検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 清水 一郎, 庄野 文章, 西岡 安彦, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 :
徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況,
日本医療薬学会, 東京, 2003年.
2. 六車 直樹, 伊東 進, 三宅 秀則, 松村 敏信, 田代 征記 :
胆嚢癌におけるムチン発現と患者予後に関する検討,
財団法人 日本消化器病学会, 東京, 2001年1月.
3. 北川 哲也, 北市 隆, 堀 隆樹, 吉栖 正典, 田埜 和利, 加藤 逸夫, 余喜多 史郎, 田代 征記, 門田 康正, 香川 征 :
静脈およびリンパ管疾患と外科, --- 悪性腫瘍による下大静脈症候群の検査,診断,治療方針,治療,予後 ---,
日本アクセル・シュプリンガー出版, 1997年2月.

学術論文(審査論文):

1. 濵田 吉則, 嵩原 裕夫, 安藤 久美, 糸井 隆夫, 神澤 輝実, 越永 従道, 須山 正文, 信川 文誠, 藤井 秀樹, 渡辺 康宏, 田代 征記 :
小児胆管径の基準値からみた胆管拡張の定義の問題点,
胆と膵, Vol.31, No.11, 1269-1272, 2010年.
(CiNii: 50007642705)
2. 森根 裕二, 島田 光生, 久山 寿子, 高松 英夫, 田代 征記 :
全国集計からみた先天性胆道拡張症, 膵・胆管合流異常の胆道癌発生率とその特徴,
胆と膵, Vol.31, No.11, 1293-1299, 2010年.
(CiNii: 50007642709)
3. Hirofumi Kanemura, Kenji Kusumoto, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro, Kazuhito Rokutan and Mitsuo Shimada :
Geranylgeranylacetone prevents acute liver damage after massive hepatectomy in rats through suppression of a CXC chemokine GRO1 and induction of heat shock proteins.,
Journal of Gastrointestinal Surgery, Vol.13, No.1, 66-73, 2008.
(DOI: 10.1007/s11605-008-0604-x,   PubMed: 18683011)
4. Otsuka Toshihiro, Keisuke Izumi, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Ipposhi Kaneshige, Yoshiharu Takiguchi, Kaneda Shinya, Nobuo Satake, Takamasa Ohnishi, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada :
Prevention of lethal hepatic injury in Long-Evans Cinnamon(LEC) rats by D-galactosamine hydrochloride,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 81-86, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110791,   DOI: 10.2152/jmi.53.81,   PubMed: 16537999,   Elsevier: Scopus)
5. Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro :
Effect of Follistatin on Rat Liver Regeneration and Tumor Growth after Portal Occlusion,
Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.63, 833-838, 2005.
(PubMed: 15966215)
6. Kazuhito Takamura, Kunihiro Tsuchida, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro and Hiromu Sugino :
Possible endocrine control by follistatin 315 during liver regeneration based on changes of activin receptor after partial hepatectomy in rat,
Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.61, 60-66, 2005.
(PubMed: 15782995,   Elsevier: Scopus)
7. H Miyake, Seiki Tashiro, Masahiko Fujii, K Sasaki and T Takagi :
Efficacy of only left side approach in a case of unsuccessful reconstruction of the right hepatic artery after left hepatic lobectomy with caudal lobectomy,
Hepato-Gastroenterology, Vol.51, No.56, 372-374, 2004.
(PubMed: 15086162,   Elsevier: Scopus)
8. Hidenori Miyamoto, Tatsuya Murakami, Kunihiro Tsuchida, Hiromu Sugino, Hidenori Miyake and Seiki Tashiro :
Tumor-stroma interaction of human pancreatic cancer: acquired resistance to anticancer drugs and proliferation regulation is dependent on extracellular matrix proteins,
Pancreas, Vol.28, No.1, 38-44, 2004.
(PubMed: 14707728,   CiNii: 10016167025)
9. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 田代 征記 :
特集 Oncogenic emergencyとその対応:肝癌,
日本外科学会誌, Vol.105, No.4, 292-295, 2004年.
10. 藤井 正彦, 田代 征記, 三宅 秀則, 栗田 信浩, 鷹村 和人 :
特集 手術器械の使い方:膵臓の剥離と切離法,
手術, Vol.58, No.5, 657-662, 2004年.
11. 三宅 秀則, 和田 大助, 藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 田代 征記 :
特集 肝胆膵領域におけるエビデンスは?:胆嚢癌に対する肝SIVa SV切除の意義,
胆と膵, Vol.25, No.4, 207-212, 2004年.
12. Masahiko Fujii, Hidenori Miyake, Katsuya Sasaki, Toshihide Takagi, Kazuhito Takamura and Seiki Tashiro :
Arterial infusion chemotherapy for the patient of unresectable pancreatic carcinoma with liver metastasis: a case report,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3,4, 199-202, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110704,   PubMed: 13678391)
13. 新谷 保実, 藤中 雄一, 高橋 幸志, 伊藤 祐司, 加藤 修司, 井上 大輔, 松本 俊夫, 栗田 信浩, 田代 征記, 坂東 良美, 佐野 壽昭, 宮 恵子 :
空腹時の血漿インスリン濃度は常に低値で,グルカゴンにより著明なインスリン分泌反応が誘導されたインスリノーマの1例,
糖尿病, Vol.46, No.8, 679-684, 2003年.
14. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 田代 征記 :
特集:術前・術後のサーベイランスプログラム 膵胆管合流異常,
外科, Vol.65, No.12, 1509-1514, 2003年.
15. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 鷹村 和人, 田代 征記 :
多臓器浸潤をきたした胃内分泌細胞癌の1例,
臨床外科, Vol.58, No.13, 1693-1696, 2003年.
16. 宮本 英典, 栗田 信浩, 三宅 秀則, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 鷹村 和人, 森根 裕二, 居村 暁, 田代 征記 :
当科におけるStageIVb膵癌の治療成績,
四国医学雑誌, Vol.59, No.1-2, 30-34, 2003年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110581)
17. 三宅 秀則, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 鷹村 和人, 高木 敏秀, 田代 征記 :
胆嚢癌NOW:ss胆嚢癌の治療をどうする, --- 主として胆嚢床切除の立場から ---,
臨床外科, Vol.58, No.2, 169-172, 2003年.
(CiNii: 50000739106)
18. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 水野 昭, 三宅 秀則, 田代 征記, 鶴尾 美穂, 武田 英二 :
肝硬変患者に対する就寝前夜食(LES)療法の長期継続効果:エネルギー代謝および耐糖能異常の改善がみられた1症例,
栄養-評価と治療, Vol.19, No.4, 461-465, 2002年.
19. 三宅 秀則, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 田代 征記 :
癌診療に役立つ最新データ:胆嚢癌の診断に関する最新のデータ,
臨床外科, Vol.57, No.11, 230-234, 2002年.
20. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 田代 征記 :
高度肥満による皮下埋め込み式CVポートの変位が原因となりカテーテル逸脱をきたした1例,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 174-177, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110546)
21. 佐々木 克哉, 三宅 秀則, 栗田 信浩, 藤井 正彦, 田代 征記 :
膵管非癒合に合併した膵管内乳頭腫瘍の1切除例,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 168-173, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110545)
22. 佐々木 克哉, 三宅 秀則, 藤井 正彦, 小笠原 卓, 田代 征記 :
膵体部非浸潤性膵管内乳頭癌に対し脾温存膵体尾部切除術を施行した1例,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 178-182, 2002年.
23. 佐々木 克哉, 三宅 秀則, 藤井 正彦, 小笠原 卓, 安藤 勤, 田代 征記 :
膵頭部膵管内乳頭腫瘍に対し膵頭十二指腸第Ⅱ部切除術を行った1例,
四国医学雑誌, Vol.58, No.1-2, 61-65, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110528)
24. 佐々木 克哉, 三宅 秀則, 細川 亜裕, 藤井 正彦, 安藤 勤, 田代 征記 :
左側胆嚢症に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した3例の検討,
四国医学雑誌, Vol.58, No.1-2, 51-56, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110526)
25. 佐々木 克哉, 三宅 秀則, 篠原 永光, 藤井 正彦, 安藤 勤, 田代 征記 :
急性胆嚢炎で発症し術前にDICとなった胆嚢腺扁平上皮癌の1例,
四国医学雑誌, Vol.58, No.1-2, 41-45, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110524)
26. 三宅 秀則, 安藤 勤, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 田代 征記 :
肝門部胆管癌に対する肝中央2区域+尾状葉切除,
外科治療, Vol.86, No.3, 321-327, 2002年.
27. 三宅 秀則, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 田代 征記 :
肝切除のコツ 肝切離にsray suture は有効か,
臨床外科, Vol.57, No.5, 647-649, 2002年.
28. M. Ishikawa, Masahiko Fujii, M. Iuchi, T. Miyauchi and Seiki Tashiro :
Effect of intrahepatic omental implantation on angiogensis in rat liver with artery ligation,
Clinical and Experimental Medicine, Vol.1, No.1, 27-33, 2001.
(DOI: 10.1007/s10238-001-8006-3,   PubMed: 11467399)
29. 三宅 秀則, 安藤 勤, 藤井 正彦, 田代 征記 :
最新の標準治療 胆嚢癌ー進行癌,
外科, Vol.63, No.12, 1600-1606, 2001年.
30. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鳥羽 昭三, 佐々木 克哉, 安藤 勤, 田代 征記 :
巨大胆嚢粘液癌の1例,
日臨外医会誌, Vol.62, No.6, 1502-1508, 2001年.
31. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 安藤 勤, 松村 敏信, 田代 征記, 八木 恵子 :
結節浸潤型胆嚢癌との鑑別が困難であった黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例,
日臨外医会誌, Vol.62, No.5, 1274-1279, 2001年.
32. 三宅 秀則, 田上 誉史, 安藤 勤, 松山 和男, 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 松村 敏信, 原田 雅光, 安部 正博, 松本 俊夫, 田代 征記 :
膵悪性リンパ腫の1例,
消化器画像, Vol.13, No.2, 151-153, 2001年.
33. Takamasa Ohnishi, Eiji Takeda, Shiro Yogita, Hidenori Miyake, Takafumi Kinoshita, Yoshiyasu Terashima, Toshio Matsumoto and Seiki Tashiro :
Effects of alendronate on bone metastases and hypercarcemia after surgery for hepatocellular carcinoma,
Japanese Journal of Clinical Oncology, Vol.30, No.9, 410-413, 2000.
(DOI: 10.1093/jjco/hyd105,   PubMed: 11095140,   Elsevier: Scopus)
34. Shiro Yogita, Seiki Tashiro, Masamitsu Harada, Tetsuya Kitagawa and Itsuo Katoh :
Hepatocelluar carcinoma with extension into the right atrium: report of a successful liver resection by hepatic vascular exclusion using cardiopulmonary bypass,,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.3-4, 155-160, 2000.
(PubMed: 11019497)
35. Toru Kikutsuji, Masamitsu Harada, Seiki Tashiro, Setsuko Ii, Maki Moritani, Takashi Yamaoka and Mitsuo Itakura :
Expression of somatostatin receptor subtypes and growth inhibition in human exocrine pancreatic cancers.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Vol.7, No.5, 496-503, 2000.
(DOI: 10.1007/s005340070021,   PubMed: 11180877,   Elsevier: Scopus)
36. Hisami Okumura, Kaori Genjida, Kimi Yokota, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro and Eiji Takeda :
Daily pattern of energy metabolism in cirrhosis.,
Nutrition, Vol.15, No.10, 749-754, 1999.
(DOI: 10.1016/S0899-9007(99)00149-5,   PubMed: 10501287)
37. Nobuhiro Kurita, D Wada, M Harada, H Kawasaki and Seiki Tashiro :
Gastric function after pylorus-preserving duodenectomy in dogs,
Hepato-Gastroenterology, Vol.45, No.19, 260-267, 1998.
(PubMed: 9496524,   Elsevier: Scopus)
38. Takamasa Ohnishi, Yogita Shiro, Seiki Tashiro, Chone Yoshifumi, Kitaura Keisuke, Hino Akiko and Keisuke Izumi :
Effects of tacrolimus (FK506) on induction of glutathione S-transferase P-positive foci and liver cell regeneration after partial hepatectomy in F344 rats,
Hepatology Research, Vol.10, No.1, 58-65, 1998.
(DOI: 10.1016/S1386-6346(97)00101-0)
39. 北市 隆, 北川 哲也, 堀 隆樹, 増田 裕, 小川 佳宏, 堀家 一哉, 渡辺 美恵, 市川 洋一, 加藤 逸夫, 香川 征, 田代 征記, 門田 康正, 黒上 和義 :
下大静脈内腫瘍栓を伴う悪性腫瘍の外科治療,
静脈学, Vol.9, 101-111, 1998年.
40. 北市 隆, 北川 哲也, 堀 隆樹, 増田 裕, 小川 佳宏, 堀家 一哉, 渡辺 美恵, 市川 洋一, 加藤 逸夫, 香川 征, 田代 征記, 門田 康正, 黒上 和義 :
下大動脈内腫瘍栓を伴う悪性腫瘍の外科治療,
静脈学, Vol.9, No.2, 101-111, 1998年.
(CiNii: 50004874602)
41. 北川 哲也, 北市 隆, 堀 隆樹, 吉栖 正典, 田埜 和利, 加藤 逸夫, 余喜多 史郎, 田代 征記, 門田 康正, 香川 征 :
悪性腫瘍による下大静脈症候群の検査,診断,治療方針,治療,予後,
静脈およびリンパ管疾患と外科, 115-118, 1997年.
42. Chiyo Horie, Hiroyuki Iwahana, Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Katsuhiko Yoshimoto, Shiro Yogita, Seiki Tashiro, Susumu Ito and Mitsuo Itakura :
Detection of Different Quasispecies of Hepatitis C Virus Core Region in Cancerous and Non-cancerous Regions.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.218, No.3, 674-681, 1996.
43. 田代 征記, 余喜多 史郎, 原田 雅光, 福田 洋, 和田 大助, 北川 哲也, 加藤 逸夫 :
下大静脈・右心房への腫瘍栓を伴う肝細胞癌の手術,
消化器外科, Vol.19, 133-142, 1996年.

学術論文(紀要・その他):

1. 栗田 信浩, 田代 征記 :
尾側膵切除における断端処理のピットフォール,
外科, Vol.64, No.6, 643-646, 2002年.
(CiNii: 50001133963)
2. 栗田 信浩, 田代 征記, 西井 博 :
小児に対する手術,
消化性潰瘍 臨床と基礎, Vol.19, 110-114, 2001年.

学術レター:

1. 庄野 文章, 西岡 安彦, 清水 一郎, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 :
徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況,
医療薬学, Vol.29, No.5, 611-615, 2003年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.29.611,   CiNii: 110001166740)

総説・解説:

1. Yusuke Arakawa, Kazuo Yoshioka, H Kamo, K Kawano, T Yamaguchi, Y Sumise, N Okitsu, S Ikeyama, K Morimoto, Y Nakai and Seiki Tashiro :
Huge retroperitoneal dedifferentiated liposarcoma presented as acute pancreatitis: report of a case.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 164-168, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106059,   DOI: 10.2152/jmi.60.164,   PubMed: 23614927,   CiNii: 130004465287)

国際会議:

1. Masahiko Fujii, H Miyake, K Sasaki, T Takagi and Seiki Tashiro :
Surgical resection for hepatocellular carcinoma with a diameter of 10cm or larger,
18th World Congress of Digestive Surgery, Hong Kong, Dec. 2002.
2. Kazuhito Takamura, Seiki Tashiro, Kunihiro Tsuchida and Hiromu Sugino :
After partial hepatectomy liver regeneration is associated with expression of activin receptors in rat,
Digestive Disease Week, San Francisco, May 2002.
3. Nobuhiro Kurita, H Miyake, K Sasaki, M Fujii, T Andou, T Matsumura and Seiki Tashiro :
Long-term results of chemoradiation for advanced pancreatic cancer,
5th World Congress of Hepato-pancreato-Biliary Association, Tokyo, Apr. 2002.
4. Masahiko Fujii, H Miyake, K Sasaki, T Ando and Seiki Tashiro :
Arterial infusion chemotherapy for the patient of unresectable pancreatic carcinoma with liver metastasis,
5th World Congress of Hepato-pancreato-Biliary Association, Tokyo, Apr. 2002.
5. Nobuhiro Kurita, Hidenori Miyake, T Yamaguchi, K Sasaki, M Fuzii, H Oda, K Matsuyama, T Andoh, M Harada, S Yogita and Seiki Tashiro :
Long-term results after pylorus-preserving pancreatoduodenectomy (PpPD),
9th United European Gastroenterology Week, Amsterdam, Oct. 2001.
6. Masahiko Fujii, H Miyake, K Sasaki and Seiki Tashiro :
Effect of Preoperative Portal Embolization on Changes of Liver Volume and Induction of Heat Shock Protein 70,
9th United European Gastroenterology Week, Amsterdam, Oct. 2001.
7. Nobuhiro Kurita, M Nishi and Seiki Tashiro :
The effect of combination of 5-fluorouracyl and cisplatin in the treatment of patients with carcinomatous peritonitis associated with gastric cancer,
4th International Gastric Cancer Congress, New York, Apr. 2001.
8. Toshiko Tada, Yoshiyasu Terashima, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Seiki Tashiro :
Analysis of the QOL of Post-operative Patients with Colon Cancer Using the EORTC,
Pan-Pacific Conference of ISQOL, Tokyo, Apr. 2001.
9. Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro :
Effect of follistatin on liver regeneration and proliferation of experimental liver cancer,
International Association for the Study of the Liver, Fukuoka, Jun. 2000.
10. Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro :
Effect of follistatin for liver regeneration and proliferation of experimental liver cancer,
11th Asian Pacific Congress for Digestive Disease, Hong Kong, Mar. 2000.

国内講演発表:

1. 後藤 正和, 三浦 連人, 木下 貴史, 松山 和男, 森本 忠興, 西岡 将規, 島田 光生, 田代 征記 :
下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の効果 (第66回日本消化器外科学会総会),
日本消化器外科学会総会, 841, 2011年7月.
2. 森根 裕二, 島田 光生, 高松 英夫, 田代 征記 :
PD-8-1 全国集計からみた非拡張型膵・胆管合流異常の特徴と胆道癌発生頻度(PD8 パネルディスカッション(8)胆道拡張のない膵・胆管合流異常症,膵管形成異常症の治療:成人領域と小児領域,第111回日本外科学会定期学術集会),
日本外科学会雑誌, Vol.112, No.1, 277, 2011年5月.
(CiNii: 110008683495)
3. 濵田 吉則, 嵩原 裕夫, 安藤 久美, 糸井 隆夫, 神澤 輝実, 越永 従道, 信川 正文, 藤井 秀樹, 田代 征記 :
小児胆管径の基準値に関する検討-日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会報告 第2報-,
第110回 日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
4. 藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 田代 征記, 寺澤 敏秀, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ss胆嚢癌に対する至適術式としてのS4a+S5区域切除術,
第105回日本外科学会総会, 2005年5月.
5. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 倉橋 三穂, 田代 征記 :
高齢者肝細胞癌に対する手術適応と治療成績,
第90回日本消化器病学会総会, 2004年4月.
6. 森本 慎也, 西村 範行, 佐々木 卓也, 田代 征記 :
Rabファミリー低分子量G蛋白質Rab13によるタイトジャンクションの接着分子Occludinの小胞輸送制御機構,
第104回日本外科学会学術集会, 2004年4月.
7. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鷹村 和人, 倉橋 三穂, 池山 鎮夫, 西岡 将規, 田代 征記 :
再発胆嚢癌に対するS4上部温存拡大肝右葉+尾状葉切除および肝外胆管切除術,
第65回日本臨床外科学会総会, 2003年11月.
8. 森本 慎也, 西村 範行, 北村 明子, 品原 和加子, 山本 恭代, 寺井 智也, 坂根 亜由子, 真鍋 進治, 田代 征記, 佐々木 卓也 :
Rabファミリー低分子量G蛋白質によるタイトジャンクション膜蛋白質の小胞輸送の制御機構,
第62回日本癌学会総会, 2003年9月.
9. 藤井 正彦, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 鷹村 和人, 三宅 秀則, 田代 征記 :
高齢の大腸癌非合併,家族性大腸線種症患者に発生した十二指腸乳頭部癌の1例,
第58回日本消化外科学会総会, 2003年7月.
10. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 鷹村 和人, 田代 征記 :
Hinf2 進行胆嚢癌に対する肝中央2区域切除+幽門輪温存膵頭十二指腸切除術,
第15回日本肝胆膵外科学会, 2003年5月.
11. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 田代 征記 :
多臓器浸潤を伴う壁外発育型胃神経内分泌癌の1例, --- 本邦報告例の検討を含めて ---,
第89回日本消化器病学会総会, 2003年4月.
12. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 栗田 信浩, 田代 征記 :
胃原発巨大神経内分泌に対する結腸部分切除合併,膵頭十二指腸切除術,
第64回日本臨床外科学会総会, 2002年11月.
13. 栗田 信浩, 安藤 勤, 寺嶋 吉保, 田代 征記, 松村 敏信 :
腹腔鏡補助下に切除した成人腸重複症の1例,
第15回日本内視鏡外科学会総会, 2002年9月.
14. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 高木 敏秀, 田代 征記 :
巨大肝細胞癌に対する外科的治療の意義,
第57回日本消化器病学会総会, 2002年7月.
15. 栗田 信浩, 西 正晴, 岩田 貴, 松村 敏信, 三宅 秀則, 安藤 勤, 吉川 幸造, 田代 征記 :
Laparoscopy assisted distal gastrectomyの2例,
第16回四国内視鏡外科研究会, 2002年2月.
16. 藤井 正彦, 鳥羽 昭三, 佐々木 克哉, 安藤 勤, 三宅 秀則, 松村 敏信, 田代 征記 :
Hinf3 巨大胆嚢粘液癌に対するS4 上部温存拡大肝右葉切除,胆管切除術,
第63回日本臨床外科学会総会, 2001年10月.
17. 山崎 誠司, 松村 敏信, 田代 征記, 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 :
膵α細胞にTGF-β1を発現させた膵島移植モデルにおける免疫寛容の誘導,
第56日本消化器外科学会, 2001年7月.
18. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 松山 和男, 栗田 信浩, 安藤 勤, 原田 雅光, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
術前門脈枝塞栓術後のHSPによる肝予備能向上の可能性について,
第56回日本消化器病学会総会, 2001年7月.
19. 栗田 信浩, 三宅 秀則, 山口 剛史, 細川 亜裕, 佐々木 克哉, 藤井 正彦, 小田 浩睦, 松山 和男, 安藤 勤, 原田 雅光, 松村 敏信, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
当科におけるインスリノーマ症例の検討,
第32回膵臓学会, 2001年7月.
20. 栗田 信浩, 原田 雅光, 山口 剛史, 佐々木 克哉, 藤井 正彦, 小田 浩睦, 松山 和男, 安藤 勤, 三宅 秀則, 松村 敏信, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
当科におけるPpPD術後の遠隔成績,
日本肝胆膵外科関連会議, 2001年6月.
21. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 小笠原 卓, 鳥羽 昭三, 松山 和男, 松村 敏信, 安藤 勤, 原田 雅光, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
HCCに対する右下肝臓脈温存,右前区域+右後上亜区域切除術,
第13回日本肝胆膵外科学会, 2001年6月.
22. 黒葛原 健太朗, 石田 弓, 上岡 千世, 寺嶋 吉保, 田代 征記 :
当院緩和ケア室における心理臨床の現状と課題,
日本緩和医療学会第6回総会, 2001年6月.
23. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鳥羽 昭三, 佐々木 克哉, 松山 和男, 安藤 勤, 原田 雅光, 松村 敏信, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
結節浸潤胆嚢癌との鑑別が困難であった黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例,
第87回日本消化器病学会総会, 2001年4月.
24. 栗田 信浩, 西 正晴, 尾形 頼彦, 岩田 貴, 小田 浩睦, 佐々木 賢二, 松山 和男, 寺嶋 吉保, 田代 征記 :
胃癌による癌性腹膜炎症例に対する低用量CDDP/5FU療法の臨床成績.,
第73回日本胃癌学会総会, 2001年3月.
25. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 鳥羽 昭三, 佐々木 克哉, 松山 和男, 安藤 勤, 原田 雅光, 松村 敏信, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
胆嚢粘液癌の1例,
第34回日本消化器画像診断研究会, 2001年2月.
26. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 佐々木 憲二, 安藤 勤, 寺嶋 吉保, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
リバーザー動注化学療法により著明な縮小効果を認めた大腸癌肝移転の2症例,
第22回リザーバー研究会, 2001年2月.
27. 藤井 正彦, 三宅 秀則, 佐々木 克哉, 尾方 信也, 松山 和男, 安藤 勤, 原田 雅光, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
当科における術前門脈枝塞栓術症例の検討,
第62回日本臨床外科学会, 2000年11月.
28. 藤井 正彦, 西 正晴, 篠原 永光, 鳥羽 昭三, 田代 征記 :
光線力学的治療を行った早期胃癌の1例,
第74回日本消化器病学会四国支部例会, 2000年11月.
29. 多田 敏子, 桑村 由美, 南川 貴子, 橋本 文子, 寺嶋 吉保, 田代 征記 :
大腸がん患者のQOL評価の試み,
第221回徳島医学会学術集会, 2000年8月.
30. 藤井 正彦, 大塚 敏弘, 三宅 秀則, 開野 友佳理, 尾方 信也, 松山 和男, 安藤 勤, 原田 雅光, 余喜多 史郎, 田代 征記 :
術前門脈枝塞栓術の肝再生と肝機能に及ぼす影響,
第12回日本胆膵外科学会, 2000年5月.
31. 藤井 正彦, 嵩原 裕夫, 田代 征記 :
徳島県主幹病院のアンケート調査結果から見たHPNの現状とその認識,
第4回四国臨床栄養研究会, 2000年1月.
32. 北川 哲也, 北市 隆, 堀 隆樹, 増田 裕, 小川 佳宏, 掘家 一哉, 渡辺 美恵, 加藤 逸夫, 香川 征, 田代 征記, 門田 康正, 黒上 和義 :
大静脈内腫瘍栓または浸潤を有する悪性腫瘍に対する外科治療の検討,
第18回日本静脈学会総会, 1998年5月.
33. 栗田 信浩, 和田 大助, 原田 雅光, 河崎 秀樹, 田代 征記 :
犬における十二指腸球部温存十二指腸切除術後の残胃機能, --- 特に胃酸分泌について ---,
第15回四国消化性潰瘍研究会, 1998年5月.
34. 栗田 信浩, 和田 大助, 原田 雅光, 三宅 秀則, 西 正晴, 田代 征記 :
教室における胃悪性リンパ腫の検討,
第24回胃外科研究会, 1995年1月.