検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 四宮 加容, 塩田 洋 :
薬物選択の論点, --- 7.抗ウイルス薬 ---,
金原出版 株式会社, 東京, 2006年2月.
2. 塩田 洋, 江口 洋 :
眼科検査法ハンドブック, --- XXII 検体採取法,A.微生物検査,1.表面,前房水 ---,
株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
3. 江口 洋, 塩田 洋 :
眼科検査法ハンドブック 第4版, --- XXII. 検体採取法 微生物検査 ---,
株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
4. 塩田 洋, 林 しの :
研修医のための感染症クリニカルガイダンス,
ヴァン メディカル, 東京, 2005年4月.
5. 四宮 加容, 塩田 洋 :
5.各種内服液と眼の副作用,
金原出版 株式会社, 東京, 2005年2月.
6. 塩田 洋, 工藤 英治 :
眼科検査ガイド,
文光堂, 東京, 2004年11月.
7. 太田 房雄, 塩田 洋, 斉藤 厚 :
感染症診療のコツと落とし穴 斎藤厚/編, --- 角膜真菌症の診断の決め手 糸状菌感染? あるいは酵母菌感染? ---,
株式会社 中山書店, 東京, 2004年9月.
8. 塩田 洋 :
ICDテキスト プラクティカルな病院感染制御,
株式会社 メディカ出版, 吹田, 2004年4月.
9. 四宮 加容, 塩田 洋 :
月刊眼科診療プラクティス 92.ウイルス性眼疾患の診療, --- 1.抗ウイルス薬の種類 ---,
文光堂, 東京, 2003年2月.
10. 江口 洋, 塩田 洋 :
治療的角膜移植の適応と問題点,
文光堂, 東京, 2002年10月.
11. 秦 聡, 塩田 洋 :
新 眼科スタッフハンドブック, --- 22 感染症とその予防 ---,
南江堂, 東京, 2002年10月.
12. 江口 洋, 塩田 洋 :
ウイルス学からみた医療の安全性, --- ウイルスによる眼感染症 ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2002年4月.
13. 江口 洋, 塩田 洋 :
ウイルス学からみた医療の安全性, --- 診療科別にみたウイルス感染症 5)ウイルスによる眼感染症 ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2002年4月.
14. 塩田 洋, 賀島 誠 :
月刊眼科診療プラクティス 79.角結膜疾患の薬物療法, --- 3)真菌性,アカントアメーバ性角膜潰瘍 ---,
文光堂, 東京, 2002年1月.
15. 江口 洋, 塩田 洋 :
PLACTICAL OPHTHALMOLOGY 88 角膜内皮細胞:最近の知見と展望, --- 治療的角膜移植術の適応と問題点 ---,
文光堂, 東京, 2002年.
16. 塩田 洋 :
眼科治療薬ハンドブック, --- 3 抗ウイルス薬 ---,
株式会社 中外医学社, 東京, 2001年4月.
17. 四宮 加容, 塩田 洋 :
9.角膜感染症 C.角膜ヘルペス,
株式会社 中外医学社, 東京, 2001年4月.
18. 塩田 洋 :
新·抗菌薬の使い方 選択理論とその実際,
三共, 2000年4月.
19. 大橋 裕一, 望月 學, 内藤 毅, 塩田 洋 :
眼微生物事典, --- 4真菌 フザリウム ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 1996年5月.
20. 賀島 誠, 塩田 洋 :
眼科診療Q&A QUESTIONS&ANSWERS, --- カルボサイクリックオキセタノシンG ---,
六法出版, 1988年1月.
21. 塩田 洋, 江口 洋 :
眼科検査法ハンドブック,
株式会社 医学書院, 東京, 1985年7月.

学術論文(審査論文):

1. Tsuchigauchi Takeshi, Tetsuyuki Takahashi, Ohnishi Takamasa, Hirohisa Ogawa, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Takizawa Tamatsu, Kaneda Shinya, Nakai Tokiko, Hiroshi Shiota and Keisuke Izumi :
Low susceptibility to N-ethyl-N-nitrosourea-induced transplacental carcinogenesis in Long-Evans Cinnamon (LEC) rats,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 93-98, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111314,   DOI: 10.2152/jmi.56.93,   PubMed: 19763020)
2. Maki Nisino, Dai Mizuno, Kimoto Takashi, Shinahara Wakako, Fukuta Akiho, Tunetomo Takei, Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Shiota and Hiroshi Kido :
Influenza vaccine with Surfacten, a modified pulmonary surfactant, induces systemic and mucosal immune responses without side effects in minipigs,
Vaccine, Vol.27, No.41, 5620-5627, 2009.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2009.07.024,   PubMed: 19647064)
3. Asako Umehara, Mamiko Nishioka, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Hiroshi Shiota and Seiichi Hashida :
A novel ultra-sensitive enzyme immunoassay for soluble human insulin receptor ectodomain and its measurement in urine from healthy subjects and patients with diabetes mellitus.,
Clinical Biochemistry, Vol.42, No.13-14, 1468-1475, 2009.
(DOI: 10.1016/j.clinbiochem.2009.06.014,   PubMed: 19560451)
4. 四宮 加容, 長澤 利彦, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 塩田 洋 :
繰り返す角膜障害から先天性角膜知覚麻痺を合併していると考えられたVACTERL連合の1例,
眼科臨床紀要, Vol.2, No.4, 335-339, 2009年.
(CiNii: 10024807273,   Elsevier: Scopus)
5. Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Yuka Fujita, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiishi, Hiroshi Shiota, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Lack of association of genetic variation in chromosome region 15q14-22.1 with type 2 diabetes in a Japanese population.,
BMC Medical Genetics, Vol.9, 22, 2008.
(DOI: 10.1186/1471-2350-9-22,   PubMed: 18366806)
6. 山下 力, 四宮 加容, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 林 しの, 塩田 洋, 秦 聡 :
先天性眼瞼下垂症例の視機能,
眼科臨床紀要, Vol.1, No.2, 161-165, 2008年.
(CiNii: 10024295065,   Elsevier: Scopus)
7. Toshihito Tanahashi, Keiko Shinohara, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Katsuyuki Miyawaki, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
The association of genetic variants in Krüppel-like factor 11 and Type 2 diabetes in the Japanese population.,
Diabetic Medicine, Vol.25, No.1, 19-26, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1464-5491.2007.02315.x,   PubMed: 18199129)
8. Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa, Aya Mima, Hiroshi Shiota, Kenji Yanashima, Mitsue Takahara and Osamu Sueda :
The Importance of Measuring Medical and Psychological Characteristics in Visibility Measurement of Persons with Low Visual Capability,
Assistive Technology Research Series, Vol.20, 331-335, 2007.
(Elsevier: Scopus)
9. 林 しの, 四宮 加容, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 山下 力, 塩田 洋 :
睫毛内反症患者における眼合併症の検討,
臨床眼科, Vol.61, No.10, 1857-1860, 2007年.
(CiNii: 40015679769,   Elsevier: Scopus)
10. Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura :
SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population.,
Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007.
(DOI: 10.1007/s10038-007-0190-x,   PubMed: 17823772,   CiNii: 10019776159,   Elsevier: Scopus)
11. Dai Osabe, Toshihito Tanahashi, Kyoko Nomura, Shuichi Shinohara, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Evaluation of sample size effect on the identification of haplotype blocks.,
BMC Bioinformatics, Vol.8, 200, 2007.
(DOI: 10.1186/1471-2105-8-200,   PubMed: 17567919,   Elsevier: Scopus)
12. Maki Moritani, Kyoko Nomura, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Yuka Fujita, Shinohara Syuichi, Yuka Yamaguchi, Parvaneh Keshavarz, Eiji Kudo, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiichi, Yoichiro Takata, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Genetic association of single nucleotide polymorphisms in endonuclease G-like 1 gene with type 2 diabetes in a Japanese population.,
Diabetologia, Vol.50, No.6, 1218-1227, 2007.
(DOI: 10.1007/s00125-007-0631-2,   PubMed: 17415550)
13. 山下 力, 秦 聡, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 四宮 加容, 塩田 洋 :
調節性内斜視の合併の有無による屈折異常弱視の比較検討,
眼科臨床医報, Vol.101, No.1, 64-68, 2007年.
(CiNii: 40015253884)
14. 四宮 加容, 伊月 宣之, 久保 賢倫, 山田 正史, 大木 弥栄子, 塩田 洋 :
改良した眼球電図測定法によるクロストークの解析,
日本眼科紀要, Vol.57, No.10, 739-743, 2006年.
(CiNii: 10018572194,   Elsevier: Scopus)
15. Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Yoichiro Takata, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Association study on chromosome 20q11.21-13.13 locus and its contribution to type 2 diabetes susceptibility in Japanese.,
Human Genetics, Vol.120, No.4, 527-542, 2006.
(DOI: 10.1007/s00439-006-0231-0,   PubMed: 16955255)
16. Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese.,
Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ygeno.2005.11.009,   PubMed: 16406727,   Elsevier: Scopus)
17. Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura :
No evidence for association of ENPP1(PC-1)K121Q variant with risk of Type 2 diabetes in a Japanese population.,
Journal of Human Genetics, Vol.51, No.6, 559-566, 2006.
(DOI: 10.1007/s10038-006-0399-0,   PubMed: 16607460,   Elsevier: Scopus)
18. 山下 力, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 四宮 加容, 秦 聡, 塩田 洋 :
徳島大学病院における遠視性不同視弱視の治療成績,
眼科臨床医報, Vol.100, No.1, 54-57, 2006年.
(CiNii: 40007105079)
19. 四宮 加容, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 久保 弥栄子, 塩田 洋 :
徳島大学における屈折異常弱視と不同視弱視の検討,
臨床眼科, Vol.59, No.10, 1755-1758, 2005年.
(CiNii: 40006987690,   Elsevier: Scopus)
20. Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura :
Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome.,
Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005.
(DOI: 10.1167/iovs.05-0057,   PubMed: 16043844,   Elsevier: Scopus)
21. 美馬 彩, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における内因性ぶどう膜炎の統計的観察,
臨床眼科, Vol.59, No.7, 1067-1071, 2005年.
(CiNii: 40006859327,   Elsevier: Scopus)
22. 林 しの, 江口 洋, 長澤 利彦, 塩田 洋 :
角膜白斑に対する深層角膜移植術後にUrrets-Zavalia症候群をきたした2例,
あたらしい眼科, Vol.22, No.2, 221-224, 2005年.
(CiNii: 40006648252)
23. Traian V Chirila, Mika Chirila, Yoshito Ikada, Hiroshi Eguchi and Hiroshi Shiota :
A Historical Review of Artificial Cornea Research in Japan, --- Artificial Cornea in Japan ---,
Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.49, No.1, S1-S13, 2005.
(PubMed: 15717417,   CiNii: 10015456534)
24. 四宮 加容, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 長澤 利彦, 塩田 洋 :
3歳児健診での要精査児の受診結果と問題点,
眼科臨床医報, Vol.99, No.4, 326-329, 2005年.
(CiNii: 40006714190)
25. 久保 弥栄子, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
硝子体手術を施行した黄斑円孔を伴うpit macular syndromeの1例,
眼科, Vol.46, No.12, 1785-1790, 2004年.
(CiNii: 40006508064)
26. Yuki Hayashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Shin-ichi Tsukumo, Hitomi Fukui, Kenji Kishihara, Hiroshi Shiota, Koji Yasutomo and Yoshio Hayashi :
Effective Treatment of a Mouse Model of Sjogren's Syndrome With Eyedrop Administrasiton of Anti-CD4 Monoclonal Antibody,
Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.9, 2903-2910, 2004.
(DOI: 10.1002/art.20472,   PubMed: 15457459)
27. 岡本 敬子, 賀島 誠, 美馬 彩, 内藤 毅, 塩田 洋 :
タモキシフェン網膜症の1例,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 987-990, 2004年.
(CiNii: 40019978897,   Elsevier: Scopus)
28. 香留 崇, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離法と非剥離法の手術成績,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 959-962, 2004年.
(Elsevier: Scopus)
29. 秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
硝子体手術後に発症したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌による術後眼内炎の1例,
臨床眼科, Vol.58, No.5, 785-787, 2004年.
(CiNii: 40019978174,   Elsevier: Scopus)
30. Yuki Hayashi, Shin-ichi Tsukumo, Hiroshi Shiota, Kenji Kishihara and Koji Yasutomo :
Antigen-Specific T Cell Repertoire Modification of CD4+CD25+ Regulatory T Cells,
The Journal of Immunology, Vol.172, No.9, 5240-5248, 2004.
(PubMed: 15100262)
31. 石丸 真弓, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における小児の裂孔原性網膜剥離の検討,
眼科手術, Vol.17, No.2, 261-263, 2004年.
(CiNii: 10012895729)
32. 大木 武夫, 秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
経過中に脈絡膜新生血管を認め黄斑下手術を施行したVogt-小柳-原田病の一例,
眼科, Vol.46, No.1, 73-77, 2004年.
(CiNii: 40006075456)
33. 福家 恭子, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
近視性血管新生黄斑症に対する新生血管膜除去術の手術成績,
眼科臨床医報, Vol.97, No.9, 775-777, 2003年.
(CiNii: 50000293483)
34. 土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準 :
特異な形態の後部ぶどう腫内網膜分離症の1例,
眼科, Vol.45, No.8, 1225-1227, 2003年.
(CiNii: 40005902933)
35. Kayo Shinomiya, Makoto Kajima, Hiroko Tajika, Hiroshi Shiota, Ryuji Nakagawa and Takahiko Saijyou :
Renal failure caused by eyedrops containing phenylephrine in a case of retinopathy of prematurity,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3.4, 203-206, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110706,   PubMed: 13678392,   CiNii: 110002238353)
36. Takashi Katome, Toshiyuki Obata, Rie Matsushima, Norihisa Masuyama, Lewis C. Cantley, Yukiko Gotoh, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Shiota and Yousuke Ebina :
Use of RNA interference-mediated gene silencing and adenoviral overexpression to elucidate the roles of AKT/protein kinase B isoforms in insulin actions,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.278, No.30, 28312-28323, 2003.
(DOI: 10.1074/jbc.M302094200,   PubMed: 12734182,   CiNii: 80016087388)
37. 高田 朋子, 石丸 真弓, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
バンジージャンプによって外傷性網膜剥離を起こした1例,
眼科, Vol.45, No.6, 947-950, 2003年.
(CiNii: 40005853565)
38. Eiko Murata, Saimoon Sharmin, Hiroshi Shiota, Mayumi Shiota, Mihiro Yano and Hiroshi Kido :
The effect of topically applied secretory leukocyte protease inhibitor on the eosinophil response in the late phase of allergic conjunctivitis,
Current Eye Research, Vol.26, No.5, 271-276, 2003.
(DOI: 10.1076/ceyr.26.4.271.15429,   PubMed: 12854054)
39. Fumiko Ueno, Hiroshi Shiota, Maki Miyaura, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Junko Tatsuki, Hajime A Koyama, Hirofumi Akari, Akio Adachi and Mikako Fujita :
Vpx and Vpr proteins of HIV-2 up-regulate the viral infectivity by a distinct mechanism in lymphocytic cells,
Microbes and Infection, Vol.5, No.5, 387-395, 2003.
(DOI: 10.1016/S1286-4579(03)00042-X,   PubMed: 12737994,   Elsevier: Scopus)
40. 岡本 敬子, 江口 洋, 秦 聡, 西野 真紀, 宮本 龍郎, 塩田 洋 :
全層角膜移植術8年後に生じた角膜縫合糸感染症の1例,
日本眼科紀要, Vol.54, No.2, 135-138, 2003年.
(CiNii: 10011251701,   Elsevier: Scopus)
41. 福家 恭子, 廣川 富彦, 賀島 誠, 三河 洋一, 内藤 毅, 塩田 洋 :
カラードップラ超音波検査の角膜内皮への影響評価,
あたらしい眼科, Vol.20, No.1, 115-117, 2003年.
(CiNii: 10017015806)
42. N Katunuma, A Ohashi, E Sano, E Murata, Hiroshi Shiota, K Yamamoto, E Majima and QT Le :
New cysteine protease inhibitors in physiological secretory fluids and their medical significance,
Advances in Enzyme Regulation, Vol.43, No.1, 393-410, 2003.
(DOI: 10.1016/S0065-2571(02)00041-9,   PubMed: 12791399)
43. 宮本 龍郎, 江口 洋, 高田 朋子, 秦 聡, 四宮 加容, 塩田 洋 :
非外傷性角膜穿孔に対し新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術を施行した2症例,
あたらしい眼科, Vol.19, No.11, 1481-1484, 2002年.
(CiNii: 10017005636)
44. 江口 洋, 岩田 明子, 曽我部 真紀, 佐藤 寛之, 塩田 洋 :
光干渉断層計を前眼部に応用した続発緑内障の1例,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, No.3, 178-181, 2002年.
(CiNii: 10008572917)
45. Tomihiko Hirokawa, Tomoko Nishikage, Takehiro Moroe, Makoto Kajima, Masakazu Hayashi, Takeshi Naito, Shinta Yamane and Hiroshi Shiota :
Visualization of Uveal Perfusion by Contrast-Enhanced Harmonic Ultrasonography at a Low Mechanical Index, --- A Pilot Animal Study ---,
Journal of Ultrasound in Medicine, Vol.21, No.3, 299-307, 2002.
(Elsevier: Scopus)
46. 坂口 恭久, 江口 洋, 秦 聡, 内藤 毅, 塩田 洋 :
対照的な経過をたどった小児穿孔性眼外傷の2例,
眼科, Vol.44, No.5, 211-214, 2002年.
(CiNii: 40000532227)
47. 西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 宮本 龍郎, 塩田 洋 :
徳島大学における角膜移植術の統計的観察,
あたらしい眼科, Vol.19, 1485-1488, 2002年.
48. 岩田 明子, 江口 洋, 塩田 洋, 高橋 昭良, 安友 康二, 石橋 広樹, 嵩原 裕夫 :
視力低下を契機に発見された小児褐色細胞腫の1例,
臨床眼科, Vol.56, No.0, 1553-1556, 2002年.
(CiNii: 50000684621,   Elsevier: Scopus)
49. 曽我部 真紀, 林 正和, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
黄斑部硬性白斑に対し黄斑下手術を施行した糖尿病を伴わない黄斑症の2例,
臨床眼科, Vol.55, No.11, 1785-1788, 2001年.
(CiNii: 40019976887,   Elsevier: Scopus)
50. 廣川 富彦, 内藤 毅, 塩田 洋, 布村 元, 水口 潤, 京 昌弘, 高橋 公太 :
腎移植後慢性拒絶反応患者に合併したサイトメガロウイルス網膜炎の1例,
臨床眼科, Vol.55, No.9, 1669-1672, 2001年.
(CiNii: 40019976563,   Elsevier: Scopus)
51. 岩田 明子, 江口 洋, 佐藤 寛之, 四宮 加容, 塩田 洋 :
意図的二重前房を用いた全層角膜移植術,
あたらしい眼科, Vol.18, No.8, 1045-1047, 2001年.
(CiNii: 10017013119)
52. 江口 洋, 佐藤 寛之, 賀島 誠, 塩田 洋, 三河 洋一 :
睫毛内反症に続発した角膜アミロイドーシス,
臨床眼科, Vol.55, No.6, 1123-1126, 2001年.
(CiNii: 40019977961,   Elsevier: Scopus)
53. 廣川 富彦, 大木 武夫, 林 勇樹, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ラタノプロストとウノプロストンの家兎球後血流への影響,
あたらしい眼科, Vol.18, No.5, 659-663, 2001年.
(CiNii: 10017012649)
54. 林 正和, 田近 弘子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ステロイド結膜下注射によると思われる高血糖を来した増殖糖尿病網膜症の1例,
日本眼科紀要, Vol.52, No.2, 147-149, 2001年.
(CiNii: 10009736450)
55. Takashi Asahara, Kayo Shinomiya, Takeshi Naito and Hiroshi Shiota :
Induction of Gene into the Rabbit Eye by Iontophoresis:Preliminary Report,
Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.45, No.1, 31-39, 2001.
(DOI: 10.1016/S0021-5155(00)00291-4,   PubMed: 11163043,   Elsevier: Scopus)
56. 廣川 富彦, 林 正和, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 糸田川 誠也 :
超音波カラードプラ法により球後血流動態の変化が確認できた前部虚血性視神経症の1例,
第66回 日本中部眼科学会, 1050-1053, 2001年.
57. 佐藤 寛之, 江口 洋, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
再燃を示唆する所見として視神経浸潤を認めた緩解期AMLの1例,
眼科, Vol.43, 1207-1210, 2001年.
58. 遠藤 弘子, 内藤 毅, 浅原 貴志, 塩田 洋 :
増殖糖尿病網膜症患者における硝子体中のサイトカイン, --- 血管内皮増殖因子,血小板由来増殖因子の増加 ---,
日本眼科学会雑誌, Vol.104, No.10, 711-716, 2000年.
59. 伊勢 知弘, 江口 洋, 香川 彩, 賀島 誠, 胡 楠, 塩田 洋 :
角膜真菌症9例の検討,
眼科, Vol.42, 807-910, 2000年.
60. 江口 洋, 曽我部 真紀, 塩田 洋, 久保 貴之, 泉 啓介 :
高周波メスを併用した角膜上皮形成術,
あたらしい眼科, Vol.17, No.11, 1551-1553, 2000年.
61. 浅原 貴志, 福本 幸司, 内藤 毅, 塩田 洋 :
加齢黄斑変性症に対する黄斑下手術の成績,
眼科臨床医報, Vol.93, No.8, 1237-1240, 1999年.
62. Mariko Takahashi, Naozumi Ishimaru, Kumiko Yanagi, Kaoru Saegusa, Norio Haneji, Hiroshi Shiota and Yoshio Hayashi :
Requirement for splenic CD4+ T cells in the immune privilege of the anterior chamber of the eye,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.116, No.2, 231-237, 1999.
63. 浅原 貴志, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
イオントホレーゼによる家兎眼への遺伝子導入,
日本眼科学会雑誌, Vol.103, No.3, 178-185, 1999年.
(PubMed: 10214051,   CiNii: 10007896618,   Elsevier: Scopus)
64. 内藤 毅, 浅原 貴志, 賀島 誠, 塩田 洋 :
糖尿病黄斑部硬性白斑に対する黄斑下手術の成績,
臨床眼科, Vol.53, No.1, 69-72, 1999年.
65. 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 宮崎 修一 :
視神経乳頭陥凹拡大での血清リポタンパク(a)値の検討,
日本眼科紀要, Vol.50, 410-412, 1999年.
66. 江口 洋, 鎌田 泰夫, 金川 知子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
フザリウムによる角膜真菌症,
臨床眼科, Vol.53, 609-611, 1999年.
67. Eiji Kudo, Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, K Satake and Mitsuo Itakura :
Polymorphisms of Thymidine Kinase Gene in Herpes Simplex Virus Type 1, --- Analysis of Clinical Isolates From Herpetic Keratitis Patients and Laboratory Strains ---,
Journal of Medical Virology, Vol.56, No.2, 151-158, 1998.
(DOI: 10.1002/(SICI)1096-9071(199810)56:2<151::AID-JMV9>3.0.CO;2-7,   PubMed: 9746072,   Elsevier: Scopus)
68. 四宮 加容, 山中 清香, 福本 幸司, 塩田 洋, 平井 健一 :
角膜ヘルペスと角膜真菌症を合併した1例,
あたらしい眼科, Vol.15, No.1, 117-119, 1998年.
(CiNii: 10018610844)
69. 末永 裕子, 遠藤 弘子, 浅原 貴志, 塩田 洋 :
全層角膜移植術後の遷延性角膜上皮欠損,
日本眼科紀要, Vol.49, 844-847, 1998年.
70. 遠藤 弘子, 内藤 毅, 浅原 貴志, 賀島 誠, 塩田 洋 :
徳島大学医学部眼科における増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績,
日本眼科紀要, Vol.49, No.10, 830-833, 1998年.
71. 内藤 毅, 三好 加容, 谷 英紀, 佐竹 敬子, 塩田 洋 :
黄斑円孔手術の成績,
臨床眼科, Vol.51, No.4, 694-696, 1997年.
72. 谷 英紀, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
マウス三叉神経節における単純ヘルペスウイルスの急性感染の検討,
日本眼科学会雑誌, Vol.100, No.7, 496-500, 1996年.
73. 谷 英紀, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
特発性黄斑部網膜上膜に対する手術成績,
臨床眼科, Vol.50, No.6, 1175-1178, 1996年.
74. Hiroshi Shiota, Keiko Nitta, Takeshi Naito, Yasuo Mimura and Tokumi Maruyama :
Clinical evaluation of carbocyclic oxetanocin G eyedrops in the treatment of herpes simplex corneal ulcers,
The British journal of Ophthalmology, Vol.80, No.5, 413-415, 1996.
(PubMed: 8695561,   Elsevier: Scopus)
75. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
当科における網膜剥離手術後のmacular puckerの手術成績,
眼科臨床医報, Vol.90, No.2, 122-124, 1996年.
76. 新田 敬子, 塩田 洋, 内藤 毅, 三村 康男, 丸山 徳見 :
9-(2-Deoxy-2-fluoro-β-D-arabinofuranosyl)adenineの抗ヘルペス作用の検討,
あたらしい眼科, Vol.13, No.1, 91-92, 1996年.
77. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
徳島大学眼科学教室における最近5年間の網膜剥離手術成績,
眼科手術, Vol.8, No.1, 135-137, 1995年.
(CiNii: 10009448983)
78. 新田 敬子, 塩田 洋, 内藤 毅, 三村 康男 :
単純ヘルペスウイルス1型アシクロビル耐性株の各種薬剤に対する感受性とチミジンキナーゼ活性,
日本眼科学会雑誌, Vol.98, No.6, 513-519, 1994年.
79. 内藤 毅, 新田 敬子, 塩田 洋, 三村 康男 :
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による術後感染症の1症例,
あたらしい眼科, Vol.10, No.11, 1877-1880, 1993年.
80. 内藤 毅, 新田 敬子, 木内 康仁, 塩田 洋, 三村 康男 :
網膜剥離手術患者の他眼の検討,
臨床眼科, Vol.45, No.3, 347-349, 1991年.
81. Takeshi Naito, Keiko Nitta, Yoshihito Kinouchi, Hiroshi Shiota and Yasuo Mimura :
Effects of 9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanine(DHPG)eye drops and cyclosporine eye drops in the treatment of herpetic stromal keratitis in rabbits,
Current Eye Research, Vol.10, 201-203, 1991.
82. 内藤 毅, 新田 敬子, 木内 康仁, 塩田 洋, 三村 康男 :
当教室における眼部帯状ヘルペスについて,
あたらしい眼科, Vol.7, No.9, 1359-1361, 1990年.
83. Takeshi Naito, Hiroshi Shiota, Keiko Nitta and Yasuo Mimura :
Effects on herpes simplex virus type 1 of combined use of interferon-beta and anti-herpetic agents in vitro,
Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.34, No.1, 15-21, 1990.
(PubMed: 2163462,   Elsevier: Scopus)
84. 内藤 毅, 塩田 洋, 新田 敬子, 楠島 康平, 三村 康男 :
家兎角膜ヘルペスに対するDHPG点眼液の効果,
あたらしい眼科, Vol.6, No.1, 122-125, 1989年.
85. 塩田 洋, 内藤 毅, 楠島 康平, 加藤 俊彦, 三村 康男 :
角膜ヘルペスの治療に対するインターフェロンの応用,
臨床眼科, Vol.42, No.5, 542-543, 1988年.
86. 内藤 毅, 塩田 洋, 兼松 誠二, 三村 康男, 小川 剛史 :
新しい抗ヘルペス剤9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanineの家兎角膜に対する毒性研究,
日本眼科学会雑誌, Vol.92, No.4, 573-577, 1988年.
87. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
角膜ヘルペスに対するアシクロビルの治療効果,
日本眼科紀要, Vol.38, No.1, 78-82, 1987年.
88. Hiroshi Shiota, Takeshi Naito and Yasuo Mimura :
Anti-herpes simplex virus(HSV)effect of 9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanine,
Current Eye Research, Vol.6, No.1, 241-245, 1987.
89. Takeshi Naito, Hiroshi Shiota and Yasuo Mimura :
Side effects in the treatment of herpetic keratitis,
Current Eye Research, Vol.6, No.1, 237-239, 1987.
90. 内藤 毅, 塩田 洋, 新田 敬子, 三村 康男 :
角膜ヘルペス治療上における副作用の検討,
日本眼科紀要, Vol.37, No.6, 849-852, 1986年.

学術論文(紀要・その他):

1. 西岡 麻未子, 梅原 麻子, 小畑 利之, 塩田 洋, 蛯名 洋介, 橋田 誠一 :
尿中レジスチン及び遊離インスリン受容体αによる糖尿病リスク指標の構築,
徳島文理大学研究紀要, Vol.76, 1-19, 2008年.
(CiNii: 110007147051)
2. 塩田 洋 :
なぜ今,院内感染の予防対策が必要なのか?,
NANO OPHTHALMOLOGY, No.33, 3, 2007年.
3. 村尾 史子, 西野 真紀, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
虹彩隅角新生血管を合併した増殖糖尿病網膜症に対する初回硝子体手術成績,
臨床眼科, Vol.59, No.9, 1535-1538, 2005年.
(CiNii: 40006917787,   Elsevier: Scopus)
4. 長澤 利彦, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術成績,
臨床眼科, Vol.59, No.8, 1325-1328, 2005年.
(CiNii: 40006883155,   Elsevier: Scopus)
5. 工藤 英治, 塩田 洋 :
糖尿病性細小血管症, --- 基礎·臨床のアップデート ---,
日本臨牀, Vol.63, No.6, 302-305, 2005年.
6. 片山 智子, 齋藤 晴比古, 塩田 洋, 勝沼 信彦 :
涙液中の特殊蛋白検出によるベーチェット病,原田病の診断,
逓信医学, Vol.57, No.3, 203-204, 2005年.
7. Khadka B. Kamal, Takeshi Naito, Makoto Kajima, Hiroshi Shiota, Junsuke Akura and Takayuki Kiryuu :
Eye care project in Gaur, Nepal,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 230-233, 2004.
(徳島大学機関リポジトリ: 110746,   DOI: 10.2152/jmi.51.230,   PubMed: 15460911)
8. Nan Hu and Hiroshi Shiota :
Emergence of resistance to carbocyclic oxetanocin G in herpes simplex virus type 1 and genetic analysis of resistant mutants,
Acta Pharmacologica Sinica, Vol.25, No.7, 921-926, 2004.
(PubMed: 15210066)
9. 松下 新悟, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜除去の検討,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 1029-1032, 2004年.
(CiNii: 40019978979,   Elsevier: Scopus)
10. 井上 昌幸, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
流行性角結膜炎の院内感染の検討,
臨床眼科, Vol.58, No.5, 823-826, 2004年.
(CiNii: 40019978317,   Elsevier: Scopus)
11. 伊勢 知弘, 塩田 洋 :
クラミジア結膜炎,
臨床眼科, Vol.57, No.11, 137-140, 2003年.
(CiNii: 50000334132)
12. 井上 禎子, 斬 雷, 塩田 洋 :
角膜真菌症,
あたらしい眼科, Vol.19, No.8, 999(31)-1003(35), 2002年.
(CiNii: 10017004702)
13. 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
糖尿病網膜症の治療,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 134-138, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110540)
14. Hiroshi Shiota, Hiroshi Eguchi, Hiroyuki Yunoki and Shigekazu Aoyama :
CAN WE IMPLANT OUR KERATOPROSTHESIS FOR HUMANS AS A TEMPORARY USE?,
ANALES DEL INSTITUTO BARRAQUER, Vol.31, No.2, 199, 2002.
15. Hiroshi Shiota, Hiroshi Eguchi, Hiroyuki Yunoki and H. Amitani :
EXPERIMENTAL EVALUATION OF OUR CERAMIC KERATOPROSTHESIS IN RABBITS,
ANALES DEL INSTITUTO BARRAQUER, Vol.30, 181-182, 2001.
16. 塩田 洋 :
3.眼感染症の病態研究と治療法の発達, --- 角膜感染症Ⅱ 薬物の開発,その有効性 ---,
20世紀における眼科学の総括, 51-53, 1988年.

総説・解説:

1. 四宮 加容, 塩田 洋 :
【ウイルス性眼疾患の診療】 ウイルス感染症の治療 抗ウイルス薬の種類,
眼科診療プラクティス, Vol.92, 114-117,
2. 四宮 加容, 塩田 洋 :
【薬物選択の論点】 抗ウイルス薬,
眼科, Vol.48, No.2, 213-221,
3. 四宮 加容, 塩田 洋 :
【中毒と眼】 各種内服薬と眼の副作用,
眼科, Vol.47, No.2, 167-173, 2005年.
(CiNii: 50000137145)
4. Nobuhiko Katunuma, Hiroshi Shiota and Trong Quang Le :
Medical significance of cysteine protease inhibitors in mammalian secretory fluids,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3-4, 154-161, Aug. 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110691,   PubMed: 13678384)
5. 江口 洋, 塩田 洋 :
アカントアメーバ角膜炎とその治療方法について教えて下さい,
あたらしい眼科, Vol.17, 181-183, 2000年.
6. 内藤 毅, 塩田 洋 :
ヘルペス性角膜炎,
臨床と研究, Vol.64, No.7, 27-30, 1987年7月.
7. 内藤 毅, 塩田 洋 :
角膜ヘルペスの治療,
治療学, Vol.17, No.1, 114-117, 1986年7月.

国際会議:

1. Kayo Shinomiya, Hiroshi Shiota, Yaeko Ohgi, Nobuyuki Itsuki, Ray Tabesh, Masashi Yamada and Masanori Kubo :
Analysis of the Characteristics of Electrooculogram,
Intl. Conf. on Biomedical and Pharmaceutical Engineering 2006, 428-431, Singapore, Dec. 2006.
2. Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, Hiroshi Eguchi, T Takada and S Hata :
5,3,1 METHOD FOR THE TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS,
4th International Conference on Ocular Infections, 6, Sapporo, Oct. 2005.
3. Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Takano and Hiroshi Shiota :
A CASE OF PANOPHTHALMITIS CAUSED BY PANTOEA AGGLOMERANS,
4th International Conference on Ocular Infections, 64, Sapporo, Oct. 2005.
4. Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Hayashi and Hiroshi Shiota :
A Case of Panophthalmitis Caused by Pantoea Agglomerans,
The 4th International eyes infectious disease society, Oct. 2005.
5. Hiroshi Shiota :
DIANOSIS AND TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS,
4th International Conference on Ocular Infections, 4, Sapporo, Oct. 2005.
6. Hiroshi Shiota, M Inoue, Y Kubo, Y Hayashi, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito :
Best Classification of Acanthamoeba Keratitis,
ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING, 113, Florida, May 2005.
7. Hiroshi Eguchi, Y Kubo, S Takano, Hiroshi Shiota and M Yano :
Malignant Glaucoma After Penetrating Keratoplasty,
ARVO 2004, 203, Florida, Apr. 2005.
8. Hiroshi Shiota, M Ishimura, T Miyamoto, S Takano, E Sano, Q.T Le and N Katsunuma :
Detection of disease-specific cyctein protease inhibitors in tears,
ARVO 2004, 25, Florida, Apr. 2005.
9. Hiroshi Shiota, Shino Takano, Mayumi Ishimaru, Etsuko Sano and Q.T Le :
Medical significances of new disease-specific cycteine protease inhibitors in tears,
4th International Conference on Cysteine Proteinases and their Inhibitors, 6, Portoroz, Slovenia, Sep. 2004.
10. Hiroshi Shiota :
Recent diagnosis and treatment of Herpes Simplex Keratitis,
FYODOROV MEMORIAL LECTURES 2004, 10, Moscow, Jun. 2004.
11. E Sano, T. Q Le, A Ohashi, Hiroshi Shiota and N Katunuma :
Disease specific cysteine protease inhibitors in tears with autoimmune-disease,
International Symposium on "Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors, 41, 兵庫, Nov. 2003.
12. Hiroshi Shiota :
A KERATOPROSTHESIS FOR TEMPORARY USE IN HUMANS,
XXXIXth International Congress of Ophthalmology, A37, Sydney, Apr. 2002.
13. Hiroshi Shiota, Kayo Shinomiya, T Nishiuchi, S Inoue and Takeshi Naito :
ASSOCIATION OF HERPETIC KERATITIS AND KERATOMYCOSIS IN THREE PATIENTS,
XXXIXth International Congress of Ophthalmology, Sydney, Apr. 2002.
14. Hiroshi Shiota, T HIROKAWA, Takeshi Naito, F UENO, J MINAKUCHI, M KYO and K TAKAHASHI :
POINTS TO DEAL WITH CYTOMEGALOVIRUS RETINITIS PATIENTS AFTER KIDNEY TRANSPLANTATION,
10th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections, Osaka, Nov. 2001.
15. Hiroshi Shiota and Hiroshi Eguchi :
Can we implant our keratoprosthesis for humans as a temporary use?,
4th KPro - 6th IOSS JOINT MEETING, 38, Florida, May 2001.
16. T Hirokawa, M Hayashi, H Murata, M Takebayashi, Kyoko Fuke, T Ohki, M Kajima, Takeshi Naito, S Yamane and Hiroshi Shiota :
VISUALIZATION OF PERFUSION IMAGING USING ULTRASOUND CONTRAST AGENT AND HARMONIC ULTRASOUND IN RABBIT EYES,
ARVO 2001, 92, Florida, May 2001.
17. S Hata, Takeshi Naito, M Kajima and Hiroshi Shiota :
INDUCTION OF APOPTOSIS IN THE GANGLION CELLS OF TRIGEMINAL GANGLIA BY INFECTION WITH HERPES SIMPLEX VIRUS TYPE 1,
ARVO 2001, 10, Florida, Apr. 2001.

国内講演発表:

1. 藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 末田 統, 塩田 洋 :
徳島における視覚障害者による評価システムの構築,
第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 187, 2008年9月.
2. 藤澤 正一郎, 末田 統, 塩田 洋 :
徳島における視覚障害者のための社会基盤整備に関する研究,
第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 13-18, 2008年9月.
3. 高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 吉田 敏昭 :
視覚障害者誘導用ブロック等の利用状況調査,
第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 217-218, 2007年8月.
4. 高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 岩田 朋巳 :
長期検査への参加対象者における心理特性,
第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2006年8月.
5. 松下 新悟, 内藤 毅, 塩田 洋 :
Transconjunctival vitreous surgery with adjunct use of 25-guage needle,
臨床眼科, Vol.60, No.6, 1013-1015, 2006年6月.
(Elsevier: Scopus)
6. 藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 美馬 彩, 高原 光恵, 秦 裕子, 湊 祐史, 福永 克己, 末田 統, 塩田 洋 :
視覚障害者による徳島における評価システムの構築,
第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 167-168, 2005年12月.
7. 美馬 彩, 秦 裕子, 村尾 史子, 塩田 洋 :
正常眼圧緑内障に対するラタノプロストの眼圧下降効果,
第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
8. 秦 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 :
慢性閉塞隅角緑内障に対する白内障手術とレーザー虹彩切開術の比較検討,
第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
9. 林 しの, 賀島 誠, 西野 真紀, 塩田 洋 :
頭蓋内に進展した涙腺原発と考えられるMALTリンパ腫の1例,
第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
10. 塩田 洋 :
抗ヘルペス薬 眼科応用の展望,
フォーサム·イン横浜, 33, 2005年7月.
11. 江口 洋, 高野 しの, 林 勇樹, 寺田 祐子, 村尾 史子, 塩田 洋 :
1-60 LVFX耐性Corynebacterium属が起炎菌と考えられた前眼部感染症の2例,
第42回 日本眼感染症学会, 47, 2005年7月.
12. 林 勇樹, 高野 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 田近 智之, 江川 麻理子 :
1-38 最近経験した内因性眼内炎の3症例,
フォーサム·イン横浜, 44, 2005年7月.
13. 西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 塩田 洋, 谷 英紀, 林 英憲 :
1-04 抜糸後角膜膿瘍を来した角膜移植眼の2例,
フォーサム·イン横浜, 38, 2005年7月.
14. 藤本 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 :
慢性閉塞隅角緑内障に対するPEA+IOLとLIの比較検討∼短期経過∼,
第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
15. 林 しの, 内藤 毅, 吉田 慎一, 賀島 誠, 塩田 洋 :
徳島大学病院眼科における光線力学療法の近況,
第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
16. 林 しの, 宮本 龍郎, 塩田 洋, 石丸 真弓, 佐野 悦子, Q. T. Le, 勝沼 信彦 :
ベーチェット病診断用の特異抗体の作成,
第108回日本眼科学会総会, 2004年4月.
17. 林 しの, 江口 洋, 塩田 洋, R C Hicks, J G Crawford, V T Chirila :
人工角膜の歴史とAlphaCorTM移植術の臨床成績,
第65回徳島眼科集談会, 2003年12月.
18. 廣川 富彦, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
334 超音波造影剤を用いた眼組織血液灌流定量化の試み,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
19. 賀島 誠, 廣川 富彦, 三河 洋一, 内藤 毅, 塩田 洋 :
333 造影超音波検査のERGと蛍光眼底造影所見への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
20. 三河 洋一, 廣川 富彦, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
332 造影超音波検査の前眼部への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
21. 福家 恭子, 廣川 富彦, 内藤 毅, 塩田 洋 :
331 カラードプラ超音波検査の角膜内皮への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
22. 塩田 洋 :
角膜感染症Ⅱ 薬物の開発,その有効性,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 9, 2002年5月.
23. 井上 禎子, 四宮 加容, 斬 雷, 塩田 洋, 工藤 英治 :
77 角膜真菌患者の角膜擦過物と涙液中からの真菌DNAの検出,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 111, 2002年5月.
24. 村田 英子, Saimoon Sharmin, 塩田 洋, 木戸 博 :
粘液プロテアーゼインヒビターの抗アレルギー作用についての検討,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 106, 2002年5月.
25. 坂口 恭久, 林 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における過去3年間の眼外傷の検討,
第55回日本臨床眼科学会, 2001年10月.
26. 賀島 誠, 林 しの, 福家 恭子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
当院における糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術成績,
第55回日本臨床眼科学会, 2001年10月.
27. 福本 幸司, 林 しの, 秦 聡, 塩田 洋 :
アミロイド苔癬に合併した周辺部角膜変性症の1例,
第55回日本臨床眼科学会, 2001年10月.
28. 四宮 加容, 林 しの, 福本 幸司, 塩田 洋 :
両眼性網膜芽細胞腫の1例,
第67回日本中部眼科学会, 2001年9月.
29. 林 正和, 林 しの, 坂口 恭久, 塩田 洋 :
視機能の増悪,寛解を繰り返した鼻性視神経症の1例,
第67回日本中部眼科学会, 2001年9月.
30. 林 しの, 江口 洋, 塩田 洋, 柚木 博行, 青山 茂一 :
徳島大学型人工角膜(5型)の家兎眼における成績,
第67回日本中部眼科学会, 2001年9月.
31. 林 しの, 四宮 加容, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
出産後改善した糖尿病網膜症の1例,
第98回中国四国眼科学会・第50回四国眼科学会合同眼科学会, 2001年7月.
32. 林 正和, 林 しの, 四宮 加容, 塩田 洋 :
白内障術後の脈絡膜剥離,眼圧上昇に対し強膜開窓術を施行した小眼球の1例,
第40回日本白内障学会・第16回日本眼内レンズ屈折手術学会, 2001年6月.
33. 江口 洋, 佐藤 寛之, 林 しの, 竹林 優, 塩田 洋 :
バンコマイシン眼軟膏による家兎MRSA角膜炎治療効果判断方法の病理学的検討,
第105回日本眼科学会総会, 2001年4月.
34. 林 正和, 林 しの, 塩田 洋 :
原発閉塞隅角緑内障に対する白内障手術,
第62回徳島眼科集談会, 2000年12月.
35. 林 しの, 福本 幸司, 四宮 加容, 賀島 誠, 塩田 洋, 藤江 準, 藤本 裕子 :
涙腺原発の腺様嚢胞癌の1例,
第62回徳島眼科集談会, 2000年12月.
36. 林 正和, 竹林 優, 福家 恭子, 林 しの, 岩田 明子, 佐藤 寛之, 香留 崇, 塩田 洋 :
徳島大学における最近5年間の高木式翼状片手術成績,
第54回日本臨床眼科学会, 2000年11月.
37. 藤本 裕子, 坂口 恭久, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ぶどう膜炎を合併した色素性傍静脈脈絡網膜萎縮症の1例,
第97回中国四国眼科学会, 2000年8月.
38. 末永 裕子, 遠藤 弘子, 竹林 宏, 塩田 洋 :
全層角膜移植術後の遷延性角膜上皮欠損,
第63回日本中部眼科学会, 1997年10月.
39. 藤本 裕子, 田近 智之, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
眼内レンズ毛様溝縫着術後に生じた網膜剥離の3例,
第58回徳島眼科集談会, 1996年12月.

その他・研究会:

1. 西岡 麻未子, 梅原 麻子, 小畑 利之, 塩田 洋, 蛯名 洋介, 橋田 誠一 :
尿および乾燥ろ紙血による糖尿病リスク評価法の構築 1)レジスチン,2)遊離インスリン受容体α,
第49回 日本生化学会中国・四国支部例会, Vol.80, No.7, 689, 2008年5月.
2. 伊月 宣之, 高岡 史哉, 村上 祐一, 四宮 加容, 久保 賢倫, 大木 弥栄子, 山田 正史, 塩田 洋 :
眼球電池モデルによる眼球電図特性の一考察子,
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.107, No.154, 9-12, 2007年7月.
(CiNii: 110006380694)
3. 四宮 加容, 塩田 洋, 木虎 亜希子, 岡本 里江 :
3歳児健診要精査児の受診結果と問題点,
徳島県医師会報, No.412, 15-16, 2005年9月.
4. 塩田 洋 :
抗ヘルペスウイルス薬療法の先駆的研究, --- Herbert E.Kaufman先生を迎えて ---,
HERPES MANAGEMENT, Vol.8, No.1, 1-4, 2004年.
5. 塩田 洋 :
角膜ヘルペスの治療·いまむかし,
臨床眼科, Vol.57, No.11, 80, 2003年10月.
6. 塩田 洋 :
私の修業時代,
眼科診療プラクティス, 110-111, 2001年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • RNA 干渉を応用した角膜ヘルペスの新しい治療法の開発 (研究課題/領域番号: 18591923 )
  • 人工角膜・水晶体用ポリマー表面への機能性付与に関する国際共同研究の為の企画調査 (研究課題/領域番号: 16639017 )
  • 急性網膜壊死の病態解明 (研究課題/領域番号: 15591859 )
  • 移植デバイス用生体適合性ポリマーとその表面改質に関する国際共同研究の為の企画調査 (研究課題/領域番号: 14607018 )
  • 分子生物学手法を用いた角膜真菌症迅速診断法の開発と治療指針の作成 (研究課題/領域番号: 13671841 )
  • 難治性角膜ヘルペス原因ウイルスの解明(DNAポリメラーゼ遺伝子変異迅速検出法の開発) (研究課題/領域番号: 10671646 )
  • ヘルペス性角膜白斑に対する人工角膜挿入術の治療方針の決定 (研究課題/領域番号: 07671922 )
  • セラミックスを用いた人口角膜の開発 (研究課題/領域番号: 06671766 )
  • 角膜自己抗原の解析 (研究課題/領域番号: 01480417 )
  • クラミジアにぶどう膜炎の研究 (研究課題/領域番号: 63570833 )
  • 研究者番号(20035736)による検索