検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 血液・内分泌代謝内科学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704034 高齢化社会に対応する「虚弱」の評価・治療モダリティーの創出 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 生体制御医学講座 > 血液・内分泌代謝学分野 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 生体制御医学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704032 糖尿病性筋障害の分子機構の解明,診断・治療法の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804025 糖尿病を有する妊婦に看護職が行う簡易口腔保健支援プログラムの開発:慢性炎症性疾患である歯周病の回避と周産期医療の向上に向けて >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 内分泌・代謝内科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804001 慢性炎症を分子基盤とした肥満・糖尿病および多臓器合併症の病態解明と治療法開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1803003 リード薬の構造展開による新規阻害薬の創出とその物性・治療活性の最適化 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

内分泌·代謝学 (Endocrinology and Metabolism)

研究テーマ

アンドロゲン受容体

著書・論文

著書:

1. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 安倍 正博 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
2019年6月.
2. 吉田 守美子 :
Topics of RCC ∼ 免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントの実際(IO-IO combinationを視野に入れて)∼ 各副作用のマネジメントの実際,甲状腺・下垂体・副腎障害,
メディカルレビュー社, 2018年12月.
3. 吉田 守美子 :
当院でのニボルマブおよびイピリムマブ投与29例の内分泌異常の検討と有害事象対策,
社団法人 日本内分泌学会, 2017年6月.
4. 吉田 守美子, 福本 誠二 :
薬を飲んでも血圧が下がりません,
南江堂, 東京, 2017年4月.
5. 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨代謝 (ホルモンの病態異常と臨床検査) -- (各論 多臓器,組織におけるホルモン相互間作用),
株式会社 医学書院, 2008年.
(CiNii: 40016341813)

学術論文(審査論文):

1. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
Modified diabetes oral health assessment tool (M-DiOHAT©) for nurses and their association with efficacy beliefs and outcome expectancies in patients with diabetes,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.17, No.2, (inpress), 2020.
2. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Mami Ohishi, Yuichi Takashi, Yinhua Otsuka, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114022,   DOI: 10.1111/jdi.13014,   PubMed: 30677242)
3. Ariunzaya Bat-Erdene, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Masami Iwasa, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Kengo Udaka, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo and Masahiro Abe :
Class 1 HDAC and HDAC6 inhibition inversely regulates CD38 induction in myeloma cells via interferon-α and ATRA.,
British Journal of Haematology, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113393,   DOI: 10.1111/bjh.15673,   PubMed: 30474853,   Elsevier: Scopus)
4. Sonomi Maruyama, Chia-Ling Wu, Sumiko Yoshida, Dongying Zhang, Pei-Hsuan Li, Fangzhou Wu, Jennifer Duffen Parker, Rouan Yao, Blake Jardin, M Ibrahim Adham, Ronald Law, Joel Berger, Richard Marchi Di and Kenneth Walsh :
Relaxin Family Member Insulin-Like Peptide 6 Ameliorates Cardiac Fibrosis and Prevents Cardiac Remodeling in Murine Heart Failure Models.,
Journal of the American Heart Association, Vol.7, No.12, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113034,   DOI: 10.1161/JAHA.117.008441,   PubMed: 29887522)
5. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masami Iwasa, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 is a critical target for treatment of osteoclastogenesis enhanced in myeloma.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.4, 581-585, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112935,   DOI: 10.1111/bjh.14388,   PubMed: 27748523)
6. Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Masahiro Abe :
Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.2, 246-258, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112752,   DOI: 10.1111/bjh.15033,   PubMed: 29327347,   Elsevier: Scopus)
7. Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Aihara Kenichi, Mariko Ikuo, Kouji Itou, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Masahiro Abe :
Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia.,
Oncotarget, Vol.9, No.12, 10307-10316, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113059,   DOI: 10.18632/oncotarget.23121,   PubMed: 29535808,   Elsevier: Scopus)
8. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
9. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Keiichiro Watanabe, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kenichi Aihara, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition subverts the osteoclastogenic action of TRAIL while potentiating its antimyeloma effects.,
Blood Advances, Vol.1, No.24, 2124-2137, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111724,   DOI: 10.1182/bloodadvances.2017008813,   PubMed: 29296860)
10. Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Kana Morimoto, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.,
Internal Medicine, Vol.56, No.18, 2455-2461, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.8223-16,   PubMed: 28824054,   Elsevier: Scopus)
11. Takeshi Mitsuhashi, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Toshio Matsumoto, Masashi Akaike and Ken-ichi Aihara :
Endothelial Nitric Oxide Synthase-Independent Pleiotropic Effects of Pitavastatin Against Atherogenesis and Limb Ischemia in Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(DOI: 10.5551/jat.37747,   PubMed: 28592707)
12. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110925,   DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
13. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukari Ooguro, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Suppression of the Hypothalamic-pituitary-adrenal Axis by Maximum Androgen Blockade in a Patient with Prostate Cancer.,
Internal Medicine, Vol.55, No.24, 3623-3626, 2016.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7359,   PubMed: 27980263,   Elsevier: Scopus)
14. Ariunzaya Bat-Erdene, Hirokazu Miki, Asuko Oda, Shingen Nakamura, Jumpei Teramachi, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe :
Synergistic targeting of Sp1, a critical transcription factor for myeloma cell growth and survival, by panobinostat and proteasome inhibitors.,
Oncotarget, Vol.7, No.48, 79064-79075, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109988,   DOI: 10.18632/oncotarget.12594,   PubMed: 27738323)
15. Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Shingen Nakamura, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Yoshiaki Kuroda, Hideaki Horikawa, Eiji Tanaka, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
A vicious cycle between acid sensing and survival signaling in myeloma cells: acid-induced epigenetic alteration.,
Oncotarget, Vol.7, No.43, 70447-70461, 2016.
(DOI: 10.18632/oncotarget.11927,   PubMed: 27626482)
16. Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Shingen Nakamura, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Yoshiaki Kuroda, Hideaki Horikawa, Eiji Tanaka, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
A vicious cycle between acid sensing and survival signaling in myeloma cells: acid-induced epigenetic alteration.,
Oncotarget, Vol.7, No.43, 70447-70461, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113048,   DOI: 10.18632/oncotarget.11927,   PubMed: 27626482)
17. Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Q Cui, A Oda, Ryota Amachi, Jumpei Teramachi, A Bat-Erdene, K Sogabe, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, I Endo, Ken-ichi Aihara, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Expansion of Th1-like V9V2T cells by new-generation IMiDs, lenalidomide and pomalidomide, in combination with zoledronic acid.,
Leukemia, Vol.31, No.1, 258-262, 2016.
(DOI: 10.1038/leu.2016.273,   PubMed: 27698446)
18. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Ohnishi Yukiyo, Dong Bingzi, Oguro Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yuichi Fujinaka, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Seiji Fukumoto, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen levels are associated with carotid atherosclerosis in patients with cardiovascular risk factors.,
Endocrine Journal, Vol.63, No.4, 397-404, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109666,   DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0589,   PubMed: 26877258,   Elsevier: Scopus)
19. Ryosuke Kikuchi, Kazuto Nakamura, Susan MacLauchlan, Thi-Minh Doan Ngo, Ippei Shimizu, Javier Jose Fuster, Yasufumi Katanasaka, Sumiko Yoshida, Yan Qiu, P Terry Yamaguchi, Tadashi Matsushita, Toyoaki Murohara, Noyan Gokce, O David Bates, M Naomi Hamburg and Kenneth Walsh :
An antiangiogenic isoform of VEGF-A contributes to impaired vascularization in peripheral artery disease.,
Nature Medicine, Vol.20, No.12, 1464-1471, 2014.
(DOI: 10.1038/nm.3703,   PubMed: 25362254)
20. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study,
Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
21. Sumiko Yoshida, Javier José Fuster and Kenneth Walsh :
Adiponectin attenuates abdominal aortic aneurysm formation in hyperlipidemic mice.,
Atherosclerosis, Vol.235, No.2, 339-346, 2014.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2014.05.923,   PubMed: 24911638,   Elsevier: Scopus)
22. Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014.
(DOI: 10.5551/jat.20834,   PubMed: 24401746,   CiNii: 130004444734,   Elsevier: Scopus)
23. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
糖尿病, Vol.57, No.9, 729-735, 2014年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.57.729,   CiNii: 130004696304,   Elsevier: Scopus)
24. L Jennifer Parker-Duffen, Kazuto Nakamura, Marcy Silver, Ryosuke Kikuchi, Ulrich Tigges, Sumiko Yoshida, S Martin Denzel, Barbara Ranscht and Kenneth Walsh :
T-cadherin is essential for adiponectin-mediated revascularization.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.288, No.34, 24886-24897, 2013.
(DOI: 10.1074/jbc.M113.454835,   PubMed: 23824191)
25. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling.,
Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.001533,   PubMed: 23723256)
26. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 新居 沙央里, 松本 友里, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm 722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1型糖尿病の1例,
糖尿病, Vol.56, No.4, 240-245, 2013年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.56.240,   CiNii: 40019683974,   Elsevier: Scopus)
27. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine milk-derived lactoferrin exerts proangiogenic effects in an Src-Akt-eNOS-dependent manner in response to ischemia,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.61, No.5, 423-429, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 113754,   DOI: 10.1097/FJC.0b013e318287d526,   PubMed: 23364610)
28. Akio Kuroda, Tetsuyuki Yasuda, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Ryuichi Kasami, Kazuyuki Miyashita, Sumiko Yoshida, Eri Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Taka-Aki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Toshio Matsumoto, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio Is Estimated from 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetes Patients Who Use the Insulin Pump.,
Diabetes Technology & Therapeutics, Vol.14, No.11, 1077-1080, 2012.
(DOI: 10.1089/dia.2012.0109,   PubMed: 23101953)
29. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M112.353532,   PubMed: 22904320)
30. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用,
Progress in Medicine, Vol.32, No.2, 315-320, 2012年.
31. Taisuke Yoshida, Motomu Suga, Kunimasa Arima, Yasuko Muranaka, Tsunehiko Tanaka, Satoshi Eguchi, Crystal Lin, Sumiko Yoshida, Masanori Ishikawa, Yuko Higuchi, Tomonori Seo, Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, David Darby, Paul Maruff, Masaomi Iyo, Kiyoto Kasai, Teruhiko Higuchi, Tomiki Sumiyoshi, Tetsuro Ohmori, Kiyohisa Takahashi and Kenji Hashimoto :
Criterion and Construct Validity of the Cogstate Schizophrenia Battery in Japanese Patients with Schizophrenia,
PLoS ONE, Vol.6, No.5, e20469, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0020469,   PubMed: 21637776,   Elsevier: Scopus)
32. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Effect of low-dose (1 mg/day) pitavastatin on left ventricular diastolic function and albuminuria in patients with hyperlipidemia.,
The American Journal of Cardiology, Vol.107, No.11, 1644-1649, 2011.
(DOI: 10.1016/j.amjcard.2011.01.054,   PubMed: 21458773)
33. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo-Ueda, Sumiko Yoshida, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Bosentan improves systemic sclerosis-related peripheral circulation insufficiency.,
International Journal of Cardiology, Vol.147, No.3, 472-475, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2011.01.025,   PubMed: 21296436)
34. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine promotes angiogenesis via the activation of vascular endothelial cell function.,
Atherosclerosis, Vol.215, No.2, 339-347, 2011.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.01.009,   PubMed: 21315355)
35. Shunji Hashizume, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Activation of peroxisome proliferator-activated receptor α in megakaryocytes reduces platelet-derived growth factor-BB in platelets.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.18, No.2, 138-147, 2011.
(DOI: 10.5551/jat.5868,   PubMed: 21060209)
36. Takayuki Ise, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is inversely associated with left atrial volume and diastolic dysfunction in humans with cardiovascular risk factors.,
Hypertension Research, Vol.34, No.2, 225-231, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.211,   PubMed: 21107326)
37. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Ken-ichi Aihara, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Bosentan ameliorated exercise-induced pulmonary arterial hypertension complicated with systemic sclerosis.,
Internal Medicine, Vol.49, No.21, 2309-2312, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3812,   PubMed: 21048365,   CiNii: 130000413347)
38. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Kazue Ishikawa, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
High plasma aldosterone concentration is a novel risk factor of cognitive impairment in patients with hypertension.,
Hypertension Research, Vol.34, No.1, 74-78, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.179,   PubMed: 20861841)
39. Yuka Sumitomo-Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Ryoko Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II protects against angiotensin II-induced cardiac remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
Hypertension, Vol.56, No.3, 430-436, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.110.152207,   PubMed: 20660821)
40. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Ryoko Uemoto, Yuka Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Hiromi Kawano, Junko Miki, Hirotsugu Yamada, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is inversely associated with sex-dependent diverse carotid atherosclerosis regardless of endothelial function.,
Atherosclerosis, Vol.212, No.1, 310-315, 2010.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.05.011,   PubMed: 20627295)
41. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Takashi Sato, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Hiroyuki Azuma, Kenneth Walsh, Toshiaki Tamaki, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor counteracts Doxorubicin-induced cardiotoxicity in male mice.,
Molecular Endocrinology, Vol.24, No.7, 1338-1348, 2010.
(DOI: 10.1210/me.2009-0402,   PubMed: 20501642)
42. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Congenital ventricular aneurysm as an unexpected complication of monomorphic premature ventricular contractions.,
Internal Medicine, Vol.49, No.10, 907-912, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3008,   PubMed: 20467175,   CiNii: 130000251561)
43. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Kazue Ishikawa, Takashi Iwase, Yasumasa Ikeda, Takeshi Soeki, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Endothelial nitric oxide synthase-independent protective action of statin against angiotensin II-induced atrial remodeling via reduced oxidant injury.,
Hypertension, Vol.55, No.4, 918-923, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.109.146076,   PubMed: 20194307)
44. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Ezetimibe ameliorates metabolic disorders and microalbuminuria in patients with hypercholesterolemia.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.17, No.2, 173-180, 2010.
(DOI: 10.5551/jat.2378,   PubMed: 20150722)
45. Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice.,
Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, 2009.
(DOI: 10.1210/en.2009-0661,   PubMed: 19966184)
46. Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Takeshi Nishiuchi, Yoshio Yasumura and Toshio Matsumoto :
Decrease in plasma brain natriuretic peptide level in the early phase after the start of carvedilol therapy is a novel predictor of long-term outcome in patients with chronic heart failure.,
Acta Cardiologica, Vol.64, No.5, 589-595, 2009.
(DOI: 10.2143/AC.64.5.2042687,   PubMed: 20058503)
47. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Nobuyuki Takamori, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Masataka Sata, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is an independent protective factor against peripheral arterial disease in elderly subjects with cardiovascular risk factors.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.2, 127-134, 2009.
(DOI: 10.5551/jat.E695,   PubMed: 19403987)
48. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Sato, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Takayuki Ise, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen-androgen receptor system protects against angiotensin II-induced vascular remodeling.,
Endocrinology, Vol.150, No.6, 2857-2864, 2009.
(DOI: 10.1210/en.2008-1254,   PubMed: 19196803)
49. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 上田 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 近藤 彰, 田村 克也, 松本 俊夫 :
アンジオテンシンII受容体拮抗薬バルサルタンのNO bioavailability改善効果に関する臨床的検討,
Progress in Medicine, Vol.29, No.7, 1777-1782, 2009年.
50. 中村 信元, Shigeaki Kimura, Masahiro Kashima, Kana Shichijo, 吉田 守美子, Eiji Harada, 松下 隆哉, Yasutami Tamaki, Noriaki Horiuchi, Toshiaki Takeichi, Hiroshi Fujimoto, Kazuhiko Masuda, Naohito Iwasaka, Sadao Shinomiya :
[A case of peritonitis carcinomatosa from goblet cell carcinoid of the appendix treated by intraperitoneal paclitaxel and systemic S-1 chemotherapy].,
癌と化学療法, Vol.35, No.13, 2425-2428, 2008年.
(PubMed: 19098416)
51. Shusuke Yagi, Masahi Akaike, Mitsunori Fujimura, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Atsushi Kurushima, Youichi Ichikawa, Tetsuya Kitagawa, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi and Toshio Matsumoto :
Infective endocarditis caused by lactobacillus.,
Internal Medicine, Vol.47, No.12, 1113-1116, 2008.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.47.0744,   PubMed: 18552468)
52. 中村 信元, Noriaki Horiuchi, Daisuke Katsura, Kana Shichijo, 吉田 守美子, Eiji Harada, 松下 隆哉, Yasuyuki Matsuzaki, Yasutami Tamaki, Shigeaki Kimura, Toshiaki Takeichi, Hiroshi Fujimoto, Kazuhiko Masuda, Naohito Iwasaka, Sadao Shinomiya :
[A long-surviving patient with lung pleomorphic carcinoma treated with postoperative carboplatin and paclitaxel combination chemotherapy].,
癌と化学療法, Vol.35, No.6, 965-968, 2008年.
(PubMed: 18633226,   Elsevier: Scopus)
53. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Pitavastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, exerts eNOS-independent protective actions against angiotensin II induced cardiovascular remodeling and renal insufficiency.,
Circulation Research, Vol.102, No.1, 68-76, 2007.
(DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.107.163493,   PubMed: 17967781)
54. 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 岡崎 敏之, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 隈 晴二, 佐野 壽昭, 新谷 保実, 福本 礼 :
片側性副腎腫瘤を合併した Cushing 病の1例,
ホルモンと臨床, Vol.52, 135-140, 2004年.
(CiNii: 10013547538)
55. Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Yukiko Kuroda, Sumiko Yoshida, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto :
Expanding phenotype and clinical heterogeneity in patients with identical mutation of the parkin gene.,
European Neurology, Vol.51, No.3, 183-185, 2004.
(DOI: 10.1159/000077671,   PubMed: 15073448)
56. Nami Inoue, Makoto Kunishige, Sumiko Yoshida, Yasushi Oshima, Yoshiaki Ohnishi, Yasuhiro Kuroda, Atsuko Asano, Hiide Yoshino, Toshio Matsumoto and Takao Mitsui :
Dissociation between titer of anti-ganglioside antibody and severity of symptoms in a case of Guillain-Barre syndrome with treatment-related fluctuation,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.210, No.1-2, 105-108, 2003.
(DOI: 10.1016/S0022-510X(03)00031-5,   PubMed: 12736098)
57. 新谷 保実, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 加藤 修司, 藤中 雄一, 井上 大輔, 松本 俊夫, 宮 恵子, 長田 淳一, 小阪 昌明 :
絶食試験後の食事再開時に著しい高血糖をきたしたBulimia nervosaの1例,
ホルモンと臨床, Vol.51, No.6, 575-579, 2003年.
(CiNii: 10011602750)

総説・解説:

1. Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda and Ken-ichi Aihara :
Roles of the Androgen - Androgen Receptor System in Vascular Angiogenesis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.23, No.3, 257-265, Mar. 2016.
(DOI: 10.5551/jat.31047,   PubMed: 26522430,   Elsevier: Scopus)
2. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Effects of androgens on cardiovascular remodeling.,
The Journal of Endocrinology, Apr. 2012.
(DOI: 10.1530/JOE-12-0126,   PubMed: 22493003)

国際会議:

1. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Akio Kuroda, Hikari Yamato, Misuzu Okamoto, Hirokazu Uemura, Daisuke Hinode, Hiromichi Yumoto, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo and Sachi Kishida :
Oral health behaviors of outpatients with diabetes based on the Revised Diabetes Oral Health Assessment Tool for nurses,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.Supplement1, 26, Sendai-City, Miyagi Prefecture, May 2019.
2. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe :
Eicosapentaenoic acid administration ameliorates cardiac remodeling in humans and protects against Ang II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
Endocrine Society's Annual Meeting 2019, Mar. 2019.
3. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
The Relationship Between the Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool© for Nurses, Self-Efficacy Scale, and Outcome Expectancy Scale for Self-Care of Patients with Periodontal Disease,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 63, Aug. 2018.
4. Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yukari Tominaga, Reiko Suzuki, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Otsuka, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Kevin Ferreri and Munehide Matsuhisa :
Detection of pancreatic beta cell DNA in the circulation using the amplification refractory mustation system PCR,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
5. Munehide Matsuhisa, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Ineko Takikawa, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Akio Kuroda :
The risk factors for rapid decline of renal function in Japanese patients with diabetes mellitus,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2018.
6. Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Masahiro Abe :
Changes of oxidative stress markers in patient of diabetes educational hospitalization.,
The Endocrine Society's Annual Meeting 2018, Chicago, Mar. 2018.
7. Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara :
Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
8. Ken-ichi Aihara, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Masahiro Abe :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is associated with albuminuria in humans and mice.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
9. Kana Morimoto, Takahashi Yuka, Yamashita Saori, Kazue Ishikawa, Uemoto Ryoko, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Ken-ichi Aihara :
Evaluation of Endothelial Function-associated Clinical Parameters and Whole Blood PCR Array Analysis in Patients with Lifestyle-related Diseases,
19th International Vascular Biology Meeting. Boston. USA, Nov. 2016.
10. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Masahiro Abe :
Pleiotropic Effects of Pitavastatin against Vascular Stress in eNOS-deficient Mice,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
11. Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of sodium restriction-induced blood pressure reduction in hospitalized patients with type 2 diabetes mellitus,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
12. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, nishi Oh Yukiyo, Bingzi Dong, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Masahiro Abe, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen, as a marker for systemic atherosclerosis,
ANZBMS 2015 Annual Meeting, Hobart, Sep. 2015.
13. Sumiko Yoshida, Fuster Javier José and Walsh Kenneth :
Adiponectin protects against angiotensin II-induced abdominal aortic aneurysm formation in mice.,
American Heart Association, Scientific Sessions 2014, Chicago, Nov. 2014.
14. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activities are Inversely Associated with Aberrant Glucose Metabolism in Humans and Mice,
American Heart Associations Scientific Sessions 2013 Dallas, Texas, Nov. 2013.
15. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor promotes angiogenesis in response to ischemia via activation of VEGF receptor signaling pathway regardless of sex,
ENDO 2013;The Endocrine Society's 95th Annual Meeting & Expo, San Francisco, Jun. 2013.
16. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, 上元 良子, 石川 カズ江 and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activities are Inversely Associated with Aberrant Glucose Metabolism in Humans and Mice.,
American Heart Association, Scientific Sessions 2013, Dallas, Jun. 2013.
17. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Takeshi Kondo, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetes Spoils the Favorable Effect of HDL-Cholesterol on Endothelial Function in the Elderly with Cardiovascular Risk Factors,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
18. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen Receptor is Required for Cellular Survival and Angiogenesis in Response to Ischemia via Activation of VEGF Receptor Signaling Pathway Regardless of Sex,
American Heart Association Scientific Session 2012, Nov. 2012.
19. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masataka Sata, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor II Promotes Angiogenesis in Response to Ischemic Hindlimb via an AMPK-eNOS-dependent Manner,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
20. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Eicosapentaenoic acid administration ameliorates cardiac remodeling in humans and protects against Ang II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
21. Akio Kuroda, YASUDA TETSUYUKI, TAKAHARA MITSUYOSHI, SAKAMOTO FUMIE, KASAMI RYUUICHI, MIYASHITA KAZUYUKI, MATSUOKA TAKA-AKI, Sumiko Yoshida, KONDO ERI, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, KANETO HIDEAKI, Toshio Matsumoto, SHIMOMURA IICHIRO and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio is Calculated to be 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients Who Are on Insulin Pump Therapy,
American Diabetes Association 72nd Scieentific Sessions, Philadelphia, Jun. 2012.
22. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is a novel regulating factor for glucose metabolism and albuminuria,
Keystone Symposia: Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
23. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor Promotes Angiogenesis via an AMPK-eNOS Signaling Pathway,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
24. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor is essential for cell survival and neovascularization after ischemia.,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
25. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor participants in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male mice,
23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension Vancouver, Vancouver, Sep. 2010.
26. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is an independent determinant for cardiac remodeling in subjects with cardiovascular risk factors,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
27. Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel anticardiac remodeling factor against angiotensin II excess,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
28. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Exacerbation of cell survival and impaired neovascularization after hindlimb ischemia in male androgen receptor null mice,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
29. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
30. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Mizuho Kinouchi and Itsuro Endo :
Rosuvastatin exerts an LDL cholesterol reduction-independent protective effect against carotid atherosclerosis,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
31. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Mizuho Kinouchi and Itsuro Endo :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-indipendent anti-atherogenic factor,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
32. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
33. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
34. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Uemoto Ryoko, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Rosuvastatin attenuates left ventricular mass even in subjects without cardiac hypertrophy,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
35. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
36. Yuka Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Exacerbation of Angiotensin ll-induced Cardiac Remodeling through Enhancement of NADPH oxidase-TGF- 1 Pathway in Heparin Cofactor ll-Deficient Mice,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
37. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis.,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
38. Ken-ichi Aihara, Mizuho Kinouchi, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
39. Itsuro Endo, Onishi Yukiyo, Kido Rika, Kurahashi Kiyoe, Ito Yuuji, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masahiro Abe, Fukumoto S and Toshio Matsumoto :
A new calcilytic compound,JTT-305,inhibits enhanced signaling by activating mutations of calcium-sensing receptor in autosomal dominant hypocalcemia (ADH),
ASBMR 31st Annual Meeting, Denver, Sep. 2009.
40. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
41. Takayuki Ise, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Ishikawa Kazue, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Left Atrial Volume and Left Ventricular Diastolic Dysfunction.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
42. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor in elderly individuals.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
43. Takashi Iwase, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Natsuo Yasui, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of circulating progenitor cells,
American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
44. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Ishikawa Kazue, Sumitomo Yuka, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Ameliorating Imbalance of Oxidative Stress and Nitric Oxide Production,
American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
45. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Ishikawa Kazue, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Takashi Iwase and Toshio Matsumoto :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Increased Nitric Oxide Production as a Pleiotropic Effect on Vascular Endothelial Cells,
Hypertension 2008 18th Scientific Meeting of the European Society of Hypertension 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Berlin, Jun. 2008.
46. Takashi Iwase, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Natsuo Yasui and Toshio Matsumoto :
Single erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of endothelial progenitor cells,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
47. Sumitomo Yuka, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Acceleration of angiotensin II-induced cardiac remodeling through enhancement of oxidative stress in heparin cofactor II knockout mice,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
48. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate regulates carotid blood flow in elderly individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
49. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Serum Lipid Disorder is Associated with Left Ventricular Diastolic Dysfunction in Elderly Individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
50. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
The active form of vitamin D, 1,25(OH)2D3, prevents vascular remodeling and glucose intolerance in elderly individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.

国内講演発表:

1. 森 博康, 黒田 暁生, 安田 哲行, 馬屋 原豊, 清水 彩洋子, 良本 佳代子, 吉内 和富, 山本 恒彦, 吉田 守美子, 松久 宗英 :
2型糖尿病のダイナぺニアの臨床的特徴の検討,
第54回日本成人病(生活習慣病)学会, 2020年1月.
2. 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 白神 敦久, 松久 宗英 :
SGLT2阻害薬による正常血糖糖尿病ケトアシドーシスの1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
3. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
4. 桝田 志保, 吉田 守美子, 安井 沙耶, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
肥満外科手術後早期に基礎インスリン必要量が減少した高度肥満1型用尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
5. 遠藤 ふうり, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬関連1型糖尿病の5例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
6. 安井 沙耶, 桝田 志保, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
基礎インスリン適正化とスクエアボーラス導入で血糖管理が改善した1型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
7. 吉川 幸造, 島田 光生, 柏原 秀也, 宮谷 知彦, 徳永 卓哉, 西 正暁, 髙須 千絵, 良元 俊昭, 濵田 康弘, 吉田 守美子 :
スリーブ状胃切除における術前減量入院の効果とNLRによる術後減量効果予測,
第40回日本肥満学会第37回日本肥満症治療学会学術集会, 2019年11月.
8. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第19回日本先進糖尿病治療研究会・第17回1型糖尿病研究会, 2019年11月.
9. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 岡本 美鈴, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿中アディポネクチン排泄の臨床的意義,
第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会, 2019年11月.
10. 吉田 守美子, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
心血管病におけるアンドロゲン受容体の意義,
第30回 日本性機能学会学術総会, 2019年9月.
11. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心血管病における性機能障害と男性ホルモンの心血管保護作用,
日本性機能学会第30回学術集会,シンポジウム, 2019年9月.
12. 辻本 賀美, 三井 由加里, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
勤務時間の影響で副腎皮質機能異常が疑われた2例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
13. 工藤 千晶, 枡田 志保, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 新谷 保実, 福本 誠二 :
両側副腎偶発腫瘍で発見された123I-MIBGシンチ陰性の褐色細胞腫の一例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
14. 安井 沙耶, 桝田 志保, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
成長ホルモン分泌不全症と甲状腺機能低下症を呈した小児がん経験者の一例,
第259回 徳島医学会学術集会(令和元年度夏期), 2019年8月.
15. 原 倫世, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
原発性アルドステロン症におけるエプレレノンの血管機能への影響,
第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年7月.
16. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介してアンジオテンシンII刺激による心血管リモデリングを抑制する,
第37回内分泌代謝学サマーセミナー, 2019年7月.
17. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
心血管病と性差 ∼アンドロゲンを中心に∼,
第61回日本老年医学会学術集会, 2019年6月.
18. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 岡本 美鈴, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿中アディポネクチン排泄率の臨 床的意義の検討,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
19. 宮高 絋輔, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 枡田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 船木 真理, 松立 吉弘, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症した2例,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
20. 原 倫世, 上元 良子, 関根 明子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一 :
糖尿病性腎症における血漿ヘパリン コファクターII活性の臨床的意義,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
21. 金井 麻衣, 松岡 飛翔, 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 髙士 祐一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
鉄製剤投与によるFGF23関連低リン血症モデル作成の試み,
日本内分泌学会雑誌, Vol.95, No.1, 422, 2019年5月.
22. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
骨格筋アンドロゲン受容体と耐糖能異常の検討,
第92回日本内分泌学会総会, 2019年5月.
23. 丸山 園美, 吉田 守美子, Wu Chia-Ling, Zhang Dongying, Berger Joel, Law Ronald, Walsh Kenneth :
Insulin-like 6, a Member of Relaxin Family, Ameliorates Cardiac Fibrosis and Prevents Cardiac Remodeling in Murine Pharmacological Heart Failure Models,
第83回日本循環器学会学術集会, 2019年3月.
24. 宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 枡田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
25. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 福本 誠二 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
第28回臨床内分泌代謝Update, 2018年11月.
26. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿アディポネクチンの意義,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
27. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 坂東 良美, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ソマトスタチンアナログ製剤にて著明な縮小がみられたGH産生マクロアデノーマの1例,
第22回 日本臨床内分泌病理学会, 2018年9月.
28. 原 倫世, 吉田 守美子, 細井 美希, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 中島 公平, 坂東 良美, 安倍 正博, 福本 誠二 :
脳内,副鼻腔,下垂体に炎症を認めステロイドが著効した1例,
第22回日本臨床内分泌病理学会, 2018年9月.
29. 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
足趾上腕血圧比定値を契機に末梢動脈疾患を診断しえた,重症下肢軟部組織感染症を繰り返す2型糖尿病の一例,
第3回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会, 2018年9月.
30. 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 岸本 大輝, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
hCG,FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の2例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
31. 中村 昌史, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
股関節痛と歩行困難を契機に診断したCushing症候群の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
32. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
原発性アルドステロン症におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の血管機能への影響,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
33. 森 博康, 荒木 迪子, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1とサルコペニア合併に関する横断的検証,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
34. 山上 紘規, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 大崎 裕亮, 梶 龍兒, 髙士 祐一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
壊死性ミオパチーを合併したX連鎖性低リン血症性くる病・骨軟化症の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
35. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一 :
アンドロゲン受容体は骨格筋の糖取り込みに関与する,
第36回内分泌代謝学サマーセミナー, 2018年8月.
36. 吉田 守美子, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
高齢者における糖尿病教育入院中の体組成の変化,
第60回日本老年医学会学術集会, 2018年6月.
37. 黒田 暁生, 山田 美鈴, 冨永 ゆかり, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 明比 祐子, 髙士 祐一, 石津 将, 古賀 大輔, 井本 逸勢, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, Kevin Ferreri, 松久 宗英 :
膵β細胞特異的PCRによる膵β細胞死の検出,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
38. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院における筋肉量の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
39. 山上 紘規, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松立 吉弘, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能異常と劇症1型糖尿病を発症した1例,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
40. 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 :
生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
41. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子 :
副腎アンドロゲンDHEASの高血圧有病率における影響,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
42. 遠藤 逸朗, Dong Bingzi, 大西 幸代, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 相澤 慎一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
常染色体優性低Ca血症1型モデルマウスにおける骨強度の低下,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
43. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 浜田 大輔, 松久 宗英, 安倍 正博 :
待機的高リスク整形外科手術における血糖管理の効果,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
44. 吉田 守美子 :
高齢化社会における糖尿病診療とその課題,
第29回 日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
45. 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
急性合併症を来した高齢1型糖尿病の2症例,
第29回 日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
46. 桝田 志保, 明比 祐子, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
123I-MIBGシンチグラフィ陽性の副腎皮質腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
47. 細井 美希, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠ニ :
多発性骨髄腫治療を契機にプランマー病と判明した一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
48. 原 倫世, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 坂東 良美, 福本 誠ニ :
オクトレオチドが有効であったGH-TSH同時産生下垂体腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
49. 斎村 玉緒, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 加部 一行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 山上 紘規, 近藤 剛史, 西 正晴, 松本 直也, 松本 俊夫, 安倍 正博, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
フラッシュグルコースモニタリングシステムにより施設入所可能となった高齢1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
50. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 松久 宗英 :
高度肥満症に対するスリーブ状胃切除術の長期の耐糖能異常改善効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
51. 國方 脩登, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 浜田 大輔, 松久 宗英 :
待機的整形外科手術の術後経過における糖尿病の影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
52. 細井 美希, 倉橋 清衛, 原 倫世, 山口 佑樹, 山上 紘規, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
低血糖脳症をきたしたACTH単独欠損症合併1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
53. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
副腎クリーゼと急性膵炎を発症した21‐水酸化酵素欠損症の1例,
第117回日本内科学会四国地方会, 2017年11月.
54. 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における末梢神経障害の合併が骨格筋力の質的低下に及ぼす影響,
第32回日本糖尿病合併症学会, 2017年10月.
55. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子 :
男女別高血圧症有病率における副腎アンドロゲン DHEASの関与,
第 40 回日本高血圧学会総会 シンボジウム:性ホルモンによる血圧調節機構, 2017年10月.
56. 原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
2017年10月20日-22日 ひめぎんホール, 2017年10月.
57. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
バセドウ病とTSH産生下垂体腺腫の合併の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
58. 細井 美希, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
無セルロプラスミン血症に合併した甲状腺乳頭癌の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
59. 桝田 志保, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 細井 美希, 山口 佑樹, 原 倫世, 山上 紘規, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
デノスマブ投与により術後の血清Ca/P値を容易に管理しえた巨大異所性副甲状腺腺腫の一例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
60. 原 倫世, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博 :
当院での免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能低下症の5例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
61. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二, 滝沢 宏光 :
当院での免疫チェックポインント阻害薬による内分泌異常の発生と有害事象対策,
第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 2017年8月.
62. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
骨格筋のアンドロゲン受容体と耐糖能異常,
第35回内分泌代謝学サマーセミナー, 2017年7月.
63. 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 上元 良子, 石川 カズ江, 乙田 敏城, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 東 博之 :
生活習慣病患者における血管内皮機能の1年変化に影響を与える臨床指標の検討,
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
64. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討,
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
65. 西山 美月, 倉橋 清衛, 桝田 志保, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 小松 まち子, 福本 誠二, 安倍 正博 :
維持透析中に管理困難な高Ca血症を契機に診断されたサルコイドーシスの一例,
第116回日本内科学会四国地方会, 2017年5月.
66. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスマーカーの変化の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
67. 田蒔 基行, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 山口 普史, 白神 敦久, 松久 宗英 :
課程用電気筋刺激装置(EMS)の10週間継続使用は運動障害を有する2型糖尿病患者の血糖コントロールを改善する,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
68. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における自律神経機能をアルブミン尿の相互関連および各病態に影響を及ぼす因子解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
69. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
70. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGE蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
71. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 苛原 稔, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英 :
加重型妊娠高血圧腎症を来し集学的治療で分娩に至った糖尿病腎症の2症例,
第6回 臨床高血圧フォーラム, 2017年5月.
72. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 福本 誠二, 安倍 正博 :
骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響,
第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年4月.
73. 森本 佳奈, 高橋 優花, 山下 沙織, 上元 良子, 石川 カズ江, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者の血管内皮機能に関わる因子の臨床的検討,
第90回日本内分泌学会学術集会抄録集, 2017年4月.
74. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるサルコペニアのリスク因子解析,
第51回日本成人病学会学術集会, 2017年1月.
75. 桝田 志保, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
メーグルコシダーゼ阻害薬による腸管気腫症の一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
76. 原 倫世, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
イピリムマブ投与後に続発性副腎不全を発症した一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
77. 上田 浩之, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
デノスマブによる耐糖能改善,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
78. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫チェックポイント阻害剤で中枢性副腎不全を来した2例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
79. 岡本 恵暢, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
IGF-2産生神経内分泌癌による重症低血糖の一例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
80. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
当院のニボルマブおよびイピリムマブ投与21例の内分泌異常の検討,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
81. 山下 沙織, 吉田 守美子, 高橋 優花, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
糖尿病教育入院における酸化ストレス減少に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
82. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるAGE蓄積とサルコペニアとの関連の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
83. 荒瀬 美晴, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較したアドレナリン優位褐色細胞腫の二例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
84. 上田 浩之, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
基礎インスリンが不要であった膵性糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
85. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動係数に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
86. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
87. 高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
88. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
バセドウ病を合併したTSH産生下垂体腺腫の一例,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
89. 遠藤 ふうり, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
日和見感染を合併したACTH依存性Cushing症候群の1例,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
90. 吉田 守美子 :
Inslin-like peptide 6はアンジオテンシンII刺激による心筋線維化を抑制する,
第34回内分泌代謝学サマーセミナー, 2016年7月.
91. 八木 秀介, 西條 良仁, 高川 由利子, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
左副腎に腫瘤を認めた両側性特発性アルドステロン症の1例,
日本内科学会第114回四国地方会, 2016年5月.
92. 布村 俊幸, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
副腎に接する神経線維腫を合併したレックリングハウゼン病の1例,
第114回日本内科学会四国地方会, 2016年5月.
93. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量がメタボリックパラメーターに及ぼす影響の検討,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
94. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
減塩による2型糖尿病入院症例の 降圧予測指標,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
95. 吉田 守美子 :
低カリウム血症をどう鑑別診断するか,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
96. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量が高血圧に及ぼす影響の検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
97. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
血糖管理入院症例における減塩降圧効果と関連する因子および降圧薬に関する検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
98. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の塩分制限による 降圧効果を規定する因子の検討,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
99. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症 におけるアンジオテンシンII受容体 拮抗薬の効果検証,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
100. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
インターフェロンβ治療中に糖尿病ケトアシドーシスを契機とし,急性発症1A型糖尿病と診断された一例,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
101. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
102. 林 亜紀, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
オクトレオチドLARで画像上,下垂体腺腫が消失した先端巨大症の一例,
第113回日本内科学会四国地方会, 2015年12月.
103. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異,
平成27年度 第1回班会議, 2015年12月.
104. 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
著明な低カルシウム血症を来した胃癌の骨転移の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
105. 小山 広士, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
ACTH,コルチゾール基礎値正常のACTH単独欠損症の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
106. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
テタニーで来院し,Gitelman症候群を疑った一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
107. 吉田 守美子 :
アンドロゲンの心血管保護作用の解明と,アンドロゲン受容体作動薬の臨床応用,
徳島大学若手研究者学長賞, 2015年11月.
108. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態 および機能における 強化インスリン療法の効果,
日本糖尿病学会 第53回中国四国地方会, 2015年10月.
109. 岡田 祐輝, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
高CPR血症からグリメピリド誤内服を診断し得た遷延性低血糖の一例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
110. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態および機能における強化インスリン療法の効果,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
111. 林 亜紀, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 七篠 あつ子, 苛原 稔, 鶴尾 美穂, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
分娩前に10g/日以上の蛋白尿を合併し,出産に至った糖尿病腎症の1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第53回総会, 2015年10月.
112. 谷口 諭, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 銀 花, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
CGM iPRO2と人工膵臓STG-55との測定グルコース濃度の比較,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
113. 奥村 仙示, 和田 宵湖, 新井田 裕樹, 柏原 秀也, 西 正暁, 吉川 幸造, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 島田 光生, 松久 宗英 :
本院の腹腔鏡下袖状胃切除術後1年で異なった経過を示した2症例の報告,
第53回糖尿病学会中四国大会, 2015年10月.
114. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病入院患者における減塩血圧低下効果に影響を及ぼす血糖指標の検討,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
115. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
長期のアンジオテンシンII受容体拮抗薬基盤高血圧治療による心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症への効果検証,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
116. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, Walsh Kenneth :
Inslin-like peptide 6はアンジオテンシンII負荷による心筋線維化に関与する,
第38回 日本高血圧学会総会, 2015年10月.
117. 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
診断まで長時間を要したACTH分泌低下症の一例,
第15回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知大学, 2015年9月.
118. 加藤 正樹, 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の減塩療法による血圧低下に関連する因子の解析,
第15回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2015年9月.
119. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
120. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 :
内因性血清尿酸値およびフェブキソスタットによる頸動脈硬化への影響,
第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2015年7月.
121. 吉田 守美子, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
心血管病におけるアンドロゲン-AR系の役割,
第33回 内分泌代謝学サマーセミナー, 2015年7月.
122. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 松本 俊夫 :
心血管疾患における男性ホルモンの意義,
第15回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム「知って得するテストステロンアップデート」, 2015年5月.
123. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ARB基盤高血圧治療の長期心腎保護効果における糖尿病の影響,
第58回総会日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
124. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
本態性高血圧患者におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬単独およびカルシウム拮抗薬併用による長期心筋保護効果の検証,
第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年4月.
125. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
遠位尿細管性アシドーシスの確定診断としてアミノ レバンRは有用である.,
第112回日本内科学会総会・講演会, 2015年4月.
126. 吉田 守美子 :
アディポネクチンは大動脈壁の炎症を抑制して腹部大動脈瘤の発生を抑制する,
第35回 日本肥満学会, 2014年10月.
127. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
アンジオテンシン受容体拮抗薬およびカルシウム拮抗薬併用による心筋リモデリング抑制の長期効果,
第37日本高血圧学会総会, 2014年10月.
128. 吉田 守美子 :
研究留学が私にもたらしてくれたもの,
第37回日本高血圧学会総会, 2014年10月.
129. 吉田 守美子 :
Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling.,
第46回 日本動脈硬化学会, 2014年7月.
130. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
動脈硬化および虚血に対するeNOS非依存的なピタバスタチンの臓器保護効果の検討,
第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年7月.
131. 大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
皮下注射による強化インスリン療法1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
132. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
糖代謝異常の血管機能評価に及ぼす効果,
第36回日本高血圧学会総会, 2013年10月.
133. 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
臨床血管機能における糖代謝異常の影響の解析,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
134. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 岩佐 昌美, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
Evaluation for influence of diabetes on clinical vascular function,
第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年7月.
135. 藤島 周子, 森岡 隆子, 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 斎村 玉緒, 秋田 賢子, 松本 幸恵, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
当院の参加型糖尿病教室の取り組み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
136. 伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
137. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
インスリン治療患者に対するチーム医療で行う段階的糖尿病療養指導の試み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
138. 黒田 暁生, 鶴尾 美穂, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
139. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
頻回インスリン療法による厳格な血糖管理下におけるシダグリプチン併用のインスリン所要量現象効果の検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2013年5月.
140. 奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 澤井 敏子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
141. 桑村 由美, 松田 宣子, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 大和 光, 金澤 昭代, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
糖尿病患者の口腔保健行動に及ぼす影響要因の検討―第1報 口腔保健行動に対する認識との関係から―,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.56, No.Supplement 1, S-167, 2013年5月.
142. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
143. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
144. 松本 和久, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 岩佐 昌美, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
145. 三橋 威史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 :
粥状動脈硬化モデルにおけるピタバスタチンの臓器保護効果の検討,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
146. 松本 和久, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
147. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
重症下肢虚血壊死に対するピタバスタチンの組織保護効果に関する検討,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
148. 曽我部 公子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえた褐色細胞腫の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
149. 牟田口 惇, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
尿細管性アシドーシスの診断にアミノレバンが有用であった一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
150. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
悪性症候群様の症状から診断されたACTH分泌低下症の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
151. 松崎 苑美, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
血栓性微小血管障害症様の病態を示したメタボリックシンドロームの1例,
第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
152. 佐埜 弘樹, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 片岡 菜奈子 :
正常MRI所見を示し,ADH放出障害が主因と考えられた中枢性尿崩症の1例,
日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月.
153. 黒田 暁生, 新居 沙央里, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第12回日本先進糖尿病治療学会研究会, 2012年12月.
154. 黒田 暁生, 高原 充佳, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 下村 伊一郎, 金藤 秀明, 松久 宗英 :
日本人1型糖尿病患者における「500ルールとは?」,
第12回日本先進糖尿病治療研究会, 2012年12月.
155. 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 高島 啓, 山口 浩司, 松本 俊夫 :
難治性冠攣縮性狭心症を合併した無痛性甲状腺炎の1例,
第55回日本甲状腺学会学術集会, Vol.88, No.2, 516, 2012年11月.
156. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
157. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
158. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
アドレナリン優位の褐色細胞腫の術前後で持続血糖測定(CGM)により血糖変動を比較した一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
159. 伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
160. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
161. 岩佐 昌美, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福島 泰江, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
血糖管理基準を満たすために分割食を必要としなかった2型糖尿病合併妊娠の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
162. 奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 直也, 笠松 哲司, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
163. 乾 俊夫, 川村 和之, 有井 敬治, 三ツ井 貴夫, 高橋 利幸, 松岡 孝至, 吉田 守美子, 依田 啓司 :
物忘れで発症した視神経脊髄炎の女性例,
第31回日本認知症学会学術集会, 2012年10月.
164. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
高尿酸血症は頸動脈プラークおよび血管抵抗を亢進させる,
第35回日本高血圧学会総会, 423, 2012年9月.
165. 吉田 守美子, 井町 仁美, 岡崎 瑞穂, 河本 絵里子 :
四国における女性医師育成・再教育の現状について,
第12回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2012年9月.
166. 白河 綾, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
副腎不全症状を呈し,診断に苦慮した両側副腎B細胞リンパ腫の1例,
第12回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2012年9月.
167. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
シンポジウム11 心・血管病の性差:血管形態と機能解析からみた頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用,
第44回日本動脈硬化学会・学術総会/ヒルトン福岡シーホーク, 2012年7月.
168. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
血管形態と機能解析からみた 頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用,
第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会: シンポジウム11 心・血管病の性差, 2012年7月.
169. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
Diabetes abolishes protective effect of HDL-cholesterol against endothelial dysfunction.,
第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2012年7月.
170. 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
Werner症候群に伴う糖尿病の治療経過,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
171. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インクレチン関連薬を用いた周術期血糖管理の有用性,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
172. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した高Lp(a)血症合併糖尿病の姉妹例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
173. 上野 裕子, 堀筋 富士子, 森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 湯浅 智之, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
174. 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
175. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介して心臓リモデリングを抑制する,
日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
176. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
血管内皮機能制御における血圧関連指標の意義,
日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
177. 大黒 由加里, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
摂食障害による著明な低K血症を呈した視床下部性ACTH分泌低下症の1例,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
178. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病はHDLコレステロールによる血管内皮機改善効果を減弱させる,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
179. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターⅡは耐糖能制御因子である,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
180. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
当院検診受診者における耐糖能異常の特徴,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
181. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿酸は形態および機能的頸動脈硬化症進展のリスク因子である,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
182. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿酸は形態および機能的頸動脈硬化症進展のリスク因子である,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
183. 立花 綾香, 田岡 志保, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福森 智治, 松本 俊夫 :
低血圧で推移したvon Hippel-Lindau 病・褐色細胞腫の1手術例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
184. 田岡 志保, 立花 綾香, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
周術期血糖管理にリラグルチドが有用であった2型糖尿病患者の2例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
185. 黒田 暁生, 新居 沙央理, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第11回 日本先進糖尿病治療研究会, 2011年11月.
186. 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 藤中 雄一, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 瀬尾 浩二, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
遺伝性球状赤血球症による続発性ヘモクロマトーシスを起因とする糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
187. 木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CS11療法が有効であった高齢発症1型糖尿病症例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
188. 新居 沙央里, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
新たなインスリンポンプParadigm722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
189. 秋田 賢子, 木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺沢 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
190. 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
内臓脂肪肥満とアルブミン尿の連関に関する検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
191. 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した糖尿病合併高Lp(a)血症の姉妹例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
192. 田岡 志保, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
心血管リスク因子を有する成人の血管内皮機能制御因子に関する臨床的検討,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
193. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
頸動脈エコー法による心血管リスク評価のための血管形態と機能解析,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
194. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida and Toshio Matsumoto :
Evaluation for cardiovascular risk by multi-method carotid artery ultrasound examinations,
第34回日本高血圧学会総会パネルディスカッション: 非侵襲的血管指標の有用性と課題, Oct. 2011.
195. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸の酸化ストレス抑制を介したアンジオテンシンII刺激による心血管リモデリング抑制効果の検討,
第34回 日本高血圧学会総会, 2011年10月.
196. 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 小杉 知里, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 谷口 寿章, 松本 俊夫 :
Wntシグナル抑制因子sFRP4の肥満・糖代謝との関連性についての検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
197. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
慢性腎臓病と内臓脂肪蓄積病態の連関,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
198. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドローム検診受診者における耐糖能異常の検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
199. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 :
心血管臓器におけるアンドロゲン作用の意義,
第11回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知, 2011年9月.
200. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
慢性腎臓病におけるエイコサペンタエン酸の意義に関する臨床的検討,
第11回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2011年9月.
201. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 久岡 白陽花, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid-to-arachidonic acid ratio is inversely associated with albuminuria in individuals with cardiovascular risk factors,
第75回日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
202. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid protects against angiotensin II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress.,
第75回 日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
203. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果 ∼探索的臨床試験による検討∼,
第243回徳島医学会学術集会 公開シンポジウム, 2011年7月.
204. 木戸 里佳, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CSⅡ療法が用効であった高齢発症1型糖尿病の2症例,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
205. 森岡 隆子, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 澤井 敏子, 藤島 周子, 奥村 滋子, 伊澤 真弓, 片田 英子, 秋田 賢子, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インスリン治療を行っている高齢糖尿病患者の療養指導について,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
206. 高島 啓, 山口 浩司, 坂東 左知子, 林 修司, 久岡 白陽花, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
甲状腺機能亢進症と腰痛が発症の誘因と考えられた難治性冠攣縮性狭心症の1例,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
207. 吉田 守美子, 大政 暁, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法からGLP-1アナログ製剤少量投与に変更し,良好な血糖コントロールが得られた1例,
第104回日本内科学会四国地方会, 2011年5月.
208. 津川 愛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
DPP-4阻害薬シタグリプチンの臨床効果の特徴に関する検討,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
209. 原 知也, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
血清エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比は心血管リスクを有する高齢者のCKDリスクマーカーである,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
210. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
フェノフィブラートはアンジオテンシンⅡ負荷による高血圧と心筋リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
211. 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
トリロスタン投与により内分泌学的な寛解状態が得られた異所性ACTH症候群一例,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
212. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 佐藤 隆史, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管リモデリングにおける男性ホルモンの作用,
第84回日本内分泌学会学術集会 シンポジウム「心血管病を内分泌・代謝面から考察する」, 2011年4月.
213. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
2型糖尿病患者に対する強化インスリン療法は左室リモデリングを改善する,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
214. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害に対するアルドステロン受容体拮抗薬の効果,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
215. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介してアンジオテンシンⅡ刺激による心血管リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
216. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血ストレスによる骨格筋アポトーシスおよび血管新生におけるアンドロゲン受容体の意義,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
217. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II enhances vascular endothelial cells function and angiogenesis,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
218. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes revascularization via endothelial cells activation,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
219. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マウス下肢虚血モデルにおいて鉄キレート剤Deferoxamineは酸化ストレスとアポトーシスを抑制する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
220. 門田 宗之, 藤中 雄一, 廣野 友理, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
低ナトリウム血症で発症したトルコ鞍部腫瘍の一例,
第20回臨床内分泌代謝Update, 2011年1月.
221. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は虚血後骨格筋細胞のアポトーシスと血管新生を制御する,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
222. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Deferoxamine, an iron chelator, enhances angiogenesis through Akt-eNOS-dependent pathway in endothelial cells,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
223. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 遠藤 逸朗 :
糖尿病患者の心筋リモデリングおよび左室機能におけつ強化インスリン療法の効果,
第12回徳島臨床脈管研究会, 2010年11月.
224. 上野 裕子, 吉田 守美子 :
インスリン治療を行っている高齢糖尿病患者の療養指導について,
第48回日本糖尿病学会中国四国地方会総会, 2010年10月.
225. 木戸 里佳, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 寺澤 敏秀, 鶴尾 美穂 :
CSIIとカーボカウントにより良好な血糖コントロールを得られた1型糖尿病症例,
第48回日本糖尿病学会中国四国地方会総会, 2010年10月.
226. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンによる血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現亢進作用とその機序の検討,
第33回日本高血圧学会総会, 390, 2010年10月.
227. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者の左室拡張障害に対する強化インスリン療法の効果,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
228. 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 斎藤 美菜子, 福本 大輔, 大島 康志 :
インスリングルリジンの少量投与が有効であった即時型インスリンアレルギーの一例,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
229. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
A role of androgen receptor in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male,
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会 長良川国際会議場, 2010年7月.
230. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲンーアンドロゲン受容体系は下肢虚血における組織傷害防御と血管新生に必須である,
2010 年度(第 52 回)日本老年医学会学術集会 神戸国際会議場・神戸商工会議所・神戸ポートピアホテル, 2010年6月.
231. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
ピオグリタゾンが著効したWerner症候群の1例,
第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月.
232. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
血管内皮機能と頸動脈硬化症の連関に関する検討,
第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月.
233. 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 伊澤 真, 片田 英子, 藤島 周子, 澤井 敏子, 森岡 隆子, 堀筋 富士子, 上野 裕子, 奥村 滋子, 秋田 賢子, 小賀野 桃子, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 笠松 哲司, 三原 正朋, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 高木 純子, 瀬尾 浩二, 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀 :
糖尿病教育入院による心理状態の変化について(PAIDを用いた教育入院前後の意識調査),
第53回日本糖尿病学会学術総会, 2010年5月.
234. 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
抗副腎薬投与により内因性コルチゾールの低下とともにACTHの劇的な低下が得られた異所性ACTH症候群の一例,
第83回日本内分泌学会学術総会, Vol.86, No.1, 144, 2010年3月.
235. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回日本内分泌学会学術総会, 2010年3月.
236. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Accelerated cellular apoptosis and impaired angiogenesis after hindlimb ischemia in male mice lacking androgen receptor,
第74回 日本循環器学会総会・学術集会 国立京都国際会館, 2010年3月.
237. 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法による2型糖尿病患者の左室リモデリングおよび拡張能改善効果に関する検討,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
238. 木戸 里佳, 藤中 雄一, 寺澤 敏秀, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 鶴尾 美穂 :
インスリン治療中に副腎不全および粘液水腫を合併し,意識障害を伴う低血糖を繰り返した一例,
第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月.
239. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法による血糖コントロールの改善により左室拡張能の改善がみられた3例,
第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月.
240. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
家族内集積が疑われた緩徐進行1型糖尿病の一例,
第47回に本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
241. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
SPIDDMが疑われる1型糖尿病の家族内集積例,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
242. 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
243. 木戸 里佳, 三原 正朋, 寺澤 敏秀, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 鶴尾 美穂 :
当院でCSIIを導入した1型糖尿病の4症例についての臨床的検討,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
244. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 山田 博胤, 佐田 政隆, 西尾 進 :
副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用における性差の検討,
第32回日本高血圧学会学術集会, 2009年10月.
245. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
内臓脂肪蓄積制御に関わる因子の臨床的検討,
第32回日本高血圧学会総会, 196, 2009年10月.
246. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用における性差の検討,
第32回日本高血圧学会総会, 2009年10月.
247. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ミネラルコルチコイド受容体を介したグルココルチコイド過剰による血管内皮細胞障害作用,
第32回日本高血圧学会総会, 244, 2009年10月.
248. 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
当院メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討.,
第239回徳島医学会学術総会, 2009年8月.
249. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
250. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Regular use of rosuvastatin attenuates carotid atherosclerosis regardless of LDL cholesterol lowering effect,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
251. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
新規calcilytics,JTT305は常染色体優性低Ca血症におけるCa感知受容体活性型変異シグナルを抑制する,
第27回日本骨代謝学会学術集会, 195, 2009年7月.
252. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 三原 正明, 湯浅 智之, 江尻 純子, 笠松 哲司, 瀬尾 浩二, 木内 美瑞穂, 工藤 美千代, 吉田 守美子, 赤池 雅史 :
著名な高Lp(a)血症を合併した糖尿病患者における血管障害の検討,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
253. 笠松 哲司, 三原 正明, 寺澤 敏秀, 湯浅 智之, 江尻 淳子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鶴尾 美穂 :
糖尿病患者における骨密度の検討,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
254. 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例,
第100回日本内科学会四国地方会, 2009年5月.
255. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月.
256. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害におけるミネラルコルチコイド受容体の関与,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 373, 2009年4月.
257. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月.
258. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿中アルブミンは内臓脂肪蓄積の強力な増悪因子である,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 337, 2009年4月.
259. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
内臓脂肪増大因子に関する臨床的検討,
第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 233, 2009年4月.
260. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 :
DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討),
第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月.
261. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回 日本内分泌学会学術総会 国立京都国際会館, 2009年3月.
262. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
263. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
264. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Heparin Cofactor II-deficient Mice Exert Exacerbation of Angiotensin II-induced Cardiac Remodeling through Enhancement of NADPH oxidase - TGF- 1 Pathway,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
265. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
Glucocorticoid Excess Causes Vascular Endothelial Cell Dysfunction through Activation of Mineral Corticoid Receptor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
266. 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
甲状腺機能低下症の経過中にGraves眼症を来した一例,
第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月.
267. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松本 真一, 大島 康志 :
重症筋無力症を合併したグレーブス眼症の一例,
第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月.
268. 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 竹内 恭子, 安倍 正博, 尾崎 修治, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗 :
心筋への広範な直接浸潤を来したNK/T cell lymphoma 鼻型の一例,
第48回に本血液学会中国四国地方会, 2009年3月.
269. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例,
第99回日本内科学会四国地方会, 2008年11月.
270. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第26回日本骨代謝学会学術集会, 194, 2008年10月.
271. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
左室拡張能に対する脂質代謝異常の意義,
第31回 日本高血圧学会総会, 2008年10月.
272. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
副腎アンドロゲンDHEASは頚動脈血流の制御因子である,
第31回日本高血圧学会学術集会, 2008年10月.
273. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ヘパリンコファクターⅡは抗酸化ストレス作用を介してアンジオテンシンIIによる心房および心室のリモデリングを抑制する,
第31回日本高血圧学会総会, 2008年10月.
274. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 阿部 純一, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンはERK5-KLF2経路の活性化を介して血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現を亢進する,
第31回日本高血圧学会総会, 2008年10月.
275. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
副腎アンドロゲンDHEASの血管への作用(頚動脈エコーを用いた臨床的検討),
第13回 武田高血圧シンポジウム, 2008年10月.
276. 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病,下垂体機能低下症,尋常性乾癬を発症した1例,
第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月.
277. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
甲状腺乳頭癌を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の一例,
第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月.
278. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
脂質代謝異常による左室拡張障害の臨床的検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 249, 2008年7月.
279. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンの頸動脈硬化抑制作用に関する検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 253, 2008年7月.
280. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ピタバスタチンはRac-1を介した酸化ストレス制御によりeNOS非依存的にアンジオテンシンIIによる心房リモデリングを抑制する,
第40回日本動脈硬化学会総会, 203, 2008年7月.
281. 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
カルバマゼピンでビタミンD欠乏と下垂体機能検査異常を呈した1例,
第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月.
282. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
インスリン強化療法導入による血糖コントロールの改善により左室機能障害の回復をみた糖尿病性心筋症の2例,
第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月.
283. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
頸動脈血行動態における副腎アンドロゲンの臨床的意義,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 202, 2008年5月.
284. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
左室拡張能における脂質代謝異常の影響に関する検討,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 222, 2008年5月.
285. 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.4, 834, 2008年5月.
286. 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
1α 25 dihydroxyvitamin D3 is a protective factor against vascular remodeling and glucose tolerance in elderly individuals,
第72回日本循環器学会学術集会, 2008年3月.
287. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
Angiotensin II-induced cardiac remodeling is exacerbated with increased oxidative stress in heparin cofactor II-deficient mice.,
第72回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年3月.
288. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, Abe Jun-ichi, 松本 俊夫 :
HMG-CoA Reductase Inhibitor Pitavastatin Increases the Expression of Endothelial NOS through Activation of ERK5-KLF2 Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第72回日本循環器学会学術集会, 2008年3月.
289. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 樫原 茂, 松本 俊夫 :
IFN-α2bおよびリバビリン治療後に甲状腺機能異常と劇症1型類似の糖尿病を発症した1例,
第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月.
290. 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
心腎障害の改善にACE阻害薬とARBの併用が有効であった高レニン性高血圧症の1例,
第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月.
291. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する,
日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
292. 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例,
日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
293. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
Carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.3, 784, 2007年6月.
294. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例,
第17回臨床内分泌代謝Update, 2007年3月.

その他・研究会:

1. 吉田 守美子 :
高度肥満症治療の経験,
肥満糖尿病治療UPDATE, 2019年10月.
2. 吉田 守美子 :
知って得する!コレステロール(と中性脂肪)を下げる方法,
令和元年度小松島市健康講座, 2019年9月.
3. 吉田 守美子 :
最近の糖尿病薬と糖尿病デバイスの効果的な使い方,
板野郡医師会・東徳島医療センター病診連携講演会, 2019年8月.
4. 吉田 守美子 :
健康寿命を延ばすための生活習慣,
名西郡町民講座, 2019年7月.
5. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病の経験と副作用相談窓口開設について,
免疫チェックポイント阻害薬地域連携セミナー in Tokushima, 2019年6月.
6. 吉田 守美子 :
免疫療法の内分泌副作用に対する診療連携,
第27回徳島大学病院がん診療連携セミナー, 2019年3月.
7. 松田 宙也, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
症状発現から診断までに半年を要したACTH単独欠損症の一例,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
8. 宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
9. 吉田 守美子 :
骨格筋アンドロゲン受容体と耐糖能異常,
肥満・糖尿病クラスター研究 ミニリトリート, 2019年2月.
10. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害剤による内分泌障害,
東四国医療セミナー, 2018年10月.
11. 吉田 守美子 :
気になるコレステロールと中性脂肪,
平成30年度小松島市健康講座, 2018年9月.
12. 吉田 守美子 :
骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響,
第7回 Mets Forum 徳島, 2018年8月.
13. 吉田 守美子 :
老年医学から高齢者糖尿病診療を考える,
徳島市医師会学術講演会, 2018年7月.
14. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害薬の有害事象を理解し安全に使用するために 内分泌障害のポイント,
第2回 徳島がん治療セミナー, 2018年6月.
15. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害剤と内分泌障害,
徳島泌尿器がん免疫治療セミナー, 2018年6月.
16. 吉田 守美子 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスの変化,
肥満・糖尿病クラスター研究 ミニリトリート, 2018年2月.
17. 吉田 守美子 :
治療難渋例へのSGLT2阻害薬の使用経験,
「高血圧と糖尿病セミナー」∼腎イベント抑制を見据えた治療戦略∼, 2017年11月.
18. 吉田 守美子 :
大血管障害,
平成29年度徳島県糖尿病療養指導士研修会第1回, 2017年11月.
19. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害薬の内分泌障害,
Head and Neck Cancer Seminar in Tokushima, 2017年11月.
20. 吉田 守美子 :
より良く年を重ねる糖尿病の療養方法 動脈硬化症の予防と早期発見,
第19回徳島市医師会糖尿病市民公開講座, 2017年11月.
21. 吉田 守美子 :
超高齢時代の糖尿病診療,
東四国医療セミナ, 2017年9月.
22. 吉田 守美子 :
免疫チェックポイント阻害薬の有害事象を理解し安全に使用するために 内分泌有害事象を見逃さないために,
第1回 徳島がん治療セミナー, 2017年7月.
23. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
24. 吉田 守美子 :
一次予防,二次予防,残余リスクに対する考え方ーFHの対応を踏まえてー,
心血管イベント予防のための脂質マネジメントセミナー, 2017年4月.
25. 吉田 守美子 :
高齢者糖尿病における糖尿病治療とアドヒアランス,
阿南那賀支部薬剤師研修会, 2016年11月.
26. 吉田 守美子 :
心血管病とメタボリックシンドロームにおけるアンドロゲン受容体機能,
阿波いちないフォーラム, 2016年11月.
27. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ステロイド性大腿骨頭壊死症予防に向けた,大量グルココルチコイドによる酸化ストレスおよび血管内皮機能の変化と,ピタバスタチンの臨床的有効性の検討,
特発性大腿骨頭壊死症の治療法確立と革新的予防法開発にむけた全国学術研究, 2016年8月.
28. 吉田 守美子 :
アディポネクチンの腹部大動脈瘤抑制効果の検討,
Area Diabetes Forum DM Specialists in 中国・四国, 2016年8月.
29. 吉田 守美子 :
糖尿病診療における心血管リスク管理と高齢者対応,
内分泌糖尿病研究会in高知, 2016年6月.
30. 吉田 守美子 :
心血管リスク管理からみた糖尿病治療と,最近の糖尿病関連疾患の話題,
第453回 徳島県中部臨床研究会, 2016年2月.
31. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江 :
雄性生体の動脈硬化形成におけるマクロファージ・アンドロゲン受容体の意義,
第6回 テストステロン研究会, 2015年9月.
32. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異,
厚生労働科学研究費補助金 平成27年度 第1回班会議, 2015年8月.
33. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 :
心血管ストレス制御におけるアンドロゲン受容体機能の性差,
第4回テストステロン研究会, 2013年11月.
34. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
虚血耐性における性差非依存性のアンドロゲン受容体作用,
第5回核内受容体・ホルモン研究会, 2013年3月.
35. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導 組織壊死を抑制する,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第2回班会議, 2013年1月.
36. 吉田 守美子 :
糖尿病の食事療法と運動療法の意義,
平成24年度徳島県糖尿病療養指導士研究会 第3回, 2012年11月.
37. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
当院で経験したSITSHの2例,
第18回 徳島内分泌研究会, 2012年11月.
38. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導組織壊死に対するpitavastatinの効果,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第1回班会議, 2012年8月.
39. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
心腎連関病態におけるEPA;エイコサペントエン酸の臨床的意義,
第10回徳島リスクファクター研究会, 2012年6月.
40. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第4回核内受容体研究会, 2012年4月.
41. 吉田 守美子 :
治療抵抗性高血圧の診断と治療ー原発性アルドステロン症を中心にー,
高血圧治療研究会, 2012年1月.
42. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
酸化ストレス抑制作用を介した グルココルチコイド誘発性 血管内皮細胞障害治療,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第2回班会議, 2011年12月.
43. 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
当科での1型糖尿病に対するインスリンポンプ療法導入経験,
第17回徳島内分泌研究会, 2011年11月.
44. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害 に対する酸化ストレス抑制の意義,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第1回班会議, 2011年8月.
45. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
当院での原発性アルドステロン症に対するエプレレノンの効果,
Meet the Specialist, 2011年3月.
46. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第3回 核内受容体研究会 帝人ファーマ株式会社, 2011年3月.
47. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペンタエン酸の心血管リモデリング抑制効果の検討,
第3回Tokushima Young Investigators Conference, 2011年3月.
48. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
EPAによる心血管リモデリング抑制効果の検討,
第30回心血管セミナー, 2011年1月.
49. 吉田 守美子 :
頸動脈エコーを用いた心血管リスクファクターの評価,
第2回バスキュラー・ラボ学術講演会, 2010年12月.
50. 吉田 守美子 :
当院での原発性アルドステロン症に対するエプレレノンの効果,
アルドステロンと高血圧学術講演会~セララ3rd Anniversary~, 2010年9月.
51. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血および血管新生におけるアンドロゲン作用の検討,
興和学術講演会, 2010年5月.
52. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管ストレスに対するandrogen-androgen 受容体系の役割,
第2回核内受容体研究会, 2010年3月.
53. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
下肢虚血モデルを用いたアンドロゲン受容体による虚血臓器保護効果の検討,
第15回徳島内分泌研究会, 2009年11月.
54. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
Ca感知受容体機能に及ぼすcalcilyticsの作用,
第3回瀬戸内フォーラム, 2009年8月.
55. 倉橋 清衛, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
一酸化炭素中毒を契機に発見された急性心筋梗塞の一例,
第9回徳島総合診療研究会, 2009年7月.
56. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
内蔵脂肪蓄積因子の臨床的検討ーメタボリックシンドローム検診から見えたことー,
第7回徳島リスクファクター研究会, 2009年6月.
57. 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 藤村 光則, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定ブラーク予測因子としてのICTP,
第3回 徳島Vascular Endocrinology conference, 2009年3月.
58. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの 分子生物学的解析,
第9回四国循環器研究会, 2007年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 糖尿病性腎症病態におけるヘパリンコファクターIIの臨床及び分子生物学的意義の解明 (研究課題/領域番号: 19K08680 )
  • アンドロゲンの糖代謝制御機構の解明と治療への応用 (研究課題/領域番号: 18K16235 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動アセスメントシートを用いた看護支援プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 17K12214 )
  • 動脈グラフト移植後石灰化発生メカニズムに関する研究 (研究課題/領域番号: 16K15632 )
  • 新規ペプチドホルモンINSL6の心臓リモデリングにおける意義 (研究課題/領域番号: 15K21201 )
  • 研究者番号(40510904)による検索