検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

微生物学 (Microbiology), 生物有機化学 (Bioorganic Chemistry), 生物環境工学 (Environmental Bioengineering)

研究テーマ

高機能性第四アンモニウム塩系殺菌剤の分子設計, 第四アンモニウム塩系殺菌剤に対する微生物応答, 高機能性環境調和型殺菌剤の開発, 殺菌剤の微生物分解, 殺菌剤の細胞毒性, 光化学反応による活性酸素の生成機構とその生理活性, 大腸菌O-157の制御と免疫学的研究 (微生物制御, 殺菌 (sterilization), 殺菌剤, 耐性菌, 生分解, 毒素学, 免疫学, 遺伝学 (genetics))

著書・論文

著書:

1. 高麗 寛紀 :
カビ対策マニュアル(分担),
文部科学省, 東京, 2008年10月.
2. 高麗 寛紀 :
食品工学ハンドブック(分担),
朝倉書店, 東京, 2006年1月.
3. 高麗 寛紀 :
表面·界面工学大系 下巻 応用編(分担),
株式会社 テクノシステム, 東京, 2005年11月.
4. 高麗 寛紀 :
生物工学ハンドブック(分担),
株式会社 コロナ社, 東京, 2005年3月.
5. 高麗 寛紀 :
防菌·防黴剤の開発と展望(分担),
株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年3月.
6. 高麗 寛紀 :
微生物制御·科学と工学(分担),
株式会社 講談社, 東京, 2002年11月.
7. 高麗 寛紀 :
機能性フィラー総覧(分担),
テクノネット社, 千葉, 2000年11月.
8. 高麗 寛紀 :
わかりやすい殺菌·抗菌の基礎知識(分担),
株式会社 オーム社, 東京, 2000年6月.
9. 高麗 寛紀 :
有害微生物管理技術(分担),
株式会社 フジ·テクノシステム, 東京, 2000年5月.
10. 高麗 寛紀 :
誰でもわかる抗菌の基礎知識(分担),
テクノシステム, 東京, 1999年8月.
11. 高麗 寛紀 :
新しい暮らしの流れ(分担),
甲南女子大学 現代生活研究会, 神戸, 1999年3月.
12. 高麗 寛紀 :
光触媒の応用と抗菌ビジネス全容(分担),
株式会社 大阪ケミカルマーティングセンター, 大阪, 1999年1月.
13. 高麗 寛紀 :
防菌防黴剤原体事典(分担),
日本防菌防黴学会, 大阪, 1998年1月.
14. 高麗 寛紀 :
抗菌のすべて(分担),
繊維社, 大阪, 1997年1月.
15. Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto, Mitsuo Miyashita and Hiroki Kourai :
Behaviour of Escherichia coli under high pressure,
Elsevier, Nov. 1996.
16. Hiroki Kourai, Takuya Maeda, Emiko Matsutani, Osamu Sakuta and Kiyo Nakagawa :
Sporicidal Action of 4,4'-(1,6-Hexamethylenedioxydicarbonyl)bis(1-alkylpyridinium iodide)s,
DECHEMA, Hamburg, Sep. 1996.
17. 高麗 寛紀 :
抗菌·防黴剤の使用技術と抗菌力試験·評価(分担),
株式会社 技術情報協会, 東京, 1996年1月.
18. 高麗 寛紀 :
人にやさしい繊維と加工(分担),
繊維社, 大阪, 1995年1月.
19. 高麗 寛紀 :
環境微生物制御技術者の手引(分担),
技報堂出版 株式会社, 東京, 1993年1月.
20. 高麗 寛紀 :
食品工場における微生物コントロールテクノロジー講座No.III 冷殺菌 技術(分担),
株式会社 日刊工業新聞社, 東京, 1993年1月.
21. 高麗 寛紀 :
防菌防黴剤の技術と市場(分担),
株式会社 シーエムシー出版, 東京, 1989年4月.
22. 高麗 寛紀 :
抗菌防臭(分担),
繊維社, 大阪, 1989年1月.

学術論文(審査論文):

1. Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Ayu Murakami, Takashi Amoh, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Evaluation of the effectiveness of the potent bis-quaternary ammonium compound, 4,4'-( , -hexametylenedithio) bis (1-octylpyridinium bromide) (4DTBP-6,8) on Pseudomonas aeruginosa.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.122, No.4, 893-899, 2017.
(DOI: 10.1111/jam.13392,   PubMed: 28035713)
2. Akihiro Shirai, Shoko Ueta, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa :
Action of reactive oxygen species in the antifungal mechanism of gemini-pyridinium salts against yeast,
Biocontrol Science, Vol.17, No.2, 77-82, 2012.
(DOI: 10.4265/bio.17.77,   PubMed: 22790843,   CiNii: 10030826450)
3. Hisashi Ohkuni, Hideaki Nagamune, Nana Ozaki, Atsushi Tabata, Yuko Todome, Yukino Watanabe, Hidemi Takahashi, Kazuto Ohkura, Hiroki Kourai, Hiromi Ohtsuka, Vincent A. Fischetti and John B. Zabriskie :
Characterization of recombinant Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor,
APMIS, Vol.120, No.1, 56-71, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0463.2011.02813.x,   PubMed: 22151309)
4. 白井 昭博, 久保山 泰典, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ATP測定法を利用したアカントアメーバの栄養体およびシストの定量評価と抗アメーバ性試験法の確立,
防菌防黴誌, Vol.38, No.10, 651-660, 2010年.
(CiNii: 10026732709)
5. Hirokazu Miyoshi, Hideki Ohno, Keisuke Sakai, Naho Okamura and Hiroki Kourai :
Characterization and photochemical and antibacterial properties of highly stable silver nanoparticles prepared on montmorillonite clay in n-hexanol,
Journal of Colloid and Interface Science, Vol.345, No.2, 433-441, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jcis.2010.01.034,   PubMed: 20172529)
6. 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム化合物を担持させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発,
防菌防黴誌, Vol.38, No.3, 133-142, 2010年.
(CiNii: 10026327124)
7. Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Konaka Rumi, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai :
Mutational upregulation of a resistance-nodulation-cell division-type multidrug efflux pump, SdeAB, upon exposure to a biocide, cetylpyridinium chloride, and antibiotic resistance in Serratia marcescens,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.53, No.12, 5230-5235, 2009.
(DOI: 10.1128/AAC.00631-09,   PubMed: 19752278)
8. Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Mayuko Kurimoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
The mode of the antifungal activity of gemini-pyridinium salt against yeast,
Biocontrol Science, Vol.14, No.1, 13-20, 2009.
(DOI: 10.4265/bio.14.13,   PubMed: 19344094)
9. 白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性,
防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年.
(CiNii: 10024288308)
10. 板東 一宏, 河野 充憲, 黒田 康文, 草刈 眞一, 山崎 基嘉, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
トマトロックウール栽培における銀担持光触媒を利用した殺菌装置の殺菌効果と収量,品質,培養液無機成分濃度に及ぼす影響,
園芸学研究, Vol.7, No.2, 309-315, 2008年.
(DOI: 10.2503/hrj.7.309,   CiNii: 110006649723)
11. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Motoaki Ohkita, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antibacterial activity and characteristics of modified ferrite powder coated with a gemini pyridinium salt molecule,
Biocontrol Science, Vol.12, No.3, 83-91, 2007.
(DOI: 10.4265/bio.12.83,   PubMed: 17927048,   CiNii: 10019858615)
12. Kanji Fujimoto, Daiki Morisaki, Munehiro Yoshida, Tetsuto Namba, Kim Hye-Sook, Yusuke Wataya, Hiroki Kourai, Hiroki Kakuta and Kenji Sasaki :
Antimalarial effect of bis-pyridinium salts,N.N'-hexamethylenebis(4-carbamoyl-1-alkylpyridinium bromide),
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.16, No.10, 2758-2760, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2006.02.030,   PubMed: 16524728)
13. Tomoko Sumitomo, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Construction of a leftover bath water model for microbial testing,
Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 107-114, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.107,   PubMed: 17017128)
14. Tomoko Sumitomo, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Correlation between the Bacterioclastic Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound and Outer Membrane Proteins,
Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 115-124, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.115,   PubMed: 17017129,   CiNii: 10018251759)
15. Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Munehiro Yoshida, Tomoyo Kaimura, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Synthesis and biological properties of gemini quaternary ammonium compounds,5,5'-[2,2'-(α,ω-polymethylnedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide) and 5,5'- [2,2'-(ρ-phenylenedicarbonyldioxy)diethyl] bis(3-alkyl-4-methylthiazolium bromide),
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.5, 639-645, 2006.
(DOI: 10.1248/cpb.54.639,   PubMed: 16651758)
16. Hiroki Kourai, Tadao Yabuhara, Akihiro Shirai, Takuya Maeda and Hideaki Nagamune :
Syntheses and antimicrobial activities of series of new bis-quaternary ammonium compounds,
European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.41, No.4, 437-444, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ejmech.2005.10.021,   PubMed: 16517025)
17. 住友 倫子, 幸坂 葵, 中 秀雄, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
繊維製品の抗真菌性試験,
防菌防黴誌, Vol.34, No.3, 141-147, 2006年.
18. Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Mari Mayama, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antifungal characteristics of N,N'-hexamethylenebis (4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide),
Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 37-42, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.37,   PubMed: 16637437,   CiNii: 10017316677)
19. Ryoko Buma, Takuya Maeda, Masaharu Kamei and Hiroki Kourai :
Pathogenic Bacteria Carried by Companion Animals and Their Susceptibility to Antibacterial Agents,
Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 1-9, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.1,   PubMed: 16637433,   CiNii: 10017316545)
20. Takuya Maeda, Shingo Tanaka, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Characterization and Protein Analysis of Escherichia coli Resistant to a Quaternary Ammonium Compound,
Biocontrol Science, Vol.10, No.4, 139-145, 2005.
(DOI: 10.4265/bio.10.139,   CiNii: 10017087139,   Elsevier: Scopus)
21. Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius,
Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
(PubMed: 16034212)
22. Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Bridge-linked bis-quaternary ammonium anti-microbial agents: relationship between cytotoxicity and anti-bacterial activity of 5,5'-[2,2'-(tetramethylenedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazonium iodide)s,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.7, 2579-2587, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2005.01.030,   PubMed: 15755659)
23. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai :
Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ,
European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005.
(DOI: 10.1016/j.ejmech.2004.09.015,   PubMed: 15642416)
24. Tadao Yabuhara, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of a Novel Biocide,4,4'-(1,6-Dioxyhexamethylene)bis-(1-alkylpyridinium halide),
Biocontrol Science, Vol.9, No.4, 95-103, 2004.
(DOI: 10.4265/bio.9.95,   CiNii: 10014368670,   Elsevier: Scopus)
25. Zhou Fei, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial characteristics of novel biocides, 1,1'-(decanedioyl)bis(4-methyl-4-alkylpiperadinium iodide)s with a gemini structure,
Biocontrol Science, Vol.9, No.3, 61-67, 2004.
(DOI: 10.4265/bio.9.61,   CiNii: 10013724681,   Elsevier: Scopus)
26. Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Kazunori Umezu, Hidekatsu Shouji and Hiroki Kourai :
A cell membrane modification technique using domain 4 of intermedilysin for immunotherapy against cancer,
Anticancer Research, Vol.24, No.5, 3367-3372, 2004.
(PubMed: 15515433)
27. Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Structural analysis of human specific cytolysin intermedilysin aiming application to cancer immunotherapy,
Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3343-3354, 2004.
(PubMed: 15515430)
28. Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein.,
Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
(PubMed: 15383705,   CiNii: 10013604640)
29. Ryoko Buma, Takuya Maeda, Yuko Marutaka, Masaharu Kamei, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Vectorial capacity of larvae pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 0157:H7 and the possibility of transmission from source to human,
Medical Entomology and Zoology, Vol.55, No.2, 95-106, 2004.
(DOI: 10.7601/mez.55.95)
30. Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Bacterioclastic Action of a Bis-Quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli,
Biocontrol Science, Vol.9, No.1,2, 1-9, 2004.
(DOI: 10.4265/bio.9.1,   CiNii: 130001639550)
31. Fei Zhou, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of Novel Antimicrobial Agent,1,4-Dialky-1,4-dihydroxyethylpiperadinium Diiodides Immobilized on Inorganic Materials,
Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 167-175, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.167,   CiNii: 10011872178,   Elsevier: Scopus)
32. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Azumi Yoshinari, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antimicrobial characteristics of bis-quaternary ammonium compounds possessing a p-phenylene group in their spacer chains,
Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 151--157, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.151,   CiNii: 10011872134,   Elsevier: Scopus)
33. Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Kinetic Analysis of the Bactericidal Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli,
Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 145-149, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.145,   CiNii: 10011872118,   Elsevier: Scopus)
34. Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Correlation between resistance of Pseudomonas aeruginosa to quaternary ammonium compounds and expression of outer membrane protein OprR,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.7, 2093-2099, 2003.
(DOI: 10.1128/AAC.47.7.2093-2099.2003,   PubMed: 12821452)
35. Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Keiko Yamamoto, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Analysis of Structural Features of Bis-Quaternary Ammonium Antimicrobial Agents 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio)bis(1-alkylpyridinium Iodide)s Using Computational Simulation,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.11, No.23, 5035-5043, 2003.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2003.08.027,   PubMed: 14604666)
36. 白井 昭博, 佐久間 貴子, 青木 美保, 三好 弘一, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の殺菌作用機構,
防菌防黴誌, Vol.31, No.4, 173-181, 2003年.
(CiNii: 80015877240)
37. Daxin Zhang, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Bactericidal Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound against Vegetative Cells and Spores of Bacillus subtilis,
Biocontrol Science, Vol.8, No.3, 101-110, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.101,   CiNii: 130001639624,   Elsevier: Scopus)
38. Norihisa Yasui, Terumi Mori, Daisuke Morito, Osamu Matsushita, Hiroki Kourai, Kazuhiro Nagata and Takaki Koide :
Dual-site recognition of different extracellular matrix components by anti-angiogenic/neurotrohic serpin, PEDF,
Biochemistry, Vol.42, No.11, 3160-3167, 2003.
(DOI: 10.1021/bi0206558,   PubMed: 12641447)
39. Kimiko Kuroiwa, Haruyuki Nakayama, Tomomi Kuwahara, Kazuhiko Tamagawa, Kanako Hattori, Kazuya Murakami, Hiroki Kourai and Yoshinari Ohnishi :
Augmenting effect of acetic acid for acidification on bactericidal activity of hypochlorite solution,
Letters in Applied Microbiology, Vol.36, No.1, 46-49, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1472-765X.2003.01261.x,   PubMed: 12485341,   CiNii: 80016018711)
40. Atsushi Tabata, Daxin Zhang, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Microbial Contamination in Home Laundry Operations in Japan,
Biocontrol Science, Vol.8, No.1, 9-18, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.9,   CiNii: 130001639654)
41. Atsushi Tabata, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
The Properties of Bacterial Adaptation to Mono-and Bis-Quaternary Ammonium Compounds,
Biocontrol Science, Vol.8, No.1, 37-42, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.37,   CiNii: 130001639653)
42. Atsushi Tabata, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Characterization of Pseudomonas aeruginosa Resistant to a Quaternary Ammonium Compound,
Biocontrol Science, Vol.7, No.3, 147-153, 2002.
(DOI: 10.4265/bio.7.147,   CiNii: 10010255693)
43. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial characteristics of 4,4',4''-(1,2,3-propylene trithio)tris(1-alkylpyridinium iodide)s,
Biocontrol Science, Vol.7, No.2, 55-61, 2002.
44. Takatsugu Goto, Hideaki Nagamune, Aiko Miyazaki, Yoshiaki Kawamura, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Kazuaki Miyamoto, Shigeru Akimoto, Takayuki Ezaki, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Rapid identification of Streptococcus intermedius by PCR with the ily gene as a species marker gene,
Journal of Medical Microbiology, Vol.51, No.2, 178-186, 2002.
(PubMed: 11863269)
45. Hirokazu Miyoshi, Asaka Tanabe, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Visible Light-Induced Bactericidal Species Generated From Silver-Loaded Hydrogen Zirconium Phosphate Active Against Escherichia coli K12,
Biocontrol Science, Vol.6, No.2, 69-74, 2001.
(DOI: 10.4265/bio.6.69,   Elsevier: Scopus)
46. Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Kensei Kunikata, Hiroshi Tsuchiya, Tetsuto Namba and Hiroki Kourai :
Synthesis of 4,4'-(Tetramethylenedicarbonyldiamino)bis(1-decylpyridinium bromide) and Its Antimicrobial and Deodorant Characteristics,
Biocontrol Science, Vol.6, No.2, 75-80, 2001.
(DOI: 10.4265/bio.6.75,   Elsevier: Scopus)
47. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Masayo Ito, Genji Kawano and Hiroki Kourai :
Control of Legionella species and host amoeba by bis-quaternary ammonium compounds,
Biocontrol Science, Vol.5, No.2, 97-102, 2000.
48. Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Kensei Kunikata, Hiroshi Tsuchiya, Tetsuto Namba and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of N,N'-Hexamethylenebis(4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide),
Biocontrol Science, Vol.5, No.2, 65-71, 2000.
49. 武間 亮香, 丸高 ゆう子, 前田 拓也, 亀井 正治, 高麗 寛紀 :
病原性細菌を保有するイエバエ(Musca domestica)と感染症伝播の関連性,
防菌防黴誌, Vol.28, No.9, 553-559, 2000年.
50. Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Kazuto Ohkura, Keiko Yamamoto and Hiroki Kourai :
Evaluation of the cytotoxic effects of bis-quaternary ammonium antimicrobial reagents on human cells,
Toxicology In Vitro, Vol.14, No.2, 139-147, 2000.
(DOI: 10.1016/S0887-2333(00)00003-5,   PubMed: 10793292,   CiNii: 80011783602,   Elsevier: Scopus)
51. Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Takatsugu Goto, Yasuko Inai, Takuya Maeda, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai :
Distribution of the intermedilysin gene among the anginosus group streptococci and correlation between intermedilysin production and deep-seated infection with Streptococcus intermedius,
Journal of Clinical Microbiology, Vol.38, No.1, 220-226, 2000.
(PubMed: 10618091,   Elsevier: Scopus)
52. Ryoko Buma, Hiroko Sanada, Takuya Maeda, Masaharu Kamei and Hiroki Kourai :
Isolation and Characterization of Pathogens Including Escherichia coli O157:H7 from Flies Collected in Dairy Farm Field,
Medical Entomology and Zoology, Vol.50, No.4, 313-321, 1999.
53. 今井 茂雄, 久野 裕明, 前田 拓也, 山田 剛, 高麗 寛紀 :
銀添加セラミックスの抗菌作用機構,
無機マテリアル, Vol.6, No.11, 451-456, 1999年.
54. Takuya Maeda, Munehiro Yoshida, Yuki Manabe, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of 5,5'-[2,2'- (Tetramethylenedicarbonyldioxy) diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide)s,
Biocontrol Science, Vol.4, No.2, 75-81, 1999.
55. Takuya Maeda, Yuki Manabe, Masashi Yamamoto, Munehiro Yoshida, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of Novel Biocides, 4,4'-(1,6-Hexamethylenedioxy dicarbonyl)bis(1-alkylpyridinium iodide)s,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.7, 1020-1023, 1999.
56. Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and Bactericidal Characteristics of N-Alkyl-2-benz ylaminopyridinium Iodides,
Biocontrol Science, Vol.4, No.1, 17-22, 1999.
57. Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Yuki Manabe and Hiroki Kourai :
Bactericidal Action of 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio) bis(1-alkylpyridinium iodide)s,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.21, No.10, 1057-1061, 1998.
58. Takuya Yumura, Katsuyuki Tsunano, Katsuhiro Tamura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Response of Bacillus subtilis and Klebsiella pneumoniae to high pressure,
The Review of High Pressure Science and Technology, Vol.7, 1330-1332, 1998.
(DOI: 10.4131/jshpreview.7.1330)
59. Hirokazu Miyoshi, Hiroki Kourai and Takuya Maeda :
Light-induced Formation of 2,5-Dihydroxy-p-benzoquinone from Hydroquinone in Photoirradiated Silver-loaded Zirconium Phosphate Suspension,
Journal of the Chemical Society. Faraday Transactions, Vol.94, No.2, 283-287, 1998.
60. Hirokazu Miyoshi, Masamitsu Ieyasu, Yoshino Tomio and Hiroki Kourai :
Photochemical property and surface characterization of silver-loaded zirconium phosphate,
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, Vol.112, No.2-3, 239-244, 1998.
61. Hirokazu Miyoshi, Hiroki Kourai, Takuya Maeda and Yoshino Tomio :
Role of Cl- adsorbed on silver-loaded zirconium phosphate for the photooxidation of OH- to OH,
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, Vol.113, No.3, 243-250, 1998.
62. Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Yuki Manabe and Hiroki Kourai :
Synthesis and Antimicrobial Characteristics of 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio) bis(1-alkylpyridinium iodide)s,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.12, 1970-1974, 1997.
63. Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Ayako Katsuura, Yasuki Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura :
Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess in "Streptococci and The Host",
Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, 773-775, 1997.
64. Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antibacterial Characteristics of N-Alkyl-2-alkylthiopyridinium and N-Alkyl-4-alkylthiopyridinium Salts,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.43, No.5, 251-260, 1997.
(Elsevier: Scopus)
65. Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial characteristics of N-alkyl-4-allythiopyridinium bromides,
Biocontrol Science, Vol.2, No.1, 39-42, 1997.
66. Kiyo Okazaki, Yuki Manabe, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Quantitative structure-activity relationship of antibacterial dodecylpyridinium iodide derivatives,
Biocontrol Science, Vol.1, No.1, 51-59, 1996.
67. Takuya Maeda, Seiko Goto, Yuki Manabe, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Bactericidal action of N-alkylcyanopyridinium bromides against Escherichia coli K12 W3110,
Biocontrol Science, Vol.1, No.1, 41-49, 1996.
68. Hiroki Kourai, Yuki Manabe, Emiko Matsutani, Yuichi Hasegawa and Kiyo Nakagawa :
Antimicrobial Activities of Alkylallyldimethylammonium Iodides and Alkylallyldiethylammonium Iodides,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.23, No.5, 271-280, 1995.
69. Hiroki Kourai, Yuichi Hasegawa and Kaori Wada :
Bactericidal Characteristics of N-Alkyl-4-butenylpyridinium Bromide,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.22, No.11, 653-661, 1994.
70. Hiroki Kourai, Yuki Manabe and Yukio Yamada :
Mode of Bactericidal Action of Zirconium Phosphate Ceramics Containing Silver Ions in the Crystal Structure,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.22, No.10, 595-601, 1994.
71. Hiroki Kourai, Kazumi Oda, Hironori Takechi and Kiyo Nakagawa :
The Antimicrobial Characteristics of Poly [dimethyliminio (polymethylene) chloride]s,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.22, No.9, 519-530, 1994.
72. Hiroki Kourai, Yuichi Hasegawa, Seiko Goto and Kiyo Nakagawa :
Bacterioclastic Action of Dodecylpyridinium Iodide against Escherichia coli K12W3110,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.22, No.8, 461-468, 1994.
73. 高麗 寛紀, 中河 貴世, 山田 幸生 :
結晶中に銀イオンを担持したリン酸ジルコニウムセラミックスの抗菌特性,
防菌防黴誌, Vol.21, No.2, 77-84, 1993年.
74. Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto and Hiroki Kourai :
Hydrophobicity of the cell surface and drug susceptibility of Escherichia coli cultivated at high pressures up to 30 Mpa,
BIOTECHNOLOGY LETTERS, Vol.15, No.12, 1189-1194, 1993.
75. Katsuhiro Tamura, Tatsuya Shimizu and Hiroki Kourai :
Effect of ethanol on the growth and elongation of Escherichia coli under high pressures up to 40 Mpa,
FEMS Microbiology Letters, Vol.99, No.2-3, 321-324, 1992.
76. 田村 勝弘, 清水 達也, 高麗 寛紀, 金品 昌志 :
大腸菌の生育と伸長に対するエタノ-ルの圧力拮抗,
麻酔と蘇生, Vol.28, No.2, 143-147, 1992年.
77. 高麗 寛紀, 中河 貴世 :
固定化界面活性剤の殺菌機構(第1報), ガラス繊維表面に固定化した両性界面活性剤及びカチオン界面活性剤の合成とその殺菌特性,
防菌防黴誌, Vol.19, No.2, 53-59, 1991年.
78. 田村 勝弘, 三木 康正, 清水 達也, 高麗 寛紀 :
大腸菌の生育に及ぼす 400 bar までの圧力とエタノ-ルの影響,
Chem. Express, Vol.6, No.3, 165-168, 1991年.
79. Katsuhiro Tamura, Toshio Watanabe and Hiroki Kourai :
Pressure enhancement of alcohol tolerance of yeast on alcohol fermentation: Application of pressure reversal of anesthesia,
Chem. Express, Vol.6, No.2, 105-108, 1991.
80. Hiroki Kourai, Hironori Takechi, Kaori Muramatsu and Isao Shibasaki :
The Antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Parts XIV, --- Relationship between Hydrophobicity of Bacterial Cell Surface and Drug-Susceptibility to Alkylpyridinium Iodides ---,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.17, No.3, 119-128, 1989.
81. 高麗 寛紀, 中河 貴世 :
抗菌防臭加工繊維製品の抗菌力評価法,
防菌防黴誌, Vol.16, No.2, 49-57, 1988年.
82. Tokunaru Horie, Masao Tsukayama, Hiroki Kourai, Yoshikazu Nakayama and Mitsuru Nakayama :
Studies of the Selective O-Alkylation and Demalkylation of Flavonoids. VIII. Synthesis Pedaliin,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.34, No.1, 30-35, 1986.
83. Hiroki Kourai, Hironori Takechi, Masayoshi Kume, Kazutaka Takeichi and Isao Shibasaki :
The antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Part XII Antimicrobial Characteristics of N,N'-Dialkyl-γ,γ'-dipyridinium Diiodides,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.14, No.2, 55-63, 1986.
84. Kenichi Yoshikawa, Teruyuki Omochi, Yasuhiro Matsubara and Hiroki Kourai :
A POSSIBILITY TO RECOGNIZE CHIRALITY BY AN EXCITABLE ARTIFICAL LIQUID MENBRANE,
Biophysical Chemistry, Vol.24, 111-119, 1986.
85. 高麗 寛紀, 久米 勝嘉, 武知 博憲, 大鶴 芳積, 大泉 満, 芝崎 勲 :
第四アンモニウム塩の抗菌特性(第13報) ヨウ化N-アルキル-5-ヒドロキシエチル-4-メチルチアゾリウムの抗菌性,
防菌防黴誌, Vol.14, No.9, 435-442, 1986年.
86. Tokunaru Horie, Masao Tsukayama, Hiroki Kourai, Chieko Yokoyama, Masayuki Furukawa, Tanihiro Yoshimoto, Shozo Yamamoto, Shigekatsu Watanabe-Kohno and Katsuya Ohata :
Syntheses of 5,6,7- and 5,7,8-Trioxygenated 3',4'-Dihydroxyflavones Having Alkoxy Groups and Their Inhibitory Activities against Arachidonate 5-Lipoxygenase,
Journal of Medicinal Chemistry, Vol.29, No.11, 2256-2262, 1986.
87. Hiroki Kourai, Hironori Takechi, Tokunaru Horie, Nobuichi Uchiwa, Kazutaka Takeichi and Isao Shibasaki :
The Antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Part X, Antimicrobial Characteristics and a Mode of Action of N-Alkylpyridinium Iodides against Escherichia coli K12,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.13, No.1, 3-10, 1985.
88. 堀江 徳愛, 高麗 寛紀, 津嘉山 正夫, 増村 光雄, 中山 充 :
フラボノイドの選択的O-アルキル化及び脱アルキル化反応に関する研究(第7報)5,6,7-三置換フラボン類の部分脱アルキル化反応及びPectolinarigeninとその同族体の合成,
薬学雑誌, Vol.105, No.3, 232-239, 1985年.
89. Hiroki Kourai, Hironori Takechi, Tokunaru Horie, Kazutaka Takeichi and Isao Shibasaki :
The Antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Part XI Quantitative structure-activity Relation of antimicrobial N-Lauryl-pyridinium Iodides,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.13, No.6, 245-253, 1985.
90. Yoshihiro Nakagawa, Takahiro Tawaratani, Hiroki Kourai, Tokunaru Horie and Isao Shibasaki :
Adsorption of Escherichia coli onto Insolubilized Lauryl Pyridinium Iodide and Its Bacterostatic Action,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.47, No.1, 88-93, 1984.
91. Yoshihiro Nakagawa, Hiroyuki Hayashi, Takahiro Tawaratani, Hiroki Kourai, Tokunaru Horie and Isao Shibasaki :
Disinfection of Water with Quaternary Ammonium Salts Insolubilized on a Porous Glass Surface,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.47, No.3, 513-518, 1984.
92. 高麗 寛紀, 内輪 進一, 堀江 徳愛 :
放線菌の産生する溶菌酵素(第2報), Streptomyces sindenensis KU-1の産生する溶菌酵素の精製, 性質および抗生物質の殺菌作用におよぼす相乗効果,
防菌防黴誌, Vol.12, No.7, 335-344, 1984年.
93. Yoshihiro Nakagawa, Toshihiro Tsukasaki, Takahiro Tawaratani, Hiroki Kourai, Tokunaru Horie and Isao Shibasaki :
Antimicrobial Characteristics of Quaternized Insoluble Vinylpyridine-Divinylbenzene-Styrene Copolymers in a Continuous Treatment System,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.12, No.7, 329-334, 1984.
94. Hiroki Kourai, Fusaichi Machikawa, Kyoko Tateishi, Tokunaru Horie and Kazutaka Takeichi :
The antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Part IX, --- Quantitative Structure-Activity Correlation Antimicrobial Activity and Hydrophobicity of N-Alkylpyridinium Iodide Derivatives ---,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.11, No.10, 553-562, 1983.
95. 高麗 寛紀, 町川 房市, 堀江 徳愛, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
第四アンモニウム塩の抗菌力と疎水性との定量的構造活性相関,
防菌防黴誌, Vol.11, No.7, 401-408, 1983年.
96. Hiroki Kourai, Fusaichi Machikawa, Tokunaru Horie, Kazutaka Takeichi and Isao Shibasaki :
The antimicrobial Characteristics of Quaternary Ammonium Salts Part VI, --- Quantitative Relation between Antimicrobial Activity and Absorbability of N-Octylpyridinium Iodide on Escherichia coli K12 ---,
Journal of Antibacterial and Antifungal Agents, Japan, Vol.11, No.2, 51-54, 1983.
97. Tokunaru Horie, Hiroki Kourai and Nobuhisa Fujita :
Studies of the Selective O-alkylation and Dealkylation of Flavonoids. VI. Demethylation of 8-Hydroxy-5,7-dimethoxyfalvones with Anhydrous Aluminum Chloride or Bromide in Acetonitrile,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.56, No.12, 3773-3780, 1983.
98. 堀江 徳愛, 高麗 寛紀, 大阪 秀明 :
4',5,6,8-テトラメトメトキシフラボンの脱メチル反応,
日本化学会誌, Vol.1982, No.7, 1270-1272, 1982年.
99. Yoshihiro Nakagawa, Yasuhiro Yamano, Takehiko Tawaratani, Hiroki Kourai and Isao Shibasaki :
Antimicrobial Characteristic of Insoluble Alkylpyridinium Iodide,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.43, No.5, 1041-1050, 1982.
100. Tokunaru Horie, Hiroki Kourai, Hideaki Osaka and Mitsuru Nakayama :
Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. V. The Synthesis of 5,6-Dihyroxy-3, 4', 8-trimethoxyflavone and a Revised Structure for the Flavone from Conyza Stricta,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.55, 2933-2936, 1982.
101. 高麗 寛紀, 堀江 徳愛, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
N-p-クロロフェニルグリシル-D,L-アラニンとN-p-クロロフェニルグリシル-L-ロイシンの抗菌性,
防菌防黴誌, Vol.8, No.12, 517-525, 1980年.
102. 堀江 徳愛, 高麗 寛紀, 中山 充, 増村 光雄 :
5,6-ジヒドロキシ-7,8-ジメキシフラボン類および5,6,7-トリヒドロキシ-8-メトキシフラボン類の合成法,
日本化学会誌, Vol.1980, No.9, 1397-1403, 1980年.
103. 高麗 寛紀, 佐藤 利夫, 堀江 徳愛, 武市 一孝 :
第四アンモニウム塩の抗菌性,
防菌防黴誌, Vol.8, No.6, 233-239, 1980年.
104. 高麗 寛紀, 佐藤 利夫, 堀江 徳愛, 武市 一孝 :
第四アンモニウム塩のアルキル鎖長とその抗菌特性,
防菌防黴誌, Vol.8, No.5, 191-199, 1980年.
105. 内輪 進一, 高麗 寛紀, 福井 公明, 武市 一孝 :
放線菌の産生する溶菌酵素, 第1報 Streptomyces sindenensis KU-1の分離, 同定および培養条件,
防菌防黴誌, Vol.6, No.5, 199-207, 1978年.
106. 高麗 寛紀, 佐藤 利夫, 内輪 進一, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
第四アンモニウム塩の抗菌特性,
防菌防黴誌, Vol.6, No.3, 109-116, 1978年.
107. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
アミノ酸誘導体の抗菌性(第1報),
防菌防黴誌, Vol.5, No.2, 49-58, 1978年.
108. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
トリフェニル錫フェノキサイドおよびトリアルキルゲルマニウムフェノキサイドの抗菌性,
防菌防黴誌, Vol.4, No.5, 199-208, 1976年.
109. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
トリプロピル錫クロライドの微生物分解,
防菌防黴誌, Vol.4, No.1, 2-8, 1976年.
110. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
有機金属化合物の抗菌機作,
防菌防黴誌, Vol.2, No.5, 189-194, 1974年.
111. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
(3-トリアルキル錫)プロピルトリメチルアンモニウムアイオダイドの抗菌機作,
醗酵工学雑誌, Vol.51, No.11, 832-839, 1973年.
112. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
トリアルキル錫クロライド類のポーラログラフィーと抗菌性,
醗酵工学雑誌, Vol.51, No.11, 825-831, 1973年.
113. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
トリフェニル錫アセテートおよびトリプロピル錫フェニルエーテルの抗菌機作,
醗酵工学雑誌, Vol.51, No.3, 197-204, 1973年.
(CiNii: 110002856293)
114. 薮原 義郎, 高麗 寛紀, 武市 一孝 :
四級アンモニウム塩の抗菌性(第2報), --- N—アルキルニコチンアミドヨウ化物の抗菌性について ---,
醗酵工学雑誌, Vol.50, No.2, 86-92, 1972年.
115. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 芝崎 勲 :
有機金属化合物の抗菌性,(第4報), --- トリプロピル錫およびトリブチル錫イソカルボン酸エステルの抗菌性について ---,
醗酵工学雑誌, Vol.50, No.2, 79-85, 1972年.
116. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 岡崎 光雄, 江夏 敏郎, 芝崎 勲 :
有機金属化合物の抗菌性,(第3報), --- トリフェニル鉛アセテートとラウリルトリメチルアンモニウムブロマイドの相乗機作について ---,
発酵工学雑誌, Vol.50, No.1, 34-40, 1972年.
117. 高麗 寛紀, 武市 一孝, 岡崎 光雄, 江夏 敏郎, 芝崎 勲 :
有機金属化合物の抗菌性,(第2報), --- トリフェニル鉛アセテートおよびトリプロピル錫アセテートの抗菌スペクトルならびに抗菌機作について ---,
発酵工学会誌, Vol.49, No.1, 47-52, 1971年.
118. 高麗 寛紀, 武市 一孝 :
四級アンモニウム塩の抗菌性について,
醗酵工学雑誌, Vol.48, No.10, 635-640, 1970年.
119. 高麗 寛紀, 武市 一孝 :
トリフェニル鉛イソカルボン酸エステルの抗菌性について,
発酵工学会誌, Vol.47, No.10, 603-609, 1969年.
(CiNii: 110002855240)

学術論文(紀要・その他):

1. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
LED総合フォーラム2012 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 81-82, 2012年.
2. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
LED総合フォーラム2011 in 徳島 論文集, Vol.P-11, 93-94, 2011年.
3. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果,
LED総合フォーラム論文集, No.P-6, 75-76, 2010年.
4. Takuya Maeda, Kazuki Yoshiura, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai :
Novel antimicrobial agents, immobilized 1-alkyl-1'-(ω-hydroxypolymethylene)-4,4'-dipyridinium dibromides on inorganic materials,
Proceedings of the 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance Evaluation and Application, Vol.2, 649-654, 1999.

学術レター:

1. Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius,
Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 262-266, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ics.2005.11.021,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 高麗 寛紀 :
わかりやすい抗菌剤の基礎③ 新規抗菌剤の開発動向と抗菌剤の将来性,
防菌防黴誌, Vol.38, No.1, 43-51, 2010年1月.
2. 高麗 寛紀 :
わかりやすい抗菌剤の基礎② 抗菌剤の種類と特性,
防菌防黴誌, Vol.37, No.12, 883-891, 2009年12月.
3. 高麗 寛紀 :
わかりやすい抗菌剤の基礎① 抗菌剤を使用するにあたっての基礎知識,
防菌防黴誌, Vol.37, No.11, 821-828, 2009年11月.
4. 高麗 寛紀 :
繊維用抗かび剤の概要,
加工技術, Vol.44, No.9, 541-546, 2009年9月.
(CiNii: 40016721839)
5. 高麗 寛紀 :
抗かび加工繊維製品の抗かび効果評価方法のJIS化とISO化に向けて,
加工技術, Vol.44, No.8, 477-482, 2009年8月.
(CiNii: 40016721829)
6. 高麗 寛紀 :
抗かび加工繊維製品認証に向けて,
加工技術, Vol.44, No.7, 413, 2009年7月.
7. Hiroki Kourai :
Weaving a safer future, --- Antibacterial textiles ---,
ISO Focus, Vol.6, No.2, 28-30, Feb. 2009.
8. 高麗 寛紀 :
抗カビ剤と抗カビ製品の今日,
かびと生活, Vol.1, No.4, 8-11, 2009年1月.
(CiNii: 40017254019)
9. 高麗 寛紀 :
国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その4:菌液吸収法(Absorption method) ---,
加工技術, Vol.43, No.3, 210-213, 2008年3月.
10. 高麗 寛紀 :
国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その3:転写法(Transfer method) ---,
加工技術, Vol.43, No.2, 139-142, 2008年2月.
11. 高麗 寛紀 :
国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その2:菌転写法(Printing method) ---,
加工技術, Vol.42, No.12, 745-748, 2007年12月.
12. 高麗 寛紀 :
国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その1:発光法による微生物内ATP量の測定 ---,
加工技術, Vol.42, No.11, 681-684, 2007年11月.
13. 高麗 寛紀 :
国際規格ISO20743として制定「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験」,
染織経済新聞, Vol.8, No.2415, 19-23, 2007年8月.
14. Shouji Suzuki, Shigeo Imai and Hiroki Kourai :
Background and Evidence Leading to the Establishment of the JIS Standard for Antimicrobial Products,
Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 135-145, Sep. 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.135,   PubMed: 17017132,   CiNii: 10018251809)
15. 高麗 寛紀 :
光触媒抗菌について,
防菌防黴誌, Vol.34, No.9, 577-584, 2006年9月.
16. 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の分子設計と抗菌特性,
オレオサイエンス, Vol.6, No.5, 247-255, 2006年5月.
17. 高麗 寛紀 :
食品工場における環境汚染微生物制御のための抗菌剤の開発動向と抗菌特性,
日本食品微生物学会雑誌, Vol.23, No.1, 13-20, 2006年4月.
18. 前田 拓也, 住友 倫子, 高麗 寛紀 :
食品衛生と界面活性剤4, --- 界面活性剤の殺菌·抗菌作用 ---,
防菌防黴誌, Vol.33, No.10, 550-560, 2005年10月.
19. 高麗 寛紀 :
殺菌剤の定量的構造活性相関手法を用いた基礎的研究および実用化に関する研究,
防菌防黴誌, Vol.33, No.6, 273-285, 2005年5月.
20. 高麗 寛紀 :
JABEE試行審査を受けてⅡ,
生物工学会誌, Vol.82, No.6, 253-256, 2004年12月.
(CiNii: 110002913247)
21. 高麗 寛紀 :
JABEE生物工学関連分野の試行審査を受けて,
バイオサイエンスとインダストリー, Vol.62, No.7, 47, 2004年7月.
22. 高麗 寛紀 :
光触媒と繊維への応用,
加工技術, Vol.39, No.5, 285-290, 2004年5月.
23. 高麗 寛紀 :
銀担持アクリル繊維を含む光活性機能紙を用いた衛生マスクの開発,
機能紙研究会誌, Vol.42, 71-77, 2003年11月.
24. 高麗 寛紀 :
バイオサイドの今後の方向性,
木材保存, Vol.29, No.4, 137-142, 2003年8月.
25. 高麗 寛紀 :
抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法·JIS1902のISO国際標準化に向けて,
加工技術, Vol.38, No.5, 321-324, 2003年5月.
26. 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
細菌の第四アンモニウム塩系薬剤耐性化と新規薬剤,
バイオサイエンスとインダストリー, Vol.61, No.2, 103-106, 2003年2月.
27. 高麗 寛紀 :
環境に優しい殺菌剤について,
食品機械装置, Vol.38, No.12, 52-60, 2001年12月.
28. 高麗 寛紀 :
抗菌加工,
表面科学, Vol.22, No.10, 663-670, 2001年10月.
29. 高麗 寛紀 :
抗菌防臭·制菌加工薬剤,
加工技術, Vol.36, No.9, 543-552, 2001年1月.
30. 高麗 寛紀 :
抗菌グッズのメカニズム,
医薬雑誌, Vol.28, No.11, 1291-1295, 2000年1月.
31. 高麗 寛紀, 前田 拓也 :
環境調和型殺菌剤の開発とその作用,
生物工学会誌, Vol.77, No.6, 228-232, 1999年6月.
32. 高麗 寛紀 :
無機系抗菌剤の開発の現状と将来,
無機マテリアル, Vol.6, No.11, 428-436, 1999年1月.
33. 高麗 寛紀 :
繊維製品の抗菌·防臭·消臭加工の基本的な考え方と今後の研究開発のあり方,
染色工業, Vol.46, No.4, 150-158, 1998年1月.
34. 高麗 寛紀 :
微生物制御,
繊維機械学会誌, Vol.16, No.1, 1-7, 1998年1月.
35. 高麗 寛紀 :
抗菌加工の基本的考え方と将来展望,
防菌防黴誌, Vol.26, No.10, 571-575, 1998年1月.
36. 高麗 寛紀 :
抗菌性繊維の新テスト方法,
繊維製品消費科学, Vol.39, No.10, 628-635, 1998年1月.
37. 西原 力, 高麗 寛紀 :
防菌防黴剤事典-原体編-の活用方法,
防菌防黴誌, Vol.26, No.11, 639-646, 1998年1月.
38. 高麗 寛紀 :
最初に知っておきたい微生物の基礎知識,
工業材料, Vol.45, No.8, 26-31, 1997年1月.
39. 高麗 寛紀 :
化学薬剤による製造環境殺菌技術の基礎,
環境管理技術, Vol.15, No.4, 188-198, 1997年1月.
40. 高麗 寛紀 :
抗菌商品,
健康教室, Vol.48, No.9, 112-115, 1997年1月.
41. 高麗 寛紀 :
繊維製品の防菌防黴技術,
化学工業, Vol.48, No.11, 856-866, 1997年1月.
42. 高麗 寛紀 :
無機系抗菌剤開発の現状,
防菌防黴誌, Vol.24, No.7, 509-515, 1996年1月.
43. 高麗 寛紀 :
抗菌剤の特性と作用メカニズム,
セラミックス, Vol.31, No.7, 576-583, 1996年1月.
44. 高麗 寛紀, 中島 照夫 :
チアベンダゾールの防黴特性と安全性,
防菌防黴誌, Vol.24, No.11, 767-769, 1996年1月.
45. 高麗 寛紀 :
防菌防黴剤応用講座·分野別使用例の現状と展望-繊維用防菌防黴剤-,
防菌防黴誌, Vol.23, No.1, 27-34, 1995年1月.
46. 高麗 寛紀 :
ピリジニウム型新規殺菌剤の開発研究,
カルテック, No.25, 29-32, 1994年7月.
47. 高麗 寛紀 :
MRSAと抗菌防臭,
染色研究, Vol.38, No.1, 1-9, 1994年1月.
48. 高麗 寛紀 :
くらしと微生物「カット野菜」,
防菌防黴誌, Vol.22, No.12, 764-765, 1994年1月.
49. 高麗 寛紀 :
MRSAと抗菌防臭,
加工技術, Vol.28, No.4, 210-212, 1993年1月.
50. 高麗 寛紀 :
望ましい地球環境における微生物とヒト-新環境微生物制御技術-固定化殺菌剤,
防菌防黴誌, Vol.21, No.6, 331-337, 1993年1月.
51. 野々村 俊夫, 高麗 寛紀, 濵 紹昭, 樺山 峰明 :
やまもも,菜の花及びカット野菜における鮮度保持システムの開発(第2報),
徳島県立工業技術センター研究報告, Vol.1, 33-37, 1992年1月.
52. 高麗 寛紀 :
四国地域のバイオ産業振興の最近のあゆみ,
バイオサイエントとインダストリー, Vol.50, No.11, 42-43, 1992年1月.
53. 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩の殺菌作用機構とその薬剤分子設計 その2,
化学素材研究開発振興財団研究報告, Vol.7, 129-135, 1992年1月.
54. 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩の殺菌作用機構とその薬剤分子設計,
化学素材研究開発振興財団研究報告, Vol.6, 55-61, 1991年1月.
55. 高麗 寛紀 :
固定化殺菌剤,
化学と生物, Vol.26, No.12, 834-841, 1988年1月.
56. 高麗 寛紀 :
殺菌剤の現状と将来,
防菌防黴誌, Vol.13, No.6, 261-269, 1985年1月.
57. 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩の抗菌特性,
防菌防黴誌, Vol.12, No.8, 391-400, 1984年1月.

国際会議:

1. Akihiro Shirai, Ohtsu Yuki and Hiroki Kourai :
Synergistic antimicrobial activity of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light generated by a light-emitting diode,
II International Conference on Antimicrobial Research, 98, Lisbon, Nov. 2012.
2. Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
Synthesis and biological properties of novel anionic surfactant, potassium acetate salt of (5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole)s,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), No.04-ORGN-1613, 139, Honolulu, Dec. 2010.
3. Toshiyuki Endoh, Kanae Sakaguchi, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Development of new antimicrobial agents: synthesis and biological properties of hybrid-type quaternary ammonium salts as a safe antimicrobial agent,
The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-13, 72, Taoyuan, Nov. 2010.
4. Akihiro Shirai, Yuki Ohtsu, Yasunori Kuboyama, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa :
Water disinfection system based on the combined use of gemini-quaternary ammonium salt and ultraviolet (A)-light emitting diode,
The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-17, 74, Taoyuan, Nov. 2010.
5. Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Shou Nashino, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial properties of novel anionic heterocyclic surfactant derivatives of 5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole,
42nd IUPAC Congress: Chemistry Solutions, Vol.P206_018, Glasgow, Aug. 2009.
6. Takuya Maeda, Ryoko Buma, Masaharu Kamei, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
Pathogenic Bacteria Carried by Houseflies and The Possibility of Transmission from Source to Human,
Second Bangladesh-Japan Joint International Conference of Microbiology and Food Hygiene, 31-34, Nara, Dec. 2006.
7. Tomoko Sumitomo and Hiroki Kourai :
Bacterioclastic Action of a Gemini-Quaternary Ammonium Compound,
Membrane Stress Biotechnology Symposium, Sep. 2006.
8. Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius,
XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005.
9. Hideaki Nagamune, Hisashi Ohkuni, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor secreted by an isolate from a Kawasaki disease patient is a unique member of cholesterol-dependent cytolysin,
The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
10. Hideaki Nagamune, Takatsugu Goto, Robert A. Whiley, Takuya Maeda, Yasuko Inai, Ohki Ohnishi, Kazuto Ohkura, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai :
Structural and epidemiological characterization of a human-specific cytolysin, intermedilysin: A potentially significant virulence factor in Streptococcus intermedius infections,
XIV Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "Streptococci and Streptococcal Diseases"(D. R. Martin, J. R. Tagg, eds.), 737-740, Auckland, Sep. 2000.
11. Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Kanako Hattori, Ohki Ohnishi, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Hiroki Kourai and Hideaki Nagamune :
Structural Analysis of a Human Specific Cytolysin Intermedilysin from Streptococcus intermedius UNS46,
18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Birmingham, UK, Jul. 2000.
12. Hideaki Nagamune, Ohki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Hideaki Tsuge, Katsuhiko Hirota, Nobuhiko Katunuma, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Human-Specific Cell Lysis by Intermedilysin, an Exotoxin of Streptococcus intermedius,
18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Birminghan, UK, Jul. 2000.
13. Takuya Maeda, Naoya Okamoto, Fei Zhou and Hiroki Kourai :
Novel Antimicrobial Agents, Immobilized 1,4-Dialkyl-1,4-dihydroxyethylpiperadinium Diiodides on Inorganic Materials,
Proceedings of the 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance Evaluation and Application, Vol.2, 644-648, Tokushima, Nov. 1999.
14. Hideaki Nagamune, Takatsugu Goto, Robert A. Whiley, Takuya Maeda, Yasuko Inai, Ohki Ohnishi, Kazuto Ohkura, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai :
Structural and Epidemiological Characterization of a Human-Specific Cytolysin, Intermedilysin: A Potentially Significant Virulence Factor in Streptococcus intermedius Infections,
14th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Auckland, NZ, Oct. 1999.
15. Hideaki Nagamune, Chikako Ohnishi, Ayako Katsuura, Yasunori Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura :
Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess,
XIII Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "Streptococci and The Host"(T. Horaud, A. Bouvet, R. Leclercq, H. de Montclos, M. Sicard, eds.): Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, 773-775, Paris, Sep. 1997.
16. Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto, MItsuo Miyashita and Hiroki Kourai :
Behavior of Escherichia coli under high pressure,
International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 1995.

国内講演発表:

1. 白井 昭博, 坂口 香苗, 間世田 英明, 高麗 寛紀, 大政 健史 :
ハイブリッド型第四アンモニウム塩の抗菌特性と安全性,
日本化学会第91春季年会, No.1B5-56, 41, 2011年3月.
2. 久保山 泰典, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
栄養体およびシストアメーバに対する抗アメーバ性試験法とその評価法の確立,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.2PP-17, 215, 2010年9月.
3. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA-LED照射による殺菌相乗効果,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PP-19, 110, 2010年9月.
4. 白井 昭博, 庄野 知明, 布本 泰子, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規チアゾール系抗菌剤の合成とその抗菌特性,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PA-07, 58, 2010年9月.
5. 白井 昭博, 伊藤 優花, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム化合物を吸着させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発,
日本化学会第90春季年会(2010), No.1G7-03, 95, 2010年3月.
6. 布本 泰子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規アニオン性界面活性剤の開発,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
7. 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成と抗菌特性,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
8. 白井 昭博, 谷村 賢一, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
徐放性を付与したポリマー型固定化殺菌剤の構築,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
9. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の最適構造の検討,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
10. 白井 昭博, 大徳 桃子, 大平 匡彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
対称・非対称型ジェミニ新規抗菌剤の合成と抗菌機能,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
11. 白井 昭博, 冨脇 真理, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
抗菌タイマー機能を付与したジェミニ型第四アンモニウム塩の構築,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
12. 田端 厚之, 金 惠珍, 友安 俊文, 高麗 寛紀, 澤田 千恵子, 下野 生世, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 :
融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速微生物検査系の構築,
日本防菌防黴学会 2009年度若手の会, 2009年12月.
13. 大平 匡彦, 白井 昭博, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩結合型菌種特異的ペプチドの合成と生物学的特性,
第61回日本生物工学会大会, 2009年9月.
14. 白井 昭博, 黒木 祐輔, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型ベタインの合成とその殺菌特性,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
15. 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその生物学的特性,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
16. 筒井 舞子, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩による環境病原性アメーバの制御,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
17. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌活性および細胞毒性評価,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
18. 大津 勇貴, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩で修飾された菌種特異的ペプチド誘導体の合成と生物学的特性,
日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
19. 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型ピリジニウム分子をインターカレーションしたモンモリロナイトを担体とする無機-有機ハイブリッドの抗菌特性とその特性,
日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
20. 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定,
第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
21. 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析,
第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
22. 上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構,
日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
23. 森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究,
日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
24. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の安全性評価,
第121回徳島生物学会, 2008年11月.
25. 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現に及ぼすmvaT遺伝子の効果,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
26. 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
多剤耐性Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
27. 岡崎 貴世, 曽我 部咲, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 :
冷茶用容器の衛生管理状態に関する調査および検討,
日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
28. 曽我 部咲, 岡崎 貴世, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 :
冷茶と保存容器に関する調査,
日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
29. 藤岡 耕太郎, 白井 昭博, 高麗 寛紀, 斉藤 美佳子, 松岡 英明 :
超深焦点可変域顕微システムを使用した抗菌加工固相表面の抗菌作用機作の迅速評価方法の検討,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
30. 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
31. 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
32. 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
33. 森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
34. 室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
35. 白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
36. 間世田 英明, 小林 弘明, 土井 嘉亮, 岡野 邦宏, 高麗 寛紀, 杉浦 則夫, 小林 達彦 :
ミクロキスチン分解酵素MlrAのトポロジー解析,
大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
37. 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
38. 間世田 英明, 橋田 裕美子, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定と解析,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
39. 上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構,
第119回徳島生物学会, 2007年12月.
40. 辻 陽平, 伊藤 雅代, 延嶋 浩文, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩化合物のレジオネラ殺菌に及ぼすCa2+,Mg2+の影響,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
41. 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
種々のN-側鎖を有するビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
42. 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩系ポリマー型固定化殺菌剤の合成とその殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
43. 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
モノ型とジェミニ型第四アンモニウム塩の抗菌特性の差異,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
44. 森下 裕生, 室巻 良彦, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の毒性と化学構造の定量的構造活性相関解析,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
45. 福居 麻弓, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
エーテル結合を有するGemini型第四アンモニウム塩の合成及び殺菌特性の検討,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
46. 岡村 菜穂, 住友 倫子, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
魚病細菌に対する光触媒抗菌紙の殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
47. 白井 昭博, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型ピリジニウム塩系薬剤の殺菌機構,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
48. 前田 拓也, 伊藤 雅代, 縣 邦雄, 森 孝, 高麗 寛紀 :
金属表面上のバイオフィルム形成の定量的評価,
腐食防食協会 材料と環境討論会2007(春期大会), 2007年5月.
49. 間世田 英明, 小中 瑠実, 長宗 秀明, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
Serratia marcescens の消毒剤および抗生物質に対する耐性機構の解明,
日本細菌学会, 2007年3月.
50. 古小路 夏美, 住友 倫子, 間世田 英明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
多剤交叉耐性Achromobacter sp.の耐性化機構の解明,
日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
51. 北浦 真希, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
セラチアに対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構の解明,
日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
52. 上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構,
日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
53. 岡村 菜穂, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
gemini型第四アンモニウム塩の枯草菌(Bacillus subtilis)に対する殺菌機構の解明,
日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
54. 伊藤 雅代, 縣 邦雄, 高麗 寛紀 :
新規抗菌剤の抗菌及び,銅に対する腐食防止特性,
腐食防食協会 材料と環境討論会2006, 2006年5月.
55. 吉村 剛, 中山 友栄, 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄 :
新規ジェミニ型第四アンモニウム塩の抗シロアリ活性,
日本環境動物昆虫学会 第17回年次大会, 2005年11月.
56. 高麗 寛紀 :
環境保全が求める循環型社会での抗菌剤が果たす役割,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
57. 岡崎 貴世, 高麗 寛紀 :
化粧用パフの除菌·洗浄について,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
58. 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
大腸菌の第四アンモニウム塩系薬剤耐性とmarシステムの関連性,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
59. 渡辺 裕子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
60. 数藤 萌, 岡本 好子, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
MRSAに対するGemini型第四アンモニウム塩の殺菌機構,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
61. 福居 麻弓, 射本 康夫, 才所 未来, 辻 陽平, 山本 ゆかり, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌特性,
日本防菌防黴学会, 2005年11月.
62. 住友 倫子, 白井 昭博, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズムの解明,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
63. 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 板東 一宏, 米本 謙悟 :
銀系抗菌材のトマト養液栽培病原菌に対する殺菌効果,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
64. 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 森 孝, 阪口 浩士, 鬼塚 浩明, 辻 正光 :
人工バイオフィルムの構築とその定量的評価方法に関する検討,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
65. 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 :
微生物試験用モデル残り湯の構築,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
66. 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 :
風呂残り湯の微生物学的及び化学的解析,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
67. 野々宮 正晃, 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, Vol.IC-33, 2005年5月.
68. 吉成 安純, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
69. 栗本 麻友子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
Saccharomycesに対するビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
70. 浅田 舞子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺カビ特性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
71. 三上 勝弘, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の物理化学的特性と定量的構造活性相関研究,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
72. 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規ビス型第四アンモニウム塩の抗菌活性とその溶血活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
73. 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規ビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
74. 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 :
ポリリジンに対する各種食中毒菌の耐性化,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
75. 犬伏 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 関矢 加智子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
インターメディリシンとその受容体の結合に及ぼすコレステロールの影響,
日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
76. 石田 巧, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
インターメディリシンに対する単クローン抗体の作成とその性質,
日本細菌学会 第78回総会, 2005年4月.
77. 浜川 智江, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 曽田 勇作 :
塵埃に付着した浮遊細菌に対する銀担持抗菌フィルターの殺菌評価,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
78. 唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 :
ポリリジンの抗菌特性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
79. 渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
80. 住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
81. 吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
82. 野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
83. 前田 拓也, 吉田 あゆみ, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
セラチアの殺菌消毒剤耐性化に関する検討,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-11, 2004年5月.
84. 山口 文子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズム,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-10, 2004年5月.
85. 野々下 理絵, 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ペプチド系抗菌物質の殺菌機構,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-9, 2004年5月.
86. 住友 倫子, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の細胞破壊作用とOmpEの関連性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-8, 2004年5月.
87. 幸坂 葵, 渡辺 裕子, 前田 拓也, 中 秀雄, 高麗 寛紀 :
銀担持抗菌アクリル繊維の抗菌メカニズムの解析,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-6, 2004年5月.
88. 唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 :
ポリリジンの抗菌メカニズムの解明,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-7, 2004年5月.
89. 薮原 忠男, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
新規化合物4,4'-(1,8-Dioxyoctametamethylene)bis(1-alkylpyridinium halide)sの合成とその殺菌活性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-4, 2004年5月.
90. 白井 昭博, 片岡 大也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-3, 2004年5月.
91. 白井 昭博, 川端 サヤカ, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-2, 2004年5月.
92. 岡崎 貴世, 遠藤 千鶴, 高麗 寛紀 :
ザンビア共和国首都近郊および山村地域の飲料水の水質について,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IICa-2, 2004年5月.
93. 助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である,
日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
94. 榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与,
日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
95. 中西 由里子, 大門 恵美子, 伊藤 雅代, 松木 均, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
廃棄ガラスを原料としたポーラガラス高機能性水処理材,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
96. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 青木 美保, 竹田 茂 :
銀担持アクリル繊維の光触媒殺菌機構による浴槽レジオネラ属菌の殺菌,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
97. 周 飛, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ピぺラジン環を含有るするビス型四級アンモニウム塩の合成と殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
98. 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ペプチド系抗菌物質の分子設計,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
99. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型四級アンモニウム塩の抗菌活性においてのスぺーサ鎖の影響,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
100. 薮原 忠男, 足立 太郎, 高麗 寛紀 :
新規化合物4,4'-(1,8-Dioxyoctamethylene)bis(1-octylpyridinium iodide),
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
101. 前田 拓也, 怡土 大志, 田中 伸吾, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩系薬剤のアルキル鎖長と大腸菌の薬剤耐性化の関連性,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
102. 足立 太郎, 薮原 忠男, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の抗真菌機構,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
103. 長宗 秀明, 榊原 恵美子, 田端 厚之, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化には外膜蛋白質OryRが関与している,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
104. 張 達欣, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
枯草菌の栄養細胞と芽胞に対するビス型第四アンモニウム塩系化合物の殺菌機構の解析,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
105. 住友 倫子, 高麗 寛紀, 山仲 浩二, 曽田 勇作, 青木 美保 :
空気殺菌装置の開発と殺菌評価,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
106. 助野 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
S. intermediusが分泌するインターメディリシンの宿主標的細胞モデルに及ぼす影響,
日本細菌学会 第76回総会, 2003年4月.
107. 長宗 秀明, 前田 拓也, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化機構:外膜タンパク質QRP01の関与,
日本細菌学会 第76回総会, 2003年4月.
108. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
アメーバと共生するレジオネラの制御,
徳島生物学会会報 第100回総会, Vol.50, No.2, 5, 1997年12月.

その他・研究会:

1. 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUV-A-LED照射を併用した殺菌法の構築,
BioOpto Japan 2012, 2012年9月.
2. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
赤外・紫外・可視光応用技術展 2012, 2012年4月.
3. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 大津 勇貴 :
ジェミニ型抗菌剤と紫外部(UV-A)LEDライト照射による殺菌相乗作用メカニズム,
赤外・紫外・可視光応用技術展 2011, 2011年4月.
4. 高麗 寛紀 :
微生物制御技術の実際(その1) -医薬品・化粧品の抗菌技術について-,
日本防菌防黴学会21年度製造環境における微生物汚染と対策に関する基礎講座, 2009年11月.
5. 高麗 寛紀 :
新規高機能性抗かび剤(hygenia)の開発経緯とその作用機構,
日本菌学会・日本防菌防黴学会 合同シンポジウム, 2009年11月.
6. 白井 昭博, 上田 昭子, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の殺菌機構,
神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2009年9月.
7. 高麗 寛紀 :
天然抗菌剤のかんたんな選び方と問題点,
日本防菌防黴学会第37回通常総会付設講演会, 2009年5月.
8. 高麗 寛紀 :
「JIS L1902繊維製品の抗菌性試験方法・抗菌効果」がISO20743として登録,
日本防菌防黴学会第36回通常総会付設講演会, 2008年5月.
9. 高麗 寛紀, 長宗 秀明 :
高機能性ジェミニ型殺菌剤の分子設計,
神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2007年8月.
10. 高麗 寛紀 :
バイオサイドの現状と将来,
日本防菌防黴学会第35回通常総会付設講演会, 2007年5月.
11. 高麗 寛紀 :
環境調和型殺菌剤・抗菌剤の開発現状と展望,
日本防菌防黴学会18年度製造環境における微生物汚染と対策に関する基礎講座(第3回), 2006年12月.

特許:

1. Hiroki Kourai and Tadao Yabuhara : Monomer for producing polymers useful in long-lasting, strong sterilizing, EP 602254 (Jun. 1994).
2. Akira Sugiura, Hideki Kato and Hiroki Kourai : Microbicide contg. phosphate contg. several cations-including at least one of silver, copper, zinc, tin, mercury, lead, iron or another microbial metal, US 5296238 (Mar. 1994).
3. Akira Sugiura, Hideki Kato and Hiroki Kourai : Microbicide contg. phosphate contg. several cations-including at least one of silver, copper, zinc, tin, mercury, lead, iron or another microbial metal, DE 4106165 (Sep. 1992).
4. Hiroki Kourai and Tadao Yabuhara : New antibacterial active polymer and copolymer-preped by reaction of p-chloromethylstyrene polymer or copolymer with partially quaternized diamine or aminoalcohol, GB 2204586 (Nov. 1991).
5. Hiroki Kourai and Tadao Yabuhara : New antibacterial active polymer and copolymer-preped by reaction of p-chloromethylstyrene polymer or copolymer with partially quaternized diamine or aminoalcohol, DE 3812616 (Feb. 1991).
6. Hiroki Kourai and Tadao Yabuhara : New antibacterial active polymer and copolymer-preped by reaction of p-chloromethylstyrene polymer or copolymer with partially quaternized diamine or aminoalcohol, US 4843130 (Jun. 1989).
7. Hiroki Kourai and Tadao Yabuhara : New antibacterial active polymer and copolymer-preped by reaction of p-chloromethylstyrene polymer or copolymer with partially quaternized diamine or aminoalcohol, US 4826924 (May 1989).
8. 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 除菌方法, 特願2011-87753 (2011年4月), 特開2012-77065 (2012年4月), 特許第5833332号 (2015年11月).
9. 高麗 寛紀, 白井 昭博 : 抗菌性・抗黴性ケイ酸アルミニウムおよびその製造方法, 特願2010-013162 (2010年1月), 特開2011-148754 (2011年8月), 特許第5542460号 (2014年5月).
10. 高麗 寛紀, 白井 昭博 : 抗菌性モンモリロナイトおよびその製造法, 特願2009-189706 (2009年8月), 特開2011-42582 (2011年3月), .
11. 高麗 寛紀, 間世田 英明, 白井 昭博 : ペプチド, 特願2009-65464 (2009年3月), 特開2009-254355 (2009年11月), .
12. 高麗 寛紀, 住友 倫子 : 抗ウイルス剤, 特願2007-053943 (2007年3月), 特開2008-214268 (2008年9月), .
13. 板東 一宏, 河野 充憲, 高麗 寛紀, 前田 拓也, 長尾 浩志, 大和 巌 : 培養液循環供給装置及び培養液循環供給用殺菌装置並びに培養液循環供給方法, 特願2005-148238 (2005年5月), 特開2006-320282 (2006年11月), .
14. 板東 一宏, 高麗 寛紀, 前田 拓也, 長尾 浩志 : 底面給液型植物育成装置, 特願2005-148237 (2005年5月), 特開2006-320281 (2006年11月), .
15. 高麗 寛紀, 鈴江 宏範 : セメント組成物,コンクリート組成物およびモルタル組成物, 特願2005-134460 (2005年5月), 特開2006-306689 (2006年11月), .
16. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 野々宮 正晃 : ビス四級アンモニウム塩化合物およびその製造方法, 特願2005-104970 (2005年3月), 特開2006-151942 (2006年6月), .
17. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 吉成 安純 : ビス四級アンモニウム塩化合物およびその製造方法, 特願2005-104958 (2005年3月), 特開2006-151941 (2006年6月), .
18. 高麗 寛紀, 片岡 大也 : 第四アンモニウム塩化合物及び抗菌剤, 特願2004-290749 (2004年9月), 特開2006-70010 (2006年3月), .
19. 吉田 徹彦, 山田 喜直, 小林 菜穂子, 高麗 寛紀 : 抗菌ペプチド及びその利用, 特願2004-224325 (2004年7月), 特開2006-45067 (2006年2月), .
20. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 工業用殺菌剤, 特願2004-224952 (2004年7月), 特開2006-45074 (2006年2月), .
21. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 便器清浄剤および便器清浄方法, 特願2004-203411 (2004年7月), 特開2006-22067 (2006年1月), .
22. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 原虫類の殺滅·消毒剤, 特願2004-203410 (2004年7月), 特開2006-22069 (2006年1月), .
23. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 銅防食剤および銅防食方法, 特願2004-203409 (2004年7月), 特開2006-22391 (2006年1月), 特許第4113862号 (2008年4月).
24. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 消臭性吸水性樹脂組成物, 特願2004-201727 (2004年7月), 特開2006-22218 (2006年1月), .
25. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 抗菌·防黴性樹脂組成物, 特願2004-201726 (2004年7月), 特開2006-22217 (2006年1月), .
26. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 無臭性防蟻剤, 特願2004-200771 (2004年7月), 特開2006-22032 (2006年1月), .
27. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 藻類防除剤および藻類防除方法, 特願2004-200770 (2004年7月), 特開2006-22031 (2006年1月), .
28. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 水系中のレジオネラ属細菌の除菌方法, 特願2004-200769 (2004年7月), 特開2006-21105 (2006年1月), 特許第4244332号 (2004年7月).
29. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 抗菌性洗剤組成物, 特願2004-199009 (2004年7月), 特開2006-22140 (2006年1月), .
30. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 微生物防除剤, 特願2004-199763 (2004年7月), 特開2006-22022 (2006年1月), .
31. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 工業用殺菌剤, 特願2004-199008 (2004年7月), 特開2006-22014 (2006年1月), .
32. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 抗菌防黴性組成物, 特願2004-199007 (2004年7月), 特開2006-22013 (2006年1月), .
33. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文, 目時 聡 : 殺菌性ピリジン化合物, 特願2004-180648 (2004年6月), 特開2006-1889 (2006年1月), 特許第4152353号 (2008年7月).
34. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文 : 抗微生物活性を有する二環性ピリジニウム塩の製造方法, 特願2004-142829 (2004年5月), 特開2005-325037 (2005年11月), .
35. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文, 目時 聡 : 殺菌性ピリジン化合物, 特願2004-142788 (2004年5月), 特開2005-325036 (2005年11月), 特許第4381221号 (2009年10月).
36. 高麗 寛紀, 五十嵐 喜雄, 延嶋 浩文, 目時 聡 : 殺菌性ピリジン化合物の製造方法, 特願2004-142749 (2004年5月), 特開2005-162731 (2005年6月), 特許第4381220号 (2009年10月).
37. 小川 以勢雄, 高麗 寛紀 : 二酸化炭素から一酸化炭素を製造する方法と装置, 特願2004-110489 (2004年4月), 特開2005-289773 (2005年10月), .
38. 柴田 茂之, 高麗 寛紀 : 新規なベタイン化合物, 特願2004-101776 (2004年3月), 特開2005-281273 (2005年10月), .
39. 佐々木 健二, 綿矢 有佑, 金 惠淑, 高麗 寛紀, 田端 厚之, 難波 哲人, 清武 義弘, 田村 卓二, 吉田 宗弘 : 新規抗マラリア剤, 特願2003-419719 (2003年12月), 特開2005-179212 (2005年7月), .
40. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 長宗 秀明, 小林 菜穂子 : 新規抗菌性ペプチドとその利用, 特願2003-359002 (2003年10月), 特開2005-120050 (2005年5月), .
41. 有馬 元信, 高麗 寛紀 : 白蟻忌避剤とコンクリート捨て型枠材, 特願2003-353634 (2003年10月), 特開2005-119981 (2005年5月), .
42. 高麗 寛紀, 中西 由里子, 大門 恵美子, 伊藤 雅代 : 機能性材料, 特願2003-145306 (2003年5月), 特開2004-345243 (2004年12月), 特許第4279050号 (2009年3月).
43. 永田 敏幸, 柴田 茂之, 田中 陽一, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩化合物, 特願2003-15160 (2003年1月), 特開2004-224734 (2004年8月), .
44. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌活性を有する新規な第四級アンモニウム塩化合物およびその製造方法, 特願2003-8531 (2003年1月), 特開2004-345953 (2004年12月), .
45. 柴田 茂之, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 抗菌力増強剤, 特願2003-2355 (2003年1月), 特開2004-143131 (2004年5月), .
46. 柴田 茂之, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系抗菌剤, 特願2002-372737 (2002年12月), 特開2004-203762 (2004年7月), .
47. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 長宗 秀明, 小林 菜穂子 : 新規抗菌性ポリペプチドとその利用, 特願2002-344538 (2002年11月), 特開2004-175727 (2004年6月), 特許第4154218号 (2008年7月).
48. 犬伏 順也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : セイヨウミツバチ由来の抗菌ペプチド, 特願2002-273602 (2002年9月), 特開2004-107275 (2004年4月), .
49. 柴田 茂之, 加納 宗明, 田中 陽一, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩及びその製造方法並びに該化合物を含有する抗菌剤, 特願2002-185708 (2002年6月), 特開2004-026722 (2004年1月), .
50. 高麗 寛紀, 河野 源, 伊藤 雅代, 石間 智生 : 原虫類の殺滅·消毒剤, 特願2002-184239 (2002年6月), 特開2004-026702 (2004年1月), .
51. 高麗 寛紀, 伊藤 雅代, 木村 真知子, 奈良間 英樹 : 水系の処理方法, 特願2002-100039 (2002年4月), 特開2003-290778 (2003年10月), .
52. 高麗 寛紀, 片岡 大也 : ビス型第四アンモニウム塩化合物及び抗菌剤, 特願2002-72558 (2002年3月), 特開2003-267953 (2003年9月), .
53. 柴田 茂之, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩及びその製造方法並びに該化合物を含有する抗菌剤, 特願2001-348261 (2001年11月), 特開2004-331504 (2004年11月), .
54. 柴田 茂久, 加納 宗明, 田中 陽一, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法並びに該化合物を含有する抗菌剤, 特願2001-348635 (2001年11月), 特開2003-146953 (2003年5月), .
55. 柴田 茂之, 加納 宗明, 田中 陽一, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩及びその製造する方法, 特願2001-349345 (2001年11月), 特開2003-146956 (2003年5月), .
56. 柴田 茂之, 加納 宗明, 田中 陽一, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願2001-349149 (2001年11月), 特開2003-146952 (2003年5月), .
57. 高麗 寛紀, 柴田 茂之, 永田 敏幸 : 抗菌剤及び防黴剤, 特願2001-336234 (2001年11月), 特開2003-137706 (2003年5月), .
58. 柴田 茂之, 永田 敏幸, 高麗 寛紀 : 新規な第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願2001-321942 (2001年10月), 特開2004-331503 (2004年11月), .
59. 高麗 寛紀, 中 秀雄 : 殺菌フィルタユニットおよび空気清浄システム, 特願2001-281099 (2001年9月), 特開2003-079704 (2003年3月), 特許第4113345号 (2008年4月).
60. 高麗 寛紀, 中西 由里子, 大門 恵美子, 友滝 善久 : 機能性無機材料, 特願2001-259179 (2001年8月), 特開2003-62461 (2003年3月), .
61. 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 寺尾 敏光, 庄司 英克 : ヒト細胞膜結合蛋白, 特願2001-176699 (2001年6月), 特開2002-360263 (2002年12月), .
62. 高麗 寛紀, 柴田 茂之, 原田 勝可, 久米 勝嘉 : 新規な第四アンモニウム塩及びその製造方法, 特願2001-145692 (2001年5月), 特開2002-302470 (2002年10月), .
63. 高麗 寛紀, 中西 由里子, 大門 恵美子, 友滝 善久 : 機能性材料, 特願2001-135455 (2001年5月), 特開2002-327121 (2002年11月), .
64. 高麗 寛紀, 中西 由里子, 大門 恵美子, 友滝 善久 : 機能性無機材料, 特願2001-113600 (2001年4月), 特開2002-316838 (2002年10月), .
65. 高麗 寛紀, 中西 由里子, 大門 恵美子, 友滝 善久 : ビス型第4アンモニウム塩化合物及びその製造法, 特願2001-84604 (2001年3月), 特開2002-284765 (2002年10月), 特許第3482473号 (2003年10月).
66. 高麗 寛紀, 柴田 茂之, 久米 勝嘉, 原田 勝可 : 新規なトリス第四級アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願2001-26172 (2001年2月), 特開2002-226462 (2002年8月), .
67. 柴田 茂之, 久米 勝嘉, 高麗 寛紀, 原田 勝可 : 新規なビス第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願2001-24979 (2001年1月), 特開2004-331499 (2004年11月), .
68. 高麗 寛紀, 佐藤 恒之, 樺山 峰明, 武知 博憲, 津村 忠, 野々村 俊夫, 郡 寿也, 妹尾 真紀子, 福井 智也, 前田 拓也, 釼木 順一 : 第四級アンモニウム塩化合物,その製造法及び応用, 特願2000-263216 (2000年8月), 特開2002-080447 (2002年3月), .
69. 高麗 寛紀, 濱 義紹, 中 秀雄, 日下 善文, 高畑 美保, 大久保 彰洋 : 分離膜支持体と分離膜に積層して使用されるスペーサー, 特願2000-164871 (2000年6月), 特開2001-340734 (2001年12月), .
70. 高麗 寛紀, 伊藤 雅代, 風間 真知子, 白井 昭博 : 水系の処理方法, 特願2000-132086 (2000年5月), 特開2001-310191 (2001年11月), .
71. 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ストレプトコッカス·インターメディウスの検出方法及びそれに用いるPCRプライマー対, 特願2000-151268 (2000年5月), 特開2001-327300 (2001年11月), .
72. 高麗 寛紀, 中 秀雄 : 光触媒活性を有するフィルター, 特願2000-77196 (2000年3月), 特開2001-259012 (2001年9月), .
73. 高麗 寛紀, 岡本 直也, 上井 勝 : 車内用消臭具, 特願2000-23589 (2000年2月), 特開2001-212220 (2001年8月), .
74. 高麗 寛紀, 伊藤 雅代, 風間 真知子 : 銅防食剤及び銅防食方法, 特願平11-352834 (1999年12月), 特開2001-172783 (2001年6月), .
75. 高麗 寛紀, 河野 源, 白井 昭博 : 固定化殺菌材,その製造方法及びビス第四アンモニウム化合物, 特願平11-330171 (1999年11月), 特開2001-151608 (2001年6月), .
76. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘, 国方 健靖, 和田 耕治 : 抗菌性洗剤組成物, 特願平11-289417 (1999年10月), 特開2001-107082 (2001年4月), .
77. 高麗 寛紀, 中 秀雄 : 光触媒活性を有する抗菌性アクリロニトリル系繊維, 特願平11-267928 (1999年9月), 特開2001-89968 (2001年4月), 特許第4062471号 (2008年1月).
78. 尾形 栄治, 大井 册雄, 山本 洋之, 高麗 寛紀 : 繊維製品用抗菌処理助剤および抗菌処理方法, 特願平11-235734 (1999年8月), 特開2000-144572 (2000年5月), .
79. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘, 国方 健靖, 和田 耕治 : 無臭性防蟻剤, 特願平11-233918 (1999年8月), 特開2001-58903 (2001年3月), .
80. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘, 国方 健靖, 和田 耕治 : 抗菌·防カビ性樹脂組成物, 特願平10-373741 (1998年12月), 特開2000-198879 (2000年7月), .
81. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性組成物, 特願平10-340105 (1998年11月), 特開2000-159608 (2000年6月), .
82. 高麗 寛紀, 伊藤 雅代, 石束 真典 : 藻類防除剤及び藻類防除方法, 特願平10-336878 (1998年11月), 特開2000-159607 (2000年6月), .
83. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘, 国方 健靖, 和田 耕治 : 消臭性吸水性樹脂組成物, 特願平10-313139 (1998年11月), 特開2000-136315 (2000年5月), .
84. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘, 国方 健靖, 槌谷 浩司 : 抗菌活性を有するビス第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平10-321347 (1998年10月), 特開2000-136185 (2000年5月), .
85. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 吉田 宗弘 : 抗菌活性を有するビス型第四アンモニウム塩化合物, 特願平10-282071 (1998年9月), 特開2000-95763 (2000年4月), .
86. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 樺山 峰明, 武知 博憲, 岡上 晃 : 新規なダイマー型の第四級アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平10-248815 (1998年9月), 特開2000-80064 (2000年3月), 特許第3138768号 (2000年12月).
87. 高麗 寛紀, 遠藤 卓郎, 河野 源, 石間 智生, 白井 昭博 : 水系中のレジオネラ属細菌の除菌方法, 特願平10-2246 (1998年1月), 特開平11-197673 (1999年7月), 特許第2969133号 (1999年8月).
88. 尾形 栄治, 柳瀬 典男, 名手 伸之, 高麗 寛紀 : ジヒドロキシジフェニルスルフォンの銅属金属塩, 特願平9-348122 (1997年12月), 特開平11-92447 (1999年4月), .
89. 三好 弘一, 高麗 寛紀 : ヒドロキシル化反応触媒及びこれを用いるヒドロキシル基含有化合物の製造方法, 特願9-304848 (1997年10月), 特開11-123332 (1999年5月), .
90. 堀 均, 高麗 寛紀 : 制癌剤, 特願平9-291739 (1997年10月), 特開平11-116488 (1999年4月), .
91. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 長宗 秀明, 吉田 宗弘, 槌谷 浩司, 難波 哲人 : 抗菌活性を有するビス型第四級アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平9-104021 (1997年4月), 特開平10-287566 (1998年10月), .
92. 高麗 寛紀, 島 文男 : 歯科材料組成物, 特願平8-320875 (1996年11月), 特開平10-147503 (1998年6月), .
93. 高麗 寛紀, 前田 拓也, 山本 将司, 槌谷 浩司, 田村 卓二, 清武 義弘, 難波 哲人 : 抗菌活性を有するビス型第四級アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平8-267685 (1996年9月), 特開平10-95773 (1998年4月), .
94. 高麗 寛紀, 真鍋 裕希, 槌谷 浩司, 難波 哲人 : 抗菌活性を有するビス型第四アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平7-295001 (1995年10月), 特開平9-110692 (1997年4月), .
95. 高麗 寛紀 : 抗菌活性を有する第四級アンモニウム塩化合物, 特願平7-137217 (1995年5月), 特開平8-301703 (1996年11月), .
96. 高麗 寛紀, 稲垣 始, 田中 博士, 庄司 英克, 岸 悦生 : 表面改質ポリオレフィン成形体および製造方法, 特願平6-175767 (1994年7月), 特開平8-41231 (1996年2月), .
97. 高麗 寛紀, 島 文男 : 歯科材料組成物, 特願平6-148470 (1994年6月), 特開平7-330532 (1995年12月), .
98. 見明 俊治, 高麗 寛紀, 政本 浩, 宮武 博昭 : ティッシュ, 特願平5-319036 (1993年11月), 特開平7-143940 (1995年6月), .
99. 高麗 寛紀, 野々村 俊夫, 正木 孝二, 加藤 秀樹 : 銀系無機抗菌性薄膜の作製方法及び銀系無機抗菌材, 特願平5-139427 (1993年5月), 特開平6-330285 (1994年11月), .
100. 高麗 寛紀 : 抗菌活性を有する第四級アンモニウム塩化合物及びその製造方法, 特願平5-139487 (1993年5月), 特開平6-321902 (1994年11月), .
101. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 手指殺菌消毒方法, 特願平5-92594 (1993年3月), 特開平6-279214 (1994年10月), .
102. 高麗 寛紀, 赤田 充生, 薮原 忠男 : 抗生物質耐性細菌殺菌消毒剤, 特願平4-262867 (1992年9月), 特開平6-87701 (1994年3月), .
103. 高麗 寛紀, 薮原 忠男, 村上 昭弘, 森 浩司, 赤田 充生 : 単独重合体およびその製造方法, 特願平4-229177 (1992年8月), 特開平6-56935 (1994年3月), 特許第3178557号 (2001年4月).
104. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : ビニル系共重合体, 特願平4-72342 (1992年2月), 特開平5-230149 (1993年9月), 特許第2686581号 (1997年8月).
105. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : ビニル系共重合体, 特願平4-72341 (1992年2月), 特開平6-80732 (1994年3月), .
106. 高麗 寛紀, 阿知波 政史, 谷川 伸, 杉浦 晃治, 加藤 秀樹 : 防黴用組成物, 特願平3-238625 (1991年8月), 特開平5-58830 (1993年3月), .
107. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性組成物, 特願平3-16629 (1991年6月), 特開平4-34250 (1992年11月), 特許第2054692号 (1996年5月).
108. 杉浦 晃治, 井上 英武, 前川 諭, 加藤 秀樹, 大村 拓也, 高麗 寛紀 : 抗菌性樹脂組成物, 特願平3-57823 (1991年2月), 特開平4-275370 (1992年9月), 特許第2890871号 (1999年2月).
109. 杉浦 晃治, 井上 英武, 高木 修, 前川 諭, 高麗 寛紀 : 抗菌剤, 特願平3-55973 (1991年2月), 特開平4-273803 (1992年9月), .
110. 高麗 寛紀, 槌谷 浩司, 渡辺 義弘, 多田 弘一 : 防菌防カビ剤組成物, 特願平1-299796 (1989年11月), 特開平3-161403 (1991年7月), .
111. 大村 卓也, 加藤 秀樹, 高麗 寛紀 : 抗菌剤, 特願平1-222479 (1989年8月), 特開平3-83906 (1991年4月), 特許第2773286号 (1998年4月).
112. 大村 卓也, 加藤 秀樹, 高麗 寛紀 : 抗菌剤, 特願平1-222478 (1989年8月), 特開平3-83905 (1991年4月), 特許第1887441号 (1994年11月).
113. 高麗 寛紀, 椹 富士夫 : 繊維体用抗菌剤, 特願平1-124285 (1989年5月), 特開平2-306905 (1990年12月), 特許第2847164号 (1998年11月).
114. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 用水系の微生物制御方法, 特願昭63-194763 (1988年8月), 特開平2-43989 (1990年2月), .
115. 高麗 寛紀, 槌谷 浩司, 渡辺 義弘 : 非医療用殺菌組成物, 特願昭63-162715 (1988年7月), 特開平2-15005 (1990年1月), 特許第2592101号 (1996年12月).
116. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性ポリマー, 特願昭63-47750 (1988年2月), 特開平1-26610 (1989年1月), 特許第2657509号 (1997年6月).
117. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性ポリマー, 特願昭62-164172 (1987年7月), 特開昭64-9209 (1989年1月), 特許第2093675号 (1996年9月).
118. 高麗 寛紀, 大鶴 芳積, 大泉 満 : チアゾール化合物および防菌·防腐剤, 特願昭62-58350 (1987年3月), 特開昭63-227578 (1988年9月), .
119. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性金属含有ウイスカーおよびその製造法, 特願昭62-55074 (1987年3月), 特開昭63-222100 (1988年9月), 特許第2070870号 (1996年7月).
120. 高麗 寛紀, 薮原 忠男 : 抗菌性ウイスカー, 特願昭62-27625 (1987年2月), 特開昭63-195200 (1988年8月), 特許第2070868号 (1996年7月).
121. 高麗 寛紀, 加藤 弘, 植村 巧, 宇都木 毅 : 固形殺菌剤, 特願昭58-122312 (1983年7月), 特開昭60-16904 (1985年1月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)