検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 統合医薬創製科学系 > 有機合成薬学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704034 高齢化社会に対応する「虚弱」の評価・治療モダリティーの創出 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (選定) > 1703015 不良土壌を緑地化する革新的農薬PDMAの実用化に関する研究 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬資源学講座 (医薬創薬教育研究センター) > 有機合成薬学 >

研究活動

専門分野

有機合成化学 (Synthetic Organic Chemistry), 天然物化学 (Natural Products Chemistry)

研究テーマ

複雑骨格を有するアルカロイド類の不斉全合成研究, 強力な生物活性を有する天然化合物をリードとした医薬創製研究

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Tsukiho Hayashi, Ayumi Osawa, Takehiro Watanabe, Yoshiko Murata, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Development of 1,3a,6a-triazapentalene-labeled enterobactin as a fluorescence quenching sensor of iron ion,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.20, 1961-1964, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.04.011)
2.Mera Akane, Ito Masami, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Synthesis of 2,6-Disubstituted-1,3a,6a-Triazapentalenes and Their Fluorescence Properties,
Chemistry Letters, Vol.46, No.4, 539-542, 2017.
(DOI: 10.1246/cl.170078)
3.Takeuchi Kohei, Atsushi Nakayama, Tanino Keiji and Kosuke Namba :
Facile Guanidine Formation under Mild Acidic Conditions,
Synlett, Vol.27, No.18, 2591-2596, 2016.
(DOI: 10.1055/s-0035-1562478)
4.Atsushi Nakayama, Nishio Satoshi, Otani Akira, Mera Akane, Osawa Ayumi, Tanino keiji and Kosuke Namba :
Substituent Effect at C4-Position of 1,3a,6a-Triazapentalene,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 830-837, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00196,   PubMed: 27373639,   Elsevier: Scopus)
5.Masahiro Yoshida, Asuka Kobayashi, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Synthesis of functionalized 2,3-dihydropyrroles by oxidative radical cyclization of N-Sulfonyl β-enamino esters with alkenes,
Tetrahedron, Vol.72, No.20, 2544-2551, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tet.2016.03.055,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
6.Kosuke Namba, Kohei Takeuchi, Yukari Kaihara, Masataka Oda, Akira Nakayama, Atsushi Nakayama, Masahiro Yoshida and Keiji Tanino :
Total synthesis of palau'amine,
Nature Communications, Vol.6, 8731, 2015.
(DOI: 10.1038/ncomms9731,   PubMed: 26530707,   Elsevier: Scopus)
7.Laluces Mae Hannah, Atsushi Nakayama, Nonato Maribel, Cruz Edison dela Thomas and Tan Almoite Mario :
Antimicrobial alkaloids from the leaves of Pandanus amaryllifolius,
Journal of Applied Pharmaceutical Science, Vol.5, No.10, 151-153, 2015.
(DOI: 10.7324/JAPS.2015.501026)
8.Okano Akinori, Atsushi Nakayama, Wu Kejia, Lindsey A. Erick, Schammel W. Alex, Feng Yiqing, Collins C. Karen and Boger L. Dale :
Total Syntheses and Initial Evaluation of [Ψ[C(=S)NH]Tpg4]vancomycin, [Ψ[C(=NH)NH]Tpg4]vancomycin, [Ψ[CH2NH]Tpg4]vancomycin, and Their (4-Chlorobiphenyl)methyl Derivatives: Synergistic Binding Pocket and Peripheral Modifications for the Glycopeptide Antibiotics,
Journal of the American Chemical Society, Vol.137, No.10, 3693-3704, 2015.
(DOI: 10.1021/jacs.5b01008,   PubMed: 25750995,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
9.Akinori Okano, Atsushi Nakayama, Alex W Schammuel and Dale L. Boger :
Total Synthesis of [[C(=NH)NH]Tpg4]Vancomycin and its (4-Chlorobiphenyl)methyl Derivative: Impact of Peripheral Modifications on Vancomycin Analogs Redesigned for Dual D-Ala-D-Ala and D-Ala-D-Lac Binding,
Journal of the American Chemical Society, Vol.136, No.39, 13522-13525, 2014.
(DOI: 10.1021/ja507009a,   PubMed: 25211770,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.Atsushi Nakayama, Akinori Okano, Feng Yiqing, Collins C. James, Collins C. Karen, Walsh T. Christopher and Boger L. Dale :
Enzymatic Glycosylation of Vancomycin Aglycon: Completion of a Total Synthesis of Vancomycin and N- and C-Terminus Substituent Effects of the Aglycon Substrate,
Organic Letters, Vol.16, No.13, 3572-3575, 2014.
(DOI: 10.1021/ol501568t,   PubMed: 24954524,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
11.Atsushi Nakayama, Mariko Kitajima and Hiromitsu Takayama :
Syntheses of Fawcettimine-Type Lycopodium Alkaloids Utilizing the Pauson Khand Reaction,
Synlett, Vol.23, No.14, 2014-2024, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0032-1316680,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
12.Atsushi Nakayama, Kogure Noriyuki, Kitajima Mariko and Takayama Hiromitsu :
Asymmetric Total Synthesis of a Pentacyclic Lycopodium Alkaloid: Huperzine-Q,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.50, No.35, 8025-8028, 2011.
(DOI: 10.1002/anie.201103550,   PubMed: 21751323,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
13.Atsushi Nakayama, Kogure Noriyuki, Kitajima Mariko and Takayama Hiromitsu :
First Asymmetric Total Syntheses of Fawcettimine-Type Lycopodium Alkaloids, Lycoposerramine-C and Phlegmariurine-A,
Organic Letters, Vol.11, No.23, 5554-5557, 2009.
(DOI: 10.1021/ol902437t,   PubMed: 19891425)
14.Atsushi Nakayama, Noriyuki Kogure, Mariko Kitajima and Hiromitsu Takayama :
Straightforward Asymmetric Total Synthesis of (+)-Evodiamine, a Major Indole Alkaloid in Herbal Medicine Wu Zhu Yu,
Heterocycles, Vol.76, No.1, 861-865, 2008.
(CiNii: 40016208618,   Thomson Reuters: Web of Science™)

国際会議:

1.Atsushi Nakayama, Nakayama Shinichiro and Kosuke Namba :
Total Synthesis and Medicinal Study of Resorcylic Acid Lactone, LL-Z1640-2,
The 10th International Symposium. on Integrated Synthesis, Awaji, Hyogo, Japan, Nov. 2016.
2.Eisaku Ohashi, Kohei Takeuchi, Atsushi Nakayama, Keiji Tanino and Kosuke Namba :
Second Generation Synthetic Study on Palau'amine,
The 10th International Symposium on Integrated Synthesis, Awaji yumebutai International Conference Center, 兵庫県淡路市, Nov. 2016.
3.Kosuke Namba, Ayumi Osawa, Atsushi Nakayama, Akane Mera, Akira Otani and Keiji Tanino :
Synthesis of 1,3a,6a-triazapentalene derivatives and their interesting fluorescence properties,
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA, Dec. 2015.
4.Atsushi Nakayama :
Studies of Asymmetric Total Synthesis of Fawcettimine-type Lycopodium Alkaloids Based on Cobalt mediated Pauson-Khand Reaction,
Santo Tomas university, Dec. 2015.
5.Atsushi Nakayama :
Total Synthesis and SAR studies of Anti-tumor agent, LL-Z1640-2,
20th Annual Natural products Society of the Philippines Convention, Dec. 2015.

国内講演発表:

1.中山 淳, 佐藤 次朗, 難波 康祐 :
フジツボ着床阻害活性を有する天然物Eurotiumide Bの全合成と蛍光プローブへの展開,
2017年度日本付着生物学会総会・研究集会, 2017年3月.
2.佐藤 次朗, 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
Eurotiumide類の網羅的不斉全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
3.佐々木 彩花, 津川 稜, 西尾 賢, 向山 はるか, 占部 敦美, 鈴木 基史, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
アルカリ性不良土壌での農耕を指向したムギネ酸類の実用化研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
4.米良 茜, 小田 真隆, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
細菌類の迅速同定を目指した蛍光標識vivrioferrinの合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
5.牛山 和輝, 石川 裕大, 中山 淳, 須藤 宏城, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
(+)-LapidilectineBの全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
6.岡本 翼, 柴田 弥希, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
ピロールの触媒的分子内[4+3]環化付加反応の開発,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
7.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
8.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
9.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
10.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-triazapentalene類を用いた単分子白色発光化合物の創製と発光メカニズム研究,
第22回プロセス化学東四国フォーラムセミナー,徳島大学, 2017年1月.
11.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第42回反応と合成の進歩シンポジウム,静岡市清水文化会館マリナート, 2016年11月.
12.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
Ring-Closing-Metathesis反応を利用した天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
13.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
Ring-Closing-Metathesis反応を利用した天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
14.堤 大洋, 笠井 知世, 中山 淳, 難波 康祐 :
アシル化反応におけるDMAP触媒機構に関する研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
15.草加 裕基, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規AChE阻害剤の創製を目指したリコポセラミン-C(LS-C)の短段階合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
16.岡本 翼, 柴田 弥希, 中山 淳, 難波 康祐 :
ピロールの触媒的分子内[4+3]環化付加反応の開発,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
17.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-ペンタレンナノワイヤーの合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
18.牛山 和輝, 石川 裕大, 中山 淳, 須藤 宏城, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
(+)-LapidilectineBの全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
19.佐藤 次朗, 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
抗グラム陰性菌抗生物質Eurotiumide類の網羅的全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
20.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-triazapentalene類を用いた単分子白色発光化合物の創製と発光メカニズム研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
21.佐々木 彩花, 津川 稜, 向山 はるか, 西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
22.向山 はるか, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構の解明に向けたムギネ酸プローブの開発,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
23.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Kansuinine Aの不斉全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
24.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
25.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
26.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
27.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成と医薬化学研究,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2016年10月.
28.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力,徳島大学, 2016年10月.
29.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力, 2016年10月.
30.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力,徳島大学, 2016年10月.
31.中山 淳 :
天然マクロライドを基盤とした新規多発性骨髄腫治療剤の創製研究,
第32回若手化学者のための化学道場(松山2016), 2016年8月.
32.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
33.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
34.中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
TAK1阻害剤 LL-Z-1640-2の不斉全合成,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
35.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
36.中山 淳 :
アメリカ西海岸留学体験記:Postdoc in The Scripps Research Institute,
第51回 天然物化学談話会, 2016年7月.
37.中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
TAK1 LL-Z-1640-2,
創薬懇話会2016 in 蓼科, エクシブ蓼科, 2016年6月.
38.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
創薬懇話会2016 in 蓼科, エクシブ蓼科, 2016年6月.
39.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
2016年度第1回(第20回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 徳島大学, 2016年6月.
40.飯國 文香, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
希少イミノ糖Fagomine類の網羅的合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
41.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Kansuinine A の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
42.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
43.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 難波 康祐 :
Calyciphylline G の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
44.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成法の開発,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
45.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-トリアザペンタレンナノワイヤーの合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
46.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-Triazapentalene類の単分子白色発光への展開,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
47.中山 淳 :
耐性菌克服を指向したバンコマイシン誘導体の創製研究,
千葉大学薬学部 第9回化学系若手研究者講演会, 2015年12月.
48.中山 淳, Okano Akinori, Feng Yiqing, Schammel W. Alex, Boger L. Dale :
耐性菌克服を指向した[ψ[C=(NH)NH]Tpg4]vancomycin 誘導体の創製研究,
第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015年11月.
49.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成法の開発,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年11月.
50.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
51.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
グラム陰性菌の鉄取り込み機構解明を指向した鉄イオン応答型蛍光シデロフォアの開発,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
52.古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
53.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 難波 康祐 :
Calyciphylline G の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
54.財間 俊宏, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippine型アルカロイドDippinine B の不斉全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
55.中山 慎一郎, 中山 淳, 難波 康祐 :
LL-Z-1640-2 の不斉全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
56.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-トリアザペンタレンナノワイヤーの合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
57.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-トリアザペンタレン類の単分子白色発光への展開,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
58.飯國 文香, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
有機触媒を用いた希少イミノ糖Fagomine類の短段階合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
59.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
60.米良 茜, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
トリアザペンタレン類を用いた微生物迅速同定法の開発,
第5回CSJ化学フェスタ2015,タワーホール船堀, 2015年10月.
61.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
第32回有機合成セミナー,ニューウェルシティ湯河原, 2015年9月.
62.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
63.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
64.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
グラム陰性菌の鉄取り込み機構解明を指向した鉄イオン応答型蛍光シデロフォアの開発,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
65.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
1,3a,6a-Triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
第107回有機合成シンポジウム2015,慶應義塾大学, 2015年6月.
66.加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
プロパルギルスチリルエーテルの連続的異性化-[2+2]環化付加反応の開発,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
67.津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
68.吉田 昌裕, 小林 明日香, 中山 淳, 難波 康祐 :
一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[ポスター], 2015年3月.
69.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
70.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
71.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
72.笠井 知世, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
(+)-Furanonaphthoquinone Iの合成研究,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
73.柴田 弥希, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
Himandrineの全合成研究,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
74.米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
蛍光標識ビブリオフェリンの合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
75.水口 智貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
アルキニルアジリジンの1,5-水素移動を鍵とする置換ピぺリジンの立体選択的合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
76.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-Triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
2014年度第3回(第16回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2015年1月.
77.中山 淳 :
耐性菌克服を指向したバンコマイシン誘導体の創製研究,
平成26年度明治薬科大学若手研究者講話(東京), 2014年12月.
78.津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
79.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
Calyciphylline Gの全合成研究,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
80.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
81.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
82.大野 祥子, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いたプロパルギルアルコールと環状ジケトンの連続的環化反応,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
83.加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
フェニルプロパルギルエーテルの連続的異性化ー[2+2]環化付加反応の開発,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
84.米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭時, 難波 康祐 :
蛍光分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型蛍光シデロフォアへの応用,
2014年度第2回(第15回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年9月.
85.中山 淳, Akinori Okano, Feng Yiqing, Collins C. James, Collins C. Karen, Walsh T. Christopher, Boger L. Dale :
Enzymatic Glycosylation of Vancomycin Aglycon: Completion of a Total Synthesis of Vancomycin and N- and C-Terminus Substituent Effects of the Aglycon Substrate,
第31回有機合成化学セミナー(福岡), 2014年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 骨改善作用を併せ持つ新規多発性骨髄腫治療薬の創製研究 (研究課題/領域番号: 17K08365 )
  • 不良土壌を緑地化する革新的農薬の分子設計:ムギネ酸類のケミカルバイオロジー研究 (研究課題/領域番号: 16H03292 )
  • 天然マクロライドを基盤とした新規多発性骨髄腫治療剤の創製研究 (研究課題/領域番号: 15K18830 )
  • 研究者番号(60743408)による検索