検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 知能情報系 > 情報工学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 情報光システムコース > 情報工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 知能情報工学科 > 基礎情報工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 知能情報システム工学コース > 基礎情報工学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

人工知能 (Artificial Intelligence)
人工知能 (Artificial Intelligence)

研究テーマ

生物の進化適応に学ぶ工学システムの設計手法 (ソフトコンピューティング (soft computing), 機械学習 (machine learning), 強化学習 (reinforcement learning), 進化的学習 (evolutionary learning), ロボット学習 (robot learning), 自律エージェント (autonomous agents), マルチエージェントシステム (multi-agent systems), ロボカップ (RoboCup), データマイニング (data mining), 金融工学 (financial engineering))
生物の進化適応に学ぶ工学システムの設計手法 (ソフトコンピューティング (soft computing), 機械学習 (machine learning), 強化学習 (reinforcement learning), 進化的学習 (evolutionary learning), ロボット学習 (robot learning), 自律エージェント (autonomous agents), マルチエージェントシステム (multi-agent systems), ロボカップ (RoboCup), データマイニング (data mining), 金融工学 (financial engineering))

著書・論文

著書:

1. Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
"Gridifying" an Evolutionary Algorithm for Inference of Genetic Networks Using the Improved GOGA Framework and Its Performance Evaluation on OBI Grid, in A. Konagaya and K. Sato(Eds.): Grid Computing in Life Science: First International Life Science Grid Workshop, LSGRID 2004, Revised Selected and Invited Papers,
Springer Berlin / Heidelberg, Berlin, Apr. 2005.
2. Norihiko Ono and Yoshihiro Fukuta :
Learning Coordinated Behavior in a Continuous Environment, in G. Weiss (Ed.): Distributed Artificial Intelligence Meets Machine Learning: Learning in Multi-Agent Environments, pp.73-81,
Springer-Verlag, Berlin Heiderberg New York, May 1997.
3. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
A Modular Approach to Multi-agent Reinforcement Learning, in G. Weiss (Ed.): Distributed Artificial Intelligence Meets Machine Learning: Learning in Multi-Agent Environments, pp.25-39,
Springer-Verlag, Berlin Heiderberg New York, May 1997.
4. 小野 典彦, Adel Torkaman Rahmani :
マルチエージェントと協調計算Ⅱ(石田亨: 編) (「人工生物群による通信の自己組織化」分担執筆),
近代科学社, 東京, 1993年12月.
5. 小野 典彦 :
知識プログラミング(淵一博: 監修, 古川康一·溝口文雄: 共編 )(第3章「分散協調問題解決」分担執筆),
共立出版株式会社, 東京, 1988年9月.

学術論文(審査論文):

1. 沖 展彰, 小野 典彦, 永田 裕一 :
実制約付き車両配送問題に対する即時配送を考慮した動的配送計画システムの提案,
計測自動制御学会論文集, Vol.55, No.4, 313-323, 2019年.
2. 寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
全プロセスによる同一集団を維持したGA-EAXの並列化,
進化計算学会論文誌, Vol.8, No.3, 100-110, 2018年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.8.100,   CiNii: 130006668421)
3. 山吹 卓矢, 小野 典彦, 永田 裕一 :
同卓スケジューリング問題のモデル化とその動的スケジューリング,
計測自動制御学会論文集, Vol.54, No.3, 346-356, 2018年.
(DOI: 10.9746/sicetr.54.346)
4. 小野 功, 水口 尚亮, 中島 直敏, 小野 典彦, 中田 秀基, 松岡 聡, 関口 智嗣, 楯 真一 :
Ninf-1/Ninf-G を用いたNMR蛋白質立体構造決定のための遺伝アルゴリズムのグリッド化,
情報処理学会論文誌, Vol.46, No.SIG12, 396-406, 2005年.
(CiNii: 110002769855)
5. Hiroaki Imade, Ryohei Morishita, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
A Grid-Oriented Genetic Algorithm Framework for Bioinformatics,
New Generation Computing, Vol.22, No.2, 177-186, 2004.
(DOI: 10.1007/BF03040956,   CiNii: 80016602241,   Elsevier: Scopus)
6. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
Synthesizing Collective Intelligence: A Modular Reinforcement Learning Approach,
Proceedings of the 3rd France-Japan Congress & 1st Europe-Asia Congress on Mechatronics, 416-420, 1996.
7. Adel Rahmani Torkaman and Norihiko Ono :
Constrained Optimization with Genetic Algorithms: Channel Routing Case,
Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, Vol.11, No.3, 461-469, 1996.
8. Adel Torkaman Rahmani and Norihiko Ono :
A Genetic Algorithm for the Two-Dimensional General Guillotine Cutting Problem,
Special Issue on Soft Computing, Journal of Advanced Software Research, Vol.3, No.1, 66-70, 1996.
9. Kenji Onaga, Takahiro Takechi and Norihiko Ono :
On Design of Wavefront-Driven Algorithms for Processing Large-Scale Band-Limited Matrices on Rotary Arrays,
Journal of the Franklin Institute, Vol.326, No.1, 27-61, 1989.
10. Kenji Onaga, Qi-Wei Ge and Norihiko Ono :
On Optimizing the Initial Token Distribution for a Periodic Petri Net Firing Sequence with Prescribed Firing Numbers,
Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol.23, No.10, 1076-1083, 1987.
11. Norihiko Ono and Shigenobu Kobayashi :
A Parallel Object-Oriented Model for Monitoring Journal Editing Processes,
Control - Theory and Advanced Technology, Vol.2, No.3, 497-516, 1986.
12. 小野 典彦, 小林 重信 :
通信/同期機構をもつ分散型プロダクションシステムPo-PS,
情報処理学会誌, Vol.27, No.6, 592-600, 1986年.

総説・解説:

1. 小野 典彦 :
GAと人工生物の協調,
計測と制御, Vol.32, No.1, 69-75, 1993年1月.

国際会議:

1. Naotoshi Nakashima, Akimitsu Matsubara, Isao Ono, Norihiko Ono and Shin-ichi Tate :
A Genetic Algorithm Taking Account of Substructures for NMR Three-Dimensional Protein Structure Determination,
Proc. 2005 Congress on Evolutionary Computation (CEC2005), Edinburgh, Sep. 2005.
2. Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
An Evolutionary Algorithm for Inference of Genetic Networks on A Grid Computing Environment,
Proc. Fifth International Conference on Simulated Evolution And Learning (CD-ROM), 1-6, Busan, Oct. 2004.
3. Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
"Gridifying" A Parallel NSS-EA using The Improved GOGA Framework And Its Performance Evaluation on OBI Grid,
1st Int'l Workshop on Life Science Grid (LSGRID2004), 159-160, Kanazawa, May 2004.
4. Isao Ono, Yoshiaki Seike, Ryohei Morishita, Norihiko Ono, Masahiko Nakatsui and Masahiro Okamoto :
An Evolutionary Algorithm Taking Account of Mutual Interactions among Substances for Inference of Genetic Networks,
Proc. 2004 Congress on Evolutionary Computation (CEC2004), 2060-2067, 2004.
5. Hiroaki Imade, Ryohei Morishita, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
A Framework of Grid-Oriented Genetic Algorithms for Large-Scale Optimization in Bioinformatics,
Proc. 2003 Congress on Evolutionary Computation (CEC2003), 623-630, 2003.
6. Ryohei Morishita, Hiroaki Imade, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto :
Finding Multiple Solutions Based on An Evolutionary Algorithm for Inference of Genetic Networks by S-system,
Proc. 2003 Congress on Evolutionary Computation (CEC2003), 615-622, 2003.
7. Hiroshi Takeichi, Isao Ono and Norihiko Ono :
A Genetic Hill Climbing for Function Optimization Using A Neighborhood Based on Interaction among Parameters,
Proc. 2003 Congress on Evolutionary Computation (CEC2003), 1251-1258, 2003.
8. Isao Ono, Hiroshi Fujiki, Masaki Ootsuka, Naoto Nakashima, Norihiko Ono and Shin-ich Tate :
Global Optimization of Protein 3-Dimensional Structures in NMR by A Genetic Algorithm,
Proc. 2002 Congress on Evolutionary Computation, 303-308, Honolulu, May 2002.
9. Yorikazu Takao, Isao Ono and Norihiko Ono :
Constructing Approximation Models Based on Agent-Based Simulations by Genetic Algorithms,
Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications, 231-235, Yokosuka, Oct. 2001.
10. Isao Ono, Hiroshi Fujiki, Norihiko Ono and Shin-ichi Tate :
Determining Protein Structures by A Real-Coded Genetic Algorithm,
Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES'2001), 778-782, Osaka, Sep. 2001.
11. Isao Ono, Miyuki Takahashi and Norihiko Ono :
Evolving Neural Networks in Environments with Delayed Rewards by A Real-Coded GA using the Unimodal Normal Distribution Crossover,
Proc. 2000 Congress on Evolutionary Computation (CEC2000), 659-666, La Jolla, Jul. 2000.
12. Isao Ono, Tetsuo Nijo and Norihiko Ono :
A Genetic Algorithm for Automatically Designing Modular Reinforcement Learning Agents,
Proc. 2000 Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO2000), 203-210, Las Vegas, Jul. 2000.
13. Hiroshi Fujiki, Isao Ono and Norihiko Ono :
A Reinforcement Learning Scheme based on Decision Tree Representation of State Space and Its Genetic Acquisition,
Proceedings of 5th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 563-567, Beppu, Jan. 2000.
14. Tetsuo Nijo, Isao Ono and Norihiko Ono :
Evolution of Modular Structures for Multiple Reinforcement Learning Agents,
Proceedings of 5th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 576-579, Beppu, Jan. 2000.
15. Norihiko Ono and Shin-ichiro Yoshida :
Synthetic Collective Behavior by Multiple Reinforcement Learning Agents in Simulated Dodgeball Game,
Proceedings of 4th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 540-543, Beppu, Jan. 1999.
16. Norihiko Ono and Shin-ichiro Yoshida :
Synthesis of Coordinated Behavior in Simulated Dodgeball Games,
Proceedings of the International Conference on Intelligent Systems 5, 663-668, Sapporo, Jun. 1998.
17. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
Multi-agent Reinforcement Learning via Perception Decomposition,
Proceedings of EXPERSYS-97, 339-344, Sunderland, Oct. 1997.
18. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
Multi-agent Reinforcement Learning via Perception Decomposition,
Proceedings of EXPERSYS-97, 339-344, Sunderland, Oct. 1997.
19. Norihiko Ono and Shin-ichiro Yoshida :
Learning to Coordinate: The Simulated Dodgeball Cases,
Proceedings of EXPERSYS-97, 345-349, Sunderland, Oct. 1997.
20. Norihiko Ono :
Synthesis of Collective Behavior by Multiple Agents via Temporal and Structural Credit Assignments,
Proceedings of the 3rd European Workshop on Reinforcement Learning, Renne, Oct. 1997.
21. Norihiko Ono and Takuya Tsugawa :
A Genetic Algorithm for the Generic Crew Scheduling Problem,
G. D. Smith, N. C. Steele, and R. F. Albrecht (Eds.): Artificial Neural Nets and Genetic Algorithms: Proceedings of the International Conference, 270-274, Norwich, Apr. 1997.
22. Norihiko Ono and Yoshihiro Fukuta :
Learning to Coordinate in a Continuous Environment,
ICMAS'96 Workshop Notes on Learning, Interactions and Organizations in Multiagent Environment, Kyoto, Dec. 1996.
23. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
A Modular Approach to Multiagent Reinforcement Learning,
ICMAS'96 Workshop Notes on Learning, Interactions and Organizations in Multiagent Environment, Kyoto, Dec. 1996.
24. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
Multi-agent Reinforcement Learning: A Modular Approach,
Proceedings of the Second International Conference on Multi-agent Systems, 252-258, Kyoto, Dec. 1996.
25. Norihiko Ono, Osamu Ikeda and Kenji Fukumoto :
Acquisition of Coordinated Behavior by Modular Q-learning Agents,
Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, 1525-1529, Osaka, Nov. 1996.
26. Norihiko Ono and Kenji Fukumoto :
Learning to Coordinate: A Reinforcement Learning Approach,
A.Niki-Lari (Ed.): EXPERSYS-96: Expert Systems Applications & Artificial Intelligence: Proceedings of EXPERSYS-96, 297-302, Paris, Oct. 1996.
27. Norihiko Ono and Yoshihiro Fukuta :
Multiagent Reinforcement Learning in a Continuous Environment,
A.Niki-Lari (Ed.): EXPERSYS-96: Expert Systems Applications & Artificial Intelligence: Proceedings of EXPERSYS-96, 291-296, Paris, Oct. 1996.
28. Norihiko Ono and Minoru Morinaga :
Acquisition of Optimal Communication by Episode-Sharing Artificial Organisms,
A.Niki-Lari (Ed.): EXPERSYS-96: Expert Systems Applications & Artificial Intelligence: Proceedings of EXPERSYS-96, 285-290, Paris, Oct. 1996.
29. Norihiko Ono and Takuya Tsugawa :
A Genetic Approach to the Generic Crew Scheduling Problem,
A.Niki-Lari (Ed.): EXPERSYS-96: Expert Systems Applications & Artificial Intelligence: Proceedings of EXPERSYS-96, 279-284, Paris, Oct. 1996.
30. Norihiko Ono and Yoshihiro Fukuta :
A CMAC-based Reinforcement Learning Approach to the Multi-agent Block-Pushing Problem,
Proceedings of the 3rd France-Japan Congress & 1st Europe-Asia Congress on Mechatronics, Vol.1, 421-425, Besancon, Oct. 1996.
31. Norihiko Ono, Kenji Fukumoto and Osamu Ikeda :
Collective Behavior by Modular Reinforcement-Learning Animats,
P. Maes, M. Mataric, J.-A. Meyer, J. Pollack, and S. W. Wilson(Eds.): From Animals to Animats 4: Proceedings of the Fourth International Conference on Simulation of Adaptive Behavior, 618-624, Massachusetts, Sep. 1996.
32. Norihiko Ono, Osamu Ikeda and Adel Torkaman Rahmani :
Synthesis of Herding and Specialized Behavior by Modular Q-learning Animats,
Artificial Life V Pre-Proceedings, 26-30, Kyoto, May 1996.
33. Adel Torkaman Rahmani and Norihiko Ono :
An Evolutionary Approach to Two-Dimensional Guillotine Cutting Problem,
Proceedings of 1995 IEEE International Conference on Evolutionary Computing, Vol.1, 148-151, Perth, Nov. 1995.
34. Norihiko Ono, Osamu Ikeda and Adel Torkaman Rahmani :
Synthesis of Organizational Behavior by Modular Q-learning Agents,
Proceedings of the 1995 IEEE/Nagoya University World Wisepersons Workshop on Fuzzy Logic and Neural Networks/Evolutionary Computation, 76-80, Nagoya, Nov. 1995.
35. Norihiko Ono, Toru Ohira and Adel Torkaman Rahmani :
Evolution of Intraspecies Communication in Q-Learning Artificial Organisms,
Proceedings of the ISCA International Conference: Fourth Golden West Conference on Intelligent Systems, 102-105, California, Jun. 1995.
36. Norihiko Ono and Takuya Okamato :
An Artificial Immune Network and Its Self-Organizing Nature,
Proceedings of the ISCA International Conference: Fourth Golden West Conference on Intelligent Systems, 21-24, California, Jun. 1995.
37. Norihiko Ono, Toru Ohira and Adel Torkaman Rahmani :
Emergent Organization of Interspecies Communication in Q-Learning Artificial Organisms,
F. Moran, A. Moreno, J. J. Merelo and P. Chacon(Eds.): Advances in Artificial Life: Third European Conference on Artificial Life Proceedings, 396-405, Granada, Jun. 1995.
38. Adel Torkaman Rahmani and Norihiko Ono :
A Genetic Algorithm for the Two-Dimensional General Guillotine Cutting Problem,
Proceedings of ICYCS'95 Workshop on Soft Computing, 39-44, Beijing, Jun. 1995.
39. Norihiko Ono, Toru Ohira and Adel Torkaman Rahmani :
Emergent Organization of Communication in Symbiotic Artificial Organisms,
Proceedings of the Fourteenth IASTED International Conference on Modelling, Identification, and Control, 145-148, Innsbruck, Feb. 1995.
40. Norihiko Ono and Takuya Okamoto :
An Artificial Immune Network System and Its Simulated Behavior,
Proceedings of the Fourteenth IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, 137-140, Innsbruck, Feb. 1995.
41. Norihiko Ono, Toshihiro Kataoka and Adel Torkaman Rahmani :
Evolutionary Organization of Cooperative Strategies in Learning Classifier System Organisms,
Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Simulation and Identification,, 237-240, Wakayama, Sep. 1994.
42. Norihiko Ono, Toshihiro Kataoka and Adel Torkaman Rahmani :
Evolution of Communication in Learning Multiple Robots,
M. Jamshidi, C. C. Nguyen, R. Lumia, and J. Yuh (Eds.): Intelligent Automation and Soft Computing: Trends in Research, Development, and Applications: Proceedings of the 5th International Symposium on Robotics and Manufacturing, Vol.1, 497-504, Hawaii, Aug. 1993.
43. Adel Torkaman Rahmani and Norihiko Ono :
A Genetic Algorithm for Channel Routing Problem,
Proceedings of the Fifth International Conference on Genetic Algorithms, 494-498, Illinois, Jun. 1993.
44. Adel Torkaman Rahmani and Norihiko Ono :
Co-Evolution of Communication in Artificial Organisms,
Proceedings of the 12th International Workshop on Distributed Artificial Intelligence, 281-293, Pennsylvania, May 1993.
45. Norihiko Ono and Adel Torkaman Rahmani :
Self-Organization of Communication in Distributed Learning Classifier Systems,
R. F. Albrecht, C. R. Reeves, and N. C. Steele (Eds.): Artificial Neural Nets and Genetic Algorithms: Proceedings of International Conference on Artificial Neural Nets and Genetic Algorithms, 361-367, Innsbruck, Apr. 1993.
46. Sigeru Omatu, Norihiko Ono and Minoru Fukumi :
Development of Decision Support System for the Environmental and Energy Problem by the Simulation Game,
Proc. of IFAC/IFORS/IAEE International Symposium on Energy System Management and Economics, 403-408, Tokyo, Nov. 1989.
47. Sigeru Omatu, Norihiko Ono and Minoru Fukumi :
Development of Decision Support System for the Environmental and Energy Problem by the Simulation Game,
Proceedings of IFAC/IFORS/IAEE International Symposium on Energy System Management and Economics, 403-408, Tokyo, Oct. 1989.
48. Kenji Onaga, Yoshiki Fushimi and Norihiko Ono :
Wavefront Computations of Band-Limited Matrix Operations on a Torus Data-Driven Array: FEM-TORUS,
Proceedings of the 1988 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 329-332, Espoo, Jun. 1988.
49. Kenji Onaga, Qi-Wei Ge and Norihiko Ono :
Firing Activity and Well-Behavedness of Data-Flow Nets,
Proceedings of COMPSAC87, 707-713, Tokyo, Oct. 1987.
50. Shigenobu Kobayashi and Norihiko Ono :
A Distributed Problem Solving Approach to Asynchronous and Concurrent Processes,
Proceedings of the 7th International Conference on Multiple Criteria Decision Making, 20-29, Kyoto, Oct. 1987.
51. Qi-Wei Ge, Takenobu Tanida, Kenji Onaga and Norihiko Ono :
Construction of a T-Base and Design of a Periodic Firing Sequence of a Live and Bounded Petri Net,
Proceedings of the 25th Annual Allerton Conference on Communication, Control and Computing, 305-314, Illinois, Sep. 1987.

国内講演発表:

1. 石川 卓実, 永田 裕一, 小野 典彦 :
CMA-ESを用いたリカレントニューラルネットの構造と重みの同時最適化に関する実験的考察,
第46回知能システムシンポジウム資料, 2019年3月.
2. 川岸 成輝, 岡田 直也, 永田 裕一, 小野 典彦 :
モンテカルロ大貧民プレイヤの自己対戦を用いた良好な棋譜データの抽出とシミュレーション方策の学習,
第46回知能システムシンポジウム資料, 2019年3月.
3. 安部 昌俊, 永田 裕一, 小野 典彦 :
ゲーム木上の最善手に着目したシミュレーション方策の効果的な強化のための質の高い訓練データ生成手法の提案,
第31回自律分散システム・シンポジウム資料, 2019年1月.
4. 下村 亮太, 永田 裕一, 小野 典彦 :
共進化的なCMA-ESによる対戦型ゲーム戦略の学習,
第31回自律分散システム・シンポジウム資料, 2019年1月.
5. 永田 裕一, 今宮 明則, 小野 典彦 :
絵画的迷路生成問題に対する遺伝的アルゴリズムの開発と最長経路問題への適用,
2018進化計算シンポジウム, 2018年12月.
6. 下田平 真輝, 永田 裕一, 小野 典彦 :
構造進化型リカレントニューラルネットANS-TWEANNとその追跡問題への適用,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
7. 芳賀 俊秀, 永田 裕一, 小野 典彦 :
ボナンザメソッドによるシミュレーション方策の学習とそのモンテカルロ大貧民への応用,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
8. 富田 健市, 永田 裕一, 小野 典彦 :
共進化的ニッチング世代交代モデルによる対戦型ゲーム戦略の獲得,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
9. 横井 拓矢, 下村 亮太, 永田 裕一, 小野 典彦 :
進化型ニューラルネットへの適用を考慮したニッチングGAに関する実験的考察,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
10. 織田 雄大, 小野 典彦, 永田 裕一 :
車両配送問題における追加注文を考慮した配送計画システムの提案,
第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
11. 今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 :
MAを用いた絵画的迷路の自動生成,
第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
12. 山吹 卓也, 小野 典彦, 永田 裕一 :
同卓スケジューリング問題のモデル化とメタ戦略を用いた近似解法の開発,
第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
13. 田浦 拓, 小野 典彦, 永田 裕一 :
進化計算を用いた非球面カメラレンズ設計,
第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
14. 寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
差分データを用いた巡回セールスマン問題のための GA-EAX の効率的並列化,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
15. 西村 悠哉, 小野 典彦, 永田 裕一 :
解構造のシームレスな変異と集団の多様性維持に基づくリカレントニューラルネットの進化的設計,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
16. 今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 :
GA を用いた絵画的迷路の自動生成,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
17. 沖 展彰, 小野 典彦, 永田 裕一 :
実問題制約付き車両配送問題に対する配送計画システムの提案,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
18. 齋藤 誠, 小野 典彦, 永田 裕一 :
騙し構造をもつ最適化問題への 適用を考慮したニッチングGAの提案,
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016年12月.
19. 寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
大規模巡回セールスマン問題に対する交叉EAXを用いた遺伝的アルゴリズムの並列化,
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015, 2015年11月.
20. 西野 弘将, 小野 典彦, 永田 裕一 :
多親型子個体生成手法による型付き遺伝的プログラミングの提案,
計測自動制御学会 第42回知能システムシンポジウム資料, 2015年3月.
21. 堀田 駿仁, 西村 悠哉, 小野 典彦, 永田 裕一 :
構造と重みのシームレスな変異と解の多様性維持に基づく リカレントニューラルネットの進化的設計,
計測自動制御学会 第42回知能システムシンポジウム資料, 2015年3月.
22. 西野 弘将, 小野 典彦, 最上 義夫 :
PORTSに基づく遺伝的プログラミングに適した世代交代モデルに関する実験的考察,
計測自動制御学会 第41回知能システムシンポジウム資料, 2014年3月.
23. 堀田 駿仁, 小野 典彦, 最上 義夫 :
構造進化型リカレントニューラルネットのための世代交代モデルに関する実験的考察,
計測自動制御学会 第41回知能システムシンポジウム資料, 2014年3月.
24. 堀部 貴裕, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦, 茨木 康行 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 373-374, 2012年5月.
25. 小黒 和弘, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
Stochastic Real-Valuedユニットを用いた気温・湿度予測システムの構築,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 371-372, 2012年5月.
26. 神崎 裕太, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
不規則に動く障害物が存在する環境での自律移動システムの開発,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 173-174, 2012年5月.
27. 貝原 知明, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
実数値出力学習ユニットを用いた複数移動体の自律協調システム,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 171-172, 2012年5月.
28. 髙取 健二, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
自律学習ユニットを用いた被災者探索システムの開発,
第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, 230-231, 2011年11月.
29. 茨木 康行, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 野住 俊次 :
ニューラルネットワークを用いた株価短期変動レンジ予測システムの構築,
2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2011年11月.
30. 玉田 智昭, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 富田 晴彦 :
スイッチング非定常環境下での学習ユニットによる未知大域的最適解探索,
2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2011年11月.
31. 湯浅 竜一, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩, 上杉 浩貴 :
SRVユニットを用いた船舶自律航行システムの構築,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 455-456, 2011年5月.
32. 杉川 雅規, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩, 上杉 浩貴 :
気象統計情報に基づく日照時間予測システムの構築,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 453-454, 2011年5月.
33. 茨木 康行, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 大場 夏樹, 野住 俊次 :
ニューラルネットを利用した株価の短期変動予測,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 451-452, 2011年5月.
34. 玉田 智昭, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 岡田 浩樹, 富田 晴彦 :
スイッチング未知環境下での大域的最適解探索,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 403-404, 2011年5月.
35. 野住 俊次, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 大場 夏樹 :
ニューラルネットワークを用いた株売買予測とそれに基づく株自動売買システム,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
36. 富田 晴彦, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 岡田 浩樹 :
Stochastic Estimator型可変階層構造学習アルゴリズムの構築とその性能,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
37. 髙取 健二, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
自律移動体を用いた災害被災者探索システムの構築,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
38. 上杉 浩貴, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩 :
ノイズが存在する環境におけるStochastic Real-Valued Unitの特性,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
39. 大場 夏樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークによる株価変動の予測,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
40. 西谷 遼, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築と検証,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
41. 岡田 浩樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
未知関数の大域的最適解探索への連続動作学習オートマトンの適用,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
42. 宮道 昌浩, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
Stochastic Real-Valued ユニットを用いた複数移動体の自律移動システムの構築,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
43. 大場 夏樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株価の変動予測,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 631-632, 2009年5月.
44. 宮道 昌浩, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
Stochastic Real-Valued ユニットを用いた自律移動体による侵入者捕獲システム,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 497-498, 2009年5月.
45. 岡田 浩樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
連続動作学習オートマトンを用いた未知関数の大域的最適解探索,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 465-466, 2009年5月.
46. 赤峰 利幸, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
確率的学習に基づく移動体自律移動システム,
平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 321, 2008年9月.
47. 高畠 真大, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークによる株価予測システム,
平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 320, 2008年9月.
48. 島田 雄介, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
追跡型可変階層構造学習アルゴリズムの構築とその性能,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 567-568, 2008年5月.
49. 村田 耕一朗, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
確率的実数値出力学習ユニットを用いた移動体の自律移動システム,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 565-566, 2008年5月.
50. 西谷 遼, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 507-508, 2008年5月.
51. 井元 将之, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫 :
ノイズを含む観測値を用いた学習オートマトンによる大域的最適解探索,
平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 290, 2007年9月.
52. 井元 将之, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ノイズを含む観測値に基づく学習オートマトンによる大域的最適解探,
講演論文集, 717-718, 2007年5月.
53. 赤峰 利幸, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 下村 隆夫 :
実数値出力強化学習ユニットを用いた移動体の自律移動システム,
講演論文集, 681-682, 2007年5月.
54. 松田 信弘, 三好 雄一, 和田 純, 小野 典彦, 最上 義夫 :
環境の非マルコフ性を考慮した自律エージェントの遺伝的プログラミング手法に関する実験的考察,
第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2007年5月.
55. 筒井 直機, 馬島 勇太, 松田 信弘, 小野 典彦, 最上 義夫 :
遺伝的プログラミングによる自律エージェント設計のための世代交代モデルに関する実験的考察,
第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2007年5月.
56. 山内 学, 津守 拓也, 鎌田 雅之, 山口 一彰, 小野 典彦, 最上 義夫 :
対戦型ゲーム戦略の共進化的設計に関する実験的考察,
第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2007年5月.
57. 古屋 直樹, 岩佐 孝典, 小野 典彦, 最上 義夫 :
リカレントニューラルネットの構造と重みの進化的設計のための世代交代モデルに関する実験的考察,
第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2007年5月.
58. 高畠 真大, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ニューラルネットワークを活用した株価予測システム,
講演論文集, 637-638, 2007年5月.
59. 工藤 典子, 吉木 厚志, 橋 勇人, 山口 一彰, 小野 典彦 :
対戦型ゲーム戦略の創発的設計のための共進化型世代交代モデル,
第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 53-54, 2006年5月.
60. 馬島 勇太, 松田 信弘, 小野 典彦 :
遺伝的プログラミングによる対戦型ゲーム戦略の創発的設計に関する実験的考察,
第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 49-50, 2006年5月.
61. 石本 匡哉, 古屋 直樹, 小野 典彦 :
解集団の多様性を考慮したリカレントニューラルネットの進化的設計のための世代交代モデル,
第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 55-56, 2006年5月.
62. 清水 雅也, 三好 雄一, 小野 典彦 :
マルチエージェント探索に基づく創発的な関数最適化に関する実験的考察,
第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 23-24, 2006年5月.
63. 清家 嘉昭, 小野 典彦, 小野 功, 中津井 雅彦, 岡本 正宏 :
ネットワーク構造のシンプルさを考慮した進化アルゴリズムに基づく遺伝子ネットワーク推定,
計測自動制御学会第33回知能システムシンポジウム資料, 2006年3月.
64. 清家 嘉昭, 小野 典彦, 小野 功, 岡本 正宏 :
遺伝子ネットワーク推定のための進化アルゴリズムにおける初期集団生成法の提案,
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2005講演論文集, 2005年11月.
65. 鎌田 雅之, 橋 勇人, 小野 典彦, 小野 功 :
対戦型ゲーム戦略の共進化的設計のための世代交代モデルに関する実験的考察,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 157-158, 2005年5月.
66. 山口 一彰, 橋 勇人, 小野 典彦, 小野 功 :
共進化型世代交代モデルに基づく対戦型ゲーム戦略の創発的設計,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 155-156, 2005年5月.
67. 松田 信弘, 多畑 祐輝, 小野 典彦, 小野 功 :
解構造の爆発的増大を考慮した遺伝的プログラミングに関する実験的考察,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 135-136, 2005年5月.
68. 二宮 達児, 清水 雅也, 小野 典彦, 小野 功 :
進化戦略に基づくマルチエージェント系の政策設計に関する実験的考察,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 133-134, 2005年5月.

その他・研究会:

1. 矢和田 高大, 小野 典彦, 小野 功, 中島 義裕, 佐藤 浩, 森 直樹, 松井 啓之, 喜多 一 :
仮想先物市場U-Martシステムの拡張,
計測自動制御学会第38回システム工学部会研究会資料, 71-76, 2006年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 競争的環境への応用を考慮した共進化型マルチエージェント強化学習手法 (研究課題/領域番号: 16500081 )
  • 進化型ニューラルネットによるマルチエージェント強化学習手法 (研究課題/領域番号: 14580421 )
  • 状態空間の自動的な圧縮表現に基づくマルチエージェント強化学習手法 (研究課題/領域番号: 12680387 )
  • 自律エージェント群による協調行動の自己組織化に関する基礎研究 (研究課題/領域番号: 10680384 )
  • 創発的適応・学習に関する理論とその応用 (研究課題/領域番号: 07243101 )
  • 人工生命的接近法によるマルチエージェントシステムの自己組織化 (研究課題/領域番号: 07680402 )
  • 部分属性マッチを可能にする多属性キ-検索手法の関発と文書検索システムへの応用 (研究課題/領域番号: 07558273 )
  • 知識システム群の協調メカニズムに関する基礎研究 (研究課題/領域番号: 04218218 )
  • 知識システム群の協調メカニズムに関する基礎研究 (研究課題/領域番号: 03234220 )
  • 知識システム群の協調メカニズムに関する基礎研究 (研究課題/領域番号: 02248215 )
  • 並列・分散プロセスにおける協調メカニズムの基礎研究 (研究課題/領域番号: 01550289 )
  • 研究者番号(60194594)による検索