検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域先端医学教育研究プロジェクト
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門内科系臨床薬理学
徳島大学薬学部薬学科協力講座病院:臨床薬剤学
徳島大学医学部医学科病態情報医学講座臨床薬理学
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

ライフサイエンス (Life sciences) [薬理学 (Pharmacology)]

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 座間味 義人, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
【薬剤疫学】薬剤疫学の応用 ドラッグリポジショニング(解説/特集),
2019年8月.
2. 中馬 真幸, 近藤 正輝, 武智 研志, 座間味 義人, 合田 光寛, 岡田 直人, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
集中治療患者における臓器系統別評価方法の習得(4)臓器系統別評価3/5 : 感染・炎症・免疫管理 : 敗血症に対する抗菌薬治療を中心に,
社団法人 日本病院薬剤師会, 2019年2月.
(CiNii: 40021798208)

学術論文(審査論文):

1. Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of Potential Complications of Interstitial Lung Disease Associated With Antiandrogens Using Data From Databases Reporting Spontaneous Adverse Effects.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.12, 2021.
(DOI: 10.3389/fphar.2021.655605,   PubMed: 34177574)
2. Mitsuhiro Goda, Masaya Kanda, Toshihiko Yoshioka, Ami Yoshida, Yoichi Murai, Yoshito Zamami, Fuka Aizawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Effects of 5-HT3 receptor antagonists on cisplatin-induced kidney injury.,
Clinical and Translational Science, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116008,   DOI: 10.1111/cts.13045,   PubMed: 33982438)
3. Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of potential complication of interstitial lung disease with abemaciclib and palbociclib treatments.,
Cancer Reports, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116289,   DOI: 10.1002/cnr2.1402,   PubMed: 33939324)
4. Shimon Takahashi, Kenshi Takechi, Natsumi Jozukuri, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Examination of the antiepileptic effects of valacyclovir using kindling mice- search for novel antiepileptic agents by drug repositioning using a large medical information database.,
European Journal of Pharmacology, Vol.902, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116301,   DOI: 10.1016/j.ejphar.2021.174099,   PubMed: 33910036)
5. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya :
Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity,
Kidney International, Vol.99, No.4, 885-889, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115399,   DOI: 10.1016/j.kint.2020.10.041,   PubMed: 33307103)
6. Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Kenta Yagi, Satoshi Sakaguchi, Hiroshi Nokihara, Chikako Kane, Yasutaka Sato, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa and Hiroaki Yanagawa :
Academic investigators' interest in promoting specified clinical trials : Questionnaire survey before and after implementation of the Clinical Trial Act,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 71-75, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115987,   DOI: 10.2152/jmi.68.71,   PubMed: 33994483)
7. Kenta Yagi, Marin Mitstui, Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Kimiko Fukunaga, Takahiro Shibata, Shunsuke Ishida, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Investigation of drugs affecting hypertension in bevacizumab-treated patients and examination of the impact on the therapeutic effect.,
Cancer Medicine, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116288,   DOI: 10.1002/cam4.3587,   PubMed: 33231381)
8. Kondo Masateru, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Hosooka Mayuko, Kagimoto Yuu, Saito Naoko, Matsuoka Rie, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Kenshi Takechi, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Preventive Effects of Quercetin against the Onset of Atherosclerosis-Related Acute Aortic Syndromes in Mice,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.21, No.19, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115332,   DOI: 10.3390/ijms21197226,   Elsevier: Scopus)
9. Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Tetsuya Shiuchi, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deletion of H-ferritin in macrophages alleviates obesity and diabetes induced by high-fat diet in mice,
Diabetologia, Vol.63, No.8, 1588-1602, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114409,   DOI: 10.1007/s00125-020-05153-0,   PubMed: 32430665,   Elsevier: Scopus)
10. Masaki Imanishi, Yusuke Yamakawa, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Akiko Maegawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Masateru Kondo, Masatoshi Kishuku, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiromichi Fujino, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Fibroblast-specific ERK5 deficiency changes tumor vasculature and exacerbates tumor progression in a mouse model.,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.393, No.7, 1239-1250, 2020.
(DOI: 10.1007/s00210-020-01859-5,   PubMed: 32307577)
11. Tatsuya Tsuda, Masaki Imanishi, Mizuho Oogoshi, Mitsuhiro Goda, Yoshitaka Kihira, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Ichiro Hashimoto, Toshiaki Tamaki and Yuki Izawa-Ishizawa :
Rho-associated protein kinase and cyclophilin a are involved in inorganic phosphate-induced calcification signaling in vascular smooth muscle cells.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.142, No.3, 109-115, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115530,   DOI: 10.1016/j.jphs.2019.12.005,   PubMed: 31882204)
12. Hirofumi Hamano, Takahiro Niimua, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda :
Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway,
Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 113812,   DOI: 10.1016/j.toxlet.2019.10.016,   PubMed: 31669099)
13. Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Toshihiro Koyama, Yuta Shigemi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mizuki Morita, Ayako Ohshima, Keisaku Harada, Toru Imai, Hiromi Hagiwara, Naoto Okada, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yutaka Kondo, Koichiro Tsuchiya, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Search for Therapeutic Agents for Cardiac Arrest Using a Drug Discovery Tool and Large-Scale Medical Information Database.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.10, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114461,   DOI: 10.3389/fphar.2019.01257,   PubMed: 31780928,   Elsevier: Scopus)
14. Naoto Okada, Masayuki Chuma, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Hirofumi Hamano, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa :
Effect of serum concentration and concomitant drugs on vancomycin-induced acute kidney injury in haematologic patients: a single-centre retrospective study.,
European Journal of Clinical Pharmacology, Vol.75, No.12, 1695-1704, 2019.
(DOI: 10.1007/s00228-019-02756-4,   PubMed: 31511938)
15. Takumi Sakurada, Sanako Bando, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masami Morimoto, Akira Tangoku and Keisuke Ishizawa :
Prophylactic administration of granulocyte colony-stimulating factor in epirubicin and cyclophosphamide chemotherapy for Japanese breast cancer patients: a retrospective study.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.84, No.5, 1107-1114, 2019.
(DOI: 10.1007/s00280-019-03948-6,   PubMed: 31502114)
16. Hiromu Kawasaki, Mitsuhiro Goda, Satoko Fukuhara, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshito Zamami and Shingo Takatori :
Nerve growth factor (NGF) has an anti-tumor effects through perivascular innervation of neovessels in HT1080 fibrosarcoma and HepG2 hepatitis tumor in nude mice.,
Journal of Pharmacological Sciences, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114596,   DOI: 10.1016/j.jphs.2019.02.011,   PubMed: 31178329,   Elsevier: Scopus)
17. Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
18. Naoto Okada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Shunsuke Ishida, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacovigilance evaluation of the relationship between impaired glucose metabolism and BCR-ABL inhibitor use by using an adverse drug event reporting database.,
Cancer Medicine, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115037,   DOI: 10.1002/cam4.1920,   PubMed: 30561126)
19. Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa :
Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.41, No.1, 59-67, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2018.11.004,   PubMed: 30528047,   Elsevier: Scopus)
20. Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa :
Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation.,
Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018.
(DOI: 10.1691/ph.2018.8711,   PubMed: 30522561)
21. Mitsuhiro Goda, Shingo Takatori, Saori Atagi, Narumi Hashikawa-Hobara and Hiromu Kawasaki :
Nerve growth factor facilitates perivascular innervation in neovasculatures of mice.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.131, No.4, 251-258, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jphs.2016.07.002,   PubMed: 27493098)
22. Ayako Yokomizo, Shingo Takatori, Narumi Hashikawa-Hobara, Mitsuhiro Goda and Hiromu Kawasaki :
Characterization of Perivascular Nerve Distribution in Rat Mesenteric Small Arteries.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.11, 1757-1764, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00461,   PubMed: 26521827)
23. Yoko Sone, Eiko Ochi, Akiko Matsuyama, Satoko Fukuhara, Mitsuhiro Goda, Shingo Takatori and Hiromu Kawasaki :
[Influence of nerve growth factor (NGF) on distribution of perivascular nerves in tumor neovasculatures of mouse corneal].,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.132, No.2, 157-160, 2012.
(DOI: 10.1248/yakushi.132.157,   PubMed: 22293692)

国際会議:

1. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Development of therapeutic agents using drug discovery tools and large-scale medical information,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
2. Masayuki Chuma, Masateru Kondo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Akitomo Shibata, Mizuho Asada, Jun Oto, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Successful dose adjustment of vancomycin utilizing cystatin C in septic patients with bacterial meningitis: A case report,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
3. Niimura Takahiro, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Nicorandil improve prognosis of cardiac arrest patient: A large-scale medical information analysis,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
4. Mitsuhiro Goda, Kazuhito Saike, Takahiro Niimura, Masaya Kanda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Effect of new preventive medicine on cisplatin-induced acute kidney injury,
EACPT2019, Stockholm, Jun. 2019.

国内講演発表:

1. 池田 康将, 濱野 裕章, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 中馬 真幸, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 藤野 裕道, 粟飯原 賢一, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン起因性腎障害の予防薬の探索・同定,
第94回日本薬理学会年会, 2021年3月.
2. 神田 将哉, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発急性腎障害に対する各種5-HT3受容体拮抗薬併用の影響,
第94回日本薬理学会年会, 2021年3月.
3. 相澤 風花, 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 八木 健太, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
HMG-CoA還元酵素阻害剤はGSTを介してオキサリプラチン誘発末梢神経障害を抑制する,
第94回日本薬理学会年会, 2021年3月.
4. 石澤 啓介, 合田 光寛, 中馬 真幸, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人 :
有害事象自発報告データベースを活用した抗がん剤副作用に対する予防法の探索,
第41回日本臨床薬理学会学術総会 学術委員会企画シンポジウム5, 2020年12月.
5. 相澤 風花, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
シスプラチンと5-HT3受容体拮抗薬併用が腎機能障害に与える影響,
第30回日本循環薬理学会, 2020年11月.
6. 三橋 惇志, 櫻田 巧, 合田 光寛, 座間味 義人, 米田 浩人, 大塚 憲司, 軒原 浩, 石澤 啓介, 西岡 安彦 :
ペメトレキセド投与後の皮疹に対する低用量デキサメタゾン予防効果の検討,
第61回日本肺癌学会学術集会, 2020年11月.
7. 櫻田 巧, 三橋 惇志, 米田 浩人, 大塚 憲司, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 啓介, 軒原 浩, 西岡 安彦 :
ペメトレキセド投与後の皮疹に対する低用量のステロイド予防投与の前向き臨床試験,
第58回日本癌治療学会学術集会, 2020年10月.
8. Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Niimura Takahiro, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
New strategy for Cardio-Oncology study; the combination of big data analysis and basic research,
第79回日本癌学会学術集会 シンポジウム8, Oct. 2020.
9. 池田 康将, 濱野 裕章, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン起因性腎障害を予防する既存薬の同定,
第63回日本腎臓学会学術総会, 2020年8月.
10. 泉 侑希, 石田 俊介, 長谷川 結美, 武智 研志, 合田 光寛, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 八木 秀介, 佐田 政隆, 石澤 啓介 :
高齢者の薬物療法管理ツールを活用した薬剤業務の効率化,
第84回日本循環器学会学術集会, 2020年7月.
11. 岡田 直人, 神農 麻里奈, 中村 信元, 三木 浩和, 渡邊 浩良, 合田 光寛, 中馬 真幸, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
血液凝固因子製剤の在庫適正化に向けた取り組みによる薬剤廃棄額の削減効果,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.56, No.7, 803-808, 2020年7月.
12. 近藤 正輝, 石澤 有紀, 合田 光寛, 鈴木 琴子, 松岡 里英, 座間味 義人, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬剤誘発性急性大動脈疾患に対するケルセチンの抑制効果,
第137回日本薬理学会近畿部会, 2020年6月.
13. 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討,
第93回日本薬理学会年会, 2020年3月.
14. 津田 達也, 合田 光寛, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 橋本 一郎, 石澤 有紀 :
血管平滑筋細胞石灰化シグナルにおけるRhoキナーゼーサイクロフィリンA経路の関与,
第260回 徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), 2020年2月.
15. 濱野 裕章, 池田 康将, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 武智 研志, 中馬 真幸, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン誘発性腎障害を予防する既存薬物の同定,
第260回徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), 2020年2月.
16. 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
第40回日本臨床薬理学会学術総会, 2019年12月.
17. 新村 貴博, 座間味 義人, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発を目的とした医療ビッグデータ解析および基礎研究,
第40回日本臨床薬理学会学術総会, 2019年12月.
18. 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 相澤 風花, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した多施設共同臨床研究の提案,
第3回臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2019年12月.
19. 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
プロトンポンプ阻害剤はヘプシジンを介して鉄代謝異常に関与する,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
20. 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 吉田 愛美, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬探索,
第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学術集会, 2019年11月.
21. 新村 貴博, 座間味 義人, 齊藤 広海, 神田 将哉, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した抗がん剤誘発心筋症予防薬の探索,
第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学術集会, 2019年11月.
22. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる薬剤誘発性急性大動脈疾患発症抑制効果の検討,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
23. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
24. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
25. 内藤 優太朗, 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 相澤 風花, 西内 栞, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 島添 隆雄, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
26. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングによる大規模医療情報データベースを用いた新規抗てんかん薬の探索研究,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
27. 村井 陽一, 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 吉田 愛美, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
シスプラチンと各種5-HT3受容体拮抗薬の併用による腎機能への影響,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
28. 神田 将哉, 合田 光寛, 前川 晃子, 新村 貴博, 吉田 愛美, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたシスプラチン誘発腎障害の予防薬探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
29. 相澤 風花, 座間味 義人, 内藤 優太郎, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 小林 大介, 島添 隆雄, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する新規予防薬の有効性に関する基礎的検証,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
30. 神田 将哉, 合田 光寛, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する各種 5-HT3 受容体拮抗薬の影響,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
31. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
ビッグデータを活用した新規抗てんかん薬の検討,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
32. 中馬 真幸, 合田 光寛, 新村 貴博, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 有紀, 濱野 裕章, 石田 俊介, 新村 貴博, 近藤 正輝, 坂東 貴司, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたバンコマイシン関連腎障害の予防薬探索とその有用性の検討,
第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, 2019年11月.
33. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 小山 敏広, 濱野 裕章, 岡田 直人, 合田 光寛, 岡田 直人, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した周術期領域における薬剤疫学研究,
第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム9, 2019年11月.
34. 合田 光寛, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 中馬 真幸, 萱野 純史, 濱野 裕章, 岡田 直人, 島添 隆雄, 石澤 有紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬探索,
第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム12, 2019年11月.
35. 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019, 2019年8月.
36. 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発,
生体機能と創薬シンポジウム2019, 2019年8月.
37. 齊藤 広海, 座間味 義人, 新村 貴博, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎にたいする予防薬の探索,
第30回霧島神経薬理フォーラム, 2019年8月.
38. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いたニコランジルの心肺停止後予後改善効果の検討,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
39. 内藤 優太朗, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
オキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索を目的としたドラッグリポジショニング研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
40. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析を活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬探索研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
41. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した新規抗てんかん薬の探索研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
42. 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月.
43. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索,
第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月.
44. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬剤誘発性急性大動脈疾患に対するケルセチンの効果,
第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年6月.
45. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した薬剤性副作用の機序解明および治療薬の開発,
第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム13, 2019年3月.
46. 近藤 正輝, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
キサンチンオキシダーゼ阻害剤による新規血管線維化抑制機構の検討,
日本薬学会第139年会 大学院生シンポジウムGS03, 2019年3月.
47. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
48. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ビッグデータを用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
49. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の基礎的検証,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, 2019年3月.
50. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の検証,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
51. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 合田 光寛, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬物誘発性大動脈瘤または大動脈解離モデルマウスに対するケルセチンの効果,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
52. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 萱野 純史, 小山 敏広, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索,
第92回日本薬理学会年会 学生セッション, 2019年3月.
53. 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 島添 隆雄, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索,
第92回日本薬理学会年会 年会企画シンポジウム, 2019年3月.
54. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
55. 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
56. 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
57. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した新規心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • データマイニングと疾患モデルによる感染症と大動脈疾患の包括的な連関解明 (研究課題/領域番号: 21H02646 )
  • シナジー効果の評価系構築と薬理的検証 (研究課題/領域番号: 20H05799 )
  • 医療ビッグデータを活用した薬剤性腎障害予防を目指した最適な支持療法の確立 (研究課題/領域番号: 20K07132 )
  • がん転移制御に向けた内皮間葉転換機構とERK5の役割解明 (研究課題/領域番号: 19K07321 )
  • 医療ビッグデータと既存承認薬を活用した心肺蘇生後脳症治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 18K06785 )
  • 医療ビッグデータと新規モデル動物を応用した大動脈解離発症の病態解明と予防法開発 (研究課題/領域番号: 18K06686 )
  • MATE型輸送体のテストステロン輸送体としての生理機能解析とその阻害剤の探索 (研究課題/領域番号: 17K18262 )
  • 神経成長因子のがん増殖抑制作用とその機序解明に関する研究 (研究課題/領域番号: 22800045 )
  • 研究者番号(40585965)による検索