Search:
Tokushima UniversityGraduate School of Technology, Industrial and Social Sciences社会総合科学域国際教養系ヨーロッパ分野
Tokushima UniversityFaculty of Integrated Arts and SciencesDepartment of Integrated Arts and Social SciencesComparative Studies in Society and Culture
Tokushima UniversityFaculty of Integrated Arts and SciencesDepartment of Human SciencesComparative Studies in Society and Culture
Tokushima UniversityGraduate School of Sciences and Technology for InnovationRegional Development
Tokushima UniversityCenter for Community Engagement and Lifelong Learning
(Files for researchmap) [PDF manual] [Auto-propagate to researchmap]

Research Activity

Her Web Page

Field of Study

フランス文化史
西洋美術史

Subject of Study

ルーヴル美術館創設の社会・文化的背景

Book / Paper

Book:

1. 村上 哲, 他 and Kei Tanaka :
『ミレーから印象派への流れ』(展覧会カタログ;翻訳),
Dec. 2020.
2. 中野 隆生(編), 加藤 玄(編), Kei Tanaka and ほか39名 :
「27 ルーヴル美術館の誕生」,
明石書店, May 2020.
3. 上垣 豊(編), Kei Tanaka and ほか16名 :
「歴史の扉6 美術展と美術館」,
ミネルヴァ書房, Mar. 2020.
4. 高橋 暁生(編), Kei Tanaka and ほか6名 :
『〈フランス革命〉を生きる』(担当:第4章「ダンジヴィレ伯爵―王の忠実な僕にして「革命家」」),
刀水書房, Nov. 2019.
5. マイテ=ヴァレス ブレッド, 村上 哲, Kei Tanaka and ほか7名 :
『キスリング展』(展覧会カタログ;翻訳),
キスリング展カタログ委員会, Apr. 2019.
6. 近世美術研究会(編), 木村 三郎, ほか and Kei Tanaka :
イメージ制作の場と環境―西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論 (担当:「ピエール・ジュリアン≪プッサン像≫(ルーヴル美術館)――アンシァン・レジーム末期の偉人像表現をめぐって――」),
中央公論美術出版, Tokyo, Dec. 2018.
7. Chicha-Castex Celine, 村上 哲, Kei Tanaka and 田中 麻野 :
『ピカソ フランス国立図書館版画コレクション』(展覧会カタログ翻訳),
「ピカソ フランス国立図書館版画コレクション」展カタログ委員会, Apr. 2018.
8. Firmin Gwenola, et al., 矢野 陽子(翻訳監修), Kei Tanaka and ほか5名 :
『マリー・アントワネット展』(展覧会カタログ翻訳),
日本テレビ放送網, Oct. 2016.
9. Montout-Richard Marie-Hélène and Kei Tanaka :
「フジ夕,永遠の生のためのデッサン―ランス美術館所蔵フジタ贈与作品」(翻訳),
ブレーントラスト, Jul. 2016.
10. Weiss Marta, 河村 錠一郎他 and Kei Tanaka :
『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』(展覧会カタログ;翻訳),
三菱一号館美術館, Jul. 2016.
11. パスカル ボナフー and Kei Tanaka :
『ルーヴル美術館の舞台裏』(翻訳),
西村書店, Mar. 2014.
12. 江藤 光紀, 荻野 厚志 and Kei Tanaka :
美を究め美に遊ぶ―芸術と社会のあわい,
東信堂, Jul. 2013.
13. Buisson Sylvie and Kei Tanaka :
『レオナール・フジタとパリ 1913-1931』(展覧会カタログ; 翻訳),
藤田嗣治渡仏100周年記念「レオナール・フジタとパリ1913-1931」カタログ委員会, Apr. 2013.
14. 大野 芳材, 伊藤 已令, Kei Tanaka and ほか2名 :
『シャルダン―静寂の画家』(展覧会カタログ;翻訳),
三菱一号館美術館,NHKプロモーション,読売新聞社, Sep. 2012.
15. ジャン=マリー ペルーズ ド モンクロ, 三宅 理一, Kei Tanaka and ほか3名 :
『芸術の都 パリ大図鑑―美術・建築・デザイン・歴史』(翻訳),
西村書店, Jun. 2012.
16. 大野 芳材, Kei Tanaka and ほか3名 :
『マリー=アントワネットの画家ヴィジェ=ルブラン 華麗なる宮廷を描いた女性画家たち』(展覧会カタログ;翻訳),
Mar. 2011.
17. 河村 錠一郎, Kei Tanaka and ほか2名 :
--(),
Jul. 2009.
18. 大野 芳材, Kei Tanaka and ほか4名 :
『ルーヴル美術館展―美の宮殿の子どもたち―』(展覧会カタログ;翻訳),
Mar. 2009.
19. 陳岡 めぐみ, Kei Tanaka and ほか5名 :
『コロー : 光と追憶の変奏曲』(展覧会カタログ;翻訳),
Jun. 2008.
20. 大野 芳材, 矢野 陽子 and Kei Tanaka :
『ルーヴル美術館展―フランス宮廷の美―』 (展覧会カタログ;翻訳),
ASAHI SHIMBUN, Jan. 2008.
21. マルク レステリーニ, ソフィ クレブス, Kei Tanaka and 他 :
『エコール・ド・パリ展―プリミティヴィスムとノスタルジー―』(展覧会カタログ;翻訳),
Jun. 2006.
22. マルク シャガール and Kei Tanaka :
「サーカス」(版画集『サーカス』1967年より;翻訳),
Sep. 2003.

Academic Paper (Judged Full Paper):

1. Kei Tanaka, Shinji Nagahiro and Hiroshi Bandou :
Psychologically comfortable seasonal images for the project on the art in hospitals,
Arts & Humanities Open Access Journal, Vol.4, No.5, 187-189, 2020.
(Tokushima University Institutional Repository: 115336,   DOI: 10.15406/ahoaj.2020.04.00169)
2. Kei Tanaka, Shinji Nagahiro and Hiroshi Bandou :
Beneficial Art in Hospitals with Masking Tape Initiated from University Hospital,
Asp Biomed Clin Case Rep., Vol.3, No.3, 202-206, 2020.
(Tokushima University Institutional Repository: 115381,   DOI: 10.36502/2020/ASJBCCR.6212)
3. Kei Tanaka :
「[実践報告]健康と癒しの両立を目指して ―徳島大学病院におけるマスキングテープアートの試み(2018 年度)―」,
『アートミーツケア』(オンラインジャーナル), No.11, 55-66, 2020.
4. Kota Hattori, Akihiro Tsukamoto and Kei Tanaka :
Examination of Gauguins Color Preference,
Papers and Proceedings of the Geographic Information Systems Association, Vol.27, 1-4, 2018.
5. Kei Tanaka :
アンシァン・レジーム末期の偉人の称揚 : ダンジヴィレの「奨励制作」偉人像と美術館の役割,
日仏歴史学会会報, No.26, 3-18, 2011.
(CiNii: 40019256194)
6. Kei Tanaka :
An Interrelation between the Art Government and the Public on the Eve of the French Revolution : A Case of D'Angiviller's "Travaux d'emulation" (1777-1789),
西洋史学, No.242, 126-144, 2011.
(CiNii: 40019279695)
7. Kei Tanaka :
The Origin of the Idea of Creating the Louvre Museum : Foundation of the Royal Gallery of the Luxembourg Palace and its Function (1747-1750),
Hitotsubashi bulletin of social sciences, Vol.1, No.2, 1-13, 2009.
(CiNii: 110007622471)
8. Kei Tanaka :
王立美術館のメッセージ―ダンジヴィレの奨励制作とルーヴル宮美術館創設計画―,
日本18世紀学会年報, No.20, 55-66, 2005.
9. Kei Tanaka :
La naissance du "Public" des beaux-arts : les debats dans les annees 1747-1750,
The Hitotsubashi review, Vol.131, No.2, 145-163, 2004.
(CiNii: 110007642777)

Academic Paper (Unrefereed Paper):

1. Kei Tanaka :
Pictures Displayed at the Opening of the Louvre Museum on 10 August 1793 (2) : Comparison with the Display of the Luxembourg Gallery,
『人間社会文化研究』, Vol.27, 23-37, 2019.
(CiNii: 120006777491)
2. Kei Tanaka :
「1793年8月10日,ルーヴル美術館開館時の展示絵画(1) ―展示作品の特徴―」,
『人間社会文化研究』, Vol.26, 1-18, 2018.
(CiNii: 120006547011)
3. Kei Tanaka :
王室建造物局総監ダンジヴィレ伯爵の私的注文絵画,
Journal of Human Sciences and Arts Faculty of Integrated Arts and Sciences The University of Tokushima, Vol.25, 68-85, 2017.
(CiNii: 120006368697)
4. Kei Tanaka :
Une étude sur les Réflexions (1747) de La Font de Saint-Yenne (3) : proposition de la création dune Galerie royale,
Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.22, 95-125, 2014.
(Tokushima University Institutional Repository: 106388,   CiNii: 40020333390)
5. ローズマリー ナポリターノ and Kei Tanaka :
「パスキン,モンパルナスからモンマルトルへ」(翻訳),
『パスキン展』(展覧会カタログ), 9-12, 2014.
6. Kei Tanaka :
ラ・フォン・ド・サン=ティエンヌ『考察』の研究(2) : 物語画の衰退,
聖学院大学総合研究所紀要, No.55, 415-440, 2013.
(DOI: 10.15052/seig.AN10210652-055-415,   CiNii: 120006326575)
7. Kei Tanaka :
ラ・フォン・ド・サン=ティエンヌ『考察』の研究(1)―出版の背景―,
Bulletin, No.54, 267-284, 2012.
(CiNii: 40019710877)
8. Kei Tanaka :
On the cultural origin of modern public art museums,
青山学院女子短期大学総合文化研究所年報, No.20, 117-134, 2012.
(CiNii: 120005433709)
9. Kei Tanaka :
ルーヴル美術館創設構想における奨励作品の複製版画計画,
Bulletin, No.53, 277-310, 2012.
10. ジャン=ピエール キュザン and Kei Tanaka :
「ラ・トゥールはカラヴァッジョ派か」(翻訳),
39, 2012.
11. アニー ド ヴァンブルシ and Kei Tanaka :
展覧会概要,
『印象派の誕生』(展覧会カタログ;翻訳), 9-13, 2011.
12. Kei Tanaka :
La Font de Saint-Yenne : sa vie et son oeuvre(1688-1771),
Bulletin, No.49, 11-26, 2011.
(CiNii: 110008457902)
13. Kei Tanaka :
ルーヴル美術館構想における奨励作品の複製版画計画,
聖学院大学総合研究所紀要, No.53, 277-310, 2011.
(CiNii: 40019484639)
14. Kei Tanaka :
フランス革命前夜のルーヴル美術館計画(一七五一-一七八九年),
Bulletin, No.47, 461-490, 2010.
(CiNii: 110007671212)
15. ジャクリーヌ ムンク and Kei Tanaka :
「モディリアーニの『危険なる美神』」(翻訳),
『モディリアーニ展』(展覧会カタログ), 198-209, 2008.

Academic Letter:

1. Hina Kawabata and Kei Tanaka :
「コロナ禍におけるホスピタルアートの普及を目指す取り組み」,
日本統合医療学会四国支部会報, No.13, 100-101, 2020.
2. Kei Tanaka :
「アートがつなぐ食と健康~『とくしま食のパレット展』の試み~」,
日本統合医療学会四国支部会報, No.13, 44-47, 2020.
3. Kei Tanaka :
「マスキングテープを活用したホスピタルアート制作」,
日本統合医療学会四国支部会報, No.13, 14-15, 2020.

Review, Commentary:

1. Kei Tanaka :
「パリのブレゲ,美の革命」,
『懐中時計礼賛本』, Feb. 2019.
2. Kei Tanaka :
服部春彦著『文化財の併合―フランス革命とナポレオン―』(書評),
西洋史学, Vol.263, 69-71, Jun. 2017.
3. Kei Tanaka :
「ルーヴル美術館展 日常を描く―風景画にみるヨーロッパ絵画の神髄,ロイヤル・アカデミー展―華麗なる英国美術の殿堂」(展覧会評),
Annual Bulletin of the Japanese Society for Eighteenth-Century Studies, No.30, 77-79, Jun. 2015.
(CiNii: 40021309600)
4. Kei Tanaka and 陳岡 めぐみ :
「関連年表」,「主要参考文献」,
『ユベール・ロベール 時間の庭』(展覧会カタログ), Mar. 2012.

Proceeding of Domestic Conference:

1. 吉田 歩生, 川端 ひな and Kei Tanaka :
「コロナ禍におけるマスキングテープを使ったホスピタルアートの意義―徳島大学におけるワークショップとコンテストの成果―」(ポスター発表),
アートミーツケア学会2020年度大会, Nov. 2020.
2. Kei Tanaka, Shinji Nagahiro, 羽鳥 晃司 and 小中 大地 :
「マスキングテープ・ミーツ・ホスピタル―医療機関でマスキングテープを活用する」,
アートミーツケア学会2020年度大会フリンジ企画(シンポジウム), Nov. 2020.
3. Kei Tanaka and Hina Kawabata :
「マスキングテープを用いたホスピタルアートの可能性」,
アートミーツケア学会2019年度大会, Nov. 2019.
4. Hina Kawabata and Kei Tanaka :
「マスキングテープによる階段アート制作の効用―徳島の病院の事例から―」(ポスター発表),
アートミーツケア学会2019年大会, Nov. 2019.
5. Kei Tanaka :
社会の中のアート~ルーヴル美術館からホスピタル・アートへ~,
人文知・社会知への誘い 第24回公開セミナー, Sep. 2019.
6. Hina Kawabata and Kei Tanaka :
「医療・福祉の現場におけるアートの活用 ―マスキングテープを用いた階段アートの試みー」(ポスター発表),
徳島県地域包括ケアシステム学会第3回学術集会, Aug. 2019.
7. Kei Tanaka :
「アンシァン・レジームの否定?―ルーヴル美術館開館時の展示」,
一橋大学「芸術と社会」研究会, Dec. 2018.
8. Kei Tanaka, Aiko Hiraoka and Konatsu Satoh :
「徳島大学病院階段アートプロジェクトについて」(ポスター発表),
アートミーツケア学会2018年度大会, Nov. 2018.
9. Kota Hattori, Akihiro Tsukamoto and Kei Tanaka :
The examination of Gauguin's color preference (poster presentation),
第27回 地理情報システム学会, Oct. 2018.
10. Kei Tanaka and Shinji Nagahiro :
「食の展示による心身健康増進と地域活性化の試みー「とくしま食のパレット」展の事例を通してー」(ポスター発表),
第2回徳島県地域包括システムケア学会, Aug. 2018.
11. Kota Hattori, Akihiro Tsukamoto and Kei Tanaka :
「ゴーギャン ー楽園への旅とパレットの変化ー」(ポスター発表),
第14回GISコミュニティフォーラム2018, May 2018.
12. Kei Tanaka :
「1793年8月10日,ルーヴル美術館の開館:展示内容と選択の背景」,
第171回(再編第46回)関西フランス史研究会例会, Oct. 2016.
13. Kei Tanaka :
「ルーヴル宮共和国美術館開館時の展示―1793 年8 月10 日」(ポスター発表),
第66回日本西洋史学会大会(於:慶應義塾大学三田キャンパス), May 2016.

Products:

1. Kei Tanaka :
「とくしま食のパレット-夏-」展(ホスピタル・ギャラリーbe展示),
Jun. 2018.
2. Kei Tanaka :
「とくしま食のパレット-春-」展(ホスピタル・ギャラリーbe展示),
Jan. 2018.

Et cetera, Workshop:

1. Kei Tanaka :
「美術が『公共』のものになるまで ―ルーヴル美術館の創設をめぐる事例を中心として―」,
青山学院大学経済学研究所ワークショップ「公共性とその限界:制度と歴史の観点から」, Jan. 2016.

Report:

1. Kei Tanaka :
ピエール=ジュリアン《プッサン像》(ルーヴル美術館)をめぐって (18世紀フランス美術の流通に関する研究-批評と版画を中心に),
『日本大学芸術学部 日本大学研究員研究報告書 第17回』, 48-54, Aug. 2018.
2. Kei Tanaka :
「奨励制作」の背景に関する一考察ーダンジヴィレの個人コレクションと私的注文ー(18世紀フランス美術の流通に関する研究-批評と版画を中心に),
『日本大学芸術学部 日本大学研究員研究報告書 第16回』, 48-54, Jul. 2017.
3. Kei Tanaka :
18世紀フランス美術の流通に関する研究-批評と版画を中心に,
『日本大学芸術学部 日本大学研究員研究報告書 第15回』, 39-45, Jul. 2016.
4. Kei Tanaka :
18世紀フランス美術の流通に関する研究-批評と版画を中心に,
『日本大学芸術学部 日本大学研究員研究報告書 第14回』, 61-65, Jul. 2015.
5. Kei Tanaka :
ダンジヴィレの奨励制作--自国史への関心と「フランス派」の形成 (「美術に関する調査研究の助成」研究報告) -- (2008年度助成),
The Kajima Foundation for the Arts annual report, No.26, 183-194, 2008.
(CiNii: 40016911047)

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Relationship between Paris and Provinces on the Museum Policy during the French Revolution - Distribution, Deposit and Delivery - (Project/Area Number: 19K01058 )
  • Plurality of thoughts in modern France and the French Revolution, from individual points of view (Project/Area Number: 15K02950 )
  • The Centralisation by the Art Politics in the French Revolution - Foundation of the Provincial Museums and Transfer of Art Works (Project/Area Number: 26770257 )
  • Inventing the national identity in the museum - from Old Regime to Revolution (Project/Area Number: 23720370 )
  • Search by Researcher Number (70586312)