検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 代謝栄養学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1803009 PET-CTを用いたサルコペニアの画期的診断法の開発を目指した研究 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. 堤 理恵, 瀬部 真由, 別府 香名, 渡辺 涼乃, 尾平 優, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
化学療法に伴う味覚・嗅覚障害への対応 (特集 化学療法時の栄養管理),
日本静脈経腸栄養学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition, Vol.33, No.4, 1019-1024, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113717,   CiNii: 40021698908)
2. Nagakatsu Harada, Adzumi Hatakeyama, Maiko Okuyama, Yumiko Miyatake, Tadahiko Nakagawa, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Readthrough of ACTN3 577X nonsense mutation produces full-length α-actinin-3 protein.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.502, No.3, 422-428, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.05.193,   PubMed: 29857001)
3. Chikugo Momoko, Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Iuchi Marina, Jun Kishi, Masashi Kuroda, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Nishioka and Hiroshi Sakaue :
Effect of Janus kinase inhibition by tofacitinib on body composition and glucose metabolism.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 166-170, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.166,   PubMed: 30282855)
4. Nagakatsu Harada, Maiko Okuyama, Aya Yoshikatsu, Hironori Yamamoto, Saori Ishiwata, Chikako Hamada, Tomoyo Hirose, Masayuki Shono, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi, Jiro Takeo, Yutaka Taketani, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Endoplasmic Reticulum Stress in Mice Increases Hepatic Expression of Genes Carrying a Premature Termination Codon via a Nutritional Status-Independent GRP78-Dependent Mechanism.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.118, No.11, 3810-3824, 2017.
(DOI: 10.1002/jcb.26031,   PubMed: 28383761)
5. Masato Miyake, Masashi Kuroda, Hiroshi Kiyonari, Kenji Takehana, Satoshi Hisanaga, Masatoshi Morimoto, Jun Zhang, Miho Oyadomari, Hiroshi Sakaue and Seiichi Oyadomari :
Ligand-induced rapid skeletal muscle atrophy in HSA-Fv2E-PERK transgenic mice.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0179955, 2017.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0179955,   PubMed: 28644884)
6. Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Kazuaki Mawatari, Satomi Toda, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Masashi Kuroda, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Minokoshi, Tadahiro Kitamura, Koro Gotoh, Masaki Ueno, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Intracerebroventricular injection of ghrelin decreases wheel running activity in rats.,
Peptides, Vol.87, 12-19, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113364,   DOI: 10.1016/j.peptides.2016.11.005,   PubMed: 27825986,   Elsevier: Scopus)
7. Masashi Kuroda, Ayako Tominaga, Kasumi Nakagawa, Misa Nishiguchi, Mayu Sebe, Yumiko Miyatake, Tadahiro Kitamura, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
DNA Methylation Suppresses Leptin Gene in 3T3-L1 Adipocytes.,
PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0160532, 2016.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0160532,   PubMed: 27494408)

総説・解説:

1. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
ADCY3遺伝子異常と肥満,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.48, No.3, 214-218, 2019年.
2. Masashi Kuroda and Hiroshi Sakaue :
Adipocyte Death and Chronic Inflammation in Obesity,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3,4, 193-196, Aug. 2017.
(DOI: 10.2152/jmi.64.193,   PubMed: 28954980)
3. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
肥満・2型糖尿病におけるビタミンD・カルシウムの役割,
Clinical Calcium, Vol.26, No.3, 349-354, 2016年3月.
(DOI: 10.20837/4201603009,   PubMed: 26923970)

国際会議:

1. Masashi Kuroda :
Adipose tissue-derived protein, MFG-E8, regulates chronic inflammation and obesity-related liver disease,
Asia-Pacific Diabetes and Obesity Study Group symposium 2018, 兵庫県神戸市, Oct. 2018.

国内講演発表:

1. 佐々木 和佳, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 川端 康代, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脱メチル化3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
2. 川端 康代, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
3. 黒田 雅士, 阪上 浩 :
肥満病態形成におけるIRF7の二つの役割,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
4. 黒田 雅士, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 川端 康代, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝における転写因子IRF7の役割,
第23回アディポサイエンス・シンポジウム, 2018年8月.
5. 宇川 菜穂, 黒田 雅士, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子 IRF7 の同定と機能解析,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
6. 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
7. Masashi Kuroda, Etsuko Ishikawa, Naho Ugawa, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Adipose tissue-derived protein, MFG-E8, regulates chronic inflammation and obesity-related liver disease,
第91回 日本内分泌学会, Apr. 2018.
8. 堤 理恵, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山﨑 幸, 丹波 洋介, 宮原 裕子, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸の上腕動脈内皮機能に与える効果の検討,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
9. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
転写制御領域解析システムを用いた3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
10. 石川 悦子, 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
11. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪細胞における転写因子IRF7の同定及び機能解析,
第22回 アディポサイエンス・シンポジウム, 2017年8月.
12. 西口 実佐, 黒田 雅士, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と機能解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
13. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性に対するDNAメチル化の制御機構,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
14. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
新規肥満関連転写因子IRF7によるMCP-1発現制御機構の解析,
第90回 日本内分泌学会学術集会, 2017年4月.
15. 丹波 洋介, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山崎 幸, 福田 大受, 宮原 裕子, 宮武 由実子, 末政 直哉, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 堤 理恵, 佐田 政隆, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸は抗動脈硬化作用を有する,
第21回病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 抗動脈硬化作用を有する極長鎖一価不飽和脂肪酸の基盤・応用研究 (研究課題/領域番号: 19H04055 )
  • 脂肪組織由来分泌タンパク質による肝マクロファージ機能制御とNASH病態への関与 (研究課題/領域番号: 18K16205 )
  • 研究者番号(00803579)による検索