検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 統合医薬創製科学系 > 創薬生命工学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704034 高齢化社会に対応する「虚弱」の評価・治療モダリティーの創出 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703020 実用化を目指した脂質代謝異常症に対する新規予防・治療法開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬資源学講座 (医薬創薬教育研究センター) > 創薬生命工学 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

分子生物学 (Molecular Biology), 分子病理学 (Molecular Pathology), 分子治療学 (Molecular Therapy), 糖鎖生物学 (Glycobiology)

研究テーマ

遺伝子疾患の発症機構の解明と治療法開発に関する研究, 糖鎖工学および幹細胞工学に基く医薬資源開発 (糖鎖分解酵素(リソソーム酵素)欠損症, 酵素補充療法, 幹細胞工学, 糖鎖工学, 胃がん·大腸がんのプロテオミクス)

著書・論文

著書:

1.湯浅 康弘, 沖津 宏, 後藤 正和, 枝川 広志, 大森 理佐, 谷 亮太郎, 増田 有理, 蔵本 俊輔, 松本 大資, 富林 敦司, 浜田 陽子, 山下 留理子, 藤井 義幸, 伊藤 孝司 :
癌と化学療法, --- 術前2週間のS-1投与によりGrade2の治療効果が得られた進行胃癌の1例 ---,
株式会社 癌と化学療法社, 東京, 2015年5月.
(PubMed: 25981663)
2.伊藤 孝司 :
シアリドーシス,
日本臨牀社, 東京, 2014年12月.
3.伊藤 孝司 :
ガラクトシアリドーシス,
日本臨牀社, 東京, 2014年12月.
4.伊藤 孝司 :
ガラクトシアリドーシス,
日本臨牀社, 東京, 2014年12月.
5.Daisuke Tsuji and Kouji Itou :
Molecular Therapy for Lysosomal Storage Diseases.,
Intech, Rijeka,Croatia, Mar. 2013.
6.伊藤 孝司 :
「ガラクトシアリドーシス」先天代謝異常ハンドブック,
株式会社 中山書店, 東京, 2013年2月.
7.Nakayama Yoshiaki, Nakamura Naosuke, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Kurosaka Akira :
Genetic Diseases Associated with Protein Glycosylation Disorders in Mammals.,
Intech, Rijeka,Croatia, Jan. 2013.
8.伊藤 孝司 :
先天代謝異常症候群(第2版) 下, --- 病因・病態研究,診断・治療の進歩 Ⅶライソゾーム病 糖タンパク代謝異常症 ガラクトシアリドーシス ---,
日本臨牀社, 東京, 2012年12月.
9.伊藤 孝司 :
第4章 新規生産基材を利用した組換えリソソーム病治療薬の開発,
株式会社シーエムシー出版 監修:山口照英, 東京, 2012年4月.
10.伊藤 孝司 :
バイオ医薬品開発における糖鎖技術, --- リソソーム病治療への応用を目指した糖鎖修飾型組換えリソソーム酵素の開発 ---,
株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2011年11月.
11.伊藤 孝司 :
ガラクトシアリドーシス,
株式会社 診断と治療社, 東京, 2011年6月.
12.伊藤 孝司 :
シアリドーシス,
イーエスメディックス, 東京, 2011年.
13.辻 大輔, 伊藤 孝司 :
細胞の構造とオルガネラ:第3章-4 リソソーム蓄積症(リソソーム病),
株式会社 廣川書店, 東京, 2010年.
14.Kouji Itou :
Recent Advances in Enzyme Replacement Therapy for Lysosomal Diseases,
Springer, New York, Aug. 2008.

学術論文(審査論文):

1.Naoshi Yamazaki, Keisuke Kanazawa, Maria Kimura, Hironobu Ike, Makiko Shinomiya, Shouko Tanaka, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for rescue from exon 7 skipping caused by 5-splice site mutation of human cathepsin A gene,
Gene, Vol.677, 41-48, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111998,   DOI: 10.1016/j.gene.2018.07.030,   PubMed: 30010039,   Elsevier: Scopus)
2.Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Bat-Erdene Ariunzaya, Maeda Yusaku, Oura Masahiro, Takahashi Mamiko, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Aihara Kenichi, Mariko Ikuo, Kouji Itou, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Masahiro Abe :
Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia.,
Oncotarget, Vol.9, No.12, 10307-10316, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113059,   DOI: 10.18632/oncotarget.23121,   PubMed: 29535808,   Elsevier: Scopus)
3.Ogawa Yasuhiro, Sano Takafumi, Irisa Masahiro, Kodama Takashi, Saito Takahiro, Furusawa Eiri, Kaizu Katsutoshi, Yanagi Yusuke, Tsukimura Takahiro, Togawa Tadayasu, Yamanaka Shoji, Kouji Itou, Sakuraba Hitoshi and Oishi Kazuhiko :
FcR-dependent immune activation initiates astrogliosis during the asymptomatic phase of Sandhoff disease model mice.,
Scientific Reports, Vol.7, 40518, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112431,   DOI: 10.1038/srep40518,   PubMed: 28084424)
4.Eri Kawakita, Daisuke Tsuji, Yosuke Kanno, Kaho Tsuchida and Kouji Itou :
Enhancement by Uridine Diphosphate of Macrophage Inflammatory Protein-1 Alpha Production in Microglia Derived from Sandhoff Disease Model Mice.,
JIMD Reports, Vol.28, 85-93, 2016.
(DOI: 10.1007/8904_2015_496,   PubMed: 26545879)
5.Kitakaze Keisuke, Tasaki Chikako, Tajima Youichi, Takatsugu Hirokawa, Daisuke Tsuji, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou :
Combined replacement effects of human modified -hexosaminidase B and GM2 activator protein on GM2 gangliosidoses fibroblasts,
Biochemistry and Biophysics Reports, No.7, 157-163, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbrep.2016.04.012)
6.Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka :
Back Cover: Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library,
ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1994, 2016.
(DOI: 10.1002/cbic.201600521)
7.Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka :
Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library,
ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1986-1992, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111880,   DOI: 10.1002/cbic.201600400,   PubMed: 27428709,   Elsevier: Scopus)
8.Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
An N-Sulfanylethylanilide-based traceable linker for enrichment and selective labelling of target proteins,
Chemical Communications, Vol.52, 6911-6913, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111925,   DOI: 10.1039/C6CC01229A)
9.Kitakaze Keisuke, Mizutani Yasumichi, Sugiyama Eiji, Tasaki Chikako, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Hirokawa Takatsugu, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Sato Kohei, Setou Mitsutoshi, Urano Yasuteru, Togawa Tadayasu, Akira Otaka, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou :
Protease-resistant modified human β-hexosaminidase B ameliorates symptoms in GM2 gangliosidosis model,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.126, No.5, 1691-1703, 2016.
(DOI: 10.1172/JCI85300,   PubMed: 27018595)
10.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Naoto Naruse, Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
The total chemical synthesis of the monoglycosylated GM2 ganglioside activator using a novel cysteine surrogate,
Chemical Communications, Vol.51, No.49, 9946-9948, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111882,   DOI: 10.1039/C5CC02967H,   PubMed: 26006093,   Elsevier: Scopus)
11.Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system,
ChemistryOpen, Vol.4, No.4, 448-452, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111883,   DOI: 10.1002/open.201500086,   Elsevier: Scopus)
12.Gallat Francois-Xavier, Matsugaki Naihiro, P. Coussens Nathan, Yagi J. koichiro, Boudes Marion, Higashi Tetsuya, Daisuke Tsuji, Tatano Yutaka, Suzuki Mamoru, Mizohata Eiichi, Tono Kensuke, Hatui Yasumasa, Yabashi Makina, Nango Eriko, Kouji Itou, Coulibaly Fasseli, Tobe Stephen, Ramaswamy S., Iwata So and Chavas M. Leonard :
In vivo crystallography at X-ray free-electron lasers: the next generation of structural biology?,
Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences, Vol.369, No.1647, 20130497, 2014.
(DOI: 10.1098/rstb.2013.0497,   PubMed: 24914164)
13.Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma.,
Leukemia, 2014.
(DOI: 10.1038/leu.2014.147,   PubMed: 24787487)
14.Takeshi Harada, Shuji Ozaki, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Akishige Ikegame, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Yoshiaki Kuroda, Shigeto Kawai, Kouji Itou, Hisafumi Yamada-Okabe, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Combination with a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody plus Lenalidomide Induces Marked ADCC against Myeloma Cells and Their Progenitors,
PLoS ONE, Vol.8, No.12, e83905, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0083905,   PubMed: 24386306,   Elsevier: Scopus)
15.Takeshi Harada, Shuji Ozaki, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Akishige Ikegame, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Yoshiaki Kuroda, Shigeto Kawai, Kouji Itou, Hisafumi Yamada-Okabe, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Combination with a defucosylated anti-HM1.24 monoclonal antibody plus lenalidomide induces marked ADCC against myeloma cells and their progenitors.,
PLoS ONE, Vol.8, No.12, e83905, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0083905,   PubMed: 24386306)
16.Kohei Sato, Akira Shigenaga, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Chemical synthesis of biologically active monoglycosylated GM2-activator protein analog using N-sulfanylethylanilide peptide,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.52, No.30, 7855-7859, 2013.
(DOI: 10.1002/anie.201303390,   PubMed: 23765733,   Elsevier: Scopus)
17.Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa :
Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2013.06.023,   PubMed: 23871495)
18.MM Rahman, Daisuke Tsuji, K Suzuki, J Sakamoto, K Matsuoka, F Matsuzawa, S Aikawa and Kouji Itou :
Inhibitory effects and specificity of synthetic sialyldendrimers toward recombinant human cytosolic sialidase 2 (NEU2).,
Glycobiology, Vol.23, No.4, 495-504, 2013.
(DOI: 10.1093/glycob/cws221,   PubMed: 23363739)
19.Seiji Hitaoka, Yuto Shibata, Hiroshi Matoba, Akihiro Kawano, Masataka Harada, Rahman Motiur M, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman :
Modeling of Human Neuraminidase-1 and Its Validation by LERE-Correlation Analysis,
Chem-Bio Informatics Journal, Vol.13, 30-40, 2013.
(DOI: 10.1273/cbij.13.30,   CiNii: 130004054117)
20.Akishige Ikegame, Shuji Ozaki, Daisuke Tsuji, T harada, Tatsuya Fujii, S Nakamura, H Miki, A Nakano, K Kagawa, K Takeuchi, M Abe, K Watanabe, M Hiasa, N Kimura, Y Kikuchi, A Sakamoto, K Habu, M Endo, Kouji Itou, H Yamada-Okabe and T Matsumoto :
Small molecule antibody targeting HLA class I inhibits myeloma cancer stem cells by repressing pluripotency-associated transcription factors.,
Leukemia, Vol.26, No.9, 2124-2134, 2012.
(DOI: 10.1038/leu.2012.78,   PubMed: 22430632)
21.Takashi Kodama, Tadayasu Togawa, Takahiro Tsukimura, Ikuo Kawashima, Kazuhiko Matsuoka, Keisuke Kitakaze, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Yo-Ichi Ishida, Minoru Suzuki, Toshihiro Suzuki and Hitoshi Sakuraba :
Lyso-GM2 ganglioside: a possible biomarker of Tay-Sachs disease and Sandhoff disease.,
PLoS ONE, Vol.6, No.12, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0029074,   PubMed: 22205997)
22.Ayako Nakano, Daisuke Tsuji, Hirokazu Miki, Qu Cui, Mohamed Sayed Salah El, Akishige Ikegame, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shingen Nakamura, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Akira Sakai, Shuji Ozaki, Kazuma Okano, Takahiro Nakamura, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Glycolysis inhibition inactivates ABC transporters to restore drug sensitivity in malignant cells.,
PLoS ONE, Vol.6, No.11, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0027222,   PubMed: 22073292)
23.Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Correlation Analyses on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues and Antiinfluenza Drugs with Human Neuraminidase Using ab Initio MO Calculations on Their Complex Structures - LERE-QSAR Analysis (IV),
Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.51, No.10, 2706-2716, 2011.
(DOI: 10.1021/ci2002395,   PubMed: 21870866)
24.Nunuk Purwanti, Daisuke Tsuji, Ahmad Azlina, Mileva Ratko Karabasil, Purevjav Javkhlan, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
Induction of Sca-1 in the duct cells of the mouse submandibular gland by obstruction of the main excretory duct,
Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.40, No.8, 651-658, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1600-0714.2011.01011.x,   PubMed: 21884259)
25.Rumi Kawabata, Shinji Oie, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama, Toshinori Oka and Kouji Itou :
Up-regulation of insulin-like growth factor-binding protein 3 by 5-fluorouracil (5-FU) leads to the potent anti-proliferative effect of androgen deprivation therapy combined with 5-FU in human prostate cancer cell lines.,
International Journal of Oncology, Vol.38, No.6, 1489-1500, 2011.
(DOI: 10.3892/ijo.2011.991,   PubMed: 21455575)
26.Kazuhiko Matsuoka, Tomomi Tamura, Daisuke Tsuji, Yukie Dohzono, Keisuke Kitakaze, Kazuki Ohno, Seiji Saito, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Therapeutic Potential of Intracerebroventricular Replacement of Modified Human β-Hexosaminidase B for GM2 Gangliosidosis,
Molecular Therapy, Vol.19, No.6, 1017-1024, 2011.
(DOI: 10.1038/mt.2011.27,   PubMed: 21487393)
27.Kazuhiko Matsuoka, Daisuke Tsuji, Takao Taki and Kouji Itou :
Thymic involution and corticosterone level in Sandhoff disease model mice: new aspects the pathogenesis of GM2 gangliosidosis.,
Journal of Inherited Metabolic Disease, Vol.34, No.5, 1061-1068, 2011.
(DOI: 10.1007/s10545-011-9316-6,   PubMed: 21598013)
28.Akira Shigenaga, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Keiji Ogura, Masaya Denda, Keiko Yamaguchi, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Design and synthesis of caged ceramide: UV-responsive ceramide releasing system based on UV-induced amide bond cleavage followed by O-N acyl transfer,
Tetrahedron, Vol.67, No.22, 3984-3990, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 111907,   DOI: 10.1016/j.tet.2011.04.048)
29.Daisuke Tsuji, Hiromi Akeboshi, Kazuhiko Matsuoka, Hiroko Yasuoka, Eri Miyasaki, Yoshiko Kasahara, Ikuo Kawashima, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Takao Taki, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Highly phosphomannosylated enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis.,
Annals of Neurology, Vol.69, No.4, 691-701, 2011.
(DOI: 10.1002/ana.22262,   PubMed: 21520232)
30.Eri Kawashita, Daisuke Tsuji, Masahiro Toyoshima, Yosuke Kanno, Hiroyuki Matsuno and Kouji Itou :
Prostaglandin E2 Reverses Aberrant Production of an Inflammatory Chemokine by Microglia from Sandhoff Disease Model Mice through the cAMP-PKA Pathway,
PLoS ONE, Vol.6, No.1, e16269, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0016269,   PubMed: 21298000)
31.Rumi Kawabata, Shinji Oie, Toshinori Oka, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama and Kouji Itou :
Hydroxyflutamide enhances cellular sensitivity to 5-fluorouracil by suppressing thymidylate synthase expression in bicalutamide-resistant human prostate cancer cells,
International Journal of Oncology, Vol.38, No.3, 665-676, 2011.
(DOI: 10.3892/ijo.2011.909,   PubMed: 21243325)
32.Tatsuo Ito, Haruka Kitamura, Chisana Uwatoko, Tamitake Itoh, Makiko Azumano, Kouji Itou and Jun Kuwahara :
Interaction of Sp1 zinc finger with transport factor in the nuclear localization of transcription factor Sp1,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.403, No.2, 161-166, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.10.036,   PubMed: 20946882,   Elsevier: Scopus)
33.Keiko Miyoshi, Daisuke Tsuji, Keiko Kudoh, Kazuhito Satomura, Taro Muto, Kouji Itou and Takafumi Noma :
Generation of human induced pluripotent stem cells from oral mucosa,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.110, No.3, 345-350, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2010.03.004,   PubMed: 20547351)
34.Kazuhiko Matsuoka, Daisuke Tsuji, Sei-ichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Introduction of an N-Glycan Sequon Into HEXA Enhances Human -Hexosaminidase Cellular Uptake in a Model of Sandhoff Disease,
Molecular Therapy, Vol.18, No.8, 1519-1526, 2010.
(DOI: 10.1038/mt.2010.113,   PubMed: 20571546)
35.Nagako Kawashima, Kenichi Nakayama, Kouji Itou, Tamitake Itoh, Mitsuru Ishikawa and Vasudevanpillai Biju :
Reversible dimerization of EGFR revealed by single-molecule fluorescence imaging using quantum dots,
Chemistry - A European Journal, Vol.16, No.4, 1186-1192, 2010.
(DOI: 10.1002/chem.200902963,   PubMed: 20024999)
36.Yousuke Fukui, Masao Kato, Yohji Inoue, Akio Matsubara and Kouji Itou :
A metabonomic approach identifies human urinary phenylacetylglutamine as a novel marker of interstitial cystitis,
Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.877, No.30, 3806-3812, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jchromb.2009.09.025,   PubMed: 19815468)
37.Youichi Tajima, Ikuo Kawashima, Takahiro Tsukimura, Kanako Sugawara, Mayuko Kuroda, Toshihiro Suzuki, Tadayasu Togawa, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Kazuki Ohno, Tomoko Fukushige, Takuro Kanekura, Kouji Itou, Toya Ohashi and Hitoshi Sakuraba :
Use of a Modified alpha-N-Acetylgalactosaminidase in the Development of Enzyme Replacement Therapy for Fabry Disease,
American Journal of Human Genetics, Vol.85, No.5, 569-580, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ajhg.2009.09.016,   PubMed: 19853240)
38.Nagako Kawashima, Daisuke Tsuji, Tetsuya Okuda, Kouji Itou and Ken-ichi Nakayama :
Mechanism of abnormal growth in astrocytes derived from a mouse model of GM2 gangliosidosis,
Journal of Neurochemistry, Vol.111, No.4, 1031-1041, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2009.06391.x,   PubMed: 19765188)
39.Tatsusada Yoshida, Y Kadota, S Hitaoka, E Kori, Yuta Horikawa, M Taguchi, Daisuke Tsuji, Mitsuyoshi Hirokawa, Hiroshi Chuman and Kouji Itou :
Expression and molecular dynamics studies on effect of amino acid substitutions at Arg344 in human cathepsin A on the protein local conformation.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1794, No.11, 1693-1699, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbapap.2009.08.004,   PubMed: 19679197)
40.Hiromi Akeboshi, Yoshiko Kasahara, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Hitoshi Sakuraba, Yasunori Chiba and Yoshifumi Jigami :
Production of human β-Hexosaminidase A with highly phosphorylated N-glycans by the overexpression of the Ogataea minuta MNN4 gene.,
Glycobiology, Vol.19, No.9, 1002-1009, 2009.
(DOI: 10.1093/glycob/cwp080,   PubMed: 19506294)
41.Eri Kawashita, Daisuke Tsuji, Nagako Kawashima, Ken-ichi Nakayama, Hiroyuki Matsuno and Kouji Itou :
Abnormal production of macrophage inflammatory protein-1α by microglial cell lines derived from neonatal brains of Sandhoff disease model mice.,
Journal of Neurochemistry, Vol.109, No.5, 1215-1224, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2009.06041.x,   PubMed: 19302485)
42.Nagako Kawashima, Yoon Seon-Joo, Kouji Itou and Ken-ichi Nakayama :
Tyrosine Kinase Activity of Epidermal Growth Factor Receptor Is Regulated by GM3 Binding through Carbohydrate to Carbohydrate Interactions.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.284, No.10, 6147-6155, 2009.
(DOI: 10.1074/jbc.M808171200,   PubMed: 19124464)
43.Tatsuo Ito, Makiko Azumano, Chisana Uwatoko, Kouji Itou and Jun Kuwahara :
Role of zinc finger structure in nuclear localization of transcription factor Sp1,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.380, No.1, 28-32, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.12.165,   PubMed: 19138671)
44.Kanako Sugawara, Youichi Tajima, Ikuo Kawashima, Takahiro Tsukimura, Seiji Saito, Kazuki Ohno, Kunihiko Iwamoto, Toshihide Kobayashi, Kouji Itou and Hitoshi Sakuraba :
Molecular interaction of imino sugars with human a-galactosidase: Insight into the mechanism of complex formation and pharmacological chaperone action in Fabry disease,
Molecular Genetics and Metabolism, Vol.96, No.4, 233-238, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ymgme.2008.12.017,   PubMed: 19181556)
45.Yutaka Tatano, Reiko Fujinawa, Yasunori Kozutsumi, Tsutomu Takahashi, Daisuke Tsuji, Kohji Tsuta, Goro Takada, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Tropoelastin regulates chemokine expression in fibroblasts in Costello syndrome.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.372, No.4, 681-687, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.05.131,   PubMed: 18533107)
46.V Seyrantepe, J Peng, M Fedjaev, S Ernest, Y Kadota, M Canuel, Kouji Itou, CR Morales, J Lavoie, A Hinek, J Tremblay and AV Pshezhetsky :
The Enzymatic Activity of Lysosomal Carboxypeptidase (Cathepsin) A is Required for Proper Elastic Fibre Formation and Inactivation of Endothelin-1,
Circulation, Vol.117, No.15, 1973-1981, 2008.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.107.733212,   PubMed: 18391110)
47.M Yoshimizu, Y Tajima, F Matsuzawa, S Aikawa, I Iwamoto, T Kobayashi, T Edmunds, K Fujishima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ikekita, I Kawashima, K Sugawara, N Ohyanagi, T Suzuki, T Togawa, K Ohno and H Sakuraba :
Binding parameters and thermodynamics of the interection of imino sugars with a recombinant human acid -α-glucosidase (alglucosidase alfa): Insight into the complex formation mechanism.,
Clinica Chimica Acta, Vol.391, No.1-2, 68-73, 2008.
(DOI: 10.1016/j.cca.2008.02.014,   PubMed: 18328816)
48.Daisuke Tsuji, Yukari Higashine, Kazuhiko Matsuoka, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Therapeutic evaluation of GM2 gangliosidoses by ELISA using anti-GM2 ganglioside antibodies.,
Clinica Chimica Acta, Vol.378, No.1-2, 38-41, 2007.
(DOI: 10.1016/j.cca.2006.10.010,   PubMed: 17196574)
49.Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Shugo Tsuda, Kouji Itou and Akira Otaka :
Synthesis of a stimulus-responsive processing device and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide,
ChemBioChem, Vol.8, No.16, 1929-1931, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111899,   DOI: 10.1002/cbic.200700442,   PubMed: 17899557)
50.H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, M Takashiba, Y Takaoka, M Ohsawa, Y Tajima, I Kawashima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, H Sakuraba and Y Jigami :
Production of Recombinant {beta}-Hexosaminidase A, a Potential Enzyme for Replacement Therapy for Tay-Sachs and Sandhoff Diseases, in the Methylotrophic Yeast Ogataea minuta.,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.73, No.15, 4805-4812, 2007.
(DOI: 10.1128/AEM.00463-07,   PubMed: 17557860)
51.Kouji Itou :
Recent advances in enzyme replacement therapy for lysosomal diseases,
Glycoscience Lab Manual, 2007.
(DOI: 10.1007/978-4-431-77922-3_53)
52.T Yoshihara, Y Kadota, Yoshiyuki Yoshimura, Y Tatano, N Takeuchi, H Okitsu, Atsushi Umemoto, Takashi Yamauchi and Kouji Itou :
Proteomic alteration in gastic adenocarcinomas from Japanese patients,
Molecular Cancer, Vol.5, No.75, 75, 2006.
(DOI: 10.1186/1476-4598-5-75,   PubMed: 17187689)
53.Yutaka Tatano, Naohiro Takeuchi, Jun Kuwahara, Hitoshi Sakuraba, Tsutomu Takahashi, Goro Takada and Kouji Itou :
Elastogenesis in cultured dermal fibroblasts from patients with lysosomal β-galactosidase, protective protein/cathepsin A and neuraminidase-1 deficiencies,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 103-112, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110794,   DOI: 10.2152/jmi.53.103,   PubMed: 16538002)
54.Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Yurie Satoh, Yoshito Kadota, Hirofumi Doi and Kouji Itou :
Prediction of the mechanism of action of omuralide (clasto-lactacystin β-lactone) on human cathepsin A based on a structural model of the yeast proteasome β5/PRE2-subunit/omuralide complex.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.8, 1372-1380, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bbapap.2006.05.008,   PubMed: 16870514)
55.Tomohiro Itakura, Aya Kuroki, Yasuhiro Ishibashi, Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine, Hitoshi Sakuraba, Shoji Yamanaka and Kouji Itou :
Inefficiency in GM2 ganglioside elimination by human lysosomal beta-hexosaminidase beta-subunit gene transfer to fibroblastic cell line derived from Sandhoff disease model mice.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.8, 1564-1569, 2006.
(DOI: 10.1248/bpb.29.1564,   PubMed: 16880605)
56.H. Sakuraba, M. Sawada, F. Matsuzawa, S. Aikawa, Y. Chiba, Y. Jigami and Kouji Itou :
Molecular pathologies of and enzyme replacement therapies for lysosomal diseases.,
Current Drug Targets. CNS and Neurological Disorders, Vol.5, No.4, 401-413, 2006.
(DOI: 10.2174/187152706777950738,   PubMed: 16918392)
57.Y Tatano, T Takahashi, Daisuke Tsuji, N Takeuchi, K Tsuta, G Takada, M Ohsawa, H Sakuraba and Kouji Itou :
Significant decrease in tropoelastin gene expression in fibroblasts from a Japanese Costello syndrome patient with impaired elastogenesis and enhanced proliferation.,
The Journal of Biochemistry, Vol.140, No.2, 193-200, 2006.
(DOI: 10.1093/jb/mvj146,   PubMed: 16829682)
58.Y Oheda, M Kotani, M Murata, H Sakuraba, Y Kadota, Y Tatano, Jun Kuwahara and Kouji Itou :
Elimination of abnormal sialylglycoproteins in fibroblasts with sialidosis and galactosialidosis by normal gene transfer and enzyme replacement,
Glycobiology, Vol.16, No.4, 271-280, 2006.
(DOI: 10.1093/glycob/cwj069,   PubMed: 16361247)
59.Hitoshi Sakuraba, Mai Murata-Ohsawa, Ikuo Kawashima, Youichi Tajima, Masaharu Kotani, Toshio Ohshima, Yasunori Chiba, Minako Takashiba, Yoshifumi Jigami, Tomoko Fukushige, Tamotsu Kanzaki and Kouji Itou :
Comparison of the effects of agalsidase alfa and agalsidase beta on cultured human Fabry fibroblasts and Fabry mice.,
Journal of Human Genetics, Vol.51, No.3, 180-188, 2006.
(DOI: 10.1007/s10038-005-0342-9,   PubMed: 16372133)
60.Mai Murata-Ohsawa, Masaharu Kotani, Youichi Tajima, Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Aya Kuroki, Kouji Itou, Kazuhiko Watabe, Kazunori Sango, Shoji Yamanaka and Hitoshi Sakuraba :
Establishment of immortalized Schwann cells from Sandhoff mice and corrective effect of recombinant human β-hexosaminidase A on the accumulated GM2 ganglioside.,
Journal of Human Genetics, Vol.50, No.9, 460-467, 2005.
(DOI: 10.1007/s10038-005-0278-0,   PubMed: 16180049)
61.Daisuke Tsuji, Aya Kuroki, Yasuhiro Ishibashi, Tomohiro Itakura and Kouji Itou :
Metabolic correction in microglia derived from Sandhoff disease model mice.,
Journal of Neurochemistry, Vol.94, No.6, 1631-1638, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2005.03317.x,   PubMed: 16092933)
62.Daisuke Tsuji, Aya Kuroki, Yasuhiro Ishibashi, Tomohiro Itakura, Jun Kuwahara, Shoji Yamanaka and Kouji Itou :
Specific induction of macrophage inflammatory protein 1-alpha in glial cells of Sandhoff disease model mice associated with accumulation of N-acetylhexosaminyl glycoconjugates.,
Journal of Neurochemistry, Vol.92, No.6, 1497-1507, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2005.02986.x,   PubMed: 15748167)
63.Kouhei Ishiwari, Masaharu Kotani, Minoru Suzuki, Elena Pumbo, Akemi Suzuki, Toshihide Kobayashi, Tamaki Ueno, Tomoko Fukushige, Tamotsu Kanzaki, Masato Imada, Kouji Itou, Shinji Akioka, Youichi Tajima and Hitoshi Sakuraba :
Clinical, biochemical, and cytochemical studies on a Japanese Salla disease case associated with a renal disorder.,
Journal of Human Genetics, Vol.49, No.12, 656-663, 2004.
(DOI: 10.1007/s10038-004-0203-y,   PubMed: 15635485)
64.Yurie Satoh, Yoshito Kadota, Yukako Oheda, Jun Kuwahara, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Hirofumi Doi, Takaaki Aoyagi, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Microbial serine carboxypeptidase inhibitors - comparative analysis of actions on homologous enzymes derived from man, yeast and wheat .,
The Journal of Antibiotics, Vol.57, No.5, 316-325, 2004.
(DOI: 10.7164/antibiotics.57.316,   PubMed: 15303492)
65.Kouji Itou, Yurie Satoh, Yoshito Kadota, Yukako Oheda, Jun Kuwahara, Michie Shimmoto and Sakuraba Hitoshi :
Expression of lysosomal protective protein/cathepsin A in a stably transformed human neuroblastoma cell line during bi-directional differentiation into neuronal and Schwannian cells.,
Neurochemistry International, Vol.44, No.6, 447-457, 2004.
(DOI: 10.1016/j.neuint.2003.07.001,   PubMed: 14687610)
66.Midori Itoh, Jun Kuwahara, Kouji Itou, Yu-ichi Fukuda, Mikiko Kohya, Mitsuru Shindo and Kozo Shishido :
Apoptosis-inducing activity of synthetic intermediates of halichlorine.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.12, No.16, 2069-2072, 2002.
(DOI: 10.1016/S0960-894X(02)00373-6,   PubMed: 12127506)
67.Kouji Itou, Yasunori Naganawa, Fumiko Matuzawa, Seiichi Aikawa, Hirofumi Doi, Naokazu Sasagasako, Takeshi Yamada, Jun-ichi Kira, Takuro Kobayashi, Alexey V. Pshezhetsky and Hitoshi Sakuraba :
Novel missense mutaitions in the human lysosomal sialidase gene in sialidosis patients and prediction of structural alterations of mutant enzymes.,
Journal of Human Genetics, Vol.47, No.1, 29-37, 2002.
(DOI: 10.1007/s10038-002-8652-7,   PubMed: 11829139)
68.Yasunori Naganawa, Kouji Itou, Michie Shimmoto, Kyoko Takiguchi, Hirofumi Doi, Yuzuru Nishizawa, Takayoshi Kobayashi, Sachiko Kamei, Alexey V. Pshezhetsky, M. Potier and Hitoshi Sakuraba :
Molecular and structural studies of Japanese patients with sialidosis type 1.,
Journal of Human Genetics, Vol.45, No.4, 241-249, 2000.
(DOI: 10.1007/s100380070034,   PubMed: 10944856)
69.Kyoko Takiguchi, Kouji Itou, Michie Shimmoto, Pinar T. Ozand, Hirofumi Doi and Hitoshi Sakuraba :
Structural and functional study of K453E mutant protective protein/cathepsin A causing the late infantile form of galactosialidosis.,
Journal of Human Genetics, Vol.45, No.4, 200-206, 2000.
(DOI: 10.1007/s100380070027,   PubMed: 10944848)
70.Ryoichi Kase, Uwe Bierfreund, Andreas Klein, Thomas Kolter, Kouichi Utsumi, Kouji Itou, Konrad Sandhoff and Hitoshi Sakuraba :
Characterization of two α-galactosidase mutants (Q279E and R301Q) found in an atypical variant of Fabry disease.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1501, No.2-3, 227-235, 2000.
(DOI: 10.1016/S0925-4439(00)00024-7,   PubMed: 10838196)
71.Keiko Ohsugi, Keiko Kobayashi, Kouji Itou, Hitoshi Sakuraba and Noriko Sakuragawa :
Enzymatic corrections for cells derived from Fabry disease patients by a recombinant adenovirus vector.,
Journal of Human Genetics, Vol.45, No.1, 1-5, 2000.
(DOI: 10.1007/s100380050001,   PubMed: 10697955)
72.Kouji Itou, K Oyanagi, H. Takahashi, T. Sato, Y. Hashizume, M. Shimmoto and H. Sakuraba :
Abnormal distribution of endothelin-1 in the cerebellum affected by galactosialidosis.,
Annals of Neurology, Vol.47, No.1, 122-126, 2000.
(PubMed: 10632112)
73.Jun Kuwahara, Yasuo Watanabe, Takashi Kayasuga and Kouji Itou :
Zn finger and nuclear localization of transcription factor Sp1,
Nucleic Acids Symposium Series, No.44, 265-266, 2000.
(PubMed: 12903370,   Elsevier: Scopus)
74.Yasunori Naganawa, Kouji Itou, Michie Shimmoto, Sachiko Kamei, Kyoko Takiguchi, Hirofumi Doi and Hitoshi Sakuraba :
Stable expression of protective protein/cathepsin A-green fluorescent protein fusion genes in a fibroblastic cell line from a galactosialidosis patient.,
The Biochemical Journal, Vol.340, 467-474, 1999.
(PubMed: 10333491)
75.Osamu Sohma, Masashi Mizuguchi, Sachio Takashima, Akira Satake, Kouji Itou, Hitoshi Sakuraba, Yoshiyuki Suzuki and Kiyomitsu Oyanagi :
Expression of protective protein in human tissue.,
Pediatric Neurology, Vol.20, No.3, 210-214, 1999.
(DOI: 10.1016/S0887-8994(98)00151-9,   PubMed: 10207930)
76.H Sakuraba, Kouji Itou, M Shimmoto, K Utsumi, R Kase, Y Hashimoto, T Ozawa, Y Ohwada, G Imataka, M Eguchi, T Furukawa, U Schepers and K Sandhoff :
GM2 gangliosidosis AB variant: Clinical and biochemical studies of a Japanese patient .,
Neurology, Vol.52, No.2, 372-377, 1999.
(PubMed: 9932959)
77.Kouichi Utsumi, Kouji Itou, Ryoichi Kase, Michie Shimmoto, Naomasa Yamamoto, Yasuhiro Katagiri, Kenjiro Tanoue, Masaharu Kotani, Takashi Ozawa, Tomomasa Oguchi and Hitoshi Sakuraba :
Urinary excretion of the vitronectin receptor (integrin αvβ3) in patients with Fabry disease.,
Clinica Chimica Acta, Vol.279, No.1-2, 55-68, 1999.
(DOI: 10.1016/S0009-8981(98)00169-7,   PubMed: 10064118)
78.Kouji Itou, Yasunori Naganawa, Sachiko Kamei, Michie Shimmoto and Hitoshi Sakuraba :
Stabilizing effect of lysosomal β-galactosidase on the catalytic activity of protective protein/cathepsin A secreted by human platelets.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.253, No.2, 228-234, 1998.
(DOI: 10.1006/bbrc.1998.9696,   PubMed: 9878520,   Elsevier: Scopus)
79.Kouji Itou, Michie Shimmoto, Kouichi Utsumi, Nobuyuki Mizoguchi, Norio Miharu, Koso Ohama and Hitoshi Sakuraba :
Protective protein/cathepsin A loss in cultured cells derived from an early-infantile form of galactosialidosis patients homozygous for the A1184-G transition (Y395C mutation).,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.247, No.1, 12-17, 1998.
(DOI: 10.1006/bbrc.1998.8659,   PubMed: 9636645,   Elsevier: Scopus)
80.Ryoichi Kase, Michie Shimmoto, Kouji Itou, Kouichi Utsumi, Masaharu Kotani, Choji Taya, Hiromichi Yonekawa and Hitoshi Sakuraba :
Immunohistochemical characterization of transgenic mice highly expressing human lysosomal α-galactosidase.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1406, No.3, 260-266, 1998.
(DOI: 10.1016/S0925-4439(98)00012-X,   PubMed: 9630664)
81.A. Hara, Eiichiro Uyama, M. Uchino, Michie Shimmoto, K. Utsumi, Kouji Itou, Ryoichi Kase, M. Naito, E. Sugiyama, T. Taketomi, K. Sukegawa and H. Sakuraba :
Adult Sandhoff disease: R505Q and I207V substitutions in the HEXB gene of the first Japanese case.,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.155, No.1, 86-91, 1998.
82.Toshika Okumiya, O. Kawamura, Kouji Itou, R. Kase, S. Ishi, S. Kamei and H. Sakuraba :
Novel missence mutation (M72V) of α-galactosidase gene and its expression product in an atypical Fabry hemizygote.,
Human Mutation, Vol.Suppl 1, S213-S216, 1998.
(DOI: 10.1002/humu.1380110169,   PubMed: 9452090,   Elsevier: Scopus)
83.Michie Shimmoto, Ryoichi Kase, Kouji Itou, Kouichi Utsumi, Satoshi Ishii, Choji Taya, Hiromichi Yonekawa and Hitoshi Sakuraba :
Generation and characterization of transgenic mouse expressing a human mutant α-galactosidase with an R301Q substitution causing a variant form of Fabry disease.,
FEBS Letters, Vol.417, No.1, 89-91, 1997.
84.Kouji Itou, Norio Miharu, Koso Ohama, Nobuyuki Mizoguchi, Nobuo Sakura and Hitoshi Sakuraba :
Fetal diagnosis of galactosialidosis (protective protein/cathepsin A deficiency).,
Clinica Chimica Acta, Vol.266, No.2, 75-82, 1997.
(DOI: 10.1016/S0009-8981(97)00141-1,   PubMed: 9437536)
85.Hitoshi Sakuraba, Kouji Itou, Yoko Kuroki, Ryoichi Kase, Michie Shimmoto, Kouichi Utsumi, Hideki Ozawa, Tadashi Tai, Akio Hara and Eiichiro Uyama :
Immunocytochemical detection of accumulated substrates in cultured fibroblasts from patients with the infantile and adult forms of Sandhoff disease.,
Clinica Chimica Acta, Vol.265, No.2, 263-266, 1997.
(DOI: 10.1016/S0009-8981(97)00143-5,   PubMed: 9385467)
86.Hideki Ozawa, Katsuko Yamashita, Hitoshi Sakuraba, Kouji Itou, Ryoichi Kase and Tadashi Tai :
Generation and characterization of mouse monoclonal antibodies specific for N-linked neutral oligosaccharides of glycoproteins.,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.342, No.1, 48-57, 1997.
87.Tomoyo Takata, Toshika Okumiya, Hidemasa Hayashibe, Michie Shimmoto, Ryoichi Kase, Kouji Itou, Koichi Utsumi, Sachiko Karnei and Hitoshi Sakuraba :
Screening and detection of gene mutations in Japanese patients with Fabry disease by single-stranded conformation polymorphism analysis.,
Brain & Development, Vol.19, No.2, 111-116, 1997.
(DOI: 10.1016/S0387-7604(96)00486-X,   PubMed: 9105656)
88.Nobuaki Takiyama, Kouji Itou, Michie Shimmoto, Junji Nishimoto, Koji Inui, Hitoshi Sakuraba and Yoshiyuki Suzuki :
Molecular form and subcellular distribution of acid β-galactosidase in fibroblasts from patients with Morquio B disease and galactosialidosis.,
Brain & Development, Vol.19, No.2, 126-130, 1997.
(DOI: 10.1016/S0387-7604(96)00494-9,   PubMed: 9105659)
89.O. Kawamura, H. Sakuraba, Kouji Itou, Y. Suzuki, M. Doi, H. Kuwabara, S. Oshima, S. Abe, H. Warabi and N. Yoshizawa :
Subclinical Fabry's disease occuring in the context of IgA nephropathy.,
Clinical Nephrology, Vol.47, No.2, 71-75, 1997.
(PubMed: 9049452)
90.Ryoichi Kase, Uwe Bierfreund, Andreas Klein, Thomas Kolter, Kouji Itou, Suzuki Minoru, Yasuhiro Hashimoto, Konrad Sandhoff and Hitoshi Sakuraba :
Only sphingolipid activator protein B (SAP-B or saposin B) stimulates the degradation of globotriaosylceramide by recombinant human lysosomal α-galactosidase in a detergent-free liposomal system.,
FEBS Letters, Vol.393, No.1, 74-76, 1996.
91.Reiko Minamikawa-Tachino, Yuji Maeda, Issei Fujishiro, Kouji Itou, Akira Satake, Shigeki Aoki, Hideo Yamada, Yoshiyuki Suzuki and Hitoshi Sakuraba :
Three-dimensional brain visualization for metachromatic leukodystrophy.,
Brain & Development, Vol.18, No.5, 394-399, 1996.
(DOI: 10.1016/0387-7604(96)00040-X,   PubMed: 8891235)
92.Kouji Itou, T. Takenaka, S. Nakao, M. Setoguchi, H. Tanaka, T. Suzuki and H. Sakuraba :
Immunofluorescence analysis of globotriaosylceramide accumulated in the hearts of variant hemizygotes and heterozygotes with Fabry disease.,
The American Journal of Cardiology, Vol.78, No.1, 116-117, 1996.
93.Michie Shimmoto, Yutaka Nakahori, Ikumi Matsushita, Toshikatsu Shinka, Yoko Kuroki, Kouji Itou and Hitoshi Sakuraba :
A human protective protein gene partially overlaps the gene encoding phopholipid transfer protein on the complementary strand of DNA,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.220, No.3, 802-806, 1996.
94.M. Fukushima, Y. Tsutiyama, T. Nakato, T. Yokoi, H. Ikeda, S. Yoshida, T. Kusumoto, Kouji Itou and H. Sakuraba :
A female heterozygous patient of Fabry's disease with renal accumulation of trihexosylceramide detected with a monoclonal antibody.,
American journal of kidney diseases, Vol.26, No.6, 952-955, 1995.
95.Yoko Kuroki, Kouji Itou, Yoko Nadaoka, Tsukasa Tanaka and Hitoshi Sakuraba :
A novel missense mutation (C522Y) is present in the β-hexosaminidase β-subunit gene of a Japanese patient with infantile Sandhoff disease.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.212, No.2, 564-571, 1995.
96.Kouji Itou, Ryoichi Kase, Michie Shimmoto, Akira Satake, Hitoshi Sakuraba and Yoshiyuki Suzuki :
Protective protein as an endogenous endothelin degradation enzyme in human tissues.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.270, No.2, 515-518, 1995.
97.A. Satake, Kouji Itou, M. Shimmoto, C. T. Saido, H. Sakuraba and Y. Suzuki :
Distribution of lysosomal protective protein in human tissues.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.205, No.1, 38-43, 1994.
98.Akihiko Tsuji, Ryoichi Oda, Kohji Sakiyama, Hideaki Nagamune, Kouji Itou, Ryoichi Kase, Hitoshi Sakuraba, Yoshiyuki Suzuki and Yoshiko Matsuda :
Lysosomal enzyme replacement using α2-macroglobulin as a transport vehicle,
The Journal of Biochemistry, Vol.115, No.5, 937-944, 1994.
99.Masaharu Kotani, Hiroshi Hosoya, Kouji Itou, Hitoshi Sakuraba, Masashi Kusubata, Masaki Inagaki, Kazumori Yazaki, Yoshiyuki Suzuki and Tadashi Tai :
Evidence for direct binding of intracellularly distributed ganglioside GM2 to isolated vimentin intermediate filaments in normal and Tay-Sachs disease human fibroblasts.,
Cell Structure and Function, Vol.19, No.2, 81-87, 1994.
100.Akihiro Oshima, Kunihiro Yoshida, Kouji Itou, Ryoichi Kase, Hitoshi Sakuraba and Yoshiyuki Suzuki :
Intracellular processing and maturation of mutant gene products in hereditary β-galactosidase deficiency (β-galactosidosis).,
Human Genetics, Vol.93, No.2, 109-114, 1994.
101.Kouji Itou, M. Kotani, T. Tai, H. Suzuki, T. Utsunomiya, M. Inoue, H. Yamada, H. Sakuraba and Y. Suzuki :
Immunofluorescence imaging diagnosis of Fabry heterozygotes using a confocal laser scanning microscopy.,
Clinical genetics, Vol.36, 171-177, 1993.
102.H. Sakuraba, Kouji Itou, M. Kotani, T. Tai, H. Yamada, K. Kurosawa, Y. Kuroki, H. Suzuki, T. Utsunomiya, H. Inoue and Y. Suzuki :
Prenatal diagnosis of GM2-gangliosidosis: immunofluorescence analysis of ganglioside GM2 in cultured amniocytes by confocal laser scanning microscopy.,
Brain & development., Vol.15, No.4, 278-282, 1993.
103.N. Takiyama, Kouji Itou, A. Oshima, H. Sakuraba and Y. Suzuki :
Characterization of an anti-β-galactosidase antibody recognizing a precursor but not a mature enzyme in solution.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.193, No.2, 1993.
104.Michie Shimmoto, Yukiko Fukuhara, Kouji Itou, Akihiro Oshima, Hitoshi Sakuraba and Yoshiyuki Suzuki :
Protective protein gene mutations in galactosialidosis.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.91, 2393-2398, 1993.
105.Kouji Itou, Nobuaki Takiyama, Ryoichi Kase, Keiji Kondoh, Akira Sano, Akihiro Oshima, Hitoshi Sakuraba and Yoshiyuki Suzuki :
Purification and characterization of human lysosomal protective protein expressed in stably transformed Chinese hamster ovary cells.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, 1180-1186, 1993.

学術論文(紀要・その他):

1.Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka :
Preparation of protein thioesters enabled by carboxypeptidase-mediated C-terminal specific hydrazinolysis,
Peptide Science 2018, 8, 2019.
2.Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Takuya Morisaki, Yusuke Tsuda, Rin Miyajima, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of methodology for producing thioesters from naturally occurring peptide sequence,
Peptide Science 2017, 86-87, 2018.
3.Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of N-sulfanyltehylanilide (SEAlide)-based traceable linker for enrichment and selective labeling of target proteins,
Peptide Science 2016 [PRESTO], 179-181, 2017.
4.Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka :
Second-generation synthetic strategy of GM2-activator protein (GM2AP) analogues applicable to the preparation of a protein library,
EPS Proceedings 2016, 63, 2016.
5.Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
N-Sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent,
Peptides Across The Pacific, Proceedings of the Twenty-Third American and Sixth International Peptide Symposium, 242-243, 2013.
6.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry,
Peptide Science 2012, Vol.2012, 13-14, 2013.
(CiNii: 10031161530)
7.Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Shugo Tsuda, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of stimulus-responsive amino acid with peptide bond-cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide,
Peptide Science 2007, Vol.2007, 97-98, 2008.
(CiNii: 10021906680)

総説・解説:

1.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 日高 朋, 辻 大輔, 真板 宣夫 :
組換えカイコ繭由来ライソゾーム病治療薬の開発,
YAKUGAKU ZASSHI, Vol.138, No.7, 855-893, 2018年7月.
2.関水 和久, 伊藤 孝司 :
カイコ創薬プラットフォーム構築から新蚕業革命へ,
YAKUGAKU ZASSHI, Vol.138, No.7, 861-862, 2018年7月.
3.伊藤 孝司 :
先天性糖鎖異常 リソソーム病,
未来を創るグライコサイエンスー我が国のロードマップー, 119-120, 2018年5月.
4.辻 大輔, 伊藤 孝司 :
リソソームの生理機能制御とリソソーム病における異常,
生化学, Vol.90, No.1, 60-68, 2018年2月.
(DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2018.900060,   Elsevier: Scopus)
5.伊藤 孝司 :
遺組換えカイコによるバイオ医薬品開発,
アグリバイオ, Vol.1, No.6, 13-17, 2017年6月.
6.津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発,
ケミカルバイオロジー, Vol.9, 7-10, 2016年6月.
7.Kouji Itou, Kobayashi Isao, Nishioka So-ichiro, Sezutsu Hideki, Machii Hiroaki and Tamura Toshiki :
Recent progress in development of transgenic silkworms overexpressing recombinant human proteins with therapeutic potential in silk glands,
Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.10, No.1, 34-39, Feb. 2016.
(DOI: 10.5582/ddt.2016.01024)
8.重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
刺激応答型アミノ酸を利用した核-細胞質シャトルペプチドの開発,
ケミカルバイオロジー, Vol.1, No.1, 7-10, 2008年5月.
9.辻 大輔, 伊藤 孝司 :
リソソーム病の分子病理と治療ターゲット,
生化学, Vol.79, No.7, 678-682, 2007年7月.
(PubMed: 17763701,   CiNii: 10019730160)
10.Kouji Itou :
Neurochemical aspects of Sandhoff disease,
Neurochemistry of Metabolic Diseases-Lysosomal storage diseases, phenylketonuria and Canavan disease, 55-82, 2007.
11.伊藤 孝司 :
細胞の構造とオルガネラ「リソソーム蓄積症」,
生物薬科学実験講座, 2007年.
12.伊藤 孝司, 辻 大輔, 櫻庭 均 :
Sandhoff病モデルマウスから樹立されたオリゴデンドロサイトおよびシュワン細胞株における蓄積複合糖質の解析,
生体の科学, Vol.57, No.3, 224-228, 2006年6月.
13.伊藤 孝司 :
リソソーム病の酵素補充療法に関する最近の進歩,
未来を拓く糖鎖科学, 271-272, 2005年11月.
14.桜庭 均, 伊藤 孝司 :
リソソーム性ノイラミニダーゼ(ノイラミニダーゼ-1),
日本臨床増刊号「生化学的検査 I」, Vol.62, 517-520, 2004年.
15.伊藤 孝司 :
保護タンパク質/カテプシンAおよびリソソーム性シアリダーゼと遺伝性代謝異常症,
生化学, Vol.72, 1160-1164, 2000年.
16.伊藤 孝司, 新本 美智枝, 桜庭 均 :
ガラクトシアリドーシス,
別冊 日本臨床「先天代謝異常症候群」ー遺伝子解析の進歩と成果ー, Vol.19, 407-410, 1996年.
17.伊藤 孝司, 新本 美智枝, 桜庭 均 :
ガラクトシアリドーシスの遺伝子解析と分子病理,
病理と臨床「病理診断と分子生物学・遺伝学」, Vol.14, 34-37, 1996年.
18.桜場 均, 石井 達, 加瀬 良一, 伊藤 孝司, 奥宮 敏可, 辻 明彦, 佐藤 能雅 :
遺伝性代謝病:病因解明と治療法開発への分子遺伝学的アプローチ,
小児科診療, Vol.59, No.5, 821-828, 1996年.
19.伊藤 孝司 :
レーザースキャン共焦点画像解析システムによる糖脂質の分析,
日本臨牀, Vol.53, No.12, 3095-3101, 1995年.
20.伊藤 孝司, 桜庭 均 :
保護タンパク質-ライソゾーム酵素の保護作用を示す多機能性糖タンパク質,
生体の科学, Vol.46, No.3, 230-234, 1995年.
21.桜庭 均, 石井 達, 加瀬 良一, 伊藤 孝司, 奥宮 敏可, 竹中 俊宏 :
ファブリー病の分子遺伝学,
神経内科, Vol.41, No.55, 437-445, 1994年.
22.桜庭 均, 伊藤 孝司 :
ガラクトシアリドーシスと保護蛋白質,
Molecular Medicine, Vol.30, 643-644, 1993年.
23.桜庭 均, 伊藤 孝司, 新本 美智枝 :
多機能性保護タンパク質とその遺伝性欠損症'ガラクトシアリドーシス',
生化学, Vol.65, 561-566, 1993年.
24.伊藤 孝司, 桜庭 均 :
リソソームにおける複合糖質の分解と疾患,
蛋白質 核酸 酵素, Vol.37, 1951-1956, 1992年.

国際会議:

1.Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka :
Preparation of protein thioesters enabled by carboxypeptidase-mediated C-terminal specific hydrazinolysis,
10th International Peptide Symposium, Kyoto, Dec. 2018.
2.Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
The 43rd FEBS Congress, Praha, Jul. 2018.
3.Tsukimoto Jun and Kouji Itou :
Expression and cheracterization of human neuraminidase 4 (NEU4) in culture systems,
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System., Korea Seoul(Korea Univ.), Sep. 2017.
4.Uno MIchel Shintaro, Daisuke Tsuji, Watanabe Ryosuke, Tanaka Hiroki, Ballabio Andrea and Kouji Itou :
Tfeb-mediated neuro-protection in Sandhoff disease model mouse brain,
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System., Korea Seoul(Korea Univ.), Sep. 2017.
5.Tanaka Hiroki, Daisuke Tsuji, Watanabe Ryosuke, Shintaroh Michael Uno and Kouji Itou :
Impairment of autophagosome-lysosome fusion in lysosomal storage didorders,
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System., Korea Seoul(Korea Univ.), Sep. 2017.
6.Daisuke Tsuji, Watanabe Ryosuke, Tanaka Hiroki, Shintaroh Michael Uno and Kouji Itou :
Mecheanism of neuronal cell death in Tay-Sachs disease iPS model,
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System., Korea Seoul(Korea Univ.), Sep. 2017.
7.Kouji Itou, Tanaka Yuhki, Hidaka Tomo, Horii Yuhto, Nishioka So-ichiro, Daisuke Tsuji, Prioni Simona, Cabitta Livia, Prinetti Alessandro, Sonnino Sandro, Isao Kobayashi, Megumi Sumitani and Hideki Sezutsu :
Neuropathogenesis of murine disease model with cmnined defiencies of lysosomal cathepsinA (Ctsa) and neuraminidase-1 (Neu1) and therapeutic approach.,
1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System., Korea Seoul(Korea Univ.), Sep. 2017.
8.渡邊 綾佑 and Kouji Itou :
Lysoglycosphingolipids Induce Neuronal Cell Death via Pl3K/Akt Signaling.,
24th International Symposium On Glycoconjugates, ICC Jeju(Jeju Island,Korea), Aug. 2017.
9.Kouji Itou :
"Neo-glycoenzymes" produced by utilizing transglycosylation activity of endoglycosidases and synthetic N-lysosomal storage diseases.,
24th International Symposium On Glycoconjugates, ICC Jeju(Jeju Island,Korea), Aug. 2017.
10.Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of N-Sulfanylethylanilide-based Traceable Linker for Purification and Selective Labeling of Target Proteins,
American Peptide Symposium 2017, Whistler, BC, Canada, Jun. 2017.
11.Kouji Itou, Isao Kobayashi, So-ichiro Nishioka, Tomo Hidaka, Daisuke Tsuji and Hideki Sezutsu :
A transgenic silkworm overexpressing human lysosomal enzyme as a novel resource for producing recombinant glycobiologicsand its application to development of enzyme replacement therapy for lysosomal storage diseases.,
13th Annual WORLD Symposium 2017, San Diego, CA, USA(Manchester Grand Hyatt), Feb. 2017.
12.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA,
2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016.
13.Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka :
Second-Generation Synthetic Strategy of GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library,
34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016.
14.Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of Chemistry-based Protocol for Sequence-dependent Thioesterification,
American Peptide Symposium 2015, Florida, Jun. 2015.
15.Daisuke Tsuji, Spampanato Carmine, Sambri Irene, Fraldi Alessandro, Kouji Itou and Ballabio Andrea :
Analysis of endogenous TFEB expression and distribution in LSD model mice,
Gordon Research Conference, USA,Texas,Galveston(Hotel Galvez), Mar. 2015.
16.Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Ayako Tanimura, Hiroko Hagita, Yoshihiro Touda, Shoji Kagami, Kenji Mori, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Takafumi Noma :
Gaucher disease caused by possible atypical mechanism,
Gordon Research Conference, USA,Texas,Galveston(Hotel Galvez), Mar. 2015.
17.Kitakaze Keisuke, Tasaki Chikako, Mizutani Yasumichi, Sugiyama Eiji, Mariko Ikuo, kamiya Mako, Setou Mitsutoshi, Urano Yasuteru and Kouji Itou :
Development of protease-resisitant modified human beta-hexosaminidase B and evaluation of intracerebroventricular replacement effects on GM2 gangliosidosis model mice.,
The 11th Annual World Symposium 2015, Orland,Florida,USA, Feb. 2015.
18.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Synthetic study of GM2 activator protein using N-sulfanylethylanilide peptide,
The 33rd European Peptide Symposium, Sofia, Aug. 2014.
19.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Mariko Ikuo, Kitakaze Keisuke, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Urano Yasuteru, Sugiyama Eiji, Setou Mitsutoshi, Yuzaki Michisuke and Sakuraba Hitoshi :
Molecular therapy and evaluation for neurodegenerative GM2 gangliosidoses,
New Frontier of Molecular Neuropathology 2014, Tokyo, Mar. 2014.
20.Kitakaze Keisuke, Asanuma Daisuke, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Daisuke Tsuji, Mariko Ikuo, Urano Yasuteru, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou :
Replacement Effects of Human Modified Lysosomal β-Hexosaminidase B on Tay-Sachs and Sandhoff Disease Models and Imaging with Novel pH-activatable Fluorescent Probes imaging of endocytosed lysosomal enzymes with pH-activatable fluorescent probe and evaluation of enzyme replacement effects on lysosomal storage diseases.,
The 10th Annual World Symposium 2014, SanDiego, CA, USA, Feb. 2014.
21.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Mariko Ikuo, Keisuke Kitakaze, So-ichirou Nishioka, Izumi Imataki, Saeka Yamaguchi, Yasunori Chiba, Hitoshi Sakuraba, Isao Kobayashi, Hideki Sezutsu and Hiroaki Machii :
Establishment of patient-derived iPS cells with neurodegenerative lysosomal storage diseases and application for evaluating lysosomal enzyme replacement effects on differentiated neural cells.,
The IUBMB 10th International Symposium on Cell Surface Macromolecules, India,Kolkata, Jan. 2014.
22.Kitakaze Keisuke, Mariko Ikuo, Sugiyama Eiji, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Setou Mitsutoshi, Urano Yasuteru, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou :
Imaging of lysosomal enzyme replacement effects with a novel fluorescent probe and imaging mass spectrometry.,
International Symposium on Glyco-Neuroscience, Hyogo Prefecture, Jan. 2014.
23.Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura, Keisuke Kitakaze, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of chemical protocol for preparation of peptide/protein thioesters applicable to naturally occurring sequences,
17th KPPS Annual Symposium, Seoul, Nov. 2013.
24.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Kentarou Namba, Saeka Yamaguchi, Keisuke Kitakaze, Izumi Imataki, Naozumi Ishimaru and Hitoshi Sakuraba :
Establishment of Human Cell Culture Systems Induced from iPS Cells Derived from Tay-Sachs Disease Patient for Drug Discovery.,
The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases(JSIMD), Chiba, Nov. 2013.
25.Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of efficient synthetic method for N-amino acyl N-sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent,
23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
26.Kitakaze Keisuke, Daisuke Tsuji, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Urano Yasuteru, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou :
Evaluation of enzyme replacement effect and development of purified system to obtain recombinant lysosomal enzyme with M6P-type glycan.,
Gordon Research Conference 2013 Lysosomal Diseases, Italy,Lucca(Barga), Apr. 2013.
27.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, So-ichirou Nishioka, Syunsuke Ikedo, Tetuya Higashi, I Kobayashi, H Sezutsu, A Ishii, K. Harazono, M. Tada, Nana Kawasaki and Hiroaki Machii :
Molecular properties of recombinant human lysosomal enzyme produced by transgenic silkworm and therapeutic potential for lysosomal storage disease.,
Gordon Research Conference 2013 Lysosomal Diseases, Italy,Lucca (Barga), Apr. 2013.
28.T Harada, Shuji Ozaki, A Oda, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Hirofumi Shibata, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ri, S Iida, Y Shiotsu, S Kawai, H Yamada-Okabe and Toshio Matsumoto :
Combination Therapy of a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody Plus Lenalidomide Induces Marked Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Inhibits the Clonogenic Potential of Myeloma Cancer Stem-Like Cells.,
54th ASH Annual Meeting and Exposition, USA, Atlanta, Dec. 2012.
29.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide peptide-mediated one-pot multi-fragment condensation,
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012.
30.Kouji Itou, Nishioka So-ichiro, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Kobayashi Isao, Sezutsu Hideki, Harazono Kei, Ishii Akiko, Kawasaki Nana and Machii Hiroaki :
Transgenic silkworm as a novel therapeutic glycoenzyme resource for lysosomal storage diseases,
21st International Symposium on Glycoconjugates, Madrid, Spain, Jul. 2012.
31.Kouji Itou, Nishioka So-ichiro, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Kobayashi Isao, Sezutsu Hideki, Harazono Kei, Ishii Akiko, Kawasaki Nana and Machii Hiroaki :
Vital imaging of endocytosed lysosomal enzymes with pH-activatable fluorescent probe and evaluation of enzyme replacement effects on lysosomal storage diseases.,
Gordon Research Conference 2012, NH, USA, Jun. 2012.
32.Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Tkatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Human Neuraminidase -LERE-QSAR (2),
The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Fukuoka, Feb. 2012.
33.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Kazuhiko Matsuoka, Soichiro Nishioka, Ikuo Kawashima, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Takao Taki, Hitoshi Sakuraba, Isao Kobayashi, Hideki Sezutsu, Toshiki Tamura and Hiroaki Machii :
Novel therapeutic glycoenzyme resources for lysosomal storage diseases,
21st International Symposium on Glycoconjugates, Vienna, Austria, Aug. 2011.
34.Daisuke Tsuji, Masahiro Toyoshima and Kouji Itou :
Protein kinaseC regulate morphology of microglia derived from Sandhoff disease model mice,
21st International Symposium on Glycoconjugates, Vienna, Austria, Aug. 2011.
35.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Akeboshi Hiromi, Matsuoka Kazuhiko, Kawashima kuo, Chiba Yasunori, Jigami Yoshifumi, Taki Takao and Sakuraba Hitoshi :
Brain-directed enzyme replacement therapy for lysosomal storage diseases.,
Kerala,India, Jan. 2011.
36.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Kazuhiko Matsuoka, Ikuo Kawashima, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Hitoshi Sakuraba, Isao Kobayashi, Hideki Sezutsu and Hiroaki Machii :
Brain-directed enzyme replacement therapy for lysosomal storage diseases,
IXth International Symposium on Biochemical Roles of Eukaryotic Cell Surface Macromolecules, Kerala, India, Jan. 2011.
37.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Hiromi Akeboshi, Kazuhiko Matsuoka, Ikuo Kawashima, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Takao Taki and Hitoshi Sakuraba :
Intracerebroventricular enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis,
Gordon Research Conference on Lysosomal Diseases 2011, TX, USA, Jan. 2011.
38.Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Eri Kori, Hiroshi Matoba, Satoshi Kitao, Rahman Md. Motiur, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Molecular Modeling of Human Neuraminidase-1 -Structure-Activity Relation of Sialic Acid Analogs against Neuraminidases as Validation of Modeling-,
Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium (AHeDD)2010, Seoul, Dec. 2010.
39.Kouji Itou, Takatsugu Hirokawa, Satoshi Kitao, Daisuke Tsuji, Isao Kobayashi, Hideki Sezutsu, Hiroaki Mchii, Toshiki Tamura, Shin-ichi Nakakita and Jun Hirabayashi :
Production and Characterization of Recombinant Human Cathepsin A Purified from Silk Gland of Genetically Engineered Silkworm,
ICS2010, Chiba, Aug. 2010.
40.Daisuke Tsuji, T Koyama, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Kouji Itou :
Lycorine induces differentiation from embryonic stem cells into PSA-NCAM-positive cells,
ICS2010, Chiba, Aug. 2010.
41.Kazuhiko Matsuoka, Tomomi Tamura, Daisuke Tsuji, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Functional alteration of human beta-hexosaminidase B for enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidoses,
Glyco-20, Puerto Rico, USA, Dec. 2009.
42.Kouji Itou, Kazuhiko Matsuoka, Daisuke Tsuji, Ikuo Kawashima, Hiromi Akeboshi, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami and Hitoshi Sakuraba :
Therapeutic approaches for Tay-Sachs and Sandhoff disease models with recombinant human lysosomal beta-hexosaminidase,
Glyco-20, Puerto Rico, USA, Dec. 2009.
43.Akishige Ikegame, Shuji Ozaki, Daisuke Tsuji, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Ayako Nakano, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Ken-ichiro Yata, Masahiro Abe, Kouji Itou and Toshio Matsumoto :
A recombinant HLA class I-specifi single-chain Fv diabody can target cancer stem cell-like side population cells in multiple myeloma,
51th Annual Meeting of the American Society of Hematolog, New Orleans, Louisiana, USA, Dec. 2009.
44.Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Yoshito Kadota, Yasushi Horikawa, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Expression and Molecular Dynamics Studies on Effect of Amino Acid Substitutions at Arg344 in Human Cathepsin A,
The Second French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry 2009, Nishinomiya, Nov. 2009.
45.Akira Otaka, Akira Shigenaga, Naomi Nishioka, Daisuke Tsuji and Kouji Itou :
Cleavage of peptide bonds for the preparation of functional peptides,
The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
46.Nunuk Puwanti, Daisuke Tsuji, Azlina Ahmad, Mileva Ratko Karabasil, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
Alterations of AQP5, cellular markers of duct, and Sca-1 expression in the duct-ligated mouse submandibular gland,
The 5th International Conference of Aquaporin, Nara, Jul. 2007.
47.Kouji Itou, K Matsuoka, Daisuke Tsuji, S Aikawa, F Matsuzawa, H Akeboshi, Y Chiba, Y Jigami and H Sakuraba :
Molecular design of superfunctional human b-hexosaminidase A forenzyme replacement therapy of Tay-Sachs disease and Sandhoff disease,
Glyco-19, Cairns, Jul. 2007.
48.Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine, Hiroko Yasuoka, Yukiko Hirose and Kouji Itou :
Establishment of glial cell lines derived from Sandhoff disease model mice,
Glyco-19, Cairns, Jul. 2007.
49.Nunuk Purwanti, Daisuke Tsuji, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
Changes of cellular markers of duct/acinni and side populations in the duct-ligated mouse submandibular gland,
The 1st International Symposium and Workshop, Awaji, Mar. 2007.
50.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Hiroko Yasuoka and Kazuhiko Matsuoka :
Induction of neurons from mesenchymal stem cells of Sandhoff disease model mice,
Glycobiology and Sphingobiology 2007, Tokushima, Feb. 2007.
51.Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine and Kouji Itou :
Characterization of glial cell lines established from Sandhoff disease model mice,
Glycobiology and Sphingobiology 2007, Tokushima, Feb. 2007.
52.H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, M Takashiba, Y Takaoka, M Ohsawa, I Kawashima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, H Sakuraba and Y Jigami :
Production of recombinant β-hexosaminidase A that is applicable to enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis, in methylotrophic yeast,
Society for Glycobiology 2006, Los Angels, Nov. 2006.
53.Nunuk Purwanti, Daisuke Tsuji, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
The expression of cellular markers of duct/acini and side population dynamics in the duct-ligated mouse submandibular gland.,
3rd International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki, Oct. 2006.
54.Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Effects of R344-Residue substitutions on intracellular Processing and Protective Function of Human Lysosomal Protective Protein/Cathepsin A,
Sialoglycoscience 2006(Fifth International Conference, Mishima, Japan), Shizuoka, Aug. 2006.
55.Kouji Itou, Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba, Tadashi Satoh and Souichi Wakatsuki :
Predicted Molecular Interaction between Human Lysosomal Sialidase (Neuraminidase 1) and Protective Protein/Cathepsin A,
Sialoglycoscience 2006(Fifth International Conference, Mishima, Japan), Shizuoka, Aug. 2006.
56.Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Effects of Amino Acid Substitutions on Intracellular Processing and Protective Function of Human Cathepsin A Revealed on Structural Modeling,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
57.H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, Y Takaoka, M Takashiba, Kouji Itou and Y Jigami :
Purification and characterization of recombinant human β-hexosaminidaseA produced in methylotrophic yeast.,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
58.Yutaka Tatano, Kohji Tsuta, Reiko Fujinawa, Harumi Yamamoto, Yasunori Kozutsumi, Naohiro Takeuchi, Mai Murata, Hitoshi Sakuraba, Tsutomu Takahashi, Goro Takada and Kouji Itou :
Up-regulation of chemokine and cytokine expression in skin fibroblasts derived from a Costello syndrome case with impaired elastogenesis.,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
59.Shunsuke Izaki, Masashi Takano, Yoshito Kadota, Takashi Yamauchi, Atsushi Umemoto, Toshinori Oka and Kouji Itou :
Glycoproteomic alteration in gastric and colorectal adenocarcinomas detected on lectin blotting.,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
60.Yasuhiro Ishibashi, Kazuhiko Matsuoka, Daisuke Tsuji and Kouji Itou :
Development of a novel selection method for cell lines highly expressing a glycosidase composed of two subunits.,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
61.Eri Kawashita, Aya Kuroki, Fumiko Matsuzawa, Seiichi Aikawa, Daisuke Tsuji, Kazuhiko Matsuoka, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Functional Alteration of Human-Murine Chimeric Lysosomal beta-Hexosaminidase A through Homology Modeling,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
62.Daisuke Tsuji, Naohiro Kuga, Mai Murata, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Analysis of glycoconjugates accumulated in oligodendrocyte precursor cells and Schwann cells derived from Sandhoff disease model mice,
IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
63.Kouji Itou, Daisuke Tsuji, A Kuroki and Y Ishibashi :
Metabolic correction in the CNS cell lines derived from Sandhoff disease model mice,
GLYCO XVIII, Florence, Italy, Sep. 2005.
64.Daisuke Tsuji, Aya Kuroki, Yasuhiro Ishibashi and Kouji Itou :
Specific Induction of Macrophage Inflammatory Proteinn 1-Alpha in the Brain Regions of Sandhoff Disease Model Mice,
US/JAPAN GLYCO 2004, Honolulu, Nov. 2004.
65.Kouji Itou, Aya Kuroki, Fumiko Matsuzawa, Sei-ichi Aikawa, Yasuhiro Ishibashi, Daisuke Tsuji, Hitoshi Sakuraba and Hirofumi Doi :
Species-specific Interaction between Human and Murine Lysosomal Beta-Hexosaminidase A Subunits for GM2 Ganglioside Degradation,
US/JAPAN GLYCO 2004, Honolulu, Nov. 2004.

国内講演発表:

1.月本 準, 堀井 雄登, 西岡 宗一郎, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ1の細胞内結晶化抑制とNEU1欠損症治療への応用,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
2.堀井 雄登, 伊藤 孝司 :
ガラクトシアリドーシスモデルに対するCHO由来組換えヒトCTSA前駆体の治療効果,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
3.北口 眞大, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるミクログリア極性及び極性転換機構の解析,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
4.田中 裕大, 辻 大輔, 大西 恭弥, 眞継 毅, 寺本 日路美, 中江 隆豊, 伊藤 孝司 :
リソソーム性分解酵素の遺伝的欠損に起因するオートファジーの異常とそのメカニズム解析,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
5.大西 恭弥, 辻 大輔, 加守 虹穂, 村松 慎一, 伊藤 孝司 :
改変型β-Hexosaminidase Bを利用したGM2ガングリオシドーシスに対する遺伝子治療法開発,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
6.五百磐 俊樹, 伊藤 孝司 :
カテプシンA欠損症モデルマウスの基質の変動と行動解析,
第60回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2019年5月.
7.大西 恭弥, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 加守 虹穂, 村松 慎一, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシスに対する,AAVベクターを用いた遺伝子治療法開発,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
8.北口 眞大, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるミクログリア極性転換の解析,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
9.浜田麻衣 (名), 中山 淳, 重永 章, 辻 大輔, 寺町 順平, 安部正博 (名), 伊藤 孝司, 大髙 章, 難波 康祐 :
新規Ynone化合物の創生・評価,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
10.楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
膜タンパク質ABCA7を増加させる新規天然物,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
11.月本 準, 西岡 宗一郎, 堀井 雄人, 東 哲也, 伊藤 孝司 :
アミノ酸置換によるヒトノイラミニダーゼ1(NEU1)の細胞内結晶化の抑制と医療応用,
第42回日本分子生物学会年会, 2018年11月.
12.五百磐 俊樹, 伊藤 孝司 :
スプライシング異常に基づくカテプシンA欠損症モデルマウスにおけるEndothelin-1の動態,
第42回日本分子生物学会年会, 2018年11月.
13.佐々木 彩花, 向山 はるか, 辻 大輔, 村田 佳子, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐 :
鉄取り込み機構解明を志向したトランスポーター標識プローブの開発,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
14.四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
Exon specific U1 snRNAによる CTSAエクソン7スプライス異常の修復,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
15.大西 恭弥, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 浅井 克仁, 村松 慎一, 伊藤 孝司 :
AAV によるGM2 ガングリオシドーシスモデルマウスに対する遺伝子治療,
第60回日本先天代謝異常学会総会, 2018年11月.
16.伊藤 孝司, 大西 恭弥, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 浅井 克仁, 村松 慎一 :
AAV ベクターによるGM2 ガングリオシドーシスの遺伝子治療法開発,
第60回日本先天代謝異常学会総会, 2018年11月.
17.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 炭谷 めぐみ, 飯塚 哲也, 瀬筒 秀樹, 松崎 裕二, 飯野 健太, 木下 崇司, 堂崎 雅仁, 須田 稔 :
Endo-M N175Q 及びEndo-CC N180H を用いる高分子量N 型ネオグライコプロテインの開発,
第9回グライコバイオロジクス研究会, 2018年10月.
18.四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
Exon specific U1 snRNAを用いたCTSAエクソン7スキッピングの修復,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
19.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル, 眞継 毅, 大西 恭弥, 伊藤 孝司 :
リソソーム病で共通するオートファジー異常とそのメカニズム解析,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
20.月本 準, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ4(NEU4)の細胞内局在変化,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
21.大西 恭弥, 辻 大輔, 村松 慎一, 伊藤 孝司 :
AAVベクターを用いたGM2ガングリオシドーシスモデルマウスの遺伝子治療,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
22.宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 田中 裕大, 伊藤 孝司 :
リソソーム病における神経細胞死に対するリソソーム制御因子TFEBの役割,
第91回日本製化学会大会, 2018年9月.
23.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 大西 恭弥, 山本 圭, 広川 貴次, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
Lysoスフィンゴ糖脂質はPI2K/Aktシグナリングの阻害により神経細胞死を引き起こす,
第91回日本生化学会, 2018年9月.
24.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 小林 功, 笠嶋 めぐみ, 立松 謙一郎, 瀬筒 秀樹, 松崎 裕二, 飯野 健太, 木下 崇司, 堂崎 雅仁, 灘中 里美, 北川 裕之 :
エンドグリコシダーゼと機能性合成N型糖鎖を利用するネオ糖タンパク質医薬品の開発を目指して,
第70回日本生物工学大会プログラム, 2018年9月.
25.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル, 眞継 毅, 大西 恭弥, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるオートファジー異常の原因解明と病態に及ぼす影響,
第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018, 2018年9月.
26.西岡 宗一郎, 小林 功, 炭谷 めぐみ, 飯塚 哲也, 日高 朋, 木下 嵩司, 住吉 渉, 三谷 藍, 堂崎 雅仁, 須田 稔, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
ENGase(Endo-CC)を用いたTGカイコ由来ヒトリソソーム酵素のN型糖鎖修飾,
第37回日本糖質学会年会, 2018年8月.
27.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 大西 恭弥, 山本 圭, 広川 貴次, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
Lysoスフィンゴ糖脂質が神経細胞死を起こす分子メカニズムの解明,
第37回日本糖質学会年会, 2018年8月.
28.小宮 千明, 月本 準, 上田 将弘, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
加水分解酵素を利用したC末端特異的チオエステル化反応の開発,
第50回若手ペプチド夏の勉強会, 2018年8月.
29.Kouji Itou :
Gene therapy for GM2 ganglisosidosis with CNS involvement.,
第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会, Jul. 2018.
30.小宮 千明, 月本 準, 上田 将弘, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
発現タンパク質に適用可能な新規チオエステル合成法の開発,
創薬懇話会 2018 in 志賀島, 2018年6月.
31.四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 月本 準, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第59回日本生化学会 中国四国支部例会, 2018年5月.
32.西岡 宗一郎, 小林 功, 松崎 祐二, 飯野 健太, 灘中 里美, 笠島 めぐみ, 日高 朋, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 北川 裕之, 山本 憲二, 伊藤 孝司 :
化学酵素法によるTGカイコ繭由来ヒトリソソーム酵素の糖鎖修飾と酵素補充効果,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
33.大西 恭弥, 辻 大輔, 村松 慎一, 伊藤 孝司 :
AAVベクターによるGM2ガングリオシドーシスに対する遺伝子治療,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
34.宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 田中 裕大, 伊藤 孝司 :
TNF-α及びIL-1βによるリソソーム制御因子TFEBの発現上昇メカニズムの解析,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
35.月本 準, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ4(NEU4)の細胞内局在性解析,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
36.伊藤 孝司 :
in vivo Gene Therapy for GM2 Gangliosidoses,
第59回日本神経学会学術大会, 2018年5月.
37.伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシスの遺伝子治療,
第59回日本神経学会学術大会, 2018年5月.
38.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
lysoスフィンゴ糖脂質によって引き起こされる細胞死メカニズムの解明,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
39.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル, 眞継 毅, 大西 恭弥, 伊藤 孝司 :
SNAREタンパク質の局在変化に起因するリソソーム病におけるオートファジー異常,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
40.堀井 雄登, 池 啓伸, 田中 優希, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
カテプシンA欠損モデルマウス由来小脳組織および初代培養神経系を用いた病態生理学的解析,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年5月.
41.小宮 千明, 月本 準, 森崎 巧也, 津田 雄介, 宮島 凜, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
均一修飾タンパク質の合成を指向したタンパク質C末端特異的活性化反応の開発,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
42.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
リソソーム病で蓄積するlysoスフィンゴ糖脂質が神経系細胞に与える影響,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
43.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 眞継 毅, 伊藤 孝司 :
リソソーム病でのオートファジー異常に関わる共通因子の解析,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
44.辻 大輔, 宇野 マイケル 新太郎, SPAMPANATE Carmine, 田中 裕大, 渡邊 綾佑, BALLABIO Andrea, 伊藤 孝司 :
リソソーム病における神経細胞死に対するリソソーム制御因子TFEBの役割,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
45.佐々木 彩花, 向山 はるか, 辻 大輔, 村田 佳子, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐 :
ムギネ酸・鉄錯体取り込みトランスポーター標識プローブの開発,
第56回日本薬学会第138年会, 2018年3月.
46.宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 田中 裕大, Spampanato Carmine, Ballabio Andrea, 伊藤 孝司 :
神経炎症におけるTNFーalphaの転写因子TFEB発現に与える影響の解析,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
47.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
スフィンゴリピドーシスにおける神経細胞死に及ぼすlysoスフィンゴ糖脂質の役割,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
48.堀井 雄登, 池 啓伸, 田中 優希, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
カテプシンA欠損症モデルマウス小脳の病理学的解析と初代培養神経系の構築,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
49.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるオートファジー異常とSNAREタンパク質の関与,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
50.月本 準, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ4(NEU4)に関する新知見,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
51.伊藤 孝司 :
哺乳類リソソーム酵素特異的なマンノース6ーリン酸含有N型糖鎖付加修飾機構と人工付加技術,
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017, 2017年12月.
52.成瀬 公人, 大川内 健人, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
N-S-acyl-transfer-mediated On-resin Formation of Thioester with Practical Application to Peptide Synthesis,
第54回ペプチド討論会, 2017年11月.
53.小宮 千明, 月本 準, 森崎 巧也, 津田 雄介, 宮島 凜, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
Development of methodology for producing thioesters from naturally occurring peptide sequence,
第54回ペプチド討論会, 2017年11月.
54.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
スフィンゴリピドーシス患者iPS細胞由来神経細胞を用いた病態解析と治療法検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
55.月本 準, 伊藤 孝司 :
組換えヒトノイラミニダーゼ4の分子特性解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
56.占部 敦美, 津川 稜, 西尾 賢, 佐々木 彩花, 鈴木 基史, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司 :
アルカリ性不良土壌での農耕を志向したムギネ酸類の実用化研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
57.佐々木 彩花, 向山 はるか, 占部 敦美, 辻 大輔, 村田 佳子, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐 :
鉄イオン取り込みトランスポーターの標識プローブの開発,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
58.宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾祐, 田中 裕大, Spampanato Carmine, Ballabio Andrea, 伊藤 孝司 :
神経炎症にTNF-αが転写因子TFEB発現に与える影響の解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
59.日高 朋, 西岡 宗一郎, 原囿 景, 月本 準, 田中 優希, 笠嶋 めぐみ, 小林 功, 辻 大輔, 石井 明子, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ繭由来カテプシンAの有効性評価,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
60.堀井 雄登, 池 啓伸, 田中 優希, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
カテプシンA欠損症モデルマウス小脳組織および初代培養神経系の病理学的解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
61.田中 優希, 堀井 雄登, 池 啓伸, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
スプライシング異常誘導型カテプシンA欠損症マウスの性状解析と疾患モデルとしての有効性,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
62.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 :
リソソーム病でのオートファジー低下に対するSNAREタンパク質局在の影響,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
63.伊藤 孝司 :
中枢神経症状を伴うリソソーム病に対する治療法開発,
第19回応用薬理シンポジウム, 2017年9月.
64.月本 準, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ1(NEU1)及びNEU4の発現と分子特性解析,
第16回 次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2017, 2017年9月.
65.日高 朋, 西岡 宗一郎, 原囿 景, 月本 準, 田中 優希, 堀井 雄登, 小林 功, 笠嶋 めぐみ, 辻 大輔, 石井 明子, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ繭由来カテプシンAの有効性評価とエンドグリコシダーゼによる踏査改変,
第36回日本糖質学会年会, 2017年7月.
66.辻 大輔, 渡邊 綾佑, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシスにおける神経細胞死メカニズムの解明,
第36回日本糖質学会年会, 2017年7月.
67.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 小林 功, 笠嶋 めぐみ, 原囿 景, 松崎 祐二, 飯野 健太, 山本 賢二, 灘中 里美, 北川 裕之, 日高 朋, 辻 大輔, 石井 明子, 瀬筒 秀樹 :
エンドグリコシダーゼの糖鎖転移活性を利用するネオグライコ酵素の創製とリソソーム病治療薬開発,
第36回日本糖質学会年会, 2017年7月.
68.佐々木 彩花, 向山 はるか, 占部 敦美, 辻 大輔, 村田 佳子, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込みトランスポーターの機構解明に向けた化学プローブの開発,
第12回トランスポーター研究会年会, 2017年7月.
69.田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 :
リソソーム蓄積症におけるオートファジーフラックス異常の解析,
第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月.
70.月本 準, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ4(NEU4)の分子特性解析,
第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月.
71.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 :
スフィンゴリピドーシスにおけるLysoスフィンゴ糖脂質の細胞に与える影響の解析,
第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月.
72.宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾祐, 田中 裕大, Spampanato Carmine, Ballabio Andrea, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス脳内での神経細胞死に対するリソソーム制御因子Tfebにより誘導されるオートファジーの関与,
第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月.
73.田中 優希, 池 啓伸, 堀井 雄登, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
スプライシング異常に起因するカテプシンA欠損症モデルマウスの性状解析,
第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月.
74.伊藤 孝司 :
組換えカイコ繭由来ライソゾーム病治療薬の開発,
日本薬学会第137年会一般シンポジウム, 2017年3月.
75.宇野 マイケル新太郎, 辻 大輔, 田中 裕大, 渡邊 綾佑, Spampamato CARMINE, Ballabio ANDREA, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス脳内の神経細胞死に対するリソソーム制御因子Tfebの役割,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
76.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル新太郎, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者iPS細胞由来神経細胞を用いた分子病態解析と治療薬の開発,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
77.月本 準, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ4の発現と分子特性解析,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
78.田中 裕大, 辻 大輔, 本窪田 絢加, 山口 沙恵香, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル新太郎, 杉崎 圭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるオートリソソーム形成異常メカニズムの解明,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
79.日高 朋, 西岡 宗一郎, 月本 準, 田中 優希, 近藤 まり, 小林 功, 笠嶋 めぐみ, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ繭由来CTSAの有効性の検討,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
80.藤見 紀明, 杉原 涼, 西辻 和親, 坂下 直実, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 辻田 麻紀, 奥平 桂一郎 :
ヒトアポA-I結合タンパク質AIBPのLPS誘導性マクロファージ炎症反応抑制効果,
日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
81.津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
タンパク質位置選択的修飾を指向したチオエステル調製法の開発,
第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
82.森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 :
SEAlideを基盤とした標的タンパク質精製ツールの開発研究,
第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
83.木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
84.森崎 巧也, 傳田 将也, 山本 純, 辻 大輔, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 :
Development of N-sulfanylethylanilide (SEAlide)-based traceable linker for enrichment and selective labeling of target proteins,
第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
85.伊藤 孝司, 月本 準, 東 哲也, 辻 大輔, 真板 宣夫 :
ヒトリソソーム性シアリダーゼ(NEU1)のin vivo結晶化と細胞応答及び応用,
第89日本生化学会大会フォーラム, 2016年9月.
86.西岡 宗一郎, 小林 功, 原園 景, 久保 勇樹, 松崎 祐二, 真板 宣夫, 日高 朋, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
TGカイコ由来ヒトリソソーム酵素の糖鎖リモデリングと治療への応用,
第35回日本糖質学会年会, 2016年9月.
87.伊藤 孝司 :
エンドグリコシダーゼを用いるネオグライコ酵素の創製とリソソーム病治療薬開発への応用,
第35回日本糖質学会年会, 2016年9月.
88.山本 憲二, 伊藤 孝司 :
エンドグリコシダーゼを用いるグライコエンジニアリングの進展と課題,
第35回日本糖質学会年会, 2016年9月.
89.伊藤 孝司 :
中枢神経症状を伴うライソゾーム病の治療法開発を目指して,
日本ムコ多糖症研究会・日本ムコ多糖症患者家族の会設立30周年記念合同シンポジウム, 2016年9月.
90.幾尾 真理子, 杉崎 圭, 伊藤 孝司 :
多発性骨髄腫によるExosome を介した骨分化抑制機構の発見と解析,
第8回日本RNAi研究会/3回日本細胞外小胞学会JSEV, 2016年9月.
91.古曳 泰規, 傳田 将也, 森崎 巧也, 辻 大輔, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 :
''SEAL-tag''を基盤とした細胞内での標的タンパク質ラベル化法の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月.
92.森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 :
標的タンパク質精製ツール"SEAlide-based traceable linker"の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月.
93.水谷 安通, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, 田中 裕大, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスにおける神経細胞死に対するリソソーム制御因子Tfebの関与,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
94.西岡 宗一郎, 小林 功, 原 囿景, 久保 勇樹, 松崎 祐二, 真板 宣夫, 日高 朋, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
TGカイコ由来ヒトリソソーム酵素の糖鎖リモデリングと治療への応用,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
95.日高 朋, 西岡 宗一郎, 月本 準, 近藤 まり, 小林 功, 笠嶋 めぐみ, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ由来ヒトカテプシンAの機能及び有効性の評価,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
96.渡邊 綾佑, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, 水谷 安通, 田中 裕大, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者iPS細胞由来神経病態モデル系における神経細胞死メカニズムの解明,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
97.本窪田 絢加, 辻 大輔, 田中 裕大, 山口 沙恵香, 水谷 安通, 渡邊 綾佑, 伊藤 孝司 :
蓄積する生体内基質の異なるリソソーム病患者由来細胞におけるオートリソソーム形成の比較解析,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
98.木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
99.伊藤 孝司 :
神経難病としての糖鎖蓄積症モデル系の構築と治療法開発への応用,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
100.市野 晨人, 奥平 桂一郎, 川原 遥華, 木村 仁, 辻 大輔, 西辻 和親, 堂前 純子, 道川 誠, 坂下 直実, 伊藤 孝司, 斎藤 博幸 :
グリア細胞における ABCA7 発現制御機構の検討,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
101.日高 朋, 西岡 宗一郎, 小林 功, 近藤 まり, 笠嶋 めぐみ, 月本 準, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ絹糸腺由来ヒトカテプシンA の分子特性と生物機能評価,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
102.水谷 安通, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, SPAMPANATO Carmine, BALLABIO Andrea, 伊藤 孝司 :
神経症状を呈するリソソーム病モデルマウスにおけるオートファジーに関連した病態解析,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
103.本窪田 絢加, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 水谷 安通, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるオートリソソームの形成異常,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
104.辻 大輔, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, 水谷 安通, 伊藤 孝司 :
GM2 ガングリオシドーシス病患者由来iPS 細胞を用いた神経系病態モデルの構築及び病態シグナル解析,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
105.池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
106.森崎 巧也, 傳田 将也, 中村 太寛, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 :
標的タンパク質の高効率的同定を可能とする新規リンカー分子の開発研究,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
107.水谷 安通, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 伊藤 孝司 :
リソソーム病モデルマウスにおけるオートファジーシグナル解析,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
108.池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型低分子RNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
109.辻 大輔, 本窪田 絢加, 北風 圭介, 山口 沙恵香, 田崎 智佳子, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるオートリソソームの形成異常,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
110.北風 圭介, 水谷 安通, 杉山 栄二, 真板 宣夫, 広川 貴次, 瀬藤 光利, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
111.山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築及び病態解析,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
112.辻 大輔, 水谷 安通, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるリソソーム制御因子TFEBの発現・局在解析,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
113.木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
114.金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
115.森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 :
SEAlideを利用した標的タンパク質精製ツール ''トレーサブルリンカー''の開発研究,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
116.森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 :
標的タンパク質の効率的精製および選択的ラベル化を可能とするケミカルツールの開発研究,
第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月.
117.森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢裕, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 :
標的タンパク質の高効率同定を可能とするケミカルツールの開発研究,
第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
118.津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
タンパク質半化学合成を指向した配列特異的チオエステル化法の開発,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
119.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 辻 大輔, 東 哲也, 真板 宣夫, 小林 功, 瀬筒 秀樹, 湯本 史明, 原囿 景, 石井 明子, 川崎 ナナ :
新規組換えリソソーム酵素の創製とリソソーム病治療への応用,
第15回蛋白質科学会年会, 2015年6月.
120.金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復,
遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
121.伊藤 孝司 :
組換えカイコを用いるネオグライコバイオロジクスの創製,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
122.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価,
臨床遺伝子学公開シンポジウム2015, 2015年3月.
123.伊藤 孝司 :
糖タンパク医薬品の創製に向けた糖鎖改変技術,
第12回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム, 2014年12月.
124.今滝 泉, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Galactosialidosis 患者由来iPS 細胞の樹立と中枢神経系モデルの構築,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
125.河野 加菜子, 北風 圭介, 辻 大輔, 千葉 靖典, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母株発現系による組換えマンノース6- リン酸受容体の生産・精製と機能検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
126.津田 雄介, 重永 章, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
新規タンパク質チオエステル調製法の開発,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
127.田中 翔子, 金澤 慶祐, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
128.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価,
第5回グライコバイオロジクス研究会, 2014年11月.
129.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 原囿 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 池戸 駿介, 東 哲也, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
組換えカイコ由来ヒトリソソーム酵素の分子特性とグライコシンターゼによる in vitro 糖鎖修飾,
第5回グライコバイオロジクス研究会, 2014年11月.
130.Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka :
Preparation of Peptide/protein Thioesters Using a Chemical Protocol Applicable to Expressed Proteins.,
51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014.
131.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of N-glycosylated asparagine ligation and its application to total chemical synthesis of GM2 activator protein,
51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014.
132.水谷 安通, 北風 圭介, 田崎 智佳子, 伊藤 孝司, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの分子特性解析とGM2蓄積症モデル細胞への補充効果,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
133.池 啓伸, 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 滝口 祥令, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の修復,
第87回日本生化学会, 2014年10月.
134.今滝 泉, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Galactosialidosis患者由来iPS細胞の樹立及び中枢神経系細胞への分化誘導,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
135.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 原囿 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 池戸 駿介, 東 哲也, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ由来ヒトリソソーム酵素の分子特性解析とグライコシンターゼによる糖鎖修飾,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
136.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
GM2蓄積症モデルマウスに対する改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの有効性評価,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
137.河野 加菜子, 辻 大輔, 千葉 靖典, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母株発現系によるマンノース6-リン酸受容体の生産・精製と機能検討,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
138.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ-HexosaminidaseのGM2蓄積症モデルに対する有効性評価,
第13回若手ファーマ・バイオフォーラム2014, 2014年9月.
139.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
GM2蓄積症モデルに対する改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの有効性と機能評価,
第33回日本糖質学会年会, 2014年8月.
140.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 原囿 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 池戸 駿介, 東 哲也, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
組み換えカイコ絹糸腺由来ヒトカテプシンAの分子特性とエンドグリコシダーゼによる糖鎖改変,
第33回日本糖質学会年会, 2014年8月.
141.津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年6月.
142.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 原囿 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 池戸 駿介, 東 哲也, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ由来ヒトリソソーム酵素の分子特性解析と化学酵素法に基づく人工糖鎖修飾,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
143.北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
GM2蓄積症の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの作製と評価,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
144.山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
145.伊藤 孝司 :
中枢神経変性を伴うリソソーム病に対する脳指向性治療薬と新規評価系の開発,
Biotech2014, 2014年5月.
146.伊藤 孝司 :
リソソーム病に対するiPS創薬を目指して, --- 神経難病患者由来iPS細胞の病態解明・治療法開発への応用 ---,
京都大学iPS細胞研究所 井上治久研究室セミナー, 2014年5月.
147.佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
GM2活性化タンパク質の収束的合成研究,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
148.津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
発現タンパク質に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
149.北風 圭介, 幾尾 真理子, 杉山 栄二, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
新規蛍光プローブおよびイメージングマススペクトロメトリーによるリソソーム酵素補充効果のイメージング,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
150.伊藤 孝司 :
改変型β-ヘキソサミニダーゼの開発と機能評価,
臨床遺伝学公開シンポジウム2014, 2014年3月.
151.伊藤 孝司 :
ネオバイオメディシンの創製と医薬品開発への応用,
平成25年度革新的特色研究公開シンポジウム 徳大薬学部創薬生命工学シーズの整備と蔵本ネットワークを基盤としたアカデミア創薬研究, 2014年3月.
152.伊藤 孝司 :
リソソーム病患者iPS細胞からの神経系細胞の分化誘導と治療薬開発への応用,
大阪大学微生物病研究所セミナー, 2014年3月.
153.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価,
第55回日本先天代謝異常学会, 2013年11月.
154.東 哲也, LM Chavas, F-X Gallat, 伊藤 孝司 :
Neuraminidase-1(NEU1)のin cell 結晶化と分子特性解析,
第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2013年11月.
155.伊藤 孝司 :
ネオバイオロジクスの創製とリソソーム病治療薬開発へのアプローチ,
第5回全国共同利用・共同開発「酵素学研究拠点」シンポジウム, 2013年11月.
156.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
リソソーム病治療薬候補としてのトランスジェニックカイコ絹糸腺由来組換えヒトカテプシンAの機能解析と分子装飾,
第4回グライコバイオロジクス研究会プログラム, 2013年11月.
157.伊藤 孝司 :
希少疾患に対するiPS細胞の実現を目指して, --- 神経難病患者由来iPS細胞を利用する治療薬開発へのアプローチ ---,
第10回HBS公開シンポジウム 再生医学研究の現状と臨床応用への課題, 2013年11月.
158.河野 加菜子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母発現系を用いた組換えマンノース6リン酸受容体の精製とその応用,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
159.今滝 泉, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
カテプシンA欠損患者由来iPS細胞の樹立と神経系への分化誘導,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
160.佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
リソソーム病治療を指向したGM2活性化タンパク質アナログの完全化学合成,
生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
161.北風 圭介, 野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価,
第12回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2013, 2013年9月.
162.山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築,
第54回日本生化学会大会, 2013年9月.
163.幾尾 真理子, 齋藤 裕樹, 大前 陽輔, 毛 瀚, 長野 源太郎, 藤幸 知子, 沼田 俊介, 韓 笑, 小幡 佳津明, 長谷川 節雄, 山口 博樹, 猪口 孝一, 伊藤 輝代, 平松 啓一, 伊藤 孝司, 関水 和久, 垣内 力 :
新規機能性RNA psm-mecはagrA遺伝子の翻訳を抑制してメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の病原性を抑制する,
第86回日本生化学会, 2013年9月.
164.小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシド蓄積症モデルマウス由来単球系細胞におけるアクチン重合系と浸潤性の変動,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
165.Motiur Md Rahman, Hirokawa Takatsugu, Daisuke Tsuji, Hitaoka Seiji, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman and Kouji Itou :
In vitro inhibitory and stabilizing effects of siastatin B toward human cytosolic sialidase 2 (NEU2),
第86回日本生化学会大会, Sep. 2013.
166.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
ガラクシアリドーシス治療薬候補としてのトランスジェニックカイコ由来ヒトカテプシンAの解析,
第86回日本生化学会, 2013年9月.
167.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
168.北風 圭介, 河野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
テイーサック病の治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製及び評価,
第32回日本糖質学会大会, 2013年8月.
169.伊藤 孝司, 小林 巧, 西岡 宗一郎, 原園 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 辻 大輔, Md Motiiur RAHMAN, 池戸 駿介, 石井 明子, 川崎 ナナ, 町井 博明, 瀬筒 秀樹 :
バイオ医薬品の生産基材としてのトランスジェニックカイコとネオグライコバイオロジクス創製への応用,
第32回日本糖質学会大会, 2013年8月.
170.坂本 健, 佐藤 浩平, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
SEAlideユニットの効率的合成法の開発とその応用,
第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
171.山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築,
第54回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年5月.
172.東 哲也, LM Chavas, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
リソソーム性Neuraminidase-1(NEU1)のin cell結晶化,
第54回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年5月.
173.Motiur Md Rahman, Hirokawa Takatsugu, Daisuke Tsuji, Hitaoka Seiji, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman and Kouji Itou :
In vitro inhibitory and stabilizing effects of siastatin B toward human cytosolic sialidase 2 (NEU2),
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2013.
174.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
175.西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
ガラクシアリドーシス治療薬候補としてのトランスジェニックカイコ由来ヒトカテプシンAの解析,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
176.関水 和久, 伊藤 孝司 :
カイコを用いた新規医薬品と評価システムの開発,
日本薬学会第133年会 一般シンポジウム, 2013年3月.
177.伊藤 孝司 :
カイコを用いた新規医薬品と評価システムの開発, --- -トランスジェニックカイコを用いたリソソーム病治療薬の開発- ---,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
178.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
179.折原 賢祐, 小林 久剛, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 中村 崇洋, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章, 宍戸 宏造 :
Aspergillide Cの活性評価および標的タンパクの探索,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
180.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
CHO細胞による改変型リソソーム酵素の発現・精製と機能評価システムの開発,
平成24年度第5回先導技術交流会, 2013年1月.
181.西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
リソソーム病治療への応用を目指したTGカイコ由来組換えヒトカテプシンAの分子特性評価,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
182.小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sondhoff病モデルマウス由来単級系細胞内Actin重合関連タンパクの発現と運動性及び浸潤性との相関,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
183.難波 建多郎, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と中枢神経系モデルの構築,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
184.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
185.中村 崇洋, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
多発性骨髄腫細胞株の薬剤抵抗性に関与するプロテオームの解析,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
186.佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
リソソーム病治療薬を指向したヒトGM2活性化タンパク質誘導体の化学合成と活性評価,
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
187.辻 大輔, 難波 建多郎, 石丸 直澄, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と分化神経系細胞に対する酵素補充効果の検討,
第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012年11月.
188.北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
新規人工蛍光基質を用いたリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivoイメージング,
第54回日本先天異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012年11月.
189.Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka :
Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry,
第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
190.辻 大輔, 北風 圭介, 難波 建多朗, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
新規人工蛍光基質を用いた活性染色によるリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivoイメージング,
第31回日本糖質学会年会, 2012年9月.
191.西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 :
TG カイコを用いた組み換えヒトカテプシン A の分子特性とリソソーム病治療薬開発,
第31回日本糖質学会年会, 2012年9月.
192.佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
タンパク質完全化学合成∼ケミストによるタンパク質医薬品開発を目指して∼,
第44回若手ペプチド夏の勉強会, 2012年8月.
193.Motiur Md Rahman, Kitao Satoshi, Daisuke Tsuji, Matsuzawa Fumiko, Aikawa Sei-ichi and Kouji Itou :
Inhibitory efects and specificity of synthetic sialyldendrimers on recomninant human neuraminidase 2(NEU2),
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, May 2012.
194.西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 北尾 聡, Md.RAHMAN Motiur, 池戸 駿介, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコを用いた組み換えヒトカテプシンA発現の分子特性解析とリソソーム病治療薬開発,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2012年5月.
195.辻 大輔, 難波 建多郎, 南條 遥, 伊藤 孝司 :
リソソーム病に対するex vivo遺伝子治療法の開発,
第53回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2012年5月.
196.小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来単球系細胞におけるActin重合発現解析,
第53回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2012年5月.
197.辻 大輔, 難波 建多郎, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 :
GM2 ガングリオシドーシス対する間葉系幹細胞を用いたex vivo遺伝子治療法によるクロスコレクション効果の検討,
日本薬学会第132年会(札幌), 2012年3月.
198.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 小林 巧, 真板 宣夫, 辻 大輔, 北尾 聡, Md.RAHMAN Motiur, 池戸 駿介, 瀬筒 秀樹, 町井 博明 :
ヒトカテプシンA発現トランスジェニックカイコ作製とリソソーム病治療薬開発への応用,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
199.小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスにおける単球系細胞の脳内浸潤機構の解析,
日本薬学会第132年会(札幌), 2012年3月.
200.辻 大輔, 伊藤 孝司 :
化合物ライブラリーを用いた新規神経前駆細胞誘導剤の探索,
IN Cell Users Day 2011, 2011年12月.
201.比多岡 清司, 的場 弘, 原田 政隆, 河野 明大, 坂本 修平, 岡田 耕平, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 :
Why does tamiflu have a branched alkoxy side chain?,
第39回構造活性相関シンポジウム, 39-40, 2011年11月.
202.比多岡 清司, 的場 弘, 原田 政隆, 河野 明大, 坂本 修平, 岡田 耕平, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 :
ヒトノイラミニダーゼ-シアル酸誘導体複合体相互作用の非経験的フラグメント分子軌道法計算に基づく相関解析 (LERE-QSAR),
第39回構造活性相関シンポジウム, 15-16, 2011年11月.
203.Hiroshi Matoba, Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Difference in Sensitivity of Antiinfluenza Drugs between Human and Influenza Neuraminidases,
CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
204.北風 圭介, 堂園 幸恵, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島 陽一, 伊藤 孝司 :
ヒトβ-hexosaminidaseとGM2 activator proteinとの相互作用の解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
205.難波 建多郎, 辻 大輔, 南條 遥, 伊藤 孝司 :
間葉系幹細胞に対する新規神経分化誘導法の開発とリソソーム病の細胞治療への可能性,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
206.辻 大輔, 小川 隆, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシス脳内におけるミクログリア及び浸潤単球系細胞の性質解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
207.堂園 幸恵, 辻 大輔, 松岡 和彦, 北風 圭介, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
改変型ヒトβ-HexosaminidaseBの高発現CHO細胞株の樹立と無血清大量培養系の構築,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
208.岡野 和真, 辻 大輔, 中村 崇洋, 土屋 浩一郎, 伊藤 孝司 :
ヒト多発性骨髄腫細胞株におけるSide Population細胞の性質解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
209.中村 崇洋, 辻 大輔, 岡野 和真, 伊藤 孝司 :
様々ながん細胞株の薬剤抵抗性に関与するタンパクのプロテオーム解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
210.西岡 宗一郎, 辻 大輔, 北尾 聡, Md. Motiur Rahman, 池戸 駿介, 小林 功, 瀬筒 秀樹, 田村 俊樹, 町井 博明, 真板 宣夫, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ中部絹糸腺由来ヒト保護タンパク質/カテプシンAの生化学的解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
211.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 小林 功, 中北 慎一, 辻 大輔, 北尾 聡, Md. Motiur Rahman, 池戸 駿介, 瀬筒 秀樹, 田村 俊樹, 平林 淳, 町井 博明 :
トランスジェニックカイコを用いたヒトカテプシンAの発現・精製・応用,
第30回日本糖質学会年会, 2011年7月.
212.辻 大輔, 難波 建多郎, 南條 遥, 伊藤 孝司 :
MSCsを用いたGM2ガングリオシドーシス対するex vivo遺伝子治療法の開発,
第30回日本糖質学会年会, 2011年7月.
213.西岡 宗一郎, Md. Motiur Rahman, 北尾 聡, 池戸 駿介, 辻 大輔, 小林 功, 瀬筒 秀樹, 田村 俊樹, 町井 博明, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコ由来ヒト保護タンパク質/カテプシンAの精製と性質解析,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
214.辻 大輔, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 :
GM2 ガングリオシドーシスモデル由来ミクログリアにおける形態制御機構の解明,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
215.北風 圭介, 松岡 和彦, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島 陽一, 伊藤 孝司 :
大腸菌発現系によるヒトGM2 activator protein の獲得およびヒトβ-Hexosaminidaseとの相互作用の解析,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
216.中村 崇洋, 岡野 和真, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
多発性骨髄腫細胞株RPMI8226に対する薬剤耐性に関与するプロテオーム解析,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
217.難波 建多郎, 辻 大輔, 金城 奈美, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 孝司 :
未分化細胞に対する新規分化誘導剤の探索,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
218.辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
ヒトiPS細胞に対する神経分化誘導能を持つ新規化合物の探索,
日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
219.桑原 淳, 北村 明香, 伊藤 孝司 :
転写因子Sp1 の zinc fingerに基づく核輸送蛋白質相互作用,
日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
220.黒田 麻祐子, 鈴木 俊宏, 小谷 政晴, 田島 陽一, 川島 育夫, 兎川 忠靖, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 千葉 靖典, 福重 智子, 金蔵 拓郎, 櫻庭 均 :
Sandhoff 病モデルマウス由来ニューロスフェアにおけるヒト組み換えHex A 酵素の取り込み,
日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
221.児玉 敬, 兎川 忠靖, 川島 育夫, 石田 洋一, 鈴木 實, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 千葉 靖典, 月村 考宏, 鈴木 俊宏, 櫻庭 均 :
リゾ-GM2ガングリオシド:GM2ガングリオシドーシスのバイオマーカー,
日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
222.北風 圭介, 松岡 和彦, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島 陽一, 伊藤 孝司 :
大腸菌発現系によるヒトGM2 activator proteinの獲得およびヒトbeta-Hexosaminidaseとの相互作用の解析,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
223.北尾 聡, Motiur MD. Rahman, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Origami B株を用いたヒトNeuraminidase-2の獲得とその機能評価,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
224.黒田 麻祐子, 鈴木 俊宏, 小谷 政晴, 田島 陽一, 川島 育夫, 兎川 忠靖, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 千葉 靖典, 福重 智子, 金蔵 拓郎, 櫻庭 均 :
Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェア株を用いた酵素補充モデルの構築,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
225.徳田 美幸, 辻 大輔, 吉良 太孝, 中村 崇洋, 岡野 和真, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
新規抗がん剤候補化合物探索を目指した構造活性相関研究,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
226.南條 遥, 辻 大輔, 松岡 和彦, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病に対する ex vivo 遺伝子治療モデルの開発,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
227.松岡 和彦, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスにおける血中グルココルチコイドの上昇と胸腺の萎縮,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
228.辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
未分化細胞に対する神経分化誘導作用を持つ化合物の探索と構造活性相関,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
229.豊島 優裕, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリアの形態制御機構,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
230.郡 恵理, 比多岡 清司, 原田 政隆, 的場 弘, 北尾 聡, Motiur Md. Rahman, 吉田 達貞, 門田 佳人, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 :
ヒトCathepsinA活性に対するArg344置換の影響に関する実験および分子科学計算に基づく解析,
第38回構造活性相関シンポジウム, 78-79, 2010年10月.
231.原田 政隆, 比多岡 清司, 郡 恵理, 的場 弘, 北尾 聡, Motiur Md.Rahman, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 :
分子モデリング・分子科学計算に基づくヒトノイラミニダーゼの構造-機能解析,
第38回構造活性相関シンポジウム, 70-71, 2010年10月.
232.三好 圭子, 辻 大輔, 工藤 景子, 里村 一人, 武藤 太郎, 伊藤 孝司, 野間 隆文 :
ヒト口腔粘膜由来iPS細胞の樹立とその意義,
第52回 歯科基礎医学会 学術大会ならびに総会, 2010年9月.
233.Daisuke Tsuji, Masahiro Toyoshima and Kouji Itou :
Abnormal functions of hematopoietic cells in Sandhoff disease model mice,
The 28th NAITO CONFERENCE ON Glycan Expression and Regulation, Jul. 2010.
234.Kazuhiko Matsuoka, Tomomi Tamura, Yukie Dohzono, Keisuke Kitakaze, Daisuke Tsuji, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Development of Modified Human beta-Hexosaminidase B for Enzyme Replacement Therapy for Tay-Sachs Disease,
The 28th NAITO CONFERENCE ON Glycan Expression and Regulation, Jul. 2010.
235.豊島 優裕, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリアの形態制御機構,
第51回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2010年5月.
236.辻 大輔, 小山 毅, 浦上 裕行, 難波 建多郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
ヒガンバナ科植物由来アルカロイドLycorineの神経分化誘導作用,
第51回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2010年5月.
237.堀川 靖, 北尾 聡, Motiur Md Rahman, 辻 大輔, 小林 功, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 田村 俊樹, 中北 愼一, 平林 淳, 伊藤 孝司 :
トランスジェニックカイコによる組換えヒトカテプシンAの生産と欠損症患者由来培養細胞への補充効果,
第51回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2010年5月.
238.福石 信之, 栗原 大輔, 幡 洋輔, 濱野 裕章, 松井 敦聡, 伊藤 孝司, 辻 大輔, 赤木 正明 :
マスト細胞の分化および成熟におけるβ-ヘキソサミニダーゼの役割,
日本薬学会 第130年会, 2010年3月.
239.伊藤 孝司 :
神経症状を伴うリソソーム病モデルに対する改変型組換えヒト酵素の脳室内補充効果,
日本薬学会 第130年会, 2010年3月.
240.伊藤 孝司 :
リソソーム病に対する「ウルトラ・オーファンドラッグ」開発研究の展開,
日本薬学会第130年会 シンポジウム, 2010年3月.
241.黒田 麻祐子, 鈴木 俊宏, 小谷 政晴, 田島 陽一, 川島 育夫, 兎川 忠靖, 菅原 佳奈子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 千葉 靖典, 福重 智子, 金蔵 拓郎, 櫻庭 均 :
Sandhoff病の病態解析を目的としたSandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェア株の樹立,
日本薬学会 第130年会, 2010年3月.
242.辻 大輔, 岡野 和真, 徳田 美幸, 伊藤 良和, 中村 崇洋, 伊藤 孝司 :
ヒト多発性骨髄腫細胞株におけるメルファラン抵抗性細胞の性質解析,
日本薬学会 第130年会, 2010年3月.
243.Eri Kori, Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Yoshito Kadota, Yasushi Horikawa, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Expression and Molecular Dynamics Studies on Effect of Amino Acid Substitutions at Arg344 in Human Cathepsin A,
第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
244.辻 大輔, 尾崎 修治, 池亀 彰茂, 伊藤 良和, 徳田 美幸, 岡野 和真, 安倍 正博, 松本 俊夫, 伊藤 孝司 :
ヒト多発性骨髄腫由来ガン幹細胞の単離及び性質決定,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
245.堀川 靖, 辻 大輔, 佐野 詩織, 中瀬 生彦, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
Cell penetrathing peptideを用いたリソソーム性保護タンパク質/カテプシンAの細胞内補充効果の解析,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
246.伊藤 良和, 吉村 好之, 湊 拓也, 山村 陽子, 沖津 宏, 伊藤 孝司 :
胃癌マーカー候補としてのヒト血漿Haptoglobinの生化学的解析,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
247.田村 友美, 松岡 和彦, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
遺伝子改変型ヒトβ-Hexosaminidase B の発現とGM2ガングリオシドーシス培養細胞に対する補充効果,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
248.豊島 優裕, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来Microglia細胞株の形態を制御するシグナリング解析,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
249.南條 遥, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
骨髄ストローマ細胞を用いたGM2ガングリオシドーシスに対するex vivo遺伝子治療の開発,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
250.松岡 和彦, 田村 友美, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
ヒトβ-Hexosaminidase B の機能改変とGM2ガングリオシド蓄積症モデルマウス脳室内への補充効果,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
251.堀川 靖, 辻 大輔, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
Cell penetrathing peptideを用いたリソソーム性保護タンパク質/カテプシンAの細胞内補充効果の解析,
第29回日本糖質学会年会, 2009年9月.
252.川島 永子, 辻 大輔, 奥田 徹哉, 伊藤 孝司, 仲山 賢一 :
GM2ガングリオシドーシス由来アストロサイトの異常増殖メカニズムの解明,
第29回日本糖質学会年会, 2009年9月.
253.伊藤 孝司, 辻 大輔, 松岡 和彦, 田村 友美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 川島 育夫, 田島 陽一, 櫻庭 均 :
GM2ガングリオシド蓄積症治療用のヒトβ-ヘキソサミニダーゼの機能改変,
第29回日本糖質学会年会, 2009年9月.
254.辻 大輔, 豊島 優裕, 南條 遥, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシスモデルマウスにおける骨髄由来細胞のケモカインシステムを介した脳内浸潤,
第29回日本糖質学会年会, 2009年9月.
255.松岡 和彦, 田村 友美, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
β-Hexosaminidase Bの機能改変とGM2ガングリオシドーシスに対する酵素補充療法への応用,
第29回日本糖質学会年会, 2009年9月.
256.伊藤 孝司, 辻 大輔, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 櫻庭 均 :
組換えリソソーム酵素の脳内補充療法の開発,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
257.辻 大輔, 松岡 和彦, 廣瀬 由記子, 余田 英士, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスへの組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳室内補充と治療効果,
JST第三回糖鎖全体会議, 2009年1月.
258.伊藤 孝司 :
糖鎖機能を利用した組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充療法の開発,
JST第三回糖鎖全体会議, 2009年1月.
259.伊藤 良和, 伊崎 俊介, 高野 正志, 増田 由佳, 吉村 佳之, 梅本 淳, 沖津 宏, 山村 陽子, 湊 拓也, 伊藤 孝司 :
大腸がん患者に対するS-1の術前化学療法における組織内プロテオームの変動解析,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
260.増田 由佳, 辻 大輔, 吉田 有花, 余田 英士, 伊藤 孝司 :
ヒト癌幹細胞株における癌幹細胞の単離及び性状解析,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
261.高野 正志, 辻 大輔, 増田 由佳, 伊藤 良和, 徳田 美幸, 梅本 淳, 沖津 宏, 湊 拓也, 山村 陽子, 伊藤 孝司 :
胃癌におけるGastrokineの発現変動と機能解析に関する研究,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
262.吉田 有花, 辻 大輔, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 :
ケモカインリガンド・レセプターシステムを介した病態マウス由来骨髄細胞の脳内移行に関する基礎研究,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
263.余田 英士, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 若槻 照彦 :
Sandhoff病モデルマウス由来核移植胚性肝細胞から神経系への分化誘導系の確立,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
264.田村 友美, 松岡 和彦, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
レンチウイルスベクターを用いた高機能型ヒトbeta-Hexosaminidase A 発現間葉径幹細胞の樹立と性状解析,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
265.辻 大輔, 廣瀬 由記子, 中瀬 生彦, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
Cell penetrating peptideを用いた中枢神経系疾患に対するProtein therapyに関する基礎研究,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
266.堀川 靖, 辻 大輔, 田口 雅浩, 廣瀬 由記子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
Cell penetrating peptideを用いたヒト保護タンパク/カテプシンAの細胞内補充効果の検討,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
267.田口 雅浩, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 伊藤 孝司 :
ほ乳類シアリダーゼの発現と性質比較,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
268.辻 大輔, 宮﨑 絵梨, 松岡 和彦, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 川島 育夫, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Sandhoff 病モデルマウスに対するメタノール資化性酵母由来ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
269.松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
α鎖へのN型糖鎖追加によるヒトβ-HexosaminidaseAの脳内酵素補充効果の改善,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
270.川島 永子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 仲山 賢一 :
GM2ガングリオシドーシス由来アストロサイトの異常増殖メカニズムの解明,
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
271.Hitaoka Seiji, Kori Eri, Horikawa Yasushi, Taguchi Masahiro, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman :
Molecular Dynamics Study of the Effect of Arg344 Mutation on the Activation of Human Cathepsin A,
CBI2008, Oct. 2008.
272.Shugo Tsuda, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Yoshitake Sumikawa, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of UV irradiation-responsive amino acid with peptide bond cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide,
第22回内藤コンファレンス, Sep. 2008.
273.明星 裕美, 笠原 由子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 櫻庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母生産系を利用したリソソーム病治療薬の生産とその評価,
第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
274.伊藤 孝司, 辻 大輔, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 櫻庭 均, 川島 育夫, 地神 芳文 :
Sandhoff病モデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果,
第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
275.松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
リン酸化N-グリカン追加型組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼAを用いたSandhoff病モデルマウスに対する効率的脳内補充,
第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
276.辻 大輔, 廣瀬 由記子, 伊藤 孝司 :
中枢神経系構成細胞へのCell penetrating peptide 融合タンパクに対するヘパラン硫酸プロテオグリカンの関与,
第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
277.湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 石倉 久嗣, 木村 秀, 坂田 章聖, 藤井 義幸, 伊藤 孝司 :
胃癌に対するS-1術前2週投与前後のプロテオーム解析による有用性の検討,
第63回日本消化器外科学会総会, 2008年7月.
278.辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
GM2ガングリオシドーシスモデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果,
第50回日本脂質生化学会, 2008年6月.
279.余田 英士, 辻 大輔, 若山 照彦, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来核移植胚性幹細胞を用いた中枢神経系モデルの構築及び病態解析,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
280.辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスに対するメタノール資化性酵母由来組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
281.廣瀬 由記子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Cell penetrating peptideを用いたProtein Therapyに関する基礎研究,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
282.吉田 有花, 辻 大輔, 余田 英士, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来骨髄細胞の性質決定,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
283.増田 由佳, 辻 大輔, 吉田 有花, 伊藤 孝司 :
ヒト大腸癌細胞株における癌幹細胞の単離及び性質決定,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
284.高野 正志, 伊崎 俊介, 梅本 淳, 沖津 宏, 湊 拓也, 山村 陽子, 伊藤 孝司 :
胃がん特異的腫瘍マーカーとしてのGastrokine1の有用性の検討,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
285.松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
新規糖鎖付加によるβ-HexosaminidaseAの高機能化,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
286.伊藤 孝司 :
リソソーム病に対する次世代酵素補充療法の開発,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
287.重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 山本 純, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
ペプチド結合切断能を有する光応答型アミノ酸の開発と核-細胞質シャトルペプチドへの応用,
日本薬学会年会, 2008年3月.
288.伊藤 孝司 :
糖鎖機能を利用した組換えリソソーム酵素の脳内補充療法開発,
第1回KSGCシンポジウム「糖鎖医学の曙光」, 2008年3月.
289.湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 :
TS-1の術前2週投与により著効がえられた進行胃癌の2症例,
第80回日本胃癌学会総会, 2008年2月.
290.辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 広瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 桜庭 均, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果,
JST第二回糖鎖全体会議, 2008年1月.
291.伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系への組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの補充効果,
JST第二回糖鎖全体会議, 2008年1月.
292.安岡 寛子, 辻 大輔, 広瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 桜庭 均, 伊藤 孝司 :
Cell penetrating peptideを用いたヒトβ-ヘキソサミニダーゼの細胞内補充効果の検討,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
293.明星 裕美, 千葉 靖典, 笠原 由子, 八木 絵美, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 地神 芳文 :
メタノール資化生酵母Ogataea minutaによる高リン酸型糖鎖含有リソソーム酵素の生産,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
294.松岡 和彦, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 土居 洋文, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均 :
in silicoデザインに基く組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの高機能化,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
295.広瀬 由記子, 辻 大輔, 安岡 寛子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
オリゴアルギニンペプチド融合タンパクの細胞内局在解析,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
296.河下 映里, 辻 大輔, 川島 永子, 仲山 賢一, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリアにおけるMIP-1α生産誘導メカニズムの解析,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
297.伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 :
レクチンブロッティングによる大腸がん患者由来組織における糖タンパク質の糖鎖構造解析,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
298.辻 大輔, 広瀬 由記子, 安岡 寛子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 :
オリゴアルギニンペプチド融合タンパクの細胞内導入機構解析,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
299.川島 永子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 仲山 賢一 :
GM2ガングリオシドーシス由来アストロサイトの異常増殖メカニズムの解明,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
300.藤島 加織, 辻 大輔, 田島 陽一, 桜庭 均, 伊藤 孝司 :
リソソーム病におけるシアル酸トランスポーターsialin及びN-glycolyl型GM2の発現解析,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
301.東根 ゆかり, 辻 大輔, 宮崎 絵梨, 澤田 誠, 伊藤 孝司 :
血液脳関門を構成する細胞由来液性因子のミクログリアに与える影響,
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
302.山村 陽子, 沖津 宏, 湊 拓也, 片山 和久, 田中 麻美, 石倉 久, 一森 敏弘, 木村 秀, 阪田 章聖, 高野 正志, 伊藤 孝司 :
TS-1(100mg/日)の術前2週間投与によりリンパ節転移が消失した進行胃癌の1切除例,
第69回日本臨床外科学会総会, 2007年11月.
303.櫻庭 均, 吉永 美智留, 田島 陽一, 松澤 史子, 相川 聖一, 岩本 邦彦, 小林 俊秀, Tim Edmunds, 伊藤 孝司 :
組換えヒト酸性α-グルコシダーゼとその基質アナログとの分子間相互作用,
第49回日本先天代謝異常学会, 2007年11月.
304.田口 雅浩, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 伊藤 孝司 :
ヒトシアリダーゼ遺伝子の相同性を利用した酵素機能改変,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2007年11月.
305.辻 大輔, 松岡 和彦, 河下 映里, 余田 英士, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来グリア細胞株の樹立,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2007年11月.
306.Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Nishioka Naomi, Tsuda Shugo, Kouji Itou and Akira Otaka :
Development of stimulus-responsive amino acid with peptide bond-cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide,
第44回ペプチド討論会, Nov. 2007.
307.重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
ペプチド結合切断能を有する刺激応答型アミノ酸の開発と核-細胞質シャトルペプチドへの展開,
第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
308.Shunsuke Izaki, Masashi Takano, Yoshiyuki Yoshimura, Atsushi Umemoto, Hiroshi Okitsu, Yoko Yamamura, Takuya Minato and Kouji Itou :
Proteomic evaluation of neo-adjuvant S-1 chemotherapy for colorectal cancer patients,
66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2007.
309.Masashi Takano, Shunsuke Izaki, Yoshiyuki Yoshimura, Atsushi Umemoto, Hiroshi Okitsu, Yoko Yamamura, Takuya Minato and Kouji Itou :
Significant decrease of gastrokine-1 expression in gastric tissues derived from patients with gastric adenocarcinoma,
66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2007.
310.湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 :
TS-1の術前2週投与によりほぼCRがえられた進行胃癌の1症例,
第82回中国四国外科学会総会, 2007年9月.
311.プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, アズリナ アハマド, カラバシル ミレーバ, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
Transient increase in IL-6 by duct ligation leading to continuous elevation of Sca-1, a stem cells marker, in the mouse submandibular gland,
第49回歯科基礎医学会学術大会, Aug. 2007.
312.明星 裕美, 笠原 由子, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母Ogataea minutaにおける高リン酸化型糖鎖含有HexAの産生,
第27回日本糖質学会年会, 2007年8月.
313.伊藤 孝司, 松岡 和彦, 安岡 寛子, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
Tay-Sachs病およびSandhoff病の酵素補充療法への応用を目指した高機能化ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの発現,
第27回日本糖質学会年会, 2007年8月.
314.辻 大輔, 安岡 寛子, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のSandhoff病モデルマウス新生仔腹腔内投与に対する補充効果,
第27回日本糖質学会年会, 2007年7月.
315.伊藤 孝司 :
高機能型組換えリソソーム酵素の開発とリソソーム病の酵素補充療法への応用,
第6回国際バイオフォーラム, 2007年6月.
316.伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 :
大腸がん患者由来腫組織における糖タンパク質の糖鎖構造の変動,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
317.重永 章, 辻 大輔, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 :
刺激応答型アミノ酸を利用した核-細胞質シャトルペプチドの開発,
日本ケミカルバイオロジー研究会 第2回年会, 2007年5月.
318.松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 相川 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
糖鎖追加型変異導入に基くヒトb-Hexosaminidaseの高機能化,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
319.廣瀬 由記子, 辻 大輔, 安岡 寛子, 伊藤 孝司 :
PTD融合タンパクの細胞内導入及び局在解析,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
320.辻 大輔, 川島 永子, 仲山 賢一, 河下 映里, 東根 ゆかり, 伊藤 孝司 :
Sandhoff 病モデルマウス由来グリア細胞の単離・性質決定及び酵素補充効果,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
321.東根 ゆかり, 辻 大輔, 松岡 和彦, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 :
抗GM2抗体を用いたCell-ELISAの確立とGM2ガングリオシドーシスの治療効果の評価,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
322.明星 裕美, 笠原 由子, 高柴 みな子, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母のMNN4遺伝子の解析と高リン酸化型糖鎖含有HexAの生産,
日本農芸学会2007年度大会, 2007年3月.
323.松岡 和彦, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
酵素補充療法への応用を目的としたヒトβヘキソサミニダーゼの高機能化,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
324.安岡 寛子, 辻 大輔, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のSandhoff病モデルマウス新生児への補充効果の検討,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
325.河下 映里, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリア細胞株の性質決定,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
326.辻 大輔, 河下 映里, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスにおけるグリア細胞の活性化,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
327.伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系へのリソソーム酵素補充効果,
JST CREST 糖鎖全体会議, 2007年1月.
328.伊藤 孝司 :
リソソーム病の多因子性と治療ターゲット,
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 21世紀COE「多因子疾患克服に向けたプロテオミクス研究」共催 第3回公開シンポジウム 多因子疾患克服へ向けた分子的戦略, 2006年11月.
329.門田 佳人, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均, 蔦 幸児, 伊藤 孝司 :
ヒト保護タンパク質/カテプシンAの分子モデリングとアミノ酸置換効果の解析,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
330.蔦 幸児, 門田 佳人, 田口 雅浩, 伊藤 孝司 :
膜透過性ペプチド融合ノイラミニダーゼ-1による酵素補充療法を目指した基礎研究,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
331.藤島 加織, 松澤 史子, 相川 聖一, 桜庭 均, 門田 佳人, 伊藤 孝司 :
遊離シアル酸蓄積症患者由来培養fibroblastにおける含シアル酸複合糖鎖の解析とヒトsiallin遺伝子導入効果の検討,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
332.伊崎 俊介, 高野 正志, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 :
日本人大腸がん患者由来組織におけるプロテオーム解析,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
333.高野 正志, 伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 :
日本人胃がん患者由来組織におけるプロテオーム解析,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
334.辻 大輔, 東根 ゆかり, 余田 英士, 伊藤 孝司 :
中枢神経系における糖鎖レセプター発現解析及び酵素補充効果,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
335.安岡 寛子, 廣瀬 由記子, 辻 大輔, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 :
メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のリソソーム病モデルマウス新生児腹腔内投与による治療効果,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
336.久我 尚寛, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの脳におけるプロテオーム解析,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
337.東根 ゆかり, 辻 大輔, 余田 英士, 伊藤 孝司 :
ミクログリア細胞表面における糖鎖発現解析,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
338.河下 映里, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来株化ミクログリアの樹立と性質決定,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
339.廣瀬 由記子, 安岡 寛子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
脳内酵素補充を目指したPTD融合HexAの産生・獲得,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
340.プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, カラバシル ミレーバ, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi :
Effect of duct ligation on the expression of cellular markers of duct/acini and side population dynamics of the mouse submandibular gland,
第48回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2006.
341.笠原 由子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 川島 育夫, 桜庭 均, 伊藤 孝司, 地神 芳文 :
GM2ガングリオシドーシスの酵素補充療法を目指した組換え酵素の生産と培養細胞による評価,
第26回日本糖質学会年会, 2006年8月.
342.辻 大輔, 河下 映里, 奥野 周蔵, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来中枢神経系構成細胞における酵素補充効果,
第26回日本糖質学会年会, 2006年8月.
343.伊藤 孝司 :
糖鎖機能に基くリソソーム病の診断・治療法の開発,
KAGAWA機能糖鎖フォーラム 第3回シンポジウム, 2006年7月.
344.東根 ゆかり, 辻 大輔, 松岡 和彦, 伊藤 孝司 :
抗GM2抗体を用いたCell-ELISA系の確立とGM2ガングリオシドーシス由来細胞の治療効果の評価,
第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
345.久我 尚寛, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの脳におけるプロテオーム解析,
第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
346.辻 大輔, 久我 尚寛, 奥野 周蔵, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来オリゴデンドロサイト前駆細胞の単離及び蓄積糖質解析,
第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
347.門田 佳人, 佐藤 匡史, 加藤 龍一, 若槻 壮市, 蔦 幸児, 伊藤 孝司 :
ヒトノイラミニダーゼ-1の酵素活性発現に対するN末端領域の影響,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
348.辻 大輔, 石橋 靖浩, 東根 ゆかり, 松岡 和彦, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来間葉系幹細胞の神経細胞分化誘導,
第5回日本再生医療学会総会, 2006年3月.
349.明星 裕美, 笠原 由子, 高岡 友紀, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母によるヒトβ-ヘキソサミニダーゼAの発現と解析,
日本農芸学会2006年度大会, 2006年3月.
350.辻 大輔, 河下 映里, 伊藤 孝司 :
レンチウィルスベクターによるSandhoff病モデルマウス由来ミクログリアに対する治療効果,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
351.大澤 真以, 小谷 政晴, 三川 浩輝, 田島 陽一, 伊藤 孝司, 渡部 和彦, 桜庭 均 :
ザンドホッフ病マウス由来Schwann細胞の樹立と組み換えヒト・ベータ-ヘキソサミニダーゼの取り込みの解析,
第11回日本ライソゾーム病研究会, 2005年12月.
352.Mai Murata, Masaharu Kotani, Youichi Tajima, Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Kouji Itou, Kazuhiko Watabe and Hitoshi Sakuraba :
Corrective effects of ecombinant human β-hexosaminidases on Sandhoff mice Schwann cells,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
353.多田納 豊, 竹内 直博, 桜庭 均, 高橋 勉, 高田 五郎, 伊藤 孝司 :
エラスチン繊維形成障害コステロ症候群患者由来皮膚線維芽細胞株の特徴付け,
第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
354.N Takeuchi, Y Tatano, H Sakuraba, T Takahashi, G Takada and Kouji Itou :
Proteome alterations in fibroblasts with Costello syndrome,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
355.Yutaka Tatano, Naohiro Takeuchi, Hitoshi Sakuraba, Tsutomu Takahashi, Goro Takada and Kouji Itou :
Characterization of fibroblast from Costello syndrome with impaired elastogenesis,
第78回生化学会大会, Oct. 2005.
356.Yoshito Kadota, seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hirofumi Doi and Kouji Itou :
Effects of Amino Acid Substitutions on Processing of Human Cathepsin A (Serine Carboxypeptidase) Based on Homology Modeling,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
357.Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Akiko Itimiya, Naohiro Kuga, Hiroko Yasuoka, Aya Kuroki and Kouji Itou :
Analysis of accumulated glycoconjugates in glial cells derived from Sandhoff disease model mice,
第78回生化学会大会, Oct. 2005.
358.Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Eri Kawashita, Akiko Itimiya, Aya Kuroki and Kouji Itou :
Corrective effects of gene transfer on microglia derived from Sandhoff disease model mice,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
359.Aya Kuroki, Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Yukari Higashine, Mai Murata, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou :
Gene transfer with lentiviral vector into immortalized glial precursor cell line derived from Sandhoff disease model mice,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
360.Akiko Itimiya, Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibashi, Yukari Higashine and Kouji Itou :
Metabolic Correction in Myeloid Cells derived from Sandhoff Disease Model Mice,
第78回日本生化学大会, Oct. 2005.
361.Daisuke Tsuji, Yasuhiro Ishibasi, Itimiya Akiko and Kouji Itou :
Induction of neuronal cells from mesenchymal stem cells derived from Sandhoff disease model mice and effect of therapeutic administration,
第78回生化学会大会, Oct. 2005.
362.辻 大輔, 石橋 靖浩, 一宮 綾希子, 久我 尚寛, 黒木 綾, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系構成細胞における蓄積基質解析,
第25回日本糖質学会年会, 2005年7月.
363.明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 伊藤 孝司, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母の生産する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼのGM2ガングリオシドーシス酵素補充療法の検討,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
364.竹内 直博, 多田納 豊, 桜庭 均, 高橋 勉, 高田 五郎, 伊藤 孝司 :
コステロ症候群患者由来皮膚繊維芽細胞におけるプロテオーム解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
365.多田納 豊, 竹内 直博, 桜庭 均, 高橋 勉, 高田 五郎, 伊藤 孝司 :
エラスチン繊維形成不全を伴うコステロ症候群の発症機構の解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
366.千葉 靖典, 明星 裕美, 高岡 友紀, 高柴 みな子, 笠原 由子, 小林 和男, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母Ogataea minutaを利用した糖タンパク質生産と糖鎖改変,
第25回日本糖質学会年会, 2005年7月.
367.伊藤 孝司 :
糖鎖レセプターをターゲットとした酵素補充療法の進歩,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
368.久我 尚寛, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
マウスES細胞から神経幹細胞への新規分化誘導法の検討,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
369.一宮 綾希子, 辻 大輔, 石橋 靖浩, 東根 ゆかり, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来骨髄系細胞に対する治療効果,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
370.石橋 靖浩, 辻 大輔, 東根 ゆかり, 河下 映里, 伊藤 孝司 :
β-Hexosaminidase欠損症患者由来培養皮膚線維芽細胞に対する遺伝子治療法及びクロスコレクション効果の検討,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
371.辻 大輔, 石橋 靖浩, 一宮 綾希子, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス骨髄間葉系幹細胞の神経細胞への分化誘導,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
372.石橋 靖浩, 辻 大輔, 黒木 綾, 久我 尚寛, 河下 映里, 東根 ゆかり, 安岡 寛子, 伊藤 孝司 :
Lentiviral systemを用いたSandhoff病及びTay-Sachs病の治療効果の検討,
第46回日本生化学会中国四国支部例会, 2005年5月.
373.辻 大輔, 黒木 綾, 石橋 靖浩, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリアにおける遺伝子導入効果,
第46回日本生化学会中国・四国支部例会, 2005年5月.
374.桑原 淳, 一宮 綾希子, 伊藤 達生, 伊藤 孝司 :
転写因子Sp1の核局在におけるzinc fingerによる蛋白質認識の可能性,
第125年会日本薬学会, 2005年3月.
375.門田 佳人, 相川 聖一, 松澤 史子, 土居 洋文, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
分子モデリングに基づく人カテプシンA (セリンカルボキシペプチダーゼ)のキモスタチン感受性の遺伝的改変,
第125年会日本薬学会, 2005年3月.
376.吉原 隆浩, 吉村 好之, 梅本 淳, 沖津 宏, 門田 康正, 多田納 豊, 門田 佳人, 桑原 淳, 山内 卓, 伊藤 孝司 :
日本人胃ガン患者由来組織におけるプロテオーム解析,
第125年会日本薬学会, 2005年3月.
377.黒木 綾, 辻 大輔, 石橋 靖浩, 板倉 朋宏, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
Sandhoff 病モデルマウス由来不死化中枢神経系細胞株に対する酵素補充効果,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
378.大枝 由加子, 小谷 政晴, 桜庭 均, 門田 佳人, 多田納 豊, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
レクチン染色を用いたノイラミニダーゼー1欠損細胞におけるシアル酸含有糖鎖蓄積の解析,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
379.門田 佳人, 佐藤 百合恵, 相川 聖一, 松澤 史子, 土居 洋文, 桑原 淳, 桜庭 均, 伊藤 孝司 :
分子モデリングに基づくヒトカテプシンA (セリンカルボキシペプチダーゼ)の微生物由来のインヒビターに対する感受性の遺伝的改変,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
380.多田納 豊, 竹内 直博, 桑原 淳, 桜庭 均, 高橋 勉, 高田 五郎, 伊藤 孝司 :
β-galactosidase欠損症とコステロ症候群における67-kDaエラスチン結合タンパク質(EBP)の発現解析,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
381.明星 裕美, 笠原 由子, 辻 大輔, 多田納 豊, 伊藤 孝司, 櫻庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 :
メタノール資化性酵母における組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの精製と諸性質,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
382.辻 大輔, 板倉 朋宏, 黒木 綾, 石橋 靖浩, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系におけるMIP-1αの特異的誘導,
第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
383.辻 大輔, 板倉 朋宏, 黒木 綾, 石橋 靖浩, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系におけるケモカインの異常発現,
第45回日本生化学会中国四国支部例会, 2004年5月.
384.桑原 淳, 伊藤 達生, 山野 由紀子, 伊藤 孝司 :
転写因子Sp1の核局在における蛋白質相互作用の可能性,
日本薬学会第124年会, 2004年3月.
385.佐藤 百合恵, 相川 聖一, 松澤 史子, 土居 洋文, 吉田 達貞, 中馬 寛, 門田 佳人, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
ヒトカテプシンA(酸性セリンカルボキシペプチダーゼ)特異的阻害剤の分子デザイン,
日本薬学会第124年会, 2004年3月.
386.板倉 朋宏, 黒木 綾, 辻 大輔, 石橋 靖宏, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
マウス神経系不死化細胞株の樹立とGM2ガングリオシドーシスの治療法開発への応用,
日本薬学会第124年会, 2004年3月.
387.伊藤 孝司 :
糖鎖機能を利用したリソソーム病の酵素補充療法の実用化と展望,
第110回日本薬学会中国・四国支部例会, 2004年1月.
388.黒木 綾, 板倉 朋宏, 辻 大輔, 石橋 靖浩, 桑原 淳, 伊藤 孝司, 松澤 史子, 相川 聖一, 土居 洋文 :
リソソーム性β-ヘキソサミニダーゼサブユニット間認識機構,
第42回日本薬学会・日本薬剤師会 中四国支部学術大会, 2003年11月.
389.吉田 達貞, 佐藤 百合恵, 林 良雄, 伊藤 孝司, 中馬 寛 :
リソソーム病に関与するCathepsin Aとその阻害剤間の相互作用様式の解析,
第31回構造活性相関シンポジウム, 2003年11月.
390.Y Satoh, S Aikawa, F Matsuzawa, H Doi, K Oheda, Y Kadota, J Kuwahara, T Aoyagi, H Sakuraba and Kouji Itou :
Actions of microbial inhibitors on serine caroxypeptidase from man, yeast and wheat,
第76回日本生化学会大会, Oct. 2003.
391.板倉 朋宏, 黒木 綾, Daisuke Tsuji, 桑原 淳 and Kouji Itou :
Establishment and characterization of an immortalized neural cell line derived from murine ES cells,
第76回日本生化学会大会, Oct. 2003.
392.板倉 朋宏, 黒木 綾, 辻 大輔, 尼子 尊行, 桑原 淳, 山中 正二, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来細胞株に対するヒト及びマウスb-ヘキソサミニダーゼ遺伝子および酵素補充効果の解析,
日本薬学会第123年会, 2003年3月.
393.尼子 尊行, 辻 大輔, 板倉 朋宏, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
マウス胚性幹細胞(ES細胞)の誘引因子に関する研究,
第41回 日本薬学会・日本薬剤師会中四国支部学術大会, 2002年11月.
394.辻 大輔, 山中 正二, 尼子 尊行, 板倉 朋宏, 黒木 綾, 桑原 淳, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウスの臓器におけるケモカイン発現の解析,
第75回日本生化学会大会, 2002年10月.
395.板倉 朋宏, 黒木 綾, 辻 大輔, 尼子 尊行, 桑原 淳, 山中 正二, 伊藤 孝司 :
Sandhoff病モデルマウス由来培養細胞株におけるヒトβ-Hex遺伝子の発現解析,
第75回日本生化学会大会, 2002年10月.
396.多田納 豊, 小谷 政晴, 櫻庭 均, 辻 大輔, 門田 佳人, 桑原 淳, 新本 美智枝, 加瀬 良一, 伊藤 孝司 :
ヒト酸性β-ガラクトシダーゼの遺伝子変異に基づく選択的スプライシング産物(エラスチン結合タンパク質)の発現変動,
日本薬学会第122年会, 2002年3月.

その他・研究会:

1.Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
FEBS Open Bio, Vol.8, No.Supplement 1, ShT.35-1, Jul. 2018.
2.辻 大輔, 千葉 靖典, 伊藤 孝司 :
酵母で作製したリソソーム酵素でGM2ガングリオシドーシスモデルマウスを治療しました,
臨床遺伝学公開シンポジウム 2011「リソソーム病の診断と治療のために」, 2011年3月.
3.豊島 優裕, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
Protein kinase C alpha and betaⅠregulate morphology of microglia derived from Sandhoff disease model mice,
ソウル国立大学校薬学大学-徳島大学薬学部学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 2010年12月.
4.Kouji Itou :
Recent progress in therapeutic approach for inherited metabolic disorders. Molecular design and development of novel recombinant lysosomal enzymes for replacement therapy.,
Exchange Program between SNU and Tokushima Univ, Jun. 2010.

特許:

1.伊藤 孝司, 辻 大輔, 櫻庭 均 : ヒトβ-ヘキソサミニダーゼBの基質特異性を変換し,且つ,プロテアーゼ抵抗性を付与した新規高機能酵素, 特許第6230158号.
2.伊藤 孝司, 中馬 寛, 林 良雄, 飯島 希昌子 : 新規なカテプシンA阻害剤, 特願2003-382713, .
3.伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 新藤 充 : 新規なアポトーシス誘導剤, 特願2001-372050, 特開2003-171278, .
4.伊藤 孝司 : β-ヘキソサミニダーゼとその量産方法, 特願2005-367983, .
5.伊藤 孝司, 桜庭 均, 相川 聖一, 相川 史子 : β-ヘキソサミニダーゼA(HexA)を構成するα-サブユニット,前記α-サブユニットを有するHexA,前記α-サブユニットをコードする遺伝子,ベクターおよび形質転換細胞, 特願2007-044790, .
6.中山 淳, 寺町 順平, 安倍 正博, 難波 康祐, 伊藤 孝司, 辻 大輔 : 新規イノン化合物及びその用途, (2018年10月), 特許第2018-203219号 (2018年10月).
7.伊藤 孝司, 辻 大輔, 村松 慎一, 浅井 克仁 : テイーサックス病及びサンドホッフ病治療用の新規アデノ随伴ウイルスビリオン テイーサックス病及びサンドホッフ病のin vivo遺伝子治療用の改変型Hex鎖遺伝子搭載AAV-modHEXBベクター, (2018年1月), 特許第2018-011705号.
8.伊藤 孝司, 西岡 宗一郎, 松崎 祐二, 飯野 健太, 瀬筒 秀樹, 小林 功 : マンノース-6-リン酸基含有糖蛋白質の製造方法,及び蛍光基結合型マンノース-6-リン酸基含有糖蛋白質の細胞内分布を検出する方法, 特願PCT/JP2017/13322 (2017年3月), .
9.伊藤 孝司, 櫻庭 均, 辻 大輔 : ヒトβ-ヘキソサミニダーゼBの基質特異性を変換し,且つ,プロテアーゼ 抵抗性を付与した新規高機能酵素, 特願PCT/JP2013/078179 (2013年10月), 特開2014-542171 (2013年10月), 特許第2014-542171号 (2013年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 高機能型バイオスーパーの合理的デザインと疾患モデルによる治療評価システム開発 (研究課題/領域番号: 17H04102 )
  • 放射光を用いたヒトノイラミニダーゼの細胞内結晶構造解析 (研究課題/領域番号: 16K18507 )
  • 高いスプライス異常修復能を有した改変U1 snRNA発現ベクターの構築と疾病治療 (研究課題/領域番号: 16K08235 )
  • 次世代タンパク性医薬品開発に向けた反応システム系の開発と展開 (研究課題/領域番号: 16H02611 )
  • 中枢神経症状を伴うリソソーム病患者由来iN細胞の誘導と神経変性制御機構の解明 (研究課題/領域番号: 26670269 )
  • ネオグライコバイオロジクスの創製とリソソーム病治療薬開発への応用 (研究課題/領域番号: 26293120 )
  • 神経変性を伴うリソソーム蓄積症におけるシナプス病態の解明と治療への応用 (研究課題/領域番号: 25110722 )
  • 中枢神経症状を伴うリソソーム病における神経変性メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 25460389 )
  • 動物の新規遺伝子病の分子基盤解明、診断、予防および治療法の開発 (研究課題/領域番号: 25292181 )
  • 新規リソソーム指向性トラフィック制御化合物の探索と治療法開発への応用 (研究課題/領域番号: 24659262 )
  • 核酸医薬品創製のための新素子と新戦略の開発 (研究課題/領域番号: 23659054 )
  • タンパク質間相互作用部位をターゲットとした新規バイオ医薬品の開発 (研究課題/領域番号: 23390140 )
  • 天然物・生物有機化学を基盤とする創薬標的タンパク質同定効率化法の開拓と応用展開 (研究課題/領域番号: 23390026 )
  • 血液脳関門透過能をもつES細胞由来細胞株の樹立と脳内ターゲッティング機構 (研究課題/領域番号: 18659023 )
  • 機能領域の立体構造改変による新規高機能リソソーム病治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 18390303 )
  • ヒト血管内皮細胞由来の幹細胞誘引因子の作用機構と組織ターゲッティングへの応用 (研究課題/領域番号: 14657583 )
  • 細胞接着誘導阻害活性ポリケタイドの合成と機能解析 (研究課題/領域番号: 14370722 )
  • 生物工学的手法に基づく組織指向性医薬資源の開発と応用 (研究課題/領域番号: 12470503 )
  • 中枢神経系におけるエンドセリン分解酵素の欠損と病態 (研究課題/領域番号: 09670168 )
  • リソソーム酵素のプロセシング及び分解制御機構とその遺伝病の分子機構の解明 (研究課題/領域番号: 09267246 )
  • 酵素蛋白質の構造解析と分子設計:遺伝性代謝病の病態解明と治療方開発への応用 (研究課題/領域番号: 08670932 )
  • リソソーム酵素のプロセシング及び分解制御機構とその遺伝病の分子病態の解明 (研究課題/領域番号: 08278241 )
  • 多機能性蛋白による糖鎖分解酵素の制御機構とその欠損症の分子病理 (研究課題/領域番号: 07259222 )
  • 中枢神経系における多機能性糖蛋白質とそのペプチド性基質の局在性に関する研究 (研究課題/領域番号: 06780521 )
  • 細胞及び組織病理の3次元再構築:遺伝性代謝病の発症機構の解明と臨床への応用 (研究課題/領域番号: 06670847 )
  • CDG症候群の病因・病態解析 (研究課題/領域番号: 06454311 )
  • 多機能性蛋白による糖鎖分解酵素の制御機構とその欠損症の分子病理 (研究課題/領域番号: 06267224 )
  • 多機能性蛋白による糖鎖分解酵素の制御機構とその欠損症の分子病理 (研究課題/領域番号: 05274229 )
  • 遺伝性ライソゾーム病における変異遺伝子発現機序の解析 (研究課題/領域番号: 05253222 )
  • 遺伝性ライソゾーム病における変異遺伝子発現機序の解析 (研究課題/領域番号: 04260230 )
  • 遺伝子大量発現による先天代謝異常症の病態研究及び治療法の開発 (研究課題/領域番号: 03670516 )
  • 遺伝性ライソゾ-ム病における変異遺伝子発現機序の解析 (研究課題/領域番号: 03265219 )
  • 軟骨形成不全症の病因と病態に関する分子生物学的研究 (研究課題/領域番号: 01480264 )
  • 研究者番号(00184656)による検索