RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{78580}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)Masahiko Fujii : Extended right lobectomy with resection of the extrahepaticbile duct and lymphadenectomy for advanced cancer of the gallbladder, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
2)Masahiko Fujii : Central bisementectomy of the Liver with Pylorus-preserving Pancreatoduodenectomy for Advanced Cancer of the Gallbladder, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
3)Masahiko Fujii : Radical operation with hepaticoplasty for congenital dilatation of the bile duct associated with pancreaticobiliary maljunction, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
4)Masahiko Fujii : Segmental pancreatectomy for small pancreatic cancer, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
5)Masahiko Fujii : Right anterior segmentectomy (V,V|||) and V|| segmentectomy combined with resection of the right hepatic vein by preserving the right inferior hepatic vein, Springer-Verlag, Tokyo, Apr. 2004.
6)谷 憲治, 曽根 三郎, 中瀧 恵実子 : 講義録 呼吸器学, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2004年4月.
7)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌に伴う骨病変の病態と治療, 南江堂, 東京, 2004年4月.
8)武田 英二 : 臨床医科学入門, --- ビタミンの化学と代謝 ---, 株式会社 光生館, 東京, 2004年4月.
9)野間 喜彦 : 膵島(ランゲルハンス島)の血流, 文光堂, 東京, 2004年4月.
10)武田 英二 : 臨床栄養学, 文光堂, 2004年4月.
11)瀧脇 弘嗣 : 膿疱, --- 新生児の皮膚症状 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年4月.
12)塩田 洋 : ICDテキスト プラクティカルな病院感染制御, 株式会社 メディカ出版, 吹田, 2004年4月.
13)森本 忠興 : 乳癌診療二頁の秘訣, 金原出版 株式会社, 東京, 2004年5月.
14)山内 英嗣 : ``第3章 4.即時インプラント補綴法 2)従来法, 医歯薬出版 株式会社, 2004年5月.
15)香川 征, 福森 知治 : 血液浄化療法, --- 睡眠時無呼吸症候群 ---, 2004年6月.
16)北原 糺, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 聴覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
17)北原 糺, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 平衡覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
18)大野 浩司, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 味覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
19)大野 浩司, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 嗅覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
20)清水 一郎, 糸永 美奈, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進, 上野 光 : 細胞療法の基礎と臨床, --- 可溶型TGF-βⅡ型受容体の肝星細胞活性化抑制作用 ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2004年6月.
21)森本 忠興 : 乳癌診断のコツと落とし穴, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年6月.
22)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, K Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : AUTONOMIC NERVOUS ACTIVITY AND QT DISPERSION AT COMMON BILE DUCT TREATMENT DURING ENDOSCOPYIC RETROGRAE CHOLANGIOANCREATOICOGRAPHY:CORRELAATION WITH CARDIAC ACCIDENTS., Course of Preventive Medicine, Tokushima, Jul. 2004.
23)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : バイオマーカーの意義と問題点, --- 骨転移のバイオマーカー ---, 癌と化学療法社, 東京, 2004年7月.
24)清水 一郎, 竹内 尚, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦, 伊東 進 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年7月.
25)嵩原 裕夫, 石橋 広樹, 宮谷 智彦 : 小児鏡視下手術に役立つ材料,器具,装置, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年8月.
26)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and H Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Massachusetts, Aug. 2004.
27)武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド Part4, --- 急性低音障害型感音難聴とメニエール病の関係 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年8月.
28)Norifumi Harimoto, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Dai Kitagawa, Shinji Itoh, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Akinobu Taketomi, Shinji Tanaka, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : The role of heat shock protein 27 expression in hepatocellular carcinoma in Japan: special reference to the difference between hepatitis B and C, International Association for the Study of the Liver, Aug. 2004.
29)Shinichi Aishima, Shuji Matsuura, Takahiro Terashi, Kenichi Taguchi, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara and Masazumi Tsuneyoshi : Aberrant expression of laminin gamma 2 chain and its prognostic significance in intrahepatic cholangiocarcinoma according to growth morphology, United States and Canadian Academy of Pathology, Aug. 2004.
30)二宮 恒夫, 古川 一郎 : 子どものこころ支援マニュアル, --- 学校·地域·医療の連携 ---, 徳島県医師会学校医部会メンタルヘルス対策委員会, 徳島, 2004年8月.
31)森本 忠興, その他 19名 : マンモグラフィによる乳がん検診の手引き 精度管理マニュアル 第3版, 日本医事新報社, 2004年8月.
32)大下 修造, 島原 由美子 : 総説:薬物ショックの予防と対策, 文光堂, 東京, 2004年9月.
33)日野出 大輔 : 予防歯科実践ハンドブック, --- 歯周病の診断,インプラントの清掃 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年9月.
34)Yo-ichi Yamashita, Mitsuo Shimada, Ryosuke Minagawa, Eiji Tsujita, Norifumi Harimoto, Shinji Tanaka, Ken Shirabe, Jun-ichi Miyazaki and Yoshihiko Maehara : Muscle-targeted interleukin-12 gene therapy of orthotopic hepatocellular carcinoma in mice using in vivo electrosonoporation, American Association for Cancer Research, Sep. 2004.
35)Kenji Shinozaki, Kengo Yoshimitsu, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Tsuyoshi Tajima, Akihiro Nishie, Tomohiro Nakayama, Daisuke Kakihara, Mitsuo Shimada and Hiroshi Honda : Comparison of test-injection method and fixed-time method for depiction of hepatocellular carcinoma using dynamic steady-state free precession magnetic resonance imaging, Lippincott Williams & Wilkins, Sep. 2004.
36)Takashi Maeda, Ken-ichi Taguchi, Shin-ichi Aishima, Mitsuo Shimada, Deborah Hintz, Nicholas Larusso, Gores Gores, Masazumi Tsuneyoshi, Keigo Sugimachi, Jack R. Wands and Suzanne M. de la Monte : Clinicopathological correlates of aspartyl (asparaginyl) beta-hydroxylase over-expression in cholangiocarcinoma, International Society for Preventive Oncology (ISPO), Sep. 2004.
37)鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 曽根 三郎 : 認定NSTガイドブック 日本病態栄養学会編, --- 呼吸器疾患に対する栄養管理 ---, メディカルレビュー社, 2004年9月.
38)友竹 正人 : コメディカルのための専門基礎分野テキスト・精神医学.生理的障害および身体要因に関連した行動症候群, 株式会社 中外医学社, 2004年9月.
39)川人 伸次, 大下 修造 : 心臓手術麻酔時のペーシング, 株式会社 中外医学社, 東京, 2004年9月.
40)太田 房雄, 塩田 洋, 斉藤 厚 : 感染症診療のコツと落とし穴 斎藤厚/編, --- 角膜真菌症の診断の決め手 糸状菌感染? あるいは酵母菌感染? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年9月.
41)Ryosuke Minagawa, Shinji Okano, Yukihiro Tomita, Kenji Kishihara, Hisakata Yamada, Kenichi Nomoto, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara, Keizo Sugimachi, Yasunobu Yoshikai and Kikuo Nomoto : The critical role of Fas-Fas ligand interaction in donor-specific transfusion-induced tolerance to H-Y antigen, Lippincott Williams & Wilkins, Sep. 2004.
42)丸尾 敏夫, 本田 孔士, 臼井 正彦, 田野 保雄, 内藤 毅 : 眼科薬物治療ガイド, --- 1疾患別:薬の使い方(ウイルス性結膜炎·流行性角結膜炎·咽頭結膜熱·急性出血性結膜炎·単純ヘルペス結膜炎) 2作用別:薬の基礎知識(抗ウイルス薬) ---, 文光堂, 東京, 2004年9月.
43)兼田 康宏 : コメディカルのための専門基礎分野テキスト精神医学, 株式会社 中外医学社, 東京, 2004年9月.
44)今里 聡, 尾崎 和美 : やさしい説明,上手な治療[4], --- 根面う蝕 ---, 永末書店, 京都, 2004年9月.
45)岡部 哲夫, 春名 正光, 伊原 正, 瓜谷 富三, 片山 貴文 : 医用工学 第2版, --- 医用放射線科学講座12 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年10月.
46)伊東 進 : 高周波電流を用いた内視鏡治療を施行したペースメーカー装着症例, 日本メディカルセンター, 東京, 2004年10月.
47)森山 啓司 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
48)北瀬 由紀子 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
49)高橋 巧 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
50)武田 憲昭, 西池 季隆 : 耳鼻咽喉科診療プラクティス 第13巻 耳鼻咽喉科・頭頚部外科領域の外傷と異物, --- 内耳振盪症 ---, 文光堂, 東京, 2004年10月.
51)吉岡 昌美 : 予防歯科実践ハンドブック, --- 歯周病のメンテナンス ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年10月.
52)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌と骨組織との相互作用, --- 多発性骨髄腫 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年10月.
53)Taketoshi Suehiro, Takashi Matsumata, Yasunori Shikada, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Keizo Sugimachi : Preoperative hyaluronic acid measurement to assess the hepatic functional reserve, H.G.E. Update Medical Publishing, Nov. 2004.
54)Taketoshi Suehiro, Takashi Matsumata, Yasunori Shikada, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Keizo Sugimachi : Change in alpha glutathione s-transferase levels during liver resection, H.G.E. Update Medical Publishing, Nov. 2004.
55)清水 一郎, 庄野 文章, 濱 佳子 : 徳島大学病院における安全器材の導入と特定抗菌薬の使用届出, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2004年11月.
56)清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 2004年11月.
57)Shin-ichiro Maehara, Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Yoshiro Saito, Kazuhiko Takahashi and Yoshihiko Maehara : Selenoprotein P, as a predictor for evaluating gemcitabine resistance in human pancreatic cancer cells, John Wiley & Sons, Inc., Nov. 2004.
58)塩田 洋, 工藤 英治 : 眼科検査ガイド, 文光堂, 東京, 2004年11月.
59)Tetsuo Ichikawa and Naeko Kawamoto : New Magnetic Applications in Clinical Dentistry, --- Biological Effects of Magnetic Attachment on the Human Body and Tissue ---, Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Dec. 2004.
60)市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.
61)Susumu Ito : Extramedullary plasmacytoma of the jejunum., 2005.
62)瀧脇 弘嗣 : 肝斑, 南江堂, 2005年.
63)瀧脇 弘嗣 : 尋常性白斑, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年.
64)住谷 さつき, 大森 哲郎 : 強迫性障害ハンドブック, --- 強迫性障害ニューロサイエンス ---, 2005年.
65)丹黒 章 : 食道アカラシア, 朝倉書店, 東京, 2005年.
66)安倍 正博 : 骨髄腫細胞は形質細胞とどこが違うのか?, --- 骨髄環境との相互作用 ---, 株式会社 先端医学社, 東京, 2005年.
67)武田 憲昭 : 薬物性めまい, 2005年.
68)西池 季隆, 秋月 裕則, 大山 晴三, 渡邉 洋, 松岡 克典, 武田 憲昭 : Virtual realityを用いた動揺病研究, 2005年.
69)高岡 司, 武田 憲昭 : 亜鉛欠乏の新しい機能評価法:アンギオテンシン変換酵素活性比と味覚障害患者への応用, 2005年.
70)武田 憲昭 : 低音障害型感音難聴とメニエール病, 2005年.
71)武田 憲昭 : めまい薬の上手な使い方, 2005年.
72)武田 憲昭 : 所見のないめまい患者への対応, 2005年.
73)武田 憲昭 : 内リンパ水腫と内リンパ嚢手術, 2005年.
74)清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法, 南江堂, 東京, 2005年.
75)清水 一郎, 岡崎 三千代, 伊東 進, 石川 桃子, 藤原 竪祐, 藤原 宗一郎, 堀江 貴浩, 山本 浩史, 井内 新 : 胃潰瘍治癒過程におけるプロスタグランジンとロイコトリエンの産生に及ぼすプロトンポンプ阻害剤とH2ブロッカーの比較, 朝倉書店, 東京, 2005年.
76)中瀬 尚長, 安井 夏生 : 骨盤・下肢 61.下肢延長術, 株式会社 医学書院, 2005年.
77)安井 夏生 : 第27章 整形外科疾患 1.先天性股関節脱臼2.先天性内反足3.先天性筋性斜頸4.脊柱側彎5.四肢の奇形, 株式会社 永井書店, 2005年.
78)松井 好人, 安井 夏生 : 先天性下腿偽関節の手術療法 Ilizarov法, 株式会社 メジカルビュー社, 2005年.
79)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
80)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, Hirotsugu Takiwaki, Seiji Arase and Kazuya Matsumoto : Bowen's disease on the sole: p16INK4a overexpression associated with human papillomavirus type 16, Blackwell Publishing Ltd, Jan. 2005.
81)Tsuyoshi Tajima, Kengo Yoshimitsu, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Kenji Shinozaki, Akihiro Nishie, Hiroshi Honda and Mitsuo Shimada : Detecting postsurgical recurrent hepatocellular carcinoma with multiphasic helical computed tomography: intrahepatic metastasis or multicentric occurrence?, Lippincott Williams & Wilkins, Jan. 2005.
82)Takashi Maeda, Mitsuo Shimada, Norifumi Harimoto, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Tatsuya Rikimaru, Shinji Tanaka, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : Role of tissue trace elements in liver cancers and non-cancerous liver parenchyma, H.G.E. Update Medical Publishing, Jan. 2005.
83)清水 一郎, Cheng Xinliang, 板垣 達三, 浦田 真理, 大塩 敦郎, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における酸化ストレスを介したTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 自然科学社, 東京, 2005年1月.
84)森本 忠興 : 乳腺腫瘤の診察手順, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年1月.
85)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, A Nishikado, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreticography: Correlation with cardiac accident, Jan. 2005.
86)兼田 康宏 : 日米医学医療交流財団編,<シリーズ日米医学交流No.5>アメリカ·カナダ医学留学へのパスポート<vol.2>, 株式会社 はる書房, 東京, 2005年1月.
87)伊東 進 : 排便で消失する腹部腫瘤, --- -肛門側の病変の可能性も考えようー ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年1月.
88)大鹿 哲郎, 田野 保雄, 樋田 哲夫, 根木 昭, 坪田 一男, 内藤 毅 : 眼科プラクティス 1術後眼内炎, --- Ⅱ内眼手術と術後眼内炎 5硝子体術後 内因性眼内炎と外因性眼内炎の鑑別102∼104頁 ---, 文光堂, 東京, 2005年1月.
89)四宮 加容, 塩田 洋 : 5.各種内服液と眼の副作用, 金原出版 株式会社, 東京, 2005年2月.
90)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control., Springer-Verlag, New York, Feb. 2005.
91)前川 正彦, 苛原 稔 : 臨床検査ガイド 2005∼2006, --- 風疹抗体検査 ---, 文光堂, 東京, 2005年2月.
92)曽根 三郎 : 看護のための最新医学講座 2.呼吸器疾患, --- 胸腔疾患 胸膜中皮種 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshiko Kanezaki, Toshiyuki Obata, Rie Matsushima, Asako Minami, Tomoyuki Yuasa, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Yukari Takeshita, Yutaka Nakaya, Toshio Matsumoto and Yousuke Ebina : KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes, Endocrine Journal, Vol.51, No.2, 133-144, 2004.
2)大庭 知子, 三木 善樹, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 森山 啓司 : 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.29, No.1, 16-29, 2004年.
3)Hirotsugu Takiwaki, H. Takiwaki, A. Adachi, H. Kohno and Y. Ogawa : Intravascular or intralymphatic histiocytosis associated with rheumatoid arthritis., Journal of the American Academy of Dermatology, Vol.50, No.4, 585-590, 2004.
4)Masami Yoshioka, Grenier Daniel, Daisuke Hinode, Makoto Fukui and Mayrand Denis : Antigenic cross-reactivity and sequence homology between Actinobacillus actinomycetemcomitans GroEL protein and human fibronectin, Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.2, 124-128, 2004.
5)Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Yuki Izawa, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Toshiaki Tamaki : Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation, Molecular Pharmacology, Vol.65, No.4, 832-841, 2004.
6)Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Akira Nishiyama, Yuichi Ozawa, Moe Kyaw, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : BMK1 is activated in glomeruli of diabetic rats and in mesangial cells by high glucose conditions, Kidney International, Vol.65, No.5, 1749-1760, 2004.
7)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura, Akira Fujii and Tetsuro Ohmori : Impact of a switch from typical to atypical antipsychotic drugs on quality of life and gonadal hormones in male patients with schizophrenia, Neuroendocrinology Letters, Vol.25, No.1-2, 135-140, 2004.
8)Ken Shirabe, Mitsuo Shimada, Eiji Tsujita, Shin-ichi Aishima, Shin-ichiro Maehara, Shinji Tanaka, Kenji Takenaka and Yoshihiko Maehara : Prognosis factors in node-negative intrahepatic cholangiocaecinoma eith special reference to angiogenesis, The American Journal of Surgery, Vol.187, No.4, 538-542, 2004.
9)Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Ability of myeloma cells to secrete macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β correlates with lytic bone lesions in patients with multiple myeloma, British Journal of Haematology, Vol.125, No.1, 38-41, 2004.
10)Kazuya Kondo, Kiyoshi Yoshizawa, Masaru Tsuyuguchi, Suguru Kimura, Masayuki Sumitomo, Junji Morita and Takanori Miyoshi : WHO histologic classification is a prognostic indicator in thymoma, The Annals of Thoracic Surgery, Vol.77, No.4, 1183-1188, 2004.
11)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之 : フェンタニルとプロポフォールの持続静脈内投与で術後管理を行った精神発達遅滞を伴う小児患者の1例, 臨床麻酔, Vol.28, No.4, 725-728, 2004年.
12)R Suzuki, J Suzumiya, S Nakamura, S Aoki, A Notoya, Shuji Ozaki, H Gondo, N Hino, H Mori, H Sugimori, K Kawa and K Oshimi : Aggressive natural killer-cell leukemia revisited: large granular lymphocyte leukemia of cytotoxic NK cells, Leukemia, Vol.18, No.4, 763-770, 2004.
13)Kazuhiro Mori, Takuji Edagawa, Miki Inoue, Masaki Nii, Ryuji Nakagawa, Yuka Takehisa, Yasuhiro Kuroda and Katsunori Tatara : Peak negative myocardial velocity gradient and wall-thickening velocity during early diastole are noninvasive parameters of left ventricular diastolic function in patients with Duchenne's progressive muscular dystrophy, Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.17, No.4, 322-329, 2004.
14)Hideharu Abe, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Hidenori Arai, Toru Kita and Toshio Doi : Type IV collagen is transcriptionally regulated by Smad1 under advanced glycation end-products (AGEs) stimulation, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.14, 14201-14206, 2004.
15)Maki Urushihara, Shoji Kagami, Koji Yasutomo, Michinori Ito, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Dag Malm, Helle Klenow, Oiviind Nilssen and Yasuhiro Kuroda : Sisters with α-mannosidosis and systemic lupus erythematosus, European Journal of Pediatrics, Vol.163, No.4-5, 192-195, 2004.
16)大下 修弘, 江口 覚, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 中條 信義 : 2ヶ月で2度,全身麻酔を受けた超高齢者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 250-251, 2004年.
17)Takashi Oki, Hideji Tanaka, Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, Yoshifumi Oishi, Takeo Ishimoto, Norio Nagase, Hisanori Shinohara, Koichi Sakabe and Nobuo Fukuda : Diagnosis of cardiac amyloidosis based on the myocardial velocity profile in the hypertrophied left ventricular wall., The American Journal of Cardiology, Vol.93, No.7, 864-869, 2004.
18)Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.69A, No.1, 105-113, 2004.
19)金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : リドカインのグルコーストランスポータータイプ3に対する作用, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 198-202, 2004年.
20)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Yukiko Kuroda, Sumiko Yoshida, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Expanding phenotype and clinical heterogeneity in patients with identical mutation of the parkin gene., European Neurology, Vol.51, No.3, 183-185, 2004.
21)Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
22)Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
23)Shinji Itoh, Takashi Maeda, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Ken Shirabe, Shinji Tanaka and Yoshihiko Maehara : Role of expression of focal adhesion kinase in progression of hepatocellular carcinoma, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.8, 2812-2817, 2004.
24)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004.
25)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa : Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
26)Naruhiko Sawada, Keiko Kataoka, Kazuya Kondo, Hideki Arimochi, H Fujino, Y Takahashi, Takanori Miyoshi, Tomomi Kuwahara, Y Monden and Yoshinari Ohnishi : Betulinic acid augments the inhibitory effects of vincristine on growth and lung metastasis of B16F10 melanoma cells in mice, British Journal of Cancer, Vol.90, No.8, 1672-1678, 2004.
27)石田 創士, 松本 和也, 中川 宏治, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : 左前腕に発症した血管肉腫の長期生存例, 日本形成外科学会会誌, Vol.24, No.4, 251-256, 2004年.
28)山之内 浩司, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎 : 舌体部へのピアス迷入の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.4, 255-258, 2004年.
29)Satoshi Tsutsumi, Nobuyuki Kamata, J Tamara Vokes, Yutaka Maruoka, Koichi Nakakuki, Shoji Enomoto, Ken Omura, Teruo Amagasa, Masaru Nagayama, Fumiko Saito-Ohara, Johji Inazawa, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The novel gene encoding a putative transmembrane protein is mutated in gnathodiaphyseal dysplasia (GDD)., American Journal of Human Genetics, Vol.74, No.6, 1255-1261, 2004.
30)石丸 真弓, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 徳島大学眼科における小児の裂孔原性網膜剥離の検討, 眼科手術, Vol.17, No.2, 261-263, 2004年.
31)Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004.
32)Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Tadashi Yoshii, Natsuo Oka, Hidenori Inohara, Hyeong-Reh Choi Kim, V Hogan, Robert S. Bresalier and Avraham Raz : Nuclear Export of Phosphorylated Galectin-3 Regulates its Antiapoptotic Activity in Response to Chemotherapeutic Drugs., Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.10, 4395-4406, 2004.
33)Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Oral rehabilitation of an orthodontic patient with cleft lip and palate and hypodontia using secondary bone grafting, osseo-integrated implants, and prosthetic treatment., Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.3, 279-284, 2004.
34)Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004.
35)Satoshi Sakaguchi, Ichiki Sato, Hiroaki Muguruma, Hiroaki Kawano, Yoshito Kusuhara, Seiji Yano, Saburo Sone and Tsuneo Uchiyama : Reemerging murine typhus, Japan., Emerging Infectious Diseases, Vol.10, No.5, 964-965, 2004.
36)Ken Yamauchi, Koushi Ohta, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : A case of social phobia with obsessive-compulsive symptoms improved by paroxetine in combination with risperidone, General Hospital Psychiatry, Vol.26, No.3, 242-243, 2004.
37)前川 正彦, 苛原 稔 : EBMからみた不妊治療の実際, --- 高齢不妊患者の治療方針 ---, 産婦人科治療, Vol.88, No.5, 1141-1147, 2004年.
38)Mitsuo Shimada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Takahiro Terashi, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Taketoshi Suehiro and Yoshihiko Maehara : The impact of splenectomy or splenic artery ligation on the outcome of a living donor adult liver transplantation using a left lobe graft, Hepato-Gastroenterology, Vol.51, No.57, 625-629, 2004.
39)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Imaging findings of urachal mucinous cystadenocarcinoma associated with pseudomyxoma peritonei., Acta Radiologica, Vol.45, No.3, 348-350, 2004.
40)古泉 佳男, 中西 秀樹, 松本 和也, 山野 雅弘 : 血友病を合併した口蓋裂患者の治療経験, 形成外科, Vol.47, No.5, 533-536, 2004年.
41)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, M Nakamura and Y Nakagawa : Histopathological findings in autopsied glioblastoma patients treated by mixed neutron beam BNCT, Journal of Neuro-Oncology, Vol.68, No.1, 25-32, 2004.
42)Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Primitive Vertebrobasilar System Associated with a Ruptured Aneurysm, American Journal of Neuroradiology, Vol.25, No.5, 781-783, 2004.
43)Yuki Hayashi, Shin-ichi Tsukumo, Hiroshi Shiota, Kenji Kishihara and Koji Yasutomo : Antigen-Specific T Cell Repertoire Modification of CD4+CD25+ Regulatory T Cells, The Journal of Immunology, Vol.172, No.9, 5240-5248, 2004.
44)Seiji Ohashi, Hideharu Abe, Toshikazu Takahashi, Yasuhiko Yamamoto, Masayoshi Takeuchi, Hidenori Arai, Kazuhiro Nagata, Toru Kita, Hiroshi Okamoto, Hiroshi Yamamoto and Toshio Doi : Advanced glycation end products increase collagen-specific chaperone protein in mouse diabetic nephropathy, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.19, 19816-19823, 2004.
45)Tomoharu Fukumori, Y Takenaka, Natsuo Oka, T Yoshii, V Hogan, H Inohara, HO Kanayama, HRC Kim and A Raz : Endogenous galectin-3 determines the routing of CD95 apoptotic signaling pathways., Cancer Research, Vol.64, No.10, 3376-3379, 2004.
46)秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 硝子体手術後に発症したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌による術後眼内炎の1例, 臨床眼科, Vol.58, No.5, 785-787, 2004年.
47)Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya, Oki Yuko, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long Term Follow-up in Japanese Public Office Workers of the Influence of Blood Pressure on ECG Changes, Circulation Journal, Vol.68, No.6, 563-567, 2004.
48)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima and Yoshihiko Maehara : A simple and accurate formula to estimate left hepatic graft volume in living-donor adult liver transplantation, Transplantation, Vol.77, No.10, 1571-1575, 2004.
49)藤本 裕子, 溝口 尚則, 黒田 真一郎, 永田 誠 : 濾過手術後のサイヌソトミー併用トラベクロトミー, あたらしい眼科, Vol.21, No.5, 683-686, 2004年.
50)井澤 俊 : 樹状細胞を用いたMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.1, 13-29, 2004年.
51)Dancan Lisa, Masami Yoshioka, Chandad Fatiha and Grenier Daniel : Loss of lipopolysaccharide receptor CD14 from the surface of human macrophage-like cells mediated by Porphyromonas gingivalis outer membrane vesicles, Microbial Pathogenesis, Vol.36, No.6, 319-325, 2004.
52)Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Risk factors for perioperative myocardial ischemia in carotid artery endarterectomy., Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Vol.18, No.3, 288-292, 2004.
53)S. H. Oh, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto and Motoharu Kori : Evaluation of proximal tooth contact tightness at rest and during clenching, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.31, No.6, 538-545, 2004.
54)Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki : Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells, Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
55)香留 崇, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離法と非剥離法の手術成績, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 959-962, 2004年.
56)岡本 敬子, 賀島 誠, 美馬 彩, 内藤 毅, 塩田 洋 : タモキシフェン網膜症の1例, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 987-990, 2004年.
57)Jun-ichi Kido, R. Kido, Suryono, Masatoshi Kataoka, M. K. Fagerhol and Toshihiko Nagata : Induction of calprotectin release by Porphyromonasgingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils, Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.3, 182-187, 2004.
58)湯淺 哲也, 宮本 洋二, 中西 宏彰, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 瀧 雅行, 長山 勝 : 顔面多発骨折の変形治療に対し顎矯正手術および骨移植術により形態·機能を改善した1例, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.3, No.1, 26-31, 2004年.
59)Kazunori Sekine, Takao Imai, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka and Noriaki Takeda : Dynamics of the vestibulo-ocular reflex in patients with the horizontal semicircular canal variant of benign paroxysmal positional vertigo, Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.5, 587-594, 2004.
60)関元 幸代, 澄川 一英, 武田 英二 : 健常者に対するカルシウム・イソフラボン含有錠を大量摂取した時の安全性の検討, 健康・栄養食品研究, Vol.7, No.1, 11-20, 2004年.
61)Yasuhiro Yuki, Issei Imoto, Masue Imaizumi, Shigeyoshi Hibi, Yasuhiko Kaneko, Teruo Amagasa and Johji Inazawa : Identification of a novel fusion gene in a pre-B acute lymphoblastic leukemia with t(1;19)(q23;p13)., Cancer Science, Vol.95, No.6, 503-507, 2004.
62)Maki Urushihara, Shoji Kagami, Michinori Ito, Koji Yasutomo, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Akiyoshi Takahashi and Yasuhiro Kuroda : Transforming growth factor-β in renal disease with glycogen storage disease I, Pediatric Nephrology, Vol.19, No.6, 676-678, 2004.
63)二宮 恒夫 : ドメスティック·バイオレンス(DV)の子どもへの影響と心のケア, 月刊 福祉, Vol.87, 46-48, 2004年.
64)北原 糺, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : メニエール病に対する浸透圧利尿薬の長期連続投与の治療効果と蝸電図におよぼす影響, Equilibrium Research, Vol.63, No.3, 237-241, 2004年.
65)Itaru Sonoda, Issei Imoto, Jun Inoue, Tatsuhiro Shibata, Yutaka Shimada, Koei Chin, Masayuki Imamura, Teruo Amagasa, W Joe Gray, Setsuo Hirohashi and Johji Inazawa : Frequent silencing of low density lipoprotein receptor-related protein 1B (LRP1B) expression by genetic and epigenetic mechanisms in esophageal squamous cell carcinoma., Cancer Research, Vol.64, No.11, 3741-3747, 2004.
66)Frank Gibson C. III, Charlie Hong, Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Jiqiu Chen, Egil Lien, Jodie Wong and Caroline Attardo Genco : Innate Immune Recognition of Invasive Bacteria Accelerates Atherosclerosis in Apolipoprotein E-Deficient Mice, Circulation, Vol.109, No.22, 2801-2806, 2004.
67)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals., Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004.
68)加治 芳雄, 芥川 正武, 七條 文雄, 木内 陽介, 永廣 信治 : 術中脳活動リアルタイム解析ソフトウェアの開発, 生体医工学, Vol.42, No.2, 41-47, 2004年.
69)西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 由紀子, 安陪 晋, 松浦 広興 : 6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.3, 433-440, 2004年.
70)Kyle A. Furge, Kerry A. Lucas, Masayuki Takahashi, Jun Sugimura, Eric J. Kort, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, Philip Hoekstra, John Curry, Ximing J. Yang and Bin T Teh : Robust Classification of Renal Cell Carcinoma Based on Gene Expression Data and Predicted Cytogenetic Profiles, Cancer Research, Vol.64, No.12, 4117-4121, 2004.
71)Naohiro Ohshita, Nobuyoshi Nakajo and Motohide Takemura : Characteristics of the trigeminal depressor response in cats, Journal of Neuroscience Research, Vol.76, No.6, 891-901, 2004.
72)Young-Hwan Moon, Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Sugar Constituents from the Roots of Lithospermum erythrorhizon, Natural Medicines, Vol.58, No.3, 117, 2004.
73)有田 憲司, 尼寺 理恵, 福留 麗実, 友竹 雅子, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 栗林 伸行, 森川 富昭, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第3報 乳幼児期の健診回数および母親の年齢と齲蝕罹患状態の関連性について ---, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 404-411, 2004年.
74)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 418-429, 2004年.
75)宮本 洋二, 藤澤 健司, 住友 孝史, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : インプラントの表面性状がオッセオインテグレーション獲得に及ぼす影響, --- 滑面と粗面(陽極酸化面)フィクスチャーの比較 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.17, No.2, 216-226, 2004年.
76)二宮 恒夫, 桑原 優子, 北原 香苗 : ネグレクト事例における母親とその家族への個別·家族療法的支援, 子どもの虐待とネグレクト, Vol.5, No.1, 254-258, 2004年.
77)Nagakatsu Harada, Chika Ninomiya, Yoshie Osako, Masaki Morishima, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Taurine alters respiratory gas exchange and nutrient metabolism in type 2, Obesity Research, Vol.12, No.7, 1077-1084, 2004.
78)Toshikatsu Shinka, Yoko Sato, Gang Chen, Takushi Naroda, Keigo Kinoshita, Yukiko Unemi, Keiko Tsuji, Kazunori Toida, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular characterization of heat shock-like factor encoded on the human Y chromosome, and implications for male infertility, Biology of Reproduction, Vol.71, No.1, 297-306, 2004.
79)Hiroshi Eguchi, HICKS Celia, CRAWFORD Geoffrey, TAN Donald and SUTTON Gerard : Cataract surgery with the AlphaCor artificial cornea, Journal of Cataract and Refractive Surgery, Vol.30, No.7, 1486-1490, 2004.
80)Ammar Almofti, Daisuke Uchida, Nasima Mila Begum, Yoshifumi Tomizuka, Hiroki Iga, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : The clinicopathological significance of the expression of CXCR4 protein in oral squamous cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.25, No.1, 65-71, 2004.
81)Hideki Azuma, Jun-ichi Kido, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata : Substance P Enhances the Inhibition of Osteoblastic Cell Differentiation Induced by Lipopolysaccharide From Porphyromonas gingivalis, Journal of Periodontology, Vol.75, No.7, 974-981, 2004.
82)Masahiro Nomura, Kohzou Uehara, Kenji Harada, Eiko Uemura, Akiko Iga, Tomohito Kawano, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Impairment of gastrointestinal motility by nitrate administration: evaluation based on electrogastrographic changes and autonomic nerve activity, Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.20, No.s1, 118-124, 2004.
83)Yasushi Oshima, Yukiko Kuroda, Makoto Kunishige, Toshio Matsumoto and Takao Mitsui : OXIDATIVE STRESS-ASSOCIATED MITOCHONDRIAL DYSFUNCTION IN CORTICOSTEROID-TREATED MUSCLE CELLS, Muscle & Nerve, Vol.30, No.1, 49-54, 2004.
84)A. Ohno, Takao Mitsui, I. Endo, M. Kunishige, T. Sigekiyo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with Sjögren's syndrome: VEGF involvement in vasculitis, Clinical Neuropathology, Vol.23, No.4, 178-182, 2004.
85)Takuya Mishiro, Shunji Nakano, Shigeyuki Takahara, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Susumu Yasuoka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Relationship Between Cathepsin B and Thrombin in Rheumatoid Arthritis, The Journal of Rheumatology, Vol.31, No.7, 1265-1273, 2004.
86)原田 貴史, 友竹 正人, 小笠原 一能, 大森 哲郎 : 精神科臨床における下肢深部静脈血栓症, 臨床精神医学, Vol.33, No.7, 939-946, 2004年.
87)兼田 康宏, 今倉 章, 大森 哲郎 : The Schizophrenia Quality of Life Scale 日本語版(JSQLS), 精神医学, Vol.46, No.7, 737-739, 2004年.
88)安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔 : 隔日投与によるホルモン補充療法の再考, Osteoporosis Japan, Vol.12, No.3, 95-98, 2004年.
89)Koichi Sakabe, Nobuo Fukuda, Teru Nada, Hisanori Shinohara, Yoshiyuki Tamura, Tetsuzo Wakatsuki, Akiyoshi Nishikado and Takashi Oki : Atrial electrophysiologic abnormalities in patients with Wolff-Parkinson-White syndrome but without paroxysmal atrial fibrillation, Clinical Cardiology, Vol.27, No.7, 396-400, 2004.
90)Mototsugu Kato, Masao Saito, Shinsaku Fukuda, Chieko Kato, Shuichi Ohara, Shiro Hamada, Ryuichi Nagashima, Katsutoshi Obara, Masayuki Suzuki, Hirohito Honda, Masahiro Asaka and Takakane Toyota : 13C-Urea breath test, using a new compact nondispersive isotope-selective infrared spectrophotometer: comparison with mass spectrometry, Journal of Gastroenterology, Vol.39, No.7, 629-634, 2004.
91)Shuichi Ohara, Mototsugu Kato, Masao Saito, Shinsaku Fukuda, Chieko Kato, Shiro Hamada, Ryuichi Nagashima, Katsutoshi Obara, Masayuki Suzuki, Hirohito Honda, Masahiro Asaka and Takayoshi Toyota : Comparison between a new 13C-urea breath test, using a film-coated tablet, and the conventional 13C-urea breath test for the detection of Helicobacter pylori infection, Journal of Gastroenterology, Vol.39, No.7, 621-628, 2004.
92)Arata Horii, Kenji Mitani, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Noriaki Takeda and Takeshi Kubo : Paroxetine, a Selective Serotonin Reuptake Inhibitor, Reduces Depressive Symptoms and Subjective Handicaps in Patients with Dizziness, Otology & Neurotology, Vol.25, No.4, 536-543, 2004.
93)Mitsuo Shimada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Taketoshi Suehiro and Yoshihiko Maehara : Is graft size a major risk factor in living-donor adult liver transplantation?, Transplant International, Vol.17, No.6, 310-316, 2004.
94)Johji Inazawa, Jun Inoue and Issei Imoto : Comparative genomic hybridization (CGH)-arrays pave the way for identification of novel cancer-related genes., Cancer Science, Vol.95, No.7, 559-563, 2004.
95)Jun Inoue, Takemi Otsuki, Akira Hirasawa, Issei Imoto, Yoshinobu Matsuo, Shiroh Shimizu, Masafumi Taniwaki and Johji Inazawa : Overexpression of PDZK1 within the 1q12-q22 amplicon is likely to be associated with drug-resistance phenotype in multiple myeloma., The American Journal of Pathology, Vol.165, No.1, 71-81, 2004.
96)Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki and Yasuhiro Kuroda : [Efficacy of secretin for the treatment of autism]., No to Hattatsu, Vol.36, No.4, 289-295, 2004.
97)Seiichiro Abe, Tetsuji Takayama, Hidetoshi Ohta, Rishu Takimoto, Tetsuro Okamoto, Yasushi Sato, Tomomi Nikaido, Kouhei Takizawa, Tomoyuki Abe and Yoshiro Niitsu : Successful treatment with prostaglandin E1 of ischemic colitis complicated by colonic stricture., Gastrointestinal Endoscopy, Vol.60, No.1, 148-151, 2004.
98)松本 和也, 中西 秀樹, 山中 健生, 橋本 一郎, 久保 宜明 : 血管拡張性肉芽腫に対する硬化療法の工夫, 臨床皮膚科, Vol.58, No.8, 681-683, 2004年.
99)Tsutomu Sato, Takuro Machida, Sho Takahashi, Satoshi Iyama, Yasushi Sato, Kageaki Kuribayashi, Kohichi Takada, Takatomi Oku, Yutaka Kawano, Tetsuro Okamoto, Rishu Takimoto, Takuya Matsunaga, Tetsuji Takayama, Minoru Takahashi, Junji Kato and Yoshiro Niitsu : Fas-mediated apoptosome formation is dependent on reactive oxygen species derived from mitochondrial permeability transition in Jurkat cells., The Journal of Immunology, Vol.173, No.1, 285-296, 2004.
100)大下 修弘, 江口 覚, 久米 景子, 湯淺 哲也, 北村 清一郎, 中條 信義 : 全内臓逆位を伴った右胸心患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.3, 381-382, 2004年.
101)武知 正晃, 鎌田 伸之, 久米 景子, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 438-441, 2004年.
102)内田 大亮, 玉谷 哲也, 富塚 佳史, 大江 剛, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 難治性下顎骨骨髄炎を呈したpycnodysostosisの治療経過とカテプシンK遺伝子の変異解析, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 415-421, 2004年.
103)Takashi Sakai, Li Liu, Xichuan Teng, Rika Mukai-Sakai, Hidenori Shimada, Ryuji Kaji, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Yuji Shishido, Tak W. Mak and Kiyoshi Fukui : Nucling Recruits Apaf-1/Pro-caspase-9 Complex for the Induction of Stress-Induced Apoptosis, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.39, 41131-41140, 2004.
104)宇野 昌明, 里見 淳一郎, 鈴江 淳彦, 中嶌 敦夫, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 米田 和英, 森田 奈緒美, 原田 雅史 : Stroke MRIによる急性期脳虚血の診断と治療, 脳卒中の外科, Vol.32, No.4, 262-266, 2004年.
105)Nobuyuki Kamata, Ryouichi Fujimoto, Mayumi Tomonari, Masayuki Taki, Masaru Nagayama and Shigeru Yasumoto : Immortalization of human dental papilla, dental pulp, periodontal ligament cells and gingival fibroblasts by telomerase reverse transcriptase, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.33, No.7, 417-423, 2004.
106)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Yasuo Tsutsumi, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata, Yasuhiro Kuroda and Yutaka Nakaya : Molecular Mechanisms of the Inhibitory Effects of Bupivacaine, Levobupivacaine, and Ropivacaine on Sarcolemmal Adenosine Triphosphate-sensitive Potassium Channels in the Cardiovascular System., Anesthesiology, Vol.101, No.2, 390-398, 2004.
107)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
108)Kazuaki Mawatari, Kakui Sae, Nagakatsu Harada, Takamasa Ohnishi, Yasuharu Niwa, Kazuko Okada, Akira Takahashi, Keisuke Izumi and Yutaka Nakaya : Endothelin-1(1 31) levels are increased in atherosclerotic lesions of the thoracic aorta of hypercholesterolemic hamsters, Atherosclerosis, Vol.175, No.2, 203-212, 2004.
109)Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004.
110)Yuka Takehara, Kazuhiro Mori, Takuji Edagawa, Mayumi Sugimoto, Hiroo Takehara, Michinori Ito and Yasuhiro Kuroda : Presumed hypoplastic intrahepatic portal system due to patent ductus venosus: Importance of direct pcclusion test of ductus venosus under open laparotomy, Pediatrics International, Vol.46, No.4, 484-486, 2004.
111)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Capsaicin-resistant, nonspecific acetylcholinesterase (NsAchE) reactive nerve fibers in the rat cornea: a quantitative and developmental study (Cited in "Investigative Ophtalmology & Visual Science, 52(5), 2010"), Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.81, No.4, 75-84, 2004.
112)Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
113)Yuken Ohmine, Tadaoki Morimoto, Yohsuke Kinouchi, Tadamitsu Iritani, Mieko Takeuchi, Mari Haku and Hiromu Nishitani : Basic study of new diagnostic modality according to non-invasive measurement of the electrical conductivity of tissues, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 218-225, 2004.
114)Hirotsugu Yamada, Erwan Donal, Yong-Jin Kim, Deborah A. Agler, Youhua Zhang, Neil L. Greenberg, Todor N. Mazgalev, James D. Thomas and Richard A. Grimm : The "Pseud-Restrictive" Pattern of Transmitral Doppler Flow Pattern Following Conversion of Atrial Fibrillation to Sinus Rhythm, --- Is Atrial or Ventricular Dysfunction to Blame? ---, Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.17, No.8, 813-818, 2004.
115)Jun Sugimura, Ximing J. Yang, Maria S. Tretiakova, Masayuki Takahashi, Eric J. Kort, Barbara Fulton, Tomoaki Fujioka, Nicholas J. Vogelzang and Bin Tean Teh : Gene expression profiling of mesoblastic nephroma and Wilms tumors comparison and clinical implications, Urology, Vol.64, No.2, 362-368, 2004.
116)Xiao Wu, Elena Rabkin-Aikawa, Kristine J Guleserian, Tjorvi E Perry, Yutaka Masuda, Fraser W H Sutherland, Frederick J Schoen, John Mayer E Jr and Joyce Bischoff : Tissue-engineered microvessels on three-dimensional biodegradable scaffolds using human endothelial progenitor cells, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.287, No.2, H480-H487, 2004.
117)大庭 康雄, 永島 優子, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた骨格性III級の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 28-40, 2004年.
118)茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯の動揺度と歯根/歯冠長比との関連性に関する研究, 中・四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 29-33, 2004年.
119)Masaki Hanibuchi, Seiji Yano, Nobutaka Edakuni, Mami Inayama and Saburo Sone : A case of early-stage lung cancer detected by autofluorescence bronchoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 234-237, 2004.
120)A Nobuoka, Tetsuji Takayama, K Miyanishi, T Sato, T Hayashi, T Kukitsu, K Takanashi, Yasushi Sato, M Takahashi, T Okamoto, T Matsunaga, J Kato, M Oda, T Azuma and Y Niitsu : Glutathione S-transferase P1-1 protects aberrant crypt foci from apoptosis induced by deoxycholic acid., Gastroenterology, Vol.127, No.2, 428-443, 2004.
121)Hideki Otsuka, Akiko Kubo, Graham Michael and Hiromu Nishitani : The relationship between standard uptake value (SUV) and Hounsfield Unit (HU) of oral contrast agent for FDG-PET/CT study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 226-229, 2004.
122)小林 礼子, 西池 季隆, 神原 留美, 荻野 仁, 久保 武, 武田 憲昭 : 耳症状初発の限局型Wegener肉芽腫症例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.97, No.8, 685-690, 2004年.
123)Masato Okamoto, Sachiko Furuichi, Yasuhiko Nishioka, Tetsuya Oshikawa, Tomoyuki Tano, Sharif Uddin Ahmed, Kiyoshi Takeda, Shizuo Akira, Yoshiki Ryoma, Yoichiro Moriya, Motoo Saito, Saburo Sone and Mitsunobu Sato : Expression of Toll-Like Receptor 4 on Dendritic Cells Is Significant for Anticancer Effect of Dendritic Cell-Based Immunotherapy in Combination with an Active Component of OK-432, a Streptococcal Preparation, Cancer Research, Vol.64, No.15, 5461-5470, 2004.
124)Daisuke Uchida, Nasima Mila Begum, Ammar Almofti, Hitoshi Kawamata, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : Frequent Down-regulation of 14-3-3 sigma protein and Hypermethylation of 14-3-3 sigma gene in Salivary Gland Adenoid Cystic Carcinoma, British Journal of Cancer, Vol.91, No.6, 1131-1138, 2004.
125)Hiroko Akiyoshi, Shigetsugu Hatakeyama, Jukka Pitkanen, Yasuhiro Mouri, Vassilis Doucas, Jun Kudoh, Kyoko Tsurugaya, Daisuke Uchida, Akemi Matsushima, Kiyotaka Oshikawa, Keiichi I. Nakayama, Nobuyoshi Shimizu, Part Peterson and Mitsuru Matsumoto : Subcellular expression of autoimmune regulator is organized in a spatiotemporal manner, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.32, 33984-33991, 2004.
126)永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前·術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性, --- PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 ---, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.14, No.2, 111-121, 2004年.
127)Kumiko Tominaga, Junko Matsuda, Makiko Kido, Etsuo Naito, Ichiro Yokota, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda : Genetic Background Markedly Influences Vulnerability of the Hippocampal Neuronal Organization in the ''Twitcher'' Mouse Model of Globoid Cell Leukodystrophy, Journal of Neuroscience Research, Vol.77, No.4, 507-516, 2004.
128)Satoko Shiotani, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Tomoharu Yosizumi, Hiroaki Shimokawa and Yoshihiko Maehara : Involvement of Rho-kinase in cold ischemia-reperfusion injury after liver transplantation in rats, Transplantation, Vol.78, No.3, 375-382, 2004.
129)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
130)藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 岡崎 敏之, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 隈 晴二, 佐野 壽昭, 新谷 保実, 福本 礼 : 片側性副腎腫瘤を合併した Cushing 病の1例, ホルモンと臨床, Vol.52, 135-140, 2004年.
131)三好 弘一, 山本 康代, 西谷 弘 : 教育訓練の受講回数とRI使用の有無の教育効果へ与える影響, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.3, No.1, 27-33, 2004年.
132)Yuka Jinnouchi, Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Anesthetic management of a patient undergoing cardioverter defibrillator implantation: usefulness of transesophageal echocardiography and near infrared spectroscopy., Journal of Anesthesia, Vol.18, No.3, 220-223, 2004.
133)Yuki Hayashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Shin-ichi Tsukumo, Hitomi Fukui, Kenji Kishihara, Hiroshi Shiota, Koji Yasutomo and Yoshio Hayashi : Effective Treatment of a Mouse Model of Sjogren's Syndrome With Eyedrop Administrasiton of Anti-CD4 Monoclonal Antibody, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.9, 2903-2910, 2004.
134)Masumi Horibe, Takamasa Sawa, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Regulation of tenascin expression in cultured rat dental pulp cells, Odontology, Vol.92, No.1, 22-26, 2004.
135)Miyuki Kanematsu, Koichi Satoh, Norio Nakajima, Fusamitsu Hamazaki and Shinji Nagahiro : Ruptured aneurysm arising from a basilar artery fenestration and associated with a persistent primitive hypoglossal artery, --- Case report and review of the literature ---, Journal of Neurosurgery, Vol.101, No.3, 532-535, 2004.
136)Hirokazu Murakami, Hiroshi Fujii, Tohru Inaba, Chihiro Shimazaki, Sinichirou Okamoto, Akiyosi Miwa, Morio Sawamura, Masahiro Abe, Takaaki Chou, Hideki Asaoku, Yoshikazu Kitahara, Kunihiko Hayashi, Masaaki Kosaka, Atsushi Togawa and Kiyoshi Takatsuki : High-dose chemotherapy and autologous peripheral blood stem cell transplantation in high-risk multiple myeloma, European Journal of Haematology, Vol.73, No.3, 169-173, 2004.
137)Tsutomu Sato, Takuya Matsunaga, Masaya Kida, Kazuhiro Morii, Takuro Machida, Yutaka Kawano, Kiminori Nakamura, Kageaki Kuribayashi, Kohichi Takada, Satoshi Iyama, Yasushi Sato, Tetsuji Takayama, Minoru Takahashi, Junji Kato, Manabu Chokki and Yoshiro Niitsu : Interleukin-11 as an osteoprotegerin-inducing factor in culture medium of blastic cells from a patient with acute megakaryocytic leukemia complicated with osteosclerosis., American Journal of Hematology, Vol.77, No.1, 62-66, 2004.
138)原田 桂子, 西川 聡美, 相川 文子, 福留 麗実, 北岡 裕子, 友竹 雅子, 阿部 洋子, 木村 奈津子, 上田(山口) 公子, 尼寺 理恵, 清水 謙, 郡 由紀子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 歯学部付属病院小児歯科における21年間の初診患児の実態調査, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.4, 505-511, 2004年.
139)冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 151-161, 2004年.
140)辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司 : 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床統計学的調査, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 162-169, 2004年.
141)S. Kamolmatyakul, W. Chen, S. Yang, Yoko Abe, R. Moroi, A.M. Ashique and Y.-P. Li : IL-1α Stimulates Cathepsin K Expression in Osteoclasts via the Tyrosine Kinase-NF-KB Pathway, Journal of Dental Research, Vol.83, No.10, 791-796, 2004.
142)Hideji Tanaka, Takashi Oki, Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, Kenji Harada, Eriko Kimura, Yoshifumi Oishi, Takeo Ishimoto and Susumu Ito : Losartan improves regional left ventricular systolic and diastolic function in patients with hypertension, --- Accurate evaluation using a newly developed color-coded tissue Doppler imaging technique ---, Journal of Cardiac Failure, Vol.10, No.5, 412-420, 2004.
143)Zoran B Popović, Hirotsugu Yamada, Kent A Mowrey, Youhua Zhang, Don W Wallick, Richard A Grimm, James D Thomas and Todor N Mazgalev : Frank-Starling mechanism contributes modestly to ventricular performance during atrial fibrillation, Heart Rhythm, Vol.1, No.4, 482-489, 2004.
144)Koji Nakagawa, Shuji Yamano, Masaharu Kamada, Masahiko Maegawa, Akira Tokumura, Minoru Irahara and Hidekazu Saito : Sperm-immobilizing antibodies suppress an increase in the plasma membrane fluidity of human spermatozoa, Fertility and Sterility, Vol.82, No.Supplement 3, 1054-1058, 2004.
145)Masashi Akaike, Wenyi Che, Nicole-Lerner Marmarosh, Shinsuke Ohta, Masaki Osawa, Bo Ding, Bradford C. Berk, Chen Yan and Jun-ichi Abe : The Hinge-Helix 1 Region of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ1 (PPARγ1) Mediates Interaction with Extracellular Signal-Regulated Kinase 5 and PPARγ1 Transcriptional Activation, --- Involvement in Flow-Induced PPARγ Activation in Endothelial Cells ---, Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8691-8704, 2004.
146)Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Shunji Matsubara and Koichi Satoh : Ruptured de novo thrombotic giant aneurysm induced by ethyl 2-cyanoacrylate, --- Case report ---, Surgical Neurology, Vol.62, No.4, 346-351, 2004.
147)Mohammad A. Jamous, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Norio Nakajima, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Detection of Enlarged Cortical Vein by Magnetic Resonance Imaging Contributes to Early Diagnosis and Better Outcome for Patients With Anterior Cranial Fossa Dural Arteriovenous Fistula, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.44, No.10, 516-521, 2004.
148)Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
149)Atul Verma, Nassir F. Marrouche, Hirotsugu Yamada, Richard A. Grimm, Jennifer Cummings, J. David Burkhardt, Fethi Kilicaslan, Mandeep Bhargava, Abdul-Ahmad Karim, James D. Thomas and Andrea Natale : Usefulness of intracardiac Doppler assessment of left atrial function immediately post-pulmonary vein antrum isolation to predict short-term recurrence of atrial fibrillation, The American Journal of Cardiology, Vol.94, No.7, 951-954, 2004.
150)Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004.
151)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Hiide Yoshino, Atsuko Asano, Miho Tsuruo, Itsuro Endo, Fumikazu Yagi and Toshio Matsumoto : Isolated cranial neuropathy associated with anti-glycolipid antibodies, Journal of the Neurological Sciences, Vol.225, No.1-2, 51-55, 2004.
152)Carola J. Haven, Viive M. Howell, Paul C. H. Eilers, Robert Dunne, Masayuki Takahashi, Marjo van Puijenbroek, Kyle Furge, Job Kievit, Min-Han Tan, Gert Jan Fleuren, Bruce G. Robinson, Leigh W. Delbridge, Jeanette Philips, Anne E. Nelson, Ulf Krause, Henning Dralle, Cuong Hoang-Vu, Oliver Gimm, Hans Morreau, Deborah J. Marsh and Bin T. Teh : Gene Expression of Parathyroid Tumors, --- Molecular Subclassification and Identification of the Potential Malignant Phenotype ---, Cancer Research, Vol.64, No.20, 7405-7411, 2004.
153)Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004.
154)Hao Liu, Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Shiji Manabe, Hiroyuki Yamasaki, Masayuki Shono and Shinji Nagahiro : Peripheral oxidative biomarkers constitute a valuable indicator of the severity of oxidative brain damage in acute cerebral infarction., Brain Research, Vol.1025, No.1-2, 43-50, 2004.
155)Kouichi Yamamoto, Man P. Ngan, Noriaki Takeda, Atsushi Yamatodani and John A. Rudd : Differential activity of drugs to induce emesis and pica behavior in Suncus murinus (house musk shrew) and rats, Physiology & Behavior, Vol.83, No.1, 151-156, 2004.
156)Yousuke Kawaguchi, Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Kuo-Hsiung Lee : New Sesquiterpenes from Capsicum annuum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1893-1896, 2004.
157)市原 多香子, 田村 綾子, 西亀 正之, 宮腰 由紀子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 術後安静期間が延長した2事例における下肢筋組織厚,エネルギー摂取量,行動範囲の変化, Quality Nursing, Vol.10, No.11, 67-73, 2004年.
158)YUKIKO WATANABE, HIROSHI OHSHIMA, KOH MIZUNO, CHIHARU SEKIGUCHI, MASAO FUKUNAGA, KENJIRO KOHRI, JÖRN RITTWEGER, DIETER FELSENBERG, Toshio Matsumoto and TOSHITAKA NAKAMURA : Intravenous Pamidronate Prevents Femoral Bone Loss and Renal Stone Formation During 90-Day Bed Rest, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.11, 1771-1778, 2004.
159)Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Takanori Miyoshi, Hisashi Ishikura, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Orthotopically implanted SCID mouse model of human lung cancer suitable for investigating metastatic potential and anticancer drug effects, Oncology Reports, Vol.12, No.5, 991-999, 2004.
160)Shinjiro Takata, Natsuo Yasui, Kiyoshi Nakatsuka and Stuart H Ralston : Evolution of understanding of genetics of Paget's disease of bone and related diseases, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.22, No.6, 519-523, 2004.
161)Takahiro Sasa, Koichi Sairyo, Naoyuki Yoshida, Mari Fukunaga, Keiko Koga, Makoto Ishikawa and Natsuo Yasui : Continuous muscle stretch prevents disuse muscle atrophy and deterioration of its oxidative capacity in rat tail-suspension models, American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, Vol.83, No.11, 851-856, 2004.
162)久保 弥栄子, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 硝子体手術を施行した黄斑円孔を伴うpit macular syndromeの1例, 眼科, Vol.46, No.12, 1785-1790, 2004年.
163)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 苛原 稔 : 低用量HRT施行中の腰椎骨密度の長期的推移, --- 結合型エストロゲンと酢酸メドロシキプロゲステロンの隔日投与の場合 ---, 産婦人科の実際, Vol.53, No.12, 1951-1955, 2004年.
164)Hirotsugu Yamada, Kent A. Mowrey, Zoran B. Popović, David O. Martin, James D. Thomas and Don W. Wallick : Coupled pacing improves cardiac efficiency during acute atrial fibrillation with or without cardiac depression, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.287, No.5, H2016-H2022, 2004.
165)Ning Ge, Yasuhiko Nishioka, Yoichi Nakamura, Yoshio Okano, Kazuo Yoneda, Hirohisa Ogawa, Akemi Sugita, Hiroaki Yanagawa and Saburo Sone : Synthesis and Secretion of Interleukin-15 by Freshly Isolated Human Bronchial Epithelial Cells, International Archives of Allergy and Immunology, Vol.135, No.3, 235-242, 2004.
166)Kazunori Sekine, Takao Imai, Masahiro Morita, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka, Takeshi Kubo, Koichi Tamura and Noriaki Takeda : Vertical Canal Function in Normal Subjects and Patients with Benign Paroxysmal Positional Vertigo, Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.9, 1046-1052, 2004.
167)Satoko Shiotani, Mitsuo Shimada, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Shinji Uemoto, Tetsuya Kiuchi, Koichi Tanaka and Yoshihiko Maehara : S100beta protein: The preoperative new clinical indicator of brain damage in patients with fulminant hepatic failure, Transplantation Proceedings, Vol.36, No.9, 2713-2716, 2004.
168)武田 英二, 深谷 牧子, 松尾 薫, 新井 英一 : 機能性食品と高齢者(消化器疾患)への臨床応用 パラチノースの耐糖能障害への予防効果, 老年消化器病, Vol.16, No.2, 109-113, 2004年.
169)LM Ludwig, Katsuya Tanaka, JT Eelles, D Weihrauch, PS Pagel, JR Kersten and DC Warltier : Preconditioning by isoflurane is mediated by reactive oxygen species generated from mitochondrial electron transport chain complex III., Anesthesia & Analgesia, Vol.99, No.5, 1308-1315, 2004.
170)PC Chiari, PS Pagel, Katsuya Tanaka, JG Krolikowski, LM Ludwig, RA Trillo, N Puri, JR Kersten and DC Warltier : Intravenous emulsified halogenated anesthetics produce acute and delayed preconditioning against myocardial infarction in rabbits., Anesthesiology, Vol.101, No.5, 1160-1166, 2004.
171)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Radiation injury of boron neutron capture therapy using mixed epithermal- and themal neutron beams in patients with malignant glioma, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 1063-1067, 2004.
172)Junko Matsuda, Makiko Kido, Keiko Tadano-Aritomi, Ineo Ishizuka, Kumiko Tominaga, Kazunori Toida, Eiji Takeda, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda : Mutation in saposin D domain of sphingolipid activator protein gene causes urinary system defects and cerebellar Purkinje cell degeneration with accumulation of hydroxy fatty acid-containing ceramide in mouse, Human Molecular Genetics, Vol.13, No.21, 2709-2723, 2004.
173)北川 哲也 : 収縮性心膜炎とPTFE心膜用シート, 日本小児循環器学会雑誌, Vol.20, No.6, 632-633, 2004年.
174)Keiichi Goishi, Kouichi Mizuno, Hideki Nakanishi and Takuya Sasaki : Involvement of Rab27 in antigen-induced histamine release from rat basophilic leukemia 2H3 cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.324, No.1, 294-301, 2004.
175)市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 : 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか, 補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年.
176)Hisatsugu Goto, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Hirohisa Ogawa, David C. Blakey and Saburo Sone : Sensitization of Tumor-Associated Endothelial Cell Apoptosis by the Novel Vascular-Targeting Agent ZD6126 in Combination with Cisplatin, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.22, 7671-7676, 2004.
177)Hideaki Tanami, Issei Imoto, Akira Hirasawa, Yasuhiro Yuki, Itaru Sonoda, Jun Inoue, Kohichiro Yasui, Akiko Misawa-Furihata, Yutaka Kawakami and Johji Inazawa : Involvement of overexpressed wild-type BRAF in the growth of malignant melanoma cell lines., Oncogene, Vol.23, No.54, 8796-8804, 2004.
178)M Kunishige, Takao Mitsui, B. H. Tan, H. N. Leong, T Takasaki, I Kurane, A Mihara and Toshio Matsumoto : Preferential gray matter involvement in dengue myelitis, Neurology, Vol.63, No.10, 1980-1981, 2004.
179)Daisuke Inoue, Shinsuke Kido and Toshio Matsumoto : Transcriptional Induction of FosB/FosB Gene by Mechanical Stress in Osteoblasts, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.48, 49795-49803, 2004.
180)Jun-ichi Iga, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Acute abdominal distension secondary to urinary retention in a patient after alcohol withdrawal., Alcohol and Alcoholism, Vol.40, No.1, 86-87, 2004.
181)Satoshi Yokoo, Chizu Tateishi, Shungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Takahide Komori, Hirofumi Hanagaki and Keiji Moriyama : Occlusal reconstruction:Orthodontic techniques for treatment of jaw fracture., World Journal of Orthodontics, Vol.5, No.4, 339-343, 2004.
182)Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Rika Aoki, Yasunori Sato, Jiro Nakamoto, Yoshitaka Imoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Okitsu and Toshiaki Sano : A Treatment Using ST1571 for Jejunal Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) Accompanied with Liver Metastas and Peritoneal Dissemination, Internal Medicine, Vol.43, No.12, 1151-1156, 2004.
183)Katsuyoshi Tamaki, Ichiro Shimizu, Atsuo Oshio, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Akemi Tsutsui, Hiroshi Shibata, Nobuya Sano and Susumu Ito : Influence of large intrahepatic blood vessels on the gross and histological characteristics of lesions prpduced by radiofrequency ablation in a pig livermodel, Liver International, Vol.24, No.6, 696-701, 2004.
184)Kenji Endo, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Influence of age on scapulo-thoracic orientation, Clinical Biomechanics, Vol.19, No.10, 1009-1013, 2004.
185)Masaru Kobayashi, Natsuo Yasui, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Development of Autoimmune Arthritis With Aging Via Bystander T Cell Activation in the Mouse Model of Sjogren's Syndrome, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.12, 3974-3984, 2004.
186)小谷 泰教, 今津 功貴, 原野 厚志, 高田 恵里, 大森 哲郎 : 作業療法およびデイケア導入により頻発した対人トラブルや衝動行為の改善を認めた慢性疼痛の1例, 精神科, Vol.5, No.6, 458-463, 2004年.
187)Saulo Martins, Marc de Perro, Yumiko Imai, M Yamane, S M Quadri, L Segall, A Dutly, Shoji Sakiyama, A Chaparro, Beverly L Davidson, Thomas K Waddell, Mingyao Liu and Shaf Keshavjee : Transbronchial administration of adenoviral-mediated interleukin-10 gene to the donor improves function in a pig lung transplant model, Gene Therapy, Vol.11, No.24, 1786-1796, 2004.
188)桑村 由美, 市原 多香子, 南川 貴子, 田村 綾子, 森本 忠興, 近藤 裕子 : 臨地実習での学習内容に対する学生自己評価の変化-成人看護学臨地実習で興味·関心のあるテーマを課題学習に導入した場合と導入しなかった場合の比較から-, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.3, No.1, 11-21, 2004年.
189)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 金村 賦之, 神原 保, 市川 洋一, 島原 祐介, 元木 達夫, 菅野 幹夫, 浦田 将久, 増田 裕, 堀 隆樹, 北川 哲也 : 一時留置型静脈フィルターに捕獲された塞栓の診断と対処, --- 静脈造影法と経食道エコー法の検討 ---, 静脈学, Vol.15, No.3, 253-258, 2004年.
190)Noriaki Takeda, Tsukasa Takaoka, Chizuru Ueda, Naoki Toda, Bukasa Kalubi and Shigeru Yamamoto : Zinc deficiency in patients with idiopathic taste impairment with regard to angiotensin converting enzyme activity, Auris, Nasus, Larynx, Vol.31, No.4, 425-428, 2004.
191)Takahiro Sanada, Sana Yokoi, Shigeki Arii, Kohichiroh Yasui, Issei Imoto and Johji Inazawa : Skp2 overexpression is a p27Kip1-independent predictor of poor prognosis in patients with biliary tract cancers., Cancer Science, Vol.95, No.12, 969-976, 2004.
192)Tamotsu Sagawa, Minoru Takahashi, Tsutomu Sato, Yasushi Sato, Yue Lu, Tetsuya Sumiyoshi, Yasuyuki Yamada, Satoshi Iyama, Junki Fukaura, Katsunori Sasaki, Hirofumi Hamada, Koji Miyanishi, Tetsuji Takayama, Junji Kato and Yoshiro Niitsu : Prolonged survival of mice with multiple liver metastases of human colon cancer by intravenous administration of replicable E1B-55K-deleted adenovirus with E1A expressed by CEA promoter., Molecular Therapy, Vol.10, No.6, 1043-1050, 2004.
193)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Shinji Okano, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Yukihiro Tomita and Yoshihiko Maehara : IL-12 gene therapy is an effective therapeutic strategy for hepatocellular carcinoma in immunosuppressed mice, The Journal of Immunology, Vol.173, No.11, 6635-6644, 2004.
194)Masayuki Iki, Takashi Akiba, Toshio Matsumoto, Harumi Nishino, Sadanobu Kagamimori, Yoshiko Kagawa and Hideo Yoneshima : Reference database of biochemical markers of bone turnover for the Japanese female population. Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Study, Osteoporosis International, Vol.15, No.12, 981-991, 2004.
195)Soji Kakiuchi, Yataro Daigo, Nobuhisa Ishikawa, Chiyuki Furukawa, Tatsuhiko Tsunoda, Seiji Yano, Kazuhiko Nakagawa, Takashi Tsuruo, Nobuoki Kohno, Masahiro Fukuoka, Saburo Sone and Yusuke Nakamura : Prediction of sensitivity of advanced non-small cell lung cancers to gefitinib (Iressa, ZD1839), Human Molecular Genetics, Vol.13, No.24, 3029-3043, 2004.
196)佐藤 陽一, 新家 利一, 陳 剛, 閻 洪涛, 坂本 梢, 楊 新軍, 梅野 真由美, 中堀 豊 : 性分化と精子形成機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 168-171, 2004年.
197)里見 淳一郎, 永廣 信治 : 遺伝性出血性毛細血管拡張症と動物モデル(第24回日本脳神経外科コングレス「脳動静脈奇形の基礎と臨床」発表演題), 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.12, 830-836, 2004年.
198)Naoki Kimura, Shigeto Kawai, Yasuko Kinoshita, Takahiro Ishiguro, Yumiko Azuma, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Masamichi Sugimoto, Yuichi Hirata, Tetsuro Orita, Hisafumi Okabe, Toshio Matsumoto and Masayuki Tsuchiya : 2D7 diabody bound to the α2 domain of HLA class I efficiently induces caspase-independent cell death against malignant and activated lymphoid cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.325, No.4, 1201-1209, 2004.
199)森園 周祐, 中牟田 誠, 国府島 庸之, 宮城 譲, 吉本 剛志, 有村 英一郎, 古藤 和浩, 遠城寺 宗近, 副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦, 名和田 新 : 九州大学病院第三内科における急性肝不全の治療, --- 生体肝移植への適応検討 ---, 福岡医学雑誌, Vol.95, No.12, 321-331, 2004年.
200)Masumi Okamoto, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Susumu Kagawa and Toshiaki Tamaki : Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injyury in kidney., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.288, No.1, 182-187, 2005.
201)Chen Jain-rong, 岡 謙次, Hua Wei, 市川 哲雄 : Effect of surface treatment with commercial primers on tensile bone strength of auto-polymerizing resin to magnetic stainless steel, International Chinese Journal of Dentistry, Vol.5, No.1, 7-11, 2005年.
202)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 最大酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル·ヘルス·プロモーション·プラン検診による検討, 心臓, Vol.37, 37-38, 2005年.
203)H. Omori, Takao Mitsui, M. Kunishige, I. Endo, K. Takahashi and Toshio Matsumoto : Systemic muscular inflammation in a patient with recurrent orbital myositis, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.4, 191-193, 2005.
204)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Shoji Sakiyama, Masaru Tsuyuguch, Suguru Kimura, Masayuki Sumitomo and Yasumasa Monden : Thymidylate Synthase and Dihydropyrimidine Dehydrogenase in Non-small Cell Lung Cancer: Relationship between mRNA Expression and Activity, Anticancer Research, Vol.25, No.2A, 923-930, 2005.
205)坂東 信泰, 渡辺 珠美, 友竹 正人, 谷口 隆英, 大森 哲郎 : 低Na血症を認めなかったにもかかわらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 心療内科, Vol.9, No.2, 137-141, 2005年.
206)大下 修弘, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : 過去10年間の外科的矯正手術における体液管理と輸血準備の効率化についての検討, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 243-251, 2005年.
207)高石 和美, 富岡 重正, 金子 美幸, 中條 信義 : 家族性にCICR速度亢進を認めた症例, 臨床麻酔, Vol.29, No.1, 107-109, 2005年.
208)Naohiro Ohshita, Nobuyoshi Nakajo and Motohide Takemura : Characteristics of the trigeminal depressor response in cats, Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology, Vol.33, No.1, 111, 2005.
209)岡村 寿美恵, 日野出 大輔, 永田 英樹, 近藤 和雄 : 喫煙者の血中抗酸化能に対するビタミンCおよびビタミンE含有製剤摂取の影響, 日本健康科学学会誌, Vol.21, No.1, 105-114, 2005年.
210)湯淺 哲也, 武知 正晃, 瀧 雅行, 前田 恵利子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯経験, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 253-256, 2005年.
211)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Shinsaku Ohtsuka, Mami Inayama, Hideki Tomimoto, Nobutaka Edakuni, Soji Kakiuchi, Naoki Nishikubo, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Retreatment of Lung Adenocarcinoma Patients With Gefitinib Who Had Experienced Favorable Results From Their Initial Treatment With This Selective Epidermal Growth Factor Receptor Inhibitor: A Report of Three Cases, Oncology Research, Vol.15, No.2, 107-111, 2005.
212)竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子, 武田 英二 : 血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点, 日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.1, 23-30, 2005年.
213)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, K. Muto, K. Matsuo, M. Sakuma, M. Fukaya, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani : Gene expression in low glycemic index diet-impact on metabolic control, Forum of Nutrition, Vol.59, 2005.
214)武田 憲昭, 関根 和教, 上枝 仁美, 佐藤 豪 : メニエール病の難聴の長期予後, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 102-103, 2005年.
215)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教 : 良性発作性頭位めまい症における眼振の性状と治癒期間, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 104-105, 2005年.
216)K Yamaguchi, H Shibuya, K Sasaki, K Takashima, Yasushi Sato, Y Arimura, Tetsuji Takayama, Itsuro Endo, Y Shinomura, Y Niitsu and K Hirata : Clinical evaluation of laparoscopy-assisted distal gastrwctomy for early gastric cancer., Tumor Research, Vol.40, 37-45, 2005.
217)A Morimoto, E Yasuno, Y Kinouchi, Y Ohmine, Akira Tangoku and T Morimoto : Spatial resolution in the electrical impedance tomography for the local tissue., Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Vol.6, 6638-6641, 2005.
218)四宮 加容, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 長澤 利彦, 塩田 洋 : 3歳児健診での要精査児の受診結果と問題点, 眼科臨床医報, Vol.99, No.4, 326-329, 2005年.
219)里見 淳一郎, 戸井 宏行, 西 京子, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 近位部閉塞後,瘤増大をきたした出血性解離性椎骨動脈瘤の1例,頭蓋内動脈解離と脳血管内治療, 第12回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 2005年.
220)中西 秀樹 : 遊離皮膚移動術の実際(監修), PEPARS, No.2, 1-80, 2005年.
221)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線① 1.表在性血管腫(単純性血管腫,苺状血管腫)の色素レーザー治療, 日本医事新報, Vol.4255, 33-36, 2005年.
222)山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 : アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例, Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年.
223)影治 照喜, 永廣 信治, 戸井 宏行, 溝渕 佳史, 中川 義信 : 脳腫瘍の診断と治療 -最新の研究動向- VI. 脳腫瘍の治療 放射線療法 中性子捕捉療法 -現状と問題点-, 日本臨牀, Vol.63, 442-446, 2005年.
224)Kenji Yagi, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Y Murayama : Multiple cystic cavernous angiomas associated with hemorrhage, Acta Neurochirurgica, Vol.147, No.2, 201-203, 2005.
225)Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005.
226)Susumu Ito, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, T. Kimura, H. Yano, Y. Imoto, M. Kaji, R. Aoki and Seisuke Okamura : A Novel Diagnostic Method for Evaluation of Vascular Lesions in the Digestive Tract Using Infrared Fluorescence Endoscopy, Endoscopy, Vol.37, No.1, 52-57, 2005.
227)M Kunishige, Takao Mitsui, I Endo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with impairment in both muscle aerobic and anaerobic function, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.1, 32-35, 2005.
228)Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto : Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery, Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005.
229)Shusuke Numata, On Kato, Hitoshi Misawa, Hiroshi Tokuda, Toshihiko Kasahara and Tetsuro Ohmori : Left atrial thrombosis associated with antipsychotic drugs, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.29, No.1, 153-155, 2005.
230)Masaaki Uno, Masahumi Harada, Osamu Takimoto, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Elevation of plasma oxidized LDL in acute stroke patients is associated with ischemic lesions depicted by DWI and predictive of infarct enlargement, Neurological Research, Vol.27, No.1, 94-102, 2005.
231)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Y Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata and Yutaka Nakaya : Molecular mechanisms underlying ketamine-mediated inhibition of sarcolemmal adenosine triphosphate-sensitive potassium channels., Anesthesiology, Vol.102, No.1, 93-101, 2005.
232)Katsumi Motegi, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida and Mitsunobu Sato : Expression of aquaporin-5 in and fluid secretion from immortalized human salivary gland ductal cells by treatment with 5-aza-2'-deoxycytidine: a possibility for improvement of xerostomia in patients with Sjögren's syndrome., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.3, 342-353, 2005.
233)Traian V Chirila, Mika Chirila, Yoshito Ikada, Hiroshi Eguchi and Hiroshi Shiota : A Historical Review of Artificial Cornea Research in Japan, --- Artificial Cornea in Japan ---, Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.49, No.1, S1-S13, 2005.
234)Eiko Uemura, Masahiro Nomura, Kohzo Uehara, Yuko Sawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Relationship between pulse wave velocity and circulatory hemodynamics during upper gastrointestinal endoscopy, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.1, 73-80, 2005.
235)Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Shizuo Kayama, Makiko Mori, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Role for rpoS gene of Pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.1, 161-167, 2005.
236)西良 浩一, VK Goel, A Masuda, A Biyani, N Ebraheim, Takuya Mishiro, Tomoya Terai : Biomechanical Rationale of Endoscopic Decompression for Lumbar Spondylolysis As An Effective Minimally Invasive Procedure - A study based on the Finite Element Analysis., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.48, No.2, 119-122, 2005年.
237)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Shinji Komatsubara, Ttomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : Spondylolysis fracture angle in children and adolescents on CT indicates the facture producing force vector A biomechanical rationale., The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.1, No.2, 2005.
238)Tadanori Sakamaki, Hiroshi Mikami, Yuji Okada, Tetsuya Tamura, Kazuhito Shinohara, Takuya Mishiro, 西良 浩一 : Signal intensity of cerebrospinal fluid on MR images can indicate the severity of lumbar spinal canal stenosis., The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.1, No.2, 2005年.
239)西良 浩一, Ashok Biyani, K Vijay Goel, Douglas Leaman, Robert Booth, Jean Thomas, Daniel Gehning, S Vishnubhotla, Nabil Ebraheim : Pathomechanism of ligamentum flavum hypertrophy: a multidisciplinary investigation based on clinical, biomechanical, histologic, and biologic assessments., Spine, Vol.30, No.23, 2649-2656, 2005年.
240)A Biyani, 西良 浩一, J Liljenquist, VK Goel : Ipsilateral pedicle screw fixation and contralateral translaminar facet screw placement in conjunction with TLIF: Technical Note., The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.2, No.2, 2005年.
241)V Goel, J Grauer, T Patel, A Biyani, 西良 浩一, S Vishnubhotla, A Matyas, I Cowgill, M Shaw, R Long, D Dick, M Panjabi, H Serhan : Effects of Charite artificial disc on the implanted and adjacent spinal segments mechanics using a hybrid testing protocol., Spine, Vol.30, No.24, 2755-2764, 2005年.
242)Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kensuke Fujiwara, Soichiro Fujiwara, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Akihito Tanagami, Mitsuyoshi Hirokawa and Susumu Ito : A patient with adult extrahepatic portal obstruction, of which distinction from intrahepatic cholangiocarcinoma was difficult., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3, 203-207, 2005.
243)Tatsuzo Itagaki, Ichiro Shimizu, Xinliang Cheng, Ying Yuan, Atsuo Oshio, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hirohito Honda, Yoshihito Okamura and Susumu Ito : Opposing effects of oestradiol and progesterone on intracellular pathways and activation processes in the oxidative stress-induced activation of cultured rat hepatic stellate cells., Gut, Vol.54, No.12, 1782-1789, 2005.
244)Kaori Furutani, Masafumi Harada, Masako Minato, Naomi Morita and Hiromu Nishitani : Regional changes of fractional anisotropy with normal aging using statistical parametric mapping (SPM)., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 186-190, 2005.
245)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hideki Shimazu : Pathologies of the uterine endometrial cavity and unusual manifestations and pitfalls on, European Radiology, Vol.15, No.11, 2244-2255, 2005.
246)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Hideki Shimazu and Hiromu Nishitani : A case of adenomyomatous polyp of the uterus associated with tamoxifen therapy, Radiation Medicine, Vol.23, No.6, 432-434, 2005.
247)Naoki Toda, Katsuhiko Nakamura and Noriaki Takeda : Blink Reflex R2 Recovery Curves in Patients with Facial Palsy within Ten Days after Onset, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, Vol.67, No.1, 16-22, 2005.
248)南川 貴子, 桑村 由美, 市原 多香子, 田村 綾子, 近藤 裕子 : 臨地実習における摂食·嚥下障害患者の食事支援時の学生の実習記録分析, 日本看護学会論文集: 看護教育, Vol.35, 244-246, 2005年.
249)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Seiichiro Saito, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Serum estrogen level after hormone replacement therapy and body mass index in postmenopausal and bilaterally ovariectomized women, Maturitas, Vol.50, No.1, 19-29, 2005.
250)大竹 登志子, 高橋 龍太郎, 大藪 靖彦, 南園 宗子, 葛山 司, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 2型糖尿病患者の歯周治療必要度指数(CPITN), 日本歯周病学会会誌, Vol.47, No.1, 28-35, 2005年.
251)大下 修弘, 江口 覚, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 張 剛太, 高石 和美, 富岡 重正, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.33, No.1, 81-85, 2005年.
252)高石 和美, 横井 敬子, 宮城 敦, 上地 智博, 新城 啓和, 中條 信義 : 毛細血管拡張性運動失調症患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.33, No.1, 100-101, 2005年.
253)Naomi Tanoue, Akira Takahashi, Keinosuke Okamoto, Yoshio Fujii, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Masayuki Nakano and Yutaka Nakaya : A pore-forming toxin produced by Aeromonas sobria activates cAMP-dependent Cl- secretory pathways to cause diarrhea, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.2, 195-201, 2005.
254)Shinya Morimoto, Noriyuki Nishimura, Tomoya Terai, Shinji Manabe, Yasuyo Yamamoto, Wakako Shinahara, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro, Mitsuo Shimada and Takuya Sasaki : Rab13 Mediates the Continuous Endocytic Recycling of Occludin to the Cell Surface, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.3, 2220-2228, 2005.
255)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
256)Takashi Iwase, Noritoshi Nagaya, Takafumi Fujii, Takefumi Itoh, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masakazu Yamagishi, Kunio Miyatake, Toshio Matsumoto, Soichiro Kitamura and Kenji Kangawa : Adrenomedullin enhances angiogenic potency of bone marrow transplantation in a rat model of hindlimb ischemia, Circulation, Vol.111, No.3, 356-362, 2005.
257)藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.
258)Susumu Ito, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kohzo Uehara and Arata Iuchi : A patient with octopus pot-shaped cardial cancer that metastasized to multipleorgans, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 122-125, 2005.
259)Hirofumi Shibata, Kyoko Kondo, Ryo Katsuyama, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato, Kotaro Murakami, Yoshihisa Takaishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Alkyl Gallates, Intensifiers of ß-Lactam Susceptibility in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.49, No.2, 549-555, 2005.
260)Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The Importance of Notch Signaling in Myeloma Cell-Osteoclast Interactions, BoneKEy Osteovision, Vol.2, No.2, 7-10, 2005.
261)林 しの, 江口 洋, 長澤 利彦, 塩田 洋 : 角膜白斑に対する深層角膜移植術後にUrrets-Zavalia症候群をきたした2例, あたらしい眼科, Vol.22, No.2, 221-224, 2005年.
262)Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Tomohiko Adachi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of macrophage inflammatory protein 3alpha in human inflamed dental pulp tissue, Journal of Endodontics, Vol.31, No.2, 84-87, 2005.
263)Makoto Kimura, Kenji Tani, Junya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata and Saburo Sone : The significance of cathepsins, thrombin and aminopeptidase in diffuse interstitial lung diseases, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 93-100, 2005.
264)Kazuyoshi Manabe, Yasuhiko Nishioka, Jun Kishi, Mami Inayama, Yoshinori Aono, Yoichi Nakamura, Fumitaka Ogushi, Hiroyasu Bando, Kenji Tani and Saburo Sone : Elevation of macrophage-derived chemokine in eosinophilic pneumonia: a role of alveolar macrophages, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 85-92, 2005.
265)Masaki Hanibuchi, Yuka Matsumori, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone : A case of sarcoidosis accompanying squamous cell carcinoma in the mandibular gingiva, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 118-121, 2005.
266)Mikiyo Yamaguchi, Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the response of membrane potential to hyperosmolality in cultured human aorta endothelial cells., Anesthesia & Analgesia, Vol.100, No.2, 419-426, 2005.
267)Masatsugu Takehisa, Taeko Nagao, Mitsuteru Yoshida, Toshiyuki Hirose, Aiichiro Kajikawa, Mitsunori Sasa and Akira Tangoku : Lower axillary dissection in breast cancer surgery may be candidate for cases with early breast cancer., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 74-79, 2005.
268)Hisashi Takada, Issei Imoto, Hitoshi Tsuda, Itaru Sonoda, Takashi Ichikura, Hidetaka Mochizuki, Takeshi Okanoue and Johji Inazawa : Screening of DNA copy-number aberrations in gastric cancer cell lines by array-based comparative genomic hybridization., Cancer Science, Vol.96, No.2, 100-110, 2005.
269)Hideki Otsuka, Graham M Michael, Kubo Akiko and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT findings of sarcomatous transformation in neurofibromatosis: a case report, Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.1, 55-58, 2005.
270)Naomi Morita, Kashihara Kenichi, Tagashira Hiroshi, Hideki Otsuka, Yoneda Kazuhide, Murase Tomoya, Tsujikawa Tetsuya, Furutani Shunsuke, Furutani Kaori, Minato Masako and Hiromu Nishitani : Two cases of retroperitoneal hematoma caused by combination of anticoagulant therapy and 5-fluorouracil, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 114-117, 2005.
271)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Takahiro Sasa, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Akiyoshi Masuda, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : Athletes With Unilateral Spondylolysis Are at Risk of Stress Fracture at the Contralateral Pedicle and Pars Interarticularis, --- A Clinical and Biomechanical Study ---, The American Journal of Sports Medicine, Vol.33, No.4, 583-590, 2005.
272)棟方 百熊, 近藤 学, 勢井 雅子, 湯浅 京子, 田中 久子, 野村 以徂子, 中堀 豊 : LMS法を用いた小中学生のBMI基準値の作成とCDCとの比較, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.50, No.1, 139-145, 2005年.
273)Noriyuki Kuroda, Tasuku Mitani, Naoki Takeda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Takeshi Takahashi, Takashi Nomura, Shimon Sakaguchi, Tomoo Ueno, Yousuke Takahama, Daisuke Uchida, Shijie Sun, Fumiko Kajiura, Yasuhiro Mouri, Hongwei Han, Akemi Matsushima, Gen Yamada and Mitsuru Matsumoto : Development of autoimmunity against transcriptionally unrepressed target antigen in the thymus of Aire-deficient mice, The Journal of Immunology, Vol.174, No.4, 1862-1870, 2005.
274)兼田 康宏, 大森 哲郎 : The Elgin Behaviooral Rating Scale日本語版(JEBRS), 精神医学, Vol.47, No.2, 209-212, 2005年.
275)Masaki Morishima-Yamato, Fumiko Hisaoka, Sachiko Shinomiya, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Hideki Matoba and Yutaka Nakaya : Cloning and establishment of a line of rats for high levels of voluntary running, Life Sciences, Vol.77, No.5, 551-561, 2005.
276)Kimiko Ueda Yamaguchi, Yukiko Kori, Yuko Kitaoka and Mizuho Nishino : Characteristics of condylar Movement During Lateral Excursion in Children with Early Mixed Dentition, The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.11, No.2, 125-129, 2005.
277)Takumi Takahashi, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : Orthodontic treatment of the traumatically intruded tooth with ankylosis by traction following surgical luxation, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.2, 233-241, 2005.
278)Akemi Tsutsui, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Koji Tsujigami, Soichi Ichikawa, Susumu Ito and Kazunori Umino : Three-Dimensional Reconstruction of ENdosonographic Images of Gastric Lesions: Preliminary Experience, Journal of Clinical Ultrasound, Vol.33, No.3, 112-118, 2005.
279)桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 森本 忠興 : 糖尿病を有する人に対する看護介入とその評価の現状, --- ―国内での文献検討から― ---, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.3, No.2, 79-90, 2005年.
280)Natsuo Oka, Yasuyo Yamamoto, Masayuki Takahashi, Masaaki Nishitani, Hiro-omi Kanayama and Susumu Kagawa : Expression of angiopoietin-1 and -2, and its clinical significance in human bladder cancer, BJU International, Vol.95, No.4, 660-663, 2005.
281)Hajime Nawata, Satoshi Soen, Ryoichi Takayanagi, Ikuo Tanaka, Kunio Takaoka, Masao Fukunaga, Toshio Matsumoto, Yasuo Suzuki, Hiroyuki Tanaka, Saeko Fujiwara, Takami Miki, Akira Sagawa, Yoshiki Nishizawa and Yoshiki Seino : Guidelines on the management and treatment of glucocorticoid-induced osteoporosis of the Japanese Society for Bone and Mineral Research(2004), Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.2, 105-109, 2005.
282)谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 永峰 勲, 任 福継, 片岡 睦子, 中屋 公子, 多田 敏子, 大坂 京子, 森口 博基, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 伊藤 奈織子, 小田 典子, 木曽 利恵, 延和 佳奈, 山口 友紀子 : 統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討, 季刊 こころの臨床, Vol.24, No.1, 103-116, 2005年.
283)Hitoshi Nakahira, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori : Fluvoxamine induced complex partial seizure in the treatment of bulimia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.2, 148-150, 2005.
284)Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of fractalkine (CX3CL1) and its receptor, CX3CR1, in periodontal diseased tissue, Clinical and Experimental Immunology, Vol.139, No.3, 506-512, 2005.
285)Toshiyuki Yasui, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Effects of postmenopausal hormone therapy every day and every other day on lipid levels according to difference in body mass index, Menopause, Vol.12, No.2, 223-231, 2005.
286)Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata : Calprotectin expression in human monocytes: induction by porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta, Journal of Periodontology, Vol.76, No.3, 437-442, 2005.
287)Yuichi Notomi, Randolph M Setser, Takahiro Shiota, Maureen G Martin-Miklovic, Joan A Weaver, Zoran B Popović, Hirotsugu Yamada, Neil L Greenberg, Richard D White and James D Thomas : Assessment of left ventricular torsional deformation by Doppler tissue imaging, --- validation study with tagged magnetic resonance imaging ---, Circulation, Vol.111, No.9, 1141-1147, 2005.
288)Keiko Harada and Mizuho Nishino : Survey on Management of Oral Health for Autistic People, --- Dental Examination and Tooth Brushing ---, Dentistry in Japan, Vol.41, 161-163, 2005.
289)Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Angiographic Changes in Venous Drainage of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae after Palliative Transarterial Embolization or Observational Management, --- A Proposed Stage Classification ---, Neurosurgery, Vol.56, No.3, 494-502, 2005.
290)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Kitazato, Koichi Satoh and Junichiro Satomi : Vascular corrosion casts mirroring early morphological changes that lead to the formation of saccular cerebral aneurysm: an experimental study in rats, Journal of Neurosurgery, Vol.102, No.3, 532-535, 2005.
291)Takao Imai, Kazunori Sekine, Kousuke Hattori, Noriaki Takeda, Izumi Koizuka, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka and Takeshi Kubo : Comparing the accuracy of video-oculography and the scleral search coil system in human eye movement analysis, Auris, Nasus, Larynx, Vol.32, No.1, 3-9, 2005.
292)Mitsuo Shimada, Yusuke Yonemura, Hideki Ijichi, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Takahiro Terashi, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima and Yoshihiko Maehara : Living donor liver transplantation for hepatocellular carcinoma: a special reference to a preoperative des-gamma-carboxy prothrombin value, Transplantation Proceedings, Vol.37, No.2, 1177-1179, 2005.
293)Yasuo Oba, Lee Won Jun, Ehrlich A. Lori, Chung Yeon Ho, Jelinek T. Diane, Callender S. Natalie, Horuk Richard, Choi Jin Sun and Roodman David G. : MiP-1alpha utilizes both CCR1 and CCR5 to induce osteoclast formation and increase adhesion of myeloma cells to marrow stromal cells, Experimental Hematology, Vol.33, No.3, 272-278, 2005.
294)Hiroki Kuniyasu, Seiji Yano, Takamitsu Sasaki, Tomonori Sasahira, Saburo Sone and Hitoshi Ohmori : Colon Cancer Cell-Derived High Mobility Group 1/Amphoterin Induces Growth Inhibition and Apoptosis in Macrophages, The American Journal of Pathology, Vol.166, No.3, 751-760, 2005.
295)武久 美奈子, 友竹 正人, : 女子大学生の月経前緊張症, CAMPUS HEALTH, 2005年.
296)友竹 偉則 : 上顎両側臼歯部欠損に上顎洞底挙上術を併用してインプラント治療を行った1症例, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.2, 314-317, 2005年.
297)Tatsuo Shimura, Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Soichi Tsutsumi, Kohji Okada, Victor Hogan, Akira Kikuchi, Hiroyuki Kuwano and Avraham Raz : Implication of Galectin-3 in Wnt Signaling, Cancer Research, Vol.65, No.9, 3535-3537, 2005.
298)Takao Imai, Noriaki Takeda, Atsuhko Uno, T Matsunaga, Kazunori Sekine and Kubo Takeshi : Natural course of the remission of vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo, Neurology, Vol.64, No.5, 920-921, 2005.
299)玉谷 哲也, 東 雅之, 茂木 勝美, 芦田 有紀, 髙丸 菜都美, 板東 髙志, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 口腔扁平上皮癌細胞に対するセファランチンによる放射線感受性増強作用 : 分子標的NF-κBの抑制, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.2, 230-236, 2005年.
300)山田 博胤, 大木 崇 : 組織ドプラー法による左室機能の評価, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25(2), No.2, 111-125, 2005年.
301)王丸 明子, 寺田 央, 堀田 勝平, 岡崎 正敏, 遠藤 登喜子, 今村 惠子, 大貫 幸二, 東野 英利子, 逸見 典子, 木村 千明, 土橋 一慶, 福田 護, 森本 忠興 : 施設画像評価委員会の現状と再評価施設における成果, 日本乳癌検診学会誌, Vol.14, No.1, 48-53, 2005年.
302)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Toshinori Kasai, Tatsunori Tyubachi, Masayuki Takahashi, Masa-aki Nishitani, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Expression of galectin-3 is Associated With Resistance to Anticancer Drug-Induced Apoptosis in prostate Cancer, The Journal of Urology, Vol.173, No.4, 60, 2005.
303)Hiroyuki Azakami, Hiromi Akimichi, Masakatsu Usui, Hiromichi Yumoto, Shigeyuki Ebisu and Akio Kato : Isolation and characterization of a plasmid DNA from periodontopathogenic bacterium, Eikenella corrodens 1073, which affects pilus formation and colony morphology, Gene, Vol.351, 143-148, 2005.
304)有内 和代, 楊河 宏章, 宮本 登志子, 井村 光子, 西矢 昌子, 中西 りか, 苛原 稔 : 治験の品質向上を目的としたミーティングチェックリストの作成, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.3, No.2, 99-105, 2005年.
305)Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo and Natsuo Yasui : Differential Expression of VEGF Isoforms and VEGF Receptors in Cartilaginous Tumors, Anticancer Research, Vol.25, No.2A, 955-958, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)井上 昌幸, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 : 流行性角結膜炎の院内感染の検討, 臨床眼科, Vol.58, No.5, 823-826, 2004年.
2)松下 新悟, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜除去の検討, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 1029-1032, 2004年.
3)Nan Hu and Hiroshi Shiota : Emergence of resistance to carbocyclic oxetanocin G in herpes simplex virus type 1 and genetic analysis of resistant mutants, Acta Pharmacologica Sinica, Vol.25, No.7, 921-926, 2004.
4)Koichiro Kenzaki, Yukiko Hirose, Masafumi Tamaki, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Teruo Matsuda and Yasumasa Monden : Novel bronchofiberscopic catheter spray device allows effective anesthetic spray and sputum suctioning, Respiratory Medicine, Vol.98, No.7, 606-610, 2004.
5)Khadka B. Kamal, Takeshi Naito, Makoto Kajima, Hiroshi Shiota, Junsuke Akura and Takayuki Kiryuu : Eye care project in Gaur, Nepal, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 230-233, 2004.
6)瀧脇 弘嗣 : 湿疹·眼瞼炎型毛包虫症の1例, 臨床皮膚科, Vol.58, No.9, 754-756, 2004年.
7)庄野 佳孝, 南 満芳, 中西 秀樹 : 筋肉内脂肪腫の2例, 松山赤十字病院医学雑誌, Vol.29, No.1, 51-55, 2004年.
8)七條 加奈, 関本 悦子, 三原 愛, 大田 加与, 田中 洋一, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 若槻 真吾 : Tandem transplantationが有効であった再発·難治性ホジキンリンパ腫の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.10, 2210-2212, 2004年.
9)丹黒 章, 山本 滋, 長島 由紀子, 三瓶 訓子, 岡 正朗, 菅 一能, 上田 克彦 : 乳癌治療に対するアプローチ, --- センチネルリンパ節生検の現況と問題点 ---, 内分泌外科, Vol.21, No.4, 247-253, 2004年.
10)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 883, 2004年.
11)中村 克彦, 戸田 直紀, 武市 美香, 武田 憲昭 : 生体インピーダンス測定装置による病的共同運動(瞬目時の口唇の偏位)の評価, Facial Nerve Research Japan, Vol.24, 113-115, 2004年.
12)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺発症早期ENoGの検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.24, 70-71, 2004年.
13)金山 博臣, 香川 征, 宇都宮 正登, 川島 周, 炭谷 晴雄, 横関 秀明 : 徳島市前立腺がん検診―平成13∼15年度3年間の比較検討―, 泌尿器外科, Vol.18, No.8, 916-920, 2005年.
14)丹黒 章, 中野 基一郎, 山本 滋 : 乳房温存療法における鏡視下腋窩郭清術, からだの科学「増刊」高度先進医療, 147-150, 2005年.
15)片山 智子, 齋藤 晴比古, 塩田 洋, 勝沼 信彦 : 涙液中の特殊蛋白検出によるベーチェット病,原田病の診断, 逓信医学, Vol.57, No.3, 203-204, 2005年.
16)Hirotsugu Yamada, E Kimura, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of Left Ventricular Geometry on Systolic Myocardial Velocity Gradient in Patients With Hypertension., Journal of the American College of Cardiology, Vol.45, No.3A, 273A, 2005.
17)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., Journal of the American College of Cardiology, Vol.45, No.3A, 274A, 2005.
18)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 7, 2005.
19)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 34, 2005.
20)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 59, 2005.
21)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 山本 浩範, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取の血糖およびインスリン反応への効果, 栄養-評価と治療, Vol.22, 69-77, 2005年.
22)Shunsaku Katsura, Keiko Ogita, Tomoaki Taguchi, Sachiyo Suita, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Mitsuo Shimada and Yoshihiko Maehara : Effect of liver transplantation on multiple bone fractures in an infant with end-stage biliary atresia: a case report, Pediatric Surgery International, Vol.21, No.1, 47-49, 2005.
23)安藝 浩史, 友竹 正人, : 統合失調症患者の主観的QOLと家族による生活技能評価との関連の検討, 精神薬療研究年報, Vol.37, 169-175, 2005年.
24)Rie Matsushima, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Fumiko Michishige, Sumiko Yoshinaga, Hiroshi Maezawa and Susumu Yasuoka : Tripsin-like activities and human airway trypsin-like protease (HAT) levels in airway secretions from healthy subjects and patients with chronic airway diseases., Proceeding of Airway Secretion Research, Vol.7, 15-22, 2005.
25)長島 由紀子, 丹黒 章, 山本 滋, 岡 正朗, 菅 一能 : 乳房温存療法における鏡視下郭清術, 手術, Vol.59, No.3, 359-363, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)兼田 康宏 : 統合失調症にみられる常同行為について, 日本医事新報, No.4181, 96-97, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)今村 恵子, 寺田 央, 岡崎 正敏, 堀田 勝平, 遠藤 登喜子, 東野 恵利子, 大貫 幸二, 逸見 典子, 石栗 一男, 福田 護, 森本 忠興, 大内 憲明 : マンモグラフィ実施機関についての施設認定, 新医療, No.4, 2-5, 2004年4月.
2)赤座 英之, 中川 昌之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 山本 信之, 掛地 吉弘, 中村 清吾, 紅林 淳一, 礒西 成治, 大橋 靖雄, Blackedge George, Carmichael James : 血管新生阻害治療, 癌と化学療法, Vol.31, No.4, 647-655, 2004年4月.
3)林 良夫, 福井 仁美, 石丸 直澄 : 老化と自己免疫疾患, 日本アフェレシス学会雑誌, Vol.23, No.2, 176-181, 2004年5月.
4)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 : 副甲状腺機能亢進症, ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月.
5)曽根 三郎, 矢野 聖二, 松森 夕佳 : TK(VEGFR)阻害剤:ZD6474, 呼吸器科, Vol.5, No.5, 445-448, 2004年5月.
6)山内 英嗣, 河野 文昭 : 第3章 症例から見るインプラント技工の実際 5 即時インプラント補綴法 2)従来法, 歯科技工, 132-133, 2004年5月.
7)森本 忠興, 駒木 幹正, 上野 淳二, 苛原 稔 : 都道府県の乳がん部会と精中委とのあり方, --- 乳がん部会の現状 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.13, No.2, 195-204, 2004年6月.
8)寺田 央, 堀田 勝平, 岡崎 正敏, 遠藤 登喜子, 今村 惠子, 大貫 幸二, 東野 英利子, 逸見 典子, 木村 千明, 王丸 明子, 土橋 一慶, 福田 護, 森本 忠興 : 施設画像評価委員会の現状, 日本乳癌検診学会誌, Vol.13, No.2, 205-209, 2004年6月.
9)曽根 三郎, 柿内 聡司, 大塚 晋作 : 肺癌分子標的薬とcDNAマイクロアレイ, 治療学, Vol.38, No.6, 607-613, 2004年6月.
10)武田 英二, 竹谷 豊 : 生体におけるリンの役割と制御, 腎不全とリン, 17-21, 2004年6月.
11)武田 英二, 竹谷 豊 : 特集 - エビデンスからみた機能性食品の現状 2. 耐糖能改善食品(1)食物繊維, 栄養評価と治療, Vol.21, No.3, 237-240, 2004年6月.
12)西谷 弘, 八木 浩史, 三好 弘一, 上野 淳二, 天野 雅史 : IVR等における医療被曝局所皮膚累積線量の正確な測定法,記録法の開発研究, INNERVISION, Vol.19, No.7, 20, 2004年6月.
13)河井 敬久, 牧平 清超, 細川 義隆, 関 誠, Taubman A Martin : 歯周病における活性化T細胞およびB細胞の組織破壊への関与, 炎症と免疫, Vol.12, No.4, 425-433, 2004年7月.
14)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月.
15)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : [Novel molecularly targeted peptides interfering the specific signal transduction of cancer metastasis], Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine, Vol.62, No.7, 1251-1256, Jul. 2004.
16)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : Gefitinibと薬物反応性遺伝子, 現代医療, Vol.36, No.7, 1474-1480, 2004年7月.
17)武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : 特集「透析患者の栄養評価における新理論と新技術」Ⅰ総論:最近の栄養評価における理論と技術およびその問題点, 臨牀透析, Vol.20, No.12, 7-14, 2004年7月.
18)森口 博基 : 床ずれ相談に遠隔システム, 徳島新聞, 2004年7月.
19)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, 11-12, 2004年7月.
20)Shinjiro Takata, Akira Shibata, Hiroshi Yonezu, Toshihide Yamada, Mitsuhiko Takahashi, Aziz Abbaspour and Natsuo Yasui : Biophysic evaluation of bone quality, --- application of Fourier transfrom infrared spectroscopy and phosphorus-31 solid-state nuclear magnetic resonance spectroscopy ---, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 133-138, Aug. 2004.
21)矢野 聖二, 柿内 聡司, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : 肺癌分子標的治療薬の現状と今後, Medical Practice, Vol.21, No.8, 1287-1291, 2004年8月.
22)松崎 健司, 竹内 麻由美, 吉田 秀策, 西谷 弘, 島津 秀樹 : 【産婦人科救急疾患の画像診断 プロに学ぶ重要ポイント】CT・MRI診断 産婦人科疾患と鑑別を要する非産婦人科疾患など, (月刊)臨床放射線, Vol.49, No.8, 977-987, 2004年8月.
23)Junji Ueno, Tomoya Murase, Kazuhide Yoneda, Tetsuya Tsujikawa, Shoji Sakiyama and Kazuya Kondo : Three-dimensional imaging of thoracic diseases with multi-detector row CT, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 163-170, Aug. 2004.
24)森本 忠興 : 乳房内石灰化像の診断, 日本医事新報, No.4192, 90-91, 2004年8月.
25)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Apoptosis and Estrogen Deficiency in Primary Sjögren Syndrome, Current Opinion in Rheumatology, Vol.16, No.5, 522-526, Sep. 2004.
26)曽根 三郎, 柿内 聡司, 矢野 聖二 : 肺がんの分子標的治療ー個別化医療への展開ー, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.9, 235-242, 2004年9月.
27)島田 光生 : 肝癌患者の移植適応の厳格化により5年生存率は向上したが,科学的根拠に基づいた肝癌の生物学的悪性度を基準に反映させる必要がある, Crtical Eyes on clinical oncology, No.12, 3-4, 2004年10月.
28)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 第3次対がん10か年総合戦略 7.免疫療法の現状と展望, BIO Clinica, Vol.19, No.11, 46-51, 2004年10月.
29)矢野 聖二, 柿内 聡司, 大塚 晋作, 曽根 三郎 : ゲフィチニブの感受性予測と個別化医療, 現代医療, Vol.36, No.10, 2083-2087, 2004年10月.
30)石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 : 大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
31)石澤 啓介, 水口 和生 : 大学病院におけるNST活動と薬剤師, 薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
32)森川 富昭 : 簡単 携帯からHPに画像, 徳島新聞社, 2004年10月.
33)森口 博基, 森川 富昭 : 【これならできる!eラーニングで学ぶ臨床看護の知識と技術】 eラーニングのためのWBTの開発と導入のプロセス, ナースデータ, Vol.25, No.10, 30-35, 2004年10月.
34)矢野 聖二, 富本 英樹, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : ゲフィチニブに対する感受性とEGFレセプター変異, 分子呼吸器病, Vol.8, No.6, 516-518, 2004年11月.
35)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 30°側臥位は褥瘡予防に有効か?, Brain Nursing, Vol.20, No.11, 37-41, 2004年11月.
36)二宮 恒夫 : 虐待に学ぶ, めんたる·へるす, Vol.53, 13-18, 2004年11月.
37)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Crucial Role of Tissue-Specific Apoptosis on the Development of Primary Sjogren's Syndrome, Oral Science International, Vol.1, No.2, 55-64, Nov. 2004.
38)香美 祥二 : 腎病変に果たすインテグリンの役割, 医学のあゆみ, Vol.211, No.8, 825-826, 2004年11月.
39)瀧脇 弘嗣 : 円形脱毛症, 治療, Vol.86, No.12, 3141-3143, 2004年12月.
40)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
41)田吉 信哉, 大森 哲郎 : 抗精神病薬による統合失調症の再発予防戦略, 精神科治療学, Vol.20, No.1, 59-65, 2005年.
42)大森 哲郎 : うつ状態の臨床分類と生物学的基盤, 臨床精神医学, Vol.34, No.5, 581-585, 2005年.
43)大森 哲郎 : 抗精神病薬の用量反応性, 臨床精神薬理, Vol.8, No.8, 1175-1183, 2005年.
44)赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管内皮細胞に対するステロイドの影響と大腿骨頭壊死, 整形外科, Vol.48, 25-29, 2005年.
45)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 島田 光生, 前原 喜彦 : ウイルス肝炎と肝移植 九州大学病院において, 今日の移植, Vol.18, 190-198, 2005年.
46)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 副島 雄二, 藤井 正彦, 島田 光生 : 肝移植の現況と今後の課題 拒絶反応・感染症に対する対応, 肝臓, Vol.46, 310-316, 2005年.
47)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 剥離と切離 実質臓器(肝胆膵), 消化器外科, Vol.28, 1369-1378, 2005年.
48)島田 光生, 藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 石橋 広樹, 伊地知 秀樹, 八木 博司 : 生体肝移植における過小グラフトに対する高圧酸素療法の有用性, 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌, Vol.1, 46-50, 2005年.
49)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 術後感染症を防ぐーDPC時代に向けてー 術後感染症を防ぐためのわれわれの工夫 肝臓手術, 外科治療, Vol.92, 420-428, 2005年.
50)居村 暁, 池本 哲也, 森根 裕二, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 肝切除術:成功の秘訣 肝予備能検査:最新の知見, 消化器外科, Vol.28, 401-408, 2005年.
51)林 良夫, 石丸 直澄, 表原 文江 : 唾液腺の自己免疫病変, 病理と臨床, Vol.23, 116-121, 2005年.
52)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 特集:コンセンサス肺癌の治療, トピックス:樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
53)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : 肺癌の腫瘍マーカーの読み方, 臨床と研究, Vol.82, No.2, 224-228, 2005年.
54)矢野 聖二, 埴淵 昌毅, 曽根 三郎 : 肺癌患者の診断およびモニタリング, 呼吸, Vol.24, No.2, 149-155, 2005年.
55)矢野 聖二, 西久保 直樹, 曽根 三郎 : 病期に基づく治療方針の選択, 臨床雑誌 内科, Vol.95, No.1, 50-53, 2005年.
56)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症治療薬の最近の動向 イマチニブ(グリベック), 日本胸部臨床, Vol.64, No.2, 131-138, 2005年.
57)曽根 三郎, 西岡 安彦 : ブレオマイシン誘発性のマウスの肺線維イマチニブの抗線維化作用を証明した, 毎日メディカルジャーナル, Vol.1, No.5, 492-495, 2005年.
58)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 499-500, 2005年.
59)西岡 安彦, 東 桃代, 曽根 三郎 : Drug Information ボリコナゾール, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 544-545, 2005年.
60)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 人工呼吸器関連肺炎, 日本内科学会雑誌, Vol.94, No.11, 2335-2341, 2005年.
61)矢野 聖二, 柿内 聡司 : がん分子標的薬による個別化医療, 医学のあゆみ, Vol.215, No.7, 638-642, 2005年.
62)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : NSE, Medicina, Vol.42, No.12, 530-531, 2005年.
63)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 期待される薬剤と現状 イマチニブ(グリベック), 最新医学, Vol.60, No.12, 2577-2582, 2005年.
64)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
65)武田 英二 : 臨床栄養管理, ILSI, Vol.84, 14-21, 2005年.
66)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : Dynamic MRIが診断に有用であった双角子宮に発生した内膜癌の1例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 144-145, 2005年.
67)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : T2強調画像にて低信号を呈し線維腫との鑑別が問題となった悪性卵巣腫瘍の2例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 138-139, 2005年.
68)田中 克哉, 大下 修造 : 麻酔薬の虚血心筋保護作用 ー分子機序と臨床応用ー, 循環制御, Vol.26, No.419, 307-313, 2005年.
69)林 良夫, 石丸 直澄, 表原 文江 : 唾液腺の自己免疫病変, 病理と臨床, No.25, 116-121, 2005年.
70)原田 顕治, 山田 博胤, 田畑 智継 : 組織ドプラ法で是非計測すべき項目の意義と正常値, 心エコー, Vol.7, 586-598, 2005年.
71)安井 夏生 : これまでの10年これからの10年, 小児整形外科 整形外科看護, Vol.10, No.1, 7, 2005年.
72)三代 卓哉, 中野 俊次, 安井 夏生 : 関節リウマチにおける滑膜炎とPAR, 整形・災害外科, Vol.48, 2-3, 2005年.
73)安井 夏生 : 先天性骨系統疾患の疫学と病態-overview-, THE BONE, Vol.19, No.3, 265-267, 2005年.
74)前田 肇, 安井 夏生, 多胡 護, 小川 佳宏, 北川 哲也 : 下肢閉塞性動脈硬化症の診断と治療 エリア座談会(四国), 日経メディカル 7月四国版, 1-4, 2005年.
75)四宮 加容, 塩田 洋 : 【中毒と眼】 各種内服薬と眼の副作用, 眼科, Vol.47, No.2, 167-173, 2005年.
76)Shinji Nagahiro and Teruyoshi Kageji : Clinoidal meningioma encasing the internal carotid artery, Neurosurgery of Complex Vascular Lesions and Tumors, 211-214, 2005.
77)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 産婦人科領域におけるホルモン補充療法の今後, 骨粗鬆症治療, Vol.4, No.1, 42-49, 2005年1月.
78)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : HCV肝硬変(外科から), 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 61-67, 2005年1月.
79)森根 裕二, 藤井 正彦, 居村 暁, 池本 哲也, 島田 光生 : 特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 肝細胞癌に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 75-84, 2005年1月.
80)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : 特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 HCV肝硬変(外科から), 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 61-67, 2005年1月.
81)赤座 英之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 礒西 成治, 大橋 靖雄, 祖父江 友孝, 山中 英壽, 福田 護, 丸山 雅一, 江口 研二, 伊藤 一人, Smith M, Milsted B : がん検診, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 125-134, 2005年1月.
82)石澤 啓介, 水口 和生 : 栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---, 調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
83)新家 利一, 中堀 豊 : 性分化·発達の異常, --- IV.内分泌 ---, Annual Review 内分泌,代謝2005, 246-250, 2005年1月.
84)香美 祥二, 清水 真樹 : Integrin-linked kinase (ILK) と腎炎,ネフローゼ, Annual Review 腎臓 2005, 72-76, 2005年1月.
85)坂東 永一, 石川 輝明, 北村 万里子 : チェアサイドでの咀嚼·顎運動検査, 日本歯科医師会雑誌, Vol.57, No.11, 23(1159)-33(1169), 2005年2月.
86)Mitsuo Shimada, Masahiko Fujii, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto and Hiroki Ishibashi : Living-donor liver transplantation: present status and future perspective, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1 2, 22-32, Feb. 2005.
87)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症治療の最近の動向:イマチニブ(グリベック), 日本胸部臨床, Vol.64, No.2, 131-138, 2005年2月.
88)Kimie Nakagawa, Akihiko Kawaura, Shigeaki Kato, Eiji Takeda and Toshio Okano : 1α,25-Dihydroxyvitamin D3 is a preventive factor in the metastasis of lung cancer, Carcinogenesis, Vol.26, No.2, 429-440, Feb. 2005.
89)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.
90)河野 文昭, 大栗 孝文 : 咬合様式から総義歯を語る, --- 全部床義歯による無歯顎補綴治療 ---, 補綴臨床, Vol.38, No.2, 194-201, 2005年3月.
91)谷 憲治 : 高齢者の両側胸水の落とし穴, 臨床雑誌 内科, Vol.95, No.3, 563-564, 2005年3月.
92)橋本 一郎, 中西 秀樹, 松本 和也 : 同種皮膚移植の実際, PEPARS, No.2, 63-68, 2005年3月.
93)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 癌治療とサイトカイン, Biotherapy, Vol.19, No.2, 151-158, 2005年3月.
94)曽根 三郎 : 肺癌診断の新展開 特集にあたって, Pharma Medica, Vol.23, No.3, 9-10, 2005年3月.
95)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析によるEGFR阻害薬の個別化医療, 分子呼吸器病, Vol.9, No.2, 180-184, 2005年3月.
96)武田 英二 : ストレス制御をめざす栄養科学, 日本学術会議中国・四国地区ニュース, No.38, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Clear Cell Carcinoma of the Ovary: Radiologic-Pathologic Correlation, RSNA 2004, Chicago, Apr. 2004.
2)Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Yusuke Takahashi, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : Identification of human genes differentially regulated by invasive and non-invasive P. gingivalis infection of human aortic endothelial cells, 第19回生物医学総合学術年会, 台北(台湾), Apr. 2004.
3)Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Aono, M. Inayama, M. Ugai, J. Kishi, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Imatinib as a novel PDGF receptor-targeted drug to prevent bleomycin-induced lung fibrosis, 第44回日本呼吸器学会総会 International progam 3, Tokyo, Apr. 2004.
4)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, Apr. 2004.
5)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Feasibility of left-lobe living-donor liver transplantation between adults:a single center experience of 94 cases, American Transplant Congress 2004, Boston, May 2004.
6)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber property effects on shape recovery of Ni-Ti alloy fiber embedded denture-base resin after smart repair, 7th World Biomaterials Congress, Sydney, May 2004.
7)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa and Takashi Matsuo : Occlusion of dentinal tubules with ammonium hexafluorosilicate for treatment of dentin hypersensitivity, 7th World Biomaterials Congress, Sydney, May 2004.
8)Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio ISHIKAWA and Takashi Matsuo : Effect of ammonium hexafluorosilicate on acid resistance of enamel and dentin, Sydney, May 2004.
9)Yasuhiko Nishioka, K. Manabe, J. Kishi, M. Inayama, Yoshinori Aono, M. Ugai, Kenji Tani and Saburo Sone : Analysi of CXCR3 ligands, IP-10, MIG and I-TAC, in patients with pulmonary sarcoidosis, 99th American thoracic society (ATS), Orlando, May 2004.
10)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of STI571(Gleevec) in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 99th American thoracic society (ATS), Orlando, May 2004.
11)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
12)Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, Washington, D.C., Jun. 2004.
13)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Hitoshi Miyajima, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
14)Takahide Taniguchi, , Masahito Tomotake and : Effect of antipsychotic replacement with quetiapine on the symptoms and QOL of schizophrenic patients, 24th CINP, Paris, Jun. 2004.
15)Masahito Tomotake and : Subjective and objective measures of quality of life have different symptomatic determinants in people with schizophrenia, 24th CINP, Paris, Jun. 2004.
16)Kazuo Okura, S Rompre, C Manzini, PH Rompre, N Huynh, JY Montplaisir and GJ Lavigne : Sleep duration and quality in chronic pain patients in comparison to the sleep of fibromyalgia, insomnia, RLS and control subjects, Sleep, Vol.27, A329, Philadelphia, Jun. 2004.
17)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Biliary strictures after living donor liver transplantation, 10th Annual Congress of the International Liver Transplantatiion Society, Kyoto, Jun. 2004.
18)Maki Takase, Hideki Nakanishi, Kazuya Matsumoto and Ichiro Hashimoto : Reconstruction of microtia with laser hair removal before transplantation of costal cartilage, 第7回日韓形成外科学会, Sapporo, Jun. 2004.
19)Yasuhiro Kaneda, Mung Lee, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Determinants of Work Outcome in Neuroleptic-Resistant Schizophrenia and Schizoaffective Disorder: Cognitive Impairment and Clozapine Treatment, Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum Congress, Paris, Jun. 2004.
20)Satsuki Sumitani, Mami Matsushita, Kayoko Wada, Masahito Tomotake, Shu-ichi Ueno, Taketoshi Yamashita, Shinichi Matsumoto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Comparison of the temperament between obsessive-compulsive disorder and idiopathic dystonia, CINP, Paris, Jun. 2004.
21)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, 12th Symposium of the Association of European Psychiatrists, Mannheim, Jun. 2004.
22)Hiroshi Shiota : Recent diagnosis and treatment of Herpes Simplex Keratitis, FYODOROV MEMORIAL LECTURES 2004, 10, Moscow, Jun. 2004.
23)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
24)Asaf Wilensky, Yael Houri-Haddad, A. Halabi, Hiromichi Yumoto, Caroline A. Genco and Lior Shapira : P.gingivalis-Induced Bone Loss by Different Strains Correlates with Antibody Levels, 2004: Joint Meeting CED, Israeli Division, NOF; Joint Meeting of the Continental European (CED), Israeli and Scandinavian (NOF) Divisions of IADR, Istanbul(Turkey), Aug. 2004.
25)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Hideo Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Biomag2004, 632-633, Boston, Aug. 2004.
26)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Innervation of VR1-IR nerve fibers in the rat cornea, 16th International Congress of the IFAA, 334, Kyoto, Aug. 2004.
27)Keiko Harada, Mizuho Nishino, Yukiko Kori and Kenji Arita : Opinions of guardians on the use of restraints for various types of persons with disabilities, 17th IADH(International Association for Disability and Oral Health), Vol.24, No.3, 142, Calgary, Aug. 2004.
28)Yumi Kuwamura, Takako Ichihara, Takako Minagawa and Ayako Tamura : A study of factors of patients difficulties in self-care at general hospital hypertension classes, Japan Academy of Nursing Science Fifth International Nursing Research Conference Nursing Phenomena and Research Designs, 66, Koriyama, Aug. 2004.
29)Caroline A. Genco, Takanari Miyamoto, Hiromichi Yumoto, Sophia Ostrer-Potapov, Michael Davey, Yusuke Takahashi and Frank Gibson C. III : Acute and Early Recognition of Invasive Bacteria Accelerates Atherosclerosis in Apolipoprotein E-deficient Mice, 42nd Annual Meeting of Infectious Diseases Society of America, Boston(USA), Sep. 2004.
30)Saburo Sone : Bone metastasis of lung cancer and its molecular-based therapy, The 3rd Sino-Japan Joint Conference for Cancer Reasearch(9/3-4), Xi'an, Sep. 2004.
31)Yamanaka Akemi, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Implication of intraoperative transesophageal ventricular pacing in pediatric patients., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
32)Nitta Kazuhito, Hiroshi Kitahata, Shinji Kawahito, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : The factors influencing contrast effect during intraoperative contrast echocardiography., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
33)Hiroshi Shiota, Shino Takano, Mayumi Ishimaru, Etsuko Sano and Q.T Le : Medical significances of new disease-specific cycteine protease inhibitors in tears, 4th International Conference on Cysteine Proteinases and their Inhibitors, 6, Portoroz, Slovenia, Sep. 2004.
34)Seiji Yano, Rui Zheng, Soji Kakiuchi, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Sre tyrosine kinase inhibitor,M475271,suppresses subcutaneous growth and production of lung metastasis by inhibition of proliferation,invasion,and vascularization of human lung adenocarcinoma cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society(9/17-20), Genova, Sep. 2004.
35)Soji Kakiuchi, Seiji Yano, Toyokazu Miki, Yusuke Nakamura and Saburo Sone : Genome-wide screening of the genes correlates with the cross-talk between metastatic cancer cells and microenvironment in small cell lung cancer cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society, Genova, Sep. 2004.
36)Saburo Sone : Microarrays to predict organotropism of metastasis, the 10th International Congress of Metastasis Research Society(9/17-20), Genova, Sep. 2004.
37)Yoshinori Nitta, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Ohnishi Yoshiaki, Yohsuke Kinouchi, Masaji Nishimura and Susumu Ito : Application of BPNN to prediction of hematocrit values during LCAP, Proceedings of Biomedical Engineering Conference, 125-129, Hong Kong, Sep. 2004.
38)Tetsuya Kitagawa : Recent progress in neonatal cardiac surgery -Our current strategy and residual problem-, Nabton,China, Sep. 2004.
39)Yutaka Masuda, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Hiroshi Kurobe and Tetsuya Kitagawa : "APPLICATION OF MNC(mononuclear cell) or CEP(circulating endothelial progenitor cell)", Nabton,China, Sep. 2004.
40)Yutaka Masuda, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Hiroshi Kurobe and Tetsuya Kitagawa : "Temporary filter.AntheorTM temporary vena cava filter (tVCF)for temporary pulmonary embolism prevention", Nabton,China, Sep. 2004.
41)Yuka Kasai, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, hirokazu Uemura, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Pro-Inflammatory Cytokine Changes in Postmenopausal Women Treated with Hormone Replacement Therapy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 57, Kanagawa, Oct. 2004.
42)Ayako Nakajima, Anna Tani, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara : A Repertoire of Cytokines in Human Cervical Mucus of Infertile Women, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
43)Kotaro Kunimi, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : The Expression of Myeloid-Related Protein-8(MRP8: S100A8) and MRP14(S100A9) in the Human Uterine Cervix, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
44)Satoshi Yamamoto, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada, Yuji Okumura, Hiroshi Kido and Minoru Irahara : Development of an Expression Vector Encoding Sperm Protein,Designated RSMP-B,as an Immunocontrraceptive Vaccine, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 55, Kanagawa, Oct. 2004.
45)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : PTH-stimulated signaling molecules that are involved in the endpcytosis of NaPi-IIa phosphate transporter are compartmentalized and activated in caveolae-like micro domains, 26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
46)Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, M. Tsuji, T. Sato, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : A novel splicing variant transcript of the renal type a sodium-dependent phosphate cotransporter (NPT2a) gene is positively and negatively regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D3 and phex cleavable humoral factors, 26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
47)Hitoshi Houchi, Mami Azuma, M. Torii, T. Umeda, M. Mizuta, K. Teraoka and Kazuo Minakuchi : Inhibitory action of cilostazol, A phosphodiesterase inhibitor, on catecholamine secretion from cultured bovine adrenal chromaffin cells, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2004.
48)湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月.
49)Harada Takashi, Masahito Tomotake and : Pulmonary thromboembolism due to deep vein thrombosis of the leg associated with physical restraints to psychiatric inpatient; a review report, 11th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Okinawa, Oct. 2004.
50)Takashi Harada, A Nakamura, Masahito Tomotake and : The relationship of personality dimensions measured with the Temperament and Character Inventory (TCI) and quality of life measured using the brief version of the World Health Organization Quality of Life Assessment (WHO QOL 26) among the Japanese nursing staffs at K general hospital, 11th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Okinawa, Oct. 2004.
51)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, E Maeda, E Kitaoka, Keiko Kume and Masaru Nagayama : Maspin,a Serine Protease Inhibitor,Regulates the Bone Matrix Maturation by Enhancing the Accumulation of Latent TGF-beta, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.suppl 1, S358, Seattle, Oct. 2004.
52)Tomoharu Fukumori, Masa-aki Nishitani, M Takahashi, T Naroda, Hirofumi Izaki, I Elsamman, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Involvement of Matrix Metalloproteinase-3 in Hepatocyte Growth Factor-Induced Invasion of Bladder Cancer, BUJ International, Honolulu, Oct. 2004.
53)Saburo Sone : Genetic Predictors of EGF Receptor-targeted therapy as personalized medicine for Non-small Cell lung cancer patients, the 12th Catholic Respiratory and Allergy Workshop, Seoul, Oct. 2004.
54)Masahiko Maegawa, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Sakai, Satoshi Yamamoto, Kazuhisa Maeda, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Changes on Pro-Inflammatory Cytokine Responses in Peripheral Blood During Normal Human Pregnancy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 26, Kanagawa, Oct. 2004.
55)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Biliary strictures after living donor liver transplantation, The 5th Korea-Japan Transplantation Forum,Symposium, Korea, Oct. 2004.
56)Yasuhiro Kaneda : Suicidal Behavior Before, During, and After the First Year of Psychosis in Patients with Schizophrenia and Schizoaffective Disorder, XVIII World Congress of World Association for Social Psychiatry, Kobe, Oct. 2004.
57)Yasuhiro Kaneda, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Suicidal Behavior Before, During, and After the First Year of Psychosis in Patients with Schizophrenia and Schizoaffective Disorder, World Congress of World Association for Social Psychiatry, Kobe, Oct. 2004.
58)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effect of midazolam on ATP-sensitive potassium channel activities in vascular smooth muscle cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
59)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Molecular mechanisms underlying etomidate modulating effects of ATP-sensitive potassium channels., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
60)Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Yamaguchi Mikiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of Na+/K+ ATPase in the response of membrane potential to mannitol-induced hyperosmolality in cultured human coronary endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
61)Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Sevoflurane enhances geranylgeranylacetone-induced cardioprotection via increased Hsp 70 expression against myocardial ischemia and reperfusion injury in vivo rabbits., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
62)Shuji Kondo, Maki Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T Mark, Lambeth J David, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami : Add-on the antioxidant, probucol to angiotensin II type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive, St. Louis, MO, Oct. 2004.
63)Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Maki Shimizu, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya : Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injury in rat kidney, 37th ASN annual meeting, St. Louis, MO, Oct. 2004.
64)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pelvic Endometriosis with Malignant Transformation: Radiologic-Pathologic, RSNA 2004, Chicago, Nov. 2004.
65)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
66)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
67)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Takashi Ohshima, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Generation of HM1.24-specific cytotoxic T lymphocytes from peripheral blood stem cell harvests of patients with multiple myeloma, 46th Annual Meeting: American Society of Hematology, San Francisco, Dec. 2004.
68)Hiromi Kato, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : Electrical Impedance Tomography for Local Biological Tissue, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 942-946, Kunming, Dec. 2004.
69)Masahiko Fujii, Satoru Imura, Yuji Morine, H Shinohara and Mitsuo Shimada : Central Bisegmentectomy of the Liver with Pylorus-preserving Pancreatoduodenectomy for Advanced Cancer of the Gallbladder, 19th World Congress of International Society Digestive Surgery, Yokohama, Dec. 2004.
70)Udaka Jiro, Nagashima Hinami and Noriaki Takeda : Application of auditory steady state response for multipyly-handicapped children with severe hearing loss, XVII IFOS World Congress, Rome, Italy, 2005.
71)Kawano Takashi, Nakamura Akiyo, Yamada Hirohide, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Insulin Activates ATP-Sensitive Potassium Channels in Rat Vascular Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A495, 2005.
72)Nitta Kazuhito, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Blockade of ATP-Sensitive Potassium Channels by Dexmedetomidine in Rat Vascular Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A479, 2005.
73)Kakuta Nami, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : A Comparison of Landiolol and Esmolol for Attenuation of Cardiovascular Response and Plasma Renin Activity Against Tracheal Intubation with Laryngoscopy, Anesthesiology, Vol.103, A433, 2005.
74)Nakamura Akiyo, Kawano Takashi, Kawahito Shinji, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : Molecular Mechanisms of the Inhibitory Effects of Lidocaine on Cloned Cardiac Sarcolemmal ATP-Sensitive Potassium Channels, Anesthesiology, Vol.103, A731, 2005.
75)Eguchi Satoru, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka, Oshita Shuzo and Nakajo Nobuyoshi : Effects of Ketamine on Nicorandil Induced ATP-Sensitive Potassium Channel Activity in Cultured Rat Aortic Smooth Muscle Cells, Anesthesiology, Vol.103, A738, 2005.
76)Yamada Hidehiro, Kawano Takashi, Katsuya Tanaka and Oshita Shuzo : The Interaction of MgADP with Intravenos Anesthetics Inhibition of Cloned ATP-Sensitive Potassium Channels, Anesthesiology, Vol.103, A736, 2005.
77)Katsuya Tanaka, Kawano Takashi, Nakamura Akiyo, Nozaki Junpei and Oshita Shuzo : Isoflurane Activates Sarcolemmal ATP-Sensitive Potassium Channels Via Protein Kinase A Activation in Cultured Rat Aortic Smooth, Anesthesiology, Vol.103, A685, 2005.
78)Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, Hokkaido, 2005.
79)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Ishikawa Kunio, Masaaki Takechi, Takano Hideyuki and Masaru Nagayama : Enhancing effects aggregation of platelets by hydroxyapatite putty as a topieal hemontatie agent for bone., First International Conference on Mechanics of Biomaterials&Tissues, 2005.
80)Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants., First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, 2005.
81)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Kouichirou Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : P-171 Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonarynodules after computed tomography-guided bronchoscopic metallic coil marking using virtual bronchoscopy navigation, Lung Cancer, Vol.49, No.supplement2, s160, Feb. 2005.
82)Hiroshi Kurobe, Takashi Tominaga, Tamotsu Kanbara, Tatsuo Motoki, Mikio Sugano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Does Sivelestat sodium hydrate inprove the postoperative respiratory function of patients with abdominal aortic aneurysm?, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Chiengmai, Feb. 2005.
83)Hiroshi Kurobe, Tetsuya Kitagawa, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Atsushi Kurushima and Yutaka Masuda : Techniques and results of early complete repair for purmonary atresia with ventriculae septal defect, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Chiang Mai, Feb. 2005.
84)Y Ichikawa, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Tamotsu Kanbara, H Kurobe, T Hori and Tetsuya Kitagawa : Evoked spinal cord potential monitoring during endoluminal prosthetic grafts placement for descending thoracic aortic aneurysm, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, チェンマイ, Feb. 2005.
85)Hirotsugu Kurobe, T Tominaga, Tamotsu Kanbara, Tatsuo Motoki, M Sugano, T Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Does Sivelestat sodium hydrate improve the postoperative respiratory function of patients with abdominal aortic aneurysm?, アジア心臓血管外科学会, チェンマイ, Feb. 2005.
86)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Possible Mechanism of Autoimmune Exocrinopathy Resembling Sjogren's Syndrome through RbAp48 Overexpression., Gordon Research Conference., Ventura, Feb. 2005.
87)Kanako Tamatani, Masami Yoshioka, Tetsuya Tamatani, Daisuke Hinode and R Nakamura : Purification and characterization of the trypsin-like enzymes from Tannerella forsythensis, 83rd General session of the International Association for Dental Research, Baltimore, U.S.A, Mar. 2005.
88)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ancient schwannoma of the female pelvis;Radiologic-pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
89)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Differential diagnosis of multiple hyperintense lesions of the liver on T1W1 of MRI with pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
90)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Induction of regulatory dendritic cells by gingival epithelial cells, 83rd General session of IADR (International Association for Dental Research), Baltimore, Mar. 2005.
91)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, E Kimura, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of Left Ventricular Geometry on Systolic Myocardial Velocity Gradient in Patients With Hypertension., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.
92)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.
93)Kazuo Okura, GJ Lavigne, C Manzini, PH Rompre, N Huynh and JY Montplaisir : Controlled study on sleep and cardiac variability of pain patients, Journal of Dental Research, Vol.84, #2425, Philadelphia, Mar. 2005.
94)Keiji Moriyama : Non-surgical and surgical orthodontic approaches to Class III malocclusion, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, Beijing, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 内山 恒夫, 小川 基彦, 高崎 智彦, 倉根 一郎, 曽根 三郎 : ベトナムで感染·発症した発疹熱の一症例, 第78回日本感染症学会総会, 2004年4月.
2)川中 崇, 生島 仁史, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 非小細胞肺癌の脳転移に対するstereotactic radiosurgeryの検討, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 58, 2004年4月.
3)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 芝 篤志, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 高線量率腔内照射を用いた子宮頸癌の治療成績, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 60, 2004年4月.
4)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性変異株の分離, 第77回 日本細菌学会総会, 2004年4月.
5)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : Streptococcus mutansの象牙質への付着とグルカン合成量の関係, 第77回 日本細菌学会, 2004年4月.
6)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 露口 勝, 木村 秀, 住友 正幸, 門田 康正 : SF-079-1 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の臨床学的意義, 第104回日本外科学会定期学術集会, 281, 2004年4月.
7)副島 雄二, 島田 光生, 調 憲, 田中 真二, 末廣 剛敏, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 前原 喜彦 : 進行肝細胞癌に対する根治的治療法としての生体肝移植, 第104回日本外科学会定期学術集会パネルディスカッション, 2004年4月.
8)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, (樋口 精一), 北川 哲也 : 複雑心奇形根治術後低心拍出量症候群に対する腹腔ドレナージの有用性∼体内炎症性サイトカインの動向から∼, 第104回日本外科学会定期学術集会, 2004年4月.
9)黒部 裕嗣, 増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北川 哲也 : 複雑心奇形根治術後低心拍出量症候群に対する腹腔ドレナージの有用性∼体内炎症性サイトカインの動向から∼, 第104回日本外科学会定期学術集会, 2004年4月.
10)中西 秀樹 : ランチョンセミナー「組織移植における微小循環の意義」, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
11)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 戸田 真記 : 肛門部悪性腫瘍切除後の欠損に対するgluteal fold flapの有効性, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
12)吉永 理香, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 佐川 多恵子 : 耳下腺切除後の胸鎖乳突筋筋弁の使用経験について, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
13)上野 淳二, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 西谷 弘 : X線CTによる消化管三次元表示法, 2004年4月.
14)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌いおけるHIF-2αの発現と放射線治療成績, 第63回日本医学放射線学会学術会(横浜)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.64, No.2, 212, 2004年4月.
15)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第9報)-昇温時の形状回復挙動-, 第43回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年4月.
16)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 : HRTおよびビスフォスフォネート投与による血中osteoprotegerinおよびsoluble RANKL濃度の変化の検討, 第56回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2004年4月.
17)林 しの, 宮本 龍郎, 塩田 洋, 石丸 真弓, 佐野 悦子, Q. T. Le, 勝沼 信彦 : ベーチェット病診断用の特異抗体の作成, 第108回日本眼科学会総会, 2004年4月.
18)池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 : Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
19)山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
20)藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 倉橋 三穂, 田代 征記 : 高齢者肝細胞癌に対する手術適応と治療成績, 第90回日本消化器病学会総会, 2004年4月.
21)武田 英二 : 食と健康, 大塚食品株式会社 質販店会 講演, 2004年4月.
22)安井 夏生 : -開業医に必要な整形外科の知識-「高齢者の骨折は治るのに変形関節症はなぜ治らないの?」, 越谷市医師会学術講演会 (越谷市), 2004年4月.
23)榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
24)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の長期投与における内臓脂肪蓄積予防, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.47, 2004年5月.
25)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の内臓脂肪蓄積防止効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
26)山本 浩範, 三木田 愛, 辻 光義, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : タマネギ成分,ケルセチンの骨代謝調節作用, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
27)梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 : PTHによるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシス調節機構, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
28)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Studies on the translocational regulation of phosphate transporter by PTH with reference to PKA,PKC, and ezrin, 日本細胞生物学会大会, Vol.57, May 2004.
29)竹内 晴美, 竹内 里美, 奥村 仙示, 中村 多希, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本栄養アセスメント研究会, Vol.27, 2004年5月.
30)佐藤 匡俊, 山本 かおり, 山本 浩範, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動に伴う小腸カルシウム吸収及びPTH-ビタミンD調節系への影響, 日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
31)辻 光義, 山本 浩範, 三木田 愛, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : タマネギ生理活性成分であるケルセチンによる骨代謝調節, 日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
32)原田 貴史, 友竹 正人, 中村 明美, : 女性看護職員におけるMOCIによる強迫症状とTCIによる人格特性との関係, 第100回日本精神神経学会, 2004年5月.
33)友竹 正人, 伊賀 淳一, 木内 佐和子, : 統合失調症外来患者の主観的QOLと客観的QOL, 第100回日本精神神経学会, 2004年5月.
34)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 大理石骨病を有する慢性歯周炎患者の1症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 180, 2004年5月.
35)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 五石 圭一, 高瀬 真記, 佐川 多恵子, 柏木 圭介 : 遊離前外側大腿皮弁による乳癌術後の胸壁再建, 第33回徳島乳腺研究会, 2004年5月.
36)鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 : 顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索, 第58回日本口腔科学会総会, 132, 2004年5月.
37)武田 英二 : 臨床栄養管理法, 神戸薬科大学同窓会研修会 講演, 2004年5月.
38)黒部 裕嗣, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 腹部大動脈瘤に対する術中・術後シベレスタット投与が術後に及ぼす影響, 第32回日本血管外科学会総会, 2004年5月.
39)黒部 裕嗣, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 腹部大動脈瘤に対する術中・術後シベレスタット投与が術後に及ぼす影響, 第32回日本血管外科学会総会, 2004年5月.
40)橋本 一郎, 中西 秀樹 : 会陰部皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2004年5月.
41)二宮 恒夫 : 虐待をキーワードに心の問題を考える, 第11回 中国四国小児心身症学会, 2004年5月.
42)谷 洋江, 二宮 恒夫, 横田 一郎, 松田 純子, 黒田 𣳾弘 : 摂食障害を合併した乳児期発症1型糖尿病の1例, 第11回 中国四国小児心身症学会, 2004年5月.
43)住谷 さつき, 大森 哲郎 : OCDの薬物治療応答性と臨床特徴について, 第100回 日本精神神経学会, 2004年5月.
44)森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医療従事者に対する論文検索支援システムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
45)北村 尚正, 森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医学・歯学分野におけるe-Learningシステムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
46)尼寺 理恵, 有田 憲司, 清水 謙, 西野 瑞穗 : 乳歯外傷により障害を受けた後続永久歯の画像診断, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
47)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
48)木村 奈津子, 有田 憲司, 清水 謙, 尼寺 理恵, 西野 瑞穗 : 急速アパタイト転換型リン酸カルシウムセメントの生活歯髄切断への応用に関する研究, --- その2 ラット歯髄での病理組織学的検討 ---, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
49)濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
50)竹内 久裕, 坂東 永一, 中野 雅德, 安陪 晋, 西川 啓介, 郡 元治, 山内 英嗣, 三好 礼子 : 測定システムに依存しない顎運動解析パラメータの検討, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.111, 113, 2004年5月.
51)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 歯周治療中に発見した口腔粘膜疾患の一例, 第47回 春季日本歯周病学会学術大会, 2004年5月.
52)本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 : 歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
53)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : P-221 当科における気管支形成手術症例の検討, 第21回 日本呼吸器外科学会総会, 222, 2004年5月.
54)瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行による悪性度上昇機構の解明, 第77回日本組織培養学会, 2004年5月.
55)二宮 恒夫, 谷 洋江 : 自傷行為例にみるインターネットの影と医療, 第12回 中国四国小児心身症学会, 2004年5月.
56)片山 貴文, 森口 博基 : 院内感染拡大防止のための接触可能性者の特定の試み, 四国医学雑誌, Vol.60, No.1∼2, 59, 2004年5月.
57)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月.
58)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月.
59)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : OR1-5 肺抹消微小節に対する術前CTガイドによる気管支鏡下マーキング, 第27回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 242, 2004年6月.
60)池原 敏孝, 寺本 忠弘, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養牛副腎髄質由来細胞の情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
61)村上 圭史, 鹿山 鎭男, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌PAO1株におけるbiapenem抵抗性変異株の分離, 第52回日本化学療法学会総会, 2004年6月.
62)野村 昌弘, 中屋 豊, 伊東 進 : 心磁図法は循環器病診療に貢献できるのか?, 日本生体磁気学会, 2004年6月.
63)中西 秀樹 : 特別講演 当科における頭蓋顎顔面外科の歩み, 第16回川崎医科大学形成外科教室同門会, 2004年6月.
64)武田 英二, 竹谷 豊, 新井 英一 : 食後高血糖を抑制する機能性食品の開発, 日本小児科学会徳島地方会, Vol.122, 2004年6月.
65)安藤 正裕, 武田 憲昭, 澤田 和彦, 坂田 ひろみ, 福井 義浩 : ローリングマウス前庭小脳におけるカルレチニン陽性unipolar brush cellとCRF陽性苔状線維終末, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
66)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ムンプス及びVZVIにおける内耳障害の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
67)佐藤 孝宣, 阿部 律子, 川田 育二, 武田 憲昭 : 突発性難聴の二次治療の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
68)長嶋 比奈美, 若尾 佳代, 留守 幸, 宇高 二良, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 聴性定常反応検査を用いた重複障害児の聴力評価の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
69)近藤 英司, 中川 英幸, 秋月 裕則, 宮崎 かつし, 田村 公一, 武田 憲昭 : 気管異物の一症例, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
70)高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭, 戸田 直紀 : 当科における味覚・嗅覚外来の現状, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
71)武田 英二 : 小児の発育と発達,生理,栄養, 社団法人愛媛県栄養士会 講演, 2004年6月.
72)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 調 憲, 島田 光生, 前原 喜彦 : 進行肝細胞癌に対する根治的治療法としての生体肝移植と将来展望, 第40回日本肝癌研究会ワークショップ, 2004年6月.
73)神原 保, 北市 隆, 浦田 将久, 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 市川 洋一, 富永 崇司, 増田 裕, 北川 哲也 : 解離性大動脈瘤に対する下行大動脈へのステントグラフト留置術後に一時late paraplegiaを認めた一例, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
74)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, 北川 哲也 : 左右冠動脈単一バルサルバ洞起始を伴ったTGA類似症例に対する動脈スイッチ手術の経験, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
75)元木 達也, 富永 崇司, 市川 洋一, 神原 保, 黒部 裕嗣, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 高度肝硬変に対しoff-pump冠動脈バイパス術が有用であった一例, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
76)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, 北川 哲也 : 左右冠動脈単一バルサルバ洞起始を伴ったTGA類似症例に対する動脈スイッチ手術の経験, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
77)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : III期非小細胞肺癌の放射線治療成績, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
78)古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹脇 弘嗣, 竹川 佳宏, 工藤 隆治 : 木村氏病の治療経験, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
79)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Anginosus group streptococci感染症とその続発生, 第2回 感染病態研究会 シンポジウム「Symbiosis」, 2004年6月.
80)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第81回日本消化器病学会四国支部例会, 2004年6月.
81)神原 保, 北市 隆, 浦田 将久, 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 市川 洋一, 富永 崇司, 増田 裕, (森 一博), 北川 哲也 : Ebstein奇形の外科治療における弁機能を正常弁輪へ異動させることの重要性, 第40回日本小児循環器学会総会学術集会, 2004年6月.
82)北市 隆, 増田 裕, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 元木 達夫, 浦田 将久, 福田 靖, 北川 哲也 : 先天性心疾患に対する開心術後急性期における低濃度NO吸入療法の効果, 第40回日本小児循環器学会総会学術集会, 2004年6月.
83)松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 岡田 和子, 中屋 豊, 吉本 勝彦 : 頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理, 徳島NST研究会, 2004年6月.
84)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 急性期モデル人形を用いた学生の観察力評価の検討, 日本看護教育学会誌, Vol.14, 139, 2004年7月.
85)中西 宏彰, 湯淺 哲也, 里村 一人, 長山 勝 : 5-アミノレブリン酸を用いて光線力学療法と蛍光診断を行った口腔白板症の1例, 第14回日本口腔粘膜学会総会, 2004年7月.
86)江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, 2004年7月.
87)山内 健, 伊賀 淳一, 宋 鴻偉, 友竹 正人, : 更年期外来におけるSSRIの使用経験-パロキセチン投与についての予備的検討, 第26回日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
88)副島 雄二, 武冨 紹信, 島田 光生, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : 生体肝移植における術前・術後の門脈血栓・閉塞に対する血行再建, 第22回 日本肝移植研究会ビデオフォーラム, 2004年7月.
89)郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児期顎関節症患者の顎運動解析, 第17回 日本顎関節学会総会・学術大会, 2004年7月.
90)井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 口演発表, 2004年7月.
91)松本 文博 : 智歯を有する顎関節症患者における臨床的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 2004年7月.
92)安井 夏生 : 整形外科の立場から, 鳴門市民健康フォーラム (鳴門市), 2004年7月.
93)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いたヒト顎関節の三次元再構築精度(口演発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.2B8, 110, 2004年7月.
94)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(ポスター発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.D13, 144, 2004年7月.
95)大下 修弘, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1症例, 第1回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
96)高石 和美, 富岡 重正, 江口 覚, 大下 修弘, 張 剛太, 中條 信義 : 沖縄県重度心身障害者全身麻酔下歯科治療事業に参加して, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
97)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSによる検討, 第26回 日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
98)副島 雄二, 武冨 紹信, 島田 光生, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : 生体肝移植における術前・術後の門脈血栓・閉塞に対する血行再建, 第59回日本消化器外科学会ビデオシンポジウム, 2004年7月.
99)桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 近藤 裕子 : 自己評価からみた課題学習に学生の関心の高いテーマを取り入れた臨地実習の効果, 日本看護学教育学会誌 日本看護学教育学会第14回学術集会講演集, Vol.14, 240, 2004年7月.
100)武田 英二 : 臨床栄養管理法, 海部病院学術研修会(へき地中核病院研修事業後援会) 講演, 2004年7月.
101)市川 洋一, 北市 隆, 速水 朋彦, 来島 敦史, 神原 保, 黒部 裕嗣, 増田 裕, 北川 哲也 : 両側内腸骨動脈と下腸間膜動脈からのmeandering arteryを伴った腹部大動脈瘤の一手術例, 第35回日本血管外科学会中国四国地方会, 2004年7月.
102)中西 秀樹 : 特別講演 「顔面・外陰部を中心とした悪性腫瘍の再建」, 昭和大学形成外科皮膚腫瘍フォーラム, 2004年7月.
103)横山 正明, 増田 かなめ, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 女性ホルモンが歯周病原細菌Campylobacter rectus及びヒト歯肉線維芽細胞に及ぼす影響, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 452, 2004年8月.
104)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基 : 精神科急性期治療病棟で使用するための統合失調症用クリニカルパスおよびアウトカム管理確認項目の試作, 第17回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.10, No.1, 60-61, 2004年8月.
105)川野 公江, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基 : 山間地域の一人暮らし高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 第229回 徳島医学会, 41, 2004年8月.
106)南川 貴子, 桑村 由美, 市原 多香子, 田村 綾子, 近藤 裕子 : 摂食·嚥下障害患者を受け持った学生のケア実施時のアセスメントの関する考察, 第35回日本看護学会-看護教育-, Vol.35, 121, 2004年8月.
107)竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 山本 浩範, 武田 英二 : IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)活性調節におけるカベオラ様ドメインの役割:シグナル伝達と細胞骨格制御, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
108)山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 武田 英二 : 核内受容体を介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の腎特異的転写制御機構, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
109)佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動に伴う腸管カルシウム吸収低下機序の解明, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
110)山本 浩範, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分であるケルセチンによる骨粗鬆症予防効果, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
111)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル・ヘルス・プロモーション・プラン検診による検討, 第54回循環器負荷研究会, 2004年8月.
112)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮動態の詳細な評価:健常例におけるradial, meridional, circumferential systolic strainの検討, 第2回先進心血管エコー研究会, 2004年8月.
113)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-56, 2004年8月.
114)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-53, 2004年8月.
115)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-65, 2004年8月.
116)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第9回徳島形成外科集談会, 2004年8月.
117)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
118)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化の検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
119)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
120)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之, 柿沼 龍太郎, 笹川 道三 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
121)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第22回中四国臨床臓器移植研究会, 2004年8月.
122)上田 千鶴, 高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭, 田中 健 : 亜鉛栄養状態の新しい評価法の開発と健常人と味覚障害患者の亜鉛栄養状態, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
123)高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭 : 亜鉛欠乏の新しい機能評価法(ACE活性比)と味覚障害患者への応用, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
124)上田 千鶴, 高岡 司, 松田 和徳, 田中 健, 武田 憲昭 : 亜鉛摂取,血清亜鉛値,血清ACE活性比からみた健常者と味覚障害患者の亜鉛栄養状態, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
125)池田 稔, 愛場 庸雅, 生井 明浩, 井之口 昭, 黒野 祐一, 阪上 雅史, 武田 憲昭, 冨田 寛 : 味覚障害患者数と味覚障害診断に関するアンケート調査, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
126)東 貴弘, 戸田 直紀, 田村 公一, 武田 憲昭 : 扁摘における超音波切開凝固装置及びコブレーションシステムと従来法との比較, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
127)西岡 安彦 : SARSの基礎と臨床 - 院内感染対策を中心に -, 第229回徳島医学会学術集会シンポジウム, 2004年8月.
128)武田 英二, 竹谷 豊, 山本 浩範 : 「高リンと血管内皮細胞機能」「リン酸トランスポーターの発現調節機構」, 第8回瀬戸内カンファレンス, 2004年8月.
129)日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 : 歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月.
130)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮能の評価:健常例におけるradial, meridionalおよびcircumferential systolic strainの検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
131)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 木村 恵理子, 野村 昌弘 : 心房細動および心機能不全におけるCoupled Pacingの効果:心臓の機械的効率に関する検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
132)田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左房機能の評価:下半身陽圧負荷を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
133)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : 左室収縮は全周性に均一か?経胸壁および経食道心エコー法によって得られる心筋ストレインの比較, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
134)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 雲南省東南部における少数民族薬物調査, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
135)瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行に伴うWnt-5aの発現誘導の意義, 第63回日本癌学会総会, 2004年9月.
136)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服薬内容とQOL ― 定型薬服用群と非定型薬服用群の比較 ―, 第14回日本臨床精神神経薬理学会, 2004年9月.
137)大石 慶二, 大石 美佳, 永田 俊彦 : 培養ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の形成する細胞外基質の検索, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 81, 2004年9月.
138)山中 健生, 長江 浩朗, 松本 和也, 中西 秀樹 : Vacuum-assisted closure と段階的な植皮術を併用して治癒した難治性褥瘡の1例, 第6回日本褥瘡学会学術集会, 2004年9月.
139)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係(演題番号P-10), 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 平成16年度総会および第30回学術大会 プログラム·抄録集, 22, 2004年9月.
140)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 第3回情報科学技術フォーラム 高度医療を支える安全ME技術, 2004年9月.
141)山中 真吾, 付 政, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 原田 雅史, 長篠 博文, 西谷 弘 : 磁気共鳴画像診断装置(MRI)操作室における磁界測定, 電気設備学会全国大会論文集, 2004年9月.
142)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
143)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 遊離腓骨弁で関節突起を含む下顎再建を行った1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
144)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎再発に対する戦略, 第40回日本移植学会パネルディスカッション, 2004年9月.
145)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.318, 7-11, 2004年9月.
146)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 信学技報, Vol.104, No.318, 13-17, 2004年9月.
147)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, 信学技報, Vol.104, No.318, 19-23, 2004年9月.
148)工藤 隆治, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 頭頸部外部放射線照射における固定用シェルの固定精度の検討, 第45回日本歯科放射線学会総会・学術大会, Vol.44, 49, 2004年9月.
149)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
150)多田 敏子, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 永峰 勲, 森口 博基, 森川 富昭, 片山 貴文, 川野 公江 : 山間地域の在宅高齢者のQOLと健康長寿との関連, Quality of Life Journal, Vol.51, No.2, 2004年9月.
151)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 竹村 元秀 : 三叉神経降圧反応を誘導する神経基盤, 第27回 日本神経科学大会, 2004年9月.
152)井上 紀子, 石川 康子, 中江 良子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動に及ぼす糖尿病の影響, 第46回基礎歯科学会学術大会・総会, 2004年9月.
153)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第10報)-界面特性の影響-, 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年9月.
154)北村 嘉章, 三好 勝洋, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体遺伝子, 第43回日本鼻科学会, 2004年9月.
155)中西 秀樹 : 特別講演「微小循環の組織移植における意義」, 福岡市西区医師会学術講演会, 2004年9月.
156)加藤 弘洋, 安野 恵実子, 木内 陽介, 森本 忠興 : 生体組織インピーダンスの層組織構造の推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
157)森本 有理砂, 安野 恵実子, 木内 陽介, 森本 忠興 : 局所組織EITの空間分解能の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
158)加治 芳雄, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 永廣 信治, 七條 文雄 : 変化率二次元脳電図(DRT)の臨床応用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
159)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 繊維-レジン界面特性が損傷修復型義歯床の形状回復に与える影響, 日本金属学会2004年秋季大会, 2004年9月.
160)池原 敏孝, Tadahiro Eramoto, 佐々木 ひろみ, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : Effect of time-varying strong magnetic field on transient increase in intracellular Ca2+ in bovine adrenal chromaffin cells, 第8回シンポジウムおよび特定領域研究 「強磁場新機能」第2回シンポジウム, 2004年9月.
161)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Identification of target molecule of PTH-mediated signal transduction pathway that lead to the endocytosis of type IIa sodium dependent phosphate transporter, 日本生化学会大会, Vol.77, Oct. 2004.
162)佐久間 理英, 新井 英一, 須波 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食インスロー摂取後の2nd meal effectの検討, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
163)武田 英二, 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子 : 血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
164)奥村 仙示, 竹内 晴美, 西田 由香, 谷口 章子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本栄養改善学会学術総会, Vol.51, 2004年10月.
165)武田 英二 : 昼食後耐糖能におよぼす朝食での糖質調整流動食(インスロー)摂取の効果, 日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
166)武田 英二 : 炎症性腸疾患に対する栄養管理の進歩, 日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
167)桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, 2004年10月.
168)坂東 伸泰, 渡辺 球美, 友竹 正人, : 低Na血症を認めなかったにも関わらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 第28回日本心身医学会中国・四国地方会, 2004年10月.
169)武久 美奈子, 友竹 正人, : 女子大学生の月経前緊張症 ― アンケート調査より ―, 第42回全国大学保健管理研究集会, 2004年10月.
170)二宮 恒夫, 谷 洋江 : 挫折体験場所で再生を図り,良い子への強迫要因に気づいた摂食障害, 第22回 日本小児心身医学会, 2004年10月.
171)市原 多香子, 田村 綾子, 片岡 健, 宮腰 由紀子, 森本 忠興, 南川 貴子, 桑村 由美 : 下肢伸筋·屈筋の筋組織厚と術後臥床日数の関係, 第3回日本リハビリテーション看護学会学術大会集録, 96-98, 2004年10月.
172)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 野村 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : スポーツマン高校生の全身麻酔経験, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
173)高石 和美, 中條 信義 : 毛細血管拡張性運動失調症患者の全身麻酔経験, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
174)富岡 重正, 金子 美幸, 張 剛太, 中條 信義 : アフリカツメガエルの卵母細胞に発現したセロトニントランスポーターに対するケタミンの作用, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
175)張 剛太, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 大下 修弘, 金子 美幸, 中條 信義 : 学生の臨床実習中におけるストレス反応, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
176)安井 夏生 : 臨床研究成果をアピールする申請書のノウハウ, 科学研究費補助金申請ノウハウ講習会 (徳島市), 2004年10月.
177)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 高度血管侵襲陽性肝細胞癌に対する治療戦略, --- 肝切除とINF+FP療法 ---, 第66回日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
178)栗田 信浩, 岩田 貴, 小笠原 卓, 池本 哲也, 西岡 将規, 島田 光生 : D2郭清を行ったfStageⅢ胃癌症例の検討, 第66回 日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
179)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
180)鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 Quorum Sensing 機構と抗菌薬抵抗性について, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
181)長嶋 比奈美, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 重複障害児への聴性定常反応検査の適応, 第49回日本聴覚医学会, 2004年10月.
182)Takashi Sakai, Li Liu, Yuji Shishido, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Identification of a Novel, Embryonal Carcinoma Cell-Associated Molecule, Nucling, That is Up-regulated during Cardiac Muscle Differentiation, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
183)橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭 : 遊離皮弁移植, 第31回日本マイクロサージャリー学会, 2004年10月.
184)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基, 片山 貴文, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 永峰 勲 : 山間地域の在宅後期高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.51, No.10, 682, 2004年10月.
185)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 多田 敏子, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 地域在宅高齢者の閉じこもり傾向の関連要因の検討, 日本公衆衛生学会誌, Vol.51, No.10, 699, 2004年10月.
186)二宮 雅美, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : KCB-1D(FGF-2)による第Ⅱ相歯周組織再生試験, --- KCB-1Dにより著明な改善が認められたー症例 ---, 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
187)東 智子, 二宮 雅美, 東 秀樹, 永田 俊彦 : エムドゲイン ゲルを用いた歯牙再植術の一症例, 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 164, 2004年10月.
188)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL12産生ならびに機能的解析, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
189)北川 哲也 : 下肢のむくみと胸痛 ーその診かた・考えー, 麻植郡医師会講演会, 2004年10月.
190)三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 口腔癌患者における歯周治療および長期的管理の重要性, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
191)Xichuan Teng, Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Attenuation of MPTP-induced neurotoxicity and motor dysfunction in Nucling deficient mice, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
192)Li Liu, Takashi Sakai, Nobuya Sano, Xichuan Teng and Kiyoshi Fukui : Nuclig Mediates apoptosis by inhibiting expression of galectin-3 through interfence with NF-B signaling, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
193)Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Kazunori Toida, Yuji Shishido and Kiyoshi Fukui : Nucling is important for the upregulation of Apaf-1/procaspase-9cytochrome c apoptosome following cellular stress in vivo, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
194)黒部 裕嗣, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 速水 朋彦, 増田 裕, 北川 哲也 : 乳児期VSD,PAの治療戦略, 第57回日本胸部外科学会総会, 2004年10月.
195)黒部 裕嗣, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 速水 朋彦, 増田 裕, 北川 哲也 : 乳児期VSD, PAの治療戦略, 第57回日本胸部外科学会総会, 2004年10月.
196)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるドナー選択の問題点と対策, 第8回日本肝臓学会DDW2004パネルディスカッション, 2004年10月.
197)武市 美香, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 剣道難聴症例の臨床的検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
198)東 貴弘, 戸田 直紀, 武市 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
199)今井 貴夫, 伊東 真人, 松永 喬, 武田 憲昭, 和泉 憲政, 細川 清人, 久保 武 : 同一例で,外側半規管型,後半規管型を合併した良性発作性頭位めまい症症例の検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
200)杉原 治美, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也 : 看護相談における患者ニーズの明確化から問題解決過程の分析ーITを活用した看護相談ソフト開発からの考察, 第35回日本看護学会抄録集ー地域看護ー, 56, 2004年10月.
201)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人のosteoprotegerin(OPG)とフリーおよびOPG結合型可溶性RANKLの血中動態に関する検討, 第19回日本更年期医学会学術集会, 2004年10月.
202)二宮 恒夫, 谷 洋江 : 子育て支援者による虐待(施設内虐待)と対応の問題, 第51回 日本小児保健学会, 2004年10月.
203)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : pP4-42 pN2肺癌切除例の予後因子の検討, 第45回 日本肺癌学会総会, 481, 2004年10月.
204)沼田 周助, 加藤 温, 笠原 敏彦, 大森 哲郎 : うつ病の再発として経過観察された原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 第45回中国・四国精神神経学会, 2004年10月.
205)瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 和田 智恵, 福本 善和, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の病態と治療, 第20回日本歯科医学会総会, Vol.57, No.4, 99, 2004年10月.
206)西野 瑞穗, Nurhaerani, 清水 謙, 有田 憲司 : 口腔内装置表面へのプラズマイオン注入による歯垢付着抑制, 第20回 日本歯科医学会総会, 2004年10月.
207)坂本 治美, 真杉 幸江, 横山 希実, 吉岡 昌美 : 徳島大学病院・歯科における「歯周病レポート」の活用, --- 入力マニュアルの作成 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 587, 2004年10月.
208)北川 哲也 : 最近の小児心臓手術と術後の注意点, 徳島心臓病の子供を守る会講演会, 2004年10月.
209)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 徳島県K村における児童生徒のう蝕罹患状況─10年間のフッ化物洗口の効果と今後の課題─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 589, 2004年10月.
210)笈田 将皇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 尾﨑 享祐, 八木 浩史, 西谷 弘 : Quality control of a new CT on rail (CT-Linac) system using a micro-Multi Leaf Collimator (mMLC) unit, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 142, 2004年11月.
211)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬物調査(1)雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
212)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
213)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 伊東 進 : 肺静脈電気的隔離術におけるPhased-array心腔内エコー (ICE) の役割, 第14回日本超音波医学会四国地方会, 2004年11月.
214)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 河野 智仁, 山口 浩司, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : G-CSF の心筋への効果:アドリアマイシン心筋症ラットにおける検討, 第91回日本内科学会四国地方会, 2004年11月.
215)山田 博胤, 田畑 智継, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 拡大不全心における左房リザーバー機能の定量的評価:組織ストレインイメージングを用いた検討, 第85回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2004年11月.
216)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析, 第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月.
217)山野 雅弘, 松本 和也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 上顎体の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
218)柏木 圭介, 橋本 一郎, 佐川 多恵子, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
219)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, 第15回婦人科骨粗鬆症研究会, 2004年11月.
220)田畑 麻美, 川添 和義, 高石 喜久 : イソマツの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 30, 2004年11月.
221)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎 : 中国南部の少数民族薬調査(1) 雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 39, 2004年11月.
222)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 近藤 裕子 : 脳神経疾患患者における代替療法(指圧·マッサージ)の効果の文献的検討, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.27, No.1, 71, 2004年11月.
223)辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 : 骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例, 第63回日本矯正歯科学会大会, 302, 2004年11月.
224)井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討, 第63回日本矯正歯科学会大会 学術展示, 247, 2004年11月.
225)菅 俊行, 川﨑 有希子, 松尾 敬志, 石川 邦夫, 恵比須 繁之 : フッ化ジアミンシリケートの象牙細管封鎖効果の持続性およびアパタイト誘導能の評価, 日本歯科保存学雑誌, Vol.47, 100, 2004年11月.
226)二宮 雅美, 永田 俊彦 : エナメル基質タンパクの自家歯牙移植への応用, 日本歯科保存学会2004年度秋季学会(第121回), Vol.47, 228, 2004年11月.
227)武田 憲昭 : めまいの薬物療法, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
228)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- Glucosyltransferase関連遺伝子とグルカン合成量の関係 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
229)藤坂 菊美, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- 変異株を用いて培養した象牙質板の形態学的観察 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
230)上枝 仁美, 関根 和教, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : メニエール病の長期の聴力変化, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
231)西池 季隆, 北原 糺, 武田 憲昭, 坂田 義治 : 周期性眼振を認めた歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症の1例, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
232)北原 糺, 堀井 新, 近藤 千雅, 西池 季隆, 奥村 新一, 武田 憲昭, 久保 武 : めまいを伴う突発性難聴および前庭神経炎の前庭代償, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
233)和田 佳郎, 和田 隆広, 塚本 一義, 武田 憲昭 : 弓道選手における視覚外乱への適応過程, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
234)今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 松永 喬, 細川 清人, 久保 武 : 外側半規管型良性発作性頭位めまい症における頭位変換眼振の経時的変化, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
235)関根 和教, 今井 貴夫, 佐藤 豪, 伊東 真人, 武田 憲昭 : 後半規管型BPPV及び外側半規管型BPPVの自然経過と耳石置換法の治療効果, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
236)佐藤 豪, 関根 和教, 今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭 : 水平半規管型BPPV及び後半規管型BPPVの眼振の性状と治療経過, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
237)大山 晴三, 西池 季隆, 今井 貴夫, 渡邊 洋, 松岡 克典, 久保 武, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 身体偏倚を引き起こすVR(VirtualReality)空間における歩行軌跡と眼球運動, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
238)生島 仁史, 尾崎 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 2004年11月.
239)生島 仁史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 115, 2004年11月.
240)笈田 将皇, 生島 仁史, 富永 正英, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘, 渡辺 良晴 : マイクロMLC搭載自走式CTリニアック装置のQA/QC, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 142, 2004年11月.
241)能瀬 高明, 森川 富昭, 折田 憲始, 矢野 米雄, 森口 博基 : 生徒評価のための学習管理を行うe-learningシステムの構築と評価, 医療情報学24回連合大会論文集, 1024-1025, 2004年11月.
242)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
243)折田 憲始, 森川 富昭, 能瀬 高明, 矢野 米雄, 森口 博基 : 医療従事者に対する論文検索支援および共同研究支援, 医療情報学24回連合大会論文集, 1026-1027, 2004年11月.
244)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 診断群分類別の看護業務量評価の試み, 医療情報学24回連合大会論文集, 946-947, 2004年11月.
245)田木 真和, 森口 博基, 森川 富昭, 宮川 操 : インシデントレポートの集計・分析システムの構築, 医療情報学24回連合大会論文集, 654-655, 2004年11月.
246)桑原 章, 森川 富昭, 苛原 稔, 森口 博基 : 生殖補助医療(ART)に対する多施設間情報共有システムの開発, 医療情報学24回連合大会論文集, 598-599, 2004年11月.
247)森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文, 能瀬 高明 : 知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発(第2報), 医療情報学24回連合大会論文集, 504-505, 2004年11月.
248)柏木 圭介, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香, 杉本 香 : うっ血の改善にアルプロススタジルが有効であった前頭筋皮下茎皮弁の1例, 第12回四国MMC研究会, 2004年11月.
249)武田 英二 : 栄養・食生活と生活習慣病, 学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年11月.
250)阿部 洋子, 原田 桂子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 上顎正中部に複数の過剰歯と低石灰様胚を有する兄弟例, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
251)清水 謙, 有田 憲司, 西川 聡美, 木村 奈津子, 西野 瑞穗 : 上顎小臼歯部に認められた含歯性囊胞の一例, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
252)尼寺 理恵, 阿部 洋子, 福留 麗実, 西川 聡美, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第4報 健診回数からみたう蝕罹状況について ---, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
253)栗田 信浩, 岩田 貴, 新居 章, 池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 胃癌に対する鏡視下手術の経験, 第17回日本内視鏡外科学会総会, 2004年11月.
254)西岡 安彦, Wang Wei, 尾崎 修治, 松本 俊夫, 曽根 三郎 : 肺癌におけるHM1.24抗原発現と抗HM1.24抗体による抗体療法の可能性, 第17回日本バイオセラピィ学会ワークショップ3抗体療法と臨床応用, 2004年11月.
255)速水 朋彦, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : 15年後の静脈グラフト不全による狭心症に対し,re-do CABG を施工した一例, 第85回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2004年11月.
256)福井 誠, 増田 かなめ, 玉谷 香奈子, 本那 智昭, 日野出 大輔 : Relationship between periodontal conditions and sIgA directed to microbial GroEL., Journal of Dental Research, 2004年11月.
257)Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Nozomi Yokoyama, Masami Yoshioka and Daisuke Hinode : Smoking and osseointegrated implant failure: a meta-analysis, 52nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Nov. 2004.
258)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 335-336, 2004年11月.
259)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 339-340, 2004年11月.
260)市原 多香子, 片岡 健, 田村 綾子, 宮腰 由紀子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 超音波検査法による大腿部前面筋組織厚測定の信頼性検討, 第24回 日本看護科学学会学術集会, 388, 2004年12月.
261)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 移植医からみたHCV陽性レシピエントの対応, 伊豆肝臓カンファレンス2004, 2004年12月.
262)五石 圭一, 水野 広一, 中西 秀樹, 佐々木 卓也 : 抗原刺激によるrat basophilic leukemia-2H3細胞からのヒスタミン遊離におけるRab27低分子量G蛋白質の役割, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
263)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症患者の主観的及び客観的QOLと家族による生活技能評価との関連の検討, 第37回精神神経系薬物治療研究報告会, 2004年12月.
264)端山 昌樹, 奥村 裕司, 高橋 悦久, 藤内 美恵子, 武田 憲昭, 田村 学, 久保 武, 木戸 博 : 新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の気道線毛細胞での選択的局在はFoxJ1によって転写制御されている, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
265)黒部 裕嗣, 上野 智雄, 斉藤 ふみ, 劉 村蘭, 北川 哲也, 高浜 洋介 : 成体胸腺の皮質は正の選択をうけたTリンパ球を循環に放出できる, 第34回日本免疫学会総会, 2004年12月.
266)弘田 克彦, 菊池 賢, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 脳腫瘍以来のS.intermedius ILY高産生株に対するカルバベネム系抗菌薬感受性に関する検討, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
267)鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
268)森口 博基 : 医療費の削減と予防について, 第2回日本予防医学会, 2004年12月.
269)長嶋 比奈美, 武田 憲昭, 若尾 佳代, 留守 幸, 宇高 二良 : 吃音児に対する言語聴覚療法の現況と課題, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
270)武市 美香, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 剣道難聴症例の臨床的検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
271)佐藤 孝宣, 阿部 律子, 川田 育二, 武田 憲昭 : 突発性難聴に対するステロイド療法で治癒に至らなかった症例の2次治療に関する検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
272)近藤 英司, 武田 憲昭, 中上 亜紀, 高石 司, 川田 育二, 植村 哲也, 阿部 律子 : 突発性難聴に対するリポPGE1の有効性と治療前後のPWV評価, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
273)小野 晃代, 関根 和教, 佐藤 豪, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : エアーカロリック検査の刺激条件の検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
274)北村 嘉章, 近藤 英司, 宮崎 かつし, 田村 公一, 武田 憲昭 : 蝶形骨洞病変に対するナビゲーションサージェリー, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
275)由良 いづみ, 中川 伸一, 田村 公一, 武田 憲昭, 久野 恵美 : 重症心身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の経験, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
276)中川 英幸, 田村 公一, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 副咽頭間隙腫瘍摘出後のFirst bite syndromeの2症例, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
277)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
278)橋本 一郎, 五石 圭一, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : Serratus anterior fascial flapにより再建を行ったHeat pressinjury の1例, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
279)米田 武史, 秋田 浩二, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 12年間の当科における熱傷瘢痕癌症例の検討, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
280)二宮 恒夫 : 窓口の一本化により機能的連携をめざす病院内虐待対策, 第10回 日本子ども虐待防止研究会, 2004年12月.
281)上野 淳二, 村瀬 知也, 米田 和英, 西谷 弘 : 当院におけるフィルムレスPACS半年間の使用経験, 2004年12月.
282)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, CADM合同論文集, 321-322, 2004年12月.
283)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, CADM合同論文集, 323-324, 2004年12月.
284)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾崎 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第103回日本医学放射線学会中国·四国地方会(高知), 2004年12月.
285)林 しの, 内藤 毅, 吉田 慎一, 賀島 誠, 塩田 洋 : 徳島大学病院眼科における光線力学療法の近況, 第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
286)藤本 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 : 慢性閉塞隅角緑内障に対するPEA+IOLとLIの比較検討∼短期経過∼, 第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
287)武田 英二 : 栄養・食生活と生活習慣病, 学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年12月.
288)武田 英二 : 「栄養アセスメント」「栄養補給法」, 日本栄養新報社 講演, 2004年12月.
289)新井 英一 : 見直してみませんか?自分の食生活, 糖尿病大学 講演, 2004年12月.
290)吉岡 昌美 : NSTと口腔ケア, 日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.4, 310, 2005年.
291)端山 昌樹, 奥村 裕司, 田村 学, 田村 潤子, 織名 崇, 武田 憲昭, 木戸 博, 久保 武 : 線毛上皮細胞より見出された新規膜結合セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第23回日本耳鼻咽喉科免疫アレルキ ー学会, 2005年.
292)大石 美佳 : チュートリアル授業における医療面接課題, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年.
293)田中 克哉, DC Warltier : Mechanism of Anesthetic Preconditioning: A Role of Reactive Oxygen Species., 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25, No.2, 206-212, 2005年.
294)浜田 大輔, 高田 洋一郎, 宮武 克年, 江川 洋史, 中野 俊次, 森谷 眞紀, 四宮 文男, 井上 寛, 安井 夏生, 板倉 光夫 : 関節リウマチ疾患感受性候補遺伝子SEC8L1の同定, 第49回日本リウマチ学会学術集会, 2005年.
295)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 長山 勝, 北村 清一郎 : 癌細胞の特性赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回(社)日本口腔外科学会総会大阪国際会議場,2005., 2005年.
296)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である, 第42回日本臨床分子医学会学術総会, 78, 2005年.
297)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 村瀬 知也, 王 億, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 頬粘膜癌の治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
298)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 池山 鎮夫, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 上顎炎症性偽腫瘍の放射線治療経験と治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
299)奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
300)山本 浩範, 木村 宏子, 辻 光義, 石黒 真理子, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 宮本 賢一, 白神 俊幸, 田中 裕子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : 腸管ペプチド輸送担体(PepT1)を分子標的とした新たな栄養補給法の開発, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
301)松尾 薫, 新井 英一, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 佐久間 理英, 水野 昭, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(Inslow)の長期投与による内臓脂肪蓄積に対する予防効果, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
302)武田 英二 : 糖尿病の予防・治療と生活習慣, 第8回日本病態栄養学会ランチョンセミナー 講演, 2005年1月.
303)武田 英二 : 消化器疾患と栄養管理, 日本栄養新報社 講演, 2005年1月.
304)髙橋 章, 中野 政之, 中屋 豊 : 腸管内細菌感染による腸管上皮細胞のクロライド分泌変化, 第1回日本消化管学会, 2005年1月.
305)中西 秀樹 : 特別講演「皮弁による再建法の進歩と適応」, 第3回高知県形成外科医会, 2005年1月.
306)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 133-137, 2005年1月.
307)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 127-131, 2005年1月.
308)鈴木 秀宣, 竹市 正彦, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘 : 大容量の画像取得と画像管理に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 169-172, 2005年1月.
309)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 25-29, 2005年1月.
310)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 43-47, 2005年1月.
311)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 河田 佳樹, 仁木 登, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT Colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 87-90, 2005年1月.
312)安井 夏生 : 4.後期研修をどう考えるべきか?整形外科からみて, M6卒後研修のためのセミナー (徳島大学青藍講堂), 2005年1月.
313)杉原 治美, 薮本 みどり, 原野 厚志, 田村 公恵, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 鈴木 元子, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 永峰 勲 : ITを活用した看護相談ソフト開発による相談活動の意義, 第230回徳島医学会, 2005年2月.
314)新井 英一, 佐久間 理英, 須浪 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(インスロー)の脂肪燃焼促進効果, 日本静脈経腸栄養学会, Vol.20, 2005年2月.
315)武田 英二 : 「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年2月.
316)大村 直幹, 本釜 聖子, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 機能水の歯科補綴領域への応用, 日本口腔機能水学会誌, Vol.6, No.1, 24-25, 2005年2月.
317)安井 夏生 : 関節近傍の創外固定, 第24回瑞穂卒後研修セミナー(名古屋市), 2005年2月.
318)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教 : 良性発作性頭位めまい症における眼振の性状と治癒期間, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成16年度報告会, 2005年2月.
319)武田 憲昭, 関根 和教, 上枝 仁美, 佐藤 豪 : メニエール病の難聴の長期予後, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成16年度報告会, 2005年2月.
320)来島 敦史, 速水 朋彦, 黒部 裕嗣, 濱本 貴子, 市川 洋一, 神原 保, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 右心室尖部切開による乳児期apical muscular VSDsの閉鎖, 第19回日本小児循環器学会近畿・中国四国地方会, 2005年2月.
321)田村 公一, 武田 憲昭, 中川 伸一, 久野 恵美 : 重症身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の効果, 第230回徳島医学会, 2005年2月.
322)田村 公一, 由良 いづみ, 中川 伸一, 久野 恵美 : 重症身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の効果, 第230回徳島医学会学術集会, 2005年2月.
323)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 77-78, 2005年2月.
324)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 79-80, 2005年2月.
325)安井 夏生 : 創外固定の歩み-現在,過去,未来-, 第3回大阪セミナー 創外固定の基本と応用-外傷そして変形矯正- (大阪市), 2005年2月.
326)佐川 多恵子, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香 : Calcifying aponeurotic fibroma (juvenile aponouroticfibroma)の1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
327)柏木 圭介, 神田 郁乃, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 耳下腺浅葉に発生したIntraductal papillary adenocarcinomaの1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
328)北市 隆, 増田 裕, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 元木 達夫, 浦田 将久, 深田 義夫, 北川 哲也 : 成人期ファロー四徴症根治手術症例の長期遠隔期におけるQOL評価, 第34回日本心臓血管外科学会学術総会, 2005年2月.
329)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 藤本 鋭貴, 金村 賦之, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫 : 肺高血圧症を伴う乳児期心室中隔欠損症におけるミルリノンの有用性, 第34回日本心臓血管外科学会学術総会, 2005年2月.
330)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 徳島県臨床整形外科医会学術講演会 (徳島市), 2005年2月.
331)新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 : 白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
332)村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 : 高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
333)武田 英二 : 「腎疾患と栄養管理」「血液疾患と栄養管理」「感染・免疫・アレルギー疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年3月.
334)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 児玉 まどか, 村田 有希, 北村 嘉章, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 : アレルギー治療薬のヒスタミンH1受容体mRNA上昇及びヒスチジン脱炭酸酵素mRNA上昇に対する影響, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
335)Hirotsugu Yamada, T Mazgalev, JD Thomas, Tomotsugu Tabata, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of AV Nodal Vagal Stimulation on Left Ventricular Function in Chronic Atrial Fibrillation Canine Model., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
336)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Baba, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative Assessment of Left Ventricular Torsion by Two-dimensional Echocardiographic Automated Tissue Tracking Techinique., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
337)H Tanaka, T Oki, Y Mizuguchi, Y Oishi, S Emi, T Ishimoto, N Nagase, Hirotsugu Yamada and Tomotsugu Tabata : Radial Deterioration of the Myocardial Contractility by High Dose Dobutamine Stress Precisely Evaluated by Tissue Strain Imaging., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
338)Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Current Density Map at Ventricular Repolarization Phase in Myocardial Infarction., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
339)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Atherosclerosis Suppression Effect of Estrogen: Is the Chronic Liver Disease Atherogenic?, 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
340)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Effect of Carvedilol on Autonomic Nerves Function and Oxidative Stress in the Essential Hypertensive Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
341)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Dose Obstructive Sleep Apnea Syndrome (OSAS) Cause the Myocardial Injury? Examination by 99mTc-MIBI Scintigraphy., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation sciety, Mar. 2005.
342)T Watanabe, Masahiro Nomura, E Kimura, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Antioxydative Effect and Atrial Electrophysiological Improvement by Candesartan in Hypertensive Patients., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
343)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto : Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
344)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
345)山野 雅弘, 五石 圭一, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : レックリングハウゼン氏病に対する吸収性メッシュの使用経験, 第10回形成外科内視鏡・手術手技研究会, 2005年3月.
346)中西 秀樹 : ランチョンセミナー・特別講演「褥瘡の保存的治療の基本を知ろう」, 第5回日本褥瘡学会中国四国地方会, 2005年3月.
347)川淵 崇, 合田 正和, 堀 洋二, 田村 公一 : 急性喉頭炎から喉頭蓋谷に穿孔をきたした一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
348)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてEDG-PETが有用であった2症例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
349)遠藤 亜紀, 松田 和徳, 中川 英幸, 田村 公一, 武田 憲昭, 幸田 純治, 武田 直也 : 両側反回神経麻痺に対してEjnell法を行った一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
350)北村 嘉章, 中川 英幸, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 : 味覚性鼻漏の一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
351)長嶋 比奈美, 近藤 英司, 武田 憲昭, 中村 和己, 宇高 二良 : 人工内耳手術を施行した小児4症例の経過について, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
352)高橋 美香, 武田 憲昭, 中村 克彦 : 顔面神経麻痺後遺症に対するボツリヌス治療の効果, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
353)宮崎 かつし, 佐藤 豪, 田村 公一, 武田 憲昭 : 原発性上咽頭結核症例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
354)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
355)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例, 第62日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
356)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
357)日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔 : 徳島大学病院における妊婦に対する医薬品使用状況調査, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
358)川添 和義, 高石 喜久, 村上 光太郎, 岡坂 衛, Hao Xiaojiang, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬調査(2) 雲南省西部の薬物, 日本薬学会第125年会, 128, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relation between insulin resistance and 123I-BMIPP myocardial scintigraphy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
2)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki and Susumu Ito : Detection of electrical conduction velocity using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
3)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Evaluation of coronary microvascular disorder using 99mTc-MIBI myocardial SPECT, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
4)K Uehara, Masahiro Nomura, T Nakayama, M Yukinaka, Y Ozaki, S Morishita, H Ikefuji, H Fujinaka, M Kimura, K Tikamori, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Clinical significance of high sensitivity CRP as risk factor for LV remodeling in patients with acute myocardial infarction treated by reperfusion therapy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
5)河野 奈緒, 岡本 博司, 野村 昌弘, 内田 訓久, 岩村 伸一, 伊東 進 : クローン病の胃運動機能:胃電図法を用いた検討, 第6回日本国際消化管運動研究会, 2004年4月.
6)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑥, 広報いしい 第126号, 2004年4月.
7)武田 憲昭 : 良性発作性頭位めまい症の病態と治療, 第2回山梨めまい・難聴・耳鳴り研究会 学術集会, 2004年4月.
8)川添 和義 : 生薬の利用と資源確保, 第6回徳島保全生物学研究会・シンポジウム, 2004年4月.
9)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : グリメピリドの炎症性サイトカインにおよぼす影響と抗動脈硬化作用について 脈波伝播速度(baPWV)とaugmentation index (AI) を用いた検討, 第4回臨床脈波研究会, 2004年5月.
10)澤田 幸, 木村 好孝, 居和 城宏, 山本 隆, 日比野 真吾, 佐藤 敬, 澤田 誠三, 野村 昌弘, 伊東 進 : 胃電図法による咀嚼·嚥下の胃蠕動運動に及ぼす検討, 第29回老年消化器病研究会, 2004年6月.
11)野村 昌弘, 野田 佳子, 上村 英子, 伊東 進 : 高齢者肝硬変例における脈波伝播速度と頚動脈エコーとの検討, 第46回日本老年医学会学術集会, 2004年6月.
12)武田 憲昭 : めまいの治療:EBMの観点から, 第28回山形県耳鼻咽喉科疾患研究会, 2004年6月.
13)伊東 進, 清水 一郎, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 消化器内視鏡, Vol.16, No.7, 1204-1205, 2004年7月.
14)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑦, 広報いしい 第127号, 2004年7月.
15)尼寺 理恵 : 「歯科検診,カリオスタット検査,予防教育」, 石井町平成16年度パパママ講座, 2004年7月.
16)来島 敦史, 増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 北川 哲也 : 当科における血管内異物症例の検討, 第30回徳島心・血管造営研究会, 2004年7月.
17)山本 浩範, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 武田 英二 : 不動に伴うビタミンD依存性腸管カルシウム吸収低下機構の解明, 脂溶性ビタミン総合研究委員会, Vol.304, 2004年7月.
18)佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動応答性腸管カルシウム吸収低下機序の解明, 中国・四国骨代謝研究会, Vol.14, 2004年7月.
19)新田 佳伯, 岡久 稔也, 芥川 正武, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, 西村 匡司, 伊東 進 : BPNNを用いた血液浄化施行時のヘマトクリット値の予測, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 37-40, 2004年7月.
20)内上 裕介, 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす変動強磁界曝露の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 53-56, 2004年7月.
21)有田 憲司 : 子供の歯のケガについて, 八尾市歯科医師会 「子供の歯のケガについて」学術講演, 2004年7月.
22)西岡 安彦, 青野 純典, 稲山 真美, 鵜飼 桃代, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおける分子標的治療薬Gleevecの抗線維化効果の検討, RMCB研究会, Vol.24, 2004年7月.
23)北村 嘉章, 三好 勝洋, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体発現に対するステロイドの効果, 第5回中四国耳鼻咽喉科アレルギー疾患研究会, 2004年7月.
24)Norifumi Harimoto, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shinji Tanaka, Akinobu Taketomi, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Shinji Itoh, Dai Kitagawa, Hiroshi Honda and Yoshihiko Maehara : Images of interest. Hepatobiliary and pancreatic: peritoneal dissemination mimicking liver metastases, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.19, No.8, 938, Aug. 2004.
25)武田 憲昭 : 乗り物酔いと宇宙酔い, 阿南市学校保健会, 2004年8月.
26)稲山 真美, 西岡 安彦, 鵜飼 桃代, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 谷 憲治, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるNF-κB阻害剤IMD-0354の抗線維化効果, 間質性肺炎細胞分子病態研究会 シンポジウム「間質性肺炎に対する新たな治療法」, Vol.7, 2004年8月.
27)梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 : 副甲状腺ホルモン(PTH)によるナトリウム依存症リン酸トランスポーター(NAPi-IIa)のエンドサイトーシス調整機構, 徳島医学会学術集会, Vol.229, 2004年8月.
28)野村 昌弘, 山口 浩司, 渡部 智紀, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : Ca拮抗薬アゼルニジピンの酸化ストレス抑制効果の臨床的検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
29)渡部 智紀, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肥満と食後熱産生,インスリン抵抗性および交感神経活性との関連, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
30)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 心筋梗塞モデルラットにおけるG-CSFの心筋再生効果についての検討:梗塞血管の開存は必要か?, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
31)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた4次元表示法による左室収縮能および拡張能評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
32)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 平均加算化心電図法および123I-BMIPP心筋シンチグラフィによるC型肝炎ウイルスによる心筋障害の検出, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
33)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 閉塞性睡眠時無呼吸における高感度CRP,血管接着因子および炎症性サイトカインの関連性およびアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬における影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
34)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : アミオダロンにて持続性心室頻拍をコントロールできた一例:平均加算化心電図によるresponderの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
35)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : トータル·ヘルス·プロモーション·プランにおける運動療法とホモシステインとの関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
36)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた冠動脈プラークの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
37)河野 智仁, 野村 昌弘, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 本態性高血圧症におけるカンデサルタンの左室拡張機能,心筋線維化および脈波伝播速度におよぼす影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
38)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : ロサルタンの発作性心房細動抑制効果について P波同期加算平均心電図を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
39)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肝硬変症と動脈硬化との関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
40)若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 西角 彰良, 木村 恵理子, 田中 英治, 田畑 智継, 野村 昌弘 : アトルバスタチンの冠動脈石灰化病変に対する作用の検討 -冠動脈内温度変化の観点から-, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
41)野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 河野 智仁, 西角 彰良 : 心磁図法を用いた本態性高血圧症における心室再分極異常の早期診断, 第21回日本心電学会学術集会, 2004年9月.
42)Eiji Takeda : Effects of a novel palatinose based liquid formula with low glycemic index (Inslow) on gene expression in rats Vahouny _ ILSI Japan, 難消化性糖質国際シンポジウム, Sep. 2004.
43)増田 裕, 黒部 裕嗣, 神原 保, 北市 隆, 加納 正志, 来島 敦史, 北川 哲也, 赤池 雅史, 岩瀬 俊, 原 朋子, 阿部 正博, 松本 俊夫, 滝脇 弘嗣, 山本 忠正, 渡辺 力 : 重症虚血肢に対する自己抹消血単核球細胞移植治療の検討, 第7回徳島臨床脈管疾患研究会, 2004年9月.
44)有田 憲司 : 食べること・しゃべること∼口腔機能の発達・基礎編∼, 平成16年度 市町村歯科保健従事者研修会, 2004年9月.
45)武田 憲昭 : めまい診療のEBM, めまい診療のイノベーション∼EBM時代を迎えて∼, 2004年9月.
46)二宮 恒夫 : 児童虐待の病理, 平成16年度家庭いきいき支援者養成講座(乳幼児期支援者養成コース), 2004年9月.
47)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.319, 33-36, 2004年9月.
48)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑧, 広報いしい 第128号, 2004年10月.
49)二宮 恒夫 : 医療倫理と患者の権利, 徳島県放射線技師会アドバンスドセミナー, 2004年10月.
50)武田 憲昭 : クリニックレベルにおけるめまいの診断と治療, 第1回関西耳鼻咽喉科集団会, 2004年10月.
51)水口 和生, 石澤 啓介 : 適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割, GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.
52)二宮 恒夫 : 乳児の生理的生活,保健と安全管理の方法,自己の応急処置等, 平成16年度 乳児保育担当者研修会, 2004年11月.
53)二宮 恒夫 : 子どものこころの問題, --- 発達支援の視点からの援助 ---, 精神保健講演会, 2004年11月.
54)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSを用いた検討, 第6回OCD研究会, 2004年11月.
55)近藤 英司, 中上 亜紀, 宮崎 かつし, 武田 憲昭, 高石 司, 平賀 智, 川田 育二, 植村 哲也, 阿部 律子 : 突発性難聴に対するリポPGE1の有効性, 第12回四国MMC研究会, 2004年11月.
56)武田 英二 : ストレス制御と機能性食品の開発, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部設立記念シンポジウム-COE拠点形成のさらなる発展をめざして-, 2004年11月.
57)二宮 雅美 : 自家歯牙移植の理論と術式, --- 歯周組織再生誘導材料の自家歯牙移植への応用 ---, 第14回薫風会臨床セミナー, 2004年11月.
58)有田 憲司 : 食べること・しゃべること∼口腔機能の発達・応用編∼, 平成16年度 市町村歯科保健従事者研修会, 2004年11月.
59)水口 和生, 石澤 啓介 : Interview 薬剤業務の周辺, カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
60)二宮 恒夫 : 思春期ってむずかしい?, --- 子と親のこころ診療室 ---, 子育てネットワークえひめパワーアップセミナー, 2004年12月.
61)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのprotonMRSを用いた検討, 厚生労働省 精神神経疾患研究委託費 精神疾患における脳の画像解析学的研究, 2004年12月.
62)二宮 恒夫 : 児童虐待の病理, 平成16年度家庭いきいき支援者養成講座(児童期支援者養成コース), 2004年12月.
63)金山 博臣, 篠原 信雄 : 初診時から遠隔転移を有する進行性腎癌において,原発巣切除は優先されるべきか?, Japanese Society of Renal Cancer, Vol.23, No.8, 107-118, 2005年.
64)池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 八和田 裕子, 寺嶋 吉保, 生島 仁史, 島田 光生 : 術前放射線化学療法が著効した下部進行直腸癌の1例, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 95-97, 2005年.
65)端山 昌樹, 奥村 裕司, 木戸 博, 田村 学, 久保 武, 武田 憲昭 : 線毛上皮細胞より見出された新規膜結合セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第6回中四国耳鼻咽喉科アレルギー研究会, 2005年.
66)伊東 進, 本田 浩仁, 清水 一郎, 福野 天, 三宮 勝隆, 大塩 敦朗, 浦田 真理, 板垣 達三, Xinliang Cheng : 肝星細胞のおける酸化ストレスを介したTGF-β発想に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 医学と薬学, Vol.53, No.1, 96-98, 2005年1月.
67)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑨, 広報いしい 第129号, 2005年1月.
68)二宮 恒夫 : 保育士との連携による虐待防止について, 徳島市医師会園医会講演会, 2005年1月.
69)武田 憲昭 : 花粉症治療の最前線, 板野郡医師会学術講演会, 2005年1月.
70)有田 憲司 : 小児における新しい外傷歯の処置法, 愛媛県西予地区歯科医師会学術講演, 2005年1月.
71)武田 英二 : ヒトによる食品の糖尿病リスク低減機能評価, 食品の安全性および機能性に関する総合研究推進会議・評議会, 2005年2月.
72)稲山 真美, 西岡 安彦, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるIKKβ阻害剤IMD-0354の抗線維化効果の検討, ALI研究会, Vol.9, 2005年2月.
73)上村 浩一 : 女性のためのがん予防講座 『乳癌』, 平成16年度日本産科婦人科学会 市民公開講座, 2005年3月.
74)増田 裕 : 提案試験 抗血小板薬が投与された慢性動脈閉塞症患者のQOLに関する研究, 第9回東四国血管疾患研究会, 2005年3月.
75)武田 英二 : 経腸栄養剤の素材と生体機能調節, メディカルレビュー社栄養評価と治療座談会, 2005年3月.
76)武田 英二 : 消化管を標的とした機能性食品の開発, 第12回栄養とくしま 講演会「腸管の分子栄養学」∼長寿・宇宙食の開発から未来の食品素材探索まで∼, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)多田 敏子, 寺嶋 吉保, 橋本 文子, 松下 恭子 : 告知を受けた大腸がん患者のQOLの縦断的研究, 科学研究費補助金報告書, 1-23, 徳島市, 2004年4月.
2)Ayaka Kobayashi, Masahiro Nomura, Yuko Tomokane, Takashi Kawaguchi, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : A Patient with sustained ventricular tachycardia:identification of a responder to aminodarone using signal-averaged electrocardiogram, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 247-253, Aug. 2004.
3)曽根 三郎 : 肺がんの転移・血管新生分子を標的とした生物学的治療法開発, 文部科学省特定領域研究「がん」平成16年度研究報告収録, 191, 2005年.
4)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度研究報告書, 600-603, 2005年.
5)曽根 三郎 : 突発性肺線維症に対するグリベック療法, 厚生省特定疾患 突発性間質肺炎の画期的治療法による臨床研究報告書, 36-37, 2005年.
6)西岡 安彦, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレイオマイシン誘発肺線維症モデルにおける分子標的治療薬Imatinib(Gleevec)の抗線維化効果, 厚生省特定疾患 特発性間質性肺炎の画期的治療法による臨床研究報告書, 32-35, 2005年.
7)武田 英二 : 臨床栄養管理に対する基礎的および実践的研究, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.58, No.1, 23-28, 2005年.
8)Seisuke Okamura, Koji Tsujigami, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Shingo Wakatsuki, Toshiaki Sano, Atsushi Umemoto and Yoshihito Urakami : Jejunal extramedullary plasmacytoma, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, Vol.61, No.1, 107-108, Jan. 2005.
9)葉久 真理, 森本 忠興, 竹内 美惠子 : 産褥期の乳汁分泌に関与する乳腺構造分析と母乳哺育継続要因に関する研究, 平成15∼16年度科学研究費補助金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書, 1-58, 2005年3月.
10)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 井上 典子, 徳永 有美, 石川 輝明, 北村 万里子 : 歯科用金属アレルギー患者における口腔内金属の起電力とアレルギー症状の検討, 平成15∼16年度 科学研究費補助金(研究基盤(C)(2))研究成果報告書, Vol.15592052, 2005年3月.
11)尾崎 和美 : 齲蝕象牙質の細管侵入細菌におけるスクロース代謝の動的解析, 平成15年度∼平成16年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2005年3月.
12)尾崎 和美, 松尾 敬志 : 電顕用樹脂埋試料から抽出した細菌の16SrDNAを利用した象牙齲蝕病巣深部の細菌の同定, カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 15-27, 2005年3月.
13)尾崎 和美, 松尾 敬志 : PCR Amplificcation of Target DNA Extracted From Bacterial Cells Embedded in Plastic Material for Electron Microscopy, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 29-49, 2005年3月.
14)尾崎 和美, 松尾 敬志 : Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 51-58, 2005年3月.
15)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度報告書, 170-174, 2005年3月.
16)銭 志栄, 中園 雅彦, 佐野 壽昭, 廣川 満良, 工藤 英治, 岩田 貴, 島田 光生 : 胃癌におけるphospho-signal transducer及び転写因子3(Tyr705)活性化物質の分析, 日本病理学会会誌, Vol.94, No.1, 259, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{78580}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)伊東 進, 岡久 稔也 : 薬剤性腸炎, 株式会社 中山書店, 2005年4月.
2)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, Kosaku Fukuhara, Kazuya Matsumoto and Seiji Arase : Three cases of Bowen's disease on the lower abdomen associated with high-risk types 16, 33, and 59 of human papillomavirus, Elsevier Science, Apr. 2005.
3)Norifumi Harimoto, Akinobu Taketomi, Dai Kitagawa, Yousuke Kuroda, Shinji Itoh, Tomonobu Gion, Shinji Tanaka, Ken Shirabe, Mitsuo Shimada and Yoshihiko Maehara : The newly established human hepatocyte cell line: application for the bioartificial liver, European Association for the Study of the Liver, Apr. 2005.
4)Akihiro Nishie, Kengo Yoshimitsu, Yoshiki Asayama, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Tsuyoshi Tajima, Kenji Shinozaki, Tomohiro Nakayama, Daisuke Kakihara, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Kisaku Yoshida and Hiroshi Honda : Detection of combined hepatocellular and cholangiocarcinomas on enhanced CT: comparison with histologic findings, American Roentgen Ray Society, Apr. 2005.
5)中屋 豊 : 認定病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, --- 第1章 3 栄養サポートチーム(NST)の意義とこれからの課題 ---, メディカルレビュー社, 東京, 2005年4月.
6)塩田 洋, 林 しの : 研修医のための感染症クリニカルガイダンス, ヴァン メディカル, 東京, 2005年4月.
7)安井 敏之 : 栄養科学シリーズ NEXT 臨床栄養管理学各論, --- 女性,子ども,高齢者の病気 ---, 講談社サイエンティフィク, 東京, 2005年4月.
8)武田 英二 : 第4回「栄養とエイジング」国際会議ヘルスプロモーションの科学, --- ビタミンD受容体遺伝子多型からみた骨粗鬆症の栄養指導 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年4月.
9)坂東 永一, 竹内 久裕 : 食感創造ハンドブック, --- 咀嚼運動の計測 ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2005年4月.
10)武田 英二 : 改訂版認定病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, --- 病態栄養専門師の役割と責任 ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年4月.
11)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shin-ichiro Maehara, Norifumi Harimoto, Eiji Tsujita, Keizo Sugimachi and Yoshihiko Maehara : A novel intrahepatic arterial chemotherapy after radical resection for advanced hepatocellular carcinoma, May 2005.
12)有田 憲司, 西野 瑞穗, 木村 光孝, 高木 裕三, 香西 克之, 朝田 芳信 : 乳歯列期における外傷歯の診断と治療, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2005年5月.
13)森本 忠興 : 良性乳腺疾患アトラス-乳腺診療の手引き-, --- 症候と診断の進め方 ---, 株式会社 永井書店, 大阪, 2005年5月.
14)西岡 安彦, 兼松 貴則, 曽根 三郎 : これだけは知っておきたい 癌の免疫化学療法, --- 免疫化学療法の目的とその評価法 ---, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2005年5月.
15)金山 博臣, 西谷 真明 : 泌尿器疾患の症状の特徴, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2005年5月.
16)武田 憲昭 : めまい診療のコツと落とし穴, --- 所見のないめまい患者への対応 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年5月.
17)江口 洋, 塩田 洋 : 眼科検査法ハンドブック 第4版, --- XXII. 検体採取法 微生物検査 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
18)塩田 洋, 江口 洋 : 眼科検査法ハンドブック, --- XXII 検体採取法,A.微生物検査,1.表面,前房水 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
19)香美 祥二, 近藤 秀二, 清水 真樹 : 難治性小児腎疾患に対する治療, 先端医療技術研究所, 2005年6月.
20)兼田 康宏, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 松岡 克尚, 宮田 康三, 真野 元四郎 : 精神保健に問題を抱える人への介入の構造化-効果的な実践のために, 西日本法規 出版株式会社, 岡山, 2005年6月.
21)中野 雅德 : よくわかる顎口腔機能, --- アンテリアガイダンス ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
22)中野 雅德 : よくわかる顎口腔機能, --- 咬合に関する治療方針(1) ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
23)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌転移の場としての骨髄, 秀潤社, 東京, 2005年7月.
24)K Nomoto, Takashi Nishizaki, Mitsuo Shimada, S Okano, Ryosuke Minagawa and Keizo Sugimachi : Extended lobectomy for procurement of the left lobe with caudate lobe for living-related liver transplantation, Jul. 2005.
25)武田 憲昭 : 所見のないめまい患者への対応, The Society of Practical Otolaryngology, 2005年7月.
26)谷 憲治 : 内科疾患診療マニュアル, --- 胸膜中皮腫 ---, 株式会社 中外医学社, 東京, 2005年7月.
27)桑村 由美 : ナーシング·グラフィカ⑬ 健康の回復と看護ー脳神経·感覚機能障害, --- 2章 1節 侵襲的治療に伴う看護, 2節 検査に伴う看護,4節 悪化·再発予防のための支援 ---, 株式会社 メディカ出版, 吹田, 2005年7月.
28)重本 修伺 : 顎運動の測りかた, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
29)坂東 永一 : よくわかる顎口腔機能ー咀嚼·嚥下·発音を診査·診断する, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
30)竹内 久裕 : 顎運動の標準データ, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
31)伊東 進 : 下痢·腹痛·発熱患者の落とし穴, --- 発熱39℃,脈拍正常? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年8月.
32)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shin-ichiro Maehara, Eiji Tsujita, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Surgical outcome of patients with hepatocellular carcinoma originating in the caudate lobe, Sep. 2005.
33)森本 忠興, 田中 隆, 広瀬 千恵子, 生島 葉子 : 乳癌検診にすぐに役立つマンモグラム·アトラス 改訂第2版, 株式会社 永井書店, 大阪, 2005年9月.
34)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, D Fukumoto, Kazuya Matsumoto and Seiji Arase : Verrucous carcinoma of the scalp associated with human papillomavirus type 33, Blackwell Publishing Ltd, Oct. 2005.
35)友竹 偉則, 渋谷 恵子, 長尾 大輔, 市川 哲雄 : 臨床への応用 粘膜支持,インプラント維持の症例, 2005年10月.
36)友竹 偉則, Hau Wei, Jianrong Chen, 市川 哲雄 : インプラント支持,インプラント維持の症例, 2005年10月.
37)Yoritoki Tomotake, 渋谷 恵子, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : Clinical applications. Tissue supporting and implant retaining cases., Oct. 2005.
38)Yoritoki Tomotake, Wei Hau, Chen Jianrong and Tetsuo Ichikawa : Implant supporting retaining cases., Oct. 2005.
39)安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫による骨破壊メカニズム, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年11月.
40)安倍 正博, 松本 俊夫 : 第2章 サイトカインによる生体調節機構 3)代謝, --- 4.Wnt阻害因子sFRP-2と骨芽細胞分化 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2005年11月.
41)森本 忠興, 田中 隆 : ワンポイントアドバイス:下胸筋神経·血管温存, 文光堂, 東京, 2005年11月.
42)中屋 豊, 宮本 賢一, 坂巻 路可, 乾 明夫, 合田 敏尚, 南 久則, 川崎 英二, 長田 恭一, 佐藤 隆一郎, 長澤 孝志, 渡邊 文雄, 岡 達三, 桑波田 雅士, 髙橋 章, 竹谷 豊 : エッセンシャル基礎栄養学, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
43)中屋 豊 : 基礎栄養学, Chap1 栄養の概念, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
44)中屋 豊 : 基礎栄養学, Chap10 エネルギー代謝, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
45)永田 俊彦, 二宮 雅美 : 歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---, 永末書店, 京都, 2005年12月.
46)清水 一郎, 伊東 進 : 肝炎・肝癌, 徳島医学会, 徳島, 2005年12月.
47)清水 一郎, 板垣 達三, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的ラット培養肝星細胞における酸化ストレスを介したNADH/NADPHオキシダーゼ活性とTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの相反する作用, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 2005年12月.
48)誉田 栄一, 前田 直樹, 吉田 みどり : 即時インプラント治療時のCT画像診断, 医歯薬出版, 2005年12月.
49)北川 哲也 : 医療禁忌マニュアル, 医歯薬出版 株式会社, 2006年.
50)清水 一郎, 朴 洪宇, 神谷 典穂, 渡部 純二, 横山 英輝, 平田 彰彦, 藤井 尊, 後藤 雅宏, 伊東 進 : 新規経口型ジクロフェナック製剤の開発, 社団法人 化学工学会, 東京, 2006年.
51)清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : --- 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法 ---, 2006年.
52)北川 哲也 : 心臓外科 Knack & Pitfalls 小児心臓外科の要点と盲点, 株式会社文光堂, 2006年.
53)N Huynh, G Lavigne, Kazuo Okura, D Yao and K Adachi : Sleep Bruxism, Elsevier, 2006.
54)六車 直樹, 伊東 進, 森 博愛 : 医学出版社, 2006年.
55)松井 好人, 高橋 光彦, 安井 夏生 : 第4章 変形矯正 3 下腿変形矯正, 株式会社 メジカルビュー社, 2006年.
56)高橋 光彦, 松井 好人, 安井 夏生 : 第5章 脚延長術, 株式会社 メジカルビュー社, 2006年.
57)安井 夏生 : Ⅵ.障害その他の治療-1 5.先天性内反足 Ponseti法, 文光堂, 2006年.
58)安井 夏生 : Ⅵ. 障害その他の治療-1 5.先天性内反足 Ponseti法, 文光堂, 2006年.
59)安井 夏生 : 23 骨関節疾患 くる病(整形外科的治療), 株式会社 医学書院, 2006年.
60)清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -肝臓を守る女性のパワーを探る- ---, 株式会社 じほう, 東京, 2006年1月.
61)清水 一郎, 袁 穎, 魏 媚, 沈 蜜, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 自然科学社, 東京, 2006年1月.
62)Ichiro Shimizu : Liver Diseases: Biochemical Mechanisms and New Therapeutic Insights., --- Developing therapeutic strategies for hepatic fibrosis. ---, Science Pub Inc, New Hampshire,, Jan. 2006.
63)河野 文昭, 岡 謙次, 大栗 孝文 : 人工歯選択と排列時の問題点と対策, 医歯薬出版 株式会社, 2006年1月.
64)市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生 : 特殊義歯の問題点と対策, 2006年1月.
65)尾崎 和美, : 取り残し細菌のアクティビティは?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
66)尾崎 和美 : 辺縁漏洩による細菌の侵入はどの程度問題か?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
67)竹川 佳宏, 原田 雅史 : 癌の放射線治療と漢方の役割, --- 十全大補湯による癌患者の延命効果 ---, 癌と化学療法社, 東京, 2006年1月.
68)四宮 加容, 塩田 洋 : 薬物選択の論点, --- 7.抗ウイルス薬 ---, 金原出版 株式会社, 東京, 2006年2月.
69)中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
70)友竹 正人 : EBM精神疾患の治療 2006∼2007.回復期のうつ状態に有効な薬剤はあるか., 株式会社 中外医学社, 2006年2月.
71)中屋 豊 : 栄養療法 ミニマムエッセンシャル, 8章 6.糖尿病, 南江堂, 東京, 2006年2月.
72)中屋 豊 : 栄養療法 ミニマムエッセンシャル, 8章 9.腎疾患, 南江堂, 東京, 2006年2月.
73)清水 一郎, 長瀬 教夫 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 感染症 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月.
74)清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月.
75)清水 一郎, 白石 達彦, 石川 桃子, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 伊東 進 : 深部まで観察しないと発見できなかった十二指腸悪性リンパ腫, 株式会社 東京医学社, 東京, 2006年3月.
76)石澤 啓介, 水口 和生, : 南山堂医学大辞典 改訂19版, 株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.
77)岡崎 邦泰, 森本 忠興, 武籐 芳照 : 乳癌治療をめぐる運動・生活ガイド, --- ガイド-検診からリハビリまで ---, 日本医事新報社, 東京, 2006年3月.
78)森本 忠興 : 乳ガン術後のリハビリテーションのための水中運動の仕方と注意は?, --- 患者指導のための水と健康ハンドブック ---, 日本医事新報社, 東京, 2006年3月.
79)森本 忠興, 武藤 芳照 : 乳ガン術後のリハビリテーションのための水中運動の仕方と注意は?, --- 患者指導のための水と健康ハンドブックー ---, 日本医事新報社, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Toshiyuki Suge, Ishikawa Kunio, Akiko Kawasaki, Takashi Matsuo and EBISU Shigeyuki : Effects of pre- or post- application with calcium chloride on occluding ability of potassium oxalate for the treatment of dentin hypersensitivity, American Journal of Dentistry, Vol.18, No.2, 121-125, 2005.
2)Masami Yoshioka, Daniel Grenier and Denis Mayrand : Binding lipopolysaccharides to Peptostreptococcus micros stimulates tumor necrosis factor alpha production by macrophage-like cells, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.2, 118-121, 2005.
3)Noriyasu Kondo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Takashi Ohguro : Association of Inflammatory Marker and Highly Sensitive C-Reactive Protein With Aerobic Exercise Capacity, Maximum Oxygen Uptake and Insulin Resistance in Healthy Middle-Aged Volunteers, Circulation Journal, Vol.69, No.4, 452-457, 2005.
4)江口 覚, 河野 崇, 大下 修造, 中條 信義 : ニコランジルによる培養ラット血管平滑筋細胞のATP感受性Kチャネル活性に及ぼすプロポフォールとチアミラールの影響, 麻酔, Vol.54, No.4, 364-369, 2005年.
5)Yoko Eto, Hirotsugu Yamada, Joon-Han Shin, Deborah A. Agler, Hiroyuki Tsujino, Jian-Xin Qin, Giuseppe Saracino, Neil L. Greenberg, James D. Thomas and Takahiro Shiota : Automated mitral annular tracking, --- a novel method for evaluating mitral annular motion using two-dimensional echocardiography ---, Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, No.4, 306-312, 2005.
6)Masayuki Takahashi, VERONICA PAPAVERO, JASON YUHAS, ERIC KORT, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, ROBERT C. BAXTER, XIMING J. YANG, STEVEN G. GRAY and BIN TEAN TEH : Altered expression of members of the IGF-axis in clear cell renal cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.26, No.4, 923-931, 2005.
7)Yanjmaa Bira, Kenji Tani, Yasuhiko Nishioka, juuya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Yutaka Nakaya and Saburo Sone : Transforming growth factor β stimulates rheumatoid synovial fibroblasts via the type receptor, Modern Rheumatology, Vol.15, No.2, 108-113, 2005.
8)Akira Takahashi, N Tanoue, M Nakano, A Hamamoto, K Okamoto, Y Fujii, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : A pore-forming toxin produced by Aeromonas sobria activates Ca2+ dependent Cl- secretion., Microbial Pathogenesis, Vol.38, No.4, 173-180, 2005.
9)Hirokazu Uemura, M Kamada, M Maegawa, Y Ohmoto, K Murata, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, T Takeji and Minoru Irahara : Effect of hormone replacement therapy on the production of bone-resorbing cytokines by peripheral blood cells in postmenopausal women., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.4, 226-230, 2005.
10)Hideki Otsuka, Graham M. Michael, Akiko Kubo and Hiromu Nishitani : The effect of oral contrast on large bowel activity in FDG-PET/CT., Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.2, 101-108, 2005.
11)Yasushi Sato, Tetsuji Takayama, Eriko Waga, Tamotsu Sagawa, Tetsuro Okamoto, Koji Miyanishi, Tsutomu Sato, Rishu Takimoto, Yasuhiro Sato, Yoshimi Sato, Takatomi Oku, Hironobu Araki, Kouichi Takada, Kunihiro Takanashi, Junji Kato and Yoshiro Niitsu : [A family of attenuated familial adenomatous polyposis (AFAP)]., The Japanese Journal of Gastro-enterology, Vol.102, No.4, 453-458, 2005.
12)Sae Kujime, Syuji Inoue, Masahiro Nomura, Jyunko Endo, Nobutaka Uemura, Seiichiro Kishi, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evaluation of gastric emptying by electrogastrography and ultrasonography in gastroesophageal reflux disease, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.2, 131-137, 2005.
13)Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
14)Yasushi Sato, H Araki, J Kato, K Nakamura, Y Kawano, M Kobune, T Sato, K Miyanishi, Tetsuji Takayama, M Takahashi, R Takimoto, S Iyama, T Matsunaga, S Ohtani, A Matsuura, H Hamada and Y Niitsu : Human mesenchymal stem cells xenografted directly to rat liver differentiated into human hepatocytes without fusion., Blood, Vol.106, No.2, 756-763, 2005.
15)生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
16)Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Keigo Kinoshita, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Gang Chen, Keiko Tsuji, Yukiko Unemi, Xin-Jun Yang, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness, Journal of Human Genetics, Vol.50, No.4, 175-181, 2005.
17)Erwan Donal, Carlos A Grimm, Hirotsugu Yamada, Yong Jin Kim, Nassir Marrouche, Andrea Natale and James D. Thomas : Usefulness of Doppler assessment of pulmonary vein and left atrial appendage flow following pulmonary vein isolation of chronic atrial fibrillation in predicting recovery of left atrial function, The American Journal of Cardiology, Vol.95, No.8, 941-947, 2005.
18)Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto : Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression., Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005.
19)Hiroshi Kuroda, Hiroshi Moritake, Kazumi Sawada, Yasumichi Kuwahara, Issei Imoto, Johji Inazawa and Tohru Sugimoto : Establishment of a cell line from a malignant rhabdoid tumor of the liver lacking the function of two tumor suppressor genes, hSNF5/INI1 and p16., Cancer Genetics and Cytogenetics, Vol.158, No.2, 172-179, 2005.
20)Hiroyuki Izumi, Jun Inoue, Sana Yokoi, Hiroshi Hosoda, Tatsuhiro Shibata, Makoto Sunamori, Setsuo Hirohashi, Johji Inazawa and Issei Imoto : Frequent silencing of DBC1 is by genetic or epigenetic mechanisms in non-small cell lung cancers., Human Molecular Genetics, Vol.14, No.8, 997-1007, 2005.
21)Mitsutoshi Fukuyama, Kazuhito Rokutan, Toshiaki Sano, Hidenori Miyake, Mitsuo Shimada and Seiki Tashiro : Overexpression of a novel superoxide-producing enzyme,NADPH oxidase 1,in adenoma and well differentiated adenocarcinoma of the human colon, Cancer Letters, Vol.221, No.1, 97-104, 2005.
22)R Takimoto, J Kato, T Terui, K Takada, G Kuroiwa, J Wu, H Ohnuma, D Takahari, M Kobune, Yasushi Sato, Tetsuji Takayama, T Matsunaga and Y Niitsu : Augmentation of Antitumor Effects of p53 Gene Therapy by Combination with HDAC Inhibitor., Cancer Biology & Therapy, Vol.4, No.4, 421-428, 2005.
23)二宮 恒夫, 徳嶋大学病院子どもの虐待及びDV対策委員会 : 窓口の一本化により機能的連携をめざす病院内虐待対策, 子どもの虐待とネグレクト, Vol.7, No.1, 66-742, 2005年.
24)長嶋 比奈美, 宇高 ニ良, 近藤 英二, 武田 憲昭 : 重複障害児に対する聴性定常反応を用いた骨導検査と音場検査の試み, Audiology Japan, Vol.48, No.2, 165-173, 2005年.
25)Hironori Akizuki, Uno Atsuhiko, Arai Kouichi, Morioka Soukichi, Seizo Oyama, Nishike Suetaka, Koichi Tamura and Noriaki Takeda : Effects of immersion in virtual on postural control, Neuroscience Letters, Vol.379, No.1, 23-26, 2005.
26)吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年.
27)大庭 康雄, 永島 優子, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う顎変形症の3症例の術後評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.15, No.1, 28-40, 2005年.
28)Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
29)Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentine, Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.16, No.5, 461-466, 2005.
30)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.17, No.2, 239-242, 2005.
31)Kana Shichijo, Takao Mitsui, Makoto Kunishige, Yukiko Kuroda, Kenjiro Masuda and Toshio Matsumoto : Involvement of mitochondria in myasthenia gravis complicated with dermatomyositis and rheumatoid arthritis: a case report, Acta Neuropathologica, Vol.109, No.5, 539-542, 2005.
32)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Nitrite is an alternative source of NO in vivo, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
33)Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R Scafe, Vincent M Reeve, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Association Between Single-Nucleotide Polymorphisms in the SEC8L1 Gene,Which Encodes a Subunit of the Exocyst Complex,and Rheumatoid Arthritis in a Japanese Population, Arthritis and Rheumatism, Vol.52, No.5, 1371-1380, 2005.
34)Shusuke Numata, Song Hongwei, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran (serotonin noradrenaline reuptake inhibitor) on memory in Korsakoff's syndrome after encephalitis, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.3, 224-226, 2005.
35)Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Mitsuteru Yoshida, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Takanori Miyoshi, Masahiro Abe, Shingo Wakatsuki and Yasumasa Monden : Extramedullary plasmacytoma immunoglobulin D (λ) in the chest wall and the subglottic region, Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.129, No.5, 1168-1169, 2005.
36)Mohammad Jabasini, A Ashraf Ewis, Feng Xu, R Momamad Mohamadi, Guichen Ping, Toshikatsu Shinka, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba : Multiplex PCR with Multichannel Microchip Electrophoresis: An Ultrafast Analysis for Genetic Diseases, Journal of Chromatographic Science, Vol.43, No.5, 221-225, 2005.
37)Toshiyuki Okazaki, Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Motohiro Hirasawa and Shinji Nagahiro : Rescue Revascularization Therapy With a Stent-in-Stent Technique for Acute Intracranial Internal Carotid Artery Occlusion, --- Case Report ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.5, 253-258, 2005.
38)Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro : Effect of Follistatin on Rat Liver Regeneration and Tumor Growth after Portal Occlusion, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.63, 833-838, 2005.
39)Rui Zheng, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Masanori Yoshizumi and Saburo Sone : SRC Tyrosine Kinase Inhibitor, M475271, Suppresses Subcutaneous Growth and Production of Lung Metastasis Via Inhibition of Proliferation, Invasion, and Vascularization of Human Lung Adenocarcinoma Cells, Clinical & Experimental Metastasis, Vol.22, No.3, 195-204, 2005.
40)Steven B. Rew, Karl Peggs, Irene Sanjuan, Arnold R. Pizzey, Yasuo Koishihara, Shigeto Kawai, Masaaki Kosaka, Shuji Ozaki, Benjamin Chain and Kwee L. Yong : Generation of Potent Antitumor CTL from Patients with Multiple Myeloma Directed against HM1.24, Clinical Cancer Research, Vol.11, No.9, 3377-3384, 2005.
41)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Matsuda Tsuyoshi : Cerebral hyperperfusion in a patient with eclampsia with perfusion-weighted magnetic resonance imaging, Radiation Medicine, Vol.23, No.5, 376-379, 2005.
42)Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy, --- Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister ---, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.3, 364-373, 2005.
43)野村 昌弘, 中安 紀美子, 中屋 豊 : Current density map による心筋虚血ベクトルの検出, 日本生体磁気学会誌, Vol.18, No.1, 2005年.
44)二宮 恒夫 : 思春期のこころの問題へのネットワーク対応, 小児科診療, Vol.68, No.6, 1115-1120, 2005年.
45)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 富岡 重正, 中條 信義 : 全身麻酔時に不整脈を呈した高校生スポーツ選手の麻酔経験, 麻酔, Vol.54, No.6, 676-679, 2005年.
46)Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Masayuki Kon, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiro Minamiguchi and Masaru Nagayama : Proliferation and Differentiation of Cultured MC3T3-E1 Osteoblasts on Surface-layer Modified Hydroxyapatite Ceramic with Acid and Heat Treatments, Dental Materials Journal, Vol.24, No.2, 207-212, 2005.
47)藤原 慎視 : メカニカルストレス応答遺伝子オステオポンチンの発現調節と機能に関する研究, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.1, 57-70, 2005年.
48)Kazuyoshi Suga, Shigeru Yamamoto, Akira Tangoku, Masaaki Oka, Yasuhiko Kawakami and Naofumi Matsunaga : Breast sentinel lymph node navigation with three-dimensional interstitial multidetector-row computed tomographic lymphography., Investigative Radiology, Vol.40, No.6, 336-342, 2005.
49)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda, Junji Ueno and Yamamoto Yuichirou : Socio-economical effects of film-less PACS; comparison of pre- and post-film-less operation, International Congress Series, Vol.1281, 959-963, 2005.
50)西池 季隆, 北原 糺, 依藤 史郎, 武田 憲昭 : めまい発作に伴い左右側方注視眼振が周期性に変化した特異な1症例, Equilibrium Research, Vol.64, No.3, 157-163, 2005年.
51)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Mami Inayama, Jun Kishi, Momoyo Ugai, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Imatinib as a Novel Antifibrotic Agent in Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis in Mice, American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.171, No.11, 1279-1285, 2005.
52)Takashi Iwase, Noritoshi Nagaya, Takafumi Fujii, Takefumi Itoh, Shinsuke Murakami, Toshio Matsumoto, Kenji Kangawa and Soichiro Kitamura : Comparison of angiogenic potency between mesenchymal stem cells and mononuclear cells in a rat model of hindlimb ischemia, Cardiovascular Research, Vol.66, No.3, 543-551, 2005.
53)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki : A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
54)T Tokudome, T Horio, I Kishimoto, Takeshi Soeki, K Mori, Y Kawano, M Khono, DL Garbers, K Nakao and K Kangawa : Calcineurin-NFAT pathway-dependent cardiac remodeling in mice deficient for GC-A, a receptor for atrial and brain natriuretic peptides., Circulation, Vol.111, No.23, 3095-3104, 2005.
55)Kyoko Morita, Toshiro Saito, Masayuki Ohta, Tetsuro Ohmori, Kaori Kawai, Shigetada Kondo and Kazuhito Rokutan : Expression analysis of psychological stress-associated genes in peripheral blood leukocytes, Neuroscience Letters, Vol.381, No.1-2, 57-62, 2005.
56)Takao Tanimoto, Hitoshi Tsuda, Nobuo Imazeki, Yoshihiro Ohno, Issei Imoto, Johji Inazawa and Osamu Matsubara : Nuclear expression of cIAP-1, an apoptosis inhibiting protein, predicts lymph node metastasis and poor patient prognosis in head and neck squamous cell carcinomas., Cancer Letters, Vol.224, No.1, 141-151, 2005.
57)Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005.
58)木村 奈津子, 有田 憲司, 尼寺 理恵, 西野 瑞穗 : 急速アパタイト転換型リン酸カルシウムセメントによるラット皮下組織のpH変化, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.3, 425-432, 2005年.
59)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯浅 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討, --- 臨床術式と1年経過時の臨床成績 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 78-292-87-301, 2005年.
60)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討: 臨床術式と1年経過時の臨床成績, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 292-301, 2005年.
61)美馬 彩, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 徳島大学眼科における内因性ぶどう膜炎の統計的観察, 臨床眼科, Vol.59, No.7, 1067-1071, 2005年.
62)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(Soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(Osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, Osteoporosis Japan, Vol.13, No.3, 609-612, 2005年.
63)Tomoichiro Yamaai, Tohru Nakanishi, Masahiro Asano, Kumiko Nawachi, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Toshifumi Komori, Tomosada Sugimoto and Masaharu Takigawa : Gene expression of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in calcifying tissues of normal and cbfa1-null mutant mice in late stage of embryonic development, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.4, 280-288, 2005.
64)K. Yagi, Hirohito Honda, J. M. Yang and S. Nakagawa : Magnifying Endoscopy in Gastritis of the Corpus, Endoscopy, Vol.37, No.7, 660-666, 2005.
65)Tetsuji Takayama, M Miyanishi, T Hayashi, T Kukitsu, K Takanashi, T Kogawa, T Abe and Y Niitsu : Aberrant crypt foci: detection, gene abnormalities, and clinical usefulness, Clinical Gastroenterology and Hepatology, Vol.3, No.7 Suppl 1, S42-S45, 2005.
66)Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Coating of a surface with 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) co-polymer significantly reduces retention of human pathogenic microorganisms, FEMS Microbiology Letters, Vol.248, No.1, 37-45, 2005.
67)Ximing J. Yang, Min-Han Tan, Hyung L. Kim, Jonathon A. Ditlev, Mark W. Betten, Carolina E. Png, Eric J. Kort, Kunihiko Futami, Kyle A. Furge, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama, Puay Hoon Tan, Bin Sing Teh, Chunyan Luan, Kim Wang, Michael Pins, Maria Tretiakova, John Anema, Richard Kahnoski, Theresa Nicol, Walter Stadler, Nicholas G. Vogelzang, Robert Amato, David Seligson, Robert Figlin, Arie Belldegrun, Craig G. Rogers and Bin Tean Teh : A Molecular Classification of Papillary Renal Cell Carcinoma, Cancer Research, Vol.65, No.13, 5628-5637, 2005.
68)滝沢 宏光, 中野 基一郎, 監﨑 孝一郎, 駒木 幹正, 森本 忠興, 丹黒 章 : 甲状腺髄様癌術後肝転移に対し肝動脈化学塞栓療法が有効であった1例, 日本臨床外科学会雑誌, Vol.66, No.7, 1709-1712, 2005年.
69)Xin-Jun Yang, Toshikatsu Shinka, Shinka Nozawa, Hong-Tao Yan, Miki Yoshiike, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Gang Chen, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Survey of the two polymorphisms in DAZL, an autosomal candidate for the azoospermic factor, in Japanese infertile men and implications for male infertility, Molecular Human Reproduction, Vol.11, No.7, 513-515, 2005.
70)牟礼 英生, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 痴呆症状で発症し治療に難渋したテント部硬膜動静脈瘻の2例, 脳卒中の外科, Vol.33, No.4, 273-278, 2005年.
71)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Daniel Grenier : Effect of female sex hormones on Campylobacter rectus and human gingival fibroblasts, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.4, 239-243, 2005.
72)Yukie Iwasa, Kimiko Nakayasu, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito and Susumu Ito : The relationship between autonomic nervous activity and physical activity in children, Pediatrics International, Vol.47, No.4, 361-371, 2005.
73)Kazuya Kondo, Takanori Miyoshi, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Photodynamic therapy for submucosal tumor of the central bronchus, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 208-211, 2005.
74)井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるBite jumping applianceとElastic open activatorの作用機序に関する検討, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 15-23, 2005年.
75)佐竹 秀太, 高橋 巧, 辻 けい子, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎犬歯の移転を伴う不成咬合の3症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 37-48, 2005年.
76)Masayuki Takahashi, X J Yang, S McWhinney, Nobuya Sano, C Eng, Susumu Kagawa, B T Teh and Hiro-omi Kanayama : cDNA microarray analysis assists in diagnosis of malignant intrarenal pheochromocytoma originally masquerading as a renal cell carcinoma, Journal of Medical Genetics, Vol.42, 48, 2005.
77)高瀬 真記, 橋本 一郎, 石田 創士, 松本 和也, 中西 秀樹 : 痙性斜頚に対し,胸鎖乳突筋亜全摘術を施工した1例, 日本形成外科学会会誌, Vol.25, No.8, 517-521, 2005年.
78)Asaf Wilensky, Yankel Gabet, Hiromichi Yumoto, Yael Houri-Haddad and Lior Shapira : Three-dimensional quantification of alveolar bone loss in Porphyromonas gingivalis-infected mice using micro-computed tomography, Journal of Periodontology, Vol.76, No.8, 1282-1286, 2005.
79)Mayuko Takagawa, Naoki Muguruma, Kaori Oguri, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Kunio II and Susumu Ito : Prediction of Prognosis in Gallbladder Carcinoma by Mucin and p53 Immunohistochemistry, Digestive Diseases and Sciences, Vol.50, No.8, 1410-1413, 2005.
80)Kenji Endo, Koichi Sairyo, Shinji Komatsubara, Takehiro Sasa, Hiroshi Egawa, Takayuki Ogawa, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami and Natsuo Yasui : Cyclooxygenase-2 inhibitor delays fracture healing in rats, Acta Orthopaedica, Vol.76, No.4, 470-474, 2005.
81)Taketoshi Suehiro, Mitsuo Shimada, Keiji Kishikawa, Tatsuo Shimura, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Kohji Hashimoto, Yasushi Mochida, Shinji Hashimoto, Yoshihiko Maehara and Hiroyuki Kuwano : Effect of intraportal infusion to improve small for size graft injury in living donor adult liver transplantation, Transplant International, Vol.18, No.8, 923-928, 2005.
82)Mikiko Inatsugi, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Minute distance obtained from pulmonary venous flow velocity using transesophageal pulsed Doppler echocardiography is related to cardiac output during cardiovascular surgery, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 178-185, 2005.
83)Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome., Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005.
84)Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Umino, M Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, M Maegawa and Minoru Irahara : Regulatory factors on parathyroid hormone-related peptide production by primary culture of lactating rat mammary gland., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.8, 463-467, 2005.
85)Hideki Otsuka, Graham M Michael, Kogame Masahiro and Hiromu Nishitani : The impact of FDG-PET in the management of patients with salivary gland malignancy, Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.8, 691-694, 2005.
86)Kazuyoshi Kawazoe, Mami Tabata, Kotaro Murakami and Yoshihisa Takaishi : A Novel Drimane-Type Sesquiterpene from Limonium wrightii, Natural Medicines, Vol.59, No.4, 186-188, 2005.
87)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells, Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
88)Chiyuki Furukawa, Yataro Daigo, Nobuhisa Ishikawa, Tatsuya Kato, Tomoo Ito, Eiju Tsuchiya, Saburo Sone and Yusuke Nakamura : Plakophilin 3 Oncogene as Prognostic Marker and Therapeutic Target for Lung Cancer, Cancer Research, Vol.65, No.16, 7102-7110, 2005.
89)Yoshio Inoue, Hiroko Segawa, Ichiro Kaneko, Setsuko Yamanaka, Kenichiro Kusano, Eri Kawakami, Junya Furutani, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Hitoshi Saito, Naoshi Fukushima, Shigeaki Kato, Hiro-omi Kanayama and Ken-ichi Miyamoto : Role of the vitamin D receptor in FGF23 action on phosphate metabolism, The Biochemical Journal, Vol.390, No.1, 325-331, 2005.
90)Toshio Matsumoto, Takami Miki, Hiroshi Hagino, Toshitsugu Sugimoto, Sumiaki Okamoto, Takako Hirota, Yusuke Tanigawara, Yasufumi Hayashi, Masao Fukunaga, Masataka Shiraki and Toshitaka Nakamura : A New Active Vitamin D, ED-71, Increases Bone Mass in Osteoporotic Patients under Vitamin D Supplementation: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Clinical Trial, The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.90, No.9, 5031-5036, 2005.
91)Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005.
92)Nobuyasu Bando, Kumi Watanabe, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.5, 372-374, 2005.
93)清水 謙, 尼寺 理恵, 阿部 洋子, 上田 公子, 木村 奈津子, 篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 長期入院重度心身障害児·者の口腔内状況, 小児保健とくしま, Vol.13, 15-20, 2005年.
94)Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Yusuke Takahashi, Takanari Miyamoto, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : Porphyromonas gingivalis Fimbria-Dependent Activation of Inflammatory Genes in Human Aortic Endothelial Cells, Infection and Immunity, Vol.73, No.9, 5367-5378, 2005.
95)Masaaki Uno, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Hiroyuki Itabe, Liu Hao and Shinji Nagahiro : Contribution of an imbalance between oxidant-antioxidant systems to plaque vulnerability in patients with carotid artery stenosis, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.3, 518-525, 2005.
96)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : CXCL12 and CXCR4 expression by human gingival fibroblasts in periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.141, No.3, 467-474, 2005.
97)Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Tomoko Takeichi, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto, Masako Ichikawa, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells, Kidney International, Vol.68, No.3, 1137-1147, 2005.
98)Erwan Donal, Hirotsugu Yamada, Christophe Leclercq and Daniel Herpin : The Left Atrial Appendage, a Small, Blind-Ended Structure. A Review of Its Echocardiographic Evaluation and Its Clinical Role, Chest, Vol.128, No.3, 1853-1862, 2005.
99)橋本 一郎, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 山野 雅弘 : 皮膚微小血管障害の実験モデル, 形成外科, Vol.48, No.9, 995-1003, 2005年.
100)T Akiyama, T Matsunaga, T Terui, K Miyanishi, I Tanaka, T Sato, H Kuroda, R Takimoto, Tetsuji Takayama, J Kato, N Yamauchi, K Kogawa, S Sakamaki, Y Hirayama, K Kohda and Y Niitsu : Involvement of transforming growth factor-beta and thrombopoietin in the pathogenesis of myelodysplastic syndrome with myelofibrosis., Leukemia, Vol.19, No.9, 1558-1566, 2005.
101)Hideaki Tanami, Hitoshi Tsuda, Satoshi Okabe, Takehisa Iwai, Kenichi Sugihara, Issei Imoto and Johji Inazawa : Involvement of cyclin D3 in liver metastasis of colorectal cancer, revealed by genome-wide copy-number analysis., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.9, 1118-1129, 2005.
102)Natsuo Oka, Susumu Nakahara, Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Victor Hogan, Hiro-omi Kanayama, Takashi Yanagawa and Avraham Raz : Galectin-3 inhibits tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand-induced apoptosis by activating Akt in human bladder carcinoma cells, Cancer Research, Vol.65, No.17, 7546-7553, 2005.
103)Haruhiko Fujino, Kazuya Kondo, Hisashi Ishikura, Hideo Maki, Hidetaka Kinoshita, Takanori Miyoshi, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Hiromitsu Takizawa, Taeko Nagao, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Matrix metalloproteinase inhibitor MMI-166 inhibits lymphogenous metastasis in an orthotopically implanted model of lung cancer, Molecular Cancer Therapeutics, Vol.4, No.9, 1409-1416, 2005.
104)Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005.
105)川人 伸次, 北畑 洋 : きれいで正確な心エコー画像の描出, --- ー小児経食道心エコー画像を正しく描出するにはー ---, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25, No.5, 533-542, 2005年.
106)Tatsuhiro Shibata, Satomi Uryu, Akiko Kokubu, Fumie Hosoda, Misao Ohki, Tokuki Sakiyama, Yoshihiro Matsuno, Ryosuke Tsuchiya, Yae Kanai, Tadashi Kondo, Issei Imoto, Johji Inazawa and Setsuo Hirohashi : Genetic classification of lung adenocarcinoma based on array-based comparative genomic hybridization analysis: its association with clinicopathologic features., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6177-6185, 2005.
107)Makoto Nakamuta, Shusuke Morizono, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Shinji Aishima, Shin-ichiro Takasugi, Kengo Yoshimitsu, Munechika Enjoji, Kazuhiro Kotoh, Akinobu Taketomi, Hideaki Uchiyama, Mitsuo Shimada, Hajime Nawata and Yoshihiko Maehara : Short-term intensive treatment for donors with hepatic steatosis in living-donor liver transplantation, Transplantation, Vol.80, No.5, 608-612, 2005.
108)Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki, Satoshi Nozaki, Yasuyoshi Watanabe, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami : Administration of secretin for autism alters dopamine metabolism in the central nervous system., Brain & Development, Vol.28, No.2, 99-103, 2005.
109)関根 和教, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : 大学病院におけるめまい症例の統計的検討とめまい疾患の診断基準の問題点, 日本耳鼻咽喉科学会会報, Vol.108, No.9, 842-849, 2005年.
110)Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Ishibashi Jun, Ishikawa Nanami, Hiroyuki Morimoto, Ishikawa Tomoyasu, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Iincubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
111)瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用, 日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
112)桑村 由美, 田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 森本 忠興 : 臨地実習で糖尿病患者を受け持った学生の学びの分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.4, No.1, 26-33, 2005年.
113)藤澤 健司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 長山 勝 : インプラントの安定性評価における共鳴振動周波数分析装置と歯牙動揺度測定装置の比較, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.3, 406-414, 2005年.
114)Takako Ichihara, Tsuyoshi Kataoka, Ayako Tamura, Yukiko Miyakoshi, Yumi Kuwamura, Takako Minagawa and Tadaoki Morimoto : Changes in the thickness of leg muscles before and after laparotomy, Journal of Health Sciences, Hiroshima University, Vol.5, No.1, 10-15, 2005.
115)Kenji Endo, Daisuke Hamada, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui : The intramedullary gradual elongation nail:Application for femoral shaft non-union, Injury Extra, Vol.36, No.10, 421-423, 2005.
116)松田 和徳, 堀 洋二, 雫 治彦, 武田 憲昭 : 自覚的眠気評価法Epworth Sleepiness Scale(ESS)の有用性 ─睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング─, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.98, No.10, 809-814, 2005年.
117)Katsushi Miyazaki, Noriaki Takeda, Naozumi Ishimaru, Fumie Omotehara, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Analysis of in vivo role of alpha-fodrin autoantigen in primary Sjogren's syndrome, The American Journal of Pathology, Vol.167, No.4, 1051-1059, 2005.
118)Tadashi Kitahara, Noriaki Takeda, Suetaka Nishiike, Shin-ichi Okumura and Takeshi Kubo : Prognosis of Inner Ear Periphery and Central Vestibular Plasticity in Sudden Deafness With Vertigo, The Annals of Otology, Rhinology, and Laryngology, Vol.114, No.10, 786-791, 2005.
119)長島 由紀子, 三瓶 訓子, 山本 滋, 吉野 茂文, 丹黒 章, 岡 正朗 : 乳癌術後補助化学療法(FEC療法)における免疫能および副作用の検討, 癌と化学療法, Vol.32, No.11, 1550-1552, 2005年.
120)Kuniyasu Saigusa, Naoya Hashimoto, Hitoshi Tsuda, Sana Yokoi, Motohiko Maruno, Toshiki Yoshimine, Masaru Aoyagi, Kikuo Ohno, Issei Imoto and Johji Inazawa : Overexpressed Skp2 within 5p amplification detected by array-based comparative genomic hybridization is associated with poor prognosis of glioblastomas., Cancer Science, Vol.96, No.10, 676-683, 2005.
121)Wei-Xia Peng, Tatsuhiro Shibata, Hiroto Katoh, Akiko Kokubu, Yoshihiro Matsuno, Hisao Asamura, Ryosuke Tsuchiya, Yae Kanai, Fumie Hosoda, Tokuki Sakiyama, Misao Ohki, Issei Imoto, Johji Inazawa and Setsuo Hirohashi : Array-based comparative genomic hybridization analysis of high-grade neuroendocrine tumors of the lung., Cancer Science, Vol.96, No.10, 661-667, 2005.
122)五石 圭一, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 敷地 孝法, 中西 秀樹 : 仙尾部滑液包炎の1例, 形成外科, Vol.48, No.10, 1151-1155, 2005年.
123)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Induction of corneal lesion and nerve fiber sprouting by neonatal capsaicin application depends on the dose of the drug and survival time after treatment, Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.82, No.2, 57-66, 2005.
124)Masahiro Asano, Satoshi Kubota, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Tomoichiro Tamaai, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Tomosada Sugimoto, Yoji Murayama and Masaharu Takigawa : Effect of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) on proliferation and differentiation of mouse periodontal ligament-derived cells, Cell Communication & Signaling, Vol.3, 11, 2005.
125)中村 明代, 川人 伸次, 片山 俊子, 河野 崇, 新田 一仁, 乾 大資, 北畑 洋, 大下 修造 : 気管支痙攣を繰り返したPena-Shokeir症候群の麻酔管理, 麻酔, Vol.54, No.10, 1146-1148, 2005年.
126)Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhito Matsuzaki, Masahumi Harada, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Inhibition of brain damage by edaravone, a free radical scavenger, can be monitored by plasma biomarkers that detect oxidative and astrocyte damage in patients with acute cerebral infarction, Free Radical Biology and Medicine, Vol.39, No.8, 1109-1116, 2005.
127)四宮 加容, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 久保 弥栄子, 塩田 洋 : 徳島大学における屈折異常弱視と不同視弱視の検討, 臨床眼科, Vol.59, No.10, 1755-1758, 2005年.
128)Yuko Onishi, Katsuya Hirasaka, Ibuki Ishihara, Motoko Oarada, Jumpei Goto, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Shunji Nakano, Harumi Furochi, Kazumi Ishidoh, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Identification of mono-ubiquitinated LDH-A in skeletal muscle cells exposed to oxidative stress, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.336, No.3, 799-806, 2005.
129)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年.
130)Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shin'Ya Tayoshi, Koshi Ota, Naomi Kameoka, Mizuki Morimune, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Sawako Kinouchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Hemodynamic changes in the prefrontal cortex during mental works as measured by multi channel near-infrared spectroscopy (NIRS), The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 302-303, 2005.
131)Kenji Endo, Mitsuhiko Takahashi, Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa and Natsuo Yasui : Bone Tumor of the Distal Femur in a 67-Year-Old Woman, Clinical Orthopaedics and Related Research, Vol.440, 262-268, 2005.
132)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Increase of CCL20 expression by human gingival fibroblasts upon stimulation with cytokines and bacterial endotoxin, Clinical and Experimental Immunology, Vol.142, No.2, 285-291, 2005.
133)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality Assurance of I-125 Seed Permanent Implant Therapy Using a Self-color Developing Reflection-type Dosimetry Sheet Film, Radiation Medicine, Vol.23, No.7, 474-477, 2005.
134)Minoru Ikeda, Tsunemasa Aiba, Akihiro Ikui, Akira Inokuchi, Yuichi Kurono, Masafumi Sakagami, Noriaki Takeda and Hiroshi Tomita : Taste disorders: a survey of the examination methods and treatments used in Japan, Acta Oto-Laryngologica, Vol.125, No.11, 1203-1210, 2005.
135)Yutaka Nakaya, M Morishima-Yamato, K Ishida, Nagakatsu Harada and M Nakano : Approach to novel functional foods for stress control 3. Establishment of stress-resistant rat model and its mechanism., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Suppl, 244, 2005.
136)Yutaka Nakaya, Y Hata, K Ishida, Akira Takahashi, Kyoko Morita and Kazuhito Rokutan : Approach to novel functional foods for stress control 2. Microarray assessment of exercise in healthy volunteers., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl, 242-243, 2005.
137)Tomonori Watanabe, Hiroyuki Fujinaga, Yasumasa Ikeda, Teruo HIgashi, Masaru Murakami, Keiji Kawahara, Ikuo Hayashi, Toshiharu Niki, Toshio Shigekiyo and Tetsuzo Wakatsuki : Acute myocardial infarction in a patient with essential thrombocythemia who underwent successful stenting. A case report, Angiology, Vol.56, No.6, 771-774, 2005.
138)Issei Imoto and Johji Inazawa : [Exploration of novel molecular targets for cancer therapy based on genomic aberrations]., Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, Vol.32, No.12, 1891-1894, 2005.
139)Hiroto Katoh, Tatsuhiro Shibata, Akiko Kokubu, Hidenori Ojima, Panayiotis Loukopoulos, Yae Kanai, Tomoo Kosuge, Masashi Fukayama, Tadashi Kondo, Michiie Sakamoto, Fumie Hosoda, Misao Ohki, Issei Imoto, Johji Inazawa and Setsuo Hirohashi : Genetic profile of hepatocellular carcinoma revealed by array-based comparative genomic hybridization: identification of genetic indicators to predict patient outcome., Journal of Hepatology, Vol.43, No.5, 863-874, 2005.
140)亀岡 尚美, 友竹 正人, : 自生思考に対して特異な対処行動を示した統合失調症の1例, 精神科, Vol.7, 470-475, 2005年.
141)Kazuhito Matsuzaki, Masaaki Uno, Teruyoshi Kageji, Takanori Hirose and Shinji Nagahiro : Anaplastic ganglioglioma of cerebellopontine angle: A case report and review of literatures, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 591-595, 2005.
142)Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Evaluation of Aneurysm Stability After Endovascular Embolization With Guglielmi Detachable Coils, --- Correlation Between Long-Term Stability and Volume Embolization Ratio ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 561-565, 2005.
143)Takashi Oshima, Masahiro Abe, Jin Asano, Tomoko Hara, Kenichi Kitazoe, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2, Blood, Vol.106, No.9, 3160-3165, 2005.
144)Youhua Zhang, Hirotsugu Yamada, Steve Bibevski, Shaowei Zhuang, Kent A Mowrey, Don W Wallick, Seil Oh and Todor N Mazgalev : Chronic atrioventricular nodal vagal stimulation, --- first evidence for long-term ventricular rate control in canine atrial fibrillation model ---, Circulation, Vol.112, No.19, 2904-2911, 2005.
145)Hiroyoshi Hosokawa, Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Seiichiro Kitamura and Masaru Nagayama : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
146)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Induction of HM1.24 peptide specific cytotoxic T lymphocytes by using peripheral-blood stem-cell harvests in patients with multiple myeloma, Blood, Vol.106, No.10, 3538-3545, 2005.
147)Akiko Misawa, Jun Inoue, Yuriko Sugino, Hajime Hosoi, Tohru Sugimoto, Fumie Hosoda, Misao Ohki, Issei Imoto and Johji Inazawa : Methylation-associated silencing of the nuclear receptor 1I2 gene in advanced-type neuroblastomas, identified by bacterial artificial chromosome array-based methylated CpG island amplification., Cancer Research, Vol.65, No.22, 10233-10242, 2005.
148)Shin Hayashi, Kenji Kurosawa, Issei Imoto, Shuki Mizutani and Johji Inazawa : Detection of cryptic chromosome aberrations in a patient with a balanced t(1;9)(p34.2;p24) by array-based comparative genomic hybridization., American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.139, No.1, 32-36, 2005.
149)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 脳神経疾患で意識障害があり拘縮など廃用症候群の出現した患者を受け持った学生の学び, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.28, No.1, 37-42, 2005年.
150)Masahiro Ando, Kazuhiko Sawada, Hiromi Sakata-Haga, Young-Gil Jeong, Noriaki Takeda and Yoshihiro Fukui : Regional difference in corticotropin-releasing factor immunoreactivity in mossy fiber terminals innervating calretinin-immunoreactive unipolar brush cells in vestibulocerebellum of rolling mouse Nagoya, Brain Research, Vol.1063, No.1, 96-101, 2005.
151)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, I Motoki, S Tayoshi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : Serotonin transporter mRNA expression in peripheral leukocytes of patients with major depression before and after treatment with paroxetine., Neuroscience Letters, Vol.389, No.1, 12-16, 2005.
152)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura and Tetsuro Ohmori : Correlation between the plasma homovanillic acid levels and the response to atypical antipsychotics in male patients with schizophrenia, Clinical Neuropharmacology, Vol.28, No.6, 262-264, 2005.
153)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa, Takashi Matsuo and SHigeyuki Ebisu : Comparison of the occluding ability of dentinal tubules with different morphology between calcium phosphate precipitation method and potassium oxalate treatment, Dental Materials Journal, Vol.24, No.4, 522-529, 2005.
154)野村 昌弘, 中屋 豊, 中安 紀美子, 河野 智仁 : 抗不整脈薬の作用機序と心電図変化, 検査と技術, Vol.33, No.13, 1528-1532, 2005年.
155)近藤 裕子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 市原 多香子 : 看護学生が初回基礎看護学実習で興味·関心を抱いたこと, 第36回日本看護学会論文集看護教育, 2005年.
156)Elaine Afanador, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case, Orthodontic Waves, Vol.64, No.4, 114-118, 2005.
157)Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
158)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part I, --- experimental study of the effect of oophorectomy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1046-1051, 2005.
159)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Tetsuya Tamura, Kazuyuki Kuwayama and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part II, --- experimental study of the effect of hormone replacement therapy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1052-1057, 2005.
160)市原 多香子, 田村 綾子, 近藤 裕子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 術後患者観察における看護学生が行う観察・判断状況, --- 実習前・後のモデル人形を用いた排液観察の調査から ---, 日本看護学会論文集: 看護教育, Vol.36, 299-301, 2005年.
161)E Nagata, H Okayama, Hiro-O Ito, I Semba, M Inoue and T Oho : Experimental infective endocarditis induced by human supragingival dental plaque in rats., European Journal of Oral Sciences, Vol.113, No.6, 499-504, 2005.
162)森島 真幸, 原 小百合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動モデルラットSPORTSの海馬におけるノルエピネフリン動態と自発運動量, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 185-188, 2005年.
163)Hiromichi Yumoto, Hsin-Hua Chou, Yusuke Takahashi, Michael Davey, Frank Gibson C. III and Caroline A Genco : Sensitization of human aortic endothelial cells to lipopolysaccharide via regulation of toll-like receptor 4 by bacterial fimbria-dependent invasion, Infection and Immunity, Vol.73, No.12, 8050-8059, 2005.
164)Toshinori Sakai, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata, Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Hiromichi Yokoi and Natsuo Yasui : Asynchronous progressive diaphyseal dysplasia., Modern Rheumatology, Vol.15, No.6, 450-453, 2005.
165)Kazuyoshi Suga, Kensaku Shimizu, Yasuhiko Kawakami, Akira Tangoku, Mohammed Zaki, Naofumi Matsunaga and Masaaki Oka : Lymphatic drainage from esophagogastric tract: feasibility of endoscopic CT lymphography for direct visualization of pathways., Radiology, Vol.237, No.3, 952-960, 2005.
166)Issei Imoto and Johji Inazawa : [Development and application of bacterial artificial chromosome (BAC)-based CGH-array]., Tanpakushitsu Kakusan Koso, Vol.50, No.16 Suppl, 2134-2139, 2005.
167)Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Daisuke Hamada, Ryosuke Sato and Natsuo Yasui : Total hip arthroplasty in osteopetrosis using computer-assisted fluoroscopic navigation., The Journal of Arthroplasty, Vol.20, No.8, 1074-1077, 2005.
168)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Veronika Butterweck, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl., 300-3001, 2005.
169)A Albers, Koji Abe, J Wang, A Lopez-Albaitero, C Schaefer, W Gooding, TL Whiteside, S Ferrone, A DeLeo and RL Ferris : Antitumoor activity of human papillomavirus type 16 E7-specific T cells against virally infected squamous cell carcinoma of the head and neck, Cancer Research, Vol.65, No.23, 11146-11155, 2005.
170)Hisashi Takada, Issei Imoto, Hitoshi Tsuda, Yukihiro Nakanishi, Takashi Ichikura, Hidetaka Mochizuki, Shoji Mitsufuji, Fumie Hosoda, Setsuo Hirohashi, Misao Ohki and Johji Inazawa : ADAM23, a possible tumor suppressor gene, is frequently silenced in gastric cancers by homozygous deletion or aberrant promoter hypermethylation., Oncogene, Vol.24, No.54, 8051-8060, 2005.
171)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線②, 日本醫事新報, No.4259, 33, 2005年.
172)Hironori Yamamoto, Yoshiko Tani, Kumi Kobayashi, Yutaka Taketani, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, John Wesley Pike, Shigeaki Kato and Eiji Takeda : Alternative promoters and renal cell-specific regulation of the mouse type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter gene, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1732, No.1-3, 43-52, 2005.
173)Kazunori Sekine, Kazuhito Rokutan and Noriaki Takeda : Microarray Analysis of Stress-Related Gene Expression in Patients with Ménière's Disease, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, Vol.67, No.5, 294-299, 2005.
174)Seiji Yano, Hiroaki Muguruma, Yuka Matsumori, Hisatsugu Goto, Emiko Nakataki, Nobutaka Edakuni, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi, Akihiko Yamamoto, Hisanori Uehara, Anderson Ryan and Saburo Sone : Antitumor Vascular Strategy for Controlling Experimental Metastatic Spread of Human Small-Cell Lung Cancer Cells with ZD6474 in Natural Killer Cell Depleted Severe Combined Immunodeficient Mice, Clinical Cancer Research, Vol.11, No.24, 8789-8798, 2005.
175)Kazuo Okura, Takafumi Kato, Jacques Y. Montplaisir, Barry J. Sessle and Gilles J. Lavigne : Quantitative analysis of surface EMG activity of cranial and leg muscles across sleep stages in human., Clinical Neurophysiology, Vol.117, No.2, 269-278, 2005.
176)今上 隆子, 今上 茂樹, 西野 瑞穗, 木元 富士枝, 須藤 真奈美, 原田 桂子, 有田 憲司 : 小学校におけるフッ化物洗口の齲蝕予防効果, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.5, 619-623, 2005年.
177)Xingmei Feng, Tomoko Oba, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : An interdisciplinary approach for improved functional and aesthetic results in a periodontally compromised adult patient, The Angle Orthodontist, Vol.75, No.6, 1061-1070, 2005.
178)Elaine Afamador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yukiko Kitase, Takumi Takahashi, Akira Kudo and Keiji Moriyama : Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament., Archives of Oral Biology, Vol.50, No.12, 1023-1031, 2005.
179)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 心肥大を合併する本態性高血圧患者におけるアゼルニジピンによる抗動脈効果作用および心肥大抑制作用の検討, Therapeutic Research, Vol.27, 115-120, 2006年.
180)河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 本態性高血圧症におけるアゼルニジピンの自律神経活動に及ぼす影響についての検討, Therapeutic Research, Vol.27, No.2, 249-253, 2006年.
181)Yoshio Okita, Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Masaharu Suzuki, Yoshiaki Ohnishi and Susumu Ito : Low Volume Continuous Hemodiafiltration with Nafamostat Mesilate Increases Trypsin, ASAIO Journal, 1-8, 2006.
182)今井 貴夫, 武田 憲昭 : BPPVと耳石器機能, JOHNS, Vol.22, No.2, 155-158, 2006年.
183)尼寺 理恵, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 低年齢児の齲蝕発生のリスク因子に関する研究, 小児歯科学雑誌, Vol.44, No.3, 347-354, 2006年.
184)武田 憲昭 : めまいといえば,メイロンでよいのか?, 治療別冊, Vol.88, No.3, 1098-1099, 2006年.
185)武田 憲昭, 高岡 司, 上田 千鶴 : アンギオテンシン変換酵素活性比を用いた味覚障害患者の亜鉛栄養状態の評価, 日本味と匂学会誌, Vol.13, No.1, 29-34, 2006年.
186)武田 憲昭 : Rieger syndrome, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 237, 2006年.
187)武田 憲昭 : Reye syndrome, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 236, 2006年.
188)武田 憲昭 : Riley-Day syndrome(家族性自律神経失調症), 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 238, 2006年.
189)武田 憲昭 : めまいの薬物療法, 綜合臨床, Vol.55, No.10, 2519-2520, 2006年.
190)武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 厚生労働省科学研究補助金,特定疾患対策研究事業,前庭機能異常に関する調査研究,平成17年度報告書, 2006年.
191)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 六反 一仁 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 厚生労働省科学研究補助金,特定疾患対策研究事業,前庭機能異常に関する調査研究,平成17年度報告書, 148-152, 2006年.
192)武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 厚生労働省科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究 平成17年度報告書, 153-155, 2006年.
193)佐川 多恵子, 橋本 一郎, 高瀬 真記, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1症例, 日本形成外科学会会誌, Vol.26, No.2, 122-127, 2006年.
194)奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 : 肝硬変患者における就寝前夜食療法継続指導の健康関連QOLに対する効果, 日本病態栄養学会誌, Vol.9, No.2, 159-164, 2006年.
195)里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の経時的変化, 脳神経外科速報, Vol.16, 724-729, 2006年.
196)安倍 吉郎, 中西 秀樹, 松本 和也, 稲次 圭, 五石 圭一 : 手関節部に発生したびまん型関節外腱鞘巨細胞腫の1例, 日本形成外科学会会誌, Vol.26, No.12, 817-820, 2006年.
197)溝渕 佳史, 宇野 昌明 : 日常看護援助で予測するバイタルサインの変化, ブレインナーシング, Vol.22, 1031-1035, 2006年.
198)Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, Hiroki Shirai, Yo Matsuo, Mikako Fujita and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, Microbes and Infection, Vol.8, No.1, 10-15, 2006.
199)山下 力, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 四宮 加容, 秦 聡, 塩田 洋 : 徳島大学病院における遠視性不同視弱視の治療成績, 眼科臨床医報, Vol.100, No.1, 54-57, 2006年.
200)Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto : Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome., Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
201)MT Takase, Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Hiromichi Sedo and I Kanda : Sarpogrelate hydrochloride an antagonist of 5-hydroxytryptamine receptor improves skin flap survival and suppresses thrombus formation in injured microvessels of rabbits., Journal of Reconstructive Microsurgery, Vol.22, No.1, 59-65, 2006.
202)Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Masuo Kimura, Mayuko Takeuchi, Toshi Inoshita and Toshiaki Sano : Duodenal lymphangitis carcinomatosa: endoscopic characteristics and clinical significance., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.(1 Pt 1), 79-83, 2006.
203)Shinichiro Nakada, Yoko Katsuki, Issei Imoto, Tetsuji Yokoyama, Masayuki Nagasawa, Johji Inazawa and Shuki Mizutani : Early G2/M checkpoint failure as a molecular mechanism underlying etoposide-induced chromosomal aberrations., The Journal of Clinical Investigation, Vol.116, No.1, 80-89, 2006.
204)Kuswandari Sri, Mizuho Nishino, Kenji Arita and Yoko Abe : Mixed dentition space analysis for Indonesian Javanese children, Pediatric Dental Journal, Vol.16, No.1, 74-83, 2006.
205)Naoki Muguruma, Yoshitaka Imoto, Tetsuo Kimura, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Adenomyomatosis of the Gallbladder as a Potential Risk Factor for Gallbladder Carcinoma, International Medical Journal, Vol.13, No.2, 91-94, 2006.
206)Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Akiko Iga, Satoshi Wada, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano : Colonic pseudolipomatosis, microscopically classified into two groups, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.1 Pt 1, 65-70, 2006.
207)岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 : 嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの一例, 胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 2006年.
208)六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三 *井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進 : 尋常性天庖瘡に伴う食道病変, 消化器の臨床, Vol.19, No.3, 338-340, 2006年.
209)Sakata Miho, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Suzuki Mitsujiro, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami and Baba Hirotaka : Myocardial systolic strain in normal children using a tissue tracking system, Journal of Echocardiography, Vol.4, No.1, 19-24, 2006.
210)Miki Inoue, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Katsunori Tatara and Shoji Kagami : Mean heart rate at noght as a predictor for the evaluation of autonomic function in patietns with Duchenne progressive muscular dystrophy, Eur Heart J, Vol.27, suppl-685, 2006.
211)Otsuka Toshihiro, Keisuke Izumi, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Ipposhi Kaneshige, Yoshiharu Takiguchi, Kaneda Shinya, Nobuo Satake, Takamasa Ohnishi, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada : Prevention of lethal hepatic injury in Long-Evans Cinnamon(LEC) rats by D-galactosamine hydrochloride, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 81-86, 2006.
212)Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui : Preservation of C7 spinous process does not influence the long-term outcome after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy., International Orthopaedics, Vol.30, No.5, 362-365, 2006.
213)Koichi Sairyo, Vijay K Goel, Ashok Biyani, Nabil Ebraheim, Akiyoshi Masuda and Jinjiau Liu : Decompression surgery for lumbar spondylolysis without fusion: A review article., The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.2, No.2, 2006.
214)Takahiro Kubo, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Overexpression of HMGA2-LPP fusion transcripts promotes expression of the alpha 2 type XI collagen gene., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.340, No.2, 476-481, 2006.
215)Mitsuhiko Takahashi, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Bisphosphonate Modulates Morphological and Mechanical Properties in Distraction Osteogenesis through Inhibition of Bone Resorption., Bone, Vol.39, No.3, 573-581, 2006.
216)Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : No evidence for association of ENPP1(PC-1)K121Q variant with risk of Type 2 diabetes in a Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.6, 559-566, 2006.
217)Keisuke Yagi, Yoshito Matsui, Shunji Nakano, Hiroshi Egawa, Takahiro Tsutsui, Yoshiteru Kawasaki, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Treatment of knee osteoarthritis associated with extraarticular varus deformity of the femur: staged total knee arthroplasty following corrective osteotomy., Journal of Orthopaedic Science, Vol.11, No.4, 386-389, 2006.
218)Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa, Takahiro Kubo, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata, Kenji Endo, Yoshio Bando and Natsuo Yasui : Intrapatellar tendon lipoma with chondro-osseous differentiation: detection of HMGA2-LPP fusion gene transcript., Journal of Clinical Pathology, Vol.59, No.4, 434-436, 2006.
219)Mitsuhiko Takahashi, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Hirofumi Ohashi and Natsuo Yasui : Intrafamilial phenotypic diversity in multiple epiphyseal dysplasia associated with a COL9A2 mutation (EDM2), Clinical Rheumatology, Vol.25, No.4, 591-595, 2006.
220)Keisuke Yagi, Yoshitaka Hamada and Natsuo Yasui : A Leiomyoma Arising from the Deep Palmar Arterial Arch., The Journal of Hand Surgery, British and European Volume, Vol.31, No.6, 680-682, 2006.
221)Suguru Ohsawa, Kazuya Hukuda, Yasuaki Inamori and Natsuo Yasui : High tibial osteotomy for osteoarthritis of the knee with varus deformity utilizing the hemicallotasis method., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.126, No.9, 588-593, 2006.
222)Harumi Furochi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Kazumi Ishidoh, Yuko Onishi, Takahiro Ogawa, Chiharu Yamada, Hiromi Suzuki, Akira Higashibata, Motoko Oarada, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Distinct gene expression profiles in the femora of rats exposed to spaceflight, tail-suspension and dnervation., Biological Sciences in Space, Vol.20, No.3, 80-90, 2006.
223)Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese., Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006.
224)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線③ 3.太田母斑.異所性蒙古班.色素性母斑レーザー治療, 日本医事新報, No.4264, 2006年.
225)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, Tomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Akiyoshi Masuda, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : MRI signal changes of the pedicle as an indicator for early diagnosis of spondylolysis in children and adolescents. A clinical and biomechanical study., Spine, Vol.31, No.2, 206-211, 2006.
226)M Morishima, Nagakatsu Harada, S Hara, Atsuko Sano, Hiromasa Seno, Akira Takahashi, Yusuke Morita and Yutaka Nakaya : Monoamine Oxidase A Activity and Norepinephrine Level in Hippocampus Determine Hyperwheel Running in SPORTS Rats., Neuropsychopharmacology, Vol.31, No.12, 2627-2638, 2006.
227)Rie Matsushima, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Hiroshi Maezawa, Mari Miki, Youichi Nakamura, Fumitaka Ohgushi and Susumu Yasuoka : Human airway trypsin-like protease stimulates human bronchial fibroblast proliferation in a protease-activated receptor-2-dependent pathway., American Journal of Physiology. Lung Cellular and Molecular Physiology, Vol.290, No.2, 385-395, 2006.
228)N Kageyama, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, T Watanabe and Susumu Ito : Relationship between adhesion molecules with hs-CRP and changes therein after ARB (Valsartan) administration in patients with obstructive sleep apnea syndrome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 134-139, 2006.
229)T Ogata, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evalution of episodes of sleep apnea in patients with liver cirrhosis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 159-166, 2006.
230)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
231)Mayumi Umeno, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Yoshinobu Baba, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : A rapid and simple system of detecting deletions on the Y chromosome related with male infertility using multiplex PCR, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 147-152, 2006.
232)Keigo Kinoshita, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Hiroki Karahashi, Hiroe Kowa, Gang Chen, Mayumi Umeno, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Takuro Nakano, Susumu Ito and Yutaka Nakahori : Expression analysis of a mouse orthologue of HSFY, a candidate for the azoospermic factor on the human Y chromosome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 117-122, 2006.
233)T Kawaguchi, Masahiro Nomura, T Tujikawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : (123)I-metaiodo-benzylguanidine myocardial scintigraphy in the Brugada-type ECG., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 95-102, 2006.
234)K Koshiba, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Efficacy of glimepiride on insulin resistance adipocytokines and atherosclerosis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 87-94, 2006.
235)Y Ozaki, Masahiro Nomura, T Nakayama, T Ogata, Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Effects of thrombus suction therapy on myocardial blood flow disorders in males with acute inferior myocardial infarction., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 167-173, 2006.
236)Tomonori Watanabe, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relationships between thermic effect of food insulin resistance and autonomic nervous activity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 153-158, 2006.
237)Takanari Miyamoto, Hiromichi Yumoto, Yusuke Takahashi, Michael Davey and Frank Gibson C. III : Pathogen-accelerated atherosclerosis occurs early after exposure and can be prevented via immunization, Infection and Immunity, Vol.74, No.2, 1376-1380, 2006.
238)Frank Gibson C. III, Hiromichi Yumoto, Yusuke Takahashi, Hsin-Hua Chou and Caroline Attardo Genco : Innate immune signaling and Porphyromonas gingivalis-accelerated atherosclerosis, Journal of Dental Research, Vol.85, No.2, 106-121, 2006.
239)Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006.
240)Hideto Hayashi, Akira Tangoku, Kazuyoshi Suga, Kensaku Shimizu, Katsuhiko Ueda, Shigefumi Yoshino, Toshihiro Abe, Tomomitsu Sato, Naofumi Matsunaga and Masaaki Oka : CT lymphography-navigated sentinel lymph node biopsy in patients with superficial esophageal cancer., Surgery, Vol.139, No.2, 224-235, 2006.
241)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Fumi Shimizu, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Akira Kuwahara and Minoru Irahara : Comparison and problems of measured values of LH, FSH, and PRL among measurement systems., Endocrine Journal, Vol.53, No.1, 101-109, 2006.
242)Ami Inui, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, M Shiiba and Natsuo Yasui : Extruded lumbar osseous endplate causing long-term radiculopathy in an adult: an endoscopic excision., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.49, No.1, 55-57, 2006.
243)Kenya Nishioka, Shin Hayashi, J Matthew Farrer, B Andrew Singleton, Hiroyo Yoshino, Hisamasa Imai, Toshiaki Kitami, Kenichi Sato, Ryu Kuroda, Hiroyuki Tomiyama, Koichi Mizoguchi, Miho Murata, Tatsushi Toda, Issei Imoto, Johji Inazawa, Yoshikuni Mizuno and Nobutaka Hattori : Clinical heterogeneity of alpha-synuclein gene duplication in Parkinson's disease., Annals of Neurology, Vol.59, No.2, 298-309, 2006.
244)Toshinori Sakai, Yamada Hidehiro, Nakamura Taro, Nanamori Kazuhisa, Yoshiteru Kawasaki, Hanaoka Naoyoshi, Nakamura Eijiro, Uchida Ken, Goel K. Vijay, Vishnubhotra Lakshmi Sri and Koichi Sairyo : Lumbar spinal disorders in patients with athetoid cerebral palsy. A clinical and biomechanical study., Spine, Vol.31, No.3, E66-E70, 2006.
245)Yasushi Sato, Tetsuji Takayama, T Sagawa, T Okamoto, K Miyanishi, T Sato, H Araki, S Iyama, S Abe, K Murase, R Takimoto, H Nagakura, M Hareyama and Y Niitsu : A phase I/II study of nedaplatin and 5-fluorouracil with concurrent radiotherapy in patients with esophageal cancer., Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.58, No.5, 570-576, 2006.
246)Nobuhiko Katumuma, Atsushi Ohashi, Etsuko Sano, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Etsuko Murata : Catechin derivatives:specific inhibitor for caspases-3,7and 2,and the prevention of apoptosis at the cell and animal levels., FEBS Letters, Vol.580, No.3, 741-746, 2006.
247)Shuji Kondo, Maki Shimizu, Maki Urushihara, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T. Mark, Lambeth J. David and Shoji Kagami : Addition of the antioxidant probucol to angiotensin II type I receptor antagonist arrests progression mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat, Journal of the American Society of Nephrology, Vol.17, No.3, 783-794, 2006.
248)光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
249)Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Crucial Roles of NF-kB for T Cell Activation, Journal of Oral Biosciences, Vol.48, No.1, 12-17, 2006.
250)K Okane, M Ibaraki, H Toyoshima, S Sugawara, K Takahashi, S Miura, E Shimosegawa, Junichiro Satomi, K Kitamura and Koichi Satoh : 18F-FDG accumulation in atherosclerosis: use of CT and MR co-registration of thoracic and carotid arteries., European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging, Vol.33, No.5, 589-594, 2006.
251)Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shinya Tayoshi, Koshi Ota, naomi Kameoka, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Activation of the prefrontal cortex during the Wisconsin Card Sorting Test as measured by multichannel near-infrared spectroscopy., Neuropsychobiology, Vol.53, No.2, 70-76, 2006.
252)中西 秀樹, 松本 和也, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 長江 浩朗, 原田 浩史, 吉永 理香, 瀨渡 洋道, 清家 卓也, 安倍 吉郎 : 臨床医学の展望2006-診断および治療上の進歩[4]形成外科学会, 日本醫事新報, No.4270, 37-43, 2006年.
253)Takako Ichihara, Ayako Tamura, Tuyosi Kataoka, Tadaoki Morimoto, Takako Minagawa and Yumi Kuwamura : Accuracy of tissue thickness of the rectus femoris region as measured by ultrasound, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.4, No.2, 79-86, 2006.
254)Hirotsugu Yamada, ZB Popovic, DO Martin, KC Civello and DW Wallick : The effects of altering time delays of coupled pacing during acute atrial fibrillation, Heart Rhythm, Vol.3, No.6, 722-727, 2006.
255)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Effects of plaque control on the patency of dentinal tubules-an in vivo study in beagle dogs, Journal of Periodontology, Vol.77, No.3, 454-459, 2006.
256)杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
257)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Tomoharu Yoshizumi, Keiji Kishikawa and Yoshihiko Maehara : Reconstruction of the middle hepatic vein tributaries using the recipient's recanalized umbilical vein in right-lobe living-donor liver transplantation, Surgery, Vol.139, No.3, 442-445, 2006.
258)Fumiko Michishige, Kyoko Kanno, Sumiko Yoshinaga, Daisuke Hinode, Takehisa Yozo and Yasuoka Susumu : Effect of saliva collection method on the concentration of protein components in saliva, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 140-146, 2006.
259)Akihiko Kawaura, Eiji Takeda, Noritoshi Tanida, Kimie Nakagawa, Hironori Yamamoto, Kenji Sawada and Toshio Okano : Inhibitory Effect of Long Term 1α-Hydroxyvitamin D3 Administration on Helicobacter pylori Infection, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.38, No.2, 103-106, 2006.
260)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Malignant transformation of pelvic endometriosis: MR imaging findings and pathologic correlation, Radiographics, Vol.26, No.2, 407-417, 2006.
261)原田 路可, 坂本 理美子, 山田 知子, 船戸 豊子, 二宮 恒夫 : 周産期からの子どもの虐待防止継続支援体制, 子どもの虐待とネグレクト, Vol.8, No.1, 107-113, 2006年.
262)松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穗, 森山 啓司 : トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績, 形成外科, Vol.49, No.3, 311-317, 2006年.
263)Tetsuji Takayama, K Miyanishi, T Hayashi, Yasushi Sato and Y Niitsu : Colorectal Cancer: genetics of development and metastasis., Journal of Gastroenterology, Vol.41, No.3, 185-192, 2006.
264)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonary nodules after computed tomography--guided bronchoscopic metallic coil marking., Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.131, No.3, 704-710, 2006.
265)Kazuki Kumada, Ryoji Yao, Tokuichi Kawaguchi, Mika Karasawa, Yutaka Hoshikawa, Koji Ichikawa, Yoshinobu Sugitani, Issei Imoto, Johji Inazawa, Minoru Sugawara, Mitsuhiro Yanagida and Tetsuo Noda : The selective continued linkage of centromeres from mitosis to interphase in the absence of mammalian separase., The Journal of Cell Biology, Vol.172, No.6, 835-846, 2006.
266)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women receiving hormone therapy daily and on alternate days., Menopause, Vol.13, No.2, 314-322, 2006.
267)安野 恵実子, 趙 学麗, 木内 陽介, 森本 忠興 : 空間分布する局所組織インピーダンスのパラメータ推定に関する理論的検討, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.126, No.3, 319-326, 2006年.
268)Takao Imai, Noriaki Takeda, Mahito Ito, Koji Nakamae, Hideaki Sakae, Hiromu Fujioka, Takashi Matsunaga and Takeshi Kubo : Benign paroxysmal positional vertigo due to a simultaneous involvement of both horizontal and posterior semicircular canals., Audiology & Neuro-otology, Vol.11, No.3, 198-205, 2006.
269)Chizuru Ueda, Tsukasa Takaoka, Nobuko Sarukura, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Naoki Toda, Takeshi Tanaka, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda : Zinc nutrition in healthy subjects and patients with taste impairment from the view point of zinc ingestion, serum zinc concentration and angiotensin converting enzyme activity., Auris, Nasus, Larynx, Vol.33, No.3, 283-288, 2006.
270)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 第8脳神経症状のみを呈した耳性帯状疱疹の3症例, Facial Nerve Research Japan, Vol.26, 90-93, 2006年.
271)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin&apos;ya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset and symptoms., Neuroscience Letters, Vol.401, No.1-2, 1-5, 2006.
272)中川 伸一, 田村 公一, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : 喉頭截開術の適応と術式について, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.26, No.2, 225-232, 2006年.
273)Shinjiro Takata, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Yasuhiro Kuroda, Mizuho Nishino, Yoshito Matsui and Natsuo Yasui : Metaphyseal Dysplasia of Braun-Tinschert Type: Report of a Japanese Girl., American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.140, No.11, 1234-1237, 2006.
274)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Yukinori Takenaka, Pratima Nangia-Makker, Essam Elsammam, Toshinori Kasai, Masayuki Shono, Hiro-omi Kanayama, Julie Ellerhorst, Reuben Lotan and Avraham Raz : Galectin-3 regulates Mitochondrial Stability and Antiapoptotic Function in Response to Anticancer Drug in Prostate Cancer, Cancer Research, Vol.66, No.6, 3114-3119, 2006.
275)中西 秀樹 : 特別講演「眼瞼部の形成外科的治療」, 第10回眼科医療フォーラム, 2006年.
276)Yasushi Sato, J Kato, R Takimoto, K Takada, Y Kawano, K Miyanishi, M Kobune, Y Sato, Tetsuji Takayama, T Matsunaga and Y Niitsu : Hepatitis C virus core protein promotes proliferation of human hepatoma cells through enhancement of transforming growth factor-{alpha} expression via activation of NF-{kappa}B., Gut, Vol.55, No.12, 1801-1808, 2006.
277)Y. Kuroda, Takao Mitsui, M. Kunishige, Masayuki Shono, Masashi Akaike, H. Azuma and Toshio Matsumoto : Parkin enhances mitochondrial biogenesis in proliferating cells., Human Molecular Genetics, Vol.15, No.6, 883-895, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いた顎関節の三次元構築精度(B2-8), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 67, 2005年.
2)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(D13), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 93, 2005年.
3)Sutherland W.H. Fraser, Perry E. Tjorvi, Yu Ying, Sherwood C. Megan, Rabkin Elena, Yutaka Masuda, Garcia Alejandra G., McLellan L. Dawn, Jr C. Engelmayr George, Sacks S. Michael, Schoen J. Frederick and Jr E. Mayer John : From Stem Cells to Viable Autologous Semilunar Heart Valve, Circulation, Vol.111, No.21, 2783-2791, 2005.
4)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
5)工藤 英治, 塩田 洋 : 糖尿病性細小血管症, --- 基礎·臨床のアップデート ---, 日本臨牀, Vol.63, No.6, 302-305, 2005年.
6)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Mizuki Ninomiya, Satoko Shiotani and Keizo Sugimachi : Unusual endoscopic findings of CMV esophagitis after liver transplantation, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.64, 1236-1239, 2005.
7)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 信学技報, Vol.105, No.221, 7-9, 2005年.
8)丹黒 章 : 第13回 日本乳癌学会総会印象記 ''民芸の町倉敷から最新治療コンセンサスを発信'', 乳癌の臨床, Vol.20, No.4, 297-300, 2005年.
9)Keiko Ogita, Tomoaki Taguchi, Yuji Soejima, Satoshi Ieiri, Shunsaku Katsura, Narito Takada, Toshiharu Matsuura, Tomoharu Yoshizumi, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara and Sachiyo Suita : Fatty liver caused by portal vein thrombosis after living donor liver transplantation: a case report, Journal of Pediatric Surgery, Vol.40, No.8, E7-E9, 2005.
10)長澤 利彦, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術成績, 臨床眼科, Vol.59, No.8, 1325-1328, 2005年.
11)村尾 史子, 西野 真紀, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 虹彩隅角新生血管を合併した増殖糖尿病網膜症に対する初回硝子体手術成績, 臨床眼科, Vol.59, No.9, 1535-1538, 2005年.
12)Kenji Arita : Functional Treatment of Condylar Process Fractures in Children, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 51-52, 2005.
13)丹黒 章 : Summing 「乳がんの予防」, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 348-353, 2005年.
14)宮本 洋二, 藤澤 健司, 山内 英嗣 : 口腔外科の視点からみた即時荷重インプラント, 補綴臨床 別冊 即時インプラント, 36-42, 2005年.
15)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したGuillain-Barre症候群の1例, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 114-116, 2005年.
16)中村 克彦, 高橋 美香, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 144-146, 2005年.
17)戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 105-107, 2005年.
18)加納 正志, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 若槻 哲三 : 甲状腺クリーゼを発症した緊急冠動脈バイパス術の1例, 心臓, Vol.38, No.11, 1089-1092, 2006年.
19)北川 哲也 : 肺動脈弁欠損を伴うファロー四徴症の肺動脈弁再建について, 日本小児循環器学会雑誌, Vol.22, No.5, 16-17, 2006年.
20)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年.
21)黒部 裕嗣, 上野 智雄, 北川 哲也, 高濱 洋介 : 胸腺内Tリンパ球の異動制御とケモカイン, 臨床免疫, Vol.45, No.2, 165-177, 2006年.
22)須田 武雄, 木戸 康博, 筒井 翠子, 筒井 大八, 藤田 正隆, 中屋 豊 : 乾燥オカラの栄養評価, FFI Journal(Foods and Food Ingredients Journal of Japan), Vol.212, No.4, 320-327, 2006年.
23)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.
24)六車 直樹, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 伊東 進, 吉川 幸造, 嵩原 裕夫 : 小児に対し安全に施行しえたERCPの1例, 医薬の門, Vol.46, No.5, 30-33, 2006年.
25)住谷 さつき : 難治性うつ病の薬物治療, Fulvoxamine Area Report, 11-13, 2006年.
26)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, Kenji Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., Journal of the American College of Cardiology, Vol.47, No.4A, 308A, 2006.
27)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, S Yamada, A Watanabe, M Daisuke, K Tamura, H Yokoi and Masahiro Nomura : Difference in the Left Atrial Function Between Patients With Hypertensive Hypertrophy and Hypertrophic Cardiomyopathy Evaluated by Tissue Strain Imaging., Journal of the American College of Cardiology, Vol.47, No.4A, 120A, 2006.
28)Hirotsugu Yamada, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Differentiation of left atrial dysfunction by changes in transmitral flow velocities during lower body positive pressure., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.19, 613, 2006.
29)Hirotsugu Yamada, H Motonari, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : Effect of aging on left atrial myocardial strain evaluated by 2D tissue tracking during lower body positive pressure., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.19, 613, 2006.
30)K Matsuoka, M Nishino, A Hashimoto, K Yamagami, T Tamai, H Kato, Y Egami, R Shutta, H Yamaguchi, K Tanaka, J Tanouchi, Y Yamada and Hirotsugu Yamada : Right Ventricular Apical Pacing Impairs Left Ventricular Torsion as Well as Synchrony., Circulation, 2006.
31)奥村 仙示, 谷口 章子, 浪花 裕子, 西田 由香, 竹内 晴美, 佐久間 理英, 谷 佳子, 高橋 保子, 武田 英二 : 粘性食を組み合わせた朝食長期摂取によるインスリン感受性,脂質代謝改善評価, 栄養-評価と治療, Vol.23, No.6, 40-43, 2006年.
32)茂木 勝美 : 転写因子NF-kB活性の抑制による口腔扁平上皮癌の放射線感受性の増強, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 179-185, 2006年.
33)有田 憲司 : Pediatric Dentistry in Asia and South America, 小児歯科臨床, Vol.11, No.3, 44-57, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)細木 眞紀 : 臨床教育研修 補綴治療のスキルアップ, Letter for Members, No.17, 12-13, 2005年.
2)細木 眞紀 : 関連学会報告 第24回日本歯科医学教育学会総会·学術大会, Letter for Members, No.19, 4, 2005年.
3)細木 眞紀 : 関連学会報告 第18回日本顎関節学会総会·学術大会, Letter for Members, No.19, 5, 2005年.
4)Yasuhiro Kaneda : Suicidality in schizophrenia as a separate symptom domain that may be independent of depression or psychosis, Schizophrenia Research, Vol.81, No.1, 113-114, 2006.
5)Noriaki Takeda : Autonomic Dysfunction in Patients with Vertigo, JAAM, Vol.49, No.4, 153-157, 2006.
6)Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Expression of Macrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α) in the periodontal tissue during experimental tooth movement., Dentistry in Japan, Vol.42, 78-81, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)大森 哲郎 : うつ病の診断と治療, 精神科, Vol.6, No.4, 333-337, 2005年4月.
2)東野 恒作, 加藤 真介, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 : 頚椎症性脊髄症に対する頚椎椎弓形成術におけるC7棘突起温存は,神経学的長期成績の不良因子にならない, 骨·関節·靱帯, Vol.18, No.4, 325-330, 2005年4月.
3)桑原 章, 檜尾 健二, 山野 修司, 苛原 稔 : ARTにおける子宮外妊娠の発生と胚盤胞移植, Journal of Mammalian Ova Research, Vol.22, No.2, 59-63, 2005年4月.
4)宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 敦彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 原田 雅史 : 脳卒中診断の最前線, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 13-20, 2005年4月.
5)Shuji Ozaki : Role of Immunoglobulin Light Chains in AL Amyloidosis, Internal Medicine, Vol.44, No.5, 399-400, May 2005.
6)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : ホルモン補充療法の効用, 産婦人科治療, Vol.90, No.5, 860-867, 2005年5月.
7)武田 英二 : 分子栄養学とは? 食事で遺伝子の発現が変わるのか?, 小児内科, Vol.37, No.5, 608-609, 2005年5月.
8)竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : ビタミンDレセプター遺伝子多型と骨代謝, 臨床栄養, Vol.106, No.5, 580-586, 2005年5月.
9)瀧脇 弘嗣 : 関節リウマチの皮膚病変, medicina, Vol.42, No.5, 816-818, 2005年5月.
10)武田 英二 : 先天性代謝異常, 健康・栄養科学シリーズ人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論Ⅰ, 85-88, 2005年5月.
11)近藤 秀治, 香美 祥二 : 臨床編 Ⅶ. その他の主な自己免疫性疾患の臨床免疫学 膜性増殖性糸球体腎炎, 日本臨牀, Vol.63, No.5, 526-529, 2005年5月.
12)Kenji Tani, Keiko Sato and Saburo Sone : The Role of Chemokines in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis, Current Rheumatology Reviews, Vol.1, No.2, 143-150, Jun. 2005.
13)曽根 三郎, 柿内 聡司, 荻野 宏和, 矢野 聖二 : Epidermal growth fsctor受容体(EGFR)と分子標的治療, 血液・腫瘍科, Vol.50, No.6, 568-574, 2005年6月.
14)清水 真樹, 香美 祥二 : 特集:合併症としての腎障害の診断と治療 膠原病, 小児科 別冊, Vol.46, No.7, 1119-1126, 2005年6月.
15)森本 忠興, 葉久 真理 : マンモグラフィ検診による乳癌死亡減少効果とわが国の現状と展望, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.61, No.6, 749-758, 2005年6月.
16)香美 祥二 : 進行性腎炎におけるβ1インテグリンファミリーの役割, --- 細胞生物学的アプローチによる糸球体病変の解析 ---, 日本小児科学会雑誌, Vol.109, No.7, 795-804, 2005年7月.
17)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 中牟田 誠, 森園 周祐, 島田 光生, 前原 喜彦 : 劇症肝不全に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.51, No.1, 101-106, 2005年7月.
18)西岡 安彦 : 海外文献紹介 : 突発性肺線維症患者に対するピルフェニドンのプラゼボ対照二重盲検試験 , 肺傷害後の線維細胞fibrocyteのCCR2を介した肺胞腔への集積, The Lung perspectives, Vol.13, No.3, 112-113, 2005年7月.
19)沼田 周助, 大森 哲郎 : 非定型抗精神病薬による躁病の治療, 最新精神医学, Vol.10, No.4, 417-420, 2005年7月.
20)西川 啓介, 重本 修伺, 坂東 永一 : コンピュータ支援診断システム MM-JIからチェアーサイド咬合診査機器, The Journal of Dental Engineering, No.154, 11-14, 2005年7月.
21)苛原 稔, 桑原 章, 後藤田 浩司, 森川 富昭 : 国立大学におけるDPC対応の実際, --- 徳島大学病院の取り組み ---, 病院新時代, 2005年8月.
22)武田 英二 : 座談会・経腸栄養の素材と生体機能調節, 栄養-評価と治療, Vol.22, No.4, 81-89, 2005年8月.
23)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【腎泌尿器疾患のわかりやすい画像診断 正常画像と異常画像】膀胱の非腫瘍性疾患, 腎と透析, Vol.59, No.2, 379-384, 2005年8月.
24)香美 祥二 : 腎疾患と細胞外基質レセプター, 医学のあゆみ, Vol.214, No.7,8, 688-689, 2005年8月.
25)川浦 昭彦, 西田 由香, 武田 英二 : リン摂取と骨密度, Clinical Calcium, Vol.15, No.9, 55-60, 2005年9月.
26)安井 敏之, 苛原 稔 : 月経異常,排卵障害への漢方治療, 産婦人科の実際, Vol.54, No.9, 1343-1351, 2005年9月.
27)森川 富昭 : 病気になるリスク,食生活から数値化 徳大などシステム開発, 徳島新聞社, 2005年9月.
28)西谷 弘, 上野 淳二, 米田 和英, 山本 勇一郎 : 放射線科と院内システム, --- 完全フイルムレスPACS構築の経験を踏まえて ---, 日獨医報, Vol.50, No.3, 70-78, 2005年9月.
29)Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
30)曽根 三郎, Barge Alan : がん分子標的治療,開発者の視点と展望, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 277-286, 2005年10月.
31)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : cDNAマイクロアレイによるゲフィチニブに対する非小細胞肺がんの感受性予測, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 321-326, 2005年10月.
32)赤座 英之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 礒西 成治, 大橋 靖雄, 野口 眞三郎, 紅林 淳一, 筧 善行, 石川 秀樹, Blackledge George : Cancer Prevention, 癌と化学療法, Vol.32, No.10, 1499-1506, 2005年10月.
33)曽根 三郎, 荻野 広和 : トランスレーショナルリサーチからみたプロテオミクス, THE LUNG perspective, Vol.13, No.4, 359-363, 2005年10月.
34)野村 慎太郎, 東端 裕司, 藤原 慎視, 岡田 淳志, 森山 啓司 : オステオポンチン遺伝子発現調節, 日本臨牀, Vol.63, No.10, 622-626, 2005年10月.
35)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘, 坂東 良美 : 【婦人科がん画像診断の最先端】卵巣転移性腫瘍, 産婦人科の実際, Vol.54, No.10, 2005年10月.
36)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【癌取扱い規約からみた悪性腫瘍の病期診断と画像診断】婦人科癌 卵巣・卵管・妊娠絨毛性腫瘍, (月刊)臨床放射線, Vol.50, No.11, 1518-1529, 2005年10月.
37)武田 英二, 西田 由香, 竹内 晴美 : 痛風・高尿酸血症, 診断と治療, Vol.93, No.10, 1747-1750, 2005年10月.
38)森山 啓司, 谷本 起穗 : 繊維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2), 生体の科学, Vol.56, No.5, 416-417, 2005年10月.
39)中野 雅德 : 望ましい咬合接触と咬合評価のための各種検査法-咬合診断法確立に向けた戦略-, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.12, No.1, 1-5, 2005年10月.
40)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 31-32, 2005年11月.
41)西岡 安彦, 東 桃代, 曽根 三郎 : ボリコナゾール, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 76-77, 2005年11月.
42)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 肺炎: 診断と治療の進歩 VII.特殊病態における肺炎 3.人工呼吸器関連肺炎, 日本内科学会雑誌, Vol.94, No.11, 83-89, 2005年11月.
43)曽根 三郎 : がん分子標的薬ー開発から臨床への最新動向 はじめに, 医学のあゆみ, Vol.215, No.7, 599-600, 2005年11月.
44)武田 英二 : 第6章ストレス制御をめざす栄養科学, 食品機能素材Ⅲ, 54-59, 2005年11月.
45)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症とその周辺 - 治療の最前線 - 期待される薬剤と現況 イマチニブ(グリベック), 最新医学, Vol.60, No.12, 2577-2582, 2005年12月.
46)松崎 健司 : 【CT,MRI時代のピットフォール 目にとまりやすい偽病変,見落とされやすい真病変】生殖器・泌尿器領域 女性骨盤内臓器, クリニシアン, Vol.52, No.545, 1234-1241, 2005年12月.
47)瀬戸 浩行, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の治療, Dental Diamond, Vol.30, No.12, 118-119, 2005年12月.
48)伊東 進, 清水 一郎 : 特集2:健康であるために何をすべきか? 肝炎·肝癌, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 147-154, 2005年12月.
49)上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 : 【特集】女性の腰痛とその対策 更年期にみられる腰痛とその対策, 産婦人科治療, Vol.92, No.2, 147-151, 2006年.
50)森本 忠興, 福田 護, 岡崎 正敏, 遠藤 登喜子, 大内 憲明, 光山 昌珠, 佐野 宗明, 東野 英利子, 永井 宏, 土橋 一慶, 堀田 勝平, 逸見 典子, 今村 恵子, 木村 千明, 横江 隆夫, 岩瀬 拓士, 寺田 央, 富永 祐民, 飯沼 武, 坂元 吾偉 : マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の現状と課題, --- (1)マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の現状 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.15, No.1, 4-11, 2006年.
51)遠藤 登喜子, 岩瀬 拓士, 宇津野 栄, 大貫 幸二, 大村 峯, 木村 千明, 古妻 嘉一, 角田 博子, 寺田 央, 東野 英利子, 堀田 勝平, 梶谷 典子, 森本 忠興 : マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の現状と課題, --- (2)教育研修委員会の現状と課題 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.15, No.1, 12-18, 2006年.
52)岡崎 正敏, 遠藤 登喜子, 東野 英利子, 大貫 幸二, 福田 護, 木村 千明, 堀田 勝平, 今村 恵子, 土橋 一慶, 梶谷 典子, 寺田 央, 王丸 明子, 森本 忠興 : マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の現状と課題, --- 3)施設画像評価委員会の活動状況と問題点 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.15, No.1, 19-26, 2006年.
53)北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
54)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 子宮広間膜に発生したEpendymoma の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 150-151, 2006年.
55)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 膵粘液腺癌に合併した腹膜偽粘液腫の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 142-143, 2006年.
56)住谷 さつき, 大森 哲郎 : 神経症圏障害のすべて Ⅲ各論 e.強迫性障害 3.治療学, 臨床精神医学, Vol.35, No.6, 843-848, 2006年.
57)田畑 智継, 山田 博胤, 長野 智章, 森 修 : 2Dティッシュトラッキングの臨床応用, Medix, Vol.43, 4-9, 2006年.
58)粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 : 【慢性心不全の分子機構 新しい治療戦略を求めて】 性ステロイドと心保護作用, 循環器科, Vol.59, No.6, 579-584, 2006年.
59)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 1 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する①上顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.1, 79-84, 2006年1月.
60)曽根 三郎 : 呼吸器の病気にかからない,こじらせない, 毎日ライフ 2006年1月号, 12-14, 2006年1月.
61)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 【ちょっとハイレベルの日常遭遇する婦人科疾患】付属器腫瘤 上皮性腫瘍 嚢胞腺線維腫, 画像診断, Vol.26, 166-167, 2006年1月.
62)安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 【女性ホルモンUp to Date】女性ホルモン測定の意義, 性差と医療, Vol.3, No.2, 153-159, 2006年1月.
63)岩佐 武, 松崎 利也, 水口 雅博 : 薬剤の臨床 ARCHITECTアナライザーi2000を用いた血中エストラジオール,プロゲステロンおよびテストステロン測定の臨床的検討, 産科と婦人科, Vol.73, No.1, 133-140, 2006年1月.
64)武田 英二 : 痛風・高尿酸血症, 栄養・食糧学データハンドブック, 343, 2006年1月.
65)林 良夫, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : エストロゲンと自己免疫疾患, Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2006, 241-246, 2006年1月.
66)瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 : 実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態, クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.
67)森口 博基 : 【地域医療連携の新ステージ ITを活用した医療ネットワークのいまと未来】 徳島県におけるデータ・グリッド構築による病院間ネットワーク, INNERVISION, Vol.21, 18-19, 2006年1月.
68)森口 博基 : 【ITがもたらす効率化を再検証する】 システマライズされたHISが病院にもたらすもの 効率化とは何か, 新医療, Vol.33, No.2, 43-45, 2006年2月.
69)大倉 一夫, 加藤 隆史 : 痛みと睡眠の関連, 日本歯科評論, Vol.66, No.2, 182-184, 2006年2月.
70)Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006.
71)Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Crucial Roles of NF-κB for T Cell Activation, Journal of Oral Biosciences, Vol.48, No.1, 12-17, Feb. 2006.
72)内藤 毅 : バックル感染, --- 術後感染 ---, 眼科インストラクションコース, Vol.6, 88-91, 2006年2月.
73)桑原 章, 森川 富昭 : 医師と診療情報管理士が二人三脚で進める改革, --- DPC活用に取り組む徳島大学医学部歯学部附属病院 ---, 日経CME, 2006年3月.
74)森川 富昭 : 徳大病院にPマーク 個人情報管理を徹底, 読売新聞, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Koji Abe, Albers Andreas, Wang Jun, Lopez-Albaitero Anders, Schaeffer Carsten, Gooding William, Deleo Albert and Ferris L Robert : Antitumor activity human papillomavirus(HPV) Type 16 E7-specific T cells in patients with vrally infected squamous cell carcinoma of the head and neck(SCCHN), 95th American Association for Cancer Research annual meeting, Anaheim, Apr. 2005.
2)Hiroyuki Fukui, Shiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-related gene., Experimental Biology 2005, San Diego, CA, USA, Apr. 2005.
3)Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, 195, Beijing, Apr. 2005.
4)Mauricio de Araujo Rui Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling(RGS)2 and RhoE in human periodontal ligament cells under mechanical stress, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, 196, Beijing, Apr. 2005.
5)Hiroaki Muguruma, Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hideki Tomimoto, Takafumi Todoroki, Soji Kakiuchi, Makoto Kawatani, Hiroyuki Osada and Saburo Sone : Bone metastasis inhibition by RMA, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
6)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi and Saburo Sone : Establishment of orthotopically implanted malignant mesothelioma model which represents intrathoracic tumors and bloody pleural effusions, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
7)Hiroshi Shiota, M Ishimura, T Miyamoto, S Takano, E Sano, Q.T Le and N Katsunuma : Detection of disease-specific cyctein protease inhibitors in tears, ARVO 2004, 25, Florida, Apr. 2005.
8)Morimoto Arisa, Kato Hiromi, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : Theoretical study on local tissue EIT and its spatial resolution, 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering(APCMBE2005), Tsukuba, Apr. 2005.
9)Hiroshi Eguchi, Y Kubo, S Takano, Hiroshi Shiota and M Yano : Malignant Glaucoma After Penetrating Keratoplasty, ARVO 2004, 203, Florida, Apr. 2005.
10)Hiroshi Shiota, M Inoue, Y Kubo, Y Hayashi, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito : Best Classification of Acanthamoeba Keratitis, ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING, 113, Florida, May 2005.
11)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR Imaging and MR Spectroscopy of Female Intra-Pelvic Tumors:Preliminary Experience at 3.0 Tesla, ISMRM 2005, Miami, May 2005.
12)Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Glueck Julia, Nosé Yukihiko, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro : New double-bag type bicarbonate substitution fluid set resolve the problem of non mixture use., Ther Apher Dial., Vol.9, No.A11, A11, Warnemuende, May 2005.
13)Yuji Soejima, Akinobu Taketomi, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama and Yoshihiko Maehara : Living-donor liver transplantation for patients with hepatocellular carcinoma exceeding Milan criteria:a single center experience of 56 cases, American Transplant Congress 2005, Seattle, May 2005.
14)Mami Inayama, Yasuhiko Nishioka, Masahiko Azuma, Yoshinori Aono, Hideki Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American Thoracic Society Annual Meeting, San Diego, May 2005.
15)Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino, M. Ugai, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
16)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino and M. Ugai : Imatinib as a novel anti-fibrotic agent in bleomycin-induced lung fibrosis in mice, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
17)M. Azuma, Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Aono, M. Inayama, H. Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Inhibition of bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice by imatinib (Gleevec) and erythromycin-a role of aipha-1-acid glycoprotein, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
18)Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Masanori Nakano : Utilities of Jaw Tracking Device in Six Degrees of Freedom Using Magnetic Field, International College of Prosthodontists, Greece, May 2005.
19)Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Y Yoshijima and Tetsuo Ichikawa : Gene expression in a mouse osteoblast like cell line in response to compressing force., 11th International College of Prosthodontists, Crete, Greece, May 2005.
20)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
21)Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Sachiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Kazutaka Maeyama and Noriaki Takeda : Elevation of histamine H1 receptor mRNA and histidine decarboxylase mRNA in nasal mucosa of allergy model rats., World Allergy Congress 2005, Munich, Germany, Jun. 2005.
22)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
23)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
24)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
25)Shusuke Numata, Song Hongwei, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran ( serotonin noradrenaline reuptake inhibitor ) on memory in Korsakoffs syndrome after encephalitis., 8th World Congress of Biological Congress, Wien, Jun. 2005.
26)Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Miyoshi Shinichi, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : (B-053) Hemolysin produced by Vibrio mimicus activates two Cl- secretory pathways in cultured intestinal-like cells., 105th American society for microbiology general meeting, Atlanta, Georgia, USA, Jun. 2005.
27)Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro : Development of new double-bag type bicarbonate substitution fluid set to prevent the non mixture use., ASAIO J., Vol.51, No.2, 61A, Washington, D.C., Jun. 2005.
28)Kazuo Okura, GJ Lavigne, JY Montplaisir, PH Rompre, N Huynh and P Lanfranchi : Slow wave activity and heart rate variation are less dominant in fibromyalgia and chronic pain patients than in controls, Sleep, Vol.27, A302, Denver, Jun. 2005.
29)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda and Junji Ueno : Socio-economical effects of film-less PACS: comparison of pre- and post film-less operation, Berlin, Jun. 2005.
30)Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya : Dietary dose of nitrite attenuates L-NAME-induced renal injury in rats, 3rd World Congress of Nephrology, Singapore, Jun. 2005.
31)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hirokazu Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assessment of gastric motility in diabetic gastroparesis before and after attaining glycemic control., Journal of Gastroenterology, Vol.40, No.6, 583-590, Jul. 2005.
32)Yasuhiro Kaneda, Park Sohee, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Determinants of Work Outcome in Schizophrenia and Schizoaffective Disorder: A Role of Cognitive Function, The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
33)Yasuhiro Kaneda, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : A Reanalysis of the Cognition Subscale of the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
34)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : A role of ppGpp in tolerance to quinolone in Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 10th International congress Abstract Book, 101, Marseille, Aug. 2005.
35)Keiji Murakami, Kayama Sizuo, Viducic Darija, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of pslL gene in biapenem tolerance of Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 2005 10th International Congress Abstract Book, 139, Marseille, Aug. 2005.
36)Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, M Tomonori, Masaaki Takechi, Reiko Tokuyama and Masaru Nagayama : CHARACTERIZATION OF OSTEOPETROTIC MANDIBULAR CORTICAL BONE, Oral &Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.1, 138, Austria, Aug. 2005.
37)Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study, International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, Aug. 2005.
38)Takashi Harada, A Nakamura, Masahito Tomotake and : The influence of obsessive compulsive symptoms measured by the Maudsley Obsessive Compulsive Inventory (MOCI) on quality of life by brief version of World Health Organization Quality of LIFE Assessment (WHO-QOL26) among the woman nursing staffs, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, Kobe, Aug. 2005.
39)Bando Nobuyasu, Watanabe Kumi, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and al. et : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, Aug. 2005.
40)Nakano Masayuki, Akira Takahashi, Sakai Yuko and Yutaka Nakaya : Response of enteropathogen to neuroendocrine hormone ., COE international conference on biological mechanism for stress control, Tokushima, Japan, Aug. 2005.
41)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells, 第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
42)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Saito Saromi, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, 2005 COE International Conference ''Biological Mechanism for Stress Control'', Tokushima, Aug. 2005.
43)Yasuhiro Kaneda : ASSESSING WEIGHT-RELATED QUALITY OF LIFE IN PERSONS WITH SCHIZOPHRENIA, World Congress on Psychosomatic Medicine, Kobe, Aug. 2005.
44)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki : Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men, 27th ESPEN Congress, Brussels, Belgium, Aug. 2005.
45)Mikako Fujita, Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, K Kamada, H Shirai, Yo Matsuo and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, 5th Awaji International Forum on Infection and Immunity, Sumoto, Japan, Sep. 2005.
46)Katsuhiko Nakamura, Naoki Toda, Seizo Oyama, Mika Takahashi and Noriaki Takeda : Treatment of facial synkinesis: Mirror biofeedback rehabilitation with botulimun A toxin injection, 10th international facial nerve symposiumu, Maastricht, Sep. 2005.
47)Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of so dium-dependent phosphate transporter(NaPi-IIa) in opossum kidney cells, 27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
48)M. Tsuji, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, T. Sato, K. Nashiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Postprandial changes of serum fibroblast growth factor23(FGF23) levels on high phosphate diet in healthy men, 27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
49)Yutaka Nakaya : Diabetes, insulin resistance and cardiovascular disease, The 8th Iranian Congress of Biochemistry and the First International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Tehran, Iran, Sep. 2005.
50)Azhim Azran, Yamaguchi Jun, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Susumu Ito and Masahiro Nomura : Monitoring Carotid Blood Flow and ECG for Cardiovascular Disease in Elder Subjects, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 5495-5498, Shanghai, Sep. 2005.
51)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Onishi, Kazuo Yoshizaki, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi : Short term prediction of Ht value using BPNN during LCAP, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 4560-4563, Shanghai, Sep. 2005.
52)Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : Analysis for Brain Activities during Operations Using Measured EEG, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 6003-6006, Shanghai, Sep. 2005.
53)Emiko Yasuno, Kato Hiromi, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : A Fundamental Study on Parameter Estimation of Layerd Local Tissue Impedance for EIT, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 6650-6653, Shanghai, Sep. 2005.
54)Arisa Morimoto, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi, Y Omine, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Spatial Resolution in the Electrical Impedance Tomography for the Local Tissue, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 6638-6641, Shanghai, Sep. 2005.
55)Kenji Arita : Traumatic Injuries to the Teeth and Jaws in Children, 南通市, Sep. 2005.
56)Keiji Moriyama : New experimental model for tooth movement using genetically engineered animals, 6 th International Orthodontic Congress, Paris, Sep. 2005.
57)A Nakajima, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, A Tani, D Kinoshita, Y Kasai and Minoru Irahara : The process of blood coagulation enhances early endometrial-peritrial interaction in a murine model of endometriosis, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
58)Masahiko Maegawa, A Nakajima, Satoshi Yamamoto, Y Kasai, A Tani, D Kinoshita and Minoru Irahara : Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
59)Kenji Arita : Functional Treatment of Condylar Process Fractures in Children, Journal of Hard Tissue Bioligy, Vol.14, No.2, 51-52, Okayama, Sep. 2005.
60)Tetsuya Kitagawa, Tamotsu Kanbara, Kurobe Hirotsugu, Kurushima Atsushi, Ichikawa Youichi, Kanemura Takeyuki, Takashi Kitaichi and Yutaka Masuda : Repair of Ebstein's anomaly-significance of reconstruction of the valve function at the true tricuspid annulus-, 第4回世界小児循環器・小児心臓血管外科学会, ブエノスアイレス, Sep. 2005.
61)Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki and Hiromu Nishitani : Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive stereotactic radiotherapy, 8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY, Lisbon, Sep. 2005.
62)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Involvement of RhoE and regulator of G-protein signaling protein(PGS)2 in the response of human periodontal ligament cells to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.20, No.Suppl 1, S208, Nashville, Sep. 2005.
63)Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Hiroki Moriguchi : Construction and evaluation of E-learning system for medical teatment safety measure, Proceedings of E-Learn 2005, 65, Oct. 2005.
64)Takaaki Nose, Tomiaki Morikawa and Hiroki Moriguchi : Development and evaluation of e-Learning system that supports teacher, Proceedings of E-Learn 2005, 69, Oct. 2005.
65)Eiji Takeda, Yutaka Taketani, K. Nashiki, E. Shuto and Hironori Yamamoto : PHOSPHATE-MEDIATED INTRACELLULAR SIGNAL TRANSDUCTION PATHWAYS AND IT'S FUNCTION, Forty-Sixth International Symposium on `Regulation of Enzyme Activity and Synthesis in Normal and Neoplastic Tissues`, Bologna, Oct. 2005.
66)Yutaka Nakaya, Okita Kiwamu, Kato Akinobu, Miwa Toshiyuki, Suzuki Kazuyuki and Moriwaki Hisataka : Hisataka Moriwaki Branched chain amino acid-mixture as a late evening snack but not carbohydrate-rich snack improved nutrutional states, The 11th congress of parenteral and enteral nutrition society of Asia, Seoul, Oct. 2005.
67)Hiroshi Shiota : DIANOSIS AND TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS, 4th International Conference on Ocular Infections, 4, Sapporo, Oct. 2005.
68)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Hayashi and Hiroshi Shiota : A Case of Panophthalmitis Caused by Pantoea Agglomerans, The 4th International eyes infectious disease society, Oct. 2005.
69)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Takano and Hiroshi Shiota : A CASE OF PANOPHTHALMITIS CAUSED BY PANTOEA AGGLOMERANS, 4th International Conference on Ocular Infections, 64, Sapporo, Oct. 2005.
70)Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, Hiroshi Eguchi, T Takada and S Hata : 5,3,1 METHOD FOR THE TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS, 4th International Conference on Ocular Infections, 6, Sapporo, Oct. 2005.
71)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of Ginkgo biloba Extract on Rat brain Function, 2nd International Conference on Polyphenols and Health, California Davis, Davis, Oct. 2005.
72)Masami Yoshioka, Kaname Masuda, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode and Daniel Grenier : Contribution of Peptostreptococcus Micros proteases in cytokine response by human gingival fibroblasts, 4th General Annual Meeting of the International Conference on Protease Inhibitors, Quebec City, Oct. 2005.
73)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
74)Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito, Yoshinobu Tomiyama and Shuzo Oshita : Influences of sevoflurane in myocardial protection of an ultra-short-acting β1-blocker, landiolol., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
75)Shinji Kawahito, Junpei Nozaki, Nakamura Akiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of dexmedetomidine and clonidine on vasorelaxation mediated by adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the rat aorta., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
76)Yoshinobu Tomiyama, Yamaguchi Mikiyo, Satoru Eguchi, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of propofol on the changes in membrane potential induced by simulated ischemia/reperfusion by means of mitochondrial uncoupler in cultured human coronary artery endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
77)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Imaging Findings of Multiorganic Involvement of Chlamydia Trachomatis, RSNA 2005, Chicago, Nov. 2005.
78)Yutaka Nakaya, Okita Kiwamu, Kato Akinobu, Miwa Toshiyuki, Suzuki Kazuyuki and Moriwaki Hisataka : Randamized trial of branched chain amino acid rich supplement against carbohydrate rich snaks as a late evening snack in patients with liver cirrhosis., TheLiver Meeting-AASLD's 56th Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2005.
79)PB Zoran, Hirotsugu Yamada, Y Zhang, RA Grimm, JD Thomas and TN Mazgalev : Incomplete Relaxation and Excess Left Ventricular End-Diastolic Pressure during Atrial Fibrillation., The American Heart Association's Scientific Sessions 2005, Dallas, Nov. 2005.
80)Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease, American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, Nov. 2005.
81)Masahiro Uehara, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, Keigo Tominaga and Noriyuki Moriyama : Quantitative Evaluation of Osteoporosis Likelihood Using Low Dose Thoracic 3-D CT Images, RSNA, 816, Nov. 2005.
82)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, Y Nakagawa and H Kumada : Intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) using epithermal neutron, beams in patients with malignant glioma -Correlation between BNCT radiation dose and radiation injury, clinical outcome-, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
83)Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi and KT Kitazato : Down-regulation of Akt by RNA interference enhances radiation-induced apoptosis in malignant glioma cells, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
84)Maki Shimizu, Shuji Kondo, Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami : Reactive Oxygen Species (ROS) is Pivotal Mediator for Glomerular Epithelial-Mesenchymal Transition (EMT) in Experimental Progressive Glomerulonephritis (GN), 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
85)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
86)Toshiaki Tamaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Shoji Kagami and Koichiro Tsuchiya : Chronic oral administration of nitrite restores circulating NO level and improves renal injury in L-NAME treated rats, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
87)LIU Dali, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : pathogenicity of streptococcus intermedius,an Oral Commensal Bacterium, 2005-SINO-JAPANESE CONFERENCE ON STOMATOLOGY, Shanghai, Nov. 2005.
88)Masami Ninomiya, T Azuma, H Seto, J Kido and T Nagata : Successful Periodontal Regeneration Using FGF-2 in Two Periodontitis Patients, 2005-Sino-Japanese Conference on Stomatology, Shanghai, Nov. 2005.
89)Junya Miyata, Kenji Tani, Keiko Sato, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata, Shizuka Shigekiyo, Battur Lkhagvas, Nobuya Sano and Saburo Sone : The significance in rheumatoid arthritis as a monocyte chemoattractant, 2005 American College of Rheumatology(ACR/ARHP) Annual Scientific Meeting, San Diego, Nov. 2005.
90)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
91)Takeshi Soeki, I Kishimoto, H Hosoda, M Yoshida, T Tokudome, T Horio, D Schwenke and K Kangawa : Ghrelin suppresses cardiac sympathetic activity and attenuates early left ventricular remodeling in rats with myocardial infarction., American Heart Association Scientific Session 2005, Dallas, Nov. 2005.
92)Kurobe Hirotsugu, Kurushima Atsushi, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Assessment and Management of Trombus Captured in a Temporary Vena Cava Filter, アジア胸部外科学会, 17th Biennial Congress of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, Nov. 2005.
93)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE and PGS2 in mechanical-stressed periodontal ligament cells, 52st Annual Meeting of The Japanese Association for Dental Research, Okayama, Nov. 2005.
94)Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka and Hiromu Nishitani : Long-term results of radiation therapy for carcinoma of the uterine cervix, radiological society of north america 91st scientific assembly and annual meeting, Chicago, Nov. 2005.
95)Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Pelvic insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancy, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 47th annualmeeting, Denver, Nov. 2005.
96)Eiji Takeda : Metabolic control by low glycemic index diet and gene expression, ILSI's First International Conference on NUTRIGENOMICS Opportunities in Asia, Singapore, Dec. 2005.
97)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
98)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber-matrix interface property effects on mechanical properties and shape recovery of NiTi shape memory alloy fiber / denture-base-resin matrix composites, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, Waikoloa, Hawaii, USA, Dec. 2005.
99)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, H Takano and Masaru Nagayama : Enhancing Effects on Aggregation of Platelets by Hydroxyapatite Putty as a Topical Hemostatic Agent for Bone, The First International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, hawaii, Dec. 2005.
100)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Involvement of Interstitial Pneumonia in Sjogren's Syndrome Mouse Model with Aging., International Symposium on T Cells in Aging., Stuttgart, Dec. 2005.
101)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, Masaaki Taechi, Tetsuya Yuasa, Keiko Kudoh, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Hiroaki Nakanishi, Eriko Maeda and Masaru Nagayama : Usefulness of self-drilling type alveolar bone screws form mandibular fractures., 84th IADR, Brisbane, 2006.
102)Kenji Fujisawa, Mayumi Ohta, Yukihiro Momota, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayma : Clinical Study of the efficacy of the drug, The 1st International and the 19st Anual Meeting of the Japanese Society for the Tempo- romandibular joint., Nagoya, 2006.
103)Sprenr Jonathan, Boyman Onur, Cho Hoe Jea, Naozumi Ishimaru and Kovar M : T-Cell Specificity and the Thymus, Scientific Report 2005, Vol.31, 105-107, La Jolla, Jan. 2006.
104)Saburo Sone, Soji Kakiuchi and Seiji Yano : Real-time PCR-based biomarker to predict the sensitivity of non-small cell lung cancer(NSCLC) to EGFR-TKI, The 10th International Symposium on Cancer Chemotherapy, Tokyo, Jan. 2006.
105)Takashi Nishio, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Ryutaro Kakinuma, Noriyuki Moriyama and Hiromu Nishitani : Feature calculation for classification algorithm of pulmonary vein and artery, Proceedings of SPIE, Vol.6143, 915-922, Feb. 2006.
106)Jun Kawai, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu and Noriyuki Moriyama : Automated anatomical labeling algorithm of bronchial branches based on Multi-Slice CT images, Proc. SPIE Medical Imaging, Vol.6143, 907-914, Feb. 2006.
107)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Pelvic endometriosis: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
108)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : CT and MRI manifestations of pathologies with fatty components from head to foot: Differential diagnosis and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
109)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Benign and malignant germ cell tumors of the ovary: Radiological and pathological correlation, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
110)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pathologies of the uterine myometrium: Usual and unusual manifestations and pitfalls on magnetic resonance imaging, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
111)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ovarian teratomas: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
112)Nakano Masayuki, Akira Takahashi, Sakai Yuko and Yutaka Nakaya : Norepinephrine modulates the pathogenicity of Vibrio parahameolyticus., 11th Asian conference on diarrhoeal diseases and nutrition, Bangkok, Mar. 2006.
113)Xinyan Liu, Takashi Ukai, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : TLR2 plays a critical role in the atherosclerotic inflammatory response in ApoE-deficient mice independent of dietary lipids, Toll2006 meeting. Recent Advances in Pattern Recognition, Salvador(Brazil), Mar. 2006.
114)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Characteristics of regulatory dendritic cells induced by gingival epithelial cells, 35th Annual Meeting & Exhibition of the AADR, Orlando, Mar. 2006.
115)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, S Yamada, A Watanabe, M Daisuke, K Tamura, H Yokoi and Masahiro Nomura : Difference in the Left Atrial Function Between Patients With Hypertensive Hypertrophy and Hypertrophic Cardiomyopathy Evaluated by Tissue Strain Imaging., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Atlanta, Mar. 2006.
116)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, K Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, Atlanta, Mar. 2006.
117)Tomohito Kawano, Yamato Fukuda, Tomonori Watanabe, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata and Masahiro Nomura : Coronary Atherosclerotic Plaque Stabilization of HMG-CoA Reductase inhibitor, Atorvastatin, Evaluated by 16-slice Multidetector-row CT (MDCT), The 70th general meeting of a Japanese circulatory organ disease society, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)山田 博胤, 田畑 智継, 原田 顕治 : 肺静脈電気的隔離術における心腔内エコー図法(ICE)の役割, 第16回日本心エコー図学会学術集会, 2005年4月.
2)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である, 第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月.
3)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 第171回北陸整形外科集談会 (金沢市), 2005年4月.
4)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-192 緑膿菌 bta 遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
5)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-202 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
6)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
7)上野 淳二, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法の検討, --- 下剤を用いないCT colonographyの前処置として ---, 2005年4月.
8)生島 仁史, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本医学放射線学会学術集会抄録集, Vol.61, No.2, 228, 2005年4月.
9)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第1報 反射型フィルムおよびフィルム解析システムの諸特性, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本放射線技術学会学雑誌, Vol.61, No.2, 192, 2005年4月.
10)米田 和英, 上野 淳二, 村瀬 知也, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 2005年4月.
11)高瀬 真記, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 乳房縮小・再建手術を行った,若年性巨大乳腺肥大症の2例の検討, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
12)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭, 瀨渡 洋道 : Anterolateral thigh flapに外側広筋・大腿直筋弁を付着させた連合皮弁による組織再建術の経験, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
13)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : Gluteal fold flapによる美容的=機能的観点を重視した外陰・臀部再建法, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
14)大嶋 淳, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 197, 2005年4月.
15)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 林 良夫 : シェーグレン症候群における自己抗原120kDa α-フォドリンの意義, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
16)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 表原 文江, 林 良夫 : RbAp48遺伝子導入マウスにみられるシェーグレン症候群類似病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
17)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第11報)-プライマーの種類による界面特性の差異-, 第45回日本歯科理工学会学術講演会, 2005年4月.
18)石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 224, 2005年4月.
19)今 政幸, 堀内 信也, 森山 啓司, 淺岡 憲三 : リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 67, 2005年4月.
20)藤原 慎視, 森山 啓司 : メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現と機能の解析, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年4月.
21)井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, 2005年4月.
22)里見 淳一郎, 師井 淳太, 佐々木 正弘, 澤田 元史, 鈴木 明文, 松原 俊二 : 無症候性頚部頚動脈狭窄症に対するステント留置術, 第34回日本脳卒中の外科学会, 2005年4月.
23)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 糖尿病を有する患者の歯周治療における管理の重要性, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年4月.
24)安井 夏生 : 骨の成長障害とその予測, 第44回鹿児島整形外科懇話会 (鹿児島市), 2005年4月.
25)木内 陽介, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 変動する強磁界の細胞機能への影響, 第44回日本生体医工学大会, Vol.43, No.1, 159, 2005年4月.
26)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穂 : 小児の下顎骨関節突起骨折の観血的処置例におけるCT経過像, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.2, 320, 2005年4月.
27)武田 英二 : 「病態栄養学の概念と意義」「生活習慣病と臨床栄養学」「栄養素の代謝と作用」「食事摂取基準・必要量」, 日本栄養新報社 講演, 2005年4月.
28)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
29)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応, 日本栄養アセスメント研究会, Vol.28, 2005年5月.
30)梨木 邦剛, 首藤 惠泉, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 高リンによる酸化ストレスを介した血管内皮細胞機能障害, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
31)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応への効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
32)深谷 牧子, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 肝-門脈内グルコース感受性機構を介したインスリン分泌反応, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
33)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
34)山上 文子, 津田 紀子, 徳永 圭代, 武田 英二, 川下 圭一郎, 橋本 忠幸, 木路 修平, 河野 匡 : 陸上長距離選手のエネルギー代謝に関する研究, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
35)石黒 真理子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 : 甲状腺ホルモンによる生体リン代謝調節作用, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
36)竹井 悠一郎, 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 武田 英二 : スタニオカルシン2のビタミンD依存性分泌制御機構, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
37)武藤 佳瑞智, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 小金井 恵, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 山本 浩範, 土井 俊夫, 武田 英二 : 内臓脂肪蓄積予防に対する糖・脂質形成の複合効果, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.48, 2005年5月.
38)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果, 日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
39)山田 博胤, 田畑 智継, 原田 顕治, 伊東 進 : 心房細動除細動後の僧帽弁口血流速波形の偽拘束型パターンの成因, 第78回日本超音波医学会学術集会, 2005年5月.
40)高野 栄之, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 舌に発生した対称性脂肪腫症の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年5月.
41)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証I.予備的検討, 歯科放射線, Vol.45, No.4, 161-162, 2005年5月.
42)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服用内容とQOL-定型薬服用群と非定型薬服用群の比較-, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
43)友竹 正人, 安藝 浩史, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の主観的ウェルビーイングと関連する臨床的諸要因についての検討, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
44)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.105, No.63, 41-45, 2005年5月.
45)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の枝名対応付けアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.105, No.63, 37-40, 2005年5月.
46)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 進行胃癌症例に対する術前科学療法の意義, 第77回日本胃癌学会総会, 2005年5月.
47)瀨渡 洋道, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭, 山野 雅弘 : 遊離連合皮弁による再建を要したX腺透視後放射線障害の1例, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
48)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 瀨渡 洋道, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : 外側広筋・大腿直筋弁を付着させたAnterolateral thigh flapによる組織再建術の経験, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
49)三好 孝典, 近藤 和也, 中川 靖士, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : PO202-8 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の蛋白発現と活性, 第105回 日本外科学会的学術集会, Vol.106, No.2, 378, 2005年5月.
50)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 新たなbacterial translocationの臨床的評価法の開発, 第105回日本外科学会定期学術集会, 2005年5月.
51)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : One hundred left-lobe living donor liver transplantations between Adults:technical evolution with special reference to venous and biliary reconstuction, 第105回 日本外科学会定期学術集会国際ビデオシンポジウム, 2005年5月.
52)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 田代 征記, 寺澤 敏秀, 三宅 秀則, 島田 光生 : ss胆嚢癌に対する至適術式としてのS4a+S5区域切除術, 第105回日本外科学会総会, 2005年5月.
53)北市 隆, 増田 裕, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 枝川 卓二, 森 一博, 北川 哲也 : 段階的Fontanの手術における心室形態と体心室ジオメトリー変化の検討, 第105回日本外科学会学術集会, 2005年5月.
54)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, --- 1 予備的検討 ---, 第46回日本歯科放射線学会総会·学術大会 プラグラム·抄録集, 7, 2005年5月.
55)武田 英二 : ナトリウム依存性リントランスポーターによるリン代謝調節機構, 旭化成ファーマ第40回日本小児腎臓病学会学術集会 講演, 2005年5月.
56)北村 万里子, 薩摩 登誉子, 坂東 永一, 石川 輝明, 重本 修伺, 重本 貴穂, 竹内 久裕, 郡 元治, 中野 雅德, 山内 英嗣, 安陪 晋 : 口腔内センサによる6自由度顎運動測定, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.113, 2005年5月.
57)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 徳永 有美, 井上 典子, 西川 啓介, 森木 裕貴, 松浦 広興 : cerconシステムによるロングスパンブリッジを装着した金属アレルギー症例, 日本補綴歯科学会 第113回学術大会抄録集, Vol.2-2-24, 2005年5月.
58)森島 真幸, 原田 永勝, 原 小由合, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける運動習性と脳内モノアミン制御., 第59回日本栄養食糧学会, 2005年5月.
59)Hiroki Moriguchi : Changing medicine, to whom by what?, 第1回複合医工学国際会議 CME2005, May 2005.
60)武田 憲昭 : 空間識とめまい,空間識の形成と空間識障害によるめまい, 第106回日本耳鼻咽喉科学会 教育セミナー, 2005年5月.
61)関根 和教, 六反 一仁, 武田 憲昭 : ストレス解析用DNAチップを用いたメニエール病患者のストレス評価, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
62)佐藤 豪, 上枝 仁美, 関根 和教, 武田 憲昭 : メニエール病の長期の聴力変化, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
63)今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 松永 喬, 細川 清人, 久保 武 : 外側半規管型良性発作性頭位めまい症の病態に関する考察, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
64)森島 真幸, 原 小由合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける海馬ノルエピネフリン動態は運動習性を調節する., 第82回日本生理学会, 2005年5月.
65)安井 夏生 : 創外固定と骨延長・最新のトピックス, 高知大学医学部6年生臨床医学特論の講義, 2005年5月.
66)西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
67)冨田 優子, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穗, 森山 啓司 : レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
68) Nurhaerani, 清水 謙, 篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 口腔内装置表面へのプラズマイオン注入による歯垢付着抑制, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
69)木村 奈津子, 有田 憲司, 福留 麗実, 西川 聡美, 西野 瑞穗 : 乳歯外傷による後続永久歯胚腐骨分離の長期観察例, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
70)北岡 裕子, 郡 由紀子, 尼寺 理恵, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 顎関節症発症前後の顎運動および咬合解析, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
71)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穗 : 小児の下顎骨関節突起骨折の非観血的処置例におけるCT経過像, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
72)阿部 洋子, 有田 憲司, 郡 由紀子, 西野 瑞穗 : キューシックを用いた上顎前突症例, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
73)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌tcp遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第53回化学療法学会総会, 2005年5月.
74)武田 英二 : 「栄養アセスメント」「栄養補給法」「栄養摂取障害と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年5月.
75)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 母親と祖父母との関係性改善による母親の養育不適切の改善, 第13回 中国四国小児心身症学会, 2005年5月.
76)鈴記 洋子, 大岡 裕子, 森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : キャリア開発支援とQMSを担保する看護職員の力量評価システムの開発, 医療マネジメント学会誌, Vol.6, No.1, 217, 2005年6月.
77)高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : 躯幹部CTによる口腔顎顔面悪性腫瘍遠隔転移の評価, 四国歯学会, 2005年6月.
78)Yutaka Taketani, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells, 日本細胞生物学会大会, Vol.58, Jun. 2005.
79)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄線維芽細胞のIL-8,VEGF,接着分子の発現誘導, 第122回日本歯科保存学会春季学術大会, 2005年6月.
80)原田 顕治, 山田 博胤, 田畑 智継, 伊賀 彰子, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 河野 智仁, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 多彩な心室壁の肥大形態を示した肥大型心筋症(HCM)の一家系, 日本超音波医学会四国地方会, 2005年6月.
81)太田 真弓, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 下顎骨に多発した単純性骨嚢胞の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年6月.
82)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月.
83)安井 夏生 : 整形外科外来に必須な骨系統疾患の基礎知識, 第8回長崎関節外科懇話会 (長崎市), 2005年6月.
84)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : O-090 抹消型微小肺癌に対する術前マーキングによる縮小手術の可能性, 第22回 日本呼吸器外科学会総会, Vol.1997, No.3, 201, 2005年6月.
85)二宮 雅美, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例, 日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
86)藤井 正彦, 安藤 勤, 居村 暁, 森根 裕二, 西岡 将規, 池本 哲也, 島田 光生 : 大腸癌肝転移に対する外科的治療の意義, 第41回日本肝癌研究会, 2005年6月.
87)中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
88)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したギランバレー症候群の一例, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
89)戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
90)大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化-手術後の骨片の回転変化に関する検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
91)金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性-正面頭部X線規格写真を用いた検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
92)足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 歯髄線維芽細胞における細菌由来因子によるIP-10発現, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
93)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄由来繊維芽細胞のIL-8, VEGF, 接着分子発現誘導, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
94)米田 美穂, 中江 英明, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 歯肉上皮細胞におけるClaudinの発現について, 第122回 日本歯科保存学会春季学会, 2005年6月.
95)柏木 圭介, 米田 武史, 秋田 浩二, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 当科における熱傷瘢痕癌の臨床統計, 第31回日本熱傷学会総会・学術集会, 2005年6月.
96)山口 浩司, 若槻 哲三, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 田畑 智継, 西角 彰良, 野村 昌弘, 楠 完治, 伊東 進, 来島 敦史, 北川 哲也 : 左心室造影にて偶然発見し得た左室microaneurysmの一例, 第86回日本循環器学会四国地方会, 2005年6月.
97)松岡 英子, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : Chronic contained rupture2症例の検討, 第86回日本循環器学会四国地方会, 2005年6月.
98)中西 秀樹 : 特別講演「褥瘡・難治性潰瘍の基礎と臨床-外用剤の使用法を中心に-」, 第2回長崎ウンドマネジメント研究会, 2005年6月.
99)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : OR8-3 当科における光線力療法の治療経験ーporfimer sodiumからtalaporfin sodiumへー, 第128回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 2005年6月.
100)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 島田 光生 : Small-for-size graft における肝不全の病態と対策, 第17回日本肝胆膵外科学会, 2005年6月.
101)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 祇園 智信, 原田 昇, 播本 憲史, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 北川 大, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎再発に対する戦略, 第17回日本肝胆膵外科学会総会パネルディスカッション, 2005年6月.
102)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : B型肝炎合併肝細胞癌に対する生体肝移植, 第83回日本消化器病学会四国支部例会, 2005年6月.
103)戸田 直紀, 中川 英幸, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 二次性真珠腫の2症例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
104)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したギランバレー症候群の一例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
105)近藤 英司, 武田 憲昭, 中村 克彦 : 喉頭神経鞘腫の一例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
106)長嶋 比奈美, 宇高 二良, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 乳幼児健診の精査機関としての役割, --- 自験例を中心に ---, 第67回耳鼻咽喉科臨床学会, 2005年6月.
107)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
108)武田 英二 : 臨床栄養管理と食品機能評価, 太陽化学株式会社 講演, 2005年6月.
109)速水 朋彦, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : Fontan術後の蛋白漏出性胃腸症に左横隔膜縫縮術を行い改善をみた症例, 第48回関西胸部外科学会学術集会, 2005年6月.
110)黒部 裕嗣, 北市 隆, 速水 朋彦, 濱本 貴子, 来島 敦史, 市川 洋一, 神原 保, 増田 裕, 北川 哲也 : 遠隔成績から見たFontan治療戦略の評価, 第48回関西胸部外科学会学術集会, 2005年6月.
111)武田 英二 : NSTについて, 徳島栄養士会 講演, 2005年6月.
112)佐藤 真大, 小池 一幸, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, 四国歯学会 第29回例会·第24回総会, 2005年6月.
113)工藤 隆治, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 長山 勝, 誉田 栄一 : 上歯肉扁平上皮癌に対する高線量率モールド照射の治療経験, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 253, 2005年6月.
114)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 四国歯学会第29回例会・第24回総会 帰朝講演, Vol.18, No.2, 2005年6月.
115)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 祇園 智信, 原田 昇, 播本 憲史, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 北川 大, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎に対する戦略, 第23回日本肝移植研究会シンポジウム, 2005年6月.
116)増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 速水 朋彦, 濱本 貴子, 北川 哲也 : 当科における非解剖学的バイパス術の検討-適応・術式・グラフト開存・生命予後について-, 第33回日本血管外科学会総会, 2005年6月.
117)北市 隆, 増田 裕, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 濱本 貴子, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 北川 哲也 : 胸部下行および胸腹部大動脈瘤手術における対麻痺の危険因子とその対策, 第33回日本血管外科学会総会, 2005年6月.
118)加納 正志, 筑後 文雄, 浦田 将久, 高井 茂治, 中本 次郎, 藤本 美幸 : 胃-脾動脈瘤廔の一例, 第33回日本血管外科学会総会, 2005年6月.
119)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 休日乳児検診の父親同伴と育児困難スクリーニング項目の関連性, 第14回 中国四国小児保健学会, 2005年6月.
120)石丸 直澄, 林 良夫 : T細胞活性化機構におけるRelBの役割, 第4回四国免疫フォーラム, 2005年6月.
121)Chie Wada, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effects of Cyclosporine A on the Remodeling of alveoalr Bone in Rats, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
122)武田 英二 : 消化器疾患と栄養管理, 日本栄養新報社 講演, 2005年6月.
123)Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata : Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
124)Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
125)宮崎 かつし, 佐藤 豪, 田村 公一, 武田 憲昭 : 原発性上咽頭結核症例, 第67回耳鼻咽喉科臨床学会, 2005年7月.
126)竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 武田 英二 : IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシスにおけるezrinの役割, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
127)西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 武田 英二 : 単回リン負荷食の血中FGF-23濃度への影響, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
128)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 加藤 茂明, 稲熊 隆博, 武田 英二 : フラボノイド化合物ケルセチンの骨粗鬆症予防効果とその作用機構, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
129)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice, The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, Jul. 2005.
130)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月.
131)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月.
132)粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月.
133)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析, 第37回日本動脈硬化学会総会, 233, 2005年7月.
134)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する, 第37回日本動脈硬化学会総会, 232, 2005年7月.
135)足立 貴志, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : Stool Tagging法に用いる大腸仮想化内視鏡, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 63-65, 2005年7月.
136)鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 天野 雅史, 西谷 弘 : 医用画像の二次利用のための匿名化方法, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.221, 1-4, 2005年7月.
137)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 59-62, 2005年7月.
138)河村 奈美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 11-14, 2005年7月.
139)陣内 自治 : 灌流下中耳内視鏡手術, 第17回徳島耳鼻咽喉科治療手技研究会, 2005年7月.
140)武田 英二 : 栄養不良の病態と管理, さらや株式会社 講演, 2005年7月.
141)塩屋園 敦, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯を抜歯して治療した上顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
142)佐竹 秀太, 高橋 巧, 冨田 優子, 森山 啓司 : 過蓋咬合を伴う上顎前突の3治験例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
143)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
144)冨田 優子, 高橋 巧, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 第三大臼歯を含めて咬合を確立した叢生を伴う2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
145)内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
146)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
147)福田 大和, 若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武 : DES時代におけるhot spot stentingを考えさせられた一例, 第32回徳島心血管造影研究会, 2005年7月.
148)田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 要介護高齢者口腔ケア実習に対する歯学部学生の意識調査, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年7月.
149)濱本 貴子, 速水 朋彦, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 市川 洋一, 神原 保, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 悪性腫瘍に伴う下大動脈内出血腫瘍栓の外科摘出術と術中塞栓の予防, 第25回日本静脈学会総会, 2005年7月.
150)西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 塩田 洋, 谷 英紀, 林 英憲 : 1-04 抜糸後角膜膿瘍を来した角膜移植眼の2例, フォーサム·イン横浜, 38, 2005年7月.
151)林 勇樹, 高野 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 田近 智之, 江川 麻理子 : 1-38 最近経験した内因性眼内炎の3症例, フォーサム·イン横浜, 44, 2005年7月.
152)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動静脈分類アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.169, 31-35, 2005年7月.
153)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支枝名対応付けアルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.169, 27-30, 2005年7月.
154)江口 洋, 高野 しの, 林 勇樹, 寺田 祐子, 村尾 史子, 塩田 洋 : 1-60 LVFX耐性Corynebacterium属が起炎菌と考えられた前眼部感染症の2例, 第42回 日本眼感染症学会, 47, 2005年7月.
155)塩田 洋 : 抗ヘルペス薬 眼科応用の展望, フォーサム·イン横浜, 33, 2005年7月.
156)堀内 信也, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 矯正歯科治療により良好な咬合を確立したAchondroplasiaの1症例, 第45回日本先天異常学会学術集会, 2005年7月.
157)阿部 恵子, 森脇 智秋, 二宮 恒夫 : 思春期の子どもたちの性の自己決定へのヒアカウンセリングの視点からの支援, 第1回 中国四国思春期学会, 2005年7月.
158)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 本田 純子, 安藤 勤, 梅本 淳, 島田 光生 : 胃全摘後空腸嚢を用いたRoux-en Y再建症例の検討, 第60回日本消化器外科学会定期学術総会, 2005年7月.
159)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 肝右葉切除における機会吻器を用いた安全なGlisson 鞘一括処理, 第60回日本消化器外科学会総会, 2005年7月.
160)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
161)谷本 起穗, 勝瑞 理恵子, 森山 啓司 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞および破骨細胞の分化調節機構の解析, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
162)ラマ プトラント, 大庭 康雄, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時における破歯細胞に対するビスホスホネートの効果, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
163)アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレス負荷時のヒト歯根膜細胞におけるRhoEとRGS2の役割について, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
164)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
165)新井 英一 : 徳島大学病院のNST活動における栄養士の役割, 徳島県栄養士会 講演, 2005年7月.
166)富岡 重正, 金子 美幸, 高石 和美, 張 剛太, 江口 覚, 富塚 佳史, 中條 信義 : β遮断薬が有効であった過換気症候群患者の一例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
167)蓮井 義則, 張 剛太, 高石 和美, 中條 信義 : ヒ素ミルク被害者の歯科治療経験, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
168)高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富塚 佳史, 江口 覚, 富岡 重正, 中條 信義 : 学生と卒業生に対する救急蘇生実習後の知識およびアンケート調査, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
169)富塚 佳史, 富岡 重正, 金子 美幸, 張 剛太, 高石 和美, 江口 覚, 中條 信義 : アスピリン喘息患者の鎮痛薬選択にin Vitroリンパ球幼若化検査を用いた2症例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
170)南川 貴子, 田村 綾子, 桑村 由美, 市原 多香子, 近藤 裕子 : リハビリテーションの必要な患者を受け持った学生の学びについて, 日本看護学教育学会誌第15回学術集会講演集, 260, 2005年7月.
171)足立 貴志, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : Stool Tagging法に用いる大腸仮想化内視鏡, JAMIT, 3-4, 2005年7月.
172)鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 天野 雅史, 西谷 弘 : 医用画像の二次利用のための匿名化方法, JAMIT, 5, 2005年7月.
173)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズムの構築, JAMIT, 1-4, 2005年7月.
174)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT, 35, 2005年7月.
175)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の枝名対応付けアルゴリズム, JAMIT, 29, 2005年7月.
176)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出方法の検討, 2005年7月.
177)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 仁木 登, 河田 佳樹, 米田 和英, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 55-58, 2005年7月.
178)石丸 直澄, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 第二回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 38, 2005年7月.
179)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : RbAp48トランスジェニックマウスを用いたシェーグレン症候群新規モデルの作成, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 48, 2005年7月.
180)大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 46, 2005年7月.
181)辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, 2005年7月.
182)黒部 裕嗣, 北市 隆, 来島 敦史, 加納 正志, 増田 裕, 北川 哲也 : 下大動脈血栓除去術と術後抗凝固法が奏功した急性肺塞栓の一例, 第36回日本血管外科学会中国四国地方会, 2005年7月.
183)松本 文博 : 10歳代,20歳代顎関節症患者の臨床統計的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.18, No.1, 84, 2005年7月.
184)中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, 114, 2005年7月.
185)武田 英二 : 「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年7月.
186)近藤 裕子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 市原 多香子 : 初回基礎看護学実習で学生が興味·関心を抱いたこと, 第36回日本看護学会抄録集看護教育, 70, 2005年8月.
187)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用, 第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
188)田畑 智継, 山田 博胤 : 2D組織トラッキング法を用いた左房リザーバー機能の評価, 第3回先進心血管エコー研究会, 2005年8月.
189)市原 多香子, 田村 綾子, 近藤 裕子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 術後患者観察における看護学生が行う観察·判断状況, --- 実習前·後のモデル人形を