Search:
(CSV files for researchmap) [PDF manual]

Research Activity

Field of Study

土木・建築工学

Subject of Study

Book / Paper

Academic Paper (Judged Full Paper):

1. 豊﨑 裕司, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
1次モード形の変化に基づく合成桁橋の損傷同定法に関する数値解析的研究,
日本地震工学会論文集 Vol. 16(2016) No. 1 特集号「第14回日本地震工学シンポジウム」その2, 238-247, 2016.
2. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki and 垣内 貴行 :
住民属性の経年変化が地区の津波避難安全性に及ぼす影響に関する基礎的研究,
第8回南海地震四国地域学術シンポジウム論文集, Vol.8, 89-92, 2013.
3. Takashi Minamoto and Yoshifumi Nariyuki :
歩行補助器具の使用が地区の津波避難安全性に及ぼす影響,
第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 669-674, 2010.
4. 中野 敦人, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
ファジィ理論に基づく空撮画像における瓦礫部抽出法,
第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 612-619, 2010.
5. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛 and Atsushi Mikami :
津波避難シミュレーションシステムの開発と地区の避難安全性評価への適用,
土木学会地震工学論文集, Vol.30, 757-767, 2009.
6. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛 and Atsushi Mikami :
住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響,
21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 149-156, 2008.
7. 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Hiromi Sato :
津波避難シミュレーションに基づく地区避難安全性評価法に関する基礎的研究,
21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 157-166, 2008.
8. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 安部 真理子 and Hiromi Sato :
航空写真におけるエッジ方向特性を利用した建物被害部の自動判別に関する基礎的研究,
Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.17, 233-242, 2008.
(CiNii: 40016414307)
9. 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto, 田中 徳一 and Atsushi Mikami :
ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究,
21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007.
10. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛, Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada :
Fundamental study on development of the tsunami evacuation simulation system utilizable in an independence disaster prevention organization,
土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007.
11. Yoshifumi Nariyuki, 安部 真理子, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
地震時空撮画像のエッジ情報に基づく木造家屋瓦礫部の抽出に関する研究,
第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1402-1405, 2006.
12. Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto, 大木 淳 and Kiyoshi Hirao :
震後の所要道路網ネットワークの推移を考慮した道路橋の耐震補強順位に関する研究,
第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1366-1369, 2006.
13. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Kiyoshi Hirao and 天野 健 :
GISを用いた避難・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価手法に関する基礎的研究,
第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1350-1353, 2006.
14. 安部 真理子, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
垂直航空写真の輪郭線情報に基づく建物被害エリアの判別に関する基礎的研究,
Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.15, No.0, 223-230, 2006.
(CiNii: 40015341776)
15. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 天野 健 and Kiyoshi Hirao :
GISによる道路網ネットワーク及び属性データの作成方法と道路閉塞予測への適用,
Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.15, 127-138, 2006.
(CiNii: 40015341765)
16. Yoshifumi Nariyuki, 永井 啓介, Kiyoshi Hirao and Takashi Minamoto :
An Automated Detection Method of House Damage Areas due to Earthquakes using Vertical Aerial Photographs,
Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.14, 145-156, 2005.
(DOI: 10.2208/journalac2003.14.0_145)

Proceeding of International Conference:

1. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Yasuhiro Fujiwara and Atsushi Mikami :
Development of Tsunami Refuge Petri-Net Simulation System utilizable in Independence Disaster Prevention Organization,
Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 09-02-0018, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
2. Yoshifumi Nariyuki, Jun Ohki, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
Priority of Seismic Retrofit of Bridges considering Prevention of Isolated Areas after an Earthquake,
Proceedings of the 1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, Paper-No.407, Geneva, Sep. 2006.
3. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Jun Ohki and Kiyoshi Hirao :
A Methodology of Importanse Assessment of Road Bridges with Top Priority to Non-isolation of Damaged Areas,
The 10th EASEC Proceedings (CD-ROM), Vol.6, 15-20, Bangkok, Aug. 2006.
4. Takashi Minamoto, Yoshifumi NARIYUKI, Jun OHKI and Kiyoshi HIRAO :
A METHODOLOGY OF IMPORTANCE ASSESSMENT OF ROAD BRIDGES WITH TOP PRIORITY TO NON-ISOLATION OF DAMAGED AREAS,
The 10th EASEC Proceedings, Vol.6, 15-20, Aug. 2006.
5. Yoshifumi Nariyuki, Jun Ohki, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
Importance Assessment of Existing Road Bridges considering Time Series of Post-Seismic Disaster Activities,
Proc. of The International Symposium on Management Systems for Disaster Prevention, 1-7, Kagami City, Mar. 2006.

Proceeding of Domestic Conference:

1. Soichiro Matsumoto, Yoshifumi Nariyuki, Seita Ikuta, Takashi Minamoto and Takafumi Inoue :
ハイテン鋼材を用いたパイプハウスの強度に及ぼすパイプ断面サイズならびに間口・アーチピッチの影響,
2019年農業施設学会学生・若手研究発表会, Feb. 2019.
2. Yuta Morioka, Yoshifumi Nariyuki, Takafumi Inoue and Takashi Minamoto :
強震動の繰り返し作用がせん断型1 自由度系の塑性率に及ぼす影響,
土木学会四国支部第24回技術研究発表会講演概要集, May 2018.
3. 森岡 優太, Takafumi Inoue, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
連続した強震動に対する所要降伏震度スペクトルの検討,
土木学会四国支部第23回技術研究発表会講演概要集, May 2017.
4. Takashi Minamoto :
The Present Condition and Improvement of the Surveying Practice,
工学教育研究講演会講演論文集, 2B18, Sep. 2016.
5. Takashi Minamoto :
測量学実習の現状と改善,
工学教育シンポジウム2016(SEE2016), Mar. 2016.
6. 金田 泰明, Yoshifumi Nariyuki, 豊﨑 裕司, Takafumi Inoue and Takashi Minamoto :
モード特性を利用した梁の曲げ剛性評価手法とその損傷同定への適用に関する基礎的研究,
土木学会全国大会 第70回年次学術講演会講演概要集, Sep. 2015.
7. Takashi Minamoto and Yoshifumi Nariyuki :
津波避難安全性への住民属性の経年変化による影響に関する基礎的研究,
第14回日本地震工学シンポジウム論文集, 3270-3275, Dec. 2014.
8. 豊﨑 裕司, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
1次モード形の変化に基づく合成桁橋の損傷同定法に関する数値解析的研究,
第14回日本地震工学シンポジウム論文集, 3812-3821, Dec. 2014.
9. Shitamori Akihiro, Minoru Noda, Takashi Minamoto and Fumiaki Nagao :
竜巻等のミサイルの衝突に対する外壁の安全性の評価,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 25-26, May 2014.
10. Hachiya Minoru, Minoru Noda, Takashi Minamoto and Fumiaki Nagao :
竜巻等の飛散物の衝突を再現するミサイル発射装置の性能,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 23-24, May 2014.
11. 豊﨑 裕司, 浅川 和也, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
部分的な剛性低下が単純合成H型鋼橋の1 次モード特性に及ぼす影響,
土木学会第68回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 659-660, Sep. 2013.
12. 浅川 和也, 豊崎 裕司, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
単純鋼桁橋の部分損傷がモード特性に及ぼす影響に関する解析的検討,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 21-22, May 2013.
13. 小柏 健太, Yoshifumi Nariyuki, Hiromi Sato and Takashi Minamoto :
GISを用いたネットワーク特性に基づく道路橋の重要度評価システムの構築,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 13-14, May 2011.
14. 加賀谷 俊介, 川野 竜平, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
歩行調査に基づく単独歩行速度推定式の導出と津波避難シミュレーションへの適用,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 7-8, May 2011.
15. 中野 敦人, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
ファジィ理論に基づく空撮画像における瓦礫部抽出法,
第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 612-619, Nov. 2010.
16. Takashi Minamoto and Yoshifumi Nariyuki :
歩行補助器具の使用が地区の津波避難安全性に及ぼす影響,
第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 669-674, Nov. 2010.
17. Takashi Minamoto, 三矢 草, Yoshifumi Nariyuki and Hiromi Sato :
モード解析による梁構造物の損傷同定法に関する研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 99-100, May 2010.
18. 加賀谷 俊介, Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki and Atsushi Mikami :
歩行調査画像分析に基づく群集密度-歩行速度関係の導出と津波避難シミュレーションへの適用,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 51-52, May 2010.
19. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛 and Atsushi Mikami :
津波避難シミュレーションシステムの開発と地区の避難安全性評価への適用,
地震工学研究発表会報告集, 1-10, May 2009.
20. 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Atsushi Mikami :
Petri Netを用いた津波避難シミュレーション手法の開発と地区避難安全性評価への適用,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 51-52, May 2009.
21. 中野 敦人, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Atsushi Mikami :
地震災害空撮画像における建物倒壊ならびに道路閉塞箇所の自動判定法,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 47-48, May 2009.
22. 小柏 健太, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Atsushi Mikami :
予算と補強コストを考慮した道路橋の耐震補強順位決定法に関する研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 45-46, May 2009.
23. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛 and Atsushi Mikami :
住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響,
第3回南海地震四国地域学術シンポジウム, Vol.3, 149-156, Dec. 2008.
24. 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Hiromi Sato :
津波避難シミュレーションに基づく地区避難安全性評価法に関する基礎的研究,
第3回南海地震四国地域学術シンポジウム, Vol.3, 157-166, Dec. 2008.
25. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 安部 真理子 and Hiromi Sato :
航空写真におけるエッジ方向特性を利用した建物被害部の自動判別に関する基礎的研究,
第33回情報利用技術シンポジウム, Vol.17, 233-242, Nov. 2008.
26. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 安部 真理子 and Atsushi Mikami :
垂直航空写真の輪郭線指向特性に基づく建物瓦礫部の自動抽出に関する基礎的研究,
土木学会第63回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 655-656, Sep. 2008.
27. 竹下 裕也, 安部 真理子, Yoshifumi Nariyuki and Takashi Minamoto :
地震災害空撮画像に基づく建物被害エリア判定手法の改良に関する研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 90-91, May 2008.
28. 藤原 康寛, 辻本 健次, Takashi Minamoto and Yoshifumi Nariyuki :
セルオートマトンを用いた津波遡上シミュレーションに関する基礎的研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 72-73, May 2008.
29. Takashi Minamoto, 太田 圭亮, Yoshifumi Nariyuki and Atsushi Mikami :
兵庫県南部地震の建物被害関数を用いた道路閉塞の予測手法に関する基礎的研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 92-93, May 2008.
30. 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto, 田中 徳一 and Atsushi Mikami :
ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究,
21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, Nov. 2007.
31. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛, 田中 徳一, Tsutomu Sawada and Atsushi Mikami :
住民の歩行速度の相違ならびに道路閉塞を考慮した津波避難シミュレーションに関する基礎的研究,
土木学会第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 1255-1256, Sep. 2007.
32. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 藤原 康寛, Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada :
Fundamental study on development of the tsunami evacuation simulation system utilizable in an independence disaster prevention organization,
土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, Aug. 2007.
33. 藤原 康寛, Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki and 田中 徳一 :
ペトリネットを用いた津波に対する住民避難シミュレーションに関する基礎的研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 122-123, May 2007.
34. Takashi Minamoto, 藤原 康寛, Yoshifumi Nariyuki and 田中 徳一 :
住民の個別属性を考慮した津波避難シミュレーション,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 124-125, May 2007.
35. 大木 淳, Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki and Kiyoshi Hirao :
GISを用いた震後の応急活動期における道路網リンクの重要度評価,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 120-121, May 2007.
36. Yoshifumi Nariyuki, 安部 真理子, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
地震時空撮画像のエッジ情報に基づく木造家屋瓦礫部の抽出に関する研究,
第12回日本地震工学シンポジウム, 1402-1405, Nov. 2006.
37. Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto, 大木 淳 and Kiyoshi Hirao :
震後の所要道路網ネットワークの推移を考慮した道路橋の耐震補強順位に関する研究,
第12回日本地震工学シンポジウム, 1366-1369, Nov. 2006.
38. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Kiyoshi Hirao and 天野 健 :
GISを用いた避難・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価手法に関する基礎的研究,
第12回日本地震工学シンポジウム, 1350-1353, Nov. 2006.
39. 安部 真理子, Yoshifumi Nariyuki, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao :
垂直航空写真の輪郭線情報に基づく建物被害エリアの判別に関する基礎的研究,
第31回情報利用技術シンポジウム, Vol.15, 223-230, Oct. 2006.
40. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 天野 健 and Kiyoshi Hirao :
GISによる道路網ネットワーク及び属性データの作成方法と道路閉塞予測への適用,
第31回情報利用技術シンポジウム, Vol.15, 127-138, Oct. 2006.
41. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, 天野 健, 大木 淳 and Kiyoshi Hirao :
震後の避難期・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価に関する基礎的研究,
土木学会第61回年次学術講演会, 1-2, Sep. 2006.
42. 安部 真理子, Yoshifumi Nariyuki, Kiyoshi Hirao and Takashi Minamoto :
地震時空撮画像のエッジ情報に基づく建物瓦礫部の抽出に関する研究,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 96-97, May 2006.
43. Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Kiyoshi Hirao and 大木 淳 :
孤立地区発生防止を優先した道路橋の地震防災上の重要度評価法,
土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, May 2006.
44. Yoshifumi Nariyuki, 永井 啓介, Kiyoshi Hirao and Takashi Minamoto :
An Automated Detection Method of House Damage Areas due to Earthquakes using Vertical Aerial Photographs,
Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.14, 145-156, Oct. 2005.

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)