検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域電気電子系電気電子システム分野
徳島大学理工学部理工学科電気電子システムコース電気電子システム講座
徳島大学工学部電気電子工学科電気電子システム講座
徳島大学先端技術科学教育部システム創生工学専攻電気電子創生工学コース電気電子システム講座
徳島大学創成科学研究科理工学専攻電気電子システムコース(創成科学研究科)電気電子システム講座(創成科学研究科)
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

通信工学 (Communication Engineering)

研究テーマ

光ファイバ伝送技術, フォトニックネットワーク技術 (光ファイバ (optical fiber), 光伝送 (optical transmission), 光増幅 (optical amplification))

著書・論文

著書:

1. 古賀 正文, 太田 聡, 高田 篤 :
基礎情報伝送工学,
共立出版株式会社, 2016年9月.
2. 北山 研一, 大柴 小枝子, 大橋 正治, 齊藤 茂, 高田 篤, 戸田 裕之, 丸田 章博, 向井 孝彰 :
OHM大学テキスト 光通信工学,
株式会社 オーム社, 東京, 2012年12月.
3. 高田 篤 :
レーザーハンドブック(第2版) 29章「光通信」2.3節「光増幅技術」及び3.1節「方式」,
株式会社 オーム社, 2005年4月.
4. 高田 篤 :
「波長多重通信(WDM,DWDM)における光デバイス・材料技」 2.2.6節「非線形ファイバと利得」,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2000年12月.
5. 高田 篤 :
非線形ファイバと利得,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2000年12月.
6. W. Imajuku and Atsushi Takada :
In-line optical phase-sensitive amplifier with optical-PLL-controlled internal pump light source,
Optical Society of America, Dec. 1997.
7. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Optical phase-sensitive amplification using two phase-locked light sources,
Optical Society of America, Dec. 1997.
8. Atsushi Takada and W. Imajuku :
The improvement of signal to noise ratio with nonlinear amplification in inline phase-sensitive amplifier systems,
Optical Society of America, Jul. 1997.
9. M. Saruwatari, K. Nakagawa, S. Kawanishi and Atsushi Takada :
Advanced optical communications technologies utilizing ultrashort optical pulses,,
Springer-Verlag, Dec. 1988.

学術論文(審査論文):

1. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Effect of shift in refractive index of dispersive elements in waveband-shift-free optical phase conjugator based on DFG,
Optical Review, Vol.28, No.2, 174-180, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115629,   DOI: 10.1007/s10043-021-00647-7)
2. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Waveband-shift-free optical phase conjugator based on difference-frequency generation,
Optics Express, Vol.28, No.5, 7596-7606, 2020.
(DOI: 10.1364/OE.387590,   PubMed: 32225984,   Elsevier: Scopus)
3. Takushi Kazama, Takeshi Umeki, Yasuhiro Okamura, Koji Enbutsu, Osamu Tadanaga, Atsushi Takada and Ryoichi Kasahara :
PPLN-based Low-noise Phase Sensitive Amplification Using an Optical Phase-locked Pump,
IEICE Transactions on Communications, 2020.
(DOI: 10.1587/transcom.2019OBP0005)
4. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Simultaneous carrier extraction from wavelength-division-multiplexed phase-conjugated twin waves by using sum-frequency generation with second-order optical nonlinear medium for phase-sensitive optical amplifier repeaters,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Special Issues), Vol.58, 2019.
(DOI: 10.7567/1347-4065/ab27b4,   Elsevier: Scopus)
5. Kimura Takeshi, Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Optical QPSK Signal Quality Degradation due to Phase Error of Pump Light in Optical Parametric Phase-Sensitive Amplifier Repeaters,
IEICE Transactions on Communications, Vol.E102-B, No.4, 810-817, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113285,   DOI: 10.1587/transcom.2018EBP3085,   Elsevier: Scopus)
6. Yasuhiro Okamura, Ikuya Nagatomi and Atsushi Takada :
Polarization Dependence of Carrier Extraction from Dual-Polarization Phase-Conjugated Twin Waves with Sum-Frequency Generation,
The Review of Laser Engineering, Vol.46, No.6, 326-330, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113286,   CiNii: 1050282813437683584)
7. Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Takushi Kazama, Takeshi Umeki, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
Optical pump phase locking to a carrier wave extracted from phase-conjugated twin waves for phase-sensitive optical amplifier repeaters,
Optics Express, Vol.24, No.23, 26300-26306, 2016.
(DOI: 10.1364/OE.24.026300,   PubMed: 27857365,   Elsevier: Scopus)
8. Ishizawa Atsushi, Nishikawa Tadashi, Mizutori Akira, Takara Hidehiko, Atsushi Takada, Sogawa Tetsuomi and Koga Masafumi :
Phase-Noise Characteristics of a 25-GHz-Spaced Optical Frequency Comb Based on a Phase- and Intensity-Modulated Laser,
Optics Express, Vol.21, No.24, 29186-29194, 2013.
(DOI: 10.1364/OE.21.029186,   PubMed: 24514470,   Elsevier: Scopus)
9. Kenichi Kitayama, Masahade Sasaki, Shoichiro Araki, Makoto Tsubokawa, Akihisa Tomita, Kyo Inoue, Katsuyoshi Harasawa, Yuki Nagasako and Atsushi Takada :
Security in Photonic Networks: Threats and Security Enhancement,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.29, No.21, 3210-3222, 2011.
(DOI: 10.1109/JLT.2011.2166248)
10. Ishizawa Atsushi, Nishikawa Tadashi, Mizutori Akira, Takara Hidehiko, Nakano Hidetoshi, Sogawa Tetsuomi, Atsushi Takada and Koga Masafumi :
Generation of 120-fs laser pulses at 1-GHz repetition rate derived from continuous wave laser diode,
Optics Express, Vol.19, No.23, 22402-22409, 2011.
(DOI: 10.1364/OE.19.022402,   PubMed: 22109116)
11. Takeshi Umeki, Osamu Tadanaga, Atsushi Takada and Masaki Asobe :
Phase sensitive degenerate parametric amplification using directly-bonded PPLN ridge waveguides,
Optics Express, Vol.19, No.7, 6326-6332, 2011.
(DOI: 10.1364/OE.19.006326,   PubMed: 21451659)
12. Etsushi Yamazaki, Fumihiko Inuzuka, Kazushige Yonenaga, Atsushi Takada and Yutaka Miyamoto :
Digital compensation of intercarrier nonlinear distortion with carrier phase locking,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.28, No.5, 828-836, 2010.
(DOI: 10.1109/JLT.2009.2033615)
13. Shuto Yamamoto, Toshihide Yoshimatsu, Hidehiko Takara, Tetsuro Komukai, Yasuaki Hashizume, Hirokazu Kubota, Hiroji Masuda, Masahiko Jinno and Atsushi Takada :
Influence of intra-channel crosstalk with frequency dependence on signal degradation in optical switch network,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.27, No.24, 5716-5722, 2009.
(DOI: 10.1109/JLT.2009.2032673)
14. Yamamoto Takashi, Komukai Tetsuro, Suzuki Kazunori and Atsushi Takada :
Multicarrier light source with flattened spectrum using phase modulators and dispersion medium,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.27, No.19, 4297-4305, 2009.
(DOI: 10.1109/JLT.2009.2023368,   CiNii: 1570854176500498176)
15. Shuto Yamamoto, Kazusige Yonenaga, Akio Sahara, Fumikazu Inuzuka and Atsushi Takada :
Achievement of Subchannel Frequency Spacing Less Than Symbol Rate and Improvement of Dispersion Tolerance in Optical OFDM Transmission,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.28, No.1, 157-163, 2009.
(DOI: 10.1109/JLT.2009.2036453,   Elsevier: Scopus)
16. A. Sahara, T. Ono, J. Yamawaku, Atsushi Takada, S. Aisawa and M. Koga :
Congestion-controlled optical burst switching network with connection guarantee: design and demonstration,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.26, No.14, 2075-2086, 2008.
(DOI: 10.1109/JLT.2008.922307)
17. E. Yamazaki, Atsushi Takada and T. Morioka :
Noise figure of parametric wavelength conversion with quasi-phase-matched LiNbO3 waveguide,
IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.12, No.4, 536-543, 2006.
(DOI: 10.1109/JSTQE.2006.876599)
18. J. Yamawaku, E. Yamazaki, Atsushi Takada, T. Morioka and K. Suzuki :
Field demonstration of up to 640 Gb/s (64 ch x 10 Gb/s) GWP switching networks with a QPM-LN wavelength converter in JGN II test bed,
IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.12, No.4, 529-535, 2006.
(DOI: 10.1109/JSTQE.2006.876625)
19. J. Yamawaku, H. Takara, T. Ohara, Atsushi Takada, T. Morioka, O. Tadanaga, H. Miyazawa and M. Asobe :
Low-crosstalk 103 channel x 10 Gb/s (1.03 Tb/s) wavelength conversion with a quasi-phase-matched LiNbO3 waveguide,
IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.12, No.4, 521-528, 2006.
(DOI: 10.1109/JSTQE.2006.876150)
20. J. Yamawaku, Atsushi Takada and W. Imajuku :
Evaluation of amount of equipment on single-layer optical path networks managing multigranularity optical paths,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.23, No.6, 1971-1978, 2005.
(DOI: 10.1109/JLT.2005.849939)
21. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Noise figure of phase-sensitive parametric amplifier using a Mach-Zehnder interferometer with lossy Kerr media and noisy pump,
IEEE Journal of Quantum Electronics, Vol.39, No.6, 799-812, 2003.
(DOI: 10.1109/JQE.2003.811089)
22. Atsushi Takada and J. H. Park :
Architecture of ultrafast optical packet switching ring network,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.20, No.12, 2306-2315, 2002.
(DOI: 10.1109/JLT.2002.806751,   CiNii: 1572261551070393344)
23. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Gain characteristics of coherent optical amplifiers using a Mach-Zehnder interferometer with Kerr media,
IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol.35, No.11, 1657-1665, 1999.
24. E. Hashimoto, Atsushi Takada and Y. Katakagiri :
High-frequency synchronized signal generation using semiconductor lasers,
IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques, Vol.47, No.7, 1206-1218, 1999.
25. W. Imajuku and Atsushi Takada :
In-line optical phase-sensitive amplifier with pump light source controlled by optical phase-lock loop,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.17, No.4, 637-646, 1999.
(DOI: 10.1109/50.754794)
26. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Theoretical analysis of system limitation for AM-DD/NRZ optical transmission systems using in-line phase-sensitive amplifiers,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.16, No.7, 1158-1170, 1998.
(DOI: 10.1109/50.701394)
27. H. Masuda, Atsushi Takada and K. Aida :
Modeling the gain degradation of high concentration erbium-doped fiber amplifiers by introducing inhomogeneous cooperative up-conversion,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.10, No.12, 1789-1799, 1992.
(DOI: 10.1109/50.202830)
28. Atsushi Takada, K. Hagimoto, K. Iwatsuki, K. Aida, K. Nakagawa and Shimizu M. :
1.8 Gbit/s transmission over 210 km using an Erbium-doped fiber laser amplifier with 20 dB repeater gain in a direct detection system,
IEICE Trans. Commun., Vol.E73, No.1, 21-26, 1990.
29. S. Kawanishi, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Wide-band frequency-response measurement of optical receivers using optical heterodyne detection,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.7, No.1, 92-98, 1989.
(DOI: 10.1109/50.17738)
30. Atsushi Takada, T. Sugie and M. Saruwatari :
High-speed picosecond optical pulse compression from gain-switched 1.3 μm distributed feedback-laser diode (DFB-LD) through highly dispersive single-mode fiber,
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.LT-5, No.10, 1525-1533, 1987.
(DOI: 10.1109/JLT.1987.1075418)

学術レター:

1. Akira Tanaka, Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Amplitude Noise Suppression of BPSK Signals Using Transmission Optical Fibers and Optical Parametric Phase-Sensitive Amplifiers,
IEICE Electronics Express, Vol.19, No.13, 1-5, 2022.
(DOI: 10.1587/elex.19.20220196)
2. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Dispersion compensation of wavelength-division multiplexed signals using waveband shift-free optical phase conjugators,
IEICE Communications Express, Vol.11, No.1, 33-38, 2021.
(DOI: 10.1587/comex.2021XBL0180)
3. Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Takumi Okabe, Takushi Kazama, Akihide Sano, Takeshi Umeki, Ryoichi Kasahara and Atsushi Takada :
Pump phase-locking to fiber-transmitted QPSK phase-conjugated twin waves for non-degenerate phase-sensitive amplifier repeaters,
IEICE Communications Express, Vol.6, No.10, 566-571, 2017.
(DOI: 10.1587/comex.2017XBL0098)
4. Yasuhiro Okamura, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
First demonstration of phase-sensitive gain stabilization by using heterodyne Costas optical phase-locked loop,
IEICE Communications Express, Vol.5, No.6, 152-157, 2016.
(DOI: 10.1587/comex.2016XBL0034)
5. A. Ishizawa, T. Nishikawa, A. Mizutori, H. Takara, S. Aozasa, A. Mori, H. Nakano, Atsushi Takada and M. Koga :
Octave-spanning frequency comb generated by 250 fs pulse train emitted from 25 GHz externally phase-modulated laser diode for carrier-envelope-offset-locking,
Electronics Letters, Vol.46, No.19, 1343-1344, 2010.
(DOI: 10.1049/el.2010.2228)
6. Shunichi Souma, Kunihiko Mori, Hiroji Masuda, Atsushi Takada, Seno Kazunori, Kenya Suzuki and Naoki Ooba :
Flexible chromatic dispersion compensation over entire L-band for over 40-Gb/s WDM transparent networks using multichannel tunable optical dispersion compensator,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.21, No.17, 1271-1273, 2009.
(DOI: 10.1109/LPT.2009.2025661)
7. A Mizutori, Y Nishizato, K Mori, T Yamamoto, K Suzuki, Atsushi Takada and M Koga :
Laser diode optical frequency stabilization technique on ITU-T frequency grid employing modulated sideband light,
Electronics Letters, Vol.45, No.13, 683-684, 2009.
(DOI: 10.1049/el.2009.0910)
8. M. Asobe, T. Umeki, O. Tadanaga, K. Yoshino, E. Yamazaki and Atsushi Takada :
Low crosstalk and variable wavelength conversion using multiple QPM LiNbO3 waveguide module,
Electronics Letters, Vol.45, No.10, 519-521, 2009.
(DOI: 10.1049/el.2009.3672)
9. T. Kobayashi, A. Sano, E. Yamada, Y. Miyamoto, H. Takara and Atsushi Takada :
Electro-optically multiplexed 110 Gbit/s optical OFDM signal transmission over 80 km SMF without dispersion compensation,
Electronics Letters, Vol.44, No.3, 225-226, 2008.
(DOI: 10.1049/el:20082534)
10. T. Yamamoto, T. Komukai, K. Suzuki and Atsushi Takada :
Spectrally flattened phase-locked multi-carrier light generator with phase modulators and chirped fibre Bragg grating,
Electronics Letters, Vol.43, No.19, 1040-?1042, 2007.
(DOI: 10.1049/el:20071505)
11. F. Inuzuka, E. Yamazaki, K. Yonenaga and Atsushi Takada :
Performance of nonlinear interchannel crosstalk pre-compensation at zero-dispersion wavelength using carrier phase-locked WDM,
Electronics Letters, Vol.43, No.13, 729-730, 2007.
(DOI: 10.1049/el:20070907)
12. E. Yamazaki, F. Inuzuka, K. Yonenaga, Atsushi Takada and M. Koga :
Compensation of interchannel crosstalk induced by optical fiber nonlinearity in carrier phase-locked WDM System,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.19, No.1, 9-11, 2007.
(DOI: 10.1109/LPT.2006.888032,   CiNii: 1573668926259239040)
13. E. Yamazaki, G. Weichenberg and Atsushi Takada :
Polarisation-insensitive parametric wavelength conversion without tunable filters for converted light extraction,
Electronics Letters, Vol.42, No.6, 365-367, 2006.
(DOI: 10.1049/el:20064412,   CiNii: 1572543023917333248)
14. Atsushi Takada, E. Yamazaki and T. Kobayashi :
Repetition rate variable optical pulse generation using an optical frequency shifter,
Electronics Letters, Vol.41, No.4, 205-206, 2005.
(DOI: 10.1049/el:20057877)
15. J. Yamawaku, E. Yamazaki and Atsushi Takada :
Field trial of virtual-grouped-wavelength-path switching with QPM-LN waveband converter and PLC matrix switch in JGN II test bed,
Electronics Letters, Vol.41, No.2, 88-89, 2005.
(DOI: 10.1049/el:20057087,   CiNii: 1574231873777618944)
16. E. Yamazaki, Atsushi Takada, J. Yamawaku, H. Miyazawa, O. Tadanaga and M. Asobe :
On-grid wavelength conversion and multi-carrier generation with quasi-phase-matched LiNbO3 waveguide optical loop circuit,
Electronics Letters, Vol.40, No.19, 1215--1216, 2004.
(DOI: 10.1049/el:20045445)
17. E. Yamazaki, Atsushi Takada, J. Yamawaku, O. Tadanaga and M. Asobe :
Widely tunable multichannel wavelength conversion using multiple wavelength quasi-phase-matched LiNbO3 waveguide,
Electronics Letters, Vol.40, No.8, 492--493, 2004.
(DOI: 10.1049/el:20040345)
18. J. Yamawaku, H. Takara, T. Ohara, K. Sato, Atsushi Takada, O. Tadanaga, H. Miyazawa and M. Asobe :
Simultaneous 25 GHz-spaced DWDM wavelength conversion of 1.03 Tbit/s (103 x 10 Gbit/s) signals in PPLN waveguide,
Electronics Letters, Vol.39, No.15, 1144-1145, 2003.
(DOI: 10.1049/el:20030719,   CiNii: 1572543026618763904)
19. K. Akimoto, Y. Katagiri, Atsushi Takada and S. Nagaoka :
Micromechanically controlled GT interferometer for optical-pulse narrowing,
Sensors and Actuators A: Physical, Vol.82, No.1-3, 79-82, 2000.
(DOI: 10.1016/S0924-4247(99)00313-1,   Elsevier: Scopus)
20. W. Imajuku, Atsushi Takada and Y. Yamabayashi :
Inline coherent optical amplifier with noise figure lower than 3dB quantum limit,
Electronics Letters, Vol.36, No.1, 63-64, 2000.
(DOI: 10.1049/el:20000032,   Elsevier: Scopus)
21. W. Imajuku, Atsushi Takada and Y. Yamabayashi :
Low-noise amplification under the 3 dB noise figure in high-gain phase-sensitive fibre amplifier,
Electronics Letters, Vol.35, No.22, 1954-1955, 1999.
22. K. Akimoto, Yoshitada Katagiri, Atsushi Takada and S. Nagaoka :
Micromechanically controlled GT interferometer for ultrashort optical-pulse narrowing,
Electronics Letters, Vol.35, No.11, 918-920, 1999.
23. E. Hashimoto, Atsushi Takada and Yoshitada Katagiri :
Synchronization of subterahertz optical pulse train from PLL-controlled colliding pulse modelocked semiconductor laser,
Electronics Letters, Vol.34, No.6, 580-582, 1998.
24. Atsushi Takada and W. Imajuku :
In-line optical phase-sensitive amplifier employing pump laser injection-locked to input signal light,
Electronics Letters, Vol.34, No.3, 274-275, 1998.
25. Yoshitada Katagiri and Atsushi Takada :
Supermode selection of a subterahertz-harmonic colliding-pulse mode-locked semiconductor laser using continuous-wave light injection,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.9, No.12, 1564-1566, 1997.
(DOI: 10.1109/68.643262)
26. W. Imajuku and Atsushi Takada :
In-line phase-sensitive amplifier with optical-PLL-controlled internal pump light source,
Electronics Letters, Vol.33, No.25, 2155-2156, 1997.
27. Yoshitada Katagiri and Atsushi Takada :
A harmonic colliding-pulse mode-locked semiconductor laser for stable subterahertz pulse generation,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.9, No.11, 1442-1444, 1997.
(DOI: 10.1109/68.634702)
28. Atsushi Takada and W. Imajuku :
Linewidth narrowing and optical phase control of mode-locked semiconductor ring laser employing optical injection locking,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.9, No.10, 1328-1330, 1997.
(DOI: 10.1109/68.623252)
29. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Optical phase-sensitive amplification using two phase-locked light sources,
Electronics Letters, Vol.33, No.16, 1403-1404, 1997.
30. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Reduction of fiber-nonlinearity-enhanced amplifier noise by means of phase-sensitive amplifiers,
Optics Letters, Vol.22, No.1, 31-33, 1997.
31. Yoshitada Katagiri, Atsushi Takada, S. Nishi, H. Abe, Y. Uenishi and S. Nagaoka :
Repetition-rate tunable micromechanical passively mode-locked semiconductor laser,
Electronics Letters, Vol.32, No.25, 2354-2355, 1996.
32. Yoshitada Katagir and Atsushi Takada :
Synchronized pulse-train generation from passively mode-locked semiconductor lasers by a phase-locked loop using optical modulation sidebands,
Electronics Letters, Vol.32, No.20, 1892-1894, 1996.
33. Atsushi Takada and W. Imajuku :
Amplitude noise suppression using a high gain phase sensitive amplifier as a limiting amplifier,
Electronics Letters, Vol.32, No.7, 677-679, 1996.
34. K. Sato, K. Wakita, I. Kotaka, Y. Kondo, M. Yamamoto and Atsushi Takada :
Monolithic strained-InGaAsP multiple-quantum-well lasers with integrated electroabsorption modulators for active mode locking,
Applied Physics Letters, Vol.65, No.1, 1-3, 1994.
35. Atsushi Takada, K. Sato, M. Saruwatari and M. Yamamoto :
Pulse width tunable subpicosecond pulse generation from an actively modelocked monolithic MQW laser / MQW electroabsorption modulator,
Electronics Letters, Vol.30, No.11, 898-900, 1994.
36. H. Takara, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
A highly efficient two-stage Er3+-doped optical fiber amplifier employing an optical gate to effectively reduce ASE,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.4, No.3, 241-243, 1992.
(DOI: 10.1109/68.122379)
37. H. Masuda and Atsushi Takada :
High gain two-stage amplification with Erbium-doped fibre amplifier,
Electronics Letters, Vol.26, No.10, 661-662, 1990.
38. Atsushi Takada, K. Iwatsuki and M. Saruwatari :
Picosecond laser diode pulse amplification up to 12 W by laser diode pumped Erbium-doped fiber,
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.2, No.2, 122-124, 1990.
(DOI: 10.1109/68.47068)
39. Atsushi Takada and H. Miyazawa :
30 GHz picosecond pulse generation from actively mode-locked erbium-doped fibre laser,
Electronics Letters, Vol.26, No.3, 216-217, 1990.
40. H. Masuda and Atsushi Takada :
Picosecond optical pulse generation from mode-locked phased laser diode array,
Electronics Letters, Vol.25, No.21, 1418-1419, 1989.
41. K. Iwatsuki, Atsushi Takada, S. Nishi and Saruwatari M. :
3 GHz optical soliton propagation using all laser diodes,
Electronics Letters, Vol.25, No.15, 1003-1005, 1989.
42. K. Hagimoto, K. Iwatsuki, Atsushi Takada, M. Nakazawa, M. Saruwatari, K. Aida, K. Nakagawa and M. Horiguchi :
250 km Nonrepeated transmission experiment at 1.8 Gb/s using LD pumped Er3+-doped fibre amplifiers in IM/direct detection system,
Electronics Letters, Vol.25, No.10, 662-663, 1989.
43. K. Inoue, H. Toba, N. Shibata, K. Iwatsuki, Atsushi Takada and M. Shimizu :
Mutual signal gain saturation in Er3+-doped fibre amplifier around 1.54 μm wavelength,
Electronics Letters, Vol.25, No.9, 594-595, 1989.
44. K. Iwatsuki, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Optical soliton propagation using 3 GHz gain-switched 1.3 ?m laser diodes,
Electronics Letters, Vol.24, No.25, 1572-1574, 1988.
45. Atsushi Takada and M. Saruwatari :
100 Gbit/s optical signal generation by time-division multiplication of modulated and compressed pulses from gain-switched distributed feedback (DFB) laser diode,
Electronics Letters, Vol.24, No.23, 1406-1408, 1988.
46. T. Sugie, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Effective technique for measuring intrinsic bandwidths of DFB-LDs utilizing a satellite mode induced by far-end reflection,
Applied Optics, Vol.26, No.13, 2502-2504, 1987.
47. K. Iwatsuki, M. Saruwatari and Atsushi Takada :
Ultrafast optical multi/demultiplexer utilising optical Kerr effect in polarization-maintaining single-mode fibres,
Electronics Letters, Vol.23, No.9, 453-454, 1987.
48. Atsushi Takada, T. Sugie and M. Saruwatari :
Transform-limited 5.6ps optical pulse generation at 12 GHz repetition rate from gain-switched distributed feedback laser diode by employing pulse compression technique,
Electronics Letters, Vol.22, No.25, 1347-1348, 1986.
49. Atsushi Takada, T. Sugie and M. Saruwatari :
Picosecond optical pulse compression from gain-switched 1.3 μm distributed-feedback laser diode through highly dispersive single-mode fibre,
Electronics Letters, Vol.21, No.21, 969-971, 1985.

総説・解説:

1. 高田 篤, 岡村 康弘, 古賀 正文 :
光パラメトリック増幅と低雑音位相感応光中継増幅,
O plus E, Vol.37, No.8, 628-635, 2015年8月.
(CiNii: 1571980461604306560)
2. 高田 篤 :
2014年ソサイエティ大会の開催地から,
通信ソサイエティマガジン B-Plus, No.30, 137, 2014年9月.
3. 高良 秀彦, 高田 篤 :
位相同期マルチキャリア光発生・WDM伝送技術,
O plus E, Vol.29, No.8, 11-16, 2007年8月.
4. 高田 篤, 神野 正彦 :
光ネットワークと制御技術,
月刊 オプトロニクス, Vol.25, No.294, 2006年6月.
5. 萩本 和男, 山林 由明, 盛岡 敏夫, 高田 篤 :
光ネットの研究を支える「テストベッド」,
日経コミュニケーション, 98-99, 2006年1月.
6. 高田 篤 :
2002年光学界の展望(X節 光通信),
光学, Vol.32, No.4, 219, 2003年4月.
7. 高田 篤, 今宿 亙 :
コヒーレント光増幅器,
レーザー研究, Vol.29, 599-604, 2001年9月.
8. 高田 篤 :
量子限界を破る光増幅器,
超精密, Vol.10, 93-100, 2000年12月.
9. 今宿 亙, 高田 篤 :
コヒーレント光増幅器,
応用物理学会誌, Vol.69, No.11, 1320-1324, 2000年11月.

国際会議:

1. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Influence of Phase Constant Difference between Dispersive Elements in Difference-Frequency Generation Based Optical-Phase-Conjugation Circuit,
24th Microoptics Conference (MOC2019), P-75, Toyama, Nov. 2019.
2. Yasuhiro Okamura, Yusuke Seto, Naotaka Ishimura and Atsushi Takada :
Transmission Performance of 16QAM Signal Interleaved with Amplified Reference Light,
24th Microoptics Conference (MOC2019), P-57, Toyama, Nov. 2019.
3. Kazama Takushi, Umeki Takeshi, Yasuhiro Okamura, Enbutsu Koji, Tadanaga Osamu, Atsushi Takada and Kasahara Ryoichi :
Low-Noise Phase Sensitive Amplification Using an Optical Phase-Locked Pump,
24th Optoelectronics and Communications Conference (OECC 2019)/International Conference on Photonics in Switching and Computing 2019 (PSC 2019), Hakata, Jul. 2019.
(DOI: 10.23919/PS.2019.8818030,   Elsevier: Scopus)
4. Yasuhiro Okamura, Noami Shunsuke and Atsushi Takada :
Wavelength-Conversion Free Optical Phase Conjugator Based on Difference Frequency Generation,
24th Optoelectronics and Communications Conference (OECC 2019)/International Conference on Photonics in Switching and Computing 2019 (PSC 2019), Hakata, Jul. 2019.
(DOI: 10.23919/PS.2019.8818009,   Elsevier: Scopus)
5. Yasuhiro Okamura, Kenta Kondou and Atsushi Takada :
Optical Carrier Extraction from Wavelength-Division Multiplexed Phase-Conjugate Twin Waves for Phase-Sensitive Optical Amplifier Repeaters,
23rd Microoptics Conference, P-13, Taipei, Oct. 2018.
6. Yasuhiro Okamura, Ikuya Nagatomi, Shinsuke Sharyo and Atsushi Takada :
Novel Carrier Extraction for Pump Phase-Locking to Polarized PDM-PCTWs in Phase-Sensitive Optical Amplifier Repeaters,
2018 7th IEEE International Conference on Photonics (ICP2018), Langkawi, Apr. 2018.
(DOI: 10.1109/ICP.2018.8533203,   Elsevier: Scopus)
7. Takeshi Umeki, Takushi Kazama, Takayuki Kobayashi, Shigehiro Takasaka, Yasuhiro Okamura, Koji Enbutsu, Osamu Tadanaga, Hirokazu Takenouchi, Ryuichi Sugizaki, Atsushi Takada, Ryoichi Kasahara and Yutaka Miyamoto :
Polarization-diversity In-line Phase Sensitive Amplifier for Simultaneous Amplification of Fiber-transmitted WDM PDM-16QAM Signals,
2018 Optical Fiber Communication Conference (OFC), Vol.F84-OFC, No.2018, M3E.4, San Diego, Mar. 2018.
(DOI: 10.1364/OFC.2018.M3E.4,   Elsevier: Scopus)
8. Yasuhiro Okamura, Kotaro Kondo, Takumi Okabe, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
Pump Phase-Locking to Phase-Conjugated Twin Waves with Heterodyne OPLL Assisted by Sum-Frequency and Second Harmonic Generation for ND-PSAs,
The 22nd Microoptics Conference (MOC2017), P-96, Tokyo, Nov. 2017.
(DOI: 10.23919/MOC.2017.8244618,   Elsevier: Scopus)
9. Yasuhiro Okamura, Hayaki Uno, Masanori Hanawa and Atsushi Takada :
Quadrature Imbalance Compensation for M-ary Modulated Signals Interleaved with Reference Light,
The 22nd Microoptics Conference (MOC2017), 328-329, Tokyo, Nov. 2017.
(DOI: 10.23919/MOC.2017.8244619,   Elsevier: Scopus)
10. Yasuhiro Okamura, Shingo Seki and Atsushi Takada :
Pump Phase-Locking Method Dependence of ND- PSA Repeaters on Multi-Span Transmission of QPSK-PCTWs in Dispersion Compensated Links,
2017 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC) and Photonics Global Conference (PGC), P3-040, Singapore, Aug. 2017.
(DOI: 10.1109/OECC.2017.8115034,   Elsevier: Scopus)
11. Yasuhiro Okamura, Masashi Abe, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Takushi Kazama, Takeshi Umeki, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
First Demonstration of Non-Degenerate Phase- Sensitive Amplification with Pump Light Recovered by Optical Phase-Locked Loop,
The 2016 IEEE Photonics Conference (IPC 2016), 511-512, Waikoloa, Oct. 2016.
(DOI: 10.1109/IPCon.2016.7831205,   Elsevier: Scopus)
12. Yasuhiro Okamura, Kotaro Kondo, Yuya Ohmichi, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
Optical phase-locking among phase-conjugated twin waves and free-running pump by using sum-frequency and second harmonic generation assisted OPLL for ND-PSA repeaters,
Conference on Lasers and Electro-Optics 2016 (CLEO 2016), SF1G.6, San Jose, Jun. 2016.
(DOI: 10.1364/CLEO_SI.2016.SF1G.6,   Elsevier: Scopus)
13. ALOUNSOULIYA ALY, Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Noise characteristics of non-degenerate optical parametric phase-sensitive amplifier with gain saturation and distributed loss in gain medium,
The 2016 IEEE 6th International Conference on Photonics (ICP2016), Sarawak, Malaysia, Mar. 2016.
(DOI: 10.1109/ICP.2016.7510033,   Elsevier: Scopus)
14. Yasuhiro Okamura, Kotaro Kondo, Shingo Seki, Yuya Ohmichi, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
Frequency Nondegenerate Optical Parametric Phase-sensitive Amplifier Repeater by Using Recovered Pump Carrier Generated from Phase-conjugated Twin Waves,
The Optical Fiber Communication Conference and Exhibition 2016 (OFC 2016), Th2A.7, Anaheim, Mar. 2016.
15. Yasuhiro Okamura, Naotaka Ishimura, Yusuke Mitsui, Masanori Hanawa and Atsushi Takada :
Influence of Chromatic Dispersion on Optical Transmission of 16QAM Signals Interleaved with Reference Light,
20th Microoptics Conference (MOC 2015), H-80, Fukuoka, Oct. 2015.
(DOI: 10.1109/MOC.2015.7416487,   Elsevier: Scopus)
16. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Degradation of Signal Quality Due to Pump-Phase Fluctuation on Non-Degenerated Fiber Parametric Phase-Sensitive Amplifier Repeaters,
20th Microoptics Conference (MOC 2015), H-79, Fukuoka, Oct. 2015.
(DOI: 10.1109/MOC.2015.7416486,   Elsevier: Scopus)
17. Yasuhiro Okamura, Koryo Higashiyama, Masafumi Koga and Atsushi Takada :
Optical phase lock loop circuit for Non-degenerate optical parametric phase sensitive amplifiers with wide signal-idler optical frequency spacing,
Conference on Lasers and Electro-Optics 2015 (CLEO 2015), SM1M-2, San Jose, May 2015.
(DOI: 10.1364/CLEO_SI.2015.SM1M.2,   Elsevier: Scopus)
18. Yasuhiro Okamura, Atsushi Takada and Masanori Hanawa :
Influence of I/Q imbalance on Multi-level modulated Signals Interleaved with Reference Light,
International Conference on Optical Internet 2014 (COIN 2014), Cheju, Aug. 2014.
19. Atsushi Takada, Koryo Higashiyama, Eiji Hamada, Yasuhiro Okamura, Akira Mizutori and Masafumi Koga :
Optical phase locking between pump and multiple-carrier signal lights in frequency-nondegenerate parametric phase-sensitive amplifier,
OptoElectronics and Communication Conference and Australian Conference on Optical Fibre Technology 2014 (OECC/ACOFT 2014), Jul. 2014.
20. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Nonlinear Degradation in 10-Gbit/s Nyquist BPSK Signal Transmission Systems with In-Line Phase-Sensitive Amplifiers,
OptoElectronics and Communication Conference and Australian Conference on Optical Fibre Technology 2014 (OECC/ACOFT 2014), Jul. 2014.
21. Sakai Yuya, Sugamoto Masamichi, Nakatani Eiki, Mizutori Akira, Atsushi Takada and Koga Masahumi :
Experiment on Phase Sensitive Amplification of BPSK Signal Using Phase-lock Costas Loop Circuit,
The 18th OptoElectronics and Communications Conference (OECC), Vol.TuPR-7, No.TuPR, 7, Kyoto, Jul. 2013.
22. Ishizawa Atsushi, Nishikawa Tadashi, Mizutori Akira, Takara Hidehiko, Atsushi Takada, Sogawa Tetsuomi and Koga Masafumi :
Phase Noise Characterization of a 25-GHz-Spaced Optical Frequency Comb from a Phase-Modulated Laser,
the Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2013, Vol.CTu1I.7, No.1I, 7, San Jose, Jun. 2013.
23. Ishizawa A., Nishikawa T., Mizutori A., Takara H., Nakano H., Sogawa T., Atsushi Takada and Koga M. :
Sub-100-fs optical pulse generation at 1-GHz repetition rate with an externally phase-modulated continuous wave laser diode,
Ultrafast Optics VIII, Vol.Tu, No.12, Tu12, Monterey, U.S.A., Sep. 2011.
24. Kitayama K., Sasaki M., Araki S., Tsubokawa M., Tomita A., Inoue K., Haramasa K., Nagasako Y. and Atsushi Takada :
A novel conceptual model of secure photonic networks,
2011 13th International Conference on Transparent Optical Networks (ICTON), 1-4, Stochholm, Sweden, Jun. 2011.
25. Koga Msahumi, Atsushi Takada, Ishizawa Atsushi, Nishikawa Tadashi and Takara Hidehiko :
Proposal of Optical Frequency Synchronized Photonic Network based on Carrier-Envelope Offset Phase Locked Frequency Comb,
Korea-Japan Workshop on Beyond 100G, Jeju island , Korea, Jun. 2011.
26. Umeki Takeshi, Tadanaga Osamu, Atsushi Takada and Asobe Masaki :
Phase Sensitive Degenerate Parametric Amplification Using Highly Efficient PPLN Ridge Waveguides,
The optical fiber communication conference, Vol.O, No.Tu, U6, Los Angeles, Mar. 2011.
27. Nishikawa T., Ishizawa A., Mizutori A., Takara H., Nakano H., Atsushi Takada and Koga M. :
Approach to achieving a wider mode spacing carrier-envelope phase-locked frequency comb at telecommunications wavelength region,
The 2nd Shanghai Tokyo Advanced Research Symposium on Ultrafast Intense Laser Science, Xiamen, China, May 2010.
28. A. Ishizawa, T. Nishikawa, A. Mizutori, H. Takara, S. Aozasa, A. Mori, H. Nakano, Atsushi Takada and M. Koga :
Novel approach to achieve a carrier-envelope-phase-locked frequency comb with 25-GHz mode spacing,
Conference on Lasers and Electro-Optics / Quantum Electronics and Laser Science Conference 2010, No.CWJ4, San Jose, U.S.A., May 2010.
29. F. Inuzuka, K. Yonenaga, E. Yamazaki, S. Yamamoto and Atsushi Takada :
Reduction of Nonlinear Inter-channel Crosstalk Penalty for DQPSK signal in Carrier Phase Locked WDM,
European Conference on Optical Communication, No.2.3.5, Viena, Sep. 2009.
30. K. Yonenaga, Atsushi Takada, Y. Aoki and S. Kinoshita :
Demonstration of 100 Tbit/s Scale Multiple Granularity OXC Architecture,
European Conference on Optical Communication, No.2.5.5, Viena, Sep. 2009.
31. K. Yonenaga and Atsushi Takada :
Requirements and Enabling Technologies for Optical Cross-Connect Node Based on Wavebands,
Pacific Rim Conference on Lasers and Eectro-Optics, No.WH3-1, Shanghai, Aug. 2009.
32. S. Yamamoto, K. Yonenaga, A. Sahara, F. Inuzuka and Atsushi Takada :
Experiment on optical OFDM transmission with frequency spacing of subchannels at 80% of symbol rate,
Opt-Electronics and Communications Conference, No.ThJ4, Hong Kong, Jul. 2009.
33. A. Sahara, Y. Tsukishima, T. Takahashi, Y. Okubo, K. Yamada, K. Matsuda and Atsushi Takada :
Demonstration of colorless and directed/directionless ROADMs in Router networkDemonstration of colorless and directed/directionless ROADMs in Router network,
Optical Fiber Communication Conference 2009, No.MND2, San Diego, U. S. A., Mar. 2009.
34. K. Yonenaga, F. Inuzuka, Y. Sun, Y. Aoki, K. Sone, A. Sano, K. Mori, T. Ono, Y. Kai, S. Yoshida, G. Nakagawa, Y. Sakai, Atsushi Takada and S. Kinoshita :
Demonstration of 10-Tbit/s Multi-Granularity Optical Cross-Connect Node toward 100-Tbit/s Scalability,,
Optical Fiber Communication Conference 2009, No.Post Deadline Paper-C4, San Diego, U.S.A., Mar. 2009.
35. K. Yonenaga, F. Inuzuka, S. Yamamoto, H. Takara, B. Kozicki, T. Yoshimatsu, Atsushi Takada and M. Jinno :
Bit-Rate-Flexible All-Optical OFDM Transceiver Using Variable Multi-Carrier Source and DQPSK/DPSK Mixed Multiplexing,
Optical Fiber Communication Conference 2009, No.OWM1, San Diego, U.S.A., Mar. 2009.
36. Sun Yongmei, T. Ono and Atsushi Takada :
Adaptive Delay-Difference Compensation based on Peer Detection for 40-Gb/s/ch Optical Virtual Concatenation,
Optical Fiber Communication Conference, No.NThA3, San Diego, U.S.A., Mar. 2009.
37. Atsushi Takada, E. Yamazaki, F. Inuzuka and K. Yonenaga :
Nonlinear inter channel crosstalk compensation using pre /post signal processing in carrier phase locked WDM,
in Proc. Asia Pacific Optical Communication Conference 2008, Vol.-, No.7136 51, -, Hangzhou, Oct. 2008.
38. M. Jinno, H. Takara, B. Kozicki, Y. Tsukishima, T. Yoshimatsu, T. Kobayashi, Y. Miyamoto, K. Yonenaga, Atsushi Takada, O. Ishida and S. Matsuoka :
Demonstration of novel spectrum efficient elastic optical path network with per channel variable capacity of 40 Gb/s to over 400 Gb/s,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2008, Vol.7, No.Th.3.F.6, 49-50, Brussels, Belgium, Sep. 2008.
39. M. Asobe, T. Umeki, O. Tadanaga, K. Yoshino, E. Yamazaki and Atsushi Takada :
Multiple QPM LiNbO3 waveguide module for variable batch wavelength conversion with low crosstalk,
in Proc. of European Conference of Optical Communication (ECOC) 2008, Vol.4, No.Th.2.C.6, 89-90, Brussels, Belgium, Sep. 2008.
40. T. Ono, Y. Sun and Atsushi Takada :
Demonstration of master slave type deskew function for optical virtual concatenation using OTU3 multiframe identification,
in Proc. of European Conference of Optical Communication (ECOC) 2008, Vol.3, No.We.1.B.6, 21-22, Brussels, Belguim, Sep. 2008.
41. Atsushi Takada :
R&D of High Performance Photonic Node with Multi-Granularity Switching Capability,
Workshop presentation in Inter national conference on Photonic in Switching, Vol.WS1, No.4, Sappro, Japan, Aug. 2008.
42. Tetsuo Takahashi, Akio Sahara and Atsushi Takada :
Recent progress and future prospects for advanced photonic network,
Inter national conference on Photonic in Switching, Vol.S, No.04-05, Sappro, Japan, Aug. 2008.
43. M. Nakamura, K. Yonenaga, K. Suzuki, T. Yamamoto, Atsushi Takada and A. Okada :
A 10 Gb/s adaptive EDC IC with integrated dispersion monitor for optical duobinary transmission,
in Proc. 2008 IEEE/LEOS Summer Topical Meetings, Vol.-, No.TuD1, 219-220, Acapulco, Mexico, Jul. 2008.
(DOI: 10.1109/LEOSST.2008.4590568,   Elsevier: Scopus)
44. T. Yoshimatsu, Y. Hashizume, S. Yamamoto, H. Takara, H. Kubota, E. Yoshida, Y. Miyamoto, Atsushi Takada, M. Jinno and T. Itoh :
Comparison of 44.6 Gbit/s NRZ and RZ DQPSK format in 50 GHz spacing ROADM system,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference (OECC) 2008, Vol.-, No.We A3, -, Sydney, Australia, Jul. 2008.
45. K. Yonenaga, K. Suzuki, T. Yamamoto, Atsushi Takada, A. Kanda and M. Nakamura :
Sensitivity improvement in 10 Gbit/s ODB receiver using adaptive FFE with integrated dispersion monitor,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference (OECC) 2008, Vol.-, No.Tu A2, -, Sydney, Australia, Jul. 2008.
46. Y. Sun, T. Ono and Atsushi Takada :
Dynamic skew compensation for 40 Gb/s/ch multi wavelength parallel transmission with OTN frame,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference (OECC) 2008, Vol.-, No.WeL 2, -, Sydney, Australia, Jul. 2008.
47. E. Yamazaki, F. Inuzuka, K. Yonenaga, Atsushi Takada and Y. Miyamoto :
Nonlinearity compensation in WDM transmission,
in Proc. IEEE/LEOS Sum. Top. Meeting 2008, Vol.-, No.TuE4.1, 165-166, Acapulco, Mexico, Jul. 2008.
(DOI: 10.1109/LEOSST.2008.4590541,   Elsevier: Scopus)
48. Y. Sun, T. Ono, Atsushi Takada and M. Tomizawa :
Wavelength group based optical virtual concatenation technique for data intensive and latency sensitive applications,
in Proc. ICC 2008 13th International Workshop on Computer Aided Modeling Analysis and Design of Communication Links and Networks, 179-183, Beijin, Jun. 2008.
49. K. Yonenaga, A. Sano, E. Yamazaki, F. Inuzuka, Y. Miyamoto, Atsushi Takada and T. Yamada :
100 Gbit/s all optical OFDM transmission using 4 x 25 Gbit/s optical duobinary signals with phase controlled optical sub carriers,
in Proc. Conference on Optical Fiber Communication and the National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC) 2008, Vol.-, No.JThA48, -, San Diego, U.S.A., Feb. 2008.
50. F. Inuzuka, E. Yamazaki, K. Yonenaga and Atsushi Takada :
Nonlinear inter channel crosstalk compensation using electronic pre distortion in carrier phase locked WDM,
in Proc. Conference on Optical Fiber Communication and the National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC) 2008, Vol.-, No.OTuO5., -, San Diego, U.S.A., Feb. 2008.
51. E. Yamazaki, F. Inuzuka, K. Yonenaga, T. Yamamoto and Atsushi Takada :
Carrier phase control for FWM cross talk suppression in dense WDM transmission at low dispersion wavelength,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2007, Vol.-, No.08.3.5, -, Berlin, Germany, Sep. 2007.
52. T. Kobayashi, A. Sano, E. Yamada, Y. Miyamoto, H. Takara and Atsushi Takada :
Electro optically subcarrier multiplexed 110 Gb/s OFDM signal transmission over 80 km SMF without dispersion compensation,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference and the International Conference on Integrated Optics and Optical Fiber Communication (OECC/IOOC) 2007, Vol.-, No.D1 6, -, Yokohama, Japan, Jul. 2007.
53. T. Yamamoto, T. Komukai, K. Suzuki and Atsushi Takada :
Multi carrier light generator using phase modulators and chirped fiber bragg grating,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference and the International Conference on Integrated Optics and Optical Fiber Communication (OECC/IOOC) 2007, Vol.-, No.13D3 2, 668-669, Yokohama, Japan, Jul. 2007.
54. Atsushi Takada and M. Koga :
Multi granularity OXC Architecture,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 2007, Vol.-, No.OThR4, Anaheim, Mar. 2007.
55. T. Ono, Atsushi Takada, M. Koga, T. Murooka, H. Takahashi, K. Hagimoto, S. Takizawa and S. Matsuoka :
Demonstration of collective communication in grid computing on optical burst switching network with congestion control,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2006, Vol.-, No.Tu3.6.3, -, Sep. 2006.
56. S. M. Koh, S. Yoshima, E. Yamazaki, F. Inuzuka, Atsushi Takada, G. Cincotti, N. Wada and K. Kitayama :
Demonstration of wavelength convertible OBS with multi optical code labeled control packet using single en/decoder,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2006, Vol.-, No.Th1.2.4, -, Sep. 2006.
57. E. Yamazaki, F. Inuzuka, K. Yonenaga, Atsushi Takada and M. Koga :
Nonlinear inter channel crosstalk compensation in carrier phase locked WDM,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2006, Vol.-, No.Th3.2.3, -, Sep. 2006.
58. T. Yamamoto, T. Komukai, S. Kawanishi, K. Suzuki and Atsushi Takada :
Optical frequency comb generation using phase modulators and group velocity dispersion medium,
in Proc. Asia Pacific Microwave Photonics Conference 2006, Vol.-, No.-, 225-227, Apr. 2006.
59. E. Yamazaki, F. Inuzuka, Atsushi Takada, K. Yonenaga and T. Morioka :
Inter channel crosstalk cancellation by encoding with adjacent channels in coherent WDM,
in Proc. Conference on Optical Fiber Communication and the National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC) 2006, Vol.-, No.JThB6, -, Mar. 2006.
60. Atsushi Takada, W. Imajuku, T. Morioka and K. Hagimoto :
Applications of optical parametric process,
in Proc. Optical Amplifiers and their Applications (OA&A) 2005, No.WC1, Budapest, Aug. 2005.
61. E. Yamazaki, Atsushi Takada and T. Morioka :
Noise figure measurement of parametric wavelength conversion in a quasi phase matched LiNbO3 waveguide,
in Proc. Lasers and Electro Optics Conference on and Quantum Electronics and Laser Science (CLEO/QELS) 2005, No.CWE5, May 2005.
62. J. Yamawaku, E. Yamazaki, Atsushi Takada, T. Morioka and K. Suzuki :
Virtual grouped wavelength path switching based on QPM LN waveband converter and supercontinuum wavelength bank source,
in Proc. Conference on Optical Fiber Communication and the National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC) 2005, Vol.-, No.OFE2, -, Mar. 2005.
63. Atsushi Takada :
Optical parametric process for optical signal processing,
in Proc. Conference on Optical Fiber Communication and the National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC) 2005, No.OTuG5, Anaheim, Mar. 2005.
64. J. Yamawaku, E. Yamazaki, Atsushi Takada and T. Morioka :
Field demonstration of virtual grouped wavelength path switching with transparent waveband conversion in QPM LN and PLC matrix switch in the test bed of JGN II,
in Proc. European Conference of Optical Communication (ECOC) 2004, Vol.-, No.Postdeadline paper Th4.5.3, -, Sep. 2004.
65. E. Yamazaki, Atsushi Takada, J. Yamawaku, T. Morioka, H. Miyazawa, O. Tadanaga and M. Asobe :
Wavelength conversion and multi carrier generation using quasi phase matched LiNbO3 waveguides operating on optical frequency grid,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 2004, Vol.2, No.CFN2, 944-945, May 2004.
66. E. Yamazaki, Atsushi Takada, J. Yamawaku, T. Morioka, O. Tadanaga and M. Asobe :
Simultaneous and arbitrary wavelength conversion of WDM signals using multiple wavelength quasi phase matched LiNbO3 waveguide,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 2004, Vol.2, 576-578, Feb. 2004.
67. J. Yamawaku, H. Takara, T. Ohara, K. Sato, Atsushi Takada, T. Morioka, O. Tadanaga, H. Miyazawa and M. Asobe :
Inter band wavelength conversion of 25 GHz spaced 1.03 Tbit/s (103 x 10 Gbit/s) DWDM signals with small guard band and low crosstalk in PPLN waveguide,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 2003, Vol.-, No.CThPDB 2, 2119-2120, Jun. 2003.
68. J. Yamawaku, Atsushi Takada, E. Yamazaki, O. Tadanaga, H. Miyazawa and M. Asobe :
Selective wavelength conversion using PPLN waveguide with two pump configuration,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 2003, Vol.-, No.CWB5, 1135-1136, Jun. 2003.
69. Atsushi Takada, E. Yamazaki and J. Park :
Wavelength converter operating on strict frequency grid using a single side band optical modulator in a circulating loop,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 2003, Vol.2, No.FP 5, 769-770, Mar. 2003.
70. J. H. Park and Atsushi Takada :
Node configuration QoS and network performance evaluation of an ultra high speed optical packet switching ring network,
in Proc. Optical Network Design and Modeling (ONDM) 2003, No.-, -, Feb. 2003.
71. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Coherent optical amplifier using degenerative parametric process in silica fiber,
International Symposium on Signals, Systems, and Electronics, 133, 133, Jul. 2001.
72. J. Yamawaku, W. Imajuku, Atsushi Takada, S. Okamoto and T. Morioka :
Investigation of virtual grouped wavelength path routing networks,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference and the International Conference on Integrated Optics and Optical Fiber Communication (OECC/IOOC) 2001, Vol.-, No.-, 194-196, Jul. 2001.
73. Atsushi Takada, J. H. Park, W. Imajuku and Y. Yamabayashi :
Ultrafast packet ring network employing optical label switching,
in Proc. European Conference on Optical Communication (ECOC) 2000, Vol.2, No.4.1.2, 19-20, Sep. 2000.
74. Atsushi Takada and W. Imajuku :
Coherent optical amplifier,
in Proc. European Conference on Optical Communication (ECOC) 2000, Vol.3, No.8.2.1, 87-90, Sep. 2000.
75. J. H. Park, Atsushi Takada, W. Imajuku and Y. Yamabayashi :
Ultrafast ring network with add drop type optical label switching,
in Proc. Optoelectronics and Communications Conference (OECC) 2000, Vol.-, No.12A2 3, 90-91, Jul. 2000.
76. W. Imajuku, Atsushi Takada and Y. Yamabayashi :
In line coherent optical amplifier with noise figure under the 3 dB quantum limit,
in Proc. European Conference on Optical Communication (ECOC) 1999, Vol.-, No.Postdeadline paper D11, 2-3, Sep. 1999.
77. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Theoretical noise figure of phase sensitive amplifier using Mach Zehnder interferometer with lossy Kerr media,
in Proc. Optical Amplifiers and their Appl. (OA&A) 1999, Vol.-, No.-, 143-146, Jun. 1999.
78. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Pulse form reshaping of chirped pulse using optical phase sensitive amplifier,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 1999, Vol.1, No.TuJ4, 131-133, Feb. 1999.
79. E. Hashimoto, Atsushi Takada and Y Katagiri :
Clock source limited low jitter subterahertz signal generation from mode locked semiconductor laser controlled by phase locked loop (PLL) with photonic downconversion,
in Proc. Microwave Photonics 1998, Vol.-, No.TuC5, 169-172, Princeton, NJ , USA, Oct. 1998.
80. K. Nonaka, H. Takara, K. Uchiyama and Atsushi Takada :
Bit rate flexible all optical RZ/NRZ transformation with saturable absorption laser diode,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 1998, Vol.-, No.CMA6, 5-6, May 1998.
81. Atsushi Takada and W. Imajuku :
Optical phase sensitive amplifier with pump laser phase locked to input signal light,
in Proc. European Conference on Optical Communication (ECOC) 1997, Vol.2, No.TU2B 5, 98-101, Sep. 1997.
82. W. Imajuku and Atsushi Takada :
In line phase sensitive amplifier with optical PLL controlled internal pump light source,
in Proc. Optical Amplifiers and their Applications (OA&A) 1997, Vol.-, No.D 5, -, Jul. 1997.
83. Atsushi Takada, S. Nishi, H. Abe, Y. Uenishi and S. Nagaoka :
Micromechanical mode locked semiconductor lasers for optical pulse synthesizers,
in Proc. IEEE Lasers and Electro Optics Society (LEOS) Annual Meeting 1996, Vol.-, No.Postdeadline paper DP1.6, -, Nov. 1996.
84. Y. Katagiri and Atsushi Takada :
Timing synchronization of optical pulse train from passively mode locked semiconductor lasers by phase locked loop,
in Proc. IEEE Lasers and Electro Optics Society (LEOS) Annual Meeting 1996, Vol.2, No.ThI4, 339-340, Nov. 1996.
85. Atsushi Takada and W. Imajuku :
The improvement of signal to noise ratio with nonlinear amplification in inline phase sensitive amplifier system,
in Proc. Optical Amplifiers and their Applications (OA&A) 1996, Vol.-, No.SaC5, 258-261, Jul. 1996.
86. W. Imajuku and Atsushi Takada :
Theoretical analysis of lightwave systems using phase sensitive amplifiers,
in Proc. First Optoelectronics and Communications Conference (OECC) 1996, Vol.-, No.-, 246-247, Jul. 1996.
87. Atsushi Takada and W. Imajuku :
Amplitude noise suppression by using high gain phase sensitive amplifier as limiting amplifier,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 1996, Vol.-, No.WA5, 94-95, Feb. 1996.
88. Atsushi Takada, K. Sato, M. Saruwatari and M. Yamamoto :
Pulse width tunable subpicosecond pulse generation from an actively mode locked monolithic MQW laser / MQW electroabsorption modulator,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 1994, Vol.-, No.CWN5, 256, May 1994.
89. Atsushi Takada, K. Aida and M. Jinno :
Demultiplexing of a 40 Gbit/s optical signal to 2.5 Gbit/s using a nonlinear fiber loop mirror driven by amplified gain switched laser diode pulses,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 1991, Vol.-, No.TuN3, 50, Feb. 1991.
90. K. Aida, H. Masuda and Atsushi Takada :
Long span IM/DD transmission system experiment using high efficiency EDF amplifiers,
in Proc. Optical Amplifiers and their Applications (OA&A) 1990, Vol.-, No.TuC5, 164-167, Aug. 1990.
91. K. Hagimoto, Atsushi Takada, Y. Miyagawa, K. Kawano and Tohmori Y. :
5 Gbit/s 200 km Non repeated transmission using LD pumped Er3+ doped fiber amplifiers,
in Proc. European Conference on Optical Communication (ECOC) 1989, Vol.-, No.-, 78-81, Aug. 1989.
92. Atsushi Takada, K. Hagimoto, K. Iwatsuki, K. Aida, K. Nakagawa and M. Shimizu :
1.8 Gbit/s transmission over 210 km using an Erbium doped fiber laser amplifier with 20 dB repeater gain in a direct detection system,
in Proc. 7th International Conference on Integrated Optics and Optical Fiber Communication (IOOC) 1989, Vol.-, No.21B3 3, 30-31, Jul. 1989.
93. Atsushi Takada, K. Iwatsuki and M. Saruwatari :
All optical picosecond gate using traveling wave semiconductor laser amplifier,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 1989, Vol.-, No.WI4, 228-229, May 1989.
94. K. Hagimoto, K. Iwatsuki, Atsushi Takada, K. Nakazawa, M. Saruwatari, K. Aida, K. Nakagawa and M. Horiguchi :
A 212 km Non repeated transmission experiment at 1.8 Gbit/s using LD pumped Er doped fiber amplifiers in an IM/DD system,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 1989, Vol.-, No.Postdeadline paper D15, -, Feb. 1989.
95. K. Iwatsuki, Atsushi Takada, K. Hagimoto, M. Saruwatari, Y. Kimura and M. Shimizu :
Er3+ doped fiber ring laser with less than 10 kHz linewidth,
in Proc. Optical Fiber Communication conference (OFC) 1989, Vol.-, No.Postdeadline paper D5, -, Feb. 1989.
96. M. Saruwatari, K. Nakagawa, Kawanishi S. and Atsushi Takada :
Advanced optical communications Technologies utilizing ultrafast optical pulses,
in Proc. International Conference on Ultrafast Phenomena 1988, Vol.-, 208, Jul. 1988.
97. K. Iwatsuki, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Observation of optical soliton propagation using 3 GHz gain switched 1.3 ?m laser diodes,
in Proc. International Quantum Electronics Conference (IQEC) 1988, Vol.-, No.D 14, 34-35, Jul. 1988.
98. Y. Yamabayashi, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Picosecond optical sampling with LiNbO3 waveguide and compressed laser diode pulses,
in Proc. Integrated and Guided Wave Optics Topical Meeting 1988, Vol.-, No.-, 369-372, Mar. 1988.
99. M. Saruwatari and Atsushi Takada :
An ultrafast optical multi/demultiplexer utilizing the optical Kerr effect in polarization maintaining single mode fibers,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 1987, Vol.-, No.-, 286-287, May 1987.
100. T. Sugie, Atsushi Takada and M. Saruwatari :
Generation of 6 ps optical pulses with 4.4 GHz repetition rate from gain switched distributed feedback laser diodes by employing a compression technique,
in Proc. Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO) 1986, Vol.-, No.ThO4, 318-319, May 1986.

国内講演発表:

1. 岡村 康弘, 田中 輝, 高田 篤 :
光パラメトリック信号処理技術の光ファイバ通信への応用,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IEICE-121, No.350, 51-55, 2022年1月.
2. 大森 篤志, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅用光位相同期ループ回路のディジタル化における量子化条件に関する研究,
令和 3 年度 電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会, 12-26, 2021年9月.
3. 金森 貴大, 岡村 康弘, 中圡井 祐, 羽岡 侑哉, 中山 薫, 高田 篤 :
空間光無線通信システムにおける受信光ビーム中心位置推定法 に関する研究,
令和 3 年度 電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会, 12-25, 2021年9月.
4. 髙良 健太, 岡村 康弘, 高田 篤 :
縮退位相感応型光増幅中継器を用いた多中継伝送系における直交位相成分の品質劣化に関する研究,
令和 3 年度 電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会, 12-22, 2021年9月.
5. 田中 輝, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光Kerr効果を用いた振幅雑音抑圧位相感応型光増幅多中継伝送方式の検討,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, B-10-20, 2021年9月.
6. 田中 輝, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退光パラメトリック位相感応増幅と 光 Kerr 効果を用いた振幅雑音抑圧法の検討,
電子情報通信学会総合大会, B-10-27, 2021年3月.
7. 岡村 康弘, 高田 篤 :
帯域シフトフリー位相共役光発生器を適用した波長分割多重光伝送における波長分散の影響,
レーザー学会学術講演会第41回年次大会, G04-19p-VII-04, 2021年1月.
8. 木藤 泰治, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光時分割多重信号の多重分離における光ゲートパルス幅の基礎検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
9. 池側 勝哉, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光直交位相振幅変調信号に対応する励起光位相同期ループ回路の残留振幅変調成分の抑圧に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
10. 石川 健也, 岡村 康弘, 高田 篤 :
周期分極反転ニオブ酸リチウム導波路における縦続二次非線形効果を用いた波長変換器のアイパターンと波長変換帯域幅に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
11. 山本 倫生, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光時分割多重信号による位相感応型光増幅中継伝送システムの検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
12. 三宅 智也, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅用光位相同期ループ回路発生励起光での雑音測定法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
13. 荒木 紳之介, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光位相同期ループを適用した位相感応型光増幅器における励起光品質の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2020年9月.
14. 風間 拓志, 梅木 毅伺, 岡村 康弘, 圓佛 晃次, 忠永 修, 高田 篤, 笠原 亮一 :
位相同期局発光源を用いた位相感応増幅器の低雑音性の実証,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-12, 2020年3月.
15. 岡村 康弘, 高田 篤 :
差周波光発生を用いた波長無変換型位相共役光発生器における分散性素子間屈折率偏差の影響,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-13, 2020年3月.
16. 田中 輝, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅器と光カー効果を用いた振幅雑音抑圧法の検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-11, 2020年3月.
17. 岡村 康弘, 高田 篤 :
差周波光発生を用いた波長無変換型位相共役光発生器における光カプラ分岐比の影響,
レーザー学会学術講演会第40回年次大会, G01-21p-X-04, 2020年1月.
18. 西崎 達耶, 岡村 康弘, 高田 篤 :
偏波直交デュアルパイロット光を用いた位相感応型光増幅器用励起光位相同期ループ回路における搬送波抽出の偏波無依存化,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2019年9月.
19. 新居 厚志, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅器の雑音特性評価指標の提案とその劣化要因依存性,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2019年9月.
20. 林 秀明, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光位相同期ループ回路の数値シミュレーションによる解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2019年9月.
21. 宮本 凌, 岡村 康弘, 高田 篤 :
フーリエ符号化光符号分割多重システムの 符号化シンボルコピーの挿入によるシンボル非同期ペナルティの改善,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2019年9月.
22. 新居 厚志, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅器の雑音特性評価指標の提案と劣化要因依存性,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2019年9月.
23. 岡村 康弘, 高田 篤 :
差周波光発生による波長無変換型位相共役光生成,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2019年9月.
24. 岡村 康弘, 高田 篤 :
波長分割多重位相共役ツイン波の位相感応型光増幅中継のための励起光位相同期ループにおける一括キャリア抽出の検討,
レーザー学会学術講演会第39回年次大会, G113a02, 2019年1月.
25. 瀬戸 勇祐, 岡村 康弘, 高田 篤 :
参照光振幅を拡大したインターリーブ16QAM 信号のシングル フォトディテクタ検波における波形劣化に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-30, 2018年9月.
26. 日岡 聖, 岡村 康弘, 高田 篤 :
フーリエ符号化同期光符号分割多重光伝送における位相共役 信号を用いた光非線形劣化の抑圧,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-29, 2018年9月.
27. 宮本 凌, 岡村 康弘, 高田 篤 :
フーリエ符号化同期光符号分割多重信号のオーバーサンプリング受信によるシンボル非同期ペナルティの改善,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-28, 2018年9月.
28. 中西 航, 阿河 航平, 長富 郁哉, 西崎 達耶, 岡村 康弘, 高田 篤 :
位相感応型光増幅器用光位相同期ループ回路における偏波変動対応搬送波成分抽出回路フィードバック制御法に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-27, 2018年9月.
29. 森本 凌央, 岡村 康弘, 高田 篤 :
偏波多重信号を適用した位相感応型光パラメトリック増幅器 の利得性能指標に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-26, 2018年9月.
30. 井上 優, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退位相感応型光中継増幅を用いた搬送波位相同期 波長分割多重光ファイバ伝送系の伝送品質に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12-18, 2018年9月.
31. 梅木 毅伺, 風間 拓志, 小林 孝行, 高坂 繁弘, 岡村 康弘, 圓佛 晃次, 杉崎 隆一, 高田 篤, 笠原 亮一, 宮本 裕 :
PDM-16QAM信号の高利得・WDM一括 位相感応光中継増幅,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-24, 2018年3月.
32. 長富 郁哉, 阿河 航平, 岡部 拓海, 中西 航, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光パラメトリック位相感応型増幅中継器における偏波多重化位相共役ツイン波に対する位相変調を用いた励起光位相同期ループ回路の検討,
電子情報通信学会技術研究報告, 2018年2月.
33. 阿河 航平, 岡部 拓海, 長富 郁哉, 中西 航, 岡村 康弘, 笠原 亮一, 梅木 毅伺, 高田 篤 :
光パラメトリック位相感応型光増幅中継器における偏波多重光信号に対する励起光位相同期ループ回路の検討,
レーザー学会学術講演会第38回年次大会, G225pIX09, 2018年1月.
34. 岡村 康弘, 高田 篤 :
偏波多重化高次 M-QAM 位相共役ツイン波信号のための直交成分圧搾と二倍波光発生を用いたキャリア抽出バランス型光位相同期ループ,
レーザー学会学術講演会第38回年次大会, G225pIX10, 2018年1月.
35. 中嶋 聡紀, 岡村 康弘, 高田 篤 :
フーリエ符号化同期光符号分割多重システムにおける偏波多重化位相共役信号を用いた周波数推定,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 134, 2017年9月.
36. 岡部 拓海, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光パラメトリック位相感応型増幅器における励起光位相同期ループ回路ループフィルタ最適設計に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 133, 2017年9月.
37. 山本 昌, 岡村 康弘, 高田 篤 :
直交振幅変調光信号の非縮退光パラメトリック位相感応型増幅中継伝送系における符号間干渉に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 132, 2017年9月.
38. 野網 俊介, 岡村 康弘, 高田 篤 :
2次光非線形媒質による差周波発生を用いた波長変換のない位相共役光発生回路に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 131, 2017年9月.
39. 宇野 迅騎, 岡村 康弘, 高田 篤 :
参照光振幅拡大可能な参照光時間インターリーブ多値光変調信号生成法の提案,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 126, 2017年9月.
40. 近藤 健太, 岡村 康弘, 高田 篤 :
波長分割多重信号の位相感応増幅における光位相同期ループ回路再生搬送光パワの伝送路光ファイバ分散による影響に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 125, 2017年9月.
41. 岡村 康弘, 阿部 真志, 近藤 紘太郎, 岡部 拓海, 風間 拓志, 佐野 明秀, 梅木 毅伺, 笠原 亮一, 高田 篤 :
励起光位相同期回路を適用した非縮退位相感応型光増幅器による80 km光ファイバ伝送されたQPSK位相共役ツイン波増幅実験,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2017年3月.
42. 大道 雄也, 阿部 真志, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 風間 拓志, 梅木 毅伺, 古賀 正文, 高田 篤 :
信号光位相共役光対光信号の和周波光発生を利用した 励起光位相同期ループ制御による非縮退パラメトリック位相感応型光増幅実験,
レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
43. 木村 剛史, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退光パラメトリック位相感応型増幅中継伝送系における 光位相同期回路の励起光許容位相誤差に関する検討,
レーザー学会学術講演会第37回年次大会, 2017年1月.
44. 藤田 悠貴, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光電圧制御発振器用シングルサイドバンド光変調器の バイアス電圧制御法に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2016年9月.
45. 社領 真介, 岡村 康弘, 高田 篤 :
偏波多重化された信号光位相共役対信号の和周波光 キャリア抽出における伝送路偏波変動の影響,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2016年9月.
46. 大道 雄也, 近藤 紘太郎, 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 :
信号光位相共役光対光信号に対する非縮退パラメトリック位相感応型光増幅に おける和周波光発生を利用した励起光位相同期ループ制御,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2016年9月.
47. 近藤 紘太郎, 大道 雄也, 岡村 康弘, 高田 篤 :
信号光位相共役光対の非縮退パラメトリック位相感応型光増幅における 和周波光発生による励起光位相同期ループ制御実験,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2016年3月.
48. 関 真吾, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光位相同期回路を適用した位相感応型光増幅中継器による信号光位相共役光対の多段中継伝送,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2016年3月.
49. 岡村 康弘, 石村 直敬, 塙 雅典, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブ多値光変調方式を適用した シンボル同期波長分割多重伝送における非線形クロストーク劣化,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2016年3月.
50. 石村 直敬, 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブ16QAM伝送における参照光振幅拡大による分散耐性の改善,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.OCS2015-97, 51-56, 2016年1月.
51. 岡村 康弘, 石村 直敬, 塙 雅典, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブ多値光変調方式を適用した波長分割多重・光アクセス網,
レーザー学会学術講演会第36回年次大会, 2016年1月.
52. 桐生 史典, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退パラメトリック位相感応型光増幅のための Decision-Driven 励起光位相同期ループ回路における信号光・アイドラ光差周波抽出回路の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2015年9月.
53. 下川 真治, 高田 篤, 岡村 康弘 :
信号光と光位相共役光の共伝送信号位相感応型光増幅 中継伝送系における信号品質劣化に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2015年9月.
54. 三宅 貴明, 高田 篤, 岡村 康弘 :
光周波数シフタを用いたループ型短光パルス発生系におけるパルス幅/スペクトルフラットネスの光源線幅依存性に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2015年9月.
55. 西岡 孝明, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光パラメトリック位相感応型増幅における出力信号光品質の励起光雑音依存性に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2015年9月.
56. 船橋 永, 濵田 英司, 西岡 孝明, 岡村 康弘, 高田 篤 :
高非線形光ファイバを用いた光パラメトリック増幅器における誘導ブリルアン散乱による利得抑圧に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2015年9月.
57. 石村 直敬, 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
インターリーブ伝送における参照光振幅拡大による分散劣化の低減,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2015年9月.
58. 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 :
励起光位相同期回路を用いた光ファイバパラメトリック位相感応利得の安定化実験,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2015年9月.
59. 濵田 英司, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退パラメトリック位相感応型光増幅における 多波長光一括増幅特性の検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 399, 2015年3月.
60. 尾崎 翔太, 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
フーリエ符号化同期光符号分割多重信号の PAPR 特性に関する検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 368, 2015年3月.
61. 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブ多値光変調方式における光源線幅の影響,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 376, 2015年3月.
62. 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブQPSK伝送における波長分散の影響,
レーザー学会学術講演会年次大会, 2015年1月.
63. 高田 篤, 岡村 康弘, 古賀 正文 :
コヒーレント信号の位相感応型光パラメトリック増幅,
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会「マルチキャリア光波による先進通信・計測システムに関する研究」, 2014年12月.
64. 東山 公亮, 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 :
非縮退パラメトリック位相感応型光増幅における励起光位相の制御信号検出法について,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014年9月.
65. 濵田 英司, 岡村 康弘, 高田 篤 :
非縮退パラメトリック位相感応型光増幅器の利得帯域幅の検討,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014年9月.
66. 三井 優輔, 岡村 康弘, 高田 篤, 塙 雅典 :
参照光時間インターリーブM-PSK方式におけるCMAの繰り返し処理を用いたIQインバランスのブラインド補償,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2014年9月.
67. 尾崎 翔太, 岡村 康弘, 塙 雅典, 高田 篤 :
修正定包絡線基準アルゴリズムの繰り返し処理における誤差閾値の影響,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2014年9月.
68. 三井 優輔, 石村 直敬, 岡村 康弘, 高田 篤 :
参照光時間インターリーブ方式における 信号品質モニタの作成,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2014年9月.
69. 石村 直敬, 三井 優輔, 岡村 康弘, 高田 篤 :
5 Gbaud 参照光時間インターリーブBPSK/QPSK 信号の 24.7 km 光ファイバ伝送実験,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2014年9月.
70. 高田 篤 :
光パラメトリック・位相感応光増幅技術,
電子情報通信学会光通信システム研究会OCS Summer School 2014, Vol.1, No.1, 32-38, 2014年8月.
71. 高田 篤, 岡村 康弘, 古賀 正文 :
位相感応型光増幅中継技術,
電子情報通信学会マイクロ波フォトニクス研究会技術報告, Vol.114, No.14, 33-38, 2014年4月.
72. 岡村 康弘, 高田 篤, 塙 雅典 :
参照光時間インターリーブ多値光変調方式におけるI/Qインバランスのディジタル補償,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014年3月.
73. 高田 篤, 古賀 正文 :
位相感応型光増幅器とその光ファイバ通信への適用技術,
レーザー学会創立40周年記念学術講演会第34回年次大会, Vol.S5, No.22 a II, 1, 2014年1月.
74. 岡村 康弘, 高田 篤, 塙 雅典 :
参照光時間インターリーブ方式における光遅延干渉計位相誤差の影響,
レーザー学会学術講演会年次大会, 2014年1月.
75. 松田 博幸, 春日 真裕, 岡村 康弘, 高田 篤 :
光位相変調と自己位相変調による広帯域マルチキャリア光発生回路の検討,
レーサー学会学術講演会年次大会, 2014年1月.
76. 堺 友哉, 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 :
搬送波位相同期 WDM 伝送系における位相感応増幅中継による波長チャネル間クロストーク抑圧法の検討,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.B, No.10, 51, 2013年9月.
77. 石澤 淳, 西川 正, 水鳥 明, 高良 秀彦, 高田 篤, 寒川 哲臣, 古賀 正文 :
位相変調レーザーを用いたスーパーコンティニウム光の位相雑音特性,
2013年 応用物理学会秋季学術講演会, Vol.74, 19A-A3-4, 2013年9月.
78. 堺 友哉, 岡村 康弘, 古賀 正文, 高田 篤 :
搬送波位相同期波長分割多重伝送系における位相感応増幅中継による波長チャネル間クロストーク抑圧法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.2013, 2013年9月.
79. 高田 篤 :
位相感応光増幅技術,
電子情報通信学会光通信システム研究会 信学技報, Vol.IEICE-OCS113, No.156, 81-86, 2013年7月.
80. 堺 友哉, 菅本 真陸, 水鳥 明, 高田 篤, 古賀 正文 :
コスタスループ位相制御励起光による12.5Gbit/sBPSK信号位相感応型光増幅実験,
電子情報通信学会総合大会, Vol.C, No.B10, 2013年3月.
81. 高田 篤, 古賀 正文 :
位相感応型光増幅中継伝送技術,
学術講演会第33回年次大会, Vol.1, No.1, 29pIV, 2013年1月.
82. 岡崎 直也, 菅本 真陸, 水鳥 明, 高田 篤, 古賀 正文 :
非縮退光パラメトリック増幅を用いた位相感応型光増幅器及び光位相同期ループ回路による励起光制御に関する検討,
2012年ソサイエティ大会, Vol.B, No.10, 86, 2012年9月.
83. 岡崎 直也, 橋本 佳祐, 高田 篤 :
非縮退光パラメトリック増幅を用いた非位相感応型光増幅器に関する検討,
2012年電気関係学会四国支部連合大会, Vol.12, No.25, 195, 2012年9月.
84. 橋本 佳祐, 三好 俊, 高田 篤 :
多値光PSK変調信号の位相感応型光増幅中継伝送方式の研究,
2012年総合大会, Vol.CS, No.B-10, 39, 2012年3月.
85. 中谷 栄希, 三好 俊, 高田 篤 :
位相感応型光増幅中継伝送系における光位相同期誤差累積に関する検討,
電子情報通信学会2012年総合大会, Vol.CS, No.B-10, 38, 2012年3月.
86. 西川 正, 石澤 淳, 水鳥 明, 高良 秀彦, 中野 秀俊, 寒川 哲臣, 高田 篤, 古賀 正文 :
半導体レーザーの位相変調で得られる25 GHz高繰返し短パルス光から発生したスーパーコンティニウム光の位相特性,
2011年 (平成23年)秋季第72回応用物理学会学術講演会, Vol.30p, No.ZH, 4, 2011年9月.
87. 石澤 淳, 西川 正, 水鳥 明, 高良 秀彦, 中野 秀俊, 寒川 哲臣, 高田 篤, 古賀 正文 :
CW半導体レーザーベース高出力高繰り返しサブ100 fs短パルス光発生,
2011年 (平成23年)秋季第72回応用物理学会学術講演会, Vol.30p, No.ZH, 5, 2011年9月.
88. 中谷 栄希, 三好 俊平, 高田 篤 :
位相感応型光増幅中継伝送系における光位相同期誤差累積に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.1, No.12-7, 169, 2011年9月.
89. 高田 篤, 古賀 正文 :
位相感応型光増幅技術,
電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, Vol.B, No.BCI-2-5, BCI-2-5, 2011年9月.
90. 古賀 正文, 高田 篤 :
Carrie-Envelopeオフセットロック光周波数コムを基準とする光周波数同期網,
電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, Vol.B, No.BCI-1-2, BCI-1-2, 2011年9月.
91. 三好 俊平, 橋本 佳祐, 高田 篤 :
位相感応型光増幅中継を用いたBPSK多中継伝送系の再生中継間隔のシミュレーション検討,
2011年電子情報通信学会総合大会, Vol.B, No.10, 102, 2011年3月.
92. 高田 篤, 古賀 正文 :
コヒーレント光通信用位相感応型光増幅器,
2011年電子情報通信学会総合大会, Vol.C, No.3, 26, 2011年3月.
93. 石澤 淳, 西川 正, 水鳥 明, 高良 秀彦, 青笹 真一, 森 淳, 寒川 哲臣, 中野 秀俊, 高田 篤, 古賀 正文 :
25GHzモード間隔キャリアエンベロープオフセット周波数ロック光周波数コムのためのオクターブ光発生,
レーザー学会学術講演会 第31回年次大会講演論文集, Vol.G, No.09aVII, 3, 2011年1月.
94. 三好 俊平, 高田 篤 :
位相感応型光増幅中継による光BPSK 信号の波形劣化抑圧に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.1, No.12, 125, 2010年9月.
95. 石澤 淳, 西川 正, 水鳥 明, 高良 秀彦, 青笹 真一, 森 淳, 寒川 哲臣, 中野 秀俊, 高田 篤, 古賀 正文 :
25GHz短パルス位相変調レーザーによるオクターブ光発生,
2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会, Vol.4, No.16a, 141, 2010年9月.
96. 高田 篤 :
レーザーによる情報通信技術の発展,
2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会, Vol.1, No.15a, 5, 2010年9月.
97. 石澤 淳, 水鳥 明, 高良 秀彦, 西川 正, 青笹 真一, 森 淳, 中野 秀俊, 高田 篤, 古賀 正文 :
高繰り返しCEP 制御光コム実現に向けたオクターブ光発生,
2009年秋季応用物理関係連合大会, Vol.4, No.10a-B-4, 997, 2009年9月.
98. 山本 秀人, 米永 一茂, 佐原 明夫, 犬塚 史一, 高田 篤 :
シンボルレートより小さなサブチャネル周波数間隔を有する光OFDM伝送実験,
電子情報通信学会2009年ソサイエティ大会, No.B-10-75, 2009年9月.
99. 山本 秀人, 米永 一茂, 佐原 明夫, 犬塚 史一, 高田 篤 :
光OFDM信号における狭帯域化の実現と波長分散耐力の改善,
電子情報通信学会技術研究報告(OCS2009-32), Vol.109, No.178, 17-22, 2009年8月.
100. 佐原 明夫, 築島 幸男, 高橋 哲夫, 大窪 洋平, 山田 一久, 松田 和浩, 高田 篤 :
ROADMリングシステムにおけるカラーレス機能・ディレクションレス機能の検討,
電子情報通信学会技術研究報告(OCS2009-18), Vol.109, No.103, 49-54, 2009年6月.
101. 大窪 洋平, 佐原 明夫, 高田 篤 :
Colorless/Directionless 光クロスコネクト(OXC)の性能評価,
電子情報通信学会2009年総合大会, No.B-12-15, 2009年3月.
102. 犬塚 史一, 山崎 悦史, 米永 一茂, 高田 篤 :
搬送波光位相同期WDMにおける送信端信号処理を用いたDQPSK信号の非線形クロストーク補償,
電子情報通信学会2009年総合大会, No.B-10-38, 2009年3月.
103. 高良 秀彦, 大原 拓也, 山本 貴司, 山崎 悦史, 犬塚 史一, 高田 篤 :
マルチキャリア光発生技術および1000波長WDM伝送技術,
2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.BCI-1-2, -, 2008年9月.
104. 吉松 俊英, 橋詰 泰彰, 山本 秀人, 久保田 寛和, 吉田 英二, 伊藤 敏洋, 神野 正彦, 高田 篤, 宮本 裕 :
40Gbit/s NRZ-DQPSK信号のDGD耐力改善と50GHz間隔ROADMノード通過特性,
2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-78, -, 2008年9月.
105. 山本 秀人, 吉松 俊英, 高良 秀彦, 小向 哲郎, 橋詰 泰章, 久保田 寛和, 増田 浩次, 神野 正彦, 高田 篤 :
広帯域なチャネル抑圧比を有する波長選択フィルタによるチャネル内クロストークの抑圧,
2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-64, -, 2008年9月.
106. 神田 淳, 中村 誠, 米永 一茂, 鈴木 和宣, 山本 貴司, 高田 篤, 岡田 顕 :
分散モニタを集積した光デュオバイナリ伝送用10Gb/s適応型EDC-IC,
2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-39, -, 2008年9月.
107. 水鳥 明, 古閑 貴裕, 西里 洋一, 古賀 正文, 森 邦彦, 鈴木 和宣, 山本 貴司, 高田 篤 :
L-band半導体レーザのITU-T周波数グリッドへの光周波数安定化,
2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-23, -, 2008年9月.
108. 大窪 洋平, 佐原 明夫, 高橋 哲夫, 高田 篤 :
BWPSRネットワークにおける予備リソース低減手法の検討,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-12-27, -, 2008年3月.
109. 米永 一茂, 佐野 明秀, 山崎 悦史, 犬塚 史一, 宮本 裕, 高田 篤, 山田 貴 :
光位相制御サブキャリア合成による4x25Gbit/s光デュオバイナリ信号を用いた100Gbit/s全光OFDM伝送,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-107, -, 2008年3月.
110. 小林 孝行, 佐野 明秀, 山田 英一, 宮本 裕, 高良 秀彦, 高田 篤 :
電気・光多重併用型光OFDM方式による110 Gb/s伝送実験,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-108, -, 2008年3月.
111. Y. Sun, T. Ono, Atsushi Takada and M. Tomizawa :
Demonstration of 40-Gb/s/ch OTN-frame-based Delay-difference Detection and Compensation for Optical Virtual Concatenation,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-87, -, Mar. 2008.
112. 浅井 克彦, 市原 英也, 高田 篤, 佐藤 健一 :
高機能フォトニックノードネットワークにおけるパス制御技術の検討,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-8-7, -, 2008年3月.
113. 犬塚 史一, 山崎 悦史, 米永 一茂, 高田 篤 :
搬送波光位相同期WDMにおける電気的送信端補償技術を用いた非線形クロストーク補償,
2008年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-106, -, 2008年3月.
114. 犬塚 史一, 高良 秀彦, 米永 一茂, 山崎 悦史, 高田 篤 :
RZ-CSRZ-DPSK 方式における波長選択スイッチのフィルタ多段接続によるOSNR ペナルティ評価,
2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-47, -, 2007年9月.
115. 高田 篤, 高橋 哲夫 :
ROADMを用いた光リングシステム,
電子情報通信学会技術報告, No.OED, -, 2007年7月.
116. 山崎 悦史, 犬塚 史一, 米永 一茂, 高田 篤 :
搬送波位相同期による光ファイバ伝送WDMクロストーク補償,
2007年電子情報通信学会総合大会, No.BS-7-8, -, 2007年3月.
117. 山崎 悦史, 犬塚 史一, Guy Weichenberg, 高田 篤, 盛岡 敏夫, 古賀 正文 :
トランスヘ アレント一括波長変換による波長群信号光の輻輳回避/パス設定機能の実証,
2007年レーザ学会学術講演会年次大会, No.-, -, 2007年1月.
118. 犬塚 史一, 山崎 悦史, 高田 篤, 米永 一茂, 古賀 正文 :
搬送波位相同期WDM によるチャネル間非線形クロストーク補償法(2)-零分散波長帯伝送距離延伸への適用-,
2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-61, -, 2006年9月.
119. 山崎 悦史, 犬塚 史一, 米永 一茂, 高田 篤, 古賀 正文 :
搬送波位相同期WDMによるチャネル間非線形クロストーク補償法(1)-提案と原理実証-,
2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-60, -, 2006年9月.
120. 小野 隆, 高田 篤, 古賀 正文, 滝澤 真一朗, 松岡 聡 :
光バーストスイッチング技術のGridアプリケーションへの適用,
2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-12-10, -, 2006年9月.
121. 山崎 悦史, 高田 篤, 犬塚 史一, 山涌 純, 遊部 雅生 :
分極反転光デバイスのフォトニックネットワーク応用,
第53回春季応用物理学関係連合講演会, No.-, -, 2006年3月.
122. 山崎 悦史, Guy Weichenberg, 高田 篤 :
偏波無依存パラメトリック高速任意波長変換,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-26, -, 2006年3月.
123. 山崎 悦史, Guy Weichenberg, 犬塚 史一, 高田 篤, 山涌 純, 盛岡 敏夫 :
QPM-LN 導波路を用いた低クロストーク10Gbit/s×64 波長一括変換,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-27, -, 2006年3月.
124. 犬塚 史一, 山崎 悦史, 高田 篤, 米永 一茂, 盛岡 敏夫 :
隣接チャネルデータを用いたWDM クロストーク補償符号化,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-64, -, 2006年3月.
125. 八木 毅, 松田 和浩, 小野 隆, 高田 篤, 加納 慎也, 森 和行, 片岡 幹雄, 西岡 到 :
光バースト・テラビット級スーパーネットワークの実験,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-7-24, -, 2006年3月.
126. 高 聖明, 吉間 聡, 山崎 悦史, 高田 篤, 北山 研一 :
光符号ラベル制御パケットを用いた波長変換高速OBSの実証実験,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-34, -, 2006年3月.
127. 小野 隆, 佐原 明夫, 高田 篤 :
波長選択による光バーストスイッチングの輻輳制御,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-32, -, 2006年3月.
128. 小野 隆, 高田 篤, 古賀 正文, 坂井 良男, 森 和行, 河合 正昭 :
光バーストスイッチングの高速光パス制御技術,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-33, -, 2006年3月.
129. 小林 孝行, 佐藤 憲史, 山崎 悦史, 高田 篤 :
QPM-LN 波長変換器とSi-APDを用いた高感度光受信系,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-78, -, 2006年3月.
130. 山本 貴司, 小向 哲郎, 川西 悟基, 鈴木 和宣, 高田 篤 :
位相変調器と分散媒質を用いた光周波数コム発生,
2006年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-20, -, 2006年3月.
131. 高田 篤 :
1000波ネットワーク実証実験から学ぶこと -フォトニックネットワークに関する光アクセス網高速広帯域通信技術の研究開発,
電子情報通信学会ソサイエティ大会(パネル討論会), No.-, -, 2005年8月.
132. 高田 篤, 佐原 明夫, 小野 隆, 笠原 亮一, 山崎 悦史, 相澤 茂樹, 古賀 正文 :
光バーストスイッチングによる高速光パス制御技術,
2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.BS-6-6, -, 2005年8月.
133. 山崎 悦史, 高田 篤, 盛岡 敏夫 :
擬似位相整合LiNbO3導波路パラメトリック波長変換の信号対雑音電力比劣化,
2005年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-106, -, 2005年3月.
134. 山涌 純, 山崎 悦史, 高田 篤, 盛岡 敏夫, 鈴木 和宣 :
スーパーコンティニウム波長バンクを用いた疑似位相整合LiNbO3 波長変換器によるバーチャル波長群パススイッチングの実証実験,
2005年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-77, 367, 2005年3月.
(CiNii: 1570009752041373568)
135. 山涌 純, 高田 篤, 盛岡 敏夫 :
擬似位相整合LiNbO3光導波路を用いた波長変換におけるパラメトリッククロストークの実験的検討,
2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-58, -, 2004年.
136. 山崎 悦史, 高田 篤, 山涌 純, 盛岡 敏夫 :
パラメトリック波長変換器の雑音による線形増幅中継段数制限,
2004年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-74, -, 2004年.
137. 山崎 悦史, 高田 篤, 山涌 純, 盛岡 敏夫, 宮澤 弘, 忠永 修, 遊部 雅生 :
光周波数シフタを用いた周回型高速波長変換光回路,
レーザー学会第24回年次大会, No.30aVII3, -, 2004年.
138. 山涌 純, 高良 秀彦, 大原 拓也, 佐藤 憲史, 高田 篤, 盛岡 敏夫, 忠永 修, 宮澤 弘, 遊部 雅生 :
波長群パスネットワークと一括波長変換技術の検討,
電子情報通信学会技術報告, No.PN-2003-17, -, 2003年.
139. 山涌 純, 高良 秀彦, 大原 拓也, 佐藤 憲史, 高田 篤, 盛岡 敏夫, 忠永 修, 宮澤 弘, 遊部 雅生 :
擬似位相整合LiNbO3 導波路を用いた25GHz 間隔103ch x 10 Gbit/s (103Tbit/s) 多チャンネル光のバンド間一括波長変換実験,
2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-106, -, 2003年.
140. 山崎 悦史, 高田 篤, 朴 辰憲 :
光周波数グリッド上で動作する波長変換回路,
2003年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-53, -, 2003年.
141. 山涌 純, 忠永 修, 高田 篤, 宮澤 弘, 山崎 悦史, 遊部 雅生 :
擬似位相整合LiNbO3 導波路を用いた2 波長励起による任意波長変換実験,
2003年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-54, -, 2003年.
142. 高田 篤, 朴 辰憲 :
超高速光バースト/パケットリングネットワークの構成法について,
信学技報NS-2002-220, No.OCS2002-110, -, 2003年.
143. 朴 辰憲, 高田 篤 :
超高速光パケット転送リングネットワークにおけるQoSシミュレーション,
2002年電子情報通信学会, No.-, -, 2002年.
144. 朴 辰憲, 高田 篤 :
超高速光パケットリングネットワークの構成と性能評価,
電子情報通信学会技術報告, No.CS-2002, -, 2002年.
145. 山涌 純, 高田 篤, 山崎 悦史 :
2次光非線形媒質を用いた任意波長変換の検討,
2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-83, -, 2002年.
146. 山涌 純, 高田 篤, 今宿 亙, 長津 尚英, 盛岡 敏夫 :
波長群ルーティングネットワークの設備量評価と一括波長群変換デバイスについての一検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS2002-12, -, 2002年.
147. 山涌 純, 高田 篤, 盛岡 敏夫 :
2次光非線形効果のカスケーディングと3次光非線形効果による波長群一括変換時のチャネル間クロストーク量の比較,
2002年電子情報通信学会総合大会, No.-, -, 2002年.
148. 山涌 純, 今宿 亙, 高田 篤, 岡本 聡 :
波長群パスルーティングネットワークの設備量評価,
2001年電子情報通信学会総合大会, No.-, -, 2001年.
149. 山涌 純, 今宿 亙, 高田 篤, 岡本 聡, 盛岡 敏夫 :
波長群パスの収容設計とネットワーク設備量評価,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS2001-66, -, 2001年.
150. 今宿 亙, 山涌 純, 高田 篤, 盛岡 敏夫 :
波長群ルーティング用パラメトリック波長変換回路の提案,
2000年電子情報通信学会総合大会, No.B-10, -, 2000年.
151. 今宿 亙, 高田 篤 :
標準量子雑音限界以下の低雑音コヒーレント光増幅,
2000年電子情報通信学会総合大会, No.B-10, -, 2000年.
152. 高田 篤, 今宿 亙, 片桐 祥雅, 西 成人 :
モード同期半導体リングレーザの光位相同期-光PLL及び光注入同期-,
レーザ学会学術講演会第17回年次大会, No.-, -, 2000年.
153. 朴 辰憲, 高田 篤 :
超高速光パケットリングネットワークプロテクション法の検討,
2000年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.-, -, 2000年.
154. 朴 辰憲, 高田 篤, 今宿 亙, 山林 由明 :
超高速光パケットADMリングネットワークの構成法,
2000年電子情報通信学会総合大会, No.B-10-109, -, 2000年.
155. 高田 篤, 今宿 亙 :
コヒーレント光増幅器とその光通信への応用,
日本学術振興会光エレクトロニクス第130委員会,第217回研究会, No.-, -, 2000年.
156. 朴 辰憲, 高田 篤, 今宿 亙, 山林 由明 :
光ラベルスイッチを用いた超高速リングネットワークの検討,
電子情報通信学会技術報告, No.PNI-2000-10, -, 2000年.
157. 橋本 悦, 高田 篤, 内山 健太郎 :
フォトニックダウンコンバージョンPLL技術の光通信への応用,
電子情報通信学会技術報告, No.CS99-130, -, 2000年.
158. 高田 篤, 今宿 亙 :
光位相同期励起光を用いた四光波混合によるコヒーレント波長変換,
1999年電子情報通信学会総合大会, No.-, -, 1999年.
159. 橋本 悦, 高田 篤, 片桐 祥雅 :
フォトニックダウンコンバージョンPLL制御衝突パルスモード同期半導体レーザから発生したサブテラヘルツ光パルス列の低ジッタ化,
1998年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.-, -, 1998年.
160. 今宿 亙, 高田 篤 :
光注入-光PLL併用法を用いた位相感応型光増幅器のエラーフリー動作,
1998年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.-, -, 1998年.
161. 高田 篤, 今宿 亙 :
能動モード同期半導体リングレーザの光パルス注入による光位相同期,
1998年春季第45回応用物理学関係連合講演会, No.-, -, 1998年.
162. 今宿 亙, 高田 篤 :
光注入同期と光PLLの併用による位相感応型光増幅器の安定化,
1998年電子情報通信学会総合大会, No.-, -, 1998年.
163. 橋本 悦, 高田 篤, 片桐 祥雅 :
PLL制御衝突モード同期半導体レーザを用いたサブテラヘルツ光パルス列の同期,
1998年電子情報通信学会総合大会, No.-, -, 1998年.
164. 片桐 祥雅, 高田 篤, 西 成人, 阿部 宏史, 上西 裕司, 長岡 新二 :
繰り返し周波数可変マイクロメカニカル受動モード同期半導体レーザ,
1997年電子情報通信学会総合大会, No.-, 1997年3月.
165. 今宿 亙, 高田 篤 :
位相感応光増幅器(PSA)による変調不安定性の抑圧,
電子情報通信学会総合大会, No.B-10, -, 1997年.
166. 高田 篤, 今宿 亙 :
光注入同期により光位相同期した励起光源を用いた光位相感応増幅実験,
1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会, No.B-10-149, -, 1997年.
167. 高田 篤, 今宿 亙 :
光位相同期励起光源を有する光位相感応型光増幅器の実験検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS97-87, -, 1997年.
168. 今宿 亙, 高田 篤 :
変調不安定性を抑圧したPSA多中継伝送システムの設計,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS-112/SSE-174, 1997年.
169. 今宿 亙, 高田 篤 :
位相感応増幅器を用いた多中継伝送特性の理論検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS96-5, 29-36, 1996年5月.
170. 今宿 亙, 高田 篤 :
位相感応光増幅器(PSA)を用いた多中継光伝送系の最大中継間隔,
1996年電子情報通信学会総合大会, No.B-1181, 19960000, 1996年3月.
171. 高田 篤, 今宿 亙 :
光カー効果を用いた位相感応光増幅器の基本特性,
1996年電子情報通信学会総合大会, No.B-1180, 1996年3月.
172. 高田 篤, 今宿 亙 :
ファイバ非線形ループミラを用いた位相感応型光増幅器,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS-52, -, 1996年.
173. 西 成人, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
零分散波長のファイバ長手方向分布の測定法,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS95-123, -, 1996年.
174. 片桐 祥雅, 高田 篤 :
光変調側帯波を利用した位相同期ループによる受動モード同期半導体レーザからの同期光パルス発生,
1996年秋季応用物理学会講演会, No.9p-M-11, 875, 1996年.
175. 西 成人, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
零分散波長のファイバ長手方向分布の測定法,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS95-123, 31-36, 1996年.
176. 脇田 紘一, 佐藤 憲史, 小高 勇, 近藤 康洋, 山本 ミツ夫, 高田 篤 :
MQW光変調器/半導体レーザ集積化光源による短光パルスの発生と制御,
電子情報通信学会技術報告, No.OPE94-24, 55-60, 1994年6月.
177. 高田 篤, 猿渡 正俊 :
光通信用短光パルス発生技術の検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OQE94-77, 7-12, 1994年.
178. 佐藤 憲史, 脇田 紘一, 小高 勇, 近藤 康洋, 山本 ミツ夫, 高田 篤 :
電界九州型光変調器を集積化した能動モード同期レーザ,
電子情報通信学会技術報告, No.LQE94-42, -, 1994年.
179. 佐藤 憲史, 脇田 紘一, 小高 勇, 近藤 康洋, 山本 ミツ夫, 高田 篤 :
歪InGaAsPMQW電界吸収型光変調器を集積した能動モード同期レーザ,
応用物理学関係講演会, No.-, -, 1994年.
180. 高田 篤, 猿渡 正俊, 佐藤 憲史 :
MQW-EA変調器/MQWレーザの一体化光源からの能動モード同期光パルス特性,
応用物理学関係講演会, No.-, -, 1994年.
181. 増田 浩次, 高田 篤, 中島 順, 西 成人, 相田 一夫 :
ビットレートフレキシブル光増幅形線形中継器構成法の検討,
1992年電子情報通信学会春季全大, No.-, 1992年3月.
182. 佐藤 良明, 高田 篤, 山林 由明 :
STMフレームスペクトル検出による線形中継伝送路の監視方法,
1993年電子情報通信学会春季大会, No.B-939, -, 1992年.
183. 高良 秀彦, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
光スイッチを用いたASE除去による高効率多段Er添加光ファイバ増幅器,
1991年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-618, -, 1991年.
184. 高田 篤, 相田 一夫 :
LDパルス制御全光デマルチプレクサを用いた40Gb/s信号光の1/16パルス分離,
1991年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-664, -, 1991年.
185. 増田 浩次, 高田 篤, 相田 一夫 :
148μm帯励起エルビウム添加光ファイバ増幅器の飽和特性,
1991年電子情報通信学会春季全国大会, No.C-311, -, 1991年.
186. 高田 篤, 増田 浩次, 相田 一夫 :
利得分布エルビウム添加光ファイバ伝送方式の検討,
1990年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-782, -, 1990年.
187. 増田 浩次, 高田 篤, 相田 一夫 :
Er添加光ファイバ増幅器の温度特性の検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS, -, 1990年.
188. 増田 浩次, 高田 篤 :
Er添加ファイバ増幅器の二段増幅特性,
1990年電子情報通信学会春季全国大会, No.B-980, -, 1990年.
189. 高田 篤, 宮澤 弘 :
Er3+添加光ファイバリングレーザの高調波モード同期による30GHzパルスの発生,
1990年応用物理学関係講演会, No.-, 1990年.
190. 萩本 和男, 高田 篤, 宮川 裕三, 河野 健治, 東盛 裕一 :
ファイバ増幅器を用いた5Gb/s,201 km光伝送実験,
1989年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-430, -, 1989年.
191. 高田 篤, 岩月 勝美, 猿渡 正俊 :
LD励起Er3+ドープ光ファイバレーザ増幅器とゲインスイッチ半導体レーザを用いた2Wピコ秒パルスの発生,
1989年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-431, -, 1989年.
192. 岩月 勝美, 高田 篤, 西 成人, 猿渡 正俊 :
全半導体レーザによる光ソリトン伝搬,
1989年電子情報通信学会秋季全国大会, No.B-434, -, 1989年.
193. 萩本 和男, 高田 篤, 相田 一夫, 中川 清 :
ファイバ増幅器を用いた長スパンギガビット/秒光伝送システムの検討,
電子情報通信学会技術報告, No.OCS, -, 1989年.
194. 増田 浩次, 高田 篤 :
位相同期半導体アレイレーザのモード同期法による短光パルス発生,
応用物理学関係講演会, No.-, 839, 1989年.
195. 高田 篤, 岩月 勝美, 猿渡 正俊 :
半導体レーザによる高速・高出力超短光パルスの発生,
昭和63年電子情報通信学会秋季全国大会, No.C-169, -, 1988年.
196. 岩月 勝美, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
半導体レーザによる光ソリトン効果の観測,
昭和63年電子情報通信学会秋季全国大会, No.C-170, -, 1988年.
197. 山林 由明, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
LiNbO3導波路と超短光パルスを用いた光サンプリング,
昭和63年電子情報通信学会春季全国大会, No.No 671, -, 1988年.
198. 高田 篤, 山林 由明, 猿渡 正俊 :
ゲインスイッチ法による超短光パルスの直接変調,
昭和63年電子情報通信学会春季全国大会, No.No 670, -, 1988年.
199. 高田 篤, 猿渡 正俊 :
超短光パルスの発生と変調の基礎検討,
電子情報通信学会技術報告, No.CS, 45-50, 1987年.
200. 高田 篤, 猿渡 正俊 :
外部変調//多重による50Gb/s超短光パルス列の発生,
電子情報通信学会部門別全国大会, No.No 2359, 237, 1987年.
201. 高田 篤, 杉江 利彦, 猿渡 正俊 :
半導体レーザを用いた高速超短光パルスの発生技術,
電子情報通信学会技術報告, No.CS, 61-68, 1986年.
202. 高田 篤, 杉江 利彦, 猿渡 正俊 :
DFB-LDの光パルス圧縮を利用したパルス幅制御に関する検討,
昭和61年電子情報通信学会秋季全国大会, No.No 229, -, 1986年.
203. 高田 篤, 杉江 利彦, 猿渡 正俊 :
DFB-LDのモード同期による超短光パルス発生に関する検討,
昭和60年電子情報通信学会秋季全国大会, No.-, -, 1986年.
204. 杉江 利彦, 高田 篤, 本杉 常治 :
高速化DFB-LDの大振幅特性,
昭和60年電子情報通信学会秋季全国大会, No.No 323, -, 1985年.
205. 高田 篤, 杉江 利彦, 猿渡 正俊 :
光ファイバを用いたチャープ補償によるDFB-LDの超短光パルス圧縮技術,
昭和60年電子情報通信学会秋季全国大会, No.No 324, -, 1985年.
206. 斉藤 茂, 高田 篤, 山本 喜久 :
キャリア効果による半導体レーザのレッドシフト形FM変調,
応用物理学会講演会, No.-, 31, 1985年.
207. 杉江 利彦, 高田 篤, 猿渡 正俊 :
アイソレータ内蔵形DFB-LDモジュールの検討,
昭和59年電子情報通信学会秋季全国大会, No.-, -, 1984年.
208. 高田 篤, 植村 卓司, 森本 朗裕, 小林 哲郎, 末田 正 :
超高速光空間変調による短光パルス発生,
昭和58年電子情報通信学会技術報告, No.OQE83, 33-39, 1983年.

その他・研究会:

1. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Waveband-shift free optical phase-conjugation with difference frequency generation,
1 st AiPT International All-Optical Signal Processing Workshop, Apr. 2022.
2. 高田 篤, 岡村 康弘 :
光パラメトリック技術と光ファイバ通信への応用,
第一回 電子情報通信学会支部CoEシンポジウム 光をコアとするセンターオブエクセレンス(CoE)を目指して ー 四国から世界へ ー, 2021年1月.
3. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Pump Phase-Locking Techniques for Frequency Non-Degenerate Optical Parametric Phase-Sensitive Amplifier Repeaters,
11th International Workshop on Optical signal processing and Optical switching (IWOO 2016), Nov. 2016.
4. Takeshi Umeki, Shigehiro Takasaka, Yasuhiro Okamura, Hirokazu Takenouchi, Ryuichi Sugizaki, Atsushi Takada and Yutaka Miyamoto :
R&D on Optical Parametric Amplifiers in Coherent lambda Project,
21st Optoelectronics and Communications Conference / International Conference on Photonics in Switching 2016 (OECC/PS 2016), Jul. 2016.
5. Yasuhiro Okamura and Atsushi Takada :
Frequency Nondegenerate Optical Parametric Phase-Sensitive Amplifiers with Optical Phase-Locked Loop Circuit for Multi-Span Transmission Systems,
10th International Workshop on Optical signal processing and Optical switching (IWOO 2015), Nov. 2015.
6. 水鳥 明, 菅本 真陸, 高田 篤, 古賀 正文 :
Costas Loop型ホモダイン検波による12.5Gbit/sBPSK信号伝送実験と光周波数同期網への展開,
技術報告, Vol.OCS112, No.310, 7-10, 2012年11月.
7. 高田 篤, 古賀 正文 :
位相感応型光増幅中継を用いた多中継光ファイバ伝送技術,
光ネットワークシステム171委員会, Vol.44, 1-3, 2012年7月.
8. 三好 俊平, 橋本 佳祐, 高田 篤 :
位相感応型光増幅中継を用いたBPSK多中継伝送系の再生中継間隔のシミュレーション検討,
電子情報通信学会光通信システム研究会技術研究報告, Vol.110, No.392, 61-66, 2011年1月.

特許:

1. 山崎 悦史, 高田 篤, 山涌 純 : 波長変換回路及び波長変換方法, 特願2002-242001, 特開2004-093583 (2002年8月), 特許第4080819号 (2008年2月).
2. 山涌 純, 高田 篤, 盛岡 敏夫 : 任意波長変換回路および複合波長バンド分配型任意波長変換回路, 特願2001-258316, 特開2003-066498 (2001年8月), 特許第3771823号 (2006年2月).
3. 今宿 亙, 森 邦彦, 高田 篤 : 光パラメトリック回路, 特願2001-062608, 特開2002-182256 (2001年3月), 特許第3575434号 (2004年7月).
4. 朴 辰憲, 高田 篤 : 特願2001-57042, 特開2002-261782 (2001年3月), 特許第3611798号 (2004年10月).
5. 朴 辰憲, 高田 篤, 内山 健太郎 : 光パケット圧縮回路, 特願2001-057041, 特開2002-261691 (2001年3月), 特許第3519374号 (2004年1月).
6. 高田 篤, 朴 辰憲, 今宿 亙, 山林 由明 : 超高速光パケット転送リングネットワーク, 特願2000-052461, 特開2001-244980 (2000年2月), 特許第3578960号 (2004年7月).
7. 今宿 亙, 高田 篤 : 光増幅器, 特願11-309480, 特開2001-125154 (1999年10月), 特許第3545977号 (2004年4月).
8. 今宿 亙, 高田 篤 : 光パラメトリック回路, 特願11-309481, 特開2001-125159 (1999年10月), 特許第3545660号 (2004年4月).
9. 橋本 悦, 高田 篤 : 光パルス発生装置, 特願10-242830, 特開2000-077768 (1998年8月), 特許第3571539号 (2004年7月).
10. 今宿 亙, 高田 篤 : 光位相.光周波数同期光源及び回路, 特願10-232760, 特開2000-068580 (1998年8月), 特許第3411832号 (2003年3月).
11. 高良 秀彦, 高田 篤, 山林 由明 : 波長分散補償回路, 特願10-156072, 特開11-355207 (1998年6月), 特許第3302924号.
12. 野中 弘二, 高田 篤, 山林 由明 : 光波形変換回路, 特願10-051641, 特開11?251672 (1998年3月), 特許第51641号.
13. 今宿 亙, 高田 篤 : 光位相同期光源, 特願9-301690, 特開11?133472 (1997年11月), 特許第3459166号 (2003年8月).
14. 片桐 祥雅, 高田 篤 : 標準光周波数発生装置, 特願9-155011, 特開11-004037 (1997年6月), 特許第3527617号 (2004年2月).
15. 今宿 亙, 高田 篤 : 全光型光位相同期方法及び光位相同期光源, 特願09-154032, 特開11-002846 (1997年6月), 特許第3434169号 (2003年5月).
16. 片桐 祥雅, 高田 篤 : 超高速同期パルス光源, 特願8-216388, 特開10-65255 (1996年8月), 特許第216388号 (2004年6月).
17. 今宿 亙, 高田 篤 : 光増幅器および光増幅中継伝送システム, 特願8-179680, 特開9-222622 (1996年7月), 特許第3473811号 (2003年9月).
18. 片桐 祥雅, 高田 篤, 西 成人, 猿渡 正俊 : 半導体レーザ装置, 特願8-63555, 特開09-260768 (1996年3月), 特許第3356255号 (2002年10月).
19. 高田 篤, 片桐 祥雅, 西 成人, 猿渡 正俊 : パルス光源, 特願8-000991, 特開9-191147 (1996年1月), 特許第3351212号 (2002年9月).
20. 高田 篤, 岩月 勝美, 猿渡 正俊 : 通信用パルス光源装置, 特願5-136051, 特開6-350174 (1993年6月), 特許第3237727号 (2000年10月).
21. 増田 浩次, 中川 清司, 相田 一夫, 高田 篤 : 光増幅器, 特願4-49743, 特開05-251797 (1993年3月), 特許第2620451号 (1997年3月).
22. 山林 由明, 高田 篤, 松岡 伸治, 佐藤 由明 : 光伝送路監視方法, 特願4-74781, 特開05-284120 (1992年3月), 特許第3114824号 (2000年9月).
23. 高良 秀彦, 高田 篤, 猿渡 正俊 : 多段光増幅装置, 特願3-156869, 特開05-005912 (1991年6月), 特許第2919118号 (1999年4月).
24. 高田 篤, 萩本 和男, 相田 一夫 : 光増幅器, 特願2-129249, 特開04-025822 (1990年5月), 特許第2786517号 (1990年5月).
25. 高田 篤, 増田 浩次, 萩本 和男 : 光増幅器, 特願2-29487, 特開03-235924 (1990年2月), 特許第2619096号 (1997年3月).
26. 高田 篤, 山林 由明 : モード同期レーザ装置, 特願2-24416, 特開3-229478 (1990年2月), 特許第2604479号 (1997年1月).
27. 宝川 幸司, 高田 篤, 中川 清司 : 光記憶装置, 特願1-246333, 特開3-113799 (1989年9月), 特許第2758230号 (1998年3月).
28. 宝川 幸司, 高田 篤, 中川 清司 : 光記憶装置, 特願1-215047, 特開3-80496 (1989年8月), 特許第2758224号 (1998年3月).
29. 高田 篤, 岩月 勝美, 猿渡 正俊 : 超短光パルス発生装置, 特願1-196519, 特開3-61928 (1989年7月), 特許第2520961号 (1996年5月).
30. 高田 篤, 萩本 和男 : モード同期ファイバレーザ装置, 特願1-131540, 特開2-310982 (1989年5月), 特許第2501468号 (1996年3月).
31. 高田 篤, 川西 悟基, 猿渡 正俊 : 光PLL回路, 特願62-285968, 特開1-126631 (1987年11月), 特許第2614873号 (1997年2月).
32. 山林 由明, 高田 篤 : 光パルス発生回路およびスペクトル測定装置, 特願62-94539, 特開63-261120 (1987年4月), 特許第2791771号 (1998年6月).
33. 高田 篤, 猿渡 正俊, 吉開 範章 : 光パルス多重化回路, 特願62-85175, 特開63-249827 (1987年4月), 特許第2048048号 (1996年4月).
34. 高田 篤, 杉江 利彦, 猿渡 正俊 : 超高速光パルス発生装置, 特願61-117647, 特開62-274787 (1986年5月), 特許第1972135号 (1995年9月).
35. 高田 篤, 岡村 康弘, 古賀 正文 : 位相感応型光増幅器及び励起光位相同期回路, (2014年2月), 特許第P11134号 (2014年2月).
36. 高田 篤, 岡村 康弘, 古賀 正文 : 増幅中継光ファイバ伝送システム及び光ファイバ伝送システム用増幅中継器, (2013年8月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 搬送波位相同期超高速光時分割多重信号の位相感応光中継増幅伝送技術の研究 (研究課題/領域番号: 20H02153 )
  • 光周波数同期網のためのCEP制御光周波数コム高コヒーレンス化の研究 (研究課題/領域番号: 23360173 )
  • 位相感応型光中継増幅技術の研究 (研究課題/領域番号: 22360155 )
  • 絶対位相制御光周波数コムによるマルチ光周波数基準の発生と光周波数同期網への展開 (研究課題/領域番号: 20360175 )
  • 研究者番号(00548563)による検索