RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2016.42020.3

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{323818}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1) 河村 保彦, 外輪 健一郎, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 2016年4月.
2) 郷木 義子, 奥田 紀久子 : 学校における養護活動の展開改訂3版, ふくろう出版, 岡山, 2016年4月.
3) 池原 敏孝, 勢井 宏義, 田中 弘之, 上番増 喬, 北岡 和義, 髙橋 章, 中橋 睦美, 中屋 豊, 藤原 広明 : 人体生理学の基礎 改訂第2版, 医学出版社, 2016年8月.
4) 奥田 紀久子 : 学校教育における子どもの不安の正体を探る, 徳島県精神保健福祉協会, 徳島, 2016年11月.
5) 村上 敬一, 他 : 新日本言語地図, 朝倉書店, 東京, 2016年12月.
6) Jun-Ichi Morishige, Ryouhei Yamashita, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi : A Cleanup Method for Mass Spectrometric Analysis of Sphingosine- and Ceramide-1-Phosphate in Blood and Solid Tissue Using a Phosphate Capture Molecule., 2017.
7) 村上 敬一, 他数名 : 47都道府県・方言百科, 丸善出版, 東京, 2017年1月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 坂本 治美, 日野出 大輔, 武川 香織, 真杉 幸江, 高橋 侑子, 十川 悠香, 森山 聡美, 土井 登紀子, 中江 弘美, 横山 正明, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 河野 文昭 : 妊娠期の歯周状態と低体重児出産のリスクに関する観察研究, 口腔衛生学会雑誌, Vol.66, No.3, 322-327, 2016年.
2) 池田 真己, 井手口 英章, 伊賀 弘起, 日野出 大輔, 河野 文昭 : 歯科衛生士養成校におけるOSCE導入の教育学的効果に関する解析, 日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.1, 73-82, 2016年.
3) Hiromitsu Tsuzuki, Shota Inoue, Daiki Kobayashi, Gantulga Uuganbaatar, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Methyl cinnamate increases cell vulnerability to oxidative stress induced by hydrogen peroxide in rat thymocytes, Fundamental Toxicological Sciences, Vol.3, No.3, 121-125, 2016.
4) 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 回復期病院職員が抱える口腔ケアについての悩み-他職種へのアンケート調査より-, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 30-34, 2016年.
5) Toshihiko Tsutsumi, Yoko Okamoto, Syougo Yamakawa, Cheng Bingjun, Akira Ishihara, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura : Reduced rat plasma lysophosphatidylglycerol or lysophosphatidic acid level as a biomarker of aristolochic acid-induced renal and adipose dysfunctions., Life Sciences, Vol.157, 208-216, 2016.
6) Shunsuke Kanda, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe : A compression method of double-array structures using linear functions, Knowledge and Information Systems, Vol.48, No.1, 55-80, 2016.
7) Junpei Yamamoto, Midori Omura, Koichiro Tuchiya, Mayumi Hidaka, Akira Kuwahara, Minoru Irahara, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura : Preferable existence of polyunsaturated lysophosphatidic acids in human follicular fluid from patients programmed with in vitro fertilization., Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.126, 16-23, 2016.
8) Mahadi Hasan, Noriko Tarashima, Koki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure : The novel functional nucleic acid iRed effectively regulates target genes following cytoplasmic delivery by faint electric treatment, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.17, 554-562, 2016.
9) Masami Yoshioka, Yasuhiko Shirayama, Issei Imoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yuko Takeuchi, Takashi Bando and N Yokota : Factors associated with regular dental visits among hemodialysis patients., World Journal of Nephrology, Vol.5, No.5, 455-460, 2016.
10) Adam M. Session, Yoshinobu Uno, Taejoon Kwon, Jarrod A. Chapman, Atsushi Toyoda, Shuji Takahashi, Akimasa Fukui, Akira Hikosaka, Atsushi Suzuki, Mariko Kondo, Simon Heeringen J. van, Ian Quigley, Sven Heinz, Hajime Ogino, Haruki Ochi, Uffe Hellsten, Jessica B. Lyons, Oleg Simakov, Nicholas Putnam, Jonathan Stites, Yoko Kuroki, Toshiaki Tanaka, Tatsuo Michiue, Minoru Watanabe, Ozren Bogdanovic, Ryan Lister, Georgios Georgiou, Sarita S. Paranjpe, Ila Kruijsbergen van, Shengquiang Shu, Joseph Carlson, Tsutomu Kinoshita, Yuko Ohta, Shuuji Mawaribuchi, Jerry Jenkins, Jane Grimwood, Jeremy Schmutz, Therese Mitros, Sahar V. Mozaffari, Yutaka Suzuki, Yoshikazu Haramoto, Takamasa S. Yamamoto, Chiyo Takagi, Rebecca Heald, Kelly Miller, Christian Haudenschild, Jacob Kitzman, Takuya Nakayama, Yumi Izutsu, Jacques Robert, Joshua Fortriede, Kevin Burns, Vaneet Lotay, Kamran Karimi, Yuuri Yasuoka, Darwin S. Dichmann, Martin F. Flajnik, Douglas W. Houston, Jay Shendure, Louis DuPasquier, Peter D. Vize, Aaron M. Zorn, Michihiko Ito, Edward M. Marcotte, John B. Wallingford, Yuzuru Ito, Makoto Asashima, Naoto Ueno, Yoichi Matsuda, Gert Jan C. Veenstra, Asao Fujiyama, Richard M. Harland, Masanori Taira and Daniel S. Rokhsar : Genome evolution in the allotetraploid frog Xenopus laevis., Nature, Vol.538, No.7625, 336-343, 2016.
11) Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae, Masami Yoshioka, Miwa Matsuyama, Hiroki Iga and Fukushima Yuzuru : Relationship between Chewing Behavior and Oral Conditions in Elementary School Children Based on the "Chewing 30" Program: An Intervention Study, Journal of Dental Health, Vol.66, No.5, 438-444, 2016.
12) 渋谷 莉加, 岡澤 悠衣, 日野出 大輔, 土井 登紀子, 中江 弘美, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 米津 隆仁 : 幼児のフッ化物配合歯磨剤利用に関する口腔保健行動, 口腔衛生学会雑誌, Vol.66, No.5, 475-480, 2016年.
13) Eiko Niwa, Tsuyoshi Mitani, Shohei Saitoh, Kaori Kanemaru, Shiro Ishida, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Zinc increases vulnerability of rat thymic lymphocytes to arachidonic acid under in vitro conditions, Food and Chemical Toxicology, Vol.96, 177-182, 2016.
14) Goto Tsukie, Makiko Tsuji, Kaori Kanemaru and Kumio Yokoigawa : Adsorption of Shiga Toxin to Poly-γ Glutamate Precipitated., Journal of Food Science, Vol.81, No.12, 2977-2981, 2016.
15) Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Zahir Hussain, Ryouhei Yamashita, Yoko Okamoto, Toru Uyama, Naoshi Yamazaki, Tamotsu Tanaka, Akira Tokumura and Natsuo Ueda : Calcium-dependent generation of N-acylethanolamines and lysophosphatidic acids by glycerophosphodiesterase GDE7., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1861, No.12 pt A, 1881-1892, 2016.
16) S Afroz, Teru Ikoma, Ayano Yagi, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Concentrated phosphatidic acid in cereal brans as potential protective agents against indomethacin-induced stomach ulcer., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.64, No.37, 6950-6957, 2016.
17) Maki Takeda, Keisuke Oyama, Norio Kamemura, Kaori Kanemaru, Keizo Yuasa, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Change in plasma membrane potential of rat thymocytes by tert-butylhydroquinone, a food additive: Possible risk on lymphocytes, Food and Chemical Toxicology, Vol.109, No.1, 296-301, 2017.
18) 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 徳島県内の回復期病院における看護師の口腔ケアに対する認識ーアンケート調査結果からー, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.62, No.1, 95-99, 2017年.
19) 吉岡 昌美, 中野 敦子, 橋本 寛文, 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 竹内 祐子, 日野出 大輔, 井本 逸勢 : 血液透析患者における口腔衛生管理に対する意識, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.62, No.1, 89-93, 2017年.
20) Kida Takashi, Itoh Aoi, Kimura Akari, Matsuoka Hisatsugu, Imai Hiroyuki, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Distribution of glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity in plants, The Journal of Biochemistry, Vol.161, No.2, 187-195, 2017.
21) 泉谷 依那, 中野 晋, 安藝 浩資, 三好 学 : 徳島県那賀町和食地区における洪水氾濫時の住民の避難行動とボトルネックの抽出, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.73, No.4, I_1309-I_1314, 2017年.
22) 金井 純子, 中野 晋, 野々村 敦子, 宇野 宏司 : 四国4県における福祉避難所の運営に関する実態調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_145-I_150, 2017年.
23) 佐々木 信和, 篠原 潤, 山本 真史, 喜多村 敦史, 中野 晋 : 被災した桟橋上部工の電磁波レーダを用いた状態把握に関する研究, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_171-I_176, 2017年.
24) 鳥庭 康代, 中野 晋, 金井 純子, 泉谷 依那 : 2015年関東・東北豪雨による常総市内での学校・保育所等の浸水被害と再開までの取組み, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_47-I_52, 2017年.
25) 湯浅 恭史, 中野 晋, 西原 正彦, 西本 日出世, 新居 勇, 丸山 泰秀 : 建設業 BCP とタイムラインを活用した地域災害対応体制の構築, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_53-I_58, 2017年.
26) 徳永 雅彦, 中野 晋, 天羽 誠二 : 発生頻度の異なる洪水による段階的な危険区域の設定と住民への情報提供, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_131-I_138, 2017年.
27) 野々村 敦子, 金井 純子, 中野 晋, 白木 渡 : 香川県内における特別支援学校の防災対策の現状調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_93-I_98, 2017年.
28) Badr Ali Hoida, Takahashi Keiko, Ryushi Kawakami, Yasuo Oyama, Kumio Yokoigawa and Kaori Kanemaru : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin., European Food Research and Technology, Vol.243, No.12, 2147-2153, 2017.
29) 行實 鉄平, 佐藤 充宏 : Jリーグチームをフィールドとした体験学習プログラムのジェネリックスキル評価, 大学教育研究ジャーナル, No.14, 21-28, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 坂田 大輔 : この話・資料で学習活動をアクティブに!テーマ別 授業開き&導入アイデア 5年 水産業, --- 和食→魚→寿司→マグロ→一本釣り?!⋯どんな工夫? ---, 社会科教育, Vol.53, No.4, 74-75, 2016年.
2) 蒋 景彩, 李 傑龍, 中野 晋 : 過去の南海地震による四国太平洋沿岸地盤変動再現の試み, 平成28年度地盤と防災・環境に関するシンポジウム講演概要・技術論文集, 56-61, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

1) 土屋 敦, 三笠 洋明, 渡部 稔, 新原 将義, 古澤 修一 : アクティブ・ラーニングを取り入れた授業実践, 平成28年度徳島大学「大学教育再生加速プログラム」シンポジウム アクティブ・ラーニング&反転授業 発表抄録集, 4-5, 2016年.

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1) 伏見 賢一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 中山 信太郎, 折戸 玲子, 久田 旭彦, 真岸 孝一 : 基礎物理学実験テキスト 総合科学部・医学部医学科・歯学部歯学科, 基礎物理学実験テキスト, 2016年4月.
2) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク介護福祉士国家試験問題解説2017, 2017, 2016年4月.
3) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 津波からの避難 ---, 徳島教育, No.1169, 38-39, 2016年5月.
4) 中野 晋 : 平成28年熊本地震からの速やかな復旧・復興を祈念して, 安全教育学研究, Vol.16, No.1, 1-2, 2016年5月.
5) 中橋 睦美, 髙橋 章 : 紫外線LEDを用いた殺菌システムと応用 (特集 先進的環境プロセス技術の展開), ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering, Vol.61, No.6, 428-432, 2016年6月.
6) 中橋 睦美, 髙橋 章 : 紫外線LEDの医療への応用, 小児科, Vol.57, No.8, 1011-1016, 2016年7月.
7) 奥田 紀久子 : 「チーム学校」における栄養教諭と養護教諭の連携, 季刊 栄養教諭, Vol.44, 21-23, 2016年7月.
8) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 熊本地震と学校 ---, 徳島教育, No.1170, 45-46, 2016年7月.
9) 奥田 紀久子 : 学校保健における保健教育と一次予防, 四国医学雑誌, Vol.72, No.3 4, 89-94, 2016年8月.
10) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 豪雨災害に備える ---, 徳島教育, No.1171, 39-40, 2016年9月.
11) 中野 晋, 湯浅 恭史, 金井 純子 : 徳島大学におけるBCPの普及啓発活動, 沿岸域学会誌, Vol.29, No.2, 10-14, 2016年9月.
12) 金丸 芳, 逵 牧子, 横井川 久己男 : 食品加工・調理器具への微生物の付着と殺菌剤耐性, 食品機械装置, Vol.53, No.10, 50-55, 2016年10月.
13) 白木 渡, 中野 晋 : 大学における地域連携の取組み, --- 四国防災・危機管理特別プログラム ---, 土木学会誌, Vol.101, No.12, 18-19, 2016年12月.
14) 埴岡 隆, 青山 旬, 川口 陽子, 小島 美樹, 日野出 大輔, 尾崎 哲則, 山中 玲子, 瀬川 洋, 細見 環, 田野 ルミ, 千葉 逸朗, 三宅 達郎, 小川 祐司, 平田 幸夫, 三宅 達郎, 谷口 奈央, 井下 英二, 花田 信弘, 眞木 吉信, 於保 孝彦 : 歯科医師・歯科衛生士養成機関における禁煙介入教育の課題と展望, 口腔衛生会誌, Vol.67, No.4, 298-305, 2017年.
15) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク・ケアマネ試験問題解説2017, 2017年1月.
16) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時の学校の役割と避難所運営 ---, 徳島教育, No.1173, 30-31, 2017年1月.
17) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時アクションカードを作成しよう ---, 徳島教育, No.1174, 41-42, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1) Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae and Masami Yoshioka : Relationship between obesity and oral health in high school students, The 12th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentisitry Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health, May 2016.
2) Masami Yoshioka, Yasuhiko Shirayama, Issei Imoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yuko Takeuchi, Yamasaki Akika and Bando Takashi : Factors associated with regular dental visits among hemodialysis patients, The 12 International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health, May 2016.
3) 村上 敬一 : 災害時の日本語を考える -生命を守るための日本語のあり方とは-, 育達科技大學2016年應用日語國際學術研討會, 1-9, 2016年6月.
4) Hiromi Nakae, Masami Yoshioka and Daisuke Hinode : Pronlems on oral healthcare in convalescent hospitals -Questionnaire survey for non-dental professionals-, 20th International Symposium on Dental Hygiene, Jun. 2016.
5) Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae and Masami Yoshioka : Intervention study regarding sufficient chewing behavior in Japanese primary school children., 20th International Symposium on Dental Hygiene, Schweiz (Basel), Jun. 2016.
6) Kiyoshi Yasuda, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Jun-ichi Aoe and Noriaki Kuwahara : Videophone Conversation of Two Individuals with Dementia using an Anime Agent System, Proceedings of 7th International Conference on Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management (HCI International 2016), 317-326, Toronto, Jul. 2016.
7) Kohki Fujikawa, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure : Faint electric treatment induces cytoplasmic delivery of functional macromolecules via changing endosome property., 3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo (ICBS2016) (Tokyo, Japan), Nov. 2016.
8) Kazuhiro Morita, Shunsuke Kanda and Masao Fuketa : An Implementation Method of Trie Structure using Xorshift, Proceedings of 9th International Conference on Computer Science and Information Technology (ICCSIT2016), Limerick, Ireland, Dec. 2016.
9) Yuma Fujita, Yoshiaki Ichihashi, Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Full-Text Search using Double-Array CDAWG, Proceedings of 9th International Conference on Computer Science and Information Technology (ICCSIT2016), Limerick, Ireland, Dec. 2016.
10) Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara : Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics, 29th International Symposium on Superconductivity (ISS2016), ISS2016, Tokyo, Dec. 2016.
11) Syo Hatayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : The relation of cellular Tight Junctions formation and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells, 51th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2017.
12) Yui Okazawa, Daisuke Hinode, Tokiko Doi, Masami Yoshioka and Daniel Grenier : Comparison of Oral Malodor and Microbiome in Smokers and Non-smokers, The 95th General Session & Exhibition of the IADR, San Francisco, Calif., USA, Mar. 2017.
13) Mitsuhiro Sato : About Junior Sports Clubs and Comprehensive Community Sports Clubs supporting local youth sports, Study Tour Project for Leaders of Asian Youth Sports 2016 Report, 33-37, Tokyo, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1) 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 山下 智子, 木戸 純子, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : 透析液の汚染細菌調査と近紫外発光ダイオードを用いた殺菌効果の評価, 第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年4月.
2) 常冨 愛香里, 木戸 純子, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : UVA殺菌技術を用いた植物工場における病原微生物の抑制検討, 第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年4月.
3) 吉岡 昌美, 中野 敦子, 橋本 寛文, 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 竹内 祐子, 日野出 大輔 : 透析患者の口腔管理に関する意識調査, 第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
4) 中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 : 健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み, 第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
5) 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によって誘起されるエンドサイトーシスの解析., 日本薬剤学会第31年会(岐阜), 2016年5月.
6) 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 高岡 慶史, 谷口 達哉, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 岡久 稔也 : 胸腹水濾過濃縮再静注法の手技習得のための輸液製剤を用いた模擬腹水の作成, 第43回日本血液浄化技術学会学術大会, 2016年5月.
7) 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : UVA-LED殺菌システムによるCampylobacter jejuni食中毒の予防, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
8) 畑山 翔, 下畑 隆明, 吉兼 道子, 天野 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 食中毒原因菌Campylobacter jejuniは腸管上皮細胞側面の露出により宿主内へ効率的に侵入する, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
9) 三浦 真紀, 岡本 悠輝, 光森 瞳子, 渡部 稔 : Kruppel-like factor 6(KLF6)によるアフリカツメガエルの胚葉形成, 日本動物学会中四国支部会報, Vol.68, 4, 2016年5月.
10) 湯浅 恭史, 中野 晋, 粕淵 義郎 : 大学本部における災害対策図上訓練の実施と今後の課題, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
11) 鳥庭 康代, 中野 晋, 金井 純子, 泉谷 依那 : 2015年関東・東北豪雨による常総市内の教育機関と保育所の被災と再開までの取り組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
12) 中野 晋, 湯浅 恭史, 土肥 佳瑞馬 : 自己チェックシートを活用した市町村BCPの普及促進の取り組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
13) 泉谷 依那, 中野 晋, 武藤 裕則, 馬場 俊孝 : 那賀川中流域における台風1411号と台風1511号による洪水氾濫と住民避難行動, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
14) 金井 純子, 野々村 敦子, 中野 晋, 清重 健次 : 障害者のニーズを反映した災害時避難体制構築手法の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
15) 谷田 有里, 三上 卓, 中野 晋 : 徳島県内放課後児童クラブの地震時危険度と防災対策, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月.
16) Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Yoko Okamoto, Toru Uyama, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, Natsuo Ueda : Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA, 第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
17) 高橋 侑子, 山崎 ほのか, 日野出 大輔, 坂本 治美, 武川 香織, 真杉 幸江, 十川 悠香, 森山 聡美, 土井 登紀子, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 河野 文昭 : 両親学級参加妊婦の口腔保健行動に関するアンケート調査, 第65回日本口腔衛生学会・総会, 2016年5月.
18) 岡澤 悠衣, 日野出 大輔, 土井 登紀子, 中江 弘美, 横山 正明, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美 : 舌苔中の歯周病関連細菌に対する喫煙の影響について, 第65回日本口腔衛生学会・総会, 2016年5月.
19) 湯浅 恭史, 中野 晋, 戸島 慶祝, 大黒 三義, 山口 啓二 : 家庭版災害時アクションカードを活用した津波避難訓練の取り組み, 地域安全学会 梗概集, Vol.38, 17-20, 2016年5月.
20) 青木 正繁, 中野 晋, 湯浅 恭史 : 『医療機関と福祉施設併用型のBCPを策定する』∼医療機関・福祉施設のマンパワー連携体制を考える∼, 地域安全学会 梗概集, Vol.38, 1-4, 2016年5月.
21) Hasan Mahadi, Noriko Tarashima, Kohki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure : Intracellular delivery of a novel functional nucleic acid iRed by faint electric treatment for effective regulation of target genes, 第32回DDS学術集会, Jun. 2016.
22) 松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, 山下 量平, Rahman Ara Sonia Iffat, 日高 麻由美, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 : 口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD, 第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
23) 山下 量平, 伊賀 永里奈, 柿内 直哉, 辻 和樹, 小暮 健太郎, 德村 彰, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 田中 保 : 種々のセラミド-1-リン酸分子種の生理活性とその代謝, 第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
24) オワイダ アリ バドル, 金丸 芳, 横井川 久己男 : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 23, 2016年6月.
25) 高橋 啓子, 服部 武文, 金丸 芳, 小山 保夫, 横井川 久己男 : Tricholoma matsutake 菌糸生育におけるD-及びL-アミノ酸の添加効果, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 36, 2016年6月.
26) 後藤 月江, 逵 牧子, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 沈殿したポリ-γ-グルタミン酸の志賀毒素吸着性, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 24, 2016年6月.
27) 吉岡 昌美, 板東 髙志, 柳沢 志津子, 日野出 大輔 : 透析患者の歯科受診を推進するためのツールとしての医療職および患者向け媒体の作成, 第1回社会歯科学会総会・学術大会, 2016年6月.
28) 市川 智瑛, 木内 志保, 山田 万葉, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 不登校に対する教員のSocial Networking Service(SNS)活用, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
29) 垣内 美月, 山本 莉奈, 山本 真実, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 小学生の保護者におけるSocial Networking Sirvice(SNS)利用に関する意識の実態, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
30) 中島 成美, 石川 茜, 山元 優季, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 気がかりな子どもに対する養護教諭の気づきの視点, 第48回中国・四国学校保健学会プログラム・抄録集, 2016年6月.
31) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 堤 理恵, 中窪 萌子, 加藤 千代子, 松岡 麻衣子, 郷木 義子 : 喫煙防止教育による児童生徒の知識・意識・態度の実態, 学校保健研究, Vol.58, No.Suppl., 166, 2016年6月.
32) 埴岡 隆, 小島 美樹, 青山 旬, 川口 陽子, 日野出 大輔, 尾崎 哲則, 尾崎 哲則, 山中 玲子, 瀬川 洋, 細見 環, 田野 ルミ : WHO簡易タバコ介入(5As, ARs)の歯科臨床への統合のための臨床実習資源方法の開発, 第35回日本歯科医学教育学会, 2016年7月.
33) 吉本 亜由美, 上番増 喬, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 妊娠期の母親の低用量の抗菌薬摂取が子供の健康に及ぼす影響の解析, 第253回徳島医学会学術集会, 24, 2016年7月.
34) 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現によりCampylobacter jejuniの微小管依存性侵入機構が抑制される, 第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
35) 西坂 理沙, 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 県内医療施設の透析液細菌汚染調査と近紫外LEDによる殺菌効果の評価, 第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
36) 村中 貴恵, 浜崎 寛子, 中島 弘貴, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : 酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
37) 齋藤 あゆみ, 塩見 太嘉良, 日達 涼太, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : Fe-Se二元系の合成及びその輸送特性, 2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
38) 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 木戸 純子, 射場 仁美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 腸管上皮細胞におけるtight junctionsの破綻は細胞側面からの脂質ラフトを介したCampylobacter jejuniの侵入を促進する, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2016年8月.
39) 金井 純子, 野々村 敦子, 中野 晋, 宇野 宏司, 清重 健次 : 福祉避難所の整備状況に関するアンケート調査, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, 213-214, 2016年9月.
40) 神田 峻介, 藤田 勇磨, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 動的ダブル配列辞書における実用的な再構成法, 情報処理学会情報基礎とアクセス技術研究会報告, Vol.2016-IFAT-123, 2016年9月.
41) 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : 酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移の酸化・還元効果, 日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
42) 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam : 高圧下NMRによる 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力誘起超伝導の研究, 日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年9月.
43) 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造, 第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
44) 横井川 久己男, オワイダ アリ バドル, 金丸 芳 : 食用海藻の志賀毒素吸着性, 第37回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, 64, 2016年9月.
45) 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 野坂 洸太, 雷前 伸, 並木 孝洋, 西村 克彦 : Nd(V,Ti)2Al20のNMR, 日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
46) 下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 上皮細胞に侵入したCampylobacter jejuniのエネルギー獲得機構について, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
47) 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 永田 早紀恵, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni食中毒予防に対するUVA-LED照射殺菌の有用性について, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
48) 髙橋 章, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 上番増 喬, 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 芥川 正武, 木内 陽介 : 飲料水の色が近紫外線殺菌にあたえる影響, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
49) 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 紫外線LEDと次亜塩素酸ナトリウムの併用による食品殺菌装置の開発, 第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
50) 上田 敏治, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 発話文への前置き表現付与手法, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 280, 2016年9月.
51) 溝渕 亮太, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 地域改善案作成のための不満表現抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 282, 2016年9月.
52) 田中 修司, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 認知症患者の行動変化の解析, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 236, 2016年9月.
53) 藤田 康平, 泓田 正雄, 森田 和宏 : ユーザーのリンク関係を考慮した Twitter 利用者の性別推定, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 281, 2016年9月.
54) 笠原 諒, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 想定外発話に対応した対話システムの提案, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 234, 2016年9月.
55) 才田 涼, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 外国人の観光地評価対象の抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2016年9月.
56) 迫 海斗, 泓田 正雄, 森田 和宏 : DACs を用いたパトリシアトライの圧縮手法, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 235, 2016年9月.
57) 西岡 悠輔, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 最近の訪問情報を使った観光スボットの推薦, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 247, 2016年9月.
58) 堀口 琢充, 森田 和宏, 泓田 正雄 : SNS 上の投稿を用いた消費者のニーズ抽出, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 246, 2016年9月.
59) 森 一樹, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitter を用いた対話システムからの話題提供文の生成, 平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 249, 2016年9月.
60) 藤原 奈津美, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 高橋 侑子, 田口 侑子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 尾崎 和美, 日野出 大輔 : 某大学における周術期口腔機能管理の臨床実習の取り組みとその効果, 日本歯科衛生学会 第11回学術大会 2016年9/17日~19日 広島県広島市 広島国際会議場, Vol.11, No.1, 174, 2016年9月.
61) 坂本 治美, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 阿部 昭人, 岡本 好史, 下村 学, 松本 侯 : 徳島県における妊婦を対象とした歯科保健事業とその効果, 日本歯科衛生学会 第11回学術大会 2016年9/17日~19日 広島県広島市 広島国際会議場, 2016年9月.
62) 野々村 敦子, 金井 純子, 中野 晋, 白木 渡 : 香川県における特別支援学校の南海トラフ巨大地震対策, 日本安全教育学会第17回徳島大会予稿集, 52-53, 2016年9月.
63) 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
64) 森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究, 日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
65) 坪井 一人, Iffat Sonia Ara Rahman, 岡本 蓉子, 宇山 徹, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, 上田 夏生 : GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する, 第89回日本生化学会大会, 2016年9月.
66) 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 細胞のエンドソーム物性変化を誘導する微弱電流処理., 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
67) 屋宜 亜耶乃, Afroz Sheuli, 生駒 照, 德村 彰, 小暮 健太朗, 田中 保 : 食物中のホスファチジン酸の抗胃潰瘍効果とホスホリパーゼA2活性化作用., 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
68) 森山 聡美, 岡澤 悠衣, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 中江 弘美, 土井 登紀子, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 : 食道がん化学療法患者への漢方薬応用の有効性, 第26回 近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2016年10月.
69) 吉岡 昌美, 岡本 好史, 村田 昌弘, 岸 彰, 米田 勉, 日野出 大輔 : メタボリックシンドロームと口腔内状態の関連性-徳島県南部地域における医科歯科連携事業受診者のデータ解析結果より-, 第27回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2016年10月.
70) 富永 早百合, 谷 洋江, 奥田 紀久子 : 子どもの心の問題解決に向けたスクールソーシャルワーカーとの協働における養護教諭の役割, 日本養護教諭教育学会第24回学術集会, 2016年10月.
71) 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現によるCampylobacter jejuniの侵入抑制機序の解明, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
72) 下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの宿主細胞内生存戦力に関する検討, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
73) 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近視外LEDによる殺菌効果の評価, 第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
74) 蒋 景彩, 李 傑龍, 中野 晋 : 南海トラフ地震による高知県沿岸地盤上下変動の再現, 公益社団法人 土木学会 第36回地震工学研究発表会(CD-ROM), 2016年10月.
75) 岡澤 悠衣, 日野出 大輔, 土井 登紀子, 吉岡 昌美 : 喫煙者の口臭と唾液中に検出される口腔細菌の特徴, 第11回日本禁煙学会学術総会, 2016年10月.
76) 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 斎藤 博幸, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理による高分子物質の細胞質送達., 第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(名古屋), 2016年11月.
77) 中野 晋 : 災害の世紀の農業継続戦略を考える, 農地保全研究, No.37, 2016年11月.
78) 土井 登紀子, 日野出 大輔, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 福島 襄, 阿部 昭人, 中野 雅德 : 学校歯科保健支援ICTシステムを用いた学校歯科保健活動, 第79回全国学校歯科保健研究大会, 2016年11月.
79) 玉井 瑠人, 笠井 嘉人, 田中 大基, 谷 直也, 平田 光里, 中川 忠彦, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 : 胸腹水濾過濃縮再静注法のクロスフロー方式の腹水濾過時の物理的刺激が腹水に及ぼす影響に関する実験的検討., 第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
80) 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 : 模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築, 第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
81) 小暮 健太朗, Mahadi Hasan, 田良島 典子, 藤川 昂樹, 濱 進, 田中 保, 樫田 啓, 浅沼 浩之, 斎藤 博幸, 南川 典昭 : 微弱電流による機能性核酸の効率的な細胞質送達, 日本核酸医薬学会第2回年会(東京), 2016年12月.
82) 渡部 稔 : 異質四倍体生物アフリカツメガエルに対するゲノム編集, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会 講演要旨集, 17, 2016年12月.
83) 徳永 雅彦, 中野 晋, 武藤 裕則, 佐藤 塁 : 水位計がない中小河川における住民の安全な避難のための防災行動計画策定, 平成28年自然災害フォーラム論文集, 15-22, 2017年1月.
84) 徳永 雅彦, 中野 晋 : 1971年8月台風第23号による那賀町鷲敷地区の浸水被害にみる防災情報に関する考察, 平成28年自然災害フォーラム論文集, 23-28, 2017年1月.
85) 湯浅 恭史, 中野 晋 : 医療機関BCPにおける事業継続戦略検討の重要性, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Vol.21, No.3, 458, 2017年2月.
86) 金丸 芳, 生杉 笙, 川上 竜巳, 小山 保夫, 横井川 久己男 : 徳島県産食用植物のガン細胞増殖抑制, 日本農芸化学会2017年度(平成29年度)大会講演要旨集, 2017年3月.
87) 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列辞書圧縮の検討と評価, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), 2017年3月.
88) 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 : サイトレイト・パイロリシス法を用いて作成された超微細セラミックス高温超伝導体の酸化・還元効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2017年3月.
89) 横井川 久己男, 高橋 啓子, 金丸 芳 : 非生物素材に付着した大腸菌O157のバイオフィルム形成, 日本農芸化学会2017大会, 2017年3月.
90) 上番増 喬, 吉本 亜由美, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 食事成分の腸内細菌叢への影響を代謝産物から読み解けるか?, 日本細菌学会総会, 42, 2017年3月.
91) 馬渡 一諭, 安井 実希, 本庄 アイリ, 西坂 理沙, 枝川 美幸, 岩本 夏美, 渡邊 瞳, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : Screening of genes related with ultraviolet A-sensitivity by transposon mutagenesis in Vibrio parahaemolyticus, 90th Annual Meeting of Japanese Society of bacteriology, 46, 2017年3月.
92) 下畑 隆明, 木戸 純子, 佐藤 優里, 畑山 翔, 神田 結奈, 福島 志帆, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni 感染はHeLa細胞におけるアミノ酸取り込みを活性化する, 日本細菌学会総会, 50, 2017年3月.
93) 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 極性化腸管上皮細胞でのタイトジャンクションによるCampylobaster Jejuniの侵入制御について, 日本細菌学会総会, 50, 2017年3月.
94) 船城 凌, 渋谷 菜摘, 田中 保, 小暮 健太朗, 奥平 桂一郎 : HepG2細胞でのスフィンゴシン1リン酸(S1P)によるアポリポタンパク質A-I(apoA-I)発現の抑制, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
95) 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 : 北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

1) 佐藤 充宏 : とくしまチャレンジプログラム2016, とくしまチャレンジプログラム 徳島県子どもの体力向上推進委員会, 2016年6月.

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1) 佐藤 充宏, 行實 鉄平 : みるスポーツに関連する授業と課題-スタジアムとみるスポーツを教材としたアクティブラーニングー, 第64回中国・四国地区大学教育研究会, 17, 2016年6月.
2) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導される小胞体ストレスについて, 第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
3) 木戸 純子, 下畑 隆明, 佐藤 優里, 畑山 翔, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 宿主アミノ酸輸送の変化と宿主細胞内Campylobacter jejuni生存について, 第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
4) 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの宿主腸管上皮細胞への侵入とTight Junctions形成の関連について, 第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
5) 原口 雅宣, 木内 陽介, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み, LED総合フォーラム2016in徳島 論文集, 201-202, 2016年12月.
6) 渡部 稔, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験型学習プログラム」実施報告(第7報), 平成28年度全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 48-49, 2016年12月.
7) 坂田 大輔 : 実践を語る,実践を聞く 授業実践「震災からの復興を考える」, 全国社会科教育学会授業研究プロジェクト, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

1) 佐藤 充宏 : 研究報告 6.健やかライフ・習慣化マップによる効果測定, 平成28年度スーパー食育スクール事業報告書, 41-57, 2017年2月.

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{323818}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1) 奥田 紀久子 : 学校における養護活動の展開改訂5版 第14章 保健指導(個別), ふくろう出版, 岡山, 2017年4月.
2) 奥田 紀久子 : 第30回介護福祉士国家試験 解答・解説, メディックメディア, 東京, 2017年4月.
3) 坂田 大輔 : 第3版 都道府県別日本の地理データマップ 6 中国・四国地方, --- 6.温暖な気候と豊かな自然,阿波踊りも有名 徳島県 ---, 株式会社 小峰書店, 東京, 2017年12月.
4) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2018介護支援専門員試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2018年1月.
5) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2018試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2018年1月.
6) 村上 敬一 : 鉄道沿線と関西弁, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 吉岡 昌美, 板東 髙志, 白山 靖彦, 井本 逸勢, 柳沢 志津子, 横山 希実, 竹内 祐子, 日野出 大輔 : 透析患者の歯科受診を推進するためのツールとしての医療職および患者向けリーフレットの開発, 口腔衛生学会雑誌, Vol.67, No.2, 84-88, 2017年.
2) Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Compressed double-array tries for string dictionaries supporting fast lookup, Knowledge and Information Systems, Vol.51, No.3, 1023-1042, 2017.
3) Kyoko Osaka, Hiroko Sugimoto, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Rozzano De Castro Locsin, Yueren Zhao, Kikuko Okuda and Ken Saito : Characteristics of a Transactive Phenomenon in Relationships among Older Adults with Dementia, Nurses as Intermediaries, and Communication Robot, Intelligent Control and Automation, Vol.8, 111-125, 2017.
4) Yui Okazawa, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Tokiko Doi, Hiromi Nakae, Yuka Sogawa and Daniel Grenier : Comparison of oral malodor and oral microbiome in smokers and non-smokers, Smoking Control Science, Vol.11, No.6, 1-9, 2017.
5) Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Reiko Kitayama, Ayumi Yoshimoto, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effects of Low-Dose Non-Caloric Sweetener Consumption on Gut Microbiota in Mice., Nutrients, Vol.9, No.6, 2017.
6) Minoru Watanabe, Yuuri Yasuoka, Shuuji Mawaribuchi, Aya Kuretani, Michihiko Ito, Mariko Kondo, Haruki Ochi, Hajime Ogino, Akimasa Fukui, Masanori Taira and Tsutomu Kinoshita : Conservatism and variability of gene expression profiles among homeologous transcription factors in Xenopus laevis., Developmental Biology, Vol.426, No.2, 301-324, 2017.
7) Takashi Uebansou, Saki Kano, Ayumi Yoshimoto, Chisato Naito, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effects of Consuming Xylitol on Gut Microbiota and Lipid Metabolism in Mice., Nutrients, Vol.9, No.7, 756, 2017.
8) Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara : Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics, Journal of Physics: Conference Series, Vol.871, 012010-1-012010-4, 2017.
9) Junko Kido, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Syo Hatayama, Quoc Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduces microtubule-dependent Campylobacter jejuni invasion., Infection and Immunity, 2017.
10) 嶋田 宏, 中野 晋 : ミャンマー高潮被災地域における簡易潮位計の設置と潮位予測の試み, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.73, No.2, I_749-I_754, 2017年.
11) 森 康成, 中野 晋 : 学校における防災マニュアルと避難行動を結び付けた教科教育教材の開発, --- 英語活動と図画工作を事例に ---, 安全教育学研究, Vol.17, No.1, 33-50, 2017年.
12) Norio Kamemura, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Diverse cellular actions of tert-butylhydroquinone, a food additive, on rat thymocytes, Toxicology Research, Vol.6, 922-929, 2017.
13) Manami Inoue, Kazuhito Tsuboi, Yoko Okamoto, Mayumi Hidaka, Toru Uyama, Toshihiko Tsutsumi, Tamotsu Tanaka, Natsuo Ueda and Akira Tokumura : Peripheral tissue levels and molecular species compositions of N-acyl-phosphatidylethanolamine and its metabolites in mice lacking N-acyl-phosphatidylethanolamine-specific phospholipase D., The Journal of Biochemistry, Vol.162, No.6, 449-458, 2017.
14) Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Effect of prenatal administration of low dose antibiotics on gut microbiota and body fat composition of newborn mice., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 155-160, 2017.
15) Shunsuke Kanda, Yuma Fujita, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical rearrangement methods for dynamic double-array dictionaries, Software: Practice and Experience, Vol.48, No.1, 65-83, 2018.
16) Kikuko Okuda, Okada Hiroki, Tetsuya Tanioka and Kyoko Osaka : Family Environment Factors to Impact on the Effect of the Smoking Prevention Educational Program for Elementary and Junior High School Students, Health, Vol.10, No.1, 75-89, 2018.
17) Yumiko Nishimura-Danjobara, Keisuke Oyama, Kaori Kanemaru, Keiko Takahashi, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine-lactone, a quorum sensing molecule, affects cellular content of nonprotein thiol content in rat lymphocytes: Its relation with intracellular Zn2+, Chemico-Biological Interactions, Vol.280, 28-32, 2018.
18) Sheuli Afroz, Ayano Yagi, Kouki Fujikawa, M. Motiur Rahman, Katsuya Morito, Tatsuya Fukuta, Shiro Watanabe, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Lysophosphatidic acid in medicinal herbs enhances prostaglandin E2 and protects against indomethacin-induced gastric cell damage in vivo and in vitro, Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.135, 36-44, 2018.
19) Sho Hatayama, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Junko Kido, Q Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells., Frontiers in Cellular and Infection Microbiology, Vol.8, No.30, 2018.
20) 山崎 明香, 吉岡 昌美, 板東 髙志, 日野出 大輔 : 血液透析患者における現在歯数および咬合支持状態と栄養状態との関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.68, No.1, 2-8, 2018年.
21) 井上 惣介, 中野 晋 : 2016年熊本地震における地元建設企業の災害対応に関するインタビュー調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_27-I_34, 2018年.
22) 金井 純子, 三好 学, 安藝 博資, 中野 晋 : 高齢者施設における洪水時の「避難開始の判断」の重要性と判断の目安の設定方法, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_139-I_146, 2018年.
23) 根来 慎太郎, 湯浅 恭史, 中野 晋, 朝野 佳伸 : GISによる「見える化」を活かした建設会社のBCP改革, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_199-I_205, 2018年.
24) 湯浅 恭史, 中野 晋, 島田 敬祐, 田中 勇気 : 自己チェックシートによる自治体BCPの改善と今後の課題, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_213-I_218, 2018年.
25) 湯浅 恭史, 中野 晋, 小山 昌宏 : 平成28年熊本地震における医療機関の事業継続の実態と課題, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.73, No.2, I_207-I_212, 2018年.
26) 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列圧縮の検討と評価, 日本データベース学会和文論文誌, Vol.16-J, No.7, 2018年.
27) Kaori Kanemaru, Goto Tsukie, Badr Ali Hoida and Kumio Yokoigawa : Determination of binding affinity of poly-gamma-glutamate to Shiga toxin, Journal of Food Biochemistry, Vol.42, No.5, e12538, 2018.
28) Honoka Wada, Keisuke Oyama, Risa Kamae, Toshiya Masuda, Kaori Kanemaru, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama : Zinc-dependent and independent actions of hydroxyhydroquinone on rat thymic lymphocytes, Drug and Chemical Toxicology, Vol.9, 1-6, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 蒋 景彩, 中野 晋 : 2016年熊本地震による益城町の地盤災害, 平成29年度地盤と防災・環境に関するシンポジウム講演概要・技術論文集, 54-59, 2017年.
2) 田中 祐子, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 日本の高校生の性感染症予防教育, --- 親の知識と子育て ---, 小児保健とくしま, Vol.25, 4-9, 2017年.
3) 村瀬 あすか, 瀬部 有紀子, 秋本 美波, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者が必要と考えるSNS利用に関する教育, 小児保健とくしま, Vol.25, 10-14, 2017年.
4) 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 森 健治 : 食物アレルギーを持つ就学前の子供の母親の不安とソーシャルサポート, 小児保健とくしま, Vol.25, 15-20, 2017年.
5) 坂田 大輔 : 考える力を高める「難問・良問」チャレンジ 〈日清・日露戦争∼第二次世界大戦〉号外新聞!どちらがよく売れる?, 社会科教育, Vol.54, No.11, 56-57, 2017年.
6) 中野 晋 : 2017年九州北部豪雨にみる児童・生徒を安全に下校させるための課題, 平成29年自然災害フォーラム論文集, 11-18, 2018年.
7) 蒋 景彩, 中野 晋 : 2016年熊本地震における益城町での地盤と住宅被害の関係, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 43-48, 2018年.
8) 湯浅 恭史, 中野 晋 : 徳島県内の災害拠点病院における事業継続の実態と今後の課題, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 61-64, 2018年.
9) 田中 勇気, 湯浅 恭史, 蒋 景彩, 中野 晋 : 平成28年熊本地震における自治体の災害対応の課題についての考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 79-86, 2018年.
10) 川瀬 公美子, 中野 晋, 内海 千種 : 災害支援者をより活用するための受援体制のあり方, --- 公立学校の派遣スクールカウンセラーの受け入れ方法の提案 ---, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 73-78, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 学校の災害環境を確かめよう ---, 徳島教育, No.1175, 36-37, 2017年5月.
2) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 学校防災計画の活かし方 ---, 徳島教育, No.1176, 50-51, 2017年7月.
3) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 豪雨災害時の危機対応 ---, 徳島教育, No.1178, 46-47, 2017年11月.
4) 田中 保 : ペルオキシソームにおける脂肪酸代謝と疾患, 生化学, Vol.90, No.1, 14-20, 2018年1月.
5) 中野 晋 : 豪雨災害から子どもや職員を守るために, 日本保育学会会報, No.170, 2-3, 2018年1月.
6) 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時の支援学校の役割∼熊本地震を例に∼ ---, 徳島教育, No.1179, 37-38, 2018年1月.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1) M Md Rahman, A Shimada, Tohru Miyazaki, K Tsuji, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate., 第58回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2017.
2) Kentaro Kogure, Noriko Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa : Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity., 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC), May 2017.
3) 村上 敬一 : コホート系列法による地域方言研究と社会活動の実践, 育達科技大学2017年應用日語學術研討會, 1-6, 台湾造橋郷, 2017年5月.
4) Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Yuko Tanaka, Yukie Iwasa, Hiroe Tani, Hokuma Munakata and Rozzano De Castro Locsin : Influencing Factors in Smoking Prevention Education among Elementary Shool Students in Tokushima Prefecture, Japan, International Conference Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health, Songkhla,Tailand, Jul. 2017.
5) Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kongsuwan Warapon, Reiko Okahisa, Rozzano De Castro Locsin and Kikuko Okuda : Japanese Nursing Student' Learning Outcome of Caring in Nursing Expressed Through Story, Poem and Graphic Illustration, International Conference Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health, Songkhla,Tailand, Jul. 2017.
6) Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, S. Okada, Y. Kamihara, N. Ohkubo, S. Ban and M. Matoba : NMR study of the layered cobalt oxyphosphide Sr2Sc(Co1-xFex)PO3, 28th International Conference on Low Temperature Physics (LT28), LT28, Gothenburg, Aug. 2017.
7) Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical String Dictionary Compression Using String Dictionary Encoding, Proceedings of 3rd International Conference on Big Data Innovations and Applications (Innovate-Data 2017), 1-8, Praha, Aug. 2017.
8) Tokiko Doi, Daisuke Hinode, Hiromi Nakae, Omar Maningo Rodis, Masami Yoshioka, Kondo Mari and Junji Komoda : There is an association between gingivitis and obesity in adolescents, 103rd Annual Meeting of American Academy of Periodontology, Boston, USA, Sep. 2017.
9) Tamotsu Tanaka, M Md Rahman, E Iga, R Yamashita, R Shimizu, K Tsuji, A Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Kentaro Kogure : Plasma level of ceramide 1-phosphate and its anti-apoptotic activity., 58th International conference on the bioscience of lipids (ICBL), Sep. 2017.
10) Kentaro Kogure, Noriko Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa : Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity., The 5th Seminar of pharmaceutial sciences and technology., Sep. 2017.
11) Shunsuke Kanda, Kazuhiro Morita and Masao Fuketa : Practical Implementation of Space-Efficient Dynamic Keyword Dictionaries, Proceedings of 24th International Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE 2017), 221-233, Palermo, Italy, Sep. 2017.
12) 村上 敬一 : イノベーションの観点から見た日本の言語教育, 2017全球化創新経営管理国際研討会, 2017年10月.
13) Satomi Moriyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Yuka Sogawa, Takeshi Nishino, Akira Tangoku and Daniel Grenier : Impact of the use of Kampo medicine in patients with esophageal cancer during chemotherapy: a clinical trial, 65th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Showa University, Tokyo, Japan, Nov. 2017.
14) Junko Kido, Takaaki Shimohata, sachie amano, sho hatayama, yuri sato, yuna kanda, aya tentaku, shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 52th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2018.
15) Ryutaroh Tanaka, Miyu Yoshida, Yoshitome Satoshi, Furuno Nobuaki, Nakajo Nobushige and Minoru Watanabe : Developmental roles for Wee1B, a negative regulator for the cell cycle, in Xenopus laevis, International Symposium at Hiroshima University. Amphibian development, regeneration, evolution and beyond., 26, Mar. 2018.
16) 村上 敬一 : 災害時における地域方言をめぐって, 韓国日本語学会第37回春季学術研究会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1) 天宅 あや, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染における小胞体ストレスの誘導, 第91回 日本感染症学会総会・学術講演会, 2017年4月.
2) 藤原 奈津美, 土井 登紀子, 中江 弘美, 十川 悠香, 吉岡 昌美, 高橋 侑子, 真杉 幸江, 尾崎 和美, 日野出 大輔 : 本学歯科衛生学生の病棟口腔ケア臨床実習の取り組みとその効果, 第14回 日本口腔ケア学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, 208, 2017年4月.
3) 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によって誘起されるユニークなエンドサイトーシス, 日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
4) 村上 敬一, 田島 幹大, 吉平 彩加 : 地域方言を題材とした高大連携による教育活動の実践, 日本方言研究会第104回研究発表会, 41-44, 2017年5月.
5) 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造, 日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
6) 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 宿主腸管上皮細胞のTight Junction形成が食中毒原因菌Campylobacter jejuniの侵入機構に及ぼす影響について, 日本栄養食糧学会, 244, 2017年5月.
7) 上番増 喬, 大西 愛, 北山 礼子, 吉本 亜由美, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 許容上限量の甘味料の摂取が腸内細菌叢と宿主へ及ぼす影響の解析, 日本栄養食糧学会, 243, 2017年5月.
8) 中野 晋, 鳥庭 康代 : 2015年常総水害での保育所の災害対応に学ぶ, 日本保育学会発表要旨集第70回大会, 2017年5月.
9) 鳥庭 康代, 中野 晋 : 2014年8月の台風における高知市内私立保育園での応急対応と保育再開について, --- 浸水被害後の安全対策の改善と課題について ---, 日本保育学会発表要旨集第70回大会, 2017年5月.
10) 島田 明奈, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 山下 量平, 清水 良多, 小暮 健太朗, 田中 保 : セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制活性, 第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
11) 清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 : 液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析による血漿中のセラミド及びセラミド-1-リン酸の解析, 第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
12) 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流により誘起されるユニークなエンドサイトーシスの解析, 遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
13) 小暮 健太朗, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 田良島 典子, 南川 典昭 : 微弱電流による新規核酸iRedの細胞内送達と遺伝子発現制御, 遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
14) 生杉 笙, 金丸 芳, 横井川 久己男, 小山 保夫 : 徳島県産食用植物クサギClerodendrum trichotomunのガン細胞増殖抑制, 日本農芸化学会中国四国支部第48回講演会講演要旨, 33, 2017年6月.
15) 金井 純子, 中野 晋 : 四国4県の福祉避難所アンケート調査からみた現状と今後の課題, 日本地域福祉学会第31回大会報告要旨集, 207, 2017年6月.
16) 中野 晋, 金井 純子 : 熊本地震に学ぶ∼大災害時の特別支援学校の役割∼, 日本地域福祉学会第31回大会報告要旨集, 229, 2017年6月.
17) 中野 晋, 金井 純子, 野々村 敦子, 橋本 悠太郎 : 熊本地震における特別支援学校の災害対応, 地域安全学会梗概集, No.40, 43-46, 2017年6月.
18) 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 松山 美和, 河野 文昭, 岡本 好史, 森 秀司 : 後期高齢者の口腔保健状況と医療費・介護給付費との関連, 第2回社会歯科学会総会・学術大会, 2017年6月.
19) 喜田 孝史, 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 : 植物におけるグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質, 第59回日本脂質生化学会, 2017年6月.
20) 田中 保, Md Motiur Rahaman, 伊賀 永理奈, 山下 量平, 清水 良多, 辻 和樹, 島田 明奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗 : 血液中に存在する極長鎖セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用, 第59回日本脂質生化学会, 講演要旨集, 33-34, 2017年6月.
21) 宮城 諒, 喜田 孝史, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 : グリコシルイノシトールホスホセラミドの抽出と精製, 日本農芸化学会中四国支部第48回公演会 要旨集, 37, 2017年6月.
22) 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江 : 食物アレルギーをもつ子どもの母親が抱く就学に対する不安について, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 31-32, 2017年6月.
23) 松岡 麻衣子, 奥田 紀久子 : 中学校の性教育における養護教諭と助産師の連携の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 35-36, 2017年6月.
24) 山口 真希, 源幸 ひな, 奥田 紀久子 : 小・中学生保護者の性教育に対する意識の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 37-38, 2017年6月.
25) 源幸 ひな, 山口 真希, 奥田 紀久子 : 小・中学生保護者の性教育に対する期待と影響因子, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 39-40, 2017年6月.
26) 藤井 美穂, 佐藤 涼香, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 医療系大学生の発達障害に関する知識とイメージ, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 43-44, 2017年6月.
27) 水本 絢子, 奥田 紀久子 : 養護教諭の自己効力感と関連要因, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 51-52, 2017年6月.
28) 板東 由唯, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵 : 小・中学校のがん教育に対する教員の意識の実態, 第49回中国・四国学校保健学会講演集, 49-50, 2017年6月.
29) 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシスの解析, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
30) 伊賀 弘起, 日野出 大輔, 白山 靖彦, 河野 文昭 : 歯科衛生士学生を対象に行った高齢者施設の口腔ケアに関する国際的な意識調査, 第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2017年7月.
31) 後藤 月江, 三木 章江, 川端 沙也花, 高橋 啓子, 坂井 真奈美, 松下 純子, 長尾 久美子, 近藤 美樹, 金丸 芳 : 徳島県の家庭料理 おやつの特徴 ー地域で親しまれてきたおやつ-, 日本調理科学会平成29年度大会研究発表要旨集, 101, 2017年8月.
32) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 中瀬 勝則, 青木 圭子, 中村 真由美, 玉木 佳子, 久木 絵里奈 : 小・中学生の喫煙に対する意識や態度と家庭での会話との関連, 第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
33) 黒川 亜里紗, 杉本 博子, 佐藤 美樹, 安原 由子, 中江 弘美, 篠原 紫, 伊賀 弘起, 日野出 大輔, 本田 壮一, 谷岡 哲也 : 慢性疾患を抱える55歳以上の地域在住成人の口腔衛生状態,口腔関連QOL,観光関連QOL睡眠の質との関係, 第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
34) 大坂 京子, 谷岡 哲也, 安原 由子, ロクシン デ カストロ ロザーノ, 奥田 紀久子 : 認知症高齢者とロボット,介在者としての看護師の3者関係の検討, 第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
35) 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2017年8月.
36) 岡本 知美, 吉岡 昌美, 坂本 治美, 日野出 大輔, 白山 靖彦 : 透析患者の口腔保健を支援するために―患者会でのアンケート調査に基づく支援策の検討―, 第1回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会, 2017年8月.
37) 森山 聡美, 河原林 啓太, 杉本 明日菜, 赤澤 友基, 日野出 大輔, 岩本 勉 : 生活習慣に基づく歯科保健指導と生活支援のあり方, 第1回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会, 2017年8月.
38) 小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 福田 達也, Mahadi Hasan, 濱 進, 田中 保 : 微弱電流による核酸医薬の細胞内送達, 第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
39) 川瀬 公美子, 中野 晋, 内海 千種 : スクールカウンセラーの被災地支援業務に関する意識調査, 日本安全教育学会第18回大会, 2017年9月.
40) 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流が誘起するユニークなエンドサイトーシスによる核酸の細胞質送達, 遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー, 2017年9月.
41) 渡部 稔, 宇野 好宣, 福井 彰雅, 松田 洋一, 平良 眞則 : アフリカツメガエル同祖染色体間の逆位構造の解析, 第11回 ツメガエル研究集会 要旨集, 21, 2017年9月.
42) 梶芳 実央, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 森 健治 : 食物アレルギーを持つ就学前の子供の母親の不安とソーシャルサポート, 徳島県小児保健協会第59回講演会, 2017年9月.
43) 土井 優太, 森田 和宏, 神田 峻介, 泓田 正雄 : Xorshiftを用いたダブル配列の圧縮手法, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
44) 才田 涼, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitterと感性情報を用いた野球中継速報文の生成, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
45) 笠原 諒, 泓田 正雄, 森田 和宏 : ユーザからの想定外発話に対応した対話システム, FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム), 2017年9月.
46) 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 文字列辞書を用いた効率的な文字列辞書圧縮の検討と評価Path Decompositionを用いたメモリ効率の良い動的キーワード辞書の実装法, 第10回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2017), 2017年9月.
47) S Afroz, Katsuya Morito, K Fujikawa, A Yagi, Teru Ikoma, E Kiyokage, K Toida, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Phosphatidic acid-rich cereals as anti-ulcer foods and their mechanisms of action, 日本脂質栄養学会第26回大会, Sep. 2017.
48) Md Motiur Rahman, Erina Iga, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, MIna Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Phytoceramide 1-phosphate in vegetables and its anti-apoptotic effect in animal cells, 日本脂質栄養学会第26回大会 予稿集, 187, Sep. 2017.
49) 織部 鴻太朗, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 外国人との会話で使用できる話題提供システムの構築, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
50) 小林 亮太, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Twitterを用いたword2vecによる語彙の連想ネットワー クの構築, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
51) 河崎 祥吾, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 制約付きLDAを用いた語義曖昧性の解消, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
52) 坪井 正夢, 泓田 正雄, 森田 和宏 : スマートフォンの操作によるユーザ認証の評価, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
53) 田中 佑亮, 泓田 正雄, 森田 和宏 : 複数の話題を提示する対話活性化システムの提案, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2017年9月.
54) 本山 裕隆, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 安野 恵実子, 下畑 隆明, 髙橋 章, 小中 信典, 木内 陽介 : 有限要素法を用いたヒト腸管インピーダンス測定用電極の検討, 平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 160, 2017年9月.
55) 中野 晋, 蒋 景彩, 上原 廣紀, 泉谷 衣那 : 2016年台風第10号による岩手県久慈市内の浸水被害, 第36回日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 139-140, 2017年9月.
56) 井上 惣介, 中野 晋 : 2014年徳島大雪における地元建設企業の災害対応, 第36回日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 113-114, 2017年9月.
57) 山崎 明香, 吉岡 昌美, 板東 高志, 日野出 大輔 : 透析患者における現在歯数および咬合支持状態と標準化蛋白異化率との関連性, 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
58) 十川 悠香, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 真杉 幸江 : がん化学療法患者の有害事象と口腔細菌の関連, 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
59) 松村 佑季, 日野出 大輔, 十川 悠香, 山崎 明香, 吉岡 昌美 : ブルーベリーのFusobacterium nucleatum発育抑制およびメチルメルカプタン産生抑制への関与, 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
60) 後藤 月江, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 固定化ポリーγーグルタミン酸の志賀毒素吸着性, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
61) Badr Ali Hoida, Takahashi Keiko, Ryushi Kawakami, Yasuo Oyama, Kumio Yokoigawa and Kaori Kanemaru : Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, Oct. 2017.
62) 川上 竜巳, 金丸 芳, 横井川 久己男 : 食品微生物や発酵食品に含まれるD-アミノ酸検出のためのUHPLC検出系の構築, 第38回日本日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
63) 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 神田 結奈, 鳴滝 涼香, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは菌のクリアランス機構として働くのか, 第38回 日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
64) 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 極性化腸管上皮細胞におけるタイトジャンクション形成はCampylobacter jejuniの細胞内侵入機構に影響する, 第38回 日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
65) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Cpylobacter jejuni感染によって誘導される小胞体ストレス応答が菌に与える影響, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
66) Anh Quoc Nguyen, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Aya Tentaku, Junko Kido, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Metabolic analysis of epithelial cellular metabolism during Vibrio parahaemolyticus infection, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2017.
67) 下畑 隆明, 木戸 純子, 畑山 翔, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 代謝産物の解析から紐解くCampylobacter jejuniの宿主細胞内生存戦略, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
68) 島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性, セラミド研究会, 2017年10月.
69) 田中 保, 山下 量平, 清水 良多, 森戸 克弥, Md. Motiur Rahman, 伊賀 永里奈, 島田 明奈, 福田 達也, 小暮 健太朗 : 血液中のセラミド 1-リン酸の分子種組成と生物活性, セラミド研究会 予稿集, 23, 2017年10月.
70) 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 : ユニークなエンドサイトーシスを誘起する微弱電流を利用した機能性核酸の細胞質送達, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
71) 賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 2017年10月.
72) 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理により誘起される細胞内取り込みの評価, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
73) 虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導機構の検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
74) 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積減少効果の検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
75) 小暮 健太朗, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田良島 典子, 田中 保, 南川 典昭 : 微弱電流処理による高分子医薬の細胞質送達と機能発現, 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月.
76) 河野 りか, 土井 登紀子, 松村 佑季, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 中江 弘美, 福島 襄, 阿部 昭人 : 児童の食習慣と肥満との関連性, 第82回全国学校歯科保健研究大会, 2017年10月.
77) 中野 晋 : 豪雨被害を拡大させた流木と土砂の川への流入, 平成29年7月九州北部豪雨災害調査報告, 2017年10月.
78) 奥田 紀久子, 棟方 百熊, 小倉 和也 : 小学生が将来たばこをすわない意志を強化するための喫煙防止教育のあり方, 日本公衆衛生学会雑誌, Vol.64, No.10, 444, 2017年11月.
79) 板東 由唯, 奥田 紀久子, 大坂 京子 : 小・中学校教員におけるがん教育への意識と関連要因の実態, 学校保健研究, Vol.59, No.Suppl., 172, 2017年11月.
80) 松岡 麻衣子, 奥田 紀久子 : 性教育における助産師の連携の在り様と養護教諭の取り組み姿勢との関連, 学校保健研究, Vol.59, No.Suppl., 131, 2017年11月.
81) 村上 敬一 : 災害時を想定した実践方言研究の試み, 第1回実践方言研究会, 2017年11月.
82) 蒋 景彩, 中野 晋 : 2016年熊本地震による益城町の地盤災害の特徴, 日本地震工学会・大会2017発表論文集(CD-ROM), 1-6, 2017年11月.
83) Moriyama Satomi, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Sogawa Yuka, Denis Mayrand, Takeshi Nishino, Akira Tangoku and Daniel Grenier : Impact of the use of Kampo medicine in patients with esophageal cancer during chemotherapy: a clinical trial, 65th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Nov. 2017.
84) 湯浅 恭史, 中野 晋, 島田 敬祐, 田中 勇気 : 自己チェックシートによる自治体BCPの改善と今後の課題, 安全問題討論会'17 資料集, 213-218, 2017年11月.
85) 湯浅 恭史, 中野 晋, 小山 昌宏 : 平成28年熊本地震における医療機関の事業継続の実態と課題, 安全問題討論会'17 資料集, 207-212, 2017年11月.
86) 井上 惣介, 中野 晋 : 2016年熊本地震における地元建設企業の災害対応に関するインタビュー調査, 安全問題討論会'17資料集, 27-34, 2017年11月.
87) 金井 純子, 三好 学, 安藝 博資, 中野 晋 : 高齢者施設における洪水時の「避難開始の判断」の重要性と判断の目安の設定方法, 安全問題討論会'17資料集, 139-146, 2017年11月.
88) 根来 慎太郎, 湯浅 恭史, 中野 晋, 朝野 佳伸 : GISによる「見える化」を活かした建設会社のBCP改革, 安全問題討論会'17資料集, 199-205, 2017年11月.
89) 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは,宿主上皮細胞における菌の侵入および生存を促進する, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
90) 渡部 稔, 宇野 好宣, 福井 彰雅, 松田 洋一, 平良 眞則 : アフリカツメガエルのサブゲノム染色体Sにおける大規模逆位の構造, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
91) 辻 和樹, 島田 明奈, 宮崎 徹, 高橋 尚子, 伊賀 永里奈, Rahman Md Motiur, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗, 田中 保 : 種々の脂肪酸残基を有するセラミドの化学合成とその生理活性, 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 438, 2017年12月.
92) Afroz Sheuli, Katsuya Morito, Kouki Fujikawa, Ayano Yagi, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Kentaro Kogure, Shiro Watanabe, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Antiulcer effect of lysophosphatidic acid-rich medicinal herbs and its mechanism, 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
93) Md Motiur Rahman, Erina Iga, Akina Shimada, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, Mina Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Neuroprotective activity of phytoceramide 1-phosphate on serum deprivation-induced apoptosis of Neuro2a cells, 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
94) 清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Md. Motiur Rahman, 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 : 液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるヒト血漿中のセラミド及びセラミド 1-リン酸の解析, 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, 2017年12月.
95) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導される小胞体ストレス応答は細胞内への菌の侵入を抑制する, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
96) 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : CFTR発現はCampylobacter jejuniの微小管を介した輸送を抑制する, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
97) 小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 細井 信造, 福田 達也, 田中 保 : α-トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果, 第357回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年12月.
98) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子 : ピア・エデュケーションを取り入れた中学生への喫煙防止教育の効果, 大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, Vol.H29, No.0, 42-43, 2018年1月.
99) 湯浅 恭史, 中野 晋 : 徳島県内の災害拠点病院におけるBCPへの取り組みの現状と今後の課題, 第23回日本集団災害医学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Vol.22, No.3, 514, 2018年1月.
100) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子, 中瀬 勝則, 中窪 萌子, 加藤 千代子 : 喫煙防止教育による中学生の健康観の変化の分析, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.63, No.1, 34, 2018年1月.
101) 吉岡 昌美, 岡本 好史, 村田 昌弘, 岸 彰, 岡部 仁史, 片山 美寿江, 日野出 大輔 : 歯周病とメタボリックシンドローム関連指標との関連性の検討,―阿南市・那賀町における医科歯科連携事業受診者データより―, 第60回四国公衆衛生学会総会 平成26年度四国公衆衛生研究発表会, 2018年1月.
102) 坂本 治美, 西山 花生, 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 藤川 貴代, 喜来 浩子 : 妊娠期の歯科健康診査の有用性, 平成29年度四国公衆衛生研究発表会, 2018年1月.
103) 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪細胞の脂肪蓄積抑制効果, 第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
104) 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは,宿主上皮細胞における菌の侵入および生存を促進する, 第256回 徳島医学会学術集会, 2018年2月.
105) 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : メモリ効率の良い動的Trie辞書の設計と実装, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月.
106) 松本 拓真, 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : ダブル配列オートマトンの圧縮手法, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月.
107) 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 乳酸菌が産生する希少脂肪酸のペルオキシソームにおける代謝, 日本農芸化学会 2018年度大会, 2018年3月.
108) 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 出口 博之, 萩原 亮 : 超微細セラミックスYBa2Cu4O8のグレイン間超伝導転移の酸化・還元効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.73, No.1, 2018年3月.
109) 虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導に関連する因子の検討, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
110) 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積の抑制作用, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
111) 大島 康史, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理を利用した機能性核酸の細胞内取り込みの検討, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
112) 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理により誘導される細胞取り込み過程の定量的評価, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
113) 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞, 小暮 健太朗 : アスタキサンチンと抗酸化物質の組合せによる相乗的な活性酸素消去活性の向上., 日本薬学会138年会, 2018年3月.
114) 賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : イオントフォレシスによる肝臓への核酸医薬送達, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
115) 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 神田 結奈, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniは菌の宿主上皮細胞への侵入および生存過程にオートファジーを利用する, 第91回 日本細菌学会総会, 2018年3月.
116) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染における小胞体ストレス応答は菌の侵入を抑制する, 第91回 日本細菌学会総会, 2018年3月.
117) Quoc Nguyen anh, Takaaki Shimohata, sho Hatayama, aya Tentaku, Junko kido, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Metabolic analysis of epithelial cellular metabolism during Vibrio parahaemolyticus infection, 第91回 日本細菌学会総会, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 作品等

1) 佐藤 充宏 : とくしまチャレンジプログラム2017, とくしまチャレンジプログラム 徳島県子どもの体力向上推進委員会, 2017年7月.

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1) 佐藤 充宏 : スポーツ少年団の困ったは,みどりにお任せ!第1回後継者がいない!そうなる前にリーダー育成を, Sports Japan, Vol.31, No.321, 42-43, 2017年5月.
2) 佐藤 充宏 : 世界最大の生涯スポーツの国際大会, いのち輝く, No.85, 6-7, 2017年5月.
3) 馬渡 一諭, 渡邊 瞳, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 児島 瑞基, 野上 夏希, 牧野 美鈴, 増田 瑠見子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 透析液の細菌汚染調査と近紫外発光ダイオードによる殺菌効果の評価, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 13-16, 2017年7月.
4) 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniが誘導するオートファジーが菌の侵入および生存に与える影響について, 第10回 日本カンピロバクター研究会総会, 2017年12月.
5) 常冨 愛香里, 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni汚染対策に向けたUVA-LEDの有用性について, 第10回 日本カンピロバクター研究会総会, 2017年12月.
6) 渡部 稔, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験学習型プログラム」実施報告(第8報), 平成29年度全学FD推進プログラム 大学共育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 58-59, 2018年1月.
7) 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み, LED総合フォーラム2018in徳島, P-2, 2018年2月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

(なし)

2018年度(平成30年度)

article.{@.date="20180400 20190399" @.organization=\E{323818}}

2018年度(平成30年度) / 著書

1) 奥田 紀久子 : 第14章 保健指導(個別), ふくろう出版, 岡山, 2018年4月.
2) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンク介護福祉士国家試験問題解説2019, メディックメディア, 東京, 2018年4月.
3) 三戸 太郎 : 動物学の百科事典, --- 一部の項目を担当 ---, 丸善出版, 2018年9月.
4) 日野出 大輔, 吉岡 昌美 : 栄養と歯科医学, --- 稲垣暢也,中屋豊総監訳:A.キャサリン ロス他編集 ---, 西村書店, 東京, 2018年11月.
5) 奥田 紀久子 : クエスチョンバンクケアマネ2019試験問題解説, メディックメディア, 東京, 2019年1月.
6) 佐藤 裕 : 障害種別による発達特性と関わりについて:聴覚障害・言語障害, in 新しい教職教育講座⑤特別支援教育( 堀家由姫代・原幸一編), 4章2節, ミネルヴァ書房, 2019年2月.
7) 佐藤 裕 : 乳幼児の音声知覚の発達, in 子どもの音声(麦谷綾子編著), 2章1節, 株式会社 コロナ社, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (審査論文)

1) MP Veilleux, Satomi Moriyama, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Daniel Grenier : A review of evidence for a therapeutic application of traditional Japanese Kampo medicine for oral diseases/disorders., Medicines, Vol.5, No.2, 2018.
2) Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, S. Okada, Y. Kamihara, N. Ohkubo, S. Ban and M. Matoba : NMR study of the layered cobalt oxyphosphide Sr2Sc(Co1-xFex)PO3, Journal of Physics: Conference Series, Vol.969, No.1, 012068-1-012068-5, 2018.
3) Misuzu Ishikawa, Shota Hirai, Tatsusada Yoshida, Natsumi Shibuya, Susumu Hama, Yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Shinzo Hosoi and Kentaro Kogure : Carotenoid Stereochemistry Affects Antioxidative Activity of Liposomes Co-encapsulating Astaxanthin and Tocotrienol, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.7, 714-720, 2018.
4) Tetsuya Bando, Taro Mito, Yoshimasa Hamada, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Molecular mechanisms of limb regeneration: insights from regenerating legs of the cricket Gryllus bimaculatus (Review), The International Journal of Developmental Biology, Vol.62, No.6-7-8, 559-569, 2018.
5) Yoshiyasu Ishimaru, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Bone morphogenetic protein signaling in distal patterning and intercalation during leg regeneration of the cricket, Gryllus bimaculatus, Development Growth & Differentiation, Vol.60, No.6, 377-386, 2018.
6) Satomi Moriyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Yuka Sogawa, Takeshi Nishino, Akira Tangoku and Daniel Grenier : Impact of the use of Kampo medicine in patients with esophageal cancer during chemotherapy: a clinical trial for oral hygiene and oral condition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3,4, 184-190, 2018.
7) Aya Tentaku, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Junko Kido, Quoc Anh Nguyen, Yuna Kanda, Shiho Fukushima, Takashi Uebansou, Taketoshi Iwata, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Akira Takahashi : Host cellular unfolded protein response signaling regulates Campylobacter jejuni invasion., PLoS ONE, Vol.13, No.10, 2018.
8) Manami Inoue, Yoko Okamoto, Yuta Atsumi, Masatoshi Shiojiri, Mayumi Hidaka, Tamotsu Tanaka, Toshihiko Tsutsumi, Naoki Shirasaka and Akira Tokumura : Addition of high load of lysophosphatidic acid to standard and high-fat chows causes no significant changes of its circulating and peripheral tissue levels but affects body weight and visceral fat mass of mice., BioFactors, Vol.44, No.6, 548-557, 2018.
9) Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Tomoyuki Ueki, Takuya Hashimoto, Yuki Fuchikami, Hiroyuki Katayama, Hiromu Hisazawa and Yasuhiro Tanaka : Femtosecond-laser-induced modifications on a 4H-SiC surface and their application to low-temperature diffusion at the Ni/SiC interface, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.57, No.11, 116501-1-116501-7, 2018.
10) Kazumine Moriyasu, Sakai Kazuhiro and Sumi Naoya : Diffeomorphisms with Shadowable Measures, Axioms, Vol.93, No.7(4), 2018.
11) Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Takashi Uebansou, Airi Honjo, Akari Tsunedomi, Sho Hatayama, Yuri Sato, Junko Kido, Risa Nishisaka, Ayumi Yoshimoto, Tomoko Yamashita, Sachie Amano, Miki Maetani-Yasui, Hitomi Iba, Yumi Harada, Mutsumi Nakahashi, Sonoko Yamada, Yasuhiro Hamada, Tadahiko Nakagawa, Masahiro Sogabe, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Bacterial Contamination of Hemodialysis Devices in Hospital Dialysis Wards., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 148-152, 2019.
12) Tatsuharu Shimokawa, Mai Yoshida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Toshio Inagi and Kentaro Kogure : Efficacy of high-affinity liposomal astaxanthin on up-regulation of age-related markers induced by oxidative stress in human corneal epithelial cells, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.64, No.1, 27-35, 2019.
13) Tatsuya Okada, Hiromu Hisazawa, Akihiro Iwasaki, Shota Amimoto, Jun Miyaji, Masaki Shisawa and Tomoyuki Ueki : Grain-Boundary Sliding and its Accommodation at Triple Junctions in Aluminum and Copper Tricrystals, Materials Transactions, Vol.60, No.1, 86-92, 2019.
14) Kamenura Norio, Mayumi Sugimoto, Tamehiro Norimasa, Adachi Reiko, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe and Taro Mito : Cross-allergenicity of crustacean and the edible insect Gryllus bimaculatus in patients with shrimp allergy, Molecular Immunology, Vol.106, 127-134, 2019.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 佐藤 裕, 山根 直人 : 小学生における漢字の形態・音韻・意味処理に対する脳活動の発達的変化, 漢字・日本語教育研究, No.6, 52-75, 2018年.

2018年度(平成30年度) / 学術レター

(なし)

2018年度(平成30年度) / 総説・解説

(なし)

2018年度(平成30年度) / 国際会議

1) Shiho Fukushima, Yuri Sato, Takaaki Shimohata, Junko Kido, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Campylobacter jejuni Utilized Autophagy for the Bacterial Survival in the Host Epithelial Cells, 118th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2018.
2) Aya Tentaku, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Anh Quoc Nguyen, Junko Kido, Shiho Fukushima, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Induction of the unfolded protein response (UPR) decreased Campylobacter jejunin invasion, 118th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2018.
3) Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Mayu Uyama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, M Yamada and M Fukuhara : Development Of A Multi-Ring Type Roller Pump Unit Equipped To A Compact And Convenient Ascites Purification Machine For Cell-Free And Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (CART)., ASAIO 64th Annual Conference, Washington, D.C., Jun. 2018.
4) Keiji Minagawa, Minoru Watanabe and Takahito Saito : Design of General/Basic Education Courses Utilizing Learning through Teaching at School Visit Programs, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), Niigata, Jun. 2018.
5) Hinako Mori, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure : Delivery of nucleic acid medicines into pancreas by faint electricity for treatment of pancreatic diseases, 18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
6) yasufumi Oshima, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure : Delivery of antibody into organ and cytoplasm via faint electricity, 18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
7) Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure : Development of liposomes with leukocyte-like function by intermembrane transfer of leukocyte membrane proteins, 18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
8) Hiroyuki Imai, Toshiki Ishikawa, Maki Kawai-Yamada, Makoto Miyagi and Tamotsu Tanaka : Identification of phytoceramide 1-phosphate and its producing enzyme in plants, The 23rd International Symposium on Plant Lipids, Yokohama, Jul. 2018.
9) Yuki Matsumura, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Asakuma Hiroki and Takii Hiroshi : Effect of kiwifruit and blueberry extract against bacterial VSC production, 96th General session of the International Association for Dental Research, London, UK, Jul. 2018.
10) 柴崎 由里, Kikuko Okuda, Fusako Imoto and Yuko Tanaka : Cancer education consciousness for school nurse, 2nd Technological compitency caring in the health sciences 2018, Tokushima, Aug. 2018.
11) Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Yuko Tanaka, Fusako Imoto and 柴崎 由里 : The infulence of smoking prevention education on Tobacco knowledge and consiousness to health for junior high school students, 2nd Technological compitency caring in the health sciences 2018, Tokushima, Aug. 2018.
12) Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia., WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.
13) Dai Majima, Ryosuke Mitsuhashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure : Tocopheryl succinate liposomes regulate lipid accumulation in 3T3-L1 adipocytes, The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
14) Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Amounts of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in vegetables, The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
15) Kentaro Kogure, misuzu Ishikawa, shota Hirai, Tatsusada Yoshida, natsumi Shibuya, susumu Hama, yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, shinzo hosoi and Kentaro Kogure : Mechanism of Synergistic Antioxidative Effect of Astaxanthin and Tocotrienol by Co-encapsulated in Liposomal membranes, The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
16) Hiroyuki Katayama, Yoshiki Naoi, Tatsuya Okada, Yasuhiro Tanaka and Takuro Tomita : Study of ohmic contact electrode on p-GaN using moderate crystal damage effect induced by femtosecond laser irradiation technique, International Workshop on Nitride Semiconductors 2018, ThP-ED-6, Kanazawa, Nov. 2018.
17) Kohki Tachibana, Tamotsu Tanaka, Kentaro Kogure, Tatsuhiro Ishida and Keiichiro Okuhira : Sphingosine-1-phosphate (S1P) affects the secretion of high density lipoprotein (HDL)-constituent protein, 12th International Symposium on Nanomedicine, Ube, Dec. 2018.
18) Yuko Tanaka and Kikuko Okuda : Yogo Teachers' Activities toward Health Promotion and Job Satisfaction in Japan, 4th SPUP International Health Congress, St.Paul University, Tuguegarao city, Philippines., 39, Dec. 2018.
19) Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Kyoko Osaka and Baua C. Elizabeth : Yogo Teachers' Activities toward Health Promotion and Job Satisfaction in Japan, 4th SPUP International Health Congress, St.Paul University, Tuguegarao city, Philippines., 39, Dec. 2018.
20) Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Khiaokham Prueksalada and Sriarporn Punpilai : Pilot study for Relation with Sexual communication with Parents and Interacting Among Parents of Junior High School Students. p97, 2nd technological Competency as Caring in the Health Sciences, August 18, 2018. Tokushima University, Tokushima city,, 39, Tokushima, Dec. 2018.
21) Yuko Tanaka, Kikuko Okuda, Reiko Okahisa and Imoto Fusako : Knowledge, behaviors and Attitudes of Older Persons Regarding Sexually Transmitted Infections(STIs) Prevention in Japan, p20, Tokushima University. 2019., Mar. 2019.

2018年度(平成30年度) / 国内講演発表

1) 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 : メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質の同定, 第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
2) 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 賀川 真夕子, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流による特殊なエンドサイトーシスを介した体内臓器細胞への高分子送達, 日本膜学会40年会, 2018年5月.
3) 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 脂質膜間移行現象を利用したリポソームへの白血球様機能の付与, 日本膜学会40年会, 2018年5月.
4) 田中 太智, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 腎臓疾患治療を目指したイオントフォレシスによる核酸医薬の腎臓内送達, 日本薬剤学会第33年会, 2018年5月.
5) 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 外因的に加えた極長鎖脂肪酸および極長鎖脂肪酸含有セラミドのアポトーシスへの影響, 第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月.
6) 小暮 健太朗, 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞 : アスタキサンチンと抗酸化物質の共封入リポソームによる相乗的な抗酸化効果, 71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
7) 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞への取り込みと代謝, 第59回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2018年5月.
8) 渡部 稔, 田中 隆太郎, 吉田 美優, Satoshi Yoshitome, Nobuaki Furuno, Nobushige Nakajo : Gene knockout and phenotypic analyses of Xenopus laevis wee1B gene, a negative regulator of cell cycle, by CRISPER/Cas9 method, Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th, 168, 2018年5月.
9) 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 日野出 大輔 : 居宅・施設・病院で歯科衛生士が選択する口腔ケア用品の使用状況とその理由, 第67回日本口腔衛生学会・総会, 2018年5月.
10) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 宿主細胞内での小胞体ストレス応答(UPR)はCampylobacter jejuni感染に対する防御機構として働く, 第72回 日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
11) 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 日野出 大輔 : 居宅・施設・病院で歯科衛生士が用いる口腔ケア用品の使用状況と選択理由, 第67回口腔衛生学会・総会, 2018年5月.
12) 松村 佑季, 日野出 大輔, 土井 登紀子, 坂本 治美, 河野 りか, 吉岡 昌美, 滝井 寛, 朝熊 弘樹 : 舌苔中の細菌および口臭に対する口中ケアタブレットの有効性の検討, 第67回口腔衛生学会・総会, 2018年5月.
13) 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 : メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常における胆汁発癌物質の検討, 第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
14) 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天宅 あや, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは宿主細胞への侵入および細胞内生存を促進する, 第92回 日本感染症学会学術講演会, 2018年5月.
15) 石田 快, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの宿主腸管上皮細胞での生存に対するコレステロールの影響, 第92回 日本感染症学会学術講演会, 2018年5月.
16) 中谷 奈津, 田中 太智, 平田 悠真, 森 日向子, 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理と活性種(NO)とを組み合わせることによる細胞内取り込みの変化, 第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
17) 小暮 健太朗, 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保 : 脂肪細胞における脂肪蓄積へのトコフェロールコハク酸リポソームの影響, 日本ビタミン学会第70回大会, 2018年6月.
18) Yu-ki Nakamura, Ko-hei Kawamoto, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Taro Mito and Sumihare Noji : Gene knock-out analysis of a segmentation gene even-skipped in the cricket Gryllus bimaculatus, Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th, Jun. 2018.
19) Minoru Watanabe, Ryutaroh Tanaka, Miyu Yoshida, Satoshi Yoshitome, Nobuaki Furuno and Nobushige Nakajo : Gene knockout and phenotypic analyses of Xenopus laevis wee1B gene, a negative regulator of cell cycle, by CRISPER/Cas9 method, Joint Annual Meeting of JSCB 51st and JSCB 70th, Jun. 2018.
20) 柴崎 由里, 奥田 紀久子 : がん教育における養護教諭の意識の実態, 第50回中国・四国学校保健学会講演集, 2018年6月.
21) 小暮 健太朗, 田中 太智, 森 日向子, 賀川 真夕子, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保 : 微弱電流処理による体内臓器細胞へのsiRNAの送達, 日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月.
22) 福田 達也, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 中谷 奈津, 田中 保, 小暮 健太朗 : 弱電流による特殊なエンドサイトーシスを利用した高分子送達の機構解析, 第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
23) 大島 康史, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 微弱電流処理による抗体の細胞内・皮内デリバリー, 第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
24) 森 日向子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : 膵臓疾患治療を目指した微弱電流による核酸医薬の膵臓内送達, 第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
25) 田中 保, 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗 : 腸内細菌が産生するヒドロキシ脂肪酸の動物細胞における代謝, 日本脂質栄養学会第27回大会, 2018年8月.
26) 渕上 裕暉, 植木 智之, 富田 卓朗, 久澤 大夢, 岡田 達也, 田中 康弘 : 4H-SiC表面へのフェムト秒レーザ照射改質導入によるNi/SiC界面反応の促進, 2018年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演予稿集, 4, 2018年8月.
27) 今垣 諒彌, 植木 智之, 富田 卓朗, 久澤 大夢, 岡田 達也, 田中 康弘 : フェムト秒レーザ照射改質を導入したダイヤモンド表面へのTi蒸着, 2018年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, 5, 2018年8月.
28) Ulfa Maria, Takaaki Shimohata, Shiho Fukushima, Momoyo Azuma, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Application of UVA-LED on Extended-Spectrumβ-Lactamase(ESBL) Producing Escherichia coli from Clinical Isolates, 第257回 徳島医学会学術集会, Aug. 2018.
29) 今垣 諒彌, 植木 智之, 富田 卓朗, 久澤 大夢, 岡田 達也, 田中 康弘 : ダイヤモンド表面へのフェムト秒レーザ照射改質の導入によるTi/ダイヤモンド界面反応, 日本金属学会中国四国支部第58回講演大会講演概要集, 25, 2018年8月.
30) 渕上 裕暉, 植木 智之, 富田 卓朗, 久澤 大夢, 岡田 達也, 田中 康弘 : フェムト秒レーザ照射改質の導入によるNi/SiC界面のNiシリサイド形成, 日本金属学会中国四国支部第58回講演大会講演概要集, 26, 2018年8月.
31) 岩﨑 旭紘, 網本 翔太, 植木 智之, 久澤 大夢, 岡田 達也 : <110>傾角Σ3,3,9粒界を有する純Alおよび純Cu三重結晶のクリープ変形, 日本金属学会中国四国支部第58講演大会講演概要集, 52, 2018年8月.
32) 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
33) 森戸 克弥, 清水 良多, 高橋 尚子, 下澤 伸行, 東 桃代, 河野 弘, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と細胞への取り込み, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
34) 田中 保, 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗 : 植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質, 日本農芸化学会2018年度中四国支部大会, 2018年9月.
35) 田中 隆太郎, 吉田 美優, 吉留 賢, 古野 伸明, 中條 信成, 渡部 稔 : CRISPR/Cas9法によるアフリカツメガエルwee1b遺伝子のノックアウトと表現型の解析, 第12回日本ツメガエル研究集会・第4回次世代両生類研究会合同シンポジウム, 2018年9月.
36) 神浦 駿吾, 佐藤 裕 : 画像刺激による虚再認の生起 --DRMパラダイムによる検討--, 日本認知科学会第35回大会, 2018年9月.
37) 富田 卓朗, 竹中 一将, 板東 洋太, 滝谷 悠介, 山口 誠, 田中 康弘, 中島 信一, 岡田 達也 : 表面局在した格子振動に由来するSiCのラマンスペクトル, 日本物理学会2018年秋季大会, 11aPS36, 2018年9月.
38) 松本 拓真, 神田 峻介, 森田 和宏, 泓田 正雄 : ダブル配列オートマトンによる圧縮文字列辞書の実装, 第11回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2018), 2018年9月.
39) 土井 優太, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 関数辞書を用いたダブル配列の圧縮手法, FIT2018(第17回情報科学技術フォーラム), 2018年9月.
40) 岩﨑 旭紘, 網本 翔太, 植木 智之, 久澤 大夢, 岡田 達也 : <110>傾角Σ3,3,9粒界を有する純Alおよび純Cu三重結晶における粒界すべり, 日本金属学会2018年秋期講演大会講演概要集, 91, 2018年9月.
41) 久澤 大夢, 岡田 達也 : Ni基合金におけるγ′析出相の分散に及ぼす格子ミスフィットの影響, 日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会概要集, 57, 2018年9月.
42) 大森 敏喜, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 語彙連想を用いた応答文生成, 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 228, 2018年9月.
43) 矢代 健三郎, 森田 和宏, 泓田 正雄 : Web文書からのヒヤリ・ハットの検出と分類, 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2018年9月.
44) 長澤 孝祐, 森田 和宏, 泓田 正雄 : 発表者による言い間違いの検出および応答, 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 230, 2018年9月.
45) 河野 りか, 土井 登紀子, 福井 誠, 松村 佑季, 坂本 治美, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 福島 襄, 阿部 昭人, 日野出 大輔 : 児童の肥満と口腔状態および生活習慣の関連性, 第29回近畿・中国・四国口腔衛生学会, 2018年9月.
46) 立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
47) 今井 博之, 田中 保, 石川 寿樹, 川合 真紀 : 植物に存在するセラミド 1-リン酸のLC-MS/MSによる分析, 第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
48) 堤 敏彦, 井上 愛美, 岡本 蓉子, 渥美 祐太, 塩尻 正俊, 日高 麻由美, 田中 保, 白坂 直輝, 德村 彰 : 食餌への高濃度のリゾホスファジン酸添加はマウスの体重と体脂肪を減少させる, 第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
49) 坪井 一人, 井上 愛美, 岡本 蓉子, 日高 麻由美, 宇山 徹, 堤 敏彦, 田中 保, 岡本 安雄, 上田 夏生, 德村 彰 : N-アシル-ホスファチジルエタノールアミン特異的ホスホリパーゼD欠損マウスの末梢臓器における関連脂質とその代謝経路の解析, 第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
50) 立花 洸季, 西辻 和親, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による高密度リポプロテイン(HDL)構成タンパク質分泌への影響, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
51) 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniは宿主腸管上皮細胞の細胞側面から効率的に侵入する, 第91回 日本生化学会大会, 2018年9月.
52) 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : オートファジーはCampylobacter jejuniの宿主細胞への侵入過程を促進する, 第91回 日本生化学会大会, 2018年9月.
53) 神田 結奈, 東山 諒, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 柏本 孝茂, 髙橋 章 : Vibrio Vulnificusが産生するOMVの機能解析, 第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
54) 齋藤 裕, 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一論, 髙橋 章, 島田 光生 : メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質の同定, 第54回日本胆道学会学術集会, 2018年9月.
55) 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 中本 晶子, 首藤 恵泉, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni汚染調理器具に対するUVA-LED照射殺菌の有効性について, 第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
56) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染によって誘導される小胞体ストレス応答は菌の細胞侵入を抑制する, 第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
57) 田中 保, 宮城 諒, 藤原 美奈, 辻 和樹, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 福田 達也, 小暮 健太朗, 今井 博行, 石川 寿樹, 川合 真紀 : 植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質, 第11回セラミド研究会 学術集会, 2018年10月.
58) 神田 結奈, 東山 諒, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 柏本 孝茂, 髙橋 章 : Vibrio Vulnificusが産生するOMVの機能解析, 第71回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月.
59) 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは宿主細胞への菌の侵入および細胞内生存を促進する, 第71回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月.
60) 三戸 太郎 : フタホシコオロギの食料資源化に向けた研究, 慶應大学シンポジウム:昆虫のサイエンス最前線, 2018年10月.
61) 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 外因的に加えた極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシスへの影響, 第11回セラミド研究会, 2018年10月.
62) 立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
63) 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 : 膵・胆管合流異常における発がんメカニズムに関する検討, 第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
64) 小暮 健太朗, 三橋 亮介, 真島 大, 福田 達也, 田中 保 : ビタミンEコハク酸による脂肪蓄積抑制作用, 第360回脂溶性ビタミン総合委員会, 2018年12月.
65) 三井 瑞穂, 道前 菜々子, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者のがん及びがん教育に関する意識の実態, 学校保健研究, Vol.60, 248, 2018年12月.
66) 道前 菜々子, 三井 瑞穂, 奥田 紀久子 : 小学生の保護者ががん教育に求める内容, 学校保健研究, Vol.60, 249, 2018年12月.
67) 松本 華穂, 中野 真理, 安井 敏之, 福岡 美和, 奥田 紀久子 : 少子化に対する男子大学生の意識の実態と特別活動の体験との関連, 学校保健研究, Vol.60, 247, 2018年12月.
68) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子, 柴崎 由里 : 喫煙防止教育後の中学生の喫煙に対するイメージの実態, 学校保健研究, Vol.60, 2018年12月.
69) 伊賀 弘起, 日野出 大輔, ロディス Maningo オマー, 河野 文昭 : 交換留学生プログラムに導入したヒト型患者ロボットによる歯科衛生士の態度・技能教育の試み, 平成30年度 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 30-31, 2018年12月.
70) 小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 福田 達也, 田中 保 : トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果メカニズム, 第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
71) 真島 大, 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : トコフェロールコハク酸リポソームは3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積を制御する, 第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
72) 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞における代謝と宿主脂質代謝への影響, 第9回学際的脂質創生研究部会, 2019年2月.
73) 坂本 治美, 渡辺 美南, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 藤川 貴代, 喜來 浩子, 四宮 宣尚 : 妊産婦の喫煙習慣と歯科保健行動との関連性, 平成30年度四国公衆衛生研究発表会, 2019年2月.
74) 吉岡 昌美, 川島 友一郎, 野間 喜彦, 南 明香, 日野出 大輔, 柳沢 志津子, 白山 靖彦 : 糖尿病外来患者の食習慣と口腔保健との関連, 第64回四国公衆衛生学会総会, 2019年2月.
75) 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 : がん親和性付与を目的とした単球膜タンパク質搭載リポソームの構築, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.
76) 平田 悠真, 福田 達也, 田中 保, 真島 英司, 小暮 健太朗 : Protein Aを用いた新規抗体修飾リポソーム調製法, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.
77) 森戸 克弥, 島田 明奈, 宮﨑 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 小山 壱也, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と動物細胞へ作用, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
78) Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Development of methods for purification of plant sphingolipids, glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate, 2019, Mar. 2019.
79) 中尾 玲子, 宮脇 克行, 出口 祥啓, 髙橋 章, 二川 健 : 宇宙栄養・食糧関連技術の開発とGatewayへの期待, 国際宇宙探査ワークショップ(その2), 2019年3月.
80) 水尾 優作, 渕上 裕暉, 富田 卓朗, 久澤 大夢, 岡田 達也 : フェムト秒レーザ照射誘起改質を応用したNi/SiC界面における電極形成, 2019年 第66回 応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集, 9a-W631-2, 2019年3月.
81) 片山 裕之, 直井 美貴, 岡田 達也, 田中 康弘, 富田 卓朗 : フェムト秒レーザー照射による結晶改質がp-GaNへのオーミックコンタクトに与える影響, 第66回応用物理学会春季学術講演会, 10a-W631-12, 2019年3月.
82) 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 石川 義和 : PrCo2Sn2Zn18のNMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.74, No.1, 1983, 2019年3月.
83) 三戸 太郎 : フタホシコオロギを用いた研究におけるゲノム編集技術の活用, 第63回日本応用動物昆虫学会大会・小集会, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 作品等

(なし)

2018年度(平成30年度) / その他・研究会

1) Tamotsu Tanaka : Study on glycosylinositolphosphoceramide-phospholipase D in plants, Research topics on plant lipids, Konan Research Institute Invited Seminar Series on Bioscience, Jul. 2018.
2) 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 宿主細胞における小胞体ストレス応答はCampylobacter jejuniの細胞内侵入を抑制する, 第257回 徳島医学会学術集会, 2018年8月.
3) 奥田 紀久子, 大坂 京子, 田中 祐子 : 防煙教育を題材として小・中学生の主体的健康観を育成する試み, 平成29年度調査研究報告書, 2018年10月.
4) 二川 健, 髙橋 章, 宮脇 克行, 出口 祥啓 : 無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的アプローチ, ナノオプティクス研究グループ 第25回研究討論会, 2018年11月.
5) 辻口 舞, 下畑 隆明, 福島 志帆, 畑山 翔, 木戸 純子, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Microarrayの解析から導くCampylobacter jejuniの侵入による宿主腸管上皮細胞での脂質代謝への影響, 第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
6) 石田 快, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniの上皮細胞内生存とコレステロールの関連, 第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
7) 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 中本 晶子, 首藤 恵泉, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : UVA-LED照射による調理器具汚染Campylobacter jejuniの殺菌効果について, 第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
8) 木内 陽介, 原口 雅宣, 髙橋 章, 岡久 稔也 : 徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクトの進展, LED総合フォーラム2019in徳島, P-1, 2019年2月.
9) 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み, LED総合フォーラム2019in徳島, P-2, 2019年2月.
10) 泓田 正雄 : ロボットによる意思決定支援, 高齢者支援のためのロボティクスと心理学の融合, 2019年2月.

2018年度(平成30年度) / 報告書

1) Hiroki Iga, Daisuke Hinode, RODIS Marianito Maningo Omar, Yasuhiko Shirayama, TOIVANEN-LABIAD Tuula, NUUTINEN Erja, HAARALA Päivi, AHOKAS Aija and Fumiaki Kawano : International Survey Regarding Oral Health Care in Facilities for Elderly in the Dental Hygiene Student Exchange Program, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 73-77, Jul. 2018.

2019年度(平成31(令和元)年度)

article.{@.date="20190400 20200399" @.organization=\E{323818}}

2019年度(平成31(令和元)年度) / 著書

1) 早島 大祐, 衣川 仁 : 中近世武家菩提寺の研究, 小さ子社, 京都市, 2019年5月.
2) 衣川 仁 : 神仏と中世人―宗教をめぐるホンネとタテマエ―, 株式会社 吉川弘文館, 東京, 2019年12月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Kazumi Sagayama, Naonobu Tanaka, Fukumoto Takatoshi and Yoshiki Kashiwada : Lanostane-type triterpnes from the sclerotium of Inonotus obliquus (Chaga mushrooms) as proproliferative agents on human follicle dermal papilla cells, Journal of Natural Medicines, Vol.73, No.3, 597-601, 2019.
2) 奥田 紀久子, 田中 祐子, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 中窪 萌子, 加藤 千代子 : 小学生の喫煙および健康に関する意識, 教育保健研究, No.20, 69-76, 2019年.
3) Hiromichi Yumoto, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : Current understanding of the gut microflora in subjects with nutrition-associated metabolic disorder such as obesity and/or diabetes: Is there any relevance with oral microflora?, Current Oral Health Reports, Vol.6, No.2, 100-109, 2019.
4) Satoshi Yoshitome, Yukito Aiba, Masahiro Yuge, Nobuaki Furuno, Minoru Watanabe and Nobushige Nakajo : Involvement of Myt1 kinase in the G2 phase of thefirst cell cycle inXenopus laevis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.515, No.1, 139-144, 2019.
5) Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Regulatory mechanisms underlying the specification of the pupal-homologous stage in a hemimetabolous insect, Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences, Vol.374, No.1783, 20190225, 2019.
6) Yumi Kuwamura, Eijiro Sakamoto, Masuko Sumikawa, Munehide Matsuhisa, Daisuke Hinode, Hirokazu Uemura and Sachi Kishida : Assessing the oral health of in-patients with diabetes using a clinical version of the diabetes oral health assessment tool© and its association with dental examinations, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3,4, 328-336, 2019.
7) 松本 華穂, 道前 菜々子, 三井 瑞穂, 田中 祐子, 奥田 紀久子 : 加熱式タバコに着目した喫煙防止教育のあり方の検討, 小児保健とくしま, No.27, 05-08, 2019年.
8) Kanji Niwa, Naonobu Tanaka, Yutaka Tatano, Hideki Yagi and Yoshiki Kashiwada : Hypascyrins A-E, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum ascyron, Journal of Natural Products, Vol.82, No.10, 2754-2760, 2019.
9) Xuerong Yang, Naonobu Tanaka, Daisuke Tsuji, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Kouji Itou, Li Dian-Peng and Yoshiki Kashiwada : Limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata, Tetrahedron, Vol.75, No.52, 130779, 2019.
10) Kanji Niwa, REN YI, Naonobu Tanaka, Shindai Kitaguchi, Daisuke Tsuji, Sang-Yong Kim, Ariuntuya Tsogtbaatar, Perleidulam Bunddulam, Kazuyoshi Kawazoe, Mareshige Kojoma, Davaadagva Damdinjav, Kouji Itou and Yoshiki Kashiwada : Linaburiosides A-D, acylated iridoid glucosides from Linaria buriatica, Phytochemistry, Vol.171, 112247, 2020.
11) Naonobu Tanaka, Niwa Kanji, Yano Yuki and Yoshiki Kashiwada : Prenylated benzophenone derivatives from Hypericum patulum, Journal of Natural Medicines, Vol.74, No.1, 264-268, 2020.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術レター

1) 衣川 仁 : 「本意」に堕ちた中世人, 本郷, No.145, 26-28, 2020年.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 総説・解説

1) 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : 昆虫変態の分子機構:コオロギの研究から, 昆虫と自然, Vol.54, No.11, 38-41, 2019年10月.
2) 髙橋 晋一, 桑原 恵, 衣川 仁, 端野 晋平 : 書評:地方史研究協議会編『徳島発展の歴史的基盤-「地力」と地域社会-』, 地方史研究, No.401, 98-103, 2019年10月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 国際会議

1) Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Akio Kuroda, Hikari Yamato, Misuzu Okamoto, Hirokazu Uemura, Daisuke Hinode, Hiromichi Yumoto, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo and Sachi Kishida : Oral health behaviors of outpatients with diabetes based on the Revised Diabetes Oral Health Assessment Tool for nurses, Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.Supplement1, 26, Sendai-City, Miyagi Prefecture, May 2019.
2) Masami Yoshioka, Yoshifumi Okamoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yasuhiko Shirayama and Kojiro Nagai : Association between Periodontal Status and Renal Function in Middle-aged Men, IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition, Jun. 2019.
3) Keiji Minagawa, Minoru Watanabe, Takahito Saito and Hiroyuki Ukida : Learning through Teaching Programs of Science and Technology for University Students, 8th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2019), Innovation in Education for Global Business, 175-180, Kota Kinabalu, Jun. 2019.
4) Yuko Yamashita, Motohiro Sakai, Masayuki Satake, Yutaka Sato and Tetsuya Yamamoto : The mechanism and application of emotional contagion: The possibility of improvement in depressive moods, 9th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Berlin, Poster Abstracts, Berlin, Jul. 2019.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 国内講演発表

1) Yuki Nakamura, Sayuri Tomonari, Kohei Kawamoto, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Taro Mito : Resolving the correlation between phenotype and genotype in a segmentation gene even-skipped in the cricket Gryllus bimaculatus, 52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
2) Takahisa Yamashita, Taro Mito, Yoshiyasu Ishimaru, Takahito Watanabe, Sayuri Tomonari, Kohei Kawamoto and Mayuko Matuda : Generation of an enhancer-trap strain of the scalloped gene in the cricket Gryllus bimaculatus, 52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
3) Kohei Kawamoto, Mayuko Matsuda, Takahisa Yamashita, Takahito Watanabe, Sayuri Tomonari, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Taro Mito : Precise in-frame integration of a GFP gene using microhomology-mediated knock-in technology in Gryllus bimaculatus, 52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
4) Takuya Watari, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Taro Mito : Involvement of macrophages in leg regeneration of the cricket Gryllus bimaculatus, 52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
5) 吉岡 昌美, 川島 友一郎, 南 明香, 福井 誠, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 日野出 大輔 : 糖尿病患者の食行動と口腔環境との関連性, 第68回日本口腔衛生学会総会, 2019年5月.
6) 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 笑顔の知覚は抑うつ気分を緩和する―情動伝染が抑うつ傾向者の気分状態に及ぼす影響―, 日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム, 2019年8月.
7) 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 表情模倣による情動伝染の生起過程についての検討, 日本心理学会第83回大会プログラム, 2019年9月.
8) 楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 天然物による膜トランスポーターABCA7の発現増強機構の解析, 第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
9) 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 : セリ科植物Ferula communis根の成分研究(4), 日本生薬学会第66回年会, 246, 2019年9月.
10) 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 : Studies on traditional medicines in Guangxi (2): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae) (2), 日本生薬学会第66回年会, 247, 2019年9月.
11) 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 多田納 豊, 八木 秀樹, Chen Chin-Ho, Lee Kuo-Hsiung, 柏田 良樹 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(51)-Hypericum ascyron根由来のメロテルペンの構造と生物活性-, 第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 96-99, 2019年9月.
12) 梶原 聖太, 田中 直伸, Nilufar Mamadalieva, 柏田 良樹 : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(37)-Perovskia scrophulariifoliaの成分研究(1)-, 第58回日本薬学会中国四国支部学術大会, 130, 2019年11月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 作品等

(なし)

2019年度(平成31(令和元)年度) / その他・研究会

1) 藤野 裕道, 田中 直伸 : 国際交流「東國大学校薬学大学(韓国)との学術交流」, 薬学部だより, Vol.24, 4, 2019年7月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 報告書

(なし)