RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2007.4〜2017.3

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{83979}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)Fuji Ren, Yixin Zhong, Shingo Kuroiwa and Satoru Tsuge : Artificial Intelligence and Affective Computing, International Advanced Information Institute, Jun. 2007.
2)西村 昭彦, 三神 厚 : 基礎と地盤の動的相互作用を考慮した耐震設計ガイドライン(案), 日本地震工学会, 2007年10月.
3)草壁 克己, 外輪 健一郎 : マイクロリアクタ入門, 米田出版, 千葉, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Fattah Abdel Mohamed, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Sentence alignment using P-NNT and GMM, Computer Speech & Language, Vol.21, No.4, 594-608, 2007.
2)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Chinese semantic dependency analysis: Construction of a treebank and its use in classification, ACM Transactions on Speech and Language Processing, Vol.4, No.2, 1-20, 2007.
3)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 高原 光恵, 湊 裕史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : ロービジョン者による視覚障害者誘導用ブロックの視認性に関する研究, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.19, No.2, 9-15, 2007年.
4)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Shin-ichiro Yanagiya, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Shrinking stacking fault through glide of the Shockley partial dislocation in hard-sphere crystal under gravity, Molecular Physics, Vol.105, No.10, 1377-1383, 2007.
5)Toyofuku Masanori, Nomura Nobuhiko, Fujii Tatsuya, Takaya Naoki, Hideaki Maseda, Sawada Isao, Nakajima Toshiaki and Uchiyama Hiroo : Quorum Sensing Regulates Denitrification in Pseudomonas aeruginosa PAO1, Journal of Bacteriology, Vol.189, No.13, 4969-4972, 2007.
6)Takamasa Kaito, Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Vapour growth and morphology of PbBr2 crystals, Crystal Research and Technology, Vol.42, No.7, 652-656, 2007.
7)松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : アーク・イオンプレーティングによって形成された硬質積層膜における残留応力の熱緩和, 材料, Vol.56, No.7, 635-640, 2007年.
8)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kenta Kaneko, Osami Sakata and Masayuki Nishida : Stress-assisted atomic migration in thin copper films, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 671-674, 2007.
9)Shigeru Sugiyama, Hisaaki Ishizuka, Yuka Shimizu and Ken-Ichiro Sotowa : Removal-Regeneration of Aqueous Phosphate with Bulk and Thin-Layer Boehmite, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.7, 598-603, 2007.
10)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 48-52, 2007年.
11)桐山 聰, 英 崇夫 : 思考支援ツールを使った学生自身によるプロジェクト活動の自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 70-74, 2007年.
12)Zhi Teng, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Emotion Recognition Conversation System Based on Knowledge Database Automatic Architecture, Communications in Computer and Information Science, Vol.2, No.17, 722-731, 2007.
13)山村 猛, 三神 厚, 辻原 治, 澤田 勉 : 道路橋の地震被害率関数の一作成法, 地震工学論文集, Vol.29, 674-679, 2007年.
14)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shin-ichiro Yanagiya : Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation, Fluid Phase Equilibria, Vol.257, No.2, 131-138, 2007.
15)三神 厚, 斉藤 剛彦, 澤田 勉, 繁田 淳吾, 中野 晋 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震による四国地域の距離減衰と地盤増幅特性の検討, 地震工学論文集, Vol.29, 178-186, 2007年.
16)斉藤 剛彦, 三神 厚, 吉岡 理絵, 黒崎 ひろみ, 浜 大吾郎, 中野 晋, 澤田 勉 : 体験談と現地調査に基づく昭和南海地震の地震動と木造家屋被害についての考察, 地震工学論文集, Vol.29, 816-822, 2007年.
17)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年.
18)Masayuki Nishida, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : X-ray stress measurement of fiber reinforced plastics composite material, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 2423-2426, 2007.
19)Shingo Kuroiwa, Satoru Tsuge, Masahiko Kita and Fuji Ren : Speaker Identification Method Using Earth Mover's Distance for CCC Speaker Recognition Evaluation 2006, International Journal of Computational Linguistics & Chinese Language Processing, Vol.12, No.3, 239-254, 2007.
20)原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
21)Tsutomu Hashizume, Ikuo Yoneda, Hiroshi Kitagawa, Saki Kasuya, Minoru Kamata, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Manual Wheelchair User's Accessibility between Platforms and Trains and Development of the Wheelchair Assistive Device for Boarding Trains, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 65-69, 2007.
22)Daijirou Kuroda, Osamu Sueda, Shoichiro Fujisawa, Hidehisa Oku and Masatoshi Takami : The Method of Estimating the Ability of the Wheelchair Users to run the Electric Wheelchair, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 70-74, 2007.
23)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Hirohito Minato, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Measurement of Luminance Contrast Sensitivity of Persons with Low Visual Capability in order to Secure the Visibility of Tactile Walking Surface Indicators, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 326-330, 2007.
24)Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa, Aya Mima, Hiroshi Shiota, Kenji Yanashima, Mitsue Takahara and Osamu Sueda : The Importance of Measuring Medical and Psychological Characteristics in Visibility Measurement of Persons with Low Visual Capability, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 331-335, 2007.
25)Hirohiko Ohkubo, Kunio Kurachi, Mitsue Takahara, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Directing Characteristics of Infra-red Handheld Device toward Target by Persons with Visual Impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 336-340, 2007.
26)Yasushi Matsuda, Tomohiko Horiguchi, Akiyoshi Saitou, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : The Measurement Technique of AFO(ankle-foot orthosis) Fitting for More Comfortable, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 445-449, 2007.
27)Shin-ichiro Yanagiya, Yuji Iseki, Takamasa Kaito, Atsushi Mori, Chihiro Kaito, Takashi Sekiguchi and Tetsuo Inoue : Growth of ZnS Nano-Crystallites in Gel and their Characterization, Materials Chemistry and Physics, Vol.105, No.2-3, 250-252, 2007.
28)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Takeshi Osaka, Toshihiro Moriga, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : 51V MAS NMR and XAFS Evidences for Redox of Magnesium pyro- and ortho-Vanadates on the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.115, No.10, 667-671, 2007.
29)齊藤 剛彦, 三神 厚, 澤田 勉, 中野 晋, 成行 義文 : 近年の被害地震に対する各自治体の取り組みに関する検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 163-171, 2007年.
30)島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉, 岡部 健士, 中野 晋, 成行 義文 : 異なる地震タイプに対する不確定性を考慮した地震動の作成, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 81-90, 2007年.
31)藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年.
32)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Redox Nature of Fe-incorporated Magnesium ortho-Vanadate as a Catalyst for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.12, 1064-1071, 2007.
33)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yohei Ueno and Ken-Ichiro Sotowa : Oxidative Dehydrogenation of Propane over Vanadate Catalysts Supported-on Calcium and Strontium Hydroxyapatites, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.51, No.1, 50-57, 2008.
34)Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi and Shigeru Sugiyama : Fluid flow behavior and the rate of an enzyme reaction in deep microchannel reactor under high-throughput condition, Chemical Engineering Journal, Vol.135, No.S1, S30-S36, 2008.
35)桐山 總, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 谷田 弓磨, いち田 英広, 小谷 亮介, 小西 正輝, 英 崇夫 : 若者の判断力を育成する新しいグループワーク, 工学教育, Vol.56, No.1, 83-88, 2008年.
36)外輪 健一郎, 白石 宣政, 杉山 茂 : 温度周期操作を利用した反応制御技術の実験的検討, 化学工学論文集, Vol.34, No.1, 108-112, 2008年.
37)Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Tatsuo Kanashiro, Kazuo Kuriyama, Hiromi Hamanaka and Masahito Yahagi : NMR Study on Defect Structure in β-LiGa, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.3, 034604-1-034604-7, 2008.
38)Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Murugesan Vijayakumar, Subramanian Selvasekarapandian and Hiroyuki Deguchi : NMR Study on Li Ionic Motion in LixV2O5 (0.4<x<1.4), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.2, 024602-1-024602-7, 2008.
39)Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi, Yuusaku Iguchi and Shigeru Sugiyama : Forced temperature cycling of a catalyst layer and its application to propylene oxidation, Chemical Engineering Science, Vol.63, No.10, 2690-2695, 2008.
40)Shigeru Sugiyama, Yuki Kanda, Hisaaki Ishizuka and Ken-Ichiro Sotowa : Removal and Regeneration of Aqueous Divalent Cations by Boehmite, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.320, No.2, 535-539, 2008.
41)日下 一也, 英 崇夫, 金子 健太, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いた窒化アルミニウム-銅積層膜の熱応力その場測定, 日本機械学会論文集(A編), Vol.74, No.739, 363-369, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)勅使河原 三保子, 上田 哲史 : 英語による大学院レベル工学系授業の質向上をめざして, --- 授業受講支援の実施状況とアンケート調査結果 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 123-127, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)Norihide Oda, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 329-332, 2007.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)英 崇夫 : 教員の教育貢献評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 184-190, 2007年7月.
2)英 崇夫 : 教員の教育貢献評価に関するアンケート調査報告, 工学教育, Vol.55, No.4, 191-196, 2007年7月.
3)間世田 英明 : Quorum-sensing機構, 呼吸器科, Vol.12, 77-88, 2007年7月.
4)森 篤史, B. Brian Laird : 剛体球系固液界面の計算機シミュレーション, アンサンブル, Vol.9, No.4, 35-40, 2007年9月.
5)外輪 健一郎 : 化学工学年鑑2007, --- マイクロリアクタ ---, 化学工学, Vol.71, No.10, 666-667, 2007年10月.
6)英 崇夫 : 学生のプロジェクト活動を通した人間力養成, 工学教育, Vol.56, No.1, 70-75, 2008年1月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : 51V MAS NMR and XAFS Evidence on Redox Nature of Fe-Incorporated Mg3V2O8 for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, 11th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Seoul, May 2007.
2)Shigeru Sugiyama, Yashuhiko Tanabe, Ken-Ichiro Sotowa, Toshiya Yasukawa and Wataru Ninomiya : Dehydrogenation of Cycloalkanes over Noble Metal Catalysts Supported on Active Carbon, 11th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Seoul, May 2007.
3)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Shigeki Tsuji : Occasional Delayed Feedback Control for Switched Autonomous Systems, Proc. of ISCAS2007, 2474-2477, New Orleans, May 2007.
4)Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of Residual Stresses in TiN Films by Synchrotron Radiation due to Heat Treatment, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 127-130, Kanazawa, Jun. 2007.
5)Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Stress Assisted Atomic Migration in Copper Thin Films, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 229-232, Kanazawa, Jun. 2007.
6)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shingubara Shoso, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Measurement of electromigration-induced stress in aluminum interconnection, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 411-414, Kanazawa, Jun. 2007.
7)Kikuo Tominaga, Miyamoto Yoshinori, Ohkura Shinya, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Comparison of film depositions of anatase TiO2 by planar magnetron sputtering with opposed Ti targets and conventional Ti targets, The 20th Symposium on Plasma Science for Materials, 108, Nagoya, Jun. 2007.
8)Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Low Cost Japanese-English Machine Translation for Cross-Lingual Information Retrieval, Proceedings of the 2007 International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition, 22-27, FL, USA, Jul. 2007.
9)Jiajun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Semi-Automatic Construction of an Emotion Ontology Using HowNet, Proceedings of the 2007 International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition, 17-21, FL, USA, Jul. 2007.
10)Masayuki Nishida, Jing Tian, Muslih R. M. and Takao Hanabusa : Residual stress measurement of titanium casting alloy by neutron diffraction, Proceedings of the International Conference on Neutron and X-ray Scattering 2007, 101-104, Bandung, Jul. 2007.
11)Takao Hanabusa : Fundamental and application of X-ray stress measurement, International Conference on Neutron and X-ray Scattering, Workshop, Serpong, Indonesia, Jul. 2007.
12)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Stacking disorder in hard-sphere crystal under gravity, YITP Workshop 2007 "New Frontiers in Colloidal Physics : A Bridge between Micro- and Macroscopic Concepts in Soft Matter", Vol.89, No.1, 126-127, Kyoto, Jul. 2007.
13)Quentin Brandon, Toshiyuki Kumano and Tetsushi Ueta : Method of repellers detection by applied computation over basin of attraction, Proc. NDES2007, 241-244, Tokushima, Jul. 2007.
14)Hassane Bouzahir, El Fatima Guezar and Tetsushi Ueta : On Scicos simulation of a hybrid dynamical system, Proc. NDES2007, 62-65, Tokushima, Jul. 2007.
15)Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
16)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
17)Takao Hanabusa, Masayuki Nishida and Kazuya Kusaka : Thermal stress behavior of micro- and nano-size aluminum films, International Conference on Neutron and X-ray Scattering 2007, 21-27, Bandung, Indonesia, Jul. 2007.
18)Lei Yu, Jia Ma, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Text Summarization Based on Lexical Chains and Structural Features, Proceedings of 8th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, Vol.2, 574-578, Qingdao, China, Jul. 2007.
19)Shingo Kuroiwa, Masashi Takashina, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Artificial Bandwidth Extension for Speech Signals using Speech Recogniton, Proc. of INTERSPEECH 2007, 2501-2504, Antwerp, Belgium, Aug. 2007.
20)Seiji Tsuchiya, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Watabe Hirokazu and Kawaoka Tsukasa : A Semantic Information Retrieval Technique and an Evaluation for a Narrow Display Based on an Association Mechanism, IEEE NLP-KE2007, 209-214, Beijing, Aug. 2007.
21)Shinomiya Mizuho, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Seiji Tsuchiya : Extracting the Opinions of News Articles based on Emotionally Laden Words, IEEE NLP-KE2007, 262-267, Beijing, Aug. 2007.
22)Yamada Taichi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Classification of Facemarks Using N-gram, IEEE NLP-KE2007, 322-327, Beijing, Aug. 2007.
23)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Rozzano De Castro Locsin, Shu-ichi Ueno, Kazuyuki Matsumoto, Chiemi Kawanishi, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Fuji Ren : Electroencephalograph Estimation Method of Measuring `Empathic Understanding', IEEE NLP-KE2007, 514-519, Beijing, Aug. 2007.
24)Junko Minato, Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Corpus Based Analysis of Japanese-English Emotional Expressions, IEEE NLP-KE2007, 413-418, Beijing, Aug. 2007.
25)Ye YANG, Song LIU, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Question Answering System of Confucian Analects, IEEE NLP-KE2007, 361-366, Beijing, Aug. 2007.
26)BRACEWELL B. David, Fuji Ren, Katsutoshi HISAZUMI, Zhi TENG, Yuichi FUROSE and Shingo Kuroiwa : READING: A Self Sufficient Internet News System with Applications in Information and Knowledge Mining, IEEE NLP-KE2007, 190-196, Beijing, Aug. 2007.
27)Fang TIAN, Yun LI, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Ontology based Domain Knowledge Construction, IEEE NLP-KE2007, 176-182, Beijing, Aug. 2007.
28)Dapeng YIN, Peilin JIANG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese complex long sentences processing method for Chinese-Japanese machine translation, IEEE NLP-KE2007, 170-175, Beijing, Aug. 2007.
29)Manabu SASAYAMA, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Super-Function Extraction for Translation of Spoken Dialogue, IEEE NLP-KE2007, 141-148, Beijing, Aug. 2007.
30)Song LIU, Ye YANG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Questions Analysis of Confucius Analects Knowledge System, IEEE NLP-KE2007, 107-110, Beijing, Aug. 2007.
31)Yun LI, Fang TIAN, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Yixin ZHONG : A Method of Semantic Dictionary Construction from On-line Encyclopedia Classifications, IEEE NLP-KE2007, 82-89, Beijing, Aug. 2007.
32)Zhi TENG, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Emotion Recognition from Text based on the Rough Set Theory and the Support Vector Machines, IEEE NLP-KE2007, 36-41, Beijing, Aug. 2007.
33)Satoru Tsuge, Keiji SEIDA, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren, Minoru Fukumi and Shingo Kuroiwa : Analysis of Variation on Intra-Speakers Speech Recognition Performances, IEEE NLP-KE2007, 387-392, Beijing, Aug. 2007.
34)Mitsuhiro Ozawa, Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Minoru Fukumi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Utterance Segmentation Tool for Speech Corpus, IEEE NLP-KE2007, 401-406, Beijing, Aug. 2007.
35)Lin Ye, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Seiji Tsuchiya : Similarity Computing Based on VSM and Syntactic Analysis, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 61-65, Beijing, Aug. 2007.
36)Ma Jia, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa, Fuji Ren and Yu Lei : The New Image Processing Method in Expression Recognition System, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 134-139, Beijing, Aug. 2007.
37)Mishina Kenichi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : An Emotion Similarity Calculation Using N-gram Frequency, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 160-165, Beijing, Aug. 2007.
38)Hisazumi Katsutoshi, Seiji Tsuchiya, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Extraction of the term which has an explicit relation using Coincidence Frequency, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 178-183, Beijing, Aug. 2007.
39)Jiaiun Yan, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Hybrid Approach to Determiniing Semantic Dependency Relations of Chinese Sentences, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 7-13, Beijing, Aug. 2007.
40)Yu Zhang, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Construction and Analysis of an Chinese Emotion Corpus, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 41-46, Beijing, Aug. 2007.
41)Liying Mi, Xin Luo, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Super-Function Matching of Causative Sentences for Chinese-Japanese Machine Translation, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 47-54, Beijing, Aug. 2007.
42)Peilin Jiang, Fuji Ren, Nanning Zheng, Ran Li and Shingo Kuroiwa : Nolinear Luminance-Chrominance Spase Map based Speak Detection by Hidden Markov Model, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 105-110, Beijing, Aug. 2007.
43)Hua Xiang, Peilin Jiang, Shuang Xiao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Affective Virtual Character Based on the Mental State Transition Network, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 117-122, Beijing, Aug. 2007.
44)Takanori Hirai, Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A speech emphasis method for noise-robust speech recognition by using repetitive phrase, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 140-144, Beijing, Aug. 2007.
45)Lipin Mi, Fuji Ren, Hideo Araki, Shingo Kuroiwa and Katurori Sano : The differences in Japanese language processing between Japanese and Chinese:Evidence from event-related potential, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 216-221, Beijing, Aug. 2007.
46)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems, Proc. NOLTA'07, 160-163, Vancouver, Sep. 2007.
47)Fatima Guezar El, Hassane Bouzahir, Tetsushi Ueta and Pascal Acco : Chaos in a Switched Dynamical System: Scicos as a Modeler and Simulator, Proc. NOLTA'07, 164-167, Vancouver, Sep. 2007.
48)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for a simple chaotic circuit and its coupled systems, Proc. NOLTA'07, 529-532, Vancouver, Sep. 2007.
49)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Kouki Terada, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : A new system to measure color conspicuity, --- To know what color is vivid to ---, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 842-845, Takamatsu, Sep. 2007.
50)Masayuki Soma, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : The Dynamically Analyzed about a Body Load of a Caregiver with Supine to Long Sitting, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 838-841, Takamatsu, Sep. 2007.
51)Masayuki Booka, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : A study of Powered Wheelchair Operation, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 834-837, Takamatsu, Sep. 2007.
52)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Ikuo Yoneda, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Study on the Accessibility and Assistive Device Between Platforms and Trains for Manual Wheelchair User, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 494-498, Takamatsu, Sep. 2007.
53)Ryota Kurozumi, Toru Yamamoto, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of a postural supporting device using an adaptive and learning balloon actuator-sensor system, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 488-493, Takamatsu, Sep. 2007.
54)Ryota Kurozumi, Toru Yamamoto, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of Training Equipment with an Adaptive and Learning Mechanism Using Balloon Actuator-Sensor System, Proceedings of 2007 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC2007), 2624-2629, Montreal, Oct. 2007.
55)Tsutomu Hashimoto, Takamasa Kaito, Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori and Nobuo Goto : Birefringence measurements of MnPc thin film by polarization microscopy, 9th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-9), Tokyo, Nov. 2007.
56)Atsushi Mori : Disappearance of a Stacking Fault in Hard-Sphere Crystals under Gravity, Symposium on the 50th Anniversary of the Alder transition - recent progress on computational statistical physics -, Kanazawa, Nov. 2007.
57)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : Colloidal Crystallization on Tilted Flat Substrates by Centrifugation, 2007 MRS Fall Meeting, Boston, Nov. 2007.
58)Yuya Uehara, Tetsuo Kikumoto, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effects of Oxygen on the Catalytic Conversion of Lactate in Liquid Phase, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
59)Yuuki Hirata, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Oxidative Dehydrogenation of Propane on Mg3V2O8 Doped with Palladium, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
60)Yuka Shimizu, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal and Regeneration of Aqueous Heavy Metal Cations Using Thin-layer of Calcium Hydroxyapatite, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
61)Tomoyuki Manabe, Yuichi Inaba, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal of Various Aqueous Anions with Boehmite, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
62)Yuhki Katoh, Yukinori Nishioka, Takahiro Wada, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Conversion of Ethanol and Ethylene on MCM-41 and Related Catalysts, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
63)Shuichi Hatano, Keigo Tochi, Ken-Ichiro Sotowa, Masatoshi Taniguchi, Koji Mori, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Application of Microreactors to Azine Synthesis, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
64)Kaname Takagi, Keiji Kume, Shintaro Yamaguchi, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Influence of Channel Geometry on the Electrophoretic Ion Enrichment in Microchannels, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
65)Takanori Fukumori, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Redesigning Distillation Apparatus Using the Concept of Micro Distillation Device, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
66)Katsuya Kuroda, Kenta Ishihana, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Oxidation of Carbon Monoxide under Forced Temperature Cycling, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
67)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Daniele Fournier-Prunaret : Method of Bifurcation Analysis of Hybrid Nonlinear Systems, Proc. NOMA'07, 59-62, Toulouse, Dec. 2007.
68)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
69)Horinaka Hiroshi, Shinsuke Konaka, Seishi Kitayama and Hiroaki Satoh : A Study on Heart Rate Extraction using Auto-correlation Function for 0-200Hz Sounds, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering / The 22th SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.P3-7, 288-289, Harbin, China, Jan. 2008.
70)Atsushi Mori and Masaharu Isobe : Non-equilibrium molecular dynamics simulation of crystal-melt interface, Meso-scale Dynamics on Interface 2008, Tokyo, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)橋詰 努, 高見 正利, 木之瀬 隆, 鎌田 実, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 走行中の車いすの身体振動に関する研究, --- 車いすキャスタの特性比較 ---, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, No.1A2-M06, 1-4, 2007年5月.
2)松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカニズムの観点から見た下肢装具の適合に関する計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, No.2A2-D11, 1-3, 2007年5月.
3)森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 雄一郎, 湯浅 元明, 古川 英光 : 磁場中で調製したゲルの構造異方性, 高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.1, 874, 2007年5月.
4)日下 一也, 英 崇夫, 桐本 知幸 : アルミニウム鋳造材の応力測定, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 93-97, 2007年7月.
5)西田 真之, 城 鮎美, Jing Tian, M. Rifai, 英 崇夫 : 中性子およびX線によるTi鋳造材料の応力評価, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 5-10, 2007年7月.
6)角田 卓巳, 英 崇夫, 日下 一也 : スパッタリング生成した銅薄膜表面の高温その場表面観察, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 156-158, 2007年7月.
7)西田 真之, 英 崇夫 : 透過回折法を用いた繊維強化高分子材料のX線応力測定, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 103-108, 2007年7月.
8)松英 達也, 英 崇夫 : イオン・ピーニングによるアルミニウム合金の表面処理効果, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 200-204, 2007年7月.
9)英 崇夫, 桐山 聰 : 研究マネジメント能力を育成する教育方法の開発, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 486-487, 2007年8月.
10)續木 章三, 英 崇夫, 桐山 聰, 日下 一也 : プロジェクト活動における教育的効果について, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 144-145, 2007年8月.
11)田中 啓祐, 桐山 聰, 英 崇夫 : 3次元CADを用いた自主的な設計学習, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 236-237, 2007年8月.
12)桐山 聰, 英 崇夫 : 思考ツールをつかった計画能力育成の試み, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 350-351, 2007年8月.
13)桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の学生による学生のためのe-learning教材製作を通した計画能力の育成, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 422-423, 2007年8月.
14)島村 典尚, 白井 祐太郎, 四宮 龍一, 谷川 明弘, 桐山 聰, 英 崇夫 : プロジェクトチームによるたたら製鉄のe-ラーニング教材化, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 424-425, 2007年8月.
15)井上 直人, 池田 佑一, 伊勢 太佑, 森 智史, 桐山 聰, 英 崇夫 : LEDプロジェクトを通して学んだこと, --- プロジェクト活動を通して計画,実行の重要性を学ぶ ---, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 662-663, 2007年8月.
16)石崎 繁利, 尾崎 純一, 英 崇夫 : DCモーターを用いたものつくり教育, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 660-661, 2007年8月.
17)橋本 力, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 後藤 信夫 : MnPc薄膜の顕微複屈折測定, 2007年度支部学術講演会(日本物理学会,応用物理学会,日本物理教育学会), Vol.Fa-8, 2007年8月.
18)平野 宏, 若松 美幸, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : LiCoO2のメカニカルミリング法による構造変化と電気伝導度, 日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2007年度支部学術講演会, 2007年8月.
19)橋詰 努, 北川 博巳, 室崎 千重, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : プラットホームと列車間バリアの手動車いすに対する負荷評価と乗降安全性確保に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第10回全国大会概要集, 61-64, 2007年8月.
20)上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 末田 統 : スライディングシートの比較研究2, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 49-50, 2007年8月.
21)松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測, --- 装具をより人の動きに沿った構造体にする ---, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 117-118, 2007年8月.
22)高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 吉田 敏昭 : 視覚障害者誘導用ブロック等の利用状況調査, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 217-218, 2007年8月.
23)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年8月.
24)白井 昭博, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型ピリジニウム塩系薬剤の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
25)岡村 菜穂, 住友 倫子, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 魚病細菌に対する光触媒抗菌紙の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
26)福居 麻弓, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エーテル結合を有するGemini型第四アンモニウム塩の合成及び殺菌特性の検討, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
27)森下 裕生, 室巻 良彦, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の毒性と化学構造の定量的構造活性相関解析, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
28)大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : モノ型とジェミニ型第四アンモニウム塩の抗菌特性の差異, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
29)谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系ポリマー型固定化殺菌剤の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
30)冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 種々のN-側鎖を有するビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
31)辻 陽平, 伊藤 雅代, 延嶋 浩文, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩化合物のレジオネラ殺菌に及ぼすCa2+,Mg2+の影響, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
32)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 黒住 亮太, 末田 統 : NNを用いたロービジョン者を対象とした色の類似性領域推定アルゴリズムの構築, 平成19年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 568-573, 2007年9月.
33)橋本 力, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 後藤 信夫 : MnPc薄膜の顕微複屈折測定, 第68回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.7p-B-6, 2007年9月.
34)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 田中 徳一, 澤田 勉, 三神 厚 : 住民の歩行速度の相違ならびに道路閉塞を考慮した津波避難シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 1255-1256, 2007年9月.
35)平田 祐規, 前原 桂子, 安川 隼也, 二宮 航, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 貴金属導入バナジン酸マグネシウム触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
36)上原 裕也, 加藤 裕樹, 前原 桂子, 安川 隼也, 二宮 航, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 乳酸類の液相酸化脱水素によるピルビン酸類の合成, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
37)清水 由佳, 真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : リン酸カルシウム類による重金属の回収-溶出特性, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
38)外輪 健一郎, 黒田 勝也, 石花 健太, 杉山 茂, 中川 敬三 : 温度周期操作下における一酸化炭素の酸化挙動, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
39)高木 要, 山口 進太郎, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロ流路を利用したイオン濃縮回収における流路形状と濃縮度の関係, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
40)福森 孝典, 友成 喜代美, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロ流路を利用した多段蒸留の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
41)畑野 修一, 西村 朋晃, 笹山 夏菜, 外輪 健一郎, 谷口 正俊, 森 浩司, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロリアクタを利用したアジン合成法の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
42)杉山 茂, 平田 祐規, 近藤 友紀, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : 第二金属含有マグネシウムピロおよびオルトバナデートによるプロパンの酸化脱水素反応, 第100回触媒討論会(触媒討論会A), 2007年9月.
43)蒔苗 久則, 長内 隆, 鎌田 敏明, 谷本 益巳, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 発話内容が骨導音を用いた話者照合に与える影響に関する検討, 日本音響学会 秋季研究発表会, 97-98, 2007年9月.
44)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 喜多 雅彦, 蒔苗 久則, 長内 隆, 鎌田 敏明, 谷本 益巳, 福見 稔, 任 福継 : 日本語大規模話者認識用データベースを用いた話者識別実験, 日本音響学会 秋季研究発表会, 97-98, 2007年9月.
45)森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶中の積層不整の安定性, 高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.2, 2007年9月.
46)鈴木 良尚, 森 篤史, 春日 聖司, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による傾角ガラス基板上のコロイド結晶のグレインサイズ制御, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 153, 2007年9月.
47)麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法でガラス基板上に成長させたコロイド多結晶中のグレインの結晶方位とグレインサイズに及ぼす基板平坦性の効果, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 376, 2007年9月.
48)濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による二元系コロイド結晶の作製と評価, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 377, 2007年9月.
49)森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2007年9月.
50)Akitoshi Tamura and Tetsushi Ueta : Chaos synchronization of coupled simple oscillators, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-52, 297, Sep. 2007.
51)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Homoclinic structure about the origin of a simple discrete system, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-57, 387, Sep. 2007.
52)Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
53)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Local Bifurcations of 3-state Alpazur Oscillator, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-59, 389, Sep. 2007.
54)向原 孝彦, 小中 信典, 來山 征士, 佐藤 弘明 : 重なり合った細胞核の分離法の改良について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-11, 2007年9月.
55)佐野 貴彦, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情情報を用いた日本語慣用句教授学習システムの研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 7, 2007年9月.
56)平井 孝則, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 突発性雑音に頑健な音声認識の為の繰り返し発声を用いた音声強調法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 154, 2007年9月.
57)川島 宏文, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 対話型案内コンテンツを用いた学習の有効性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2007年9月.
58)馬 嘉, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 表情認識システムの新しい画像処理方法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 188, 2007年9月.
59)高橋 新之介, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情認識のための顔表情DBの構築について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2007年9月.
60)那 琳, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 局部特徴に基づく顔識別, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2007年9月.
61)源 祐輔, 任 福継, 黒岩 眞吾, 住友 亮翼, 土屋 誠司 : 人物特質性と顔表情の関連性について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2007年9月.
62)渋谷 隼人, 任 福継, 黒岩 眞吾, 住友 亮翼, 土屋 誠司 : ユーザの嗜好に着目したWEBサイト構築支援について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2007年9月.
63)久積 克年, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 視点を考慮した明示的な関係の抽出について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 276, 2007年9月.
64)佐藤 達也, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 知的案内システムにおけるコンテンツ収集について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 277, 2007年9月.
65)井澤 健, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 音声対話情報案内システムにおける質問文検索手法について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 278, 2007年9月.
66)大林 克行, 柘植 覚, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 音素毎の話者識別性能の調査, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 279, 2007年9月.
67)喜多 雅彦, 柘植 覚, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 多数話者内での順位情報を用いた話者照合, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 280, 2007年9月.
68)山田 大地, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : N-gramを用いた顔文字の表情分類手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 281, 2007年9月.
69)三品 賢一, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情辞書を用いた感情類似度計算手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 282, 2007年9月.
70)松本 和幸, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情表現主体判定に基づく話者感情推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 283, 2007年9月.
71)足立 征士, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 単語表記と音声から生起される感情の違いについての考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 284, 2007年9月.
72)湯浅 隆運, 任 福継, 黒岩 眞吾, 土屋 誠司, 住友 亮翼 : 感情推定における発話者と聞き手の感情相違の利用についての一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 285, 2007年9月.
73)小西 優輔, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 日本語学習者のための日本語慣用句学習支援システムの構築, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 286, 2007年9月.
74)米 麗英, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 日中機械翻訳における使役表現の処理, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 287, 2007年9月.
75)竹内 公紀, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : デザインの評価に特化した特徴量抽出法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 310, 2007年9月.
76)劉 曄, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 構文解析に基づく類似度計算, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 328, 2007年9月.
77)袴田 愛, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 心的状態遷移ネットワークに基づく表情生成手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 329, 2007年9月.
78)山本 麻由, 土屋 誠司, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情タグつきコーパスの構築についての一考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2007年9月.
79)Mi Liping, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A study on the role of Chinese character and pictures in the learning, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 360, Sep. 2007.
80)Yu Lei, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Text Orientation Identification Based on SVM, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 361, Sep. 2007.
81)Jiang Peilin, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Ryosuke Sumitomo : Speak Detection in Image Sequences, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 362, Sep. 2007.
82)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa, Shu-ichi Ueno and Fuji Ren : Spectrogram based on empathic understanding, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 364, Sep. 2007.
83)Tian Fang, Xia Ling, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Ontology Construction of Chinese Festivals, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 365, Sep. 2007.
84)Xia Ling, Tian Fang, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Corpus Feature Analysis for Sichuan Cuisine QA System, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 366, Sep. 2007.
85)Zhi Teng, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Multimedia Applications in Conversation System, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 367, Sep. 2007.
86)Liu Song, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : The structure of the knowledge base of Confucius, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 368, Sep. 2007.
87)Li Yun, Huang Kaiyan, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Similar Word Association and Integration Based on WikiPedia Semantic Classification, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 370, Sep. 2007.
88)Yang Ye, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Document Retrieval Based on the Pragmatics Information, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 371, Sep. 2007.
89)Zhang Guodong, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Text Summarization Based on Statistic Features, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 372, Sep. 2007.
90)Shinomiya Mizuho, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : An approach of extracting the opinion based on the emotion words, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 373, Sep. 2007.
91)Yin Dapeng, Shao Min, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : The hybrid strategy processing approach of Chinese complex long sentenct in Chinese-Japanese machine translation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 374, Sep. 2007.
92)Sasayama Manabu, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Ryosuke Sumitomo : Super-Function based machine translation using concept of words, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 375, Sep. 2007.
93)Sohrab golam Mohammad, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : Super-Function based English to Bengali Machine Translation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 376, Sep. 2007.
94)Ibrahim Nagwa, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Ryosuke Sumitomo and Seiji Tsuchiya : Obstacles at Integration of Schools into ICT as regard to the Opinions of the Teachers and Administrators of Schools in Tokushima, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 377, Sep. 2007.
95)野村 耕平, 來山 征士, 島本 隆, 東山 正明 : NLMSにおける有色性信号に適したステップゲインの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-1, 2007年9月.
96)近藤 靖宏, 東山 正明, 島本 隆, 來山 征士 : 有色信号におけるNLMSエコーキャンセラのステップゲインの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-2, 2007年9月.
97)青木 仁美, 東山 正明, 島本 隆, 來山 征士 : 外乱信号を伴うNLMSエコーキャンセラーにおける有色信号のERLE, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-3, 2007年9月.
98)杉山 茂, 石塚 永晃, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ベーマイトによる水溶性リン酸の除去回収技術の開発研究, 第17回無機リン化学討論会, 2007年10月.
99)松川 雅則, 塚本 泰司, 間世田 英明 : 緑膿菌尿分離株における薬剤排出ポンプの発現とバイオフィルム形成能, 第56回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 2007年10月.
100)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法と平坦基板を用いたコロイド結晶のグレインサイズ制御, NCCG-37予稿集, 42, 2007年11月.
101)雨宮 崇, 清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : microcystin分解酵素遺伝子の転写に関する研究, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
102)倉島 巧, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻類microcystin分解関連酵素群の機能, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
103)藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年11月.
104)小林 正裕, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下で{111}成長したの剛体球系結晶中の積層不整のモンテカルロシミュレーション, 第21回分子シミュレーション討論会講演概要集, 2007年11月.
105)平野 宏, 中原 全基, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : メカニカルミリング法によるLi-Mn-O系化合物の合成, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 214-215, 2007年12月.
106)中村 浩一, 平野 宏, 大浦 耕二朗, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム化合物における結晶構造変化とイオンダイナミクス, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 216-217, 2007年12月.
107)上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構, 第119回徳島生物学会, 2007年12月.
108)橋詰 努, 米田 郁夫, 高見 正利, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 歩車道境界縁石のユニバーサルデザインの研究, --- 縁石通過時の車いす使用者身体振動の研究 ---, 日本機械学会第16回交通・物流部門講演会論文集, 353-356, 2007年12月.
109)黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 大学院における障害学生の研究・教育支援のあり方についての考察, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 173-174, 2007年12月.
110)上田 喜敏, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 介護保険における福祉用具について, --- A 市介護保険制度での福祉用具貸与の傾向分析 ---, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 755-756, 2007年12月.
111)藤村 甫, 松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測手法について, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 759-760, 2007年12月.
112)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いすスライド型ジョイスティックレバーの操作特性について(その3), 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 769-770, 2007年12月.
113)上原 裕也, 菊本 哲雄, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : 酸素加圧下における乳酸類の液相脱水素酸化反応, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
114)石花 健太, 外輪 健一郎, 黒田 勝也, 中川 敬三, 杉山 茂 : 温度周期操作デバイスの熱的挙動と一酸化炭素の酸化反応への適用, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
115)杉山 茂, 清水 由佳, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : カルシウム水酸アパタイト薄膜による重金属の回収-溶出特性, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
116)久米 啓司, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : マイクロイオン濃縮デバイスにおける塩化物イオンの濃縮挙動, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
117)山本 篤, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : アクティブロータリーリアクタにおける液滴生成挙動の基礎的検討, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
118)間世田 英明, 橋田 裕美子, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定と解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
119)間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
120)根本 圭美, 八幡 穣, 間世田 英明, 野村 暢彦, 中島 敏明, 内山 裕夫 : 異種細菌由来細胞間シグナル物質によるPseudomonas aeruginosa PAO1株バイオフィルムの抗生物質耐性の制御, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
121)上野 広太郎, 橋本 義輝, 戸来 幸男, 株本 浩樹, 間世田 英明, 東端 啓貴, 小林 達彦 : 工業的放線菌におけるタンパク質新規生産系, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
122)間世田 英明, 小林 弘明, 土井 嘉亮, 岡野 邦宏, 高麗 寛紀, 杉浦 則夫, 小林 達彦 : ミクロキスチン分解酵素MlrAのトポロジー解析, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
123)杉山 茂, 杉本 直登, 平田 祐規, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : 各種水酸アパタイト担持バナデート触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第101回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年3月.
124)中川 敬三, 尾方 敏匡, 杉山 茂, 外輪 健一郎 : ドデカンジアミンが形成するラメラ相を利用した酸化チタンナノシートの調製とその触媒特性, 第101回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Bifurcations is a 3-state Piecewise Smooth Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.NLP2007, No.25, 13-17, Jun. 2007.
2)向原 孝彦, 小中 信典, 來山 征士 : 色情報を用いた細胞核抽出法の検討, MEとバイオサイバネティックス研究会, 2007年7月.
3)川島 宏文, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 実用会話システムにおける対話型案内コンテンツの構築, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 1-6, 2007年7月.
4)山本 麻由, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 感情コーパス構築のための文中の語に基づく感情分類手法, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 25-30, 2007年7月.
5)三品 賢一, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : N-gram出現頻度を用いた感情類似度計算, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 37-42, 2007年7月.
6)平井 孝則, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 突発性雑音に頑健な音声認識実現のための繰り返し発声を用いた音声強調法の提案, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.701, 1-6, 2007年7月.
7)喜多 雅彦, 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 多数の話者モデル内での順位情報を用いた話者照合, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.A701, 7-12, 2007年7月.
8)藤原 祥平, 住友 亮翼, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 分散音声認識を用いた音声対話システムの検討, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.2007, No.A701, 13-18, 2007年7月.
9)篠山 学, 土屋 誠司, 黒岩 眞吾, 任 福継 : Super-Functionを用いた日英機械翻訳における日付・時間表現の抽出, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 163-168, 2007年7月.
10)Zhi Teng, Ye Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Search Computing Based on Google API for QA System, 情報処理学会 研究報告, Vol.2007, No.76, 91-99, Jul. 2007.
11)英 崇夫 : やる気養成プログラム, --- 学生によるeラーニングコンテンツづくり ---, 平成19年度5大学連携教育シンポジウム, 2007年9月.
12)Junko Minato, Matsumoto Kazuyuki, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : A Study on Color and Emotion in Japanese and English, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 363, Sep. 2007.
13)英 崇夫 : X線応力測定の基礎と応用, 日本機械学会関西支部第292回講習会, 2007年10月.
14)英 崇夫 : 徳島大学工学部創成学習開発センターの活動, ものづくり創成教育シンポジウム2007(山口大学), 2007年10月.
15)Takao Hanabusa : The Activity of The Center for Innovation and Creativity Development, The 3rd International Seminar for the Development of Environment-friendly Technology, 1-6, Dec. 2007.
16)中川 敬三, 谷本 裕亮, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 水素エネルギー利用技術の向上を目指したナノ構造制御触媒の開発, 第1回フロンティア研究センターシンポジウム, 2007年12月.
17)英 崇夫 : 5大学教育連携の歩みとこれから, --- 基礎力,やる気,キャリア意識,国際力の養成プログラム ---, 平成17年度FD研究報告, 2008年.
18)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンを用いた層状チタン酸ナノシートの形状制御, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 2008年3月.
19)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : シリカ被覆炭素担持Pt触媒のシリカ表面特性が及ぼすシクロヘキサン脱水素反応への影響, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)杉山 茂, 外輪 健一郎, 他31名 : 触媒に関する報告書(XVII), 化学工学会反応工学部会触媒反応工学分科会2006年度報告書, 東京, 2007年4月.
2)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : Effects of Incorporation of Fe3+ into Magnesium ortho-Vanadate on the Catalytic Activity and the Redox of Vanadium Species, Photon Factory Activity Report 2006, Vol.24B, 108, Tsukuba, Feb. 2008.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{83979}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)英 崇夫 : TiN, TiAlN薄膜のX選残留応力測定, サイエンス&テクノロジー, 2008年7月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
2)Shigeru Sugiyama, Naoto Sugimoto, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Oxidative Dehydrogenation OF Propane on Vanadate Catalyst Supported on Various Metal Hydroxyapatites, Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, 13-16, 2008.
3)松英 達也, 英 崇夫, 渡部 心睦 : イオンプレーティング法により表面処理を施したアルミニウム合金の摩耗特性, 材料の科学と工学, Vol.45, No.6, 222-228, 2008年.
4)藤澤 正一郎, 黒住 亮太, 三谷 誠二, 末田 統 : NNを用いたロービジョン者を対象とした色の類似性領域推定アルゴリズムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.128, No.7, 1176-1182, 2008年.
5)久良知 國雄, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者の歩行距離感覚に関する調査・研究, 福祉のまちづくり研究, Vol.10, No.1, 35-42, 2008年.
6)Atsushi Mikami, Jonathan Stewart and Makoto Kamiyama : Effects of time series analysis protocols on transfer functions calculated from earthquake accelerograms, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.28, No.9, 695-706, 2008.
7)Koichi Nakamura, Hiroshi Hirano, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga : Lithium ionic diffusion in lithium cobalt oxides prepared by mechanical milling, Solid State Ionics, Vol.179, No.27-32, 1806-1809, 2008.
8)Shigeru Sugiyama, Yuichi Inaba, Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of Several Harmful Anions on the Removal of Aqueous Phosphate by Boehmite, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.116, No.1357, 984-988, 2008.
9)白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性, 防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年.
10)Tsutomu Hashimoto, Takamasa Kaito, Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori and Nobuo Goto : Birefringence measurements of MnPc thin film by polarization microscopy, Applied Surface Science, Vol.254, No.23, 7947-7949, 2008.
11)Wataru Ninomiya, Yasuhiko Tanabe, Ken-Ichiro Sotowa, Toshiya Yasukawa and Shigeru Sugiyama : Dehydrogenation of Cycloalkanes over Noble Metal Catalysts Supported on Active Carbon, Research on Chemical Intermediates, Vol.34, No.8-9, 663-668, 2008.
12)Sugimura Makoto, Hideaki Maseda, Hanaki Hideaki and Nakae Taiji : Macrolide Antibiotic-Mediated Downregulation of MexAB-OprM Efflux Pump Expression in Pseudomonas aeruginosa, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.52, No.11, 4141-4144, 2008.
13)斉藤 剛彦, 三神 厚, 成行 義文 : 昭和南海地震体験談に基づく震源域各地の揺れと震源特性の関連についての考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 59-66, 2008年.
14)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Application of the Unique Redox Properties of Magnesium ortho-Vanadate Incorporated with Palladium in the Unsteady-state Operation of the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of Catalysis, Vol.260, No.1, 157-163, 2008.
15)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 149-156, 2008年.
16)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Daniele Fournier-Prunaret and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.42, No.1, 187-201, 2009.
17)Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Effect of heating on the residual stresses in TiN films investigated using synchrotron radiation, Vacuum, Vol.83, No.3, 585-588, 2009.
18)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Measurement of electromigration-induced stress in aluminum alloy interconnection, Vacuum, Vol.83, No.3, 637-640, 2009.
19)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Disappearance of a Stacking Fault in Hard-Sphere Crystals under Gravity, Progress of Theoretical Physics Supplement, Vol.178, 33-40, 2009.
20)Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Mayuko Kurimoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : The mode of the antifungal activity of gemini-pyridinium salt against yeast, Biocontrol Science, Vol.14, No.1, 13-20, 2009.
21)上田 哲史 : 低コスト会議録出版を志向する電子投稿・編集システム, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 27-33, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Hideaki Maseda : An RND-type Multi-drug Efflux Pump and Inhibition of Quorum-sensing System, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.22, 31-37, 2008.
2)Ryota Kurozumi, Yamamoto Toru, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of Training Equipment with Adaptive and Learning Using a Balloon Actuator-Sensor System, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.21, No.1, 156-163, 2009.
3)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1)Atsushi Mori, Takamasa Kaito and Hidemitsu Furukawa : Structural anisotropy of silica hydrogels prepared under magnetic field, Materials Letters, Vol.62, No.19, 3459-3461, 2008.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)外輪 健一郎 : マイクロ空間を利用した晶析技術, 分離技術, Vol.38, No.3, 12-15, 2008年5月.
2)外輪 健一郎 : 徳島大学でのベンチャー支援と起業事例, 化学工学, Vol.73, No.1, 34-35, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Ken-Ichiro Sotowa, Atushi Yamamoto, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Development of An Active Rotary Reactor and Application to Emulsion Production, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
2)Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Fluid Flow in Deep Microchannel Reactor (FMR) for Pilot Scale Production, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
3)Ken-Ichiro Sotowa, Keiji Kume, Kaname Takagi, Rie Tomiya, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Application of Microchannel Device for Enrichment of Electrolytes, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
4)Hisatoshi Ueda, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : Welfare equipment under the long-term care insurance for the elderly in Japan, --- Analysis of trends in welfare equipment rental services of City A ---, RESNA Annual Conference 2008, 1-2, Washington, D.C., Jun. 2008.
5)Okada Kenji, Kikuo Tominaga, Retsuo Kawakami, Ohkura Shinya, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Deposition of photocatalytic tiO2 films by planar magnetron sputtering system with opposed Ti targets, 14th International Conference on Solid Films and Surfaces, 331-332, Dublin, Jul. 2008.
6)Shigeru Sugiyama, Tetsuo Kikumoto, Yuya Uehara, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Toshiya Yakusaka, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Enhancement of Catalytic Activity of Pd/C for the Oxidative Dehydrogenation from Lactates to Pyruvates under High Pressure Conditions, Pre-Symposium of 14th International Congress on Catalysis, Kyoto, Jul. 2008.
7)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Application of Unsteady-state Operation to the Oxidative Dehydrogenation of Propane on Magnesium ortho-Vanadate Doped with Palladium, 14th International Congress on Catalysis, Korea, Jul. 2008.
8)Tetsushi Ueta, Quentin Brandon, Akihisa Tamura and Takuji Kousaka : Bifurcation and chaos in switched autonomous systems, Proc. NDES'08, 25-28, Nizhny Novgorod, Jul. 2008.
9)Takao Hanabusa, Nishida Masayuji and Jing Tian : Residual stress evaluation of Ti casting alloy by X-ray single crystal measurement method, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
10)Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa and Sakata Osami : Relaxation of residual stresses in thin films investigated using synchrotron radiation, The 8th International Conference on Residual stresses, Denver, Aug. 2008.
11)Shiro Ayumi, Takao Hanabusa, Nishida Masayuki and Jing Tian : Residual stress estimation of Ti casting alloy by X-ray single crystal measurement method, The 8th International Conferenceon Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
12)Nishida Masayuki, Shiro Ayumi, Jing Tian, Muslih Refai M. and Takao Hanabusa : Residual stress measurement of coarse crystal grain in titanium casting alloy by neutron diffraction, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
13)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Nishida Masayuki : Diffraction stress measurement on coarse graind materials, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, USA, Aug. 2008.
14)Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Amemiya Takao, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 12th International Symposium on Microbiol Ecology, Cairns, Aug. 2008.
15)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Ikuo Yoneda, Masatoshi Takami, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Minoru Kamata : Study on the Wheelchair User's Vibration and Wheelchair Driving Torque when Wheelchair is Ascending, --- Descending the Boundary Curb between Pavement and Poadway ---, Proc. of SICE Annual Conference 2008, 1273-1276, Tokyo, Aug. 2008.
16)Hisatoshi Ueda, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : The problem and proposal of a keyboard protector for a disabled person, Proc. of Asia International Symposium on Mechatronics 2008 (AISM2008), 283-286, Sapporo, Aug. 2008.
17)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Measurement of Some Characteristics of Color Perception by the People with Low Visual Capacity, Proc. of Asia Internatioal Symposium on Mechatronics 2008, 287-291, Sapporo, Aug. 2008.
18)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Conditions, Proc. NOLTA'08, 160-163, Budapest, Sep. 2008.
19)Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Izhikevich model, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
20)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Chaos Synchronization in Coupled BVP Oscillators, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
21)Shigeru Sugiyama, Yuka Shimizu, Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Preparation of Hydroxyapatite Film and Application to Removal and Regenaration of Aqueous Cations, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, Kyoto, Sep. 2008.
22)Keizo Nakagawa, Yusuke Tanimoto, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Effects of Coverage of Carbon-Supported Pt Catalysts with Organosilica on Dehydrogenation of Cyclohexane, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, Kyoto, Sep. 2008.
23)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Kaname Takagi, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Investigation on the Strategy to Remove Heat of Reaction from a Deep Microchannel Reactor (FMR), International Symposium on Micro Chemical Process and Synthesis, Kyoto, Sep. 2008.
24)Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Yasuhiro Fujiwara and Atsushi Mikami : Development of Tsunami Refuge Petri-Net Simulation System utilizable in Independence Disaster Prevention Organization, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 09-02-0018, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
25)Kouichi Suchi, Yoshifumi Nariyuki, Yukiko Sedo and Atsushi Mikami : A Fundamental Study on Development of a Verification System for Earthquake- Proof Measures for Furniture, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 05-01-0121, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
26)Toshikazu Matsuda, Atsushi Mikami, Terumasa Okamoto, Susumu Nakano, Takeshi Okabe and Yoshifumi Nariyuki : Two-Layer Modeling of Ground Based on Microtremor Observations and Its Application to Areas Devastated by Recent Major Earthquakes in Japan, Proc. The 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-1-1017, Beijing, Oct. 2008.
27)Takehiko Saito, Atsushi Mikami, Susumu Nakano and Yoshifumi Nariyuki : Attenuation and Site Amplification for Long-Period Ground Motions Observed in Western Japan, Proceedings of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-10-0024, Beijing, Oct. 2008.
28)Tomoyuki Shimada, Atsushi Mikami, Hiroyuki Maki and Yoshifumi Nariyuki : Generation of Response-Spectrum-Compatible Ground Motions Based on First-Passage Theory, Proceeding of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, Oct. 2008.
29)Takao Hanabusa, Tadashige Daiki and Nishida Masayuki : X-ray stress measurement of coarse grained cast Aluminum, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 48, Beijing, Oct. 2008.
30)Isoda Hirokazu, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Evaluation of residual stresses induced by laser peening, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 92, Beijing, China, Oct. 2008.
31)Shinohara Mitsuhiko, Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Residual stress development in Cu thin films with and without AlN passivation by cyclic plane bending, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 93, Beijing, China, Oct. 2008.
32)Keizo Nakagawa, Toshimasa Ogata, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Control of Morphology and Surface Property of Flaky Layered Titanate Nanosheets using Surfactant in Hydrothermal Solution, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
33)Yuhki Katoh, Yukinori Nishioka, Takahiro Wada, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Catalytic Conversion of Ethylene to Propylene over MCM-41, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
34)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Temperature and velocity distribution in a deep microchannel reactor (FMR), International Workshop on Process Intensification (IWPI) 2008, Tokyo, Oct. 2008.
35)Ken-Ichiro Sotowa, Katsuya Kuroda, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Time-average reaction rate of CO oxidation over Pt/Al2O3 catalyst under forced temperature cycling, International Workshop on Process Intensification (IWPI) 2008, Tokyo, Oct. 2008.
36)Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Amemiya Takao, Hideaki Maseda, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 1st Japan-China Graduated Forum, Tsukuba, Oct. 2008.
37)Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada and Ken-Ichiro Sotowa : Droplets generation by a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and micropore plate, 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), Beijing, Nov. 2008.
38)Yun-Hae Kim and Takao Hanabusa : Activation of Engineering Education through International Capstone Design Coalition, Proceedings of the International Symposium on Engineering Education, 23-27, Dublin, Nov. 2008.
39)Takao Hanabusa and Yun-Hae Kim : Activities in the Center for Innovation and Creativity Development of The University of Tokushima -Current International Relationship between The University of Tokushima and Korea Maritime University and the Future Development-, Proceedings of the International Symposium on Engineering Education, 29-32, Dublin, Nov. 2008.
40)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Heat and Mass Transfer In Deep Microchannel Reactors (FMR), AIChE Annual Meeting 2008, Philadelphia, Nov. 2008.
41)Yusuke Tanimoto, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Catalytic dehydrogenation of cyclohexane over carbon-supported Pt catalysts covered with organosilica layer, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
42)Toshimasa Ogata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Formation of flaky layered titanate nanosheets using dodecanediamine by hydrothermal method, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
43)Atsushi Yamamoto, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Preliminary study on the droplet formation in an active rotary reactor, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
44)Takahiro Wada, Shiro Ogawa, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Catalytic conversion of ethanol to propylene over FSM-16 and Ni-FSM-16, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
45)Naoto Sugimoto, Adusa Ozaki, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Employment of microreactor to the oxidative dehydrogenation of propane, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
46)Shintaro Yamaguchi, Kaname Takagi, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Temperature distributions in deep microchannel reactors (FMR), 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
47)Keiji Kume, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Recovery of cations in a microchannel-based ion enrichment device, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
48)Tetsuo Kikumoto, Haruki Tanaka, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Activity enhancement of the liquid-phase oxidative dehydrogenation of sodium lactate using Pd/C and related catalysts under high pressure, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
49)Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effects of various contaminants containing in wastewater on the removal of aqueous ammonium with magnesium hydrogen phosphate, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
50)Katsuya Kuroda, Daisuke Okuyama, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Effect of feed concentration on CO oxidation under forced temperature cycling, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)源 貴志, 太田 圭亮, 成行 義文, 三神 厚 : 兵庫県南部地震の建物被害関数を用いた道路閉塞の予測手法に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 92-93, 2008年5月.
2)須知 晃一, 瀬戸 由紀子, 成行 義文, 三神 厚 : 剛体の地震時スウェイ-ロッキング連成挙動解析に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, 2008年5月.
3)三矢 草, 成行 義文, 三神 厚, 奥野 央之 : 強震下における1自由度系の残留変位応答スペクトルに関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 78-79, 2008年5月.
4)丸山 有弥, 成行 義文, 西窪 由香理, 三神 厚 : 支承の復元力履歴特性を考慮した道路橋の地震時損傷評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 86-87, 2008年5月.
5)森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 1002, 2008年5月.
6)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロリアクタにおける電気泳動を利用した食塩水からのイオン回収, 日本海水学会第59年会, 2008年6月.
7)柄本 邦明, 末田 統, 藤澤 正一郎 : バースト振動の触振動感覚における非類似度に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2A1-C03(1)-2A1-C03(3), 2008年6月.
8)藤村 甫, 松田 靖史, 藤澤 正一郎, 末田 統, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳 : 3軸荷重センサを用いた下肢装具の適合評価手法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2A1-C08(1)-2A1-C08(2), 2008年6月.
9)小林 聖, 寺田 考希, 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックのためのロービジョン者の色特性計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2P1-D06(1)-2P1-D06(2), 2008年6月.
10)辻 洸介, 黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 適応学習を用いた電動車椅子の障害物回避システムにおける研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2P1-E24(1)-2P1-E24(3), 2008年6月.
11)中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 遠藤 茂記, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 : リチウム化合物におけるイオン拡散挙動とミリング効果, 第12回超イオン導電体物性研究会第49回固体イオニクス研究会講演要旨集, 105-110, 2008年6月.
12)間世田 英明 : Quorum-sensing機構の制御と薬剤排出ポンプ, 第22回Bacterial Adherance & Biofilm学術集会, 2008年7月.
13)只重 大樹, 英 崇夫, 日下 一也, 西田 真之 : 粗大結晶粒を有するアルミニウム鋳造材の内部応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 1-6, 2008年7月.
14)磯田 大和, 英 崇夫, 日下 一也 : レーザピーニング処理されたアルミニウム合金に発生する圧縮残留応力のレーザ角度依存性, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 47-52, 2008年7月.
15)松英 達也, 英 崇夫, 日下 一也, 坂田 修身 : 熱処理を施したCrN薄膜の残留応力, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 97-101, 2008年7月.
16)城 鮎美, 英 崇夫, 西田 真之, Jing Tian : チタン鋳造合金のX線応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 23-28, 2008年7月.
17)渡邊 義隆, 西田 真之, 英 崇夫 : 繊維強化高分子材料のX線応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 29-34, 2008年7月.
18)篠原 光彦, 英 崇夫, 日下 一也 : 繰り返し曲げ付加によるCu薄膜の残留応力評価, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 92-96, 2008年7月.
19)日下 一也, 高木 均, 米倉 大介, 長町 拓夫, 英 崇夫 : 設計-製作分離型ものづくり実習の試み, 平成20年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 66-67, 2008年8月.
20)藤澤 正一郎, 英 崇夫, 桐山 聰 : 共創的学習空間の構築, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 102-103, 2008年8月.
21)川端 剛史, 桐山 聰, 英 崇夫 : 放送コンテンツ制作とを通したプロジェクトマネジメントの体験,学習, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 4-5, 2008年8月.
22)石崎 繁利, 尾崎 純一, 英 崇夫 : 強制的な設計図交換によるものづくり教育, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 66-67, 2008年8月.
23)續木 章三, 英 崇夫, 日下 一也 : 視覚的理解から操作・体得理解へ-4節リンク模型を用いた「機構学」での動機付け-, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 38-39, 2008年8月.
24)佐藤 旭, 續木 章三, 英 崇夫 : 課外活動による自主創造力の向上-ギター制作・解析を通して得られたもの, 工学・工業教育研究講演会論文集, 528-529, 2008年8月.
25)桐山 聰, 英 崇夫 : エンジニアリングデザインに必至な能力を育成するプログラム, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 342-343, 2008年8月.
26)草壁 克己, 外輪 健一郎 : はじめて学ぶ化学工学, 化学工学会新潟大会2008, 2008年8月.
27)橋詰 努, 北川 博巳, 米田 郁夫, 高見 正利, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 歩車道縁石デザインと車いす使用者の身体的負担の評価, 第23回リハ工学カンファレンス論文集, 279-280, 2008年8月.
28)橋詰 努, 北川 博巳, 高見 正利, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 車いす使用者が安全で快適に走行できる道路環境の研究, --- 車いす使用者の身体振動の計測と評価 ---, 日本福祉のまちづくり学会第11回全国大会概要集, 1-4, 2008年8月.
29)松田 敏和, 三神 厚, 成行 義文 : 鉄筋コンクリート建物の地震被害に対する埋設効果の統計的検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.B-2, 21-22, 2008年9月.
30)藤澤 正一郎, 末田 統, 塩田 洋 : 徳島における視覚障害者のための社会基盤整備に関する研究, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 13-18, 2008年9月.
31)森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 : fcc(111)積層の密充填コロイド結晶における積層不整, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 97, 2008年9月.
32)神原 貴志, 森 篤史 : 2元系コロイド結晶の作製と焼結及び光学特性評価, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 99, 2008年9月.
33)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるバルク密充填コロイド結晶育成, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 98, 2008年9月.
34)濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心力場中での異粒径粒子間の沈降速度差を利用した二元系コロイド結晶の作製と評価, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 366, 2008年9月.
35)源 貴志, 成行 義文, 安部 真理子, 三神 厚 : 垂直航空写真の輪郭線指向特性に基づく建物瓦礫部の自動抽出に関する基礎的研究, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 655-656, 2008年9月.
36)白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
37)室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
38)森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
39)谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
40)冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
41)大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
42)小倉 靖弘, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 車いす利用者の移動と日常生活動作に関する研究, 第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 64, 2008年9月.
43)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 末田 統, 塩田 洋 : 徳島における視覚障害者による評価システムの構築, 第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 187, 2008年9月.
44)橋詰 努, 北川 博巳, 高見 正利, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 車いす利用者の身体振動特性と道路環境の研究, 福祉工学シンポジウム2008講演論文集, 58-61, 2008年9月.
45)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測1, 第9回日本ロービジョン学会学術集会抄録集, 110, 2008年9月.
46)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測2, 第9回日本ロービジョン学会学術集会抄録集, 111, 2008年9月.
47)中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム遷移金属酸化物におけるミリング効果, 日本物理学会 2008年秋季大会, 2008年9月.
48)森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光, 山登 正文 : 磁場中で調製した鉛をドープしたシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2008年9月.
49)森 篤史, 鈴木 良尚 : 正方格子パターン上への剛体球系結晶の成長, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.2, 332, 2008年9月.
50)杉山 茂, 平田 祐規, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : パラジウム導入バナジン酸マグネシウムのプロパン酸化脱水素反応に伴うレドックス挙動, 第102回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年9月.
51)菊本 哲雄, 上原 裕也, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : Pd触媒による乳酸ナトリウムの液相酸化反応に対する酸素加圧促進効果, 第102回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年9月.
52)真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : リン酸マグネシウムを用いた工業排水からのアンモニアの回収除去, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
53)加藤 裕樹, 和田 隆宏, 西岡 幸則, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : Ni-MCM41によるエチレンからプロピレンの合成, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
54)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンを利用した層状チタン酸ナノシートの形状制御と表面特性, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
55)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 岸田 昌浩 : 有機シリカで被覆した炭素担持Pt触媒の調製とシクロヘキサン脱水素反応に及ぼすシリカ表面特性の影響, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
56)山口 進太郎, 外輪 健一郎, 高木 要, 杉山 茂, 中川 敬三 : 深溝型マイクロリアクタにおける除熱性能評価, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
57)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロイオン濃縮デバイスにおける各種陽イオンの濃縮挙動, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
58)黒田 勝也, 外輪 健一郎, 奥山 大輔, 中川 敬三, 杉山 茂 : 温度周期操作下におけるCO酸化反応に及ぼす原料濃度の影響, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
59)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Fournier-Prunaret Daniele : Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-17, 386, Sep. 2008.
60)Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Detection of the unstable periodic point in the chaos using direction coloring, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 385, Sep. 2008.
61)Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Synchronization Phenomena in Coupled BVP Oscillators, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-12, 381, Sep. 2008.
62)杉山 茂, 稲葉 雄一, 真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ベーマイトによる水質改善-リンの回収に対するフッ素の効果-, 第18回無機リン化学討論会, 2008年10月.
63)橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
64)上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現に及ぼすmvaT遺伝子の効果, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
65)辻 洸介, 黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 適応学習を用いた電動車椅子の障害物回避補助システム, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, 353-356, 2008年10月.
66)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるバルク密充填大型コロイド結晶の作製, NCCG-38予稿集, 4, 2008年11月.
67)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : コロイド結晶のグレインサイズ制御への結晶化容器形状の利用, NCCG-38予稿集, 5, 2008年11月.
68)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 共焦点顕微鏡による蛍光分散媒中の微粒子の沈降集積過程の観察, NCCG-38予稿集, 6, 2008年11月.
69)清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 雨宮 崇, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻由来生物毒microcystin分解酵素遺伝子の転写制御に関する研究, 第45回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2008年11月.
70)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による微粒子の自己集積過程, 2008日本化学会西日本大会, 2008年11月.
71)和田 隆宏, 加藤 裕樹, 西岡 幸則, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ニッケル修飾メソポーラスシリカによるエタノールおよびエチレンを原料としたプロピレン合成, 化学工学会関西支部姫路大会, 2008年11月.
72)室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の安全性評価, 第121回徳島生物学会, 2008年11月.
73)森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
74)上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
75)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告, 第120回徳島生物学会 会報, 17, 2008年12月.
76)中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム遷移金属酸化物の構造変化におけるミリング効果, 第34回固体イオニクス討論会講演要旨集, 21-22, 2008年12月.
77)大浦 耕二朗, 中村 浩一, 波床 明洋, 遠藤 茂紀, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆 : MNbO3 の(M=Ag,Na)における構造変化とイオン機能, 第34回固体イオニクス討論会講演要旨集, 13-14, 2008年12月.
78)源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響, 第3回南海地震四国地域学術シンポジウム, Vol.3, 149-156, 2008年12月.
79)原田 敏司, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 交差点周辺の音場再現に関する研究, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008)論文集, 1295-1296, 2008年12月.
80)松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 中原 英博, 橋詰 努, 北川 博己, 土川 忠浩 : 車いす駆動トルクの相違による身体負荷の生理学的検証, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1299-1300, 2008年12月.
81)藤村 甫, 松田 靖史, 藤澤 正一郎, 末田 統, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳 : 計測用下肢装具を用いた適合評価に関する研究, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1301-1302, 2008年12月.
82)上田 喜敏, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 障害者のためのキーボードカバーの問題点と提案, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1311-1312, 2008年12月.
83)橋詰 努, 北川 博巳, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 高見 正利, 米田 郁夫, 鎌田 実, 松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いす走行中のエネルギー代謝と身体的負担の研究, 日本機械学会第17回交通・物流部門講演会講演論文集, 343-346, 2008年12月.
84)外輪 健一郎 : 計算流体力学を利用した深溝型マイクロリアクタの解析, 岡山マイクロリアクターネット平成20年度第3回例会, 2008年12月.
85)間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 第43回緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年2月.
86)Uwate Maki, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤耐性ポンプMexEF-OprN制御領域の解析, 第43回緑膿菌感染症研究会, 108-116, 2009年2月.
87)外輪 健一郎 : 晶析装置のシミュレーション技術, 第21回CES21講演会, 2009年2月.
88)英 崇夫 : プロジェクト活動を通した人間力養成, 3rd KMU/TU Symposium on Engineering Education, 2009年3月.
89)石崎 繁利, 尾崎 純一, 齋藤 茂, 中辻 武, 英 崇夫 : 機械系ものづくり教育における学生の意欲と集中度, 2008年度精密工学会春季大会講演会, 2009年3月.
90)上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
91)橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
92)石崎 繁利, 齋藤 茂, 尾崎 純一, 中辻 武, 英 崇夫 : 機械系ものづくり教育における一環形式と分担形式の比較, 第84期日本機械学会関西支部定時総会講演会講演論文集, 1410, 2009年3月.
93)松浦 健二, 金西 計英, 大家 隆弘, 上田 哲史, 中川 昌宏, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学内外システム連携のための認証認可検討, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, S-141-S-142, 2009年3月.
94)杉山 茂, 菊本 哲雄, 田中 春樹, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 前原 桂子, 姫野 嘉之, 二宮 航 : Pd/C系触媒のPd周りの微細構造と酸化脱水素活性, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
95)中川 敬三, 山口 和希, 尾方 敏匡, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : アミン系界面活性剤を用いた水熱合成法による薄片状ニオブ酸ナノシートの形成と形態制御, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
96)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 官能基を有するシリカで被覆された炭素担持Pt触媒の表面構造解析と脱水素特性, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
97)外輪 健一郎, 山口 進太郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 深溝型マイクロリアクタを利用したマイクロ化学プラントの開発, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
98)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 多段マイクロイオン濃縮デバイスのイオン濃縮性能, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
99)山本 篤, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : 合流部に微細加工を施した深溝型マイクロリアクタにおける流動状態, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
100)杉山 茂, 和田 隆宏, 小川 史郎, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ニッケル修飾FSM-16によるエタノールからプロピレンへの変換反応, 第103回触媒討論会(触媒討論会A), 2009年3月.
101)中川 敬三, 谷本 裕亮, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 竹中 壮, 岸田 昌浩 : 回分式有機ハイドライド脱水素反応における炭素担持Pt触媒のシリカ被覆効果, 第103回触媒討論会(触媒討論会A), 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)間世田 英明 : 日和見感染菌の抗菌剤耐性機構の解明と制御, 2008年5月.
2)杉本 直登, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : バリウム水酸アパタイト担持バナデート触媒および関連触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第2回触媒道場, 2008年6月.
3)和田 隆宏, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ニッケル修飾MCM-41によるエタノールからプロピレン合成, 第2回触媒道場, 2008年6月.
4)永尾 景, 上田 哲史 : 解の写像方向の視覚化を用いた非線形系方程式の周期点検出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.27, 41-46, 2008年7月.
5)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
6)西岡 聡, 上田 哲史 : 結合された BVP 発振器にみられる多様な同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.40, 39-44, 2008年8月.
7)Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Affine Switching Conditions, IEICE Technical Report, Vol.NLP2008, No.44, 57-62, Aug. 2008.
8)田村 彰寿, 上田 哲史 : Izhikevich モデルにおける状態の跳躍の取り扱いと分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.45, 63-66, 2008年8月.
9)真鍋 智行, 清水 由佳, 杉山 茂, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : カルシウム水酸アパタイト薄膜による重金属の回収-溶出特性, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
10)中川 敬三, 尾方 敏匡, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンが形成するラメラ相を利用した薄片状チタン酸ナノシートの合成, 化学工学会中国四国支部第2回若手CE合宿, 2008年8月.
11)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 岸田 昌浩 : 有機シリカで被覆された炭素担持Pt触媒を用いた回分式シクロヘキサン脱水素反応, 化学工学会中国四国支部第2回若手CE合宿, 2008年8月.
12)久米 啓司, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : マイクロチャネルを利用したイオン濃縮技術の開発と性能評価, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
13)黒田 勝也, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 触媒反応における温度周期操作がCO酸化反応に及ぼす影響, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
14)加藤 裕樹, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : MCM-41および関連触媒系によるエチレンからプロピレンへの変換反応, 第18回キャラクタリゼーション講習会, 2008年10月.
15)中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 : リチウム化合物における結晶構造の乱れとイオンダイナミクス, 第15回中国・四国・北九州地区誘電体セミナー, 2008年12月.
16)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告, 平成20年度全学FD徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 8-9, 2009年1月.
17)英 崇夫 : プロジェクト活動で獲得する人間力, 富山大学工学部第6回工学部FDシンポジウム報告書, 4-24, 2009年3月.
18)揖澤 輝学, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : シリカ層にスルホン酸基を付与したシリカ被覆Pt触媒の調製と酸特性評価, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 9, 2009年3月.
19)梅﨑 陽介, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 界面活性剤が形成するラメラ相を利用したハイドロキシアパタイトナノ材料の創製, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 10, 2009年3月.
20)山口 和希, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : アミン系界面活性剤を用いた薄片状ニオブ酸ナノシートの合成と表面特性, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 11, 2009年3月.
21)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 有機シリカで被覆された炭素担持Pt 触媒の表面構造解析と触媒活性評価, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 12, 2009年3月.
22)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 界面活性剤を利用した水熱合成法によるセリアナノシートの創製, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 13, 2009年3月.
23)外輪 健一郎 : マイクロ化学プラントと化学工学, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)末田 統, 藤澤 正一郎 : 平成19年度標準化関係業務「視覚障害者誘導用ブロック等の視認性に係る標準化」に係る成果報告書, 独立行政法人製品評価技術基盤機構委託業務成果報告書, 1-83, 徳島, 2008年12月.
2)Shigeru Sugiyama, Yuya Uehara, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : XAFS evidence on redox-nature of palladium in Pd-Mg3V2O3 catalysts, Photon Factory Activity Report 2007, Vol.25B, 131, Tsukuba, Feb. 2009.
3)Keizo Nakagawa, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Shigeru Sugiyama, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : Analysis of local structures of Pt-based alloy nanoparticles coated with silica layers upon formation of nanoscale carbon, Photon Factory Activity Report 2007, Vol.25B, 129, Tsukuba, Feb. 2009.
4)斉藤 章彦, 望月 秋利, 森 伸一郎, 三神 厚 : 徳島県内の常時微動測定, 四国の常時微動計測調査報告書, 2009年3月.
5)三神 厚 : 建物-地盤系の強震観測記録に基づく入力地震動の評価と免震技術, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, Vol.54, 24-33, 徳島, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{83979}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : GaN-based Schottky Diodes, Handbook of Light Emitting and Schottky Diode Research, Nova Science Publishers, Hauppauge, May 2009.
2)野辺 公一, 小野 泰, 田口 隆一, 千葉 一樹, 藤田 香織, 佐藤 弘美 : 地震に強い家づくり, 雲母書房, 東京, 2009年6月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Takahashi Kensuke, Jin-Ping Ao, Ikawa Yusuke, Hu Cheng-Yu, Kawai Hiroji, Shinohara Naoki, Niwa Naoki and Yasuo Ohno : GaN Schottky Diodes for Microwave Power Rectification, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.48, No.4, 04C095, 2009.
2)Okuyama Yuka, Jin-Ping Ao, Awai Ikuo and Yasuo Ohno : Wireless Inter-Chip Signal Transmission by Electromagnetic Coupling of Open-Ring Resonators, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.48, No.4, 04C025, 2009.
3)T Takahashi, A Hamada, K Miyawaki, Y Matsumoto, Taro Mito, Sumihare Noji and M Mizunami : Systemic RNA interference for the study of learning and memory in an insect, Journal of Neuroscience Methods, Vol.179, No.1, 9-15, 2009.
4)Kikuo Tominaga, Kenji Okada, Yoshinori Miyamoto, Shinya Ohkura, Kazuya Kusaka, Kentaro Shiraishi, Takahiro Ueno and Takao Hanabusa : Deposition of photocatalytic TiO2 films by planar magnetron sputtering system with opposed Ti targets, e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol.7, 290-293, 2009.
5)寺田 賢治, 福原 徹 : 阿波踊りの動きの3次元解析の試み, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.5, 876-884, 2009年.
6)寺田 賢治, 松原 一隆 : 円形計測線時空間画像を用いた方向別人数計測, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129-C, No.6, 1016-1025, 2009年.
7)佐藤 弘美, 藤田 香織 : 伝統的木造町家建築の地震被害と構造性能評価, 歴史都市防災論文集, Vol.3, 71-76, 2009年.
8)T Bando, Taro Mito, Y Maeda, T Nakamura, F Ito, T Watanabe, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during regeneration, Development, Vol.136, No.13, 2235-2245, 2009.
9)Tsutomu Hashizume, Ikuo Yoneda, Hiroshi Kitagawa, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Accessibilities of Wheelchair Users to Cross the Gaps and Steps between Platforms and Trains, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.2, No.4, 199-205, 2009.
10)A Hamada, K Miyawaki, E Honda-sumi, K Tomioka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Loss-of-function analyses of the fragile X-related and dopamine receptor genes by RNA interference in the cricket Gryllus bimaculatus, Developmental Dynamics, Vol.238, No.8, 2025-2033, 2009.
11)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Masatoshi Takami, Ikuo Yoneda, Minoru Kamata, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Evaluation of body vibration during manual wheelchair running over sidewalk surfaces and curbs, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 455-460, 2009.
12)Hiroshi Ohkubo, Kunio Kurachi, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Study on the veering tendecny of persons with visual impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 59-63, 2009.
13)Seiji Mitani, Toshiaki Toshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Study on illuminance dependency of color identification characteristics for people with low visual capacity, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 468-472, 2009.
14)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Study on background illuminance and color conspicuity characteristics for people with low visual capacity, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 473-477, 2009.
15)Kunio Kurachi, Hirohiko Ohkubo, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : A Study on sensation of walking-distance and orientation of the blind, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 478-482, 2009.
16)金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : ネットワークの利用動向からの異常検知手法について, 学術情報処理研究, Vol.13, 74-83, 2009年.
17)中川 康紀, 鈴木 孝造, 寺田 賢治 : FG 視覚センサを用いた人物の姿勢認識, 画像電子学会誌, Vol.38, No.5, 664-672, 2009年.
18)安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
19)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測, --- 色識別性の計測 ---, 日本ロービジョン学会誌, Vol.9, 123-128, 2009年.
20)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測, --- 色の誘目性計測 ---, 日本ロービジョン学会誌, Vol.9, 129-135, 2009年.
21)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Game Story and Human-Human Interaction in the Real World, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.9, No.1, 45-56, 2010.
22)Takao Hanabusa and Shibata Mitsuhiko : X-Ray Investigation on Strength of Thin Films, Materials Science Forum, Vol.638-649, 2395-2404, 2010.
23)Ayumi Shiro, Takao Hanabusa, Tatsuya Okada, Masayuki Nishida, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Measurement of Micro Residual Stresses near the Grain Boundary in Copper Bicrystal, Advanced Materials Research, Vol.89-91, 515-520, 2010.
24)大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 赤外線音声情報案内システムを利用する視覚障害者の方向特定特性, 福祉のまちづくり研究, Vol.11, No.2, 21-28, 2010年.
25)Katsuya SATO, Satoshi Kamada and Kazuyuki Minami : Development of microstretching device to evaluate cell membrane strain field around sensing point of mechanical stimuli, International Journal of Mechanical Sciences, Vol.52, No.2, 251-256, 2010.
26)石崎 繁利, 尾崎 純一, 齋藤 茂, 中辻 武, 英 崇夫 : 分担方式によるものづくり教育の試み, 工学教育, Vol.58, No.2, 64-69, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1)佐藤 弘美 : 重要伝統的建造物群保存地区「脇町南町」における伝統的町家の耐震改修, NPO木の建築, No.23, 42-43, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)森 篤史 : 重力下における剛体球系結晶中の欠陥消失の振舞とコロイドエピタキシー, 日本結晶成長学会誌, Vol.36, No.2, 112-119, 2009年7月.
2)寺田 賢治 : カメラ画像による微小病害虫の検知, --- 小さい害虫を画像処理で見分ける ---, 画像ラボ, Vol.20, No.7, 43-47, 2009年7月.
3)英 崇夫, 金 允海 : 「工学教育に関するアジア会議」創設までの歩み, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 60-65, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Jin-Ping Ao, Suzuki Asato, Sawada Kouichi, Shinkai Satoko and Yasuo Ohno : Schottky Contacts of Reactive Sputtering Refractory Metal Nitrides on Gallium Nitride, The 10th International Symposium on Sputtering & Plasma Processes, 433-436, Kanazawa, Jul. 2009.
2)Atsushi Mori : Defect Behavior in Colloidal Crystal under Gravity, Seventeenth Annual International Coference on Composite/Nano Engineering, Honolulu, Jul. 2009.
3)Takao Hanabusa and Mitsuhiko Shinohara : X-Ray Investigation on Strength of Thin FIlms, THERMEC'2009, Berlin, Aug. 2009.
4)Hu Cheng-Yu, Nakatani Katsutoshi, Kawai Hiroji, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Buffer layer doping concentration measurement using VT-VSUB Characterization of GaN HEMT with p-GaN substrate layer, 8th Topical Workshop on Heterostructure Microelectronics, Nagano, Aug. 2009.
5)Ikawa Yusuke, Yuasa Yorihide, Hu Cheng-Yu, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : 2D Device Simulation of AlGaN/GaN HFET Current Collapse Caused by Surface Negative Charge Injection, 8th Topical Workshop on Heterostructure Microelectronics, Nagano, Aug. 2009.
6)Ayumi Shiro and Takao Hanabusa : Measurement of Micro Residual Stresses near the Grain Boundary in Copper Bicrystal, THERMEC'2009, Berlin, Aug. 2009.
7)Ishizaki Shigetoshi, Ozaki Jun-ichi and Takao Hanabusa : Problem-Based Learning in Department of Mechanical Engineering, Proceedings of the ICEE & ICEER 2009 KOREA, 16-14-16-19, Seoul, Aug. 2009.
8)Shoichiro Fujisawa, Naohiro Yamada, Seiji Mitani, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Osamu Sueda : A study on recognition of tactile walking surface indicator by white cane, 10th Conference of Association for the Advancement of Assistive Technology in Europe, 850, Florence, Sep. 2009.
9)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking, Proceedings of International Workshop on Computer Science and Engineering 2009(WCSE2009), No.703, Qingdao, China, Oct. 2009.
10)Hu Cheng-Yu, Nokubo Hiroyuki, Okada Masaya, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : MIS Diode Characterization on n-GaN by C-V Measurement at 150 C, The 2009 International Conference on Solid State Devices and Materials, Sendai, Oct. 2009.
11)Nakatani Katsutoshi, Jin-Ping Ao, Ohmuro Keisuke, Sugimoto Masahiro, Hu Cheng-Yu, Sogawa Yuji and Yasuo Ohno : Evaluation of GaN MOSFET with TEOS SiO2 Gate Insulator, The 2009 International Conference on Solid State Devices and Materials, Sendai, Oct. 2009.
12)Hu Cheng-Yu, Kikuta Daigo, Nakatani Katsutoshi, Jin-Ping Ao, Sugimoto Masahiro and Yasuo Ohno : Low Resistance Ohmic Contact to Deeply Dry-etched p-GaN, The 8th International Conference on Nitride Semiconductors, Cheju, Oct. 2009.
13)Hu Cheng-Yu, Kikuta Daigo, Nakatani Katsutoshi, Jin-Ping Ao, Sugimoto Masahiro and Yasuo Ohno : Monitoring and control of substrate voltage for AlGaN/GaN HEMTs with p-GaN epi-layer, The 8th International Conference on Nitride Semiconductors, Cheju, Oct. 2009.
14)Takao Hanabusa and Yun-Hae Kim : Step to the Asian Conference on Engineering Education, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 20-23, Busan, Oct. 2009.
15)Takao Hanabusa and Shoichiro Fujisawa : Roots Finding, --- PBL in the first year course ---, Proceeding of the Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 229, Busan, Oct. 2009.
16)Shimamura Norihisa, Harada Kousuke, Kuno Shingo, Nakanishi Shinsuke and Nakagawa Takahumi : Activity of Tatara Project, Proceeding of the Asian Conference on Engineering Education 2009, Busan, Oct. 2009.
17)Yun-Hae Kim, Takao Hanabusa and Se-Ho Park : Globalization of Engineering Education in Asia, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 15-19, Busan, Oct. 2009.
18)Ryoju Nakata, S Sugimoto, Hideo Araki and Takao Hanabusa : Education for Human Behavior Science in High School-College Partnership Programs Associated with Super Science High School, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 312-313, Busan, Oct. 2009.
19)Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi, Arisa Ishii, Tomoki Fujita, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Chemistry Laboratory Class in Senior High School by University Students, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), Busan, Oct. 2009.
20)Shoichiro Fujisawa, Shyouzo Tsuzuki and Takao Hanabusa : Introduction to the Center for Innovation and Creativity Development in The University of Tokushima, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 60-61, Busan, Oct. 2009.
21)Norihisa Shimamura, Kosuke Harada, Shingo Kuno, Shinsuke Nakanishi, Takahumi Nakagawa, Satoshi Nishino, Takao Hanabusa, Shoichiro Fujisawa and Kazuya Kusaka : Activity of Tatara Project, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 213-214, Busan, Oct. 2009.
22)Tadashi Okada, Takashi Yamahata, Masafumi Miwa, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Solar Boat Project, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 291, Busan, Oct. 2009.
23)Muhamad Naim, Keisuke Fukuda, Norihisa Kitamura, Ryo Takekoshi, Akifumi Miyake, Shoichiro Fujisawa, Shyouzo Tsuzuki and Takao Hanabusa : A Way to Futher Understanding of Basic Engineering Principle by Supervising Junior High School Students through Sets of Science Experiment, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 310-311, Busan, Oct. 2009.
24)Mikito Yasuzawa, Keiji Minagawa, Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi, Arisa Ishii, Tomoki Fujita, Hidemi Mishima, Akihiro Orino and Eisaku Satou : Production of Chemistry Laboratory Class for Senior High School Freshmen, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), Busan, Oct. 2009.
25)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A Framework for Human Tracking using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithms, Proceedings of Second IEEE International Workshop on Tracking Humans for the Evaluation of their Motion in Image Sequences, No.AW-11-013, 1028-1033, Kyoto, Nov. 2009.
26)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : A Study on Relationship between Personal Feature of EEG and Human's Characteristic for BCI Based on Mental State, Proc. of IECON 2009, 4265-4268, Porto, Nov. 2009.
27)Takao Hanabusa, Shiro Ayumi, Refai Muslih and Nishida Masayuki : Diffraction Plane Dependence of Micro Residual Stresses in Uniaxially Extended Carbon Steels, Book of Abstracts, The 5th International COnference on Mechanical Stress Evaluation by Neutrons and Synchrotron Radiation (MECA SENS V), 34, Mito, Nov. 2009.
28)Shiro Ayumi, Okada Tasuya, Takao Hanabusa and Nishida Masayuki : Observation of Micro Residual Stresses near the Grain Boundary in Copper Bicrystal with Schmid factor of 0.5, Book of Abstracts, The 5th International Conference on Mechanical Stress Evaluation by Neutrons and Synchrotron Radiation (MECA SENS V), 82, Mito, Nov. 2009.
29)Nishida Masayuki, Takao Hanabusa, Shiro Ayumi and Matsue Tatsuya : Stress Estimation of Titanium Casting Alloy by X-ray Measurement Technique of Single Crystal, Book of Abstracts, The 5th International Conference on Mechanical Stress Evaluation by Neutrons and Synchrotron Radiation (MECA SENS V), 83, Mito, Nov. 2009.
30)Nishida Masayuki, Takao Hanabusa and Matsue Tatsuya : Neutron Stress Measurement of Coarse Crystal Grain Aluminum Casting Alloy, Book of Abstracts, The 5th International Conference on Mechanical Stress Evaluation by Neutrons and Synchrotron Radiation (MECA SENS V), 83, Mito, Nov. 2009.
31)Matsue Tatsuya, Takao Hanabusa, Kusaka Kazuya, Sakata Osami and Nishida Masayuki : Residual Stresses of CrN Films Deposited by Arc Ion Plating Investigated using Synchrotron Radiation, Book of Abstracts, The 5th International Conference on Mechanical Stress Evaluation by Neutrons and Synchrotron Radiation (MECA SENS V), 152, Mito, Nov. 2009.
32)Nishida Masayuki, Kitamura Masashi, Takao Hanabusa and Matsue Tatsuya : X-ray Residual Stress Measurement of Fiber Reinforced Plastic Composite, Proceedings of Asian Pasific Conference for Materials and Mechanics 2009, Yokohama, Nov. 2009.
33)Hiroyuki Mitsuhara, Yoshiki Yamada, Toshiyuki Moriyama, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : PAPER-TOP INTERFACE IN CLASSROOM, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 299-301, Rome, Italy, Nov. 2009.
34)Yasuo Miyoshi, Ryo Okamoto, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A DESIGN OF SOCIAL NETWORKING SERVICE FOR SUPPORTING LEARNING HABITS DEVELOPMENT, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 396-399, Rome, Italy, Nov. 2009.
35)Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of scrapbook function for e-Portfolio, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 483-485, Hong Kong, Nov. 2009.
36)Masahiro Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Authentication and Authorization exchange for University Federation, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 477-479, Hong Kong, Nov. 2009.
37)Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toyoaki Nabeshima, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting Skill Awareness for Runners through Wireless Sensor Network, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 618-622, Hong Kong, Nov. 2009.
38)Hemdan Ibrahim and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P1-33, 217-222, Hiroshima, Feb. 2010.
39)Kenta Fujimoto and Kenji Terada : A Method for Counting Passerby by Length and Breadth Measurement Line, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-26, 436-439, Hiroshima, Feb. 2010.
40)Yusuke Watabe and Kenji Terada : A Method of Detection of Moving Objects by Using a Surveillance Camera on the Campus, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-27, 440-442, Hiroshima, Feb. 2010.
41)Koki Nakagawa and Kenji Terada : A Method for Counting Passer-by In Public Life Space, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-28, 443-444, Hiroshima, Feb. 2010.
42)Takahiro Suemune and Kenji Terada : A Method of Tracking Persons by Using the Internet Camera, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-29, 445-450, Hiroshima, Feb. 2010.
43)Kayoko Matsubara, Takamaro Hamada, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Hidehisa Oku, Seiji Mitani, Toshikazu Kato, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : Visibility of Lateral Band for Tactile Walking Surface Indicators, Proc. of NCSP'10, 203-206, Hawaii, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)竹下 裕也, 佐藤 弘美, 佐藤 恵子, 成行 義文 : 郊外型木造住宅における常時微動測定を用いた耐震補強効果の確認, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.9, 25-26, 2009年5月.
2)英 崇夫, 城 鮎美, Muslih Refai, 西田 真之 : 炭素鋼の残留応力回折面依存性の中性子回折による観察, 日本材料学会第58期学術講演会, 2009年5月.
3)小濱 達也, 日下 一也, 英 崇夫 : AIP法によって生成したTiN膜の残留応力の熱的特性, 日本材料学会第58期学術講演会, 2009年5月.
4)城 鮎美, 英 崇夫, 岡田 達也 : 銅双結晶の粒界近傍の残留応力測定, 日本材料学会第58期学術講演会, 2009年5月.
5)濱田 隆麻郎, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 吉田 敏昭, 末田 統, 北川 博巳, 柳原 崇男 : 視覚障害者誘導用ブロックの視認性に関する実証実験, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集, 1P1-L13(1)-1P1-L13(4), 2009年5月.
6)小林 聖, 濱田 隆麻郎, 藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 吉田 敏昭, 末田 統, 北川 博巳, 柳原 崇男 : 弱視者の色覚特性に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集, 1A2-M12(1)-1A2-M12(2), 2009年5月.
7)松下 征司, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 中原 英博, 橋詰 努, 北川 博巳, 土川 忠浩, 永井 利沙, 竜田 庸平, 直江 貢, 米津 金吾, 佐々木 寛和, 山上 敦子, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 酸素摂取量と車いす駆動トルクによる身体負荷の生理学的検証, 第44回日本理学療法学術大会, 724, 2009年5月.
8)後藤田 中, 平野 卓次, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 集団的ランニングにおける能力開発を支援するアウェアネス, 人工知能学会第23回全国大会講演論文集, 2009年6月.
9)橋本 智弘, 林 由佳子, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子 : 炭素粒子表面へのアミドキシム基の導入, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
10)飯田 裕介, 英 崇夫 : 学生によるプロジェクト活動をより良いものにするために, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 236-237, 2009年8月.
11)石崎 繁利, 英 崇夫 : 機械工学科新入生に対する学習指導の試み-1年設計製図の授業時間を利用した週間学習記録による自学自習の調査-, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 16-17, 2009年8月.
12)鍋野 幸大, 田中 裕一, 石崎 繁利, 英 崇夫 : 卒業研究におけるものづくりの取り組み-バトミントン練習機の開発-, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 218-219, 2009年8月.
13)石崎 繁利, 英 崇夫 : 分担方式ものづくり教育における授業改善, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 234-235, 2009年8月.
14)Takao Hanabusa and Yun-Hae Kim : Current In ternational Relationship between The University of Tokushima and Korea Maritime University and Future Development, Aug. 2009.
15)中田 領樹, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 藤田 慎平, 杉本 多余 : SSHを基盤とした高大連携による人間行動科学教育, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 50-51, 2009年8月.
16)續木 章三, 英 崇夫 : 創造のための教育-初等・中等教育課程についての考察-, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 34-35, 2009年8月.
17)Takao Hanabusa and Yun-Hae Kim : Current International Relation ship between The University of Tokushima and Korea Maritime University and The Future Development, 2009 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 36-38, Aug. 2009.
18)後藤田 中, 大塚 真二, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 協調的ランニング訓練コミュニティを支援するアウェアネス環境の構築, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 294-295, 2009年8月.
19)金西 計英, 松浦 健二, 嵯峨山 和美, 久米 健司, 三好 康夫, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習コミュニティへのSNSによる支援環境の構築について, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 2-3, 2009年8月.
20)光原 弘幸, 赤塚 将人, 北村 聡洋, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通貨を用いる知識売買環境への変動相場制の導入, 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2009)第4分冊, 75-80, 2009年8月.
21)黒田 健太郎, 井川 裕介, 胡 成余, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFET電流コラプスのステップストレス測定, 第70回応用物理学会学術講演会, 2009年9月.
22)高橋 健介, 敖 金平, 胡 成余, 篠原 真毅, 丹羽 直幹, 大野 泰夫 : マイクロ波電力整流用GaNショットキーダイオードのSパラメータ解析, 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 2009年9月.
23)倉本 健次, 阿部 まみ, 奥山 祐加, 敖 金平, 大野 泰夫 : オープンリング共振器を用いた非接触広帯域入出力インターフェイス, 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 2009年9月.
24)阿部 まみ, 倉本 健次, 敖 金平, 大野 泰夫 : オープンリング共振器無線接続における基板抵抗の影響, 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 2009年9月.
25)中島 裕貴, 福波 珠恵, 千葉 一樹, 佐藤 弘美, 藤田 香織 : 既存木造住宅の建設年代と地震被害に関する研究, --- その1 平成19年能登半島地震の被害 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.2009, No.0, 209-210, 2009年9月.
26)福波 珠恵, 中島 裕貴, 千葉 一樹, 佐藤 弘美, 藤田 香織 : 既存木造住宅の建設年代と地震被害に関する研究, --- その2 平成16年新潟県中越地震と平成19年新潟県中越沖地震の被害 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.2009, 211-212, 2009年9月.
27)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : BCI構築のための個人特性とエゴグラムの関連性に関する一考察, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, II-199-202, 2009年9月.
28)佐藤 克也, 鎌田 慧, 南 和幸 : 伸展細胞のin situ観察を可能にする細胞伸展マイクロデバイスの開発, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, Vol.1, No.1, 71, 2009年9月.
29)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : ヒトの心理特性と左前頭前野の活動との関連性に関する一考察, 平成21年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 751-754, 2009年9月.
30)米津 金吾, 原田 敏司, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : ベッド高の相違による重量物持ち上げ動作時の筋疲労解析, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 701-704, 2009年9月.
31)藤澤 正一郎, 續木 章三, 英 崇夫 : 科学リテラシーのための地域ネットワークの構築, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 977-978, 2009年9月.
32)佐藤 弘美, 黒崎 ひろみ : 1891年濃尾地震にみる文化財建造物の被害, 第26回歴史地震研究会, 2009年9月.
33)森 篤史 : 正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の格子欠陥の振舞, 第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 3723-3724, 2009年9月.
34)佐藤 克也, 鎌田 慧, 南 和幸 : 伸展刺激を受ける細胞のリアルタイム観察を可能にする細胞伸展MEMSデバイスの開発, 日本機械学会 福祉工学シンポジウム2009講演論文集, 161-162, 2009年9月.
35)佐藤 克也, 山田 尚平, 南 和幸 : バイオアクチュエータに用いる弾性プラットフォームの開発, 日本機械学会 福祉工学シンポジウム2009講演論文集, 189-190, 2009年9月.
36)久和 広実, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Pukiwikiを基にした演習問題共有システムの構築について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2009年9月.
37)村上 博希, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習者間の相互評価による学習効果について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 302, 2009年9月.
38)高浪 祐輔, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : SNSを用いたモチベーション維持支援システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 303, 2009年9月.
39)Kiyotaka Kunihira, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Development of Presentation-Support System based on Gesture Detection, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 349, Sep. 2009.
40)Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Jogging Simulation for Sustainable Training, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 350, Sep. 2009.
41)原田 敏司, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 波面合成法を用いた交差点音場環境の再現, 第7回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 25-26, 2009年9月.
42)米津 金吾, 原田 敏司, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : ベッド高の相違による重量物持ち上げ動作時の生理学的検証, 第7回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 28-29, 2009年9月.
43)橋詰 努, 北川 博巳, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 高見 正利, 米田 郁夫, 鎌田 実, 松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いす走行中のエネルギー消費と駆動力の研究, 福祉工学シンポジウム2009講演論文集, 225-226, 2009年9月.
44)森 篤史 : 重力下の剛体球系結晶の成長と積層欠陥, 日本物理学会講演概要集, Vol.64, No.2, 296, 2009年9月.
45)佐藤 弘美 : 木造住宅の構造性能の考え方, 第2回 住まいセミナー, 2009年10月.
46)橋本 智弘, 薮谷 智規, 林 由佳子, 安澤 幹人, 本仲 純子 : アミドキシム基修飾黒鉛粒子の合成とその分析化学的応用, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 152, 2009年11月.
47)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 逆三角形型セルを用いたコロイド結晶のグレインの肥大化と生成数の制限, NCCG-39予稿集, 55, 2009年11月.
48)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 共焦点顕微鏡によるコロイド結晶の構造決定と格子欠陥の観察, NCCG-39予稿集, 56, 2009年11月.
49)藤原 貴久, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : リゾチーム正方晶系結晶の外形変化とステップ速度から求めた溶解度の比較, NCCG-39予稿集, 9, 2009年11月.
50)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 基板角度および容器形状を利用した遠心沈降法によるバルク密充填コロイド結晶の作製, NCCG-39予稿集, 185, 2009年11月.
51)枝川 和明, 松永 卓也, 高岡 宏樹, 安澤 幹人 : γーポリグルタミン酸を透過選択性膜および酵素固定膜に用いた微細針状グルコースセンサの作製, 第55回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会, 2009年11月.
52)西村 勇哉, 山本 美穂, 安澤 幹人 : 微細円筒先端内部をセンシング部位とするグルコースセンサの作製およびその評価, 第55回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会, 2009年11月.
53)安澤 幹人 : バイオセンサを用いた体内物質リアルタイムモニタリングの実用化・普及に向けた課題, 第55回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会, 2009年11月.
54)国平 清貴, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ジェスチャに着目したプレゼンテーション支援システムの開発, ゲーム学会第8回全国大会講演論文集, 43-46, 2009年12月.
55)佐藤 克也, 山田 尚平, 南 和幸 : 筋細胞マイクロアクチュエータに用いる細胞配向制御マイクログルーブ基板の開発, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演概要集, 287, 2009年12月.
56)原田 敏司, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 交差点の音場空間再現と評価手法の検討, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1593-1594, 2009年12月.
57)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 脳波の個人特性とユーザの心理特性との関連性に関する一考察, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1595-1598, 2009年12月.
58)上田 喜敏, 宮本 忠吉, 藤澤 正一郎, 末田 統, 米津 金吾, 立石 広志 : 安全な介護のためのベッド条件, --- 介助者に負担がかからないためのベッド開発の提言 ---, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1602-1605, 2009年12月.
59)米田 郁夫, 橋詰 努, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 身体に障害のある人の自立生活を支援する技術開発の重要性, --- 移動支援技術の研究開発実践事例 ---, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1606-1609, 2009年12月.
60)鎌田 慧, 佐藤 克也, 南 和幸 : 伸展刺激を受ける骨芽細胞応答のリアルタイムその場観察の試み, 第22回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 235, 2010年1月.
61)山田 尚平, 佐藤 克也, 南 和幸 : 筋細胞マイクロアクチュエータに用いる細胞格納弾性プラットフォームの開発, 第22回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 314, 2010年1月.
62)米田 郁夫, 橋詰 努, 末田 統, 藤澤 正一郎, 鎌田 実 : 手動車いすのバリアフリー対応デザインのための一考察, 第22回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 301, 2010年1月.
63)橋詰 努, 北川 博巳, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いすの鉄道アクセシビリティとユニバーサルデザインの研究, 第22回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 302, 2010年1月.
64)佐藤 弘美 : 伝統的木造住宅の耐震化の現状, 木造住宅とその耐震化, 2010年1月.
65)佐藤 弘美 : 伝統的木造住宅の地震被害と構造性能, 平成21年度徳島県土木技術・業務発表会, 2010年1月.
66)吉田 博, 香川 順子, 金西 計英, 福田 利久 スティーブ, 戸川 聡 : 大学の授業における学生の学びの動機づけを促す要因, 平成21年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 60-61, 2010年3月.
67)森山 利幸, 山田 佳幹, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : ARを用いた学習用Paper-top Interfaceの試作と予備実験, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 449-450, 2010年3月.
68)野田 祐介, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 柔軟なシナリオに対応する実世界Edutainmentシステム, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 917-918, 2010年3月.
69)森本 真理, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 実世界Edutainmentのシナリオ作成を支援するWebシステム, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 919-920, 2010年3月.
70)阿部 まみ, 倉本 健次, 天羽 孝文, 敖 金平, 大野 泰夫 : 誘電率の異なる基板間でのオープンリング共振器無線接続, 2010年電子情報通信学会総合大会, 2010年3月.
71)鈴木 良尚, 森 篤史, 澤田 勉, 田村 勝弘 : 遠心力を用いた結晶化制御, 第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月.
72)中谷 克俊, 祖川 雄司, 金 栄現, 敖 金平, 大野 泰夫, 宮下 準弘, 本山 慎一 : プラズマCVD酸化膜を用いたGaN MOSFET, 第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月.
73)黒田 健太郎, 井川 裕介, 光山 健太, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFET電流コラプスにおける光照射の影響, 第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月.
74)安澤 幹人, 西村 勇哉, 枝川 和明, 高岡 宏樹 : 先端内部をセンシング部位とする低侵襲型グルコースセンサの試作およびその評価, 第49回化学センサ研究発表会, Vol.2010-A, 115-117, 2010年3月.
75)安澤 幹人, 西村 勇哉, 枝川 和明, 高岡 宏樹 : 先端内部をセンシング部位とする低侵襲型グルコースセンサの試作およびその評価, 第49回化学センサ研究発表会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)森 篤史 : 重力下の剛体球系結晶中の積層欠陥の消失機構, 第19回統計物理学研究会研究報告集, 17-34, 2009年4月.
2)光原 弘幸, 伊勢 直史, 松井 俊憲, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス技術を用いて教室での授業を演出する試み, 日本教育工学会研究報告集, Vol.09, No.2, 31-36, 2009年5月.
3)中田 一平, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上のオンライン論文レビュー支援環境の設計・開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.1, 34-37, 2009年5月.
4)野崎 兼史, 高橋 義也, 敖 金平, 大野 泰夫 : オープンゲートAlGaN/GaN HFETの電解質溶液を介した電流制御, 電子情報通信学会センサーデバイス・MEMS・一般研究会, 2009年7月.
5)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 音楽聴取時における左前頭極脳波のパターン分類, 第79回パターン計測部会研究会資料, 39-44, 2009年7月.
6)原田 敏司, 米津 金吾, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 重量物持上げ動作時の背筋筋電図の測定と疲労解析, 第79回パターン計測部会研究会資料, 45-50, 2009年7月.
7)英 崇夫 : ものづくりとアクティブラーニング, SPODフォーラムプログラム, 2009年9月.
8)黒田 健太郎, 井川 裕介, 光山 健太, 敖 金平, 大野 泰夫 : ステップストレス測定によるAlGaN/GaN HFET電流コラプス解析, 電子情報通信学会電子デバイス,電子部品・材料,レーザ・量子エレクトロニクス研究会, 2009年11月.
9)高橋 健介, 敖 金平, 篠原 真毅, 丹羽 直幹, 藤原 暉雄, 大野 泰夫 : マイク ロ波無線ユビキタス電源用GaNショットキーダイオードの開発, 電子情報通信学会電子デバイス,電子部品・材料,レーザ・量子エレクトロニクス研究会, 2009年11月.
10)野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 機能拡張した実世界Edutainmentとその防災教育への活用, 電子情報通信学会 信学技報(教育工学), Vol.109, No.453, 101-106, 2010年2月.
11)英 崇夫 : 意欲ある若者を育てる教育, 工学教育, Vol.58, No.3, 84, 2010年3月.
12)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 脳波の個人特性とユーザのエゴグラム得点との関連性, 産業計測制御研究会, 17-20, 2010年3月.
13)濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面の誤識別に関する研究, 産業計測制御研究会, 7-10, 2010年3月.
14)佐藤 克也 : 大学院博士前期課程における体験型環境教育の試み, 工学教育シンポジウム2010(SEE2010), 58-64, 2010年3月.
15)後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ジョギングにおける自己調整を支援するオンラインコミュニティ環境, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.7, 72-77, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)森 篤史, 冨田 亮介, 山登 正文, 市坪 哲, 古川 英光, 高橋 弘紀 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成20年度年次報告, 177-179, 仙台, 2009年6月.
2)藤田 香織, 千葉 一樹, 佐藤 弘美, 松田 昌洋 : 耐震補強を目的とした既存木造住宅の類型化と戸数調査, --- 既存不適格木造住宅の破壊モード分析と存在戸数調査 ---, 住宅総合研究財団研究論文集, No.37, 333-344, 東京, 2009年11月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{83979}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)三戸 太郎 : 古生物学事典 第2版 (棚部一成,北里洋編,分担執筆), 朝倉書店, 東京, 2010年6月.
2)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation on Defects in Hard-Sphere Crystals Under Gravity, INTECH, Feb. 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Cheng-Yu Hu, Hiroyuki Nokubo, Masanari Okada, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Metal Insulator Semiconductor Diode Characterization on n-GaN by Capacitance Voltage Measurement at 150 °C, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.49, No.4, 04DF11, 2010.
2)Jin-Ping Ao, Nakatani Katsutoshi, Ohmuro Keisuke, Sugimoto Masahiro, Hu Cheng-Yu, Sogawa Yuji and Yasuo Ohno : GaN Metal-Oxide-Semiconductor Field-Effect Transistor with Tetraethylorthosilicate SiO2 Gate Insulator on AlGaN/GaN Heterostructure, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.49, No.4, 04DF09-1-04DF09-4, 2010.
3)Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Keita Achi, Yasuyuki Ishihara, Jou Kuroda, Gaku Kosaki, Syunsuke Suzuki and Yuuki Nagata : Robot Manufacturing Class for Children Led by University, Journal of Engineering Education Research, Vol.13, No.2, 78-82, 2010.
4)Hiroki Takaoka and Mikito Yasuzawa : Fabrication of Implantable Fine Needle Type Glucose Sensor Using gamma-Polyglutamic Acid, Analytical Sciences, Vol.26, No.5, 551-555, 2010.
5)Mikito Yasuzawa, Takashi Matsuki, Tetsuya Yamada and Akira Kunugi : Synthesis and Electropolymerization of Phosphorylcholine-Containing Pyrroles and their Hemocompatible Properties, Analytical Sciences, Vol.26, No.5, 539-543, 2010.
6)Taro Mito, Taro Nakamura and Sumihare Noji : Evolution of insect development: to the hemimetabolous paradigm., Current Opinion in Genetics & Development, Vol.20, No.4, 355-361, 2010.
7)Mitsuhiko Shinohara, Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Residual Stress Development in Cu Thin Films with and without AlN Passivation by Cyclic Plane Bending, International Journal of Modern Physics B, Vol.24, No.15,16, 2530-2536, 2010.
8)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithms, Journal of Universal Computer Science, Vol.16, No.6, 921-937, 2010.
9)南 和幸, 入口 太地, 李 井山, 中村 敬子, 山内 秀一, 佐藤 克也, 岡田 宗正, 松永 尚文 : ストリップ線路構造を用いたMRI用フレキシブルマイクロプローブの開発, 生体医工学, Vol.48, No.3, 248-258, 2010年.
10)Jin-Ping Ao, Suzuki Asato, Sawada Kouichi, Shinkai Satoko, Yoshiki Naoi and Yasuo Ohno : Schottky contacts of refractory metal nitrides on gallium nitride using reactive sputtering, Vacuum, Vol.84, No.12, 1439-1443, 2010.
11)後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想的に訓練集団を構成することによるジョギング支援サイト, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J93-D, No.7, 1144-1153, 2010年.
12)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Interplay between elastic fields due to gravity and a partial dislocation for a hard-sphere crystal coherently grown under gravity: driving force for defect disappearance, Molecular Physics, Vol.108, No.13, 1731-1738, 2010.
13)Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Syoutaro Ogawa, H Okamoto, Yohei Shinmyo, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Imaging of transgenic cricket embryos reveals cell movements consistent with a syncytial patterning mechanism, Current Biology, Vol.20, No.18, 1641-1647, 2010.
14)Ali Soliman Mohamed Fouad Ahmed and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking, Journal of Software, Vol.5, No.9, 973-937, 2010.
15)Ikawa Yusuke, Yuasa Yorihide, Hu Cheng-Yu, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : 2D Device Simulation of AlGaN/GaN HFET Current Collapse Caused by Surface Negative Charge Injection, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E93-C, No.8, 1218-1224, 2010.
16)Hu Cheng-Yu, Nakatani Katsutoshi, Kawai Hiroji, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Buffer Layer Doping Concentration Measurement Using VT-VSUB Characteristics of GaN HEMT with p-GaN Substrate Layer, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E93-C, No.8, 1234-1237, 2010.
17)Muhamado Naim, Shyouzo Tsuzuki, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : A Way to Further Understanding of Basic Engineering Principle by Supervising Junior High School Students through Set of Science Experiment, Journal of Engineering Research, Vol.Vol.13, No.No.5, 25-28, 2010.
18)續木 章三 : 歴史的機械模型の教育的意義について, --- 科学リテラシー,ものづくり,創造性教育のために ---, 日本技術史教育学会研究発表講演論文集, 13-15, 2010年.
19)Hanabusa Takeo and Shoichiro Fujisawa : Roots Finding, --- PBL in the First Year Course ---, Journal of Engineering Education Resarch, Vol.Vol. 13, No.No. 5, 72-75, 2010.
20)Mikito Yasuzawa, Keiji Minagawa, Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi and Arisa Ishii : Production of Chemistry Laboratory Class for Senior High School Freshmen, Journal of Engineering Education Research, Vol.13, No.5, 55-60, 2010.
21)Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi, Arisa Ishii, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : A Senior High School Chemistry Laboratory Class Observed by University Students, Journal of Engineering Education Research, Vol.13, No.5, 15-19, 2010.
22)後藤田 中, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上でのナワトビスキルの学習者を対象とする個別記事閲覧とその全体像俯瞰の支援, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, 269-277, 2010年.
23)光原 弘幸, 森山 利幸, 山田 佳幹, 金西 計英, 矢野 米雄 : ノートとデジタル教材の融合により"学習内容を書き留めること"を促進するPaper-Top Interfaceの設計・開発, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, 191-200, 2010年.
24)中野 昭雄, 藤原 伸幸, 寺田 賢治 : 画像処理による微小害虫の自動カウント, 植物防疫, Vol.65, No.1, 43-46, 2011年.
25)Jin-Ping Ao : Monolithic Integration of GaN-based LEDs, Journal of Physics: Conference Series, Vol.276, No.1, 012001-1-012001-4, 2011.
26)Taro Mito, T Nakamura, T Band, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : The advent of RNA interference in Entomology, Entomological Science, Vol.14, No.1, 1-8, 2011.
27)安澤 幹人, 二神 規通, 渕脇 雄介, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ダイオキシン計測のための表面プラズモンイムノセンサー用感応膜の試作と評価, 分析化学, Vol.60, No.1, 81-86, 2011年.
28)Jin-Ping Ao, Nakatani Katsutoshi, Sogawa Yuji, Akamatsu Shiro, Kim Hyun Young, Miyashita Takahiro, Motoyama Shin-ichi and Yasuo Ohno : GaN MOSFET with a gate SiO2 insulator deposited by silane-based plasma-enhanced chemical vapor deposition, Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics, Vol.8, No.2, 457-460, 2011.
29)Atsushi Mori : Monte Carlo simulation of growth of hard-sphere crystals on a square pattern, Journal of Crystal Growth, Vol.318, No.1, 66-71, 2011.
30)吉田 博, 金西 計英, 福田 利久 スティーブ, 戸川 聡 : 学生の学習動機をもとにしたFDの構築に関する考察, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 32-42, 2011年.
31)Mikito Yasuzawa, Kazuaki Edagawa, Takuya Matsunaga, Hiroki Takaoka and Tomoki Yabutani : Highly Selective Needle-Type Glucose Sensors Prepared by the Immobilization of Glucose Oxidase on γ-Polyglutamic Acid Film, Analytical Sciences, Vol.27, No.3, 337-340, 2011.
32)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Takahisa Fujiwara and Katsuhiro Tamura : Precise characterization of grain structures, stacking disorders and lattice disorders of a close-packed colloidal crystal, Journal of Crystal Growth, Vol.322, No.1, 109-113, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 安澤 幹人 : 人工生体膜のソフトナノテクノロジー, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, Vol.55, 25-30, 2010年.
2)吉田 博, 金西 計英 : 双方向型授業の取り組みにおける成果と課題―「橋本メソッド」の実践を通して―, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 128-137, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)藤澤 正一郎, 上田 喜敏 : 人間工学的視点から見た安全な患者介助, --- 保健衛生業の腰痛問題 ---, ライフサポート, Vol.22, No.2, 9-12, 2010年6月.
2)佐藤 弘美 : 通し柱と差鴨居からなる軸組架構の水平加力実験, 木の建築, No.28, 38-41, 2010年10月.
3)安澤 幹人 : 特集 医療診断と分析化学 「血糖値測定」, ぶんせき, No.10, 533-538, 2010年10月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Taro Mito, Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Highly dynamic cell behavior during early development in the intermediate germ insect Gryllus bimaculatus, as revealed by analyses of transgenic embryos, Washington DC, USA, Apr. 2010.
2)Sumihare Noji, Tetsuya Bando, Taro Mito, Taro Nakamura, Takahito Watanabe and Hideyo Ohuchi : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during cricket leg regeneration, Washington, DC, USA, Apr. 2010.
3)Tadashi Okada, Takashi Yamahata, Masafumi Miwa, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Unmanned solar boat which cruises autonomously, Proceedings On "2nd International On-Board Symposium:Huma Health, Energy and Environment", 67-68, Tokushima, May 2010.
4)Jin-Ping Ao, Nakatani Katsutoshi, Sogawa Yuji, Kim Hyun Young, Miyashita Takahiro, Motoyama Shin-ichi and Yasuo Ohno : GaN MOSFET with Gate SiO2 Deposited by Silane-Based PECVD, The 37th International Symposium on Compound Semiconductors, Takamatsu, May 2010.
5)Hiromi Sato, Kazuki Chiba and Kaori Fujita : Structural Performance of Traditional Timber Townhouses in the Historic Town of Wakimachi in Japan, Proceedings of 11th World Conference on Timber Engineering, Vol.4, Riva del Garda, Jun. 2010.
6)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation of Colloidal Epitaxy on Square Pattern, Eighteenth Annual International Conference on Composite/Nano Engineering, Anchorage, Jul. 2010.
7)T Nakamura, Taro Mito, M Yoshizaki, T Bando and Sumihare Noji : Dynamic control of positional specification in a primitive mode of insect segmentation, フランス(パリ第7大学), Jul. 2010.
8)Ryosuke Tomita, Atsushi Mori, Masafumi Yamato, Hidemitsu Furukawa and Kohki Takahashi : Structural Anisotropy of Silica Hydrogels Prepared Under Mangetic Field, Eighteenth Annual International Conference on Composite/Nano Engineering, Anchorage, Jul. 2010.
9)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Study on Relationship between Personality and Individual Characteristic of EEG for Personalized BCI, Proc. of IEEE Region 8 SIBIRCON-2010, 106-111, Irkutsuk, Jul. 2010.
10)Kaori Hashimoto, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Elimination and enlargement of grains of silica colloidal crystals by centrifugation with an inverted-triangle shaped container, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 112, Beijing, Aug. 2010.
11)Makiko Sakabe, Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Relaxation of mobile lattice defects in a colloidal crystal, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
12)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : SEM observations of the fracture surface of a close-packed colloidal crystal, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
13)Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori, Harutoshi Asakawa and Katsuhiro Tamura : Grain-size control of a pilllar-like colloidal crystal by centrifugation, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
14)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura : Fabrication of bulk close-packed colloidal crystals by centrifugation with the control of substrate angles, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
15)Katsuya SATO and Kazuyuki MINAMI : Observation of initial calcium signal response to uniaxial stretching in a single osteoblastic cell using novel cell stretching microdevice, 6th World Congress of Biomechanics Abstracts, 496, Aug. 2010.
16)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation of Growth of Hard-Sphere Crystal on Squarer Pattern, Sixteenth International Coference on Crystal Growth, Beijing, Aug. 2010.
17)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Study on Association between User's Personality and Individual Characteristic of Left Prefrontal Pole EEG Activity, Proc. of 2010 Sixth International Conference on Natural Computation (ICNC'10), 2163-2166, Yantai, Aug. 2010.
18)Shoichiro Fujisawa, Yamada Naohiro, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Mitani Seiji and Osamu Sueda : Identification of Tactile Walking Surface Indicators by White Cane, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Virtual Environmnets Human-Computer Interfaces and Measurement Systems (VECIMS 2010), 52-55, Taranto, Sep. 2010.
19)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Association between Ego Scores and Individual Characteristics in EEG Analysis, --- Basic Study on Individual Brain Activity ---, Proc. of 19th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (Ro-Man'10), 230-235, Viareggio, Sep. 2010.
20)Abe Mami, Amou Takahumi, Kuramoto Kenji, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Effects of Substrate Conductivity on Open-Ring Resonator Wireless Interconnection, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama, Sep. 2010.
21)Jin-Ping Ao, Takahashi Kensuke, Shinohara Naoki, Niwa Naoki, Fujiwara Teruo and Yasuo Ohno : S-parameter Analysis of GaN Schottky Diodes for Microwave Power Rectification, 2010 IEEE Compound Semiconductor Integrated Circuit Symposium, Monterey, Oct. 2010.
22)Ryota Kurozumi, Kosuke Tsuji, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Toru Yamamoto : Experimental Validation of an Online Adaptive and Learning Obstacle Avoiding Support System for the Electric Wheelchairs, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2010), 92-99, Istanbul, Oct. 2010.
23)Kazunori Tsuda, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Virtual Darts Using Image Processing, Proceedings of 8th edition of France-Japan and 6th Europe-Asia Congress on Mechatronics, No.Mon2-3, 163-168, Yokohama, Nov. 2010.
24)Jin-Ping Ao : Monolithic Integration of GaN-based LEDs, 2nd Photonics and Optoelectronics Meetings (POEM2010), Wuhan, Nov. 2010.
25)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : What if Children Learn Phenomena of Light through Real World Edutainment?, Proceedings of The 7th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, Taipei, Nov. 2010.
26)Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of Synchronized data with e-Learning Systems, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 304-306, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
27)Hiroyuki Mitsuhara, Toshinori Matsui, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Changing Classroom into Exciting Learning Space by Entertainment Computing, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 498-500, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
28)Yusuke Noda, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Based on Flexible Game Story, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 509-516, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
29)Abe Mami, Okuyama Yuka, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Misalignment Effects in Inter-Chip Wireless Connection with Open-Ring Resonators, 2010 Asia-Pacific Microwave Conference (APM C2010), Yokohama, Dec. 2010.
30)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Improving mobility for blind persons using video sunglasses, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 1-5, Ulsan, South Korea, Feb. 2011.
31)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Facial Features-Based Method for Human Tracking, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-2, 217-222, Ulsan, Feb. 2011.
32)Jung-Hwa Park, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Recognition of a person's state using FG Vision Sensor, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-5, Ulsan, Feb. 2011.
33)Elmarhomy Ahmed, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A Method for Counting Passersby using Time-Space Image, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-12, Ulsan, Feb. 2011.
34)Eri Ishikawa, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Gait Features Extraction Method using Image Processing, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-14, Ulsan, Feb. 2011.
35)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Background Updating for Abandoned Luggage Detection at Train Stations, Proc. of ICMLC'2011, Vol.2, 11-14, Singapore, Feb. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)龍野 壮平, 津和 佑子, 佐藤 弘美, 千葉 一樹, 腰原 幹雄 : 伝統的木造構法五重塔の組物二基における静加力実験, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 23-24, 2010年4月.
2)張 娟, Le Thi Xuan Thuy, 篠原 達也, 薮谷 智規, 鄧 慧萍, 林 由佳子, 本仲 純子, 安澤 幹人 : γーポリグルタミン酸修飾磁性粒子による水圏試料中金属イオンの回収, 第68回日本分析化学討論会, 2010年5月.
3)小尾 誠, 輿水 大和, 寺田 賢治, 石井 明, 清水 毅 : 動的画像処理実利用化ワークショップDIA2010報告, 画像応用技術専門委員会2010年度第1回研究会, Vol.25, No.1, 29-32, 2010年5月.
4)松谷 俊弘, 成行 義文, 丸山 有弥, 佐藤 弘美 : マルチケーブルダンパーの開発に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 57-58, 2010年5月.
5)源 貴志, 三矢 草, 成行 義文, 佐藤 弘美 : モード解析による梁構造物の損傷同定法に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 99-100, 2010年5月.
6)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサを用いた人の超解像モデリング, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS1-09, 2010年6月.
7)中川 康紀, 寺田 賢治, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCTVカメラを用いた画像煙検出システム, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS2-01, 2010年6月.
8)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 混雑状況下における人数計測, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS4-20, 2010年6月.
9)濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面の誤識別に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1A1, No.D10, 1-3, 2010年6月.
10)原田 敏司, 米津 金吾, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : ベッド高の相違による重量物持上げ動作時の背筋筋電図測定と疲労解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1P1, No.G07, 1-4, 2010年6月.
11)續木 章三 : 「機構学」の技術史教育的意義について, 日本技術史教育学会研究発表講演論文集, 65-67, 2010年6月.
12)Tetsuya Bando, Taro Nakamura, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Lowfat regulates leg size and growth under the Dachsous/Fat signaling during regeneration in Gryllus bimaculatus, 43rd Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, Jun. 2010.
13)栗田 一輝, 新明 洋平, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Divergent function of Delta/Notch signaling in formation of body segments in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
14)T Nakamura, 三戸 太郎, T Bando, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Dynamic control of positional specification in a primitive mode of insect segmentation, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
15)松岡 佑児, 板東 哲哉, 中村 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Enhancer of zeste epigenetically regulates leg development in the cricket Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
16)Noha Abd ElGawad Youssef Aly Dabour, 板東 哲哉, 中村 太郎, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Control of body size by chico and epidermal growth factor receptor, as revealed by systemic nymphal RNA interference in the cricket, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
17)松田 光司, 中村 太郎, F Ito, 三戸 太郎, 坂東 哲哉, 野地 澄晴 : Development of enhancer trap lines using the GAL4/UAS system in the cricket, Gryllus bimaculatus, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
18)日下 一也, 富永 喜久雄 : 電源の異なる二種類のスパッタリング法で堆積させた2層の窒化アルミニウム薄膜の残留応力測定, 第44回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 105-109, 2010年7月.
19)佐藤 弘美 : 土壁の構造特性について, 木材生産現地研修会 伝統構法を学ぶ Ⅰ 「土壁」, 2010年7月.
20)中西 信介, 藤澤 正一郎 : 自主活動たたらプロジェクトの取り組み, --- 日本古来の製鉄法「たたら」から学んだこと ---, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2010年8月.
21)日下 一也, 草野 剛嗣, 藤澤 正一郎 : 設計と製作を分担したものづくり実習の試み, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 182-183, 2010年8月.
22)鈴木 俊輔, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生運営の習熟度別コースによる小中学生向けロボット教室, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 336-337, 2010年8月.
23)續木 章三, 英 崇夫, 藤澤 正一郎 : サイエンス・エンジニアリングクラブ設立への取組み, --- 教育体験を通して学生が身につけたもの ---, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 506-507, 2010年8月.
24)松浦 健二, 林 敏浩, 久米 健司, 上田 哲史, 金西 計英, 矢野 米雄 : LMSにおける組織を跨ぐ認証認可連携, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 339-340, 2010年8月.
25)佐藤 弘美, 腰原 幹雄 : 通し柱をもつ差鴨居架構の水平抵抗力, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年9月.
26)中島 裕貴, 福波 珠恵, 佐藤 弘美, 千葉 一樹, 藤田 香織 : 既存木造住宅の建設年代と地震被害に関する研究, --- その3 平成19年能登半島地震による輪島市鳳至町における被害 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年9月.
27)龍野 壮平, 津和 佑子, 佐藤 弘美, 千葉 一樹, 腰原 幹雄 : 伝統的木造構法五重塔の組物二基における静加力実験, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年9月.
28)阿部 まみ, 敖 金平, 大野 泰夫 : オープンリング共振器無線接続における基板抵抗の影響, 第71回応用物理学会学術講演会, 2010年9月.
29)原内 健次, 細川 大志, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN横型ショットキーダイオードのSパラメータ解析, 第71回応用物理学会学術講演会, 2010年9月.
30)細川 大志, 原内 健次, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN横型ショットキーダイオードの二次元デバイスシミュレーション, 第71回応用物理学会学術講演会, 2010年9月.
31)藤本 健太, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 混雑状況下における人数計測, 第15回知能メカトロニクスワークショップ, No.A2, 2010年9月.
32)中川 康紀, 竹下 勉, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : カメラ画像を用いたギターのバーチャル演奏, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-31, 2010年9月.
33)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサによる人の超解像モデリング, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-33, 2010年9月.
34)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-38, 2010年9月.
35)藤澤 正一郎, 辻 洸介, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 山本 透 : 強化学習を用いた電動車椅子の障害物回避補助システムに関する研究, 平成22年度第15回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 1-5, 2010年9月.
36)橋本 智弘, Le Thi Xuan Thuy, 安澤 幹人, 林 由佳子, 本仲 純子, 薮谷 智規 : アミドキシム基修飾活性炭の合成とその金属吸着挙動, 日本分析化学化学会第59年会, 2010年9月.
37)松原 加代子, 濱田 隆磨郎, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者における視覚障害者誘導用ブロックの視認性向上に関する研究-側帯付加による視認性向上と誤認識発生に関する実験的検討-, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
38)毛利 太一, 橋詰 努, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : スロープ登坂時における車いす利用者の身体的負荷の評価, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
39)立石 広志, 上田 喜敏, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 介助者の重心位置とベッド高の関係が腰部負荷に及ぼす影響, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
40)津田 一徳, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理によるバーチャルダーツ, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-29, 2010年9月.
41)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 複数の表色系を用いた人数計測, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-32, 2010年9月.
42)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 脳波の個人特性とエゴ得点との関連性考察, 第20回 インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, S5-3-4, 2010年9月.
43)黒住 亮太, 辻 洸介, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 山本 透 : オンライン適応学習を用いた電動車いすの障害物回避補助システムの実験的評価, 第20回 インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, S5-3-2-1-S5-3-2-4, 2010年9月.
44)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 2010年精密工学会秋季大会, No.G-21, 2010年9月.
45)寺田 賢治 : 画像からの人間計測技術, フォトニクス技術フォーラム第2回光情報技術研究会, 2010年10月.
46)光原 弘幸, 守屋 克彦, 松井 俊憲, 香川 順子, 金西 計英, 矢野 米雄 : Lectutainment: 教室を劇場に見立てた授業のエンタテイメント化による学習意欲の向上, エンタテインメントコンピューティング2010講演論文集, 2010年10月.
47)野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 三木 啓司, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 実世界Edutainmentによる防災教育のエンタテインメント化, エンタテインメントコンピューティング2010講演論文集, 2010年10月.
48)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : コロイド結晶内の粒子層の積層状態の経時変化, 化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
49)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 逆三角型セルを利用したコロイド結晶の大型グレインの作成, 化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
50)津田 一徳, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理によるバーチャルダーツ, 2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.243, 2010年11月.
51)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.244, 2010年11月.
52)藤澤 正一郎, 黒住 亮太, 辻 洸介, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 山本 透 : 電動車いすのオンライン学習による障害物回避支援システムの研究, 第53回自動制御連合講演会, 1174-1177, 2010年11月.
53)藤澤 正一郎, 松原 加代子, 濱田 隆麿郎, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久 : ロービジョン者の歩行面の御識別に関する研究, 第31回バイオメカニクス学術講演会SOBIM2010予稿集, 307-310, 2010年11月.
54)北村 優人, 安澤 幹人 : 生分解性高分子を用いた凝集剤の合成及び水質浄化への応用, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
55)田中 秀憲, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いたアルコール類のシリカ表面修飾およびその安定性評価, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
56)芝 直生, 枝川 和明, 安澤 幹人, 玉井 伸岳, 松木 均 : 微小領域のモニタリングを目的としたマイクロバイオセンサの試作及びその評価, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
57)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサを用いた人物の3次元モデリング, 第53回自動制御連合講演会, No.577, 2010年11月.
58)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 複数の表色系と領域分割を用いた人数計測, 第53回自動制御連合講演会, No.578, 2010年11月.
59)續木 章三 : 目で見る機械時計の歴史, 2010年11月.
60)枝川 和明, 安澤 幹人 : フレキシブルステンレスワイヤを用いたグルコースセンサの作製およびそのセンサ特性評価, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
61)中西 弘, 枝川 和明, 安澤 幹人 : 微細針状ラクテートセンサの作製及びその評価, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
62)船橋 厚推, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いた微小凹凸表面を有する薄膜形成, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
63)森 篤史 : 正方格子パターン上への剛体球のコロイドエピタキシーのモンテカルロシミュレーション, 分子シミュレーション討論会講演概要集, 2010年11月.
64)金繁 美希, 森 篤史 : 正方格子パターン上への剛体球系結晶形成のモンテカルロシミュレーション, 分子シミュレーション討論会講演概要集, 2010年11月.
65)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2010, ビジョン技術の実利用ワークショップ, 2010年12月.
66)濱田 良真, 板東 哲哉, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : コオロギの脚再生中のDachsous/Fatシグナル経路によるサイズと成長の制御, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
67)福岡 幸, 坂上 友梨, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : イチゴ「さちのか」におけるflavonoid 3'-hydoxylase (F3'H) 遺伝子の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
68)三宅 章郁, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : LED境界表示灯を用いた視覚障害者歩行支援システムの評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1820-1821, 2010年12月.
69)谷林 宏紀, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 路面埋め込み型スピーカーを用いた音響誘導装置の特性評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1822-1823, 2010年12月.
70)椿 卓也, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : LED誘導鋲を用いた視覚障害者歩行支援システムの評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1824-1825, 2010年12月.
71)三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 田内 雅規, 末田 統 : システマティックで信頼性の高いロービジョン者の視覚特性計測, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1804-1807, 2010年12月.
72)三輪 昌史, 川島 弘成, 寺田 賢治 : TPIPボードを用いた無人ヘリからの映像伝送と制御への応用, 第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2F2-1, 2010年12月.
73)吉崎 正人, 中村 太郎, 三戸 太郎, 板東 哲哉, 渡辺 崇人, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Functions of the orthodenticle-related genes during embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
74)板東 哲哉, 松岡 佑児, 濱田 良真, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Epigenetic regulation of gene expressions during leg regeneration in the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
75)栗田 一輝, 高木 晃, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Functions of the Drosophila retinal determination gene homologoues in eye development of a Hemimetabolous insect Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
76)渡辺 崇人, H Ochiai, T Sakuma, 朝比奈 美葵, 中村 太郎, 三戸 太郎, 大内 淑代, T Yamamoto, 野地 澄晴 : Targeted manipulation of genes with zinc finger nucleases in the cricket, Gryllus bimaculatus, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
77)入江 健太郎, 坂上 友梨, 福岡 幸, 宮脇 克行, 角村 寧子, 広田 恵介, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : アグロインフィルトレーション法を用いたRNAiによるイチゴ青色光受容体の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年.
78)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2010, 画像応用技術専門委員会2009年度第5回研究会, Vol.25, No.5, 40-43, 2011年1月.
79)中野 圭悟, 佐藤 克也, 中島 雄太, 南 和幸 : ひずみ勾配場における細胞応答を観察するための細胞伸展デバイスの開発, 第23回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 151-152, 2011年1月.
80)續木 章三 : 「教える」ということ「学ぶ」ということ, --- TA学生のアンケートからみえるもの ---, 徳島大学全学FD, 2011年1月.
81)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な形状の画像センシング, 平成22年度 KICC第2回インスペクション技術研究会, 2011年3月.
82)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : 画像処理を用いたラジコンヘリの操縦支援, 電気学会システム研究会ST-11-001~013, 17-21, 2011年3月.
83)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : カメラを用いたラジコンヘリの自動着陸, 動的画像処理実利用化ワークショップ2011, 77-78, 2011年3月.
84)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-11, 2011年3月.
85)渡部 祐介, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた作業者の状態把握システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-15, 2011年3月.
86)岩藤 那留, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : USBカメラを用いた不審者の自動認識システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-18, 2011年3月.
87)森 輝瑠, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いたバーチャルチェロ, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-24, 2011年3月.
88)福島 徹也, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた観賞魚の育成支援システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-28, 2011年3月.
89)伊藤 伸一, 斎藤 隆文, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 最適解探索支援のための遺伝的アルゴリズムの可視化技術, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), 244-247, 2011年3月.
90)高橋 聡一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 空中文字認識を用いた知能化した室内環境システムの構築, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-24, 2011年3月.
91)新田 和馬, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : カメラを用いたバーチャルダーツ, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-27, 2011年3月.
92)佐藤 雄規, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : サングラス型ビデオカメラ画像のイメージモザイク, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-30, 2011年3月.
93)門司 亮, 南 和幸, 中島 雄太, 佐藤 克也, 中野 圭悟 : 高精度化細胞伸展マイクロデバイスの設計と試作, 日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会講演論文集, Vol.115, No.1, 195-196, 2011年3月.
94)原内 健次, 岩崎 裕一, 阿部 まみ, 敖 金平, 篠原 真毅, 外村 博史, 大野 泰夫 : オープンリング共振器接続によるマイクロ波無線電力伝送, 2011年電子情報通信学会総合大会, 2011年3月.
95)細川 大志, 黒田 健太郎, 井谷 祥之, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFET 電流コラプスの回復過程測定, 第57回応用物理学関係連合講演会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶におけるショックレーの部分転位の弾性場と重力による弾性場の相互作用, 第20回統計物理学研究会研究報告集, 55-75, 2010年5月.
2)Yasuyuki Ishihara, Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Syunsuke Suzuki, Gaku Kosaki, Yuuki Nagata, Keita Achi and Jou Kuroda : Science and Technology Education for Children by Robot Manufacturing Classes, Proceedings on "2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment", 59-60, May 2010.
3)森 篤史, 鈴木 良尚, 金繁 美希, 松尾 繁樹 : 剛体球模型を用いたコロイドエピタキシーのシミュレーション, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第5回研究会, 2010年12月.
4)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘, 田村 勝弘 : 結晶化容器形状を用いたコロイド結晶のグレインの肥大化, 「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
5)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 経時変化によるコロイド結晶内の格子欠陥の観察, 「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
6)藤澤 正一郎 : 弱視者の歩行支援, 第8回交通バリアフリーフォーラム, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)冨田 亮介, 森 篤史, 山登 正文, 古川 英光, 高橋 弘紀 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成21年度年次報告, 171-172, 仙台, 2010年6月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{83979}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)Yuta NAKASHIMA, Katsuya SATO, Takashi YASUDA and Kazuyuki MINAMI : Cell Differentiation Induction Using Extracellular Stimulation Controlled by a Micro Device, INTECH, Rijeka, Dec. 2011.
2)藤田 岳彦, 石村 直之, 藤岡 敦, 松田 秀樹, 今井 仁司, 石井 昌宏, 竹内 慎吾 : Primary 大学ノート よくわかる微分積分, 実教出版, 東京, 2011年12月.
3)宋 天, 鄭 涛, 宋 鶴山 : ノーベル賞の科学‐物理編, 科学出版社, 北京, 2012年1月.
4)鄭 涛, 宋 天 : ノーベル賞の科学‐化学, 科学出版社, 北京, 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状,色および光沢の推定, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.4, 572-585, 2011年.
2)山口 順一, 下村 倫子, 梅田 和昇, 佐藤 雄隆, 実森 彰郎, 藤吉 弘亘, 寺田 賢治, 本谷 秀堅, 渡邉 恵理子, 奥田 晴久, 羽下 哲司, 橋本 学 : 生活安心・安全のための多次元センシング, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.4, 418-425, 2011年.
3)中川 康紀, 石塚 善士, 寺田 賢治 : 方向コード化した一般化ハフ変換を2回用いた人領域の抽出, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.7, 888-896, 2011年.
4)Wenjun Zhao, Tian Song, Jinxiang Wang and Takashi Shimamoto : Improved Interlayer Intraprediction for Scalable Video Coding, Journal of Signal Processing, Vol.15, No.4, 299-302, 2011.
5)松沢 晃一, 橘高 義典, 塚越 雅幸, 船越 貴恵 : 異なる温度養生の影響を受けたモルタルの細孔構造からの強度推定式の検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, No.1, 347-352, 2011年.
6)橘高 義典, LE PHONG NGUYEN, 塚越 雅幸, 松沢 晃一 : 鉄筋コンクリート表面のひび割れ発生時の鉄筋腐食量に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, No.1, 1145-1150, 2011年.
7)Masayuki Tsukagoshi and Kyoji Tanaka : Microstructural Observation and Simulation of Polymer Cement Waterproofing Membrane, Proceedings of 6th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 2011.
8)古澤 洋祐, 橋田 浩, 塚越 雅幸, 渡辺 光, 田中 享二 : 塗膜防水通気緩衝工法のふくれ圧力低減効果の評価方法の開発, 日本建築学会構造系論文集, Vol.76, No.666, 1401-1406, 2011年.
9)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Image measurement of body position during side-approach transfer motion, IET Image Processing, Vol.5, No.5, 402-409, 2011.
10)Takahashi Shinji, Miyake Akifumi, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka and Shoichiro Fujisawa : An evaluation of tactile walking surface indicators for the visually impaired, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 587-594, 2011.
11)Matsubara Kayoko, Hamada Takamaro, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Mis-recognition of Road Surface by The Low Vision, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 610-617, 2011.
12)Mitani Seiji, Hamada Takamaro, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Measurement of Visbility of TWSIs perceived by LVs, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 618-625, 2011.
13)Tsutomu Hashizume, Kitagawa Hiroshi, Mohri Taichi, Ueda Hisatoshi, Miyamoto Tadayoshi, Yodeda Ikuo and Shoichiro Fujisawa : Evaluation of Physical Load while Propelling Manual Wheelchair on a Slope, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 796-803, 2011.
14)Yusuke Fuchiwaki, Mikito Yasuzawa, Norimichi Futagami and Kotaro Rikitake : Improvement of accuracy in flow immunosensor system by introduction of poly-2-[3-(methacryloylamino)propylammonio]ethyl 3-aminopropyl phosphate, Journal of Sensors, Vol.2011, No.507047, 1-10, 2011.
15)Yi Li, Tian Song and Takashi Shimamoto : Key Frame Extraction Method Based on Motion Features of H.264/AVC, Journal of Signal Processing, Vol.15, No.6, 443-450, 2011.
16)Naoki Takesue, Yoshinori Kitsutaka and Masayuki Tsukagoshi : Methodology and Framework of the Secondary Integrity Evaluation of Deteriorated Concrete Structures, Proceedings of 21th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology SMiRT21, 2011.
17)Yoshinori Kitsutaka and Masayuki Tsukagoshi : Method on the Aging Evaluation in Nuclear Power Plant Concrete Structures, Proceedings of 21th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology SMiRT21, 2011.
18)Juan Zhang, Hui-ping Deng, 薮谷 智規, 安澤 幹人 : Study of the Removal of Pb2+ from Aqueous Solution by Poly-γ-glutamic Acid Coated Magnetic Nanoparticles, Journal of Environment Science, Vol.32, No.11, 3348-3356, 2011年.
19)Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Flow immunosensing system utilizing antibodies immobilized on beads coated with poly-2-[3-(methacryloyl-amino)propylammonio]ethyl 3-aminopropyl phosphate, Sensors and Actuators A: Physical, Vol.170, No.1-2, 100-105, 2011.
20)Hisashi Ohkuni, Hideaki Nagamune, Nana Ozaki, Atsushi Tabata, Yuko Todome, Yukino Watanabe, Hidemi Takahashi, Kazuto Ohkura, Hiroki Kourai, Hiromi Ohtsuka, Vincent A. Fischetti and John B. Zabriskie : Characterization of recombinant Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor, APMIS, Vol.120, No.1, 56-71, 2012.
21)Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : Numerical Simulation on Local Solutions Partial Differential Equations, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.61, 185-193, 2012.
22)Shanta Shamim Shewli, Hitoshi Imai, Karim Faisal Abd. Mohamad and Pramanik Kumar Indrojit : COMPUTING ATTRACTORS FOR A STEFAN PROBLEM WITH HEAT SOURCE TERM USING THE SPECTRAL COLLOCATION METHOD, Far East Journal of Mathematical Sciences, Vol.71, No.1, 87-104, 2012.
23)Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hidenori Imaki, Keigo Tsuruno, Aya Miyazaki, Kenji Sonomoto, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Role of Streptococcus intermedius DnaK chaperone system in stress tolerance and pathogenicity, Cell Stress & Chaperones, Vol.17, No.1, 41-55, 2012.
24)田中 孝之, 法村 一平, 佐藤 克也, 南 和幸 : ポリ乳酸フィルムの引張強度および破断ひずみにおける加工法依存性の評価, 日本機械学会論文集(C編), Vol.78, No.786, 707-716, 2012年.
25)Elmarhomy Ahmed and Kenji Terada : A New Approach for Counting Passersby utilizing Space-time Images, International Journal of Computer and Communication Engineering, Vol.6, No.39, 224-331, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)續木 章三 : 技術史教育におけるビデオ教材活用の意義について, 2011年度総会研究発表講演論文集, 7-9, 2011年.
2)安澤 幹人, 横田 清夏, 枝川 和明 : 白金被覆PETフイルム電極の作製およびそのグルコースセンサへの応用, 化学センサ, Vol.2011-B, No.27, 80-82, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)Naoyuki Ishikura, Kentaro Takei, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Inter-layer Motion Estimation for Spatial Scalability of H.264/SVC, ICIC Express Letters, Vol.6, No.2, 335-340, 2012.
2)Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Immunosensor Accuracy is Improved by Coating Beads with Poly-2-[3-(Methacryloylamino)Propylammonio]Ethyl 3-Aminopropyl Phosphate, Analytical Letters, Vol.45, 262-271, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)續木 章三 : ものづくり事始め, 技術教室, No.8, 64-67, 2011年7月.
2)續木 章三 : ものづくりと技術史, 技術教室, No.9, 70-73, 2011年8月.
3)續木 章三 : ものづくりと技術教育, 技術教室, No.10, 64-67, 2011年9月.
4)續木 章三 : からくり人形とものづくり, 技術教室, No.11, 68-71, 2011年10月.
5)續木 章三 : 創造性とものづくり, 技術教室, No.12, 56-59, 2011年11月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Takafumi Bando, Naoyuki Hirai, Tian Song and Takashi Shimamoto : New Prediction Modes for Parallel Processing of H.264/AVC, Proceedings of International Conference on Multimedia and Signal Processing (CMSP'11), 344-347, Guilin, China, May 2011.
2)Tomoki Yabutani, Hashimoto Tomohiro, Le Thi Xuan Thuy, Mikito Yasuzawa and Junko Motonaka : Synthesis and characterization of amidoximated carbon for separating heavy metal, International Congress of Analytical Sciences 2011, Kyoto, May 2011.
3)Yuya Matsunohana, Yuhiro Sakai, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Parallel Algorithm of H.264/AVC Deblocking Filter for GPU Implementation, The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2011), 128-129, Gyeongju, Korea, Jun. 2011.
4)Yi Li, Tian Song and Takashi Shimamoto : Keyframe Selection Method Based on the Motion Features of H.264, The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2011), 167-168, Gyeongju, Korea, Jun. 2011.
5)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Takafumi Saito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Visualization on Pareto Solutions in Multi-objective Optimization, Proc. of 4th IASTED International Conference on Artificial Intelligent and Soft Computing, ASC2011, 267-272, Creta, Jun. 2011.
6)Yoshihiko Tezuka, Tatsuya Yamamoto and Hitoshi Tanaka : Preparation methods of polythiophene films on PEDOT:PSS-coated ITO electrode, 75th Prague Meeting on Macromolecules, 139, Praha, Jul. 2011.
7)Toshio Watanebe, Yohei Yamada, Junko Motonaka, Haruhiko Sakuraba, Mikito Yasuzawa and Tomoki Yabutani : Preparation of an Electrode Modified with a Thermostable Enzyme Bacillus Subtilis CotA by Electrodeposition and its Application to Biofuel Cell Cathode, Sixth International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 74-75, Tokushima, Jul. 2011.
8)Le Thi Xuan Thuy, Mikito Yasuzawa and Tomoki Yabutani : Removal of trace metals from aqueous solution by activated carbon adsorption and flotation using poly-glutamic acid, Sixth International Conference on Advanced Materials Development and Performance, 81-82, Tokushima, Jul. 2011.
9)Shin-ichi Ito, Masashi Hamaguchi, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Variability in EEG with Single Point Sensing as Inter-Individual Difference Measure Using Self-Organizing Map, Proc. of 2011 International Symposium on Nolinear Theory and its Applications, NOLTA2011, 290-293, Kobe, Sep. 2011.
10)Tian Song, Takashi Shimamoto, Takafumi Bando and Wenjun Zhao : Novel INTRA modes with Temporal-Spatial Prediction for H.264/AVC, 2011 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Berlin (ICCE-Berlin 2011), 62-65, Berlin, Germany, Sep. 2011.
11)Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Hidenori Imaki, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Genetic screening of ily expression control factors in Streptococcus intermedius, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011.
12)Atsushi Tabata, Yasuhiro Yamamoto, Ayuko Takao, Toshifumi Tomoyasu, Ayako Nakayama, Nobuko Maeda, Hisashi Ohkuni and Hideaki Nagamune : Investigation of pathogenic properties of cholesterol-dependent cytolysin producing Streptococcus mitis, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011.
13)Hidenori Imaki, Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Molecular and phenotypic analysis of mutants of ily expressional control factors in Streptococcus intermedius, IUMS 2011 Sapporo Congress, Palermo, Italy, Sep. 2011.
14)Kota Nakano, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation of the novel cytotoxic factor secreted from streptococcus anginosus, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011.
15)Toshio Watanebe, Yohei Yamada, Tomoki Yabutani, Haruhiko Sakuraba and Mikito Yasuzawa : Development of a thermostable Bilirubin oxidase electrodeposited electrode and its application of biofuel cell cathode, JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Chiba, Sep. 2011.
16)Le Thi Xuan Thuy, Mikito Yasuzawa and Tomoki Yabutani : Magnetic removal of cesium ions using zeolites and poly--glutamic acid coated Fe3O4 nanoparticles, JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Chiba, Sep. 2011.
17)Yukihiro Nishikawa, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Momoyo Azuma, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Hideaki Nagamune : Triple fusion PCR immunochromatography for a rapid and simple diagnosis of penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Japan, Sep. 2011.
18)Hiroyuki Ukida, Kawanami Masayuki and Terama Yasuhiro : 3D Object Tracking by Pan-Tilt Moving Cameras and Robot Using Sparse Template Matching and Particle Filter, Proceedings of SICE Annual Conference 2011, 2004-2009, Tokyo, Sep. 2011.
19)Mikito Yasuzawa, Hiroki Takaoka and Kazuaki Edagawa : Preparation and In Vivo Measurement of a Fine Needle Type Flexible Glucose Sensor, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemstry, Niigata, Sep. 2011.
20)Mikito Yasuzawa : Development of Minimally Invasive Glucose Sensor for Real-Time in vivo Monitoring, The University of Tokushima New Technology Seminar, Palo Alto, Sep. 2011.
21)Shyouzo Tsuzuki and Takao Hanabusa : Students Voluntary Teaching Activities in Science Schools, 2nd Asian Conference on Engineering Education, Tokushima, Oct. 2011.
22)Iwata Kodai, Saeki Yusuke, Sugitani Yuichi, Watanabe Teruhisa, Hiroyuki Ukida and Shoichiro Fujisawa : Mutual Evaluation of University Students and Children in Robot Manufacturing Class, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.SS2-1, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
23)Kageyama Yumiko, Takatori Kenji, Chatani Naoki, Okamoto Kazuhiro, Okuda Koji, Hiramatu Akihiro, Ueno Youseke, Mouri Akihito, Ando Masaki, Nakamura Kazuki, Yoshino Syuhei, Masafumi Miwa and Shoichiro Fujisawa : Activities of Robocon project of The University of Tokushima, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-33, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
24)Nakagawa Takafumi, Toyooka Takashi, Asai Kiyoshi and Shoichiro Fujisawa : An Extracurricular Class of Tatara Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-35, 1-7, Tokushima, Oct. 2011.
25)Murota Masami, Kawai Yuka, Oya Tomoko, Takahashi Hiroko, Fukuyori Asuna, Kato Takami, Hideo Araki and Shoichiro Fujisawa : Study on the Anticpatory Postural Adjustments in Co-ordination Training Project (CTP), Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-37, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
26)Tamura Kazuhiro, Yamamoto Kazuhito, Asao Daisuke, Isami Kunpei, Itou Hiroaki, Oonisi Takato, Okada Hironori, Ogawa Takayuki, Oki Nobuaki, Satou Yuuya, Hukuda Hiroaki, Huzii Takasi, Matubara Atuki, Mouri Akihito, Masafumi Miwa and Shoichiro Fujisawa : Tokushima Aerospace Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-41, 1-6, Tokushima, Oct. 2011.
27)Arakawa Toyoaki, Kawasima Hirosige, Munetugu Ryou, Masafumi Miwa, Kenji Terada and Shoichiro Fujisawa : Airship Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-42, 1-2, Tokushima, Oct. 2011.
28)Hitoshi Imai : Numerical simulation on local solutions of partial differential equations, Taipei, Dec. 2011.
29)Naoyuki Ishikura, Kentaro Takei, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Inter-layer Motion Estimation for Spatial Scalability of H.264/SVC, International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2011), Kitakyushu, Dec. 2011.
30)Wenjun Zhao, Takao Onoe, Tian Song and Yi Li : Quadtree-based Adaptive Filter for Inter-layer Intra Prediction in H.264/SVC, Proceeding of International Conference on Embedded Systems and Intelligent Technology, Vol.S2-3, 139-144, Nara, Jan. 2012.
31)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : Development of Information Communication System Using LED Panel and Video Camera, Proceedings of the Eighteenth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2012), 388-392, Kawasaki, Feb. 2012.
32)Takayuki Kashihara, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A People Counting Method using Measurement Lines, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 14-18, Yokohama, Feb. 2012.
33)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Robust Facial Features Tracking in Video Sequences using Efficient Template Matching, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 70-74, Yokohama, Feb. 2012.
34)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Abandoned Luggage Detection using a Dynamic Background Model and Earth Movers Distance, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 82-88, Yokohama, Japan, Feb. 2012.
35)Wang Wei, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : An Eye Location Estimation Algorithm based on HSV Color Space and Template Matching, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 133-137, Yokohama, Feb. 2012.
36)Takahashi Ryo, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Reliable Human Recognition and Authentication using Retina Images, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2012), 288-292, Yokohama, Feb. 2012.
37)Elmarhomy Ahmed, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A New Approach for Counting Passersby utilizing Space-time Images, ICDIMSP 2012 : International Conference on Digital Image and Multidimensional Signal Processing, Florence, Italy, Feb. 2012.
38)Stephen Githinji Karungaru, Higashidani Takuya and Kenji Terada : Tired State Recognition during Sports using Image Processing, Proc. of NCSP'2012, 643-646, Honolulu, Mar. 2012.
39)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Feature Extraction For Human Recognition Based On Bifurcation Points Using Genetic Algorithms, Proc. of NCSP'2012, 615-618, Honolulu, Mar. 2012.
40)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Effect of Road Surface Condition for the Low Vision, Proceedings of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2012), 96-99, Honolulu, Mar. 2012.
41)Kuramoto Nobuhisa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Walking Motion Feature Detection System Based on EEG Analysis, Proceedings of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2012), 269-272, Honolulu, Mar. 2012.
42)Kentaro Takei, Takafumi Bando, Naoyuki Ishikura, Tian Song and Takashi Shimamoto : Motion Vector Management Architecture for 4K Resolution H.264/AVC Decoder, Proceedings of International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'12), 417-420, Honolulu, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)寺田 賢治, 石井 明, 斉藤 英雄, 渋谷 久恵 : 動的画像処理実利用化ワークショップDIA2011報告, 画像応用技術専門委員会2011年度第1回研究会, Vol.26, No.1, 32-35, 2011年5月.
2)上門 洋祐, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリメチルチオフェン/PCBMを用いた有機薄膜太陽電池の変換効率の向上, 第60回高分子学会年次大会, Vol.60, No.1, 1217, 2011年5月.
3)濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面における誤識別に関する研究, ロホ ティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-D10, 1-3, 2011年5月.
4)三宅 章郁, 高橋 慎治, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者誘導用ブロック等における方向提示性能の評価, ロホ ティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-D06, 1-2, 2011年5月.
5)橋詰 努, 北川 博巳, 毛利 太一, 藤澤 正一郎 : 車いすスロープを走行する時の身体的負担の評価, ロホティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-E03, 1-2, 2011年5月.
6)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : カメラ画像を用いたラジコンヘリの操縦支援システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2011, No.1P1-M08, 2011年5月.
7)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸 : 伸展刺激を受ける細胞のその場観察用マイクロデバイスの開発と試作, 第34回日本バイオレオロジー学会年会 プログラム・抄録集, 33, 2011年6月.
8)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルとビデオカメラを用いた動的2次元パターンによる情報伝達システムの開発, 第17回画像センシングシンポジウム講演論文集, IS4-06-1-IS4-06-7, 2011年6月.
9)高橋 聡一郎, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 空中文字認識を用いたインテリジェントルームの構築, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS1-03, 2011年6月.
10)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 多方向カメラを用いたバーチャルダーツ, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS2-07, 2011年6月.
11)岩藤 那留, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : カメラを用いた不審者の自動検出, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS3-02, 2011年6月.
12)田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌が保有する溶血因子の探索, 第20回Lancefieldレンサ球菌研究会/第43回レンサ球菌感染症研究会, 2011年6月.
13)友安 俊文, 今木 英統, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素intermedilysinの発現調節因子がStreptococcus intermediusの病原性に果たす役割の解析, 第58回 トキシンシンポジウム, 2011年7月.
14)日下 一也, 富永 喜久雄 : 金属-セラミックス傾斜機能薄膜の金属界面層の残留応力測定, 第45回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 111-114, 2011年7月.
15)山本 哲也, 松尾 隆士, 石﨑 武志, 塚越 雅幸, 田中 享二 : 浸透性吸水防止材による歴史的建造物に用いられた煉瓦に対する塩類風化の抑制効果, 日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年8月.
16)塚越 雅幸, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の厚さ方向での構造の検討, 日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年8月.
17)古澤 洋祐, 渡辺 光, 橋田 浩, 塚越 雅幸, 田中 享二 : 塗膜防水通気緩衝工法のふくれ圧力低減効果の評価方法の開発 その2 透気係数を用いた数値計算による考察, 日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年8月.
18)前田 悟郎, 星野 隆, 古市 光男, 中村 修治, 田中 享二, 清水 市郎, 塚越 雅幸 : メンブレン防水診断マニュアルの検討 その3 非専門家向け診断マニュアルビデオ版での試行結果, 日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年8月.
19)橘高 義典, 塚越 雅幸 : 塩害による鉄筋腐食に伴うコンクリート表面のひび割れ発生予測について, 日本建築学会大会(関東)学術講演会, 2011年8月.
20)續木 章三 : 創造性を育むモノとコト, 四国地区発明クラブ研修セミナー, 2011年8月.
21)田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌が保有する溶血因子に関する検討, 第5回 細菌学若手コロッセウム, 2011年8月.
22)續木 章三 : 科学技術創造立国をささえるもの・こと, 平成23年度工学教育研究講演会講演論文集, 196-197, 2011年9月.
23)杉谷 優一, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生主体の小中高生向け習熟度別ロボット教室とその相互評価, 平成23年度工学教育研究講演会 講演論文集, 404-405, 2011年9月.
24)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人のセンシング, 平成23年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC15-5, 2011年9月.
25)安澤 幹人, 横田 清夏, 枝川 和明 : 白金被覆PETフイルム電極の作製およびそのグルコースセンサへの応用, 第52回化学センサ研究発表会, Vol.2011-B, 80-82, 2011年9月.
26)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : AR マーカを用い た飛行船の自動 航行, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会, No.O-20, 2011年9月.
27)岡久 奈緒美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : キノコβ-グルカンによるマクロファージ様THP-1の活性化作用, 第84回 日本生化学会大会, 2011年9月.
28)大久保 行将, 田端 厚之, 田村 仁人, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細胞標的化キメラ細菌毒素を用いた新規DDSツールの開発, 第84回 日本生化学会大会, 2011年9月.
29)Shinsuke Uno, Kenji Matsuura, Tetsushi Ueta and Masahiko Sano : The Design of a Dynamic Virtual Organization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 269, Sep. 2011.
30)渡邉 健太, 岡本 健利, 西本 拓也, 島本 隆, 宋 天 : 多層配線における最小スタイナー木の構築法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-13, 2011年9月.
31)森 興多, 島本 隆, 宋 天 : 低消費電力LSI設計のためのセル電源電圧割当て, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-14, 2011年9月.
32)木村 友亮, 佐野 雅彦 : ICT端末におけるユビキタス環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 319, 2011年9月.
33)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 2方向のカメラ画像を用いたバーチャルダーツ, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-25, 2011年9月.
34)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : USBカメラを用いた仮想チェロ演奏, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-26, 2011年9月.
35)佐藤 雄規, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : サングラス型ビデオカメラを用いた視線認識, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-27, 2011年9月.
36)津田 一徳, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた会場監視計測システム, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-27, 2011年9月.
37)山本 達也, 上門 洋祐, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリチオフェンフィルムの表面形態と光起電特性との関係, 第60回高分子討論会, Vol.60, No.2, 4675-4676, 2011年9月.
38)綜合警備保障, 寺田 賢治, ウシオ電機, 名古屋大学 : 撮影によるコンテンツの持ち出しに対抗するための研究, コンピュータセキュリティシンポジウム2011コンピュータセキュリティシンポジウム, No.DSP-10, 2011年10月.
39)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 単一探査センサセンシングによる個人差を考慮した脳波分析法, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会講演抄録集, 24, 2011年10月.
40)今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現調節因子の探索, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
41)中野 晃太, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 菊池 賢, 平松 啓一, 長宗 秀明 : β溶血性Streptococcus anginosusで見出された新規ペプチド性溶血因子, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
42)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するDnaKシャペロンシステムの機能解析, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
43)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 自己組織化マップによる前頭極脳波の個人差分析~個人差を考慮した生活支援機器の開発を目指して~, 生活生命支援医療福祉工学系連合大会2011, OS2-3-1-OS2-3-2, 2011年11月.
44)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルを用いたARマーカとQRコードの自動識別による情報伝達装置, 第16回パターン計測シンポジウム資料, 73-79, 2011年11月.
45)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた個人差を考慮した脳波分析法, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, CD-ROM, 2011年11月.
46)木村 浩章, 手塚 美彦, 田中 均 : ビチオフェンを用いたポリチオフェン膜形成とその有機薄膜太陽電池への応用, 第26回中国四国地区高分子若手研究会, 90, 2011年11月.
47)大原 丈二, 原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の推定 -光沢推定に適した光源配置の推定-, 2011年度 計測自動制御学会四国支部 学術講演会, PS2-03, 2011年11月.
48)川並 真幸, 寺馬 康裕, 浮田 浩行 : パーティクルフィルタと疎テンプレートマッチングを用いた物体追跡, 2011年度 計測自動制御学会四国支部 学術講演会, PS2-04, 2011年11月.
49)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 2つのカメラを用いたバーチャルチェロ, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-01, 2011年11月.
50)高橋 聡一郎, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 空中指文字認識を用いたインテリジェントルーム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-03, 2011年11月.
51)河村 賢佑, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : USBカメラを用いた金魚監視システム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-05, 2011年11月.
52)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : ARマーカ認識技術を用いた飛行船の自動航行, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-10, 2011年11月.
53)岩藤 那留, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 固定カメラを用いた不審者検知システム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-06, 2011年11月.
54)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いたバーチャルダーツ, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-08, 2011年11月.
55)佐藤 毅尚, 佐藤 文香, 中川 大輔, Le Thi Xuan Thuy, 薮谷 智規, 安澤 幹人 : 磁性を有する凝集剤を用いた水中セシウムおよびストロンチウムの回収, 2011年日本化学会西日本大会, 117, 2011年11月.
56)田中 秀憲, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いて作製した撥水性表面の安定性評価, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
57)前田 和希, 田中 秀憲, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いたメタクリレート基を有する表面の作製, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
58)渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : BOD活性を有する耐熱性酵素Bacillus subtilis CotAの電析による固定化とその応用, 2011年日本化学会西日本大会, 178, 2011年11月.
59)枝川 和明, 安澤 幹人 : インビボ測定用微細針状グルコースセンサの作製 及びその生体適合性の向上, 第33回日本バイオマテリアル学会大会, 2011年11月.
60)安澤 幹人, 田中 秀憲, 前田 和希, 枝川 和明, 池端 潔人, 野本 信一, 力武 浩太郎, 小出 崇志 : ペルヒドロポリシラザンを用いた基材表面への生体適合性薄膜形成, 第33回日本バイオマテリアル学会大会, 2011年11月.
61)田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 膜孔形成性キメラ毒素の新規DDSツールとしての応用性に関する検討, 第15回 バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月.
62)福居 孝之, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成反応における分子動態の解析, 第127回 徳島生物学会, 2011年12月.
63)関 陽介, 松浦 健二, 松村 健, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 矢野 米雄 : ネットワーク監視システムのShibboleth化, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 255-256, 2011年12月.
64)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, ビジョン技術の実利用ワークショップ2011, 2011年12月.
65)上田 喜敏, 藤澤 正一郎 : 福祉用具を用いた介護者と患者にとって安全な介護について, --- 富山県腰痛予防対策推進研修における調査結果から必要な福祉用具についての提案 ---, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2181-2184, 2011年12月.
66)椿 卓也, 米崎 二朗, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ALS患者を対象とした重度障害者用意思伝達装置適正処方システムの開発, --- 入力スイッチの工学的視点に基づいた定量的評価指標及び評価器具の研究開発 ---, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2185-2186, 2011年12月.
67)三宅 章郁, 高橋 慎治, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者誘導用ブロックにおける方向提示性能の評価, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2179-2180, 2011年12月.
68)谷林 宏紀, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 指向性スピーカーを用いた広域音場再現手法の開発, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2187-2188, 2011年12月.
69)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた個体差を考慮した脳波分析, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2208-2211, 2011年12月.
70)渡辺 照久, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生による小中高生向けロボット教室プロジェクトとその相互評価, 平成23年度 全学FD 大学教育カンファレンス in 徳島, 22-23, 2012年1月.
71)見方 俊介, 佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 骨芽細胞が感知する基質ひずみ量の評価, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会講演論文集CD-ROM, 8C15, 2012年1月.
72)三原 佑太, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 CD-ROM, 7B15, 2012年1月.
73)池田 典弘, 高橋 和哉, 山本 源治, 木村 有希, 三宅 章郁, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための横断歩道口用発光ブロックの検証, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, 7B16, 2012年1月.
74)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, 画像応用技術専門委員会2010年度第5回研究会, Vol.26, No.5, 40-43, 2012年1月.
75)塚越 雅幸, 篠原 保二 : 仕上材料による塩害環境下に暴露されたひび割れを有する鉄筋コンクリート部材の耐久性向上効果の検討, 日本建築学会2011年度関東支部研究発表会, 2012年3月.
76)市川 智也, 塚越 雅幸 : 防水層下のひび割れを有するコンクリートへの塩化物イオン浸透予測, 日本建築学会2011年度関東支部研究発表会, 2012年3月.
77)中森 正基, 塚越 雅幸, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の材料分離が下地ひび割れ追従性に与える影響と防水層の微細構造予測モデルの提案, 日本建築学会2011年度関東支部研究発表会, 2012年3月.
78)河村 賢佑, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : WEBカメラを用いた金魚監視システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ2012, No.I-12, 156-160, 2012年3月.
79)高松 宜輝, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : マーカーを用いたフリースローの練習支援, 動的画像処理実利用化ワークショップ2012, No.I-18, 187-190, 2012年3月.
80)大原 丈二, 原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の推定と適切な光源配置の検討, 中国四国支部第50期総会·講演会講演論文集 No.125-1, 2012年3月.
81)川並 真幸, 浮田 浩行, 寺馬 康裕 : パーティクルフィルタと疎テンプレートマッチングを用いたパン・チルトカメラとアームロボットによる物体追跡, 中国四国支部第50期総会·講演会講演論文集 No.125-1, 2012年3月.
82)田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 大倉 一人, 菊池 賢, 長宗 秀明 : TOMM family peptides decide the hemolytic character of Streptococcus anginosus, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
83)渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : 耐熱性酵素の電気化学的析出条件の検討およびそのバイオ電池作製への適用, 電気化学会第79回大会, 2012年3月.
84)今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ILYを高産生するStreptococcus intermediusの臨床分離株の多くがLacRに変異を持つ, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
85)友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のコシャペロンによるDnaK活性化機構の比較, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : カメラ画像を用いた仮想チェロの演奏, 電気学会 情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IIS-11-038, 2011年4月.
2)寺田 賢治 : すぐに役立つ最新画像処理技術の基礎理論と実践テクニック, 関西支部講習会, 2011年7月.
3)上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学情報化推進センターにおけるISMS構築について, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-IOT-14, No.5, 1-2, 2011年7月.
4)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人のセンシング, 電気学会制御研究会, No.CT-11-030, 2011年12月.
5)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 偏微分方程式の局所解の数値計算と応用, 2011年12月.
6)田中 享二, 塚越 雅幸 : ポリマーセメント系塗膜防水層形成過程のシミュレーションとその応用, 国際コンクリート・ポリマー複合体会議日本支部 Polymer-in-Concrete委員会 定例会, 2012年2月.
7)今井 仁司, 坂口 秀雄 : 偏微分方程式の局所解の数値計算, 第61回理論応用力学講演会講演論文集, OS08-03-p.2, 2012年3月.
8)上田 哲史, 佐野 雅彦 : 組織評価とISMS, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-IOT-16, No.41, 1-6, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{83979}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Character Recognition from Virtual Scenes and Vehicle License Plates using Genetic Algorithms and Neural Networks, InTech Inc, Oct. 2012.
2)藤田 岳彦, 石村 直之, 藤岡 敦, 松田 秀樹, 今井 仁司, 石井 昌宏, 竹内 慎吾 : Primary 大学ノート よくわかる基礎数学, 実教出版, 東京, 2012年11月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features-based Tracking, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.8, No.4, 2761-2776, 2012.
2)Le Thi Xuan Thuy, Mikito Yasuzawa and Tomoki Yabutani : Study of Mutielemental Adsorption on Activateed Carbon, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 121-126, 2012.
3)Toshio Watanabe, Yohei Yamada, Junko Motonaka, Tomoki Yabutani, Haruhiko Sakuraba and Mikito Yasuzawa : Preparation of an electrode modified with a thermostable enzyme Bacillus Subtilis CotA by electrodeposition, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 150-155, 2012.
4)Masayuki Tsukagoshi, Takao Ueda and Kyoji Tanaka : Decreases to the Carbon Dioxide Impermeability of Polyurethane Waterproof Membranes Caused by Weathering and Concrete Substrate Cracking, Numerical Modeling Strategies for Sustainable Concrete Structures 2012, 2012.
5)Atsushi Tabata, Ohkubo Yukimasa, Sakakura Eriko, Toshifumi Tomoyasu, Ohkura Kazuto and Hideaki Nagamune : Investigation of a Bacterial Pore-forming Chimera Toxin for Application as a Novel Drug-delivery System Tool, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2323-2330, 2012.
6)Tian Song, Kentaro Takei and Takashi Shimamoto : Low Complexity Algorithm for Inter-layer Prediction of H.264/SVC, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.8, No.5(A), 3103-3113, 2012.
7)Kazuto Ohkura, Yuki Kawaguchi, Atsushi Tabata, Atsushi Yamamoto, Yasuo Shinohara, Hideaki Nagamune and Hitoshi Hori : Molecular Profiles of Cholesterol-dependent Cytolysin Family-derived 11mer Regions, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2343-2346, 2012.
8)Stephen Githinji Karungaru, Yoshida Toshihiro, Seo Toru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Monotonous Tasks and Alcohol Consumption effects on the Brain by EEG Analysis using Neural Networks, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.11, No.3, 1250015, 2012.
9)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Automatic Background Updating for Abandoned Object Detection at Train Stations, International Journal of Machine Learning and Computing, Vol.2, No.5, 609-613, 2012.
10)櫛田 淳二, 上田 隆雄, 塚越 雅幸, 七澤 章 : 塩害とASR の複合劣化機構と電気化学的補修に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.34, No.1, 988-993, 2012年.
11)上田 隆雄, 松田 彩妙, 塚越 雅幸, 山本 晃臣 : フライアッシュの混和と中性化が反応性骨材含有コンクリートの近赤外分光スペクトルに与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.34, No.1, 1816-1821, 2012年.
12)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系仕上材料仕上材料の材料分離が力学的性質に与える影響と材料中の微細構造予測モデルの提案, コンクリート工学年次論文集, Vol.34, No.1, 1306-1311, 2012年.
13)上田 喜敏, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 介助作業中の腰痛調査とベッド介助負担評価, --- 富山県腰痛予防対策推進研修会腰痛アンケート結果から考えられるベッド介助作業負担の評価 ---, 福祉のまちづくり研究, Vol.14, No.2, 9-17, 2012年.
14)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Detection of Abandoned Luggage and Owner Tracking at Sensitive Public Areas, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.133-C, No.1, 67-73, 2012.
15)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Interindividual Difference Analysis in Prefrontal Cortex EEGs Based on the Relationship with Personality, Journal of Signal Processing, Vol.16, No.5, 443-450, 2012.
16)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 複数認証基盤に対応する複合SSO環境でのユーザエクスペリエンス, 学術情報処理研究, Vol.16, No.16, 138-145, 2012年.
17)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A Fast Approach for Person Detection and Tracking, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.44, No.3, 210-216, 2012.
18)Yoshihiko Tezuka, Yamamoto Tatsuya, Kamikado Yousuke and Hitoshi Tanaka : Partially Interpenetrating Heterojunction on Bilayer Photovoltaic Devices of Electrodeposited Polythiophene/Methanofulleren, Solar Energy Materials & Solar Cells, Vol.105, 167-173, 2012.
19)上田 隆雄, 上田 真由美, 郡 政人, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 廃ガラス微粉末の混入によるコンクリートの収縮抑制効果に関する検討, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.12, 193-198, 2012年.
20)Kazuaki Edagawa and Mikito Yasuzawa : Preparation of Fine Implantable Needle Type Biosensors for Blood Vessel Glucose Monitoring, ECS Transactions, Vol.50, No.12, 401-405, 2012.
21)Masayuki Tsukagoshi, Hiroyuki Miyauchi and Kyoji Tanaka : Protective performance of polyurethane waterproofing membrane against carbonation in cracked areas of mortar substrate, Construction and Building Materials, Vol.36, 895-905, 2012.
22)Tian Song, Naoyuki Ishikura, Kenji Watanabe and Takashi Shimamoto : Efficient Architecture for Motion Vector Management of H.264/AVC Decoder for 4K Resolution, Journal of Signal Processing, Vol.16, No.6, 611-616, 2012.
23)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた聴覚刺激時における脳波に含まれる個人差に関する一考察, ライフサポート, Vol.24, No.4, 153-158, 2012年.
24)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : Development of Information Communication System Using LED Panel and Video Camera, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.133, No.1, 8-17, 2013.
25)Azjargal Enkhbayar, Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : ON NUMERICAL COMPUTATION OF RANK DEFICIT OF MATRICES IN MULTIPLE PRECISION, Advances in Mathematical Sciences and Applications, Vol.23, No.2, 477-486, 2013.
26)DATTA Chandra Krishna, Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : On numerical challenge for the distinction between smooth functions and analytic functions, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.62, 107-117, 2013.
27)Manabu Yasuoka, Pangpang Wang, Kaiyue Zhang, Zhiyong Qiu, Kazuya Kusaka, Young-Shik Pyoun and Ri-ichi Murakami : Improvement of the fatigue strength of SUS304 austenite stainless steel using ultrasonic nanocrystal surface modification, Surface & Coatings Technology, Vol.218, 93-98, 2013.
28)辻 明典, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎 : ウェーブレットパケット変換による内容に基づく類似画像検索, 画像電子学会誌, Vol.42, No.1, 71-80, 2013年.
29)Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Yoko Ishikawa, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Small heat shock protein AgsA: an effective stabilizer of enzyme activities., Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.115, No.1, 15-19, 2013.
30)Yoshihiko Tezuka and Hitoshi Tanaka : Macroporous dehydroalanine polymer hydrogel with fast temperature response and high repetition durability, Journal of Applied Polymer Science, Vol.127, No.1, 34-39, 2013.
31)Yoshiaki IWADATE, Chika OKIMURA, Katsuya SATO, Yuta NAKASHIMA, Masatsune TSUJIOKA and Kazuyuki MINAMI : Myosin-II-mediated directional migration of dictyostelium cells in response to cyclic stretching of substratum, Biophysical Journal, Vol.104, No.4, 748-758, 2013.
32)Atsushi Tabata, Kota Nakano, Kazuto Ohkura, Toshifumi Tomoyasu, Ken Kikuchi, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Novel Twin Streptolysin S-Like Peptides Encoded in the sag Operon Homologue of Beta-Hemolytic Streptococcus anginosus., Journal of Bacteriology, Vol.195, No.5, 1090-1099, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)森本 恵美 : 公共調達の科学的管理の可能性, 土木技術, Vol.67, No.11, 84-88, 2012年.
2)飯田 泰広, 安澤 幹人, 安川 智之, 田村 真治, 脇田 慎一, 伊野 浩介, 兵頭 健生, 岡崎 慎司 : 学会レポート PRiME 2012, 化学センサ, Vol.28, No.4, 175-181, 2012年.
3)枝川 和明, 安澤 幹人 : 微細針状グルコースセンサを用いた血管内グルコースモニタリング, 化学センサ, Vol.29, No.Supplement A, 93-95, 2013年.
4)南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義を通した高大院連携教育の試み, 大学教育研究ジャーナル, Vol.10, 89-94, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの国際規格ISO 23599について, 福祉のまちづくり研究, Vol.14, No.3, 21-27, 2012年11月.
2)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, 画像ラボ, Vol.23, No.12, 34-37, 2012年12月.
3)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.133, No.3, 620-624, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : UD of Road Surface for the Low Vision, --- How Road Surface Condition Affects Visibility of Tactile Walking Surface Indicators(TWSIs)for the Low Vision ---, Universal Design 2012 Oslo, 1, Oslo, Jun. 2012.
2)Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Learning Algorithm for Self-Organizing Map Classification of Electroencephalogram Patterns with Individual Differences, Proc. of WCCI 2012 IEEE World Congress Computation Intelligence, 2577-2582, Australia, Jun. 2012.
3)Hemdan Ibrahim and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features and Hand, Proceedings of World Academy of Science, Engineering and Technology(WASET2012), No.XIII-8, Paris, Jun. 2012.
4)Li Qian, Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Li Lei : Object Recognition from Aerial Rescue Robots, International Technical Conference on Circuits Systems Computers and Communications, 615-618, Sapporo, Jul. 2012.
5)Tsuyoshi Sotetsumoto, Takuya Miki, Tian Song and Takashi Shimamoto : Computational Complexity Reduction Algorithm of Sub-Pixel Motion Estimation for HEVC, The 27th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2012), No.E-W1-03, 1-4, Sapporo, Jul. 2012.
6)Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Visual Communication Using LED Panel and Video Camera for Mobile Object, 2012 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2012), 321-326, Manchester, Jul. 2012.
7)Yoshio Tanimoto, Hideki Yamamoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Kazunari Furusawa and Hiroyuki Ukida : Imaging of the Turn Space and Path of Movement of a Wheelchair for Remodeling Houses of Individuals with SCI, 2012 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2012), 309-314, Manchester, Jul. 2012.
8)Bistamam Shahril Amin Mohd, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Masahiro Katoh, Kazuya Kusaka and Jitendra Kumar Pandey : Development of green nanocomposites reinforced by cellulose nanofibers from waste newspaper, Proceedings of the Ninth Joint Canada-Japan Workshop on Composites, J21_1-J21_8, Kyoto, Jul. 2012.
9)Sayaka Genda, Masayuki Tsukagoshi and Takao Ueda : Correlation between the Microstructure of Concrete and the Surface Color Change during Drying Process, Proceedings of The 11th KOREA /JAPAN Joint Symposium on Building Materials & Construction, Aug. 2012.
10)Masaki Nakamori, Masayuki Tsukagoshi, Takao Ueda and Kyoji Tanaka : Simulation Model of Polymer Cement Waterproofing Membrane's Film Formation with Material Segregation, Proceedings of The 11th KOREA /JAPAN Joint Symposium on Building Materials & Construction, Aug. 2012.
11)Tomoya Ichikawa, Masayuki Tsukagoshi, Takao Ueda and Yasuji Shinohara : Evaluation of the Durability of Cracked Concrete with a Waterproofing Membrane Under Exposure to a Corrosive Environment, Proceedings of The 11th KOREA /JAPAN Joint Symposium on Building Materials & Construction, Aug. 2012.
12)Hiroyuki Ukida, Terama Yasuhiro and Ohnishi Hiroki : Object Tracking System by Adaptive Pan-tilt-zoom Cameras and Arm Robot, Proceedings of SICE Annual Conference 2012, 1920-1925, Akita, Aug. 2012.
13)Nobuhisa Kuramoto, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Trigger Pattern Detection Method for Assisting in Ambulation Rehabilitation Based on EEG Analysis, Proc. of 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, Ro-Man2012, 646-652, France, Sep. 2012.
14)Masayuki Tsukagoshi, Takao Ueda, Masaki Nakamori and Kyoji Tanaka : A Cross-sectional Array of the Heterogeneous Distribution of the Constituent Elements in a Polymer-Cement Waterproofing Membrane, Proceedings of 7th Asian Syposium on Polymers in Concrete, 343-351, Oct. 2012.
15)Mikito Yasuzawa, Shinya Sato, Hiroshi Nakanishi and Kazuaki Edagawa : Fabrication of Minimally-Invasive Patch Type Glucose Sensors, PRiME 2012, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2012.
16)Shinsuke Nakanishi, Kiyoto Ikebata, Kotaro Rikitake, Shinichi Nomoto, Takashi Koike and Mikito Yasuzawa : Preparation of Nonspecific Adsorption Eliminating Surface Using Perhydropolysilazane, PRiME 2012, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2012.
17)Taketo Toba, Naoki Shiba, Hitoshi Matsuki, Kazuaki Edagawa and Mikito Yasuzawa : Preparation of Flexible Micro-Glucose Sensor, PRiME 2012, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2012.
18)Kazuaki Edagawa and Mikito Yasuzawa : Preparation of Fine Implantable Needle Type Biosensors for Blood Vessel Glucose Monitoring, PRiME 2012, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2012.
19)Hiroki Kawahara, Kazutaka Niigata, Tomoya Mizobuchi, Atsushi Mori, Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Katsutoshi Ueno, Kenji Terada and Atsuya Yoshida : Study on battery using konjac commercially available, 9th International Gel Symposium, 177, Tsukuba, Oct. 2012.
20)Ryo Munetsugi, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Building Cracks Detection Using Unmanned Helicopter Images, Proceedings of 8th International Conference on Intelligent Unmanned Systems(ICIUS 2012), No.5A-2, Singapore, Oct. 2012.
21)Wang Wei, Sun Xiangyu, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Face Recognition Algorithm Using Wavelet Decomposition and Support Vector Machines, Proceedings of International Symposuim on OptoMechatronics Technologies(ISOT'12), Paris, Oct. 2012.
22)Hitoshi Imai : Numerical experiments for the distinction between smooth functions and analytic functions, 台南[台湾], Dec. 2012.
23)Hiroyuki Ukida and Takashi Harada : 3D Shape, Color and Specular Component Estimation Using Image Scanner with Multiple Light Sources: Optimal Light Position Estimation, Proceedings of the 19th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2013), 190-196, Incheon, Jan. 2013.
24)Wang Wei, Stephen Githinji Karungaru, Tsuji Akinori and Kenji Terada : Face Recognition Approach Based on Hyhrid Algorithm, Proceedings of the 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'13), 313-316, Kona, Hawaii, USA, Mar. 2013.
25)Yuto Nagao, Naozumi Ogawa, Naoyuki Ishikura, Tian Song and Takashi Shimamoto : Fast Motion Estimation for Spatial Scalability of H.264/SVC, Proceedings of International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'13), 444-447, Kona, Mar. 2013.
26)Hitoshi Imai : Numerical experiments for investigation of the property of the functions, Taipei, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塩害環境下にあるひび割れコンクリート中の鉄筋腐食抑制に必要な仕上材料の性能, 日本建築学会四国支部研究発表会, 2012年5月.
2)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の微細構造解析手法を用いた耐下地ひび割れ性能評価,, 日本建築学会四国支部研究発表会, 2012年5月.
3)源田 早也圭, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : コンクリート表面の濡れ色の変化と力学的性質の関係, 日本建築学会四国支部研究発表会, 2012年5月.
4)塚越 雅幸, 市川 智也, 上田 隆雄 : 仕上材料を塗布したひび割れを有するRC部材の耐久性評価方法の提案, 土木学会四国支部技術研究発表会, 2012年5月.
5)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 仕上材料下のひび割れを有するコンクリート中の塩化物イオン濃度予測, 土木学会四国支部技術研究発表会, 2012年5月.
6)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水材の材料分離を考慮した造膜シミュレーションによる物性予測, 土木学会四国支部技術研究発表会, 2012年5月.
7)塚越 雅幸, 中森 正基, 上田 隆雄, 田中 享二 : 造膜過程で材料分離の生じたポリマーセメント系塗膜防水層の微細構造と耐ひび割れ性の関係, 社団法人セメント協会 第66回セメント技術大会, 2012年5月.
8)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ストレッチを受ける細胞のリアルタイムその場観察用マイクロデバイスの開発, 日本生体医工学会第51回大会プロシーディングスCD-ROM, 2012年5月.
9)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞の分化促進作用, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
10)Thuy Thi Xuan Le, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 安澤 幹人 : γ-ポリグルタミン酸を用いる活性炭微粒子の浮遊回収, 第72回分析化学討論会, 102, 2012年5月.
11)藤澤 正一郎, 池田 典弘, 高橋 和哉, 山本 源治, 木村 有希, 三宅 章郁, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : 視覚障害者のための横断歩道口発光ブロックの検証, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.1A1-N03, 1-3, 2012年5月.
12)三原 佑太, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.1A1-N04, 1-4, 2012年5月.
13)椿 卓也, 米崎 二朗, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ALS患者を対象とした重度障害者用意思伝達装置適正処方システムの開発, --- 入力スイッチの工学的視点に基づいた定量的評価指標及び評価器具の研究開発 ---, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.2A2-T09, 1-2, 2012年5月.
14)宗次 亮, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : 無人ヘリ画像を用いた構造物ひび割れ検出, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, No.2A2-J03, 2012年5月.
15)山本 達也, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリチオフェンを活性層に用いた積層型有機薄膜太陽電池の層構造の解析, 高分子学会予稿集, Vol.61, No.1, 1322, 2012年5月.
16)宮田 啓志, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : コンクリート表面の乾燥過程における色彩変化と微細構造, 日本材料学会四国支部学術講演会, 2012年6月.
17)塚越 雅幸, 中森 正基, 上田 隆雄, 田中 享二 : 画像解析シミュレーションを用いた建築用ポリマーセメント系塗膜防水材料の設計, 日本材料学会四国支部学術講演会, 2012年6月.
18)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 篠原 保二 : 仕上塗材料下のひび割れを有するコンクリート躯体の寿命予測, 日本材料学会四国支部学術講演会, 2012年6月.
19)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルとビデオカメラを用いた移動体間通信, 第18回画像センシングシンポジウム講演論文集, IS2-03-1-IS2-03-8, 2012年6月.
20)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG視覚センサを用いた全身3Dモデリング, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS1-02, 2012年6月.
21)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴による個人認証, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS2-09, 2012年6月.
22)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた計算機室の監視システム, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS2-10, 2012年6月.
23)田端 厚之, 野上 明日香, 竹田 望, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を保有するStreptococcus mitis株の毒素産生特性とヒト細胞障害性, 第21回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2012年6月.
24)今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : LacRはStreptococcus intermediusのily発現の主要な制御因子である, 第21回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2012年6月.
25)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 長宗 秀明 : Effect of Equol, an Enterobacterial Metabolite of Soybean Isoflavones on Osteoblast Differentiation., 第16回腸内細菌学会, 2012年6月.
26)日下 一也, 山田 祐馬 : 結晶粒径の異なる銅薄膜のヒロック形成と初期残留応力の関係, 第46回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 2012年7月.
27)田端 厚之, 中野 晃太, 大倉 一人, 友安 俊文, 菊池 賢, 長宗 秀明 : β溶血性Streptococcus anginosusが保有するペプチド性溶血因子の分子特性, 第6回 細菌学若手コロッセウム, 2012年8月.
28)阪口 昌寛, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生主体の運営による小中高生向けロボット教室 ∼徳島ロボットプログラミングクラブ∼, 平成24年度工学教育研究講演会 講演論文集, 170-171, 2012年8月.
29)原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の復元と適切な光源配置の検討, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-3, 2012年8月.
30)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG 視覚センサによる全身3次元モデリング, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-5, 2012年8月.
31)樫原 孝幸, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 交差した計測線による人数計測, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V3-4, 2012年8月.
32)田端 厚之, 中野 晃太, 大倉 一人, 友安 俊文, 菊池 賢 : アンギノーサス群連鎖球菌が保有するβ溶血因子の探索とその特性, 第59回毒素シンポジウム, 2012年8月.
33)糸平 敏也, 塚越 雅幸, 中森 正基, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の断面方向での微細構造分布と耐下地ひび割れ性能の関係, 2012年度大会学術講演概要集, 2012年9月.
34)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の断面方向での材料分離を考慮した造膜シミュレーションモデルの提案, 2012年度大会学術講演概要集, 2012年9月.
35)谷川 伸, 塚越 雅幸, 市川 智也, 上田 隆雄 : 電気泳動によるコンクリートひび割れが塗膜系防水層の塩化物イオン浸透抑制効果に与える影響の検討, 2012年度大会学術講演概要集, 2012年9月.
36)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塩害環境下における塗膜系防水層下のコンクリートひび割れ部の塩化物イオン浸透分布予測, 2012年度大会学術講演概要集, 2012年9月.
37)塚越 雅幸, 篠原 保二, 市川 智也, 上田 隆雄 : 塗膜系防水層による塩害環境下に暴露されたひび割れを有するRC構造物の耐久性向上効果, 2012年度大会学術講演概要集, 2012年9月.
38)滑川 達, 森本 恵美, 川村 竜功, 岩松 準, 遠藤 和義 : 地方建設業者を対象とした入札意識に関する調査研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.67, No.6, 454, 2012年9月.
39)森本 恵美, 滑川 達 : ユニットプライス型積算方式の入札結果に対する影響結果分析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.67, No.6, 451, 2012年9月.
40)宇野 槙祐, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, Bolortsetseg Ganbat : Shibbolethを応用した認可管理機構の一検討, FIT2012講演論文集, No.4, 183-184, 2012年9月.
41)三木 拓也, 宋 天, 島本 隆 : 画面間予測を用いたイントラ符号化アルゴリズム, 第14回DSPS教育会議, 37-38, 2012年9月.
42)倉本 展尚, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 歩行運動に関連した脳波の特徴抽出, 平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 1051-1056, 2012年9月.
43)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC18-3, 2012年9月.
44)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC18-3, 2012年9月.
45)Bolortsetseg Ganbat, Tetsushi Ueta, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Shinsuke Uno : The Design of a Dynamic Virtual Organization, 2012年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, 142, Sep. 2012.
46)佐野 雅彦, 上田 哲史 : ISMS認証取得後の活動について, 学術情報処理研究, Vol.16, 205-206, 2012年9月.
47)山本 達也, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリチオフェン/フラーレン界面における相互侵入構造の形成と 光起電特性の向上, 高分子学会予稿集, Vol.61, No.2, 3736-3737, 2012年9月.
48)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 引張りひずみ負荷に対する骨芽細胞応答のその場観察と評価, M&M2012 材料力学カンファレンス講演論文集CD, OS1506, 2012年9月.
49)渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : 電解析出法による耐熱性酵素CotAの固定化とそれに及ぼすナノ材料の効果, 日本分析化学会第61年会, 280, 2012年9月.
50)森 篤史, 川原 啓貴, 新潟 一宇, 浮田 浩行, 三輪 昌史, 上野 勝利, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 市販のこんにゃくを使った電池の研究, 第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
51)楠 直人, 島本 隆, 森 興多, 渡邊 健太, 宋 天 : 論理的境界にとらわれない電圧島生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.9-13, 2012年9月.
52)水口 和也, 佐野 雅彦 : ユビキタスなユーザ環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 363, 2012年9月.
53)岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 364, 2012年9月.
54)樫原 孝幸, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた人数計測, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-1, 2012年9月.
55)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による計算機室の監視システム, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-2, 2012年9月.
56)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴を用いた個人認証, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-4, 2012年9月.
57)森澤 友也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : GPGPU を用いた心臓弁の動き解析, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-5, 2012年9月.
58)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG 視覚センサを用いた全身 3D モデルの作成, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-6, 2012年9月.
59)金子 幸広, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ily 発現抑制因子が認識するコンセンサス配列の探索, 日本細菌学会, 2012年10月.
60)竹田 望, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 田端 厚之 : Streptococcus mitis が産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 日本細菌学会, 2012年10月.
61)藤澤 正一郎, 三原 佑太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, 生活生命支援医療福祉工学系連合大会2012(LIFE2012), No.OS2-4-3, 1-4, 2012年11月.
62)伊藤 拓海, 手塚 美彦, 田中 均 : ポリチオフェン:フラーレン誘導体積層膜上へのポリピロールの電解析出, 第27回中国四国地区高分子若手研究会講演要旨集, 70, 2012年11月.
63)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : webカメラを用いた計算機室の監視システム, 2012年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-1, 2012年11月.
64)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴を用いた人物認証, 2012年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-2, 2012年11月.
65)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : 視線追跡による臨床工学技士の学習支援, 第2回中四国臨床工学技士会 学術大会, No.G21, 2012年11月.
66)渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : 酵素の電解析出に対するナノ粒子の効果およびそのバイオ電池作製への適用, 第58回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2012年11月.
67)枝川 和明, 安澤 幹人 : 血管内留置型微細針状グルコースセンサの作製及びその評価, 2012年度第3回関西電気化学研究会, 2012年12月.
68)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2012, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, 2012年12月.
69)岩藤 那留, 寺田 賢治, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCTVカメラを用いた乱流状況下での煙検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, No.OS1-H2(IS1-A2), 2012年12月.
70)新田 和馬, 寺田 賢治, 新垣 尚捷 : 顕微鏡画像中におけるミトコンドリアの状態判別, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, No.IS1-A6, 2012年12月.
71)娚杉 昌典, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 大腸菌のClpBは連鎖球菌のDnaKシャペロンシステムを認識するのか, 徳島生物学会, 2012年12月.
72)岩野 泰宜, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシン刺激が単球系細胞THP-1の遺伝子発現に及ぼす影響, 徳島生物学会, 2012年12月.
73)青栁 愛美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの細胞膜結合能と分子集合メカニズムの解析, 徳島生物学会, 2012年12月.
74)大倉 一人, 川口 遊喜, 田端 厚之, 篠原 康雄, 長宗 秀明 : 細菌由来細胞溶解毒素のヒト側受容体との相互作用, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, 2012年12月.
75)寺田 賢治 : 画像処理による曖昧な形状と複雑な動きの計測, 大阪電気通信大学情報学研究施設視覚情報学講演会, 2012年12月.
76)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン刺激で誘導される骨芽細胞の分化機構に関する研究, 日本生化学会, 2012年12月.
77)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 小型分子シャペロンのAgsAは効率的に酵素活性を安定化する, 日本生化学会, 2012年12月.
78)長瀧 健司, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : セルラーゼ活性の向上法とその応用についての検討, 日本生化学会, 2012年12月.
79)上田 喜敏, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 介助作業実態分析から考えられるベッドでの安全な患者/利用者介助に関する人間工学的手法の研究, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2610-2615, 2012年12月.
80)宮崎 達也, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための交差点周辺における移動支援機器間の連続性に関する研究, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2638-2639, 2012年12月.
81)伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 心理学的個人差を導入した脳波パターン分類, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2660-2663, 2012年12月.
82)森本 恵美, 寺田 賢治, 森賀 俊広, 飯田 昭夫 : 大学院総合科目「知的財産論」の質の向上のための授業改善, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 64-65, 2012年12月.
83)南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義における高大院連携教育の効果, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2012年12月.
84)佐藤 文彬, 鳥羽 威人, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高校化学実験ティーチングアシスタントを通した創造的学習と 高大院連携教育へのフィードバック, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2012年12月.
85)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 引張りを受ける骨芽細胞のカルシウム応答動態のその場観察, 第25回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 449-450, 2013年1月.
86)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2012, 画像応用技術専門委員会2012年度第5回研究会, Vol.27, No.5, 34-37, 2013年1月.
87)菅 泰雄, 寺田 賢治 : ViEW2013 ビジョン技術の実利用化ワークショップ報告, 画像応用技術専門委員会2012年度第5回研究会, Vol.27, No.5, 32-33, 2013年1月.
88)塚越 雅幸, 石原 沙織, 源田 早也佳, 上田 隆雄 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価手法の検討 その1 模擬根の開発と耐根性評価試験, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
89)源田 早也佳, 石原 沙織, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価手法の検討 その2 シミュレーションによる耐根性評価, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
90)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 石原 沙織, 上田 隆雄 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価手法の検討 その3 シミュレーションによる耐根性評価, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
91)杉 大樹, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : フライアッシュ及び高炉スラグ微粉末を使用したプレキャストコンクリート部材の長期耐久性と微細構造, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
92)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塗膜系仕上材料がフライアッシュおよび高炉スラグ微粉末を使用したコンクリートの塩害抑制効果に与える影響に関する検討, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
93)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : ポリマーセメント系塗膜防水層の微細構造と耐疲労性能との関係, 2012年度第83回日本建築学会関東支部研究発表会, 2013年3月.
94)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : Shibboleth認証におけるセキュリティレベルの多重化, 情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 577-578, 2013年3月.
95)岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 情報処理学会全国大会講演論文集, No.3, 363-364, 2013年3月.
96)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌のDnaKは大腸菌のClpBを認識するのか?, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
97)今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現促進因子の同定, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
98)石川 未来, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な膜孔形成毒素インターメディリシンにより好中球に誘導される応答反応, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
99)竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
100)田端 厚之, 佐藤 裕士, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. constellatus subsp. constellatusが保有するβ溶血因子の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
101)金子 幸広, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ily転写抑制因子の結合領域の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
102)野上 明日香, 田端 厚之, 竹田 望, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性の高病原性Streptococcus mitisサブグループの特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
103)大西 広樹, 浮田 浩行 : Kinectを用いた顔の検出とその方向の推定, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 1-5, 2013年3月.
104)日裏 健太郎, 古川 晋也, 枝川 和明, 安澤 幹人 : 電解析出法を用いた酵素固定電極の作製及びその評価, 電気化学会創立第80周年記念大会, 2013年3月.
105)阿地 恵太, 吉田 章人, 浮田 浩行 : 複数の線光源と単眼カメラを用いた三次元形状計測, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 1-5, 2013年3月.
106)岡部 康平, 造田 優貴, 浮田 浩行 : LEDパネルとAR技術を用いた情報提示装置の開発, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 13-18, 2013年3月.
107)枝川 和明, 安澤 幹人 : 微細針状グルコースセンサを用いた血管内グルコースモニタリング, 第54回化学センサ研究発表会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 標的細胞に対する汎用性を高めたDDSツールの構築とその機能に関する評価, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, 2012年12月.
2)田端 厚之, 大久保 行将, 安養寺 夏希, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子の標的化技術としての表面加工システムの開発, --- 表面加工システムに用いるタンパク質転移酵素SrtA用の基質化システムの開発と検討 ---, 神戸学院大学ライフサイエンス産学連携研究センター, 2013年3月.
3)Chandra Krishna DATTA, 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 無限階微分可能関数と解析関数の区別に関 する数値計算について, 第62回理論応用力学講演会講演論文集, OS05-06-p.2, 2013年3月.
4)Karlsen Lena, Kimura Keisuke and Mikito Yasuzawa : Purification of Cesium Polluted Water using Magnetic Flocculant and Adsorbents, Bilateral Research Symposium between the University of Tokushima and the University of Gondar, Mar. 2013.
5)Mikito Yasuzawa and Kazuaki Edagawa : IN VIVO type Glucose Sensors for Continuous Glucose Monitoring, Bilateral Research Symposium between the University of Tokushima and the University of Gondar, Mar. 2013.
6)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : 視線追跡による臨床工学技士の技能の解析, 電気学会情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IP-13-004(IIS-13-045), 2013年3月.
7)大黒 将幸, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 監視カメラを用いた不審放置物の自動検知, 電気学会情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IP-13-006(IIS-13-047), 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{83979}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)一般社団法人 電気学会, 寺田 賢治 : 34編3章4.知能化, 電気学会, 2013年9月.
2)一般社団法人 電気学会, 寺田 賢治 : C10編 知覚情報処理 2-4 スマートビジョンの人のセンシングへの応用, 電気学会, 2013年10月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)阿川 琢哉, 重光 亨, 福富 純一郎 : 高圧・高風量な小型冷却ファンの性能特性について, ターボ機械, Vol.41, No.4, 201-208, 2013年.
2)宮田 啓志, 上田 隆雄, 塚越 雅幸, 高野 剛 : 塩化物イオンを含有するフライアッシュコンクリート中の鉄筋腐食速度に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.35, No.1, 1057-1062, 2013年.
3)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 石原 沙織, 上田 隆雄 : 植栽型ポーラスコンクリートの耐根性評価試験, コンクリート工学年次論文集, Vol.83, No.0, 173-176, 2013年.
4)杉 大樹, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : フライアッシュ及び高炉スラグ微粉末を使用したプレキャストコンクリート部材の長期耐久性と微細構造, コンクリート工学年次論文集, 2013年.
5)日下 一也, 山田 祐馬 : 結晶粒径の異なる銅薄膜のヒロック形成温度と初期残留応力の関係, 材料, Vol.62, No.7, 457-463, 2013年.
6)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Takafumi Saito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Visualization Method to Confirm Relationships among Optimal Solutions, INFORMATION, Vol.16, No.7(B), 4893-4906, 2013.
7)Atsushi Tabata, Yukimasa Ohkubo, Masato Tamura, Toshifumi Tomoyasu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Construction of an improved drug delivery system tool with enhanced versatility in cell-targeting., Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2905-2910, 2013.
8)Kawaguchi Yuki, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Kazuto Ohkura : Profiles of ILY, VLY and Sm-hPAF interaction with human CD59, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2901-2904, 2013.
9)Le Thi Xuan Thuy, Mikito Yasuzawa and Tomoki Yabutani : Magnetic Removal of Cesium Ions Using γ-Poly(glutamic acid)-Coated Magnetite Particles with the Enhanced Effect of Zeolite Supplementation, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.86, No.8, 958-962, 2013.
10)Takao Ueda, Jyunji Kushida, Masayuki Tsukagoshi and Akira Nanasawa : Influence of temperature on electrochemical remedial measure and complex deterioration due to chloride attack and ASR, Proceedings of the 3rd International Conference on Sustainable Construction Materials & Technologies (SCMT3), 2013.
11)Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Sachiko Masuda, Ayumi Okamoto, HyeJin Kim, Richard Waite, Robert Whiley, Ken Kikuchi, Keiichi Hiramatsu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : LacR mutations are frequently observed in Streptococcus intermedius and are responsible for increased intermedilysin production and virulence., Infection and Immunity, Vol.81, No.9, 3276-3286, 2013.
12)Tsutomu Hashizume, Kitagawa Hiroshi, Lee Hokyoo, Ueda Hisatoshi, Miyamoto Tadayoshi, Ikuo Yoneda and Shoichiro Fujisawa : Evaluation of Physical Load While Propelling Manual Wheelchair on Cross Slope Road and Wave Road, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 183-189, 2013.
13)Shoichiro Fujisawa, Miyazaki Tatsuya, Shin-ichi Ito and Katsuya SATO : Continuity of Tactile Walking Surface Indicators and Audible Pedestrian Signals at Crosswalks, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 647-652, 2013.
14)Maeno Tetsuya, Shoichiro Fujisawa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Ogawa Takehiro and Ishimoto Hiroh : Research on the Occupational Ability Evaluation Technique in the Group Work of Intellectually/Mentally Handicapped Persons by MODAPTS Method, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 970-975, 2013.
15)Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Yamamoto Genji, Kimura Yuki, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Verification of LED Blocks used at Crosswalk Entrances for Persons with Visually Impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 982-987, 2013.
16)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Difference in Road Surface Recognition by Disease and Grades of The Low Vision, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 988-993, 2013.
17)上田 隆雄, 濱田 祐太郎, 郡 政人, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 近赤外分光法による電気化学的補修効果の評価に関する検討, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.13, 433-438, 2013年.
18)Mikito Yasuzawa, Shinya Sato, Hiroshi Nakanishi and Kazuaki Edagawa : Fabrication of Minimally-Invasive Patch Type Glucose Sensors, ECS Transactions, Vol.50, No.12, 83-87, 2013.
19)福富 純一郎, 住友 尚志, 吉村 圭央, 重光 亨, 一宮 昌司 : 圧力式ホモジナイザーの乳化メカニズムに関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.79, No.806, 2030-2040, 2013年.
20)Elmarhomy Ahmed and Kenji Terada : A Distance-Based Method for Counting Passersby using Space-Time Imagery, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.9, No.10, 4113-4129, 2013.
21)中野 昭雄, 新田 和馬, 寺田 賢治, 渡邊 丈夫 : 画像処理によるネギアザミウマの自動識別, 植物防疫, Vol.67, No.12, 24-28, 2013年.
22)中島 雄太, 門司 亮, 佐藤 克也, 南 和幸 : 高精度細胞伸展マイクロデバイスの開発と引張りを受ける細胞のその場観察, 電気学会論文誌E (センサ・マイクロマシン部門誌), Vol.133, No.12, 350-357, 2013年.
23)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Wada Takashi and Hirotaka Shinohara : Performance Analysis of Mini Centrifugal Pump with Splitter Blades, Journal of Thermal Science, Vol.22, No.6, 573-579, 2013.
24)久保 慧史, 重光 亨, 福富 純一郎, 石岡 竜哉 : 低粘度流体食品用遠心ポンプの非定常内部流れについて, ターボ機械, Vol.41, No.12, 734-742, 2013年.
25)Kuramoto Nobuhisa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Electroencephalogram Analysis of Mechanisms Underlying Brain Activity during Voluntary Movement, International Journal of Bioscience, Biochemistry, Bioinformatics (IJBBB), Vol.4, No.1, 49-56, 2014.
26)Kazuaki Edagawa, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : In Vivo Evaluation of Fine Needle Amperometric Glucose Sensors Implanted in Rabbit's Blood Vessel, Journal of the Electrochemical Society, Vol.161, No.2, B3111-B3115, 2014.
27)Masaki Fujikawa, Mori Hikaru and Kenji Terada : Study of the Detection System for Onscreen Contents Shooting (Countermeasure against Information Leakage by Video Recording/Photo Shooting), International Journal of Information and Electronics Engineering, Vol.4, No.3, 256-263, 2014.
28)Atsushi Tabata, Kazuto Ohkura, Ohkubo Yukimasa, Toshifumi Tomoyasu, Ohkuni Hisashi, Whiley A. Robert and Hideaki Nagamune : The diversity of receptor recognition in cholesterol-dependent cytolysins, Microbiology and Immunology, Vol.58, No.3, 155-171, 2014.
29)Hiroki Ishikawa, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Mikito Yasuzawa, Hiroaki Genta and Hiroshi Saito : Effect of surface treatments on the mechanical properties of natural fiber textile composites made by VaRTM method, Composite Interfaces, Vol.21, No.4, 329-336, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)日裏 健太郎, 枝川 和明, 安澤 幹人 : 電解析出法および光重合法を組み合わせた酵素固定電極の作製, 化学センサ, Vol.29, No.Supplement B, 13-15, 2013年.
2)安澤 幹人, 李 江, 枝川 和明 : 低​侵​襲​型​グ​ル​コ​ー​ス​セ​ン​サ​の​作​製​及​び​そ​の​評​価, ​化​学​セ​ン​サ, Vol.29, No.Supplement B, 10-12, 2013年.
3)日裏 健太郎, 枝川 和明, 渕脇 雄介, 安澤 幹人 : 電解析出法を用いた生体識別素子固定電極の作製及びそのセンサへの応用, 化学センサ, Vol.30, No.Supplement A, 13-15, 2014年.
4)南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高大院連携化学実験の継続実施による改善と体験イベントへの活用, 大学教育研究ジャーナル, Vol.11, 151-155, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)寺田 賢治 : 画像処理で煙検知するシステム開発, O plus E, Vol.35, No.6, 623-627, 2013年6月.
2)服部 宏祐, 寺田 賢治, 平岡 忠志, 森本 真理, 武知 康逸, 長尾 綾子, 脇田 美幸, 後藤 仁 : 画像処理を用いたダストサンプラー上の異物計測, クリーンテクノロジ, Vol.23, No.10, 44-47, 2013年10月.
3)金子 俊一, 中島 慶人, 寺田 賢治, 山下 淳 : 画像技術の実利用の現状と展望, 精密工学会誌, Vol.79, No.11, 977-980, 2013年11月.
4)寺田 賢治 : 徳島大学工学部知能情報工学科寺田研究室紹介, 計測と制御, Vol.53, No.2, 151-152, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Yusuke Tanatsugu, Shinsuke Nakanishi, Kiyoto Ikebata, Kotaro Rikitake and Mikito Yasuzawa : Preparation and evaluation of biocompatible surface using perhydropolysilazane, 245th ACS National Meeting and Exposition, New Orleans, Apr. 2013.
2)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Wada Takashi and Shinohara Hirotaka : Performance Analysis of Mini Centrifugal Pump with Splitter Blades, Proceedings of the 11th International Symposium on Experimental Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Shenzhen, China, May 2013.
3)Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Visual UAV Control System Using LED Panel and On-board Camera, 2013 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2013) Proceedings, 1386-1391, Minneapolis, May 2013.
4)Yoshio Tanimoto, Hideki Yamamoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Kazunari Furusawa and Hiroyuki Ukida : Small Device for Counting the Number of Manual Wheelchair Strokes, 2013 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2013) Proceedings, 1755-1760, Minneapolis, May 2013.
5)Kazuaki Edagawa, Hiroki Takaoka, Tomoki Yabutani and Mikito Yasuzawa : Preparation of Fine Implantable Needle-Type Glucose Lactate Dual Biosensors Using γ-Polyglutamic Acid, 223rd ECS Meeting, Toronto, May 2013.
6)Kentaro Hiura, Shinya Furukawa, Kazuaki Edagawa and Mikito Yasuzawa : Preparation of Enzyme-Immobilized Biosensor by the Combination of Electrodeposition and Electropolymerization, 223rd ECS Meeting, Toronto, May 2013.
7)Wenjun Zhao, Takao Onoe and Tian Song : High-Performance Multiplierless Transform Architecture for HEVC, Proceeding of IEEE International Symposium on Circuits and Systems(ISCAS'), 1668-1671, Beijing, May 2013.
8)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Agawa Takuya : Performance Characteristics and Flow Conditions of High Pressure and Large Flow Rate Cooling Fan, Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, Incline village, Nevada, USA, Jul. 2013.
9)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tanaka Chihiro : Performance and Internal Flow of Contra-Rotating Small Hydro Turbine, Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, Incline village, Nevada, USA, Jul. 2013.
10)Kazuya Kusaka and Kikuo Tominaga : Residual stress measurement in metal interlayer of metal-ceramics functionally graded thin film, Proceedings of the twelfth international symposium on sputtering & plasma processes, 142-145, Kyoto, Jul. 2013.
11)Tsuyoshi Sotetsumoto, Tian Song and Takashi Shimamoto : Low Complexity Algorithm for Sub-Pixel Motion Estimation of HEVC, Proceedings of IEEE International Conference on Signal Processing, Communications and Computing (ICSPCC 2013), No.SP P3.4(paper ID: 1533), 1-4, Kunming, Aug. 2013.
12)Shang Ke, Stephen Githinji Karungaru, Feng Zuren, Ke Liangjun and Kenji Terada : Periodic Re-optimization based Dynamic Branch and Price Algorithm for Dynamic Multi-UAV Path Planning, Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation(IEEE ICMA2013), No.MP1-6(3), 581-586, Takamatsu, Aug. 2013.
13)Hiroki Sugi, Masayuki Tsukagoshi and Takao Ueda : Durability of Concrete Composites Containing Fly Ash and Blast Furnace Slag for use in for Precast Concrete Products, SCMT 2013 - 3rd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technology, Aug. 2013.
14)Tomoki Yabutani, Chihiro Mukuta, Masashi Konishi, Yohei Yamada and Toshio Takayanagi : Selective Separation of Oxoanion-Forming Elements Adsorbed on Solid States by Using Hydrogen Peroxide as Eluent, ASIANALYSIS XII The Twelfth Asian Conference on Analytical Sciences, Fukuoka, Aug. 2013.
15)Yohei Yamada, Yuki Ohnishi, Mari Nakashima, Katsuhito Tanaka, Toshio Watanabe, Haruhiko Sakuraba, Toshio Takayanagi and Tomoki Yabutani : Amperometric Determination of Branched Amino Acids by High Performance Liquid chromatograph with L-leusine Dehydrogenase / Diapholase Immobilized Electrode as A Detector, RSC Tokyo International Conference 2013 - Analytical Biochemistry & Biophysics -, Chiba, Sep. 2013.
16)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Automatic Detection of Suspicious Objects Using Surveillance Cameras, Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013), No.MoAT3.6, Nagoya, Sep. 2013.
17)Junpei Yamamoto, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Japanese Road Signs Recognition Using Neural Networks, Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013), No.MoAT3.3, Nagoya, Sep. 2013.
18)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Satoshi Kubo and Tatsuya Ishioka : Unsteady Flow Condition of Centrifugal Pump for Low Viscous Fluid Food, Proceedings of the 12th Asian International Conference on Fluid Machinery, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2013.
19)Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Chihiro Tanaka : Unsteady Flow Condition of Contra-Rotating Small-Sized Hydro Turbine, Proceedings of the 12th Asian International Conference on Fluid Machinery, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2013.
20)Ming Cai, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kazuya Kusaka, Masahiro Katoh and Yan Li : Effects of alkali treatment on microstructure and tensile properties of abaca fiber, Proceedings of the SAMPE CHINA 2013, S5-6_1-S5-6_4, Shanghai, Oct. 2013.
21)Mikito Yasuzawa, Shinya Sato and Kazuaki Edagawa : Patch type glucose sensor for low-invasive glucose monitoring, 224th ECS Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
22)Kazuaki Edagawa and Mikito Yasuzawa : In vivo evaluation of fine needle type glucose sensors implanted in rabbit blood vessel, 224th ECS Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
23)Azjargal Enkhbayar, Wada Naoki, Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : Numerical Computation for Smoothness of the Solution of a One-Dimensional Hyperbolic Equation, Proceedings of the Sixth International Conference on Science and Mathematics Education in Developing Countries, 78-87, Mandalay, Nov. 2013.
24)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Hand Written Character Recognition using Star-Layered Histogram Features, Proceedings of SICE Annual Conference 2013, Dec. 2013.
25)Stephen Githinji Karungaru, Yammoto Jumpei and Kenji Terada : Japanese Road Signs Recognition using Neural Networks, Proceedings of SICE, Dec. 2013.
26)Wenjun Zhao, Takao Onoe and Tian Song : Hardware-oriented Fast Mode Decision Algorithm for Intra Prediction in HEVC, Proceedings of Picture Coding Symposium (PCS2013), 109-112, San Jose, Dec. 2013.
27)Hiroyuki Ukida : 3D Shape Reconstruction by Photometric Stereo Method Using Linear Light Sources, Proceedings of the 20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2014), 132-136, Okinawa, Feb. 2014.
28)Wen Shi, Xiantao Jiang, Tian Song and Takashi Shimamoto : Edge Detector Based Fast Level Decision Algorithm for Intra Prediction of HEVC, Proceedings of International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'14), 129-132, Honolulu, Mar. 2014.
29)Jun Fukumoto and Kenji Terada : Motion analysis of an aquarium fish using a Web camera, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), No.1AM1-3-2, 45-48, Honolulu, Mar. 2014.
30)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Human Action Recognition using Multi Cameras, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), No.3AM2-3-1, 641-644, Honolulu, Mar. 2014.
31)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Vehicle Extraction from Aerial Images Captured using an UAV, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), 313-316, Honolulu, Hawaii, USA, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)重光 亨, 福富 純一郎, 田中 地洋, 其畑 遼介 : 繊維状異物混入時における二重反転形小型ハイドロタービンの内部流れ, ターボ機械協会総会講演会, 2013年5月.
2)田中 健輔, 重光 亨, 福富 純一郎, 清水 大喜 : 部分流量における二重反転形小型軸流ファン出口流れのPIV計測, ターボ機械協会総会講演会, 2013年5月.
3)杉 大樹, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : フライアッシュ及び高炉スラグ微粉末を使用したプレキャストコンクリート部材の耐中性化・塩害抑制効果, ,2013年度日本建築学会四国支部研究報告集, 2013年5月.
4)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : ポリマーセメント系塗膜防水層の断面方向における微細構造と耐疲労性能の関係, 2013年度日本建築学会四国支部研究報告集, 2013年5月.
5)塚越 雅幸, 源田 早也佳, 上田 隆雄, 石原 沙織, 篠原 保二 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価手法の検討 その1 模擬根の開発と耐根性評価試験, 2013年度日本建築学会四国支部研究報告集, 2013年5月.
6)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 石原 沙織, 篠原 保二 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価手法の検討 その2 シミュレーションによる耐根性評価, 2013年度日本建築学会四国支部研究報告集, 2013年5月.
7)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塗膜系仕上材料下のフライアッシュおよび高炉スラグ微粉末を使用したコンクリートの中性化と塩害, 2013年度日本建築学会四国支部研究報告集, 2013年5月.
8)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 石原 沙織, 篠原 保二 : 護岸整備用ポーラスコンクリートの耐根性試験, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会, 2013年5月.
9)薮谷 智規, 上村 美貴, 椋田 千景, 山田 洋平, 髙栁 俊夫 : 海水中一価および二価銅イオンの形態別定量に向けた現場固相抽出法の開発, 第73回分析化学討論会, 2013年5月.
10)加地 純也, 廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 日野 順市, 藤澤 正一郎 : 座圧分散クッションを使用した車椅子走行時の振動伝達特性と乗り心地評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, No.2A2_C01, 1-2, 2013年5月.
11)伊藤 拓海, 山本 達也, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリチオフェン/メタノフラーレン二層型有機薄膜太陽電池における開放端電圧の向上, 第62回高分子学会年次大会予稿集, Vol.62, No.1, 1169, 2013年5月.
12)友安 俊文, 近藤 博之, 娚杉 昌典, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のDnaKシャペロンシステムの比較, 第54回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年6月.
13)浮田 浩行, 三輪 昌史, 岡部 康平, 造田 優貴, 西端 宏樹 : LEDパネルを用いたUAV飛行制御システムの開発, 第19回画像センシングシンポジウムダイジェスト集, DS1-04, 2013年6月.
14)川端 るか, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 監視カメラを用いた侵入行為の検出, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS1-05, 2013年6月.
15)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 超音波エコー画像を用いた心臓病診断支援, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS3-07, 2013年6月.
16)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USBカメラを用いた臨床工学技士の技能判定, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS3-08, 2013年6月.
17)今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 糖タンパク質によるStreptococcus intermediusのily発現促進機構の解析, 第22回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2013年6月.
18)田端 厚之, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性 Streptococcus anginosus が保有するストレプトリジンS ホモログの特徴と細胞障害性への寄与, 第22回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2013年6月.
19)友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の主要病原因子であるインターメディリシンの発現調節機構の解析, 第60回 毒素シンポジウム, 2013年7月.
20)田端 厚之, 大倉 一人, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識および作用特性における多様性, 第60回 毒素シンポジウム, 2013年7月.
21)杉 大樹, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : フライアッシュ及び高炉スラグ微粉末を使用したプレキャストコンクリート部材の耐久性, 2013年度 日本建築学会大会, 2013年8月.
22)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塗膜系防水層下のフライアッシュおよび高炉スラグ微粉末を使用したコンクリートの塩害と中性化, 2013年度 日本建築学会大会, 2013年8月.
23)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 田中 享二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の微細構造と耐疲労性能の関係, 2013年度 日本建築学会大会, 2013年8月.
24)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 石原 沙織, 篠原 保二 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価 その1 模擬根の開発と耐根性評価手法, 2013年度 日本建築学会大会, 2013年8月.
25)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 石原 沙織, 篠原 保二 : 模擬根を用いたポーラスコンクリートの耐根性評価 その2 シミュレーションによる耐根性評価, 2013年度 日本建築学会大会, 2013年8月.
26)南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高大院連携化学実験講座による環境教育, 日本エネルギー環境教育学会第8回全国大会論文集, 126-127, 2013年8月.
27)木村 有希, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 高橋 和哉, 池田 典弘, 荻野 弘 : 高齢者・視覚障がい者のための横断歩道口発光ブロックの検証, 日本福祉のまちづくり学会第16回全国大会, No.1A-1, 1-2, 2013年8月.
28)阿地 恵太, 吉田 章人, 浮田 浩行 : 複数の線光源とステレオカメラを用いた三次元形状計測, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, 153-157, 2013年8月.
29)山本 純平, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 交通標識と道路標示認識による運転支援, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-3, 2013年8月.
30)川端 るか, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 出入口付近における不審行動の検知, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-5, 2013年8月.
31)後田 景以, 中村 怜, 福富 純一郎, 重光 亨 : 小型クロスフローファンの内部流動状態および性能特性に関する研究, 日本機械学会2013年度年次大会, 2013年9月.
32)田中 地洋, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型ハイドロタービンの性能および内部流れに関する研究, 日本機械学会2013年度年次大会, 2013年9月.
33)田中 健輔, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの前後段翼列間距離が性能特性と内部流れに及ぼす影響, 日本機械学会2013年度年次大会, 2013年9月.
34)重光 亨, 田中 地洋, 福富 純一郎 : 二重反転形小型ハイドロタービンの非設計流量点における内部流れ, ターボ機械協会信州講演会, 2013年9月.
35)鈴田 崇仁, 山田 洋平, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 鈴木 良尚 : Penetration of precursors of metallic oxide into lysozyme crystals, 第19回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2013年9月.
36)七澤 章, 櫛田 淳二, 上田 隆雄, 塚越 雅幸 : 塩害とASRの複合劣化に対する電気化学的補修工法の検討, 土木学会第68回年次学術講演会講演概要集, 2013年9月.
37)櫛田 淳二, 上田 隆雄, 塚越 雅幸, 澁野 麻友 : 塩害とASRの複合劣化に対する電気化学的補修工法の検討, 土木学会第68回年次学術講演会講演概要集, 2013年9月.
38)宮田 啓志, 上田 隆雄, 塚越 雅幸, 高野 剛 : 温度と塩化物イオン濃度の変化がフライアッシュコンクリート中の鉄筋分極抵抗に与える影響, 土木学会第68回年次学術講演会講演概要集, 2013年9月.
39)寺田 賢治 : 人のスマート画像処理, 平成25年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC13-3, 2013年9月.
40)藤澤 正一郎, 前野 哲哉, 小川 武紘, 石本 晃大, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : 知的/精神障害者の集団作業における職業評価手法に関する研究, 日本機械学会2013年度年次大会講演論文集, No.13-1, 1-5, 2013年9月.
41)倉本 展尚, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 随意運動における脳活動のメカニズム, 平成25年度電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文CD-ROM, 1101-1106, 2013年9月.
42)上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 松村 健, 関 陽介 : 大学コミュニケーションポータルの運用と課題, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9, 2013年9月.
43)佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報化推進センター ISMS 活動事例, --- ISMS取得2年目の取り組み ---, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 17-20, 2013年9月.
44)山田 洋平, 鈴田 崇仁, 薮谷 智規, Metson James, Williams David, 永瀬 丈嗣, 髙栁 俊夫 : フェリチン結晶を鋳型とした多孔質材料創成の試み, 日本分析化学会第62年会, 2013年9月.
45)伊藤 拓海, 山本 達也, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合ポリチオフェンとメタノフラーレンからなる二層型有機薄膜太陽電池の変換効率の向上, 第62回高分子討論会予稿集, Vol.62, No.2, 3991-3992, 2013年9月.
46)竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : N末に追加ドメインを有するコレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 日本生化学会, 2013年9月.
47)安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの比較解析 -新規DDS開発への応用を目指して-, 日本生化学会, 2013年9月.
48)渡邊 敏夫, 中野 祥孝, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫 : グルコースオキシダーゼの電解析出に対する電極表面の疎水性効果, 日本分析化学会第62年会, 2013年9月.
49)長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10フェムト秒レーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 生体医工学シンポジウム2013, 2-2-06, 2013年9月.
50)上田 哲史, 佐野 雅彦, 八木 香奈枝 : JGN-Xを利用した緊急時情報発信機構の確保, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 340, 2013年9月.
51)山田 純也, 下村 亮太, 楠 直人, 島本 隆, 宋 天 : B*木を用いたフロアプランにおける遅延制約を考慮した電圧割当てに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-24, 2013年9月.
52)下村 亮太, 山田 純也, 楠 直人, 島本 隆, 宋 天 : DP曲線を用いた電圧割当て, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-25, 2013年9月.
53)岡島 和衡, 島本 隆, 宋 天 : 障害物回避スタイナー木の効率的な構築手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-31, 2013年9月.
54)河野 小雪, 島本 隆, 宋 天 : スタイナー点による障害物回避配線とその3次元化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-32, 2013年9月.
55)皇甫 明月, 藤田 知士, 宋 天, 島本 隆 : H.264/AVC における高精度イントラ予測手法に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-32, 2013年9月.
56)多田 裕希, 長尾 雄人, 宋 天, 島本 隆 : H.264/SVCにおける双方向予測の高速化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-33, 2013年9月.
57)郡安 康平, 吉富 友彦, 宋 天, 島本 隆 : GPUによるHEVC動き探索の高速化に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-34, 2013年9月.
58)松崎 浩三, 佐野 雅彦 : 学習用プロセッサに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 115, 2013年9月.
59)大畑 翔太郎, 佐野 雅彦 : システムコール転送による分散処理に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2013年9月.
60)高科 勇太, 藤澤 正一郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による視覚障害者の見守りシステム, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-6, 2013年9月.
61)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 浮田 浩行 : 案内標識の文字認識による自動操縦の位置情報取得, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-7, 2013年9月.
62)福本 淳, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : Web カメラを用いた観賞魚の動き解析, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-8, 2013年9月.
63)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 超音波エコー画像を用いた心臓病診断支援, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-13, 2013年9月.
64)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USB カメラを用いた臨床工学技士の技能判定, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-14, 2013年9月.
65)日裏 健太郎, 枝川 和明, 安澤 幹人 : 電​解​析​出​法​お​よ​び​光​重​合​法​を​組​み​合​わ​せ​た​酵​素​固​定​電​極​の​作​製, 第​5​5​回​化​学​セ​ン​サ​研​究​発​表​会, 2013年9月.
66)安澤 幹人, 李 江, 枝川 和明 : 低​侵​襲​型​グ​ル​コ​ー​ス​セ​ン​サ​の​作​製​及​び​そ​の​評​価, 第​5​5​回​化​学​セ​ン​サ​研​究​発​表​会, 2013年9月.
67)山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが分泌する新規グリコシダーゼの発見と性状解析, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
68)村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitis検出・同定システムの構築, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
69)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ストレッチ刺激に対する培養骨芽細胞のカルシウム応答のその場観察, 第36回日本生体医工学会中国四国支部大会 講演抄録, 20, 2013年10月.
70)鈴田 崇仁, 山田 洋平, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 鈴木 良尚 : リゾチーム単結晶への金属酸化物前駆体の含浸, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月.
71)手島 誠矢, 福富 純一郎, 重光 亨, 西 泰行 : クローズド形二枚羽根遠心ポンプの変動流体力に及ぼすケーシングスロート面積の影響, 第91期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2013年11月.
72)村上 英輝, 福富 純一郎, 重光 亨, 田仲 浩平 : 血液ポンプ評価のための循環系シミュレータの開発, 第91期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2013年11月.
73)田中 地洋, 福富 純一郎, 重光 亨 : 流量変化時における二重反転形小型ハイドロタービンの性能特性, 第91期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2013年11月.
74)岸 和輝, 渡辺 峻, 寺田 賢治 : リード・ソロモン符号における最小重み符号語による符号化, 平成25年電気関係学会関西連合大会, No.G10-2, 2013年11月.
75)枝川 和明, 安澤 幹人 : リ​ア​ル​タ​イ​ム​血​糖​モ​ニ​タ​リ​ン​グ​を​目​的​と​し​た​血​管​内​留​置​用​微​細​針​型​グル​コ​ー​ス​セ​ン​サ​の​開​発, 2​0​1​3​年​日​本​化​学​会​中​国​四​国​支​部​大​会​, 2013年11月.
76)浮田 浩行, 阿地 恵太, 吉田 章人 : フォトメトリックステレオ法と2 眼ステレオ法を組み合わせた形状復元, 第18回パターン計測シンポジウム資料, 7-12, 2013年11月.
77)鳥羽 威人, 枝川 和明, 安澤 幹人, 渕脇 雄介 : マ​イ​ク​ロ​グ​ル​コ​ー​ス​セ​ン​サ​の​作​製​お​よ​び​そ​の​評​価​, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013年11月.
78)佐藤 毅尚, 枝川 和明, 安澤 幹人 : 酸化グラフェンを用いたグルコースセンサの作製およびその評価, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013年11月.
79)中西 信介, 田中 秀憲, 棚次 悠介, 安澤 幹人 : ペルヒドロキシポリシラザンを用いた機能性薄膜の形成およびその評価, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013年11月.
80)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USBカメラによる臨床工学技士の挙動評価, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-12, 2013年11月.
81)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 心臓の動き解析による心臓病診断支援, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-13, 2013年11月.
82)高科 勇太, 藤澤 正一郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による視覚障害者の支援システム, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会,, No.SO1-17, 2013年11月.
83)友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and characterization of MsgA, a novel secreted glycosidase of Streptococcus intermedius, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
84)西野 真史, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : ARマーカを用いたランニングフォームの解析, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS1-B5, 2013年12月.
85)大黒 将幸, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 監視カメラ映像による不審者と不審放置物の検知, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS1-B6, 2013年12月.
86)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2013, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, 2013年12月.
87)樫原 孝幸, 寺田 賢治, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCDカメラを用いた火災炎の検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.OS4-H1(IS2-A1), 2013年12月.
88)平岡 忠志, 脇田 美幸, 長尾 綾子, 後藤 仁, 武知 康逸, 森本 真理, 服部 宏祐, 寺田 賢治 : 市販スキャナを用いたダストカウンターシステムの開発, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS2-A9, 2013年12月.
89)友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and characterization of MsgA, a novel secreted glycosidase of Streptococcus intermedius, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
90)田端 厚之, 安養寺 夏希, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aを用いたDDS用新規機能性リポソームの創成に関する検討, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月.
91)大倉 一人, 川口 遊喜, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus由来ストレプトリジンSホモログの分子内環形成による活性制御, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月.
92)廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための交差点周辺における移動支援機器間の連続性に関する研究, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2023-2026, 2013年12月.
93)池田 典弘, 高橋 和哉, 木村 有希, 稲垣 具志, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 志賀 大輔 : 横断歩道口用発光ブロックの認識に関する研究, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2027-2029, 2013年12月.
94)上田 喜敏, 藤澤 正一郎 : 福祉・医療分野等における介護・看護作業の問題と解決, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2054-2056, 2013年12月.
95)石原 康行, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 内外反変形をダイナミックに矯正可能な装具の開発, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2073-2075, 2013年12月.
96)金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞分化促進作用の解析, 徳島生物学会, 2013年12月.
97)南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義および体験イベントにおける高大院連携の試み, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2013年12月.
98)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2013, 画像応用技術専門委員会2013年度第5回研究会, Vol.28, No.5, 29-32, 2014年1月.
99)梅田 和昇, 寺田 賢治 : ViEW2013 ビジョン技術の実利用化ワークショップ報告, 画像応用技術専門委員会2013年度第5回研究会, Vol.28, No.5, 27-28, 2014年1月.
100)石川 真聖, 川平 隆太, 石原 沙織, 塚越 雅幸 : ポリマーセメント系塗膜防水層の施工性 その2 調合と施工具が膜厚に及ぼす影響, 2013年度第84回日本建築学会関東支部研究発表会, 2014年2月.
101)石川 真聖, 川平 隆太, 石原 沙織, 塚越 雅幸 : ポリマーセメント系塗膜防水層の施工性 その3 調合と施工具が施工性に及ぼす影響, 2013年度第84回日本建築学会関東支部研究発表会, 2014年2月.
102)野並 優二, 塚越 雅幸, 中森 正基, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメント系仕上材料の均質性評価, 2013年度第84回日本建築学会関東支部研究発表会, 2014年2月.
103)中森 正基, 塚越 雅幸, 上田 隆雄, 野並 優二 : ポリマーセメント系塗膜防水層の耐候劣化が耐疲労性能に与える影響, 2013年度第84回日本建築学会関東支部研究発表会, 2014年2月.
104)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塗膜系防水層の塩害抑制効果に与える下地ひび割れの影響, 2013年度第84回日本建築学会関東支部研究発表会, 2014年2月.
105)川﨑 啓介, 福富 純一郎, 重光 亨 : 流水を利用する小型プロペラタービンの実証実験, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2014年3月.
106)芳田 直征, 福富 純一郎, 重光 亨 : ノズル・ディフューザ形状がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響の調査, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2014年3月.
107)浮田 浩行, 阿地 恵太, 吉田 章人 : 2台のカメラと線光源を用いた3次元形状復元方法の検討, 動的画像処理実利用化ワークショップ2014(DIA2014)講演論文集, 26-31, 2014年3月.
108)長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10fsレーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 第61回応用物理学関係連合講演会, 17p-E6-10, 2014年3月.
109)関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 属性管理とセキュリティレベルの多重化について, 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, 119, 2014年3月.
110)安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Comparison of the transition activity of Sortase A using GFP-substrate panel, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
111)山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Characterization of a novel secreted glycosidase (MsgA) of Streptococcus intermedius, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
112)浮田 浩行, 大西 広樹 : 人物追跡における Kinect と固有顔を用いた顔の向きの推定, 電気学会研究会資料(知覚情報・次世代産業システム 合同研究会), 43-48, 2014年3月.
113)村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitisの検出・同定を目的とした新規検査システムの開発, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
114)友安 俊文, 金子 幸広, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and study of the binding region of ily transcriptional repressive element, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
115)李 江, 枝川 和明, 日裏 健太郎, 渕脇 雄介, 安澤 幹人 : 体内グルコースモニタリング用パッチタイプセンサの試作及びその評価, 電気化学会第81回大会, 2014年3月.
116)日裏 健太郎, 枝川 和明, 渕脇 雄介, 安澤 幹人 : 電解析出法を用いた生体識別素子固定電極の作製及びそのセンサへの応用, 第​5​6回​化​学​セ​ン​サ​研​究​発​表​会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)高科 勇太, 藤澤 正一郎, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理による視覚障害者の見守りシステム, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-18, 47-52, 2013年4月.
2)西野 真史, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理を用いたランニングフォームの自動解析, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-19, 53-58, 2013年4月.
3)福本 淳, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた鑑賞魚の動き解析, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-20, 59-64, 2013年4月.
4)八木 香奈枝, 佐野 雅彦 : WiMAX-徳島大学 キャンパス間ネットワーク接続, 第25回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 75-76, 2013年8月.
5)堀田 尚吾, 手塚 美彦, 田中 均 : バッファ層とドナー層に電解重合ポリマーを用いた有機薄膜太陽電池の作製, 第28回中国四国地区高分子若手研究会講演要旨集, 83, 2013年11月.
6)藤澤 正一郎 : 人の支援技術を支える工学の役割, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-13-81, 105-110, 2013年12月.
7)田端 厚之, 安養寺 夏希, 大久保 行将, 北條 恵子, 水品 善之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子の標的化技術としての表面加工システムの開発, --- GFP基質パネルを用いた細菌由来タンパク質転移酵素Sortase Aのペプチド転移反応の至適化とその応用に向けて ---, 神戸学院大学ライフサイエンス産学連携研究センター, 2014年3月.
8)清山 幹弘, 志賀 大輔, 池田 典弘, 高橋 和哉, 稲垣 具志, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 5-8, 2014年3月.
9)廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 交差点周辺の視覚障害者の単独歩行のための移動支援機器間の連続性, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 29-32, 2014年3月.
10)田辺 猛, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 破面合成法による道路交通騒音再現に関する研究, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 35-38, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1)藤澤 正一郎, 山中 英生, 森本 恵美 : 実践的な技術者育成のための創成型キャリア教育プロジェクト, 平成23年度徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究プロジェクト研究成果報告, 9-12, 2013年4月.

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{83979}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)安澤 幹人 : 体内埋め込み測定用バイオセンサの開発, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2014年4月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Atsushi Tabata, Yuji Sato, Kentaro Maya, Kota Nakano, Ken Kikuchi, Robert A. Whiley, Kazuto Ohkura, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : A streptolysin S homologue is essential for beta-haemolytic Streptococcus constellatus subsp. constellatus cytotoxicit, Microbiology, Vol.160, No.5, 980-991, 2014.
2)Masayuki Tsukagoshi, Takao Ueda and Tomoya Ichikawa : Evaluation of Protective Effect of Surface Coating Materials against Chloride Attack on Cracked Reinforced Concrete, Proceedings of International Conference on Building Envelope Systems and Technologies (ICBEST) 2014, 2014.
3)Kazuhide Nakayama, Takao Ueda, Masayuki Tsukagoshi and Akira Nanasawa : Examination of Surface Protection systems applied to Reinforced Concrete after the application of Electrochemical Repair Method, Proceedings of International Conference on Building Envelope Systems and Technologies (ICBEST) 2014, 2014.
4)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Preference Classification Method Using EEG Analysis Based on Gray Theory and Personality Analysis, The Online Journal on Computer Science and Information Technology, OJCSIT, Vol.4, No.3, 276-280, 2014.
5)中山 一秀, 上田 隆雄, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 電気化学的補修適用後の表面保護工法に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.36, No.1, 1210-1215, 2014年.
6)七澤 章, 櫛田 淳二, 上田 隆雄, 塚越 雅幸 : 内在塩分による塩害とASRの複合劣化と各種リチウム溶液による電気化学的補修効果, コンクリート工学年次論文集, Vol.36, No.1, 1954-1959, 2014年.
7)野並 優二, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメント系仕上材料の組成分布評価手法の提案, コンクリート工学年次論文集, 2014年.
8)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Preference Analysis Method Applying Relationship between Electroencephalogram Activities and Egogram in Prefrontal Cortex Activities, --- How to collaborate between engineering techniques and psychology ---, International Journal of Advances in Psychology, Vol.3, No.3, 86-93, 2014.
9)Hidenori Imaki, Toshifumi Tomoyasu, Naoki Yamamoto, Chiharu Taue, Sachiko Masuda, Ayuko Takao, Nobuko Maeda, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Identification and Characterization of a Novel Secreted Glycosidase with Multiple Glycosidase Activities in Streptococcus intermedius, Journal of Bacteriology, Vol.196, No.15, 2817-2826, 2014.
10)Atsushi Tabata, Natsuki Anyoji, Yukimasa Ohkubo, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation on the Reaction Conditions of Staphylococcus aureus Sortase A for Creating Surface-modified Liposomes as a Drug-delivery System Tool, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4521-4527, 2014.
11)Kawaguchi Yuki, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Kazuto Ohkura : Molecular Analysis of Streptococcus anginosus-derived SagA Peptides, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4627-4631, 2014.
12)Takao Ueda, Jyunji Kushida, Masayuki Tsukagoshi and Akira Nanasawa : Influence of temperature on electrochemical remedial measure and complex deterioration due to chloride attack and ASR, Construction and Building Materials, Vol.67 partA, 81-87, 2014.
13)Takao Ueda, Yutaro Hamada, Masato Kohri, Akira Nanasawa and Masayuki Tsukagoshi : Evaluation of Electrochemical Repair Effects Using Near-infrared Spectroscopic Technique, Proceedings of the 5th International Conference on Concrete Repair, 245-250, 2014.
14)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 関 陽介, 松村 健, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システム BCP および 非常時のワイヤレスアクセスラインの整備, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 99-107, 2014年.
15)佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報センターにおけるISMSの効果, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 90-98, 2014年.
16)上田 隆雄, 三浦 健太, 岩渕 宏美, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 混和材を用いたコンクリートおよびモルタル中の鉄筋発錆限界塩化物イオン濃度に関する研究, 材料, Vol.63, No.10, 716-721, 2014年.
17)上田 隆雄, 谷口 隼紀, 郡 政人, 塚越 雅幸 : 近赤外分光法および超音波法によるASR診断, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.14, 75-80, 2014年.
18)Akira Nanasawa, Takao Ueda, Yutaro Hamada and Masayuki Tsukagoshi : Suppression of ASR expansion due to electrochemical penetration of lithium supplied by various kinds of lithium solution, Proceedings of the Fourth International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering 2014 (IALCCE2014), 2209-2215, 2014.
19)Kim Hyejin, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Ueno Tomomi, Uchiyama Shigeto, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Hideaki Nagamune : Estrogen stimuli promote osteoblastic differentiation via the subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in MC3T3-E1 cells., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.33, No.1, 30-39, 2015.
20)Wen Shi, Xiantao Jiang, Tian Song and Takashi Shimamoto : Edge Detector Based Fast Level Decision Algorithm for Intra Prediction of HEVC, Journal of Signal Processing, Vol.19, No.2, 67-73, 2015.
21)Kazuhide Nakayama, Takao Ueda, Akira Nanasawa and Masayuki Tsukagoshi : Protection effect against steel corrosion in concrete due to surface treatment after applying electrochemical repair methods, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies 2015, 131-133, 2015.
22)Hiroki Gappa, Takao Ueda, Akira Nanasawa and Masayuki Tsukagoshi : Complex deterioration of reinforced concrete due to chloride induced steel corrosion and ASR, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies 2015, 134-136, 2015.
23)Mikito Yasuzawa, Toba Taketo, Hiura Kentaro, Li Jiang, Pankaj M. Koinkar, Tomoyuki Ueki and Fuchiwaki Yusuke : Preparation of micro-biosensor for continuous glucose monitoring, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540040, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)安澤 幹人, 三川 純平, 李 江, 日裏 健太郎, 渕脇 雄介 : セルロース分散液を用いた酵素固定膜の作製およびそのセンサへの応用, 化​学​セ​ン​サ​, Vol.30, No.Supplement B, 130-132, 2014年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

1)Kyohei Hirono, Tatsuya Miyazaki, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Research on continuity among assistive devices for personal mobility of visually impaired persons around crossings, Assistive Technology Research Series, Vol.35, 435-436, 2014.
2)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kazuya Kusaka and Yuya Muneta : Development of green nanocomposites reinforced by cellulose nanofibers extracted from paper sludge, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.06n07, 1540025_1-1540025_5, 2015.

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)寺田 賢治 : 画像処理による煙検知システム, 画像ラボ, Vol.25, No.4, 1-5, 2014年4月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Xiantao Jiang, Tian Song, Takashi Shimamoto and Lisheng Wang : High Efficiency Video Coding (HEVC) Motion Estimation Parallel Algorithms on GPU, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (2014 ICCE-Taiwan), 115-116, Taipei, May 2014.
2)Hirono Kyohei, Miyazaki Tatsuya, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Research on continuity among assistive devices for personal mobility of visually impaired persons around crossings, Proc. of 5th Inernational Symposium on Advanced Control of Industrial Processes (ADCONIP 2014), 247-250, Hiroshima, May 2014.
3)Yutaroh Tanida, Wen Shi, Tian Song and Takashi Shimamoto : Complexity Reduction Algorithm for Intra Prediction of HEVC, The 29th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2014), 221-224, Phuket, THAILAND, Jul. 2014.
4)Keiji Miyata, Takao Ueda and Masayuki Tsukagoshi : Corrosion rate of steel in fly ash concrete containing chlorides, Proceedings of the seventh International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Jul. 2014.
5)Kenta Miura, Takao Ueda and Masayuki Tsukagoshi : Resistance performance of concrete using both blast furnace slag cement and fly ash against chloride attack and carbonation, Proceedings of the seventh International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Jul. 2014.
6)Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kazuya Kusaka and Yuya Muneta : Development of nanocomposites reinforced by cellulose fibers from paper sludge, Program and Abstract Book for 7th International Conference AMDP 2014, 64, Busan, Jul. 2014.
7)Ming Cai, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kazuya Kusaka, Masahiro Katoh and Yang Li : Influence of alkali concentration on morphology and tensile properties of abaca fibers, Program and Abstract Book for 7th International Conference AMDP 2014, 136, Busan, Jul. 2014.
8)Mikito Yasuzawa, Taketo Toba, Kentaro Hiura, Jiang Li and Yusuke Fuchiwaki : Preparation of micro-biosensor for continuous glucose monitoring, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, Jul. 2014.
9)Kentaro Hiura, Jiang Li, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Stabilization of enzyme-immobilized film prepared using electrodeposition procedure, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, Jul. 2014.
10)Jiang Li, Daichi Oyama, Kentaro Hiura, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Preparation and evaluation of a fine tapered needle type glucose sensor, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, Jul. 2014.
11)Yoshinori Otsuka, Yusuke Tanatsugu, Shinsuke Nakanishi, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Preparation of hydrophobic thin films using perhydropolysilazane, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, Jul. 2014.
12)Shin Ueoka, Keisuke Kimura, Lena Karlsena, Tomoki Yabutani, Mikito Yasuzawa and Kanemi Abe : Removal of cesium ions using prussian blue and magnetic flocculant, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, Jul. 2014.
13)Shoichiro Fujisawa, Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Motohiro Seimiya : Research on identifying LED blocks mounted on crosswalk boundaries for persons with visually impairment, 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2014, Krakow, Jul. 2014.
14)Hiroyuki Ukida and Akihito Yoshida : 3D Shape and Color Reconstruction by Photometric and Binocular Stereo Method, SICE Annual Conference 2014 Conference Proceedings, 1599-1603, Sapporo, Sep. 2014.
15)Yuta NAKASHIMA, Tin YANG, Ryo MONJI, Kazuyuki MINAMI, Katsuya SATO and Yoshitaka NAKANISHI : Monitoring of Cellular Behavior to Receive Mechanical Stimulation Controlled by Microdevice, Proceedings of IEEE PEMC (16th International Power Electronics and Motion Control Conference and Exposition, 761-766, Sep. 2014.
16)Shang Ke, Stephen Githinji Karungaru, Feng Zuren, Ke Liangjun and Kenji Terada : A GA - ACO Hybrid Algorithm for the Multi - UAV Mission Planning Problem, Proceedings of the 14th International Symposium on Communication s and Information Technologies(ISCIT2014), No.R3-B-3, Incheon, Sep. 2014.
17)Mikito Yasuzawa, Jiang Li, Kentaro Hiura, Kazuaki Edagawa and Yusuke Fuchiwaki : Development of Minimally Invasive Biosensor for Continuous Glucose Monitoring, 2014 ECS and SMEQ Joint International Meeting, Cancun (Mexico), Oct. 2014.
18)Kentaro Hiura, Shinya Furukawa, Yusuke Fuchiwaki and Mikito Yasuzawa : Preparation of Glucose Oxidase Immobilized Electrode Using Electrodeposition Procedure and Its Glucose Sensor Properties, 2014 ECS and SMEQ Joint International Meeting, Cancun (Mexico), Oct. 2014.
19)Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita : Attractive Materials for Engineering Chemistry Education Performed under High School/University/Graduate School Partnership, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2014 (ACEE2014), Kumamoto, Oct. 2014.
20)Mikito Yasuzawa and Shinya Furukawa : Immobilization of enzyme using electrodeposition technique for biosensor application, NANOCON014, Pune, Oct. 2014.
21)Mikito Yasuzawa : Patch type glucose sensor for low-invasive glucose monitoring, India Japan Workshop on ``Nanotechnology: Synthesis & Sensing Applications'', Pune, Oct. 2014.
22)Wenjun Zhao, Takao Onoe and Tian Song : Hardware Architecture of the Fast Mode Decision Algorithm for H.265/HEVC, Proceedings of International Conference of Image Processing (ICIP2014), 1258-1262, Paris, Oct. 2014.
23)Atsushi Tabata, Kota Nakano, Yuji Sato, Kentaro Maya, Hiromi Ohtani, Yukimasa Ohkubo, Kazuto Ohkura, Ken Kikuchi, Robert A Whiley, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : STREPTOLYSIN S HOMOLOGUES OF PEPTIDE HEMOLYSIN: NOVEL BETA-HEMOLYTIC FACTORS DISTRIBUTED AMONG BETA-HEMOLYTIC ANGINOSUS GROUP STREPTOCOCCI, XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Buenos Aires, Argentina, Nov. 2014.
24)Hideaki Nagamune, Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Naoki Yamamoto, Chiharu Taue, 増田 早智子, 高尾 亞由子, 前田 伸子, Atsushi Tabata and Whiley A. Robert : CHARACTERIZATION OF A NOVEL SECRETED GLYCOSIDASE WITH MULTIPLE GLYCOSIDASE ACTIVITIES, MSGA: A CANDIDATE KEY ENZYME REGULATING GROWTH AND PATHOGENICITY OF STREPTOCOCCUS INTERMEDIUS, XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Nov. 2014.
25)Yoshihiko Tezuka, Takumi Ito and Shuichi Hashimoto : Organic photovoltaic devices using electrodeposited polythiophene with nanoporous surface structures, 8th Asian Photochemistry Conference (APC 2014), 272, トリバンドラム(インド), Nov. 2014.
26)Xiantao Jiang, Tian Song, Takashi Shimamoto, Wen Shi and Lisheng Wang : Temporal Prediction Improvement for Parallel Processing of HEVC, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits & Systems(APCCAS2014), 515-518, Okinawa, Nov. 2014.
27)Xiantao Jiang, Tian Song, Takashi Shimamoto and Lisheng Wang : AMVP Prediction Algorithm for Adaptive Parallel Improvement of HEVC, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits & Systems(APCCAS2014), 511-514, Okinawa, Nov. 2014.
28)Wen Shi, Xiantao Jiang, Tian Song and Takashi Shimamoto : Edge Information Based Fast Selection Algorithm for Intra Prediction of HEVC, Proceedings of IEEE Asia Pacific Conference on Circuits & Systems(APCCAS2014), 17-20, Okinawa, Nov. 2014.
29)Akihito Yoshida and Hiroyuki Ukida : 3D Shapes by Multiple Light Sources and Cameras, Proceedings of the 6th Inernational Conference on Positioning Technology ICPT2014, 1599-1603, Kitakyushu, Nov. 2014.
30)Yuuki Tsukuda, Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa and Naoki Chatani : Flight Control of UAV Using LED Panel and Video Camera, Proceedings of the 6th Inernational Conference on Positioning Technology ICPT2014, 234-239, Kitakyushu, Nov. 2014.
31)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Human Action Recognition using Normalized Cone Histogram Features, Proceedings of the IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (CIMSIVP 2014), 12-16, Florida, Dec. 2014.
32)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Indoor Human Action Recognition using Multi Camera, Proceedings of the IEEE Symposium on Computational Intelligence for Multimedia, Signal and Vision Processing (CIMSIVP'14), No.Wed-S1B8-4, Florida, Dec. 2014.
33)Kenji Matsuura, Yosuke Seki, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Design and Implementation of Organizational Authorization for a Network Monitoring System, Proceedings of the Second International Symposium on Computing and Networking, 605-607, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.
34)Junpei Yamamoto, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Road Surface Marking Recognition Using Neural Network, Proceedings of the2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2014), No.SuA1C.5, 484-489, Tokyo, Dec. 2014.
35)Hideaki Nagamune, Atsushi Tabata, Yoshitoshi Ogura and Tetsuya Hayashi : Diversity in genome structure showing the genomic dynamism of human-derived Streptococcus mitis, International Symposium on Genome Science 2015: Expanding Frontiers of Genome Science II, Jan. 2015.
36)Yamazaki Yusaku, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Input Interface using Air Character Recognition, Proceedings of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'15), No.28PM2-1-1, Kuala Lumpur, Feb. 2015.
37)Shuhei Koyanagi, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Elderly Monitoring System using Surveillance Cameras, Proceedings of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'15), No.1AM1-1-4, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
38)Masayuki Tsukagoshi, Yuji Nonami and Takao Ueda : Development of the near-infrared spectroscopy for assessment of deterioration in sulfuric acid corrosion of polymer modified mortar, TMAC Symposium 2015, Mar. 2015.
39)Eiji Hase, Katsuya SATO and Takeshi Yasui : In vivo visualization of collagen fiber produced by cultured osteoblasts using sensitive second-harmonic-generation microscopy equipped with a 10-fs mode-locked Ti:sapphire laser, Proceedings of SPIE, Vol.9329, 93292Q, San Francisco, Mar. 2015.
40)Mikito Yasuzawa : Fabrication of glucose oxidase immobilized electrode for in vivo glucose monitoring, Pre-symposium Indo-Japanese Workshop on Sensing Mechanisms, Materials & Applications, Pune, Mar. 2015.
41)Jenq-Shiou Leu and Tian Song : Received Signal Strength Indication(RSSI) Prediction-based Adaptive H.264/SVC Video Service on Smartphone, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies, 36-38, Mar. 2015.
42)Xiantao Jiang, Tian Song, Jenq-Shiou Leu and Takashi Shimamoto : High Efficiency Inter CU Size Prediction Algorithm for HEVC, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies (IFAT2015), 165-167, Tokushima, Mar. 2015.
43)Wen Shi, Xiantao Jiang, Tian Song, Jenq-Shiou Leu and Takashi Shimamoto : Efficient Intra Coding for HEVC Based on Spatial Locality, Proceedings of International Forum on Advanced Technologies (IFAT2015), 168-170, Tokushima, Mar. 2015.
44)Nozomi Maitani, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Tire Cracks Detection using Image Processing, Proceedings of the first IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, and Motion CONtrol(SAMCON2015), No.TT1-2-3, Nagoya, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)中山 一秀, 上田 隆雄, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 電気化学的補修適用後の表面保護効果に関する検討, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年5月.
2)浮田 浩行, 田中 和樹 : Kinect を用いたジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 第92回パターン計測部会研究会, PM92_03, 2014年5月.
3)野並 優二, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメント系塗膜防水層の成分分布評価手法の提案, 第68回セメント技術大会, 2014年5月.
4)堀田 尚吾, 手塚 美彦, 田中 均 : バッファ層として電解重合ポリピロールを用いた有機薄膜太陽電池の作製, 高分子学会予稿集, Vol.63, No.1, 2589-2590, 2014年5月.
5)伊藤 拓海, 手塚 美彦, 田中 均 : 電解重合法によるPVA/ポリチオフェン複合フィルムの作製, 高分子学会予稿集, Vol.63, No.1, 2715-2716, 2014年5月.
6)市川 智也, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 表面仕上材によるひび割れの生じたコンクリートの塩害抑制効果, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会, 2014年5月.
7)塚越 雅幸, 市川 智也, 上田 隆雄 : 表面保護用ポリマーセメント材料の耐候劣化が耐疲労性能に及ぼす影響, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会, 2014年5月.
8)友安 俊文, 今木 英統, 田上 千遥, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有する多基質酵素``MsgA''の性状解析, 第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
9)田端 厚之, 竹田 望, 玉岡 雅章, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 前田 伸子, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成活性に及ぼす糖の影響, 第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
10)浮田 浩行, 三輪 昌史, 造田 優貴, 茶谷 直希 : LEDパネルとオンボードカメラによるUAVの飛行制御, 第20回画像センシングシンポジウムダイジェスト集, DS1-04, 2014年6月.
11)羽田 遼, 宗次 亮, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : クワッドヘリコプタを用いた未知領域のマップ作成システム, 第20回画像センシングシンポジウム, No.IS2-04, 2014年6月.
12)田端 厚之, 眞屋 健太郎, 大谷 浩美, 佐藤 裕士, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性アンギノーサス群レンサ球菌が保有するストレプトリジンSホモログの多様性, 第46回レンサ球菌研究会, 2014年6月.
13)田中 和樹, 浮田 浩行 : 連続的な動きを用いたジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 第19回知能メカトロニクスワークショップ 講演論文集, 145-150, 2014年7月.
14)山崎 有作, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : Air文字認識を用いた入力インタフェース, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, No.A2-2, 2014年7月.
15)竹治 英司, 森澤 友也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : AndroidOSを用いた聴講者の行動解析, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, No.B2-3, 2014年7月.
16)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な物体の画像センシング, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, 44, 2014年7月.
17)浮田 浩行, 三輪 昌史, 造田 優貴, 茶谷 直希 : LEDパネルとビデオカメラを用いた通信によるUAVの飛行制御, 第17回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2014) Extended Abstract集, DS-1-1, 2014年7月.
18)友安 俊文, 今木 英統, 田上 千遥, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するグリコシダーゼの病原性に果たす役割について, 第61 回トキシンシンポジウム ∼鳴門渦潮カンファレンス∼, 2014年9月.
19)寺田 賢治 : スマートビジョンによる人のセンシング, 平成26年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC15-3, 2014年9月.
20)伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 心理学的個人差を考慮した脳波パターン分類法, 平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 637-640, 2014年9月.
21)長谷 栄治, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 安井 武史 : 生体コラーゲンSHG(第2高調波発生)顕微鏡を用いた骨芽細胞産生コラーゲンの可視化, 日本機械学会2014年度年次大会, 2014年9月.
22)塚越 雅幸, 野並 優二, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメント系塗膜防水層の組成分布評価手法の提案 その1 近赤外分光法による成分量評価, 日本建築学会大会学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2014年9月.
23)野並 優二, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメント系塗膜防水層の組成分布評価手法の提案 その2 近赤外分光法による成分分布評価, 日本建築学会大会学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2014年9月.
24)源田 早也佳, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 環境湿度変化によるフライアッシュコンクリートの明度変化からの微細構造の推定, 日本建築学会大会学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2014年9月.
25)中山 一秀, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 塗膜系防水層の塩害環境下にある下地ひび割れを有するコンクリート中の鉄筋腐食抑制効果, 日本建築学会大会学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2014年9月.
26)村上 達郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 視覚障害者の横断歩道における行動解析, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-15, 195, 2014年9月.
27)山崎 有作, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 空中文字入力を用いた入力インタフェース, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-16, 196, 2014年9月.
28)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理によるVDT 作業者の疲労度計測, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-17, 197, 2014年9月.
29)青山 好美, 河野 小雪, 島本 隆, 宋 天 : 障害物回避直線スタイナー木の効率的多層探索に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-34, 2014年9月.
30)米谷 望, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 小型移動ロボットによる未知領域における物体探索, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-18, 198, 2014年9月.
31)貝嶋 謙太郎, 下村 亮太, 島本 隆, 宋 天 : ブロックの分割を用いたTSV-共同配置方式によるフロアプランニング, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-38, 2014年9月.
32)石本 広海, 下村 亮太, 貝嶋 謙太郎, 島本 隆, 宋 天 : TSVの位置と面積を考慮した3D-ICフロアプラン, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-39, 2014年9月.
33)吉富 友彦, 谷田 祐太郎, 宋 天, 島本 隆 : ズーム対応動き探索アルゴリズムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-6, 2014年9月.
34)小川 直純, 藤田 知士, 吉富 友彦, 宋 天, 島本 隆 : H.264/AVCにおける予測コストを用いたモード決定手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-7, 2014年9月.
35)藤田 知士, 吉富 友彦, 小川 直純, 宋 天, 島本 隆 : HEVCにおける高精度動き探索手法に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-8, 2014年9月.
36)松田 基希, 佐野 雅彦 : ファイアーウォールルールの可視化に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 259, 2014年9月.
37)尾方 裕一, 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦 : 時系列分析手法を用いた端末利用予報, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2014年9月.
38)中屋敷 義浩, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : スケジューリングを鑑みたイベント情報共有システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 339, 2014年9月.
39)立井 宏明, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : PC上の作業ログを活用した学生支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 342, 2014年9月.
40)長谷 栄治, 佐藤 克也, 安井 武史 : 高感度SHG顕微鏡を用いた骨芽細胞産生コラーゲンの可視化, 生体医工学シンポジウム2014, 2014年9月.
41)安澤 幹人, 三川 純平, 李 江, 日裏 健太郎, 渕脇 雄介 : セルロース分散液を用いた酵素固定膜の作製およびそのセンサへの応用, 第​5​7回​化​学​セ​ン​サ​研​究​発​表​会, 2014年9月.
42)片山 学, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 蛍光輝度比法を用いた伸展刺激を受ける骨芽細胞の応答のリアルタイム観察, 第25回バイオフロンティア講演会講演論文集, 41-42, 2014年10月.
43)布引 健太, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 引張り付与時における単一細胞レベルでの細胞内ひずみ分布の計測, 第25回バイオフロンティア講演会講演論文集, 43-44, 2014年10月.
44)山崎 貴大, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性とグリコシダーゼとの関連性, 第67回日本細菌学会中国四国支部総会, 2014年10月.
45)森下 惇, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 勝部 康弘, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisにおける膜孔形成毒素遺伝子の保有とβ-ラクタム薬耐性の関連性, 第67回日本細菌学会中国四国支部総会, 2014年10月.
46)手塚 美彦, 伊藤 拓海, 堀田 尚吾, 橋本 修一 : 無置換ポリチオフェンの光電変換特性におよぼす高温アニーリングの効果, 2014年光化学討論会予稿集, 3E063, 2014年10月.
47)安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの由来菌種依存的な基質認識特性, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
48)玉岡 雅章, 竹田 望, 田端 厚之, 大倉 一人, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成活性に対する糖の抑制効果, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
49)大久保 行将, 安養寺 夏希, 田端 厚之, 北條 恵子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 新規ドラッグデリバリーシステムツール作製法としてのペプチド修飾化リポソームの作製, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
50)長谷 栄治, 佐藤 克也, 安井 武史 : SHG(第2高調波発生光)顕微鏡を用いた骨芽細胞産生コラーゲンのその場観察, Optics & Photonics Japan2014, 2014年11月.
51)浮田 浩行, 田中 和樹 : 後方からのジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 第19回パターン計測シンポジウム資料, 1-8, 2014年11月.
52)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : Webカメラを用いたVDT作業者の疲労度計測, 平成26年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-21, 2014年11月.
53)村上 達郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 横断歩道における歩行者の行動解析, 平成26年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-25, 2014年11月.
54)竹治 英司, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 監視カメラより得られる低解像度映像を用いた通行人数計測, 平成26年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.1-26, 2014年11月.
55)川端 るか, 寺田 賢治, 岩藤 那留, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : ネットワークカメラを用いた煙の検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ2014, No.IS1-16, 2014年12月.
56)吉田 章人, 浮田 浩行 : 線光源フォトメトリックステレオ法と2眼ステレオ法による3次元形状と色の推定, ビジョン技術の実利用ワークショップ, IS1-30, 2014年12月.
57)福本 淳, 寺田 賢治, 梅村 充一, 荻内 康雄, 東久保 政勝 : 監視カメラによる人群の異常行動の検知, ビジョン技術の実利用ワークショップ2014, No.IS2-14, 2014年12月.
58)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 仁木 麻理菜 : カメラ位置に依存しない歩容認識, ビジョン技術の実利用ワークショップ2014, No.IS2-20, 2014年12月.
59)村上 達郎, 大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 全方位カメラを用いた移動ロボットの自動走行, ビジョン技術の実利用ワークショップ2014, No.IS2-4, 2014年12月.
60)日裏 健太郎, 李 江, 渕脇 雄介, 安澤 幹人 : 電解析出法および光重合法を用いたグルコースオキシダーゼ固定電極の作製及びその評価, 2014年度第3回関西電気化学研究会, 2014年12月.
61)大久保 行将, 安養寺 夏希, 田端 厚之, 北條 恵子, 友安 俊文, 立松 洋平, 大倉 一人, 長宗 秀明 : ドラッグデリバリーシステム創成を目指したSortase Aによるペプチド修飾化リポソーム作製技術の開発, 第18回バイオ治療法研究会, 2014年12月.
62)清山 幹弘, 志賀 大輔, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和哉 : 横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2671-2674, 2014年12月.
63)大嶋 昇, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 坊岡 正之 : タイヤ空気圧調整による車椅子走行時の振動低減効果に関する研究, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2677-2679, 2014年12月.
64)田辺 猛, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 波面合成法による道路交通騒音再現関す研究, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2686-2689, 2014年12月.
65)吉田 創, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Inerolysin (INY) の pH 依存的な膜孔形成活性と立体構造変化, 第133回徳島生物学会総会, 2014年12月.
66)南川 慶二, 安澤 幹人, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : ティーチングアシスタントを主体とする高大院連携化学実験の実践と評価, 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
67)小川 祐貴, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 異なる引張りひずみ量を与えた際の骨芽細胞カルシウム応答特性評価, 第27回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 113-114, 2015年1月.
68)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2014, 画像応用技術専門委員会2013年度第5回研究会, Vol.29, No.5, 20-23, 2015年1月.
69)日裏 健太郎, 李 江, 渕脇 雄介, 安澤 幹人 : 電解析出法と光重合法を組み合わせた酵素固定電極の作製およびそのセンサ特性評価, 第3回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2015年1月.
70)関 基, 中西 信介, 安澤 幹人, 渕脇 雄介 : ペルヒドロポリシラザンを用いた 機能性表面の作製, 第3回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2015年1月.
71)山本 蒼馬, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 繰り返し伸展刺激に対する骨芽細胞カルシウム応答のリアルタイムその場観察, 日本機械学会中国四国学生会第45 回学生員卒業研究発表講演会CD-ROM, 2015年3月.
72)松原 央樹, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 繰り返し伸展刺激を受ける骨芽細胞の長期培養と経時的その場観察, 日本機械学会中国四国学生会第45 回学生員卒業研究発表講演会CD-ROM, 2015年3月.
73)吉田 章人, 浮田 浩行 : 線光源を用いたフォトメトリックステレオ法と2眼ステレオ法を組み合わせた3次元形状と色の推定, 動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2015, IS1-D2, 2015年3月.
74)造田 優貴, 浮田 浩行 : LEDパネルとカメラを用いたUAVの飛行制御, 動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2015, IS1-B6, 2015年3月.
75)山崎 有作, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : AndroidOSを用いた文字認識, 動的画像処理実利用化ワークショップ2015, No.IS2-A4, 2015年3月.
76)米谷 望, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理を用いたタイヤのひび割れ検出, 動的画像処理実利用化ワークショップ2015, No.IS2-A8, 2015年3月.
77)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による作業時休憩警告システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ2015, No.IS2-B5, 2015年3月.
78)村上 達郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 横断歩道における環境情報識別, 動的画像処理実利用化ワークショップ2015, No.IS2-D2, 2015年3月.
79)竹治 英司, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 出入り口付近の二つの計測線を用いた人数計測, 動的画像処理実利用化ワークショップ2015, No.IS2-D5, 2015年3月.
80)李 江, 日裏 健太郎, 安澤 幹人, 渕脇 雄介, 田中 正人 : 低侵襲型グルコースセンサの作製及びその特性評価, 電気化学会第82回大会, 2015年3月.
81)安澤 幹人, 大村 優矢, 日裏 健太郎, 李 江, 渕脇 雄介, 田中 正人 : セルロース水溶液を用いた酵素固定電極の作製, 第58回化学センサ研究発表会, 2015年3月.
82)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 尾方 裕一 : 時系列データ分析による端末利用予測システム, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 27-28, 2015年3月.
83)浮田 浩行, 田中 和樹 : 連続的なジェスチャ動作による移動ロボットの操作, 電気学会研究会資料(知覚情報・次世代産業システム合同研究会), 21-26, 2015年3月.
84)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するシアリダーゼの精製とその性状の解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
85)山崎 貴大, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : S. intermedius が保有するグリコシダーゼがインターメディリシン発現制御に果たす役割についての解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
86)森下 惇, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 小椋 義俊, 林 哲也, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : S. mitis におけるコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の分布とβ-ラクタム系薬剤耐性の関連性, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
87)眞屋 健太朗, 田端 厚之, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosus subsp. whileyi およびS. constellatus subsp. viborgensis が保有するβ溶血因子の特性解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)村上 達郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 監視カメラによる横断歩道における歩行者の行動解析, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-14-045, 7-11, 2014年4月.
2)竹治 英司, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 低解像度監視カメラによる人数計測, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-14-046, 13-18, 2014年4月.
3)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : Webカメラを用いた VDT作業者の疲労度計測, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-14-047, 19-24, 2014年4月.
4)日下 一也, 山田 洋平, 大西 舞, 塚越 雅幸, 安澤 幹人, 後藤 優樹, 森本 恵美, 芥川 正武, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 導入科目「プロジェクトマネジメント基礎」の実施と評価, 電気学会研究会資料 制御研究会, Vol.CT-14, No.15, 11-16, 2014年4月.
5)八木 香奈枝, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : 有線ネットワーク及び仮想化基盤設備の整備, 第26回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 74-75, 2014年8月.
6)内山 知, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, 藤澤 正一郎 : 薬効に基づく裁量医薬品組み合わせの決定, 電気学会研究会資料 知覚情報研究会, No.PI 14 056∼080 082∼093, 31-34, 2014年9月.
7)藤島 敬史, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, 藤澤 正一郎 : 振り子特急列車乗車時における酔いの予兆検出のための生体情報分析, 電気学会研究会資料 知覚情報研究会, No.PI 14 056∼080 082∼093, 113-116, 2014年9月.
8)関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学における学認利用申請システムの開発と運用, 第18回学術情報処理研究集会発表論文集, 51-56, 2014年9月.
9)日下 一也, 貴島 政親, 大西 舞, 森本 恵美, 塚越 雅幸, 安澤 幹人, 玉井 伸岳, 芥川 正武, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 導入科目「プロジェクトマネージメント基礎」における企画設計実習の取り組み, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14-87, 25-30, 2014年12月.
10)清山 幹弘, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和哉 : 横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-15-021, 5-8, 2015年3月.
11)小栁 修平, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理を用いたライフログ作成システム, 電気学会知覚情報・次世代産業システム合同研究会, No.IIS-15-044(PI-14-018), 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{83979}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1)Emi Morimoto, Koki Arai and others : Resources, Environment and Engineering II-Xie(Ed.) -Chapter4-, CRC Press Taylor & Francis, Dec. 2015.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Chikako Asada, Chizuru Sasaki, Takeshi Hirano and Yoshitoshi Nakamura : Chemical characteristics and enzymatic saccharification of lignocellulosic biomass treated using high-temperature saturated steam: Comparison of softwood and hardwood, Bioresource Technology, Vol.182, 245-250, 2015.
2)Ai Asakawa, Misato Kohara, Chizuru Sasaki, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Comparison of choline acetate ionic liquid pretreatment with variouspretreatments for enhancing the enzymatic saccharification ofsugarcane bagasse, Industrial Crops and Products, Vol.71, 147-152, 2015.
3)Shoma Maruyama, Hitoshi Takagi, Yoshitoshi Nakamura, Antonio Norio Nakagaito and Chizuru Sasaki : Influence of alkali treatment on mechanical properties of poly lactic acid bamboo fiber green composites, Advanced Materials Research, Vol.1110, 56-59, 2015.
4)Ming Cai, Hitoshi Takagi, Antonio Norio Nakagaito, Kazuya Kusaka, Masahiro Katoh and Yan Li : Influence of alkali concentration on morphology and tensile properties of abaca fibers, Advanced Materials Research, Vol.1110, 302-305, 2015.
5)浮田 浩行, 吉田 敦也, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 : 大学生主体の小中学生向けロボット教室「徳島ロボットプログラミングクラブ」における科学技術教育, 日本ロボット学会誌, Vol.33, No.3, 22-31, 2015年.
6)Yizhong Liu, Tian Song, Yiqi Zhuang, Takashi Shimamoto and Xiang Li : Compressed Sensing Signal Recovery via Creditability-Estimation Based Matching Pursuit, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E98-A, No.6, 1234-1243, 2015.
7)Keiji Miyata, Takao Ueda and Masayuki Tsukagoshi : Corrosion rate of steel in fly ash concrete containing chlorides, Advanced Materials Research, Vol.1110, 107-112, 2015.
8)Kenta Miura, Takao Ueda and Masayuki Tsukagoshi : Resistance performance of concrete using both blast furnace slag cement and fly ash against chloride attack and carbonation, Advanced Materials Research, Vol.1110, 271-276, 2015.
9)Z.Z. Wang, Yoshihiro Deguchi, J.J. Yan and J.P. Liu : Breakdown pattern of hydrocarbons by laser breakdown time-of-flight mass spectrometry, Spectroscopy Letters; an International Journal for Rapid Communication, Vol.48, No.9, 669-676, 2015.
10)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Method to Classify Matching Patterns between Music and Humans Mood Using EEG Analysis Technique Considering Personality, The Online Journal on Computer Science and Information Technology, OJCSIT, Vol.5, No.3, 341-345, 2015.
11)中山 一秀, 上田 隆雄, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 電気化学的補修適用後に表面保護を行ったコンクリート中の鉄筋防食効果に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.37, No.1, 943-948, 2015年.
12)甲把 浩基, 上田 隆雄, 大西 史哲, 塚越 雅幸 : HPFRCCによるASR膨張抑制効果に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.37, No.1, 1579-1584, 2015年.
13)杉本 理恵, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 表面仕上材料下のコンクリート中の鉄筋腐食速度, コンクリート工学年次論文集, Vol.37, No.1, 607-612, 2015年.
14)野並 優二, 塚越 雅幸, 上田 隆雄 : 近赤外分光法によるポリマーセメントモルタルの硫酸腐食評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.37, No.1, 1183-1188, 2015年.
15)Leu Jenq-Shiou, Hsu Kun-Che and Tian Song : Enhancing the Presence Service Efficiency of Internet Protocol Multimedia Subsystem-Based Web Services, Wireless Personal Communications, Vol.85, No.4, 2319-2331, 2015.
16)Wenjun Zhao, Takao Onoye and Tian Song : Hardware Architecture of the Fast Mode Decision Algorithm for H.265/HEVC, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E98.A, No.8, 1787-1795, 2015.
17)Atsushi Tabata, Ohkubo Yukihisa, Natsuki Anyhoji, Keiko Hojo, Toshifumi Tomoyasu, Youhei Tatematsu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Development of a Sortase A-mediated Peptide-labeled Liposome Applicable to Drug-delivery Systems, Anticancer Research, Vol.35, No.8, 4411-4417, 2015.
18)田中 和樹, 浮田 浩行 : 繰り返し動作を用いたジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.135, No.8, 944-953, 2015年.
19)宇野 宏司, 中野 晋, 金井 純子 : 大阪湾圏域下における福祉避難所の指定状況と南海トラフ地震対策に向けた課題, 自然災害科学, Vol.34, No.2, 129-142, 2015年.
20)Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi, Ning Zhang, Ryosuke Nakao, Taku Takagi and Jia-Zhong Zhang : Real-time 2D Concentration Measurement of CH4 in Oscillating Flames Using CT Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy, Journal of Applied Nonlinear Dynamics, Vol.4, No.3, 295-303, 2015.
21)Katsuya SATO, Yuki OGAWA, Shin-ichi Ito, Shoichiro Fujisawa and Kazuyuki MINAMI : Strain magnitude dependent intracellular calcium signaling response to uniaxial stretch in osteoblastic cells, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.10, No.3, 1-11, 2015.
22)Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito, Motohiro Seiyama, Kiyohito Takeuchi, Hiroshi Ogino and Shoichiro Fujisawa : Visibility of LED Blocks Mounted on Crosswalk Boundaries for low Visual Capacity, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.217, 512-517, 2015.
23)Shoichiro Fujisawa, Kyohei Hirono, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Osamu Sueda : Walking Characteristics of Persons with Visually Impairment Crossing Intersections with Audible Pedestrian Signals, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.217, 633-638, 2015.
24)Jiro Yonezaki, Maki Ikeda, Takuya Tsubaki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : Development of Augmentative and Alternative Communication Assessment Tools for Patients with ALS, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.217, 805-810, 2015.
25)Masayuki Booka, Ikuo Yoneda, Tsutomu Hashizume, Hokyoo Lee, Hidehisa Oku and Shoichiro Fujisawa : Effect of Pressure to Physical Workload at Operating a Manual Wheelchair, Studies in Health Technology and Informatics, Vol.217, 929-934, 2015.
26)Zhao Wenjun, Onoye Takao and Tian Song : Hierarchical structure based fast mode decision for H.265/HEVC, IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, Vol.25, No.10, 1651-1664, 2015.
27)Takao Ueda, Akira Nanasawa and Masayuki Tsukagoshi : Influence of electrochemical lithium penetration from various kinds of lithium solution on ASR expansion of concrete, Concrete Repair, Rehabilitation and Retrofitting IV, 31, 2015.
28)Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito, Motohiro Seiyama and Shoichiro Fujisawa : Emitting LED block at crosswalk entrance for visually impaired persons, Procedia Manufacturing, Vol.3, 3147-3151, 2015.
29)Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita : Design of Effective Chemistry Laboratory Class Based on Partnership among High School, University and Graduate School, IMPACT : International Journal of Research in Applied, Natural and Social Sciences, Vol.3, No.10, 121-124, 2015.
30)Xiantao Jiang, Tian Song, Takashi Shimamoto, Wen Shi and Lisheng Wang : Spatio-Temporal Prediction Based Algorithm for Parallel Improvement of HEVC, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E98-A, No.11, 2229-2237, 2015.
31)神本 崇博, 出口 祥啓, 髙木 琢, 木戸口 善行, 名田 譲 : CT半導体レーザ吸収法を用いた高温・高圧域における2次元温度分布計測の特性評価, 自動車技術会論文集, Vol.46, No.6, 1031-1037, 2015年.
32)Takahiro Kamimoto and Yoshihiro Deguchi : 2D Temperature Detection Characteristics of Engine Exhaust Gases Using CT Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy, International Journal of Mechanical Systems Engineering, Vol.1, 1-7, 2015.
33)七澤 章, 櫛田 淳二, 上田 隆雄, 塚越 雅幸 : 塩害とASRの複合劣化コンクリートに対するLiNO3溶液を用いた電気化学的補修の適用, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.15, 129-134, 2015年.
34)Mikito Yasuzawa, Yuya Omura, Kentaro Hiura, Jiang Li, Yusuke Fuchiwaki and Masato Tanaka : Fabrication of Amperometric Glucose Sensor Using Glucose Oxidase-Cellulose Nanofiber Aqueous Solution, Analytical Sciences, Vol.31, No.11, 1111-1114, 2015.
35)Xiantao Jiang, Tian Song, Takashi Shimamoto, Wen Shi and Lisheng Wang : High Efficiency CU Depth Prediction Algorithm for High Resolution Applications of HEVC, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E98-A, No.12, 2528-2536, 2015.
36)Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi and Y. Kiyota : High temperature field application of two dimensional temperature measurement technology using CT tunable laser absorption spectroscopy, Flow Measurement and Instrumentation, Vol.46, No.Part A, 51-57, 2015.
37)Yoshihiro Deguchi, Takahiro Kamimoto and Y. Kiyota : Time resolved 2D concentration and temperature measurement using CT tunable laser absorption spectroscopy, Flow Measurement and Instrumentation, Vol.46, No.Part B, 312-318, 2015.
38)Zhen Zhen Wang, Jun Jie Yan, Ji Ping Liu, Yoshihiro Deguchi, Shunpei Katsumori and Akihiro Ikutomo : Sensitive Cesium Measurement in Liquid Sample Using Low Pressure Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, Spectrochimica Acta. Part B: Atomic Spectroscopy, Vol.114, 74-80, 2015.
39)Stephen Githinji Karungaru, Daikoku Masayuki and Kenji Terada : Multi Cameras Based Indoors Human Action Recognition Using Fuzzy Rules, Journal of Pattern Recognition Research, Vol.10, No.1, 61-74, 2015.
40)Jiang Li, Kentaro Hiura, Mikito Yasuzawa and Yusuke Fuchiwaki : Fabrication of Low-Invasive Patch Glucose Sensors, ECS Transactions, Vol.69, No.37, 1-5, 2015.
41)Z. Wang, Yoshihiro Deguchi, S. Katsumori, A. Ikutomo, J. Yan, J. Liu, K. Tainaka, K. Tanno, H. Watanabe and R. Kurose : Improved Measurement Characteristics of Elemental Compositions Using Laser-Induced Breakdown Spectroscopy, Spectroscopy, Vol.31, No.1, 22-35, 2016.
42)Doo-Won Choi, Min-Gyu Jeon, Gyeong-Rae Cho, Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi and Deog-Hee Doh : Performance Improvements in Temperature Reconstructions of 2-D Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy (TDLAS), Journal of Thermal Science, Vol.25, No.1, 84-89, 2016.
43)稲垣 具志, 藤澤 正一郎, 高橋 和哉, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻野 弘 : 歩行実験に基づく視覚障害者の道路横断のための方向定位支援ツールの提案, 交通工学論文集, Vol.2, No.A, 166-173, 2016年.
44)金井 純子, 湯浅 恭史, 中野 晋, 渡辺 一也 : 要配慮者利用施設の初動対応・事業継続におけるタイムラインの必要性, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.71, No.2, I_47-I_54, 2016年.
45)金井 純子, 中野 晋, 照本 清峰 : 地方自治体職員の災害時応急業務の認識に関する分析, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.71, No.2, I_213-I_219, 2016年.
46)Takahiro Kamimoto, Yoshihiro Deguchi, Doo Won Choi and Joon Hwan Shim : VALIDATION OF THE REAL-TIME 2D TEMPERATURE MEASUREMENT METHOD USING THE CT TUNABLE DIODE LASER ABSORPTION SPECTROSCOPY, Heat Transfer Research, Vol.47, No.2, 193-202, 2016.
47)出口 祥啓 : 知的財産を用いた自主的創造力創出教育, 砥粒加工学会誌, Vol.60, No.2, 83-86, 2016年.
48)出口 祥啓, 神本 崇博, 髙木 琢, モハンマド サフェール アラム タハ : CT半導体レーザ吸収法の空間分解能及び精度評価, 自動車技術会論文集, Vol.47, No.2, 279-285, 2016年.
49)CHOI DOOWON, KIM KWANGNAM, CHO GYONGRAE, SHIM JOONHWAN, KIM DONGHYUK, 出口 祥啓, DOH DEOGHEE : Developments of a Cross-Correlation Calculation Algorithm for Gas Temperature Distributions Based on TDLAS, Transactions of the Korean Hydrogen and New Energy Society, Vol.27, No.1, 127-134, 2016年.
50)Chizuru Sasaki, Yusuke Yoshida, Chikako Asada and Yoshitoshi Nakamura : Total utilization of Japanese pear tree prunings: extraction of arbutin and production of bioethanol, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol.18, No.2, 385-392, 2016.
51)出口 祥啓 : レーザ誘起ブレークダウン法を用いた排ガス中の微量成分計測, 燃焼研究, Vol.58, No.184, 73-78, 2016年.
52)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : LED Panel Detection and Pattern Discrimination Using UAV's On-Board Camera for Autoflight Control, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, 295-303, 2016.
53)Kazuya Kusaka, Yutaka Maruoka and Tatsuya Matsue : Residual stress and bending strength of ZnO films deposited on polyimide sheet by RF sputtering system, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.34, No.3, 031507-1-031507-4, 2016.