RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{78580}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)Masahiko Fujii : Extended right lobectomy with resection of the extrahepaticbile duct and lymphadenectomy for advanced cancer of the gallbladder, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
2)Masahiko Fujii : Central bisementectomy of the Liver with Pylorus-preserving Pancreatoduodenectomy for Advanced Cancer of the Gallbladder, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
3)Masahiko Fujii : Radical operation with hepaticoplasty for congenital dilatation of the bile duct associated with pancreaticobiliary maljunction, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
4)Masahiko Fujii : Segmental pancreatectomy for small pancreatic cancer, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
5)Masahiko Fujii : Right anterior segmentectomy (V,V|||) and V|| segmentectomy combined with resection of the right hepatic vein by preserving the right inferior hepatic vein, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
6)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌に伴う骨病変の病態と治療, 南江堂, 東京, 2004年4月.
7)野間 喜彦 : 膵島(ランゲルハンス島)の血流, 文光堂, 東京, 2004年4月.
8)山内 英嗣 : ``第3章 4.即時インプラント補綴法 2)従来法, 医歯薬出版 株式会社, 2004年5月.
9)香川 征, 福森 知治 : 血液浄化療法, --- 睡眠時無呼吸症候群 ---, 2004年6月.
10)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : バイオマーカーの意義と問題点, --- 骨転移のバイオマーカー ---, 癌と化学療法社, 東京, 2004年7月.
11)兼田 康宏 : コメディカルのための専門基礎分野テキスト精神医学, 株式会社 中外医学社, 東京, 2004年9月.
12)今里 聡, 尾崎 和美 : やさしい説明,上手な治療[4], --- 根面う蝕 ---, 永末書店, 京都, 2004年9月.
13)岡部 哲夫, 春名 正光, 伊原 正, 瓜谷 富三, 片山 貴文 : 医用工学 第2版, --- 医用放射線科学講座12 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年10月.
14)北瀬 由紀子 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
15)吉岡 昌美 : 予防歯科実践ハンドブック, --- 歯周病のメンテナンス ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年10月.
16)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌と骨組織との相互作用, --- 多発性骨髄腫 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年10月.
17)Tetsuo Ichikawa and Naeko Kawamoto : New Magnetic Applications in Clinical Dentistry, --- Biological Effects of Magnetic Attachment on the Human Body and Tissue ---, Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Dec. 2004.
18)安倍 正博 : 骨髄腫細胞は形質細胞とどこが違うのか?, --- 骨髄環境との相互作用 ---, 株式会社 先端医学社, 東京, 2005年.
19)西池 季隆, 秋月 裕則, 大山 晴三, 渡邉 洋, 松岡 克典, 武田 憲昭 : Virtual realityを用いた動揺病研究, 2005年.
20)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
21)兼田 康宏 : 日米医学医療交流財団編,<シリーズ日米医学交流No.5>アメリカ·カナダ医学留学へのパスポート<vol.2>, 株式会社 はる書房, 東京, 2005年1月.
22)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control., Springer-Verlag, New York, Feb. 2005.
23)前川 正彦, 苛原 稔 : 臨床検査ガイド 2005∼2006, --- 風疹抗体検査 ---, 文光堂, 東京, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Masami Yoshioka, Grenier Daniel, Daisuke Hinode, Makoto Fukui and Mayrand Denis : Antigenic cross-reactivity and sequence homology between Actinobacillus actinomycetemcomitans GroEL protein and human fibronectin, Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.2, 124-128, 2004.
2)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura, Akira Fujii and Tetsuro Ohmori : Impact of a switch from typical to atypical antipsychotic drugs on quality of life and gonadal hormones in male patients with schizophrenia, Neuroendocrinology Letters, Vol.25, No.1-2, 135-140, 2004.
3)Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Ability of myeloma cells to secrete macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β correlates with lytic bone lesions in patients with multiple myeloma, British Journal of Haematology, Vol.125, No.1, 38-41, 2004.
4)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之 : フェンタニルとプロポフォールの持続静脈内投与で術後管理を行った精神発達遅滞を伴う小児患者の1例, 臨床麻酔, Vol.28, No.4, 725-728, 2004年.
5)R Suzuki, J Suzumiya, S Nakamura, S Aoki, A Notoya, Shuji Ozaki, H Gondo, N Hino, H Mori, H Sugimori, K Kawa and K Oshimi : Aggressive natural killer-cell leukemia revisited: large granular lymphocyte leukemia of cytotoxic NK cells, Leukemia, Vol.18, No.4, 763-770, 2004.
6)大下 修弘, 江口 覚, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 中條 信義 : 2ヶ月で2度,全身麻酔を受けた超高齢者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 250-251, 2004年.
7)Takashi Oki, Hideji Tanaka, Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, Yoshifumi Oishi, Takeo Ishimoto, Norio Nagase, Hisanori Shinohara, Koichi Sakabe and Nobuo Fukuda : Diagnosis of cardiac amyloidosis based on the myocardial velocity profile in the hypertrophied left ventricular wall., The American Journal of Cardiology, Vol.93, No.7, 864-869, 2004.
8)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Yukiko Kuroda, Sumiko Yoshida, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Expanding phenotype and clinical heterogeneity in patients with identical mutation of the parkin gene., European Neurology, Vol.51, No.3, 183-185, 2004.
9)Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
10)Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
11)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004.
12)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa : Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
13)山之内 浩司, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎 : 舌体部へのピアス迷入の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.4, 255-258, 2004年.
14)Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Tadashi Yoshii, Natsuo Oka, Hidenori Inohara, Hyeong-Reh Choi Kim, V Hogan, Robert S. Bresalier and Avraham Raz : Nuclear Export of Phosphorylated Galectin-3 Regulates its Antiapoptotic Activity in Response to Chemotherapeutic Drugs., Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.10, 4395-4406, 2004.
15)Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004.
16)Satoshi Sakaguchi, Ichiki Sato, Hiroaki Muguruma, Hiroaki Kawano, Yoshito Kusuhara, Seiji Yano, Saburo Sone and Tsuneo Uchiyama : Reemerging murine typhus, Japan., Emerging Infectious Diseases, Vol.10, No.5, 964-965, 2004.
17)Ken Yamauchi, Koushi Ohta, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : A case of social phobia with obsessive-compulsive symptoms improved by paroxetine in combination with risperidone, General Hospital Psychiatry, Vol.26, No.3, 242-243, 2004.
18)前川 正彦, 苛原 稔 : EBMからみた不妊治療の実際, --- 高齢不妊患者の治療方針 ---, 産婦人科治療, Vol.88, No.5, 1141-1147, 2004年.
19)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Imaging findings of urachal mucinous cystadenocarcinoma associated with pseudomyxoma peritonei., Acta Radiologica, Vol.45, No.3, 348-350, 2004.
20)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, M Nakamura and Y Nakagawa : Histopathological findings in autopsied glioblastoma patients treated by mixed neutron beam BNCT, Journal of Neuro-Oncology, Vol.68, No.1, 25-32, 2004.
21)Tomoharu Fukumori, Y Takenaka, Natsuo Oka, T Yoshii, V Hogan, H Inohara, HO Kanayama, HRC Kim and A Raz : Endogenous galectin-3 determines the routing of CD95 apoptotic signaling pathways., Cancer Research, Vol.64, No.10, 3376-3379, 2004.
22)藤本 裕子, 溝口 尚則, 黒田 真一郎, 永田 誠 : 濾過手術後のサイヌソトミー併用トラベクロトミー, あたらしい眼科, Vol.21, No.5, 683-686, 2004年.
23)Dancan Lisa, Masami Yoshioka, Chandad Fatiha and Grenier Daniel : Loss of lipopolysaccharide receptor CD14 from the surface of human macrophage-like cells mediated by Porphyromonas gingivalis outer membrane vesicles, Microbial Pathogenesis, Vol.36, No.6, 319-325, 2004.
24)Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Risk factors for perioperative myocardial ischemia in carotid artery endarterectomy., Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Vol.18, No.3, 288-292, 2004.
25)Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki : Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells, Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
26)湯淺 哲也, 宮本 洋二, 中西 宏彰, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 瀧 雅行, 長山 勝 : 顔面多発骨折の変形治療に対し顎矯正手術および骨移植術により形態·機能を改善した1例, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.3, No.1, 26-31, 2004年.
27)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals., Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004.
28)西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 由紀子, 安陪 晋, 松浦 広興 : 6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.3, 433-440, 2004年.
29)Kyle A. Furge, Kerry A. Lucas, Masayuki Takahashi, Jun Sugimura, Eric J. Kort, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, Philip Hoekstra, John Curry, Ximing J. Yang and Bin T Teh : Robust Classification of Renal Cell Carcinoma Based on Gene Expression Data and Predicted Cytogenetic Profiles, Cancer Research, Vol.64, No.12, 4117-4121, 2004.
30)有田 憲司, 尼寺 理恵, 福留 麗実, 友竹 雅子, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 栗林 伸行, 森川 富昭, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第3報 乳幼児期の健診回数および母親の年齢と齲蝕罹患状態の関連性について ---, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 404-411, 2004年.
31)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 418-429, 2004年.
32)宮本 洋二, 藤澤 健司, 住友 孝史, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : インプラントの表面性状がオッセオインテグレーション獲得に及ぼす影響, --- 滑面と粗面(陽極酸化面)フィクスチャーの比較 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.17, No.2, 216-226, 2004年.
33)Toshikatsu Shinka, Yoko Sato, Gang Chen, Takushi Naroda, Keigo Kinoshita, Yukiko Unemi, Keiko Tsuji, Kazunori Toida, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular characterization of heat shock-like factor encoded on the human Y chromosome, and implications for male infertility, Biology of Reproduction, Vol.71, No.1, 297-306, 2004.
34)Hiroshi Eguchi, HICKS Celia, CRAWFORD Geoffrey, TAN Donald and SUTTON Gerard : Cataract surgery with the AlphaCor artificial cornea, Journal of Cataract and Refractive Surgery, Vol.30, No.7, 1486-1490, 2004.
35)Ammar Almofti, Daisuke Uchida, Nasima Mila Begum, Yoshifumi Tomizuka, Hiroki Iga, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : The clinicopathological significance of the expression of CXCR4 protein in oral squamous cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.25, No.1, 65-71, 2004.
36)Yasushi Oshima, Yukiko Kuroda, Makoto Kunishige, Toshio Matsumoto and Takao Mitsui : OXIDATIVE STRESS-ASSOCIATED MITOCHONDRIAL DYSFUNCTION IN CORTICOSTEROID-TREATED MUSCLE CELLS, Muscle & Nerve, Vol.30, No.1, 49-54, 2004.
37)A. Ohno, Takao Mitsui, I. Endo, M. Kunishige, T. Sigekiyo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with Sjögren's syndrome: VEGF involvement in vasculitis, Clinical Neuropathology, Vol.23, No.4, 178-182, 2004.
38)Takuya Mishiro, Shunji Nakano, Shigeyuki Takahara, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Susumu Yasuoka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Relationship Between Cathepsin B and Thrombin in Rheumatoid Arthritis, The Journal of Rheumatology, Vol.31, No.7, 1265-1273, 2004.
39)兼田 康宏, 今倉 章, 大森 哲郎 : The Schizophrenia Quality of Life Scale 日本語版(JSQLS), 精神医学, Vol.46, No.7, 737-739, 2004年.
40)安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔 : 隔日投与によるホルモン補充療法の再考, Osteoporosis Japan, Vol.12, No.3, 95-98, 2004年.
41)Koichi Sakabe, Nobuo Fukuda, Teru Nada, Hisanori Shinohara, Yoshiyuki Tamura, Tetsuzo Wakatsuki, Akiyoshi Nishikado and Takashi Oki : Atrial electrophysiologic abnormalities in patients with Wolff-Parkinson-White syndrome but without paroxysmal atrial fibrillation, Clinical Cardiology, Vol.27, No.7, 396-400, 2004.
42)松本 和也, 中西 秀樹, 山中 健生, 橋本 一郎, 久保 宜明 : 血管拡張性肉芽腫に対する硬化療法の工夫, 臨床皮膚科, Vol.58, No.8, 681-683, 2004年.
43)大下 修弘, 江口 覚, 久米 景子, 湯淺 哲也, 北村 清一郎, 中條 信義 : 全内臓逆位を伴った右胸心患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.3, 381-382, 2004年.
44)武知 正晃, 鎌田 伸之, 久米 景子, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 438-441, 2004年.
45)内田 大亮, 玉谷 哲也, 富塚 佳史, 大江 剛, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 難治性下顎骨骨髄炎を呈したpycnodysostosisの治療経過とカテプシンK遺伝子の変異解析, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 415-421, 2004年.
46)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
47)Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004.
48)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Capsaicin-resistant, nonspecific acetylcholinesterase (NsAchE) reactive nerve fibers in the rat cornea: a quantitative and developmental study (Cited in "Investigative Ophtalmology & Visual Science, 52(5), 2010"), Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.81, No.4, 75-84, 2004.
49)Jun Sugimura, Ximing J. Yang, Maria S. Tretiakova, Masayuki Takahashi, Eric J. Kort, Barbara Fulton, Tomoaki Fujioka, Nicholas J. Vogelzang and Bin Tean Teh : Gene expression profiling of mesoblastic nephroma and Wilms tumors comparison and clinical implications, Urology, Vol.64, No.2, 362-368, 2004.
50)大庭 康雄, 永島 優子, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた骨格性III級の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 28-40, 2004年.
51)茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯の動揺度と歯根/歯冠長比との関連性に関する研究, 中・四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 29-33, 2004年.
52)Masaki Hanibuchi, Seiji Yano, Nobutaka Edakuni, Mami Inayama and Saburo Sone : A case of early-stage lung cancer detected by autofluorescence bronchoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 234-237, 2004.
53)永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前·術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性, --- PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 ---, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.14, No.2, 111-121, 2004年.
54)Kumiko Tominaga, Junko Matsuda, Makiko Kido, Etsuo Naito, Ichiro Yokota, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda : Genetic Background Markedly Influences Vulnerability of the Hippocampal Neuronal Organization in the ''Twitcher'' Mouse Model of Globoid Cell Leukodystrophy, Journal of Neuroscience Research, Vol.77, No.4, 507-516, 2004.
55)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
56)Yuka Jinnouchi, Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Anesthetic management of a patient undergoing cardioverter defibrillator implantation: usefulness of transesophageal echocardiography and near infrared spectroscopy., Journal of Anesthesia, Vol.18, No.3, 220-223, 2004.
57)Masumi Horibe, Takamasa Sawa, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Regulation of tenascin expression in cultured rat dental pulp cells, Odontology, Vol.92, No.1, 22-26, 2004.
58)Hirokazu Murakami, Hiroshi Fujii, Tohru Inaba, Chihiro Shimazaki, Sinichirou Okamoto, Akiyosi Miwa, Morio Sawamura, Masahiro Abe, Takaaki Chou, Hideki Asaoku, Yoshikazu Kitahara, Kunihiko Hayashi, Masaaki Kosaka, Atsushi Togawa and Kiyoshi Takatsuki : High-dose chemotherapy and autologous peripheral blood stem cell transplantation in high-risk multiple myeloma, European Journal of Haematology, Vol.73, No.3, 169-173, 2004.
59)原田 桂子, 西川 聡美, 相川 文子, 福留 麗実, 北岡 裕子, 友竹 雅子, 阿部 洋子, 木村 奈津子, 上田(山口) 公子, 尼寺 理恵, 清水 謙, 郡 由紀子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 歯学部付属病院小児歯科における21年間の初診患児の実態調査, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.4, 505-511, 2004年.
60)冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 151-161, 2004年.
61)Hideji Tanaka, Takashi Oki, Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, Kenji Harada, Eriko Kimura, Yoshifumi Oishi, Takeo Ishimoto and Susumu Ito : Losartan improves regional left ventricular systolic and diastolic function in patients with hypertension, --- Accurate evaluation using a newly developed color-coded tissue Doppler imaging technique ---, Journal of Cardiac Failure, Vol.10, No.5, 412-420, 2004.
62)Koji Nakagawa, Shuji Yamano, Masaharu Kamada, Masahiko Maegawa, Akira Tokumura, Minoru Irahara and Hidekazu Saito : Sperm-immobilizing antibodies suppress an increase in the plasma membrane fluidity of human spermatozoa, Fertility and Sterility, Vol.82, No.Supplement 3, 1054-1058, 2004.
63)Masashi Akaike, Wenyi Che, Nicole-Lerner Marmarosh, Shinsuke Ohta, Masaki Osawa, Bo Ding, Bradford C. Berk, Chen Yan and Jun-ichi Abe : The Hinge-Helix 1 Region of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ1 (PPARγ1) Mediates Interaction with Extracellular Signal-Regulated Kinase 5 and PPARγ1 Transcriptional Activation, --- Involvement in Flow-Induced PPARγ Activation in Endothelial Cells ---, Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8691-8704, 2004.
64)Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Shunji Matsubara and Koichi Satoh : Ruptured de novo thrombotic giant aneurysm induced by ethyl 2-cyanoacrylate, --- Case report ---, Surgical Neurology, Vol.62, No.4, 346-351, 2004.
65)Mohammad A. Jamous, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Norio Nakajima, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Detection of Enlarged Cortical Vein by Magnetic Resonance Imaging Contributes to Early Diagnosis and Better Outcome for Patients With Anterior Cranial Fossa Dural Arteriovenous Fistula, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.44, No.10, 516-521, 2004.
66)Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
67)Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004.
68)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Hiide Yoshino, Atsuko Asano, Miho Tsuruo, Itsuro Endo, Fumikazu Yagi and Toshio Matsumoto : Isolated cranial neuropathy associated with anti-glycolipid antibodies, Journal of the Neurological Sciences, Vol.225, No.1-2, 51-55, 2004.
69)Carola J. Haven, Viive M. Howell, Paul C. H. Eilers, Robert Dunne, Masayuki Takahashi, Marjo van Puijenbroek, Kyle Furge, Job Kievit, Min-Han Tan, Gert Jan Fleuren, Bruce G. Robinson, Leigh W. Delbridge, Jeanette Philips, Anne E. Nelson, Ulf Krause, Henning Dralle, Cuong Hoang-Vu, Oliver Gimm, Hans Morreau, Deborah J. Marsh and Bin T. Teh : Gene Expression of Parathyroid Tumors, --- Molecular Subclassification and Identification of the Potential Malignant Phenotype ---, Cancer Research, Vol.64, No.20, 7405-7411, 2004.
70)Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004.
71)Hao Liu, Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Shiji Manabe, Hiroyuki Yamasaki, Masayuki Shono and Shinji Nagahiro : Peripheral oxidative biomarkers constitute a valuable indicator of the severity of oxidative brain damage in acute cerebral infarction., Brain Research, Vol.1025, No.1-2, 43-50, 2004.
72)Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Takanori Miyoshi, Hisashi Ishikura, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Orthotopically implanted SCID mouse model of human lung cancer suitable for investigating metastatic potential and anticancer drug effects, Oncology Reports, Vol.12, No.5, 991-999, 2004.
73)Shinjiro Takata, Natsuo Yasui, Kiyoshi Nakatsuka and Stuart H Ralston : Evolution of understanding of genetics of Paget's disease of bone and related diseases, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.22, No.6, 519-523, 2004.
74)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 苛原 稔 : 低用量HRT施行中の腰椎骨密度の長期的推移, --- 結合型エストロゲンと酢酸メドロシキプロゲステロンの隔日投与の場合 ---, 産婦人科の実際, Vol.53, No.12, 1951-1955, 2004年.
75)Ning Ge, Yasuhiko Nishioka, Yoichi Nakamura, Yoshio Okano, Kazuo Yoneda, Hirohisa Ogawa, Akemi Sugita, Hiroaki Yanagawa and Saburo Sone : Synthesis and Secretion of Interleukin-15 by Freshly Isolated Human Bronchial Epithelial Cells, International Archives of Allergy and Immunology, Vol.135, No.3, 235-242, 2004.
76)LM Ludwig, Katsuya Tanaka, JT Eelles, D Weihrauch, PS Pagel, JR Kersten and DC Warltier : Preconditioning by isoflurane is mediated by reactive oxygen species generated from mitochondrial electron transport chain complex III., Anesthesia & Analgesia, Vol.99, No.5, 1308-1315, 2004.
77)PC Chiari, PS Pagel, Katsuya Tanaka, JG Krolikowski, LM Ludwig, RA Trillo, N Puri, JR Kersten and DC Warltier : Intravenous emulsified halogenated anesthetics produce acute and delayed preconditioning against myocardial infarction in rabbits., Anesthesiology, Vol.101, No.5, 1160-1166, 2004.
78)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Radiation injury of boron neutron capture therapy using mixed epithermal- and themal neutron beams in patients with malignant glioma, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 1063-1067, 2004.
79)Hisatsugu Goto, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Hirohisa Ogawa, David C. Blakey and Saburo Sone : Sensitization of Tumor-Associated Endothelial Cell Apoptosis by the Novel Vascular-Targeting Agent ZD6126 in Combination with Cisplatin, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.22, 7671-7676, 2004.
80)M Kunishige, Takao Mitsui, B. H. Tan, H. N. Leong, T Takasaki, I Kurane, A Mihara and Toshio Matsumoto : Preferential gray matter involvement in dengue myelitis, Neurology, Vol.63, No.10, 1980-1981, 2004.
81)Jun-ichi Iga, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Acute abdominal distension secondary to urinary retention in a patient after alcohol withdrawal., Alcohol and Alcoholism, Vol.40, No.1, 86-87, 2004.
82)Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Rika Aoki, Yasunori Sato, Jiro Nakamoto, Yoshitaka Imoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Okitsu and Toshiaki Sano : A Treatment Using ST1571 for Jejunal Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) Accompanied with Liver Metastas and Peritoneal Dissemination, Internal Medicine, Vol.43, No.12, 1151-1156, 2004.
83)Katsuyoshi Tamaki, Ichiro Shimizu, Atsuo Oshio, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Akemi Tsutsui, Hiroshi Shibata, Nobuya Sano and Susumu Ito : Influence of large intrahepatic blood vessels on the gross and histological characteristics of lesions prpduced by radiofrequency ablation in a pig livermodel, Liver International, Vol.24, No.6, 696-701, 2004.
84)Kenji Endo, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Influence of age on scapulo-thoracic orientation, Clinical Biomechanics, Vol.19, No.10, 1009-1013, 2004.
85)Saulo Martins, Marc de Perro, Yumiko Imai, M Yamane, S M Quadri, L Segall, A Dutly, Shoji Sakiyama, A Chaparro, Beverly L Davidson, Thomas K Waddell, Mingyao Liu and Shaf Keshavjee : Transbronchial administration of adenoviral-mediated interleukin-10 gene to the donor improves function in a pig lung transplant model, Gene Therapy, Vol.11, No.24, 1786-1796, 2004.
86)Soji Kakiuchi, Yataro Daigo, Nobuhisa Ishikawa, Chiyuki Furukawa, Tatsuhiko Tsunoda, Seiji Yano, Kazuhiko Nakagawa, Takashi Tsuruo, Nobuoki Kohno, Masahiro Fukuoka, Saburo Sone and Yusuke Nakamura : Prediction of sensitivity of advanced non-small cell lung cancers to gefitinib (Iressa, ZD1839), Human Molecular Genetics, Vol.13, No.24, 3029-3043, 2004.
87)Naoki Kimura, Shigeto Kawai, Yasuko Kinoshita, Takahiro Ishiguro, Yumiko Azuma, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Masamichi Sugimoto, Yuichi Hirata, Tetsuro Orita, Hisafumi Okabe, Toshio Matsumoto and Masayuki Tsuchiya : 2D7 diabody bound to the α2 domain of HLA class I efficiently induces caspase-independent cell death against malignant and activated lymphoid cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.325, No.4, 1201-1209, 2004.
88)Masumi Okamoto, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Susumu Kagawa and Toshiaki Tamaki : Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injyury in kidney., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.288, No.1, 182-187, 2005.
89)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 最大酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル·ヘルス·プロモーション·プラン検診による検討, 心臓, Vol.37, 37-38, 2005年.
90)H. Omori, Takao Mitsui, M. Kunishige, I. Endo, K. Takahashi and Toshio Matsumoto : Systemic muscular inflammation in a patient with recurrent orbital myositis, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.4, 191-193, 2005.
91)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Shoji Sakiyama, Masaru Tsuyuguch, Suguru Kimura, Masayuki Sumitomo and Yasumasa Monden : Thymidylate Synthase and Dihydropyrimidine Dehydrogenase in Non-small Cell Lung Cancer: Relationship between mRNA Expression and Activity, Anticancer Research, Vol.25, No.2A, 923-930, 2005.
92)坂東 信泰, 渡辺 珠美, 友竹 正人, 谷口 隆英, 大森 哲郎 : 低Na血症を認めなかったにもかかわらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 心療内科, Vol.9, No.2, 137-141, 2005年.
93)大下 修弘, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : 過去10年間の外科的矯正手術における体液管理と輸血準備の効率化についての検討, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 243-251, 2005年.
94)湯淺 哲也, 武知 正晃, 瀧 雅行, 前田 恵利子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯経験, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 253-256, 2005年.
95)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Shinsaku Ohtsuka, Mami Inayama, Hideki Tomimoto, Nobutaka Edakuni, Soji Kakiuchi, Naoki Nishikubo, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Retreatment of Lung Adenocarcinoma Patients With Gefitinib Who Had Experienced Favorable Results From Their Initial Treatment With This Selective Epidermal Growth Factor Receptor Inhibitor: A Report of Three Cases, Oncology Research, Vol.15, No.2, 107-111, 2005.
96)武田 憲昭, 関根 和教, 上枝 仁美, 佐藤 豪 : メニエール病の難聴の長期予後, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 102-103, 2005年.
97)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教 : 良性発作性頭位めまい症における眼振の性状と治癒期間, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 104-105, 2005年.
98)里見 淳一郎, 戸井 宏行, 西 京子, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 近位部閉塞後,瘤増大をきたした出血性解離性椎骨動脈瘤の1例,頭蓋内動脈解離と脳血管内治療, 第12回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 2005年.
99)山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 : アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例, Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年.
100)影治 照喜, 永廣 信治, 戸井 宏行, 溝渕 佳史, 中川 義信 : 脳腫瘍の診断と治療 -最新の研究動向- VI. 脳腫瘍の治療 放射線療法 中性子捕捉療法 -現状と問題点-, 日本臨牀, Vol.63, 442-446, 2005年.
101)Kenji Yagi, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Y Murayama : Multiple cystic cavernous angiomas associated with hemorrhage, Acta Neurochirurgica, Vol.147, No.2, 201-203, 2005.
102)Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005.
103)Susumu Ito, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, T. Kimura, H. Yano, Y. Imoto, M. Kaji, R. Aoki and Seisuke Okamura : A Novel Diagnostic Method for Evaluation of Vascular Lesions in the Digestive Tract Using Infrared Fluorescence Endoscopy, Endoscopy, Vol.37, No.1, 52-57, 2005.
104)M Kunishige, Takao Mitsui, I Endo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with impairment in both muscle aerobic and anaerobic function, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.1, 32-35, 2005.
105)Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto : Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery, Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005.
106)Masaaki Uno, Masahumi Harada, Osamu Takimoto, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Elevation of plasma oxidized LDL in acute stroke patients is associated with ischemic lesions depicted by DWI and predictive of infarct enlargement, Neurological Research, Vol.27, No.1, 94-102, 2005.
107)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Y Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata and Yutaka Nakaya : Molecular mechanisms underlying ketamine-mediated inhibition of sarcolemmal adenosine triphosphate-sensitive potassium channels., Anesthesiology, Vol.102, No.1, 93-101, 2005.
108)Katsumi Motegi, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida and Mitsunobu Sato : Expression of aquaporin-5 in and fluid secretion from immortalized human salivary gland ductal cells by treatment with 5-aza-2'-deoxycytidine: a possibility for improvement of xerostomia in patients with Sjögren's syndrome., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.3, 342-353, 2005.
109)Traian V Chirila, Mika Chirila, Yoshito Ikada, Hiroshi Eguchi and Hiroshi Shiota : A Historical Review of Artificial Cornea Research in Japan, --- Artificial Cornea in Japan ---, Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.49, No.1, S1-S13, 2005.
110)Kaori Furutani, Masafumi Harada, Masako Minato, Naomi Morita and Hiromu Nishitani : Regional changes of fractional anisotropy with normal aging using statistical parametric mapping (SPM)., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 186-190, 2005.
111)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hideki Shimazu : Pathologies of the uterine endometrial cavity and unusual manifestations and pitfalls on, European Radiology, Vol.15, No.11, 2244-2255, 2005.
112)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Hideki Shimazu and Hiromu Nishitani : A case of adenomyomatous polyp of the uterus associated with tamoxifen therapy, Radiation Medicine, Vol.23, No.6, 432-434, 2005.
113)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Seiichiro Saito, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Serum estrogen level after hormone replacement therapy and body mass index in postmenopausal and bilaterally ovariectomized women, Maturitas, Vol.50, No.1, 19-29, 2005.
114)大竹 登志子, 高橋 龍太郎, 大藪 靖彦, 南園 宗子, 葛山 司, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 2型糖尿病患者の歯周治療必要度指数(CPITN), 日本歯周病学会会誌, Vol.47, No.1, 28-35, 2005年.
115)大下 修弘, 江口 覚, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 張 剛太, 高石 和美, 富岡 重正, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.33, No.1, 81-85, 2005年.
116)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
117)Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The Importance of Notch Signaling in Myeloma Cell-Osteoclast Interactions, BoneKEy Osteovision, Vol.2, No.2, 7-10, 2005.
118)林 しの, 江口 洋, 長澤 利彦, 塩田 洋 : 角膜白斑に対する深層角膜移植術後にUrrets-Zavalia症候群をきたした2例, あたらしい眼科, Vol.22, No.2, 221-224, 2005年.
119)Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Tomohiko Adachi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of macrophage inflammatory protein 3alpha in human inflamed dental pulp tissue, Journal of Endodontics, Vol.31, No.2, 84-87, 2005.
120)Kazuyoshi Manabe, Yasuhiko Nishioka, Jun Kishi, Mami Inayama, Yoshinori Aono, Yoichi Nakamura, Fumitaka Ogushi, Hiroyasu Bando, Kenji Tani and Saburo Sone : Elevation of macrophage-derived chemokine in eosinophilic pneumonia: a role of alveolar macrophages, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 85-92, 2005.
121)Mikiyo Yamaguchi, Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the response of membrane potential to hyperosmolality in cultured human aorta endothelial cells., Anesthesia & Analgesia, Vol.100, No.2, 419-426, 2005.
122)Naomi Morita, Kashihara Kenichi, Tagashira Hiroshi, Hideki Otsuka, Yoneda Kazuhide, Murase Tomoya, Tsujikawa Tetsuya, Furutani Shunsuke, Furutani Kaori, Minato Masako and Hiromu Nishitani : Two cases of retroperitoneal hematoma caused by combination of anticoagulant therapy and 5-fluorouracil, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 114-117, 2005.
123)兼田 康宏, 大森 哲郎 : The Elgin Behaviooral Rating Scale日本語版(JEBRS), 精神医学, Vol.47, No.2, 209-212, 2005年.
124)Kimiko Ueda Yamaguchi, Yukiko Kori, Yuko Kitaoka and Mizuho Nishino : Characteristics of condylar Movement During Lateral Excursion in Children with Early Mixed Dentition, The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.11, No.2, 125-129, 2005.
125)Takumi Takahashi, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : Orthodontic treatment of the traumatically intruded tooth with ankylosis by traction following surgical luxation, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.2, 233-241, 2005.
126)Akemi Tsutsui, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Koji Tsujigami, Soichi Ichikawa, Susumu Ito and Kazunori Umino : Three-Dimensional Reconstruction of ENdosonographic Images of Gastric Lesions: Preliminary Experience, Journal of Clinical Ultrasound, Vol.33, No.3, 112-118, 2005.
127)Natsuo Oka, Yasuyo Yamamoto, Masayuki Takahashi, Masaaki Nishitani, Hiro-omi Kanayama and Susumu Kagawa : Expression of angiopoietin-1 and -2, and its clinical significance in human bladder cancer, BJU International, Vol.95, No.4, 660-663, 2005.
128)谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 永峰 勲, 任 福継, 片岡 睦子, 中屋 公子, 多田 敏子, 大坂 京子, 森口 博基, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 伊藤 奈織子, 小田 典子, 木曽 利恵, 延和 佳奈, 山口 友紀子 : 統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討, 季刊 こころの臨床, Vol.24, No.1, 103-116, 2005年.
129)Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of fractalkine (CX3CL1) and its receptor, CX3CR1, in periodontal diseased tissue, Clinical and Experimental Immunology, Vol.139, No.3, 506-512, 2005.
130)Toshiyuki Yasui, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Effects of postmenopausal hormone therapy every day and every other day on lipid levels according to difference in body mass index, Menopause, Vol.12, No.2, 223-231, 2005.
131)Keiko Harada and Mizuho Nishino : Survey on Management of Oral Health for Autistic People, --- Dental Examination and Tooth Brushing ---, Dentistry in Japan, Vol.41, 161-163, 2005.
132)Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Angiographic Changes in Venous Drainage of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae after Palliative Transarterial Embolization or Observational Management, --- A Proposed Stage Classification ---, Neurosurgery, Vol.56, No.3, 494-502, 2005.
133)Hiroki Kuniyasu, Seiji Yano, Takamitsu Sasaki, Tomonori Sasahira, Saburo Sone and Hitoshi Ohmori : Colon Cancer Cell-Derived High Mobility Group 1/Amphoterin Induces Growth Inhibition and Apoptosis in Macrophages, The American Journal of Pathology, Vol.166, No.3, 751-760, 2005.
134)Tatsuo Shimura, Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Soichi Tsutsumi, Kohji Okada, Victor Hogan, Akira Kikuchi, Hiroyuki Kuwano and Avraham Raz : Implication of Galectin-3 in Wnt Signaling, Cancer Research, Vol.65, No.9, 3535-3537, 2005.
135)Takao Imai, Noriaki Takeda, Atsuhko Uno, T Matsunaga, Kazunori Sekine and Kubo Takeshi : Natural course of the remission of vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo, Neurology, Vol.64, No.5, 920-921, 2005.
136)玉谷 哲也, 東 雅之, 茂木 勝美, 芦田 有紀, 髙丸 菜都美, 板東 髙志, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 口腔扁平上皮癌細胞に対するセファランチンによる放射線感受性増強作用 : 分子標的NF-κBの抑制, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.2, 230-236, 2005年.
137)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Toshinori Kasai, Tatsunori Tyubachi, Masayuki Takahashi, Masa-aki Nishitani, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Expression of galectin-3 is Associated With Resistance to Anticancer Drug-Induced Apoptosis in prostate Cancer, The Journal of Urology, Vol.173, No.4, 60, 2005.
138)有内 和代, 楊河 宏章, 宮本 登志子, 井村 光子, 西矢 昌子, 中西 りか, 苛原 稔 : 治験の品質向上を目的としたミーティングチェックリストの作成, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.3, No.2, 99-105, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Koichiro Kenzaki, Yukiko Hirose, Masafumi Tamaki, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Teruo Matsuda and Yasumasa Monden : Novel bronchofiberscopic catheter spray device allows effective anesthetic spray and sputum suctioning, Respiratory Medicine, Vol.98, No.7, 606-610, 2004.
2)七條 加奈, 関本 悦子, 三原 愛, 大田 加与, 田中 洋一, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 若槻 真吾 : Tandem transplantationが有効であった再発·難治性ホジキンリンパ腫の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.10, 2210-2212, 2004年.
3)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 883, 2004年.
4)金山 博臣, 香川 征, 宇都宮 正登, 川島 周, 炭谷 晴雄, 横関 秀明 : 徳島市前立腺がん検診―平成13∼15年度3年間の比較検討―, 泌尿器外科, Vol.18, No.8, 916-920, 2005年.
5)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., Journal of the American College of Cardiology, Vol.45, No.3A, 274A, 2005.
6)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 7, 2005.
7)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 34, 2005.
8)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 59, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)兼田 康宏 : 統合失調症にみられる常同行為について, 日本医事新報, No.4181, 96-97, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 : 副甲状腺機能亢進症, ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月.
2)曽根 三郎, 矢野 聖二, 松森 夕佳 : TK(VEGFR)阻害剤:ZD6474, 呼吸器科, Vol.5, No.5, 445-448, 2004年5月.
3)山内 英嗣, 河野 文昭 : 第3章 症例から見るインプラント技工の実際 5 即時インプラント補綴法 2)従来法, 歯科技工, 132-133, 2004年5月.
4)森本 忠興, 駒木 幹正, 上野 淳二, 苛原 稔 : 都道府県の乳がん部会と精中委とのあり方, --- 乳がん部会の現状 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.13, No.2, 195-204, 2004年6月.
5)河井 敬久, 牧平 清超, 細川 義隆, 関 誠, Taubman A Martin : 歯周病における活性化T細胞およびB細胞の組織破壊への関与, 炎症と免疫, Vol.12, No.4, 425-433, 2004年7月.
6)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月.
7)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : Gefitinibと薬物反応性遺伝子, 現代医療, Vol.36, No.7, 1474-1480, 2004年7月.
8)森口 博基 : 床ずれ相談に遠隔システム, 徳島新聞, 2004年7月.
9)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, 11-12, 2004年7月.
10)Shinjiro Takata, Akira Shibata, Hiroshi Yonezu, Toshihide Yamada, Mitsuhiko Takahashi, Aziz Abbaspour and Natsuo Yasui : Biophysic evaluation of bone quality, --- application of Fourier transfrom infrared spectroscopy and phosphorus-31 solid-state nuclear magnetic resonance spectroscopy ---, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 133-138, Aug. 2004.
11)矢野 聖二, 柿内 聡司, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : 肺癌分子標的治療薬の現状と今後, Medical Practice, Vol.21, No.8, 1287-1291, 2004年8月.
12)松崎 健司, 竹内 麻由美, 吉田 秀策, 西谷 弘, 島津 秀樹 : 【産婦人科救急疾患の画像診断 プロに学ぶ重要ポイント】CT・MRI診断 産婦人科疾患と鑑別を要する非産婦人科疾患など, (月刊)臨床放射線, Vol.49, No.8, 977-987, 2004年8月.
13)Junji Ueno, Tomoya Murase, Kazuhide Yoneda, Tetsuya Tsujikawa, Shoji Sakiyama and Kazuya Kondo : Three-dimensional imaging of thoracic diseases with multi-detector row CT, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 163-170, Aug. 2004.
14)曽根 三郎, 柿内 聡司, 矢野 聖二 : 肺がんの分子標的治療ー個別化医療への展開ー, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.9, 235-242, 2004年9月.
15)矢野 聖二, 柿内 聡司, 大塚 晋作, 曽根 三郎 : ゲフィチニブの感受性予測と個別化医療, 現代医療, Vol.36, No.10, 2083-2087, 2004年10月.
16)石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 : 大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
17)石澤 啓介, 水口 和生 : 大学病院におけるNST活動と薬剤師, 薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
18)森川 富昭 : 簡単 携帯からHPに画像, 徳島新聞社, 2004年10月.
19)森口 博基, 森川 富昭 : 【これならできる!eラーニングで学ぶ臨床看護の知識と技術】 eラーニングのためのWBTの開発と導入のプロセス, ナースデータ, Vol.25, No.10, 30-35, 2004年10月.
20)矢野 聖二, 富本 英樹, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : ゲフィチニブに対する感受性とEGFレセプター変異, 分子呼吸器病, Vol.8, No.6, 516-518, 2004年11月.
21)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
22)赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管内皮細胞に対するステロイドの影響と大腿骨頭壊死, 整形外科, Vol.48, 25-29, 2005年.
23)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 副島 雄二, 藤井 正彦, 島田 光生 : 肝移植の現況と今後の課題 拒絶反応・感染症に対する対応, 肝臓, Vol.46, 310-316, 2005年.
24)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 剥離と切離 実質臓器(肝胆膵), 消化器外科, Vol.28, 1369-1378, 2005年.
25)島田 光生, 藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 石橋 広樹, 伊地知 秀樹, 八木 博司 : 生体肝移植における過小グラフトに対する高圧酸素療法の有用性, 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌, Vol.1, 46-50, 2005年.
26)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 術後感染症を防ぐーDPC時代に向けてー 術後感染症を防ぐためのわれわれの工夫 肝臓手術, 外科治療, Vol.92, 420-428, 2005年.
27)居村 暁, 池本 哲也, 森根 裕二, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 肝切除術:成功の秘訣 肝予備能検査:最新の知見, 消化器外科, Vol.28, 401-408, 2005年.
28)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 特集:コンセンサス肺癌の治療, トピックス:樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
29)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : 肺癌の腫瘍マーカーの読み方, 臨床と研究, Vol.82, No.2, 224-228, 2005年.
30)矢野 聖二, 埴淵 昌毅, 曽根 三郎 : 肺癌患者の診断およびモニタリング, 呼吸, Vol.24, No.2, 149-155, 2005年.
31)矢野 聖二, 西久保 直樹, 曽根 三郎 : 病期に基づく治療方針の選択, 臨床雑誌 内科, Vol.95, No.1, 50-53, 2005年.
32)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 499-500, 2005年.
33)矢野 聖二, 柿内 聡司 : がん分子標的薬による個別化医療, 医学のあゆみ, Vol.215, No.7, 638-642, 2005年.
34)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : NSE, Medicina, Vol.42, No.12, 530-531, 2005年.
35)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
36)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : Dynamic MRIが診断に有用であった双角子宮に発生した内膜癌の1例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 144-145, 2005年.
37)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : T2強調画像にて低信号を呈し線維腫との鑑別が問題となった悪性卵巣腫瘍の2例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 138-139, 2005年.
38)田中 克哉, 大下 修造 : 麻酔薬の虚血心筋保護作用 ー分子機序と臨床応用ー, 循環制御, Vol.26, No.419, 307-313, 2005年.
39)原田 顕治, 山田 博胤, 田畑 智継 : 組織ドプラ法で是非計測すべき項目の意義と正常値, 心エコー, Vol.7, 586-598, 2005年.
40)三代 卓哉, 中野 俊次, 安井 夏生 : 関節リウマチにおける滑膜炎とPAR, 整形・災害外科, Vol.48, 2-3, 2005年.
41)Shinji Nagahiro and Teruyoshi Kageji : Clinoidal meningioma encasing the internal carotid artery, Neurosurgery of Complex Vascular Lesions and Tumors, 211-214, 2005.
42)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 産婦人科領域におけるホルモン補充療法の今後, 骨粗鬆症治療, Vol.4, No.1, 42-49, 2005年1月.
43)森根 裕二, 藤井 正彦, 居村 暁, 池本 哲也, 島田 光生 : 特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 肝細胞癌に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 75-84, 2005年1月.
44)石澤 啓介, 水口 和生 : 栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---, 調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
45)Mitsuo Shimada, Masahiko Fujii, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto and Hiroki Ishibashi : Living-donor liver transplantation: present status and future perspective, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1 2, 22-32, Feb. 2005.
46)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.
47)河野 文昭, 大栗 孝文 : 咬合様式から総義歯を語る, --- 全部床義歯による無歯顎補綴治療 ---, 補綴臨床, Vol.38, No.2, 194-201, 2005年3月.
48)橋本 一郎, 中西 秀樹, 松本 和也 : 同種皮膚移植の実際, PEPARS, No.2, 63-68, 2005年3月.
49)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析によるEGFR阻害薬の個別化医療, 分子呼吸器病, Vol.9, No.2, 180-184, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Clear Cell Carcinoma of the Ovary: Radiologic-Pathologic Correlation, RSNA 2004, Chicago, Apr. 2004.
2)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, Apr. 2004.
3)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber property effects on shape recovery of Ni-Ti alloy fiber embedded denture-base resin after smart repair, 7th World Biomaterials Congress, Sydney, May 2004.
4)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
5)Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, Washington, D.C., Jun. 2004.
6)Maki Takase, Hideki Nakanishi, Kazuya Matsumoto and Ichiro Hashimoto : Reconstruction of microtia with laser hair removal before transplantation of costal cartilage, 第7回日韓形成外科学会, Sapporo, Jun. 2004.
7)Yasuhiro Kaneda, Mung Lee, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Determinants of Work Outcome in Neuroleptic-Resistant Schizophrenia and Schizoaffective Disorder: Cognitive Impairment and Clozapine Treatment, Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum Congress, Paris, Jun. 2004.
8)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, 12th Symposium of the Association of European Psychiatrists, Mannheim, Jun. 2004.
9)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Innervation of VR1-IR nerve fibers in the rat cornea, 16th International Congress of the IFAA, 334, Kyoto, Aug. 2004.
10)Keiko Harada, Mizuho Nishino, Yukiko Kori and Kenji Arita : Opinions of guardians on the use of restraints for various types of persons with disabilities, 17th IADH(International Association for Disability and Oral Health), Vol.24, No.3, 142, Calgary, Aug. 2004.
11)Yamanaka Akemi, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Implication of intraoperative transesophageal ventricular pacing in pediatric patients., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
12)Nitta Kazuhito, Hiroshi Kitahata, Shinji Kawahito, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : The factors influencing contrast effect during intraoperative contrast echocardiography., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
13)Seiji Yano, Rui Zheng, Soji Kakiuchi, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Sre tyrosine kinase inhibitor,M475271,suppresses subcutaneous growth and production of lung metastasis by inhibition of proliferation,invasion,and vascularization of human lung adenocarcinoma cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society(9/17-20), Genova, Sep. 2004.
14)Soji Kakiuchi, Seiji Yano, Toyokazu Miki, Yusuke Nakamura and Saburo Sone : Genome-wide screening of the genes correlates with the cross-talk between metastatic cancer cells and microenvironment in small cell lung cancer cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society, Genova, Sep. 2004.
15)Yuka Kasai, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, hirokazu Uemura, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Pro-Inflammatory Cytokine Changes in Postmenopausal Women Treated with Hormone Replacement Therapy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 57, Kanagawa, Oct. 2004.
16)Ayako Nakajima, Anna Tani, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara : A Repertoire of Cytokines in Human Cervical Mucus of Infertile Women, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
17)Kotaro Kunimi, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : The Expression of Myeloid-Related Protein-8(MRP8: S100A8) and MRP14(S100A9) in the Human Uterine Cervix, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
18)Satoshi Yamamoto, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada, Yuji Okumura, Hiroshi Kido and Minoru Irahara : Development of an Expression Vector Encoding Sperm Protein,Designated RSMP-B,as an Immunocontrraceptive Vaccine, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 55, Kanagawa, Oct. 2004.
19)Hitoshi Houchi, Mami Azuma, M. Torii, T. Umeda, M. Mizuta, K. Teraoka and Kazuo Minakuchi : Inhibitory action of cilostazol, A phosphodiesterase inhibitor, on catecholamine secretion from cultured bovine adrenal chromaffin cells, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2004.
20)湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月.
21)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, E Maeda, E Kitaoka, Keiko Kume and Masaru Nagayama : Maspin,a Serine Protease Inhibitor,Regulates the Bone Matrix Maturation by Enhancing the Accumulation of Latent TGF-beta, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.suppl 1, S358, Seattle, Oct. 2004.
22)Tomoharu Fukumori, Masa-aki Nishitani, M Takahashi, T Naroda, Hirofumi Izaki, I Elsamman, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Involvement of Matrix Metalloproteinase-3 in Hepatocyte Growth Factor-Induced Invasion of Bladder Cancer, BUJ International, Honolulu, Oct. 2004.
23)Masahiko Maegawa, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Sakai, Satoshi Yamamoto, Kazuhisa Maeda, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Changes on Pro-Inflammatory Cytokine Responses in Peripheral Blood During Normal Human Pregnancy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 26, Kanagawa, Oct. 2004.
24)Yasuhiro Kaneda : Suicidal Behavior Before, During, and After the First Year of Psychosis in Patients with Schizophrenia and Schizoaffective Disorder, XVIII World Congress of World Association for Social Psychiatry, Kobe, Oct. 2004.
25)Yasuhiro Kaneda, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Suicidal Behavior Before, During, and After the First Year of Psychosis in Patients with Schizophrenia and Schizoaffective Disorder, World Congress of World Association for Social Psychiatry, Kobe, Oct. 2004.
26)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effect of midazolam on ATP-sensitive potassium channel activities in vascular smooth muscle cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
27)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Molecular mechanisms underlying etomidate modulating effects of ATP-sensitive potassium channels., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
28)Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Yamaguchi Mikiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of Na+/K+ ATPase in the response of membrane potential to mannitol-induced hyperosmolality in cultured human coronary endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
29)Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Sevoflurane enhances geranylgeranylacetone-induced cardioprotection via increased Hsp 70 expression against myocardial ischemia and reperfusion injury in vivo rabbits., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
30)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pelvic Endometriosis with Malignant Transformation: Radiologic-Pathologic, RSNA 2004, Chicago, Nov. 2004.
31)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
32)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
33)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Takashi Ohshima, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Generation of HM1.24-specific cytotoxic T lymphocytes from peripheral blood stem cell harvests of patients with multiple myeloma, 46th Annual Meeting: American Society of Hematology, San Francisco, Dec. 2004.
34)Masahiko Fujii, Satoru Imura, Yuji Morine, H Shinohara and Mitsuo Shimada : Central Bisegmentectomy of the Liver with Pylorus-preserving Pancreatoduodenectomy for Advanced Cancer of the Gallbladder, 19th World Congress of International Society Digestive Surgery, Yokohama, Dec. 2004.
35)Kawano Takashi, Nakamura Akiyo, Yamada Hirohide, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Insulin Activates ATP-Sensitive Potassium Channels in Rat Vascular Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A495, 2005.
36)Nitta Kazuhito, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Blockade of ATP-Sensitive Potassium Channels by Dexmedetomidine in Rat Vascular Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A479, 2005.
37)Kakuta Nami, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : A Comparison of Landiolol and Esmolol for Attenuation of Cardiovascular Response and Plasma Renin Activity Against Tracheal Intubation with Laryngoscopy, Anesthesiology, Vol.103, A433, 2005.
38)Nakamura Akiyo, Kawano Takashi, Kawahito Shinji, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Molecular Mechanisms of the Inhibitory Effects of Lidocaine on Cloned Cardiac Sarcolemmal ATP-Sensitive Potassium Channels, Anesthesiology, Vol.103, A731, 2005.
39)Eguchi Satoru, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka, Oshita Shuzo and Nakajo Nobuyoshi : Effects of Ketamine on Nicorandil Induced ATP-Sensitive Potassium Channel Activity in Cultured Rat Aortic Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A738, 2005.
40)Yamada Hidehiro, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : The Interaction of MgADP with Intravenos Anesthetics Inhibition of Cloned ATP-Sensitive Potassium Channels, Anesthesiology, Vol.103, A736, 2005.
41)Katsuya Tanaka, Kawano Takashi, Nakamura Akiyo, Nozaki Junpei and Oshita Shuzo : Isoflurane Activates Sarcolemmal ATP-Sensitive Potassium Channels Via Protein Kinase A Activation in Cultured Rat Aortic Smooth, Anesthesiology, Vol.103, A685, 2005.
42)Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, Hokkaido, 2005.
43)Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants., First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, 2005.
44)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Kouichirou Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : P-171 Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonarynodules after computed tomography-guided bronchoscopic metallic coil marking using virtual bronchoscopy navigation, Lung Cancer, Vol.49, No.supplement2, s160, Feb. 2005.
45)Kanako Tamatani, Masami Yoshioka, Tetsuya Tamatani, Daisuke Hinode and R Nakamura : Purification and characterization of the trypsin-like enzymes from Tannerella forsythensis, 83rd General session of the International Association for Dental Research, Baltimore, U.S.A, Mar. 2005.
46)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ancient schwannoma of the female pelvis;Radiologic-pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
47)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Differential diagnosis of multiple hyperintense lesions of the liver on T1W1 of MRI with pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
48)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Induction of regulatory dendritic cells by gingival epithelial cells, 83rd General session of IADR (International Association for Dental Research), Baltimore, Mar. 2005.
49)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, E Kimura, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of Left Ventricular Geometry on Systolic Myocardial Velocity Gradient in Patients With Hypertension., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.
50)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)川中 崇, 生島 仁史, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 非小細胞肺癌の脳転移に対するstereotactic radiosurgeryの検討, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 58, 2004年4月.
2)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 芝 篤志, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 高線量率腔内照射を用いた子宮頸癌の治療成績, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 60, 2004年4月.
3)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : Streptococcus mutansの象牙質への付着とグルカン合成量の関係, 第77回 日本細菌学会, 2004年4月.
4)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 露口 勝, 木村 秀, 住友 正幸, 門田 康正 : SF-079-1 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の臨床学的意義, 第104回日本外科学会定期学術集会, 281, 2004年4月.
5)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 戸田 真記 : 肛門部悪性腫瘍切除後の欠損に対するgluteal fold flapの有効性, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
6)吉永 理香, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 佐川 多恵子 : 耳下腺切除後の胸鎖乳突筋筋弁の使用経験について, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
7)上野 淳二, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 西谷 弘 : X線CTによる消化管三次元表示法, 2004年4月.
8)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌いおけるHIF-2αの発現と放射線治療成績, 第63回日本医学放射線学会学術会(横浜)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.64, No.2, 212, 2004年4月.
9)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第9報)-昇温時の形状回復挙動-, 第43回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年4月.
10)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 : HRTおよびビスフォスフォネート投与による血中osteoprotegerinおよびsoluble RANKL濃度の変化の検討, 第56回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2004年4月.
11)池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 : Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
12)山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
13)藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 倉橋 三穂, 田代 征記 : 高齢者肝細胞癌に対する手術適応と治療成績, 第90回日本消化器病学会総会, 2004年4月.
14)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の長期投与における内臓脂肪蓄積予防, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.47, 2004年5月.
15)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の内臓脂肪蓄積防止効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
16)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 大理石骨病を有する慢性歯周炎患者の1症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 180, 2004年5月.
17)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 五石 圭一, 高瀬 真記, 佐川 多恵子, 柏木 圭介 : 遊離前外側大腿皮弁による乳癌術後の胸壁再建, 第33回徳島乳腺研究会, 2004年5月.
18)橋本 一郎, 中西 秀樹 : 会陰部皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2004年5月.
19)谷 洋江, 二宮 恒夫, 横田 一郎, 松田 純子, 黒田 𣳾弘 : 摂食障害を合併した乳児期発症1型糖尿病の1例, 第11回 中国四国小児心身症学会, 2004年5月.
20)森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医療従事者に対する論文検索支援システムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
21)北村 尚正, 森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医学・歯学分野におけるe-Learningシステムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
22)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
23)濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
24)竹内 久裕, 坂東 永一, 中野 雅德, 安陪 晋, 西川 啓介, 郡 元治, 山内 英嗣, 三好 礼子 : 測定システムに依存しない顎運動解析パラメータの検討, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.111, 113, 2004年5月.
25)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 歯周治療中に発見した口腔粘膜疾患の一例, 第47回 春季日本歯周病学会学術大会, 2004年5月.
26)本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 : 歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
27)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : P-221 当科における気管支形成手術症例の検討, 第21回 日本呼吸器外科学会総会, 222, 2004年5月.
28)片山 貴文, 森口 博基 : 院内感染拡大防止のための接触可能性者の特定の試み, 四国医学雑誌, Vol.60, No.1∼2, 59, 2004年5月.
29)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月.
30)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月.
31)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : OR1-5 肺抹消微小節に対する術前CTガイドによる気管支鏡下マーキング, 第27回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 242, 2004年6月.
32)池原 敏孝, 寺本 忠弘, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養牛副腎髄質由来細胞の情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
33)近藤 英司, 中川 英幸, 秋月 裕則, 宮崎 かつし, 田村 公一, 武田 憲昭 : 気管異物の一症例, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
34)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : III期非小細胞肺癌の放射線治療成績, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
35)古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹脇 弘嗣, 竹川 佳宏, 工藤 隆治 : 木村氏病の治療経験, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
36)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第81回日本消化器病学会四国支部例会, 2004年6月.
37)中西 宏彰, 湯淺 哲也, 里村 一人, 長山 勝 : 5-アミノレブリン酸を用いて光線力学療法と蛍光診断を行った口腔白板症の1例, 第14回日本口腔粘膜学会総会, 2004年7月.
38)江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, 2004年7月.
39)山内 健, 伊賀 淳一, 宋 鴻偉, 友竹 正人, : 更年期外来におけるSSRIの使用経験-パロキセチン投与についての予備的検討, 第26回日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
40)郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児期顎関節症患者の顎運動解析, 第17回 日本顎関節学会総会・学術大会, 2004年7月.
41)松本 文博 : 智歯を有する顎関節症患者における臨床的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 2004年7月.
42)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いたヒト顎関節の三次元再構築精度(口演発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.2B8, 110, 2004年7月.
43)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(ポスター発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.D13, 144, 2004年7月.
44)大下 修弘, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1症例, 第1回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
45)高石 和美, 富岡 重正, 江口 覚, 大下 修弘, 張 剛太, 中條 信義 : 沖縄県重度心身障害者全身麻酔下歯科治療事業に参加して, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
46)横山 正明, 増田 かなめ, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 女性ホルモンが歯周病原細菌Campylobacter rectus及びヒト歯肉線維芽細胞に及ぼす影響, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 452, 2004年8月.
47)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基 : 精神科急性期治療病棟で使用するための統合失調症用クリニカルパスおよびアウトカム管理確認項目の試作, 第17回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.10, No.1, 60-61, 2004年8月.
48)川野 公江, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基 : 山間地域の一人暮らし高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 第229回 徳島医学会, 41, 2004年8月.
49)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル・ヘルス・プロモーション・プラン検診による検討, 第54回循環器負荷研究会, 2004年8月.
50)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮動態の詳細な評価:健常例におけるradial, meridional, circumferential systolic strainの検討, 第2回先進心血管エコー研究会, 2004年8月.
51)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第9回徳島形成外科集談会, 2004年8月.
52)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第22回中四国臨床臓器移植研究会, 2004年8月.
53)日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 : 歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月.
54)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮能の評価:健常例におけるradial, meridionalおよびcircumferential systolic strainの検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
55)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 木村 恵理子, 野村 昌弘 : 心房細動および心機能不全におけるCoupled Pacingの効果:心臓の機械的効率に関する検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
56)田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左房機能の評価:下半身陽圧負荷を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
57)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : 左室収縮は全周性に均一か?経胸壁および経食道心エコー法によって得られる心筋ストレインの比較, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
58)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服薬内容とQOL ― 定型薬服用群と非定型薬服用群の比較 ―, 第14回日本臨床精神神経薬理学会, 2004年9月.
59)大石 慶二, 大石 美佳, 永田 俊彦 : 培養ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の形成する細胞外基質の検索, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 81, 2004年9月.
60)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係(演題番号P-10), 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 平成16年度総会および第30回学術大会 プログラム·抄録集, 22, 2004年9月.
61)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
62)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 遊離腓骨弁で関節突起を含む下顎再建を行った1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
63)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
64)多田 敏子, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 永峰 勲, 森口 博基, 森川 富昭, 片山 貴文, 川野 公江 : 山間地域の在宅高齢者のQOLと健康長寿との関連, Quality of Life Journal, Vol.51, No.2, 2004年9月.
65)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 竹村 元秀 : 三叉神経降圧反応を誘導する神経基盤, 第27回 日本神経科学大会, 2004年9月.
66)井上 紀子, 石川 康子, 中江 良子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動に及ぼす糖尿病の影響, 第46回基礎歯科学会学術大会・総会, 2004年9月.
67)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第10報)-界面特性の影響-, 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年9月.
68)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 繊維-レジン界面特性が損傷修復型義歯床の形状回復に与える影響, 日本金属学会2004年秋季大会, 2004年9月.
69)池原 敏孝, Tadahiro Eramoto, 佐々木 ひろみ, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : Effect of time-varying strong magnetic field on transient increase in intracellular Ca2+ in bovine adrenal chromaffin cells, 第8回シンポジウムおよび特定領域研究 「強磁場新機能」第2回シンポジウム, 2004年9月.
70)佐久間 理英, 新井 英一, 須波 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食インスロー摂取後の2nd meal effectの検討, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
71)桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, 2004年10月.
72)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 野村 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : スポーツマン高校生の全身麻酔経験, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
73)張 剛太, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 大下 修弘, 金子 美幸, 中條 信義 : 学生の臨床実習中におけるストレス反応, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
74)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 高度血管侵襲陽性肝細胞癌に対する治療戦略, --- 肝切除とINF+FP療法 ---, 第66回日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
75)栗田 信浩, 岩田 貴, 小笠原 卓, 池本 哲也, 西岡 将規, 島田 光生 : D2郭清を行ったfStageⅢ胃癌症例の検討, 第66回 日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
76)橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭 : 遊離皮弁移植, 第31回日本マイクロサージャリー学会, 2004年10月.
77)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基, 片山 貴文, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 永峰 勲 : 山間地域の在宅後期高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.51, No.10, 682, 2004年10月.
78)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 多田 敏子, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 地域在宅高齢者の閉じこもり傾向の関連要因の検討, 日本公衆衛生学会誌, Vol.51, No.10, 699, 2004年10月.
79)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL12産生ならびに機能的解析, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
80)三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 口腔癌患者における歯周治療および長期的管理の重要性, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
81)Li Liu, Takashi Sakai, Nobuya Sano, Xichuan Teng and Kiyoshi Fukui : Nuclig Mediates apoptosis by inhibiting expression of galectin-3 through interfence with NF-B signaling, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
82)杉原 治美, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也 : 看護相談における患者ニーズの明確化から問題解決過程の分析ーITを活用した看護相談ソフト開発からの考察, 第35回日本看護学会抄録集ー地域看護ー, 56, 2004年10月.
83)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人のosteoprotegerin(OPG)とフリーおよびOPG結合型可溶性RANKLの血中動態に関する検討, 第19回日本更年期医学会学術集会, 2004年10月.
84)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : pP4-42 pN2肺癌切除例の予後因子の検討, 第45回 日本肺癌学会総会, 481, 2004年10月.
85)坂本 治美, 真杉 幸江, 横山 希実, 吉岡 昌美 : 徳島大学病院・歯科における「歯周病レポート」の活用, --- 入力マニュアルの作成 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 587, 2004年10月.
86)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 徳島県K村における児童生徒のう蝕罹患状況─10年間のフッ化物洗口の効果と今後の課題─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 589, 2004年10月.
87)笈田 将皇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 尾﨑 享祐, 八木 浩史, 西谷 弘 : Quality control of a new CT on rail (CT-Linac) system using a micro-Multi Leaf Collimator (mMLC) unit, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 142, 2004年11月.
88)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 伊東 進 : 肺静脈電気的隔離術におけるPhased-array心腔内エコー (ICE) の役割, 第14回日本超音波医学会四国地方会, 2004年11月.
89)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 河野 智仁, 山口 浩司, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : G-CSF の心筋への効果:アドリアマイシン心筋症ラットにおける検討, 第91回日本内科学会四国地方会, 2004年11月.
90)山田 博胤, 田畑 智継, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 拡大不全心における左房リザーバー機能の定量的評価:組織ストレインイメージングを用いた検討, 第85回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2004年11月.
91)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析, 第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月.
92)山野 雅弘, 松本 和也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 上顎体の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
93)柏木 圭介, 橋本 一郎, 佐川 多恵子, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
94)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, 第15回婦人科骨粗鬆症研究会, 2004年11月.
95)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- Glucosyltransferase関連遺伝子とグルカン合成量の関係 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
96)藤坂 菊美, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- 変異株を用いて培養した象牙質板の形態学的観察 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
97)大山 晴三, 西池 季隆, 今井 貴夫, 渡邊 洋, 松岡 克典, 久保 武, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 身体偏倚を引き起こすVR(VirtualReality)空間における歩行軌跡と眼球運動, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
98)生島 仁史, 尾崎 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 2004年11月.
99)生島 仁史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 115, 2004年11月.
100)笈田 将皇, 生島 仁史, 富永 正英, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘, 渡辺 良晴 : マイクロMLC搭載自走式CTリニアック装置のQA/QC, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 142, 2004年11月.
101)能瀬 高明, 森川 富昭, 折田 憲始, 矢野 米雄, 森口 博基 : 生徒評価のための学習管理を行うe-learningシステムの構築と評価, 医療情報学24回連合大会論文集, 1024-1025, 2004年11月.
102)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
103)折田 憲始, 森川 富昭, 能瀬 高明, 矢野 米雄, 森口 博基 : 医療従事者に対する論文検索支援および共同研究支援, 医療情報学24回連合大会論文集, 1026-1027, 2004年11月.
104)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 診断群分類別の看護業務量評価の試み, 医療情報学24回連合大会論文集, 946-947, 2004年11月.
105)田木 真和, 森口 博基, 森川 富昭, 宮川 操 : インシデントレポートの集計・分析システムの構築, 医療情報学24回連合大会論文集, 654-655, 2004年11月.
106)桑原 章, 森川 富昭, 苛原 稔, 森口 博基 : 生殖補助医療(ART)に対する多施設間情報共有システムの開発, 医療情報学24回連合大会論文集, 598-599, 2004年11月.
107)森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文, 能瀬 高明 : 知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発(第2報), 医療情報学24回連合大会論文集, 504-505, 2004年11月.
108)柏木 圭介, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香, 杉本 香 : うっ血の改善にアルプロススタジルが有効であった前頭筋皮下茎皮弁の1例, 第12回四国MMC研究会, 2004年11月.
109)阿部 洋子, 原田 桂子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 上顎正中部に複数の過剰歯と低石灰様胚を有する兄弟例, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
110)栗田 信浩, 岩田 貴, 新居 章, 池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 胃癌に対する鏡視下手術の経験, 第17回日本内視鏡外科学会総会, 2004年11月.
111)西岡 安彦, Wang Wei, 尾崎 修治, 松本 俊夫, 曽根 三郎 : 肺癌におけるHM1.24抗原発現と抗HM1.24抗体による抗体療法の可能性, 第17回日本バイオセラピィ学会ワークショップ3抗体療法と臨床応用, 2004年11月.
112)福井 誠, 増田 かなめ, 玉谷 香奈子, 本那 智昭, 日野出 大輔 : Relationship between periodontal conditions and sIgA directed to microbial GroEL., Journal of Dental Research, 2004年11月.
113)Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Nozomi Yokoyama, Masami Yoshioka and Daisuke Hinode : Smoking and osseointegrated implant failure: a meta-analysis, 52nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Nov. 2004.
114)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症患者の主観的及び客観的QOLと家族による生活技能評価との関連の検討, 第37回精神神経系薬物治療研究報告会, 2004年12月.
115)森口 博基 : 医療費の削減と予防について, 第2回日本予防医学会, 2004年12月.
116)小野 晃代, 関根 和教, 佐藤 豪, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : エアーカロリック検査の刺激条件の検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
117)中川 英幸, 田村 公一, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 副咽頭間隙腫瘍摘出後のFirst bite syndromeの2症例, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
118)橋本 一郎, 五石 圭一, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : Serratus anterior fascial flapにより再建を行ったHeat pressinjury の1例, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
119)米田 武史, 秋田 浩二, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 12年間の当科における熱傷瘢痕癌症例の検討, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
120)上野 淳二, 村瀬 知也, 米田 和英, 西谷 弘 : 当院におけるフィルムレスPACS半年間の使用経験, 2004年12月.
121)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾崎 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第103回日本医学放射線学会中国·四国地方会(高知), 2004年12月.
122)藤本 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 : 慢性閉塞隅角緑内障に対するPEA+IOLとLIの比較検討∼短期経過∼, 第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
123)吉岡 昌美 : NSTと口腔ケア, 日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.4, 310, 2005年.
124)大石 美佳 : チュートリアル授業における医療面接課題, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年.
125)田中 克哉, DC Warltier : Mechanism of Anesthetic Preconditioning: A Role of Reactive Oxygen Species., 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25, No.2, 206-212, 2005年.
126)浜田 大輔, 高田 洋一郎, 宮武 克年, 江川 洋史, 中野 俊次, 森谷 眞紀, 四宮 文男, 井上 寛, 安井 夏生, 板倉 光夫 : 関節リウマチ疾患感受性候補遺伝子SEC8L1の同定, 第49回日本リウマチ学会学術集会, 2005年.
127)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である, 第42回日本臨床分子医学会学術総会, 78, 2005年.
128)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 村瀬 知也, 王 億, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 頬粘膜癌の治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
129)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 池山 鎮夫, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 上顎炎症性偽腫瘍の放射線治療経験と治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
130)松尾 薫, 新井 英一, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 佐久間 理英, 水野 昭, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(Inslow)の長期投与による内臓脂肪蓄積に対する予防効果, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
131)杉原 治美, 薮本 みどり, 原野 厚志, 田村 公恵, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 鈴木 元子, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 永峰 勲 : ITを活用した看護相談ソフト開発による相談活動の意義, 第230回徳島医学会, 2005年2月.
132)新井 英一, 佐久間 理英, 須浪 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(インスロー)の脂肪燃焼促進効果, 日本静脈経腸栄養学会, Vol.20, 2005年2月.
133)大村 直幹, 本釜 聖子, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 機能水の歯科補綴領域への応用, 日本口腔機能水学会誌, Vol.6, No.1, 24-25, 2005年2月.
134)佐川 多恵子, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香 : Calcifying aponeurotic fibroma (juvenile aponouroticfibroma)の1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
135)柏木 圭介, 神田 郁乃, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 耳下腺浅葉に発生したIntraductal papillary adenocarcinomaの1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
136)新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 : 白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
137)村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 : 高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
138)Hirotsugu Yamada, T Mazgalev, JD Thomas, Tomotsugu Tabata, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of AV Nodal Vagal Stimulation on Left Ventricular Function in Chronic Atrial Fibrillation Canine Model., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
139)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Baba, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative Assessment of Left Ventricular Torsion by Two-dimensional Echocardiographic Automated Tissue Tracking Techinique., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
140)H Tanaka, T Oki, Y Mizuguchi, Y Oishi, S Emi, T Ishimoto, N Nagase, Hirotsugu Yamada and Tomotsugu Tabata : Radial Deterioration of the Myocardial Contractility by High Dose Dobutamine Stress Precisely Evaluated by Tissue Strain Imaging., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
141)Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Current Density Map at Ventricular Repolarization Phase in Myocardial Infarction., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
142)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Atherosclerosis Suppression Effect of Estrogen: Is the Chronic Liver Disease Atherogenic?, 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
143)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Effect of Carvedilol on Autonomic Nerves Function and Oxidative Stress in the Essential Hypertensive Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
144)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Dose Obstructive Sleep Apnea Syndrome (OSAS) Cause the Myocardial Injury? Examination by 99mTc-MIBI Scintigraphy., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation sciety, Mar. 2005.
145)T Watanabe, Masahiro Nomura, E Kimura, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Antioxydative Effect and Atrial Electrophysiological Improvement by Candesartan in Hypertensive Patients., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
146)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto : Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
147)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
148)山野 雅弘, 五石 圭一, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : レックリングハウゼン氏病に対する吸収性メッシュの使用経験, 第10回形成外科内視鏡・手術手技研究会, 2005年3月.
149)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
150)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例, 第62日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
151)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
152)日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔 : 徳島大学病院における妊婦に対する医薬品使用状況調査, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : グリメピリドの炎症性サイトカインにおよぼす影響と抗動脈硬化作用について 脈波伝播速度(baPWV)とaugmentation index (AI) を用いた検討, 第4回臨床脈波研究会, 2004年5月.
2)内上 裕介, 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす変動強磁界曝露の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 53-56, 2004年7月.
3)野村 昌弘, 山口 浩司, 渡部 智紀, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : Ca拮抗薬アゼルニジピンの酸化ストレス抑制効果の臨床的検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
4)渡部 智紀, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肥満と食後熱産生,インスリン抵抗性および交感神経活性との関連, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
5)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 心筋梗塞モデルラットにおけるG-CSFの心筋再生効果についての検討:梗塞血管の開存は必要か?, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
6)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた4次元表示法による左室収縮能および拡張能評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
7)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 平均加算化心電図法および123I-BMIPP心筋シンチグラフィによるC型肝炎ウイルスによる心筋障害の検出, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
8)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 閉塞性睡眠時無呼吸における高感度CRP,血管接着因子および炎症性サイトカインの関連性およびアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬における影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
9)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : アミオダロンにて持続性心室頻拍をコントロールできた一例:平均加算化心電図によるresponderの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
10)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : トータル·ヘルス·プロモーション·プランにおける運動療法とホモシステインとの関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
11)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた冠動脈プラークの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
12)河野 智仁, 野村 昌弘, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 本態性高血圧症におけるカンデサルタンの左室拡張機能,心筋線維化および脈波伝播速度におよぼす影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
13)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : ロサルタンの発作性心房細動抑制効果について P波同期加算平均心電図を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
14)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肝硬変症と動脈硬化との関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
15)若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 西角 彰良, 木村 恵理子, 田中 英治, 田畑 智継, 野村 昌弘 : アトルバスタチンの冠動脈石灰化病変に対する作用の検討 -冠動脈内温度変化の観点から-, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
16)水口 和生, 石澤 啓介 : 適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割, GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.
17)水口 和生, 石澤 啓介 : Interview 薬剤業務の周辺, カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
18)池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 八和田 裕子, 寺嶋 吉保, 生島 仁史, 島田 光生 : 術前放射線化学療法が著効した下部進行直腸癌の1例, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 95-97, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)Ayaka Kobayashi, Masahiro Nomura, Yuko Tomokane, Takashi Kawaguchi, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : A Patient with sustained ventricular tachycardia:identification of a responder to aminodarone using signal-averaged electrocardiogram, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 247-253, Aug. 2004.
2)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度研究報告書, 600-603, 2005年.
3)西岡 安彦, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレイオマイシン誘発肺線維症モデルにおける分子標的治療薬Imatinib(Gleevec)の抗線維化効果, 厚生省特定疾患 特発性間質性肺炎の画期的治療法による臨床研究報告書, 32-35, 2005年.
4)Seisuke Okamura, Koji Tsujigami, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Shingo Wakatsuki, Toshiaki Sano, Atsushi Umemoto and Yoshihito Urakami : Jejunal extramedullary plasmacytoma, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, Vol.61, No.1, 107-108, Jan. 2005.
5)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 井上 典子, 徳永 有美, 石川 輝明, 北村 万里子 : 歯科用金属アレルギー患者における口腔内金属の起電力とアレルギー症状の検討, 平成15∼16年度 科学研究費補助金(研究基盤(C)(2))研究成果報告書, Vol.15592052, 2005年3月.
6)尾崎 和美 : 齲蝕象牙質の細管侵入細菌におけるスクロース代謝の動的解析, 平成15年度∼平成16年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2005年3月.
7)尾崎 和美, 松尾 敬志 : 電顕用樹脂埋試料から抽出した細菌の16SrDNAを利用した象牙齲蝕病巣深部の細菌の同定, カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 15-27, 2005年3月.
8)尾崎 和美, 松尾 敬志 : PCR Amplificcation of Target DNA Extracted From Bacterial Cells Embedded in Plastic Material for Electron Microscopy, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 29-49, 2005年3月.
9)尾崎 和美, 松尾 敬志 : Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 51-58, 2005年3月.
10)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度報告書, 170-174, 2005年3月.
11)銭 志栄, 中園 雅彦, 佐野 壽昭, 廣川 満良, 工藤 英治, 岩田 貴, 島田 光生 : 胃癌におけるphospho-signal transducer及び転写因子3(Tyr705)活性化物質の分析, 日本病理学会会誌, Vol.94, No.1, 259, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{78580}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)塩田 洋, 林 しの : 研修医のための感染症クリニカルガイダンス, ヴァン メディカル, 東京, 2005年4月.
2)安井 敏之 : 栄養科学シリーズ NEXT 臨床栄養管理学各論, --- 女性,子ども,高齢者の病気 ---, 講談社サイエンティフィク, 東京, 2005年4月.
3)坂東 永一, 竹内 久裕 : 食感創造ハンドブック, --- 咀嚼運動の計測 ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2005年4月.
4)江口 洋, 塩田 洋 : 眼科検査法ハンドブック 第4版, --- XXII. 検体採取法 微生物検査 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
5)塩田 洋, 江口 洋 : 眼科検査法ハンドブック, --- XXII 検体採取法,A.微生物検査,1.表面,前房水 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
6)兼田 康宏, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 松岡 克尚, 宮田 康三, 真野 元四郎 : 精神保健に問題を抱える人への介入の構造化-効果的な実践のために, 西日本法規 出版株式会社, 岡山, 2005年6月.
7)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌転移の場としての骨髄, 秀潤社, 東京, 2005年7月.
8)竹内 久裕 : 顎運動の標準データ, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
9)安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫による骨破壊メカニズム, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年11月.
10)安倍 正博, 松本 俊夫 : 第2章 サイトカインによる生体調節機構 3)代謝, --- 4.Wnt阻害因子sFRP-2と骨芽細胞分化 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2005年11月.
11)六車 直樹, 伊東 進, 森 博愛 : 医学出版社, 2006年.
12)河野 文昭, 岡 謙次, 大栗 孝文 : 人工歯選択と排列時の問題点と対策, 医歯薬出版 株式会社, 2006年1月.
13)尾崎 和美, : 取り残し細菌のアクティビティは?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
14)尾崎 和美 : 辺縁漏洩による細菌の侵入はどの程度問題か?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
15)中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
16)清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月.
17)石澤 啓介, 水口 和生, : 南山堂医学大辞典 改訂19版, 株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Masami Yoshioka, Daniel Grenier and Denis Mayrand : Binding lipopolysaccharides to Peptostreptococcus micros stimulates tumor necrosis factor alpha production by macrophage-like cells, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.2, 118-121, 2005.
2)江口 覚, 河野 崇, 大下 修造, 中條 信義 : ニコランジルによる培養ラット血管平滑筋細胞のATP感受性Kチャネル活性に及ぼすプロポフォールとチアミラールの影響, 麻酔, Vol.54, No.4, 364-369, 2005年.
3)Masayuki Takahashi, VERONICA PAPAVERO, JASON YUHAS, ERIC KORT, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, ROBERT C. BAXTER, XIMING J. YANG, STEVEN G. GRAY and BIN TEAN TEH : Altered expression of members of the IGF-axis in clear cell renal cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.26, No.4, 923-931, 2005.
4)Hirokazu Uemura, M Kamada, M Maegawa, Y Ohmoto, K Murata, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, T Takeji and Minoru Irahara : Effect of hormone replacement therapy on the production of bone-resorbing cytokines by peripheral blood cells in postmenopausal women., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.4, 226-230, 2005.
5)Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
6)生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
7)Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto : Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression., Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005.
8)Hironori Akizuki, Uno Atsuhiko, Arai Kouichi, Morioka Soukichi, Seizo Oyama, Nishike Suetaka, Koichi Tamura and Noriaki Takeda : Effects of immersion in virtual on postural control, Neuroscience Letters, Vol.379, No.1, 23-26, 2005.
9)吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年.
10)Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentine, Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.16, No.5, 461-466, 2005.
11)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.17, No.2, 239-242, 2005.
12)Kana Shichijo, Takao Mitsui, Makoto Kunishige, Yukiko Kuroda, Kenjiro Masuda and Toshio Matsumoto : Involvement of mitochondria in myasthenia gravis complicated with dermatomyositis and rheumatoid arthritis: a case report, Acta Neuropathologica, Vol.109, No.5, 539-542, 2005.
13)Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R Scafe, Vincent M Reeve, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Association Between Single-Nucleotide Polymorphisms in the SEC8L1 Gene,Which Encodes a Subunit of the Exocyst Complex,and Rheumatoid Arthritis in a Japanese Population, Arthritis and Rheumatism, Vol.52, No.5, 1371-1380, 2005.
14)Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Mitsuteru Yoshida, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Takanori Miyoshi, Masahiro Abe, Shingo Wakatsuki and Yasumasa Monden : Extramedullary plasmacytoma immunoglobulin D (λ) in the chest wall and the subglottic region, Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.129, No.5, 1168-1169, 2005.
15)Toshiyuki Okazaki, Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Motohiro Hirasawa and Shinji Nagahiro : Rescue Revascularization Therapy With a Stent-in-Stent Technique for Acute Intracranial Internal Carotid Artery Occlusion, --- Case Report ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.5, 253-258, 2005.
16)Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro : Effect of Follistatin on Rat Liver Regeneration and Tumor Growth after Portal Occlusion, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.63, 833-838, 2005.
17)Rui Zheng, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Masanori Yoshizumi and Saburo Sone : SRC Tyrosine Kinase Inhibitor, M475271, Suppresses Subcutaneous Growth and Production of Lung Metastasis Via Inhibition of Proliferation, Invasion, and Vascularization of Human Lung Adenocarcinoma Cells, Clinical & Experimental Metastasis, Vol.22, No.3, 195-204, 2005.
18)Steven B. Rew, Karl Peggs, Irene Sanjuan, Arnold R. Pizzey, Yasuo Koishihara, Shigeto Kawai, Masaaki Kosaka, Shuji Ozaki, Benjamin Chain and Kwee L. Yong : Generation of Potent Antitumor CTL from Patients with Multiple Myeloma Directed against HM1.24, Clinical Cancer Research, Vol.11, No.9, 3377-3384, 2005.
19)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Matsuda Tsuyoshi : Cerebral hyperperfusion in a patient with eclampsia with perfusion-weighted magnetic resonance imaging, Radiation Medicine, Vol.23, No.5, 376-379, 2005.
20)Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy, --- Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister ---, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.3, 364-373, 2005.
21)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 富岡 重正, 中條 信義 : 全身麻酔時に不整脈を呈した高校生スポーツ選手の麻酔経験, 麻酔, Vol.54, No.6, 676-679, 2005年.
22)Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Masayuki Kon, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiro Minamiguchi and Masaru Nagayama : Proliferation and Differentiation of Cultured MC3T3-E1 Osteoblasts on Surface-layer Modified Hydroxyapatite Ceramic with Acid and Heat Treatments, Dental Materials Journal, Vol.24, No.2, 207-212, 2005.
23)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda, Junji Ueno and Yamamoto Yuichirou : Socio-economical effects of film-less PACS; comparison of pre- and post-film-less operation, International Congress Series, Vol.1281, 959-963, 2005.
24)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Mami Inayama, Jun Kishi, Momoyo Ugai, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Imatinib as a Novel Antifibrotic Agent in Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis in Mice, American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.171, No.11, 1279-1285, 2005.
25)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki : A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
26)T Tokudome, T Horio, I Kishimoto, Takeshi Soeki, K Mori, Y Kawano, M Khono, DL Garbers, K Nakao and K Kangawa : Calcineurin-NFAT pathway-dependent cardiac remodeling in mice deficient for GC-A, a receptor for atrial and brain natriuretic peptides., Circulation, Vol.111, No.23, 3095-3104, 2005.
27)Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005.
28)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯浅 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討, --- 臨床術式と1年経過時の臨床成績 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 78-292-87-301, 2005年.
29)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討: 臨床術式と1年経過時の臨床成績, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 292-301, 2005年.
30)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(Soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(Osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, Osteoporosis Japan, Vol.13, No.3, 609-612, 2005年.
31)Tomoichiro Yamaai, Tohru Nakanishi, Masahiro Asano, Kumiko Nawachi, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Toshifumi Komori, Tomosada Sugimoto and Masaharu Takigawa : Gene expression of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in calcifying tissues of normal and cbfa1-null mutant mice in late stage of embryonic development, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.4, 280-288, 2005.
32)Ximing J. Yang, Min-Han Tan, Hyung L. Kim, Jonathon A. Ditlev, Mark W. Betten, Carolina E. Png, Eric J. Kort, Kunihiko Futami, Kyle A. Furge, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama, Puay Hoon Tan, Bin Sing Teh, Chunyan Luan, Kim Wang, Michael Pins, Maria Tretiakova, John Anema, Richard Kahnoski, Theresa Nicol, Walter Stadler, Nicholas G. Vogelzang, Robert Amato, David Seligson, Robert Figlin, Arie Belldegrun, Craig G. Rogers and Bin Tean Teh : A Molecular Classification of Papillary Renal Cell Carcinoma, Cancer Research, Vol.65, No.13, 5628-5637, 2005.
33)滝沢 宏光, 中野 基一郎, 監﨑 孝一郎, 駒木 幹正, 森本 忠興, 丹黒 章 : 甲状腺髄様癌術後肝転移に対し肝動脈化学塞栓療法が有効であった1例, 日本臨床外科学会雑誌, Vol.66, No.7, 1709-1712, 2005年.
34)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Daniel Grenier : Effect of female sex hormones on Campylobacter rectus and human gingival fibroblasts, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.4, 239-243, 2005.
35)Kazuya Kondo, Takanori Miyoshi, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Photodynamic therapy for submucosal tumor of the central bronchus, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 208-211, 2005.
36)佐竹 秀太, 高橋 巧, 辻 けい子, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎犬歯の移転を伴う不成咬合の3症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 37-48, 2005年.
37)Masayuki Takahashi, X J Yang, S McWhinney, Nobuya Sano, C Eng, Susumu Kagawa, B T Teh and Hiro-omi Kanayama : cDNA microarray analysis assists in diagnosis of malignant intrarenal pheochromocytoma originally masquerading as a renal cell carcinoma, Journal of Medical Genetics, Vol.42, 48, 2005.
38)高瀬 真記, 橋本 一郎, 石田 創士, 松本 和也, 中西 秀樹 : 痙性斜頚に対し,胸鎖乳突筋亜全摘術を施工した1例, 日本形成外科学会会誌, Vol.25, No.8, 517-521, 2005年.
39)Mayuko Takagawa, Naoki Muguruma, Kaori Oguri, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Kunio II and Susumu Ito : Prediction of Prognosis in Gallbladder Carcinoma by Mucin and p53 Immunohistochemistry, Digestive Diseases and Sciences, Vol.50, No.8, 1410-1413, 2005.
40)Kenji Endo, Koichi Sairyo, Shinji Komatsubara, Takehiro Sasa, Hiroshi Egawa, Takayuki Ogawa, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami and Natsuo Yasui : Cyclooxygenase-2 inhibitor delays fracture healing in rats, Acta Orthopaedica, Vol.76, No.4, 470-474, 2005.
41)Taketoshi Suehiro, Mitsuo Shimada, Keiji Kishikawa, Tatsuo Shimura, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Kohji Hashimoto, Yasushi Mochida, Shinji Hashimoto, Yoshihiko Maehara and Hiroyuki Kuwano : Effect of intraportal infusion to improve small for size graft injury in living donor adult liver transplantation, Transplant International, Vol.18, No.8, 923-928, 2005.
42)Mikiko Inatsugi, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Minute distance obtained from pulmonary venous flow velocity using transesophageal pulsed Doppler echocardiography is related to cardiac output during cardiovascular surgery, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 178-185, 2005.
43)Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Umino, M Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, M Maegawa and Minoru Irahara : Regulatory factors on parathyroid hormone-related peptide production by primary culture of lactating rat mammary gland., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.8, 463-467, 2005.
44)Kazuyoshi Kawazoe, Mami Tabata, Kotaro Murakami and Yoshihisa Takaishi : A Novel Drimane-Type Sesquiterpene from Limonium wrightii, Natural Medicines, Vol.59, No.4, 186-188, 2005.
45)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells, Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
46)Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005.
47)Nobuyasu Bando, Kumi Watanabe, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.5, 372-374, 2005.
48)Masaaki Uno, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Hiroyuki Itabe, Liu Hao and Shinji Nagahiro : Contribution of an imbalance between oxidant-antioxidant systems to plaque vulnerability in patients with carotid artery stenosis, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.3, 518-525, 2005.
49)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : CXCL12 and CXCR4 expression by human gingival fibroblasts in periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.141, No.3, 467-474, 2005.
50)Erwan Donal, Hirotsugu Yamada, Christophe Leclercq and Daniel Herpin : The Left Atrial Appendage, a Small, Blind-Ended Structure. A Review of Its Echocardiographic Evaluation and Its Clinical Role, Chest, Vol.128, No.3, 1853-1862, 2005.
51)橋本 一郎, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 山野 雅弘 : 皮膚微小血管障害の実験モデル, 形成外科, Vol.48, No.9, 995-1003, 2005年.
52)Natsuo Oka, Susumu Nakahara, Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Victor Hogan, Hiro-omi Kanayama, Takashi Yanagawa and Avraham Raz : Galectin-3 inhibits tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand-induced apoptosis by activating Akt in human bladder carcinoma cells, Cancer Research, Vol.65, No.17, 7546-7553, 2005.
53)Haruhiko Fujino, Kazuya Kondo, Hisashi Ishikura, Hideo Maki, Hidetaka Kinoshita, Takanori Miyoshi, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Hiromitsu Takizawa, Taeko Nagao, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Matrix metalloproteinase inhibitor MMI-166 inhibits lymphogenous metastasis in an orthotopically implanted model of lung cancer, Molecular Cancer Therapeutics, Vol.4, No.9, 1409-1416, 2005.
54)Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005.
55)川人 伸次, 北畑 洋 : きれいで正確な心エコー画像の描出, --- ー小児経食道心エコー画像を正しく描出するにはー ---, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25, No.5, 533-542, 2005年.
56)Makoto Nakamuta, Shusuke Morizono, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Shinji Aishima, Shin-ichiro Takasugi, Kengo Yoshimitsu, Munechika Enjoji, Kazuhiro Kotoh, Akinobu Taketomi, Hideaki Uchiyama, Mitsuo Shimada, Hajime Nawata and Yoshihiko Maehara : Short-term intensive treatment for donors with hepatic steatosis in living-donor liver transplantation, Transplantation, Vol.80, No.5, 608-612, 2005.
57)Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki, Satoshi Nozaki, Yasuyoshi Watanabe, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami : Administration of secretin for autism alters dopamine metabolism in the central nervous system., Brain & Development, Vol.28, No.2, 99-103, 2005.
58)関根 和教, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : 大学病院におけるめまい症例の統計的検討とめまい疾患の診断基準の問題点, 日本耳鼻咽喉科学会会報, Vol.108, No.9, 842-849, 2005年.
59)瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用, 日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
60)藤澤 健司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 長山 勝 : インプラントの安定性評価における共鳴振動周波数分析装置と歯牙動揺度測定装置の比較, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.3, 406-414, 2005年.
61)Kenji Endo, Daisuke Hamada, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui : The intramedullary gradual elongation nail:Application for femoral shaft non-union, Injury Extra, Vol.36, No.10, 421-423, 2005.
62)Katsushi Miyazaki, Noriaki Takeda, Naozumi Ishimaru, Fumie Omotehara, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Analysis of in vivo role of alpha-fodrin autoantigen in primary Sjogren's syndrome, The American Journal of Pathology, Vol.167, No.4, 1051-1059, 2005.
63)五石 圭一, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 敷地 孝法, 中西 秀樹 : 仙尾部滑液包炎の1例, 形成外科, Vol.48, No.10, 1151-1155, 2005年.
64)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Induction of corneal lesion and nerve fiber sprouting by neonatal capsaicin application depends on the dose of the drug and survival time after treatment, Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.82, No.2, 57-66, 2005.
65)Masahiro Asano, Satoshi Kubota, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Tomoichiro Tamaai, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Tomosada Sugimoto, Yoji Murayama and Masaharu Takigawa : Effect of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) on proliferation and differentiation of mouse periodontal ligament-derived cells, Cell Communication & Signaling, Vol.3, 11, 2005.
66)中村 明代, 川人 伸次, 片山 俊子, 河野 崇, 新田 一仁, 乾 大資, 北畑 洋, 大下 修造 : 気管支痙攣を繰り返したPena-Shokeir症候群の麻酔管理, 麻酔, Vol.54, No.10, 1146-1148, 2005年.
67)Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhito Matsuzaki, Masahumi Harada, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Inhibition of brain damage by edaravone, a free radical scavenger, can be monitored by plasma biomarkers that detect oxidative and astrocyte damage in patients with acute cerebral infarction, Free Radical Biology and Medicine, Vol.39, No.8, 1109-1116, 2005.
68)Yuko Onishi, Katsuya Hirasaka, Ibuki Ishihara, Motoko Oarada, Jumpei Goto, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Shunji Nakano, Harumi Furochi, Kazumi Ishidoh, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Identification of mono-ubiquitinated LDH-A in skeletal muscle cells exposed to oxidative stress, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.336, No.3, 799-806, 2005.
69)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年.
70)Kenji Endo, Mitsuhiko Takahashi, Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa and Natsuo Yasui : Bone Tumor of the Distal Femur in a 67-Year-Old Woman, Clinical Orthopaedics and Related Research, Vol.440, 262-268, 2005.
71)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Increase of CCL20 expression by human gingival fibroblasts upon stimulation with cytokines and bacterial endotoxin, Clinical and Experimental Immunology, Vol.142, No.2, 285-291, 2005.
72)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality Assurance of I-125 Seed Permanent Implant Therapy Using a Self-color Developing Reflection-type Dosimetry Sheet Film, Radiation Medicine, Vol.23, No.7, 474-477, 2005.
73)Tomonori Watanabe, Hiroyuki Fujinaga, Yasumasa Ikeda, Teruo HIgashi, Masaru Murakami, Keiji Kawahara, Ikuo Hayashi, Toshiharu Niki, Toshio Shigekiyo and Tetsuzo Wakatsuki : Acute myocardial infarction in a patient with essential thrombocythemia who underwent successful stenting. A case report, Angiology, Vol.56, No.6, 771-774, 2005.
74)Kazuhito Matsuzaki, Masaaki Uno, Teruyoshi Kageji, Takanori Hirose and Shinji Nagahiro : Anaplastic ganglioglioma of cerebellopontine angle: A case report and review of literatures, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 591-595, 2005.
75)Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Evaluation of Aneurysm Stability After Endovascular Embolization With Guglielmi Detachable Coils, --- Correlation Between Long-Term Stability and Volume Embolization Ratio ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 561-565, 2005.
76)Takashi Oshima, Masahiro Abe, Jin Asano, Tomoko Hara, Kenichi Kitazoe, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2, Blood, Vol.106, No.9, 3160-3165, 2005.
77)Youhua Zhang, Hirotsugu Yamada, Steve Bibevski, Shaowei Zhuang, Kent A Mowrey, Don W Wallick, Seil Oh and Todor N Mazgalev : Chronic atrioventricular nodal vagal stimulation, --- first evidence for long-term ventricular rate control in canine atrial fibrillation model ---, Circulation, Vol.112, No.19, 2904-2911, 2005.
78)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Induction of HM1.24 peptide specific cytotoxic T lymphocytes by using peripheral-blood stem-cell harvests in patients with multiple myeloma, Blood, Vol.106, No.10, 3538-3545, 2005.
79)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura and Tetsuro Ohmori : Correlation between the plasma homovanillic acid levels and the response to atypical antipsychotics in male patients with schizophrenia, Clinical Neuropharmacology, Vol.28, No.6, 262-264, 2005.
80)野村 昌弘, 中屋 豊, 中安 紀美子, 河野 智仁 : 抗不整脈薬の作用機序と心電図変化, 検査と技術, Vol.33, No.13, 1528-1532, 2005年.
81)Elaine Afanador, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case, Orthodontic Waves, Vol.64, No.4, 114-118, 2005.
82)Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Daisuke Hamada, Ryosuke Sato and Natsuo Yasui : Total hip arthroplasty in osteopetrosis using computer-assisted fluoroscopic navigation., The Journal of Arthroplasty, Vol.20, No.8, 1074-1077, 2005.
83)A Albers, Koji Abe, J Wang, A Lopez-Albaitero, C Schaefer, W Gooding, TL Whiteside, S Ferrone, A DeLeo and RL Ferris : Antitumoor activity of human papillomavirus type 16 E7-specific T cells against virally infected squamous cell carcinoma of the head and neck, Cancer Research, Vol.65, No.23, 11146-11155, 2005.
84)Kazunori Sekine, Kazuhito Rokutan and Noriaki Takeda : Microarray Analysis of Stress-Related Gene Expression in Patients with Ménière's Disease, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, Vol.67, No.5, 294-299, 2005.
85)Seiji Yano, Hiroaki Muguruma, Yuka Matsumori, Hisatsugu Goto, Emiko Nakataki, Nobutaka Edakuni, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi, Akihiko Yamamoto, Hisanori Uehara, Anderson Ryan and Saburo Sone : Antitumor Vascular Strategy for Controlling Experimental Metastatic Spread of Human Small-Cell Lung Cancer Cells with ZD6474 in Natural Killer Cell Depleted Severe Combined Immunodeficient Mice, Clinical Cancer Research, Vol.11, No.24, 8789-8798, 2005.
86)今上 隆子, 今上 茂樹, 西野 瑞穗, 木元 富士枝, 須藤 真奈美, 原田 桂子, 有田 憲司 : 小学校におけるフッ化物洗口の齲蝕予防効果, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.5, 619-623, 2005年.
87)Elaine Afamador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yukiko Kitase, Takumi Takahashi, Akira Kudo and Keiji Moriyama : Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament., Archives of Oral Biology, Vol.50, No.12, 1023-1031, 2005.
88)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 心肥大を合併する本態性高血圧患者におけるアゼルニジピンによる抗動脈効果作用および心肥大抑制作用の検討, Therapeutic Research, Vol.27, 115-120, 2006年.
89)河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 本態性高血圧症におけるアゼルニジピンの自律神経活動に及ぼす影響についての検討, Therapeutic Research, Vol.27, No.2, 249-253, 2006年.
90)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 六反 一仁 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 厚生労働省科学研究補助金,特定疾患対策研究事業,前庭機能異常に関する調査研究,平成17年度報告書, 148-152, 2006年.
91)佐川 多恵子, 橋本 一郎, 高瀬 真記, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1症例, 日本形成外科学会会誌, Vol.26, No.2, 122-127, 2006年.
92)里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の経時的変化, 脳神経外科速報, Vol.16, 724-729, 2006年.
93)Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, Hiroki Shirai, Yo Matsuo, Mikako Fujita and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, Microbes and Infection, Vol.8, No.1, 10-15, 2006.
94)Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto : Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome., Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
95)MT Takase, Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Hiromichi Sedo and I Kanda : Sarpogrelate hydrochloride an antagonist of 5-hydroxytryptamine receptor improves skin flap survival and suppresses thrombus formation in injured microvessels of rabbits., Journal of Reconstructive Microsurgery, Vol.22, No.1, 59-65, 2006.
96)Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Masuo Kimura, Mayuko Takeuchi, Toshi Inoshita and Toshiaki Sano : Duodenal lymphangitis carcinomatosa: endoscopic characteristics and clinical significance., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.(1 Pt 1), 79-83, 2006.
97)Naoki Muguruma, Yoshitaka Imoto, Tetsuo Kimura, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Adenomyomatosis of the Gallbladder as a Potential Risk Factor for Gallbladder Carcinoma, International Medical Journal, Vol.13, No.2, 91-94, 2006.
98)Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Akiko Iga, Satoshi Wada, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano : Colonic pseudolipomatosis, microscopically classified into two groups, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.1 Pt 1, 65-70, 2006.
99)岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 : 嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの一例, 胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 2006年.
100)六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三 *井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進 : 尋常性天庖瘡に伴う食道病変, 消化器の臨床, Vol.19, No.3, 338-340, 2006年.
101)Sakata Miho, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Suzuki Mitsujiro, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami and Baba Hirotaka : Myocardial systolic strain in normal children using a tissue tracking system, Journal of Echocardiography, Vol.4, No.1, 19-24, 2006.
102)Miki Inoue, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Katsunori Tatara and Shoji Kagami : Mean heart rate at noght as a predictor for the evaluation of autonomic function in patietns with Duchenne progressive muscular dystrophy, Eur Heart J, Vol.27, suppl-685, 2006.
103)Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui : Preservation of C7 spinous process does not influence the long-term outcome after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy., International Orthopaedics, Vol.30, No.5, 362-365, 2006.
104)Mitsuhiko Takahashi, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Bisphosphonate Modulates Morphological and Mechanical Properties in Distraction Osteogenesis through Inhibition of Bone Resorption., Bone, Vol.39, No.3, 573-581, 2006.
105)Keisuke Yagi, Yoshito Matsui, Shunji Nakano, Hiroshi Egawa, Takahiro Tsutsui, Yoshiteru Kawasaki, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Treatment of knee osteoarthritis associated with extraarticular varus deformity of the femur: staged total knee arthroplasty following corrective osteotomy., Journal of Orthopaedic Science, Vol.11, No.4, 386-389, 2006.
106)Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa, Takahiro Kubo, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata, Kenji Endo, Yoshio Bando and Natsuo Yasui : Intrapatellar tendon lipoma with chondro-osseous differentiation: detection of HMGA2-LPP fusion gene transcript., Journal of Clinical Pathology, Vol.59, No.4, 434-436, 2006.
107)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
108)Tomonori Watanabe, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relationships between thermic effect of food insulin resistance and autonomic nervous activity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 153-158, 2006.
109)Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006.
110)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Fumi Shimizu, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Akira Kuwahara and Minoru Irahara : Comparison and problems of measured values of LH, FSH, and PRL among measurement systems., Endocrine Journal, Vol.53, No.1, 101-109, 2006.
111)Ami Inui, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, M Shiiba and Natsuo Yasui : Extruded lumbar osseous endplate causing long-term radiculopathy in an adult: an endoscopic excision., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.49, No.1, 55-57, 2006.
112)Toshinori Sakai, Yamada Hidehiro, Nakamura Taro, Nanamori Kazuhisa, Yoshiteru Kawasaki, Hanaoka Naoyoshi, Nakamura Eijiro, Uchida Ken, Goel K. Vijay, Vishnubhotra Lakshmi Sri and Koichi Sairyo : Lumbar spinal disorders in patients with athetoid cerebral palsy. A clinical and biomechanical study., Spine, Vol.31, No.3, E66-E70, 2006.
113)光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
114)中西 秀樹, 松本 和也, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 長江 浩朗, 原田 浩史, 吉永 理香, 瀨渡 洋道, 清家 卓也, 安倍 吉郎 : 臨床医学の展望2006-診断および治療上の進歩[4]形成外科学会, 日本醫事新報, No.4270, 37-43, 2006年.
115)Hirotsugu Yamada, ZB Popovic, DO Martin, KC Civello and DW Wallick : The effects of altering time delays of coupled pacing during acute atrial fibrillation, Heart Rhythm, Vol.3, No.6, 722-727, 2006.
116)杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
117)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Tomoharu Yoshizumi, Keiji Kishikawa and Yoshihiko Maehara : Reconstruction of the middle hepatic vein tributaries using the recipient's recanalized umbilical vein in right-lobe living-donor liver transplantation, Surgery, Vol.139, No.3, 442-445, 2006.
118)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Malignant transformation of pelvic endometriosis: MR imaging findings and pathologic correlation, Radiographics, Vol.26, No.2, 407-417, 2006.
119)松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穗, 森山 啓司 : トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績, 形成外科, Vol.49, No.3, 311-317, 2006年.
120)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonary nodules after computed tomography--guided bronchoscopic metallic coil marking., Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.131, No.3, 704-710, 2006.
121)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women receiving hormone therapy daily and on alternate days., Menopause, Vol.13, No.2, 314-322, 2006.
122)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin&apos;ya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset and symptoms., Neuroscience Letters, Vol.401, No.1-2, 1-5, 2006.
123)中川 伸一, 田村 公一, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : 喉頭截開術の適応と術式について, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.26, No.2, 225-232, 2006年.
124)Shinjiro Takata, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Yasuhiro Kuroda, Mizuho Nishino, Yoshito Matsui and Natsuo Yasui : Metaphyseal Dysplasia of Braun-Tinschert Type: Report of a Japanese Girl., American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.140, No.11, 1234-1237, 2006.
125)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Yukinori Takenaka, Pratima Nangia-Makker, Essam Elsammam, Toshinori Kasai, Masayuki Shono, Hiro-omi Kanayama, Julie Ellerhorst, Reuben Lotan and Avraham Raz : Galectin-3 regulates Mitochondrial Stability and Antiapoptotic Function in Response to Anticancer Drug in Prostate Cancer, Cancer Research, Vol.66, No.6, 3114-3119, 2006.
126)Y. Kuroda, Takao Mitsui, M. Kunishige, Masayuki Shono, Masashi Akaike, H. Azuma and Toshio Matsumoto : Parkin enhances mitochondrial biogenesis in proliferating cells., Human Molecular Genetics, Vol.15, No.6, 883-895, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いた顎関節の三次元構築精度(B2-8), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 67, 2005年.
2)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(D13), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 93, 2005年.
3)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
4)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Mizuki Ninomiya, Satoko Shiotani and Keizo Sugimachi : Unusual endoscopic findings of CMV esophagitis after liver transplantation, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.64, 1236-1239, 2005.
5)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 信学技報, Vol.105, No.221, 7-9, 2005年.
6)Keiko Ogita, Tomoaki Taguchi, Yuji Soejima, Satoshi Ieiri, Shunsaku Katsura, Narito Takada, Toshiharu Matsuura, Tomoharu Yoshizumi, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara and Sachiyo Suita : Fatty liver caused by portal vein thrombosis after living donor liver transplantation: a case report, Journal of Pediatric Surgery, Vol.40, No.8, E7-E9, 2005.
7)村尾 史子, 西野 真紀, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 虹彩隅角新生血管を合併した増殖糖尿病網膜症に対する初回硝子体手術成績, 臨床眼科, Vol.59, No.9, 1535-1538, 2005年.
8)宮本 洋二, 藤澤 健司, 山内 英嗣 : 口腔外科の視点からみた即時荷重インプラント, 補綴臨床 別冊 即時インプラント, 36-42, 2005年.
9)中村 克彦, 高橋 美香, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 144-146, 2005年.
10)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.
11)六車 直樹, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 伊東 進, 吉川 幸造, 嵩原 裕夫 : 小児に対し安全に施行しえたERCPの1例, 医薬の門, Vol.46, No.5, 30-33, 2006年.
12)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, Kenji Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., Journal of the American College of Cardiology, Vol.47, No.4A, 308A, 2006.
13)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, S Yamada, A Watanabe, M Daisuke, K Tamura, H Yokoi and Masahiro Nomura : Difference in the Left Atrial Function Between Patients With Hypertensive Hypertrophy and Hypertrophic Cardiomyopathy Evaluated by Tissue Strain Imaging., Journal of the American College of Cardiology, Vol.47, No.4A, 120A, 2006.
14)Hirotsugu Yamada, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Differentiation of left atrial dysfunction by changes in transmitral flow velocities during lower body positive pressure., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.19, 613, 2006.
15)Hirotsugu Yamada, H Motonari, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Effect of aging on left atrial myocardial strain evaluated by 2D tissue tracking during lower body positive pressure., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.19, 613, 2006.
16)K Matsuoka, M Nishino, A Hashimoto, K Yamagami, T Tamai, H Kato, Y Egami, R Shutta, H Yamaguchi, K Tanaka, J Tanouchi, Y Yamada and Hirotsugu Yamada : Right Ventricular Apical Pacing Impairs Left Ventricular Torsion as Well as Synchrony., Circulation, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Yasuhiro Kaneda : Suicidality in schizophrenia as a separate symptom domain that may be independent of depression or psychosis, Schizophrenia Research, Vol.81, No.1, 113-114, 2006.
2)Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Expression of Macrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α) in the periodontal tissue during experimental tooth movement., Dentistry in Japan, Vol.42, 78-81, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)東野 恒作, 加藤 真介, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 : 頚椎症性脊髄症に対する頚椎椎弓形成術におけるC7棘突起温存は,神経学的長期成績の不良因子にならない, 骨·関節·靱帯, Vol.18, No.4, 325-330, 2005年4月.
2)宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 敦彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 原田 雅史 : 脳卒中診断の最前線, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 13-20, 2005年4月.
3)Shuji Ozaki : Role of Immunoglobulin Light Chains in AL Amyloidosis, Internal Medicine, Vol.44, No.5, 399-400, May 2005.
4)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : ホルモン補充療法の効用, 産婦人科治療, Vol.90, No.5, 860-867, 2005年5月.
5)曽根 三郎, 柿内 聡司, 荻野 宏和, 矢野 聖二 : Epidermal growth fsctor受容体(EGFR)と分子標的治療, 血液・腫瘍科, Vol.50, No.6, 568-574, 2005年6月.
6)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 中牟田 誠, 森園 周祐, 島田 光生, 前原 喜彦 : 劇症肝不全に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.51, No.1, 101-106, 2005年7月.
7)西川 啓介, 重本 修伺, 坂東 永一 : コンピュータ支援診断システム MM-JIからチェアーサイド咬合診査機器, The Journal of Dental Engineering, No.154, 11-14, 2005年7月.
8)苛原 稔, 桑原 章, 後藤田 浩司, 森川 富昭 : 国立大学におけるDPC対応の実際, --- 徳島大学病院の取り組み ---, 病院新時代, 2005年8月.
9)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【腎泌尿器疾患のわかりやすい画像診断 正常画像と異常画像】膀胱の非腫瘍性疾患, 腎と透析, Vol.59, No.2, 379-384, 2005年8月.
10)安井 敏之, 苛原 稔 : 月経異常,排卵障害への漢方治療, 産婦人科の実際, Vol.54, No.9, 1343-1351, 2005年9月.
11)森川 富昭 : 病気になるリスク,食生活から数値化 徳大などシステム開発, 徳島新聞社, 2005年9月.
12)西谷 弘, 上野 淳二, 米田 和英, 山本 勇一郎 : 放射線科と院内システム, --- 完全フイルムレスPACS構築の経験を踏まえて ---, 日獨医報, Vol.50, No.3, 70-78, 2005年9月.
13)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : cDNAマイクロアレイによるゲフィチニブに対する非小細胞肺がんの感受性予測, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 321-326, 2005年10月.
14)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘, 坂東 良美 : 【婦人科がん画像診断の最先端】卵巣転移性腫瘍, 産婦人科の実際, Vol.54, No.10, 2005年10月.
15)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【癌取扱い規約からみた悪性腫瘍の病期診断と画像診断】婦人科癌 卵巣・卵管・妊娠絨毛性腫瘍, (月刊)臨床放射線, Vol.50, No.11, 1518-1529, 2005年10月.
16)森山 啓司, 谷本 起穗 : 繊維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2), 生体の科学, Vol.56, No.5, 416-417, 2005年10月.
17)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 31-32, 2005年11月.
18)松崎 健司 : 【CT,MRI時代のピットフォール 目にとまりやすい偽病変,見落とされやすい真病変】生殖器・泌尿器領域 女性骨盤内臓器, クリニシアン, Vol.52, No.545, 1234-1241, 2005年12月.
19)上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 : 【特集】女性の腰痛とその対策 更年期にみられる腰痛とその対策, 産婦人科治療, Vol.92, No.2, 147-151, 2006年.
20)北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
21)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 子宮広間膜に発生したEpendymoma の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 150-151, 2006年.
22)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 膵粘液腺癌に合併した腹膜偽粘液腫の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 142-143, 2006年.
23)田畑 智継, 山田 博胤, 長野 智章, 森 修 : 2Dティッシュトラッキングの臨床応用, Medix, Vol.43, 4-9, 2006年.
24)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 【ちょっとハイレベルの日常遭遇する婦人科疾患】付属器腫瘤 上皮性腫瘍 嚢胞腺線維腫, 画像診断, Vol.26, 166-167, 2006年1月.
25)安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 【女性ホルモンUp to Date】女性ホルモン測定の意義, 性差と医療, Vol.3, No.2, 153-159, 2006年1月.
26)森口 博基 : 【地域医療連携の新ステージ ITを活用した医療ネットワークのいまと未来】 徳島県におけるデータ・グリッド構築による病院間ネットワーク, INNERVISION, Vol.21, 18-19, 2006年1月.
27)森口 博基 : 【ITがもたらす効率化を再検証する】 システマライズされたHISが病院にもたらすもの 効率化とは何か, 新医療, Vol.33, No.2, 43-45, 2006年2月.
28)Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006.
29)桑原 章, 森川 富昭 : 医師と診療情報管理士が二人三脚で進める改革, --- DPC活用に取り組む徳島大学医学部歯学部附属病院 ---, 日経CME, 2006年3月.
30)森川 富昭 : 徳大病院にPマーク 個人情報管理を徹底, 読売新聞, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Koji Abe, Albers Andreas, Wang Jun, Lopez-Albaitero Anders, Schaeffer Carsten, Gooding William, Deleo Albert and Ferris L Robert : Antitumor activity human papillomavirus(HPV) Type 16 E7-specific T cells in patients with vrally infected squamous cell carcinoma of the head and neck(SCCHN), 95th American Association for Cancer Research annual meeting, Anaheim, Apr. 2005.
2)Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, 195, Beijing, Apr. 2005.
3)Hiroaki Muguruma, Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hideki Tomimoto, Takafumi Todoroki, Soji Kakiuchi, Makoto Kawatani, Hiroyuki Osada and Saburo Sone : Bone metastasis inhibition by RMA, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
4)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi and Saburo Sone : Establishment of orthotopically implanted malignant mesothelioma model which represents intrathoracic tumors and bloody pleural effusions, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
5)Hiroshi Eguchi, Y Kubo, S Takano, Hiroshi Shiota and M Yano : Malignant Glaucoma After Penetrating Keratoplasty, ARVO 2004, 203, Florida, Apr. 2005.
6)Hiroshi Shiota, M Inoue, Y Kubo, Y Hayashi, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito : Best Classification of Acanthamoeba Keratitis, ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING, 113, Florida, May 2005.
7)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR Imaging and MR Spectroscopy of Female Intra-Pelvic Tumors:Preliminary Experience at 3.0 Tesla, ISMRM 2005, Miami, May 2005.
8)Yuji Soejima, Akinobu Taketomi, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama and Yoshihiko Maehara : Living-donor liver transplantation for patients with hepatocellular carcinoma exceeding Milan criteria:a single center experience of 56 cases, American Transplant Congress 2005, Seattle, May 2005.
9)Mami Inayama, Yasuhiko Nishioka, Masahiko Azuma, Yoshinori Aono, Hideki Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American Thoracic Society Annual Meeting, San Diego, May 2005.
10)Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino, M. Ugai, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
11)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino and M. Ugai : Imatinib as a novel anti-fibrotic agent in bleomycin-induced lung fibrosis in mice, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
12)M. Azuma, Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Aono, M. Inayama, H. Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Inhibition of bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice by imatinib (Gleevec) and erythromycin-a role of aipha-1-acid glycoprotein, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
13)Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Y Yoshijima and Tetsuo Ichikawa : Gene expression in a mouse osteoblast like cell line in response to compressing force., 11th International College of Prosthodontists, Crete, Greece, May 2005.
14)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
15)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
16)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
17)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
18)Shusuke Numata, Song Hongwei, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran ( serotonin noradrenaline reuptake inhibitor ) on memory in Korsakoffs syndrome after encephalitis., 8th World Congress of Biological Congress, Wien, Jun. 2005.
19)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda and Junji Ueno : Socio-economical effects of film-less PACS: comparison of pre- and post film-less operation, Berlin, Jun. 2005.
20)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hirokazu Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assessment of gastric motility in diabetic gastroparesis before and after attaining glycemic control., Journal of Gastroenterology, Vol.40, No.6, 583-590, Jul. 2005.
21)Yasuhiro Kaneda, Park Sohee, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Determinants of Work Outcome in Schizophrenia and Schizoaffective Disorder: A Role of Cognitive Function, The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
22)Yasuhiro Kaneda, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : A Reanalysis of the Cognition Subscale of the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
23)Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study, International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, Aug. 2005.
24)Bando Nobuyasu, Watanabe Kumi, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and al. et : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, Aug. 2005.
25)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells, 第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
26)Yasuhiro Kaneda : ASSESSING WEIGHT-RELATED QUALITY OF LIFE IN PERSONS WITH SCHIZOPHRENIA, World Congress on Psychosomatic Medicine, Kobe, Aug. 2005.
27)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki : Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men, 27th ESPEN Congress, Brussels, Belgium, Aug. 2005.
28)Mikako Fujita, Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, K Kamada, H Shirai, Yo Matsuo and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, 5th Awaji International Forum on Infection and Immunity, Sumoto, Japan, Sep. 2005.
29)Katsuhiko Nakamura, Naoki Toda, Seizo Oyama, Mika Takahashi and Noriaki Takeda : Treatment of facial synkinesis: Mirror biofeedback rehabilitation with botulimun A toxin injection, 10th international facial nerve symposiumu, Maastricht, Sep. 2005.
30)A Nakajima, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, A Tani, D Kinoshita, Y Kasai and Minoru Irahara : The process of blood coagulation enhances early endometrial-peritrial interaction in a murine model of endometriosis, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
31)Masahiko Maegawa, A Nakajima, Satoshi Yamamoto, Y Kasai, A Tani, D Kinoshita and Minoru Irahara : Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
32)Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki and Hiromu Nishitani : Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive stereotactic radiotherapy, 8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY, Lisbon, Sep. 2005.
33)Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Hiroki Moriguchi : Construction and evaluation of E-learning system for medical teatment safety measure, Proceedings of E-Learn 2005, 65, Oct. 2005.
34)Takaaki Nose, Tomiaki Morikawa and Hiroki Moriguchi : Development and evaluation of e-Learning system that supports teacher, Proceedings of E-Learn 2005, 69, Oct. 2005.
35)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Hayashi and Hiroshi Shiota : A Case of Panophthalmitis Caused by Pantoea Agglomerans, The 4th International eyes infectious disease society, Oct. 2005.
36)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Takano and Hiroshi Shiota : A CASE OF PANOPHTHALMITIS CAUSED BY PANTOEA AGGLOMERANS, 4th International Conference on Ocular Infections, 64, Sapporo, Oct. 2005.
37)Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, Hiroshi Eguchi, T Takada and S Hata : 5,3,1 METHOD FOR THE TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS, 4th International Conference on Ocular Infections, 6, Sapporo, Oct. 2005.
38)Masami Yoshioka, Kaname Masuda, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode and Daniel Grenier : Contribution of Peptostreptococcus Micros proteases in cytokine response by human gingival fibroblasts, 4th General Annual Meeting of the International Conference on Protease Inhibitors, Quebec City, Oct. 2005.
39)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
40)Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito, Yoshinobu Tomiyama and Shuzo Oshita : Influences of sevoflurane in myocardial protection of an ultra-short-acting β1-blocker, landiolol., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
41)Shinji Kawahito, Junpei Nozaki, Nakamura Akiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of dexmedetomidine and clonidine on vasorelaxation mediated by adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the rat aorta., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
42)Yoshinobu Tomiyama, Yamaguchi Mikiyo, Satoru Eguchi, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of propofol on the changes in membrane potential induced by simulated ischemia/reperfusion by means of mitochondrial uncoupler in cultured human coronary artery endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
43)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Imaging Findings of Multiorganic Involvement of Chlamydia Trachomatis, RSNA 2005, Chicago, Nov. 2005.
44)PB Zoran, Hirotsugu Yamada, Y Zhang, RA Grimm, JD Thomas and TN Mazgalev : Incomplete Relaxation and Excess Left Ventricular End-Diastolic Pressure during Atrial Fibrillation., The American Heart Association's Scientific Sessions 2005, Dallas, Nov. 2005.
45)Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease, American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, Nov. 2005.
46)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, Y Nakagawa and H Kumada : Intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) using epithermal neutron, beams in patients with malignant glioma -Correlation between BNCT radiation dose and radiation injury, clinical outcome-, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
47)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
48)Junya Miyata, Kenji Tani, Keiko Sato, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata, Shizuka Shigekiyo, Battur Lkhagvas, Nobuya Sano and Saburo Sone : The significance in rheumatoid arthritis as a monocyte chemoattractant, 2005 American College of Rheumatology(ACR/ARHP) Annual Scientific Meeting, San Diego, Nov. 2005.
49)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
50)Takeshi Soeki, I Kishimoto, H Hosoda, M Yoshida, T Tokudome, T Horio, D Schwenke and K Kangawa : Ghrelin suppresses cardiac sympathetic activity and attenuates early left ventricular remodeling in rats with myocardial infarction., American Heart Association Scientific Session 2005, Dallas, Nov. 2005.
51)Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka and Hiromu Nishitani : Long-term results of radiation therapy for carcinoma of the uterine cervix, radiological society of north america 91st scientific assembly and annual meeting, Chicago, Nov. 2005.
52)Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Pelvic insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancy, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 47th annualmeeting, Denver, Nov. 2005.
53)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber-matrix interface property effects on mechanical properties and shape recovery of NiTi shape memory alloy fiber / denture-base-resin matrix composites, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, Waikoloa, Hawaii, USA, Dec. 2005.
54)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, Masaaki Taechi, Tetsuya Yuasa, Keiko Kudoh, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Hiroaki Nakanishi, Eriko Maeda and Masaru Nagayama : Usefulness of self-drilling type alveolar bone screws form mandibular fractures., 84th IADR, Brisbane, 2006.
55)Kenji Fujisawa, Mayumi Ohta, Yukihiro Momota, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayma : Clinical Study of the efficacy of the drug, The 1st International and the 19st Anual Meeting of the Japanese Society for the Tempo- romandibular joint., Nagoya, 2006.
56)Saburo Sone, Soji Kakiuchi and Seiji Yano : Real-time PCR-based biomarker to predict the sensitivity of non-small cell lung cancer(NSCLC) to EGFR-TKI, The 10th International Symposium on Cancer Chemotherapy, Tokyo, Jan. 2006.
57)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Pelvic endometriosis: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
58)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : CT and MRI manifestations of pathologies with fatty components from head to foot: Differential diagnosis and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
59)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Benign and malignant germ cell tumors of the ovary: Radiological and pathological correlation, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
60)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pathologies of the uterine myometrium: Usual and unusual manifestations and pitfalls on magnetic resonance imaging, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
61)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ovarian teratomas: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
62)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Characteristics of regulatory dendritic cells induced by gingival epithelial cells, 35th Annual Meeting & Exhibition of the AADR, Orlando, Mar. 2006.
63)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, S Yamada, A Watanabe, M Daisuke, K Tamura, H Yokoi and Masahiro Nomura : Difference in the Left Atrial Function Between Patients With Hypertensive Hypertrophy and Hypertrophic Cardiomyopathy Evaluated by Tissue Strain Imaging., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Atlanta, Mar. 2006.
64)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, K Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, Atlanta, Mar. 2006.
65)Tomohito Kawano, Yamato Fukuda, Tomonori Watanabe, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata and Masahiro Nomura : Coronary Atherosclerotic Plaque Stabilization of HMG-CoA Reductase inhibitor, Atorvastatin, Evaluated by 16-slice Multidetector-row CT (MDCT), The 70th general meeting of a Japanese circulatory organ disease society, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)山田 博胤, 田畑 智継, 原田 顕治 : 肺静脈電気的隔離術における心腔内エコー図法(ICE)の役割, 第16回日本心エコー図学会学術集会, 2005年4月.
2)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である, 第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月.
3)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
4)上野 淳二, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法の検討, --- 下剤を用いないCT colonographyの前処置として ---, 2005年4月.
5)生島 仁史, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本医学放射線学会学術集会抄録集, Vol.61, No.2, 228, 2005年4月.
6)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第1報 反射型フィルムおよびフィルム解析システムの諸特性, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本放射線技術学会学雑誌, Vol.61, No.2, 192, 2005年4月.
7)米田 和英, 上野 淳二, 村瀬 知也, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 2005年4月.
8)高瀬 真記, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 乳房縮小・再建手術を行った,若年性巨大乳腺肥大症の2例の検討, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
9)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭, 瀨渡 洋道 : Anterolateral thigh flapに外側広筋・大腿直筋弁を付着させた連合皮弁による組織再建術の経験, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
10)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : Gluteal fold flapによる美容的=機能的観点を重視した外陰・臀部再建法, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
11)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第11報)-プライマーの種類による界面特性の差異-, 第45回日本歯科理工学会学術講演会, 2005年4月.
12)里見 淳一郎, 師井 淳太, 佐々木 正弘, 澤田 元史, 鈴木 明文, 松原 俊二 : 無症候性頚部頚動脈狭窄症に対するステント留置術, 第34回日本脳卒中の外科学会, 2005年4月.
13)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 糖尿病を有する患者の歯周治療における管理の重要性, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年4月.
14)木内 陽介, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 変動する強磁界の細胞機能への影響, 第44回日本生体医工学大会, Vol.43, No.1, 159, 2005年4月.
15)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穂 : 小児の下顎骨関節突起骨折の観血的処置例におけるCT経過像, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.2, 320, 2005年4月.
16)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
17)深谷 牧子, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 肝-門脈内グルコース感受性機構を介したインスリン分泌反応, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
18)武藤 佳瑞智, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 小金井 恵, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 山本 浩範, 土井 俊夫, 武田 英二 : 内臓脂肪蓄積予防に対する糖・脂質形成の複合効果, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.48, 2005年5月.
19)山田 博胤, 田畑 智継, 原田 顕治, 伊東 進 : 心房細動除細動後の僧帽弁口血流速波形の偽拘束型パターンの成因, 第78回日本超音波医学会学術集会, 2005年5月.
20)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証I.予備的検討, 歯科放射線, Vol.45, No.4, 161-162, 2005年5月.
21)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服用内容とQOL-定型薬服用群と非定型薬服用群の比較-, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
22)友竹 正人, 安藝 浩史, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の主観的ウェルビーイングと関連する臨床的諸要因についての検討, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
23)瀨渡 洋道, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭, 山野 雅弘 : 遊離連合皮弁による再建を要したX腺透視後放射線障害の1例, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
24)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 瀨渡 洋道, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : 外側広筋・大腿直筋弁を付着させたAnterolateral thigh flapによる組織再建術の経験, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
25)三好 孝典, 近藤 和也, 中川 靖士, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : PO202-8 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の蛋白発現と活性, 第105回 日本外科学会的学術集会, Vol.106, No.2, 378, 2005年5月.
26)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : One hundred left-lobe living donor liver transplantations between Adults:technical evolution with special reference to venous and biliary reconstuction, 第105回 日本外科学会定期学術集会国際ビデオシンポジウム, 2005年5月.
27)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 田代 征記, 寺澤 敏秀, 三宅 秀則, 島田 光生 : ss胆嚢癌に対する至適術式としてのS4a+S5区域切除術, 第105回日本外科学会総会, 2005年5月.
28)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, --- 1 予備的検討 ---, 第46回日本歯科放射線学会総会·学術大会 プラグラム·抄録集, 7, 2005年5月.
29)北村 万里子, 薩摩 登誉子, 坂東 永一, 石川 輝明, 重本 修伺, 重本 貴穂, 竹内 久裕, 郡 元治, 中野 雅德, 山内 英嗣, 安陪 晋 : 口腔内センサによる6自由度顎運動測定, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.113, 2005年5月.
30)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 徳永 有美, 井上 典子, 西川 啓介, 森木 裕貴, 松浦 広興 : cerconシステムによるロングスパンブリッジを装着した金属アレルギー症例, 日本補綴歯科学会 第113回学術大会抄録集, Vol.2-2-24, 2005年5月.
31)Hiroki Moriguchi : Changing medicine, to whom by what?, 第1回複合医工学国際会議 CME2005, May 2005.
32)関根 和教, 六反 一仁, 武田 憲昭 : ストレス解析用DNAチップを用いたメニエール病患者のストレス評価, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
33)佐藤 豪, 上枝 仁美, 関根 和教, 武田 憲昭 : メニエール病の長期の聴力変化, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
34)西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
35)冨田 優子, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穗, 森山 啓司 : レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
36)北岡 裕子, 郡 由紀子, 尼寺 理恵, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 顎関節症発症前後の顎運動および咬合解析, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
37)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穗 : 小児の下顎骨関節突起骨折の非観血的処置例におけるCT経過像, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
38)阿部 洋子, 有田 憲司, 郡 由紀子, 西野 瑞穗 : キューシックを用いた上顎前突症例, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
39)鈴記 洋子, 大岡 裕子, 森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : キャリア開発支援とQMSを担保する看護職員の力量評価システムの開発, 医療マネジメント学会誌, Vol.6, No.1, 217, 2005年6月.
40)高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : 躯幹部CTによる口腔顎顔面悪性腫瘍遠隔転移の評価, 四国歯学会, 2005年6月.
41)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄線維芽細胞のIL-8,VEGF,接着分子の発現誘導, 第122回日本歯科保存学会春季学術大会, 2005年6月.
42)原田 顕治, 山田 博胤, 田畑 智継, 伊賀 彰子, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 河野 智仁, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 多彩な心室壁の肥大形態を示した肥大型心筋症(HCM)の一家系, 日本超音波医学会四国地方会, 2005年6月.
43)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月.
44)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : O-090 抹消型微小肺癌に対する術前マーキングによる縮小手術の可能性, 第22回 日本呼吸器外科学会総会, Vol.1997, No.3, 201, 2005年6月.
45)藤井 正彦, 安藤 勤, 居村 暁, 森根 裕二, 西岡 将規, 池本 哲也, 島田 光生 : 大腸癌肝転移に対する外科的治療の意義, 第41回日本肝癌研究会, 2005年6月.
46)大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化-手術後の骨片の回転変化に関する検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
47)金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性-正面頭部X線規格写真を用いた検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
48)足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 歯髄線維芽細胞における細菌由来因子によるIP-10発現, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
49)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄由来繊維芽細胞のIL-8, VEGF, 接着分子発現誘導, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
50)米田 美穂, 中江 英明, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 歯肉上皮細胞におけるClaudinの発現について, 第122回 日本歯科保存学会春季学会, 2005年6月.
51)柏木 圭介, 米田 武史, 秋田 浩二, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 当科における熱傷瘢痕癌の臨床統計, 第31回日本熱傷学会総会・学術集会, 2005年6月.
52)山口 浩司, 若槻 哲三, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 田畑 智継, 西角 彰良, 野村 昌弘, 楠 完治, 伊東 進, 来島 敦史, 北川 哲也 : 左心室造影にて偶然発見し得た左室microaneurysmの一例, 第86回日本循環器学会四国地方会, 2005年6月.
53)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : OR8-3 当科における光線力療法の治療経験ーporfimer sodiumからtalaporfin sodiumへー, 第128回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 2005年6月.
54)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 島田 光生 : Small-for-size graft における肝不全の病態と対策, 第17回日本肝胆膵外科学会, 2005年6月.
55)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 祇園 智信, 原田 昇, 播本 憲史, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 北川 大, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎再発に対する戦略, 第17回日本肝胆膵外科学会総会パネルディスカッション, 2005年6月.
56)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : B型肝炎合併肝細胞癌に対する生体肝移植, 第83回日本消化器病学会四国支部例会, 2005年6月.
57)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
58)佐藤 真大, 小池 一幸, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, 四国歯学会 第29回例会·第24回総会, 2005年6月.
59)工藤 隆治, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 長山 勝, 誉田 栄一 : 上歯肉扁平上皮癌に対する高線量率モールド照射の治療経験, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 253, 2005年6月.
60)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 祇園 智信, 原田 昇, 播本 憲史, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 北川 大, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎に対する戦略, 第23回日本肝移植研究会シンポジウム, 2005年6月.
61)Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata : Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
62)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice, The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, Jul. 2005.
63)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月.
64)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月.
65)粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月.
66)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析, 第37回日本動脈硬化学会総会, 233, 2005年7月.
67)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する, 第37回日本動脈硬化学会総会, 232, 2005年7月.
68)塩屋園 敦, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯を抜歯して治療した上顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
69)佐竹 秀太, 高橋 巧, 冨田 優子, 森山 啓司 : 過蓋咬合を伴う上顎前突の3治験例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
70)冨田 優子, 高橋 巧, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 第三大臼歯を含めて咬合を確立した叢生を伴う2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
71)内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
72)福田 大和, 若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武 : DES時代におけるhot spot stentingを考えさせられた一例, 第32回徳島心血管造影研究会, 2005年7月.
73)田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 要介護高齢者口腔ケア実習に対する歯学部学生の意識調査, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年7月.
74)西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 塩田 洋, 谷 英紀, 林 英憲 : 1-04 抜糸後角膜膿瘍を来した角膜移植眼の2例, フォーサム·イン横浜, 38, 2005年7月.
75)江口 洋, 高野 しの, 林 勇樹, 寺田 祐子, 村尾 史子, 塩田 洋 : 1-60 LVFX耐性Corynebacterium属が起炎菌と考えられた前眼部感染症の2例, 第42回 日本眼感染症学会, 47, 2005年7月.
76)堀内 信也, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 矯正歯科治療により良好な咬合を確立したAchondroplasiaの1症例, 第45回日本先天異常学会学術集会, 2005年7月.
77)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 本田 純子, 安藤 勤, 梅本 淳, 島田 光生 : 胃全摘後空腸嚢を用いたRoux-en Y再建症例の検討, 第60回日本消化器外科学会定期学術総会, 2005年7月.
78)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 肝右葉切除における機会吻器を用いた安全なGlisson 鞘一括処理, 第60回日本消化器外科学会総会, 2005年7月.
79)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
80)谷本 起穗, 勝瑞 理恵子, 森山 啓司 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞および破骨細胞の分化調節機構の解析, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
81)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
82)富岡 重正, 金子 美幸, 高石 和美, 張 剛太, 江口 覚, 富塚 佳史, 中條 信義 : β遮断薬が有効であった過換気症候群患者の一例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
83)高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富塚 佳史, 江口 覚, 富岡 重正, 中條 信義 : 学生と卒業生に対する救急蘇生実習後の知識およびアンケート調査, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
84)富塚 佳史, 富岡 重正, 金子 美幸, 張 剛太, 高石 和美, 江口 覚, 中條 信義 : アスピリン喘息患者の鎮痛薬選択にin Vitroリンパ球幼若化検査を用いた2症例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
85)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出方法の検討, 2005年7月.
86)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 仁木 登, 河田 佳樹, 米田 和英, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 55-58, 2005年7月.
87)辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, 2005年7月.
88)松本 文博 : 10歳代,20歳代顎関節症患者の臨床統計的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.18, No.1, 84, 2005年7月.
89)中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, 114, 2005年7月.
90)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用, 第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
91)田畑 智継, 山田 博胤 : 2D組織トラッキング法を用いた左房リザーバー機能の評価, 第3回先進心血管エコー研究会, 2005年8月.
92)岡田 達也, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 携帯電話を用いた学習意欲によるグループ分けシステム, PC Conference 論文集, 225-228, 2005年8月.
93)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 緒方 広明, 森川 富昭, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : RSSを活用した適応的情報提供·収集システムの試作, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 327-328, 2005年8月.
94)柏木 圭介, 橋本 一郎, 米田 武史, 中西 秀樹 : 陰圧閉鎖療法が奏効した両坐骨結筋部褥瘡の1例, 第7回日本褥瘡学会学術集会, 2005年8月.
95)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Akinobu Taketomi, Tomoharu Sumiyoshi, Hideaki Uchiyama, Tomonobu Gion, Noboru Harada, Yusuke Yonemura, Hideki Ijichi and Yoshihiko Maehara : Role of cyclosporine in living donor liver transplantation:Kyushu university experience, 学術国際シンポジウム「免疫の進化」, Aug. 2005.
96)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
97)吉岡 昌美, 増田 かなめ, 横山 希実, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔 : Peptostreptococcus microsのサイトカイン産生誘導能に対する酵素の関与, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 371, 2005年8月.
98)福井 誠, 吉岡 昌美, 本那 智昭, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果─歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 423, 2005年8月.
99)山田 博胤, 田畑 智継, 本成 永, 田中 英治, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : 2D組織トラッキング法を用いた左房リザーバー機能の評価, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
100)田畑 智継, 山田 博胤, 田中 英治, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : ストレインイメージング法を用いた僧帽弁口血流速波形の偽正常化の再評価:左房機能との関係において, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
101)田畑 智継, 山田 博胤, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 長野 智章 : 2D tissue tracking 法を用いた左房容積変化の評価, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
102)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 田畑 智継, 野村 昌弘 : アゼルニジピンによる抗動脈硬化作用および心肥大抑制作用の検討, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
103)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 田畑 智継, 野村 昌弘 : 本態性高血圧症におけるアゼルニジピンの自律神経活動に及ぼす影響についての検討, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
104)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 田畑 智継, 野村 昌弘 : ドキソルビシン心筋症ラットにおける顆粒球コロニー刺激因子投与によるアポトーシス抑制効果の検討, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
105)森 一博, 山田 博胤, 馬場 隆博 : 進行性筋ジストロフィー(DMD)における「左室のねじれ」の研究:Tissue tracking法および新しい解析ソフトを用いて, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
106)赤川 英三, 村 和也, 田中 伸明, 國近 英樹, 波多野 靖幸, 橋本 亮, 田中 健雄, 野瀬 善夫, 山田 博胤, 松崎 益徳 : ドブタミン負荷時の2D tissue tracking法による左室捻れ運動の検討:心内膜側と心外膜側での比較, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
107)南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 : 骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年9月.
108)高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2005年9月.
109)舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, 2005年9月.
110)大石 慶二, 永田 俊彦 : 喫煙している慢性歯周炎患者に外科的歯周治療を行なった一症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.47, 241, 2005年9月.
111)新居 裕子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 細川 有美, 森 牧子, 森木 裕貴, 中野 雅德, 西川 啓介, 重本 貴穂, 矢野 俊夫, 大守 貴志 : 日光皮膚炎の治療をされていた歯科用金属アレルギーの一症例(演題番号22), 平成17年度 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 九州支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 34, 2005年9月.
112)辻川 哲也, 上野 淳二, 湊 雅子, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 丹黒 章 : CT volume dataを用いたセンチネルリンパ節のナビゲーション診断法, 2005年9月.
113)福田 大和, 若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武 : 不安定プラークに対するDES hot spot stentingを考えさせられた一例, 第12回日本心血管インターベンション学会・第2回日本心血管カテーテル治療学会中国・四国合同地方会, 2005年9月.
114)高橋 章, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一 : 術後性蝶形骨洞嚢胞と真菌性炎の合併が疑われた一例, 日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会, 2005年9月.
115)菅原 千恵子, 高橋 章, 細木 秀彦, 誉田 栄一 : 多発性骨髄腫による全身性アミロイドーシスにより生じた巨舌症の一例, 日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会, 2005年9月.
116)河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 田畑 智継, 野村 昌弘 : アトルバスタチンの抗酸化作用と冠動脈プラーク安定化の評価:16列マルチスライスCTを用いた検討, 第53回 日本心臓病学会, 2005年9月.
117)河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 田畑 智継, 野村 昌弘 : 本態性高血圧症におけるアゼルニジピンの自律神経活動に及ぼす影響についての検討, 第53回 日本心臓病学会, 2005年9月.
118)若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 福田 大和, 山田 博胤, 田畑 智継, 森 一博 : 川崎病既往成人例および一般高齢者における冠動脈病変の特徴の差異 ―冠動脈内温度変化の観点から―, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
119)細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Langerhans細胞における抗菌ペプチドの発現について, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
120)細川 義隆, 細川 育子, 中江 英明, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 炎症性サイトカインおよびLPSはヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を誘導する, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
121)大森 幸子, 三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 咬合に問題を有する歯周病患者の治療経過について, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
122)和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
123)緒方 広明, 矢野 米雄, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二, 森川 富昭, 能瀬 高明 : ユビキタス·モバイル学習環境:語学学習への研究と大学での実践, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 17-18, 2005年9月.
124)光原 弘幸, 平川 靖素, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した実世界インタラクション型ゲーム:2進数の学習を対象として, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 491-492, 2005年9月.
125)森 貴幸, 光原 弘幸, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した授業支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 493-494, 2005年9月.
126)大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
127)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第12報)-繊維表面金メッキの影響-, 第46回日本歯科理工学会学術講演会, 2005年9月.
128)河野 美代, 東 満美, 田村 祥祐, 加地 充, 井上 信裕, 元木 宏, 玉田 正夫, 水口 和生, 南 博 : 新体制薬局実務実習に向けての徳島県薬剤師会の取り組み, 第38回 日本薬剤師会学術大会, 2005年10月.
129)河野 裕美, 山田 博胤, 福田 大和, 添木 武, 田畑 智継, 伊東 進 : 下半身陽圧負荷による僧帽弁口血流速波形の変化を用いた心房機能低下例の鑑別, 日本超音波医学会四国地方会第15回学術集会, 2005年10月.
130)亀岡 尚美, 友竹 正人, 谷口 隆英, : 診断・治療に苦慮した統合失調症の一例, 第46回中国四国・精神神経学会, 2005年10月.
131)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服用内容とQOLおよび生活技能評価との関連の検討, 第15回日本臨床精神神経薬理学会, 2005年10月.
132)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析, 第13回日本血管生物医学会, 2005年10月.
133)坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔, 山内 あい子 : 徳島大学病院における妊婦に対する処方医薬品とその胎児危険度評価, 第15回日本医療薬学会年会, 2005年10月.
134)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 細川 有美, 西川 啓介, 森木 裕貴, 野口 直人, 山本 修史 : 徳島大学病院における歯科用金属アレルギー患者の動向, 日本補綴歯科学会 第114回学術大会抄録集, 2005年10月.
135)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : 九州大学における肝移植:生体肝移植の役割と位置づけ, DDW2005 シンポジウム, 2005年10月.
136)藤井 正彦, 居村 暁, 島田 光生 : 進行肝癌に対する術後IFN併用化学療法と肝移植の適応, DDW-Japan2005(第9回日本肝臓学会大会), 2005年10月.
137)林 しの, 賀島 誠, 西野 真紀, 塩田 洋 : 頭蓋内に進展した涙腺原発と考えられるMALTリンパ腫の1例, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
138)秦 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 : 慢性閉塞隅角緑内障に対する白内障手術とレーザー虹彩切開術の比較検討, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
139)美馬 彩, 秦 裕子, 村尾 史子, 塩田 洋 : 正常眼圧緑内障に対するラタノプロストの眼圧下降効果, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
140)高橋 章, 菅原 千恵子, 誉田 栄一 : 舌病変の超音波画像所見, 日本乳腺甲状腺超音波診断会議, 2005年10月.
141)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司 : 歯の移動時の歯周組織におけるケモカインの発現, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
142)谷本 起穗, 内田 玲子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における前歯部排列に関する臨床統計的調査, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
143)佐竹 秀太, 高橋 巧, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : 外科的矯正治療を行ったhemifacial microsomiaの一症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
144)ラマ プトラント, 大庭 康雄, 金子 和之, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時におけるサイトカインを介した歯根吸収に対するビスホスホネートの効果, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
145)内田 玲子, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 前歯部において非定型的排列により矯正治療を行った3症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
146)Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Three cases of an ankylosed tooth treated by orthodontic repositioning after surgical luxation, 第64回 日本矯正歯科学会大会, Oct. 2005.
147)松尾 伸二, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : GFP(green fluorescent protein)トランスジェニックマウスを用いて植皮術における生着のメカニズムの研究, 第14回日本形成外科学会基礎学術集会, 2005年10月.
148)Osaka Nao, Matsuzawa Atsushi, Takumi Takahashi, Keiji Moriyama, Aburatani Hiroyuki, Takeda Kohsuke and Ichijo Hidenori : Roles of stress-responsive MAP3K ASK1 in Macrophage-dependent hair regeneration, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
149)中村 克彦, 高橋 美香, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, 第15回日本耳科学会, 2005年10月.
150)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 簡易測定ファントムと反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QC, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.61, No.9, 1287, 2005年10月.
151)Takashi Sakai, Xichuan Teng, Li Liu, Rika Sakai, Nobuya Sano, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Nucling controls NF-B-associated tumorgenesis by regulating inflammation and apoptosis, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
152)沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第46回中国・四国精神神経学会, 2005年10月.
153)田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 吉岡 昌美, 森 達哉, 日野出 大輔 : 口腔ケア活動による介護老人福祉施設職員の意識・行動の変化, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 630, 2005年10月.
154)Kyu-Sung Kim, 関根 和教, 佐藤 豪, 今井 貴夫, Tae-Young Jang, 武田 憲昭 : 温度眼振に対する頭位の影響:垂直半規管の刺激, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
155)関根 和教, 佐藤 豪, 六反 一仁, 武田 憲昭 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
156)佐藤 豪, 今井 貴夫, 関根 和教, 中前 幸治, 武田 憲昭 : 眼振の3次元主軸解析による両側性BPPVと両側性に見える1側性BPPVの鑑別, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
157)西池 季隆, 渡邉 洋, 松岡 克典, 大山 晴三, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : Virtual realityに対する自律神経反応, 第51回日本宇宙航空環境医学大会, 2005年11月.
158)釜屋 久美子, 川添 和義, 村上 光太郎, 高石 喜久, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国雲南省の民間薬 通血香(Euodia lepta)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
159)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である, 第28回日本血栓止血学会学術集会, 2005年11月.
160)里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 脳動静脈奇形の活物究理:HHT動物モデルの検討から推測されること, 第21回日本脳神経血管内治療学会, 2005年11月.
161)里見 淳一郎, 師井 淳太, 佐々木 正弘, 澤田 元史, 鈴木 明文, 松原 俊二 : SAPPHIRE試験適合基準の観点からみた頚部頚動脈ステント留置術の治療成績, 第21回日本脳神経血管内治療学会, 2005年11月.
162)江口 奈穂子, 柴田 洋文, 近藤 京子, 荒井 勉, 塔本 香奈, 友石 章夫, 川添 和義, 高石 喜久, 堀内 義史, 樋口 雅紀, 樋口 富彦 : アイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)の創製, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 84, 2005年11月.
163)杉本 理香, 石澤 啓介, 平 広範, 勝部 紗和子, 桐野 靖, 川添 和義, 水口 和生 : ラットメサンギウム細胞の遊走および増殖に対するアディポネクチンの作用とそのメカニズム, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
164)井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 : 抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
165)佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 126, 2005年11月.
166)三木 智重子, 石澤 啓介, 松村 敏彦, 木宿 昌俊, 川添 和義, 水口 和生 : アルドステロンはBig MAP kinase 1 (BMK1)活性化を介してラット平滑筋細胞を増殖させる, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 115, 2005年11月.
167)富永 樹, 黒川 ふみ, 石澤 啓介, 鳥井 真由美, 大山 真由美, 胡田 順子, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : アスピリンと非ステロイド性消炎鎮痛薬のヒト血小板凝集能へ及ぼす併用効果, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 136, 2005年11月.
168)西迫 寛隆, 石澤 啓介, 溝口 徹也, 桐野 靖, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 結核病棟薬剤管理指導におけるワークシートの活用とNSTとの連携, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 190, 2005年11月.
169)古谷 俊介, 生島 仁史, 佐瀬 卓也, 尾﨑 享祐, 岩本 誠司, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : IPを用いたヨウ素125密封小線源のQA, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Suppl. 1, 158, 2005年11月.
170)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基 : 人間ドック成績判定及び事後指導区分に関するガイドラインを導入した人間ドックシステムの構築と運用評価, 第25回医療情報学連合大会, 211, 2005年11月.
171)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基, 宮川 操 : 安全管理に関するe-Learningシステムの構築と評価:第25回医療情報学連合大会:P241, 第25回医療情報学連合大会, 241, 2005年11月.
172)能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : e-Learningシステムの運用およびログ評価に基づく教員支援, 第25回医療情報学連合大会, 142, 2005年11月.
173)能瀬 高明, 森川 富昭, 田木 真和, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 看護におけるキャリア開発支援システムの構築と評価, 第25回医療情報学連合大会, 237, 2005年11月.
174)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 第25回医療情報学連合大会, 139, 2005年11月.
175)岡田 達也, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : 論文検索における特徴後抽出モデル, 第25回医療情報学連合大会, 140, 2005年11月.
176)足立 智彦, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : 歯髄組織および細菌刺激THP-1細胞におけるCXCR3 ligands(特にIP-10)の発現解析, 第123回秋季日本歯科保存会, 2005年11月.
177)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : QCファントムを用いた自走式CTリニアック装置の精度評価, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Supplement 1, 168, 2005年11月.
178)尾崎 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 前立腺癌に対するヨウ素125密封小線源永久挿入療法の急性期有害事象の検討, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉), 2005年11月.
179)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 2005 PC Conference 論文集, 215-218, 2005年11月.
180)山口 浩司, 若槻 哲三, 福田 大和, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 添木 武, 岩瀬 俊, 藤村 光則, 赤池 雅史, 東 博之 : たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの一例, 第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2005年11月.
181)黒部 裕嗣, 冨田 修平, 井澤 有紀, 福原 弥生, 神原 保, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 北川 哲也, 松本 俊夫, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 : T細胞特異的HIF1αKOマイスではカフモデルにて血管リモデリングが促進される, 第15回日本循環薬理学会, 2005年11月.
182)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略ならびにDPC対応, 2005年11月.
183)森川 富昭 : 医療の情報化について, 2005年11月.
184)安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
185)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 柏木 圭介 : 小児横紋筋内腫の1例, 第32回日本マイクロサージャリー学会, 2005年12月.
186)佐藤 孝宣, 陣内 自治, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : CTの再構築画像が有用であったピーナッツ気管支異物の1例, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
187)近藤 英司, 陣内 自治, 秋月 裕則, 中川 伸一, 武田 憲昭, 北村 嘉章, 中川 英幸 : ボリコナゾールが有用であった侵襲性アスペルギルス症の2例, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
188)秋月 裕則, 近藤 英司, 大山 晴三, 田村 公一, 武田 憲昭 : 鼻副鼻嚢胞の術前検査としてのMRIの必要性, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
189)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 140, 2005年12月.
190)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 140, 2005年12月.
191)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 美馬 彩, 高原 光恵, 秦 裕子, 湊 祐史, 福永 克己, 末田 統, 塩田 洋 : 視覚障害者による徳島における評価システムの構築, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 167-168, 2005年12月.
192)森川 富昭 : DPC研究会講演, 2006年1月.
193)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成17年度報告会, 2006年2月.
194)鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 : 漏斗胸におる肺の圧迫によって生じた部分肺静脈還流異常の1例, 第20回日本小児循環器学会 近畿中国四国地方会, 2006年2月.
195)加地 剛, 森 一博, 阪田 美穂, 森根 幹生, 中川 竜二, 早渕 康信, 前田 和寿, 西條 隆彦, 苛原 稔, 香美 祥二 : 妊娠14週から胎内経過を追うことができたEbstein奇形の1例, 第12回日本胎児心臓病研究会, 2006年2月.
196)吉峰 絵里, 川添 和義, 高石 喜久, Freddy Ramos, Xiaojiang Hao, 謝 立山, 李 順林, Diana Sinuco : 糯米香草(Semnostachya menglaensis)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
197)Hirotsugu Yamada, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Susumu Ito and Y Mishiro : The Effects of the Addition of Minimal Dose of Indapamide in Patients Receiving Angiotensin-II Receptor Blocker., 70th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2006.
198)Hirotsugu Yamada, H Motonari, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Effect of Aging on Left Atrial Function Evaluated by 2D Tissue Tracking., 70th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2006.
199)Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Azuma Hiroyuki, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Thrombin inactivation by synthetic thrombin antagonist argatroban ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice, The 70th Anniversary Annual Scientific Meetings of the Japanese Circulation Society, Mar. 2006.
200)新田 佳伯, 芥川 正武, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 大西 芳明, 大藤 純, 伊東 進, 西村 匡司, 木内 陽介 : 人工ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.13, 306, 2006年3月.
201)瀬戸 浩行, 大場 博史, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : スタチンによるラット骨欠損部の石灰化促進作用について, 第4回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会, 2006年3月.
202)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略について, 2006年3月.
203)押川 千恵, 阿部 晃治, 秋月 裕則, 田村 公一, 武田 憲昭 : FDG-PETにて偽陽性を示した反回神経麻痺症例の検討, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
204)佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 近藤 英司, 武田 憲昭, 高岡 司 : 爆出ボルトによる眼窩尖端症候群の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
205)遠藤 亜紀, 宮崎 かつし, 近藤 英司, 田村 公一, 武田 憲昭 : 喉頭気管分離術を行った放治後気管食道瘻の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
206)武市 充生, 宮崎 かつし, 佐藤 豪, 陣内 自治, 武田 憲昭 : 唾液分泌低下に対するNizatidineの効果, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
207)藤井 達也, 宮崎 かつし, 大山 晴三, 武田 憲昭, 木原 浩文 : 耳下腺oncocytomaの1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
208)中野 誠一, 佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 中川 伸一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : 診断にCTが有用であった腔外魚骨異物の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
209)田村 公一, 宮崎 かつし, 武田 憲昭, 高石 司, 中村 克彦, 宇高 二良 : 小児難治性瘻孔疾患の2症例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
210)西 京子, 宇野 昌明, 松原 俊二, 永廣 信治 : 内頚動脈解離におけるblack blood MRIの有用性, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
211)鈴江 淳彦, 西 京子, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 術前塞栓術を併用したAVM手術, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
212)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 急性期CEAの妥当性-酸化LDLを指標として-, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
213)西 京子, 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 永廣 信治 : MRAとSTA超音波検査によるSTA-MCA吻合術後の血行動態評価, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
214)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 頚動脈病変に対するCEAとCASの適応と治療成績, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
215)Takeshi Soeki, Yamato Fukuda, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, Kenji Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis, 第70回日本循環器学会総会, Mar. 2006.
216)Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Yamato Fukuda, Hirotsugu Yamada and Susumu Ito : Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent, 第70回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2006.
217)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Kurobe Hirotsugu, Fujimura Mitsunori, Yagi Syusuke, Hashizume Syunji, Ikeda Yasumasa, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is Inversely Associated with Prevalence of Peripheral Arterial Disease in Elderly individuals., 第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
218)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukumura, Tamotsu Kanbara, Atsushi Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in T cells has a pivotal role in vascular in flammation and remodeling., 第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
219)戸井 宏行, 松原 俊二, 影治 照喜, 永廣 信治 : スポーツを受傷機転とした外傷性椎骨動脈解離の2例, 第29回日本神経外傷学会, 2006年3月.
220)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果とエリスロマイシンの併用の意義, マクロライド研究会, Vol.12, 2005年7月.
2)稲山 真美, 西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 谷 憲治, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるIKK-β阻害剤IMD-0354の抗線維化効果の検討, RMSB研究会, Vol.25, 2005年7月.
3)細木 秀彦 : 顎関節症の画像診断, 第23回徳島MRI研究会, 2005年8月.
4)東 桃代, 西岡 安彦, 青野 純典, 稲山 真美, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : マウスbleomycin肺線維症モデルにおけるlmatinib(Gleevec)とErythromycin併用による抗線維化効果-α1-acid glycoproteinの役割, 間質性肺炎細胞分子病態研究会, Vol.8, 2005年8月.
5)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki : Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men, ESPEN27th, Aug. 2005.
6)野村 昌弘, 河野 智仁, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 渡辺 智紀, 福田 大和, 添木 武, 齋藤 憲, 中屋 豊, 中安 紀美子 : 平均心拍数および血圧と冠動脈病変の評価, --- マルチスライスCTおよび心拍変動解析を用いた検討 ---, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
7)野村 昌弘, 中屋 豊, 河野 智仁, 中安 紀美子, 齋藤 憲 : 心磁図法による心筋梗塞ベクトルの評価, --- 心電図で捉えられない心起電力の検出 ---, 第22回日本心電学会学術集会, 2005年10月.
8)松浦 健二, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 矢野 米雄, 森川 富昭 : 「ユビキタス技術による新しい学習環境の創生」の現状と今後, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 25-28, 2005年11月.
9)沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第4回Bipolar Disorder研究会, 2005年11月.
10)梶 雅子, 六車 直樹, 矢野 弘美, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 福野 天, 岡村 誠介, 伊東 進 : 完全内臓逆位症に併存した閉塞性黄疸に対し内視鏡的胆管ステント留置術を施した1例, Gastroenterological Endoscopy, Vol.48, No.3, 341-345, 2006年1月.
11)黒部 裕嗣, 冨田 修平, 早渕 康信, 森 一博, 北川 哲也, 高浜 洋介 : 新生児から乳児期における胸腺の全摘出あるいは部分切除が免疫系発生に与える影響, 第25回日本胸腺研究会, 2006年2月.
12)上村 浩一 : 骨粗鬆症に気をつけよう, 平成17年度日本産科婦人科学会 市民公開講座, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 : 嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの1例, 胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 東京, 2006年.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{78580}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 : 栄養管理のチーム医療, 文光堂, 東京, 2006年4月.
2)河野 文昭, 大栗 孝文 : 義歯床用裏装材, 医歯薬出版 株式会社, 2006年5月.
3)上田 隆, 大橋 一友, 炭原 加代, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年度出題基準別助産師国家試験対策模擬問題, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2006年6月.
4)松崎 健司, 竹内 麻由美 : 画像診断リファレンス 泌尿器・婦人科疾患のCT・MRI(後閑 武彦 編集), --- 卵巣疾患-2 ---, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2006年7月.
5)山田 博胤 : 心エコーポケットノート, イーアドバンス, 東京, 2007年.
6)川﨑 賀照, 安井 夏生 : 年長になって症状が発現したり,発症する疾患 下肢長不等に対する手術:延長術+矯正術, 株式会社 メジカルビュー社, 2007年.
7)阿部 真治, 塩田 直青子, 田中 裕子, 廣永 有沙, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年1月.
8)高橋 巧, 森山 啓司 : なるほど現代歯塾, --- 11.歯並びとかみ合わせの異常はなぜ起こる? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
9)中村 敏己, 山下 祐紀雄, 西迫 寛隆, 下岡 幸恵, 西谷 典子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年3月.
10)蓮井 義則, 尾崎 和美 : 歯科衛生士ポケットブック OSARAI, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Susilowati Heni, Shizuo Kayama, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Functional Analysis of spoT, relA and dksA Genes on Quinolone Tolerance in Pseudomonas aeruginosa under Nongrowing Condition, Microbiology and Immunology, Vol.50, No.4, 349-357, 2006.
2)Tomoharu Yoshizumi : Tumor necrosis factor α antisense transfer remarkably improves hepatic graft viability., Liver International, Vol.26, No.4, 451-456, 2006.
3)Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Hye-Kyung Kim, Seung-Jin Ma, Seon-Jae Kim, Mi-Young Jang, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Isolation and structural elucidation of antimicrobial compounds from buckwheat hull, Journal of Microbiology and Biotechnology, Vol.16, No.4, 538-542, 2006.
4)安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一 : 更年期障害に対する漢方治療中のサイトカインの動態. 23, 76-79, 2006.04., 産婦人科漢方研究のあゆみ, Vol.23, No.., 76-79, 2006年.
5)Mihiro Yano, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Eriko Aoyagi, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Jianxin Cao, Shohei Inoue, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Hiroshi Kido : Fab fragment labeled with ICG-derivative for detecting digestive tract cancer, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.3, No.3, 177-183, 2006.
6)Masayuki Azuma, Yuki Ashida, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Cepharanthin,a biscoclaurine alkaloid,prevents destruction of acinar tissues in murine Sjogren's syndrome., The Journal of Rheumatology, Vol.33, No.5, 912-920, 2006.
7)Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki : Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats, Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
8)Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Mitsuteru Yoshida, Yukikiyo Kawakami, Masatsugu Takehisa, Hiromitsu Takizawa, Takanori Miyoshi, Yoshimi Bando, Akira Tangoku and Mingyao Liu : Lung regeneration: implantation of fetal rat lung fragments into adult rat lung parenchyma., Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.131, No.5, 1148-1153, 2006.
9)監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 吉田 光輝, 長尾 妙子, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 三好 孝典, 丹黒 章 : 胸部外科の指針 原発性肺癌における手術死亡および在院死亡, 胸部外科, Vol.59, No.5, 347-52, 2006年.
10)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Kaori Furutani and Hiromu Nishitani : Change of Diffusion Anisotropy in Patients with Acute Cerebral Infarction Using Statistical Parametric Analysis, Radiation Medicine, Vol.24, No.4, 253-259, 2006.
11)Naoyoshi Hanaoka, Yoshiteru Kawasaki, Toshinori Sakai, Taro Nakamura, Kazuhisa Nanamori, Eijiro Nakamura, Ken Uchida and Hidehiro Yamada : Percutaneous drainage and continuous irrigation in patients with severe pyogenic spondylitis, abscess formation, and marked bone destruction., Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.4, No.5, 374-379, 2006.
12)Shunsuke Furutani, Takuya Saze, Hitoshi Ikushima, Masataka Oita, Kyosuke Osaki, Yoshiomi Kishida, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality Assurance of I-125 Seed for Prostate Brachytherapy Using an Imaging Plate, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.66, No.2, 603-609, 2006.
13)Takahiro Kubo, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata, Kenji Endo, Ryosuke Sato, Takahiro Tsutsui and Natsuo Yasui : MRI Characteristics of Parosteal Lipomas Associated with the HMGA2-LPP Fusion Gene., Anticancer Research, Vol.26, No.3B, 2253-2257, 2006.
14)Nozomi Komakine, Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami and Yamada Y. : New dammarane-type saponin from roots of Panax notoginseng, Natural Medicines, Vol.60, No.2, 135-137, 2006.
15)宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 淳彦, 真鍋 進治, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 未破裂脳動静脈奇形の治療方針とその成績, 脳卒中の外科, Vol.34, No.3, 157-162, 2006年.
16)徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 友成 真弓, 高野 栄之, 長山 勝 : 下顎骨骨折非観血的整復固定症例における顎間固定用スクリューの応用, --- 5症例の検討 ---, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.4, No.1, 10-15, 2006年.
17)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Cytokines differentially regulate ICAM-1 and VCAM-1 expression on human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.144, No.3, 494-502, 2006.
18)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Ikuyo Motoki, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Koshi Ohta, Hongwei Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, Hirotaka Tanaba, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression., Neuroscience Letters, Vol.400, No.3, 203-207, 2006.
19)Freddy A. Ramos, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Coralia Osorio, Carmenza Duque, Ricardo Acuna, Yoshinori Fujimoto, Mtsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and S. U. Ahmed : Immunosuppressive diacetylenes, ceramides and cerebrosides from Hydrocotyle leucocephalata, Phytochemistry, Vol.67, No.11, 1143-1150, 2006.
20)池田 雅彦, 園尾 博司, 田中 克浩, 紅林 淳一, 森本 忠興, 丹黒 章, 駒木 幹正, 片岡 健, 石黒 清介, 吉澤 潔 : 進行・再発乳癌に対するBi‐weekly Docetaxelと5′‐DFURの併用化学療法における安全性と効果の検討—第I相試験—, 癌と化学療法, Vol.33, No.6, 767-771, 2006年.
21)Mitsuhiko Takahashi, Kenji Endo, Yoshito Matsui, Kenji Mori and Natsuo Yasui : A remarkable large hamartoma around the knee in a patient with tuberous sclerosis., Pediatrics International, Vol.48, No.3, 340-341, 2006.
22)Mami Hanaoka, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Shinji Nagahiro, Osamu Takimoto and Masaaki Obayashi : Microcatheter pull-up technique in the transvenous embolization of an isolated sinus dural arteriovenous fistula, Journal of Neurosurgery, Vol.104, No.6, 974-977, 2006.
23)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Boron neutron capture therapy using mixed epithermal and thermal neutron beams in patients with malignant glioma-correlation between radiation dose and radiation injury and clinical outcome, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.65, No.5, 1446-1455, 2006.
24)Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, H Fujino, Koichiro Kenzaki, T Miyoshi, Shoji Sakiyama and A Tangoku : The balance of VEGF-C and VEGFR-3 mRNA is a predictor of lymph node metastasis in non-small cell lung cancer., British Journal of Cancer, Vol.95, No.1, 75-79, 2006.
25)Junichiro Satomi, Junta Moroi, M Sasaki, M Sawada, Akifumii Suzuki and Shunji Matsubara : Carotid artery angioplasty and stenting as a first-choice revascularization therapy for cervical carotid artery stenosis, Interventional Neuroradiology, Vol.12, No.Supp 1, 211-213, 2006.
26)Yoichiro Takata, Yoshito Matsui, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura and Natsuo Yasui : The alpha 2 type IX collagen gene tryptophan polymorphism is not associated with rheumatoid arthritis in the Japanese population, Clinical Rheumatology, Vol.25, No.4, 491-494, 2006.
27)片山 俊子, 新田 一仁, 川人 伸次, 田中 克哉, 松本 幸久, 土井 俊彦, 北畑 洋, 大下 修造 : 胸部下行大動脈ステントグラフト留置術における術中経食道心エコーの有用性, 麻酔, Vol.55, No.7, 886-891, 2006年.
28)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 苛原 稔 : 塩酸ラロキシフェンが骨・脂質代謝と内分泌系に及ぼす作用の検討, Osteoporosis Japan, Vol.14, No.3, 479-483, 2006年.
29)Masahiro Abe, Shinsuke Kido, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Oda Asuka, Amou Hiroe and Toshio Matsumoto : BAFF and APRIL as osteoclast-derived survival factors for myeloma cells: a rationale for TACI-Fc tratment in patients with multiple myeloma., Leukemia, Vol.20, No.7, 1313-1315, 2006.
30)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Different effects of oral conjugated equine estrogens and transdermal estrogen on undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women., Menopause, Vol.13, No.4, 651-659, 2006.
31)Ryoma Morigaki, Masaaki Uno, Atsuhiko Suzue and Shinji Nagahiro : Hemichorea due to hemodynamic ischemia associated with extracranial carotid artery stenosis. Report of two cases., Journal of Neurosurgery, Vol.105, No.1, 142-147, 2006.
32)Chen Jianrong, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa : Influence of a Vent Hole on the Retentive Force of a Cement-retained Superstructure before/after Thermocycling, Prosthodontic Research & Practice, Vol.5, No.3, 157-160, 2006.
33)Kazuya Kondo, Yuji Takahashi, Yukiko Hirose, Taeko Nagao, Masaru Tsuyuguchi, Masato Hashimoto, Atsushi Ochiai, Yasumasa Monden and Akira Tangoku : The reduced expression and aberrant methylation of p16(INK4a) in chromate workers with lung cancer., Lung Cancer, Vol.53, No.3, 295-302, 2006.
34)Shinji Komatsubara, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Tadanori Sakamaki, Kousaku Higashino and Natsuo Yasui : High-grade slippage of the lumbar spine in a rat model of spondylolisthesis: effects of cyclooxygenase-2 inhibitor on its deformity., Spine, Vol.31, No.16, 528-534, 2006.
35)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, Reproductive Toxicology, Vol.22, No.2, 283, 2006.
36)西 真寿美, 高橋 巧, 森山 啓司 : 片側性口唇口蓋裂を伴う前歯部反対咬合の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 53-62, 2006年.
37)Tetsuya Tsujikawa, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Hiromu Nishitani : Risk factors associated with soft coronary artery plaques in Japanese as determined by 16 slice multidetector-row computed tomography., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 310-316, 2006.
38)Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Hiroshi Yamaguchi, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Intra-vascular ultrasound findings of diffuse coronary atherosclerotic change in systemic lupus erythematosus with secondary antiphospholipid syndrome, Circulation Journal, Vol.70, No.8, 1082-1085, 2006.
39)Toshiyuki Yasui, Yuka Miyatani, Junko Tomita, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Effect of vitamin K2 treatment on carboxylation of osteocalcin in early postmenopausal women., Gynecological Endocrinology, Vol.22, No.8, 455-459, 2006.
40)Yohji Hori, Haruhiko Shizuku, Kondo Akio, Nakagawa Hideyuki, Kalubi Bukasa and Noriaki Takeda : Endoscopic evaluation of dynamic narrowing of the pharynx by the Bernouilli effect producing maneuver in patients with obstructive sleep apnea syndrome, Auris, Nasus, Larynx, Vol.33, No.4, 429-432, 2006.
41)Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Yasui Sonoko, Kazuaki Mawatari, Kazuhiro Mori, Suzuki Mitsujiro and Shoji Kagami : Angiotensin II activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells., Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.41, No.6, 972-929, 2006.
42)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Pelvic bone complications following radiation therapy of gynecologic malignancies: clinical evaluation of radiation-induced pelvic insufficiency fractures, Gynecologic Oncology, Vol.103, No.3, 1100-1104, 2006.
43)Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki : Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
44)Toshihisa Kawai, Takashi Matsuyama, Yoshitaka Hosokawa, Seichou Makihira, Makoto Seki, Karimbux Nadeem, Goncalves B. Reginaldo, Valverde Paloma, Dibart Serge, Li Yi-Ping, Miranda A. Leticia, Ernst W.O. Cory, Izumi Yuichi and Martin A Taubman : B and T Lymphocytes Are the Primary Sources of RANKL in the Bone Resorptive Lesion of Periodontal Disease, The American Journal of Pathology, Vol.169, No.3, 987-998, 2006.
45)中川 英幸, 田村 公一, 阿部 晃治, 宮崎 かつし, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : First bite syndrome2症例と発症機序, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.99, No.9, 751-757, 2006年.
46)松田 和徳, 北村 嘉章, 関根 和教, 宮崎 かつし, 田村 公一, 山本 由佳, 西山 佳宏, 武田 憲昭 : 頭頸部癌の診断にFDG-PETが有用であった4例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.99, No.9, 771-780, 2006年.
47)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Seiji Yano, Saburo Sone, Hideki Ohnishi, Keisuke Ishizawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The novel Src kinase inhibitor M475271 inhibits VEGF-induced vascular endothelial-cadherin and β-catenin phosphorylation but increases their association, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 112-120, 2006.
48)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Changes in lower extremity muscle mass among bedridden patients with post-stroke hemiplegia in the acute post-stroke period, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 18-21, 2006.
49)Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Salivary immunoglobulin A directed to oral microbial GroEL in patients with periodontitis and their potential protective role., Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.5, 289-295, 2006.
50)Kazunori Sekine, Imai Takao, Gou Satou, Ito Mahito and Noriaki Takeda : Natural history of benign paroxysmal positional vertigo and efficacy of Epley and Lemtert maneuvers, Otolaryngology--Head and Neck Surgery, Vol.135, No.4, 529-533, 2006.
51)Oh -H. S., Masanori Nakano, Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto and J. -H. Jeong : Relationship between occlusal tooth contactpatterns and tightness of proximal tooth contact, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.33, No.10, 749-753, 2006.
52)Yoshio Ootaki, Hirotsugu Yamada, Masao Daimon, Kenji Kamohara, B Zoran Popovic, R Wagoner David Van, Yuanna Cheng and Kiyotaka Fukamachi : An experimental rabbit model for off-pump left ventricular reconstruction following left ventricular aneurysm, The Heart Surgery Forum, Vol.9, No.5, E786-E791, 2006.
53)Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Ikuyo Motoki, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective measures of quality of life have different predictors for people with schizophrenia., Psychological Reports, Vol.99, No.2, 477-487, 2006.
54)吉田 有里, 友竹 偉則, 渡邉 恵, 長尾 大輔, 市川 哲雄 : 非接触型共鳴振動周波数分析装置の値に影響を与える因子についての検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.4, 446-452, 2006年.
55)阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 中川 竜二, 田口 義行, 香美 祥二 : 多源性心房性頻拍症の2乳児例, 小児科臨床, Vol.59, No.10, 2135-2141, 2006年.
56)Junko Komatsu, Shuji Yamano, Akira Kuwahara, Akira Tokumura and Minoru Irahara : The signalling pathways linking to lysophosphatidic acid-promoted meiotic maturation, Life Sciences, Vol.79, No.5, 506-511, 2006.
57)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara : Association of interleukin-8 with hot flashes in premenopausal, perimenopausal, and postmenopausal women and bilateral oophorectomized women., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.91, No.12, 4805-4808, 2006.
58)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Change in serum undercarboxylated osteocalcin concentration in bilaterally oophorectomized women., Maturitas, Vol.56, No.3, 288-296, 2006.
59)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西川 聡美, 原田 桂子 : 機能的顎骨折治療法による小児下顎骨関節突起骨折の時系列的CT治療経過像, 小児歯科学雑誌, Vol.44, No.5, 731-739, 2006年.
60)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, H Komatsuzawa, RB Goncalves, N Karimbux, MH Napimoga, Makoto Seki, K Ouhara, M Sugai, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Innate immune peptide LL-37 displays distinct expression pattern from beta-defensins in inflamed gingival tissue., Clinical and Experimental Immunology, Vol.146, No.2, 218-225, 2006.
61)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, J Tomita, Y Miyatani, M Yamada, M Miura and Minoru Irahara : Association of serum undercarboxylated osteocalcin with serum estradiol in pre-, peri- and early post-menopausal women., Journal of Endocrinological Investigation, Vol.29, No.10, 913-918, 2006.
62)合田 正和, 関根 和教, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 頭部外傷後の大錐体神経障害による乖離性味覚障害例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.99, No.11, 901-903, 2006年.
63)橋本 一郎, 中西 秀樹 : 創傷治癒と血管新生の基礎, 医学のあゆみ, Vol.219, No.7, 497-501, 2006年.
64)生島 仁史, 西谷 弘 : 緩和ケアにおける放射線治療の役割, 四国医学雑誌, Vol.61, No.3 4, 71-79, 2006年.
65)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Proinflammatory effects of tumour necrosis factor-like weak inducer of apoptosis (TWEAK) on human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.146, No.3, 540-549, 2006.
66)徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 工藤 景子, 高野 栄之, 長山 勝 : 矯正牽引装置により治療を行った小児外傷性歯牙陥入の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.5, No.2, 89-92, 2006年.
67)R Ramchandran, T Takezako, Y Saad, L Stull, B Fink, Hirotsugu Yamada, S Dikalov, DG Harrison, C Moravec and SS Karnik : Angiotensinergic stimulation of vascular endothelium in mice causes hypotension, bradycardia, and attenuated angiotensin response, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.103, No.50, 19087-19092, 2006.
68)Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Toshiya Matsuzaki, Akira Kuwahara, Masaharu Kamada, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara : Changes in serum cytokine concentrations during the menopausal transition., Maturitas, Vol.56, No.4, 396-403, 2006.
69)細木 秀彦, 工藤 隆治, 岩崎 裕一, 橋田 達雄 : 歯科放射線科における早期体験実習, --- -学生自身による自己評価の分析- ---, 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.22, No.3, 264-270, 2006年.
70)戸田 直紀, 中川 英幸, 東 貴弘, 大山 晴三, 武田 憲昭 : 二次性真珠腫の3症例, Otology Japan, Vol.16, No.5, 606-610, 2006年.
71)住谷 さつき, 上野 修一, 石元 康仁, 谷口 隆英, 友竹 正人, 元木 郁代, 山内 健, 大森 哲郎 : 強迫性障害の薬物応答性と臨床特徴について, 精神神經學雜誌, Vol.108, No.12, 1282-1292, 2006年.
72)Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Masanori Nakano and Osamu Ishida : Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom, Medical Engineering & Physics, Vol.29, No.5, 615-619, 2007.
73)Deliorman Didem Orhan, Fatma Ergun, Erdem Yesilada, Koichiro Tsuchiya, Yoshihisa Takaishi and Kazuyoshi Kawazoe : Antioxidant activity of two flavonol glycosides from Cirsium hypoleucum DC. through bioassay-guided fractionation, Turkish Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.4, No.1, 1-14, 2007.
74)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 藤中 雄一, 井上 大輔, 福本 誠二, 大歯 浩一, 遠藤 健次, 安井 夏生, 長谷川 匡, 上原 久典, 坂東 良美, 松本 俊夫 : 腫瘍性骨軟化症の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.83, 136-138, 2007年.
75)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, SJ Jaffer, JK Drinko, SE Jasper, MS Lauer, JD Thomas and AL Klein : Clinical features of mixed physiology of constriction and restriction, --- Echocardiographic characteristics and clinical outcome ---, European Journal of Echocardiography, Vol.8, No.3, 185-194, 2007.
76)佐藤 豪, 関根 和教, 安藤 正裕, 陣内 自治, 戸田 直紀, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における真珠腫性中耳炎の術式と術後聴力成績, 耳鼻と臨床, Vol.53, No.1, 22-26, 2007年.
77)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪 : 前庭型メニエール病の臨床的検討, 厚生労働省科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究 平成18年度報告書, 134-137, 2007年.
78)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教, 今井 貴夫 : 眼振の3次元主軸解析による両側性後半規管BPPVの病態解明, 厚生労働省科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究 平成18年度報告書, 161-166, 2007年.
79)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiroaki Toba, Mitsuteru Yoshida, Haruhiko Fujino, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Masatsugu Takehisa and Akira Tangoku : Predictive Value of Thymidylate Synthase and Dihydropyrimidine Dehydrogenase Expression in Tumor Tissue, Regarding the Efficacy of Postoperatively Administered UFT(Tegafur+Uracil) in Patients with Non-small Cell Lung Cancer, Anticancer Research, Vol.27, No.4C, 2641-2648, 2007.
80)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Machiko Kiyokawa, Fumi Shimizu, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : The type 2 corticotrophin-releasing hormone receptor mediates orexin A-induced luteinising hormone suppression in ovariectomised rats., Journal of Neuroendocrinology, Vol.19, No.9, 732-738, 2007.
81)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Hiromu Nishitani and Shinji Nagahiro : The usefulness and problem for MR I examination by using clinical 3T-MRI, DIGITAL MEDICINE, Vol.7, 6-9, 2007.
82)松原 俊二, 佐藤 浩一, 花岡 真実, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 真鍋 進治 : 脳梗塞急性期血栓溶解療法に関する全国アンケート調査結果報告, 第22回日本脳神経血管内治療学会講演集, 24-27, 2007年.
83)原田 雅史, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 宇野 昌明, 永廣 信治, 中根 俊成, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 1.5 Tesla Stroke Unit MRI: 画像診断の新展開, 分子脳血管病, Vol.6, 258-263, 2007年.
84)宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 永廣 信治 : 3T-MRIによるStroke MRIの現状と問題点 脳梗塞急性期治療の最前線ー血栓溶解療法の新たな展開ー, The Mt.Fuji Workshop on CVD, Vol.25, 39-42, 2007年.
85)松下 展久, 松原 俊二, 花岡 真実, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 椎骨脳底動脈閉塞症に対する急性期血行再建術の適応と有効性 -Stroke MRIによる検討-, 脳卒中, Vol.29, No.6, 704-710, 2007年.
86)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西 京子, 松原 俊二, 中根 俊成, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 脳卒中, Vol.29, No.6, 824-829, 2007年.
87)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 北里 慶子, 八木 謙次, 永廣 信治 : 急性期および亜急性期CEAの妥当性について -酸化LDLを指標として- 脳梗塞急性期治療の最前線 -血栓溶解療法の新たな展開-, The Mt.Fuji Workshop on CVD, Vol.25, 120-122, 2007年.
88)金子 和之, 大庭 康雄, 内田 玲子, 泰江 章博, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における術後安定性 ー正面頭部X線規格写真を用いた検討ー, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, 15-20, 2007年.
89)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 中野 雅德, 坂東 永一, 竹内 久裕, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一 : スパイラルCTを用いた顎関節の三次元評価法, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 231-238, 2007年.
90)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Makiko Fukaya, Kaoru Matsuo, Kazusa Muto, Hajime Sasaki, Motoi Matsuura, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effects of a palatinose-based liquid diet (Inslow) on glycemic control and the second-meal effect in healthy men., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.1, 115-121, 2007.
91)菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 久保 典子, 工藤 隆治, 細木 秀彦, 岩崎 裕一 : 徳島大学病院歯科診療部門における誤飲・誤嚥の実態調査, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 255-262, 2007年.
92)Masaaki Uno, Atsuhiko Suzue, Kyoko Nishi and Shinji Nagahiro : Hemodynamic cerebral ischemia during carotid endarterectomy evaluated by intraoperative monitoring and post-operative diffusion-weighted imaging, Neurological Research, Vol.29, No.1, 70-77, 2007.
93)Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, Reiko Tokuyama, Tomonari Mayumi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Osteopetrosis complicated by osteomyelitis of the mandible: a case report including characterization of the osteopetrotic bone, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.1, 86-93, 2007.
94)Maki Hosoki, Yumi Hosokawa, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano : An allergy survey among dental professionals, Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.1, 34-38, 2007.
95)Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui : Extension of contained rupture of an abdominal aortic aneurysm into a lumbar intervertebral disc. Case report., Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.2, 221-226, 2007.
96)Kousaku Higashino, Yoshito Matsui, Syoji Yagi, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : The alpha2 type IX collagen tryptophan polymorphism is associated with the severity of disc degeneration in younger patients with herniated nucleus pulposus of the lumbar spine., International Orthopaedics, Vol.31, No.1, 107-111, 2007.
97)Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Katsutoshi Miyatake, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R. Scafe, Vincent M. Reeve, Dai Osabe, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Genetic association between the PRKCH gene encoding protein kinase Ceta isozyme and rheumatoid arthritis in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.56, No.1, 30-42, 2007.
98)Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui : Minimally invasive technique for direct repair of the pars defects in young adults using a spinal endoscope. A technical note., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 186-190, 2007.
99)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Yasuhisa Kanematsu, M Nakatani, Y Okamoto and Tsutomu Watanabe : Successful neoadjuvant synchronous chemo- and radiotherapy for disseminated primary intracranial chriocarcinoma: case report, Journal of Neuro-Oncology, Vol.83, No.2, 199-204, 2007.
100)Takashi Kaji, Toshiyuki Yasui, Masanori Suto, Ryuji Mitani, Mikio Morine, Hirokazu Uemura, Kazuhisa Maeda and Minoru Irahara : Effect of bed rest during pregnancy on bone turnover markers in pregnant and postpartum women., Bone, Vol.40, No.4, 1088-1094, 2007.
101)Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.
102)Hiromichi Yumoto, Masayoshi Yamada, Chihiro Shinohara, Hideaki Nakae, Kanako Takahashi, Hiroyuki Azakami, Ebisu Shigeyuki and Takashi Matsuo : Soluble products from Eikenella corrodens induce cell proliferation and expression of interleukin-8 and adhesion molecules in endothelial cells via mitogen-activated protein kinase pathways, Oral Microbiology and Immunology, Vol.22, No.1, 36-45, 2007.
103)Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masahiro Murata, Susumu Ito, Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto and Masaji Nishimura : Influence of leukocytapheresis therapy for ulcerative colitis on anemia and hemodynamics., Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.11, No.1, 16-21, 2007.
104)Yoshitaka Imoto, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Eriko Aoyagi, Koichi Okamoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Nobuya Sano and Mitsuo Shimada : Relationship between mucin expression and preoperatie bile juice cytology in biliary tract carcinoma, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 41-47, 2007.
105)Mitsuteru Yoshida, Kazuya Kondo, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Two cases of bronchogenic cyst with severe adhesion to the trachea, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 187-190, 2007.
106)Shinjiro Takata, Aziz Abbaspour, Hiroshi Yonezu and Natsuo Yasui : Differences of therapeutic effects on regional bone mineral density and markers of bone mineral metabolism between alendronate and alfacalcidol in Japanese osteoporotic women., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 35-40, 2007.
107)高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一 : 口腔顎顔面悪性腫瘍の遠隔転移評価における躯幹部CT検査の位置づけ, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 239-246, 2007年.
108)高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦 : 口腔癌頸部転移リンパ節の検出に対する超音波三次元イメージングの有用性, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 247-253, 2007年.
109)Youichi Tanaka, Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hiroe Amou, Ayako Nakano, Kyoko Takeuchi, Kenichi Kitazoe, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Myeloma Cell-Osteoclast Interaction Enhances Angiogenesis Together with Bone Resorption: A Role for Vascular Endothelial Cell Growth Factor and Osteopontin, Clinical Cancer Research, Vol.13, No.3, 816-823, 2007.
110)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Minakuchi, Naoko Tanaka, Fumi Shimizu, Yohko Hirata, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara : Diagnostic performance of serum total testosterone for Japanese patients with polycystic ovary syndrome., Endocrine Journal, Vol.54, No.2, 233-238, 2007.
111)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiho Minamiguchi and Masaru Nagayama : Histological evaluation of apatite cement containing atelocollagen, Dental Materials Journal, Vol.26, No.2, 194-200, 2007.
112)井本 佳孝, 六車 直樹, 木村 哲夫, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進, 中園 雅彦, 廣川 満良, 佐野 壽昭 : Humoral hypercalcemia of malignancy(HHM)を来したPTHrP産生胆嚢癌の1例, 日本消化器病学会雑誌, Vol.104, No.3, 401-406, 2007年.
113)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression in the peripheral leukocytes and association analysis of PDLIM5 gene in schizophrenia, Neuroscience Letters, Vol.415, No.1, 28-33, 2007.
114)Nao Osaka, Takumi Takahashi, Shiori Murakami, Atsushi Matsuzawa, Takuya Noguchi, Takeshi Fujiwara, Hiroyuki Aburatani, Keiji Moriyama, Kosuke Takeda and Hidenori Ichijo : ASK1-dependent recruitment and activation of macrophages induce hair growth inskin wounds, The Journal of Cell Biology, Vol.176, No.7, 903-909, 2007.
115)下田 信治, 森田 康彦, 樋口 慎一, 小林 馨, 川崎 堅三 : 石灰化組織のマイクロCT画像におけるアーチファクト低減法, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.1, 41-48, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.
2)有田 憲司, 阿部 洋子, 上田(山口) 公子, 郡 由紀子 : キューシック・インクラインRの上顎前突の被蓋改善に対するクリニカル・アウトカムおよび有効性, 小児歯科臨床雑誌, Vol.11, No.6, 63-77, 2006年.
3)岩瀬 俊, 黒部 裕嗣, 八木 秀介, 原 朋子, 長楽 雅仁, 藤村 光則, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安部 正博, 増田 裕, 東 博之, 松本 俊夫, 北川 哲也 : 末梢単核球細胞を用いた抹消動脈閉塞症に対する新たな血管新生治療の試み, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 137-141, 2006年.
4)川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 田中 直伸, 岡坂 衛, 石田 俊介, 鎌倉 孝法, 佐藤 昌俊, 橋田 千佳, 西迫 寛隆, 田島 壮一郎, 森 剛志, 鈴木 恭子, 橋田 和佳, 部屋 衣美子, 高田 千絵, 遠藤 友香, 金 尚永, 田岡 寛之, 西村 和也, 高石 喜久, 水口 和生 : 三好市東祖谷地区の民間薬調査, 阿波学会紀要, No.53, 87-98, 2007年.
5)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, T Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Relationship Between the Ratio of Peak Early Diastolic Transmitral Flow and Mitral Annular Velocities and the Plasma B-Type Natriuretic Peptide (BNP) Concentration in Patients with Atrial Fibrillation: Assessment by Simultaneous Recording of Transmitral Flow and Mitral Annular Velocity., Journal of the American College of Cardiology, Vol.49, No.9, 137A, 2007.
6)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, T Chono, H Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, K Aihara and Hiromu Nishitani : Measurement of left atrial volume curve by advanced 2D tissue tracking technique: validation by contrast multidetector computed tomography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.20, 603, 2007.
7)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, Y Uzuuchi, H Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Assessment of the cardiac response to increment of preload in patients with atrial fibrillation using dual pulsed Doppler echocardiography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.20, 594, 2007.
8)藤澤 健司 : インプラント治療の診察,検査,診断,治療計画の要点 ─口腔外科の立場から─, 歯科医療, Vol.21, No.4, 16-21, 2007年.
9)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Materials Science Forum, Vol.539-543, 3279-3284, 2007.
10)藤澤 健司 : 手術でかみ合わせを治す, 「なるほど現代歯塾 ∼健康で快適な生活のために∼」 徳島大学歯学部編集, 56-59, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における副甲状腺ホルモンの局所投与による歯槽骨形成作用, 第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会記録集, 36, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)森口 博基, 森川 富昭 : Pマーク取得へ 院内体制整備, 徳島新聞, 2006年4月.
2)森口 博基, 森川 富昭 : プライバシーマーク 徳島大学病院が取得, 日本経済新聞, 2006年5月.
3)森口 博基, 森川 富昭 : 徳大病院がPマーク取得, 徳島新聞, 2006年5月.
4)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集5, --- 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 -より効果的な麻酔を目指して- ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
5)安井 敏之, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 【SERMを使いこなす】SERMの安全性 心血管系・脂質代謝への影響, 性差と医療, Vol.3, No.7, 735-740, 2006年6月.
6)安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 【中高年女性のQOL向上を目指して】 わが教室における更年期障害の治療, 産婦人科治療, Vol.93, No.1, 89-96, 2006年7月.
7)粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫 : Vitamin D-vitamin D receptor system regulates antithrombogenicity in vivo., Clinical Calcium, Vol.16, No.7, 1173-1179, 2006年7月.
8)市川 哲雄, 本釜 聖子, 永尾 寛 : 全部床義歯による無歯顎補綴治療 発音と嚥下機能から全部床義歯を語る, 補綴臨床, Vol.38, No.5, 532-539, 2006年7月.
9)森川 富昭 : 民間の病院に看護情報提供, 徳島新聞社, 2006年7月.
10)北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集7, --- 顎関節の局所解剖学 -顎関節症を理解するために- ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
11)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.3, 309-317, 2006年7月.
12)Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Kenji Fujisawa, Eiji Yamauchi and Youji Miyamoto : Influence of smoking on osseointegrated implant failure: a meta-analysis, Clinical Oral Implants Research, Vol.17, No.4, 473-478, Aug. 2006.
13)西 京子, 宇野 昌明, 永廣 信治 : 慢性期血行再建術 —頸動脈内膜剥離術,浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術—, インターベンション時代の脳卒中学(改訂第2版)下,-超急性期から再発予防まで-, 100-103, 2006年11月.
14)藤中 雄一 : 糖尿病の征圧に向けて -薬物治療について-, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 187-190, 2006年12月.
15)香川 征 : 糖尿病征圧に向けて-徳島大学病院の役割-, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 201-205, 2006年12月.
16)赤池 雅史, 松本 俊夫 : NO bioavailability, CLINICAL CALCIUM, Vol.17, No.6, 864-870, 2007年.
17)竹内 麻由美 : 女性骨盤部の3T MRI, GE Today, Vol.25, 21-23, 2007年.
18)森 一博, 早渕 康信, 香美 祥二, 山田 博胤 : 2Dティッシュトラッキング法の小児科領域への応用, Medix, Vol.46, 19-23, 2007年.
19)山田 博胤, 楠瀬 賢也 : 心房機能, Heart View, Vol.11, 78-79, 2007年.
20)楠瀬 賢也, 山田 博胤 : Costrictionとtrestrictionの鑑別, Heart View, Vol.11, 98-102, 2007年.
21)西尾 進, 山田 博胤, 森 一博 : 心房中隔欠損症, Heart View, Vol.11, 222-224, 2007年.
22)西尾 進, 山田 博胤, 森 一博 : 心室中隔欠損症, Heart View, Vol.11, 225-227, 2007年.
23)河野 裕美, 山田 博胤 : 組織ドプラの意味, 心エコー, Vol.8, 812-823, 2007年.
24)山田 博胤 : 心臓超音波検査の最新技術と臨床への応用-パルス組織ドプラ法の臨床応用-, 超音波検査技術, Vol.32, 342-343, 2007年.
25)東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 : 後方限局型腰椎終板障害の長期成績, 日本小児整形外科学会雑誌, Vol.16, No.1, 100-104, 2007年.
26)中野 俊次, 大歯 浩一, 川﨑 賀照, 安井 夏生, 木下 勇 : Chiari 骨盤骨切り術の術後不良症例の検討, Hip Joint, Vol.33, 505-509, 2007年.
27)髙田 信二郎, 中尾 成孝, 安井 夏生, 稲次 正敬, 岩佐 悟, 稲次 美樹子, 林 浩希, 多田 昌代, 河野 友志 : パワーリハビリテーションが片麻痺を有する高齢者の運動機能,骨密度,軟部組織組成に及ぼす治療効果, 別冊整形外科, Vol.52, 273-277, 2007年.
28)森川 富昭 : 動画見て患者に説明, --- 内視鏡や超音波,心電図 電子カルテに保存 ---, 徳島新聞, 2007年1月.
29)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座1 企業とCMS, --- 企業とCMS「消費」を測定した活用 ---, 徳島新聞, 2007年1月.
30)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座2 病院情報システム, --- 病院情報システム ---, 徳島新聞, 2007年2月.
31)三宅 洋一郎, 鹿山 鎭男 : 口腔内における感染防御機構, 日本臨牀, Vol.65, No.2, 2007年2月.
32)石澤 啓介, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 医療人としての薬剤師育成教育の実践, --- ∼米国の薬学教育ならび日本の医学教育から学ぶ∼ ---, 医薬ジャーナル, Vol.43, No.3, 871-874, 2007年3月.
33)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 腹腔内を中心として広がる病変の画像診断, (月刊)臨床放射線, Vol.52, No.3, 441-447, 2007年3月.
34)田中 克哉, 大下 修造 : 揮発性吸入麻酔薬によるプレコンディショニング, 臨床麻酔, Vol.31, 339-354, 2007年3月.
35)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座3 セキュリティーポリシー, --- セキュリティーポリシー ---, 徳島新聞, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-Breathing and High B-Value Diffusion-Weighted MR Images of Hepatic Cavernous Hemangiomas, ISMRM 2006, Seattle, May 2006.
2)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-Breathing and High B-Value Diffusion-Weighted MR Images of Solid Pancreatic Tumors and Tumor-Like Lesions, ISMRM 2006, Seattle, May 2006.
3)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Hypointense Malignant Ovarian Tumors on T2-Weighted Images: MR-Pathologic Correlation, ISMRM 2006, Seattle, May 2006.
4)WD Wallick, Hirotsugu Yamada, ZB Popovic and WC Stanley : Coupled pacing improves cardiac work without further increases in substrate utilization during acute atrial fibrillation., Heart Rhythm 2006 annual scientific sessions, Boston, May 2006.
5)Hirotsugu Yamada : Quantitative evaluation of left atrial function by2-dimensional tissue tracking with lower body positivepressure., 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology (WFUMB'2006), Seoul, May 2006.
6)Masaaki Uno, KT Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kyoko Nishi and Shinji Nagahiro : Reduction of SOD activity,which can react more easily with NO to produce peroxinitrite And increase OxLDL, contributes to plaque vulnerability, 15th European Stroke Conference Brussels, Brussels, May 2006.
7)KT Kitazato, Masaaki Uno, Atsuhiko Suzue, Kyoko Nishi, Kazuhito Matsuzaki, H Itabe and Shinji Nagahiro : Severity of brain damage in salvageable in patients with acute cerebral therapeutic efficacy, 15th European Stroke Conference Brussels, Brussels, May 2006.
8)Takao Imai, Noriaki Takeda, Gou Satou, Kazunori Sekine, Mahito Ito and Takeshi Kubo : Changes in slow phase eye velocity and time constant of the positional nystagmus at the moment of transition from cupulolithiasis to canalolithiasis in patients with horizontal canal type of benign paroxysmal positional vertigo, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
9)Kazunori Sekine, Kyoko Morita, Masuda Kiyoshi, Gou Satou, Kazuhito Rokutan and Noriaki Takeda : Microarray analysis of stress-related gene expression in patients with Ménière's disease, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
10)Kim Sung Kuy, Kazunori Sekine, Gou Satou, Takao Imai, Jang Young Tae and Noriaki Takeda : Three dimensional analysis of the positional caloric nystagmus for evaluation of vertical semicircular canal function, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
11)Miho Yoneda, Hideaki Nakae, Hiromichi Yumoto, Chihiro Shinohara and Takashi Matsuo : Expression pattern of claudin family in human gingival tissues, 84th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jun. 2006.
12)Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Yoshitaka Hosokawa, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Inhibitory effects of catechins on inflammatory reactions in pulp fibroblasts, 84th General Session & Exhibition of the IADR, Brisbane, Jun. 2006.
13)Hirotsugu Yamada, H Motonari, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Effect of Aging on Left Atrial Myocardial Strain Evaluated by 2D Tissue Tracking during Lower Body Positive Pressure., 17th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Baltimore, Jun. 2006.
14)Hirotsugu Yamada, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Differentiation of Left Atrial Dysfunction by Changes in Transmitral Flow Velocities during Lower Body Positive Pressure., 17th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Baltimore, Jun. 2006.
15)Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Argatroban, a synthetic thrombin antagonist, can reduce insulin resistance though thrombin inactivation in the db/db mouse model of type 2 diabetes mellitus, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
16)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Fujimura Mitsunori, Shusuke Yagi, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is a Predictor for Incidence of Peripheral Arterial Disease in Patients with Cardiovascular Risk Factors, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
17)Yutaka Masuda, H Kurobe, Takashi Kitaichi, Masashi Kano, A Kurushima, Tetsuya Kitagawa, T Iwase, Masashi Akaike, M Abe and Toshio Matsumoto : Erythropoietin induced peripheral stem cell transplantation for severe ischemic limbs, The 14th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Osaka, Jun. 2006.
18)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, 81-82, Cancun, Jun. 2006.
19)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Yuko Ohka and Yukiko Ishiyama : Construction and evaluation of e-learning system for medical treatment safty measure, NI2006, Seoul, Jun. 2006.
20)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Y Fukuhara, Tamotsu Kanbara, A Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in Tcells has a pivotal role in vascular inflammation and remodeling, XIL International Symposium on Atherosclerosis, Italy, Jun. 2006.
21)Takashi Sakai, Li Liu, Rika Mukai-Sakai, Nobuya Sano, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Pro-inflammatory stress promotes carcinogenesis through NF-B-activation and inactivation pathway, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
22)Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Role of Salivary IgA directed to GroEL in Periodontitis Patients., 84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
23)Makoto Fukui, Masami Yoshioka, Kazuhito Satomura, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama : Specific Visible Light Irradiation Inhibits the Growth of Porphyromonas gingivalis., 84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
24)Masayuki Kon, Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano, Ken'ichi Yokoyama, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Improvement of thermal conductivity for glass-ionomer cement, International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
25)Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats, International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
26)Takumi Takahashi, Yuko Tomita, Yukiho Tanimoto and Keiji Moriyama : Blood flow distribution at post-labioplasty region in cleft patient, IADR 84th General Session & Exhibition, Brisbane, Jun. 2006.
27)Kishida Yoshiomi, Masataka Oita, Hitoshi Ikushima, Ozaki Kyousuke, Furutani Shunsuke, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Basic study for radiation treatment planning using PET/CT - Accuracy of a table-, Sapporo, Jul. 2006.
28)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, Vancouver, Jul. 2006.
29)Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Sumiko Tayoshi, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Acute administration of benzodiazepine did not change the level of GABA in 3T 1H-Magnetic resonance spectroscopy, Chicago, Jul. 2006.
30)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo, International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
31)Y Fukuda, Takeshi Soeki, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Kenji Kangawa : Significance and therapeutic potential of C-type natriuretic peptide in myocardial infarction., World Congress of Cardiology 2006, Barcelona, Sep. 2006.
32)Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, Y Fukuda, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Hirotsugu Yamada : Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent., World Congress of Cardiology 2006, Barcelona, Sep. 2006.
33)K Koshiba, Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Kenji Kangawa : Ghrelin prevents cardiac remodeling after myocardial infarction via the suppression of cardiac sympathetic nerve activity., World Congress of Cardiology 2006, Barcelona, Sep. 2006.
34)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, 34th Annual Conference of the European Teratology Society, Abano Terme, Sep. 2006.
35)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in schizophrenia, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
36)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, I Motoki, Shinya Tayoshi, S Kinouchi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, H Tanabe, A Dano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
37)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kondo Akira, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Valsartan Enhances Nitric Oxide Bioavailability and Reduces Arterial Stiffness in Patients with Essential Hypertension, The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2006, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
38)Teruyoshi Kageji : Correlation between BNCT radiation dose and histopathological findings in BSH-based intra-operative BNCT for malignanat glioma, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006.
39)Teruyoshi Kageji : Comparison and analysis of BNCT radiation dose between gold wire and JCDS measurement, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006.
40)Teruyoshi Kageji : BNCT for malignant brain tumors in children, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006.
41)Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito, Yoshinobu Tomiyama and Shuzo Oshita : The involvement of the mitochondrial KATP channel on heat-shock protein-induced cardioprotection., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Chicago, Oct. 2006.
42)Shinji Kawahito, Nakamura Akiyo, Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : The role of K+ channels in vasorelaxation induced by hypoxia and the modulator effects of etomidate., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Chicago, Oct. 2006.
43)Nitta Kazuhito, Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Accuracy of pulse oximetry and capnography in children with cyanotic congenital heart disease., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Chicago, Oct. 2006.
44)Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Six cases of elderly patients with psychotic feature refractory to drug therapy but response to ECT, Higashihiroshima, Oct. 2006.
45)Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Maintenance modified electroconvulsive therapy for an elderly patient with recurrent catatonia, Higashihiroshima, Oct. 2006.
46)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Metastatic Liver Tumors:Usual, Unusual Imaging Manifestations and pitfalls, RSNA 2006, Chicago, Nov. 2006.
47)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai and Takashi Matsuo : Expression and Functional Analyses of Pattern recognition Receptor (PRR) in Cultured Human Dental Pulp Cells, The 8th Joint-Scientific Meeting between KACD & JSCD, Busan(Korea), Nov. 2006.
48)K Matsuoka, M Nishino, A Hashimoto, K Yamagami, T Tamai, H Kato, Y Egami, R Shutta, H Yamaguchi, K Tanaka, J Tanouchi, Y Yamada and Hirotsugu Yamada : Right Ventricular Apical Pacing Impairs Left Ventricular Torsion as Well as Synchrony., The American Heart Association's Scientific Sessions 2006, Chicago, Nov. 2006.
49)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Sumitomo Yuka, Masataka Sata, Kato Shigeaki and Toshio Matsumoto : Heparin Cofactor II Deficiency Causes Accelerated Thrombosis and Atherosclerosis in Mice, American Heart Association Scientific Sessions 2006, Chicago, USA, Nov. 2006.
50)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Takuya Saze, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality assurance of Iodine 125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate, 48th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Philadelphia, Nov. 2006.
51)Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, David Colin Raymond, Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning Support as Bridge between Classroom Lecture and e-Learning, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 45-48, Beijing, Nov. 2006.
52)Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito : Salivary Stress Makers in Patients with Complaint of Halitosis., 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
53)Okada Tsuyoshi, Katsuya Tanaka, Kawano Takashi, Tomino Takehito and Oshita Shuzo : Effects of Propofol on Glucose Tolerance in Rabbits: A Comparison with Isoflurane, Anesthesiology, Vol.107, A520, 2007.
54)Katsuya Tanaka, Kawano Takashi, Okada Tsuyoshi, Tomino Takehito and Oshita Shuzo : Mechanisms of impaired glucose tolerance and insulin secretion during isoflurane anesthesia, Anesthesiology, Vol.107, A1661, 2007.
55)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi and Hiromu Nishitani : A case of Calcifying Aponeurotic Fibroma: CT and MR findings with pathologic correlation, 9th Annual Scientific Meeting of the Asian Musculoskeletal Society, Tokyo, Jan. 2007.
56)Kei Jinno, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Acceleration of Palatal Wound Healing in Smad-3-deficient Mice, IADR 85th General Session & Exhibition, New Orleans, Louisiana, USA, Mar. 2007.
57)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi and Hiromu Nishitani : Peritoneal involvement of various benign and malignant pathologies: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2007, Wien, Mar. 2007.
58)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Benign cystic ovarian masses with solid components mimicking malignancy: Radiologic-pathologic correlation, ECR 2007, Wien, Mar. 2007.
59)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Hypointense ovarian lesions on T2-weighted magnetic resonance imaging: Radiologic-pathologic correlation, ECR 2007, Wien, Mar. 2007.
60)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : High b-value diffusion-weighted MR images of biliary tumors and tumor-like lesions: Clinical applications and pitfalls in benign and malignant pathologies, ECR 2007, Wien, Mar. 2007.
61)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, T Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Relationship Between the Ratio of Peak Early diastolic Transmitral Flow and Mitral Annular Velocities and the Plasma B-Type Natriuretic Peptide (BNP) Concentration in Patients with Atrial Fibrillation: Assessment by Simultaneous Recording of Transmitral Flow and Mitral Annular Velocity., American College of Cardiology 56th Annual Scientific Session, New Orleans, Mar. 2007.
62)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai and Takashi Matsuo : Expression and Functional Analyses of Pattern recognition Receptor (PRR) in Cultured Human Dental Pulp Cells, The 1st international symposium and workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century", Mar. 2007.
63)Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Miyatani, M Yamada, Mineyoshi Hiyoshi, Hideo Takeda, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara : Relationships between circulating osteoprotegerin and the risk factors of vascular disorders in postmenopausal women., The 3rd Scientific Meeting of the Asian Pacific Menopause Federation (APMF), Taipei, Mar. 2007.
64)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Y Miyatani, M Yamada, N Tsuchiya, M Yuzurihara, S Takeda and Minoru Irahara : Interleukin-8 and hot flushes in pre-, peri- and postmenopausal women and bilateral oophorectomized women., The 3rd Scientific Meeting of the Asian Pacific Menopause Federation (APMF), Taipei, Mar. 2007.
65)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Awaji, Mar. 2007.
66)Tomoko Kimura, Kazumi Ozaki, Keiji Murakami, Kikumi Fujisaka and Takashi Matsuo : The Analysis of role of Phosphoenolpyruvate-Dependent Sucrose Phosphotransferase System in pathogenicity of Streptococcus mutans., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ, Awaji, Mar. 2007.
67)Takeshi Yamamoto, Teruaki Ishikawa, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano and Keisuke Nishigawa : Kinematic characteristics of jaw movements in oatients with temporomandibular joint clicking, IADR 85th General Session, 124, New Orleans, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)山田 博胤, 河野 裕美, 福田 大和, 添木 武, 田畑 智継, 伊東 進 : 下半身陽圧負荷による僧帽弁口血流速波形の変化を用いた心房機能低下例の鑑別, 第17回日本心エコー図学会学術集会, 2006年4月.
2)上野 淳二, 米田 和英, 森田 奈緒美, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 西谷 弘 : MDCTボリュームデータ読影時のinteractive sliding slab non-shading VR法およびMIP法の有用性, 2006年4月.
3)幸田 純治, 武田 直也, 阿部 晃治, 中川 伸一, 武田 憲昭 : 反回神経麻痺患者の喉頭筋電図におけるmotor unitの持続時間について, 第18回日本喉頭科学会, 2006年4月.
4)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 急性期CEAの妥当性について, 第5回日本頚部脳血管治療学会, 2006年4月.
5)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年4月.
6)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 156, 2006年4月.
7)笠井 由佳, 前川 正彦, 小林 文子, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 : ラロキシフェンが単球由来のサイトカイン産生に及ぼす影響について エストラジオールとの比較検討, 第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
8)安井 敏之, 山田 正代, 海野 友香, 冨田 純子, 上村 浩一, 前川 正彦, 苛原 稔 : 閉経周辺期女性におけるサイトカインの動態, 第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
9)海野 友香, 安井 敏之, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 高齢者における血中テストステロン濃度とbody mass indexとの関係には性差がある, 第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
10)冨田 純子, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 三浦 雅一 : 結合型エストロゲンを用いたホルモン補充療法による非カルボキシル化オステオカルシンと中性脂肪の検討, 第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
11)大場 博史, 瀬戸 浩行, 徳永 格, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット頭蓋骨骨欠損におけるシンバスタチンの石灰化促進作用, 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
12)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 稲次 圭 : 滑膜内腫の1例, 第22回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2006年4月.
13)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 患者のコンプライアンスに配慮した歯周治療について, 第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
14)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞における炎症性サイトカイン産生ならびに接着分子発現に与える影響の解析, 第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
15)秋月 裕則, 大山 晴三, 西池 季隆, 武田 憲昭 : Virtual Realityにより発症する動揺病と平衡失調の検討, 第107回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2006年5月.
16)平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 向井 佳代, 松尾 敬志 : 培養歯髄細胞におけるPattern Recognition Receptor (PRR)の発現と機能解析, 第124回日本歯科保存学会春季学術大会, 2006年5月.
17)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第124回日本歯科保存学会春季学術大会, 2006年5月.
18)三木 淳子, 山田 博胤, 福野 天, 佐藤 光代, 河野 裕美, 平岡 葉月, 向井 久美, 井上 千尋 : 超音波検査室における看護師の役割, 日本超音波医学会第79回学術集会, 2006年5月.
19)山内 健, 安藝 浩史, 友竹 正人, : 統合失調症患者の主観的及び客観的QOLに与える要因についての検討, 第102回日本精神神経学会, 2006年5月.
20)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, --- Ⅱ.65歳以上80歳未満の高齢者の検討 ---, 歯科放射線, 83, 2006年5月.
21)岡村 誠介, 宮本 弘志, 六車 直樹 : よりスムーズなERCPを目指して, --- -知っておきたい基本手技- ---, 第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年5月.
22)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一 : 口唇病変の超音波画像所見, 歯科放射線, 2006年5月.
23)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬抵抗性による緑膿菌rpoS遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会総会, 2006年5月.
24)冨田 優子, 高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 口唇形成術後領域における血流分布と顎顔面形態に関する解析, 第30回日本口蓋裂学会総会・学術集会, Vol.31, No.2, 203, 2006年5月.
25)米田 美穂, 中江 英明, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 歯周病変局所における上皮細胞間接着機構の動態, 第124回 日本歯科保存学会春季学会, 2006年5月.
26)稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 : 2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与, 第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
27)藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : S. mutans com遺伝子の象牙質への侵入に及ぼす影響について, 第124回日本歯科保存学会春季学会, 2006年5月.
28)宮川 操, 森川 富昭 : E-Learningを用いた看護現任教育の効果, 2006年5月.
29)影治 照喜, 永廣 信治, 松﨑 和仁 : 小児上衣腫に対する治療成績と問題点, 第34回日本小児神経外科学会, 2006年5月.
30)松﨑 和仁, 影治 照喜, 永廣 信治 : 頚髄に発症したpilomyxoid astrocytomaの1例, 34回日本小児神経外科学会, 2006年5月.
31)戸井 宏行, 影治 照喜, 永廣 信治 : スポーツを受傷機転とした小児外傷性椎骨動脈解離の1例, 第34回日本小児神経外科学会, 2006年5月.
32)田村 公一, 陣内 自治, 阿部 晃治, 中川 伸一, 武田 憲昭 : 新しい形状記憶型撓性咽喉内視鏡の開発, 第68回耳鼻咽喉科臨床学会, 2006年6月.
33)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : イメージングプレートを用いたヨウ素125密封小線源の線源強度測定法の検討, 小線源治療部会第8回研究会(栃木), 2006年6月.
34)金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践, 北海道大学現代GPフォーラム予稿集, 37-40, 2006年6月.
35)田中 克哉 : 吸入麻酔薬によるプレコンディショニングのメカニズム, 日本麻酔科学会第53回学術集会抄録集, 2006年6月.
36)田中 克哉 : 吸入麻酔薬による心筋保護作用, 日本麻酔科学会第53回学術集会抄録集, 2006年6月.
37)中野 誠一, 佐藤 孝宣, 佐藤 豪, 大山 晴三, 田村 公一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : 診断にCTが有用であった咽頭腔外魚骨異物の一症例, 第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
38)武市 充生, 中川 伸一, 川田 仁美, 陣内 自治, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : 当科入院患者におけるMRSA検出例の検討, 第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
39)藤井 達也, 遠藤 亜紀, 押川 千恵, 大山 晴三, 雫 治彦, 武田 憲昭, 宮崎 かつし, 木原 浩文 : 耳下腺oncocytomaの1例, 第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
40)石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 貴穂, 安陪 晋, 大塩 恭仁 : チェアサイドにおける6自由度顎運動データによる顎口腔機能評価, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.50, No.115, 134, 2006年6月.
41)笠井 由佳, 前川 正彦, 小林 文子, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 : ラロキシフェンが単球由来のサイトカイン産生に及ぼす影響について -エストラジオールとの比較検討, 第2回SERM学術研究会学術集会, 2006年6月.
42)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 柏木 圭介 : 小児横紋筋肉腫の1例, 第30回日本頭頸部癌学会, 2006年6月.
43)細木 秀彦, 工藤 隆治, 岩崎 裕一, 橋田 達雄 : 歯科放射線科における早期体験実習, --- 学生自身による自己評価の分析 ---, 日本歯科医学教育学会雑誌, 111, 2006年6月.
44)川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 : ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価, 第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
45)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 129, 2006年6月.
46)岸田 義臣, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 尾崎 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー, 第106回日本医学放射線学会中国・四国地方会(山口), 2006年6月.
47)井本 佳孝, 六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進, 佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 中川 伸一 : 甲状腺を貫通した魚骨による食道異物の1例, 2006年6月.
48)木村 哲夫, 岡村 誠介, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 西岡 将機規, 島田 光生 : 輪状潰瘍瘢痕によるイレウス症状を呈した小腸結核の1例, 2006年6月.
49)岡村 誠介, 六車 直樹, 宮本 弘志, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 友兼 毅, 梶 雅子, 伊東 進 : 把持鉗子を用いたマルチベンディング2CHスコープによるESD, --- -2チャンネル法EMRからESDへの安全な導入- ---, 第85回日本消化器病学会四国支部例会, 2006年6月.
50)岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 西岡 将規, 島田 光生 : 輪状潰瘍瘢痕によるイレウス症状を呈した小腸結核の一例, 第85回日本消化器病学会四国支部例会, 2006年6月.
51)工藤 景子, 里村 一人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 長山 勝 : 放射線性口内炎に対する蛍光診断の可能性, 2006年6月.
52)影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法 (BNCT) -照射線量と病理学的所見との対比-, 第24回日本脳腫瘍病理学会, 2006年6月.
53)島田 健司, 松﨑 和仁, 影治 照喜, 永廣 信治, 田代 敬 : 初診時髄腔内播腫を認めた成人脈絡叢乳頭腫の1例, 第24回日本脳腫瘍病理学会, 2006年6月.
54)高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における精神科病歴を持つ患者に関する調査, 中・四国矯正歯科学術大会, 2006年7月.
55)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第27回日本歯内療法学会学術大会, 2006年7月.
56)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 中島 智博, 仁木 敏之, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : 体位変換性の低酸素血症の診断にコントラスト心エコー法が有用であった一例, 第98回UCG談話会, 2006年7月.
57)早渕 康信 : 子供の心臓をMDCTで診る, 第17回徳島小児循環器懇話会, 2006年7月.
58)宮本 貴子, 木戸 慎介, 安倍 正博, 松本 俊夫, 谷口 寿章 : Differential Proteomicsによる骨芽細胞分化の解析, 第24回日本骨代謝学会, 2006年7月.
59)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm 第20回記念学術集会, 2006年7月.
60)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた顔面形状計測に頭位が及ぼす影響, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, 2006年7月.
61)塩屋園 敦, 堀内 信也, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた外科的矯正治療による顔貌変化の評価について, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, 2006年7月.
62)早渕 康信, 森 一博, 阪田 美穂, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 : MDCTを用いた仮想内視鏡による動脈管の形態的診断, 第42回日本小児循環器学会総会, 2006年7月.
63)早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二 : Angiotensin II は,PKCを介して intermediate-conductance Ca2+-activated K (IKca) channel を活性化する, 第42回日本小児循環器学会総会, 2006年7月.
64)森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二, 多田羅 勝義, 馬場 隆博 : 進行性筋ジストロフィーにおける「左室の捻れ」の研究, 第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
65)阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二, 馬場 隆博 : Tissue tracking ehoccardiographyによる新生児三尖弁運動の解析, 第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
66)阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 : 胎児期から観察された新生児心室性頻拍の3例, 第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
67)北市 隆, 増田 裕, 加納 正志, 来島 敦史, 黒部 裕嗣, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 北川 哲也 : 小児における上室性頻拍に対する外科治療, 第42回日本小児循環器学会, 2006年7月.
68)Fumihiro Matsumoto, Teruaki Ishikawa, Hisahiro Takeuchi, Kenji Fujisawa, Hidehiko Hosoki, Masaru Hada, Masanori Nakano and Masaru Nagayama : Research on the actual application of the TMD reporting system of Tokushima University Hospital, Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 81, Jul. 2006.
69)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維を埋め込んだ床用レジンの諸特性, 第21回日本歯科産業学会・学術講演会, 2006年7月.
70)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギーサイトカイン遺伝子発現亢進に対する和漢薬の抑制作用, 第23回和漢医薬学会大会, 2006年8月.
71)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 中島 智博, 仁木 敏之, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : 体位変換により出現する低酸素血症の診断にコントラスト心エコー法が有用であった一例, 第4回先進血管エコー研究会, 2006年8月.
72)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 中島 智博, 仁木 敏之, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : 体位変換により出現する低酸素血症の診断にコントラスト心エコー法が有用であった一例, 徳島心エコー図研究会, 2006年8月.
73)高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 岩田 朋巳 : 長期検査への参加対象者における心理特性, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2006年8月.
74)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 関根 和教, 北村 嘉章, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力負荷ラットの視床下部におけるヒスタミンH1受容体mRNA発現の変化, 第24回頭頸部自律神経研究会, 2006年8月.
75)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 急性期および亜急性期のCEAの妥当性 -酸化LDLを指標として-, 第25回The Mt.Fuji workshop on CVD, 2006年8月.
76)横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.4, 593, 2006年8月.
77)池原 敏孝, 細川 敬子, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 最大1.5テスラ変動磁界が牛副腎クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 61, 2006年9月.
78)井上 尚兵, 木下 陽子, 佐野 茂樹, 六車 直樹, 伊東 進, 長尾 善光 : 新規な蛋白質標識試薬の合成開発研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
79)高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 歯槽骨破壊を伴う成人患者に対し前歯部の限局的矯正治療を行った2症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
80)神野 恵, 高橋 巧, 土田 邦博, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
81)佐竹 秀太, 高橋 巧, 森山 啓司 : 非外科的矯正治療を行った右側下顎関節突起骨折を伴う下顎非対称症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
82)柴田 洋文, 近藤 京子, 川添 和義, 高石 喜久, 長尾 善光, 樋口 富彦 : MRSAに対するオクチルガレートの抗菌・抗アイルスマー活性に及ぼす金属イオンの影響, 第51回日本ブドウ球菌研究会, 2006年9月.
83)中島 智博, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : ヒト心房性利尿ペプチドの間歇投与が有効な拡張層家族性肥大型心筋症の1例, 第11回中四国心筋症・心不全研究会, 2006年9月.
84)山田 博胤, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : 心房細動に対するCoupled Pacing におけるペーシング遅延時間の差による影響, 第54回日本心臓病学会学術集会, 2006年9月.
85)若槻 哲三, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 山田 博胤 : 薬剤溶出ステントは長期に冠動脈局所の内皮機能を障害する, 第54回日本心臓病学会学術集会, 2006年9月.
86)瀬尾 恭平, 石川 輝明, 山本 修史, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 修伺, 大倉 一夫, 安陪 晋, 佐藤 裕, 坂東 永一, 鈴木 温, 清水 俊也, 清水 さとみ : 下顎運動範囲の計測法に関する検討, 日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会プログラム, 19, 2006年9月.
87)佐藤 泰仁, 松﨑 和仁, 影治 照喜, 永廣 信治 : 松果体部原発膠芽腫の1例, 第20回中国四国脳腫瘍研究会, 2006年9月.
88)金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司 : ダイレクトボンディングが歯質に与える影響について-ボンディング法による比較-, 日本矯正歯科学会雑誌, 2006年9月.
89)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : BDNFVal66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset and symptoms., The 28th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, Sep. 2006.
90)Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Stability of mandibular segments following sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, 367, Sep. 2006.
91)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T proton MRSを用いたOCDの脳内代謝物の検討, 2006年9月.
92)大山 晴三, 中村 克彦, 髙橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用による顔面神経麻痺後の病的共同運動の治療, 第16回日本耳科学会, 2006年10月.
93)中村 敏己, 東 満美, 梅田 貴文, 西迫 寛隆, 桐野 靖, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : がん化学療法チームによるセーフティマネジメント, 第16回 日本医療薬学会年会, 2006年10月.
94)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼谷 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 日本薬学会・日本病院薬剤師会第45回中国四国支部学術大会, 2006年10月.
95)岸田 義臣, 生島 仁史, 寺澤 かおり, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 山下 恭, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 放射線治療においてPET/CTが有用であると考えられた症例, 第44回日本癌治療学会総会(東京), 2006年10月.
96)平尾 功治, 高橋 加奈子, 湯本 浩通 : 培養歯髄細胞におけるPRR分子の解析, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
97)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 中島 智博, 仁木 敏之, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : 体位変換により出現する低酸素血症の診断にコントラスト心エコー法が有用であった一例, 第16回日本超音波医学会四国地方会, 2006年10月.
98)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 原因不明の歯髄炎様疼痛および抜歯後疼痛が長期間持続した1症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.49, 203, 2006年10月.
99)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 北里 慶子, 永廣 信治 : 早期CEAの妥当性 -酸化LDLを指標として-, 第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月.
100)岡村 誠介, 六車 直樹, 宮本 弘志, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 友兼 毅, 梶 雅子, 伊東 進 : 第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年10月.
101)上村 浩一, 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の血中osteoprotegerin濃度と心血管病変の危険因子との関係の検討, 第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
102)山田 正代, 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 上村 浩一, 前川 正彦, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一, 苛原 稔 : 閉経周辺期および両側卵巣摘出後女性におけるホットフラッシュとサイトカインに関する検討, 第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
103)冨田 純子, 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 前川 正彦, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一, 苛原 稔 : 第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
104)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
105)LIU Dali, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Proinflammatory cytokines are induced in human monocytes in response to exposure to the histone like protein of Streptococcus intermedius, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2006.
106)木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
107)影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 中川 義信, 松村 明, 山本 哲哉, 熊田 博明 : 悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法(boron neutron capture therapy: BNCT)-開頭BNCTから非開頭BNCTへ-, 第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月.
108)松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 悪性神経膠腫においてPML (promyelocytic leukemia)はSurvivinの発現を調節する, 第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月.
109)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : サイトカインがヒト歯肉線維芽細胞上のICAM-1およびVCAM-1発現に与える影響, 第49回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2006年10月.
110)森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二, 山田 博胤, 馬場 隆博 : Tissue tracking 法を用いた左室の「捻れ」の研究, 第25回小児循環動態研究会, 2006年10月.
111)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 永廣 信治 : -術中モニタリング手技に関する話題とJACSサブ解析, 第47回日本脈管学会総会, 2006年10月.
112)中川 竜二, 西條 隆彦, 阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 : 胎児期に発見された新生児心室頻拍の3例, 第57回中国四国小児科学会, 2006年10月.
113)岩本 誠司, 生島 仁史, 岸田 義臣, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : 浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法併用放射線治療の検討, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台)2006.11 (日本放射線腫瘍学会誌), Vol.18, No.Supp. 1, 220, 2006年10月.
114)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第13報)-界面特性の解析-, 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年10月.
115)早渕 康信 : MDCTを用いたePTFEグラフト・パッチの石灰化の診断と評価, 第2回四国小児循環器研究会, 2006年10月.
116)南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
117)平 広範, 石澤 啓介, 廣永 有沙, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : 血管内皮細胞障害におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の保護効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 102, 2006年10月.
118)松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 : ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
119)西川 聡美, 篠永 ゆかり, 尼寺 理恵, 原田 桂子, 有田 憲司 : 自然消失した先天性エプ-リスの一例, 第25回日本小児歯科学会中四国地方会大会および総会, 2006年10月.
120)阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 : 多源性心房頻拍(MAT)の2例, 第1回四国小児循環器研究会, 2006年10月.
121)黒川 ふみ, 阿部 真治, 鳥井 真由美, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : アスピリンとNSAIDs併用における相互作用 ∼ヒト血小板凝集能に及ぼす影響∼, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
122)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
123)阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 米国における薬剤師育成の現状, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 204, 2006年10月.
124)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 : 学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月.
125)藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み 第2報, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723-724, 2006年10月.
126)今井 貴夫, 武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教, 中前 幸治, 細川 清人, 花本 敦, 久保 武 : クプラ結石症が病態と考えられる後半規管型良性発作性頭位めまい症症例, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
127)関根 和教, 今井 貴夫, 合田 正和, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : Video-oculography(VOG)検査における赤外線CCDカメラ固定の重要性, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
128)関根 和教, 合田 正和, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : 外側半規管型良性発作性頭位めまい症の治癒経過, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
129)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ラット視床下部のヒスタミンH1受容体mRNA発現に対する過重力の影響, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
130)井上 峰彦, 和田 隆広, 関根 和教, 武田 憲昭 : 耳石運動シミュレータを使用した耳石置換法の検討と評価, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
131)岸田 義臣, 生島 仁史, 岩本 誠司, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supp. 1, 151, 2006年11月.
132)平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 松尾 敬志 : う蝕関連細菌が歯髄細胞における自然免疫応答に及ぼす影響, 第125回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2006年11月.
133)山崎 泰文, 徳山 麗子, 湯淺 哲也, 中西 宏彰, 長山 勝 : 頬粘膜に発生した上皮異形成を伴う疣贅型黄色腫の1例, 第54回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2006年11月.
134)森川 富昭 : 大学病院における個人情報保護対策-プライバシーマーク認証取得の方法とその成果-, 第26回医療情報学連合大会, 2006年11月.
135)上村 浩一, 安井 敏之, 加地 剛, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 須藤 真功, 三谷 龍史, 前田 和寿, 苛原 稔 : 妊娠中の切迫早産によるベッド上安静が母体の骨代謝に与える影響, 第13回徳島骨代謝研究会, 2006年11月.
136)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践とその評価, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 111-114, 2006年11月.
137)堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬口不全に対して集学的治療を行った1症例, 第24回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2006年11月.
138)佐藤 裕, 石川 輝明, 坂東 永一, 中野 雅德, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 北村 万里子, 山本 修史, 野口 直人 : 顎機能診断支援のためのリアルタイムモニタの開発, 日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 16-17, 2006年11月.
139)山本 修史, 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 北村 万里子, 中野 雅德, 野口 直人, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 大倉 一夫 : 咬合紙検査条件とタッピング運動との関係, 日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 14-15, 2006年11月.
140)川添 和義, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : 植物に新しい抗MRSA薬を求めて, 日本化学会西日本大会, 265, 2006年11月.
141)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 岩本 誠司, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の1年後の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 201, 2006年11月.
142)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 北里 慶子, 永廣 信治 : プラークの酸化マーカーおよび免疫組織学的検討による頚動脈内膜剥離術の適応 -酸化LDLと不安定プラークの関係-, 第9回日本栓子検出と治療学会, 2006年11月.
143)尾崎 亨祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 山下 恭, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 徳島大学病院における子宮頸癌の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 231, 2006年11月.
144)大川 勝正, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 高瀬 真記, 大西 敏弘, 大西 達也 : 下口唇横紋筋肉腫の1例, 第126回日本皮膚科学会徳島地方会, 2006年11月.
145)藤井 達也, 高橋 美香, 黒田 若奈, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 : 神経線維腫症II型の2症例, 第32回中国四国地方部会連合学会, 2006年12月.
146)川田 仁美, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における喉頭癌の治療成績, 第32回中国四国地方部会連合学会, 2006年12月.
147)雫 治彦, 中川 伸一, 田村 公一, 武田 憲昭 : 体位変換で大動脈の圧迫が明らかになった気管狭窄症例, 第32回中国四国地方部会連合学会, 2006年12月.
148)小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
149)杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
150)山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
151)多田 真理枝, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 山田 博胤 : 心不全症状を繰り返した心尖部肥大型心筋症の一例, 第89回日本循環器学会四国地方会, 2006年12月.
152)中島 智博, 添木 武, 若槻 哲三, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 伊東 進 : PP間隔が不規則な上室性頻拍に対しCARTOを用いたAblationが有用であった1例, 第89回日本循環器学会四国地方会, 2006年12月.
153)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 中島 智博, 仁木 敏之, 福田 大和, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進 : 体位変換により出現する低酸素血症の診断にコントラスト心エコー法が有用であった一例, 第89回日本循環器学会四国地方会, 2006年12月.
154)吉田 誉, 浦田 将久, 来島 敦史, 加納 正志, 北市 隆, 増田 裕, 鈴木 光二郎, 早渕 康信, 森 一博, 北川 哲也 : Williams症候群の先天性大動脈弁上狭窄症に対する1手術例, 第89回日本循環器学会四国地方会, 2006年12月.
155)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加による緑膿菌Quorum Sensing関連遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会西日本支部総会, 2006年12月.
156)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : サイトカイン刺激によるヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL16産生の解析, 第36回 日本免疫学会総会・学術集会, 2006年12月.
157)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 50, 2007年.
158)今井 貴夫, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 久保 武 : 良性発作性頭位めまい症の頭位変換眼振第二相の検討, 第66回めまい平衡医学会, 2007年.
159)戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第17回日本耳科学会, 2007年.
160)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : HAP Putty(骨止血剤)が血小板凝集および血小板由来増殖因子の分泌に及ぼす影響., 第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
161)南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 石川 邦夫, 宮本 洋二, 長山 勝 : 低結晶性炭酸アパタイト含有PLGA複合体が多核巨細胞に与える影響, 第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
162)早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 : 動脈管開存症コイル塞栓術施行前後におけるmultidetector-row CT (MDCT)の有用性, 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会, 2007年1月.
163)早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 : B-T シャント吻合部狭窄に対するバルーン血管形成術4日後に動脈瘤形成が確認された1例, 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会, 2007年1月.
164)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 島田 光生, 西谷 弘 : CT画像を用いた腹部センチネルリンパ節の自動抽出に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.106, No.510, 69-72, 2007年1月.
165)影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 桑山 一行, 永廣 信治, 中川 義信, 熊田 博明 : 悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT) -BNCT専用線量評価システムの臨床応用-, 第16回日本脳神経外科コンピュータ研究会, 2007年1月.
166)田村 公一, 陣内 自治, 阿部 晃治, 中川 伸一, 武田 憲昭 : 形状記憶型撓性咽喉頭内視鏡の開発, 第17回日本頭頸部外科学会, 2007年2月.
167)森口 博基 : 大学附属病院における個人情報保護の取組み-プライバシーマークの取得を通して-, 文部科学省主催 情報セキュリティーセミナー, 2007年2月.
168)森川 富昭 : 医学教育におけるe-Learningの活用, 第234回徳島医学会学術集会, 2007年2月.
169)渡辺 典子, 早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 香美 祥二, 中川 竜二, 西條 隆彦, 嵩原 裕夫, 北川 哲也 : 大動脈走行異常による気管狭窄をきたしたVACTERL連合の一例, 第21回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2007年2月.
170)粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : ApoE欠損マウスにおける血漿ヘパリンコファクターII活性の低下は酸化ストレスを増大させ粥状動脈硬化を促進させる, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 41, 2007年2月.
171)赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : ピタバスタチンは血管内皮機能の改善を介してグルココルチコイド過剰による高血圧を予防する, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 39, 2007年2月.
172)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムによる血管リモデリング制御機構の解析, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 35, 2007年2月.
173)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : PitavastatinはAngiotensin IIによる心血管リモデリングと腎障害をeNOS非依存性に抑制する, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 24, 2007年2月.
174)石田 創士, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 外陰部硬化性委縮性苔癬に発生した有棘細胞癌の1例, 第53回日本形成外科学会中国四国支部学術集会, 2007年2月.
175)浦田 将久, 北市 隆, 加納 正志, 来島 敦史, 吉田 誉, 増田 裕, 北川 哲也, 山野 雅弘, 中西 秀樹, 森 一博, 早渕 康信 : 小児開心術後縦隔炎に対しVACシステムが有用であった1例, 第15回徳島外科術後管理研究会, 2007年2月.
176)影治 照喜 : 膠芽腫に対する非開頭BNCTの臨床経過, 平成18年度原子炉医療照射経過報告会, 2007年2月.
177)井上 尚兵, 木下 陽子, 青柳 えり子, 六車 直樹, 伊東 進, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT誘導体を用いた蛋白質標識モデル実験, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
178)阿部 晃治, 押川 千恵, 武田 直也, 幸田 純治, 田村 公一, 武田 憲昭 : FDG-PETにて健側喉頭に偽陽性を示した喉頭麻痺症例, 第19回日本喉頭科学会, 2007年3月.
179)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, T Nakajima, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Simultaneously Recorded E/Ew Refletcts Plasma BNP Level in Patients with Atrial Fibrillation., 71th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2007.
180)Numata Syusuke, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, So Hongwei, Ohta Koshi, Sawako Kinouchi, Shibuya-Tayoshi Sumiko, Shinya Tayoshi, Aono Michitaka, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake and al et : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset, 第2回日本統合失調症学会, Mar. 2007.
181)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ・第1回国際シンポジウム, Mar. 2007.
182)遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例, 第17回臨床内分泌代謝Update, 2007年3月.
183)森口 博基 : 3DCG contents for medicine, 第18回医療情報学会中国四国支部会, 2007年3月.
184)森川 富昭 : 病院機能評価における医療情報マネージメント, 第18回医療情報学会中国四国支部会, 2007年3月.
185)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 第32回日本脳卒中学会総会, 2007年3月.
186)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 永廣 信治 : CEAにおける術中モニタリングの有用性, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月.
187)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点,, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月.
188)西 京子, 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 永廣 信治 : MRA・STA超音波検査によるSTA-MCA吻合術後の血行動態評価, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月.
189)多田 恵曜, 森垣 龍馬, 島田 健司, 鈴江 淳彦, 西 京子, 宇野 昌明, 永廣 信治 : 急性期STA-MCA anastomosisの検討, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月.
190)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
191)Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi and Tetsuro Ohmori : Differential expression of Disrupted-In-Schizophrenia-1 (DISC1) in the peripheral leukocytes from schizophrenia and major depressive disorder, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
192)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
193)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)宋 鴻偉, 田吉 純子, 伊賀 淳一, 山内 健, 沼田 周助, 田吉 伸哉, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 炭酸リチウム投与におけるヒト末梢血白血球の遺伝子mRNA発現変化, 第26回リチウム研究会, 2006年4月.
2)野村 昌弘, 中安 紀美子, 佐竹 昌之, 的場 秀樹, 小原 繁, 河野 奈緒, 村岡 直子, 藤本 小百合, 木村 好孝, 河野 智仁, 伊東 進 : 運動習慣および炎症マーカが冠動脈プラークに及ばす影響, 心臓, Vol.38, No.2, 28-30, 2006年5月.
3)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年7月.
4)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 誉田 栄一 : 口唇病変の超音波画像所見, 四国歯学会雑誌, 2006年7月.
5)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2006年7月.
6)田中 克哉 : 麻酔薬によるプレコンディショニングは摘出心においてNa+ーCa2+交換抑制で誘発される機械的および代謝的機能とカルシウム処理を増強する, Anesthesia Network, Vol.11, No.2, 36-42, 2007年.
7)森口 博基 : Changing medicine,to whom by what?, 第16回日本脳神経外科コンピュータ研究会, 2007年1月.
8)森川 富昭 : 注射に関わるシステムの課題と提示, 九州大学, 2007年2月.
9)森口 博基 : ICT-誰のために何のために, 第6回日本医療マネジメント学会香川地方会, 2007年3月.
10)森川 富昭 : 医学教育におけるe-Learningの活用, 徳島大学医療教育開発センター, 2007年3月.
11)三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)粟飯原 賢一 : ヘパリンコファクターIIの抗動脈硬化作用, 上原記念生命科学財団研究報告集, Vol.21, 472-474, 2007年.
2)岡村 誠介, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 山下 理子, 佐野 壽昭, 池本 哲也, 藤井 正彦, 三宅 秀則 : 膵管内発育を主とし特異な形態を呈した膵腺房細胞癌の1例, 消化器画像, Vol.9, No.1, 41-46, 2007年1月.
3)尾崎 和美 : 象牙細管侵入細菌の菌体内多糖合成に関する動的解析, 平成17年度∼平成18年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{78580}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)小笠原 聡子, 桐野 靖, 米田 良子, 元林 有紀, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(2), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年5月.
2)木宿 昌俊, 森 剛志, 田島 壮一郎, 板東 篤史, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(2), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年7月.
3)齋藤 憲, 添木 武 : 循環器症候群(第2版)Ⅰ, --- Ⅲ.不整脈(多形性心室頻拍) ---, 日本臨牀社, 大阪, 2007年8月.
4)川人 伸次, 北畑 洋 : 第1章 基礎・準備編 1 プローブの選択と安全な挿入法, --- 経食道心エコー:撮り方,見かたの基本とコツ ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2007年9月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)森川 富昭, 森口 博基, 岡田 達也 : 【徳島大学の医学教育を考える】 医学教育におけるe-Learningの活用 マルチメディア教材の分析, 四国医学雑誌, Vol.63, 11-18, 2007年.
2)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescribing patterns during pregnancy at Tokushima University Hospital, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.33, No.4, 377-385, 2007.
3)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Hongwei Song and Tetsuro Ohmori : Altered HDAC5 and CREB mRNA expressions in the peripheral leukocytes of major depression, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.31, No.3, 628-632, 2007.
4)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Song Hongwei, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.31, No.3, 658-663, 2007.
5)Katsuya Tanaka, Takashi Kawano, Akiyo Nakamura, Hossein Nazari, Shinji Kawahito, Shuzo Oshita, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Isoflurane activates sarcolemmal adenosine Triphosphate-sensitive potassium channels in vascular smooth muscle cells: A role of protein kinase A, Anesthesiology, Vol.106, No.5, 984-991, 2007.
6)Kaoru Matsuo, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Makiko Fukaya, Tadashi Sato, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : The anti-obesity effect of the palatinose-based formula Inslow is likely due to an increase in the hepatic PPAR-α and adipocyte PPAR-γ gene expressions., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 234-241, 2007.
7)Nakamura Akiyo, Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Nazari Hossein, Akira Takahashi, Hiroshi Kitahata, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Differential Effects of Etomidate and Midazolam on Vascular Adenosine Triphosphate-sensitive Potassium Channels: Isometric Tension and Patch Clamp Studies., Anesthesiology, Vol.106, No.3, 515-522, 2007.
8)Cory W. Ernst, Jang Eun Lee, Tadashi Nakanishi, Nadeem Y. Karimbux, Taia M. Rezende, Philip Stashenko, Makoto Seki, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Diminished forkhead box P3/CD25 double-positive T regulatory cells are associated with the increased nuclear factor-kB ligand (RANKL(+)) T cells in bone resorption lesion of periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.148, No.2, 271-280, 2007.
9)西川 聡美, 原田 桂子, 篠永 ゆかり, 尼寺 理恵, 有田 憲司 : 自然消失した先天性エプーリスの1例, 小児歯科学雑誌, Vol.45, No.1, 97-102, 2007年.
10)E Akagawa, K Murata, N Tanaka, Hirotsugu Yamada, T Miura, H Kunichika, Y Wada, Y Hadano, T Tanaka, Y Nose, K Yasutomo, M Kono and M Matsuzaki : Augmentation of left ventricular apical endocardial rotation with inotropic stimulation contributes to increased left ventricular torsion and radial strain in normal subjects, --- Quantitative assessment utilizing a novel automated tissue tracking technique ---, Circulation Journal, Vol.71, No.5, 661-668, 2007.
11)永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 : 塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善, 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 158, 2007年.
12)河北 直也, 藤田 浩司, 三ツ井 貴夫, 和泉 唯信, 鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 山田 博胤, 森田 奈緒美, 梶 龍兒 : 3 Tesla T2 *強調MRIで中大脳動脈内塞栓子を呈した若年性脳塞栓症の1例, 脳卒中, Vol.29, No.3, 469-473, 2007年.
13)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Study on factors related to loss of lower extremity muscle mass in elderly acute stroke patients, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 23-27, 2007.
14)Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami, Katsunori Tatara, Y Hirayama and Y Abe : Myocardial strain imaging for early detection of cardiac involvement in patients with Duchenne's progressive muscular dystrophy., Echocardiography, Vol.24, No.6, 598-608, 2007.
15)Makiko Fukaya, Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Takashi Uebanso, Kaoru Matuo, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Mechanism of rapid-phase insulin response to elevation of portal glucose concentration., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.293, No.2, E515-22, 2007.
16)Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Makiko Fukaya, Mitsuyo Sato, Hisami Okumura, Eiji Takeda and Toshio Doi : Early-phase insulin secretion is distributed in obese subjects with glucose intolerance., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.6, 856-862, 2007.
17)近藤 英司, 北村 嘉章, 陣内 自治, 秋月 裕則, 由良 いづみ, 中川 英幸, 中川 伸一, 佐野 暢哉, 武田 憲昭 : ボリコナゾールが著効した副鼻腔と中耳の侵襲性アスペルギルス症例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.100, No.6, 473-483, 2007年.
18)Ichiro Tonogai, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Minimally invasive endoscopic removal of herniated nucleus pulposus that had migrated to the S1 nerve root foramen., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 173-177, 2007.
19)徳山 麗子, 里村 一人, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する検討, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 2-7, 2007年.
20)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Masataka Sata, Nobuyuki Takamori, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Hirotaka Kawano, Takashi Yamada, Toru Fukuda, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Kimihiro Yoshimura, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Akimasa Oomizu, Minoru Tsukada, Hideki Hayashi, Toshiki Sudo, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice, The Journal of Clinical Investigation, Vol.117, No.6, 1514-1526, 2007.
21)Tomoharu Fukumori, HO Kanayama and A Raz : The role of galectin-3 in cancer drug resistance., Drug Resistance Updates, Vol.10, No.3, 101-108, 2007.
22)菅 俊行, 石川 邦夫, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 : フッ化ジアミンシリケートの象牙質知覚過敏症治療剤への応用―抜去歯を用いた象牙細管封鎖能の検討―, 日本歯科保存学雑誌, Vol.50, No.3, 313-320, 2007年.
23)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦 : 口唇部粘液嚢胞の超音波画像所見, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.1, 177-180, 2007年.
24)高橋 章, 菅原 千恵子 : 顎顔面領域における超音波画像表示領域に関する検討, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.1, 181-187, 2007年.
25)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : CXC chemokine ligand 16 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by cytokine-stimulated human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.149, No.1, 146-154, 2007.
26)加地 剛, 安井 敏之, 須藤 真功, 中山 聡一朗, 森根 幹生, 三谷 龍史, 前田 和寿, 苛原 稔, 上村 浩一 : 切迫早産管理が骨代謝に与える影響の検討(第1報), Osteoporosis Japan, Vol.15, No.3, 448-451, 2007年.
27)Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi, Hirotsugu Takiwaki, 高瀬 真記, Masahiro Yamano and Hiromichi Sedo : Flap Monitoring by Transcutaneous PO2 and PCO2:Importance of Transcutaneous PCO2 in Determining Follow-up Treatment for Compromised Free Flaps, Journal of Reconstructive Microsurgery, Vol.23, No.5, 269-274, 2007.
28)Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori, Tetsuya Kitagawa, Sakata Miho and Shoji Kagami : Polytetrafluoroethylene graft calcification in patients with surgically repaired congenital heart disease:Evaluation using multidetector-row computed tomography, American Heart Journal, Vol.153, No.5, 806e1-806e8, 2007.
29)Toshiya Kashiwabara, Yuka Yoshijima, Seiko Hongama, Kan Nagao, Katsuhiko Hirota and Tetsuo Ichikawa : Denture plaque microflora in geriatric inpatients and maxillary defect patients, Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.3, 153-158, 2007.
30)Hideji Tanaka, Yoshifumi Oishi, Yukio Mizuguchi, Shigefumi Emi, Takeo Ishimoto, Norio Nagase, Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada and Takashi Oki : Three-dimensional evaluation of dobutamine-induced changes in regional myocardial deformation in ischemic myocardium using ultrasonic strain measurements: the role of circumferential myocardial shortening., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.20, No.11, 1294-1299, 2007.
31)Sogabe Masahiro, Kimura Yoshitaka, Iwaki Hiroshi, Okita Yoshio, Hibino Shingo, Sawda Seizo, Toshiya Okahisa, Okamoto Koichi, Tsujigami Koji, Hayashi Hiroshige, Hukui Yasuo, Nakamura Toshio, Taniki Toshikatsu, Nakasono Masahiko, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic comparison of gastric motility between diabetic gastroparesis patients with and without metabolic syndrome., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.23, No.7 Pt 2, e17-22, 2007.
32)Yamada Hiroyuki, Kawaguchi Koji, Yagi Masatoshi and Yasuhiko Morita : Epithelial myoepithelial carcinoma of the submandibular gland with a high uptake of 18 F-FDG, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.104, No.2, 243-248, 2007.
33)Shunji Nakano, Takuya Mishiro, Sigeyuki Takahara, Hhiromiti Yokoi, Daisuke Hamada, Kiminori Yukata, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Hiroshi Egawa, Susumu Yasuoka, H Furouchi, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Distinct expression of mast cell tryptase and protease activated receptor-2 in synovia of rheumatoid arthritis and osteoarthritis., Clinical Rheumatology, Vol.26, No.8, 1284-1292, 2007.
34)Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Tetsuya Kitagawa, Shuzo Oshita and Nose Yukihiko : Non-cardiac surgery applications of extracorporeal circulation, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 200-210, 2007.
35)内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎移動術を行った顎偏位を伴う下顎前突の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 29-36, 2007年.
36)Shinji Matsuo, Akira Kurisaki, Hiromu Sugino, Ichiro Hashimoto and Hideki Nakanishi : Analysis of skin graft survival using green fluores cent protein transgenic mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 267-275, 2007.
37)Hideki Otsuka, Naomi Morita, Kyo Yamashita and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT for cancer management, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 195-199, 2007.
38)Hideki Otsuka, Naomi Morita, Kyo Yamashita and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT for diagnosis and follow-up o f vasculitis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 345-348, 2007.
39)Shinjiro Takata, Aziz Abbaspour, Michiharu Kashihara, Shigetaka Nakao and Natsuo Yasui : Unilateral chronic insufficiency of anterior cruciate ligament decreases bone mineral content and lean mass of the injured lower extremity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 316-321, 2007.
40)Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Radiation therapy for cervical cancer in the elderly, Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, 2007.
41)Katsutoshi Miyatake, Hiroshi Inoue, Kahoko Hashimoto, Hiroshi Takaku, Yoichiro Takata, Shunji Nakano, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : PKC412 (CGP41251) modulates the proliferation and lipopolysaccharide-induced inflammatory responses of RAW 264.7 macrophages., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.360, No.1, 115-121, 2007.
42)Naomi Morita, Hideki Otsuka, Kyo Yamashita and Hiromu Nishitani : Utility of FDG-PET/CT examination for patients with cancer of unknown origin., Shikoku Acta Medica, Vol.63, 121-126, 2007.
43)Nori Hirohashi, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Koichi Oba, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Lumbar radiculopathy caused by extradural rheumatoid nodules. A case report., Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.3, 352-356, 2007.
44)森川 富昭, 森口 博基, 能瀬 高明, 田木 真和, 大岡 裕子, 石山 由紀子 : 徳島大学病院における個人情報保護対策 プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 369-374, 2007年.
45)原田 耕志, 玉谷 哲也, 板東 髙志, 吉田 秀夫 : S-1投与が奏効した口腔扁平上皮癌の1例, 癌と化学療法, Vol.34, No.9, 1455-1458, 2007年.
46)Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori and Shoji Kagami : Virtual endoscopy using multidetector-row CT for coil occlusion of patent ductus arteriosus, Catheterization and Cardiovascular Interventions, Vol.70, No.3, 434-439, 2007.
47)東 貴弘, 戸田 直紀, 田村 公一, 武田 憲昭 : 4種類の機器による扁摘の比較検討, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.100, No.9, 743-746, 2007年.
48)高瀬 真記, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 松本 和也, 森本 忠興 : 乳房縮小・再建術を行った若年性乳腺肥大症の2例, 日本形成外科学会会誌, Vol.27, No.9, 636-642, 2007年.
49)山内 英嗣 : 上顎右側側切歯先天性欠如症例にインプラント治療を行った1症例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.3, 549-550, 2007年.
50)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 術前塞栓術を併用したAVM手術, 脳卒中の外科, Vol.35, No.5, 354-360, 2007年.
51)Yuichi Fujinaka, K. Karen Takane, Hiroko Yamashita and C. Rupangi Vasavada : Lactogens promote beta cell survival through JAK2/STAT5 activation and Bcl-XL upregulation., The Journal of Biological Chemistry, Vol.282, No.42, 30707-30717, 2007.
52)西 真寿美, 高橋 巧, 冨田 優子, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去12年間の口唇裂口蓋裂患者に関する実態調査-第2報-, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.3, 317-325, 2007年.
53)Tetsuya Tamatani, Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Yuichiro Kawashima and Takashi Bando : Cepharanthin-enhanced radiosensitivity through the inhibition of radiation-induced nuclear factor-kappaB activity in human oral squamous cell carcinoma cells., International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 761-768, 2007.
54)Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori, Tetsuya Kitagawa, Miki Inoue and Shoji Kagami : Accurate quantification of pulmonary artery diameter in patients with cyanotic congenital heart diease using multidetector-row computed tomography, American Heart Journal, Vol.154, No.4, 783-788, 2007.
55)Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
56)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, Orthodontic Waves-Japanese Edition, Vol.66, No.3, 134-142, 2007年.
57)Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Pitavastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, exerts eNOS-independent protective actions against angiotensin II induced cardiovascular remodeling and renal insufficiency., Circulation Research, Vol.102, No.1, 68-76, 2007.
58)Rupangi C. Vasavada, Lin Wang, Yuichi Fujinaka, Karen K. Takane, Taylor C. Rosa, Jose MD. Mellado-Gil, Peter A. Friedman and Adolfo Garcia-Ocaña : Protein kinase C-{zeta} activation markedly enhances {beta}-cell proliferation: an essential role in growth factor-mediated {beta}-cell mitogenesis., Diabetes, Vol.56, No.11, 2732-2743, 2007.
59)Kazuhito Satomura, Reiko Tokuyama, Tetsuya Yuasa, Y Yamasaki, Seiko Tatehara, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Masaru Nagayama : Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.36, No.10, 621-624, 2007.
60)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration, Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
61)Hideki Otsuka, Naomi Morita, Kyo Yamashita and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT findings in maxillary lesion., Japanese Journal of Clinical Radiology, Vol.52, No.12, 1676-1684, 2007.
62)森田 奈緒美, 原田 雅史, 宇野 昌明, 西谷 弘, 永廣 信治 : MRIを第一選択とした急性期脳血管障害の画像診断法, (月刊)臨床放射線, Vol.52, 1663-1669, 2007年.
63)Atsuhiko Suzue, Masaaki Uno, KT Kitazato, Kyoko Nishi, Kenji Yagi, Hao Liu, Tetsuya Tamura and Shinji Nagahiro : Comparison between early and late carotid endarterectomy for symptomatic carotid stenosis inn relation to oxidized low-density lipoprotein and plaque vulnerability, Journal of Vascular Surgery, Vol.46, No.5, 870-875, 2007.
64)Hirohide Yamada, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of intracellular MgADP and acidification on the inhibition of cardiac sarcolemmal ATP-sensitive potassium channels by propofol, Journal of Anesthesia, Vol.21, No.4, 472-479, 2007.
65)Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Estradiol suppresses NMU mRNA expression during sexual maturation in the female rat pituitary., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.26, No.3-4, 381-384, 2007.
66)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 和泉 唯信, 中根 俊成, 永廣 信治 : 徳島大学病院stroke centerでの脳卒中医療の現状 -特にstroke MRIの有用性-, 脳卒中の外科, Vol.35, No.6, 427-431, 2007年.
67)佐藤 裕, 坂東 永一, 市川 哲雄 : コンピュータ支援による咀嚼運動診断のための解析方法, 日本歯科産業学会雑誌, Vol.21, No.2, 58-67, 2007年.
68)Hongwei Song, Shu-ichi Ueno, Shusuke Numata, Junichi Iga, Sumiko Tayoshi, Masahito Nakataki, Shin'Ya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Tomohito Tomotake, Tomohito Tada, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Association between PNPO and schizophrenia in the Japanese population, Schizophrenia Research, Vol.97, No.1-3, 264-270, 2007.
69)Kazuya Kondo, Takanori Miyoshi, Haruhiko Fujino, Hiromitsu Takizawa, Satoshi Imai, Naoki Kobayashi, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Photodynamic therapy using a second generation photosensitizer, Talaporfin, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.4, No.4, 269-274, 2007.
70)Satoru Eguchi, Takashi Kawano, hua Yin, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Shuzo Oshita and Nobuyoshi Nakajo : Effects of prostaglandin E1 on vascular ATP-sensitive potassium channels., Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.6, 686-691, 2007.
71)Tomohiko Adachi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Caries-related bacteria and cytokines induce CXCL10 in dental pulp., Journal of Dental Research, Vol.86, No.12, 1217-1222, 2007.
72)Hirofumi Kosaka, Koichi Sairyo, A Biyani, D Leaman, R Yeasting, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano, VK Goel and Natsuo Yasui : Pathomechanism of loss of elasticity and hypertrophy of lumbar ligamentum flavum in elderly patients with lumbar spinal canal stenosis., Spine, Vol.32, No.25, 2805-2811, 2007.
73)Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Tadanori Sakamaki, Shinnji Komatsubara, Kiminori Yukata, Naohito Hibino, hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano and Natsuo Yasui : Vertebral rounding deformity in pediatric spondylolisthesis occurs due to deficient of endochondral ossification of the growth plate: radiological, histological and immunohistochemical analysis of a rat spondylolisthesis model., Spine, Vol.32, No.25, 2839-2845, 2007.
74)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Hongwei Song, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : The Val66Met polymorphism of the brain-derived neurotrophic factor gene is associated with psychotic feature and suicidal behavior in Japanese major depressive patients, American Journal of Medical Genetics. Part B, Neuropsychiatric Genetics, Vol.144, No.8, 1003-1006, 2007.
75)Hirofumi Aki, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin-Ya Tayoshi, Ikuyo Motoki, Kazuhiko Moriguchi, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective quality of life, levels of life skills, and their clinical determinants in outpatients with schizophrenia., Psychiatry Research, Vol.158, No.1, 19-25, 2007.
76)Kazuhide Yoneda, Junji Ueno, Sadamitsu Nishihara, Tetsuya Tsujikawa, Naomi Morita, Hideki Otsuka, Kaori Furutani, Hiromu Nishitani, Kazuya Kondo and Yasuhiko Nishioka : Postprocessing technique with MDCT data improves the accuracy of the detection of lung nodules, Radiation Medicine, Vol.25, No.10, 511-515, 2007.
77)Hideki Otsuka, Naomi Morita, Kyo Yamashita and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT findings of autoimmune pancreatitis associated with idiopathic retroperitoneal fibrosis, Annals of Nuclear Medicine, Vol.21, No.10, 593-596, 2007.
78)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Magnetic Resonance Manifestations of Decidualized Endometriomas During Pregnancy, Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.32, No.3, 353-355, 2008.
79)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Nobuya Sano, Hiroyuki Furumoto and Hiromu Nishitani : Malignant Brenner tumor with transition from benign to malignant components: computed tomographic and magnetic resonance imaging findings with pathological correlation, Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.32, No.4, 553-554, 2008.
80)Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui : Continuous infusion of insulin-like growth factor-I into the epiphysis of the tibia., International Orthopaedics, Vol.32, No.3, 395-402, 2008.
81)Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Daisuke Hamada, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, F Shinomiya and Natsuo Yasui : Radiological features of lumbar spinal lesions in patients with rheumatoid arthritis with special reference to the changes around intervertebral discs., The Spine Journal, Vol.8, No.4, 605-611, 2008.
82)Yasui Sonoko, Mawatari Kazuaki, Takashi Kawano, Morizumi Ran, Hamamoto Akiko, Furukawa Hiroko, Koyama Kei, Nakamura Aki, Hattori Atsushi, Nakano Masayuki, Harada Nagakatsu, Hosaka Toshio, Takahashi Akira, Shuzo Oshita and Nakaya Yutaka : Insulin activates ATP-sensitive potassium channels via phosphatidylinositol 3-kinase in cultured vascular smooth muscle cells, Journal of Vascular Research, Vol.45, No.3, 233-243, 2008.
83)H Tanaka, Y Oishi, Y Mizuguchi, H Miyoshi, T Ishimoto, N Nagase, Hirotsugu Yamada and T Oki : Contribution of the pericardium to left ventricular torsion and regional myocardial function in patients with total absence of the left pericardium., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, No.3, 268-274, 2008.
84)Y Notomi, ZB Popovic, Hirotsugu Yamada, DW Wallick, MG Martin, SJ Oryszak, T Shiota, NL Greenberg and JD Thomas : Ventricular untwisting: a temporal link between left ventricular relaxation and suction., American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.294, No.1, H505-513, 2008.
85)Yoichiro Takata, Hiroshi Inoue, Aya Sato, Kazue Tsugawa, Katsutoshi Miyatake, Daisuke Hamada, Fumio Shinomiya, Shunji Nakano, Natsuo Yasui, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Replication of reported genetic associations of PADI4, FCRL3, SLC22A4 and RUNX1 genes with rheumatoid arthritis: results of an independent Japanese population and evidence from meta-analysis of East Asian studies., Journal of Human Genetics, Vol.53, No.2, 163-173, 2008.
86)Naoki Muguruma and Susumu Ito : Labeled anti-mucin antibody detectable by infrared-fluorescence endoscopy., Cancer Biomarkers, Vol.4, No.6, 321-328, 2008.
87)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Decreased expression of kisspeptin mediates acute immune/inflammatory stress-induced suppression of gonadotropin secretion in female rat., Journal of Endocrinological Investigation, Vol.31, No.7, 656-659, 2008.
88)佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 岡 博文, 三宅 一, 松原 俊二, 花岡 真実, 西 京子, 宇野 昌明, 永廣 信治 : 大型内頸動脈瘤における,内頸動脈遮断試験の方法と実際内頸動脈瘤—脳血管内治療の立場からー, 第15回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 77-83, 2008年.
89)赤池 雅史, 小原 卓爾, 日浅 光春, 藤村 光則, 加藤 みどり, 横井 健治, 小島 章裕, 岡崎 誠司, 井内 貴彦, 井上 利彦, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 東 博之 : 高コレステロール血症患者に対するピタバスタチンの有効性 総合的脂質プロファイルに関する検討, Progress in Medicine, Vol.28, No.11, 2745-2751, 2008年.
90)佐藤 泰仁, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後の髄液ドレナージは血管攣縮を減少させるか?, 脳血管攣縮, Vol.24, 40-44, 2008年.
91)Takao Imai, Noriaki Takeda, Gou Satou, Kazunori Sekine, Mahito Ito, Koji Makamae and Takeshi Kbo : Changes in slow phase eye velocity and time constant of positional nystagmus at transform from cupulolithiasis to canalolithiasis, Acta Oto-Laryngologica, Vol.128, No.1, 22-28, 2008.
92)Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Continuous local infusion of fibroblast growth factor-2 enhances consolidation of the bone segment lengthened by distraction osteogenesis in rabbit experiment., Bone, Vol.42, No.1, 98-106, 2008.
93)Shunji Nakano, Toshihiko Nishisyo, Daisuke Hamada, Hirofumi Kosaka, Kiminori Yukata, Kouichi Oba, Yoshiteru Kawasaki, Hideaki Miyoshi, Hiroshi Egawa, Isamu Kinoshita and Natsuo Yasui : Treatment of dysplastic osteoarthritis with labral tear by Chiari pelvic osteotomy: outcomes after more than 10 years follow-up., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.128, No.1, 103-109, 2008.
94)Tetsuya Tsujikawa, Hideki Otsuka, Naomi Morita and Hiromu Nishitani : Does partial volume corrected maximum SUV based on count recovery coefficient in 3D-PET/CT correlate with clinical aggressiveness of non-Hodgkins lymphoma?, Annals of Nuclear Medicine, Vol.22, No.1, 23-30, 2008.
95)Takanori Hirose, K Ishizawa, K Sugiyama, Teruyoshi Kageji, K Ueki and S Kannuki : Pleomorphic xanthoastrocytoma: a comparative pathological study between conventional and anaplastic types, Histopathology, Vol.52, No.2, 183-193, 2008.
96)Sawako Kinouchi, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Hongwei Song, Satsuki Sumitani, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : FKBP5, SERT and COMT mRNA expressions in the peripheral leukocytes during menstruation cycle in healthy reproductive females., Neuroscience Letters, Vol.434, No.1, 124-128, 2008.
97)Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Yoshitsugu Takeda and Natsuo Yasui : Conservative treatment for osteochondrosis of the humeral capitellum., The American Journal of Sports Medicine, Vol.36, No.5, 868-872, 2008.
98)Ichiro Tonogai, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui : Myelopathy in a 6-year-old girl caused by neurofibromatosis Type 1: a case report, The Spine Journal, Vol.8, No.5, 836-840, 2008.
99)戸田 直紀 : Hunt症候群の聴覚・前庭機能障害, Facial Nerve Research Japan, Vol.27, 37-40, 2008年.
100)大山 晴三, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用による病的共同運動の治療効果, Facial Nerve Research Japan, Vol.27, No.0, 189-191, 2008年.
101)中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経をきたした顔面神経麻痺例に対するリハビリテーション, Facial Nerve Research Japan, Vol.27, No.0, 186-188, 2008年.
102)Takao Imai, Noriaki Takeda, Gou Satou, Kazunori Sekine, Mahito Ito, Koji Nakamae and Takeshi Kubo : Differential diagnosis of true and pseudo-bilateral benign positional nystagmus, Acta Oto-Laryngologica, Vol.128, No.2, 151-158, 2008.
103)Qishisan Wu, Nagakatsu Harada, Aki Nakamura, Masaki Yoshida, Kazuaki Mawatari, Atsushi Hattori, Qinkai Li, Takaaki Shimohata, Yinhua, Xin Lian, Masayuki Nakano, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates contraction of rat intestinal ring preparations, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 61-70, 2008.
104)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh and Masafumi Harada : Can Kampo Therapy prolong the life of cancer patients?, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 99-105, 2008.
105)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Akira Sano, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takada and Tetsuro Ohmori : No association between the NDE1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Schizophrenia Research, Vol.99, No.1-3, 367-369, 2008.
106)Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Hisashi Matsuoka, Koh Uyama, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Akira Tangoku, Kazumasa Miura, Kiyoshi Yoshizawa and Junji Morita : Effect of mediastinal lymph nodes sampling in patients with clinical stage I non-small cell lung cancer, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 37-43, 2008.
107)鳥羽 博明, 近藤 和也, 吉田 光輝, 監﨑 孝一郎, 三好 孝典, 先山 正二, 丹黒 章 : 縦隔悪性リンパ腫の臨床的検討, 胸部外科, Vol.61, No.2, 97-101, 2008年.
108)Takashi Kawano, Tomohito Kawano, Katsuya Tanaka, Satoru Eguchi, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of dopamine on ATP-sensitive potassium channels in porcine coronary artery smooth-muscle cells, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.51, No.2, 196-201, 2008.
109)Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Toshiaki Sano, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Prognostic significance of HIF-2alpha expression on tumor infiltrating macrophages in patients with uterine cervical cancer undergoing radiotherapy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 78-86, 2008.
110)Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Bunji Hirao, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui : Minimally invasive excision of lumbar epidural lipomatosis using a spinal endoscope., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.51, No.1, 43-46, 2008.
111)Akemi Yamanaka, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Intraoperative transesophageal ventricular pacing in pediatric patients., Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Vol.22, No.1, 92-94, 2008.
112)Huiwei Huang, Jianghong He, Ying Yuan, Eriko Aoyagi, Hidetaka Takenaka, Tatuzo Itagaki, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Masayuki Shono, Ichiro Shimizu and Tetsuji Takayama : Opposing effects of estradiol and progesterone on the oxidative stress-induced production of chemokine and proinflammatory cytokines in murine peritoneal macrophages., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 133-141, 2008.
113)Reiko Tomioka, Kenji Tani, Keiko Sato, Chiyuki Suzuka, Yuko Toyoda, Jun Kishi and Saburo Sone : Observations on the occurrence of exacerbations in clinical course of systemic lupus erythematosus, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 112-119, 2008.
114)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy., Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008.
115)Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara : Transition of leptin receptor expression during pubertal development in female rat pituitary., Endocrine Journal, Vol.55, No.1, 191-198, 2008.
116)Nagakatsu Harada, Haruka Yonemoto, Masaki Yoshida, Hironori Yamamoto, Yunjie Yin, Aiko Miyamoto, Atsushi Hattori, Qishisan Wu, Tadahiko Nakagawa, Masayuki Nakano, Kiyoshi Teshigawara, Kazuaki Mawatari, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Alternative splicing produces a constitutively active form of human SREBP-1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.368, No.3, 820-826, 2008.
117)Yasuo Oba, Akihiro Yasue, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation, Orthodontic Waves, Vol.67, No.1, 1-8, 2008.
118)吉田 光輝, 先山 正二, 監﨑 孝一郎, 鳥羽 博明, 近藤 和也, 丹黒 章 : 手術の工夫 両側転移性肺腫瘍に対するclamshell incisionによるアプローチ, 胸部外科, Vol.61, No.3, 206-209, 2008年.
119)大石 美佳, 松尾 敬志, 野間 隆文 : 高年次学生合宿研修(正課外授業)によるキャリア形成支援教育の効果と可能性についての実践的研究, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 46-47, 2008年.
120)Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue and Shoji Kagami : Rare venous connection causing severe hypoxia after Fontan operation, Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery, Vol.7, No.4, 718-719, 2008.
121)秋月 裕則, 近藤 英司, 大山 晴三, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 多胞性副鼻腔嚢胞の術前MRIの有用性, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.101, No.3, 195-200, 2008年.
122)Ryoma Morigaki, Masaaki Uno, Shunji Matsubara, Koichi Satoh and Shinji Nagahiro : Choreoathetosis due to rupture of a distal accessory anterior cerebral artery aneurysm, Cerebrovascular Diseases, Vol.25, No.3, 285-287, 2008.
123)Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008.
124)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Hongwei Song, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive association of the PDE4B (phosphodiesterase 4B) gene with schizophrenia in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.43, No.1, 7-12, 2008.
125)Masaaki Takechi, Seiko Tatehara, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and melatonin on implant bone healing: a histomorphometric study ., Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.19, No.8, 2949-2952, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)関根 和教 : 症候別 患者さんを上手に診るコツ めまい, junior, Vol.461, 24-29, 2007年.
2)川添 和義, 水口 和生 : NSAIDSがアスピリンの抗血小板作用に与える影響の検討, 治療学, Vol.41, No.12, 95-98, 2007年.
3)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 73-74, 2008年.
4)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : Role of Left Atrial Function for Pseudonormalization of Transmitral Flow Velocity Pattern in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 524, 2008.
5)Kenya Kusunose, K Takechi, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Y Tadatsu, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, M Choraku and Y Maeda : Multicenter Trial for the Validation of Automated Function Imaging in Patients with Local Left Ventricular Asynergy (VANILLA Study)., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 538, 2008.
6)S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : Usefulness of Tei Index in Atrial Fibrillation: Assessment by Dual Doppler Echocardiography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 543, 2008.
7)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : The Mitral L-Wave Predicts the Cardiac Response to Preload Increment in Atrial Fibrillation., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 545, 2008.
8)S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : Beat-To-Beat Variation of Mitral Annular Velocities in Atrial Fibrillation., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 550, 2008.
9)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Y Tadatsu, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : Importance of Left Atrial Function in Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Old Myocardial Infarction: Assessment by Automated Left Atrial Volume Tracking Method., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 552, 2008.
10)S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, H Okada, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike : Assessment of Left Atrial Ejection Force in Patients with Hypertensive Heart Disease., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 552, 2008.
11)K Koshiba, Takeshi Soeki, T Niki, Kenya Kusunose, H Yamaguchi, Hirotsugu Yamada and Tetsuzo Wakatsuki : C-type natriuretic peptide ameliorates the progression of experimental autommune myocarditis., Eur Heart J, Vol.29, 505-732, 2008.
12)Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, Kenya Kusunose, T Niki, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-term local inflammatory response after coronary artery stenting with drug-eluting stent., Eur Heart J, Vol.29, 505-732, 2008.
13)Takeshi Soeki, T Niki, K Koshiba, Kenya Kusunose, K Yamaguchi, Hirotsugu Yamada and Tetsuzo Wakatsuki : Elevated concentration of Pentraxin 3 is associated with coronary plaque vulnerability., Eur Heart J, Vol.29, 505-732, 2008.
14)K Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata : Local hypercoagulability and endothelial dysfunction after sirolimus-eluting stent implantation: implication for late stent thrombosis., Circulation, Vol.118, S_651, 2008.
15)Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Masataka Sata : Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent associated with local inflammatory response., Circulation, Vol.118, S_749, 2008.
16)福井 誠 : 口臭症と唾液生理活性物質の関連性, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 129-141, 2008年.
17)森 一博, 松岡 優, 早渕 康信, 香美 祥二 : 収縮期雑音 心室中隔欠損 大動脈弁下狭窄, 症状と所見から考える心血管エコー, 163-167, 2008年.
18)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, A Iga, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : E/e' as a Predictor of the Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Atrial Fibrillation., Circulation Journal, Vol.72, No.0, S_749, 2008.
19)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, A Iga, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Importance of Left Atrial Function for the Pseudonormalization of Transmitral Flow Velocity Pattern in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy., Circulation Journal, Vol.72, 426_PJ492, 2008.
20)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, A Iga, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Left Atrial Volume does not reflect Brain Natriuretic Peptide Levels in Patients with Atrial Fibrillation., Circulation Journal, Vol.72, 508_PE367, 2008.
21)Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Takeshi Soeki and Hirotsugu Yamada : Long-Term Local Inflammatory Response after Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent., Circulation Journal, Vol.72, 421_PJ456, 2008.
22)Takeshi Soeki, K Koshiba, T Niki, Kenya Kusunose, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Kenji Kangawa : Ghrelin Attenuates Myocardial Ischemia/Reperfusion Injury via the Extracellular Signal-Regulated Kinase 1/2 and Phosphatidylinositol., Circulation Journal, Vol.72, No.0, 145_OE022, 2008.
23)Takeshi Soeki, T Niki, K Koshiba, Kenya Kusunose, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada and Tetsuzo Wakatsuki : Elevated Concentration of Pentraxin 3 is Associated with Coronary Plaque Vulnerability., Circulation Journal, Vol.72, No.0, 632_PE499, 2008.
24)K Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Kenya Kusunose, T Niki, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada and Takeshi Soeki : Predictors of Local Hypercoagulability after Sirolimus-Eluting Stent Implantation: Implication for Correlates of Late Stent Thrombosis., Circulation Journal, Vol.72, No.0, 249_FRS022, 2008.
25)T Niki, Takeshi Soeki, Kenya Kusunose, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Kenji Kangawa : Elevated Concentration of Interferon-Inducible Protein of 10kd (IP-10) is Associated with Coronary Atherosclerosis., Circulation Journal, Vol.72, No.0, 715_OJ233, 2008.
26)森 一博, 松岡 優, 早渕 康信, 香美 祥二 : 右位心・中位心, 日本臨牀, Vol.7, No.7, 33-36, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)川人 伸次, 井関 明生, 河野 崇, 髙田 香, 北畑 洋, 大下 修造 : 徳島大学病院における手術前日・当日入院システムの紹介, 日本小児麻酔学会誌, Vol.13, 171-176, 2007年.
2)坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕 : アンテリアルガイダンスの診断と治療, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 257-258, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 婦人科(腫瘍) 卵巣 良性・悪性腫瘍鑑別および組織型(MRI), 産科と婦人科, Vol.74, 304-312, 2007年4月.
2)河野 文昭 : 部分床義歯の咬合採得, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, No.2, 231-240, 2007年4月.
3)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座4 携帯電話の広告戦略, --- 携帯電話の広告戦略 ---, 徳島新聞, 2007年4月.
4)赤池 雅史 : 徳島大学の医学教育を考えるー臨床医学教育―, 四国医学雑誌, Vol.63, No.1,2, 5-10, 2007年4月.
5)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座5 インターネットマーケティング(上), --- インターネットマーケティング(上) ---, 徳島新聞, 2007年5月.
6)伊賀 淳一, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 第一世代の抗うつ薬・抗精神病薬の役割, 臨床精神薬理, Vol.10, No.6, 983-989, 2007年6月.
7)森口 博基, 森川 富昭 : 医療・介護 改革の主役たち 徳島大学, 日経産業新聞, 2007年6月.
8)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座6 インターネットマーケティング(下), --- インターネットマーケティング(下) ---, 徳島新聞, 2007年6月.
9)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座7 ユビキタス, --- ユビキタス ---, 徳島新聞, 2007年7月.
10)森口 博基, 森川 富昭, 岡田 達也 : ジャストシステムと徳島大病院が医療機関向日本語変換システム開発, 日本経済新聞, 2007年7月.
11)藤中 雄一 : メタボリックシンドロームの克服に向けて, --- メタボリックシンドロームと肥満 ---, 四国医学雑誌, Vol.63, No.3,4, 86-89, 2007年8月.
12)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座8 eラーニング, --- eラーニング ---, 徳島新聞, 2007年8月.
13)森川 富昭 : DPC・出来高データの分析による医療経営への提言, 野村證券 Healthcare note, No.07-24, 4-13, 2007年9月.
14)川人 伸次, 北畑 洋 : 小児麻酔における経食道心エコーの功罪, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.27, No.5, 528-538, 2007年9月.
15)上野 修一, 伊賀 淳一, 沼田 周助, 宋 鴻偉, 田吉 伸哉, 中瀧 理仁, 山内 健, 大森 哲郎 : うつ病を遺伝子から考える, 精神神經學雜誌, Vol.109, No.9, 859-863, 2007年9月.
16)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座9 パレートの法則, --- パレートの法則 ---, 徳島新聞, 2007年9月.
17)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座10 情報戦略と情報戦術, --- 情報戦略と情報戦術 ---, 徳島新聞, 2007年10月.
18)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座11 情報活用への投資, --- 情報活用への投資 ---, 徳島新聞, 2007年11月.
19)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座12 Web2・0時代の企業, --- Web2・0時代の企業 ---, 徳島新聞, 2007年12月.
20)森川 富昭 : 病院広報とIT ∼IT広報マネージメントのための二つの仕組みの構築∼, 野村證券 Healthcare note, No.07-35, 4-14, 2007年12月.
21)藤中 雄一, 松本 俊夫 : メタボリックシンドロームと骨粗鬆症, Keywordで学ぶメタボリックシンドローム, 2008年.
22)山田 博胤, 楠瀬 賢也 : Dual Doppler法を使った左室拡張能の評価, Rad Fan, Vol.6, 98-101, 2008年.
23)山田 博胤, 楠瀬 賢也 : 僧帽弁口血流速波形, 心エコー, Vol.9, 382-395, 2008年.
24)山田 博胤 : 特別企画 循環器科が必要とする画像診断とは 携帯型超音波診断装置が変える循環器外来診療, 新医療, Vol.8, 163-166, 2008年.
25)山田 博胤, 楠瀬 賢也 : 心房細動と経食道心エコー-心筋スタニングについて, 脳と循環, Vol.13, 244-246, 2008年.
26)松浦 哲也, 柏口 新二, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 : 少年野球肘検診-障害の早期発見・早期治療と予防をめざして-, 関節外科, Vol.27, No.8, 123-129, 2008年.
27)細川 義隆 : 歯周炎におけるケモカイン発現および発現制御に関する研究, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 235-240, 2008年1月.
28)関根 和教, 武田 憲昭 : 文献検索の方法-発表,論文への応用, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.80, No.1, 55-64, 2008年1月.
29)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座13 アウトソーシング, --- アウトソーシング ---, 徳島新聞, 2008年1月.
30)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
31)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座14 価値ある広告, --- 価値ある広告 ---, 徳島新聞, 2008年2月.
32)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.
33)森川 富昭 : 連載 やさしいIT経営 森川准教授のネット講座15 起業家精神 「今」を創造的に壊す, --- 起業家精神 「今」を創造的に壊す ---, 徳島新聞, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Shinji Abe, Shimooka Yukie, Kujime Toshihide, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : A sinple method for prevention of adverse effects in double filtration plasmapheresis (DFPP), Pharmaceutical Sciences World Congress 2007, Amsterdam, Apr. 2007.
2)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : High b-value diffusion-weighted MR images of biliary tumors and tumor-like lesions, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
3)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-breathing and high b-value diffusion-weighted MR images of malignant urinary tract obstruction, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
4)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR manifestations of endometrial cysts at 3T compared to 1.5T, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
5)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : MR manifestations of decidualized endometrial cysts during pregnancy, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
6)Ichiro Hashimoto and Hideki Nakanishi : Tissue reconstruction using combined anterolateral thigh and vastus lateralis muscle flap, 1st Asia-Pacific Perforator and Supermicrosurgery Course Singapore, Singapore, May 2007.
7)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Masanori Nakano, Takeshi Yamamoto and Toyoko Satsuma : A study on implementation of jaw movement analysis using six-degree-of-freedom jaw movement parameters, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 328, Kobe, May 2007.
8)H Takeuchi, Seisuke Okamura, T Kimura, T Itagaki, K Okamoto, M Kaji, H Miyamoto, Naoki Muguruma and Susumu Ito : Simple and appropriate pretreatment for nasal endoscopy: Usefulness of vasoconstrictor nose drop, Digestive disease Week 2007, Washington, D.C., May 2007.
9)Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki and Eiichi Honda : Mediastinal abscess originated from dental infection:evaluation of 2 cases with CT images, The 16th international congress of Dentomaxillofacial Radiology, Beijing, Jun. 2007.
10)Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, T Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Assessment of the Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Atrial Fibrillation Using Dual Pulsed Doppler Echocardiography., 17th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Seattle, Jun. 2007.
11)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, T Niki, T Nakajima, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Measurement of Left Atrial Volume Curve by Advanced 2D Tissue Tracking Technique: Validation by Contrast Multidetector Computed Tomography., 17th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Seattle, Jun. 2007.
12)Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, Jun. 2007.
13)中野 雅德, 佐藤 裕, 細木 眞紀 : 咀嚼運動機能診断システムの開発, 国際バイオEXPO 2007, 東京, 2007年6月.
14)Yutaka Sato, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Tetsuo Ichikawa, Maki Hosoki and Shuji Shigemoto : Development of Real-time Monitor for Examination of Occlusal Harmony, 12th Meetings of the International College of Prosthodontists, 190, Fukuoka, Sep. 2007.
15)Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
16)Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, KT Kitazato, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : Down-regulation of Akt1 and Akt2 by RNA interference enhances the anti-tumor effects of radiation on malignant glioma cells, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
17)Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, KT Kitazato, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : Role of promyelocytic leukemia protein in astrocytic tumors, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
18)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa, H Toi, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi and H Kumada : BSH-based intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) in patients with malignant glioma, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting,, San Diego, Sep. 2007.
19)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi and Kazuyuki Kuwayama : BSH-based intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) in patients with malignant glioma, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
20)Teruyoshi Kageji : Clinical trials in Japan(continued), Clinnical Traials for BNCT, Petten, Oct. 2007.
21)Shinji Kawahito, Akio Iseki, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : High-frequency jet ventilation during thoracoscopic sympathectomy for palmar hyperhidrosis., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Francisco, Oct. 2007.
22)Keisuke Nishigawa, Yamamoto Takeshi, Noguchi Naoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Maki Hosoki, Hisahiro Takeuchi, YOSHIHIRO KUBO and Masanori Nakano : Effect of different head postures on the jaw closing position during tapping movement, The 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, Tokyo, Oct. 2007.
23)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Kyo Yamashita, Takashi Kawanaka, Seiji Iwamoto, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Intraarterial chemotherapy and concurrent radiation for locally advanced bladder cancer, 49th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Los Angeles, Oct. 2007.
24)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : High b-value Diffusion-weighted MR Images of Pancreatic Tumors and Tumor-like Lesions: Clinical Applications and Pitfalls in Differentiating Benign and Malignant Pathologies, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
25)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : All You Need is to Find Fat, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
26)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : High B-value Diffusion-weighted MR Images and Static-fluid MR Urography of Urinary Tract Obstruction: Clinical Applications in Benign and Malignant Pathologies, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
27)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Decidualized Endometrial Cysts: Ovarian Cancer Mimicker in Pregnant Women, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
28)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Diffusion-weighted MR Images in the Female Pelvis, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
29)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi and Hiromu Nishitani : Gynecologic or Non-gynecologic? -Differential diagnosis of female pelvic mass-, RSNA 2007, Chicago, Nov. 2007.
30)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Song Hongwei, Masahito Nakataki, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive Association of The PDE4B (Phosphodiesterase 4B) gene with Schizophrenia in the Japanese Population, Neuroscience, San Diego, USA, Nov. 2007.
31)Masahito Nakataki, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, Shusuke Numata, S Tayoshi-Shibuya, S Kinouhci, H Song, K Hokoishi, H Tanabe, A Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder., Neuroscience, SanDiego, USA, Nov. 2007.
32)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Solubility of Strontium and Carbonate-substituted Calcium Phosphate Bone Cement Mixed with SrCl2 Solution, International Dental Materials Congress 2007, Bangkok, Nov. 2007.
33)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Osaki Kyohsuke, Furutani Shunsuke, Yamashita Kyoh, Kawanaka Takashi and Takaharu Kudoh : Can Kampo Therapy (Juzentaihoto) Prolong the Life of Cancer Patients?, The 14th International Congress of Oriental Medicine, Taipei, Dec. 2007.
34)Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Hirotaka Nishisako, Natsuko Ise, Keisuke Ishizawa, Toshihide Kujime, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Dosase adjustment and monitoring the side effects of the anticancer drug in Tokushima University Dental Hospital, 42nd ASHP Midyear Clinical Meeting & Exhibition, Las Vegas, Dec. 2007.
35)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
36)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Toyoko Satsuma, Mariko Kitamura, Maki Hosoki and Hisahiro Takeuchi : Mandibular condylar movements in six-degree-of-freedom during chewing, The 2nd International Symposium on The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century -Oral Sciences for our healthy life-,, Tokushima, Dec. 2007.
37)Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008.
38)Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008.
39)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Diffusion-weighted MR images of urothelial cancer, ECR 2008, Wien, Mar. 2008.
40)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi and Hiromu Nishitani : Secondary tumors in gynecologic organs: usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2008, Wien, Mar. 2008.
41)Homare Yoshida, Takashi Kitaichi, M Urata, Tamotsu Kanbara, E Fujimoto, Masashi Kano and Tetsuya Kitagawa : Transvenous transplantation of bone marrow mononuclear cells improves pulmonary artery hypertension induced by monocrotaline in mice., 16th Annual Congress of the Asian Society for Cardiovascular & Thoracic Surgery, Singapore, Mar. 2008.
42)Takashi Kitaichi, Homare Yoshida, M Urata, Tamotsu Kanbara, E Fujimoto, Masashi Kano and Tetsuya Kitagawa : Optimal timing of surgical treatment for ``active'' infective endocarditis., 16th Annual Congress of the Asian Society for Cardiovascular & Thoracic Surgery, Singapore, Mar. 2008.
43)Hirotsugu Yamada : Tissue Doppler Imaging as a Practical Clinical Tool., 第72回日本循環器学会総会, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)神野 恵, 高橋 巧, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.2, 251, 2007年4月.
2)山田 博胤, 楠瀬 賢也, 添木 武, 佐藤 光代, 河野 裕美, 平岡 葉月 : 心房細動における前負荷増大に伴う心反応性の下半身陽圧負荷およびDual Doppler法を用いた検討, 第18回日本心エコー図学会学術集会, 2007年4月.
3)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 添木 武, 佐藤 光代, 河野 裕美, 平岡 葉月, 永峰 康孝 : 心房細動におけるRR間隔の変動に伴う僧帽弁輪運動速度の変化, 第18回日本心エコー図学会学術集会, 2007年4月.
4)河野 裕美, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 添木 武, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 永峰 康孝 : Dual-Doppler法を用いた僧帽弁口血流速および僧帽弁輪運動速波形の同時記録による左房細動における左室拡張能の評価, 第18回日本心エコー図学会学術集会, 2007年4月.
5)大石 慶二, 永田 俊彦 : 下顎前歯に限局して生じた歯肉退縮の2症例について, 日本歯周病学会会誌, Vol.49, 190, 2007年4月.
6)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDによる血管リモデリング制御作用, 第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 194, 2007年4月.
7)岩瀬 俊, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫, 北川 哲也 : エリスロポイエチンを用いた新たな血管新生療法の試み, 第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 133, 2007年4月.
8)安倍 吉郎, 松本 和也, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 松尾 伸二, 高瀬 真記, 石田 創士, 中西 秀樹 : 当科にて経験した母指多指症例の検討, 第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年4月.
9)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 安倍 吉郎, 高瀬 真記, 杉本 香, 柏木 圭介 : 有茎前外側大腿皮弁による腹壁再建の3症例, 第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年4月.
10)大川 勝正, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 安倍 吉郎, 中西 秀樹 : 腹壁デスモイド切除後の腹壁再建に大腿直筋による生理的再建を行った1例, 第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年4月.
11)加地 剛, 森 一博, 鈴木 光二郎, 須藤 真功, 中山 聡一郎, 三谷 龍史, 中川 竜二, 早渕 康信, 前田 和寿, 西條 隆彦, 苛原 稔, 香美 祥二 : 総肺静脈還流異常(下心臓型)に静脈管無形成を伴った内臓錯位症候群の一例, 第18回日本心エコー図学会学術集会, 2007年4月.
12)松﨑 和仁, 友金 祐介, 島田 健司, 牟礼 英生, 田村 哲也, 堀口 英久, 影治 照喜, 永廣 信治 : 定位脳組織生検の診断率と合併症, 第16回脳神経外科手術と機器学会, 2007年4月.
13)岡﨑 敏之, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 堀口 英久 : 診断時に広範な髄腔内播種を認めたpilocytic astrocytomaの小児例, 第63回(社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2007年4月.
14)影治 照喜, 松﨑 和仁, 永廣 信治 : 頭蓋咽頭腫に対する治療方針と治療成績, 第16回脳神経外科手術と機器学会, 2007年4月.
15)加地 剛, 安井 敏之, 須藤 真功, 三谷 龍史, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 : 切迫早産における安静加療は骨代謝に影響を与える, 第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2007年4月.
16)早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 : 動脈管開存症コイル塞栓術におけるmultidetector-row CT (MDCT)の有用性, 第110回日本小児科学会総会, 2007年4月.
17)中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経をきたした顔面神経麻痺例に対するリハビリテーション, 第30回日本顔面神経研究会, 2007年5月.
18)大山 晴三, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用による病的共同運動の治療効果, 第30回日本顔面神経研究会, 2007年5月.
19)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 添木 武, 佐藤 光代, 河野 裕美, 平岡 葉月 : 改良された2D Tissue Tracking法を用いた左房容積変化の評価, 第80回日本超音波医学会学術集会, 2007年5月.
20)永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 : 塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, 158, 2007年5月.
21)近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 福本 誠二, 遠藤 健次, 上原 久典, 髙尾 正一郎 : 腫瘍性骨軟化症の1例, 第96回日本内科学会四国地方会, 2007年5月.
22)藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの溶解性, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
23)阿部 晃治, 川田 仁美, 宮崎 かつし, 立花 文寿, 記本 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における喉頭癌の治療成績, 第108回日本耳鼻咽喉科学会, 2007年5月.
24)今井 貴夫, 武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教, 伊東 真人, 細川 清人, 花本 敦, 久保 武 : クプラ結石症が病態と考えられる後半規管型良性発作性頭位めまい症症例, 第108回日本耳鼻咽喉科学会, 2007年5月.
25)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCCL17産生の解析, 第50回 春季日本歯周病学会学術大会, 2007年5月.
26)米田 美穂, 中江 英明, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 炎症性サイトカインがヒト歯肉上皮細胞間接着機構に及ぼす影響, 第50回 日本歯周病学会春季学術大会, 2007年5月.
27)田村 公一, 陣内 自治, 阿部 晃治, 中川 伸一, 武田 憲昭 : 形状記憶型撓性咽喉頭内視鏡の開発, 第108回日本耳鼻咽喉科学会, 2007年5月.
28)本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 : 簡易嚥下障害スクリーニングシステム法の開発 : 磁気センサを用いた測定方法の概要, 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 144, 2007年5月.
29)坂井 隆志, 劉 莉, 滕 錫川, 石丸 直澄, 坂井 利佳, 佐野 暢哉, 梶 龍兒, Hoang Nam Tran, 林 良夫, 福井 清 : 新規アポトーシス制御分子ヌクリングの肝癌発症機構における役割の解明, 第48回日本生化学会中国四国支部例会, 2007年5月.
30)堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬合不全に対して集学的治療を行った1症例, 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌, Vol.23, No.2, 163-164, 2007年6月.
31)越智 耕平, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 山下 恭, 中川 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 多発肺転移・骨転移をきたしたWilms腫瘍の治療経験, 第108回日本医学放射線学会中国・四国地方会(岡山), 2007年6月.
32)楠瀬 賢也, 山田 博胤 : Constrictionとrestriction, 第9回徳島超音波研究会, 2007年6月.
33)徳山 麗子, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : 舌骨骨折を伴った顎骨骨折の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 30, 2007年6月.
34)粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月.
35)遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月.
36)遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : Carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.3, 784, 2007年6月.
37)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 柏木 圭介 : 小児横紋筋肉腫の1例, 第30回頭頸部癌学会・第27回頭頸部手術手技研究会, 2007年6月.
38)宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 頸動脈内膜剥離術の長期成績, 第6回日本頸部脳血管治療学会, 2007年6月.
39)細川 浩良, 里村 一人, 桃田 幸弘, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝, 第17回日本口腔粘膜学会 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第17回日本口腔粘膜学会 2007.7.5∼7.6,東京, 2007年7月.
40)粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDは臨床的動脈硬化抑制因子である, 第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 250, 2007年7月.
41)宮崎 達志, 早渕 康信, 多田羅 勝義, 森 一博, 香美 祥二, 井上 美紀 : 進行性筋ジストロフィ(DMD)の左室心筋のねじれ-乳頭筋レベルでの検討-, 第43回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2007年7月.
42)宮崎 達志, 多田羅 勝義, 森 一博, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀 : 心収縮時の「左室心筋のねじれ」は,どの部位でも均一か?, --- Tissue tracking法による検討 ---, 第43回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2007年7月.
43)早渕 康信, 森 一博, 渡辺 典子, 来島 敦史, 北市 隆, 北川 哲也, 香美 祥二 : Multidetector-row CT(MDCT)を用いたexpanded polytetrafluoroethylene (ePTFE) グラフトの石灰化の診断と評価, 第43回日本小児循環器学会総会・学術総会, 2007年7月.
44)川人 伸次, 井関 明生, 北畑 洋, 河野 崇, 髙田 香, 神原 保, 松本 俊夫, 北川 哲也, 大下 修造 : バージャー病に対する自己単核球細胞移植による血管新生治療, 第41回日本ペインクリニック学会, 2007年7月.
45)細木 秀彦, 大石 美佳, 河野 文昭 : 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科診療部門における院内感染対策教育, 日本歯科医学教育学会雑誌, 91, 2007年7月.
46)川田 仁美, 中野 誠一, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : 診断に3D-CTが有用であった咽頭腔外魚骨物の1症例, 第69回耳鼻咽喉科臨床学会, 2007年7月.
47)川田 仁美, 中野 誠一, 阿部 晃治, 田村 公一, 立花 文寿 : 診断に3D-CTが有用であった咽頭腔外魚骨異物の1症例, 第69回耳鼻咽喉科臨床学会, 2007年7月.
48)阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : FDG-PETにて健側喉頭に偽陽性を示した喉頭麻痺症例, 第69回耳鼻咽喉科臨床学会, 2007年7月.
49)西 京子, 宇野 昌明, 永廣 信治 : MRA・STA超音波検査によるSTA-MCA吻合術後の血行動態評価, 第26回日本脳神経超音波学会, 2007年7月.
50)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : TGFBR2 gene expression and genetic association with schizophrenia, The 29th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, Jul. 2007.
51)石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 : 強い噛みしめによりクリッキングを生じる1例, 第20回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2007年7月.
52)中村 敏己, 西迫 寛隆, 森 剛志, 田島 壮一郎, 梅田 貴文, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 全診療科を対象としたレジメン管理とチェックシステムの構築, 医療薬学フォーラム2007, 158, 2007年7月.
53)溝口 徹也, 伏谷 秀治, 鳥井 真由美, 下岡 幸恵, 森 剛志, 川添 和義, 水口 和生 : リネゾリド適応追加による抗MRSA薬使用状況の変化, 医療薬学フォーラム2007, 278, 2007年7月.
54)高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎前方移動術後に上顎小臼歯抜歯を行って治療した下顎後退症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
55)冨田 優子, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎エナメル上皮掻爬術の既往があるアングルII級叢生症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
56)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面計測時における被験動作に関する検討, 第50回 中·四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
57)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 島田 光生, 西谷 弘 : マルチモダリティ画像を用いた腹部リンパ腫特定に関する基礎的検討, 日本医用画像工学大会, C6-4, 2007年7月.
58)田北 啓洋, 藤田 圭二, 永尾 寛, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : デンタルメモリー ー 歯科補綴物への情報記録 ー, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 51-54, 2007年7月.
59)神原 保, 浦田 将久, 吉田 誉, 加納 正志, 北市 隆, 北川 哲也 : F-Pバイパス術後12年目にグラフト破損により仮性動脈瘤を形成した一例, 第38回日本血管外科学会中国四国地方会総会, 2007年7月.
60)下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伏谷 秀治, 山口 治隆, 阿部 真治, 川添 和義, 西村 匡司, 水口 和生 : 腎機能障害患者におけるテイコプラニン連日投与方法に関する検討, TDM研究, Vol.24, No.3, s123, 2007年7月.
61)影治 照喜, 永廣 信治, 中川 義信, 松村 明, 山本 哲哉, 熊田 博明 : 悪性神経膠腫に対する非開頭BNCT-線量評価と治療経過-, 第4回日本中性子捕捉療法学会学術学会, 2007年8月.
62)横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯周病原細菌Campylobacter rectusと妊娠期の歯周状態との関連性, 日本歯周病学会会誌, Vol.49, 176, 2007年8月.
63)髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯根面う蝕のリスクファクター調査, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
64)福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 口臭患者における唾液ストレスマーカーの評価, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 482, 2007年8月.
65)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 十川 悠香, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 急性期病院の脳神経外科/神経内科病棟および脳卒中センターにおける専門的口腔ケアのニーズ, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 569, 2007年8月.
66)溝渕 佳史, 松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 牟礼 英生, 影治 照喜, 永廣 信治 : グリオーマ細胞におけるREIC/Dkk-3タンパク質の作用, 第8回日本分子脳神経外科学会, 2007年8月.
67)宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 中根 俊成, 和泉 唯信, 西 京子, 永廣 信治 : 3T stroke MRIによる脳卒中急性期の画像診断, 第5回日本神経疾患医療・福祉従事者学会, 2007年8月.
68)森川 富昭 : 徳島大学病院における個人情報保護対策, --- プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ ---, 日本医療マネンジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 2007年9月.
69)森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : 徳島大学病院における個人情報保護対策, --- プライバシーマーク認証取得のための組織的アプローチ ---, 日本医療マネンジメント学会雑誌, Vol.8, No.2, 2007年9月.
70)石田 雄一, 佐藤 裕, 吉田 有里, 長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 姿勢検出センサを用いたインプラント埋入システムの開発, 2007年9月.
71)藤田 浩司, 阿部 秀一, 和泉 唯信, 山田 博胤, 森田 直美, 原田 雅史, 永廣 信治, 梶 龍兒 : 心筋障害・心房中隔瘤に伴い心原性脳塞栓症を呈したBecker型筋ジストロフィーの1例, 第9回徳島臨床脈管研究会, 2007年9月.
72)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 濱本 秀一, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : 心房細動における拡張早期僧帽弁輪運動速度の心室中隔側および左室側壁側における差の検討-Dual Doppler法を用いて-, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
73)山田 博胤, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 三代 裕一郎 : アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)投与症例におけるインダパミド少量追加投与の効果, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
74)小柴 邦彦, 添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 河野 智仁, 山田 博胤, 若槻 哲三 : C型ナトリウム利尿ペプチドは自己免疫性心筋炎の進展を抑制する, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
75)山田 博胤, 山崎 聖広, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : 断層心エコー法による左房容積の計測およびそれにおける僧帽弁逆流の影響, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
76)添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 若槻 哲三 : 冠動脈硬化症と血漿pentraxin3(PTX3)値の関係, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
77)仁木 敏之, 添木 武, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 若槻 哲三 : 冠動脈硬化病変と血中ケモカイン濃度との関連性, 第55回日本心臓病学会学術集会, 2007年9月.
78)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 谷口 哲三, 髙尾 正一郎 : 不可解な心電図異常を呈し,肥大型心筋症を疑う1例, 第12回中国四国心筋症研究会, 2007年9月.
79)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 岩瀬 俊, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子 : 不可解な心電図異常を呈する親子, 第49回徳島心エコー図研究会, 2007年9月.
80)篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
81)近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
82)粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
83)松立 吉弘, 石上 剛史, 飛田 泰斗史, 久保 宜明, 荒瀬 誠治, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 高橋 収 : 急速に増大した上眼瞼メルケル細胞癌の1例, 第50回日本皮膚科学会高知地方会 -佐野栄紀教授就任記念-, 2007年9月.
84)片岡 芳規, 島田 健司, 堀口 英久, 松﨑 和仁, 影治 照喜, 永廣 信治 : 第3脳室内巨大奇形種の1例, 第21回中国四国脳腫瘍研究会, 2007年9月.
85)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicataの成分研究, 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
86)六車 直樹, 伊東 進 : 消化器領域における内視鏡的分子イメージング, 第28回日本レーザー医学会 シンポジウム6「PDD&PDTをめぐる新たな展開」, 2007年9月.
87)高麗 雅章, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : 上錐体静脈洞部および頭蓋頚椎移行部に発生した多発性硬膜動静脈瘻の一例, 第16回中国四国脳神経血管内手術研究会, 2007年9月.
88)神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 日本矯正歯科学会大会, 2007年9月.
89)橋本 一郎, 中西 秀樹 : 当科における糖尿病性足潰瘍に対する検査について, 第15回四国MMC研究会, 2007年9月.
90)西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 山口 美代子, 森 剛志, 梅田 貴文, 東 満美, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 外来がん化学療法における副作用の集積・解析に基づいたレジメン別パンフレットの改善, 第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
91)岩﨑 英隆, 中村 克彦, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経の重症顔面神経麻痺に対する急性期の治療後のリハビリテーション, 第17回日本耳科学会, 2007年10月.
92)森川 富昭, 森口 博基 : 気管支喘息長期管理を目的とした遠隔医療の試み 携帯電話による呼吸機能モニタリング, 日本遠隔医療学会雑誌, Vol.3, No.2, 291, 2007年10月.
93)佐藤 光代, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 岩瀬 俊, 平岡 葉月, 河野 裕美, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三 : 不可解な心電図異常を呈する親子, 第17回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2007年10月.
94)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 添木 武, 若槻 哲三 : 肥大型心筋症の僧帽弁口血流速波形における左房機能の影響:左房容積曲線を用いた検討, 第17回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2007年10月.
95)山内 健, 安藝 浩史, 友竹 正人, : 統合失調症患者の主観的及び客観的QOLに与える要因についての検討 -認知機能障害がQOLに与える影響について-, 第27回日本精神科診断学会, 2007年10月.
96)安藝 浩史, 友竹 正人, 山内 健, : 統合失調症患者のQOLに影響を与える要因の関する研究, 第27回日本精神科診断学会, 2007年10月.
97)友竹 正人, 安藝 浩史, 山内 健, : 統合失調症外来患者の主観的QOLと病識の有無に関する検討, 第27回日本精神科診断学会, 2007年10月.
98)粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管リモデリング制御因子としての活性化ビタミンD, 第30回日本高血圧学会総会, 260, 2007年10月.
99)赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 八木 秀介, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : グルココルチコイド誘発性高血圧に対するピタバスタチンの効果とその機序の検討, 第30回日本高血圧学会総会プログラム, 210, 2007年10月.
100)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : Pitavastatinはangiotensin IIによる心腎障害をeNOS非依存性にrac1抑制による酸化ストレス抑制を介して改善する, 第30回日本高血圧学会総会, 205, 2007年10月.
101)住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : レニン・アンジオテンシン活性下におけるヘパリンコファクターIIの心筋リモデリングへの影響, 第30回日本高血圧学会総会, 170, 2007年10月.
102)宇野 昌明, 西 京子, 松原 俊二, 永廣 信治 : 長期成績からの脳動静脈奇形の治療戦略, 第66回(社)日本脳神経外科学会総会, 2007年10月.
103)高麗 雅章, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : テント部硬膜動静脈瘻の臨床的検証, 第66回(社)日本脳神経外科学会総会, 2007年10月.
104)三宅 講太朗, 西岡 将規, 杉本 光司, 宮谷 知彦, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均, 島田 光生 : 直腸癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
105)吉田 誉, 浦田 将久, 神原 保, 加納 正志, 北市 隆, 北川 哲也 : 経静脈的な同種骨髄単核球細胞移植はmonocrotaline誘発肺高血圧症を改善する, 第60回日本胸部外科学会定期学術集会, 2007年10月.
106)戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第17回日本耳科学会, 2007年10月.
107)十川 悠香, 坂本 治美, 横山 正明, 福井 誠, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 佐野 寿代, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上のための取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
108)岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 亀井 稔之, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 : 香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
109)横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 髙松 夏子, 増田 かなめ, 伊藤 博夫 : 口腔清潔度の指標としての唾液中総細菌数, --- リアルタイムPCR法によるハイスループット測定 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 692, 2007年10月.
110)政清 史晃, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西岡 将規, 宮本 英典, 島田 光生, 西谷 弘 : マルチモダリティ画像を用いた腹部リンパ節の特定アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.326, 43-48, 2007年11月.
111)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力刺激がラットの脳内のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
112)関根 和教, 中川 英幸, 佐藤 豪, 今井 貴夫, 武田 憲昭 : Epley法施行後の頭位保持時間がBPPVの治癒率に及ぼす影響, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
113)関根 和教, 井上 峰彦, 中川 英幸, 佐藤 豪, 今井 貴夫, 和田 隆広, 武田 憲昭 : Epley法の頭部後屈角度差による奏効率の比較, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
114)佐藤 豪, 今井 貴夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 : 頸部捻転により誘発されたBow Hunter's stroke例, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
115)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Proinflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts, 第55回 国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, Nov. 2007.
116)楠瀬 賢也, 添木 武, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 若槻 哲三, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 : 心エコーで心室中隔瘤の診断に苦慮した心サルコイドーシスの一例, 第91回日本循環器学会四国地方会学術集会, 2007年11月.
117)湯本 浩通, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 松尾 敬志 : 培養歯髄細胞におけるPattern Recognition Receptor (PRR)を介した接着分子の発現, 第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
118)平尾 功治, 湯本 浩通, 向井 佳代, 高橋 加奈子, 中西 正, 松尾 敬志 : カテキンは細菌やその構成成分に対する培養歯髄細胞の反応を調節する, 第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
119)神原 保, 浦田 将久, 吉田 誉, 加納 正志, 北市 隆, 北川 哲也 : 弓部大動脈全置換術後に敗血症を認めた一例, 第91回日本循環器学会四国地方会, 2007年11月.
120)西迫 寛隆, 池原 敏孝, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質クロマフィン細胞におけるアクチンと細胞容積調節機能に及ぼす変動磁界の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 119, 2007年11月.
121)阿部 真治, 木宿 昌俊, 西岡 安彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 : 肺癌に対する腫瘍特異的免疫療法の検討, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 148, 2007年11月.
122)道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 158, 2007年11月.
123)川添 和義, 水口 和生, 苛原 稔 : 健康食品,漢方薬,そして薬, --- 「補完代替医療・おくすり相談室」の事例から学ぶこと ---, 第46回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 31, 2007年11月.
124)藤中 雄一 : 糖尿病の足病変とフットケア, 糖尿病フォーラム徳島2007, 2007年11月.
125)今井 貴夫, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 久保 武 : 良性発作性頭位めまい症の頭位変換眼振第二相の検討, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
126)梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 食餌制限による視床下部c-Fos発現調節, 第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
127)川添 和義, 川内 陽子, 伏谷 秀治, 森川 富昭, 岡田 達也, 森口 博基, 水口 和生 : ホームページを利用したオンデマンド型院内医薬品情報配信システムの構築と評価, 第27回 医療情報学連合大会論文集, 1142-1143, 2007年11月.
128)是松 英恵, 森川 富昭, 岡田 達也,