Search:
Tokushima University > Graduate School of Technology, Industrial and Social Sciences > 社会総合科学域 > 人間科学系 > 心理学分野 >
Tokushima University > Faculty of Integrated Arts and Sciences > Department of Integrated Arts and Social Sciences > Health Sciences of Mind and Body >
Tokushima University > Faculty of Integrated Arts and Sciences > Department of Human Sciences > Psychology and Health Studies >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704086 スポーツ・健康領域における目的に応じた身心の最適化プログラムの開発 >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704026 大規模広域災害時の地域継続力を飛躍的に向上させる地域継続戦略の構築 >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704096 多拠点統合的脳情報に基づくうつ病の治療反応予測部位の可視化 >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704047 文理に共通する基本的技能としての多面的思考を教育する方法の開発 >
Tokushima University > Graduate School of Integrated Arts and Sciences > Clinical Psychology >
(CSV files for researchmap) [PDF manual]

Research Activity

Field of Study

Cultural and Social Science

Subject of Study

事件や事故,災害等がもたらす心身への影響とその対応

Book / Paper

Book:

1.Chigusa Uchiumi :
第10章「特別支援教育に関わる危機管理」,
ミネルヴァ書房, Feb. 2019.

Academic Paper (Judged Full Paper):

1.Jiro Hamada, 福田 T.スティーブ, Chigusa Uchiumi, 福士 顥士 and 天野 要 :
Effects of dot number and symmetry group order on goodness and complexity of dot patterns in a group theoretical approach,
Japanese Journal of Psychonomic Science, Vol.37, No.2, 153-162, 2019.
(DOI: 10.14947/psychono.37.22,   CiNii: 130007651101)
2.Naoki Aizawa, Masahiro Ishibashi, Yugo Nakamura, Chigusa Uchiumi, Kiyoshi Makita and Asahiro Iwakiri :
NearInfrared Spectroscopy Detects Prefrontal Activities During Rorschach Inkblot Method,
The Japanese Psychological Research, 1-9, 2018.
(DOI: 10.1111/jpr.12195)
3.Jiro Hamada, 鍋田 智広, 福田 T.スティーブ, Chigusa Uchiumi, 福士 顥士 and 天野 要 :
Goodness and complexity of dot patterns in a matrix framework based on a group theoretical model,
Japanese Journal of Psychonomic Science, Vol.36, No.1, 30-39, 2017.
(DOI: 10.14947/psychono.36.4,   CiNii: 130006247214)
4.Jiro Hamada, Kaname Amano, Steve Toshihisa Fukuda, Chigusa Uchiumi, Kohji Fukushi and Peter der van A. Helm :
A group theoretical model of symmetry cognition,
Acta Psychologica, Vol.171, 128-137, 2016.
(DOI: 10.1016/j.actpsy.2016.10.002)
5.Masahiro ISHIBASHI, Chigusa Uchiumi, Minyoung Jung, Naoki AIZAWA, Kiyoshi MAKITA, Yugo NAKAMURA and Daisuke SAITO :
Differences in Brain Hemodynamics in Response to Achromatic and Chromatic Cards of the Rorschach A fMRI Study,
Rorschachiana : Journal of the International Society for the Rorschach, Vol.37, No.1, 41-57, 2016.
(DOI: 10.1027/1192-5604/a000076,   PubMed: 28239255)
6.Chigusa Uchiumi, 宮井 宏之 and 加藤 寛 :
阪神・淡路大震災により死別を経験した遺族の状況:15年目の調査結果より,
トラウマティック・ストレス, Vol.12, No.2, 151-159, 2014.
7.Jiro Hamada, Chigusa Uchiumi, 福士 顥士 and 天野 要 :
Goodness and complexity of compound and filled patterns depending upon a hierarchy of perception,
Japanese Journal of Psychonomic Science, Vol.31, No.2, 123-134, 2013.
(CiNii: 40019742492)
8.宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 大和田 攝子 and 加藤 寛 :
Effects of psychological and physical health on bereaved families after the Great Hanshin-Awaji Earthquake : The third year study,
心的トラウマ研究, Vol.8, 29-36, 2012.
(CiNii: 40019515954)
9.宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 大和田 攝子 and 加藤 寛 :
阪神・淡路大震災の遺族における心身の健康状態に関する継続調査,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.7, 15-23, 2011.
(CiNii: 40019174924)
10.大和田 攝子, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi and 加藤 寛 :
緩和ケア病棟で近親者を亡くした遺族の精神健康に関する縦断的研究-複雑性悲嘆,PTSD,抑うつにおける経年的変化とその関連要因-,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.7, 1-13, 2011.
(CiNii: 40019174911)
11.Jiro Hamada, Chigusa Uchiumi, Kohji Fukushi and Kaname Amano :
Complexity and goodness of dot patterns depending upon symmetry groups,
Japanese Psychological Review, Vol.54, No.2, 138-152, 2011.
(CiNii: 40019161277)
12.Jiro Hamada, Chigusa Uchiumi, Kohji Fukushi and Kaname Amano :
Goodness of compound patterns based on symmetry groups,
The Japanese Journal of Psychology, Vol.82, No.1, 1-8, 2011.
(DOI: 10.4992/jjpsy.82.1,   CiNii: 130000992463,   Elsevier: Scopus)
13.大和田 攝子, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi and 加藤 寛 :
がんによる死別が遺族に与える心理的影響の評価,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.6, 1-10, 2010.
(CiNii: 40018274595)
14.宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 大和田 攝子 and 加藤 寛 :
阪神・淡路大震災15年後における遺族の精神健康について,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.6, 53-62, 2010.
(CiNii: 40018274600)
15.Chigusa Uchiumi, 宮井 宏之 and 加藤 寛 :
大規模交通災害がもたらした心身への影響の推移-負傷者を対象とした3年間の面接調査より,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.6, 21-32, 2010.
(CiNii: 40018274597)
16.Chigusa Uchiumi, 宮井 宏之 and 加藤 寛 :
大規模交通災害負傷者の健康被害(第3報)事故後3年半における調査協力者の現状,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, No.5, 41-50, 2009.
(CiNii: 40016949565)
17.宮井 宏之, Chigusa Uchiumi and 加藤 寛 :
兵庫県こころのケアセンター診療所における受診患者の援助要請についての検討,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, Vol.5, No.5, 57-64, 2009.
(CiNii: 40016949567)
18.加藤 寛, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 藤井 千太 and 大澤 智子 :
[Psychological effects and intervention following a traffic disaster involving a large number of victims].,
Psychiatria et Neurologia Japonica, Vol.111, No.4, 411-416, 2009.
(PubMed: 19681214,   CiNii: 10026306748,   Elsevier: Scopus)
19.T. Nakahachi, R. Ishii, M. Iwase, L. Canuet, H. Takahashi, R. Kurimoto, K. Ikezawa, M. Azechi, R. Sekiyama, E. Honaga, Chigusa Uchiumi, M. Iwakiri, M. Motomura and M. Takeda :
Frontal Activity during the Digit Symbol Substitution Test Determined by Multichannel Near-Infrared Spectroscopy,
Neuropsychobiology, Vol.57, No.4, 151-158, 2008.
(DOI: 10.1159/000147467,   PubMed: 18654084)
20.宮井 宏之, Chigusa Uchiumi and 加藤 寛 :
遺族における心理的影響に関する研究-生活の質(QOL)と援助要請(help-seeking)に注目して,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, No.4, 27-36, 2008.
(CiNii: 40016210496)
21.Chigusa Uchiumi, 宮井 宏之 and 加藤 寛 :
大規模交通災害被害者の健康被害(第2報)ー被害後2年半における調査協力者の現状,
Japanese Bulletin of Traumatic Stress Studies, No.4, 37-48, 2008.
(CiNii: 40016210497)
22.加藤 寛, 大澤 智子, Chigusa Uchiumi, 石田 宏美 and 廣常 秀人 :
大規模交通事故被害者の健康被害ーPTSD症状と慢性疼痛との関連に注目して,
心的トラウマ研究, Vol.3, 67-73, 2007.
(CiNii: 40015631720)
23.野坂 祐子, 吉田 博美, 笹川 真紀子, Chigusa Uchiumi and 角谷 詩織 :
高校生の性暴力被害と精神健康との関連,
トラウマティック・ストレス, Vol.3, No.1, 67-75, 2005.

Academic Paper (Unrefereed Paper):

1.Kumiko Kawase, Susumu Nakano and Chigusa Uchiumi :
The way of support system to make more use of disaster supporters, --- Effective acceptance of dispatched school counselors at public schools ---,
Nankai Earthquake and Preventive Efforts, Vol.12, 73-78, 2018.
2.富永 美咲 and Chigusa Uchiumi :
利益・コストの予期が大学生の要請希求に与える影響について -恋愛関係に着目して-,
人間科学研究, Vol.24, 49-66, 2016.
(Tokushima University Institutional Repository: 110078)
3.相澤 直樹, 石橋 正浩, 中村 有吾, 牧田 潔, Chigusa Uchiumi and 岩切 昌宏 :
ロールシャッハ課題遂行時の前頭前野機能について -近赤外分光法(NIRS)を用いた試行的研究-,
神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, Vol.6, No.2, 201-206, 2013.
4.石橋 正浩, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 牧田 潔 and 齋藤 大輔 :
脳機能から考えるロールシャッハ法課題の反応過程の概観,
発達人間学論叢, Vol.17, 77-82, 2013.
(CiNii: 40020024369)
5.明石 加代, 藤井 千太, Chigusa Uchiumi, 藤田 昌子 and 加藤 寛 :
「災害時のこころのケア活動従事者養成研修会」を開催して,
心的トラウマ研究, Vol.8, 65-74, 2012.
6.飯尾 有未, Chigusa Uchiumi, 市井 桃子, 永浦 拡 and 富永 良喜 :
大学生におけるソーシャルサポートの互恵性とストレッサーの認知との関連,
発達心理臨床研究, Vol.18, 75-83, 2012.
(CiNii: 40019349299)
7.石橋 正浩, 牧田 潔, 相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 中村 有吾 and 齋藤 大輔 :
fMRI によるロールシャッハ法課題の研究に向けて,
発達人間学論叢, Vol.15, 51-56, 2012.
8.中村 有吾, 石橋 正浩, 相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 牧田 潔 and 岩切 昌宏 :
ロールシャッハ・テストの反応過程における認知・神経心理学的検討(Ⅰ)-情報処理モデルの観点から-,
学校危機とメンタルケア, Vol.2, 47-58, 2010.
(CiNii: 120003460071)
9.相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 中村 有吾, 牧田 潔, 石橋 正浩 and 岩切 昌宏 :
近赤外線分光法(NIRS)による前頭葉血流動態の測定に関する文献的検討-認知課題を中心に-,
学校危機とメンタルケア, Vol.2, 59-72, 2010.
(CiNii: 120003460072)
10.山路 彩子, 石田 弓 and Chigusa Uchiumi :
「動物コラージュ技法」の臨床的有用性の検討-リラックス効果と自己理解促進効果の観点から-,
Journal of Human Sciences and Arts, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.17, 91-107, 2009.
(Tokushima University Institutional Repository: 74425,   CiNii: 110007530580)
11.仁尾 友紀, 石田 弓 and Chigusa Uchiumi :
大学生の携帯メール依存について-友人関係における不安との関連-,
Journal of Human Sciences and Arts, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.17, 73-90, 2009.
(Tokushima University Institutional Repository: 74426,   CiNii: 110007530566)
12.原田 雪子, 石田 弓 and Chigusa Uchiumi :
心理面接における動的家族画・家族イメージ法の活用-課題の非構造的・半構造的特徴に注目して-,
Journal of Human Sciences and Arts, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.17, 23-41, 2009.
(Tokushima University Institutional Repository: 74422,   CiNii: 110007529931)
13.中村 有吾, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 石橋 正浩 and 岩切 昌宏 :
ロールシャッハ検査法の反応過程に関する考察 -認知心理学・脳科学的知見を加えて-,
発達人間学論叢, Vol.12, 45-52, 2009.
(CiNii: 120002224643)
14.天満 弥生, 石田 弓 and Chigusa Uchiumi :
人物画テスト2枚法の臨床的有用性の検討:自己理解を促す「描画後の質問」の考案,
Journal of Human Sciences and Arts, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.16, 145-163, 2008.
(Tokushima University Institutional Repository: 74421,   CiNii: 110007007678)
15.中村 有吾, Chigusa Uchiumi and 石橋 正浩 :
精神科デイ・ケアにおいて若手臨床家が学んだこと,
発達人間学論叢, Vol.11, 171-182, 2008.
16.野坂 祐子 and Chigusa Uchiumi :
青少年の性行動とSTD/STs予防行動について-セクシュアル・ヘルスの観点から-,
大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学, Vol.56, No.2, 117-127, 2008.
17.中村 有吾, Chigusa Uchiumi and 石橋 正浩 :
精神科デイ・ケアにおける心理職の葛藤の実際(Ⅲ) -チームアプローチを通して-,
発達人間学論叢, Vol.10, 101-110, 2007.
(CiNii: 120002108550)
18.野坂 祐子, 元村 直靖, 瀧野 揚三 and Chigusa Uchiumi :
米国ロサンゼルス市LAUSDにおける学校危機管理の取り組み,
大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学, Vol.55, No.1, 151-161, 2006.
19.Chigusa Uchiumi, 野坂 祐子 and 石橋 正浩 :
小・中学生の性暴力被害の問題と特徴-高校生を対象とした性暴力被害実態調査から-,
発達人間学論叢, Vol.9, 1-7, 2006.
20.Chigusa Uchiumi and 野坂 祐子 :
高校生の性暴力被害の特徴-attempted rape, completed rapeの現状より-,
聖マリアンナ医学研究研究誌, Vol.6, 77-82, 2006.
(CiNii: 40015225977)
21.中村 有吾, Chigusa Uchiumi and 石橋 正浩 :
精神科デイ・ケアにおける心理職の葛藤の実際(Ⅱ) -Bionの精神力動論を通して-,
発達人間学論叢, Vol.8, 113-119, 2005.
(CiNii: 120002109483)
22.Chigusa Uchiumi, 中村 有吾 and 石橋 正浩 :
精神科デイ・ケアにおける心理職の葛藤の実際 -事例を通して-,
発達人間学論叢, Vol.7, 109-117, 2004.
(CiNii: 120002108512)
23.Chigusa Uchiumi and 山下 光 :
脳のボディ・イメージについて(第Ⅲ報)-左側面描画法による形態の検討-,
大阪教育大学障害児教育研究紀要, Vol.25, 129-142, 2002.
24.Chigusa Uchiumi and 山下 光 :
The Body Image of the Brain (II) : Using the Semantic Differential Method,
Memoirs of Osaka Kyoiku University. IV, Education, pshychology, special education and physical culture, Vol.51, No.1, 107-113, 2002.
(CiNii: 80015900129)
25.山下 光 and Chigusa Uchiumi :
-,
大阪教育大学障害児教育研究紀要, Vol.24, 55-69, 2001.

Proceeding of International Conference:

1.Masahiro Ishibashi, Chigusa Uchiumi, Naoki Aizawa, Kiyoshi Makita, Hirotoshi Hiraishi and Daisuke N. Saito :
Do the Rorschach Form Quality variables relate to brain hemodynamics during the Rorschach task?,
XX International Congress of Rorschach and Projective Methods, Jul. 2017.
2.Masahiro ISHIBASHI, Chigusa Uchiumi, Naoki AIZAWA, Kiyoshi MAKITA, Yugo NAKAMURA and Daisuke N.SAITO :
Seeking Neural correlates of the Rorschach Response: a fMRI study,
The 31st International Congress of Psychology(The 80th Annual Convention of the Japanese Psychological Association), Jul. 2016.
3.Daisuke N. SAITO, Chigusa Uchiumi, Naoki AIZAWA, Kiyoshi MAKITA, Yugo NAKAMURA and Masahiro ISHIBASHI :
The relationship between projective psychological test score and the structure of human brain.,
The 31st International Congress of Psychology(The 80th Annual Convention of the Japanese Psychological Association), Jul. 2016.
4.Masahiro ISHIBASHI, Daisuke N. SAITO, Chigusa Uchiumi, Naoki AIZAWA, Kiyoshi MAKITA and Yugo NAKAMURA :
Effects of Chromatic and Achromatic Color of the Rorschach on Brain Activation.,
XXI International Congress of Rorschach and Projective Methods, Jul. 2014.
5.Senta FUJII, Chigusa Uchiumi, Misa NAGAOKA, Kayo AKASHI and Hiroshi KATO :
Repetitive Flood Experience as an Independent Factor for Deterioration Health Condition.,
The4th World Congress of Asian Psychiatry, Aug. 2013.
6.Chigusa Uchiumi, Masahiro Ishibashi, Naoki Aizawa, Kiyoshi Makita, Yugo Nakamura and Masahiro Iwakiri :
NIRS-based hemodynamic changes in frontal lobe during the Rorschach inkblot method.,
XXInternational Congress of Rorschach and Projective Methods, Jul. 2011.
7.Sachiko NOSAKA, Chigusa Uchiumi and Hiromi YOSHIDA :
Sexual Victimization and Mental Health,
The International Society for Traumatic Stress Studies 21st Annual Meeting, Toronto, Ontario, Canada, Nov. 2005.

Proceeding of Domestic Conference:

1.Misaki Tsuzuki and Chigusa Uchiumi :
小学校・中学校での対人ストレス経験の特徴が 解離傾向に及ぼす影響,
日本トラウマティック・ストレス学会第18回大会, Jun. 2019.
2.齋藤 大輔, Minyoung Jung, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹 and 牧田 潔 :
投影法課題における図版の特性と性格傾向を反映した神経基盤,
日本心理学会第82回大会(於:仙台国際センター), Sep. 2018.
3.川瀬 公美子, Susumu Nakano and Chigusa Uchiumi :
スクールカウンセラーの被災地支援業務に関する意識調査,
日本安全教育学会第18回大会, Sep. 2017.
4.齋藤 大輔, Minyoung Jung, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 牧田 潔, Yugo Nakamura, 平石 博敏 and 石橋 正浩 :
投影法課題における反応内容を反映した神経基盤,
日本心理学会第 81 回大会, Sep. 2017.
5.薄田 昌幸 and Chigusa Uchiumi :
リスク認知と不安が防災意識に与える影響,
日本安全教育学会第17回大会, Sep. 2016.
6.Chigusa Uchiumi, 小倉 正義, 内藤 直樹, 原田 新 and 原 幸一 :
個の特性にあわせた災害避難器具開発の試み~自閉症スペクトラム症児・者を対象として~,
日本lD学会第24回大会, Oct. 2015.
7.齋藤 大輔, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 牧田 潔, 中村 有吾 and 石橋 正浩 :
投影法課題実行時における認知処理の神経基盤,
日本心理学会第 79 回大会, Sep. 2015.
8.齋藤 大輔, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 牧田 潔, 中村 有吾 and 石橋 正浩 :
投影法課題実行時における認知処理の神経基盤,
日本心理学会第78回大会, Sep. 2014.
9.牧田 潔, 中村 有吾, Chigusa Uchiumi, 相澤 直樹, 岩切 昌宏 and 石橋 正浩 :
ロールシャッハ課題による前頭葉血流変化と主観的抑うつ感・不安感との関連性,
第75回日本心理学会, Sep. 2011.
10.相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 中村 有吾, 牧田 潔, 岩切 昌宏 and 石橋 正浩 :
NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化-半球機能の非対称性に関する分析-,
第75回日本心理学会, Sep. 2011.
11.中村 有吾, 牧田 潔, 相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 岩切 昌宏 and 石橋 正浩 :
NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化-反応数に着目して-,
第30回心理臨床学会秋季大会, Sep. 2011.
12.Tsuneo Ninomiya, Mayumi YAMAMOTO, 佐藤 健二, Kouichi Hara, Motohiro Sakai, Chigusa Uchiumi and Takaki Fukumori :
学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, Jan. 2011.
13.石橋 正浩, 相澤 直樹, Chigusa Uchiumi and 牧田 潔 :
NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化に関する予備的検討(2),
第74回日本心理学会大会, Sep. 2010.
14.相澤 直樹, Chigusa Uchiumi, 牧田 潔 and 石橋 正浩 :
NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化に関する予備的検討(1),
第74回日本心理学会大会, Sep. 2010.
15.加山 寿也, 城下 安代, 大和田 康二, 大和田 攝子, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 上山 桂, 東 一 and 加藤 寛 :
がんにより死別した遺族の「最も辛かったこと」の分析,
第15回日本緩和医療学会学術大会, Jun. 2010.
16.大和田 攝子, 加山 寿也, 城下 安代, 大和田 康二, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 上山 桂, 東 一 and 加藤 寛 :
がんによる死別が遺族に与える心理的影響の評価―複雑性悲嘆の実態と遺族ケア利用,
第15回日本緩和医療学会学術大会, Jun. 2010.
17.Chigusa Uchiumi :
学校事故事件における遺族の精神健康について~調査協力者の現状より~,
第9回日本トラウマティック・ストレス学会, Mar. 2010.
18.廣常 秀人, Chigusa Uchiumi and 加藤 寛 :
痛みとPTSD,
第8回日本トラウマティック・ストレス学会, Mar. 2009.
19.Chigusa Uchiumi, 宮井 宏之 and 加藤 寛 :
大規模交通災害負傷者の援助要請について,
第8回日本トラウマティック・ストレス学会, Mar. 2009.
20.徐 淑子, 東 優子, 野坂 祐子, Chigusa Uchiumi and 勝又 沙織 :
日本人成人異性愛男性における性娯楽サービス利用時のコンドーム使用,
第22回日本エイズ学会学術集会, Nov. 2008.
21.野坂 祐子, Chigusa Uchiumi, 東 優子 and 徐 淑子 :
青年期女性における金銭が介在する性行動とセクシャルヘルス,
第22回日本エイズ学会学術集会, Nov. 2008.
22.加藤 寛, 宮井 宏之, Chigusa Uchiumi, 藤井 千太 and 大澤 智子 :
集団交通災害後の心理的影響と介入,
第104回日本精神神経学会学術集会, May 2008.
23.大澤 智子, 加藤 寛 and Chigusa Uchiumi :
アメリカDMORTの取り組み,
第7回日本トラウマティック・ストレス学会, Apr. 2008.
24.藤井 千太, 後藤 豊実, Chigusa Uchiumi, 酒井 佐枝子 and 加藤 寛 :
兵庫県こころのケアセンターでPE療法を実施した10症例,
第7回日本トラウマティック・ストレス学会, Apr. 2008.
25.元村 直靖 and Chigusa Uchiumi :
長時間暴露療法が有効であったPTSDの2例,
第33回日本行動療法学会, Dec. 2007.
26.Chigusa Uchiumi, Douglas Eames, 元村 直靖 and 貝谷 久宣 :
Virtual Realityを用いたエクスポージャーの試み-雷恐怖症の事例より-,
第33回日本行動療法学会, Dec. 2007.
27.元村 直靖, Chigusa Uchiumi and Douglas Eames :
バーチャルリアリティをもちいたエクスポージャー治療の試み,
第6回日本トラウマティック・ストレス学会, Mar. 2007.
28.元村 直靖, Chigusa Uchiumi and 阿部 哉也 :
PTSDの他覚的評価をめざして-簡易型驚愕性瞬目反射装置による検討,
第6回日本トラウマティック・ストレス学会, Mar. 2007.
29.元村 直靖, Chigusa Uchiumi and 宮本 可菜子 :
脅威語処理と不安:情動記憶課題による検討,
第30回日本高次脳機能障害学会, Nov. 2006.
30.生島 嗣, 大塚 理加, Chigusa Uchiumi, 野坂 祐子, 砂川 秀樹, 牧原 信也, 春日 亮二 and 池上 千寿子 :
ゲイ・バイセクシュアルを対象にしたweb調査,
第19回日本エイズ学会学術集会, Dec. 2005.
31.元村 直靖 and Chigusa Uchiumi :
児童用自動思考尺度の開発とストレス反応尺度の関係について,
第5回認知療法学会, Dec. 2005.

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 地域に信頼される中学生関与による南海トラフ巨大地震・津波に対する避難路整備手法 (Project/Area Number: 17K18955 )
  • 自己制御課題としてのロールシャッハ法の神経基盤の探求 (Project/Area Number: 16K04358 )
  • 個の認知特性に特化した避難器具の開発と使用による心理的効果について (Project/Area Number: 15K17424 )
  • Towards a neuroscience basis of cognitive process of a projective method: an approach with fMRI (Project/Area Number: 23530897 )
  • Evaluation of the measure to assess the bereaved by traumatic death (Project/Area Number: 21530756 )
  • A basic study on cognitive brain function in projective methods : Examination of prefrontal hemodynamic changes using NIRS (Project/Area Number: 21530726 )
  • Search by Researcher Number (90463322)