検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

整形外科学 (Orthopaedics)
リハビリテーション医学 (Rehabilitation Medicine)

研究テーマ

脊髄損傷, 腰椎分離症, 腰部脊柱管狭窄症, 脊椎外科 (脊髄 (spinal cord), 脊椎 (spine), 外傷 (trauma), スポーツ (sports), 変性 (degeneration))
リハビリテーション医学

著書・論文

著書:

1. Shinsuke Katoh, Tetsuya Enishi and Nori Sato :
Management of osteoporotic vertebral fractures. In: ISCoS Textbook on comprehensive management of spinal cord injuries,
Wolters Kluwer (India), 2015.
2. Shinsuke Katoh :
Management of Osteoporotic Vertebral Fractures,
Wolters Kluwer, India, 2015.
3. Shinsuke Katoh, Yoshitaka Hamada and Takashi Chikawa :
Neuroprotection and regeneration of the spinal cord. Uchida K, Nakamura M, Ozawa H, Katoh S, Toyama Y(Eds), --- Oxidative stress as secondary injury mechanism ---,
Springer Japan, Tokyo, 2014.
4. Yoshiaki Toyama, Shinsuke Katoh, Hiroshi Ozawa, Masaya Nakamura and Kenzo Uchida :
Neuroprotection and Regeneration of the Spinal Cord,
Springer Japan, Tokyo, 2014.
5. 酒井 紀典, 加藤 真介 :
経椎体的椎間板ヘルニア切除術,
2012年5月.
6. 加藤 真介 :
スポーツによる腰痛の診断の進め方,
金原出版 株式会社, 2011年.
7. 安井 夏生, 加藤 真介, 江川 洋史, 松井 好人, 浜田 佳孝, 高橋 光彦, 油形 公則 :
非外傷性軟部組織疾患/先天異常/骨軟骨症,
2004年.
8. Tatsuhiko Henmi, Koishi Sairyo, Shunji Nakano, Yoshiji Kanematsu, Tomomasa Kajikawa, Shinsuke Katoh and Vijay K Goel :
Natural history of extruded lumbar intervertebral disc herniation,
Faculty of Medicine, Feb. 2002.
(徳島大学機関リポジトリ: 110633,   PubMed: 11901758)
9. 田中 俊夫, 小原 繁, 的場 秀樹, 三浦 武, 佐藤 充宏, 長積 仁, 南 隆尚, 松井 敦典, 加藤 真介, 武田 芳嗣, 中野 俊次, 梅原 隆司, 田中 弘之, 藤田 雅文, 范 永輝 :
くらしの中の健康運動,
大学教育出版, 岡山, 2000年11月.

学術論文(審査論文):

1. Teruhiro Morishita, Michiko Sato, Takafumi Katayama, Nami Sumida, Hiroshi Omae, Shigeko Satomura, Masae Sakuma, Hidekazu Arai, Akihiko Kawaura, Eiji Takeda, Shinsuke Katoh and Koichi Sairyo :
Cut-off values for skeletal muscle strength and physical functions in Japanese elderly with walking difficulty.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 48-52, 2021.
(DOI: 10.2152/jmi.68.48,   PubMed: 33994479)
2. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
多職種連携と患者特性に配慮したケアを行った高度肥満症の一例,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 317-322, 2020年.
3. Michiko Sato, Teruhiro Morishita, Takafumi Katayama, Shigeko Satomura, Hiroko Okuno, Nami Sumida, Masae Sakuma, Hidekazu Arai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Akihiko Kawaura and Eiji Takeda :
Relationship between age-related decreases in serum 25-hydroxyvitamin D levels and skeletal muscle mass in Japanese women.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1.2, 151-157, 2020.
(DOI: 10.2152/jmi.67.151,   PubMed: 32378599)
4. Tsuyoshi Goto, Toshinori Sakai, Kosuke Sugiura, Hiroaki Manabe, Fumitake Tezuka, Kazuta Yamashita, Yoichiro Takata, Shinsuke Katoh and Koichi Sairyo :
A semi-rigid thoracolumbar orthosis fitted immediately after spinal surgery : stabilizing effects and patient satisfaction.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 275-279, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114073,   DOI: 10.2152/jmi.66.275,   PubMed: 31656288)
5. Tsuyoshi Goto, Toshinori Sakai, Nori Sato, Shinsuke Katoh and Koichi Sairyo :
An Adolescent Athlete with Low Back Pain Associated with Spina Bifida Occulta at the Thoracolumbar Junction : A Case Report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 199-200, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113466,   DOI: 10.2152/jmi.66.199,   PubMed: 31064941)
6. Tsuyoshi Goto, Toshinori Sakai, Kosuke Sugiura, Hiroaki Manabe, Masatoshi Morimoto, Fumitake Tezuka, Kazuta Yamashita, Yoichiro Takata, Takashi Chikawa, Shinsuke Katoh and Koichi Sairyo :
Dash-Associated Spondylolysis Hypothesis.,
Spine Surgery and Related Research, Vol.3, No.2, 146-150, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115729,   DOI: 10.22603/ssrr.2018-0020,   PubMed: 31435567)
7. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 加藤 真介, 梶 龍兒, 髙木 康志, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
機能的脳神経外科, Vol.57, 35-39, 2018年.
(CiNii: 40021806130)
8. Nori Sato, Naomi Hase, Akemi Osaka, Koichi Sairyo and Shinsuke Katoh :
Falls among Hospitalized Patients in an Acute Care Hospital: Analyses of Incident Reports.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 81-84, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111415,   DOI: 10.2152/jmi.65.81,   PubMed: 29593199)
9. Teruhiro Morishita, Michiko Sato, Hiroko Kume, Masae Sakuma, Hidekazu Arai, Takahumi Katayama, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo and Eiji Takeda :
Skeletal muscle mass of old Japanese women suffering from walking difficulty in nursing home.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 122-130, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111443,   DOI: 10.2152/jmi.65.122,   PubMed: 29593181)
10. Daisuke Kurosawa, Eiichi Murakami, Hiroshi Ozawa, Hiroaki Koga, Yasuhiro Chiba, Eiji Abe, Eiki Unoki, Yoshiro Musha, Keisuke Ito, Shinsuke Katoh and Takuhiro Yamaguchi :
A diagnostic scoring system for sacroiliac joint pain originating from the posterior ligament,
Pain Medicine, Vol.18, No.2, 228-238, 2017.
(DOI: 10.1093/pm/pnw117,   PubMed: 28204687,   Elsevier: Scopus)
11. Tsuyoshi Goto, Toshinori Sakai, Tetsuya Enishi, Nori Sato, Koji Komatsu, Koichi Sairyo and Shinsuke Katoh :
Changes of posture and muscle activities in the trunk and legs during walking in patients with lumbar spinal stenosis after decompression surgery. A preliminary report.,
Gait & Posture, Vol.51, 149-152, 2017.
(DOI: 10.1016/j.gaitpost.2016.10.006,   PubMed: 27764750)
12. 加藤 真介, 仙石 淳, 乃美 昌司, 能登 真一 :
ウェッブベース調査による日本での神経因性大腸機能障害の実態調査,
日脊障医誌, Vol.30, 46-50, 2017年.
13. Nori Sato, Takako Taniguchi, Yuichiro Goda, Hirofumi Kosaka, Kosaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Natsuo Yasui, Koichi Sairyo and Hisaaki Taniguchi :
Proteomic Analysis of Human Tendon and Ligament: Solubilization and Analysis of Insoluble Extracellular Matrix in Connective Tissues.,
Journal of Proteome Research, Vol.15, No.12, 4709-4721, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110137,   DOI: 10.1021/acs.jproteome.6b00806,   PubMed: 27748110)
14. Masatoshi Morimoto, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Fumitake Tezuka, Kazuta Yamashita, Fumio Hayashi, Yoichiro Takata, Toshinori Sakai, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
A Rare Case of Progressive Palsy of the Lower Leg Caused by a Huge Lumbar Posterior Endplate Lesion after Recurrent Disc Herniation.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2016, 2016.
(DOI: 10.1155/2016/5963924,   PubMed: 27648326)
15. Kenichi Deguchi, Tetsuya Enishi, Nori Sato, Hajime Miura, Yuichi Fujinaka, Munehide Matsuhisa and Shinsuke Katoh :
Acute effect of fast walking on postprandial blood glucose control in type 2 diabetes,
Diabetology International, 2015.
(DOI: 10.1007/s13340-015-0217-z)
16. Tetsuya Enishi, Hirokazu Uemura, Shinsuke Katoh, Masanori Inatsugi, Sho Minato, Kei Inatsugi, Mikiko Inatsugi, Nori Sato and Koichi Sairyo :
Transient severe hypotension with once-weekly subcutaneous injection of teriparatide in osteoporotic patient : a case report and insight for the drug interaction between hypotensive agents and teriparatide,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1,2, 93-96, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111258,   DOI: 10.2152/jmi.62.93,   PubMed: 25817292,   Elsevier: Scopus)
17. S Kimura, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, K Nishikawa, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike, Natsuo Yasui and Masataka Sata :
Impact of supervised cardiac rehabilitation on urinary albumin excretion in patients with cardiovascular disease.,
International Heart Journal, Vol.56, No.1, 105-109, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109367,   DOI: 10.1536/ihj.14-161,   PubMed: 25742947)
18. A Takashima, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, S Kimura, Yuka Ueda, K Nishikawa, A Ishii, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Cardiac rehabilitation reduces serum levels of oxidized low-density lipoprotein.,
Circulation Journal, Vol.78, No.11, 2682-2687, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109368,   DOI: 10.1253/circj.CJ-14-0532,   PubMed: 25241889)
19. Fumitake Tezuka, Toshinori Sakai, Ryo Miyagi, Yoichiro Takata, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo and Natsuo Yasui :
Complete resolution of a case of calcific tendinitis of the longus colli with conservative treatment.,
Asian Spine Journal, Vol.8, No.5, 675-679, 2014.
(DOI: 10.4184/asj.2014.8.5.675,   PubMed: 25346822)
20. Yamamoto Norio, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino and Koichi Sairyo :
Idiopathic spinal cord herniation with duplicated dura mater and dorsal subarachnoid septum. Report of a case and review of the literature,
International Journal of Spine Surgery, Vol.8, 2014.
(DOI: 10.14444/1029,   PubMed: 25694934)
21. Tetsuya Enishi, Shinsuke Katoh and Sogo Toshiharu :
Surgical treatment for significant fracture-dislocation of the thoracic or lumbar spine without neurologic deficit: a case series,
Journal of Orthopaedic Case Reports, Vol.4, No.3, 43-45, 2014.
(DOI: 10.13107/jocr.2250-0685.194)
22. Shusuke Yagi, Kadota Muneyuki, Ken-ichi Aihara, Nishikawa Koji, Hara Tomoya, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh and Masataka Sata :
Association of lower limb muscle mass and energy expenditure with visceral fat mass in healthy men,
Diabetology & Metabolic Syndrome, Vol.6, No.1, 27, 2014.
(DOI: 10.1186/1758-5996-6-27,   PubMed: 24571923,   Elsevier: Scopus)
23. Shinsuke Katoh, Tetsuya Enishi, Nori Sato and Koichi Sairyo :
High incidence of acute traumatic spinal cord injury in a rural population in Japan in 2011 and 2012: an epidemiological study.,
Spinal Cord, Vol.52, No.4, 264-267, 2014.
(DOI: 10.1038/sc.2014.13,   PubMed: 24513725,   Elsevier: Scopus)
24. K Mineta, Yuichiro Goda, Toshinori Sakai, Yoichiro Takata, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, H Uraoka, M Takahashi and Koichi Sairyo :
Late-onset Non-dysraphic Intradural Spinal Cord Lipoma: A Case Report and Literature Review.,
Ann Orthop Rheumatol, Vol.2, No.1, 1008, 2014.
25. 東 桃代, 中曽 亜佐美, 西野 さおり, 高開 登茂子, 先山 正二, 加藤 真介, 西岡 安彦 :
医療従事者における泡状アルコール性手指消毒剤の殺菌効果,塗布面積及び使用感に関する検討,
日本環境感染学会誌, Vol.28, No.6, 342-347, 2013年.
(DOI: 10.4058/jsei.28.342,   CiNii: 130003394994)
26. H S. Chhabra, L A. Harvey, S Muldoon, S Chaudhary, M Arora, D J. Brown, F Biering-Sorensen, J J. Wyndaele, S Charlifue, J Horsewell, S Ducharme, D Green, D Simpson, J Glinsky, E Weerts, N Upadhyay, S Aito, P Wing, Shinsuke Katoh, A Kovindha, A Krassioukov, C Weeks, V Srikumar, R Reeves, C Siriwardane, N Hasnan, Y B. Kalke and I Lanig :
www.elearnSCI.org: a global educational initiative of ISCoS.,
Spinal Cord, Vol.51, No.3, 176-182, 2013.
(DOI: 10.1038/sc.2012.177,   PubMed: 23448857)
27. 高橋 光彦, 江西 哲也, 佐藤 紀, 東野 恒作, 髙田 信二郎, 加藤 真介, 安井 夏生 :
兎下腿骨延長における高齢と幼若個体間での骨格筋適応の違い,
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, Vol.50, No.1, 43-47, 2013年.
(DOI: 10.2490/jjrmc.50.43,   CiNii: 130003368040)
28. 高島 啓, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 前田 香代子, 西川 幸治, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 發知 淳子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 加藤 真介, 赤池 雅史, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションは酸化LDLを低下させる,
心臓リハビリテーション, Vol.18, No.1, 130-133, 2013年.
(CiNii: 40019709674)
29. Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Shoichiro Takao, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui :
Long-term outcomes of lumbar posterior apophyseal end-plate lesions in children and adolescents.,
The Journal of Bone and Joint Surgery. American Volume, Vol.94, No.11, e74(1)-(7), 2012.
(DOI: 10.2106/JBJS.K.00343,   PubMed: 22637214,   Elsevier: Scopus)
30. Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Bhatia N. Nitin, Miyagi Ryo, Tamura Tatsuya, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
MRI Changes of the Spinal Subdural Space after Lumbar Spine Surgeries: Report of Two Cases.,
Asian Spine Journal, Vol.5, No.4, 262-266, 2011.
(DOI: 10.4184/asj.2011.5.4.262,   PubMed: 22164323)
31. 高橋 芳徳, 高橋 光彦, 加藤 真介, 安井 夏生 :
Colles 骨折後変形治癒に Micronail^【○!R】 を用いて橈骨のみに低侵襲矯正を行った1例,
中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, Vol.54, No.5, 945-946, 2011年.
(CiNii: 10029799397)
32. Risa Utsunomiya, Toshinori Sakai, Keizo Wada, Koichi Sairyo, Hirofumi Kosaka, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Hemorrhagic Facet Cyst in the Lumbar Spine Causing Contralateral Leg Symptoms: A Case Report,
Asian Spine Journal, Vol.5, No.3, 196-200, 2011.
(DOI: 10.4184/asj.2011.5.3.196,   PubMed: 21892394)
33. Miyagi Ryo, Toshinori Sakai, Bhatia N. Nitin, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh and Chikawa Takashi :
Anterior Thoracolumbar Reconstruction Surgery for Late Collapse Following Vertebroplasty: Report of Three Cases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 148-153, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83935,   DOI: 10.2152/jmi.58.148,   PubMed: 21372500)
34. 高橋 芳徳, 高橋 光彦, 小坂 浩史, 加藤 真介, 安井 夏生 :
坐骨神経に発生した plexiform schwannoma の1例,
中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, Vol.54, No.1, 43-44, 2011年.
(CiNii: 10029071145)
35. Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Masahiro Kashima, Hirofumi Kosaka, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Diffuse arachnoid ossification and multiple arachnoid cysts presenting with progressive thoracic myelopathy.,
Skeletal Radiology, Vol.39, No.3, 299-304, 2010.
(DOI: 10.1007/s00256-009-0840-5,   PubMed: 19960342)
36. Tatsuya Tamura, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Shoichiro Takao, Seiko Kagawa, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Hematoma in the Cervical Ligamentum Flavum. Report of a Case and Review of the Literature.,
Skeletal Radiology, Vol.39, No.3, 289-293, 2010.
(DOI: 10.1007/s00256-009-0805-8,   PubMed: 19876627)
37. Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Tatsuya Tamura, Nori Hirohashi, Kousaku Higashino and Natsuo Yasui :
Anterior transvertebral herniotomy for cervical disc herniation: a long-term follow-up study,
Journal of Spinal Disorders & Techniques, Vol.22, No.6, 408-412, 2009.
(DOI: 10.1097/BSD.0b013e31818cd428,   PubMed: 19652566,   Elsevier: Scopus)
38. Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Shunji Nakano, Tetsuya Enishi and Natsuo Yasui :
The effect of rheumatoid arthritis on the anatomy of the female cervical spine: a radiological study.,
The Journal of Bone and Joint Surgery. British Volume, Vol.91, No.8, 1058-1063, 2009.
(DOI: 10.1302/0301-620X.91B8.22300,   PubMed: 19651834)
39. Fumio Hayashi, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Nori Hirohashi, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Intramedullary schwannoma with calcification of the epiconus.,
The Spine Journal, Vol.9, No.5, e19-e23, 2009.
(DOI: 10.1016/j.spinee.2008.11.006,   PubMed: 19138570,   Elsevier: Scopus)
40. Rui Amari, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Kosaku Higashino, Keizo Tachibana and Natsuo Yasui :
Fresh stress fractures of lumbar pedicles in an adolescent male ballet dancer: case report and literature review.,
Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.129, No.3, 397-401, 2009.
(DOI: 10.1007/s00402-008-0685-8,   PubMed: 18607611)
41. Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Tatsuya Tamura, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Cervical and upper thoracic screwing for spinal fusion: strategy for its safe insertion to avoid major complications.,
Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.129, No.11, 1447-1452, 2009.
(DOI: 10.1007/s00402-008-0774-8,   PubMed: 19125262)
42. Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Yuichiro Goda, Toshinori Sakai, Takashi Kitaichi, Tetsuya Kitagawa and Natsuo Yasui :
Pseudoaneurysm of the thoracoabdominal aorta caused by the severe migration of an anterior spinal device. A case report.,
The Spine Journal, Vol.8, No.4, 696-699, 2008.
(DOI: 10.1016/j.spinee.2007.03.007,   PubMed: 17662663)
43. Kiminori Yukata, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Yoshito Matsui, Yoshitaka Hamada and Natsuo Yasui :
Os odontoideum in achondroplasia: a case report.,
Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.17, No.2, 103-105, 2008.
(DOI: 10.1097/BPB.0b013e3282f54a55,   PubMed: 18510168)
44. Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Bunji Hirao, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Minimally invasive excision of lumbar epidural lipomatosis using a spinal endoscope.,
Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.51, No.1, 43-46, 2008.
(DOI: 10.1055/s-2007-1004569,   PubMed: 18306131)
45. Ichiro Tonogai, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui :
Myelopathy in a 6-year-old girl caused by neurofibromatosis Type 1: a case report,
The Spine Journal, Vol.8, No.5, 836-840, 2008.
(DOI: 10.1016/j.spinee.2007.04.018,   PubMed: 17697803)
46. Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui :
Continuous local infusion of fibroblast growth factor-2 enhances consolidation of the bone segment lengthened by distraction osteogenesis in rabbit experiment.,
Bone, Vol.42, No.1, 98-106, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bone.2007.08.031,   PubMed: 17939975)
47. Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Daisuke Hamada, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, F Shinomiya and Natsuo Yasui :
Radiological features of lumbar spinal lesions in patients with rheumatoid arthritis with special reference to the changes around intervertebral discs.,
The Spine Journal, Vol.8, No.4, 605-611, 2008.
(DOI: 10.1016/j.spinee.2007.03.008,   PubMed: 17606412)
48. Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui :
Continuous infusion of insulin-like growth factor-I into the epiphysis of the tibia.,
International Orthopaedics, Vol.32, No.3, 395-402, 2008.
(DOI: 10.1007/s00264-007-0336-7,   PubMed: 17431620)
49. Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Tadanori Sakamaki, Shinnji Komatsubara, Kiminori Yukata, Naohito Hibino, hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano and Natsuo Yasui :
Vertebral rounding deformity in pediatric spondylolisthesis occurs due to deficient of endochondral ossification of the growth plate: radiological, histological and immunohistochemical analysis of a rat spondylolisthesis model.,
Spine, Vol.32, No.25, 2839-2845, 2007.
(DOI: 10.1097/BRS.0b013e31815b981f,   PubMed: 18246006)
50. Hirofumi Kosaka, Koichi Sairyo, A Biyani, D Leaman, R Yeasting, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano, VK Goel and Natsuo Yasui :
Pathomechanism of loss of elasticity and hypertrophy of lumbar ligamentum flavum in elderly patients with lumbar spinal canal stenosis.,
Spine, Vol.32, No.25, 2805-2811, 2007.
(DOI: 10.1097/BRS.0b013e31815b650f,   PubMed: 18246001)
51. Nori Hirohashi, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Koichi Oba, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Lumbar radiculopathy caused by extradural rheumatoid nodules. A case report.,
Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.3, 352-356, 2007.
(DOI: 10.3171/SPI-07/09/352,   PubMed: 17877273,   Elsevier: Scopus)
52. Ichiro Tonogai, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Minimally invasive endoscopic removal of herniated nucleus pulposus that had migrated to the S1 nerve root foramen.,
Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 173-177, 2007.
(DOI: 10.1055/s-2007-982510,   PubMed: 17882755)
53. Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui :
Minimally invasive technique for direct repair of the pars defects in young adults using a spinal endoscope. A technical note.,
Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.50, No.3, 186-190, 2007.
(DOI: 10.1055/s-2007-982511,   PubMed: 17882757)
54. Ryosuke Sato, Yoshito Matsui, Hiromiti Yokoi, Kiminori Yukata, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Chronic osteomyelitis of the tibia resembling benign bone tumors.,
Pediatrics International, Vol.49, No.5, 663-667, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1442-200X.2007.02441.x,   PubMed: 17875096)
55. Kousaku Higashino, Yoshito Matsui, Syoji Yagi, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
The alpha2 type IX collagen tryptophan polymorphism is associated with the severity of disc degeneration in younger patients with herniated nucleus pulposus of the lumbar spine.,
International Orthopaedics, Vol.31, No.1, 107-111, 2007.
(DOI: 10.1007/s00264-006-0117-8,   PubMed: 16586133)
56. Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Kousaku Higashino, Nori Hirohashi and Natsuo Yasui :
Extension of contained rupture of an abdominal aortic aneurysm into a lumbar intervertebral disc. Case report.,
Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.7, No.2, 221-226, 2007.
(DOI: 10.3171/SPI-07/08/221,   PubMed: 17688063,   Elsevier: Scopus)
57. Shinji Komatsubara, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Tadanori Sakamaki, Kousaku Higashino and Natsuo Yasui :
High-grade slippage of the lumbar spine in a rat model of spondylolisthesis: effects of cyclooxygenase-2 inhibitor on its deformity.,
Spine, Vol.31, No.16, 528-534, 2006.
(DOI: 10.1097/01.brs.0000225974.92243.af,   PubMed: 16845338,   Elsevier: Scopus)
58. Yoshitaka Hamada, Shinsuke Katoh, Naohito Hibino, Hirofumi Kosaka, Daisuke Hamada and Natsuo Yasui :
Effects of monofilament nylon coated with basic fibroblast growth factor on endogenous intrasynovial flexor tendon healing.,
The Journal of Hand Surgery, Vol.31, No.4, 530-540, 2006.
(DOI: 10.1016/j.jhsa.2005.12.003,   PubMed: 16632043)
59. Ami Inui, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, M Shiiba and Natsuo Yasui :
Extruded lumbar osseous endplate causing long-term radiculopathy in an adult: an endoscopic excision.,
Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.49, No.1, 55-57, 2006.
(DOI: 10.1055/s-2005-919165,   PubMed: 16547884,   Elsevier: Scopus)
60. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, Tomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Akiyoshi Masuda, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim :
MRI signal changes of the pedicle as an indicator for early diagnosis of spondylolysis in children and adolescents. A clinical and biomechanical study.,
Spine, Vol.31, No.2, 206-211, 2006.
(DOI: 10.1097/01.brs.0000195161.60549.67,   PubMed: 16418642,   CiNii: 10020599931,   Elsevier: Scopus)
61. Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui :
Preservation of C7 spinous process does not influence the long-term outcome after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy.,
International Orthopaedics, Vol.30, No.5, 362-365, 2006.
(DOI: 10.1007/s00264-005-0062-y,   PubMed: 16738851,   Elsevier: Scopus)
62. Toshinori Sakai, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata, Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Hiromichi Yokoi and Natsuo Yasui :
Asynchronous progressive diaphyseal dysplasia.,
Modern Rheumatology, Vol.15, No.6, 450-453, 2005.
(DOI: 10.1007/s10165-005-0440-8,   PubMed: 17029112)
63. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Takahiro Sasa, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Akiyoshi Masuda, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim :
Athletes With Unilateral Spondylolysis Are at Risk of Stress Fracture at the Contralateral Pedicle and Pars Interarticularis, --- A Clinical and Biomechanical Study ---,
The American Journal of Sports Medicine, Vol.33, No.4, 583-590, 2005.
(DOI: 10.1177/0363546504269035,   PubMed: 15722292)
64. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Shinji Komatsubara, Ttomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim :
Spondylolysis fracture angle in children and adolescents on CT indicates the facture producing force vector A biomechanical rationale.,
The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.1, No.2, 2005.
(DOI: 10.5580/15a)
65. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Tadanori Sakamaki, Megumi Inoue, Shinji Komatsubara, Takayuki Ogawa, Toshiaki Sano, K. Vijay Goel and Natsuo Yasui :
Vertebral forward slippage in immature lumbar spine occurs following epiphyseal separation and its occurence is unrelated to disc degeneration. Is the pediatric spondylolisthesis a physis stress fracture of vertebral body?,
Spine, Vol.29, No.5, 524-527, 2004.
(DOI: 10.1097/01.BRS.0000106492.51581.9B,   PubMed: 15129065,   CiNii: 10013795120)
66. K Fujii, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, T Ikata and Natsuo Yasui :
Union of defects in the pars interarticularis of the lumbar spine in children and adolescents. Radiological outcome after conservative treatment.,
The Journal of Bone and Joint Surgery. British Volume, Vol.86, No.2, 225-231, 2004.
(DOI: 10.1302/0301-620X.86B2.14339,   PubMed: 15046438)
67. 廣橋 紀, 遠藤 健次, 高橋 光彦, 加藤 真介, 安井 夏生, 渡邉 力 :
Internal hemipelvectomyで患肢温存を行った骨盤Ewing肉腫の1例,
中国・四国整形外科学会雑誌, Vol.15, No.2, 281-286, 2003年.
(CiNii: 10013702742)
68. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, T Sakamki, S. Komatsubara and Natsuo Yasui :
Three successive stress fractures at the same vertebral level in an adolescent baseball player,
The American Journal of Sports Medicine, Vol.31, No.4, 606-610, 2003.
(PubMed: 12860553)
69. Tadanori Sakamaki, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hideko Endo, Shinji Komatsubara, Toshiaki Sano and Natsuo Yasui :
The Pathogenesis of Slippage and Deformity in the Pediatric Lumbar Spine, --- A Radiographic and Histologic Study using a New Rat In Vivo Model ---,
Spine, Vol.28, No.7, 645-651, 2003.
(PubMed: 12671349,   CiNii: 10017364000)
70. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Tadanori Sakamaki, Shinji Komatsubara and Natsuo Yasui :
A new endoscopic technique to decompress lumbar nerve roots affected by spondylolysis. Technical note,
Journal of Neurosurgery, Vol.98, No.3 Suppl, 290-293, 2003.
(DOI: 10.3171/spi.2003.98.3.0290,   PubMed: 12691388)
71. Tadanori Sakamaki, Koichi Sairyo and Shinsuke Katoh :
Comparison of spine movements between normal pediatric spine and spondylolytic spine with reference to instantaneous axis of rotation,
Spine, Vol.27, No.2, 141-145, 2002.
(DOI: 10.1097/00007632-200201150-00004,   PubMed: 11805658,   CiNii: 10010934160)
72. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Toshinori Sakai, Takuya Mishiro and Takaaki Ikata :
Evaluation of leg motor function affected by cervical compression myelopathy,
SPINE, Vol.26, No.23, E535-E538, 2001.
73. Kiyoshi Kajiura, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Takaaki Ikata, Vijay K. Goel and Ri-ichi Murakami :
Sloppage mechanism of pediatric spondylolysis:biomechanical study using immature calf spined, --- Discussion based on a biomechanical study using immature calf spines ---,
Spine, Vol.26, No.20, 2208-2213, 2001.
74. Kenji Endo, Takaaki Ikata, Shinsuke Katoh and Yoshitsugu Takeda :
Radiographic assessment of scapular rotational tilt in chronic shoulder impingement syndrome,
Journal of Orthopaedic Science, Vol.6, No.1, 3-10, 2001.
(DOI: 10.1007/s007760170017,   PubMed: 11289583,   Elsevier: Scopus)
75. Takashi Chikawa, Takaaki Ikata, Shinsuke Katoh, Yoshitaka Hamada, Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Preventive effects of lecithinized superoxide dismutase and methylprednisolone on spinal cord injury in rats, --- Transcriptional regulation of inflammatory and neurotrophic genes ---,
Journal of Neurotrauma, Vol.18, No.1, 93-103, 2001.
(DOI: 10.1089/089771501750055802,   PubMed: 11200253)
76. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Takaaki Ikata, Koji Fujii and K Kajiura :
Development of spondylolytic olisthesis in adolescents,
The Spine Journal, Vol.1, No.3, 171-175, 2001.
(DOI: 10.1016/S1529-9430(01)00018-3,   PubMed: 14588344)
77. Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Toshinori Sakai, Mishiro Takuya and Ikata Takaaki :
Characteristics of velocity-controlled knee movement in patients with cervical compression myelopathy: what is the optimal rehabilitation exercise for spastic gait?,
Spine (Phila Pa 1976)., Vol.26, No.23, E535-E538, 2001.
78. Tohru Aizawa, Takaaki Ikata and Shinsuke Katoh :
Double-immunolabeling studies of glucocorticoid receptors in enkephalinergic neurons of the rat spinal cord,
Zoological Science, Vol.17, No.4, 419-424, 2000.
(DOI: 10.2108/zsj.17.419,   CiNii: 110003371152,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Akemi Hioka, Yoshifumi Mizobuchi, Yoshiteru Tada, Kyoko Nishi, Yasuhiko Shirayama, Shinsuke Katoh, N Akazawa, Ryuji Kaji, Y Ojima and Shinji Nagahiro :
Usefulness of a novel higher brain dysfunction screening test for evaluating higher brain function in healthy persons.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 280-285, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111133,   DOI: 10.2152/jmi.64.280,   PubMed: 28954996)

総説・解説:

1. 加藤 真介, 佐藤 紀 :
外傷性脊髄損傷の疫学 (特集 脊髄損傷のリハビリテーション最前線),
Monthly Book Medical Rehabilitation, No.209, 1-5, 2017年5月.
(CiNii: 40021222297)
2. 加藤 真介 :
整形外科 知ってるつもり 脳脊髄液減少症とは?,
臨床整形外科, Vol.52, No.4, 362-364, 2017年4月.
(DOI: 10.11477/mf.1408200793,   CiNii: 40021148228)
3. 出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
糖尿病の運動療法,
糖尿病ケア2017, 178-182, 2017年3月.
4. 加藤 真介 :
高齢者によくみられる疾患・障害とそれに対するリハビリテーション 4. 運動器疾患 4) 頸髄損傷,
Geriatric Medicine, Vol.55, 443-446, 2017年.
5. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 北川 哲也, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
単心室症患児の開心術後にフェイススケールを用いて心臓リハビリテーションを試みた1症例,
心臓, Vol.48, No.2, 181-186, 2016年2月.
6. 出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
すこし運動したくなってきた人向け 短時間でも効果的な運動の3つの提案,
糖尿病ケア, No.2, 2016年2月.
7. 加藤 真介, 佐藤 紀 :
リハ医として知っておきたい体幹装具 (胸)腰仙椎装具 腰部脊柱管狭窄症に対する腰仙椎装具,
Journal of Clinical Rehabilitation, Vol.24, No.8, 746-749, 2015年8月.
8. 加藤 真介, 江西 哲也, 佐藤 紀 :
【脊髄損傷-最近の話題】 疫学,
総合リハビリテーション, Vol.43, No.4, 289-293, 2015年4月.
(CiNii: 40020419351)
9. 加藤 真介, 江西 哲也, 佐藤 紀 :
脊髄損傷における集学的包括的治療,
整・災外, Vol.58, No.3, 271-8, 2015年3月.
(CiNii: 40020382597)
10. 高橋 光彦, 安井 夏生, 西良 浩一, 加藤 真介, 三代 卓哉, 三橋 雅 :
軟骨無形成症に対する四肢骨延長術の合併症,
中部整災誌, Vol.58, No.4, 759-760, 2015年.
11. 加藤 真介 :
腰部脊柱管狭窄症,
歯界展望 別冊歯科医師のための医学ハンドブック, 166, 2014年.
12. 加藤 真介 :
高齢者の生活機能障害,
歯界展望 別冊歯科医師のための医学ハンドブック, 188-89, 2014年.
13. 加藤 真介, 江西 哲也, 佐藤 紀 :
腰椎の成長期スポーツ外傷,
関節外科, Vol.32, No.3, 262-268, 2013年3月.
14. 加藤 真介, 植田 尊善, 芝啓 一郎 :
高齢者における非骨傷性頚髄損傷の疫学と予防,
脊椎脊髄ジャーナル, Vol.26, No.2, 90-94, 2013年.
15. 髙田 洋一郎, 加藤 真介 :
脊椎スポーツ障害の画像診断の進歩,
臨床スポーツ医学, Vol.29, 783-787, 2012年8月.
(CiNii: 40019396456)
16. 東野 恒作, 加藤 真介 :
小児の腰痛,
整形・災害外科, Vol.55, 459-466, 2012年.
17. Kousaku Higashino and Shinsuke Katoh :
小児の腰痛(分離症を除く),
整形災害外科, Vol.55, No.5, 459-466, 2012.
18. 加藤 真介 :
ICD改訂と日本整形外科学会が果たす役割,
臨床整形外科, Vol.46, No.12, 1144-1147, 2011年12月.
19. 加藤 真介 :
腰椎分離症・分離すべり症,
MB Orthop, Vol.24, No.11, 81-86, 2011年11月.
20. 加藤 真介 :
脊髄損傷の評価法の現状,
Bone Joint Nerve, Vol.1, No.3, 487-494, 2011年10月.
(CiNii: 40019219980)
21. 加藤 真介 :
スポーツと腰椎分離症 手術的治療を中心に,
脊椎脊髄ジャーナル, Vol.24, No.9, 861-865, 2011年9月.
22. 加藤 真介 :
腰部脊柱管狭窄症に対する装具療法,
Modern Physician, Vol.31, No.9, 1073-1075, 2011年9月.
23. 加藤 真介 :
癒着性くも膜炎,
脊椎脊髄ジャーナル, Vol.24, No.5, 483-486, 2011年5月.
24. 小坂 浩史, 加藤 真介 :
腰椎分離症 -診断と治療-,
MB Orthop, Vol.24, No.2, 57-61, 2011年.
25. 加藤 真介 :
腰椎終板障害,
アトラス骨・関節画像診断 5脊椎・脊髄, 44-46, 2011年.
26. 加藤 真介 :
小児期の腰痛,
からだの科学, Vol.266, 52-56, 2010年6月.
(CiNii: 40017198058)
27. 加藤 真介 :
小児,成長期の腰・下肢痛から何を想定するか,
整形外科臨床パサージュ1 腰痛クリニカルプラクティス, 20-28, 2010年.
28. 加藤 真介 :
II 頸部・肩の痛みについて 3 画像診断-価値と限界 a. 頸部,
運動器の痛み プライマリケア 頸部・肩の痛み, 62-68, 2010年.
29. 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 :
後方限局型腰椎終板障害の長期成績,
日本小児整形外科学会雑誌, Vol.16, No.1, 100-104, 2007年.
30. 西良 浩一, 加藤 真介, 安井 夏生 :
腰痛,
NEW MOOK 整形外科 小児整形外科, Vol.15, 53-67, 2004年.
31. 加藤 真介, 西良 浩一, 安井 夏生 :
発育期腰椎終板の成長軟骨障害に関する最近の知見,
整形・災害外科, Vol.46, No.5, 543-550, 2003年.
32. 西良 浩一, 加藤 真介, 安井 夏生 :
発育期腰椎分離症・分離すべり症,
Monthly Book Orthopaedics, Vol.15, No.12, 38-45, 2002年.
33. 西良 浩一, 加藤 真介, 安井 夏生 :
スポーツ選手のための腰椎装具の実際 発育期腰部疾患における装具療法の位置づけ,
臨床スポーツ医学, Vol.19, No.10, 1189-1194, 2002年.

国際会議:

1. Shinsuke Katoh, Nori Sato and Tetsuya Enishi :
Disaster preparedness in the area at risk of mega-earthquake in Japan,
55th Annual Scientific Meeting, International Spinal Cord Society, Sep. 2016.
2. Shinsuke Katoh :
Comprehensive management of spinal cord injury,
1st Asia-Oceanian Congress for Neurorehabilitation, Seoul, Sep. 2015.
3. Shinsuke Katoh :
Prevention of diving injury in Japan. Workshop ``Primary Prevention of Spinal Cord Injury: Prevension is Cure: Global Challenges Local Solutions'',
4th ISCoS and ASIA joint scientific meeting, Montreal, Canada, May 2015.
4. Shinsuke Katoh :
Compressive flexion injury. Workshop ``Analyzing factors influencing decision making in Management of Sub Axial Cervical Spine Injuries and proposing suitable Treatment Algorithms'',
Compressive flexion injury, Maastricht, Netherland, Sep. 2014.
5. Shinsuke Katoh :
Compressive flexion injury,
53rd Annual Meeting, International Spinal Cord Society, Maastricht, Netherland, Sep. 2014.
6. Yuichiro Goda, Nori Sato, Takako Taniguchi, Yoichiro Takata, Hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Proteomic analysis of ligamentum flavum,
52nd International Spinal Cord Society (ISCoS), Oct. 2013.
7. K Nishikawa, Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh and Masataka Sata :
Visceral fat mass is associated with daily physical activity, leg skeletal muscle mass and fiber intake in healthy men.,
ESC Congress 2013, Amsterdam, Aug. 2013.
8. Yuichiro Goda, Nori Sato, Takako Taniguchi, Yoichiro Takata, Hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Proteomic analysis of ligamentum flavum from lumbar spinal canal stenosis,
International Society for Study of the Lumbar Spine (ISSLS) 2013, May 2013.
9. Yuichiro Goda, Nori Sato, Takako Taniguchi, Yoichiro Takata, Hirofumi Kosaka, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Proteomic Analysis of Ligamentum Flavum from Lumbar Spinal Canal Stenosis.,
2013 Annual meeting of the Orthopaedic Research Society, January 26-29, 2013 (Poster Presentation ), San Antonio, TX, Jan. 2013.
10. Masatoshi Morimoto, Kousaku Higashino, Hiroaki Manabe, Hirofumi Kosaka, Shinsuke Katoh, WC Hutton and Natsuo Yasui :
The association between age and the orientation of the lumbar facet joints, disc height and degenerative spondylolisthesis (DS) in patients without low back pain,
Spine Week 2012, Amsterdam,Netherlands, May 2012.
11. Hirofumi Kosaka, Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh and Natsuo Yasui :
Anatomical analysis of cervical posterior fusion (Roy-Camille lateral mass screw) with enhanced cervical CT scan.,
58th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, San Francisco, Feb. 2012.
12. Nori Sato, Takako Taniguchi, Yuichiro Goda, Hirofumi Kosaka, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Quantitative proteomic analysis of human tendon and ligament,
2012 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, Feb. 2012.
13. Enishi Tetsuya, Shinsuke Katoh, Sogo Toshiharu and Natsuo Yasui :
Significant fracture-dislocation of the thoracic or lumbar spine without neurologic deficit: a report of two cases, --- 50th Annual Meeting of International Spinal Cord Society ---,
Topics in Spinal Cord Injury Rehabilitation, Vol.16, No.suppl 1, 76, Washington, D.C., Jun. 2011.
14. Hirofumi Kosaka, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Satoh Nori, Goda Yuji and Natsuo Yasui :
Anatomical analysis of cervical posterior fusion (Roy-Camille lateral mass screw with enhanced cervical CT scan, --- 50th Annual Meeting of International Spinal Cord Society ---,
Topics in Spinal Cord Injury Rehabilitation, Vol.16, No.suppl 1, 55-56, Washington, D.C., Jun. 2011.
15. Shinsuke Katoh :
Prognostic indicators,
Spinal Cord Injury Symposium, Oswestry, England, Mar. 2011.
16. Nori Sato, T Taniguchi, Yuichiro Goda, Hirofumi Kosaka, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, H Taniguchi and Natsuo Yasui :
Establishment of a Method for Proteomic Analysis of Human Achilles Tendon,
2011Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society(2011.1.13-16), Long Beach Conbention Center (Long Beach,California), Jan. 2011.
17. Nori Sato, Takako Taniguchi, Yuichiro Goda, Hirofumi Kosaka, Kosaku Higashino, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Establishment of a Method for Proteomic Analysis of Human Achilles Tendon.,
2011 Annual meeting of the Orthopaedic Research Society, Long Beach, California, Long Beach, California, Jan. 2011.
18. Nori Sato, Taniguchi Takako, Goda Yuichiro, Kosaka Hirofumi, Higashino Kosaku, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Hisaaki Taniguchi and Natsuo Yasui :
Development of a Method for Proteomic Analysis of Human Yellow Ligament.,
2011 Annual meeting of the Orthopaedic Research Society, Long Beach, California, Long Beach, California, Jan. 2011.
19. Shinsuke Katoh :
Management of vertebral lesions with spinal cord injuries.,
Vol.Post-congress Workshop of 49th Annual Meeting of International Spinal Cord Society, New Delhi, Nov. 2010.
20. Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Chisato Tanaka, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
An SNP in the 3region of the Collagen11 Alpha 2 Gene is Associated with Susceptibility to OPLL.,
47th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Francisco, Feb. 2001.

国内講演発表:

1. 松田 拓, 安積 麻衣, 鹿草 宏, 佐藤 紀, 梅村 公子, 加藤 真介, 髙木 康志 :
脊髄海綿状血管腫摘出術後にHALを用いたリハビリテーションを行い良好な転帰が得られた一例,
第9回日本脳神経HAL研究会, 2021年2月.
2. 松田 拓, 松元 友暉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 三宅 一央, 加藤 真介, 尾藤 良孝, 原田 雅史, 髙木 康志 :
Quantitative parameter mappingを用いた3TMRIでの視床下核の可視化,
第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月.
3. 柿原 紋太, 野崎 夏江, 兼本 ひろみ, 津田 恵, 山本 恭代, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 石原 学, 島田 健司, 兼松 康久, 西 京子, 加藤 真介, 髙木 康志 :
徳島大学病院脳卒中センター(SCU)における排尿ケアチーム介入後の下部尿路機能障害の現状,
第45回日本脳卒中学会総会(web開催), 2020年8月.
4. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより 自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
5. 西川 幸治, 伊勢 孝之, 石井 亜由美, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
TAVI後の認知機能低下に関連する因子の検討,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
6. 門田 宗之, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 石井 亜由美, 西川 幸治, 鈴木 佳子, 大南 博和, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
イハブラジン導入前後の運動耐容能の推移を観察した虚血性心筋症の一例,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
7. 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 本間 友佳子, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 飛梅 威, 八木 秀介, 早渕 康信, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心配停止をきたしQT延長症候群と診断されS-ICD植込みとなった5歳児に対する心リハの経験,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
8. 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 本間 友佳子, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 八木 秀介, 早渕 康信, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
小児に関する心臓リハビリテーションの取り組みと症例から学んだこと,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
9. 山田 苑子, 古本 太希, 北尾 緑, 和田 京子, 久保 みゆ, 鈴木 佳子, 佐藤 紀, 加藤 真介, 神村 盛一郎, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体組成変化 ∼BIA,エコー,メジャーを用いた経時的評価∼,
第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会, 2020年2月.
10. 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 鈴木 佳子, 秋月 佐代, 富岡 有紀子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
療養環境整備に苦慮した,歩行不能の高度肥満症の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
11. 山田 苑子, 古本 太希, 北尾 緑, 和田 京子, 久保 みゆ, 鈴木 佳子, 佐藤 紀, 加藤 真介, 神村 盛一郎, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
NST介入例における頭頸部癌化学放射線療法中の体組成変化∼BIA,エコー,メジャーを用いた評価∼,
第9回日本リハビリテーション栄養学会, 2019年11月.
12. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Masao Fuketa, Shinsuke Katoh, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Satoru Imura and Yuji Morine :
The utilization of `Big Data' in gastroenterological surgery,
第74回日本消化器外科学会総会, Jul. 2019.
13. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 伊勢 孝之, 鈴木 佳子, 高川 由利子, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
大動脈弁狭窄症に対するTAVI施行患者の認知機能の変化について,
第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年7月.
14. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 鈴木 佳子, 高川 由利子, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
継続的な活動量の記録は半年後の運動習慣の獲得につながるか,
第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2019年7月.
15. 池本 哲也, 島田 光生, 泓田 正雄, 加藤 真介, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
医療安全に関するAI活用と新たなアラートシステム構築,
第44回日本外科系連合学会学術集会, 2019年6月.
16. 池本 哲也, 島田 光生, 泓田 正雄, 加藤 真介, 西 正暁, 居村 暁, 森根 裕二 :
患者に信頼される病院を目指す戦略~AIを用いたインシデントレポート管理の未来,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
17. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 鈴木 佳子, 八木 秀介, 高川 由利子, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
外来心臓リハビリテーションにより外出への不安感が軽減し運動耐容能の向上を認めた症例,
日本心臓リハビリテーション学会第3回四国支部地方会, 2019年4月.
18. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 鈴木 佳子, 高川 由利子, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
Wearable ICD装着患者に対する心リハの経験,
日本心臓リハビリテーション学会第3回四国支部地方会, 2019年4月.
19. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 鈴木 佳子, 高川 由利子, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
Wearable ICD装着患者に対する心リハの経験,
日本心臓リハビリテーション学会第3回四国支部地方会, 2019年4月.
20. 筑後 桃子, 西 麻希, 菊井 聡子, 松村 晃子, 兼本 ひろみ, 岩野 朝香, 高野 栄之, 佐藤 紀, 加藤 真介, 西 京子, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院脳卒中センター(SCU)入院患者における栄養管理―栄養サポートチーム(NST)の取り組み―,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
21. 西 京子, 兼松 康久, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 山本 伸昭, 高野 栄之, 加藤 真介, 髙木 康志 :
徳島大学病院脳卒中センター (SCU)の 多職種連携による医療人育成,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
22. 林 遼, 山田 苑子, 北尾 緑, 和田 京子, 久保 みゆ, 鈴木 佳子, 松村 晃子, 古本 太希, 佐藤 紀, 加藤 真介, 神村 盛一郎, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体組成変化と栄養量との関係,
第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019年2月.
23. 林 遼, 山田 苑子, 北尾 緑, 和田 京子, 久保 みゆ, 鈴木 佳子, 松村 晃子, 古本 太希, 佐藤 紀, 加藤 真介, 神村 盛一郎, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体重変化と栄養組成との関係,
第22回日本病態栄養学会学術集会, 2019年1月.
24. 池本 哲也, 島田 光生, 加藤 真介, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
消化器・移植外科から発信する手術室の医療安全と効率化の両立,
第43回日本外科系連合学会学術集会, 2018年6月.
25. 古本 太希, 山田 苑子, 近藤 心, 佐藤 紀, 島田 亜紀, 武田 憲昭, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
化学放射線治療中の頭頸部癌患者に対するリハビリテーション栄養介入が二次性サルコぺニア発生に及ぼす影響,
第33回日本静脈経腸栄養学会, 2018年2月.
26. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 加藤 真介 :
短時間のステップエクササイズトレーニングが高齢肥満者の筋内脂肪量に及ぼす影響,
第46回四国理学療法士学会, 2017年11月.
27. 池本 哲也, 島田 光生, 加藤 真介, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
徳島大学病院GRMからみた手術室安全管理の取り組み,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
28. 加藤 真介 :
脊髄損傷の包括的治療とパラスポーツ,
第54回日本リハビリテーション医学会 特別講演, 2017年6月.
29. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 岡久 哲也, 近藤 心, 古本 太希, 友成 健, 加藤 真介 :
ステップエクササイズによるトレーニングが高齢者の身体組成へ及ぼす影響,
第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
30. 古本 太希, 安井 苑子, 佐藤 紀, 島田 亜紀, 武田 憲昭, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
頭頸部がん患者に対する化学放射線治療前後での体組成および身体機能の変化,
第52回日本理学療法学術集会, 2017年5月.
31. 佐藤 紀, 合田 有一郎, 東野 恒作, 酒井 紀典, 加藤 真介, 西良 浩一 :
腰部脊柱管狭窄症患者における肥厚黄色靭帯の完全可溶化とプロテオーム解析の確立,
第128回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会, 2017年4月.
32. 仁紙 裕人, 溝渕 佳史, 庄野 健児, 北里 慶子, 岡久 哲也, 加藤 真介, 永廣 信治 :
柔道による頭部外傷予防にむけた動作解析研究,
第40回日本脳神経外傷学会, 2017年3月.
33. 久保 みゆ, 安井 苑子, 古本 太希, 谷村 真優, 松原 あつみ, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 佐藤 紀, 加藤 真介, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体組成及び筋力の変化,
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017年2月.
34. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 高川 由利子, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーション導入後の活動範囲の回復に関わる因子の検討,
日本心臓リハビリテーション学会第1回四国支部地方会, 2017年1月.
35. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 高川 由利子, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
術後の廃用性筋力低下が予測された高齢開心術後患者に対しB-SESを使用した経験,
日本心臓リハビリテーション学会第1回四国支部地方会, 2017年1月.
36. 久保 みゆ, 安井 苑子, 古本 太希, 谷村 真優, 松原 あつみ, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 佐藤 紀, 加藤 真介, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌患者における化学放射線療法中の体組成変化の検討,
第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
37. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 岡久 哲也, 後藤 強, 近藤 心, 古本 太希, 友成 健, 大澤 俊文, 邉見 達彦, 加藤 真介 :
短時間のStep exercise trainingが高齢者の筋内脂肪量に及ぼす影響,
第11回徳島県立病院学会, 2017年1月.
38. 加藤 真介 :
脊髄損傷治療の沿革,
第1回日本骨髄間葉系幹細胞治療学会学術集会シンポジム, 2016年10月.
39. 古本 太希, 安井 苑子, 近藤 心, 大澤 俊文, 佐藤 紀, 島田 亜紀, 武田 憲昭, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
頭頸部がん患者におけるサルコペニア簡易的診断方法の検討,
第38回国立大学リハビリテーション学術大会, 2016年10月.
40. 佐藤 紀, 谷口 貴子, 合田 有一郎, 小坂 浩史, 東野 恒作, 酒井 紀典, 加藤 真介, 安井 夏生, 谷口 寿章, 西良 浩一 :
プロテオーム解析を用いた不溶性細胞外マトリックスの定量的評価と質的評価法の開発-腰部脊柱管狭窄症患者の肥厚黄色靭帯を用いて-,
第31回日本整形外科学会基礎学術集会, 2016年10月.
41. 出口 憲市, 三浦 哉, 加藤 真介 :
肥満型2型糖尿病患者へのレペティション形式の運動がエネルギー代謝および血中グルコース濃度へ及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
42. 久保 みゆ, 山田 苑子, 古本 太希, 谷村 真優, 松原 あつみ, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 佐藤 紀, 加藤 真介, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体組成及び筋力の変化,
日本静脈経腸栄養学会抄録集, Vol.8, 41, 2016年9月.
43. 近藤 心, 久野 恵, 橋本 脩平, 安井 苑子, 谷 佳子, 松村 晃子, 佐藤 紀, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
チームアプローチで経口摂取の再獲得と体力維持が可能であった食道がん術後誤嚥性肺炎の一症例,
第8回日本静脈経腸栄養学会四国支部学術集会, 2016年9月.
44. 古本 太希, 安井 苑子, 久保 みゆ, 松原 あつみ, 谷 佳子, 松村 晃子, 佐藤 紀, 島田 亜紀, 武田 憲昭, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
化学放射線治療前の頭頸部がん患者におけるサルコペニア簡易診断方法の検討,
第8回日本静脈経腸栄養学会四国支部学術集会, 2016年9月.
45. 久保 みゆ, 安井 苑子, 古本 太希, 谷村 真優, 松原 あつみ, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 佐藤 紀, 加藤 真介, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法中の体組成及び筋力の変化,
第8回日本静脈経腸栄養学会四国支部学術集会, 2016年9月.
46. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
退院時6MWDと入院期身体活動量の関係-MIとHFの比較,
第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年7月.
47. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーション患者におけるセルフエフィカシーの検討,
第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年7月.
48. 加藤 真介, 佐藤 紀, 江西 哲也 :
在宅リハビリテーション関連職種の意識調査,
第53 回日本リハビリテーション医学会学術集会.パネルディスカッション, 2016年6月.
49. 佐藤 紀, 谷口 貴子, 合田 有一郎, 小坂 浩史, 東野 恒作, 酒井 紀典, 加藤 真介, 安井 夏生, 谷口 寿章, 西良 浩一 :
プロテオーム解析を用いた不溶性細胞外マトリックスの定量的評価-ヒト腱・靭帯を用いて-,
第48回日本結合組織学会学術大会, 2016年6月.
50. 佐藤 紀, 髙田 信二郎, 東野 恒作, 西良 浩一, 加藤 真介 :
著明な嚥下障害をきたしたが経口摂取可能となった強皮症/多発性筋炎の一例,
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年6月.
51. 古本 太希, 佐藤 紀, 出口 憲市, 安井 苑子, 谷 佳子, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 加藤 真介 :
非重症くも膜下出血の術後早期における大腿外側部筋厚値の変化,
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月.
52. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 大澤 俊文, 加藤 真介 :
歩幅の異なるWalking様式の3次元動作解析および酸素消費量へ及ぼす影響,
第70回日本体力医学会大会, Vol.64, No.64, 600, 2015年12月.
53. 濱本 恵, 白山 靖彦, 中野渡 有香, 中原 恵子, 佐藤 紀, 尾崎 和美, 加藤 真介 :
重なり五角形を用いた高次脳機能スクリーニング検査の検討(第2報),
第39回日本高次脳機能障害学会学術集会, 2015年12月.
54. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心疾患患者における身体活動量と運動耐容能の関係,
第107回日本循環器学会四国地方会, 2015年11月.
55. 一宮 由貴, 田所 由紀子, 中原 佳子, 松岡 由江, 谷 奈積, 川口 博美, 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 小川 美佳, 森 玲子, 加藤 真介, 丹黒 章 :
当院の乳癌チーム医療における外来看護師の取り組みと今後の課題,
第12回日本乳癌学会中国四国地方会, 2015年9月.
56. 谷 奈積, 川口 博美, 一宮 由貴, 松岡 由江, 中原 佳子, 森 玲子, 小川 美佳, 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 田所 由紀子, 加藤 真介, 丹黒 章 :
乳癌チーム医療における病棟看護師の役割と今後の課題,
第12回日本乳癌学会中国四国地方会, 2015年9月.
57. 中原 佳子, 田所 由紀子, 一宮 由貴, 松岡 由江, 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 小川 美佳, 森 玲子, 加藤 真介, 丹黒 章 :
リンパ浮腫予防指導を含めた当院での乳がん周術期患者への関わり∼多職種連携を通じて∼,
第12回日本乳癌学会中国四国地方会, 2015年9月.
58. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
当院での小児に対する心臓リハビリテーションの経験,
第21回日本心臓リハビリテーション学会, 2015年7月.
59. 西川 幸治, 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
治療抵抗性の収縮性新膜炎に心臓リハビリテーションが有効であった一症例,
第21回日本心臓リハビリテーション学会, 2015年7月.
60. 八木 秀介, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 高川 由利子, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
重症心不全患者におけるAdaptive servo-ventilation装着による運動耐容能改善効果,
第21回日本心臓リハビリテーション学会, 2015年7月.
61. 一宮 由貴, 田所 由紀子, 中原 佳子, 松岡 由江, 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 柴山 純子, 加藤 真介, 丹黒 章 :
当院の乳癌チーム医療における取り組みと今後の課題∼外来看護師の立場からの検討∼,
第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015年6月.
62. 佐藤 紀, 髙田 信二郎, 東野 恒作, 高橋 光彦, 西良 浩一, 江西 哲也, 加藤 真介 :
急性期脳卒中患者における深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の実態調査,
第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015年5月.
63. 加藤 真介, 石本 寛子, 渡邊 美恵 :
南海トラフ地震に向けた行政と連携した災害リハビリテーション体制整備,
シンポジウム「災害とリハビリテーション」, 2015年5月.
64. 出口 憲市, 江西 哲也, 佐藤 紀, 後藤 強, 大澤 俊文, 柳澤 幸夫, 松久 宗英, 加藤 真介 :
歩幅の異なるWalking様式の3次元動作解析およびエネルギー代謝へ及ぼす影響,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.
65. 古本 大希, 佐藤 紀, 加藤 真介, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
非重症クモ膜下出血術後の離床時期の違いが症候性脳血管攣縮の発生に及ぼす影響,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
66. 東 桃代, 島井 健一郎, 加藤 真介, 他 :
「HYDRO AG」を用いたタッチパネル液晶護フイルムの医療現場における有用性の検討,
第30回日本感染環境学会総会・学術集, 2015年3月.
67. 加藤 真介 :
脊髄損傷の発生状況の変化と予防活動,
第38回日本脳神経外傷学会 教育セッション, 2015年3月.
68. 加藤 真介, 石本 寛子, 渡邊 美恵 :
南海トラフ地震に備える:行政と連携したリハの取り組み,
第20 回日本集団災害医学会総会・学術集会, 2015年2月.
69. 東 桃代, 中曽 亜佐美, 藤原 範子, 畑 美智子, 加藤 真介, 西岡 安彦 :
「HYDRO AG」を用いたタッチパネル液晶保護フィルムの医療現場における有用性の検討,
第30回日本環境感染学会総会・学術集会, 2015年2月.
70. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
単心室症患児の開心術後に心臓リハビリテーションを有効に施行し得た一例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
71. 古本 太希, 谷 佳子, 安井 苑子, 松村 晃子, 出口 憲市, 大澤 俊文, 佐藤 紀, 江西 哲也, 里見 淳一郎, 濵田 康弘, 永廣 信治, 加藤 真介 :
超音波による効果判定法が有用であった非重症SAH 術後の廃用性筋萎縮の一例,
第6回日本静脈経腸栄養学会四国支部学術集会, 2014年9月.
72. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
歩行速度が食後血中グルコース濃度に及ぼす影響,
第69回日本体力医学会大会, 2014年9月.
73. 西川 幸治, 石井 亜由美, 後藤 強, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
運動習慣の有無が運動耐用能および動脈機能の関係に及ぼす影響について,
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
74. 石井 亜由美, 八木 秀介, 西川 幸治, 後藤 強, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーション実施期間中の体重増加が運動耐容能におよぼす影響,
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
75. 佐藤 紀, 合田 有一郎, 東野 恒作, 高橋 光彦, 西良 浩一, 江西 哲也, 加藤 真介 :
急性期病院における入院患者の転倒・転落の実態調査,
第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014年6月.
76. 出口 憲市, 藤中 雄一, 松久 宗英, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
一過性のインターバル形式の運動が急性血糖降下に及ぼす影響,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
77. 谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 安井 苑子, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 長尾 紀子, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 :
くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーション及び合併症に及ぼす影響,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
78. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 門田 宗之, 西條 良仁, 高島 啓, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 中山 泰介, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
人工呼吸管理中の心不全症例に心臓リハビリテーションが有効に施行しえた症例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
79. 亘 雄也, 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 榊 美佳, 加藤 真介, 広瀬 隆則 :
脊髄上衣腫摘出手術から13年後に頭蓋内播種を示した1例,
第27回中国四国脳腫瘍研究会, 2013年9月.
80. 石井 亜由美, 西川 幸治, 加藤 真介, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 上田 由佳, 門田 宗之, 高島 啓, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 中川 泰介, 北川 哲也, 赤池 雅史 :
人工呼吸管理中に心臓リハビリを有効に施行しえた開心術後の心不全症例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
81. 髙田 洋一郎, 酒井 紀典, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一 :
multi-detector CT画像を用いた腰椎分離症患者におけるpelvic incidenceの検討,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
82. 酒井 紀典, 合田 有一郎, 髙田 洋一郎, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一 :
MRI輝度変化の広がりからみた腰椎分離症の病態の考察,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
83. 岩瀬 譲志, 東野 恒作, 髙田 洋一郎, 酒井 紀典, 西良 浩一, 加藤 真介 :
環軸関節回旋位固定の治療に難渋した2例,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
84. 手束 文威, 酒井 紀典, 髙田 洋一郎, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一 :
臨床経過中に診断しえた石灰沈着性頚長筋腱炎の一例,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
85. 合田 有一郎, 酒井 紀典, 髙田 洋一郎, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一 :
Non-dysraphic intradural spinal cord lipomaの1例,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
86. 合田 有一郎, 佐藤 紀, 酒井 紀典, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一 :
腰部脊柱管狭窄症における肥厚黄色靭帯のプロテオーム解析,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
87. 高木 俊人, 髙田 洋一郎, 東野 恒作, 酒井 紀典, 加藤 真介, 安井 夏生 :
石灰化を伴った胸椎椎間板ヘルニアの1例,
第120回中部日本整形外科災害外科学会,2013.4.5-6, 2013年4月.
88. 加藤 真介 :
科学的介護の実践 骨折ゼロへのリスクマネジメント,
平成24年度全国老人福祉施設研究会議, 2013年2月.
89. 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Maeda, K Nishikawa, M Kadota, T Hara, Y Kawabata, R Ota, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションにおける禁煙継続効果の検討,
第101回日本循環器学会四国地方会, 2012年12月.
90. 加藤 真介, 植田 尊善, 芝啓 一郎 :
高齢者における非骨傷性頚髄損傷の疫学と予防,
第47回日本脊髄障害医学会, 2012年10月.
91. 合田 有一郎, 佐藤 紀, 谷口 貴子, 髙田 洋一郎, 小坂 浩史, 酒井 紀典, 東野 恒作, 西良 浩一, 加藤 真介, 安井 夏生 :
腰部脊柱管狭窄症における黄色靭帯のタンパク質解析,
第27回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26-27)(Poster presentation), 2012年10月.
92. 杉浦 宏祐, 東野 恒作, 宮城 亮, 酒井 紀典, 加藤 真介, 安井 夏生 :
硬膜外脂肪造成による腰部脊柱管狭窄症を生じたSEDの1例,
第119回中部日本整形外科災害外科学会(2012.10.5-6), 2012年10月.
93. 髙田 洋一郎, 酒井 紀典, 東野 恒作, 加藤 真介, 西良 浩一, 安井 夏生 :
腰椎分離部修復術後の屈曲・伸展回転中心の変化と尾側椎間板への影響,
第119回中部日本整形外科災害外科学会(2012.10.5-6), 2012年10月.
94. 上田 由佳, 岩瀬 俊, 伊勢 孝之, K Maeda, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
喫煙継続者における心臓リハビリテーションの効果の検討,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
95. K Maeda, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
患者の気持ちを汲んだ患者教育の実際,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
96. A Takashima, 伊勢 孝之, 上田 由佳, K Maeda, K Nishikawa, K Ogasawara, 坂東 美佳, N Tomita, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 加藤 真介, 赤池 雅史, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションは酸化LDLを低下させる,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
97. K Maeda, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
チーム医療で取り組む重症心不全に対する心臓リハビリテーション,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
98. 加藤 真介, 東野 恒作, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 髙田 洋一郎, 安井 夏生 :
脊椎脊髄疾患による痛みとしびれの病態,
第85回日本整形外科学会学術総会, 2012年5月.
99. 佐藤 紀, 谷口 貴子, 合田 有一郎, 小坂 浩史, 東野 恒作, 酒井 紀典, 西良 浩一, 加藤 真介, 谷口 寿章, 安井 夏生 :
不溶性細胞外マトリックスの可溶化と解析-ヒト腱・靭帯のプロテオーム解析-,
第43回日本結合組織学会学術大会, 2011年6月.
100. 加藤 真介 :
地方国立大学附属病院における医療安全管理の実情,
平成23年度(社)日本形成外科学会春季学術講習会, 2011年4月.
101. 加藤 真介 :
外傷性脊椎脊髄損傷 -整形外科医に必要な知識 up-to-date -,
第116回中部日本整形外科災害外科学会, 2011年4月.
102. 加藤 真介 :
脊髄損傷の包括的医療,
第4回NeuroSpinalセミナー, 2011年2月.
103. Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Hirofumi Kosaka, Hiroaki Manabe and Natsuo Yasui :
Anterior decompression of the thoracic spinal cord via postero-lateral approach. a report of 4 cases.,
49th Annual Meeting of International Spinal Cord Society, Oct. 2010.
104. 加藤 真介 :
脊髄損傷の包括的医療,
日本整形外科学会学術集会, Vol.84, 2010年5月.
105. 加藤 真介, 西良 浩一, 東野 恒作, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生, 千川 隆志 :
腰椎分離症に対する手術的治療,
第21回腰椎シンポジウム, 2010年3月.
106. 西良 浩一, 加藤 真介, 田岡 祐二, 小松原 慎司, 安井 夏生 :
腰部変性疾患における脊椎内視鏡手術の現状,
眉山LCSセミナー(ホテルクレメント徳島), 2001年11月.
107. 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析,
第15回日本整形外科学会基礎学術集会, 2000年9月.
108. 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析,
第12回徳大脊椎外科カンファレンス, 2000年8月.
109. 西良 浩一, 井形 高明, 加藤 真介, 梶浦 清司, 寺井 智也, 村上 理一 :
幼若脊椎における終板の生体力学的強度,
日本整形外科学会基礎学術集会, Vol.73, No.8, 1999年.
110. 梶浦 清司, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 斎藤 裕, 村上 理一 :
発育期脊椎分離症のすべり発生·増強に及ぼす骨年齢の影響, --- 生体力学的検討 ---,
1998年.

その他・研究会:

1. 松田 拓, 鹿草 宏, 梅村 公子, 佐藤 紀, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 兼松 康久, 松元 友暉, 原田 雅史, 加藤 真介, 髙木 康志 :
ロボットスーツHALを用いた脳卒中急性期リハビリテーションの当院での取り組み,
第8回日本脳神経HAL研究会, 2020年2月.
2. 古本 太希, 山田 苑子, 近藤 心, 松村 晃子, 佐藤 紀, 神村 盛一郎, 武田 憲昭, 濵田 康弘, 加藤 真介 :
化学放射線治療中の頭頸部癌患者における二次性サルコペニアの発生状況,
第10回日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会, 2018年9月.
3. 古本 太希, 佐藤 紀, 出口 憲市, 安井 苑子, 谷 佳子, 松村 晃子, 濵田 康弘, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 加藤 真介 :
非重症くも膜下出血の術後早期における大腿外側部筋厚値の変化,
第18回徳島脳卒中研究会, 2016年2月.
4. 中原 佳子, 田所 由紀子, 一宮 由貴, 谷 奈積, 川口 博美, 松岡 由江, 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 中野渡 友香, 長尾 芳美, 佐藤 紀, 江西 哲也, 柴山 純子, 森 玲子, 加藤 真介, 丹黒 章 :
リンパ浮腫予防指導を含めた当院での乳がん周術期患者への関わり∼多職種連携を通じて∼,
第21回日本乳腺疾患研究会, 2015年2月.
5. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
歩行速度が食後血中グルコース濃度に及ぼす影響,
体力科学, Vol.63, 608, 2014年12月.
6. 安井 苑子, 谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 :
くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーションに及ぼす影響,
第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月.

報告書:

1. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 市川 哲雄, 松山 美和, 濵田 康弘, 加藤 真介, 濱田 邦美, 影治 照喜, 藤原 真治, 柳沢 志津子, 渡辺 朱理, 瀬山 真莉子, 竹内 祐子 :
中山間地域の通いの場におけるオーラルフレイル予防対策を起点とした地域住民の包括的支援に関する調査研究事業∼``見える化''・``つなぐ化''プロジェクト∼,
令和2年度 厚生労働省 老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業) 報告書, 1-98, 2021年3月.
2. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 市川 哲雄, 松山 美和, 濵田 康弘, 加藤 真介, 濵田 邦美, 影治 照喜, 藤原 真治, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
令和元年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)中山間地域における地域住民との連携によるオーラルフレイル予防のためのICT利活用の強化・進展に関する調査研究事業「とくしま助INTプロジェクト」報告書,
1-94, 2020年3月.
3. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 加藤 真介, 市川 哲雄, 濵田 康弘, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
平成30年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)中山間地域におけるICT利活用によるフレイル・オーラルフレイル予防のためのベストプラクティス確立・普及に関する調査研究事業「阿波なかつむぎプロジェクト」報告書,
1-92, 2019年3月.
4. 白山 靖彦, 尾崎 和美, 加藤 真介, 市川 哲雄, 岩本 里織, 永廣 信治, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美 :
「那賀イ∼と,つながる・みまもるプロジェクト」報告書,
平成29年度老人保健事業推進費等補助金 中山間地域の地域包括ケアシステム構築における食支援連携促進に資するICT利活用に関する調査研究事業「那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクト」報告書, 1-86, 2018年3月.
5. Kenichi Deguchi, Hajime Miura and Shinsuke Katoh :
Effect of acute repetition exercise on the energy metabolism and blood glucose concentration in obese type 2 diabetes patient,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 461, Dec. 2016.
6. 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 後藤 強, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
徳島大学病院での心臓リハビリテーションの現状,
心臓リハビリテーション, Vol.19, No.1, 161-162, 2014年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 腰椎分離症の発生メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 25462294 )
  • 慢性障害脊髄に対する薬物治療の検討-血液脊髄関門の通過性に注目して (研究課題/領域番号: 23592166 )
  • IX型コラーゲンのTrp遺伝子多型は椎間板マトリクスの変性に影響を及ぼすか? (研究課題/領域番号: 16591496 )
  • 腰椎黄色靭帯肥厚メカニズムの解明-プロテオーム解析- (研究課題/領域番号: 16591495 )
  • 小児脊椎分離症におけるすべり症発生機序の解明 (研究課題/領域番号: 15591580 )
  • 細胞移植による脊髄機能再建-脱髄軸索の再髄鞘化を目指して- (研究課題/領域番号: 14571382 )
  • 発育期腰椎終板障害の病態〜生体力学的・分子生物学的アプローチ〜 (研究課題/領域番号: 12671420 )
  • 損傷脊髄における脊髄循環障害の病態ならびに本能的治療法開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 11470311 )
  • 発育期腰椎終板障害の病態(生体力学的・生化学的・分子生物学的アプローチ) (研究課題/領域番号: 10671363 )
  • 成長軟骨細胞の分化,増殖に関する研究 (研究課題/領域番号: 09671499 )
  • 高齢者の体幹筋機能不全の病態と治療法開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 08457391 )
  • 変性脊髄に対する神経移植、再生条件の実験的検討 (研究課題/領域番号: 08457390 )
  • 成長期関節軟骨損傷の修復に関する実験的研究 (研究課題/領域番号: 07671596 )
  • 変性脊髄に対する神経移植、再生条件の実験的検討 (研究課題/領域番号: 06454433 )
  • 研究者番号(30243687)による検索