RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2017.4〜2018.3

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{323407}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1)石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山﨑 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博 : 情報科学入門, 日経BP社, 東京, 2017年4月.
2)石田 基広, 市川 大祐, 瓜生 真也, 湯谷 啓明 : Rによるスクレイピング, C&R研究所, 東京, 2017年4月.
3)Wolfgang Herbert and Dabrunz Dirk : Japans Unterwelt. Reisen in das Reich der Yakuza, Berlin: Reimer, Apr. 2017.
4)竹田 晃, 大木 康, 田中 智行 : 中国文化事典(担当項目:「金瓶梅」), 丸善出版, 2017年4月.
5)Fuji Ren, Shun Nishide, Kazuyuki Matsumoto, XIN KANG, Duo Feng and Mengjia He : Artificial Intelligence with Uncertainty, NTS, Jun. 2017.
6)永村 眞, 衣川 仁, ほか8名 : 中世の門跡と公武権力, 戎光祥出版, 東京, 2017年6月.
7)Meredith Anne Stephens : Supplementing extensive reading for Japanese EFL learners, Routledge, London, Jun. 2017.
8)Munzert Simon, 石田 基広, 工藤 和奏, 高柳 慎一, 牧山 幸史, 熊谷 雄介 : Rによる自動データ収集―Webスクレイピングとテキストマイニングの実践ガイド―, 共立出版株式会社, 東京, 2017年6月.
9)清水 真人 : 証券事典(証券経済学会,日本証券経済研究所編)―「規制機関とエンフォースメント」, きんざい, 2017年6月.
10)石田 基広 : 改訂版Rによるテキストマイニング入門, 森北出版, 東京, 2017年6月.
11)田口 太郎 : 地域への支援員制度, 春風社, 2017年6月.
12)Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Genome editing to improve abiotic stress responses in plants. in Gene Editing in Plants, Progress in Molecular Biology and Translational Science, ELSEVIER, Jul. 2017.
13)Kensaku Mori, Mikio Matsuhiro, Yoshiki Kawata and Noboru Niki : 3.6 Thoracic Organs, Springer, Jul. 2017.
14)Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Ryo Haraguchi and Toshizo Katsuda : 3.8 Cardiac, Computational Anatomy Based on Whole Body Imaging, Springer, Jul. 2017.
15)Kensaku Mori, Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hiroshi Fujita, Masahiro Oda, Hyoungseop Kim, Hidetaka Arimura, Akinobu Shimizu, Sakon Noriki, Kunihiro Inai and Hirohiko Kimura : Chapter4 Applied Technologies and Systems, Computational Anatomy Based on Whole Body Imaging, Springer, Jul. 2017.
16)Kazuyuki Matsumoto, Hayato Shimizu, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Time-Series Analysis of Video Comments on Social Media, Worlds largest Science, Technology & Medicine Open Access book publisher, Jul. 2017.
17)野田 篤, 植木 岳雪, 川畑 博, 松浦 浩久, 青矢 睦月 : 観音寺地域の地質(5 万分の1 地質図幅), 産総研地質調査総合センター, つくば, 2017年7月.
18)山本 孝 : 硬XANES 「XAFSの基礎と応用 第3章4節2項」, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 2017年7月.
19)山口 裕之 : 「大学改革」という病, --- 学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する ---, 明石書店, 東京, 2017年7月.
20)出口 祥啓 : レーザー誘起ブレークダウン法(LIBS)の基本と鉄鋼分野への応用展開, 一般社団法人 日本鉄鋼協会 評価・分析部会編, 2017年7月.
21)田口 太郎 : 人的支援による地域づくりの成果と課題, 2017年8月.
22)田口 太郎 : 集落を介して移住者を受け入れる, 学芸出版社, 2017年8月.
23)田中 直伸, 小林 淳一 : アルカロイドの科学(第三章 海洋産アルカロイド), 株式会社 化学同人, 2017年8月.
24)田口 太郎 : 地域おこし協力隊の成果と外部人材の活用, 2017年8月.
25)朝倉 はるみ, 浅野 聡, 阿部 宏史, 和泉 潤, 氏原 岳人, 押谷 一, 梶 秀樹, 片山 健介, 鎌田 裕美, 川﨑 興太, 木谷 忍, 苦瀬 博仁, 近藤 光男, 瀬田 史彦, 髙尾 克樹, 堂免 隆裕, 徳永 幸之, 秀島 栄三, 山本 佳世子, 若井 郁次郎 : 自然災害-減災・防災と復旧・復興への提言-, 技報堂出版, 東京, 2017年9月.
26)土屋 敦, 八田 太一, 藤田 みさお : (翻訳)『混合研究法の基礎ー社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合』, 西村書店, 2017年10月.
27)永瀬 雅夫, : ナノカーボンの応用と実用化, --- ―フラーレン,ナノチューブ,グラフェンを中心に― <普及版> ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2017年10月.
28)田口 太郎 : 地域おこし協力隊の取り組みの持続化に向けて, 公職研, 2017年10月.
29)Masaya Satoh : Flora Nipónica : no Jardin Botánico de Lisboa, --- um passeio com Wenceslau de Moraes ---, Associação Wenceslau de Moraes, Nov. 2017.
30)小野 公輔, 蓮沼 徹 : 新しく始める 線形代数, サイエンス社, 東京, 2017年11月.
31)杉山 茂, 約150名以上 共同執筆 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月.
32)外輪 健一郎, 他22名共同執筆 : 最新プロセス強化(PI)の技術, --- 化学プロセスの基本単位の再整理とその応用 ---, 三恵社, 名古屋, 2017年11月.
33)吉田 健, : 理科年表 平成30年版, --- 物理/化学部 511∼518頁「熱化学」,523∼526頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---, 丸善出版 株式会社, 東京, 2017年11月.
34)中村 浩一 : 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度,高出力化, --- 第2章 第5節 リチウム過剰系LixV2O5とLi2MnO3における局所構造とリチウムイオン拡散挙動 ---, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2017年11月.
35)Naoki Wada, Yasuhiro Kazuki, Kanako Kazuki, Toshiaki Inoue, Kiichi Fukui and Mitsuo Oshimura : Production of a Human Cell line with a Plant Chromosome., Humana Press, 2018.
36)Mahito Kamada : Satoyama landscape of Japan past, present, and future, Springer, Cham, 2018.
37)Yu Gu, Min Peng, Fuji Ren and Jie Li : Smart Technologies for Emergency Response and Disaster Management (Chaoter 3, WiFi Fingerprint Localization for Emergency Response: Harvesting Environmental Dynamics for a Rapid Setup), IGI Global, Jan. 2018.
38)上野 加代子 : 安里和晃(編)『国際移動と親密圏』, --- 第8章 ラブ・ゲインーーシンガポールにおける住み込み外国人家事労働者 にみる親密性の変容 ---, 京都大学学術出版会, 京都, 2018年1月.
39)Antonio Norio Nakagaito, Abe Kentaro and Hitoshi Takagi : Production of Cellulose Nanofibers, CRC Press, Boca Raton, Jan. 2018.
40)秋山 孝正, 奥嶋 政嗣, 武藤 慎一, 井ノ口 弘昭 : すぐわかる応用計画数学, 株式会社 コロナ社, 東京, 2018年1月.
41)南川 丈夫, 高松 哲郎 : ラマン分光顕微鏡, 朝倉書店, 東京, 2018年1月.
42)奥村 晴彦, 石田 基広 : Rで楽しむベイズ統計入門, 技術評論社, 東京, 2018年1月.
43)Jens Rydgren and Naoto Higuchi : The Oxford Handbook of the Radical Right, --- The Radical Right in Japan ---, Oxford University Press, Feb. 2018.
44)Toshio Takayanagi and Shoji Motomizu : Chap. 7 Equilibrium Analysis of Weak Chemical Reactions in an Aqueous Solution via the Capillary Electrophoretic Method, Nova Science Publishers © Copyright 2004 - 2018, New York, Feb. 2018.
45)Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura and Toshikazu Hirao : Chapter-4: Chirality Organization of Peptide and pi-Conjugated Polyanilines in "Asymmetric Synthesis of Drugs and Natural Products", Taylor & Francis, Feb. 2018.
46)谷岡 広樹, 康 鑫 : いちばんやさしい ディープラーニング 入門教室, 株式会社ソーテック, 東京, 2018年2月.
47)光原 弘幸 : ARとHMDを用いた避難訓練システムの開発, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2018年2月.
48)仁木 登, 河田 佳樹 : 2.3ミクロ3次元画像化技術, 株式会社誠文堂新光社, 2018年3月.
49)仁木 登, 鈴木 秀宣 : 4.1画像診断学への臨床応用, 株式会社誠文堂新光社, 2018年3月.
50)Shigeo S. Sugano, Keishi Osakabe and Yuriko Osakabe : Crop Breeding Using CRISPR/Cas9, in Crop Improvement Through Microbial Biotechnology, Elsevier, NY, USA, Mar. 2018.
51)田口 太郎 : 「地域おこし協力隊」の成果と課題,今後の方向性, 公益財団法人森林文化協会, 2018年3月.
52)神林 恒道, ふじえ みつる, 佐原 理, : 美術教育ハンドブック, 三元社, 2018年3月.
53)山田 仁子 : 色らしくない色Grayのカテゴリー形成, 開拓社, 2018年3月.
54)佐藤 征弥 : Flora Nipónica no Jardin Botânico de Lisboa, --- リスボン植物園にある日本由来の植物がモラエスの文章とともに展示・出版 ---, 徳島大学総合科学部モラエス研究会, 2018年3月.
55)佐藤 征弥 : モラエスと宮沢賢治, --- 死後に評価された二人の誌上での出会い ---, 徳島大学総合科学部モラエス研究会, 2018年3月.
56)Meredith Anne Stephens : Cultivating Bilingual Oracy and Literacy in L1 English-speaking Children Raised in Japan, JALT Bilingualism SIG, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Chao Chen, Shengdun Zhao, Xiaolan Han, Minchao Cui, Xuzhe Zhao and Tohru Ishida : Experimental Investigation of the Mechanical Reshaping Process for Joining Aluminum Alloy Sheets with Different Thicknesses, Journal of Manufacturing Processes, Vol.26, 105-112, 2017.
2)Tomohiro Osaki, Isao Sakata, Yoshihiro Uto, K Azuma, Y Murahata, T Tsuka, N Itoh, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Photodynamic Therapy Mediated by a Novel Chlorin Derivative, TONS 501-Na, in EMT6 cells., Anticancer Research, Vol.37, No.4, 1723-1728, 2017.
3)Risa Kamae, Shoko Nojima, Kenji Akiyoshi, Shoki Setsu, Sari Honda, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Hydroxyhydroquinone, a by-product of coffee bean roasting, increases intracellular Ca2+ concentration in rat thymic lymphocytes, Food and Chemical Toxicology, Vol.102, 39-45, 2017.
4)Tatsuya Okada, Hirofumi Tai and Minoru Tagami : Early-Stage Recrystallized Grains in Copper Single Crystals Deformed in Tension along <111> Direction, Materials Transactions, Vol.58, No.4, 574-579, 2017.
5)Kozo Mayumi : Thermodynamics, --- Relevance, Implications, Misuse and Ways Forward ---, The Routledge Handbook of Ecological Economics: Nature and Society (Clive Spash, Ed.), 89-98, 2017.
6)Nikom Klomkliang, Orathai Nantiphar, Sarita Thakhat, Toshihide Horikawa, Kouki Nakashima, D. D. Do and D. Nicholson : Adsorption of Methanol on highly graphitized thermal carbon black effects of the configuration of functional groups and their interspacing, Carbon, Vol.118, 709-722, 2017.
7)玉 真之介 : 地域に根ざした農林水産業論のために, 農林業問題研究, Vol.53, No.1, 8-14, 2017年.
8)Hiroki Kishikawa, Mao Okada, Kazuto Takahashi, Po-Jung Chen, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Multi-point temperature sensing using a linear-cavity lasing system, Applied Optics, Vol.56, No.11, 3206-3212, 2017.
9)Hidekazu Okamura, Yuka Ikemoto, Taro Moriwaki and Takao Nanba : Infrared spectroscopy techniques for studying the electronic structures of materials under high pressure, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.56, No.5S3, 05FA11-1-05FA11-8, 2017.
10)A. Irie, Kei Yamamoto, Y. Miki and M. Murakami : Phosphatidylethanolamine dynamics are required for osteoclast fusion., Scientific Reports, Vol.7, 46715, 2017.
11)Zha Li, Pan He, Hui Chong, Akihiro Furube, Kazuhiko Seki, Hsiao-hua Yu, Keisuke Tajima, Yoshihiro Ito and Masuki Kawamoto : Direct Aqueous Dispersion of Carbon Nanotubes Using Nanoparticle-Formed Fullerenes and Self-Assembled Formation of p/n Heterojunctions with Polythiophene, ACS Omega, Vol.2, No.4, 1625-1632, 2017.
12)Sigeo Sugano, Hiroko Suzuki, Eisuke Shimokita, Hirofumi Chiba, Sumihare Noji, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe : Genome editing in the mushroom-forming basidiomycetes, Coprinopsis cinerea, optimized by high-throughput transformation system., Scientific Reports, Vol.7, 2017.
13)Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : Comprehensive Gröbner systems aprroach to b-functions of mu-constant deformations., Saitama Mathematical Journal, Vol.31, 115-136, 2017.
14)Wolfgang Herbert : Feature: Schisma in der Unterwelt Japans: Niedergang des Hauses Yamaguchi?, OAG Notizen, Vol.2017, No.5, 9-29, 2017.
15)Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Compressed double-array tries for string dictionaries supporting fast lookup, Knowledge and Information Systems, Vol.51, No.3, 1023-1042, 2017.
16)Kazuyuki Matsumoto, Satoshi Tanaka, Minoru Yoshida, Kenji Kita and Fuji Ren : Ego-state Estimation from Short Texts Based on Sentence Distributed Representation, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.2, 145-161, 2017.
17)Tsuyoshi Mitani, Ahmed Elhossany Elmarhomy Ibrahim, Luvsandorj Dulamjav, Enkhtumur Anu, Shohei Saitoh, Shiro Ishida and Yasuo Oyama : Zinc-related actions of sublethal levels of benzalkonium chloride: Potentiation of benzalkonium cytotoxicity by zinc, Chemico-Biological Interactions, Vol.268, 31-36, 2017.
18)Abdelsalam Ghareab Dahi and Takeshi Yasui : High brightness, low coherence, digital holographic microscopy for 3D visualization of an in-vitro sandwiched biological sample, Applied Optics, Vol.23, No.13, F1-F6, 2017.
19)山口 裕之 : 機械としての生命・神を演じる生命, 現代思想, 2017年.
20)水口 仁志, 石田 亮太, 河野 泰志, 橘 忠彦, 本田 知己, 木島 龍朗, 髙栁 俊夫 : ナノファイバー複合化メンブランフィルターを用いる微量ヒ素(III)の固相目視比色定量, 分析化学, Vol.66, No.5, 363-368, 2017年.
21)Takuya Hosokai, Hiroyuki Matsuzaki, Hajime Nakanotani, Katsumi Tokumaru, Tetsuo Tsutsui, Akihiro Furube, Keirou Nasu, Hiroko Nomura, Masayuki Yahiro and Chihaya Adachi : Evidence and mechanism of efficient thermally activated delayed fluorescence promoted by delocalized excited states, Science Advances, Vol.3, e1603282, 2017.
22)Masanori Hiraoka, Kensuke Ichihara, Wenrong Zhu, Satoshi Shimada, Naohiro Oka, Jianjun Cui, Shuntaro Tsubaki and Peimin He : Examination of species delimitation of ambiguous DNA-based Ulva (Ulvophyceae, Chlorophyta) clades by culturing and hybridisation, Phycologia, Vol.56, No.5, 517-532, 2017.
23)Yukihiro Arakawa, Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, Chemical Science, No.8, 5468-5475, 2017.
24)Katagiri Hideki, Kato Kosuke and Takeshi Uno : Possibilistic Stackelberg solutions to bilevel linear programming problems with fuzzy parameters, Journal of Intelligent and Fuzzy Systems, Vol.32, No.6, 4485-4501, 2017.
25)小倉 有紀, 厚田 耕佑, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 第2高調波発生顕微鏡の小型化, 生体医工学, Vol.55, No.2, 91-96, 2017年.
26)小倉 有紀, 田中 佑治, 長谷 栄治, 山下 豊信, 安井 武史 : SHG(第二高調波発生光)イメージの2次元自己相関解析に基づいたヒト真皮コラーゲン線維構造の定量化, 生体医工学, Vol.55, No.2, 97-102, 2017年.
27)Bu Yuyu, Tian Jing, Chen Zhiwei, Tian Fenghui and Jin-Ping Ao : Optimization of the photoelectrochemical performance of Mo-doped BiVO4 photoanode by controlling the metal-oxygen bonds state on (020) facet, Advanced Materials Interfaces, Vol.4, No.10, 1601235-1-1601235-9, 2017.
28)Masahito Wakita, Kiyomitsu Shoudai, Yasuo Oyama and Norio Akaike : 4,5-Dichloro-2-octyl-4-isothiazolin-3-one (DCOIT) modifies synaptic transmission in hippocampal CA3 neurons of rats, Chemosphere, Vol.184, 337-346, 2017.
29)Hisataka Matsuo, Yoshinori Harada, Takeo Minamikawa, Yoshiyuki Kato, Yasutoshi Murayama, Eigo Otsuji, Tetsuro Takamatsu and Hideo Tanaka : Efficient fluorescence detection of protoporphyrin IX in metastatic lymph nodes of murine colorectal cancer stained with indigo carmine., Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.19, 175-180, 2017.
30)Sanjeewani Bansode, Ruchita Khare, Krishna Jagtap, Mahendra More and Pankaj M. Koinkar : One step hydrothermal synthesis of SnO2-RGO nanocomposite and its field emission studies, Materials Science in Semiconductor Processing, Vol.63, 90-97, 2017.
31)Akira Ohbuchi and Jiryo Komeda : ¥gamma-Hyperelliptic Weierstrass Semigroups of Genus 6¥gamma + 1 and 6¥gamma, Bulletin of the Brazilian Mathematical Society, Vol.48, No.2, 209-218, 2017.
32)Hiroki Urakami, Shun Nishide and Fuji Ren : Towards a Developmental Human-Robot Interaction System Using Robot Facial Expressions From Human Feedback, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.2, 127-136, 2017.
33)Xiao Sun, Chen Zhang, Guoqiang Li, Daniel Sun, Fuji Ren, Albert Zomaya and Rajiv Ranjan : Detecting Users' Anomalous Emotion Using Social Media for Business Intelligence, Journal of Computational Science, 1-8, 2017.
34)山口 裕之 : どうして「科学技術振興予算は今後,増えません」と断言できるのか, 全大教時報, Vol.41, No.2, 13-28, 2017年.
35)Y. Wang, T. Harada, Y. Shiota, K. Yoshizawa, H. Wang, S. Wang, X. Ye, Masamichi Ogasawara and T. Nakano : Isolation and Photo Transformation of Enatiomerically Pure Iridium(III) Bis[(4,6-difuorophenyl)pyridinato-N,C2]picolinate, RSC Advances, Vol.7, 29550-29553, 2017.
36)武藤 裕則, 岡田 将治, 張 浩, 萬矢 敦啓, 工藤 俊, 原口 強 : 吉野川岩津狭窄部におけるサブボトムプロファイラーを用いた堆積砂層厚の面的把握と洪水時の流況・河床変動特性, 河川技術論文集, Vol.23, 2017年.
37)Chao Chen, Shengdun Zhao, Minchao Cui, Xiaolan Han, Xuzhe Zhao and Tohru Ishida : Effects of Geometrical Parameters on the Strength and Energy Absorption of the Height-Reduced Joint, International Journal of Advanced Manufacturing Technology (IJAMT), Vol.90, No.9-12, 3533-3541, 2017.
38)Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Reiko Kitayama, Ayumi Yoshimoto, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effects of Low-Dose Non-Caloric Sweetener Consumption on Gut Microbiota in Mice., Nutrients, Vol.9, No.6, 2017.
39)Inagaki Tomiyuki, Shoichiro Fujisawa, Takahashi Kazuya, Ikeda Norihiro, Takeuchi Kiyohito, Ogino Hiroshi and Kobayakawa Satoru : Experimental observations on the optimal layout of orientation blocks for safe road crossing by the visually impaired, IATSS Research, Vol.41, No.42, 82-88, 2017.
40)Satoshi D. Ohmura, Yasuaki Miyazaki, Daisuke Kanehiro, Yuka Yamaguchi, Saki Kitakata, Sawa Tateda, Takahiro Nishizawa, Ryosuke Shimoda, Gen Nagaoka, Masaharu Ueno and Norikazu Miyoshi : Superior Alkylating Agents for Bulky Esters/Ketones via Strontium-Mediated Barbier-Type Reaction, Asian Journal of Organic Chemistry, Vol.6, No.7, 821-824, 2017.
41)Tetsuo Iwata and Takahiko Mizuno : High-speed, FPGA-based photon-counting fluorometer with high data-gathering efficiency, Measurement Science & Technology, Vol.28, No.7, 075501-8, 2017.
42)Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal via solvent substitution, Journal of Crystal Growth, Vol.468, No.1, 740-743, 2017.
43)Koki Arai and Emi Morimoto : Construction Industry and Competition Policy in Japan, International Journal of the Economics of Business, 1-19, 2017.
44)岡 友貴, 中島 翼, 橋本 親典, 渡邉 健 : 粒状体・流体連成解析を用いた鉄筋間隙を流動するフレッシュコンクリートの充塡速度に関する解析的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 1183-1188, 2017年.
45)青江 匡剛, 橋本 親典, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : 液体窒素を用いた残存凍結融解抵抗性を評価する試験方法の提案, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 805-810, 2017年.
46)葛西 博文, 小田島 勉, 山田 登志夫, 橋本 親典 : ポーラスコンクリートにおける細骨材の 種類が耐久性に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 1513-1518, 2017年.
47)福冨 隼人, 渡邉 健, 西山 航平, 橋本 親典 : 超音波法およびAE法による鉄筋腐食の早期検出に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 1795-1800, 2017年.
48)面矢 建次郎, 渡邉 健, 関川 昌之, 橋本 親典 : 各種シリンダーを用いた簡易透気試験による表層透気性の評価手法の検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 1975-1980, 2017年.
49)鈴木 彩利, 渡邉 健, 岩野 聡史, 小椋 紀彦 : 圧縮強度の非破壊的推定における速度測定手法および評価式の検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.39, No.1, 1951-1956, 2017年.
50)Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani, Tomoyo Okuda, Hiroshi Kikukawa, Akinori Ando, Shigenobu Kishino, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Jun Shima and Jun Ogawa : Metabolic engineering of oleaginous fungus Mortierella alpina for high production of oleic and linoleic acids, Bioresource Technology, Vol.245, 1610-1615, 2017.
51)三角 侑司, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 小玉 拓寛 : 層間補強材を添加したCFRPの層間破壊じん性評価, 強化プラスチックス, Vol.63, No.6, 287-289, 2017年.
52)T-V Nguyen, F Tanihara, Ltk Do, Y Sato, M Taniguchi, M Takagi, T Nguyen Van and Takeshige Otoi : Chlorogenic acid supplementation during in vitro maturation improves maturation, fertilization and developmental competence of porcine oocytes., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, 2017.
53)Takeshi Matsumoto and Daichi Goto : Effect of Low-Intensity Whole-Body Vibration on Bone Defect Repair and Associated Vascularization in Mice, Medical and Biological Engineering and Computing, Vol.55, 2257-2266, 2017.
54)Hitoshi Matsuki, Shigeru Endo, Ryosuke Sueyoshi, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions on diacylphosphatidylethanolamine bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1859, No.7, 1222-1232, 2017.
55)Yumiko Kanemoto-Kataoka, Tomohiro Oyama, Hitoshi Ishibashi and Yasuo Oyama : Zinc is a determinant of the cytotoxicity of Ziram, a dithiocarbamate fungicide, in rat thymic lymphocytes: Possible environmental risk, Toxicology Research, Vol.6, 499-504, 2017.
56)Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Ohmori Taketo and Toshihisa Ohshima : First characterization of an archaeal amino acid racemase with broad substrate specificity from the hyperthermophile Pyrococcus horikoshii OT-3 induced by D-amino acids, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.124, No.1, 23-27, 2017.
57)土屋 敦 : 「保護されるべき子ども」と親権制限問題の一系譜―児童養護運動としての「子どもの人権を守るために集会」(1968-77年), 子ども社会研究, Vol.23, 113-131, 2017年.
58)Ikkyu Shiba, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Takahisa Takino, Hiroshi Sato, Keiko Kitazato, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Yoshihiro Uto : Design and Synthesis of Novel Anti-metastatic Hypoxic Cytotoxin TX-2137 Targeting AKT Kinase., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3877-3883, 2017.
59)Teruyuki Kondo, Yu Kimura, Hisatsugu Yamada and Yasuhiro Aoyama : Polymeric (1) H MRI Probes for Visualizing Tumor In Vivo., Chemical Record, Vol.17, No.6, 555-568, 2017.
60)Changqin Quan, Bin Zhang, Xiao Sun and Fuji Ren : A combined cepstral distance method for emotional speech recognition, International Journal of Advanced Robotic Systems, Vol.14, No.4, 1-9, 2017.
61)H. Ichio, H. Murakami, Y.-C. Chen, T. Takahashi and Masamichi Ogasawara : Palladium-Catalyzed SN2'-Cyclization of Ambivalent (Bromoalkadienyl)malonates: Preparation of Medium- to Large-Membered Endocyclic Allenes, The Journal of Organic Chemistry, Vol.82, 7503-7511, 2017.
62)Aziz Sanusi Abdul Mohd, Redzuwan Ikram Bahrin, Zaimi Muhammad, Izamshah Raja, Kasim Shahir Mohd, Ali Amran Md Mohd, Akira Mizobuchi and Tohru Ishida : Mechanical Properties and Cutting Performance of Electroless Ternary Ni-W-P Coated Cutting Tools, Jurnal Teknologi, Vol.76, No.5-2, 101-104, 2017.
63)Emmanuel Abraham, Takayuki Ogawa, Mathilde Brossard and Takeshi Yasui : Interferometric terahertz wavefront analysis, IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.23, No.4, 7781635, 2017.
64)Chao Chen, Shuqin Fan, Xiaolan Han, Shengdun Zhao, Minchao Cui and Tohru Ishida : Experimental Study on the Height-Reduced Joints to Increase the Cross-Tensile Strength, International Journal of Advanced Manufacturing Technology (IJAMT), Vol.91, No.5-8, 2655-2662, 2017.
65)出口 祥啓, 神本 崇博, 泰中 一樹, 丹野 賢二 : CT 半導体レーザー吸収法とその応用, 月刊 オプトロニクス, Vol.7, 105-110, 2017年.
66)Jun Liu, Jin Li, Wei Wang, 任 福継 : A Stacking Scheme Using Adjacent Redundancy Across Dies for 3D-stacked Memory, Microelectronics & Computer, Vol.34, No.7, 1-6, 2017年.
67)Kazuto Ohkura, Y Tatematsu, Y Kawaguchi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Interactive Analysis of TX-1123 with Cyclo-oxygenase: Design of COX2 Selective TX Analogs., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3849-3854, 2017.
68)Yonghong Zeng, Keiji Horio, Toshihide Horikawa, Kazuyuki Nakai, D. D. Do and D. Nicholson : On the Evolution of the Heat Spike in the Isosteric Heat versus Loading for Argon Adsorption on Graphite - A New Molecular Model for Graphite & Reconciliation between Experiment and Computer Simulation -, Carbon, Vol.122, 622-634, 2017.
69)髙栁 俊夫, 磯田 昌志, 伊藤 大地, 水口 仁志 : CZEによる電気泳動移動度測定に基づくヒドロクロロチアジドとその分解生成物の酸解離定数の決定, 分析化学, Vol.66, No.7, 509-514, 2017年.
70)Kitaoka Makoto, Nagahama Takuya, Nakamura Kohta, Aritsuki Takuya, Takashima Kazuya, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Carrier doping effect of humidity for single-crystal graphene on SiC, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.56, No.8, 085102-(4pp), 2017.
71)Contreras-Zarazúa Gabriel, Vázquez-Castillo Antonio José, Ramírez-Márquez César, Pontis A. Gianni, Segovia-Hernández Gabriel Juan and Jesus Rafael Alcantara Avila : Comparison of intensified reactive distillation configurations for the Synthesis of Diphenyl Carbonate, Energy, Vol.135, 637-649, 2017.
72)Zhang Guodong, Jiang Peiling, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : An Improvement of Pedestrian Detection Method with Multiple Resolutions, Journal of Computer and Communications, Vol.5, No.9, 102-116, 2017.
73)Masamichi Ogasawara, H. Sasa, H. Hu, Y. Amano, H. Nakajima, N. Takenaga, K. Nakajima, Y. Kita, T. Takahashi and T. Dohi : Atropisomeric Chiral Diiododienes (Z,Z)-2,3-Di(1-iodoalkylidene)tetralins: Synthesis, Enantiomeric Resolution, and Application in Asymmetric Catalysis, Organic Letters, Vol.19, 4102-4105, 2017.
74)Zheng-Hong Cai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Modified PRPG for Test Data Reduction Using BAST Structure, Journal of Signal Processing, Vol.21, No.4, 125-128, 2017.
75)Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara : Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics, Journal of Physics: Conference Series, Vol.871, 012010-1-012010-4, 2017.
76)Keisuke Oyama, Norikazu Miyoshi and Yasuo Oyama : Cytometric analysis on cytotoxicity of 4,4 -methylenediphenyl diisocyanate, a chemical allergen, in rat thymocytes, Fundamental Toxicological Sciences, Vol.4, No.4, 173-178, 2017.
77)Cabrera-Ruiz Julián, Santaella A. Miguel, Jesus Rafael Alcantara Avila, Segovia-Hernández Gabriel Juan and Hernández Salvador : Open-loop based controllability criterion applied to stochastic global optimization for intensified distillation sequences, Chemical Engineering Research & Design, Vol.123, 165-179, 2017.
78)Heng Zhang, Shupeng Liu, Xiangfei Yang, Na Chen, Fufei Pang, Zhenyi Chen, Tingyun Wang, Jianshe Zhou, Fuji Ren, Xiaoyin Xu and Taihao Li : LED Phototherapy With Gelatin Sponge Promotes Wound Healing in Mice, Photochemistry and Photobiology, 2017.
79)Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Fast Edge Detection and Early Depth Decision for Intra Coding of 3D-HEVC, International Journal of Advances in Computer and Electronics Engineering, Vol.2, No.7, 11-20, 2017.
80)Yuri Takeda, Taichi Koshiba, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Shinya Murakami, Masaomi Yamamura, Md. Mahabubur Rahman, Toshiyuki Takano, Takefumi Hattori, Masahiro Sakamoto and Toshiaki Umezawa : Regulation of CONIFERALDEHYDE 5-HYDROXYLASE expression to modulate cell wall lignin structure in rice, Planta, Vol.246, No.2, 337-349, 2017.
81)安達 暢, 小原 繁, 山口 鉄生 : 持久性運動後の血糖変動から糖尿病リスクを検出できるか?, ランニング学研究, Vol.29, No.1, 1-15, 2017年.
82)Kota Honda, Akira Mizobuchi and Tohru Ishida : Investigation of Grinding Fluid for Prevention of Chip Adhesion in Miniature Drilling of Glass Plate Using Electroplated Diamond Tool, Key Engineering Materials, Vol.749, 52-57, 2017.
83)W. K. Liao, Yasunori Muto and Y. J. Lin : Scour depth evaluation of a bridge with a complex pier foundation, J. Civil Eng., KSCE, 2017.
84)Kosaku Kurata, Takashi Yoshii, Yoshihiro Deguchi and Hiroshi Takamatsu : Raman microspectroscopic detection of thermal denaturation associated with irreversible electroporation, International Journal of Heat and Mass Transfer, Vol.111, 163-170, 2017.
85)Tao Wen, Qiaogen Zhang, Lingli Zhang, Jingtan Ma, Can Guo, Ming Chen, Yuan Li, Naoyuki Shimomura and Weijiang Chen : Discussion on lightning impulse test waveform according to breakdown characteristics of SF6 gas gaps, IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.24, No.4, 2306-2313, 2017.
86)Hitoshi Mizuguchi, Keiko Sasaki, Hirokazu Ichinose, Shota Seino, Jun Sakurai, Masamitsu Iiyama, Tatsuro Kijima, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Toshio Takayanagi and Junichi Shida : A Triple-Electrode Based Dual-Biosensor System Utilizing Track-Etched Microporous Membrane Electrodes for the Simultaneous Determination of L-Lactate and D-Glucose, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.90, No.11, 1211-1216, 2017.
87)Junko Kido, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Syo Hatayama, Quoc Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduces microtubule-dependent Campylobacter jejuni invasion., Infection and Immunity, 2017.
88)Toshihiro Sera, Yuya Iwai, Takaharu Yamazaki, Tetsuya Tomita, Hideki Yoshikawa, Hisashi Naito, Takeshi Matsumoto and Masao Tanaka : Strain Measurements of the Tibial Insert of a Knee Prosthesis Using a Knee Motion Simulator, Journal of Orthopaedics, Vol.14, No.4, 495-500, 2017.
89)村田 明広, 高橋 司 : 黒瀬川構造帯の模式地と四国西部の秩父帯を巡る:四国西予ジオパーク, 地質学雑誌, Vol.123, No.8, 585-597, 2017年.
90)井澤 健一, 谷口 智紀 : 量子論におけるレトロディクション I, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.30, 1-4, 2017年.
91)Toshifumi Tomoyasu, Takahiro Yamasaki, Shinya Chiba, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Positive- and Negative-Control Pathways by Blood Components for Intermedilysin Production in Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.85, No.9, 1-17, 2017.
92)Shigeru Sugiyama, Kohta Nagai, Yuki Nakao, and Masahiro Katoh : Catalyst Deactivation of a Silica-supported Bismuth-molybdenum Complex Oxide and the Related Complex Oxides for the Oxidative Dehydrogenation of 1-Butene to 1,3-Butadiene, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.50, No.8, 641-647, 2017.
93)Toshihide Horikawa, Shiliang (Johnathan) Tan, D. D. Do, Ken-Ichiro Sotowa, Jesus Rafael Alcantara Avila and D. Nicholson : Temperature Dependence of Water Adsorption on highly Graphitized Carbon Black and Highly Ordered Mesoporous Carbon, Carbon, Vol.124, 271-280, 2017.
94)Suzuki Yohichi, Murthy HK Dharmapura, Matsuzaki Hiroyuki, Akihiro Furube, Wang Qian, Hisatomi Takashi, Domen Kazunari and Seki Kazuhiko : Rational Interpretation of Correlated Kinetics of Mobile and Trapped Charge Carriers: Analysis of Ultrafast Carrier Dynamics in BiVO4, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.121, No.35, 19044-19052, 2017.
95)山本 祐平, 田上 梓, 白崎 俊浩, 米谷 明, 山本 孝, 今井 昭二 : 鉄マトリクス修飾剤を用いた黒鉛炉原子吸光法によるホウ素の原子化機構, 分析化学, Vol.66, No.9, 629-637, 2017年.
96)Koji Kashihara : An intelligent computer assistance system for artifact restoration based on genetic algorithms with plane image features, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.16, No.3, 1750021-1-1750021-15, 2017.
97)豊田 啓生, 塚越 雅幸, 石川 真志, 上田 隆雄 : アクティブサーモグラフィによるポリマーセメント系塗膜防水層の初期不具合の検出方法の検討, コンクリート工学年次論文報告集, 2017年.
98)Akira Mizobuchi, Kota Honda and Tohru Ishida : Improved Chip Discharge in Drilling of Glass Plate Using Back Tapered Electroplated Diamond Tool, International Journal of Precision Engineering and Manufacturing, Vol.18, No.9, 1197-1204, 2017.
99)Yoshio Kan and Koji Kashihara : Analytical methods for assessment of temporal changes in heart function, International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence, Vol.1, No.2, 109-126, 2017.
100)Zhenzhen Wang, Yoshihiro Deguchi, Renwei Liu, Akihiro Ikutomo, Zhenzhen Zhang, Daotong Chong, Junjie Yan, Jiping Liu and Fang-Jung Shiou : Emission characteristics from laser-induced plasma using collinear long and short dual-pulse LIBS, Applied Spectroscopy, Vol.71, No.9, 2187-2198, 2017.
101)Kohei Kawazoe, Takahiro Kubota and Yoshihiro Deguchi : Evaluation of 3D Measurement Performance of Laser Scanner with Simplified Receiver Optics, Journal of Vibration Testing and System Dynamics, Vol.1, No.3, 195-206, 2017.
102)Abousharara Abdelghany Mohamed Elsayed, Akinori Tuji and Kenji Terada : Burnout Recognition for Call Center Agents by Using Skin Color Detection with Hand Poses, International Journal of Computer, Electrical, Automation, Control and Information Engineering, Vol.11, No.9, 1016-1019, 2017.
103)Masatsugu Oishi, Shohei Shiomi, Takashi Yamamoto, Tomoyuki Ueki, Yoichiro Kai, Shigefusa F. Chichibu, Aiko Takatori and Kazunobu Kojima : High temperature degradation mechanism of a red phosphor, CaAlSiN3:Eu for solid-state lighting, Journal of Applied Physics, No.122, 113104-113111, 2017.
104)Takuro Tomita, Manato Deki, Eizo Yanagita, Yota Bando, Yoshiki Naoi, Takahiro Makino and Takeshi Ohshima : Femtosecond-Laser-Induced Defects on Silicon Carbide Probed by Electrical Conductivity, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.12, No.2, 72-75, 2017.
105)Osamu Sahara : Tactile Experience in Image Media with the Field of Art Education for Our 21st Century Digital Society, InSEA 2107 35th World Congress of the Int'l Society for Education through Art Proceedings, 504-509, 2017.
106)中野 秀亮, 小林 慎一, 名田 譲, 木戸口 善行 : 天然ガス希薄燃焼エンジンにおける熱効率向上と NOx 低減の両立(第1報,燃焼コンセプト), 自動車技術会論文集, Vol.48, No.5, 975-980, 2017年.
107)中野 秀亮, 小林 慎一, 名田 譲, 木戸口 善行 : 天然ガス希薄燃焼エンジンにおける熱効率向上と NOx 低減の両立(第2報,燃焼諸元の影響), 自動車技術会論文集, Vol.48, No.5, 981-986, 2017年.
108)Akihiro Suzuki, Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of cellulose nanofiber from steam exploded Japanese cedar, BioResources, Vol.12, No.4, 7628-7641, 2017.
109)Chizuru Sasaki, Ami Kiyokawa, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Glucose and Valuable Chemicals Production from Cotton Waste Using Hydrothermal Method, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
110)Xiao Sun, Xiaoqi Peng, Min Hu, 任 福継 : Extended Multi-modality Features and Deep Learning Based Microblog Short Text Sentiment Analysis, Journal of Electronics & Information Technology, Vol.39, No.9, 2018-2055, 2017年.
111)Yunong Wu, Kenji Kita, Kazuyuki Matsumoto, XIN KANG and Fuji Ren : Constructing A Short Text Conversation system Based on the Relations Between Posts and Comments, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.3, 369-380, 2017.
112)Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Scan-less hyperspectral dual-comb single-pixel-imaging in both amplitude and phase., Optics Express, Vol.25, No.18, 21947-21957, 2017.
113)Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : High concentration ethanol production from mixed softwood sawdust waste, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
114)Y. Masuda, Yuki Ogura, Y. Inagaki, Takeshi Yasui and Y. Aizu : Analysis of the influence of collagen fibres in the dermis on skin optical reflectance by Monte Carlo simulation in a nine- layered skin model, Skin Rese.Tech., online publication, 2017.
115)Shoichiro Fujisawa, Ishibashi Tatsuki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Osamu Sueda : Evaluation of Orientation Performance of Attention Patterns for Blind Person, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.242, 910-917, 2017.
116)青矢 睦月, 遠藤 俊祐 : 初期三波川変成作用の認識,及び後期白亜紀三波川沈み込み帯の描像, 地質学雑誌, Vol.123, No.9, 677-698, 2017年.
117)Issei Aibara, Jun-ichi Chkazawa, Takayuki Uwada and Shuichi Hashimoto : Localized Phase Separation of Thermoresponsive Polymers Induced by Plasmonic Heating, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.121, No.40, 22496-22507, 2017.
118)Takeo Minamikawa, Yi-Da Hsieh, Kyuki Shibuya, Eiji Hase, Yoshiki Kaneoka, Sho Okubo, Hajime Inaba, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata and Takeshi Yasui : Dual-comb spectroscopic ellipsometry., Nature Communications, Vol.8, 610, 2017.
119)R. Murase, Y. Taketomi, Y. Miki, Y. Nishito, M. Saito, K. Fukami, Kei Yamamoto and M. Murakami : Group III phospholipase A2 promotes colitis and colorectal cancer., Scientific Reports, Vol.7, 12261, 2017.
120)Takeo Minamikawa, Nagai Daiki, Kaneko Takaaki, Taniguchi Ittetsu, Ando Mariko, Akama Ryo and Takenaka Kenji : Analytical imaging of colour pigments used in Japanese woodblock prints using Raman microspectroscopy, Journal of Raman Spectroscopy, Vol.48, No.12, 1887-1895, 2017.
121)熊坂 元大 : 『動物のいのち』におけるエリザベス・コステロの振る舞いから考える交感と受傷性の倫理, 環境思想・教育研究, No.10, 136-143, 2017年.
122)川道 幸司, 山口 鉄生, 宮脇 鈴子, 岡本 和久, 植村 直子, 髙田 信二郎 : 健常者における下肢骨格筋の筋硬度の特性∼超音波エラストグラフィを利用した筋硬度の解析∼, リハビリテーション医学, Vol.54, 800-807, 2017年.
123)Kazuhiko Kinoshita, Yukika Maruyama, Keita Kawano and Takashi Watanabe : A Spectrum Sharing Method Based on Users Behavior and Providers Profit, IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.10, 1928-1938, 2017.
124)Masamichi Ogasawara, Y.-Y. Tseng, M. Uryu, N. Ohya, N. Chang, H. Ishimoto, S. Arae, T. Takahashi and K. Kamikawa : Molybdenum-Catalyzed Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral (5-Phosphacyclopentadienyl)manganese(I) Complexes and Application in Asymmetric Catalysis, Organometallics, Vol.36, No.20, 4061-4069, 2017.
125)Aya Okada, Yu Ishida, Takako Nakajima and Yasuhiko Kotagiri : The State of Nonprofit Sector Research in Japan: A Literature Review, Voluntaristics Review, Vol.2, No.3, 1-68, 2017.
126)Fumitoshi Yagishita, Sota Shimokawa, Naohiro Uemura, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Masami Sakamoto and Yasuhiko Kawamura : Palladium-Catalyzed MizorokiHeck Reaction of Aryl Iodides with Allyl Aryl Ethers Using Imidazo[1,5-a]pyridines, ChemistrySelect, Vol.2, No.31, 10143-10145, 2017.
127)荒武 達朗 : "闘争の果実"と農村経済 : 1945-47年山東省南東部, 中国研究月報 = Monthly journal of Chinese affairs, Vol.71, No.10, 1-16, 2017年.
128)西山 航平, 渡邉 健, 福冨 隼人, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 超音波法及びAE法による鉄筋腐食に起因するひび割れの評価, コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集, Vol.17, 113-118, 2017年.
129)Masaki Hashizume, Yudai Shiraishi, Hiroyuki Yotsuyanagi, Hiroshi Yokoyama, Tetsuo Tada and Shyue-Kung Lu : Electrical Test of Resistive and Capacitive Open Defects at Data Bus in 3D Memory IC, Journal of Telecommunication, Electronic and Computer Engineering, Vol.9, No.3-2, 39-42, 2017.
130)Fara Alia Ashikin, Akihiro Odoriba, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Electrical Tests for Capacitive Open Defects in Assembled PCBs, Journal of Telecommunication, Electronic and Computer Engineering, Vol.9, No.3-2, 49-52, 2017.
131)Batdalai Sukh, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Ganbold Shagdar : All-Optical Modulation Format Conversion from QPSK to Symbol Rate Doubled BPSK Using FWM and Pulse Width Compression, IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.35, No.19, 4219-4226, 2017.
132)TEOH Siang Yong, Teruaki Ito and PERUMAL Puvanasvaran : Invisibility of impact from customer demand and relations between processes in Overall Equipment Effectiveness (OEE), Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.11, No.5, 1-11, 2017.
133)Takeo Minamikawa, Yoshinori Murakami, Naokazu Matsumura, Hirohiko Niioka, Shuichiro Fukushima, Tsutomu Araki and Mamoru Hashimoto : Photo-induced cell damage analysis for single- and multi-focus coherent anti-Stokes Raman scattering microscopy, Journal of Spectroscopy, Vol.2017, 5725340, 2017.
134)Kenta Oba, Hidetoshi Oya, Tomohiro Kubo and Tsuyoshi Matsuki : Synthesis of Adaptive Robust Controllers for a Class of Nonlinear Systems with Input Saturations, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2017, No.5345812, 2017.
135)Yuzuru Nada, So Morimoto, Yoshiyuki Kidoguchi, Ryu Kaya, Hideaki Nakano and Shinichi Kobayashi : Numerical Simulations of Mixture Formation in Combustion Chambers of Lean-Burn Natural Gas Engines Incorporating a Sub-Chamber, SAE Technical Papers, No.2017-01-2280, 2017.
136)Yuusuke Takashima, Masato Tanabe, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : Ultraviolet polarizer with a Ge subwavelength grating, Applied Optics, Vol.56, No.29, 8224-8229, 2017.
137)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Khishigjargal Gonchigsumlaa : Waveguide-type optical circuits for recognition of optical 8QAM-coded label, Optical Engineering, Vol.56, No.10, 107101-1-107101-8, 2017.
138)Kohji Yamada, Yuriko Osakabe and Kazuko Yamaguchi-Shinozaki : A C-terminal motif contributes to the plasma membrane localization of Arabidopsis STP transporters., PLoS ONE, Vol.12, No.10, e0186326, 2017.
139)Yoshitaka Nakano, Retsuo Kawakami and Masahito Niibe : Generation of Electrical Damage in n-GaN Films Following Treatment in a CF4 Plasma, Applied Physics Express, Vol.10, 116201-1-116201-4, 2017.
140)山中 亮一, 中川 頌将, 上月 康則, 馬場 俊孝 : 液状化に伴う沈下を考慮した徳島県東部での津波浸水過程の数値的検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.73, No.2, I_289-I_294, 2017年.
141)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Tomoyuki Ueki, Yuki Masai, Yota Bando and Yasuhiro Tanaka : Femtosecond-laser-induced modifications on the surface of a single-crystalline diamond, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.56, No.11, 112701-1-112701-5, 2017.
142)Yusei Shinohara, Yoshio Endo, Chiaki Abe, Ikkyu Shiba, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Yutaka Yonemura, Syunichiro Ogura, Masahide Tominaga, Hisatsugu Yamada and Yoshihiro Uto : Development of a novel Schiff base derivative for enhancing the anticancer potential of 5-aminolevulinic acid-based photodynamic therapy., Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.20, 182-188, 2017.
143)Lumeng Liu, Shiliang (Johnathan) Tan, Toshihide Horikawa, D.D. Do, D. Nicholson and Junjie Liu : Water adsorption on carbon - A review, Advances in Colloid and Interface Science, Vol.250, 64-78, 2017.
144)Wang Ruiling, Xie Tian, Sun Zhiyong, Pu Taofei and Jin-Ping Ao : Graphene quantum dot modified g-C3N4 for enhanced photocatalytic oxidation of ammonia performance, RSC Advances, Vol.7, 51687-51694, 2017.
145)Katagiri Hideki, Kato Kosuke and Takeshi Uno : Possibility/Necessity-Based Probabilistic Expectation Models for Linear Programming Problems with Discrete Fuzzy Random Variables, Symmetry, Vol.9, No.11, 254, 2017.
146)Toshio Takayanagi, Ikeuchi Kanako and Hitoshi Mizuguchi : Migration Behavior of Carbon Nanotube in Capillary Electrophoresis with Sodium Dodecyl Sulfate and Water-Soluble Nonionic Polymer, Chromatography, Vol.38, No.3, 101-106, 2017.
147)N. Oka, K. Abe, K. Hiraide, K. Ichimura, Y. Kishimoto, K. Kobayashi, M. Kobayashi, S. Moriyama, M. Nakahata, T. Norita, H. Ogawa, K. Sato, H. Sekiya, O. Takachio, A. Takeda, S. Tasaka, M. Yamashita, B.S. Yang, N.Y. Kim, Y.D. Kim, Y. Itow, K. Kanzawa, R. Kegasa, K. Masuda, H. Takiya, Ken-Ichi Fushimi, G. Kanzaki, K. Martens, Y. Suzuki, B.D. Xu, R. Fujita, K. Hosokawa, K. Miuchi, Y. Takeuchi, Y.H. Kim, K.B. Lee, M.K. Lee, Y. Fukuda, M. Miyasaka, K. Nishijima and S. Nakamura : Search for solar KaluzaKlein axions by annual modulation with the XMASS-I detector, Progress of Theoretical and Experimental Physics, 103C01, 2017.
148)Akihiro Furube and Shuichi Hashimoto : Insight into plasmonic hot-electron transfer and plasmon molecular drive: New dimensions in energy conversion and nanofabrication, NPG Asia Materials, Vol.9, e454, 2017.
149)樋口 直人 : ジェンダー化された編入様式, --- 在日外国人の分岐をめぐる分析枠組み ---, アジア太平洋レビュー, No.14, 2017年.
150)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Structural modification of cellulose nanocomposites by stretching, WIT Transactions on Engineering Sciences, Vol.116, 251-256, 2017.
151)Kazuyuki Matsumoto, Akira Fujisawa, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Emotion Recognition of Emoticon Based on Character Embedding, Journal of Software, Vol.12, No.11, 849-857, 2017.
152)Suyama Yoshihiro, Higashino Yusuke, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka, Yagi Hideki, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada : Stereochemical assignments of rubiaquinones A-C, naphthoquinone derivatives from Rubia yunnanensis, Tetrahedron Letters, Vol.58, No.48, 4568-4571, 2017.
153)W. Li, K. Nguyen, H.D. Chu, C.V. Ha, Y. Watanabe, Yuriko Osakabe, M. Leyva-González, M. Sato, K. Toyooka, L. Voges, M. Tanaka, M.G. Mostofa, M. Seki, M. Seo, S. Yamaguchi, D.C. Nelson, C. Tian, L. Herrera-Estrella and L-S. Tran : The karrikin receptor KAI2 promotes drought resistance in Arabidopsis thaliana., PLoS Genetics, Vol.13, No.11, e1007076, 2017.
154)Chikako Asada, Chizuru Sasaki, Akihiro Suzuki and Yoshitoshi Nakamura : Total biorefinery process of lignocellulosic waste using steam explosion followed by water and acetone extractions, Waste and Biomass Valorization, in press, 2017.
155)Daiki Hiraoka, Momoyo Ito, Shin-ichi Ito and Minoru Fukumi : Japanese Janken Recognition by Support Vector Machine Based on Electromyogram of Wrist, ECTI TRANSACTIONS ON COMPUTER AND INFORMATION TECHNOLOGY, Vol.11, No.2, 154-162, 2017.
156)Xiangmeng Lu, Naoto Kumagai, Yasuo Minami, Takahiro Kitada and Toshiro Isu : Effects of Sb-soak on InAs quantum dots grown on (001) and (113)B GaAs substrates, Journal of Crystal Growth, Vol.477, 221-224, 2017.
157)Xiangmeng Lu, Hiroto Ota, Naoto Kumagai, Yasuo Minami, Takahiro Kitada and Toshiro Isu : Two-color surface-emitting lasers by a GaAs-based coupled multilayer cavity structure for coherent terahertz light sources, Journal of Crystal Growth, Vol.477, 249-252, 2017.
158)Pankaj Kolhe, Pankaj M. Koinkar, Namita Maiti, Kishor Sonawane and Pankaj M. Koinkar : Synthesis of Ag doped SnO2 thin films for the evaluation of H2S gas sensing properties, Physica B : Condensed Matter, Vol.524, 90-96, 2017.
159)Retsuo Kawakami, Masahito Niibe, Yoshitaka Nakano, Ryo Tanaka, Chisato Azuma and Takashi Mukai : Characteristics of N2 and O2 Plasma-Induced Damages on AlGaN Thin Film Surfaces, Physica Status Solidi (A) Applications and Materials Science, Vol.214, No.11, 1700393-1-1700393-7, 2017.
160)櫻井 祥之, 小川 宏樹, 長曽我部 まどか : 下水道整備計画を踏まえた市街地集約に関する一考察 - 和歌山市でのケーススタディ -, 都市計画論文集, Vol.52, No.3, 475-480, 2017年.
161)K Nishio, F Tanihara, T-V Nguyen, T Kunihara, M Nii, M Hirata and Takeshige Otoi : Effects of voltage strength during electroporation on the development and quality of in vitro-produced porcine embryos., Reproduction in Domestic Animals = Zuchthygiene, 2017.
162)Fumitoshi Yagishita, Natsumi Kozai, Chiho Nii, Yoshihiko Tezuka, Naohiro Uemura, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Masami Sakamoto and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridines and Their Photophysical Properties, ChemistrySelect, Vol.2, No.33, 10694-10698, 2017.
163)Katsuya SATO, Kenta NUNOBIKI, Shoichiro Fujisawa, Tasuku NAKAHARA and Kazuyuki MINAMI : In situ observation and measurement of actin stress fiber deformation in stretched osteoblast like cell, Advances in Bioscience and Biotechnology, Vol.8, 421-433, 2017.
164)Miyuki Oshimura, Tomoki Hirata, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Synthesis of aliphatic polycarbonates by irreversible polycondensation catalyzed by dilithium tetra-tert-butylzincate, Polymer, Vol.131, 50-55, 2017.
165)Atsuya Oishi and Genki Yagawa : Computational mechanics enhanced by deep learning, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol.327, 327-351, 2017.
166)髙橋 晋一 : 川舟型だんじりと河川文化, --- 徳島県三好市池田町・和霊神社の事例より ---, 四国民俗, No.48, 1-12, 2017年.
167)Masaki GOTO, Yuya Aoki, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Effect of pressure on bilayer phase behavior of N-methylated di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines: relevance of head-group modification on the bilayer interdigitation, Biophysical Chemistry, Vol.231, 64-70, 2017.
168)Yutaka Kameda and Koji Kashihara : A pulse wave monitoring system based on a respiratory pacemaker, Network Modeling and Analysis in Health Informatics and Bioinformatics, Vol.6, No.12, 1-19, 2017.
169)Norio Kamemura, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Diverse cellular actions of tert-butylhydroquinone, a food additive, on rat thymocytes, Toxicology Research, Vol.6, 922-929, 2017.
170)Hitoshi Matsuki, Kentaro Kato, Hirotsugu Okamoto, Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Ligand partitioning into lipid bilayer membranes under high pressure: implication of variation in phase-transition temperatures, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.209, 9-18, 2017.
171)Takafumi Katayama, Tian Song, Wen Shi, Gen Fujita, Xiantao Jiang and Takashi Shimamoto : Hardware Oriented Low-Complexity Intra Coding Algorithm for SHVC, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E100-A, No.12, 2936-2947, 2017.
172)Higuchi Keiichiro, Tani Yoshimi, Kikuchi Takashi, In Yasuko, Yamada Takeshi, Maruoka Osamu, Naonobu Tanaka and Tanaka Reiko : Guianolactones A and B, two rearranged pentacyclic limonoids from the seeds of Carapa guianensis, Chemistry - An Asian Journal, Vol.12, No.23, 3000-3004, 2017.
173)Yu Gu, Jinhai Zhan, Yusheng Ji, Jie Li, Fuji Ren and Shangbin Gao : MoSense: An RF-Based Motion Detection System via Off-the-Shelf WiFi Devices, IEEE Internet of Things Journal, Vol.4, No.6, 2326-2341, 2017.
174)Xiao Sun, Man LV, Changqin Quan, Fang Tian, Fuji Ren and Kunxia Wang : Fine-Grained Emotion Elements Extraction and Tendency Judgment Based on Mixed Model, Information Engineering Express, Vol.3, No.4, 21-32, 2017.
175)Meredith Anne Stephens : Sharing Suzanne Kamata's A Girls' Guide to the Islands with EFL students, Literature in Language Teaching, Vol.6, No.2, 32-42, 2017.
176)Meredith Anne Stephens : Critical thinking and language learning, Applying the Skill of Inferring to Learning Vocabulary: A Call to Move from Details to Discourse, Vol.4, 12-28, 2017.
177)田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 東 亜弥子, 橋本 祐司, 石川 みづき : レペティション形式の有酸素性運動が血管内皮機能に及ぼす影響, 体力科学, Vol.66, No.6, 437-444, 2017年.
178)居上 靖弘, 渦岡 良介, 上野 勝利 : 地震で変形した河川堤防の浸透性能評価に関する遠心模型実験, 土木学会論文集C(地圏工学), Vol.73, No.4, 442-449, 2017年.
179)HAMID Abdul Rahimah and Teruaki Ito : Automatic extraction of vertices coordinates for CNC code generation for dental wire bending, International Journal of Agile Systems and Management, Vol.10, No.3/4, 321-340, 2017.
180)Harras Rahman Maher Abdel, Akinori Tuji and Kenji Terada : Motion-Based Detection and Tracking of Multiple Pedestrians, International Journal of Mechanical and Materials Engineering, Vol.11, No.12, 1792-1795, 2017.
181)Kouki Ichihashi and Tetsuo Iwata : Numerical simulation of a metal diffraction grating-based SPR sensor with a water immersion lens, Optical Review, Vol.24, No.6, 668-676, 2017.
182)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Fiber orientation control by stretching in cellulose nanofiber green composites, Key Engineering Materials, Vol.754, 135-138, 2017.
183)Hiroki Ishikawa, Naohiro Uemura, Fumitoshi Yagishita, Nozomi Baba, Yasushi Yoshida, Yoshio Kasashima, Takashi Mino and Masami Sakamoto : Asymmetric Synthesis Involving Reversible Photodimerization of a Prochiral Flavonoid Followed by Crystallization, European Journal of Organic Chemistry, Vol.46, 6878-6881, 2017.
184)K. Abe, K. Hiraide, K. Ichimura, Y. Kishimoto, K. Kobayashi, M. Kobayashi, S. Moriyama, M. Nakahata, T. Norita, H. Ogawa, K. Sato, H. Sekiya, O. Takachio, A. Takeda, S. Tasaka, M. Yamashita, B.S. Yang, N.Y. Kim, Y.D. Kim, Y. Itow, K. Kanzawa, R. Kegasa, K. Masuda, H. Takiya, Ken-Ichi Fushimi, G. Kanzaki, K. Martens, Y. Suzuki, B.D. Xu, R. Fujita, K. Hosokawa, K. Miuchi, N. Oka, Y. Takeuchi, Y.H. Kim, K.B. Lee, M.K. Lee, Y. Fukuda, M. Miyasaka, K. Nishijima and S. Nakamura : Identification of 210Pb and 210Po in the bulk od copper samples with a low-background alpha particle counter, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, Vol.884, 157-161, 2017.
185)奥嶋 政嗣, 多久和 岬, 近藤 光男 : 健康および環境に関する情報組み合わせ提示による通勤交通手段転換意向形成についての分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.5, I_1129-I_1137, 2017年.
186)Izumi Nagashima, Kotaro Takeda, Yutaka Sato, Hideki Mochizuki, Yusuke Harada and Nobuaki Shimoda : Difference in response times on hand mental rotation task between the back and palm of the hand in elderly individuals, Journal of Ergonomic Technology, Vol.17, 2017.
187)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Review Score Estimation Based on Transfer Learning of Different Media Review Data, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.9, No.4, 541-555, 2017.
188)Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effect of prenatal administration of low dose antibiotics on gut microbiota and body fat composition of newborn mice., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 155-160, 2017.
189)柳田 桃子, 後藤 春彦, 田口 太郎, 柳田 良三 : 小規模漁業集落における地域づくりの展開, 日本建築学会計画系論文集, Vol.82, No.742, 3121-3130, 2017年.
190)奥嶋 政嗣, 山中 英生, 渡辺 公次郎 : 津波災害リスクを考慮した都市構造の持続可能性についての分析, 地球環境, Vol.22, No.2, 185-192, 2017年.
191)Fuji Ren, Yanqiu Li and Min Hu : Multi-classifier ensemble based on dynamic weights, Multimedia Tools and Applications, Vol.9, No.2, 1-15, 2017.
192)Minjia Li, Lun Xie, Zhiliang Wang and Fuji Ren : Emotion and Cognitive Reappraisal Based on GSR Wearable Sensor, ZTE Communications, Vol.15, No.S2, 18-22, 2017.
193)Fuji Ren and Kazuyuki Matsumoto : Emotion Analysis on Social Big Data, ZTE Communications, Vol.15, No.S2, 30-37, 2017.
194)Taihao Li, Tuya Naren, Jianshe Zhou, Fuji Ren and Shupeng Liu : An Improved K Means Algorithm Based on Initial Clustering Center Optimization, ZTE Communications, Vol.15, No.S2, 43-46, 2017.
195)M. Nishikino, N. Hasegawa, T. Tomita, Yasuo Minami, T. Eyama, N. Kakimoto, R. Izutsu, M. Baba, T. Kawachi and T. Suemoto : Formation of x-ray Newton's rings from nano-scale spallation shells of metals in laser ablation, AIP Advances, Vol.7, 015311, 2017.
196)山中 英生, 竹平 誠治, 道工 敏央, 池田 典弘 : 自転車レーンにおける逆走警告装置の効果分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.5, I_711-I_715, 2017年.
197)山中 英生, 永松 啓伍, 吉岡 宏晃 : ドライビングシミュレータを用いた細街路交差点での自転車通行方向の安全性評価, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.5, I_705-I_710, 2017年.
198)坂本 真理子, 山中 英生, 澤田 俊明 : 実践のプロファイリング手法を用いた協働のまちづくりにおける調整役機能分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.5, I_85-I_94, 2017年.
199)山中 英生, 溝口 諒, 永松 啓伍 : ドライビングシミュレータを用いた信号交差点左折時の自転車安全対策の評価実験, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.5, I_717-I_722, 2017年.
200)Yoshinori Mizuno and Kohama Hayato : Kernel functions of the twisted symmetric square of elliptic modular forms, Mathematika, Vol.64, 184-210, 2018.
201)Satoshi Yamashita, HISAMATSU SADATOMO, MARUYAMA MUNETOSHI, MELENG PAULUS and ITIOKA TAKAO : COLEOPTERAN INSECTS COLLECTED FROM THE FRUITING BODIES OF DICTYOPHORA SPP. (PHALLALES: PHALLACEAE) IN A BORNEAN TROPICAL RAINFOREST, The Coleopterists Bulletin, Vol.72, No.1, 134-137, 2018.
202)Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Tokitani Tetsuro and Yohsuke Kinouchi : A computer simulation of the metallic artifacts in MRI caused by dental magnetic attachments, Biomedical Physics & Engineering Express, Vol.4, No.3, 2018.
203)井上 貴文, 荻野 薫平, 成行 義文 : 直接基礎の浮き上がりが粘性ダンパーを有する橋梁の地震応答に及ぼす影響, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.74, No.4, 2018年.
204)Hitoshi Mizuguchi, Ishida Ryota, Kouno Yasushi, Tachibana Tadahiko, Honda Tomomi, Kijima Tatsuro, Yuhei Yamamoto and Toshio Takayanagi : A rapid enrichment technique for the ultratrace determination of nickel in water samples using a nanofiber-composite membrane filter, Analytical Sciences, Vol.34, inpress, 2018.
205)Haiyan Li, Suguru Tsuchimoto, Kyuya Harada, Masanori Yamasaki, HIroe Sakai, Naoki Wada, Arefeh Alipour, Tomohiro Sasai, Atsushi Tunekawa, Hisashi Tsujimoto, Takayuki Ando, Hisashi Tomemori, Shusei Sato, HIdeaki Hirakawa, Victor Pecina-Quintero, Alfredo Zamarripa and Kiichi Fukui : Association Study of Seed-Yield Related Traits for Jatropha curcas L. in Mexico, Tropical Agriculture and Development, 2018.
206)Yoshinori Mizuno : Rankin-Selberg convolutions of non-cuspidal half-integral weight Maass forms in the plus space (accepted to appear), Nagoya Mathematical Journal, 2018.
207)Yoshinori Mizuno : Dirichlet series of two variables, real analytic Jacobi-Eisenstein series of matrix index, and Katok-Sarnak type result (accepted to appear), Forum Mathematicum, 2018.
208)Zhao Xin, Li Cui, Li Ting, Hu Guoqing, Li Ruixiao, Bai Ming, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Dead-band-free, high-resolution microwave frequency measurement using a free-running triple-comb fiber laser, IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.24, No.3, 2018.
209)Masahiro Katoh, Ayaka Satoh, Michisato Kimura and Shigeru Sugiyama : Enhancement of water adsorption-desorption performance of aluminophosphate molecular sieves (AlPO-5) substituted with several metals, Journal of Chemical Engineering of Japan, 2018.
210)Yumiko Kanemoto-Kataoka, Keisuke Oyama, Tomohiro Oyama, Hitoshi Ishibashi and Yasuo Oyama : Ziram, a dithiocarbamate fungicide, exhibits pseudo-cytoprotective actions against oxidative stress in rat thymocytes: Possible environmental risks, Environmental Research, Vol.160, 232-238, 2018.
211)Naohiro Uemura, Hiroki Ishikawa, Wataru Yoshida, Satoshi Katabira, Fumitoshi Yagishita, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Yoshio Kasashima and Masami Sakamoto : A Facile Synthesis of C2-Symmetric Macrocyclic Polyethers by Photodimerization of Covalently-linked Flavonoid Derivatives, Chemistry Letters, Vol.47, No.2, 160-162, 2018.
212)Xiangmeng Lu, Naoto Kumagai, Yasuo Minami and Takahiro Kitada : Sublattice reversal in GaAs/Ge/GaAs heterostructures grown on (113)B GaAs substrates, Applied Physics Express, Vol.11, No.1, 015501, 2018.
213)Naonobu Tanaka, Jia Yuyu, Niwa Kanji, Imabayashi Kiyoshi, Tatano Yutaka, Yagi Hideki and Yoshiki Kashiwada : Phloroglucinol derivatives and a chromone gluycoside from the leaves of Myrtus communis, Tetrahedron, Vol.74, No.1, 117-123, 2018.
214)Shunsuke Kanda, Yuma Fujita, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical rearrangement methods for dynamic double-array dictionaries, Software: Practice and Experience, Vol.48, No.1, 65-83, 2018.
215)Lee Sanghoon, Naonobu Tanaka, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada : Agelamasines A and B, diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp., Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.1, 364-368, 2018.
216)南 埈咩, 出口 祥啓, Huanran Wang, 刘 人玮, 生友 章裕, Zhenzhen Wang : Reduction of CO2 effect on unburned carbon measurement in fly ash using LIBS, Spectroscopy and Spectral Analysis, Vol.38, No.1, 258-262, 2018年.
217)Tao Wen, Qiaogen Zhang, Jingtan Ma, Xuandong Liu, Zhicheng Wu, Lingli Zhang, Junping Zhao, Naoyuki Shimomura and Weijiang Chen : Research on the detecting effectiveness of on-site lightning impulse test for GIS equipment with insulation defects, IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.25, No.2, 551-558, 2018.
218)XIN KANG, Fuji Ren and Yunong Wu : Exploring latent semantic information for textual emotion recognition in Blog articles, IEEE/CAA Journal of Automatica Sinica, Vol.5, No.1, 204-216, 2018.
219)Kazuyuki MINAMI, Tatsuya HAYASHI, Katsuya SATO and Tasuku NAKAHARA : Development of micro mechanical device having two-dimensional array of micro chambers for cell stretching, Biomedical Microdevices, Vol.20, No.1, 10, 2018.
220)Yoshiyuki Kidoguchi, Yuzuru Nada, Shota Sangawa, Masato Kitazaki and Daichi Matsunaga : Effect of low load combustion and emissions on fuel dilution in lubricating oil and deposit formation of DI diesel engines fueled by straight rapeseed oil, Fuel, Vol.221, 35-43, 2018.
221)Ma Guijun, Kuang Yongbo, Murthy HK Dharmapura, Hisatomi Takashi, Seo Jeongsuk, Chen Shanshan, Matsuzaki Hiroyuki, Suzuki Yohichi, Katayama Masao, Minegishi Tsutomu, Seki Kazuhiko, Akihiro Furube and Domen Kazunari : Plate-Like Sm2Ti2S2O5 Particles Prepared by a Flux-Assisted One-Step Synthesis for the Evolution of O2 from Aqueous Solutions by Both Photocatalytic and Photoelectrochemical Reactions, The Journal of Physical Chemistry C, 2018.
222)Takehiro Kitaura, Masatoshi Kobayashi, Lucksanaporn Tarachiwin, Hathainat Kum-ourm, Ai Matsuura, Kazuhisa Fushihara and Koichi Ute : Characterization of natural rubber end groups using high-sensitivity NMR, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.219, No.3, 170331, 2018.
223)Mok-Ryeon Ahn, Ji-Yeon Bae, Da-Hye Jeong, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto and Hiroshi Maruta : Both triazolyl ester of ketorolac (15K) and YM155 inhibit the embryonic angiogenesis in ovo (fertilized eggs) via their common PAK1-survivin/VEGF signaling pathway., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.6, 300-306, 2018.
224)Bu Yuyu, Chen Zhuoyuan, Jin-Ping Ao, Hou Jian and Sun Mingxian : Study of the photoelectrochemical cathodic protection mechanism for steel based on the SrTiO3-TiO2 composite, Journal of Alloys and Compounds, Vol.730, 1214-1224, 2018.
225)Megha Deshmukh, Harshada Patil, Gajanan Bodkhe, Mikito Yasuzawa, Pankaj M. Koinkar, Arunas Ramanavicius, Sadhna Pandey and Mahendra Shirsat : EDA modified PANI/SWNTs nanocomposite for determination of Ni(II) metal ions, Colloids and Surfaces A:Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.537, 303-309, 2018.
226)任 福継 : About unclear power of artificial intelligence, Communication of Chinese Association for Artificial Inteigence, Vol.8, No.1, 6-9, 2018年.
227)Yumiko Nishimura-Danjobara, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Keiko Takahashi, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine-lactone, a quorum sensing molecule, affects cellular content of nonprotein thiol content in rat lymphocytes: Its relation with intracellular Zn2+, Chemico-Biological Interactions, Vol.280, 28-32, 2018.
228)Stephen Githinji Karungaru, Tomohiro Ishino and Kenji Terada : Advanced Safety Vehicle (ASV) Technology Driver Support System Monitor using Three Onboard Camera, Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers, Vol.6, No.1, 21-28, 2018.
229)Sho Hatayama, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Junko Kido, Q Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells., Frontiers in Cellular and Infection Microbiology, Vol.8, No.30, 2018.
230)Shigeru Sugiyama, Naozumi Fukushima, Yuto Tsuchiya, Masahiro Katoh, Yukimi Hayashi, Yuka Arai and Masamori Akakatsu : Reductive Decomposition of Nitrite in a Continuous-Flow Reactor Using Fixed-Bed Structural Pd Catalysts, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.51, No.1, 83-88, 2018.
231)Yuusuke Takashima, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : High-sensitivity refractive index sensor with normal incident geometry using a subwavelength grating operating near the ultraviolet wavelength, Sensors and Actuators B: Chemical, Vol.255, No.2, 1711-1715, 2018.
232)Takaki Fukumori, Atsuko Miyazaki, Chihiro Takaba, Saki Taniguchi and Mariko Asai : Cognitive reactions of nurses exposed to cancer patients' traumatic experiences: A qualitative study to identify triggers of the onset of compassion fatigue., Psycho-Oncology, Vol.27, No.2, 620-625, 2018.
233)今井 昭二, 山本 祐平, 清水 魁人, 兼清 恵理, 西本 潤, 菊地 洋一 : 本州日本海沿いの遠隔地における北東中国北部・ロシア沿海地方からの大気塊に由来する降雪中のPb/Cd比および冬季の長距離輸送機構, 分析化学, Vol.67, No.2, 95-101, 2018年.
234)Goto Kenichi, Ogawa Emiko, Shimizu Kaoruko, Makita Hironi, Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Nishimura Masaharu and Nakano Yasutaka : Relationship of annual change in bone mineral density with extent of emphysematous lesions and pulmonary function in patients with COPD, International Journal of COPD, Vol.13, 639-644, 2018.
235)H.X. Sun, Minchao Cui, Y.S. Zhang, S.D. Zhao, D.W. Zhang and Yoshihiro Deguchi : Performance of AC servo axial-infeed incremental warm rolling equipment and simulated production of spline shafts., The International Journal of Advanced Manufacturing Technology, Vol.94, No.5-8, 2089-2097, 2018.
236)Yuichi Nagata : Random Partial Neighborhood Search for the Post-Enrollment Course Timetabling Problem, Computers & Operations Research, Vol.90, 84-96, 2018.
237)Yuichi Nagata and Isao Ono : A Guided Local Search with Iterative Ejections of Bottleneck Operations for the Job Shop Scheduling Problem, Computers & Operations Research, Vol.90, 60-71, 2018.
238)Tetsuo Iwata, Takanori Taga and Takahiko Mizuno : FPGA-based photon-counting phase-modulation fluorometer and a brief comparison with that operated in a pulsed-excitation mode, Optical Review, Vol.25, No.1, 94-101, 2018.
239)Toshifumi Tomoyasu, Masaki Matoba, Ayuko Takao, Atsushi Tabata, A Robert. Whiley, Nobuko Maeda and Hideaki Nagamune : Rapid screening method for detecting highly pathogenic Streptococcus intermedius strains carrying a mutation in the lacR gene., FEMS Microbiology Letters, Vol.365, No.3, fnx-258, 2018.
240)Minchao Cui, Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang, Yuki Fujita, Renwei Liu, Fang-Jung Shiou and Shengdun Zhao : Enhancement and stabilization of plasma using collinear long-short double-pulse laser-induced breakdown spectroscopy, Spectrochimica Acta. Part B: Atomic Spectroscopy, Vol.142, 14-22, 2018.
241)Xie Tian, Zheng Tao, Wang Ruiling, Bu Yuyu and Jin-Ping Ao : Fabrication of CuOx thin-film photocathodes by magnetron reactive sputtering for photoelectrochemical water reduction, Green Energy & Environment, 2018.
242)金井 純子, 三好 学, 安藝 博資, 中野 晋 : 高齢者施設における洪水時の「避難開始の判断」の重要性と判断の目安の設定方法, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_139-I_146, 2018年.
243)Kazuyuki Matsumoto, Seiji Tsuchiya, Miyake Takeshi, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Flame Prediction Based on Harmful Expression Judgement Using Distributed Representation, International Journal of Technology and Engineering Studies, Vol.4, No.1, 7-15, 2018.
244)Takeda J., Yoshioka K., Yasuo Minami and Katayama I. : Nanoscale electron manipulation in metals with intense THz electric felds, Journal of Physics D: Applied Physics, Vol.51, 103001, 2018.
245)Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018.
246)Masashi Ishikawa and Koyama Masashi : Influence of Composite Ply Layup on Active Thermographic Non-destructive Inspection of Carbon Fiber-Reinforced Plastic Laminates, Journal of Nondestructive Evaluation, Vol.37, No.2, 2018.
247)Hsu Yuchin, Chuang Mingyeh, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Multivariate analysis of 13C NMR spectra to extract information about monomer sequences in poly(methyl methacrylate-co-benzyl methacrylate)s prepared by various polymer reactions, Polymer Journal, Vol.50, No.5, 355-363, 2018.
248)Maekawa K., Yanagi K., Yasuo Minami, Kitajima M., Katayama I. and Takeda J. : Bias-induced modulation of ultrafast carrier dynamics in metallic single-walled carbon nanotubes, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.97, 075435, 2018.
249)Xiantao Jiang, Xiaofeng Wang, Tian Song, Wen Shi, Takafumi Katayama, Takashi Shimamoto and Jenq-Shiou Leu : An Efficient Complexity Reduction Algorithm for CU Size Decision in HEVC, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.14, No.1, 309-322, 2018.
250)神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列圧縮の検討と評価, 日本データベース学会和文論文誌, Vol.16-J, No.7, 2018年.
251)Sikha Jindal, Sushma Girijapure, Subhash Kondawar and Pankaj M. Koinkar : Green Synthesis of CuInS2/ZnS core-shell qunatum dos by facile solvothermal route with enhanced optical properties, The Journal of Physics and Chemistry of Solids, Vol.114, 163-172, 2018.
252)樋口 直人 : ヘイトが違法になるとき, --- ヘイトスピーチ解消法制定をめぐる政治過程 ---, レヴァイアサン, No.62, 2018年.
253)樋口 直人, 稲葉 奈々子 : 間隙を縫う, --- ニューカマー第二世代の大学進学 ---, 社会学評論, No.272, 2018年.
254)Kaori Kanemaru, Goto Tsukie, Badr Ali Hoida and Kumio Yokoigawa : Determination of binding affinity of poly-gamma-glutamate to Shiga toxin, Journal of Food Biochemistry, 1-6, 2018.
255)佐原 理 : 米国のメディアアートカリキュラムに学ぶ映像メディア領域の方向性 ―プレザント・ヴァレイ高校の実践より―, 美術教育学研究, Vol.50, 201-208, 2018年.
256)Kazuhiko Kinoshita, Masahiko Aihara, Shiori Kono, Nariyoshi Yamai and Takashi Watanabe : Joint Bandwidth Scheduling and Routing Method for Large File Transfer with Time Constraint and its Implementation, IEICE Transactions on Communications, Vol.E101-B, No.3, 763-771, 2018.
257)Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada : Rigenolides D-H, norsecoiridoid and secoiridoids from Gentiana rigescens Franch, Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.2, 576-581, 2018.
258)佐原 理 : 写真のカラー化で世界を捉える映像メディア -対象を読み解き整理するための映像-, 美術教育学, Vol.39, 185-192, 2018年.
259)山吹 卓矢, 小野 典彦, 永田 裕一 : 同卓スケジューリング問題のモデル化とその動的スケジューリング, 計測自動制御学会論文集, Vol.54, No.3, 346-356, 2018年.
260)Osman bin Edynoor, Toshihiro Moriga, Kei-ichiro Murai, Rashid Warikh bin Abd Mohd, Manaf Edeerozeybin Abd Mohd and Toshihide Horikawa : Photocatalytic activity of nanostructured tubular TiO2 synthesized using kenaf fibers as a sacrificial template, Industrial Crops and Products, Vol.113, 210-216, 2018.
261)Li Tzu-Yi, Nakata Katsuya, Shih Shao-Ju and Toshihiro Moriga : Modification of grain boundary structure of SrTiO3 using hydroxyl additives, Ceramics International, Vol.44, No.4, 3960-3965, 2018.
262)Yumiko Nishimura-Danjobara, Keisuke Oyama, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Hyperpolarization by N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine-lactone, a quorum sensing molecule, in rat thymic lymphocytes, Chemico-Biological Interactions, Vol.283, 91-96, 2018.
263)Jing Zhang, Degen Huang, Kaiyu Huang, Zhuang Liu and Fuji Ren : Corpus Expansion for Neural CWS on Microblog-Oriented Data with &lambda;-Active Learning Approach, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E101-D, No.3, 778-785, 2018.
264)Takahiro Kitada, Xiangmeng Lu, Yasuo Minami, Naoto Kumagai and Ken Morita : Room-temperature two-color lasing by current injection into a GaAs/AlGaAs coupled multilayer cavity fabricated by wafer bonding, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.57, No.4S, 04FH03, 2018.
265)I. Tsukayama, K. Toda, Y. Takeda, T. Mega, M. Tanaka, Y. Kawakami, Y. Takahashi, M. Kimoto, Kei Yamamoto, Y. Miki, M. Murakami and T. Suzuki-Yamamoto : Preventive effect of Dioscora japonica on squamous cell carcinoma of mouse skin involving down-regulation of prostaglandin E2 synthetic pathway., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 139-147, 2018.
266)Yuki Ogura-Tsujita, Gerhard Gebauer, Hui Xu, Yu Fukasawa, Hidetaka Umata, Kenshi Tetsutka, Miho Kubota, Julienne M-I Schweiger, Satoshi Yamashita, Nitaro Maekawa, Masayuki Maki, Shiro Isshiki and Tomohisa Yukawa : The giant mycoheterotrophic orchid Erythrorchis altissima is associated mainly with a divergent set of wood-decaying fungi, Molecular Ecology, Vol.27, No.5, 1324-1337, 2018.
267)Masatomo Yamagiwa, Ogawa Takayuki, Takeo Minamikawa, Abdelsalam Ghareab Dahi, Okabe Kyosuke, Tsurumachi Noriaki, Yasuhiro Mizutani, Iwata Testuo, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Real-Time Amplitude and Phase Imaging of Optically Opaque Objects by Combining Full-Field Off-Axis Terahertz Digital Holography with Angular Spectrum Reconstruction, Journal of Infrared, Millimeter and Terahertz Waves, Vol.39, No.6, 561-572, 2018.
268)Xiangmeng Lu, Naoto Kumagai, Yasuo Minami and Takahiro Kitada : Sublattice reversal in GaAs/Ge/GaAs (113)B heterostructures and its application to THz emitting devices based on a coupled multilayer cavity, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.57, No.4S, 04FH07, 2018.
269)IBRAHIM GHAREAB ABDELSALAM DAHI and Takeshi Yasui : High-precision 3D surface topography measurement using high-stable multi-wavelength digital holography referenced by an optical frequency comb, Optics Letters, Vol.43, No.8, 1758-1761, 2018.
270)Thuy Thi Xuan Le, Mai Thi Sao Nguyen, Quyen Hong Ho, Mikito Yasuzawa and Vu Xuan Tran : Removal of Nickel from Plating Wastewater Using the Magnetic Flocculant PG-M, Chemical Science International Journal, Vol.22, No.1, 1-9, 2018.
271)Retsuo Kawakami, Masahito Niibe, Yoshitaka Nakano, Yuma Araki, Yuki Yoshitani, Chisato Azuma and Takashi Mukai : Characteristics of TiO2 Thin Films Surfaces Treated by O2 Plasma in Dielectric Barrier Discharge with the Assistance of External Heating, Vacuum, Vol.152, 265-271, 2018.
272)Tomohiro Hirano, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether in toluene in the presence of solvate ionic liquid, Polymer Chemistry, Vol.9, No.12, 1421-1429, 2018.
273)Honoka Wada, Keisuke Oyama, Risa Kamae, Toshiya Masuda, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Zinc-dependent and independent actions of hydroxyhydroquinone on rat thymic lymphocytes, Drug and Chemical Toxicology, Vol.9, 1-6, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山口 裕之 : 『人をつなぐ対話の技術』から学ぶ組合活動, 全大教時報, Vol.41, No.1, 28-67, 2017年.
2)小田切 康彦 : 協働の影響をどのように捉えるか, 地方自治職員研修, Vol.50, No.5, 21-23, 2017年.
3)清水 真人 : カリフォルニア州キャピタルアクセス会社法(単独訳), 商事法務ポータル, 2017年.
4)山本 敏弘, 古川 敬, 西野 秀郎 : 配管エルボ部の欠陥検出におけるガイド波試験の欠陥検出感度の周波数特性, 日本金属学会誌, Vol.81, No.6, 301-307, 2017年.
5)趙 彤, 水ノ上 智邦 : 中国 P2P ネット金融の現状, 東アジアへの視点, Vol.28, No.1, 45-61, 2017年.
6)山本 登志子, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 長崎 祐樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 脂質生化学研究, Vol.59, 26-28, 2017年.
7)入江 敦, 山本 圭, 三木 寿美, 武富 芳隆, 村上 誠 : 破骨細胞における膜リン脂質の代謝動態:PEの合成・輸送・分解と膜融合, 脂質生化学研究, Vol.59, 79-80, 2017年.
8)荻野 薫平, 井上 貴文, 成行 義文 : 直接基礎のロッキング振動が粘性ダンパーを有する橋梁の地震応答に及ぼす影響, 第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 141-148, 2017年.
9)Mahito Kamada, Yasunori Muto and 今井 洋太 : Paddy fields as green infrastructure, E-proceedings of the 37th IAHR World Congress, 7, 2017.
10)田口 太郎 : 「ネットワーク型自治」の可能性, 2017年日本建築学会大会(中国)農村計画部門研究協議会資料「住み継がれるカタチ」, 45-46, 2017年.
11)永瀬 雅夫 : グラフェン基板上への異種機能集積化について, --- 特集/Heterogeneous Integration ---, エレクトロニクス実装学会誌, Vol.20, No.6, 382-386, 2017年.
12)田口 太郎 : 移住者の地域管理への参加:とある研究者の移住, 住宅, Vol.66, No.9, 10-16, 2017年.
13)佐藤 裕, 山根 直人 : 小学生の読みにおける音韻処理の発達的変化 -語彙判断・押韻判断処理における脳処理からの検討-, 明治安田こころの健康財団 2016年度研究助成 論文集, Vol.52, 70-78, 2017年.
14)小田切 康彦 : サードセクター組織におけるミッション・ドリフトの発生要因, RIETI Discussion Paper Series 17-J-068, 1-16, 2017年.
15)清水 真人 : 米国投資会社法における持合禁止規定, 信託研究奨励金論集, No.38, 71-82, 2017年.
16)インゴ ゼンガー, 新井 誠, 清水 真人 : ドイツ会社法における信託(共訳), 会報信託, No.272, 82-97, 2017年.
17)Kosuke Ono : Asymptotic behavior of solutions for Kirchhoff type dissipative wave equations in unbounded domains, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.51, 37-54, 2017.
18)鍋島 克輔, 田島 慎一 : グレブナー基底を用いた収束冪級数環での拡張イデアル所属アルゴリズムについて, 数理解析研究所講究録, Vol.2054, 118-125, 2017年.
19)山口 裕之 : 人文系学部は廃止?, --- 日本の大学改革の現状と課題 ---, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.25, 148-158, 2017年.
20)佐久間 亮 : 英領マラヤ野生動物保護調査委員会と海峡植民地およびマレー非連合州世論, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.25, 1-26, 2017年.
21)新田 元規 : 明末清初における于謙の評価問題, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, No.25, 86-147, 2017年.
22)Shin-ichi Katayama and Khan Nadia : The abc Conjecture and Square Free Parts of Fibonacci Numbers, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.51, 5-28, 2017.
23)田久保 浩 : デラクルスカ派の詩における感受性のイデオロギーと十八世紀メディア, 言語文化研究, Vol.25, 1-22, 2017年.
24)田島 俊郎 : 芥川龍之介の『藪の中』と『ポンチュー伯の娘』, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.25, 31-54, 2017年.
25)荒武 達朗 : 戦火の土地改革 : 1945-48年山東省濱海区地域社会の変動, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.25, 27-67, 2017年.
26)田中 佳 : 王室建造物局総監ダンジヴィレ伯爵の私的注文絵画, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.25, 68-85, 2017年.
27)鎌田 磨人 : 「農」の場における生物多様性を維持・利活用し続けるための仕組み, 季刊 政策・経営研究, No.1, 29-35, 2018年.
28)川瀬 公美子, 中野 晋, 内海 千種 : 災害支援者をより活用するための受援体制のあり方, --- 公立学校の派遣スクールカウンセラーの受け入れ方法の提案 ---, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 73-78, 2018年.
29)白井 昭博, 國見 明加, 横田 優子 : フェルラ酸と紫外線-Aの併用殺菌機構, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-15, 113-117, 2018年.
30)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年.
31)誉田 栄一, 伊藤 照明, 木内 陽介, 市川 哲雄, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 吉田 みどり : 一般照明および植物育成照明に応用できる新しいLED照明方法の開発, LED総合フォーラム2018 in 徳島 論文集, 111-112, 2018年.
32)橋本 親典 : 報告 土木学会コンクリートポンプ施工指針の変遷∼2回の改訂に伴う圧送技術の歴史的経緯と課題, 全国圧送技術大会論文報告集, Vol.1, 15-18, 2018年.
33)渡辺 公次郎 : 徳島都市圏における土地の雨水浸透・貯留機能に着目した洪水災害リスクに関する研究, 福島復興の環境都市計画の視点からの検証および災害復興準備に関する公開研究会, 45-48, 2018年.
34)髙橋 晋一 : 海部郡牟岐町牟岐浦における昭和南海地震の津波体験談(3), 徳島地域文化研究, No.16, 141-162, 2018年.
35)髙橋 晋一 : 板野郡北島町の祭りと民俗芸能(4), 徳島地域文化研究, No.16, 95-119, 2018年.
36)髙橋 晋一, 磯本 宏紀, 近藤 直也, 庄武 憲子, 関 眞由子, 森本 嘉訓 : 阿波の年中行事12ヵ月, 徳島地域文化研究, No.16, 1-18, 2018年.
37)髙橋 晋一 : 徳島市明神町六丁目・大麻比古神社の粥占神事, 徳島地域文化研究, No.16, 19-25, 2018年.
38)髙橋 晋一 : 板野郡板野町大寺・亀山神社の春祭(太々神楽・湯立神楽), 徳島地域文化研究, No.16, 26-37, 2018年.
39)髙橋 晋一 : 三好郡東みよし町「旧三加茂町」の祭りと民俗芸能(1), 徳島地域文化研究, No.16, 120-140, 2018年.
40)ヘルベルト ウォルフガング : 空手道と瞑想(マインドフルネス), 大学解放実践センター紀要, Vol.27, No.3, 31-39, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術レター

1)衣川 仁 : 西田友広著『悪党召し捕りの中世』, 週刊読書人, No.3189, 2017年.
2)Hideaki Takahashi, Quan Binh Cao Nguyen, Yoshihiro Uto, Md Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl esterization of PAK1-blocking propolis ingredients, artepillin C (ARC) and caffeic acid (CA), for boosting their anti-cancer/anti-PAK1 activities along with cell-permeability., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.2, 104-109, 2017.
3)土屋 敦 : 戦後の社会的養護と子どもの人権の系譜―敗戦後から現在までの歴史を振り返る, 月刊福祉, Vol.100, 28-31, 2017年.
4)Daiki Nariai, Minh Hai Tran, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Synchronization in Two Rings of Coupled Three van der Pol Oscillators, Journal of Signal Processing, Vol.21, No.4, 121-124, 2017.
5)Naoki Nakao, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima, Akinobu Kuwahara and Takashi Yasuno : Path Planning and Traveling Control for Pesticide-Spraying Robot in Greenhouse, Journal of Signal Processing, Vol.21, No.4, 175-178, 2017.
6)Tomohito Uchiyama, Hiroshi Suzuki and Takashi Yasuno : Flexibility Evaluation of Action Control Rule for Autonomous Multiple Mobile Robots Based on Decision-Making Function for Panel Cruising Problem, Journal of Signal Processing, Vol.21, No.4, 179-182, 2017.
7)Shogo Yoshida, Hiroshi Suzuki, Takahiro Kitajima and Takashi Yasuno : Prediction of Wind Speed Fluctuation Using Deep Belief Network with Ensemble Learning Method, Journal of Signal Processing, Vol.21, No.4, 183-186, 2017.
8)Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Takumi Okabe, Takushi Kazama, Akihide Sano, Takeshi Umeki, Ryoichi Kasahara and Atsushi Takada : Pump phase-locking to fiber-transmitted QPSK phase-conjugated twin waves for non-degenerate phase-sensitive amplifier repeaters, IEICE Communications Express, Vol.6, No.10, 566-571, 2017.
9)Ikuo Yoneda, Tsutomu Hashizume, Masayuki Booka, OKU Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Advantages of Unstable Manual Wheelchair, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.242, 782-785, 2017.
10)Keizo Nakagawa, Hiroharu Yamashita, Daisuke Saeki, Tomohisa Yoshioka, Takuji Shintani, Eiji Kamio, T. Kreissl, Shik Chi Edman Tsang, Shigeru Sugiyama and H Matsuyama : Niobate Nanosheet Membranes with Enhanced Stability for Nanofiltration, Chemical Communications, Vol.53, No.56, 7929-7932, 2017.
11)吉川 健彦, 松浦 健二, 菅原 宏太, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 二重跳びにおける身体部位間の運動タイミング差の安定化支援, 日本教育工学会論文誌, Vol.41, No.Suppl., 229-232, 2017年.
12)Mitsuno Takanori, Taniguchi Yoshiaki, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Ion sensitivity of large-area epitaxial graphene film on SiC substrate, Applied Physics Letters, Vol.111, 213103-(4pp), 2017.
13)Haiqing Jiang, Zhibing Yi, Pan Cheng, Chuncai Kong, Mufang Li, Xiaojun Wang, Ke Liu, Hitoshi Takagi, Dong Wang and Zhimao Yang : Modified thermal resistance networks model for transverse thermal conductivity of unidirectional fiber composite, Composites Communications, Vol.6, 52-58, 2017.
14)Wolfgang Herbert : Himmel, Hölle, Fegefeuer. Philip C. Almonds diachroner Spaziergang durch die im Abendland ersonnenen Nachtodwelten, literaturkritik.de. rezensionsforum. Ein Beitrag aus der Mittelalter-Redaktion der Universität Marburg, 2017.
15)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Tomoyuki Ueki, Takuya Hashimoto, Hiroki Kawakami, Yuki Fuchikami, Hiromu Hisazawa and Yasuhiro Tanaka : Low-temperature diffusion assisted by femtosecond laser-induced modifications at Ni/SiC interface, Applied Physics Express, Vol.11, 016502-1-016502-4, 2018.

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1)橋本 修一 : サーモプラズモニクスとナノスケール界面, 化学工業, Vol.68, No.4, 12-17, 2017年4月.
2)山田 晃嗣, 高野 義孝 : 植物の防御機構の新しい一面-糖トランスポーター制御による細胞外の糖含量コントロール, 実験医学, Vol.35, No.6, 974-977, 2017年4月.
3)小笠原 正道 : モリブデン触媒不斉オレフィン・メタセシスによる面不斉遷移金属錯体の触媒的不斉合成, Organometallic News, 52-57, 2017年4月.
4)安野 卓 : 人工知能による環境の計測・予測・制御と農薬散布ロボットの開発, 月刊 研究開発リーダー, No.133, 21-25, 2017年4月.
5)山本 孝 : 低出力X線管を利用したX線吸収分光, ぶんせき, 150-151, 2017年4月.
6)Atsushi Mori : Computer Simulations of Crystal Growth Using a Hard-Sphere Model, Crystals, Vol.7, No.4, 102, Apr. 2017.
7)新田 元規 : 四書五経,天の祭祀,君主の即位,死の儀礼,祖先祭祀, 中国文化事典編集委員会〔編〕『中国文化事典』(丸善), 212-221, 2017年4月.
8)橋本 修一 : 液中レーザーアブレーションによる金属ナノ粒子創製とその機構, レーザー研究, Vol.45, No.5, 257-261, 2017年5月.
9)藤澤 日明, 松本 和幸, 奥村 紀之, 吉田 稔, 北 研二 : アスキーアートへの挑戦 - 画像特徴量によるアプローチ -, 人工知能学会誌, Vol.32, No.3, 364-370, 2017年5月.
10)土屋 敦 : 書評―藤井常文『戦争孤児と戦後児童保護の歴史―台場,八丈島に「島流し」にされた子どもたち, 社会福祉研究, Vol.27, 17, 2017年5月.
11)入部 百合絵, 北岡 教英 : 音声認識にむけた超高齢者音声のコーパス構築, 日本音響学会誌, Vol.73, No.5, 303-310, 2017年5月.
12)南川 丈夫, 原田 義規, 高松 哲郎 : 術中応用を目指したラマン散乱分光法~分子振動に基づく医療センシングの可能性~, 光アライアンス, Vol.28, No.5, 42-47, 2017年5月.
13)加藤 雅裕 : 吸着基礎シリーズ 吸着状態描像へのアプローチ ー分光学(赤外・ラマン分光法)ー, Adsorption News, Vol.31, No.1, 16-23, 2017年5月.
14)福森 崇貴 : 心理士のストレス (特集 医療従事者・支援者のストレスケア), 精神科, Vol.30, No.6, 543-547, 2017年6月.
15)水口 仁志 : ラテラルフローアッセイに関する最新の研究動向, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.34, No.1, 19-24, 2017年6月.
16)村上 誠, 三木 寿美, 山本 圭 : リン脂質代謝酵素によるリポクオリティ制御と炎症・免疫, 炎症と免疫, Vol.25, No.4, 290-297, 2017年6月.
17)長谷 栄治, 宮本 周治, 市川 竜嗣, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : スペクトル・エンコーディングを用いたラインフィールド共焦点デュアル光コム顕微鏡, レーザー研究, Vol.45, No.6, 324-327, 2017年6月.
18)田中 佳 : 服部春彦著『文化財の併合―フランス革命とナポレオン―』(書評), 西洋史学, Vol.263, 69-71, 2017年6月.
19)日本社会学会社会学理論応用事典刊行委員会, 樋口 直人 : 社会学理論応用事典, --- 国際移民システム ---, 2017年7月.
20)伊藤 守, 樋口 直人 : コミュニティ事典, --- エスニック・ビジネスとコミュニティ ---, 2017年7月.
21)伊藤 照明 : VE時代の設計/ものづくり:徳島地域におけるIoT利活用の動き, 日本機械学会誌, Vol.120, No.1184, 28-41, 2017年7月.
22)柳谷 伸一郎 : 金ナノ粒子の光加熱により生成するマイクロ・ナノバブルの顕微鏡観察, 精密工学会誌, Vol.83, No.7, 631-635, 2017年7月.
23)青矢 睦月, 水上 知行, 遠藤 俊祐 : 巡検案内書 三波川帯トラバース:最浅部変成岩から最深部超苦鉄質岩まで, 地質学雑誌, Vol.123, No.7, 491-514, 2017年7月.
24)片山 真一 : 小出由岐太の求玉道間数法, 徳島新聞, 2017年7月.
25)玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : コレステロールが誘起する脂質膜側方相分離の熱力学的考察, 熱測定, Vol.44, No.3, 101-107, 2017年7月.
26)伊藤 照明 : 機械工学年鑑:ヒューマンインタフェース・感性設計, 日本機械学会年鑑, 2017年8月.
27)Katsutoshi Ueno : An introduction of multi-band End-Fed Half Waves Antenna, QTC, Vol.2, No.8, 80-84, Aug. 2017.
28)荒武 達朗 : 書評 山本真著『近現代中国における社会と国家 : 福建省での革命,行政の制度化,戦時動員』, 中国研究月報 = Monthly journal of Chinese affairs, Vol.71, No.9, 28-31, 2017年9月.
29)山口 裕之 : 書評「金森修・塚原東吾編『科学技術をめぐる抗争』岩波書店」, フランス哲学・思想研究, Vol.22, 330-333, 2017年9月.
30)橋本 親典, 前川 宏一, 坂田 昇 : 土木学会「施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針」から見た「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」について, セメント・コンクリート, Vol.847, No.9, 12-16, 2017年9月.
31)山本 圭 : リピドミクスが紐解く新たな脂質代謝, 化学と生物, Vol.55, No.10, 668-675, 2017年9月.
32)クリストフ シェーンベルガー, 柴田 尭史, 宮村 教平 : 憲法改正とその限界, 憲法の発展Ⅰ――憲法の解釈・変遷・改正--, 99-108, 2017年9月.
33)太田 光浩 : 非ニュートン流体系での気泡・液滴運動, 混相流, Vol.31, No.3, 267-275, 2017年10月.
34)坂田 昇, 橋本 親典, 前川 宏一 : コンクリートの生産性向上 土木学会施工性能指針の観点からの流動性を高めたコンクリートのガイドラインについて, --- ∼変わったことと変わらないこと∼ ---, コンクリートテクノ, Vol.36, No.11, 9-14, 2017年11月.
35)小野寺 淳, 小田 匡保, 野積 正吉, 川村 博忠, 平井 松午 : シーボルトが日本で集めた地図, 地理, Vol.61, No.11, 2017年11月.
36)Toshio Takayanagi : Monitoring of Ambient Ozone: Instrumentations and Applications, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.34, No.2, 67-70, Dec. 2017.
37)Yukihiro Arakawa : Flavopeptidyl-Resins That Catalyze Aerobic Oxygenations Just Like a Flavoenzyme, Kobunshi, Vol.66, No.12, 655, Dec. 2017.
38)小笠原 正道 : 均一系オレフィン・メタセシス反応による面不斉遷移金属錯体のエナンチオ選択的合成法の開発と不斉触媒反応への応用, Bull. Jpn. Soc. Coord. Chem., Vol.70, 14-21, 2017年12月.
39)Kohji Yamada and Yuriko Osakabe : Sugar compartmentation as an environmental stress adaptation strategy in plants., Seminars in Cell & Developmental Biology, Dec. 2017.
40)Fuji Ren and Yu Gu : Motion and Emotion Sensing Driven by Big Data, ZTE Communications, Vol.15, No.S2, 1-2, Dec. 2017.
41)樋口 直人 : 書評・濱西栄司著『トゥレーヌ社会学と新しい社会運動理論』, ソシオロジ, No.191, 2018年.
42)安井 武史 : デュアル・テラヘルツ・コム分光法を用いた煙混在ガス濃度の動的モニタリング, 光アライアンス, Vol.28, No.2, 29-32, 2018年.
43)南川 丈夫, 長谷 栄治, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史 : 波長分散素子を用いたワンショット共焦点顕微鏡, ケミカルエンジニヤリング, Vol.63, No.3, 28-35, 2018年.
44)橋本 親典 : 荷卸し時のスランプ8cmが変わる, --- 国土交通省「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」の運用開始 ---, 土木学会誌, Vol.103, No.1, 58-61, 2018年1月.
45)橋本 親典 : Specila issue 生コン×i-Con コンクリート打設の効率化検討進む, --- 橋本親典・徳島大学大学院教授に聞く ---, コンクリートテクノ, Vol.37, No.1, 12-14, 2018年1月.
46)鈴木 秀宣, 村松 禎久 : 特集/被ばく線量管理技術 ―序文―, Medical Imaging Technology, Vol.36, No.1, 1-2, 2018年1月.
47)山本 圭 : sPLA2のリポクオリティと皮膚疾患, 医学のあゆみ, Vol.264, No.2, 131-136, 2018年1月.
48)水口 仁志 : 現場で使える高感度で迅速な簡易分析法, 化学と教育, Vol.66, No.1, 22-23, 2018年1月.
49)山口 裕之 : 書評・根本彰『情報リテラシーのための図書館』みすず書房, 徳島新聞, 2018年1月.
50)Yuriko Osakabe : Environmental sensing and plant development., Seminars in Cell & Developmental Biology, Vol.S1084-9521, No.18, 30015-30016, Jan. 2018.
51)山本 孝 : X線を利用したタングステンジルコニウム複合酸化物系固体強酸触媒の構造解析, 触媒, Vol.60, No.1, 8-13, 2018年1月.
52)山本 圭 : リピドミクスが疾患の診断に使われる日も近い?, 臨床化学, Vol.47, No.1, 77-78, 2018年1月.
53)石田 啓祐 : 新たな国指定天然記念物及び名勝「大歩危小歩危」, 日本地質学会News, No.21, 2-3, 2018年1月.
54)Hiroshi Kikukawa, Eiji Sakuradani, Akinori Ando, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa : Arachidonic acid production by the oleaginous fungus Mortierella alpina 1S-4: A review, Journal of Advanced Research, Vol.11, 15-22, Feb. 2018.
55)杉山 茂 : 巻頭言 枯渇資源リンを理解してもらうために, Phosphorus Letter, No.91, 3-5, 2018年2月.
56)前川 宏一, 橋本 親典, 坂田 昇 : 土木学会関連指針の観点からの「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン(国土交通省)」について, コンクリート工学, Vol.56, No.3, 213-217, 2018年3月.
57)Ken-Ichi Fushimi : Low Background Measurement by Means of NaI(Tl) Scintillator ~ Improvement of Sensitivity for Cosmic Dark Matter ~, Radioisotopes, Vol.67, 101-111, Mar. 2018.
58)寺田 賢治 : ViEW2017ビジョン技術の実利用ワークショップ開催報告, 映像情報Industrial, Vol.50, No.3, 56-57, 2018年3月.
59)佐藤 征弥 : 本多静六博士との様々な接点, 本多静六通信, No.26, 1-5, 2018年3月.
60)山田 晃嗣 : 糖輸送体の活性制御による植物の新規防御機構の解明, バイオサイエンスとインダストリー, Vol.76, No.2, 156-157, 2018年3月.
61)山本 圭 : リポクオリティを基軸とした新規リゾリン脂質の生理的意義の解明, 細胞, Vol.50, No.3, 159-160, 2018年3月.
62)髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係新聞記事一覧(2017年1月∼12月), 徳島地域文化研究, No.16, 193-202, 2018年3月.
63)髙橋 晋一, 髙橋 晋一 : 書評:鈴木正崇著『東アジアの民族と文化の変貌-少数民族と漢族,中国と日本』(風響社,2017年), --- 「虫の目」と「鳥の目」による文化理解の旅 ---, 図書新聞, No.3344, 3, 2018年3月.
64)山口 裕之 : 書評・池内了『科学者と軍事研究』岩波新書, しんぶん赤旗, 2018年3月.
65)山本 孝 : 第66回デンバーX線会議報告, X線分析の進歩, Vol.49, 143-148, 2018年3月.
66)山本 孝 : 第53回X線分析討論会報告, X線分析の進歩, Vol.49, 95-99, 2018年3月.
67)今井 昭二, 上村 健, 児玉 憲治, 山本 祐平 : WDXRF による樹氷と雪の中の非水溶性イオウ化合物の化学形態別分析と東アジアの石炭燃焼排出物の冬期モンスーン下での長距離輸送機構, X線分析の進歩, Vol.49, 125-142, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Shuji Miyamoto, Yi-Da Hsieh, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Fourier transform-based confocal microscopy using image-encoded optical-frequency-comb, Focus on Microscopy 2017, P2-F/20, Bordeaux, France, Apr. 2017.
2)Masamichi Ogasawara : Design and Synthesis of Phosphine-Olefin Ligands with Planar-Chiral Metal Complex Scaffold and Application in Asymmetric Catalysis, The 253rd ACS National Meeting, San Francisco, Apr. 2017.
3)Hiroki Kishikawa, Kensuke Inoshita and Nobuo Goto : Noise Tolerance in Integrated-Optic Recognition Circuit for Optical 16QAM Codes, European Conference on Integrated Optics (ECIO 2017), No.MP1.18, Eindhoven, Netherland, Apr. 2017.
4)Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Masato Nakagawa, Kazuki Tainaka and Kenji Tanno : Application of Computed Tomography - Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy to Combustion Analysis, 4th International Workshop on Heat Transfer, IWHT2017, TFEC-IWHT2017-17716, Las Vegas, USA, Apr. 2017.
5)Yi-Da Hsieh, Shota Nakamura, Takeo Minamikawa, Francis Hindle and Takeshi Yasui : Real-time monitoring of gas concentration mixed with unwanted smoke under "atmospheric pressure using asynchronous-optical-sampling THz time-domain spectroscopy, 7th International Conference on Optical Terahertz Science and Technology, PS2:01, London, Uk, Apr. 2017.
6)Guoqing Hu, Tatsuya Mizuguchi, Xin Zhao, Takeo Minamikawa, Takahiko Mizuno, Yuli Yang, Cui Li, Ming Bai, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : Real-time frequency measurement of CW-THz radiation using dual photo-carrier THz combs induced by a free-running, dual-wavelength mode-locked, Er:fiber laser, 7th International Conference on Optical Terahertz Science and Technology, PS3:04, London, UK, Apr. 2017.
7)Hirotsugu Yamamoto, Okamoto Tomoyuki, Horie Hitomi, Ryousuke Kujime, Haruki Mizushina, Shiro Suyama and Itoigawa Takaho : Forming an aerial heater and its application for aerial information display, SPIE DCS, California, USA, Apr. 2017.
8)Takeshi Yasui, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Katsuya SATO : In situ second-harmonic-generation imaging of collagen fibers produced by standing-cultured osteoblasts, Focus on Microscopy 2017, P1-E/7, Bordeaux, France, Apr. 2017.
9)Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto and Kenji Kita : Acceleration of Similar Word Search in Distributed Representation, Proceedings of the 18th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLING 2017) (poster), Apr. 2017.
10)尾野 薫 : A trial of practical method for using personal memories in landscape protection and management, International Scientific Conference PROBLEMS OF LANDSCAPE PROTECTION AND MANAGEMENT IN XXI CENTURY, ワルシャワ, 2017年4月.
11)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas, The 9th Asian Symposium on Microbial Ecology(ASME2017),Program and Abstracts, 204, Busan, Apr. 2017.
12)Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Shuji Miyamoto, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Development of confocal laser scanning microscopy by use of optical frequency comb, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2017, SF2C.3, San Jose, CA, USA, May 2017.
13)Katayama I., Xu R., Yasuo Minami, Yanagi K., Kitajima M. and Takeda J. : Chirality Dependent Coherent Phonon Dynamics in Carbon Nanotube Solutions, The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO 2017), FTh3F.6, San Jose, USA, May 2017.
14)Toshitaka Baba, Taiki Okada, J. Ashi, J. Ashi and T. Kanamatsu : A possible source model of the 1512 Eisho tsunami described in an ancient document, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, May 2017.
15)Honda Hirofumi, Kubo Kei, Yamamoto Ryuuji, Ishii Yoshiaki, Kanzaki Hiromitsu, Hmamoto Yasushi, 望月 輝一, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga and Yoshihiro Uto : Feasibility of dose delivery error detection by a transmission detector for patient-specific QA, Radiotherapy and Oncology, May 2017.
16)Tetsuya Ueta, Mitsuhiro Ohta and Sussman Mark : Numerical Simulations of the Shear-induced Deformation and Breakup of a Bubble in a Viscous Liquid, The 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE), Toyama, May 2017.
17)Shohei Yamamoto, Mitsuhiro Ohta and Shuichi Iwata : The Effect of Solution pH on the Bubble Rise Motion in a Hydrophobically Modified Alkali-Soluble Emulsion Polymer Solution, The 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE), Toyama, May 2017.
18)Kaneyoshi K., Uchiyama K., Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano, Koga Y. and Takeshi Omasa : INTRACELLULAR SECRETION ANALYSIS OF RECOMBINANT THERAPEUTIC ANTIBODIES IN ENGINEERED CHO CELLS AIMING TO ESTABLISH HIGH PRODUCER, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
19)Masayoshi Onitsuka, Fujino Y., Kawamura N. and Takeshi Omasa : CONSTRUCTION OF A SYSTEM FOR RAPID EVALUATION OF PRODUCTION ENHANCER GENE IN CHO ANTIBODY PRODUCTION, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
20)Noriko Yamano, Tanaka S., Ogata N., Masayoshi Onitsuka, Koga Y. and Takeshi Omasa : CHARACTERIZATION OF ANTIBODY-PRODUCING CHO CELLS WITH CHROMOSOME ANEUPLOIDY, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
21)Tanaka W., Yoshitomi K., Noriko Yamano, Masayoshi Onitsuka, Koga Y. and Takeshi Omasa : ENHANCEMENT OF ANTIBODY PRODUCTIVITY IN RECOMBINANT CHO CELLS CONSTRUCTED BY TARGETING THE IGG1 GENE TO THE STABLE CHROMOSOME, The 25th Meeting of the European Society for Animal Cell Technology (ESACT) 2017, May 2017.
22)Hiroyuki Ukida : 3D Shape Measurement with Defect Detection, Proceedings of SPIE: Thirteenth International Conference on Quality Control by Artificial Vision 2017 (QCAV2017), Vol.10338, 103380S-1-103380S-5, Tokyo, May 2017.
23)Guoqing Hu, Tatsuya Mizuguchi, Xin Zhao, Takeo Minamikawa, Ting Li, Zheng Zheng and Takeshi Yasui : Terahertz dual-comb spectroscopy with a free-running, dual-wavelength-comb fiber laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2017, SW4J.1, San Jose,USA, May 2017.
24)Shigeru Sugiyama, Hisanobu Misu, Shinya Nitta, Sho Shimazu, , Masahiro Katoh, Yuuki Katou and Wataru Ninomiya : Enhancement of Isobutene Yield in the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on SBA-15 Doped with a Trace Amount of Chromium, 6th Korea-Japan Symposium on Catalysis and 3rd International Symposium of Institute for Catalysis, Sapporo, May 2017.
25)Xiangmeng Lu, Yasuo Minami and Takahiro Kitada : Sublattice reversal in GaAs/Ge/GaAs (113)B heterostructures grown by MBE, The 44rd International Symposium on Compound Semiconductor(ISCS2017), No.B8.6, Berlin, Germany, May 2017.
26)Cui Li, Xin Zhao, Ruixiao Li, Guoqing Hu, Takeshi Yasui and Zheng Zheng : Dead-band-free, real-time high-resolution microwave frequency measurement with a multi-comb laser, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2017, STh3L.3, San Jose,USA, May 2017.
27)Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Dual-comb single-pixel imaging for scan-less hyperspectral imaging, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2017, STh3L.5, San Jose, USA, May 2017.
28)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Yusuke Kawahito, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, Takeshi Yasui and Clement Torovato : Digital holography using multiple synthesized wavelengths cascaded by optical frequency synthesizer, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2017, JTh2A.71, San Jose, USA, May 2017.
29)Yuki Osaka, Issei Aibara and Shuichi Hashimoto : Plasmonic-heating-induced nanofabrication using gold nanoparticles, Abstracts: Molecular Plasmonics 2017, 11, Jena, Germany, May 2017.
30)Mutsuki Aoya, Shunsuke Endo, Tomoyuki Mizukami and Simon Wallis : The Early-Cretaceous Sambagawa metamorphism and a cross-sectional view of the Late-Cretaceous Sambagawa subduction zone, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, No.SGL33-08, May 2017.
31)Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto and Kenji Kita : Distributed Representations for Words on Tables, Proceedings of the 21st Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2017), Part-I (LNAI 10234), 135-146, May 2017.
32)村上 敬一 : コホート系列法による地域方言研究と社会活動の実践, 育達科技大学2017年應用日語學術研討會, 1-6, 台湾造橋郷, 2017年5月.
33)Hiroyuki Okamoto, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Hiroshi Ono : Trench plasmonic waveguide filter incorporated with silicon waveguide, The 8th International Conference on Surface Plasmon Photonics (SPP8), P-07-36, Taipei, May 2017.
34)Toshihiro Okamoto, Kota Tanikawa, Kazuhiko Iwakiri, Kazunari Shinmi, Ran Saito and Masanobu Haraguchi : Fabrication of split ring resonator for near infrared region by nanosphere lithography, The 8th International Conference on Surface Plasmon Photonics (SPP8), IN-49, Taipei, May 2017.
35)Min-Gyu Jeon, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Yuma Mori, Masato Nakagawa, Gyeong-Rae Cho and Deog-Hee Doh : Three-dimensional measurement method of H2O using CT-Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy(TDLAS), Proceedings of ICCHM2T2017, Seoul, Korea, May 2017.
36)Masato Nakagawa, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Kazuki Tainaka and Kenji Tanno : 2D temperature measurement of the pulverized coal combustion field using CT-TDLAS, Proceedings of ICCHM2T2017, Seoul, Korea, May 2017.
37)Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto and Deog-Hee Doh : ADVANCED RECONSTRACTION ARUGORISM OF CT-TDLAS FOR ITS INDUSTRIAL APPLICATONS, Proceedings of ICCHM2T2017, PaperNumber160169, Seoul, Korea, May 2017.
38)Shiwei Zhang, Yoshihiro Deguchi, Krunal G. Girase, Fusheng Yang, Takahiro Kamimoto, Yoshiki Nishida and Satomi Kusanagi : Hydrocarbon Wavelength-wide Scanning Measurement by TDLAS using the DFG Laser in the Mid-IR wavelength range from 3346nm to 3386nm, Proceedings of ICCHM2T2017, Seoul, Korea, May 2017.
39)Jesus Rafael Alcantara Avila, Terasaki Masataka, Lee Hao-Yeh, Chen Jun-Lin, Ruiz Cabrera Julián, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Design and Control of Diphenyl Carbonate Reactive Distillation Processes Using Arrangements with Heat-Integrated Stages, 6th International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes (AdCONIP 2017), 288-293, Taipei, May 2017.
40)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Off-axis digital holography in THz region, Digital Holography & 3-D Imaging 2017, TM3A.5, Jeju Island, South Korea, May 2017.
41)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Yusuke Kawahito, Clement Torovato, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Multiple-synthesized-wavelengths digital holography using optical frequency synthesizer, Digital Holography & 3-D Imaging 2017, Tu1A.5, Jeju Island, South Korea, May 2017.
42)Akihiro Furube, yamanaka daiki, Shin-ichiro Yanagiya, Matsuzaki Hiroyuki, Uchida Kazuyuki and Kubo Takashi : Transient absorption study of singlet excitons in crystalline peropyrene derivatives: examination of singlet fission process, 231th ECS Meeting, May 2017.
43)Mikito Yasuzawa, Jiang Li, Shinsaku Nakataki, Yusuke Fuchiwaki and Toshihiko Harada : Preparation of Glucose Sensor for Low Invasive In Vivo Measurement, 231th ECS Meeting, New Orleans, May 2017.
44)Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Yuji Hashimoto, Miduki Ishikawa, Ayako Azuma and Kenichi Deguchi : Acute electrical muscle stimulation of the lower extremities enhances the vascular endothelial function, 64th American College of Sports and Medinice Annual Meeting, May 2017.
45)Yasuaki Tamura, Hajime Miura, Kenichi Deguchi, Miduki Ishikawa, Yuji Hashimoto and Ayako Azuma : Effects of acute aerobic repetition exercises on the vascular endothelial function, 64th American College of Sports and Medinice Annual Meeting, May 2017.
46)Hiroo Tarao, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Takashi Matsumoto, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Calculation of current densities inside dentin by applying 500-kHz current, 2017 The Joint Annual Meeting of The Bioelectromagnetics Society (BEMS) and the European BioElectromagnetics Association (EBEA) (Hangzhou, China), Jun. 2017.
47)Hiroaki Shuu, Masatake Akutagawa, Hiromichi Yumoto, Takahiro Emoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Hiroo Tarao, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Fundamental study on the mechanism of electromagnetic wave therapy of periapical periodontitis, 2017 The Joint Annual Meeting of The Bioelectromagnetics Society (BEMS) and the European BioElectromagnetics Association (EBEA) (Hangzhou, China), Jun. 2017.
48)Yu Gu, Jinhai Zhan, Fuji Ren and Xiaoyan Wang : ``Silence is Golden'': Exploring Ambient Signals for Detecting Motions in a Real-time Manner, IEEE VTC-fall 2017 (IEEE 86th Vehicular Technology Conference), Toronto, Jun. 2017.
49)Yuki Osaka, Satoshi Sugano and Shuichi Hashimoto : Laser-induced fabrication of nanoholes on glass substrates exploiting gold nanoparticles, LPM 2017 Programs and Technical Digest, 94, Toyama, Jun. 2017.
50)Yu Gu, Jianwen Tian, Liwen Zhang, Zhi Liu, Fuji Ren and Xiaoyan Wang : Activity Recognition via Channel Response: From Theoretical Analysis to Real-world Experiments, IEEE 85th Vehicular Technology Conference: VTC2017-Spring, Toronto, Jun. 2017.
51)Yuki Mando, Ryouhei Sakamoto, Eriko Soma, Ichiro Shoita, Takayuki Hirai, Hiroki Kurita, Masatake Kawada and Koji Tanaka : Measuring 5.8GHz-band Microwave Emission from Hypervelocity Impacts of Different Combinations of Projectile and Target Materials, Proceedings of 31st International Symposium on Space Technology and Science, 6-pages, Matsuyama, Japan, Jun. 2017.
52)Ken Morita, Takaiwa Haruka, Takahiro Kitada and Ishitani Yoshihiro : Influence of the above-barrier illumination on spin relaxation time of InGaAs/InAlAs multiple quantum wells, 9th International School and Conference on Spintronics and Quantum Information Technology(SpinTECH ), No.B86, Fukuoka, Jun. 2017.
53)Masamichi Ogasawara : Mo-Catalyzed Asymmetric Synthesis of P-Stereogenic Phosphine Derivatives by "Formal" Cross-Metathesis on Arene-Cr Complexes, International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC 2017), Ho Chi Minh, Jun. 2017.
54)Shuda Xin, Yang Cao and Fuji Ren : Numerical simulation of VAWT on the effects of rotation cylinder, ACMME 2017 5th Asia Conference on Mechanical and Materials Engineering, No.99, 1-5, Tokyo, Japan, Jun. 2017.
55)Masatake Kawada, Masao Suzuki and Ryohei Ikeda : Condition Monitoring for Propulsion Coils of Superconducting Maglev Systems Using an On-Board Radio Interferometer System, Proceedings of the 35th IEEE Electrical Insulation Conference, 455-458, Baltimore, Jun. 2017.
56)Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang, Minchao Cui, Yuki Fujita, Renwei Liu and Junjie Yan : Improved Detection Ability Improved Detection Ability, Proceedings of EMSLIBS2017, Pisa, Italy, Jun. 2017.
57)Minchao Cui, Yoshihiro Deguchi, Z.Z. Wang, Yuki Fujita and Renwei Liu : Dynamics and Parameters of Plasma Generated by Long and Short Dual Pulses Laser Interacting with Steel Sample, Proceedings of EMSLIBS2017, Pisa, Italy, Jun. 2017.
58)Takeshi Yasui : (Invited)Gapless dual THz comb spectroscopy, 9th THz Days, Dunkerque, France, Jun. 2017.
59)Rahimah Hamid Abdul, Morisaki Kenta and Teruaki Ito : B-code generation for a cnc dentistry wire bending mechanism, International Symposium on Scheduling 2017 (ISS2017), 105-110, Nagoya, Jun. 2017.
60)Kimura Masato, Sakamoto Masanori, Adachi Hiroyuki, Sugimoto Toshiki, Haruta Mitsutaka, Watanabe Kazuya, Akihiro Furube, Kurata Hiroki, Matsumoto Yoshiyasu and Teranishi Toshiharu : Investigation on visible light-induced long-lived charge separation in AuxS/ZnS heterostructured nanoparticles, 7th International Colloids Conference, Sitges, Jun. 2017.
61)Masatsugu Oishi, Keisuke Yamanaka, Iwao Watanabe, Yoshiharu Uchimoto and Toshiaki Ohta : Direct observation of oxygen anion redox reaction in Li-rich layered manganese oxides, 21th International conference on Solid State Ionics, Jun. 2017.
62)Yasuo Yamamoto, Hanayo Katsura, Shun Ogura, Naoyuki Shimomura, Kenji Teranishi and Yoshihiro Uto : Consideration of Pulse-Width Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields Application on Cancer Cell, IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
63)Yudai Shimomura, Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Naoyuki Shimomura and Kenji Teranishi : Effect of Discharge Gas on Water Treatment Using Nanosecond Pulsed Power Discharges, IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
64)Shingo Ishino, Kouji Omatsu, Naoyuki Shimomura and Kenji Teranishi : Effect of Reactor Diameter on NOx Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers, IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
65)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Structural modification of cellulose nanocomposites by stretching, Proceedings of the 8th International Conference on Computational Methods and Experiments in Material and Contact Characterisation, 247-253, Tallinn, Jun. 2017.
66)邵 迎建 : 文学が彼女たちを裏切ったのか, --- 林奕含『房思琪の初恋楽園』を読む ---, 第十三回中国女性文学学術検討会, 中国長春, 2017年6月.
67)Nobuo Goto, Kensuke Inoshita, Tumendemberel Surenkhorol and Hiroki Kishikawa : Optical Waveguide Circuits for Recognition of Optical Labels Encoded in Quadrature-Amplitude-Modulation Format, 16th International Symposium on Microwave and Optical Technology (ISMOT2017), Seoul, No.2A2.3, Seoul, Jun. 2017.
68)Kenta Tsubota, Mitsuhiro Ohta and Mark Sussman : Three-Dimensional Numerical Simulations of the Motion of a Bubble Passing Through a Liquid-Liquid Layer, The 3rd International Conference on Numerical Methods in Multiphase Flows (ICNMMF-III), Tokyo, Jun. 2017.
69)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Yuya Sakaguchi and Takahiro Matsui : Eexperimental investigation of effects of mechanical extension on performance of PVA/CNF nanocomposites, Collaborative Conference on Materials Research (CCMR2017), 344-346, Jeju, Jun. 2017.
70)Shiro Sakai : Multi-wavelength AlGaInN-LEDs, Collaborative Conference on Materials Research, 422, Jeju island, South Korea, Jun. 2017.
71)Masashi Okushima : Multi-Agent Simulation of Promoting Clean Energy Vehicle for Evaluation of Policies, Proceedings of Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, 1-4, Otsu, Jun. 2017.
72)Masao Nagase : Epitaxial graphene on SiC for new functional devices, --- [invited] ---, Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2017, Jeju, Korea, Jun. 2017.
73)Fuji Ren : Affective Computing and Intelligent Robot, WIC2017(World Intelligence Congress), Jun. 2017.
74)Fuji Ren : Affective Computing and Intelligent Robots, 2017 World Intellgence Conference, Tianjin, China, Jun. 2017.
75)Katsusuke Nabeshima and Tajima Shinichi : Computing integral numbers for a parametric ideal in a ring of convergent power series via comprehensive Gröbner systems, 23rd Conference on Applications of Computer Algebra, Jerusalem, Jul. 2017.
76)Tajima Shinichi and Katsusuke Nabeshima : An implementation of the Lê -Teissier method for computing local Euler obstructions, 23rd Conference on Applications of Computer Algebra, Jerusalem, Jul. 2017.
77)Ishibashi Masahiro, Chigusa Uchiumi, Aizawa Naoki, Makita Kiyoshi, Hiraishi Hirotoshi and Saito N. Daisuke : Do the Rorschach Form Quality variables relate to brain hemodynamics during the Rorschach task?, XX International Congress of Rorschach and Projective Methods, Jul. 2017.
78)居上 靖弘, 上野 勝利, 渦岡 良介 : Variation in seismic response of an embankment on liquefiable ground in dynamic centrifuge modeling, 3rd International Conference on Performance-based Design in Earthquake Geotechnical Engineering, バンクーバー, 2017年7月.
79)Keishi Osakabe : Current and future of genome editing in agricultural products, VICEA (Vienna International Science Conferences and Events Association) Plant Genome editing & Genome engineering, Wien, Jul. 2017.
80)Masao Nagase : Single-Crystal graphene on SiC substrate: growth and applications, --- [invited] ---, 2017 Asia-Pacific Workshop on Fundamentals and Applications of Advanced Semiconductor Devices (AWAD), Gyeongju, Korea, Jul. 2017.
81)Yuriko Osakabe : Genome Editing in Higher Plants to Improve Plant Growth and Stress Responses (Invited lecture), VICEA (Vienna International Science Conferences and Events Association) Plant Genome editing & Genome engineering, Jul. 2017.
82)Zhao Han, Duoqian Miao, Fuji Ren and Hongyun Zhang : Discernibility Matrix and Rules Acquisition Based Chinese Question Answering System, Lecture Notes in Computer Science (Conference: International Joint Conference on Rough Sets), 239-248, OLSZTYN, Poland, Jul. 2017.
83)Ryota Fujiki, Yuhki Yano, Tian Song, Takashi Shimamoto and Nobutatsu Nakamura : Training Library Generation for Automatic Sea Cucumber Recognition, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 468-469, Busan, Jul. 2017.
84)Shota Yusa, Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast CU Depth Decision Algorithm Using Depth-Map for 3D-HEVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 473-474, Busan, Jul. 2017.
85)Koki Tamura, Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Coding Efficiency Improvement Algorithm for Inter-Layer Reference Prediction in SHVC, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2017), 479-480, Busan, Jul. 2017.
86)Hossain Mobarok Bhuyain, Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Akinori Tuji : Real Time Specified Person Tracking in a Crowded Scene using the Particle Filter, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering (ICEE2017), No.SS1-3, 2087-2091, Weihai, China, Jul. 2017.
87)Retsuo Kawakami, Kengo Fujimoto, Masahito Niibe, Yuma Araki, Yoshitaka Nakano and Takashi Mukai : TiO2 Thin Film Surfaces Treated by O2 Plasma in Dielectric Barrier Discharge with Assistance of Heat Treatment, Proceedings of 14th International Symposium of Sputtering & Plasma Processes, 274-277, Kanazawa, Jul. 2017.
88)Pankaj M. Koinkar : Field emission properties of nanostructures and nanocomposites, International Conference on Materials Research and Technology (ICMRT 2017), Ballabgarh, Faridabad, India, Jul. 2017.
89)Akihiro Furube : Ultrafast Spectroscopy of Solar Energy Conversion Nano-Materials, International Conference on Materials Research and Technology 2017, Jul. 2017.
90)Kouta Nagai, Yousuke Endoh, Yurie Ohiwa, Yuto Oe, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue and Takanori Satoh : Comparison of Thermostabilities among Nucleoside Diphosphate Kinases from Geobacillus and Anoxybacillus bacteria, The 5th Asia Pacific Protein Association Conference (APPA2017),The Program and Abstracts, 185, Bangsaen,Thailand, Jul. 2017.
91)Koichi Ute, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Yudai Ishii and Ikuma Wakamatsu : Determination of Stereoregularity of Poly(lactic acid) by Multivariate Analysis of NMR Spectra, 29th International Symposium on Chirality (Chirality 2017), Tokyo, Jul. 2017.
92)Ryo Moriwake, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Character Recognition in Road Signs using a Smartphone, Proceedings of the 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics( IIAI-AAI 2017), 1036-1041, Hamamatsu, Japan, Jul. 2017.
93)Yoshino Naoyuki, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Body Physical Measurement using Kinect for Virtual Dressing Room, Proceedings of the 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics( IIAI-AAI 2017), No.SCAI-4, 845-850, Hamamatsu, Japan, Jul. 2017.
94)Imamura Masaki, Marui Ryo, Sakai Takayuki, Akira Mizobuchi and Hamada Hiroyuki : Process analysis during edge preparation for steel plate between expert and non-expert, Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Human Aspects of Advanced Manufacturing, 435-442, Jul. 2017.
95)Kojiro WATANABE, Hideo Yamanaka and Akio Kondo : A Study on Simulation Model for Urbanization Considering Tsunami Disaster Risk in Japanese Provincial Cities, Proceedings of the 15th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Adelaide, Jul. 2017.
96)Masamichi Ogasawara : Enantioselective Synthesis of P-Stereogenic Phosphine Derivatives by Molybdenum-Catalyzed "Formal" Cross-Metathesis: Use of Chromium-Template for High Enantio-, Chemo-, and E/Z-Selectivities, The 22nd International Symposium on Olefin Metathesis and Related Chemistry (ISOM 22), Zuerich, Jul. 2017.
97)Antonio Norio Nakagaito and Hitoshi Takagi : Easy cellulose nanofiber extraction from residue of agricultural crops, Abstract Book AMDP 2017 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 29, Pune, Jul. 2017.
98)Akiko Kondo, Akio Kondo and Satoshi Togawa : Current Situation of Inbound Tourism in Japan and Inbound Tourist Behavior Model, Proceedings of the 15th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Adelaide, Jul. 2017.
99)Teruaki Ito and Tomio Watanabe : Image-based active control for AEM function of ARM-COMS, Lecture Notes in Computer Science, No.LNCS 10273, 529-538, Vancouver, Jul. 2017.
100)Shun Kamada, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Observation of transmission spectra of an anti-symmetric Mach-Zehnder interferometer by MIM plasmonic waveguides, The 11th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO11), Contr9-3, Tainan, Jul. 2017.
101)Minakata Ryota, Minato Ryunosuke, Otani Yasumasa, Liu Xie, Kei-ichiro Murai, Sumi Hirofumi, Suda Eisaku and Toshihiro Moriga : Characterizations of La-doped Ceria synthesized by coprecipitation method as an electrolyte for solid oxide fuel cells, 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance(AMDP2018), 78, Pune, Jul. 2017.
102)Ikenaga Koji, Shiroi Yuka, Nakata Katsuya, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Deposition of DC-sputtered ITO Thin Films by Controlling Exhaust Pressure as a New Experimental Parameter, 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP 2017), 79, Pune, Jul. 2017.
103)Quyen Hong Ho, Maki Yoshioka, Thuy Thi Xuan Le, Masashi Kurashina and Mikito Yasuzawa : Eco-Friendly Removal of Phosphate from Aqueous Solution Using Natural Dietary Fibers and Minerals, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2017, Pune, Jul. 2017.
104)Masashi Kurashina, Daiki Ikeuchi, Masaki Ohara, Toshio Takayanagi and Mikito Yasuzawa : Syntheses and Properties of Copper Hydroxide Nanosheets and Controlled Deposition, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2017, Pune, Jul. 2017.
105)Hitoshi Sugiyama and Daisuke Yonekura : Effect of ion bombardment condition on substrate surface properties, Abstract Book for 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 75, Pune, Jul. 2017.
106)Daisuke Yonekura : Application of ultrasonic assisted soldering method to hard-to-solder material, Abstract Book for 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 26, Pune, Jul. 2017.
107)Masao Nagase : Large-scale epitaxial graphene fabricated by high-temperature graphitization of SiC substrate, --- [Plenary] ---, International Conference on Advanced Materials Development & Performance (AMDP) 2017, Pune, India, Jul. 2017.
108)Kenji Teranishi, Murata Keisuke, Yonezawa Masahiro and Naoyuki Shimomura : Decomposition of Acetic Acid Solution by Dielectric Barrier Discharge, Proceedings of the 33rd International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 240, Estoril, Portugal, Jul. 2017.
109)Kori Shuhei, Nakai Shun, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Effect of the thermoelectric material of Ca and Fe doped LaCoO3, 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP 2017), 204-205, Pune, Jul. 2017.
110)Mikito Yasuzawa, Shinsaku Nakataki, Toshihiko Harada, Jiang Li, Yusuke Fuchiwaki and Masashi Kurashina : Low invasive biosensor for continuous glucose monitoring, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2017, Pune, Jul. 2017.
111)Tsuyoshi Tsuda, Mikito Yasuzawa, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Electrical characteristic evaluation of Graphene on SiC, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2017, Pune, Jul. 2017.
112)Thuy Thi Xuan Le, Suong Thi Le, Mai Thi Sao Nguyen, Cuong Phuoc Le, Thoa Thi Kim Pham, Quyen Hong Ho and Mikito Yasuzawa : Purification of Groundwater Contaminated Iron and Manganese by Effective Cost Filter Materials for Households in Rural Areas, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2017, Pune, Jul. 2017.
113)Ryuchu Kanda and Daisuke Yonekura : Study on contact angle of tool steel surface treated by electron beam alloying technique, Abstract Book for 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 94, Pune, Jul. 2017.
114)Anzai Kento and Daisuke Yonekura : Fretting fatigue properties of ti-6al-4v alloy with cr/crn multilayer, Abstract Book for 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 95, Pune, Jul. 2017.
115)Akihiro Furube : Ultrafast spectroscopic study on interfacial electron transfer in solar cell nanomaterials, Internatinal Confence on Advanced Materials Development & Performance, Jul. 2017.
116)Tao Wen, Qiaogen Zhang, Lingli Zhang, Jingtan Ma, Ming Chen, Naoyuki Shimomura and Zhibing Li : Research on impulse withstand test effectiveness from insulation characteristics of SF6 gas gap with highly inhomogeneous electric field, 1st International Conference on Electrical Materials and Power Equipment, 482-485, Xi'an, Jul. 2017.
117)Pankaj M. Koinkar : Synthesis of Nanomaterials using Laser ablation in liquid solution, Internatinal Confence on Advanced Materials Development & Performance (AMDP 2017), Pune, India, Jul. 2017.
118)Toshihiro Moriga, Koshi Takahashi, Koki Shibai, Chih-Wei Hsiao, Yusuke Mizuta, Kui Hu, Yu Umeoka and Kei-ichiro Murai : Eco-friendly Preparation of (Oxy)nitrides for Pigments, Phosphors and Electrodes, 8th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 10, Pune, Jul. 2017.
119)Kanazawa Makoto, Pankaj M. Koinkar, Akihiro Furube, More Mahendra and Matsuzaki Hiroyuki : Preparation of MoS2 nanoprticles by laser ablation and evaluation of carrier dynamics with time-resolved spectroscopy, Internatinal Confence on Advanced Materials Development & Performance (AMDP 2017), 331-332, Pune, India, Jul. 2017.
120)Inagaki Tomoyuki, Nagahama Hideaki, Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Takeuchi Kiyohito, Ogino Hiroshi, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Shoichiro Fujisawa : Verification of Installed Position of LED Block Equipped with Projections to Indicate Travel Direction, Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Human Factors in Transportion, 817-824, Los Angeles, Jul. 2017.
121)Okada Tomohiro, Miyamoto Takashi, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Ikeda Norihiro, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : Research on Blinking-Luminescence Travel Support for Visually Impaired Persons, Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Human Factors in Transportion, 319-324, Los Angeles, Jul. 2017.
122)Teruaki Ito and Tomio Watanabe : Eye-Tracking Analysis of User Behavior with an Active Display Interface, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol.585, 72-77, Los Angeles, Jul. 2017.
123)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Fiber orientation control by stretching in cellulose nanofiber green composites, Proceedings of the 16th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, 145-148, Florence, Jul. 2017.
124)Xiao Sun, Xiaoqi Peng, Fuji Ren and Yun Xue : Human-Machine Conversation Based on Hybrid Neural Network, Computational Science and Engineering (CSE) and Embedded and Ubiquitous Computing (EUC), 2017 IEEE International Conference on, 1-11, Guangzhou, China, Jul. 2017.
125)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Integrated-Optic Circuit for Optical 8QAM Coded Label Recognition in Photonic Router, Photonics in Switching (PS2017), New Orleans, USA, No.JTu4A.26, New Orleans, Jul. 2017.
126)Batdalai Sukh, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Performance verification of all-optical modulation format conversion from QPSK to symbol rate doubled BPSK, Photonics in Switching (PS2017), New Orleans, USA, No.JTu4A.23, New Orleans, Jul. 2017.
127)Yuya Noda, Koki Shimizu, Yuzuru Nada, Yoshiyuki Kidoguchi, Keiya Nishida, Pengbo Dong and Youichi Ogata : Study of Diesel Spray Development from Mixture Formation and Evaporation to Initial Flame Development, The Ninth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced, Engine Systems (COMODIA 2017), No.B101, Okayama, Jul. 2017.
128)Y Hong, L Prasetyo, S Tan, K Nakai, Toshihide Horikawa, D. D. Do and D. Nicholson : On the Elucidation of the Layer Transition in Adsorbed Argon on Graphitized Thermal Carbon Black, 2017 RACI Centenary Congress, Carbon2017, Melbourne, Jul. 2017.
129)Toshihiro Okamoto, Naoki Tamura and Masanobu Haraguchi : Light scattering by magnetic resonance of crescent-shaped split-ring resonator, The 8th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META'17), P23, Incheon, Jul. 2017.
130)Shun Kamada, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Observation of resonance mode in a MIM plasmonic waveguide with a rectangular resonator, The 8th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META'17), P25, Incheon, Jul. 2017.
131)Hitoshi Matsui, Kazumasa Udagawa, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto and Masato Nakagawa : Simultaneous two cross-sectional measurements of NH3 concentration in bend pipe flow using CT-tunable diode laser absorption spectroscopy, The Ninth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2017), P-63, Okayama, Japan, Jul. 2017.
132)S Tan, L Prasetyo, Y Hong, Toshihide Horikawa, D. D. Do and D. Nicholson : On the Reconciliation of the Commensurate-Incommensurate Transition between Experimental Data and Computer Simulation for Krypton Adsorption on Graphite, 2017 RACI Centenary Congress, Carbon2017, Melbourne, Jul. 2017.
133)Motohiro Kumasaka : Anthropocentrism and Anthropomorphism in Japanese Environmental /Animal Thought, International Association of Japanese Philosophy 2017 Conference Globalizing Japanese Philosophy: From East Asia to the World, Jul. 2017.
134)Mao Okada, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : Multipoint Temperature Sensing Using Linear-Cavity Fiber Laser With AWG And FBGs, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P4-100, Singapore, Jul. 2017.
135)Kazuya Mori, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Temporal And Wavelength Dependency On QPSK To 16QAM Modulation Format Conversion By Delay Line Interferometer, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P3-155, Singapore, Jul. 2017.
136)Masaki Uetai, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Modulation Format Conversion From OOK And QPSK To 8QAM Using XPM And XGM In An SOA, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P3-157, Singapore, Jul. 2017.
137)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Noise Tolerance In Optical Waveguide Circuits For Recognition Of Optical 8QAM Codes, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P3-066, Singapore, Jul. 2017.
138)Kazuto Takahashi, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Yi-Lin Yu and Shien-Kuei Liaw : High-Resolution Frequency Detection with Multiple AWGs and Post-Processing for Multi-Channel Fiber Sensors, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P4-111, Singapore, Jul. 2017.
139)Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Wavelength Preserved Modulation Format Conversion from 16QAM to QPSK using FWM and SPM, The 22nd OptoElectronics and Communications Conference (OECC2017), Singapore, No.P3-145, Singapore, Jul. 2017.
140)Osamu Sahara : Emphasizing tactile experience in image media within the field of art education for 21st century digital society., InSEA 2017 Congress, Taegu Korea, Aug. 2017.
141)Eichi Seto and Norihide Kitaoka : User adaptation of input-response pairs in an example-based dialog system using distributed reporesentations of words, Proc. ICAICTA2017, Aug. 2017.
142)Takaki Fukumori, Atsuko Miyazaki, Chihiro Takaba, Saki Taniguchi and Mariko Asai : Nurses thoughts in response to witnessing the traumatic experience of cancer patients: Frequency of cognitive reactions in the development of compassion fatigue, Psycho-Oncology, Vol.26, No.Supplement 3, 148-149, Aug. 2017.
143)Kobayashi M., Arashida Y., Yasuo Minami, Takeda J., Johnson A. J. and Katayama I. : High-Repetition-Rate Single-Shot Spectroscopy of Photoinduced Phase-Change Materials, The 24th Congress of the International Commission for Optics (ICO-24), Tokyo, Aug. 2017.
144)Toshitaka Baba, Taiki Okada, J. Ashi and T. Kanamatsu : A possible tsunami caused by a submarine landslide in 1512 at the Nankai trough, IAG-IASPEI 2017, Aug. 2017.
145)Takeshi Watanabe, HAYATO FUKUTOMI, Kohhei Nishiyama, Akari Suzuki and Chikanori Hashimoto : Evaluation of Condition and Damage in Reinforced Concrete by Elastic Wave method, 12th World Congress on Engineering Asset Management (WCEAM 2017) and 13th International Conference on Vibration Engineering and Technology of Machinery (VETOMAC 2017), Aug. 2017.
146)Takeo Minamikawa : (Invited) Raman spectroscopic detection of peripheral nerves towards nerve-sparing surgery, CLEO-PR, OECC and PGC 2017, Singapore, Aug. 2017.
147)Yoshitaka Nakano, Retsuo Kawakami and Masahito Niibe : Generation Behavior of Electrical Damage Introduced into n-GaN Films by CF4 Plasma Treatments, 29th International Conference on Defects in Semiconductors (ICDS), Matsue, Aug. 2017.
148)Yasuhiro Okamura, Shingo Seki and Atsushi Takada : Pump Phase-Locking Method Dependence of ND- PSA Repeaters on Multi-Span Transmission of QPSK-PCTWs in Dispersion Compensated Links, 2017 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC) and Photonics Global Conference (PGC), P3-040, Singapore, Aug. 2017.
149)Ibrahim Ghareab Abdelsalam Dahi and Takeshi Yasui : A comparison of terahertz time domain spectroscopy and terahertz digital holography for large film thickness measurement, 2017 CLEO Pacific Rim Conference, Oral2-2P-5, Singapore, Aug. 2017.
150)Takashi Yamamoto : Relation between XANES Pre-edge and XRF Kb5 as the Changes of Chemical State, Local Symmetry and Coordination Number, The 66th annual Denver X-ray Conference, Big Sky, USA, Aug. 2017.
151)Takashi Masuoka, Takashi Ogura, Takeo Minamikawa, Yoshiaki Nakajima, Yoshihisa Yamaoka, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Developement of ultrasonic sensor using fiber-based optical-frequency-comb cavity, 2017 CLEO Pacific Rim Conference, P3-114, Singapore, Aug. 2017.
152)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Yusuke Kawahito, Clement Torovato, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Shape measurement by cascade link multi-wavelength digital holography using optical frequency comb referenced synthesizer, 2017 CLEO Pacific Rim Conference, Oral3-3F-5, Singapore, Aug. 2017.
153)Takeshi Yasui : (Invited)Dual comb spectroscopy in THz region, SPIE Optics + Photonics 2017, 10383-18, San Diego, USA, Aug. 2017.
154)Fuji Ren : Emotional Robot and Language Understanding, Beijing University of Posts and Telecommunications, Beijing, Aug. 2017.
155)Fuji Ren : Affective Computing and Emotional Robot, Beijing University of Posts and Telecommunications, Beijing, China, Aug. 2017.
156)Shintarou Ogawa, Yuichi Okumi, Fumiya Fujimoto and Tomohiro Kubo : Dual Mode Operation of Electric Vehicles Using an Active Trolley Pole with an Ultrasonic Sensor, Proceedings of 2017 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, No.TA2-5(2), 1422-1426, Takamatsu, Aug. 2017.
157)Yasunori Muto, Y. Murata, M. Miyoshi and Takao TAMURA : Retarding Effect Evaluation of Paddy Fields and their Land-use Change, Proc. IAHR2017, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2017.
158)Kei Yamamoto, S. Fujino, Y. Miki and M. Murakami : Plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine mobilized by an epidermal sPLA2 (PLA2G2F) is a novel regulator and biomarker for epidermal-hyperplasic diseases., FASEB Summer Research Conferences on Lysophospholipid and related Mediators., Aug. 2017.
159)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Capacitive Open Detection in 3D ICs with A Built-in Comparator of Offset Cancellation Type, IEEE 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, Aug. 2017.
160)Shunsuke Murakami, Junichi Taniguchi and Toshitaka Baba : Influence of spatial heterogeneity of fault slip on coastal tsunami height, International Tsunami Symposium 2017, Aug. 2017.
161)Takeshi Yasui : (Invited)Adaptive sampling dual THz comb spectroscopy, 24thGeneral Congress of International Comission for Optics, Tu1G-02, Tokyo, Aug. 2017.
162)Yuki Ogura, Yuji Tanaka, Eiji Hase, Toyonobu Yamashita and Takeshi Yasui : Comparison of two-dimensional auto-correlation analysis and Fourier transform analysis in secondharmonic-generation image of dermal collagen fibers, 24th General Congress of International Commission on Optics, Tu1C-05, Tokyo, Aug. 2017.
163)Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Mode-resolved amplitude and phase imaging by dual-comb spectroscopy combined with a single-pixel imaging, 24th General Congress of International Commission for Optics, P3-03, Tokyo, Aug. 2017.
164)Takashi Masuoka, Takashi Ogura, Takeo Minamikawa, Yoshiaki Nakajima, Yoshihisa Yamaoka, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Detection of ultrasonic wave using optical-frequency-comb cavity, 24th General Congress of International Commission for Optics, P3-114, Tokyo, Aug. 2017.
165)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Yusuke Kawahito, Clement Torovato, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Phase imaging by multiple-synthesized-wavelength digital holography using optical frequency synthesizer, 24th General Congress of International Commission for Optics, P3-45, Aug. 2017.
166)Takuya Sakaue, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : Continuously-polarization-resolved SHG microscopy using electro-optic Pockells cell, 24th General Congress of International Commission for Optics, P5-02, Aug. 2017.
167)Toshinari Ando, Satoshi Itakura, Shun Kamada, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Fabrication and evaluation of a single crystal POM film on ITO substrate, The 24th Congress of the International Comission for Optics (ICO-24), P7-05, Tokyo, Aug. 2017.
168)Shun Kamada, Shinya Takeichi, T Kozai, T Fujihara, Tomoya Konishi, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masaru Kamano : The dependence of concentration of Al impurities on the photothermal divergence signal in 3C-SiC, The 24th Congress of the International Comission for Optics (ICO-24), P5-05, Tokyo, Aug. 2017.
169)Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical String Dictionary Compression Using String Dictionary Encoding, Proceedings of 3rd International Conference on Big Data Innovations and Applications (Innovate-Data 2017), 1-8, Praha, Aug. 2017.
170)Ryousuke Kujime, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Enlarging Viewing Angle of Aerial Image in Combination of AIRR with CMA, The 24th Congress of International Commission for Optics, Tokyo, Japan, Aug. 2017.
171)Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : (Invited) Absolute frequency measurement using terahertz frequency comb, XXXII International Union of Radio Science General Assembly & Scientific Symposium, Montreal, Canada, Aug. 2017.
172)Yuusuke Takashima, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : Normal incident type detection of the refractive index using subwavelength grating at violet wavelength, The 24th Congress of the International Comission for Optics, Th1G-07, Tokyo, Aug. 2017.
173)Eiji Hase and Takeshi Yasui : (Invited)Application of dual comb technique for scan-less confocal phase microscopy, 24th General Congress of Intenational Commission for Optics, Th3A-03, Tokyo, Aug. 2017.
174)Masatomo Yamagiwa, Takayuki Ogawa, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Amplitude and phase imaging of optically opaque object using THz digital holography, 24th General Congress of International Commission for Optics, Th1F-03, Tokyo, Aug. 2017.
175)Yuji Yamada, Chikanori Hashimoto, Katsunori Yokoi, Takuya Kondo and Hiroki Hirata : Study on the freezing and thawing resistance of concrete using the recycled coarse aggregate with fly ash and blast-furnace slag sand, Proceedings of 42th Conference on Our World in Concrete & Structures, Vol.42, 433-440, Singapore, Aug. 2017.
176)Yanqiu Li, Fuji Ren and Min Hu : A Fusion Decision Method Based on the Dynamic Fuzzy Density Assignment, 2017 International Conference on Advances in Image Processing, 28-32, Bangkok, Thailand, Aug. 2017.
177)Toshihiro Moriga : Eco-friendly preparation of oxynitride pigments, phosphors and electrode materials, 3rd World Congress on Materials Science, Engineering, Oil, Gas and Petrochemistry, 56, Barcelona, Aug. 2017.
178)Mori Masashi, Minakata Ryota, Minato Ryunosuke, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Sumi Hirofumi and Suda Eisaku : Characterizations of La-doped Cerias as cell components in electrochemical cells, International Union of Materials Research Societies - The 15rh International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017), Kyoto, Aug. 2017.
179)Takahashi Koshi, Takeuchi Yuta, Sarda G. Narendra, I.N.Waterhouse Geoffrey and Toshihiro Moriga : Control of Optical Preperties of Perovskite-related Oxtnitride Pigments through Stoichiometries, International Union of Materials Research Societies - The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017), Kyoto, Aug. 2017.
180)Shota Koyama, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Arc 3D Directional Backlight for Flexible Viewing Zones in Multi-View Display, Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), 793, Busan, Aug. 2017.
181)Yuki Fujita, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Yuki Fujita, Seiya Tanaka and Ryo Furukawa : Development of long and short double-pulse LIBS to porous materials put on water, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P1-05, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
182)Bowen Xue, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Chenxu Wang and Zifan Miao : Influences of Sample Microstructure on Plasma Emission Characteristics Using SP-LIBS and Long-short DP-LIBS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P1-04, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
183)Chenxu Wang, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Bowen Xue and Zifan Miao : Emission Characteristics of the Plasma Generated by LIBS from Steel Samples in Different Temperatures, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-15, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
184)Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang, Minchao Cui and Fang-jung Shiou : Development of Long and Short Pulse DP-LIBS with 3D Profile Measurement to Iron and Steel Making Processes, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, O-44, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
185)Ryo Furukawa, Yoshihiro Deguchi, Yuki Fujita, Seiya Tanaka and Minchao Cui : Long distance measurement of steel samples using LIBS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-6, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
186)Zhengtao Hu, Yoshihiro Deguchi, Heng Xu and Qulan Zhou : Detection of Unburned Carbon in Rice Hush Ash Using Laser-Induced Breakdown Spectroscopy considering the influence of laser pulse width, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-18, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
187)Minchao Cui, Yoshihiro Deguchi, Chenxu Wang, Bowen Xue and Zifan Miao : Quantitative analysis of manganese in steel samples at different temperatures using long-short DP-LIBS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, O-35, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
188)Minchao Cui, Yoshihiro Deguchi, Chenxu Wang, Bowen Xue and Zifan Miao : Reduction of sample temperature influences on LIBS by long pulse laser beam, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P1-17, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
189)Seiya Tanaka, Yoshihiro Deguchi, Yuki Fujita, Ryo Furukawa and Minchao Cui : Development of real time measurement of trace element Detection Using LB-TOFMAS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-07, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
190)Zifan Miao, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Chenxu Wang and Bowen Xue : Quantitative analysis of Cadmium in Soil Samples Using LIBS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-19, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
191)Zhenzhen Wang, Yoshihiro Deguchi, Ruomu Hu, Renwei Liu, Minchao Cui, Junjie Yan and Jiping Liu : Comparison of detection ability between SP-LIBS and DP-LIBS, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, O-32-I, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
192)Renwei Liu, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Zhenzhen Wang, Jiping Liu and Junjie Yan : Situation analysis of LIBS measurement on steel samples under different sample temperature, 2 nd Asian Symposium on Laser Induced Breakdown Spectroscopy ASLIBS2017, P2-05, Tokushima, Japan, Aug. 2017.
193)Bo-Jiang Hong, Koki Shibai, Chih-Wei Hsiao, Mitsuo Oi, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Convenient fabrication of red-orange nitride phosphors M2Si5N8:Eu2+ (M=Ca, Sr), International Union of Materials Research Societies - The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017), Kyoto, Aug. 2017.
194)Takeshi Yasui, Takayuki Ogawa, Takeo Minamikawa and Hirotsugu Yamamoto : Amplitude and phase imaging of visibly opaque object by THz digital holography, 42nd International Conference on Infrared Millmeter and Terahertz Waves, TD.26, Cancun, Mexico, Aug. 2017.
195)Toshihiro Moriga, Takahashi Koshi, takeuchi Yuta, Sarda G. Narendra, Kei-ichiro Murai and I.N.Waterhouse Geoffrey : Eco-friendly Preparation of Sr2 Ta O3N from Stoichiometrically-different Oxide Precursor, 9th International Symposium on Nitrides (ISNT2017), 60, Sapporo, Aug. 2017.
196)Hu Kui, Mizuta Yusuke, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Synthesis and Characterization of Rocksalt-type Oxynitride LiTi2(O,N)z(z4)as an Electrode Material, 9th International Symposium on Nitrides (ISNT2017), 111, Sapporo, Aug. 2017.
197)Ippei Kanayama, Shiro Suyama and Haruki Mizushina : Motion parallax system with low latency can improve degradation of monocular depth perception, Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), 552, Busan, Aug. 2017.
198)Yoko Awata, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Influence of Tiny Smooth Motion Parallax for Perceived Depth Change by Increasing Visual Acuity Difference, 3DSA, No.P1-212, 537, Busan, Aug. 2017.
199)Ito Shusei, Keitaro Uchida, Haruki Mizushina, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Aerial Dual-View Display by Use of Polarization Display with Retarder Film and Retro-Reflector, IMID 2017, BEXCO, Busan, Korea, Aug. 2017.
200)Takeshi Yasui, Hu Guoqing, Mizuguchi Tatsuya, Zhao Xin, Takeo Minamikawa, Li Ting and Zheng Zheng : Asynchronous-optical-sampling THz time-domain spectroscopy with a free-running, dual-wavelength ,mode-locked fiber laser, 42nd International Conference on Infrared Millimeter and Terahertz Waves, WA4.2, Cancun,Mexico, Aug. 2017.
201)Ken Yoshida : Self-Diffusion Coefficients of Sub- and Supercritical Water: Available Data, Reliable Fitting Functions, and Effects of Temperature and Density, IAPWS Annual Meeting 2017, Kyoto, Aug. 2017.
202)Fan Zijian, Hirotsugu Yamamoto, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : The Characteristics of Luminance Addition/Subtraction System by Using Linear Polarization Operation in Layered TN-LCDs, IMID 2017proceeding, No.F30-6, 82, Busan, Aug. 2017.
203)Ippei Kanayama, Shiro Suyama and Haruki Mizushina : Stabilized Conditions for Perceived Depth Directions on Kinetic Depth Effect by Image Switching, Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), 802, Busan, Aug. 2017.
204)Wataru Kinoshita, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Multi-View Arc DFD Display with Wide Viewing Zone by Fusing Arc DFD and Multi-View Displays, 3DSA 2017, 241, Busan, Aug. 2017.
205)Ryo Sasaki, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Thermal 3D Imaging in the Air with Depth Change by using Liquid Crystal Varifocal Lens, 3DSA, 792, Busan, Aug. 2017.
206)Katsusuke Nabeshima : Computing Bruce-Roberts Milnor numbers, Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities, The University of Sydney, Australia, Sep. 2017.
207)居上 靖弘, 渦岡 良介, 上野 勝利 : Evaluation of seepage behaviour for deformed levee after earthquake, 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2387-2390, ソウル, 2017年9月.
208)Yoko Awata, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Difference of Perceived Depth Change between Arc 3D Display and Stereoscopic Display by Increasing Visual Acuity Difference, JSAP-OSA Joint Symposia 2017, No.6a-A409-2, 44, Fukuoka, Sep. 2017.
209)Siang Yong Teoh, Teruaki Ito and Perumal Puvanasvaran : Visibility of customer demand and its impact in Overall Equipment Effectiveness (OEE), Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 41-1-41-6, Osaka, Sep. 2017.
210)Hamid Abdul Rahimah and Teruaki Ito : Feasibility study on B-code generation method for CNC dental wire bending operation, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 41-1-41-11, Osaka, Sep. 2017.
211)Teruaki Ito, Yoshihiro Uto, Toshihiro Moriga, Abidin Zaimi Zainal Muhammad, Effendi Mohammad and Salleh Rizal Mohd : Concurrent Engineering-based Team Working for Japan-Malaysia Academic Collaboration, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 46-1-46-3, Osaka, Sep. 2017.
212)Hiroki Kimachi and Teruaki Ito : Head Motion Display for Remote Collaboration in Concurrent Engineering -Development of Face-image Pan-Title Display-, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 12-1-12-6, Osaka, Sep. 2017.
213)Mohammad Effendi, Rahman Arfauz A Muhamad, Salleh Shukor Mohd, Sulaiman Amri Mohd, Salleh Rizal Mohd, Yahaya Hafiz Saifudin, Teruaki Ito and Hussein Lubnah : Ergonomic design chair for postpartum mothers, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 28-1-28-9, Osaka, Sep. 2017.
214)Salleh Rizal Mohd, Nagalingam Ravichandran, Mohamad Effendi, Rahman Arfauz A Muhamad, , Sulaiman Amri Mohd and Teruaki Ito : Enhancing Manufacturing Efficiency through Excellence Operating System (EOS), Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 39-1-39-7, Osaka, Sep. 2017.
215)Kamat Rahayu Seri, Hamid Hafiz A Mohd, Shamsuddin Syamimi, Minoru Fukumi, Teruaki Ito and Husain Kalthom : Ergonomics Study Of Working Postures In Demould Process At Aerospace Manufacturing, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 8-1-8-10, Osaka, Sep. 2017.
216)Ani Firdaus Mohammad, Hamid Hafiz A Mohd, Shamsuddin Syamimi, Minoru Fukumi and Teruaki Ito : A Study of Biomechanical Factor for Driver Fatigue using Regression Model, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering Conference 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017, Vol.17, No.205, 9-1-9-10, Osaka, Sep. 2017.
217)Ishida Ryota, Kouno Yasushi, Tachibana Tadahiko, Honda Tomomi, Kijima Tatsuro, Toshio Takayanagi and Hitoshi Mizuguchi : Simple Colorimetric Detection of Ultra-trace Ni(II) and Cu(II) Followed by Rapid Enrichment Using a Nanofiber-composite Membrane Filter, RSC Tokyo International Conference, Chiba, Sep. 2017.
218)Chao Chen, Tohru Ishida, Shengdun Zhao, Xiaolan Han and Xuzhe Zhao : Numerical and Experimental Investigations of the Two-Step Clinching Process, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering 2017 & Manufacturing Systems Conference (iDECON/MS2017), No.20, 1-9, Osaka, Japan, Sep. 2017.
219)Ryousuke Takabatake, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Japanese Vowels Recognition Using Linear Discriminant Analysis and Surface Electromyogram Measured with Bipolar Dry Type Sensors, Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017, 5-11, Honolulu, Sep. 2017.
220)Ryohei Shioji, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Personal Authentication Based on Wrist EMG Analysis by a Convolutional Neural Network, Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017, 12-18, Honolulu, Sep. 2017.
221)Kohei Nakanishi, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Biometrics Authentication of Aerial Handwritten Signature Using a Convolutional Neural Network, Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017, 19-24, Honolulu, Sep. 2017.
222)Takashi Higasa, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : A Method to Specify a Region of Character String in Augmented Reality, Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017, 25-30, Honolulu, Sep. 2017.
223)Ito Daichi and Toshio Takayanagi : Analysis of Acid - Base Equilibrium of Bupropion under Degradation Conditions by Capillary Zone Electrophoresis, RSC Tokyo International Conference, Chiba, Sep. 2017.
224)Aziz Sanusi Abdul Mohd, Tohru Ishida, Yusuke Kaide, Chonggang Kim, Akira Mizobuchi and Yoshimi Takeuchi : Automated Teaching Process in Teaching Playback Method for Curved Hole Electrical Discharge Machining, Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering 2017 & Manufacturing Systems Conference (iDECON/MS2017), No.25, 1-4, Osaka, Japan, Sep. 2017.
225)Naoto Higuchi : History Matters, --- Why Japan's Hate Groups Attack Koreans Rather Than Chinese ---, International Conference on Civil Society versus the State? Emergent Trajectories of Civic Agencies in East Asia in Comparative and Transnational Perspectives, Sep. 2017.
226)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Microstructural control in PVA/CNF green composites by stretching treatment, Proceedings of The 11th Japan-Korea Joint Symposium on Composite Materials, 31, Sendai, Sep. 2017.
227)Kazuyuki Matsumoto, Miyake Takeshi, Seiji Tsuchiya, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Flame Prediction Based on Harmful Expression Judgement Using Distributed Representation, Book of Abstracts Proceeding of Engineering & Technology, Computer, Basic and Applied Sciences (ECBA-2017), Vol.3, No.16, 11, Taipei, Sep. 2017.
228)Taniguchi Yoshiaki, Milki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Intrinsic response of protein adsorption to graphene film on SiC substrate, Proceedings of 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials, Sep. 2017.
229)Tomoaki Kashiwao, Yukari Yoshikawa, Takeshi Otsuka, Kenji Ikeda and Alireza Bahadori : Investigation of Effects of Silica Particles on Light Extraction Efficiency of Light-Emitting Diode Packaging Using Ray-Tracing Simulation, Proceedings of SICE Annual Conference 2017, 126-130, Kanazawa, Sep. 2017.
230)Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : Identification of Linear Stochastic Systems Taking Initial State into Account, Proceedings of SICE Annual Conference 2017, 583-586, Kanazawa, Sep. 2017.
231)Kenji Ikeda : An LMI Problem for Consistent Estimate of Innovations Model, Proceedings of SICE Annual Conference 2017, 587-590, Kanazawa, Sep. 2017.
232)Xiangmeng Lu, Yasuo Minami, Naoto Kumagai and Takahiro Kitada : Sublattice Reversal in GaAs/Ge/GaAs (113)B heterostructures and its application to THz emitting devices based on a coupled multilayer cavity, 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2017), Vol.57, No.4, G-3-02, Sendai, Sep. 2017.
233)Takahiro Kitada, Xiangmeng Lu, Yasuo Minami, Naoto Kumagai and Ken Morita : Room-Temperature Two-Color Lasing by Current Injection into a GaAs/AlGaAs Coupled Multilayer Cavity Fabricated by Wafer Bonding, 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2017), Vol.57, No.4, G-3-07, Sendai, Sep. 2017.
234)Koji Kashihara and Yutaka Kameda : Resonance in pulse rate variability induced by respiratory control, Proc. of SICE Annual Conference 2017, 1506-1509, Sep. 2017.
235)Jin-Ping Ao : Demonstration of AlGaN/GaN Ion-Sensitive Field-Effect Transistors by Surface Modification, The 8th Asia-Pacific Workshop on Widegap Semiconductors, Sep. 2017.
236)Huang Qian, Pu Taofei, Zhang Jincheng, Hao Yue and Jin-Ping Ao : Enhancement-mode GaN HEMTs with p-GaN cap layer and i-GaN blocking layer, The 8th Asia-Pacific Workshop on Widegap Semiconductors, Sep. 2017.
237)Abousharara Abdelghany Mohamed Elsayed, Akinori Tuji and Kenji Terada : Burnout Recognition for Call Center Agents by Using Skin Color Detection with Hand Poses, 19th International Conference on Science, Engineering and Technology(ICSET2017), No.48, Sep. 2017.
238)Kouhei Ohtani, Naho Osato, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Defect Level Monitor of Resistive Open Defect at Interconnects in 3D ICs by Injected Charge Volume, Proc. of 17th International Symposium on Communications and Information Technologies, 46-50, Cairns, Sep. 2017.
239)Yuuya Ohama, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Yoshinobu Higami and Hiroshi Takahashi : On Selection of Adjacent Lines in Test Pattern Generation for Delay Faults Considering Crosstalk Effects, Proc. of 17th International Symposium on Communications and Information Technologies, 96-100, Cairns, Sep. 2017.
240)Hirota Kenji, Kitamura Masato and Kazuhiro Hasezaki : High Thermoelectric Properties of Bi0.3Sb1.7Te3.0+x (x: from -0.025 to 0.2) by Mechanical Alloying, 15th European Conference on Thermoelectrics (ECT2017), Padova, Sep. 2017.
241)Takeyoshi Abe, Masahiro Watanabe, Toshiki Takeuchi, Noriyasu Fukuoka, Yasuko Tomono, Akari Katsura, Hiroki Watanabe, Takayuki Kamada, Kazunori Abe, Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya : Development of an immunoassay-based point-of-care testing(POCT) device for therapeutic drug monitoring of vancomycin, 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 25-5, Kyoto, Sep. 2017.
242)Katsuya SATO, Manabu KATAYAMA, Shoichiro Fujisawa, Tasuku NAKAHARA and Kazuyuki MINAMI : Video rate observation of intracellular calcium signaling response to uniaxial stretching stimuli in osteoblastic cell, ISB2017 full abstract book, Sep. 2017.
243)Kazuki Ginnan, Keita Kawano, Kazuhiko Kinoshita, Hiroki Nakayama, Tsunemasa Hayashi and Takashi Watanabe : Backhaul Virtualization for Multiple Services in Public WLANs, Proceedings of the 19th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2017), 176-180, Sep. 2017.
244)Yuki Mando, Tatsuya Yamagami, Shuichi Haseba, Eriko Soma, Ichiro Shiota, Takayuki Hirai, Hiroki Kurita, Masatake Kawada and Koji Tanaka : Microwave Emission from Hypervelocity Impacts Using Aluminum and Nylon for Target and Projectile Materials, Proceedings of 68th International Astronautical Congress, 7-pages, Adelaide, Australia, Sep. 2017.
245)Kitamura Masato, Hirota Kenji and Kazuhiro Hasezaki : Thermoelectric Properties of Bi0.3Sb1.7Te3.0 Depended on Milling Energy by Mechanical Alloying, 15th European Conference on Thermoelectrics (ECT2017), Padova, Sep. 2017.
246)Kazunori Yamaguchi, Takeyoshi Abe, Toshiki Takeuchi, Masahiro Watanabe, Koichiro Tsuchiya, Kazuro Ikawa, Noriyasu Fukuoka, Masato Kaji, Hiroaki Tanaka, Masato Asakura, Shinji Kosaka and Hitoshi Houchi : Estimation of the duration to reach peak arbekacin concentration by Monte Carlo simulation, 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 26-4, Kyoto, Sep. 2017.
247)Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical Implementation of Space-Efficient Dynamic Keyword Dictionaries, Proceedings of 24th International Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE 2017), 221-233, Palermo, Italy, Sep. 2017.
248)Mitsuru OKUNO, Masayuki TORII, Ken-ichi Nishiyama and Shuichiro YOKOTA : Failure Process of the Western Slope of Takano-obane Volcano in Aso Caldera Triggered by the 2016 Kumamoto Earthquake, SW Japan, Based on Geomorphological Classification, The 3rd ASQUA Conference 2017, Oct. 2017.
249)Kenji Kita, Kazuyuki Matsumoto and Minoru Yoshida : Face Identification Based on Deep Convolutional Neural Networks, 9th International Conference on Graphic and Image Processing, Oct. 2017.
250)Jiang Xiantao, Wang XiaoFeng, Yang Yadong, Tian Song, Shi Wen and Katayama Takafumi : A Coding Efficiency Improvement Algorithm for Future Video Coding, IFIP International Federation for Information Processing 2017, 279-287, Shanghai, Oct. 2017.
251)Takahide Kunitachi, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe : Reliable Wireless Communications in Battery Management System of Electric Vehicles, Proceedings of the 10th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network (ICMU2017), Oct. 2017.
252)Koji Kashihara : Deep Q learning for traffic simulation in autonomous driving at a highway junction, Proceedings of 2017 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 984-988, Banff, Oct. 2017.
253)Takanori Satoh, Mitsuki Fujii, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Bacterial diversity on the Japanese and Taiwanese tea leaves, 2017 International Seminar on Sustainable Global Society, Program, 10, Tokushima, Oct. 2017.
254)Xiaohua Wang, Chen Xia, Min Hu and Fuji Ren : Facial Expression Recognition under Partial Occlusion Based on Fusion of Global and Local Features, The 9th International Conference on Graphic and Image Processing, Qingdao, China, Oct. 2017.
255)Bu Y. Y., Wang L. R., Xie T., Zhang P. Y. and Jin-Ping Ao : Defect modified photoanodes for photoelectrocatalytic water splitting, 13th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XII), Oct. 2017.
256)Hitoshi Takagi, Yuya Sakaguchi and Antonio Norio Nakagaito : Microstructural changes in cellulose nanofiber composites upon stretching, Proceedings of The 16th Asian Workshop on Polymer Processing (AWPP2017), 189-190, Hanoi, Oct. 2017.
257)Yuzuru Nada, So Morimoto, Yoshiyuki Kidoguchi, Ryu Kaya, Hideaki Nakano and Shinichi Kobayashi : Numerical Simulations of Mixture Formation in Combustion Chambers of Lean-Burn Natural Gas Engines Incorporating a Sub-Chamber, The SAE 2017 International Powertrains, Fuels and Lubricants Meeting, Beijing, Oct. 2017.
258)Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Glucose production from cotton-waste using hydrothermal methods, The 4th International Cellulose Conference (ICC), Fukuoka, Oct. 2017.
259)荒武 達朗 : 嘉義「灣生」的口述歷史 コメンテーター, 嘉義研究国際シンポジウム, 嘉義, 2017年10月.
260)Fuji Ren : Advanced Natural Processing, Tongji University, Shanghai, China, Oct. 2017.
261)Batdalai Sukh, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto, Orgil Jargalsaikhan and Munkhbayar Adiya : Reverse Conversion of Modulation Format from QPSK to BPSK using FWM, Interference, and Comb-Like Profiled Fiber, 13th International Conference of Technology and Innovation (KHURELTOGOOT-2017), Ulaanbaatar, Mongolia, 12-15, Ulaanbaatar, Oct. 2017.
262)Y. Miki, Y. Taketomi, Kei Yamamoto and M. Murakami : Dual roles of group IID phospholipase A2 in inflammation and cancer., The 15th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Puerto Vallarta, Mexico, Oct. 2017.
263)Kei Yamamoto, S. Fujino, Y. Miki and M. Murakami : An epidermal sPLA2 (PLA2G2F)/plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine axis is a novel drug target for epidermal-hyperplastic diseases., The 15th International Conference on Bioactive Lipids in Inflammation, Cancer and Related Diseases., Oct. 2017.
264)Xiao Sun, Man Lv, Changqin Quan and Fuji Ren : Improved Facial Expression Recognition Method Based on ROI Deep Convolutional Neutral Network, 7th International Conference on Affective Computing and Intelligent Interaction (ACII2017), 256-261, Texas, USA, Oct. 2017.
265)Li Wang, Masatake Kawada and Ming Dong : Simulation Study on Estimating PD Current by Analyzing Emitted EM Waves, Proc. of 4th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology (ICEPE-ST2017), 4-pages, Oct. 2017.
266)Masahito Niibe, Ryo Tanaka, Retsuo Kawakami, Yoshitaka Nakano and Takashi Mukai : Surface Structure Analysis of AlGaN Thin Films Damaged by Oxygen and Nitrogen Plasmas, The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8), Tsukuba, Oct. 2017.
267)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Defective Level Monitor of Open Defects in 3D ICs with a Comparator of Offset Cancellation Type, 2017 IEEE Int. Symposium on Defect and Fault Tolerance in VLSI and Nanotechnology Systems (DFT), 1-4, Cambridge, Oct. 2017.
268)平井 松午 : 世界古地図にみる極東・日本, 台湾育達科技大学国際討究会, 台湾・苗栗市, 2017年10月.
269)Takuya Shoro, Hiroki Kishikawa, Nobuo Goto and Yasumitsu Miyazaki : Analysis of Elastic Vortex Waves in Optical Fiber for Optical Vortex Mode Conversion, The 38th Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2017), Tagajo, Miyagi, Vol.1P1-4, Tagajo, Oct. 2017.
270)村上 敬一 : イノベーションの観点から見た日本の言語教育, 2017全球化創新経営管理国際研討会, 2017年10月.
271)Shohei Yamamoto, Fujimoto Shugo, Mitsuhiro Ohta and Shuichi Iwata : A Novel Study of Bubbles Rising in A Hydrophobically Modified Alkali-Soluble Emulsion Polymer Solution, The 9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9), Okinawa, Oct. 2017.
272)Kazuyuki Matsumoto, Akira Fujisawa, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Emotion Recognition of Emoticon Based on Character Embedding, 9th International Conference on Software Technology and Engineering (ICSTE2017), Hong Kong, Oct. 2017.
273)Takashi Yamamoto and Miyamoto Kazunori : Decomposition Behavior of Platinum Precursor on Silica and Alumina Studied by in-situ XAFS, Int. Symp. Novel Energy Nanomater., Catal. Surf. Future Earth, Chofu, Oct. 2017.
274)Shinobu Takao, Sekizawa Oki, Takashi Yamamoto, Samjeské Gabor, Kaneko Takuma, Higashi Kotaro, Yoshida Yuske, Zhao Xiao, Sakata Tomohiro, Uruga Tomoya and Iwasawa Yasuhiro : In situ Visualization of Platinum Chemical species in a Nano Fuel-cell, Int. Symp. Novel Energy Nanomater., Catal. Surf. Future Earth, Chofu, Oct. 2017.
275)Shunya Nagai, Hidetoshi Oya, Tomohiro Kubo and Tsuyoshi Matsuki : Decentralized Variable Gain Robust Practical Tracking for a Class of Uncertain Large Scale Interconnected Systems, Proc. IECON 2017 The 43rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, 3015-3020, Beijing, Oct. 2017.
276)Toshihide Horikawa, D.D. Do, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Water Adsorption on Carbon Materials, the 2017 International Conference on Functional Carbons (ICFC), Taipei, Nov. 2017.
277)Toshihide Horikawa, D.D. Do, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Water Adsorption on Porous Carbons, the 2017 International Conference on Functional Carbons (ICFC), Taipei, Nov. 2017.
278)Zhenzhen Wang, Renwei Liu, Ruomu Hu, Wangzheng Zhou, Junjie Yan, Jiping Liu and Yoshihiro Deguchi : LIBS Detection Characteristics of Trace Heavy Metal in Different Buffer Gases, Proceedings of POEM International Photonics and OptoElectronics Meetings, Wuhan, China, Nov. 2017.
279)Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang and Takahiro Kamimoto : Application of LIBS and CT-TDLAS to Industrial Processes, Proceedings of POEM International Photonics and OptoElectronics Meetings, Wuhan, China, Nov. 2017.
280)Kazuhiko Kinoshita, Shusaku Shibata, Keita Kawano and Takashi Watanabe : A CoMP Clustering Method in Consideration of Spectrum Sharing for Fairness Improvement, Proceedings of the 8th International Workshop on Recent Advances in Broadband Access Networks (RABAN 2017) in conjunction with 8th International Congress on Ultra Modern Telecommunications and Control Systems (ICUMT 2017), Nov. 2017.
281)Takeshi Kusumoto, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Gender Estimation from Facial Images by Deep Neural Network, Proceedings of Annual Conference on Engineering and Applied Science, Nov. 2017.
282)Ani Firdaus Mohammad, Mahmood Hasrulnizam Wan Wan, Minhat Mohamad, Kamat Rahayu Seri and Minoru Fukumi : Development of Driving Fatigue Strain Index to Analyze Risk Levels of Driving Activity, Proceedings of 2017 International Conference on Electrical, Electronics and System Engineering (ICEESE 2017), 98-102, Kanazawa, Nov. 2017.
283)Fuji Ren : Mental Health Computing and Emotional Robots, Nanzhou University, Nanzhou, China, Nov. 2017.
284)Taishu Okazaki, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Continuous anti-solvent crystallization of glycine using slug flow, The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST2017), Busan, Nov. 2017.
285)Yusuke Shimada, Ken-Ichiro Sotowa, Jesus Rafael Alcantara Avila and Toshihide Horikawa : Separation performance of a horizontal type distillation system, The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST2017), Busan, Nov. 2017.
286)Junya Matsushita, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Influence of gas-liquid slug length in microchannel on the gas absorption rate, The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST2017), Busan, Nov. 2017.
287)Takahiro Aoyama, Ken-Ichiro Sotowa, Jesus Rafael Alcantara Avila and Toshihide Horikawa : Development and performance evaluation of a small scale pressure driven distillation system, The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST2017), Busan, Nov. 2017.
288)Morihiro Tanaka, Jesus Rafael Alcantara Avila, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Hao-Yeh Lee : Design of heat-integrated distillation columns (HIDiC) with compact multi-stream heat exchangers, The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST2017), Busan, Nov. 2017.
289)Tumendemberel Surenkhorol, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Noise Tolerance in OpticalWaveguide Circuits for Recognition of 2-symbol Optical 8QAM Codes, Asia Communications and Photonics Conference (ACP2017), Guangzhou, China, Vol.Su2A.15, Guangzhou, China, Nov. 2017.
290)Hiroyuki Katayama, Yuki Yamasaki, Hiroki Kawakami, Yoshiki Naoi and Takuro Tomita : Annealing of Ni/Au electrode on p-GaN by femtosecond laser irradiation, International Workshop on UV Materials and Devices 2017, We-P3, Fukuoka, Nov. 2017.
291)Hiroki Kawakami, Yoshiki Naoi and Takuro Tomita : Formation of Ni ohmic electrode on SiC by femtosecond laser irradiation associated with thermal annealing, International Workshop on UV Materials and Devices 2017, We-P5, Fukuoka, Nov. 2017.
292)Yu Okamoto, Yuusuke Takashima and Yoshiki Naoi : Characterization of polarized ultraviolet light emitting diode by using subwavelength grating electrode, International Workshop on UV Materials and Devices 2017, We-18, Fukuoka, Nov. 2017.
293)Endo Mitsuya, Masashi Ishikawa, Hideo Nishino and Sugimoto Sunao : Development of the air-coupled ultrasonic vertical reflection method, 15th Asia Pacific Conference for Non-Destructive Testing (APCNDT2017), Nov. 2017.
294)Tohru Ishida, Shohei Tahara, Shikitaro Ogawa, Akira Mizobuchi and Yoshimi Takeuchi : Hole Fabrication inside a Hole by Means of Electrical Discharge Machining ---Expansion of Machinable Hole Diameter---, Proc. of 9th Int. Conf. on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), No.D32 (023), 1-5, Hiroshima, Japan, Nov. 2017.
295)Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
296)Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Aerobic Oxidations Using A Flavinium-Resin Catalyst, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
297)Ando Masaki, Masashi Ishikawa and Hideo Nishino : Infrared thermographic inspection of CFRPs using laser scanning excitation, 15th Asia Pacific Conference for Non-Destructive Testing (APCNDT2017), Nov. 2017.
298)Masashi Ishikawa, Koyama Masashi, Kasano Hideyuki, Ogasawara Nagahisa, Yamada Hiroyuki, Hatta Hiroshi, Fukui Ryo, Nishitani Yutaka and Utsunomiya Shin : Inspection of concrete structures using the active thermography method with remote heating apparatuses, 15th Asia Pacific Conference for Non-Destructive Testing (APCNDT2017), Nov. 2017.
299)Yasuhiro Okamura, Hayaki Uno, Masanori Hanawa and Atsushi Takada : Quadrature Imbalance Compensation for M-ary Modulated Signals Interleaved with Reference Light, The 22nd Microoptics Conference (MOC2017), P-97, Tokyo, Nov. 2017.
300)Yasuhiro Okamura, Kotaro Kondo, Takumi Okabe, Masafumi Koga and Atsushi Takada : Pump Phase-Locking to Phase-Conjugated Twin Waves with Heterodyne OPLL Assisted by Sum-Frequency and Second Harmonic Generation for ND-PSAs, The 22nd Microoptics Conference (MOC2017), P-96, Tokyo, Nov. 2017.
301)Akihiro Suzuki, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Synthesis of ecomaterial from plant biomass and its physical properties, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
302)Takuya Yamamoto, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Organosolv lignin extracted from hydrolyzed residue of steam exploded hardwood: a potential candidate for epoxy resin, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
303)Yuta Danura, Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Comparison of steam explosion and steaming followed by milling treatment for bioethanol production from woody baiomss, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM2017), Nov. 2017.
304)Akira Fujisawa, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Facial Expression Classification Based on Shape Feature of Emoticons, Proceedings of 1st International Conference on Machine Learning and Data Engineering (iCMLDE2017), 29-34, Sydney, Nov. 2017.
305)Kenji Hirota, Masato Kitamura, Kana L. Hasezaki, Hikaru Saito, Satoshi Hata and Kazuhiro Hasezaki : Carbon Particle Dispersion in Bi0.3Sb1.7Te3.1 Thermoelectric Semiconductor by Mechanical Alloying, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
306)Yuusuke Takashima, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi : Magnetic field sensing by bi-layer Ni-based subwavelength periodic structure operating visible wavelength region, The 22nd Microoptics Conference, P60, Tokyo, Nov. 2017.
307)Noriyuki Sakashita, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Tolerance to Lateral Displacement and Angular Deflection on Mode Sorting Performance for Beams Carrying Orbital Angular Momentum, 22nd Microoptics Conference (MOC2017), Tokyo, Vol.P-99, Tokyo, Nov. 2017.
308)Nyam-Erdene Odbayar, Yuichiro Oiwa, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Waveguide-Type Optical Circuit for Recognition of 8PSK-Coded Labels, 22nd Microoptics Conference (MOC2017), Tokyo, Vol.P-64, Tokyo, Nov. 2017.
309)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : A Built-in Current Sensor Made of a Comparator of Offset Cancellation Type for Electrical Interconnect Tests of 3D ICs, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan 2017, 137-138, Kyoto, Nov. 2017.
310)Hosoi Tomoya and Kazuhiro Hasezaki : Rotational speed dependence of thermoelectric material ZnSb, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
311)Miyaoka Kei and Kazuhiro Hasezaki : Improvement of Thermoelectric Properties of PbTe by Mechanical Grinding, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
312)Kitamura Masato, Hirota Kenji and Kazuhiro Hasezaki : Thermoelectric Properties of Bi0.3Sb1.7Te3.0 Depended on Milling Energy, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
313)Toshihiko Takahata, Shin-ichiro Yanagiya and Akihiro Furube : Transient absorption of titanium dioxide sputtered film deposited on two-dimensionally assembled gold nanoparticles, Advance program of MOC2017, P-29, Tokyo, Nov. 2017.
314)Naoya Sekimoto, Shin-ichiro Yanagiya and Akihiro Furube : Thermoplasmonics of micro glassbead coated with gold nanoparticles, Advance program of MOC2017, P-28, Tokyo, Nov. 2017.
315)Toshinari Ando, Takahiro Kaji, Kenzo Yamaguchi, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : MEMS plasmonic switch with stripe plasmonic waveguide, 22nd MICROOPTICS CONFERENCE (MOC2017), No.P21, Tokyo, Nov. 2017.
316)Kouhei Ohtani, Naho Osato, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Resistive Open Defects Detected by Interconnect Testing Based on Charge Volume Injected to 3D ICs, Proc. of IEEE CPMT Symposium Japan 2017, 231-234, Kyoto, Nov. 2017.
317)Takagi Katsuhiro, Tetsui Toshimitsu, Daisuke Yonekura and Kazuhiro Hasezaki : Oxidation Resistant Coatings on Curved Surface of Gamma-TiAl Intermetallic Compounds by Electron Beam Irradiation, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
318)Isogai Leona, Kosalathip Voravit, Kumpeerapum Taswal and Kazuhiro Hasezaki : PbTe Thermoelectric Thin Film Fabricated by Using CW CO2 Laser Ablation Technique, 13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM 13), Bangkok, Nov. 2017.
319)Kitaoka Makoto, Nakamura Kota, Teratani Hitoshi, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Water adsorption and desorption for graphene on SiC, International Symposium on Epitaxial Graphene 2017 (ISEG-2017), No.P6, 44, Nagoya, Japan, Nov. 2017.
320)Yanqiu Li, Fuji Ren and Min Hu : Facial Expression Recognition Based on Dynamic Fuzzy Density, The 3rd International Conference on Fuzzy Systems and Data Mining, Hualien, Taiwan, Nov. 2017.
321)Akihiro Shirai and Yokota Yuko : Bactericidal action of UV-A light irradiated ferulic acid, 4th World Congress and Expo on Applied Microbiology J. Microb. Biochem. Technol., Vol.9, No.6, 114, Madrid, Nov. 2017.
322)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Yuya Sakaguchi and Takahiro Matsui : Effect of fiber orientation control in cellulose nanofiber-reinforced green composites, Proceedings of the 9th Australasian Congress on Applied Mechanics (ACAM9), D3-S8_1-D3-S8_4, Sydney, Nov. 2017.
323)Ayumu Kambara, Hiroyuki Yotsuyanagi, Daichi Miyoshi, Masaki Hashizume and Shyue-Kung Lu : Open Defect Detection with a Built-in Test Circuit by IDDT Appearance Time in CMOS ICs, Proc.of IEEE 26th Asian Test Symposium, 237-242, Taipei, Nov. 2017.
324)Shyue-Kung Lu, Shu-Chi Yu, Masaki Hashizume and Hiroyuki Yotsuyanagi : Fault-Aware Page Address Remapping Techniques for Enhancing Yield and Reliability of Flash Memories, Proc.of IEEE 26th Asian Test Symposium, 249-254, Taipei, Nov. 2017.
325)Yasuhide Ohno, Yoshiaki Taniguchi and Masao Nagase : Electrical characteristics of positively and negatively charged protein adsorption to epitaxial graphene film on SiC substrate, Proceedings of 2017 Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems, Nov. 2017.
326)Koki Arai and Emi Morimoto : Construction Industry and Competition Policy in JAPAN, Proceedings 2nd ASIA-PACIFIC INDUSTRIAL ORGANISATION CONFERENCE, Dec. 2017.
327)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Analysis of Rope Skipping Features for Gross Motor Skill Development, International Research Symposium on Engineering and Technology, 97-102, Singapore, Dec. 2017.
328)Satoshi Hirai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Reordering Delay Elements in Boundary Scan Circuit with Embedded TDC, the 18th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, Taipei, Dec. 2017.
329)Morito Niseki, Toshinori Hosokawa, Masayoshi Yoshimura, Hiroshi Yamazaki, Masayuki Arai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : A Sequentially Untestable Fault Identification Method Based on State Cube Justification, the 18th IEEE Workshop on RTL and High Level Testing, Taipei, Dec. 2017.
330)Yoshiki Tsutsumi, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Performance evaluation of a novel reaction system comprised of a batch reactor and microreactor, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
331)Taishu Okazaki, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Continuous anti-solvent crystallization using gas-liquid slug flow generated in microchannel, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
332)Yasuhiro Hirose, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Performance evaluation of circulating reactor having microchannel, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
333)Takayuki Taichi, Hirotoshi Iuchi, Yusuke Saito, Toshihide Horikawa, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Preparation of LiFePO4/C positive electrode material by RF resin coating, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
334)Takahiro Aoyama, Ken-Ichiro Sotowa, Jesus Rafael Alcantara Avila and Toshihide Horikawa : Performance evaluation of two types of small scale pressure driven distillation system, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
335)Ayaka Kuroki, Toshihide Horikawa, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Metal ions adsorption on activated carbon, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
336)Natsuki Kitagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Flow around a single crystal and the mass transfer rate, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, Daejeon, Dec. 2017.
337)Masamichi Ogasawara : Atropisomeric Chiral Dienes in Asymmetric Catalysis, 2017 International Symposium on Chemistry Frontiers, Shanghai, Dec. 2017.
338)Tomoyasu Ogino, Yasuhiro Sakuwa, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Partial Oxidation of Propylene to Propylene Oxide on Various Acidic Catalysts, 30th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2017), Daejeon, Dec. 2017.
339)Yuto Tsuchiya, Naozumi Fukushima, Masahiro Katoh, Yukimi Hayashi, Yuka Arai, Masamori Akamatsu and Shigeru Sugiyama : Catalytic Decomposition of Nitrite in a Continuous-Flow Reactor Using Fixed-Bed Structural Supports, 30th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2017), Daejeon, Dec. 2017.
340)Takehiko Yoshikawa, Kohta Sugawara, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : Observing the Degree of Distortion in Coordinated Motor Actions, Proceedings of 25Th ICCE, 415-420, Christchurch, NewZealand, Dec. 2017.
341)Kohta Sugawara, Takehiko Yoshikawa, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : A Learning Support System for Integrated Motor Skill by Organized Training Stages, Proceedings of 25Th ICCE, 451-456, Christchurch, NewZealand, Dec. 2017.
342)Minoru Noda and Fumiaki Nagao : Development of a Tornado Simulator with Multi-fan, Multi-vane and Moving belt, Proceedings of The 9th Asia-Pacific Conferences on Wind Engineering, 1-4, Auckland, Dec. 2017.
343)Hiroyuki Mitsuhara and Masami Shishibori : Virtual Currency as Gamification for Learning in a Disaster Museum to Increase the Number of Revisitors, Proc.of 25th International Conference on Computers in Education (ICCE 2017), 746-754, Christchurch, New Zealand, Dec. 2017.
344)XIN KANG, Yunong Wu and Fuji Ren : TUA1 at the NTCIR-13 Actionable Knowledge Graph Task: Sampling Related Actions from Online Searching, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 346-353, Tokyo, Dec. 2017.
345)Chao Li, XIN KANG and Fuji Ren : Medweb Task: Identify Multi-Symptoms from Tweets Based on Active Learning and Semantic Information, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 75-80, Tokyo, Dec. 2017.
346)Mengjia He, XIN KANG and Fuji Ren : TUA1 at the NTCIR-13 OpenLiveQ Task, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 105-107, Tokyo, Dec. 2017.
347)Yunong Wu, XIN KANG, Kenji Kita and Fuji Ren : TUA1 at NTCIR-13 Short Text Conversation 2 Task, Proceedings of the 13th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, 211-214, Tokyo, Dec. 2017.
348)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Effects of stretching treatment on mechanical properties of cellulose nanofiber green composites, Abstracts of the 3rd International Materials, Industrial, and Manufacturing Engineering Conference (MIMEC2017), sciforum-012040, Miri, Dec. 2017.
349)Masaki Uetai, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : All-Optical Modulation Format Conversion From OOK and QPSK to 8QAM using XPM and XGM, Optics & Communications Taiwan, International Conference 2017 (OPTIC2017), No.2017-FRI-S0204-O004, Kaohsiung, Dec. 2017.
350)Naoya Fujino, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Emotion Estimation Adapted to Gender of User Based on Deep Neural Networks, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering(NLP-KE'17), 166-178, Dec. 2017.
351)Hirokimi Fukuda, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Index Generation of BGM Video Based on Distinctive Comments, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering(NLP-KE'17), 179-184, Dec. 2017.
352)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Review Score Estimation Based on Transfer Learning of Different Media Review Data, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering(NLP-KE'17), 185-199, Dec. 2017.
353)Yasuda Tadayoshi, Yamashita Maki, Shun Nishide, XIN KANG and Fuji Ren : Learning Efficient Drawing Sequence Through Training of Recurrent Neural Network Model, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 65-76, Chengdu, Dec. 2017.
354)Ruixue Xia, Fuji Ren, XIN KANG and Shun Nishide : RESEARCH ON CONSTRUCTION AND ANALYSIS OF JAPANESE-CHINESE EMOTIONAL EXPRESSION CORPUS, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 216-223, Chengdu, Dec. 2017.
355)Yunong Wu, Kenji Kita, Kazuyuki Matsumoto, XIN KANG and Fuji Ren : Exploring the Relations Between Posts and Comments for Short Text Conversation, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 228-238, Chengdu, Dec. 2017.
356)Jie Shen, Ziyun Jiao, Fuji Ren, XIN KANG, Shun Nishide, Suichun Qu and Yi Yang : Realization and Improvement of Robot Object Recognition, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 251-263, Chengdu, Dec. 2017.
357)Qian Zhang, Fuji Ren, XIN KANG, Shun Nishide, Shibing Zhang and Xiaoge Zhang : Building Emotional Corpus for Microblogging Emoticons, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 289-303, Chengdu, Dec. 2017.
358)Yuming Xu, Fuji Ren, XIN KANG, Shun Nishide and Ping Jiang : Human Pose Recognition in Robots Based on Angle of Joint Vector, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 304-315, Chengdu, Dec. 2017.
359)Qianlu Huang, Fuji Ren, XIN KANG, Shun Nishide and Qiang Wang : Recognizing facial emotions in the video, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 316-327, Chengdu, Dec. 2017.
360)XIN KANG, Yunong Wu and Fuji Ren : Mining Actionable Intents to Facilitate Search Engine Users' Actions, Proceedings of The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE17), 343-351, Chengdu, Dec. 2017.
361)Fuji Ren : Emotion Robot and Advanced Intelligence, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
362)Matsuoka Hiroya, Shin-ichiro Yanagiya and Akihiro Furube : Mechanical properties of human corneocyte on gel sheet by atomic force microscopy, Abstracts book of ICSPM25, S4-15, Shizuoka, Dec. 2017.
363)Yusuke Nagao, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Enlarging viewing distance and 3D image depth at large Edge-based DFD display by blurring edge parts, IDW'17予稿集, 966-967, Sendai, Dec. 2017.
364)Shota Koyama, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Compact Layered Multi-View Display Using Arc 3D Display as Directional Backlight, THE 24TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, 947-950, Sendai, Dec. 2017.
365)Ippei Kanayama, Shiro Suyama and Haruki Mizushina : Manipulating Perceived Depth on Kinetic Depth Effect by Image Switching, The 24th International Display Workshops (IDW'17), 552, Sendai, Dec. 2017.
366)Wataru Kinoshita, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Large Viewing Zone of Multi-View Fresnel Arc DFD Display, IDW '17, 943-946, Sendai, Dec. 2017.
367)Yoko Awata, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Influence of Decreasing Motion Parallax Widths in Arc 3D Display on Perceived Depth Degradation by Decreasing Visual Acuity of One Eye, The 24th International Display Workshops, No.3Dp2-5, 939-942, Sendai, Dec. 2017.
368)Ryo Sasaki, Haruki Mizushina and Shiro Suyama : Pseudo-Focus Position Change in Bifocal Liquid-Crystal Lens by Changing Polarization Angle, IDW '17, 912-914, Sendai, Dec. 2017.
369)Terashima Yoshiki, Shiro Suyama and Hirotsugu Yamamoto : Aerial DFD Display with AIRR, Proc. IDW'17, 仙台国際センター, Dec. 2017.
370)Yu Gu, Yantong Wang, Tao Liu and Fuji Ren : Your WiFi Knows How You Feel: Leveraging Commodity WiFi Devices for Emotion Sensing, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
371)Duo Feng and Fuji Ren : Selected LBP-TOP based Dynamic Facial Expression Recognition on Ren-VFEdb, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
372)Xiaohua Wang, Muzi Peng, Min Hu and Fuji Ren : Facial Expression Recognition with Convolutional Neural Networks Based on Joint Loss, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
373)Haowen Wang, Min Hu, Fuji Ren and Xiaohua Wang : An improved algorithm of human-robot interaction oriented text similarity calculation, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
374)Ning Liu and Fuji Ren : Multi-label Emotion Computing Using Dense Neural Network Based on Distance Feature Represented Ren_CECps, The 12th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, Chengdu, China, Dec. 2017.
375)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Kei Uchida : Preparation and characterization of bacterial cellulose reinforced biocomposites, Abstract of the 6th International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, P39, Waikoloa, Dec. 2017.
376)Fuji Ren : IQ and EQ for Evolutionary robot, Sichuan University, Chengdu, China, Dec. 2017.
377)Akihiro Furube : Singlet exciton fission and interfacial charge transfer in organic crystals revealed by transient absorption spectroscopy: primary process of singlet fission solar cell, SPIE NANOPHOTONICS AUSTRALASIA, Dec. 2017.
378)Fuji Ren : Intellectual business society and Jobless society: Unclear power of artificial intelligence, 2017 GLOBAL UNMANNED SYSTEM CONFERENCE, Zhuhai, China, Dec. 2017.
379)Koji Kashihara : Automatic discrimination of attention levels estimated by frontal EEG activity in drivers, Proceedings of 1st IEEE Life Sciences Conference (LSC 2017), 194-197, Dec. 2017.
380)Kenji Ikeda and Hideyuki Tanaka : An SDP Formulation for Consistent Estimate of Innovations Model, The 2017 Asian Control Conference, 1772-1777, Gold Coast, Dec. 2017.
381)Harras Rahman Maher Abdel, Akinori Tuji and Kenji Terada : Motion-Based Detection and Tracking of Multiple Pedestrians, 19th International Conference on Computer Vision and Machine Learning(ICCVML2017), No.5-2, Dec. 2017.
382)M. Nishikino, N. Hasegawa, T. Tomita, Yasuo Minami, T. Eyama, N. Kakimoto, R. Izutsu, M. Baba, T. Kawachi and T. Suemoto : Observation of fs-laser spallative ablation using soft X-ray laser probe, Proceedings of SPIE, Vol.10091, 100910O, San Francisco, 2017.
383)Naoto Higuchi : When Hate Becomes Illegal, --- Analyzing Policy Processes to Enact the Anti-Hate Speech Law in Japan ---, International Workshop for Hate Speech in Europe and Asia, Jan. 2018.
384)Kojiro WATANABE and Suguru Tsujioka : Regional Image Analysis in Tokushima Central Urban Area by Tweet Data, Proceedings of the 11th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, 261-264, Nanjing, Jan. 2018.
385)Shoichiro Fujisawa, Ranmaru Mandai, Ryota Kurozumi, Shin-ichi Ito and Katsuya SATO : Identification of Visually Impaired Person with Deep Learning, Proceedings of the 1st International Conference on Intelligent Human Systems Integration (iHSI 2018), 601-606, Dubai, Jan. 2018.
386)Takafumi Katayama, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Pixel-based Fast CU Depth Decision Algorithm with Edge Strength for HEVC, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 407-412, Las Vegas, Jan. 2018.
387)Kazuki Kuroda, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Early Mode Selection of High Resolution for HEVC Base on Bits-Mapping, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 428-433, Las Vegas, Jan. 2018.
388)Yoshiki Ito, Tian Song, Wen Shi, Takafumi Katayama and Takashi Shimamoto : Hardware-oriented Low Complexity Motion Estimation for HEVC, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 438-442, Las Vegas, Jan. 2018.
389)Wen Shi, Takafumi Katayama, Tian Song and Takashi Shimamoto : Efficient Intra Prediction Based on Adaptive Downsampling Signal for Parallel HEVC Encoding, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE2018), 621-624, Las Vegas, Jan. 2018.
390)Pankaj M. Koinkar : Laser ablation in different liquid environment for the generation of nanomaterials, L. V. H. College, Nashik, India, Jan. 2018.
391)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : An Electroencephalogram Analysis Method to Detect Preference Using Gray Association Degree, The proceedings of International Conference on Electronics, Information, and Communication 2018, 304-305, Honolulu, Jan. 2018.
392)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Matsuura and Naka Gotoda : Feature Tracking using Particle Filer in Rope Skipping for Gross Motor Skill Development, International Journal of Computer Applications proceedings of 2nd ICKE2016, Vol.1, No.1, 25-29, Aurangabad, India, Jan. 2018.
393)Khandizod G Anita, Deshmukh R Ratndeep., Stephen Githinji Karungaru, Banerjee Soumya and Patil Jadhav L Vandana : Palmprint Spectral Biometric Authentication System by using ASD FieldSpec 4 Spectroradiometer, International Journal of Computer Applications proceedings of 2nd ICKE2016, Vol.1, No.1, 36-40, Aurangabad, India, Jan. 2018.
394)Takeo Minamikawa, Masuoka Takashi, Oe Ryo, Yoshiaki Nakajima, Yamaoka Yoshihisa, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Multi-dynamic range compressional wave detection using optical-frequency-comb, BiOS2018 in Photonics West 2018, 110494-105, Jan. 2018.
395)Oe Ryo, Takeo Minamikawa, Taue Shuji, Fukano Hideki, Yoshiaki Nakajima, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Refractive-index-sensing fiber comb using intracavity multi-mode interference fiber sensor, BiOS2018 in Photonics West 2018, Jan. 2018.
396)Ogura Yuki, Tanaka Yuji, Eiji Hase, Yamashita Toyonobu and Takeshi Yasui : Two-dimensional auto-correlation analysis and Fourier-transform analysis of second-harmonic-generation image for quantitative analysis of collagen fiber in human facial skin, BiOS2018 in Photonics West 2018, Jan. 2018.
397)Ani Firdaus Mohamad, Kamat Rahayu Seri, Minoru Fukumi, Momoyo Ito, Minhat Mohamad and Rayme Syafiqah Nur : Development of Ergonomic Vehicle Model and Decision Support for Driving Fatigue, Symposium on Intelligent Manufacturing and Mechatornics 2018, 355-369, Pekan, Malaysia, Jan. 2018.
398)Kamat Rahayu Seri, Ani Firdaus Mohamad, Ghazali Athira, Shamsudin Syamami, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Mathematical Modelling of Biomechanics Factors for Push Activities in Manufacturing Industry, Symposium on Intelligent Manufacturing and Mechatornics 2018, 3-14, Pekan, Malaysia, Jan. 2018.
399)Shibuya Kyuki, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Takeshi Yasui and Tetsuo Iwata : Dual-comb single-pixel imaging in both amplitude and phase, BiOS2018 in Photonics West 2018, Jan. 2018.
400)Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto and Takeshi Yasui : Video-rate confocal phase imaging by use of scan-less dual comb microscopy, BiOS2018 in Photonics West 2018, Jan. 2018.
401)Kyuki Shibuya, Hiroyuki Araki, Shinya Adachi and Tetsuo Iwata : Single-pixel diffraction-phase microscopic imaging combined with photon counting, SPIE Photonics West BIOS, San Francisco (USA), Jan. 2018.
402)Masamichi Ogasawara : Synthesis and Catalytic Applications of Novel Atropisomeric Chiral Dienes, Pure and Applied Chemistry International Conference 2018 (PACCON 2018), Hat Yai (Thailand), Feb. 2018.
403)Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masahiko Kusumoto, Hironobu Ohmatsu, Keiju Aokage, Genichiro Ishii, Yuji Matsumoto, Takaaki Tsuchida, Kenji Eguchi and Masahiro Kaneko : Prognostic importance of pleural attachment status measured by pretreatment CT images in patients with stage IA lung adenocarcinoma: measurement of the ratio of the interface between nodule and neighboring pleura to nodule surface area, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10575, 105751G-1-7, Feb. 2018.
404)Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Toshihiko Sugiura, Nobuhiro Tanabe, Masahiko Kusumoto, Kenji Eguchi and Masahiro Kaneko : Automated assessment of aortic and main pulmonary arterial diameters using model-based blood vessel segmentation for predicting chronic thromboembolic pulmonary hypertension in low-dose CT lung screening, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10575, 105750X-1-6, Feb. 2018.
405)A.S. Maklad, Mikio Matsuhiro, Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Mitsuo Shimada and Gen Iinuma : Automatic blood vessel based-liver segmentation using the portal phase abdominal CT, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10575, 1057527-1-7, Feb. 2018.
406)Kurumi Saito, Yuya Kobayashi, Satoru Ohnishi, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Keiji Umetani, Toshihiro Okamoto, Hiroaki Sakai, Yasutaka Nakano and Harumi Ito : Bronchial based pulmonary acinus analysis in human lungs using a synchrotron radiation micro-CT, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10578, 105781W-1-6, Feb. 2018.
407)Kohki Hino, Hidenobu Suzuki, Mikio Matsuhiro, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Katsuya Kato, Takumi Kishimoto and Kazuto Ashizawa : Quantitative assessment for pneumoconiosis severity diagnosis using 3D CT images, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10575, 105753J-1-6, Feb. 2018.
408)Tsuji Daisuke, Mikio Matsuhiro, Hidenobu Suzuki, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Masafumi Harada, Masahiko Kusumoto, Takaaki Tsuchida, Kenji Eguchi and Masahiro Kaneko : Computer aided detection system for osteoporosis using low dose thoracic 3D CT images, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10575, 105753D-1-6, Feb. 2018.
409)Chinatsu Watari, Mikio Matsuhiro, Janne J.Näppi, Radin A.Nasirudin, Toru Hironaka, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hiroyuki Yoshida : Radiomic texture-curvature (RTC) features for precision medicine of patients with rheumatoid arthritis-associated interstitial lung disease, Proc.SPIE Medical Imaging, Vol.10579, 105791N-1-6, Feb. 2018.
410)Xiao Yan, Masahide Hojo, Baohui Zhang and Kenji Yamanaka : Study on a Protection Scheme for Microgrid Based on Current Characteristics of Distributed Energy Resources, The Papers of Technical Meeting, IEE JAPAN, Vol.PE-18, No.21, 79-82, Naha, Feb. 2018.
411)Junko Kido, Takaaki Shimohata, sachie amano, sho hatayama, yuri sato, yuna kanda, aya tentaku, shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 52th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2018.
412)Akira Fujisawa, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Visual Similarity for ASCII Arts Using Image Features, Proceedings of the 2018 2nd International Conference on Machine Vision and Information Technology (CMVIT 2018), 17, Hong Kong, Feb. 2018.
413)Akira Mizobuchi, Aziz Sanusi Abdul Mohd, Izamshah Raja and Tohru Ishida : Helical Micro-hole Drilling of Chemically Strengthened Glass Using Capsule Shaped Electroplated Diamond Tool, Feb. 2018.
414)Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang and Fang-jung Shiou : Improvement of LIBS Quantitative Capability Using Collinear Long and Short DP Laser, Pittcon 2018 Symposia Recent Advances in Laser Induced Breakdown Spectroscopy, Orlando, USA, Feb. 2018.
415)Takeshi Umeki, Takushi Kazama, Takayuki Kobayashi, Shigehiro Takasaka, Yasuhiro Okamura, Koji Enbutsu, Osamu Tadanaga, Hirokazu Takenouchi, Ryuichi Sugizaki, Atsushi Takada, Ryoichi Kasahara and Yutaka Miyamoto : Polarization-diversity In-line Phase Sensitive Amplifier for Simultaneous Amplification of Fiber-transmitted WDM PDM-16QAM Signals, 2018 Optical Fiber Communication Conference (OFC), Vol.F84-OFC, No.2018, M3E.4, San Diego, Mar. 2018.
416)Kenji Kita, Yunong Wu, Kazuyuki Matsumoto and Minoru Yoshida : The Effectiveness of Image Data Augmentation for Deep Learning, Conference Abstract of the 3rd International Conference on Multimedia and Image Processing, 19, Mar. 2018.
417)Junichi Taniguchi, Kyohei Tagawa, M. Yoshikawa, Y. Igarashi, T. Ohsumi, H. Fujiwara, T. Hori, M. Okada and Toshitaka Baba : Selection of Tsunami Observation Points Suitable for Database-Driven Prediction, Journal of Disaster Research, No.13, 245-253, Mar. 2018.
418)Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hidenobu Suzuki, Mitsuo Shimada, Masafumi Harada, Issei Imoto, Masahiro Abe, Keiji Umetani, Masahiko Kusumoto, Keiju Aokage, Genichirou Ishii, Gen Iinuma, Yuuji Matsumoto, Yasutaka Nakano and Hiroaki Sakai : Cancer diagnosis and prognosis assistance based on multidisciplinary computational anatomy - progress overview FY2017 -, The 4nd International Symposium on Multidisciplinary Computational Anatomy, 107-114, Mar. 2018.
419)平井 松午 : 徳島大学附属図書館の古地図高精細アーカイブ, 国際ワークショップ「日本の古地図ポータルサイト」, 2018年3月.
420)Hanna Soneda, Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Kung Shyue LU : Detectable Resistive Open Defects in 3D ICs with Electrical Interconnect Test Circuit Made of Diodes, Proc. of 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications, 655-658, Mar. 2018.
421)Miyatake Noriko, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Hiroshi Yokoyama and Tetsuo Tada : Oscillation Frequency Estimation of Ring Oscillator for Interconnect Tests in 3D Stacked ICs, Proc. of 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications, 659-662, Mar. 2018.
422)Xie Tian, Wang Ruiling, Bu Yuyu and Jin-Ping Ao : Fabrication and Photoelectrochemical Evaluation of CuxO Thin Film Photocathodes Grown by Magnetron Reactive Sputtering, 10th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 11th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science, Mar. 2018.
423)Wang Ruiling, Bu Yuyu, Xie Tian and Jin-Ping Ao : Photoelectrochemical Performance of BiVO4-based Photoanodes with A Z-scheme, 10th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 11th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science, Mar. 2018.
424)Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Household Items Recognition using Distance Sensor Equipped Video Sunglasses, Risp International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 204-207, Mar. 2018.
425)Masamichi Ogasawara : Atropisomeric Chiral Dienes in Asymmetric Catalysis, International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018 (ICPAC 2018), Siem Reap, Mar. 2018.
426)Naoki Takashima, Toshihide Horikawa, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Water adsorption isotherms on Sterling FT, 4th International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2018), Tokushima, Mar. 2018.
427)Toshihide Horikawa, Takashima Naoki, D. D. Do, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Water adsorption scanning curves on highly graphitized carbon blacks, 4th International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2018), Tokushima, Mar. 2018.
428)Jirela Dilixiati, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Predicting facial expression from emoticon based on convolutional neural networks, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT 2018), Mar. 2018.
429)Takafumi Katayama, Kazuki Kuroda, Tian Song, Jenq-Shiou Leu and Takashi Shimamoto : Multi-Input CNN-based Low-Complexity Intra Coding Algorithm for HEVC, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P1-28, 1-3, Tokushima, Mar. 2018.
430)Takashi Yamamoto, miyamoto kazunori and Kondo Masaya : Thermal Decomposition Behavior of Supported Platinum Salt for Catalyst Preparation, International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018, Siem Reap, Cambodia, Mar. 2018.
431)Noriyuki Sakashita, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Performance of High Resolution Mode Sorting for Optical Beam Carrying Orbital Angular Momentum Suffering Lateral Displacement and Angular Deflection, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, No.P1-14, Tokushima, Mar. 2018.
432)Masaki Uetai, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : All-Optical Modulation Format Conversion From OOK and QPSK to 8QAM in SOA, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, No.P1-15, Tokushima, Mar. 2018.
433)Nyam-Erdene Odbayar, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Performance Analysis of Waveguide-Type Optical Circuit for Recognition of 8PSK-Coded Labels, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, No.P1-16, Tokushima, Mar. 2018.
434)Yumi Uno, Jesus Rafael Alcantara Avila, Ken-Ichiro Sotowa, Toshihide Horikawa and Hao-Yeh Lee : Effect of energy savings and open-loop controllability in heat-Integrated distillation structures, 4th International Forum on Advanced Technolgies (IFAT 2018), Tokushima, Mar. 2018.
435)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Resistive Open Defect Detection in 3D ICs with a Comparator of Offset Cancellation Type under Process Variation, Proc. of International Forum on Advanced Technologies 2018, P1-11-1-P1-11-3, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
436)Alia Ashikin Fara, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Electrical Tests for Capacitive Open Defects in Assembled PCBs, Proc. of International Forum on Advanced Technologies 2018, P1-12-1-P1-12-3, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
437)Jumpei Kawano, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : Effect of Routing in Testing a TSV Array Using Boundary Scan Circuit with Embedded TDC, Proc. of International Forum on Advanced Technologies 2018, P1-13-1-P1-13-3, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
438)Ani Firdaus Mohamad, Minoru Fukumi and Kamat Rahayu Deri : Development of Decision Support System for Improving Driving Fatigue Problem among Road Users, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), 1-3, Tokushima, Mar. 2018.
439)Yuma Mori, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto and Kazuma Tsujimoto : Evaluation of real-time measurement of temperature and concentration in furnace in steel making process using TDLAS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-26, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
440)Akimasa Suzuki, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Yuma Mori, Shin Kikuchi and Akikazu Kurihara : Evaluation of sodium-water chemical reactions and product using laser diagnostics, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-28, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
441)Shengli Cao, Yoshihiro Deguchi and Jiazhong Zhang : Study on the non-premixed flame using Lagrangian coherent structures, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-17, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
442)Kazuki Fujita, Yoshihiro Deguchi and Takahiro Kamimoto : Gas sensing properties in negative-pressure and high-temperature conditions using TDLAS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-30, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
443)Krunal Girase, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Eddy Huang and Chen-Chia Chou : Evaluation of Plasma emission behavior during Plasma Electrolytic Oxidation on AZ91D Mg-alloy, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-24, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
444)Min-Chao Cui, Yoshihiro Deguchi, Zhenzhen Wang and Shengdun Zhao : Application of collinear long-short DP-LIBS to iron and steel samples under different temperatures, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-23, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
445)Min-Gyu Jeon, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto and Deog-Hee Doh : Valuation of 2D temperature measurement using CT-TDLAS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-22, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
446)Masato Nakagawa, Yoshihiro Deguchi and Takahiro Kamimoto : Development of the 2D measurement technique for the temperature in the combustor using CT-TDLAS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-25, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
447)Seiya Tanaka, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Yuki Fujita and Ryo Furukawa : Development of quantitative measurement technology for steel materials in long distance using LIBS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-25, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
448)Qiming Wang, Yoshihiro Deguchi, Takihiro Kamimoto, Min-Gyu Jeon, Shiwei Zhang, Krunal Girase, Du Wen, Yoshiki Nishida and Satomi Kusanagi : Development of hydrocarbon measurement by TDLAS using DFG laser, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-23, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
449)Qiming Wang, Yoshihiro Deguchi, Takihiro Kamimoto, Min-Gyu Jeon, Shiwei Zhang, Krunal Girase, Du Wen, Yoshiki Nishida and Satomi Kusanagi : Development of hydrocarbon measurement by TDLAS using DFG laser, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-23, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
450)Zifan Miao, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui and Bowen Xue : The application of LIBS on soil pollution, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-20, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
451)Ryo Furukawa, Yoshihiro Deguchi, Yuki Fujita, Seiya Tanaka and Minchao Cui : Long distance measurement of steel samples using LIBS, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-30, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
452)Takahiro Kamimoto and Yoshihiro Deguchi : CT-tunable diode laser absorption spectroscopy : time resolved 2D temperature and concentration measurement for industrial applications, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, O5-3, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
453)Chenxu Wang, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui and Bowen Xue : Inter-pulse delay optimization in long-short DPLIBS of a steel sample at different temperatures, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-19, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
454)Wei Wang, Yoshihiro Deguchi and Jiazhong Zhang : Nonlinear analysis of thermoacoustic instability in a Rijke tube using phase space reconstruction, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-21, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
455)Bowen Xue, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Wang Chenxu and Zifan Miao : The study of laser induced breakdown spectroscopy to measure underwater metal materials, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-18, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
456)Yuki Fujita, Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Seiya Tanaka and Ryo Furukawa : Development of long and short DP-LIBS to porous materials underwater, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-24, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
457)Zhenzhen Wang, Renwei Liu, Ruomu Hu, Junjie Yan, Jiping Liu and Yoshihiro Deguchi : Improved measurement of unburned carbon in fly ash using laser-induced breakdown spectroscopy, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, O6-3, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
458)Yoshihiro Deguchi, Fang-jung Shiou, Zhenzhen Wang and Yoshihiro Deguchi : Development of Long and Short Pulse DP-LIBS with 3D Profile Measurement for the application to Iron and Steel Making Processes, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, O6-4, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
459)Shiou Jung Fang, Rytang Geo, Yuanchen Chien, Hsu Han Tzu, Hsu Han Tzu, Yoshihiro Deguchi and Wang Zhen-zhen : Development of anIn-situ 3D Profile Measurement System for the Heated Slags, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, K03, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
460)Yan-Jang Huang, Felix Tjiang, Chen-Chia Chou, Krunal Girase, Takahiro Kamimoto and Yoshihiro Deguchi : Soft Sparking Characteristics for Oxide Coating on Magnesium using Plasma Electrolytic Oxidation, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, O1-1, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
461)Yan-Jang Huang, Chen-Chia Chou, Krunal Girase, Takahiro Kamimoto and Yoshihiro Deguchi : Soft-Sparking Controlling and Analysis of Oxide Films under Plasma Electrolysis Oxidation, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-2, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
462)Zhengtao Hu, Heng Xu, Yuki Fujita, Yoshihiro Deguchi and Qulan Zhou : Researches on Carbon Content Quantitative Detection of Rice Husk Ash and the Characters of Hardly Burned Particle, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P1-04, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
463)Shiwei Zhang, Yoshihiro Deguchi, Krunal G. Girase, Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto, Yoshiki Nishida, Satomi Kusanagi and Fusheng Yang : Hydrocarbon Scanning Measurement at Different Temperature by TDLAS using the DFG Laser in the Mid-IR wavelength range from 3346nm to 3386nm, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Technologies IFAT2018, P2-05, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
464)Hong Jiang Bo, Shibai Koki, Fukumura Kohei, Kei-ichiro Murai, Shih Ju Shao and Toshihiro Moriga : Luminescent properties of Y4SiAlO8N oxynitride phosphor activatied by rare earth metal, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, Mar. 2018.
465)Eui-Seok Jeong, Inoue Norimasa, Tomoki Sawada, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Study on Behavior of Zr2-xTix(WO4)(PO4)2 According to Amount of MgO, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, Mar. 2018.
466)Jhong Huan-Ping, Mikito Yasuzawa, Masashi Kurashina, Masahiro Uchimaru, Chen-Hao Wang and Wei-Hung Chiang : Immobilization of Enzyme by Modifying with Detergent and Polymer in Glucose Biosensor Detection, 4th International Forum on Advanced Technologies, Tokushima, Mar. 2018.
467)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito and Yuya Sakaguchi : Mechanical properties of stretch-treated CNF reinforced polymer composites, Proceedings of The 4th International Forum on Advanced Technologies, I4-2_1-I4-2_3, Tokushima, Mar. 2018.
468)Shiro Suyama and Haruki Mizushina : 3D Display Technologies in Our Laboratories, 4th International Forum on Advanced Technologies, K04, Tokushima, Mar. 2018.
469)Yusuke Mizuta, Yu Umeoka, Kohei Shizukawa, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Synthesis and Characterization of Novel rocksalt-type Oxynitride, LiTi2(O,N)z(Z=4) used as Anode Material, 4th International Forum on Advanced Tecnoligies (IFAT2018), Tokushima, Mar. 2018.
470)Shun Nakai, Shuhei Kori, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Thermoelectric properties of Ca and Fe substituted LaCoO3, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, Mar. 2018.
471)Xue Liu, Yasumasa Otani, Ryunosuke Minato, Ryota Minakata, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and 森 昌史 : Local structural change in Ce1-xLax2-(LDC) solid electroytes, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), Tokushima, Mar. 2018.
472)Quyen Hong Ho, Maki Yoshioka, Thuy Thi Xuan Le, Masashi Kurashina and Mikito Yasuzawa : Effective Phosphate Removal from Aqueous Solution Using Environmental-Friendly Adsorbent'', 4th International Forum on Advanced Technologies, Tokushima, Mar. 2018.
473)Kazuhide Watanabe, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Direction dependence of light scattering due to magnetic resonance of single split ring resonator, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P2-12, Tokushima, Mar. 2018.
474)Yusuke Iguchi, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Takeshi Yasui : Surface plasmon polariton of graphene ribbon array in terahertz region, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P2-11, Tokushima, Mar. 2018.
475)Shigeru Muramatsu, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : The Distributed constant circuit model analysis of plasmonic waveguide, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P2-10, Tokushima, Mar. 2018.
476)Satoshi Kawamura, Toshihiro Okamoto, Chika Iwamoto, Tomohiro Fukuda, Atsushi Mori and Masanobu Haraguchi : Evaluation of effective refractive index of metamateria thin films consisting of Split ring resonator fabricated by Nano sphere lithography, 4th International Forum on Advanced Technologies (IFAT2018), No.P2-09, Tokushima, Mar. 2018.
477)Yan-Jang Huang, Pin-Han Lu, Chen-Chia Chou, Krunal Girase and Yoshihiro Deguchi : Correlation of plasma generation and microstructural development of oxide coatings on magnesium alloy using plasma electrolytic oxidation technique, Proceedings of International Symposium on Advanced Laser Measurement Technology ISALMT2018, I03, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
478)Fang Jung Shiou, Geo Rytang, Chien Yuanchen, Tzu Han Hsu, Yoshihiro Deguchi, Ming Chung Yeh and Zhen Zhenwang : Development of anIn-situ 3D Profile Measurement System for the Heated Slags, Proceedings of International Symposium on Advanced Laser Measurement Technology ISALMT2018, I08, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
479)Zhenzhen Wang, Ruomu Hu, Wangzheng Zhou, Renwei Liu, Junjie Yan, Jiping Liu and Yoshihiro Deguchi : Research on Influence Factorsfor Trace Heavy Metal Measurement in Gas Phase using LIBS, Proceedings of International Symposium on Advanced Laser Measurement Technology ISALMT2018, I10, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
480)Takahiro Kamimoto and Yoshihiro Deguchi : Accuracy evaluation of 2D temperature and concentration measurement in multi-jet burners using CT-TDLAS, Proceedings of International Symposium on Advanced Laser Measurement Technology ISALMT2018, I12, Tokushima, Japan, Mar. 2018.
481)Minoru Noda, 八谷 実, 松浦 佑樹 and Fumiaki Nagao : Statistical Characteristics of Flight of Debris in Tornado-like Vortex, Proceedings of International Workshop on Wind-Related Disasters and Mitigation, 1-8, Sendai, Mar. 2018.
482)Wolfgang Herbert : Aus Okinawa nach Olympia. Geschichte, Metamorphosen und Zukunft des Karate-dô., Universität Wien. Institut für Ostasienwissenschaften. Japanorama 2018, Mar. 2018.
483)Kamat Rahayu Seri, Ani Firdaus Mohamad, Hadi Aisyah Abd Nur, Rayme Syafiqah Nur, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Redesign the Material Handling System by Using Ergonomic Approaches to Reduce Back Pain Risk, International Conference on Kansei Engineering & Emotion Research 2018, 1-11, Kuching, Malaysia, Mar. 2018.
484)Naoki Wada : Maintenance and function of a plant chromosome in human cells, The 11th International Symposium Exploring the Global Sustainability, Mar. 2018.
485)Koto Suganuma, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, H. N. Cheng and Tetsuo Asakura : NMR analysis of the stereoregularity of poly(lactic acid) through the use of selective solvents, 255th ACS National Meeting & Exposition, New Orleans, Mar. 2018.
486)Yasunari Kusaka, Misaki Senoo, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Structure analysis of blockiness controlled poly (vinyl alcohol-co-vinyl acetate) by NMR, 255th ACS National Meeting & Exposition, New Orleans, Mar. 2018.
487)Toru Hasunuma : Augmenting a tree to a k-arbor-connected graph with pagenumber k, Extended abstracts of 34th European Workshop on Computational Geometry (March 21-23, 2018), 27:1-6, Berlin, Germany, Mar. 2018.
488)Takafumi Katayama, Kazuki Kuroda, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Low-Complexity Intra Coding Algorithm Based on Convolutional Neural Network for HEVC, Proceedings of 2018 International Conference on Information and Computer Technologies (ICICT2018), 115-118, DeKalb, USA, Mar. 2018.
489)村上 敬一 : 災害時における地域方言をめぐって, 韓国日本語学会第37回春季学術研究会, 2018年3月.
490)Nsinga Robert and Stephen Githinji Karungaru : Benchmarking Organizational Performance Dynamics Using Memory Cells Recurrent Neural Networks, 6th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018, 9-13, Mar. 2018.
491)Lkhagvasuren Ulziisaikhan, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Real time backpack detection in visual surveillance based On verticals contour analysis, 6th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018, 107-110, Mar. 2018.
492)Lin Zong-Yi, Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Fang Shin-Pu : Human Action Recognize using SVM, Proceedings of The 5th Annual Conference on Engineering and Information Technology(2018ACEAIT), No.ACEAIT-0174, 547-550, Kyoto, Mar. 2018.
493)Kei Yamamoto, N Higashizaka, S Fujino, Y Miki and M Murakami : A plasmalogen-lysophosphatidylethanolamine produced by epidermal sPLA2 (PLA2G2F) is a novel regulator and drug target for epidermal-hyperplasic diseases., Bioactive Lipids 2018, Athens, Greece, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)渡辺 公次郎, 寺嶋 勇輝, 近藤 光男 : 徳島県阿南市における水田のグリーンインフラストラクチャとしての利用可能性に関する研究, 都市計画研究講演集, Vol.15, 25-28, 2017年4月.
2)渡辺 公次郎, 徳田 進, 上田 崇史 : 徳島都市圏における土地の雨水浸透機能を考慮した土地利用に関する研究, 都市計画研究講演集, Vol.16, 35-38, 2017年4月.
3)盧 翔孟, 南 康夫, 北田 貴弘 : Study of MBE Growth on high-index GaAs substrate for THz devices, 2017 Xiamen University Nanqiang Youth Scholar Forum, 2017年4月.
4)高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 大塚 豊, 國井 博之 : 内部構造を変化させた麻繊維の機械的性質, 第15回日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 11-12, 2017年4月.
5)鶴本 有美, 田口 太郎 : 新設及び復活した青年団の役割と地域の課題 ー四国内での新設・復活した青年団とその背景ー, 2017年農村計画学会春季大会学術研究発表会要旨集, 28-29, 2017年4月.
6)丸岡 三紗, 田口 太郎 : 過疎地域における高齢者の「食」に関する地域課題の抽出と社会的支援に関する考察 ーまんのう町琴南地区在住の後期高齢者に対する悉皆アンケート調査の中間報告ー, 2017年度農村計画学会春季大会学術研究発表会要旨集, 4-5, 2017年4月.
7)宇都 義浩, 鈴木 拓磨, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸を用いた超音波と温熱の併用による抗腫瘍活性の評価, 第7回ポルフィリンALA学会年会, 2017年4月.
8)小山 徹也, 畠 明宏, 米倉 大介 : 炭素鋼の表面特性に及ぼす電子ビーム照射処理の影響, 日本材料学会四国支部第15回学術講演会講演論文集, 9-10, 2017年4月.
9)西尾 晃一, 田口 裕樹, 米倉 大介 : 超音波援用接合法によるSn-Bi系ハンダとガラスの接合強度に及ぼすBiの影響, 日本材料学会四国支部第15回学術講演会講演論文集, 13-14, 2017年4月.
10)中井 聡, 安齋 研人, 米倉 大介 : 多層膜を被覆したチタン合金のフレッティング疲労特性, 日本材料学会四国支部第15回学術講演会講演論文集, 15-16, 2017年4月.
11)Nakamura Yu-Ki, Kawamoto Kohei, Sayuri Tomonari, Matsuda Mayuko, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Uemura Natsuki, Sumihare Noji and Taro Mito : even-skipped is required for segmentation and elongation of embryos in the cricket Gryllus bimaculatusas revealed by CRISPR/Cas9-based gene knock-out., Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
12)Matsuda Mayuko, Matsuoka Yuji, Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Functional analysis of a Hox gene, abdominal-A, in the cricket Gryllus bimaculatus using a CRISPR/Cas9-mediated gene knock-in system, Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
13)塚越 雅幸, 豊田 啓生, 上田 隆雄, 石川 真志 : アクティブサーモグラフィ法によるシーリング目地の漏水箇所の推定, 2017年度日本建築学会 四国支部研究発表会, 2017年5月.
14)豊田 啓生, 塚越 雅幸, 石川 真志, 上田 隆雄 : アクティブサーモグラフィによるポリマーセメント系防水層の塗膜厚さの推定, 2017年度日本建築学会 四国支部研究発表会, 2017年5月.
15)谷口 純一, 吉川 貴史, 村田 伸, 五十嵐 康彦, 堀 高峰, 岡田 真人, 馬場 俊孝 : L1正則化 項付き線形回帰による津波予測に適した観測点配置の検討, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 2017年5月.
16)清水 亮汰, 松本 健志 : Monitoring of bone repair process by in-line phase-contrast CT: evaluation of osteoporotic bone repair in mice, 第56回日本生体医工学会大会抄録集, 324, 2017年5月.
17)掛井 秀一 : VR, ARの建築における応用 ~避難誘導実験,空間シミュレーションを事例として~, 環境心理学研究, Vol.5, No.1, 1-22, 2017年5月.
18)村上 敬一, 田島 幹大, 吉平 彩加 : 地域方言を題材とした高大連携による教育活動の実践, 日本方言研究会第104回研究発表会, 41-44, 2017年5月.
19)渡辺 公次郎, 野々瀬 徹, 中川 俊博, 清水 裕且, 多田 豊, 池添 純子, 新居 照和 : 徳島市中心部における商業関連の市街地整備事業対象地域の特徴に関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.17, 113-114, 2017年5月.
20)福永 柚理子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史的市街地における延焼危険性に配慮した避難困難性に関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.17, 109-110, 2017年5月.
21)永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻原 弘, 高橋 和哉 : 方向定位付きLED発光ブロックの全盲者向け敷設位置の検証, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 2A2-M03(1)-2A2-M03(4), 2017年5月.
22)矢部 拓也, 笠井 明日香, 木下 斉 : 「ふるさと納税」は東京一極集中を是正し,地方を活性化しているのか, --- 都道府県・市町村収支データと財政力との関係から考える ---, 地域社会学会第42回大会, 2017年5月.
23)小川 宏樹 : 統計資料を用いた木造住宅の耐震化率の推計方法の検討, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.17, 115-116, 2017年5月.
24)朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : 福岡県福津市福間における海岸マツ林の自律的管理, 第61回日本生態学会中国・四国地区大会, 2017年5月.
25)佐々木 剛, 堀 誠紘, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 海岸林に植栽したクロマツ苗木の成長と光環境・林分構造, 第61回日本生態学会中国・四国地区大会, 2017年5月.
26)大竹 尚孝, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 高耐熱性酸化セリウム触媒の雄喜変換特性, 第33回希土類討論会, 2017年5月.
27)塩川 奈々美, 塚本 章宏, 服部 恒太, 林 琳, 岸江 信介 : 教えて!あなたの地域の``○○焼き'', 第13回ESRIコミュニティフォーラム2017, 2017年5月.
28)塚本 章宏, 服部 恒太 : 追跡!バックパッカー24時 Tracking backpackers 24/7, 第13回ESRIコミュニティフォーラム2017, 2017年5月.
29)阿部 悠香, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 絶縁仕様の脱気筒からの距離が鉄筋腐食に与える影響, 土木学会四国支部平成29年度技術研究発表会, 2017年5月.
30)塚越 雅幸, 豊田 啓生, 渡邉 健, 上田 隆雄 : 超音波法を用いたポリマーセメント系表面仕上材料の物性評価, 土木学会四国支部平成29年度技術研究発表会, 2017年5月.
31)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造, 日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
32)亀村 典生, 村上 彩良, 小松 弘明, 澤野井 政宏, 宮本 賢治, 石堂 一巳, 岸本 幸治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 軟骨形成におけるcGMP-dependent protein kinase Ⅱの作用機構の探索, 第58回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2017年5月.
33)豊田 晃太朗, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市圏での津波リスクを考慮した居住地選択に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
34)沼田 秀樹, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 京阪神都市圏鉄道ネットワークにおける経路選択に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
35)近藤 雄介, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : モビリティの格差に配慮した地域交通サービスの在り方に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
36)荻野 薫平, 井上 貴文, 成行 義文 : 直接基礎のロッキング振動が制震橋梁の地震応答に及ぼす影響, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
37)木村 健吾, 井上 貴文, 成行 義文 : 木造住宅の塑性率に基づく地震動強度に関する研究, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
38)森岡 優太, 井上 貴文, 成行 義文, 源 貴志 : 連続した強震動に対する所要降伏震度スペクトルの検討, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
39)大栄 祐太郎, 井上 貴文, 成行 義文 : リダンダンシー解析における下路式曲弦ワーレントラス橋の部材破断時の衝撃係数, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, 2017年5月.
40)笹尾 彰宏, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 流砂の粒度構成が河床地形に与える影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-073-2017, 2017年5月.
41)山本 隼也, 武藤 裕則, 穴瀬 康雄, 田村 隆雄 : 吉野川西原箇所における洪水時の流況及び河床変動について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-097-2017, 2017年5月.
42)永井 純平, 武藤 裕則, 田村 隆雄 : 堤防の耐越水破壊補強法に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-100-2017, 2017年5月.
43)森川 裕基, 武藤 裕則, 田村 隆雄, 笹尾 彰宏 : 低水護岸の設置が河道地形に与える影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-135-2017, 2017年5月.
44)長谷川 諒, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : タンクモデルから得られる地中水情報を活用した深層崩壊ハザードマップの検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-072-2017, 2017年5月.
45)大西 靖之, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 森林斜面の土砂災害を誘発する降雨波形に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-080-2017, 2017年5月.
46)葉名 鼓太郎, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 過去に乱伐された森林流域における洪水低減機能の定量的評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-092-2017, 2017年5月.
47)田中 颯馬, 田村 隆雄, 武藤 裕則 : 平成26年台風11号における那賀川和食地点の洪水流量ハイドログラフの推定, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, jsce7-095-2017, 2017年5月.
48)上番増 喬, 大西 愛, 北山 礼子, 吉本 亜由美, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 許容上限量の甘味料の摂取が腸内細菌叢と宿主へ及ぼす影響の解析, 日本栄養食糧学会, 243, 2017年5月.
49)丸山 聖人, 上月 康則, 岡本 隼輔, 杉本 卓司, 樋口 遼, 井若 和久, 山中 亮一, 佐藤 康徳, 渡辺 公次郎 : 徳島市津田・新浜地区を対象とした避難路WSでの参加住民の発言からみる防災意識の特徴について, 平成29年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, jsce7-102-2017, 2017年5月.
50)須田 裕子, 葛西 博文, 小田島 勉, 橋本 親典 : 即時脱型コンクリートの耐久性に関する実験的研究, --- jsce7-089-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
51)西山 航平, 福富 隼人, 渡邉 健, 橋本 親典 : AE 法を適用した鉄筋腐食に起因するひび割れの評価, --- jsce7-127-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
52)福富 隼人, 西山 航平, 渡邉 健, 橋本 親典 : 超音波法の測定方法に着目した鉄筋腐食の劣化度評価に関する検討, --- jsce7-133-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
53)山田 悠二, 岡 友貴, 橋本 親典, 近藤 拓也 : 異なる容器形状内でのモデルコンクリートの充填挙動に関する検討, --- jsce7-159-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
54)鈴木 彩莉, 渡邉 健, 橋本 親典, 西山 航平 : 銅スラグ細骨材を用いたコンクリートの圧縮強度評価推定に関する研究, --- jsce7-152-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
55)中島 翼, 橋本 親典, 渡邉 健 : 小型模擬型枠を対象とした粒状体・流体連成解析によるフレッシュコンクリートの施工性能評価, --- jsce7-162-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
56)面矢 建次郎, 渡邉 健, 橋本 親典, 関川 昌之 : 各種シリンダーを用いた簡易透気試験によるコンクリート表層の緻密性評価に関する検討, --- jsce7-156-2017 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.23, 2017年5月.
57)薮内 涼, 一宮 昌司 : 外部撹乱が2次元混合層に及ぼす効果, 第19回日本流体力学会中四国・九州支部講演会講演論文集, 2017年5月.
58)Yoshie Setsu, 康 鑫, 西出 俊, 任 福継 : Extraction emotion from spoken language based on the language information, The 31st Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 1-2, 2017年5月.
59)薛 佳恵, 康 鑫, 西出 俊, 任 福継 : 言語情報に基づく話言葉の感情抽出に関する研究, 人工知能学会全国大会第31回, Vol.0, No.0, 1-2, 2017年5月.
60)藤澤 日明, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 画像特徴量を用いた大型アスキーアートの分類手法の提案, 第31回人工知能学会全国大会予稿集, 1-2, 2017年5月.
61)福田 寛公, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : 楽曲に特徴的なコメントに基づく作業用BGMからのインデックス作成, 第31回人工知能学会全国大会予稿集, 1-2, 2017年5月.
62)藤野 尚也, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : ユーザの性別と感情表出傾向との関連, 第31回人工知能学会全国大会予稿集, 1-4, 2017年5月.
63)島田 裕友, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 堀河 俊英 : メタノール-エタノール混合物を用いた水平型蒸留装置の性能評価, 分離技術会年会2017, 2017年5月.
64)松下 隼弥, 宮脇 遼子, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : マイクロ流路における気液スラグ長さと物質移動容量係数の関係, 分離技術会年会2017, 2017年5月.
65)三戸 太郎 : ゲノム改変技術を用いたフタホシコオロギの発生機構の研究, 日本節足動物発生学会第53回大会, 2017年5月.
66)大草 晃, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 三角 侑司 : 補強材を添加したCFRPの層間破壊じん性向上に関する研究, 日本材料学会第66期学術講演会講演論文集, 316_1-316_2, 2017年5月.
67)高木 均, 坂口 友哉, ナカガイト ノリオ アントニオ : PVA/CNF系グリーンコンポジットの延伸による特性改善, 日本材料学会第66期学術講演会講演論文集, 314_1-314_2, 2017年5月.
68)喜多 郁弥, 團 昭紀, 岡 直宏, 齋藤 稔(技術補佐員), 浜野 龍夫 : スジアオノリ陸上養殖のための組織培養を用いた種苗生産, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
69)岡 直宏, 今井 洋斗, 齋藤 稔(技術補佐員), 團 昭紀, 棚田 教生, 浜野 龍夫 : ワカメ配偶体のフコキサンチン産生に対する水温の影響, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
70)岡 直宏, 齋藤 稔, 團 昭紀, 佐藤 陽一, 中西 達也, 浜野 龍夫 : 有用海藻Agardhiella subulataの生長性とその利用について, 日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
71)長曽我部 まどか, 三木 絢央, 谷本 圭志, 土屋 哲, 小川 宏樹 : 非競合サービスからのアクセスに着目した施設の集客性に関する研究, 第69回土木学会中国支部研究発表会発表概要集, 281-282, 2017年5月.
72)今井 昭二, 山本 祐平 : 黒鉛炉原子吸光法における吸光度プロファイルの減衰過程-1:標準消失過程-, 第77回分析化学討論会, Vol.G2007, 2017年5月.
73)山本 祐平, 喜多 郁弥, 磯野 成美, 今井 昭二 : 腐植物質と金属イオンの錯生成における競合の影響, 第77回分析化学討論会, 2017年5月.
74)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 道路投資の増減と入札率 落札率の変動に関する一考察, 第74回全国大会, 2017年5月.
75)楠本 健, 手塚 美彦, 橋本 修一 : ZnOナノ微粒子を用いたナノポーラスポリチオフェン膜の形成, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
76)丹羽 実輝, 乗定 孟, 田中 均 : キラルオキサゾリジノンのラジカル重合と置換基による重合能の変化, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
77)木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 : N-ビニルイミダゾールのラジカル重合 – 錯形成を利用した反応制御, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
78)平田 智輝, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 亜鉛アート錯体を用いた不可逆的重縮合による脂肪族ボリカーボネートの合成, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
79)田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : カルビノキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
80)森 和之, 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 : 一過性の神経筋電気刺激が動脈機能に及ぼす影響, 第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
81)出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 岡久 哲也, 近藤 心, 古本 太希, 友成 健, 加藤 真介 : ステップエクササイズによるトレーニングが高齢者の身体組成へ及ぼす影響, 第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
82)田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 : 持久的運動に対して総仕事量を減少させたレペティション運動が動脈機能に及ぼす影響, 第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
83)樋口 直人 : ジェンダー化された編入様式, --- (1)移民集団間の分岐をめぐる分析枠組み ---, 関東社会学会, 2017年6月.
84)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 収束冪級数環における integral numberの計算法について, 第26回日本数式処理学会大会, 2017年6月.
85)岡﨑 大周, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : スラグ流を活用した貧溶媒晶析技術の検討, 日本海水学会第68年会, 2017年6月.
86)北川 菜月, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 結晶周りにおける物質移動現象のシミュレーション手法の開発, 日本海水学会第68年会, 2017年6月.
87)倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 日本海水学会第68年会, 2017年6月.
88)大石 篤哉, 加藤 正大, 山本 健斗 : 深層学習における計算効率化の検討, 計算工学講演会論文集, Vol.22, 2017年6月.
89)金井 純子, 中野 晋 : 四国4県の福祉避難所アンケート調査からみた現状と今後の課題, 日本地域福祉学会第31回大会報告要旨集, 207, 2017年6月.
90)中野 晋, 金井 純子 : 熊本地震に学ぶ∼大災害時の特別支援学校の役割∼, 日本地域福祉学会第31回大会報告要旨集, 229, 2017年6月.
91)南川 丈夫 : (招待講演) ラマン分光センシング ∼分子振動に基づく新たな無染色組織診断法∼, Translational Research Center (TRC) セミナー, 2017年6月.
92)山本 祐平, 清水 魁人, 今井 昭二 : 遠隔山岳地域で採取されたエアロゾルに対する人口密集地域からの寄与, 第26回環境化学討論会, 2017年6月.
93)池本 直矢, 寺田 賢治, 中野 昭雄, 豊島 真吾 : 顕微鏡画像を用いたカブリダニ類の種識別, 第23回画像センシングシンポジウム, No.IS3-22, 2017年6月.
94)中野 晋, 金井 純子, 野々村 敦子, 橋本 悠太郎 : 熊本地震における特別支援学校の災害対応, 地域安全学会梗概集, No.40, 43-46, 2017年6月.
95)宇野 剛史 : 腹膜偽粘液腫に対する遺伝子発現データ解析, 日本経営システム学会中国四国支部平成29年度第1回講演会, 2017年6月.
96)多久和 岬, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における健康活動促進による自動車利用抑制意向形成に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.55, 1-6, 2017年6月.
97)石橋 知也, 二井 昭佳, 福島 秀哉, 山口 敬太, 尾野 薫, 木村 優介, 白柳 洋俊 : 「地域の社会ー空間」の評価・再生とその方法, --- 実践と研究をつなぐ ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.55, 2017年6月.
98)奥嶋 政嗣 : マルチエージェント交通シミュレーションによる温室効果ガス排出削減策の影響分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.55, 1-10, 2017年6月.
99)入江 敦, 山本 圭, 三木 寿美, 武富 芳隆, 村上 誠 : 破骨細胞における膜リン脂質の代謝動態:PEの合成・輸送・分解と膜融合, 日本脂質生化学会, 2017年6月.
100)山本 登志子, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 長崎 祐樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 日本脂質生化学会, 2017年6月.
101)川上 竜巳, 藤原 拓, 金茂 里沙, 辻 奈々子 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3のアミノ酸ラセマーゼホモログの酵素化学的解析, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
102)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月.
103)清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元能の定量的評価法を用いたインジゴ還元菌の探索及び機能解析, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
104)松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 自然界より単離したエタノール生産性酵母の諸性質解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
105)吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
106)大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
107)高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
108)宇都 義浩 : ウシ初乳タンパク質を用いたマクロファージ作用剤の開発と自己免疫疾患に対する臨床応用, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
109)高橋 浩樹 : 円単数・ガウス和と岩澤加群, 代数的整数論研究集会, 2017年6月.
110)依岡 隆児 : 森鴎外と多和田洋子∼浮遊感覚をめぐって, 日本比較文学会第79回全国大会(山形大学), 2017年6月.
111)Narumi Maegawa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Yui Hamaji, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Yurie Ohiwa, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav and Takanori Satoh : Binding properties for Lipocalin function of whey proteins in Mongolian animal milks, The 17th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan,The Program and Abstracts,, 65, Jun. 2017.
112)鬼塚 正義, 大政 健史 : 抗体生産CHO細胞からの凝集抗体分泌とその構造的特徴, 第17回日本蛋白質科学会年会ワークショップ 抗体医薬の構造・物性・機能1-高機能化に向けた構造物性解析の高度化-, 2017年6月.
113)髙橋 晋一 : 四国遍路と「おもてなし」の心, --- 「お接待」の文化をめぐって ---, 徳島県立文学書道館友の会講演会, 2017年6月.
114)刑部 祐里子 : 植物のゲノム編集と農作物への応用, 日本ゲノム編集学会 第2回大会教育実習セミナー, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
115)島田 佳南里, 橋本 諒典, 坂本 秀樹, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : シロイヌナズナ受容体様タンパク質のゲノム編集による機能解明, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
116)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるモデルイチゴのゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
117)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : RNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集技術を用いた植物ゲノムの改変, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
118)上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマトの機能改変を目指した高効率ゲノム編集技術の確立, 日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
119)宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸と超音波の併用による 抗腫瘍効果の評価と作用機序の解析, 第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月.
120)池側 隆之, 佐原 理, 松本 篤 : 地域コミュニティにおいてパーソナルメディアが担う新たな公共性 プロジェクト「Film Cycle(フィルムサイクル)」を例として, 第64回春季研究発表大会 日本デザイン学会 デザイン学研究, 56-57, 2017年7月.
121)中村 浩一, 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 : LiMPO4(M=Fe,Mn)におけるLi+イオン運動と局所構造の変化, 第20回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 71-74, 2017年7月.
122)永瀬 雅夫 : SiC上グラフェンの 各種顕微鏡法による 観察・評価, --- [招待講演] ---, 第32回 材料解析テクノフォーラム, 2017年7月.
123)日野 公貴, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 加藤 勝也, 岸本 卓巳 : 胸部3次元CT画像を用いたじん肺の粒状影の空間分布パターン解析, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.117, 5-6, 2017年7月.
124)渡部 基信, 柏原 考爾, 松田 佳尚, 小西 行郎 : 家庭内事故防止のための乳幼児観察法, 日本赤ちゃん学会 第17回学術集会 プログラム抄録集, 61, 2017年7月.
125)平井 松午 : 北海道に渡った藍-藍作農民の北海道移住-, 第35回郷土文化講座「藍と徳島の近代」, 2017年7月.
126)柳 振錫, 新子 晃生, 居上 靖弘, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 透水性互層地盤における河川堤防の浸透破壊に関する遠心力模型実験, 地盤工学研究発表会, Vol.52, 957-958, 2017年7月.
127)柳 振錫, 新子 晃生, 居上 靖弘, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 透水性互層地盤における河川堤防の浸透破壊に関する三相系連成解析, 地盤工学研究発表会, Vol.52, 959-960, 2017年7月.
128)肥前 大樹, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 余震を考慮した非排水繰返しせん断試験に対する弾塑性構成モデルの適用性, 地盤工学研究発表会, Vol.52, 377-378, 2017年7月.
129)高辻 祐紀, 藤田 翔平, 島村 知希, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 柔なスリーブによる砂地盤上の浅い基礎の支持力増強について, 地盤工学研究発表会, Vol.52, 1173-1174, 2017年7月.
130)近藤 健太, 高原 利幸, 上野 勝利 : 危険斜面先での地下水位測定による土壌雨量指数の改善に関する研究, 地盤工学研究発表会, Vol.52, 1825-1826, 2017年7月.
131)山田 晃平, 宗包 稔司, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : LiNTf2存在下でのカチオン重合によるポリビニルエーテルの立体規制の試み, 第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
132)近藤 恵太, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : テトラtert-ブチル亜鉛酸ジリチウムを用いたポリブチレンサクシネートの合成, 第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
133)前田 紘希, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : poly(N-isopropylacrylamide-co-N-ethylacrylamide)水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と組成の影響, 第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
134)Olaf Schiedges : Zur Struktur des Raums in den Texten von Murakami Haruki, Zentrum für Japan Studien in Kyoto/Deutschsprachige Japanologie in Kansai, Jul. 2017.
135)今井 洋太, 武藤 裕則, 渡辺 公次郎, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 水田をグリーンインフラとして活かすためのシナリオ, 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月.
136)佐々木 剛, 野田 稔, 渦岡 良介, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の機能・持続性評価., 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月.
137)山本 孝 : XANESの見かけ上の吸収端シフトおよび価数評価, 関西分析研究会平成29年度第一回例会, 2017年7月.
138)南川 丈夫 : (招待講演) 光コムを用いた精密計測への応用, 第388回精密工学会講習会「精密光計測の基礎 ー干渉から光コムまでー」, 2017年7月.
139)宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用研究, 比較統合医療学会第59回大会, 2017年7月.
140)小笠原 正道 : 不斉遷移金属錯体の触媒的不斉合成と有機合成への応用, 特別講演会, 2017年7月.
141)辻 大輔, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量胸部3次元CT画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 日本医用画像工学会大会, OP7-1, 2017年7月.
142)日野 公貴, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 加藤 勝也, 岸本 卓巳, 芦澤 和人 : 胸部3次元CT画像を用いたじん肺の粒状影解析, 日本医用画像工学会大会, OP12-1, 2017年7月.
143)斉藤 くるみ, 小林 裕弥, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海 : 放射光CT画像による肺二次小葉の気管支系・血管系の3次元形態解析, 日本医用画像工学会大会, OP12-5, 2017年7月.
144)守本 達郎, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 肺がんCT検診コンピュータ診断支援システムの読影ワークフロー解析, 日本医用画像工学会大会, OP12-2, 2017年7月.
145)木村 幸将, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiCグラフェン積層構造における電気特性の角度依存性, 第8回集積化 MEMS 技術研究ワークショップ, No.P1, 2017年7月.
146)森高 恭平, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : イオン性ゲルを用いたSiC上グラフェンデバイスの特性評価, 第8回集積化 MEMS 技術研究ワークショップ, No.P8, 2017年7月.
147)草葉 啓太, 高島 祐介, 直井 美貴, 原口 雅宣 : 導波構造上にサブ波長周期構造を実装した可視域二波長帯光検出器の開発, 2017年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, Ep-5, 2017年7月.
148)二村 大, 川上 博貴, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 田中 康弘 : ダイヤモンド単結晶表面におけるフェムト秒レーザ照射誘起改質, 2017年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演概要集, 55, 2017年7月.
149)盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : InGaAs量子井戸を活性層とする結合共振器への電流注入による室温ニ波長レーザー発振, 2017年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, Vol.Ep-6-P80, 2017年7月.
150)南 康夫, 盧 翔孟, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : InAs量子ドットをもつGaAs結合共振器からの電流注入によるレーザー発振, 2017年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, Vol.Ep-7-P81, 2017年7月.
151)安井 武史 : 第2高調波発生光(SHG)顕微鏡 ∼ 生体コラーゲンのin situ可視化 ∼, 電子情報通信学会 バイオメトリクス研究会(BioX)/MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE), 2017年7月.
152)高畑 敏彦, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : 金ナノ粒子二次元膜上への酸化チタンス パッタ膜の積層化と光学特性評価, 2017年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Ba-9, 2017年7月.
153)関本 直也, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : 金ナノ粒子修飾したマイクロガラスビー ズの光ピンセット効果, 2017年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Ba-8, 2017年7月.
154)中川 惠介, 古部 昭広, 手塚 美彦 : フェムト秒過吸収測定による有機薄膜太陽電池の劣化評価手法の開発, 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, Cp07, 2017年7月.
155)水口 雄紀, 古部 昭広, Yin Yu-Tung, Chen Liang-Yih : 近接場光学顕微鏡による酸化亜鉛ナノワ イヤー薄膜表面の光学特性評価, 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, Ca-5, 2017年7月.
156)水野 義紀 : An explicit form of genus character L-functions and its applications, 第11回福岡数論研究集会, 九州大学, 2017年8月.
157)高畠 亮介, 福見 稔, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代 : 2極式乾式電極を用いた表面筋電による日本語母音識別, 電気学会情報システム研究会, Vol.IS-17, 23-27, 2017年8月.
158)塩士 亮平, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一 : 深層学習を用いた手首筋電の個人認証, 電気学会情報システム研究会, Vol.IS-17, 57-61, 2017年8月.
159)Kurihara Danielle and Meredith Anne Stephens : The advantages of listening to stories read aloud over listening to stories online, The fourth world congress on extensive reading, Tokyo. Japan, Aug. 2017.
160)平野 朋広 : モノマーの錯化を利用したラジカル重合の反応制御, 第88回高分子若手研究会[関西], 2017年8月.
161)廣田 健二, 北村 政人, 長谷崎 和洋 : Bi0.3Sb1.7Te3.0の熱電性能のTe添加依存性, 第28回新構造・傾斜機能材料シンポジウム(FGMs2017), 2017年8月.
162)高木 克弘, 鉄井 利光, 長谷崎 和洋 : 電子ビーム照射を用いたTiAl金属間化合物への曲面形状に対応した耐酸化コーティング, 第28回新構造・傾斜機能材料シンポジウム(FGMs2017), 2017年8月.
163)木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2017年8月.
164)谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾によるグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 電子デバイス研究会(ED), 13, 2017年8月.
165)髙橋 晋一 : 鳴門市の獅子舞, --- その特色と位置づけ ---, 鳴門市文化財保護審議会, 2017年8月.
166)刑部 祐里子 : 高効率植物ゲノム編集技術による植物ゲノム改変 (招待講演), 第46回植物バイテクシンポジウム「実用化を目指すゲノム編集」, 京都バイテク研究会, サントリーワールドリサーチセンター, 京都, 2017年8月.
167)平井 松午 : 古地図・絵図にみる鳴門の渦潮, 鳴門の渦潮学∼語り部∼養成講座, 2017年8月.
168)盧 翔孟, 熊谷 直人, 南 康夫, 北田 貴弘 : Sublattice reversal in GaAs/Ge/GaAs heterostructures, The 12th National Conference on Molecular Beam Epitaxy, Vol.P125, 2017年8月.
169)太田 光浩, 末次 祐基, 上田 哲也 : Shear-thinning流体中における気泡・液滴の剪断分裂挙動の数値解析, 混相流シンポジウム2017, 2017年8月.
170)網本 翔太, 髙田 大輔, 植木 智之, 岡田 達也 : <110>傾角Σ3,3,9対応粒界を有する銅およびアルミニウム三重結晶の焼鈍に伴う粒界挙動, 日本金属学会第57回中国四国支部講演大会講演概要集, B11, 2017年8月.
171)二村 大, 川上 博貴, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 田中 康弘 : ダイヤモンド単結晶表面へのフェムト秒レーザ照射による改質導入, 日本金属学会第57回中国四国支部講演大会講演概要集, A21, 2017年8月.
172)佐藤 高則, 中山 信太郎, 山本 真由美 : 東日本大震災被災地支援と連携したAL型大学院教育, SPODフォーラム2017 プログラム, P-23, 2017年8月.
173)菅原 宏太, 吉川 健彦, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 訓練複合戦略に基づく統合運動スキル学習支援, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 187-188, 2017年8月.
174)吉川 健彦, 菅原 宏太, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 後藤田 中 : 統合反復運動を学習支援するための装着型システム, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 243-244, 2017年8月.
175)石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 小林 雄志, 林 敏浩, 八重樫 理人, 藤本 憲市 : ウェアラブルデバイスを活用したスボーツオノマトペ学習支援環境, 教育システム情報学会第42回全国大会講演論文集, 1-2, 2017年8月.
176)入江 祐生, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : AR とスマートフォンHMD を用いたインタラクティブ避難訓練システムの試作, 教育システム情報学会第42回全国大会論文集, 311-312, 2017年8月.
177)小松 朋訓, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : 教材配信デジタルサイネージのための視聴者アウェアネスアプリ, 教育システム情報学会第42回全国大会論文集, 357-358, 2017年8月.
178)肥前 大樹, 上野 勝利 : 徳島大学の遠心模型実験装置と実験例, 平成29年度 地盤と防災・環境に関するシンポジウム 講演概要・技術論文集, Vol.12, 50-56, 2017年8月.
179)柳 振錫, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 透水性互層地盤における河川堤防の浸透破壊に関する遠心模型実験および 三相系連成解析, 平成29年度 地盤と防災・環境に関するシンポジウム 講演概要・技術論文集, Vol.12, 66-71, 2017年8月.
180)斎藤 智隆, 相原 慶輔, 上野 勝利, 渦岡 良介 : 不飽和砂質土の繰返し変形挙動に関する三軸試験, 平成29年度 地盤と防災・環境に関するシンポジウム 講演概要・技術論文集, Vol.12, 72-77, 2017年8月.
181)片山 真一, 久保 智哉 : 取る石の数に制限のあるWythoffの二山崩し, 日本フィボナッチ協会/研究集会, 2017年8月.
182)Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Shota Inoue, Kenji Akiyoshi-Hiraoka and Takanori Satoh : Phylogenetic analysis for bacteria on fermented and non-fermented tea leaves by clone library method, 2017 Joint Conference of the Societies for Environmental Microbiology (JCSEM2017) program, 56, Aug. 2017.
183)上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマト機能改変を目指したCRISPR/ Cas9による高効率ゲノム編集技術の確立, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
184)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : tRNAプロセシングを利用した多重ゲノム編集システムによる植物ゲノムの改変, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
185)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : 栽培品種トマトにおけるCRISPR/Cas9システムを用いた育種技術基盤の構築, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
186)田上 翔也, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/Cas9によるモデルイチゴのゲノム編集技術の確, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会, 2017年8月.
187)廣滋 伸一, 山中 建二, 北條 昌秀 : 三相正弦波インバータの出力段フィルタレス化, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2017年8月.
188)小森 康人, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導加熱用電源における共振コンデンサの特性比較, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2017年8月.
189)磯部 願成, 山中 建二, 北條 昌秀 : マニュアルトランスミッションを用いた電気自動車のクラッチレス化, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2017年8月.
190)日野 順市, 長町 周 : カルマンフィルタによる機械構造物の時間領域加振力推定に関する研究(5自由度モデルに対する適用), D&D2017講演論文集, 2017年8月.
191)日野 順市, 森實 卓朗 : 特異値分解と正則化法を用いた構造物に対する加振力の推定, D&D2017講演論文集, 2017年8月.
192)園部 元康, 山口 大貴, 日野 順市, 芝田 京子, 井上 喜雄 : 低周波数帯域における位相特性を考慮した立位バランス制御モデルの構築, D&D2016講演論文集, 2017年8月.
193)薮井 大輔, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : BC1タイプのバウンダリスキャンテスト回路を用いた実装基板のオンライン配線検査法, 第27回マイクロエレクトロニクスシンポジウム講演論文集, 2017年8月.
194)野田 稔, 趙 昱喬, 長尾 文明 : 移動床付マルチファン・マルチベーン式竜巻シミュレータで生成される竜巻状流れ, 日本流体力学会年会梗概集, 1-4, 2017年8月.
195)渡辺 公次郎 : 徳島県阿南市におけるMaxentモデルを用いた水田の転用可能性に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 5-6, 2017年8月.
196)三浦 友史, 石川 裕記, 江口 政樹, 服部 将之, 平木 英治, 北條 昌秀, 松井 景樹 : 種々の分散電源に対応する DC/AC 変換回路技術の動向, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, 2017年8月.
197)鍋島 克輔, 田島 慎一 : b-関数の根に付随したホロノミー系の局所コホモロジー解の計算, 京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理の新たな発展, 京都大学,, 2017年9月.
198)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 収束冪級数環でのintegral numberの計算 -- グレブナー基底 vs 代数的局所コホモロジー類 --, 日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.
199)田島 慎一, 鍋島 克輔 : Transformation law によるGrothendieck local residue の計算, 日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.
200)田島 慎一, 加藤 満生, 鍋島 克輔 : Integral dependence relation と半擬斉次孤立特異点の b-関数, 日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.
201)上村 菜月, 友成 さゆり, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : 遺伝子ノックイン技術の応用によるレポーターコオロギ系統の作製, 第88回 日本動物学会, 2017年9月.
202)小川 宏樹 : 住宅・土地統計調査を用いた木造住宅の耐震化率の推計と課題, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.2017, No.F-1, 813-814, 2017年9月.
203)小笠原 正道 : 均一系遷移金属触媒による遷移金属錯体の不斉合成, 第33回若手化学者のための化学道場, 2017年9月.
204)山口 裕之 : 金森修の最後の仕事:『科学技術をめぐる抗争』, 提案型ワークショップ「金森修の科学思想史とエピステモロジーのこれから」, 2017年9月.
205)Meleng Paulus, 市岡 孝朗, 山下 聡, 高野 宏平, 兵藤 不二夫, Nafri Mohamad Ali, Yazid Mohamad Hossman, 石井 励一郎, 酒井 章子, 岸本 圭子, 竹松 葉子, Mohamad Fatimah, 伊藤 誠人, 前東 薫 : 残存熱帯林が周辺地の寄生蜂群集に与える影響, 日本昆虫学会大会 第77回大会, 2017年9月.
206)山下 聡, 久松 定智, 丸山 宗利, Paulus Meleng, 市岡 孝朗 : ボルネオ島北部の熱帯林でキヌガサタケから採集された甲虫相, 日本昆虫学会大会 第77回大会, 2017年9月.
207)森 篤史, 高橋 弘紀, 山登 正文, 古川 英光 : 磁場中調製によるシリカゲル中における複屈折性発現, 日本機会学会2017年度年次大会, 2017年9月.
208)橋本 親典 : 「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」の制定の経緯および考えかたについて, 技術講習会(第11回), 2017年9月.
209)岡澤 章汰, 松本 健志, 安井 武史, 南川 丈夫, 佐藤 克也 : 骨芽細胞のコラーゲン産生における振動・ストレッチ複合刺激の影響, 日本機械学会2017年年次大会 講演論文集CD-ROM, S0210201, 2017年9月.
210)小宮 潤, 谷口 卓也, 山中 大樹, 古部 昭広, 小島 秀子, 朝日 透 : Photo- and Thermo-induced Mechanical Motion of Aminosalicylideneaniline Crystals, 光化学討論会, 1P46, 2017年9月.
211)岡﨑 理宏, 古部 昭広, Chen Yen-Jhih, Chen Liang-Yih : フェムト秒過渡吸収分光法によるヘマタイト光アノードの 電荷分離機構の解明, 光化学討論会, 1C10, 2017年9月.
212)石田 徹, 俵原 翔平, 小川 識太郎, 溝渕 啓, 竹内 芳美 : 穴内面穴放電加工法の開発(加工穴内径の拡大), 日本機械学会2017年度年次大会講演論文集, No.S1340101, 1-4, 2017年9月.
213)盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 北田 貴弘 : MBEによる(113)Bと(113)A GaAs基板上におけるGaAs/Ge/GaAsヘテロ構造の成長, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 5p-C21-9, 2017年9月.
214)Yuki Osaka, 菅野 智士, 橋本 修一 : プラズモン加熱を用いたガラスへのナノホールの作製, 2017光化学討論会講演要旨集, 2017年9月.
215)Jun-ichi Chikazawa, Issei Aibara, Takayuki Uwada, 橋本 修一 : 暗視野顕微分光による金ナノ粒子周囲でのpoly(vinyl methyl ether)の相分離の解明, 2017年光化学討論会講演要旨集, 2017年9月.
216)出口 祥啓, ZhenZhen Wang, 刘 人玮, 南 埈咩, 泰中 一樹, 丹野 賢二 : レーザ誘起ブレークダウン法を用いた石炭灰組成計測におけるレーザパルス幅の影響, 粉体工学会第53回夏期シンポジウム, 2017年9月.
217)Zhengtao Hu and Yoshihiro Deguchi : Measurement of Unburned Carbon in Rice Hush Ash Using Laser-Induced Breakdown Spectroscopy Considering the Powder Motion Condition, 粉体工学会第53回夏期シンポジウム, Sep. 2017.
218)小川 貴之, 南地 暉, 諸橋 功, 関根 徳彦, 寳迫 巌, 山本 裕紹, 安井 武史 : モード操作光コムを用いたカスケードリンク型マルチ合成波長デジタル・ホログラフィの高速化, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8p-A405-11, 2017年9月.
219)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー型光コム共振器を用いたマルチダイナミックレンジひずみセンシング, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2017年9月.
220)麻植 凌, 永井 洸丞, 南川 丈夫, 田上 周路, 深野 秀樹, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム共振器の外乱/RF変換機能を用いた屈折率計測, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 6a-A414-3, 2017年9月.
221)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : 2層Niサブ波長周期構造を用いた微小磁場検出, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 6p-PA3-12, 2017年9月.
222)萬代 蘭丸, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : ディープラーニングによる視覚障害者の認識, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 523-528, 2017年9月.
223)劉 楠, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための階段昇降支援ロボットの開発, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 529-531, 2017年9月.
224)Harras Rahman Maher Abdel, Akinori Tuji and Kenji Terada : Anutomatic Detection and Counting Passersby Using Motion-Based Tracking, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会, No.SS3-7, 1695-1696, Sep. 2017.
225)南 康夫, 盧 翔孟, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : InGaAs量子井戸をもつGaAs結合共振器からの電流注入による2波長レーザー発振, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 6p-A405-11, 2017年9月.
226)安藤 輝, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : KInectを用いた監視システムにおける呼吸検知, 電気学会電子情報システム部門大会論文集, No.PS3-7, 1561-1562, 2017年9月.
227)渡邊 大生, 尾山 匡浩, 福見 稔 : 舌骨上筋群の表面筋電位に基づくCNNを用いた舌動作と黙声の推定, 電気学会電子情報システム部門大会論文集, No.PS3-3, 1553-1554, 2017年9月.
228)Issei Aibara, Jun-ichi Chikazawa, Takayuki Uwada, 橋本 修一 : 暗視顕微画像および散乱スペクトル計測を用いたプラズモン加熱による熱応答性高分子の相分離挙動の観測, 2017年光化学討論会講演要旨集, 2017年9月.
229)Higasa Takashi, Shin-ichi Ito, Momoyo Ito and Minoru Fukumi : Character Input System using Gesture Motion in Augmented Reality, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 1683-1684, Sep. 2017.
230)陶山 史朗, 山本 裕紹, 水科 晴樹 : 奥行き知覚への連続的な運動視差,視差画像の混合の効果, VISION, Vol.29, No.3, 116, 2017年9月.
231)住忠 亜寿, 北條 昌秀, 山中 建二 : 直流給電システムにおける多端子受電回路の模擬実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, 2017年9月.
232)金井 純子, 日下 一也, 井上 貴文, 久保 智裕, 安澤 幹人, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 社会人基礎力育成に向けたプロジェクトマネジメント教育の効果, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 355-358, 2017年9月.
233)佐々木 友哉, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 車載カメラによる道路標識の自動認識, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会, No.MC6-5, 1176-1178, 2017年9月.
234)山田 晃裕, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による歩行者の行動認識, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会, No.MC6-6, 1179-1183, 2017年9月.
235)松井 一史, 中村 晃大, 北岡 誠, 谷口 嘉昭, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : ケルビンフォース顕微鏡を用いた SiC 上グラフェン構造水層の観察, 第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.7p-C16-14, 15-165-(1pp), 2017年9月.
236)大前 久基, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 脳波を用いた学習理解の評価に関する研究, 電気学会電子情報システム部門大会論文集, 464-467, 2017年9月.
237)田中 智也, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 表情分析によるストレス評価の検討, 電気学会電子情報システム部門大会論文集, 1136-1139, 2017年9月.
238)関本 直也, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : 熱プラズモニックビーズの作製と水中での光ナノ加熱, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 7p-S44-14, 2017年9月.
239)長谷 悠樹, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : 1ビット光子自己相関計による非同期方式蛍光寿命測定, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2017年9月.
240)銀屋 真, 岩田 哲郎 : Jones N行列で表される系の極分解の検討, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2017年9月.
241)荒木 洋之, 澁谷 九輝, 岩田 哲郎 : シングルピクセル回折位相顕微鏡の提案, 第78回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 2017年9月.
242)多賀 貴規, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : 励起周波数掃引方式光子計数型位相変調方式蛍光寿測定計, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017年9月.
243)山本 裕紹, 久次米 亮介, 陶山 史朗 : 光と熱のマルチモーダル空中ディスプレイ, VISION, Vol.29, No.3, 2017年9月.
244)川上 博貴, 直井 美貴, 富田 卓朗 : フェムト秒レーザー照射により作製したSiC上Ni電極の電気特性評価, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8a-A410-2, 2017年9月.
245)寺田 賢治 : スマートビジョンによる人のセンシング, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会, No.TC21-3, 801-802, 2017年9月.
246)北田 貴弘, 盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 森田 健 : 高指数面上の副格子交換エピタキシーと面発光テラヘルツ素子, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8p-A203-1, 2017年9月.
247)南 康夫, 片山 郁文, 武田 淳, 末元 徹 : Naベータアルミナ内のTHz波誘起イオン伝導, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8p-A405-6, 2017年9月.
248)胡 淏, 一柳 浩輝, 関 直樹, 中島 清彦, 小笠原 正道 : ジフェロセニルホスフィノ基を有する新規不斉ホスフィン配位子の合成と応用, 第64回有機金属化学討論会, 2017年9月.
249)陳 彦洲, 小笠原 正道 : 3-ブロモ-2,4-ペンタジエニル・エステル類へのパラジウム触媒二重求核置換反応によるアレン合成, 第64回有機金属化学討論会, 2017年9月.
250)小笠原 正道, 劉 強, 和田 志郎, 木村 亮介, 安江 里紗, 吉田 和弘 : メタロセン縮環面不斉4-ピリドンおよび4-ジアルキルアミノピリジン類のエナンチオ選択的合成法の開発と不斉反応への応用, 第64回有機金属化学討論会, 2017年9月.
251)Ken Morita, Takaiwa Haruka, Kawaguchi Kohei, Takahiro Kitada and Ishitani Yoshihiro : Spin relaxation time anisotropy of in-plane magnetic fields in InGaAs/InAlAs multiple quantum wells, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8a-A413-10, Sep. 2017.
252)鎌田 隼, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : プラズモニック導波路による非平衡Mach-Zehnder干渉計で生じるウィスパリングギャラリーモード, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8p-S21-9, 2017年9月.
253)杉岡 賢人, 谷口 嘉昭, 三木 翼, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人 : SiC グラフェンを用いた親水化処理における修飾分子依存性, 第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.8a-C16-16, 15-186-(1pp), 2017年9月.
254)森 篤史, 高橋 弘紀, 山登 正文, 古川 英光 : 複屈折性シリカゲルの磁場中調製, 第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
255)児玉 英司, 渡辺 智貴, 森 篤史, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : ゲル固定化したプラズモニック・フォトニック結晶のイオン液体による溶媒置換と外力によるチューニング, 第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
256)神﨑 成美, 近藤 光男, 近藤 明子 : 地域の多様性を反映した地域間交流モデルに関する研究, 日本計画行政学会第40回全国大会論文要旨集, 2017年9月.
257)松岡 宏哉, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : 表皮角層細胞の薄い弾性体モデル化に対する研究, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8a-A503-6, 2017年9月.
258)高畑 敏彦, 柳谷 伸一郎, 古部 昭広 : 金ナノ粒子二次元膜上への酸化チタンスパッタ膜の積層化と過渡吸収法による光学特性評価, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 8p-S21-12, 2017年9月.
259)大村 D. 聡, 長岡 玄, 山名 啓介, 上野 雅晴, 三好 德和 : アルキル置換基導入に基づくトリアリールアミン誘導体の発光特性制御, 第28回基礎有機化学討論会, 九州大学伊都キャンパス(福岡), 講演番号 2P085, 2017年9月.
260)下田 亮介, 宮崎 恭彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : ストロンチウムアルコキシドを用いる新規合成手法の開発, 第28回基礎有機化学討論会, 九州大学伊都キャンパス(福岡), 講演番号 2P107, 2017年9月.
261)刑部 祐里子, 島田 佳南里, 橋本 諒典, 坂本 秀樹, 刑部 敬史 : シロイヌナズナ環境応答に関わる受容体型キナーゼのゲノム編集による機能解明, 日本植物学会第81回大会, 2017年9月.
262)今井 昭二, 山本 祐平, 宮本 征弥, 峯崎 正樹, 小堺 久美子 : 黒鉛炉原子吸光法における吸光度プロファイルの減衰過程-2:Tmax>1000K金属・酸化物原子化中間体-, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
263)今井 昭二, 清水 魁人, 兼清 恵理, 山本 祐平, 西本 潤, 菊地 洋一 : 本州の日本海沿いの山岳における降雪中のPb/Cd濃度比と石炭起源の影響, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
264)森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus属植物の成分研究(14)–ヒトリシズカ地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin G及びHの構造–, 日本生薬学会第64回年会, 127, 2017年9月.
265)Sanghoon Lee, 田中 直伸, Jun'ichi Kobayashi, 柏田 良樹 : New diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp., 日本生薬学会第64回年会, 180, 2017年9月.
266)水口 仁志 : ナノファイバー複合化フィルターを用いる超微量成分の簡易分析, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
267)西澤 高宏, 北方 咲, 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : Preparation of Metallacycle Intermediates Using Metallic Strontium and Its Application for New Reaction, 第64回有機金属化学討論会, 東北大学川内キャンパス(宮城), 講演番号 P3-01, 2017年9月.
268)木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : Metallic Strontium-Mediated Monoalkylation of N,N-Dimethylamides, 第64回有機金属化学討論会, 東北大学川内キャンパス(宮城), 講演番号P3-02, 2017年9月.
269)宇都 義浩 : 元気で長生きするための自然免疫の活性化-血清MAFおよび初乳MAFの臨床研究, 第14回日本循環器看護学会学術集会, 2017年9月.
270)今井 昭二, 山本 祐平, 山本 孝, 児玉 憲治, 西本 潤, 菊地 洋一 : 蛍光X線分析法を用いた四国の樹氷と日本海沿いの遠隔地における降雪中の不溶性イオウのスペシエーション, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
271)東野 勇佑, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(28)–アカネ科植物Rubia yunnanensis根の成分研究–, 日本生薬学会第64回年会, 90, 2017年9月.
272)位上 健太郎, 下条 洋輔, 野渕 翠, 小坂 邦男, 宮崎 寿次, 伊藤 久富, 田中 直伸, 柏田 良樹 : 発酵霊芝の高脂肪食摂取マウスに及ぼす影響, 日本生薬学会第64回年会, 230, 2017年9月.
273)石田 亮太, 河野 泰志, 橘 忠彦, 本田 知己, 木島 龍朗, 髙栁 俊夫, 水口 仁志 : ナイロンナノファイバーフィルターを用いる超微量ニッケル及び銅の迅速な濃縮と比色分析, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
274)別役 優太, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 : ミセル動電クロマトグラフィーの容量比からみたグラフェンのミセル分配, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
275)山田 悠二, 浅野 拓巳, 橋本 親典, 近藤 拓也 : 低度処理再生骨材および高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートのフレッシュ性状に関する実験的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.72, 153-154, 2017年9月.
276)髙栁 俊夫, 磯田 昌志, 伊藤 大地, 水口 仁志 : キャピラリーゾーン電気泳動法によるヒドロクロロチアジドとその分解生成物の酸解離平衡の解析, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
277)髙栁 俊夫, 池内 伽奈子, 別役 優太, 水口 仁志 : SDSを用いたカーボンナノチューブのミセル動電クロマトグラフィー, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
278)島津 匠, 加藤 裕樹, 三栖 央頌, 新田 真也, 加藤 雅裕, 二宮 航, 杉山 茂 : 微量のクロムで改質したメソポーラスシリカ触媒によるイソブタンの酸化脱水素反応, 第120回触媒討論会, 2017年9月.
279)鈴木 彩莉, 西山 航平, 渡邉 健, 橋本 親典 : 銅スラグ細骨材コンクリートに対する圧縮強度推定手法の適用に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.72, 503-504, 2017年9月.
280)近藤 光男, 近藤 明子, 神﨑 成美 : 観光・娯楽目的の地域間交流における訪問先の認知度に関する研究, 土木学会第72回全国大会年次学術講演会概要集, 2017年9月.
281)山田 洋平, 椋田 千景, 村井 啓一郎, 髙栁 俊夫, 薮谷 智規 : 過酸化水素添加時の水酸化ランタン担体からのMo(Ⅵ), V(Ⅴ), W(Ⅵ)の溶離挙動, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
282)土井 優太, 森田 和宏, 神田 峻介, 泓田 正雄 : Xorshiftを用いたダブル配列の圧縮手法, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
283)中島 翼, 岡 友貴, 橋本 親典, 渡邉 健 : 数値解析によるボックス形とU形容器および小型模擬型枠内を流動するコンクリートの間隙通過性の評価, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.72, 239-240, 2017年9月.
284)面矢 建次郎, 渡邉 健, 関川 昌之, 橋本 親典 : 各種シリンダーを用いたコンクリート表層の透気試験方法の検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.72, 527-528, 2017年9月.
285)西山 航平, 渡邉 健, 福富 隼人, 橋本 親典 : 銅スラグを適用したコンクリートの乾燥収縮特性及び物質移動抵抗性に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.72, 795-796, 2017年9月.
286)耒海 拓己, 伊藤 照明, 渡辺 富夫 : MQTT を用いた遠隔動作通信によるロボットアーム制御, 日本機械学会・第27回設計工学システム部門講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.32, 1206-1-1206-7, 2017年9月.
287)Yakai Wang, 伊藤 照明, A.PERUMAL Puvanasvaran : A concept for Design Support System of Automobile Suspension based on LEMIS Database, 日本機械学会・第27回設計工学システム部門講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.32, 2501-1-2501-7, 2017年9月.
288)HAMID ABDUL Rahimah, 伊藤 照明 : Image Segmentation to Design Semi-optimized Curve for B-code Generation, 日本機械学会・第27回設計工学システム部門講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.32, 2502-1-2502-12, 2017年9月.
289)KAMAT Rahayu Seri, HALWANI Nurul, 福見 稔, 伊藤 照明 : Design a manual culf massager for prolonged standing workers by using ergonomic approach, 日本機械学会・第27回設計工学システム部門講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.32, 2505-1-2505-10, 2017年9月.
290)FIRDAUS Mohammad, KAMAT Rahayu Seri, MINHAT Mohamad, 福見 稔, 伊藤 照明 : Effect of vibration towards drivning fatigue and development of regression model based on vibration, 日本機械学会・第27回設計工学システム部門講演会2017・講演論文集, Vol.17, No.32, 2506-1-2506-10, 2017年9月.
291)高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
292)辻 明彦, 湯浅 恵造, 浅田 元子, 中村 嘉利 : アメフラシ21K セルラーゼのセルロース分解における機能解析, 第69回日本生物工学会, 2017年9月.
293)奥嶋 政嗣 : 地方都市における交通手段の利用可能性を考慮した外出水準の計測, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, Vol.33, 1-2, 2017年9月.
294)山本 圭, 藤野 翔多, 三木 寿美, 村上 誠 : LC-MS/MSを用いた表皮肥厚性疾患を制御する新規生理活性脂質の同定, 第42回 日本医用マススペクトル学会年会, 2017年9月.
295)才田 涼, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitterと感性情報を用いた野球中継速報文の生成, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
296)笠原 諒, 泓田 正雄, 森田 和宏 : ユーザからの想定外発話に対応した対話システム, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
297)上田井 真輝, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : QPSK信号およびOOK信号から8QAM信号への全光変調フォーマット変換システムの検討, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.B-12-3, 2017年9月.
298)山本 孝, 寺町 葵, 原 領汰 : 金属イオン添加ジルコニア固溶体担持酸化タングステン触媒の固体強酸特性とタングステン種との相関, 第120回触媒討論会, 2017年9月.
299)大島 宏之, 高田 孝, 堂田 哲広, 菊地 晋, 古賀 信吉, 出口 祥啓 : ナトリウム冷却高速炉におけるマルチレベル・シナリオシミュレーション技術開発 (1)シミュレーションシステム構築全体計画概要, 日本原子力学会2017年秋の大会, 2E15, 2017年9月.
300)菊地 晋, 栗原 成計, 古賀 信吉, 出口 祥啓, 高田 孝, 大島 宏之 : ナトリウム冷却高速炉におけるマルチレベル・シナリオシミュレーション技術開発(4)コードV&Vのための実験データベース構築, 日本原子力学会2017年秋の大会, 2E18, 2017年9月.
301)伊藤 照明 : Motion Control から考える懐の深い設計, 27 2017, Vol.17, No.32, 2017年9月.
302)浅野 純弥, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 七條 文雄 : 磁気センサを用いた自動反復唾液嚥下テストの小型化, 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 2017年9月.
303)武市 和真, 小倉 有紀, 田中 佑治, 長谷 栄治, 山下 豊信, 安井 武史 : 第2高調波発生光(SHG)顕微鏡における画像解析手法の検討 ~画像自己相関法と画像フーリエ変換法の比較~, 生体医工学シンポジウム2017, 2017年9月.
304)Sato Takehiro, Kamikawa Ken, 小笠原 正道, Mori Seiji : Theoretical Investigation of Enantioselective 1,4-Addition using Rhodium Catalysts with Planar-Chiral Phosphine-Olefin Ligands, 錯体化学会第67回討論会, 2017年9月.
305)丹羽 実輝, 乗定 孟, 田中 均 : アミノ酸由来cd置換アクリレートのラジカル重合と置換基による重合能の変化, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
306)大石 篤哉, 山本 健斗, 加藤 正大 : 深層学習を用いた要素積分最適化のための学習データ作成, 第30回計算力学講演会講演論文集, Vol.17, No.4, 2017年9月.
307)山本 健斗, 加藤 正大, 大石 篤哉 : Isogeometric解析における要素積分への深層学習の適用, 第30回計算力学講演会講演論文集, Vol.17, No.4, 2017年9月.
308)加藤 正大, 山本 健斗, 大石 篤哉 : Isogeometric解析における局所接触探索への深層学習の適用, 第30回計算力学講演会講演論文集, Vol.17, No.4, 2017年9月.
309)川人 侑弥, 松本 健志 : 全身性微振動刺激が骨および骨微小血管分布に及ぼす影響 :放射光CT による検討, JBMES2017 Proceedings, 114, 2017年9月.
310)三浦 哉, 田村 靖明, 石川 みづき, 出口 憲市, 東 亜弥子 : 異なる周波帯の下肢への電気刺激が血管内皮機能に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
311)神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列辞書圧縮の検討と評価Path Decompositionを用いたメモリ効率の良い動的キーワード辞書の実装法, 第10回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2017), 2017年9月.
312)石川 みづき, 三浦 哉, 田村 靖明, 東 亜弥子 : 上肢の一過性の有酸素性運動が上肢および下肢の血管内皮機能に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
313)東亜 弥子, 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 祐司, 石川 みづき : 一過性の騒音暴露が血管内皮機能に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
314)田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 東 亜弥子, 橋本 祐司, 石川 みづき : 一過性のレペティション形式の運動が血管内皮機能に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
315)森 和之, 三浦 哉, 田村 靖明, 出口 憲市, 橋本 祐司, 小泉 貴裕 : 血液透析患者の血管内皮機能の改善を目指した筋電気刺激の可能性, 第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
316)上野 雅晴 : ビスマス塩を用いた環境にやさしい分子変換反応の開発, 第17回社会産業理工学研究交流会2017, 2017年9月.
317)梅岡 優, 仡川 昂平, 胡 魁, 水田 悠介, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Li-Ti系酸窒化物の合成および充放電特性の評価, 日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム, 2017年9月.
318)土屋 祐人, 加藤 雅裕, 荒井 裕佳, 林 幸美, 赤松 正守, 杉山 茂 : Pdを活性種とした中間層形成構造体触媒を用いた亜硝酸性窒素の湿式還元分解, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
319)新田 真也, 加藤 雅裕, 加藤 裕樹, 二宮 航, 杉山 茂 : 微量のCr修飾メソポーラスシリカによるイソブタンの酸化脱水素反応の高活性化, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
320)泰地 貴之, 井内 裕敏, 西東 佑輔, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : RF樹脂複合による正極材料LiFePO4ナノ粒子の創製およびその性能, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017年9月.
321)杉浦 光, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 市販の球状シリカ微粒子を中間層として導入した多孔質SUS管へのPd薄膜形成, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
322)太田 光浩, 奥 唱生 : 固体壁近傍における液滴の剪断変形・分裂挙動の数値解析, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
323)平野 朋広 : 立体構造の制御されたポリ(N-アルキルアクリルアミド)ー合成からキャラクタリゼーションまでー, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
324)木津 遼太郎, 橋本 惇平, 宗包 稔司, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 : Li塩とルイス塩基存在下でのイソブチルビニルエーテルのカチオン重合ー重合機構の考察ー, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
325)戸田 航平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : rac-LAの立体特異性開環重合を指向した新規キラルグアニジン触媒の開発, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
326)寺井 裕貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : rac-LAの立体特異性開環重合を指向したシンプルなチオウレア型有機分子触媒の設計, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
327)枝連 未奈里, 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 右手 浩一 : イソタクチックポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析:二官能性グアニジンによる部分的中和, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
328)若松 生馬, 石井 雄大, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎 : NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性解析(5):教師データの拡張による解析精度の向上, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
329)寄本 佳孝, 下元 浩晃, 伊藤 大道, 井原 栄治, 岡村 岳, 右手 浩一 : モデルオリゴマーの構造決定によるポリ(アルコキシカルボニルメチレン)の立体規則性解析手法確立の試み, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
330)岡﨑 大周, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : スラグ流を用いた貧溶媒晶析における結晶品質制御, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017年9月.
331)金 尚永, 森岡 諒, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin E-H, 第59回天然有機化合物討論会, 525-529, 2017年9月.
332)洲山 佳寛, 東野 勇佑, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 : アカネ科植物Rubia yunnanensis根由来の新規ナフトキノン誘導体の構造, 第59回天然有機化合物討論会, 561-566, 2017年9月.
333)荒川 幸弘, 山野本 健, 喜多 葉月, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
334)南 康夫, 片山 郁文, 武田 淳, 末元 徹 : テラヘルツ波によるイオン伝導体内の超高速イオンマニピュレーション, 日本物理学会2017年秋季大会, 21aB21-11, 2017年9月.
335)村井 啓一郎, 幸泉 哲太, 井上 紀正, 森賀 俊広 : 元素置換によるZr2(WO4)(PO4)2の熱膨張制御, 第30回秋季シンポジウム, 2017年9月.
336)児玉 英司, 渡辺 智貴, 森 篤史, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : ゲル固定化コロイド結晶上に形成したプラズモニック・フォトニック結晶のイオン液体による溶媒置換と外⼒によ るチューニング, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
337)上田 堅人, 大塚 拓実, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 冬虫夏草の脂質解析, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
338)加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性菌による微生物油脂生産, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
339)阪本 鷹行, 太田 里咲, 楠 美波, 高野 仁美, 櫻谷 英治 : スクアレン生産性酵母の探索と培養条件の検討, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
340)奥田 知生, 安藤 晃規, 櫻谷 英治, 鎌田 望, 落合 美佐, 小川 順 : 糸状菌 Mortierella alpina 1S-4 株における誘導発現プロモーターの探索と評価, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
341)森 篤史, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 : 重⼒操作によるコロイド結晶中の⽋陥の消失のシミュレーション, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
342)石川 誉朗, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 : 光照射による高分岐ポリマーの合成 —アクリルアミド系モノマーとN,N'-メチレンビスアクリルアミドの開始剤組込みラジカル共重合, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
343)前田 紘希, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 : N-イソプロピルアクリルアミド/N-エチルアクリルアミド共重合体水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と組成の影響, 第66回高分子討論会, 2017年9月.
344)森 篤史, 高橋 弘紀, 山登 正文 : マンガン(II)添加シリカゲルの磁場中調製による複屈折性発現, 化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
345)田中 良, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : スペクトル類似度を用いた楽音照合法の照合フレーム伸長による照合率改善の検討, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), No.17-33, 213, 2017年9月.
346)近藤 健太, 岡村 康弘, 高田 篤 : 波長分割多重信号の位相感応増幅における光位相同期ループ回路再生搬送光パワの伝送路光ファイバ分散による影響に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 125, 2017年9月.
347)宇野 迅騎, 岡村 康弘, 高田 篤 : 参照光振幅拡大可能な参照光時間インターリーブ多値光変調信号生成法の提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 126, 2017年9月.
348)野網 俊介, 岡村 康弘, 高田 篤 : 2次光非線形媒質による差周波発生を用いた波長変換のない位相共役光発生回路に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 131, 2017年9月.
349)山本 昌, 岡村 康弘, 高田 篤 : 直交振幅変調光信号の非縮退光パラメトリック位相感応型増幅中継伝送系における符号間干渉に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 132, 2017年9月.
350)岡部 拓海, 岡村 康弘, 高田 篤 : 光パラメトリック位相感応型増幅器における励起光位相同期ループ回路ループフィルタ最適設計に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 133, 2017年9月.
351)中嶋 聡紀, 岡村 康弘, 高田 篤 : フーリエ符号化同期光符号分割多重システムにおける偏波多重化位相共役信号を用いた周波数推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 134, 2017年9月.
352)柏原 考爾, 重田 和弘 : 運転者の焦燥感を加味した深層強化学習に基づく交通シミュレーション, 平成29年度 電気関係学会四国支部連合大会 講演論文集, 210, 2017年9月.
353)松下 祐子, 重田 和弘, 柏原 考爾 : 路上の錯視ペイントの効果の検討, 平成29年度 電気関係学会四国支部連合大会 講演論文集, 159, 2017年9月.
354)山瀬 裕也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理 による点字ブロックの自動認識, 平成 29 年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-20, 154, 2017年9月.
355)佐々木 友哉, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 車載カメラによる道路標識の自動認識, 平成 29 年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-21, 155, 2017年9月.
356)山田 晃裕, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による歩行者の行動判定, 平成 29 年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-22, 156, 2017年9月.
357)上田井 真輝, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : QPSKおよびOOK信号から8QAM信号への全光変換システムの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-21, 2017年9月.
358)Nyam-Erdene Odbayer, Yuichiro Oiwa, Hiroki Kishikawa and Nobuo Goto : Noise Tolerance in Waveguide-Type Optical Circuit for Recognition of 8PSK-Coded Labels, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.12-20, Sep. 2017.
359)岡田 真央, 岸川 博紀, 後藤 信夫, ヨー イーリン, リャオ シェンクエ : AWG及びFBGを含む直線共振器ファイバレーザを用いた多地点温度検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-22, 2017年9月.
360)坂下 徳幸, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : OAMビームのモードソーティングにおけるビームの位置ずれと角度ずれの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-23, 2017年9月.
361)紫和 滉章, 島本 隆, 宋 天 : 3次元グローバル配置におけるTSV カップリング削減に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-22, 22, 2017年9月.
362)鍬田 理沙, 島本 隆, 宋 天 : 複数ネットにおける長さ整合のための配線アルゴリズムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-23, 23, 2017年9月.
363)田中 宏樹, 宋 天, 島本 隆 : 顕著性検出を用いた動画像符号化アルゴリズムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-16, 150, 2017年9月.
364)川上 烈生, 新部 正人, 中野 由崇, 芳谷 勇樹, 東 知里, 向井 孝志 : 光触媒TiO2薄膜への加熱を伴うO2 DBDプラズマ処理効果, 平成29年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 42, 2017年9月.
365)内海 裕基, 寺西 研二, 下村 直行 : 同軸円筒型リアクタを用いたナノ秒パルスパワーによるオゾン生成における内部電極直径の影響, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2017年9月.
366)古元 雄二, 佐藤 大熙, 寺西 研二, 下村 直行 : 小胞体ストレス応答活性化のためのナノ秒パルス電界印加実験, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 34, 2017年9月.
367)水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 : 周囲ガス供給型プラズマジェットによる枯草菌芽胞の殺菌特性(II) - 枯草菌芽胞の試料厚さが殺菌特性に及ぼす影響 -, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 35, 2017年9月.
368)米沢 昌紘, 村田 啓輔, 寺西 研二, 下村 直行 : 水面上で生成したアルゴン誘電体バリア放電による酢酸の分解, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 38, 2017年9月.
369)雄松 光司, 石野 真吾, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理における放電リアクタ内電極直径の影響, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 39, 2017年9月.
370)中山 佳樹, 吉本 優真, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 誘電体バリア放電型オゾン発生器内部で測定したオゾン数密度とエネルギー密度の関係, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 40, 2017年9月.
371)明上 武史, 笹尾 賢人, 寺西 研二, 下村 直行 : 太陽光をエネルギー源とした放電プラズマ装置の開発 - 川の水のオゾン処理実験 -, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2017年9月.
372)織部 鴻太朗, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 外国人との会話で使用できる話題提供システムの構築, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
373)小林 亮太, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitterを用いたword2vecによる語彙の連想ネットワー クの構築, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
374)河崎 祥吾, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 制約付きLDAを用いた語義曖昧性の解消, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
375)坪井 正夢, 泓田 正雄, 森田 和宏 : スマートフォンの操作によるユーザ認証の評価, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
376)田中 佑亮, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 複数の話題を提示する対話活性化システムの提案, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
377)大和 卓史, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 従来の通常光と狭帯域光(NBI)内視鏡画像の抽出血管比較, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), No.13-14, 148, 2017年9月.
378)明賀 法之, 小中 信典, 芥川 正武, 榎本 崇宏 : 狭帯域光(NBI)内視鏡画像からの血管抽出法の検討, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), No.13-15, 149, 2017年9月.
379)片山 知拓, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 樋上 喜信, 高橋 寛 : パス順位比較を用いる半断線故障の検査可能性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 86, 2017年9月.
380)須崎 晴登, 月本 功, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 電流テスト法によるLSI実装時半断線故障の検出可能性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 79, 2017年9月.
381)宮武 典子, 四柳 浩之, 横山 洋之, 橋爪 正樹, 多田 哲生 : リングオシレータを用いた3D IC内ダイ間配線検査法の発振周波数の温度依存性調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 80, 2017年9月.
382)岡本 匡史, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, Shyue-Kung Lu : 3D IC内ダイ間配線に流す静的電流による抵抗断線検出用検査回路の製造ばらつきの影響調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 81, 2017年9月.
383)神田 道也, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, Shyue-Kung Lu : オフセットキャンセル型コンパレータを用いた3D IC内ダイ間配線の断線レベル検出の可能性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 82, 2017年9月.
384)中原 輝, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : 運動スキルの細分化による運動学習支援システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 208, 2017年9月.
385)蓮井 宏輔, 後藤田 中, 國枝 孝之, 松浦 健二, カルンガル ギディンシ ステファン, 林 敏浩, 八重樫 理人 : スポーツオノマトペと視覚フィードバックを用いた運動学習システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 209, 2017年9月.
386)本山 裕隆, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 安野 恵実子, 下畑 隆明, 髙橋 章, 小中 信典, 木内 陽介 : 有限要素法を用いたヒト腸管インピーダンス測定用電極の検討, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 160, 2017年9月.
387)西脇 裕記, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 安野 恵実子, 小中 信典, 木内 陽介, 丹黒 章 : 多電極生体インピーダンス分布測定装置の開発, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 161, 2017年9月.
388)富永 隆之, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介, 小中 信典 : 超音波ドプラ法を用いた頸動脈血流速度測定時の最適プローブ位置の探索法, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 162, 2017年9月.
389)松長 新八, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 加治 芳雄, 古川 和彦, 七條 文雄, 小中 信典, 木内 陽介 : 偏在電極配置による雑音付加時の脳内信号源推定精度, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 163, 2017年9月.
390)小森 康人, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導加熱用電源の共振用キャパシタの種類と効率測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 53, 2017年9月.
391)廣滋 伸一, 山中 建二, 北條 昌秀 : 降圧チョッパ回路製作を取り入れたパワーエレクトロニクスの技術教育, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 52, 2017年9月.
392)納所 拓矢, 山中 建二, 北條 昌秀 : 過給器を有する小型自動車の高電圧マイルドハイブリッドシステムの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 54, 2017年9月.
393)澤田 健太, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導機を用いたハイブリッドシステムの動作検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2017年9月.
394)磯部 願成, 山中 建二, 北條 昌秀 : マニュアルトランスミッションを用いた電気自動車におけるクラッチレスシフトチェンジの走行試験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 56, 2017年9月.
395)中川 裕之, 北條 昌秀, 山中 建二, 舟橋 俊久, 加藤 丈佳 : 太陽光発電と蓄電要素を併設した電圧形インバータの系統連系運転, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 43, 2017年9月.
396)中井 豪, 北條 昌秀, 山中 建二 : 不平衡負荷を持つ低圧配電系統における太陽光発電システムを用いた電圧制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 44, 2017年9月.
397)小堀 晃平, 北條 昌秀, 山中 建二 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータを用いた蓄電池システムの特性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 45, 2017年9月.
398)石原 潤弥, 北條 昌秀, 山中 建二 : PHEV と太陽光発電を併用したエネルギーマネジメントに関する基礎検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 46, 2017年9月.
399)森 祥悟, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : 音域に着目したサビ区間検出手法に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 214, 2017年9月.
400)船坂 国之, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : HMMに基づくドラムフィルインの自動生成手法に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 215, 2017年9月.
401)高松 翔馬, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 : 手書きイラストを対象とした顔パーツ領域抽出手法に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 216, 2017年9月.
402)佐々木 剛, 朝波 史香, 鎌田 磨人, 丹羽 英之 : 小型UAVを用いた海岸マツ林の林床光環境の推定, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月.
403)今井 洋太, 渡辺 公次郎, 鎌田 磨人 : 浸水想定区域内の法的土地利用区分に基づく地域累計-農地が持つ洪水調節機能を活かせるか?, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月.
404)佐原 理 : 写真のカラー化で世界を捉える映像メディア, 大学美術教育学会 広島大会, 2017年9月.
405)岩佐 愛恵, 今井 洋太, 鎌田 磨人 : ナベヅルの越冬を可能にする水田・畦畔の景観構造, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月.
406)朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : ガバナンス論に基づく海岸マツ林の持続性評価-3地域における保全活動の比較から, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月.
407)斉藤 くるみ, 小林 裕弥, 大西 悟, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 岡本 俊宏, 阪井 宏彰, 中野 恭幸, 伊藤 春海 : 放射光CT画像を用いた肺細葉の気管支系・血管系の3次元形態解析, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.220, 11-12, 2017年9月.
408)白井 昭博, 國見 明加 : 紫外線-A照射におけるフェルラ酸の殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa63, 200, 2017年9月.
409)坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月.
410)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月.
411)横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 : 徳島県産釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定および280 nm LEDの殺菌力の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa08, 145, 2017年9月.
412)白井 昭博 : 光反応分子を利用した殺菌, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.1S2-Bp02, 118, 2017年9月.
413)小笠原 正道 : 均一系遷移金属触媒による立体選択的分子変換反応, 第11回触媒道場, 2017年9月.
414)藤澤 正一郎, 三原 佑太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : VR技術を用いた視覚障害体験システムの開発, 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, No.1B3-06, 1-4, 2017年9月.
415)山本 智大, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : Edge-based DFDにおけるエッジのぼけによる視域拡大と面間距離の影響, 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, Vol.2B1, No.05, 2017年9月.
416)江口 達彦, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 積層多眼DFD表示方式における3D像の劣化に対する積層枚数の増加による改善, 第22回バーチャルリアリティ学会大会論文集, 2017年9月.
417)水口 竜一, 森下 朔, 馬場 俊孝 : 道路閉塞を考慮した過疎地域における避難シミュレー ション, 第36回日本自然災害学会学術講演会, 2017年9月.
418)古部 昭広 : 光電変換ナノ材料における光誘起電荷分離ダイナミクス, 第60回 放射線化学討論会, 2017年9月.
419)長尾 勇佑, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : ぼけEdge-based DFD表示における観察距離の拡大, 第22回バーチャルリアリティ学会大会論文集, Vol.2B1-06, 2017年9月.
420)宇都 義浩 : 低酸素腫瘍細胞に対する平坦化フィルターフリービームの抗腫瘍活性における線量率効果, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
421)河田 佳樹 : (教育講演)画像解析でどこまで見えるのか?, 第3回呼吸機能イメージング研究会サマーセミナー, 2017年9月.
422)酒巻 光希, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : DFD表示方式における透明な積層面の視域拡大に関する研究, 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3B1-06, 2017年9月.
423)金山 一平, 陶山 史朗, 水科 晴樹 : 画像切り替えによる運動性奥行き効果を利用した奥行き知覚の操作, 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3A1-04, 2017年9月.
424)Hiroyuki Nakagawa, Masahide Hojo, Kenji Yamanaka, Toshihisa Funabashi and Takeyoshi Kato : A Control Method of Voltage Source Inverter with Photovoltaic Generation System and Energy Storage, Proceedings of International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017, Sep. 2017.
425)Hibiki Kawaguchi, Masahide Hojo, Kenji Yamanaka, Toshihisa Funabashi and Takeyoshi Kato : Power Quality Improvement of a Microgrid with Induction Motor by an Inverter Power Supply, Proceedings of International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017, Sep. 2017.
426)山本 憲作, 中野 秀亮, 小林 慎一, 名田 譲, 木戸口 善行 : 天然ガス希薄燃焼エンジンにおける熱効率向上とNOx低減の両立(第3報 エンジン出力から見た効果検証), 自動車技術会2017年秋季大会学術講演会講演予稿集, No.318, 2017年10月.
427)横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 : 280 nm LEDによるしらすの細菌汚染低減効果の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P37, 129, 2017年10月.
428)國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月.
429)酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 調理器具素材への大腸菌の付着を抑制する小麦粉の成分について, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
430)後藤 月江, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 固定化ポリーγーグルタミン酸の志賀毒素吸着性, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
431)Badr Ali Hoida, Takahashi Keiko, Ryushi Kawakami, Yasuo Oyama, Kumio Yokoigawa and Kaori Kanemaru : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, Oct. 2017.
432)川上 竜巳, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 食品微生物や発酵食品に含まれるD-アミノ酸検出のためのUHPLC検出系の構築, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
433)石川 真志, 小笠原 永久, 山田 浩之, 笠野 英行, 小山 昌志, 八田 博志, 西谷 豊, 福井 涼, 宇都宮 真 : 高周波数位相差の利用によるパルス・フェイズ・サーモグラフィ法の検査時間短縮, (一社)日本非破壊検査協会 平成29年度秋季講演大会 講演論文集, 229-230, 2017年10月.
434)小山 昌志, 石川 真志, 笠野 英行 : ランプおよびレーザーによる加熱を用いた遠距離加熱サーモグラフィ, (一社)日本非破壊検査協会 平成29年度秋季講演大会 講演概要集, 227-228, 2017年10月.
435)斉藤 くるみ, 小林 裕弥, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 岡本 俊宏, 阪井 宏彰, 中野 恭幸, 伊藤 春海 : 放射光CTを用いた肺細葉の気管支ベース3次元構造解析, 第40回 日本生体医工学会 中国四国支部大会, III-5, 2017年10月.
436)Masaya Satoh : Protection of trees, --- as the symbol of humans-nature coexistence ---, 2017 International Seminar on Sustainable Global Society, Oct. 2017.
437)齋藤 稔(徳島大学技術補佐員), 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 徳島県日和佐川におけるテナガエビ類による河床型の利用様式の比較, 日本甲殻類学会第55回大会, 2017年10月.
438)日野 公貴, 鈴木 秀宣, 松廣 幹雄, 河田 佳樹, 仁木 登, 加藤 勝也, 岸本 卓巳, 芦澤 和人 : 3次元CT画像を用いたじん肺の重症度診断のための定量的評価, 第40回日本生体医工学会中国四国支部大会, III-4, 2017年10月.
439)坂東 佳祐, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 島田 光生, 飯沼 元 : 多時相造影CTにおける大腸がんの転移性リンパ節解析, 第40回日本生体医工学会中国四国支部大会, III-3, 2017年10月.
440)川邊 賢也, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 川田 育二, 陣内 自治 : 聴覚特性を考慮したいびき音解析による閉塞性睡眠時無呼吸症候群スクリーニングの検討, 第40回日本生体医工学会中国四国支部大会講演抄録, 23, 2017年10月.
441)厚田 耕佑, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : コンパクト第2高調波発生光顕微鏡の開発, 第40回日本生体医工学会中国四国支部大会, IV-6, 2017年10月.
442)石田 徹, 貝出 悠輔, 溝渕 啓, 竹内 芳美 : 教示再生法を適用した曲がり穴放電加工における教示作業の自動化(電極運動軌跡の3次元化), 日本設計工学会2017年度秋季大会研究発表講演会講演論文集, 129-130, 2017年10月.
443)高木 均, 坂口 友哉, ナカガイト ノリオ アントニオ : CNF複合材料の延伸処理による微細構造変化, 日本機械学会M&M2017 材料力学カンファレンス 講演論文集, 1239-1241, 2017年10月.
444)上岡 義典, 島 治伸, 上岡 千世, 椎野 広久 : 保護者に対する発達・知能検査結果のフィードバックについての検討∼児童デイサービス・放課後児童デイサービス利用保護者への予備調査から∼, 日本LD学会第26回大会, 2017年10月.
445)上岡 義典, 織田 孝裕, 椎野 広久 : 発達障がいの二次障がいへの対応-アイデンティティ確立とキャリア支援,その2-(自主シンポジウム), 日本LD学会第26回大会, 2017年10月.
446)渡邊 一也, 右手 浩一 : Diffusion-Ordered Two-Dimensional Spectroscopy(DOSY)による高分子量 2-(アクリロイルオキシ)エチルトリメチルアンモニウムクロリド系ポリマーの分析, 第22回高分子分析討論会, 2017年10月.
447)松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : エタノール生産性天然酵母の単離および諸性質解明, 第9回 日本醸造学会若手シンポジウム, 2017年10月.
448)高田 弥生, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマスへの応用を考慮した耐熱性セルラーゼ利用のための酵素カクテルの相乗効果検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
449)妹尾 政都, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : ファルカタを原料としたバイオエタノール製造のための水蒸気爆砕前処理の最適条件の検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
450)藤井 萌, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオエタノール残渣となるモデルリグニンを用いたエポキシ樹脂合成の抽出溶媒検討, 第9回日本醸造学会 若手シンポジウム, 東京, 2017年10月.
451)小川 修平, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の温度応答性解析および HPLC による分離, 第22回高分子分析討論会, 2017年10月.
452)山本 寛生, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 酢酸ビニル - ビニルアルコール共重合体のDiffusion Ordered 2D NMR Spectroscopy (DOSY), 第22回高分子分析討論会, 2017年10月.
453)Ayami Yoshida : Masculinity Denied in Jennifer Johnston's How Many Miles to Babylon?, IASIL Japan The 34th International Conference, Oct. 2017.
454)水科 晴樹 : 人に優しい3D表示に向けた視機能の評価技術, 第155回応用光学懇談会後援会,日本光学会情報フォトニクス研究グループ3D Displays and Devices WG研究会,超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム超臨場感映像WG「次世代映像技術」セミナー, 2017年10月.
455)山中 英生 : 自転車の利用環境向上と活用の実践とその展望, 第99回交通工学講習会「自転車の使いやすい環境づくり」, 2017年10月.
456)山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Davaadagva Damdinjav, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(8)ーシソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究ー, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 179, 2017年10月.
457)Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 : New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from marine sponges Agelas spp., 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 177, 2017年10月.
458)奥嶋 政嗣 : 地方都市における日常生活での健康的活動促進に関する分析, 環境システム研究論文発表会講演集, Vol.45, 113-118, 2017年10月.
459)平井 松午 : 吉野川流域の竹林景観と藍作 -洪水との共生-, 地方史研究協議会第68回大会, 2017年10月.
460)金山 一平, 陶山 史朗, 水科 晴樹 : 運動刺激の遅延短縮による運動視差からの奥行き知覚の改善, 信学技報, Vol.117, No.259, 69-72, 2017年10月.
461)南川 丈夫 : (招待講演) フルフィールド共焦点光コム顕微鏡, 日本オプトメカトロニクス協会「最新レーザー・赤外応用技術」セミナー, 2017年10月.
462)谷口 純一, 田川 恭平, 大角 恒雄, 堀 高峰, 岡田 真人, 馬場 俊孝 : 津波データベース検 索による津波高予測に適した観測点の選定, 地震学会秋季大会, 2017年10月.
463)田川 恭平, 谷口 純一, 大角 恒雄, 堀 高峰, 岡田 真人, 馬場 俊孝 : 津波高予測に適した 観測点配置のグループラッソによる検討, 地震学会秋季大会, 2017年10月.
464)船越 雅貴, 中原 佐, 南 和幸, 佐藤 克也 : ミトコンドリアを可視化マーカーとして用いた伸展刺激付与細胞の変形場計測, 第28回バイオフロンティア講演会講演論文集, 1A22, 2017年10月.
465)須谷 和弘, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 中原 佐, 南 和幸, 佐藤 克也 : 呼吸を模擬したストレッチ付与に対する線維芽細胞の応答評価, 第28回バイオフロンティア講演会講演論文集, 1A23, 2017年10月.
466)倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 第4回海水・生活・化学連携シンポジウム, 2017年10月.
467)渡辺 公次郎, 辻岡 卓 : ツイートデータを用いた徳島市中心部の地域イメージに関する研究, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.26, 2017年10月.
468)川人 侑弥, 松本 健志 : 微振動刺激による骨アナボリック効果と骨微小血管の関与, 第28回バイオフロンティア講演会・講演論文集 USB, C14, 2017年10月.
469)宇治田 俊樹, 松本 健志 : がん骨転移における微振動刺激の作用関す実験的検証, 第28回バイオフロンティア講演会・講演論文集 USB, C15, 2017年10月.
470)増岡 孝, 小倉 隆志, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : 光周波数コムを用いた光超音波イメージングに関する基礎研究, 第28回バイオフロンティア講演会, 1B16, 2017年10月.
471)武市 和真, 南川 丈夫, 安井 武史 : SHG(第2高調波発生光)画像自己相関法を用いた真皮コラーゲン線維分布の定量化, 第28回バイオフロンティア講演会, 1B13, 2017年10月.
472)坂上 卓也, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡を用いたコラーゲン線維配向計測, 第28回バイオフロンティア講演会, 1B11, 2017年10月.
473)丹羽 莞慈, 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 : ギンバイカ由来の新規フロログルシノール誘導体myrtcommunin A-Hの構造, 第7回食品薬学シンポジウム, 116-118, 2017年10月.
474)松嶋 一成, 三木 朋乃 : 法規制によるプロジェクトマネジメントへの影響, 研究・イノベーション学会 第32回年次学術大会, 2017年10月.
475)坂上 卓也, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 電気光学的偏光回転を用いた偏光分解第2高調波発生光(SHG)顕微鏡, Optics & Photonics Japan 2017, 2pA6, 2017年10月.
476)宮内 智大, 多賀 貴規, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : ランダム励起1ビット光子相関型蛍光寿命計, Optics&Photonics Japan2017, 2017年10月.
477)荒木 洋之, 足立 真弥, 澁谷 九輝, 岩田 哲郎 : 光子計数型シングルピクセル回折位相顕微鏡の提案, Optics&Photonics Japan2017, 2017年10月.
478)多賀 貴規, 水野 孝彦, 岩田 哲郎 : 連続遅延掃引型光電子パルス列同時検出方式蛍光寿命計, Optics&Photonics Japan2017, 2017年10月.
479)寺島 佳希, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : AIRRとDFDを用いた奥行きをもつ空中像, Optics & Photonics Japan 2017, 2017年10月.
480)樋口 直人 : ヘイトが違法になるとき, --- ヘイトスピーチ解消法制定をめぐる政治過程 ---, 日本社会学会, 2017年11月.
481)樋口 直人 : ヘイトスピーチ解消法が残した課題, --- ヘイトスピーチの歴史的性格をめぐって ---, 永住外国人の人権と在日コリアンシンポジウムin鳥取5, 2017年11月.
482)八木下 史敏, 木内 隆志, 河村 保彦 : 1-(2-ヒドロキシフェニル )イミダゾ[1,5-a]ピリジン及びそのホウ素錯体の合成と光物性, 2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
483)八木下 史敏, 居上 駿, 河村 保彦 : ピンサー型イミダゾ[1,5-a]ピリジン配位子とその金属錯体の合成及び物性, 2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
484)八木下 史敏, 下川 創太, 上村 直弘, 吉田 泰志, 三野 孝, 坂本 昌巳, 河村 保彦 : イミダゾ[1,5-a]ピリジン配位子を用いたMizoroki―Heck反応によるアリールシンナミルエーテル類の合成, 2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
485)福森 崇貴 : がん医療で心理学が貢献できること∼がん医療従事者を支えるために∼(シンポジウム「現代社会の問題に心理学はどんな貢献ができるか?」), 中四国心理学会第73回大会プログラム, 9, 2017年11月.
486)西山 航平, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔, 塩谷 智基 : 銅スラグ細骨材を置換したコンクリートの乾燥収縮によるマイクロクラックおよび透気性の評価, アコースティック・エミッション総合コンファレンス論文集, Vol.21, 29-32, 2017年11月.
487)鈴木 彩莉, 渡邉 健, 橋本 親典, 西山 航平, 塩谷 智基 : 超音波法を適用したコンクリートの圧縮強度推定の検討, アコースティック・エミッション総合コンファレンス論文集, Vol.21, 101-104, 2017年11月.
488)渡邉 健, 西山 航平, 橋本 親典, 福冨 隼人 : 超音波法およびAE法による鉄筋腐食評価に関する実験的検討, アコースティック・エミッション総合コンファレンス論文集, Vol.21, 133-136, 2017年11月.
489)出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 加藤 真介 : 短時間のステップエクササイズトレーニングが高齢肥満者の筋内脂肪量に及ぼす影響, 第46回四国理学療法士学会, 2017年11月.
490)田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 : 高強度運動および完全休息で構成されるレペティション形式の一過性運動が動脈機能および呼吸循環応答に及ぼす影響, 第46回四国理学療法士学会, 2017年11月.
491)草葉 啓太, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長周期構造を利用した光導波路モー ド共鳴による可視域二波長帯光検出, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2017, 1pP2, 2017年11月.
492)岡本 裕, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長周期金属ストライプ電極を用いた 偏光 UV-LED, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2017, 1pP3, 2017年11月.
493)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : Ni ナノ回折格子を用いた垂直入射型微小磁場検出, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2017, 1pP4, 2017年11月.
494)岩本 知佳, 岡本 敏弘, 河村 聡史, 鎌田 隼, 原口 雅宣 : スプリットリング共振器から成る光メタマテリアル薄膜の実効誘電率・実効透磁率の評価, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2017, No.1aB1, 2017年11月.
495)藤原 光, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 半導体テーパーを用いたTHz波超集束構造の評価, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2017, No.1pP15, 2017年11月.
496)木下 亘, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 長距離観察へ向けたフレネルアークDFD表示の奥行き方向視域の評価, Optics & Photonics Japan 2017, 430-431, 2017年11月.
497)川上 博貴, 直井 美貴, 富田 卓朗 : SiC と金属の界面におけるフェムト秒レーザー照射支援アニール, 先進パワー半導体分科会第4回講演会, IIB-8, 2017年11月.
498)竹中 一将, 板東 洋太, 滝谷 悠介, 山口 誠, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也, 富田 卓朗 : サブミクロン厚SiCにおける極性面に依存したラマンスペクトル, 先進パワー半導体分科会第4回講演会, IIA-20, 2017年11月.
499)谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾グラフェンのタンパク質吸着特性, 第9回「集積化MEMSシンボジウム」, 02am2-B-2-(3pp), 2017年11月.
500)山口 佳津騎, 阿部 武由, 竹内 敏己, 渡邊 政博, 土屋 浩一郎, 猪川 和朗, 福岡 憲泰, 加地 雅人, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 : アルベカシンのCpeak 到達時間の予測 ∼モンテカルロシミュレーションによる検討∼, 第27回日本医療薬学会年会・講演要旨集, 1288, 2017年11月.
501)尾野 薫, 山中 英生, 中西 雄大 : 自転車の道路通行システムの変遷, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
502)吉岡 宏晃, 山中 英生, 永松 啓伍 : ドライビングシミュレータを用いた 信号 交差点での自転車通行方向の安全性評価, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
503)豊田 晃太朗, 奥嶋 政嗣, 渡辺 公次郎, 山中 英生 : 地方都市圏での津波リスクを考慮した 居住地選択に関する基礎的分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
504)近藤 雄介, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における公共交通不便地域でのモビリティに関する基礎的分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
505)沼田 秀樹, 奥嶋 政嗣 : 京阪神都市圏鉄道ネットワークにおける経路選択に関する基礎的分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
506)楊 建軍, 奥嶋 政嗣 : 都市高速道路工事規制時における交通マネジメントのための交通シミュレータの開発, 土木計画学研究·講演集, Vol.56, 2017年11月.
507)鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量3次元CT画像を用いた骨粗鬆症診断支援システム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.281, 67-68, 2017年11月.
508)守本 達郎, 佐藤 良祐, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 松元 祐司, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量肺がんCT検診におけるコンピュータ支援システムのワークフロー解析, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.281, 65-66, 2017年11月.
509)刑部 祐里子 : 植物のゲノム編集技術の最前線(招待講演), 平成29年度 果樹バイテク研究会公開セミナー「果樹の新品種育成と新たな育種技術の開発状況」, 2017年11月.
510)神原 東風, 大谷 航平, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : IDDT出現時間に基づく検査法の断線故障検出能力向上のための設計, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.274, 125-130, 2017年11月.
511)肥前 大樹, 藤田 翔平, 堀江 佳弘, 古賀 愛理紗, 上野 勝利 : ラインホッパーを用いた空中落下法による模型地盤作成, 平成29年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会, 55-56, 2017年11月.
512)出口 祥啓 : 研究会Ⅰ「溶鋼リアルタイム分析」, 日本鉄鋼協会第31回分析技術部会大会, 2017年11月.
513)荻野 友保, 佐桑 康太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 固体酸触媒を用いたプロピレンの気相部分酸化反応によるプロピレンオキサイドの合成, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
514)石丸 竜士, 八木下 史敏, 河村 保彦 : 固体発光特性を示すD-π-A型ピリジンN-オキシドの合成, 2017年日本化学会中国四国支部大会, Vol.2017, 2017年11月.
515)岡田 浩輝, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 : マイクロ流体ペーパー分析デバイスを用いたEDTAによるZn2+の簡易分析, 2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
516)伊藤 大地, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 : キャピラリーゾーン電気泳動法を用いた易分解性プロトカテク酸の酸解離定数の決定, 2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
517)谷 和紀, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 : 薗頭-鈴木タンデムカップリング反応による水溶媒中でのワンポット多成分連結法の開発, 2017年日本化学会中国四国支部大会,鳥取産業体育館(鳥取),講演番号 OR44P, 2017年11月.
518)藤田 真美, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いたアリルシランの新規合成法, 2017年日本化学会中国四国支部大会,鳥取産業体育館(鳥取),講演番号 OR54P, 2017年11月.
519)平井 松午 : 古地図・城下絵図をデジタルマップで読む -歴史GISの挑戦-, 米沢史学会公開シンポジウム「米沢城下絵図とデジタルマップ-その構築・分析・活用まで-」, 2017年11月.
520)岡本 卓真, 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを利用したキラルニトロンへの求核付加反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
521)桒原 和磨, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
522)藤井 博基, 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射によるチオールラジカルカチオンの生成とその酸触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
523)喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するN5位無置換中性フラビン分子触媒によるBaeyer-Villiger酸化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
524)Mai Thi Tuyet Nguyen, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
525)村上 敬一 : 災害時を想定した実践方言研究の試み, 第1回実践方言研究会, 2017年11月.
526)櫻井 祥之, 小川 宏樹, 長曽我部 まどか : 下水道整備計画を踏まえた市街地集約に関する一考察 - 和歌山市でのケーススタディ -, 第52回日本都市計画学会学術研究論文発表会, Vol.52, No.3, 475-480, 2017年11月.
527)池田 建司, 田中 秀幸 : 変数変換を用いたイノベーションモデル推定問題の定式化, 第60回自動制御連合講演会, 1441-1446, 2017年11月.
528)田中 秀幸, 池田 建司 : 半正定値計画問題により初期状態を考慮した確率部分空間同定法, 第60回自動制御連合講演会, 1447-1454, 2017年11月.
529)石原 達朗, 川崎 史也, 坂井 秀成, 名田 譲, 木戸口 善行 : 乱流拡散火炎の浮き上がり高さに対する既燃ガス巻き込みの影響の解明, 第55回燃焼シンポジウム講演論文集 (A121), 2017年11月.
530)力武 翔, 名田 譲, 木戸口 善行, 店橋 護 : 双曲線関数を用いた層流予混合火炎の火炎特性の予測, 第55回燃焼シンポジウム講演論文集 (D134), 2017年11月.
531)大喜多 弘樹, 杉山 和也, 名田 譲, 木戸口 善行 : LPG を用いた高温空気燃焼のNOx 排出特性に対する空気混合の影響, 第55回燃焼シンポジウム講演論文集 (D323), 2017年11月.
532)長井 宏太, 中尾 友紀, 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ブテン類の酸化脱水素反応におけるビスマスモリブデン系触媒の格子酸素の挙動, 石油学会鳥取大会(第47回石油・石油化学討論会), 2017年11月.
533)白井 大輝, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : プルシアンブルー複合球状磁性吸着剤の調製とそのCsイオン吸着特性, 第31回日本吸着学会研究発表会, 2017年11月.
534)堀河 俊英, D.D. Do, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 炭素系吸着剤への水蒸気吸着挙動とその温度依存性, 第31回日本吸着学会研究発表会, 2017年11月.
535)仲井 和之, 堀尾 佳史, 堀河 俊英, D. D. Do. : 黒鉛化炭素材料へのアルゴンガス特異吸着, 第31回日本吸着学会研究発表会, 2017年11月.
536)堀内 公太, 佐藤 文香, 青栁 皓太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : アルカリ処理を施したSAPO-34ゼオライトの水蒸気吸脱着挙動, 第31回日本吸着学会研究発表会, 2017年11月.
537)伊藤 大地, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 : キャピラリーゾーン電気泳動法による酸化分解性プロトカテク酸の酸解離平衡反応の解析, 第28回クロマトグラフィー科学会議, 2017年11月.
538)鈴木 一成, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ : 再生セルロースを用いた全セルロース複合材料, 第9回自動車用途コンポジットシンポジウム講演論文集, 31-32, 2017年11月.
539)藤井 紘, 高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 三宅 真也, 大森 博徳, 赤松 伸一, 長澤 次男 : 発泡樹脂シート材の特性評価に関する研究, 第9回自動車用途コンポジットシンポジウム講演論文集, 69-70, 2017年11月.
540)和田 直樹 : ヒトと植物細胞の部分的な融合細胞株の樹立—進化を超えた染色体機能保存性の解明を目指してー (招待講演), 第5回細胞凝集研究会, 2017年11月.
541)西内 計聡, 久保 智裕 : 状態にむだ時間を含む不確かな線形システムのむだ時間に依存する条件に基づく最適レギュレータ, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-19, 2017年11月.
542)桂川 周弥, 久保 智裕 : 異なるリアプノフ関数を用いた最適メモリーレスレギュレータの低感度特性, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-20, 2017年11月.
543)藤本 郁弥, 小川 慎太郎, 森脇 真, 久保 智裕 : 電気自動車用トロリポールに使用するモータのフィードバック制御, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-21, 2017年11月.
544)大溝 将司, 久保 智裕 : 不確かなむだ時間システムに対する点メモリーフィードバックによる最適レギュレータの構成と指数安定度の指定, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-22, 2017年11月.
545)近藤 恭介, 久保 智裕 : 状態にむだ時間を含む大規模系の保全性を考慮した分散制御, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-23, 2017年11月.
546)川村 太智, 久保 智裕 : 入力と状態にむだ時間を含む大規模系のサブシステム間の相互作用を用いた安定化, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-24, 2017年11月.
547)佐々木 友哉, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による道路標識認識, 平成29年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-03(SO2-03), 93-95, 2017年11月.
548)山瀬 裕也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 監視カメラによる点字ブロック上の障害物検知, 平成29年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-04(SO2-04), 96-101, 2017年11月.
549)山田 晃裕, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による不審者と高齢者の認識, 平成29年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-08(SO2-08), 115-119, 2017年11月.
550)西川 翼, 寺田 賢治, 金澤 啓三 : 体験可能な磁場可視化ツールの開発, 平成29年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-06(SO2-06), 108-112, 2017年11月.
551)大正谷 慎也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 監視カメラを用いた自転車の危険走行の検知, 平成29年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.PS2-05(SO2-05), 102-107, 2017年11月.
552)高野 栄之, 岡本 拓也, 桃田 幸弘, 寺田 賢治, 東 雅之 : 画像解析を用いたデンタルチャート作成の試み, 第11回日本法歯科医学会学術大会, 2017年11月.
553)高木 均, ナカガイト ノリオ アントニオ, 坂口 友哉 : セルロースナノファイバー強化ナノコンポジットの組織制御に関する研究, 2017同志社大学先端複合材料研究センターシンポジウム, PS-05, 2017年11月.
554)水口 仁志, 吉川 直人, 飯山 真充, 木島 龍朗, 髙栁 俊夫 : トラックエッチ膜フィルターを鋳型とする多孔性電極の作製と複数種同時定量用デバイスへの試み, 第63回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2017年11月.
555)高木 均 : グリーンコンポジット, --- 古くて新しいサステナブル複合材料 ---, 神奈川大学工学研究科講演会, 2017年11月.
556)余宮 佑輔, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリ(N-アシルデヒドロアラニン)の合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
557)喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチド触媒による酵素類似のBaeyer-Villiger酸化反応, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
558)山中 英生 : 環境と人に優しいまちづくり, --- 欧州での試みと日本への視座 ---, 神戸市会未来都市創造に関する特別委員会, 2017年11月.
559)沢田 勤, 丹羽 実輝, 田中 均 : 様々な溶媒を用いたアセトアミドアクリル酸メンチルの天井温度付近でのラジカル重合, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 67, 2017年11月.
560)原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応によるキラルグアニジンポリマーの合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
561)荒川 幸弘 : 高分子の特徴を活かした高機能フラビン触媒の開発, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
562)松本 健志 : 骨リモデリング・再生における微振動刺激作用の検証, 第44回日本臨床バイオメカニクス学会・抄録集, 87, 2017年11月.
563)谷本 遼太朗, 溝渕 啓, 石田 徹, 今村 雅紀 : 極厚鋼板のガス切断時のノロの抑制, 2017年度精密工学会中国四国支部鳥取地方学術講演会講演論文集, 25-26, 2017年11月.
564)三浦 哉, 石川 みづき : 一過性の下肢への電気刺激と低強度の持久的運動の併用が血管内皮機能に及ぼす影響, 第4回日本骨格筋電気刺激研究会学術集会, 2017年11月.
565)北岡 和義, 金井 純子, 日下 一也, 織田 聡, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : イノベーション教育のための全学組織「創新教育センター」の設置と今後の展望, イノベーション教育学会第5回年次大会, 2017年11月.
566)峯田 一秀, 須谷 和弘, 佐藤 克也, 石田 創士, 安倍 吉郎, 橋本 一郎 : 繰り返しストレッチ刺激を契機としたヒト線維芽細胞におけるカルシウムシグナル応答の検討, 第47回日本創傷治癒学会予稿集, JO-01, 2017年11月.
567)髙栁 俊夫 : CZEの分離機能を活用する反応活性物質の平衡反応解析, 第37回キャピラリー電気泳動シンポジウム, 2017年11月.
568)橋本 親典 : 「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」の制定の経緯および考え方について, 平成29年度オーナー研修会, 2017年11月.
569)金井 純子, 三好 学, 安藝 博資, 中野 晋 : 高齢者施設における洪水時の「避難開始の判断」の重要性と判断の目安の設定方法, 安全問題討論会'17資料集, 139-146, 2017年11月.
570)西森 大地, 竹内 政樹, 髙栁 俊夫, 水口 仁志 : HPLC電気化学検出におけるトラックエッチ膜フィルター電極の適用について, 第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年11月.
571)大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸素酸化反応, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
572)山野本 健, 喜多 葉月, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似酸化能を実現する含フラビンペプチドの理論設計, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
573)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 収束冪級数環におけるgeneralized integral dependence relation の計算について, 京都大学数理解析研究所共同研究,「Computer Algebra – Theory and its Applications」, 京都大学, 2017年12月.
574)佐藤 丈弘, 神川 憲, 小笠原 正道, 森 聖治 : 面不斉ホスフィンーオレフィン配位子を用いたRh触媒不斉1,4-付加反応の理論的研究, 第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会, 2017年12月.
575)麻植 凌, 永井 洸丞, 南川 丈夫, 田上 周路, 深野 秀樹, 中嶋 義晶, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム共振器の外乱/RF変換機能を用いた屈折率計測, 第2回フォトニクス研究会「光の極限を探る!」, 2017年12月.
576)坂上 卓也, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 電気光学結晶を用いた連続偏光分解 第2高調波発生光(SHG)顕微鏡の開発, 第2回フォトニクス研究会「光の極限を探る!」, PTM-21P, 2017年12月.
577)宇都 義浩, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 西川 諒平, 井土 侑香, 遠藤 亮, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化ホエイプロテインのマクロファージ活性化能, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
578)金子 友子, 上﨑 里砂, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 富永 正英 : 5-アミノレブリン酸およびその代謝物であるプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
579)涌村 亮輔, 尾野 薫 : 公共空間における夜間照明が与える心理的印象に関する研究, 景観・デザイン研究発表会, Vol.13, 2017年12月.
580)阿部 生, 尾野 薫 : 大学生による雨の捉え方の傾向把握, 景観・デザイン研究発表会, Vol.13, 2017年12月.
581)尾野 薫 : 個人の背景に着目した都市のイメージの捉え方, 景観・デザイン研究発表会, Vol.13, 2017年12月.
582)宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤MAFの開発, 比較統合医療学会第60回大会, 2017年12月.
583)竹内 智史, 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 : NaxMO2(M=Co,Cr)の電気伝導と局所構造変化, 第43回固体イオニクス討論会, 4-5, 2017年12月.
584)Haruka Iwata, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue and Takanori Satoh : Genetic analysis and thermostabilities of nucleoside diphosphate kinases from two moderately thermophiles, ConBio2017 Abstracts, Dec. 2017.
585)Ai Hasegawa, Daiki Fujimoto, Kouta Nagai, Narumi Maegawa, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue and Takanori Satoh : Genetic analysis and thermostabilities of cytidylate kinases from two moderately thermophiles, ConBio2017 Abstracts, Dec. 2017.
586)Hajime Nonoichi, Shota Inoue, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Haruka Iwata, Ai Hasegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka and Takanori Satoh : Genetic analysis and expression of genes for uridine nucleotide synthesizing enzymes from two moderately thermophiles, ConBio2017 Abstracts, Dec. 2017.
587)Mitsuki Fujii, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Seiji Arai, Daiki Komahara, Kenji Akiyoshi-Hiraoka and Takanori Satoh : Phylogenetic analysis of bacteria from Awa Bancha and non-fermented tea leaves produced at Miyoshi City, Tokushima, ConBio2017 Abstracts, Dec. 2017.
588)Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Seiji Arai, Daiki Komahara, Mitsuki Fujii, Shota Inoue, Kenji Akiyoshi-Hiraoka and Takanori Satoh : Microbial phylogenetic analysis from the leaves of fermented and semi-fermented teas produced at Tokushima, and Taiwan, ConBio2017 Abstracts, Dec. 2017.
589)佐々木 駿, 工藤 凛, 渡辺 俊, 杉山 宗隆, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾之内 均 : 核小体ストレスに応答して翻訳を制御するシロイヌナズナANAC082遺伝子の上流ORF, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月.
590)山田 晃裕, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による歩行者の挙動判定, ビジョン技術の実利用ワークショップ2017, No.IS1-C4, 167-171, 2017年12月.
591)Masatsugu Oishi, Takuya Doi, Takashi Yamamoto, Takashi Nakamura, Koji Amezawa and Yuji Okuyama : Evaluation of the electronic and local structure of proton-conducting oxide, (CaZr1-x,Mnx)O3-d, to elucidate a novel protonation mechanism, 43rd symposium on solid state ionics of Japan, Dec. 2017.
592)川本 晃平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞運動・接着におけるPCTK3によるFAKの制御, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, 2017年12月.
593)仲井 和之, 堀尾 佳史, D. D. Do., 堀河 俊英 : 黒鉛化炭素材料へのアルゴンガス特異吸着, 第44回炭素材料学会年会, 2017年12月.
594)長崎 祐樹, 川井 恵梨佳, 田中 充樹, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 三木 寿美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : ウシ生乳中リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の精製と酵素学的性質ならびに乳房炎のバイオマーカーとしての検討, 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
595)戸田 圭祐, 長崎 祐樹, 津嘉山 泉, 田中 将夢, 川井 恵梨佳, 我如古 菜月, 伊藤 秀之, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 三木 寿美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : 赤米プロアントシアニジンによるプロスタグランジンE2産生抑制機構, 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
596)秦 勝志, 山本 圭, 山本 圭, 西藤 泰昌, 北村 ふじ子, 村上 誠, 反町 洋之 : 皮膚特異的カルパイン12の活性異常は乾癬の発症に関与する., 2017年度生命科学系学会合同年次総会(第90回日本生化学会), 2017年12月.
597)小賀野 慎, 寺田 賢治, 岩藤 那留, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : 監視カメラによる室内環境下における火災炎検出システム, ビジョン技術の実利用ワークショップ2017, No.OS4-H1(IS2-D1), 313-316, 2017年12月.
598)岡本 拓也, 寺田 賢治, 高野 栄之 : 画像処理を用いたデンタルチャートの自動生成, ビジョン技術の実利用ワークショップ2017, No.IS2-A7, 370-374, 2017年12月.
599)北川 菜月, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 晶析槽内を運動する結晶周りの物質移動速度の解析, 化学工学会金沢大会2017, 2017年12月.
600)島田 裕友, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 水平型蒸留装置を用いたシクロヘキサン-ヘプタン混合溶液の分離, 化学工学会金沢大会2017, 2017年12月.
601)堤 義樹, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : マイクロリアクタと回分式反応を複合した新規反応装置におけるベンズアルデヒドの酸化反応, 化学工学会金沢大会2017, 2017年12月.
602)廣瀬 康裕, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 混合性能の強化を目的とした循環型反応装置の性能評価, 化学工学会金沢大会2017, 2017年12月.
603)奥野 元貴, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : オレイン酸ナトリウム水溶液界面における液滴移動現象に係る溶液の流動, 第27回 非線形反応と協同現象研究会, 2017年12月.
604)竹中 一将, 板東 洋太, 滝谷 悠介, 山口 誠, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也, 富田 卓朗 : SiCのサブミクロン厚領域におけるラマンスペクトルの数値計算, 第28回光物性研究会, IIA-68, 2017年12月.
605)柳谷 伸一郎, 関本 直也 : 熱プラズモニックビーズによる光トラップ可能なマイクロバブルジェネレーターの提案, 第6回 マイクロ・ナノバブル学会総会要旨集, 26, 2017年12月.
606)大谷 康将, 湊 龍之介, 南方 良太, 劉 学, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Ce0.9La0.1O2-δの高密度化 及び特性評価, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 45-46, 2017年12月.
607)仡川 昂平, 水田 悠介, 胡 魁, 梅岡 優, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Li-Ti系酸窒化物LiTinOxNy負極材料の合成と電気化学的特性評価, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 52-53, 2017年12月.
608)澤田 朋輝, Euiseok Jeong, 井上 紀正, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : TiとMoと共ドープしたZr2(WO4)(PO4)2の作製および熱膨張挙動, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 54-55, 2017年12月.
609)藤坂 愛, 高橋 光志, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : SrnTaOn+1N(n=1,2)の結晶構造と光学特性評価, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 56-57, 2017年12月.
610)越本 淳, 池永 幸次, 中田 克弥, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : スパッタリング法を 用いたIn-Ga-Sn-O系半導体の特性評価, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 60-61, 2017年12月.
611)福村 耕平, 洪 柏江, 芝井 功喜, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 液晶ディスプレイ用Y4SiAlO8N:Tb3+ 緑色蛍光体の合成と発光特性, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 74-75, 2017年12月.
612)長田 龍太郎, 仲井 駿, 西浦 拓也, 郡 修平, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 溶融塩法を用いたSrTi0.8Co0.2O3熱電変換 材料の簡便合成と特性評価, 第24回ヤングセラミストミーティングin中四国, 82-83, 2017年12月.
613)木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現はCampylobacter jejuniの微小管を介した輸送を抑制する, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
614)永田 裕一 : 一般化距離尺度を用いたエッシャー風タイリング問題の網羅的解法, 計算学会進化計算シンポジウム2017, 2017年12月.
615)山口 裕之 : 「大学改革」の現状と今後の大学の役割, 香川の教育をよくする県民会議総会, 2017年12月.
616)今井 洋太, 鎌田 磨人 : 対馬におけるナベヅルの越冬・中継地推定—餌場を核とした塒創造のあり方, 対馬学フォーラム2017, 2017年12月.
617)小笠原 正道 : 均一系遷移金属触媒による遷移金属錯体の不斉合成法の開発と応用, 2017年日本化学会中国四国支部徳島地区化学講演会, 2017年12月.
618)佐藤 克也, 山本 蒼馬, 中原 佐, 南 和幸, 藤澤 正一郎 : ストレッチおよびストレッチリリースに伴う骨芽細胞内カルシウム濃度変動の観察, 第30回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集, 214, 2017年12月.
619)安井 龍太, 中原 佐, 南 和幸, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 伸展保持および繰り返し伸縮に対する骨芽細胞カルシウム応答の違い, 第30回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集, 216, 2017年12月.
620)阪部 禎幸, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔 : スパース構造学習を用いた運転情報による漫然状態の分析 -視認性の差異に基づく考察 -, HCGシンポジウム2017論文集, HCG2017-C-3-3, 2017年12月.
621)竹安 このみ, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔 : 運転行動の変化に基づく注意散漫状態の検出-GGMを用いた運転行動モデル化の検討-, HCGシンポジウム2017論文集, HCG2017-I-1-3, 2017年12月.
622)坂上 卓也, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史 : 偏光分解 SHG(第2高調波発生光) 顕微鏡を用いたコラーゲン線維配向の評価, 第30回バイオエンジニアリング講演会, 2E-10, 2017年12月.
623)川人 侑弥, 松本 健志 : 微振動刺激による骨アナボリック作用と骨微小循環構築の関与, 第30回バイオエンジニアリング講演会・講演論文集, 264, 2017年12月.
624)今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 : MAを用いた絵画的迷路の自動生成, 第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
625)織田 雄大, 小野 典彦, 永田 裕一 : 車両配送問題における追加注文を考慮した配送計画システムの提案, 第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
626)土屋 敦 : 生命倫理問題を「社会調査」手法を用いて調べて分析する際の手引きのあれこれ, 第29回日本生命倫理学会年次大会, 2017年12月.
627)吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : プロフィール情報を用いたテキストの視点分類, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-NL-234, No.11, 1-5, 2017年12月.
628)小山 昌志, 石川 真志, 笠野 英行 : コンクリート構造物の遠距離加熱検査, (一社)日本非破壊検査協会 赤外線サーモグラフィ部門ミニシンポジウム 講演論文集, 17-21, 2017年12月.
629)小林 亮, 山中 建二, 北條 昌秀 : HEVの自動運転に向けたクラッチ操作レス運転の実験特性, 第221回定例研究会資料, 2017年12月.
630)八木下 史敏, 香西 菜摘, 上田 昭子, 手塚 美彦, 西内 優騎, 河村 保彦 : イミダゾ[1,5-a]ピリジン二量体の酸・塩基性条件下での発光挙動, 日本化学会第97春季年会(2017), 2017年.
631)八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 西内 優騎, 河村 保彦 : Synthesis of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts and Its Luminescence Properties, 日本化学会日本化学会第97春季年会(2017), 2017年.
632)八木下 史敏, 新居 千穂, 香西 菜摘, 西内 優騎, 河村 保彦 : Synthesis of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridine Derivatives Having Light-emitting Properties in the Solid-state, 日本化学会日本化学会第97春季年会(2017), 2017年.
633)八木下 史敏, 新居 千穂, 香西 菜摘, 手塚 美彦, 西内 優騎, 河村 保彦 : 二量体構造を有するイミダゾ[1,5-a]ピリジン及びイミダゾ[1,5-a]ピリジニウム塩の合成と発光特性, 第47回 複素環化学討論会, 2017年.
634)八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 河村 保彦 : Luminescence Properties of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts in Solution and the Solid State, 2017光化学討論会, 2017年.
635)程 飛, 山中 英生, 黒田 慎也, 尾野 薫 : 家族の空間分布と交流・支援・継承意識の関係分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.55, 2017年.
636)吉岡 宏晃, 永松 啓伍, 山中 英生 : ドライバー調査による交差点での自転車との 事故・ヒヤリ体験の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.55, 2017年.
637)山中 英生, 濱口 啓輔, 三国 成子, 小島 拓郎 : 交差点での自転車挙動からみた細街路における自転車走行指導帯の整備効果, 交通工学研究発表会論文集, Vol.37, 285-290, 2017年.
638)岡村 康弘, 高田 篤 : 偏波多重化高次 M-QAM 位相共役ツイン波信号のための直交成分圧搾と二倍波光発生を用いたキャリア抽出バランス型光位相同期ループ, レーザー学会学術講演会第38回年次大会, G225pIX10, 2018年1月.
639)阿河 航平, 岡部 拓海, 長富 郁哉, 中西 航, 岡村 康弘, 笠原 亮一, 梅木 毅伺, 高田 篤 : 光パラメトリック位相感応型光増幅中継器における偏波多重光信号に対する励起光位相同期ループ回路の検討, レーザー学会学術講演会第38回年次大会, G225pIX09, 2018年1月.
640)佐藤 高則, Gantulga Uuganbaatar, Erdenebat Erdenedalai, 岡 里美, 谷口 智紀, 平田 晶子, 藤巻 晃, 山本 真由美, 中山 信太郎 : 東日本大震災被災地支援と連携したPBL型大学院教育, 平成29年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 46-47, 2018年1月.
641)佐藤 高則 : 教養教育におけるシチュエーション・ラーニング(Situated learning)の実践, 平成29年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 26-27, 2018年1月.
642)外輪 健一郎, 藤永 悦子, 押村 美幸, 上田 昭子, 杉山 茂, 河村 保彦 : 企業見学会を通じたロールモデルの提示とその効果, 平成29年度大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
643)外輪 健一郎, 上田 昭子 : 界面張力測定装置の設計・製作プロジェクト, 平成29年度大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
644)佐藤 征弥 : 文理融合の問題解決型授業「総合科学実践プロジェクト」の5年間の取り組みの成果, 大学教育カンファレンスin徳島, 2018年1月.
645)郡 修平, 仲井 駿, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Ca, Feをドープした熱電変換材料LaCoO3の合成と特性評価, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
646)南方 良太, 大谷 康将, 湊 龍之介, 劉 学, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 鷲見 裕史, 須田 栄作, 森 昌史 : 共沈法で合成したCe1-xLaxO2-δの高密度化及び局所構造変化, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
647)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2017, 画像応用技術専門委員会2017年度第5回研究会, Vol.32, No.5, 34-37, 2018年1月.
648)寺田 賢治, 満倉 靖恵 : ViEW2017 ビジョン技術の実利用ワークショップ報告, 画像応用技術専門委員会2017年度第5回研究会, Vol.32, No.5, 38-40, 2018年1月.
649)中田 克弥, 湊 龍之介, 南方 良太, 森賀 俊広, Shih Shao-Ju : クエン酸ゲル法にて合成したLa0.3Sr0.7TiO3焼結体中に生成される不純物相の解析, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
650)梅岡 優, 仡川 昂平, 胡 魁, 水田 悠介, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 岩塩型Li-Ti系酸窒化物の合成及び充放電過程における相変化の検討, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
651)池永 幸次, 越本 淳, 中田 克弥, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 三河 通男 : DCスパッタリング法によるITOおよびGITO薄膜の作成とスッパタ時おける排気ガス圧力制御による特性改善, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
652)安井 武史 : (招待講演)テラヘルツ波センシング, 2018年1月.
653)安井 武史 : (招待講演)テラヘルツ波の基礎と応用・可能性, 2018年1月.
654)森 悠馬, 出口 祥啓, 王 明, 張 詩偉 : 3µm帯中赤外広波長スキャンDFGレーザを用いたTDLASによる炭化水素計測, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, E24p, 2018年1月.
655)藤田 裕貴, 出口 祥啓, 田中 誠也, 古川 遼 : LIBSを用いた水中における金属材料計測技術の開発, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, 2018年1月.
656)中川 真人, 出口 祥啓, 神本 崇博, 泰中 一樹, 丹野 賢二 : CT-TDLASを用いた燃焼器内2次元温度分布計測技術の開発, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, 2018年1月.
657)辻本 一真, 出口 祥啓, 神本 崇博, 下小園 真, 石井 啓之 : 2μm帯DBR-LDを用いた高圧場におけるCO2高精度計測, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, 2018年1月.
658)田中 誠也, 出口 祥啓, 藤田 裕貴, 古川 遼 : レーザー誘起ブレークダウン分光法を用いた鉄鋼材料のリアルタイム長距離測定技術の開発, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, 2018年1月.
659)藤田 一輝, 出口 祥啓, 神本 崇博, 下小園 真, 石井 啓之 : 2μmDBR-LDを用いた実フィールド対応NH3計測技術の開発, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集, 2018年1月.
660)出口 祥啓, Zhenzhen Wang, 崔 敏超, Fang-jung Shiou : ロングショートダブルパルスLIBSを用いたLIBS計測特性の改善, レーザー学会学術講演会第38回年次大会講演予稿集 シンポジウム レーザー誘起ブレークダウン分光法の産業応用展, 2018年1月.
661)新田 一樹, 水口 達也, 胡 国, 南川 丈夫, Zheng Zheng, 安井 武史 : デュアル光コム分光のための2波長ファイバー光コム光源(2) ~デュアルTHzコム分光への応用~, レーザー学会学術講演会第38回年次大会, 24pIII-11, 2018年1月.
662)岡田 真央, 岸川 博紀, 後藤 信夫, Yi-Lin Yu, Shien-Kuei Liaw : 半導体光増幅器,アレイ導波路グレーティング,ファイバブラッググレーティングからなる線形共振器レーザを用いた多チャネルセンシングシステム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.OPE2017-119, 15-19, 2018年1月.
663)上田井 真輝, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : SOAにおけるXPMとXGMを用いたQPSKおよびOOK変調信号から8QAM変調信号への全光変調フォーマット変換システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.OPE2017-121, 27-30, 2018年1月.
664)森 和也, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : 遅延干渉計によるQPSKから16QAMへの変調フォーマット変換における時間および波長依存性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.OPE2017-122, 31-34, 2018年1月.
665)坂下 徳幸, 岸川 博紀, 後藤 信夫 : ビームの位置ずれと角度ずれが及ぼすOAMビームの高分解能なモードソーティングへの影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.OPE2017-126, 53-57, 2018年1月.
666)盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : ウエハ接合で作製したGaAs/AlGaAs多層膜結合共振器への電流注入による室温二波長レーザ発振, 電子情報通信学会光エレクトロニクス研究会, Vol.117, No.406, OPE2017-118-P9-14, 2018年1月.
667)山本 智大, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : Edge-based DFD表示におけるエッジのぼけによる上下方向の視域拡大, 映像情報メディア学会誌, Vol.42, No.2, 37-40, 2018年1月.
668)酒巻 光希, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : DFD(Depth-fused 3D)表示で提示する透明な積層面の視域拡大, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.42, No.2, 41-44, 2018年1月.
669)江口 達彦, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 積層多眼DFD表示方式において3D像を許容できる画質に改善するための視点数, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.42, No.2, 45-48, 2018年1月.
670)樊 子健, 山本 裕紹, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : 2枚積層したIPS液晶表示及びVA液晶表示における偏光演算特性の評価, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.42, No.2, 81-84, 2018年1月.
671)長尾 勇佑, 水科 晴樹, 陶山 史朗 : ぼけEdge-based DFD表示の遠距離観察時における面間距離の拡大, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.42, No.2, 77-80, 2018年1月.
672)谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾技術を用いたグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 平成 29 年度第 4 回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, P10-(4pp), 2018年1月.
673)河村 祐輔, 森本 征士, 北岡 誠, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : 顕微ラマン分光法による機能化 iC 上グラフェンの応力とキャリア密度の定量評価, 平成 29 年度第1回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, P9-(4pp), 2018年1月.
674)田原 雅章, 河村 祐輔, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェン高品質化に向けたグラフェン成長過程の解明, 平成 29 年度第1回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, P8-(4pp), 2018年1月.
675)吉田 啓佑, 宮井 淳平, 盧 翔孟, 南 康夫, 北田 貴弘 : ゲルマニウムを使った高指数面基板上ガリウムヒ素系薄膜の副格子交換エピタキシー成長, 日本材料学会半導体エレクトロニクス部門委員会 平成29年度第1回講演会・見学会 (平成29年度徳島大学日亜寄附講座研究交流会), P1, 2018年1月.
676)小楠 洸太朗, 南 康夫, 盧 翔孟, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : テラヘルツLEDを実現するガリウムヒ素系結合共振器の室温赤外二波長レーザ発振, 日本材料学会半導体エレクトロニクス部門委員会 平成29年度第1回講演会・見学会 (平成29年度徳島大学日亜寄附講座研究交流会), P2, 2018年1月.
677)佐藤 征弥, 林 泰治, 十川 拓, 飯山 直樹, 木下 覺 : 国指定天然記念物「野神の大センダン」の樹勢回復にむけて, 徳島生物学会第139回総会, 2018年1月.
678)山口 裕之 : 「大学改革という病」をどう治すか, 春闘フォーラム, 2018年1月.
679)永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンのデバイス応用, --- [招待講演] ---, 平成 29 年度第1回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, I-2-(), 2018年1月.
680)村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連キナーゼDRAK1とp53の細胞内局在とその役割, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
681)奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコンの発芽過程における各種システインプロテアーゼの発現解析, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
682)河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 大松 広伸, 青景 圭樹, 石井 源一郎, 土田 敬明, 松元 祐司, 江口 研二, 金子 昌弘 : 拡大CT画像を用いた肺がんのコンピュータ支援予後予測:肺腺がん(病期IA)の周囲既存構造と再発リスクの関連, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P5-2, 2018年2月.
683)鈴木 秀宣, 松廣 幹雄, 河田 佳樹, 仁木 登, 杉浦 寿彦, 田邉 信宏, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 江口 研二, 金子 昌弘 : 非造影胸部CT 画像による肺血栓塞栓症診断支援システム, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P6-4, 2018年2月.
684)松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 非造影CT 画像の縦隔・肺門部の自動動静脈分類, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P1-4, 2018年2月.
685)斉藤 くるみ, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 岡本 俊宏, 阪井 宏彰, 中野 恭幸, 伊藤 春海 : 放射光CT による肺細葉の気管支ベース肺3次元構造解析, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P1-5, 2018年2月.
686)佐藤 良祐, 守本 達郎, 松廣 幹雄, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 楠本 昌彦, 土田 敬明, 江口 研二, 金子 昌弘 : 低線量肺がんCT 検診におけるコンピュータ診断支援システムのビューアー開発, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P2-4, 2018年2月.
687)日野 公貴, 鈴木 秀宣, 松廣 幹雄, 河田 佳樹, 仁木 登, 加藤 勝也, 岸本 卓巳, 芦澤 和人 : 3次元CT 画像を用いたじん肺の重症度診断における粒状影の定量的評価, 第10回呼吸機能イメージング研究会学術集会, P8-5, 2018年2月.
688)宇都 義浩, 宮本 大輔, 上崎 里砂, 羽生 紋佳, 二若 真菜, 山田 久嗣 : 放射線増感作用の向上を目指したアセチルグルコース修飾Gefitinib誘導体の創製, 第20回癌治療増感研究シンポジウム, 2018年2月.
689)朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : 福津市総合計画におけるガバナンスの仕組みと海岸マツ林の持続的管理, 環境省環境研究総合推進費「ハビタットロスの過程に着目した生態系減災機能評価と包括的便益評価手法の開発」研究グループ・環境省環境研究総合推進費「人口減少,気候変動下におけるグリーンインフラ―生物多様性・防災・社会的価値評価」研究グループ・総合地球環境学研究所「人口減少時代における気候変動適応としての生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装」研究グループ 公開シンポジウム「自然を活かして防災する―災害と恵みのかかわり」, 2018年2月.
690)岩佐 愛恵, 今井 洋太, 鎌田 磨人 : ナベヅル受け入れのための餌資源量と農業者意識の評価—研究の枠組み, 環境省環境研究総合推進費「ハビタットロスの過程に着目した生態系減災機能評価と包括的便益評価手法の開発」研究グループ・環境省環境研究総合推進費「人口減少,気候変動下におけるグリーンインフラ―生物多様性・防災・社会的価値評価」研究グループ・総合地球環境学研究所「人口減少時代における気候変動適応としての生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装」研究グループ 公開シンポジウム「自然を活かして防災する―災害と恵みのかかわり」, 2018年2月.
691)誉田 栄一, 伊藤 照明, 木内 陽介, 市川 哲雄, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 吉田 みどり : 一般照明および植物育成照明に応用できる新しいLED照明方法の開発, LED総合フォーラム2018 in 徳島, 2018年2月.
692)新田 一樹, 安井 武史 : テラヘルツ・カラースキャナー, LED総合フォーラム2018 in 徳島, 2018年2月.
693)長富 郁哉, 阿河 航平, 岡部 拓海, 中西 航, 岡村 康弘, 高田 篤 : 光パラメトリック位相感応型増幅中継器における偏波多重化位相共役ツイン波に対する位相変調を用いた励起光位相同期ループ回路の検討, 電子情報通信学会技術研究報告, 2018年2月.
694)山口 裕之 : 競争しなくても生きていける社会へ, 教養教育研究開発プロジェクト企画シンポジウム, 2018年2月.
695)髙橋 晋一 : 遍路の民俗学, --- 遍路宿いまむかし ---, 徳島大学大学開放実践センター公開講座「空海と歩く-土佐遍路2018」, 2018年2月.
696)平井 智士, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型バウンダリスキャンにおける遅延付加部のリオーダによる配線長の低減, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.444, 13-18, 2018年2月.
697)水野 義紀 : An explicit form of genus character L-functions and its applications, 第11回ゼータ若手研究集会, 愛媛大学, 2018年2月.
698)山中 英生 : 持続可能な津波防災・地域継承について, --- 事前復興まちづくり の取り組み ---, 徳島県議会南海地震対策議員連盟, 2018年2月.
699)水科 晴樹 : 人に優しい両眼立体表示と運動視差によるリアルな奥行き表示に向けての取り組み, 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)裸眼立体映像伝送WG,先端映像評価WG,超臨場感映像WG合同セミナー「立体映像の再評価と近未来の可能性」, 28-45, 2018年2月.
700)深澤 遊, 田中 延亮, 小南 裕志, 高木 正博, 松倉 君予, 上村 真由子, 門脇 浩明, 宮崎 怜, 衣浦 晴生, 鈴木 智之, 小林 真, 山下 聡, 潮 雅之 : コナラ枯死木の菌類群集と分解過程にナラ枯れが与える影響, 日本生態学会65回 大会, 2018年3月.
701)樋口 直人 : 日本型排外主義と多文化共生――両者の関係を再考する, 多文化共生に関する分野融合研究会, 2018年3月.
702)敦賀 圭朗, 西谷 千佳子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子, 平井 徳美, 山本 俊哉, 和田 雅人, 小森 貞男 : アグロバクテリウム法を用いたリンゴのゲノム編集に関する研究, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018年3月.
703)桜田 穂奈美, 西谷 千佳子, 平井 徳美, 和田 雅人, 山本 俊哉, 刑部 祐里子, 山形 拓, 小森 貞男 : ふじのシュート再分化に培地成分が及ぼす影響, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018年3月.
704)外輪 健一郎 : マイクロ空間の流れと相間物質移動の数値解析, 平成29年度第2回晶析分科会, 2018年3月.
705)片岡 麻輝, 篠山 学, 松本 和幸 : 歌詞感情コーパスの拡張についての検討, 人工知能学会第82回SLUD(言語・音声理解と対話処理)研究会予稿集, 2018年3月.
706)中 大貴, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : VR技術を用いた災害時心理バイアス疑似体験システムの開発, 教育システム情報学会 2017年度学生研究発表会論文集, 245-246, 2018年3月.
707)元田 遥, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : 多様な状況下における災害対応力を育成する防災カードゲームの開発, 教育システム情報学会 2017年度学生研究発表会論文集, 249-250, 2018年3月.
708)室川 優希, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : ICTを活用した津波避難訓練システムにおける津波シミュレーションの自動作成, 教育システム情報学会 2017年度学生研究発表会論文集, 251-252, 2018年3月.
709)藤本 篤, 光原 弘幸, 獅々堀 正幹 : 多人数参加を考慮したデジタル版逃げ地図, 教育システム情報学会 2017年度学生研究発表会論文集, 247-248, 2018年3月.
710)竹中 佑介, 石川 真志, 西野 秀郎, 加藤 岳雄 : レーザー周期加熱を利用した赤外線サーモグラフィによるCFRPの非破壊検査, 第9回日本複合材料会議(JCCM-9), 2018年3月.
711)神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : メモリ効率の良い動的Trie辞書の設計と実装, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月.
712)松本 拓真, 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : ダブル配列オートマトンの圧縮手法, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月.
713)本田 康太, 溝渕 啓, 石田 徹 : 酸化チタン水溶液の光励起親水化作用を利用した電着工具への切りくず付着抑制, 日本機械学会中国四国支部第56期講演会講演論文集, No.1409, 1-2, 2018年3月.
714)稲坂 竜二, 溝渕 啓, 石田 徹 : 電気泳動現象を用いた補綴歯科用研磨バーの開発, 日本機械学会中国四国支部第56期講演会講演論文集, No.1410, 1-2, 2018年3月.
715)中村 優志, 宮崎 進之介, 菊井 瑠偉, 名田 譲, 木戸口 善行 : ディーゼル噴霧の燃焼経過と未燃炭化水素の生成履歴に関する研究, 本機械学会 中国四国支部第56期講演会論文集,USB-memory (903), 2018年3月.
716)佐藤 篤史, 阿部 達也, 保田 晋佑, 名田 譲, 木戸口 善行 : 小型直噴ディーゼル機関における排気低減のためのピストン燃焼室内燃焼の促進, 日本機械学会 中国四国支部第56期講演会論文集 USB-memory (902), 2018年3月.
717)和田 直樹 : ヒトと植物細胞の部分的な融合細胞株の樹立 (招待講演), 第38回日本動物細胞工学会シンポジウム, 2018年3月.
718)後藤 彰, 日野 順市 : 圧電素子を用いた摩擦ダンパによる車両シート部の振動制御, 日本機械学会中国四国支部第56期総会講演会論文集, 2018年3月.
719)大屋 怜史, 日野 順市 : 質量変更法による固有モードの正規化と固有振動数の推定, 日本機械学会中国四国支部第56期総会講演会論文集, 2018年3月.
720)伏見 賢一 : PICO-LONの現状報告, LBGT2018 (Workshop on Low Background Technique) (天童市), 2018年3月.
721)大石 昌嗣, 井村 亮志, 山中 恵介, 山重 寿夫, 水口 仁志, 渡辺 巌, 内本 喜晴, 太田 俊明 : 層状酸化物電極材料における,Liイオン脱離時の酸素アニオンの電子状態解析, 電気化学会第85回大会,東京 (2018.3.9-11)., 2018年3月.
722)池田 建司, 田中 秀幸 : イノベーションモデル推定のためのSDP問題における可同定性について, 第5回 制御部門マルチシンポジウム, 1183-1188, 2018年3月.
723)佐桑 康太, 荻野 友保, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : プロピレンの気相エポキシ化反応における金属修飾SBA- 15触媒の検討, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
724)島津 匠, 加藤 裕樹, 二宮 航, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : バナジウムで改質したSBA-15触媒によるイソブタンの酸化脱水素反応, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
725)脇坂 賢二, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 酸処理を用いたコンポスト化鶏糞からのリンの回収, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
726)中尾 友紀, 三宅 未珂, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン複合酸化物触媒に対する気相酸素の影響, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
727)松下 隼弥, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : マイクロ空間における気液スラグ長さと物質移動速度の関係, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
728)東郷 聡志, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英 : 中低温廃熱を利用した複合型ケミカルヒートポンプ・バイナリ発電システムのシミュレーション検討, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
729)高田 優子, 西出 俊, 康 鑫, 任 福継 : リカレントニューラルネットワークモデルを用いた図形の描画系列学習, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2-489-2-490, 2018年3月.
730)太田 光浩, 上田 哲也 : 粘性流体中における液滴の剪断変形・分裂挙動への粘度比の影響, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
731)松本 和幸, 任 福継, 吉田 稔, 北 研二 : 絵文字を手がかりとした俗語感情コーパスの拡張, 言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集, 797-800, 2018年3月.
732)高畠 亮介, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, Kamat Rahayu Binti Seri : 二極式乾式電極を用いた口唇筋電解析による日本語母音識別のためのデータセット作成, 電気学会全国大会講演論文集, 180-181, 2018年3月.
733)森川 詩音, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, Kamat Rahayu Binti Seri : 乾式電極による口唇EMGを用いた個人認証, 電気学会全国大会講演論文集, 185, 2018年3月.
734)山本 駿, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, Kamat Rahayu Binti Seri : Leap motionを用いたCNNによる空中入力数字の認識, 電気学会全国大会講演論文集, 173, 2018年3月.
735)耒海 拓己, 花崎 昭彦, 伊藤 照明 : ARを用いた自動溶接機モニタリングシステムの開発, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 63-64, 2018年3月.
736)Hamid Abdul Rahimah, 伊藤 照明 : A review of the recent advancements in automated dental wire bending, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 61-62, 2018年3月.
737)Ahmad Mohd Nohafiz Wan Wan, 伊藤 照明, Mahmood Hasrulnizzam Bin Wan Wan, Kamat Rahayu Binti Seri : A proposal of speech-driven entrainment-feedback towards smart vehicle system, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 65-66, 2018年3月.
738)Nasaruddin Ngah Afiquah, 伊藤 照明, Tuan Boon Tee : Digital twin approach to building information management, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 67-68, 2018年3月.
739)Ani Firdaus Mohamad, 福見 稔, Kamat Rahayu Binti Seri, Minhat Mohamad, 伊藤 照明 : A construction framework of decision support system for improving driving fatigue, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 73-74, 2018年3月.
740)Kamat Rahayu Binti Seri, Rahman Arfaus A Mohamad, Zailan Faldi Bin Zul, 福見 稔, 伊藤 照明 : Development of ergonomic monitoring system for safe assembly task in manufacturing, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018・講演論文集, Vol.18, No.4, 75-76, 2018年3月.
741)Morihiro Tanaka, Jesus Rafael Alcantara Avila, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihide Horikawa : Cost evaluation of optimal structures for internal heat integrated distillation columns (HIDiC), 化学工学会第83年会, Mar. 2018.
742)杉本 祐貴, 任 福継, 西出 俊, 康 鑫 : 心的状態遷移ネットワークに基づく感情会話システムの構築, 言語処理学会年次大会, 658-661, 2018年3月.
743)小森 康人, 山中 建二, 北條 昌秀 : 共振周波数可変型誘導加熱用電源の実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, 2018年3月.
744)廣滋 伸一, 山中 建二, 北條 昌秀 : 出力段フィルタレス三相正弦波インバータと三相PWM正弦波インバータの比較検討, 電気学会全国大会講演論文集, 2018年3月.
745)小堀 晃平, 北條 昌秀, 山中 建二 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータを用いた直流給電システムの特性評価, 電気学会全国大会講演論文集, 2018年3月.
746)三宅 隆太, 加藤 雅裕, 西井 彰宏, 岩崎 保紀, 長尾 敏光, 杉山 茂 : 市販のPdめっき試薬を用いた多孔質SUS管へのPdの製膜, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
747)峯 大樹, 山田 直人, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, 杉山 茂 : 流れの可視化による微細加工を施したSUS製伝熱面がもたらす水の局所沸騰熱伝達機構の解明, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
748)中野 湧哉, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, 山木 雄大 : 乳酸メチル加水分解反応による乳酸合成の反応速度論の検討, 化学工学会第83年会, 2018年3月.
749)安田 伊慶, 西出 俊, 康 鑫, 任 福継 : 神経回路モデルを用いたプリミティブの階層的学習, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2-219-2-220, 2018年3月.
750)浦上 浩希, 西出 俊, 康 鑫, 任 福継 : 連続感情空間上の感情状態遷移に基づく人間・ロボット対話システム, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2-399-2-400, 2018年3月.
751)大嶋 奈津美, 藤代 史, 土井 卓哉, 大石 昌嗣 : SrFe1-xMnxO3-δの酸素放出特性とFe,Mnの局所構造, 益社団法人日本セラミックス協会 2018年年会,仙台 (2018.3.15-17)., 2018年3月.
752)湊 龍之介, 大谷 康将, 南方 良太, LIU XUE, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 森 昌史 : Ce1-xLaxO2-δ(x=0-0.5)の局所構造解析, 日本セラミックス協会2018年年会, 2018年3月.
753)高橋 光志, 藤坂 愛, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, Waterhouse Geoffrey : 金属酸窒化物フォトニック結晶の作製, 日本セラミックス協会2018年年会, 2018年3月.
754)芝井 功喜, 福村 耕平, 洪 柏江, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Tb3+とCe3+を共賦活した液晶ディスプレイ用Y4SiAlO8N緑色蛍光体の合成及び発光特性, 日本セラミックス協会2018年年会, 2018年3月.
755)井上 紀正, 鄭 意錫, 澤田 朋輝, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 焼結助剤を添加したZr2-xTix(WO4)(PO4)2の焼結性および熱膨張挙動, 日本セラミックス協会2018年年会, 2018年3月.
756)島田 良美, 安藤 晃規, 岸野 重信, 櫻谷 英治, 小川 順 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種による遊離脂肪酸生産に関する検討, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
757)村川 直美, 加納 みずほ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性糸状菌が生産する脂肪酸代謝産物, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
758)清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 多田 真奈巳, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元菌におけるメディエーターの影響とその機能解析, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
759)宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : 地域住民の動線の推測に基づく商業施設の立地最適化, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年春季研究発表会アブストラクト集, 228-229, 2018年3月.
760)森川 瑠美, 小出(吉田) 静代, 山下 純平, 高木 大地, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescensヘム捕捉タンパク質HasA分泌の分子機構の解明, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
761)宇都 義浩 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
762)川口 響, 北條 昌秀, 山中 建二, 舟橋 俊久, 加藤 丈佳 : 誘導機負荷を有するマイクログリッドにおけるインバータ電源を用いた電力品質改善, 電気学会全国大会講演論文集, 2018年3月.
763)Xiao Yan, Baohui Zhang, Masahide Hojo and Kenji Yamanaka : Impact of Distributed Energy Resources to Protective Relaying of Distribution Network, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2018.
764)寺谷 仁志, 北岡 誠, 松井 一史, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンへの水ドーピング効果の評価, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.17a-C202-7, 15-007-(1pp), 2018年3月.
765)麻植 凌, 永井 洸丞, 南川 丈夫, 田上 周路, 深野 秀樹, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史 : ファイバー光コム共振器の外乱/RF変換機能を用いた屈折率計測(2) ∼屈折率依存性繰り返し周波数シフトの観測∼, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 20p-C303-1, 2018年3月.
766)増岡 孝, 小倉 隆史, 南川 丈夫, 中嶋 善晶, 山岡 禎久, 美濃島 薫, 安井 武史 : センシングRFコムを用いた光音響波の計測, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 19a-B303-2, 2018年3月.
767)山際 将具, 南地 暉, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : 位相シフト法を用いたTHzデジタルホログラフィグ, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 19p-A402-13, 2018年3月.
768)高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : Ag/Niサブ波長周期構造による垂直入射型磁場センサーの高感度化, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 18p-P9-20, 2018年3月.
769)草葉 啓太, 高島 祐介, 原口 雅宣, 直井 美貴 : サブ波長周期構造/導波構造を用いた垂直光入射系屈折率検知, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 18p-P9-21, 2018年3月.
770)Du Jiyao, Kimura Yukinobu, Tahara Masaaki, Matsui Kazushi, Teratani Hitoshi, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Vertically stacked graphene tunneling junction with insulative water layer, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-11, 15-058-(1pp), Mar. 2018.
771)谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : イミノビオチン修飾グラフェンによるアビジン吸着特性の pH 制御, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-10, 15-057-(1pp), 2018年3月.
772)竹中 一将, 板東 洋太, 滝谷 悠介, 山口 誠, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也, 富田 卓朗 : サブミクロン厚4H-SiCにおけるラマンスペクトルの極性面依存性, 第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集, 18p-B203-17, 2018年3月.
773)張 開鋒, 立崎 武弘, 松本 涼太, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 谷口 伸一 : 熱ダメージレスでのナノレベル物質組成解析に向けた薄膜光導波路付プローブによる探針増強ラマン分光, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.18p-P9-15, 2018年3月.
774)平出 亮二, 礒谷 晋也, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 走査型プローブ顕微鏡による4H-SiCの機械化学加工面評価, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.18p-P14-4, 2018年3月.
775)鎌田 隼, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 四角形共振器によるプラズモニックセンサの共振特性, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.18p-P9-17, 2018年3月.
776)坂東 健司, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : SiO₂をコアとするチャネル型プラズモニック導波路構造の検討, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.18p-P9-14, 2018年3月.
777)BHAMARE MADHUKAR YATIN, Akihiro Furube and Pankaj M. Koinkar : Comparison of excited state dynamics between graphene and graphiteusing transient absorption spectroscopy, 応用物理学春期学術講演会, 18p-P10-1, Mar. 2018.
778)中川 惠介, 古部 昭広, 手塚 美彦 : フェムト秒過渡吸収測定による有機薄膜太陽電池の劣化評価, 応用物理学春期学術講演会, 18p-P4-38, 2018年3月.
779)片山 裕之, 川上 博貴, 今垣 諒彌, 橋本 拓哉, 山口 誠, 田中 康弘, 直井 美貴, 岡田 達也, 富田 卓朗 : p-GaN上オーミック電極形成のためのフェムト秒レーザー照射方法の検討, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 19p-A404-11, 2018年3月.
780)鍋島 克輔, 田島 慎一 : 収束冪級数環でのintegral number の計算II, 2018年度日本数学会年会(函数論),東京大学, 2018年3月.
781)盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : InGaAs量子井戸を活性層とする結合共振器への電流注入によるニ波長レーザの温度特性, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 19p-C301-11, 2018年3月.
782)小林 裕弥, 斉藤 くるみ, 大西 悟, 河田 佳樹, 仁木 登, 梅谷 啓二, 中野 恭幸, 阪井 宏彰, 伊藤 春海, 岡本 俊宏 : 放射光CTによる肺3次元ミクロ構造の再現性の実証研究, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.518, 143-144, 2018年3月.
783)出井 達也, 野﨑 元貴, 鈴木 秀宣, 河田 佳樹, 仁木 登, 金子 昌弘, 増田 清士, 井本 逸勢 : CT画像情報・SNPを用いた早期COPD検診法の検討, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.117, No.518, 17-18, 2018年3月.
784)大石 昌嗣, 塩見 昌平, 山本 孝, 植木 智之, 改井 陽一郎, 秩父 重英, 高取 愛子, 小島 一信 : 赤色蛍光体(CaAlSiN3:Eu)の高温劣化機構の評価, 第65回応用物理学会 春季学術講演会,東京 (2018.3.17-20)., 2018年3月.
785)渕上 裕暉, 橋本 拓哉, 川上 博貴, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 田中 康弘 : フェムト秒レーザ誘起改質を応用したNi/SiC界面における低温拡散, 第65回応用物理学会春季学術講演会講演予稿集, 19p-A404-9, 2018年3月.
786)寺島 佳希, 久次米 亮介, 陶山 史朗, 山本 裕紹 : AIRRによる空中飛び出しDFD表示, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年3月.
787)今井 武史, 田渕 武尊, 吉田 岳人, 梅津 郁朗, 原口 雅宣 : 気相パルスレーザーアブレーション法によるAuナノ粒子担持TiO2ナノ構造体の紫外光誘起光触媒活性, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.19a-A404-5, 2018年3月.
788)荒木 崇志, 吉田 岳人, 梅津 郁朗, 原口 雅宣 : 気相パルスレーザーアブレーション法によるAgナノ粒子構造体の作製とその構造制御, 第65回応用物理学会春季学術講演会, No.19a-A404-6, 2018年3月.
789)金澤 誠, コインカー マドゥカー パンカジ, 古部 昭広, More Mahendra : 液中レーザーアブレーションによるMoS2ナノ粒子作製における パルス幅および溶媒の効果, 応用物理学春期学術講演会, 19a-A404-2, 2018年3月.
790)篠原 侑成, 芝 一休, 山田 久嗣, 遠藤 良夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学治療ALA-PDTに対する増感剤TX-816の創製, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
791)川上 博貴, 直井 美貴, 富田 卓朗 : ホール測定によるNi/SiC界面に形成されたフェムト秒レーザー改質層の電気特性評価, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 20a-P1-4, 2018年3月.
792)梅木 毅伺, 風間 拓志, 小林 孝行, 高坂 繁弘, 岡村 康弘, 圓佛 晃次, 杉崎 隆一, 高田 篤, 笠原 亮一, 宮本 裕 : PDM-16QAM信号の高利得・WDM一括 位相感応光中継増幅, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-24, 2018年3月.
793)矢野 雄基, 藤木 良太, 宋 天, 島本 隆 : 機械学習を用いた海鼠の認識システムの開発に関する研究, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-8-1, 76, 2018年3月.
794)南 康夫, 盧 翔孟, 熊谷 直人, 森田 健, 北田 貴弘 : InGaAs量子井戸をもつGaAs結合共振器からの電流注入による室温での2波長レーザーの時間特性, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 20p-A402-12, 2018年3月.
795)川口 晃平, 深澤 俊樹, 北田 貴弘, 石谷 善博, 森田 健 : 波長切り出し系を利用した通信波長帯スピン時空間ダイナミクス計測, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 20p-D104-6, 2018年3月.
796)宮本 美佑, 富田 卓朗 : 走査型電子顕微鏡内でのフェムト秒レーザー光照射光学系の構築, 第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集, 20a-P1-2, 2018年3月.
797)杉浦 美里, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 : tert-ブチル基を有する二置換アクリルアミドの重合と脱tert-ブチル化反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
798)八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 上田 昭子, 河村 保彦 : Synthesis and Evaluation of Photophysical Properties of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
799)八木下 史敏, 居上 駿, 下川 創太, 河村 保彦 : Preparation of Transition Metal Complexes Based on NNN-Type Pincer Ligand Incorporating Imidazo[1,5-a]pyridine Moiety and Their Photofunctionality, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
800)八木下 史敏, 星 恵太, 木内 隆志, 手塚 美彦, 河村 保彦 : Photophysical Properties of Imidazo[1,5-a]pyridines possessing o-Hydoroxyphenyl Group and Their Boron Complexes, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
801)原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 主鎖にグアニジノ基を配列したキラルポリマーの合成とその触媒作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
802)NGUYEN THI TUYET MAI, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
803)西川 諒平, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 井土 侑香, 遠藤 亮, 宇都 義浩, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化したホエイプロテインを用いたマクロファージ活性化剤の開発, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
804)Dilixiati Jirela, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Emotion Recognition from Emoticons based on Deep Neural Netwotks, 2018年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション予稿集, Mar. 2018.
805)喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-無置換中性フラビン分子を触媒とする酸素酸化Baeyer-Villiger反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
806)日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 : 協奏機能型ビスマス触媒を用いた新規カップリング反応の研究, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2H2-08, 2018年3月.
807)石井 悠佑, 立田 彩和, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いる含有窒素化合物に対するアルキル化 反応とその応用, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-097, 2018年3月.
808)藤田 真美, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いる Peterson 反応を利用したオレフィン 類の新しい合成手法の開発, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-098, 2018年3月.
809)谷 和紀, 林 俊輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 水中でのワンポット薗頭-鈴木タンデムカップリング反応の開発, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-122, 2018年3月.
810)宮崎 豊久, 楠橋 由貴, 羽生 紋佳, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 宇都 義浩 : 2-ニトロイミダゾール基を導入した新規ホスホリルコリンポリマーの合成と機能評価, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
811)楠橋 由貴, 勝占 華世, 二若 真菜, 林 佑美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 宇都 義浩 : アミノレブリン酸を用いた超音波療法に対する温熱の増強効果, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
812)羽生 紋佳, 上﨑 里砂, 上島 一輝, 金子 友子, 山田 久嗣, 富永 正英, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸およびプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
813)中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 : Na系遷移金属酸化物における電気伝導のNa組成依存性, 日本物理学会第73回年次大会 講演概要集, 2018年3月.
814)山崎 唯, 内海 悠介, 菊池 尚子, 山崎 達也, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : Co/CeO2系触媒のエタノール水蒸気改質反応において不純物が及ぼす直接および間接的影響, 第121回触媒討論会, 2018年3月.
815)岸川 博紀, 後藤 信夫 : BPSK信号およびOOK信号から8QAM信号への変調フォーマット変換の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-12-4, 2018年3月.
816)陳 彦洲, Wang Yue, 中野 環, 小笠原 正道 : Palladium-Catalyzed Synthesis of Allenic Oligomers/Polymers, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
817)Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavinium-Resins as Readily Available Oxidation Organocatalysts, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
818)Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
819)Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, 日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
820)谷脇 竜弥, 杉田 知世, 村上 圭史, 天羽 崇, 田端 厚之, 山村 佳子, 玉谷 哲也, 長宗 秀明, 宮本 洋二, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内創部より検出された多剤耐性レンサ球菌について, 四国歯学会第52回例会, 2018年3月.
821)瓜生 瑞穂, 中島 清彦, 小笠原 正道 : 面不斉フェロセンを基盤とするP-オレフィン配位子の開発と応用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
822)水野 義紀 : Petersson norm of Eisenstein series, Automorphic forms/representaions on covering groups, 岡山大学, 2018年3月.
823)木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるアミド化合物へのアルキル化反応の 応用と発展, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号4H2-03, 2018年3月.
824)木下 優太郎, 佐藤 陽一, 岡 直宏, 平岡 雅規 : 有用海藻3種の栄養塩吸収特性, 日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
825)岡 直宏, 佐藤 陽一, 中西 達也, 團 昭紀, 齋藤 稔, 浜野 龍夫 : 紅藻Agardhiella subulataの陸上養殖技術の開発, 日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
826)小宮 潤, 谷口 卓也, 山中 大樹, 古部 昭広, 杉山 晴紀, 植草 秀裕, 佐藤 寛泰, 小島 秀子, 朝日 透 : サリチリデンアニリン結晶における光屈曲の高速化, 日本化学会 第98回春期年会, 3I3-33, 2018年3月.
827)Yoshihiro Deguchi, Minchao Cui, Zhenzhen Wang, Yuki Fujita and Fang-Jung Shiou : Study on the features of laser-induced plasma using collinear long and short dual-pulse LIBS, Program of CSLIBS 2018 The 6th Chinese Symposium on Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, I12, Mar. 2018.
828)刘 人玮, 胡 若木, 周 王峥, 王 珍珍, 刘 继平, 出口 祥啓 : 样品温度对LIBS测量固体钢样品影响的研究, Program of CSLIBS 2018 The 6th Chinese Symposium on Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, Poster46, 2018年3月.
829)Toda Erika, Koiso Narumi, Takebayashi Arika, Ichikawa Masako, Kiba Takatoshi, 刑部 祐里子, Okamoto Takashi, Kato Norio : イネ受精卵へのCRISPR/Cas9ベクターおよびCas9タンパク質-gRNA複合体の直接導入によるゲノム編集技術の確立, 日本育種学会第133回講演会, 2018年3月.
830)矢野 涼介, Rai Amit, 刑部 祐里子, 齋藤 和季, 山崎 真巳 : ゲノム編集によるカンプトテシン生合成経路関連遺伝子の機能解析系の確立, 日本薬学会第38回大会, 2018年3月.
831)楠本 嵩志, 市野 晨人, 西辻 和親, 坂下 直実, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 膜タンパク質ABCA7の発現を調節する化合物の探索, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
832)鍋島 克輔 : パラメトリックイデアル所属問題の解き方について, Risa/Asir Conference 2018, 金沢大学, 2018年3月.
833)矢野 優希, 田中 直伸, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(46)-キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin Cの構造-, 日本薬学会第138年会, 95, 2018年3月.
834)白井 昭博, 横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子 : 釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定と280 nmの光による分離菌の不活化, 第91回日本細菌学会総会, Vol.73, No.P-101, 75, 2018年3月.
835)嵯峨山 和美, 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 福本 隆俊, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(9)-「チャーガ」子実体由来の発毛・育毛活性成分の探索研究-, 日本薬学会第138年会, 202, 2018年3月.
836)吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 : セリ科植物Ferula communis根の成分研究, 日本薬学会第138年会, 203, 2018年3月.
837)山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(10)-シソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究(2)-, 日本薬学会第138年会, 205, 2018年3月.
838)佐々木 千鶴, 菊池 未夢, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 未利用廃棄貝殻からの機能性ペプチドの創製, 平成30年度日本水産学会春季大会, 東京, 2018年3月.
839)山下 聡, 井本 朗暢, 張西 郁男, 藤井 良光, 阿部 正範, 服部 武文 : ヒノキ材の分解過程と分解菌 の関係:徳島県のヒノキ林における事 例(予報), 第129回日本森林学会大会, 2018年3月.
840)遠藤 良夫, 宇都 義浩, 芝 一休, 篠原 侑成, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊 : アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対するシッフ塩基誘導体の感受性増強作用, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
841)田上 翔也, 藤井 秀輝, 島田 佳南里, 篠原 啓子, 原田 陽子, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : CRISPR/CAs9によるモデルイチゴFragaria vescaストリゴラクトン受容体D14の機能解明, 第59回日本植物生理学会年会 (札幌), 2018年3月.
842)阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 山田 晃嗣, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : CRISPR/Cas9による栽培品種トマトの育種技術基盤の構築, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
843)橋本 諒典, 上田 梨紗, 阿部 千尋, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : tRNAプロセシングを利用したトマト多重ゲノム編集システム, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
844)佐々木 駿, 工藤 凛, 渡辺 俊, 大林 祝, 杉山 宗隆, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾乃内 均 : 核小体ストレスに応答して翻訳を制御するシロイヌナズナABAC082遺伝子の上流ORF, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
845)和田 直樹, 香月 康宏, 香月 加奈子, 井上 敏昭, 刑部 敬史, 福井 希一, 押村 光雄 : /, 第59回日本植物生理学会, 2018年3月.
846)Toda Erika, Koiso Narumi, Takebayashi Arika, Ichikawa Masako, Kiba Takatoshi, Yuriko Osakabe, Okamoto Takashi and Kato Norio : Genome editing in rice by direct delivery of CRISPR-Cas9 ribonucleoprotein complexes into zygotes, 第59回日本植物生理学会年会, Mar. 2018.
847)島田 佳南里, 井内 聖, 井内 敦子, 山田 晃嗣, 刑部 敬史, 刑部 祐里子 : 根毛形成に異常を示すシロイヌナズナ変異体の原因遺伝子の同定, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
848)高橋 史憲, 鈴木 健裕, 刑部 祐里子, 別役 重之, 堂前 直, 福田 裕穂, 篠崎 和子, 篠崎 一雄 : 乾燥ストレスにおける気孔の応答に関わるペプチドの解析, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
849)吉良 望, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : トマト種子茎頂組織への 新規in planta 遺伝子導入法の開発, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
850)上田 梨紗, 福原 真樹, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 : エレクトロポレーション法を用いた直接導入法によるゲノム編集, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
851)垣内 俊哉, 伊藤 正樹, 高橋 広夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史, 内藤 哲, 尾之内 均 : シロイヌナズナ TTM3 遺伝子の上流 ORF は後期促進複合体の構成因子をコードする, 第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

1)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「Glitch to the Future」の発表公演, Glitch to the Future, 2017年4月.
2)平木 美鶴 : 木版画作品「赤い絨毯と食卓」, 第6回Guanlan 国際版画ビエンナーレ展, 2017年5月.
3)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「80's tec」の発表公演, Pop-up Pirate, 2017年5月.
4)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「game soul」の発表公演, 黒歴史はiNG, 2017年5月.
5)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「anime Chillout」の発表公演, Come, Sweet Death, 2017年6月.
6)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「mellow out」の発表公演, Pop-up Pirate, 2017年6月.
7)佐藤 充宏 : とくしまチャレンジプログラム2017, とくしまチャレンジプログラム 徳島県子どもの体力向上推進委員会, 2017年7月.
8)平木 美鶴 : 個展 横浜髙島屋美術画廊, 平木美鶴作品展, 2017年7月.
9)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「WipEout」の発表公演, Pop-up Pirate, 2017年7月.
10)河原崎 貴光 : 映像インスタレーションパフォーマンス「game funk」の発表公演, 黒歴史はiNG, 2017年7月.
11)田中 佳 : 「とくしま食のパレット-春-」展(ホスピタル・ギャラリーbe展示), 2018年1月.

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1)Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Narumi Maegawa, Daiki Fujimoto, Kouta Nagai, Shota Inoue and Takanori Satoh : Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius ndk gene for nucleoside diphosphate kinase, complete cds., --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC218426, Apr. 2017.
2)Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Narumi Maegawa, Daiki Fujimoto, Kouta Nagai, Shota Inoue and Takanori Satoh : Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius umpk gene for uridylate kinase, complete cds., --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC218427, Apr. 2017.
3)Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Narumi Maegawa, Daiki Fujimoto, Kouta Nagai, Shota Inoue and Takanori Satoh : Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius cmpk gene for cytidylate kinase, complete cds, --- Genetic analysis of genes for pyrimidine nucleotide synthesizing enzymes from Alicyclobacillus acidocaldarius subsp. acidocaldarius ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC218428, Apr. 2017.
4)河原崎 貴光 : 嗜好文化の多様性に関する研究会, ナガヤプロジェクト, 2017年4月.
5)鬼塚 正義 : 蛋白質生産細胞の培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去, バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム,凝集体形成防止,製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去(Science & Technology社セミナー), 2017年4月.
6)銀杏 一輝, 木下 和彦, 河野 圭太, 中山 裕貴, 林 經正, 渡辺 尚 : 公衆無線LANのバックホール仮想化における異種サービスを考慮した帯域割り当て手法, 電子情報通信学会技術研究報告, ICM2017-1, 2017年5月.
7)佐藤 充宏 : スポーツ少年団の困ったは,みどりにお任せ!第1回後継者がいない!そうなる前にリーダー育成を, Sports Japan, Vol.31, No.321, 42-43, 2017年5月.
8)佐藤 充宏 : 世界最大の生涯スポーツの国際大会, いのち輝く, No.85, 6-7, 2017年5月.
9)山本 寛生, 妹尾 美咲, 日下 康成, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : 酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体のDiffusion-Ordered 2D NMR Spectroscopy(DOSY), 17-1 NMR研究会, 2017年5月.
10)石井 雄大, 中西 由佳, 武市 生馬, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性(4)~メソラクチドから得られた立体規則性ポリマーを用いた解析精度の向上~, 17-1 NMR研究会, 2017年5月.
11)中尾 友紀, 長井 宏太, 杉山 茂 : ビスマス-モリブデン複合酸化物触媒による2-ブテンの酸化脱水素反応, 石油学会第22回JPIJS若手研究者のためのポスターセッション, 2017年5月.
12)Pankaj M. Koinkar : Creative and Innovative approaches to improve the teaching in English for Engineering students, Teaching and Learning Center, National Taiwan Univ. of Science and Technology,Taiwan, May 2017.
13)Pankaj M. Koinkar : Techniques for developing and delivering effective scientific presentation skill, Teaching and Learning Center, National Taiwan Univ. of Science and Technology,Taiwan, May 2017.
14)上岡 義典 : 設立当時を振り返る∼徳島K-ABCアセスメント研究会∼, 日本K-ABCアセスメント学会会報, No.59, 6, 2017年5月.
15)髙橋 晋一 : 阿波学会寄稿 鳴門市総合学術調査から(上), 徳島新聞, 13, 2017年6月.
16)河原崎 貴光 : 嗜好文化の多様性に関する研究会, ナガヤプロジェクト, 2017年6月.
17)佐藤 征弥 : 巨樹の話, 2017年6月.
18)米田 郁夫, 坊岡 正之, 橋詰 努, 藤澤 正一郎 : 障害のある人たちの自立生活を支援する合理的技術の重要性, 電気学会研究会資料, No.CT-17_51, 15-18, 2017年6月.
19)萬代 蘭丸, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : ディープラーニングによる視覚障害者の識別, 電気学会研究会資料, No.CT-17_52, 19-24, 2017年6月.
20)中澤 翔太, 安居 拓也, 鈴木 浩司, 高井 久司, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓 : 人体の動力学モデルを用いた腰関節用パワーアシスト装具の設計と評価, 電気学会研究会資料, No.CT-17-053, 25-30, 2017年6月.
21)Yoshihiro Deguchi : Industrial Application of Laser Diagnostics, Seminar at South China University of Technology, Jun. 2017.
22)吉田 健 : Self-Diffusion Coefficients of Sub- and Supercritical Water: Available Data, Reliable Fitting Functions, and Effects of Temperature and Density, 蒸気性質第139委員会 第10期・第12回全体会議 特別講演, 2017年7月.
23)Yoshihiro Deguchi : Industrial Application of Computed Tomography-Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy, Seminar for the 1st VTSD Editorial Meeting at SUSE, Jul. 2017.
24)平野 朋広 : 海外学会に参加しませんか?, 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 第388回例会, 2017年7月.
25)河原崎 貴光 : 嗜好文化の多様性に関する研究会, LIBERTY, 2017年7月.
26)Yoshihiro Deguchi : Industrial Application of Computed Tomography-Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy, Seminar at Xian Institute of Optics and Precision Mechanics of Chinese Academy of Sciences, Jul. 2017.
27)Yoshihiro Deguchi : Industrial Application of Laser Diagnostics, Workshop on Advanced Laser Measurement Technology for Industrial Applications(2017), Jul. 2017.
28)Pankaj M. Koinkar : Challenges and Prospects of Nanotechnology, UGC- Human Resource Development Center, Dr. Babasaheb Ambedkar Marathwada University,, Jul. 2017.
29)Pankaj M. Koinkar : Development and Future trends of Display Applications, UGC- Human Resource Development Center, Dr. Babasaheb Ambedkar Marathwada University,, Jul. 2017.
30)Pankaj M. Koinkar : Field emission from Bi2Se3 and MWCNT nanostructures, RUSA- Centre for Advanced Sensor Technology, Dr. Babasaheb Ambedkar Marathwada University,, Jul. 2017.
31)鎌田 磨人 : 生態系インフラストラクチャーを支える多様な主体の連携, 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月.
32)平井 松午 : 徳島大学附属図書館が発信する古地図高精細画像データのWebサイト, すだち(徳島大学附属図書館報), No.150, 2017年7月.
33)邵 迎建 : 是誰辜負了她們--讀林奕含《房思琪的初戀樂園》, 2017年7月.
34)河原崎 貴光 : 嗜好文化の多様性に関する研究会, ナガヤプロジェクト, 2017年7月.
35)KASSIM MOHAMED Anuar, Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, ARAS SHAHRIEEL MOHD Mohd and RASHID ZAMZURI ABDUL Mohd : Performance Evaluation of Obstacle Detection System at Upper Body Level for Visually Impaired Person through Field Test, IEICE Technical Report, No.MBE2017-30, 63-68, Jul. 2017.
36)森根 裕二, 吉川 幸造, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 島田 光生, 木内 陽介 : 消化器疾患におけるlight emitting diodeのインパクト, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 1-6, 2017年7月.
37)小村 健介, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介, 加治 芳雄, 古川 和彦, 七條 文雄 : Hilbert Huan Coherence による同期度解析とその適用条件の検討, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 7-12, 2017年7月.
38)馬渡 一諭, 渡邊 瞳, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 児島 瑞基, 野上 夏希, 牧野 美鈴, 増田 瑠見子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近紫外発光ダイオードによる殺菌効果の評価, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 13-16, 2017年7月.
39)大井 文香, 中川 忠彦, 岡本 耕一, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 木内 陽介 : LED光を用いた体外循環照射モデルの構築, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 17-20, 2017年7月.
40)平井 松午 : 徳島地理学会の活動紹介, 地方史研究, Vol.67, No.4, 135-137, 2017年8月.
41)大石 昌嗣 : 金属酸化物の格子欠陥と電荷補償について, 東北イオニクス研究会, 2017年8月.
42)Momoyo Ito, Kazuhito Sato, Shin-ichi Ito and Minoru Fukumi : A Proposal of Suitable Driving Behavior Model Selection according to Driving Scene, Conference record of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, 15, Aug. 2017.
43)Shunsuke Takata, Momoyo Ito, Kazuhito Sato, Shin-ichi Ito and Minoru Fukumi : Evaluation of Driver Behavior Quantification using RSOM for Driver State Estimation, Conference record of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, 13, Aug. 2017.
44)Michiya Kanda, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Shyue-Kung Lu : Capacitive Open Detection in 3D ICs with A Built-in Comparator of Offset Cancellation Type, 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, Aug. 2017.
45)Satoshi Hirai, Hiroyuki Yotsuyanagi and Masaki Hashizume : On design for reducing delay variation in design-for-testability circuit for delay fault, 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems, Aug. 2017.
46)Pankaj M. Koinkar : Educational opportunities in Graduate School in Japan, Institute of Science, Nagpur, Aug. 2017.
47)Pankaj M. Koinkar : Current Trends and Emerging Application of Nanotechnology, Department of Physics, R.T.M. Nagpur University, Nagpur, Aug. 2017.
48)河口 巧, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TSV検査のためのTDC組込み型バウンダリスキャン制御回路の設計, DAシンポジウム2017, 15-20, 2017年8月.
49)河塚 信吾, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : TDC組込み型スキャンFFの微小遅延故障検出能力評価, DAシンポジウム2017, 21-26, 2017年8月.
50)杉山 茂, 土屋 祐人, RAYAN HAMID ELBAKHIT GASMALLA, 加藤 雅裕 : 常固定床流通式反応装置による亜硝酸性窒素の湿式還元分解と問題点, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
51)荻野 友保, 佐桑 康太, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : 多孔質触媒であるH-ZSM-5によるプロピレンのエポキシ化反応, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
52)長井 宏太, 中尾 友紀, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : ブテン類の酸化脱水素反応におけるBi-Mo系酸化物触媒のモリブデン含有量の影響, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
53)脇坂 賢二, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : コンポスト化鶏糞の酸処理によるリンの回収, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
54)西東 佑輔, 泰地 貴之, 井内 裕敏, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : RF樹脂を利用したLiFePO4ナノ粒子/C複合体の創製, 第11回中四国若手CE合宿, 27, 2017年8月.
55)漆原 克友, 黑木 彩加, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 活性炭に対する金属イオンの競争吸着特性, 第11回中四国若手CE合宿, 24, 2017年8月.
56)奥野 元貴, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 界面活性剤水溶液界面における液滴の移動現象, 第11回中四国若手CE合宿, 26, 2017年8月.
57)白井 大輝, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : セシウムイオン吸着用PB複合球状磁性吸着剤の調製, 第11回中四国若手CE合宿, 28, 2017年8月.
58)黑木 彩加, 漆原 克友, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 活性炭に対する金属イオン吸着, 第11回中四国若手CE合宿, 34, 2017年8月.
59)泰地 貴之, 西東 佑輔, 井内 裕敏, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 固体電解質LATPの創製に関する研究, 第11回中四国若手CE合宿, 36, 2017年8月.
60)髙島 尚希, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : BoronドープしたCNTとGrapheneの水蒸気吸着等温線の解析, 第11回中四国若手CE合宿, 37, 2017年8月.
61)上嶋 朋恵, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : パラジウム膜の水素拡散性向上をもたらすシリカライト中間層のアルカリ処理条件の検討, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
62)峯 大樹, 山田 直人, 吉田 典正, 加藤 雅裕, 大西 賢治, 米倉 大介, 杉山 茂 : 微細加工を施したSUS製プレートがもたらす水の伝熱促進挙動, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年8月.
63)鍋島 克輔 : パラメトリック・システムの数式処理と理工学への応用, 社会産業理工学研究交流会2017, 2017年9月.
64)外輪 健一郎 : バイオマス利用のためのサプライチェイン最適化システム開発, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年9月.
65)堀河 俊英 : 炭素系吸着剤へのガス吸着, 第11回中四国若手CE合宿, 64, 2017年9月.
66)Pankaj M. Koinkar : Benefits of Higher education after high school, Purushottam English Medium School, Nashikroad, Sep. 2017.
67)二関 森人, 細川 利典, 吉村 正義, 山崎 紘史, 新井 雅之, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : フリップフロップ組合せの状態正当化による到達不能状態を用いた順序回路のテスト不能故障判定法, DAシンポジウム2017, 186-191, 2017年9月.
68)増田 裕樹, 陶山 史朗, 水科 晴樹 : 単眼運動視差の時間的部分表示における奥行き知覚の評価, 第18回情報フォトニクス研究グループ研究会(秋合宿)講演予稿集, 55, 2017年9月.
69)迎山 誠志朗, 陶山 史朗, 水科 晴樹 : Non-overlapped DFD表示方式における短時間呈示時の奥行き知覚, 第18回情報フォトニクス研究グループ研究会(秋合宿)講演予稿集, 54, 2017年9月.
70)樋口 直人 : 『普通』の市民 偶然出会い共鳴, 朝日新聞, 2017年9月.
71)Pankaj M. Koinkar : Synthesis of Nanostructures in Liquid Environment by Nanosecond Laser Ablation, Department of Materials Science and Engineering, National Taiwan Univ. of Science and Technology,Taiwan, Sep. 2017.
72)白井 昭博, 横田 優子, 菅野 由佳 : 徳島県産釜揚げしらすの鮮度保持を目的とする紫外線LED殺菌技術の開発, 第17回社会産業理工学研究交流会2017 SCI-Tech Festival, No.40, 26, 2017年9月.
73)石川 真志 : 赤外線アクティブサーモグラフィによるコンクリート橋の非破壊検査, 徳島大学 社会産業理工学研究交流会2017, 2017年9月.
74)佐桑 康太, 林 泰範, 荻野 友保, 加藤 雅裕, 杉山 茂 : SBA-15を基軸とする多孔質触媒によるプロピレンの接触部分酸化反応, 第11回触媒道場, 2017年9月.
75)杉山 茂 : 金属触媒の基礎から応用, --- 反応装置を中心に ---, 第11回触媒道場, 2017年9月.
76)木下 和彦, 太田 能, 前野 誉, ファハルド ジョビリン : Wi-Fiを用いたLDMサーバの災害時利用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2017-101, 61-62, 2017年10月.
77)白井 昭博 : 光反応を利用した微生物制御, BioOpto Japan 2017, Vol.22-H6, 2017年10月.
78)山本 孝 : 固体表面の酸・塩基点とその触媒機能, 近畿化学協会触媒・表面部会 入門触媒科学セミナー, 2017年10月.
79)山瀬 裕也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理 による点字ブロックの自動認識, 電気学会研究会資料, No.PI-17-093, 37-42, 2017年10月.
80)西川 翼, 寺田 賢治, 金澤 啓三 : 磁場を可視化する体験型デジタル教材の開発, 電気学会研究会資料, No.PI-17-092, 31-35, 2017年10月.
81)大正谷 慎也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 監視カメラによる自転車の危険走行の検出, 電気学会研究会資料, No.PI-17-091, 25-30, 2017年10月.
82)新開 颯馬, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 遅延故障検査容易化設計のための遅延付加ゲートの設計, 第64回機能集積情報システム研究会, 2017年10月.
83)柴田 駿介, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 3 次元実装 IC におけるマイクロバンプ欠損時の遅延解析, 第64回機能集積情報システム研究会, 2017年10月.
84)谷口 公貴, 四柳 浩之, 橋爪 正樹 : 試作した遅延故障検査容易化回路による 2 経路同時検査について, 第64回機能集積情報システム研究会, 2017年10月.
85)堀河 俊英 : 炭素吸着剤への水蒸気吸着, 第23回化学工学イノベーション研究会, 2017年10月.
86)杉山 茂 : フロンティア研究センターにおける対枯渇資源対応技術の開発, 第23回化学工学イノベーション研究会, 2017年10月.
87)黑木 彩加, 漆原 克友, 堀河 俊英, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 活性炭に対する2価金属イオンの吸着特性, 第4回 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2017年10月.
88)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Bosea sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw13, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317317, Nov. 2017.
89)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Burkholderia sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw105, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317318, Nov. 2017.
90)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Burkholderia sp.gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw106, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317319, Nov. 2017.
91)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Burkholderia sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw111, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317320, Nov. 2017.
92)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Escherichia sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw112, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317321, Nov. 2017.
93)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Finegoldia sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw102, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317322, Nov. 2017.
94)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Paenibacillus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw11, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317323, Nov. 2017.
95)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Propionibacterium sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw108, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317324, Nov. 2017.
96)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Staphylococcus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw12, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317325, Nov. 2017.
97)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Staphylococcus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw14, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317326, Nov. 2017.
98)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Staphylococcus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw103, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317327, Nov. 2017.
99)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Staphylococcus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw104, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317328, Nov. 2017.
100)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta Nagai, Shota Inoue and Kenji Akiyoshi-Hiraoka : Uncultured Staphylococcus sp. gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: Tw107, --- Microbial diversity on the leaves of Japanese and Taiwan teas ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database, LC317329, Nov. 2017.
101)Takanori Satoh, Haruka Iwata, Hajime Nonoichi, Ai Hasegawa, Mitsuki Fujii, Kouta N