検索:
徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (重点)2003005 Beyond Graphene-新規ナノ空間高精度制御ポーラスカーボンの創製と医理工光連携による応用展開-
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004008 椎間板炎症部位を可視化する光学ファイバー内蔵型内視鏡の開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama :
Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy.,
Scientific Reports, Vol.10, No.1, 18548, 2020.
(DOI: 10.1038/s41598-020-75604-6,   PubMed: 33122711)
2. Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita :
Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.18, No.38, 7571-7576, 2020.
(DOI: 10.1039/D0OB01585G,   PubMed: 32940324)
3. Satoru Hashimoto, Hiroki Takanari, Emmanuel Compe and Jean-Marc Egly :
Dysregulation of LXR responsive genes contribute to ichthyosis in Trichonthiodystrophy,
Journal of Dermatological Science, Vol.97, No.3, 201-207, 2020.
(DOI: 10.1016/j.jdermsci.2020.01.012)
4. Fumitoshi Yagishita, Jun-ichi Tanigawa, Chiho Nii, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Takanari, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura :
Fluorescent Imidazo[1,5-a]pyridinium Salt for a Potential Cancer Therapy Agent,
ACS Medicinal Chemistry Letters, Vol.10, No.8, 1110-1114, 2019.
(DOI: 10.1021/acsmedchemlett.9b00034)
5. FangFang Ma, Hiroki Takanari, Kimiko Masuda, Masaki Morishima and Katsushige Ono :
Short- and long-term inhibition of cardiac inward-rectifier potassium channel current by an antiarrhythmic drug bepridil.,
Heart and Vessels, Vol.31, No.7, 1176-1184, 2016.
(DOI: 10.1007/s00380-015-0762-1,   PubMed: 26498939)
6. Masaki Morishima, Eriko Iwata, Chisato Nakada, Yoshiyuki Tsukamoto, Hiroki Takanari, Shinji Miyamoto, Masatsugu Moriyama and Katsushige Ono :
Atrial Fibrillation-Mediated Upregulation of miR-30d Regulates Myocardial Electrical Remodeling of the G-Protein-Gated K(+) Channel, IK.ACh.,
Circulation Journal, Vol.80, No.6, 1346-1355, 2016.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-15-1276,   PubMed: 27180889,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博 :
次世代光による細胞光応答の解明,
LED総合フォーラム 2020 in 徳島 論文集, Vol.P-17, 105-106, 2020年.

総説・解説:

1. 髙成 広起, 加治佐 平 :
医光融合研究の最先端,
月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 111-116, 2020年9月.
(CiNii: 40022362485)

国際会議:

1. Y Kanemura, Hiroki Takanari and T Mizuno :
Assessment of actin fibers in the cell using fluorescent polarization microscopy.,
Focus on Microscopy 2020 (poster presentation), Osaka, Apr. 2020.
2. Hiroki Takanari, Y Hayashi, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui :
Quantification of liver fibrosis by SHG microscopy.,
Focus on Microscopy 2020, Osaka, Apr. 2020.
3. Eiji Hase, Hiroki Takanari, Mayuko Shimizu, Hayashi Yuri, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama :
Characterization of fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis by use of second-harmonic-generation microscopy,
Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, Mar. 2020.
4. Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Shiomi Ryosuke, Kusaka Hiroki, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama :
Molecular imaging analysis of accumulated fats in non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy,
Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, Mar. 2020.

国内講演発表:

1. 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真裕子, 森本 友樹, 髙成 広起, 大西 湧太郎, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 :
表面増強ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪肝疾患モデルの高感度ラマンイメージング,
第82回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 13a-N202-9, 2021年9月.
2. 納谷 友希, 髙成 広起 :
血管強調画像観察に用いる光源の検証,
第98回日本生理学会・第126回日本解剖学会合同大会, 2021年3月.
3. 植田 翠, 髙成 広起, 常山 幸一 :
ラマン分光法による肺癌組織型の判別,
第98回日本生理学会・第126回日本解剖学会合同大会, 2021年3月.
4. 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計,
第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 19a-Z04-9, 2021年3月.
5. 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計,
第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 19a-Z04-9, 2021年3月.
6. 楠本 一真, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 :
­D-π­-A型ベンゾチアゾール誘導体の合成と光機能性,
2020年日本化学会中国四国支部大会島根大会, 2020年11月.
7. 納谷 友希, 髙成 広起 :
Narrow Band Imaging (NBI) を用いた炎症部位の特定,
生体医工学シンポジウム2020, 2020年9月.
8. 楠本 一真, 佐名川 洋平, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 :
多光子励起を目指したA-D-A型N-へテロアレーン類のデザインと応用,
2020年web光化学討論会, 2020年9月.
9. 梅林 隆太, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 :
多光子励起可能な水溶性イミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージング,
2020年web光化学討論会, 2020年9月.
10. 納谷 友希, 髙成 広起, 加治佐 平 :
毛細血管の可視化を目指したNarrow Band Imaging(NBI)の光源特性の検証,
第81回日本応用物理学会秋季学術講演会, 2020年9月.
11. Fumitoshi Yagishita, Junichi Tanigawa, Masaki Okamoto, Eiji Hase, Hiroki Takanari, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura :
Synthesis of Imidazopyridinium Salts Having Potential Application as Image-guided Photodynamic Therapy Agents,
The 100th CSJ Annual Meeting, Mar. 2020.
12. 八木下 史敏, 岡本 将輝, 髙成 広起, 長谷 栄治, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 安井 武史, 河村 保彦 :
ミトコンドリアイメージングを可能とするイミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成,
2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月.
13. 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 :
光線力学療法への応用を狙いとしたイミダゾ[1,5-a]ピリジニウム塩の合成,
2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月.
14. 八木下 史敏, 梅林 隆太, 岡本 将輝, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 :
D-π-A 型イミダゾ [1,2-a] ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージングへの応用,
2019年光化学討論会, 2019年9月.
15. 山口 堅三, 長谷 栄治, 金村 洋平, 髙成 広起, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 安井 武史 :
金ナノ粒子を用いたバイオイメージングにおけるコントラストの増強,
生体医工学シンポジウム2019, 2A-30, 2019年9月.

その他・研究会:

1. 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪肝炎の蓄積した脂肪に着目したラマン分光イメージング,
LED総合フォーラム2021 in 徳島, P-14, 2021年2月.
2. 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪肝炎の蓄積した脂肪に着目したラマン分光イメージング,
LED総合フォーラム2021 in 徳島, P-14, 2021年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • デュアルコム分光法を応用した細胞膜電位の非接触・非標識測定技術の新規開発 (研究課題/領域番号: 21K19913 )
  • miRNA発現パターンと病理所見に基づく機械学習による冠動脈硬化症のクラスター化 (研究課題/領域番号: 21K10533 )
  • ラマン分光法を用いたALアミロイドーシスに対する迅速診断法の新規開発 (研究課題/領域番号: 20K08712 )
  • 生体光センシング技術への応用を目指した磁気共鳴ラマン分光法の新規研究開発 (研究課題/領域番号: 19H04443 )
  • アルコール脱水素酵素の臓器障害発症への関与 (研究課題/領域番号: 19H04038 )
  • ダウン症候群の核型正常化による合併症の予防および治療法確立に向けた研究 (研究課題/領域番号: 16K09964 )
  • 心肺蘇生時の胸部圧迫に伴う心嚢破裂発生機序の解明 (研究課題/領域番号: 16K09222 )
  • ラマン散乱光分析とインピーダンス測定を組み合わせた新しい組織診断技術の開発 (研究課題/領域番号: 16H05238 )
  • コケイン症候群における転写調節異常と神経細胞の分化・維持機構への影響 (研究課題/領域番号: 15K06758 )
  • 不全心における胎生期遺伝子再発現が心筋ギャップ結合の発現・分布・機能に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 26860215 )
  • 成熟心筋を細胞周期に再入させることによる心筋再生の基礎的研究 (研究課題/領域番号: 26670189 )
  • 研究者番号(70723253)による検索