検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域連携研究部門(医学域)寄附講座系(医学域)地域呼吸器・血液・代謝内科学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2104005 ミトコンドリア移植による加齢性病態,組織損傷,および治療抵抗性腫瘍に対する新規治療法の開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 安倍 正博 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
2019年6月.

学術論文(審査論文):

1. Shiho Masuda, Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Yukari Mitsui, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Harada, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Vascular Endothelial Function Is Associated with eGFR Slope in Female and Non-Smoking Male Individuals with Cardiovascular Risk Factors: A Pilot Study on the Predictive Value of FMD for Renal Prognosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118250,   DOI: 10.5551/jat.63987,   PubMed: 37081616)
2. Taiki Hori, Shingen Nakamura, Hiroki Yamagami, Saya Yasui, Minae Hosoki, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Harada, Akio Kuroda, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Phase angle and extracellular water-to-total body water ratio estimated by bioelectrical impedance analysis are associated with levels of hemoglobin and hematocrit in patients with diabetes.,
Heliyon, Vol.9, No.4, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118251,   DOI: 10.1016/j.heliyon.2023.e14724,   PubMed: 37057050)
3. Tomoyo Hara, Ryoko Uemoto, Akiko Sekine, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Hiroki Yamagami, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Yasumasa Ikeda, Itsuro Endo, Soichi Honda, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Kondo, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Hepatic Fibrosis of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 118258,   DOI: 10.5551/jat.63752,   PubMed: 36244745)
4. Asami Okada, Misuzu Yamada-Yamashita, Yukari Tominaga, Kyoka Jo, Hiroyasu Mori, Reiko Suzuki, Masashi Ishizu, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Koga, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Shoji Kagami, Masahiro Abe, Kevin Ferreri, Yoshio Fujitani, Munehide Matsuhisa and Akio Kuroda :
Novel method utilizing bisulfite conversion with dual amplification-refractory mutation system polymerase chain reaction to detect circulating pancreatic β-cell cfDNA.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.13, No.7, 1140-1148, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117206,   DOI: 10.1111/jdi.13806,   PubMed: 35396829)
5. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Hiromichi Yumoto, Hirokazu Uemura and Munehide Matsuhisa :
Effectiveness of a Diabetes Oral Nursing Program Including a Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool for Nurses (M-DiOHAT©): A 12-Month Follow-Up Intervention Study,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.1,2, 86-96, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117017,   DOI: 10.2152/jmi.69.86,   PubMed: 35466152)
6. Yukari Mitsui, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Yuko Akehi, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Munehide Matsuhisa :
Basal insulin requirement in patients with type 1 diabetes depends on the age and body mass index.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.13, No.2, 292-298, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116546,   DOI: 10.1111/jdi.13547,   PubMed: 33740836)
7. Masato Miyake, Mitsuaki Sobajima, Kiyoe Kurahashi, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Akira Otaka, Tomohide Saio, Naoki Sakane, Hidetaka Kosako and Seiichi Oyadomari :
Identification of an endoplasmic reticulum proteostasis modulator that enhances insulin production in pancreatic β cells.,
Cell Chemical Biology, Vol.29, No.6, 996-1009.e9, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116761,   DOI: 10.1016/j.chembiol.2022.01.002,   PubMed: 35143772)
8. Yukari Mitsui, Yuto Iizuka, Tomoaki Tanaka, Tomoyo Hara, Shiho Masuda, Yukiyo Ohnishi, Mai Kanai, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Kondo, Toshiko Kanezaki, Yasumi Shintani, Hiroki Yamagami, Hiroyuki Yamaguchi, Yuichi Fujinaka, Kana Morimoto, Atsuhisa Shirakami, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Itsuro Endo :
An attempt to create a treatment algorithm of central adrenal insufficiency using CRH test, DHEA-S and clinical evaluation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.3.4, 287-293, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117738,   DOI: 10.2152/jmi.69.287,   PubMed: 36244782)
9. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
循環血中遊離 DNA を用いた膵β細胞傷害の新規検出法の確立,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5,6, 249-245, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 117138,   CiNii: 1050292317645976448)
10. 木村 蘭子, 倉橋 清衛, 細木 美苗, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
繰り返す脆弱性骨折を契機に発見されたクッシング症候群の一例,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 269-274, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 116832,   CiNii: 1050573637786980224)
11. 吉川 紘平, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 河田 沙紀, 川原 綾香, 森 建介, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
TIA様症状を契機に診断されたインスリノーマの1例,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 275-280, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 116831,   CiNii: 1050855112792865536)
12. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1, 317-322, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115801,   CiNii: 1050568937749256704)
13. Tomoyo Hara, Ryoko Uemoto, Akiko Sekine, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Yasumasa Ikeda, Itsuro Endo, Soichi Honda, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Kondo, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Albuminuria and Its Annual Deterioration in Patients with Diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116545,   DOI: 10.1111/jdi.13602,   PubMed: 34043882)
14. 桝田 志保, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 轟 貴史, 安倍 正博 :
診断に時間を要した高齢者の甲状腺クリーゼの1例,
日本老年医学会雑誌, Vol.58, No.1, 158-163, 2021年.
(DOI: 10.3143/geriatrics.58.158,   CiNii: 1390568772520282112)
15. Akira Takashima, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Kiyoe Kurahashi, Yuko Kojima, Robert Zheng, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Sumiko Yoshida, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Congenital Hypogonadotropic Hypogonadism with Early-Onset Coronary Artery Disease.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 189-191, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116019,   DOI: 10.2152/jmi.68.189,   PubMed: 33994469)
16. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
多職種連携と患者特性に配慮したケアを行った高度肥満症の一例,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 317-322, 2020年.
(CiNii: 1050568937749256704)
17. 岩坂 麻衣子, 矢田 未央, 久保 宜明, 倉橋 清衛 :
腹壁遠心性脂肪萎縮症の1例,
皮膚科の臨床, Vol.62, No.13, 1929-1932, 2020年.
(DOI: 10.18888/hi.0000002309,   CiNii: 1390568456343666560)
18. 桑村 由美, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 澄川 真珠子, 坂本 英次郎, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 湯本 浩通, 上村 浩一, 岡本 美鈴, 大和 光, 松久 宗英, 遠藤 逸朗, 岸田 佐智 :
糖尿病患者の口腔保健行動アセスメントツールを用いた看護支援プログラムの評価,
糖尿病, Vol.63, No.Supplement, S117, 2020年.
19. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
Modified diabetes oral health assessment tool (M-DiOHAT©) for nurses and their association with efficacy beliefs and outcome expectancies in patients with diabetes,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.18, No.1, 13-26, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114058,   DOI: 10.32273/jni.JNI_018_013)
20. Kenji Nishimura, Taichi Murakami, Toshihiro Sakurai, Masashi Miyoshi, Kiyoe Kurahashi, Seiji Kishi, Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Sumiko Yoshida, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Shu-Ping Hui, Kazuhiko Kotani and Toshio Doi :
Circulating Apolipoprotein L1 is associated with insulin resistance-induced abnormal lipid metabolism.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 14869, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114663,   DOI: 10.1038/s41598-019-51367-7,   PubMed: 31619724)
21. 松田 宙也, 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
症状発現から診断までに半年を要したACTH単独欠損症の一例,
四国医学雑誌, Vol.75, No.1, 2, 69-74, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113765,   CiNii: 1050845763703567104)
22. Dong Bingzi, Itsuro Endo, Ohnishi Yukoyo, Mitsui Yukari, Kiyoe Kurahashi, Mai Kanai, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Persistent Activation of Calcium-Sensing Receptor Suppresses Bone Turnover, Increases Microcracks, and Decreases Bone Strength.,
JBMR Plus, Vol.3, No.7, e10182, 2019.
(DOI: 10.1002/jbm4.10182,   PubMed: 31372589)
23. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Mami Ohishi, Yuichi Takashi, Yinhua Otsuka, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114022,   DOI: 10.1111/jdi.13014,   PubMed: 30677242)
24. Ariunzaya Bat-Erdene, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Masami Iwasa, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Kengo Udaka, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo and Masahiro Abe :
Class 1 HDAC and HDAC6 inhibition inversely regulates CD38 induction in myeloma cells via interferon-α and ATRA.,
British Journal of Haematology, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113393,   DOI: 10.1111/bjh.15673,   PubMed: 30474853,   Elsevier: Scopus)
25. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masami Iwasa, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 is a critical target for treatment of osteoclastogenesis enhanced in myeloma.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.4, 581-585, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112935,   DOI: 10.1111/bjh.14388,   PubMed: 27748523)
26. Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Masahiro Abe :
Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.2, 246-258, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112752,   DOI: 10.1111/bjh.15033,   PubMed: 29327347,   Elsevier: Scopus)
27. Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Aihara Kenichi, Mariko Ikuo, Kouji Itou, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Masahiro Abe :
Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia.,
Oncotarget, Vol.9, No.12, 10307-10316, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113059,   DOI: 10.18632/oncotarget.23121,   PubMed: 29535808,   Elsevier: Scopus)
28. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
29. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Keiichiro Watanabe, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kenichi Aihara, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition subverts the osteoclastogenic action of TRAIL while potentiating its antimyeloma effects.,
Blood Advances, Vol.1, No.24, 2124-2137, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111724,   DOI: 10.1182/bloodadvances.2017008813,   PubMed: 29296860)
30. Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Kana Morimoto, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.,
Internal Medicine, Vol.56, No.18, 2455-2461, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114396,   DOI: 10.2169/internalmedicine.8223-16,   PubMed: 28824054,   Elsevier: Scopus)
31. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110925,   DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
32. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukari Ooguro, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Suppression of the Hypothalamic-pituitary-adrenal Axis by Maximum Androgen Blockade in a Patient with Prostate Cancer.,
Internal Medicine, Vol.55, No.24, 3623-3626, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114392,   DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7359,   PubMed: 27980263,   Elsevier: Scopus)
33. Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Shingen Nakamura, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Yoshiaki Kuroda, Hideaki Horikawa, Eiji Tanaka, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
A vicious cycle between acid sensing and survival signaling in myeloma cells: acid-induced epigenetic alteration.,
Oncotarget, Vol.7, No.43, 70447-70461, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113048,   DOI: 10.18632/oncotarget.11927,   PubMed: 27626482)
34. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Ohnishi Yukiyo, Dong Bingzi, Oguro Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yuichi Fujinaka, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Seiji Fukumoto, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen levels are associated with carotid atherosclerosis in patients with cardiovascular risk factors.,
Endocrine Journal, Vol.63, No.4, 397-404, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109666,   DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0589,   PubMed: 26877258,   Elsevier: Scopus)
35. Masato Miyake, Akitoshi Nomura, Atsushi Ogura, Kenji Takehana, Yoshihiro Kitahara, Kazuna Takahara, Kazue Tsugawa, Chinobu Miyamoto, Naoko Miura, Ryosuke Sato, Kiyoe Kurahashi, P Heather Harding, Miho Oyadomari, David Ron and Seiichi Oyadomari :
Skeletal muscle-specific eukaryotic translation initiation factor 2 phosphorylation controls amino acid metabolism and fibroblast growth factor 21-mediated non-cell-autonomous energy metabolism.,
The FASEB journal, Vol.30, No.2, 798-812, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 115105,   DOI: 10.1096/fj.15-275990,   PubMed: 26487695,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 安井 夏生, 親泊 政一 :
小胞体ストレス伝達蛋白質ATF4βは成長軟骨細胞の機能成熟に重要である,
Pharma Medica, Vol.31, No.2, 163, 2013年2月.
2. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋での小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化によるエネルギー消費の制御と抗肥満作用,
Pharma Medica, Vol.31, No.2, 161, 2013年2月.

国際会議:

1. Hiroki Yamagami, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of clinical factors involved in AGE accumulation in people with type 2 diabetes,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Jul. 2023.
2. Yosuke Kaneko, Saya Yasui, Minae Hosoi, Akihiro Tani, Hiroki Yamagami, Hiroyasu Mori, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Takeshi Soeki, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Dehydroepiandrosterone sulfate and skeletal muscle disorders in patients with type 2 diabetes,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Tokyo, Jul. 2023.
3. Yumi Kuwamura, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Hiromichi Yumoto, Maki Hosoki, Yukihiro Momota, Ken-ichi Aihara, Masuko Sumikawa, Hirokazu Uemura, Munehide Matsuhisa and Itsuro Endo :
Evaluation of Nursing Educational Material on Oral Health Behavior of Persons with Diabetes: Part 3 -- Physicians' Survey,
International Diabetes Federation Western Pacific Congress 2023 /15th Scientific Meeting of Asian Association for the study of Diabetes, Kyoto, Japan, Jul. 2023.
4. Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Clinical factors and glycemic control in Japanese people with type 2 diabetes treated with weekly Dulaglutide at a dose of 0.75 mg,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Jul. 2023.
5. Minae Hosoki, Hiroki Yamagami, Taiki Hori, Saya Yasui, Tomoyo Hara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Pharmaceutical Influences on In-hospital Death in Patients with and Those without Diabetes at a Japanese General Hospital,
The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Oct. 2022.
6. Shiho Masuda, Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Mitsui Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Evaluation of Vascular Function for Prediction of Renal Prognosis in Japanese Patients with Lifestyle-Related Diseases,
The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Oct. 2022.
7. Takeshi Harada, Asuka Oda, Yosuke Matsushita, Ryohei Sumitani, Yusuke Inoue, Tomoyo Hara, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoko Maruhashi, Mamiko Takahashi, Kiyoe Kurahashi, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Toyomasa Katagiri and Masahiro Abe :
ADAR1-dsRNA metabolism in myeloma cells with 1q amplification: a novel therapeutic target,
19th International Myeloma Society Annual Meeting, Aug. 2022.
8. Tomoyo Hara, Mitsui Yukari, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma heparin cofactor activity is inversely associated with the development NAFLD in patients with diabetes,
American Diabetes Association 82nd Scientific Sessions, Jun. 2022.
9. Hiroki Yamagami, Yasui Saya, Hosoki Minae, Hori Taiki, Tomoyo Hara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Skin autofluorescence is associated with tubular injury represented by urinary excretion of liver-type fatty acid-binding protein in patients with diabetes,
American Diabetes Association 82nd Scientific Sessions, Jun. 2022.
10. Tomoyo Hara, Mitsui Yukari, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Heparin cofactor II prevents the development of albuminuria in patients with diabetes,
EASD 2021 57th Annual Meeting, Sep. 2021.
11. Tomoyo Hara, H Yamagami, Y Mitsui, S Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma heparin cofactor activity is inversely associated with the development NAFLD in patients with diabetes,
American Diabetes Association 80th Scientific Session, Chicago, Jun. 2020.
12. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Akio Kuroda, Hikari Yamato, Misuzu Okamoto, Hirokazu Uemura, Daisuke Hinode, Hiromichi Yumoto, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo and Sachi Kishida :
Oral health behaviors of outpatients with diabetes based on the Revised Diabetes Oral Health Assessment Tool for nurses,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.Supplement1, 26, Sendai-City, Miyagi Prefecture, May 2019.
13. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
The Relationship Between the Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool© for Nurses, Self-Efficacy Scale, and Outcome Expectancy Scale for Self-Care of Patients with Periodontal Disease,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 63, Aug. 2018.
14. Keisuke Kitakaze, Kiyoe Kurahashi, Masato Miyake, Yoshimasa Hamada, Miho Oyadomari and Seiichi Oyadomari :
Targeted Deletion of ATF4 in β-cells Leads to the Vulnerability and Dedifferentiation During ER Stress,
American Diabetes Association 78th scientific sessions, Jun. 2018.
15. Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yukari Tominaga, Reiko Suzuki, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Otsuka, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Kevin Ferreri and Munehide Matsuhisa :
Detection of pancreatic beta cell DNA in the circulation using the amplification refractory mustation system PCR,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
16. Munehide Matsuhisa, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Ineko Takikawa, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Akio Kuroda :
The risk factors for rapid decline of renal function in Japanese patients with diabetes mellitus,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
17. Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Masahiro Abe :
Changes of oxidative stress markers in patient of diabetes educational hospitalization.,
The Endocrine Society's Annual Meeting 2018, Chicago, Mar. 2018.
18. Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara :
Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
19. Ken-ichi Aihara, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Masahiro Abe :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is associated with albuminuria in humans and mice.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
20. Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Nakamura Maiko, Ohnishi Yukiyo, Takeshi Kondo, Aizawa Shinichi, Toshio Matsumoto, Seiji Fukumoto and Masahiro Abe :
Glucose intolerance induced by persistent activation of calcium-sensing receptor,
American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, Atlanta, Sep. 2016.
21. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma,
American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, Atlanta, Sep. 2016.
22. Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of sodium restriction-induced blood pressure reduction in hospitalized patients with type 2 diabetes mellitus,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
23. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, nishi Oh Yukiyo, Bingzi Dong, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Masahiro Abe, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen, as a marker for systemic atherosclerosis,
ANZBMS 2015 Annual Meeting, Hobart, Sep. 2015.
24. Kiyoe Kurahashi, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, Miho Oyadomari, Kazuna Takahara, 木村 千寿子, Masato Miyake, Toshio Matsumoto and Seiichi Oyadomari :
Saturated Fatty Acids Predominantly Activate PERK Pathway via Altered Composition of the Endoplasmic Reticulum Membrane, and Reduce Insulin Secretion in Pancreatic Cell by Translation Attenuation,
75th ADA scientific sessions, Jun. 2015.
25. Masato Miyake, Kiyoe Kurahashi and Seiichi Oyadomari :
Identification and Characterization of a Small-molecule Inducer of ATF4 for Promoting Insulin Synthesis in Pancreatic cells,
74th ADA Scientific Sessions, Jun. 2014.
26. Nomura Akitoshi, Masato Miyake, Atsushi Ogura, Kiyoe Kurahashi, Mori Tomoko, Tsugawa Kazue, Miyamoto Chinobu, Miho Oyadomari and Seiichi Oyadomari :
Role of the PERK signaling pathway in metabolic process,
International Symposium Hannover-Tokushima Research Communication, Aug. 2013.
27. Masato Miyake, NOMURA AKITOSHI, Atsushi Ogura, Kazuna Takahara, Kiyoe Kurahashi, Ryosuke Sato, Miho Oyadomari, Hiroshi Inoue and Seiichi Oyadomari :
Phosphorylation of eIF2 in skeletal muscle increases energy expenditure and are resistant to diet induced obesity.,
The American Diabetes Association's 73nd Scientific Sessions, Jul. 2013.

国内講演発表:

1. 桑村 由美, 瀧川 稲子, 湯本 浩通, 細木 眞紀, 桃田 幸弘, 澄川 真珠子, 倉橋 清衛, 上村 浩一 :
糖尿病患者への口腔保健行動の看護支援教材の作成に向けて ー第4報 看護師を対象とした調査,
第28回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, Vol.27, 149, 2023年9月.
2. 原 倫世, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 中村 信元, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
2 型糖尿病患者における血圧・血糖管理目標達成下での腎糸球体・尿細管障害のリスク因子の検討,
第45回日本高血圧学会総会, 2023年9月.
3. 山上 紘規, 原 倫世, 答島 悠貴, 浅井 孝仁, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
2型糖尿病患者のSkin autofluorscenceを規定する因子の検討,
第96回日本内分泌学会学術総会, 2023年6月.
4. 山上 紘規, 原 倫世, 答島 悠, 浅井 孝, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
2型糖尿病患者のAGEs蓄積に関わる臨床的因子の解析,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
5. 答島 悠貴, 原 倫世, 浅井 孝, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
当院におけるインスリングラルギン/リキシセナチド (iGlarLixi)導入症例の臨床背景および効果の検討,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
6. 桑村 由美, 湯本 浩通, 細木 眞紀, 桃田 幸弘, 澄川 真珠子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子 :
糖尿病がある人の口腔保健行動のチームでの支援にむけて 第2報 ブラッシングの継続支援の工夫に焦点をあてた報告,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.66, No.Supplement, S-316, 2023年5月.
7. 原 倫世, 答島 悠貴, 浅井 孝仁, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における腎糸球体および尿細管障害特異的なリスク因子の臨床的検討,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
8. 答島 悠貴, 原 倫世, 浅井 孝仁, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
首下がりを契機に診断に至ったCushing病の一例,
内科学会第127回四国地方会, 2022年12月.
9. 答島 悠貴, 三井 由加里, 浅井 孝仁, 原 倫世, 山上 紘規, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 安倍 正博, 松久 宗英 :
レパグリニドとクロピドグレルの併用による遷延性低血糖を認めた一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第60回総会, 2022年11月.
10. 原 倫世, 倉橋 清衛, 濱野 裕章, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
デュラグルチド使用中患者の HbA1c管理に影響を与える因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第60回総会, 2022年11月.
11. 桑村 由美, 湯本 浩通, 細木 眞紀, 桃田 幸弘, 澄川 真珠子, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 瀧川 稲子 :
糖尿病をもつ人の口腔保健行動のチームでの支援にむけて 第1報 歯科医師による口腔保健行動の支援と看護師への期待,
第27回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, Vol.26, 145, 2022年9月.
12. 答島 悠貴, 原 倫世, 浅井 孝仁, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
低ALP血症を契機として,ALPL遺伝子解析を行い診断に至った成人型低ホスファターゼ血症の一例,
第22回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2022年9月.
13. 原 倫世, 浅井 孝仁, 答島 悠貴, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 福本 誠二, 遠藤 逸朗 :
授乳中にPTHrP上昇による高Ca血症を呈した一例,
第22回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2022年9月.
14. 三井 由加里, 黒田 暁生, 原 倫世, 山上 紘規, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
持続皮下インスリン注入療法下 1 型糖尿病合併妊娠における分娩直後のインスリン投与設定変更の提案,
第22回日本糖尿病インフォマティクス学会年次学術集会, 2022年8月.
15. 桝田 志保, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者のeGFR年間変化量予測における血管内皮機能の意義,
第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2022年7月.
16. 原 倫世, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第8回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2022年6月.
17. 吉田 守美子, 辻 誠一郎, 倉橋 清衛, 宮 恵子, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 水口 潤, 中村 信元, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
透析患者における新型コロナワクチン抗体と糖尿病の関連の検討,
第 65 回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年5月.
18. 桑村 由美, 澄川 真珠子, 湯本 浩通, 細木 眞紀, 桃田 幸弘, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 上村 浩一 :
コロナ禍で実施された糖尿病患者への教育・指導の方法についての文献による検討,
第65回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.65, No.Supplement, S233, 2022年5月.
19. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 宮 恵子, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 水口 潤, 中村 信元, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
透析患者における新型コロナワクチン抗体と糖尿病の関連の検討,
糖尿病, Vol.65, No.Suppl.1, S-165, 2022年4月.
20. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
精神疾患とうつ尺度が減量入院効果に及ぼす影響,
第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会, 2022年3月.
21. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を重視した2週間の減量入院後の減量効果の検討,
第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会, 2022年3月.
22. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を重視した2週間の減量入院後の減量効果の検討,
第42回日本肥満学会 第39回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年3月.
23. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
精神疾患とうつ尺度が減量入院効果に及ぼす影響,
第42回日本肥満学会 第39回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年3月.
24. 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
低Mg血症によるPTH分泌不全により著明な低Ca血症を来した一例,
第33回日本老年医学会四国地方会, 2022年1月.
25. 森 建介, 倉橋 清衛, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 高丸 利加子, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 西岡 安彦, 安倍 正博 :
失語症のため治療説明に難渋し方針決定が遅れた異所性ACTH症候群の1例,
第33回日本老年医学会四国地方会, 2022年1月.
26. 田中 翔, 張 拓未, 藤原 一成, 野村 侑香, 松田 和子, 長井 輝幸, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, Ganbaatar Byambasuren, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
ミトコンドリア移植による乳癌新規治療法開発の試み,
第45回徳島県医学検査学会, 2021年12月.
27. 長井 輝幸, 松田 和子, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, Ganbaatar Byambasuren, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
健常ミトコンドリア産生工場としての間葉系幹細胞,
第45回徳島県医学検査学会, 2021年12月.
28. 青山 理央, 川原 綾香, 倉橋 清衛, 原 倫世, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松久 宗英, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
1型糖尿病とバセドウ病を同時に診断した1例,
日本内科学会 第125回 四国地方会, 2021年12月.
29. 高岡 俊, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
レンバチニブで破壊性甲状腺炎をきたし,医原性副腎皮質機能低下症による副腎不全が顕在化した一例,
日本内科学会 第125回 四国地方会, 2021年12月.
30. 桝田 志保, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者におけるeGFR年間変化量と血管内皮機能の連関解析,
第6回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会, 2021年12月.
31. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関,
第6回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会, 2021年12月.
32. 河田 沙紀, 原 倫世, 吉田 守美子, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
アルドステロンを含む3種のホルモン産生副腎皮質癌の一例,
第32回臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
33. 平岡 栞名, 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 坂東 良美, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
アドレナリン優位の上昇を示したパラガングリオーマの1例,
第31回臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
34. 河田 沙紀, 原 倫世, 吉田 守美子, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
アルドステロンを含む3種のホルモン産生性副腎皮質癌の一例,
第31回 臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
35. 森 建介, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
10cmの右大腿部腫瘤を原因とする腫瘍性骨軟化症の1例,
第31回臨床内分泌Update, 2021年11月.
36. 吉田 守美子, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 原 倫世, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
新型コロナワクチン投与後に発症した亜急性甲状腺炎の1例,
第64回日本甲状腺学会学術集会, 2021年11月.
37. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 河田 沙紀, 金子 遥祐, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
肝膿瘍とサイトメガロウイルス胃炎を合併した2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
38. 金子 遥祐, 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
PD-1抗体が1型糖尿病発症に関与したと考えられる非典型的な3例(29文字),
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
39. 河田 沙紀, 倉橋 清衛, 川原 綾香, 金子 遥祐, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
糖尿病ケトアシドーシスが改善後にケトーシスが再燃した2型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
40. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
1型糖尿病患者における膵β細胞傷害の定量化の試み,
日本糖尿病学会中国四国地方会第59回総会, 2021年10月.
41. 川原 綾香, 原 倫世, 平岡 栞名, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
前立腺癌の副腎転移が123I-MIBGシンチグラフィ陽性を示した1例,
第21回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2021年9月.
42. 金子 遥祐, 倉橋 清衛, 水口 槙子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
急速に右動眼神経麻痺が悪化したが,速やかに外科治療を行い寛解しえた13歳のクッシング病の一例,
第21回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2021年9月.
43. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
循環血中遊離DNAを用いた膵β細胞障害の新規検出法の確立,
第263回徳島医学会学術集会, 2021年8月.
44. 吉川 紘平, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 河田 沙紀, 川原 綾香, 森 健介, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
TIA様発作を契機に診断されたインスリノーマの一例,
第263回徳島医学会, 2021年8月.
45. 桑村 由美, 澄川 真珠子, 細木 眞紀, 湯本 浩通, 桃田 幸弘, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 上村 浩一 :
糖尿病患者の口腔保健行動の看護支援のための教育教材の開発に向けてー第1報 糖尿病患者の義歯に関する文献検討,
糖尿病, Vol.64, No.Supplement, 2021年5月.
46. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 宮高 紘輔, 細木 美苗, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を中心とした2週間の減量入院プログラムの退院後の減量効果,
第64回日本糖尿病学会年次学術集会, 2021年5月.
47. 原 倫世, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者のアルブミン尿増加に関わる臨床因子の横断および縦断解析,
第9回日本高血圧学会臨床高血圧フォーラム, 2021年5月.
48. 遠藤 理子, 倉橋 清衛, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
慢性膵炎の急性増悪を繰り返し,仮性脾動脈瘤の急速な増大を認めた一例,
第124回日本内科学会四国地方会(WEB開催), 2021年5月.
49. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
血漿 Heparin Cofactor || 活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第94回日本内分泌学会学術総会, 2021年4月.
50. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第94回日本内分泌学会学術総会, 2021年4月.
51. 金井 麻衣, 長井 輝幸, 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 瀬部 真由, 阪上 浩, 福本 誠二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性骨格筋萎縮の改善,
日本内分泌学会雑誌, Vol.97, No.1, 365, 2021年4月.
52. 木村 蘭子, 倉橋 清衛, 細木 美, 辻 誠司郎, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
繰り返す脆弱性骨折を契機に発見されたクッシング症候群の一例,
第262回徳島医学会学術集会, 2021年3月.
53. 細木 美苗, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 宮高 紘輔, 辻 誠士郎, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
持続血糖モニタリングシステムを使用した遠隔診療が有効であった高齢1型糖尿病の2症例,
第32回日本老年医学会四国地方会, 2021年2月.
54. 長井 輝幸, 吉本 ちひろ, 松田 和子, 相原 苑果, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, 安倍 正博, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性筋萎縮の改善,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
55. 金山 涼加, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 岡本 耕一, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 高山 哲治, 安倍 正博 :
潰瘍性大腸炎とバセドウ病の治療中に汎血球減少を契機に自己免疫性胃炎が判明した一例,
第123回日本内科学会四国地方会, 2020年11月.
56. 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 平岡 栞名, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
推奨量のヒドロコルチゾン補充で症状が改善しなかった中枢性副腎不全の一例,
第123回日本内科学会四国地方会, 2020年11月.
57. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
副腎皮質癌と舌癌を合併しがんゲノム検査を施行した一例,
第30回臨床内分泌代謝Update, 2020年11月.
58. 宮髙 紘輔, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
glioblastomaを発症した神経線維腫症1型の1例,
第30回臨床内分泌代謝Update, 2020年11月.
59. 細木 美苗, 三井 由加里, 平岡 栞名, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
顕性Cushing症候群を示し片側副腎切除を施行したBMAHの一例,
第30回 臨床内分泌代謝update, 2020年11月.
60. 平岡 栞名, 三井 由加里, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 辻 誠士朗, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 安倍 正博, 松久 宗英 :
原田病,重症筋無力症を合併した1型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
61. 辻 誠士朗, 倉橋 清衛, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 三井 由加里, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
びまん性膵腫大を契機に膵癌再発と診断したGAD抗体陽性の糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
62. 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
血糖管理入院でのテストステロン値の変化の検討,
第63回日本糖尿病学会年次学術集会, 2020年10月.
63. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 安倍 正博, 福本 誠二 :
家族歴を有するFGF23関連低リン血症性骨軟化症の一例,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 150, 2020年10月.
64. 倉橋 清衛, 村井 純平, 堀 太貴, 住谷 龍平, 原田 武志, 中村 信元, 金井 麻衣, 櫻井 明子, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博, 福本 誠二 :
高1,25(OH)2D血症による高Ca血症を来したホジキンリンパ腫の一例,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 150, 2020年10月.
65. 宮髙 紘輔, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 辻誠 士郎, 三井 由加里, 明比 祐子, 遠藤 逸朗 :
血中IgG4濃度が高値であった甲状腺眼症の一例,
第20回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2020年9月.
66. 原 倫世, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗 :
当院での高張食塩水負荷試験実施例における新旧中枢性尿崩症診断基準の比較,
第20回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2020年9月.
67. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより 自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
68. 平岡 栞名, 三井 由加里, 三木 浩和, 佐藤 正大, 東 桃代, 遠藤 ふうり, 宮髙 紘輔, 辻誠 士郎, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
発熱・全身リンパ節腫脹で発症し,リンパ節生検で診断しえた結核性リンパ節炎の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
69. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
NAFLD病態指標血漿Heparin Cofactor IIの連関,
第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年8月.
70. 三井 由香里, 飯塚 裕斗, 田中 智明, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 山上 紘規, 藤中 雄一, 森本 佳奈, 白神 敦久, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
CRH負荷試験による副腎皮質機能低下症·不全症カットオフ値策定の試み,
第93回日本内分泌学会学術総会, Vol.96, No.1, 251, 2020年7月.
71. 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由香里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
糖尿病教育入院でのテストステロン値の変化の検討,
第93回日本内分泌学会学術総会, Vol.96, No.1, 287, 2020年7月.
72. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
NAFLD病態指標Fib4-indexと血漿Heparin Cofactor Ⅱの連関,
第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年7月.
73. 桝田 志保, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
診断に時間を要したバセドウ病による甲状腺クリーゼの一例,
第31回日本老年医学会四国地方会, 2020年2月.
74. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の密な連携と患者特性に配慮したケアにより自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第260回徳島医学会学術集会 大塚講堂, 2020年2月.
75. 水本 健斗, 菊池 結愛, 倉橋 清衛, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 大西 幸代, 遠藤 逸朗 :
カルシウム感知受容体活性型変異における耐糖能異常,
第43回徳島県医学検査学会, 2019年12月.
76. 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 白神 敦久, 松久 宗英 :
SGLT2阻害薬による正常血糖糖尿病ケトアシドーシスの1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
77. 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 鈴木 佳子, 秋月 佐代, 富岡 有紀子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
療養環境整備に苦慮した,歩行不能の高度肥満症の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
78. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
79. 桝田 志保, 吉田 守美子, 安井 沙耶, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
肥満外科手術後早期に基礎インスリン必要量が減少した高度肥満1型用尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
80. 遠藤 ふうり, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬関連1型糖尿病の5例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
81. 安井 沙耶, 桝田 志保, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
基礎インスリン適正化とスクエアボーラス導入で血糖管理が改善した1型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
82. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第19回日本先進糖尿病治療研究会・第17回1型糖尿病研究会, 2019年11月.
83. 辻本 賀美, 三井 由加里, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
勤務時間の影響で副腎皮質機能異常が疑われた2例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
84. 工藤 千晶, 枡田 志保, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 新谷 保実, 福本 誠二 :
両側副腎偶発腫瘍で発見された123I-MIBGシンチ陰性の褐色細胞腫の一例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
85. 安井 沙耶, 桝田 志保, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
成長ホルモン分泌不全症と甲状腺機能低下症を呈した小児がん経験者の一例,
第259回 徳島医学会学術集会(令和元年度夏期), 2019年8月.
86. 原 倫世, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
原発性アルドステロン症におけるエプレレノンの血管機能への影響,
第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年7月.
87. 宮高 絋輔, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 枡田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 船木 真理, 松立 吉弘, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症した2例,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
88. 金井 麻衣, 松岡 飛翔, 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 髙士 祐一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
鉄製剤投与によるFGF23関連低リン血症モデル作成の試み,
第92回日本内分泌学会学術総会, Vol.95, No.1, 422, 2019年5月.
89. 宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 枡田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
90. 緋田 哲也, 中島 美世, 松立 吉弘, 倉橋 清衛, 敷地 孝法, 市原 新一郎 :
下腹部に生じたelephantiasis nostras verrucosaの1例,
150回日本皮膚科学会徳島地方会, 2018年11月.
91. 山川 哲生, 三宅 雅人, 森本 雅俊, 久永 哲, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
ERK経路下流因子ncRNAによる癌増殖機構の解析,
第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月.
92. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 福本 誠二 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
第28回臨床内分泌代謝Update, 2018年11月.
93. 原 倫世, 吉田 守美子, 細井 美希, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 中島 公平, 坂東 良美, 安倍 正博, 福本 誠二 :
脳内,副鼻腔,下垂体に炎症を認めステロイドが著効した1例,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年10月.
94. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 坂東 良美, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ソマトスタチンアナログ製剤にて著明な縮小がみられたGH産生マクロアデノーマの1例,
第22回 日本臨床内分泌病理学会, 2018年9月.
95. 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
足趾上腕血圧比定値を契機に末梢動脈疾患を診断しえた,重症下肢軟部組織感染症を繰り返す2型糖尿病の一例,
第3回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会, 2018年9月.
96. 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 岸本 大輝, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
hCG,FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の2例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
97. 中村 昌史, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
股関節痛と歩行困難を契機に診断したCushing症候群の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
98. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
原発性アルドステロン症におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の血管機能への影響,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
99. 森 博康, 荒木 迪子, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1とサルコペニア合併に関する横断的検証,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
100. 山上 紘規, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 大崎 裕亮, 梶 龍兒, 髙士 祐一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
壊死性ミオパチーを合併したX連鎖性低リン血症性くる病・骨軟化症の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
101. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 倉橋 清衛, 寺町 順平, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 福本 誠二, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
カルシウム感知受容体活性型変異マウスにおける骨強度の低下,
第36回日本骨粗鬆症学会各術集会, 2018年7月.
102. 吉田 守美子, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
高齢者における糖尿病教育入院中の体組成の変化,
第60回日本老年医学会学術集会, 2018年6月.
103. 黒田 暁生, 山田 美鈴, 冨永 ゆかり, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 明比 祐子, 髙士 祐一, 石津 将, 古賀 大輔, 井本 逸勢, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, Kevin Ferreri, 松久 宗英 :
膵β細胞特異的PCRによる膵β細胞死の検出,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
104. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院における筋肉量の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
105. 山上 紘規, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松立 吉弘, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能異常と劇症1型糖尿病を発症した1例,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
106. 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 :
生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
107. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 浜田 大輔, 松久 宗英, 安倍 正博 :
待機的高リスク整形外科手術における血糖管理の効果,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
108. 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
急性合併症を来した高齢1型糖尿病の2症例,
第29回 日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
109. 原 倫世, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 坂東 良美, 福本 誠二 :
オクトレオチドが有効であったGH-TSH同時産生下垂体腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月.
110. 桝田 志保, 明比 祐子, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
123I-MIBGシンチグラフィ陽性の副腎皮質腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
111. 細井 美希, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠ニ :
多発性骨髄腫治療を契機にプランマー病と判明した一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
112. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 松久 宗英 :
高度肥満症に対するスリーブ状胃切除術の長期の耐糖能異常改善効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
113. 國方 脩登, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 浜田 大輔, 松久 宗英 :
待機的整形外科手術の術後経過における糖尿病の影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
114. 細井 美希, 倉橋 清衛, 原 倫世, 山口 佑樹, 山上 紘規, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
低血糖脳症をきたしたACTH単独欠損症合併1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
115. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
副腎クリーゼと急性膵炎を発症した21‐水酸化酵素欠損症の1例,
第117回日本内科学会四国地方会, 2017年11月.
116. 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における末梢神経障害の合併が骨格筋力の質的低下に及ぼす影響,
第32回日本糖尿病合併症学会, 2017年10月.
117. 原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
2017年10月20日-22日 ひめぎんホール, 2017年10月.
118. 原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
第40回日本高血圧学会総会, 2017年10月.
119. 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる,
第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月.
120. 山川 哲生, 森本 雅俊, 久永 哲, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
新規PERK経路下流因子Snhg12ホモ欠損マウス解析,
第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月.
121. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
バセドウ病とTSH産生下垂体腺腫の合併の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
122. 細井 美希, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
無セルロプラスミン血症に合併した甲状腺乳頭癌の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
123. 桝田 志保, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 細井 美希, 山口 佑樹, 原 倫世, 山上 紘規, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
デノスマブ投与により術後の血清Ca/P値を容易に管理しえた巨大異所性副甲状腺腺腫の一例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
124. 原 倫世, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博 :
当院での免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能低下症の5例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
125. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二, 滝沢 宏光 :
当院での免疫チェックポインント阻害薬による内分泌異常の発生と有害事象対策,
第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 2017年8月.
126. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
骨格筋のアンドロゲン受容体と耐糖能異常,
第35回内分泌代謝学サマーセミナー, 2017年7月.
127. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討,
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
128. 西山 美月, 倉橋 清衛, 桝田 志保, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 小松 まち子, 福本 誠二, 安倍 正博 :
維持透析中に管理困難な高Ca血症を契機に診断されたサルコイドーシスの一例,
第116回日本内科学会四国地方会, 2017年5月.
129. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスマーカーの変化の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
130. 田蒔 基行, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 山口 普史, 白神 敦久, 松久 宗英 :
課程用電気筋刺激装置(EMS)の10週間継続使用は運動障害を有する2型糖尿病患者の血糖コントロールを改善する,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
131. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における自律神経機能をアルブミン尿の相互関連および各病態に影響を及ぼす因子解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
132. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
133. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGE蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
134. 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 尾野 雅哉, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
135. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 苛原 稔, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英 :
加重型妊娠高血圧腎症を来し集学的治療で分娩に至った糖尿病腎症の2症例,
第6回 臨床高血圧フォーラム, 2017年5月.
136. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 福本 誠二, 安倍 正博 :
骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響,
第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年4月.
137. 森本 佳奈, 高橋 優花, 山下 沙織, 上元 良子, 石川 カズ江, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者の血管内皮機能に関わる因子の臨床的検討,
第90回日本内分泌学会学術集会抄録集, 2017年4月.
138. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるサルコペニアのリスク因子解析,
第51回日本成人病学会学術集会, 2017年1月.
139. 桝田 志保, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
メーグルコシダーゼ阻害薬による腸管気腫症の一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
140. 原 倫世, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
イピリムマブ投与後に続発性副腎不全を発症した一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
141. 上田 浩之, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
デノスマブによる耐糖能改善,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
142. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫チェックポイント阻害剤で中枢性副腎不全を来した2例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
143. 岡本 恵暢, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
IGF-2産生神経内分泌癌による重症低血糖の一例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
144. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
当院のニボルマブおよびイピリムマブ投与21例の内分泌異常の検討,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
145. 山下 沙織, 吉田 守美子, 高橋 優花, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
糖尿病教育入院における酸化ストレス減少に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
146. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
147. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるAGE蓄積とサルコペニアとの関連の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
148. 荒瀬 美晴, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較したアドレナリン優位褐色細胞腫の二例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
149. 上田 浩之, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
基礎インスリンが不要であった膵性糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
150. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動係数に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
151. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
152. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma,
第78回 日本血液学会学術集会, Oct. 2016.
153. 三宅 雅人, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
脂肪組織での小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる肥満抑制作用,
第89回日本生化学会大会, 2016年9月.
154. 高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
155. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
バセドウ病を合併したTSH産生下垂体腺腫の一例,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
156. 遠藤 ふうり, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
日和見感染を合併したACTH依存性Cushing症候群の1例,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
157. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, Nakamura Mayuko, Ohnishi Yukiyo, 近藤 剛史, Aizawa Shinichi, 福本 誠二, 安倍 正博 :
カルシウム感知受容体活性型変異による耐糖能異常,
第34回日本骨代謝学会学術総会, 2016年7月.
158. 布村 俊幸, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
副腎に接する神経線維腫を合併したレックリングハウゼン病の1例,
第114回日本内科学会四国地方会, 2016年5月.
159. 倉橋 清衛, 河野 恵理, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 木村 千寿子, 久永 哲, 森本 雅俊, 山川 哲生, 谷内 秀輔, 張 君, 三宅 雅人, 安倍 正博, 親泊 政一 :
ラベルフリー測定によるハイスループットスクリーニングを用いた新規インスリン分泌促進薬の探索,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
160. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量がメタボリックパラメーターに及ぼす影響の検討,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
161. 三宅 雅人, 高原 一菜, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
ATF6βの肥満・糖尿病における役割の解明,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
162. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
減塩による2型糖尿病入院症例の 降圧予測指標,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
163. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量が高血圧に及ぼす影響の検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
164. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
血糖管理入院症例における減塩降圧効果と関連する因子および降圧薬に関する検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
165. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の塩分制限による 降圧効果を規定する因子の検討,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
166. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症 におけるアンジオテンシンII受容体 拮抗薬の効果検証,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
167. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
インターフェロンβ治療中に糖尿病ケトアシドーシスを契機とし,急性発症1A型糖尿病と診断された一例,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
168. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
169. 林 亜紀, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
オクトレオチドLARで画像上,下垂体腺腫が消失した先端巨大症の一例,
第113回日本内科学会四国地方会, 2015年12月.
170. 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 政一 :
小胞体ストレスを減弱させ膵β細胞でのインスリン生合成を促進する新規化合物の同定,
第27回 分子糖尿病学シンポジウム, 2015年12月.
171. 三宅 雅人, 張 君, 志内 哲也, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる摂食調節を介した肥満抑制作用,
第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月.
172. 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
CRISPR/Cas9 を用いた小胞体ストレス応答伝達タンパク質の検証,
第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月.
173. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 谷内 秀輔, 山川 哲生, 張 君, 倉橋 清衛, 森本 雅俊, 久永 哲, 西良 浩一, 親泊 政一 :
ATF6βは非古典的小胞体ストレス応答として軟骨細胞分化を制御する,
第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月.
174. 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
CRISPR/Cas9 を用いた小胞体ストレス応答伝達タンパク質の検証,
第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月.
175. 三宅 雅人, 高原 一菜, 森本 雅俊, 倉橋 清衛, 親泊 政一 :
ATF6βの肥満・糖尿病における役割,
第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月.
176. 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
小胞体ストレスを標的とした膵β細胞でのインスリン生合成を促進する新規化合物の同定,
第10回臨床ストレス応答学会大会, 2015年11月.
177. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態 および機能における 強化インスリン療法の効果,
日本糖尿病学会 第53回中国四国地方会, 2015年10月.
178. 岡田 祐輝, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
高CPR血症からグリメピリド誤内服を診断し得た遷延性低血糖の一例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
179. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態および機能における強化インスリン療法の効果,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
180. 谷口 諭, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 銀 花, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
CGM iPRO2と人工膵臓STG-55との測定グルコース濃度の比較,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
181. 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
診断まで長時間を要したACTH分泌低下症の一例,
第15回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知大学, 2015年9月.
182. 三宅 雅人, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる摂食調節を介した肥満抑制作用,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
183. 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
膵β細胞での脂肪毒性における小胞体ストレス応答の役割の解明,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
184. 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 張 君, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
肥満に伴う脂肪組織での慢性炎症の増悪プロセスへの小胞体ストレス応答経路の関与,
第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月.
185. 倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
186. 倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
ポスター発表 飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
187. 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋での小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化はFgf21発現を誘導しエネルギー消費の増加によって食事性肥満を防ぐ,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
188. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 安井 夏生, 親泊 政一 :
軟骨異形成症の原因である変異型FGFR3は小胞体ストレスを介して軟骨細胞のアポトーシスを誘導する,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
189. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋における小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化は全身のエネルギー消費を増加させて肥満を抑制する,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
190. 倉橋 清衛, 三浦 直子, 宮本 千伸, 津川 和江, 森 智子, 親泊 美帆, 三宅 雅人, 小倉 淳, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
膵β細胞における飽和脂肪酸による脂肪毒性に小胞体膜流動性の低下とPERK経路が影響する,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
191. 親泊 政一, 伊藤 太二, 森 智子, 倉橋 清衛, 佐藤 亮祐, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 親泊 美帆, 森 和俊 :
miRNAを介した小胞体ストレス応答はグルコース応答性インスリン分泌に重要である,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
192. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋における小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化はエネルギー消費を制御して食事性肥満を防ぐ,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
193. 倉橋 清衛, 森 智子, 井上 寛, 小倉 淳, 津川 和江, 三宅 雅人, 井上 寛, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
飽和脂肪酸による膵β細胞のインスリン分泌低下には小胞体膜流動性の変化による小胞体ストレスが関与し,PERK経路の活性化により改善される,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
194. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 井上 寛, 安井 夏生, 親泊 政一 :
FGFR3遺伝子異常による軟骨異形成症における小胞体ストレスの関与,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
195. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する,
第 24 回 分子糖尿病学シンポジウム, 2012年12月.
196. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2αリン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する,
第7回臨床ストレス応答学会大会, 2012年11月.
197. 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する,
第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月.
198. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 親泊 政一 :
小胞体ストレス伝達タンパク質ATF6βは成長軟骨細胞の機能成熟に重要である,
第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月.
199. 親泊 政一, 伊藤 太二, 森 智子, Zheng Robert, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 親泊 美帆 :
miRNAを介した小胞体ストレス応答はグルコース応答性のインスリン分泌に重要である,
第55回日本糖尿病学会学術集会, 2012年5月.
200. 伊藤 太二, 森 智子, Robert Zheng, 船橋 茉莉, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
miRNAを介した小胞体ストレス応答はグルコース応答性インスリン分泌に影響する,
第85回日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
201. 親泊 政一, 伊藤 太二, 森 智子, Robert Zheng, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江 :
microRNAを介した小胞体ストレス応答はグルコース応答性のインスリン分泌に重要である,
第23回 分子糖尿病学シンポジウム, 2011年11月.
202. 親泊 政一, 倉橋 清衛, 伊藤 太二, 森 智子, 村橋 玲那, 親泊 美帆, 松本 俊夫 :
小胞体ストレス応答による小胞体膜恒常性の破綻は膵β細胞の脂肪毒性の原因となる,
第54回日本糖尿病学会学術総会, 2011年5月.
203. 倉橋 清衛, 伊藤 太二, 森 智子, 村橋 玲那, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
小胞体ストレス応答を介した膵β細胞における脂肪毒性メカニズムの解析,
第22回 分子糖尿病学シンポジウム, 2010年12月.

その他・研究会:

1. 遠藤 ふうり, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 桝田 志保, 三井 由香里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ソマトスタチンアナログ治療中に胆嚢癌を認めた先端巨大症の1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
2. 工藤 千晶, 倉橋 清衛, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由香里, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ニボルマブ投与により3系統の内分泌障害を発症した2例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
3. 辻本 賀美, 三井 由香里, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫関連有害事象の末ロイド治療中ACTH分泌低下症を認めた1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
4. 三井 由香里, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
治療拒否により甲状腺クリーゼを繰り返したバセドウ病の1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
5. 倉橋 清衛, 青山 万里子, 滝沢 宏光, 遠藤 ふうり, 三井 由香里, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
薬物治療に抵抗性で,日和見感染も合併したバセドウ病の一例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
6. 松田 宙也, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
症状発現から診断までに半年を要したACTH単独欠損症の一例,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
7. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
8. 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
飽和脂肪酸は膵β細胞の小胞体膜の組成を変化させ,PERK 経路の活性化による翻訳抑制を介してインスリン分泌を低下させる,
第26回分子糖尿病学シンポジウム, 2014年12月.
9. 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 美帆, 親泊 政一 :
小胞体ストレス応答を制御する新規化合物によるインスリン生合成の促進,
第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月.
10. 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 松尾 顕, 張 君, 谷内 秀輔, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 久永 哲, 西良 浩一, 親泊 政一 :
軟骨分化におけるATF6βの役割,
第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月.
11. 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 :
飽和脂肪酸による膵β細胞の小胞体膜の組成変化は,PERK経路活性化を遷延させ翻訳抑制を介してインスリン分泌を低下させる,
第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月.
12. 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 :
骨格筋における小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化はFgf21を介したエネルギー消費の増加によって食事性肥満を防ぐ,
第31回内分泌代謝学サマーセミナー, 2013年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 糖尿病患者の口腔保健行動セルフケア支援に向けた看護プログラムの再改編 (研究課題/領域番号: 23K09954 )
  • 加齢性サルコペニアへの炎症性サイトカインの関与とTAK1阻害による治療法の開発 (研究課題/領域番号: 21K07339 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動の看護支援プログラムの再編と効果検証-教育教材の開発 (研究課題/領域番号: 20K10755 )
  • カルシウム感知受容体が膵β細胞および腸管上皮細胞機能の調節に果たす役割の解明 (研究課題/領域番号: 18K16234 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動アセスメントシートを用いた看護支援プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 17K12214 )
  • 研究者番号(30567342)による検索