検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 生薬学 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬品探索学講座 > 生薬学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

天然物化学 (Natural Products Chemistry), 生薬学 (Pharmacognosy)

研究テーマ

抗HIV天然物に関する研究, 抗腫瘍活性天然物に関する研究

著書・論文

著書:

1. 石黒 京子, 伊藤 美千穂, 井上 誠, 内田 龍児, 梅垣 敬三, 大島 吉輝, 大城 太一, 太田 富久, 岡村 信幸, 奥山 恵美, 柏田 良樹, 木内 文之, 木下 武司, 合田 幸広, 小林 資正, 小松 かつ子, 小山 清隆, 小山 信裕, 酒井 英二, 渋谷 雅明, 白瀧 義明, 高山 廣光, 田中 隆, 谷口 雅彦, 供田 洋, 永津 明人, 野口 博司, 羽田 紀康, 波多野 力, 藤井 勲, 伏見 裕利, 船山 信次, 松田 久司, 三巻 祥浩, 森田 博史, 吉松 嘉代 :
化学系薬学 Ⅲ. 自然が生み出す薬物,
株式会社 東京化学同人, 2016年10月.
2. 福井 裕行, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
抗アレルギー天然物医薬,苦参の有効成分,(-)マーキアインの分子薬理機構,
公益社団法人 日本薬理学会, 2016年3月.
(DOI: 10.1254/fpj.147.148,   PubMed: 26960774,   CiNii: 130005131662)
3. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto, Yoshiaki Kitamura, Yoshiki Kashiwada and Noriaki Takeda :
Histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.,
Springer Science, NewYork, 2016.
4. 柏田 良樹, 金田 幸, 北中 進, 斉藤 節生, 白瀧 義明, 袴塚 高志, 船山 信次, 細井 信造, 三巻 祥浩, 横江 一朗 :
医療を指向する天然医薬品化学,
株式会社 廣川書店, 東京, 2005年3月.

学術論文(審査論文):

1. Naonobu Tanaka, Kanji Niwa, Seita Kajihara, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Nilufar Z. Mamadalieva and Yoshiki Kashiwada :
C28 Terpenoids from Lamiaceous plant Perovskia scrophulariifolia: their structures and anti-neuroinflammatory activity,
Organic Letters, Vol.22, No.19, 7667-7670, 2020.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.0c02855,   PubMed: 32941043)
2. Lee Sanghoon, Naonobu Tanaka, TAKAHASHI Sakura, Daisuke Tsuji, KIM Sang-Yong, KOJOMA Mareshige, Kouji Itou, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada :
Agesasines A and B, Bromopyrrole Alkaloids from Marine Sponges Agelas spp.,
Marine Drugs, Vol.18, No.9, 455, 2020.
(DOI: 10.3390/md18090455,   PubMed: 32872586)
3. Naonobu Tanaka, Kenta Yamada, Yusei Shimomoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Kazuyoshi Kawazoe, Davaadagva Damdinjav, Enkhjargal Dorjval and Yoshiki Kashiwada :
Lophachinins A-E, abietane diterpenes from a Mongolian traditional herbal medicine Lophanthus chinensis,
Fitoterapia, Vol.146, 104702, 2020.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2020.104702,   PubMed: 32763363,   Elsevier: Scopus)
4. XueRong Yang, Naonobu Tanaka, Daisuke Tsuji, Feng-Lai Lu, Xiao-Jie Yan, Kouji Itou, Dian-Peng Li and Yoshiki Kashiwada :
Sarcaglabrin A, a conjugate of C15 and C10 terpenes from the aerial parts of Sarcandra glabra,
Tetrahedron Letters, Vol.61, No.25, 151916, 2020.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.151916,   Elsevier: Scopus)
5. Naonobu Tanaka, Niwa Kanji, Yano Yuki and Yoshiki Kashiwada :
Prenylated benzophenone derivatives from Hypericum patulum,
Journal of Natural Medicines, Vol.74, No.1, 264-268, 2020.
(DOI: 10.1007/s11418-019-01350-3,   PubMed: 31377922,   Elsevier: Scopus)
6. Kanji Niwa, REN YI, Naonobu Tanaka, Shindai Kitaguchi, Daisuke Tsuji, Sang-Yong Kim, Ariuntuya Tsogtbaatar, Perleidulam Bunddulam, Kazuyoshi Kawazoe, Mareshige Kojoma, Davaadagva Damdinjav, Kouji Itou and Yoshiki Kashiwada :
Linaburiosides A-D, acylated iridoid glucosides from Linaria buriatica,
Phytochemistry, Vol.171, 112247, 2020.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2019.112247,   Elsevier: Scopus)
7. Xuerong Yang, Naonobu Tanaka, Daisuke Tsuji, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Kouji Itou, Li Dian-Peng and Yoshiki Kashiwada :
Limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata,
Tetrahedron, Vol.75, No.52, 130779, 2019.
(DOI: 10.1016/j.tet.2019.130779)
8. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka, Yutaka Tatano, Hideki Yagi and Yoshiki Kashiwada :
Hypascyrins A-E, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum ascyron,
Journal of Natural Products, Vol.82, No.10, 2754-2760, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.jnatprod.9b00354,   PubMed: 31596079,   Elsevier: Scopus)
9. Tatsuro Yoneyama, Kanako Iseki, Masaaki Noji, Hiroshi Imagawa, Toshihiro Hashimoto, Sachiko Kawano, Masaki Baba, Yoshiki Kashiwada, Tadahiro Yahagi, Keiichi Matsuzaki and Akemi Umeyama :
Marylosides A-G, Norcycloartane Glycosides from Leaves of Great Flower 'Marylaurencin'.,
Molecules, Vol.24, No.13, 2019.
(DOI: 10.3390/molecules24132504,   PubMed: 31323985)
10. Kazumi Sagayama, Naonobu Tanaka, Fukumoto Takatoshi and Yoshiki Kashiwada :
Lanostane-type triterpnes from the sclerotium of Inonotus obliquus (Chaga mushrooms) as proproliferative agents on human follicle dermal papilla cells,
Journal of Natural Medicines, Vol.73, No.3, 597-601, 2019.
(DOI: 10.1007/s11418-019-01280-0,   PubMed: 30706371)
11. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka, Sang-Yong Kim, Mareshige Kojoma and Yoshiki Kashiwada :
Hyperdioxane A, a conjugate of dibenzo-1,4-dioxane and sesquiterpene from Hypericum ascyron,
Organic Letters, Vol.20, No.18, 5977-5980, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.8b02739,   PubMed: 30207481,   Elsevier: Scopus)
12. Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada :
Rigenolides D-H, norsecoiridoid and secoiridoids from Gentiana rigescens Franch,
Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.2, 576-581, 2018.
(DOI: 10.1007/s11418-018-1181-2,   PubMed: 29423590,   CiNii: 40021511490)
13. Lee Sanghoon, Naonobu Tanaka, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada :
Agelamasines A and B, diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.1, 364-368, 2018.
(DOI: 10.1007/s11418-017-1157-7,   PubMed: 29198066,   Elsevier: Scopus)
14. Naonobu Tanaka, Jia Yuyu, Niwa Kanji, Imabayashi Kiyoshi, Tatano Yutaka, Yagi Hideki and Yoshiki Kashiwada :
Phloroglucinol derivatives and a chromone gluycoside from the leaves of Myrtus communis,
Tetrahedron, Vol.74, No.1, 117-123, 2018.
(DOI: 10.1016/j.tet.2017.11.044,   Elsevier: Scopus)
15. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yuki Tsuchihashi, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Methanol extraction fraction from Citrus Sudachi peel exerts lipid reducing effects in cultured cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 225-230, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.225,   PubMed: 30282865)
16. Suyama Yoshihiro, Higashino Yusuke, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka, Yagi Hideki, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada :
Stereochemical assignments of rubiaquinones A-C, naphthoquinone derivatives from Rubia yunnanensis,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.48, 4568-4571, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.10.051)
17. Sekita Yasuko, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Antibiofilm and Anti-Inflammatory Activities of+ Houttuynia cordata Decoction for Oral Care,
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine : eCAM, Vol.2017, 2850947, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112956,   DOI: 10.1155/2017/2850947,   PubMed: 29234378,   Elsevier: Scopus)
18. Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Shun-Lin Li, Han-Dong Sun and Yoshiki Kashiwada :
Rigenolides B and C, conjugates of norsecoiridoid and secoiridoid glucoside from Gentiana rigescens Franch.,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1459-1461, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.02.075)
19. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Frondhyperins A-D, short ketide-phenylketide conjugates from Hypericum frondosum cv. Sunburst,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1495-1498, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.02.089)
20. Kim Sang-Yong, Nagashima Hisako, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Jun'ichi and Kojoma Mareshige :
Hitorins A and B, hexacyclic C25 terpenoids from Chloranthus japonicus,
Organic Letters, Vol.18, 5420-5423, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.6b02842,   PubMed: 27718583,   Elsevier: Scopus)
21. Naonobu Tanaka, Yuki Yano, Yutaka Tatano and Yoshiki Kashiwada :
Hypatulins A and B, meroterpenes from Hypericum patulum,
Organic Letters, Vol.18, No.20, 5360-5363, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.6b02725,   PubMed: 27682178)
22. Kentaro Igami, Yosuke Shimojo, Hisatomi Ito, Toshitsugu Miyazaki, Fusako Nakano and Yoshiki Kashiwada :
Fermented Ginseng Contains an Agonist of Peroxisome Proliferator Activated Receptors and .,
Journal of Medicinal Food, Vol.19, No.9, 817-822, 2016.
(DOI: 10.1089/jmf.2016.3673,   PubMed: 27627700)
23. Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka and Yoshiki Kashiwada :
Erecricins A-E, prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum,
Fitoterapia, Vol.114, 188-193, 2016.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2016.08.014,   PubMed: 27575327)
24. Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki F. Yu, Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Nakamura Takanori :
Acylated triterpene saponins from the stem bark of Acer nikoense,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 924-929, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00146,   PubMed: 27373647,   Elsevier: Scopus)
25. Naonobu Tanaka, Tsuji Eri, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi :
Yezo'otogirins A-H, acylphloroglucinols and meroterpenes from Hypericum yezoense,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 991-995, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00243,   PubMed: 27373661)
26. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Shohei Ogata, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Preventive Effects of Houttuynia cordata Extract for Oral Infectious Diseases.,
BioMed Research International, Vol.2016, 2581876, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112384,   DOI: 10.1155/2016/2581876,   PubMed: 27413739,   Elsevier: Scopus)
27. Naonobu Tanaka, Niwa Kanji and Yoshiki Kashiwada :
Merohyperins A-C, meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense,
Tetrahedron Letters, Vol.57, No.29, 3175-3178, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.06.028)
28. Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Damdinjav Davaadagva, Dorjbal Enkhjargal and Yoshiki Kashiwada :
Tetrahydroxanthones from Mongolian medicinal plant Gentianella amarella ssp. acuta,
Journal of Natural Medicines, Vol.70, No.4, 780-788, 2016.
(DOI: 10.1007/s11418-016-1015-z,   PubMed: 27306440,   Elsevier: Scopus)
29. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Takashi Amoh, Satoshi Ogino, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake, Hiroyuki Fukui and Yoshiki Kashiwada :
Anti-bacterial and anti-inflammatory effects of ethanol extract from Houttuynia cordata poultice.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2016.
(DOI: 10.1080/09168451.2016.1151339,   PubMed: 27023331)
30. Shin-Ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Hirofumi Shibata, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Acylated neo-clerodane type diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl. (Lamiaceae).,
Journal of Natural Medicines, 2016.
(DOI: 10.1007/s11418-016-0967-3,   PubMed: 26825781)
31. Manik Chandra Shill, Hiroyuki Mizuguchi, Sanmoy Karmakar, Takuya Kadota, Pulok K. Mukherjee, Yoshiki Kashiwada, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
A novel benzofuran, 4-methoxybenzofuran-5-carboxamide, from Tephrosia purpurea suppressed histamine H1 receptor gene expression through a protein kinase C--dependent signaling pathway.,
International Immunopharmacology, Vol.30, 18-26, 2016.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2015.11.021,   PubMed: 26619301,   Elsevier: Scopus)
32. Nakajima Hiroyuki, Kazuchika Nishitsuji, Kawashima Hiroyuki, Kuwabara Kaori, Mikawa Shiho, Uchimura Kenji, Akaji Kenichi, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Norihiro, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita :
The polyphenol (-)-epigallocatechin-3-gallate prevents apoA-IIowa amyloidosis in vitro and protects human embryonic kidney 293 cells against amyloid cytotoxicity,
Amyloid, Vol.23, No.1, 17-25, 2015.
(DOI: 10.3109/13506129.2015.1113167,   PubMed: 26701221,   Elsevier: Scopus)
33. C M Shill, AK Das, T Itou, S Karmakar, PK Mukherjee, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiki Kashiwada, Hiroyuki Fukui and Hisao Nemoto :
The isolation and synthesis of a novel benzofuran compound from Tephrosia purpurea, and the synthesis of several related derivatives, which suppress histamine H1 receptor gene expression.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.21, 6869-6874, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2015.09.049,   PubMed: 26476665)
34. Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes.,
Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
(DOI: 10.1002/prp2.166,   PubMed: 26516579)
35. Shin-Ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Coleifolides A and B, Two New Sesterterpenoids from the Aerial Parts of Scutellaria coleifolia H.Lév.,
Chemistry & Biodiversity, Vol.12, No.8, 1200-1207, 2015.
(DOI: 10.1002/cbdv.201400248,   PubMed: 26265571,   Elsevier: Scopus)
36. Kusama Taishi, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadin F and tauroacidin E, bromopyrrole alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.30, 4502-4504, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.05.114,   Elsevier: Scopus)
37. Tsung-I Hsu, Ying-Jung Chen, Chia-Yang Hung, Yi-Chang Wang, Sin-Jin Lin, Wu-Chou Su, Ming-Derg Lai, Sang-Yong Kim, Qiang Wang, Keduo Qian, Masuo Goto, Yu Zhao, Yoshiki Kashiwada, Kuo-Hsiung Lee, Wen-Chang Chang and Jan-Jong Hung :
A novel derivative of betulinic acid, SYK023, suppresses lung cancer growth and malignancy.,
Oncotarget, Vol.6, No.15, 13671-13687, 2015.
(DOI: 10.18632/oncotarget.3701,   PubMed: 25909174,   Elsevier: Scopus)
38. Shin-ichiro Kurimoto, Jian-Xin Pu, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Acylated neo-clerodanes and 19-nor-neo-clerodanes from the aerial parts of Scutellaria coleifolia (Lamiaceae).,
Phytochemistry, Vol.116, 298-304, 2015.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2015.05.012,   PubMed: 26026223)
39. Kentaro Igami, Yosuke Shimojo, Hisatomi Ito, Toshitsugu Miyazaki and Yoshiki Kashiwada :
Hepatoprotective effect of fermented ginseng and its major constituent compound K in a rat model of paracetamol (acetaminophen)-induced liver injury.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.67, No.4, 565-572, 2015.
(DOI: 10.1111/jphp.12342,   PubMed: 25495794,   Elsevier: Scopus)
40. Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Natsuki Kobayakawa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Miltiorins A-D, diterpenes from Radix Salviae miltiorrhizae,
Fitoterapia, Vol.102, No.C, 49-55, 2015.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2015.01.013,   PubMed: 25644525,   Elsevier: Scopus)
41. Naonobu Tanaka, Minami Takekata, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Davaadagva Damdinjav, Enkhajargal Dorjbal and Yoshiki Kashiwada :
Algiolide A, secoiridoid glucoside from Mongolian medicinal plant Gentiana algida,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.6, 817-819, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.12.107,   Elsevier: Scopus)
42. Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major.,
Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.
(DOI: 10.1016/j.aquaculture.2014.12.026,   Elsevier: Scopus)
43. Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans,
Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
(DOI: 10.1016/j.aquaculture.2014.09.007,   Elsevier: Scopus)
44. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadins C-E, Bromopyrrole Alkaloids Comprising Oroidin and 3-Hydroxykynurenine from a Marine Sponge Agelas sp.,
Organic Letters, Vol.16, No.19, 5176-5179, 2014.
(DOI: 10.1021/ol502528m,   PubMed: 25247626)
45. Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides.,
Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
(DOI: 10.1007/s11418-014-0853-9,   PubMed: 25081326)
46. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadins A and B, Dimeric Bromopyrrole Alkaloids from a Marine Sponge Agelas sp.,
Organic Letters, Vol.16, No.15, 3916-3918, 2014.
(DOI: 10.1021/ol501664b,   PubMed: 25020256,   Elsevier: Scopus)
47. Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
(DOI: 10.1021/jf5020439,   PubMed: 24956381,   Elsevier: Scopus)
48. Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada :
Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae).,
Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2013.11.004,   PubMed: 24239747,   Elsevier: Scopus)
49. Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi :
Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb.,
Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2013.09.021,   PubMed: 24120297)
50. Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch.,
Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2013.08.006,   PubMed: 23994629)
51. Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Michiko Sekiya, Yoshihiko Hatano, Yoshihisa Takaishi and Yasumasa Ikeshiro :
Structural elucidation and biological fate of two glucuronyl metabolites of pelargonidin 3-O--D-glucopyranoside in rats.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.61, No.3, 569-578, 2013.
(DOI: 10.1021/jf3032793,   PubMed: 23256460)
52. Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi :
New sesquiterpene lactone glucosides from the roots of Ferula varia.,
Phytochemistry Letters, Vol.5, No.4, 729-733, 2012.
(DOI: 10.1016/j.phytol.2012.08.001)
53. Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi :
Prenylated flavonoids from the roots of Desmodium caudatum and evaluation of their antifungal activity.,
Planta Medica, Vol.78, No.17, 1851-1856, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0032-1315391,   PubMed: 23059627)
54. Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi :
Prenylated flavonoids from Desmodium caudatum and evaluation of their anti-MRSA activity.,
Phytochemistry, Vol.82, 136-142, 2012.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2012.06.007,   PubMed: 22800912)
55. Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura :
Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
(DOI: 10.1021/jf300147y,   PubMed: 22475031,   Elsevier: Scopus)
56. Yoshiki Kashiwada, Fakhruddin Ali Ahmed, Shin-ichiro Kurimoto, Sang-Yong Kim, Hirofumi Shibata, Toshihiro Fujioka and Yoshihisa Takaishi :
New α-glucosides of caffeoyl quinic acid from the leaves of Moringa oleifera Lam.,
Journal of Natural Medicines, Vol.66, No.1, 217-221, 2012.
(DOI: 10.1007/s11418-011-0563-5,   PubMed: 21748486)
57. Shin-ichiro Kurimoto, Yoshiki Kashiwada, Kuo-Hsiung Lee and Yoshihisa Takaishi :
Triterpenes and a triterpene glucoside from Dysoxylum cumingianum and their cytotoxicity.,
Phytochemistry, Vol.72, No.17, 2205-2211, 2011.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2011.08.002,   PubMed: 21899865)
58. Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi :
Spicachlorantins G-J, New Lindenane Sesquiterpenoid Dimers from the Roots of Chloranthus spicatus.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.10, 1281-1284, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.1281,   PubMed: 21963639)
59. Shin-ichiro Kurimoto, Yoshiki Kashiwada, Susan L. Morris-Natschke, Kuo-Hsiung Lee and Yoshihisa Takaishi :
Dyscusins AC, Three New Steroids From the Leaves of Dysoxylum cumingianum.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.10, 1303-1306, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.1303,   PubMed: 21963644)
60. Ahmed Ali Fakhruddin, Kim Sang-Yong, Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki Hisako, Hirofumi Shibata, Yoshiki Kashiwada and Yoshihisa Takaishi :
Biflavonoids from Flowers of Butea monosperma (Lam.) Taub.,
Heterocycles, Vol.83, No.9, 2079-2089, 2011.
(DOI: 10.3987/COM-11-12275,   CiNii: 40018958918)
61. Yoshiki Kashiwada, Nishimura Kazuya, Kurimoto Shin-ichiro and Yoshihisa Takaishi :
New 29-nor-cycloartanes with a 3,4-seco- and a novel 2,3-seco-structure from the leaves of Sinocalycanthus chinensis.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.19, No.9, 2790-2796, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2011.03.055,   PubMed: 21493075)
62. Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi :
Seven new dammarane triterpenes from the floral spikes of Betula platyphylla var. japonica.,
Journal of Natural Medicines, Vol.65, No.1, 217-223, 2011.
(DOI: 10.1007/s11418-010-0462-1,   PubMed: 20814752)
63. Kurimoto Shin-ichiro, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, K Olimjon Kodzhimatov and Yoshihisa Takaishi :
Four new glucosides from the aerial parts of Mediasia macrophylla,
Journal of Natural Medicines, Vol.65, No.1, 180-185, 2011.
(DOI: 10.1007/s11418-010-0444-3,   PubMed: 20640523)
64. Xiong Juan, Yoshiki Kashiwada, Chen Chin-Ho, Qian Keduo, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi :
Conjugates of Betulin Derivatives with AZT as Potent Anti-HIV Agents.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.18, No.17, 6451-6469, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2010.06.092,   PubMed: 20673723,   Elsevier: Scopus)
65. Naonobu Tanaka, Otani Mio, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Shibazaki Azusa, Gonoi Tohru, Shiro Motoo and Kobayashi Junichi :
Petiolins J-M, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.20, No.15, 4451-4455, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2010.06.047,   PubMed: 20598881)
66. Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara :
Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
(DOI: 10.3892/etm_00000075,   PubMed: 22993564)
67. Shin-ichiro Kurimoto, Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Olimjon Kodzhimatov and Yoshihisa Takaishi :
A new C14-polyacetylenic glucoside with an -pyrone moiety and four new C10-polyacetylenic glucosides from Mediasia macrophylla,
Phytochemistry, Vol.71, No.5-6, 688-692, 2010.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2009.12.007,   PubMed: 20074759)
68. Elizabeth R. Sharlow, Todd A. Lyda, Heidi C. Dodson, Gabriela Mustata, Meredith T. Morris, Stephanie S. Leimgruber, Kuo-Hsiung Lee, Yoshiki Kashiwada, David Close, John S. Lazo and James C. Morris :
A Target-Based High Throughput Screen Yields Trypanosoma brucei Hexokinase Small Molecule Inhibitors with Antiparasitic Activity.,
PLoS Neglected Tropical Diseases, Vol.4, No.4, e659, 2010.
(DOI: 10.1371/journal.pntd.0000659,   PubMed: 20405000)
69. Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Sekiya Michiko, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi :
Papyriferic Acid Derivatives as Reversal Agents of Multidrug Resistance in Cancer Cells.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.18, No.8, 2964-2975, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2010.02.046,   PubMed: 20363142)
70. Naonobu Tanaka, Mamemura Takuji, Abe Shuhei, Imabayashi Kiyoshi, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Suzuki Tetsuro, Takebe Yutaka, Kubota Takaaki and Kobayashi Junichi :
Biyouxanthones A-D, prenylated xanthones from roots of Hypericum chinense,
Heterocycles, Vol.80, No.1, 613-621, 2010.
(DOI: 10.3987/COM-09-S(S)28,   CiNii: 40016900132)
71. Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Jun'ichi Kobayashi :
Petiolins F-I, benzophenone rhamnosides from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1171-1173, 2009.
(DOI: 10.1248/cpb.57.1171,   PubMed: 19801884)
72. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang-Yong Kim, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Xanthones from Hypericum chinense and their cytotoxicity evaluation.,
Phytochemistry, Vol.70, No.11-12, 1456-1461, 2009.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2009.08.015,   PubMed: 19766276)
73. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang Yong Kim, Waka Hashida, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Acylphloroglucinol, biyouyanagiol, biyouyanagin B, and related spiro-lactones from Hypericum chinense.,
Journal of Natural Products, Vol.72, No.8, 1447-1452, 2009.
(DOI: 10.1021/np900109y,   PubMed: 19606850)
74. Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi :
Spicachlorantins A and B, New Dimeric Sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus.,
Phytochemistry Letters, Vol.2, No.3, 110-113, 2009.
(DOI: 10.1016/j.phytol.2009.03.001)
75. Naonobu Tanaka, Kubota Takaaki, Ishiyama Haruaki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Ito Junji, Mikami Yuzuru, Shiro Motoo and Kobayashi Jun'ichi :
Petiolins D and E, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Heterocycles, Vol.79, No.1, 917-924, 2009.
(DOI: 10.3987/COM-08-S(D)64,   CiNii: 40016543118)
76. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Tatsuro Nakano, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuchi, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Chromone and chromanone glucosides from Hypericum sikokumontanum and their anti-Helicobacter pylori activities.,
Phytochemistry, Vol.70, No.1, 141-146, 2009.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.11.006,   PubMed: 19121528)
77. Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi :
Spicachlorantins CF, hydroperoxy dimeric sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus.,
Tetrahedron Letters, Vol.50, No.44, 6032-6035, 2009.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.08.026)
78. Freddy Ramos, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Coralia Osorio, Carmenza Duque, Ricardo Acuna and Yoshinori Fujimoto :
Ent-3,4-seco-labdane and ent-labdane diterpenoids from Croton stipuliformis (Euphorbiaceae),
Phytochemistry, Vol.69, No.12, 2406-2410, 2008.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.05.025,   PubMed: 18664395)
79. Waka Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiki Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Tomoenones A-H, cytotoxic phloroglucinol derivatives from Hypericum ascyron,
Phytochemistry, Vol.69, No.11, 2225-2230, 2008.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.04.026,   PubMed: 18556029)
80. Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Makoto Ogawa and Yoshihisa Takaishi :
Prenylated Phrologrucinol Derivatives from Hypericum perforatum var. angustifolium,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.8, 1164-1167, 2008.
(DOI: 10.1248/cpb.56.1164,   PubMed: 18670119)
81. Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Haruaki Ishiyama, Atsushi Araki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Yuzuru Mikami and Jun'ichi Koyayashi :
Petiolins A-C, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.10, 5619-5623, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2008.03.076,   PubMed: 18430575)
82. Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov and Yoshihisa Takaishi :
Monoterpene glycosides from Paeonia hybrida,
Phytochemistry, Vol.69, No.8, 1767-1772, 2008.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.02.016,   PubMed: 18400238)
83. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Takaneones A-C, prenylated butylphloroglucinol derivatives from Hypercum shikokumontanum,
Tetrahedron Letters, Vol.49, No.17, 2799-2803, 2008.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2008.02.121)
84. Shunsuke Ishida, Mamoru Okasaka, Freddy A. Ramos, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashumetov :
New Alkaloid from the aerial parts of Condonopsis clematidea,
Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.2, 236-238, 2008.
(DOI: 10.1007/s11418-007-0219-7,   PubMed: 18404331)
85. Michiko Sekiya, Yoshiki Kashiwada, Tomohiro Nabekura, Shuji Kitagawa, Takashi Yamagishi, Takako Yokozawa, Takashi Ichiyanagi, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Effect of Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica on Glycoprotein Function,
Planta Medica, Vol.73, No.15, 1558-1562, 2007.
(DOI: 10.1055/s-2007-993745,   PubMed: 18058609)
86. Kyoko Suzuki, Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodshimatov, Ozodbek Ashurmetov, Michiko Sekiya and Yasumasa Ikeshiro :
Sesquiterpene Lactone from the Roots of Ferula varia and Their Cytotoxic Activity,,
Journal of Natural Products, Vol.70, No.12, 1915-1918, 2007.
(DOI: 10.1021/np0703996,   PubMed: 18052129)
87. Shuji Kitagawa, Tomohiro Nabekura, Yutaka Nakamura, Tomoharu Takahashi and Yoshiki Kashiwada :
Inhibition of P-glycoprotein function by tannic acid and pentagalloylglucose.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.7, 965-969, 2007.
(DOI: 10.1211/jpp.59.7.0008,   PubMed: 17637191)
88. Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Kimihisa Yamazaki, Yasumasa Ikeshiro, Toshihiro Fujioka, Takashi Yamagishi, Shuji Kitagawa and Yoshihisa Takaishi :
Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica and Their Reversing Activity against Multidrug-Resistant Cancer Cells,
Journal of Natural Products, Vol.70, No.4, 623-627, 2007.
(DOI: 10.1021/np060631s,   PubMed: 17346076)
89. Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, K. Olimjon Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov, J. Ai Lin, Mark L. Consentino and Kuo-Hsiung Lee :
Terpenoids from Juniperus polycarpus var. seravschanica,
Phytochemistry, Vol.67, No.24, 2635-2640, 2006.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2006.07.020,   PubMed: 16956634)
90. Yu Donglei, Sakurai Yojiro, Chen Chin-Ho, Chang Fang-Rong, Huang Li, Yoshiki Kashiwada and Lee Kuo-Hsiung :
Anti-AIDS Agents 69. Moronic Acid and Other Triterpene Derivatives as,
Journal of Medicinal Chemistry, Vol.49, No.18, 5462-5469, 2006.
(DOI: 10.1021/jm0601912,   PubMed: 16942019)
91. Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Yasumasa Ikeshiro, Kaneyuki Takao and Tetsuya Konishi :
Nasunin from Eggplant Consists of Cis-Trans Isomers of Delphinidin 3-[4-(p-Coumaroyl)-L-rhamnosyl (1 6)glucopyranoside]-5-glucopyranoside,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.53, No.24, 9472-9477, 2005.
(DOI: 10.1021/jf051841y,   PubMed: 16302764)
92. Shuji Kitagawa, Tomohiro Nabekura, Shizu Kamiyama, Tomoharu Takahashi, Yutaka Nakamura, Yoshiki Kashiwada and Yasumasa Ikeshiro :
Effect of Alkyl Gallates on P-glycoprotein Function,
Biochemical Pharmacology, Vol.70, No.8, 1262-1266, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bcp.2005.07.013,   PubMed: 16139251)
93. Yoshiki Kashiwada, Akihiro Aoshima, Yasumasa Ikeshiro, Yuh-Pan Chen, Hiroshi Furukawa, Masataka Itoigawa, Toshihiro Fujioka, Kunihide Mihashi, Mark L. Cosentino, L. Susan Morris-Natschke and Kuo-Hsiung Lee :
Anti-HIV Benzylisoquinoline Alkaloids and Flavonoids from the Leaves of Nelumbo nucifera, and Structure-Activity Correlation with Related Alkaloids,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.2, 443-448, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2004.10.020,   PubMed: 15598565)
94. Takako Yokozawa, Akiko Satoh, Eun Ju Cho, Yoshiki Kashiwada and Yasumasa Ikeshiro :
Protective role of Coptidis Rhizoma alkaloids agaist peroxynitrite-iduced damages to renal tubular epithelial cells,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.57, No.3, 367-374, 2005.
(DOI: 10.1211/0022357055470,   PubMed: 15807993)
95. Yoshiki Kashiwada, M. Sekiya, Y. Ikeshiro, T. Fujioka, N.R. Kilgore, C.T. Wild, G.P. Allaway and K.H. Lee :
3-O-Glutaryl-dihydrobetulin and related monoacyl derivatves as potent anti-HIV agents,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.14, No.23, 5851-5853, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2004.09.033,   PubMed: 15501054)
96. T. Ichiyanagi, M. M Rahman, Yoshiki Kashiwada, Y. Ikeshiro, Y. Shida, Y. Hatano, H. Matsumoto, M. Hirayama, T. Tsuda and T. Konishi :
Absorption and Metabolism of Delphinidin 3-O-β-D-Glucopyranoside in Rats,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.36, No.7, 930-937, 2004.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2004.01.005,   PubMed: 15019977)
97. T. Yokozawa, A. Ishida, Yoshiki Kashiwada, E.J. Cho and Y. Ikeshiro :
Coptidis Rhizoma: Protective effects against peroxynitrite-induced oxidative damage and elucidation of its active components,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.56, No.4, 547-556, 2004.
(DOI: 10.1211/0022357023024,   PubMed: 15099450)
98. T. Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Y. Ikeshiro, Y. Hatano, Y. Shida, M. Horie, S. Matsugo and T. Konish :
Complete Assignment of Billberry (Vaccinium myrtillus L.) Anthocyanins Separated by Capillary Zone Electrophoresis,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.2, 226-229, 2004.
(DOI: 10.1248/cpb.52.226,   PubMed: 14758008)
99. I.S. Chen, Yoshiki Kashiwada, L. S. Morris-Natschke and K.H. Lee :
Plant-derived Terpenoids and Analogues as Anti-HIV Agents,
Current Topics in Medicinal Chemistry, Vol.3, No.2, 155-169, 2003.
(DOI: 10.2174/1568026033392435,   PubMed: 12570771)
100. I.C. Sun, C.H Chen, Yoshiki Kashiwada, J.H. Wu, H.K. Wang and K.H. Lee :
Anti-AIDS agents 49. Synthesis, anti-HIV, and anti-fusion activities of IC9564 analogues based on betulinic acid.,
Journal of Medicinal Chemistry, Vol.45, No.19, 4271-4275, 2002.
(DOI: 10.1021/jm020069c,   PubMed: 12213068)
101. T. Yokozawa, Yoshiki Kashiwada, M. Hattori and H.Y. Chung :
Study on the Components of Luobuma with Peroxynitrite-Scavenging,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.25, No.6, 748-752, 2002.
(DOI: 10.1248/bpb.25.748,   PubMed: 12081141,   CiNii: 110003638751)
102. I. Abe, Y. Kashiwagi, H. Noguchi, T. Tanaka, Y. Ikeshiro and Yoshiki Kashiwada :
Ellagitannins and hexahydroxydiphenoyl esters as inhibitors of vertebrate squalene epoxidase.,
Journal of Natural Products, Vol.64, No.8, 1010-1014, 2001.
(DOI: 10.1021/np010100y,   PubMed: 11520216)
103. T. Kanamoto, Yoshiki Kashiwada, K. Kanbara, K. Gotoh, M. Yoshimori, T. Goto, K. Sano and H. Nakashima :
Anti-Human Immunodeficiency Virus Activity of YK-FH312 (a Betulinic Acid Derivative), a Novel Compound Blocking Viral Maturation,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.45, No.4, 1225-1230, 2001.
(DOI: 10.1128/AAC.45.4.1225-1230.2001,   PubMed: 11257038,   Elsevier: Scopus)
104. S. Tanaka, Y. Sakata, K. Morimoto, Y. Tambe, Y. Watanabe, G. Honda, M. Tabata, T. Oshima, T. Masuda, T. Umezawa, M. Shimada, N. Nagakura, W. Kamisako, Yoshiki Kashiwada and Y. Ikeshiro :
Influence of Natural and Synthetic Compounds on Cell Surface Expression of Cell Adhesion Molecules, ICAM-1 and VCAM-1,
Planta Medica, Vol.67, No.2, 108-113, 2001.
(DOI: 10.1055/s-2001-11514,   PubMed: 11301853,   Elsevier: Scopus)
105. Yoshiki Kashiwada, J. Chiyo, Y. Ikeshiro, T. Nagao, H. Okabe, L.M. Cosentino, K. Fowke, S.M. Morris-Natschke and S.M. Morris-Natschke :
3,28-Di-O-(Dimethylsuccinyl)-Betulin Isomers as Anti-HIV Agents,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.11, No.2, 183-185, 2001.
(DOI: 10.1016/S0960-894X(00)00635-1,   PubMed: 11206454,   Elsevier: Scopus)
106. Yoshiki Kashiwada, Y. Yamazaki, Y. Ikeshiro, T. Yamagishi, T. Fujioka, K. Mihashi, K. Mizuki, L.M. Cosentino, K. Fowke and K.H. Lee :
Isolation of Rhododaurichromanic Acid B and the Anti-HIV Principles Rhododaurichromanic Acid A and Rhododaurichromenic Acid from Rhododendron dauricum,
Tetrahedron, Vol.57, No.8, 1559-1563, 2001.
(DOI: 10.1016/S0040-4020(00)01144-3,   Elsevier: Scopus)
107. Yoshiki Kashiwada, K. Takanaka, H. Tsukada, Y. Miwa, T. Taga, S. Tanaka and Y. Ikeshiro :
Sesquiterpene Glucosides from Anti-Leukotriene B4 Release Fraction of Taraxacum officinale,
Journal of Asian Natural Products Research, Vol.3, No.3, 191-197, 2001.
(DOI: 10.1080/10286020108041390,   PubMed: 11491394,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 佐々木 久子, 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 篠崎 陽介, 柴山 恵美子, 関田 倫彦, 金子 礼, 洲山 佳寛, 高岸 佐和, 中野 芙佐子, 平田 藍, 宮崎 祐樹, 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 中川 博之, 田岡 寛之, 足立 麻美, 柴田 高洋, 岡田 直人, 継岡 知美, 淵上 美由紀, 小中 健, 今林 潔, 今林 優佳, 高石 喜久, 水口 和生 :
つるぎ町一宇地区の民間薬調査,
阿波学会紀要, No.57, 89-98, 2011年.
2. 川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 田中 直伸, 岡坂 衛, 石田 俊介, 鎌倉 孝法, 佐藤 昌俊, 橋田 千佳, 西迫 寛隆, 田島 壮一郎, 森 剛志, 鈴木 恭子, 橋田 和佳, 部屋 衣美子, 高田 千絵, 遠藤 友香, 金 尚永, 田岡 寛之, 西村 和也, 高石 喜久, 水口 和生 :
三好市東祖谷地区の民間薬調査,
阿波学会紀要, No.53, 87-98, 2007年.

総説・解説:

1. Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi :
Bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 691-694, Jul. 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00245,   PubMed: 27373625,   Elsevier: Scopus)
2. 嶋林 三郎, 柏田 良樹 :
<講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤,
防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月.
3. Ichikawa Haruyo, Nakamura Yutaka, Yoshiki Kashiwada and Aggarwal B. Bharat :
Anticancer Drugs Designed by Mother Nature: Ancient Drugs but Modern Targets,
Current Pharmaceutical Design, Vol.13, No.33, 3400-3416, Nov. 2007.
(DOI: 10.2174/138161207782360492,   PubMed: 18045194)

国際会議:

1. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, 許文 てい, ジン 美娜, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮からの抗メタボリックシンドローム活性を有する物質の同定,
日本糖尿病学会, 京都,
2. Sanghoon Lee, Naonobu Tanaka, 小林 淳一 and Yoshiki Kashiwada :
New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponge Agelas spp.,
The 10th KSP-JSP-CSP Joint Symposium, 132, Seoul, Nov. 2018.
3. Licht Miyamoto, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Tanaka Naonobu, Ikeda Yasumasa, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative purified from peels of Citrus Sudachi ameliorates lipid and glucose metabolism through upregulating sirt1,
World Congress of Pharmacology, Kyoto, Jul. 2018.
4. Kazuko YORITA, Sumire Kurosawa, Yuri Yoshida, Yoshiki Kashiwada, Shigeki Sano, Akira Otaka and Kiyoshi Fukui :
Screening of the effectors for human D-amino acid oxidase and the analyses of structure-activity relationships,
The 19th triennial International Symposium on Flavins and Flavoproteins, Groningen, Jul. 2017.
5. Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice.,
欧州糖尿病学会, Dec. 2016.
6. Niwa Kanji, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Studies on the constituents Hypericum plants (43): Meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
7. Wada Shizuka, Naonobu Tanaka, Chen Chin-Ho, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsing and Yoshiki Kashiwada :
Anti-HIV natural products (28): preparation of conjugate for 3-O-acyl betulin derivative and AZT as anti-HIV agents,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
8. Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada :
Agelamadins, bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp.,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
9. Yoshiki Kashiwada and Naonobu Tanaka :
Studies on Chinese and Mongolian traditional medicinal plants,
International Conference on Conservation of Biodiversity and Sustainable Use of Tropical and Subtropical Plants, 83, Nov. 2015.
10. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
The Mechanism of Citrus sudachi Peel Extract Exerts Lipid Reducing Effect in Cells,
2015.10.19-22 The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Chiang Mai, Oct. 2015.
11. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, Wenting Xu, Meina Jin, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 重永 章, 大髙 章, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
リモネン誘導体によるsirt1活性化を介した脂質低下作用,
日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
12. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Limonene-derivative Ameliorates Lipid Profiles by Upregulation of Sirt1 Activity and Expression in Cultured Cells and High Fat Diet-Fed Mice,
American diabetes association, Boston, Jun. 2015.
13. Naonobu Tanaka, Eri Tsuji, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Structures of hikiokoshins AI, diterpenes from the leaves of Isodon japonicus,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 96, Fukuoka, Sep. 2014.
14. Natsuki Kobayakawa, Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Hirofumi Shibata and Yoshiki Kashiwada :
Plant-derived anti-influenza A virus agents: Study on the roots of Salvia miltiorrhiza,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 87, Fukuoka, Sep. 2014.
15. Mamiko Ito, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav and Yoshiki Kashiwada :
Study on the constituents of Hypericum plants (38): structures of prenylated coumarins from H. perforatum,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 97, Fukuoka, Sep. 2014.
16. Naonobu Tanaka, Jun'ichi Kobayashi and Yoshiki Kashiwada :
Meroterpenoids from Hypericum plants,
Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382456)
17. Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma :
Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb.,
Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382457)
18. Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens,
Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382458)
19. Ishii Yasuyo, Kim Sang-Yong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Hydroxycinnamoyl 1,2-dihydro¬furo[3,2-e]tryptamine derivatives from defatted safflower seeds.,
International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
20. Kurimoto Shin-ichiro, Pu Jian-Xin, Sun Han-Dong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Sesterterpenoids and diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl,
International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
21. Sasaki Hisako, Sato Hisayo, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Hirofumi Shibata, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi :
Studies on the constituents of Cudrania tricuspidata,
International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
22. Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi :
STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF CHLORANTHUS SPICATUS (THUNB.) MAKINO,
2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 74, San Diego, Aug. 2011.
23. Sasaki Hisako, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi :
STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF DESMODIUM CAUDATUM,
2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, San Diego, Aug. 2011.
24. Omichi Yuka, Kurimoto Shin-ichiro, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata, Miyake Yoshiyuki, Kirimoto Tsukasa and Yoshihisa Takaishi :
THE CONSTITUENTS OF THE FLOWER BUDS OF LONICERA JAPONICA AND THEIR ANTI-INFLUENZA ACTIVITIY,
2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 66, San Diego, Aug. 2011.
25. Yoshiki Kashiwada, Xiong Juan, Chen Chin-Ho, Qian Keduo, Morris-Natschke L. Susan, Lee Hsiung Kuo and Yoshihisa Takaishi :
CONJUGATES OF BEVIRIMAT WITH BETURIN DERIVATIVES AS ANTI-HIV AGENTS,
2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 66, Aug. 2011.
26. Kurimoto Shin-ichiro, Yoshiki Kashiwada, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi :
CHEMICAL STUDY ON DYSOXYLUM CUMINGIANUM (MELIACEAE),
2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 58, San Diego, Jul. 2011.
27. Daisuke Tsuji, T Koyama, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Kouji Itou :
Lycorine induces differentiation from embryonic stem cells into PSA-NCAM-positive cells,
ICS2010, Chiba, Aug. 2010.
28. Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Hashida Waka, Mikuchi Kousuke and Koichiro Tsuchiya :
FERULOYL MUCIC ACID DERIVATIVES AS SIRT1 STUMULATOR FROM CITRUS SUDACHI HORT. EX SHIRAI.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
29. Yoshiki Kashiwada, Xiong Juan, Kilgore R. Nicole, Wild T. Carl, Allaway P. Graham, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi :
3-O-ACYL BETULIN DERIVATIVE AND AZT CONJUGATE AS ANTI-HIV AGENTS.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
30. Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi :
AMIDE DERIVATIVES OF PAPYRIFERIC ACID AS MDR-REVERSING AGENTS.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
31. Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi :
STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF CHLORANTHUS SPICATUS (THUNB.) MAKINO.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
32. Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Yoshiki Kashiwada, Okasaka Mamoru, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi :
STUDY ON MEDICINAL PLANTS OF UZBEKISTAN: CONSTITUENTS OF THE ROOTS OF FERULA VARIA (SCHRENK) TRAUTV.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy., Honolulu, Jun. 2009.
33. Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami and Shun-Lin Li :
Studies on the constituents of Chloranthus spicatus (Thumb.) Makino.,
7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, 1059, Athens, Aug. 2008.
34. Yoshiki Kashiwada, Masatoshi Taniguchi, Xiong Juan, Takashi Yamagishi and Yoshihisa Takaishi :
Triterpene derivatives and their reversing activity against multidrug resistant cancer cells.,
7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, Athens, Aug. 2008.

国内講演発表:

1. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
桂皮成分に関する研究ー桂皮ジテルペンの化学的再検討ー,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
2. 賽旦夏 阿木提, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
Studies on unutilized parts of medicinal plants: Secocycloartane triterpenes from the roots of Scisandra chinensis,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
3. 田中 直伸, 梶原 聖太, 丹羽 莞慈, Mamadalieva Nilufar, 柏田 良樹 :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(38) ーシソ科植物Perovskia scrophulariifolia由来の新規ノルアビエタン型ジテルペンの構造ー,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
4. 梶原 聖太, 田中 直伸, Nilufar Mamadalieva, 柏田 良樹 :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(37)-Perovskia scrophulariifoliaの成分研究(1)-,
第58回日本薬学会中国四国支部学術大会, 130, 2019年11月.
5. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 多田納 豊, 八木 秀樹, Chen Chin-Ho, Lee Kuo-Hsiung, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(51)-Hypericum ascyron根由来のメロテルペンの構造と生物活性-,
第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 96-99, 2019年9月.
6. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional medicines in Guangxi (2): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae) (2),
日本生薬学会第66回年会, 247, 2019年9月.
7. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(4),
日本生薬学会第66回年会, 246, 2019年9月.
8. 楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
天然物による膜トランスポーターABCA7の発現増強機構の解析,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
9. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional herbal medicines in Guangxi (1): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae),
日本薬学会第139年会, 203, 2019年3月.
10. 任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(12)-オオバコ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究(2)-,
日本薬学会第139年会, 202, 2019年3月.
11. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(3),
日本薬学会第139年会, 202, 2019年3月.
12. 楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
膜タンパク質ABCA7を増加させる新規天然物,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
13. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(2),
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 153, 2018年11月.
14. Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
Boromopyrrole alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 153, 2018年11月.
15. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(50)-トモエソウ根から単離したフロログルシノール誘導体の構造-,
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 154, 2018年11月.
16. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(49)-H. ascyron(トモエソウ)根の成分研究-,
第22回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 135-137, 2018年10月.
17. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(47)-トモエソウ由来の新規ジベンゾジオキサン誘導体hyperdioxanesA-Cの構造-,
第60回天然有機化合物討論会, 427-432, 2018年9月.
18. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional medicines in Guangxi (2): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae) (2),
日本生薬学会第66回年会, 247, 2018年9月.
19. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究,
日本生薬学会第66回年会, 246, 2018年9月.
20. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(48)-トモエソウ根由来のphloroglucinol誘導体の構造-,
日本生薬学会第65回年会, 133, 2018年9月.
21. 任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Davaadagva Damjinjv, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(11)-ゴマノハグサ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究-,
日本生薬学会第65回年会, 134, 2018年9月.
22. 田中 藍, 金 尚永, 羊 学荣, 田中 直伸, 李 典鵬, 柏田 良樹, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus elatiorの成分研究,
日本薬学会北海道支部第145回例会, 50, 2018年5月.
23. 金 尚永, 長嶋 絋紗子, 高上馬 希重, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)より単離したHitorin CとDの構造,
日本生薬学会北海道支部第42回例会, 77, 2018年5月.
24. 山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(10)-シソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究(2)-,
日本薬学会第138年会, 205, 2018年3月.
25. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究,
日本薬学会第138年会, 203, 2018年3月.
26. 嵯峨山 和美, 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 福本 隆俊, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(9)-「チャーガ」子実体由来の発毛・育毛活性成分の探索研究-,
日本薬学会第138年会, 202, 2018年3月.
27. 矢野 優希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(46)-キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin Cの構造-,
日本薬学会第138年会, 95, 2018年3月.
28. 楠本 嵩志, 市野 晨人, 西辻 和親, 坂下 直実, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
膜タンパク質ABCA7の発現を調節する化合物の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
29. 丹羽 莞慈, 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
ギンバイカ由来の新規フロログルシノール誘導体myrtcommunin A-Hの構造,
第7回食品薬学シンポジウム, 116-118, 2017年10月.
30. Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from marine sponges Agelas spp.,
第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 177, 2017年10月.
31. 山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Davaadagva Damdinjav, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(8)ーシソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究ー,
第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 179, 2017年10月.
32. 洲山 佳寛, 東野 勇佑, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 :
アカネ科植物Rubia yunnanensis根由来の新規ナフトキノン誘導体の構造,
第59回天然有機化合物討論会, 561-566, 2017年9月.
33. 金 尚永, 森岡 諒, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin E-H,
第59回天然有機化合物討論会, 525-529, 2017年9月.
34. 位上 健太郎, 下条 洋輔, 野渕 翠, 小坂 邦男, 宮崎 寿次, 伊藤 久富, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
発酵霊芝の高脂肪食摂取マウスに及ぼす影響,
日本生薬学会第64回年会, 230, 2017年9月.
35. 東野 勇佑, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(28)–アカネ科植物Rubia yunnanensis根の成分研究–,
日本生薬学会第64回年会, 90, 2017年9月.
36. Sanghoon Lee, 田中 直伸, Jun'ichi Kobayashi, 柏田 良樹 :
New diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
日本生薬学会第64回年会, 180, 2017年9月.
37. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科Chloranthus属植物の成分研究(14)–ヒトリシズカ地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin G及びHの構造–,
日本生薬学会第64回年会, 127, 2017年9月.
38. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造,
日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
39. Licht Miyamoto, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Tanaka Naonobu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative purified from Sudachi peel upregulates sirt1 and improves lipid /glucose metabolism in HFD-fed mice.,
第60回日本糖尿病学会, May 2017.
40. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(45)—H. pseudohenryi地上部由来の新規phenylketide-short ketide複合体,pseudoherin A–Eの構造—,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
41. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
42. 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
フトモモ科植物ギンバイカ葉由来の新規フロログルシノール-フラボノイド複合体の構造,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
43. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(13)-テリハボク科植物Mesua ferrea葉由来のプレニル化アシルフロログルシノール誘導体と4-フェニルクマリンの構造-,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
44. 福田 明穂, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(12)-センダン科植物Aphanamixis polystachya樹皮由来の新規鎖状テルペノイドの構造-,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
45. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(44)ーH. pseudohenryi地上部の成分探索ー,
第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 217, 2016年11月.
46. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(11)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究ー,
第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 218, 2016年11月.
47. 東野 勇佑, 田中 直伸, 多田納 豊, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(10)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉由来の4-フェニルクマリン類の構造と生物活性(2)ー,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 139-141, 2016年10月.
48. 田中 直伸, 浅井 美貴, 草間 大志, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Plakortis属海綿から単離した新規オキシリピンmanzamenone OおよびPの構造と生物活性,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 136-138, 2016年10月.
49. 位上 健太郎, 下条 洋輔, 野渕 翠, 小坂 邦男, 宮崎 寿次, 伊藤 久富, 柏田 良樹 :
血管内皮細胞の炎症に対する発酵霊芝の影響,
日本生薬学会第63回年会, 148, 2016年9月.
50. 中谷 愛, 田中 直伸, Fakhruddin Ali Ahmed, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(9)–トウダイグサ科植物Sapoium indicum果実の成分研究(3)–,
日本生薬学会第63回年会, 297, 2016年9月.
51. 森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
52. 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
53. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(8)–テリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究–,
日本生薬学会第63回年会, 86, 2016年9月.
54. 岩屋 愛美, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
ジンチョウゲ科植物ミツマタEdgeworthia chrysantha樹皮の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 85, 2016年9月.
55. 矢野 優希, 田中 直伸, 多田納 豊, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(43)–キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin AおよびBの構造–,
日本生薬学会第63回年会, 84, 2016年9月.
56. 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造,
第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
57. 田中 直伸, 矢野 優希, 大屋 厚, 金 尚永, 高上馬 希重, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属およびTriadenum属植物から単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造,
第58回天然有機化合物討論会, 439-444, 2016年9月.
58. 頼田 和子, 黒澤 すみれ, 吉田 結理, 大髙 章, 柏田 良樹, 佐野 茂樹, 南川 典昭, 福井 清 :
ヒトD-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索と構造活性相関,
日本ビタミン学会第68回大会, 2016年6月.
59. 柏田 良樹 :
徳島大学薬学部薬用植物園における教育・研究及び情報発信に関する取組み,
日本東洋医学雑誌(第67回日本東洋医学会学術総会講演要旨集), Vol.67, 125, 2016年6月.
60. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(42)–H. pseudohenryi地上部の成分探索–,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 113, 2016年3月.
61. 金 尚永, 長嶋 絋紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ (Chloranthus japonicus) 地上部の成分研究,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 226, 2016年3月.
62. 田口 響, 栗本 慎一郎, 佐々木 有, 田中 直伸, 柏田 良樹, 中村 隆典 :
メグスリノキ(Acer nikoense)樹皮の成分研究,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 224, 2016年3月.
63. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(27)–Gentiana rigescensの成分研究–,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 61, 2016年3月.
64. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, 許 文婷, 靳 美娜, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮における抗メタボリックシンドローム作用を有する物質の同定,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
65. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Identification of an active compound on lipid metabolism from Sudachi peel,
薬理学会(パシフィコ), Mar. 2016.
66. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, Xu Wenting, Jin Meina, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
脂質低下作用を有するスダチ果皮由来化合物の薬理作用,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
67. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(42)–Hypericum chinense葉の成分探索–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
68. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(26)–Gentiana rigescensの成分研究(6)–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
69. 中谷 愛, 田中 直伸, Ali Fakhruddin Ahamed, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産薬用植物に関する研究(7) –トウダイグサ科Sapium indicum果実の成分研究(2)–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 123, 2015年10月.
70. 呂 爽欣, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
Studies on the constituents of Hypericum plants (41): Prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum,
日本生薬学会第62回年会, 90, 2015年9月.
71. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(40)–Hypericum chinense葉に含まれるメロテルペンの探索–,
日本生薬学会第62回年会, 89, 2015年9月.
72. 坂井 大地, 金 尚永, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第62回年会, 134, 2015年9月.
73. 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 川野辺 弘子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第62回年会, 133, 2015年9月.
74. 苅舎 里紗, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(6)–キク科植物Saussurea pricei花部の成分研究–,
日本生薬学会第62回年会, 132, 2015年9月.
75. 田中 直伸, 辻 依利, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
オトギリソウ科植物エゾオトギリより単離したyezo'otogirin D-Iの構造,
日本生薬学会第62回年会, 119, 2015年9月.
76. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(39)–Hypericum chinense由来のメロテルペン–,
第57回天然有機化合物討論会, 333-337, 2015年9月.
77. 頼田 和子, 黒澤 すみれ, 宍戸 裕二, 佐野 茂樹, 柏田 良樹, 南川 典昭, 福井 清 :
ヒト由来D-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索のためのハイスループットクリーニングと構造機能相関,
第56回日本生化学会 中国四国支部例会, 2015年5月.
78. 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
79. 坂井 大地, 増子 ひとみ, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus serratusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
80. 呂 爽欣, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(6)–リンドウ科植物Gentianella acuta地上部の成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 129, 2015年3月.
81. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.
82. 上園 望緒, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorival Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(5)–ハマビシ科植物Peganum nigellastrumの成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
83. 和田 悠, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
抗HIV天然物に関する研究(27)–アミノ酸を含むリンカーによるベツリン酸誘導体とAZTの縮合体の合成と抗HIV活性–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 226, 2015年3月.
84. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
85. 松澤 和樹, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhuruddin, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産薬用植物に関する研究(5)–センダン科植物Xylocarpus mekogensis樹皮の成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 87, 2015年3月.
86. 松澤 和樹, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, Ahmed Fakhruddin Ali, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産植物の成分研究(4) -センダン科植物Xylocarpus mekongensis樹皮の成分研究-,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 158, 2014年11月.
87. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
88. 佐藤 寿世, 田中 直伸, 敷島 康普, 酒巻 康明, 柏田 良樹 :
徳島県産ハスNelumbo nucifera可食部の成分研究,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 156, 2014年11月.
89. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドAgelamadins C-Eの構造,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 155, 2014年11月.
90. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿から単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
第56回天然有機化合物討論会, 235-240, 2014年10月.
91. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 :
シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分,
第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
92. 武方 みなみ, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹 :
中国ならびにモンゴル産Gentiana属植物の成分研究,
第56回天然有機化合物討論会, 357-362, 2014年10月.
93. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について,
日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
94. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
95. 武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-,
日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
96. 小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-,
日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
97. 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-,
日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
98. 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-,
日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
99. 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6),
日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
100. 柏田 良樹 :
最近の生薬をめぐる動向と天然物化学的視点からのアプローチ,
第42回中四国支部総会, 2013年11月.
101. 北山 美香, 水口 博之, 北村 嘉章, 藤井 達也, 関田 泰子, 久保 宣明, 久保 伸夫, 柏田 良樹, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
HeLa細胞におけるナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
102. 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5),
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
103. 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
104. 小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1),
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
105. 橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 :
シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン,
第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
106. 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 :
キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究,
第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
107. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 :
センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究,
日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
108. 佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-,
日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
109. 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-,
日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
110. 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-,
日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
111. 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4),
日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
112. 中嶋 宏之, 足立 愛美, 桑原 香織, 川島 浩之, 長尾 耕治郎, 柏田 良樹, 赤路 健一, 斎藤 博幸 :
アミロイド-シス変異アポA-Iの線維形成と細胞増殖抑制作用,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
113. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(7),
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
114. 吉川 和子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 博, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子, 橋本 敏弘 :
シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサンの葉のNO酸性抑制活性成分(2),
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
115. 佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 :
シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサン葉の成分について(5),
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
116. 中野 扶佐子, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(19)—Saussurea lanicepsの成分研究(1)—,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
117. 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(18) —Gentiana rigescens根の成分研究(2)—,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
118. 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(3),
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
119. 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(17) —Gentiana rigescens根の成分研究(1)—,
日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
120. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(6),
日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
121. 佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 :
Cymbidium Great Flower葉部の成分研究,
日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
122. 小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjaragal, Damdinjv Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(1) —Sanguisorba officinalis花部の成分研究(1) —,
日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
123. 中野 扶佐子, 高石 喜久, 位上 健太郎, 下条 洋輔, 宮﨑 寿次, 柏田 良樹 :
発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制成分の探索,
日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
124. 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究,
第54回天然有機化合物討論会, 2012年9月.
125. 石井 康世, 中野 扶佐子, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含まれる機能性成分の探索研究(4),
日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
126. 金子 礼, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 :
雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiaの成分について(2)—,
日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
127. 栗本 慎 一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(1),
日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
128. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 武田 憲昭 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善に関する薬理機構,
第63回日本薬理学会北部会, 2012年9月.
129. 石井 康世, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
ベニバナ脱脂種子の成分研究(3),
日本薬学会第132年会, No.2, 119, 2012年3月.
130. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(3)-Azadirachta indicaの成分研究(2)-,
日本薬学会第132年会, No.2, 118, 2012年3月.
131. 位上 健太郎, 下条 洋輔, 下条 洋輔, 宮崎 寿次, 中野 扶佐子, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制メカニズムの解明と有効成分の探索,
日本薬学会第132年会, No.2, 245, 2012年3月.
132. 柏田 良樹, JIN Meina, 柴山 恵美子, 和田 悠, 石澤 啓介, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 :
スダチ(Citrus sudachi)果皮の有効利用に関する研究 (5) ―3-O-Feruloyl aldaric acid 1,4-lactone methyl esterの立体構造について―,
日本薬学会第132年会, No.2, 189, 2012年3月.
133. 佐々木 久子, 佐藤 寿代, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 柴田 洋文, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(18)-Cudrania tricuspidataの成分研究-,
日本薬学会第132年会, No.2, 107, 2012年3月.
134. 成相 祐希, Hiroyuki Mizuguchi, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Yoshihisa Takaishi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Identification of the target molecule of the new anti-allergic compound, maackiain from Kujin,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
135. 石井 康世, 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含有される機能性成分の探索研究(2)-,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 109, 2011年11月.
136. 靳 美娜, 柏田 良樹, 姚 智, 段 宏泉, 高石 喜久 :
Shisandra propinquaの成分研究(1),
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 108, 2011年11月.
137. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
センダン科Azadirachta indicaの成分研究(1),
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 108, 2011年11月.
138. 成相 祐希, 水口 博之, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参由来新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・合成および作用機序に関する研究,
第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
139. 柴山 恵美子, 柏田 良樹, 土橋 良太, 金城 順英, 清水 寛, 高石 喜久 :
エラグ酸誘導体の肝保護作用について,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 109, 2011年10月.
140. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(5)-含有成分の抗MRSA・抗真菌活性について-,
日本生薬学会第58回年会, 324, 2011年9月.
141. 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久, 三宅 美行, 桐本 吏 :
抗インフルエンザ活性天然物に関する研究(2)-金銀花(Lonicera japonica)の成分について-,
日本生薬学会第58回年会, 177, 2011年9月.
142. 石井 康世, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含有される機能性成分の探索研究,
日本生薬学会第58回年会, 162, 2011年9月.
143. Ahmed Ali Fakhruddin, 金 尚永, 栗本 慎一郎, 佐々木 久子, 柴田 洋文, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(1)-マメ科植物Butea monosperma花部について-,
日本生薬学会第58回年会, 85, 2011年9月.
144. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 永井 浩章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・同定およびその性質について,
第15回活性アミンに関するシンポジウム, 2011年8月.
145. 福井 裕行, 金山 知代, 加藤 周平, 成相 祐希, 馬場 祐子, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久 :
苦参由来 IL-4 遺伝子発現抑制物質,
第28回和漢医薬学会学術大会, 2011年8月.
146. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果 ∼探索的臨床試験による検討∼,
第243回徳島医学会学術集会 公開シンポジウム, 2011年7月.
147. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守実子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果-探索的臨床試験による検討-,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
148. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(4),
日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 238, 2011年3月.
149. 大道 由佳, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
抗インフルエンザ活性天然物に関する研究(1)―金銀花(Lonicera japonica)について,
日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 244, 2011年3月.
150. 熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(10)―シラカバ花穂トリテルペンpapyriferic acid のアミド誘導体の耐性克服作用―,
日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 249, 2011年3月.
151. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 李 國雄, 高石 喜久 :
センダン科Dysoxylum cumingianum の成分研究(4),
日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 249, 2011年3月.
152. 辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
ヒトiPS細胞に対する神経分化誘導能を持つ新規化合物の探索,
日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
153. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について (Isolation and characterization of new anti-allergenic compound, maackiain from Kujin),
日本薬学会年会, 2011年3月.
154. 金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究 (17) - Chloranthus spicatus の成分について (9) -,
日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 83, 2011年3月.
155. 柏田 良樹 :
天然資源からの治療薬創製研究 ー 抗HIV 薬,多剤薬剤耐性腫瘍克服薬創製を目指して ー,
日本農芸化学会中四国支部第29回講演会講演要旨集, 9, 2011年1月.
156. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について,
2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
157. 葛西 彩香, 木下 正文, 足立 美佳, 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 里内 清, 柏田 良樹, 今林 潔, 高石 喜久, 田中 保, 德村 彰 :
種々の食材中の創傷治癒性リン脂質含量,
日本農芸化学会中国四国支部第29回講演会,講演要旨集, 28, 2011年1月.
158. 水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
和漢薬苦参に見いだされたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定,
BMB2010,第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
159. 辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
未分化細胞に対する神経分化誘導作用を持つ化合物の探索と構造活性相関,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
160. 水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
和漢薬苦参に見出されたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定,
BMB2010, 2010年12月.
161. 金子 礼, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiorの成分について(1)—,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 136, 2010年11月.
162. 篠崎 陽介, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(24)—キンシバイHypericum patulum花部の成分について(4)—,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 135, 2010年11月.
163. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(3),
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 134, 2010年11月.
164. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 李 國雄, 高石 喜久 :
センダン科Dysoxylum cumingianumの成分研究(3),
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 133, 2010年11月.
165. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 :
雲南省伝統薬物に関する研究(15)—Chloranthus spicatusの成分について(8)—,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 133, 2010年11月.
166. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(3),
第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
167. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 :
雲南省伝統薬物に関する研究(14)—Chloranthus spicatusの成分について(7)—,
本生薬学会第57回年会, 302, 2010年10月.
168. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現を標的とする新規抗アレルギー成分の単離と同定,
第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
169. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 李 國雄 :
センダン科Dysoxylum cumingianumの成分研究(2),
日本生薬学会第57回年会要旨集, 366, 2010年9月.
170. 田中 直伸, 大谷 美央, 小林 淳一, 柏田 良樹, 高石 喜久, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, 城始 勇 :
ナガサキオトギリより単離した新規prenylated acylphloroglucinol, petiolin J-Mの構造,
日本生薬学会第57回年会要旨集, 363, 2010年9月.
171. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(2),
日本生薬学会第57回年会講演要旨集, 342, 2010年9月.
172. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定,
第27回和漢医薬学会, 2010年8月.
173. 熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 :
Dammarane Triterpenes from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica,
日本生薬学会第57回年会要旨集, 359, 2010年8月.
174. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
175. 辻 大輔, 小山 毅, 浦上 裕行, 難波 建多郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 :
ヒガンバナ科植物由来アルカロイドLycorineの神経分化誘導作用,
第51回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2010年5月.
176. 田中 直伸, 久保田 高明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリより単離した新規benzophenone rhamnosideの構造,
日本薬学会第130年会, No.2, 233, 2010年3月.
177. 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, Lee Kuo-Hsiung, 高石 喜久 :
センダン科Dysoxy cumingianumの成分研究,
日本薬学会第130年会, No.2, 233, 2010年3月.
178. 田中 美音, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Triterpene Glycosides from Una de Gato (Uncaria tomentosa).,
日本薬学会第130年会, No.2, 225, 2010年3月.
179. 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 :
ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究,
日本薬学会第130年会, No.2, 224, 2010年3月.
180. 熊 娟, 柏田 良樹, Chen Chin-Ho, Lee Kuo-Hsiung, 高石 喜久 :
Research on Anti-HIV Natural Products (25) –Betulin Derivatives and AZT conjugates as Anti-HIV Agents with Multi-Mechanisms of Action-,
日本薬学会第130年会, No.2, 222, 2010年3月.
181. 柴山 恵美子, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 高石 喜久 :
多剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(9)—エラグ酸誘導体のp糖タンパク質昨日に及ぼす影響—,
日本薬学会第130年会, Vol.2, 221, 2010年3月.
182. 高石 喜久, 柏田 良樹, 橋田 和佳, 北岡 信, 三口 弘介, 中川 剛夫, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 :
スダチ(Citrus sudachi)果皮のSIRT1活性化成分について,
第3回食品薬学シンポジウム, 114-116, 2009年11月.
183. 佐々木 久子, 岡本 由梨恵, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(13) -根辣Schizomussaenda dehiscensの成分研究(1)-,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
184. 篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(23) -キンシバイHypericum patulum花部の成分について(3)-,
日本生薬学会第56回年会, 270, 2009年10月.
185. 栗本 慎一郎, 西村 和也, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
夏蠟梅Sinocalycanthus chinensisの成分研究(2),
日本生薬学会第56回年会, 259, 2009年10月.
186. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正, Ramos Freddy :
Inula helenium葉含有セスキテルペンの細胞毒性活性,
日本生薬学会第56回年会, 109, 2009年10月.
187. 柏田 良樹, 熊 娟, R. Nicole Kirgore, T. Carl Wirl, P. Graham Allaway, Kuo-Hsiung Lee, 高石 喜久 :
抗HIV天然物に関する研究 (23) -ベツリンをリードとしたマルチメカニズムな抗HIV活性分子の創成研究-,
日本薬学会第129年会, No.2, 226, 2009年3月.
188. 熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 山岸 喬, 高石 喜久 :
Research on Plant-Derived MDR-Reversing Agents (7): Amide Derivatives of Papyriferic Acid as MDR-reversing Agents.,
日本薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
189. 佐々木 久子, 阿部 有里子, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 高石 喜久 :
前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(4)—青ジソ根部の分化抑制作用成分について—,
日本薬学会第129年会, No.2, 208, 2009年3月.
190. 栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 高石 喜久 :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(36)—Ferula variaの成分研究(4) —,
薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
191. 金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(12)—Chloranthus spicatus の成分について(6)—,
薬学会第129年会, No.2, 96, 2009年3月.
192. 田中 直伸, 大豆村 拓自, 久保田 高明, 今林 潔, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規xanthone誘導体の構造,
日本薬学会第129年会, No.2, 172, 2009年3月.
193. 篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
オトギリソウ科Hypericum 属植物に関する研究(22)—キンシバイ(Hypericum patulum)花部の成分について(2)—,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 206, 2008年11月.
194. 金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(11)—Chloranthus spicatus の成分について(5)—,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 199, 2008年11月.
195. 金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 高石 喜久 :
Chloranthus spicatusの成分研究,
第50回天然有機化合物討論会, 339-344, 2008年9月.
196. 鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 :
キク科カレープラントHelichrysum itallicum subsp. serotinumの抗MRSA活性成分の探索研究,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 279, 2008年9月.
197. 海瀬 貞夫, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董, 橋田 千佳 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(2)—,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 243, 2008年9月.
198. 田中 直伸, 久保田 高明, 石山 玄明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 淳二, 三上 㐮, 城始 勇, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリ由来の新規フロログルシノール誘導体petiolin Dの構造,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 188, 2008年9月.
199. 金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(9)—Chloranthus spicatusの成分について(4)—,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 187, 2008年9月.
200. 橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(1)—.,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 103, 2008年9月.
201. 篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(21) —キンシバイHypericum patulum花部の成分について(1)—.,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 102, 2008年9月.
202. 栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 岡坂 衛, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(35)—Mediasia macrophyllaの成分について(2)—.,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 101, 2008年9月.
203. 西村 和也, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(10)—夏蝋梅(Sinocalycanthus chinensis)の成分について—.,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 86, 2008年9月.
204. 三橋 洋介, 柏田 良樹, 石田 俊介, 高石 喜久, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(34) —Ziziphora pedicellataの成分について(2)—,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 85, 2008年9月.
205. 鎌倉 孝法, 三浦 理恵, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 一柳 孝司, 池城 安正, 高石 喜久 :
前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(3)—かきのもとの分化促進作用成分について—,
薬学会第129年会, No.2, 208, 2008年3月.
206. 田中 直伸, 久保田 高明, 荒木 敦, 柏田 良樹, 高石 喜久, 三上 襄, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体petiolin A–Cの構造,
日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
207. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 :
Chloranthus spicatusの成分研究,
日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
208. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究 (5),
日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
209. 柏田 良樹, 高石 喜久, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee :
抗HIV天然物に関する研究(22)–Oleanolic acid及びursolic acidの28-amido誘導体の抗HIV活性–,
日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
210. 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(3),
日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
211. 谷口 昌聖, 熊 娟, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する点物に関する研究(5) –シラカバ花穂トリテルペノイドをリードとした抗がん剤耐性克服薬の創製研究–,
日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
212. 阿部 有里子, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
青ジソ根部の有効利用に関する研究,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, -, 2007年11月.
213. 西村 和也, 鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 :
白コショウ(Piper nigrum)の成分研究,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
214. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究 (4),
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
215. 東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 :
徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
216. 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 黒川 昌彦 :
エラグ酸誘導体の抗MRSA活性及び抗HSV活性,
第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
217. 柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 :
エラグ酸誘導体の抗菌活性について,
日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
218. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究(3),
日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
219. 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 :
ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(2),
日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
220. 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 :
Chloranthus spicataの成分研究,
日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
221. 柏田 良樹 :
天然物からエイズ治療薬開発を目指す:抗HIVリード探索とその化学的修飾,
第7回国際バイオフォーラム, 2007年6月.
222. 佐藤 昌俊, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
桃花の成分研究,
薬学会第127年会, 2007年3月.
223. 金 尚永, Freddy Ramos, 廣野 誠, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
Inula helenium の成分研究,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
224. 石田 俊介, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
Ziziphora pedicellataの成分研究,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
225. 鎌倉 孝法, 越智 俊政, 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 :
メースMyristica fragrans)の成分研究,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
226. 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 :
タカネオトギリ(hypericum sikokumontanum)より得たchromone glycosideについて,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
227. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 :
トモエソウHypericum ascyron)より得た細胞毒性を有するphloroglucinol誘導体及びxanthone誘導体について,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
228. 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
ウズベキスタン薬用植物Mediasia macrophyllaの成分研究,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
229. 柏田 良樹, 高石 喜久, Kilgore R. Nicole, Wild T. Carl, Allaway P. Graham, Lee Kuo-Hsiung :
抗HIV天然物に関する研究(20)-3-O-Glutaryl-betulin及び-dihydrobetulin ester誘導体の抗HIV活性―,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
230. 関谷 倫子, 池城 安正, 鍋倉 智裕, 柏田 良樹, 北河 修治, 田中 隆, 河野 功 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(4)—タンニン及び関連化合物のp糖タンパク質機能に及ぼす影響—,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
231. 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 山岸 喬, 高石 喜久 :
シラカバ花穂含有トリテルペンの多剤耐性腫瘍細胞に対する回復作用とp-糖蛋白に及ぼす影響,
第16回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2006年11月.
232. 岡坂 衛, 石田 俊介, 鈴木 恭子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, O.K. Khodzhimatov, O.A. Ashurmetov :
ウズベキスタン産薬用植物の成分と活性に関する研究,
第16回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2006年11月.
233. 山澤 朋寛, 伊藤 美千穂, 柏田 良樹, 池田 剛, 野原 稔弘, 本多 義昭 :
ベトナム産ケイヒのジテルペン成分の分析,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
234. 柏田 良樹, 高石 喜久, 江口 達也, 関谷 倫子, 池城 安正 :
Moringa(Moringa oleifera)葉の成分に関する研究(5)-α-glucosideを有するフエノール配糖体についてー,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
235. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正 :
トモエソウHypericum ascyron)より得た新規phloroglucinol誘導体の構造と細胞毒性について,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
236. 橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
コゴメバオトギリより得られたhyperforinの類似化合物の構造について,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
237. 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
ウズベキスタン薬用植物Paeonia hybridaの成分研究,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
238. 石田 俊介, 岡坂 衛, Ferddy Ramos, 柏田 良樹, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov :
ウズベキスタン産薬用植物Condonopsis clematideaの成分研究,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
239. 佐藤 昌俊, 田中 直伸, Ferddy Ramos, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
桃花の成分研究,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
240. 関谷 倫子, 大貫 敏明, 柏田 良樹, 池城 安正, 鍋倉 智裕, 北河 修治, 田中 隆, 河野 功 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(3)—タンニン及び関連化合物のp糖タンパク質機能に及ぼす影響—,
日本薬学会第126回年会, 2006年3月.
241. 江口 達也, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 藤岡 稔大, 石川 行弘 :
Moringa (Moringa oleifera)葉の成分に関する研究(4)—Moringa葉のglucosinolateの構造にいて(2)—,
日本薬学会第126回年会, 2006年3月.
242. 柏田 良樹 :
トリテルペノイドから抗AIDS薬の開発を目指して,
天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2005年11月.
243. 関谷 倫子, 柏田 良樹, 池城 安正, 一柳 孝司, 小西 徹也, 波田野 義比古 :
脂肪細胞への分化促進を指標とした抗糖尿病物質の探索— 新潟県産食用菊「かきのもと」について —,
日本生薬学会第52回年会, 2005年9月.
244. 江口 達也, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 石川 行弘 :
Moringa(Moringa oleifera)葉の成分に関する研究(3)- Moringa葉のglucosinolate類の構造について-,
日本生薬学会第52回年会, 2005年9月.
245. 関谷 倫子, 柏田 良樹, 池城 安正, 鍋倉 智裕, 北河 修治, 山岸 喬 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(2):シラカバ花穂のトリテルペンのp糖タンパク機能に及ぼす影響,
日本薬学会125年会, 2005年3月.
246. 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, Kilgore R. N., Wild T. C., Allaway P. G., Lee K.H. :
抗HIV天然物に関する研究 -シラカバ樹皮の成分より誘導される強力な抗HIV活性化合物-,
日本薬学会125年会, 2005年3月.
247. 関谷 倫子, 柏田 良樹, 池城 安正, 山岸 喬 :
多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究 シラカバ花穂のトリテルペンについて, --- 抗HIV天然物に関する研究(18)- PA-457関連ベツリン酸誘導体の抗HIV活性 - ---,
日本生薬学会第51回年会, 2004年9月.
248. 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, Kilgore N.R., Lee K.H. :
--- 抗HIV天然物に関する研究(18)- PA-457関連ベツリン酸誘導体の抗HIV活性 - ---,
日本生薬学会第51回年会, 2004年9月.
249. 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 石川 行弘, 川村 良治 :
Moringa(Moringa oleifera)葉の抗酸化作用成分の検索(2),
日本薬学会第124年会要旨集, 2004年3月.

作品:

1. Yoshiki Kashiwada :
Development of Natural Product-Derived Chemotherapeutic Agents: Search and Modification of Potential Natural Product-Leads,
Jun. 2010.

特許:

1. 福元 隆俊, 柏田 良樹, 田中 直伸, 嵯峨山 和美 : 乳頭細胞増殖促進剤,線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤,血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤,インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤,肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤,および育毛剤, 特願PCT/JP2018/024979 (2018年6月), 特許第WO 2019/004479 A1号.
2. 福元 隆俊, 柏田 良樹, 田中 直伸, 嵯峨山 和美 : 乳頭細胞増殖促進剤,線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤,血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤,インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤,肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤,および育毛剤, 特願大W201904582 (2018年6月), 特許第PCT/JP2018/024979号.
3. 福元 隆俊, 柏田 良樹, 田中 直伸, 嵯峨山 和美 : 乳頭細胞増殖促進剤,線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤,血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤,インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤,肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤,および育毛剤, 特願2019-505005 (2018年6月), (2019年10月), 特許第6582322号.
4. 福元 隆俊, 柏田 良樹, 田中 直伸, 嵯峨山 和美 : 乳頭細胞増殖促進剤,線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤,血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤,インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤,肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤,および育毛剤, (2017年6月), 特許第2017-129244号 (2017年6月).
5. 内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法, (2016年3月), 特許第PCT/JP2016/57701号 (2016年).
6. 内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法, (2015年3月), 特許第2015-048286号 (2015年).
7. 福井 裕行, 高石 喜久, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫 : アレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質, 特願2009-284069 (2009年12月), 特許第PCT/KR2010/008995号 (2009年12月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • カバノアナタケを素材とした新しい発毛・育毛剤の開発研究 (研究課題/領域番号: 20K07113 )
  • 植物由来のメロテルペンをテンプレートとした抗HIV薬の開発研究 (研究課題/領域番号: 17K08337 )
  • トリテルペンを創薬テンプレートとしたデュアルメカニズムの抗HIV薬創製研究 (研究課題/領域番号: 15K07998 )
  • 鏡像体タンパク質を用いた医薬品探索技術の開発と実証 (研究課題/領域番号: 15H04653 )
  • モンゴル民族の伝統薬物調査とその有効利用に関する研究(第2次) (研究課題/領域番号: 26305003 )
  • 薬剤耐性 HIV 克服を目指した抗 HIV 薬の創製研究 (研究課題/領域番号: 22510233 )
  • モンゴル民族の伝統薬物調査とその有効利用に関する研究 (研究課題/領域番号: 22406024 )
  • 中国雲南省少数民族の伝統薬物調査とその有効利用に関する研究(第二次) (研究課題/領域番号: 18406028 )
  • ヒスタミンH_1受容体遺伝子発現機構を標的とする新規アレルギー治療法 (研究課題/領域番号: 18390167 )
  • 腫瘍細胞増殖抑制作用,抗HIV作用を指標とした邦産、雲南省産植物成分の研究 (研究課題/領域番号: 12672080 )
  • 天然に広く分布するトリテルペノイドをリード化合物とした抗HIV薬の共同開発研究 (研究課題/領域番号: 11694321 )
  • 北部日本に自生する植物の抗HIV活性化合物の検索研究 (研究課題/領域番号: 10672009 )
  • 各種トリテルペノイドをリード化合物とした抗HIV薬の共同開発研究 (研究課題/領域番号: 09044339 )
  • 研究者番号(30169429)による検索