RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2016.4〜2018.3

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{309169}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1)佐藤 征弥, 瀬田 勝哉 : 青森県深浦町の北金ヶ沢と関に存在する巨樹イチョウと杉について, 秋田文化出版株式会社, 2016年6月.
2)佐藤 征弥, 加藤 愛里, 高田 克彦, 栄花 茂 : 北海道と東北地方の巨樹イチョウの遺伝的特性の解析, 秋田文化出版株式会社, 2016年6月.
3)玉 真之介 : 総力戦体制下の満洲農業移民, 株式会社 吉川弘文館, 2016年8月.
4)池原 敏孝, 勢井 宏義, 田中 弘之, 上番増 喬, 北岡 和義, 髙橋 章, 中橋 睦美, 中屋 豊, 藤原 広明 : 人体生理学の基礎 改訂第2版, 医学出版社, 2016年8月.
5)Makoto Nishimoto, Michio Yamanaka and Hitoshi Matsuki : Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Interaction of Anesthetics with Globular Proteins ---, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
6)Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Phase Separation in Phospholipid Bilayers Induced by Cholesterol ---, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
7)Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Bilayer Imaging of Phosphatidylcholines by High-Pressure Fluorometry ---, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
8)Michio Yamanaka, Hideyuki Maekawa, Tamaki Yasui and Hitoshi Matsuki : Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Thermodynamic Analysis of Partial Molar Volume in Biocolloidal Systems ---, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
9)向井 理恵 : 植物ポリフェノールによる筋萎縮予防の可能性, 2016年11月.
10)佐々木 千鶴, 吉田 雄介, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 日本ナシ剪定枝を原料とした有用化学物質の生産, 2016年11月.
11)櫻谷 英治, 阪本 鷹行 : 廃グリセロールを利用した油脂発酵生産, 2016年11月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomohiro Osaki, Misato Ono, Yoshihiro Uto, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi, Kazuo Azuma, Yusuke Murahata, Takeshi Tsuka, Norihiko Ito, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Sonodynamic therapy using 5-aminolevulinic acid enhances the efficacy of bleomycin., Ultrasonics, Vol.67, 76-84, 2016.
2)Hisatsugu Yamada, Tetsuro Kameda, Yu Kimura, Hirohiko Imai, Tetsuya Matsuda, Shinsuke Sando, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : 13C/15N-Enriched L-Dopa as a Triple-Resonance NMR Probe to Monitor Neurotransmitter Dopamine in the Brain and Liver Extracts of Mice, ChemistryOpen, Vol.5, No.2, 125-128, 2016.
3)Chiemi Kamada, Rie Mukai, Akari Kondo, Shinya Sato and Junji Terao : Effect of quercetin and its metabolite on caveolin-1 expression induced by oxidized LDL and lysophosphatidylcholine in endothelial cells., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.58, No.3, 193-201, 2016.
4)M Nakai, J Ito, N Kashiwazaki, NT Men, Fuminori Tanihara, J Noguchi, H Kaneko, A Onishi and K Kikuchi : Treatment with protein kinase C activator is effective for improvement of male pronucleus formation and further embryonic development of sperm-injected oocytes in pigs, Theriogenology, Vol.85, No.4, 703-708, 2016.
5)Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Yuji Matsuoka, Takahito Watanabe, Katsuyuki Miyawaki, Tetsuya Bando, Kenji Tomioka, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : TGF- signaling in insects regulates metamorphosis via juvenile hormone biosynthesis., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.113, No.20, 5634-5639, 2016.
6)Hiromitsu Tsuzuki, Shota Inoue, Daiki Kobayashi, Gantulga Uuganbaatar, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Methyl cinnamate increases cell vulnerability to oxidative stress induced by hydrogen peroxide in rat thymocytes, Fundamental Toxicological Sciences, Vol.3, No.3, 121-125, 2016.
7)Tatsuya Ohshida, Junji Hayashi, Takenori Satomura, Ryushi Kawakami, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : First characterization of extremely halophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase, Protein Expression and Purification, Vol.126, 62-68, 2016.
8)Yuriko Osakabe, Y Watanabe, SS Sugano, R Ueta, R Ishihara, K Shinozaki and Keishi Osakabe : Optimization of CRISPR/Cas9 genome editing to modify abiotic stress responses in plants., Scientific Reports, Vol.6, 26685, 2016.
9)Kazuya Shimizu, Motoo Utsumi, Kunihiro Okano, Tomoaki Itayama, Norio Iwami, Hideaki Maseda, Hiroyuki Kinohira, Norio Sugiura, Jieming Li, Yuhei Inamori, Zhenya Zhang and Norio Sugiura : Whole-Genome Sequence of the Microcystin-Degrading Bacterium Sphingopyxis sp. Strain C-1., Journal of Water Treatment Biology, 2016.
10)Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Damdinjav Davaadagva, Dorjbal Enkhjargal and Yoshiki Kashiwada : Tetrahydroxanthones from Mongolian medicinal plant Gentianella amarella ssp. acuta, Journal of Natural Medicines, Vol.70, No.4, 780-788, 2016.
11)Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Yoshio Endo, Kazunori Yaju, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Ikuo Nakanishi, Kenichiro Mastumoto and Yoshihiro Uto : RADIOSENSITIZING EFFECT OF PROTOPORPHYRIN IX WITH CARBON ION BEAM AGAINST MOUSE MAMMARY BREAST TUMOR CELL., Journal of Advanced Manufacturing Technology, 47-51, 2016.
12)Yuriko Osakabe, Shigeo S Sugano and Keishi Osakabe : Genome engineering of woody plants: past, present and future., Journal of Wood Science, Vol.62, No.3, 217-225, 2016.
13)Naonobu Tanaka, Niwa Kanji and Yoshiki Kashiwada : Merohyperins A-C, meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense, Tetrahedron Letters, Vol.57, No.29, 3175-3178, 2016.
14)Toshio Inui, Goro Katsuura, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Leslye Chenery, Yoshihiro Uto, Takahito Nishikata and Martin Mette : Case Report: GcMAF Treatment in a Patient with Multiple Sclerosis, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3771-3774, 2016.
15)Toshio Inui, Haruka Amitani, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Yoshihiro Uto, Takahito Nishikata and Martin Mette : Case Report: A Non-small Cell Lung Cancer Patient Treated with GcMAF, Sonodynamic Therapy and Tumor Treating Fields, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3767-3770, 2016.
16)Yu Sumiya, Takahiro Inoue, Mami Ishikawa, Toshio Inui, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Yoshihiro Uto and Takahito Nishikata : Macrophages Exhibit a Large Repertoire of Activation States via Multiple Mechanisms of Macrophage-activating Factors, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3619-3623, 2016.
17)Kazuto Ohkura, Yuki Kawaguchi, Y Tatematsu, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : An Antitumor 2-Hydroxyarylidene-4-cyclopentene-1,3-Dione as a Protein Tyrosine Kinase Inhibitor: Interaction Between TX-1123 Derivatives and Src Kinase, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3645-3649, 2016.
18)Hiroshi Yoshimura, Sugai Tokio, Kato Nobuo, Tominaga Takashi, Tominaga Yoko, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Tetsuya Akamatsu : Interplay between non-NMDA and NMDA receptor activation during oscillatory wave propagation: Analyses of caffeine-induced oscillations in the visual cortex of rats, Neural Networks, Vol.79, 141-149, 2016.
19)Naonobu Tanaka, Tsuji Eri, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi : Yezo'otogirins A-H, acylphloroglucinols and meroterpenes from Hypericum yezoense, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 991-995, 2016.
20)Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki F. Yu, Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Nakamura Takanori : Acylated triterpene saponins from the stem bark of Acer nikoense, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 924-929, 2016.
21)Yukio Morimoto, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Toshiyuki Chatake and Hitoshi Hori : Structural Insight Into Protein Binding of Boron Tracedrug UTX-97 Revealed by the Co-Crystal Structure With Lysozyme at 1.26 Å Resolution, Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.105, No.8, 2298-2301, 2016.
22)Hiroko Awata, Ryo Wakuda, Yoshiyasu Ishimaru, Yuji Matsuoka, Kanta Terao, Satomi Katata, Yukihisa Matsumoto, Yoshitaka Hamanaka, Sumihare Noji, Taro Mito and Makoto Mizunami : Roles of OA1 octopamine receptor and Dop1 dopamine receptor in mediating appetitive and aversive reinforcement revealed by RNAi studies., Scientific Reports, Vol.6, 29696, 2016.
23)Y. Miki, Y. Kidoguchi, M. Sato, Y. Taketomi, C. Taya, K. Muramatsu, M.H. Gelb, Kei Yamamoto and M Murakami : Dual roles of group IID phospholipase A2 in inflammation and cancer., The Journal of Biological Chemistry, Vol.291, No.30, 15588-15601, 2016.
24)Kei Yamamoto, Y. Miki, H. Sato, Y. Nishito, M.H. Gelb, Y. Taketomi and M. Murakami : Expression and function of group IIE phospholipase A2 in mouse skin., The Journal of Biological Chemistry, Vol.291, No.30, 15602-15613, 2016.
25)Kyohei Kuse, Jumpei Ito, Ariko Miyake, Junna Kawasaki, Shinya Watanabe, Isaac Makundi, Ha Minh Ngo, Takeshige Otoi and Kazuo Nishigaki : Existence of two distinct infectious ERVs in domestic cats and their different strategies for adaptation to transcriptional regulation., Journal of Virology, 2016.
26)Yoshiki Shimamura, Dai Tamatani, Shota Kuniyasu, Yusuke Mizuki, Takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Toru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi and Yoshihiro Uto : 5-Aminolevulinic Acid Enhances Ultrasound-mediated Antitumor Activity via Mitochondrial Oxidative Damage in Breast Cancer, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3607-3612, 2016.
27)Noriko Yamano, Mai Takahashi, Haghparast Mohammad Ali Seyed, Masayoshi Onitsuka, Toshitaka Kumamoto, Jana Frank and Takeshi Omasa : Increased recombinant protein production owing to expanded opportunities for vector integration in high chromosome number Chinese hamster ovary cells, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.122, No.2, 226-231, 2016.
28)Ai Asakawa, Tomohiro Oka, Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Cholininum ionic liquid/cosolvent pretreatment for enhancing enzymatic saccharification of sugarcane bagasse, Industrial Crops and Products, Vol.86, 113-119, 2016.
29)N Kurniani Karja Wayan, M Fahrudin, MA Setiadi, LI Tumbelaka, R Sudarwati, YT Hastuti, BH Mulia, A Widianti, K Sultan, T Terazono, Z Namula, M Taniguchi, Fuminori Tanihara, Tatsuya Takemoto, K Kikuchi, Y Sato and Takeshige Otoi : Characteristics and fertility of sumatran tiger spermatozoa cryopreserved with different sugars., Cryo Letters, Vol.37, No.4, 264-271, 2016.
30)Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Takashi Morii : Latent pH-responsive ratiometric fluorescent cluster based on self-assembled photoactivated SNARF derivatives, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.1, 431-436, 2016.
31)Manita Wittayarat, Yoko Sato, Kim Lanh Thi Do, Kaywalee Chatdarong, Theerawat Tharasanit, Mongkol Techakumphu, Masayasu Taniguchi and Takeshige Otoi : Epigenetic modulation on cat-cow interspecies somatic cell nuclear transfer embryos by treatment with trichostatin A., Animal Science Journal, 2016.
32)Chikako Nishitani, Narumi Hirai, Sadao Komori, Masato Wada, Kazuma Okada, Keishi Osakabe, Toshiya Yamamoto and Yuriko Osakabe : Efficient Genome Editing in Apple Using a CRISPR/Cas9 system., Scientific Reports, Vol.6, 31481, 2016.
33)Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka and Yoshiki Kashiwada : Erecricins A-E, prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum, Fitoterapia, Vol.114, 188-193, 2016.
34)L Do, M Wittayarat, T Terazono, Y Sato, M Taniguchi, Fuminori Tanihara, Tatsuya Takemoto, Y Kazuki, K Kazuki, M Oshimura and Takeshige Otoi : Effects of duration of electric pulse on in vitro development of cloned cat embryos with human artificial chromosome vector., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, Vol.51, No.6, 1039-1043, 2016.
35)Mizuki Ishikawa, Ryosuke Muraguchi, Ayako Azuma, Shogo Nawata, Tetsuya Katsuur, Mutsumi Miya, Tohru Naito and Yasuo Oyama : Cytotoxic actions of 2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide, a biocide in hydraulic fracturing fluids, on rat thymocytes, Toxicology Research, Vol.5, 1329-1334, 2016.
36)Fuminori Tanihara, Tatsuya Takemoto, Eri Kitagawa, Shengbin Rao, Kim Lanh Thi Do, Akira Onishi, Yukiko Yamashita, Chisato Kosugi, Hitomi Suzuki, Shoichiro Sembon, Shunichi Suzuki, Michiko Nakai, Masakazu Hashimoto, Akihiro Yasue, Munehide Matsuhisa, Sumihare Noji, Tatsuya Fujimura, Dai-Ichiro Fuchimoto and Takeshige Otoi : Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs., Science Advances, Vol.2, No.9, 2016.
37)Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Pei-Yi Lin, Nao Tsukumo, Takeshi Nikawa, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : 8-Prenylnaringenin promotes recovery from immobilization-induced disuse muscle atrophy through activation of the Akt phosphorylation pathway in mice., American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, Vol.311, No.6, R1022-R1031, 2016.
38)H. Tanigawa, K. Miyata, Z. Tian, J. Aoi, T. Kadomatsu, S. Fukushima, A. Ogata, N. Takeda, J. Zhao, S. Zhu, K. Terada, M. Endo, J. Morinaga, T. Sugizaki, M. Sato, M. Morioka, I. Manabe, Y. Mashimo, A. Hata, Y. Taketomi, Kei Yamamoto, M. Murakami, K. Araki, M. Jinnin, H. Ihn and Y. Oike : Upreguration of ANGPTL6 in mouse keratinocytes enhances susceptibility to psoriasis, Scientific Reports, Vol.6, 34690, 2016.
39)Naonobu Tanaka, Yuki Yano, Yutaka Tatano and Yoshiki Kashiwada : Hypatulins A and B, meroterpenes from Hypericum patulum, Organic Letters, Vol.18, No.20, 5360-5363, 2016.
40)Kim Sang-Yong, Nagashima Hisako, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Jun'ichi and Kojoma Mareshige : Hitorins A and B, hexacyclic C25 terpenoids from Chloranthus japonicus, Organic Letters, Vol.18, 5420-5423, 2016.
41)T. Nomura, T. Sakurai, Yuriko Osakabe, Keishi Osakabe and H. Sakakibara : Efficient and heritable targeted mutagenesis in mosses using the CRISPR/Cas9 system, Plant & Cell Physiology, Vol.57, No.12, 2600-2610, 2016.
42)Kohichi Kuwahara, Hiroshi Hirata, Kengo Ohbuchi, Kentaro Nishi, Akira Maeda, Akihiko Kuniyasu, Daisuke Yamada, Takehiko Maeda, Akihiko Tsuji, Makoto Sawada and Hitoshi Nakayama : The novel monoclonal antibody 9F5 reveals expression of a fragment of GPNMB/osteoactivin processed by furin-like protease(s) in a subpopulation of microglia in neonatal rat brain, Glia, Vol.64, No.11, 1938-1961, 2016.
43)Satoshi Yamashita and Dai Hirose : Phylogenetic analysis of Ganoderma australe complex in a Bornean tropical rainforest and implications for mechanism of coexistence of various phylogenetic types, Fungal Ecology, Vol.24, 1-6, 2016.
44)Eiko Niwa, Tsuyoshi Mitani, Shohei Saitoh, Kaori Kanemaru, Shiro Ishida, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Zinc increases vulnerability of rat thymic lymphocytes to arachidonic acid under in vitro conditions, Food and Chemical Toxicology, Vol.96, 177-182, 2016.
45)Kayo Nonami, Shohei Saitoh, Yumiko Nishimura-Danjobara, Shiro Ishida and Yasuo Oyama : Chlorhexidine possesses unique cytotoxic actions in rat thymic lymphocytes: Its relation with electrochemical property of membranes, Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.48, 17-21, 2016.
46)Goto Tsukie, Makiko Tsuji, Kaori Kanemaru and Kumio Yokoigawa : Adsorption of Shiga Toxin to Poly-γ Glutamate Precipitated., Journal of Food Science, Vol.81, No.12, 2977-2981, 2016.
47)Masaya Satoh, Daisuke Mita, Ryohei Takai, Yuusuke Imada, Ryuji Anzai, Ryutaro Tanaka, Eri Shimogomi, Ayami Oda, Hajime Nonoichi, Risa Kamae, Shota Okumura, Miyu Hirase, Chihiro Itonaga, Shinzaburo Sano, Hiroaki Nakagawa, Hiro Okada and Mayu Yamagata : Present situation of Elaeocarpus zolloingeri tree planted in Mt. Shiroyama in 2006, --- survival and infection status of Elaeocarpus yellows ---, Regional Science Research, the University of Tokushima, Vol.6, 11-17, 2016.
48)Kohji Yamada, Yusuke Saijo, Hirofumi Nakagami and Yoshitaka Takano : Regulation of sugar transporter activity for antibacterial defense in Arabidopsis., Science, Vol.354, No.6318, 1427-1430, 2016.
49)Taichi Koshiba, Naoki Yamamoto, Yuki Tobimatsu, Masaomi Yamamura, Shiro Suzuki, Takefumi Hattori, Mai Mukai, Soichiro Noda, Daisuke Shibata, Masahiro Sakamoto and Toshiaki Umezawa : MYB-mediated upregulation of lignin biosynthesis in Oryza Sativa towards biomass refinery, Plant Biotechnology, Vol.34, No.1, 1-9, 2017.
50)Maki Takeda, Keisuke Oyama, Norio Kamemura, Kaori Kanemaru, Keizo Yuasa, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Change in plasma membrane potential of rat thymocytes by tert-butylhydroquinone, a food additive: Possible risk on lymphocytes, Food and Chemical Toxicology, Vol.109, No.1, 296-301, 2017.
51)Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa : Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017.
52)Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa : Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai, PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017.
53)Quan Binh Cao Nguyen, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto, MD Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl ester of Ketorolac: A "Click Chemistry"-based highly potent PAK1-blocking cancer-killer., European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.126, 270-276, 2017.
54)Norio Kamemura, Sara Murakami, Hiroaki Komatsu, Masahiro Sawanoi, Kenji Miyamoto, Kazumi Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017.
55)Hiroto Imai, Fumiya Kita, Sho Ikesugi, Masami Abe, Shizuka Sogabe, Yumiko Nishimura-Danjobara, Hajime Miura and Yasuo Oyama : Cetylpyridinium chloride at sublethal levels increases the susceptibility of rat thymic lymphocytes to oxidative stress, Chemosphere, Vol.170, 118-123, 2017.
56)Norio Kawamoto, Norio Kamemura, Hiroshi Kido and Toshiyuki Fukao : Detection of ovomucoid-specific low-affinity IgE in infants and its relationship to eczema., Pediatric Allergy and Immunology, 2017.
57)K. Murase, S. Shigenobu, S. Fujii, K. Ueda, T. Murata, A. Sakamoto, Y. Wada, K. Yamaguchi, Yuriko Osakabe, Keishi Osakabe, A. Kanno, Y. Ozaki and S. Takayama : MYB transcription factor gene involved in sex determination in Asparagus officinalis, Genes to Cells, Vol.22, No.1, 115-123, 2017.
58)Akihiro Shirai, Takashi Watana and Hitoshi Matsuki : Inactivation of foodborne pathogenic and spoilage microorganisms using ultraviolet-A light in combination with ferulic acid, Letters in Applied Microbiology, Vol.64, No.2, 96-102, 2017.
59)Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Ayu Murakami, Takashi Amoh, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Evaluation of the effectiveness of the potent bis-quaternary ammonium compound, 4,4'-( , -hexametylenedithio) bis (1-octylpyridinium bromide) (4DTBP-6,8) on Pseudomonas aeruginosa., Journal of Applied Microbiology, Vol.122, No.4, 893-899, 2017.
60)Nobutake Tamai, Tada Toshio, Tatsumi Daisuke and Matsumoto Takayoshi : Role of Water in Gelation of Curdlan/DMSO/Water Ternary System, Journal of the Society of Rheology, Japan, Vol.45, No.1, 49-56, 2017.
61)Kanji Niwa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada : Frondhyperins A-D, short ketide-phenylketide conjugates from Hypericum frondosum cv. Sunburst, Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1495-1498, 2017.
62)Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Shun-Lin Li, Han-Dong Sun and Yoshiki Kashiwada : Rigenolides B and C, conjugates of norsecoiridoid and secoiridoid glucoside from Gentiana rigescens Franch., Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1459-1461, 2017.
63)Katsutoshi Nishio, Mado Yamazaki, Masayasu Taniguchi, Kazuhiko Besshi, Fumio Morita, Toshiki Kunihara, Fuminori Tanihara, Tatsuya Takemoto and Takeshige Otoi : Sensitivity of the meiotic stage to hyperthermia during in vitro maturation of porcine oocytes., Acta Veterinaria Hungarica, Vol.65, No.1, 115-123, 2017.
64)Badr Ali Hoida, Takahashi Keiko, Ryushi Kawakami, Yasuo Oyama, Kumio Yokoigawa and Kaori Kanemaru : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin., European Food Research and Technology, 2017.
65)Tomohiro Osaki, Yoshihiro Uto, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi, Kazuo Azuma, Yusuke Murahata, Takeshi Tsuka, Norihiko Ito, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Artesunate Enhances the Cytotoxicity of 5-Aminolevulinic Acid-Based Sonodynamic Therapy against Mouse Mammary Tumor Cells In Vitro, Molecules, Vol.22, No.4, 533, 2017.
66)Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, Takahito Watanabe, Sigeo Sugano, Hiroshi Ezura, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Rapid breeding of parthenocarpic tomato plants using CRISPR/Cas9., Scientific Reports, Vol.7, 507, 2017.
67)Shinya Matsuda, Kohei Kawamoto, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration and adhesion by negatively modulating FAK activity, Scientific Reports, Vol.7, 45545, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)武富 芳隆, 砂川 アンナ, 入江 敦, 三木 寿美, 山本 圭, 佐藤 弘泰, 小林 哲幸, 村上 誠 : マスト細胞を制御する第二のAnaphylatic sPLA2の同定, 脂質生化学研究, Vol.58, 119-121, 2016年.
2)山本 圭, 三木 寿美, 佐藤 弘泰, 武富 芳隆, 村上 誠 : 皮膚の恒常性と病態における二種のsPLA2の発現と機能, 脂質生化学研究, Vol.58, 117-118, 2016年.
3)三木 寿美, 城戸 口優, 山本 圭, 村上 誠 : 炎症および癌病態におけるIID型sPLA2の二面的役割, 脂質生化学研究, Vol.58, 114-116, 2016年.
4)玉 真之介 : 日本農業のいま-苦悩の歴史的背景と本質-, 農業と経済, Vol.82, No.6, 5-14, 2016年.
5)玉 真之介 : 書評:坂口正彦著『近現代日本の村と政策』, 村落研究ジャーナル, No.45, 56-57, 2016年.
6)白井 昭博, 渡部 貴志, 松木 均 : フェルラ酸と紫外線(UV-A)の併用による食品媒介病原性微生物および食品腐敗微生物の不活化, LED総合フォーラム 2016 in 徳島 論文集, Vol.P-9, 145-150, 2016年.
7)宮崎 隆義, 石川 榮作, 佐藤 征弥, 境 泉洋 : モラエスの庭, --- (6)モラエスの目:徳島の風景 ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.6, No.0, 18-25, 2016年.
8)玉 真之介 : 戦後の青森リンゴ, グローバル下のリンゴ産業, 133-144, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

(なし)

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1)M. Murakami, Kei Yamamoto, Y. Miki, R. Murase, H. Sato and Y. Taketomi : The roles of the secreted phospholipase A2 gene family in immunology, Advances in Immunology, Vol.132, 91-134, May 2016.
2)中橋 睦美, 髙橋 章 : 紫外線LEDを用いた殺菌システムと応用 (特集 先進的環境プロセス技術の展開), ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering, Vol.61, No.6, 428-432, 2016年6月.
3)Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Functional comparison between the DnaK chaperone systems of Streptococcus intermedius and Escherichia coli, STRESS AND ENVIRONMENTAL REGULATION OF GENE EXPRESSION AND ADAPTATION IN BACTERIA, Vol.2, 791-795, Jun. 2016.
4)中橋 睦美, 髙橋 章 : 紫外線LEDの医療への応用, 小児科, Vol.57, No.8, 1011-1016, 2016年7月.
5)Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi : Bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 691-694, Jul. 2016.
6)芝 一休, 山田 久嗣, 富永 正英, 宇都 義浩 : 低酸素を標的とした抗転移剤による化学放射線療法の可能性, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 216-229, 2016年9月.
7)原 毅弘, 富永 正英, 笈田 将皇, 本田 弘文, 宇都 義浩 : Flattening Filter Free(高線量率)モードを用いた放射線治療の効果, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 230-240, 2016年9月.
8)本田 弘文, 笈田 将皇, 富永 正英, 宇都 義浩 : 放射線治療における In Vivo Dosimetryの発展と応用, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 255-267, 2016年9月.
9)金丸 芳, 逵 牧子, 横井川 久己男 : 食品加工・調理器具への微生物の付着と殺菌剤耐性, 食品機械装置, Vol.53, No.10, 50-55, 2016年10月.
10)刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 植物でのゲノム編集―分子育種の新技術をめざした最新展開, 実験医学増刊「All Aboutゲノム編集」真下知士,山本卓/編, Vol.34, No.20, 104(3356)-110(3362), 2016年12月.
11)山本 圭 : 皮膚の恒常性や疾患を調節する新しい脂質メディエーター, 生化学, Vol.88, No.6, 786-790, 2016年12月.
12)山田 晃嗣, 高野 義孝 : 植物は細胞外の糖を減少させることにより病原細菌の増殖を抑制する, ライフサイエンス新着論文レビュー, 2016年12月.
13)Kei Yamamoto, Y. Miki, H. Sato, R. Murase, Y. Taketomi and M. Murakami : Secreted Phospholipase A2 Specificity on Natural Membrane Phospholipids, Methods in Enzymology, Vol.583, 101-117, 2017.
14)山田 晃嗣 : 植物は病原菌からどう身を守るのか? – 新たな免疫応答メカニズムの解明, アカデミストジャーナル, 2017年1月.
15)松木 均 : 高圧処理による脂質の状態変化, 食品と容器, Vol.58, No.2, 78-86, 2017年2月.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1)Yoshitaka Kurashiki, Keiko Kitazato, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Tomoya Kinouchi, Manabu Sumiyoshi, Takeshi Miyamoto, Tadashi Yamaguchi, Junichiro Satomi, Yoshihiro Uto and Shinji Nagahiro : Activation of M2 macrophages in the late phase of cerebral ischemia may contribute to phagocytosis of infarct area and neurogenesis, 25th European Stroke Conference, Apr. 2016.
2)Akinori Ando, Tomoyo Okuda, Hiroshi Kikukawa, Eiji Sakuradani and Jun Ogawa : EPA Production by an Oleaginous Fungus Mortierella alpina Breeding at Moderate Temperature, 107th AOCS Annual Meeting & Expo, Utah USA, May 2016.
3)Noriko Yamano, Toshitaka Kumamoto, Kota Yoshitomi, Jana Frank, Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa : Varied productivity according to the differences between targeted locations of antibody expression vectors in Chinese Hamster ovary cells, Cell Culture Engineering XV, May 2016.
4)Takeshi Omasa, Rima Matsuyama, Tomomi Tsutsui, Kyoungho Lee, Noriko Yamano and Masayoshi Onitsuka : Cre-loxP-controlled cell-cycle checkpoint engineering in Chinese Hamster ovary cells, Cell Culture Engineering XV, May 2016.
5)Toshifumi Tomoyasu, Shinya Chiba, Takahiro Yamasaki, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Expression control pathways of ily by blood components in Streptococcus intermedius, The 13th Korea - Japan International Symposium on Microbiology (XIII-KJISM), May 2016.
6)Kei Yamamoto, Y. Miki, H. Sato, Y. Taketomi, G. Lambeau, M.H. Gelb and M. Murakami : The two secreted phospholipase A2s PLA2G2F and PLA2G2E play distinct roles in skin homeostasis and diseases., 7th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators, La Jolla, California, USA, May 2016.
7)Paulus Meleng, Takao Itioka, Satoshi Yamashita, Mohamad Bte Fatimah, Mohamad Nafri Ali, Mohamad Yazid Hossman, Kohei Takenaka Takano, Fujio Hyodo, Yoko Takematsu, Masato Ito and Kaoru Maeto : Effects of isolated reserved forests on the assemblage of parasitoid wasps in the surrounding areas, Proceedings of the Symposium "Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak", 169-174, Jun. 2016.
8)Satoshi Yamashita, Mohamad Nafri Ali, Meleng Paulus, Mohamad Bte Fatimah, Itioka Takao, Okabe Kimiko and Yoko Takematsu : Decomposition of wood blocks in Acacia plantations and natural forests in Bintulu, Malaysia, Proceedings of the Symposium "Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak", 165-168, Jun. 2016.
9)Salleh Habibah, Gahni Y, Nelson S, Haryanie S Mohamad and Satoshi Yamashita : Fungi in Sarawak: practical use of historical samples in the fungarium of the Forest Department Sarawak, Proceedings of the Symposium "Frontier in Tropical Forest Research: Progress in Joint Projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak", 160-164, Jun. 2016.
10)Takeshi Omasa, Noriko Yamano and Masayoshi Onitsuka : Mammalian cell factory- CHO cell and its application for biopharmaceutical production, World Congress on In Vitro Biology, Jun. 2016.
11)Hiroyuki Kagawa, Yoshiaki Okabe, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : High heat resistance and electric insulating resin derived from woody lignin obtained by steam-explosion, 20th Annual Green Chemistry & Engineering Conference, Portland, USA, Jun. 2016.
12)Matsuda Shinya, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration by negatively modulating the FAK1 activity, 16th International Conference of Biochemistry and Molecular Biology: Signalling Pathways in Development, Disease and Aging, Vancouver, BC, Canada, Jun. 2016.
13)Takeshi Omasa and Masayoshi Onitsuka : Metabolic analysis of antibody-producing Chinese hamster ovary cell culture suppressing antibody aggregation, Metabolic Engineering 11, Jun. 2016.
14)Akihiro Shirai, Watanabe Takashi and Hitoshi Matsuki : Effect of ferulic acid addition on the photobactericidal activity of ultraviolet-A light against food-borne pathogenic and spoilage microbes, IV International Conference on Antimicrobial Research, Vol.T7, 149, Torremolinos-Malaga, Jun. 2016.
15)Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada : Agelamadins, bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp., Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
16)Wada Shizuka, Naonobu Tanaka, Chen Chin-Ho, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsing and Yoshiki Kashiwada : Anti-HIV natural products (28): preparation of conjugate for 3-O-acyl betulin derivative and AZT as anti-HIV agents, Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
17)Niwa Kanji, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada : Studies on the constituents Hypericum plants (43): Meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense, Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
18)Shun Ogura, Shuzo Matsubara, Shouta Kuniyasu, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura : Study of Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields on Cancer Cell by using in Vivo and ex vivo Assay, Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 377-381, San Francisco, Jul. 2016.
19)Ryota Akiyama, Masaru Nakayasu, Jae Hyong Lee, Keishi Osakabe, Yuriko Osakabe, Naoyuki Umemoto, Toshiya Muranaka, Kazuki Saito, Yukihiro Sugimoto and Masaharu Mizutani : CRISPR/Cas9-mediated genome editing of CYP88B1: steroid glycoalkaloid biosynthetic gene in potato., Cytochrome P450 Biodiversity & Biotechnology 2016, Vancouver, Jul. 2016.
20)Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai : Effect of Hydrophobic Chain Structure on Phase Transitions of Diacylphosphatidylethanolamine Bilayers under High Pressure, 9th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2016), Toronto, Jul. 2016.
21)Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Effect of Pressure on Bilayer Phase Behavior of N-methylated Di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines, 9th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2016), Toronto, Jul. 2016.
22)Hitoshi Matsuki, Shigeru Endo, Ryosuke Sueyoshi, Masaki GOTO and Nobutake Tamai : Temperature- and Pressure-Induced Phase Transitions of Diacylphosphatidylethanolamine Bilayers, 4th Joint Meeting of the 71st Calorimetry Conference (CALCON2016) and the Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis (JSCTA), Turtle Bay, Oahu, Hawaii, Aug. 2016.
23)Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Pressure Perturbation Calorimetry for the Volume Characterization of Lipid Bilayers, 4th Joint Meeting of the 71st Calorimetry Conference (CALCON2016) and the Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis (JSCTA), Turtle Bay, Oahu, Hawaii, Aug. 2016.
24)Chizuru Sasaki, Yusuke Yoshida, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Extraction of polyphenol and production of bioethanol from unutilized pear tree prunings, International Symposium on Life Science & Biological Engineering (ISLSBE 2016), Tokyo, Aug. 2016.
25)Hiroshi Yoshimura, Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao and Takahiro Hasegawa : Synaptic plasticity in the brain -Roles of NMDA receptor- (Invited lecture at Nantong University), Sep. 2016.
26)Taro Mito : Genome editing in the cricket Gryllus bimaculatus, 25th International Congress of Entomology, Orlando, Sep. 2016.
27)Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Hiroshi Yoshimura : Post-translational modifications of water channel aquaporin-5 in salivary gland cells, Oral Neuroscience 2016, Oral Neuroscience 2016, Osaka, Oct. 2016.
28)M. Murakami and Kei Yamamoto : A unique plasmalogen pathway driven by secreted phospholipase A2 regulates skin homeostasis and disease, The 1st International Plasmalogen Symposium, Nov. 2016.
29)Kei Yamamoto, Y. Miki, Y. Taketomi and M. Murakami : Plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine is a novel regulator and biomarker for epidermal-hyperplastic diseases, The 1st International Plasmalogen Symposium, Nov. 2016.
30)Kohei Kaneyoshi, Keiji Uchiyama, Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano, Yuichi Koga and Takeshi Omasa : Analysis of intracellular recombinant IgG secretion in engineered CHO cells, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
31)Sho Tanaka, Noriko Yamano, Norichika Ogata, Masayoshi Onitsuka, Yuichi Koga and Takeshi Omasa : Genome-wide analysis of gene expression in antibody-producing CHO cells with chromosome aneuploidy, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
32)Kota Yoshitomi, Noriko Yamano, Wataru Tanaka, Masayoshi Onitsuka, Yuichi Koga and Takeshi Omasa : Improved antibody productivities of CHO cells constructed by targeting gene-rich chromosomal regions on the stable chromosome, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
33)Ryonosuke Harata, Masayoshi Onitsuka, Takahiro Kikawada, Shizuyo Koide, Noriko Yamano, Yuichi Koga and Takeshi Omasa : Suppressed antibody aggregation and improved cell growth by exogenous expression of Tret1 in recombinant CHO cells, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
34)Yoshiki Nomura, Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano, Yuichi Koga and Takeshi Omasa : Secretory expression of Immunoglobulin New Antigen Receptor in Chinese Hamster Ovary cells, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
35)Jana Frank, Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano and Takeshi Omasa : Improved protein production of Chinese hamster ovary DG44 cells treated with aphidicolin, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
36)Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa : Dynamical Analysis of Aggregate Accumulation of IgG1 in recombinant CHO cell Culture, The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe), Nov. 2016.
37)Yoshihiro Uto, takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka and Tsukasa Kurahashi : Development of Sonodynamic therapy for breast cancer using 5-aminolevulinic acid, 10th Anniversary International Symposium on Nanomedicine, Nov. 2016.
38)Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, Takahito Watanabe, Sigeo Sugano, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Site-directed mutagenesis of the tomato IAA9 gene by using the CRISPR/Cas9 system, Latest Advances in Plant Development and Environmental Response 2016, CSH - Asia Meetings, Nov. 2016.
39)Yuriko Osakabe : Genome editing technology to improve plant environmental response, Latest Advances in Plant Development and Environmental Response 2016, Cold Spring Harbor-Asia Meeting, Nov. 2016.
40)Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa and Hiroshi Yoshimura : Sexual difference in the regeneration model of the rat submandibular gland., The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki (Japan), Nov. 2016.
41)Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Takahiro Hasegawa and Hiroshi Yoshimura : Induced expression of a subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in the regeneration model of rat submandibular gland., The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki (Japan), Nov. 2016.
42)Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya : A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice., 欧州糖尿病学会, Dec. 2016.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1)川上 竜巳 : 超好熱アーキアのD-アミノ酸利用とアミノ酸ラセマーゼの発見, 日本農芸化学会中四国支部第22回若手シンポジウム, 2016年4月.
2)松本 夏季, 山田 久嗣, 小西 宏明, 孫 安生, 木村 祐, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 近赤外蛍光色素を結要したホスホリルコリンポリマープローブの腫瘍集積性と体内動態, 第11回日本分子イメージング学会学術集会, 2016年5月.
3)川井 恵理佳, 田中 充樹, 瀬来 由衣, 戸田 圭祐, 目賀 拓斗, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : ウシ生乳由来リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
4)鎌田 智英実, 近藤 あかり, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 血管内皮細胞における酸化LDLおよびLysoPCによるcaveolin-1発現に対するケルセチンおよび代謝物の効果, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
5)常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : UVA-LED殺菌システムによるCampylobacter jejuni食中毒の予防, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
6)畑山 翔, 下畑 隆明, 吉兼 道子, 天野 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 食中毒原因菌Campylobacter jejuniは腸管上皮細胞側面の露出により宿主内へ効率的に侵入する, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
7)岡 直宏, 棚田 教生, 團 昭紀, 浜野 龍夫, 小林 大紀, 今井 洋斗 : 徳島県太平洋沿岸におけるワカメ養殖の実用化に向けた品種改良, 日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
8)小林 大紀, 岡 直宏, 團 昭紀, 齋藤 稔, 倭 遼志, 今井 洋斗, 喜多 郁弥, 松田 春菜, 棚田 教生, 岡崎 孝博, 浜野 龍夫 : 徳島県美波町における海藻養殖漁業の六次産業化, 日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
9)今井 洋斗, 倭 遼志, 小林 大紀, 喜多 郁弥, 岡 直宏, 團 昭紀, 齋藤 稔, 松田 春菜, 棚田 教生, 岡崎 孝博, 浜野 龍夫 : 徳島県海部沿岸の漁業者が行う海藻の脱水・素干し・粉砕技術の開発, 日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
10)加藤 愛里, 佐藤 征弥 : ホルトノキ萎黄病に感染した徳島市城山のホルトノキの試験治療について, 2016年度生物系三学会中国四国支部大会鳥取大会, 2016年5月.
11)向井 理恵 : フラボノイドのプレニル化による生体利用性の変化と機能性の増強, 第 23 回若手シンポジウム (第8回農芸化学の未来開拓セミナー), 2016年5月.
12)山本 圭, 村上 誠 : 表皮肥厚性疾患を調節する新しい生理活性脂質の発見, 第57回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
13)桑村 修司, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の機能解析, 第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
14)岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ジステアロイルホスファチジルグリセロール二分子膜の添加塩濃度に依存した特異的な相転移, 第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
15)玉井 伸岳, 坪井 俊祐, 竹下 真広, 後藤 優樹, 松木 均 : ジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール混合二分子膜の体積挙動, 第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
16)川本 晃平, 友成 さゆり, Yuji Matsuoka, 渡辺 崇人, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : even-skipped acts principally as a gap gene in the cricket Gryllus bimaculatus as revealed by CRISPR/Cas9-based gene knockout analysis, JSDB Special Symposium: Frontier of Developmental Biology Hosted by JSDB, 2016年6月.
17)武富 芳隆, 砂川 アンナ, 入江 敦, 三木 寿美, 山本 圭, 佐藤 弘泰, 小林 哲幸, 村上 誠 : マスト細胞を制御する第二のAnaphylatic sPLA2の同定, 第58回 日本脂質生化学会, 2016年6月.
18)山本 圭, 三木 寿美, 佐藤 弘泰, 武富 芳隆, 村上 誠 : 皮膚の恒常性と病態における二種のsPLA2の発現と機能, 第58回 日本脂質生化学会, 2016年6月.
19)三木 寿美, 城戸 口優, 山本 圭, 村上 誠 : 炎症および癌病態におけるIID型sPLA2の二面的役割, 第58回 日本脂質生化学会, 2016年6月.
20)川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大森 勇門, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT3のアミノ酸ラセマーゼの酵素化学的解析, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月.
21)オワイダ アリ バドル, 金丸 芳, 横井川 久己男 : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 23, 2016年6月.
22)高橋 啓子, 服部 武文, 金丸 芳, 小山 保夫, 横井川 久己男 : Tricholoma matsutake 菌糸生育におけるD-及びL-アミノ酸の添加効果, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 36, 2016年6月.
23)後藤 月江, 逵 牧子, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 沈殿したポリ-γ-グルタミン酸の志賀毒素吸着性, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 24, 2016年6月.
24)酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 大腸菌の非生物素材への付着に対する穀類の影響, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 23, 2016年6月.
25)浅田 元子 : 木質バイオマスリファイナリーシステムの構築, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月.
26)松田 真弥, 川本 晃平, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼPCTK3/CDK18による細胞運動調節機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月.
27)友安 俊文, 千葉 真也, 山崎 貴大, 日下 慎吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の血液成分による病原性亢進とヒト血液成分によるその防御, 第48回レンサ球菌研究会, 2016年7月.
28)田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis が産生する新規コレステロール依存性細胞溶解毒素Infantilysin, 第63回トキシンシンポジウム, 2016年7月.
29)吉本 亜由美, 上番増 喬, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 妊娠期の母親の低用量の抗菌薬摂取が子供の健康に及ぼす影響の解析, 第253回徳島医学会学術集会, 24, 2016年7月.
30)木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現によりCampylobacter jejuniの微小管依存性侵入機構が抑制される, 第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
31)西坂 理沙, 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 県内医療施設の透析液細菌汚染調査と近紫外LEDによる殺菌効果の評価, 第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
32)中村 豊, 中沢 道彦, 山城 考, 端野 晋平, 那須 浩郎 : 徳島市三谷遺跡の発掘調査-雑穀農耕開始期の遺跡調査-, 雑穀研究会, 2016年8月.
33)嶋谷 達哉, 嶺岸 誠, 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生モデルにおけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の発現誘導-Part II-, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年8月.
34)小倉 瞬, 山本 靖旺, 寺西 研二, 宇都 義浩, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたがん治療のIn vivoおよびEx vivo実験, 電気学会パルスパワー研究会資料, 43-47, 2016年8月.
35)赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生過程で見られる雌雄差について, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年8月.
36)秋山 遼太, 中安 大, 李 栄宰, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 梅基 直行, 斉藤 和希, 村中 俊哉, 杉本 幸裕, 水谷 正治 : ステロイドグリコアルカロイド生合成遺伝子CYP88B1をターゲットとしたゲノム編集ジャガイモの解析, 第34回日本植物細胞分子生物学会, 2016年9月.
37)上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
38)阿部 千尋, 上田 梨紗, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
39)石原 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 島田 佳南里, 菅野 茂夫, 渡辺 崇人, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : RNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集技術を用いた植物ゲノムの改変, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
40)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 島田 佳南里, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるイチゴFvD14遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
41)千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
42)刑部 祐里子, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 上田 梨紗, 石原 諒典, 篠崎 一雄, 刑部 敬史 : ゲノム編集技術による植物環境応答能の改変, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
43)秋山 遼太, 中安 大, 李 栄宰, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 梅基 直行, 斉藤 和希, 村中 俊哉, 杉本 幸裕, 水谷 正治 : ステロイドグリコアルカロイド生合成遺伝子CYP88B1をターゲットとしたゲノム編集ジャガイモの解析, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
44)中村 嘉利 : バイオマスの総合的有効利用プロセス, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
45)田中 直伸, 矢野 優希, 大屋 厚, 金 尚永, 高上馬 希重, 小林 淳一, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属およびTriadenum属植物から単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造, 第58回天然有機化合物討論会, 439-444, 2016年9月.
46)金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造, 第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
47)酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 調理器具素材への大腸菌の付着に及ぼす穀類の影響, 第37回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, 111, 2016年9月.
48)横井川 久己男, オワイダ アリ バドル, 金丸 芳 : 食用海藻の志賀毒素吸着性, 第37回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, 64, 2016年9月.
49)上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立, 日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
50)下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 上皮細胞に侵入したCampylobacter jejuniのエネルギー獲得機構について, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
51)亀川 優一, 加納 みずほ, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロールを利用した微生物油脂生産, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会, 2016年9月.
52)佐藤 征弥, 加藤 愛里 : 徳島市城山におけるホルトノキ萎黄病の被害と対策について, 日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
53)石原 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 島田 佳南里, 菅野 茂夫, 渡辺 崇人, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : RNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集技術の植物への応用, 日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
54)千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 担子菌類における育種への利用を目指したゲノム編集系の確立, 日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
55)西谷 千佳子, 平井 徳美, 小森 貞男, 和田 雅人, 岡田 和馬, 刑部 敬史, 山本 俊哉, 刑部 祐里子 : リンゴゲノムの多様性とゲノム編集による改変, 日本植物学会第80回大会シンポジウム「植物から菌まで~多様な生命の謎を探り生かすGenome Editing」(招待講演), 2016年9月.
56)村上 彩良, 亀村 典生, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIによるFGF/FGFR/ERK経路阻害機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年9月.
57)常冨 愛香里, 下畑 隆明, 永田 早紀恵, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni食中毒予防に対するUVA-LED照射殺菌の有用性について, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
58)髙橋 章, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 上番増 喬, 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 芥川 正武, 木内 陽介 : 飲料水の色が近紫外線殺菌にあたえる影響, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
59)中橋 睦美, 常冨 愛香里, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 紫外線LEDと次亜塩素酸ナトリウムの併用による食品殺菌装置の開発, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
60)左近 静香, 阪本 鷹行, 泉津 弘佑, 鈴木 一実, 入江 俊一 : Phanerochaete chrysosporiumにおけるCaM相互作用性アルドケト還元酵素, 日本菌学会 第60回大会, 2016年9月.
61)松木 均, 山下 翔子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 飽和ジアシルホスファチジルエタノールアミン二重膜の温度および圧力誘起相転移, 第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年9月.
62)玉井 伸岳, 竹下 真広, 坪井 俊祐, 後藤 優樹, 松木 均 : ジミリストイルホスファチジルコリン二分子膜の体積特性におよぼすコレステロール効果, 第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年9月.
63)矢野 優希, 田中 直伸, 多田納 豊, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(43)–キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin AおよびBの構造–, 日本生薬学会第63回年会, 84, 2016年9月.
64)岩屋 愛美, 田中 直伸, 柏田 良樹 : ジンチョウゲ科植物ミツマタEdgeworthia chrysantha樹皮の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 85, 2016年9月.
65)東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(8)–テリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究–, 日本生薬学会第63回年会, 86, 2016年9月.
66)橋本 直史 : 移動スーパーとくし丸について -徳島県内スーパー・キョーエイが果たした役割の検討-, 日本科学者会議 四国地区シンポジウム, 2016年9月.
67)金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
68)森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
69)中谷 愛, 田中 直伸, Fakhruddin Ali Ahmed, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(9)–トウダイグサ科植物Sapoium indicum果実の成分研究(3)–, 日本生薬学会第63回年会, 297, 2016年9月.
70)城戸口 優, 山本 圭, 三木 寿美, 村上 誠 : IID型分泌性ホスホリパーゼA2は抗腫瘍免疫を抑制する, 第89回日本生化学会, 2016年9月.
71)白井 昭博, 渡部 貴志, 松木 均 : 紫外線(UV-A)殺菌におけるフェルラ酸の併用効果, 日本防菌防黴学会第43回年次大会要旨集, No.27Pa-D01, 245, 2016年9月.
72)三木 寿美, 城戸口 優, 山本 圭, 村上 誠 : IID型分泌性ホスホリパーゼA2は皮膚免疫疾患を普遍的に抑制する, 第89回日本生化学会, 2016年9月.
73)吉冨 耕太, 山野 範子, 鬼塚 正義, 古賀 雄一, 大政 健史 : CHO細胞における安定染色体の遺伝子地図作成とCRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子ターゲッティングによる抗体生産株の構築, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
74)田中 翔, 山野 範子, 緒方 法親, 鬼塚 正義, 古賀 雄一, 大政 健史 : 染色体異数性を持つ抗体生産CHO細胞の網羅的遺伝子発現解析, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
75)原田 涼之介, 鬼塚 正義, 黄川田 隆洋, 小出 静代, 古賀 雄一, 山野 範子, 大政 健史 : Tret1遺伝子導入によるCHO細胞の抗体凝集抑制と細胞増殖能の改善, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
76)野村 嘉紀, 鬼塚 正義, 香川 悠馬, 山野 範子, 古賀 雄一, 大政 健史 : CHO細胞を用いたサメ由来重鎖抗体の分泌発現コンストラクトの検討, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
77)森下 明彦, 鬼塚 正義, 大政 健史, 秦 信子 : CHO 細胞を用いた抗体生産プロセスにおける糖鎖構造解析, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
78)玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : 圧力摂動熱量法を利用したリン脂質二分子膜の体積特性の評価, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
79)岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ジアシルホスファチジルグリセロール二分子膜が形成する棒状会合体のゲル-液晶転移, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
80)村上 尚, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動におよぼす対イオンの影響, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
81)小松 圭, 公文 健人, 福谷 洋介, 鬼塚 正義, 大政 健史, 養王田 正文 : CHO 細胞におけるPDIa4 の抗体産生に及ぼす影響, 第68回 日本生物工学会大会, 2016年9月.
82)山下 純平, 小出(吉田) 静代, 中西 智美, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemによるHasA分泌機構の解明, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
83)浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを用いた大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
84)辻 明彦, 桑村 修司, 湯浅 恵造 : アメフラシ消化液より単離したフロロタンニン結合蛋白質,EHEPの特性解析, 第68回日本生物工学会, 2016年9月.
85)山中 美智男, 松木 均 : 等温熱量滴定によるタンパク質と麻酔薬の相互作用の解明, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
86)坪井 俊祐, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : 圧力摂動熱量測定を用いたジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール混合二分子膜の体積挙動の定量的評価, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
87)村上 祐介, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動におよぼすアルキル鎖長の影響, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
88)西本 真琴, 高垣 美由紀, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 山中 美智男 : 血清アルブミンと麻酔薬の本質的な結合様式:麻酔薬疎水性と特異的結合部位, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
89)後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 玉井 伸岳, 松木 均 : ジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の相転移熱力学量, 第52回熱測定討論会, 2016年9月.
90)伊藤 照明, 宇都 義浩, Mohammad Bin Effendi, Salleh Rizal Bin Mohd : TMAC Design Workshop 2016 によるアカデミックコラボレーション, 日本機械学会設計工学システム部門講演会2016・講演論文集, Vol.16, No.1402, 1-8, 2016年10月.
91)刑部 祐里子 : 植物の機能を改変するゲノム編集技術の最前線, 生物生産工学研究センター東京大学セミナー(招待講演), 2016年10月.
92)日下 信吾, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が産生するシアリダーゼの発現制御機構の解析, 第69回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
93)木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現によるCampylobacter jejuniの侵入抑制機序の解明, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
94)下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの宿主細胞内生存戦力に関する検討, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
95)渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近視外LEDによる殺菌効果の評価, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
96)松木 均, 山下 翔子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 飽和ジアシルホスファチジルエタノールアミン二重膜の相転移:疎水鎖長依存性と相転移熱力学量, 第57回高圧討論会, 2016年10月.
97)後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 玉井 伸岳, 松木 均 : 高圧力下におけるジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の相挙動, 第57回高圧討論会, 2016年10月.
98)武田 ゆり, 鈴木 史朗, 飛松 裕基, 山村 正臣, 坂本 正弘, 刑部 敬史, 梅澤 俊明 : CRISPR/Cas9システムを用いたコニフェルアルデヒド5-ヒドロキシラーゼ, 第61回リグニン討論会, 2016年10月.
99)田中 直伸, 浅井 美貴, 草間 大志, 柏田 良樹, 小林 淳一 : 沖縄産Plakortis属海綿から単離した新規オキシリピンmanzamenone OおよびPの構造と生物活性, 第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 136-138, 2016年10月.
100)東野 勇佑, 田中 直伸, 多田納 豊, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(10)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉由来の4-フェニルクマリン類の構造と生物活性(2)ー, 第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 139-141, 2016年10月.
101)佐藤 征弥 : ドイツ橋とめがね橋はなぜ作られたのか?, --- ドイツ兵による公園作りの全貌 ---, エンゲル・松江記念市民音楽祭, 2016年11月.
102)後藤 優樹, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 : 陽イオン性二本鎖界面活性剤二重膜の構造解析, 2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
103)村上 尚, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動-対イオンの影響-, 2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
104)村上 祐介, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動-アルキル鎖長の影響-, 2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
105)東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(11)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究ー, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 218, 2016年11月.
106)丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(44)ーH. pseudohenryi地上部の成分探索ー, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 217, 2016年11月.
107)坪井 俊祐, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : リン脂質-コレステロール混合二分子膜の体積挙動:転移体積の組成依存性, 2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
108)竹下 真広, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : リン脂質-コレステロール混合二分子膜の体積挙動:部分モル体積の組成依存性, 2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
109)阪本 鷹行, 富永 康子, 井出 紗奈江, 奥田 知生, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 櫻谷 英治, 小川 順 : 油糧糸状菌におけるリシノール酸生産株の分子育種, 第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
110)富永 康子, 濱野 百花, 阪本 鷹行, 井出 紗奈江, 菊川 寛史, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : リシノール酸高生産株の作製とその脂質解析, 第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
111)千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立, 第16回糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
112)三戸 太郎 : 直翅目昆虫フタホシコオロギにおけるゲノム編集, 第87回日本動物学会大会, 2016年11月.
113)玉井 伸岳, 竹下 真広, 後藤 優樹, 松木 均 : ジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール二成分二分子膜中における構成脂質の部分モル体積, 第54回生物物理学会年会, 2016年11月.
114)川上 竜巳, 藤原 拓, 金茂 里沙, 辻 奈々子 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3のD-アミノ酸培養とアミノ酸ラセマーゼ活性の相関, 2016年度極限環境生物学会, 2016年11月.
115)後藤 優樹, 遠藤 茂, 玉井 伸岳, 松木 均 : アシル鎖長の異なるホスファチジルエタノールアミン二重膜の熱および圧力相転移, 第54回生物物理学会年会, 2016年11月.
116)坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 上田 梨紗, 島田 佳南里, 福原 真樹, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 電気穿孔を用いた直接導入法およびin planta法による植物ゲノム編集技術の開発, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月.
117)松田 真弥, 川本 晃平, 澤本 真菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18による細胞形態・運動の制御, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
118)秋山 遼太, 中安 大, 李 栄宰, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 梅基 直行, 斉藤 和希, 村中 俊哉, 杉本 幸裕, 水谷 正治 : ジャガイモCYP88B1のゲノム編集による有毒αーソラニンから有用サポニンへの代謝変換, 日本農芸化学会関西支部例会, 2016年12月.
119)四方田 和弥, 阪本 鷹行, 尾下 竜次, 久郷 将見, 竹内 道樹, 小川 順, 櫻谷 英治 : インジゴ還元に関わる微生物の探索及び機能性評価, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
120)梶浦 雅斗, 加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性菌の探索と微生物油脂生産への応用, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
121)阪本 鷹行, 森下 賢志, 富永 康子, 濱野 百花, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種によるリシノール酸生産, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
122)岡 直宏, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 團 昭紀, 浜野 龍夫 : 有用海藻Agardhiella subulataの脂肪酸分析について, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
123)上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
124)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発, 日本生物工学会西日本支部第3回講演会, 2016年12月.
125)千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立, 第3回日本生物工学会西日本支部会, 2016年12月.
126)山田 晃嗣, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : 防御応答活性化時における植物の糖吸収制御, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
127)喜多 郁弥, 團 昭紀, 岡 直宏, 浜野 龍夫 : スジアオノリ陸上養殖のための組織培養を用いた種苗生産法の確立, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
128)川村 菜美子, 鬼塚 正義, 小出 静代, 山野 範子, 大政 健史 : 難発現性抗体生産プロセス構築を指向した抗体凝集性の解析と抑制の試み, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
129)阿賀 万里菜, 鬼塚 正義, 山野 範子, 大政 健史 : 抗体高生産株選抜を目的としたメチル化DNA測定法構築の試み, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
130)香川 悠馬, 鬼塚 正義, 野村 嘉紀, 山野 範子, 大政 健史 : ヒト及びサメ由来抗体配列の融合による新規抗体創製の試み, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
131)藤野 祐輝, 鬼塚 正義, 山野 範子, 大政 健史 : ATP供給強化を指向した抗体産生CHO細胞の構築と解析, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
132)田端 厚之, 大倉 一人, 立松 洋平, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞障害性を示す細菌毒素に対する糖の阻害作用, 第20回バイオ治療法研究会, 2016年12月.
133)西郷 琢也, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisにおける効果的な形質転換法の検討, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月.
134)藤本 あい, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月.
135)日下 竜馬, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ウマ赤血球に存在するExD-CDCレセプターの探索, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月.
136)山本 拓也, 入江 翼, 鈴木 昭浩, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 広葉樹アスペン廃材の総合利用プロセスの構築, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
137)檀浦 裕太, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : 大腸菌を用いた耐熱性酵素の生産とセルロールの分解, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
138)山下 純平, 小出(吉田) 静代, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens HasAの分泌に関わるHasD領域の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
139)浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
140)河内 俊裕, 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコン由来システインプロテアーゼResponsive to Dehydration 19の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
141)竹下 真広, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : コレステロール含有二成分リン脂質二分子膜中における構成脂質の部分モル体積の組成依存的変化, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
142)岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : ジアシルホスファチジルグリセロール二分子膜の添加塩誘起相転移, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
143)三戸 太郎 : モデル昆虫(コオロギ)を用いた研究におけるゲノム編集技術の活用, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
144)山本 圭 : 健康と病態に関わる脂質ネットワークの研究, 第2回BRIGHTシンポジウム, 2016年12月.
145)佐藤 征弥 : 城山のホルトノキの現状, --- 病気の状況と2006年に植えた苗木のその後について ---, 徳島城を知るセミナー, 2016年12月.
146)刑部 祐里子 : 植物ゲノム編集の基礎・最先端情報と新育種技術への応用∼有効かつ効果的に利用するために∼, 情報機構セミナー(招待講演), 2016年12月.
147)加藤 愛里, 箕田 大祐, 高井 竜平, 今田 悠介, 安西 隆治, 田中 隆太郎, 下込 衣里, 小田 彩未, 野々市 元, 釜江 梨紗, 奥村 彰太, 平瀬 未悠, 糸永 千尋, 佐野 慎三郎, 中川 寛章, 岡田 ひろ, 山形 真由, 佐藤 征弥 : 城山におけるホルトノキ萎黄病の状況, --- 試験治療の結果と10年前に植林した苗木の現状について ---, 徳島生物学会第137回総会, 2017年1月.
148)和泉 自泰, 安藤 晃規, 阪本 鷹行, 岸野 重信, 相馬 悠希, 福崎 英一郎, 櫻谷 英治, 島 純, 小川 順, 馬場 健史 : メタボローム解析による油糧微生物の脂質生産性向上のための代謝改変戦略の立案, 第7回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2017年1月.
149)櫻谷 英治, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順 : リシノール酸生産を目指した油糧微生物 Mortierella alpina の分子育種, 第7回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2017年1月.
150)奥田 知生, 安藤 晃規, 櫻谷 英治, 鎌田 望, 落合 美佐, 小川 順 : 油糧微生物Mortierella alpina 1S-4株における遺伝子発現情報に基づいたプロモーターの探索および解析, 第7回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2017年1月.
151)浅田 元子 : 木材構成成分の分離回収と有効利用, 化学工学会第82年会, 2017年3月.
152)山下 聡, 安藤 清志, 保科 英人, 伊藤 昇, 片山 雄史, 川那部 真, 丸山 宗利, Meleng Ak Paulus, 市岡 孝朗 : 枯死木と菌類子実体の属性が菌食性昆虫の群集構造に及ぼす影響: 東南アジア熱帯林を例に, 第64回日本生態学会大会, 2017年3月.
153)Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9による単為結実トマトの迅速な育種技術の確立, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
154)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
155)石原 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : RNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集の双子葉植物への応用, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
156)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 島田 佳南里, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるイチゴFvD14遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
157)千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
158)島田 佳南里, 井内 聖, 井内 敦子, 坂本 秀樹, 山田 晃嗣, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : 根毛形成に異常を示すシロイヌナズナ変異体の原因遺伝子の同定, 第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
159)刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9 による植物ゲノム編集技術の開発, 第58回日本植物生理学会年会シンポジウム「植物機能の解明を目指すゲノム編集技術」(招待講演), 2017年3月.
160)野村 俊尚, 櫻井 哲也, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 馳澤 盛一郎, 榊原 均 : ゲノム編集技術で紐解くホンモンジゴケの銅耐性機構, 第58回日本植物生理学会年会シンポジウム「植物機能の解明を目指すゲノム編集技術」(招待講演), 2017年3月.
161)小柴 太一, 山本 直樹, 飛松 裕基, 山村 正臣, 鈴木 史朗, 服部 武文, 向井 まい, 野田 壮一郎, 柴田 大輔, 坂本 正弘, 梅澤 俊明 : バイオマスリファイナリー展開に向けた活性型転写因子の過剰発現によるリグニン生合成の増強, 第67回日本木材学会大会研究発表要旨集, 130, 2017年3月.
162)赤田 壮佑, 木村 栄輝, 水田 康治, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットによる 枯草菌芽胞の殺菌特性, 平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 136, 2017年3月.
163)井本 篤志, 栗山 和也, 阪本 鷹行, 左近 静香, 泉津 弘佑, 鈴木 一実, 入江 俊一 : Phanerochaete chrysosporium における aldo-keto還元酵素AKR1, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
164)向井 理恵 : 食品機能学によるプレニルフラボノイドの特性解明, 日本農芸化学会2016年度大会, 2017年3月.
165)秋山 遼太, 中安 大, 李 栄宰, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 梅基 直行, 斉藤 和希, 村中 俊哉, 杉本 幸裕, 水谷 正治 : CRISPR/Cas9によるジャガイモα-ソラニン生合成遺伝子のゲノム編集, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
166)島田 良美, 安藤 晃規, 和泉 自泰, 馬場 健史, 岸野 重信, 櫻谷 英治, 島 純, 小川 順 : TCA回路酵素遺伝子過剰発現が Mortierella alpina の脂質生産性に及ぼす影響, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
167)奥田 知生, 安藤 晃規, 櫻谷 英治, 鎌田 望, 落合 美佐, 小川 順 : 油糧微生物 Mortierella alpina 1S-4株の分子育種に有用なプロモーターの探索および評価, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
168)横井川 久己男, 高橋 啓子, 金丸 芳 : 非生物素材に付着した大腸菌O157のバイオフィルム形成, 日本農芸化学会2017大会, 2017年3月.
169)松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素のN末追加ドメインが示す細胞障害作用, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
170)岡畑 達也, 村上 漱, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子周辺における遺伝子配座の多様性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
171)的場 正樹, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの高病原性株スクリーニングシステムの開発, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
172)大塚 誠也, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosusが保有する新規Extra-chromosomal DNAの分子特性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
173)村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : DNA傷害によるアポトーシス誘導におけるDRAK1の関連性, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
174)上番増 喬, 吉本 亜由美, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 食事成分の腸内細菌叢への影響を代謝産物から読み解けるか?, 日本細菌学会総会, 42, 2017年3月.
175)高野 仁美, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 海洋性微生物のジピコリン酸生産性評価, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
176)井出 紗奈江, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : 油糧糸状菌 Mortierella alpina から誘導したリシノール酸生産変異株について, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
177)久郷 将見, 竹内 道樹, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元菌の探索及び定量的評価法を用いる機能解析, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
178)桜田 穂奈美, 西谷 千佳子, 平井 徳美, 和田 雅人, 山本 俊哉, 刑部 祐里子, 山形 拓, 小森 貞男 : ふじ'のシュート再分化に培地成分が及ぼす影響, 園芸学会平成30年度春季大会, 2017年3月.
179)岡 直宏, 篠本 聖太, 小川 純司, 團 昭紀, 齋藤 稔(技術補佐員), 浜野 龍夫 : 地下海水を用いた紅藻Agardhiella subulataおよび藻食性巻貝トコブシの複合養殖, 日本藻類学会第41回大会 高知2017, 2017年3月.
180)福田 明穂, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(12)-センダン科植物Aphanamixis polystachya樹皮由来の新規鎖状テルペノイドの構造-, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
181)東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(13)-テリハボク科植物Mesua ferrea葉由来のプレニル化アシルフロログルシノール誘導体と4-フェニルクマリンの構造-, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
182)賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 : フトモモ科植物ギンバイカ葉由来の新規フロログルシノール-フラボノイド複合体の構造, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
183)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : 北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
184)丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(45)—H. pseudohenryi地上部由来の新規phenylketide-short ketide複合体,pseudoherin A–Eの構造—, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
185)高井 将光, 渡辺 崇人, 友成 さゆり, 三戸 太郎 : フタホシコオロギの食用化に向けた生産システムの検討, 第61回日本応用動物昆虫学会大会, 2017年3月.
186)山下 聡, Salleh Habibah, 服部 力 : ボルネオ島北部の熱帯多雨林 における多孔菌類の種多様性:1950年 代以降の標本を利用して, 128, 2017年3月.
187)橋本 直史, 豊成 傑 : 国内かんしょ産地における輸出拡大の制約要因 ―徳島県内農協の集荷・販売対応の検討―, 日本農業経済学会 2017年度千葉大会 個別報告, 2017年3月.
188)Maeda Saori, Miyachi Yuki, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Hiroshi Yoshimura : Influences of olfactory stimulation on taste perception: An electroencephalogram frequency analysis study, The 94th Annual Meeting of the Physiological Science of Japan, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 作品等

(なし)

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1)赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生過程で見られる雌雄差について, Journal of Oral Biosciences, Vol.Suppl., 451, 2016年8月.
2)嶋谷 達哉, 嶺岸 誠, 赤松 徹也, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘 : 唾液腺再生モデルにおけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の発現誘導-Part II-, Journal of Oral Biosciences, Vol.Suppl., 415, 2016年8月.
3)白井 昭博 : 紫外光(UV-A)反応分子を利用した生体制御技術の構築, BioOpto Japan 2016, 2016年9月.
4)白井 昭博 : 光反応分子を利用した微生物制御, 第16回エンジニアリングフェスティバル2016, No.16, 15, 2016年9月.
5)谷原 史倫, 竹本 龍也, 中井 美智子, 北川 絵理, Do Thi Kim Lanh, 大西 彰, 鈴木 俊一, 千本 正一郎, 淵本 大一郎, 音井 威重 : 新規ゲノム編集技術を用いたPDX-1遺伝子改変ブタの作製, 第4回 日本先進医工学ブタ研究会 要旨集, 21, 2016年10月.
6)白井 昭博 : 紫外光(UV-A)反応分子を利用した生体制御技術の構築, 第6回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2016, 2016年11月.
7)畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの宿主腸管上皮細胞への侵入とTight Junctions形成の関連について, 第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
8)谷原 史倫, 音井 威重 : ゲノム編集技術を用いたブタでの応用例, 第3回日本生物工学会西日本支部講演会「ゲノム編集—多様な生物種への応用研究」, 2016年12月.
9)原口 雅宣, 木内 陽介, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み, LED総合フォーラム2016in徳島 論文集, 201-202, 2016年12月.
10)川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 : LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
11)金井 純子, 森本 恵美, 井上 貴文, 佐々木 千鶴, 北岡 和義, 日下 一也, 浮田 浩行, 岡本 敏弘, 岸本 豊, 出口 祥啓, 久保 智裕, 安澤 幹人, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 学生の自己能力評価アンケート調査からみたイノベーション教育の課題, 大学教育カンファレンスin徳島, 2016年12月.
12)白井 昭博, 國見 明加 : 紫外線(UV-A)とフェルラ酸を併用した殺菌, 平成28年度LED総合プラットフォーム事業&LEDライフプロジェクト合同シンポジウム, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

1)宮崎 隆義, 石川 榮作, 佐藤 征弥, 境 泉洋 : グローバリズムとモラエス, --- モラエスが世界に広げた〈徳島の自然・人・心〉の再構築 ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.6, No.0, 26-29, 徳島, 2016年12月.
2)佐藤 征弥 : モラエス翁記念碑について, 「モラエス顕彰による地方創生プロジェクト」論集, No.3, 26-31, 2017年3月.
3)植野 美彦, 澤田 麻衣子, 田島 俊郎, 田中 克哉, 白山 靖彦, 川添 和義, 外輪 健一郎, 中村 嘉利, 古屋 S. 玲 : 平成28年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成28年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2017年3月.
4)棚田 教生, 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 徳島県太平洋沿岸由岐地先に適したワカメ養殖種苗の検討, 徳島県水研報, Vol.11, 25-30, 2017年3月.

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{309169}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1)石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山﨑 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博 : 情報科学入門, 日経BP社, 東京, 2017年4月.
2)Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Genome editing to improve abiotic stress responses in plants. in Gene Editing in Plants, Progress in Molecular Biology and Translational Science, ELSEVIER, Jul. 2017.
3)田中 直伸, 小林 淳一 : アルカロイドの科学(第三章 海洋産アルカロイド), 株式会社 化学同人, 2017年8月.
4)Masaya Satoh : Flora Nipónica : no Jardin Botánico de Lisboa, --- um passeio com Wenceslau de Moraes ---, Associação Wenceslau de Moraes, Nov. 2017.
5)Shigeo S. Sugano, Keishi Osakabe and Yuriko Osakabe : Crop Breeding Using CRISPR/Cas9, in Crop Improvement Through Microbial Biotechnology, Elsevier, NY, USA, Mar. 2018.
6)佐藤 征弥 : Flora Nipónica no Jardin Botânico de Lisboa, --- リスボン植物園にある日本由来の植物がモラエスの文章とともに展示・出版 ---, 徳島大学総合科学部モラエス研究会, 2018年3月.
7)佐藤 征弥 : モラエスと宮沢賢治, --- 死後に評価された二人の誌上での出会い ---, 徳島大学総合科学部モラエス研究会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomohiro Osaki, Isao Sakata, Yoshihiro Uto, K Azuma, Y Murahata, T Tsuka, N Itoh, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Photodynamic Therapy Mediated by a Novel Chlorin Derivative, TONS 501-Na, in EMT6 cells., Anticancer Research, Vol.37, No.4, 1723-1728, 2017.
2)Risa Kamae, Shoko Nojima, Kenji Akiyoshi, Shoki Setsu, Sari Honda, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Hydroxyhydroquinone, a by-product of coffee bean roasting, increases intracellular Ca2+ concentration in rat thymic lymphocytes, Food and Chemical Toxicology, Vol.102, 39-45, 2017.
3)玉 真之介 : 地域に根ざした農林水産業論のために, 農林業問題研究, Vol.53, No.1, 8-14, 2017年.
4)A. Irie, Kei Yamamoto, Y. Miki and M. Murakami : Phosphatidylethanolamine dynamics are required for osteoclast fusion., Scientific Reports, Vol.7, 46715, 2017.
5)Sigeo Sugano, Hiroko Suzuki, Eisuke Shimokita, Hirofumi Chiba, Sumihare Noji, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Genome editing in the mushroom-forming basidiomycetes, Coprinopsis cinerea, optimized by high-throughput transformation system., Scientific Reports, Vol.7, 2017.
6)Tsuyoshi Mitani, Ahmed Elhossany Elmarhomy Ibrahim, Luvsandorj Dulamjav, Enkhtumur Anu, Shohei Saitoh, Shiro Ishida and Yasuo Oyama : Zinc-related actions of sublethal levels of benzalkonium chloride: Potentiation of benzalkonium cytotoxicity by zinc, Chemico-Biological Interactions, Vol.268, 31-36, 2017.
7)Masanori Hiraoka, Kensuke Ichihara, Wenrong Zhu, Satoshi Shimada, Naohiro Oka, Jianjun Cui, Shuntaro Tsubaki and Peimin He : Examination of species delimitation of ambiguous DNA-based Ulva (Ulvophyceae, Chlorophyta) clades by culturing and hybridisation, Phycologia, Vol.56, No.5, 517-532, 2017.
8)Masahito Wakita, Kiyomitsu Shoudai, Yasuo Oyama and Norio Akaike : 4,5-Dichloro-2-octyl-4-isothiazolin-3-one (DCOIT) modifies synaptic transmission in hippocampal CA3 neurons of rats, Chemosphere, Vol.184, 337-346, 2017.
9)Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Reiko Kitayama, Ayumi Yoshimoto, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effects of Low-Dose Non-Caloric Sweetener Consumption on Gut Microbiota in Mice., Nutrients, Vol.9, No.6, 2017.
10)Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani, Tomoyo Okuda, Hiroshi Kikukawa, Akinori Ando, Shigenobu Kishino, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Jun Shima and Jun Ogawa : Metabolic engineering of oleaginous fungus Mortierella alpina for high production of oleic and linoleic acids, Bioresource Technology, Vol.245, 1610-1615, 2017.
11)T-V Nguyen, F Tanihara, Ltk Do, Y Sato, M Taniguchi, M Takagi, T Nguyen Van and Takeshige Otoi : Chlorogenic acid supplementation during in vitro maturation improves maturation, fertilization and developmental competence of porcine oocytes., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, 2017.
12)Hitoshi Matsuki, Shigeru Endo, Ryosuke Sueyoshi, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions on diacylphosphatidylethanolamine bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1859, No.7, 1222-1232, 2017.
13)Yumiko Kanemoto-Kataoka, Tomohiro Oyama, Hitoshi Ishibashi and Yasuo Oyama : Zinc is a determinant of the cytotoxicity of Ziram, a dithiocarbamate fungicide, in rat thymic lymphocytes: Possible environmental risk, Toxicology Research, Vol.6, 499-504, 2017.
14)Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Ohmori Taketo and Toshihisa Ohshima : First characterization of an archaeal amino acid racemase with broad substrate specificity from the hyperthermophile Pyrococcus horikoshii OT-3 induced by D-amino acids, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.124, No.1, 23-27, 2017.
15)Ikkyu Shiba, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Takahisa Takino, Hiroshi Sato, Keiko Kitazato, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Yoshihiro Uto : Design and Synthesis of Novel Anti-metastatic Hypoxic Cytotoxin TX-2137 Targeting AKT Kinase., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3877-3883, 2017.
16)Teruyuki Kondo, Yu Kimura, Hisatsugu Yamada and Yasuhiro Aoyama : Polymeric (1) H MRI Probes for Visualizing Tumor In Vivo., Chemical Record, Vol.17, No.6, 555-568, 2017.
17)Kazuto Ohkura, Y Tatematsu, Y Kawaguchi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Interactive Analysis of TX-1123 with Cyclo-oxygenase: Design of COX2 Selective TX Analogs., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3849-3854, 2017.
18)Keisuke Oyama, Norikazu Miyoshi and Yasuo Oyama : Cytometric analysis on cytotoxicity of 4,4 -methylenediphenyl diisocyanate, a chemical allergen, in rat thymocytes, Fundamental Toxicological Sciences, Vol.4, No.4, 173-178, 2017.
19)Yuri Takeda, Taichi Koshiba, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Shinya Murakami, Masaomi Yamamura, Md. Mahabubur Rahman, Toshiyuki Takano, Takefumi Hattori, Masahiro Sakamoto and Toshiaki Umezawa : Regulation of CONIFERALDEHYDE 5-HYDROXYLASE expression to modulate cell wall lignin structure in rice, Planta, Vol.246, No.2, 337-349, 2017.
20)Junko Kido, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Syo Hatayama, Quoc Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduces microtubule-dependent Campylobacter jejuni invasion., Infection and Immunity, 2017.
21)Toshifumi Tomoyasu, Takahiro Yamasaki, Shinya Chiba, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Positive- and Negative-Control Pathways by Blood Components for Intermedilysin Production in Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.85, No.9, 1-17, 2017.
22)Akihiro Suzuki, Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of cellulose nanofiber from steam exploded Japanese cedar, BioResources, Vol.12, No.4, 7628-7641, 2017.
23)Chizuru Sasaki, Ami Kiyokawa, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Glucose and Valuable Chemicals Production from Cotton Waste Using Hydrothermal Method, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
24)Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : High concentration ethanol production from mixed softwood sawdust waste, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
25)R. Murase, Y. Taketomi, Y. Miki, Y. Nishito, M. Saito, K. Fukami, Kei Yamamoto and M. Murakami : Group III phospholipase A2 promotes colitis and colorectal cancer., Scientific Reports, Vol.7, 12261, 2017.
26)Kohji Yamada, Yuriko Osakabe and Kazuko Yamaguchi-Shinozaki : A C-terminal motif contributes to the plasma membrane localization of Arabidopsis STP transporters., PLoS ONE, Vol.12, No.10, e0186326, 2017.
27)Yusei Shinohara, Yoshio Endo, Chiaki Abe, Ikkyu Shiba, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Yutaka Yonemura, Syunichiro Ogura, Masahide Tominaga, Hisatsugu Yamada and Yoshihiro Uto : Development of a novel Schiff base derivative for enhancing the anticancer potential of 5-aminolevulinic acid-based photodynamic therapy., Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.20, 182-188, 2017.
28)Suyama Yoshihiro, Higashino Yusuke, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka, Yagi Hideki, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada : Stereochemical assignments of rubiaquinones A-C, naphthoquinone derivatives from Rubia yunnanensis, Tetrahedron Letters, Vol.58, No.48, 4568-4571, 2017.
29)W. Li, K. Nguyen, H.D. Chu, C.V. Ha, Y. Watanabe, Yuriko Osakabe, M. Leyva-González, M. Sato, K. Toyooka, L. Voges, M. Tanaka, M.G. Mostofa, M. Seki, M. Seo, S. Yamaguchi, D.C. Nelson, C. Tian, L. Herrera-Estrella and L-S. Tran : The karrikin receptor KAI2 promotes drought resistance in Arabidopsis thaliana., PLoS Genetics, Vol.13, No.11, e1007076, 2017.
30)Chikako Asada, Chizuru Sasaki, Akihiro Suzuki and Yoshitoshi Nakamura : Total biorefinery process of lignocellulosic waste using steam explosion followed by water and acetone extractions, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
31)K Nishio, F Tanihara, T-V Nguyen, T Kunihara, M Nii, M Hirata and Takeshige Otoi : Effects of voltage strength during electroporation on the development and quality of in vitro-produced porcine embryos., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, 2017.
32)Masaki GOTO, Yuya Aoki, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Effect of pressure on bilayer phase behavior of N-methylated di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines: relevance of head-group modification on the bilayer interdigitation, Biophysical Chemistry, Vol.231, 64-70, 2017.
33)Norio Kamemura, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Diverse cellular actions of tert-butylhydroquinone, a food additive, on rat thymocytes, Toxicology Research, Vol.6, 922-929, 2017.
34)Hitoshi Matsuki, Kentaro Kato, Hirotsugu Okamoto, Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Ligand partitioning into lipid bilayer membranes under high pressure: implication of variation in phase-transition temperatures, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.209, 9-18, 2017.
35)Higuchi Keiichiro, Tani Yoshimi, Kikuchi Takashi, In Yasuko, Yamada Takeshi, Maruoka Osamu, Naonobu Tanaka and Tanaka Reiko : Guianolactones A and B, two rearranged pentacyclic limonoids from the seeds of Carapa guianensis, Chemistry - An Asian Journal, Vol.12, No.23, 3000-3004, 2017.
36)Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effect of prenatal administration of low dose antibiotics on gut microbiota and body fat composition of newborn mice., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 155-160, 2017.
37)Satoshi Yamashita, HISAMATSU SADATOMO, MARUYAMA MUNETOSHI, MELENG PAULUS and ITIOKA TAKAO : COLEOPTERAN INSECTS COLLECTED FROM THE FRUITING BODIES OF DICTYOPHORA SPP. (PHALLALES: PHALLACEAE) IN A BORNEAN TROPICAL RAINFOREST, The Coleopterists Bulletin, Vol.72, No.1, 134-137, 2018.
38)Yumiko Kanemoto-Kataoka, Keisuke Oyama, Tomohiro Oyama, Hitoshi Ishibashi and Yasuo Oyama : Ziram, a dithiocarbamate fungicide, exhibits pseudo-cytoprotective actions against oxidative stress in rat thymocytes: Possible environmental risks, Environmental Research, Vol.160, 232-238, 2018.
39)Naonobu Tanaka, Jia Yuyu, Niwa Kanji, Imabayashi Kiyoshi, Tatano Yutaka, Yagi Hideki and Yoshiki Kashiwada : Phloroglucinol derivatives and a chromone gluycoside from the leaves of Myrtus communis, Tetrahedron, Vol.74, No.1, 117-123, 2018.
40)Lee Sanghoon, Naonobu Tanaka, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada : Agelamasines A and B, diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp., Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.1, 364-368, 2018.
41)Mok-Ryeon Ahn, Ji-Yeon Bae, Da-Hye Jeong, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto and Hiroshi Maruta : Both triazolyl ester of ketorolac (15K) and YM155 inhibit the embryonic angiogenesis in ovo (fertilized eggs) via their common PAK1-survivin/VEGF signaling pathway., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.6, 300-306, 2018.
42)Yumiko Nishimura-Danjobara, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Keiko Takahashi, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine-lactone, a quorum sensing molecule, affects cellular content of nonprotein thiol content in rat lymphocytes: Its relation with intracellular Zn2+, Chemico-Biological Interactions, Vol.280, 28-32, 2018.
43)Sho Hatayama, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Junko Kido, Q Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells., Frontiers in Cellular and Infection Microbiology, Vol.8, No.30, 2018.
44)Toshifumi Tomoyasu, Masaki Matoba, Ayuko Takao, Atsushi Tabata, A Robert. Whiley, Nobuko Maeda and Hideaki Nagamune : Rapid screening method for detecting highly pathogenic Streptococcus intermedius strains carrying a mutation in the lacR gene., FEMS Microbiology Letters, Vol.365, No.3, fnx-258, 2018.
45)Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018.
46)Kaori Kanemaru, Goto Tsukie, Badr Ali Hoida and Kumio Yokoigawa : Determination of binding affinity of poly-gamma-glutamate to Shiga toxin, Journal of Food Biochemistry, 1-6, 2018.
47)Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada : Rigenolides D-H, norsecoiridoid and secoiridoids from Gentiana rigescens Franch, Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.2, 576-581, 2018.
48)Yumiko Nishimura-Danjobara, Keisuke Oyama, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Hyperpolarization by N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine-lactone, a quorum sensing molecule, in rat thymic lymphocytes, Chemico-Biological Interactions, Vol.283, 91-96, 2018.
49)I. Tsukayama, K. Toda, Y. Takeda, T. Mega, M. Tanaka, Y. Kawakami, Y. Takahashi, M. Kimoto, Kei Yamamoto, Y. Miki, M. Murakami and T. Suzuki-Yamamoto : Preventive effect of Dioscora japonica on squamous cell carcinoma of mouse skin involving down-regulation of prostaglandin E2 synthetic pathway., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 139-147, 2018.
50)Yuki Ogura-Tsujita, Gerhard Gebauer, Hui Xu, Yu Fukasawa, Hidetaka Umata, Kenshi Tetsutka, Miho Kubota, Julienne M-I Schweiger, Satoshi Yamashita, Nitaro Maekawa, Masayuki Maki, Shiro Isshiki and Tomohisa Yukawa : The giant mycoheterotrophic orchid Erythrorchis altissima is associated mainly with a divergent set of wood-decaying fungi, Molecular Ecology, Vol.27, No.5, 1324-1337, 2018.
51)Honoka Wada, Keisuke Oyama, Risa Kamae, Toshiya Masuda, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Zinc-dependent and independent actions of hydroxyhydroquinone on rat thymic lymphocytes, Drug and Chemical Toxicology, Vol.9, 1-6, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山本 登志子, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 長崎 祐樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 脂質生化学研究, Vol.59, 26-28, 2017年.
2)入江 敦, 山本 圭, 三木 寿美, 武富 芳隆, 村上 誠 : 破骨細胞における膜リン脂質の代謝動態:PEの合成・輸送・分解と膜融合, 脂質生化学研究, Vol.59, 79-80, 2017年.
3)白井 昭博, 國見 明加, 横田 優子 : フェルラ酸と紫外線-Aの併用殺菌機構, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-15, 113-117, 2018年.
4)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術レター

1)Hideaki Takahashi, Quan Binh Cao Nguyen, Yoshihiro Uto, Md Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl esterization of PAK1-blocking propolis ingredients, artepillin C (ARC) and caffeic acid (CA), for boosting their anti-cancer/anti-PAK1 activities along with cell-permeability., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.2, 104-109, 2017.

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1)山田 晃嗣, 高野 義孝 : 植物の防御機構の新しい一面-糖トランスポーター制御による細胞外の糖含量コントロール, 実験医学, Vol.35, No.6, 974-977, 2017年4月.
2)村上 誠, 三木 寿美, 山本 圭 : リン脂質代謝酵素によるリポクオリティ制御と炎症・免疫, 炎症と免疫, Vol.25, No.4, 290-297, 2017年6月.
3)玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : コレステロールが誘起する脂質膜側方相分離の熱力学的考察, 熱測定, Vol.44, No.3, 101-107, 2017年7月.
4)山本 圭 : リピドミクスが紐解く新たな脂質代謝, 化学と生物, Vol.55, No.10, 668-675, 2017年9月.
5)Kohji Yamada and Yuriko Osakabe : Sugar compartmentation as an environmental stress adaptation strategy in plants., Seminars in Cell & Developmental Biology, Dec. 2017.
6)山本 圭 : sPLA2のリポクオリティと皮膚疾患, 医学のあゆみ, Vol.264, No.2, 131-136, 2018年1月.
7)Yuriko Osakabe : Environmental sensing and plant development., Seminars in Cell & Developmental Biology, Vol.S1084-9521, No.18, 30015-30016, Jan. 2018.
8)山本 圭 : リピドミクスが疾患の診断に使われる日も近い?, 臨床化学, Vol.47, No.1, 77-78, 2018年1月.
9)Hiroshi Kikukawa, Eiji Sakuradani, Akinori Ando, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa : Arachidonic acid production by the oleaginous fungus Mortierella alpina 1S-4: A review, Journal of Advanced Research, Vol.11, 15-22, Feb. 2018.
10)佐藤 征弥 : 本多静六博士との様々な接点, 本多静六通信, No.26, 1-5, 2018年3月.
11)山田 晃嗣 : 糖輸送体の活性制御による植物の新規防御機構の解明, バイオサイエンスとインダストリー, Vol.76, No.2, 156-157, 2018年3月.
12)山本 圭 : リポクオリティを基軸とした新規リゾリン脂質の生理的意義の解明, 細胞, Vol.50, No.3, 159-160, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)Honda Hirofumi, Kubo Kei, Yamamoto Ryuuji, Ishii Yoshiaki, Kanzaki Hiromitsu, Hmamoto Yasushi, 望月 輝一, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga and Yoshihiro Uto : Feasibility of dose delivery error detection by a transmission detector for patient-specific QA, Radiotherapy and Oncology, May 2017.
2)Kaneyoshi K., Uchiyama K., Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano, Koga Y. and Takeshi Omasa : INTRACELLULAR SECRETION ANALYSIS OF RECOMBINANT THERAPEUTIC ANTIBODIES IN ENGINEERED CHO CELLS AIMING TO ESTABLISH HIGH PRODUCER, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
3)Masayoshi Onitsuka, Fujino Y., Kawamura N. and Takeshi Omasa : CONSTRUCTION OF A SYSTEM FOR RAPID EVALUATION OF PRODUCTION ENHANCER GENE IN CHO ANTIBODY PRODUCTION, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
4)Noriko Yamano, Tanaka S., Ogata N., Masayoshi Onitsuka, Koga Y. and Takeshi Omasa : CHARACTERIZATION OF ANTIBODY-PRODUCING CHO CELLS WITH CHROMOSOME ANEUPLOIDY, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
5)Tanaka W., Yoshitomi K., Noriko Yamano, Masayoshi Onitsuka, Koga Y. and Takeshi Omasa : ENHANCEMENT OF ANTIBODY PRODUCTIVITY IN RECOMBINANT CHO CELLS CONSTRUCTED BY TARGETING THE IGG1 GENE TO THE STABLE CHROMOSOME, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
6)Yasuo Yamamoto, Hanayo Katsura, Shun Ogura, Naoyuki Shimomura, Kenji Teranishi and Yoshihiro Uto : Consideration of Pulse-Width Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields Application on Cancer Cell, IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
7)Keishi Osakabe : Current and future of genome editing in agricultural products, VICEA (Vienna International Science Conferences and Events Association) Plant Genome editing & Genome engineering, Wien, Jul. 2017.
8)Yuriko Osakabe : Genome Editing in Higher Plants to Improve Plant Growth and Stress Responses (Invited lecture), VICEA (Vienna International Science Conferences and Events Association) Plant Genome editing & Genome engineering, Jul. 2017.
9)Kei Yamamoto, S. Fujino, Y. Miki and M. Murakami : Plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine mobilized by an epidermal sPLA2 (PLA2G2F) is a novel regulator and biomarker for epidermal-hyperplasic diseases., FASEB Summer Research Conferences on Lysophospholipid and related Mediators., Aug. 2017.
10)Teruaki Ito, Yoshihiro Uto, Toshihiro Moriga, Abidin Zaimi Zainal Muhammad, Effendi Mohammad and Salleh Rizal Mohd : Concurrent Engineering-based Team Working for Japan-Malaysia Academic Collaboration, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 46-1-46-3, Osaka, Sep. 2017.
11)Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Glucose production from cotton-waste using hydrothermal methods, The 4th International Cellulose Conference (ICC), Fukuoka, Oct. 2017.
12)Y. Miki, Y. Taketomi, Kei Yamamoto and M. Murakami : Dual roles of group IID phospholipase A2 in inflammation and cancer., The 15th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Puerto Vallarta, Mexico, Oct. 2017.
13)Kei Yamamoto, S. Fujino, Y. Miki and M. Murakami : An epidermal sPLA2 (PLA2G2F)/plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine axis is a novel drug target for epidermal-hyperplastic diseases., The 15th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Oct. 2017.
14)Akihiro Suzuki, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Synthesis of ecomaterial from plant biomass and its physical properties, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
15)Takuya Yamamoto, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Organosolv lignin extracted from hydrolyzed residue of steam exploded hardwood: a potential candidate for epoxy resin, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
16)Yuta Danura, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Comparison of steam explosion and steaming followed by milling treatment for bioethanol production from woody baiomss, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
17)Akihiro Shirai and Yokota Yuko : Bactericidal action of UV-A light irradiated ferulic acid, 4th World Congress and Expo on Applied Microbiology J. Microb. Biochem. Technol., Vol.9, No.6, 114, Madrid, Nov. 2017.
18)Junko Kido, Takaaki Shimohata, sachie amano, sho hatayama, yuri sato, yuna kanda, aya tentaku, shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 52th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2018.
19)Kei Yamamoto, N Higashizaka, S Fujino, Y Miki and M Murakami : A plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine produced by epidermal sPLA2 (PLA2G2F) is a novel regulator and drug target for epidermal-hyperplasic diseases., Bioactive Lipids 2018, Athens, Greece, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)宇都 義浩, 鈴木 拓磨, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸を用いた超音波と温熱の併用による抗腫瘍活性の評価, 第7回ポルフィリンALA学会年会, 2017年4月.
2)Nakamura Yu-Ki, Kawamoto Kohei, Sayuri Tomonari, Matsuda Mayuko, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Uemura Natsuki, Sumihare Noji and Taro Mito : even-skipped is required for segmentation and elongation of embryos in the cricket Gryllus bimaculatusas revealed by CRISPR/Cas9-based gene knock-out., Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
3)Matsuda Mayuko, Matsuoka Yuji, Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Functional analysis of a Hox gene, abdominal-A, in the cricket Gryllus bimaculatus using a CRISPR/Cas9-mediated gene knock-in system, Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
4)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造, 日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
5)亀村 典生, 村上 彩良, 小松 弘明, 澤野井 政宏, 宮本 賢治, 石堂 一巳, 岸本 幸治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 軟骨形成におけるcGMP-dependent protein kinase Ⅱの作用機構の探索, 第58回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2017年5月.
6)上番増 喬, 大西 愛, 北山 礼子, 吉本 亜由美, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 許容上限量の甘味料の摂取が腸内細菌叢と宿主へ及ぼす影響の解析, 日本栄養食糧学会, 243, 2017年5月.
7)三戸 太郎 : ゲノム改変技術を用いたフタホシコオロギの発生機構の研究, 日本節足動物発生学会第53回大会, 2017年5月.
8)喜多 郁弥, 團 昭紀, 岡 直宏, 齋藤 稔(技術補佐員), 浜野 龍夫 : スジアオノリ陸上養殖のための組織培養を用いた種苗生産, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
9)岡 直宏, 今井 洋斗, 齋藤 稔(技術補佐員), 團 昭紀, 棚田 教生, 浜野 龍夫 : ワカメ配偶体のフコキサンチン産生に対する水温の影響, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
10)岡 直宏, 齋藤 稔, 團 昭紀, 佐藤 陽一, 中西 達也, 浜野 龍夫 : 有用海藻Agardhiella subulataの生長性とその利用について, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
11)入江 敦, 山本 圭, 三木 寿美, 武富 芳隆, 村上 誠 : 破骨細胞における膜リン脂質の代謝動態:PEの合成・輸送・分解と膜融合, 日本脂質生化学会, 2017年6月.
12)山本 登志子, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 長崎 祐樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 日本脂質生化学会, 2017年6月.
13)川上 竜巳, 藤原 拓, 金茂 里沙, 辻 奈々子 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3のアミノ酸ラセマーゼホモログの酵素化学的解析, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
14)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月.
15)清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元能の定量的評価法を用いたインジゴ還元菌の探索及び機能解析, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
16)松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 自然界より単離したエタノール生産性酵母の諸性質解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
17)吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
18)大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
19)高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
20)宇都 義浩 : ウシ初乳タンパク質を用いたマクロファージ作用剤の開発と自己免疫疾患に対する臨床応用, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
21)鬼塚 正義, 大政 健史 : 抗体生産CHO細胞からの凝集抗体分泌とその構造的特徴, 第17回日本蛋白質科学会年会ワークショップ 抗体医薬の構造・物性・機能1-高機能化に向けた構造物性解析の高度化-, 2017年6月.
22)刑部 祐里子 : 植物のゲノム編集と農作物への応用, 日本ゲノム編集学会 第2回大会教育実習セミナー, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
23)島田 佳南里, 橋本 諒典, 坂本 秀樹, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : シロイヌナズナ受容体様タンパク質のゲノム編集による機能解明, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
24)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるモデルイチゴのゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
25)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : RNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集技術を用いた植物ゲノムの改変, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
26)上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマトの機能改変を目指した高効率ゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
27)宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸と超音波の併用による 抗腫瘍効果の評価と作用機序の解析, 第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月.
28)宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用研究, 比較統合医療学会第59回大会, 2017年7月.
29)木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2017年8月.
30)刑部 祐里子 : 高効率植物ゲノム編集技術による植物ゲノム改変 (招待講演), 第46回植物バイテクシンポジウム「実用化を目指すゲノム編集」, 京都バイテク研究会, サントリーワールドリサーチセンター, 京都, 2017年8月.
31)上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマト機能改変を目指したCRISPR/ Cas9による高効率ゲノム編集技術の確立, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
32)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : tRNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集システムによる植物ゲノムの改変, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
33)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 栽培品種トマトにおけるCRISPR/Cas9システムを用いた育種技術基盤の構築, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
34)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるモデルイチゴのゲノム編集技術の確, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
35)上村 菜月, 友成 さゆり, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : 遺伝子ノックイン技術の応用によるレポーターコオロギ系統の作製, 第88回 日本動物学会, 2017年9月.
36)Meleng Paulus, 市岡 孝朗, 山下 聡, 高野 宏平, 兵藤 不二夫, Nafri Mohamad Ali, Yazid Mohamad Hossman, 石井 励一郎, 酒井 章子, 岸本 圭子, 竹松 葉子, Mohamad Fatimah, 伊藤 誠人, 前東 薫 : 残存熱帯林が周辺地の寄生蜂群集に与える影響, 日本昆虫学会大会 第77回大会, 2017年9月.
37)山下 聡, 久松 定智, 丸山 宗利, Paulus Meleng, 市岡 孝朗 : ボルネオ島北部の熱帯林でキヌガサタケから採集された甲虫相, 日本昆虫学会大会 第77回大会, 2017年9月.
38)刑部 祐里子, 島田 佳南里, 橋本 諒典, 坂本 秀樹, 刑部 敬史 : シロイヌナズナ環境応答に関わる受容体型キナーゼのゲノム編集による機能解明, 日本植物学会第81回大会, 2017年9月.
39)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus属植物の成分研究(14)–ヒトリシズカ地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin G及びHの構造–, 日本生薬学会第64回年会, 127, 2017年9月.
40)Sanghoon Lee, 田中 直伸, Jun'ichi Kobayashi, 柏田 良樹 : New diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp., 日本生薬学会第64回年会, 180, 2017年9月.
41)宇都 義浩 : 元気で長生きするための自然免疫の活性化-血清MAFおよび初乳MAFの臨床研究, 第14回日本循環器看護学会学術集会, 2017年9月.
42)東野 勇佑, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(28)–アカネ科植物Rubia yunnanensis根の成分研究–, 日本生薬学会第64回年会, 90, 2017年9月.
43)位上 健太郎, 下条 洋輔, 野渕 翠, 小坂 邦男, 宮崎 寿次, 伊藤 久富, 田中 直伸, 柏田 良樹 : 発酵霊芝の高脂肪食摂取マウスに及ぼす影響, 日本生薬学会第64回年会, 230, 2017年9月.
44)高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
45)辻 明彦, 湯浅 恵造, 浅田 元子, 中村 嘉利 : アメフラシ21K セルラーゼのセルロース分解における機能解析, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
46)山本 圭, 藤野 翔多, 三木 寿美, 村上 誠 : LC-MS/MSを用いた表皮肥厚性疾患を制御する新規生理活性脂質の同定, 第42回 日本医用マススペクトル学会年会, 2017年9月.
47)金 尚永, 森岡 諒, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin E-H, 第59回天然有機化合物討論会, 525-529, 2017年9月.
48)洲山 佳寛, 東野 勇佑, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 : アカネ科植物Rubia yunnanensis根由来の新規ナフトキノン誘導体の構造, 第59回天然有機化合物討論会, 561-566, 2017年9月.
49)上田 堅人, 大塚 拓実, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 冬虫夏草の脂質解析, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
50)加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性菌による微生物油脂生産, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
51)阪本 鷹行, 太田 里咲, 楠 美波, 高野 仁美, 櫻谷 英治 : スクアレン生産性酵母の探索と培養条件の検討, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
52)奥田 知生, 安藤 晃規, 櫻谷 英治, 鎌田 望, 落合 美佐, 小川 順 : 糸状菌 Mortierella alpina 1S-4 株における誘導発現プロモーターの探索と評価, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
53)水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットによる枯草菌芽胞の殺菌特性(II) - 枯草菌芽胞の試料厚さが殺菌特性に及ぼす影響 -, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 35, 2017年9月.
54)白井 昭博, 國見 明加 : 紫外線-A照射におけるフェルラ酸の殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa63, 200, 2017年9月.
55)坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月.
56)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月.
57)横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 : 徳島県産釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定および280 nm LEDの殺菌力の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa08, 145, 2017年9月.
58)白井 昭博 : 光反応分子を利用した殺菌, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.1S2-Bp02, 118, 2017年9月.
59)宇都 義浩 : 低酸素腫瘍細胞に対する平坦化フィルターフリービームの抗腫瘍活性における線量率効果, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
60)横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 : 280 nm LEDによるしらすの細菌汚染低減効果の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P37, 129, 2017年10月.
61)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月.
62)酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 調理器具素材への大腸菌の付着を抑制する小麦粉の成分について, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
63)後藤 月江, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 固定化ポリーγーグルタミン酸の志賀毒素吸着性, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
64)Badr Ali Hoida, Takahashi Keiko, Ryushi Kawakami, Yasuo Oyama, Kumio Yokoigawa and Kaori Kanemaru : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, Oct. 2017.
65)川上 竜巳, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 食品微生物や発酵食品に含まれるD-アミノ酸検出のためのUHPLC検出系の構築, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
66)Masaya Satoh : Protection of trees, --- as the symbol of humans-nature coexistence ---, 2017 International Seminar on Sustainable Global Society, Oct. 2017.
67)齋藤 稔(徳島大学技術補佐員), 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 徳島県日和佐川におけるテナガエビ類による河床型の利用様式の比較, 日本甲殻類学会第55回大会, 2017年10月.
68)松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : エタノール生産性天然酵母の単離および諸性質解明, 第9回 日本醸造学会若手シンポジウム, 2017年10月.
69)高田 弥生, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマスへの応用を考慮した耐熱性セルラーゼ利用のための酵素カクテルの相乗効果検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
70)妹尾 政都, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : ファルカタを原料としたバイオエタノール製造のための水蒸気爆砕前処理の最適条件の検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
71)藤井 萌, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオエタノール残渣となるモデルリグニンを用いたエポキシ樹脂合成の抽出溶媒検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
72)山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Davaadagva Damdinjav, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(8)ーシソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究ー, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 179, 2017年10月.
73)Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 : New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from marine sponges Agelas spp., 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 177, 2017年10月.
74)丹羽 莞慈, 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 : ギンバイカ由来の新規フロログルシノール誘導体myrtcommunin A-Hの構造, 第7回食品薬学シンポジウム, 116-118, 2017年10月.
75)刑部 祐里子 : 植物のゲノム編集技術の最前線(招待講演), 平成29年度 果樹バイテク研究会公開セミナー「果樹の新品種育成と新たな育種技術の開発状況」, 2017年11月.
76)宇都 義浩, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 西川 諒平, 井土 侑香, 遠藤 亮, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化ホエイプロテインのマクロファージ活性化能, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
77)金子 友子, 上﨑 里砂, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 富永 正英 : 5-アミノレブリン酸およびその代謝物であるプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
78)宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤MAFの開発, 比較統合医療学会第60回大会, 2017年12月.
79)佐々木 駿, 工藤 凛, 渡辺 俊, 杉山 宗隆, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾之内 均 : 核小体ストレスに応答して翻訳を制御するシロイヌナズナANAC082遺伝子の上流ORF, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月.
80)川本 晃平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞運動・接着におけるPCTK3によるFAKの制御, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, 2017年12月.
81)長崎 祐樹, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 三木 寿美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
82)戸田 圭祐, 長崎 祐樹, 津嘉山 泉, 田中 将夢, 川井 恵梨佳, 我如古 菜月, 伊藤 秀之, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 三木 寿美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : 赤米プロアントシアニジンによるプロスタグランジンE2産生抑制機構, 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
83)秦 勝志, 山本 圭, 山本 圭, 西藤 泰昌, 北村 ふじ子, 村上 誠, 反町 洋之 : 皮膚特異的カルパイン12の活性異常は乾癬の発症に関与する., 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
84)木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現はCampylobacter jejuniの微小管を介した輸送を抑制する, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
85)佐藤 征弥 : 文理融合の問題解決型授業「総合科学実践プロジェクト」の5年間の取り組みの成果, 大学教育カンファレンスin徳島, 2018年1月.
86)佐藤 征弥, 林 泰治, 十川 拓, 飯山 直樹, 木下 覺 : 国指定天然記念物「野神の大センダン」の樹勢回復にむけて, 徳島生物学会第139回総会, 2018年1月.
87)村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連キナーゼDRAK1とp53の細胞内局在とその役割, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
88)奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコンの発芽過程における各種システインプロテアーゼの発現解析, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
89)宇都 義浩, 宮本 大輔, 上崎 里砂, 羽生 紋佳, 二若 真菜, 山田 久嗣 : 放射線増感作用の向上を目指したアセチルグルコース修飾Gefitinib誘導体の創製, 第20回癌治療増感研究シンポジウム, 2018年2月.
90)深澤 遊, 田中 延亮, 小南 裕志, 高木 正博, 松倉 君予, 上村 真由子, 門脇 浩明, 宮崎 怜, 衣浦 晴生, 鈴木 智之, 小林 真, 山下 聡, 潮 雅之 : コナラ枯死木の菌類群集と分解過程にナラ枯れが与える影響, 日本生態学会65回 大会, 2018年3月.
91)敦賀 圭朗, 西谷 千佳子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 平井 徳美, 山本 俊哉, 和田 雅人, 小森 貞男 : アグロバクテリウム法を用いたリンゴのゲノム編集に関する研究, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018年3月.
92)桜田 穂奈美, 西谷 千佳子, 平井 徳美, 和田 雅人, 山本 俊哉, 刑部 祐里子, 山形 拓, 小森 貞男 : ふじのシュート再分化に培地成分が及ぼす影響, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018年3月.
93)島田 良美, 安藤 晃規, 岸野 重信, 櫻谷 英治, 小川 順 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種による遊離脂肪酸生産に関する検討, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
94)村川 直美, 加納 みずほ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性糸状菌が生産する脂肪酸代謝産物, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
95)清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 多田 真奈巳, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元菌におけるメディエーターの影響とその機能解析, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
96)森川 瑠美, 小出(吉田) 静代, 山下 純平, 高木 大地, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescensヘム捕捉タンパク質HasA分泌の分子機構の解明, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
97)宇都 義浩 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
98)篠原 侑成, 芝 一休, 山田 久嗣, 遠藤 良夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学治療ALA-PDTに対する増感剤TX-816の創製, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
99)八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 上田 昭子, 河村 保彦 : Synthesis and Evaluation of Photophysical Properties of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
100)西川 諒平, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 井土 侑香, 遠藤 亮, 宇都 義浩, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化したホエイプロテインを用いたマクロファージ活性化剤の開発, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
101)宮崎 豊久, 楠橋 由貴, 羽生 紋佳, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 宇都 義浩 : 2-ニトロイミダゾール基を導入した新規ホスホリルコリンポリマーの合成と機能評価, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
102)楠橋 由貴, 勝占 華世, 二若 真菜, 林 佑美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 宇都 義浩 : アミノレブリン酸を用いた超音波療法に対する温熱の増強効果, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
103)羽生 紋佳, 上﨑 里砂, 上島 一輝, 金子 友子, 山田 久嗣, 富永 正英, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸およびプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
104)谷脇 竜弥, 杉田 知世, 村上 圭史, 天羽 崇, 田端 厚之, 山村 佳子, 玉谷 哲也, 長宗 秀明, 宮本 洋二, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内創部より検出された多剤耐性レンサ球菌について, 四国歯学会第52回例会, 2018年3月.
105)木下 優太郎, 佐藤 陽一, 岡 直宏, 平岡 雅規 : 有用海藻3種の栄養塩吸収特性, 日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
106)岡 直宏, 佐藤 陽一, 中西 達也, 團 昭紀, 齋藤 稔, 浜野 龍夫 : 紅藻Agardhiella subulataの陸上養殖技術の開発, 日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
107)Toda Erika, Koiso Narumi, Takebayashi Arika, Ichikawa Masako, Kiba Takatoshi, 刑部 祐里子, Okamoto Takashi, Kato Norio : イネ受精卵へのCRISPR/Cas9ベクターおよびCas9タンパク質-gRNA複合体の直接導入によるゲノム編集技術の確立, 日本育種学会第133回講演会, 2018年3月.
108)矢野 涼介, Rai Amit, 刑部 祐里子, 齋藤 和季, 山崎 真巳 : ゲノム編集によるカンプトテシン生合成経路関連遺伝子の機能解析系の確立, 日本薬学会第38回大会, 2018年3月.
109)楠本 嵩志, 市野 晨人, 西辻 和親, 坂下 直実, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 膜タンパク質ABCA7の発現を調節する化合物の探索, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
110)矢野 優希, 田中 直伸, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(46)-キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin Cの構造-, 日本薬学会第138年会, 95, 2018年3月.
111)白井 昭博, 横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子 : 釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定と280 nmの光による分離菌の不活化, 第91回日本細菌学会総会, Vol.73, No.P-101, 75, 2018年3月.
112)嵯峨山 和美, 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 福本 隆俊, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(9)-「チャーガ」子実体由来の発毛・育毛活性成分の探索研究-, 日本薬学会第138年会, 202, 2018年3月.
113)吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 : セリ科植物Ferula communis根の成分研究, 日本薬学会第138年会, 203, 2018年3月.
114)山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(10)-シソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究(2)-, 日本薬学会第138年会, 205, 2018年3月.
115)佐々木 千鶴, 菊池 未夢, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 未利用廃棄貝殻からの機能性ペプチドの創製, 平成30年度日本水産学会春季大会, 東京, 2018年3月.
116)山下 聡, 井本 朗暢, 張西 郁男, 藤井 良光, 阿部 正範, 服部 武文 : ヒノキ材の分解過程と分解菌 の関係:徳島県のヒノキ林における事 例(予報), 第129回日本森林学会大会, 2018年3月.
117)遠藤 良夫, 宇都 義浩, 芝 一休, 篠原 侑成, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊 : アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対するシッフ塩基誘導体の感受性増強作用, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
118)田上 翔也, 藤井 秀輝, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 原田 陽子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/CAs9によるモデルイチゴFragaria vescaストリゴラクトン受容体D14の機能解明, 第59回日本植物生理学会年会 (札幌), 2018年3月.
119)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9による栽培品種トマトの育種技術基盤の構築, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
120)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : tRNAプロセシングを利用したトマト多重ゲノム編集システム, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
121)佐々木 駿, 工藤 凛, 渡辺 俊, 大林 祝, 杉山 宗隆, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾乃内 均 : 核小体ストレスに応答して翻訳を制御するシロイヌナズナABAC082遺伝子の上流ORF, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
122)和田 直樹, 香月 康宏, 香月 加奈子, 井上 敏昭, 刑部 敬史, 福井 希一, 押村 光雄 : /, 第59回日本植物生理学会, 2018年3月.
123)Toda Erika, Koiso Narumi, Takebayashi Arika, Ichikawa Masako, Kiba Takatoshi, Yuriko Osakabe, Okamoto Takashi and Kato Norio : Genome editing in rice by direct delivery of CRISPR-Cas9 ribonucleoprotein complexes into zygotes, 第59回日本植物生理学会年会, Mar. 2018.
124)島田 佳南里, 井内 聖, 井内 敦子, 山田 晃嗣, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : 根毛形成に異常を示すシロイヌナズナ変異体の原因遺伝子の同定, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
125)高橋 史憲, 鈴木 健裕, 刑部 祐里子, 別役 重之, 堂前 直, 福田 裕穂, 篠崎 和子, 篠崎 一雄 : 乾燥ストレスにおける気孔の応答に関わるペプチドの解析, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
126)吉良 望, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマト種子茎頂組織への 新規in planta 遺伝子導入法の開発, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
127)上田 梨紗, 福原 真樹, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : エレクトロポレーション法を用いた直接導入法によるゲノム編集, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
128)垣内 俊哉, 伊藤 正樹, 高橋 広夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾之内 均 : シロイヌナズナ TTM3 遺伝子の上流 ORF は後期促進複合体の構成因子をコードする, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

(なし)

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1)鬼塚 正義 : 蛋白質生産細胞の培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去, バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム,凝集体形成防止,製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去(Science & Technology社セミナー), 2017年4月.
2)佐藤 征弥 : 巨樹の話, 2017年6月.
3)馬渡 一諭, 渡邊 瞳, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 児島 瑞基, 野上 夏希, 牧野 美鈴, 増田 瑠見子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近紫外発光ダイオードによる殺菌効果の評価, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 13-16, 2017年7月.
4)白井 昭博, 横田 優子, 菅野 由佳 : 徳島県産釜揚げしらすの鮮度保持を目的とする紫外線LED殺菌技術の開発, 第17回社会産業理工学研究交流会2017 SCI-Tech Festival, No.40, 26, 2017年9月.
5)白井 昭博 : 光反応を利用した微生物制御, BioOpto Japan 2017, Vol.22-H6, 2017年10月.
6)常冨 愛香里, 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni汚染対策に向けたUVA-LEDの有用性について, 第10回 日本カンピロバクター研究会総会, 2017年12月.
7)川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 : LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能, LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月.
8)原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み, LED総合フォーラム2018in徳島, P-2, 2018年2月.
9)白井 昭博 : 徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクト・光反応を利用した微生物制御, メディカル ジャパン2018, Vol.8-70, 2018年2月.
10)白井 昭博 : 紫外線LEDによる食品表面殺菌, 徳島県LEDバレイ構想推進協議会, 2018年2月.
11)白井 昭博 : 紫外線反応を利用した微生物制御, LED関連技術講座, 2018年3月.
12)佐藤 征弥 : 今こそモラエス, 2018年3月28日例会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

1)宮崎 隆義, 石川 榮作, 佐藤 征弥, 境 泉洋 : 平成28年度徳島大学総合科学部部局長裁量経費 総合科学部創生研究プロジェクト実践報告, --- モラエス顕彰による地方創生プロジェクト ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.7, 16-20, 徳島, 2017年12月.
2)佐藤 征弥 : モラエスを初期に国内外に紹介した会田慶佐, 平成29年度総合科学部創生研究プロジェクト経費・地域創生総合科学推進報告書「異文化に照らし出された四国∼外国語文献の調査・研究∼」, 50-59, 2018年3月.
3)植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 : 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.