究会, 2009年6月.
8) 2,009 国内講演発表 佐々木 千鶴 : バイオマスエネルギーについて, 環境学講座Ⅰ バイオマスエネルギーについて考える, 2009年6月.
9) 2,009 国内講演発表 金 世洸, 前濱 慶祐, 鈴木 諭, 宇都 義浩, 中田 栄司, 堀 均, 前澤 博 : ピリミジン系核酸誘導体のチャイニーズハムスターV79細胞に対する放射線増感効果, 第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2009年7月.
10) 2,009 国内講演発表 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : メディシナル・ブリゴラージュ:ハイポキシアを標的とした制がん剤の分子設計, 第39 回放射線による制癌シンポジウム, 2009年7月.
11) 2,009 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 癌低酸素環境で選択的に機能する蛍光性pHプローブの開発, 生体機能関連若手の会サマースクール2009, 2009年7月.
12) 2,009 国内講演発表 友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが産生するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第56回トキシンシンポジウム, 106-109, 2009年8月.
13) 2,009 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂の銅張積層板への応用(2), 第58回高分子学会, 2009年9月.
14) 2,009 国内講演発表 中川 佳織, 大山 俊幸, 高橋 昭雄, 中村 嘉利, 岡部 義昭, 香川 博之 : リグニンエポキシ樹脂の研究, 第58回高分子学会, 熊本, 2009年9月.
15) 2,009 国内講演発表 中村 嘉利 : 木質バイオマスのリファイナリープロセスの開発, 第9回エンジニアリングフェスティバル, 徳島, 2009年9月.
16) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩 : 若手研究の申請について∼主観的な意見として∼, 科学研究費補助金採択率上昇のための説明会, 2009年9月.
17) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 高麗 寛紀 : ジェミニ型ピリジニウム分子をインターカレーションしたモンモリロナイトを担体とする無機-有機ハイブリッドの抗菌特性とその特性, 日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
18) 2,009 国内講演発表 大津 勇貴, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩で修飾された菌種特異的ペプチド誘導体の合成と生物学的特性, 日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
19) 2,009 国内講演発表 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌活性および細胞毒性評価, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
20) 2,009 国内講演発表 筒井 舞子, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩による環境病原性アメーバの制御, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
21) 2,009 国内講演発表 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその生物学的特性, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
22) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 黒木 祐輔, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型ベタインの合成とその殺菌特性, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
23) 2,009 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん低酸素環境を標的とした蛍光性pHプローブの開発, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 第12回バイオテクノロジーシンポジウム, 2009年9月.
24) 2,009 国内講演発表 行待 芳浩, 中田 栄司, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 堀 均 : 細胞内pHの計測を志向した改良型SNARFの設計とその評価, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 第12回バイオテクノロジーシンポジウム, 2009年9月.
25) 2,009 国内講演発表 行待 芳浩, 中田 栄司, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 効果的な細胞内pHの計測を目指した改良型SNARFの設計とその評価, 第24回生体機能関連化学若手フォーラム, 2009年9月.
26) 2,009 国内講演発表 大平 匡彦, 白井 昭博, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩結合型菌種特異的ペプチドの合成と生物学的特性, 第61回日本生物工学会大会, 2009年9月.
27) 2,009 国内講演発表 大田 誠二, 城山 和己, 中川 亮佑, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2009年9月.
28) 2,009 国内講演発表 岡部 義昭, 竹澤 由高, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴, 高橋 昭雄 : リグニン由来エポキシ樹脂と電気機器への応用, 第54回リグニン討論会, 2009年10月.
29) 2,009 国内講演発表 田端 厚之, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 標的細胞膜構造がコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識多様性に及ぼす影響, 若手研究者育成のためのワークショップ 若手コロセウム(III), 2009年10月.
30) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いて薬物動態を考慮した糖ハイブリッド放射線増感剤のドラッグデザイン, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月.
31) 2,009 国内講演発表 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
32) 2,009 国内講演発表 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : 合理的にデザインされた蛍光プローブの開発, 分子化学研究会, 2009年10月.
33) 2,009 国内講演発表 伊藤 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 蛍光性Streptococcus intermedius株の作製, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
34) 2,009 国内講演発表 鈴木 圭祐, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 多様な受容体認識性を示すコレステロール依存性細胞溶解毒素の細胞膜構造に依存した作用特性, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
35) 2,009 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 長浜 正巳 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの基質結合部位の機能解析, 第82回日本生化学大会シンポジウム「S9 セリンプロテアーゼの構造,機能から応用へ」, 2009年10月.
36) 2,009 国内講演発表 室下 大樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : BMP6の活性化を介したサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4による軟骨分化誘導, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
37) 2,009 国内講演発表 Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの熱安定性に重要なアミノ酸残基の同定, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
38) 2,009 国内講演発表 岩本 桂子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : カイワレ大根の発芽初期過程で発現するプロテアーゼの解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
39) 2,009 国内講演発表 塚本 佳那, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : Germination specific cysteine protease 1 (GCP1)の酵素学的研究, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
40) 2,009 国内講演発表 羽田 浩一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : α1-Antitrypsinを用いたFurin特異的阻害剤の開発, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
41) 2,009 国内講演発表 吉勝 雄希, 谷田 渚, 藤澤 大輔, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体シャペロンNVL2によるエキソソーム複合体のrRNAプロセシングにおける機能制御, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
42) 2,009 国内講演発表 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinとの相互作用の解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
43) 2,009 国内講演発表 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質の同定およびその機能解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月.
44) 2,009 国内講演発表 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素の膜貫入領域が膜孔形成反応において果たす機能の解析, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
45) 2,009 国内講演発表 田端 厚之, 三好 宗一郎, 天河 崇, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 脂質ラフトを反応場とするStreptococcus intermediusのヒト細胞感染機構, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
46) 2,009 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマス由来エポキシ樹脂の特性とその応用, 第20回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会, 2009年11月.
47) 2,009 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 高橋 昭雄 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物とその応用, 第18回ポリマー材料フォーラム, 2009年11月.
48) 2,009 国内講演発表 中村 嘉利 : 植物性バイオマスの有効的総合利用, 第2回中国四国バイオマス発見活用協議会, 岡山, 2009年11月.
49) 2,009 国内講演発表 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : インドールアミン2,3-ジオキシゲナーゼ(IDO)阻害剤のハイポキシアドラッグ・デザインブリゴラージュ, 第28回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月.
50) 2,009 国内講演発表 中村 嘉利 : バイオマスエネルギー研究の最前線, 徳島大学・JST共同研究発表会, 2009年12月.
51) 2,009 国内講演発表 中村 嘉利 : セルロース系バイオマスからの機能性化学物質の生産, セルロース学会西部支部シンポジウム, 2009年12月.
52) 2,009 国内講演発表 田端 厚之, 金 惠珍, 友安 俊文, 高麗 寛紀, 澤田 千恵子, 下野 生世, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速微生物検査系の構築, 日本防菌防黴学会 2009年度若手の会, 2009年12月.
53) 2,009 国内講演発表 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, 第7回がんとハイポキシア研究会, Dec. 2009.
54) 2,009 国内講演発表 竹内 亮太, 中川 美典, 宇都 義浩, 堀 均 : 水酸化カルシウムの後ろ向き研究による骨密度改善に関するAM値の有用性, 第13回バイオ治療法研究会・学術集会, 2009年12月.
55) 2,009 国内講演発表 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 金園 剛行, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 中田 栄司, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 橋本 敏弘, 増永 慎一郎, 堀 均 : 鶏胚異種移植腫瘍モデルを基盤とした糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 創薬懇話会2009, 2009年12月.
56) 2,009 国内講演発表 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Dissection of the chaperone function of the small heat shock protein AgsA, 第32回日本分子生物学会年会, Dec. 2009.
57) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 冨脇 真理, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 抗菌タイマー機能を付与したジェミニ型第四アンモニウム塩の構築, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
58) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 大徳 桃子, 大平 匡彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 対称・非対称型ジェミニ新規抗菌剤の合成と抗菌機能, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
59) 2,009 国内講演発表 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の最適構造の検討, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
60) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 谷村 賢一, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放性を付与したポリマー型固定化殺菌剤の構築, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
61) 2,009 国内講演発表 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成と抗菌特性, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
62) 2,009 国内講演発表 布本 泰子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規アニオン性界面活性剤の開発, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
63) 2,009 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 細胞内pH計測により適合した新規SNARF誘導体の設計, 第12回生命化学研究会, 2010年1月.
64) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩, 山下 洋平, 田中 涼, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 第21回ビタミンE研究会, 2010年1月.
65) 2,009 国内講演発表 中村 嘉利 : 徳島県のバイオマスの有用資源化について, 徳島県バイオマス利活用地域説明会in三好, 2010年2月.
66) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩 : 有機化学におけるu-Learningを利用した学習効果について, 平成21 年度 全学FD 大学教育カンファレンス in 徳島, 2010年3月.
67) 2,009 国内講演発表 宇都 義浩 : 抗酸化剤と酸化ストレスの新しい評価法, 第7回学際物質戦略イニシアチブ バイオGPワークショップ, 2010年3月.
68) 2,009 国内講演発表 白井 昭博, 伊藤 優花, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム化合物を吸着させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発, 日本化学会第90春季年会(2010), No.1G7-03, 95, 2010年3月.
69) 2,009 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pH計測に適した新規SNARF誘導体の設計とその機能評価, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月.
70) 2,009 国内講演発表 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明, 大國 寿士 : 2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を持つ新奇Streptococcus mitis株の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
71) 2,009 国内講演発表 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
72) 2,009 国内講演発表 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius dnaK破壊相補株の表現型の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
73) 2,009 国内講演発表 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius ccpA破壊株とcre変異株の細胞毒性の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
74) 2,009 国内講演発表 行待 芳浩, 中田 栄司, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pHの計測に適した改良型SNARFの設計とその評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
75) 2,009 国内講演発表 田中 涼, 宇都 義浩, 中田 栄司, 白井 斉, 山下 洋平, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とした天然および非天然フィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
76) 2,009 国内講演発表 小畑 勝稔, 宇都 義浩, 中田 栄司, 新元 優也, 中山 真一, 百瀬 郁理, 藤多 哲朗, 堀 均 : 3位置換アセチレニックFTY720アナログUTX-32の分子設計および血管新生阻害活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
77) 2,009 国内講演発表 小泉 允人, 中田 栄司, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 行待 芳浩, 中嶌 瞳, 堀 均 : ボロントレースドラッグ:BODIPY containing SF6847(AG17)アナログの合成と生理活性』, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
78) 2,009 国内講演発表 太田 依里, 宇都 義浩, 中田 栄司, 柴田 明奈, 辻 祐亮, 山本 将太, 堀 均 : 低分子GcMAF:GalNAc-リジン誘導体の分子設計およびマクロファージ活性化能, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
79) 2,009 国内講演発表 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 北清水 百合花, 辻 明彦 : cGKIαによるTRPC7の調節機構, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
80) 2,009 国内講演発表 湯浅 恵造, 長目 健, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 神経突起形成におけるcGMP依存性プロテインキナーゼの機能解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 高麗 寛紀 : 天然抗菌剤のかんたんな選び方と問題点, 日本防菌防黴学会第37回通常総会付設講演会, 2009年5月.
2) 2,009 その他・研究会 川上 恵実, 足立 太郎, 田中 栄二, 野地 澄晴 : ナノ粒子によるsiRNAの導入検討法, こころの健康科学研究事業(砂田班)リサーチミーティング, 2009年6月.
3) 2,009 その他・研究会 川上 恵実, 木内 奈央, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 慢性筋委縮疾患制圧を目指したRNA干渉法を利用した咀嚼筋量制御法の開発研究, 先端歯学スクール2009, 2009年8月.
4) 2,009 その他・研究会 白井 昭博, 上田 昭子, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の殺菌機構, 神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2009年9月.
5) 2,009 その他・研究会 高麗 寛紀 : 新規高機能性抗かび剤(hygenia)の開発経緯とその作用機構, 日本菌学会・日本防菌防黴学会 合同シンポジウム, 2009年11月.
6) 2,009 その他・研究会 高麗 寛紀 : 微生物制御技術の実際(その1) -医薬品・化粧品の抗菌技術について-, 日本防菌防黴学会21年度製造環境における微生物汚染と対策に関する基礎講座, 2009年11月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 2,010 著書 浜地 格, 中田 栄司 : レクチンチップ, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2010年4月.
2) 2,010 著書 堀 均 : コ・メディカル版 ステッドマン医学辞典(高久史麿 総監修), 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2010年4月.
3) 2,010 著書 大政 健史 : 第1編 細胞培養による蛋白質生産/第1章 細胞培養の始まりと意義, 株式会社 シーエムシー出版, 2010年6月.
4) 2,010 著書 曹 溢華, 大政 健史, 近藤 哲司, 上田 洋二, 秋山 英雄, 信正 均 : 第1編 細胞培養による蛋白質生産/第6章 新しいDNAチップ"3D-Gene"を用いた解析法とその応用, 株式会社 シーエムシー出版, 2010年6月.
5) 2,010 著書 大政 健史 : 第4編 小規模細胞培養技術/第1章 細胞培養におけるカイネティックス-培養方法および解析方法を中心に-, 株式会社 シーエムシー出版, 2010年6月.
6) 2,010 著書 三戸 太郎 : 古生物学事典 第2版 (棚部一成,北里洋編,分担執筆), 朝倉書店, 東京, 2010年6月.
7) 2,010 著書 松木 均 : 新しい局面を迎えた界面の分子科学(CSJカレントレビュー04), --- 6章 ユニークな装置自慢 [1] 高圧力下における脂質二重膜物性測定装置 ---, 株式会社 化学同人, 京都, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) Nakashima Hitomi, Ikkyu Kazuhiro, Nakashima Kouichiro, Sano Keiichiro, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Sugimoto Hiroshi, Yoshitsugu Shiro, Nakagawa Yoshinori and Hitoshi Hori : Design of Novel Hypoxia-Targeting IDO Hybrid Inhibitors Conjugated with an Unsubstituted L-TRP as an IDO Affinity Moiety, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.662, 415-421, 2010.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) Yuichi Takajo, Hitoshi Matsuki, Hiroki Matsubara, Koji Tsuchiya, Makoto Aratono and Michio Yamanaka : Structural and morphological transition of long-chain phospholipid vesicles induced by mixing with short-chain phospholipid, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.76, No.2, 571-576, 2010.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : A newly designed cell-permeable SNARF derivative as an effective intracellular pH indicator., Chemical Communications, Vol.46, No.20, 3526-3528, 2010.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) 石井 大輔, 巽 大輔, 青野 初, 玉井 伸岳, 松本 孝芳 : 由来の異なる天然セルロースの固体構造と塩化リチウム・アミド系溶媒への溶解性, 材料, Vol.59, No.4, 273-278, 2010年.
5) 2,010 学術論文 (審査論文) Joon Young Park, Yasuhiro Takagi, Miyuki Yamatani, Kohsuke Honda, Shuichi Asakawa, Nobuyoshi Shimizu, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Identification and analysis of specific chromosomal region adjacent to exogenous Dhfr-amplified region in Chinese hamster ovary cell genome, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.109, No.5, 504-511, 2010.
6) 2,010 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Taro Nakamura and Sumihare Noji : Evolution of insect development: to the hemimetabolous paradigm., Current Opinion in Genetics & Development, Vol.20, No.4, 355-361, 2010.
7) 2,010 学術論文 (審査論文) Ying Zhou, Takeshi Minami, Kohsuke Honda, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Systematic screening of Escherichia coli single-gene knockout mutants for improving recombinant whole-cell biocatalysts, Applied Microbiology and Biotechnology, Vol.87, No.2, 647-655, 2010.
8) 2,010 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Design of a SNARF-based Ratiometric Fluorescent Probe for Esterase, Chemistry Letters, Vol.39, No.7, 734-735, 2010.
9) 2,010 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Investigation of the chaperone function of the small heat shock protein AgsA., BMC Biochemistry, Vol.11, 27, 2010.
10) 2,010 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hiroshima Riki, Imaki Hidenori, Masuda Sachiko, Whiley A. Robert, Aduse-Opoku Joseph, Kikuchi Ken, Hiramatsu Keiichi and Hideaki Nagamune : Role of catabolite control protein A in the regulation of intermedilysin production by Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.78, No.9, 4012-4021, 2010.
11) 2,010 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Hiroshi Sawaguchi, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Vesicle Size on the Prodan Fluorescence in Diheptadecanoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane under Atmospheric and High Pressures, Langmuir, Vol.26, No.16, 13377-13384, 2010.
12) 2,010 学術論文 (審査論文) Kohsuke Honda, Shohei Maya, Takeshi Omasa, Ryuichi Hirota, Akio Kuroda and Hisao Ohtake : Production of 2-deoxyribose 5-phosphate from fructose to demonstrate a potential of artificial bio-synthetic pathway using thermophilic enzymes, Journal of Biotechnology, Vol.148, No.4, 204-207, 2010.
13) 2,010 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Katsumi Fukino, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : N-Acetyl Transferase 2 Polymorphisms Associated with Isoniazid Pharmacodynamics: Molecular Features for Ligand Interaction, Anticancer Research, Vol.30, No.8, 3177-3180, 2010.
14) 2,010 学術論文 (審査論文) 野地 澄晴, 足立 太郎, 川上 恵実, 田中 栄二 : RNA干渉法による治療を実現するための研究, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 3-8, 2010年.
15) 2,010 学術論文 (審査論文) Hideaki Maseda, Maki Uwate and Taiji Nakae : Transcriptional regulation of the mexEF-oprN multidrug efflux pump operon by MexT and an unidentified repressor in nfxC-type mutant of Pseudomonas aeruginosa, FEMS Microbiology Letters, Vol.311, No.1, 36-43, 2010.
16) 2,010 学術論文 (審査論文) Takeuchi Ryota, Yoshihiro Uto, Nakagawa Yoshinori, Hirota Keiji, Hiroshi Terada and Hitoshi Hori : A retrospective study of a calcium agent (E-Ca) using data on bone mineral density obtained by DXA method, Anticancer Research, Vol.30, No.8, 3199-3205, 2010.
17) 2,010 学術論文 (審査論文) Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Syoutaro Ogawa, H Okamoto, Yohei Shinmyo, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Imaging of transgenic cricket embryos reveals cell movements consistent with a syncytial patterning mechanism, Current Biology, Vol.20, No.18, 1641-1647, 2010.
18) 2,010 学術論文 (審査論文) Ying Zhou, Takeshi Minami, Kohsuke Honda, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Enhancement of recombinant enzyme activity in cpxA-deficient mutant of Escherichia coli, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.110, No.4, 403-407, 2010.
19) 2,010 学術論文 (審査論文) Chikako Asada, Yui Kondo, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Bioconversion of Soy Sauce Residue Treated with Steam Explosion into Ethanol by Meicelase and Mucor indicus, Journal of Food Technology, Vol.8, No.4, 187-190, 2010.
20) 2,010 学術論文 (審査論文) Hideyo Ohuchi, Hitomi Fukui, Akane Matsuyo, Sayuri Tomonari, Masayuki Tanaka, Hiroyuki Arai, Sumihare Noji and Junken Aoki : Autotaxin controls caudal diencephalon-mesencephalon development in the chick., Developmental Dynamics, Vol.239, No.10, 2647-2658, 2010.
21) 2,010 学術論文 (審査論文) 白井 昭博, 久保山 泰典, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ATP測定法を利用したアカントアメーバの栄養体およびシストの定量評価と抗アメーバ性試験法の確立, 防菌防黴誌, Vol.38, No.10, 651-660, 2010年.
22) 2,010 学術論文 (審査論文) Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Sialidase of Streptococcus intermedius: a putative virulence factor modifying sugar chains, Microbiology and Immunology, Vol.54, No.10, 584-595, 2010.
23) 2,010 学術論文 (審査論文) Taro Adachi, Emi Kawakami, Naozumi Ishimaru, Takahiro Ochiya, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Masao Tanihara, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Delivery of small interfering RNA with a synthetic collagen poly(Pro-Hyp-Gly) for gene silencing in vitro and in vivo., Development Growth & Differentiation, Vol.52, No.8, 693-699, 2010.
24) 2,010 学術論文 (審査論文) Rabab Mohamed Abou El-Magd, Chizuru Sasaki, Tomoya Kawazoe, Salah Mohamed El-Sayed, Kazuko YORITA, Yuji Shishido, Takashi Sakai, Yoshitoshi Nakamura and Kiyoshi Fukui : Bioprocess development of the production of the mutant P-219-L human D-amino acid oxidase for high soluble fraction expression in recombinant Escherichia coli, Biochemical Engineering Journal, Vol.52, No.2-3, 236-247, 2010.
25) 2,010 学術論文 (審査論文) Joon Young Park, Miyuki Yamatani, Souhei Wadano, Yasuhiro Takagi, Kohsuke Honda, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Effects of palindrome structure on Dhfr amplification in Chinese hamster ovary cells, Process Biochemistry, Vol.45, No.12, 1845-1851, 2010.
26) 2,010 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Packing state in bilayer membranes of diacylphosphatidylcholines with varying acyl chain lengths under high pressure, High Pressure Research, Vol.30, No.4, 475-482, 2010.
27) 2,010 学術論文 (審査論文) Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Application of pressure perturbation calorimetry to the aqueous system of phospholipid vesicle dispersion, High Pressure Research, Vol.30, No.4, 490-498, 2010.
28) 2,010 学術論文 (審査論文) Heni Susilowati, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Masayuki Shono, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces EGR-1 expression through calcineurin/NFAT pathway in human cholangiocellular carcinoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.404, No.1, 57-61, 2011.
29) 2,010 学術論文 (審査論文) Chikako Asada, Azusa Kita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Ethanol production from disposable aspen chopsticks using delignification pretreatments, Carbohydrate Polymers, Vol.85, No.1, 196-200, 2011.
30) 2,010 学術論文 (審査論文) Taro Mito, T Nakamura, T Band, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : The advent of RNA interference in Entomology, Entomological Science, Vol.14, No.1, 1-8, 2011.
31) 2,010 学術論文 (審査論文) Seiichi Koike, Yoshifumi Yutoh, Kazuko Keino-Masu, Sumihare Noji, Masayuki Masu and Hideyo Ohuchi : Autotaxin is required for the cranial neural tube closure and establishment of the midbrain-hindbrain boundary during mouse development., Developmental Dynamics, Vol.240, No.2, 413-421, 2011.
32) 2,010 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Yuka Ito, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Hydrostatic Pressure Reveals Bilayer Phase Behavior of Dioctadecyldimethylammonium Bromide and Chloride, Langmuir, Vol.27, No.5, 1592-1598, 2011.
33) 2,010 学術論文 (審査論文) Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Taro Adachi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated systemic administration of myostatin-targeting siRNA improves muscular atrophy in caveolin-3-deficient mice., Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.1, 48-54, 2011.
34) 2,010 学術論文 (審査論文) Atsushi Ikeda, Yoshihiko Kawai, Jun-ichi Kikuchi, Motofusa Akiyama, Eiji Nakata, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Formation and regulation of fullerene-incorporation in liposomes under the phase transition temperature, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.9, No.8, 2622-2627, 2011.
35) 2,010 学術論文 (審査論文) 岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物の成形材料への適用, ネットワークポリマー, Vol.32, No.3, 130-134, 2011年.
36) 2,010 学術論文 (審査論文) Naotaka Kishimoto, Yoshihiro Momota, Yoshiya Hashimoto, Takeshi Omasa and Junichiro Kotani : Self-assembling Peptide RADA16 as a Scaffold in Bone Tissue Engineering Using Dedifferentiated Fat Cells, Journal of Oral Tissue Engineering, Vol.8, No.3, 151-161, 2011.
37) 2,010 学術論文 (審査論文) Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Takashi Nakae, Yuuya Shinmoto, Keiichiro Sano, Hiroko Nakata, Mizue Teraoka, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of EtanidazoleUsing Tumor-bearing Chick Embryo, Journal of Radiation Research, Vol.52, No.2, 208-214, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,010 学術論文 (紀要その他) 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果, LED総合フォーラム論文集, No.P-6, 75-76, 2010年.
2) 2,010 学術論文 (紀要その他) 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 安澤 幹人 : 人工生体膜のソフトナノテクノロジー, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, Vol.55, 25-30, 2010年.
3) 2,010 学術論文 (紀要その他) 田中 涼, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, ビタミンE研究の進歩XIV, Vol.14, 81-86, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

1) 2,010 学術レター Eiji Nakata, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Synthesis and photophysical properties of new SNARF derivatives as dual emission pH sensors, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.6, 1663-1666, 2011.

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1) 2,010 総説・解説 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto and Eiji Nakata : Medicinal electronomics bricolage design of hypoxia-targeting antineoplastic drugs and invention of boron tracedrugs as innovative future-architectural drugs, Anticancer Research, Vol.30, No.9, 3233-3242, Sep. 2010.
2) 2,010 総説・解説 松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 非対称リン脂質二重膜の高圧相転移:分子非対称性と相安定性, 高圧力の科学と技術, Vol.20, No.4, 306-314, 2010年11月.
3) 2,010 総説・解説 曹 溢華, 木村 修一, 鬼塚 正義, 大政 健史 : 生産細胞の品質保証について考える-はたしてゲノム解析はパンドラの匣か-, ファームテクジャパン, Vol.26, No.13, 95-102, 2010年12月.
4) 2,010 総説・解説 大政 健史 : 次世代バイオ医薬品生産:化学工学に期待されている役割とは何か?(小特集 バイオ医薬品の製造プロセス), 化学工学, Vol.75, No.3, 143-146, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) 2,010 国際会議 Taro Mito, Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Highly dynamic cell behavior during early development in the intermediate germ insect Gryllus bimaculatus, as revealed by analyses of transgenic embryos, Washington DC, USA, Apr. 2010.
2) 2,010 国際会議 Sumihare Noji, Tetsuya Bando, Taro Mito, Taro Nakamura, Takahito Watanabe and Hideyo Ohuchi : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during cricket leg regeneration, Washington, DC, USA, Apr. 2010.
3) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Nobutake Tamai and Michio Yamanaka : Characterization on Intrinsic Binding Modes of Inhalation Anesthetics to Globular Proteins, The 8th International Conference on Molecular and Cellular Mechanisms of Anesthesia (MAC2010), Toronto, Jun. 2010.
4) 2,010 国際会議 Michio Yamanaka, Hideyuki Maekawa, Osami Kuroda and Hitoshi Matsuki : Volumetric Study on Binding of Anesthetics to Globular Proteins, The 8th International Conference on Molecular and Cellular Mechanisms of Anesthesia (MAC2010), Toronto, Jun. 2010.
5) 2,010 国際会議 T Nakamura, Taro Mito, M Yoshizaki, T Bando and Sumihare Noji : Dynamic control of positional specification in a primitive mode of insect segmentation, フランス(パリ第7大学), Jul. 2010.
6) 2,010 国際会議 Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Regulation of leg size and shape by dachshund, Distal-less, and the Dachsous/Fat signaling pathway during cricket leg regeneration, the College of William and Mary in Williamsburg, Virginia. USA, Jul. 2010.
7) 2,010 国際会議 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Adachi Taro, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Special Processed Collagen-mediated Application of Myostatin-siRNA for Muscular Atrophy Diseases, 88th IADR, Barcelona, Jul. 2010.
8) 2,010 国際会議 Nao Kinouchi, Emi Kawakami, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated Systemic Administration of Myostatin siRNA Improves Muscular Dystrophy, 88th IADR, Barcelona, Jul. 2010.
9) 2,010 国際会議 Yoshihiro Uto, Ryo Tanaka, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: Isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, Jul. 2010.
10) 2,010 国際会議 Hitoshi Hori, Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita and Yoshihiro Uto : Boron tracedrug: Design, synthesis and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, Jul. 2010.
11) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Packing state in bilayer membranes of diacylphosphatidylcholines with varying acyl chain lengths under high pressure, 6th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2010), Freising, Germany, Aug. 2010.
12) 2,010 国際会議 Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volume properties of diacylphosphatidylcholine bilayer membranes revealed by pressure perturbation calorimetry and densitometry, 6th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2010), Freising, Germany, Aug. 2010.
13) 2,010 国際会議 Takeshi Omasa : Chinese hamster ovary cell genome: impact on cell engineering, 23th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT '10), 58, Sappporo, Sep. 2010.
14) 2,010 国際会議 Masayoshi Onitsuka, Wook-Dong Kim, Hiroyuki Ozaki, Akira Kawaguchi, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Improvement of glycosylation pattern of humanized IgG-like bispecificantibody produced by recombinant CHO cells, 23th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT '10), 97, Sappporo, Sep. 2010.
15) 2,010 国際会議 Masayoshi Onitsuka, Wook-Dong Kim, Hiroyuki Ozaki, Akira Kawaguchi, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Improvement of glycosylation pattern of humanized IgG-like bispecificantibody produced by recombinant CHO cells, 23th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT '10), 170, Sappporo, Sep. 2010.
16) 2,010 国際会議 Takayuki Itoi, Yihua Cao, Syuichi Kimura, Yoji Ueda, Satoshi Kondou, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : The analysis of chromosomal rearrangement in Chinese hamster ovary cells, 23th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT '10), 137, Sappporo, Sep. 2010.
17) 2,010 国際会議 Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Acyl-chain Length Dependent and Independent Effects of Chlolesterol on Bilayer Phase Behavior of Diacylphosphatidylcholines, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
18) 2,010 国際会議 Sanae Inazawa, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Comparative Study on Effects of Stigmasterol and Cholesterol on Bilayer Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
19) 2,010 国際会議 Ryo Kishizoe, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Anomalous Phase Behavior of Ditridecanoylphosphatidylcholine Bilayer under High Pressure, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
20) 2,010 国際会議 Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer under High Pressure, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
21) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki, Hiroshi Sawaguchi, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Subgel Phase Formation on Bilayer Membranes of Diacyl- and Dialkylphosphatidylcholines with Varying Acyl Chain Lengths, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
22) 2,010 国際会議 Michio Yamanaka, T. Hara, Osami Kuroda and Hitoshi Matsuki : Miscibilty and Packing of Cationic Surfactant-Zwitterionic Phospholipid Mixtures in Adsorbed Film and Micelles, International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
23) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki, Agnieszka Broniek, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Phase behavior of plasmalogen bilayer membrane under high pressure, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, Fukuoka, Sep. 2010.
24) 2,010 国際会議 Hideyo Ohuchi, Mayumi Okamoto, Akane Matsuyo, Takumi Kawaue, Sayuri Tomonari and Sumihare Noji : Generation of neural retina from pigmented retinal progenitors by an intrinsic factor Lhx1, Sesimbra, Portugal, Sep. 2010.
25) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki : Phosphatidylcholine Bilayer Membranes under High Pressure, 5th Asian Conference on High Pressure Research (ACHPR-5), Matsue, Nov. 2010.
26) 2,010 国際会議 Takeshi Omasa : Physical mapping of CHO cell genome, The 5th International Conference on Geomics (iCG-V), 57, Shenzhen, Nov. 2010.
27) 2,010 国際会議 Akihiro Shirai, Yuki Ohtsu, Yasunori Kuboyama, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa : Water disinfection system based on the combined use of gemini-quaternary ammonium salt and ultraviolet (A)-light emitting diode, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-17, 74, Taoyuan, Nov. 2010.
28) 2,010 国際会議 Toshiyuki Endoh, Kanae Sakaguchi, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa : Development of new antimicrobial agents: synthesis and biological properties of hybrid-type quaternary ammonium salts as a safe antimicrobial agent, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-13, 72, Taoyuan, Nov. 2010.
29) 2,010 国際会議 Kyoungho Lee, JoonYoung Park, Miyuki Yamatani, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Gene-amplified structure affected Dhfr amplification in Chinese hamster ovary cell, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.D-18, 50, Taoyuan, Nov. 2010.
30) 2,010 国際会議 Chizuru Sasaki, Asada Chikako and Yoshitoshi Nakamura : Optimization of xylose extraction from sugarcane bagasse for efficient xylitol production, The Pacific Rim Summit on Industrial Biotechnology and Bioenergy, Honolulu, Dec. 2010.
31) 2,010 国際会議 Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : Synthesis and biological properties of novel anionic surfactant, potassium acetate salt of (5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole)s, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), No.04-ORGN-1613, 139, Honolulu, Dec. 2010.
32) 2,010 国際会議 Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Nobutake Tamai, Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : Anesthetic interactions with model proteins:intrinsic binding modes and validity as the model, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
33) 2,010 国際会議 Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic phase behavior of binary bilayer membranes of cholesterol and a homologous series of saturated diasylphosphatidylcholines of different chain lengths, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
34) 2,010 国際会議 Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Themotropic volume behavior of bilayer membranes of saturated and unsaturated phosphatidylcholines, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
35) 2,010 国際会議 Sanae Inazawa, Takuya Izumikawa, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Comparison between effects of cholesterol and stigmasterol on bilayer phase behavior of dipalmitoylphosphatidylcholine, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
36) 2,010 国際会議 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model, PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010.
37) 2,010 国際会議 Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Pretreatment and Effective Utilization of Softwood Waste Material Using Steam Explosion with Super High Temperature, 26th International Conference of Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, Mar. 2011.
38) 2,010 国際会議 Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Efficient Conversion of Waste Wooden Chopsticks into Biofuel, 26th International Conference of Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, Mar. 2011.
39) 2,010 国際会議 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : In vivo antioxidative activity of radical-containing-nanoparticle (RNP) in fertilized chicken egg assay, International Conference on Biomaterials Science 2011, Tsukuba, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 2,010 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂を用いた成形材料の検討, 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月.
2) 2,010 国内講演発表 田中 佐江子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ジパルミトイルホファチジルグリセロール二分子膜の高圧相挙動, 第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
3) 2,010 国内講演発表 筒井 舞子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 飽和・不飽和リン脂質二分子膜の体積挙動観測, 第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
4) 2,010 国内講演発表 玉井 伸岳, 泉川 拓也, 後藤 優樹, 松木 均 : ジヘキサデシルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動に及ぼすコレステロールの影響, 第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
5) 2,010 国内講演発表 鎌倉 法子, 東山 紫布, 秦 隆志, 長山 和史, 岡林 南洋, 佐竹 弘, 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志 : タンパク質と麻酔薬の相互作用に関する研究, 第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
6) 2,010 国内講演発表 田端 厚之, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細胞膜構造に依存したインターメディリシンの作用特性, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月.
7) 2,010 国内講演発表 辻 明彦, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 中井 健志, 湯浅 恵造, 井上 雅広 : モデリングより推定されたTrypanosoma bruceiオリゴペプチダーゼBのS1, S2サブサイトに位置するグルタミン酸残基の機能解析, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月.
8) 2,010 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 新規な細胞膜透過性SNARF誘導体による細胞内pHの効果的な計測, 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会, 2010年5月.
9) 2,010 国内講演発表 大政 健史 : マイクロリアクターを用いた薬物代謝評価システム構築の試み, 第17回HAB研究機構学術年会, 92, 2010年5月.
10) 2,010 国内講演発表 松木 均 : プラスマローゲン二分子膜の高圧相転移, 材料学会第59期通常総会講演会極限環境フォーラム, 2010年5月.
11) 2,010 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 外部刺激応答型蛍光プローブの開発と低酸素細胞の選択的可視化への応用, 第16 回国際癌治療増感研究会, 2010年6月.
12) 2,010 国内講演発表 宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価, 第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月.
13) 2,010 国内講演発表 Tetsuya Bando, Taro Nakamura, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Lowfat regulates leg size and growth under the Dachsous/Fat signaling during regeneration in Gryllus bimaculatus, 43rd Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, Jun. 2010.
14) 2,010 国内講演発表 中田 栄司 : 新しい蛍光制御機構に基づく酵素応答性蛍光プローブの開発, 第一回徳島大学研究者との集い, 2010年6月.
15) 2,010 国内講演発表 宇都 義浩, 安部 千秋, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
16) 2,010 国内講演発表 栗田 一輝, 新明 洋平, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Divergent function of Delta/Notch signaling in formation of body segments in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
17) 2,010 国内講演発表 T Nakamura, 三戸 太郎, T Bando, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Dynamic control of positional specification in a primitive mode of insect segmentation, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
18) 2,010 国内講演発表 松岡 佑児, 板東 哲哉, 中村 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Enhancer of zeste epigenetically regulates leg development in the cricket Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
19) 2,010 国内講演発表 Noha Abd ElGawad Youssef Aly Dabour, 板東 哲哉, 中村 太郎, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Control of body size by chico and epidermal growth factor receptor, as revealed by systemic nymphal RNA interference in the cricket, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
20) 2,010 国内講演発表 松田 光司, 中村 太郎, F Ito, 三戸 太郎, 坂東 哲哉, 野地 澄晴 : Development of enhancer trap lines using the GAL4/UAS system in the cricket, Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
21) 2,010 国内講演発表 中田 栄司 : 新しい蛍光制御機能に基づく酵素応答性蛍光プローブの開発, 第9回国際バイオEXPO, 2010年7月.
22) 2,010 国内講演発表 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株が産生する2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の発現とその病原性への寄与, 第57回トキシンシンポジウム, 2010年7月.
23) 2,010 国内講演発表 那住 善治郎, 中田 栄司, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : 蛍光プローブの合理的設計を目指したSNARF誘導体の自己集合化能についての検討, 第22回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 2010年7月.
24) 2,010 国内講演発表 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 湯浅 恵造 : プロテインエンジニアリングによるFurin得意阻害タンパク質の作成, 第15回日本病態プロテアーゼ学会, 2010年8月.
25) 2,010 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : リグニンを硬化剤に用いたエポキシ樹脂成形材料, 第59回高分子討論会, 2010年9月.
26) 2,010 国内講演発表 西井 重明, 増田 兼治, 山﨑 友実, 川上 文清, 大政 健史 : バイオ医薬製造用次世代高発現ベクター「Mammalian PowerExpress System」の開発, 化学工学会第42回秋季大会, 757, 2010年9月.
27) 2,010 国内講演発表 曹 溢華, 糸井 隆行, 上田 洋二, 近藤 哲司, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : CHO BAC libraryを用いた染色体安定性評価法の開発, 化学工学会第42回秋季大会, 31, 2010年9月.
28) 2,010 国内講演発表 山谷 美由希, 和田野 宗平, 朴 俊映, 髙木 康弘, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : CHO遺伝子増幅細胞株における増幅領域の配列構造に基づいた遺伝子導入ベクターの構築と検討, 化学工学会第42回秋季大会, 95, 2010年9月.
29) 2,010 国内講演発表 大政 健史 : プロセスイノベーションを目指した「工業動物細胞」の開発, 化学工学会第42回秋季大会, 756, 2010年9月.
30) 2,010 国内講演発表 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : SAR analysis of electron-rich polyyne analogues of FTY720 based on in vivo chick embryo antiangiogenic assay, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010.
31) 2,010 国内講演発表 Hitoshi Hori, Eiji Nakata and Yoshihiro Uto : Design of boron tracedrug phenolic BODIPY-containing antioxidants as autopsy/virtopsy imaging agents, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010.
32) 2,010 国内講演発表 中田 栄司, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん細胞内pHを検出するための蛍光性pHインジケーターの開発, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年9月.
33) 2,010 国内講演発表 大政 健史 : 「工業動物細胞」の開発を目指したセルエンジニアリング, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 10, 2010年9月.
34) 2,010 国内講演発表 大竹 久夫, 本田 孝祐, 大政 健史, 奥 崇, 岩田 英之, 黒田 章夫 : シンプルバイオ-バイオプロセスの無駄を徹底的に省く新技術, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 8-9, 2010年9月.
35) 2,010 国内講演発表 Haredy Ahamd, Akitoshi Nishizawa, Tomoshi Ohya, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Effect of ATF4 over-expression on igG1 productivity of Chinese hamster ovary cell, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 126, Sep. 2010.
36) 2,010 国内講演発表 中田 栄司, 那住 善治郎, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARF を基本骨格とした蛍光プローブの合理的設計戦略, 第4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010年9月.
37) 2,010 国内講演発表 馬郡 義弘, 大田 誠二, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : ナノ秒パルス電界の固形腫瘍に対する印加効果に関する研究, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2010年9月.
38) 2,010 国内講演発表 多田 佳織, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 非対称不飽和リン脂質二分子膜の熱挙動, 第46回熱測定討論会, 2010年9月.
39) 2,010 国内講演発表 西本 真琴, 玉井 伸岳, 松木 均 : 球状タンパク質に対する吸入麻酔薬の阻害様式, 第46回熱測定討論会, 2010年9月.
40) 2,010 国内講演発表 白井 昭博, 庄野 知明, 布本 泰子, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規チアゾール系抗菌剤の合成とその抗菌特性, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PA-07, 58, 2010年9月.
41) 2,010 国内講演発表 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA-LED照射による殺菌相乗効果, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PP-19, 110, 2010年9月.
42) 2,010 国内講演発表 久保山 泰典, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 栄養体およびシストアメーバに対する抗アメーバ性試験法とその評価法の確立, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.2PP-17, 215, 2010年9月.
43) 2,010 国内講演発表 川上 恵実, 木内 奈央, 足立 太郎, 中村 彩花, 川合 暢彦, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 特殊加工コラーゲンを単体としたマイオスタチンsiRNA投与による骨格筋量調節法の研究, 第69回日本矯正歯科学会, 2010年9月.
44) 2,010 国内講演発表 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物を用いた成形材料への適用, 第60回ネットワークポリマー討論会, 2010年10月.
45) 2,010 国内講演発表 香川 博之, 岡部 義昭, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : リグニンのエポキシ成形材料への応用検討, 第55回リグニン討論会, 2010年10月.
46) 2,010 国内講演発表 浅川 愛, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : キノコ廃菌床の発酵基質としての評価とバイオエタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
47) 2,010 国内講演発表 酒藤 潤, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 針葉樹リグニンのエポキシ樹脂化と化学的特性, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
48) 2,010 国内講演発表 土井 圭太, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : Clamidomonas fasciata Ettl 437からの効率的デンプン抽出とエタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
49) 2,010 国内講演発表 Ubrikasum Gljuhan, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : Production of D-lactic acid from agricultural wastes, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
50) 2,010 国内講演発表 青山 直弘, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : リグニンエポキシ樹脂に関するモデル反応の確立, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
51) 2,010 国内講演発表 奥村 亮祐, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : ヤマブシタケの菌糸体培養における培養条件の検討, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
52) 2,010 国内講演発表 喜多 あずさ, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 割り箸の総合的有効利用を目指した効率的有用物質生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
53) 2,010 国内講演発表 近藤 唯, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 杉水蒸気爆砕物からの効率的エタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
54) 2,010 国内講演発表 和中 未魚, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 竹爆砕物由来のメタノール可溶性リグニンを用いたエポキシ樹脂合成, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
55) 2,010 国内講演発表 増田 早智子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるily遺伝子の発現調節, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
56) 2,010 国内講演発表 田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosusが保有する細胞傷害因子に関する検討, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
57) 2,010 国内講演発表 風間 暁, Agnieszka Wilk, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 : ホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起指組み構造化のメカニズム, 第51回高圧討論会, 2010年10月.
58) 2,010 国内講演発表 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : ジアシルホスファチジルコリン二分子膜相挙動の蛍光イメージング解析, 第51回高圧討論会, 2010年10月.
59) 2,010 国内講演発表 木村 龍, 叶 暁婷, 本田 孝祐, 大政 健史, 大竹 久夫 : 耐熱性Malic enzymeを用いたリンゴ酸の生産, 日本生物工学会平成22年度大会, 83, 2010年10月.
60) 2,010 国内講演発表 和田野 宗平, 山谷 美由希, 髙木 康弘, 朴 俊映, 本田 孝祐, 大政 健史, 大竹 久夫 : CHO –Dhfr遺伝子増幅由来配列を用いた発現ベクター構築, 日本生物工学会平成22年度大会, 127, 2010年10月.
61) 2,010 国内講演発表 川口 央, キム ウッドン, 尾崎 弘教, 徳永 美和子, 本田 孝祐, 大政 健史, 大竹 久夫 : CHO beta-galactosyl-alpha2,6sialyltransferase発現CHO細胞を用いた組換え抗体生産, 日本生物工学会平成22年度大会, 132, 2010年10月.
62) 2,010 国内講演発表 小畑 勝稔, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : メディシナル・エレクトロノミクス分子としてのオリゴアセチレニック芳香族化合物の疎水性, 第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月.
63) 2,010 国内講演発表 浅田 元子, 近藤 唯, 酒藤 潤, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : スギC材チップの前処理と有用製品化プロセスの開発, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年11月.
64) 2,010 国内講演発表 芝 直生, 枝川 和明, 安澤 幹人, 玉井 伸岳, 松木 均 : 微小領域のモニタリングを目的としたマイクロバイオセンサの試作及びその評価, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
65) 2,010 国内講演発表 衣川 進, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : カチオン-アニオン界面活性剤混合系の会合体転移に関する熱的研究, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
66) 2,010 国内講演発表 梨野 翔, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : リン脂質-短鎖脂肪酸混合二分子膜の相挙動, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
67) 2,010 国内講演発表 石橋 学, 清水 和也, 小林 弘明, 白井 昭博, 大政 健史, 杉浦 則夫, 間世田 英明 : ミクロシスチンの分解に関わるMlrDタンパク質の関与, 日本水処理生物学会誌, No.30, 28, 2010年11月.
68) 2,010 国内講演発表 清水 和也, 星 麻里恵, 伊藤 聡, 間世田 英明, 岡野 邦宏, 陳 栄志, 内海 真生, 張 振亜, 杉浦 則夫 : Microcystin分解産物の特性解析, 日本水処理生物学会誌, No.30, 29, 2010年11月.
69) 2,010 国内講演発表 板山 朋聡, 岩見 徳雄, 清水 和也, Niwoot Whangchai, Chayarat Pleumsumran, Sirapran Fakrajang, Suttida Wanno, Ruekeaw Praphrute, Korntip Kammika, 間世田 英明, 古澤 文章, 杉浦 則夫 : タイ国北部の養魚池における有害藍藻類の発生状況, 日本水処理生物学会誌, No.30, 26, 2010年11月.
70) 2,010 国内講演発表 村田 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素による宿主細胞の応答反応の検討, 第125回徳島生物学会, 2010年12月.
71) 2,010 国内講演発表 田村 仁人, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来タンパク質をベースとしたDDSツールの開発-標的細胞に対する選択的送達能に関する検討-, 第125回徳島生物学会, 2010年12月.
72) 2,010 国内講演発表 藤澤 慶典, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : S9セリンプロテアーゼに属する新規メンバー,フェニルアラニルアミノペプチダーゼの同定, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
73) 2,010 国内講演発表 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生するStreptococcus mitis Nm-65株の細胞障害性に関する検討, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
74) 2,010 国内講演発表 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : カタボライト抑制因子CcpAによるStreptococcus intermediusのヒト特異的細胞溶解毒素intermedilysinの発現調節, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
75) 2,010 国内講演発表 濱田 良真, 板東 哲哉, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : コオロギの脚再生中のDachsous/Fatシグナル経路によるサイズと成長の制御, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
76) 2,010 国内講演発表 福岡 幸, 坂上 友梨, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : イチゴ「さちのか」におけるflavonoid 3'-hydoxylase (F3'H) 遺伝子の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
77) 2,010 国内講演発表 本木 陽, 港 紗央里, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 小胞体関連分解にかかわるVCP/p97結合タンパク質UBXD1のドメイン機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
78) 2,010 国内講演発表 港 紗央里, 本木 陽, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : VCP/p97結合タンパク質UBXD1 ( UBX domain-containing 1 ) の小胞体関連分解における機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
79) 2,010 国内講演発表 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼによる非選択的カチオンチャネルTRPC7の活性制御機構の解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
80) 2,010 国内講演発表 湯浅 恵造, 長目 健, 土肥 真, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP-dependent protein kinase/rhotekinによる神経突起形成の制御, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
81) 2,010 国内講演発表 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 中田 栄司, 堀 均 : 癌免疫療法の確立を目指したマクロファージ活性化因子(GcMAF)前駆物質GcXの創製, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月.
82) 2,010 国内講演発表 堀 均, 中田 栄司, 小泉 允人, 宇都 義浩, 大倉 一人 : ダイナミックドラッグ創生へのアプローチ - ボロントレースドラッグ仕様BODIPY含有抗酸化物質のメディシナルケミストリー, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月.
83) 2,010 国内講演発表 吉崎 正人, 中村 太郎, 三戸 太郎, 板東 哲哉, 渡辺 崇人, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Functions of the orthodenticle-related genes during embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
84) 2,010 国内講演発表 板東 哲哉, 松岡 佑児, 濱田 良真, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Epigenetic regulation of gene expressions during leg regeneration in the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
85) 2,010 国内講演発表 栗田 一輝, 高木 晃, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Functions of the Drosophila retinal determination gene homologoues in eye development of a Hemimetabolous insect Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
86) 2,010 国内講演発表 渡辺 崇人, H Ochiai, T Sakuma, 朝比奈 美葵, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, T Yamamoto, 野地 澄晴 : Targeted manipulation of genes with zinc finger nucleases in the cricket, Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
87) 2,010 国内講演発表 入江 健太郎, 坂上 友梨, 福岡 幸, 宮脇 克行, 角村 寧子, 広田 恵介, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : アグロインフィルトレーション法を用いたRNAiによるイチゴ青色光受容体の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年.
88) 2,010 国内講演発表 大政 健史 : バイオ医薬品生産における課題―蛋白質医薬品からワクチンまで, 第6回ホットな話題の講習会「パンデミックインフルエンザ対策の最前線」, 1-6, 2011年1月.
89) 2,010 国内講演発表 大政 健史 : 学の挑戦1:画期的生産細胞基材構築の可能性と将来展望, バイオロジクスフォーラム第8回学術集会「わが国のバイオロジクスに未来はあるか? 発展的未来を志向して」, 22-26, 2011年2月.
90) 2,010 国内講演発表 上手 麻希, 市瀬 裕樹, 中江 太治, 大政 健史, 間世田 英明 : 緑膿菌mexS遺伝子はQuorum-sensing機構を調節する?, 緑膿菌感染症研究会・抄録集, Vol.45, 30, 2011年2月.
91) 2,010 国内講演発表 奥村 亮祐, 浅川 愛, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : 植物性バイオマスの総合的有効利用を目的としたサトウキビバガスからのD-乳酸発酵, 第61回日本木材学会大会, 2011年3月.
92) 2,010 国内講演発表 岸本 直隆, 百田 義弘, 橋本 典也, 大政 健史, 小谷 順一郎 : 脱分化脂肪細胞と自己組織化ペプチド RADA16を用いた骨組織再生の検討, 第10回 日本再生医療学会, 206, 2011年3月.
93) 2,010 国内講演発表 馬郡 義弘, 大田 誠二, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルスパワー印加効果に関する研究, 平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 237, 2011年3月.
94) 2,010 国内講演発表 西沢 明敏, Ahmad Haredy, 白井 昭博, 高見 貴之, 大屋 智資, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : 細胞内品質管理機構を用いた蛋白質生産向上法の開発, 化学工学会第76年会, No.A104, 4, 2011年3月.
95) 2,010 国内講演発表 加藤 頼子, 周 莹, 南 武志, 本田 孝祐, 大政 健史, 大竹 久夫 : 大腸菌cpxA破壊株におけるシトクロムP450の活性向上メカニズムに関する研究, 日本農芸化学会2011年度大会, 276, 2011年3月.
96) 2,010 国内講演発表 Xiaoting YE, Ryo Kimura, Kohsuke Honda, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Production of L-malic acid using thermostable malic enzyme, 日本農芸化学会2011年度大会, 120, Mar. 2011.
97) 2,010 国内講演発表 白井 昭博, 坂口 香苗, 間世田 英明, 高麗 寛紀, 大政 健史 : ハイブリッド型第四アンモニウム塩の抗菌特性と安全性, 日本化学会第91春季年会, No.1B5-56, 41, 2011年3月.
98) 2,010 国内講演発表 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 友塚 歩美, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARFを基本骨格とした蛍光プローブの設計戦略, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月.
99) 2,010 国内講演発表 河井 芳彦, 池田 篤志, 秋山 元英, 菊池 純一, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : リポソームへのフラーレン交換反応のπ分子による制御, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月.
100) 2,010 国内講演発表 山本 将太, 宇都 義浩, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 二糖鎖Gcタンパク質(GcX)の調製とマクロファージ活性化能評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
101) 2,010 国内講演発表 寺岡 瑞絵, 宇都 義浩, 上畑 英吾, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 堀 均 : MTT法によるスギ水蒸気爆砕抽出物の抗腫瘍活性の評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
102) 2,010 国内講演発表 大仲 健太, 宇都 義浩, 田中 涼, 矢崎 一史, 梅基 直行, 堀 均 : ホップに含まれるプレニル化アシルフロロアシルグルシノール誘導体のLDL抗酸化活性とイソプレノミクスに基づく評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
103) 2,010 国内講演発表 金森 小百合, 宇都 義浩, 太田 依里, 堀 均 : GalNAc-リジンクラスターのマクロファージ細胞NR8383による貪食活性評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
104) 2,010 国内講演発表 関場 一裕, 辻 美恵子, 平山 祐, 奥田 健介, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 多機能性糖タンパク質Gc proteinの質量分析を通した糖ペプチド構造解析法の開発, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
105) 2,010 国内講演発表 湯浅 恵造, 松田 泰斗, 辻 明彦 : Functional regulation of transient receptor potential channel TRPC7 by cGMP-dependent protein kinase, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
106) 2,010 国内講演発表 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : Effect of the polymethoxyflavone in citrus sudachi on neuroprotection, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) 2,010 その他・研究会 宇都 義浩 : 創薬化学者から見た分析化学の概念, 日本分析化学会若手交流会, 2010年5月.
2) 2,010 その他・研究会 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生する川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株の病原性に関する検討, 第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月.
3) 2,010 その他・研究会 友安 俊文, 岡本 歩, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ラクトースリプレッサーLacRによるインターメディリシン遺伝子の発現抑制, 第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月.
4) 2,010 その他・研究会 宇都 義浩 : 有機化学におけるu-Learningを利用した自己主導型学習の試み, 平成22年度 全学FD 大学教育カンファレンス in 徳島, 2011年1月.
5) 2,010 その他・研究会 宇都 義浩 : 発育鶏卵によるin vivo活性を基盤とした創薬研究, 平成22年度 香川大学工学部 先端工学研究発表会, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1) 2,010 報告書 大政 健史 : 書評:バイオ実験安全オリエンテーション(DVD付), 化学と生物, Vol.48, No.6, 433, 2010年6月.

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 2,011 著書 川上 恵実, 田中 栄二, 砂田 芳秀, 土田 邦博, 野地 澄晴 : マイオスタチンの発現抑制による治療について, 2011年4月.
2) 2,011 著書 白井 昭博, 大政 健史 : 第10章「バイオ医薬品における生産性向上手法とその課題」, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2011年8月.
3) 2,011 著書 鬼塚 正義, 大政 健史 : 第3章 動物細胞を用いた糖タンパク質医薬品生産―CHO細胞を中心にした糖鎖修飾制御, 株式会社 シーエムシー出版, 2011年11月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,011 学術論文 (審査論文) Chizuru Sasaki, Rie Takada, Takahito Watanabe, Yoichi Honda, Shuichi Karita, Yoshitoshi Nakamura and Takashi Watanabe : Surface carbohydrate analysis and bioethanol production of sugarcane bagasse pretreated with the white rot fungus, Ceriporiopsis subvermispora and microwave hydrothermolysis, Bioresource Technology, Vol.102, No.21, 9942-9946, 2011.
2) 2,011 学術論文 (審査論文) Chikako Asada, Ai Asakawa, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of the steam-exploded spent Shiitake mushroom medium and its efficient conversion to ethanol, Bioresource Technology, Vol.102, No.21, 10052-10056, 2011.
3) 2,011 学術論文 (審査論文) Bongmun Kang, Kohsuke Honda, Tsunehiro Aki, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Simultaneous thermogravimetry and differential thermal analysis for comparing burning characteristics between oleaginous and non-oleaginous microorganisms, Thermochimica Acta, Vol.517, No.1-2, 115-120, 2011.
4) 2,011 学術論文 (審査論文) Tetsuya Bando, Yoshimasa Hamada, Kazuki Kurita, Taro Nakamura, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Lowfat, a mammalian Lix1 homologue, regulates leg size and growth under the Dachsous/Fat signaling pathway during tissue regeneration., Developmental Dynamics, Vol.240, No.6, 1440-1453, 2011.
5) 2,011 学術論文 (審査論文) Tetsuya Bando, Taro Mito, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Regulation of leg size and shape:involvement of the Dachsous/Fat signaling pathway, Developmental Dynamics, Vol.240, No.5, 1028-1041, 2011.
6) 2,011 学術論文 (審査論文) 中川 佳織, 大山 俊幸, 高橋 昭雄, 中村 嘉利, 岡部 義昭, 香川 博之 : バイオマス由来エポキシ樹脂硬化物の作製及び検討, ネットワークポリマー, Vol.32, No.3, 122-129, 2011年.
7) 2,011 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Akira Kazama, Shirish Chodankar, Joachim Kohlbrecher and Hitoshi Matsuki : Chain elongation of diacylphosphatidylcholine induces fully bilayer interdigitation under atmospheric pressure, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 44-48, 2011.
8) 2,011 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Takayuki Matsui, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Prodan fluorescence detects the bilayer packing of asymmetric phospholipids, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 55-62, 2011.
9) 2,011 学術論文 (審査論文) Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Yuka Ito, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Dialkyldimethylammonium Bromide Bilayer Membranes: Effect of Chain Length, Langmuir, Vol.27, No.10, 5824-5831, 2011.
10) 2,011 学術論文 (審査論文) Naoki Izawa, Masaki Serata, Toshiro Sone, Takeshi Omasa and Hisao Ohtake : Hyaluronic acid production by recombinant Streptococcus thermophilus, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.111, No.6, 665-670, 2011.
11) 2,011 学術論文 (審査論文) Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa and Nakae Taiji : Mutation in the sdeS gene promotes expression of the sdeAB efflux pump gene and multidrug resistance in Serratia marcescens, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.55, No.6, 2922-2926, 2011.
12) 2,011 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Effect of the Gc-derived Macrophage-activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2489-2492, 2011.
13) 2,011 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Kenta Onaka, Yoshinori Sakurai, Natsuko Kondo, Koji Ono, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Design, Synthesis and Destructive Dynamic Effects of BODIPY-containing and Curcuminoid Boron Tracedrugs for Neutron Dynamic Therapy, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2477-2482, 2011.
14) 2,011 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Efficiency of Antimicrobial Defense: Molecular Flexibility of Natural Defensin and Artificial Bis-quaternary Ammonium Compound, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2561-2564, 2011.
15) 2,011 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Taito Matsuda and Akihiko Tsuji : Functional regulation of transient receptor potential canonical 7 by cGMP-dependent protein kinase Iα., Cellular Signalling, Vol.23, No.7, 1179-1187, 2011.
16) 2,011 学術論文 (審査論文) Noha Dabour, Tetsuya Bando, Taro Nakamura, Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Cricket body size is altered by systemic RNAi against insulin signaling components and epidermal growth factor receptor., Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.7, 857-869, 2011.
17) 2,011 学術論文 (審査論文) Taro Mito, Yohei Shinmyo, Kazuki Kurita, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Ancestral functions of Delta/Notch signaling in the formation of body and leg segments in the cricket Gryllus bimaculatus., Development, Vol.138, No.17, 3823-3833, 2011.
18) 2,011 学術論文 (審査論文) Satoshi Tamura, Satoru Ezoe and Chizuru Sasaki : Bioassay technique using seed shrimps for comparative studies regarding the aquatic acute lethality of biodegradable lubricants, Ecotoxicology and Environmental Safety, Vol.74, No.6, 1578-1585, 2011.
19) 2,011 学術論文 (審査論文) Ryo Misaki, Yohei Sakai, Takeshi Omasa, Kazuhito Fujiyama and Tatsuji Seki : N-terminal vacuolar sorting signal at the mouse antibody alters the N-linked glycosylation pattern in suspension-cultured tobacco BY2 cells, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.112, No.5, 476-484, 2011.
20) 2,011 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Yoshinori Fujisawa, Takeru Mino and Keizo Yuasa : Identification of a plant aminopeptidase with preference for aromatic amino acid residues as a novel member of the prolyl oligopeptidase family of serine proteases., The Journal of Biochemistry, Vol.150, No.5, 525-534, 2011.
21) 2,011 学術論文 (審査論文) Yihua Cao, Shuichi Kimura, Takayuki Itoi, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Fluorescence in situ hybridization using bacterial artificial chromosome (BAC) clones for the analysis of chromosome rearrangement in Chinese hamster ovary cells, Methods, Vol.56, No.3, 418-423, 2011.
22) 2,011 学術論文 (審査論文) Makoto Nishimoto, Ukyo Komatsu, Nobutake Tamai, Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Kenji Ogli and Hitoshi Matsuki : Intrinsic interaction mode of an inhalation anesthetic with globular proteins: a comparative study on ligand recognition, Colloid and Polymer Science, Vol.289, No.17-18, 1785-1797, 2011.
23) 2,011 学術論文 (審査論文) Yihua Cao, Syuichi Kimura, Joon-Young Park, Miyuki Yamatani, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Chromosome Identification and Its Application in Chinese Hamster Ovary Cells, BMC Proceedings, Vol.5, No.8, O8, 2011.
24) 2,011 学術論文 (審査論文) Ahmad M Haredy, Akitoshi Nishizawa, Kohsuke Honda, Tomoshi Ohya, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : ATF4 over-expression increased IgG1 productivity in Chinese hamster ovary cells, BMC Proceedings, Vol.5, No.8, O11, 2011.
25) 2,011 学術論文 (審査論文) Shimizu Kazuya, Hideaki Maseda, Okano kunihiro, Itayama Tomoaki, Kawaguchi Yukio, Chen Rongzhi, Utsumi Motoo, Zhang Zhenya and Sugiura Norio : How microcystin-degrading bacteria express microcystin degradation activity, Lakes & Reservoirs: Research & Management, Vol.16, 169-178, 2011.
26) 2,011 学術論文 (審査論文) Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube and Nobutake Tamai : Imaging of Phosphatidylcholine Bilayers by a High-Pressure Fluorescence Technique: Detection of the Packing Difference, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.84, No.12, 1329-1335, 2011.
27) 2,011 学術論文 (審査論文) Koichi Nonaka, Shinya Onizuka, Hiromi Ishibashi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Toshiyuki Nakayama, Nariaki Matsuura, Takashi Kanematsu and Hikaru Fujioka : Vitamin D Binding Protein-Macrophage Activating Factor Inhibits HCC in SCID Mice, The Journal of Surgical Research, Vol.172, No.1, 116-122, 2012.
28) 2,011 学術論文 (審査論文) Shiro Maeda, Yasuhiro Fujiwara, Chizuru Sasaki and Ko-Ki Kunimoto : Structural analysis of microbial poly(e-L-lysin)/poly(acrylic acid) complex by FT-IR, DSC and solid state 13C and 15N NMR, Polymer Journal, Vol.44, No.2, 200-203, 2012.
29) 2,011 学術論文 (審査論文) Hisashi Ohkuni, Hideaki Nagamune, Nana Ozaki, Atsushi Tabata, Yuko Todome, Yukino Watanabe, Hidemi Takahashi, Kazuto Ohkura, Hiroki Kourai, Hiromi Ohtsuka, Vincent A. Fischetti and John B. Zabriskie : Characterization of recombinant Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor, APMIS, Vol.120, No.1, 56-71, 2012.
30) 2,011 学術論文 (審査論文) Shin Enosawa, Wenji Yuan, Masaharu Douzen, Atsuko Nakazawa, Takeshi Omasa, Akinari Fukuda, Seisuke Sakamoto, Takanobu Shigeta and Mureo Kasahara : Consideration of a safe protocol for hepatocyte transplantation using infantile pigs, Cell Medicine, Vol.3, No.1-3, 13-18, 2012.
31) 2,011 学術論文 (審査論文) Yusuke Tsurumaru, Kanako Sasaki, Tatsuya Miyawaki, Yoshihiro Uto, Takayuki Momma, Naoyuki Umemoto, Masaki Momose and Kazufumi Yazaki : HlPT-1, a membrane-bound prenyltransferase responsible for the biosynthesis of bitter acids in hops, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.417, No.1, 393-398, 2012.
32) 2,011 学術論文 (審査論文) Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hidenori Imaki, Keigo Tsuruno, Aya Miyazaki, Kenji Sonomoto, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Role of Streptococcus intermedius DnaK chaperone system in stress tolerance and pathogenicity, Cell Stress & Chaperones, Vol.17, No.1, 41-55, 2012.
33) 2,011 学術論文 (審査論文) Ryo Tanaka, Yoshihiro Uto, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 251-256, 2012.
34) 2,011 学術論文 (審査論文) Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Boron tracedrug: design, synthesis, and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 301-306, 2012.
35) 2,011 学術論文 (審査論文) Chikako Asada, Chizuru Sasaki, Yoshihiro Uto, Jun Sakafuji and Yoshitoshi Nakamura : Effect of steam explosion pretreatment with ultra-high temperature and pressure on effective utilization of softwood biomass, Biochemical Engineering Journal, Vol.60, 25-29, 2012.
36) 2,011 学術論文 (審査論文) Akira Takagi, Kazuki Kurita, Taiki Terasawa, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Yoshiyuki Moriyama, Taro Mito, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Functional analysis of the role of eyes absent and sine oculis in the developing eye of the cricket Gryllus bimaculatus., Development Growth & Differentiation, Vol.54, No.2, 227-240, 2012.
37) 2,011 学術論文 (審査論文) Chizuru Sasaki, Keisuke Sumimoto, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Direct hydrolysis of cellulose to glucose using ultra-high temperature and pressure steam explosion, Carbohydrate Polymers, Vol.89, No.1, 298-301, 2012.
38) 2,011 学術論文 (審査論文) Saeko Tanaka, Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki : Morphological Change of Vesicle Particle can Produce a Peculir Stepwise Transition in Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer at High NaCl Concentration, Chemistry Letters, Vol.41, No.3, 304-306, 2012.
39) 2,011 学術論文 (審査論文) Keizo Yuasa, Kaori Tada, Genki Harita, Tomomi Fujimoto, Masao Tsukayama and Akihiko Tsuji : Sudachitin, a polymethoxyflavone from Citrus sudachi, suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in mouse macrophage-like RAW264 cells., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.3, 598-600, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,011 学術論文 (紀要その他) 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構, LED総合フォーラム2011 in 徳島 論文集, Vol.P-11, 93-94, 2011年.
2) 2,011 学術論文 (紀要その他) Uwate Maki, Nakae Taiji, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa and Hideaki Maseda : MexT-mediated Regulation of MexEF-OprN Multidrug Efflux Pump via Nod Box in Pseudomonas aeruginosa, Resouces Envionment Life, 191-198, 2011.
3) 2,011 学術論文 (紀要その他) Kobayashi Hiroaki, Shimizu Kazuya, Zhenya Zhang, Sugiura Norio, Takeshi Omasa and Hideaki Maseda : Characterization of MlrB Involved in Degradation of the Cyanobacterial Toxin Microcystin LR, Resouces Envionment Life, 186-190, 2011.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1) 2,011 総説・解説 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : 低酸素標的薬剤のメディシナル・ブリコラージュと次世代医薬品ボロントレースドラッグの創生, 四国医学雑誌, Vol.67, No.1,2, 7-14, 2011年4月.
2) 2,011 総説・解説 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 堀 均 : 発育鶏卵を利用した創薬研究と将来展望, 放射線生物研究, Vol.46, No.3, 221-233, 2011年9月.
3) 2,011 総説・解説 中田 栄司, 森井 孝, 宇都 義浩, 堀 均 : がんの特異的な検出を目指した蛍光イメージング法の最近の展開, 放射線生物研究, Vol.46, No.3, 234-246, 2011年9月.
4) 2,011 総説・解説 曹 溢華, 大政 健史 : Chinese hamster ovary 細胞の染色体再構成について, 化学工学会バイオ部会 News Letter, No.29, 5-8, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) 2,011 国際会議 Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai : High-pressure fluorescence study on packing states of phosphatidylcholine bilayers, The 6th meeting of the Study of Matter at Extreme Conditions (SMEC2011), Miami, Apr. 2011.
2) 2,011 国際会議 Takeshi Omasa, Masayoshi Onitsuka and Yihua Cao : Next Generation Mammalian Host Cell for Biopharmaceutical Production, Asian Congress on Biotechnology, 97, Shanghai, May 2011.
3) 2,011 国際会議 Elvi Restiawaty, Kohsuke Honda, Takeshi Omasa, Akiko Kuroda and Hisao Ohtake : Feasibility of a Thermo-tolerant ATP Regeration System Using Thermus thermophilus Polyphosphate Kinase, Asian Congress on Biotechnology, 125, Shanghai, May 2011.
4) 2,011 国際会議 Takeshi Omasa, Yihua Cao, Syuichi Kimura, Joon-Young Park, Miyuki Yamatani, Kohsuke Honda and Hisao Ohtake : Chromosome Identification and Its Application in Chinese Hamster Ovary Cells, ESACT Meeting 2011 in Vienna, 247, Wien, May 2011.
5) 2,011 国際会議 Haredy M Ahamd, Akitoshi Nishizawa, Tomoshi Ohya, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : ATF4 Over-expression Increased IGG Productivity in Chinese Hamster Ovary Cells, ESACT Meeting 2011 in Vienna, 123, Wien, May 2011.
6) 2,011 国際会議 Taro Mito, T Nakamura, T Bando and Sumihare Noji : Ancestral developmental mechanisms in insects revealed by RNAi analysis of cricket genes, [Symposium: RNA interference- comparative studies of gene functions in invertebrates, 8th International Congress on Comparative Physiology and Biochemistry, Nagoya, Jun. 2011.
7) 2,011 国際会議 Taro Mito, T Nakamura, T Watanabe, T Band and Sumihare Noji : Functional genomics of the cricket Gryllus bimaculatus, a model system for regeneration and evolutionary developmental studies, 5th Annual Arthropod Genomics Symposium, Kansas City,USA, Jun. 2011.
8) 2,011 国際会議 Yoshihiro Magori, Seiji Ohta, Tatsuya Kageyama, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : In Vivo Experiment of Applying Nanosecond Pulsed Electric Fields on Solid Tumor, Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1237-1241, Chicago, Jun. 2011.
9) 2,011 国際会議 Nobutake Tamai, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Investigation on Volumetric Properties of Phospholipid Aggregates by Pressure Perturbation Calorimetry, 6th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP2011), Tokushima, Jul. 2011.
10) 2,011 国際会議 Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer Membrane in Saline Water under High Pressure, 6th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP2011), Tokushima, Jul. 2011.
11) 2,011 国際会議 Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Hidenori Imaki, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Genetic screening of ily expression control factors in Streptococcus intermedius, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011.
12) 2,011 国際会議 Atsushi Tabata, Yasuhiro Yamamoto, Ayuko Takao, Toshifumi Tomoyasu, Ayako Nakayama, Nobuko Maeda, Hisashi Ohkuni and Hideaki Nagamune : Investigation of pathogenic properties of cholesterol-dependent cytolysin producing Streptococcus mitis, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011.
13) 2,011 国際会議 Hidenori Imaki, Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Molecular and phenotypic analysis of mutants of ily expressional control factors in Streptococcus intermedius, IUMS 2011 Sapporo Congress, Palermo, Italy, Sep. 2011.
14) 2,011 国際会議 Kota Nakano, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation of the novel cytotoxic factor secreted from streptococcus anginosus, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011.
15) 2,011 国際会議 Uwae Maki, Ichise Yuki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda : MexS cancels the MexT-dependent repression of MexAB-OprM efflux pump in Pseudomonas aeruginosa, International Union of Microbiology Societies 2011 Congress, 221, Sapporo, Sep. 2011.
16) 2,011 国際会議 Shimizu Kazuya, Hideaki Maseda, Okano Kunihiro, Itayama Tomoaki, Utsumi Motto, Zhang Zhenya and Sugiura Norio : Expression of Microcystin degradation activity in microcystin-degrading bacterium, International Union of Microbiology Societies 2011 Congress, 204, Sapporo, Sep. 2011.
17) 2,011 国際会議 Yukihiro Nishikawa, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Momoyo Azuma, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Hideaki Nagamune : Triple fusion PCR immunochromatography for a rapid and simple diagnosis of penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Japan, Sep. 2011.
18) 2,011 国際会議 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Competence-specific sigma factor genes in the anginosus streptococci, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011.
19) 2,011 国際会議 Akihiro Shirai, kuboyama Yasunori, Masayoshi Onitsuka, Katsu Satoshi, Takami Takayuki, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : The effects of CHOP over-expression/down-regulation on recombinant Antithrombin III production in Chinese Hamster Ovary Cells, The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-8, 120, Incheon, Oct. 2011.
20) 2,011 国際会議