Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2019.42021.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 2,004 著書 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 強迫性障害ハンドブック, --- 強迫性障害ニューロサイエンス ---, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,004 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura, Akira Fujii and Tetsuro Ohmori : Impact of a switch from typical to atypical antipsychotic drugs on quality of life and gonadal hormones in male patients with schizophrenia, Neuroendocrinology Letters, Vol.25, No.1-2, 135-140, 2004.
2) 2,004 学術論文 (審査論文) Ken Yamauchi, Koushi Ohta, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : A case of social phobia with obsessive-compulsive symptoms improved by paroxetine in combination with risperidone, General Hospital Psychiatry, Vol.26, No.3, 242-243, 2004.
3) 2,004 学術論文 (審査論文) 原田 貴史, 友竹 正人, 小笠原 一能, 大森 哲郎 : 精神科臨床における下肢深部静脈血栓症, 臨床精神医学, Vol.33, No.7, 939-946, 2004年.
4) 2,004 学術論文 (審査論文) 兼田 康宏, 今倉 章, 大森 哲郎 : The Schizophrenia Quality of Life Scale 日本語版(JSQLS), 精神医学, Vol.46, No.7, 737-739, 2004年.
5) 2,004 学術論文 (審査論文) Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
6) 2,004 学術論文 (審査論文) Jun-ichi Iga, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Acute abdominal distension secondary to urinary retention in a patient after alcohol withdrawal., Alcohol and Alcoholism, Vol.40, No.1, 86-87, 2004.
7) 2,004 学術論文 (審査論文) 小谷 泰教, 今津 功貴, 原野 厚志, 高田 恵里, 大森 哲郎 : 作業療法およびデイケア導入により頻発した対人トラブルや衝動行為の改善を認めた慢性疼痛の1例, 精神科, Vol.5, No.6, 458-463, 2004年.
8) 2,004 学術論文 (審査論文) 坂東 信泰, 渡辺 珠美, 友竹 正人, 谷口 隆英, 大森 哲郎 : 低Na血症を認めなかったにもかかわらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 心療内科, Vol.9, No.2, 137-141, 2005年.
9) 2,004 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, On Kato, Hitoshi Misawa, Hiroshi Tokuda, Toshihiko Kasahara and Tetsuro Ohmori : Left atrial thrombosis associated with antipsychotic drugs, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.29, No.1, 153-155, 2005.
10) 2,004 学術論文 (審査論文) 兼田 康宏, 大森 哲郎 : The Elgin Behaviooral Rating Scale日本語版(JEBRS), 精神医学, Vol.47, No.2, 209-212, 2005年.
11) 2,004 学術論文 (審査論文) Hitoshi Nakahira, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori : Fluvoxamine induced complex partial seizure in the treatment of bulimia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.2, 148-150, 2005.
12) 2,004 学術論文 (審査論文) 前田 健一 : 自動健診システムの開発とICカードの利用, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 21-25, 2005年.
13) 2,004 学術論文 (審査論文) 武久 美奈子, 友竹 正人, 石川 静江, 早渕 純子, 佐藤 八重子, 石元 康仁, 前田 健一, 湊 義博, 大森 哲郎 : 女子大学生の月経前緊張症, --- アンケート調査より ---, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 99-104, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 2,004 総説・解説 田吉 信哉, 大森 哲郎 : 抗精神病薬による統合失調症の再発予防戦略, 精神科治療学, Vol.20, No.1, 59-65, 2005年.
2) 2,004 総説・解説 大森 哲郎 : うつ状態の臨床分類と生物学的基盤, 臨床精神医学, Vol.34, No.5, 581-585, 2005年.
3) 2,004 総説・解説 大森 哲郎 : 抗精神病薬の用量反応性, 臨床精神薬理, Vol.8, No.8, 1175-1183, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) 2,004 国際会議 Satsuki Sumitani, Mami Matsushita, Kayoko Wada, Masahito Tomotake, Shu-ichi Ueno, Taketoshi Yamashita, Shinichi Matsumoto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Comparison of the temperament between obsessive-compulsive disorder and idiopathic dystonia, CINP, Paris, Jun. 2004.
2) 2,004 国際会議 Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, 12th Symposium of the Association of European Psychiatrists, Mannheim, Jun. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 2,004 国内講演発表 住谷 さつき, 大森 哲郎 : OCDの薬物治療応答性と臨床特徴について, 第100回 日本精神神経学会, 2004年5月.
2) 2,004 国内講演発表 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSによる検討, 第26回 日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
3) 2,004 国内講演発表 沼田 周助, 加藤 温, 笠原 敏彦, 大森 哲郎 : うつ病の再発として経過観察された原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 第45回中国・四国精神神経学会, 2004年10月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 2,004 その他・研究会 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSを用いた検討, 第6回OCD研究会, 2004年11月.
2) 2,004 その他・研究会 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのprotonMRSを用いた検討, 厚生労働省 精神神経疾患研究委託費 精神疾患における脳の画像解析学的研究, 2004年12月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 2,005 著書 中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,005 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.17, No.2, 239-242, 2005.
2) 2,005 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Song Hongwei, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran (serotonin noradrenaline reuptake inhibitor) on memory in Korsakoff's syndrome after encephalitis, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.3, 224-226, 2005.
3) 2,005 学術論文 (審査論文) Kyoko Morita, Toshiro Saito, Masayuki Ohta, Tetsuro Ohmori, Kaori Kawai, Shigetada Kondo and Kazuhito Rokutan : Expression analysis of psychological stress-associated genes in peripheral blood leukocytes, Neuroscience Letters, Vol.381, No.1-2, 57-62, 2005.
4) 2,005 学術論文 (審査論文) Nobuyasu Bando, Kumi Watanabe, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.5, 372-374, 2005.
5) 2,005 学術論文 (審査論文) Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shin'Ya Tayoshi, Koshi Ota, Naomi Kameoka, Mizuki Morimune, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Sawako Kinouchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Hemodynamic changes in the prefrontal cortex during mental works as measured by multi channel near-infrared spectroscopy (NIRS), The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 302-303, 2005.
6) 2,005 学術論文 (審査論文) Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, I Motoki, S Tayoshi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : Serotonin transporter mRNA expression in peripheral leukocytes of patients with major depression before and after treatment with paroxetine., Neuroscience Letters, Vol.389, No.1, 12-16, 2005.
7) 2,005 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura and Tetsuro Ohmori : Correlation between the plasma homovanillic acid levels and the response to atypical antipsychotics in male patients with schizophrenia, Clinical Neuropharmacology, Vol.28, No.6, 262-264, 2005.
8) 2,005 学術論文 (審査論文) Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shinya Tayoshi, Koshi Ota, naomi Kameoka, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Activation of the prefrontal cortex during the Wisconsin Card Sorting Test as measured by multichannel near-infrared spectroscopy., Neuropsychobiology, Vol.53, No.2, 70-76, 2006.
9) 2,005 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin'ya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset and symptoms., Neuroscience Letters, Vol.401, No.1-2, 1-5, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 2,005 総説・解説 大森 哲郎 : うつ病の診断と治療, 精神科, Vol.6, No.4, 333-337, 2005年4月.
2) 2,005 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : 非定型抗精神病薬による躁病の治療, 最新精神医学, Vol.10, No.4, 417-420, 2005年7月.
3) 2,005 総説・解説 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 神経症圏障害のすべて Ⅲ各論 e.強迫性障害 3.治療学, 臨床精神医学, Vol.35, No.6, 843-848, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) 2,005 国際会議 Shusuke Numata, Song Hongwei, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran ( serotonin noradrenaline reuptake inhibitor ) on memory in Korsakoffs syndrome after encephalitis., 8th World Congress of Biological Congress, Wien, Jun. 2005.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 2,005 国内講演発表 沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第46回中国・四国精神神経学会, 2005年10月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1) 2,005 その他・研究会 沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第4回Bipolar Disorder研究会, 2005年11月.
2) 2,005 その他・研究会 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T1H-MRSを用いた強迫性障害の脳内代謝物の検討, 強迫性障害の研究7, 15-21, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Ikuyo Motoki, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Koshi Ohta, Hongwei Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, Hirotaka Tanaba, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression., Neuroscience Letters, Vol.400, No.3, 203-207, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) 沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 精神医学, Vol.48, No.8, 897-900, 2006年.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Ikuyo Motoki, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective measures of quality of life have different predictors for people with schizophrenia., Psychological Reports, Vol.99, No.2, 477-487, 2006.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) 住谷 さつき, 上野 修一, 石元 康仁, 谷口 隆英, 友竹 正人, 元木 郁代, 山内 健, 大森 哲郎 : 強迫性障害の薬物応答性と臨床特徴について, 精神神經學雜誌, Vol.108, No.12, 1282-1292, 2006年.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) 原田 貴史, 中村 明美, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 女性看護職の強迫傾向が主観的QOLに及ぼす影響, 心身医学, Vol.47, No.1, 33-40, 2007年.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression in the peripheral leukocytes and association analysis of PDLIM5 gene in schizophrenia, Neuroscience Letters, Vol.415, No.1, 28-33, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Sumiko Tayoshi, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Acute administration of benzodiazepine did not change the level of GABA in 3T 1H-Magnetic resonance spectroscopy, Chicago, Jul. 2006.
2) 2,006 国際会議 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in schizophrenia, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
3) 2,006 国際会議 Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, I Motoki, Shinya Tayoshi, S Kinouchi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, H Tanabe, A Dano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
4) 2,006 国際会議 Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Six cases of elderly patients with psychotic feature refractory to drug therapy but response to ECT, Higashihiroshima, Oct. 2006.
5) 2,006 国際会議 Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Maintenance modified electroconvulsive therapy for an elderly patient with recurrent catatonia, Higashihiroshima, Oct. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : BDNFVal66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset and symptoms., The 28th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, Sep. 2006.
2) 2,006 国内講演発表 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T proton MRSを用いたOCDの脳内代謝物の検討, 2006年9月.
3) 2,006 国内講演発表 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
4) 2,006 国内講演発表 Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi and Tetsuro Ohmori : Differential expression of Disrupted-In-Schizophrenia-1 (DISC1) in the peripheral leukocytes from schizophrenia and major depressive disorder, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 宋 鴻偉, 田吉 純子, 伊賀 淳一, 山内 健, 沼田 周助, 田吉 伸哉, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 炭酸リチウム投与におけるヒト末梢血白血球の遺伝子mRNA発現変化, 第26回リチウム研究会, 2006年4月.
2) 2,006 その他・研究会 大森 哲郎, 友竹 正人, 石元 康仁, 他 : 自殺率の低い地域の特性解明, 自殺対策のための戦略研究発表会, 2006年6月.
3) 2,006 その他・研究会 岡部 浩通, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 自殺率の低い地域の特性解明, 自殺対策のための戦略研究発表会, 2007年2月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 医道の日本社, 横須賀市, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, 山本 澄子, 岡本 佐智子, 原 祥子, Chiemi Onishi, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and 小林 春雄 : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.10, No.5, 709-717, 2007.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shuichi Ueno, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Empathetic Understanding as Caring in Nursing Using Electroencephalographic Data as Evidence, International Journal for Human Caring, Vol.12, No.1, 7-16, 2008.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 圧痛点と鍼灸臨床, 66-71, 2008年.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 42-43, 2008年.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の1例について, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 48-49, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,007 学術論文 (紀要その他) 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.8, No.1, 73-77, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (紀要その他) 小林 珠美, 田中 寿恵, 多田 敏子 : 山間地域の高齢者の就業がQOLに影響を及ぼす要因について, Quality of Life Journal, Vol.18, No.2, 33, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (紀要その他) 杉原 治美, 多田 敏子 : ITを活用したバーチャル相談室「まちの保健室」, 保健師ジャーナル, Vol.64, No.1, 24-28, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識1顔の皮下組織—``顔の美しさを守るプロ''として知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.110, No.1, 62-69, 2007年7月.
2) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識2—口唇と頬—美しい顔は美しい口元から, 歯階展望, Vol.110, No.2, 266-273, 2007年8月.
3) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
4) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
5) 2,007 総説・解説 宮本 洋二, 北村 清一郎, 益井 孝文 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
6) 2,007 総説・解説 多田 敏子, 上野 修一 : 認知症介護とQOL, 臨牀看護, Vol.33, No.12, 1899-1903, 2007年10月.
7) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識4—舌下部—この恐い部位を克服するために, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
8) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 山下 菊治, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識5—舌と下顎骨—口腔機能の立役者である舌の機能を理解する, 歯界展望, Vol.110, No.5, 868-875, 2007年11月.
9) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
10) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識7—口峡とその周辺—発音・嚥下機能を理解するうえで知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.111, No.1, 108-115, 2008年1月.
11) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
12) 2,007 総説・解説 谷岡 哲也, Locsin C. Rozzano, 多田 敏子, 大森 美津子, 大坂 京子 : 看護実践におけるケアリングとしての技術的能力, 香川大学看護学雑誌, Vol.12, No.1, 1-6, 2008年3月.
13) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Toshiko Tada and Sumiko Yoshinaga : A trial of teaching Orems Nursing Theory to undergraduate students in a gerontological nursing course, Yokohama, May 2007.
2) 2,007 国際会議 Tetsuya Tanioka, Ai Kawamura, Kazuyuki Matsumoto, Kazushi Mifune, Yoichiro Takasaka, Kyoko Osaka, Shuichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin, Mutsuko Kataoka, Takuya Matsuda, Fuji Ren and Toshiko Tada : Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals, IEEE NLP-KE2007, 502-506, Beijing, Aug. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 義歯は嚥下とどう係わるのか, 学術講演会「咬合・咀嚼が創る健康長寿」, 2007年5月.
2) 2,007 国内講演発表 尾崎 明文, 松下 美穂, 千 思, 森 俊豪, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 肩外兪刺鍼の安全深度の検討1., 第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2007年6月.
3) 2,007 国内講演発表 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 山間地域のひとり暮らし高齢者間のケアリング, 日本看護福祉学会誌, 36, 2007年7月.
4) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
5) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
6) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 石橋 淳, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 歯周組織再生を目指した遠赤外線作用の解析, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2007年7月.
7) 2,007 国内講演発表 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 地域看護学臨地実習における住民を対象とした健康教育での学生の学びからみた今後の実習指導課題, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 95, 2007年7月.
8) 2,007 国内講演発表 多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 4年課程統合カリキュラムにおける地域看護学臨地実習での家庭訪問体験の実態と意義, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 180, 2007年7月.
9) 2,007 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線がMC3T3—E1細胞に与える影響, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
10) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治 : 口腔周辺の筋膜隙の臨床的意義—皮下気腫・縦隔気腫との係わり, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
11) 2,007 国内講演発表 篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
12) 2,007 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 益井 孝文, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線(FIR)が骨芽細胞様細胞(MC3T3—E1)と骨細胞に与える影響, 第16回硬組織再生生物学会, 2007年9月.
13) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 徳島大学における人権擁護体制について, 大阪府専修学校各種学校連合会人権教育推進協議会主催.第5回人権教育研修会, 2007年9月.
14) 2,007 国内講演発表 桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, 2007年9月.
15) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, トクヤマデンタル倶楽部主催セミナー「90歳高齢時代の総義歯製作方法はどうあるべきか」, 2007年10月.
16) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 大学における人権問題, 平成19年度中国・四国地区国立大学法人係長研修, 2007年10月.
17) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., IPOI臨床研究会中四国支部学術集会, 2007年10月.
18) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2007年11月.
19) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 大学における人権問題とその防止, 森ノ宮医療大学教職員研修会, 2007年12月.
20) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
21) 2,007 国内講演発表 森川 香穂, 津田 真弓, 多田 敏子 : 山間部で生活する高齢者の認知機能とADLの関連について, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 47-48, 2008年2月.
22) 2,007 国内講演発表 岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
23) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
24) 2,007 国内講演発表 中村 友美, 多田 敏子 : 2型糖尿病患者の食事療法について 男性高齢患者のコンプライアンス行動に対する家族の影響, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 35-36, 2008年2月.
25) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 上野 道明, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : チタン上に形成される歯根膜様コラーゲン線維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第21回歯科チタン学会学術講演会, 2008年2月.
26) 2,007 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を体験した学生からみた訪問看護ステーションの災害対策推進を妨げる要因, 第12回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2008年3月.
27) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 上野 道明, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 遠赤外線空間が皮膚及び癌に与える影響, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
28) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋の構成–その形態的・機能的意義についての考察, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
29) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : シンポジウム「医学・歯学・コメディカル領域の解剖学教育:現状と展望」第113回日本解剖学会・全国学術集会., 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 多田 敏子 : QOLについてー日野原重明先生の講演から, SSKA全低肺, Vol.90, No.1, 3-4, 2007年10月.
2) 2,007 その他・研究会 多田 敏子 : 人間万事塞翁が馬と生活の質, SSKA全低肺, Vol.92, No.1, 4-6, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Tatsuo Ishikawa, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein(HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 遠赤外線を用いた歯周組織再生に関する基礎研究ーMC3T3-E1細胞の動態及び骨形成に及ぼす遠赤外線の解析—, 歯産学誌, Vol.22, No.1, 15-25, 2008年.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 臨床解剖研究会記録, No.9, 50-51, 2009年.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 沙織, 藤沢 有未絵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 大学生のメタボリックシンドロームへの認識と生活習慣に関する実態調査, 四国公衆衛生学会誌, Vol.54, No.1, 129-133, 2009年.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) 廣原 紀恵, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 郷木 義子 : フィリピンの看護教育及び病院視察報告, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 58-65, 2009年.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) 井上 菜津子, 木村 佳乃実, 中馬 歩美, 多田 敏子 : 車椅子利用下における路面のバリアと移動時の声かけの影響に関する調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 43-51, 2009年.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 多田 敏子, 吉永 純子 : 高齢者看護学におけるオレム看護理論を基盤にした看護過程演習の学習効果と課題, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1, 52-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識10—前頸部の皮下組織と顎下部—顎下部の腫れを理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.4, 690-697, 2008年4月.
2) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11, --- 頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために ---, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
3) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11-頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
4) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 山下 菊治 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識12-頸部の内蔵—嚥下を理解するために, 歯界展望, 1066-1073, 2008年6月.
5) 2,008 総説・解説 多田 敏子 : 療養生活とQOL(生活の質), 全低肺, Vol.94, 3-10, 2008年9月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Kaori Abe and Seiichiro Kitamura : Possibility of Drug Delivery System(DDS)with ability of collagen fiber, International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical,Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes''(ISNT2008), Hokkaodo, Jun. 2008.
2) 2,008 国際会議 Ishikawa Tatsuo, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Abe Kaori and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared radiation(FIR) on osteoblast-like cells MC3T3-E1 and bone formation in mice, The International Symposium on ``OralSciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Sep. 2008.
3) 2,008 国際会議 Sumiko Ymamamoto, Toshiko Tada and Yasuo Ono : Survey of the subjective sence of nursing burden: When the nurse take care of people who need nursing at home, 6th International symposium on TCM and 10th international symposium on acupuncture & moxibustion, 115, Tianjin.China, Nov. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : バーチャル相談室の開設から4年間の利用状況について, --- その2 家庭訪問活動について ---, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.9, No.1, 232, 2008年6月.
2) 2,008 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性職員の食生活習慣実態調査, 第11回日本地域看護学会学術集会抄録集, 2008年7月.
3) 2,008 国内講演発表 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 第12回臨床解剖研究会, 2008年7月.
4) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : 硬組織をターゲットにしたドラッグデリバリーシステム(DDS)の可能性, 17回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2008年8月.
5) 2,008 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 上野 明道, 北村 清一郎 : 遠赤外特性線照射環境下での骨芽細胞様細胞及びmurineの骨組織の変化, 第17回硬組織再生生物学学術大会・総会, 2008年8月.
6) 2,008 国内講演発表 角田 佳折, 阿部 佳織, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きに関わる因子の解剖学的考察, 第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2008年9月.
7) 2,008 国内講演発表 多田 敏子, 板野 綾香 : 一事例から見た在宅療養高齢者の療養場所に関する自己決定の内容, 第13回日本老年看護学会学術集会抄録, 2008年9月.
8) 2,008 国内講演発表 岡久 玲子, 森脇 智秋, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第2報)―市町村での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
9) 2,008 国内講演発表 森脇 智秋, 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第1報)―保健所での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
10) 2,008 国内講演発表 多田 美由貴, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域高齢者の外出に関連する生活実態調査, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月.
11) 2,008 国内講演発表 川村 亜以, 多田 敏子, 谷岡 哲也 : 精神障害者の退院促進支援事業に関わる保健所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 549, 2008年10月.
12) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年女子のケアリング体験の中に含まれる頻度の高い言葉, 第28回日本看護科学学会, 360, 2008年11月.
13) 2,008 国内講演発表 多田 敏子, 板野 綾佳 : 一事例からみた在宅療養高齢者の療養場所に関する, 日本老年看護学会第13回学術集会, 173, 2008年11月.
14) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2008年11月.
15) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : コラーゲンを用いたドラッグデリバリーシステムの可能性, 日本バイオマテリアル学会, 2008年11月.
16) 2,008 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子, 藤井 智惠子 : 一事業所の労働者のセルフエフィカシと生活習慣の関連, 第52回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 16, 2008年11月.
17) 2,008 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学を履修した看護学生の職場巡視の視点, 第18回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会講演集, 176, 2008年11月.
18) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれ, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2008年11月.
19) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれる共通する言葉, 第28回看護科学学会学術集会抄録集, 2008年12月.
20) 2,008 国内講演発表 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 : がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
21) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 : コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出, 平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
22) 2,008 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 森脇 智秋, 岡久 玲子, 新見 房子 : ターミナル期の在宅療養者への訪問を通して学生が学んだ内容の分析, 第13回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 140, 2009年3月.
23) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 北村 清一郎 : コラーゲンはドラッグデリバリーシステム(DDS)の単体として有効か?,, 第114 回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 療養生活とQOL, 全低肺徳島支部会報, No.94, 3-10, 2008年9月.
2) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 日々是好日(ひびこれこうじつ), 全低肺徳島支部会報, Vol.95, 7-9, 2008年12月.
3) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 日々是好日, SSKA全低肺, No.95, 7-9, 2008年12月.
4) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 療養生活とQOL, はまなす, No.89, 4-7, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1) 2,008 報告書 多田 敏子 : 平成20年度「地域保健推進事業」保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-76, 千葉県, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 2,009 著書 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : An amperometric D-amino acid biosensor prepared with a thermostable D-Proline dehydrogenase and a carbon nanotube-ionic liquid gel, Analytical Sciences, Vol.25, No.7, 919-923, 2009.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) Tomoki Yabutani, Hitoshi Yamaoka, Akinori Fukuda, Hitoshi Nakamura, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : A Preconcentration Method for Collecting Trace Elements in Riverwater by means of Ultrafiltration of Colloidal Magnesium Hydroxide Derived from Magnesium Contained in the Sample, Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan, Vol.63, No.4, 247-252, 2009.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) 杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) 安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 102-106, 2009.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) Le Thi Xuan Thuy, Hiroshi Dehara, Zhang Juan, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 107-113, 2009.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) 吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料に基づく徳島県における高糖尿病死亡率の原因についての考察, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5 6, 163-172, 2009年.
8) 2,009 学術論文 (審査論文) 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 地域看護学実習に臨む看護系大学生の学習目標の分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 45-51, 2010年.
9) 2,009 学術論文 (審査論文) 山本 澄子, 多田 敏子, 山田 静子, 小野 泰生, 池井 淳子 : 事例から見た介護者の介護負担感, 新潟大学医学部保健学科紀要, Vol.9, No.3, 9-13, 2010年.
10) 2,009 学術論文 (審査論文) 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.2, 79-84, 2010年.
11) 2,009 学術論文 (審査論文) Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Ryoji Yamanouchi, Le Thi Xuan Thuy, Kei-ichiro Murai, Junko Motonaka, Mitsuharu Ogaki, Madelene Anette Dancila, Rodica Stanescu and Marinera Plesca : Multielemental characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima by inductively coupled plasma mass spectrometry and inductively coupled plasma atomic emission spectrometry, Analytical Sciences, Vol.26, No.3, 395-400, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,009 学術論文 (紀要その他) 多田 敏子, 後閑 容子, 鈴木 るり子, 荒賀 直子 : 保健師教育拡充に向けた教育体制に関する調査, 月刊地域保健, Vol.41, No.1, 58-66, 2010年.
2) 2,009 学術論文 (紀要その他) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 135-140, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 2,009 総説・解説 多田 敏子, 鈴木 るり子 : 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(5)保健師教育の教育体制, 日本公衆衛生学会誌, Vol.57, No.1, 55-57, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Le Thi Xuan Thuy, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
2) 2,009 国際会議 Tomoki Yabutani, Honami Kurokawa, Yuka Hayashi, Hiromichi Higuchi, Yuki Iwata, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Development of a Compact System for Determination of Lead using a Liquid Core Waveguide and a Blue Diode, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
3) 2,009 国際会議 Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Sep. 2009.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 薮谷 智規, 林 由夏, 火口 博道, 岩田 裕樹, 林 由佳子, 本仲 純子 : 発光ダイオード/長光路セル/小型分光器を利用する鉛の高感度簡易分析法の開発, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
2) 2,009 国内講演発表 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍, 吉田 留美子, 村嶋 幸代 : 保健師教育における指定規則改変後の臨地実習の取組調査, 日本地域看護学会 第12回学術集会 講演集, 155, 2009年6月.
3) 2,009 国内講演発表 橋本 智弘, 林 由佳子, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子 : 炭素粒子表面へのアミドキシム基の導入, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
4) 2,009 国内講演発表 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素/電子メディエータ同時固定化電極を用いる分岐鎖アミノ酸フロー系センシングシステムの開発, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
5) 2,009 国内講演発表 出原 宏司, Le Thi Xuan Thuy, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : 固体環境試料中超微量白金族元素の定量に向けた鉄還元析出/磁場回収による前処理法の開発, 58, Vol.1, No.1, 16, 2009年9月.
6) 2,009 国内講演発表 火口 博道, 同前 裕生勇, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出を利用した水圏中Cu(I/II)のスペシエーション, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 5, 2009年9月.
7) 2,009 国内講演発表 山田 洋平, 和田 知賀博, 遠藤 剛, 渡邊 敏夫, 谷 祐児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 酒瀬川 信一 : トリスオスミウム錯体/グルコースオキシターゼおよびビリルビンオキシターゼ/カーボンナノチューブゲル固定化電極の作製とそのバイオ電池への適用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 77, 2009年9月.
8) 2,009 国内講演発表 飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, Geoffrey Waterhouse, James Metson : アガロース中での二元素系金属ナノ粒子の合成とその応用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 242, 2009年9月.
9) 2,009 国内講演発表 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由起子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍 : 保健師教育における臨地実習の改善対策に関する調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2009年10月.
10) 2,009 国内講演発表 大友 英里, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 高齢者における保健医療福祉制度の情報源に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 491, 2009年10月.
11) 2,009 国内講演発表 川村 亜以, 多田 敏子 : 精神障がい者退院促進支援事業実施状況別にみた保健師所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 530, 2009年10月.
12) 2,009 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性労働者の保健指導後の食事・運動習慣の維持・改善に関する要因, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 407, 2009年10月.
13) 2,009 国内講演発表 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
14) 2,009 国内講演発表 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素を利用したアンペロメトリック分岐鎖アミノ酸フロー測定システムの開発, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 149, 2009年11月.
15) 2,009 国内講演発表 橋本 智弘, 薮谷 智規, 林 由佳子, 安澤 幹人, 本仲 純子 : アミドキシム基修飾黒鉛粒子の合成とその分析化学的応用, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 152, 2009年11月.
16) 2,009 国内講演発表 渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : BOD活性Bacillus subtilis CotA 固定化電極の作成とそのバイオ電池カソードへの適用, 第55回 ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 189, 2009年11月.
17) 2,009 国内講演発表 谷 祐児, 糸山 由希子, 西 兼一, 山田 洋平, 和田 知賀博, 庄田 佳生, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化カーボンナノチューブ-アガロース複合膜修飾電極の作製, 第55回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 211, 2009年11月.
18) 2,009 国内講演発表 岡久 玲子, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導を受けた医療系職員における生活習慣の変化, 第53回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 22, 2009年11月.
19) 2,009 国内講演発表 松井 通子, 多田 敏子, 有馬 富子, 今井 睦子, 吉田 留美子, 大場 エミ, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子 : 地域看護学実習において自治体保健師の認識する指導上の課題及び工夫, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 202-203, 2009年12月.
20) 2,009 国内講演発表 榊原 陽子, 松本 正子, 多田 美由貴, 多田 敏子 : 20∼30歳代の女性の子宮がん検診に対する意識調査ー若い女性の子宮がん検診受診率向上策の検討ー, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 288-289, 2009年12月.
21) 2,009 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 28-29, 2010年1月.
22) 2,009 国内講演発表 小原 繁, 高橋 将記, 佐竹 昌之, 前田 健一, 的場 秀樹 : 中高年男女の10kmジョギングでの疲労感と酸化ストレス, ランニング学研究, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : インフルエンザ対策について, SSKA全低肺, Vol.97, No.1, 3-5, 2009年7月.
2) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : 再度新型インフルエンザについて, SSKA全低肺, Vol.98, No.1, 3-5, 2009年7月.
3) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : 健康と言い伝え, SSKA全低肺, Vol.99, No.1, 5-7, 2009年7月.
4) 2,009 その他・研究会 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 佐藤 八重子, 武久 美奈子, 前田 健一 : 新入生のメンタルヘルス健診におけるGHQ高得点者の傾向について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 343-344, 2010年2月.
5) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 139, 2010年2月.
6) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 139, 2010年2月.
7) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.46, No.3, 55, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 2,009 報告書 森岡 幸子, 松井 通子, 鎌田 久美子, 佐藤 美佐子, 岡島 さおり, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 野口 久美子, 多田 敏子, 佐伯 和子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-93, 大阪府, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) Midori Yoshida, Kazuya Kondo and Toshiko Tada : The relation between the cancer screening rate and the cancer mortality rate in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 251-259, 2010.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) 田村 幸子, 多田 敏子 : 日本におけるうつ病患者の職場復帰に関連する文献検討, 地域保健, Vol.41, No.11, 72-77, 2010年.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.6, No.1, 54-57, 2010年.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 15-24, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1) 2,010 総説・解説 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 学生も実践者も育つ「保健師教育」カリキュラム:私の提案 国立大学で実施することの可能性, 保健の科学, Vol.51, No.10, 697-700, 2010年10月.
2) 2,010 総説・解説 多田 敏子 : 禁煙科学学会が徳島でありました, SSKA全低肺徳島支部会報, No.103, 8-10, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) 2,010 国際会議 Momoyo Azuma, Takada Shinsuke, Sato Seidai, Hisatsugu Goto, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kenichi Maeda, Shin-ichi Akiyama and Saburo Sone : Investigation of complementary and alternative medicine in lung cancer patients in Tokushima Univerity Hospital., 第9回アジア臨床腫瘍学会学術集会, Gifu, Aug. 2010.
2) 2,010 国際会議 Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Elements of the strength of Japanese male medical researchers in the process of forming their own health behavior, Helsinki, Mar. 2011.
3) 2,010 国際会議 Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Warm caring and welcoming pilgrims in Shikoku region of Japan, Helsink, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 2,010 国内講演発表 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生がケアリングと認識した体験の内容, 第22回日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 60, 2010年6月.
2) 2,010 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, 日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 47, 2010年7月.
3) 2,010 国内講演発表 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 地域看護学履修前に看護大学生が認識している保健師の役割, 日本地域看護学会第13回学術集会講演集, 152, 2010年7月.
4) 2,010 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 学内演習「健康教育」における看護大学4年生の学びの特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2010年10月.
5) 2,010 国内講演発表 岡島 さおり, 松井 道子, 佐藤 美佐子, 佐伯 和子, 岡本 里美, 多田 敏子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第2報) 理想的実習モデル, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 490, 2010年10月.
6) 2,010 国内講演発表 松本 珠実, 横山 美江, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第2報) 実習施設インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
7) 2,010 国内講演発表 岡本 里美, 藤山 明美, 横山 美江, 松本 珠実, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第1報) 4単位実習モデル, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
8) 2,010 国内講演発表 野口 久美子, 藤山 明美, 藤丸 知子, 横山 美江, 鎌田 久美子, 松本 珠実, 多田 敏子, 岡島 さおり, 岡本 里美, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第1報) 教育機関インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
9) 2,010 国内講演発表 多田 美由貴, 多田 敏子 : 統合ケアを利用する高齢者の子どもとのサポート授受 生きがいとの関連からみた特徴, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 365, 2010年10月.
10) 2,010 国内講演発表 大友 英里, 多田 敏子 : 過疎地域の30∼50歳代の住民のがん検診に関する情報利用の実態, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 278, 2010年10月.
11) 2,010 国内講演発表 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 自然科学系研究者の持つ生活改善過程における力の分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 258, 2010年10月.
12) 2,010 国内講演発表 吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみたがん検診受診率と死亡率の性差および地域差の検討, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 252, 2010年10月.
13) 2,010 国内講演発表 桑原 典子, 川畑 未由貴, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 医療系学生における受動喫煙に関する意識調査, 2010年11月.
14) 2,010 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 片岡 三佳, 千葉 進一 : 看護大学生の地域看護学実習における健康教育からの学びの一例, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 196-197, 2010年12月.
15) 2,010 国内講演発表 岡久 玲子, 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 千葉 進一 : 看護大学生における体験型演習による保健指導技法の学びの分析, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 198-199, 2010年12月.
16) 2,010 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通しての学生の学びと訪問看護への関心の検討, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 280-281, 2010年12月.
17) 2,010 国内講演発表 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 佐田 政隆 : 高血圧予防をテーマにした市民公開講座参加者の保健行動について, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
18) 2,010 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通して学生が考えた老老介護, 第15回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 111, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) 2,010 その他・研究会 多田 敏子 : お遍路さんについて, SSKA全低肺, No.100, 3-4, 2010年4月.
2) 2,010 その他・研究会 多田 敏子 : 紫陽花の花のように, SSKA全低肺, No.100, 4-6, 2010年7月.
3) 2,010 その他・研究会 多田 敏子 : 熱中症について, SSKA全低肺, No.102, 3-5, 2010年9月.
4) 2,010 その他・研究会 前田 健一, 井﨑 ゆみ子 : 徳島大学における新型インフルエンザの流行状況について, 第40回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 110-112, 2010年12月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1) 2,010 報告書 鎌田 久美子, 岡島 さおり, 岡村 冨美子, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 大場 エミ, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 1-80, 福岡, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 2,011 著書 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
2) 2,011 著書 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
3) 2,011 著書 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.
4) 2,011 著書 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,011 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts., International Immunopharmacology, Vol.11, No.6, 670-674, 2011.
2) 2,011 学術論文 (審査論文) Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda, Masahiro Hiasa, Toshiyuki Suge, Seitaro Saku, Kenichi Hamada, Takashi Matsuo, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Reinforcement of bond strength of self-etching orthodontic adhesive., The Angle Orthodontist, Vol.82, No.1, 30-35, 2011.
3) 2,011 学術論文 (審査論文) Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Roles of dental pulp fibroblasts in the recognition of bacterium-related factors and subsequent development of pulpitis, Japanese Dental Science Review, Vol.47, No.2, 161-166, 2011.
4) 2,011 学術論文 (審査論文) 坂東 直樹, 富永 敏彦, 湯本 浩通, 住友 孝史, 平尾 早希, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射の歯内療法への応用ーEMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment)ー, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.32, No.3, 184-200, 2011年.
5) 2,011 学術論文 (審査論文) 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 前田 健一, 小原 繁 : 中高年者における10㎞走での疲労感と酸化ストレス及び抗酸化能力の関係, ランニング学研究, Vol.23, No.1, 29-36, 2011年.
6) 2,011 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Interleukin (IL)-17A synergistically enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.1, 26-30, 2012.
7) 2,011 学術論文 (審査論文) Shibata Shingo, Toshiyuki Suge, Tomoko Kimura, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Antibacterial activity of ammonium hexafluorosilicate solution with antimicrobial agents for the prevention of dentin caries, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.1, 31-34, 2012.
8) 2,011 学術論文 (審査論文) Tsuyoshi Fujita, Hiromichi Yumoto, Hideki Shiba, Kazuhisa Ouhara, Tsuyoshi Miyagawa, Takayoshi Nagahara, Shinji Matsuda, Hiroyuki Kawaguchi, Takashi Matsuo, Shinya Murakami and Hidemi Kurihara : Irsogladine maleate regulates epithelial barrier function in TNF--stimulated human gingival epithelial cells, Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.1, 55-61, 2012.
9) 2,011 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis increases CC chemokine ligand 20 production in interleukin 1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.5, 470-473, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,011 学術論文 (紀要その他) 弘田 克彦, 湯本 浩通, 星野 由美, 村上 圭史, 宮本 幸治, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : 水溶性MPCポリマーの口腔細菌付着抑制効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.24, 47-49, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) 2,011 国際会議 Yoichiro Miyake, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, N Yamamoto, K Miyamoto and Takashi Matsuo : Inhibition of the adherence of oral bacterial by MPC-polymer, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
2) 2,011 国際会議 Takashi Sumitomo, Toshihiko Sumitomo, Naoki Bando, Saki Hirao, Shinya Kako, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : A Case Report; Electro-Magnetic Apical Treatment, The 9th KAE-JEA Joint Meeting, Jul. 2011.
3) 2,011 国際会議 Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Nur Asikin, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Liu Dali, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene Expression Profiling of Human Monocytic THP-1 Cells Stimulated With Extracellular Streptococcus intermedius Histone-Like DNA Binding Protein, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sep. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 2,011 国内講演発表 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
2) 2,011 国内講演発表 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
3) 2,011 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : TLR3 ligandがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
4) 2,011 国内講演発表 湯本 浩通, 富永 敏彦, 柴田 眞吾, 武川 大輔, 高橋 加奈子, 木村 智子, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射を歯内療法に応用した症例, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
5) 2,011 国内講演発表 武川 大輔, 中西 正, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : ヒト培養歯髄細胞の自然免疫応答に対するインターフェロンγの影響, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
6) 2,011 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TheaflavinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年6月.
7) 2,011 国内講演発表 湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射による骨芽細胞のGrowth Factorの発現・産生誘導, 第135回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2011年10月.
8) 2,011 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 松尾 敬志 : TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年10月.
9) 2,011 国内講演発表 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 今村 麻依子 : 養育者の認知・感情・行動による養育行動の客観的評価と支援ポイントの明確化, 日本子ども虐待防止学会第17回学術集会いばらき大会, 2011年12月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

(なし)

2011年度(平成23年度) / 報告書

1) 2,011 報告書 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 保健管理センターを受診した学生の単年度統計, --- メンタル不調との関連の分析 ---, 第41回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 102-103, 2011年11月.
2) 2,011 報告書 前田 健一, 井﨑 ゆみ子 : ICカードを持たない職員に対して自動健診システムを導入する試み, 第41回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 44-46, 2011年11月.
3) 2,011 報告書 前田 健一, 早渕 純子, 佐藤 八重子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子 : 職員健診の効率化のための自動健診システムとWeb入力, CAMPUS HEALTH, Vol.49, No.1, 128-129, 2012年2月.

2012年度(平成24年度)

2012年度(平成24年度) / 著書

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,012 学術論文 (審査論文) Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
2) 2,012 学術論文 (審査論文) Toshiyuki Suge, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Changes in the crystallinity of hydroxyapatite powder and structure of enamel treated with several concentrations of ammonium hexafluorosilicate, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.5, 299-302, 2012.
3) 2,012 学術論文 (審査論文) Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Tomoko Kimura, Kanako Takahashi, Takashi Sumitomo, Naoki Bando and Takashi Matsuo : Bactericidal activity and oral pathogen inactivation by electromagnetic wave irradiation, Journal of Applied Microbiology, Vol.113, No.1, 181-191, 2012.
4) 2,012 学術論文 (審査論文) Tohru Uyama, Natsuki Ikematsu, Manami Inoue, Naoki Shinohara, X-H Jin, Kazuhito Tsuboi, Tekuharu Tonai, Akira Tokumura and Natsuo Ueda : Generation of N-acylphosphatidylethanolamine by members of the phospholipase A/acyltransferase (PLA/AT) family, The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.38, 31905-31919, 2012.
5) 2,012 学術論文 (審査論文) Tamotsu Tanaka, K. Morito, M. Kinoshita, M. Ohmoto, M. Urikura, K. Satouchi and Akira Tokumura : Orally administered phosphatidic acids and lysophosphatidic acids ameliorate aspirin-induced stomach mucosal injury in mice, Digestive Diseases and Sciences, Vol.58, No.4, 950-958, 2013.
6) 2,012 学術論文 (審査論文) Junichi Morishige, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kiyoshi Satouchi, Tanihiro Yoshiomoto and Akira Tokumura : Lysophosphatidic Acid Produced by Hen Egg White Lysophospholipase D Induces Vascular Development on Extraembryonic Membranes, Lipids, Vol.48, No.3, 251-262, 2013.
7) 2,012 学術論文 (審査論文) Mari Kotosai, Sachiko Shimada, Mai Kanda, Namiko Matsuda, Keiko Sekido, Yoshibumi Shimizu, Akira Tokumura, Toshiyuki Nakamura, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Plasma HDL reduces nonesterified fatty acid hydroperoxides originating from oxidized LDL., Lipids, Vol.48, No.6, 569-578, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,012 学術論文 (紀要その他) Toshiyuki Suge and Takashi Matsuo : Effects of ammonium hexafluorosilicate concentration on crystallinity of hydroxyapatite powder and enamel, Key Engineering Materials, Vol.529-530, 526-530, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

1) 2,012 学術レター Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Program and Proceeding Book, 47-48, 2012.
2) 2,012 学術レター 細木 眞紀, 松尾 敬志, 永田 俊彦, 市川 哲雄, 松香 芳三, 田中 栄二 : 徳島大学病院, 歯科審美, Vol.25, No.2, 196, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1) 2,012 総説・解説 德村 彰, 井上 愛美, 足立 美佳 : リゾホスファチジン酸濃縮食品の開発に関する基礎研究, ニューフードインダストリー, Vol.54, No.11, 1-6, 2012年11月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1) 2,012 国際会議 Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga and Takashi Matsuo : Electro-Magnetic Wave Irradiation Stimulates Osteoblasts to Enhance Cell Growth and Gene Expression of Growth Factors, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
2) 2,012 国際会議 Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation for Infected Root Canal Treatment -EMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment) -, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
3) 2,012 国際会議 Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Nur Asikin, Kanako Takahashi, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Global Gene Analysis in Monocytes Stimulated with Streptococcal Histone-Like Protein, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
4) 2,012 国際会議 Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Naoki Bando, Takashi Sumitomo, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Signaling Pathways and Gene Expression Activated by Electro-Magnetic-Wave in Osteoblastic-Cells, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
5) 2,012 国際会議 Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
6) 2,012 国際会議 Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Interferon-g modulates the innate immune response of dental pulp cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.
7) 2,012 国際会議 Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Prostaglandin F2a Regulates Cytokine Expression in Dental Pulp Cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1) 2,012 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-22はIL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 2012年5月.
2) 2,012 国内講演発表 清水 嘉文, 小泉 恵子, 神奈木 玲児, 田中 広治, 山下 純, 田中 保, 曹 科, 鈴木 元, 村手 隆, 岩城 壮一郎, 藤井 聡, 德村 彰 : ヒト大腸がん細胞における低酸素条件下でのリゾリン脂質およびエーテル型リン脂質の増加, 第54回 日本脂質生化学会, 262, 2012年6月.
3) 2,012 国内講演発表 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸およびリゾホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第65回 日本酸化ストレス学会学術集会, p93, 2012年6月.
4) 2,012 国内講演発表 Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Roles of extracellular DNA and DNA-binding protein in cell aggregation, biofilm formation and antibiotic tolerance of Streptococcus intermedius, 第21回Lancefieldレンサ球菌研究会&第44回レンサ球菌感染症研究会合同開催, Jun. 2012.
5) 2,012 国内講演発表 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : prostaglandin F2aは歯髄細胞における炎症性メディエーター発現を調節する, 第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 2012年6月.
6) 2,012 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TNF-alphaとIL-4刺激が誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL11産生に及ぼす緑茶カテキンの影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年6月.
7) 2,012 国内講演発表 Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, 第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, Jul. 2012.
8) 2,012 国内講演発表 井﨑 ゆみ子 : 第9回日本うつ病学会総会シンポジウム2児童青年期と成人のうつ病, --- 世代による症候論の特徴 ---, 第9回日本うつ病学会プログラム抄録集, 72, 2012年7月.
9) 2,012 国内講演発表 湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射による骨芽細胞の活性化とGrowth Factorの発現誘導, 第10回日本再生歯科医学会学術大会, 2012年9月.
10) 2,012 国内講演発表 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第21回 日本脂質栄養学会, Vol.21, No.2, 186, 2012年9月.
11) 2,012 国内講演発表 石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与, 第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
12) 2,012 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-17AはTNF-aが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
13) 2,012 国内講演発表 細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Adrenomedullinが樹状細胞のTh17関連サイトカイン産生に関与するcell signalingに及ぼす影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
14) 2,012 国内講演発表 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド-ホスホリパーゼD, 第25回 植物脂質シンポジウム, 86, 2012年12月.
15) 2,012 国内講演発表 山下 量平, 安藤 千恵, 田畑 優美香, 喜田 孝史, 清水 嘉文, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 德村 彰 : 種々のセラミド-1-リン酸分子種の細胞遊走および抗アポトーシス活性, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
16) 2,012 国内講演発表 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生合成経路, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
17) 2,012 国内講演発表 大石 慶二, 竹内 久裕, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
18) 2,012 国内講演発表 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

(なし)

2012年度(平成24年度) / 報告書

1) 2,012 報告書 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 西田 洋子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導における集団指導の試み∼ランチョンセミナーを実施して∼, 第42回中国四国大学保健管理研究集会報告書, 2012年12月.

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度) / 著書

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,013 学術論文 (審査論文) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, D Liu, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo, R Shu and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA and DNA-binding protein on the development of a Streptococcus intermedius biofilm., Journal of Applied Microbiology, Vol.115, No.1, 260-270, 2013.
2) 2,013 学術論文 (審査論文) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 25-29, 2013.
3) 2,013 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : TLR3 agonist enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Cellular Immunology, Vol.283, No.1-2, 8-11, 2013.
4) 2,013 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : (-)-Epigallocatechin-3-Gallate Inhibits CC Chemokine Ligand 11 Production in Human Gingival Fibroblasts., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.31, No.6, 960-967, 2013.
5) 2,013 学術論文 (審査論文) Tamotsu Tanaka, T. Kida, H. Imai, J. Morishige, R. Yamashita, H. Matsuoka, S. Uozumi, K. Satouchi, M. Nagano and Akira Tokumura : Identification of a sphingolipid-specific phospholipase D activity associated with the generation of phytoceramide-1-phosphate in cabbage leaves, The FEBS Journal, Vol.280, No.16, 3797-3809, 2013.
6) 2,013 学術論文 (審査論文) Wang Yiwei, 湯本 浩通, Liu Dali, 松尾 敬志, Shu Rong : The comparison of the ability of polysaccharide from different Porphyromonas gingivalis in inducing THP-1 cells to produce cytokines, Chinese Journal of Stomatology, Vol.49, No.2, 78-83, 2014年.
7) 2,013 学術論文 (審査論文) Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Genipin inhibits IL-1-induced CCL20 and IL-6 production from human periodontal ligament cells., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.33, No.2, 357-364, 2014.
8) 2,013 学術論文 (審査論文) Yoshibumi Shimizu, Kazutoshi Murao, Tamotsu Tanaka, Yoshiaki Kubo and Akira Tokumura : Increased lysophospholipase D activity of autotaxin in sera of patients with atopic dermatitis., Journal of Dermatological Science, Vol.74, No.2, 162-165, 2014.
9) 2,013 学術論文 (審査論文) B Sapaar, A Nur, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, T Amoh, Takashi Matsuo, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA from Candida albicans and pneumonia-related pathogens on Candida biofilm formation and hyphal transformation., Journal of Applied Microbiology, Vol.116, No.6, 1531-1542, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1) 2,013 総説・解説 松尾 敬志, 尾崎 和美, 中西 正, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 武川 大輔 : 歯髄疾患の病態と診断, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.34, No.2, 67-76, 2013年5月.
2) 2,013 総説・解説 松尾 敬志, 中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科評論, Vol.73, No.6, 9-11, 2013年6月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1) 2,013 国際会議 Naoki Bando, Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation to the Treatment for Periapical Periodontitis; Case Report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
2) 2,013 国際会議 Toshihiko Tominaga, Naoki Bando, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Trial of Electro-Magnetic Wave Irradiation Therapy for Vertical Root Fracture as Tooth Conservative Therapy: a Case report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
3) 2,013 国際会議 Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : Pathogenic roles of Streptococcal histone-like protein in microbial infection, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD (Gyeongju, Korea), Nov. 2013.
4) 2,013 国際会議 Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa and Takashi Matsuo : The effect of genipin on MMP-1 and MMP-3 expression in IL-1beta-stimulated human periodontal ligament cells, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD, Gyeongju, Korea, Nov. 2013.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 2,013 国内講演発表 細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : IL-6はIL-1βが誘導するヒト歯根膜由来細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 97, 2013年5月.
2) 2,013 国内講演発表 富永 敏彦, 湯本 浩通, 坂東 直樹, 平尾 功治, 平尾 早希, 加古 晋也, 前田 やよい, 山口 由美子, 高比良 一輝, 松尾 敬志 : Electro-Magnetic Apical Treatment ー嚢胞性疾患に対する対応ー, 第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
3) 2,013 国内講演発表 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusヒストン様タンパク質のPAMPsとしての解析, 第22回Lancefieldレンサ球菌研究会&第45回レンサ球菌感染症研究会, 2013年6月.
4) 2,013 国内講演発表 湯本 浩通, 富永 敏彦, 坂東 直樹, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射の歯内療法への応用ー基礎実験∼臨床症例ー, 第13回日本歯内療法学会西日本支部会研修会, 2013年7月.
5) 2,013 国内講演発表 Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa, 第27回Bacterial Agherence & Biofilm学術集会, Jul. 2013.
6) 2,013 国内講演発表 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6産生を抑制する, 日本歯科保存学雑誌, 70, 2013年10月.
7) 2,013 国内講演発表 湯本 浩通, 平尾 功治, 松尾 敬志 : イグサ抽出液のう蝕および歯周病予防効果の評価, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
8) 2,013 国内講演発表 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6 産生を抑制する, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
9) 2,013 国内講演発表 山本 藍美, 田中 優, 山川 祥悟, 桑原 章, 田中 保, 苛原 稔, 德村 彰 : ラット卵胞発育および排卵調節機構におけるリゾホスファチジン酸受容体と代謝酵素の関与, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
10) 2,013 国内講演発表 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
11) 2,013 国内講演発表 畠中 貴代子, 山下 修司, 橋村 慧, 加藤 瞭典, 田中 保, 中山 泰介, 木下 肇, 原 知也, 添木 武, 佐田 政隆, 北川 哲也, 德村 彰 : 心血管病変患者血漿でのリン脂質メディエーターLC-MS/MS 分析—バイオマーカーとしての有用性—, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
12) 2,013 国内講演発表 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
13) 2,013 国内講演発表 木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 : Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割, 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
14) 2,013 国内講演発表 田中 保, 生駒 照, 森戸 克弥, 德村 彰, 南 利夫 : ホスファチジン酸(PA)の抗消化性潰瘍効果と穀類におけるPA含量, 日本農芸化学会中四国支部第 38回講演会, 講演要旨集, 24, 2014年1月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 2,013 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 岡久 玲子, 武内 早苗, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導対象職員の食行動について, --- 3年間の食行動質問票の集計を基に ---, 第43回中国四国大学保健管理研究集会報告書, Vol.43, 59-63, 2013年10月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1) 2,013 報告書 武内 早苗, 早渕 純子, 山田 博胤, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 徳島大学職員への頸動脈エコー実施の試み, 第44回中国四国大学保健管理研究集会報告書, 76-80, 2014年.
2) 2,013 報告書 大石 慶二, 竹内 裕久, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 71-79, 2014年2月.
3) 2,013 報告書 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 81-89, 徳島, 2014年2月.

2014年度(平成26年度)

2014年度(平成26年度) / 著書

1) 2,014 著書 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 他剤併用におけるデュロキセチンの効果, 2014年7月.
2) 2,014 著書 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症や気分障害のMRの最新知見バイオマーカー(Ⅲ), 株式会社 星和書店, 2015年.
3) 2,014 著書 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のエピゲノム研究, 医薬ジャーナル社, 2015年.
4) 2,014 著書 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 抗うつ薬, 2015年1月.
5) 2,014 著書 河村 保彦, 高木 均, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 機械類の安全運転, 徳島大学工学部, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,014 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Junichi Iga and Tetsuro Ohmori : Successful Treatment of Anorexia Nervosa in a 10-year-old Boy with Risperidone Long-acting Injection., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.12, No.1, 65-66, 2014.
2) 2,014 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Shinji Shimodera, Issei Imoto, Masatoshi Takeda and Tetsuro Ohmori : Aberrant DNA Methylation of Blood in Schizophrenia by Adjusting for Estimated Cellular Proportions., NeuroMolecular Medicine, Vol.16, No.4, 697-703, 2014.
3) 2,014 学術論文 (審査論文) Y Yoshino, M Abe, Shusuke Numata, S Ochi, Y Mori, T Ishimaru, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, K Yamazaki, T Mori, Tetsuro Ohmori and S Ueno : Missense variants of the alanine:glyoxylate aminotransferase 2 gene are not associated with Japanese schizophrenia patients., Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.53, 137-141, 2014.
4) 2,014 学術論文 (審査論文) Y Yoshino, Y Mori, S Ochi, Shusuke Numata, T Ishimaru, K Yamazaki, Tetsuro Ohmori and SI Ueno : No abnormal hexanucleotide repeat expansion of C9ORF72 in Japanese schizophrenia patients., Journal of Neural Transmission, Vol.[Epub ahead of print], 2014.
5) 2,014 学術論文 (審査論文) Akira Nishi, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, K Kikuchi, S Shimodera, Masahito Tomotake, K Ohi, R Hashimoto, Issei Imoto, M Takeda and Tetsuro Ohmori : Meta-analyses of Blood Homocysteine Levels for Gender and Genetic Association Studies of the MTHFR C677T Polymorphism in Schizophrenia., Schizophrenia Bulletin, Vol.40, No.5, 1154-1163, 2014.
6) 2,014 学術論文 (審査論文) M Aono, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, M Agawa, T Tsuda and Tetsuro Ohmori : Neuropsychological and psychiatric assessments following bilateral deep brain stimulation of the subthalamic nucleus in Japanese patients with Parkinson's disease., Journal of Clinical Neuroscience, Vol.21, No.9, 1595-1598, 2014.
7) 2,014 学術論文 (審査論文) H Yamamori, R Hashimoto, Y Fujita, Shusuke Numata, Y Yasuda, M Fujimoto, K Ohi, S Umeda-Yano, A Ito, Tetsuro Ohmori, K Hashimoto and M Takeda : Changes in plasma d-serine, l-serine, and glycine levels in treatment-resistant schizophrenia before and after clozapine treatment., Neuroscience Letters, Vol.582, 93-98, 2014.
8) 2,014 学術論文 (審査論文) K Nakamura, Junichi Iga, N Matsumoto and Tetsuro Ohmori : Risk of bipolar disorder and psychotic features in patients initially hospitalised with severe depression., Acta Neuropsychiatrica, Vol.27, No.2, 113-118, 2014.
9) 2,014 学術論文 (審査論文) Yukina Watanabe, Satsuki Sumitani, M Hosokawa and Tetsuro Ohmori : Prefrontal activation during two Japanese Stroop tasks revealed with multi-channel near-infrared spectroscopy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 51-55, 2015.
10) 2,014 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, K Ishii, Atsushi Tajima, Junichi Iga, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, M Fuchikami, S Okada, S Boku, A Hishimoto, S Shimodera, Issei Imoto, S Morinobu and Tetsuro Ohmori : Blood diagnostic biomarkers for major depressive disorder using multiplex DNA methylation profiles: discovery and validation., Epigenetics, Vol.10, No.2, 135-141, 2015.
11) 2,014 学術論文 (審査論文) Mai Hosokawa, Yoshihiro Nakadoi, Yukina Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Association of autism tendency and hemodynamic changes in the prefrontal cortex during facial expression stimuli measured by multi-channel near-infrared spectroscopy., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.69, No.3, 145-152, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : うつ病の単剤治療を目指して 徳島県NaSSA研究会の経験から, 臨床精神薬理, Vol.17, No.4, 579-584-599-600, 2014年4月.
2) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 新型うつ病, 日本医事新報, Vol.4694, 63, 2014年4月.
3) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 治療抵抗性統合失調症治療薬クロザピン, 日本医事新報, Vol.4698, 59, 2014年5月.
4) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 双極性障害と双極うつ病, 日本医事新報, Vol.4707, 55, 2014年7月.
5) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 修正型電気けいれん療法, 日本医事新報, Vol.4710, 59, 2014年8月.
6) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 認知行動療法, 日本医事新報, Vol.4712, 55, 2014年8月.
7) 2,014 総説・解説 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 新規抗うつ薬の特徴と使用法 セルトラリン, 精神科, Vol.25, No.5, 474-478, 2014年11月.
8) 2,014 総説・解説 山下 格, 大森 哲郎, 久住 一郎 : 診療に融け込む精神療法, 精神療法, Vol.41, 231-237, 2015年.
9) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 抗精神病薬の効用と限界, こころの科学, 36-40, 2015年.
10) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 統合失調症を考える 精神科主任教授アンケート, こころの科学, Vol.180, 130, 2015年.
11) 2,014 総説・解説 沼田 周助, 木下 誠, 大森 哲郎 : 統合失調症のDNAメチル化修飾異常, 日本生物学的精神医学会誌, Vol.26, No.1, 7-14, 2015年.
12) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 若手医師がうつ病の入院治療から学ぶこと, 臨床精神医学, Vol.44, No.6, 845-849, 2015年.
13) 2,014 総説・解説 大森 哲郎 : 精神科からみた心身医学卒前教育, 心身医学, Vol.55, No.2, 127-132, 2015年2月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1) 2,014 国際会議 Junichi Iga, K Nakamura, N Matsumoto and Tetsuro Ohmori : Risk for bipolar disorder and physical comorbidity in patients initially hospitalized with severe depression:Results of a retrospective chart review., 29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Canada, Jun. 2014.
2) 2,014 国際会議 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Shusuke Numata, S Shimodera, H Fujita, K Ishii and Tetsuro Ohmori : Leukocyte gene expression-based diagnostic test for major depressive disorder: A pilot and replication study., 29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Canada, Jun. 2014.
3) 2,014 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Nishi Akira, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Blood homocysteine and schizophrenia evaluated by a Mendelian randomization analysis., Neuroscience, Washington DC, Nov. 2014.
4) 2,014 国際会議 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Nakaaki Shutaro, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Association between the COMT Val158Met polymorphism and the clinical response to SSRI or SSRI with antipsychotics in obsessive-compulsive disorder., Neuroscience, Washington DC, Nov. 2014.
5) 2,014 国際会議 Masatoshi Inoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Sex differences of blood in DNA methylation., Neuroscience, Washington DC, Nov. 2014.
6) 2,014 国際会議 Shusuke Numata, Ishii Kazuo, Atsushi Tajima, Junichi Iga, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Fuchikami Manabu, Okada Satoshi, Shimodera Shinji, Issei Imoto, Morinobu Shigeru and Tetsuro Ohmori : Blood diagnostic biomarkers for major depressive disorder using DNA methylation profiles., Neuroscience, Washington DC, Nov. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1) 2,014 国内講演発表 石井 一夫, 沼田 周助, 木下 誠, 大森 哲郎 : ビックデータ分析による精神神経系疾患診断系の検討, 日本計算機統計学会第28回大会, 2014年5月.
2) 2,014 国内講演発表 石井 一夫, 沼田 周助, 木下 誠, 伊賀 淳一, 渡部 真也, 大森 哲郎 : ビックデータ処理による統計学的手法を用いた精神神経系疾患診断の検討, 応用統計学会2014年度会, 2014年5月.
3) 2,014 国内講演発表 石井 一夫, 沼田 周助, 木下 誠, 大森 哲郎 : 次世代シークエンサーによる精神神経系疾患診断系の検討, 2014年度日本計量生物学会年会, 2014年5月.
4) 2,014 国内講演発表 沼田 周助, 井下 真利, 田嶋 敦, 木下 誠, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : CRPと統合失調症のメタ解析研究, 第110回日本精神神経学会学術総会, 2014年6月.
5) 2,014 国内講演発表 沼田 周助, 木下 誠, 石井 一夫, 大森 哲郎 : 統合失調症の診断バイオマーカーの探索, 第110回日本精神神経学会学術総会, 2014年6月.
6) 2,014 国内講演発表 中村 公哉, 伊賀 淳一, 松本 直樹, 大森 哲郎 : 重症うつ病の特徴-双極性障害,身体合併症,修正型電気けいれん療法に注目して-, 第11回日本うつ病学会総会, 2014年7月.
7) 2,014 国内講演発表 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 血液によるうつ病の客観的診断は可能か?, 第11回日本うつ病学会総会, 2014年7月.
8) 2,014 国内講演発表 武田 知也, 上岡 義典, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 発達障害が疑われ最終診断が広汎性発達障害者と他の精神疾患者のWAIS-IIIの比較, 日本心理学会第78回大会, 2014年9月.
9) 2,014 国内講演発表 石井 一夫, 沼田 周助, 木下 誠, 大森 哲郎 : 大規模データ分析による精神神経系疾患診断系の検討, 第13回情報科学技術フォーラム, 2014年9月.
10) 2,014 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 仲秋 秀太郎, 井本 逸勢, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : COMT Val158Met多型と強迫性障害の遺伝子関連ならびにメタ解析研究, 第36回日本生物学的精神医学会, 2014年9月.
11) 2,014 国内講演発表 枝川 令音, 井下 真利, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 躁状態や妄想にオランザピンが著効したステロイド精神病の一例, 第55回中国・四国精神神経学会., 2014年10月.
12) 2,014 国内講演発表 谷口 若葉, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 香川 公一, 大森 哲郎 : クロザピン内服により乳癌手術が可能となった統合失調症の1例., 第55回中国・四国精神神経学会., 2014年10月.
13) 2,014 国内講演発表 藤田 美香, 木下 誠, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 初診時にけいれん発作を生じてんかんとの鑑別に苦慮した統合失調症の1例., 第55回中国・四国精神神経学会., 2014年10月.
14) 2,014 国内講演発表 富永 武男, 友竹 正人, 上岡 義典, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における病識と認知機能との関連, 第14回精神疾患と認知機能研究会, 2014年11月.
15) 2,014 国内講演発表 住谷 さつき, 亀岡 尚美, 亀沖 彩乃, 細尾 綾子, 大森 哲郎 : 施設入所中高齢者の介護負担に影響する要因の検討, 第34回日本精神科診断学会, 2014年11月.
16) 2,014 国内講演発表 亀岡 尚美, 谷口 若葉, 濱谷 沙世, 田丸 麻衣, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 当院摂食障害患者における低リン血症の検討., 第34回日本精神科診断学会, 2014年11月.
17) 2,014 国内講演発表 田丸 麻衣, 藤田 美香, 大森 哲郎 : 統合失調症を疑われた甲状腺機能低下症の1例., 第34回日本精神科診断学会, 2014年11月.
18) 2,014 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 仲秋 秀太郎, 井本 逸勢, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : BDNF Val66Met多型と強迫性障害;メタ解析ならびに治療反応性, 第24回日本臨床精神神経薬理学会, 2014年11月.
19) 2,014 国内講演発表 久保 弘子, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : MRSによる双極性障害におけるリチウムの作用の検討., 第24回日本臨床精神神経薬理学会, 2014年11月.
20) 2,014 国内講演発表 富永 武男, 中村 公哉, 藤田 美香, 大森 哲郎 : 維持ECT間隔を延長すると再発を繰り返している遅発緊張病の一症例., 第27回日本総合病院精神医学会, 2014年11月.
21) 2,014 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : ゲノムワイド関連解析による強迫性障害の薬物反応性予測遺伝子多型の検討, 第7回日本不安症学会学術大会, 2015年2月.
22) 2,014 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : HTR2A -1438G/A多型と強迫性障害の治療反応性との遺伝関連研究, 第7回日本不安症学会学術大会, 2015年2月.
23) 2,014 国内講演発表 宮﨑 厚子, 門田 芳, 三嶋 りな, 福森 崇貴, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : トリプルネガティブ乳がん診断後の不安や抑うつをチーム医療で支援した若い母親の一例, 第7回日本不安症学会学術大会, 2015年2月.
24) 2,014 国内講演発表 山森 英長, 橋本 亮太, 石間 環, 藤本 美智子, 安田 由華, 大井 一高, 新津 富央, 沼田 周助, 大森 哲郎, 伊豫 雅臣, 橋本 謙二, 武田 雅俊 : 複数のバイオマーカーを用いた統合失調症の補助診断方法確立の検討, 第10回日本統合失調症学会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

1) 2,014 作品等 大森 哲郎 : 薬物療法の基本 患者に利益する養生法, 精神神經學雜誌, Vol.117, No.12, 1004-1010, 2015年.
2) 2,014 作品等 大森 哲郎 : 書評 DSM-5診断面接ポケットマニュアル A.M.Nussbaum著,高橋三郎監訳, 精神医学, Vol.57, No.5, 402, 2015年.
3) 2,014 作品等 大森 哲郎 : 書評 DSM-5診断面接ポケットマニュアル A.M.Nussbaum著,高橋三郎監訳, Brain and Nerve 神経研究の進歩, Vol.67, No.7, 870, 2015年.
4) 2,014 作品等 大森 哲郎 : 書評 子どものうつ 心の治療-外来診療のための5ステップ・アプローチ 傳田健三著, 精神医学, Vol.57, No.4, 309, 2015年.
5) 2,014 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 コタバル訪問記, めんたる・へるす, Vol.64, 2-5, 2015年.

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1) 2,014 その他・研究会 沼田 周助, 井下 真利, 木下 誠, 石井 一夫, 大森 哲郎 : DNAメチル化修飾を利用した双極性障害のバイオマーカーの検討, 第47回精神神経系薬物治療研究報告会, 2014年12月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

1) 2,014 報告書 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 岡久 玲子, 武内 早苗, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 体重減少が血液検査結果に及ぼす影響について∼5年間の特定保健指導の結果を基に∼, 第44回中国四国保健管理研究集会報告書, 71-75, 2014年10月.

2015年度(平成27年度)

2015年度(平成27年度) / 著書

1) 2,015 著書 大森 哲郎 : 精神科薬物療法の基本, 株式会社 中外医学社, 2015年6月.
2) 2,015 著書 田吉 伸哉, 大森 哲郎 : 向精神薬の種類,作用,副作用, 2015年6月.
3) 2,015 著書 住谷 さつき : 強迫性障害, 南々社, 2015年8月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,015 学術論文 (審査論文) Shinya Watanabe, Junichi Iga, Kazuo Ishii, Shusuke Numata, Shinji Shimodera, Hirokazu Fujita and Tetsuro Ohmori : Biological tests for major depressive disorder that involve leukocyte gene expression assays., Journal of Psychiatric Research, Vol.66-67C, 1-6, 2015.
2) 2,015 学術論文 (審査論文) Shinya Watanabe, Junichi Iga, Shusuke Numata, Hidehiro Umehara, Akira Nishi, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita and Tetsuro Ohmori : Polymorphism in the promoter of the gene for the serotonin transporter affects the age of onset of major depressive disorder in the Japanese population., Journal of Affective Disorders, Vol.183, 156-158, 2015.
3) 2,015 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Shutaro Nakaaki, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : No association between the COMT Val158Met polymorphism and the long-term clinical response in obsessive-compulsive disorder in the Japanese population., Human Psychopharmacology, Vol.30, No.5, 372-376, 2015.
4) 2,015 学術論文 (審査論文) Masatoshi Inoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Hidenaga Yamamori, Ryota Hashimoto, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Sex differences of leukocytes DNA methylation adjusted for estimated cellular proportions., Biology of Sex Differences, Vol.6, 11, 2015.
5) 2,015 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Evaluation of an association between plasma total homocysteine and schizophrenia by a Mendelian randomization analysis., BMC Medical Genetics, Vol.16, 54, 2015.
6) 2,015 学術論文 (審査論文) Yoko Mori, Yuta Yoshino, Shinichiro Ochi, Kiyohiro Yamazaki, Kentaro Kawabe, Masao Abe, Tomoji Kitano, Yuki Ozaki, Taku Yoshida, Shusuke Numata, Takaaki Mori, Junichi Iga, Norio Kuroda, Tetsuro Ohmori and Shu-ichi Ueno : TREM2 mRNA Expression in Leukocytes Is Increased in Alzheimer's Disease and Schizophrenia., PLoS ONE, Vol.10, No.9, e0136835, 2015.
7) 2,015 学術論文 (審査論文) 武田 知也, 住谷 さつき, 濱谷 沙世, 横瀬 洋輔, 四方 めぐみ, 大森 哲郎 : 成人高機能自閉症スペクトラム障害におけるWechsler式知能検査と自閉症スペクトラム指数との関連, 精神医学, Vol.57, No.11, 919-926, 2015年.
8) 2,015 学術論文 (審査論文) Naomi Kameoka, Junichi Iga, Mai Tamaru, Takeo Tominaga, Hiroko Kubo, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori : Risk factors for refeeding hypophosphatemia in Japanese inpatients with anorexia nervosa., The International Journal of Eating Disorders, Vol.49, No.4, 402-406, 2016.
9) 2,015 学術論文 (審査論文) 松原 三郎, 安西 信雄, 太田 順一郎, 大森 哲郎, 小高 晃, 佐藤 茂樹, 佐野 威和雄, 羽藤 邦利, 三國 正彦, 山之内 芳雄, 吉住 昭, 渡辺 義文 : 「病床機能分化と地域移行」に関する学会員へのアンケート調査結果報告, 精神神經學雜誌, Vol.118, No.9, 680-687, 2016年.
10) 2,015 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Takeo Tominaga, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and employment in Japanese schizophrenia patients, Open Journal of Psychiatry, Vol.6, 65-70, 2016.
11) 2,015 学術論文 (審査論文) Shin-ichi Chiba, Masahito Tomotake, Masatomo Aono, Hidefumi Toshimitsu and Tetsuro Ohmori : Clinical correlates associated with basic ability of social life in schizophrenia inpa-tients, Open Journal of Psychiatry, Vol.6, No.1, 71-75, 2016.
12) 2,015 学術論文 (審査論文) T Saito, M Ikeda, T Mushiroda, T Ozeki, K Kondo, A Shimasaki, K Kawase, S Hashimoto, H Yamamori, Y Yasuda, M. Fujimoto, K Ohi, M. Takeda, Y Kamatani, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, SI Ueno, M Makinodan, Y Nishihata, M Kubota, T. Kimura, N Kanahara, N Hashimoto, K. Fujita, K Nemoto, T Fukao, T Suwa, T Noda, Y Yada, M Takaki, N Kida, T Otsuru, M. Murakami, A Takahashi, M Kubo, R Hashimoto and N Iwata : Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population., Biological Psychiatry, 2016.
13) 2,015 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, S Nakaaki, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : No association between BDNF Val66Met polymorphism and treatment response in obsessive-compulsive disorder in the Japanese population., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 611-615, 2016.
14) 2,015 学術論文 (審査論文) JI Iga, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Hidehiro Umehara, Akira Nishi, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, S Shimodera, H Fujita and Tetsuro Ohmori : Association study of polymorphism in the serotonin transporter gene promoter, methylation profiles, and expression in patients with major depressive disorder., Human Psychopharmacology, Vol.31, No.3, 193-199, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1) 2,015 総説・解説 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 血液を用いたうつ病の生物学的指標の探索, 日本生物学的精神医学会誌, Vol.27, No.1, 49-53, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1) 2,015 国際会議 Tetsuro Ohmori : Diagnosis and treatment of depression and stress related disorders., 20th National Conference on Medical and Health Sciences, Kota Bharu, Kelantan, Sep. 2015.
2) 2,015 国際会議 Tetsuro Ohmori : The mental health support to the great east Japan earthquake stricken areas - Contribution of Tokushima University, 20th National Conference on Medical and Health Sciences, Kota Bharu, Kelantan, Sep. 2015.
3) 2,015 国際会議 A NISHI, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, S SHIMODERA, S ONO, S OCHI, N KUROTAKI, A IMAMURA, Shu-ichi Ueno, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Trio-based exome sequencing identified de novo non-synonymous missense mutations in schizophrenia., Neuroscience, Chicago, Oct. 2015.
4) 2,015 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, A NISHI, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Genome-wide association study of plasma total homocysisteine in schizophrenia, Neuroscience, Chicago, Oct. 2015.
5) 2,015 国際会議 Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Atsushi Tajima, K OHI, R HASHIMOTO, S SHIMODERA, Issei Imoto, M TAKEDA and Tetsuro Ohmori : The effect of blood cellular heterogeneity on DNA methylation in schizophrenia, Neuroscience, Chicago, Oct. 2015.
6) 2,015 国際会議 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, A NISHI, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : A genome-wide association study of the long-term clinical response to SSRI or SSRI with antipsychotics in obsessive-compulsive disorder in the Japanese population, Neuroscience, Chicago, Oct. 2015.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1) 2,015 国内講演発表 沼田 周助, 石井 一夫, 大森 哲郎 : 気分障害の診断バイオマーカーの探索, 第111回日本精神神経学会学術総会, 2015年6月.
2) 2,015 国内講演発表 大森 哲郎 : 教育講演 薬物療法の基本:患者に利益する養生法, 第111回日本精神神経学会学術総会, 2015年6月.
3) 2,015 国内講演発表 沼田 周助, 木下 誠, 大森 哲郎 : One-Carbon Metabolismに着目した統合失調症の病態解明と治療法開発, 第111回日本精神神経学会学術総会, 2015年6月.
4) 2,015 国内講演発表 大森 哲郎 : シンポジウム卒前医学教育における心身医学教育の現状と普及への課題 医学教育における心身医学教育-精神科の立場から-, 第55回日本心身医学会総会, 2015年6月.
5) 2,015 国内講演発表 住谷 さつき, 武田 知也, 濱谷 沙世, 横瀬 洋輔, 四方 めぐみ, 大森 哲郎 : 成人高機能自閉スペクトラム症におけるWechsler式知能検査と自閉症スペクトラム指数との乖離, 第35回日本精神科診断学会, 2015年8月.
6) 2,015 国内講演発表 宮﨑 厚子, 門田 芳, 三嶋 りな, 福森 崇貴, 多田 幸雄, 大森 哲郎 : 緩和ケアにおける臨床心理士の役割の意義と有効性の検討 ∼チームアプローチでの臨床心理士の活動状況の変化から∼, 第28回日本サイコオンコロジー学会総会, 2015年9月.
7) 2,015 国内講演発表 井下 真利, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 梅原 英裕, 山森 英長, 橋本 亮太, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 細胞異種性を考慮した末梢血白血球のDNAメチル化の性差の検討, 第37回日本生物学的精神医学会, 2015年9月.
8) 2,015 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 強迫性障害の治療反応性とセロトニントランスポータ遺伝子多型との関連, 第37回日本生物学的精神医学会, 2015年9月.
9) 2,015 国内講演発表 渡部 真也, 伊賀 淳一, 梅原 英裕, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 日本人におけるセロトニントランスポーター多型とうつ病との関連研究, 第37回日本生物学的精神医学会, 2015年9月.
10) 2,015 国内講演発表 森 蓉子, 吉野 祐太, 越智 紳一郎, 山崎 聖弘, 安倍 賢郎, 尾崎 優樹, 北野 知地, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎, 上野 修一 : 統合失調症患者におけるNasu-Hakola病関連遺伝子の相関解析及び末梢血白血球の発現解析研究, 第37回日本生物学的精神医学会, 2015年9月.
11) 2,015 国内講演発表 武田 知也, 住谷 さつき, 濱谷 沙世, 横瀬 洋輔, 四方 めぐみ, 大森 哲郎 : Stroopおよび言語流暢性検査を用いた強迫性障害患者の脳血流変化の検討, 第37回日本生物学的精神医学会, 2015年9月.
12) 2,015 国内講演発表 武田 知也, 境 泉洋, 田丸 麻衣, 大森 哲郎 : 心因性難聴児に対する行動的介入の検討, 第41回日本認知・行動療法学会, 2015年10月.
13) 2,015 国内講演発表 濱谷 沙世, 友竹 正人, 武田 知也, 四方 めぐみ, 大森 哲郎 : 摂食障害患者におけるP-Fスタディの特徴, 第19回摂食障害学会, 2015年10月.
14) 2,015 国内講演発表 久保 弘子, 吉田 智之, 大森 哲郎 : SSRIの投与中に幻視を生じた一例, 第25回日本臨床精神薬理学会, 2015年10月.
15) 2,015 国内講演発表 伊賀 淳一, 渡部 真也, 沼田 周助, 梅原 英裕, 西 晃, 木下 誠, 井下 真利, 下寺 信次, 藤田 博一, 大森 哲郎 : うつ病患者における5HTTLPR,DNAメチル化,遺伝子発現の関連研究, 第25回日本臨床精神薬理学会, 2015年10月.
16) 2,015 国内講演発表 江戸 宏彰, 渡部 真也, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 一過性に精神病症状が出現した強迫性障害の一例, 第56回中国・四国精神神経学会, 2015年11月.
17) 2,015 国内講演発表 吉田 智之, 富岡 有紀子, 沼田 周助, 大森 哲郎 : クロザピン導入により攻撃性が著名に改善した統合失調症の一例, 第56回中国・四国精神神経学会, 2015年11月.
18) 2,015 国内講演発表 中山 知彦, 富永 武男, 山崎 博輝, 松井 尚子, 大森 哲郎 : ミルタザピン投与後に改善が得られた進行性多巣性白質脳症の一例, 第56回中国・四国精神神経学会, 2015年11月.
19) 2,015 国内講演発表 大森 哲郎, 大森 隆史 : 会長副会長講演 精神科医療と研修のハブとして, 第28回総合病院精神医学会総会, 2015年11月.
20) 2,015 国内講演発表 富永 武男, 松下 正民, 大森 哲郎 : 維持ECTにて経過良好な咽頭部違和感を主訴とする身体表現性障害の一例, 第28回総合病院精神医学会総会, 2015年11月.
21) 2,015 国内講演発表 宮﨑 厚子, 門田 芳, 三嶋 りな, 福森 崇貴, 多田 幸雄, 大森 哲郎 : がん診療連携拠点病院における緩和ケアチームの活動∼2症例から見る心理士の役割∼, 第28回総合病院精神医学会総会, 2015年11月.
22) 2,015 国内講演発表 千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 : 入院中の統合失調症患者の基本的な社会生活機能に関連した臨床症状, 第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
23) 2,015 国内講演発表 井ノ崎 敦子, 井﨑 ゆみ子, 西田 洋子, 西尾 よしみ, 武内 早苗, 早渕 純子, 横山 小百合, 赤坂 和哉, 藤原 朝洋, 井上 陽子, 前田 健一, 山本 真由美, 大森 哲郎 : 一般教員による障害学生支援の実態に関する調査研究, CAMPUS HEALTH, Vol.53, No.1, 414-416, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

1) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 書評 うつ病診療の論理と倫理 田島治,張賢徳編集 学樹書院, こころの科学, Vol.185, 81, 2016年.
2) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 編集後記, 精神神經學雜誌, Vol.118, No.1, 61, 2016年.
3) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 統合失調症の概念, 精神科治療学, Vol.31, 11-15, 2016年.
4) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 特集にあたって:統合失調症診療の新たな展開, Pharma Media, Vol.34, 7, 2016年.
5) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 みんなの不安と病気の不安, めんたる・へるす, Vol.65, 2-5, 2016年.
6) 2,015 作品等 大森 哲郎 : 社交不安障害の診断と治療, 小松島市医師会会報, No.51, 23-24, 2016年.

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1) 2,015 その他・研究会 武田 知也, 住谷 さつき, 濱谷 沙世, 横瀬 洋輔, 四方 めぐみ, 大森 哲郎 : 成人高機能自閉症スペクトラム障害におけるWechsler式知能検査と自閉症スペクトラム指数との関連, 第15回精神疾患と認知機能研究会, 2015年11月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1) 2,015 報告書 武内 早苗, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 随時尿でのNa, Cl測定による食塩摂取量と高血圧, --- 推定食塩摂取量を生活・食事指導に生かすために ---, 第45回中国四国大学保健管理研究集会報告書, 58-60, 2015年11月.

2016年度(平成28年度)

2016年度(平成28年度) / 著書

1) 2,016 著書 河村 保彦, 外輪 健一郎, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 2016年4月.
2) 2,016 著書 大森 哲郎 : CHAPTER 1 総論, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
3) 2,016 著書 住谷 さつき : CHAPTER 5 神経症性・ストレス関連性障害および身体表現性障害, 株式会社 中外医学社, 2016年6月.
4) 2,016 著書 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : うつ病の血液診断マーカー, 医薬ジャーナル社, 2016年12月.
5) 2,016 著書 大森 哲郎 : 精神疾患の治療I 身体療法, へるす出版, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,016 学術論文 (審査論文) Yuta Yoshino, Kentaro Kawabe, Kiyohiro Yamazaki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Yoko Mori, Taku Yoshida, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori and Shu-ichi Ueno : Elevated TREM2 mRNA Expression in Leukocytes in Schizophrenia but not Major Depressive Disorder, Journal of Neural Transmission, 2016.
2) 2,016 学術論文 (審査論文) Kushima Itaru, Aleksic Branko, Nakatochi Masahiro, Shimamura Teppei, Shiino Tomoko, Yoshimi Akira, Kimura Hiroki, Takasaki Yuto, Wang Chenyao, Xing Jingrui, Ishizuka Kanako, Oya-Ito Tomoko, Nakamura Yukako, Arioka Yuko, Maeda Takuji, Yamamoto Maeri, Yoshida Mami, Noma Hiromi, Hamada Shuko, Morikawa Mako, Uno Yota, Okada Takashi, Iidaka Tetsuya, Iritani Shuji, Miyashita Mitsuhiro, Kobori Akiko, Arai Makoto, Itokawa Masanari, Cheng Min-Chih, Chuang Yang-An, Chen Chia-Hsiang, Suzuki Michio, Takahashi Tsutomu, Hashimoto Ryota, Yamamori Hidenaga, Yasuda Yuka, Watanabe Yuichiro, Nunokawa Ayako, Someya Toshiyuki, Ikeda Masashi, Iwata Nakao, Toyota Tomoko, Yoshikawa Takeo, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Kunimoto Shohko, Mori Daisuke, Yamamoto Toshimichi and Ozaki Norio : High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan, Molecular Psychiatry, Vol.22, No.3, 430-440, 2016.
3) 2,016 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Masahito Nakataki, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder., PLoS ONE, Vol.11, No.6, e0157232., 2016.
4) 2,016 学術論文 (審査論文) 赤坂 和哉 : 大学のハラスメント相談における対応の転換点:主人のディスクールからヒステリー者のディスクールへ, 学生相談研究, Vol.37, No.1, 1-11, 2016年.
5) 2,016 学術論文 (審査論文) Y Yoshino, K Kawabe, T Mori, Y Mori, K Yamazaki, Shusuke Numata, S Nakata, T Yoshida, JI Iga, Tetsuro Ohmori and SI Ueno : Low methylation rates of dopamine receptor D2 gene promoter sites in Japanese schizophrenia subjects., The World Journal of Biological Psychiatry, Vol.17, No.6, 449-456, 2016.
6) 2,016 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Impaired social cognition in anorexia nervosa patients, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 2527-2531, 2016.
7) 2,016 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Sho Muraki, Atsushi Tsuchiya, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Cumulative effect of the plasma total homocysteine-related genetic variants on schizophrenia risk., Psychiatry Research, Vol.246, 833-837, 2016.
8) 2,016 学術論文 (審査論文) 武田 知也, 濱谷 沙世, 田丸 麻衣, 境 泉洋, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 認知行動療法的介入が有効であった心因性難聴の事例, 児童青年精神医学とその近接領域, Vol.58, No.2, 254-260, 2017年.
9) 2,016 学術論文 (審査論文) 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 武内 早苗, 武久 美奈子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 留学生のキャンパス内の精神科受診傾向の検討, CAMPUS HEALTH, Vol.54, No.2, 155-160, 2017年.
10) 2,016 学術論文 (審査論文) Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, Mai Tamaru, Masashi Ohta, Chiaki Nakayama-Yamauchi, Yasuhiro Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : 1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder., Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017.
11) 2,016 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori : Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients, Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
12) 2,016 学術論文 (審査論文) Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Junichi Iga, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, K Ishii and Tetsuro Ohmori : Gene expression-based biological test for major depressive disorder: an advanced study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.13, 535-541, 2017.
13) 2,016 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Prefrontal cortex activation during neuropsychological tasks might predict response to pharmacotherapy in patients with obsessive-compulsive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.23, No.13, 577-583, 2017.
14) 2,016 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, H Yamamori, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Shinji Shimodera, Takanobu Nakazawa, Masataka Kikuchi, Akihiro Nakaya, Hitoshi Hashimoto, Issei Imoto, Ryota Hashimoto and Tetsuro Ohmori : Effect of Clozapine on DNA Methylation in Peripheral Leukocytes from Patients with Treatment-Resistant Schizophrenia., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.3, E632, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,016 学術論文 (紀要その他) 赤澤 淳子, 井ノ崎 敦子, 上野 淳子, 松並 知子, 青野 篤子 : デートDVにおける暴力の頻度と精神的ダメージ, --- ジェンダーと暴力の双方向性への着目 ---, 人間文化学部紀要, Vol.17, 56-68, 2017年.
2) 2,016 学術論文 (紀要その他) 藤原 朝洋, 山本 真由美 : 健康づくりを目的とした講座が参加者の心理的健康に与える影響, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.26, 27-37, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

(なし)

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1) 2,016 総説・解説 赤坂 和哉 : 書評『現実的なものの歓待-分析的経験のためのパッサージュ-』, 精神分析研究, Vol.60, No.3, 382-383, 2016年7月.
2) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : 双極性障害の生物学的マーカー, カレントテラピー, Vol.35, No.5, 58-61, 2017年.
3) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメチレーションバイオマーカー, 分子精神医学, Vol.17, No.3, 40-46, 2017年.
4) 2,016 総説・解説 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の血液バイオマーカー, 日本臨牀, Vol.75, No.10, 1502-1507, 2017年.
5) 2,016 総説・解説 大森 哲郎 : 待てば海路の日和あり, 臨床精神医学, Vol.46, 637, 2017年.
6) 2,016 総説・解説 大森 哲郎 : 精神科薬物療法pros and cons 急性錐体外路症状に対して切り替えか,対症療法か, 臨床精神薬理, Vol.20, 1379-1381, 2017年.
7) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 強迫症/強迫性障害に対する抗精神病薬による増強療法, 精神科治療学, Vol.32, No.4, 449-454, 2017年.
8) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 自閉症スペクトラムと強迫症/強迫性障害, 最新精神医学, Vol.22, No.3, 219-225, 2017年.
9) 2,016 総説・解説 住谷 さつき : 小児・児童の強迫症/強迫性障害の臨床, Depression Strategy, Vol.7, No.2, 12-14, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, T Tanaka, Takeo Tominaga, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and employment in Japanese schizophrenia patients, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
2) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Sayo Hamatani, M Tamaru, Masahito Tomotake, Motohiro Sakai and Tetsuro Ohmori : Successful cognitive behavioral intervention in a case of psychogenic hearing loss, 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Jun. 2016.
3) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Set Shifting and Centarl Coherence in Eating Disorders, 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
4) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Chikako Kane and Tetsuro Ohmori : Social cognition in women with eating disorder, 31st International Congress of Psychology, Jul. 2016.
5) 2,016 国際会議 Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Masahito Nakataki, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Relationship between WAIS- and AQ in Japanese ASD patients with average intelligence quotient., 31st International Congress of Psychology, Tokyo, Jul. 2016.
6) 2,016 国際会議 Atsuko Inosaki, Junko Ueno, Tomoko Matsunami, Junko Akazawa and Atsuko Aono : Risk factors and correlates of dating violence(5):The connection between assaults and the psychological effects of intercourse., The 31th International Congress of Psychology program, Jul. 2016.
7) 2,016 国際会議 Masashi Ohta, Y Funakoshi, Masafumi Harada, Junichi Iga, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, C Nakayama, T Nishikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Satsuki Sumitani, M Tamaru and A. Uezato : Structural and functional brain alterations in schizophrenia patients treated with D-cycloserine:a combination of VBM and resting-state functional connectivity study., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
8) 2,016 国際会議 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Altered Serotonin transporter mRNA expression in the peripheral leukocytes of obsessive-compulsive disorder., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.
9) 2,016 国際会議 Mayumi YAMAMOTO and Mana Ishimoto : language development of infants and consciousness of nursery teachers in transition from onomatopoeia to the general vocabulary, 141, Yokohama Japan, Jul. 2016.
10) 2,016 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Issei Imoto, Ryota Hashimoto and Tetsuro Ohmori : DNA methylation changes in leukocytes by clozapine treatment in patients with treatment-resistant schizophrenia., Society for Neuroscience 2016 annual Meeting, San Diego, Nov. 2016.
11) 2,016 国際会議 Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Impaired social cognition in anorexia nervosa patients, 13th London International Eating Disorders Conference, Vol.12, 2527-2531, London, Mar. 2017.
12) 2,016 国際会議 Hamatani Sayo, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori : Characteristics of social cognition in women with anorexia nervosa., London Eating Disorders Confirence., London, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1) 2,016 国内講演発表 井ノ崎 敦子 : 恋愛で悩む女子学生への面接過程ー学生相談における母親からの脱同一視への寄与ー, 日本学生相談学会第34回発表論文集, 40, 2016年5月.
2) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 統合失調症の理解と診療の基本 レクチャーマラソン 神経内科に必要な精神疾患の基礎知識, 第57回 日本神経学会学術大会, 2016年5月.
3) 2,016 国内講演発表 門田 芳, 宮崎 厚子, 三嶋 りな, 福森 崇貴, 多田 幸雄, 大森 哲郎 : 徳島大学病院における血液疾患患者への心理士介入の現状, 第21回日本緩和医療学会, 2016年6月.
4) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 「内因性うつ病」に治療ガイドラインがあったとしたら シンポジウム 理念型としての「内因性うつ病」―定義・診断・治療ガイドライン作成は可能か, 第112回日本精神神経学会学術総会, 2016年6月.
5) 2,016 国内講演発表 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の診断および治療反応性予測マーカーの検討, 第112回日本精神神経学会学術総会, 2016年6月.
6) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 抗精神病薬のリスクとベネフィット,神経精神薬理学教育講座:神経精神薬理の基礎と臨床の最新のエビデンスの紹介, 第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月.
7) 2,016 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 田丸 麻衣, 久保 弘子, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 住谷 さつき, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における内側前頭前皮質の機能的統合安静時fMRI研究, 第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月.
8) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 医療現場に役立つ精神医学教育;国試出題基準・モデル・コアカリに基づく医学部卒前教育との関連 ワークショップ 医学生・看護学生・心理学科学生にうつ病をどう教えるか, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
9) 2,016 国内講演発表 沼田 周助, 大森 哲郎 : DNAメチル化修飾を利用したうつ病の診断マーカー開発の取り組み, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
10) 2,016 国内講演発表 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 気分の変動と摂食障害の症状が連動した双極性障害の一例, 第13回日本うつ病学会総会, 2016年8月.
11) 2,016 国内講演発表 山本 真由美 : 在宅後期高齢者への家族支援のあり方について, --- うつ症状?認知症?という医療診断 ---, 日本老年行動科学会第19回神奈川大会, 35, 2016年9月.
12) 2,016 国内講演発表 赤坂 和哉 : 大学のハラスメント相談における加害者とされる者に関する一考察:大学人のディスクールの一具体化としての加害者のディスクール, 日本心理臨床学会(第35回秋季大会), 2016年9月.
13) 2,016 国内講演発表 久島 周, アレクシッチ ブランコ, 中杤 昌弘, 島村 徹平, 椎野 智子, 吉見 陽, 木村 大樹, 高崎 悠登, Chenyao Wang, Jingrui Xing, 石塚 佳奈子, 大矢 友子, 岡田 俊, 山本 敏充, 新井 誠, 糸川 昌成, Chia-Hsiang Chen, 鈴木 道雄, 高橋 努, 橋本 亮太, 渡部 雄一郎, 染谷 俊幸, 池田 匡志, 岩田 仲生, 吉川 武男, 沼田 周助, 大森 哲郎, 國本 正子, 森 大輔, 尾崎 紀夫 : 統合失調症の高解析度ゲノムコピー数変異解析, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
14) 2,016 国内講演発表 吉野 祐太, 川邉 憲太郎, 森 蓉子, 山崎 聖広, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 大森 哲郎, 上野 修一 : 統合失調症における末梢白血球DRD2遺伝子メチル化率を用いた診断バイオマーカーの検討, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
15) 2,016 国内講演発表 木下 誠, 沼田 周助, 井下 真利, 大森 哲郎 : 統合失調症における血漿CRP濃度のDNAメチル化修飾への影響検討研究, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
16) 2,016 国内講演発表 渡部 真也, 沼田 周助, 石井 一夫, 大森 哲郎 : 遺伝子発現を用いたうつ病マーカーの疾患特異性の検証, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
17) 2,016 国内講演発表 山森 英長, 石間 環, 工藤 紀子, 安田 由華, 藤本 美智子, 大井 一高, 新津 富央, 沼田 周助, 伊豫 雅臣, 大森 哲郎, 橋本 謙二, 武田 雅俊, 橋本 亮太 : 統合失調症における血漿中sTNFR2・MMP-9と臨床症状・認知機能との関わり, 第38回日本生物学的精神医学会, 2016年9月.
18) 2,016 国内講演発表 濱谷 沙世, 友竹 正人, 梅原 英裕, 武田 知也, 大森 哲郎 : 児童養護施設で暮らす小6男児の癇癪弱化と職員へのペアレントトレーニング, 第42回日本認知・行動療法学会, 2016年10月.
19) 2,016 国内講演発表 濱谷 沙世, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 神経性無食欲症患者における社会認知の特性, 第20回日本摂食障害学会, 2016年10月.
20) 2,016 国内講演発表 福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 竹内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 : 歯科検診10年の取り組み, 2016年10月.
21) 2,016 国内講演発表 大森 哲郎 : 教育講演 統合失調症概念の変遷と治療パラダイムの変化, 第42回日本認知・行動療法学会, 2016年10月.
22) 2,016 国内講演発表 江頭 史華, 山本 真由美 : 大学生における複数の感情生起場面および曖昧な場面の理解と自己統制, 中国四国心理学会論文集, Vol.49, 63, 2016年10月.
23) 2,016 国内講演発表 伊藤 李歩, 山本 真由美 : 大学生のAD/HD的行動特徴と過去および現在の養育態度認知との関連, 中国四国心理学会論文集, Vol.49, 62, 2016年10月.
24) 2,016 国内講演発表 川端 正志, 井下 真利, 江戸 宏彰, 垂髪 裕樹, 沼田 周助, 梶 龍兒, 大森 哲郎 : 血液透析による体内リチウム除去後も神経症状が残存した急性リチウム中毒の一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
25) 2,016 国内講演発表 松葉 尚隆, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 : ECTが病相治療と予防に著効した精神病症状を伴う反復性うつ病性障害の一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
26) 2,016 国内講演発表 松本 康平, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 摂食障害の経過中に幻覚妄想が顕在化し統合失調症と診断を変更した一例, 第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
27) 2,016 国内講演発表 梅原 英裕, 沼田 周助, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : GWASによる強迫性障害の薬物反応性関連パスウエイの同定, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
28) 2,016 国内講演発表 斎藤 竹生, 池田 匡志, 筵田 泰誠, 大関 健志, 近藤 健治, 島崎 愛夕, 川瀬 康平, 橋本 修二, 山森 英長, 安田 由華, 藤本 美智子, 大井 一高, 武田 雅俊, 鎌谷 洋一郎, 沼田 周助, 大森 哲郎, 上野 修一, 牧之段 学, 西畑 陽介, 久保田 正春, 木村 武実, 金原 信久, 橋本 直樹, 藤田 潔, 根本 清貴, 深尾 琢, 諏訪 太朗, 野田 哲郎, 矢田 勇慈, 高木 学, 太田 直也, 大鶴 卓, 村上 優, 高橋 篤, 久保 充明, 橋本 亮太, 岩田 仲生 : クロザピン誘発性無顆粒球症・顆粒球減少症に関する薬理ゲノム学的研究, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
29) 2,016 国内講演発表 久保 弘子, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 原田 雅史, 大森 哲郎 : MRSを用いた気分安定薬服用中の双極性障害患者におけるグルタミン酸神経伝達の異常, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月.
30) 2,016 国内講演発表 佐藤 高則, 秋吉 研二, Ahmed Ibrahim Elhossany Elmarhomy, 武岡 大輔, 時久 栞, 井上 翔太, 小林 大起, 都築 弘充, 村中 貴恵, 森 健太朗, 小野 覚久, 山本 真由美, 中山 信太郎 : 東日本大震災から学ぶ防災教育の実態と課題, 平成28年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 38-39, 2016年12月.
31) 2,016 国内講演発表 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 門田 芳, 井下 真利, 多田 幸雄, 福森 崇貴, 大森 哲郎 : 緩和ケアチーム体制の変化が臨床心理士の介入形態に及ぼす影響∼徳島大学病院でのチーム活動の検討から∼, 第30回日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 192, 2017年.
32) 2,016 国内講演発表 井ノ崎 敦子, 赤澤 淳子, 下村 淳子, 上野 淳子 : 養護教諭によるデートDV予防教育に関する研究(2)ー養護教諭のリプロだアクティブ・バイアスと個人変数との関連ー, 日本健康相談活動学会第13回学術集会抄録集, 98, 2017年2月.
33) 2,016 国内講演発表 富永 武男, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の認知機能と社会機能の関連, 第12回日本統合失調症学会, 2017年3月.
34) 2,016 国内講演発表 井ノ崎 敦子 : DV被害者相談員対象研修プログラムの開発と効果(1)‐受講者アンケートの分析‐, 日本発達心理学会第28回大会発表論文集, 2017年3月.
35) 2,016 国内講演発表 Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Masahito Nakataki, Atsushi Tajima, 池田 匡志, 丸山 惣一郎, 山森 英長, 金沢 徹文, 下寺 信次, 橋本 亮太, Issei Imoto, 米田 博, 岩田 仲生, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : C-reactive protein and schizophrenia; A Mendelian Randomization approach., 第12回日本統合失調症学会, Mar. 2017.
36) 2,016 国内講演発表 山森 英長, 石間 環, 工藤 紀子, 根本 清貴, 安田 由華, 藤本 美智子, 畦 地裕統, 新津 富央, 沼田 周助, 池田 学, 伊豫 雅臣, 大森 哲郎, 福永 雅喜, 渡邉 嘉之, 橋本 謙二, 橋本 亮太 : 統合失調症における血漿中sTNFR2・MMP-9と臨床症状・認知機能との関わり, 第12回日本統合失調症学会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

1) 2,016 作品等 大森 哲郎 : 書評 統合失調症治療ガイドライン 日本神経精神薬理学会編, 週刊医学界新聞, No.3190, 2016年9月.
2) 2,016 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 艱難汝を玉にす,は本当か, めんたる・へるす, Vol.66, 2-5, 2017年.

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1) 2,016 その他・研究会 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 武内 早苗, 武久 美奈子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 留学生の精神科受診傾向について, 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 107, 2016年9月.
2) 2,016 その他・研究会 福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 武内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 : 歯科検診10年の取り組み, 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 51, 2016年9月.
3) 2,016 その他・研究会 濱谷 沙世, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 神経性無食欲症患者における社会認知の特性, 第16回精神疾患と認知機能研究会, 2016年11月.
4) 2,016 その他・研究会 木下 誠, 沼田 周助, 富岡 有紀子, 吉田 冬子, 功刀 浩, 大森 哲郎 : Evaluation of causal associations between C-reactive protein levels and bipolar disorder., 第35回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2016年11月.
5) 2,016 その他・研究会 梅原 英裕, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の末梢血におけるメタボローム解析, 第35回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2016年11月.
6) 2,016 その他・研究会 秋吉 研二, Ahmed Ibrahim Elhossany Elmarhomy, 武岡 大輔, 時久 栞, 山本 真由美, 中山 信太郎, 佐藤 高則 : 社会的弱者,特に外国人と女性の視点から学ぶ減災, 平成28年度総合科学教育部プロジェクト研究I 発表会, 2017年2月.
7) 2,016 その他・研究会 赤坂 和哉 : 「もう一人」の自分がいると語る30代女性の症例, 精神分析臨床研究会(第30回), 2017年2月.
8) 2,016 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 結論への飛躍バイアスや決断への自信と認知機能との関連, 第3回CEPD研究会, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

1) 2,016 報告書 秋吉 研二, Ahmed Ibrahim Elhossany Elmarhomy, 武岡 大輔, 時久 栞, 山本 真由美, 中山 信太郎, 佐藤 高則 : 平成28年度プロジェクト研究I(佐藤グループ)報告書, --- 社会的弱者,特に外国人と女性の視点から学ぶ減災 ---, 平成28年度総合科学教育部プロジェクト研究I 報告書, 1-11, 徳島, 2017年1月.

2017年度(平成29年度)

2017年度(平成29年度) / 著書

1) 2,017 著書 山本 真由美, 金西 計英, 高橋 暁子 : 発達心理学をアクティブに学ぶ, 北大路書房, 2017年12月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,017 学術論文 (審査論文) 井﨑 ゆみ子, 武久 美奈子, 大森 哲郎 : 大学におけるメンタルヘルス対策の検討 入学時のメンタルヘルス健診と在学中の精神科受療行動との関連から, 精神科治療学, Vol.32, No.5, 697-704, 2017年.
2) 2,017 学術論文 (審査論文) Takeo Saito, Masashi Ikeda, Ryota Hashimoto, Nakao Iwata, Yamamori Hidenaga, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Kenji Kondo, Ayu Shimasaki, Kohei Kawase, Masami Miyata, Taisei Mushiroda, Takeshi Ozeki, Michiaki Kubo, Kiyoshi Fujita, Kida Naoya, Nakai Minori, Taku Otsuru, Yasuhide Fukuji, Masaru Murakami, Kentaro Mizuno, Toshiaki Shiratsuchi, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Shu-ichi Ueno, Yuji Yada, Sadakazu Tanaka, Yoshiki Kishi, Manabu Takaki, Akiko Mamoto, Norio Taniguchi, Yutaka Sawa, Haruo Watanabe, Tetsuro Noda, Yuuhei Amano, Takemi Kimura, Taku Fukao, Taro Suwa, Toshiya Murai, Masaharu Kubota, Keishi Ueda, Hideaki Tabuse, Nobuhisa Kanahara, Kawai Nobutoshi, Kiyotaka Nemoto, Manabu Makinodan, Yosuke Nishihata, Naoki Hashimoto, Ichiro Kusumi, Yasuo Fujii, Ryoji Miyata, Kyuryoku Hirakawa and Norio Ozaki : Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population., Biological Psychiatry, Vol.82, No.1, e9-e10, 2017.
3) 2,017 学術論文 (審査論文) Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Yutaka Hatakeyama, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Kiyoshi Nakahara, Takeshi Nikawa and Tetsuro Ohmori : Altered KYN/TRP, Gln/Glu, and Met/methionine sulfoxide ratios in the blood plasma of medication-free patients with major depressive disorder., Scientific Reports, Vol.7, No.1, 4855, 2017.
4) 2,017 学術論文 (審査論文) Kazuo Takiguchi, Akihito Uezato, Michio Itasaka, Hidenori Atsuta, Kenji Narushima, Naoki Yamamoto, Akeo Kurumaji, Makoto Tomita, Kazunari Oshima, Kosaku Shoda, Mai Tamaru, Masahito Nakataki, Mitsutoshi Okazaki, Sayuri Ishiwata, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Kunimasa Arima, Tetsuro Ohmori and Toru Nishikawa : Association of schizophrenia onset age and white matter integrity with treatment effect of D-cycloserine: a randomized placebo-controlled double-blind crossover study., BMC Psychiatry, Vol.17, No.1, 249, 2017.
5) 2,017 学術論文 (審査論文) Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Masashi Ohta, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita and Tetsuro Ohmori : Impaired central coherence in patients with anorexia nervosa, Psychiatry Research, Vol.259, 77-80, 2017.
6) 2,017 学術論文 (審査論文) 千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 : Functional Independence Measure を用いて評価した統合失調症患者の基本的な社会生活機能と臨床諸要因との関連, 四国医学雑誌, Vol.73, No.5,6, 283-288, 2017年.
7) 2,017 学術論文 (審査論文) Chikako Kane, Masahito Tomotake, Sayo Hamatani, Shin-ichi Chiba and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing quality of life in anorexia nervosa patients, Open Journal of Psychiatry, Vol.8, 50-60, 2018.
8) 2,017 学術論文 (審査論文) 亀岡 智美, 瀧野 揚三, 野坂 祐子, 岩切 昌宏, 中村 有吾, 加藤 寛 : トラウマインフォームドケア : その歴史的展望, 精神神經學雜誌, Vol.120, No.3, 173-185, 2018年.
9) 2,017 学術論文 (審査論文) M Ikeda, A Takahashi, Y Kamatani, Y Okahisa, H Kunugi, N Mori, T Sasaki, Tetsuro Ohmori, Y Okamoto, H Kawasaki, S Shimodera, T Kato, H Yoneda, R Yoshimura, M Iyo, K Matsuda, M Akiyama, K Ashikawa, K Kashiwase, K Tokunaga, K Kondo, T Saito, A Shimasaki, K Kawase, T Kitajima, K Matsuo, M Itokawa, T Someya, T Inada, R Hashimoto, T Inoue, K Akiyama, H Tanii, H Arai, S Kanba, N Ozaki, I Kusumi, T Yoshikawa, M Kubo and N Iwata : A Genome-Wide Association Study Identifies Two Novel Susceptibility Loci and Trans Population Polygenicity Associated With Bipolar Disorder., Molecular Psychiatry, Vol.23, No.3, 639-647, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,017 学術論文 (紀要その他) 中村 有吾 : 教育領域における発達障害のトラウマケアについての一考察, 大阪商業大学教職課程研究紀要 = Journal of the Teacher-Training Course at Osaka University of Commerce, Vol.1, No.1, 37-47, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1) 2,017 総説・解説 阪間 稔, 中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 西澤 邦秀, 佐藤 一雄, 松本 絵里佳, 坂口 由貴子, 長野 裕介, 誉田 栄一, 山本 真由美, 吉田 みどり, 桑原 義典, 三浦 哉, 小野 覚久, 荒木 秀夫, 紀之定 和代, 田中 耕市 : 徳島大学における原子力災害復興住民支援プロジェクト放射線教育・運動指導・発達支援の統合プログラムの紹介, 放射線生物研究, Vol.52, No.1, 95-114, 2017年4月.
2) 2,017 総説・解説 大森 哲郎 : 電子化時代の精神神経学雑誌, 精神神經學雜誌, Vol.120, No.1, 1, 2018年.
3) 2,017 総説・解説 渡部 真也, 大森 哲郎 : うつ病の薬物療法, 精神科, Vol.32, No.1, 56-60, 2018年.
4) 2,017 総説・解説 富岡 有紀子, 沼田 周助, 大森 哲郎 : ビタミンB6と統合失調症, 会誌ビタミン vitamins(Japan), Vol.92, No.10, 450-456, 2018年.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1) 2,017 国際会議 Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Kazuo Ishii, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Gene expression-based diagnostic marker for bipolar disorder., 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, Indonesia, Apr. 2017.
2) 2,017 国際会議 Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Makoto Kinoshita, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Pharmacometabolomic changes following antidepressants in patients with major depressive disorder., 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, Indonesia, Apr. 2017.
3) 2,017 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae and Tetsuro Ohmori : The effect of negative thoughts on QOL in patients with schizophrenia., The 45th BABCP Annual Workshops and Conference, Manchester, Jul. 2017.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1) 2,017 国内講演発表 川端 正志, 沼田 周助, 井下 真利, 江戸 宏彰, 垂髪 裕樹, 梶 龍兒, 大森 哲郎 : 血液透析による体内リチウム除去後も神経症状が在存した急性リチウム中毒の一例, 第113回日本精神神経学会学術総会, 2017年6月.
2) 2,017 国内講演発表 千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 : 入院中の統合失調症患者における認知機能と精神症状,基本的な社会生活機能の関連性の検討, 第255回徳島医学会学術集会プログラム抄録集, 31, 2017年8月.
3) 2,017 国内講演発表 佐藤 高則, 中山 信太郎, 山本 真由美 : 東日本大震災被災地支援と連携したAL型大学院教育, SPODフォーラム2017 プログラム, P-23, 2017年8月.
4) 2,017 国内講演発表 松浦 可苗, 濱谷 沙世, 武田 知也, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : ASD精査目的で行われたWAIS-ⅢとPARS-TRとの関連, 第81回日本心理学会, 2017年9月.
5) 2,017 国内講演発表 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能を媒介した脳灰白質体積とQOLの関連., 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月.
6) 2,017 国内講演発表 Shusuke Numata, Hidehiro Umehara and Tetsuro Ohmori : DNA methylation of the serotonin transporter gene in obsessive-compulsive disorder., 第39回日本生物学的精神医学会, Sep. 2017.
7) 2,017 国内講演発表 森信 繁, 吉本 啓一郎, 須賀 楓介, 上村 直人, 下寺 信次, 沼田 周助, 大森 哲郎 : GSK3beta遺伝子及びBDNF遺伝子のCNVによる双極性障害のリチウム反応性の研究, 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月.
8) 2,017 国内講演発表 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Altered Serotonin transporter mRNA expression in the peripheral leukocytes of obsessive-compulsive disorder, 第47回日本神経精神薬理学会・第39回日本生物学的精神医学会 合同年会, Sep. 2017.
9) 2,017 国内講演発表 松浦 可苗, 川端 正志, 境 泉洋, 大森 哲郎 : 休職中の反復性うつ病の男性に対する認知行動療法, 第43回日本認知・行動療法学会, 2017年9月.
10) 2,017 国内講演発表 加根 千賀子, 友竹 正人, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 神経性やせ症患者のQOLに影響を及ぼす臨床要因, 第58回日本児童青年精神医学会, 2017年10月.
11) 2,017 国内講演発表 加根 千賀子, 友竹 正人, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 神経性やせ症患者のレジリエンスに影響を及ぼす臨床要因, 第58回日本児童青年精神医学会, 2017年10月.
12) 2,017 国内講演発表 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病における血漿グルタミン,グルタミン酸,グルタミン/グルタミン酸比, 第27回日本臨床精神神経薬理学会, 2017年11月.
13) 2,017 国内講演発表 梅原 英裕, 大森 哲郎 : 行動特性に隠れててんかん発作が見逃されていた広汎性発達障害の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
14) 2,017 国内講演発表 多田 幸雄, 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 門田 芳, 谷口 早紀, 中瀧 理仁, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : がん患者を対象とした心理士による心理相談と,精神科によるリエゾン診療, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
15) 2,017 国内講演発表 川端 正志, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 治療抵抗性と考えられたが十分量のリスペリドンにて症状改善した統合失調症の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
16) 2,017 国内講演発表 松葉 尚隆, 井下 真利, 大森 哲郎 : 術後せん妄を併発し診断に時間を要したレビー小体型認知症の1 例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
17) 2,017 国内講演発表 青井 駿, 梅原 英裕, 黒田 一駿, 山本 伸昭, 大森 哲郎 : 幻覚妄想状態の治療後に前頭葉機能低下が残存したパーキンソン病の一例, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
18) 2,017 国内講演発表 佐藤 高則, Gantulga Uuganbaatar, Erdenebat Erdenedalai, 岡 里美, 谷口 智紀, 平田 晶子, 藤巻 晃, 山本 真由美, 中山 信太郎 : 東日本大震災被災地支援と連携したPBL型大学院教育, 平成29年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 46-47, 2018年1月.
19) 2,017 国内講演発表 中村 有吾 : 学校での問題行動とトラウマインフォームドケア, 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター 第5回プロジェクトフォーラム, 2018年2月.
20) 2,017 国内講演発表 中村 有吾 : 教育領域でのトラウマインフォームドケア, 第7回 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター・シンポジウム, 2018年3月.
21) 2,017 国内講演発表 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の否定的・肯定的自動思考と臨床要因との関連, 第13回統合失調症学会, 2018年3月.
22) 2,017 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 久保 弘子, 田丸 麻衣, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における脳構造的および機能的結合性変化 VBMと安静時fMRIによるコンビネーション研究., 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
23) 2,017 国内講演発表 富永 武男, 友竹 正人, 武田 知也, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の生活技能と関連する要因の検討~認知機能を中心に~, 第13回統合失調症学会, 2018年3月.
24) 2,017 国内講演発表 富岡 有紀子, 沼田 周助, 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 岩山 佳美, 豊田 倫子, 池田 匡志, 山森 英長, 下寺 信次, 田嶋 敦, 橋本 亮太, 岩田 仲生, 吉川 武男, 大森 哲郎 : 血清ピリドキサール(ビタミンB6)と統合失調症の関連研究, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
25) 2,017 国内講演発表 大森 哲郎 : 統合失調症の概念と治療の変遷, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
26) 2,017 国内講演発表 西 晃, 沼田 周助, 田嶋 敦, Xiaolei Zhu, 伊藤 候輝, 斎藤 淳, 加藤 有介, 木下 誠, 下寺 信次, 小野 慎治, 越智 紳一郎, 今村 明, 黒滝 直弘, 上野 修一, 岩田 仲生, 福井 清, 井本 逸勢, 神谷 篤, 大森 哲郎 : 統合失調症におけるde novo変異(突然変異)研究, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

1) 2,017 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言マイケル・ラター教授へのインタビュー, めんたるへるす, Vol.67, 1-4, 2018年.
2) 2,017 作品等 大森 哲郎 : 書評 「なぜ子どもは自殺するのか 傳田健三著」, 精神医学, Vol.60, 1055, 2018年.

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1) 2,017 その他・研究会 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメタボローム解析, 第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月.
2) 2,017 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : Jumping to conclusionバイアスと認知機能との関連, 第17回精神疾患と認知機能研究会, 2017年11月.
3) 2,017 その他・研究会 Gantulga Uuganbaatar, Erdenebat Erdenedalai, 岡 里美, 谷口 智紀, 平田 晶子, 藤巻 晃, 山本 真由美, 中山 信太郎, 佐藤 高則 : 大震災に備える放射線・防災教育 ∼留学生および日本人学生に向けて∼, 平成29年度総合科学教育部プロジェクト研究I 成果発表会兼FDプログラム, 2018年2月.
4) 2,017 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能と否定的・肯定的認知の関連., 第4回CEPD会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

1) 2,017 報告書 Gantulga Uuganbaatar, Erdenebat Erdenedalai, 岡 里美, 谷口 智紀, 平田 晶子, 藤巻 晃, 山本 真由美, 中山 信太郎, 佐藤 高則 : 平成29年度プロジェクト研究I(佐藤グループ)報告書, --- 大震災に備える放射線・防災教育 ∼留学生および日本人学生に向けて∼ ---, 平成29年度総合科学教育部プロジェクト研究I 報告書, 1-12, 徳島, 2018年1月.
2) 2,017 報告書 佐藤 高則, 山本 真由美, 中山 信太郎 : 大震災に備える放射線・防災教育 ∼留学生および日本人学生に向けて∼, 平成29年度プロジェクト研究 授業実施報告書, 1, 徳島, 2018年2月.

2018年度(平成30年度)

2018年度(平成30年度) / 著書

(なし)

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,018 学術論文 (審査論文) Masatoshi Inoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Atsushi Tajima, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Elevated peripheral blood glutamate levels in major depressive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 945-953, 2018.
2) 2,018 学術論文 (審査論文) S Okazaki, A Hishimoto, I Otsuka, Y Watanabe, Shusuke Numata, S Boku, N Shimmyo, Makoto Kinoshita, E Inoue, Tetsuro Ohmori, T Someya and I Sora : Increased serum levels and promoter polymorphisms of macrophage migration inhibitory factor in schizophrenia., Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.83, 33-41, 2018.
3) 2,018 学術論文 (審査論文) Yukiko Tomioka, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Y Iwayama, T Toyota, M Ikeda, H Yamamori, S Shimodera, A Tajima, R Hashimoto, N Iwata, T Yoshikawa and Tetsuro Ohmori : Decreased serum pyridoxal levels in schizophrenia: meta-analysis and Mendelian randomization analysis., Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.43, No.3, 194-200, 2018.
4) 2,018 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Sayo Hamatani, Kanae Matsuura and Tetsuro Ohmori : Effect of cognitive function on jumping to conclusion in patients with schizophrenia., Schizophrenia Research. Cognition, Vol.12, 50-55, 2018.
5) 2,018 学術論文 (審査論文) Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, K Matsuura, M Otomo, N Takeichi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Structural equation modeling approach between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia: an ICA resting-state fMRI study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 1585-1597, 2018.
6) 2,018 学術論文 (審査論文) Noriko Kudo, Hidenaga Yamamori, Tamaki Ishima, Kiyotaka Nemoto, Yuka Yasuda, Michiko Fujimoto, Hirotsugu Azechi, Tomihisa Niitsu, Shusuke Numata, Manabu Ikeda, Masaomi Iyo, Tetsuro Ohmori, Masaki Fukunaga, Yoshiyuki Watanabe, Kenji Hashimoto and Ryota Hashimoto : Plasma Levels of Soluble Tumor Necrosis Factor Receptor 2 (sTNFR2) are Associated with Hippocampal Volume and Cognitive Performance in Patients with Schizophrenia., The International Journal of Neuropsychopharmacology, Vol.21, No.7, 631-639, 2018.
7) 2,018 学術論文 (審査論文) Y Zhang, A Hishimoto, I Otsuka, Y Watanabe, Shusuke Numata, H Yamamori, S Boku, T Horai, T Someya, Tetsuro Ohmori, R Hashimoto and I Sora : Longer telomeres in elderly schizophrenia are associated with long-term hospitalization in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.103, 161-166, 2018.
8) 2,018 学術論文 (審査論文) Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between social and cognitive functions in people with schizophrenia, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 2215-2224, 2018.
9) 2,018 学術論文 (審査論文) I Kushima, B Aleksic, M Nakatochi, T Shimamura, T Okada, Y Uno, M Morikawa, K Ishizuka, T Shiino, H Kimura, Y Arioka, A Yoshimi, Y Takasaki, Y Yu, Y Nakamura, M Yamamoto, T Iidaka, S Iritani, T Inada, N Ogawa, E Shishido, Y Torii, N Kawano, Y Omura, T Yoshikawa, T Uchiyama, T Yamamoto, M Ikeda, R Hashimoto, H Yamamori, Y Yasuda, T Someya, Y Watanabe, J Egawa, A Nunokawa, M Itokawa, M Arai, M Miyashita, A Kobori, M Suzuki, T Takahashi, M Usami, M Kodaira, K Watanabe, T Sasaki, H Kuwabara, M Tochigi, F Nishimura, H Yamasue, Y Eriguchi, S Benner, M Kojima, W Yassin, T Munesue, S Yokoyama, R Kimura, Y Funabiki, H Kosaka, M Ishitobi, Tetsuro Ohmori, Shusuke Numata, T Yoshikawa, T Toyota, K Yamakawa, T Suzuki, Y Inoue, K Nakaoka, YI Goto, M Inagaki, N Hashimoto, I Kusumi, S Son, T Murai, T Ikegame, N Okada, K Kasai, S Kunimoto, D Mori, N Iwata and N Ozaki : Comparative Analyses of Copy-Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights., Cell Reports, Vol.24, No.11, 2838-2856, 2018.
10) 2,018 学術論文 (審査論文) Shusuke Numata, Hidehiro Umehara, Tetsuro Ohmori and R. Hashimoto : Clozapine Pharmacogenetic Studies in Schizophrenia: Efficacy and Agranulocytosis., Frontiers in Pharmacology, Vol.9, 1049, 2018.
11) 2,018 学術論文 (審査論文) N Yamaki, I Otsuka, Shusuke Numata, M Yanagi, K Mouri, S Okazaki, S Boku, T Horai, Tetsuro Ohmori, O Shirakawa, I Sora and A Hishimoto : Mitochondrial DNA copy number of peripheral blood in bipolar disorder: The present study and a meta-analysis., Psychiatry Research, Vol.269, 115-117, 2018.
12) 2,018 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Ryoma Morigaki, Satsuki Sumitani, Satoshi Goto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Turning on the Left Side Electrode Changed Depressive State to Manic State in a Parkinson's Disease Patient Who Received Bilateral Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation: A Case Report., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.16, No.4, 494-496, 2018.
13) 2,018 学術論文 (審査論文) Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, S Hamatani, K Matsuura, R Yoshida, Naomi Kameoka, Takeo Tominaga, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Negative and positive self-thoughts predict subjective quality of life in people with schizophrenia., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 293-301, 2019.
14) 2,018 学術論文 (審査論文) Chikako Kane, Masahito Tomotake, Hamatani Sayo, Shin-ichi Chiba, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing resilience in patients with anorexia nervosa, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 391-395, 2019.
15) 2,018 学術論文 (審査論文) Satoshi Okazaki, Ikuo Otsuka, Shusuke Numata, Tadasu Horai, Kentaro Mouri, Shuken Boku, Tetsuro Ohmori, Ichiro Sora and Akitoyo Hishimoto : Epigenetic clock analysis of blood samples from Japanese schizophrenia patients., NPJ Schizophrenia, Vol.5, No.1, 4, 2019.

2018年度(平成30年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,018 学術論文 (紀要その他) 山本 真由美, 関 遥香 : UPIとUPI-GRはどのように違うのか, 徳島大学人間科学研究, Vol.26, No.1, 1-11, 2018年.
2) 2,018 学術論文 (紀要その他) 中村 有吾, 瀧野 揚三, 岩切 昌宏 : 米国マサチューセッツ州におけるトラウマセンシティブスクールの実際, 学校危機とメンタルケア, Vol.11, 1-14, 2019年.
3) 2,018 学術論文 (紀要その他) 山本 真由美 : グループ回想法を用いた人生の振り返り : 大学公開講座における回想法の事例をもとに, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.28, 49-58, 2019年.

2018年度(平成30年度) / 学術レター

1) 2,018 学術レター Takanori Satoh, Mayumi YAMAMOTO and Shintaro Nakayama : Activities Supporting Fukushima in Japan for Seven Years, Towards the Sustainable Development, Proceedings of SUSTAINABILITY SEMINAR 2018: TOWARDS SUSTAINABLE SOCIETY, 1-9, 2018.

2018年度(平成30年度) / 総説・解説

1) 2,018 総説・解説 大森 哲郎 : どのような患者にいつまでどのような維持療法が必要か, 臨床精神薬理, Vol.21, No.8, 1007-1018, 2018年8月.
2) 2,018 総説・解説 大森 哲郎 : 症例報告における本人同意原則化の必要性‐投稿規定改訂(2018年4月)に添えて‐, 精神神經學雜誌, Vol.120, No.9, 757-758, 2018年9月.
3) 2,018 総説・解説 木下 誠, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 精神疾患における末梢血所見と死後脳所見の比較, 日本生物学的精神医学会誌, Vol.30, No.4, 157-162, 2019年.

2018年度(平成30年度) / 国際会議

1) 2,018 国際会議 Tetsuro Ohmori : Partnership with patients and their family in an psychiatric meeting; taking an example in the 13th Annual Meeting of the Japanese Society of Schizophrenia Research in Tokushima., The Royal Australian and New Zealand College of Psychiatrists (RANZCP), Auckland, New Zealand, May 2018.
2) 2,018 国際会議 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae, Yoshida Reona and Tetsuro Ohmori : Relationship clinical variables and positive self-thought in patients with schizophrenia., The 46th BABCP Annual Workshops and Conference, Glasgow, Scotland., Jul. 2018.
3) 2,018 国際会議 Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia., WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.

2018年度(平成30年度) / 国内講演発表

1) 2,018 国内講演発表 中村 有吾 : 教育領域におけるトラウマインフォームドアプローチの職員研修を考える, 第17回日本トラウマティック・ストレス学会, 2018年6月.
2) 2,018 国内講演発表 大田 将史, 中瀧 理仁, 武田 知也, 沼田 周助, 富永 武男, 亀岡 尚美, 久保 弘子, 木下 誠, 松浦 可苗, 大友 真姫, 武市 直也, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 統合失調症におけるSalience Network機能障害,抑うつ気分,および主観的QOLの因果関係., 第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年6月.
3) 2,018 国内講演発表 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の末梢白血球におけるSGK1遺伝子発現, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
4) 2,018 国内講演発表 井下 真利, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 木下 誠, 富岡 有紀子, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病患者の末梢血グルタミン酸濃度のメタ解析, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
5) 2,018 国内講演発表 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 沼田 周助, 亀岡 尚美, 渡部 真也, 梅原 英裕, 大田 将史, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 双極性障害患者におけるアミノ酸系神経伝達物質の異常, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
6) 2,018 国内講演発表 谷口 早紀, 一宮 由貴, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 三木 幸代, 大田 将史, 大森 哲郎 : 看取りに向けた病棟・緩和ケアチーム連携が家族関係の変容に寄与した一例., 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
7) 2,018 国内講演発表 宮﨑 厚子, 新井 恭子, 谷口 早紀, 與儀 耕大, 三木 幸代, 松岡 由江, 一宮 由貴, 大田 将史, 大森 哲郎 : 急速に進行する原発不明がん患者への意思決定支援:抗がん剤治療中止の喪失感と先進医療への期待の狭間で., 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
8) 2,018 国内講演発表 與儀 耕大, 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 一宮 由貴, 三木 幸代, 堤 理恵, 大森 哲郎 : 徳島大学病院がんサロンの活動報告と今後の展望, 第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
9) 2,018 国内講演発表 松浦 可苗, 武田 知也, 吉田 玲於奈, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 徳島大学病院精神科で実施された心理検査の変遷, 日本心理学会第82回大会, 2018年9月.
10) 2,018 国内講演発表 大田 将史, 吉田 朋広, 大森 哲郎 : 入院中に適応障害からうつ病への診断変更を要した1例., 第38回日本精神科診断学会, 2018年10月.
11) 2,018 国内講演発表 吉田 朋広, 大田 将史, 大森 哲郎 : 適応障害からうつ病への診断変更を要した1例., 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
12) 2,018 国内講演発表 松本 唯, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 多職種が介入しクロザピン導入・継続が可能となった治療抵抗性統合失調症の一例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
13) 2,018 国内講演発表 藤雄 一朗, 川端 正志, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 変薬を繰り返して安定した効果を得た統合失調症の1 例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
14) 2,018 国内講演発表 香川 真衣音, 中山 知彦, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 電気けいれん療法(ECT)を重ねて寛解した緊張病症状を伴ううつ病の一例, 第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
15) 2,018 国内講演発表 中村 有吾 : 教育領域でのトラウマインフォームドケアーマサチューセッツ州の取り組みを参照してー, 第8回 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター・シンポジウム, 2019年3月.

2018年度(平成30年度) / 作品等

1) 2,018 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 和文論文のすすめ, 精神神經學雜誌, Vol.121, No.1, 1, 2019年.
2) 2,018 作品等 大森 哲郎 : 巻頭言 メランコリーとデプレッション, めんたるへるす, Vol.68, 1-5, 2019年.

2018年度(平成30年度) / その他・研究会

1) 2,018 その他・研究会 大森 哲郎 : 「気分障害の診断と治療 -overview- 」シンポジウム「うつ病診断の治療と未来」, うつ病リワーク協会年次大会, 2018年4月.
2) 2,018 その他・研究会 井上 麻由, 井﨑 ゆみ子, 武内 早苗, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 前田 健一, 大森 哲郎 : UPIを用いた予防的介入の指標, 第56回全国大学保健管理研究集会, 2018年10月.
3) 2,018 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における自己に関する認知と主観的・客観的QOLとの関連., 第18回精神疾患と認知機能研究会, 2018年11月.
4) 2,018 その他・研究会 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における結論への飛躍バイアスと神経認知,社会認知との関連, 第10回脳科学クラスター・ミニリトリート, 2019年2月.

2018年度(平成30年度) / 報告書

(なし)

2019年度(平成31(令和元)年度)

article.{@.date="20190400 20200399" @.organization=\E{350322}}

2019年度(平成31(令和元)年度) / 著書

(なし)

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,019 学術論文 (審査論文) 中村 有吾, 岩切 昌宏 : トラウマセンシティブスクールー全児童生徒の安心感を高めるアプローチー, 精神医学, Vol.61, No.10, 1135-1142, 2019年.
2) 2,019 学術論文 (審査論文) 住谷 さつき : 長期にわたり気分の変動と摂食障害の症状が連動した双極性障害の1例 鑑別診断と病因の相互作用に関する考察, 精神神經學雜誌, Vol.121, No.10, 790-798, 2019年.
3) 2,019 学術論文 (審査論文) N Kudo, H Yamamori, T Ishima, K Nemoto, Y Yasuda, M Fujimoto, H Azechi, T Niitsu, Shusuke Numata, M Ikeda, M Iyo, Tetsuro Ohmori, M Fukunaga, Y Watanabe, K Hashimoto and R Hashimoto : Plasma levels of matrix metalloproteinase-9 (MMP-9) are associated with cognitive performance in patients with schizophrenia., Neuropsychopharmacology Reports, Vol.40, No.2, 150-156, 2020.
4) 2,019 学術論文 (審査論文) K Yamazaki, Y Yoshino, K Kawabe, T Ibuki, S Ochi, Y Mori, Y Ozaki, Shusuke Numata, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori and Shu-ichi Ueno : ABCA7 Gene Expression and Genetic Association Study in Schizophrenia., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.16, 441-446, 2020.
5) 2,019 学術論文 (審査論文) Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, Hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Predictors of life skills in people with schizophrenia, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1,2, 75-82, 2020.
6) 2,019 学術論文 (審査論文) Yosuke Suga, Keiichiro Yoshimoto, Shusuke Numata, Shinji Shimodera, Shogo Takamura, Naoto Kamimura, Ken Sawada, Hiromitsu Kazui, Tetsuro Ohmori and Shigeru Morinobu : Structural variation in the glycogen synthase kinase 3β and brain-derived neurotrophic factor genes in Japanese patients with bipolar disorders., Neuropsychopharmacology Reports, Vol.40, No.1, 46-51, 2020.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,019 学術論文 (紀要その他) 浅井 鈴子, 大岡 由佳, 瀧野 揚三, 中村 有吾, 毎原 敏郎 : 学校におけるトラウマインフォームドケアの実践(第Ⅰ報)ー中学校への介入研究の結果からー, 学校危機とメンタルケア, Vol.12, 25-32, 2020年.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 学術レター

(なし)

2019年度(平成31(令和元)年度) / 総説・解説

1) 2,019 総説・解説 住谷 さつき : 神経発達症と不安症および強迫症, 臨床精神医学, Vol.48, No.10, 1173-1178, 2019年10月.
2) 2,019 総説・解説 大森 哲郎 : 精神医学臨床研究医のキャリア形成 -臨床と研究は密接不可分-, 精神医学, Vol.62, No.3, 323-328, 2020年3月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 国際会議

1) 2,019 国際会議 Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, Matsuura Kanae, Maki Ohtomo, Takeichi Naoya, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Causal relationship between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia., 6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019.
2) 2,019 国際会議 Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Yukiko Tomioka, Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Effects of processing conditions on plasma L-glutamate levels in non-psychiatric healthy subjects., 6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 国内講演発表

1) 2,019 国内講演発表 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 梅原 英裕, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における血清葉酸濃度の検討, 第14回日本統合失調症学会, 2019年4月.
2) 2,019 国内講演発表 梅原 英裕, 武田 知也, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 梶田 美香, 谷口 若葉, 大森 哲郎 : 児童思春期自閉スペクトラム症の社会認知障害に対する社会認知ならびに対人関係のトレーニング(Social Cognition and Interaction Training: SCIT)の効果検証, The 5rd annual meeting for Cognitive Enhancement in Psychiatric Disorders, 2019年5月.
3) 2,019 国内講演発表 中村 有吾, 岩切 昌宏 : 学校教育領域におけるトラウマインフォームドケア, 第18回日本トラウマティック・ストレス学会, 2019年6月.
4) 2,019 国内講演発表 中村 有吾, 木村 有里 : 学校教育領域の職員研修を考える, 第18回日本トラウマティック・ストレス学会, 2019年6月.
5) 2,019 国内講演発表 富永 武男, 沼田 周助, 中瀧 理仁, 渡部 真也, 亀岡 尚美, 大森 哲郎 : 徳島大学 精神医学教室の研究:認知機能・QOL, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月.
6) 2,019 国内講演発表 中山 知彦, 吉田 朋広, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 治療に難渋し,三環系抗うつ薬で改善がみられた反復性うつ病の1例, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月.
7) 2,019 国内講演発表 青井 駿, 梅原 英裕, 郷司 彩, 東田 義広, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 感冒症状後にチック症状と強迫症状の出現増悪を認め,PANDASが疑われた1例, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月.
8) 2,019 国内講演発表 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 統合失調症における網羅的血漿ホモシステイン濃度関連遺伝子同定研究, 第41回日本生物学的精神医学会, 2019年6月.
9) 2,019 国内講演発表 大森 哲郎 : 会長講演「うつ病診断の現状と今後」, 第16回日本うつ病学会総会, 2019年7月.
10) 2,019 国内講演発表 梅原 英裕, 戸田 裕之, 斎藤 拓, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病患者における養育環境のDNAメチル化修飾への影響の検討, 第16回日本うつ病学会総会, 2019年7月.
11) 2,019 国内講演発表 中山 知彦, 江戸 宏彰, 吉田 朋広, 松本 唯, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 電気けいれん療法で改善せず,ノルトリプチリンが奏功した反復性うつ病の2症例, 第16回日本うつ病学会総会, 2019年7月.
12) 2,019 国内講演発表 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 大森 哲郎 : 因子分析を用いた統合失調症の神経認知機能と社会認知の検討, 日本心理学会第83回大会, 2019年9月.
13) 2,019 国内講演発表 齋藤 大輔, Jung Minyoung, 内海 千種, 相澤 直樹, 牧田 潔, 中村 有吾, 平石 博敏, 石橋 正浩 : 投影法課題における図版(無色彩図版)の特性を反映した神経基盤, 日本心理学会第83回大会(於:立命館大学大阪いばらきキャンパス), 2019年9月.
14) 2,019 国内講演発表 谷口 早紀, 三木 幸代, 一宮 由貴, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 大田 将史, 大森 哲郎 : 多職種介入事例において心理士が担う役割―造血幹細胞移植患者への介入を通して―, 第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
15) 2,019 国内講演発表 與儀 耕大, 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 大田 将史, 大森 哲郎 : 積極的がん治療中止を告知された患者の意思決定に心理面談が寄与した一例, 第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
16) 2,019 国内講演発表 一宮 由貴, 谷口 早紀, 三木 幸代, 與儀 耕大, 宮崎 厚子, 大田 将史, 大森 哲郎 : 治療に希望を持ち続ける患者・家族の支援を通して見えたアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の課題, 第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
17) 2,019 国内講演発表 大森 哲郎 : 統合失調症のアンメット・ニーズと新薬への期待,シンポジウム統合失調症を再考する, 第49回日本神経精神薬理学会, 2019年10月.
18) 2,019 国内講演発表 福本 彩乃, 山本 真由美 : 大学生におけるセクシュアル・マイノリティに関する調査結果, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月.
19) 2,019 国内講演発表 中瀧 理仁, 江戸 宏彰, 多田 恵曜, 東田 好広, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 森 健治, 大森 哲郎 : てんかん発作や精神症状と関連しない生活の質, 第53回日本てんかん学会学術集会, 2019年11月.
20) 2,019 国内講演発表 多田 紗彩, 大田 将史, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 多発性脳転移治療中にステロイド精神病を発症した1例, 第60回中国・四国精神神経学会, 2019年11月.
21) 2,019 国内講演発表 木下 誠, 沼田 周助, 大沼 徹, 大森 哲郎 : 双極性障害の末梢血を用いたDNAメチル化修飾解析研究, 第38回 躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2019年11月.
22) 2,019 国内講演発表 梅原 英裕, 武田 知也, 大森 哲郎 : 社会認知リハビリテーションプログラムの児童思春期自閉スペクトラム症における社会認知機能への効果とQOLとの関連, 第60回日本児童青年精神医学会, 2019年12月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 作品等

1) 2,019 作品等 大森 哲郎 : 第16回日本うつ病学会総会学会長インタビュー, Depression Journal, Vol.7, No.1, 28-29, 2019年4月.
2) 2,019 作品等 大森 哲郎 : 編集後記, 精神神経誌 121:679, 2019, Vol.121, No.8, 679, 2019年8月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / その他・研究会

1) 2,019 その他・研究会 中山 知彦, 香川 真衣音, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 入院患者間で生じた暴力行為∼反省点と善後策の検討∼, 第24回四国4大学精神科合同研修会, 2019年9月.
2) 2,019 その他・研究会 梅原 英裕, 武田 知也, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 冨永 隆太, 梶田 美香, 谷口 若葉, 大森 哲郎 : 社会認知リハビリテーションによる児童思春期自閉スペクトラム症の社会認知機能の変化, 第19回精神疾患と認知機能研究会, 2019年11月.

2019年度(平成31(令和元)年度) / 報告書

(なし)

2020年度(令和2年度)

article.{@.date="20200400 20210399" @.organization=\E{350322}}

2020年度(令和2年度) / 著書

1) 2,020 著書 内海 千種, 中村 有吾 : 第2章「トラウマに配慮した学校づくり」, 2020年8月.

2020年度(令和2年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2020年度(令和2年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2020年度(令和2年度) / 学術レター

(なし)

2020年度(令和2年度) / 総説・解説

(なし)

2020年度(令和2年度) / 国際会議

(なし)

2020年度(令和2年度) / 国内講演発表

1) 2,020 国内講演発表 中村 有吾 : トラウマインフォームドアプローチの第一層目における専門家の役割を考える, 第19回日本トラウマティック・ストレス学会, 2020年9月.

2020年度(令和2年度) / 作品等

(なし)

2020年度(令和2年度) / その他・研究会

(なし)

2020年度(令和2年度) / 報告書

(なし)