検索:
徳島大学先端酵素学研究所基幹研究部門 (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

ライフサイエンス (Life sciences) [栄養学、健康科学 (Nutrition and health science)]
ライフサイエンス (Life sciences) [食品科学 (Food sciences)]
ライフサイエンス (Life sciences) [リハビリテーション科学 (Rehabilitation science)]
ライフサイエンス (Life sciences) [代謝、内分泌学 (Metabolism and endocrinology)]

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Akio Kuroda, Y Akehi, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, M Aiba, T Kawano, Seiichi Hashida and Munehide Matsuhisa :
Urinary adiponectin excretion is an early predictive marker of the decline of the renal function in patients with diabetes mellitus.,
Journal of Diabetes and its Complications, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jdiacomp.2021.107848,   PubMed: 33558151)
2. Toshihiro Watanabe, Yuki Fujimoto, Aya Morimoto, Mai Nishiyama, Akinori Kawai, Seiki Okada, Motohiro Aiba, Tomoharu Kawano, Mina Kawahigashi, Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Munehide Matsuhisa, Akiko Hata, Makoto Funaki and Seiichi Hashida :
Development of fully automated and ultrasensitive assays for urinary adiponectin and their application as novel biomarkers for diabetic kidney disease.,
Scientific Reports, Vol.10, No.1, 15869, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115617,   DOI: 10.1038/s41598-020-72494-6,   PubMed: 32985540)
3. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda and Munehide Matsuhisa :
Clinical impact of sarcopenia and dynapenia on diabetes.,
Diabetology International, Vol.10, No.3, 183-187, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114038,   DOI: 10.1007/s13340-019-00400-1,   PubMed: 31275784)
4. Yuichi Takashi, Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Kazuyuki Miyashita, Fumie Sakamoto, Naoto Katakami, Taka-Aki Matsuoka, Tetsuyuki Yasuda, Seiichi Hashida, Munehide Matsuhisa and Akio Kuroda :
Circulating osteocalcin as a bone-derived hormone is inversely correlated with body fat in patients with type 1 diabetes.,
PLoS ONE, Vol.14, No.5, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114023,   DOI: 10.1371/journal.pone.0216416,   PubMed: 31050684)
5. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Mami Ohishi, Yuichi Takashi, Yinhua Otsuka, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114022,   DOI: 10.1111/jdi.13014,   PubMed: 30677242)
6. Hiroyasu Mori and Yasunobu Tokuda :
Differences and overlap between sarcopenia and physical frailty in older community-dwelling Japanese.,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.28, No.1, 157-165, 2019.
(DOI: 10.6133/apjcn.201903_28(1).0021,   PubMed: 30896427)
7. Hiroyasu Mori and Yasunobu Tokuda :
Effect of whey protein supplementation after resistance exercise on the muscle mass and physical function of healthy older women: A randomized controlled trial.,
Geriatrics & Gerontology International, Vol.18, No.9, 1398-1404, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115110,   DOI: 10.1111/ggi.13499,   PubMed: 30113122)
8. Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Yuko Akehi, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Reiko Suzuki, Yinhua Otsuka and Munehide Matsuhisa :
Accuracy and Time Delay of Glucose Measurements of Continuous Glucose Monitoring and Bedside Artificial Pancreas During Hyperglycemic and Euglycemic Hyperinsulinemic Glucose Clamp Study.,
Journal of Diabetes Science and Technology, Vol.11, No.6, 1096-1100, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114040,   DOI: 10.1177/1932296817735122,   PubMed: 28992720)
9. Hiroyasu Mori and Yasunobu Tokuda :
Effect of increased daily intake of protein, combined with a program of resistance exercises, on the muscle mass and physical function of community-dwelling elderly women,
The Journal of Aging Research & Clinical Practice, Vol.6, No.1, 56-61, 2016.
(DOI: 10.14283/jarcp.2016.124)
10. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end products is a risk for muscle weakness in Japanese patients with type 1 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114021,   DOI: 10.1111/jdi.12582,   PubMed: 27727515)
11. Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111266,   DOI: 10.2152/jmi.62.126,   PubMed: 26399335,   Elsevier: Scopus)
12. Hiroyasu Mori :
Effect of timing of protein and carbohydrate intake after resistance exercise on nitrogen balance in trained and untrained young men.,
Journal of Physiological Anthropology, Vol.33, 2014.
(DOI: 10.1186/1880-6805-33-24,   PubMed: 25096224)

総説・解説:

1. 森 博康, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステムを活用した遠隔栄養指導の有用性と展望,
臨床栄養, Vol.135, No.1, 2019年7月.

国際会議:

1. Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yuichi Takashi, Mami Ohishi, Hiroyasu Mori, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Yinhua Otsuka, Yukari Tominaga and Munehide Matsuhisa :
Detection of Vascular Endothelial Cell DNA in the Circulation Using Dual Amplification Refractory Mutation System PCR.,
American Diabetes Association 79th Scientific Sessions, Jun. 2019.
2. Munehide Matsuhisa, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Ineko Takikawa, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Akio Kuroda :
The risk factors for rapid decline of renal function in Japanese patients with diabetes mellitus,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2018.

国内講演発表:

1. 森 博康, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安田 哲行, 馬屋 原豊, 清水 彩洋子, 良本 佳代子, 吉内 和富, 山本 恒彦, 下村 伊一郎, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるダイナぺニアとサルコペニアの臨床的特徴,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
2. 黒田 暁生, 石津 将, 鶴尾 美穂, 森 博康, 明比 祐子, 岡本 美鈴, 鈴木 麗子, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
持続グルコースモニタリングの推定HbA1c値と実測HbA1c値との解離に関する検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
3. 石津 将, 森 博康, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎症における尿アディポネクチンの意義(第2報),
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
4. 黒田 暁生, 石津 将, 鶴尾 美穂, 森 博康, 明比 祐子, 岡本 美鈴, 鈴木 麗子, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
持続グルコースモニタリングの推定HbA1c値と実測HbA1c値との解離に関する検討,
第20回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2020年9月.
5. 森 博康, 徳田 泰伸 :
サルコペニア治療を目的とした食事・運動療法の介入後の筋肉や筋力の長期的持続効果の検証,
第62回日本老年医学会学術集会, 2020年8月.
6. 森 博康, 黒田 暁生, 安田 哲行, 馬屋 原豊, 清水 彩洋子, 良本 佳代子, 吉内 和富, 山本 恒彦, 吉田 守美子, 松久 宗英 :
2型糖尿病のダイナぺニアの臨床的特徴の検討,
第54回日本成人病(生活習慣病)学会, 2020年1月.
7. 森万 理江, 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 松久 宗英, 阪上 浩 :
糖尿病および透析患者における味覚障害と舌味覚受容体発言の関連について,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
8. 鶴尾 美穂, 住友 正治, 小松 まち子, 大島 康志, 坂東 智子, 森 博康, 石津 将, 髙橋 保子, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 宇都宮 正登 :
徳島市医師会糖尿病腎症重症化予防パイロット事業後アンケート結果,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
9. 森 博康, 徳田 泰伸 :
サルコペニア治療を目的とした食事と運動療法の併用介入が筋肉量や身体機能に与える影響,
第9回日本リハビリテーション栄養学会年次学術集会, 2019年11月.
10. 森 博康, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
高齢糖尿病患者の肥満と筋障害との関連,
第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会, 2019年11月.
11. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 岡本 美鈴, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿中アディポネクチン排泄の臨床的意義,
第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会, 2019年11月.
12. 石津 将, 鶴尾 美穂, 豊崎 纏, 粟飯原 賢一, 坂東 智子, 住友 正治, 古川 浩, 宮本 泰文, 小松 まち子, 大島 康志, 桜井 えつ, 若槻 真吾, 岡川 和人, 林 正, 松村 光博, 小川 紘一, 安岡 正治, 細井 恵美子, 丸岡 重代, 西岡 恵子, 髙橋 保子, 森 博康, 松久 宗英, 宇都宮 正登 :
徳島市医師会糖尿病腎症重症化予防パイロット事業の報告,
第19回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2019年8月.
13. 鈴木 麗子, 森 博康, 石津 将, 玉木 悠, 谷口 諭, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
スマートスピーカーを活用した個別化糖尿病自己管理支援システムの開発 糖尿病患者の行動変容を目指して,
第19回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2019年8月.
14. 森 博康, 徳田 泰伸 :
サルコペニア治療を目的とした食事と運動療法の併用介入が栄養状態や身体機能,QOL改善に与える影響,
第61回日本老年医学会学術集会, 2019年6月.
15. 鶴尾 美穂, 豊﨑 纏, 小松 まち子, 住友 正治, 大島 康志, 粟飯原 賢一, 森 博康, 石津 将, 岡川 和人, 小川 絋一, 古川 浩, 桜井 えつ, 林 正, 坂東 智子, 細井 恵美子, 松村 光輝, 宮本 泰文, 保岡 正治, 高橋 保子, 丸岡 重代, 西岡 恵子, 宇都宮 正登, 松久 宗英 :
徳島市医師会糖尿病腎症重症化予防パイロット事業の取組,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
16. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 岡本 美鈴, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿中アディポネクチン排泄率の臨 床的意義の検討,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
17. 森 博康, 玉木 悠, 谷口 諭, 野村 友美, 大塚 銀花, 岡本 美鈴, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステム活用遠隔栄養指導が2型糖 尿病患者の病態や食行動に及ぼす影響:無作為化比較試験,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
18. 松久 宗英, 森 博康, 谷口 諭, 玉木 悠, 黒田 暁生 :
EHRと連携するPHR「電子糖尿病ダイア リー」,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム, 2019年5月.
19. 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 平野 春美, 土田 健司, 松久 宗英, 武田 憲昭, 阪上 浩 :
透析患者における味覚障害と味覚受容体T1R3遺伝子の発現の関連,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
20. 松久 宗英, 森 博康, 谷口 諭, 石津 将, 明比 祐子, 玉木 悠, 黒田 暁生 :
徳島県での地域医療連携基盤の構築とデータ利活用への試み,
第3回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会シンポジウム3, 2018年12月.
21. 石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿アディポネクチンの意義,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
22. 森 博康, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における肥満と筋傷害との関連の検証,
第39回日本肥満学会, 2018年10月.
23. 森 博康, 荒木 迪子, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1とサルコペニア合併に関する横断的検証,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
24. 森 博康, 玉木 悠, 谷口 諭, 野村 友美, 鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステムを用いた遠隔栄養指導の介入が2型糖尿病患者の代謝状態や食行動に与える影響,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
25. 谷口 諭, 玉木 悠, 森 博康, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 白神 敦久, 明比 祐子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
電子糖尿病ダイアリーの糖尿病患者の自己管理への効果と課題の検証,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
26. 森 博康, 徳田 泰伸 :
サルコペニア治療を目的とした食事と運動療法の併用介入が筋肉量や身体機能,QOL改善に与える影響・無作為比較化試験,
平成30年度全国栄養士大会, 2018年7月.
27. 髙士 祐一, 石津 将, 森 博康, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
骨産生ホルモンであるオステオカルシンは1型糖尿病患者の体脂肪を制御する,
第118回日本内科学会四国地方会, 2018年6月.
28. 髙士 祐一, 石津 将, 森 博康, 宮下 和幸, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝昭, 安田 哲行, 橋田 誠一, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
骨産生ホルモンucOCは1型糖尿病患者の体脂肪率と関係する,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
29. 森 博康, 鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 石津 将, 大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病腎症の急速進行に関連するリスク因子の検証:前向き観察研究,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
30. 田蒔 基行, 髙士 祐一, 乙田 敏城, 福本 誠二, 黒田 暁生, 明比 祐子, 森 博康, 谷口 諭, 鈴木 麗子, 山田 美鈴, 石津 将, 大石 真実, 白神 敦久, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
かかりつけ患者に対するSGLT2阻害薬の投与開始タイミングの特徴と投与開始後の体重・eGFR・ALT・脂質代謝の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
31. 藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森本 彩, 熊本 はな, 須藤 浩三, 吉田 智一, 森 博康, 松久 宗英, 秦 明子, 船木 真理, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
腎障害予測指標としての尿中アディポネクチンに関する検討,
第21回日本病態栄養学会年次学術集会, 2018年1月.
32. 大石 真実, 森 博康, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 石津 将, 阪上 浩, 松久 宗英 :
急速進行性糖尿病腎症に関連するリスク因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
33. 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における末梢神経障害の合併が骨格筋力の質的低下に及ぼす影響,
第32回日本糖尿病合併症学会, 2017年10月.
34. 藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森 博康, 秦 明子, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
尿中アディポネクチンの腎障害指標に関する研究,
第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月.
35. 藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森 博康, 秦 明子, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
尿中アディポネクチンの腎障害予測マーカーに関する検討,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
36. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
37. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGE蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
38. 谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHR自己測定機器と連係したPHRの開発と有用性の検証,
第60回日本糖尿病学会年次学術講演会抄録集, 2017年5月.
39. 藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森本 彩, 熊本 はな, 須藤 浩三, 吉田 智一, 森 博康, 松久 宗英, 秦 明子, 船木 真理, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
尿中アディポネクチンの腎障害予測マーカーに関する研究,
糖尿病, Vol.60, No.Suppl.1, 2017年5月.
40. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア羅患に及ぼす影響,
第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
41. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるサルコペニアのリスク因子解析,
第51回日本成人病学会学術集会, 2017年1月.
42. 大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 森 博康, 玉木 悠, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 荒木 迪子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
43. 谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHRと連係したPHRの開発と有用性の検証,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
44. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるAGE蓄積とサルコペニアとの関連の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
45. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
46. 谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHRとPHRの開発と従来の紙媒体記録との比較検証,
第16回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2016年9月.
47. 荒木 迪子, 森 博康, 鈴木 麗子, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1の低下とサルコペニア羅漢との関連,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
48. 谷口 諭, 松久 宗英, 森 博康, 黒田 暁生, 玉木 悠 :
PHR活用による糖尿病自己管理行動への効果の検討,
ITヘルスケア学会 第10回記念学術大会, 2016年5月.
49. 森 博康, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における皮下AGEsの蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
50. 森 博康, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 玉木 悠, 大塚 明廣, 野間 喜彦, 徳島県医師会糖尿病対策班 :
徳島県の糖尿病診療の現状と課題∼平成22年と26年の比較∼,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
51. 荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 多々納 浩, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
食事エネルギー密度は日本人2型糖尿病患者の肥満と関連する,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
52. 森 博康, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 玉木 悠, 野間 喜彦, 大塚 明廣 :
徳島県における糖尿病の治療中断と地域医療連携の推進に関連する医療側の課題の検討,
第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2015年8月.
53. 荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 鞍田 三貴, 福尾 惠介, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
低エネルギー密度食が2型糖尿病患者の食行動や代謝改善に与える効果の検討,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
54. 玉木 悠, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 森 博康 :
IHE統合プロファイルを用いた複数医療連携ネットワークを統合したEHRの構築,
第19回日本医療情報学会春季学術大会, 2015年6月.
55. 天満 仁, 堀江 徹, 森 博康, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGEと糖尿病血管合併症との関連の検討,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.

その他・研究会:

1. 玉木 悠, 松久 宗英, 森 博康, 谷口 諭 :
IHEITIを活用したID-Linkと連携した糖尿病向けPHRの研究開発,
第8回 全国ID-Link研究会, 2019年11月.
2. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
3. Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Akehi Yuko, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Suzuki Reiko, Hwa In and Munehide Matsuhisa :
The comparison of glucose readings of continuous glucose monitoring and bedside artificial pancreas during glucose clamp study,
American Diabetes Association 76th Scientific Sessions, Jun. 2016.
4. Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Akehi Yuko, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Suzuki Reiko, Hwa In and Munehide Matsuhisa :
The comparison of glucose readings of continuous glucose monitoring and bedside artificial pancreas during glucose clamp study,
Advanced Technologiies & Treatments for Diabetes, Feb. 2016.
5. Akio Kuroda, Tenma Jin, Horie Toru, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Munehide Matsuhisa :
Non-invasive measurement of skin autofluorescence as a beneficial surrogate marker for atherosclerosis in patients with type 2 diabetes.,
第75回アメリカ糖尿病学会ポスター発表, Jun. 2015.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 高齢糖尿病患者の疾患性サルコペニア治療を目的とした食事・運動療法の創出 (研究課題/領域番号: 18K17924 )
  • サルコぺニア予防のための安全かつ簡単な運動と効果的な栄養摂取プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 25750353 )
  • 研究者番号(80611772)による検索