Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2019.42021.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 2,004 著書 Tetsuo Ichikawa and Naeko Kawamoto : New Magnetic Applications in Clinical Dentistry, --- Biological Effects of Magnetic Attachment on the Human Body and Tissue ---, Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Dec. 2004.
2) 2,004 著書 市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.
3) 2,004 著書 Takao Hanabusa, Kenji Suzuki and Koichi Akita : Standard Method for X-Ray Stress Measuerment, The Society of Materials Science,Japan, Kyoto, 2005.
4) 2,004 著書 森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,004 学術論文 (審査論文) Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
2) 2,004 学術論文 (審査論文) Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
3) 2,004 学術論文 (審査論文) Toshiki Endo, Shingo Kuroiwa and Satoshi Nakamura : Missing Feature Theory Applied to Robust Speech Recognition over IP Network, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E87-D, No.5, 1119-1126, 2004.
4) 2,004 学術論文 (審査論文) Sezik Ekrem, Erdem Yesilada, Hüsnitdin Shadidoyatov, Zeynullah Kulivey, Alim M. Nigmatullaev, Aripov N. Hamdulla, Yoshihisa Takaishi, Yoshio Takeda and Gisho Honda : Folk medicine in Uzbekistan: I. Toshkent, Djizzax, and Samarqand provinces, Journal of Ethnopharmacology, Vol.92, No.2-3, 197-207, 2004.
5) 2,004 学術論文 (審査論文) Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Kentaro Kogure, Kenji Fukuzawa, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Gisho Honda, Michiho Ito, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : New Stilbene Derivatives from Calligonum leucocladum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.6, 1044-1046, 2004.
6) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa and Kikuo Tominaga : Measurement of crystal orientation and residual stress in GaN film deposited by RF sputtering with powder target, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 613-618, 2004.
7) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Tatsuya Matsue, Masayuki Nishida, Osami Sakata and Toshiki Sato : Evaluation of internal stresses in TiN thin films by synchrotron radiation, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 571-575, 2004.
8) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Tatsuya Matsue and Yasukazu Ikeuchi : Dependence to processing conditions of structure in TiN films deposited by arc ion plating, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 647-651, 2004.
9) 2,004 学術論文 (審査論文) Hideki Yamagata, Hiroyuki Miyamoto, Koichi Nakamura, Masahiro Matsumura and Yutaka Itoh : Cu Nuclear Quadrupole Resonance Study of La2-xSrxCu1-yZnyO4 (x=0.10, 0.15 and 0.20):Zn-induced Wipeout Effect near the Magnetic and Electric Instability, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.72, No.7, 1768-1773, 2004.
10) 2,004 学術論文 (審査論文) Young-Hwan Moon, Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Sugar Constituents from the Roots of Lithospermum erythrorhizon, Natural Medicines, Vol.58, No.3, 117, 2004.
11) 2,004 学術論文 (審査論文) Eiji Kanezaki, Suminori Tanaka, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Junko Motonaka, Masahiro Katoh and Ichiro Nakabayashi : Direct Detection of a Phase Change in PdO/CeO2 Supported on χ-Al2O3 by means of in situ High-Temperature Measurements of XRD and FTIR, Analytical Sciences, Vol.20, No.7, 1069-1073, 2004.
12) 2,004 学術論文 (審査論文) Kuniyoshi Abe, Shao-Liang Zhang, Taketomo Mitsui and Cheng-Hai Jin : A Variant of the ORTHOMIN(2) Method for Singular Linear Systems, Numerical Algorithms, Vol.36, No.3, 189-202, 2004.
13) 2,004 学術論文 (審査論文) 辛 道勲, 村上 理一, 米倉 大介, 金 允海 : 傾斜対向ターゲット型DCマグネトロンスパッタ法により有機基板に被覆したITO薄膜の光学的および電気的特性に及ぼすスパッタ圧およびワーク電圧の影響, 材料, Vol.53, No.7, 812-817, 2004年.
14) 2,004 学術論文 (審査論文) Naonobu Tanaka, Nobuyuki Ooba, Hongquan Duan, Yoshihisa Takaishi, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow and Kuo-Hsiung Lee : Kaurane and abietane diterpenoids from Tripterygium doianum (Celastraceae), Phytochemistry, Vol.65, No.14, 2071-2076, 2004.
15) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Residual stress and thermal stress observation in thin copper films, Thin Solid Films, Vol.459, No.1-2, 245-248, 2004.
16) 2,004 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 黒岩 眞吾, 北 研二 : Non-negative Matrix Factorizationを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.7, 1500-1506, 2004年.
17) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Tatsuya Matsue, Masayuki Nishida, Osami Sakata and Toshiki Sato : Evaluation of Internal Stresses in Single-, Double- and Multi-Layered TiN and TiAlN Thin Films by Synchrotron Radiation, JSME International Journal, Series A: Solid Mechanics and Material Engineering, Vol.47, No.3, 312-317, 2004.
18) 2,004 学術論文 (審査論文) 大山 啓, 高木 均, 日下 一也, 堀川 敬太郎 : Lego Mindstormsを利用した創造的ものづくり教育とその効果, 工学教育, Vol.52, No.4, 20-24, 2004年.
19) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of Substrate Temperature on Crystal Orientation and Residual Stress in Radio Frequency Sputtered Gallium-Nitride Films, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.22, No.4, 1587-1590, 2004.
20) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuhiro Miyagi and Kazuya Kusaka : X-ray elastic constants of chromium nitride films deposited by arc-ion plating, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.A22, No.4, 1785-1787, 2004.
21) 2,004 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004.
22) 2,004 学術論文 (審査論文) Sayaka Nakano, Yoshinori Fujimoto, Yoshihisa Takaishi, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Cucurbita-5,23-diene-3β,25-diol from Sicana odorifera, Fitoterapia, Vol.75, No.6, 609-611, 2004.
23) 2,004 学術論文 (審査論文) Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Light Intensity Enhancement and Optical Nonlinear Response due to Localized Surface Plasmons in Nanosize Ag Sphere, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.9A, 6507-6512, 2004.
24) 2,004 学術論文 (審査論文) Masahiro Katoh, Manabu Shinkawa and Tahei Tomida : Adsorption Properties of Gases onto Mesoporous Chromium Silicate, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.277, No.2, 280-284, 2004.
25) 2,004 学術論文 (審査論文) Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Transcription factor NF-Y regulates mdr1 expression through binding to inverted CCAAT sequence in drug-resistant human squamous carcinoma cells, International Journal of Oncology, Vol.25, No.4, 1031-1037, 2004.
26) 2,004 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004.
27) 2,004 学術論文 (審査論文) Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
28) 2,004 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004.
29) 2,004 学術論文 (審査論文) Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi, Yasuhiro Shikishima, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow, Kuo-Hsiung Lee, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Prenylated Benzophenones and Xanthones from Hypericum scabrum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1870-1875, 2004.
30) 2,004 学術論文 (審査論文) Yousuke Kawaguchi, Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Kuo-Hsiung Lee : New Sesquiterpenes from Capsicum annuum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1893-1896, 2004.
31) 2,004 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Cristina Garzon, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Chemical Constituents from the Colombian Medicinal Plant Maytenus laevis, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1919-1924, 2004.
32) 2,004 学術論文 (審査論文) 市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 : 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか, 補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年.
33) 2,004 学術論文 (審査論文) Kentaro Kogure, Aiko Yamauchi, Akira Tokumura, Kyoko Kondou, Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi and Kenji Fukuzawa : Novel antioxidants isolated from plants of the genera Ferula, Inula, Prangos and Rheum collected in Uzbekistan, Phytomedicine, Vol.11, No.7-8, 645-651, 2004.
34) 2,004 学術論文 (審査論文) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki, Tohru Fukano and Masafumi Konishi : The Effects of Surface Tension on the Flow Pattern and Counter-Current Flow Limitation(CCFL) in Gas-Liquid Two-Phase Flow in an Inclined Pipe, Japanese Journal of Multiphase Flow, Vol.18, No.4, 337-350, 2004.
35) 2,004 学術論文 (審査論文) Chen Jain-rong, 岡 謙次, Hua Wei, 市川 哲雄 : Effect of surface treatment with commercial primers on tensile bone strength of auto-polymerizing resin to magnetic stainless steel, International Chinese Journal of Dentistry, Vol.5, No.1, 7-11, 2005年.
36) 2,004 学術論文 (審査論文) H. Hosokawa, Kikuji Yamashita, J. Ishibashi, N. Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, T. Ishikawa, Seiichiro Kitamura and M. Nagayama : A new animal raiser : Effect of low temperature narrow wavelength far infrared radiation on tumor growth of A431 cells., ITE Letters on Batteries, New Technologists & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
37) 2,004 学術論文 (審査論文) Yamashita Kikuji, Hosokawa Hiroyoshi, Ishibashi Jun, Ishikawa nanami, Morimoto Hiroyuki, Ishikawa Tomoyasu, Nagayama Masaru and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Incubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies and Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
38) 2,004 学術論文 (審査論文) Masayuki Nishida, M. Refai Muslih, Yasukazu Ikeuchi, Nobuaki Minakawa and Takao Hanabusa : Internal stress measurement of fiber reinforced composite by neutron diffraction with in-situ low temperature measurement, Materials Science Forum, Vol.490-491, 239-244, 2005.
39) 2,004 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shozo Shingubara and Osami Sakata : In-situ observation of thermal stress in nano-size thin aluminum films, Materials Science Forum, Vol.490-491, 577-582, 2005.
40) 2,004 学術論文 (審査論文) Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of substrate temperature on crystal orientation and residual stress in RF sputtered galium nitride films, Materials Science Forum, Vol.490-491, 613-618, 2005.
41) 2,004 学術論文 (審査論文) Mitsuhiko Hataya, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kikuo Tominaga and Tatsuya Matsue : Residual stress measurement in sputtered copper thin films by synchrotron radiation and ordinary X-rays, Materials Science Forum, Vol.490-491, 661-668, 2005.
42) 2,004 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Adaptive Threshold Parameters for Bilingual Dictionary Extraction from the Internet Archive, International Journal of Information, Vol.8, No.1, 165-176, 2005.
43) 2,004 学術論文 (審査論文) Hu Haiqing, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Automatic Question Answering System for Sightseeing Tourists, International Journal of Information, Vol.8, No.1, 177-186, 2005.
44) 2,004 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 北 研二 : ETSI標準分散音声認識フロントエンドにおける入力系の周波数特性正規化手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 120-127, 2005年.
45) 2,004 学術論文 (審査論文) Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced osteoblastic cells, Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.38, No.1, 1-8, 2005.
46) 2,004 学術論文 (審査論文) Shinji Kito, Yasuhiro Morimoto, Tatsuro Tanaka, Tatsuji Haneji and Takeshi Ohba : Cleavage of nucleolin and AgNOR proteins during apoptosis induced by anticancer drugs in human salivary gland cells, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.34, No.8, 478-485, 2005.
47) 2,004 学術論文 (審査論文) Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : PTEN expression by Egr-1 transcription factor in calyculin A-induced apoptotic cells, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.94, No.1, 117-125, 2005.
48) 2,004 学術論文 (審査論文) Erdem Yesilada, Erdal Bedir, Çalış İhsan, Yoshihisa Takaishi and Yasukazu Ohmoto : Effects of triterpene saponins from Astragalus species on in vitro cytokine release, Journal of Ethnopharmacology, Vol.96, No.1-2, 71-77, 2005.
49) 2,004 学術論文 (審査論文) 林 澈文, 辛 道勲, 林 祐輔, 入江 桂史, 村上 理一, 金 允海 : メタン/水素マイクロ波プラズマCVD法による純チタン基板上のナノダイヤモンド成膜, 材料, Vol.54, No.1, 73-78, 2005年.
50) 2,004 学術論文 (審査論文) 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.
51) 2,004 学術論文 (審査論文) Hirofumi Shibata, Kyoko Kondo, Ryo Katsuyama, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato, Kotaro Murakami, Yoshihisa Takaishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Alkyl Gallates, Intensifiers of ß-Lactam Susceptibility in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.49, No.2, 549-555, 2005.
52) 2,004 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro : Dipole and Deformation Dipole Polarization of Ions in Rock-Salt Structure Crystals, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.2, 638-641, 2005.
53) 2,004 学術論文 (審査論文) Nozomi Komakine, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Indole alkaloids from Rheum maximowiczii, Natural Medicines, Vol.59, No.1, 45-48, 2005.
54) 2,004 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Toshihiro Moriga, A. Sumi, Y. Kashu, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : NMR study on the Li+ ion diffusion in LiCuO2 with layered structure, Solid State Ionics, Vol.176, No.7-8, 837-840, 2005.
55) 2,004 学術論文 (審査論文) 桐山 聡, 日下 一也, 英 崇夫 : 動き始めた創成学習, --- 徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 大学研究ジャーナル, 95-106, 2005年.
56) 2,004 学術論文 (審査論文) 大橋 眞, 中恵 真理子, 桐山 聰 : 情報教育を創成学習の場にするためには?, --- 初年度情報教育における徳島大学生物系学科の課題 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, No.1, 36-44, 2005年.
57) 2,004 学術論文 (審査論文) Satoshi Nakamura, Kazuya Takeda, Kazumasa Yamamoto, Takeshi Yamada, Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka, Takanobu Nishiura, Akira Sasou, Mitsunori Mizumachi, Chiyomi Miyajima, Masakiyo Fujimoto and Toshiki End : AURORA-2J: An evaluation framework for Japanese noisy speech recognition, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E88-D, No.3, 535-544, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,004 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 留学生センターの在り方と日本語教育, 留学交流, Vol.16, No.5, 10-13, 2004年.
2) 2,004 学術論文 (紀要その他) 中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 : フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測, 第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, Vol.25, No.25, 7-8, 2004年.
3) 2,004 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 前田 有香 : 異文化発達質問紙(IDI)を用いた多様性トレーニング効果の検証, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.1, No.1, 1-18, 2005年.
4) 2,004 学術論文 (紀要その他) Shin-ichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Tetsuya Tanioka : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.1, No.1, 445-450, 2005.
5) 2,004 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用能力の係わり, 日本語教育方法研究会会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1) 2,004 学術レター Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : (徳島の)地魚とお寿司屋さん, --- 最終回:根魚とガガネ ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.25, 2004年4月.
2) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : ケーキの街を歩く, --- ケーキ屋さんが街を動かしている,その最前列 ---, 月刊きんもくせい, No.13, 3-4, 2004年4月.
3) 2,004 総説・解説 松井 知子, 黒岩 眞吾 : 音声による個人認証技術の現状と展望, --- 今,なすべきことは何か! ---, 電子情報通信学会誌, Vol.87, No.4, 314-321, 2004年4月.
4) 2,004 総説・解説 市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月.
5) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第一話:野菜をおいしく感じる旅·レンコン畑 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.26, 2004年7月.
6) 2,004 総説・解説 市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, 11-12, 2004年7月.
7) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第二話:フランスワインと鳴門金時 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.27, 2004年10月.
8) 2,004 総説・解説 福井 萬壽夫, 原口 雅宣, 岡本 敏弘 : 表面プラズモンポラリトンの伝播と制御, 応用物理学会誌, Vol.73, No.10, 1275-1286, 2004年10月.
9) 2,004 総説・解説 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : NMRからみた超イオン伝導体のイオン拡散挙動, 日本結晶学会誌, Vol.46, 399-406, 2004年11月.
10) 2,004 総説・解説 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
11) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第三話:畑の網がねらう獲物とは·徳島の色 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.28, 2005年1月.
12) 2,004 総説・解説 川上 烈生, 山上 喜廣, 富永 喜久雄, 服部 敦美, 來山 征士, 大野 泰夫 : デジタル化・ネットワーク化時代の電気電子工学学生実験, 徳島大学高度情報化基盤センター「広報」, Vol.12, 57-60, 2005年2月.
13) 2,004 総説・解説 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.
14) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 街歩きこそ,これからの街づくり, わたしの散歩道, 2005年3月.
15) 2,004 総説・解説 北村 清一郎 : 口腔周辺の解剖構造と義歯床の形態, デンタルダイヤモンド, Vol.30, No.421, 28-38, 2005年3月.
16) 2,004 総説・解説 桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫, 辛 動勲 : 動き始めた創成学習 -徳島大学創成学習開発センターの活動-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, No.2, 113-124, 2005年3月.
17) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力1, --- 焼き鳥グラデーション ---, 徳島新聞, 2005年3月.
18) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力2, --- 地域の社交場 ---, 徳島新聞, 2005年3月.
19) 2,004 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力3, --- お好み焼き上 ---, 徳島新聞, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) 2,004 国際会議 Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic estimation of stock market forecasting and generating, Proc. of IEEE International Conference on Information Technology, Vol.1, 241-245, Apr. 2004.
2) 2,004 国際会議 Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Internet Archive as a Source of Bilingual Dictionary, Proc. of IEEE International Conference on Information Technology, Vol.2, 298-302, Apr. 2004.
3) 2,004 国際会議 Kuniyoshi Kobayashi, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Packet Loss Concealment Algorithm using Speech Recognition and Synthesis, Proc. of the 18th International Congress on Acoustics, Vol.4, 3271-3274, Kyoto, Apr. 2004.
4) 2,004 国際会議 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-3: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, 129, Yokohama, Apr. 2004.
5) 2,004 国際会議 Masahiro Katoh, Tahei Tomida and Manabu Shinkawa : Adsorption Properties of Nitrogen, Carbon Dioxide and Nitrogen Dioxide onto Mesoporous Chromium Silicate, 8th International Conference on Fundamentals of Adsorption, Sedona, May 2004.
6) 2,004 国際会議 Tahei Tomida, Naoyuki Okada, Masahiro Katoh and Sigekazu Katoh : Adsorption and Photocatalytic Decomposition of Volatile Organic Compounds on Photocatalyst of TiO2-Silica Beads, 8th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 150, Arizona, May 2004.
7) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Observation of Thermal Stress in Nano-size Thin Aluminum Films, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, Xi'an, Jun. 2004.
8) 2,004 国際会議 Dongying Ju, Tomio Ueda, Takashi Hatakeyama, Takuya Arizono, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Evaluation of Residual Stress in Nano-TiO2 Film on ITO Glass by Synchrotron X-Ray Diffraction, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, Xi'an, Jun. 2004.
9) 2,004 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of Substrate Temperature on Crystal Orientation and Residual Stress in RF Sputtered Gallium Nitride Films, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, 613-618, Xi'an, Jun. 2004.
10) 2,004 国際会議 Mitsuhiko Hataya, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kikuo Tominaga, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Residual Stress Measurement in Sputtered Copper Thin Films by Synchrotron Radiation and Ordinary X-rays, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, 661-666, Xi'an, Jun. 2004.
11) 2,004 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : In-situ thermal stress measurement in nano-sized aluminum and copper films with SOG passivation, AIP Conference Proceedings of Stress-induced Phenomena in Metallization, Vol.741, 229-235, Austin([USA]), Jun. 2004.
12) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Observation of Thermal Stress in Nano-size Thin Films, Proceedings of 16th International Vacuum Congress, Venice([Italy]), Jun. 2004.
13) 2,004 国際会議 Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Variation of Whisperng Galley Modes with the Axial Ratio in a Single Microspheroid, 2004 IEEE/LEOS Summer Topical Meetings, San Diego, Jun. 2004.
14) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Thermal Stress Measurement of Thin Films During Thermal Cycling, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Materila Science and Technology, Troyes([France]), Jul. 2004.
15) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ observation of thermal stress in nano-size thin aluminum films, The Seventh International Conference on Residual Stresses, Xi'an, China, Jul. 2004.
16) 2,004 国際会議 Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, 2nd International Nanophotonics Symposium Handai Proceedings, Osaka, Jul. 2004.
17) 2,004 国際会議 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase reglates apoptosis through PKR/eIF-2 a family in human osteoblastic cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
18) 2,004 国際会議 Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Potent requirement of functional double-stranded RNA-dependent protein kinase (PKR) for the activation of NF-kB by lipopolysaccaride in MC3T3-E1 cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
19) 2,004 国際会議 Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Fumio Nasu and Tatsuji Haneji : PTEN expression by EGR-1 tanscriptional factor in calyculin A-induced apoptotic cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
20) 2,004 国際会議 Itoh Nobunari and Masahiro Katoh : The measurements System for Evaluating the Relation between Molecular Adsorption Quantity and Optical T ransmissivity degradation, The International Symposium on Optical Science and Technology, SPIE's 49th Annual Meeting, Denver, Aug. 2004.
21) 2,004 国際会議 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosisi through PKR/EIF-2 pathway in human osteoblastic cells., Kyoto,Japan, Aug. 2004.
22) 2,004 国際会議 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosis through PKR/EIF-2Éø pathway in human osteoblastic cells., 16 th Internatinal Congress of the IFAA., Kyoto, Japan., Aug. 2004.
23) 2,004 国際会議 Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : The characteristics of whispering gallery modes in a single spheroid: the dependence on the direction of incident light beam, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 99, Seoul, Sep. 2004.
24) 2,004 国際会議 Toshiaki Ogawa, Masashi Nakayama, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Minoru Kuwahara, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Microscopic approach to clarifying mechanism of λmax shift on TiO2 glass doped with Au nanoparticles, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 146, Seoul, Sep. 2004.
25) 2,004 国際会議 Masanobu Haraguchi, Masahiko Noguchi, Masamitsu Fujii, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Nonlinear Optical Response of a Metal sphere Coated by a Kerr Material: Numerical Simulation, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 235, Seoul, Sep. 2004.
26) 2,004 国際会議 Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Fabrication and optical characterizations of CdS-coated Ag nano particles, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 235, Seoul, Sep. 2004.
27) 2,004 国際会議 Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 4th International Conference of China on Anatomical Sciences, Wuhan, China, Oct. 2004.
28) 2,004 国際会議 Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Distributed Speaker Recognition using Earth Mover's Distance, Proc. of International Conference on Spoken Language Processing, Vol.3, 2389-2493, Cheju, Oct. 2004.
29) 2,004 国際会議 Shingo Kuroiwa, Koji Tanaka, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Acoustic model adaptation for coded speech using synthetic speech, Proc. of International Conference on Spoken Language Processing, Vol.4, 2925-2928, Cheju, Oct. 2004.
30) 2,004 国際会議 Cheol-Mun Yim, Dohoon Shin, Yun-Hae Kim and Ri-ichi Murakami : Chemical Modification of Diamond Films on Pure Titanium Deposited by MPCVD Method, Procs. of Asian Pacific Conference for Fracture and Strength, No.PS1, 29, Jeju, Korea, Oct. 2004.
31) 2,004 国際会議 Soo-Hyun Eum, Yun-Hae Kim, Jin-Kook Kim, Dohoon Shin, Cheol-Mun Yim and Ri-ichi Murakami : Mechanical Properties of the Honeycomb Sandwich Composites made by VARTM, Procs. of Asian Pacific Conference for Fracture and Strength, No.PS2, 32, Jeju, Korea, Oct. 2004.
32) 2,004 国際会議 Hiroaki Satoh, Norinobu Yoshida, Seishi Kitayama and Shinsuke Konaka : Studies on functional photonic crystal devices utilizing anisotropic medium properties by condensed node spatial network method, Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies 2004, 829-834, Sapporo, Oct. 2004.
33) 2,004 国際会議 Satoshi Nakamura, Kazumasa Yamamoto, Kazuya Takeda, Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Mitsunori Mizumachi, Takanobu Nishiura, Masakiyo Fujimoto, Akira Sasou and Toshiki Endo : AURORA-2J:Japanese Speech date collection for performance evaluation of speech recognition in noise, International Conference on Speech and Language Technology/Oriental -COCOSDA, Nov. 2004.
34) 2,004 国際会議 Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa, Masami Shishibori, Kenji Kita and Fuji Ren : Evaluation of frequency characteristic normalization method with multiple reference cepstrum on the Japanese newspaper article sentences speech corpus, Proceedings of the third International Conference on Information, 199-202, Tokyo, Nov. 2004.
35) 2,004 国際会議 Nobunari Itoh, Masahiro Katoh and Nobuaki Okano : Development of a transmissometer for evaluating molecular contamination effects and preliminary results, Proceedings of SPIE, Vol.5655, 461-469, Honolulu, Nov. 2004.
36) 2,004 国際会議 Shingo Kuroiwa, Umeda Yoshiyuki, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Histogram-based Speaker Recognition Method for Distributed Environment, Proceedings of the third International Conference on Information, 211-214, Tokyo, Nov. 2004.
37) 2,004 国際会議 Nobuo Nagano, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Robust Recognition of Expression for Individual and Generality, Proceedings of the third International Conference on Information, 203-206, Tokyo, Nov. 2004.
38) 2,004 国際会議 Haiqing Hu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Automatic Question Answwering System Based on Natural Language Feature and VSM, Proceedings of the third International Conference on Information, 183-186, Tokyo, Nov. 2004.
39) 2,004 国際会議 Dapeng Yin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A method for processing Chinese ``BA'' sentence in Chinese Japanese machine translation system, Proceedings of the third International Conference on Information, 187-190, Tokyo, Nov. 2004.
40) 2,004 国際会議 Xin Zhao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Super-Function Based Japanese Chinese Machine Translation System, Proceedings of the third International Conference on Information, 191-194, Tokyo, Nov. 2004.
41) 2,004 国際会議 Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Super-Function based Japanese English Machine Translation Experiment and Evaluation, Proceedings of the third International Conference on Information, 195-198, Tokyo, Nov. 2004.
42) 2,004 国際会議 Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Algorithm for Measuring Human Emotions based on Context and Sentence Pattern, Proceedings of the third International Conference on Information, 215-218, Tokyo, Nov. 2004.
43) 2,004 国際会議 Qiong Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Natural Language Generation for Technical Analysis of Stock Market Using Extended Super-Function, Proceedings of the third International Conference on Information, 219-222, Tokyo, Nov. 2004.
44) 2,004 国際会議 Zhenyu Jin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Korean Machine Translation System Using Super-Function, Proceedings of the third International Conference on Information, 223-226, Tokyo, Nov. 2004.
45) 2,004 国際会議 Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for Mobile Communication Systems, Proceedings of the third International Conference on Information, 231-234, Tokyo, Nov. 2004.
46) 2,004 国際会議 Yusuke Konishi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Junior High School Science Education Support System Using Natural Language Processing Techniques, Proceedings of the third International Conference on Information, 235-238, Tokyo, Nov. 2004.
47) 2,004 国際会議 Ippei Fukuda, Mohamed Abdel Fattah, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Robust Distributed Speaker Recognition to Solve the Differences in Frequency Characteristic Problem, Proceedings of the third International Conference on Information, 207-210, Tokyo, Nov. 2004.
48) 2,004 国際会議 YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
49) 2,004 国際会議 YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
50) 2,004 国際会議 Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition using a Non-parametric Speaker Model Representation and Earth Mover's Distance, Proc. of International Workshop on statistical modeling approach for speech recognition, "BEYOND HMM", Kyoto, Dec. 2004.
51) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama and Dohoon Shin : Activitiy of the center for innovation and creativity development, Proceedings of SICE 2005, 2005.
52) 2,004 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
53) 2,004 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
54) 2,004 国際会議 Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
55) 2,004 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
56) 2,004 国際会議 Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Experimental Study on the Liquid Film Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper JC.07(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.
57) 2,004 国際会議 Yoshikazu Yamazaki, Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Phase Separation of Air Water Two-Phase Mixture Flowing in a Micro Channel, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper GA.57(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 2,004 国内講演発表 松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割, 第51回マトリックス研究会大会, 20-21, 2004年4月.
2) 2,004 国内講演発表 旗谷 充彦, 中川 真, 松原 敏夫, 盛合 敦, 鈴木 裕士, 皆川 宣明, 森井 幸生, 日下 一也, 英 崇夫 : 金属/セラミックス系傾斜機能材料の内部残留応力測定, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 1-2, 2004年4月.
3) 2,004 国内講演発表 旗谷 充彦, 野田 和宏, 日下 一也, 富永 喜久雄, 英 崇夫, 松英 達也, 坂田 修身 : ナノサイズCu薄膜の残留応力測定, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 5-6, 2004年4月.
4) 2,004 国内講演発表 高井 秀哲, 日下 一也, 英 崇夫, 松英 達也, 坂田 修身 : ナノサイズ窒化チタン薄膜の残留応力測定および表面特性, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 7-8, 2004年4月.
5) 2,004 国内講演発表 野口 正彦, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 藤井 正光, 福井 萬壽夫 : 局在プラズモン共鳴数値シミュレーションへの粒子サイズ効果の取り入れ, ナノ学会第2回大会 講演予稿集, No.3PS-20, 137, 2004年5月.
6) 2,004 国内講演発表 日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザーピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザーパワー依存性, 第53期 学術講演会講演論文集, 49-50, 2004年5月.
7) 2,004 国内講演発表 本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 : 歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
8) 2,004 国内講演発表 中村 浩一, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 金城 辰夫 : リチウムイオン導電体のダイナミックフォノンエコーとイオン運動, イオン導電体の乱れと物性, 1-4, 2004年5月.
9) 2,004 国内講演発表 藤原 めぐみ, 岡本 好史, 佐々木 英子, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の細胞内小器官における局在, 第23回四国歯学会総会, 2004年6月.
10) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 林 健 : まちづくりにおける店の役割と可能性, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
11) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 庄野 武朗 : 徳島県高開の石積みと高開文雄, --- 市民型石積み修復システム ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
12) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 庄野 武朗, 山中 英生 : 高開の石積みと石積職人·高開文雄, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
13) 2,004 国内講演発表 日下 一也, 英 崇夫, 野田 和宏, 旗谷 充彦, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, LSI配線における原子輸送·応力問題 第10回研究会予稿集, 34-35, 2004年7月.
14) 2,004 国内講演発表 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫, 中河 義典, 秋田 俊夫, 田中 慎司, 阿部 雅俊, 向井 孝志, 竹内 俊作, 高木 宏典, 四宮 源市 : Mg不純物のGaN薄膜中への熱拡散の評価, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Aa2-5, 10, 2004年7月.
15) 2,004 国内講演発表 西 善弘, 林 宏丞, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 向井 孝志 : THGメーカーフリンジ法を用いたGaNの3次非線形感受率の測定, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-3, 53, 2004年7月.
16) 2,004 国内講演発表 中西 正貴, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 逆ミセル法を用いたCdSコートAgナノ微粒子の作製, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-4, 54, 2004年7月.
17) 2,004 国内講演発表 丹光 崇志, 戸井 真理子, 釜野 勝, 長谷川 竜生, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : イソビオラントロン薄膜の光学特性評価, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-5, 55, 2004年7月.
18) 2,004 国内講演発表 山口 堅三, 釜野 勝, 長谷川 竜生, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : J会合体コーティング微小球の作製, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da2-1, 57, 2004年7月.
19) 2,004 国内講演発表 原口 雅宣, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ナノ金属円柱の局在プラズモンモード数値計算に対する計算メッシュ構造の影響, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da2-2, 58, 2004年7月.
20) 2,004 国内講演発表 原口 雅宣, 中河 義典, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 細川 直樹, 宮田 和久, 三木 裕二, 四宮 源市, 林 直樹, 春井 里香, 奈良 明司 : Raman分光を用いたSi添加GaNのプラズモン·フォノン結合モード解析, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Ep1-4, 87, 2004年7月.
21) 2,004 国内講演発表 佐藤 弘明, 吉田 則信, 來山 征士, 小中 信典 : ジャイロ異方性媒質を利用した周波数スイッチングにおける外部直流磁界の変化に対する過渡応答特性解析, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 9, 2004年9月.
22) 2,004 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学総会, 2004年9月.
23) 2,004 国内講演発表 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 田中 宏明, 羽地 達次 : LPS処理線維芽細胞におけるPTENの発現とAktのリン酸化, 第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
24) 2,004 国内講演発表 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について, 第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
25) 2,004 国内講演発表 田中 直伸, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : Hypericum scabrumの成分研究(2), 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
26) 2,004 国内講演発表 F Ramos, 高石 喜久, C. Osorio, C. Que Du, R. Acuna, Y. Fujimoto : New Polihydroxyacetylenes from Hydrocotyle leucocepala C. & S., 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
27) 2,004 国内講演発表 菅 愛, 中川 博之, 岩佐 惟士, 川口 陽佑, 高石 喜久 : (Myrica rubra)の成分研究, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
28) 2,004 国内講演発表 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 雲南省東南部における少数民族薬物調査, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
29) 2,004 国内講演発表 藤井 正光, 新見 忠信, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ATR配置における微小球のWGM特性と基板の影響, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-1, 908, 2004年9月.
30) 2,004 国内講演発表 原口 雅宣, 藤井 正光, 野口 正彦, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 非線形光学材料でコートされたナノ金属微小球の光応答特性数値シミュレーション, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-9, 910, 2004年9月.
31) 2,004 国内講演発表 岡本 敏弘, 中西 正貴, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : CdSコートAgナノ微粒子コロイドの非線形光学応答, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-10, 911, 2004年9月.
32) 2,004 国内講演発表 中山 真志, 増田 厚志, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : ゾルゲル法により作製したTiO2膜でのAuAgナノ粒子の局在プラズモンの励起波長特性, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-15, 916, 2004年9月.
33) 2,004 国内講演発表 日下 一也, 英 崇夫, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身, 野田 和宏 : ナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.1, 2004年9月.
34) 2,004 国内講演発表 旗谷 充彦, 中川 真, 松原 敏夫, 盛合 敦, 鈴木 裕士, 皆川 宣明, 森井 幸生, 日下 一也, 英 崇夫 : 金属/セラミックス系傾斜機能材料の内部残留応力測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 93-97, 2004年9月.
35) 2,004 国内講演発表 日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザーピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザーパワーおよび走査速度依存性, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 141-146, 2004年9月.
36) 2,004 国内講演発表 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 日下 一也, 坂田 修身 : 熱処理によるSiO2/Cu/TiN積層膜の残留応力変化, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 202-207, 2004年9月.
37) 2,004 国内講演発表 高井 秀哲, 英 崇夫, 日下 一也, 松英 達也, 坂田 修身 : 窒化チタン薄膜の残留応力および表面特性, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 208-212, 2004年9月.
38) 2,004 国内講演発表 英 崇夫, 日下 一也, 新宮原 正三, 野田 和宏, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 213-218, 2004年9月.
39) 2,004 国内講演発表 野田 和宏, 旗谷 充彦, 英 崇夫, 日下 一也, 大島 浩二, 石田 友幸, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身 : 極細Al配線のエレクトロマイグレーション誘起ひずみの測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 219-223, 2004年9月.
40) 2,004 国内講演発表 野瀬 浩司, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : タンデム接続されたNLMSエコーキャンセラの特性, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-4-26, 2004年9月.
41) 2,004 国内講演発表 三谷 篤史, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 収束特性を改善するためのNLMSエコーキャンセラの性能, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-4-27, 2004年9月.
42) 2,004 国内講演発表 川岡 靖典, 島本 隆, 來山 征士 : 3次元VLSIにおける直線スタイナー問題の遺伝的解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-18, 2004年9月.
43) 2,004 国内講演発表 岸田 正博, 島本 隆, 來山 征士 : TCGを用いたフロアプランのSA法による解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-23, 2004年9月.
44) 2,004 国内講演発表 三井 明, 島本 隆, 來山 征士 : 収束速度を考慮した可変ステップアルゴリズム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-21, 2004年9月.
45) 2,004 国内講演発表 森谷 尚泰, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : 時変性のあるエコー経路でのエコー打消し特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-22, 2004年9月.
46) 2,004 国内講演発表 加藤 雄一, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : タンデム接続されたNLMSエコーキャンセラの特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-23, 2004年9月.
47) 2,004 国内講演発表 東野 二郎, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : レーザー誘起プラズマによる金微粒子作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-1, 127, 2004年9月.
48) 2,004 国内講演発表 武田 光正, 古波 直人, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : マイクロマニピュレーションのための導電性を有するプローブの開発, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-2, 128, 2004年9月.
49) 2,004 国内講演発表 岡本 浩行, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ギャップのあるマイクロリング共振器の波長フィルター特性解析, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-3, 129, 2004年9月.
50) 2,004 国内講演発表 佐幸 直也, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : レーザ光を用いた液中でのポリジアセチレンフィルムの作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-4, 130, 2004年9月.
51) 2,004 国内講演発表 野田 圭介, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FIB加工技術によるナノプラズモンドット列の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-5, 131, 2004年9月.
52) 2,004 国内講演発表 勝村 大和, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : テンプレートを用いた自己組織化二次元コロイド結晶の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-6, 132, 2004年9月.
53) 2,004 国内講演発表 森本 高明, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 高屈折率ガラス基板上へのコロイド結晶の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-7, 133, 2004年9月.
54) 2,004 国内講演発表 増田 厚志, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : UV光照射により固化させたTiO2ゾルゲル薄膜の結晶性評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-8, 134, 2004年9月.
55) 2,004 国内講演発表 藤井 正光, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 新家 昭彦, 福井 萬壽夫 : 誘電体微小球のWGMへの光ファイバ導波モードの結合, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-9, 135, 2004年9月.
56) 2,004 国内講演発表 小村 英嗣, 東 永子, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 表面プラズモンポラリトンのステップ形障害物に対する反射率, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-10, 136, 2004年9月.
57) 2,004 国内講演発表 新見 忠信, 清水 威志, 中山 真志, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 非線形材料コート球の光学特性評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-11, 137, 2004年9月.
58) 2,004 国内講演発表 中垣 亮治, 野田 圭介, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : Ga+イオン照射時における金薄膜の光学定数の変化, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-12, 138, 2004年9月.
59) 2,004 国内講演発表 原口 雅宣, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属誘電率モデルが局在プラズモン共鳴数値計算に与える影響, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-13, 139, 2004年9月.
60) 2,004 国内講演発表 蔡 雷, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FDTD法によるナノ金属円柱における局在プラズモンの特性解明, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-14, 140, 2004年9月.
61) 2,004 国内講演発表 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : コア-シェル型ナノ微小球の非線形光学応答と光強度分布, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-15, 141, 2004年9月.
62) 2,004 国内講演発表 西 善弘, 林 宏丞, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 向井 孝志 : GaNのχ(3)xxzzテンソル成分の測定, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-18, 143, 2004年9月.
63) 2,004 国内講演発表 伴 好矢, 原 賢二, 釜野 勝, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 長谷川 竜生, 山田 元量 : 時間分解光熱分光法によるGaNの評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-20, 145, 2004年9月.
64) 2,004 国内講演発表 粟飯原 浩範, 加藤 雅裕, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 堀河 俊英, 冨田 太平 : Crを含むメソポーラスシリカの分光学的研究, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
65) 2,004 国内講演発表 村上 祐一郎, 村井 啓一郎, 加藤 雅裕, 森賀 俊広, 金崎 英二, 田中 住典, 中林 一朗 : PdO/chi-Al2O3触媒へのCeO2添加効果, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
66) 2,004 国内講演発表 辻元 隆仁, 一丸 貴人, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 充填層型光触媒反応器の水中溶存有機物質分解特性, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
67) 2,004 国内講演発表 金 明吉, 福本 祐介, 王 陸軍, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 焼却飛灰に含まれる重金属の溶出, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
68) 2,004 国内講演発表 英 崇夫 : AlおよびCu薄膜の熱応力その場測定, マイクロマテリアルシンポジウム講演論文集, 88-91, 2004年9月.
69) 2,004 国内講演発表 柘植 覚, 森 陽司, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数の参照雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 日本音響学会 秋季研究発表会, 723-724, 2004年9月.
70) 2,004 国内講演発表 柘植 覚, 梅田 良幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : Earth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識手法, 日本音響学会 秋季研究発表会, 91-92, 2004年9月.
71) 2,004 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白脱リン酸化酵素剤によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2004年9月.
72) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘 : 石積み修復システムと石積み職人·高開文雄, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, 2004年9月.
73) 2,004 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
74) 2,004 国内講演発表 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
75) 2,004 国内講演発表 仮屋崎 侃, 深野 徹, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内の界面輸送, 日本混相流学会第8回オーガナイズド混相流フォーラム, 2004年10月.
76) 2,004 国内講演発表 中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 : フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測, 第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 2004年10月.
77) 2,004 国内講演発表 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : オカダ酸処理細胞におけるNF-kBのリン酸化, 第59回日本解剖学会中国,四国地方会, 2004年11月.
78) 2,004 国内講演発表 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬物調査(1)雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
79) 2,004 国内講演発表 駒木根 希, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物Rheum maximowicziiの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
80) 2,004 国内講演発表 田中 直伸, 石丸 陽子, 高石 喜久 : ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
81) 2,004 国内講演発表 石上 まみ, 池平 しのぶ, 三好 真紀, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令, 高石 喜久 : 竹粉末のロペラミン誘発便秘改善作用, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
82) 2,004 国内講演発表 堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
83) 2,004 国内講演発表 吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
84) 2,004 国内講演発表 田畑 麻美, 川添 和義, 高石 喜久 : イソマツの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 30, 2004年11月.
85) 2,004 国内講演発表 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎 : 中国南部の少数民族薬調査(1) 雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 39, 2004年11月.
86) 2,004 国内講演発表 仮屋崎 侃, 逢坂 昭治, 深野 徹 : 単純せん断流れ場における気泡,液滴の分裂, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 244, 2004年11月.
87) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 庄野 武朗, 市川 宏規 : 愛媛県外泊の石垣集落の変遷と修復システム, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
88) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 笹田 明伸 : 街のアイデンティティプレイスとしてのバス停の活用, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
89) 2,004 国内講演発表 中村 浩一, 河井 健太, 山田 康治, 森賀 俊広, 中林 一朗, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : Li-Cu-O系化合物におけるイオン伝導度とLi+イオン拡散, 第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
90) 2,004 国内講演発表 西岡 大輔, 中村 浩一, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : Li-V-O系化合物におけるLi+イオン拡散, 第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
91) 2,004 国内講演発表 鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
92) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘 : 神戸·六甲山麓における地場石材·本御影石の石垣形成と展開, 土木史研究·講演集, Vol.23, 2004年.
93) 2,004 国内講演発表 三宅 正弘, 庄野 武朗 : 徳島·佐古川における青石の石垣の形成と展開, 土木史研究·講演集, Vol.24, 2004年.
94) 2,004 国内講演発表 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 長山 勝, 北村 清一郎 : 癌細胞の特性赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回(社)日本口腔外科学会総会大阪国際会議場,2005., 2005年.
95) 2,004 国内講演発表 大村 直幹, 本釜 聖子, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 機能水の歯科補綴領域への応用, 日本口腔機能水学会誌, Vol.6, No.1, 24-25, 2005年2月.
96) 2,004 国内講演発表 大石 寧子 : 「終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用の係わり」, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年2月.
97) 2,004 国内講演発表 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.
98) 2,004 国内講演発表 小西 優輔, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 自然言語処理技術を用いた中学理科教授学習システム, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D1-8, 133-136, 2005年3月.
99) 2,004 国内講演発表 松本 和幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 語の意味情報を考慮した感情推定アルゴリズム, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.S1-2, 145-148, 2005年3月.
100) 2,004 国内講演発表 張 羽, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中国語感性処理における感性辞書の構築, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.S1-7, 148-165, 2005年3月.
101) 2,004 国内講演発表 Qiong Liu, Fuji Ren, Xin Lu and Shingo Kuroiwa : From Knowledge to Linguistic Expression -A Novel Stock Market Expert System using Extended Super-Function, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A2-2, 348-351, Mar. 2005.
102) 2,004 国内講演発表 邵 敏, 尹 大鵬, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中日数量詞の機械翻訳規制を開発するための調査分析, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A3-2, 518-521, 2005年3月.
103) 2,004 国内講演発表 尹 大鵬, 邵 敏, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 統計情報と構文知識を利用した「把」文型の翻訳手法, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A3-8, 542-545, 2005年3月.
104) 2,004 国内講演発表 Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Use of Stemming for Information Retrieval, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.B3-4, 562-565, Mar. 2005.
105) 2,004 国内講演発表 金 珍玉, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中韓機械翻訳におけるスーパー関数の構築について, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A4-4, 558-855, 2005年3月.
106) 2,004 国内講演発表 Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for DSR, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D4-3, 934-937, Mar. 2005.
107) 2,004 国内講演発表 顔 加軍, 姜 沛林, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 複合語構成規則を用いた意味解析, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.C5-1, 1036-1039, 2005年3月.
108) 2,004 国内講演発表 胡 海青, 任 福継, 黒岩 眞吾, 張 樹武 : 中国語文型の特徴を利用した観光質問応答システムの構築, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D5-4, 1080-1083, 2005年3月.
109) 2,004 国内講演発表 藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : 実走行車内音声認識の評価データベースCENSREC-3 とその共通評価ベースライン, 日本音響学会2005年春季研究発表会, 143-144, 2005年3月.
110) 2,004 国内講演発表 田中 宏明, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 吉田 賀弥, 森本 景之, 羽地 達次 : カリクリンA誘導アポトーシス細胞におけるPTENとAktの発現, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
111) 2,004 国内講演発表 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : オカダ酸処理細胞における NF-kB のリン酸化, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
112) 2,004 国内講演発表 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞分化におけるPKRの役割について, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
113) 2,004 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
114) 2,004 国内講演発表 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, 羽地 達次 : LPS刺激によるPTENの発現とAktのリン酸化, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
115) 2,004 国内講演発表 西田 宗秀, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の簡易検出法と細胞内小器官における局在, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
116) 2,004 国内講演発表 田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギの成分研究, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
117) 2,004 国内講演発表 岡野 伸章, 礒田 隆司, 加藤 雅裕, 伊藤 信成, 冨田 太平 : 赤外領域におけるアウトガスによる光学面への分子汚染, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
118) 2,004 国内講演発表 山田 浩之, (名) Deendarlianto, 逢坂 昭治, Akira Kariyasaki : 複雑管路系における空気·水対向二相流のフラッディング現象, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会論文集, 193-194, 2005年3月.
119) 2,004 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 長·短期間における音声の話者内変動に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 129-130, 2005年3月.
120) 2,004 国内講演発表 柘植 覚, 梅田 良幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : ベクトル量子化とEarth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識手法, 日本音響学会 春季研究発表会, 17-18, 2005年3月.
121) 2,004 国内講演発表 木村 直樹, 野瀬 浩司, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : OFDMを用いた電力線通信方式の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.B-8-5, 2005年3月.
122) 2,004 国内講演発表 三谷 篤史, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 推定誤差を考慮した可変ステップゲイン型エコーキャンセラ, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-4-20, 2005年3月.
123) 2,004 国内講演発表 粟飯原 淳二, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 高周波レーザ駆動回路のRCシャント回路による波形改善の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.C-12-40, 2005年3月.
124) 2,004 国内講演発表 濱中 政爾, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 超音波霧化によるエタノール水溶液の濃縮分離, 化学工学会 第70年会, 2005年3月.
125) 2,004 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : 哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義, 日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, 2005年3月.
126) 2,004 国内講演発表 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : 骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
127) 2,004 国内講演発表 原口 雅宣, 野口 正彦, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属微粒子の局在プラズモン特性の数値計算シミュレーション:形状と基板の効果, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.29a-YZ-2, 1164, 2005年3月.
128) 2,004 国内講演発表 岡本 敏弘, 中西 正貴, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : CdSコートAgナノ微粒子の非線形光学応答, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.29a-YZ-7, 1166, 2005年3月.
129) 2,004 国内講演発表 手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.
130) 2,004 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定., 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会., 2005年3月.
131) 2,004 国内講演発表 藤井 正光, 新見 忠信, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ATR配置における微小球のWGM特性と散乱光特性, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.30a-YZ-1, 1173, 2005年3月.
132) 2,004 国内講演発表 川添 和義, 高石 喜久, 村上 光太郎, 岡坂 衛, Hao Xiaojiang, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬調査(2) 雲南省西部の薬物, 日本薬学会第125年会, 128, 2005年3月.
133) 2,004 国内講演発表 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋起始・停止・走行に関する肉眼解剖学的研究.第1報 口蓋およびその付近における咽頭挙筋の起始と走行, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 2,004 その他・研究会 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 光情報処理デバイス開発の動向, --- 金属ナノ微粒子を用いた光情報処理デバイスの研究 ---, 光技術·ナノテクシンポジウム, 2004年6月.
2) 2,004 その他・研究会 森 陽司, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数の雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 信学技報, Vol.SP2004-52, 31-36, 2004年8月.
3) 2,004 その他・研究会 森 陽司, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 信学技報, Vol.SP2004, No.52, 31-36, 2004年8月.
4) 2,004 その他・研究会 梅田 良幸, 福田 一平, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : Earth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識, 信学技報, Vol.SP2004, No.51, 25-30, 2004年8月.
5) 2,004 その他・研究会 佐藤 弘明, 吉田 則信, 來山 征士, 小中 信典 : 半導体磁化プラズマを利用したフォトニック結晶スイッチング素子の基本特性解析, 電気学会電磁界理論研究会資料, 65-70, 2004年9月.
6) 2,004 その他・研究会 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
7) 2,004 その他・研究会 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 北岡 教英, 山田 武志, 山本 一公, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 水町 光徳, 宮島 千代美, 藤本 雅清, 遠藤 俊樹 : 実環境下音声認識の評価の標準化とその動向, 音声言語シンポジウム, Vol.54, 139-144, 2004年12月.
8) 2,004 その他・研究会 藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : CENSREC-3 実走行車内単語音声データベースと評価環境の構築, 音声言語シンポジウム, Vol.SLP54, 235-240, 2004年12月.
9) 2,004 その他・研究会 原口 雅宣 : ナノ金属微粒子の局在プラズモンと非線形光応答, 第3回神戸大学VBLセミナー, 2004年12月.
10) 2,004 その他・研究会 池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 八和田 裕子, 寺嶋 吉保, 生島 仁史, 島田 光生 : 術前放射線化学療法が著効した下部進行直腸癌の1例, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 95-97, 2005年.
11) 2,004 その他・研究会 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
12) 2,004 その他・研究会 岡本 敏弘, 中西 正貴, 藤井 正光, 小川 利昭, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 金属ナノ微粒子と光カー媒質による非線形光学応答, 第3回プラズモニクスシンポジウム, 2005年1月.
13) 2,004 その他・研究会 飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.
14) 2,004 その他・研究会 藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : 実走行車内 単語音声データベースCENSREC-3 と共通評価環境の構築, 音声言語情報処理研究会, Vol.SLP55, 41-46, 2005年2月.
15) 2,004 その他・研究会 原口 雅宣 : マイクロサイズの誘電体微粒子の光学特性, (社)レーザー学会 中国·四国支部 平成16年度第2回講演会/徳島大学サテライトベンチャービジネスラボラトリー講演会, 2005年2月.
16) 2,004 その他・研究会 黒岩 眞吾, 柘植 覚, 任 福継, 來山 征士 : 統計的手法を用いた音声信号の復元手法の改良, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 26-32, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1) 2,004 報告書 多田 敏子, 寺嶋 吉保, 橋本 文子, 松下 恭子 : 告知を受けた大腸がん患者のQOLの縦断的研究, 科学研究費補助金報告書, 1-23, 徳島市, 2004年4月.
2) 2,004 報告書 羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞のアポトーシスにおける核タンパクニュークレオリンの分解とタンパク質脱リン酸化酵素, 平成15-16年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2005年3月.
3) 2,004 報告書 桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫 : 動きはじめた創成学習―徳島大学創成学習開発センターの活動, 大学教育研究ジャーナル(徳島大学), No.2, 95-106, 徳島, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 2,005 著書 丸山 尚子, 奥尾 祐子, 太田 暁子, 竹内 左有里, 濱田 美穂, 知花 美鈴, 石田 愛 : 21世紀を育み·生きるⅡ 21世紀を生きる·とくに女性の生涯発達の立場から, 三学出版, 大津, 2005年5月.
2) 2,005 著書 永田 俊彦, 二宮 雅美 : 歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---, 永末書店, 京都, 2005年12月.
3) 2,005 著書 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 2006年.
4) 2,005 著書 羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 (分担訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月.
5) 2,005 著書 羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 付録問題集 (訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月.
6) 2,005 著書 Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, Elsevier Science, Amsterdam, Mar. 2006.
7) 2,005 著書 Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, in "Nanoplasmonics From Fundamentals to Applications", --- Handai Nanophotonics Volume 2 ---, Elsevier, Amsterdam, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,005 学術論文 (審査論文) Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2) 2,005 学術論文 (審査論文) Takaaki Sagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Coralia Osorio, Freddy Ramos, Garzon Cristina, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Cyclobutane Dimers from the Colombian Medicinal Plant Achyrocline bogotensis, Journal of Natural Products, Vol.68, No.4, 502-505, 2005.
3) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Hirofumi Shibata, Higuti Tomihiko and Mai Kataoka : Chemical Constituents of Capsicum annuum L var. angulosum, and Anti Helicobacter pylori Activity, Natural Medicines, Vol.59, No.2, 76-84, 2005.
4) 2,005 学術論文 (審査論文) Ai Suga, Yoshihisa Takaishi, Hiroyuki Nakagawa, Tadashi Iwasa, Mitsunobu Sato and Masato Okamoto : Chemical Constituents from Fruits and Seeds of Myrica rubra (Myricaceae), Natural Medicines, Vol.59, No.2, 70-75, 2005.
5) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
6) 2,005 学術論文 (審査論文) 胡 海青, 任 福継, 黒岩 眞吾 : ベクトル空間モデルに基づく特定領域向け中国語質問応答システムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.5, 698-706, 2005年.
7) 2,005 学術論文 (審査論文) Zhao Xin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Translation of Compound Nouns in the Japanese-Chinese Machine Translation System SFBMT, INFORMATION, Vol.8, No.3, 405-413, 2005.
8) 2,005 学術論文 (審査論文) Adriana Bonilla, Carmenza Duque, Cristina Garzón, Yoshihisa Takaishi, Kazutaka Yamaguchi, Noriyuki Hara and Yoshinori Fujimoto : Champanones, yellow pigments from the seeds of champa (Campomanesia lineatifolia), Phytochemistry, Vol.66, No.14, 1736-1740, 2005.
9) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshimasa Ochi, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Ko-hei Kodama, Takenori Kusumi and Yoshihisa Takaishi : Anti-Helicobacter pylori Compounds from Santalum album, Journal of Natural Products, Vol.68, No.6, 819-824, 2005.
10) 2,005 学術論文 (審査論文) Xiaodong Wang, Wenyuan Gao, Zhi Yao, Shaoyu Zhang, Yanwen Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hongquan Duan : Immunosuppressive Sesquiterpenes from Tripterygium wilfordii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.6, 607-610, 2005.
11) 2,005 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Katayama Fumiaki, Toshihiro Moriga, Md. Rahman Mahbubar, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : Phonon Echo Study on Lithium Ionic Diffusion in LiNbO3 Powder, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.6A, 4043-4046, 2005.
12) 2,005 学術論文 (審査論文) Naonobu Tanaka, Mamoru Okasaka, Youko Ishimaru, Yoshihisa Takaishi, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa, Sharif Uddin Ahmed, L. Mark Consentino and Kuo-Hsiung Lee : Biyouyanagin A, an Anti-HIV Agent from Hypericum chinense L. var. salicifolium, Organic Letters, Vol.7, No.14, 2997-2999, 2005.
13) 2,005 学術論文 (審査論文) Suminori Tanaka, Kazunori Nakagawa, Eiji Kanezaki, Masahiro Katoh, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi, Shigeru Sugiyama, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Catalytic Activity of Iron Oxides Supported on γ-Al2O3 for Methane Oxidation, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.48, No.4, 223-228, 2005.
14) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
15) 2,005 学術論文 (審査論文) Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Characteristics of Whispering Gallery Modes in Single Dielectric Spheroid Excited by Gaussian Beam, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.7A, 4948-4955, 2005.
16) 2,005 学術論文 (審査論文) 日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザパワー密度および走査速度依存性, 材料, Vol.54, No.7, 672-678, 2005年.
17) 2,005 学術論文 (審査論文) Wataru Sakane, Noriyuki Hara, Yoshinori Fujimoto, Yoshihisa Takaishi, Ricardo Acuña, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Cupaniol, a New Branched Polyprenol, from Cupania latifolia, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.8, 1037-1039, 2005.
18) 2,005 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells, Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
19) 2,005 学術論文 (審査論文) 岡本 浩行, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ギャップのあるマイクロリング共振器のフィルタ特性解析, 電子情報通信学会論文誌(C), Vol.88, No.8, 646-654, 2005年.
20) 2,005 学術論文 (審査論文) David Fujio Pelleas Pile, Toshiaki Ogawa, Dmitri K. Gramotnev, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Theoretical and experimental investigation of strongly localized plasmons on triangular metal wedges for subwavelength waveguiding, Applied Physics Letters, Vol.87, No.6, 061106-1-061106-3, 2005.
21) 2,005 学術論文 (審査論文) Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Characteristics of Whisperng Galley Modes in Single Dielectric Spheroid: Dependence on the Direction of Incident Light, Journal of the Korean Physical Society, Vol.47, No.96, S38-S42, 2005.
22) 2,005 学術論文 (審査論文) Masanobu Haraguchi, Masamitsu Fujii, Masahiko Noguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Nonlinear Optical Response of a Metal Circular Cylinder Coated with a Kerr Material: Numerical Simulations, The Journal of the Korean Physical Society, Vol.47, No.96, S33-S37, 2005.
23) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshiaki Ogawa, masashi Nakayama, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Microscopic and Macroscopic Investigation of Localized Surface Plasmons on Ag Nanoparticles Embedded in Porous TiO2 Glass, Journal of the Korean Physical Society, Vol.47, No.96, S63-S66, 2005.
24) 2,005 学術論文 (審査論文) Kazuyoshi Kawazoe, Mami Tabata, Kotaro Murakami and Yoshihisa Takaishi : A Novel Drimane-Type Sesquiterpene from Limonium wrightii, Natural Medicines, Vol.59, No.4, 186-188, 2005.
25) 2,005 学術論文 (審査論文) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
26) 2,005 学術論文 (審査論文) Masahiro Katoh, Tahei Tomida, Manabu Shinkawa and Hironori Aihara : Adsorption Properties of Nitrogen, Carbon Dioxide and Nitorgen Dioxide onto Mesoporous Chromium Silicate, Adsorption, Vol.11, No.S1, 223-226, 2005.
27) 2,005 学術論文 (審査論文) 手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫, --- 空気の波及経路についての解剖学的考察 ---, 解剖学雑誌, Vol.80, No.2, 73-74, 2005年.
28) 2,005 学術論文 (審査論文) Tahei Tomida, Naoyuki Okada, Masahiro Katoh and Shigekazu Katoh : Adsorption and Photocatalytic Decomposition of Volatile Organic Compounds on Photocatalyst of TiO2-silica beads, Adsorption, Vol.11, No.Supplement 1, 865-869, 2005.
29) 2,005 学術論文 (審査論文) Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro : Deformation dipole and effective charge in rock-salt structure crystals, Solid State Ionics, Vol.176, No.31-34, 2505-2509, 2005.
30) 2,005 学術論文 (審査論文) Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Ishibashi Jun, Ishikawa Nanami, Hiroyuki Morimoto, Ishikawa Tomoyasu, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Iincubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
31) 2,005 学術論文 (審査論文) 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用, 日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
32) 2,005 学術論文 (審査論文) Xiao-Dong Wang, Wei Jia, Wen-Yuan Gao, Rong Zhang, Yan-Wen Zhang, Jun Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Terpene alkaloids from Tripterygium wilfordii, Journal of Asian Natural Products Research, Vol.7, No.5, 755-759, 2005.
33) 2,005 学術論文 (審査論文) Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 206-207, 2005.
34) 2,005 学術論文 (審査論文) Takao Saito, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Multilayered domain control for surface plasmon resonance, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.44, No.39, L1234-L1236, 2005.
35) 2,005 学術論文 (審査論文) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Investigation of Liquid Film Behavior at the Onset of Flooding during Adiabatic Counter-current Air-water Two-phase Flow in an Inclined Pipe, Nuclear Engineering and Design, Vol.235, No.21, 2281-2294, 2005.
36) 2,005 学術論文 (審査論文) Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Akiko Ozaki, Hiroaki Tanaka, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro, Experimental Cell Research, Vol.311, No.1, 117-125, 2005.
37) 2,005 学術論文 (審査論文) 庄野 武朗, 三宅 正弘 : 風土的景観の継承活動としての市民参加型石積みに関する研究, 日本都市計画学会学術研究論文集, Vol.40, No.3, 901-906, 2005年.
38) 2,005 学術論文 (審査論文) 黒岩 眞吾, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : Simple PCAを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.11, 1773-1779, 2005年.
39) 2,005 学術論文 (審査論文) Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : XML based extended Super-Function schema in Knowledge Representation, Journal of Research on Computing Science, Vol.16, 3-12, 2005.
40) 2,005 学術論文 (審査論文) Hiroyoshi Hosokawa, Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Seiichiro Kitamura and Masaru Nagayama : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
41) 2,005 学術論文 (審査論文) Ya Lin, Zhi Teng, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Development of a Multimedia Bidirectional Learning System Environment, International Journal of Information, Vol.8, No.6, 871-879, 2005.
42) 2,005 学術論文 (審査論文) Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Stock Market Forecasting and Correlative Natural Language Generation, International Journal of Information, Vol.8, No.6, 881-890, 2005.
43) 2,005 学術論文 (審査論文) Peilin Jiang, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Advanced Mental State Transtion Network and Psychological Experiments, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3824, No.1, 1026-1035, 2005.
44) 2,005 学術論文 (審査論文) 川西 千恵美, 多田 敏子, 松下 恭子, 谷岡 哲也 : 在宅看護における感染予防対策の検討, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, 11-17, 2005年.
45) 2,005 学術論文 (審査論文) Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
46) 2,005 学術論文 (審査論文) David Fujio Pelleas Pile, Toshiaki Ogawa, Dmitri K. Gramotnev, Yosuke Matsuzaki, K. C. Vernon, Kenzo Yamaguchi, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Two-dimensionally localized modes of a nanoscale gap plasmon waveguide, Applied Physics Letters, Vol.87, No.24, 261114-1-261114-3, 2005.
47) 2,005 学術論文 (審査論文) 三宅 正弘, 庄野 武朗 : 石造壁構造物の視点からみた石造建造物群と石垣集落の返還と修復システム, --- 愛媛県外泊地区を事例に ---, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, 2005年.
48) 2,005 学術論文 (審査論文) 三宅 正弘, 庄野 武朗, 山中 英生 : 中山間地域における石造社会基盤の景観保全システム, --- 徳島県·高開(たかがい)の石積みを事例に ---, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, 379-386, 2005年.
49) 2,005 学術論文 (審査論文) 尾崎 朋文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 榮, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国での安全深度との比較 ---, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
50) 2,005 学術論文 (審査論文) 北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開口障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年.
51) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
52) 2,005 学術論文 (審査論文) 黒岩 眞吾, 小林 邦嘉, 柘植 覚, 任 福継 : 音声認識·音声合成を用いた音声途切れ補間手法, 日本音響学会誌, Vol.62, No.1, 3-11, 2006年.
53) 2,005 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian and Tatsuo Kanashiro : 7Li and 51V NMR study on Li+ ionic diffusion in lithium intercalated LixV2O5, Solid State Ionics, Vol.177, No.1-2, 129-135, 2006.
54) 2,005 学術論文 (審査論文) Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for Wire/Wireless Communication Systems, The International Arab Journal of Infromation Technology, Vol.3, No.1, 28-34, 2006.
55) 2,005 学術論文 (審査論文) Hiroaki Satoh, Norinobu Yoshida, Seishi Kitayama and Shinsuke Konaka : Analysis of 2-D Frequency Converter Utilizing Compound Nonlinear Photonic-Crystal Structure by Condensed Node Spatial Network Method, IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques, Vol.54, No.1, 210-215, 2006.
56) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
57) 2,005 学術論文 (審査論文) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
58) 2,005 学術論文 (審査論文) Haiqing Hu, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Shuwu Zhang : A Question Answering System on Special Domain and the Implementation of Speech Interface, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3878, 458-469, 2006.
59) 2,005 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Probabilistic Neural Network Based English-Arabic Sentence Alignment, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3878, 97-100, 2006.
60) 2,005 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Ippei Fukuda : Phoneme Based Speaker Modeling to Improve Speaker Recognition System, Information, Vol.9, No.1, 135-147, 2006.
61) 2,005 学術論文 (審査論文) Akihiko Tsuji, Tadashi Yoshimoto, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Pratamine: a unique and patent inhibitor of oligopeptidase B, Journal of Peptide Science, Vol.12, No.1, 65-71, 2006.
62) 2,005 学術論文 (審査論文) 松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経絡と類似走行を示す解剖構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
63) 2,005 学術論文 (審査論文) Li W. Li, D. W. Fei and Takao Hanabusa : Effect of deposition condition on residual stress of iron nitride thin films prepared by magnetron sputtering and ion implantation, Applied Surface Science, Vol.252, No.8, 2847-2852, 2006.
64) 2,005 学術論文 (審査論文) J.Y. Hu, W. Qiao, Yoshihisa Takaishi and H.Q. Duan : A New Hemiterpene Derivative From Pyinsepia utilis, Chinese Chemical Letters, Vol.17, No.2, 198-200, 2006.
65) 2,005 学術論文 (審査論文) 松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経路と類似走行を示す解剖学構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
66) 2,005 学術論文 (審査論文) 尾崎 明文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 栄, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国の安全深度との比較 ---, 日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
67) 2,005 学術論文 (審査論文) K Kondo, Yoshihisa Takaishi, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : ILSMRs (intensifier of β-lactam-susceptibility in methicillin-resistant Staphylococcus aureus) from Tara [Caesalpinia spinosa (Molina) Kuntze], Phytomedicine, Vol.13, No.3, 209-212, 2006.
68) 2,005 学術論文 (審査論文) Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Specific Speaker's Japanese Speech Corpus over Long and Short Time Periods, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 115-124, 2006.
69) 2,005 学術論文 (審査論文) Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Koji Tanaka, Kazuma Hara and Fuji Ren : Acoustic Model Adaptation for Codec Speech based on Learning-by-Doing Concept, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 105-114, 2006.
70) 2,005 学術論文 (審査論文) 杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
71) 2,005 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Hideki Ohno, Kazuhiro Okamura, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : 7Li-NMR study on Li+ ionic diffusion and phase transition in LixCoO2, Solid State Ionics, Vol.177, No.9-10, 821-826, 2006.
72) 2,005 学術論文 (審査論文) 松下 恭子, 谷岡 哲也, 片岡 睦子, 多田 敏子, 川西 千恵美 : 精神科病棟で実施されている看護技術についての実態調査, 日本看護福祉学会誌, Vol.11, No.2, 51-61, 2006年.
73) 2,005 学術論文 (審査論文) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
74) 2,005 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : プレゼンテーション資料からの計画能力評価, 工学教育, Vol.54, No.6, 102-108, 2006年.
75) 2,005 学術論文 (審査論文) Shingo Kuroiwa, Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Nonparametric Speaker Recognition Method using Earth Mover's Distance, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.3, 1074-1081, 2006.
76) 2,005 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : Thermal stress behavior in nano-size thin aluminum films, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4691-4696, 2006.
77) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
78) 2,005 学術論文 (審査論文) Takao Saito, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Composite domain control for surface plasmon resonance, Optics Express, Vol.14, No.7, 2904-2908, 2006.
79) 2,005 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : プランニングに必要な能力の測定, 工学教育, Vol.54, No.2, 110-115, 2006年.
80) 2,005 学術論文 (審査論文) 大石 寧子 : 「国際協力という視点から見た留学生の日本語教育とその実践例」, 多摩留学生教育研究論集, No.5, 59-64, 2006年.
81) 2,005 学術論文 (審査論文) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,005 学術論文 (紀要その他) 片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
2) 2,005 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩 : 「聞き手」からの英語スピーキング指導の可能性, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.2, No.2, 1-11, 2006年.
3) 2,005 学術論文 (紀要その他) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.
4) 2,005 学術論文 (紀要その他) 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 58-65, 2006年.
5) 2,005 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 「日本語教育と地域・学生サポーターとの係わり」, 「徳島大学留学生センター紀要」, Vol.1, No.1, 30-36, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) 2,005 学術レター Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.
2) 2,005 学術レター 多田 敏子 : プライマリ·ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.14, 32, 2005年.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力4, --- お好み焼き中 ---, 徳島新聞, 2005年4月.
2) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力5, --- お好み焼き下 ---, 徳島新聞, 2005年4月.
3) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力6, --- 徳島地ソース物語上 ---, 徳島新聞, 2005年4月.
4) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力7, --- 徳島地ソース物語中 ---, 徳島新聞, 2005年4月.
5) 2,005 総説・解説 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 中林 一朗, 金城 辰夫 : フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測, 超音波TECHNO, Vol.17, No.3, 42-45, 2005年5月.
6) 2,005 総説・解説 英 崇夫 : プレゼンテーション評価で身につく力, IDE現代の高等教育, No.470, 74-80, 2005年5月.
7) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力8, --- 徳島地ソース物語下 ---, 徳島新聞, 2005年5月.
8) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力9, --- 県魚 ---, 徳島新聞, 2005年5月.
9) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力10, --- ヨコ ---, 徳島新聞, 2005年5月.
10) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力11, --- ガガネ ---, 徳島新聞, 2005年5月.
11) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力12, --- さし入れ ---, 徳島新聞, 2005年6月.
12) 2,005 総説・解説 英 崇夫, 秋田 貢一 : 新しい光源による応力評価, --- 2.シンクロトロン放射光による薄膜および微小部の応力測定 ---, 材料, Vol.54, No.6, 642-647, 2005年6月.
13) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 見えた!街の魅力13, --- ケーキ職人 ---, 徳島新聞, 2005年6月.
14) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 徳島のお好み焼き, --- 地域の個性とは ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.30, 2005年7月.
15) 2,005 総説・解説 三宅 正弘 : 石積み演習と土木教育, 橋梁と基礎, Vol.39, 154-155, 2005年8月.
16) 2,005 総説・解説 福井 萬壽夫, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : プラズモニクスの基礎と最新動向(plasmonics, in japanease), --- ナノフォトニクスの発展を目指して ---, 光アライアンス, Vol.16, No.8, 20-25, 2005年8月.
17) 2,005 総説・解説 亀井 研太郎, 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : キャップ型非線形コート銀微粒子の作製と光散乱特性評価, 電気関係学会四国支部連合大会, 2005年9月.
18) 2,005 総説・解説 Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
19) 2,005 総説・解説 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の治療, Dental Diamond, Vol.30, No.12, 118-119, 2005年12月.
20) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—6, --- 臼後三角の局所解剖学—下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年.
21) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
22) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 6」,歯界展望, Vol.101, No.6, 1194-1199, 2006年.
23) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 1 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する①上顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.1, 79-84, 2006年1月.
24) 2,005 総説・解説 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 : 実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態, クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.
25) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 石橋 淳, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 2 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する②下顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.2, 308-313, 2006年2月.
26) 2,005 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 3 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①上顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.3, 518-523, 2006年3月.
27) 2,005 総説・解説 羽地 達次 : 口の機能と口に関するさまざまな病気, 食生活, Vol.100, No.3, 14-19, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) 2,005 国際会議 YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
2) 2,005 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
3) 2,005 国際会議 Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Yasukazu Ikeuchi, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of internal stresses in SiO2/Cu/TiN thin films by synchrotron radiation due to heat treatment, The 8th International Symposium on Sputtering & Plasma Processes, TF-P1-13, Kanazawa, Jun. 2005.
4) 2,005 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, K. Noda and K. Oshima : The 8th International Sympsium on Sputtering & Plasm Processes, MN-P-3, Kanazawa, Jun. 2005.
5) 2,005 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : Thermal stress behavior in nano-size thin aluminum films, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, 157, Auckland, New Zealand, Jun. 2005.
6) 2,005 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, Tatsuya Matsue and K. Ohshima : Behavior of electromigration-induced stress in nano-sized aluminum interconection, The 8th International Symposium on Sputterring and Plasma Processes, Kanazawa, Japan, Jun. 2005.
7) 2,005 国際会議 Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Yasukazu Ikeuchi, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of internal stresses in SiO2/Cu/TiN thin films by synchrotron radiation due to heat treatment, The 8th International Symposium on Sputtering and Plasma Processes, Kanazawa, Japan, Jun. 2005.
8) 2,005 国際会議 Akira Kariyasaki, Yoshikazu Yamazaki, Tohru Fukano, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Separation of Air from Two-Phase Air-Water Mixture Flowing in a Mini Channel, ISBN:0-7918-3758-0, Order No.1725CD, Paper ICMM2005-75057, 1-5, Toronto, Jun. 2005.
9) 2,005 国際会議 Mitsuru Yokoo, Mitsuhiro Shibazaki, Hiroshi Yoshida, Hiroshi Souma, Akiharu Ousaka, Koji Kusano and KIyoshi Horii : Prediction and Improvement of Artificial Ground Freezing, Procs. of FEDSM 2005, 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting and Exhibition, 1-4, Houston, Jun. 2005.
10) 2,005 国際会議 Kazuyuki Matsumoto, Junko Minato, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Estimating Human Emotions using Words and Sentence Patterns, IEEE International Conference on Information Acquisition, Vol.1, No.1, 421-426, Hong Kong, Jun. 2005.
11) 2,005 国際会議 Xiang Hua, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Jiang Pelin : An Experimentation on Creating a Mental State Transition Network, IEEE International Conference on Information Acquisition, Vol.1, No.1, 432-436, Hong Kong, Jun. 2005.
12) 2,005 国際会議 Masahiro Katoh, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Photocatalytic Reaction of Acetone on Mesoporous Chromium Silicate, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
13) 2,005 国際会議 Masahiro Katoh, Hironori Aihara, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Preparation of Visible Light Active Sulfur and Nitrogen Containing Titanium Oxide Photocatalysts, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
14) 2,005 国際会議 Masahiro Katoh, Nobuaki Okano, Nobunari Itoh, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : FTIR Study on Molecular Contamination on Surface of Optical Materials, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
15) 2,005 国際会議 Masahiro Katoh, Akira Sondoh, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Characterization of Palladium and Palladium-Silver Alloy Layers on Stainless Steel Support, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
16) 2,005 国際会議 Masayuki Nishida, Refai M. Muslih, Yasukazu Ikeuchi, Nobuaki Minakawa and Takao Hanabusa : Low temperature in-situ stress measurement of W/Cu composite by neutron diffraction, Advanced Maerials evelopment & Performance Conference 2005, 89, Auckland, New Zealand, Jul. 2005.
17) 2,005 国際会議 Kei-ichiro Murai, Yuichiro Murakami, Tomiko Sei, Masahiro Katoh, Ichiro Nakabayashi, Toshihiro Moriga, Suminori Tanaka, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Total Oxidation of Activated Carbon over PdO-CeO2/TiO2-Al2O3 Catalyst, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
18) 2,005 国際会議 Hiroshi Yamakawa, Ri-ichi Murakami, Daisuke Yonekura, Dohoon Shin and Nu Yan : Fatigue Properties of a T Type Welded Joint in a Small Sized Single Pass Boiler Header, Advanced Materials Development & Performance 2005, Auckland, Jul. 2005.
19) 2,005 国際会議 Akihiro Shimamura, Tomoki Yabutani, Masahiro Katoh and Eiji Kanezaki : On the interaction of phosphate to Mg/Al-layered double hydroxide, anion exchange of interlayer carbonate with phosphate in solution, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
20) 2,005 国際会議 Masanobu Haraguchi, Masahiko Noguchi, Masamitsu Fujii, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : numerical simulations of localized surface plasmons at a nano silver particle deformed on a substrate, Proceedings of SPIE, Vol.5928, 105-110, San Diego, Aug. 2005.
21) 2,005 国際会議 Satoshi Kiriyama, Ikeda Yuuichi and Takao Hanabusa : The Importance of Concept-Teaching in Spontaneous Project Based Learning, Final Program and Abstracts of SICE Annual Conference 2005, 41, Okayama, Aug. 2005.
22) 2,005 国際会議 Takao Hanabusa and Satoshi Kiriyama : Activity of The Center for Innovation and Creativity Development, Final Program and Abstracts of SICE Annual Conference 2005, 41, Okayama, Aug. 2005.
23) 2,005 国際会議 Fuji Ren, Jian Dianbing, Xiang Hua, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Zhang Zhong and Zong Chengqing : Mental State Transtion Network and Psychological Experiments, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artifical Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 439-444, Benidorm, Sep. 2005.
24) 2,005 国際会議 Shinichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Kyoko Osaka and Hiroki Moriguchi : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 445-450, Benidorm, Sep. 2005.
25) 2,005 国際会議 Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Fuji Ren, Kazuyuki Matsumoto, Keisuku Ueta, Lei Yu, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Research on development of the Hospital Management Outcomes Analysis System for using in psychiatric hospitals, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 434-438, Benidorm, Sep. 2005.
26) 2,005 国際会議 Fuji Ren, Nobuo Nagano, David B. Bracewell, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Zhong Zhang and Chengqing Zong : Facial Feature based Expression Recognition for an Affective Interface, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 423-428, Benidorm, Sep. 2005.
27) 2,005 国際会議 Jiang Peilin, Hu Haiqing, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Improved Semantic Similarity Computation in Question-Answering System, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 429-433, Benidorm, Sep. 2005.
28) 2,005 国際会議 Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 8th Chinese Congress of Oral Medicine, Harbin, China, Sep. 2005.
29) 2,005 国際会議 Shingo Kuroiwa, Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Distributed Speaker Recognition using Speaker-Dependent VQ Codebook and Earth Mover's Distance, Proc. of INTERSPEECH 2005, Lisbon, Sep. 2005.
30) 2,005 国際会議 Tetsuya Tanioka, Yoshihiro Kai, Takuya Matsuda, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Yoshio Inoue and Yoichiro Takasaka : 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker, Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005, Sep. 2005.
31) 2,005 国際会議 Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
32) 2,005 国際会議 Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, International Symposium of Maxillofacial and Oral Regenerative Biology in OKAYAMA 2005, Okayama, Sep. 2005.
33) 2,005 国際会議 Toshihide Horikawa, Daisuke Ichimiya, Masahiro Katoh, Tahei Tomida, Jun'ichi Hayashi and Yoshikazu Miyake : Preparation of spherical porous SiO2 particles containing Fe3O4, Chemeca 2005, #211, Brisbane, Sep. 2005.
34) 2,005 国際会議 Tahei Tomida, Yoshinori Hama, Toshihide Horikawa, Masahiro Katoh and Shigeru Katoh : Photocatalytic Decomposition of Dyes (Indigo and Indigo Carmine) Dissolved in Water Using an Annular Type Packed-Bed Reactor, Chemeca 2005, #613, Brisbane, Sep. 2005.
35) 2,005 国際会議 Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Isao Nagamine : Relationship between a Life Worth Living and Healthy Longevity among Elderly Residents in Rural Japan, The 3rd International Conference on Community Health Nursing Research, 127, Tokyo, Sep. 2005.
36) 2,005 国際会議 Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : The Effects of Pipe Length on Counter-current Air-water Two-phase Flow in Inclined Pipes, Procs. of Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2005, Vol.1, 223-228, Toba-shi, Mie, Oct. 2005.
37) 2,005 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Frequency Characteristic Normalization Method using Blind Equalization Technique with Multiple References for DSR, Proceedings of 10th International Conference SPEECH and COMPUTER (SPECOM2005), Vol.1, 103-106, Patras, Greece, Oct. 2005.
38) 2,005 国際会議 Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Isao Nagamine and Chiemi Kawanishi : ASSOCIATION BETWEEN QOL AND HEALTHY LONGEVITY IN THE ELDERLY LIVING AT HOME IN MOUNTAINOUS REGIONS, ISOQOL 13th Annual Conference, 43, San Francisco, Oct. 2005.
39) 2,005 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
40) 2,005 国際会議 Satoshi Kiriyama, Ikeda Yuuichi, Kazuya Kusaka, Masanobu Haraguchi and Takao Hanabusa : The Good Result of Independent Project Activities by Students and the New prospect of Creativity Education, Proceedings of The 1st International Conference Design Engineering and Science (Proc. of ICDES2005), 369-373, Wien, Oct. 2005.
41) 2,005 国際会議 Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : A lost speech reconstruction method using linguistic information, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 126-130, Wuhan, Oct. 2005.
42) 2,005 国際会議 Jiajun Yan, David Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatically Determining Semantic Relations in Chinese Sentences, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 262-267, Wuhan, Oct. 2005.
43) 2,005 国際会議 David Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Multilingual Single Document Keyword Extraction for Information Retrieval, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 517-522, Wuhan, Oct. 2005.
44) 2,005 国際会議 Yu Zhang, Zhuoming Li, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Semi-automatic Emotion Recognition from Textual Input Based on the Constructed Emotion Thesaurus, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 571-576, Wuhan, Oct. 2005.
45) 2,005 国際会議 Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Isao Nagamine, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Rozzano Locsin and Yoichiro Takasaka : Estimating Emotion Changes Using Electroencephalographic Activities and its Clinical Application, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 830-834, Wuhan, Oct. 2005.
46) 2,005 国際会議 Shuang Xiao, Hua Xiang, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Conventional Expression Reading Support System for Japanese, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 232-237, Wuhan, Oct. 2005.
47) 2,005 国際会議 Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence Alignment using Hybrid Model, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 388-392, Wuhan, Oct. 2005.
48) 2,005 国際会議 Haiqing Hu, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Web-based Question Answering System for Restricted Domain Based of Integrating Method Using Semantic Information, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 529-534, Wuhan, Oct. 2005.
49) 2,005 国際会議 Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Information Processing Model based on a Mental State Transition Network, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 668-673, Wuhan, Oct. 2005.
50) 2,005 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Data Collection for Investigating Speech Variability in a Specific Speaker Over Long and Short Time Periods, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 152-157, Wuhan, Oct. 2005.
51) 2,005 国際会議 Kenzo Yamaguchi, Fujii M., Niimi T., Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Nonlinear optical response of a micro-sphere coated with a J-aggregates, The 5th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics, Niigata, Nov. 2005.
52) 2,005 国際会議 Kenzo Yamaguchi, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Fabrication and optical evaluation of a microsphere coated with J-aggregates, Abstract of the 11-th Microoptics Conference, H11, Tokyo, Nov. 2005.
53) 2,005 国際会議 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Role of PACE4 and furin in cell differentiation, International Conference on Serine-Carboxyl Peptidases 2005, Kyoto, Nov. 2005.
54) 2,005 国際会議 Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto, Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile and Masanobu Haraguchi : Studies on Plasmonic Devices, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 9, Niigata, Nov. 2005.
55) 2,005 国際会議 Kenzo Yamaguchi, Masamitsu Fujii, Tadanobu Niimi, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Nonlinear optical responce of a micro-sphere coated with a J-aggregates, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 39, Niigata, Nov. 2005.
56) 2,005 国際会議 Masanobu Haraguchi, Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile, Toshihiro Okamoto, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : New plasmon waveguides composed of twin metal wedges with a nano-gap, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 66, Niigata, Nov. 2005.
57) 2,005 国際会議 David Fujio Pelleas Pile, Toshiaki Ogawa, Dmitri K. Gramotnev, Yosuke Matsuzaki, K. C. Vernon, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Theoretical prediction and experimental observation of strongly localized plasmons in a rectangular dielectric nano-gap in a thin metal film, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 66, Niigata, Nov. 2005.
58) 2,005 国際会議 Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui, Dmitri K. Gramotnev and Shigeki Matsuo : Influence of wedge tip radius on wedge plasmons characteristics, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 66, Niigata, Nov. 2005.
59) 2,005 国際会議 Rosa G Paredes J, Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito, Chengjiu Yin, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : LOCH: Supporting Informal Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 182-186, Tokushima, Nov. 2005.
60) 2,005 国際会議 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
61) 2,005 国際会議 Toshihide Horikawa, Takashi Isoda, Masahiro Katoh and Tahei Tomida : Preparation of TiOxNy films as visible light photocatalyst by dip-coating, Pacifichem 2005, MATL#576, Honolulu, Dec. 2005.
62) 2,005 国際会議 Tahei Tomida, Naoyuki Okada, Masahiro Katoh, Yuko Sekimoto and Toshihide Horikawa : Kinetic study for photocatalytic decomposition of acetone and acetaldehyde in air, Pacifichem 2005, ENVR#279, Honolulu, Dec. 2005.
63) 2,005 国際会議 Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 7th International Congress of Protein Phosphatases, Kobe, Feb. 2006.
64) 2,005 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
65) 2,005 国際会議 Yoji Mori, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Wind noise reduction method using the observed spectrum fine structure and estimated spectrum envelope, Proceedings of Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'06), 78-81, Honolulu, Mar. 2006.
66) 2,005 国際会議 Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
67) 2,005 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
68) 2,005 国際会議 Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
69) 2,005 国際会議 Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
70) 2,005 国際会議 Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : J会合体コーティングシリカ微小球の作製, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.1a-YB-7, 1429, 2005年4月.
2) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., 沖縄歯科インプラント研究会定期講演会, 2005年4月.
3) 2,005 国内講演発表 川崎 泰, 旗谷 充彦, 清水 郁夫, 松原 敏夫, 盛合 敦, 英 崇夫, 日下 一也 : 中性子回折法による金属およびセラミックスのSPS焼結材の特性評価, 日本材料学会四国支部第6期総会·学術講演会講演論文集, 37-38, 2005年4月.
4) 2,005 国内講演発表 金子 健太, 日下 一也, 英 崇夫 : 放射光を用いたナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, 日本材料学会四国支部第6期総会·学術講演会講演論文集, 39-40, 2005年4月.
5) 2,005 国内講演発表 佐伯 好彦, 日下 一也, 英 崇夫 : レーザピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力分布とその評価, 日本材料学会四国支部第6期総会·学術講演会講演論文集, 43-44, 2005年4月.
6) 2,005 国内講演発表 高井 秀哲, 英 崇夫, 日下 一也, 松英 達也, 坂田 修身 : TiN薄膜熱応力その場測定, 日本材料学会四国支部第6期総会·学術講演会講演論文集, 45-46, 2005年4月.
7) 2,005 国内講演発表 桐本 知幸, 英 崇夫 : X線回折法によるオーステナイト系ステンレス鋼溶接材の残留応力測定, 日本材料学会四国支部講演会, 2005年4月.
8) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2005年5月.
9) 2,005 国内講演発表 小川 利昭, パイル フジオ ペレアス デビッド, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : エッジプラズモンナノ光導波路構造の作製, ナノ学会第3回大会 講演予稿集, No.PS4-18, 298, 2005年5月.
10) 2,005 国内講演発表 西田 真之, 池内 保一, M. Rifai, 皆川 宣明, 英 崇夫 : W/Cu繊維強化材の極低温その場内部応力測定, 日本材料学会第54期学術講演会, 2005年5月.
11) 2,005 国内講演発表 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian : NMRによるリチウムバナジウム酸化物のLi+イオン拡散の研究, 第9回超イオン導電体物性研究会·第37回固体イオニクス研究会, 2005年5月.
12) 2,005 国内講演発表 中村 浩一, 河井 健太, 森賀 俊広, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, 山田 康治 : Li-Cu-O系化合物のLi+イオン拡散, 第9回超イオン導電体物性研究会·第37回固体イオニクス研究会, 2005年5月.
13) 2,005 国内講演発表 二宮 雅美, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例, 日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
14) 2,005 国内講演発表 金 明吉, 福本 祐介, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 焼却飛灰に含まれる重金属の酸による溶出挙動, 分離技術会 年会2005, 2005年6月.
15) 2,005 国内講演発表 (名) Deendarlianto, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 深野 徹 : Flooding Phenomena in Inclined Pipes, CD-ROM, 第42回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 2005年6月.
16) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の印象採得と局所解剖学の知識, 第23回顎咬合学会学術大会総会, 2005年6月.
17) 2,005 国内講演発表 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト軟口蓋の筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
18) 2,005 国内講演発表 三好 正希, 藤崎 翔, 芝辻 豪士, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : サイナス・リフトに必要な局所解剖学の知識, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
19) 2,005 国内講演発表 Chie Wada, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effects of Cyclosporine A on the Remodeling of alveoalr Bone in Rats, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
20) 2,005 国内講演発表 Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata : Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
21) 2,005 国内講演発表 Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
22) 2,005 国内講演発表 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼのユニークな自己活性化制御機構, 第5回日本蛋白質科学会年会ワークショップ9, 2005年6月.
23) 2,005 国内講演発表 佐幸 直也, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 誘電体微小球へのポリジアセチレンコート球の作製, 2005年度支部学術講演会 講演予稿集, 37, 2005年7月.
24) 2,005 国内講演発表 細井 貴之, 佳元 秀人, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 誘電体微小球配列を用いた第2高調波発生, 2005年度支部学術講演会 講演予稿集, 38, 2005年7月.
25) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 藤井 正光 : J会合体コート微小球の非線形光学特性シミュレーション, 2005年度支部学術講演会 講演予稿集, 39, 2005年7月.
26) 2,005 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江, 永峰 勲 : 山間地域の高齢者の介護度の変化と生活状況との関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.52, No.8, 742, 2005年8月.
27) 2,005 国内講演発表 福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用, 第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
28) 2,005 国内講演発表 仮屋崎 侃, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内における気泡発生と液膜厚さの観測, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 211-212, 2005年8月.
29) 2,005 国内講演発表 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 柴崎 光弘, 吉田 宏, 相馬 啓, 堀井 清之 : 地盤凍結工法における凍土予測と伝熱促進, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 357-358, 2005年8月.
30) 2,005 国内講演発表 (名) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Correlation of the Onset of Flooding in Inclined Pipe, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 477-478, Aug. 2005.
31) 2,005 国内講演発表 英 崇夫, 桐山 聰, 辛 動勲, 中島 やよい : 動き始めた創成学習開発センター, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 202-203, 2005年9月.
32) 2,005 国内講演発表 宝田 浩延, 吉田 篤司, 池田 祐一, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 自主的創成活動における学生間の相互教育効果, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 198-199, 2005年9月.
33) 2,005 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 英 崇夫, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 総合的デザイン教育の必要性, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 194-195, 2005年9月.
34) 2,005 国内講演発表 原口 雅宣, 藤井 正光, 野口 正彦, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属微粒子局在プラズモン特性へ微粒子形状と基板が与える影響, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, 2005年9月.
35) 2,005 国内講演発表 原口 雅宣, 桐山 聡, 英 崇夫, 辛 動勲 : 自発的学習を促進する条件, 平成17年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 192193, 2005年9月.
36) 2,005 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 英 崇夫, 原口 雅宣, 桐山 聡 : 総合的デザイン教育の必要性, 平成17年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 194-195, 2005年9月.
37) 2,005 国内講演発表 宝田 浩延, 吉田 篤司, 池田 祐一, 原口 雅宣, 英 崇夫 : 自主的創成学習活動における学生間の相互教育効果, 平成17年度工学・工業教育講演会講演論文集, 198-199, 2005年9月.
38) 2,005 国内講演発表 蔡 雷, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属ナノロッドと球を組み合わせた構造での数値シミュレーション, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, 2005年9月.
39) 2,005 国内講演発表 井上 智博, 藤井 正光, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ナノ金属ロッド列の光応答シミュレーション, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, 2005年9月.
40) 2,005 国内講演発表 野田 圭介, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FIB加工技術によるプラズモン集光器の作製, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, 2005年9月.
41) 2,005 国内講演発表 Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile, Dmitri Gramotnev, Yosuke Matsuzaki, Kristy Vernon, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : New sub-wavelength plasmonic waveguide with gap plasmons strongly localized in two dimensions, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, No.3, Sep. 2005.
42) 2,005 国内講演発表 小川 利昭, パイル フジオ ペレアス デビッド, グラモトノフ デミトリ, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 松尾 繁樹 : 金属 Wedge型Plasmon導波路におけるPlasmon伝搬特性の理論的及び実験的調査, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, No.3, 2005年9月.
43) 2,005 国内講演発表 新見 忠信, 藤井 正光, 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ATR配置における低次のWGM励起, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, 2005年9月.
44) 2,005 国内講演発表 田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 : Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
45) 2,005 国内講演発表 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, Bruna Rabelo Amorim, 那須 史男, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシスとH1.2, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
46) 2,005 国内講演発表 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : オカダ酸によるNF-kBのリン酸化とリン酸化部位の同定, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
47) 2,005 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
48) 2,005 国内講演発表 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 : PKRが骨の石灰化に及ぼす影響, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
49) 2,005 国内講演発表 F. Ramos, 高石 喜久, 白鳥 水紀, 川口 陽佑 : Quercetin oxidation derivatives from Onion(Allium cepa) skin, 日本生薬学会第52年会, 2005年9月.
50) 2,005 国内講演発表 岡坂 衛, 高石 喜久, Olimjon. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Juniperus seravschanica Komarovの成分研究, 日本生薬学会第52年会, 2005年9月.
51) 2,005 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞対する特性遠赤外線の効果ーマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
52) 2,005 国内講演発表 山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 石川 友康, 長山 勝, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線照射MC3T3-E1, 第14回硬組織再生生物学会, 2005年9月.
53) 2,005 国内講演発表 大石 慶二, 永田 俊彦 : 喫煙している慢性歯周炎患者に外科的歯周治療を行なった一症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.47, 241, 2005年9月.
54) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 逆ミセル法によるCdSコア-Agシェル微粒子の作製, 第66回応用物理学会学術講演会, 2005年9月.
55) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 藤井 正光, 新見 忠信, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : J会合体コートシリカ微小球の非線形光学特性, 第66回応用物理学会学術講演会, 2005年9月.
56) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 表面プラズモンを用いたJ会合体分散シリカ薄膜の光学特性評価, 電気関係学会四国支部連合大会, 2005年9月.
57) 2,005 国内講演発表 吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
58) 2,005 国内講演発表 桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫 : 創成学習開発センターにおける創造性教育の取り組み, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 332, 2005年9月.
59) 2,005 国内講演発表 川崎 泰, 清水 郁夫, 旗谷 充彦, 松原 敏夫, 盛合 敦, 日下 一也, 英 崇夫 : 中性子回折法によるSPS材料の強度特性評価, 第40回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 42-47, 2005年9月.
60) 2,005 国内講演発表 桐山 聰, 日下 一也, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 英 崇夫 : 学生自主プロジェクト活動実態に関する考察, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 200-201, 2005年9月.
61) 2,005 国内講演発表 英 崇夫, 桐山 聰, 中島 やよい : 動き始めた創成学習開発センター, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 202-203, 2005年9月.
62) 2,005 国内講演発表 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 自発的学習を促進する条件, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 192-193, 2005年9月.
63) 2,005 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 英 崇夫, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 総合的デザイン教育の必要性, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 194-195, 2005年9月.
64) 2,005 国内講演発表 宝田 浩延, 吉田 篤司, 池田 祐一, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 自主的創成活動における学生間の相互教育効果, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 198-199, 2005年9月.
65) 2,005 国内講演発表 日下 一也, 英 崇夫, 三木 一正 : レーザピーニング処理した砲金の残留応力のレーザ焦点位置および操作速度依存性, 第40回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 107-112, 2005年9月.
66) 2,005 国内講演発表 加藤 雅裕 : 分子構造模型を用いた新しい創成科目をめざして, 平成17年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 492-493, 2005年9月.
67) 2,005 国内講演発表 一丸 貴人, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 環状型光触媒反応器における揮発性有機物質の分解, 化学工学会 第37回秋季大会, #J122, 2005年9月.
68) 2,005 国内講演発表 板持 正和, 濱 良徳, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 環状型光触媒反応器における藍染料の分解特性, 化学工学会 第37回秋季大会, #J123, 2005年9月.
69) 2,005 国内講演発表 堀河 俊英, 一宮 大輔, 加藤 雅裕, 冨田 太平, 三宅 義和, 林 順一 : マグネタイト含有多孔質シリカ微粒子の製造, 化学工学会 第37回秋季大会, #C318, 2005年9月.
70) 2,005 国内講演発表 加藤 雅裕, 粟飯原 浩範, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 硫黄と窒素を含むチタニア光触媒による有機物分解過程の分光学的解析, 化学工学会 第37回秋季大会, #C316, 2005年9月.
71) 2,005 国内講演発表 大石 寧子 : 「地域と大学が生んだ日本語教育の一面とその実践」, --- -吉野川市におけるドイツ高校生の日本語·日本文化体験- ---, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.2, 16-17, 2005年9月.
72) 2,005 国内講演発表 加藤 雅裕, 山崎 達也, 石川 尚子, 岡田 佳枝, 吉川 卓志, 和田 守 : メタロシリケート触媒によるバイオエタノールからのガソリン合成, 第96回触媒討論会討論会A予稿集, 74, 2005年9月.
73) 2,005 国内講演発表 野瀬 浩司, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : 全二重電力通信用エコーキャンセラの検討, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.B-8-18, 2005年9月.
74) 2,005 国内講演発表 結城 諭, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : マルチパス環境における狭帯域OFDM通信の性能改善について, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.B-8-19, 2005年9月.
75) 2,005 国内講演発表 和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
76) 2,005 国内講演発表 多田 敏子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 松下 恭子, 橋本 文子, 太田 暁子, 俵 志江, 川野 公江 : 山間地域で生活する1人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, 第6回 日本QOL学会, Vol.6, No.2, 2005年9月.
77) 2,005 国内講演発表 大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
78) 2,005 国内講演発表 今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
79) 2,005 国内講演発表 好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
80) 2,005 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 長・短期間の話者内音声変動による音声認識率の変化抑制法に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 221-222, 2005年9月.
81) 2,005 国内講演発表 佐々木 義典, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 曲名識別に向けた音符抽出法の研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-26, 2005年9月.
82) 2,005 国内講演発表 西岡 隆志, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 拡張機能付4ビットALUの論理設計,及び,XOR回路高速化に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.9-7, 2005年9月.
83) 2,005 国内講演発表 北井 豊, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 残留指紋における特徴点抽出用細線化処理法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-2, 2005年9月.
84) 2,005 国内講演発表 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
85) 2,005 国内講演発表 尾崎 和志, 島本 隆, 宋 天, 來山 征士 : 直方体パッキング問題のSA法による解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-27, 2005年9月.
86) 2,005 国内講演発表 宮井 隆充, 島本 隆, 宋 天, 來山 征士 : スパニンググラフを用いたスタイナー木の効率的な構築方法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-28, 2005年9月.
87) 2,005 国内講演発表 柳原 哲也, 島本 隆, 來山 征士 : 相互相関を用いる重畳通話検出法について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-15, 2005年9月.
88) 2,005 国内講演発表 東山 正明, 島本 隆, 來山 征士 : エコーキャンセラーにおける入力信号と収束特性の関係について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-16, 2005年9月.
89) 2,005 国内講演発表 三谷 篤史, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 推定誤差を考慮した可変ステップゲイン型エコーキャンセラ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-17, 2005年9月.
90) 2,005 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞に対する特性遠赤外線の効果, --- マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析 ---, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
91) 2,005 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Amorin, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAP発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
92) 2,005 国内講演発表 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺でのヒト咽頭挙筋群の停止状況に関する肉眼解剖学的研究, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
93) 2,005 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
94) 2,005 国内講演発表 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
95) 2,005 国内講演発表 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
96) 2,005 国内講演発表 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
97) 2,005 国内講演発表 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞の分化と石灰化におけるPKRの役割について, 日本解剖学会第60回中国,四国地方会, 2005年10月.
98) 2,005 国内講演発表 山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
99) 2,005 国内講演発表 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
100) 2,005 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 日本解剖学会第60回中国・四国支部学術大会, 2005年10月.
101) 2,005 国内講演発表 田中 直伸, 石丸 陽子, 岡坂 衛, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 三千穂, Kuo-Hsiung Lee : オトギリソウ科Hypericum属に含まれる生理活性物質の探索, 第47回 天然有機化合物討論会, Vol.P61, 413-418, 2005年10月.
102) 2,005 国内講演発表 的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
103) 2,005 国内講演発表 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : The role of Reticulocalbin-3 in regulation of PACE4 activation and secretion, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
104) 2,005 国内講演発表 Kentaro Ogawa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Expression of cysteine proteases and oligopeptidase B in early seedling growth of wheat, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
105) 2,005 国内講演発表 Akihiko Tsuji, Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Tadashi Yoshimoto : Protamine: a unique and potent inhibitor of oligopeptidase B, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
106) 2,005 国内講演発表 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 during skeletal muscle differentiation, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
107) 2,005 国内講演発表 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of fibrillin-2 during chondrogenesis, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
108) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : 歯学分野での解剖学教育の現状と問題点., 日本解剖学会第60回中国・四国地方会 シンポジウム「医学・歯学の解剖学教育の現状と将来を考える」, 2005年10月.
109) 2,005 国内講演発表 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
110) 2,005 国内講演発表 河井 健太, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 : Li-Cu-O系化合物の電気伝導とLi+イオン拡散, 第31回固体イオニクス討論会, 32-33, 2005年11月.
111) 2,005 国内講演発表 田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
112) 2,005 国内講演発表 橋田 千佳, 田中 直伸, 高石 喜久 : コゴメバオトギリ (Hypericum perforatum var. angustifolium)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
113) 2,005 国内講演発表 釜屋 久美子, 川添 和義, 村上 光太郎, 高石 喜久, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国雲南省の民間薬 通血香(Euodia lepta)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
114) 2,005 国内講演発表 岡坂 衛, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov : ウズベキスタン産薬用植物Paeonia hybrideの成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
115) 2,005 国内講演発表 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
116) 2,005 国内講演発表 礒田 隆司, 堀河 俊英, 冨田 太平, 加藤 雅裕 : ディップコーティング法による窒素含有TiO2薄膜の創製, 関西地区3学協会合同大会講演要旨集, 137, 2005年11月.
117) 2,005 国内講演発表 福本 祐介, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 窒素とハロゲンを共ドープした酸化チタン可視光応答型光触媒の調製と光触媒特性, 関西地区3学協会合同大会 講演要旨集, 141, 2005年11月.
118) 2,005 国内講演発表 板持 正和, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : ベンチスケール環状充填型光触媒反応器における藍染料の分解特性, 関西地区3学協会合同大会 講演要旨集, 149, 2005年11月.
119) 2,005 国内講演発表 江口 奈穂子, 柴田 洋文, 近藤 京子, 荒井 勉, 塔本 香奈, 友石 章夫, 川添 和義, 高石 喜久, 堀内 義史, 樋口 雅紀, 樋口 富彦 : アイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)の創製, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 84, 2005年11月.
120) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯治療に必要な局所解剖学の知識, 第14回千里有床義歯臨床研究会「全部床義歯を用いた無歯顎治療—形態と機能の視点から—」, 2005年11月.
121) 2,005 国内講演発表 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
122) 2,005 国内講演発表 福本 祐介, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : ハロゲンと窒素を含むチタニアの調製と光触媒特性, 第12回ヤングセラミストミーティングin中四国要旨集, 17-18, 2005年11月.
123) 2,005 国内講演発表 Yasuko OISHI : Supporting Informal Language Learning Outside the classroom mith Handhelds, Third IEEE International Workshop on Wireless Technologies in Educatio, 10-15, Nov. 2005.
124) 2,005 国内講演発表 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian : LixV2O5におけるイオン拡散とイオン伝導度, 第31回固体イオニクス討論会, 30-31, 2005年11月.
125) 2,005 国内講演発表 湯浅 恵造, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるSubtilisin-like proprotein convertase(SPC)の機能解析, 第28回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2005年12月.
126) 2,005 国内講演発表 池田 真理, 池内 健, 志賀 篤志, 幡野 紘樹, 高橋 俊昭, 原 賢寿, 辻 明彦, 西沢 正豊, 小野寺 理 : 分泌型セリンプロテアーゼHtrA1とserpinとの高分子複合体形成の解析, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
127) 2,005 国内講演発表 山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 遠赤外線総合医療を目指して, 第116回徳島生物学会, 2005年12月.
128) 2,005 国内講演発表 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 局在プラズモンを用いたナノ光デバイス, (社)レーザー学会中国·四国支部 平成17年度第1回講演会 「レーザーとフォトニックデバイス·計測の進展」講演予稿集, 17, 2005年12月.
129) 2,005 国内講演発表 俵 志江, 太田 暁子, 山下 留理子, 多田 敏子, 中川 洋一 : A保健所管内における事業所労働者のメンタルヘルスに関する意識調査, 日本公衆衛生学会誌, Vol.53, No.10, 993, 2006年.
130) 2,005 国内講演発表 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるIkBa/NF-kBのリン酸化, 第111回日本解剖学会総会, 2006年3月.
131) 2,005 国内講演発表 吉峰 絵里, 川添 和義, 高石 喜久, Freddy Ramos, Xiaojiang Hao, 謝 立山, 李 順林, Diana Sinuco : 糯米香草(Semnostachya menglaensis)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
132) 2,005 国内講演発表 鎌倉 孝法, 越智 俊政, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : メース(Myristica fragrans)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
133) 2,005 国内講演発表 田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギの成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
134) 2,005 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 日本解剖学会第111回全国学術集会, 2006年3月.
135) 2,005 国内講演発表 岡本 敏弘, 中西 正貴, 山口 堅三, 亀井 研太郎, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 単一のCdSコートAgナノ微粒子における非線形光学応答, 第4回プラズモニクスシンポジウム, 2006年3月.
136) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 新見 忠信, 藤井 正光, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : フェムト-ピコ秒パルス幅間でのJ会合体コート球の非線形光学特性比較, 第53回応用物理学関係連合講演会, 2006年3月.
137) 2,005 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を通して学生が感じた訪問看護のやりがいや魅力, 日本在宅ケア学会学術集会講演集, 110-111, 2006年3月.
138) 2,005 国内講演発表 井原 明彦, 坂田 悦子, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 多孔性ステンレススチール管を支持体としたパラジウム膜とパラジウム/銀合金膜の製膜, 第8回 化学工学会学生発表会, 10, 2006年3月.
139) 2,005 国内講演発表 長濱 宏一, 尊藤 聡, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 多孔性ステンレススチール管へのパラジウムのめっき法の検討, 第8回 化学工学会学生発表会, 75, 2006年3月.
140) 2,005 国内講演発表 天堤 慎也, 福本 祐介, 岡野 伸章, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平, 大平 学 : バイオマスを原料とした塗料の吸着試験, 第8回 化学工学会学生発表会, 76, 2006年3月.
141) 2,005 国内講演発表 崎谷 知代, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : TiO2/Fe3O4/SiO2微粒子によるメチレンブルーの吸着・光分解特性, 第8回 化学工学会学生発表会, 77, 2006年3月.
142) 2,005 国内講演発表 垣内 雅樹, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 二酸化チタン光触媒によるアセトアルデヒドの分解速度, 第8回 化学工学会学生発表会, 83, 2006年3月.
143) 2,005 国内講演発表 長岡 優, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : メチレンブルー分解による二酸化チタン光触媒の性能評価, 第8回 化学工学会学生発表会, 84, 2006年3月.
144) 2,005 国内講演発表 長畠 祥司, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 紫外線LEDを用いたメチレンブルー分解による二酸化チタン光触媒の性能評価, 第8回 化学工学会学生発表会, 85, 2006年3月.
145) 2,005 国内講演発表 星 将広, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 磁性体含有多孔質シリカ-ニ酸化チタン光触媒の創製, 第8回 化学工学会学生発表会, 90, 2006年3月.
146) 2,005 国内講演発表 瀬戸 浩行, 大場 博史, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : スタチンによるラット骨欠損部の石灰化促進作用について, 第4回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会, 2006年3月.
147) 2,005 国内講演発表 北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 日本顎咬合学会九州・沖縄(沖縄)支部 認定教育研修会, 2006年3月.
148) 2,005 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者音声認識における精度変動要因の分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 157-158, 2006年3月.
149) 2,005 国内講演発表 遠藤 俊樹, 黒岩 眞吾, 清水 徹 : 雑音の統計的特徴量の主成分分析と重回帰分析に基づく音声認識性能予測, 日本音響学会 春季研究発表会, 145-146, 2006年3月.
150) 2,005 国内講演発表 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 共通教育・創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 平成17年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.
151) 2,005 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの断熱特性, 第35回FRPシンポジウム講演論文集, 274-276, 2006年3月.
152) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 井上 智博, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FIBによる銀ナノプリズムの作製と散乱光特性評価, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22a-D-7, 1103, 2006年3月.
153) 2,005 国内講演発表 Takao Saito, Tomohiro Inoue, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui and Toshiharu Saiki : A method of additional blue shift with multilayered domain control, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22a-C-2, 1094, Mar. 2006.
154) 2,005 国内講演発表 Takao Saito, Toshiharu Saiki, Tomohiro Inoue, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Multilayered domain control and composite domain cotrol, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22a-C-1, 1094, Mar. 2006.
155) 2,005 国内講演発表 井上 智博, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫, 齋藤 隆雄, 斎木 敏治 : スパッタリング法で作製した金属微粒子分散構造の局在プラズモン特性シミュレーション, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22a-C-3, 1094, 2006年3月.
156) 2,005 国内講演発表 松崎 庸介, パイル フジオ ペレアス デビッド, 小川 利昭, グラモトノフ デミトリー, ベルノン K, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : ギャップ型プラズモン導波路の伝搬観測, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22p-C-5, 1099, 2006年3月.
157) 2,005 国内講演発表 原口 雅宣, パイル フジオ ペレアス デビッド, グラモトノフ デミトリー, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 結合型エッジプラズモン導波路の特性の数値計算シミュレーション, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.22p-C-6, 1099, 2006年3月.
158) 2,005 国内講演発表 蔡 雷, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属ナノロッド構造での局在プラズモン伝搬数値シミュレーション, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.23a-C-10, 1104, 2006年3月.
159) 2,005 国内講演発表 岡本 敏弘, 中西 正貴, 亀井 研太郎, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫, 釜野 勝 : 単一のCdSコートAgナノ微粒子における非線形光学応答, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.23a-C-8, 1104, 2006年3月.
160) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 逆ミセル法による表面修飾したAgコートCdS微粒子の作製とその光学特性, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.23a-G-10, 223, 2006年3月.
161) 2,005 国内講演発表 古波 直人, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 和田 拓也 : 電気泳動を用いた金属微小球マニピュレーション, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.23a-G-9, 223, 2006年3月.
162) 2,005 国内講演発表 福井 萬壽夫, 岡本 敏弘, 原口 雅宣 : 表面プラズモン共鳴の基礎, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.0, No.24a-ZL-6, 79, 2006年3月.
163) 2,005 国内講演発表 野瀬 浩司, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : 全二重電力線通信用エコーキャンセラについて, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-4-20, 2006年3月.
164) 2,005 国内講演発表 岡本 浩行, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 非線形光学特性を有する2個のマイクロリング共振器による光双安定特性, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.25p-W-3, 1253, 2006年3月.
165) 2,005 国内講演発表 西岡 隆志, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 可変容量を用いたレーザ駆動回路の波形改善の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.C-12-13, 2006年3月.
166) 2,005 国内講演発表 山口 堅三, 新見 忠信, 藤井 正光, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : フェムト秒ーピコ秒パルス幅間でのJ会合体コート球の非線形光学特性比較, 第53回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.26a-Q-8, 1354, 2006年3月.
167) 2,005 国内講演発表 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 軟口蓋から咽頭壁にわたるヒト咽頭挙筋群の起始・走行および停止に関する肉眼解剖学的研究, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.
168) 2,005 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1) 2,005 その他・研究会 多田 敏子 : 療養時のこころの持ち方について, SSKA全低肺, No.80, 6-7, 2005年4月.
2) 2,005 その他・研究会 上原 祥佳瑞, ディーンダリアント (名), 逢坂 昭治 : フラッデイング開始点のウェーブレットスカログラムについて, 平成17年度第1回研究討論会, 2005年5月.
3) 2,005 その他・研究会 桐山 聰 : 教養教育と創成学習, 第53回 中国·四国地区大学教育研究会プログラム·資料集, 5, 2005年5月.
4) 2,005 その他・研究会 多田 敏子 : セルフケアが人に及ぼす影響, SSKA全低肺, No.81, 6-8, 2005年6月.
5) 2,005 その他・研究会 Kazuhito Takamura, Hidenori Miyake, Hiroki Mori, Yoshiyasu Terashima, Tsutomu Ando, Masahiko Fujii, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada : Balloon occluded retrograde transvenous obliteration and percutaneous transhepatic obliteration for ruptured duodenal varices after operation for rectal cancer with multiple liver metastasis: report of a case, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 212-217, Aug. 2005.
6) 2,005 その他・研究会 Junko Minato, Bracewell B. David, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Automatically Identifying Emotion from Bilingual Text, 2005 Shikoku-section Joint Convention Record of The Institutes of Electrical and Related Engineers, 351, Sep. 2005.
7) 2,005 その他・研究会 Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
8) 2,005 その他・研究会 原口 雅宣 : 発光ダイオードの過去・現在・将来, 平成17年度第2回ACTフェローシップ特別講演会, 2005年12月.
9) 2,005 その他・研究会 多田 敏子 : プライマリ・ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, No.1, 32, 2005年12月.
10) 2,005 その他・研究会 多田 敏子 : 絆と生活の質, SSKA全低肺, No.82, 6-8, 2006年1月.
11) 2,005 その他・研究会 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
12) 2,005 その他・研究会 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
13) 2,005 その他・研究会 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
14) 2,005 その他・研究会 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.
15) 2,005 その他・研究会 原口 雅宣, 小川 利昭, 松崎 庸介, パイル フジオ ペレアス デビッド, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, グラモトノフ デミトリー : 金属ナノ構造における一次元プラズモン伝搬実験, 第4回プラズモニクスシンポジウム, 2006年3月.
16) 2,005 その他・研究会 岡本 敏弘, 中西 正貴, 山口 堅三, 亀井 研太郎, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 単一のCdSコートAgナノ微粒子における非線形光学応答, 第4回プラズモニクスシンポジウム, 2006年3月.
17) 2,005 その他・研究会 英 崇夫 : 5大学教育連携とギガビットネットワーク(JGNⅡ)による新しい教育の試み, 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.
18) 2,005 その他・研究会 英 崇夫, 藤澤 正一郎 : 全学共通教育創成学習「ルーツを探れ」, 徳島大学大学教育カンファレンス, 2006年3月.
19) 2,005 その他・研究会 藤澤 正一郎, 英 崇夫 : 全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1) 2,005 報告書 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 特色ある大学教育支援プログラム 「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成15,16年度 報告書, 平成15,16年度 報告書, 徳島, 2005年4月.
2) 2,005 報告書 黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚 : 分散型話者照合方式に関する研究, 平成14年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, Vol.14350204, 1-227, 2005年5月.
3) 2,005 報告書 大庭 健, 森本 泰宏, 上山 吉哉, 羽地 達次, 森本 景之 : 口腔癌細胞における薬剤耐性とアポトーシス誘導機構の解明, 平成17-18年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (1) 報告書, 北九州, 2006年3月.
4) 2,005 報告書 桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 草壁 克己, 外輪 健一郎 : はじめて学ぶ化学工学, 工業調査会, 東京, 2006年4月.
2) 2,006 著書 尾崎 明文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : トリガーポイントと経穴の関係, 医書出版部, 東京, 2006年4月.
3) 2,006 著書 逢坂 昭治 : 日本機械学会編 改訂気液二相流技術ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年6月.
4) 2,006 著書 羽地 達次 : 口腔組織 発生学 (分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年8月.
5) 2,006 著書 川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.
6) 2,006 著書 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策,, 医道の日本社, 神奈川, 2007年1月.
7) 2,006 著書 尾崎 明文, 森 俊豪, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼灸医療安全ガイドライン(尾崎昭弘,坂本 歩/鍼灸安全性委員会 編), --- 重要臓器の傷害事故の防止 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年1月.
8) 2,006 著書 羽地 達次 : なるほど現代歯塾(分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
9) 2,006 著書 北村 清一郎 : なるほど 現代歯塾∼健康で快適な生活のために∼, --- 歯がなくてもかめるの?年齢とお口の関係は? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
10) 2,006 著書 眞野 典子, 眞野 元四郎, 谷岡 哲也, 石神 文子, 富島 喜揮, 西谷 清美, 武田 廣一, 後藤 雅博, 三船 和史, 上別府 圭子, 上野 里絵, 出越 文悟, 宮部 由起代, 多田 敏子, 橋本 文子, 倉知 延章, 山崎 正雄, 上野 修一 : 精神科リハビリテーション, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年2月.
11) 2,006 著書 北村 清一郎, 角田 佳折 : 咬合・咀嚼が創る健康長寿, --- 義歯は嚥下とどう係るのか ---, 大阪大学出版, 大阪, 2007年3月.
12) 2,006 著書 Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, Kazuhiro Okamura and Toshihiro Moriga : NMR study on lithium ionic diffusion in layered lithium transition metal oxides, --- Advanced Materials and Methods for Lithium-Ion Batteries, S. S. Zhang (Ed.), Chapter 17 ---, Research Signpost, India, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Stemming to Improve Translation Lexicon Creation form Bitexts, Information Processing & Management, Vol.42, No.4, 1003-1016, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) 糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 手動車いす操作における段差抵抗の尺度化に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, No.602, 7-12, 2006年.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Recognition system of CCE for CSL Learners, Research in Computing Science, Vol.19, 49-61, 2006.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Yu Zhang, Zhuoming Li, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Preliminary Research of Chinese Emotion Classification Model, Research in Computing Science, Vol.19, 95-106, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Mikami, Jonathan Stewart, Farhang Ostadan and Charles Crouse : Representation of Ground Motion Incoherence for the Analysis of Kinematic Soil-Structure Interaction, The 8th US National Conference on Earthquake Engineering, Vol.13, 7918-7927, 2006.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Crystal structure of hard spheres under gravity by Monte Carlo simulation, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.7, No.3, 296-302, 2006.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Yasukazu Ikeuchi, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of internal stresses in SiO2/Cu/TiN thin films by X-ray and synchrotron radiation due to heat treatment, Vacuum, Vol.80, No.7, 836-839, 2006.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) Zhao Xin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Translation of Japanese Noun Compounds at Super-Function Based MT System, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.126, No.5, 645-653, 2006.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Effects of Phoneme Type and Frequency on Distributed Speaker Identification and Verification, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.5, 1712-1719, 2006.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) Akiharu Ousaka, Deendarlianto, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Prediction of flooing gas velocity in gas-liquid counter-current two-phase flow in inclined pipes, Nuclear Engineering and Design, Vol.236, No.12, 1282-1292, 2006.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Monte Carlo simulation of crystal-fluid coexistence states in the hard-sphere system under gravity with step-wise control, The Journal of Chemical Physics, Vol.124, No.17, 174507-1-174507-10, 2006.
13) 2,006 学術論文 (審査論文) (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells, Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
14) 2,006 学術論文 (審査論文) Hua Xiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Mind Model for an Affecitive Computer, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.6, No.6, 62-69, 2006.
15) 2,006 学術論文 (審査論文) Haiqing Hu, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A New Question Answering System for Chinese Restricted Domain, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.6, 1848-1859, 2006.
16) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a newly developed hypoxia-oriented 10B conjugate compound, TX-2100, for boron neutron capture therapy, International Journal of Hyperthermia, Vol.22, No.4, 287-299, 2006.
17) 2,006 学術論文 (審査論文) Takashi Sugimoto, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Effectof 'overheating treatment' on the stability of KCl aqueous solutions, Journal of Crystal Growth, Vol.292, No.1, 108-110, 2006.
18) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Kazuya Fukuta and Ken-Ichiro Sotowa : Formation of Hydroxyapatite-layer on Glass-plate and its Removal-regeneration Properties of Aqueous Cadmium, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.299, No.1, 270-273, 2006.
19) 2,006 学術論文 (審査論文) Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A CIE Extraction Syatem for CSL Learners, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.6, No.7A, 152-162, 2006.
20) 2,006 学術論文 (審査論文) Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Dealing with Acronyms in Biomedical Texts, Engineering Letters, Vol.13, No.2, 216-224, 2006.
21) 2,006 学術論文 (審査論文) Shunji Mitsuyoshi, Fuji Ren, Yasuto Tanaka and Shingo Kuroiwa : Non-Verbal Voice Emotion Analysis System, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.2, No.4, 819-830, 2006.
22) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Azusa Hotta, Junji Terao, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C analogues as antiatherogenic antioxidants, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.578, 113-118, 2006.
23) 2,006 学術論文 (審査論文) Ya Lin, Tetsuya Tanioka, Kokichi Tanihira, Fuji Ren, Toshiko Tada, Katsuyo Howard and Haruo Kobayashi : An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration, Kawasaki Journal of Medical Welfare, Vol.12, No.1, 37-44, 2006.
24) 2,006 学術論文 (審査論文) Tetsuya Tanioka, Motoshiro Mano, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada and Chiemi Kawanishi : Challenge of Psychiatric Rehabilitation for Patients With Long-Term Hospitalizations Using the Nirje's Normalization Principles As a Valuation Standard: Two Case Studies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 209-217, 2006.
25) 2,006 学術論文 (審査論文) Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Building Frames of Knowledge for Causal Agents in WordNet, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 1880-1885, 2006.
26) 2,006 学術論文 (審査論文) Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Integrated System for Semantic Analysis of Chinese, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 1886-1891, 2006.
27) 2,006 学術論文 (審査論文) Dapeng Yin, Min Shao, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Rule-based Translation of Quantifiers for Chinese-Japanese Machine Translation, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2031-2036, 2006.
28) 2,006 学術論文 (審査論文) Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Validity of Metaphor in Emotion Recognizing Model, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2049-2055, 2006.
29) 2,006 学術論文 (審査論文) Liying MI, Xin Luo, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Rule and Super Function-based Machine Translation System for Chinese-Japanese Causative Sentences, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2122-2129, 2006.
30) 2,006 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Text-Based English-Arabic Sentence Alignment, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 748-753, 2006.
31) 2,006 学術論文 (審査論文) Jiajun Yan, BRACEWELL B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Semantic Analyzer for Aiding Emotion Recognition in Chinese, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 893-901, 2006.
32) 2,006 学術論文 (審査論文) Dapeng Yin, Min Shao, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Treatment of Quantifiers in Chinese-Japanese Machine Translation, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 930-935, 2006.
33) 2,006 学術論文 (審査論文) Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Emotion Estimation System based on Emotion Occurrence Sentence Pattern, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 902-911, 2006.
34) 2,006 学術論文 (審査論文) 川添 仁, 久保 智美, 飯原 なおみ, 土居 智明, 奥條 真紀子, 福岡 憲泰, 藤本 さとし, 金地 伸拓, 坂東 修二, 石田 俊彦, 滝口 祥令, 芳地 一 : 患者参加型癌化学療法副作用モニタリング, --- 患者の治療参加と情報の共有化 ---, 薬学雑誌, Vol.126, No.8, 629-642, 2006年.
35) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Mitsutoshi Sakakibara, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki, Hideko Nagasawa, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C isoprene analogues as lipid peroxidation inhibitor having low mitochondrial toxicity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.14, No.16, 5721-5728, 2006.
36) 2,006 学術論文 (審査論文) 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域で生活する一人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.1, 35-39, 2006年.
37) 2,006 学術論文 (審査論文) Takamasa Kaito, Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori, Mami Kurumada, Chihiro Kaito and Tetsuo Inoue : Characteristic nanocrystallite growth of PbBr2 in a magnetic field in gel, Journal of Crystal Growth, Vol.294, No.2, 407-410, 2006.
38) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Takashi Osaka, Yuuki Hirata and Ken-Ichiro Sotowa : Enhancement of the Activity for Oxidative Dehydrogenation of Propane on Calcium Hydroxyapatite Substituted with Vanadate, Applied Catalysis A: General, Vol.312, 52-58, 2006.
39) 2,006 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Kenta Kawai, Koji Yamada, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : Li+ ionic diffusion in Li-Cu-O compounds, Solid State Ionics, Vol.177, No.26-32, 2775-2778, 2006.
40) 2,006 学術論文 (審査論文) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita and Nitta Atsuko : Clarification of the Functions Required on Walking-support Devices for the Elderly at-Home Whose Care need Levels are Low, The 2nd International Conference for Unversal Design in Kyoto 2006, Vol.CD-ROM, 2006.
41) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 中野 晋, 澤田 勉, 繁田 淳吾 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震を用いた四国地域における距離減衰式の適用性の検討, 21世紀の南海地震と防災, 63-70, 2006年.
42) 2,006 学術論文 (審査論文) 橋本 和也, 三神 厚, 澤田 勉 : 徳島県における木造家屋の耐震改修に関する南海地震リスクマネジメント, 21世紀の南海地震と防災, 99-104, 2006年.
43) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 神山 眞, 澤田 勉 : 建物基礎のフレキシビリティーが基礎入力動の評価に与える影響, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 650-653, 2006年.
44) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Miyoshi, Yoshihiko Kitajima, Takao Ide, Kazuma Ohtaka, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Kohji Miyazaki : Hypoxia accelerates cancer invasion of hepatoma cells by upregulating MMP expression in an HIF-1alpha-independent manner, International Journal of Oncology, Vol.29, No.6, 1533-1539, 2006.
45) 2,006 学術論文 (審査論文) Kazuto Ohkura, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Natsuko Okamura, Aya Murakami and Hitoshi Hori : The Role of Gc Protein Oligosaccharide Structure as a Risk Factor for COPD, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4073-4078, 2006.
46) 2,006 学術論文 (審査論文) Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Masahiko Kita and Fuji Ren : Evaluation of EMD-based Speaker Recognition using ISCSLP2006 Chinese Speaker Recognition Evaluation Corpus, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4274, 539-548, 2006.
47) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Yoshinori Sakurai, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Koji Ono : The usefulness of a continuous administration of tirapazamine combined with reduced dose-rate irradiation using gamma-rays or reactor thermal neutrons, The British Journal of Radiology, Vol.79, No.948, 991-998, 2006.
48) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Shinya Tanimoto, Kazuya Fukuta and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of Incorporation Procedure of Titanium Cations into Calcium Hydroxyapatites on the Photo-Catalytic Activities for the Decomposition of Methylene Blue, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, 141-144, 2006.
49) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeru Sugiyama, Minako Fujii and Ken-Ichiro Sotowa : Preparation Procedure of Barium Hydroxyapatite with Sol Contaninig of Sodium Alginate and Sodium Diphosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, 145-148, 2006.
50) 2,006 学術論文 (審査論文) Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence Alignment using Feed Forward Neural Network, International Journal of Neural Systems, Vol.16, No.6, 423-434, 2006.
51) 2,006 学術論文 (審査論文) Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : Thermal relaxation of residual stresses in TiN films deposited by arc ion plating, International Journal of Materials Research, Vol.97, No.12, 1656-1660, 2006.
52) 2,006 学術論文 (審査論文) Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Extracting Chinese Idiomatic Expressions from Texts to Author Reading Support Systems for Learning Chinese as Second Language, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.5, No.1, 17-28, 2006.
53) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi, Hiroaki Tanaka, Noriyasu Fukuoka, Hiroaki Ohnishi, Toshihiko Ishida and Hitoshi Houchi : Change of the blood concentration of tacrolimus after the switch from fluconazole to variconazole in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2528-2531, 2006.
54) 2,006 学術論文 (審査論文) Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
55) 2,006 学術論文 (審査論文) Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of p65NF-κB on serine 536 adn activates NF-κB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.99, No.5, 1275-1284, 2006.
56) 2,006 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : 計画能力の一側面としてのコミュニケーション能力, 工学教育, Vol.55, No.1, 54-58, 2007年.
57) 2,006 学術論文 (審査論文) Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, (名) Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Arachidonic acid inhibits osteoblast differentiation through cytosolic phospholipase A2-dependent pathway., Oral Diseases, Vol.13, No.1, 32-39, 2007.
58) 2,006 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Keisuke Motoki, Yoshitaka Michihiro, Tatsuo Kanashiro, Masahito Yahagi, Hiromi Hamanaka and Kazuo Kuriyama : Li+ ionic diffusion and vacancy ordering in β-LiGa, Faraday Discussions, Vol.134, 343-352, 2007.
59) 2,006 学術論文 (審査論文) 黒岩 眞吾, 森 陽司, 高階 政吏, 柘植 覚, 任 福継 : スペクトルの微細構造を考慮した風雑音除去手法, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J90-A, No.1, 1-12, 2007年.
60) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Yuko Kinashi and Koji Ono : Dependency of the effect of a vascular disrupting agent on sensitivity to tirapazamine and gamma-ray irradiation upon the timing of its administration and tumor size, with reference to the effect on intratumor quiescent cells, Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, Vol.133, No.1, 47-55, 2007.
61) 2,006 学術論文 (審査論文) Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Mining News Sites to Create Special Domain News Collections, International Journal of Computational Intelligence, Vol.4, No.4, 56-63, 2007.
62) 2,006 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, G Kashino, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with continuous tirapazamine administration under reduced dose-rate irradiation with gamma-rays, International Journal of Hyperthermia, Vol.23, No.1, 29-35, 2007.
63) 2,006 学術論文 (審査論文) 外輪 健一郎 : 食塩晶析工程における所要エネルギー量最小化の検討, 日本海水学会誌, Vol.61, No.1, 3-7, 2007年.
64) 2,006 学術論文 (審査論文) Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.355, No.2, 347-351, 2007.
65) 2,006 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : 分散音声認識における実時間周波数特性正規化手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, 900-908, 2007年.
66) 2,006 学術論文 (審査論文) Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, (名) Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.
67) 2,006 学術論文 (審査論文) Ken-Ichiro Sotowa, Keisuke Irie, Takanori Fukumori, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Droplet Formation by the Collision of Two Aqueous Solutions in a Microchannel and Application to Particle Synthesis, Chemical Engineering & Technology, Vol.30, No.3, 383-388, 2007.
68) 2,006 学術論文 (審査論文) 谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山崎 正雄, 真野 元四郎, 友竹 正人, 上野 修一 : 地域住民の精神障害関連の行事への参加と精神障害者に対する意識調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 91-98, 2007年.
69) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
70) 2,006 学術論文 (審査論文) 橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 膠原病患者会におけるメンバー間の療養上の自己決定に至る相互作用の意義, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.2, 117-130, 2007年.
71) 2,006 学術論文 (審査論文) 松本 和幸, 三品 賢一, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 感情生起事象文型パターンに基づいた会話文からの感情推定手法, 自然言語処理, Vol.14, No.3, 239-271, 2007年.
72) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 神山 眞, 澤田 勉, 松田 敏和 : 自由地盤の強震観測に及ぼす地震計設置台座の影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 321-328, 2007年.
73) 2,006 学術論文 (審査論文) 島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉 : 動的信頼性理論に基づく応答スペクトル適合地震動の一作成法, 構造工学論文集, Vol.53A, 313-320, 2007年.
74) 2,006 学術論文 (審査論文) 森西 由記, 三神 厚, 澤田 勉 : トンネル中柱端部のフレキシビリティーが躯体の断面力分布に及ぼす影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 1169-1180, 2007年.
75) 2,006 学術論文 (審査論文) Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Model of Mental State Transition Network, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.127, No.3, 434-442, 2007.
76) 2,006 学術論文 (審査論文) Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Role of transcription factors in multidrug resistance and apoptosis, Dentistry in Japan, Vol.43, No.1, 1-6, 2007.
77) 2,006 学術論文 (審査論文) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Chiemi Kawanishi and Chiemi Onishi : Clarification of Caring Behaviors by the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, International Journal for Human Caring, Vol.11, No.11, 25-29, 2007.
78) 2,006 学術論文 (審査論文) 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 山田 直広, 田内 雅規, 加藤 俊和, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの白杖・足底による検知・識別実験, 計測自動制御学会論文集, Vol.43, No.3, 172-179, 2007年.
79) 2,006 学術論文 (審査論文) 谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 多田 敏子, 真野 元四郎, 山崎 正雄, 友竹 正人, 松下 恭子, 上野 修一, 大森 美津子, 大浦 智華 : 住民の精神障害者に対する意識調査:精神障害者との出会いの経験と精神障害者に対するイメージ, 香川大学看護学雑誌, Vol.11, No.1, 65-74, 2007年.
80) 2,006 学術論文 (審査論文) 鈴木 良尚, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法を用いたコロイド結晶の作製, 高分子論文集, Vol.64, No.3, 161-165, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,006 学術論文 (紀要その他) 大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 寒冷地に居住する軽度要介護高齢者の歩行支援ニーズの実態, 島根大学医学部紀要, Vol.29, 23-30, 2006年.
2) 2,006 学術論文 (紀要その他) 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.10, No.6, 2007年.
3) 2,006 学術論文 (紀要その他) yoshimitsu fujimori, Yoshio Kashida, mitsuhiro okada and Yoshiyasu Terashima : Examining Examinations, --- on logic of practices in OSCE ---, Social Science Research University of Tokushima, Vol.20, No.20, 57-73, 2007.
4) 2,006 学術論文 (紀要その他) 續木 章三, 英 崇夫 : 「ものづくり」による創造的学習, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター Wataru Ninomiya, Yasuhiko Tanabe, Yuya Uehara, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Dehydrogenation of Tetralin on Pd/C and Te-Pd/C Catalysts in the Liquid-Film State under Distillation Conditions, Catalysis Letters, Vol.110, No.3-4, 191-194, 2006.
2) 2,006 学術レター 徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における副甲状腺ホルモンの局所投与による歯槽骨形成作用, 第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会記録集, 36, 2007年.
3) 2,006 学術レター Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.
4) 2,006 学術レター Shigeru Sugiyama, Masahiko Yokoyama, Minako Fujii, Kazunori Seyama and Ken-Ichiro Sotowa : Recycling of Thin-layer of Magnesium Hydrogenphosphate for Removal and Recovery of Aqueous Ammonium, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.2, 198-201, 2007.
5) 2,006 学術レター 多田 敏子 : 在宅高齢者の屋内での歩行支援機器に必要な機能, 健康産業交流会シーズ集, Vol.14, 4-5, 2007年.
6) 2,006 学術レター Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Toshiro Ohta, Shigenori Kumazawa, Miya Kamihira, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Tsutomu Nakayama : Suppression of tumor-induced angiogenesis by Brazilian propolis: Major component artepillin C inhibits in vitro tube formation and endothelial cell proliferation, Cancer Letters, Vol.252, No.2, 235-243, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 4 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①下顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.4, 738-743, 2006年4月.
2) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- -5 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識-より効果的な麻酔を目指して ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
3) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年5月.
4) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集5, --- 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 -より効果的な麻酔を目指して- ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
5) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!分かる!臨床に役立つ解剖写真集6-臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年6月.
6) 2,006 総説・解説 宇都 義浩, 永澤 秀子, 後藤 恵子, 中嶌 瞳, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 4. 低酸素薬剤(hypoxia drug)の創製:p53阻害型低酸素細胞放射線増感剤および低酸素指向性ハイブリッド型ボロンキャリアーの分子設計, 癌の臨床, Vol.52, No.1, 11-14, 2006年7月.
7) 2,006 総説・解説 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 癌化学療法の新展開, PHARMSTAGE, Vol.6, No.3, 46-52, 2006年7月.
8) 2,006 総説・解説 外輪 健一郎, 草壁 克己 : マイクロリアクターへの計算流体力学の応用, 真空, Vol.49, No.7, 409-413, 2006年7月.
9) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集-7顎関節の局所解剖, --- 顎関節症を理解するために ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
10) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集7, --- 顎関節の局所解剖学 -顎関節症を理解するために- ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
11) 2,006 総説・解説 和田 一範, 三神 厚 : ジャワ島中部地震緊急調査報告, 2006年8月.
12) 2,006 総説・解説 熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
13) 2,006 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 8, --- 義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月.
14) 2,006 総説・解説 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 医道の日本,臨時増刊, No.11, 80-84, 2006年8月.
15) 2,006 総説・解説 熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
16) 2,006 総説・解説 外輪 健一郎 : 化学工学年鑑2006, --- マイクロリアクタ ---, 化学工学, Vol.70, No.10, 37-39, 2006年10月.
17) 2,006 総説・解説 Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Design of Hypoxia-Targeting Drugs as New Cancer Chemotherapeutics, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2335-2342, Dec. 2006.
18) 2,006 総説・解説 外輪 健一郎 : 温度周期操作による不均一触媒反応の制御, 触媒, Vol.48, No.8, 575-580, 2006年12月.
19) 2,006 総説・解説 羽地 達次 : 手動式タイプライターからコンピューターへ, 徳島大学高度情報化基盤センター「広報」, Vol.13, 25-27, 2007年.
20) 2,006 総説・解説 三神 厚, 澤田 勉, 神山 眞 : 強震計台座が自由地盤の強震観測に与える影響, 震度計の設置促進と震度データの利用高度化に関するシンポジウム, 4-12, 2007年3月.
21) 2,006 総説・解説 蒋 景彩, 三神 厚, 岡部 健士, 中野 晋, 藤田 真人 : 2007年能登半島地震災害調査―建物被害・道路法面崩壊を中心に―, 南海地震研究 第3巻, Vol.3, 25-34, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : Grain-size Control of a Colloidal Crystal by using a Centrifugal Sedimentation Method, 2006 MRS Spring Meeting, San Francisco, Apr. 2006.
2) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Keisuke Irie, Takanori Fukumori, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Droplet Formation by Collision of Two Aqueous Solutions in an Organic Phase and Application to Ag Particle Formation, AIChE 2006 Spring National Meeting, Orlando, Apr. 2006.
3) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa : Residual stress evaluation of industrial materials by X-ray and neutron diffraction, ISOPE-2006, San Francisco, May 2006.
4) 2,006 国際会議 Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Machine Learning Approach to Determine Semantic Dependency Structure in Chinese, Proceedings of the Nineteenth International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference, 782-786, Melbourne Beach, Florida, USA, May 2006.
5) 2,006 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition, Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006), Vol.1, 397-400, Toulouse, France, May 2006.
6) 2,006 国際会議 Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki : Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation, 4th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, Book of Abstract,, 20, Chiba, May 2006.
7) 2,006 国際会議 Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
8) 2,006 国際会議 Yoshiyasu Terashima, Kazuo Mori, Takuji Kawano and Toshiaki Tamaki : Four-hour student workshop for introduction to PBL tutorial learning program, 6th Asia Pacific Conference on Problem-Based Learning, Tokyo, May 2006.
9) 2,006 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
10) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Shoichiro Fujisawa and : "Roots Finding", --- PBL in the first year course ---, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, May 2006.
11) 2,006 国際会議 Masanobu Haraguchi, Satoshi Kiriyama, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Education of the ability to find solution through making WEB pages for first-grade students, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 78, Tokyo, May 2006.
12) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama, Takao Hanabusa and Masanobu Haraguchi : The self analysis of setbacks in the WEB designer project, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 80, Tokyo, May 2006.
13) 2,006 国際会議 Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Chiemi Kawanishi, Chiemi Onishi, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Clarification of Caring Behavior By the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, Proceedings of the 28th Conference of the International Association for Human Caring, Vol.10, No.2, 60, Fremantle, May 2006.
14) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Encouragement of student activities by presentation evaluation, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, June 2006, Jun. 2006.
15) 2,006 国際会議 Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : PHONEME BASED SPEAKER MODELING TO IMPROVE SPEAKER IDENTIFICATION, ICGST International Conference on Artificial Intelligence and Machine Learning, 7-10, Sharm El Sheikh, Egypt, Jun. 2006.
16) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa and Shoichiro Fujisawa : "Roots Finding" -PBL in th e first year course-, 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, Jun. 2006.
17) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama and Takao Hanabusa : Teaching elementary school student in a handicraft lesson by science and technological students, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
18) 2,006 国際会議 Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats, International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
19) 2,006 国際会議 Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin, Rosa G Paredes Juarez, Nobuji A Saito V, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : Supporting Mobile Language Learning outside Classrooms, Proc. of Sixth International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 928-932, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
20) 2,006 国際会議 Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of the Incorporation of Vanadate and Cobalt Cation into Hydroxyapatites on the Oxidative Dehydrogenation of Propane, 5th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology, Tokyo, Jul. 2006.
21) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Kim Yun-Hae, Kim Yoon-Sik, Cho Jong-Rae and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition, --- Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University ---, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 32-34, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
22) 2,006 国際会議 Yun-Hae Kim, Jin-Ho Son, Jong-Rae Cho, Yoon-Sik Kim and Takao Hanabusa : Design of Un-manned Solar Boat System, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 36-39, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
23) 2,006 国際会議 Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Maximum Entropy Based Semantic Analysis of Chinese, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 416-419, Cork, Ireland, Aug. 2006.
24) 2,006 国際会議 Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Idiomatic Expression Reading Support for Foreign Learners, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 184-188, Cork, Ireland, Aug. 2006.
25) 2,006 国際会議 Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Fuji Ren, Kyoko Osaka, Kazuyuki Matsumoto, Shunji Mitsuyoshi, Rozzano De Castro Locsin and Shu-ichi Ueno : Consideration of Measuring Method for Empathic Understanding as Technological Competency of Nursing, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 68-72, Cork, Ireland, Aug. 2006.
26) 2,006 国際会議 Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.
27) 2,006 国際会議 Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic extraction of Super-Function from corpus and experimental evaluation, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 395-398, Cork, Ireland, Aug. 2006.
28) 2,006 国際会議 Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Category Classification and Topic Discovery of News Articles, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 345-348, Cork, Ireland, Aug. 2006.
29) 2,006 国際会議 Junko Minato, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Statistical Analysis of a Japanese Emotion Corpus for Natural Language Processing, Lecture Notes in Computer Sciences, Vol.4114, 924-928, Germany, Aug. 2006.
30) 2,006 国際会議 BRACEWELL B. David, Junko Minato, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Determining the Emotion of News Articles, Lecture Notes in Computer Sciences, Vol.4114, 918-923, Germany, Aug. 2006.
31) 2,006 国際会議 Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Machine Learning Approach to Determine Semantic Dependency Structure in Chinese, Proceedings of the Nineteenth International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference, 782-786, TL, USA, Aug. 2006.
32) 2,006 国際会議 Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Sumiko Yamamoto, Sachiko Okamoto, Sachiko Hara, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and Haruo Kobayashi : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 82-86, Cork(Ireland), Aug. 2006.
33) 2,006 国際会議 Yamamura Takeshi, Tsutomu Sawada, Yuko Nakauchi, Osamu Tsujihara and Atsushi Mikami : Earthquake damage prediction system of highway bridges using quantification theory, Proceedings of the 10th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction(EASEC), 1-6, Bangkok, Aug. 2006.
34) 2,006 国際会議 Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : SEMI-AUTOMATIC EMOTION RECOGNITION FROM CHINESE TEXT, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 113-117, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
35) 2,006 国際会議 Kyoko Osaka, Kazuyuki Matumoto, Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Shu-ichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin and Fuji Ren : REQUIRED PRECISION TO NATURAL LANGUAGE PROCESSING FOR THERAPEUTIC PATIENT-HEALTH CARE PROVIDER COMMUNICATION, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 118-123, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
36) 2,006 国際会議 Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo, International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
37) 2,006 国際会議 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki and Takashi Tuji : Design and synthesis of LDL oxidation inhibitor based on isoprenomics, XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
38) 2,006 国際会議 Shigeru Sugiyama, Masahiko Yokoyama, Minako Fujii, Kazunori Seyama and Ken-Ichiro Sotowa : Application of MgHPO4 to Continuous Removal/Recovery of Aqueous Ammonium, 11th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2006.
39) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi and Shigeru Sugiyama : Effect of periodic temperature change on catalytic partial oxidation of propylene, 11th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2006.
40) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi and Shigeru Sugiyama : Performance evaluation of deep microchannel reactor by using flow visualization technique and an enzyme reaction, 9th International Conference on Microreaction Technology, Potsdam, Sep. 2006.
41) 2,006 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
42) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo composites, Proceedings of 4th International Workshop on Green Composites, 150-152, Tokyo, Sep. 2006.
43) 2,006 国際会議 Atsushi Mori, Motoaki Yuasa, Takamasa Kaito and Tetsuo Inoue : Monte Carlo simulation of Gelation under External Field, Book of Abstracts The 59th Divisional Meeting on Colloid and Surface Chemistry, 528, Sapporo, Sep. 2006.
44) 2,006 国際会議 Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Lost Speech Reconstruction Method using Speech Recognition based on Missing Feature Theory and HMM-based Speech Synthesis, Proc. of INTERSPEECH 2006, 1105-1108, Pittsburgh, Sep. 2006.
45) 2,006 国際会議 Tatsuji Haneji, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Lihong Qiu : Cleavage of nucleolin and argyrophilic nuclear organizer region associated proteins in apoptosis-induced cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
46) 2,006 国際会議 Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji : Translocation of histone H1.2 from nucleus to mitochondoria in bleomycin-induced apoptotic cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
47) 2,006 国際会議 Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Calyculin A stimulates TNF-a expression and transcriptional activity via phosphorylation of Akt in MC3T3-E1 cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
48) 2,006 国際会議 Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
49) 2,006 国際会議 Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Yasuko Matsushita, Chiemi Kawanishi and Shu-ichi Ueno : Support for Single Elderly People's Better QOL Living in Mountainous Areas in Japan, 13th Annual conferenc of the International Society For Quality of Life Research, A71, Lisbon, Oct. 2006.
50) 2,006 国際会議 Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
51) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Shiraishi Nobumasa, Yuusaku Iguchi and Shigeru Sugiyama : A microreactor for fast temperature cycling, International Workshop on Process Intensification in Fluid and Particle Engineering, Kobe, Oct. 2006.
52) 2,006 国際会議 Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Machine Transliteration, The Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 370-373, Wuhan, China, Nov. 2006.
53) 2,006 国際会議 Lei Yu, Mengge Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Chinese Automatic Text Summarization system for mobile devices, The Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 426-429, Wuhan, China, Nov. 2006.
54) 2,006 国際会議 Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Tomomi Iwata : Vibration Influence of Tactile Waking Surface Indicators on the Running of Manual Wheelchairs and Walking Frames, Proceedings of The 32nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2006), 3910-3915, Paris, Nov. 2006.
55) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Nobumasa Shiraishi and Iguchi Yuusaku : Propylene Oxidation under Temperature Cycling Operation, AIChE 2006 Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2006.
56) 2,006 国際会議 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi : Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells, 13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
57) 2,006 国際会議 Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi and Shigeru Sugiyama : Propylene partial oxidation under fast temperature cycling, Fifth International Conference on Unsteady-state Processes in Catalysis, Suita, Nov. 2006.
58) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Masayuki Nishida : Stress-assisted atomic migration in thin copper films, APCFS'06, 22-25, Hainan Iland, China, Nov. 2006.
59) 2,006 国際会議 Masayuki Nishida, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : X-ray stress measurement of fiber reinforced plastics composite material, APCFS'06, Hainan Iland, Nov. 2006.
60) 2,006 国際会議 Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Detection and Recognition of Tactile Walking Surface Indicators by White Cane, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C2-2, 1-5, Hong Kong, Nov. 2006.
61) 2,006 国際会議 Hirohiko Ohkudo, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Directing Characteristics of IR Handheld Device toward Target by Blind Person, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C5-2, 1-6, Hong Kong, Nov. 2006.
62) 2,006 国際会議 Shingo Kuroiwa, Youji Mori, Satoru Tsuge, Masashi Takashina and Fuji Ren : Wind noise reduction method for speech recording using multiple noise templates and observed spectrum fine structure, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1567-1571, Guilin, China, Nov. 2006.
63) 2,006 国際会議 Masashi Takashina, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Speech bandwidth extension method using speech recognition and speech synthesis, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1273-1276, Guilin, China, Nov. 2006.
64) 2,006 国際会議 Takahiro Kuroda, Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Construction of The Facial Expression Video Database, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1265-1268, Guilin, China, Nov. 2006.
65) 2,006 国際会議 Takanori Hirai, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Abdel Mohamed : A speech emphasis method for noise-robust speech recognition by using repetitive phrase, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1269-1272, Guilin, China, Nov. 2006.
66) 2,006 国際会議 Taichi Yamada, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Classification of Facemarks Using Statistics of Characters, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 2-9, Tokushima, Nov. 2006.
67) 2,006 国際会議 David B. Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Information Retrieval Library for Japanese and English News Articles, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 47-58, Tokushima, Nov. 2006.
68) 2,006 国際会議 Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Preliminary Research of Chinese Emotion Classification Model, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 59-69, Tokushima, Nov. 2006.
69) 2,006 国際会議 Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Different Approaches for Bilingual Sentence Alignment, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 70-80, Tokushima, Nov. 2006.
70) 2,006 国際会議 Lei Yu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Study on Automatic Text Summarization and News Collection, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 81-88, Tokushima, Nov. 2006.
71) 2,006 国際会議 Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Evaluation of Super-Function based Japanese-English Machine translation, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 89-99, Tokushima, Nov. 2006.
72) 2,006 国際会議 Jiajun Yan, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Semantic Dependency Analysis and its Applications, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 100-109, Tokushima, Nov. 2006.
73) 2,006 国際会議 Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Estimation Method for Emotion Interface, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 128-137, Tokushima, Nov. 2006.
74) 2,006 国際会議 Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Picture Processing in Expression Recognition, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 147-157, Tokushima, Nov. 2006.
75) 2,006 国際会議 Tomohiro Yagi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speech Recognition for the Kanji Last Name Candidates Using Clarifying Information, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 158-165, Tokushima, Nov. 2006.
76) 2,006 国際会議 Mayu Ymamoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Study on Automatic Emotion Tagging in Text Corpus, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 183-191, Tokushima, Nov. 2006.
77) 2,006 国際会議 Kenichi Mishina, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Similarity Calculation Using Dialog Sentence Corpora, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 166-174, Tokushima, Nov. 2006.
78) 2,006 国際会議 Taichi Yamada, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Classification of Facemarks Using Statistics of Characters, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 175-182, Tokushima, Nov. 2006.
79) 2,006 国際会議 Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Rozzano De Castro Locsin, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Measurement of the "emotional sensitivity" and "emotion at moment" using Power Map Analysis and Emotion Spectrum Analysis Method, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 121-129, Tokushima, Nov. 2006.
80) 2,006 国際会議 Shoichiro Fujisawa, Seiji Mitani and Osamu Sueda : A Study on Vibration from Travelling on TWSI's and Effect of Suspension for a Wheelchair User, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C19-1, 1-6, Hong Kong, Nov. 2006.
81) 2,006 国際会議 Hisaaki Ishizuka, Yuki Kanda, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal of Aqueous Phosphate and Heavy Metal Cations with Boehmite, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
82) 2,006 国際会議 Tomoaki Nishimura, Kana Sasayama, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Design of a Glass Microreactor Consisting of High and Low Temperature Zones, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
83) 2,006 国際会議 Nobumasa Shiraishi, Yuusaku Iguchi, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effect of Temperature Cycling on Catalytic Partial Oxidation of Propylene, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
84) 2,006 国際会議 Shuichi Hatano, Ken-Ichiro Sotowa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori and Shigeru Sugiyama : Formation of Droplets from a Vibrating Micronozzle -a CFD Study-, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
85) 2,006 国際会議 Kaname Takagi, Katuya Kuroda, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Fluid Behavior in a Deep Microchannel Reactor, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
86) 2,006 国際会議 Rie Tomiya, Kaname Takagi, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : A Microchannel Device for Concentration of Electrolytes, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
87) 2,006 国際会議 Takanori Fukumori, Keisuke Irie, Ken-Ichiro Sotowa, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Formation of Droplets Consisting of Two Aqueous Solutions in a Microchannel, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
88) 2,006 国際会議 Kiyomi Tomonari, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Katsuki Kusakabe : Effect of Channel Geometry on the Performance of Micro-distillation Device, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
89) 2,006 国際会議 Satoru Tsuge, Minoru Fukumi, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Study of Relationships Between Intra-Speaker's Speech Variability and Speech Recognition Performance, 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 41-44, Tottori, Japan, Dec. 2006.
90) 2,006 国際会議 Kunio Kurachi, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Acoustic Information for Orientation and Distance Sensation of Blind Person, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C9-1, 1-6, Hong Kong, Dec. 2006.
91) 2,006 国際会議 Koichi Nakamura, Tatsuo Kanashiro, M. Vijayakumar and S. Selvasekarapandian : NMR Study on Li+ Ionic Diffusion in LixV2O5 Prepared by Solid-State Reaction, Proceedings of the 1st international Discussion Meeting on Superionic Conductor Physics, 139-144, Kyoto, Jan. 2007.
92) 2,006 国際会議 Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 1st international symposium and workshop"The future direction of oral sciences in the 21st century", Awajishima, Mar. 2007.
93) 2,006 国際会議 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
94) 2,006 国際会議 Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and phosphorylation of p65NF-kB, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
95) 2,006 国際会議 Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : About the protein interacting with transcriptional factor Osterix, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
96) 2,006 国際会議 Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Kikuji Yamashita and Jun Ishibashi : Gross Anatomical Study of the Arrangement of the Human Stylopharyngeus and Palatopharyngeus Muscles around the Epiglottic Vallecula and the Piriform Fossa, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.
97) 2,006 国際会議 Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : The action Mechanism of far-infrared ray on human cancer cell lines, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Science in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 大場 博史, 瀬戸 浩行, 徳永 格, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット頭蓋骨骨欠損におけるシンバスタチンの石灰化促進作用, 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
2) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 松本 英樹 : 新規hypoxic cytotoxinの分子設計及び生物活性, 第12回癌治療増感研究会, 2006年5月.
3) 2,006 国内講演発表 中江 崇, 宇都 義浩, 村上 綾, 田中 彩子, 堀 均, 永澤 秀子 : 細胞表面を構成するsugar scaffoldに基づくハイブリッド型低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第4回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2006年5月.
4) 2,006 国内講演発表 稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 : 2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与, 第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
5) 2,006 国内講演発表 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統, 濱西 敏雄 : 視覚障害者誘導用ブロック等が車いすの走行に与える影響, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1P1-A01(1)-1P1-A01(3), 2006年5月.
6) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 末田 統 : 悪路における歩行器の走行特性に関する研究, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1P1-A02(1)-1P1-A02(3), 2006年5月.
7) 2,006 国内講演発表 西田 真之, M. Rifai, 英 崇夫, Jing Tian : 鋳造材料の中性子応力測定, X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 143-148, 2006年6月.
8) 2,006 国内講演発表 尾崎 朋文, 小島 賢久, 小林 章子, 橋本 美紀, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 生体の触診による胸骨裂孔の出現頻度とCT画像所見での検討, 第55回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2006年6月.
9) 2,006 国内講演発表 大坂 京子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 多田 敏子, 任 福継, 小林 春男 : 人の感情変化と脳波活動電位量の変化との関連, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.1, 50-51, 2006年7月.
10) 2,006 国内講演発表 橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 療養上の自己決定における膠原病患者会(セルフヘルプグループ)の相互作用の意義の明確化, 第19回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.12, No.1, 30-31, 2006年7月.
11) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の印象採得に必要な局所解剖学の知識, 徳友会学術講演, 2006年7月.
12) 2,006 国内講演発表 金子 健太, 日下 一也, 英 崇夫, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズ銅薄膜の熱応力その場測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 7-12, 2006年7月.
13) 2,006 国内講演発表 日下 一也, 金子 健太, 英 崇夫, 坂田 修身 : 放射光を用いた窒化アルミニウム-銅積層膜の熱応力その場測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 13-18, 2006年7月.
14) 2,006 国内講演発表 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 日下 一也, 坂田 修身 : 放射光による熱処理された硬質薄膜の残留応力測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 40-45, 2006年7月.
15) 2,006 国内講演発表 藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
16) 2,006 国内講演発表 藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
17) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : プレゼンテーション資料から評価する学生の企画·計画能力, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 138-139, 2006年7月.
18) 2,006 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 山本 麻由, 英 崇夫, 原口 雅宣 : 学生の視点からのWEBアーティスト発掘プロジェクト, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演集, 110-111, 2006年7月.
19) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
20) 2,006 国内講演発表 三谷 誠二, 久良知 國雄, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 大学院における社会人ドクターと修士生による共同研究の取り組み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 548-549, 2006年7月.
21) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 木戸口 善行, 上月 康則, 松尾 繁樹, 渡辺 公次郎, 三輪 惠 : 修了生アンケートから観たエコシステム工学専攻の大学院教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 546-547, 2006年7月.
22) 2,006 国内講演発表 多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 谷岡 哲也 : 基礎看護教育におけるコミュニティー・アズ・パートナーモデルを用いた地域踏査演習の意義, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 65, 2006年7月.
23) 2,006 国内講演発表 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江, 谷岡 哲也 : 地域看護学臨地実習をとおして学生が捉えた保健師像, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 66, 2006年7月.
24) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 450-451, 2006年7月.
25) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
26) 2,006 国内講演発表 英 崇夫 : 徳島大学の教員評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 436-437, 2006年7月.
27) 2,006 国内講演発表 桐山 聡, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 450-451, 2006年7月.
28) 2,006 国内講演発表 橋本 力, 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : KCl(001)基板上に作成されたMnPc薄膜に与える基板温度の効果, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 98, 2006年7月.
29) 2,006 国内講演発表 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : Pentacene/KCl(001)の形態変化, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 136, 2006年7月.
30) 2,006 国内講演発表 横山 浩一, 逢坂 明彦, 吉田 篤司, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : ポリスチレンラテックス粒子の粒径制御, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 149, 2006年7月.
31) 2,006 国内講演発表 小林 正裕, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 : 重力下の剛体球系結晶中のモンテカルロシミュレーションによる欠陥の安定性の研究, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 150, 2006年7月.
32) 2,006 国内講演発表 湯浅 元明, 森 篤史, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : 外場中に於けるゲル構築のコンピュータシミュレーション, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 151, 2006年7月.
33) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 末田 統 : マスプロ教育における創造性育成を取り入れた福祉工学教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 668-669, 2006年7月.
34) 2,006 国内講演発表 日下 一也, 草野 剛嗣 : 導入型創成科目におけるエネルギーコンテストの試み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 642-643, 2006年7月.
35) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : 学部学生に対するプロジェクト·マネジメント教育, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 584-585, 2006年7月.
36) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : ミニFMプロジェクト『Ignition』をモデルとする戦略的人材育成, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 586-587, 2006年7月.
37) 2,006 国内講演発表 池田 祐一, 宝田 浩延, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのLEDプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 690-691, 2006年7月.
38) 2,006 国内講演発表 森岡 真吾, 野村 正人, 小西 正暉, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのソーラーボートプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 758-759, 2006年7月.
39) 2,006 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2006年7月.
40) 2,006 国内講演発表 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2006年8月.
41) 2,006 国内講演発表 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 学術大会, 2006年8月.
42) 2,006 国内講演発表 高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 岩田 朋巳 : 長期検査への参加対象者における心理特性, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2006年8月.
43) 2,006 国内講演発表 坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いす用スライド型ジョイスティックの操作特性について, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 117-118, 2006年8月.
44) 2,006 国内講演発表 竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者に対する音声案内情報提供に関する基礎研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 139-140, 2006年8月.
45) 2,006 国内講演発表 山田 直広, 三谷 誠二, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの白杖による検知・識別力に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 145-146, 2006年8月.
46) 2,006 国内講演発表 趙 鵬, 竹中 正典, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 盲人用赤外線音声案内情報装置を用いた方位検出精度に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 149-150, 2006年8月.
47) 2,006 国内講演発表 長尾 将史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 交差点環境騒音の再現と音響信号機の研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 151-152, 2006年8月.
48) 2,006 国内講演発表 濱西 敏雄, 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 点字ブロック上走行時の車いすの振動に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 159-160, 2006年8月.
49) 2,006 国内講演発表 湊 裕史, 三谷 誠二, 岩田 朋巳, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 弱視者による点字ブロック視認性に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 147-148, 2006年8月.
50) 2,006 国内講演発表 竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 音像メンタルマップとそれに基づく歩行特性, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 33-36, 2006年8月.
51) 2,006 国内講演発表 坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 市街地走行における電動車いすの操作について, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 391-394, 2006年8月.
52) 2,006 国内講演発表 山田 直広, 三谷 誠二, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 白杖による視覚障害者誘導用ブロック検知ならびに形状把握に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 453-456, 2006年8月.
53) 2,006 国内講演発表 長尾 将史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 交差点周辺の音場環境の再現に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 555-558, 2006年8月.
54) 2,006 国内講演発表 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : Pentacene/KCl(001)のエピタキシャル条件の形態変化, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.67, No.3, 1113, 2006年8月.
55) 2,006 国内講演発表 橋本 力, 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : KCl(001)基板上に作成されたMnPc薄膜に与える基板温度の効果, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.67, No.3, 1117, 2006年8月.
56) 2,006 国内講演発表 北岡 教英, 西浦 敬信, 中山 雅人, 藤本 雅清, 山田 武志, 滝口 哲也, 山本 一公, 宮島 千代美, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 武田 一哉, 中村 哲 : 雑音下音声区間検出手法評価基盤の構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 103-104, 2006年9月.
57) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 小澤 光広, 獅々堀 正幹, 福見 稔, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者長期間音声データベースの構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 277-278, 2006年9月.
58) 2,006 国内講演発表 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 西野 朋子, 土肥 良秋 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化, 第38回日本臨床分子形態学会総会, 2006年9月.
59) 2,006 国内講演発表 森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 軟骨細胞分化ににおけるPKRの役割, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
60) 2,006 国内講演発表 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 : PKR変異型骨芽細胞株におけるRunx2の発現について, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
61) 2,006 国内講演発表 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシス細胞におけるヒストンH1.2とBak, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
62) 2,006 国内講演発表 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Intermedilysin によるHuCCT1 細胞核抗原の異所性表出, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
63) 2,006 国内講演発表 光吉 俊二, 田中 靖人, 柴崎 晃一, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 韻律情報に基づく自然感情の認識システムによる脳情動研究, Brain Communication研究会, 33-43, 2006年9月.
64) 2,006 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 解剖学雑誌, Vol.81, No.3, 98, 2006年9月.
65) 2,006 国内講演発表 山下 菊治, 上野 明道, 石橋 淳, 大下 修弘, 北村 清一郎 : 歯根模様コラーゲン繊維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第15回硬組織再生生物学会, 2006年9月.
66) 2,006 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
67) 2,006 国内講演発表 中田 慎一, 井上 哲夫, 柳谷 伸一郎, 森 篤史 : ゲル成長におけるPbS結晶のモルフォロジー変化, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.67, No.1, 215, 2006年9月.
68) 2,006 国内講演発表 墻内 孝祐, 井関 祐司, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 墻内 千尋, 関口 隆史, 井上 哲夫 : Gel成長法によるZnSナノ結晶の育成と評価, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.67, No.1, 214, 2006年9月.
69) 2,006 国内講演発表 糟谷 佐紀, 室崎 千重, 米田 郁夫, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 車いす使用者の移動スペースに関する研究(その1), --- 通路・開口幅と車いす全長の相関関係 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 799-800, 2006年9月.
70) 2,006 国内講演発表 森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶中の安定な積層不整の複合構造, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 51, 2006年9月.
71) 2,006 国内講演発表 鈴木 良尚, 森 篤史, 澤田 勉, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるコロイド結晶の結晶粒界と積層欠陥の制御, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 50, 2006年9月.
72) 2,006 国内講演発表 麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 : 遠心沈降濃縮法で得られたコロイド結晶のグレインサイズに及ぼす基板平坦性の影響, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 350, 2006年9月.
73) 2,006 国内講演発表 杉山 茂, 横山 雅彦, 外輪 健一郎 : リン酸マグネシウム関連化合物によるアンモニアの連続回収の試み, 化学工学会第38回秋季大会, 2006年9月.
74) 2,006 国内講演発表 外輪 健一郎, 白石 宣政, 井口 祐作, 杉山 茂 : 温度周期操作下におけるプロピレン酸化反応の解析, 化学工学会第38回秋季大会, 2006年9月.
75) 2,006 国内講演発表 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.2, 2006年9月.
76) 2,006 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの熱伝導率, 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, Vol.1, 395-396, 2006年9月.
77) 2,006 国内講演発表 松岡 真平, 野瀬 浩司, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 可変調整項を用いたエコーキャンセラ, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-4-30, 2006年9月.
78) 2,006 国内講演発表 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
79) 2,006 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
80) 2,006 国内講演発表 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
81) 2,006 国内講演発表 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : IntermedilysinによるHucCT1細胞核抗原の異所性表出, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
82) 2,006 国内講演発表 大石 寧子 : 留学生センターにおける地域主導型プログラムの試み, 日本語教育方法研究会誌, Vol.13, No.2, 38-39, 2006年9月.
83) 2,006 国内講演発表 森 篤史, 湯浅 元明, 墻内 孝祐, 井上 哲夫 : 外場下におけるゲル化による異方性ネットワーク構造のモンテカルロシミュレーション, 日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.2, 280, 2006年9月.
84) 2,006 国内講演発表 外輪 健一郎, 白石 宣政, 井口 祐作, 杉山 茂 : 非定常操作下における白金線リアクタの温度推定, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
85) 2,006 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
86) 2,006 国内講演発表 塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
87) 2,006 国内講演発表 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
88) 2,006 国内講演発表 水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
89) 2,006 国内講演発表 佐々木 義典, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : マイク収録音と原音との照合法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.16-32, 2006年9月.
90) 2,006 国内講演発表 北井 豊, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 方向線ベクトルを用いた癌画像における特徴抽出法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-18, 2006年9月.
91) 2,006 国内講演発表 湯浅 祐輔, 島本 隆, 宋 天, 來山 征士 : 樹木型直線スタイナー配線の近似解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-6, 2006年9月.
92) 2,006 国内講演発表 十河 健, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : エコーキャンセラに用いるSN比推定法の性能比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-13, 2006年9月.
93) 2,006 国内講演発表 三村 誠士, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 係数更新に調整項を用いるエコーキャンセラ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-14, 2006年9月.
94) 2,006 国内講演発表 結城 諭, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 2つの適応フィルタを用いたエコーキャンセラの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-16, 2006年9月.
95) 2,006 国内講演発表 東山 正明, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 残留エコーと擬似エコーの相関, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-17, 2006年9月.
96) 2,006 国内講演発表 柳原 哲也, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 擬似エコーを基にしたエコー打消し量の推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-18, 2006年9月.
97) 2,006 国内講演発表 松岡 真平, 野瀬 浩司, 島本 隆, 來山 征士 : 有色性信号におけるNLMSエコーキャンセラのステップゲインの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-20, 2006年9月.
98) 2,006 国内講演発表 森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎 : ピラミッド型のくぼみに沈降した重力下の剛体球系の挙動のモンテカルロシミュレーション, 日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.2, 282, 2006年9月.
99) 2,006 国内講演発表 川田 和男, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 肢体不自由児のための車椅子電動化装置の開発, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 871-874, 2006年9月.
100) 2,006 国内講演発表 逢坂 岳士, 上野 洋平, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 水酸アパタイト担持バナデート触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
101) 2,006 国内講演発表 田辺 恭彦, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 二宮 航 : 貴金属触媒によるジシクロヘキシルの脱水素反応, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
102) 2,006 国内講演発表 大久保 紘彦, 趙 鵬, 竹中 正典, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 赤外線音声情報案内システムを利用する視覚障害者の方向特定特性, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1003-1006, 2006年9月.
103) 2,006 国内講演発表 久良知 國雄, 竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者の歩行特性に関する研究, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1007-1010, 2006年9月.
104) 2,006 国内講演発表 三谷 誠二, 湊 裕史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : ロービジョン者による視覚障害者誘導用ブロックの視認性に関する研究, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1025-1028, 2006年9月.
105) 2,006 国内講演発表 三宅 講太朗, 西岡 将規, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 島田 光生 : 膵臓癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877誘導体の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
106) 2,006 国内講演発表 越川 信子, 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 竹永 啓三 : ヒト乳癌細胞株における転移抑制遺伝子nm23-H1発現の低酸素による抑制, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
107) 2,006 国内講演発表 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 低分子性血管新生阻害剤2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン化合物の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
108) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化能を有する糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
109) 2,006 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
110) 2,006 国内講演発表 森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 軟骨細胞の分化過程におけるPKRとSTATの発現, 日本解剖学会第62回九州地方会, 2006年10月.
111) 2,006 国内講演発表 浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 原因不明の歯髄炎様疼痛および抜歯後疼痛が長期間持続した1症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.49, 203, 2006年10月.
112) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : 顔と年齢—大人の顔・子どもの顔・老人の顔, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部市民講座, 2006年10月.
113) 2,006 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
114) 2,006 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
115) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 大友 直紀, 小山 大輔, 大津木 護, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化フェルラ酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第30回大会, 2006年10月.
116) 2,006 国内講演発表 太田 暁子, 俵 志江, 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子 : 女性の自我同一性の発達の研究, --- 看護学生の場合 ---, 日本公衆絵衛生学会総会抄録, No.65, 696, 2006年10月.
117) 2,006 国内講演発表 上原 裕也, 加藤 裕樹, 安川 隼也, 二宮 航, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : Pd/Cおよび関連触媒による乳酸ナトリウムの酸化脱水素反応, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
118) 2,006 国内講演発表 平田 祐規, 近藤 友紀, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : バナジン酸マグネシウムの酸化脱水素触媒活性に対する添加物効果, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
119) 2,006 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 山下 留理子, 原 祥子, 東山 由実, 山本 澄子, 岡本 佐智子 : ケア提供者からみた軽度要介護高齢者への歩行支援上の課題, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 128, 2006年11月.
120) 2,006 国内講演発表 大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 要支援・軽度要介護高齢者の歩行支援機器の実態調査, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 129, 2006年11月.
121) 2,006 国内講演発表 Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : PKR mediates osterix expression in IGF-1 treated MC3T3-E1 cells, 日本解剖学会第61回中国,四国地方会, Nov. 2006.
122) 2,006 国内講演発表 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化, 日本解剖学会第61回中国,四国地方会, 2006年11月.
123) 2,006 国内講演発表 山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
124) 2,006 国内講演発表 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : 気相成長法で成長したPbBr2単結晶のミクロ・マクロモルフォロジー, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 223, 2006年11月.
125) 2,006 国内講演発表 湯浅 元明, 森 篤史, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : 外場中に於けるゲル構築のコンピュータシミュレーション, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 231, 2006年11月.
126) 2,006 国内講演発表 橋本 力, 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : KCl(001)基板上におけるMnPcの蒸着膜の形態変化に及ぼす基板温度の効果, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 232, 2006年11月.
127) 2,006 国内講演発表 宮本 純太, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : ペンタセンの気相成長, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 234, 2006年11月.
128) 2,006 国内講演発表 藤澤 亮二, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : ニワトリ卵白リゾチーム結晶のゲル成長に及ぼす磁場効果, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 243, 2006年11月.
129) 2,006 国内講演発表 森 篤史, 鈴木 良尚 : コロイド結晶に及ぼす重力の効果, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 252-253, 2006年11月.
130) 2,006 国内講演発表 中田 慎一, 墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : ゲル成長におけるPbS結晶のモルフォロジー変化, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 278, 2006年11月.
131) 2,006 国内講演発表 柳谷 伸一郎, 墻内 孝祐, 湯浅 元明, 藤澤 亮二, 中田 慎一, 森 篤史, 井上 哲夫 : Effects of a magnetic field on the gell growth of crystals, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 301, 2006年11月.
132) 2,006 国内講演発表 逢坂 明彦, 西村 展洋, 森 篤史, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : ポリスチレンラテックス合成中の粒径および形状の変化, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 341, 2006年11月.
133) 2,006 国内講演発表 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 相馬 啓 : 地盤中の凍土成長における凍結管温度分布・変動の効果, 日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画鳥取講演会講演論文集, 117-118, 2006年11月.
134) 2,006 国内講演発表 稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 岩木 孝晴, 永澤 秀子 : HIF-1{alpha}抑制作用及び血管新生阻害作用を有する新規hypoxic cytotoxinの分子設計, 第4回がんとハイポキシア研究会, 2006年11月.
135) 2,006 国内講演発表 桐山 聰 : 新聞記事を活用した大学生の計画能力育成, 日本NIE学会 第3回大会 発表要旨集録, 14, 2006年11月.
136) 2,006 国内講演発表 中村 浩一, 平野 宏, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 : リチウム遷移金属酸化物におけるイオン伝導と構造変化, 第32回固体イオニクス討論会, 14-15, 2006年11月.
137) 2,006 国内講演発表 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 出口 博之, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian : Li-V-O化合物におけるイオン拡散とNMR, 第32回固体イオニクス討論会, 16-17, 2006年11月.
138) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : 大学におけるセクハラ防止対策と管理体制について, セクハラ防止対策セミナー(財団法人21世紀職業財団 徳島事務所), 2006年11月.
139) 2,006 国内講演発表 英 崇夫 : プレゼンテーション評価で得られるもの, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演論文集, 2006年12月.
140) 2,006 国内講演発表 森本 景之, 西野 朋子, 佐藤 永洋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 土肥 良秋 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるアポトーシス誘導機序の解明, 日本顕微鏡学会第48回九州地方会, 2006年12月.
141) 2,006 国内講演発表 山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
142) 2,006 国内講演発表 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : PLA-bamboo composites and their thermal conductivity, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 238, 2006年12月.
143) 2,006 国内講演発表 滝口 公康, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 村上 綾, 永澤 秀子, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : 多機能性糖タンパク質Gc protein及びその糖ペプチドの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
144) 2,006 国内講演発表 大倉 一人, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : 血管新生の制御を目指して:抗血管新生作用を有するchiral haloacetyl-carbamoyl-1-2-nitroimidazoleの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
145) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : パネルディスカッション, 国家公務員セクシュアル・ハラスメント防止シンポジウムーセクシュアル・ハラスメントのない職場を目指して(人事院四国事務局, 2006年12月.
146) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 創成科目における能力自己評価の試み, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 149-150, 2006年12月.
147) 2,006 国内講演発表 橋詰 努, 木之瀬 隆, 鎌田 実, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いすの安全と快適走行に関する研究, --- 衝撃緩衝機構付キャスターの工学的評価 ---, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1110-1111, 2006年12月.
148) 2,006 国内講演発表 坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いすスライド型ジョイスティックレバーの操作特性について(その2), 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1112-1113, 2006年12月.
149) 2,006 国内講演発表 松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測手法, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1120-1121, 2006年12月.
150) 2,006 国内講演発表 川田 和男, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 簡易型車椅子電動化装置の開発, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1136-1137, 2006年12月.
151) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 実践インプラント勉強会&症例相談会, 2006年12月.
152) 2,006 国内講演発表 阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 野間 隆文, 永田 俊彦 : MAPK activation via ROS induces amelognin expression in the ameloblast-lineage cells, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年.
153) 2,006 国内講演発表 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2007年1月.
154) 2,006 国内講演発表 宇都 義浩, 小山 大輔, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 堀 均, 永澤 秀子 : トコフェロールの生合成前駆体フィチル化キノールのイソプレノミクス的考察, 第18回 ビタミンE研究会, 2007年1月.
155) 2,006 国内講演発表 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素腫瘍移行性糖ハイブリッド放射線増感剤の創製, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
156) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬のための低酸素転写活性化スクリーニングシステム, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
157) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
158) 2,006 国内講演発表 續木 章三, 英 崇夫 : 「ものづくり」による創造的学習, 徳島大学教育カンファレンス, 2007年3月.
159) 2,006 国内講演発表 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
160) 2,006 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会全国学術大会, 2007年3月.
161) 2,006 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 在宅看護実習を通して学生が捉えた訪問看護ステーションにおける災害対策について, 第11回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2007年3月.
162) 2,006 国内講演発表 安本 大介, 上原 祥佳瑞, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 水平に近い傾斜管内における気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 251-252, 2007年3月.
163) 2,006 国内講演発表 行成 義貴, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣 : 大地抵抗率を利用した凍土の測定, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2007年3月.
164) 2,006 国内講演発表 高階 政吏, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 音声認識を用いた帯域制限音声の広帯域化手法, 日本音響学会 春季研究発表会, 297-298, 2007年3月.
165) 2,006 国内講演発表 松田 繁樹, 黒岩 眞吾, 中村 哲 : 時間微分特徴量を持つ音声GMM を用いた雑音抑圧手法の検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 143-144, 2007年3月.
166) 2,006 国内講演発表 喜多 雅彦, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 多数の話者モデル内での順位情報を用いた話者照合, 日本音響学会 春季研究発表会, 161-162, 2007年3月.
167) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
168) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : セクシュアルハラスメント防止について, 香川県立保健医療大学教職員研修会, 2007年3月.
169) 2,006 国内講演発表 平田 祐規, 逢坂 岳士, 外輪 健一郎, 森賀 俊広, 杉山 茂 : XAFSおよび固体NMRによるバナジン酸マグネシウムのレドックス挙動の検討, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
170) 2,006 国内講演発表 清水 由佳, 真鍋 智行, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : カルシウム水酸アパタイトのコバルト回収-溶出特性, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
171) 2,006 国内講演発表 外輪 健一郎, 當宮 理恵, 高木 要, 杉山 茂 : マイクロ流路と電気泳動を利用したイオン濃縮技術の検討, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
172) 2,006 国内講演発表 松岡 真平, 野瀬 浩司, 島本 隆, 來山 征士 : 有色性信号におけるNLMSエコーキャンセラのステップゲインの検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-4-17, 2007年3月.
173) 2,006 国内講演発表 東山 正明, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : NLMS E/Cにおける残留エコーと擬似エコーの相関性, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-4-21, 2007年3月.
174) 2,006 国内講演発表 佐々木 義典, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 原曲とそのマイク録音曲との照合についての一検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-10-10, 2007年3月.
175) 2,006 国内講演発表 堀中 啓司, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 聴診音からの心周期抽出法についての一検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-7-9, 2007年3月.
176) 2,006 国内講演発表 楊 曄, 松本 和幸, 劉 松, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 語用情報に基づく『論語』の質問応答システムに関する研究, 言語処理学会第13回年次大会, 1010-1013, 2007年3月.
177) 2,006 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2007年3月.
178) 2,006 国内講演発表 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
179) 2,006 国内講演発表 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
180) 2,006 国内講演発表 杉山 茂, 逢坂 岳士, 上野 洋平, 外輪 健一郎 : プロパンの酸化脱水素反応に対するストロンチウム水酸アパタイトの活性発現機構, 第99回触媒討論会(触媒討論会A), 2007年3月.
181) 2,006 国内講演発表 神谷 昌樹, 中本 亜樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 : 高脂血症治療薬・フェノフィブラートのBGL Modificationによる中性脂肪低下効果の検討, 日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, 2007年3月.
182) 2,006 国内講演発表 大津木 護, 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたハイドロプレニルクマリン酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
183) 2,006 国内講演発表 荒井 健, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 滝口 公康, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : Non-secosteroidal Vitamin D mimicを用いたGc-Proteinのアフィニティーカラムの作成, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
184) 2,006 国内講演発表 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 田中 彩子, 谷本 加奈子, 永澤 秀子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規FTY720アナログのCAM法による血管新生阻害活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
185) 2,006 国内講演発表 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬の分子設計と低酸素転写活性化スクリーニング, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
186) 2,006 国内講演発表 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, マンダ スシュマ, 金澤 秀子, 永澤 秀子, 堀 均, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 福住 俊一, 伊古田 暢夫, 安西 和紀 : 抗酸化作用の増強を目的としたアルテピリンC誘導体の開発, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
187) 2,006 国内講演発表 外輪 健一郎 : 化学応用工学科における教育改善検討, 平成18年度教育改善報告会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 多田 敏子 : 春を間近にして, SSKA全低肺, Vol.84, No.1, 3-4, 2006年4月.
2) 2,006 その他・研究会 森 篤史, 湯浅 元明, 柳谷 伸一郎, 墻内 孝祐, 井上 哲夫 : 外場下におけるゲル化のモンテカルロシミュレーション, 第16回統計物理学研究会研究報告集, 56-60, 2006年4月.
3) 2,006 その他・研究会 森 篤史, 山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 手塚 美彦, 西田 信夫 : 光応用工学を素材としたPBLプラットホームに関する研究, 第16回統計物理学研究会研究報告集, 48-51, 2006年4月.
4) 2,006 その他・研究会 英 崇夫 : ナノサイズ薄膜の応力評価(その1 ナノサイズCu薄膜の残留応力), 放射光による応力評価の実用化, 36-40, 2006年4月.
5) 2,006 その他・研究会 英 崇夫 : ナノサイズ薄膜の応力評価(その2 Al薄膜の熱応力のその場測定), 放射光による応力評価の実用化, 41-44, 2006年4月.
6) 2,006 その他・研究会 Takao Hanabusa, Yun-Hae KIM, Yoon-Sik KIM, Jong-Rae CHO and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition -Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University, '06 International Exchange Conference on Engineering Education between Tokushima University and Korea Maritime University, 2-4, Sep. 2006.
7) 2,006 その他・研究会 多田 敏子 : どのように防災対策をしていますか?, SSKA全低肺, Vol.86, No.84, 12-16, 2006年10月.
8) 2,006 その他・研究会 北岡 教英, 山田 武志, 柘植 覚, 宮島 千代美, 西浦 敬信, 中山 雅人, 傳田 遊亀, 藤本 雅清, 山本 一公, 滝口 哲也, 黒岩 眞吾, 武田 一哉, 中村 哲 : CENSREC-1-C:雑音下音声区間検出評価基盤の構築, 情報処理学会 第63回 音声言語情報処理研究会, Vol.SLP-63, 1-6, 2006年10月.
9) 2,006 その他・研究会 多田 敏子 : 団塊の世代から, SSKA全低肺, Vol.87, No.1, 5-7, 2006年12月.
10) 2,006 その他・研究会 多田 敏子 : 家族支援について, めんたるへるす, Vol.52, No.1, 52-53, 2006年12月.
11) 2,006 その他・研究会 多田 敏子 : 気分転換, SSKA全低肺, Vol.88, No.1, 3-4, 2007年3月.
12) 2,006 その他・研究会 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 2,006 報告書 羽地 達次 : 歯科医学教育白書2005, 日本歯科医学教育学会雑誌別冊教育白書2005, 東京, 2006年6月.
2) 2,006 報告書 羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞におけるオカダ酸誘導アポトーシスと核小体蛋白分解機構の解明, 平成18-19年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2007年3月.
3) 2,006 報告書 末田 統, 藤澤 正一郎 : 平成18年度標準化関連業務「視覚障害者誘導用ブロック等の視認性に係る標準化」に係るロービジョン者の視覚特性計測及びフィールドテスト実験方法等の調査に関する成果報告書, 独立行政法人製品評価技術基盤機構委託業務成果報告書, 1-57, 徳島, 2007年3月.
4) 2,006 報告書 多田 敏子 : 災害看護支援マニュアル, 1-18, 2007年3月.
5) 2,006 報告書 多田 敏子 : 地域保健施策化促進事業―産業保健と連携したメンタルヘルス対策報告, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 上田 崇仁 : 『放送教本初等国語講座』に見る「国語」教育, 第一書房, 2007年6月.
2) 2,007 著書 福富 純一郎, 他 : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
3) 2,007 著書 細井 和雄, 他 : 基礎歯科生理学 第5版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年2月.
4) 2,007 著書 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 医道の日本社, 横須賀市, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) 的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, 山本 澄子, 岡本 佐智子, 原 祥子, Chiemi Onishi, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and 小林 春雄 : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.10, No.5, 709-717, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shuichi Ueno, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Empathetic Understanding as Caring in Nursing Using Electroencephalographic Data as Evidence, International Journal for Human Caring, Vol.12, No.1, 7-16, 2008.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) 緒方 広明, 和田 誠, 上田 崇仁, 大石 寧子, 矢野 米雄 : LOCH:留学生のためのモバイル日本語学習支援システムの開発, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 220-228, 2008年.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 圧痛点と鍼灸臨床, 66-71, 2008年.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 42-43, 2008年.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の1例について, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 48-49, 2008年.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,007 学術論文 (紀要その他) 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.8, No.1, 73-77, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (紀要その他) 小林 珠美, 田中 寿恵, 多田 敏子 : 山間地域の高齢者の就業がQOLに影響を及ぼす要因について, Quality of Life Journal, Vol.18, No.2, 33, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 効果的短期語学研修プログラムの開発を目指して, --- 異文化感受性質問紙(IDI)による短期語学研修の効果測定 ---, 徳島大学留学生センター紀要, 2008年.
4) 2,007 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : English: Do students need it? Do they want it?, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.4, No.4, 31-37, 2008.
5) 2,007 学術論文 (紀要その他) 杉原 治美, 多田 敏子 : ITを活用したバーチャル相談室「まちの保健室」, 保健師ジャーナル, Vol.64, No.1, 24-28, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 上田 崇仁 : 書評 「多仁安代著『日本語教育と近代日本』」, 植民地教育史研究年報, No.9, 194-198, 2007年4月.
2) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識1顔の皮下組織—``顔の美しさを守るプロ''として知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.110, No.1, 62-69, 2007年7月.
3) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識2—口唇と頬—美しい顔は美しい口元から, 歯階展望, Vol.110, No.2, 266-273, 2007年8月.
4) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
5) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
6) 2,007 総説・解説 宮本 洋二, 北村 清一郎, 益井 孝文 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
7) 2,007 総説・解説 多田 敏子, 上野 修一 : 認知症介護とQOL, 臨牀看護, Vol.33, No.12, 1899-1903, 2007年10月.
8) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識4—舌下部—この恐い部位を克服するために, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
9) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 山下 菊治, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識5—舌と下顎骨—口腔機能の立役者である舌の機能を理解する, 歯界展望, Vol.110, No.5, 868-875, 2007年11月.
10) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
11) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識7—口峡とその周辺—発音・嚥下機能を理解するうえで知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.111, No.1, 108-115, 2008年1月.
12) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
13) 2,007 総説・解説 谷岡 哲也, Locsin C. Rozzano, 多田 敏子, 大森 美津子, 大坂 京子 : 看護実践におけるケアリングとしての技術的能力, 香川大学看護学雑誌, Vol.12, No.1, 1-6, 2008年3月.
14) 2,007 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Toshiko Tada and Sumiko Yoshinaga : A trial of teaching Orems Nursing Theory to undergraduate students in a gerontological nursing course, Yokohama, May 2007.
2) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
3) 2,007 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
4) 2,007 国際会議 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
5) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
6) 2,007 国際会議 Tetsuya Tanioka, Ai Kawamura, Kazuyuki Matsumoto, Kazushi Mifune, Yoichiro Takasaka, Kyoko Osaka, Shuichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin, Mutsuko Kataoka, Takuya Matsuda, Fuji Ren and Toshiko Tada : Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals, IEEE NLP-KE2007, 502-506, Beijing, Aug. 2007.
7) 2,007 国際会議 Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
8) 2,007 国際会議 Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
9) 2,007 国際会議 Makoto Wada, Hiroaki Ogata, Li Hui Gan, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Implementation of Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, Vol.1, 48-52, Hiroshima, Nov. 2007.
10) 2,007 国際会議 Li Hui Gan, Hiroaki Ogata, Makoto Wada, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Language Learning Outside the Classroom with Handhelds with Knowledge Management, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 361-368, Hiroshima, Nov. 2007.
11) 2,007 国際会議 Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
12) 2,007 国際会議 上田 崇仁 : 植民地朝鮮の教育-日本語初習時期に注目して, 2007年12月.
13) 2,007 国際会議 上田 崇仁 : 朝鮮総督府「国語読本」と国定「国語読本」を比較して見えるもの, 東京, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 義歯は嚥下とどう係わるのか, 学術講演会「咬合・咀嚼が創る健康長寿」, 2007年5月.
2) 2,007 国内講演発表 尾崎 明文, 松下 美穂, 千 思, 森 俊豪, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 肩外兪刺鍼の安全深度の検討1., 第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2007年6月.
3) 2,007 国内講演発表 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 山間地域のひとり暮らし高齢者間のケアリング, 日本看護福祉学会誌, 36, 2007年7月.
4) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
5) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
6) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 石橋 淳, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 歯周組織再生を目指した遠赤外線作用の解析, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2007年7月.
7) 2,007 国内講演発表 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 地域看護学臨地実習における住民を対象とした健康教育での学生の学びからみた今後の実習指導課題, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 95, 2007年7月.
8) 2,007 国内講演発表 多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 4年課程統合カリキュラムにおける地域看護学臨地実習での家庭訪問体験の実態と意義, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 180, 2007年7月.
9) 2,007 国内講演発表 プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, アズリナ アハマド, カラバシル ミレーバ, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Transient increase in IL-6 by duct ligation leading to continuous elevation of Sca-1, a stem cells marker, in the mouse submandibular gland, 第49回歯科基礎医学会学術大会, Aug. 2007.
10) 2,007 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線がMC3T3—E1細胞に与える影響, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
11) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治 : 口腔周辺の筋膜隙の臨床的意義—皮下気腫・縦隔気腫との係わり, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
12) 2,007 国内講演発表 篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
13) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
14) 2,007 国内講演発表 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
15) 2,007 国内講演発表 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
16) 2,007 国内講演発表 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
17) 2,007 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 益井 孝文, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線(FIR)が骨芽細胞様細胞(MC3T3—E1)と骨細胞に与える影響, 第16回硬組織再生生物学会, 2007年9月.
18) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 徳島大学における人権擁護体制について, 大阪府専修学校各種学校連合会人権教育推進協議会主催.第5回人権教育研修会, 2007年9月.
19) 2,007 国内講演発表 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
20) 2,007 国内講演発表 桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, 2007年9月.
21) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, トクヤマデンタル倶楽部主催セミナー「90歳高齢時代の総義歯製作方法はどうあるべきか」, 2007年10月.
22) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 大学における人権問題, 平成19年度中国・四国地区国立大学法人係長研修, 2007年10月.
23) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., IPOI臨床研究会中四国支部学術集会, 2007年10月.
24) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
25) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2007年11月.
26) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : 大学における人権問題とその防止, 森ノ宮医療大学教職員研修会, 2007年12月.
27) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
28) 2,007 国内講演発表 森川 香穂, 津田 真弓, 多田 敏子 : 山間部で生活する高齢者の認知機能とADLの関連について, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 47-48, 2008年2月.
29) 2,007 国内講演発表 岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
30) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
31) 2,007 国内講演発表 中村 友美, 多田 敏子 : 2型糖尿病患者の食事療法について 男性高齢患者のコンプライアンス行動に対する家族の影響, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 35-36, 2008年2月.
32) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 上野 道明, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : チタン上に形成される歯根膜様コラーゲン線維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第21回歯科チタン学会学術講演会, 2008年2月.
33) 2,007 国内講演発表 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
34) 2,007 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を体験した学生からみた訪問看護ステーションの災害対策推進を妨げる要因, 第12回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2008年3月.
35) 2,007 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 上野 道明, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 遠赤外線空間が皮膚及び癌に与える影響, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
36) 2,007 国内講演発表 角田 佳折, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋の構成–その形態的・機能的意義についての考察, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
37) 2,007 国内講演発表 北村 清一郎 : シンポジウム「医学・歯学・コメディカル領域の解剖学教育:現状と展望」第113回日本解剖学会・全国学術集会., 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 細井 和雄 : 口の中は唾液腺によって守られている, とくtalk 徳大広報, No.129, 5-6, 2007年10月.
2) 2,007 その他・研究会 多田 敏子 : QOLについてー日野原重明先生の講演から, SSKA全低肺, Vol.90, No.1, 3-4, 2007年10月.
3) 2,007 その他・研究会 細井 和雄 : 留学生交流の意義, 徳島大学留学生センターニュース, No.9, 2007年11月.
4) 2,007 その他・研究会 多田 敏子 : 人間万事塞翁が馬と生活の質, SSKA全低肺, Vol.92, No.1, 4-6, 2008年3月.
5) 2,007 その他・研究会 細井 和雄 : 地域に根ざした国際化の推進, 徳島大学留学生センターニュース, No.10, 2008年3月.
6) 2,007 その他・研究会 細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学留学生センター紀要第3号・年報第4号 2007年度, No.3/4, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1) 2,007 報告書 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 2,008 著書 堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2008年5月.
2) 2,008 著書 川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Tatsuo Ishikawa, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein(HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) Xuefei Li, Ahmad Azlina, Mileva Ratko Karabasil, Nunuk Purwanti, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Degradation of submandibular gland AQP5 by parasympathetic denervation of chorda tympani and its recovery by cevimeline, an M3 muscarinic agonist, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.295, No.1, G112-G123, 2008.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 遠赤外線を用いた歯周組織再生に関する基礎研究ーMC3T3-E1細胞の動態及び骨形成に及ぼす遠赤外線の解析—, 歯産学誌, Vol.22, No.1, 15-25, 2008年.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) Keiko Miyoshi, Hideya Nagata, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Ivan Wahyudi Arie, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : BMP2-induced gene profiling in dental epithelial cell line., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 216-226, 2008.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) Shingo Kurabuchi, Edward W Gresik, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Hypophysectomy and hormonal therapy modulate mK1-immunoreactive duct cells in the mice sublingual glands, Journal of Molecular Histology, Vol.39, No.5, 499-507, 2008.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuya Akamatsu, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Inhibition and transcriptional silencing of a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4/SPC4, reduces the branching morphogenesis of and AQP5 expression in rat embryonic submandibular gland, Developmental Biology, Vol.325, No.2, 434-443, 2009.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Adenylate kinase isozyme 2 is essential for growth and development of Drosophila melanogaster., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.153, No.1, 29-38, 2009.
8) 2,008 学術論文 (審査論文) Shingo Kurabuchi and Kazuo Hosoi : Immunocytochemical study of granular duct cells with a hormonally enhanced granular cell phenotype in the mouse parotid gland, Odontology, Vol.97, No.1, 57-61, 2009.
9) 2,008 学術論文 (審査論文) Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Javkhlan Purevjav, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Trafficking of GFP-AQP5 chimeric proteins conferred with unphosphorylated amino acids at their PKA-target motif (152SRRTS) in MDCK-II cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1, 2, 55-63, 2009.
10) 2,008 学術論文 (審査論文) 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 臨床解剖研究会記録, No.9, 50-51, 2009年.
11) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 沙織, 藤沢 有未絵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 大学生のメタボリックシンドロームへの認識と生活習慣に関する実態調査, 四国公衆衛生学会誌, Vol.54, No.1, 129-133, 2009年.
12) 2,008 学術論文 (審査論文) 廣原 紀恵, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 郷木 義子 : フィリピンの看護教育及び病院視察報告, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 58-65, 2009年.
13) 2,008 学術論文 (審査論文) 井上 菜津子, 木村 佳乃実, 中馬 歩美, 多田 敏子 : 車椅子利用下における路面のバリアと移動時の声かけの影響に関する調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 43-51, 2009年.
14) 2,008 学術論文 (審査論文) 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 多田 敏子, 吉永 純子 : 高齢者看護学におけるオレム看護理論を基盤にした看護過程演習の学習効果と課題, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1, 52-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,008 学術論文 (紀要その他) 中野 雅德, 細井 和雄, 伊賀 弘起 : 朝鮮大学校歯科大学訪問の報告, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 287-288, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (紀要その他) 橋本 智, 大石 寧子 : ペン入力PCを活用したクラス活動の試み-日本語クラスでのタブレットPCの使用, 日本語教育方法論研究会誌, Vol.15, No.2, 26-27, 2008年.
3) 2,008 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Initial Investigation of a Meaningful Language Learning Center in the Making, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
4) 2,008 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Fostering Teacher-Learner Interaction in the Classroom, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
5) 2,008 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 大学英語教育におけるTask-Basedlnstruction(TBI)の可能性と限界, 徳島大学国際センター紀要, No.5, 15-23, 2009年.
6) 2,008 学術論文 (紀要その他) 吉岡 昌美, 松本 尚子, 星野 由美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 横山 正明, 市川 哲雄, 河野 文昭, 野間 隆文 : キャリア形成支援教育プログラムの開発と教育効果の評価-「チーム医療体験学習」の実践的研究を通して-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 24-43, 2009年.
7) 2,008 学術論文 (紀要その他) 竹内 利夫, 三隅 友子, 橋本 智 : 美術館の鑑賞支援プログラムとの連携-美術作品を通した学習の可能性, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 17-24, 2009年.
8) 2,008 学術論文 (紀要その他) 橋本 智, 石田 愛 : 言語運用能力とは?-日本語クラスで求められる能力, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 38-42, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識10—前頸部の皮下組織と顎下部—顎下部の腫れを理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.4, 690-697, 2008年4月.
2) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11, --- 頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために ---, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
3) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11-頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
4) 2,008 総説・解説 北村 清一郎, 角田 佳折, 山下 菊治 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識12-頸部の内蔵—嚥下を理解するために, 歯界展望, 1066-1073, 2008年6月.
5) 2,008 総説・解説 多田 敏子 : 療養生活とQOL(生活の質), 全低肺, Vol.94, 3-10, 2008年9月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Kaori Abe and Seiichiro Kitamura : Possibility of Drug Delivery System(DDS)with ability of collagen fiber, International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical,Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes''(ISNT2008), Hokkaodo, Jun. 2008.
2) 2,008 国際会議 Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara, Kenji Kume, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Hiroshi Sakata and Yoneo Yano : Student Centered Method to Create Learning Materials for Niche-Learning, IADIS Multimedia Conference on Computer Science and Information Systems Proceedings of e-Learning 2008, Vol.Vol.1, 177-184, Amsterdam, Jul. 2008.
3) 2,008 国際会議 Ishikawa Tatsuo, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Abe Kaori and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared radiation(FIR) on osteoblast-like cells MC3T3-E1 and bone formation in mice, The International Symposium on ``OralSciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Sep. 2008.
4) 2,008 国際会議 Sumiko Ymamamoto, Toshiko Tada and Yasuo Ono : Survey of the subjective sence of nursing burden: When the nurse take care of people who need nursing at home, 6th International symposium on TCM and 10th international symposium on acupuncture & moxibustion, 115, Tianjin.China, Nov. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : バーチャル相談室の開設から4年間の利用状況について, --- その2 家庭訪問活動について ---, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.9, No.1, 232, 2008年6月.
2) 2,008 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性職員の食生活習慣実態調査, 第11回日本地域看護学会学術集会抄録集, 2008年7月.
3) 2,008 国内講演発表 Masami Yoshioka, Naoko Matsumoto, Yumi Hoshimo, Daisuke Hinode, Hiroki Iga, Masaaki Yokoyama, Tetsuo Ichikawa, Fumiaki Kawano and Takafumi Noma : -, 第27回日本歯学医学教育学会 総会及び学術大会, Jul. 2008.
4) 2,008 国内講演発表 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 第12回臨床解剖研究会, 2008年7月.
5) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : 硬組織をターゲットにしたドラッグデリバリーシステム(DDS)の可能性, 17回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2008年8月.
6) 2,008 国内講演発表 石川 達夫, 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 上野 明道, 北村 清一郎 : 遠赤外特性線照射環境下での骨芽細胞様細胞及びmurineの骨組織の変化, 第17回硬組織再生生物学学術大会・総会, 2008年8月.
7) 2,008 国内講演発表 角田 佳折, 阿部 佳織, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きに関わる因子の解剖学的考察, 第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2008年9月.
8) 2,008 国内講演発表 多田 敏子, 板野 綾香 : 一事例から見た在宅療養高齢者の療養場所に関する自己決定の内容, 第13回日本老年看護学会学術集会抄録, 2008年9月.
9) 2,008 国内講演発表 岡久 玲子, 森脇 智秋, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第2報)―市町村での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
10) 2,008 国内講演発表 森脇 智秋, 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第1報)―保健所での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
11) 2,008 国内講演発表 多田 美由貴, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域高齢者の外出に関連する生活実態調査, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月.
12) 2,008 国内講演発表 川村 亜以, 多田 敏子, 谷岡 哲也 : 精神障害者の退院促進支援事業に関わる保健所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 549, 2008年10月.
13) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年女子のケアリング体験の中に含まれる頻度の高い言葉, 第28回日本看護科学学会, 360, 2008年11月.
14) 2,008 国内講演発表 多田 敏子, 板野 綾佳 : 一事例からみた在宅療養高齢者の療養場所に関する, 日本老年看護学会第13回学術集会, 173, 2008年11月.
15) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2008年11月.
16) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : コラーゲンを用いたドラッグデリバリーシステムの可能性, 日本バイオマテリアル学会, 2008年11月.
17) 2,008 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子, 藤井 智惠子 : 一事業所の労働者のセルフエフィカシと生活習慣の関連, 第52回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 16, 2008年11月.
18) 2,008 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学を履修した看護学生の職場巡視の視点, 第18回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会講演集, 176, 2008年11月.
19) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれ, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2008年11月.
20) 2,008 国内講演発表 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれる共通する言葉, 第28回看護科学学会学術集会抄録集, 2008年12月.
21) 2,008 国内講演発表 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 : がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
22) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 : コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出, 平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
23) 2,008 国内講演発表 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 森脇 智秋, 岡久 玲子, 新見 房子 : ターミナル期の在宅療養者への訪問を通して学生が学んだ内容の分析, 第13回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 140, 2009年3月.
24) 2,008 国内講演発表 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 北村 清一郎 : コラーゲンはドラッグデリバリーシステム(DDS)の単体として有効か?,, 第114 回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
2) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 療養生活とQOL, 全低肺徳島支部会報, No.94, 3-10, 2008年9月.
3) 2,008 その他・研究会 光原 弘幸, 松本 純子, 魚崎 典子, 勅使河原 三保子, 福田 利久 スティーブ, 坂田 浩, 久米 健司, 矢野 米雄 : Niche-Learning: 学生の休憩時間に着目した教材配信, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 2008年10月.
4) 2,008 その他・研究会 細井 和雄 : 大学教育の国際化加速プログラム-サマープログラム2008-, HBS研究部だより, Vol.9, 2008年10月.
5) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 日々是好日(ひびこれこうじつ), 全低肺徳島支部会報, Vol.95, 7-9, 2008年12月.
6) 2,008 その他・研究会 細井 和雄 : 国際センターへの改組に向けて⋯, 徳島大学国際センターパンフレット, 2008年12月.
7) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 日々是好日, SSKA全低肺, No.95, 7-9, 2008年12月.
8) 2,008 その他・研究会 細井 和雄 : Greeting from the director, Facilitating academic partnership with other universities around the world, The University of Tokushima International Center pamphlet, 2009年.
9) 2,008 その他・研究会 多田 敏子 : 療養生活とQOL, はまなす, No.89, 4-7, 2009年1月.
10) 2,008 その他・研究会 細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学国際センター 紀要第4号・年報第5号 2008年度, No.4/5, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1) 2,008 報告書 細井 和雄, 金森 憲雄, 赤松 徹也, 姚 陳娟 : 外分泌腺における水チャネル,特にアクアポリン5の発現と機能調節の分子機構, 平成18年度-平成20年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 徳島, 2009年3月.
2) 2,008 報告書 多田 敏子 : 平成20年度「地域保健推進事業」保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-76, 千葉県, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 2,009 著書 堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第4版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2009年5月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) Keiko Miyoshi, Yuki Akazawa, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Localization of adenylate kinase 4 in mouse tissues., Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.42, No.2, 55-64, 2009.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : An amperometric D-amino acid biosensor prepared with a thermostable D-Proline dehydrogenase and a carbon nanotube-ionic liquid gel, Analytical Sciences, Vol.25, No.7, 919-923, 2009.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) Tomoki Yabutani, Hitoshi Yamaoka, Akinori Fukuda, Hitoshi Nakamura, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : A Preconcentration Method for Collecting Trace Elements in Riverwater by means of Ultrafiltration of Colloidal Magnesium Hydroxide Derived from Magnesium Contained in the Sample, Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan, Vol.63, No.4, 247-252, 2009.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) 杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) 安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 102-106, 2009.
8) 2,009 学術論文 (審査論文) Le Thi Xuan Thuy, Hiroshi Dehara, Zhang Juan, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 107-113, 2009.
9) 2,009 学術論文 (審査論文) 吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料に基づく徳島県における高糖尿病死亡率の原因についての考察, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5 6, 163-172, 2009年.
10) 2,009 学術論文 (審査論文) Mengmeng Li, Hiroaki Ogata, Bin Hou, Satoshi Hashimoto, Noriko Uosaki, Yuqin Liu and Yoneo Yano : Development of Adaptive Kanji Learning System for Mobile Phone, International Journal of Distance Education Technologies (IJDET), Vol.8, No.4, 29-41, 2010.
11) 2,009 学術論文 (審査論文) 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 地域看護学実習に臨む看護系大学生の学習目標の分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 45-51, 2010年.
12) 2,009 学術論文 (審査論文) 山本 澄子, 多田 敏子, 山田 静子, 小野 泰生, 池井 淳子 : 事例から見た介護者の介護負担感, 新潟大学医学部保健学科紀要, Vol.9, No.3, 9-13, 2010年.
13) 2,009 学術論文 (審査論文) Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Ryoji Yamanouchi, Le Thi Xuan Thuy, Kei-ichiro Murai, Junko Motonaka, Mitsuharu Ogaki, Madelene Anette Dancila, Rodica Stanescu and Marinera Plesca : Multielemental characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima by inductively coupled plasma mass spectrometry and inductively coupled plasma atomic emission spectrometry, Analytical Sciences, Vol.26, No.3, 395-400, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,009 学術論文 (紀要その他) 多田 敏子, 後閑 容子, 鈴木 るり子, 荒賀 直子 : 保健師教育拡充に向けた教育体制に関する調査, 月刊地域保健, Vol.41, No.1, 58-66, 2010年.
2) 2,009 学術論文 (紀要その他) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 135-140, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 2,009 総説・解説 多田 敏子, 鈴木 るり子 : 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(5)保健師教育の教育体制, 日本公衆衛生学会誌, Vol.57, No.1, 55-57, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Le Thi Xuan Thuy, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
2) 2,009 国際会議 Tomoki Yabutani, Honami Kurokawa, Yuka Hayashi, Hiromichi Higuchi, Yuki Iwata, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Development of a Compact System for Determination of Lead using a Liquid Core Waveguide and a Blue Diode, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
3) 2,009 国際会議 Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Sep. 2009.
4) 2,009 国際会議 Kazumi Takaishi, Shigemasa Tomioka, Fumiaki Kawano and Kazuo Hosoi : Local anesthetics inhibit bradykinin-stimulated increment of [Ca2+]i in cultured bovine aortic endothelial cells, The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Oct. 2009.
5) 2,009 国際会議 Kazuo Hosoi, Masataka Murakami and Ivana Novak : The report on the 11th international symposium on exocrine secretion, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 171-178, Tokushima, Dec. 2009.
6) 2,009 国際会議 Shingo Kurabuchi, Takanori Matsuoka and Kazuo Hosoi : Hormone-induced granular convoluted tubule-like cells in mouse parotid gland, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 290-295, Tokushima, Dec. 2009.
7) 2,009 国際会議 Chun Wang, Gang Chen, Junkang Jiang, Lianglin Qiu, Kazuo Hosoi and Chenjuan Yao : Aquaglyceroporins are involved in uptake of arsenite into murine gastrointestinal tissues, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 343-346, Tokushima, Dec. 2009.
8) 2,009 国際会議 Tetsuya Akamatsu, Azlina Ahmad, Purevjav Javkhlan, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Salivary Gland Development: Its mediation by a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 241-246, Tokushima, Dec. 2009.
9) 2,009 国際会議 Nunuk Purwanti, Azlina Ahmad, Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Involvement of the IL-6/STAT3/Sca-1 system in proliferation of duct cells following duct ligation in the submandibular gland of mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 253-254, Tokushima, Dec. 2009.
10) 2,009 国際会議 Azlina Ahmad, Xuefei Li, Purevjav Javkhlan, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Down-regulation of submandibular gland AQP5 following parasympathetic denervation in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 273-276, Tokushima, Dec. 2009.
11) 2,009 国際会議 Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Azlina Ahmad, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi : Induction of calprotectin mRNAs by lipopolysaccharide in the salivary gland of mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 287-289, Tokushima, Dec. 2009.
12) 2,009 国際会議 Mileva Ratko Karabasil, Kwartarini Murdiastuti, Nunuk Purwanti, Azlina Ahmad, Javkhlan Purevjav, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Effects of natural point mutation of rat aquaporin 5 expressed in vitro on its capacity of water permeability and membrane trafficking, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 398-400, Tokushima, Dec. 2009.
13) 2,009 国際会議 Takafumi Noma, Taro Muto, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Hiroko Hagita, Wahyudi Arie Ivan and Utami Wahyu Trianna : From a study of tooth morphology and development to a perspective for the future regeneration therapy, ガジャマダ大学 創立62年 記念講演会, Feb. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 薮谷 智規, 林 由夏, 火口 博道, 岩田 裕樹, 林 由佳子, 本仲 純子 : 発光ダイオード/長光路セル/小型分光器を利用する鉛の高感度簡易分析法の開発, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
2) 2,009 国内講演発表 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍, 吉田 留美子, 村嶋 幸代 : 保健師教育における指定規則改変後の臨地実習の取組調査, 日本地域看護学会 第12回学術集会 講演集, 155, 2009年6月.
3) 2,009 国内講演発表 橋本 智弘, 林 由佳子, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子 : 炭素粒子表面へのアミドキシム基の導入, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
4) 2,009 国内講演発表 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素/電子メディエータ同時固定化電極を用いる分岐鎖アミノ酸フロー系センシングシステムの開発, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
5) 2,009 国内講演発表 Wahyudi Arie Ivan, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 expression in dental epithelial cells, 第51回 歯科基礎医学会, Sep. 2009.
6) 2,009 国内講演発表 的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.
7) 2,009 国内講演発表 出原 宏司, Le Thi Xuan Thuy, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : 固体環境試料中超微量白金族元素の定量に向けた鉄還元析出/磁場回収による前処理法の開発, 58, Vol.1, No.1, 16, 2009年9月.
8) 2,009 国内講演発表 火口 博道, 同前 裕生勇, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出を利用した水圏中Cu(I/II)のスペシエーション, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 5, 2009年9月.
9) 2,009 国内講演発表 山田 洋平, 和田 知賀博, 遠藤 剛, 渡邊 敏夫, 谷 祐児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 酒瀬川 信一 : トリスオスミウム錯体/グルコースオキシターゼおよびビリルビンオキシターゼ/カーボンナノチューブゲル固定化電極の作製とそのバイオ電池への適用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 77, 2009年9月.
10) 2,009 国内講演発表 飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, Geoffrey Waterhouse, James Metson : アガロース中での二元素系金属ナノ粒子の合成とその応用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 242, 2009年9月.
11) 2,009 国内講演発表 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由起子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍 : 保健師教育における臨地実習の改善対策に関する調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2009年10月.
12) 2,009 国内講演発表 大友 英里, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 高齢者における保健医療福祉制度の情報源に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 491, 2009年10月.
13) 2,009 国内講演発表 川村 亜以, 多田 敏子 : 精神障がい者退院促進支援事業実施状況別にみた保健師所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 530, 2009年10月.
14) 2,009 国内講演発表 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性労働者の保健指導後の食事・運動習慣の維持・改善に関する要因, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 407, 2009年10月.
15) 2,009 国内講演発表 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
16) 2,009 国内講演発表 吉岡 昌美, 松本 尚子, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 野間 隆文 : 「チーム医療体験学習」における栄養学専攻大学院生との交流を通じたキャリア形成支援, 第28回日本歯科学医学教育学会, 2009年11月.
17) 2,009 国内講演発表 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素を利用したアンペロメトリック分岐鎖アミノ酸フロー測定システムの開発, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 149, 2009年11月.
18) 2,009 国内講演発表 橋本 智弘, 薮谷 智規, 林 由佳子, 安澤 幹人, 本仲 純子 : アミドキシム基修飾黒鉛粒子の合成とその分析化学的応用, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 152, 2009年11月.
19) 2,009 国内講演発表 渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : BOD活性Bacillus subtilis CotA 固定化電極の作成とそのバイオ電池カソードへの適用, 第55回 ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 189, 2009年11月.
20) 2,009 国内講演発表 谷 祐児, 糸山 由希子, 西 兼一, 山田 洋平, 和田 知賀博, 庄田 佳生, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化カーボンナノチューブ-アガロース複合膜修飾電極の作製, 第55回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 211, 2009年11月.
21) 2,009 国内講演発表 松井 通子, 多田 敏子, 有馬 富子, 今井 睦子, 吉田 留美子, 大場 エミ, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子 : 地域看護学実習において自治体保健師の認識する指導上の課題及び工夫, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 202-203, 2009年12月.
22) 2,009 国内講演発表 榊原 陽子, 松本 正子, 多田 美由貴, 多田 敏子 : 20∼30歳代の女性の子宮がん検診に対する意識調査ー若い女性の子宮がん検診受診率向上策の検討ー, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 288-289, 2009年12月.
23) 2,009 国内講演発表 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 28-29, 2010年1月.
24) 2,009 国内講演発表 Wahyudi Arie IVAN, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 Expression in Dental Epthelial Cells, ミニリトリート若手研究報告会 「ストレスと栄養クラスター」, Feb. 2010.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : インフルエンザ対策について, SSKA全低肺, Vol.97, No.1, 3-5, 2009年7月.
2) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : 再度新型インフルエンザについて, SSKA全低肺, Vol.98, No.1, 3-5, 2009年7月.
3) 2,009 その他・研究会 多田 敏子 : 健康と言い伝え, SSKA全低肺, Vol.99, No.1, 5-7, 2009年7月.
4) 2,009 その他・研究会 細井 和雄 : 国際センター長からのご挨拶, 徳島大学国際センターニュース, No.12, 2009年11月.
5) 2,009 その他・研究会 細井 和雄 : 第11回外分泌腺機能国際シンポジウム開催報告, HBS研究部だより, Vol.11, 2009年11月.
6) 2,009 その他・研究会 細井 和雄 : 国際センター長からのご挨拶―この1年を振り返ってー, 徳島大学国際センターニュース, No.13, 2010年3月.
7) 2,009 その他・研究会 細井 和雄 : 寄稿 法人化第1期終了によせて「国際化事業に携わって」, 躍進する徳島大学 法人化第1期の歩み(2004-2010), 2010年3月.
8) 2,009 その他・研究会 細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学国際センター 紀要第5号・年報第6号 2009年度, No.5/6, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 2,009 報告書 森岡 幸子, 松井 通子, 鎌田 久美子, 佐藤 美佐子, 岡島 さおり, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 野口 久美子, 多田 敏子, 佐伯 和子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-93, 大阪府, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 2,010 著書 福井 清 : ビタミン総合事典, --- Ⅱ水溶性ビタミン 2.ビタミンB2 2.6疾患との関連 ---, 朝倉書店, 東京, 2010年11月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Hiroyuki Doi, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Size-controlled synthesis, surface functionalization, and biological applications of thiol-organosilica particles., Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.79, No.1, 19-26, 2010.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Rapid Size Evaluation of Nanoparticles Using Flow Cytometry, Advanced Science Letters, Vol.3, No.2, 130-137, 2010.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Seongpil Chung, Motoshige Miyano, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia, Journal of Psychopharmacology, Vol.24, No.7, 1055-1067, 2010.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) Midori Yoshida, Kazuya Kondo and Toshiko Tada : The relation between the cancer screening rate and the cancer mortality rate in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 251-259, 2010.
5) 2,010 学術論文 (審査論文) 田村 幸子, 多田 敏子 : 日本におけるうつ病患者の職場復帰に関連する文献検討, 地域保健, Vol.41, No.11, 72-77, 2010年.
6) 2,010 学術論文 (審査論文) 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室