Search:
Tokushima University > Graduate School of Technology, Industrial and Social Sciences > 社会総合科学域 > 国際教養系 > 日本・アジア分野 >
Tokushima University > Faculty of Integrated Arts and Sciences > Department of Integrated Arts and Social Sciences > Comparative Studies in Society and Culture >
Tokushima University > Faculty of Integrated Arts and Sciences > Department of Civil and Environmental Studies > Communitical and Regional Studies >
(CSV files for researchmap) [PDF manual]

Research Activity

Field of Study

日本語学

Subject of Study

地域言語学

Book / Paper

Book:

1. Keiichi Murakami :
鉄道沿線と関西弁,
Mar. 2018.
2. Keiichi Murakami and 他数名 :
47都道府県・方言百科,
丸善出版, Tokyo, Jan. 2017.
3. Keiichi Murakami and 他 :
新日本言語地図,
朝倉書店, Tokyo, Dec. 2016.
4. Keiichi Murakami and 他26名 :
はじめて学ぶ方言学 ことばの多様性をとらえる28章,
ミネルヴァ書房, Kyoto, Mar. 2016.
5. Keiichi Murakami and 他35名 :
県別方言感情表現辞典,
東京堂出版, Tokyo, Oct. 2015.
6. 真田 信治, 友定 賢治 and Keiichi Murakami :
県別罵詈雑言辞典,
東京堂出版, Tokyo, Oct. 2011.
7. Keiichi Murakami and 他多数 :
都道府県別全国方言辞典,
三省堂, Tokyo, Aug. 2009.
8. 九州方言研究会, Keiichi Murakami and 他22名 :
これが九州方言の底力!,
大修館書店, Tokyo, May 2009.
9. Keiichi Murakami and 松田 謙次郎 :
松蔭語辞典 第1版,
神戸松蔭女子学院大学・学生課, Mar. 2009.
10. 真田 信治, 友定 賢治, Keiichi Murakami and 他 :
地方別方言語源辞典,
東京堂出版, Tokyo, Sep. 2007.
11. 井上 史雄, Keiichi Murakami and 他 :
日本のことばはおもしろい! 方言クイズ,
Kodansha, Tokyo, Apr. 2007.
12. Keiichi Murakami and 他35名 :
社会言語学の展望,
くろしお出版, Tokyo, Mar. 2006.
13. 井上 史雄, 吉岡 泰夫, Keiichi Murakami and 他 :
九州の方言 調べてみよう暮らしのことば,
ゆまに書房, Tokyo, Nov. 2003.
14. Keiichi Murakami and 他47名 :
都道府県別全国方言小辞典,
三省堂, Tokyo, May 2002.
15. Keiichi Murakami and 他17名 :
例解新国語辞典 第6版,
三省堂, Tokyo, Jan. 2002.
16. Keiichi Murakami and 他23名 :
応用社会言語学を学ぶ人のために,
Sekaishisosha Co., Ltd., Kyoto, Oct. 2001.
17. Keiichi Murakami and 吉岡 泰夫 :
日本語の話しことば,
ALC Press Incorporated, Feb. 1999.
18. 江端 義夫, 本堂 寛, 加藤 正信, Keiichi Murakami and 他 :
全国方言一覧辞典,
学習研究社, Tokyo, Dec. 1998.

Academic Paper (Judged Full Paper):

1. Keiichi Murakami :
ネット社会の大規模化・細分化と集団語の諸相,
日本語学, Vol.25, No.11, 48-57, 2006.
2. Keiichi Murakami :
熊本県球磨郡水上村湯山方言の立ち上げ詞,
方言資料叢刊, Vol.9, 179-186, 2006.
3. Keiichi Murakami :
熊本地方のお盆のことば,
日本語学, Vol.21, No.10, 26-33, 2002.
4. Keiichi Murakami :
公共交通機関の方言,
日本語学, Vol.18, No.13, 149-155, 1999.
5. Keiichi Murakami :
方言主流社会における家族間の呼称 -熊本県八代市郡築・H家における事例から-,
日本語学, Vol.17, No.9, 21-26, 1998.
6. Keiichi Murakami :
熊本県宇土市網津町旭方言の待遇表現,
方言資料叢刊, Vol.7, 219-223, 1997.
7. Keiichi Murakami :
鹿児島県鹿児島市東千石方言の数詞,
方言資料叢刊, Vol.6, 342-350, 1996.
8. Keiichi Murakami :
地域方言敬語の世代差,
地域言語, Vol.8, 25-36, 1996.
9. Keiichi Murakami :
若年層の先導する新しい地域方言体系の形成,
日本学報, Vol.15, 77-92, 1996.
10. Keiichi Murakami :
鹿児島県日置郡東市来町方言の否定表現,
方言資料叢刊, Vol.5, 326-332, 1995.
11. Keiichi Murakami :
宮崎県東臼杵郡椎葉村方言のアスペクト,
方言資料叢刊, Vol.4, 297-305, 1994.
12. Keiichi Murakami :
熊本県宇土市網津町方言の比喩表現,
方言資料叢刊, Vol.3, 271-276, 1993.

Academic Paper (Unrefereed Paper):

1. Keiichi Murakami :
Japanese Acquisition and Consciousness of Japanese through Short-term Training in Japan : Japanese Learners in Taiwan,
Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.21, 107-119, 2013.
(Tokushima University Institutional Repository: 106219,   CiNii: 110009803887)
2. Keiichi Murakami :
地域方言の変容と多層化に関する事例研究 その2,
文林, Vol.44, 1-17, 2010.
3. Keiichi Murakami :
九州地方における大陸文化の受容と残像,
第5回応用日本語学術研究会論文集『中・日・韓三国における人文科学研究とその応用, 15-28, 2009.
4. Keiichi Murakami :
地域方言の変容と多層化に関する事例研究 その1,
文林, Vol.43, 1-16, 2009.
5. Keiichi Murakami :
香川県東讃地域における高校生の方言意識,
文林, Vol.42, 59-74, 2008.
6. Keiichi Murakami :
地域社会の変容と社会言語学,
日本のフィールド言語学, 221-231, 2006.
7. Keiichi Murakami :
芸予諸島高校生の自方言に対する評価と他方言に対する意識 -広島・愛媛県境域高校調査より-,
文林, Vol.40, 1-16, 2006.
8. Keiichi Murakami :
兵庫県南西部・岡山県南東部における関西中央部方言の受容 -山陽本線・赤穂線沿線グロットグラム調査から-,
関西方言の広がりとコミュニケーションの行方, 239-251, 2005.
9. Keiichi Murakami :
芸予諸島高校生の関西方言に対する意識・イメージ -広島・愛媛県境域高校調査より-,
文林, Vol.39, 83-96, 2005.
10. Keiichi Murakami :
東シナ海沿岸・西部九州における大陸文化の受容と残存,
日本海沿岸の地域性とことば -富山方言の過去・現在・未来ー, 224-242, 2004.
11. Keiichi Murakami :
天草河浦町における『日葡辞書』「下の語」の現在,
文林, Vol.38, 89-109, 2004.
12. Keiichi Murakami :
方言基礎語彙の収束モデルと拡散モデル -関西若年層調査から-,
文林, Vol.37, 63-72, 2003.
13. Keiichi Murakami :
兵庫県南部域における方言アスペクトの個人差について,
文林, Vol.35, 2001.
14. Keiichi Murakami :
対人的言語行動からみた関西方言の文末形式,
文林, Vol.34, 75-85, 2001.
15. Keiichi Murakami :
方言敬語体系の近未来を予測する,
徳川宗賢先生追悼論文集 20世紀フィールド言語学の奇跡, 133-142, 2000.
16. Keiichi Murakami :
熊本方言における動詞の子音語幹化について,
人文学報, Vol.301, 37-49, 1999.
17. Keiichi Murakami :
九州3都市にみる方言敬語体系の変容,
九州におけるネオ方言の実態, 42-52, 1998.
18. Keiichi Murakami :
地域方言のバリエーションについて -熊本方言の文字化資料およびアンケート調査結果より-,
広島大学教育学部 日本語教育学科紀要, Vol.7, 119-126, 1997.
19. Keiichi Murakami :
方言変化の拡散モデル,
西日本におけるネオ方言の実態に関する調査研究, 10-19, 1997.
20. Keiichi Murakami :
熊本の地域語,
地域語の生態シリーズ 九州篇 地方中核都市方言の行方, 45-54, 1996.

Review, Commentary:

1. Keiichi Murakami :
2007∼2009年度 日本語教育能力試験 合格するための問題集,
106-113, May 2009.
2. Keiichi Murakami :
21世紀に残したいふるさと日本のことば,
NHK教育テレビ, Sep. 2000.
3. Keiichi Murakami :
夕方の情報発信番組における方言の解説,
NHK熊本放送局, Feb. 2000.
4. Keiichi Murakami :
テレビドラマにおける方言指導,
NHK総合テレビ, May 1993.

Proceeding of International Conference:

1. Keiichi Murakami :
災害時における地域方言をめぐって,
韓国日本語学会第37回春季学術研究会, Mar. 2018.
2. Keiichi Murakami :
イノベーションの観点から見た日本の言語教育,
2017全球化創新経営管理国際研討会, Oct. 2017.
3. Keiichi Murakami :
コホート系列法による地域方言研究と社会活動の実践,
育達科技大学2017年應用日語學術研討會, 1-6, 台湾造橋郷, May 2017.
4. Keiichi Murakami :
災害時の日本語を考える -生命を守るための日本語のあり方とは-,
育達科技大學2016年應用日語國際學術研討會, 1-9, Jun. 2016.
5. Keiichi Murakami :
短期留学を通じた外国語習得・異文化受容における実践モデルの構築,
育達科技大学2015年応用日語学術研討会, 17-19, May 2015.
6. Keiichi Murakami :
SNSを利用した相互交流・異文化理解とその応用- 台湾と日本の大学生に見られる事例から-,
2014年應用日語國際學術研討會・育達科技大學, Miaoli, May 2014.
7. Keiichi Murakami :
日本短期研修の経験を通じた日本語の受容-台湾及び韓国の日本語学習者を例に-,
2013語文教學國際學術研討會・育達科技大學, Miaoli, Oct. 2013.
8. Keiichi Murakami and 青谷 実知代 :
グローバル化に対応した日本の大学改革 -人材育成と地域再生を中心に-,
全球化経貿発展與商務創新國際研討會, Miaoli, May 2013.
9. Keiichi Murakami :
兵庫県方言文法の概観 -全国共通語および周辺方言との比較・対照において-,
2012年応用日語学術研討会, May 2012.
10. Keiichi Murakami :
地域交通網の再編と市町村合併にともなう方言の変容,
2011年応用日語学術研討会, May 2011.
11. Keiichi Murakami :
インターネット社会における若者の言語行動 -ネット社会の集団語の諸相とその機能を中心に-,
第8回応用日本語国際学術研究会 -日台韓の人文と社会科学の研究-, Dec. 2010.
12. Keiichi Murakami :
九州西海岸における大陸文化の受容と残像 -キリシタン文化の影響と地域語の実態-,
2008年応用日語國際學術研討會, May 2008.

Proceeding of Domestic Conference:

1. Keiichi Murakami :
災害時を想定した実践方言研究の試み,
第1回実践方言研究会, Nov. 2017.
2. Keiichi Murakami, 田島 幹大 and 吉平 彩加 :
地域方言を題材とした高大連携による教育活動の実践,
日本方言研究会第104回研究発表会, 41-44, May 2017.
3. Keiichi Murakami :
味の表現の地域差 -『新日本言語地図』より-,
言語地理学フォーラム, Sep. 2015.
4. Keiichi Murakami :
鶴岡方言と九州方言,
理論・構造研究系プロジェクト研究成果合同発表会, Feb. 2012.
5. Keiichi Murakami :
交通網再編路地域方言の変容に関する事例研究 -本四架橋・九州新幹線沿線をフィールドとして-,
変異理論研究会第146回研究発表会, Jan. 2012.
6. Keiichi Murakami and 岩城 裕之 :
兵庫県南西部∼岡山市における関西方言受容モデルの構築 -コミュニティの状況と人の移動-,
日本方言研究会第79回研究発表会, Nov. 2004.
7. Keiichi Murakami :
「∼(ラ)レテアル」についての一考察,
第10回九州方言研究会, Jul. 2000.
8. Keiichi Murakami :
ラ行五段活用と二段活用の継承に基づく中間方言体系の再構築,
国語学会平成8年度秋季大会, Oct. 1996.
9. Keiichi Murakami :
熊本方言における若年層方言の動態,
第1回九州方言研究会, Jan. 1996.
10. Keiichi Murakami :
熊本方言域における敬語行動の実態 -肥筑方言域の社会言語学的調査から-,
変異理論研究会 第53回研究発表会, Jun. 1995.
11. Keiichi Murakami :
若年層が先導する地域言語の改新,
日本方言研究会第57回研究発表会, Oct. 1993.

Report:

1. Keiichi Murakami :
東西日本アスペクト・テンス分布図,
H16年度 科研費報告書 CD-ROM版, Mar. 2005.
2. Keiichi Murakami :
芸予接境域における高校生の言語意識 -瀬戸田高校・弓削高校全校方言調査より-,
しまなみ架橋による地域方言の変化, 43-58, Mar. 2005.
3. Keiichi Murakami :
西日本の可能表現に関する調査報告書,
Mar. 2004.
4. Keiichi Murakami :
対人的言語行動からみた関西方言の現在と他方言との比較,
コミュニケーションの地域性と関西方言の影響力についての広域的研究, 84-92, Mar. 2003.
5. Keiichi Murakami :
天草方言の古態性 -400年後の日葡辞書-,
消滅に瀕した方言語法の緊急調査研究(1) 「環太平洋の言語」成果報告書, Vol.A4, No.004, 257-275, Mar. 2002.
6. Keiichi Murakami :
方言のアスペクト・テンス・ムード体系変化の総合的研究,
H11-12年度 科研費報告書, Mar. 2001.
7. Keiichi Murakami and 他多数 :
西日本諸方言アスペクトの地域差に関する報告書,
Dec. 1997.
8. Keiichi Murakami :
越飛国境域方言分布の変遷,
五箇山・白川郷の言語調査報告, 5-12, Feb. 1997.
9. Keiichi Murakami and 他4名 :
広島県太田川流域方言地図集 -広島市域編-,
広島都市生活研究会, Mar. 1994.

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 『瀬戸内海言語図巻』の追跡調査による音声言語地図の作成と言語変容の研究 (Project/Area Number: 17H02340 )
  • Survey of dynamic youth dialects by the cohort series method (Project/Area Number: 16K13230 )
  • Geographical and social studies of the Seto Inland Sea dialects (Project/Area Number: 23520570 )
  • Studies on the Dynamic Aspects of Miyazaki Dialect and on the Dialect Speakers' Psychology (Project/Area Number: 21520474 )
  • Sociolinguistics research on transformation of Kyushu dialect (Project/Area Number: 20520425 )
  • Structures of Predicates in Japanese Dialects : A Typological Study (Project/Area Number: 15320056 )
  • CHANGES IN GEOGRAPHICAL DIALECT CREATED BY "SHIMANAMI" BRIDGE (Project/Area Number: 14510447 )
  • Grawnatical Categories in Uerbs in Japanese Dialects: A Typological Study (Project/Area Number: 13410124 )
  • Search by Researcher Number (10305401)