検索:
徳島大学病院中央診療施設等総合臨床研究センター (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

ライフサイエンス (Life sciences) [薬理学 (Pharmacology)]

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Shiori Nishiuchi, Kenta Yagi, Hiroumi Saito, Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Koji Miyata, Yoshika Sakamoto, Kimiko Fukunaga, Shunsuke Ishida, Hirofumi Hamano, Fuka Aizawa, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Hideki Nawa, Hiroaki Yanagawa, Yasunari Kanda and Keisuke Ishizawa :
Investigation of drugs for the prevention of doxorubicin-induced cardiac events using big data analysis.,
European Journal of Pharmacology, Vol.928, No.175083, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117365,   DOI: 10.1016/j.ejphar.2022.175083,   PubMed: 35659512)
2. Masaya Kanda, Mitsuhiro Goda, Akiko Maegawa, Toshihiko Yoshioka, Ami Yoshida, Koji Miyata, Fuka Aizawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Takumi Sakurada, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Yuki Izawa-Ishizawa, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Discovery of preventive drugs for cisplatin-induced acute kidney injury using big data analysis.,
Clinical and Translational Science, Vol.15, No.7, 1664-1675, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117366,   DOI: 10.1111/cts.13282,   PubMed: 35445533)
3. Kenta Yagi, Yasutaka Sato, Satoshi Sakaguchi, Mitsuhiro Goda, Hirofumi Hamano, Fuka Aizawa, Mayuko Shimizu, Arisa Inoue-Hamano, Toshihide Nishimori, Masato Tagi, Marina Kanno, Rie Matsuoka-Ando, Toshihiko Yoshioka, Yoshiko Matstubara, Yuki Izawa-Ishizawa, Rieko Shimizu, Akinori Maruo, Yurika Kuniki, Yoshika Sakamoto, Sayuri Itobayashi, Yoshito Zamami, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
A web-based survey of educational opportunities of medical professionals based on changes in conference design during the COVID-19 pandemic.,
Education and Information Technologies, 1-16, 2022.
(DOI: 10.1007/s10639-022-11032-5,   PubMed: 35464114)
4. Masayuki Chuma, Aki Nakamoto, Takashi Bando, Takahiro Niimura, Yutaka Kondo, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Mizuho Asada, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Koji Miyata, Kenta Yagi, Toshihiko Yoshioka, Yuki Izawa-Ishizawa, Hiroaki Yanagawa, Yoshikazu Tasaki and Keisuke Ishizawa :
Association between statin use and daptomycin-related musculoskeletal adverse events: A mixed approach combining a meta-analysis and a disproportionality analysis.,
Clinical Infectious Diseases, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117810,   DOI: 10.1093/cid/ciac128,   PubMed: 35262686)
5. Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Takehiro Kawashiri, Mitsuhiro Goda, Yutaro Naito, Keijo Fukushima, Soichiro Ushio, Fuka Aizawa, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Kenta Yagi, Koji Miyata, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Toshihiro Koyama, Daisuke Kobayashi, Takao Shimazoe, Hiromichi Fujino, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Identification of prophylactic drugs for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy using big data.,
Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.148, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117414,   DOI: 10.1016/j.biopha.2022.112744,   PubMed: 35240525)
6. Yasutaka Sato, Satoshi Sakaguchi, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Chikako Kane, Mitsuhiro Goda, Hirofumi Hamano, Yuki Aoe, Hiroshi Nokihara, Yoshiaki Kubo, Ichiro Hashimoto and Hiroaki Yanagawa :
Trends in Investigator-Initiated Clinical Studies at a University Hospital after Enforcement of the 2018 Clinical Trials Act in Japan.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.3, 374-377, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117363,   DOI: 10.1248/bpb.b21-00753,   PubMed: 35228403)
7. Naoto Okada, Yuki Izumi, Aki Nakamoto, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Fuka Aizawa, Hirofumi Hamano, Yoshito Zamami, Momoyo Azuma and Keisuke Ishizawa :
Impact of Area Under the Concentration-Time Curve on the Prevalence of Vancomycin-Induced Nephrotoxicity in Combination With Tazobactam/Piperacillin or Cefepime: A Single-Institution Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.43, No.11, 1910-1920.e3, 2021.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2021.09.007,   PubMed: 34642081)
8. Chikako Kane, Satoshi Sakaguchi, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Kenshi Takechi, Yuki Aoe, Tomoko Takagai and Hiroaki Yanagawa :
Research Ethics Consultation in Nursing Studies.,
Journal of Empirical Research on Human Research Ethics : JERHRE, Vol.17, No.1-2, 63-69, 2021.
(DOI: 10.1177/15562646211036577,   PubMed: 34374568)
9. Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of Potential Complications of Interstitial Lung Disease Associated With Antiandrogens Using Data From Databases Reporting Spontaneous Adverse Effects.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.12, No.655605, 2021.
(DOI: 10.3389/fphar.2021.655605,   PubMed: 34177574)
10. Mitsuhiro Goda, Masaya Kanda, Toshihiko Yoshioka, Ami Yoshida, Yoichi Murai, Yoshito Zamami, Fuka Aizawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Effects of 5-HT3 receptor antagonists on cisplatin-induced kidney injury.,
Clinical and Translational Science, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116008,   DOI: 10.1111/cts.13045,   PubMed: 33982438)
11. Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of potential complication of interstitial lung disease with abemaciclib and palbociclib treatments.,
Cancer Reports, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116289,   DOI: 10.1002/cnr2.1402,   PubMed: 33939324)
12. 石澤 有紀, 合田 光寛, 相澤 風花, 座間味 義人, 濱野 裕章, 八木 健太, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
薬剤誘発性大動脈解離易発症モデルマウスを用いた薬効評価,
四国医学雑誌, Vol.77, No.1,2, 57-62, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 116038,   CiNii: 1050851320431028352)
13. Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Kenta Yagi, Satoshi Sakaguchi, Hiroshi Nokihara, Chikako Kane, Yasutaka Sato, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa and Hiroaki Yanagawa :
Academic investigators' interest in promoting specified clinical trials : Questionnaire survey before and after implementation of the Clinical Trial Act,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 71-75, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115987,   DOI: 10.2152/jmi.68.71,   PubMed: 33994483)
14. Kenta Yagi, Marin Mitstui, Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Kimiko Fukunaga, Takahiro Shibata, Shunsuke Ishida, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Investigation of drugs affecting hypertension in bevacizumab-treated patients and examination of the impact on the therapeutic effect.,
Cancer Medicine, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116288,   DOI: 10.1002/cam4.3587,   PubMed: 33231381)
15. Kondo Masateru, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Hosooka Mayuko, Kagimoto Yuu, Saito Naoko, Matsuoka Rie, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Kenshi Takechi, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Preventive Effects of Quercetin against the Onset of Atherosclerosis-Related Acute Aortic Syndromes in Mice,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.21, No.19, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115332,   DOI: 10.3390/ijms21197226,   Elsevier: Scopus)
16. 加根 千賀子, 武智 研志, 中馬 真幸, 八木 健太, 高開 登茂子, 楊河 宏章 :
クリニカルリサーチナースの在り方とその教育方法に関する研究,
薬理と治療, Vol.48, No.Suppl.2, s164-s169, 2020年.

総説・解説:

1. Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Takahiro Niimura, Fuka Aizawa, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Drug-Repositioning Approaches Based on Medical and Life Science Databases.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.12, No.752174, Nov. 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116895,   DOI: 10.3389/fphar.2021.752174)

国内講演発表:

1. 岡田 直人, 中村 信元, 清水 太郎, 安藤 英紀, 相澤 風花, 新村 貴博, 八木 健太, 合田 光寛, 石田 竜弘, 石澤 啓介 :
免疫不全リスクを有する患者における 新型コロナワクチンによる抗体獲得能に 関連する因子の検討,
第32回日本医療薬学学会, 2022年9月.
2. 安藤 里英, 八木 健太, 岡本 尚大, 髙岡 麻佑, 相澤 風花, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
各種プロトンポンプ阻害剤のがん細胞におけるVEGF発現に与える影響,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
3. 糸林 小友理, 合田 光寛, 吉田 愛美, 杉本 祐悟, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対するバルプロ酸ナトリウムの有効性の検証,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
4. 相澤 風花, 梶本 春奈, 森山 大嗣, 岡林 亜美, 合田 光寛, 濱野 裕章, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
リアルワールドデータに基づく抗がん剤支持療法の開発;スタチン系薬剤による末梢神経障害治療および予防効果の検証,
第95回日本薬理学会年会, 2022年3月.
5. 吉岡 俊彦, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉田 愛美, 糸林 小友理, 杉本 祐悟, 石澤 有紀, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発急性腎障害に対するバルプロ酸ナトリウムの影響,
第95回日本薬理学会年会, 2022年3月.
6. 阪本 淑華, 友近 七海, 濱野 裕章, 合田 光寛, 新村 貴博, 相澤 風花, 八木 健太, 仲村 明人, 西内 栞, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを用いたスニチニブ誘発心不全に対する予防薬の探索,
第95回日本薬理学会年会, 2022年3月.
7. 國木 悠理香, 八木 健太, 吉田 莉奈, 岡本 尚大, 安藤 里英, 山川 裕介, 濱野 裕章, 合田 光寛, 新村 貴博, 相澤 風花, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
慢性骨髄性白血病に対するBCR-ABL阻害剤とALDH阻害剤併用による抗腫瘍効果,
第95回日本薬理学会年会, 2022年3月.
8. 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した研究手法による抗がん剤誘発副作用に対する予防法の探索,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2022, 2022年3月.
9. 西内 栞, 斎藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
ドキソルビシン誘発心筋症に対する予防薬探索を目的としたドラッグリポジショニング研究,
第42回日本臨床薬理学会学術総会, 2021年12月.
10. 安藤 里英, 八木 健太, 岡本 尚大, 相澤 風花, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
ボノプラザンががん細胞のVEGF発現に与える影響に関する検討,
第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月.
11. 吉田 愛美, 合田 光寛, 杉本 祐悟, 八木田 ひかり, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防候補薬の効果,
第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月.
12. 大峯 航平, 近藤 正輝, 合田 光寛, 西 穂香, 宮田 晃志, 辻中 海斗, 濱野 裕章, 相澤 風花, 八木 健太, 座間味 義人, 石澤 啓介, 石澤 有紀 :
杜仲茶エキスによる大動脈疾患発症抑制効果の検討,
第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月.
13. 岡田 直人, 中本 亜樹, 泉 侑希, 中馬 真幸, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 :
タゾバクタム・ピペラシリン併用時における血中濃度時間曲線下面積に基づくバンコマイシン誘発腎障害の評価,
第15回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2021, 2021年11月.
14. 吉岡 俊彦, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉田 愛美, 糸林 小友理, 杉本 祐悟, 石澤 有紀, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する杜仲葉エキスの効果,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
15. 吉田 愛美, 合田 光寛, 杉本 祐悟, 八木田 ひかり, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
16. 谷 友歩, 中馬 真幸, 合田 光寛, 坂東 貴司, 近藤 正輝, 國木 悠理香, 濱野 裕章, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 啓介 :
ビッグデータ解析を活用したバンコマイシン関連腎障害に対する予防薬の探索とその有用性の検討,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
17. 梶本 春奈, 森山 大嗣, 相澤 風花, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
FAERS解析を活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬の検討,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
18. 高橋 志門, 武智 研志, 定作 奈津美, 濱野 裕章, 相澤 風花, 八木 健太, 合田 光寛, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを用いたドラッグリポジショニングによるバラシクロビルの抗てんかん作用の検討,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
19. Hiroto Unten, Hirofumi Hamano, Takahiro Niimura, Nanami Tomochika, Shiori Nishiuchi, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Fuka Aizawa, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa :
Exploration of prophylactic drugs against doxorubicin-induced cardiomyopathy using largescale medical databases,
第15回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム, Oct. 2021.
20. 辻中 海斗, 岡田 直人, 藤原 範子, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 櫻田 巧, 桐野 靖, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 :
医療従事者におけるインフルエンザ暴露後予防目的におけるオセルタミビルのアドヒアランス解析,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
21. 岡田 直人, 中本 亜樹, 泉 侑希, 中馬 真幸, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 :
タゾバクタム・ピペラシリン併用時のバンコマイシン誘発腎障害は血中濃度時間曲線下面積を指標とした TDMによって回避可能か?,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
22. 相澤 風花, 梶本 春奈, 森山 大嗣, 新村 貴博, 合田 光寛, 新田 綾香, 高橋 志門, 濱野 裕章, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータを基盤とした迅速かつ安全ながん支持療法の開発,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
23. 八木 健太, 合田 光寛, 濱野 裕章, 坂口 暁, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
臨床研究における倫理指針と個人情報の基礎知識,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
24. 座間味 義人, 新村 貴博, 濱野 裕章, 合田 光寛, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
リアルワールドデータを活用したドラッグリポジショニング研究,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
25. 濱野 裕章, 座間味 義人, 合田 光寛, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 啓介 :
データサイエンスと基礎研究手法の融合,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
26. 中馬 真幸, 中本 亜樹, 坂東 貴司, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 濱野 裕章, 八木 健太, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 啓介, 田崎 嘉一 :
メタアナリシスとデータベース解析の融合によるハイインパクトエビデンスの創出,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
27. 神田 将哉, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 座間味 義人, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
抗がん剤副作用予防のための大規模医療情報データベース解析を活用したリバーストランスレーショナルリサーチ,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
28. 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤副作用に対する予防法の確立,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月.
29. 辻中 海斗, 石澤 有紀, 新村 貴博, 吉岡 俊彦, 合田 光寛, 近藤 正輝, 大峯 航平, 西 穂香, 宮田 晃志, 濱野 裕章, 相澤 風花, 八木 健太, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
血管新生阻害剤における大動脈解離発症の関連要因解明,
第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年7月.
30. 梶本 春奈, 森山 大嗣, 相澤 風花, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対するスタチン系薬剤の予防効果,
第139回日本薬理学会近畿部, 2021年6月.
31. 谷 友歩, 中馬 真幸, 合田 光寛, 坂東 貴司, 近藤 正輝, 國木 悠理香, 濱野 裕章, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
大規模医療情報および遺伝子発現データベースを活用したバンコマイシン関連腎障害に対する予防薬の探索とソの有用性の検討,
第139回日本薬理学会近畿部, 2021年6月.
32. 沖 良祐, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 佐藤 康敬, 二見 明香理, 前田 和輝, 八木 健太, 坂口 暁, 楊河 宏章, 桑原 聡, 梶 龍兒 :
COVID-19流行下におけるALSを対象とした医師主導治験運営の取組み,
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月.
33. 神田 将哉, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発急性腎障害に対する各種5-HT3受容体拮抗薬併用の影響,
第94回日本薬理学会年会, 2021年3月.
34. 相澤 風花, 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 八木 健太, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
HMG-CoA還元酵素阻害剤はGSTを介してオキサリプラチン誘発末梢神経障害を抑制する,
第94回日本薬理学会年会, 2021年3月.
35. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
基礎研究と臨床研究の融合による薬剤性末梢神経障害に対する予防薬探索,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
36. 坂東 貴司, 中馬 真幸, 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 泉 侑希, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したバンコマイシン関連腎障害に対する薬剤性腎障害原因薬剤の多剤併用における影響,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
37. 相澤 風花, 座間味 義人, 濱野 裕章, 岡田 直人, 林 明希, 八木 健太, 合田 光寛, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
COVID-19感染拡大に伴うオンライン型薬学実務実習の導入,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
38. 相澤 風花, 梶本 春奈, 森山 大嗣, 新村 貴博, 座間味 義人, 濱野 裕章, 合田 光寛, 八木 健太, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対するHMG-CoA還元酵素阻害剤の影響,
第262回徳島医学会学術集会, 2021年3月.
39. 合田 光寛, 座間味 義人, 新村 貴博, 萱野 純史, 濱野 裕章, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤副作用予防のためのリバーストランスレーショナルリサーチ,
日本薬学会第140年会, 2021年3月.
40. 阪本 淑華, 座間味 義人, 新村 貴博, 相澤 風花, 八木 健太, 合田 光寛, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを用いたドキソルビシン誘発心筋症に対する予防薬の探索,
日本薬学会第141年会 大学院生・学生シンポジウム, 2021年3月.
41. 石澤 啓介, 合田 光寛, 中馬 真幸, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人 :
有害事象自発報告データベースを活用した抗がん剤副作用に対する予防法の探索,
第41回日本臨床薬理学会学術総会 学術委員会企画シンポジウム5, 2020年12月.
42. 相澤 風花, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
シスプラチンと5-HT3受容体拮抗薬併用が腎機能障害に与える影響,
第30回日本循環薬理学会, 2020年11月.
43. Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Niimura Takahiro, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
New strategy for Cardio-Oncology study; the combination of big data analysis and basic research,
第79回日本癌学会学術集会 シンポジウム8, Oct. 2020.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 慢性骨髄性白血病再発防止を目指した新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 22K15340 )
  • 性差を考慮したがん化学療法の確立―リアルワールドデータ駆動型薬理学研究 (研究課題/領域番号: 22K06863 )
  • データマイニングと疾患モデルによる感染症と大動脈疾患の包括的な連関解明 (研究課題/領域番号: 21H02646 )
  • シナジー効果の評価系構築と薬理的検証 (研究課題/領域番号: 20H05799 )
  • 慢性骨髄性白血病再発防止を目指したALDH1A1阻害剤による治療戦略 (研究課題/領域番号: 20K16044 )
  • 研究者番号(10869085)による検索