検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 代謝栄養学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1803002 生活習慣病によって脂肪組織と血管壁に生じる慢性炎症の機序の解明と新規治療法の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1803008 徳島大学宇宙食品産業・栄養学研究センターによる 近未来型宇宙食糧ソリューション >
徳島大学 > 栄養生命科学教育部 > 人間栄養科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1803009 PET-CTを用いたサルコペニアの画期的診断法の開発を目指した研究 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804001 慢性炎症を分子基盤とした肥満・糖尿病および多臓器合併症の病態解明と治療法開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

糖尿病・肥満

研究テーマ

脂肪細胞の分化・増殖機構とライフサイクルの解明に関する研究, 脂肪細胞制御によるメタボリックシンドローム治療法の開発に関する研究 (糖尿病 (diabetes), 肥満症 (obesity), 脂肪細胞 (adipocyte), アディポサイトカイン (adipocytekine), 細胞増殖·分化 (cell proliferation and differentiation), 転写因子 (transcription factor))

著書・論文

著書:

1. 武田 英二, 鈴木 佳子, 松村 晃子, 中屋 豊, 堤 理恵, 阪上 浩, 濵田 康弘, 秦 明子, 他42人 :
認定NSTガイドブック2017 改訂第5版,
2017年7月.
2. 竹谷 豊, 塚原 丘美, 桑波田 雅士, 阪上 浩 :
新・臨床栄養学 (栄養科学シリーズNEXT) 改訂,
株式会社 講談社, 2016年1月.
3. 堤 理恵, 阪上 浩, 堤 保夫 :

2015年8月.
4. 新井 英一, 阪上 浩, 武田 英二, 竹谷 豊, 藤岡 由夫, 細川 雅也 :
臨床病態栄養学第3版,
文光堂, 2013年9月.
5. 岡田 裕子, 阪上 浩, 春日 雅人 :
肥満症のくすり,
日本評論社, 2011年4月.
6. 阪上 浩 :
がん栄養ハンドブック,
メディカルレビュー社, 大阪, 2011年1月.
7. 阪上 浩 :
NSTガイドブック2011 リフィーディング症候群の予防と治療,
メディカルレビュー社, 2011年1月.
8. 阪上 浩 :
糖尿病ナビゲーター 脂肪細胞分化,
メディカルレビュー社, 2010年9月.

学術論文(審査論文):

1. Yumiko Miyatake, Yuna Mishima, Rie Tsutsumi, Tamaki Otani, Naoya Suemasa, Saeko Masumoto, Masashi Kuroda and Hiroshi Sakaue :
Assessment of insulin resistance in the skeletal muscle of mice using positron emission tomography/computed tomography imaging.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.528, No.3, 499-505, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.05.165,   PubMed: 32513534)
2. Nagakatsu Harada, Yuka Gotoda, Adzumi Hatakeyama, Tadahiko Nakagawa, Yumiko Miyatake, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Differential regulation of Actn2 and Actn3 expression during unfolded protein response in C2C12 myotubes.,
Journal of Muscle Research and Cell Motility, 2020.
(DOI: 10.1007/s10974-020-09582-7,   PubMed: 32451822)
3. Masashi Kuroda, Misa Nishiguchi, Naho Ugawa, Etsuko Ishikawa, Yasuyo Kawabata, Saya Okamoto, Waka Sasaki, Yumiko Miyatake, Mayu Sebe, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Interferon regulatory factor 7 mediates obesity-associated MCP-1 transcription.,
PLoS ONE, Vol.15, No.5, e0233390, 2020.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0233390,   PubMed: 32437400)
4. Tetsuya Hosooka, Yusei Hosokawa, Kaku Matsugi, Masakazu Shinohara, Yoko Senga, Yoshikazu Tamori, Chikako Aoki, Sho Matsui, Tsutomu Sasaki, Tadahiro Kitamura, Masashi Kuroda, Hiroshi Sakaue, Kazuhiro Nomura, Kei Yoshino, Yuko Nabatame, Yoshito Itoh, Kanji Yamaguchi, Yoshitake Hayashi, Jun Nakae, Domenico Accili, Takehiko Yokomizo, Susumu Seino, Masato Kasuga and Wataru Ogawa :
The PDK1-FoxO1 signaling in adipocytes controls systemic insulin sensitivity through the 5-lipoxygenase-leukotriene B 4 axis,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.117, No.21, 11674-11684, 2020.
(DOI: 10.1073/pnas.1921015117,   PubMed: 32393635)
5. Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Yuichiroh Adachi, Kohta Ohnishi, Hirokazu Ohminami, Hisami Yamanaka-Okumura, Hiroshi Sakaue, Makoto Miyazaki, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
All-trans retinoic acid reduces the transcriptional regulation of intestinal sodium-dependent phosphate co-transporter gene (Npt2b).,
The Biochemical Journal, Vol.477, No.4, 817-831, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114417,   DOI: 10.1042/BCJ20190716,   PubMed: 32016357)
6. Masashi Kuroda, Rumi Onoyama, Waka Sasaki, Mayu Sebe, Tadahiro Kitamura, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
DNA methylation status influences insulin-induced glucose transport in 3T3-L1 adipocytes by mediating p53 expression.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.525, No.1, 39-45, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.02.038,   PubMed: 32070490)
7. Taigo Horiguchi, Yumiko Miyake, Keiko Miyoshi, Ayako Tanimura, Hiroko Hagita, Hiroshi Sakaue and Takafumi Noma :
Gene-expression profile reveals the genetic and acquired phenotypes of hyperactive mutant SPORTS rad,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.VOL67, No.NO1,2, 51-61, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114556,   DOI: 10.2152/jmi.67.51,   PubMed: 32378618)
8. Nobuto Nakanishi, Rie Tsutsumi, Yoshihiro Okayama, Takuya Takashima, Yoshitoyo Ueno, Taiga Itagaki, Yasuo Tsutsumi, Hiroshi Sakaue and Jun Oto :
Monitoring of muscle mass in criticaly ill patients: comparison of ultrasound and two bioelectrical impedance analysis devices,
Journal of Intensive Care, Vol.7, 61, 2020.
(DOI: 10.1186/s40560-019-0416-y,   PubMed: 31890223,   Elsevier: Scopus)
9. Shiho Satomi, Atsushi Morio, Hirotsugu Miyoshi, Ryuji Nakamura, Rie Tsutsumi, Hiroshi Sakaue, Toshimichi Yasuda, Noboru Saeki and Yasuo M. Tsutsumi :
Branched-chain amino acids-induced cardiac protection against ischemia/reperfusion injury.,
Life Sciences, Vol.245, 2020.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2020.117368,   PubMed: 32001270,   Elsevier: Scopus)
10. Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Takuro Oyama, T Yousuke Horikawa, Yuta Uemura, Nami Kakuta, Yoko Sakai, Atsushi Morio, Hirotsugu Miyoshi, Takashi Kondo, Tomoaki Urabe, Yuko Noda, Satoshi Kamiya, Noboru Saeki, Masashi Kuroda, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Assessment of postoperative nutritional status and physical function between open surgical aortic valve replacement and transcatheter aortic valve implantation in elderly patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1.2, 139-144, 2020.
(DOI: 10.2152/jmi.67.139,   PubMed: 32378597)
11. Tetsuya Shiuchi, Yumiko Miyatake, Airi Otsuka, Sachiko Chikahisa, Hiroshi Sakaue and Hiroyoshi Sei :
Role of orexin in exercise-induced leptin sensitivity in the mediobasal hypothalamus of mice.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.514, No.1, 166-172, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115013,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.04.145,   PubMed: 31029425)
12. Masahiro Bando, Saeko Masumoto, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Effect of olive oil consumption on aging in a senescence-accelerated mice-prone 8 (SAMP8) model.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 241-247, 2019.
(DOI: 10.2152/jmi.66.241,   PubMed: 31656282)
13. 堤 理恵, 瀬部 真由, 別府 香名, 渡辺 涼乃, 尾平 優, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
化学療法に伴う味覚・嗅覚障害への対応 (特集 化学療法時の栄養管理),
日本静脈経腸栄養学会雑誌, Vol.33, No.4, 1019-1024, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113717,   CiNii: 40021698908)
14. 松島 里那, 堤 理恵, 庄野 仁志, 別府 香名, 渡辺 涼乃, 尾平 優, 黒田 雅士, 武田 憲昭, 阪上 浩 :
第38回徳島医学会賞受賞論文 がん治療中の味覚変化と食事介入の取り組み,
四国医学雑誌, Vol.74, No.3, 101-106, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112298,   CiNii: 120006531553)
15. Nagakatsu Harada, Adzumi Hatakeyama, Maiko Okuyama, Yumiko Miyatake, Tadahiko Nakagawa, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Readthrough of ACTN3 577X nonsense mutation produces full-length α-actinin-3 protein.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.502, No.3, 422-428, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.05.193,   PubMed: 29857001)
16. Manami Abe, Yuki Matsuo, Akiko Harada, Takayuki Uchida, Kanako Kitahata, Chisato Tomida, Katsuya Hirasaka, Shigetada Kondo, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya, Hiroshi Sakaue, Reiko Nakao and Takeshi Nikawa :
Distinct Gene Expression Profile Distinguishes Increased Metabolic Activity in Spontaneously Hyperactive Rats While Sedentary from That Induced by Exercise,
Advances in Biological Chemistry, Vol.8, No.01, 1-14, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111609,   DOI: 10.4236/abc.2018.81001)
17. Chikugo Momoko, Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Iuchi Marina, Jun Kishi, Masashi Kuroda, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Nishioka and Hiroshi Sakaue :
Effect of Janus kinase inhibition by tofacitinib on body composition and glucose metabolism.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 166-170, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112232,   DOI: 10.2152/jmi.65.166,   PubMed: 30282855)
18. Nagakatsu Harada, Maiko Okuyama, Aya Yoshikatsu, Hironori Yamamoto, Saori Ishiwata, Chikako Hamada, Tomoyo Hirose, Masayuki Shono, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi, Jiro Takeo, Yutaka Taketani, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Endoplasmic Reticulum Stress in Mice Increases Hepatic Expression of Genes Carrying a Premature Termination Codon via a Nutritional Status-Independent GRP78-Dependent Mechanism.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.118, No.11, 3810-3824, 2017.
(DOI: 10.1002/jcb.26031,   PubMed: 28383761)
19. Masato Miyake, Masashi Kuroda, Hiroshi Kiyonari, Kenji Takehana, Satoshi Hisanaga, Masatoshi Morimoto, Jun Zhang, Miho Oyadomari, Hiroshi Sakaue and Seiichi Oyadomari :
Ligand-induced rapid skeletal muscle atrophy in HSA-Fv2E-PERK transgenic mice.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0179955, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114340,   DOI: 10.1371/journal.pone.0179955,   PubMed: 28644884)
20. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110925,   DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
21. Yutaka Nakaya, Daiju Fukuda, Takashi Oyamada, Kazuo Ogawa, Nagakatsu Harada, Hironori Nakagami, Ryuichi Morishita, Masataka Sata and Hiroshi Sakaue :
A novel lipoprotein (a) lowering drug, D-47, decreases neointima thickening after vascular injury.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1, 2, 64-67, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111083,   DOI: 10.2152/jmi.64.64,   PubMed: 28373630)
22. Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Kazuaki Mawatari, Satomi Toda, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Masashi Kuroda, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Minokoshi, Tadahiro Kitamura, Koro Gotoh, Masaki Ueno, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Intracerebroventricular injection of ghrelin decreases wheel running activity in rats.,
Peptides, Vol.87, 12-19, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113364,   DOI: 10.1016/j.peptides.2016.11.005,   PubMed: 27825986,   Elsevier: Scopus)
23. 堤 理恵, 阪上 浩, 西村 匡司 :
ARDS患者に投与すべき熱量はどのように決めるのか?,
救急・集中治療,ARDS-その常識は正しいか?-, Vol.29, No.1-2, 125-1313, 2017年.
24. Zhi-Hong Yang, Masahiro Bando, Toshihiro Sakurai, Ye Chen, Beatrice Emma-Okon, Bree Wilhite, Daiju Fukuda, Boris Vaisman, Milton Pryor, Yoshiyuki Wakabayashi, Maureen Sampson, Zu-Xi Yu, Akiko Sakurai, Abdalrahman Zarzour, Hiroko Miyahara, Jiro Takeo, Hiroshi Sakaue, Masataka Sata and Alan T. Remaley :
Long-chain monounsaturated fatty acid-rich fish oil attenuates the development of atherosclerosis in mouse models.,
Molecular Nutrition & Food Research, Vol.60, No.10, 2208-2218, 2016.
(DOI: 10.1002/mnfr.201600142,   PubMed: 27273599,   Elsevier: Scopus)
25. Masashi Kuroda, Ayako Tominaga, Kasumi Nakagawa, Misa Nishiguchi, Mayu Sebe, Yumiko Miyatake, Tadahiro Kitamura, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
DNA Methylation Suppresses Leptin Gene in 3T3-L1 Adipocytes.,
PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0160532, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110107,   DOI: 10.1371/journal.pone.0160532,   PubMed: 27494408)
26. Michio Shimabukuro, H Sato, Hirofumi Izaki, Daiju Fukuda, E Uematsu, Y Hirata, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Hiro-omi Kanayama, H Masuzaki and Masataka Sata :
Depot- and gender-specific expression of NLRP3 inflammasome and toll-like receptors in adipose tissue of cancer patients.,
BioFactors, Vol.42, No.4, 397-406, 2016.
(DOI: 10.1002/biof.1287,   PubMed: 27086574,   Elsevier: Scopus)
27. Sachiko Nishimoto, Daiju Fukuda, Yasutomi Higashikuni, Kimie Tanaka, Yoichiro Hirata, Chie Murata, Joo-Ri Kim-Kaneyama, Fukiko Sato, Masahiro Bando, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuya Hayashi, Issei Imoto, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Obesity-induced DNA released from adipocytes stimulates chronic adipose tissue inflammation and insulin resistance.,
Science Advances, Vol.2, No.3, e1501332, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110123,   DOI: 10.1126/sciadv.1501332,   PubMed: 27051864)
28. Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Yamaguchi Sotaro, Horikawa T. Yousuke, Harada Nagakatsu, Takuro Oyama, Nami Kakuta, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
The synergistic effects of omega-3 fatty acids against 5-fluorouracil-induced mucosal impairment in mice.,
BMC Nutrition, Vol.2, No.17, 1-10, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114371,   DOI: 10.1186/s40795-016-0057-7)
29. Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Tamaki Otani, Hitoshi Kubo, Haruka Ueda, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Hiroshi Sakaue, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.310, No.7, E526-E538, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109976,   DOI: 10.1152/ajpendo.00234.2015,   PubMed: 26786774)
30. Otsuka Ryo, Nagakatsu Harada, Aoki Shouhei, Shirai Kanna, Kazuchika Nishitsuji, Nozaki Ayane, Hatakeyama Adzumi, Masayuki Shono, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Nakaya, Hiroshi Kitahata and Hiroshi Sakaue :
C-terminal region of GADD34 regulates eIF2alpha dephosphorylation and cell proliferation in CHO-K1 cells.,
Cell Stress & Chaperones, Vol.21, No.1, 29-40, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110106,   DOI: 10.1007/s12192-015-0633-9,   PubMed: 26318739,   Elsevier: Scopus)
31. Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Tomoyo Ueta, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Tadahiro Kitamura, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Intracerebroventricular injection of adiponectin regulates locomotor activity in rats,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 199-203, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111279,   DOI: 10.2152/jmi.62.199,   PubMed: 26399348,   Elsevier: Scopus)
32. Rie Tsutsumi, Tomomi Yoshida, Yoshitaka Nii, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Masao Tsukayama, Rei Hashimoto, Yasuko Taniguchi, Hiroshi Sakaue, Toshio Hosaka, Emi Shuto and Tohru Sakai :
Sudachitin, a polymethoxylated flavone, improves glucose and lipid metabolism by increasing mitochondrial biogenesis in skeletal muscle.,
Nutrition & Metabolism, Vol.11, 32, 2014.
(DOI: 10.1186/1743-7075-11-32,   PubMed: 25114710)
33. Kazuaki Mawatari, Emiko Yoshioka, Satomi Toda, Sonoko Yasui, Hiroko Furukawa, Takaaki Shimohata, Takamasa Ohnishi, Masaki Morishima, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
Enhancement of endothelial function inhibits left atrial thrombi development in an animal model of spontaneous left atrial thrombosis.,
Circulation Journal, Vol.78, No.8, 1980-1988, 2014.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-13-1398,   PubMed: 24859498,   Elsevier: Scopus)
34. Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Manami Hirata, Yoji Hoshina, Kana Kato, Hitoshi Shirakawa, Hiroshi Sakaue, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation.,
PLoS ONE, Vol.9, No.4, e93856, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0093856,   PubMed: 24705496,   Elsevier: Scopus)
35. Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Nishio Chika, Tanaka Kimie, Daiju Fukuda, Uematsu Etsuko, Nishimoto Sachiko, Takeshi Soeki, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tetsuya Kitagawa, Michio Shimabukuro, Yutaka Nakaya and Masataka Sata :
Exendin-4, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, attenuates neointimal hyperplasia after vascular injury.,
European Journal of Pharmacology, Vol.699, No.1-3, 106-111, 2013.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2012.11.057,   PubMed: 23220706)
36. Asuka Shiota, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Hiromi Sato, Etsuko Uematsu, Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Maeda Norikazu, Hiroshi Sakaue, Masuzaki Hiroaki, Shimomura Iichiro and Masataka Sata :
Telmisartan ameliorates insulin sensitivity by activating the AMPK/SIRT1 pathway in skeletal muscle of obese db/db mice.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.11, No.1, 139, 2012.
(DOI: 10.1186/1475-2840-11-139,   PubMed: 23137106)
37. Asuka Shiota, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Hiromi Sato, Etsuko Uematsu, Yoichiro Hirata, Hirotsugu Kurobe, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya, Hiroaki Masuzaki and Masataka Sata :
Activation of AMPK-Sirt1 pathway by telmisartan in white adipose tissue: A possible link to anti-metabolic effects.,
European Journal of Pharmacology, Vol.692, No.1-3, 84-90, 2012.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2012.07.026,   PubMed: 22819702)
38. Nagakatsu Harada, Fujimoto Erika, Okuyama Maiko, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
Identification and functional characterization of human glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene promoters.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.423, No.1, 128-133, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.05.094,   PubMed: 22634312)
39. 阪上 浩 :
運動とエネルギー消費 (特集 エネルギー消費と代謝障害),
糖尿病, Vol.55, No.5, 306-308, 2012年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.55.306,   CiNii: 40019347702,   Elsevier: Scopus)
40. Nakagawa Tadahiko, Nagakatsu Harada, Miyamoto Aiko, Kawanishi Yukiko, Yoshida Masaki, Masayuki Shono, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
Membrane topology of murine glycerol-3-phosphate acyltransferase 2.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.418, No.3, 506-511, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.01.055,   PubMed: 22285183)
41. 田中 佑佳, 杉野 博崇, 中西 秀樹, 原田 永勝, 阪上 浩, 中屋 豊 :
褥瘡患者において血清アルブミン値は栄養状態を表す良い指標か?,
日本病態栄養学会誌, Vol.14, No.1, 9-15, 2011年.
(CiNii: 10029598045)
42. Yutaka Nakaya, Takaaki Shimohata, Sayaka Haraguchi, Toshiyuki Nakao, Jun Minaguchi, Haruo Sumitani, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Severe catabolic state after an overnight fast in patients with chronic renal failure.,
Nutrition, Vol.27, No.3, 329-332, 2011.
(DOI: 10.1016/j.nut.2010.04.008,   PubMed: 21167682)
43. Yohko Hirata, Toshio Hosaka, Takeo Iwata, Le Thi Kim Chung, Bayasgalan Jambaldorj, Kiyoshi Teshigawara, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tohru Sakai, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Vimentin binds IRAP and is involved in GLUT4 vesicle trafficking.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.405, No.1, 96-101, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 113298,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.12.134,   PubMed: 21216232)
44. Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Keiko Yoshida, Tadahiko Nakagawa, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
High density lipoprotein inhibits the activation of sterol regulatory element-binding protein-1 in cultured cells.,
FEBS Letters, Vol.584, No.6, 1217-1222, 2010.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2010.02.034,   PubMed: 20171215,   Elsevier: Scopus)
45. Shintaro Yasue, Hiroaki Masuzaki, Sadanori Okada, Takako Ishii, Chisayo Kozuka, Tomohiro Tanaka, Junji Fujikura, Ken Ebihara, Kiminori Hosoda, Akemi Katsurada, Naro Ohashi, Maki Urushihara, Hiroyuki Kobori, Naoki Morimoto, Takeshi Kawazoe, Motoko Naitoh, Mitsuru Okada, Hiroshi Sakaue, Shigehiko Suzuki and Kazuwa Nakao :
Adipose tissue-specific regulation of angiotensinogen in obese humans and mice: impact of nutritional status and adipocyte hypertrophy.,
American Journal of Hypertension, Vol.23, No.4, 425-431, 2010.
(DOI: 10.1038/ajh.2009.263,   PubMed: 20057360)
46. Chung Thi Kim Le, Toshio Hosaka, Yoshida Masaki, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya :
Exendin-4, a GLP-1 receptor agonist, directly induces adiponectin expression through protein kinase A pathway and prevents inflammatory adipokine expression.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.390, No.3, 613-618, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.10.015,   PubMed: 19850014)

総説・解説:

1. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
脂肪細胞熱産生機構における転写因子による制御,
糖尿病・内分泌代謝科, Vol.51, No.1, 23-27, 2020年7月.
2. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
ADCY3遺伝子異常と肥満,
内分泌·糖尿病·代謝内科, Vol.48, No.3, 214-218, 2019年3月.
(CiNii: 40021856391)
3. Masashi Kuroda and Hiroshi Sakaue :
Adipocyte Death and Chronic Inflammation in Obesity,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3,4, 193-196, Aug. 2017.
(DOI: 10.2152/jmi.64.193,   PubMed: 28954980)
4. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
肥満・2型糖尿病におけるビタミンD・カルシウムの役割,
Clinical Calcium, Vol.26, No.3, 349-354, 2016年3月.
(DOI: 10.20837/4201603009,   PubMed: 26923970)
5. 堤 理恵, Yasuo M. Tsutsumi , 阪上 浩 :

救急・集中治療 重症患者の栄養治療, Vol.27, No.7.8, 585-590, 2015年8月.
6. 阪上 浩, 田渕 正樹 :
最新臨床脳卒中学(上),
日本臨牀, Vol.72, No.5, 250-252, 2014年6月.
7. 阪上 浩, 興津 理絵, 黒田 雅士 :
肥満と肥満症基礎研究の進歩 脂肪細胞の肥大と増殖(,
日本臨牀, Vol.72, No.4, 66-70, 2014年5月.
8. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
I. Q 6.脂肪における高血糖の急性毒性,
救急・集中治療, Vol.24, No.5-6, 545-550, 2012年6月.
9. 阪上 浩 :
栄養学からみた糖尿病・肥満研究(1),
プラクティス, Vol.28, No.6, 549-551, 2011年11月.
10. 福田 亜希子, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸とメタボの関係は? 飽和脂肪酸を摂るとメタボになりやすいですか?(動物実験の結果を含めて),
Q&Aでわかる肥満と糖尿病, Vol.10, No.6, 846-848, 2011年11月.
11. 阪上 浩 :
栄養学からみた糖尿病・肥満研究(2),
プラクティス, Vol.28, No.5, 451-453, 2011年9月.
12. 阪上 浩 :
成因と病態生理 メタボリックシンドローム発症基盤としての脂肪細胞機能異常 脂肪細胞分化・増殖の制御機構とその破綻,
日本臨床, Vol.69, No.1, 206-210, 2011年1月.
13. 阪上 浩 :
脂肪細胞の数と大きさの制御と病態生理的意義,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.31, No.6, 519-525, 2010年12月.
14. 阪上 浩 :
脂肪細胞数の制御機構と炎症,
糖尿病の進歩, Vol.44, 196-200, 2010年9月.
15. 中屋 豊, 原田 永勝, 堤 理絵, 阪上 浩 :
肝硬変に対する栄養サポートのエビデンス,
静脈経腸栄養, Vol.25, No.5, 1057-1062, 2010年.

国際会議:

1. Masashi Kuroda, Naho Ugawa, Etsuko Ishikawa, Yasuyo Kawabata, Saya Okamoto, Waka Sasaki, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Transcription factor IRF7 and energy metabolism,
The 11th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes., May 2019.
2. Nishimoto Sachiko, Daiju Fukuda, Higashikuni Yasutomi, Tanaka Kimie, Hirata Yoichiro, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Genetic deletion of TLR9 promotes blood flow recovery in hind limb ischemia,
19th International Vascular Biology Meeting, Nov. 2016.
3. S Nishimoto, Daiju Fukuda, Y Higashikuni, K Tanaka, Y Hirata, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Toll-like Receptor 9 Plays a Pivotal Role in Angiotensin II-induced Atherosclerosis.,
AHA Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
4. S Nishimoto, Daiju Fukuda, Y Higashikuni, K Tanaka, Y Hirata, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
The activation of toll-like receptor 9 deteriorates blood flow recovery after hind-limb ischemia.,
ESC Congress 2015, London, Aug. 2015.
5. Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Ayako Tanimura, H. Hagita, Y. Miyatake, Hiroshi Sakaue and Takafumi Noma :
Gene expression analysis of hyperactive mutant SPORTS rat,
Cell Symposia:Exercise and Metabolism which takes place at NH Grand Krasnapolsky Hotel Amsterdam from 12-14 July 2015, Jul. 2015.
6. S Nishimoto, Daiju Fukuda, Y Higashikuni, K Tanaka, Y Hirata, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Genetic deletion of toll-like receptor 9 accelerates blood flow recovery after hindlimb ischemia.,
AHA Scientific Sessions 2014, Chicago, Nov. 2014.
7. Hiroshi Sakaue and 黒田 雅士 :
Role of DNA methylation for leptin gene promoter in 3T3-L1 adipocytes,
Mar. 2014.
8. Hiroshi Sakaue and 興津 理恵 :
Role of the new microtubule-associated protein in the development of obesity,
国際肥満学会, Mar. 2014.
9. S Nishimoto, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata :
Macrophage Toll-like Receptor 9 Signaling Contributes to the Development of Insulin Resistance through the Promotion of Inflammation in Adipose Tissue.,
American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.
10. S Nishimoto, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro, S Matsumoto, Masayoshi Ishida, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata :
Genetic ablation of TLR9 improves insulin resistance through macrophage accumulation in adipose tissue.,
ESC Congress 2013, Amsterdam, Aug. 2013.
11. H. Sato, Michio Shimabukuro, Y. Hirata, Hirofumi Izaki, M. Higashida, Hirotsugu Kurobe, Hiro-omi Kanayama, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata :
Region-specific regulation of the innate immune system, NLRP3 inflammasome, in human abdominal adipose tissue.,
ESC Congress 2012, Munich, Aug. 2012.
12. Yutaka Nakaya, Shimohata Takaaki, Haraguchi Sayaka, Nakao Toshiyuki, Minaguchi Jun, Sumitani Haruo, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Severe Catabolic State After An Overnight Fast In Patients With Chronic Renal Failure,
31stESPEN Congress, Wien, Aug. 2009.

国内講演発表:

1. 阪上 浩 :
エネルギー代謝に関わる末梢組織のバイオロジー 白色脂肪組織のバイオロジー,
第31回日本肥満学会 2010年10月,
2. 阪上 浩 :
NSTを始めるために必要な栄養管理の知識 症例に基づく経腸管理の実際,
第14会日本病態栄養学会2011年1月,
3. 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀨野浦 聖佳, 岸 潤, 黒田 雅士, 木下 成三, 中屋 豊, 堤 保夫, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチ病態の憎悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
4. 竹治 香菜, 山崎 幸, 河相 舞香, 松本 裕華, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプドゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
5. 三島 優奈, 堤 理恵, 松本 裕華, 原 加奈子, 大谷 環樹, 上嶋 菜々子, 神田 彩恵, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
廃用性筋萎縮モデルにおける骨格筋・艦隊者動態の連関による生体機能制御,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
6. 森万 理江, 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 松久 宗英, 阪上 浩 :
糖尿病および透析患者における味覚障害と舌味覚受容体発言の関連について,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
7. 堤 理恵, 瀬部 真由, 岸 潤, 瀨野浦 聖佳, 黒田 雅士, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸はインスリン抵抗性誘導を介して慢性関節リウマチを増悪させる,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
8. 川端 康代, 黒田 雅士, 岡本 彩椰, 田村 優実, 富永 玲奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝調節機構における転写因子IRF7の役割,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
9. 竹治 香菜, 山崎 幸, 河相 舞香, 松本 裕華, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプトゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
10. 武田 憲昭, 高岡 司, 堤 理恵, 阪上 浩 :
難治性亜鉛欠乏性味覚障害患者に対するツイントース併用亜鉛補充療法の効果,
第32回日本口腔咽頭科学会, 2019年9月.
11. 庄野 仁志, 堤 理恵, 阪上 浩, 合田 正和, 武田 憲昭 :
シスプラチンによる舌粘膜の味覚受容体発現低下とグルコサミン酸Naの食事への添加の効果,
第32回日本口腔咽頭科学会, 2019年9月.
12. 川端 康代, 黒田 雅士, 岡本 彩椰, 田村 優実, 富永 玲奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝調節機構における転写因子IRF7の役割,
第24回 アディポサイエンス・シンポジウム, 2019年8月.
13. 山田 美鈴, 黒田 暁生, 堤 理恵, 冨永 ゆかり, 阪上 浩, 松久 宗英 :
循環血中遊離DNAを標的とした血管内皮細胞傷害の検出,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
14. 川端 康代, 黒田 雅士, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 岡本 彩椰, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
15. 三島 優奈, 堤 理恵, 宮武 由実子, 末政 直哉, 大谷 環樹, 兒玉 直子, 丹波 洋介, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阪上 浩 :
PET/CTを用いた代謝異常時の骨格筋における糖取り込みの測定,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
16. 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 岡本 彩椰, 川端 康代, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成における分泌タンパク質MFG-E8の関与,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
17. 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 平野 春美, 土田 健司, 松久 宗英, 武田 憲昭, 阪上 浩 :
透析患者における味覚障害と味覚受容体T1R3遺伝子の発現の関連,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
18. 堤 理恵, 山本 智子, 中西 信人, 阪上 浩 :
敗血症における代謝破綻と血中遊離アミノ酸の意義,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.26, No.Suppl., [O75-1], 2019年2月.
19. 佐々木 和佳, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 川端 康代, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脱メチル化3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
20. 川端 康代, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
21. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
肥満病態形成におけるIRF7の二つの役割,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
22. 黒田 雅士, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 川端 康代, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝における転写因子IRF7の役割,
第23回アディポサイエンス・シンポジウム, 2018年8月.
23. 宇川 菜穂, 黒田 雅士, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子 IRF7 の同定と機能解析,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
24. 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
25. Masashi Kuroda, Etsuko Ishikawa, Naho Ugawa, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Adipose tissue-derived protein, MFG-E8, regulates chronic inflammation and obesity-related liver disease,
第91回 日本内分泌学会, Apr. 2018.
26. 井内 茉莉奈, 堤 理恵, 中西 信人, 山本 智子, 田中 志歩, 大藤 純, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 西村 匡司 :
重症患者におけるエネルギー代謝動態の解析.,
第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年2月.
27. 大石 真実, 森 博康, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 石津 将, 阪上 浩, 松久 宗英 :
急速進行性糖尿病腎症に関連するリスク因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
28. 堤 理恵, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山﨑 幸, 丹波 洋介, 宮原 裕子, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸の上腕動脈内皮機能に与える効果の検討,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
29. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
転写制御領域解析システムを用いた3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
30. 石川 悦子, 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
31. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪細胞における転写因子IRF7の同定及び機能解析,
第22回 アディポサイエンス・シンポジウム, 2017年8月.
32. 西口 実佐, 黒田 雅士, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と機能解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
33. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性に対するDNAメチル化の制御機構,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
34. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
35. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
新規肥満関連転写因子IRF7によるMCP-1発現制御機構の解析,
第90回 日本内分泌学会学術集会, 2017年4月.
36. 井内 茉莉奈, 堤 理恵, 中西 信人, 大藤 純, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 西村 匡司 :
重症患者における栄養投与開始時期と体組成変化の関連性の検討.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
37. 井内 茉莉奈, 堤 理恵, 中西 信人, 大藤 純, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 西村 匡司 :
重症患者における栄養投与開始時期と体組成変化の関連性の検討.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
38. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア羅患に及ぼす影響,
第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
39. 丹波 洋介, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山崎 幸, 福田 大受, 宮原 裕子, 宮武 由実子, 末政 直哉, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 堤 理恵, 佐田 政隆, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸は抗動脈硬化作用を有する,
第21回病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
40. 高橋 梨恵, 宮本 理人, 友川 剛己, 宮武 由実子, 阪上 浩, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
脳内グリコーゲンによる代謝調節効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
41. 大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 森 博康, 玉木 悠, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 荒木 迪子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
42. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
43. 板東 正浩, 竹尾 仁良, 福田 大受, 宮原 裕子, 楊 志宏, 西本 幸子, 齋藤 沙緒理, 川上 真智子, 上吉原 絢, 丹波 洋介, 佐田 政隆, 阪上 浩 :
長鎖モノエン脂肪酸を含む魚油による抗動脈硬化作用,
第37回日本肥満学会, 2016年10月.
44. 荒木 迪子, 森 博康, 鈴木 麗子, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1の低下とサルコペニア羅漢との関連,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
45. 大塚 良, 原田 永勝, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 西辻 和親, 高石 和美, 中屋 豊, 阪上 浩, 北畑 洋 :
GADD34のC末端領域を欠損したCHO-K1細胞の樹立,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
46. 安井 苑子, 谷村 真優, 松原 あつみ, 堤 理恵, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 阪上 浩, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法において治療開始時のクレアチニン身長係数が有害事象や治療中断にあたえる影響,
第31回日本静脈経腸栄養学会, 2016年2月.
47. 井内 茉莉奈, 大藤 純, 堤 理恵, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 今中 秀光, 西村 匡司 :
重症患者における栄養予後指標としての位相角の有用性.,
第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
48. 西本 幸子, 福田 大受, 東邦 康智, 田中 君枝, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 添木 武, 阪上 浩, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
動脈硬化におけるマクロファージTLR9の役割,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
49. 久保 みゆ, 安井 苑子, 谷村 真優, 松原 あつみ, 堤 理恵, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 阪上 浩, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法において治療開始時のクレアチニン身長係数が有害事象に与える影響,
第19回日本病態栄養学会, 2016年1月.
50. 橋本 怜, 島袋 充生, Salim Masdan Hotimah, 原 知也, 福田 大受, 八木 秀介, 添木 武, 阪上 浩, 佐田 政隆 :
糖尿病性血管障害におけるPAR2シグナルの関与,
CVMW 2015, 2015年12月.
51. 西本 幸子, 福田 大受, 阪上 浩, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
動脈硬化発症におけるマクロファージToll-like receptor 9の役割,
CVMW 2015, 2015年12月.
52. 堀口 大吾, 三好 圭子, 谷村 綾子, 萩田 浩子, 宮武 由実子, 阪上 浩, 野間 隆文 :
運動能が亢進したSPORTSラットの遺伝子発現解析,
第38回 日本分子生物学会,第88回 日本生化学会 合同大会, 2015年12月.
53. 荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 多々納 浩, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
食事エネルギー密度は日本人2型糖尿病患者の肥満と関連する,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
54. Abuduli Maerjianghan, 大南 博和, 阪上 浩, 大谷 環樹, 上田 遥香, 武田 英二, 竹谷 豊 :
食事性のリンが糖代謝に及ぼす影響:PET/CT用いた解析,
第36回日本肥満学会,名古屋国際会議場,愛知県名古屋市,2015年10月2日~3日, 2015年10月.
55. 荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 鞍田 三貴, 福尾 惠介, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
低エネルギー密度食が2型糖尿病患者の食行動や代謝改善に与える効果の検討,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
56. Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, H Sato, S Nishimoto, T Hara, A Takashima, Y Hirata, Hirotsugu Kurobe, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hirofumi Izaki, Hiroshi Sakaue, Tetsuya Kitagawa, Hiro-omi Kanayama and Masataka Sata :
Depot- and Gender-Specific Regulation of the Innate Immune System in Adipose Tissues: A Study from Human Biopsy Samples.,
第79回日本循環器学会学術集会, Apr. 2015.
57. Bingzi Dong, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 大西 幸代, 阪上 浩, 相澤 慎一, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
Interleukin-11は脂肪細胞分化を抑制する,
第88回日本内分泌学会, 2015年4月.
58. 足立 知咲, 谷 佳子, 山田 静恵, 西 麻希, 安井 苑子, 菊井 聡子, 橋本 脩平, 長尾 紀子, 秋山 真敏, 大町 はる佳, 松村 晃子, 阪上 浩, 濵田 康弘 :
神経性食欲不振症患者の体重増加とエネルギー必要量との関係,
第18回日本病態栄養学会, 2015年1月.
59. Masayoshi Ishida, Michio Shimabukuro, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, H Sato, E Uematsu, Sachiko Matsumoto, Hiroshi Sakaue, Hirofumi Izaki, Hiro-omi Kanayama and Masataka Sata :
MicroRNA-100 Regulates Adipocytokine Expression in Subcutaneous and Visceral Adipose Tissue: An Observation from Human Biopsy Study.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
60. 阪上 浩, 福田 亜希子, 阪上 浩, 黒田 雅士, 中屋 豊 :
培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNA脱メチル化と転写因子による活性化の2つのステップで制御されている,
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Vol.66, 185, 2012年5月.
61. 二見 明香里, 阪上 浩, 原田 永勝, 志内 哲也, 中屋 豊 :
中枢神経系におけるグレリンの摂食と運動調節経路の解析,
糖尿病, Vol.55, No.Suppl.1, S-300, 2012年5月.
62. 野村 和弘, 細岡 哲也, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉 :
PGC1,
糖尿病(, Vol.55, No.Suppl.1, S-303, 2012年5月.
63. 富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 黒田 雅士, 原田 永勝, 中屋 豊 :
3T3-L1培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNA脱メチル化と転写因子誘導の2つのステップで制御されている,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
64. 谷口 康子, 阪上 浩, 戸田 聡美, Uuganbayar Bold, 二見 明香理, 佐藤 蕗子, 原田 永勝, 中屋 豊 :
アディポネクチンの自発運動制御作用の検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
65. 永礼 智基, 阪上 浩, 春日 雅人 :
脂肪細胞における転写因子KLF15の過剰発現はSCD1発現を抑制し,インスリン分泌を増加させる,
肥満研究, Vol.17, No.Suppl, 140, 2011年9月.
66. 中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 阪上 浩, 中屋 豊 :
脂質合成律速酵素GPAT2の膜トポロジー解析,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
67. 富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 黒田 雅士, 原田 永勝, 中屋 豊 :
3T3-L1培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNAメチル化と転写因子による活性化の2つのステップで制御されている,
第16回アディポサイエンス研究会シンポジウム, 2011年8月.
68. 富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 黒田 雅士, 原田 永勝, 中屋 豊 :
3T3-L1培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNAメチル化と転写因子による活性化の2つのステップで制御されている,
第16回アディポサイエンス研究会シンポジウム, 2011年8月.
69. 富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 原田 永勝, 中屋 豊 :

糖尿病, Vol.54, No.Sippl.1, S-130, 2011年4月.
70. 谷口 康子, 阪上 浩, 原田 永勝, 中屋 豊 :
中枢神経系におけるアディポネクチンの自発運動制御作用の検討,
糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-257, 2011年4月.
71. 片山 恵梨香, 山田 静恵, 松村 晃子, 宇野 和美, 堤 理絵, 保坂 利男, 阪上 浩, 亀岡 尚美, 大森 哲郎, 中屋 豊 :
外来で著明な低リン血症を示した神経性無食欲症の一例,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
72. 東田 真由子, 松村 晃子, 今村 有希, 宇野 和美, 山田 静恵, 堤 理絵, 保坂 利男, 阪上 浩, 中屋 豊 :
NST自身による血糖管理により褥瘡治療に効果をあげた一症例,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
73. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第14回日本病態栄養学会,神奈川県横浜市, 2011年1月.
74. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第31回日本肥満学会, 2010年10月.
75. 富永 彩子, 永禮 智基, 阪上 浩, 原田 永勝, 春日 雅人, 中屋 豊 :
3T3-L1脂肪細胞でのレプチン発現に対するDNAメチル化の関与,
第31回日本肥満学会, 2010年10月.
76. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
3回日本糖尿病学会総会年次学術集会, 2010年5月.
77. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 志内 哲也, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
78. 中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 :
脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
79. 中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 :
脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.

その他・研究会:

1. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
2. 馬渡 一諭, 吉岡 愛美子, 戸田 聡美, 大西 隆仁, 原田 永勝, 阪上 浩, 中屋 豊 :
高自発走行モデル動物SPORTS ratの左心房血栓形成と発症要因の解析,
第15回徳島臨床脈管研究会, 2013年11月.
3. Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Takashi Omatsu, Shin-ichi Yoshizawa, Hiroshi Sakaue and Toshio Matsumoto :
Interleukin-11 controls bone and adipose tissue mass by regulating osteoblastic and adipogenic differentiation,
4th Bone BioScience Meeting, Jun. 2013.

報告書:

1. 植野 美彦, 関 陽介, 井戸 慶治, 髙木 康志, 阪上 浩, 生島 仁史, 藤猪 英樹, 白山 靖彦, 田中 秀治, 川田 昌武, 長宗 秀明, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 :
令和元年度 徳島大学 高等教育研究センターアドミッション部門 報告書,
令和元年度 徳島大学 高等教育研究センターアドミッション部門 報告書, 2020年3月.
2. 阪上 浩 :
サイエンスマップ2008,
148, 2010年5月.

特許:

1. 堤 理恵, 阪上 浩, 武田 憲昭 : グルタミン酸を有効成分とする担がん患者の味覚及び/又は食欲障害の改善剤, .
2. 堤 理恵, 阪上 浩 : .
3. 堤 理恵, 阪上 浩 : (2018年5月), (2018年11月), 特許第2017-101459 WO2018/216715A1号 (2018年11月).
4. 阪上 浩, 堤 理恵, 武田 憲昭, 松島 里那 : グルタミン酸を有効成分とする担がん患者の味覚及び/又は食欲障害の改善剤, 特願2016-13808 (2016年1月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 抗動脈硬化作用を有する極長鎖一価不飽和脂肪酸の基盤・応用研究 (研究課題/領域番号: 19H04055 )
  • 転写因子IRF7による肥満・メタボリックシンドローム治療の基礎的基盤の確立 (研究課題/領域番号: 16K09753 )
  • 末梢性シグナル分子による運動制御機構の解明 (研究課題/領域番号: 25126718 )
  • 細胞骨格制御による肥満・メタボリックシンドローム治療の基礎的基盤の確立 (研究課題/領域番号: 24591333 )
  • インスリン感受性機構と脂肪酸の質との関係の解明 (研究課題/領域番号: 24500994 )
  • 脂肪蓄積の分子基盤における脂肪細胞アポトーシス制御機構の解明 (研究課題/領域番号: 23126520 )
  • 摂食調節因子による自発運動及びエネルギー代謝調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 22700693 )
  • 新規脂肪酸結合蛋白を標的分子としたメタボリックシンドローム治療の基礎的基盤の確立 (研究課題/領域番号: 21591151 )
  • 運動習慣は自己修復細胞を活性化しうるかー脳卒中発症遅延と延命効果 (研究課題/領域番号: 20500636 )
  • エネルギー代謝制御機構における転写因子KLF15の生理的意義の解明 (研究課題/領域番号: 18590988 )
  • 脂肪細胞の細胞周期制御機構を治療標的とした肥満症治療法の確立とその応用 (研究課題/領域番号: 18052012 )
  • 細胞周期制御機構をターゲットとした新たな肥満・糖尿病治療の基盤確立とその応用 (研究課題/領域番号: 16590885 )
  • 脂肪細胞分化を制御する自己分泌性液性因子の同定とそのシグナル伝達機構の解明 (研究課題/領域番号: 16046214 )
  • 研究者番号(60372645)による検索