検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 脳神経外科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704096 多拠点統合的脳情報に基づくうつ病の治療反応予測部位の可視化 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 情報統合医学講座 > 脳神経外科学分野 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1702004 パーキンソン病治療における脳内薬物インフュージョンシステムの開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.牟礼 英生 :
ナーシング・グラフィカ健康の回復と看護4 脳・神経機能障害/感覚機能障害 1章5節 脊髄,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2016年1月.

学術論文(審査論文):

1.Toshiyuki Okazaki, H Nakagawa, Hideo Mure, Kenji Yagi, H Hayase, Yasushi Takagi and K Saito :
Microdiscectomy and Foraminotomy in Cervical Spondylotic Myelopathy and Radiculopathy,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.58, No.11, 468-476, 2018.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0077,   PubMed: 30298831)
2.Shinji Nagahiro, Yoshiteru Tada, Junichiro Satomi, Tomoya Kinouchi, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Kohhei Nakajima, Nobuhisa Matsushita, Takeshi Miyamoto, Tadashi Yamaguchi, Kenji Shimada, Masaaki Korai, Hideo Mure, Y Okayama, Takashi Abe, Masafumi Harada, Keiko T. Kitazato and Yasuhisa Kanematsu :
Treatment of Unruptured Cerebral Aneurysms with the Mineralocorticoid Receptor Blocker Eplerenone-Pilot Study.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.27, No.8, 2134-2140, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.03.008,   PubMed: 29622372,   Elsevier: Scopus)
3.N Enomoto, Hideo Mure, Toshiyuki Okazaki, M Azumi, S Okita, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Posttraumatic Cerebrospinal Fluid Leak Associated with an Upper Cervical Meningeal Diverticulum,
World Neurosurgery, Vol.116, 50-55, 2018.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2018.05.061,   PubMed: 29777885,   Elsevier: Scopus)
4.Toshitaka Fujihara, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Ryotaro Otsuka, Keijiro Hara, Hideo Mure, Toshiyuki Okazaki, Kazuyuki Kuwayama, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Down-regulation of MDR1 by Ad-DKK3 via Akt/NFB pathways augments the anti-tumor effect of temozolomide in glioblastoma cells and a murine xenograft model,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.139, No.2, 323-332, 2018.
(DOI: 10.1007/s11060-018-2894-5,   PubMed: 29779087,   Elsevier: Scopus)
5.Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Eiji Nakagawa, Reiko Koichihara, Takashi Sakamoto, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Hidetaka Koizumi, Ryosuke Oki, Celeste Montecchiani, Carlo Caltagirone, Antonio Orlacchio, Ayako Hattori, Hideaki Mashimo, Yuishin Izumi, Takahiro Mezaki, Satoko Kumada, Makoto Taniguchi, Fusako Yokochi, Shinji Saitoh, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Phenotype variability and allelic heterogeneity in KMT2B-Associated disease.,
Parkinsonism & Related Disorders, 2018.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2018.03.022,   PubMed: 29653907)
6.Shinji Nagahiro, Yoshiteru Tada, Junichiro Satomi, Tomoya Kinouchi, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Kohhei Nakajima, Nobuhisa Matsushita, Takeshi Miyamoto, 山口 真司, Kenji Shimada, Masaaki Korai, Hideo Mure, Y Okayama, Takashi Abe, Masafumi Harada, KT Kitazato and Yasuhisa Kanematsu :
Treatment of Unruptured Cerebral Aneurysms with the Mineralocorticoid Receptor Blocker Eplerenone - Pilot Study.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.27, 2134-2140, 2018.
7.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 加藤 真介, 梶 龍兒, 髙木 康志, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
機能的脳神経外科, Vol.57, 35-39, 2018年.
8.牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
パーキンソン病と腰痛脊髄刺激療法適応と課題,
臨床整形外科, Vol.52, No.9, 861-867, 2017年.
9.Shu Sogabe, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Shotaroh Yoshioka, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Izumi Yamaguchi, Takashi Abe, Nobuaki Yamamoto, Keiko Kitazato, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial high signals on arterial spin labeling perfusion images predict the occluded internal carotid artery segment,
Neuroradiology, Vol.59, No.6, 587-595, 2017.
(DOI: 10.1007/s00234-017-1828-9,   PubMed: 28397019)
10.Aya Sato, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Kenji Shono, Toshitaka Fujihara, Teruyoshi Kageji, Keiko Kitazato, Kazuhito Matsuzaki, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Akiko Sumi, Hideyuki Saya, Oltea Sampetrean and Shinji Nagahiro :
Blocking COX-2 induces apoptosis and inhibits cell proliferation via the Akt/survivin- and Akt/ID3 pathway in low-grade-glioma.,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.132, No.2, 231-238, 2017.
(DOI: 10.1007/s11060-017-2380-5,   PubMed: 28283800)
11.Kenji Yagi, Hiroshi Nakagawa, Hideo Mure, Shinya Ohkita and Shinji Nagahiro :
Cryptic Recanalization of Chronic Vertebral Artery Occlusion by Head Rotation,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.26, No.4, e60--e61, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2016.12.034,   Elsevier: Scopus)
12.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアに対する脳深部刺激療法:淡蒼球刺激と視床刺激の併用,
機能的脳神経外科, Vol.55, 80-86, 2016年.
13.Ryoma Morigaki, Hideo Mure, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Therapeutic Perspective on Tardive Syndrome with Special Reference to Deep Brain Stimulation,
Frontiers in Psychiatry, Vol.7, 207, 2016.
(DOI: 10.3389/fpsyt.2016.00207,   PubMed: 28082923,   Elsevier: Scopus)
14.牟礼 英生 :
パーキンソン病における脳代謝ネットワークパターン,
脳循環代謝, Vol.27, No.2, 313-317, 2016年.
15.大北 真哉, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 永廣 信治, 後藤 惠 :
小児の全身性ジストニアに対し脳深部刺激術を施行した1例,
小児の脳神経, Vol.41, No.1, 86, 2016年.
16.Hideo Mure, David Eidelberg and Satoshi Goto :
Brain Network Metabolic Changes in Patients with Parkinsonian Tremors,
Challenges in Parkinson's Disease, 2016.
(DOI: 10.5772/63159)
17.Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Shinya Ohkita, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Nuclear factor kappa b is under the control of dopamine signaling in the mouse striatum,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.55, 305, 2016.
18.Ryosuke Miyamoto, Hiroyuki Sumikura, Toshiaki Takeuchi, Mitsuru Sanada, Koji Fujita, Toshitaka Kawarai, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Satoshi Goto, Shigeo Murayama, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Autopsy case of severe generalized dystonia and static ataxia with marked cerebellar atrophy.,
Neurology, Vol.85, No.17, 1522-1524, 2015.
(DOI: 10.1212/WNL.0000000000002061,   PubMed: 26408497)
19.Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Keiko T. Kitazato, Toshiyuki Okazaki, Toshitaka Fujihara, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Tomoyo Hara and Shinji Nagahiro :
Blocking of the interaction between Wnt proteins and their co-receptors contributes to the anti-tumor effects of adenovirus-mediated DKK3 in glioblastoma,
Cancer Letters, Vol.356, 496-505, 2015.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2014.09.045,   PubMed: 25301448,   Elsevier: Scopus)
20.多田 恵曜, 平澤 元浩, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 阿部 考志, 永廣 信治 :
T2強調画像で脊髄内に高信号を呈する病変 圧迫骨折を伴い,両下肢の筋力低下で発症した80歳女性,
脳神経外科速報, Vol.24, No.11, 1208-1211, 2014年.
21.Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Hidetaka Koizumi, Shinya Okita, Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Deep brain stimulation of the thalamic ventral lateral anterior nucleus for DYT6 dystonia.,
Stereotactic and Functional Neurosurgery, Vol.92, No.6, 393-396, 2014.
(DOI: 10.1159/000365577,   PubMed: 25359437,   Elsevier: Scopus)
22.Motohiro Hirasawa, Hideo Mure, Hiroyuki Toi and Shinji Nagahiro :
Surgical results of lumbor interbody fusion using calcium phosphote cement,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.54, No.9, 722-726, 2014.
(DOI: 10.2176/nmc.st.2013-0393,   PubMed: 25169138)
23.平澤 元浩, 牟礼 英生, 庄野 健児, 大崎 祐亮, 永廣 信治 :
変形性頸椎症に伴った徐々に増大する随内高輝度病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.8, 864-867, 2014年.
24.森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 大北 真哉, 牟礼 英生, 小泉 英貴, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプチドYシステム,
機能的脳神経外科, Vol.53, 47-55, 2014年.
25.牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
当科で経験した難治性疼痛に対する脊髄刺激療法の検討 ー特にパーキンソン病に伴う腰下肢痛に関してー,
脊髄外科, Vol.28, 287-289, 2014年.
26.JH Ko, Hideo Mure, CC Tang, Y Ma, V Dhwawan, P Spetsieris and D Eidelberg :
Parkinsons disease: increased motor network activity in the absence of movement,
The Journal of Neuroscience, Vol.33, No.10, 4540-4549, 2013.
(DOI: 10.1523/JNEUROSCI.5024-12.2013,   PubMed: 23467370)
27.Koji Fujita, W Sakai, Masafumi Harada, Mika Sakaki, Hideo Mure, Shinji Nagahiro, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Basal ganglia hyperintensity on T1-weighted imaging of a patient with central nervous system metastasis producing carcinoembryonic antigens,
Internal Medicine, Vol.52, No.3, 381-383, 2013.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.52.8835,   PubMed: 23370750,   Elsevier: Scopus)
28.Toshiyuki Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuyuki Kuwamura, Keiko T. Kitazato, Hideo Mure, Keijiro Hara, Ryoma Morigaki, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki and Shinji Nagahiro :
Up-regulation of endogenous PML induced by a combination of interferon-beta and temozolomide enhances p73/YAP-mediated apoptosis in glioblastoma,
Cancer Letters, Vol.323, No.2, 199-207, 2012.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2012.04.013,   PubMed: 22542810)
29.Hideo Mure, Chris C. Tang, Miklos Argyelan, Maria-Felice Ghilardi, Michael G. Kaplitt, Vijay Dhawan and David Eidelberg :
Improved sequence learning with subthalamic nucleus deep brain stimulation: evidence for treatment-specific network modulation.,
The Journal of Neuroscience, Vol.32, No.8, 2804-2813, 2012.
(DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4331-11.2012,   PubMed: 22357863)
30.Hideo Mure, S Hirano, CC Tang, IU Isaias, A Antonini, Y Ma, V Dhawan and D Eidelberg :
Parkinsons disease tremor-related metabolic network: Characterization, progression, and treatment effects,
Neuroimage, Vol.54, No.2, 1244-1253, 2011.
(DOI: 10.1016/j.neuroimage.2010.09.028,   PubMed: 20851193)
31.Hideo Mure, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuyuki Kuwayama, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Akt2 and Akt3 play a pivotal role in malignant gliomas,
Neuro-Oncology, Vol.12, No.3, 221-232, 2010.
(DOI: 10.1093/neuonc/nop026,   PubMed: 20167810)
32.Wataru Sako, Masanori Nishioka, Tomoyuki Maruo, Hideki Shimazu, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Hideo Mure, Yukitaka Ushio, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Subthalamic nucleus deep brain stimulation for camptocormia associated with Parkinson's disease,
Movement Disorders, Vol.24, No.7, 1076-1079, 2009.
(DOI: 10.1002/mds.22529,   PubMed: 19353719,   Elsevier: Scopus)
33.Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Keiko T. Kitazato, Teruyoshi Kageji, Michiyasu Nakao and Shinji Nagahiro :
Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis due to caspase-8 activation via the repression of NFkB activation in glioblastoma,
Neuro-Oncology, Vol.11, No.2, 132-141, 2009.
(DOI: 10.1215/15228517-2008-083,   PubMed: 18812519)
34.Wataru Sako, Satoshi Goto, Hideki Shimazu, Nagako Murase, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Hideo Mure, Yusuke Tomogane, Noriko Arita, Hiroo Yoshikawa, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Bilateral deep brain stimulation of the globus pallidus internus in tardive dystonia,
Movement Disorders, Vol.23, No.13, 1929-1931, 2008.
(DOI: 10.1002/mds.22100,   PubMed: 18785227)
35.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, K Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
Neuro-Oncology, Vol.10, No.3, 244-253, 2008.
(DOI: 10.1215/15228517-2008-016,   PubMed: 18443132)
36.牟礼 英生, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 :
痴呆症状で発症し治療に難渋したテント部硬膜動静脈瘻の2例,
脳卒中の外科, Vol.33, No.4, 273-278, 2005年.
(DOI: 10.2335/scs.33.273)
37.阿川 昌仁, 牟礼 英生, 八木 謙次, 津田 敏雄 :
閉塞性脳血管障害患者に対する血行再建術前後の頸動脈超音波,SPECT,高次脳機能所見,
神経超音波医学, Vol.14, 95-99, 2001年.

学術論文(紀要・その他):

1.小山 広士, 大北 真哉, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治 :
症例報告 第17回若手奨励賞受賞論文 遅発性ジストニア(tardive dystonia)に対して脳深部刺激術を施行した5例,
四国医学雑誌, Vol.73, No.3 4, 193, 2017年.
2.多田 恵曜, 平澤 元浩, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 山本 信昭, 阿部 考志 :
T2強調画像で脊髄内に高信号を呈する病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.11, 1194-1197, 2014年.
3.牟礼 英生, 稲垣 徹, 入江 伸介, 酒井 淳, 近藤 史郎, 大坂 美鈴, 齋藤 孝次 :
IMP 定量方による追跡調査について-脳主幹動脈閉塞・狭窄症の非手術症例-,
第14回北海道脳PET・SPECT 研究会記録集, No.14, 2006年.

学術レター:

1.Ryoma Morigaki, Masahito Nakataki, Toshitaka Kawarai, Lillian V. Lee, Rosalia A. Teleg, Ma Daisy P. Tabuena, Hideo Mure, Wataru Sako, Paul Matthew D. Pasco, Shinji Nagahiro, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Depression in X-linked dystonia-parkinsonism:A case-control study,
Parkinsonism & Related Disorders, Vol.19, No.9, 844-846, 2013.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2013.04.027,   PubMed: 23706616,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1.Kenji Shono, Izumi Yamaguchi, Toshitaka Fujihara, Keiko Kitazato, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Kohhei Nakajima, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Celecoxib inhibits proliferation and induces apoptosis in glioma stem cells and an animal model of glioblastoma.,
22ND ANNUAL SCIENTIFIC MEETING AND EDUCATION DAY OF THE SOCIETY FOR NEURO-ONCOLOGY, San Francisco, Nov. 2017.
2.Junichiro Satomi, Yasuhisa Kanematsu, Masaaki Korai, Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Yoshiteru Tada, Kohhei Nakajima, Toshiyuki Okazaki and Toshitaka Fujihara :
Acute stroke management using image sharing on smart phones and tablet devices,
14TH CONGRESS OF THE WORLD FEDERATION OF INTERVENTIONAL AND THERAPEUTIC NEURORADIOLOGY, Budapest, Oct. 2017.
3.Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Shinya Ohkita, Ryosuke Miyamoto, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Deep Brain Stimulation for Dystonia - Pallidal stimulation and thalamic stimulation,
World Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, Berlin, Jun. 2017.
4.Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Orlacchio Antonio, Koichihara Reiko, Nakagawa Eiji, Takashi Sakamoto, Yuishin Izumi, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Haploinsufficiency of KMT2B causes myoclonus-dystonia with impaired psychomotor ability,
The MDS 21th International Congress of Parkinsons Disease and Movement Disorders, Jun. 2017.
5.Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Tomoya Kinouchi, Kohhei Nakajima, Nobuhisa Matsushita, Takeshi Miyamoto, Tadashi Yamaguchi, Masaaki Korai, Hideo Mure, Keiko Kitazato and Shinji Nagahiro :
A Pilot Study of the Mineralocorticoid Receptor Blocker Eplerenone in Hypertensive Patients with Unruptured Cerebral Aneurysms,
International Stroke Conference 2016, Los Angeles, Feb. 2016.
6.Kenji Shouno, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Toshitaka Fujihara, Keiko T Kitazato, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama and Shinji Nagahiro :
Sonodynamic 5-ALA plus ultrasound therapy augments anti-tumor effects in the oncogene knock-in glioma stemcells,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
7.Toshitaka Fujihara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Keijiro Hara, Kenji Shouno, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama and Shinji Nagahiro :
Down-regulation of MDR1 by DKK3 attenuates chemoresistance to temozolomide, and potentiates its anti-tumor effects,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
8.Hideo Mure :
Deep brain stimulation of the thalamic ventral lateral anterior nucleus for DYT6 dystonia,
WSSFN INTERIM MEETING2015, Sep. 2015.
9.Hideo Mure, C.C. Tang, S Hirano and Shinji Nagahiro :
Identification and validation of a Parkinsons disease tremor-related metabolic network,
18th International Congress of Parkinsons Disease and Movement Disorders, Stockholm, Jun. 2014.
10.Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Keijiro Hara, Ryoma Morigaki, Kazuhito Matsuzaki, Kohhei Nakajima, T Fujihara and Shinji Nagahiro :
A combination of interferon-beta and temozolomide augments anti-tumor effects through p73/YAP-mediated apoptosis by PML in glioblastoma,
The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013.
11.Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, T Fujihara, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, T Hara and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3, one of Dickkopf(Dkk)family members, contributes to the anti-tumor effects in glioblastoma through regulation of both Wnt signal pathways,
The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013.
12.Hideo Mure, CC Tang, A Miklos, Shinji Nagahiro and D Eidelberg :
Improved sequence learning with STN deep brain stimulation: Evidence for treatment-specific network modulation,
17th International Congress of Parkinsons Disease and Movement Disorders, Sydney, Jun. 2013.
13.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Teruyoshi Kageji, Keiko T. Kitazato, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Toshiyuki Okazaki, A. Manno, T. Matsuda and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 Gene and protein Regulate Medulloblastoma Cell Growth,
2012American Association of Neurological Surgeons Annual Scientific Meeting, Miami, Apr. 2012.
14.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Silencing LRP6 induces cell death in human malignant glioma,
XIV World Congress of Neurological Surgery, Boston, Aug. 2009.
15.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
16.Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, KT Kitazato, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis by the repression of NFkB activation in glioblastoma cells,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
17.Hideo Mure, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuyuki Kuwayama, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Functional role of akt isoforms in human malignant gliomas,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
18.Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, KT Kitazato, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Down-regulation of Akt1 and Akt2 by RNA interference enhances the anti-tumor effects of radiation on malignant glioma cells,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
19.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.

国内講演発表:

1.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 牟礼 英生, 島田 健司, 岡﨑 敏之, 髙木 康志 :
硬膜動静脈瘻に対する直達術,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
2.牟礼 英生, 宮本 亮介, 大北 真哉, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治, 髙木 康志 :
小児期ジストニアに対する脳深部刺激療法の適応と予後について,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
3.藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 中島 公平, 岡﨑 敏之, 牟礼 英生, 髙木 康志 :
膠芽腫におけるDKK3遺伝子導入による薬剤排泄ポンプの発現抑制の意義,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
4.牟礼 英生, 岡﨑 敏之, 髙木 康志 :
パーキンソン病患者の腰痛に対する脊髄刺激療法の長期成績,
第33回日本脊髄外科学会, 2018年6月.
5.羽星 辰哉, 高麗 雅章, 牟礼 英生, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
頭蓋内出血で発症した蝶形骨小翼部硬膜動静脈瘻の1例,
第85回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2018年4月.
6.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携.,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
7.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
8.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 原田 雅史, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
非痙攣性てんかん重積診断におけるArterial Spin Labeling法の有用性,
第51回日本てんかん学会年次学術集会, 2017年11月.
9.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
同側の未破裂中大脳動脈瘤を合併した左海馬硬化症による難治性内側側頭葉てんかんの一例,
第11回てんかん学会中国・四国地方会, 2017年10月.
10.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 原田 雅史, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
当院で経験した非痙攣性てんかん重積症例の検討,
日本脳神経外科学会 第76回学術総会, 2017年10月.
11.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 里見 淳一郎, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治 :
ジストニアDBS治療におけるチーム医療の重要性 -徳島大学での取り組み-,
日本脳神経外科学会 第76回学術総会, 2017年10月.
12.森垣 龍馬, 大北 真哉, 牟礼 英生, 永廣 信治, 後藤 惠 :
L-ドーパ誘発性ジスキネジア発症におけるGαolf発現の変化,
日本脳神経外科学会 第76回学術総会, 2017年10月.
13.牟礼 英生, 榎本 紀哉, 大北 真哉, 永廣 信治 :
C2神経根起始部に髄膜憩室を認めた脳脊髄液漏出症の一例,
第32回日本脊髄外科学会, 2017年6月.
14.亘 雄也, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 西山 徹, 永廣 信治 :
Lance-Adams症候群に対する両側淡蒼球内節刺激術の一施行例,
第83回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2017年4月.
15.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 飯田 幸治, 永廣 信治 :
同側の未破裂中大脳動脈瘤を合併した左海馬硬化症による難治性内側側頭葉てんかんの一例,
第11回てんかん学会中国・四国地方会, 2017年2月.
16.藤原 敏孝, 中島 公平, 牟礼 英生, 飯田 幸治, 永廣 信治 :
同側の未破裂中大脳動脈瘤を合併した左海馬硬化症による難治性内側側頭葉てんかんの一例,
第40回日本てんかん外科学会, 2017年1月.
17.榎本 紀哉, 牟礼 英生, 大北 真哉, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
C2神経根起始部にmeningeal diverticulium を認めた脳脊髄駅漏出症の1例,
第82回日本脳神経外科学会中四国支部学術集会, 2016年12月.
18.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 永廣 信治 :
Stroke Care Unitでのてんかん診断-Arterial Spin Labeling法の有用性,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
19.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 永廣 信治 :
Stroke Care Unitでのてんかん診断-Arterial Spin Labeling法の有用性,
第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月.
20.藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 永廣 信治 :
Stroke Care Unitでのてんかん診断-Arterial Spin Labeling法の有用性,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
21.多田 恵曜, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 桑山 一行, 八木 謙次, 木内 智也, 中島 公平, 高麗 雅章, 牟礼 英生, 宮本 健志, 山口 真司, 北里 慶子, 永廣 信治 :
高血圧症合併未破裂脳動脈瘤に対するミネラルコンチコイド受容体阻害薬の有効性に関するパイロット試験,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
22.日岡 明美, 溝渕 佳史, 中村 和己, 多田 恵曜, 牟礼 英生, 西 京子, 北里 慶子, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
年代別健常者の高次脳機能障害スクリーニングテストの特性,
第17回日本早期認知症学会学術集会, 2016年9月.
23.牟礼 英生, 大北 真哉, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 永廣 信治 :
小児ジストニアに対する脳深部刺激療法の経験,
第21回四国脳神経外科カンファレンス, 2016年8月.
24.八木 謙次, 中川 洋, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
下位腰椎の椎間孔内外側に進展した黄色靭帯骨化症の1例,
第31回日本脊髄外科学会, 2016年6月.
25.牟礼 英生, 羽星 辰哉, 永廣 信治 :
原因不明の胸髄脊髄空洞症に対する一治療の経験,
第31回日本脊髄外科学会, 2016年6月.
26.牟礼 英生, 大北 真哉, 山本 伸昭 :
変形性脊椎症と特発性正常圧水頭症の合併例の検討,
第17回日本正常圧水頭症学会, 2016年3月.
27.大北 真哉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 兼松 康久, 宮本 亮介, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠, 亘 雄也, 谷口 秀和, 夫 敬憲, 中川 義信 :
脳性麻痺に合併した全身性ジストニアに対し脳深部刺激術を施行した1例,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
28.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 小泉 英期, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ジストニアに対するDBS-淡蒼球刺激と視床刺激の併用-,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
29.森垣 龍馬, 宮本 亮介, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
NFκBのマウス脳線条体における発現パターンとその役割,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
30.森垣 龍馬, 大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 後藤 惠, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
Nuclear factor kappa bはマウス脳線条体においてドパミンシグナル支配下に機能する,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
31.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 梶 龍兒, 佐光 亘, 後藤 惠, 永廣 信治 :
Meige症候群に対する両側淡蒼球内節刺激術,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
32.森垣 龍馬, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
マウス脳線条体におけるNuclear factor kappa bの機能的分子としての可能性,
第16回日本分子脳神経外科学会, 2015年8月.
33.牟礼 英生, 八木 謙次, 永廣 信治, 島田 健司, 東野 恒作 :
引き抜き損傷後17年後に発症した脊髄くも膜嚢胞の一例,
第30回日本脊髄外科学会, 2015年6月.
34.Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Tamura Asako, Takashi Abe, Funakoshi Yasuhiro, Orlacchio Antonio, Oki Ryosuke, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Satoshi Goto, Yuishin Izumi, Naito Hiroshi, Tomimoto Hidekazu and Ryuji Kaji :
Germline mosaicism of TUBB4A mutation causes dystonia in two siblings.,
56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, May 2015.
35.大北 真哉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 松田 拓, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
Hypomyelination with atrophy of the basal ganglia and cerebellumに対し脳深部刺激術を施行した1例,
第54回日本定位・機能神経外科学会, 2015年1月.
36.牟礼 英生, 大北 真哉, 永廣 信治, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 佐光 亘, 梶 龍兒 :
Meige症候群に対するGPi-DBS,
第54回日本定位・機能神経外科学会, 2015年1月.
37.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 永廣 信治, 松﨑 和仁, 後藤 惠 :
ジストニアに対するDBS-淡蒼球刺激と視床刺激の併用-,
第73回日本脳神経外科学会学術総会, 2014年10月.
38.牟礼 英生, 山口 真司, 永廣 信治, 平澤 元浩 :
神経膠芽腫脊髄播種による難治性疼痛に対してSCSを施行した1例,
第29回日本脊髄外科学会, 2014年6月.
39.平澤 元浩, 牟礼 英生 :
膠芽腫脊髄播種による難治性下肢痛に対しSCSが有効であった1例,
第10回Neuro Spinalセミナー, 2014年2月.
40.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
成人発症tethered cord syndromeの3症例,
Authentic Spinal Surgeon Summit 2014, 2014年2月.
41.大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 宮本 亮介, 山本 伸昭, 梶 龍兒 :
高インスリン血性高アンモニア血性症候群に合併した全身性ジストニアに対し,脳深部刺激術を施行した1例,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
42.森垣 龍馬, 小泉 英貴, 牟礼 英生, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠, 瓦井 俊孝 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプタイドYシステム,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
43.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 永廣 信治, 後藤 惠, 小泉 英貴, 梶 龍兒 :
ジストニックストームにおける治療法の検討-4例の自験例と文献的考察-,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
44.牟礼 英生 :
当科における顕微鏡下手根管開放術,
第9回NEURO spinalセミナー, 2013年7月.
45.牟礼 英生 :
徳島大学におけるDBS治療の現状,
第62回徳島神経疾患症例研究会-西部地区-, 2013年7月.
46.庄野 健児, 牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
術中蛍光造影が有効であった神経サルコイドーシスの1例,
第28回日本脊髄外科学会, 2013年6月.
47.牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
ケージを用いた頚椎前方固定術における骨癒合の検討,
第28回日本脊髄外科学会, 2013年6月.
48.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
リン酸カルシウムペーストを用いた腰椎椎体間固定術の治療成績,
第28回日本脊髄外科学会, 2013年6月.
49.牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
難治性疼痛に対する脊髄刺激療法の経験,
第28回日本脊髄外科学会, 2013年6月.
50.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
脊髄疾患由来の痙縮に対するバクロフェン髄注療法の経験,
第28回日本脊髄外科学会, 2013年6月.
51.牟礼 英生, 中島 公平, 平澤 元浩, 永廣 信治, 小泉 英貴, 梶 龍兒 :
パーキンソン病に合併した腰痛に対する脊髄刺激療法の1例,,
第1回徳島脳神経疾患談話会, 2013年3月.
52.庄野 健児, 平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
術中蛍光造影が生検に有用であった脊髄サルコイドーシスの1例,
第8回ニューロスパイナルセミナー, 2013年1月.
53.森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 瓦井 俊孝, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 大北 真哉, 大森 哲郎, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonismのうつ症状,
第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月.
54.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 後藤 惠, 永廣 信治, 小泉 英貴, 瓦井 俊孝, 梶 龍兒 :
両側視床Vo核刺激が奏功したDYT6の一例,
第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月.
55.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治 :
難治性疼痛に対する spinal cord stimulation(SCS)療法,
第38回徳島脳神経外科談話会, 2012年12月.
56.牟礼 英生, 北里 慶子, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 松﨑 和仁, 桑山 一行 :
悪性神経膠腫におけるAkt2およびAkt3の機能解析,
第30回日本脳腫瘍学会学術集会, 2012年11月.
57.多田 恵曜, 牟礼 英生, 山本 伸昭, 兼松 康久, 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 佐藤 浩一 :
発症様式の異なる脊髄硬膜外動静脈瘻の2症例,
第28回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2012年11月.
58.牟礼 英生 :
パーキンソン病患者における振戦関連代謝ネットワークパターンの同定と検証,
第24回日本脳循環代謝学会総会, 2012年11月.
59.牟礼 英生, 永廣 信治 :
パーキンソン病患者における振戦関連代謝ネットワークパターンの同定と検証,
第24回日本脳循環代謝学会総会, 2012年11月.
60.牟礼 英生, 永廣 信治, Eidelberg David :
PETを用いたパーキンソン病におけるDBS-induced neuromodulationの可視化,
第71回日本脳神経外科学会学術総会, 2012年10月.
61.牟礼 英生 :
PETを用いたパーキンソン病におけるDBS-induced neuromodulationの可視化,
社団法人日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012年10月.
62.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治, 村上 雅司 :
痙縮に対するバクロフェン髄注(ITB)療法の経験,
第7回NeuroSpinalセミナー, 2012年9月.
63.平澤 元浩, 牟礼 英生, 永廣 信治, 西田 憲記, 井上 崇文 :
頭蓋頚椎移行部病変に対するinstrumentを用いた固定術,
第27回日本脊髄外科学会, 2012年6月.
64.牟礼 英生, 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 :
治療に難渋した脊髄硬膜外動静脈瘻の一例,
第27回日本脊髄外科学会, 2012年6月.
65.平澤 元浩, 里見 淳一郎, 牟礼 英生, 永廣 信治, 佐藤 浩一 :
治療に難渋したspinal epidural AVFの1例,
第65回近畿脊髄外科研究会, 2012年3月.
66.平澤 元浩, 里見 淳一郎, 牟礼 英生, 永廣 信治, 佐藤 浩一 :
治療に難渋したspinal epidural AVFの1例,
第13回日本正常圧水頭症学会, 2012年2月.
67.牟礼 英生, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
治療に難渋した脊髄硬膜外動静脈瘻の1例,
第6回ニューロスパイナルセミナー, 2012年1月.
68.牟礼 英生, 永廣 信治, 平野 成樹, タン クリス, アイデルバーグ デビッド :
パーキンソン病患者における振戦関連代謝ネットワークパターンの同定と検証,
第51回日本定位・機能神経外科学会, 2012年1月.
69.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 牟礼 英生, 兼松 康久, 永廣 信治 :
VRDの先端がPcomに迷入した1例,
第43回近畿脳神経血管内手術法ワークショップ, 2012年1月.
70.Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, 北里 慶子, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
PMLは神経膠芽腫細胞においてNFkBの転写活性を抑制しアポトーシスを誘導する,
第26回日本脳腫瘍学会, Nov. 2008.
71.溝渕 佳史, 松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 牟礼 英生, 影治 照喜, 永廣 信治 :
グリオーマ細胞におけるREIC/Dkk-3タンパク質の作用,
第8回日本分子脳神経外科学会, 2007年8月.
72.松﨑 和仁, 友金 祐介, 島田 健司, 牟礼 英生, 田村 哲也, 堀口 英久, 影治 照喜, 永廣 信治 :
定位脳組織生検の診断率と合併症,
第16回脳神経外科手術と機器学会, 2007年4月.

その他・研究会:

1.牟礼 英生 :
パーキンソン病の外科治療,
パーキンソン病の最近の進歩, 2018年11月.
2.牟礼 英生 :
手足のふるえや痛み,筋緊張,歩行障害をもたらす脳の病気 パーキンソン病,振戦,ジストニア,痙縮の最新治療,
脳神経治療最前線セミナー, 2018年11月.
3.牟礼 英生 :
頚部ジストニアに頚部Burse-SCSを施術した一例,
第3回S8の会, 2018年4月.
4.牟礼 英生 :
機能性ジストニアについて,
第8回パーキンソン病を勉強しよう IN 四国, 2018年3月.
5.牟礼 英生 :
日常診療に役立つ機能的脳神経外科治療の症例,
第3回中四国機能神経外科懇話会, 2018年3月.
6.高麗 雅章, 牟礼 英生, 佐藤 裕一, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
蝶形頭頂静脈洞近傍にシャントを有し頭蓋内出血で発症した硬膜動静脈瘻の1例,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
7.森垣 龍馬, 牟礼 英生, 大北 真哉, 小山 広士, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
心因性ジストニアは器質性ジストニアと同じスペクトラムの障害か?,
第2回中四国機能神経外科談話会, 2017年4月.
8.牟礼 英生 :
オフジストニアに対するITB過量投与の経験,
第2回中四国機能神経外科談話会, 2017年4月.
9.大北 真哉, 牟礼 英生, 小山 広士, 中川 洋, 永廣 信治 :
歯突起後方儀腫瘍に対して後頭頸椎固定術を行った1例,
第4回徳島脳神経疾患談話会, 2017年3月.
10.牟礼 英生 :
手の震えや足のむくみ,体が動きにくくなるパーキンソン病,
三好市地域住民のための市民公開講座, 2016年1月.
11.牟礼 英生 :
くび・腰・手足のしびれと痛み -脳神経外科で行うしびれ・痛みの治療-,
三好市地域住民のための市民公開講座, 2016年1月.
12.牟礼 英生 :
くび・腰・手足のしびれと痛み-脳神経外科で行うしびれ・痛みの治療-,
那賀町地域住民のための町民講座, 2015年12月.
13.牟礼 英生 :
手の震えや足のすくみ,体が動きにくくなるパーキンソン病,
那賀町地域住民のための町民講座, 2015年12月.
14.牟礼 英生, 羽星 辰哉, 永廣 信治 :
難治性胸髄空洞症の治療経験,
第13回NEURO Spinalセミナー, 2015年7月.
15.牟礼 英生 :
くび・腰・手足のしびれと痛みー脳神経外科で行うしびれ・痛みの治療ー,
吉野川市地域住民のための市民公開講座, 2015年7月.
16.牟礼 英生 :
手の震えや足のすくみ,体が動きにくくなるパーキンソン病,
吉野川市地域住民のための市民公開講座, 2015年7月.
17.牟礼 英生 :
ジストニアに対するDBS,
第5回パーキンソン病を勉強しよう IN 四国, 2015年5月.
18.牟礼 英生 :
くび・肩・手のしびれと痛み,手の細かいことができなくなる頸椎症,
第1回阿南地域住民のための市民公開講座, 2015年4月.
19.牟礼 英生 :
手の震えや足のすくみ,体が動きにくくなるパーキンソン病,
第1回阿南地域住民のための市民公開講座, 2015年4月.
20.牟礼 英生 :
引き抜き損傷後17年後に発症した脊髄くも膜嚢胞の一例,
第12回ニューロスパイナルセミナー, 2015年1月.
21.牟礼 英生, 島田 健司, 永廣 信治, 東野 恒作, 西良 浩一 :
引き抜き損傷後17年後に発症した脊髄くも膜嚢胞の一例,
第70回近畿脊髄外科研究会, 2014年10月.
22.庄野 健児, 佐藤 泰仁, 松﨑 和仁, 高瀬 憲作, 本藤 秀樹, 牟礼 英生 :
硬膜外ブラッドパッチが奏功した低髄液圧症候群の1例,
第19回四国脳神経外科カンファレンス, 2014年8月.
23.牟礼 英生 :
パーキンソン病・ジストニアに対する脳深部刺激療法,
第66回徳島神経疾患症例研究会 -西部地区-, 2014年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 難治性運動異常症の診断と治療前後におけるFDG-PET画像解析の有用性 (研究課題/領域番号: 16K10788 )
  • 悪性神経膠腫に対するAd-REICの抗腫瘍効果とWntシグナル制御の分子機構 (研究課題/領域番号: 25462264 )
  • iPS細胞を応用した脳腫瘍モデルに対するREIC遺伝子導入による新規治療法開発 (研究課題/領域番号: 23592128 )
  • 研究者番号(00624355)による検索