RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{70428}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)森井 昌克 : プロフェッショナル英和辞典 物質·工学編, 小学館, 東京, 2004年7月.
2)木下 栄蔵 他, 山中 英生 : 参加型社会の決め方, --- 公共事業における集団意思決定 ---, 近代科学社, 東京, 2004年7月.
3)Hong. S.K. et al. (eds.) and Mahito Kamada : Ecological Issues in a Changing World, --- Status, Response and Strategy ---, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, Oct. 2004.
4)森井 昌克 : 食の安全性, --- トレーサビリティ ICタグの先端技術 ---, 東京教育情報センター, 東京, 2004年10月.
5)砂防学会(編), 鎌田 磨人 : 改訂 砂防用語集, 山海堂, 東京, 2004年12月.
6)山中 英生 : 交通工学ハンドブック2005, 社団法人 交通工学研究会, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)石垣 衛, 上嶋 英機, 上月 康則, 吉村 直孝, 宇都宮 隆司, 村上 仁士 : 閉鎖性水域への流況制御技術の適用と流速場の変化に対する付着生物群集の応答の研究, 土木学会論文集, Vol.762, No.31, 21-32, 2004年.
2)上月 康則, 河野 悠大, 大森 稔寛, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグと人工ゼオライトを原料とした窒素,リン同時吸着可能な多孔質担体を用いた覆砂機能に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.20, 965-970, 2004年.
3)石垣 衛, 中村 由行, 上月 康則, 上嶋 英機 : 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価, 海洋開発論文集, Vol.20, 1019-1024, 2004年.
4)三好 順也, 上月 康則, 森 正次, 亀田 大悟, 矢間 北斗, 倉田 健悟, 村上 仁士 : 岸壁付帯式テラス型海岸構造物によるムラサキイガイ由来の汚濁負荷削減効果, 海洋開発論文集, Vol.20, 1061-1066, 2004年.
5)辻原 治, 田中 佑樹, 澤田 勉 : セルオートマトン法による粒状体の流れの解析に関する研究, 土木情報利用技術論文集, Vol.13, 189-196, 2004年.
6)滑川 達, 山中 英生, 吉田 健 : 工期短縮と資源の有効利用を考慮したGAによるプロジェクトスケジューリング, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 75-82, 2004年.
7)経 璟, 山中 英生, 田村 英嗣 : CV調査とSG調査を用いた交通事故の人的費用の計測, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 137-144, 2004年.
8)Kiyoshi Hirao, Yukinori Sakagami, Yoshifumi Nariyuki and Tsutomu Sawada : A Study on Force-Displacement-Based Seismic Design of Single-Column RC Piers, Journal of Structural Mechanics and Eartquake Engineering, No.Vol. 21, No.2, 159s-174s, 2004.
9)Hiroshi Takebayashi and Egashira Shinji : Geometric Characteristics of Braided Streams under Unsteady Water Supply Conditions, River Sedimentation, Chunhong HU & Ying TAN (eds), Vol.9, 1318-1325, 2004.
10)山中 英生, 谷田 望, 上沖 勝則, 小竹 良 : 道路交通センサスを用いた自歩道等混合交通のサービスレベル評価, 交通工学研究発表会論文集, Vol.24, 325-328, 2004年.
11)Hiroshi Takebayashi, Shinji Egashira and Takeshi Okabe : Numerical analysis of braided streams formed on beds with non-uniform sediment, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.22, No.2, 37-46, 2004.
12)上月 康則, 山中 英生, 村上 仁士 : 干潟埋立を伴う事業における合意形成のためのミチゲーションへの一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 1346-1350, 2004年.
13)大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 地震による家屋破壊状況における津波による家屋被害に関する一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 311-315, 2004年.
14)吉田 和郎, 村上 仁士, 上月 康則, 大谷 寛, 宮本 大輔 : 瀬戸内海への津波伝播に及ぼす紀淡·鳴門·豊予海峡の影響, 海岸工学論文集, Vol.51, 286-290, 2004年.
15)Kyoko Iwase, Tomoko Tatsuishi, Yumiko Nishimura, Jun-ya Yamaguchi, Yasuo Oyama, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Cytometric analysis on adverse action of diphenyl ditellurde on rat thymocytes: Cell shrinkage as cytotoxic parameter, Environmental Toxicology, Vol.19, No.6, 614-619, 2004.
16)Takeshi Okabe and Hiroshi Takebayashi : Numerical estimation of countermeasures against sedimentation in Masaki Dam Reservoir, Japan, Environmental Hydraulics and Sustainable Water Management, Lee & Lam (eds), 2153-2159, 2004.
17)Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada : Simultaneous identification of time and space variant dynamic soil properties during the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.25, No.1, 69-77, 2005.
18)岡部 健士, 竹林 洋史 : 正木ダム減水区間における水温分布特性とその改善案の検討, 水工学論文集, Vol.49, No.2, 1183-1188, 2005年.
19)竹林 洋史, 江頭 進治, 永田 徹, 桑島 信, 加藤 陽平, 伊藤 太祐 : 植生を有する河道における流砂の空間分布特性, 水工学論文集, Vol.49, No.2, 925-930, 2005年.
20)田村 隆雄, 端野 道夫, 岡田 和 : 森林流域からの硝酸態窒素流出量の算定に関する3つの溶質流出モデルの比較検討, 水工学論文集, Vol.49, 115-120, 2005年.
21)辻原 治, 櫻井 寛之, 平尾 智廣, 澤田 勉 : e-Learningの工学教育への導入に関する基礎的研究, 論文集「高専教育」, Vol.28, 297-302, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)鎌田 磨人 : 河川流は河畔植生の動態にどのように影響するか, 水資源研究センター研究報告, Vol.0, No.24, 29-32, 2004年.
2)Osamu Tsujihara, Fushimi Yuki, Kubori Takayoshi and Tsutomu Sawada : Construction of convenient simulation system of spreading fire in an earthquake using digital residential maps, Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.13, No.0, 313-320, 2004.
3)中野 晋, 村上 仁士 : 2004年東海道沖地震における自治体の津波防災対応の検証, 南海地震研究, Vol.1, 93-100, 2005年.
4)村上 仁士, 中野 晋, 上月 康則 : 南海地震による津波被害, 南海地震研究, Vol.1, 85-92, 2005年.
5)中野 晋 : 鳴門市での高潮災害調査, 平成16年台風災害に関する学術調査報告書, 49-54, 2005年.
6)中野 晋 : 高知県菜生海岸高波災害調査, 平成16年台風災害に関する学術調査報告書, 55-60, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Solvent-free Imino-Aldol Three-component Couplings on a Conveniently-prepared and Reusable Phosphoric Acid-Silica Gel Support, Chemistry Letters, Vol.33, No.10, 1308-1309, 2004.
2)鎌田 磨人 : 戦略的な自然再生, --- 研究と施策と事業と人の連環 ---, 日本緑化工学会誌, Vol.30, 394-395, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)村上 仁士, 上月 康則 : 港湾環境の自立的修復を促す海岸構造物, CDIT, Vol.14, 8-9, 2004年5月.
2)森井 昌克 : ブロードバンドネットワークにおけるセキュリティ技術の現状と動向, 画像電子学会誌, Vol.33, No.3, 385-392, 2004年5月.
3)森井 昌克 : プライバシーの終焉と個人情報保護, 画像電子学会誌, Vol.33, No.3, 323-324, 2004年5月.
4)竹林 洋史 : 河川中・下流域の河道地形, ながれ, Vol.24, No.1, 27-36, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Mahito Kamada, Momotaro Kojima and Takeshi Okabe : Invading pattern of Eragrostis curvula at gravel bar in relation to hydro-geomorphic change in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the 47th Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, Vol.1, Kailua-Kona, Hawaii (USA), Jul. 2004.
2)Mahito Kamada : Ecological and hydraulic factors influencing expansion of invasive plant species, Eragrostis curvula, at bar in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the Second Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, 35-40, Suwon, South Korea, Jul. 2004.
3)Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada : Time-domain identification system of dynamic soil-structure interaction, Proceedings of the 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), Vol.DVD-ROM, No.Paper No.747, Vancouver, Aug. 2004.
4)Osamu Tsujihara and Tsutomu Sawada : Methodology of optimum sensor location in identification of dynamic properties of subsurface ground using vertical array records, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), No.3388, 1-12, Vancouver, Aug. 2004.
5)Osamu Tsujihara, Fushimi Yuki, Kubori Takayoshi and Tsutomu Sawada : Simulation system of spreading fire in an earthquake using digital residential maps, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), No.3386, 1-9, Vancouver, Aug. 2004.
6)Yoshinori Nitta, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Ohnishi Yoshiaki, Yohsuke Kinouchi, Masaji Nishimura and Susumu Ito : Application of BPNN to prediction of hematocrit values during LCAP, Proceedings of Biomedical Engineering Conference, 125-129, Hong Kong, Sep. 2004.
7)Mahito Kamada : Planning of biotope network in local scale, --- attempt in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Proceedings of the first EAFES International Congress, 95, Mokpo (South Korea), Oct. 2004.
8)Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Strategic study for consensus building in restoration of secondary grassland in rural Japan, Proceedings of the first EAFES International Congress, 126-127, Mokpo (South Korea), Oct. 2004.
9)Youji Fukuta, Yoshiaki Shiraishi and Masakatu Morii : Port Randomized VPN by Mobile Codes, Proc. of ISITA2004(CD), 953-958, Parma, Oct. 2004.
10)Masami Mohri, Atsushi Taketa and Masakatu Morii : A Fast Searching Tree Algorithm for Computing the Minimum Distance of Linear Block Codes Using Multi-Threshold, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Applications, Parma, Oct. 2004.
11)Masami Mohri, TAKETA Atsushi and Masakatu Morii : A Fast Searching Tree Algorithm for Computing the Minimum Distance of Linear Block Codes Using Multi-Threshold, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Applications, Parma, Italy, Oct. 2004.
12)Fukuta Youji, Yoshiaki Shiraishi and Masakatu Morii : Performance Analysis of APP Decoding-Based Fast Correlation Attacks, International Symposium on Information Theory and Its Applications(ISITA2004),, 953-958, Parma, Italy, Oct. 2004.
13)Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada : Alkylation of Aldehydes and Imines Using Metallic Strontium and Alkyl Iodides, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2004, Vol.2004, P-20, Hong Kong, Dec. 2004.
14)Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada : Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: The Barbier-Type Alkylation of Carbonyl Compounds, International Symposium on Chemicals and Pharmaceuticals, Vol.2004, 17-18, Guangzhou, Dec. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)小浴 優, 三神 厚, 澤田 勉 : ゴムと鋼板からなる免震装置の3次元有限要素解析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 60-61, 2004年5月.
2)森西 由記, 三神 厚, 澤田 勉 : 開削トンネルの簡便な地震応答解析手法, 開削トンネルの簡便な地震応答解析手法, 62-63, 2004年5月.
3)東 知里, 上月 康則, 田代 優秋, 村上 仁士 : 耕作者を対象とした水田·水路内の生物への関心度に関するアンケート, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 410-411, 2004年5月.
4)大森 稔寛, 上月 康則, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグとFe型人工ゼオライトを原料とした多孔質担体による覆砂効果について, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 388-389, 2004年5月.
5)柴田 大介, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士 : ムラサキイガイとマガキを中心とした懸濁態有機物の物質循環からみた新しい環境改善型構造物, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 420-421, 2004年5月.
6)宮本 大輔, 村上 仁士, 大谷 寛, 上月 康則 : 瀬戸内海における歴史津波の伝播特性に関する一考察, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 132-133, 2004年5月.
7)島田 佳和, 白鳥 実, 上月 康則, 村上 仁士 : ダムを有する河川における付着藻類相の特徴について, 日本珪藻学会第24回研究集会講演集, 1, 2004年5月.
8)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 堅田 哲司 : 勝浦川河口干潟上でのヤマトオサガニを介した物質循環について, 生物系三学会中国四国支部大会, 1, 2004年5月.
9)鎌田 磨人 : 地域の生態系の回復を目指して, --- -生態系間のつながり,生態系と人のつながり,人と人のつながり- ---, 平成16年度(30回)春季研究発表会 基調講演, 2004年5月.
10)鎌田 磨人, 横田 知明 : 自然環境GISを利用した四国の木本群落の潜在的分布域の推定, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
11)小串 重治, 楠上 輝彦, 鎌田 磨人 : 二次草地における希少野生植物の生育環境復元に向けた環境評価マップの作成, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
12)小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく汽水域・塩生湿地植物の潜在的ハビタット評価, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
13)鎌田 磨人 : 戦略的な自然林再生, --- 研究と施策と事業と人の連関 ---, 自然再生をめぐる学術と技術の展望, 2004年6月.
14)三宅 正弘, 庄野 武朗, 山中 英生 : 高開の石積みと石積職人·高開文雄, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
15)土岐 源水, 山中 英生, 生田 利浩, 瀬尾 卓也, 本多 正明 : 自歩道における路面プロファイルの評価方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
16)松浦 健治郎, 澤田 俊明, 山中 英生, 水谷 香織, 片柳 澄明 : 構想段階での自転車ネットワーク計画のPI実施事例とその考察, --- 三重県·津市の事例から ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
17)山中 英生, 古賀 礎州, 河津 孝典 : 車両挙動に着目した地区内小交差点における一時停止対策の効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
18)鎌田 磨人, 小倉 洋平 : 四国の河川河口域に生育する塩生湿地植物の生息地評価, 第16回バイオリージョン研究会「流域環境とGIS」, 2004年8月.
19)鎌田 磨人, 小島 桃太郎 : 河川砂州上でのシナダレスズメガヤの急激な分布拡大をもたらす繁殖様式の可塑性, 第51回日本生態学会, 2004年8月.
20)小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく塩生湿地植物の分布域推定, 第51回日本生態学会, 2004年8月.
21)大久保 美知子, 上月 康則, 田代 優秋, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 徳島県の農業水路を対象とした魚類生息環境の評価について, 第59回土木学会年次学術講演会要旨集VII, Vol.59, 284, 2004年9月.
22)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 大久保 美知子, 村上 仁士 : カダヤシとの混生によるメダカ個体の健全性の変化について, 2004年度日本魚類学会年会要旨集, 51, 2004年9月.
23)森井 昌克, 毛利 公美 : リモートオフィス環境構築とセキュリティ, --- 個人認証,VPN,脆弱性検査,そして被害予測 ---, ユビキタスモバイルネットワークとセキュリティ 論文集, 15-22, 2004年9月.
24)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 第3回情報科学技術フォーラム 高度医療を支える安全ME技術, 2004年9月.
25)鎌田 磨人 : ダム下流域における河床変化と河畔植生の動態, 第7回水源地生態研究セミナー, 2004年9月.
26)時枝 宏樹, 白石 善明, 森井 昌克, 西村 卓也 : 送信制御によるウイルスメール拡散の抑制, コンピュータセキュリティシンポジウム2004予稿集, 499-504, 2004年10月.
27)鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, 2004年10月.
28)細谷 匠, 福田 洋治, 白石 善明, 森井 昌克 : サーバに秘密情報を保持しないP2P向けオフライン認証プロトコル, コンピュータセキュリティシンポジウム2004 予稿集, 379-384, 2004年10月.
29)広岡 俊彦, 市川 幸宏, 白石 善明, 森井 昌克, 中尾 康二 : ウィルス挙動を解析するための実ネットワークを使った仮想感染ネットワークの設計, コンピュータセキュリティシンポジウム2004 論文集, Vol.2004, No.11, 433-438, 2004年10月.
30)神園 雅紀, 白石 善明, 森井 昌克 : メモリ上の不正コード検出による未知ウイルス解析システム, コンピュータセキュリティシンポジウム2004, Vol.2004, No.11, 427-432, 2004年10月.
31)田村 隆雄, 端野 道夫 : 樹種の転換が森林の水源涵養機能に与える影響に関する調査研究, 第11回河川整備基金助成事業成果発表会報告書, 309-314, 2004年10月.
32)鎌田 磨人, 小島 桃太郎, 岡部 健士 : 河川砂州上に侵入したシナダレスズメガヤを除去するに必要な洪水営力, 応用生態工学会大8回大会, 2004年10月.
33)鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, 2004年11月.
34)亀谷 一洋, 山中 英生 : 回想分析を用いた旧街道型細街路の街路イメージの比較, --- 土地利用状況の異なる旧街道型細街路を事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
35)花岡 史恵, 澤田 俊明, 田村 聡子, 山中 英生, 高木 利記, 武田 将英 : 小 松島港みなとまちづくり事例分析に見るみなと再生方策の考察, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
36)田中 秀明, 毛利 公美, 森井 昌克 : 重み分布計算アルゴリズムを用いた2元(n,k)巡回符号の最小距離評価, 第27回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, Vol.2, 675-678, 2004年12月.
37)鹿子 彩, 毛利 公美, 森井 昌克 : 2元巡回符号に対する効率的な最小重み計算アルゴリズムについて, 第27回情報理論とその応用学会シンポジウム予稿集, Vol.2, 679-682, 2004年12月.
38)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : 確率的な手法を用いたLDPC符号の重み分布導出について, 第27回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, Vol.1, 13-16, 2004年12月.
39)鎌田 磨人 : ビオトープってどんなもの?, ビオトープってどんなもの?, 2005年2月.
40)新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 : 白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
41)村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 : 高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
42)佐伯 よしみ, 澤 和代, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : ホウ酸シリカゲルを用いる穏和な条件下でのシリルエーテルの新規脱保護反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1C2-48, 2005年3月.
43)Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Formation of Nitrogen-containing Hetercycle Compounds on a Rapidly-prepared Phosphoric Acid-Silica Gel Support, Abstracts of Annual Meeting of Japan Chemical Society, Vol.85, 1B2-32, Mar. 2005.
44)浜松 克仁, 三谷 佳史, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するN-アリールイミンとオレフィンを用いる[4+2]型環化反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-33, 2005年3月.
45)室井 超帰, 吉成 潤一, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するアルデヒドと不活性ジエンを用いるhetero Diels-Alder反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-32, 2005年3月.
46)松尾 強, 池原 大哲, 幸野 正志, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(1)∼エスステルのBarbier型アルキル化反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-04, 2005年3月.
47)松井 亜希, 松尾 強, 池原 大哲, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(2)∼カルボン酸のBarbier型アルキル化反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-05, 2005年3月.
48)幸野 正志, 池原 大哲, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(3)∼イミンを用いた反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-06, 2005年3月.
49)中野 晋 : 高潮·津波ハザードマップのあり方, --- ハザードマップから防災マップへ ---, 平成16年度徳島大学防災講演会, 2005年3月.
50)鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 第2回環境教育講演会, 2005年3月.
51)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 上田 薫利, 村上 仁士 : 勝浦川河口干潟に優占するヤマトオサガニの摂餌および同化について, 第52回日本生態学会要旨集, 2005年3月.
52)佐藤 陽一, 古川 学, 田代 優秋, 大久保 美知子, 平井 直彦, 東 知里, 小笠原 直紀, 上月 康則 : 徳島県におけるカワバタモロコの分布と生息環境, 日本生態学会大会講演要旨集, Vol.52, 103, 2005年3月.
53)原田 悦子, 石川 新吾, 鎌田 磨人 : 草地卓越地域における景観構造の変化と要因, 第52回日本生態学会大会, 2005年3月.
54)小串 重治, 天羽 修平, 鎌田 磨人 : 二次草地の種多様性の復元に向けた数種の草原性植物の分布特性の解明, 第52回日本生態学会大会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : 多項式環表現を利用した有限体F2mの並列乗算回路の性能評価, 信学技報, Vol.ISEC2004-9, No.53, 57-64, 2004年5月.
2)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号の一方式, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.OIS2004-10, No.69, 7-12, 2004年5月.
3)伊沢 亮一, 毛利 公美, 森井 昌克 : 無線LANを用いたモバイル端末の位置検出法について, 信学技報, Vol.OIS-2004-3, No.68, 13-18, 2004年5月.
4)竹内 崇洋, 畑島 賢治, 市川 幸宏, 大東 俊博, 毛利 公美, 森井 昌克 : P2Pに基づく分散コンピューティングの一実験, --- 素数探索プロジェクト ---, 信学技報, Vol.OIS2004-4, No.68, 19-24, 2004年5月.
5)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法, 信学技報, Vol.OIS2004-9, No.69, 1-7, 2004年5月.
6)毛利 公美, 高橋 秀郎, 広岡 俊彦, 曽根 直人, 森井 昌克 : ネットワーク資源に対する脆弱性自動監査システムの開発, 信学技報, Vol.OIS2004-11, No.69, 13-18, 2004年5月.
7)新田 佳伯, 岡久 稔也, 芥川 正武, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, 西村 匡司, 伊東 進 : BPNNを用いた血液浄化施行時のヘマトクリット値の予測, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 37-40, 2004年7月.
8)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルを用いた被害予測システムの実装, 信学技報, Vol.ISEC2004-27, No.199, 91-96, 2004年7月.
9)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルを用いた被害予測システムの実装, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 91-96, 2004年7月.
10)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法に関する考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 235-242, 2004年7月.
11)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号SSSMの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 243-246, 2004年7月.
12)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号SSSMの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ISEC2004-48, No.200, 49-52, 2004年7月.
13)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法に関する考察, 信学技報, Vol.ISEC2004-47, No.200, 41-48, 2004年7月.
14)伊沢 亮一, 毛利 公美, 森井 昌克 : 無線LANを用いたモバイル端末の位置検出法(第二報), 信学技報, Vol.OIS-104, No.238, 25-30, 2004年7月.
15)市川 幸宏, 大東 俊博, 毛利 公美, 森井 昌克 : P2Pに基づく分散コンピューティングの一実験(第二報), --- P2Pによるファイルおよびサービスバックアップシステムの開発と運用 ---, 電子情報通信学会技術研究報告書, Vol.OIS2004-17, No.238, 19-24, 2004年7月.
16)森井 昌克 : 森井教授のインターネット講座, 朝日新聞, 2004年8月.
17)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : LDPC符号の確率的な重み分布導出法, 電子情報通信学会技術報告書, Vol.IT2004-45, No.302, 2004年9月.
18)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.319, 33-36, 2004年9月.
19)広岡 俊彦, 白石 善明, 森井 昌克, 星澤 祐二, 中尾 康二 : ウイルス仮想感染モニタリングシステム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ISEC2004-92, No.422, 51-56, 2004年11月.
20)福田 洋治, 細谷 匠, 白石 善明, 森井 昌克 : P2Pサービス向け使い捨て鍵型認証方式, 信学技報, Vol.ISEC2004-89, No.422, 29-36, 2004年11月.
21)福田 洋治, 二宮 健人, 白石 善明, 森井 昌克 : サービスコネクタによるアクセス制御とシングルサインオンの実現, 信学技報, Vol.ISEC2004-90, No.422, 37-44, 2004年11月.
22)市川 幸宏, 神園 雅紀, 白石 善明, 森井 昌克 : ウイルス解析を目的としたメモリ上の不正コード検出システムの構築, 信学技報, Vol.ISEC2004-93, No.422, 57-62, 2004年11月.
23)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルによる不正アクセス予測システムの設計, 信学技報, Vol.ISEC2004-94, No.422, 63-68, 2004年11月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)平尾 潔, 澤田 勉, 成行 義文 : 加速度ー変位応答スペクトルを用いた道路橋の耐震安全性照査に関する研究, 平成13~平成15年度科学研究補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2004年5月.
2)三神 厚, 森西 由記, 澤田 勉 : 地震時における埋設構造物と地盤の動的相互作用解析の簡便化に関する研究, 徳島大学地域防災研究会年次報告, Vol.3, 徳島, 2004年5月.
3)鎌田 磨人 : 二次草地の保全に向けた施策立案のための学術的・保全生態学的研究, 科学研究費補助金基盤研究(B 1)研究成果報告書(課題番号143802763), 1-152, 2005年.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{70428}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)関澤 純 : 低用量問題ー低用量影響の生物学的蓋然性, シュプリンガー·フェアラーク東京(株), 東京, 2005年5月.
2)関澤 純 : 生体統御システムと内分泌撹乱, --- Ⅷ.付録 低用量問題-低用量影響の生物学的蓋然性 ---, シュプリンガー·フェアラーク東京, 東京, 2005年5月.
3)端野 道夫 : 森林の洪水低減·渇水緩和機能とその定量評価法, 水理委員会, 東京, 2005年8月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)関澤 純 : リスクコミュニケーションの課題と展望, --- 特集食品安全システムはどこまで確立されたか ---, 生活協同組合研究, Vol.351, 17-33, 2005年.
2)Huaxia Yao, Michio Hashino and Yuan Zuoxing : Simulating effects of climate change on evapotranspiration of major crops in China, IAHS Publication series (Red Books), No.295, 189-197, 2005.
3)Hiroshi Takebayashi and Takeshi Okabe : Prediction of sediment budgets using a one-dimensional bed deformation model with a general cross-section, Sediment Budgets, Des E. Walling & Arthur J. Horowitz (eds), Vol.291, No.1, 1-9, 2005.
4)Naoki Iiyama, Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Ecological and social evaluation of landscape in a rural area with terraced paddies in southwestern Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.73, 60-71, 2005.
5)Mahito Kamada : Hierarchically structured approach for restoring natural forest, --- trial in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Landscape and Ecological Engineering, Vol.1, 61-70, 2005.
6)Yuki Kono, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Olfa Khelifi, Masato Takeda and Hitoshi Murakami : Suppression of nutrient release by porous carrier made from blast furnace slag and artificial zeolite, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 459-468, 2005.
7)Koji Otsuka, Mamoru Ishigaki, Tomohiro Kuwae, Yoshiyuki Nakamura, Yasunori Kozuki and Hideki Ueshima : On-site experiments of open- and closed-type artificial tidal flats at inner part of Osaka Bay, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 189-196, 2005.
8)胡 海青, 任 福継, 黒岩 眞吾 : ベクトル空間モデルに基づく特定領域向け中国語質問応答システムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.5, 698-706, 2005年.
9)Hiroshi Takebayashi and Takeshi Okabe : Effect of vegetation growth on geometric characteristics of braided streams under unsteady water supply conditions, Floods, from Defence to Management,Van Alphen, van Beek & Taal (eds), Vol.3, 437-445, 2005.
10)山中 英生, 滑川 達, 南部 匡史 : 位置・速度・振動計測自転車による走行環境評価の可能性に関する基礎分析, 交通科学, Vol.36, No.2, 13-19, 2005年.
11)Zhao Xin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Translation of Compound Nouns in the Japanese-Chinese Machine Translation System SFBMT, INFORMATION, Vol.8, No.3, 405-413, 2005.
12)関澤 純 : 事例からリスクコミュニケーションの今後を考える, 環境技術, Vol.34, 24, 2005年.
13)関澤 純 : 事例からリスクコミュニケーションの今後を考える,食品安全のリスクコミュニケーション, 環境技術, Vol.34, No.6, 24·444-448, 2005年.
14)関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション, 環境技術, Vol.34, No.6, 444-448, 2005年.
15)Jun Sekizawa and Tanabe Shinsuke : A comparison between integrated risk assessment and classical health/environmental assessment: Emerging beneficial properties, Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.207, No.2, Supplement 1, S617-S622, 2005.
16)Miki Kuroda, Keiji Wada and Mahito Kamada : Factors influencing coexistence of two brachyuran crabs, Helice tridens and Parasesarma plicatum, in an estuarine salt marsh, Japan, Journal of Crustacean Biology, Vol.25, No.1, 146-153, 2005.
17)Junya Miyoshi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Shunpei Iwamura, Hiroyuki Mizuguchi and Masahiro Mizutani : Development of a New Type Seawall for Improvement of Material Cycle, Recent Advances in Marine Science and Technology 2004, 163-174, 2005.
18)吉村 直孝, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 亀田 大悟 : 小型水中カメラを用いた直立構造物における簡易的な付着生物調査方法の提案, 海洋開発論文集, Vol.21, 241-246, 2005年.
19)水谷 雅裕, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 石本 健治, 岩村 俊平 : ケーソンの遊水室に人工浅場を創出する際の生物的設計条件, 海洋開発論文集, Vol.21, 707-712, 2005年.
20)蘇 立, 山中 英生 : 教科書の比較分析からみた中国における中学校社会科の環境教育の浸透に関する研究, 環境共生, Vol.11, 62-71, 2005年.
21)関澤 純 : 化学物質のリスク評価と管理, 環境管理, Vol.41, 12-17, 2005年.
22)Tetsuo Mitani and Hideo Yamanaka : AN ANALYSIS OF THE CROSSING-CRASH FACTOR FROM THE VIEW POINT OF THE FEATURE OF INTERSECTION, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 3590-3602, 2005.
23)Hideo Yamanaka and Tetsuo Mitani : VEHICLE BEHAVIORAL SAFETY ASSESSMENT FOR UNSIGNALIZED SMALL INTERSECTIONS TO EVALUATE COLLISION AVOIDANCE SYSTEM, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 2667-2675, 2005.
24)滑川 達, 山中 英生 : 車いす·自転車の走行時体感からみた路面プロファイル評価, 交通工学研究発表会論文集, Vol.25, 225-228, 2005年.
25)滑川 達, 山中 英生, 南部 匡史 : 自転車の速度抑制と通行区分誘導を目的とした舗装方法の開発, 交通工学研究発表会論文集, Vol.25, 229-232, 2005年.
26)中野 晋, 小野 悟, 冨永 数男, 村上 仁士 : 2004年東海道沖地震における四国東部自治体の津波防災対応, 海岸工学論文集, Vol.52, 1331-1335, 2005年.
27)滑川 達, 田村 聡子, 山中 英生, 澤田 俊明, 花岡 史恵 : 市民組織育成を目的とした市民参加型プロセスの基盤分析, --- 小松島みなとまちづくりを事例として ---, 建設マネジメント研究論文集, Vol.12, 27-38, 2005年.
28)森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 公開入札結果情報を用いた入札競争状態の統計分析, --- 平成15年度国土交通省四国地方整備局·徳島県県土整備部発注の公開入札結果情報を対象として ---, 建設マネジメント研究論文集, Vol.12, 139-148, 2005年.
29)黒岩 眞吾, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : Simple PCAを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.11, 1773-1779, 2005年.
30)Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : XML based extended Super-Function schema in Knowledge Representation, Journal of Research on Computing Science, Vol.16, 3-12, 2005.
31)志方 建仁, 村上 仁士, 上月 康則, 大谷 寛, 宮本 大輔 : 津波による人的被害最小化因子の影響度評価について, 海岸工学論文集, Vol.52, 2005年.
32)金綱 紀久恵, 上月 康則, 村上 仁士, 桑原 久実 : アサリの水質浄化能に及ぼす地球温暖化の影響に関する研究, 海岸工学論文集, Vol.52, 1036-1040, 2005年.
33)Ya Lin, Zhi Teng, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Development of a Multimedia Bidirectional Learning System Environment, International Journal of Information, Vol.8, No.6, 871-879, 2005.
34)Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Stock Market Forecasting and Correlative Natural Language Generation, International Journal of Information, Vol.8, No.6, 881-890, 2005.
35)Peilin Jiang, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Advanced Mental State Transtion Network and Psychological Experiments, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3824, No.1, 1026-1035, 2005.
36)Hiroshi Yamamoto, Akihide Hayashi, Yuki Nakamura and Jun Sekizawa : Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Environmental Sciences, Vol.12, No.6, 347-358, 2005.
37)鎌田 磨人 : 地域博物館の役割変化と生態学, 日本生態学会誌, Vol.55, No.3, 481-486, 2005年.
38)関澤 純 : 予防原則とは(科学的な評価と価値判断), --- 書評「予防原則」 ---, 科学, 1442-1443, 2005年.
39)三宅 正弘, 庄野 武朗, 山中 英生 : 中山間地域における石造社会基盤の景観保全システム, --- 徳島県·高開(たかがい)の石積みを事例に ---, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, 379-386, 2005年.
40)関澤 純, 田中 麻理, 上野 伸子 : 食品安全のリスクコミュニケーション手段としてのQ&Aサービスのあり方, 日本リスク研究学会講演論文集, Vol.19, 451-456, 2006年.
41)大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 河口域塩性湿地に生息する稀少カニ類シオマネキの生息場所利用, 日本ベントス学会誌, Vol.61, 8-15, 2006年.
42)大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : シオマネキの分布に対するヨシの影響.河口域塩性湿地に生息する稀少カニ類シオマネキの生息場所利用, 日本ベントス学会誌, Vol.61, 21-25, 2006年.
43)黒岩 眞吾, 小林 邦嘉, 柘植 覚, 任 福継 : 音声認識·音声合成を用いた音声途切れ補間手法, 日本音響学会誌, Vol.62, No.1, 3-11, 2006年.
44)Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for Wire/Wireless Communication Systems, The International Arab Journal of Infromation Technology, Vol.3, No.1, 28-34, 2006.
45)鎌田 磨人, 小倉 洋平 : 那賀川汽水域における塩性湿地植物群落のハビタット評価, 応用生態工学, Vol.8, 245-261, 2006年.
46)Haiqing Hu, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Shuwu Zhang : A Question Answering System on Special Domain and the Implementation of Speech Interface, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3878, 458-469, 2006.
47)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Probabilistic Neural Network Based English-Arabic Sentence Alignment, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3878, 97-100, 2006.
48)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Ippei Fukuda : Phoneme Based Speaker Modeling to Improve Speaker Recognition System, Information, Vol.9, No.1, 135-147, 2006.
49)田村 隆雄, 端野 道夫, 橘 大樹 : 一般中小河川にも適用可能な雨量·水位データを用いた流出解析モデルパラメータの同定手法, 水工学論文集, Vol.50, 355-360, 2006年.
50)岡部 健士, 山口 義人, 竹林 洋史 : 風計測による河道内樹木群落の抵抗特性の推定, 水工学論文集, Vol.50, 1153-1158, 2006年.
51)竹林 洋史, 江頭 進治, 岡部 健士, 寺岡 充夫 : 給水・給砂の非定常性と植生の繁茂を考慮した砂州及び流路の形成水理実験, 水工学論文集, Vol.50, 973-978, 2006年.
52)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Specific Speaker's Japanese Speech Corpus over Long and Short Time Periods, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 115-124, 2006.
53)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Koji Tanaka, Kazuma Hara and Fuji Ren : Acoustic Model Adaptation for Codec Speech based on Learning-by-Doing Concept, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 105-114, 2006.
54)関澤 純 : 内分泌撹乱化学物質による低用量影響の考え方, ホルモンと臨床, Vol.54, No.3, 47-52, 2006年.
55)Shingo Kuroiwa, Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Nonparametric Speaker Recognition Method using Earth Mover's Distance, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.3, 1074-1081, 2006.
56)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 大久保 美知子, 村上 仁士 : 都市近郊農業水路の魚類群集に及ぼす水路構造と河川との連続性の影響, 水工学論文集, Vol.50, 1219-1224, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)小串 重治, 鎌田 磨人, 長谷川 賢二 : 徳島県東祖谷山村落合峠における利用·管理形態の変化とそれに伴う植生の変化, 徳島県立博物館研究報告, No.15, 1-20, 2005年.
2)田村 隆雄, 端野 道夫, 橘 大樹 : 雨量・水位データを使用したH-Q曲線の作成方法, --- 徳島県園瀬川を対象とした2004年台風10号,16号,23号洪水の評価とH-Q曲線の作成 ---, 平成18年自然災害フォーラム論文集, 1-8, 2006年.
3)出口 竜也, 水口 裕之, 山中 英生, 河村 保彦 : 工学研究科における技術経営(MOT)教育の取り組み, --- 企業OBを活用した実践的教育プログラムの開発 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.3, 21-22, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)鎌田 磨人 : 徳島県における野生生物保全への取組みと徳島大学-研究と施策・事業と人の連関, 大学等環境安全協議会会報, Vol.30, No.23, 7-11, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)上月 康則, 笹川 斉宏, 村上 仁士 : フロリダ·キシミー川の再蛇行化事業の成立過程とその取り組みについて, 環境技術, Vol.34, No.5, 23-27, 2005年5月.
2)田村 隆雄, 端野 道夫 : 山地森林流域における渓流水質濃度推定法の開発と物質収支の定量評価, 地下水技術, Vol.47, No.7, 11-21, 2005年7月.
3)中野 晋 : 学校教育での「防災の意識付け」の試み, --- 立体防災地図を用いた防災教育の試行 ---, 土木施工, Vol.46, No.8, 24-28, 2005年8月.
4)竹林 洋史 : 沖積河川の地形予測技術と治水対策への利用, 水工学シリーズ, Vol.05, A-6-1-A-6-17, 2005年8月.
5)山中 英生 : 自転車の走行環境評価について, --- 混在交通に着目して ---, 交通工学, Vol.40, 20-26, 2005年9月.
6)上月 康則, 花岡 史恵 : 勝浦川上流域における参加育成型河川環境活動, --- 参加型ヤッホー調査プログラムとその活用 ---, 河川, No.8, 95-97, 2005年9月.
7)三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 野生生物の生息·生育適地推定と保全計画-特集を企画するにあたって, 応用生態工学, Vol.8, 215-219, 2006年1月.
8)関澤 純 : 「科学」BSE-効果的仕組みつくる,農薬の基準-生涯食べても安全な値,食の安全-他国の事情にも関心を,不安解消-意見と情報の交換を, 朝日新聞関西版, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Kazuyuki Matsumoto, Junko Minato, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Estimating Human Emotions using Words and Sentence Patterns, IEEE International Conference on Information Acquisition, Vol.1, No.1, 421-426, Hong Kong, Jun. 2005.
2)Xiang Hua, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Jiang Pelin : An Experimentation on Creating a Mental State Transition Network, IEEE International Conference on Information Acquisition, Vol.1, No.1, 432-436, Hong Kong, Jun. 2005.
3)Yushu Tashiro, Yasunori Kozuki, Yoichi Satoh, Michiko Okubo and Hitoshi Murakami : Influence of connectivity of irrigation canal with a river on fish community in a suburban area, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, 35-40, Nagoya, Jul. 2005.
4)Minoru Shiratori, Yasunori Kozuki, Yoshikazu Shimada, Ryuichi Kitta, Rui Sato and Hitoshi Murakami : Characteristics of the perphytic diatom community in the downstream of masaki dam in Katsuura River, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, 125-130, Nagoya, Jul. 2005.
5)Fuji Ren, Jian Dianbing, Xiang Hua, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Zhang Zhong and Zong Chengqing : Mental State Transtion Network and Psychological Experiments, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artifical Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 439-444, Benidorm, Sep. 2005.
6)Shinichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Kyoko Osaka and Hiroki Moriguchi : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 445-450, Benidorm, Sep. 2005.
7)Fuji Ren, Nobuo Nagano, David B. Bracewell, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Zhong Zhang and Chengqing Zong : Facial Feature based Expression Recognition for an Affective Interface, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 423-428, Benidorm, Sep. 2005.
8)Jiang Peilin, Hu Haiqing, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Improved Semantic Similarity Computation in Question-Answering System, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 429-433, Benidorm, Sep. 2005.
9)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Onishi, Kazuo Yoshizaki, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi : Short term prediction of Ht value using BPNN during LCAP, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 4560-4563, Shanghai, Sep. 2005.
10)Hiroshi Takebayashi, Loc X. Luu and Egashira Shinji : Characteristics of bed degradation predicted by two different exchange layer models, Gravel-River Conference Abstract books, Vol.6, 144-145, St. Jakob, Sep. 2005.
11)Shingo Kuroiwa, Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Distributed Speaker Recognition using Speaker-Dependent VQ Codebook and Earth Mover's Distance, Proc. of INTERSPEECH 2005, Lisbon, Sep. 2005.
12)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Frequency Characteristic Normalization Method using Blind Equalization Technique with Multiple References for DSR, Proceedings of 10th International Conference SPEECH and COMPUTER (SPECOM2005), Vol.1, 103-106, Patras, Greece, Oct. 2005.
13)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : A lost speech reconstruction method using linguistic information, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 126-130, Wuhan, Oct. 2005.
14)Jiajun Yan, David Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatically Determining Semantic Relations in Chinese Sentences, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 262-267, Wuhan, Oct. 2005.
15)David Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Multilingual Single Document Keyword Extraction for Information Retrieval, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 517-522, Wuhan, Oct. 2005.
16)Yu Zhang, Zhuoming Li, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Semi-automatic Emotion Recognition from Textual Input Based on the Constructed Emotion Thesaurus, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 571-576, Wuhan, Oct. 2005.
17)Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Isao Nagamine, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Rozzano Locsin and Yoichiro Takasaka : Estimating Emotion Changes Using Electroencephalographic Activities and its Clinical Application, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 830-834, Wuhan, Oct. 2005.
18)Shuang Xiao, Hua Xiang, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Conventional Expression Reading Support System for Japanese, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 232-237, Wuhan, Oct. 2005.
19)Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence Alignment using Hybrid Model, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 388-392, Wuhan, Oct. 2005.
20)Haiqing Hu, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Web-based Question Answering System for Restricted Domain Based of Integrating Method Using Semantic Information, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 529-534, Wuhan, Oct. 2005.
21)Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Information Processing Model based on a Mental State Transition Network, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 668-673, Wuhan, Oct. 2005.
22)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Data Collection for Investigating Speech Variability in a Specific Speaker Over Long and Short Time Periods, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 152-157, Wuhan, Oct. 2005.
23)Hiroshi Takebayashi, Loc X. Luu, Egashira Shinji, Tsukawaki Shinji, Sim Im, Sambath Touch and Sotham Sieng : Flow pattern and size distribution of bed material at Chaktomuk in Cambodia, International Symposium on Evaluation of Mechanisms Sustaining the Biodiversity in Lake Tonle Sap Abstracts, 51-54, Phnom Penh, Dec. 2005.
24)Yoji Mori, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Wind noise reduction method using the observed spectrum fine structure and estimated spectrum envelope, Proceedings of Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'06), 78-81, Honolulu, Mar. 2006.
25)E Harada, M Ogawa, Mahito Kamada and M Mitsuhasi : Mapping potential habitats of rare hygrophyte species for conservation planning in rural regions, Proceedings of the 2nd EAFES International Congress, Niigata, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)佐野 由季, 江頭 進治, 竹林 洋史, 伊藤 太祐 : 木津川下流域の砂州・植生域におけるウォッシュロードの挙動, 平成17年度関西支部年次学術講演会概要集, 2005年5月.
2)冨永 数男, 中野 晋 : 津波河川遡上に関する実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2005年5月.
3)冨永 数男, 中野 晋, 木村 剛士 : 津波河川遡上に関する実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 212-213, 2005年5月.
4)郡 佑毅, 村上 香奈, 山中 英生, 滑川 達 : 研修受講者を通じた米国コンセンサス·ビルディングの適用性に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 216-217, 2005年5月.
5)山中 英生, 塩飽 洋平, 西本 充希 : 道路空間再配分による社会実験の歩行者·自転車交通への影響分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 224-225, 2005年5月.
6)西本 充希, 山中 英生, 塩飽 洋平 : ビデオ·パトロール撮影を用いた駐輪時間の調査方法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 226-227, 2005年5月.
7)酒井 茂樹, 山中 英生, 桑原 ももこ, 兼本 広和 : 自歩道の路面性状に対する主体別体感評価の相違に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 248-249, 2005年5月.
8)多賀谷 宏三, 岡林 宏二郎, 中野 晋, 若江 直人 : 物部川河口砂州の閉塞要因に関する調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 98-99, 2005年5月.
9)吉田 忠司, 中野 晋, 藤田 真人 : 平成16年度の台風による吉野川河口域の地形変化, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 100-101, 2005年5月.
10)安井 勝志, 安藝 浩資, 中野 晋 : 防波堤建設による波浪場の変化とサンゴ生態への影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 102-103, 2005年5月.
11)藤田 真人, 中野 晋, 吉田 忠司 : 干潟底質の粒度変化とシオマネキの生息分布の関係, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 104-105, 2005年5月.
12)木村 剛士, 中野 晋, 冨永 数男 : 高知県菜生海岸高波災害における高潮の寄与について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 106-107, 2005年5月.
13)小野 悟, 中野 晋, 冨永 数男 : 徳島県における平成16年台風23号による高潮災害, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 108-109, 2005年5月.
14)安藝 浩資, 吉崎 仁美, 岸本 信和, 中野 晋 : 自然再生事業における環境教育の取り組みについての一報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.11, 412-413, 2005年5月.
15)鎌田 磨人 : 「学校ビオトープ」は何をめざすか, 加茂名南小学校教職員研修会, 2005年5月.
16)平井 直彦, 上月 康則, 田代 優秋, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 水田と水路間に設置した魚道に関する現地調査について, 第11回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.11, 134-135, 2005年5月.
17)福岡 泰斗, 鎌田 磨人 : 吉野川における2004年大出水は砂州上のシナダレスズメガヤの除去に有効だったか, 第49回日本生態学会中国・四国地区大会, 2005年5月.
18)久戸瀬 隆之, 赤松 伸祐, 布川 洋之, 森本 康滋, 鎌田 磨人 : 徳島市城山の特定植物(ホルトノキ)の存続可能性, 第49回日本生態学会中国・四国地区大会, 2005年5月.
19)関澤 純 : リスクアナリシスとは-リスク評価とリスク管理の接点で考える, 第14回環境化学討論会, 2005年6月.
20)鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 2005年6月.
21)滑川 達, 山中 英生 : 車いす·自転車の走行時体感からみた路面性状の評価方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.31, 2005年6月.
22)田村 英嗣, 山中 英生, 村橋 大輔 : 整備イメージ動画を含めた公共事業の両面情報の呈示順序が態度に及ぼす影響, 土木計画学研究·講演集, Vol.31, 2005年6月.
23)山中 英生, 河津 孝典, 三谷 哲雄 : 無信号交差点における一時停止支援ITS の警告アルゴリズムの研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.31, 2005年6月.
24)原田 悦子, 鎌田 磨人 : 草地卓越地域の景観構造の変化からみた土地利用者の意思決定要因の抽出, 第15回日本景観生態学会大会, 2005年6月.
25)関澤 純 : 安全はリスクの考え方をベースに身近な表示と訓練から, 2005年7月.
26)鎌田 磨人 : 徳島県における野生生物保護への取り組みと徳島大学, --- 研究と施策・事業と人との連関 ---, 第21回大学等環境安全協議会技術分科会, 2005年7月.
27)端野 道夫, 田村 隆雄 : 乱流輸送理論による樹冠遮断量に占める微細水滴量の分離·評価, 研究発表会要旨集, 260-261, 2005年8月.
28)橘 大樹, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 降雨·水位データから流量ハイドログラフを推定する方法について, 研究発表会要旨集, 196-197, 2005年8月.
29)鎌田 磨人 : 科学的で合理的・効率的な汽水域生態系のモニタリングシステム, --- フレームワークと方向性の提示 ---, 徳島大学環境防災研究センター・NPO法人徳島保全生物学研究会シンポジウム, 2005年8月.
30)鎌田 磨人 : 農作業によって守られる生き物の多様性, 第1回棚田の楽校, 2005年8月.
31)酒巻 和美, 田村 隆雄, 端野 道夫 : タンクモデルを基礎とした3つの溶質流出モデルの比較検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 105, 2005年9月.
32)高橋 純也, 田村 隆雄, 端野 道夫 : スギ林が降雨水質と流域物質収支に及ぼす影響に関する基礎的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 125, 2005年9月.
33)伊藤 太祐, 江頭 進治, 竹林 洋史, 圓山 貴久, 佐野 由季 : 木津川の河床変動と流砂形態に着目した土砂収支, 平成17年度土木学会年次学術講演会, 2005年9月.
34)長谷田 真千, 上月 康則, 白鳥 実, 島田 佳和, 村上 仁士 : ダムを有する中規模河川の水質および底生生物相について, 日本陸水学会第70回大会講演集, 2005年9月.
35)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 外来種カダヤシによるメダカへの影響と保全策に関する一考察, 第52回日本生態学会講演集, 2005年9月.
36)蘇 立, 山中 英生 : 教科書記述の中日比較からみた中国環境教育の浸透に関する分析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.60, 2005年9月.
37)田村 聡子, 滑川 達, 山中 英生, 澤田 俊明 : 市民参加型プロセスにおける関係者間ネットワークのモニタリング方法に関する基礎的研究, --- 小松島みなとまちづくりを対象とした社会ネットワーク分析 ---, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.60, 2005年9月.
38)関澤 純 : 環境・食品安全のリスクガバナンス, 2005年9月.
39)上月 康則, 藤澤 正一郎, 近藤 光男 : 大学院におけるプレゼンテーション評価の試み, 平成17年度工学·工業教育研究講演会講演論文集, 212-213, 2005年9月.
40)桐山 聰, 日下 一也, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 英 崇夫 : 学生自主プロジェクト活動実態に関する考察, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 200-201, 2005年9月.
41)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 長・短期間の話者内音声変動による音声認識率の変化抑制法に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 221-222, 2005年9月.
42)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : 血液浄化時におけるHt値予測精度向上, --- BPNN構造の検討 ---, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 224, 2005年9月.
43)関澤 純 : 内分泌撹乱化学物質による「低用量影響」の評価, フォーラム2005衛生薬学,環境トキシコロジーシンポジウム, 2005年10月.
44)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : 移動平均型ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測, 日本生体医工学会中四国支部大会, 2005年10月.
45)山中 英生, 藤堂 卓英, 松岡 宏典 : 車いす走行からみた自歩道の路面性状の評価について, 日本道路会議論文集, Vol.26, 2005年10月.
46)蘇 立, 山中 英生, 上月 康則 : 中国における中学校全教科環境教育の教科書記述に関する研究, --- 日中の比較分析を通して ---, 環境システム研究論文発表会講演集, Vol.33, 221-226, 2005年10月.
47)村上 香奈, 滑川 達, 山中 英生, 松浦 正浩, 喜多 順三, 田中 紀子 : 第三者による利害関係ヒアリングに基づく検討委員会の設立方法について, 第23回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, 115-118, 2005年10月.
48)福岡 泰斗, 鎌田 磨人 : 洪水によるシナダレスズメガヤの除去効果及びそれに対するヤナギ群落の阻害効果, 応用生態工学会第9回大会, 2005年10月.
49)関澤 純 : 有機化学物質のリスク評価とリスク管理, --- 有害化学物質のリスク評価と低減技術講演会 ---, 有害化学物質のリスク評価と低減技術講演会, 2005年11月.
50)大多和 広行, 関澤 純, 山本 裕史, 中野 武, 岡田 泰史, 平井 裕道, 山本 昇司 : 徳島大学内外の環境安全基盤構築のための化学物質曝露評価, 日本リスク研究学会第18回研究発表会講演論文集, 55-62, 2005年11月.
51)大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 河口域塩性湿地に生息する希少カニ類シオマネキの生息場所利用, 第43回日本甲殻類学会大会, 2005年11月.
52)山中 英生, 塩飽 洋平, 西本 充希 : 道路空間再配分を伴う交通社会実験の交通主体から見た効果, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, 2005年12月.
53)田中 紀子, 花岡 史恵, 澤田 俊明, 勝瀬 真理子, 滑川 達, 山中 英生 : 都市農村交流型ワーキングホリデイの特徴分析, --- 徳島県·上勝町ワーキングホリデイの事例から ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, 2005年12月.
54)田村 聡子, 滑川 達, 村上 香奈, 山中 英生, 澤田 俊明, 花岡 史恵 : 社会ネットワーク分析を用いた 市民参加型プロセスにおける関係者間ネットワークのモニタリング方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, 2005年12月.
55)郡 佑毅, 山中 英生, 滑川 達, 村上 香奈, 村橋 大輔 : 研修受講者を通じた米国コンセンサス·ビルディングの適用性に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, 2005年12月.
56)花岡 史恵, 澤田 俊明, 田中 紀子, 田村 聡子, 滑川 達, 山中 英生 : 小松島港みなとまちづくりにおける,まちづくり分野と教育分野の連携による Win&Win型ボランティア制度創設について, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, 2005年12月.
57)関澤 純 : 化学物質の環境リスク評価, 日本化学会主催リスクコミュニケーション講座, 2006年1月.
58)関澤 純 : 食品のリスクアナリシス-農薬を例として-, --- 食品に関するリスクコミュニケーション講演 ---, 中四国農政局主催, 2006年2月.
59)関澤 純 : 食のリスクを考える, 平成17年度学校保健安全研究協議会徳島県教育委員会主催, 2006年2月.
60)関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質の低用量影響リスクとは, 徳島医学会主催, 2006年2月.
61)関澤 純 : 食の安全とリスク分析, JA東京中央会・東京都生活協同組合連合会主催, 2006年3月.
62)鈴木 健史, 柳川 周徳, 齊藤 弘明, 高畠 亨, 宮入 伸一, 関澤 純 : AhRに高い親和性を有するインディルビンは生体内でもイサチンから生成する, 第126回日本薬学会, 2006年3月.
63)神田 裕子, 清水 綾子, 建川 一朗, 齊藤 弘明, 黄 基旭, 永沼 章, 高畠 亨, 宮入 伸一, 関澤 純 : インディルビン誘導体の生体作用:グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3βならびに細胞周期におよぼす影響およびAhR活性可能の検討, 第126回日本薬学会年会, 2006年3月.
64)新田 佳伯, 芥川 正武, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 大西 芳明, 大藤 純, 伊東 進, 西村 匡司, 木内 陽介 : 人工ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.13, 306, 2006年3月.
65)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者音声認識における精度変動要因の分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 157-158, 2006年3月.
66)遠藤 俊樹, 黒岩 眞吾, 清水 徹 : 雑音の統計的特徴量の主成分分析と重回帰分析に基づく音声認識性能予測, 日本音響学会 春季研究発表会, 145-146, 2006年3月.
67)角井 俊成, 山本 裕史, 吉川 麻奈美, 関澤 純 : 河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸の浄化能の評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
68)中村 雄大, 林 昭秀, 中村 友紀, 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 関澤 純, 平井 慈恵, 小田 重人, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 非ステロイド系抗炎症剤の環境動態と生態系影響評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
69)今利 哲也, 山本 裕史, 中村 友紀, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 平井 慈恵, 小田 重人, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 医薬品類の生態影響評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
70)中村 友紀, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 近藤 卓哉, 平井 慈恵, 鑪迫 典久 : 抗うつ剤の水棲生物に対する影響-pHの影響について, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
71)林 昭秀, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類の水環境中における挙動・分配(2), 水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
72)渡辺 美佳子, 山本 裕史, 中村 友紀, 関澤 純, 小塩 正朗, 平井 慈恵, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 防腐剤パラベン類の水環境動態と水棲生物に対する影響, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月.
73)小串 重治, 鎌田 磨人 : 自然再生を成功させる秘訣, --- 人的資源の分析と連結 ---, 第53回日本生態学会大会 公募シンポジウム, 2006年3月.
74)布川 洋之, 吉田 一夫, 原田 悦子, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : トンボ目の潜在的生息適地の広域的評価, 第53回日本生態学会大会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)竹林 洋史 : 流路の動態を利用した多様な水辺空間創り, 汽水域懇談会, Vol.63, 2005年4月.
2)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた変動するHt値の近未来予測, --- 1分後,3分後,5分後 ---, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 41-44, 2005年7月.
3)竹林 洋史 : 網状流路の数値シミュレーションと水辺空間づくりへの応用, 土木学会応用力学委員会四国地区応用力学セミナー, Vol.63, 2005年8月.
4)Hiroshi Takebayashi : Flow and channel deformation around Chaktomuk area in Cambodia, Invited lecture at Ho Chi Minh Institute of Technology, Sep. 2005.
5)Junko Minato, Bracewell B. David, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Automatically Identifying Emotion from Bilingual Text, 2005 Shikoku-section Joint Convention Record of The Institutes of Electrical and Related Engineers, 351, Sep. 2005.
6)竹林 洋史 : 岩を有する場における砂州の動態, 数理水理学の現状と展望, Vol.6, 2005年11月.
7)山中 英生 : 都市内交通の現場から 交差点の交通安全とITS,市民合意の形成について, 現代文化研究所 モビリティ研究会, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 特色ある大学教育支援プログラム 「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成15,16年度 報告書, 平成15,16年度 報告書, 徳島, 2005年4月.
2)黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚 : 分散型話者照合方式に関する研究, 平成14年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, Vol.14350204, 1-227, 2005年5月.
3)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.
4)山中 英生, 松浦 正浩, 山口 行一, 上野 俊司, 澤田 俊明, 花岡 史恵, 森本 恵美 : 四国の土木技術者における合意形成運営技能の評価方法に関する研究, 社団法人 土木学会四国支部 平成17年度研究調査報告書, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{70428}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第6章 6 不確実性と信頼性の評価 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月.
2)関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第7章 リスクの認知とコミュニケーション 健康リスク評価における用量ー反応評価 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月.
3)関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第6章 リスク評価の化学と方法 リスク評価に用いられるデータの信頼性,的確性,有用性の検討,評価プロセスの透明性と独立性 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月.
4)関澤 純 : リスク学事典増補改定版(日本リスク研究学会編), --- 第9章 1 食品安全とリスクアナリシスーBSE問題をきっかけに何が変わったか? ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月.
5)鎌田 磨人 : 「主張する森林施業論-22世紀を展望する森林管理」, --- 自然林再生のあり方 ---, 日本林業調査会, 東京, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Stemming to Improve Translation Lexicon Creation form Bitexts, Information Processing & Management, Vol.42, No.4, 1003-1016, 2006.
2)Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Recognition system of CCE for CSL Learners, Research in Computing Science, Vol.19, 49-61, 2006.
3)Yu Zhang, Zhuoming Li, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Preliminary Research of Chinese Emotion Classification Model, Research in Computing Science, Vol.19, 95-106, 2006.
4)Masahide Hojo, Norihito Kuroe and Tokuo Ohnishi : Fault Current Limiter by Series Connected Voltage Source Inverter, IEEJ Transactions on Industry Applications, Vol.126, No.4, 438-443, 2006.
5)Zhao Xin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Translation of Japanese Noun Compounds at Super-Function Based MT System, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.126, No.5, 645-653, 2006.
6)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Effects of Phoneme Type and Frequency on Distributed Speaker Identification and Verification, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.5, 1712-1719, 2006.
7)Masao Takei and Hideyuki Nakagawa : A sea urchin lectin, SUL-1, from the Toxopneustid sea urchin induces DC maturation from human monocytes and drives Th1 polarization in vitro, Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.213, No.1, 27-36, 2006.
8)Mathew C. Morley, Hiroshi Yamamoto, Gerald E. Jr Speitel and Jay Clausen : Dissolution kinetics of high explosives particles in a saturated sandy soil, Journal of Contaminant Hydrology, Vol.85, No.3-4, 141-158, 2006.
9)Hua Xiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Mind Model for an Affecitive Computer, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.6, No.6, 62-69, 2006.
10)Haiqing Hu, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A New Question Answering System for Chinese Restricted Domain, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.6, 1848-1859, 2006.
11)天羽 誠二, 中野 晋 : 数年規模の洪水・高潮の同時生起による大規模氾濫現象の解析, 河川技術論文集, Vol.12, 109-114, 2006年.
12)上月 康則, 三好 順也, 水口 裕之 : 貧酸素海域における環境修復材料としてのポーラスコンクリートの機能評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1415-1420, 2006年.
13)中野 晋, 安藝 浩資, 内田 紘臣, 岩瀬 文人, 川口 始, 吉崎 仁美 : サンゴを対象とした自然再生事業における普及啓発活動とその効果, 海洋開発論文集, Vol.22, 63-68, 2006年.
14)Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A CIE Extraction Syatem for CSL Learners, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.6, No.7A, 152-162, 2006.
15)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Dealing with Acronyms in Biomedical Texts, Engineering Letters, Vol.13, No.2, 216-224, 2006.
16)Shunji Mitsuyoshi, Fuji Ren, Yasuto Tanaka and Shingo Kuroiwa : Non-Verbal Voice Emotion Analysis System, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.2, No.4, 819-830, 2006.
17)関澤 純 : 食の情報とリスクを考える「食品安全のリスクアナリシスとは」, 保健の科学, Vol.48, No.5, 324-328, 2006年.
18)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Building Frames of Knowledge for Causal Agents in WordNet, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 1880-1885, 2006.
19)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Integrated System for Semantic Analysis of Chinese, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 1886-1891, 2006.
20)Dapeng Yin, Min Shao, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Rule-based Translation of Quantifiers for Chinese-Japanese Machine Translation, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2031-2036, 2006.
21)Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Validity of Metaphor in Emotion Recognizing Model, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2049-2055, 2006.
22)Liying MI, Xin Luo, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Rule and Super Function-based Machine Translation System for Chinese-Japanese Causative Sentences, WSEAS Transactions on Computers, Vol.5, No.9, 2122-2129, 2006.
23)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Text-Based English-Arabic Sentence Alignment, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 748-753, 2006.
24)Jiajun Yan, BRACEWELL B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Semantic Analyzer for Aiding Emotion Recognition in Chinese, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 893-901, 2006.
25)Dapeng Yin, Min Shao, Peilin Jiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Treatment of Quantifiers in Chinese-Japanese Machine Translation, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 930-935, 2006.
26)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Emotion Estimation System based on Emotion Occurrence Sentence Pattern, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4114, 902-911, 2006.
27)Hiroshi Takebayashi, Meng Chanvibol, Luu Xuan Loc, Shinji Egashira, Shinji Tsukawaki, Im Sim, Touch Sambath and Sieng Sotham : Size Distribution of Bed and Bank Materials along The Tonle Sap River in Cambodia, Proceedings of XVth Conference of Asia and Pacific division of the IAHR and International Symposium on Maritime Hydraulics, Vol.15, 291-298, 2006.
28)西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプ に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.72, No.720, 1984-1992, 2006年.
29)関澤 純 : 「環境ホルモン物質」の低用量影響を考える, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 113-119, 2006年.
30)竹林 洋史, 江頭 進治, 金 海生, 佐々木 忠志 : 洪水時における河口砂州上流域の水位変動特性, 応用力学論文集, Vol.9, 997-1006, 2006年.
31)Luu Xuan Loc, 江頭 進治, 竹林 洋史 : 交換層の新しい取り扱いに着目した砂礫の分級現象の数値解析, 応用力学論文集, Vol.9, 1025-1030, 2006年.
32)Hiroshi Takebayashi, Mitsuo Teraoka, Takeshi Okabe and Shinji Egashira : Effect of vegetation growth and unsteady characteristics of water supply on formative condition of mesoscale channel configuration, River Flow, Vol.4, 1087-1096, 2006.
33)Luu Xuan Loc, Shinji Egashira and Hiroshi Takebayashi : Study on river change and sediment transportation of Tan Chau reach in lower Mekong River, River Flow, Vol.4, 1319-1328, 2006.
34)Jun-ya Yamaguchi, Aimi Kanada, Kanna Horimoto, Tomohiro Oyama, Ken-ichi Chikutei, Yumiko Nishimura, Hiroshi Yamamoto, Shiro Ishida, Yasuo Oyama and Yoshiro Okano : Modification of vulnerability to dodecylbenzenesulfonate, an anionic surfactant, by calcium in rat thymocytes, Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.22, No.2, 234-239, 2006.
35)山中 英生, 田村 英嗣, 村橋 大輔 : 事業説明における整備イメージ動画を含めた画面情報の呈示順序が態度に及ぼす影響, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.1, 221-227, 2006年.
36)山中 英生, 滑川 達 : IRI指標を用いた自歩道における路面プロファイルの評価に関する研究, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.4, 1065-1071, 2006年.
37)山中 英生, 三谷 哲雄, 秀浦 光 : 無信号交差点一時停止支援ITSの警告判定アルゴリズムに関する分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.26, 177-180, 2006年.
38)滑川 達, 山中 英生, 大下 剛 : 自転車の速度抑制と通行区分誘導のための路面デバイスの開発, 交通工学研究発表会論文集, Vol.26, 221-224, 2006年.
39)村上 仁士, 上月 康則, 三好 順也, 野田 厳, 久本 忠則, 石本 健治, 伊藤 春樹, 北野 倫生, 山本 秀一 : 直立型海岸構造物を利用した浅場創出事業, 海岸工学論文集, Vol.53, 1221-1225, 2006年.
40)吉村 直孝, 上月 康則, 村上 仁士 : 潮間帯付着生物相による海域環境の定量評価指数の提案―大阪湾奥をケーススタディとして―, 海岸工学論文集, Vol.53, 1256-1260, 2006年.
41)三好 順也, 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 野田 厳, 岩村 俊平 : 港湾環境に及ぼす直立壁面の付着性二枚貝の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, 1116-1120, 2006年.
42)大谷 壮介, 上月 康則, 仲井 薫史, 石山 哲, 村上 仁士 : 干潟の底生微細藻類量の季節変動に及ぼすヤマトオサガニの摂餌圧の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, 1056-1060, 2006年.
43)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 天羽 誠二, 澤田 勉, 大谷 寛, 大奈 健, 村上 仁士 : 昭和南海地震体験者の証言に基づく徳島県内の震度再評価, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1326-1329, 2006年.
44)関澤 純 : 食品安全と健康, 都市問題研究, Vol.58, No.10, 33-44, 2006年.
45)周 葵, 近藤 光男, 和田 録樹 : 住民意識に基づく迷惑施設の配置に関する研究, --- 一般廃棄物処理施設を対象とした中国四川省成都市における事例分析 ---, 土木学会論文集, Vol.62, No.3, 324-333, 2006年.
46)宮本 大輔, 村上 仁士, 上月 康則, 久保 喬 : 瀬戸内海における津波挙動に及ぼす潮汐および入射波高,周期の影響, 海岸工学論文集, Vol.53, 261-265, 2006年.
47)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 植生の大気汚染ガス吸収量を指標とした市街化シミュレーション, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.1, 133-140, 2006年.
48)三神 厚, 中野 晋, 澤田 勉, 繁田 淳吾 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震を用いた四国地域における距離減衰式の適用性の検討, 21世紀の南海地震と防災, 63-70, 2006年.
49)中野 晋, 石丸 訓之, 岡本 誠一郎 : 物部川における河口閉塞の現状と河口部潮位変動, 海岸工学論文集, Vol.53, 601-605, 2006年.
50)藤田 真人, 中野 晋, 寺澤 直晃 : 四国全域におけるシオマネキの生息環境評価, 海岸工学論文集, Vol.53, 1126-1130, 2006年.
51)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 山本 博之, 木村 泰之, 浜 大吾郎 : 中学校における沿岸防災教育の実施とその有効性, 海岸工学論文集, Vol.53, 1316-1320, 2006年.
52)土江 憲弘, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : CVM を用いた鉄道駅施設のバリアフリー化に関する直接的利用価値とオプション価値の分析, 日本都市計画学会学術研究論文集, Vol.41, No.3, 37-42, 2006年.
53)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 岡部 健士, 浜 大吾郎 : 地域防災における学校防災教育の役割, 21世紀の南海地震と防災, Vol.1, 125-132, 2006年.
54)小川 宏樹, 黒崎 ひろみ, 井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 中野 晋, 村上 仁士 : 地震・津波災害時に大学の事業継続を担保する防災教育の提案, 安全問題研究論文集, Vol.1, 55-60, 2006年.
55)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Masahiko Kita and Fuji Ren : Evaluation of EMD-based Speaker Recognition using ISCSLP2006 Chinese Speaker Recognition Evaluation Corpus, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4274, 539-548, 2006.
56)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence Alignment using Feed Forward Neural Network, International Journal of Neural Systems, Vol.16, No.6, 423-434, 2006.
57)Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Extracting Chinese Idiomatic Expressions from Texts to Author Reading Support Systems for Learning Chinese as Second Language, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.5, No.1, 17-28, 2006.
58)Michio Hashino and Huaxia Yao : Minor changes of water conservation capacity in 50 years of forest growth: analysis with data from the Ananomiya Experimental Forest, Japan, IAHS Publication series (Red Books), No.308, 656-661, 2006.
59)西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプに関する研究(内部流れとラジアルスラスト), ターボ機械, Vol.34, No.12, 729-738, 2006年.
60)長﨑 浩紀, 渡辺 公次郎, 大貝 彰, ディビガルピティア プラサンナ, 近藤 光男 : 開発途上国における土地利用計画支援ツールの開発, GIS-理論と応用, Vol.14, No.2, 157-168, 2006年.
61)Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Eizi Takeda, Sinichi Miyairi, Yuki Nakamura, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands, Organohalogen Compounds, Vol.69, No.0-088, 369-372, 2007.
62)T Vermeire, WRJr Munns, Jun Sekizawa, G Suter and G der Kraak Van : An assessment of Integrated Risk Assessment, Human and Ecological Risk Assessment, Vol.13, No.2, 339-354, 2007.
63)蘇 立, 山中 英生, 上月 康則 : 日本および中国における環境教育の内容の変換に関する比較分析, --- 中学校における地理の学習指導要領と教科書記述を通して ---, 土木学会論文集, Vol.63, No.2, 102-111, 2007年.
64)黒岩 眞吾, 森 陽司, 高階 政吏, 柘植 覚, 任 福継 : スペクトルの微細構造を考慮した風雑音除去手法, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J90-A, No.1, 1-12, 2007年.
65)一宮 昌司, 安倍 智宏, 福富 純一郎, 近藤 正春 : 円管助走部境界層の単一突起による遷移, --- 定常乱流領域の発達過程 ---, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.725, 154-161, 2007年.
66)田村 隆雄, 端野 道夫, 末永 慶寛, 星川 豪 : 引田湾に隣接する森林流域からの物質流出機構と流出負荷量, 水工学論文集, Vol.51, 1165-1170, 2007年.
67)竹林 洋史, 江頭 進治 : 混合砂河床における交互砂州の変動特性, 水工学論文集, Vol.51, 1033-1038, 2007年.
68)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Mining News Sites to Create Special Domain News Collections, International Journal of Computational Intelligence, Vol.4, No.4, 56-63, 2007.
69)Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masahiro Murata, Susumu Ito, Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto and Masaji Nishimura : Influence of leukocytapheresis therapy for ulcerative colitis on anemia and hemodynamics., Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.11, No.1, 16-21, 2007.
70)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : 分散音声認識における実時間周波数特性正規化手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, 900-908, 2007年.
71)宇野 宏司, 中野 晋, 辻本 剛三, 柿木 哲哉 : 吉野川河口における河床変動要因の解析, 水工学論文集, Vol.51, 961-966, 2007年.
72)天羽 誠二, 中野 晋, 木村 剛士, 津川 茂 : ニューラルネットワークと数値解析による高潮現象のハイブリッドリアルタイム予測, 水工学論文集, Vol.51, 793-798, 2007年.
73)松本 和幸, 三品 賢一, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 感情生起事象文型パターンに基づいた会話文からの感情推定手法, 自然言語処理, Vol.14, No.3, 239-271, 2007年.
74)三神 厚, 神山 眞, 澤田 勉, 松田 敏和 : 自由地盤の強震観測に及ぼす地震計設置台座の影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 321-328, 2007年.
75)島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉 : 動的信頼性理論に基づく応答スペクトル適合地震動の一作成法, 構造工学論文集, Vol.53A, 313-320, 2007年.
76)森西 由記, 三神 厚, 澤田 勉 : トンネル中柱端部のフレキシビリティーが躯体の断面力分布に及ぼす影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 1169-1180, 2007年.
77)関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質による低用量影響の蓋然性, 日本リスク研究学会誌, Vol.17, No.1, 79-84, 2007年.
78)Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Model of Mental State Transition Network, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.127, No.3, 434-442, 2007.
79)井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 田井家『震潮記』にみる徳島県宍喰の地震・津波について∼1854年安政南海地震を対象に∼, 歴史地震, No.22, 85-94, 2007年.
80)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 岡部 健士, 村上 仁士 : 2006年度工学部新入生を対象とした防災教育の実施と防災意識調査, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 15-21, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山のこれから-城山ホルトノキ存続の危機, 徳島の自然, Vol.30, No.72, 1-3, 2006年.
2)森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 入札結果の推移状況から見た今後のモニタリング・ポイントに関する一考察, 第24回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, Vol.24, 57-60, 2006年.
3)森本 恵美, 山中 英生, 滑川 達 : 地域防災向上のための防災施策の優位順位, --- 徳島県吉野川市の試みから ---, 自然災害フォーラム論文集, 87-94, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)山中 英生, 滑川 達 : 我が国におけるコンセンサス・ビルディング手法の適用事例とその評価, PRI Review, No.20, 26-35, 2006年5月.
2)山本 裕史 : 水と健康, --- 身のまわりの水について ---, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3-4, 101-106, 2006年8月.
3)三神 厚, 澤田 勉, 神山 眞 : 強震計台座が自由地盤の強震観測に与える影響, 震度計の設置促進と震度データの利用高度化に関するシンポジウム, 4-12, 2007年3月.
4)蒋 景彩, 三神 厚, 岡部 健士, 中野 晋, 藤田 真人 : 2007年能登半島地震災害調査―建物被害・道路法面崩壊を中心に―, 南海地震研究 第3巻, Vol.3, 25-34, 2007年3月.
5)山中 英生 : NPOによる中立者を活用したコミュニケーションの展開, --- コンセンサス・ビルディングを導入した交差点交通安全検討会の事例から ---, 交通工学, Vol.42, No.2, 18-23, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Machine Learning Approach to Determine Semantic Dependency Structure in Chinese, Proceedings of the Nineteenth International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference, 782-786, Melbourne Beach, Florida, USA, May 2006.
2)Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition, Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006), Vol.1, 397-400, Toulouse, France, May 2006.
3)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : PHONEME BASED SPEAKER MODELING TO IMPROVE SPEAKER IDENTIFICATION, ICGST International Conference on Artificial Intelligence and Machine Learning, 7-10, Sharm El Sheikh, Egypt, Jun. 2006.
4)Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Adjustable Harmonic Mitigation for Grid-Connected Photovoltaic System Utilizing Surplus Capacity of Utility Interactive Inverter, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2006 Record (CD-ROM), 1734-1739, Cheju, Jun. 2006.
5)Rui Sato, Yasunori Kozuki, Minoru Shiratori, Yoshikazu Shimada, Kitta Ryuichi and Hitoshi Murakami : Effects of the water discharge on periphyton downstream of the dam, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka,Japan, Jun. 2006.
6)Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Predicting potentially unsuitable site for Sasa growing, the core for restoring endangered grassland plants, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
7)K Yamashita, K Kato, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Risk assessment of landslid occurrence in the region of monotonous cedar plantation for setting priority of nature restoration, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
8)Y Fukuoka, Mahito Kamada, H Takebayashi and T Okabe : Can flood control invasive grass, Eragrostis curvula, at gravel bar? -Lesson from the cases in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
9)E Harada, M Ogawa, K Yoshida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Classifying wetland habitat by predicted occurrence pattern of hygrophyte damselfly functional group, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
10)T Tsuzuki, Mahito Kamada and Highway Office of River and national Tokushima : Policy and measures against rapid invasion of weeping lovegrass in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
11)Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Operating Characteristics of a Loop Power Flow Controller by a Series-Connected Voltage Source Inverter, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2006, Vol.CD-ROM, No.PS1-PR1-14, YongPyong, Korea, Jul. 2006.
12)Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Kanako Yamaguchi, Tatsunori Ishida, Hitoshi Murakami, Junya Miyoshi, Daisuke Shibata and Yuki Miyachi : Seaweed Bed Reclamation Experiment using Vertical Seawall at Inner Part of Osaka Bay, PACON 2006, Vol.CST-7C, Yangon, Myanmar, Jul. 2006.
13)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata and Hitoshi Murakami : Relationship between biodiversity of macro benthos and physical habitat characters on a tidal flat, EMECS 7, CAEN, France, Jul. 2006.
14)Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Finding the target places for conservation and restoration of wetland in regional scale, The fourth Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Gwangju South Korea, Jul. 2006.
15)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Maximum Entropy Based Semantic Analysis of Chinese, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 416-419, Cork, Ireland, Aug. 2006.
16)Shuang Xiao, Hua Xiang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Idiomatic Expression Reading Support for Foreign Learners, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 184-188, Cork, Ireland, Aug. 2006.
17)Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic extraction of Super-Function from corpus and experimental evaluation, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 395-398, Cork, Ireland, Aug. 2006.
18)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Category Classification and Topic Discovery of News Articles, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 345-348, Cork, Ireland, Aug. 2006.
19)Junko Minato, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Statistical Analysis of a Japanese Emotion Corpus for Natural Language Processing, Lecture Notes in Computer Sciences, Vol.4114, 924-928, Germany, Aug. 2006.
20)BRACEWELL B. David, Junko Minato, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Determining the Emotion of News Articles, Lecture Notes in Computer Sciences, Vol.4114, 918-923, Germany, Aug. 2006.
21)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Machine Learning Approach to Determine Semantic Dependency Structure in Chinese, Proceedings of the Nineteenth International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference, 782-786, TL, USA, Aug. 2006.
22)Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : SEMI-AUTOMATIC EMOTION RECOGNITION FROM CHINESE TEXT, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 113-117, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
23)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi : Possibility of predicting Ht values during a plasma exchange therapy using back propagation neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1041-1044, Seoul, Aug. 2006.
24)Jun Sekizawa, Ueno Nobuko, Otsubo Hiroko and Tsuchida Syoji : A Comparative Study on Risk Perception/Communication in Food Safety between Japan and Western Countries, Society for Risk Analysis-Europe, 15th Annual Meeting, Ljubljana, Sep. 2006.
25)Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : An operating mode of voltage source inverter for fault current limitation, Proceedings of the International Universities Power Engineering Conference, Vol.CD-ROM, No.WPT8a, Newcastle upon Tyne, Sep. 2006.
26)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Lost Speech Reconstruction Method using Speech Recognition based on Missing Feature Theory and HMM-based Speech Synthesis, Proc. of INTERSPEECH 2006, 1105-1108, Pittsburgh, Sep. 2006.
27)Sunao Miyauchi and Junichiro Fukutomi : Optimization of Meridional Shape Design of Pump Impeller, Proceedings of the 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Yokohama, Oct. 2006.
28)Masahide Hojo, Kensuke Kaneda and Tokuo Ohnishi : A Harmonic Mitigation Method by Utilization of Inverters for Distributed Generation System, Proceedings of the Renewable Energy 2006, Vol.CD-ROM, No.P-N-16, Chiba, Oct. 2006.
29)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Machine Transliteration, The Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 370-373, Wuhan, China, Nov. 2006.
30)Lei Yu, Mengge Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Chinese Automatic Text Summarization system for mobile devices, The Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 426-429, Wuhan, China, Nov. 2006.
31)Nakamura Yuki, Hiroshi Yamamoto, Jun Sekizawa, Kondo Takuya, Hirai Narisato and Tatarazako Norihisa : Accumulation and acute toxicity of fluoxetine for Japanese medaka (Oryzias latipes) in several pH conditions, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 27th Annual Meeting, Montreal, Nov. 2006.
32)Mikako Watanabe, Hiroshi Yamamoto, Yuki Nakamura, Jun Sekizawa, Naoyuki Yamashita, Narisato Hirai, Shigeto Oda and Norihisa Tatarazako : Preliminary environmental risk assessment of butylparaben and benzylparaben, --- fate in the aquatic environment and effects on aquatic organisms ---, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 27th Annual Meeting, Montreal, Nov. 2006.
33)Shingo Kuroiwa, Youji Mori, Satoru Tsuge, Masashi Takashina and Fuji Ren : Wind noise reduction method for speech recording using multiple noise templates and observed spectrum fine structure, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1567-1571, Guilin, China, Nov. 2006.
34)Masashi Takashina, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Speech bandwidth extension method using speech recognition and speech synthesis, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1273-1276, Guilin, China, Nov. 2006.
35)Takahiro Kuroda, Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : The Construction of The Facial Expression Video Database, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1265-1268, Guilin, China, Nov. 2006.
36)Takanori Hirai, Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Abdel Mohamed : A speech emphasis method for noise-robust speech recognition by using repetitive phrase, ICCT International Conference on Communication Technology (ICCT-06), 1269-1272, Guilin, China, Nov. 2006.
37)Taichi Yamada, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Classification of Facemarks Using Statistics of Characters, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 2-9, Tokushima, Nov. 2006.
38)David B. Bracewell, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Information Retrieval Library for Japanese and English News Articles, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 47-58, Tokushima, Nov. 2006.
39)Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Preliminary Research of Chinese Emotion Classification Model, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 59-69, Tokushima, Nov. 2006.
40)Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Different Approaches for Bilingual Sentence Alignment, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 70-80, Tokushima, Nov. 2006.
41)Lei Yu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Study on Automatic Text Summarization and News Collection, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 81-88, Tokushima, Nov. 2006.
42)Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Evaluation of Super-Function based Japanese-English Machine translation, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 89-99, Tokushima, Nov. 2006.
43)Jiajun Yan, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Semantic Dependency Analysis and its Applications, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 100-109, Tokushima, Nov. 2006.
44)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Estimation Method for Emotion Interface, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 128-137, Tokushima, Nov. 2006.
45)Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Picture Processing in Expression Recognition, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 147-157, Tokushima, Nov. 2006.
46)Tomohiro Yagi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speech Recognition for the Kanji Last Name Candidates Using Clarifying Information, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 158-165, Tokushima, Nov. 2006.
47)Mayu Ymamoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Study on Automatic Emotion Tagging in Text Corpus, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 183-191, Tokushima, Nov. 2006.
48)Kenichi Mishina, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Similarity Calculation Using Dialog Sentence Corpora, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 166-174, Tokushima, Nov. 2006.
49)Taichi Yamada, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Classification of Facemarks Using Statistics of Characters, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 175-182, Tokushima, Nov. 2006.
50)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Rozzano De Castro Locsin, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Measurement of the "emotional sensitivity" and "emotion at moment" using Power Map Analysis and Emotion Spectrum Analysis Method, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 121-129, Tokushima, Nov. 2006.
51)Tomonori TAKATA, Akio Kondo, Yoshinobu Hirose and Akiko KONDO : Effect of Improvement of Expressway Bus Service on Reduction of CO2 Emission, Proceedings of the 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, no.529, Hong Kong, Dec. 2006.
52)Akiko KONDO and Akio Kondo : Influence of Development of Transportation Facilities on Interaction Between Regions in Japan, Proceedings of the 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, 793-802, Hong Kong, Dec. 2006.
53)Satoru Tsuge, Minoru Fukumi, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Study of Relationships Between Intra-Speaker's Speech Variability and Speech Recognition Performance, 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 41-44, Tottori, Japan, Dec. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)和久田 敦志, 岡部 健士, 竹林 洋史 : PIV解析とPTV解析による吉野川表面流速の計測, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
2)篠崎 裕輔, 竹林 洋史, 岡部 健士 : 河床面下に非浸食域を有する場の砂州の形状特性, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
3)夏見 祐介, 竹林 洋史, 岡部 健士, 喜多 宏子 : 植生密生度の時空間分布を考慮した平面二次元流れの数値解析, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
4)林 直哉, 岡部 健士, 竹林 洋史 : 落差工のスリット化により形成された流路の安定性, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
5)北大宅 俊明, 竹林 洋史, 岡部 健士, 竹田 一貴 : 流れの非定常性と植生繁茂が蛇行流路形状に及ぼす影響, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
6)蓮花 太平, 江頭 進治, 竹林 洋史, 圓山 貴久, 佐野 由季 : 木津川の砂州・植生域における流砂・河床変動の解析, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演会, 2006年5月.
7)関澤 純 : 食品安全における効果的なコミュニケーションとは, 平成18年食品安全行政講習会, 2006年5月.
8)秀浦 光, 三谷 哲雄, 入谷 忠光, 山中 英生 : 地区内一時停止交差点の進入挙動分析と一時停止ITSの開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 264-265, 2006年5月.
9)滑川 達, 村上 香奈, 山中 英生, 喜多 順三, 本田 肇 : 第三者による委員会設立・運営方法について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 266-267, 2006年5月.
10)大下 剛, 塩飽 洋平, 滑川 達, 山中 英生 : 自転車ハンプに対する自転車と車いすの体感評価分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 268-269, 2006年5月.
11)森本 恵美, 上月 康則, 山中 英生, 滑川 達 : 防災ゲームを用いた行政職員の行動原理分析, --- 徳島県由岐町「被災後の対応を考えるWS」 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 310-311, 2006年5月.
12)冨永 数男, 中野 晋 : 海岸堤防に作用する津波波力に関する実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 154-155, 2006年5月.
13)穴水 秀樹, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 吉野川池田・岩津間流域への分布型流出モデルの適用と洪水伝播特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 168-169, 2006年5月.
14)星川 豪, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 馬宿川流域における溶質流出特性について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 426-427, 2006年5月.
15)安藝 浩資, 吉崎 仁美, 岸本 信和, 中野 晋 : 自然再生事業における環境教育の取り組みについての一報告(第2報), 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 470-471, 2006年5月.
16)黒崎 ひろみ, 山本 博之, 木村 泰之, 中野 晋 : 中学生を対象とした防災教育の現状と有効的手法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 468-469, 2006年5月.
17)藤田 真人, 中野 晋, 寺澤 直晃 : 四国におけるシオマネキ属の生息環境特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 450-451, 2006年5月.
18)安井 勝志, 安藝 浩資, 岡田 直也, 中野 晋 : 半閉鎖性水域における流れ場と浮遊土砂に関する一報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 134-135, 2006年5月.
19)中野 晋, 木村 剛士, 天羽 誠二, 白川 卓磨 : 小鳴門海峡周辺における潮位特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 136-137, 2006年5月.
20)中野 晋, 石丸 訓之, 岡本 誠一郎 : 物部川河口での岸沖漂砂と河口閉塞, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 164-165, 2006年5月.
21)上月 康則, 村上 仁士, 大森 稔寛, 小倉 貴文, 笹田 純司, 野田 厳 : 内湾の環境修復材料としての各スラグの物性評価実験, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 434-435, 2006年5月.
22)上月 康則, 大谷 壮介, 石山 哲, 村上 仁士 : 干潟底生微細藻類からヤマトオサガニへの転換効率について, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 458-459, 2006年5月.
23)上月 康則, 村上 仁士, 三好 順也, 柴田 大介, 石田 達憲, 野田 厳 : 秋冬期における海岸構造物周辺に生息する肉食性巻貝二種の摂餌,成長量, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 460-461, 2006年5月.
24)鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山と眉山のこれから, --- 城山ホルトノキ存続の危機,そして眉山の林相変化と竹林の拡大 ---, 徳島県自然保護協会公開講演会, 2006年5月.
25)赤松 伸祐, 鎌田 磨人 : 勝浦川河口干潟におけるカニ類の立地選好性抽出および潜在的生息域図の作成, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, 2006年5月.
26)内八重 智史, 鎌田 磨人 : 徳島県勝浦川河口域の干潟における塩生湿地植物群落の潜在的ハビタット抽出, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, 2006年5月.
27)関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質による低用量影響の蓋然性, 日本リスク研究学会春期シンポジウム, 2006年6月.
28)山本 裕史 : PPCPs問題の国内外における最新動向, --- 環境中動態を中心とした生態リスク初期評価について ---, 第15回環境化学討論会ナイトミーティング, 2006年6月.
29)鎌田 磨人 : 高丸山の森づくり楽習1, 「高丸山千年の森」の森づくり, 2006年6月.
30)鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 阿南工業高等専門学校, 2006年6月.
31)中野 晋, 安藝 浩資, 川口 始, 内田 紘臣 : エダミドリイシの再生をめざして, --- わしずみ王のくに自然再生プロジェクト ---, 日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集, Vol.19, 116-119, 2006年6月.
32)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 大奈 健, 川田 一昭 : 徳島県南部における昭和南海地震体験者ヒアリング調査, 日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集, Vol.19, 262-265, 2006年6月.
33)山中 英生, 滑川 達, 大下 剛 : 速度抑制と通行区分誘導を目的とした自転車用ハンプの開発, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
34)山中 英生, 秀浦 光, 三谷 哲雄 : 多様なドライバー特性を考慮した一時停止支援ITSの警告アルゴリズム, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
35)有住 正人, 山中 英生, 三谷 哲雄, 大門 樹, 牧野 浩志 : 無信号交差点のヒヤリハット分析による出合い頭事故要因の検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
36)滑川 達, 山中 英生, 松浦 正浩, 本田 肇 : コンセンサス・ビルディング手法による検討委員会設立・運営方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
37)関澤 純 : 食の安全とリスク, 愛媛県医師会南予地区協議会講演会, 2006年7月.
38)鎌田 磨人 : 徳島県南部域の自然環境の保全と修復に向けて, 「みなみから届ける環づくり会議」特別講演, 2006年7月.
39)藤澤 正一郎, 木戸口 善行, 上月 康則, 松尾 繁樹, 渡辺 公次郎, 三輪 惠 : 修了生アンケートから観たエコシステム工学専攻の大学院教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 546-547, 2006年7月.
40)鶏内 敏幸, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 二段昇圧チョッパ回路を用いた太陽電池出力制御の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.19, 229-230, 2006年8月.
41)大西 徳生, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導電動機のセンサレス電流ベクトル制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.27, 255-256, 2006年8月.
42)小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.44, 319-320, 2006年8月.
43)志摩 悠介, 大西 徳生, 北條 昌秀, 岩田 明彦 : 組み合わせ制御方式マルチレベルインバータの波形改善, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.45, 321-322, 2006年8月.
44)山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス制御三相PWMコンバータ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.4, 2006年8月.
45)石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.5, 2006年8月.
46)森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電流検出電圧波形改善三相アクティブフィルタの制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 339-340, 2006年8月.
47)安部 了祐, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 瞬低補償の可能なUPFCによる限流器の基礎検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.52, 349-350, 2006年8月.
48)山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレス制御永久磁石同期電動機の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.68, 407-410, 2006年8月.
49)藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータを用いた交流安定化電源の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.111, 549-550, 2006年8月.
50)田村 隆雄, 端野 道夫, 星川 豪, 酒巻 和美 : 1回の降雨イベントが長期的な渓流水質形成に及ぼす影響に関する考察, 研究発表会要旨集, 266-267, 2006年8月.
51)北岡 教英, 西浦 敬信, 中山 雅人, 藤本 雅清, 山田 武志, 滝口 哲也, 山本 一公, 宮島 千代美, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 武田 一哉, 中村 哲 : 雑音下音声区間検出手法評価基盤の構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 103-104, 2006年9月.
52)柘植 覚, 小澤 光広, 獅々堀 正幹, 福見 稔, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者長期間音声データベースの構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 277-278, 2006年9月.
53)竹林 洋史, 岡部 健士, 篠崎 裕輔 : 岩や粘着性土層を有する場の砂州の形状特性, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
54)竹林 洋史, 岡部 健士, 夏見 祐介 : 植生密生度の時空間分布を考慮した平面二次元河床変動解析, 日本流体力学会年会, 2006年9月.
55)圓山 貴久, 江頭 進治, 竹林 洋史 : 木津川における砂洲・植生域の流れと流砂特性, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
56)井手 俊, 江頭 進治, 竹林 洋史, Luu Xuan Loc : トンレサップ川における流砂・河床変動に関する研究, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
57)関澤 純 : 食品安全におけるコミュニケーションとは, 平成18年JA徳島講演会, 2006年9月.
58)光吉 俊二, 田中 靖人, 柴崎 晃一, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 韻律情報に基づく自然感情の認識システムによる脳情動研究, Brain Communication研究会, 33-43, 2006年9月.
59)村田 真一, 鵤 心治, 大貝 彰, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞, 小林 剛士 : 地方都市の郊外スプロール地域における広域避難シミュレーション, --- その1: システム概要と実証実験概要 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 489-490, 2006年9月.
60)渡辺 公次郎 : 開発途上国における市街化を考慮した土地利用計画支援ツールの開発, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 821-822, 2006年9月.
61)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 阿部 陽介 : WebGIS基盤の防災まちづくりワークショップ支援システムの有用性検証, --- その2: 実証実験内容とその結果の分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 793-794, 2006年9月.
62)阿部 陽介, 大貝 彰, 鵤 心治, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : WebGIS基盤の防災まちづくりワークショップ支援システムの有用性検証, --- その1: システム概要と実証実験概要 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 791-792, 2006年9月.
63)山田 直司, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽光発電システムの出力に応じた配電系統の電圧歪み抑制法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.48, No.457, 23-24, 2006年9月.
64)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 電圧形インバータを用いた高調波補償機能付き限流器の基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.48, No.458, 25-26, 2006年9月.
65)北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 佐伯 修, 鵜飼 裕之 : 同期位相計測に基づく位相差と電力潮流の関係についての検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.44, No.421, 5-6, 2006年9月.
66)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 電圧上昇抑制を目的とした太陽光発電系統連系インバータによる無効電力補償法の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.35, No.355, 13-14, 2006年9月.
67)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 大谷 寛, 大奈 健, 川田 一昭, 村上 仁士 : 体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とその性別や年齢による違い, 第23回歴史地震研究発表会要旨集, 2, 2006年9月.
68)鎌田 磨人 : 徳島県の生態系を効率的に保全・修復するために, 平成18年度地盤と環境に関するシンポジウム特別講演, 2006年9月.
69)井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 田井家「震潮記」にみる徳島県宍喰の地震・津波について, 歴史地震, No.23, 17, 2006年9月.
70)山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレス制御永久磁石同期電動機の低速駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.5, 33, 2006年9月.
71)石内 宏樹, 大西 徳生, 北條 昌秀, 木内 光幸 : 永久磁石同期電動機のセンサレスV/f制御システムの振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.6, 34, 2006年9月.
72)小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.7, 41, 2006年9月.
73)志摩 悠介, 大西 徳生, 北條 昌秀, 岩田 明彦 : マルチレベルインバータの波形改善実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 42, 2006年9月.
74)安部 了祐, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 瞬低補償時におけるUPFCの動作特性に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 43, 2006年9月.
75)藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータを用いた三相交流安定化電源, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 44, 2006年9月.
76)森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 負荷端子電圧微分補償三相アクティブフィルタの実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 45, 2006年9月.
77)鶏内 敏幸, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 二段双方向チョッパ充放電制御装置を用いた電力脈動抑制制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 46, 2006年9月.
78)大西 徳生, 北條 昌秀 : 三相インバータモジュールを用いた単相-単相電力変換制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 47, 2006年9月.
79)石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置の基本特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 48, 2006年9月.
80)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 基礎実験に基づく電圧形インバータを用いた高調波補償機能付き限流器の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 49, 2006年9月.
81)山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス制御三相PWMインバータ制御自律分散電源システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 50, 2006年9月.
82)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 太陽光発電系統連系インバータの無効電力補償分担法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 51, 2006年9月.
83)山田 直司, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 複数台接続の太陽光発電システムによる配電系統電圧歪み抑制法に関する基礎検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.18, 52, 2006年9月.
84)北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 広域連系系統における周波数と位相差についての実測に基づく検討, 電気関係学会東海支部連合大会講演論文集, Vol.S3, No.4, 2006年9月.
85)布川 洋之, 吉田 一夫, 鎌田 磨人, 三橋 弘宗 : トンボ目の潜在生息適地図を用いた保全・再生適地の抽出, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
86)天野 秀紀, 坂本 浩司, 竹村 紫苑, 藤本 茂樹, 庄武 憲子, 鎌田 磨人 : 河童を通してみる水辺空間, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
87)勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 自然林再生に向けた地域住民の新しい取り組み, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
88)関澤 純 : 食の安全と健康, 2006年後期徳島大学公開講座,「LOHASな徳島」入門講座, 2006年10月.
89)関澤 純 : 健康・栄養食品とリスクアナリシスの考え方, 2006年度栄養情報担当者研修会, 2006年10月.
90)野澤 征司, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 津波避難シミュレーションモデルの開発, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.15, 483-486, 2006年10月.
91)池田 寛之, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 土地利用の変化に伴う植生の大気汚染ガス吸収量の分析, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.15, 475-478, 2006年10月.
92)山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 林 昭秀, 中村 友紀, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中動態に関する実験的検討, 第18回環境システム計測制御学会(EICA)発表会, 2006年10月.
93)勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 地域住民による自然林再生事業への継続的取り組みに向けた指定管理者制度の活用, 第15回渓畔林研究会, 2006年10月.
94)関澤 純 : 食の安全と安心を考える, 平成18年度徳島婦人団体連合会活動発表大会, 2006年11月.
95)関澤 純 : 21世紀社会の新たな課題・リスクコミュニケーション, 徳島県自治研修2006年危機管理講座, 2006年11月.
96)関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション手段としてのQ&Qサービスのあり方, 日本リスク研究学会 2006年度第19回研究発表会講演論文集, 451-456, 2006年11月.
97)関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション, 日本食品化学会第19回食品化学シンポジウム, 2006年11月.
98)中野 晋 : 河口干潟の底質粒度構成と潮汐作用, 土の堆積環境と形成された地盤の工学的特性との関連性に関するワークショップ, 2006年11月.
99)鎌田 磨人 : 景観生態学を生態系保全に有効なツールとするために, --- 研究と政策の連関 ---, 景観セミナー, 2006年11月.
100)三好 祐介, 近藤 光男, 近藤 明子 : 消費者行動を考慮したデポジット施策の効果分析, 第17回廃棄物学会研究発表会講演集, A-3-3, 2006年11月.
101)関澤 純 : 健康・栄養食品とリスクアナリシスの考え方, 2006年度栄養情報担当者研修会, 2006年12月.
102)関澤 純 : 食の安全と安心, 徳島市消費生活センター「暮らしの講座」, 2006年12月.
103)栗山 智嗣, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 歩行空間のバリア評価モデルの提案と視覚障害の疑似体験データに基づく分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 335, 2006年12月.
104)丁 育華, 近藤 光男, 高田 知徳 : 消費者の買物行動における価値意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 313, 2006年12月.
105)萬浪 善彦, 近藤 光男, 近藤 明子 : 地域間交流モデルの構築に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 243, 2006年12月.
106)森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 入札結果の推移状況から見た今後のモニタリング・ポイントに関する一考察, 第24回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, Vol.24, 57-60, 2006年12月.
107)三谷 哲雄, 山中 英生 : 無信号交差点における一時停止支援システム警告判定法の開発, 第5回ITSシンポジウム2006, Vol.5, 391-398, 2006年12月.
108)花岡 史恵, 澤田 俊明, 田中 紀子, 滑川 達, 山中 英生 : 地域再生に根ざした里山アートプロジェクトの効果, --- 上勝アートプロジェクトの展開に向けて ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 2006年12月.
109)田中 紀子, 花岡 史恵, 澤田 俊明, 滑川 達, 山中 英生 : 地域再生に向けた都市農村交流型ワーキングホリデイの展開と課題, --- 徳島県・上勝町ワーキングホリデイの事例から ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 2006年12月.
110)丁 育華, 近藤 光男, 余田 翔平 : 地方圏における高齢者の買物行動の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.Vol.36, 84, 2007年.
111)関澤 純 : 食品安全のリスク評価とリスクコミュニケーション, 徳島県公衆衛生獣医師協議会研修会, 2007年1月.
112)鎌田 磨人 : 「フォーラム 大潟干潟を守るためには-徳島県希少野生生物保護条例の活用をめざして」, なぜ生物の多様性を守らなければならないのか.徳島県希少野生生物保護条例啓発事業, 2007年1月.
113)鎌田 磨人 : 徳島県立高丸山千年の森セミナー「住民参加による森づくり」・「自然林の再生」とは-「高丸山千年の森」における取り組みから」, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 徳島県立高丸山千年の森づくり, 2007年1月.
114)佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : シックハウス防止対策住宅の需要と経済的施策の評価に関する研究, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.52, No.1, 55-56, 2007年2月.
115)関澤 純 : 食の安全と安心をどう進めるか, 徳島県食品衛生指導員大会, 2007年2月.
116)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
117)武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングを有するクロスフロー風車の研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
118)西澤 孝平, 福富 純一郎, 重光 亨 : 遠心送風機ケーシング内の流動状態に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
119)河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の加硫成型に関する流動解析, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
120)安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
121)関澤 純 : 食の安全と安心を考える徳島地域健康, 医療産業ネットワークフォラム, 2007年3月.
122)森紗 綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 板東 伸益, 竹田 友架, 上月 康則 : 尼崎運河における水質の日変動特性について, 第42回日本水環境学会年会講演集, 35, 2007年3月.
123)高階 政吏, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 音声認識を用いた帯域制限音声の広帯域化手法, 日本音響学会 春季研究発表会, 297-298, 2007年3月.
124)松田 繁樹, 黒岩 眞吾, 中村 哲 : 時間微分特徴量を持つ音声GMM を用いた雑音抑圧手法の検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 143-144, 2007年3月.
125)喜多 雅彦, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 多数の話者モデル内での順位情報を用いた話者照合, 日本音響学会 春季研究発表会, 161-162, 2007年3月.
126)柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
127)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 長期インターンシップによる産学連携教育の試み, 平成18年度全学FD徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 2007年3月.
128)山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : PMモータのセンサレス低速高トルク駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.122, 194, 2007年3月.
129)石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置の実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.88, 137, 2007年3月.
130)山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレスインバータ制御自律分散電源システムの制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.001, 1, 2007年3月.
131)山本 裕史 : 顕在化する医薬品等由来化学物質汚染のリスク評価, 第41回日本水環境学会年会併設全環研協議会研究集会, 2007年3月.
132)太田 美菜子, 田村 生弥, 山本 裕史, 関澤 純 : 徳島市近郊6河川における生物膜による自浄作用の実験的比較・検討, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
133)田村 生弥, 太田 美菜子, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 山田 登志夫 : 生態系支援コンクリートに付着する河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化能の評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
134)森口 茂美, 中村 雄大, 林 昭秀, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類の水環境中挙動・分配に対する物理化学的性質の影響, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
135)木谷 智世, 今利 哲也, 山本 裕史, 中村 雄大, 中村 友紀, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 水棲生物3種の慢性影響を考慮した医薬品類8種の生態リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
136)石内 宏樹, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレスV/f 振動抑制制御PM モータの駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.133, 214, 2007年3月.
137)森本 恵美, 山中 英生, 滑川 達 : 地域防災向上のための防災施策の優位順位, --- 徳島県吉野川市の試みから ---, 自然災害フォーラム論文集, 87-94, 2007年3月.
138)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系三相インバータ, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.76, 115, 2007年3月.
139)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電流検出による電圧形インバータ方式限流器の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.054, 91, 2007年3月.
140)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 一日を通した太陽光発電システムによる配電線電圧制御の効果, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.062, 104, 2007年3月.
141)北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 同期位相計測に基づく負荷変動を考慮した地点間位相差の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.204, 345, 2007年3月.
142)大西 徳生, 小西 勝久, 北條 昌秀 : 誘導発電機を用いたセンサレスインバータ制御可変速風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.7, No.023, 33, 2007年3月.
143)中村 雄大, 中村 友紀, 森口 茂美, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中動態と環境負荷の評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
144)渡辺 美佳子, 山本 裕史, 中村 雄大, 中村 友紀, 関澤 純, 木谷 智世, 山下 尚之, 小塩 正朗, 平井 慈恵, 鑪迫 典久 : ブチルパラベンとベンジルパラベンの生態・環境リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
145)中村 友紀, 山本 裕史, 中村 雄大, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 森口 茂美, 木谷 智世, 山下 尚之, 鑪迫 典久 : 医薬品類8種の水環境中動態を考慮した生態・環境リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月.
146)楊 曄, 松本 和幸, 劉 松, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 語用情報に基づく『論語』の質問応答システムに関する研究, 言語処理学会第13回年次大会, 1010-1013, 2007年3月.
147)内八重 智史, 鎌田 磨人 : 洪水撹乱後の那賀川河口砂州における塩生湿地植物の再侵入, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.
148)高見 雄太, 原田 悦子, 中村 俊之, 鎌田 磨人 : 湿性絶滅危惧植物のホットスポットとしてのハス田, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.
149)原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県における湿性絶滅危惧植物の潜在的生育域類型と環境特性, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)竹林 洋史 : 土砂移動によるハビタットへの攪乱の頻度と流路・河床形状の関係, 第1回ハビタットロジー研究会, 2006年6月.
2)鎌田 磨人 : とくしま環境学講座 「徳島の環境 大丈夫!? 第4回」, 徳島に住む仲間たち1.ふるさとの生態系と野生生物の生息・生育空間.徳島大学 大学開放実践センター公開講座, 2006年6月.
3)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 多数の太陽光発電系統連系インバータの無効電力補償による電圧上昇抑制法, 電気学会研究会資料, Vol.PE-06(PSE-06), No.103(103), 35-40, 2006年8月.
4)竹林 洋史 : 洪水によるシナダレスズメガヤの掃流及びヤナギ群落によるシナダレスズメガヤの掃流抑制効果, 穂高研究会, 2006年9月.
5)竹林 洋史 : 植生の動的管理のための平面二次元河床変動解析, 国土交通省・徳島大学技術懇談会, 2006年9月.
6)北岡 教英, 山田 武志, 柘植 覚, 宮島 千代美, 西浦 敬信, 中山 雅人, 傳田 遊亀, 藤本 雅清, 山本 一公, 滝口 哲也, 黒岩 眞吾, 武田 一哉, 中村 哲 : CENSREC-1-C:雑音下音声区間検出評価基盤の構築, 情報処理学会 第63回 音声言語情報処理研究会, Vol.SLP-63, 1-6, 2006年10月.
7)大西 徳生, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導電動機の速度センサレス汎用ベクトル制御, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-06(IEA-06), No.150(45), 21-26, 2006年11月.
8)小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.10, 57-61, 2007年1月.
9)藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータ制御小型交流安定化電源, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.23, 13-17, 2007年1月.
10)森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電流検出方式三相アクティブフィルタの制御特性, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.26, 31-36, 2007年1月.
11)山本 裕史 : 微量有機汚染化学物質の水環境中動態分析の最新動向, --- EDCsからPPCPsへ ---, 第11回徳島地区分析技術セミナー-分析技術の最新の動向-, 2007年2月.
12)山本 裕史 : 環境科学研究者の視点から見た医薬品類による環境汚染, 平成18年度徳島県保健環境センター年次研修会, 2007年3月.
13)山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス三相PWMインバータ制御自律分散電源システム, 電気学会研究会資料, Vol.PE(PSE, SPC)-07, No.14(29,54), 45-50, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究 平成18年度研究実績報告書, 1-111, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{70428}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)住友 恒, 村上 仁士, 伊藤 禎彦, 上月 康則, 西村 文武, 橋本 温, 藤原 拓, 山崎 慎一, 山本 裕史 : 新版 環境工学 -持続可能な社会とその創造のために-, 理工図書, 東京, 2007年4月.
2)関澤 純 : 健康・栄養食品アドバイザリースタッフテキストブック・栄養研究所監修, --- 食品安全のリスクアナリシス国立健康 ---, 第一出版, 東京, 2007年5月.
3)関澤 純 : 機能性食品の安全性ガイドブック (津志田・梅垣・井上・村上編著 ), --- 第4章 機能性食品のリスクコミュニケーション ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2007年5月.
4)Fuji Ren, Yixin Zhong, Shingo Kuroiwa and Satoru Tsuge : Artificial Intelligence and Affective Computing, International Advanced Information Institute, Jun. 2007.
5)福富 純一郎, : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
6)関澤 純 : 病気予防百科 (渡邊昌,和田攻監修), --- 安全と安心のためのリスクコミュニケーション ---, (株)日本医療企画, 東京, 2007年10月.
7)西村 昭彦, 三神 厚 : 基礎と地盤の動的相互作用を考慮した耐震設計ガイドライン(案), 日本地震工学会, 2007年10月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Fattah Abdel Mohamed, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence alignment using P-NNT and GMM, Computer Speech & Language, Vol.21, No.4, 594-608, 2007.
2)Koji Uno and Susumu Nakano : Effect of tidal current on sediment transport at the tidal flats, Journal of Coastal Research, Vol.SI50, 746-750, 2007.
3)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 大奈 健, 川田 一昭, 村上 仁士 : 体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とそのばらつき, 歴史地震, No.22, 195-202, 2007年.
4)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Chinese semantic dependency analysis: Construction of a treebank and its use in classification, ACM Transactions on Speech and Language Processing, Vol.4, No.2, 1-20, 2007.
5)Jung-Hwan Kwon, Howard M. Liljestrand, Lynn E. Katz and Hiroshi Yamamoto : Partitioning Thermodynamics of the Selected Endocrine Disruptors between Water and Synthetic Membrane Vesicles: Effects of Membrane Compositions, Environmental Science and Technology, Vol.41, No.11, 4011-4018, 2007.
6)安藝 浩資, 中野 晋, 内田 紘臣, 岩瀬 文人, 御前 洋 : 沿岸域の自然再生計画における順応的管理へのHSIモデルの適用, 海洋開発論文集, Vol.23, 501-506, 2007年.
7)藤田 真人, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 安藝 浩資 : 大河川河口干潟における平衡底質粒度分布の評価方法, 海洋開発論文集, Vol.23, 1243-1248, 2007年.
8)宇野 宏司, 辻本 剛三, 柿木 哲哉, 中野 晋 : 兵庫県における準絶滅危惧種ハクセンシオマネキの生息地ネットワーク形成に関する基礎的研究, 海洋開発論文集, Vol.23, 471-476, 2007年.
9)Akira Ohgai, Yoshimizu Gohnai and Kojiro WATANABE : Cellular automata modeling of fire spread in built-up areas, --- A tool to aid community-based planning for disaster mitigation ---, Computers, Environment and Urban Systems, Vol.31, No.4, 441-460, 2007.
10)Iwaki Hiroshi, Toshiya Okahisa, Murata Masahiro, Miyamoto Hiorshi, Yasuhiro Kuroda, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Susumu Ito : Influence of Lipid Emulsion for the Hematocrit Value Measured With Continuous Hematocrit Monitor., ASAIO Journal, Vol.53, No.4, 474-478, 2007.
11)Huaxia Yao, Kidd Robert and Michio Hashino : Long-term trend of uranium status in Beaverlodge Lake, Saskatchewan of Canada, under mine decommissioning, IAHS Publication series (Red Books), No.314, 137-144, 2007.
12)大谷 壮介, 上月 康則, 中西 敬, 石垣 衛, 鈴木 嘉一, 村上 仁士 : 大阪湾湾奥の自然海浜``御前浜''に新たに設置された浅場の環境改善効果に関する, 海洋開発論文集, Vol.32, 645-650, 2007年.
13)三好 真千, 上月 康則, 三好 順也, 山口 暢洋, 宮地 由紀, 村上 仁士 : 大阪湾湾奥でのワカメ育成とその循環的利用に関する実験, 海洋開発論文集, Vol.32, 949-954, 2007年.
14)中西 敬, 上月 康則, 森 紗綾香, 川井 浩史, 辻 博和, 上嶋 英機 : 尼崎港内運河における環境修復の取組み閘門・水門を利用した流況制御・水質改善実験, 海洋開発論文集, Vol.23, 757-762, 2007年.
15)Zhi Teng, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Recognition Conversation System Based on Knowledge Database Automatic Architecture, Communications in Computer and Information Science, Vol.2, No.17, 722-731, 2007.
16)山村 猛, 三神 厚, 辻原 治, 澤田 勉 : 道路橋の地震被害率関数の一作成法, 地震工学論文集, Vol.29, 674-679, 2007年.
17)中野 晋, 高崎 華名, 黒崎 ひろみ, 岡部 健士 : 徳島県における企業防災の現状と課題, 地震工学論文集, Vol.29, 748-755, 2007年.
18)三神 厚, 斉藤 剛彦, 澤田 勉, 繁田 淳吾, 中野 晋 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震による四国地域の距離減衰と地盤増幅特性の検討, 地震工学論文集, Vol.29, 178-186, 2007年.
19)斉藤 剛彦, 三神 厚, 吉岡 理絵, 黒崎 ひろみ, 浜 大吾郎, 中野 晋, 澤田 勉 : 体験談と現地調査に基づく昭和南海地震の地震動と木造家屋被害についての考察, 地震工学論文集, Vol.29, 816-822, 2007年.
20)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年.
21)Hiroshi Yamamoto, Yudai Nakamura, Yuki Nakamura, Chise Kitani, Tetsuya Imari, Jun Sekizawa, Yuji Takao, Naoyuki Yamashita, Narisato Hirai, Shigeto Oda and Norihisa Tatarazako : Initial ecological risk assessment of eight selected human pharmaceuticals in Japan, Environmental Sciences, Vol.14, No.4, 177-193, 2007.
22)Jun Sekizawa, H. Ohtawa, Hiroshi Yamamoto, Y. Okada, T. Nakano, H. Hirai, S. Yamamoto and K. Yasuno : Evaluation of Human Health Risks From Exposures to Four Air Pollutants in the Indoor and the Outdoor Environments in Tokushima, and Communication of the Outcomes to the Local People, Journal of Risk Research, Vol.10, No.5/6, 841-851, 2007.
23)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Masahiko Kita and Fuji Ren : Speaker Identification Method Using Earth Mover's Distance for CCC Speaker Recognition Evaluation 2006, International Journal of Computational Linguistics & Chinese Language Processing, Vol.12, No.3, 239-254, 2007.
24)原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
25)Sheng Yue and Michio Hashino : Probability distribution of annual, seasonal and monthly precipitation in Japan, Hydrological Sciences Journal, Vol.52, No.5, 863-877, 2007.
26)年 廷凱, 栾 茂田, 楊 慶, 蒋 景彩 : 抑止杭を有する斜面の強度低減弾塑性有限要素法による安定性解析, Rock and Soil Mechanics, Vol.28, No.Supplement issue, 558-562, 2007年.
27)大谷 壮介, 上月 康則, 倉田 健悟, 仲井 薫史, 村上 仁士 : 河口干潟潮間帯の物理的な底質環境と底生生物群集との関係, 土木学会論文集, Vol.63, No.4, 195-205, 2007年.
28)大谷 壮介, 上月 康則, 酒井 孟, 石山 哲, 笹岡 宏光, 澳津 賀仁, 安葉 映宏, 村上 仁士 : 干潟底質環境に及ぼすヤマトオサガニの生物攪拌作用に関する基礎的実験, 海岸工学論文集, Vol.54, 1191-1195, 2007年.
29)三好 真千, 上月 康則, 酒井 孟, 石田 達憲, 森 友佑, 木村 拓郎, 宮地 由紀, 村上 仁士 : 尼崎港でのムラサキイガイを対象とした海産バイオマス回収可能量に関する調査研究, 海岸工学論文集, Vol.54, 1286-1290, 2007年.
30)村上 仁士, 水口 裕之, 上月 康則, 伊福 誠, 野田 厳, 岩村 俊平, 山本 秀一 : エコシステム式海域環境保全工法を導入した直立構造物の環境配慮機能の評価, 海岸工学論文集, Vol.54, 1281-1285, 2007年.
31)久保 喬, 村上 仁士, 上月 康則 : 瀬戸内海四国沿岸域における津波の周期特性について, 海岸工学論文集, Vol.54, 191-195, 2007年.
32)齊藤 剛彦, 三神 厚, 澤田 勉, 中野 晋, 成行 義文 : 近年の被害地震に対する各自治体の取り組みに関する検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 163-171, 2007年.
33)島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉, 岡部 健士, 中野 晋, 成行 義文 : 異なる地震タイプに対する不確定性を考慮した地震動の作成, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 81-90, 2007年.
34)藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年.
35)藤田 真人, 中野 晋, 安藝 浩資, 安井 勝志 : 河口干潟の平衡粒度分布の推定と底生動物の生息環境評価, 海岸工学論文集, Vol.54, 1171-1175, 2007年.
36)岡安 章夫, 武若 聡, 中野 晋, 村上 啓介, 荒木 進歩, 森 信人, 青木 伸一, 今村 文彦, 越村 俊一, 佐藤 慎司 : 津波防災に対する住民・海岸利用者の意識と対案者の認識との相違に関する調査, 海岸工学論文集, Vol.54, 1336-1340, 2007年.
37)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 海溝型巨大地震に向けた総合的な沿岸防災教育のあり方と方法, 海岸工学論文集, Vol.54, 1361-1365, 2007年.
38)冨永 数男, 中野 晋, 天羽 誠二 : 海岸堤防に作用する段波津波の実験, 海岸工学論文集, Vol.54, 826-830, 2007年.
39)木村 剛士, 中野 晋, 天羽 誠二, 白川 卓磨 : 潮流が卓越する小鳴門海峡における潮位と高潮の特性, 海岸工学論文集, Vol.54, 296-300, 2007年.
40)田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未普及地域における河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化作用の評価, 環境工学研究論文集, Vol.44, 127-134, 2007年.
41)Prasanna Divigalpitiya, Akira Ohgai, Takeru Tani, Kojiro WATANABE and Yoshimizu Gohnai : Modeling Land Conversion in the Colombo Metropolitan Area Using Cellular Automata, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.6, No.2, 291-298, 2007.
42)蒋 景彩, 山上 拓男, 杉本 章人 : 平面すべり破壊を想定した地震時広域岩盤斜面の不安定性評価, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 123-130, 2007年.
43)小川 宏樹, 中野 晋, 田渕 恭子 : 災害時要援護者の防災に対する意識と備え, 安全問題研究論文集, Vol.2, 53-58, 2007年.
44)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 魁生 知佐子 : 世代階層の差を意識した防災教育の実施と有効性, 安全問題研究論文集, Vol.2, 65-70, 2007年.
45)中野 晋, 植田 勇二, 姫野 敬行, 黒崎 ひろみ : 地域の建設会社におけるBCP 構築, 安全問題研究論文集, Vol.2, 41-46, 2007年.
46)Daisuke Yoneura, Masashi Miyagawa, Satoshi Inokuchi, Yoshihiro Suenaga, Hidenori Morita, Takao TAMURA, Hee-Do Ahn and Kenji Hotta : STUDY ON THE INFLUENCE OF THE RIVER INFLOW INTO THE OCEAN, Proc. of Pacific Congress on Marine Science and Technology 2007, 2007.
47)Yoshihiko Mannami, Akio Kondo, Akiko Kondo, Kanako Otsuka and Ken-ichi Ohashi : ANALYSIS OF INTERACTION BETWEEN REGIONS FOR PURPOSE OF SIGHTSEEING IN JAPAN, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1266-1279, 2007.
48)Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Yoshiko Hirata, Yuki Nakamura, Yudai Nakamura, Chise Kitani, Jun Sekizawa, Masaya Uchida, Hiroshi Nakamura, Yoshihiro Kagami, Masaaki Koshio, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : Preliminary Ecological Risk Assessment for Butylparaben and Benzylparaben, --- 1. Removal Efficiency in Wastewater Treatment, Acute/Chronic Toxicity for Aquatic Organisms, and Effects on Medaka Gene Expression ---, Environmental Sciences, Vol.14, No.Supplement, 73-87, 2007.
49)Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Shota Katsuki, Yuki Nakamura, Shigemi Moriguchi, Yudai Nakamura and Jun Sekizawa : Preliminary Ecological Risk Assessment of Butylparaben and Benzylparaben, --- 2. Fate and Partitioning in Aquatic Environments ---, Environmental Sciences, Vol.14, No.Supplement, 97-105, 2007.
50)三好 順也, 上月 康則, 村上 仁士 : 大阪湾奥部における自律的環境修復を促す護岸付帯式海岸構造物の機能評価, 日本海水学会誌, Vol.61, No.6, 331-336, 2007年.
51)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : GISを用いた土地利用計画支援ツールに関するアンケート調査, 日本建築学会技術報告集, Vol.13, No.26, 795-800, 2007年.
52)小串 重治, 鎌田 磨人 : 二次草地の再生を支える社会システムに関する検討, ランドスケープ研究, Vol.71, No.5, 885-892, 2008年.
53)井若 和久, 田邊 晋, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士, 松下 恭司 : 徳島県鳴門市周辺における安政南海地震の震度分布, 歴史地震, Vol.22, 121-128, 2008年.
54)田邊 晋, 井若 和久, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士 : 徳島県沿岸海域における安政南海地震津波(1854)の流動特性の再現, 歴史地震, Vol.23, 111-120, 2008年.
55)上月 康則, 井若 和久, 田邊 晋, 栗原 美波, 山口 奈津美, 山中 亮一, 村上 仁士 : わが国における大学防災の現状に関する調査研究, 安全問題研究論文集, Vol.3, 185-190, 2008年.
56)Yuki Nakamura, Hiroshi Yamamoto, Jun Sekizawa, Takuya Kondo, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : The effects of pH on fluoxetine in Japanese medaka (Oryzias latipes), --- Acute toxicity in fish larvae and bioaccumulation in juvenile fish ---, Chemosphere, Vol.70, No.5, 865-873, 2008.
57)田村 隆雄, 端野 道夫, 穴水 秀樹, 荒木 隆夫 : 吉野川池田ダム上流の森林流域の洪水低減機能に関する定量的評価, 水工学論文集, Vol.52, 379-384, 2008年.
58)Haseda Machi, Yasunori Kozuki, Miyoshi Junya, Shibata Daisuke, Yamaguchi Kanako, Ishida Tatsunori, Miyachi Yuki and Hitoshi Murakami : Seaweed Bed Creation Experiment using Vertical Sea Wall at Inner Part of Osaka Bay, Recent Advances in Marine Science and Technology 2006, 99-108, 2008.
59)天羽 誠二, 中野 晋, 木村 剛士, 津川 茂 : 徳島県北部沿岸での高潮のリアルタイム予報システムの検討, 水工学論文集, Vol.52, 1393-1398, 2008年.
60)安藝 浩資, 中野 晋, 盛 治夫, 岡田 直也 : 内湾域における底質粒度推定法の検討, 水工学論文集, Vol.52, 1375-1380, 2008年.
61)門田 章弘, 石本 千春, 中野 晋, 鈴木 幸一 : 物部川河口部の閉塞要因と河口砂州の形成・破壊に関する解析, 水工学論文集, Vol.52, 601-606, 2008年.
62)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : A new back analysis of strength parameters from single slips, Computers and Geotechnics, Vol.35, No.2, 286-291, 2008.
63)Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.
64)山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 非ステロイド系医薬品類8種の慢性影響を考慮した生態リスク評価, 環境衛生工学研究, Vol.22, No.1, 38-47, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 非ステロイド系医薬品の生態リスク初期評価, 環境衛生工学研究, Vol.21, No.3, 71-78, 2007年.
2)飯山 直樹, 森本 康滋, 山下 敬吾, 鎌田 磨人, 井内 久利, 松永 英明 : 美馬市木屋平地区の植生, 総合学術調査報告,美馬市木屋平(郷土研究発表紀要), No.54, 23-32, 2008年.
3)Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., Proceedings of the 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", 9-11, 2008.
4)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 田邊 晋, 山口 奈津美, 村上 仁士 : アンケート調査による地震防災対策強化および推進地域内での大学防災の特徴に関する一考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 173-180, 2008年.
5)中野 晋, 植田 勇二, 吉村 尚倫, 冨永 数男 : 能登半島地震と新潟県中越沖地震における企業被害と復旧, 平成20年自然災害フォーラム論文集, 73-80, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)田村 隆雄, 端野 道夫 : 地質条件の異なる3つの山地森林流域の物質流出特性に関する調査研究, 地下水技術, Vol.49, No.4, 21-29, 2007年4月.
2)田代 優秋, 佐藤 陽一, 上月 康則 : 徳島市における外来種カダヤシの37年間の放流記録, --- 参加型ヤッホー調査プログラムとその活用 ---, 徳島県立博物館研究報告, No.17, 123-138, 2007年10月.
3)山本 裕史, 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 生態系支援コンクリートによる河川環境の修復, --- 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸を用いた浄化支援効果の評価 ---, 用水と廃水, Vol.49, No.11, 913-918, 2007年11月.
4)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Discussion of "A new method for estimating the shear strength parameters at the critical slip surface" by T.F. Fathani and H. Nakamura, Vol. 42, No. 2 (166), Jul. 2005, pp. 57-66[ Reply], Journal of the Japan Landslide Society, Vol.44, No.4, 50-52, Nov. 2007.
5)近藤 光男 : 21世紀の持続可能な地域社会をつくるために, --- 政策提案と評価研究,教育,学会活動,行政機関への貢献など多忙な日々を送る ---, プロフェッショナルエンジニア, 190-191, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Studies on Relations between Frequency and Phase Difference in Power System Based on Phasor Measurements, Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems, 478-482, Phuket, Apr. 2007.
2)Kenji Yamanaka, Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : A Novel Position Sensorless Vector Control of Permanent-Magnet Synchronous Motors, Conference Proceedings of the Fourth Power Conversion Conference (PCC-Nagoya 2007), 290-295, Nagoya, Apr. 2007.
3)Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Design of fault current limiter by series-connected voltage source inverter, Proceedings of International Conference on Advanced Power System Automation and Protection (APAP2007), Vol.CD-ROM, No.P524, Cheju, Apr. 2007.
4)Qi Cheng, Akio Kondo, Akiko Kondo and Hideaki Shimada : Two Proposals for Solution to Transport Problems in Wuhan, Proceedings of The 7th International Conference of Chinese Transportation Professionals, 409-415, Shanghai, May 2007.
5)Hideyuki Nakagawa, Fumihiko Satoh, Takefumi Hosotani, Kozue Edo, Yasutetsu Araki, Masatoshi Nozaki and Yasuhiro Tomihara : Biologically Active Substances from Venomous Scorpionfish, The proceeding of 21st Pacific Science Congress: Session: 4-10 Health hazard by marine animals in Pacific region, 4p, Okinawa, Jun. 2007.
6)Hiromi Kurosaki, Susumu Nakano and Masato Fujita : Street Dance for Disaster Management, --- A step towords the Improvement of Disaster Management Teaching ---, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 299, Ginowan City, Jun. 2007.
7)Chisako Kaishou, Hiromi Kurosaki and Susumu Nakano : A study of the Tsunami refuge institution for Life of a long term, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 299, Ginowan City, Jun. 2007.
8)Natsuko Kusunoki, Kozue Edo, Kaori Ohnishi, Keiko Ashida, Asami Nakanishi, Hitomi Sakai, Hideyuki Nakagawa, Kumio Yokoigawa, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Multiple lectins from globiferous pedicellariae of the sea urchin, Toxopneustes pileolus, The Proceeding of 21st Pacific Science Congress:Session:4-10 Health hazard by marine animals in Pacific region, 7p, Okinawa, Jun. 2007.
9)Susumu Nakano, Hiroshi Aki, Hiroomi Uchida, Hitomi Yoshizaki and Hiromi Kurosaki : The Effectiveness of Enlightenment Activities on Nature Restoration Project for Coral, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 65, Ginowan City, Jun. 2007.
10)Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : Utility Power Quality Control by using A Three Phase Inverter Module, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2007 Record (CD-ROM), No.793, 3073-3078, Orlando, Jun. 2007.
11)Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Takuro Kimura, Tatsunori Ishida, Yosuke Mori, Yuki Miyachi and Hitoshi Murakami : Collecting Methhod and Volume of Mytilus Galloprovincialis as Biomass Resource from Sea, PACON 2007, Vol.CST-7C, Hawaii, USA, Jun. 2007.
12)Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
13)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Low Cost Japanese-English Machine Translation for Cross-Lingual Information Retrieval, Proceedings of the 2007 International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition, 22-27, FL, USA, Jul. 2007.
14)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Semi-Automatic Construction of an Emotion Ontology Using HowNet, Proceedings of the 2007 International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition, 17-21, FL, USA, Jul. 2007.
15)Masahide Hojo, Akira Izume, Tokuo Ohnishi, Shoji Taki, Kohei Oishi and Nobuyuki Fujiwara : A Control Method of Photovoltaic Generation Systems for Voltage Rise Suppression, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.531, Hong Kong, Jul. 2007.
16)Koji Uno and Susumu Nakano : Analysis of factors which contribute to river-bed variation at Yoshino River mouth, Proceedings of 2007 IAHR Congress, Venice, Jul. 2007.
17)Lei Yu, Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Text Summarization Based on Lexical Chains and Structural Features, Proceedings of 8th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, Vol.2, 574-578, Qingdao, China, Jul. 2007.
18)Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Quantifying habitat loss of hygrophytes in regional scale as the base for nature restoration., Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 833-834, ワーヘニンゲン, Jul. 2007.
19)E Harada, M Ogawa, H Mitsuhasi and Mahito Kamada : Potential habitat map of endangered hygrophytes for conservation planning, Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 1132, ワーヘニンゲン, Jul. 2007.
20)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
21)Shingo Kuroiwa, Masashi Takashina, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Artificial Bandwidth Extension for Speech Signals using Speech Recogniton, Proc. of INTERSPEECH 2007, 2501-2504, Antwerp, Belgium, Aug. 2007.
22)Seiji Tsuchiya, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Watabe Hirokazu and Kawaoka Tsukasa : A Semantic Information Retrieval Technique and an Evaluation for a Narrow Display Based on an Association Mechanism, IEEE NLP-KE2007, 209-214, Beijing, Aug. 2007.
23)Shinomiya Mizuho, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Seiji Tsuchiya : Extracting the Opinions of News Articles based on Emotionally Laden Words, IEEE NLP-KE2007, 262-267, Beijing, Aug. 2007.
24)Yamada Taichi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Classification of Facemarks Using N-gram, IEEE NLP-KE2007, 322-327, Beijing, Aug. 2007.
25)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Rozzano De Castro Locsin, Shu-ichi Ueno, Kazuyuki Matsumoto, Chiemi Kawanishi, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Fuji Ren : Electroencephalograph Estimation Method of Measuring `Empathic Understanding', IEEE NLP-KE2007, 514-519, Beijing, Aug. 2007.
26)Junko Minato, Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Corpus Based Analysis of Japanese-English Emotional Expressions, IEEE NLP-KE2007, 413-418, Beijing, Aug. 2007.
27)Ye YANG, Song LIU, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Question Answering System of Confucian Analects, IEEE NLP-KE2007, 361-366, Beijing, Aug. 2007.
28)BRACEWELL B. David, Fuji Ren, Katsutoshi HISAZUMI, Zhi TENG, Yuichi FUROSE and Shingo Kuroiwa : READING: A Self Sufficient Internet News System with Applications in Information and Knowledge Mining, IEEE NLP-KE2007, 190-196, Beijing, Aug. 2007.
29)Fang TIAN, Yun LI, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Ontology based Domain Knowledge Construction, IEEE NLP-KE2007, 176-182, Beijing, Aug. 2007.
30)Dapeng YIN, Peilin JIANG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese complex long sentences processing method for Chinese-Japanese machine translation, IEEE NLP-KE2007, 170-175, Beijing, Aug. 2007.
31)Manabu SASAYAMA, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Super-Function Extraction for Translation of Spoken Dialogue, IEEE NLP-KE2007, 141-148, Beijing, Aug. 2007.
32)Song LIU, Ye YANG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Questions Analysis of Confucius Analects Knowledge System, IEEE NLP-KE2007, 107-110, Beijing, Aug. 2007.
33)Yun LI, Fang TIAN, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Yixin ZHONG : A Method of Semantic Dictionary Construction from On-line Encyclopedia Classifications, IEEE NLP-KE2007, 82-89, Beijing, Aug. 2007.
34)Zhi TENG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Emotion Recognition from Text based on the Rough Set Theory and the Support Vector Machines, IEEE NLP-KE2007, 36-41, Beijing, Aug. 2007.
35)Satoru Tsuge, Keiji SEIDA, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren, Minoru Fukumi and Shingo Kuroiwa : Analysis of Variation on Intra-Speakers Speech Recognition Performances, IEEE NLP-KE2007, 387-392, Beijing, Aug. 2007.
36)Mitsuhiro Ozawa, Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Minoru Fukumi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Utterance Segmentation Tool for Speech Corpus, IEEE NLP-KE2007, 401-406, Beijing, Aug. 2007.
37)Lin Ye, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Seiji Tsuchiya : Similarity Computing Based on VSM and Syntactic Analysis, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 61-65, Beijing, Aug. 2007.
38)Ma Jia, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa, Fuji Ren and Yu Lei : The New Image Processing Method in Expression Recognition System, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 134-139, Beijing, Aug. 2007.
39)Mishina Kenichi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : An Emotion Similarity Calculation Using N-gram Frequency, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 160-165, Beijing, Aug. 2007.
40)Hisazumi Katsutoshi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Extraction of the term which has an explicit relation using Coincidence Frequency, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 178-183, Beijing, Aug. 2007.
41)Jiaiun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Hybrid Approach to Determiniing Semantic Dependency Relations of Chinese Sentences, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 7-13, Beijing, Aug. 2007.
42)Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Construction and Analysis of an Chinese Emotion Corpus, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 41-46, Beijing, Aug. 2007.
43)Liying Mi, Xin Luo, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Super-Function Matching of Causative Sentences for Chinese-Japanese Machine Translation, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 47-54, Beijing, Aug. 2007.
44)Peilin Jiang, Fuji Ren, Nanning Zheng, Ran Li and Shingo Kuroiwa : Nolinear Luminance-Chrominance Spase Map based Speak Detection by Hidden Markov Model, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 105-110, Beijing, Aug. 2007.
45)Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Affective Virtual Character Based on the Mental State Transition Network, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 117-122, Beijing, Aug. 2007.
46)Takanori Hirai, Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A speech emphasis method for noise-robust speech recognition by using repetitive phrase, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 140-144, Beijing, Aug. 2007.
47)Lipin Mi, Fuji Ren, Hideo Araki, Shingo Kuroiwa and Katurori Sano : The differences in Japanese language processing between Japanese and Chinese:Evidence from event-related potential, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 216-221, Beijing, Aug. 2007.
48)Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Experimental Studies on Fault Current Limiter by Voltage Source Inverter with Line Voltage Harmonics Compensation, Proceedings of European Conference on Power Electronics and Applications, Vol.CD-ROM, No.0324, Aalborg, Sep. 2007.
49)Susumu Nakano and Hiromi Kurosaki : River Mouth closure and Water Level Variation in the Monobe River, Proc. of the 4th International Conf. on Asian and Pacific Coasts, 1428-1435, Nanjing, China, Sep. 2007.
50)Akio Okayasu, Satoshi Takewaka, Susumu Nakano, Keisuke Murakami, Susumu Araki, Nobuhito Mori, Shinichi Aoki, Fumihiko Imamura, Shin-ichi Koshimura and Shinji Sato : A Survey of Discrepancies Between Assumed and Actual Demands and Knowledge of Citizens for Tsunami Disaster Prevention, Proc. of the 4th International Conf. on Asian and Pacific Coasts, 730-743, Nanjing, China, Sep. 2007.
51)Yoshihiko MANNAMI, Akio Kondo, Akiko Kondo, Kanako Otsuka and Ken-ichi Ohashi : ANALYSIS OF INTERACTION BETWEEN REGIONS FOR PURPOSE OF SIGHTSEEING IN JAPAN, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 100263, DALIAN, Sep. 2007.
52)Hideaki Shimada, Akio Kondo, Akiko Kondo and CHENG Qi : CO2 REDUCTION EFFECT AND ECONOMIC EVALUATION OF ROAD TRANSPORT POLICY CONTRIBUTING TO PREVENTION OF GLOBAL WARMING, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 100264, DALIAN, Sep. 2007.
53)Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Eizi Takeda, Shinichi Miyawaki, Yuki Nakamura, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands, DIOXIN2007 International Symposium, Tokyo, Sep. 2007.
54)Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
55)Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
56)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Conventional and modified design methods for landslide stabilizing piles: a comparison of results, Proceedings of the 10th Australia New Zealand Conference on Geomechanics, 103-110, Brisbane, Oct. 2007.
57)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Failure patterns of the ground surrounding rigid piles in sand subjected to lateral soil movements, Proceedings of the 3rd Sino-Japan Geotechnical Symposium, 213-222, Chongqing, Nov. 2007.
58)Mikako Watanabe, Yoshiko Hirata, Masaya Uchida, Norihisa Tatarazako, Hiroshi Nakamura, Yoshihiro Kagami and Hiroshi Yamamoto : Preliminary ecotoxicological risk assessment of benzylparaben using Japanese medaka and medaka cDNA microarray, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Milwaukee, WI USA, Nov. 2007.
59)Yudai Nakamura, Hiroshi Yamamoto, Shigemi Moriguchi, Akihide Hayashi and Jun Sekizawa : Effects of Physical-Chemical Properties on the Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Milwaukee, WI USA, Nov. 2007.
60)Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Satoru Yamabe : Simplified design method for reinforced slopes considering progressive failure, Proceedings of the 5th International Symposium on Earth Reinforcement, 551-557, Fukuoka, Nov. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)関澤 純 : 食品安全における効果的なリスクコミュニケーションとは, 平成19年度食品安全行政講習会, 2007年4月.
2)冨永 数男, 中野 晋 : 段波津波による衝撃性波圧に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
3)星野 弘明, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島県南部地域における津波に関する避難行動の特性分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 322-323, 2007年5月.
4)大塚 可奈子, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 和田 録樹, 近藤 明子, 萬浪 善彦 : 観光を目的とした地域間交流による経済効果の計測に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 338-339, 2007年5月.
5)余田 翔平, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 和田 録樹, 高田 知徳 : 地方圏における買物行動モデルの適用と行動メカニズムの変化分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 340-341, 2007年5月.
6)川端 裕, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : バリアフリーの観点からみた商店街活性化事業に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 342-343, 2007年5月.
7)冨永 数男, 中野 晋 : 段波津波による衝撃性波圧に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 188-189, 2007年5月.
8)藤田 真人, 中野 晋, 仙波 真一 : 吉野川河口域における底質粒度分布の評価方法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 144-145, 2007年5月.
9)仙波 真一, 中野 晋, 藤田 真人 : シオマネキの生息環境における底質粒度変化, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 146-147, 2007年5月.
10)安井 勝志, 安藝 浩資, 中野 晋 : 半閉鎖性海域における波浪場と底質粒度構成についての一報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 148-149, 2007年5月.
11)魁生 知佐子, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 三宅 祥寿 : 小松島市における昭和南海地震体験談の発掘とその証言, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 34-35, 2007年5月.
12)高崎 華名, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 小川 宏樹 : 徳島県内中小企業の防災意識アンケート調査, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 114-115, 2007年5月.
13)中野 晋, 黒崎 ひろみ, 小川 宏樹, 岡部 健士 : 徳島大学における防災啓発活動と自主防災支援, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 116-117, 2007年5月.
14)小川 宏樹, 中野 晋, 田渕 恭子 : 災害時要援護者の実態把握と避難・生活支援のあり方, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 118-119, 2007年5月.
15)黒崎 ひろみ : ストリートダンス避難訓練の開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 126-127, 2007年5月.
16)田村 隆雄, 渡辺 康之, 端野 道夫, 小笠原 仁美 : 吉野川本流ならびに支流の水質形成機構に関する基礎的な調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 486-487, 2007年5月.
17)星川 豪, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 物質流出タンクモデルを用いた流域条件の異なる3つの森林流域における物質流出機構の比較検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 484-485, 2007年5月.
18)上月 康則, 大谷 壮介, 安葉 映宏, 村上 仁士 : 吉野川河口部における陸域・海域由来の懸濁物質の挙動について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 466-467, 2007年5月.
19)笹岡 宏光, 上月 康則, 大谷 壮介, 村上 仁士 : 干潟の有機物分解機能に及ぼすヤマトオサガニの巣穴の影響, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 476-477, 2007年5月.
20)森 紗綾香, 上月 康則, 小倉 貴文, 中西 敬, 村上 仁士 : 尼崎運河における閘門水門を活用した一方向流創出による無酸素水塊解消効果について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 468-469, 2007年5月.
21)田邊 晋, 井若 和久, 上月 康則, 村上 仁士 : 四国における安政南海地震の余震特性について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 36-37, 2007年5月.
22)森 友佑, 上月 康則, 三好 真千, 石田 達憲, 村上 仁士 : ムラサキイガイ個体郡内の死亡個体の分布について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 480-481, 2007年5月.
23)井若 和久, 田邊 晋, 上月 康則, 村上 仁士 : 南海地震津波の再現性に及ぼす過去の地形表現精度の影響, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 196-197, 2007年5月.
24)上月 康則, 大谷 壮介, 酒井 孟, 村上 仁士 : 干潟底質に及ぼすヤマトオサガニの生物撹乱の影響について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 478-479, 2007年5月.
25)田邊 晋, 井若 和久, 上月 康則, 村上 仁士 : 安政南海地震時の四国の余震特性について, 南海地震研究, Vol.3, 85-90, 2007年5月.
26)井若 和久, 田邊 晋, 上月 康則, 村上 仁士 : 安政南海地震津波の再現性に及ぼす地形表現精度の影響, 南海地震研究, Vol.3, 91-96, 2007年5月.
27)中野 晋, 植田 勇二 : 地場産業の被害と復旧, 能登半島地震被害調査速報会, 2007年5月.
28)中野 晋, 姫野 敬行, 福田 昌史 : 地域の建設会社における企業防災の現状, 地域安全学会梗概集, No.20, 33-36, 2007年5月.
29)渡辺 公次郎, 近藤 光男, 野澤 征司, 星野 弘明 : 防災に関するソフト的施策を評価するための津波避難シミュレーションモデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.5, 17-20, 2007年5月.
30)渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀, 近藤 光男 : GISを用いた土地利用計画支援ツールに関するアンケート調査, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.7, 67-68, 2007年5月.
31)山本 裕史 : PPCPsの水環境中の挙動と生態リスク初期評価, --- 大学研究者の視点から ---, 第16回環境化学討論会ナイトミーティング, 2007年6月.
32)鎌田 磨人, 天野 秀紀, 庄武 憲子 : 河童伝承に基づく水辺の風土類型, 第17回日本景観生態学会大会, 2007年6月.
33)小串 重治, 鎌田 磨人 : 徳島県三好市落合峠における二次草地へのウラジロモミの侵入過程, 第17回日本景観生態学会大会, 2007年6月.
34)江尻 雄三郎, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 園瀬川流域における条件付確率を用いた降雨予測法の開発と洪水水位予測, 研究発表会要旨集, 76-77, 2007年7月.
35)蒋 景彩, 山上 拓男, 杉本 章人 : 永久変位に基づく地震時広域斜面の不安定性評価, 第42回地盤工学研究発表会平成19年度発表講演集, 1839-1840, 2007年7月.
36)中野 晋, 安藝 浩資, 岩瀬 文人, 内田 紘臣 : 竹ヶ島海中公園におけるエダミドリイシ産卵期の流動特性, 日本沿岸域学会研究討論会2007講演概要集, Vol.20, 170-173, 2007年7月.
37)下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伏谷 秀治, 山口 治隆, 阿部 真治, 川添 和義, 西村 匡司, 水口 和生 : 腎機能障害患者におけるテイコプラニン連日投与方法に関する検討, TDM研究, Vol.24, No.3, s123, 2007年7月.
38)石原 航平, 大西 徳生 : 三相双方向電力変換装置の必要コンデンサ容量, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.32, 283-284, 2007年8月.
39)林 洋幸, 大西 徳生 : 誘導電動機のセンサレス電流ベクトル制御高効率運転, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.57, Y-57, 2007年8月.
40)小西 勝久, 大西 徳生 : 誘導発電機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.42, Y-42, 2007年8月.
41)大西 徳生 : 電動機モデルを用いないSynRM の位相同期形センサレス制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.25, 255-256, 2007年8月.
42)石内 宏樹, 大西 徳生 : Vγ入力によるV/f振動抑制制御PMモータの実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.50, 349-350, 2007年8月.
43)木内 光幸, 鈴木 将大, 大西 徳生 : V/f制御によるPMモータのピーク電流一定制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 347-348, 2007年8月.
44)山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMの位相同期形センサレス駆動実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.109, 553-554, 2007年8月.
45)山田 歳也, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源システムの制御法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.69, 415-416, 2007年8月.
46)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電圧歪み補償電流制御形正弦波電圧連系三相インバータ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.126, 619-620, 2007年8月.
47)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年8月.
48)渡辺 公次郎 : 避難シミュレーションモデルとGISを用いた津波防災まちづくり計画支援システムの開発, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 587-588, 2007年8月.
49)阿部 陽介, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 自主防災組織の活動に着目した地域防災力定量化の試み, --- その1: 評価の視点・項目・指標の設定とその階層構造の構築 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 349-350, 2007年8月.
50)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 阿部 陽介 : 自主防災組織の活動に着目した地域防災力定量化の試み, --- その2: 評価項目間の関連性の定量化とケーススタディ評価 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 351-352, 2007年8月.
51)山元 隆稔, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 地方都市市街地の防災アクティビティ評価, --- その1:評価手法の開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 561-562, 2007年8月.
52)大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞, 山元 隆稔 : 地方都市市街地の防災アクティビティ評価, --- その2:ケーススタディ評価 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 563-564, 2007年8月.
53)穴水 秀樹, 端野 道夫, 田村 隆雄, 荒木 隆夫 : 吉野川池田ダム上流域における森林の洪水低減機能評価, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, No.1, 31-32, 2007年9月.
54)江尻 雄三郎, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 吉野川池田・岩津間における降雨予測と洪水水位予測法, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, No.1, 35-36, 2007年9月.
55)中野 晋 : 企業の被害と復旧, 新潟県中越沖地震被害調査報告会, 2007年9月.
56)上野 勝利 : 住宅被害と液状化, 新潟県中越沖地震被害調査報告会, 2007年9月.
57)重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
58)武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
59)河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
60)西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
61)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 田中 徳一, 澤田 勉, 三神 厚 : 住民の歩行速度の相違ならびに道路閉塞を考慮した津波避難シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 1255-1256, 2007年9月.
62)天羽 晃大, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 小規模電力システムの自立支援装置の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.30, No.293, 31-32, 2007年9月.
63)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電流検出による電圧形インバータ方式限流器の基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.42, No.367, 25-26, 2007年9月.
64)井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 配電線情報に基づく太陽光発電システムによる無効電力補償法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.431, 15-16, 2007年9月.
65)岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽光発電システムによる不平衡補償法の基礎検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.429, 11-12, 2007年9月.
66)大田 直友, 大谷 壮介, 上月 康則 : ヒロクチカノコの成長制限要因, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 45, 2007年9月.
67)笹岡 宏光, 大谷 壮介, 石山 哲, 澳津 賀仁, 酒井 孟, 安葉 映宏, 山中 亮一, 上月 康則 : ヤマトオサガニの巣穴における堆積物中の有機物分解について, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 141, 2007年9月.
68)酒井 孟, 大谷 壮介, 石山 哲, 澳津 賀仁, 笹岡 宏光, 安葉 映宏, 山中 亮一, 上月 康則 : 堆積物の季節変化に及ぼすヤマトオサガニの生物撹拌の影響について, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 142, 2007年9月.
69)田邊 晋, 井若 和久, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士 : 歴史史料にみる海域における津波の再現性の検証, 歴史地震, Vol.24, 11, 2007年9月.
70)井若 和久, 田邊 晋, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士, 松下 恭司 : 徳島県鳴門市周辺における安政南海地震の震度分布, 歴史地震, Vol.24, 12, 2007年9月.
71)蒔苗 久則, 長内 隆, 鎌田 敏明, 谷本 益巳, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 発話内容が骨導音を用いた話者照合に与える影響に関する検討, 日本音響学会 秋季研究発表会, 97-98, 2007年9月.
72)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 喜多 雅彦, 蒔苗 久則, 長内 隆, 鎌田 敏明, 谷本 益巳, 福見 稔, 任 福継 : 日本語大規模話者認識用データベースを用いた話者識別実験, 日本音響学会 秋季研究発表会, 97-98, 2007年9月.
73)佐野 貴彦, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情情報を用いた日本語慣用句教授学習システムの研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 7, 2007年9月.
74)平井 孝則, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 突発性雑音に頑健な音声認識の為の繰り返し発声を用いた音声強調法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 154, 2007年9月.
75)川島 宏文, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 対話型案内コンテンツを用いた学習の有効性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2007年9月.
76)馬 嘉, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 表情認識システムの新しい画像処理方法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 188, 2007年9月.
77)高橋 新之介, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情認識のための顔表情DBの構築について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2007年9月.
78)那 琳, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 局部特徴に基づく顔識別, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2007年9月.
79)源 祐輔, 任 福継, 黒岩 眞吾, 住友 亮翼, 土屋 誠司 : 人物特質性と顔表情の関連性について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2007年9月.
80)渋谷 隼人, 任 福継, 黒岩 眞吾, 住友 亮翼, 土屋 誠司 : ユーザの嗜好に着目したWEBサイト構築支援について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2007年9月.
81)久積 克年, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 視点を考慮した明示的な関係の抽出について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 276, 2007年9月.
82)佐藤 達也, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 知的案内システムにおけるコンテンツ収集について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 277, 2007年9月.
83)井澤 健, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 音声対話情報案内システムにおける質問文検索手法について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 278, 2007年9月.
84)大林 克行, 柘植 覚, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 音素毎の話者識別性能の調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 279, 2007年9月.
85)喜多 雅彦, 柘植 覚, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 多数話者内での順位情報を用いた話者照合, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 280, 2007年9月.
86)山田 大地, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : N-gramを用いた顔文字の表情分類手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 281, 2007年9月.
87)三品 賢一, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情辞書を用いた感情類似度計算手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 282, 2007年9月.
88)松本 和幸, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情表現主体判定に基づく話者感情推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 283, 2007年9月.
89)足立 征士, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 単語表記と音声から生起される感情の違いについての考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 284, 2007年9月.
90)湯浅 隆運, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 感情推定における発話者と聞き手の感情相違の利用についての一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 285, 2007年9月.
91)小西 優輔, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 日本語学習者のための日本語慣用句学習支援システムの構築, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 286, 2007年9月.
92)米 麗英, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 日中機械翻訳における使役表現の処理, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 287, 2007年9月.
93)竹内 公紀, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : デザインの評価に特化した特徴量抽出法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 310, 2007年9月.
94)劉 曄, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 構文解析に基づく類似度計算, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 328, 2007年9月.
95)袴田 愛, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 心的状態遷移ネットワークに基づく表情生成手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 329, 2007年9月.
96)山本 麻由, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情タグつきコーパスの構築についての一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2007年9月.
97)Mi Liping, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A study on the role of Chinese character and pictures in the learning, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 360, Sep. 2007.
98)Yu Lei, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Text Orientation Identification Based on SVM, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 361, Sep. 2007.
99)Jiang Peilin, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Ryosuke Sumitomo : Speak Detection in Image Sequences, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 362, Sep. 2007.
100)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa, Shu-ichi Ueno and Fuji Ren : Spectrogram based on empathic understanding, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 364, Sep. 2007.
101)Tian Fang, Xia Ling, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Ontology Construction of Chinese Festivals, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 365, Sep. 2007.
102)Xia Ling, Tian Fang, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Corpus Feature Analysis for Sichuan Cuisine QA System, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 366, Sep. 2007.
103)Zhi Teng, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Multimedia Applications in Conversation System, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 367, Sep. 2007.
104)Liu Song, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : The structure of the knowledge base of Confucius, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 368, Sep. 2007.
105)Li Yun, Huang Kaiyan, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Similar Word Association and Integration Based on WikiPedia Semantic Classification, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 370, Sep. 2007.
106)Yang Ye, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Document Retrieval Based on the Pragmatics Information, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 371, Sep. 2007.
107)Zhang Guodong, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Text Summarization Based on Statistic Features, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 372, Sep. 2007.
108)Shinomiya Mizuho, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : An approach of extracting the opinion based on the emotion words, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 373, Sep. 2007.
109)Yin Dapeng, Shao Min, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : The hybrid strategy processing approach of Chinese complex long sentenct in Chinese-Japanese machine translation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 374, Sep. 2007.
110)Sasayama Manabu, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Ryosuke Sumitomo : Super-Function based machine translation using concept of words, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 375, Sep. 2007.
111)Sohrab golam Mohammad, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : Super-Function based English to Bengali Machine Translation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 376, Sep. 2007.
112)Ibrahim Nagwa, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : Obstacles at Integration of Schools into ICT as regard to the Opinions of the Teachers and Administrators of Schools in Tokushima, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 377, Sep. 2007.
113)藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電圧形インバータを用いた限流器制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 37, 2007年9月.
114)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系単相インバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 40, 2007年9月.
115)石内 宏樹, 大西 徳生 : PMモータのVγ制御ループを有するV/f制御システムの安定解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 45, 2007年9月.
116)山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御永久磁石同期電動機の制御量の関係, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 46, 2007年9月.
117)皆本 真吾, 大西 徳生 : 可変速同期発電機のセンサレスPWMコンバータ制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 47, 2007年9月.
118)石本 寛幸, 大西 徳生 : センサレス制御SynRMの駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 48, 2007年9月.
119)林 洋幸, 大西 徳生 : 誘導電動機のセンサレスベクトル制御における電動機定数の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 49, 2007年9月.
120)小西 勝久, 大西 徳生 : 風速を用いない誘導機センサレス制御可変速風力発電システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 50, 2007年9月.
121)山田 歳也, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源システムの蓄電池制御システムの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 51, 2007年9月.
122)石原 航平, 大西 徳生 : 三相双方向電力変換装置必要コンデンサ容量の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 52, 2007年9月.
123)小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 三相モジュールを用いた三相電源品質補償装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 53, 2007年9月.
124)田村 隆雄, 端野 道夫, 末永 慶寛, 山中 稔 : 「森-川-海」雨水・栄養塩類流出モデルの構築と流出負荷量の算定に関する調査研究, 第13回河川整備基金助成事業成果発表会報告書, 2007年10月.
125)萬浪 善彦, 近藤 光男, 近藤 明子, 天野 良祐, 片山 真太朗 : 四国における自治体運営の診断と市町村合併による効果, 日本地域学会 第44回(2007年)年次大会 学術発表論文集, D1-1, 2007年10月.
126)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 大塚 可奈子 : 観光と業務目的の交流に着目した目的別地域間交流モデルに関する研究, 日本地域学会 第44回(2007年)年次大会 学術発表論文集, B5-1, 2007年10月.
127)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 日本地域学会第44回年次大会学術発表論文集, 2007年10月.
128)中野 晋 : 徳島県北部沿岸の高潮特性, --- 2004年高潮災害の検証 ---, 四国のみなと特別講演会, 2007年10月.
129)井川 祐太, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 自然地山せん断強度定数の逆解析法に関する一提案(第3報), 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 55-56, 2007年10月.
130)冨山 善史, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 平面すべりを想定した地震時広域岩盤斜面崩壊予測法, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 53-54, 2007年10月.
131)内輪 丈彰, 能野 一美, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 落石運動解析に要する不連続変形法のパラメータ同定法に関する研究, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 37-38, 2007年10月.
132)蒋 景彩, 山上 拓男, 冨山 善史 : 水平・鉛直地震動を考慮した斜面安定解析に関する考察, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 41-43, 2007年10月.
133)竹田 竜樹, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 次元すべり面理論に基づくアンカーの負担すべき抑止力評価, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 39-40, 2007年10月.
134)岡田 泰史, 中野 武, 藤川 弘安, 関澤 純 : 工業地帯周辺における大気中揮発性有機化合物の濃度分布と健康リスク評価, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 93-94, 2007年11月.
135)村山 武彦, 北野 大, 関澤 純 : PRTRデータを用いた地域対話としてのリスクコミュニケーションー埼玉県を「対象とした実験的取組み, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 135-136, 2007年11月.
136)藤川 弘安, 関澤 純, 内山 巌雄, 山本 裕史, 中野 武, 津田 芳見, 岡田 泰史 : 室内外空気汚染による子どもと高齢者の健康リスクに関する予備的検討, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 85-90, 2007年11月.
137)辻川 典文, 小池 芙美代, 関澤 純, 土田 昭司 : 食品購買時の安全性検討行動に影響を与える要因の検討, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 403-406, 2007年11月.
138)関澤 純, 土田 昭司, 上野 伸子, 大坪 寛子, 辻川 典文, 小池 芙美代 : 食品安全のリスクコミュニケーションとステークホルダーの役割, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, 317-322, 2007年11月.
139)重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
140)田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未普及地域における河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化作用の評価, 第44回環境工学研究フォーラム, 2007年11月.
141)中野 晋 : 商工業における地震被害と防災, 2007年度第20回研究発表会市民公開シンポジウム, 2007年11月.
142)黒崎 ひろみ : 教育訓練と地域の課題・予防と予報・避難, 2007年度第20回研究発表会市民公開シンポジウム, 2007年11月.
143)藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年11月.
144)中野 晋, 安藝 浩資, 岡田 直也, 岩瀬 文人, 清水 里香 : エダミドリイシの産卵期の流動場の特性, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 62, 2007年11月.
145)中野 晋, 安藝 浩資, 花住 陽一, 岡田 直也, 藤田 真人 : エダミドリイシを対象とした生息適性度評価, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 130, 2007年11月.
146)池田 寛之, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : ニューラルネットワークとセルオートマトンを用いた土地利用予測, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, P7, 2007年11月.
147)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた土地利用計画支援システム, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 214, 2007年11月.
148)星野 弘明, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島県南部地域における津波避難行動の特性分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 162, 2007年11月.
149)程 琦, 近藤 光男, 嶋田 秀昭 : 通勤交通における自動車利用から徒歩・自転車・公共交通機関への転換施策の効果について, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 99, 2007年11月.
150)丁 育華, 近藤 光男, 余田 翔平 : 地方圏における高齢者の買物行動の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 84, 2007年11月.
151)中野 晋, 安藝 浩資, 内田 紘臣 : エダミドリイシの再生をめざして, --- わしずみ王のくに自然再生プロジェクト ---, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 47, 2007年11月.
152)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 奈津美, 田邊 晋 : 「FMピッカラ」の放送活動に関するヒアリング調査, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 41-46, 2007年11月.
153)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 松下 恭司, 村上 仁士 : 新しい歴史史料に基づく安政南海地震時における徳島県鳴門市周辺の被害特性に関する考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 65-72, 2007年11月.
154)香月 翔太, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 関澤 純 : 水環境中におけるパラベン類の挙動・分配, 第10回環境ホルモン学会, 2007年12月.
155)平田 佳子, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 山本 裕史, 関澤 純, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 防腐剤パラベン類による生態系への影響, 第10回環境ホルモン学会研究発表会, 2007年12月.
156)鎌田 磨人 : 「森づくりの生態学的計画」から「地域住民による森づくり・地域づくり」への展開-徳島県上勝町「千年の森づくり」での取り組み, --- ニッセイ財団第22回助成研究ワークショップ「森林の機能評価と協働による森づくり」 ---, 2007年12月.
157)森 紗綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 板東 伸益, 竹田 友架, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河における水質の日変動特性について, 第42回日本水環境学会年会, 2008年.
158)森 紗綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 竹田 友架, 板東 伸益, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河におけるエコシステム式浅場創出に関する現地実験について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 414-415, 2008年.
159)森 友佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 板東 伸益, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河での水環境再生に向けた新しい曝気手法の実証実験について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 378-379, 2008年.
160)上月 康則, 田邊 晋, 井若 和久, 栗原 美波, 山中 亮一, 村上 仁士 : 徳島県の地震・津波碑とその管理について, 歴史地震研究発表会, Vol.25, 8, 2008年.
161)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一 : 河口干潟潮間帯での底質環境の変化に伴う底生生物群集の応答に関する二,三の検討, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 394-395, 2008年.
162)酒井 孟, 大谷 壮介, 藤木 洋二, 山中 亮一, 上月 康則 : 二潮汐間における底生微細藻類の量,質的変動について, 2008年日本プランクトン学会•ベントス学会合同大会, 117, 2008年.
163)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟, 藤木 洋二 : 干潟底質環境の変動に伴う底生生物群集の変化予測手法の一提案, 2008年度環境アセスメント学会第7回大会, 156-160, 2008年.
164)三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂本 明雄, 坂下 広大, 山中 亮一 : 付着生物回収による直立護岸壁面の生物多様性向上効果について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 398-399, 2008年.
165)坂下 広大, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂本 明雄, 山中 亮一 : マナマコの摂餌量の季節変化について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 412-413, 2008年.
166)石田 達憲, 三好 真千, 上月 康則, 山口 暢洋, 坂下 広大, 山中 亮一 : 港湾の護岸壁面周辺に生息する肉食・腐肉食生物の物質循環作用について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 432-433, 2008年.
167)坂本 明雄, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂下 広大, 山中 亮一 : 尼崎港周辺でのムラサキイガイ由来のバイオマス資源回収量の推定, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 436-437, 2008年.
168)山口 暢洋, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 坂本 明雄, 坂下 広大, 山中 亮一 : 港湾の護岸壁面に付着するムラサキイガイの脱落要因に関する現地調査, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 402-403, 2008年.
169)鎌田 磨人 : 「徳島県高丸山千年の森」における立地ポテンシャル評価に基づく自然林再生手法, --- 植生学会シンポジウム 「望ましい自然再生を求めて-植生学のノウハウを使いこなす」 ---, 2008年1月.
170)中野 晋 : 自助・共助-防災は人と人との絆から-, 4県(三重県,和歌山県,高知県,徳島県)連携自主防災組織交流大会, 2008年1月.
171)田村 隆雄, 上田 隆雄, 黒崎 ひろみ, 藤田 真人, 中野 晋, 水口 裕之 : 平成19年度建設工学科新入生合宿研修の達成度評価, --- 研修後に実施した2回のアンケート調査から ---, 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 12-13, 2008年1月.
172)関澤 純 : 食の安全・安心について考えるー農薬を中心として, 2008年度徳島県農薬販売店講習会招待講演, 2008年2月.
173)関澤 純 : 今必要なリスクコミュニケーションとは, 平成19年度日本獣医師会学会年次大会市民公開シンポジウム招待講演, 2008年2月.
174)鎌田 磨人 : 多様な連携! 徳島大学との活動連携の現状, --- 第2回徳島県立高丸山千年の森セミナー「森づくりから広がる新たな可能性を探る」 ---, 2008年2月.
175)鎌田 磨人 : 生態系の危機と保全-農業で保たれる生物の多様性, --- 徳島大学社会連携講座「市民ファーマー育成講座」 ---, 2008年2月.
176)中川 秀幸, Kozue Edo, Keiko Ashida, Asami Nakanishi, Hitomi Sakai, Kuniko Nagasaka, Haruhiko Sakuraba : Partial purification of dorsal lectins of the Japanese devil scorpionfish, Inimicus japonicus, Journal Pharamacological Sciences, Vol.106, No.Suupl. 1, 208, 2008年2月.
177)渡辺 公次郎, 長崎 浩紀, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた世帯の空間分布予測モデルの開発, 四国GISシンポジウム, 2008年2月.
178)白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
179)山田 歳也, 大西 徳生 : 自律分散型電力供給システムにおける再連系制御の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.045, 77, 2008年3月.
180)小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 直並列電源品質補償単相連系インバータの特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.047, 80, 2008年3月.
181)山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御PMモータの方形波駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.087, 145, 2008年3月.
182)木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流ピーク電流制御によるPMモータの進み角制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.101, 167-168, 2008年3月.
183)山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系三相インバータのAF動作, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.169, 283, 2008年3月.
184)香月 翔太, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 関澤 純 : パラベン類の水環境中における存在濃度と残留性, 第42回日本水環境学会年会講演集, 2008年3月.
185)中村 雄大, 森口 茂美, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中における挙動・分配メカニズムと構造活性相関, 第42回日本水環境学会年会講演集, 2008年3月.
186)平田 佳子, 山本 裕史, 関澤 純, 中村 雄大, 渡辺 美佳子, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 防腐剤パラベン類4種の水棲生物を用いた生態リスク初期評価, 第42回日本水環境学会年会講演集, 610, 2008年3月.
187)皆本 真吾, 大西 徳生 : PMSGを用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.115, 193, 2008年3月.
188)小西 勝久, 大西 徳生 : 可変速固定速切換え動作方式速度センサレス風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.116, 194, 2008年3月.
189)石本 寛幸, 大西 徳生 : SynRMのセンサレス駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.111, 186, 2008年3月.
190)林 洋幸, 大西 徳生 : センサレス制御誘導発電機の低速駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.120, 200, 2008年3月.
191)田村 生弥, 長塩 和也, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 下水道未普及地域の中小河川における生活関連汚染化学物質の浄化機能の解析とモデル化, 第42回日本水環境学会年会講演集, 353, 2008年3月.
192)長塩 和也, 田村 生弥, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 下水道未整備地域を流域とする徳島市近郊河川の有機汚濁負荷計算ならびに環境浄化策の比較検討, 第42回日本水環境学会年会講演集, 522, 2008年3月.
193)平井 松午, 渡辺 公次郎, 中野 真弘, 重見 高博 : 16世紀戦国期における阿波国勝瑞城館の三次元CG復原モデル, 日本地理学会要旨集, No.73, 275, 2008年3月.
194)谷垣 悠介, 鎌田 磨人 : GISとリモートセンシングを用いた竹林拡大域推定手法の提案, 第55回日本生態学会大会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)大西 徳生, 山中 建二, 林 洋幸, 北條 昌秀 : 誘導電動機を駆動源とする速度センサレスインバータ制御電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-07, No.03, 13-19, 2007年4月.
2)川島 宏文, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 実用会話システムにおける対話型案内コンテンツの構築, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 1-6, 2007年7月.
3)山本 麻由, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情コーパス構築のための文中の語に基づく感情分類手法, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 25-30, 2007年7月.
4)三品 賢一, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : N-gram出現頻度を用いた感情類似度計算, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 37-42, 2007年7月.
5)平井 孝則, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 突発性雑音に頑健な音声認識実現のための繰り返し発声を用いた音声強調法の提案, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.701, 1-6, 2007年7月.
6)喜多 雅彦, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 多数の話者モデル内での順位情報を用いた話者照合, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.A701, 7-12, 2007年7月.
7)藤原 祥平, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 分散音声認識を用いた音声対話システムの検討, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.A701, 13-18, 2007年7月.
8)篠山 学, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : Super-Functionを用いた日英機械翻訳における日付・時間表現の抽出, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 163-168, 2007年7月.
9)Zhi Teng, Ye Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Search Computing Based on Google API for QA System, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 91-99, Jul. 2007.
10)Junko Minato, Matsumoto Kazuyuki, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Color and Emotion in Japanese and English, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 363, Sep. 2007.
11)渡辺 公次郎 : 勝瑞城をCG復元4, 徳島新聞, 2007年10月.
12)石原 航平, 大西 徳生 : 電解コンデンサレスBTB構成三相双方向電力変換装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.113(36), 19-23, 2007年11月.
13)石内 宏樹, 大西 徳生 : PMモータのVγ入力による振動抑制V/f制御システム, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.118(41), 19-23, 2007年11月.
14)木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流電流検出によるPMモータの高効率V/f制御方式, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.119(42), 19-23, 2007年11月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)平井 松午, 重見 高博, 渡辺 公次郎, 中野 真弘 : 平成18・19年度徳島大学パイロット事業支援「国史跡『勝瑞城館』を核とした藍住町まちづくり支援プログラム」報告書, --- 16世紀戦国期における阿波国勝瑞城館の三次元CG復元モデル ---, 1-8, 徳島, 2008年2月.
2)真田 純子, 鎌田 磨人, 上月 康則, 山中 亮一 : 地域貢献活動を用いた地域課題探索・解決型実習の試行, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 2008年3月.
3)長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{70428}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)鎌田 磨人 : 6.1.1 生物の生息・生育を規定する非生物学的環境要因, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
2)鎌田 磨人 : 6.2.1 汽水域生態系を構成する生物群衆の構造把握のための視点, 技報堂出版, 東京, 2008年6月.
3)鎌田 磨人 : 6.2.2 異なった空間スケールにおけるハビタットの不均一性と環境要因の作用過程, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
4)鎌田 磨人 : 6.3 異なった空間スケールを用いた生物分布の把握事例, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
5)Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Persistent organic pollutants (POPs) research in Asia, --- Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands ---, Aug. 2008.
6)Mahito Kamada : Process of willow community establishment and topographic change of riverbed in a warm-temperatye region of Japan, Springer-Verlag, Tokyo, Aug. 2008.
7)鎌田 磨人 : 千年の森づくり―生態学的計画から森づくり・地域づくりへの展開, 北海道大学出版会, 札幌, 2009年.
8)上月 康則, 生態系工学研究会 : 大阪湾-環境の変遷と創造, 恒星社厚生閣, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Qi Cheng, Akio Kondo, Akiko Kondo and Hideaki Shimada : Two Proposals for Solution to Transport Problems in Wuhan, Plan, Build and Manage Transportation Infrastructure in China, 492-499, 2008.
2)年 廷凱, 栾 茂田, 鄭 徳風, 蒋 景彩 : 間隙水圧の影響を考慮した抑止杭の簡易解析法, Rock and Soil Mechanics, Vol.29, No.4, 263-268, 2008年.
3)中野 晋, 吉村 尚倫, 植田 勇二, 冨永 数男 : 能登半島地震・新潟県中越沖地震における企業被害調査, 地域安全学会, 2008年.
4)重光 亨, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男, 福富 純一郎 : 二重反転形軸流ポンプにおける設計流量点流れのLDV計測, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.741, 1091-1097, 2008年.
5)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Kaori Ueda, Shigefumi Nakai and Hitoshi Murakami : Relationship between macrobenthos and physical habitat characters in tidal flat in eastern Seto Inland Sea, Japan, Marine Pollution Bulletin, Vol.57, No.1-5, 142-148, 2008.
6)西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第1報,実験と数値解析との比較), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.742, 1386-1394, 2008年.
7)小串 重治, 鎌田 磨人 : ウラジオモミの侵入に伴う草地消失リスク評価のための要因分析, 景観生態学, Vol.12, No.2, 1-15, 2008年.
8)原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県域における湿生・水生絶滅危惧植物の潜在的生育適地の推定, 景観生態学, Vol.12, No.2, 17-32, 2008年.
9)重光 亨, 福富 純一郎, 武山 裕一 : 対称形ケーシングによるクロスフロー風車の高性能化に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1505-1511, 2008年.
10)西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第2報,羽根負荷とボリュートケーシングの影響), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1496-1504, 2008年.
11)重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1741-1747, 2008年.
12)西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの損失解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1785-1792, 2008年.
13)Atsushi Mikami, Jonathan Stewart and Makoto Kamiyama : Effects of time series analysis protocols on transfer functions calculated from earthquake accelerograms, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.28, No.9, 695-706, 2008.
14)白鳥 実, 上月 康則, 島田 佳和, 橘田 竜一, 佐藤 塁, 村上 仁士 : ダム下流減水区間の付着藻類群集による河川の自濁作用に関する調査研究, 土木学会論文集G(環境), Vol.64, No.3, 262-275, 2008年.
15)山中 亮一, 上月 康則, 森 友佑, 森 紗綾香, 板東 伸益, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河での水環境改善に向けた新しい曝気手法に関する現地実験, 海岸工学論文集, Vol.55, No.2, 1246-1250, 2008年.
16)中野 晋, 清水 里香, 安藝 浩資 : 内湾性サンゴ種の遷移と海底光量子量の関係, 海岸工学論文集, Vol.55, 1111-1115, 2008年.
17)安藝 浩資, 中野 晋, 盛 治夫 : PHSIモデルによるサンゴの生息環境評価と自然再生計画の策定, 海岸工学論文集, Vol.55, 1116-1120, 2008年.
18)藤田 真人, 中野 晋, 山添 美波, 仙波 真一 : 吉野川河口干潟のカニ類を対象とした生息環境評価モデルの検討, 海岸工学論文集, Vol.55, 1161-1165, 2008年.
19)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎 : 自治会に着目した定量的地域防災力評価手法開発の試み, 都市計画論文集, Vol.43, No.2, 34-40, 2008年.
20)丁 育華, 近藤 光男, 村上 幸二郎, 大西 賢和, 渡辺 公次郎 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその地方圏への適用に関する研究, 都市計画論文集, Vol.43, No.3, 13-18, 2008年.
21)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子, 萬浪 善彦 : 四国における観光を目的とした地域間交流モデルの構築と交流が地域に及ぼす影響の分析, 都市計画論文集, Vol.43, No.3, 253-258, 2008年.
22)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 地域学研究, Vol.38, No.2, 527-539, 2008年.
23)斉藤 剛彦, 三神 厚, 成行 義文 : 昭和南海地震体験談に基づく震源域各地の揺れと震源特性の関連についての考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 59-66, 2008年.
24)中野 晋, 冨永 数男, 吉村 尚倫, 黒崎 ひろみ, 植田 勇二 : 新潟県中越沖地震による地場産業被害と復旧活動に関する聞き取り調査, 安全問題研究論文集, Vol.3, 83-88, 2008年.
25)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 魁生 知佐子 : 学校防災教育に有効なDIGの開発と教育の継続, 安全問題研究論文集, Vol.3, 221-226, 2008年.
26)清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の乾燥性能について, 日本食品工学会誌, Vol.9, No.4, 303-309, 2008年.
27)Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Yokino Kazuyoshi : Identification of DEM Parameters for Rockfall Simulation Analysis, Chinese Journal of Rock Mechanics and Engineering, Vol.27, No.12, 2418-2430, 2008.
28)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 149-156, 2008年.
29)中野 晋, 村上 仁士, 上野 勝利, 黒崎 ひろみ : 岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部地震における企業被害と応急対応, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 135-142, 2008年.
30)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 医師・薬剤師・栄養士から見た被災生活の問題点とその対応法, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 167-172, 2008年.
31)蒋 景彩, 山上 拓男, 冨山 善史 : 2004年新潟県中越地震被災地への広域斜面崩壊予測法の適用, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 81-88, 2008年.
32)井若 和久, 上月 康則, 中野 晋, 山中 亮一, 武村 知美, 黒崎 ひろみ, 村上 仁士 : 徳島大学での地震避難訓練と学生・教職員の防災意識, 安全問題研究論文集, Vol.3, 185-190, 2009年.
33)岡部 健士, 田村 隆雄 : 吉野川河道内に残留した水防竹林の管理計画に関する数値解析的検討, 水工学論文集, Vol.53, 625-630, 2009年.
34)田村 隆雄, 岡部 健士, 星川 豪, 末永 慶寛, 渡辺 康之 : 地質の異なる2つの山地森林流域における大雨時のNO3-N流出機構の比較検討, 水工学論文集, Vol.53, 499-504, 2009年.
35)Hiroshi Yamamoto, Yudai Nakamura, Shigemi Moriguchi, Yuki Nakamura, Yuta Honda, Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Akihide Hayashi and Jun Sekizawa : Persistence and partitioning of eight selected pharmaceuticals in the aquatic environment, --- Laboratory photolysis, biodegradation, and sorption experiments ---, Water Research, Vol.43, No.2, 351-362, 2009.
36)松尾 雄治, 中野 晋, 山本 基, 村上 仁士 : 320年間の洪水位観測記録から見た肱川の治水安全度の変遷, 水工学論文集, Vol.53, 583-588, 2009年.
37)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルを用いた土地利用計画支援システムの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 409-416, 2009年.
38)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における消費者の買物意識と行動の分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 417-422, 2009年.
39)清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の内部流動について, 日本食品工学会誌, Vol.10, No.1, 17-22, 2009年.
40)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 津波防災まちづくり計画支援のための津波避難シミュレーションモデルの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.637, 627-634, 2009年.
41)Vladimir Jovanovic, 上月 康則, 山中 亮一, Machi Miyoshi, Sosuke Otani : 尼崎港内の懸濁物質の沈降特性に及ぼすムラサキイガイの影響, 沿岸域学会誌, Vol.21, No.4, 97-111, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山本 裕史, 田村 生弥, 中村 友紀, 中村 雄大, 香月 翔太, 藤川 弘安, 長塩 和也, 平田 佳子, 関澤 純, 大谷 壮介, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市木屋平を流れる一級河川穴吹川の水質, 阿波学会紀要, Vol.54, 13-22, 2008年.
2)S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 183, 2008.
3)Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 126, 2008.
4)Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 124, 2008.
5)近藤 光男, 大西 賢和 : 地方都市における高齢者の都心居住のための生活環境施設整備に関する住民意識の調査分析, 新鑑定四国, No.2, 32-36, 2008年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)山本 裕史, 関澤 純, 鑪迫 典久, 平井 慈恵, 石橋 弘志, 有薗 幸司 : 医薬品類・化粧品類の水棲生物に対する影響, 用水と廃水, Vol.50, No.7, 95-100, 2008年7月.
2)中野 晋 : 中・長期的な潮位変動のモニタリング, 水工学シリーズ 08-B-3, B3-1-B3-16, 2008年8月.
3)上野 勝利, 石田 義夫 : 中山間地の孤立対策としてのアマチュア無線, --- 徳島大学地域防災無線研究会「JR5YAU」の試み ---, CQ Ham Radio, Vol.63, No.10, 52-57, 2008年9月.
4)西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第1報), ターボ機械, Vol.36, No.12, 721-728, 2008年12月.
5)西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第2報), ターボ機械, Vol.37, No.1, 43-51, 2009年1月.
6)中川 秀幸 : ウニ類の棘には毒がある, --- 糖鎖を認識するタンパク質毒素 ---, ビオフィリア, Vol.5, No.1, 14-19, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Ryoichi Yamanaka, Motohiko Murai, Yoshiyuki Inoue and Yasunori Kozuki : Wind effect on the dispersion processes of Ruditapes philippinarum larvae around the Port of Yokohama in Tokyo Bay, PACON2008 Program and Abstracts, 63, Honolulu, Jun. 2008.
2)Kazuhisa Iwaka, Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Shin Tanabe and Hitoshi Murakami : Numerical Simulation on The 1854 Ansei Nankai Earthquake Tsunami Based on Histrical Documents, PACON2008 Program and Abstracts, 19, Honolulu, Jun. 2008.
3)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Strength parameters from back analysis of slips in two-layer slopes, Proceedings of the 10th International Symposium on Landslides and Engineered Slopes, 747-753, Xi'an, Jun. 2008.
4)Mahito Kamada : People's participation in the re-designing the forest in the urban fringe area in Tokushima ,Japan, 3rd Conference of the Competence Network Urban Ecology, Urban Biodiversity & Design, Erfurt, Jun. 2008.
5)Mitsuhiro Sato, Akio Kondo and Takuya Kouyama : Evaluationg to the Health Effect of Using a Community-based Sports Club by Monetary Value, International Sociology of Sport Association 5th World Congress 2008, 71, Kyoto, Jul. 2008.
6)Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", Korea, Aug. 2008.
7)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Shirai Yutarou : The Effect of Casing Shape on Performance of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Conference, Jacksonville, Florida, USA, Aug. 2008.
8)Kojiro WATANABE, Hiroki Nagasaki and Akio Kondo : DEVELOPMENT OF LAND USE PLANNING SUPPORT SYSTEM USING HOUSEHOLD DISTRIBUTION PREDICTION MODEL, Proceedings of ASIA GIS 2008, 40, Busan, Sep. 2008.
9)Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Yasuhiro Fujiwara and Atsushi Mikami : Development of Tsunami Refuge Petri-Net Simulation System utilizable in Independence Disaster Prevention Organization, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 09-02-0018, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
10)Kouichi Suchi, Yoshifumi Nariyuki, Yukiko Sedo and Atsushi Mikami : A Fundamental Study on Development of a Verification System for Earthquake- Proof Measures for Furniture, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 05-01-0121, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
11)Toshikazu Matsuda, Atsushi Mikami, Terumasa Okamoto, Susumu Nakano, Takeshi Okabe and Yoshifumi Nariyuki : Two-Layer Modeling of Ground Based on Microtremor Observations and Its Application to Areas Devastated by Recent Major Earthquakes in Japan, Proc. The 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-1-1017, Beijing, Oct. 2008.
12)Takehiko Saito, Atsushi Mikami, Susumu Nakano and Yoshifumi Nariyuki : Attenuation and Site Amplification for Long-Period Ground Motions Observed in Western Japan, Proceedings of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-10-0024, Beijing, Oct. 2008.
13)Tomoyuki Shimada, Atsushi Mikami, Hiroyuki Maki and Yoshifumi Nariyuki : Generation of Response-Spectrum-Compatible Ground Motions Based on First-Passage Theory, Proceeding of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, Oct. 2008.
14)Hiromi Kurosaki and Susumu Nakano : Development of the Street Dance Drill for Disaster Prevention Education, Proc. of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, Oct. 2008.
15)Toru Shigemitsu, Sakai Shintarou, Kawada Masanori, Matsuoka Tsukasa and Junichiro Fukutomi : The Study on The Flow Phenomena of Unvulcanized Rubber in Process of Filling, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Hokkaido , Japan, Oct. 2008.
16)Sayaka Mori, Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Yusuke MORI, Nobuyoshi BANDO, Takashi Nakanishi, Kazuhiko TAKATANI and Hideki Ueshima : Field observation of water environment characteristics for restoration of the Amagasaki Canal, Japan, EMECS-8, 125-126, Shanghai, Oct. 2008.
17)Ryoichi Yamanaka, Keiji Nakatsuji and Yasunori Kozuki : Tide and meteorological effect on dispersion processes of high-turbidity river water and resuspension of sediment in the Bohai Sea, EMECS-8, 146, Shanghai, Oct. 2008.
18)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Hiromitsu Sasaoka, Tetsu Ishiyama, Yoshihito Okitsu, Hajime Sakai and Yoji Fujiki : The role of crabs (Macrophtlmus Japonics) burrows on organic matter decomposition in estuarine tidal flat, Japan, EMECS-8, 103-104, Shanghai, Oct. 2008.
19)Ken Hirai, Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Takashi Nakanishi and Yoshikazu Suzuki : The environmental remediation effects of artificial tidal flat in inner part of Osaka Bay, Japan, EMECS-8, Shanghai, Oct. 2008.
20)Machi Miyoshi, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Akio Sakamoto, Tatsunori Ishida, Nobuhiro Yamaguchi and Koudai Sakashita : Estimation of Biomass Resource from Mytilus galloprovincialis attached the Vertical Seawall at Osaka Bay in Japan, EMECS-8, 99-100, Shanghai, Oct. 2008.
21)Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
22)S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
23)Yoshiko Hirata, Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Yudai Nakamura, Kaori Ikebata, Shota Katsuki, Jun Sekizawa, Yoshihiro Kagami, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : Integrated ecological risk assessment of a class of preservatives, parabens, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Tampa, Nov. 2008.
24)Ikumi Tamura, Kazuyo Nitta, Kazuya Nagashio, Jun Sekizawa, Hirofumi Kassai, Motohiro Tanaka and Hiroshi Yamamoto : Fate and transport of contaminants in household effluent in small urban stream drainage area with no sewage service coverage, --- Construction of a simple mathematical model ---, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Tampa, Nov. 2008.
25)Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
26)Nobuhiro Kurio, Kiyoshi Ogata and Tokuo Ohnishi : Natural Commutation Method for a Low-Voltage High-Current Input DC-DC Converter, Proc. Of IEEE Power and Energy Conference 2008 (PECon2008), Johor Bahru, Dec. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)重光 亨, 矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎 : 小型軸流ファンの性能特性と相似則に関する研究(二重反転形採用の可能性について), ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
2)西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの損失解析, ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
3)近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.Vol.6, 17-20, 2008年5月.
4)大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
5)冨永 数男, 中野 晋 : 海岸堤防に作用する段波津波の実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
6)冨永 数男, 中野 晋 : 能登半島地震・新潟県中越沖地震における企業被害調査, 地域安全学会, 2008年5月.
7)冨永 数男, 中野 晋, 川野 祐樹 : 津波に対する消波ブロック安定性に関する実験的考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
8)渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀, 近藤 光男 : 徳島都市圏における世帯の空間分布予測モデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.6, 29-32, 2008年5月.
9)近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.6, 17-20, 2008年5月.
10)竹田 竜樹, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 線形・非線形強度式が斜面安定解析に及ぼす影響について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会, 155-156, 2008年5月.
11)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子, 大塚 可奈子 : 四国における観光を目的とした地域間交流メカニズムに関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 272-273, 2008年5月.
12)日向 隆裕, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 近藤 明子, 大塚 可奈子, 三上 千春 : 全国高速交通体系整備が地域に及ぼした影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 240-241, 2008年5月.
13)大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
14)冨長 亜沙実, 田村 隆雄 : 吉野川水系に属する3流域の水質特性に関する調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 420-421, 2008年5月.
15)大谷 拓也, 田村 隆雄 : 竹ヶ島海中公園自然再生事業に関連した宍喰川流域の水質特性に関する調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 422-423, 2008年5月.
16)江尻 雄三郎, 田村 隆雄 : 土地利用の異なる2つの流域の洪水時水質特性と物質流出量の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 426-427, 2008年5月.
17)渡辺 康之, 田村 隆雄 : 数理モデルを用いた地質が異なる2つの山地森林流域の洪水時物質流出機構の定量評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 430-431, 2008年5月.
18)中野 晋, 黒崎 ひろみ, 魁生 知佐子, 岡部 健士, 藤田 真人 : 徳島大学における防災リーダー養成の取組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
19)冨永 数男, 中野 晋, 川野 祐樹 : 津波に対する消波ブロックの安定性に関する実験的考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
20)仙波 真一, 中野 晋, 山添 美波, 藤田 真人 : 2007 年徳島県および香川県内河口干潟のシオマネキ属生息分布調査, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
21)山添 美波, 中野 晋, 仙波 真一, 藤田 真人 : 吉野川河口干潟のカニ類を対象とした生息環境評価モデルの検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
22)清水 里香, 中野 晋, 安藝 浩資, 岡田 直也 : 光量子到達量とサンゴの生息分布の関係, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
23)岡田 直也, 中野 晋, 安藝 浩資 : 竹ヶ島周辺海域に生息するエダミドリイシの産卵期の生態的特性について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
24)源 貴志, 太田 圭亮, 成行 義文, 三神 厚 : 兵庫県南部地震の建物被害関数を用いた道路閉塞の予測手法に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 92-93, 2008年5月.
25)須知 晃一, 瀬戸 由紀子, 成行 義文, 三神 厚 : 剛体の地震時スウェイ-ロッキング連成挙動解析に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, 2008年5月.
26)三矢 草, 成行 義文, 三神 厚, 奥野 央之 : 強震下における1自由度系の残留変位応答スペクトルに関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 78-79, 2008年5月.
27)丸山 有弥, 成行 義文, 西窪 由香理, 三神 厚 : 支承の復元力履歴特性を考慮した道路橋の地震時損傷評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 86-87, 2008年5月.
28)渡辺 公次郎, 真見 泰弘, 近藤 光男 : 歴史的市街地における景観保全に配慮した耐震化の経済的価値に関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.8, 81-82, 2008年5月.
29)山本 裕史 : PPCPsの従来型生態リスク評価の限界点, --- 作用点とハザード設定の観点から ---, 第17回環境化学討論会ナイトミーティング, 2008年6月.
30)山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 関澤 純 : 医薬品類の土壌・底質への収着と電気化学的親和性, 第17回環境化学討論会, 2008年6月.
31)上野 勝利 : 孤立地区でのアマチュア無線の活用事例, 岩手・宮城内陸地震・緊急被害調査速報会, 2008年6月.
32)中野 晋, 安藝 浩資, 清水 里香, 岡田 直也 : 阿波竹ヶ島海中公園のサンゴ群集と光環境の関係, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集, Vol.21, 151-154, 2008年7月.
33)トラン グエン ビン, 福富 純一郎, 重光 亨 : クロスフローファンの性能と内部流れに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
34)白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高効率化に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
35)矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
36)藤原 亮太, 西 泰行, 福富 純一郎, 重光 亨 : 一枚羽根遠心羽根車の設計法に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
37)石田 直樹, 住友 尚志, 名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式乳化機の内部流れと乳化作用の研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
38)三谷 直子, 上月 康則, 山中 亮一 : 大学生を対象とした環境家計簿による春∼夏期のCO2排出量削減効果について, 日本環境教育学会研究発表要旨集, Vol.19, 251, 2008年8月.
39)蒋 景彩, 山上 拓男 : 地震時広域岩盤斜面の不安定性評価-平面すべりを想定した場合-, 第47回日本地すべり学会研究発表会発表講演集, 244-249, 2008年8月.
40)林 洋幸, 大西 徳生 : センサレスベクトル制御による誘導電動機の複数台駆動特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.27, 1-183-1-184, 2008年8月.
41)石本 寛幸, 大西 徳生 : センサレス制御SynRMの実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.31, 1-197-1-198, 2008年8月.
42)小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 間接変換方式三相電源品質補償装置の制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.41, 1-231-1-232, 2008年8月.
43)柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた多機能電力変換装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.17, 2008年8月.
44)佐藤 大輔, 大西 徳生 : 時分割チョッパとPFC制御を併用したニッケル水素蓄電池充電装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.29, 2008年8月.
45)坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導発電機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.35, 2008年8月.
46)立花 知也, 大西 徳生 : 埋め込み磁石同期電動機(IPMSM)のセンサレス電流ベクトル制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.43, 2008年8月.
47)津村 晃弘, 大西 徳生 : SPMSMセンサレスベクトル制御によるパワーアシスト台車, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.44, 2008年8月.
48)三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御を付加した誘導電動機のV/f制御システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.45, 2008年8月.
49)小西 勝久, 大西 徳生 : 慣性モーメントによる応答遅れ補償可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.47, 1-251-1-252, 2008年8月.
50)皆本 真吾, 大西 徳生 : センサレス制御PMSGを用いた可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.48, 1-253-1-254, 2008年8月.
51)木内 光幸, 大西 徳生 : V/f制御によるファン・ポンプモータの位置センサレス正弦波駆動, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.60, 1-291-1-292, 2008年8月.
52)山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMを駆動源とする位置センサレスインバータ制御電気自動車, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.2, No.33, 2-431-1-432, 2008年8月.
53)平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 鑪迫 典久 : 日焼け止め成分の生態リスク初期評価, 第5回バイオアッセイ研究会・環境毒性学会合同研究発表会, 2008年8月.
54)酒井 宣年, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源の負荷端子電圧補償, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.105, 1-441-1-442, 2008年8月.
55)松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象とフローマーク発生メカニズムに関する研究, 日本流体力学会年会2008, 2008年9月.
56)松田 敏和, 三神 厚, 成行 義文 : 鉄筋コンクリート建物の地震被害に対する埋設効果の統計的検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.B-2, 21-22, 2008年9月.
57)冨長 亜沙実, 田村 隆雄 : 吉野川水系のシリカ濃度の分布,および流下特性に関する調査研究, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.63, 195-196, 2008年9月.
58)大谷 拓也, 田村 隆雄 : 竹ヶ島海中公園に隣接する宍喰川流域における土地利用が河川に与える影響に関する調査研究, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.63, 197-198, 2008年9月.
59)渡辺 康之, 田村 隆雄 : 短期洪水イベントにおける地質条件の差異がカルシウムイオン及び硝酸の流出機構に与える影響の比較検討, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.63, 415-416, 2008年9月.
60)源 貴志, 成行 義文, 安部 真理子, 三神 厚 : 垂直航空写真の輪郭線指向特性に基づく建物瓦礫部の自動抽出に関する基礎的研究, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 655-656, 2008年9月.
61)篠原 光子, 中川 秀幸, 大浦 清 : オニオコゼの刺棘タンパク質成分からのレクチンの精製, Journal of Oral Biosciences, Vol.50, No.Suppl., 2004, 2008年9月.
62)渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀 : 世帯の空間分布予測モデルを用いた土地利用計画支援システムの開発, --- その1 世帯の空間分布予測モデルの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 911-912, 2008年9月.
63)長﨑 浩紀, 渡辺 公次郎 : 世帯の空間分布予測モデルを用いた土地利用計画支援システムの開発, --- その2 土地利用計画支援システムの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 913-914, 2008年9月.
64)河岸 真広, 郷内 吉瑞, 大貝 彰, 渡辺 公次郎 : マルチエージェントシミュレータを用いた住民による消火活動モデル開発の基礎的研究, --- 防災まちづくり支援ツール開発の1つとして ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 915-916, 2008年9月.
65)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 教師による防災教育ネットワーク形成の有効性, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.27, 77-78, 2008年9月.
66)中野 晋, 黒崎 ひろみ, 魁生 知佐子, 岡部 健士 : 大学教養教育における防災リーダー養成の取組み, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.27, 125-126, 2008年9月.
67)酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従センサレス制御系統連系方式無停電電源装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 2008年9月.
68)山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御とホールICを併用したPMSMの運転手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 2008年9月.
69)立花 知也, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス制御システムの無効電流による高効率運転, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 2008年9月.
70)栗坂 昌克, 大西 徳生 : センサレス制御によるIPMSMの高速広範囲速度制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 2008年9月.
71)十亀 拓也, 大西 徳生 : 異なる電動機のセンサレス複数台駆動, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.5, 2008年9月.
72)林 洋幸, 大西 徳生 : センサレスベクトル制御における誘導電動機複数台駆動電気自動車, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 2008年9月.
73)三原 寛司, 大西 徳生 : 誘導電動機のトルク電流ブースト無効電流制御方式V/f制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 2008年9月.
74)皆本 真吾, 大西 徳生 : PMSGを用いたセンサレス制御可変速風力発電システムにおける出力一定制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 2008年9月.
75)坂本 紘基, 大西 徳生 : 二次励磁制御可変速風力発電システムにおける出力一定制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 2008年9月.
76)小西 勝久, 大西 徳生 : センサレス制御可変速風力発電の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 2008年9月.
77)佐藤 大輔, 大西 徳生 : PFC制御を併用した時分割チョッパニッケル水素蓄電池充電装置の満充電検出方式, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.18, 2008年9月.
78)柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた周波数変換装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.19, 2008年9月.
79)小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 電源品質補償機能を有する三相無停電電源動作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.20, 2008年9月.
80)津村 晃弘, 大西 徳生 : 励磁成分電流可変によるセンサレス制御電動パワーステアリング(EPS)駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.21, 2008年9月.
81)鎌田 磨人, 平井 壮 : 河床変動パターンに基づく砂州上植物群落のポテンシャルハビタット評価, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
82)源 典子, 鎌田 祐樹, 鎌田 磨人 : ジンリョウユリ個体群の構造と光環境, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
83)武知 宏弥, 鎌田 磨人 : 出猟カレンダーを用いたニホンジカの分布拡大予測モデル, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
84)三橋 弘宗, 荒木田 葉月, 鎌田 磨人 : 内湾度を定量化する方法, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
85)荒木田 葉月, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 内湾度からみたシギ・チドリ類の渡来地の評価, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
86)竹村 紫苑, 荒木田 葉月, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 内湾度を用いたマングローブ林の潜在的生育地の推定, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月.
87)内輪 丈彰, 能野 一美, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 落石運動解析に要するDEMパラメータの推定法に関する一考察, 社団法人地盤工学会四国支部平成20年度技術研究発表会講演概要集, 53-54, 2008年9月.
88)蒋 景彩 : 2008年四川大地震災害現地調査報告―斜面崩壊・地すべり被害を中心として―, 社団法人地盤工学会四国支部平成20年度技術研究発表会講演概要集, 53-54, 2008年9月.
89)近藤 明子, 近藤 光男, 三上 千春, 大塚 可奈子, 山本 耕司 : 地域のUターン受け入れ体制がUターン人口移動に及ぼす影響に関する研究, 日本地域学会第45回年次大会学術発表論文集, 2008年10月.
90)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における商業施設に対する消費者の買物意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 229, 2008年11月.
91)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子 : 四国における観光を目的とした地域間交流に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 212, 2008年11月.
92)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における商業施設に対する消費者の買物意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.Vol.38, 229, 2008年11月.
93)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響, 第3回南海地震四国地域学術シンポジウム, Vol.3, 149-156, 2008年12月.
94)Hideyuki Nakagawa, Kozue Edo, Hotomi Sakai, Takuma Sugawaki, Hiroshi Takae, Mitsuko Shinohara, Kiyoshi Ohura and Haruhiko Sakuraba : Isolation of a novel lectin from the sea urchin, Toxopneustes pileolus, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.Suppl. 1, 142, Feb. 2009.
95)渡辺 公次郎, 星野 弘明, 松田 智太, 近藤 光男 : 災害時要援護者を考慮した避難シミュレーションモデルの開発, 第2回四国GISシンポジウム, C-5, 2009年2月.
96)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 鈴木 圭一, 近藤 光男 : 携帯電話とパソコンを用いた遺跡情報提供システムの開発, 第2回四国GISシンポジウム, C-2, 2009年2月.
97)重永 雄大, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルの開発, 第2回四国GISシンポジウム, B-1, 2009年2月.
98)山本 裕史 : PPCPsの環境リスク評価における課題, --- 大学研究者の視点から ---, 第48回日本環境化学会講演会, 2009年2月.
99)岩佐 浩行, 福富 純一郎, 重光 亨, 西 泰行 : 高比速度斜流ポンプに関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
100)矢野 忠寛, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れ, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
101)名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 小型ポンプのチップクリアランスが性能と内部流れに及ぼす影響に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
102)白井 祐太郎, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車を用いた多翼ファンにおける内部流動状態, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
103)石田 直樹, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式乳化機の内部流れと乳化効果, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
104)松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不均一充填に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
105)鎌田 磨人, 熱田 尚子, 田代 優秋 : 水生・湿生RDB植物を指標にした日本の水辺類型, 第57回日本生態学会大会, 2009年3月.
106)池幡 佳織, 山本 裕史, 新田 和代, 田村 生弥, 平田 佳子, 関澤 純, 鑪迫 典久, 中村 友紀 : 総排水毒性(WET)に対する生活関連汚染化学物質の影響の予備的検討, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
107)新田 和代, 山本 裕史, 田村 生弥, 関澤 純, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博 : 新規の多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
108)本多 勇太, 山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 関澤 純 : 様々な極性や官能基を有する微量汚染化学物質の土壌や底質への収着メカニズムの実験的検討, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
109)石本 寛幸, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従形センサレス制御インバータによるSynRMの駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.094, 161, 2009年3月.
110)三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御による誘導電動機V/f制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.088, 153, 2009年3月.
111)十亀 拓也, 石本 寛幸, 大西 徳生 : 位相追従形センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の始動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.093, 160, 2009年3月.
112)坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導電動機のセンサレス駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.092, 159, 2009年3月.
113)津村 晃弘, 大西 徳生 : 位置センサレス制御による電動パワーステアリング(EPS)駆動の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.097, 164, 2009年3月.
114)佐藤 大輔, 大西 徳生 : EDLC直列接続型Ni-MH蓄電池の並列充電制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.130, 221, 2009年3月.
115)香月 翔太, 山本 裕史, 田村 生弥, 平田 佳子, 関澤 純, 山本 敦史 : 水環境中での防腐剤パラベン類汚染のホットスポットの存在可能性, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
116)平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の水生生物に対する生態リスク初期評価, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
117)柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相電力変換における出力電圧の増大化, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.028, 50, 2009年3月.
118)栗坂 昌克, 大西 徳生 : PWM・PAM併用制御によるIPMSMの位相追従形センサレス駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.103, 174, 2009年3月.
119)立花 知也, 山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス電流ベクトル制御高効率運転, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.110, 187, 2009年3月.
120)田村 生弥, 山本 裕史, 新田 和代, 関澤 純, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博 : 生活関連汚染化学物質の中小河川における動態モデルの構築, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)下村 直行, 森田 郁朗, 安野 卓, 北條 昌秀, 川田 昌武, 寺西 研二, 大西 徳生 : 電気電子工学実験の試み, --- 少人数教育から見えてくるもの ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-08, No.2, 11-15, 2008年9月.
2)三谷 直子, 上月 康則, 山中 亮一 : 環境家計簿作成による環境配慮意識向上とCO2排出量削減効果について, 平成20年度 全学FD徳島大学教育カンファレンス, 15-16, 2009年1月.
3)小西 勝久, 大西 徳生 : 誘導機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.14, 81-86, 2009年1月.
4)酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従センサレス制御系統連系方式無停電電源装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.18, 105-109, 2009年1月.
5)小笠原 吉浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータ制御電源品質補償装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.19, 111-115, 2009年1月.
6)林 洋幸, 大西 徳生 : センサレス制御による複数台誘導電動機駆動電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-09, No.25, 2009年1月.
7)山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御による埋め込み磁石同期電動機駆動電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-09, No.24, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)上野 勝利 : アマチュア無線を利用した大規模災害時の自立的通信手段確保を目指した地域防災教育に関する研究, 電気通信普及財団研究調査報告書, Vol.23, 214-222, 東京, 2008年11月.
2)斉藤 章彦, 望月 秋利, 森 伸一郎, 三神 厚 : 徳島県内の常時微動測定, 四国の常時微動計測調査報告書, 2009年3月.
3)三神 厚 : 建物-地盤系の強震観測記録に基づく入力地震動の評価と免震技術, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, Vol.54, 24-33, 徳島, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{70428}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)長谷川 修一, 矢田部 龍一, 望月 秋利, 西山 賢一, 山本 浩司 : 四国地域の地盤情報データベースの構築と各沖積地盤の特性, (社)地盤工学会四国支部, 高松, 2009年9月.
2)中川 秀幸 : 薬毒物分析辞典(編集:高取健彦,黒岩幸雄,Anthony T. Tu,山本郁男), --- ウニレクチン ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2009年9月.
3)中野 晋, 黒崎 ひろみ, 津波研究小委員会 : 津波から生き残る, --- その時までに知ってほしいこと ---, 社団法人 土木學會, 2009年11月.
4)S. Takemura, Mahito Kamada and Y. Morimoto : Identification of topographical and climatic factors determining suitability of mangrove habitat in India as a basis for restoration planning, Research Publishing Service, Chennai, India, 2010.
5)K. Ito, I. Fjortoft, T. Manabe, Mahito Kamada and K. Fujiwara : Landscape design and childrens participation in Japanese primary school Planning prosess of school biotope for 5 years, Wiley-Blackwell, Oxford, UK., 2010.
6)大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.
7)中野 晋, 宇野 宏司 : 第23章 吉野川, 古今書院, 2010年3月.
8)鎌田 磨人 : 協働による自然林の順応的再生活動-徳島県上勝町における「高丸山千年の森づくり」の実践から, (財) 森林文化協会, 東京, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)島田 智之, 三神 厚, 牧 浩行, 成行 義文 : 定常確率過程に基づく初通過理論に地震動の非定常性を考慮した応答スペクトル適合地震動の作成, 構造工学論文集, Vol.55A, 364-371, 2009年.
2)Akihiro Nishio, Kouhei Akazawa, Futoshi Shibuya, Ryo Abe, Hideyuki Nushida, Yasuhiro Ueno, Akiyoshi Nishimura and Toshiki Shioiri : Influence on the suicide rate two years after a devastating disaster: a report from the 1995 Great Hanshin-Awaji Earthquake., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.63, No.2, 247-250, 2009.
3)山中 建二, 大西 徳生 : 永久磁石同期電動機の位相追従同期形センサレス制御システム, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.129, No.4, 432-437, 2009年.
4)Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Akiyoshi Nishimura : An autopsy case of severe pleuritis induced by misinsertion of a nasogastric nourishment tube: Diagnostic significance of multinucleated giant cells, Legal Medicine, Vol.11, No.4, 191-194, 2009.
5)Takako Gotohda, Akiyoshi Nishimura and Kyoji Morita : Immunohistochemical studies on early stage of hepatic damage induced by subacute inhalation of toluene vapor in rats., Journal of Applied Toxicology : JAT, Vol.29, No.6, 505-509, 2009.
6)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史的市街地における景観保全に配慮した耐震化のための行政補助金に関する研究, 都市計画論文集, Vol.44, No.1, 50-55, 2009年.
7)余田 翔平, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 丁 育華 : 徳島県における大規模小売店舗の立地の変遷と消費者の買物行動の変化に関する分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.639, 1101-1107, 2009年.
8)杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 工学離れを防 ぐ''科学体験フェスティバル in 徳島''の現状と波及効果, 工学教育, Vol.57, No.3, 14-19, 2009年.
9)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 板東 伸益, 高橋 秀文, 上嶋 英機 : 尼崎運河における護岸付帯式浅場を用いた砂浜性二枚貝の生息空間創出に関する現地実験, 海洋開発論文集, No.25, 431-436, 2009年.
10)西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心羽根車の設計法に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.754, 1320-1328, 2009年.
11)Yasuyuki Nishi and Junichiro Fukutomi : A Study of Performance and Internal Flow in a New Type of Sewage Pump, International Journal of Fluid Machinery and Systems, Vol.2, No.3, 239-247, 2009.
12)西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラスト, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.754, 1634-1641, 2009年.
13)HIroshi Ohta, Takuro Ueda, Yoshihiro Suenaga, Takao TAMURA, Kazuhiro Ichimi and Kuninao Tada : Movement of Sand Particles from Sand Mining Area to Plant Bed, Recent Advances in Marine Science and Technology 2008, 1-8, 2009.
14)程 琦, 近藤 光男, 竹内 駿祐 : 通勤交通における自動車利用から徒歩・自転車への転換施策による健康促進効果分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.26, No.5, 947-956, 2009年.
15)Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : A Study on Internal Flow in a New Type of Sewage Pump (1st Report, Comparison between Experiment and CFD Calculation), Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 648-660, 2009.
16)Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : A Study on Internal Flow in a New Type of Sewage Pump (2nd Report, Influence of Impeller Blade Loading and Volute Casing), Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 661-672, 2009.
17)Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : Loss Analysis of a New Type of Sewage Pump, Journal of Environment and Engineering, Vol.4, No.2, 362-374, 2009.
18)岩瀬 文人, 中野 晋, 安藝 浩資, 岡田 直也, 清水 里香 : エダミドリイシの有性生殖による増殖法に関する現地試験, 海岸工学論文集, Vol.56, 1216-1220, 2009年.
19)向井 梨紗, 近藤 光男, 近藤 明子 : 1960-2000年の全国高速交通網の整備に伴う二酸化炭素排出量の変化に関する分析, 都市計画論文集, Vol.44, No.3, 607-612, 2009年.
20)Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi WATANABE, Kusuo OKUMA and Junichiro Fukutomi : Internal Flow Measurement with LDV at Design Point of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 723-734, 2009.
21)安藝 浩資, 中野 晋 : 機会損失リスクを考慮した自然再生計画の評価手法, 海岸工学論文集, Vol.56, 1186-1190, 2009年.
22)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 天野 良祐, 片山 真太朗 : 四国における自治体の診断と市町村合併による効果, 地域学研究, Vol.39, No.2, 391-403, 2009年.
23)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 津波避難シミュレーションシステムの開発と地区の避難安全性評価への適用, 土木学会地震工学論文集, Vol.30, 757-767, 2009年.
24)三好 真千, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 暢洋, 坂下 広大, 田中 千裕, 山口 奈津美 : 港湾構造物壁面からのムラサキイガイ脱落と塩分・水温変化に関する研究, 海岸工学論文集, Vol.56, 1246-1250, 2009年.
25)上月 康則, 石垣 衛, 中西 敬, 山中 亮一 : 新しく創出された海浜環境の利用管理方法に関する適切な合意形成についての一考察, 海岸工学論文集, Vol.56, No.2, 1416-1420, 2009年.
26)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟, 藤木 洋二, 斎藤 梓, 岩雲 貴俊 : ヤマトオサガニの造巣活動に伴う物理的生物撹拌作用の定量評価, 海岸工学論文集, Vol.56, 1086-1090, 2009年.
27)山中 亮一, 上月 康則, 田邊 晋, 井若 和久, 村上 仁士 : 瀬戸内海における津波の波動特性とその危険度の時空間解析, 海岸工学論文集, Vol.56, 341-345, 2009年.
28)上月 康則, 大谷 壮介, 山中 亮一, 平井 研, 斎藤 梓, 酒井 孟, 藤木 洋二, 岩雲 貴俊 : 大阪湾湾奥に造成された人工海浜の底生生物に及ぼす貧酸素化・青潮の影響, 海岸工学論文集, Vol.56, 1211-1215, 2009年.
29)蒋 景彩, 山上 拓男, Bao Viet Nguyen : 地震時盛土斜面の不安定性評価手法による事例検討, 土木学会地震工学論文集, Vol.30, 149-155, 2009年.
30)大西 一賢, 蒋 景彩 : 地震力を考慮した斜面の進行性破壊解析に関する研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.Vol.4, 87-90, 2009年.
31)Kuniko Nagasaka, Hideyuki Nakagawa, Fumihiko Satoh, Takefumi Hosotani, Kumio Yokoigawa, Hitomi Sakai, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Mitsuko Shinohara and Kiyoshi Ohura : A novel cytotoxic protein, Karatoxin, from the dorsal spines of the the redfin velvetfihi, Hypodytes rubripinnis, Toxin Reviews, Vol.28, No.4, 260-265, 2009.
32)井若 和久, 上月 康則, 中野 晋, 山中 亮一, 武村 和美, 黒崎 ひろみ, 村上 仁士 : 徳島大学での地震避難訓練と学生・教職員の防災意識, 安全問題研究論文集, Vol.4, 83-88, 2009年.
33)中野 晋, 上野 勝利, 上月 康則, 佐溝 時彦, 村上 仁士 : 最近の被害地震における建設業の応急対応に関するヒヤリング調査, 安全問題研究論文集, Vol.4, 107-112, 2009年.
34)鳥居 謙一, 中野 晋, 大年 邦雄, 白木 渡, 村上 仁士 : 建設業における事業継続計画普及の課題と解決策, 安全問題研究論文集, Vol.4, 119-124, 2009年.
35)三神 厚, 成行 義文 : 初通過理論を用いた模擬地震動の作成について, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 27-30, 2009年.
36)齊藤 剛彦, 三神 厚, 成行 義文 : 様々な周期特性の地震動に対するサイト増幅特性評価式の適用性の検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 31-36, 2009年.
37)住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨, 石田 直樹, 吉村 圭央 : 圧力式ホモジナイザーにおける内部流れと乳化効果の研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.759, 2199-2206, 2009年.
38)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Yuichi TAKEYAMA : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Journal of Environment and Engineering, Vol.4, No.3, 490-501, 2009.
39)中野 晋, 岡部 健士, 冨永 数和, 黒崎 ひろみ, 上月 康則 : 大学BCPに向けた防災意識啓発と地震避難訓練の実施, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 119-124, 2009年.
40)住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨, 吉村 圭央 : ホモジナイザーのバルブ形状と乳化効果, 日本食品工学会誌, Vol.10, No.4, 215-222, 2009年.
41)西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラストに及ぼす羽根出口角の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.760, 2479-2487, 2009年.
42)重光 亨, 福富 純一郎, 白井 祐太郎 : ケーシング幅が二重反転多翼ファンの性能に及ぼす影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.760, 2488-2494, 2009年.
43)Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : Design Method for Single-Blade Centrifugal Pump Impeller, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 786-800, 2009.
44)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 大塚 可奈子 : 観光と業務目的の交流に着目した目的別地域間交流モデルに関する研究, 地域学研究, Vol.39, No.3, 585-598, 2009年.
45)鈴木 重雄, 正本 英紀, 井坂 利章, 古川 順啓, 東 彰一, 大田 直友, 鎌田 磨人 : 徳島県阿南市における竹林所有者と住民の竹林拡大に対する課題認識の差異, 景観生態学, Vol.15, 1-10, 2010年.
46)田代 優秋, 中川 頌将, 鎌田 磨人 : 氾濫原の農業水路における伝統的な半水没水田``縁田''とその変遷, 環境システム研究論文集, Vol.38, 63-71, 2010年.
47)Misuzu Aoki, Yoko Watanabe, Hideyuki Imai, Mahito Kamada and Keiji Wada : Interpopulation variation in life history in the fidder crab Uca arcuta, Journal of Crustacean Biology, Vol.30, No.4, 607-614, 2010.
48)森 友佑, 上月 康則, 三好 真千, 石田 達憲, 山中 亮一 : ムラサキイガイの群集内構造と脱落過程に関する一考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 681-685, 2010年.
49)山中 亮一, 上月 康則, 一色 圭佑, 森 紗綾香, 川井 浩史, 石垣 衛, 上嶋 英機, 高橋 秀文 : 尼崎運河に設置した小水路における藻類を用いた水質改善手法の現地実験, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1201-1205, 2010年.
50)上月 康則, 山中 亮一, 平井 研, 中西 敬, 前田 真里, 小崎 隆志, 宮内 勇児 : 人工海水池での自濁作用とその対策に関する調査研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1221-1225, 2010年.
51)井若 和久, 上月 康則, 花倉 僚介, 山中 亮一, 村上 仁士 : 安政・昭和南海地震時における津波避難行動に関する一考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1306-1310, 2010年.
52)上月 康則, 水口 裕之, 伊福 誠, 山中 亮一, 真田 純子, 久本 忠則, 六車 晋助, 斎藤 浩行, 岩村 俊平 : 仮想評価法とファジィ構造モデルを用いた三島川之江港エコ防波堤の事業評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1451-1455, 2010年.
53)上月 康則, 中西 敬, 佐藤 和博, 多良 千鶴, 西村 博一, 山口 奈津美, 岩城 嘉宏, 山中 亮一 : アミノ酸混和コンクリート表面上での付着微細藻類の生長特性に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.26, 111-116, 2010年.
54)上月 康則, 山口 奈津美, 山中 亮一, 三好 真千, 田中 千裕, 松本 秀政, 野上 文子, 岩城 嘉宏 : 過栄養化内湾でのワカメの自立的な世代交代を可能とさせる繊維材料に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.26, 753-758, 2010年.
55)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 石山 哲, 酒井 孟, 笹岡 宏光, 澳津 賀仁 : 吉野川河口干潟における二潮汐間での干潟底生微細藻類群集の変動特性, 環境工学研究論文集, Vol.47, 1-7, 2010年.
56)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 垣内 桂 : 尼崎運河における水質汚濁と水環境再生を主題とした環境教育の波及効果, 沿岸域学会誌, Vol.23, No.2, 63-74, 2010年.
57)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Hiromitsu Sasaoka, Tetsu Ishiyama, Yoshihito Okitsu, Hajime Sakai and Yoji Fujiki : The role of crabs (Macrophthalmus japonicus) burrows on organic carbon cycle in estuarine tidal flat, Estuarine, Coastal and Shelf Science, Vol.86, No.3, 434-440, 2010.
58)石上 安希子, 久保 真一, 北村 修, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 縊頸後に生存していた2剖検例, 法医病理, Vol.16, No.1, 40-45, 2010年.
59)石上 安希子, 良元 俊昭, 原 健二, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 尿細管壊死に対する剖検前超音波検査の有用性について:覚醒剤濫用者の1剖検例, 法医病理, Vol.16, No.2, 121-125, 2010年.
60)Aya Matsusue, Kenji Hara, Mitsuyoshi Kageura, Masayuki Kashiwagi, Wang Lu, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Akiyoshi Nishimura, Tomoko Sugimura and Shin-ichi Kubo : An autopsy case of rhabdomyolysis related to vegetamin and genetic analysis of the rhabdomyolysis-associated genes, Journal of Forensic and Legal Medicine, Vol.17, No.1, 46-49, 2010.
61)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Yuki Okabe : Performance and Flow Condition of Small-Sized Axial Fan and Adoption of Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.19, No.1, 1-6, 2010.
62)西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 羽根出口角の異なる一枚羽根遠心ポンプの損失解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.76, No.761, 76-84, 2010年.
63)田村 隆雄, 岡部 健士, 江尻 雄三郎, 新名 祐輔, 小河 健一郎 : 大規模斜面崩壊が発生した豪雨時における森林斜面の貯水高に関する研究, 水工学論文集, Vol.54, 511-516, 2010年.
64)木内 光幸, 大西 徳生 : V/f制御によるファン・ポンプモータのセンサレス正弦波駆動, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.130, No.1, 93-101, 2010年.
65)重光 亨, 福富 純一郎, 岡部 佑樹 : 小型軸流ファンへの二重反転形羽根車の採用について, ターボ機械, Vol.38, No.2, 93-99, 2010年.
66)松尾 雄治, 安永 一夫, 中野 晋 : 明治期の水位観測記録と実測平面図を用いた吉野川第十堰周辺の洪水と治水計画の再評価, 水工学論文集, Vol.55, 583-588, 2010年.
67)境 真太郎, 重光 亨, 松岡 司, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの充填過程における流れの現象と不均一な充填, 日本機械学会論文集(B編), Vol.76, No.762, 186-193, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)三神 厚, 辻野 早季子, 斉藤 剛彦 : 昭和南海地震体験談の地震動予測への活用と地震防災, 平成21年度四国地方整備局管内技術・業務研究発表会論文集, I-5-I-8, 2009年.
2)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟 : ヤマトオサガニの造巣活動に関する物理的な生物撹拌作用, 環境衛生工学研究, Vol.23, No.3, 220-223, 2009年.
3)西山 賢一, 石田 啓祐, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 森永 宏, 森江 孝志, 橋本 寿夫, 伊藤 嘉将, 山崎 健太 : 美馬市美馬町の地質と古生物, --- -和泉層群,鮮新∼更新統,ならびに地すべり地形- ---, 阿波学会紀要, No.55, 1-12, 2009年.
4)山本 裕史, 田村 生弥, 香月 翔太, 平田 佳子, 新田 和代, 本多 勇太, 加藤 潤, 池幡 佳織, 関澤 純, 中村 友紀, 大谷 壮介, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市美馬町の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.55, 13-22, 2009年.
5)蒋 景彩, 王 功輝 : 2008年5月12日四川大地震災害の調査報告―斜面崩壊・地すべり・ダム被害を中心として―, 第4回地盤と環境に関するシンポジウム講演概要・技術論文集, 11-21, 2009年.
6)鎌田 磨人, 大田 直友, 稲飯 幸代, 渡辺 雅子, 岸村 憲作 : 「残された自然」と「創られる自然」における人と野生生物の共存をめぐって, BIO-City, No.43, 122-127, 2009年.
7)田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 第46回環境工学研究フォーラム講演集, Vol.46, 53-55, 2009年.
8)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也, 佐藤 信二 : 徳島県における総合型地域スポーツクラブの利用が住民の健康に及ぼす効果に関する研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 1-10, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)西村 明儒 : 人の死後の法的取り扱いと死亡診断書(死体検案書), 徳島県医師会報, No.466, 21-29, 2010年3月.
2)近藤 光男 : 巻頭のことば「人口減少時代における多面的な共生による地域づくり」, 計画行政, Vol.33, No.1, 1-2, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Jing-Cai Jiang and Susumu Nakano : Post-earthquake investigation on large-scale highway embankment failures during the recent strong earthquakes in Japan, Proceedings of International Conference on Earthquake Engineering -- the 1st Anniversary of Wenchuan Earthquake --,, 662-665, May 2009.
2)Tomoko Tamaari, Kojiro WATANABE, Keiichi SUZUKI and Akio Kondo : Development of SHOUZUI Ruins Digital Museum Combined With Cellular Phone and Website, Proceedings of the 11th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Hong Kong, Jun. 2009.
3)Chiharu Mikami, Akio Kondo, Akiko Kondo and Yoshihiko Mannami : Interaction Model Between Regions in Sightseeing Behavior, Proceedings of the 11th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Hong Kong, Jun. 2009.
4)Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Hiroki Daito : Study on Performance and Flow Condition of Cross-flow Wind Turbine with a Symmetrical Casing, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
5)Shintarou Sakai, Toru Shigemitsu and Junichiro Fukutomi : The Flow Phenomena and The Non-uniform Filling of The Unvulcanized Rubber in Process of Filling, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
6)Takashi Sumitomo, Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu, Naoki Ishida and Yoshio Yoshimura : Study of Internal Flow and Emulsification Process in a Homogenizer, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
7)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Tadahiro Yano and Yuki Okabe : The Performance and The Similarity Law of Small-Sized Axial Fan and The Possibility of Adoption of Contra-Rotating Rotors, Proceedings of the 9th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Gyeongju, Korea, Sep. 2009.
8)Atsushi Mikami, Yoshifumi Nariyuki and Toshikazu Matsuda : Statistical Evaluation of Embedment Effect on Damage to RC Building Structures during the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake, 3rd Greece-Japan Workshop: Seismic Design, Observation and Retrofit of Foundations, 171-176, Santorini, Greece, Sep. 2009.
9)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Ryoichi Nasada : Study on Performance and Internal Flow Condition of Mini Turbo-Pump, Proceedings of the 10th Asian International Conference on Fluid Machinery, Kuala Lumpur Malaysia, Oct. 2009.
10)Risa Mukai, Kanako Otsuka, Akio Kondo and Akiko Kondo : Improvement of Convenience and Change in CO2 Emission by Development of High Mobility Networks in Japan -Analysis of Air, Railway and Road Networks from 1960 to 2000-, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.8, 100314, Surabaya, Nov. 2009.
11)Hiroshi Yamamoto, Kei-ichiro Kagota, Yoshiko Hirata and Ikumi Tamura : Evaluation of Nutrient and Micropollutant Removal Efficiency by Water Lettuce (Pistia stratiotes), Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
12)Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Masayo Nishida, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Hiroshi Yamamoto : Occurrence and ecotoxicological assessment of triclosan in a small urban stream with no sewage service coverage, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
13)Yoshiko Hirata, Hiroshi Yamamoto, Ikumi Tamura, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura, Yoshihiro Kagami and Norihisa Tatarazako : Ecological Risk Assessment of Major UV Filters Using Various Aquatic Organisms, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
14)Jing-Cai Jiang : Three-dimensional slope stability and back analysis of slope failures, Proceedings of International Symposium on Environmental Science and Technology, 41-48, Feb. 2010.
15)Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Machi Miyoshi and Fumiko Nogami : Impact of River Discharge on Surface Water Variability in Amagasaki Port, OCEANS'10 IEEE Sydney Conference, Sydney, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)重光 亨, 岡部 佑樹, 福富 純一郎 : 小型軸流ファンの性能特性と流れ場について, ターボ機械協会総会講演会, 2009年5月.
2)鎌田 磨人, 勝瀬 真理子, 森 一生, 花巻 旬二 : 協働に基づく自然林再生と順応的管理-「徳島県高丸山千年の森」における取り組み, 第53回日本生態学会中国・四国地区大会, 2009年5月.
3)熱田 尚子, 鎌田 磨人 : 徳島県高丸山ブナ林における林分構造の8年間の変化, 第53回日本生態学会中国・四国地区大会, 2009年5月.
4)蒋 景彩, 山上 拓男, Nguyen Bao Viet : 地震時盛土斜面の不安定性評価手法による事例検討, 第30回土木学会地震工学研究発表会論文集(CD-ROM), 2009年5月.
5)井上 貴文, 三神 厚, 神山 真, 成行 義文 : 建物に対する地震動の入力損失に及ぼす杭の影響についての検討, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 17-18, 2009年5月.
6)名木田 達也, 三神 厚, 神山 真, 成行 義文 : 実地震記録に基づく基礎と地盤のキネマティック相互作用に及ぼす震源特性の影響, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 19-20, 2009年5月.
7)齊藤 剛彦, 三神 厚, 加賀谷 俊介, 遠藤 大夫 : 想定南海地震による徳島市の上水道官被害予測, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 21-22, 2009年5月.
8)道上 剛幸, 三神 厚, 岡本 輝正, 成行 義文 : 常時微動観測記録を用いた表層地盤構造の簡易推定, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 29-30, 2009年5月.
9)岡本 輝正, 三神 厚, 羅 准, 成行 義文 : レイリー波抽出法に与えるノイズの影響, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 75-76, 2009年5月.
10)井上 貴文, 三神 厚, 神山 眞, 成行 義文 : 建物に対する地震動の入力損失に及ぼす杭の影響についての検討, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 17-18, 2009年5月.
11)渡辺 公次郎, 星野 弘明, 松田 智太, 近藤 光男 : 災害時要援護者を考慮した避難シミュレーションモデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.7, 43-46, 2009年5月.
12)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 鈴木 圭一, 近藤 光男 : 携帯情報端末を活用した都市空間案内システムの試験的開発, --- 四国大学オープンキャンパスにおけるケーススタディ ---, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.9, 85-86, 2009年5月.
13)重永 雄大, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルの開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 235-236, 2009年5月.
14)小竹 英章, 水口 裕之, 上月 康則 : 産業副産物を用いたポーラスコンクリートの海域環境での特性, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会講演概要集, 295-296, 2009年5月.
15)中野 晋, 森 拓 : 徳島県と徳島大学の連携による企業防災推進, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 2009年5月.
16)竹内 駿祐, 近藤 光男, 程 琦, 奥嶋 政嗣 : 通勤交通に着目した都市交通政策による健康促進効果に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 237-238, 2009年5月.
17)向井 梨紗, 近藤 光男, 大塚 可奈子, 近藤 明子 : 全国交通ネットワークの整備に伴う二酸化炭素排出量の変化に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 239-240, 2009年5月.
18)石川 智裕, 近藤 光男, 余田 翔平, 奥嶋 政嗣 : 徳島県における商業施設整備のシミュレーション分析に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 241-242, 2009年5月.
19)長澤 良美, 田村 隆雄 : 吉野川岩津上流域における森林流域の洪水低減機能の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 105-106, 2009年5月.
20)冨長 亜沙実, 田村 隆雄 : シリカに着目した吉野川と那賀川の水質特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 107-108, 2009年5月.
21)田村 隆雄, 岩本 祥一 : ゴーヤーを用いた緑のカーテンの室温上昇抑制効果に関する観測実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 375-376, 2009年5月.
22)板東 伸益, 山中 亮一, 上月 康則, 田邉 一也, 森 紗綾香, 森 友佑, 一色 圭佑, 高橋 秀文 : 尼崎運河に優占するコウロエンカワヒバリガイによる懸濁物除去と排泄物分解実験, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 349-350, 2009年5月.
23)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 田邉 一也, 森 友佑, 板東 伸益, 一色 圭佑, 高橋 秀文 : 尼崎運河の護岸付着生物相とその影響因子について, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 351-352, 2009年5月.
24)一色 圭佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 上月 康則, 板東 伸益, 森 友佑, 東 浩太郎, 高橋 秀文 : 尼崎運河に設置した小水路での栄養塩固定量と曝気効果について, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 353-354, 2009年5月.
25)上月 康則, 大谷 壮介, 山中 亮一, 岩雲 貴俊, 酒井 孟, 藤木 洋二, 齋藤 梓 : ヤマトオサガニの砂ダンゴによる酸素消費特性に関する調査研究, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 383-384, 2009年5月.
26)齋藤 梓, 上月 康則, 大谷 壮介, 山中 亮一, 酒井 孟, 藤木 洋二, 岩雲 貴俊 : 大阪湾湾奥の御前浜での浅場創出による環境改善効果に関する研究, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 389-390, 2009年5月.
27)三好 真千, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 暢洋, 坂下 広大, 田中 千裕, 山口 奈津美 : 港湾構造物壁面におけるムラサキイガイ脱落に及ぼす水温・塩分の影響調査, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 385-386, 2009年5月.
28)田中 千裕, 三好 真千, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 暢洋, 坂下 広大, 山口 奈津美 : 直立港湾構造物壁面に付着する懸濁物食者シロボヤの摂餌・同化実験について, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 387-388, 2009年5月.
29)山口 奈津美, 上月 康則, 三好 真千, 山中 亮一, 山口 暢洋, 坂下 広大, 田中 千裕 : 大阪湾湾奥部での繊維材料を利用したワカメ定着実験について, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 391-392, 2009年5月.
30)小柏 健太, 成行 義文, 源 貴志, 三神 厚 : 予算と補強コストを考慮した道路橋の耐震補強順位決定法に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 45-46, 2009年5月.
31)中野 敦人, 成行 義文, 源 貴志, 三神 厚 : 地震災害空撮画像における建物倒壊ならびに道路閉塞箇所の自動判定法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 47-48, 2009年5月.
32)遠藤 大文, 成行 義文, 源 貴志, 三神 厚 : CAを用いた簡易津波遡上シミュレーション手法の開発に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 49-50, 2009年5月.
33)藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 三神 厚 : Petri Netを用いた津波避難シミュレーション手法の開発と地区避難安全性評価への適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 51-52, 2009年5月.
34)笹森 哲洋, 成行 義文, 須知 晃一, 三神 厚 : 水平および上下地震動を受ける剛体のスウェイ-ロッキング応答解析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 27-28, 2009年5月.
35)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 津波避難シミュレーションシステムの開発と地区の避難安全性評価への適用, 地震工学研究発表会報告集, 1-10, 2009年5月.
36)武知 宏弥, 森 一生, 鎌田 磨人 : GPSを用いたニホンジカのハビタット利用解析, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月.
37)竹村 紫苑, 鎌田 磨人, 森本 幸裕 : インド半島におけるマングローブ生育地の形成に関わる流域特性, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月.
38)源 典子, 鎌田 磨人 : ジンリョウユリ開花個体の分布とランドスケープの構造, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月.
39)鈴木 重雄, 正本 英紀, 井坂 利章, 古川 順啓, 東 彰一, 大田 直友, 鎌田 磨人 : たけのこ生産農家と周辺住民の竹林認識の違い―徳島県阿南市におけるアンケート調査, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月.
40)山本 裕史 : PPCPsの生態・環境リスク評価における課題と展望∼総毒性評価の観点から, 第18回環境化学討論会ナイトミーティング, 2009年6月.
41)中野 晋, 森 拓, 丸谷 浩明 : 大学と自治体の連携による企業防災推進, 第39回土木計画学研究発表会, 2009年6月.
42)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 災害トリックゲームの開発と実施, 第39回土木計画学研究発表会, 2009年6月.
43)横山 あおい, 上月 康則, 山中 英生, 山中 亮一 : 歓楽街および中心商店街における景観協定の課題, --- 大阪ミナミの取り組みから ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
44)鎌田 磨人 : 協働に基づく自然林再生と順応的管理-「徳島県高丸山千年の森」における取り組み, 日本景観生態学会公開シンポジウム「自然再生から考える生物多様性と地域の課題」, 2009年6月.
45)蒋 景彩 : 土砂災害・橋梁被害(岩手・宮城内陸地震調査報告会), 2009年7月.
46)山本 裕史 : 医薬品の環境リスク評価∼国内外の動向, 第36回トキシコロジー学会学術年会ランチョンセミナー, 2009年7月.
47)蒋 景彩, 山上 拓男, 冨山 善史 : 2004年新潟県中越地震被災地への広域斜面崩壊予測法の適用, 第48回日本地すべり学会研究発表会地震地すべり特別セッション, 191-196, 2009年8月.
48)井上 貴文, 三神 厚 : 地震動の入力損失に及ぼす杭先端支持条件の影響についての検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 365-366, 2009年8月.
49)杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 産官学連携による工学離れを防ぐ試み-``科学体験フェスティバルin徳島''の現状と波及効果, 日本工学教育協会第57回年次大会, 平成21年度工学・工業教育研究講演会, 2009年8月.
50)渡辺 公次郎, 玉有 朋子, 近藤 光男 : 携帯電話とウェブサイトを用いた勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その2 C-HISとSS-HISの開発と評価実験 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 861-862, 2009年8月.
51)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 携帯電話とウェブサイトを用いた勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その1 デジタル博物館のコンセプトとP-HISの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 859-860, 2009年8月.
52)坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導機のセンサレス駆動負荷実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.12, 223-224, 2009年8月.
53)十亀 拓也, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の運転特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.15, 233-234, 2009年8月.
54)立花 知也, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス電流ベクトル制御高効率運転法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 353-354, 2009年8月.
55)栗坂 昌克, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御によるIPMSM の高速度領域制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.48, 351-352, 2009年8月.
56)四宮 康博, 大西 徳生 : 電気二重層キャパシタを用いた可変電圧蓄電池電源, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.32, 32, 2009年8月.
57)古田 将空, 大西 徳生 : 直並列切り換え回路を用いたPAMインバータ制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.33, 33, 2009年8月.
58)谷口 喜浩, 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータによる瞬時電圧低下補償, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.52, 52, 2009年8月.
59)重光 亨, 名定 亮一, 福富 純一郎 : 小型ターボポンプの性能特性と内部流れに関する研究, ターボ機械協会名古屋講演会, 2009年9月.
60)堀田 義圭, 藤原 亮太, 西 泰行, 福富 純一郎, 重光 亨 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラストに関する研究, 日本機械学会2009年度年次大会, 2009年9月.
61)長澤 良美, 田村 隆雄 : 吉野川上流域における森林の洪水低減機能の評価, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.64, 323-324, 2009年9月.
62)冨長 亜沙実, 田村 隆雄, 森長 沙耶 : 貯水池の堆砂対策事業を活用した水域へのシリカ供給に関する基礎的調査, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.64, 479-480, 2009年9月.
63)田村 隆雄, 新名 祐輔 : 記録的な大雨時における森林の洪水低減機能の効果に関する考察, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.64, 325-326, 2009年9月.
64)岡本 輝正, 三神 厚, 道上 剛幸, 成行 義文 : 常時微動を用いた表層地盤構造の簡易推定, 土木学会全国大会第64回年次学術講演会, I-327, 2009年9月.
65)津村 晃弘, 山中 建二, 大西 徳生, 中村 健信 : 位置センサレス制御の電動パワーステアリング(EPS)への適用手法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.71, 439-440, 2009年9月.
66)木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流電流検知によるPMSMのV/f制御安定化検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.70, 435-438, 2009年9月.
67)佐藤 大輔, 山中 建二, 大西 徳生 : 蓄電池直列接続時の時分割個別充放電制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.85, 503-504, 2009年9月.
68)酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従インバータ制御電源品質補償装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.111, 593-594, 2009年9月.
69)山中 建二, 十亀 拓也, 大西 徳生 : 同一制御システムを用いた矩形波領域を含む交流電動機の広範囲運転特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.126, 635-636, 2009年9月.
70)山本 裕史 : WETの実用事例∼徳島県の生活排水を主とした事業所排水に対する予備的検討, 第13回日本水環境学会シンポジウム, 47-48, 2009年9月.
71)江戸 梢, 中川 秀幸, 酒井 仁美, 中西 あさみ, 菅脇 拓真, 櫻庭 春彦, 篠原 光子, 大浦 清 : ラッパウニの体腔液に由来するレクチンの部分精製, 生化学, Vol.81, No.9, 343, 2009年9月.
72)坂本 紘基, 大西 徳生 : センサレス制御巻線型誘導発電機の系統同期投入制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 48, 2009年9月.
73)十亀 拓也, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の速度トルク特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.2, 49, 2009年9月.
74)立花 知也, 大西 徳生 : センサレス制御によるIPMSM高効率運転特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 50, 2009年9月.
75)栗坂 昌克, 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御システムの過変調領域における制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 51, 2009年9月.
76)三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御による誘導電動機V/f制御実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.5, 52, 2009年9月.
77)大西 啓仁, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相誘導電動機駆動, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 53, 2009年9月.
78)山中 建二, 十亀 拓也, 大西 徳生 : IMsynRMとSynRMの始動トルク特性比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.7, 54, 2009年9月.
79)谷口 喜浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータ制御瞬時電圧低下補償, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 56, 2009年9月.
80)柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた周波数電力変換装置の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 57, 2009年9月.
81)高橋 義也, 大西 徳生 : インバータ回路の非線形特性補正付センサレス制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 58, 2009年9月.
82)古田 将空, 大西 徳生 : 昇圧チョッパ切換え制御直列電圧源を用いたNPCインバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 60, 2009年9月.
83)酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従形インバータ制御による電源品質補償装置の連系手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 62, 2009年9月.
84)佐藤 大輔, 大西 徳生 : 蓄電池直列接続時の時分割個別充電制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 63, 2009年9月.
85)津村 晃弘, 大西 徳生 : 励磁成分電流可変によるセンサレス制御電動パワーステアリング(EPS)駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.21, 103, 2009年9月.
86)四宮 康博, 大西 徳生 : スイッチング制御アクティブ蓄電池, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.22, 104, 2009年9月.
87)石上 安希子, 浅野 水辺, 徳永 逸夫, 上野 易弘, 西村 明儒 : 筋弛緩剤「サクシン」を誤投与され死亡した一剖検例, 第26回日本法医学会学術中四国地方集会, 2009年10月.
88)鎌田 磨人 : 都市における生物多様性とデザイン, 平成21年度日本造園学会中部支部大会公開シンポジウム「新たな緑地政策の展開に向けて」, 2009年10月.
89)鎌田 磨人 : 自然との共生-生物多様性って何?, 徳島市環境保全課「環境講座」, 2009年10月.
90)佐藤 高則, 山城 考, 西山 賢一, 石田 啓祐, Haruka Shibagaki : Oxidase activity of Cu,Fe-resistant bacteria isolated from Shirataki copper mine., 第82回日本生化学会年会プログラム·要旨集, Vol.81, No.9, 3P233, 2009年10月.
91)松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象とプレス速度の関係, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
92)岡部 佑樹, 矢野 忠寛, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの内部流れについて, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
93)吉村 圭央, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式ホモジナイザーの内部流れと液滴破壊の研究, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
94)蒋 景彩, 山上 拓男 : 1978年宮城県沖地震による谷埋盛土崩壊斜面の安定解析, 地盤工学会四国支部平成21年度技術研究発表会, 39-40, 2009年11月.
95)大西 一賢, 蒋 景彩 : 逐次施工過程を考慮した斜面の進行性破壊解析に関する研究, 地盤工学会四国支部平成21年度技術研究発表会, 47-48, 2009年11月.
96)大本 達郎, 蒋 景彩 : 極限平衡法に基づく新しい三次元斜面安定解析法に関する研究, 地盤工学会四国支部平成21年度技術研究発表会, 45-46, 2009年11月.
97)中井 陽介, 蒋 景彩, 神田 幸正 : 法先近傍に矢板壁を有する盛土構造物の地震時安定性評価法に関する提案, 地盤工学会四国支部平成21年度技術研究発表会, 105-106, 2009年11月.
98)古谷 綱崇, 蒋 景彩 : 結晶片岩地すべりのすべり面粘土の定性的評価と定量的評価, 地盤工学会四国支部平成21年度技術研究発表会, 41-42, 2009年11月.
99)阿部 正太朗, 近藤 光男, 近藤 明子 : 転入受け入れ体制がUIJターン人口移動に及ぼす影響に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 17, 2009年11月.
100)孔 慶玥, 近藤 光男 : 地方都市における高齢者の交通死亡事故調査データに基づく交通安全行動の診断と改善方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 101, 2009年11月.
101)向井 梨紗, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 近藤 明子, 大塚 可奈子 : サービス水準の向上からみた全国高速交通体系の整備効果の計測, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 223, 2009年11月.
102)田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 土木学会環境工学委員会第46回環境工学研究フォーラム, 2009年11月.
103)鎌田 磨人 : 里山はどこにあるか?, 土木学会景観・デザイン研究会,日本景観生態学会,九州産業大学景観研究センター共催公開シンポジウム「景観の形成・保全に,ひとはどこまでかかわるべきか-持続可能なデザインの追求」, 2009年12月.
104)石上 安希子, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 体内に留置された医療器具が個人識別に有用であった剖検例, 第94次日本法医学会学術全国集会, 2010年.
105)主田 英之, Heinemann Axel, Vogel Hermann, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 西村 明儒, Puschel Klaus : 副鼻腔貯留液ー死後CTの所見より, 第27回日本法医学会学術中四国地方集会プログラム・口演要旨集, 32-33, 2010年.
106)鎌田 磨人 : 都市と生物多様性-学の立場から, (財)名古屋都市センター主催 シンポジウム「企業・大学からみた都市と生物多様性」, 2010年1月.
107)中野 晋 : 南海地震への備え, --- 医療施設のBCPと災害時の労働衛生管理 ---, 第240回徳島医学会学術集会, 19, 2010年2月.
108)Hideyuki Nakagawa, Hitomi Sakai, Kozue Edo, Mitsuko Shinohara and Kiyoshi Ohura : Partial purification of lectin components of coelomic fluid from the sea urchin, Toxopneustes pileolus, Journal Pharamacological Sicences, Vol.112, No.Suppl. 1, 166, Feb. 2010.
109)渡辺 公次郎, 重永 雄大, 近藤 光男 : 地区別世帯数予測モデルに関する研究, 第3回四国GISシンポジウム, B-5, 2010年2月.
110)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, 第3回四国GISシンポジウム, B-4, 2010年2月.
111)竹村 紫苑, 鎌田 磨人, 赤松 良久 : 沖縄本島におけるマングローブ林の構造と河口形状の変化履歴との関係, 第57回日本生態学会大会, 2010年3月.
112)宮本 駿, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : ``モザイク構造''を指標とした里山地図の作成とその利用, 第57回日本生態学会大会, 2010年3月.
113)岡部 佑樹, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性について, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
114)大藤 啓生, 福富 純一郎, 重光 亨 : クロスフロー風車に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
115)吉村 圭央, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式ホモジナイザーの乳化作用に及ぼすバルブ形状 の影響, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
116)山下 彰之, 福富 純一郎, 重光 亨 : 高粘度液体充填機に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
117)松岡 司, 境 真太郎, 福富 純一郎, 重光 亨 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
118)名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 小型ターボポンプの性能特性について, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
119)西山 賢一 : 急崖での岩盤崩壊の発生プロセスとその地質的背景, 社団法人土木学会第3期第12回斜面工学研究小委員会・話題提供講演, 2010年3月.
120)鎌田 磨人 : 川との関わりを通した自然と人間の再発見., --- 太宰府水から川る会20周年記念事業「御笠川リバイバル」 ---, 太宰府水から川る会20周年記念事業 「御笠川リバイバル」, 2010年3月.
121)山本 裕史 : PPCPsの環境リスク評価における課題, 第51回日本環境化学会講演会, 2010年3月.
122)加藤 潤, 西田 昌代, 田村 生弥, 平田 佳子, 比恵島 彬仁, 山本 敦史, 山本 裕史 : 防腐剤パラベン類の河川および底質中の動態と生態リスクの総合的評価, 第44回日本水環境学会年会, 3, 2010年3月.
123)平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 西田 昌代, 関澤 純, 亀田 豊, 木村 久美子, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の水生・底生生物に対する慢性影響と下水道未整備地域における生態リスク評価, 第44回日本水環境学会年会, 111, 2010年3月.
124)池幡 佳織, 田村 生弥, 平田 佳子, 安部 香緒里, 鑪迫 典久, 中村 友紀, 山本 裕史 : 徳島県内事業場排水と放流先(ミキシングゾーン)を対象とした総排水毒性(WET)試験の先行的検討, 第44回日本水環境学会年会, 210, 2010年3月.
125)安部 香緒里, 池幡 佳織, 平田 佳子, 田村 生弥, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 水生生物3種を用いた生活排水の総排水毒性(WET)試験, 第44回日本水環境学会年会, 646, 2010年3月.
126)比恵島 彬仁, 田村 生弥, 加藤 潤, 駕田 啓一郎, 上月 康則, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 山本 裕史 : 石炭灰固化体を用いた生態系支援コンクリートによる水質浄化作用の実験的検討, 第44回日本水環境学会年会, 581, 2010年3月.
127)駕田 啓一郎, 田村 生弥, 比恵島 彬仁, 上月 康則, 山本 裕史 : 熱帯産外来種ボタンウキクサを用いた高負荷排水処理支援効果の検討, 第44回日本水環境学会年会, 584, 2010年3月.
128)西田 昌代, 本多 勇太, 田村 生弥, 平田 佳子, 山本 裕史 : 疎水性が高い生活関連汚染物質の底棲生物ユスリカに対する毒性影響と収着メカニズムの実験的検討, 第44回日本水環境学会年会, 555, 2010年3月.
129)大西 啓仁, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相始動による単相誘導電動機駆動, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.076, 2010年3月.
130)高橋 義也, 大西 徳生 : センサレス制御インバータの低い直流電圧動作時の特性改善, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.080, 2010年3月.
131)酒井 宣年, 大西 徳生 : 直列インバータを用いた昇降圧型DC/DCコンバータの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.112, 2010年3月.
132)古田 将空, 大西 徳生 : 昇圧チョッパ制御直列電圧源を用いたマルチレベルインバータ, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.053, 2010年3月.
133)谷口 喜浩, 大西 徳生, 矢部 久博 : トランスレス直並列インバータによる電源品質補償システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.149, 2010年3月.
134)四宮 康博, 大西 徳生 : スイッチング制御アクティブ蓄電池の制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.068, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)蒋 景彩 : 2004年新潟県中越地震被災地への広域斜面崩壊予測法の適用, 日本地すべり学会地震地すべりプロジェクト第2分科会第2回委員会, 2009年6月.
2)Jing-Cai Jiang : Past, present and future of slope disaster reduction in Japan, 中国上海同済大学 土木工程学院 地下建築与工程系, Jun. 2009.
3)鎌田 磨人 : 国際会議「都市における生物多様性とデザイン(URBIO2010)」の開催に向けて, BIO-City, No.43, 114-115, 2009年10月.
4)野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 機能拡張した実世界Edutainmentとその防災教育への活用, 電子情報通信学会 信学技報(教育工学), Vol.109, No.453, 101-106, 2010年2月.
5)酒井 宣年, 大西 徳生 : 直並列インバータ制御方式三相瞬低補償装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-10(PE-10, PSE-10), No.31 (30, 54), 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)西山 賢一, 北村 真一, 村田 明広 : 2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.20, 57-65, 宮崎, 2009年4月.
2)蒋 景彩, 山上 拓男 : 堤体法先近傍に矢板壁を有する河川堤防の地震時安定性評価法に関する提案, 平成20年度河川整備基金助成事業報告書, 1-22, 2009年6月.
3)鎌田 磨人, 森本 康滋, 飯山 直樹, 竹村 紫苑, 井内 久利, 松永 英明, 小串 重治, 稲飯 幸代, 山下 敬吾 : 美馬市美馬町の植生, 阿波学会紀要, No.55, 23-31, 徳島, 2009年7月.
4)蒋 景彩, 中野 晋, 上野 勝利, 岡部 健士 : 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震による地盤災害の現地調査報告, 平成20(2008)年岩手・宮城内陸地震被害に関する緊急調査研究報告書, 2009年8月.
5)西山 賢一, 北村 真一, 村田 明広 : 2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, 徳島大学環境防災研究センター年報, Vol.5, 19-28, 2010年3月.
6)西山 賢一 : 福井洞窟の地形・地質と風化程度の評価, 佐世保の洞窟遺跡II,佐世保市文化財調査報告書第3集, 29-34, 2010年3月.
7)西山 賢一 : 2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.21, 59-69, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{70428}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部 : 中国四国地方の応用地質学, 日本応用地質学会中国四国支部, 2010年10月.
2)鎌田 磨人 : 高丸山千年の森事業での住民参加による自然林再生, 地人書館, 東京, 2010年12月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Machi MIYOSHI, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Tatsunori Ishida, Nobuhiro YAMAGUCHI, Akio SAKAMOTO and Kotaro GOTO : Biomass Resources from Mussels Attached to the Vertical Breakwater at Osaka Bay, Journal of Recent Advances in Marine Sciences and Technology 2010, Vol.1, No.1, 119-132, 2010.
2)宇野 宏司, 中野 晋, 久米 賢治 : 2009年8月佐用町豪雨災害にみるソフト防災対策の有効性とその限界, 河川技術論文集, Vol.16, 489-494, 2010年.
3)橋本 温, 小西 壽久, 細川 晴美, 古川 順啓, 渡辺 雅子, 大田 直友, 加藤 研二, 河合 崇, 澤田 俊明, 鎌田 磨人 : 産学官民の連携による地域環境教育の実践-一斉水質調査を通じた地域の「気づき」の促進, 環境技術, Vol.39, No.6, 365-371, 2010年.
4)万 少石, 年 廷凱, 蒋 景彩, 栾 茂田 : 強度低減弾塑性有限要素法による斜面安定解析諸問題に関する考察, 岩土力学, Vol.31, No.7, 2283-2289, 2010年.
5)年 廷凱, 万 少石, 蒋 景彩, 栾 茂田 : 強度低減弾塑性有限要素法に基づく水位急降下時の斜面安定解析, 岩土力学, Vol.31, No.7, 2264-2270, 2010年.
6)石田 啓祐, 西山 賢一, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 森江 孝志, 東明 省三 : 阿波市の地質と地形 -とくに「阿波の土柱」の成因と景観保全-, 阿波学会紀要, No.56, 1-12, 2010年.
7)森 友宏, 千葉 崇, 渦岡 良介, 風間 基樹 : 谷埋め盛土地盤における降雨に伴う水分変化と地震応答特性, 日本地震工学会論文集, Vol.10, No.4, 1-13, 2010年.
8)西山 賢一, 横田 修一郎 : 熊本県,天草上島の古第三系砂岩に分布するタフォニの形状, 応用地質, Vol.51, No.3, 122-129, 2010年.
9)秦 吉弥, 大角 恒雄, 野津 厚, 釜井 俊孝 : 経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動評価手法に基づく2008 年岩手・宮城内陸地震における荒砥沢地すべりでの地震動の推定, 日本地すべり学会誌, Vol.47, No.5, 247-254, 2010年.
10)阿部 正太朗, 近藤 光男, 近藤 明子 : 転入受け入れ体制がUIJターン人口移動に及ぼす影響に関する研究, 土木計画学研究·論文集, Vol.27, No.2, 219-230, 2010年.
11)伏見 賢一, 依岡 隆児, 石田 和之, 岡部 修典, 後藤 強, 西沢 裕爾, 小田 大輔, 徳島大学天文部アストロラーブ : 「市内中心部で星空観望会∼徳島市内の天体観望会と街の活性化∼」, 「天文教育」, Vol.22, No.5, 49-51, 2010年.
12)Asuka Yamashiro, Tadashi Yamashiro, Baba Minoru, Endo Akira and Mahito Kamada : Species identification based on the faecal DNA samples of the Japanese serow (Capricornis crispus), Conservation Genetics Resources, Vol.2, No.1, 409-414, 2010.
13)Michio Hashino, Huaxia Yao and Takao TAMURA : Micro-Droplet Flux in Forest and its Contribution to Interception Loss of Rainfall Theoretical Study and Field Experiment, Journal of Water Resource and Protection, Vol.2, No.10, 872-879, 2010.
14)長岡 信治, 西山 賢一, 井上 弦 : 過去200万年における宮崎平野の地層形成と陸化プロセス-海面変化とテクトニクスに関連して-, 地学雑誌, Vol.119, No.4, 632-667, 2010年.
15)Chikako Asada, Yui Kondo, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Bioconversion of Soy Sauce Residue Treated with Steam Explosion into Ethanol by Meicelase and Mucor indicus, Journal of Food Technology, Vol.8, No.4, 187-190, 2010.
16)孔 慶玥, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : PT調査データを用いた交通行動による身体活動量に関する研究, 都市計画論文集, Vol.45, No.3, 151-156, 2010年.
17)高木 昌也, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市のバス利用促進のための行動意図法による潜在需要分析, 都市計画論文集, Vol.45, No.3, 439-444, 2010年.
18)中野 晋, 藤田 真人, 安芸 浩資, 花住 陽一 : 吉野川河口干潟の底生生物を対象としたHSIモデル作成ガイドラインについて, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1151-1155, 2010年.
19)安芸 浩資, 中野 晋, 岩瀬 文人 : サンゴの初期成長量を考慮した再生計画の効果評価手法について, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1331-1335, 2010年.
20)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 橋本 誠, 東雲 礼華 : 地震・津波をテーマとした学校防災教育効果の持続と低下, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 401-405, 2010年.
21)都司 嘉宣, 大年 邦雄, 中野 晋, 西村 裕一, 藤間 功司, 今村 文彦, 柿沼 太郎 : 2010年チリ中部地震による日本での津波被害に関する広域現地調査, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1346-1350, 2010年.
22)蒋 景彩, 山上 拓男, 山部 哲 : 進行性破壊を考慮した補強土斜面の安定性評価, 第55回地盤工学シンポジウム平成22年度論文集, 1-6, 2010年.
23)蒋 景彩, 神田 幸正, 中野 晋 : 法先近傍に矢板壁を打設した盛土斜面の地震時安定性評価法, 第13回日本地震工学シンポジウム発表論文集(CD-ROM), 3449-3454, 2010年.
24)Rabab Mohamed Abou El-Magd, Chizuru Sasaki, Tomoya Kawazoe, Salah M. El-Sayed, Kazuko YORITA, Yuji Shishido, Takashi Sakai, Yoshitoshi Nakamura and Kiyoshi Fukui : Bioprocess development of the production of the mutant P-219-L human D-amino acid oxidase for high soluble fraction expression in recombinant Escherichia coli, Biochemical Engineering Journal, Vol.52, No.2-3, 236-247, 2010.
25)中野 晋, 騎馬 貴子, 安西 弘詞 : 大学と県の連携によるBCP の普及活動, 第13回日本地震工学シンポジウム発表論文集(CD-ROM), 2765-2772, 2010年.
26)鳥居 謙一, 中野 晋, 大年 邦雄, 白木 渡 : 四国における建設業BCP 普及に向けた取組み, 第13回日本地震工学シンポジウム発表論文集(CD-ROM), 2794-2801, 2010年.
27)宇野 宏司, 中野 晋 : 平成21 年台風9 号による佐用町豪雨災害時の自治会対応, 安全問題研究論文集, Vol.5, 2010年.
28)中野 晋, 宇野 宏司, 高西 春二, 騎馬 貴子 : 平成21年台風9号の豪雨災害による事業所等の被災と対応, 安全問題研究論文集, Vol.5, 2010年.
29)野田 稔, 長尾 文明, 山下 翔平 : スワール比が竜巻状流れ場に及ぼす影響, 第21回風工学シンポジウム論文集, 137-142, 2010年.
30)野田 稔, 長尾 文明 : 平板状飛散物の6自由度飛散軌道シミュレーション, 第21回風工学シンポジウム論文集, 167-172, 2010年.
31)森江 孝志, 西山 賢一, 古澤 明, 石田 啓祐, 中尾 賢一 : 四国東部,吉野川谷に分布する土柱層から見出されたテフラ, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, No.4, 65-73, 2010年.
32)三神 厚, 小長井 一男 : 簡易な地盤調査との精度のバランスを考えた広域における地盤モデル化手法, 地震工学論文集, Vol.31, 172-178, 2010年.
33)染矢 貴, 竹村 紫苑, 宮本 駿, 鎌田 磨人 : 自然環境情報GISと国土数値情報を用いた日本全域の竹林分布と環境要因の推定, 景観生態学, Vol.15, No.2, 41-54, 2010年.
34)西村 明儒 : 被災死亡者の死因分析から,特集:災害医療-災害時における産業医の役割-.四国医誌2010; 66(1,2): 3-8., 四国医学雑誌, Vol.66, No.1,2, 3-8, 2010年.
35)N. Müller and Mahito Kamada : URBIO: an introduction to the International Network in Urban Biodiversity and Design, Landscape and Ecological Engineering, Vol.7, 1-8, 2011.
36)三神 厚, 辻野 典子 : 昭和南海地震による高知市の河川堤防被害について, 21世紀の南海地震と防災, Vol.6, 51-58, 2011年.
37)Chikako Asada, Azusa Kita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Ethanol production from disposable aspen chopsticks using delignification pretreatments, Carbohydrate Polymers, Vol.85, No.1, 196-200, 2011.
38)田村 隆雄, 中内 章浩, 小川 健一郎 : 平成21年9月佐用水害の洪水ピーク流量の推定と流出特性に関する考察, 水工学論文集, Vol.55, 559-564, 2011年.
39)小川 健一郎, 田村 隆雄, 瀧川 紀子, 桑原 正人, 高西 春二 : 樹種転換を伴う銅山川上流域における50年間の洪水流出特性の変化, 水工学論文集, Vol.55, 571-576, 2011年.
40)Tingkai Nian, Jing-Cai Jiang, Shaoshi Wan and Maotian Luan : Strength reduction FE analysis of the stability of bank slopes subjected to transient unsaturated seepage, Electronic Journal of Geotechnical Engineering, Vol.16, No.Bundle A, 165-177, 2011.
41)西山 賢一, 北村 真一, 長岡 信治, 高谷 精二, 鈴木 恵三 : 2005年台風14号豪雨で発生した宮崎県槻之河内地すべりの活動履歴, 地すべり, Vol.48, No.1, 39-44, 2011年.
42)Kazuyuki Ishida : The Growth and Stability of the Local Tax Revenue in Japan, Public Budgeting & Finance, Vol.31, No.3, 56-75, 2011.
43)岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物の成形材料への適用, ネットワークポリマー, Vol.32, No.3, 130-134, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)西山 賢一 : 2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.6, 19-28, 2010年.
2)山本 裕史, 浜野 龍夫, 田村 生弥, 平田 佳子, 加藤 潤, 池幡 佳織, 駕田 啓一郎, 西田 昌代, 安部 香緒里, 比恵島 彬仁, 中村 友紀, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 阿波市の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.56, 13-24, 2010年.
3)石田 和之 : 不動産PERからみた香港住宅市場の動向, 土地総合研究, Vol.18, No.3, 69-80, 2010年.
4)粕淵 義郎 : 岩手・宮城内陸地震から2年,被災企業のBCP策定の状況, 日本災害情報学会第12回研究発表大会予稿集, 113-118, 2010年.
5)西山 賢一, 廣田 甫, 竹中 優太, 岡田 憲治 : 2004年台風21号豪雨により香川県西讃地域で発生した斜面崩壊の地質・地形的特徴, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, 75-85, 2010年.
6)村田 明広, 犬房 陽一, 前川 寛和 : 四国中央部~西部,上土居地域と町村地域における御荷鉾緑色岩類の地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, 55-64, 2010年.
7)李 和中, 東 暁, 石田 和之 : 地方政府の「善治」レベルに対する公衆認知の主成分分析:武漢市政府を調査対象として, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 179-188, 2011年.
8)大島 誠, 石田 和之 : 自治体病院の経営に他会計繰入金や政策医療が与える影響についてのパネルデータ分析, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 1-12, 2011年.
9)Kümmering Martin, Müller Norbert, 鎌田 磨人 : 中世の歴史的風景庭園に見る``生態的にデザインされた庭園''の原型,ユネスコ世界遺産``イルム庭園(ワイマール,ドイツ), BIO-City, No.47, 2-11, 2011年.
10)鎌田 磨人, 新開 善二, 岸村 憲作 : 生物多様性COP10がもたらした市民グループのネットワーク化,「生物多様性とくしま会議」の挑戦, BIO-City, No.47, 80-85, 2011年.
11)中野 晋, 粕淵 義郎 : 岩手・宮城内陸地震における事業所被害に関する追跡調査, 平成23年自然災害フォーラム論文集, 61-70, 2011年.
12)高西 春二, 中野 晋, 宇野 宏司, 仁志 祐太 : 短時間集中豪雨による大都市水害の特徴, --- 2010年7月堀船水害事例より ---, 平成23年自然災害フォーラム論文集, 105-110, 2011年.
13)蒋 景彩, 中野 晋, 高井 一嘉 : 赤松由岐線斜面崩壊の復旧対策工に関する検討, --- 2010年7月堀船水害事例より ---, 平成23年自然災害フォーラム論文集, 21-26, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第37講)間接税としてのレイトと物税としての固定資産税, , Vol.65, No.4, 252-271, 2010年4月.
2)渦岡 良介 : プログラミングで学ぶ有限要素法 1.講座を始めるにあたって, 地盤工学会誌, Vol.58, No.4, 62-64, 2010年4月.
3)渦岡 良介, 宮田 喜壽, 山川 優樹 : プログラミングで学ぶ有限要素法 2.プログラミングの基礎, 地盤工学会誌, Vol.58, No.4, 65-72, 2010年4月.
4)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第38講)資産保有税における課税標準の選択∼資本価格と賃貸価格∼, , Vol.65, No.5, 94-115, 2010年5月.
5)渦岡 良介, 宮田 喜壽, 山川 優樹 : プログラミングで学ぶ有限要素法 3.線形弾性モデルを用いた変形解析(その1), 地盤工学会誌, Vol.58, No.5, 49-54, 2010年5月.
6)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第39講)地域主権時代における固定資産税のあり方, , Vol.65, No.6, 86-110, 2010年6月.
7)渦岡 良介, 宮田 喜壽, 山川 優樹 : プログラミングで学ぶ有限要素法 3.線形弾性モデルを用いた変形解析(その2), 地盤工学会誌, Vol.58, No.6, 56-66, 2010年6月.
8)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第40講)固定資産税の税務行政における今日的課題, , Vol.65, No.7, 46-67, 2010年7月.
9)山川 優樹, 宮田 喜壽, 渦岡 良介 : プログラミングで学ぶ有限要素法 4.弾塑性モデルによる応力-ひずみ関係の計算, 地盤工学会誌, Vol.58, No.7, 54-62, 2010年7月.
10)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第41講)大都市財政における固定資産税, , Vol.65, No.8, 82-103, 2010年8月.
11)渦岡 良介, 山川 優樹, 宮田 喜壽 : プログラミングで学ぶ有限要素法 5.弾塑性モデルを用いた変形解析, 地盤工学会誌, Vol.58, No.8, 86-92, 2010年8月.
12)渦岡 良介, 宮田 喜壽, 山川 優樹 : プログラミングで学ぶ有限要素法 6.弾塑性モデルを用いた圧密解析(その1), 地盤工学会誌, Vol.58, No.8, 93-98, 2010年8月.
13)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第42講)財産税におけるサーキット・ブレーカーの考え方, , Vol.65, No.9, 66-88, 2010年9月.
14)渦岡 良介, 宮田 喜壽, 山川 優樹 : プログラミングで学ぶ有限要素法 6.弾塑性モデルを用いた圧密解析(その2), 地盤工学会誌, Vol.58, No.9, 71-79, 2010年9月.
15)渦岡 良介 : プログラミングで学ぶ有限要素法 7.講座を終えるにあたって, 地盤工学会誌, Vol.58, No.9, 80, 2010年9月.
16)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第43講)土地に係わる固定資産税における「適正な評価」の意義, , Vol.65, No.10, 104-124, 2010年10月.
17)石田 和之 : 香港レイトの仕組みと考え方, 資産評価情報, Vol.179, No.2010.11, 2-13, 2010年11月.
18)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第44講)地方財政の自主性における固定資産税の役割, , Vol.65, No.11, 82-100, 2010年11月.
19)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第45講)固定資産税の神話と現実, , Vol.65, No.12, 67-87, 2010年12月.
20)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第46講)不交付団体の税収構造と固定資産税, , Vol.66, No.1, 62-83, 2011年1月.
21)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第47講)家屋評価における「㎡単価方式」の意義と限界, , Vol.66, No.3, 74-94, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Kazumasa Onishi, Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Satoru Yamabe : Progressive failure analysis and design of nail-reinforced slopes, Proceedings of the 4th Sino-Japan Symposium on Geotechnical Engineering, 325-330, Apr. 2010.
2)Tsunataka Furuya and Jing-Cai Jiang : Strength parameters back analyzed from a failed cut slope, Proceedings of the 4th Sino-Japan Symposium on Geotechnical Engineering, 162-167, Apr. 2010.
3)Takafumi Inoue and Atsushi Mikami : Inertia Effect of Building on Foundation to Free-Field Transfer Function Calculated from Strong Motion Recordings, Proceedings of 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, 65-66, Tokushima, May 2010.
4)R. Shinomiya, S. Inai, Yoichi Kawaguchi and Mahito Kamada : Red Claws crab Chiromantes haematocheir, as an indicator for evaluating urban green space., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
5)S. Takemura, S. Miyamoto and Mahito Kamada : Distribution of Satoyama in Japan and characteristics of the landscape change in urbanizing region., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
6)M. Ohnishi, K. Kishimura, M. Watanabe and Mahito Kamada : Can endangered insect change peoples mind on use of beach?, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
7)S. Inai and Mahito Kamada : How do people evaluate nature-green space in remaining in a city?, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
8)N. Ikawa, K. Noda and Mahito Kamada : Motivation and satisfaction of urban people in volunteer activites for Satoyama management in Hotani, Osaka, Japan., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
9)Mahito Kamada, S. Inai and R. Shinomiya : Giving view point of small crab to kids for evaluating urban green space, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
10)K Ito, I. Fjortoft, T. Manabe, K. Masuda, Mahito Kamada and K. Fujiwara : Landscape design and chirdrens participation in Japanese primary school planning process of school biotope for 7 years., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
11)Minoru Noda and Fumiaki Nagao : Simulation of 6DOF motion of 3D flying debris, Proceedings of 5th International Symposium on Computational Wind Engineering, Chapel Hill, May 2010.
12)M. Watanabe, N. Ota, Yasunori Kozuki and Mahito Kamada : Conflicting issues in conserving an endangered tiger beetle in an urban area a case study in a compensatory created sandy shore., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
13)K. Kishimura, N. Ota and Mahito Kamada : Challenges and role of non-profit organization for biodiversity conservation in urban area., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
14)Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Shin Tanabe, Kazuhisa Iwaka and Hitoshi Murakami : Numerical Study on Tsunami Propagation and Resonance in the Seto Inland Sea, Abstract of twenty-second international conference of the Pacific Congress on Marine Science and Technology (PACON), 102, Hilo, Jun. 2010.
15)Machi Miyoshi, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Tatsunori Ishida, Nobuhiro Yamaguchi, Akio Sakamoto and Kotaro Goto : BIOMASS RESOURCE FROM MUSSELS ATTACHED TO THE VERTICAL SEAWALL IN OSAKA BAY, Abstract of twenty-second international conference of the Pacific Congress on Marine Science and Technology (PACON), 78, Hilo, Jun. 2010.
16)Risa Mukai, Akio Kondo and Akiko Kondo : Effects of Improvement of High Mobility Networks on Progress in Service Level and Change in User Benefit in Japan, Proceedings of the 12th World Conference of Transport Research, 1-24, Lisbon, Jul. 2010.
17)Akiko Kondo and Akio Kondo : Development of Mingration and Interaction Models between Regions in Consideration of their Mutual Relationship, Proceedings of the 12th World Conference of Transport Research, 1-22, Lisbon, Jul. 2010.
18)Atsushi Mikami : A new approach for combining simple soil investigation and wide area ground response analysis, The 14th European Conference on Earthquake Engineering, Paper-1550, Ohrid, Macedonia, Aug. 2010.
19)齊藤 剛彦, Atsushi Mikami and Yoshifumi Nariyuki : Empirical evaluation of site amplification effect using KiK-net data, The 14th European Conference on Earthquake Engineering, Paper-929, Ohrid, Macedonia, Aug. 2010.
20)Tomohiro MORI, Ryosuke Uzuoka and Motoki KAZAMA : The influence on the slope stability of the initial degree of saturation of a fill ground, 5th International Conferences on Unsaturated Soil, 1267-1272, Barcelona, Sep. 2010.
21)Ryosuke Uzuoka, Kentaro Maruyama, Tomohiro MORI, Motoki KAZAMA, T. Unno and N. Sento : Numerical simulation of an unsaturated slope failure during an earthquake, 5th International Conferences on Unsaturated Soil, 1093-1099, Barcelona, Sep. 2010.
22)Yusaku Katsuno, M. Iwabuchi, Kanae Ozawa, Ryosuke Uzuoka and Motoki KAZAMA : Influence of temperature rise under undrained condition on the shear behavior of unsaturated sandy soil considering solubility of gaseous components, 5th International Conferences on Unsaturated Soil, 561-566, Barcelona, Sep. 2010.
23)Noriaki SENTO, Ryosuke Uzuoka and Yoshiki Otani : EROSION RATE OF SOIL MATERIALS OF LANDSLIDE DAM, 4th Japan-Taiwan Joint Worlshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfalls, 261-266, Sendai, Oct. 2010.
24)Tomohiro ICHIYAMA, Tomohiro MORI, Ryosuke Uzuoka and Motoki KAZAMA : SEEPAGE FLOW ANALYSIS OF A LANDSLIDE DAM DUE TO THE 2008 IWATE-MIYAGI NAIRIKU EARTHQUAKE, 4th Japan-Taiwan Joint Worlshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfalls, 258-260, Sendai, Oct. 2010.
25)Tomohiro MORI, Kohei SASAKI, Motoki KAZAMA and Ryosuke Uzuoka : THE SOIL WATER CHARACTERISTIC CURVE CONSIDERED HYSYERESIS AND THE CASE STUDY OF ANALYSIS FOR REPRODUCING THE UNSATURATED SEEPAGE EXPERIMENT, 4th Japan-Taiwan Joint Worlshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfalls, 91-100, Sendai, Oct. 2010.
26)Motoki KAZAMA, Ryosuke Uzuoka, Noriaki SENTO and Tomohiro MORI : VOLCANIC MOUNTAIN AREA DISASTER CAUSED BY THE IWATE-MIYAGI NAIRIKU EARTHQUAKE IN 2008, JAPAN, 4th Japan-Taiwan Joint Worlshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfalls, 52-74, Sendai, Oct. 2010.
27)Kojiro WATANABE : Urban Growth Simulation Considering Disaster Risk in Provincial Cities, Papers and Proceedings of the Geographic Information Systems Association, Vol.19, 2B-1, Kyoto, Oct. 2010.
28)Akiyoshi Nishimura : Human Casualties on Hanshin (1995) and Chuetsu (2004) Earthquake, Mizunami International Symposium on Earthquake Casualties and Health Consequences, Nov. 2010.
29)Chizuru Sasaki, Asada Chikako and Yoshitoshi Nakamura : Optimization of xylose extraction from sugarcane bagasse for efficient xylitol production, The Pacific Rim Summit on Industrial Biotechnology and Bioenergy, Honolulu, Dec. 2010.
30)Hideyuki Nushida, Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, H Vogel, Akiyoshi Nishimura and A Heinemann : Mechanism of fracture in hyoid bone-analysis from postmortem CT., Rechtmedizin., 415, Frankfurt, 2011.
31)Ryosuke Uzuoka, Tomohiro ICHIYAMA, Tomohiro MORI, Motoki KAZAMA, Noriaki SENTO and Takafumi UCHINO : GEOTECHNICAL PROPERTIES OF LANDSLIDE DAMS INDUCED BY THE IWATE-MIYAGI NAIRIKI EARTHQUAKE IN 2008, 5th International Conference on Geotechnical Earthquake Engineering, Santiago, Jan. 2011.
32)Motoki KAZAMA, Ryosuke Uzuoka and Tomohiro MORI : EARTHQUAKE INDUCED DEBRIS FLOW AND LANDSLIDE IN THE IWATE-MIYAGI NAIRIKU EARTHQUAKE IN 2008, JAPAN, 5th International Conference on Geotechnical Earthquake Engineering, Santiago, Jan. 2011.
33)Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Pretreatment and Effective Utilization of Softwood Waste Material Using Steam Explosion with Super High Temperature, 26th International Conference of Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, Mar. 2011.
34)Chikako Asada, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Efficient Conversion of Waste Wooden Chopsticks into Biofuel, 26th International Conference of Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, Mar. 2011.
35)Michael Givens, Atsushi Mikami, Toshihide Kashima and Jonathan Stewart : Kinematic Soil-Structure Interaction Effects from Building and Free-Field Seismic Arrays in Japan, 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering, 517-526, Tokyo, Mar. 2011.
36)Kwak Youp Dong, Atsushi Mikami, Brandenberg Scott and Stewart Jonathan : Ground Motion Estimation for Evaluation of Levee Performance in Past Earthquakes, 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering, 681-687, Tokyo, Mar. 2011.
37)Minoru Noda, Fumiaki Nagao, Takafumi Waki and Yasuhiko Ogino : Transient Forces on Square Cylinder under Gusty Wind, Proceedings of 5th International Symposium on Wind Effects on Buildings and Urban Environment, 1-4, Tokyo, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)渡辺 公次郎, 重永 雄大, 近藤 光男 : 地区別世帯数予測モデルに関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 49-50, 2010年4月.
2)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 51-52, 2010年4月.
3)栗原 美波, 井若 和久, 上月 康則, 武村 知美, 花倉 僚介, 山中 亮一 : 新聞記事にみる近代における日本人の「防災」観について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 5-6, 2010年5月.
4)花倉 僚介, 井若 和久, 上月 康則, 武村 知美, 栗原 美波, 山中 亮一 : 徳島県における安政・昭和南海地震当時の教訓と住民行動について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 7-8, 2010年5月.
5)齋藤 梓, 上月 康則, 酒井 孟, 山中 亮一, 岩雲 貴俊, 藤木 洋二, 大谷 壮介 : 7年間の勝浦および吉野川河口干潟におけるヤマトオサガニの個体群動態について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 353-354, 2010年5月.
6)岩雲 貴俊, 上月 康則, 酒井 孟, 山中 亮一, 横井 大亜, 藤木 洋二, 齋藤 梓 : 干潟底質に及ぼすコメツキガニの生物攪拌の影響について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 355-356, 2010年5月.
7)山口 奈津美, 上月 康則, 山中 亮一, 西村 博一, 三好 真千, 田中 千裕 : プラスチック繊維シ∼トを利用した直立海岸構造物での生物生息場創出実験, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 363-364, 2010年5月.
8)野上 文子, 上月 康則, 山中 亮一, 三好 真千, 田中 千裕, 松本 秀政, 山口 奈津美, 岩城 嘉宏 : 尼崎港周辺での夏季の水質変動とムラサキイガイ脱落に関する現地調査, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 365-366, 2010年5月.
9)板東 伸益, 山中 亮一, 上月 康則, 森 紗綾香, 一色 圭佑, 柴田 雄輝, 前田 真里, 高橋 秀文 : 尼崎運河におけるアサリ・ヨシに適した生息基盤の設計条件について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 375-376, 2010年5月.
10)柴田 雄輝, 山中 亮一, 上月 康則, 一色 圭佑, 森 紗綾香, 板東 伸益, 前田 真里, 高橋 秀文 : 尼崎運河におけるコウロエンカワヒバリガイを用いた懸濁物除去水槽について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 377-378, 2010年5月.
11)一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則, 森 紗綾香, 板東 伸益, 柴田 雄輝, 前田 真里, 高橋 秀文 : 尼崎運河に設置した小水路での栄養塩収支について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 379-380, 2010年5月.
12)前田 真里, 上月 康則, 山中 亮一, 一色 圭佑, 森 紗綾香, 中西 敬, 小崎 隆志, 平井 研 : 人工海水池における高水温化とその対策について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 399-400, 2010年5月.
13)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 板東 伸益, 一色 圭佑, 前田 真里, 柴田 雄輝, 田尻 和之 : 尼崎運河における環境教育の実施とその効果について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 403-404, 2010年5月.
14)岩見 宏康, 河野 功, 福家 敬泰, 山中 文枝, 綿谷 春代, 山口 奈津美, 上月 康則 : 徳島市環境リ∼ダ∼活動による汽水環境でのヨシの発芽実験, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 409-410, 2010年5月.
15)岩城 嘉宏, 上月 康則, 山中 亮一, 三好 真千, 田中 千裕, 松本 秀政, 山口 奈津美, 野上 文子, 中西 敬, 佐藤 和博 : アミノ酸混和コンクリ∼ト上での付着藻類の生長について, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 409-410, 2010年5月.
16)西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 地球惑星科学関連学会2010年大会予稿集, 2010年5月.
17)岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂を用いた成形材料の検討, 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月.
18)井上 貴文, 三神 厚, 神山 真, 成行 義文 : 強震観測記録から得られる基礎と地盤の伝達関数に及ぼす建物慣性力の影響, 土木学会四国支部技術研究発表会, 2010年5月.
19)齊藤 剛彦, 三神 厚, 神山 真, 成行 義文 : 2009年駿河湾を震源とする地震がもたらした東名高速道路被害による, 土木学会四国支部技術研究発表会, 2010年5月.
20)井上 貴文, 三神 厚, 神山 眞, 成行 義文 : 強震観測記録から得られる基礎と地盤の伝達関数に及ぼす建物慣性力の影響, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会講演概要集, 53-54, 2010年5月.
21)岡田 直也, 中野 晋, 安藝 浩資, 岩瀬 文人 : 竹ヶ島に生息するエダミドリイシの増殖育成における経過報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 383-384, 2010年5月.
22)中利 竜也, 中野 晋, 岡田 直也 : 竹ヶ島周辺海域おけるSPSSとサンゴの関係, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 2010年5月.
23)中内 章浩, 田村 隆雄 : 平成21年台風9号大雨における佐用川の流出解析とH-Q曲線の作成, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 133-134, 2010年5月.
24)山根 一公, 田村 隆雄 : 流域の土地利用形態が河川の硝酸性窒素濃度の形成に与える影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 153-154, 2010年5月.
25)田村 隆雄, 荻野 耕司, 米津 江美, 冨長 亜沙実 : 緑のカーテンの気温上昇抑制効果の検証と二酸化炭素排出削減量の推計, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 395-396, 2010年5月.
26)孔 慶玥, 近藤 光男, 松本 博次 : 交通死亡事故現地調査データに基づく高齢者の交通危険行動の要因分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 243-244, 2010年5月.
27)大谷 育樹, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 大西 賢和 : 歩いて暮らせる健康的なまちづくりの評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 243-244, 2010年5月.
28)高木 昌也, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 行動意図法による地方都市のバス潜在需要分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 233-234, 2010年5月.
29)岡上 政史, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : マクロ・ミクロ統合型単路交通流モデルの構築, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 229-230, 2010年5月.
30)井上 真尋, 野田 稔, 長尾 文明 : ウェイクエクサイテーションのレイノルズ数依存性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 23-24, 2010年5月.
31)脇 孝文, 野田 稔, 長尾 文明 : 突風作用時に正方形柱に作用する非定常空気力, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 25-26, 2010年5月.
32)新居 宏紀, 野田 稔, 長尾 文明 : OpenFOAMによる建物周りの風力発電賦存量の推定, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 27-28, 2010年5月.
33)山下 翔平, 野田 稔, 長尾 文明 : PIVによる竜巻状流れ場の基本性状に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 29-30, 2010年5月.
34)國家 逸冬, 野田 稔, 長尾 文明 : 乱流中における扁平矩形断面の変動揚力特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 31-32, 2010年5月.
35)岸本 哲佳, 田村 隆雄 : 斜面上の掃流砂量を考慮した2次元河床変動計算法に関する計算, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 103-104, 2010年5月.
36)三好 学, 田村 隆雄, 武智 正博, 安芸 浩資 : 平成21年8月10日豪雨における内水氾濫解析の事例について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 131-132, 2010年5月.
37)加賀谷 俊介, 源 貴志, 成行 義文, 三神 厚 : 歩行調査画像分析に基づく群集密度-歩行速度関係の導出と津波避難シミュレーションへの適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 51-52, 2010年5月.
38)小西 利弘, 成行 義文, 三神 厚 : 余震の影響を考慮した耐震性能照査用地震動に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 61-62, 2010年5月.
39)N. Minamoto and Mahito Kamada : Networking human resources for managing natural resource in a region., 2nd International On-Board Symposium, May 2010.
40)鎌田 磨人 : アカテガニの目をとおして見る都市の緑地., 「まちとみどりのシンポジウム Vol. 3 都市の自然のデザイン」, 2010年5月.
41)長崎 靖, 上野 易弘, 菱田 繁, 木下 博之, 粕田 承吾, 羽竹 勝彦, 西村 明儒, 高橋 玄倫, 福永 龍繁, 高瀬 泉 : 屋内での温度環境異常による死亡例の検討-神戸市での調査から-第94次日本法医学会学術全国集会, 日本法医学雑誌, Vol.64, No.1, 68, 2010年6月.
42)石上 安希子, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 体内に留置された医療器具が個人識別に有用であった剖検例.第94次日本法医学会学術全国集会, 日本法医学雑誌, Vol.64, No.1, 84, 2010年6月.
43)那須 亜矢子, 藤原 敏, 青柳 多恵子, 西村 繁, 南部 さおり, 小出 浩平, 西村 明儒 : Shaken baby syndromeの脳損傷発生メカニズムの解明-ゼラチン脳モデルを用いた光弾性実験-.第94次日本法医学会学術全国集会., 日本法医学雑誌, Vol.64, No.1, 89, 2010年6月.
44)奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市における低料金バス運行社会実験の効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.41, 2010年6月.
45)中野 晋, 清水 里香, 安藝 浩資, 岡田 直也, 塩崎 一樹 : 竹ヶ島海中公園の海中光環境とサンゴ群集の関係, 日本沿岸域学会全国大会講演集, Vol.23, 2010年7月.
46)源 典子, 鎌田 磨人 : 協働による自然資源管理における地域ネットワークの構造, 第20回日本景観生態学会大会, 2010年7月.
47)竹村 紫苑, 宮本 駿, 鎌田 磨人 : 都市のはざまに残る里山-都市化による消失リスク VS 保全のためのソーシャル・キャピタル, 第20回日本景観生態学会大会, 2010年7月.
48)河村 勝, 渡辺 公次郎 : 学生サークル活動による建築教育の試み, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 672-673, 2010年8月.
49)粕淵 義郎 : 製造会社のBCP, 2010年8月.
50)蒋 景彩 : 三次元すべり面理論に基づく破壊斜面の強度定数逆算, 土木学会第65回(平成22年度)年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 15-16, 2010年9月.
51)西山 賢一, 長岡 信治, 高谷 精二, 鈴木 恵三, 北村 真一 : 宮崎県鰐塚山地に分布する斜面および段丘堆積物のテフラによる編年, 日本地質学会第117年学術大会講演要旨, 155, 2010年9月.
52)岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : リグニンを硬化剤に用いたエポキシ樹脂成形材料, 第59回高分子討論会, 2010年9月.
53)中野 晋, 大年 邦雄 : 四国沿岸でのチリ中部地震津波の到達状況, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 149-150, 2010年9月.
54)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 学校教諭を介した小学校学年別津波防災教育とその限界, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 134-135, 2010年9月.
55)野田 稔, 長尾 文明 : 平板状飛散物の飛行軌道に対する立川数および辺長比の影響, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 729-730, 2010年9月.
56)山下 翔平, 野田 稔, 長尾 文明 : スワール比の変化による竜巻状流れ場の変化について, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 731, 2010年9月.
57)脇 孝文, 野田 稔, 宗田 和之, 長尾 文明 : 曳航水槽を用いた突風作用時の正方形柱の非定常空気力特性の研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.64, 733-734, 2010年9月.
58)井上 真尋, 野田 稔, 宗田 和之, 長尾 文明 : ウェイクエクサイテーションのレイノルズ数依存性に関する研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.64, 751-752, 2010年9月.
59)田村 隆雄, 小河 健一郎, 桑原 正人 : 平成16年台風10号に伴う豪雨で発生した那賀川上流域の大規模斜面崩壊に関する水文学的考察, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, No.3, 37-38, 2010年9月.
60)騎馬 貴子, 中野 晋, 安西 弘詞 : 大学を核にしたBCPの普及活動, --- 徳島からの報告 ---, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 1181-1182, 2010年9月.
61)田村 隆雄, 中内 章浩, 小河 健一郎 : 雨量・水位データを用いた平成21 年台風9 号豪雨における佐用川のハイドログラフの推定と流出特性に関する考察, 研究発表会要旨集, 130-131, 2010年9月.
62)玉有 朋子, 渡辺 公次郎 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その1 携帯サイトとPCサイトの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1061-1062, 2010年9月.
63)渡辺 公次郎, 玉有 朋子 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その2 個人用サイトの開発と評価実験について ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1063-1064, 2010年9月.
64)山口 満, 近藤 光男, 近藤 明子, 北原 睦子, 上田 誠 : 観光行動に伴う防災意識に関する一考察, 日本計画行政学会第33回全国大会研究報告要旨集, 245-248, 2010年9月.
65)孔 慶玥, 近藤 光男 : 都市住民の日常生活における身体活動量と健康度の関連について, 日本計画行政学会第33回全国大会研究報告要旨集, 297-300, 2010年9月.
66)宇野 宏司, 中野 晋 : 平成21年台風21号水害に対する学校園の応急対応とその後の防災教育について, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.29, 9-10, 2010年9月.
67)仁志 祐太, 八木 聡一郎, 関 麻夏, 植村 晃, 蒋 景彩, 中野 晋 : 山間地域の防災対策の実態, --- 那賀町上那賀地区を対象として ---, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.29, 19-20, 2010年9月.
68)中野 晋, 大年 邦雄 : 2010年チリ地震津波における四国での河川内津波遡上について, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.29, 43-44, 2010年9月.
69)鎌田 磨人 : かみかつ里山倶楽部にかかわる懲りない人々, 地域環境学ネットワーク設立記念シンポジウム, 2010年9月.
70)末澤 弘太, 中野 晋, 仁志 祐太 : 大災害時に必要な情報と各種メディアの有効性に関するアンケート調査, 第5回防災計画研究発表会, 2010年9月.
71)中野 晋, 黒崎 ひろみ : 高潮災害の新聞報道等から垣間見られる企業被害の実態, 第5回防災計画研究発表会, 2010年9月.
72)田代 優秋, 鎌田 磨人 : 農産物の環境ブランド化による無名な希少種の保全の試行―持続的な維持管理は可能か?, 第14回応用生態工学会研究発表会, 2010年9月.
73)蒋 景彩, 中野 晋 : 豪雨災害前後における山間部住民の防災意識変化―徳島県那賀町上那賀地区を対象としてー, 地盤工学会四国支部平成22年度技術研究発表会講演概要集, 33-34, 2010年10月.
74)大本 達郎, 蒋 景彩 : 斜面安定解析における新しい三次元Janbu法の提案, 地盤工学会四国支部平成22年度技術研究発表会講演概要集, 39-40, 2010年10月.
75)中井 陽介, 蒋 景彩, 神田 幸正 : 法先近傍に矢板壁を有する盛土構造物の地震時安定性評価法に関する提案(第二報), 地盤工学会四国支部平成22年度技術研究発表会講演概要集, 41-42, 2010年10月.
76)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 岩雲 貴俊, 酒井 孟, 齊藤 梓 : 2つの河口泥質干潟におけるヤマトオサガニを中心とした炭素・窒素循環の定量化, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集, 52, 2010年10月.
77)西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会, 291-292, 2010年10月.
78)西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部豊島石研究グループ : 文化遺産・産業遺産としての讃州豊島石, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 343-344, 2010年10月.
79)西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部H21山口災害調査団 : 「平成21年中国・九州北部豪雨」で発生した土石流災害調査報告, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 345-346, 2010年10月.
80)岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物を用いた成形材料への適用, 第60回ネットワークポリマー討論会, 2010年10月.
81)香川 博之, 岡部 義昭, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : リグニンのエポキシ成形材料への応用検討, 第55回リグニン討論会, 2010年10月.
82)浅川 愛, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : キノコ廃菌床の発酵基質としての評価とバイオエタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
83)酒藤 潤, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 針葉樹リグニンのエポキシ樹脂化と化学的特性, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
84)土井 圭太, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : Clamidomonas fasciata Ettl 437からの効率的デンプン抽出とエタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
85)Ubrikasum Gljuhan, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : Production of D-lactic acid from agricultural wastes, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
86)青山 直弘, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : リグニンエポキシ樹脂に関するモデル反応の確立, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
87)奥村 亮祐, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : ヤマブシタケの菌糸体培養における培養条件の検討, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
88)喜多 あずさ, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 割り箸の総合的有効利用を目指した効率的有用物質生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
89)近藤 唯, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 杉水蒸気爆砕物からの効率的エタノール生産, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
90)和中 未魚, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 竹爆砕物由来のメタノール可溶性リグニンを用いたエポキシ樹脂合成, 第62回日本生物工学会, 2010年10月.
91)粕淵 義郎 : P社工場BCP策定報告会の事例, 2010年10月.
92)野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 三木 啓司, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 実世界Edutainmentによる防災教育のエンタテインメント化, エンタテインメントコンピューティング2010講演論文集, 2010年10月.
93)粕淵 義郎 : 岩手・宮城内陸地震から2年,被災企業のBCP策定の状況, 2010年10月.
94)山中 亮一, 上月 康則, 井若 和久, 田辺 晋, 村上 仁士 : 瀬戸内海における津波挙動と津波共振の数値解析, 21世紀の南海地震と防災, Vol.5, 79-84, 2010年11月.
95)浅田 元子, 近藤 唯, 酒藤 潤, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : スギC材チップの前処理と有用製品化プロセスの開発, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年11月.
96)西村 繁, 藤原 敏, 那須 亜矢子, 南部 さおり, 小出 浩平, 張 月琳, 青村 茂, 西村 明儒 : Shaken Baby Syndrome発症時の頭部の運動解析-有限要素法によるシミュレーション-.第27回日本法医学会学術中四国地方集会, 第27回日本法医学会学術中四国地方集会.プログラム・口演要旨集, 22-23, 2010年11月.
97)主田 英之, A Heinemann, H Vogel, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 西村 明儒, K Püschel : 副鼻腔貯留液-死後CTの所見より-.第27回日本法医学会学術中四国地方集会, 第27回日本法医学会学術中四国地方集会.プログラム・口演要旨集, 32-33, 2010年11月.
98)Tsuneo Ohsumi : 緊急地震速報を活用した地震時道路盛土即時推定震度評価システムの構築, 徳島県土木技術・業務発表会概要集, Nov. 2010.
99)佐藤 高則, 西山 賢一, 石田 啓祐, 遠藤 陽介, 柴垣 明佳, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物の探索, 第11回極限環境生物学会年会, Vol.9, 91-92, 2010年11月.
100)鎌田 磨人 : 自然再生における順応的管理とそれを支える人のネットワーク, 兵庫県立コウノトリの郷公園研究会, 2010年11月.
101)大谷 育樹, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 孔 慶玥 : 歩いて暮らせるまちづくりによる健康度の向上効果の計測方法に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.42, 2010年11月.
102)野田 稔, 長尾 文明 : 風速変動に対する直線翼垂直軸風車の発電応答性の評価, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム講演概要集, 275-278, 2010年11月.
103)新居 宏紀, 野田 稔, 長尾 文明 : 中高層建造物を対象とした小型風車設置位置の選定方法に関する研究, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム講演概要集, 291-294, 2010年11月.
104)佐藤 高則, 西山 賢一, 石田 啓祐, 遠藤 陽介, 柴垣 明佳, 山城 考 : 吉野川流域鉱山跡採掘滓に存在する重金属耐性細菌の探索, 第125回徳島生物学会会報, Vol.63, No.2, 9, 2010年12月.
105)鎌田 磨人 : 生物多様性の主流化に向けて―生物多様性条約COP10とその後の動き, 日本技術士会四国支部セミナー, 2010年12月.
106)齊藤 剛彦, 三神 厚 : 南海地震の体験談や史実に基づく震源特性の考察, 第31回土木学会地震工学研究発表会講演論文集, No.4-178, 1-6, 2011年.
107)石田 和之 : 中山間地における孤立集落の事前復興に関する災害復興学的研究, 2011年「復興・減災フォーラム」, 2011年1月.
108)豊田 哲也, 石田 基広, 小野 公輔, 掛井 秀一, 佐藤 高則, 佐藤 充宏, 内藤 徹, 西山 賢一, 村上 公一, 真岸 孝一, 矢部 拓也, 行實 鉄平, 川野 卓二, 吉田 博, 田中 さやか : 学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究, 平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, 2011年1月.
109)主田 英之, Heinemann Axel, 徳永 逸夫, 石上 安希子, 西村 明儒 : 実践死後画像 - ドイツ・ハンブルグ大学法医学研究所の新しい取り組み, 第242回徳島医学会学術集会, 2011年2月.
110)山畠 充紗子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 環境保全と災害危険性を考慮した市街地形態の予測, 第4回四国GISシンポジウム, 15-18, 2011年2月.
111)西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 土木学会四国支部平成23年自然災害フォーラム論文集, 27-30, 2011年3月.
112)奥村 亮祐, 浅川 愛, 浅田 元子, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : 植物性バイオマスの総合的有効利用を目的としたサトウキビバガスからのD-乳酸発酵, 第61回日本木材学会大会, 2011年3月.
113)粕淵 義郎 : 岩手・宮城内陸地震(08年6月)における事業所被害に関する追跡調査, 土木学会四国支部 平成23年自然災害フォーラム論文集, 61-70, 2011年3月.
114)寺岡 瑞絵, 宇都 義浩, 上畑 英吾, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 堀 均 : MTT法によるスギ水蒸気爆砕抽出物の抗腫瘍活性の評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

1)中野 晋, 早川 英樹 : 一生を分ける一瞬があります, --- 緊急地震速報下の新しい訓練 ---, 2010年5月.

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)鎌田 磨人 : 「都市における生物多様性とデザイン(URBIO2010)」国際会議, 都市緑化技術, No.76, 48, 2010年5月.
2)佐藤 高則, 石田 啓祐, 西山 賢一, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と酵素機能の調査・研究, 平成21年度学部長裁量経費プロジェクト成果発表会, 2010年9月.
3)西山 賢一 : 平成21年山口県防府市土石流災害調査報告, 徳島大学環境防災研究センター防災ミニフォーラム「平成21年豪雨災害から学ぶ」, 2010年10月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)飯山 直樹, 森本 康滋, 井内 久利, 松永 英明, 稲飯 幸代, 小串 重治, 竹村 紫苑, 伊川 徳治, 宮本 駿, 三幣 亮, 前田 将志, 鎌田 磨人 : 阿波市「阿波町・吉野町」の植生, --- 阿波市「阿波町・吉野町」 総合学術調査報告 ---, 阿波学会紀要, No.56, 25-34, 徳島, 2010年7月.
2)佐藤 高則, 石田 啓祐, 西山 賢一, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と 酵素機能の調査・研究, 平成21年度 学部長裁量経費 報告書, 91-110, 徳島, 2010年10月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{70428}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)西村 明儒 : 死体検案,遺体の取り扱い, ぎょうせい, 2011年5月.
2)長尾 文明, 日本鋼構造協会 鋼構造と風研究小委員会 : 風を知り風と付き合う ‐耐風設計入門-, 一般社団法人 日本鋼構造協会, 東京, 2011年7月.
3)大塚 久哲, 三神 厚, 他57名 : 地下構造物の耐震性能照査と地震対策ガイドライン(案), 社団法人 土木學會, 2011年9月.
4)長尾 文明, 日本風工学会風災害研究会 : 強風災害の変遷と教訓 第2版(2011), 一般社団法人 日本風工学会, 東京, 2011年12月.
5)西山 賢一, 地盤工学会 : 全国77都市の地盤と災害ハンドブック, 2012年.
6)蒋 景彩, 他69名 : 地震地すべり-地震地すべりプロジェクト特別委員会の総括編-, 社団法人日本地すべり学会, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Chizuru Sasaki, Rie Takada, Takahito Watanabe, Yoichi Honda, Shuichi Karita, Yoshitoshi Nakamura and Takashi Watanabe : Surface carbohydrate analysis and bioethanol production of sugarcane bagasse pretreated with the white rot fungus, Ceriporiopsis subvermispora and microwave hydrothermolysis, Bioresource Technology, Vol.102, No.21, 9942-9946, 2011.
2)Chikako Asada, Ai Asakawa, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of the steam-exploded spent Shiitake mushroom medium and its efficient conversion to ethanol, Bioresource Technology, Vol.102, No.21, 10052-10056, 2011.
3)Kyoko Suzuki, Tomoyasu Yoshitomi, Yoichi Kawaguchi, Masaki Ichimura, Kaneaki Edo and Tsuguo Otake : Migration history of Sakhalin taimen Hucho perryi captured in the Sea od Okhotsk, northern Japan, using otolith Sr : Ca ratios, Fisheries Science, Vol.77, No.3, 313-320, 2011.
4)西山 賢一, 木村 隆行, 磯野 陽子, 井上 弦 : 色彩計を用いた岩石・土壌の色彩測定法, 応用地質, Vol.52, No.2, 62-71, 2011年.
5)田中 亘, 鹿野 雄一, 山下 奉海, 斉藤 慶, 河口 洋一, 島谷 幸宏 : 佐渡島の河川のドジョウ密度を決定する要因とその保全策への応用, 応用生態工学, Vol.14, No.1, 1-9, 2011年.
6)高比良 光治, 島谷 幸宏, 久岡 夏樹, 河口 洋一, 佐藤 辰郎, 池松 伸也 : 板櫃川で実施された多自然川づくりの魚類生息環境からみた評価, 河川技術論文集, Vol.17, 395-400, 2011年.
7)西山 賢一, 本山 茂樹, 石田 啓祐, 橋本 寿夫, 中尾 賢一, 阿部 肇, 辻野 泰之, 小澤 大成 : つるぎ町一宇地域の地質・岩石・地すべり地形, 阿波学会紀要, No.57, 1-9, 2011年.
8)石田 和之, 岡 重徳, 清水 勇吉 : 主成分分析を用いた歯科医院に対する患者満足度の要因分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.2(106), 91-96, 2011年.
9)浜野 龍夫 : ハモの巣穴出入行動における日周および季節変化, 日本水産学会誌, Vol.77, No.4, 600-605, 2011年.
10)木原 直人, 中屋 耕, 坪野 孝樹, 松山 昌史, 平口 博丸, 森 信人, 鈴木 崇之, 武藤 裕則 : うねりと発達中の風波が混在する湾内における大気・海洋間運動量輸送, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, I_51-I_55, 2011年.
11)H Zhang, Yasunori Muto, S Nakanishi and H Nakagawa : Impacts of Weir Removal on Channel Dynamics in Non-Uniform Sediment Beds, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)), Vol.67, No.2, I_625-I_634, 2011.
12)井上 真尋, 野田 稔, 長尾 文明 : ウェイクギャロッピングに及ぼす円柱表面粗度の影響, 「フラッターの制御と利用」に関する第1回シンポジウム論文集, 135-139, 2011年.
13)日下 拓也, Sokkheang SRENG, 渦岡 良介, 伊藤 民夫, 望月 秋利 : 地下水位回復に伴う地盤隆起に関する遠心模型実験とその数値シミュレーション, 地盤工学ジャーナル, Vol.6, No.3, 439-454, 2011年.
14)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一 : 河口干潟におけるヘナタリの炭素埋没量に関する基礎的研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 981-985, 2011年.
15)上月 康則, 山中 亮一, 松重 摩耶, 齋藤 梓, 岩雲 貴俊, 石田 達憲, 大谷 壮介 : 貧酸素によるアサリのろ水機能への後遺障害に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1006-1010, 2011年.
16)上月 康則, 山中 亮一, 三好 真千, 田中 千裕, 石田 達憲, 野上 文子 : 海岸構造物壁面に付着するシロボヤの懸濁物摂餌活性に及ぼす水温,塩分の影響, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1031-1035, 2011年.
17)山中 亮一, 上月 康則, 桶川 博教, 森 紗綾香, 一色 圭佑, 前田 真里, 川井 浩史, 石垣 衛, 中西 敬, 上嶋 英機, 平井 住夫 : 尼崎運河における構造物底面への生物付着防止方法の提案とその効果, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1036-1040, 2011年.
18)上月 康則, 佐藤 和博, 中西 敬, 西村 博一, 多良 千鶴, 田保橋 建, 石田 達憲, 中田 紘子, 水口 祐太, 野上 文子, 山口 奈津美, 山中 亮一 : アミノ酸混和コンクリート上の遷移初期の付着生物相に関する考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1126-1130, 2011年.
19)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 田邊 普, 村上 仁士 : 徳島県における地震・津波碑の価値と活用について, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1261-1265, 2011年.
20)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一 : 徳島県勝浦川河口干潟におけるヘナタリの分布特性と個体群動態, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.67, No.2, 487-492, 2011年.
21)孔 慶玥, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 近藤 明子 : 移動の限界距離を考慮した生活環境施設の評価モデルの構築とその適用に関する研究, 都市計画論文集, Vol.46, No.3, 787-792, 2011年.
22)高木 昌也, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市での低料金バス運行社会実験における行動-意図一致率に関する分析, 都市計画論文集, Vol.46, No.3, 775-780, 2011年.
23)中野 晋, 八木 聡士郎 : 港湾の業務継続計画策定に向けた災害時応急対応事例の収集と分析, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1251-1255, 2011年.
24)黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 地震・津波被害の影響と生活環境の差が生む住民の防災意識変化, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1276-1280, 2011年.
25)齊藤 剛彦, 三神 厚 : 体験談に基づく1946年昭和南海地震の震源特性の検証, 地域安全学会論文集, No.15, 199-208, 2011年.
26)石田 和之 : 資産保有課税における課税標準の選択:固定資産税(日本)とレイト(香港)の比較分析の視点, 租税資料館賞受賞論文集第20回, 39-63, 2011年.
27)蒋 景彩 : 2008年5月12日四川大地震災害に関する復旧・復興状況の現地調査報告, 21世紀の南海地震と防災, Vol.6, 59-66, 2011年.
28)渦岡 良介, 仙頭 紀明, 森 友宏, 風間 基樹 : 2008 年岩手・宮城内陸地震で発生した湯ノ倉温泉地区の天然ダム堤体の地盤工学的特性, 日本地震工学会論文集, Vol.11, No.5, 80-93, 2011年.
29)T Mori, Ryosuke Uzuoka, T. Chiba, K. Kamiya and M. Kazama : Numerical prediction of seepage and seismic behavior of unsaturated fill slope, Soils and Foundations, Vol.51, No.6, 1075-1090, 2011.
30)清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.3, 138-144, 2011年.
31)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 健康支援による生活行動変容に向けての交通行動消費エネルギー算定手法の検討, 土木学会論文集, Vol.D3-67, No.5, I_635-I_642, 2011年.
32)武藏 由育, 志宇 知誠, 山下 正浩, 林 洋史, 湯城 豊勝, 鎌田 磨人, 赤松 良久, 河口 洋一, 中田 泰輔 : 置土された土砂の流下過程の数値解析モデルの構築と実河川における適用, 水工学論文集, No.55, 817-822, 2011年.
33)田代 優秋, 鎌田 磨人 : 地域環境課題の解決を目指した専門家-地域住民との協働継続要因:人的ネットワーク構造に着目して., 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.67, No.2, 802-807, 2011年.
34)M. Kohri, Mahito Kamada and N. Nakagoshi : Satial-temporal distribution of ornithochorous seeds from an Elaeagnus umbellate community dominating a riparian habiat., Plant Species Biology, Vol.26, No.2, 174-185, 2011.
35)K Wada, K Watanabe and Mahito Kamada : Function of Vertical Claw-Waving in the Fiddler Crab Uca arcuata, Journal of Crustacean Biology, Vol.31, No.3, 413-415, 2011.
36)H Arakida, H Mitsuhashi, Mahito Kamada and K Koyama : Mapping the potential distribution of shorebirds in Japan: the importance of landscape-level coastal geomorphology., Aquatic Conservation : Marine and Freshwater Ecosystems, Vol.21, No.6, 553-563, 2011.
37)西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年台風10号豪雨により徳島県で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.26, 17-29, 2012年.
38)Shiro Maeda, Yasuhiro Fujiwara, Chizuru Sasaki and Ko-Ki Kunimoto : Structural analysis of microbial poly(e-L-lysin)/poly(acrylic acid) complex by FT-IR, DSC and solid state 13C and 15N NMR, Polymer Journal, Vol.44, No.2, 200-203, 2012.
39)Shigeya Nagayama, Futoshi Nakamura, Yoichi Kawaguchi and Daisuke Nakano : Effects of configuration of instream wood on autumn and winter habitat use by fish in a large remeandering reach, Hydrobiologia, Vol.680, 159-170, 2012.
40)宇野 宏司, 中野 晋, 粕淵 義郎 : 霧島連山・新燃岳の火山災害による事業所被災と自治体対応, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.67, No.2, 23-28, 2012年.
41)粕淵 義郎, 中野 晋 : 効果的なBCPを進めるための設備耐震性強化に関する考え方, --- 半導体工場を念頭にして ---, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.67, No.2, 89-94, 2012年.
42)小川 健一郎, 田村 隆雄, 武藤 裕則, 瀧川 紀子 : 大和川奈良県域における治水・流域対策施設の有する洪水ピーク流量の低減機能, 水工学論文集, Vol.56, 1495-1500, 2012年.
43)田村 隆雄, 能田 慎也, 武藤 裕則 : 分布型流出モデルを用いた那賀川上流における森林斜面の貯水高と斜面崩壊に関する考察, 水工学論文集, Vol.56, 419-474, 2012年.
44)Chikako Asada, Chizuru Sasaki, Yoshihiro Uto, Jun Sakafuji and Yoshitoshi Nakamura : Effect of steam explosion pretreatment with ultra-high temperature and pressure on effective utilization of softwood biomass, Biochemical Engineering Journal, Vol.60, 25-29, 2012.
45)M. Kazama, S. Kataoka and Ryosuke Uzuoka : Volcanic mountain area disaster caused by the Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake of 2008, Japan, Soils and Foundations, Vol.52, No.1, 168-184, 2012.
46)原 忠, 大河原 正文, 大角 恒雄, 山中 稔, 石原 行博, 常川 善弘, 岡村 未対, 渦岡 良介 : 東北地方太平洋沖地震による岩手県沿岸中南部の被害の概要, 地盤工学ジャーナル, Vol.7, No.1, 25-36, 2012年.
47)野田 稔, 長尾 文明, 政井 一仁 : 六自由度飛行軌道解析による平板状飛散物の飛行性状の検討, 構造工学論文集, Vol.58A, No.0, 542-551, 2012年.
48)Chizuru Sasaki, Keisuke Sumimoto, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Direct hydrolysis of cellulose to glucose using ultra-high temperature and pressure steam explosion, Carbohydrate Polymers, Vol.89, No.1, 298-301, 2012.
49)岡 二三生, 吉田 信之, 甲斐 誠士, 飛田 哲男, 肥後 陽介, 鳥居 宣之, 鏡原 聖史, 中西 典明, 木元 小百合, 山川 優樹, 東瀬 康孝, 渦岡 良介, 京谷 孝史 : 東北地方太平洋沖地震被害調査報告-宮城県北部-, 地盤工学ジャーナル, Vol.7, No.1, 37-55, 2012年.
50)原 忠, 岡村 未対, 渦岡 良介, 石原 行博, 上野 勝利 : 2011年東北地方太平洋沖地震における岩手県沿岸中南部の河川堤防の津波による被害の特徴, 地盤工学ジャーナル, Vol.7, No.1, 253-264, 2012年.
51)松尾 裕治, 安永 一夫, 中野 晋 : 明治期の水位観測記録と実測平面図を用いた吉野川第十堰周辺の洪水と治水計画の再評価, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.67, No.4, 631-636, 2012年.
52)植木 岳雪, 中尾 賢一, 西山 賢一, 森江 孝志 : 地学系専門学協会による一般市民を対象としたアウトリーチ巡検の実践報告, 地学教育, Vol.65, 63-80, 2012年.
53)濵井 宣明, 中野 晋, 高西 春二, 松尾 裕治 : 新聞記事や水位観測記録を用いた明治期の吉野川洪水の実態把握, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.68, No.4, 1051-1056, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 33-36, 2011年.
2)粕淵 義郎 : BCP対策の推進課題「設備耐震」に関する考察, 土木学会 全国大会 論文集, 2011年.
3)西山 賢一 : テフラを用いた九州山地の斜面削剥過程の検討可能性(予報), めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.22, 1-8, 2011年.
4)山本 裕史, 浜野 龍夫, 田村 生弥, 池幡 佳織, 加藤 潤, 駕田 啓一郎, 安田 侑右, 行本 みなみ, 米多 佐織, 中村 友紀, 一色 圭佑, 桶川 博教, 山中 亮一, 上月 康則 : つるぎ町を流れる吉野川水系貞光川の水質, 阿波学会紀要, Vol.57, 11-22, 2011年.
5)西山 賢一, 田村 俊之 : 四国山地から見いだされたテフラに基づく山地斜面の長期安定性, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, 21-27, 2011年.
6)西山 賢一 : 日本における地すべり・斜面崩壊の発生頻度に関する編年学的研究, らんどすらいど(日本地すべり学会関西支部会報), No.27, 30-40, 2011年.
7)村田 明広, 前川 寛和 : 四国西部,内子-小田地域の御荷鉾緑色岩類の地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, 29-38, 2011年.
8)西山 賢一 : 紀伊山地・九州山地の地形形成と土砂移動, 日本地すべり学会関西支部報(らんどすらいど), Vol.28, 30-39, 2012年.
9)松本 祥史, 吉田 真由子, 中野 収太, 佐藤 健二 : ネガティブ感情体験の構造化開示が心身機能に及ぼす影響, --- メタ認知の観点からのメカニズム検討 ---, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, 31-48, 2012年.
10)西山 賢一, 長岡 信治, 鈴木 惠三, 高谷 精二 : テフロクロノロジーに基づく宮崎県鰐塚山地における深層崩壊の発生頻度, 京都大学防災研究所研究集会「深層崩壊の実態,予測,対応」研究報告書, 77-82, 2012年.
11)西山 賢一, 蒋 景彩, 岡田 憲治 : 2011年台風12号・15号豪雨により徳島県で発生した斜面崩壊, 平成24年自然災害フォーラム論文集, 75-82, 2012年.
12)宇野 宏司, 中野 晋, 武藤 裕則 : 台風1112号による紀伊半島豪雨の被害状況と災害対策の課題, 平成24年自然災害研究フォーラム論文集, 21-26, 2012年.
13)高西 春二, 中野 晋, 宇野 宏司, 仁志 祐太 : 台風1112号による紀伊半島豪雨の被害状況と災害対策の課題, 平成24年自然災害研究フォーラム論文集, 39-46, 2012年.
14)中野 晋, 湯浅 茂昭, 粕淵 義郎 : 学校防災管理の基本と考え方, 平成24年自然災害研究フォーラム論文集, 117-120, 2012年.
15)粕淵 義郎, 中野 晋 : 災害時の通信確保に関する考察, 平成24年自然災害研究フォーラム論文集, 149-154, 2012年.
16)末澤 弘太, 中野 晋, 山城 新吾, 木村 泰之 : ソフト防災事業 実践型避難訓練「避難シミュレーションゲーム」運用事例, 平成24年自然災害研究フォーラム論文集, 129-132, 2012年.
17)武藤 裕則, 日下 聡平, 島田 広昭, 石垣 泰輔 : 海水浴場利用者と周辺住民の津波防災意識の落差について, 土木学会四国支部平成24年自然災害フォーラム論文集, 133-138, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)原 忠, 大角 恒雄, 山中 稔 : 東北地方太平洋沖地震による岩手県沿岸中南部の被害調査の概要, 公益社団法人 地盤工学会, Vol.59, No.6, 30-35, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第48講)税収の伸張性と安定性のトレード・オフの検証, , Vol.66, No.4, 285-307, 2011年4月.
2)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第49講)大規模災害の発生時における固定資産税の特例, , Vol.66, No.5, 206-229, 2011年5月.
3)石田 和之 : 地方税制温故知新(第1回) シャウプ税制の崩壊と固定資産税における償却資産課税, , Vol.66, No.6, 114-131, 2011年6月.
4)石田 和之 : 地方税制温故知新(第2回) 戸数割から住民税へ, , Vol.66, No.7, 132-151, 2011年7月.
5)石田 和之 : 地方税制温故知新(第3回) 個人住民税における課税最低限のあり方をめぐる議論, , Vol.66, No.8, 162-181, 2011年8月.
6)石田 和之 : 地方税制温故知新(第4回) 付加価値税の失敗と事業税における外形標準課税の導入, , Vol.66, No.9, 142-161, 2011年9月.
7)西山 賢一, 中尾 賢一, 長谷川 修一, 植木 岳雪 : アウトリーチ巡検「百万年前の東四国を探る」資料, 1-45, 2011年9月.
8)石田 和之 : 地方税制温故知新(第5回)地方たばこ税をめぐる議論の変化, , Vol.66, No.10, 246-265, 2011年10月.
9)中野 晋 : 防災と徳島新聞, --- 市民の意識高める責任 ---, 徳島新聞朝刊(2011.10.15), 2011年10月.
10)石田 和之 : 地方税制温故知新(第6回)地方基幹税としての法人住民税, , Vol.66, No.11, 192-211, 2011年11月.
11)石田 和之 : 地方税制温故知新(第7回)複雑化する自動車関係諸税に対する簡素化の要請, , Vol.66, No.12, 216-234, 2011年12月.
12)西村 明儒 : 死因調査から防災対策へ-阪神から南海へ-, 四国医学雑誌, Vol.67, No.5,6, 211-228, 2011年12月.
13)渦岡 良介 : 側方流動, 地盤工学会誌, Vol.60, No.1, 42-43, 2012年1月.
14)西山 賢一, 植木 岳雪, 中尾 賢一, 長谷川 修一 : 東四国の自然を楽しむガイドブック-地形・地質を中心として-, 日本第四紀学会資料, 1-38, 2012年1月.
15)石田 和之 : 地方税制温故知新(第8回)都市税源としての事業所税, , Vol.67, No.1, 168-187, 2012年1月.
16)田代 優秋, 上月 康則, 東 知里 : 地域環境問題の解決に寄与するアウトリーチ活動の可能性, 農業農村工学会誌, Vol.80, No.1, 15-18, 2012年1月.
17)石田 和之 : 地方税制温故知新(第9回)固定資産税における農地課税の変遷∼税負担の据置と市街化区域農地に対する課税∼, , Vol.67, No.2, 285-303, 2012年2月.
18)石田 和之 : 地方税の震災をめぐる動き, 法律のひろば, No.3, 43-51, 2012年3月.
19)石田 和之 : 地方税制温故知新(第10回)固定資産税の一環としての都市計画税, , Vol.67, No.3, 270-290, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Ryosuke Uzuoka, Motoki KAZAMA and Noriaki SENTO : Soil-water-air coupled analysis on seepage and overtopping behavior of river levee, The 14th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Hong Kong, May 2011.
2)Motoki KAZAMA, Tomohiro MORI, Ryosuke Uzuoka and Noriaki SENTO : Volcanic mountain area disaster in the Iwate-Miyagi Nairiku earthquake, The 14th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Hong Kong, May 2011.
3)Ryoichi Yamanaka, Machi Miyoshi, Yasunori Kozuki, Fumiko Nogami, Tatsunori Ishida, Natsumi Yamaguchi, Chihiro Tanaka, Hidemasa Matsumoto and Kotaro Goto : Impact of Water Quality Variation on Mussel (Mytilus galloprovincialis) Biomass in Semi-enclosed Port, Proceedings of the Twenty-first (2011) International Offshore and Polar Engineering Conference, 853-858, Jun. 2011.
4)Kazuyuki Ishida : The Trade-off between the Growth and Stability of Prefectural Tax Revenue in Japan, The Seventh Annual Conference of the APEA, Korea, Jun. 2011.
5)Masashi Okushima and Akio Kondo : Design of Promotion Plan for Eco-Commuting with Multi Agent Simulation Model, Proceedings of 12th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, 1-15, Jul. 2011.
6)Zhou Kui, Gordillo Cartagena Alex, Akiko Kondo and Akio Kondo : Allocation Problems of Semi-undesirable Facilities -A Case of Garbage Containers-, Proceedings of 12th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, 1-17, Jul. 2011.
7)Akiko Kondo, Akio Kondo, Kui Zhou and Ken-ichi Ohashi : Migration Models Between Regions by Age Groups in Consideration of Actual Reasons of Migration, Proceedings of 12th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, 1-16, Jul. 2011.
8)Kong Qingyue, Akio Kondo, Masashi Okushima and Akiko Kondo : Effect of Public Transport Use on Increase in Physical Activity of Urban Residents -A Case Study Focusing on Bus Use in Tokushima Urban Areas-, Proceedings of 12th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, 1-15, Jul. 2011.
9)Minoru Noda and Fumiaki Nagao : Behavior of Plate-like flying debris, Proceedings of 13th International Conference on Wind Engineering, 8, Amsterdam, Jul. 2011.
10)Fumiaki Nagao, Minoru Noda and Masahiro Inoue : Effects of surface roughness of circular cylinders on wake galloping, Proceedings of 13th International Conference on Wind Engineering, 8, Amsterdam, Jul. 2011.
11)K Ito, Mahito Kamada and Y. Morimoto : An approach for the evaluation of biodiversity (cultural service) from designs of nature in the city, 8th IALE World Congress, Aug. 2011.
12)Mahito Kamada : Kappa as a historical indicator of the relationship between waterside environments and human life, 8th IALE World Congress, Aug. 2011.
13)Mahito Kamada and S. Takemura : Satoyama in the urban range in Japan -pattern, process and implication to urban planning, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011.
14)N Nakagoshi and Mahito Kamada : Nature restoration projects in Japan, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011.
15)S Kato, N Minamoto and Mahito Kamada : Adaptive co-management of forest resources: a case of Takamaru-yama Sennen-no Mori, Tokushima, Japan, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011.
16)Machi Miyoshi, Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Fumiko Nogami, Tatsunori Ishida, Hidemasa Matsumoto, Natsumi Yamaguchi, Chihiro Tanaka, Satoshi Ano, Yuta MIzuguchi and Kotaro Goto : Relation between the mussels biomass and water quality at Amagasaki port, Osaka Bay, in 2010, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, Aug. 2011.
17)Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Keisuke Isshiki, Sayaka Mori, Mari Maeda, Hironori Okegaawa, Hroshi Kawai, Mamoru Ishigaki, Takashi Nakanishi, Hideki Ueshima and Sumio Hirai : Development of Water Quality Improvement Channel with Citizen in Amagasaki Canal, Japan, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
18)Ryoichi Yamanaka, Yoshiyuki Sueoka and Yasunori Kozuki : Numerical study on dispersion of turbid overland flow in stratified waters, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
19)Hiroyuki Otsuka, Yasunori Kozuki, Masako Watanabe, Naotomo Ota and Takashi Kawai : Creation of a Sandy Shore for the Endangered Tiger Beetle Cicindela lewisi, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
20)SATO Kazuhiro, Yasunori Kozuki, Masako Watanabe, NISHIMURA Hirokazu, TARA Chizuru, Takashi Nakanishi, NAKATA Hiroko, YAMAGUCHI Natsumi, NOGAMI Fumiko, Ryoichi Yamanaka, TABOHASHI Tatsuru and KOBAYASHI Masaki : Characteristics of Periphytic Algae on Concrete Contained Amino Acid, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
21)Kazuyuki Ishida : The Local Corporate Tax Independence from the National Corporate Tax in Japan, Congress of Forum For Economists International, Netherland, Sep. 2011.
22)Shion Takemura, Y Akamatsu and Mahito Kamada : Influence of dam construction and river-mouth alteration on mangrove habitat in the Okukubi River, Okinawa, Japan., The 9th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Kanazawa, Sep. 2011.
23)Ryosuke Uzuoka, K. Senba, T. Unno, N. Sento and M. Kazama : Dynamic coupled analysis of an unsaturated fill slope during an earthquake, The 2nd Japan-Korea Joint Workshop on Unsaturated Soils and Ground, 49-58, Fukuoka, Sep. 2011.
24)K. Sasaki, T. Mori, M. Kazama and Ryosuke Uzuoka : Study on the effect of gravel and void on soil water characteristics of soil, The 2nd Japan-Korea Joint Workshop on Unsaturated Soils and Ground, 111-124, Fukuoka, Sep. 2011.
25)S Takemura, Y Akamatsu and Mahito Kamada : Influence of dam construction and river-mouth alteration on mangrove habitat in the Okukubi River, Okinawa, Japan., Advances in River Restoration Research, Proceedings of the 9th Annual Joint Seminar between Japan and Korea on River Basin Restoration by Ecosystem Approach, 9-14, Sep. 2011.
26)Atsushi Mikami : Method of Evaluating Average Shear Wave Velocity for Levees Based on Microtremor Measurement, Proceedings of The 4th Japan-Greece Workshop, Vol.2, 471-485, Kobe, Oct. 2011.
27)Kenji Sato and Kutara Kie : THE EFFECTS OF STRUCTURED DISCLOSURE TO ENHANCE COGNITIVE RESTRUCTURING OF TRAUMAS ON HEALTH: EXAMINATIONS OF DISCLOSING IN THE PRESENT TENSE, DECENTERING, AND POSTTRAUMATIC GROWTH, 5th international conference on 'The (Non)Expression of Emotions in Health and Disease', 150, Netherlands, Oct. 2011.
28)Ryo Sanpei, Emi Morimoto, Masahiko Kanamori and Mahito Kamada : Gaining Knowledge and Skills about Forest Management by Long Term Internship, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-19, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
29)Mai Onishi, Emi Morimoto, Toshiaki Sawada and Mahito Kamada : The role of co-coordinator in environmental conservation activities - Learning through an internship -, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-16, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
30)Naohiro Aoyama, Emi Morimoto, Ryugo Watanabe and Yoichi Kawaguchi : Practice of Nature Restoration for Local Revitalization by Local Residents and Administration, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-24, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
31)Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Qing Yang : Seismic instability assessment of rock slopes in a large area based on planar sliding mode, Proceedings of the 12th ISRM International Congress on Rock Mechanics, 711-716, Beijing, Oct. 2011.
32)Kai Zhang, Qing YAng and Jing-Cai Jiang : Experimental and numerical research on crack propagation in rock under uniaxial compression, Proceedings of the 12th ISRM International Congress on Rock Mechanics, 396-399, Beijing, Oct. 2011.
33)Fumiaki Nagao, Minoru Noda and Masahiro Inoue : Basic Study on Wake Excitation of Tandem Circular Cylinders under Central Distance of Three Diameters, Proceedings of 19h International Symposium on Cable Dynamics, 1-8, Shanghai, Oct. 2011.
34)Chizuru Sasaki, Ryosuke Okumura, Ai Asakawa, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Production of D-lactic acid from sugarcane bagasse using steam explosion, Journal of Physics: Conference Series, Vol.352, No.1, 012054, Nov. 2011.
35)Kai Zhang, Jing-Cai Jiang and Qing Yang : Numerical simulation of 2D crack growth with frictional contact in brittle materials, Proceedings of the First International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, Vol.Vol.1, 187-190, Tsu, Nov. 2011.
36)Hideyuki Nushida, Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, H Vogel, Akiyoshi Nishimura and A Heinemann : Mechanism of fracture in hyoid bone-analysis from postmortem CT, Rechtmedizin, 415, 2011.
37)Ryosuke Uzuoka and K. Senba : Seismic responses of a river levee on soft cohesive ground, 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering / 4th Asia Conference on Earthquake Engineering, Tokyo, Mar. 2012.
38)Keiji Miki, Hiroyuki Mitsuhara, Yusuke Noda, Kazuhisa Iwaka, Yasunori Kozuki and Yoneo Yano : INTRODUCING COLLABORATION AND COMPETITION INTO REAL WORLD EDUTAINMENT, Proceedings of IADIS International Conference Mobile Learning 2012, 11-18, Berlin, Germany, Mar. 2012.
39)Yusuke Noda, Keiji Miki, Kazuhisa Iwaka, Hiroyuki Mitsuhara, Yasunori Kozuki and Yoneo Yano : REAL WORLD EDUTAINMENT BASED ON BRANCHED GAME STORY AND ITS APPLICATION TO EARTHQUAKE DISASTER PREVENTION LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference Mobile Learning 2012, 205-212, Berlin, Germany, Mar. 2012.
40)Mahito Kamada : National database of vegetation samples and its applicability in Japan, Special Symposium The Role of Vegetation Science in a Changing Asia: Goal of IAVS2012, The 5th EAFES International Congress, Mar. 2012.
41)Shion Takemura, Y. Akamatsu and Mahito Kamada : Eco-hydraulic evaluation of mangrove habitat at Okukubi River, Okinawa Island, Japan, The 5th EAFES International Congress, Otsu, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)鎌田 磨人 : 自然再生・生態系管理のあり方—生態学会からの提言, 徳島大学環境防災研究センター・日本生態学会中国四国地区会主催, 2011年4月.
2)松田 春菜, 浜野 龍夫, 長澤 和也 : トクナガヤドリニナの成長および繁殖様式, 日本貝類学会平成23年度大会, 2011年4月.
3)孔 慶玥, 近藤 光男, 廣瀬 彩 : 移動の限界距離を考慮した生活環境施設の配置評価に関する研究, 日本都市計画学会中国四国支部都市計画研究講演集, Vol.9, 61-62, 2011年4月.
4)鎌田 磨人 : 自然再生・生態系管理のあり方—生態学会からの提言, 生物多様性シンポジウム「生物多様性地域戦略に求められるもの-生態学の立場から」, 2011年4月.
5)米澤 敦, 三神 厚, 大角 恒雄 : 地表単点の微動観測に基づく表層地盤のS波速度の同定, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, 2011年5月.
6)富山 貴文, 三神 厚, 大角 恒雄 : 2007年新潟県中越沖地震を対象とした統計的グリーン関数法による地震動のシミュレーション, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, 2011年5月.
7)笹田 宏紀, 橋本 親典, 上野 勝利, 渡邉 健 : 粒状体-流体連成3次元解析モデルを用いた加振BOX 試験装置内を流動するフレッシュコンクリートの数値解析に関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 285-286, 2011年5月.
8)山畠 充紗子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 環境保全性と災害危険性を考慮した市街化シミュレーション, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 225-226, 2011年5月.
9)岡野 裕平, 鈴木 壽, 上野 勝利, 渦岡 良介 : マイクロ波を用いた不飽和粘土供試体による水分保持特性, 平成23年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 133-134, 2011年5月.
10)松井 雄輝, 日下 拓也, 渦岡 良介, 鈴木 壽 : 地下水回復に伴う地盤隆起を対象とした非線形有限要素法, 平成23年土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 119-120, 2011年5月.
11)今井 陽平, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 通勤交通手段選択に関わる環境意識の社会的相互作用の構造分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 195-196, 2011年5月.
12)堀 広毅, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 高速道路料金政策の地方都市交通圏への影響分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 235-236, 2011年5月.
13)上田 達也, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市における生活行動シミュレータPCATSの適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 237-238, 2011年5月.
14)田村 隆雄, 岩城 奈津子 : 2010年酷暑における緑のカーテンの効果に関する調査, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 349-350, 2011年5月.
15)福田 亮太, 田村 隆雄 : 四万十川上流域の雨水流出特性と流域貯水能に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 71-72, 2011年5月.
16)大島 康平, 田村 隆雄 : 別子銅山が森林の貯留能に与えた影響に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 73-74, 2011年5月.
17)花住 陽一, 安芸 浩資, 三好 学, 田村 隆雄 : 山地河川を利用した小水力発電の適地選定手法についての一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 361-362, 2011年5月.
18)松本 秀政, 山中 亮一, 上月 康則, 三好 真千, 石田 達憲 : ムラサキイガイの群集形成を考慮した摂餌活性の評価について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-7, 2011年5月.
19)松重 摩耶, 上月 康則, 齋藤 梓, 山中 亮一, 石田 達憲, 岩雲 貴俊 : アサリのろ水機能に及ぼす貧酸素の影響について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-13, 2011年5月.
20)一色 圭佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 前田 真里, 桶川 博教, 石田 達憲, 上月 康則 : 尼崎運河での水質改善実験水路からの藻類バイオマス回収について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-14, 2011年5月.
21)阿野 悟之, 上月 康則, 西村 博一, 三好 真千, 山口 奈津美, 野上 文子, 中田 紘子, 石田 達憲, 山中 亮一 : 直立港湾構造物壁面に設置した化学繊維上の生物相に関する調査, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-6, 2011年5月.
22)井上 真尋, 野田 稔, 谷 義彰, 長尾 文明 : 円柱周りの流れ場がウェイクエクサイテーションに及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 21-22, 2011年5月.
23)國家 逸冬, 野田 稔, 長尾 文明 : 扁平矩形断面に作用する変動圧力に関する検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 23-24, 2011年5月.
24)夏秋 圭佑, 野田 稔, 長尾 文明 : OpenFOAMによる複雑地形周辺の風況予測に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 25-26, 2011年5月.
25)二宮 めぐみ, 野田 稔, 長尾 文明, 山下 翔平 : LESによる竜巻状流れ場の再現に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 27-28, 2011年5月.
26)政井 一仁, 野田 稔, 長尾 文明 : 6自由度飛行軌道シミュレーションによる平板の飛散速度の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 29-30, 2011年5月.
27)久延 周平, 野田 稔, 長尾 文明, 脇 孝文 : 突風作用時における正方形柱の非定常空気力特性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 31-32, 2011年5月.
28)市川 誠, 笹森 哲洋, 成行 義文, 佐藤 弘美 : 剛体ブロックの地震応答シミュレーション手法の開発, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会講演概要集, 9-10, 2011年5月.
29)小柏 健太, 成行 義文, 佐藤 弘美, 源 貴志 : GISを用いたネットワーク特性に基づく道路橋の重要度評価システムの構築, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 13-14, 2011年5月.
30)竹川 有哉, 河口 洋一, 青山 直寛, 中津 充裕 : 圃場整備水田域における水系ネットワーク再生の提案∼経済と環境の両立を目指して∼, 土木学会四国支部会, 2011年5月.
31)小田 麻梨乃, 佐藤 弘美, 成行 義文 : 木造住宅の耐力壁配置が構造性能評価に与える影響, 日本建築学会四国支部研究報告集, 23-24, 2011年5月.
32)野田 稔, 長尾 文明, 山下 翔平, 二宮 めぐみ : マルチファン・マルチベーン式トルネードシミュレータの開発, --- Development of Tornado Simulator Controlled by Multi-Fan and Multi-Vane ---, 日本風工学会誌, Vol.36, No.2, 189-190, 2011年5月.
33)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における健康支援に着目した低炭素交通政策の検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 1-8, 2011年5月.
34)品川 千種, 小串 重治, 森 一生, 鎌田 磨人 : 徳島県域におけるニホンジカによる植生被害状況, 第55回日本生態学会中国・四国地区大会, 2011年5月.
35)主田 英之, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 縊頚の所見-死後CT画像での検討, 第95次日本法医学会学術全国集会, 2011年6月.
36)石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 西村 明儒 : 臓器重量の増加を認めた下垂体腫瘤の2剖検例., 第95次日本法医学会学術全国集会, 2011年6月.
37)石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 西村 明儒 : 臓器重量の増加を認めた下垂体腫瘤の2剖検例, 第95次日本法医学会学術全国集会.日本法医学雑誌, Vol.65, No.1, 69, 2011年6月.
38)笹田 宏紀, 橋本 親典, 上野 勝利, 渡邉 健 : BOX 形充てん装置内を流動するフレッシュコンクリートの粒状体-流体3次元挙動解析, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.9, 17-18, 2011年6月.
39)鎌田 磨人 : 異なる主体の協働による生物多様性保全—地域環境学ネットワークの活動から, 第21回日本景観生態学会大会・公開シンポジウム「生物多様性をまもる景観生態学—愛知ターゲットの実現をめざして」, 2011年6月.
40)竹村 紫苑, 大西 舞, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 芸北にみる自然資源の管理に向けた協働のネットワーク・デザイン, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
41)大西 舞, 竹村 紫苑, 上村 真仁, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 白保と芸北にみる自然資源の協働管理に向けたプロセス・マネジメント, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
42)乾 隆帝, 竹村 紫苑, 大橋 順, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 汽水性RDBハゼ類の分布パターンと流域特性—九州全域330水系の調査から, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
43)大橋 順, 高橋 信樹, 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 空間的階層概念に基づく湿生RDB植物の分布決定要因の抽出, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
44)三幣 亮, 金森 匡彦, 鎌田 磨人 : 森林モニタリング調査データを用いた林地生産力評価モデルの構築, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
45)田代 優秋, 鎌田 磨人 : 日本全国凹地マップと津波浸水被害—国土形成計画への展開の可能性, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月.
46)田代 優秋, 鎌田 磨人 : 地域環境課題の解決を目指した専門家-地域住民との協働継続要因:人的ネットワーク構造に着目して, 第36回海洋開発シンポジウム, 2011年6月.
47)清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析(ポスター), 第52回日本歯科医療管理学会総会・学術大会(神奈川県歯科医師会館), 2011年7月.
48)仙波 慧多, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利, 海野 寿康 : 2003年三陸南地震で崩壊した造成斜面の地震応答解析, 第46回地盤工学研究発表会, 1621-1622, 2011年7月.
49)小川 真由, 山田 毅, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 樹木の水平振動による根茎周辺地盤の緩みの実験的評価, 第46回地盤工学研究発表会, 919-920, 2011年7月.
50)鎌田 磨人 : 協働の森づくりのしくみとプロセス ― 徳島県上勝町「高丸山千年の森」の取り組み, 金沢大学「能登里山マイスター」養成プログラム地域づくり支援講座, 2011年7月.
51)鎌田 磨人 : 協働のプロセス・マネジメントと人のネットワーク・デザイン―「地域資源としての生態系」の管理に向けて, 金沢大学「能登里山マイスター」養成プログラム自然再生型能登再生論, 2011年7月.
52)西山 賢一 : 徳島で考える地震津波と防災∼東日本大震災からの新たな教訓:趣旨説明, 日本第四紀学会普及講演会資料(日本第四紀学会徳島大会), 2011年8月.
53)渡辺 公次郎 : 環境保全性と災害危険性に配慮した市街地形態の予測に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 559-560, 2011年8月.
54)鎌田 磨人 : 新たな地域活動拠点のカタチ,レジデント型拠点のあり方と使い方, 徳島大学上勝学舎主催,第2回上勝学講座, 2011年8月.
55)浜野 龍夫 : 徳島県沿岸に里海を実現する技術開発, 瀬戸内海研究フォーラム in 徳島 第3セッション「浅場・海浜管理における生態系プロセスの創出と機能性向上」, 2011年8月.
56)鎌田 磨人 : 地域戦略を実現する市民力について, とくしま県民活動プラザ開設10周年記念フォーラム第一分科会「多様な生きものが生息する自然の活用と保全について」, 2011年8月.
57)川口 麻由, 奥村 亮祐, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : ヤマブシタケ菌糸体の生育に界面活性剤が与える影響, 第15回日本きのこ学会, 長野, 2011年8月.
58)三神 厚, 辻野 典子 : 1946年昭和南海地震による高知市の河川堤防被害とその要因, 第28回歴史地震研究発表会講演要旨集, 30, 2011年9月.
59)齊藤 剛彦, 三神 厚 : 南海地震の証言に基づく震源特性の検証, 第28回歴史地震研究発表会講演要旨集, 28, 2011年9月.
60)蒋 景彩 : 新潟・福島豪雨災害:土砂災害, 平成23年豪雨災害調査中間報告会, 2011年9月.
61)和中 未魚, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 竹リグニンを原料として用いたエポキシ樹脂の合成, 平成23年度繊維学会秋季研究発表会, 香川, 2011年9月.
62)青山 直弘, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : リグニンエポキシ樹脂合成に関する基礎的研究, 平成23年度繊維学会秋季研究発表会, 香川, 2011年9月.
63)中野 晋, 騎馬 貴子 : 高齢者福祉施設の防災対策に関するアンケート調査について, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 817-818, 2011年9月.
64)二宮 めぐみ, 野田 稔, 長尾 文明 : マルチファン・マルチベーンによるトルネードシミュレーターの開発, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 553-554, 2011年9月.
65)政井 一仁, 野田 稔, 長尾 文明 : 6自由度飛行シミュレーションに基づいた平板の飛散速度のモデル式に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 555-556, 2011年9月.
66)久延 周平, 野田 稔, 長尾 文明, 脇 孝文 : 風速変化が正方形柱の非定常空気力特性に及ぼす影響, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 557-558, 2011年9月.
67)國家 逸冬, 野田 稔, 長尾 文明 : 扁平矩形断面に作用する変動揚力と変動圧力に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 559-560, 2011年9月.
68)井上 真尋, 野田 稔, 長尾 文明, 谷 義彰 : 並列円柱のウェイクエクサイテイションに対する表面粗度の影響, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.66, 571-572, 2011年9月.
69)中野 敦人, 成行 義文, 佐藤 弘美, 加賀谷 俊介 : ファジィ推論を用いた空撮画像における瓦礫部抽出, 土木学会全国大会第66回年次学術講演会講演概要集, 793-794, 2011年9月.
70)岡野 祐平, 鈴木 壽, 上野 勝利, 渦岡 良介 : マイクロ波で作成した不飽和粘土供試体のエレメント性, 土木学会第66回年次学術講演会, 787-788, 2011年9月.
71)小河 健一郎, 今井 真之, 田村 隆雄 : 記録的な大雨時における森林の洪水低減機能の効果に関する考察, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, Vol.66, 257-258, 2011年9月.
72)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 平井 住夫 : 尼崎運河における水質汚濁と水質改善技術を題材とした環境教育の波及効果と水質改善活動の実施, 平成23年度日本沿岸域学会全国大会(広島), 2011年9月.
73)乾 隆帝, 竹村 紫苑, 大橋 順, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 九州における汽水性希少ハゼ類の分布パターンと流域特性, 第15回応用生態工学会, 2011年9月.
74)鈴木 享子, 吉冨 友恭, 河口 洋一, 江戸 謙顕, 市村 政樹, 藤本 信治, 大竹 二雄 : 降海型イトウの回遊履歴と胃内容物組成, 応用生態工学会第15会金沢大会, 2011年9月.
75)竹川 有哉, 河口 洋一, 青山 直寛, 中津 充裕 : 圃場整備水田域における生き物を育む農法の質の向上にむけた取り組み, 応用生態工学会第15会金沢大会, 2011年9月.
76)小口 美佳, 島谷 まき子, 佐藤 健二 : 青年期における開示対象者との関係性が自己開示に及ぼす影響, 日本心理学会第75回大会, 207, 2011年9月.
77)香川 博之, 岡部 義昭, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : リグニン性状の水蒸気爆砕条件依存性, 第56回リグニン討論会, 鶴岡, 2011年9月.
78)下村 直行, 寺西 研二, 原田 勝敏, 浜野 龍夫 : 水産資源増殖機能を持つLED水中灯を使った小型ブイの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 88, 2011年9月.
79)岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : 水蒸気爆砕条件による杉リグニンの性状変化, 第60回高分子討論会, 岡山, 2011年9月.
80)橋本 早紀, 佐々木 千鶴, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 茶系飲料残渣からのエタノール生産に関する研究, 第63回日本生物工学会大会, 東京, 2011年9月.
81)宇野 宏司, 中野 晋, 高西 春二, 武藤 裕則 : 平成23年7月新潟福島豪雨災害における情報伝達と避難対応の特徴, 日本災害情報学会第13回学会大会予稿集, 2011年10月.
82)岡部 義昭, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴, 香川 博之 : 杉リグニンの水蒸気爆砕条件依存性, 第61回ネットワークポリマー講演討論会, 大阪, 2011年10月.
83)西山 賢一, 宮本 和季, 長谷川 修一 : 香川県に分布する豊島石製石造物・採掘跡の風化程度の評価, 日本応用地質学会中国四国支部平成23年度研究発表会発表論文集, 45-48, 2011年10月.
84)主田 英之, M Kammal, H Vogel, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 西村 明儒, K Puschel : 救急医療行為の評価―死後CTの所見より., 第28回日本法医学会学術中四国地方集会, 2011年10月.
85)石田 和之, 岡 重徳 : 徳島県における患者の受療行動と歯科医療に対する認知・関心(ポスター), 第22回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2011年10月.
86)伊達 恵美, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 久保 真一, 西村 明儒 : 溺死症例における肺・胸腔内貯留液・脾臓重量と水域・死後経過時間に関する検討, 第28回日本法医学会学術中四国地方集会.プログラム・口演要旨集, 39-40, 2011年10月.
87)主田 英之, M Kammal, H Vogel, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 西村 明儒, K Püschel : 救急医療行為の評価-死後CTの所見より, 第28回日本法医学会学術中四国地方集会.プログラム・口演要旨集, 30, 2011年10月.
88)鎌田 磨人 : 協働による公的施策の構築と実践―市民,行政,大学の役割, 2011年度経済地理学会徳島地域大会・徳島大学公開シンポジウム「地域への関わりの新たな戦略と課題」, 2011年10月.
89)光原 弘幸, 三木 啓司, 角川 隆英, 野田 祐介, 井若 和久, 上月 康則 : 実世界Edutainmentによる地震・津波防災教育とその試行, 日本災害情報学会第13回研究発表大会予稿集, 73-78, 2011年10月.
90)日下 聡平, 武藤 裕則, 島田 広昭, 石垣 泰輔 : 徳島県北の脇海水浴場利用者の地震・津波災害に対する意識について, 日本自然災害学会平成23年度第30回学術講演会, 2011年11月.
91)西山 賢一, 長岡 信治, 柳田 裕三 : 史跡・福井洞窟に露出する新第三系砂岩の風化プロセス, 日本応用地質学会平成23年度研究発表会講演論文集, 189-190, 2011年11月.
92)亀沖 彩乃, 名倉 聡史, 佐藤 健二 : マインドフルネス・トレーニングの効果の検討—抑うつ傾向者を対象として—, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 440-441, 2011年11月.
93)名倉 聡史, 亀沖 彩乃, 佐藤 健二 : マインドフルネスが感情刺激への反応に及ぼす効果, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 448-449, 2011年11月.
94)高橋 侑子, 加藤 勇平, 源馬 俊, 佐藤 健二 : 社交不安障害傾向者におけるフィードバック法を用いた不安低減効果の検討, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 266-267, 2011年11月.
95)谷 聖末, 佐藤 健二 : 子ども時代のmaltreatmentと自傷行為及び攻撃行動の関連-信頼感を媒介とした検討-, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 428-429, 2011年11月.
96)佐藤 健二, 田邉 絵理子, 久楽 貴恵, 小柴 郁緒, 小口 美佳 : トラウマの筆記開示が心身機能に及ぼす影響(1)-時間的経過の統制群を用いた検討-, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 280-281, 2011年11月.
97)久楽 貴恵, 田邉 絵理子, 小柴 郁緒, 小口 美佳, 佐藤 健二 : トラウマの筆記開示が心身機能に及ぼす影響(2)-構造化課題の改訂,統制課題の機能と外傷後成長の検討-, 日本行動療法学会第37回大会, Vol.37, 282-283, 2011年11月.
98)乾 隆帝, 竹村 紫苑, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 瀬戸内海の汽水域における希少ウキゴリ属4 種の分布パターンと流域特性, 2011年度日本魚類学会年会, 2011年11月.
99)佐々木 千鶴, 奥村 亮祐, 浅川 愛, 浅田 元子, 中村 嘉利 : 農業系廃棄物からのD-乳酸の生産, 2011年日本化学会西日本大会, 徳島, 2011年11月.
100)高見 淳也, 上野 勝利, 木戸 崇博, 鈴木 壽, 渦岡 良介, 高原 利幸 : WiFi網と組込みLinuxサーバを活用した静電容量式地下水計測, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 13-14, 2011年11月.
101)小川 真由, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 樹木の振動による根茎周辺地盤の緩みに関する基礎的実験, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 65-66, 2011年11月.
102)仙波 慧多, 渦岡 良介, 海野 寿康, 上野 勝利, 鈴木 壽 : 2003年三陸南地震で崩壊した不飽和造成斜面の地震応答解析, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 89-90, 2011年11月.
103)鎌田 磨人 : 農山村存続のためのソーシャル・キャピタル, 東京農工大学 第17回「野生動物管理システムフォーラム」, 2011年11月.
104)中野 晋, 大年 邦雄, 塩崎 一樹, 梅岡 秀博 : 四国沿岸における東北地方太平洋沖地震津波の到達状況, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.30, 145-146, 2011年11月.
105)粕淵 義郎, 中野 晋 : 東日本大震災被災企業の初動行動の実態, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, Vol.30, 105-106, 2011年11月.
106)鎌田 磨人 : 地域資源を活かす手法, 兵庫県立コウノトリの郷公園「コウノトリと共生する地域づくり講座」, 2011年11月.
107)鎌田 磨人 : 地域が支える自然再生, 奥川自然再生協議会「奥川自然再生協議会・第2回勉強会」, 2011年11月.
108)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 電気自動車早期普及のための地方都市における充電インフラ整備検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.44, 1-8, 2011年11月.
109)今井 陽平, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 通勤交通手段転換に関わる環境意識とその社会的相互作用の構造分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.44, 1-5, 2011年11月.
110)西山 賢一, 長岡 信治, 柳田 裕三 : 長崎県佐世保市に分布する史跡・福井洞窟に露出する新第三系砂岩の風化プロセス, 第11回日本地質学会四国支部講演会要旨集, 7, 2011年12月.
111)西山 賢一, 石田 啓祐, 東明 省三, 森江 孝志, 橋本 寿夫 : 山川町の地質:段丘堆積物と鉱山の分布, 阿波学会平成23年度総合学術調査報告会資料, 2011年12月.
112)西山 賢一 : 徳島市の地盤と災害, 地盤工学会四国支部講習会資料, 2012年.
113)渡辺 公次郎, 佐竹 聖史, 近藤 光男 : 徳島県東部地域における開発許可の分布に関する研究, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.
114)武市 信, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 空間情報の共有化を図るためのグーグルマップを基盤としたWebGISの開発, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.
115)鎌田 磨人 : 市民団体と研究者によるワークショップと提案づくり, NACS-J主催シンポジウム「みんなでつくる生物多様性地域戦略」, 2012年2月.
116)乾 隆帝, 江口 勝久, 中島 淳, 竹村 紫苑, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 近縁な汽水性希少ハゼ類の生息環境の違い∼複数の空間階層に着目して, 第59回日本生態学会大会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)浜野 龍夫 : 志和岐発 海業への第一歩, 美波町議員・職員研修会, 2011年4月.
2)浜野 龍夫 : 地域を元気にしてくれる山の貝・川のえび・海の魚, 徳島県職労組研評によるシンポジウム, 2011年6月.
3)浜野 龍夫 : 安価に河川生態系を守る「水辺の小わざ」, 久米島応援プロジェクト講演会, 2011年7月.
4)浜野 龍夫 : 稚ナマコを血まなこで探してナマコを増やす, ナマコの持続的利用に向けた講演会, 2011年7月.
5)Atsushi Mikami : Empirical evaluation of seismic performance of levees based on damage data in Japan, カリフォルニア大学ロサンゼルス校, Sep. 2011.
6)若松 清江, 境 泉洋, 佐藤 健二, 川野 卓二, 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 日本語版Mindful Attention Awareness Scale(MAAS)の開発:注意機能とマインドフルネスおよび抑うつとの関連についての検討, 日本行動療法学会第37回大会発表論文集, 462-463, 2011年11月.
7)西山 賢一 : 台風12号豪雨により田辺市伏菟野・那智勝浦町で発生した深層崩壊の特徴, 和歌山大学・徳島大学合同調査による紀伊半島大水害(和歌山県内)の調査報告会資料, 2011年12月.
8)西山 賢一 : 霧島火山新燃岳2011年噴火活動の推移と噴火対応,ならびに火山噴出物の調査結果, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 76-83, 2012年3月.
9)西山 賢一 : 2011年東北地方太平洋沖地震により発生した福島第一原子力発電所の事故に関する新聞報道と専門家コメントからみたリスク伝達の課題, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 45-57, 2012年3月.
10)西山 賢一 : 2011年東北地方太平洋沖地震の発生から約3時間後までのNHK(TV)報道からみる防災情報の伝達と課題, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 39-44, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)森 篤史, 上野 勝利 : 光を使って通信してみよう, --- こども科学館での可視光通信のデモンストレーション ---, CQ ham radio, Vol.66, No.5, 160-161, 東京, 2011年5月.
2)安田 進, Misko Cubrinovski, 時松 孝次, Rolando Orense, 渦岡 良介, 清田 隆, 細野 康代, 山田 卓 : 2011年ニュージーランド2011 Christchurch地震による被害に対する災害緊急調査団報告, 地盤工学会誌, Vol.59, No.6, 48-49, 2011年6月.
3)近藤 光男, : 地方都市における高齢者の交通行動の実態, 地方都市の交通政策と新たな公共交通のあり方, Vol.A-522, 39-50, 2011年6月.
4)近藤 光男, : 高齢者のモビリティ, 地方都市の交通政策と新たな公共交通のあり方, 51-57, 2011年6月.
5)近藤 光男, : 高齢者の生活行動における問題の明確化, 地方都市の交通政策と新たな公共交通のあり方, Vol.A-522, 58-73, 2011年6月.
6)山川 優樹, 東瀬 康孝, 渦岡 良介, 石丸 真, 京谷 孝史, 加藤 準治, 高橋 一雄 : 東北地方太平洋沖地震 宮城県北部第一次調査報告(A1,A2グループ), 地盤工学会誌, Vol.59, No.8, 32-35, 2011年8月.
7)Christine Goulet, Atsushi Mikami and Jonathan Strwart : Earthquake Record Interpretation for Soil-Structure Interactions Effects of Two Instrumented Buildings, Proceedings of CSMIP (California Strong Motion Instrumentation Program) Seminar, 2012.

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{70428}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)西村 明儒 : column3 災害と医療, 株式会社 吉川弘文館, 2012年6月.
2)鎌田 磨人 : GISは「読み書きそろばん」並みの必須ツール, 京都通信社, 京都, 2012年7月.
3)鎌田 磨人 : ハス田と人の手が守った生物多様性, 京都通信社, 京都, 2012年7月.
4)中野 晋 : 東日本大震災の教訓を生かした学校防災管理, --- 徳島県における防災管理マニュアルの再検討 ---, 株式会社 教育開発研究所, 2012年9月.
5)佐藤 健二 : 臨床社会心理学 坂野雄二(監修) 60のケースから学ぶ認知行動療法, 2012年12月.
6)河口 洋一, 川那部 浩哉監, 水野 信彦監, 中村 太士編 : 5.3 河川生態系の復元, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 2013年1月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)高橋 啓久, 吉田 純也, 仙頭 紀明, 森 友宏, 渦岡 良介, 風間 基樹 : K0制御オンライン地震応答実験による地震後の残留変形評価, 土木学会論文集C(地圏工学), Vol.68, No.2, 274-285, 2012年.
2)Toshiyuki Takahara and Katsutoshi Ueno : In situ measurements using developed high resolution capacitance type sensor and its performance evaluation, Proc. of the International workship on ICT in Geoengineering, 69-75, 2012.
3)R. Tsubaki, Y. Kawahara, Yasunori Muto and I. Fujita : New 3-D flow interpolation method on moving ADCP data, Water Resources Research, Vol.48, No.5, 2012.
4)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史観光まちづくり支援のためのデジタル博物館の開発, --- 勝瑞遺跡におけるケーススタディ ---, 日本建築学会技術報告集, Vol.18, No.39, 721-726, 2012年.
5)Chizuru Sasaki, Okumura Ryosuke, Ai Asakawa, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Effects of washing with water on enzymatic saccharification and D-lactic acid production from steam-exploded sugarcane bagasse, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol.14, No.3, 234-240, 2012.
6)Chizuru Sasaki, Saki Hashimoto, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Evaluation of buckwheat and barley tea wastes as ethanol fermentation substrates, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol.14, No.3, 206-211, 2012.
7)小河 健一郎, 田村 隆雄, 武藤 裕則, 瀧川 紀子 : 浸水被害の発生した中小河川におけるため池の洪水調節機能の評価と有効活用方策, 河川技術論文集, Vol.18, 505-510, 2012年.
8)杉本 晃洋, 石垣 泰輔, 武藤 裕則, 馬場 康之, 島田 広昭 : 避難意思決定に及ぼす東日本大震災の影響, 土木学会論文集B3(海洋開発), 2012年.
9)高西 春二, 中野 晋, 宇野 宏司, 仁志 祐太 : 局所的・短期的集中豪雨による事業所被害を対象とした浸水リスク管理方策, 河川技術論文集, Vol.18, 553-558, 2012年.
10)三神 厚, 辻野 典子 : 1946年昭和南海地震による高知市の河川堤防被害とその要因, 歴史地震, Vol.27, No.27, 27-39, 2012年.
11)Hironori Hayashi, Yukihiro Shimatani, Kotaro Shigematsu, Jun Nishihiro, Shinya Ikematsu and Yoichi Kawaguchi : A study on seed dispersal by flood flow in an artificially restored floodplain, Landscape and Ecological Engineering, No.8, 129-143, 2012.
12)大谷 壮介, 上月 康則, 倉田 健悟, 山中 亮一 : 干潟の底質環境に対する底生生物群集予測モデルの提案, 応用生態工学, Vol.15, No.1, 31-44, 2012年.
13)阿部 肇, 西山 賢一, 石田 啓祐, 東明 省三, 森江 孝志, 橋本 寿夫, 阿部 肇, 佐藤 高則 : 吉野川市山川町の地質:段丘堆積物と鉱山の分布と現況, 阿波学会紀要, Vol.58, 1-12, 2012年.
14)Itsuo Tokunaga, Masayuki Kashiwagi, Akiko Ishigami, Akiyoshi Nishimura and Shin-ichi Kubo : Medico-Legal Diagnostic Meaning of Blood and Urinary 8-hydro-2'-deoxyguanosine Concentrations., Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica, Vol.78, No.4, 96-103, 2012.
15)Takanori Satoh, Yousuke Endoh, Haruka Shibagaki, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Tadashi Yamashiro : Exploration for Cu,Fe-resistant bacteria from copper mine spoils in the Yoshino River basin, Shikoku., Proceedings of Awagakkai, Vol.58, 187-196, 2012.
16)Biao Zhou, Xiongyao Xie, Yeong Bin Yang and Jing-Cai Jiang : A Novel Vibration-based Structure Health Monitoring Approach for the Shallow Buried Tunnel, Computer Modeling in Engineering & Sciences, Vol.86, No.4, 321-348, 2012.
17)H Zhang, Yasunori Muto, H Nakagawa and S Nakanishi : Weir removal and its influence on hydro-morphological features of upstream channel, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)), Vol.68, No.2, 591-599, 2012.
18)Ryosuke Uzuoka and R.I. Borja : Dynamics of unsaturated poroelastic solids at finite strain, International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics, Vol.36, 1535-1573, 2012.
19)Kai Zhang, Qing Yang and Jing-Cai Jiang : Numerical simulation of 2D crack growth with frictional contact in brittle materials, International Journal of GEOMATE, Vol.3, No.1&2, 339-342, 2012.
20)Mai Onishi, Emi Morimoto and Mahito Kamada : What is the Role of Co-coordinator?: From Internship's Experience, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 42-46, 2012.
21)渡辺 雅子, 大塚 弘之, 上月 康則, 大田 直友, 河井 崇, 萬宮 竜典, 岡田 直也, 中野 晋 : 希少種ルイスハンミョウを対象とした海浜ミチゲーションと官学民協働による維持管理の重要性, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68, No.2, 1233-1237, 2012年.