検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 消化器内科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 消化器内科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態予防医学講座 > 消化器内科学分野 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 病態予防医学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

消化器内科学 (Gastroenterology)

研究テーマ

消化器がんの臨床病理学的研究 (がんバイオマーカー, 内視鏡分子イメージング)

著書・論文

著書:

1. Tetsuji Takayama, Yasushi Sato and Naoki Muguruma :
Role of Alcohol and Metabolic Diseases in Colorectal Carcinogenesis.,
Springer Nature Singapore Pte Ltd, 2019.
2. 岡本 耕一, 木村 哲夫, 六車 直樹, 伊東 進, 高山 哲治 :
赤外線蛍光内視鏡を用いた新しい診断法の開発.,
株式会社 技術情報協会, 2017年9月.
3. 木村 雅子, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸憩室疾患.,
株式会社 中山書店, 2017年7月.
4. 木村 雅子, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸憩室疾患の病態.,
株式会社 中山書店, 2017年7月.
5. 六車 直樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症,
日本医事新報社, 2017年5月.
6. 藤本 大策, 高山 哲治, 六車 直樹 :
SSA/P (sessile serrated adenoma/polyp)3,
日本メディカルセンター, 東京, 2016年10月.
7. 六車 直樹, 高山 哲治 :
がん診断 6内視鏡診断 A消化器内視鏡検査,
2015年3月.
8. 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃・十二指腸潰瘍,
医歯薬出版 株式会社, 2014年5月.
9. 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃食道逆流症・食道炎,
医歯薬出版 株式会社, 2014年5月.
10. 六車 直樹, 高山 哲治 :
天疱瘡,
株式会社 医学書院, 2014年5月.
11. 森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 二宮 恒夫, 齋藤 憲, 田村 禎通, 中屋 豊, 六車 直樹, 橋本 俊顕, 高橋 昌江 :
メディカルスタッフのための内科学(第4版),
医学出版社, 東京, 2013年3月.
12. Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Molecular Imaging in Gastrointestinal Oncology,
IntechOpen, Sep. 2011.
(DOI: 10.5772/22100)
13. 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 :
コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---,
医学出版社, 東京, 2006年3月.
14. 六車 直樹, 伊東 進, 森 博愛 :

医学出版社, 2006年.
15. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control.,
Springer-Verlag, New York, Feb. 2005.
16. 清水 一郎, 玉木 克佳, 柴田 啓志, 浦田 真里, 板垣 達三, 大塩 敦郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 佐藤 康紀, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 村田 昌彦, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 :
当科におけるラジオ波焼灼療法を用いた肝腫瘍治療, --- ―preliminary report― ---,
徳島医学会, 徳島, 2003年.
(徳島大学機関リポジトリ: 36161)
17. 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 大喜田 義雄, 六車 直樹, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 伊東 進 :
消化器ポケットマニュアル,
株式会社 嵯峨野, 京都, 2002年.
18. 六車 直樹, 伊東 進, 三宅 秀則, 松村 敏信, 田代 征記 :
胆嚢癌におけるムチン発現と患者予後に関する検討,
財団法人 日本消化器病学会, 東京, 2001年1月.
19. 清水 一郎, 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進 :
肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討,
大道学館, 福岡, 2001年.
20. 加藤 寛正, 野村 昌弘, 越智 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
慢性消化性潰瘍におけるHelivobactor pylori除菌前後の自律神経活動の検討,
四国消化性潰瘍研究会, 2001年.
21. 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 :
女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用,
メジカルセンス, 東京, 2001年.
22. 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 堀江 貴浩, 伊東 進 :
女性ホルモン·エストラジオールの肝線維化抑制作用,
株式会社 アークメディア, 東京, 1999年10月.
23. 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 多田 由恵, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進, 庄野 正行 :
脂質過酸化反応と肝線維化,
岡山, 1999年.
24. 清水 一郎, 野田 佳子, 筒井 朱美, 多田津 昌也, 六車 直樹, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 西條 哲也, 佐野 暢哉, 伊東 進 :
良性反復性肝内胆汁うっ滞に胆石を伴わない慢性膵炎を合併した1例,
財団法人 日本消化器病学会, 東京, 1999年.
25. 伊東 進, 六車 直樹, 林 重仁 :
赤外線内視鏡を用いた微小癌診断法開発の基礎的検討,
国際医書出版, 東京, 1997年.

学術論文(審査論文):

1. Tadahiko Nakagawa, Yasushi Sato, Toshihito Tanahashi, Yasuhiro Mitsui, yoshi kida, Yasuteru Fujino, Misato Hirata, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
MJD2A sensitizes gastric cancer to chemotherapy by cooperating with CCDC8.,
Gastric Cancer, Vol.in press, 2019.
2. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, fumika nakamura, Masanori Takehara, beibei ma, masahiro bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
MicroRNA-296-5p Promotes Cell Invasion and Drug Resistance by Targeting Bcl2-Related Ovarian Killer, Leading to a Poor Prognosis in Pancreatic Cancer.,
Digestion, Vol.in press, 2019.
(DOI: 10.1159/000503225,   PubMed: 31563901,   Elsevier: Scopus)
3. Yoshihiko Miyamoto, Naoki Muguruma, Shota Fujimoto, Yasuyuki Okada, Yoshifumi Kida, Fumika Nakamura, Kumiko Tanaka, Tadahiko Nakagawa, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
EGFR-targeted molecular imaging of colorectal tumors: detection and treatment evaluation of tumors in animal models.,
Cancer Science, Vol.110, No.6, 1921-1930, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113790,   DOI: 10.1111/cas.14020,   PubMed: 30973663,   Elsevier: Scopus)
4. Hiroshi Miyamoto, Kumiko Tanaka, Fumika Nakamura, Takahiro Ikeda, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Massive hemobilia following plastic stent removal in common bile duct cancer associated with primary sclerosing cholangitis (with video).,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.12, No.1, 2019.
(DOI: 10.1007/s12328-018-0888-7,   PubMed: 30056613,   Elsevier: Scopus)
5. Yasushi Sato, Tamotsu Sagawa, Hiroyuki Ohnuma, Masahiro Hiarakawa, Yasuo Takahashi, Kyoko Hamaguchi, Koshi Fujikawa, Takayuki Nobuoka, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Ichiro Takemasa and Tetsuji Takayama :
A dose-escalation study of docetaxel, oxaliplatin, and S-1 (DOS) as a first-line therapy for patients with unresectable metastatic gastric cancer.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.83, No.1, 161-167, 2019.
(DOI: 10.1007/s00280-018-3719-0,   PubMed: 30406285)
6. Kaizo Kagemoto, Koichi Okamoto, Tohshi Takaoka, Yasushi Sato, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
Detection of aberrant crypt foci with image-enhanced endoscopy.,
Endoscopy International Open, Vol.6, No.8, E924-E933, 2018.
(DOI: 10.1055/a-0621-8794,   PubMed: 30123821)
7. Yasuhiro Mitsui, Reiko Yokoyama, Shota Fujimoto, Kaizoh Kagemoto, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando, Hidetaka Eguchi, Yasushi Okazaki, Hideyuki Ishida and Tetsuji Takayama :
First report of an Asian family with gastric adenocarcinoma and proximal polyposis of the stomach (GAPPS) revealed with the germline mutation of the APC exon 1B promoter region.,
Gastric Cancer, Vol.21, No.6, 1058-1063, 2018.
(DOI: 10.1007/s10120-018-0855-5,   PubMed: 29968043,   Elsevier: Scopus)
8. Shota Fujimoto, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Takeshi Kurihara, Yasushi Sato, Yoshihiko Miyamoto, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Taguchi, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
A Novel Theranostic Combination of Near-infrared Fluorescence Imaging and Laser Irradiation Targeting c-KIT for Gastrointestinal Stromal Tumors.,
Theranostics, Vol.8, No.9, 2313-2328, 2018.
(DOI: 10.7150/thno.22027,   PubMed: 29721082,   Elsevier: Scopus)
9. Rie Harada, Masako Kimura, Yasushi Sato, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Naoki Muguruma, Hirohiko Shinomiya, Hirohito Honda, Issei Imoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
APOB codon 4311 polymorphism is associated with hepatitis C virus infection through altered lipid metabolism.,
BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 24, 2018.
(DOI: 10.1186/s12876-018-0747-5,   PubMed: 29382324,   Elsevier: Scopus)
10. Daisaku Fujimoto, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Yoshifumi Takaoka, Yasuhiro Mitsui, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yoshimi Bando, Tomoko Sonoda and Tetsuji Takayama :
Linked color imaging enhances endoscopic detection of sessile serrated adenoma/polyps.,
Endoscopy International Open, Vol.6, No.3, E322-E334, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111442,   DOI: 10.1055/s-0043-124469,   PubMed: 29527554)
11. Yasushi Sato, Masahiro Hirakawa, Hiroyuki Ohnuma, Minoru Takahashi, Tetsuro Okamoto, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tomohisa Furuhata, Ichiro Takemasa, Junji Kato and Tetsuji Takayama :
A triplet combination with capecitabine/oxaliplatin/irinotecan (XELOXIRI) plus cetuximab as first-line therapy for patients with metastatic colorectal cancer: a dose escalation study.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.80, No.6, 1133-1139, 2017.
(DOI: 10.1007/s00280-017-3458-7,   PubMed: 29038850,   Elsevier: Scopus)
12. Yasuyuki Okada, Tetsuo Kimura, Tadahiko Nakagawa, Koichi Okamoto, Akira Fukuya, Takahiro Goji, Shota Fujimoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Tsuji, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
EGFR Down-regulation After anti-EGFR Therapy Predicts the Anti-tumor Effect in Colorectal Cancer.,
Molecular Cancer Research : MCR, Vol.15, No.10, 1445-1454, 2017.
(DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-16-0383,   PubMed: 28698359)
13. Shinji Kitamura, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Toshihito Tanahashi, Akira Fukuya, Kumiko Tanaka, Daisaku Fujimoto, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yoshimi Bando, Hisashi Takeuchi, Masako Shiba and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological Assessment of Gastric Xanthomas as Potential Predictive Markers of Gastric Cancer.,
Digestion, Vol.96, No.4, 199-206, 2017.
(DOI: 10.1159/000481346,   PubMed: 28965110,   Elsevier: Scopus)
14. Masanori Takehara, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Twin Rectal Tonsils Mimicking Carcinoid or Mucosa-Associated Lymphoid Tissue Lymphoma.,
Clinical Endoscopy, Vol.50, No.5, 500-503, 2017.
(DOI: 10.5946/ce.2016.157,   PubMed: 28241409,   Elsevier: Scopus)
15. Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Tadahiko Nakagawa, Katsutaka Sannomiya, Shota Fujimoto, Yasuhiro Mitsui, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Jun Higashijima, Mitsuo Shimada, Yoko Horino, Shinya Matsumoto, Kenjiro Hanaoka, Tetsuo Nagano, Makoto Shibutani and Tetsuji Takayama :
Molecular imaging of aberrant crypt foci in the human colon targeting glutathione S-transferase P1-1.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 6536, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112373,   DOI: 10.1038/s41598-017-06857-x,   PubMed: 28747791)
16. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Hiroshi Fukuno, Yoshihiko Miyamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Jinsei Miyoshi, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The differing influence of several factors on the development of fatty liver with elevation of liver enzymes between genders with metabolic syndrome: A cross-sectional study.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0177925, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112319,   DOI: 10.1371/journal.pone.0177925,   PubMed: 28574988,   Elsevier: Scopus)
17. S Bando, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama, I Kishimoto, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Plasma brain natriuretic peptide levels are elevated in patients with cancer,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0178607, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112318,   DOI: 10.1371/journal.pone.0178607,   PubMed: 28570595)
18. Jun Okazaki, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Tetsuji Takayama :
Paraneoplastic hypocalcemia developed in gastric cancer accompanied by osteoblastic metastasis,
Internal Medicine, Vol.56, No.11, 1345-1349, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.56.8545,   PubMed: 28566596,   Elsevier: Scopus)
19. Shinji Kitamura, Toshihito Tanahashi, Eriko Aoyagi, Tadahiko Nakagawa, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Kazuhito Rokutan, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Response Predictors of S-1, Cisplatin, and Docetaxel Combination Chemotherapy for Metastatic Gastric Cancer: Microarray Analysis of Whole Human Genes.,
Oncology, Vol.93, No.2, 127-135, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111015,   DOI: 10.1159/000464329,   PubMed: 28511180,   Elsevier: Scopus)
20. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Kaizo Kagemoto, Yasuhiro Mitsui, Daisaku Fujimoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Efficacy of hybrid endoscopic submucosal dissection (ESD) as a rescue treatment in difficult colorectal ESD cases.,
Digestive Endoscopy, Vol.29, No.suppl.2, 45-52, 2017.
(DOI: 10.1111/den.12863,   PubMed: 28425649)
21. Tatsuya Taniguchi, Kazuhiro Kishi, Tadahiko Nakagawa, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Mayumi Kajimoto, Ikuko Sagawa and Tetsuji Takayama :
Poly-(ADP-Ribose) Polymerase-1 Promotes Prothrombin Gene Transcription and Produces Des-Gamma-Carboxy Prothrombin in Hepatocellular Carcinoma.,
Digestion, Vol.95, No.3, 242-251, 2017.
(DOI: 10.1159/000470837,   PubMed: 28384634)
22. Naoki Muguruma, Kumiko Tanaka, satoshi teramae and Tetsuji Takayama :
Colon capsule endoscopy: toward the future.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.10, No.1, 1-6, 2017.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0710-3,   PubMed: 28084581)
23. Yuri Matsumoto, Hiroshi Miyamoto, Akira Fukuya, Fumika Nakamura, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Mitsuo Shimada, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Hemosuccus pancreaticus caused by a mucinous cystic neoplasm of the pancreas.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.10, No.2, 185-190, 2017.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0711-2,   PubMed: 28054178,   Elsevier: Scopus)
24. Satoshi Teramae, Koichi Okamoto, Kumiko Tanaka, Reika Matsumoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando, Mitsuo Shimada and Tetsuji Takayama :
Duodenal cancer in a young patient with Peuts-Jeghers syndrome harboring an entire deletion of the STK11 gene.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.10, No.3, 232-239, 2017.
(DOI: 10.1007/s12328-017-0731-6,   PubMed: 28303455,   Elsevier: Scopus)
25. Yasuteru Fujino, Shunsaku Takeishi, Kensei Nishida, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Akiko Fujimoto, Jun Higashijima, Mitsuo Shimada, Kazuhito Rokutan and Tetsuji Takayama :
Downregulation of miR-100/miR-125b is associated with lymph node metastasis in early colorectal cancer with submucosal invasion.,
Cancer Science, Vol.108, No.3, 390-397, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112375,   DOI: 10.1111/cas.13152,   PubMed: 28032929)
26. Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Tadahiko Nakagawa, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological Characteristics of Serrated Polyps as Precursors to Colorectal Cancer: Current Status and Management.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.32, No.2, 358-367, 2017.
(DOI: 10.1111/jgh.13482,   PubMed: 27376251,   Elsevier: Scopus)
27. 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
隆起を呈する病変 上皮性・非腫瘍性 胃黄色腫,
消化器内視鏡, Vol.28, No.8, 1178-1179, 2016年.
28. Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Akira Fukuya, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Naoki Muguruma, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Akiko Yoneda, Yoshimi Bando, Makoto Takishita and Tetsuji Takayama :
Neuroendocrine carcinoma of the pancreas with similar genetic alterations to invasive ductal adenocarcinoma.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.4, 261-265, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0655-6,   PubMed: 27262570)
29. Toshi Takaoka, Tetsuo Kimura, Rai Shimoyama, Shunji Kawamoto, Kazuki Sakamoto, Fuminori Goda, Hiroshi Miyamoto, Yuji Negoro, Akihito Tsuji, Koji Yoshizaki, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Yoshiro Niitsu and Tetsuji Takayama :
Panitumumab in combination with irinotecan plus S-1 (IRIS) as second-line therapy for metastatic colorectal cancer.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.78, No.2, 397-403, 2016.
(DOI: 10.1007/s00280-016-3096-5,   PubMed: 27342247,   Elsevier: Scopus)
30. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of metabolic syndrome on upper gastrointestinal disease.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.4, 191-202, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0668-1,   PubMed: 27372302,   Elsevier: Scopus)
31. 高山 哲治, 宮本 弘志, 六車 直樹 :
大腸癌の予防,
日本消化器病学会雑誌, Vol.113, No.7, 1168-1175, 2016年.
(DOI: 10.11405/nisshoshi.113.1168,   CiNii: 130005162982)
32. Yoshihiko Miyamoto, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Seiya Kohno, Masahiko Nakasono, Hiroshige Hayashi, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Protein-losing enteropathy in a patient with familial adenomatous polyposis and advanced colon cancer.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.3, 134-139, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0650-y,   PubMed: 27170298,   Elsevier: Scopus)
33. Miwako Kagawa, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Noriaki Murayama, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Hisanori Uehara and Tetsuji Takayama :
Localized amyloidosis of the stomach mimicking a superficial gastric cancer.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.3, 109-113, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0651-x,   PubMed: 27170299,   Elsevier: Scopus)
34. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Hiroshi Fukuno, Masahiko Nakasono, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of light alcohol consumption on lifestyle-related diseases: a predictor of fatty liver with liver enzyme elevation in Japanese females with metabolic syndrome.,
BMC Gastroenterology, Vol.16, No.1, 17, 2016.
(DOI: 10.1186/s12876-016-0431-6,   PubMed: 26892109)
35. Tetsu Tomonari, Shunsaku Takeishi, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Shota Fujimoto, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
MRP3 as a novel resistance factor for sorafenib in hepatocellular carcinoma,
Oncotarget, Vol.7, No.6, 7207-7215, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113043,   DOI: 10.18632/oncotarget.6889,   PubMed: 26769852,   Elsevier: Scopus)
36. Jinsei Miyoshi, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Masahiro Sogabe, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Serum diamine oxidase activity as a predictor of gastrointestinal toxicity and malnutrition due to anticancer drugs.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.11, 1582-1590, 2015.
(DOI: 10.1111/jgh.13004,   PubMed: 25968084,   Elsevier: Scopus)
37. Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Masanori Takehara, kaizo Kagamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Tatsunao Sueuchi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Sayo Matsumoto, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Yasuhiro Sato, Tamotsu Sagawa, Koji Fujikawa, Yasushi Sato, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama :
A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.3, 615-620, 2015.
(DOI: 10.1007/s00280-015-2835-3,   PubMed: 26220846,   Elsevier: Scopus)
38. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Yoshihumi Takaoka, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Investigation of Gastroduodenal Mucosal Injury in Japanese Asymptomatic Antiplatelet Drug Users,
Medicine, Vol.94, No.26, e1047, 2015.
(DOI: 10.1097/MD.0000000000001047,   PubMed: 26131815,   Elsevier: Scopus)
39. Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Management of Nonvariceal Upper Gastrointestinal Bleeding: State of the Art.,
Clinical Endoscopy, Vol.48, No.2, 96-101, 2015.
(DOI: 10.5946/ce.2015.48.2.96,   PubMed: 25844335)
40. Shinji Kitamura, Yasuyuki Okada, Naoki Muguruma, Hiroshi Miyamoto, Yoshimi Bando, Rika Aoki and Tetsuji Takayama :
Epidermoid metaplasia of the esophagus with an unusual appearance on magnification.,
Endoscopy, Vol.47, No.S1, E100, 2015.
(DOI: 10.1055/s-0034-1391299,   PubMed: 25734803,   Elsevier: Scopus)
41. Yasuhiro Mitsui, Kaizo Kagemoto, Tatsuzo Itagaki, Shuji Inoue, Keishi Naruse, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Gastric inflammatory fibroid polyp morphologically changed by Helicobacter pylori eradication.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.8, No.2, 71-88, 2015.
(DOI: 10.1007/s12328-015-0557-z,   PubMed: 25733031,   Elsevier: Scopus)
42. Satoshi Teramae, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasuyuki Okada, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masako Kimura, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Insulin-like growth factor II-producing metastatic colon cancer with recurrent hypoglycemia.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.8, No.1, 35-40, 2015.
(DOI: 10.1007/s12328-015-0552-4,   PubMed: 25605315,   Elsevier: Scopus)
43. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Tadahiko Nakagawa, Naoki Muguruma, Katsutaka Sannomiya, Yasuhiro Mitsui, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Takahiro Fujimori, Issei Imoto and Tetsuji Takayama :
B-RAF mutation and accumulated gene methylation in aberrant crypt foci (ACF),sessile serrated adenoma/polyp (SSA/P) and cancer in SSA/P.,
British Journal of Cancer, Vol.112, No.2, 403-412, 2015.
(DOI: 10.1038/bjc.2014.545,   PubMed: 25314065,   Elsevier: Scopus)
44. Yoshitaka Imoto, Toshi Takaoka, Naoki Muguruma, Satoshi Teramae, Hirohiko Shinomiya, Satoshi Wada and Tetsuji Takayama :
Impacted gastroscope in the esophagus,
Endoscopy, Vol.46, No.S1, E523, 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1377595,   PubMed: 25409050,   Elsevier: Scopus)
45. Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Yasuhiro Mitsui, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Hisanori Uehara, Koichi Kataoka and Tetsuji Takayama :
Perineurioma in the sigmoid colon diagnosed and treated by endoscopic resection,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.7, No.5, 392-396, 2014.
(DOI: 10.1007/s12328-014-0519-x,   PubMed: 26184017,   Elsevier: Scopus)
46. Miyamoto Yoshihiko, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Okada Yasuyuki, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Takahiro Goji, Yoneda Akiko, Noriko Kagawa and Tetsuji Takayama :
A pedunculated submucosal lesion in the stomach with inverted downgrowth,
Internal Medicine, Vol.53, No.15, 1625-1628, 2014.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.53.2719,   PubMed: 25088874,   CiNii: 130004678389,   Elsevier: Scopus)
47. Hirao Akihiro, Tetsu Tomonari, Tanaka Hironori, Kumiko Tanaka, Kagawa Miwako, Tanaka Takahiro, Tatsuya Taniguchi, Harada Rie, Momoko Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a renal subcapsular hematoma during angiography for diagnosis and subsequent treatment of hepatocellular carcinoma,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.7, No.2, 185-188, 2014.
(DOI: 10.1007/s12328-014-0468-4,   PubMed: 26183639,   Elsevier: Scopus)
48. Shinji Kitamura, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Fumika Nakamura, Yasuyuki Okada, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Endoscopic submucosal dissection through a gastrostomy for early gastric cancer in patients with pharyngeal stenosis.,
Gastrointestinal Endoscopy, Vol.79, No.2, 206-207, 2014.
(DOI: 10.1016/j.gie.2013.09.018,   PubMed: 24129250,   Elsevier: Scopus)
49. Momoko Sato, Naoki Muguruma, Nakagawa Tadahiko, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Sannomiya Katsutaka, Takahiro Goji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroaki Mikasa, Wada Satoshi, Iwata Masao and Tetsuji Takayama :
High antitumor activity of pladienolide B and its derivative in gastric cancer,
Cancer Science, Vol.105, No.1, 110-116, 2014.
(DOI: 10.1111/cas.12317,   PubMed: 24635824,   Elsevier: Scopus)
50. Toshihiro Omoya, Masako Shiba, Shingo Hibino, Rika Aoki, Shinji Kitamura, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Twig tea impaction in the colon causing abdominal pain,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.6, No.6, 438-441, 2013.
(DOI: 10.1007/s12328-013-0429-3,   PubMed: 26182134)
51. Naoki Muguruma, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Molecular Imaging: Status and Future Perspective.,
Clinical Endoscopy, Vol.46, No.6, 603-610, 2013.
(DOI: 10.5946/ce.2013.46.6.603,   PubMed: 24340252)
52. Koichi Okamoto, Takaoka Toshi, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama and Niitsu Yoshiro :
Endoscopy of aberrant crypt foci: the expert approach,
Video Journal and Encyclopedia of GI Endoscopy, Vol.1, 357-358, 2013.
(DOI: 10.1016/S2212-0971(13)70156-0,   Elsevier: Scopus)
53. Miho Tsuda, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Katsutaka Sannomiya, Tadahiko Nakagawa, Hiroshi Miyamoto, Shinji Kitamura, Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Toshiya Okahisa, Keisuke Izumi and Tetsuji Takayama :
Suppressive effect of RAS inhibitor manumycin A on aberrant crypt foci formation in the azoxymethane-induced rat colorectal carcinogenesis model.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.10, 1616-1623, 2013.
(DOI: 10.1111/jgh.12287,   PubMed: 23730936)
54. Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Naoki Muguruma, Toshi Takaoka, Yasuteru Fujino, Yoshiro Kawahara, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Mucosectom2-short blade for safe and efficient endoscopic submucosal dissection of colorectal tumors.,
Endoscopy, Vol.45, No.11, 928-930, 2013.
(DOI: 10.1055/s-0033-1344644,   PubMed: 24019129)
55. Shinji Kitamura, Mitsugi Yasuda, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Hisashi Takeuchi, Yoshimi Bando, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Mitsuyasu Yano, Ryusuke Torisu and Tetsuji Takayama :
Prevalence and characteristics of nodular gastritis in Japanese elderly.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.7, 1154-1160, 2013.
(DOI: 10.1111/jgh.12180,   PubMed: 23432631)
56. Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma, Takahiro Goji, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naomi Sakashita and Tetsuji Takayama :
Pedunculated duodenal carcinoid successfully removed by endoscopic resection with endoloop.,
Journal of Digestive Diseases, Vol.14, No.7, 402-404, 2013.
(DOI: 10.1111/1751-2980.12033,   PubMed: 23302224)
57. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Masako Shiba and Tetsuji Takayama :
Lessons from imperfect endoscopic submucosal dissection of rectal tumor.,
Digestive Endoscopy, Vol.25, No.Suppl 2, 31-36, 2013.
(DOI: 10.1111/den.12074,   PubMed: 23617646)
58. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Y Fujino, Takahiro Goji, Hiromi Yano, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
A new large-diameter overtube for endoscopic submucosal dissection in the colon.,
Endoscopy, Vol.44, No.Suppl 2 UCTN, E395-6, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0032-1310249,   PubMed: 23139039)
59. Koichi Okamoto, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer using a cross-counter technique.,
Surgical Endoscopy, Vol.26, No.12, 3676-3681, 2012.
(DOI: 10.1007/s00464-012-2364-7,   PubMed: 22692462)
60. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Y Imoto, Koichi Okamoto, T Sueuchi, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura and Tetsuji Takayama :
Hypopharyngeal injury caused by overtube insertion during endoscopic submucosal dissection.,
Endoscopy, Vol.44, No.Suppl 2 UCTN, E225, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0032-1309351,   PubMed: 22622758)
61. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Y Imoto, T Sueuchi, Koichi Okamoto, H Fujimoto, K Arita, Takanori Hirose and Tetsuji Takayama :
Perineurioma: an uncommon lesion in the gastrointestinal tract.,
Endoscopy, Vol.44, No.Suppl 2 UCTN, E182-3, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0031-1291748,   PubMed: 22622734)
62. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura and Tetsuji Takayama :
Endoscopic submucosal dissection for large colorectal tumors using a cross-counter technique and a novel large-diameter balloon overtube.,
Digestive Endoscopy, Vol.24, No.Suppl.1, 96-99, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1443-1661.2012.01264.x,   PubMed: 22533761)
63. Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masako Kimura, Shinji Kitamura, Hidetaka Takenaka, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Eriko Aoyagi, Mayumi Kajimoto, Yasushi Tsuji, Takahiro Kogawa, Akihito Tsuji and Tetsuji Takayama :
Clinical benefit of high-sensitivity KRAS mutation testing in metastatic colorectal cancer treated with anti-EGFR antibody therapy.,
Oncology, Vol.82, No.5, 298-304, 2012.
(DOI: 10.1159/000336792,   PubMed: 22555244)
64. Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Kazuhiro Kishi, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Endoscopic ablation therapy for gastrointestinal superficial neoplasia.,
Digestive Endoscopy, Vol.24, No.3, 139-149, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1443-1661.2011.01227.x,   PubMed: 22507086)
65. Naoki Muguruma and Susumu Ito :
Labeled anti-mucin antibody detectable by infrared-fluorescence endoscopy.,
Cancer Biomarkers, Vol.4, No.6, 321-328, 2008.
(PubMed: 19126960)
66. Sogabe Masahiro, Kimura Yoshitaka, Iwaki Hiroshi, Okita Yoshio, Hibino Shingo, Sawda Seizo, Toshiya Okahisa, Okamoto Koichi, Tsujigami Koji, Hayashi Hiroshige, Hukui Yasuo, Nakamura Toshio, Taniki Toshikatsu, Nakasono Masahiko, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic comparison of gastric motility between diabetic gastroparesis patients with and without metabolic syndrome.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.23, No.7 Pt 2, e17-22, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1440-1746.2007.05055.x,   PubMed: 17645473,   Elsevier: Scopus)
67. 井本 佳孝, 六車 直樹, 木村 哲夫, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進, 中園 雅彦, 廣川 満良, 佐野 壽昭 :
Humoral hypercalcemia of malignancy(HHM)を来したPTHrP産生胆嚢癌の1例,
日本消化器病学会雑誌, Vol.104, No.3, 401-406, 2007年.
(DOI: 10.11405/nisshoshi.104.401,   PubMed: 17337878,   CiNii: 10018886453)
68. Yoshitaka Imoto, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Eriko Aoyagi, Koichi Okamoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Nobuya Sano and Mitsuo Shimada :
Relationship between mucin expression and preoperatie bile juice cytology in biliary tract carcinoma,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 41-47, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111493,   DOI: 10.2152/jmi.54.41,   PubMed: 17380013)
69. Mihiro Yano, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Eriko Aoyagi, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Jianxin Cao, Shohei Inoue, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Hiroshi Kido :
Fab fragment labeled with ICG-derivative for detecting digestive tract cancer,
Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.3, No.3, 177-183, 2006.
(DOI: 10.1016/j.pdpdt.2006.03.012)
70. Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao :
Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110788,   DOI: 10.2152/jmi.53.52,   PubMed: 16537996)
71. 六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三 *井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進 :
尋常性天庖瘡に伴う食道病変,
消化器の臨床, Vol.19, No.3, 338-340, 2006年.
72. 岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 :
嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの一例,
胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 2006年.
73. Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Akiko Iga, Satoshi Wada, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano :
Colonic pseudolipomatosis, microscopically classified into two groups,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.1 Pt 1, 65-70, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1440-1746.2005.03973.x,   PubMed: 16706814,   Elsevier: Scopus)
74. Naoki Muguruma, Yoshitaka Imoto, Tetsuo Kimura, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Adenomyomatosis of the Gallbladder as a Potential Risk Factor for Gallbladder Carcinoma,
International Medical Journal, Vol.13, No.2, 91-94, 2006.
(CiNii: 50006101807,   Elsevier: Scopus)
75. Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Masuo Kimura, Mayuko Takeuchi, Toshi Inoshita and Toshiaki Sano :
Duodenal lymphangitis carcinomatosa: endoscopic characteristics and clinical significance.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.(1 Pt 1), 79-83, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1440-1746.2005.04203.x,   PubMed: 16706816,   Elsevier: Scopus)
76. Mayuko Takagawa, Naoki Muguruma, Kaori Oguri, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Kunio II and Susumu Ito :
Prediction of Prognosis in Gallbladder Carcinoma by Mucin and p53 Immunohistochemistry,
Digestive Diseases and Sciences, Vol.50, No.8, 1410-1413, 2005.
(DOI: 10.1007/s10620-005-2854-8,   PubMed: 16114133)
77. Akemi Tsutsui, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Koji Tsujigami, Soichi Ichikawa, Susumu Ito and Kazunori Umino :
Three-Dimensional Reconstruction of ENdosonographic Images of Gastric Lesions: Preliminary Experience,
Journal of Clinical Ultrasound, Vol.33, No.3, 112-118, 2005.
(DOI: 10.1002/jcu.20100,   PubMed: 15756663)
78. Susumu Ito, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, T. Kimura, H. Yano, Y. Imoto, M. Kaji, R. Aoki and Seisuke Okamura :
A Novel Diagnostic Method for Evaluation of Vascular Lesions in the Digestive Tract Using Infrared Fluorescence Endoscopy,
Endoscopy, Vol.37, No.1, 52-57, 2005.
(DOI: 10.1055/s-2004-826102,   PubMed: 15657859)
79. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Rika Aoki, Yasunori Sato, Jiro Nakamoto, Yoshitaka Imoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Okitsu and Toshiaki Sano :
A Treatment Using ST1571 for Jejunal Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) Accompanied with Liver Metastas and Peritoneal Dissemination,
Internal Medicine, Vol.43, No.12, 1151-1156, 2004.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.43.1151,   PubMed: 15645649)
80. Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Miyamoto, Satoshi Wada, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano :
Colorectal xanthomas with polypoid lesion:report of 25 cases.,
APMIS, Vol.112, No.1, 3-10, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1600-0463.2004.apm1120102.x,   PubMed: 14961968)
81. Masaya Tadatsu, Susumu Ito, Naoki Muguruma, Yoshihiro Kusaka, Kumi Inayama, Termi Bando, Yoko Tadatsu, Koichi Okamoto, Kunio Ii, Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano and Hiromi Taue :
A New Infrared Fluorescent-Labeling Agent and Labeled Antibody for Diagnosing Microcancers,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.11, No.15, 3289-3294, 2003.
(DOI: 10.1016/S0968-0896(03)00239-6,   PubMed: 12837539,   Elsevier: Scopus)
82. K Inayama, Susumu Ito, Naoki Muguruma, Yoshihiro Kusaka, T Bando, Y Tadatsu, M Tadatsu, Kunio Ii, S Shibamura and K Takesako :
Basic study of an agent for reinforcement of near-infrared fluorescence on tumor tissue,
Digestive and Liver Disease, Vol.35, No.2, 88-93, 2003.
(DOI: 10.1016/S1590-8658(03)00005-7,   PubMed: 12747626)
83. Hiroko Matsunaga, Hirohito Honda, Kenichiro Kubo, Katsutaka Sannomiya, Xuezhi Cui, Yoshio Toyota, Toshifumi Mori, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu and Susumu Ito :
Clinical value of the determination of serum guanase activity in patients with chronic hepatitis type C,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1-2, 64-71, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110679,   PubMed: 12630570,   CiNii: 110002238060,   Elsevier: Scopus)
84. 野山 晏志, 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 上村 英子, 友兼 優子, 蔭山 徳人, 山下 潤司, 近藤 憲保, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 矢野 充保, 清水 一郎, 伊東 進 :
消化器内視鏡下総胆管処置中における自律神経活動と心電図変化,
消化管の臨床, Vol.9, 57-62, 2003年.
85. 清水 一郎, 野村 昌弘, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 :
高齢者消化管癌検診時の循環動態モニタリングの重要性,
消化器科, Vol.37, 103-108, 2003年.
86. 豊田 敬生, 本田 浩仁, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 :
ラフチジンの胃粘膜防御能亢進作用についての検討, --- ーラフチジンとファモチジンとの無作為比較試験ー ---,
消化器の臨床, Vol.6, No.5, 585-589, 2003年.
87. Yoshio Toyota, Hirohito Honda, Toshihiro Omoya, Kumi Inayama, Masaharu Suzuki, Kenichiro Kubo, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu, Kunio Ii and Susumu Ito :
Usefulness of a hemoglobin index determined by electronic endoscopy in the diagnosis of Helicobacter pylori gastritis,
Digestive Endoscopy, Vol.14, No.4, 156-162, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1443-1661.2002.00189.x,   CiNii: 50000707012,   Elsevier: Scopus)
88. Masako Kamamura, Hirohito Honda, Hiroshi Inoue, Hirohiko Shinomiya, Kenichiro Kobo, Akemi Tsutsui, Naoki Muguruma, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu and Susumu Ito :
Study of causes of higher mortality rates from chronic liver diseases in Tokushima Prefecture,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.49, No.3-4, 163-171, 2002.
(PubMed: 12323006,   CiNii: 110001901997)
89. Terumi Bando, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Yoko Musashi, Kumi Inayama, Yoshihiro Kusaka, Masaya Tadatsu, Kunio Ii, Tatsuro Irimura, Seiichi Shibamura and Kazuhiro Takesako :
Basic studies on a labeled anti-mucin antibody detectable by infrared-fluorescence endoscopy,
Journal of Gastroenterology, Vol.37, No.4, 260-269, 2002.
(DOI: 10.1007/s005350200033,   PubMed: 11993509,   CiNii: 50001112032)
90. S Ichikawa, Seisuke Okamura, K Tujigami, Y Kusaka, M Tadatsu, Y Okita, A Tsutsui, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and K Umino :
Quantitative Analysis of Red Color Sign in the Endoscopic Evaluation of Esophageal Varices,
Endoscopy, Vol.33, No.9, 747-753, 2001.
(DOI: 10.1055/s-2001-16514,   PubMed: 11558027)
91. Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Masafumi Harada, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito :
Relationship among gastric motility,autonomic activity,and portal hemodynamics in patients with liver cirrhosis,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.16, No.6, 647-659, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1440-1746.2001.02493.x,   PubMed: 11422618,   Elsevier: Scopus)
92. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Soichi Ichikawa, Koji Tsujigami, Suzuki Masaharu, Masahiko Nakasono, Yoshihiro Kusaka, Masaya Tadatsu, Yoshio Okita and Susumu Ito :
Asymptomatic case of congenital absence of the gallbladder,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.1-2, 118-121, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 29036,   PubMed: 11286013)
93. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Yoshiko Kusaka, Masaya Tadatsu, Mikio Yano, Terumi Bando, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and Kunio Ii :
Detection of human gastric cancer of resected specimens using a novel infrared fluorescent anti-human carcinoembryonic antigen antibody with an infrared fluorescence endoscope in vitro.,
Endoscopy, Vol.33, No.10, 849-853, 2001.
(DOI: 10.1055/s-2001-17328,   PubMed: 11571680)
94. 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 :
肝細胞に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討,
臨床と研究, Vol.78, No.7, 93-98, 2001年.
95. 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 :
女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用,
性差医学, No.7, 69-72, 2001年.
96. Yoshihiro Kusaka, Susumu Ito, Naoki Muguruma, Masaya Tadatsu, Terumi Bando, Kunio Ii, Tatsuro Irimura and Seiichi Shibamura :
Vital immunostaining of human gastric and colorectal cancers grafted intro nude mice : a preclinical assessment of a potential adjunct to videoendoscopy,
Journal of Gastroenterology, Vol.35, No.10, 748-752, 2000.
97. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Terumi Bando, Yoshiko Kusaka, Soichi Ichikawa, Aya Hiasa, Toshihiro Omoya, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Kunio Ii and Yoko Goto :
Visualization of human gastric cancer with a novel infrared fluorescent labeling marker of anticarcinoembryonic antigen antibody in vitro.,
Digestive Endoscopy, Vol.12, No.1, 33-36, 2000.
(DOI: 10.1046/j.1443-1661.2000.00007.x,   CiNii: 10020422500,   Elsevier: Scopus)
98. 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動,
老年消化器病, Vol.12, No.3, 259-264, 2000年.
99. 野村 昌弘, 川口 律子, 由岐中 道子, 近藤 幸, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
高齢者における食後低血圧の成因, --- 自律神経活動および胃運動との関連性について ---,
日本高齢者消化器医学会議会誌, Vol.1, No.2, 36-41, 1999年.
100. Shigehito Hayashi, Naoki Muguruma, Terumi Bando, Satoko Taoka, Susumu Ito and Kunio Ii :
Vital immunohistochemical staining for a novel method of diagnosing micro-cancer-examination of immunohistochemical staining of non-fixed fresh tissue-,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.3-4, 178-185, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 83488,   PubMed: 10687313)
101. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Susumu Ito and Keiko Yagi :
Endoscopic sonography in the diagnosis of xanthogranulomatous cholecystitis,
Journal of Clinical Ultrasound, Vol.27, No.6, 347-350, 1999.
(PubMed: 10395132,   Elsevier: Scopus)
102. Tatsuro Ogata, Ichiro Shimizu, Takahiro Horie, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Masaya Tadatsu, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
A case of a giant lipoma of the duodenal bulb.,
Endosc, Vol.11, No.4, 345-349, 1999.
103. Seisuke Okamura, Akemi Tsutsui, Naoki Muguruma, Soichi Ichkawa, Masahiro Sogabe, Yoshio Okita, Tamotsu Fukuda, Shigehito Hayashi, Toshiya Okahisa, Susumu Ito and Toshiaki Sano :
The utility and limitations of an ultrasonic miniprobe in the staging of gastric cancer,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.1, 49-53, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 83262,   PubMed: 10408157)
104. Naoki Muguruma, Susumu Ito, T Bando, S Taoka, Y Kusaka, S Hayashi, S Ichikawa, Y Matsunaga, Y Tada, S Okamura, K Ii, K Imaizumi, K Nakamura, K Takesako and S Shibamura :
Labeled carcinoembryonic antigen antibodies excitable by infrared rays : a novel diagnostic method for micro cancers in the digestive tract,
Internal Medicine, Vol.38, No.7, 537-542, 1999.
105. Naoki Muguruma, Susumu Ito, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Hiromasa Kakehashi, Kunio Ii, Seiichi Shibamura and Kazuhiro Takesako :
Antibodies labeled with fluorescence-agent excitable by infrared rays,
Journal of Gastroenterology, Vol.33, No.4, 467-471, 1998.
106. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Toshiya Okahisa, M Yasuda, S Hayashi, H Shibata and Susumu Ito :
Electrohydraulic lithotripsy treatment for persimmon bezoars.,
Digestive Endoscopy, Vol.30, No.5, S60, 1998.
107. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Terumi Bando, Kumi Inayama, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hiroshi Shibata, Tatsuro Irimura, Kazuhiro Takesako and Seiichi Shibamura :
Development of agents for reinforcement of fluorescence on near-infrared ray excitation for immunohistological staining,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.6, No.5, 613-618, 1998.
108. Junya Inoi, Ichiro Shimizu, Yasuhiro Tsuji, Naoki Muguruma and Susumu Ito :
Effect of administration of ursodeoxycholic acid at bedtime on cholesterol saturation of hepatic bile in Japanese patients with gallstone,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.45, No.1,4, 115-122, 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 111632,   PubMed: 9864972)
109. Terukage Hirata, Hiromi Kogiso, Kenji Morimoto, Satoshi Miyamoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano, Naoki Muguruma, Susumu Ito and Yoshimitsu Nagao :
Synthesis and Reactivities of 3-Indocyanine-green-acyl-1,3-thiazolidine-2-thione (ICG-ATT) as a New Near-Infrared Fluorescent-labeling Reagent,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.6, No.11, 2179-2184, 1998.
110. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Akemi Tsutsui, Tamotsu Fukuta, Toshiya Okahisa, Yoshio Ohkita and Ichiro Shimizu :
Development of an imaging system using fluorescent labeling substances excited by infrared rays.,
Digestive Endoscopy, Vol.9, No.4, 278-282, 1997.
111. Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Takeshi Takaoka, Naoki Muguruma, Toshimasa Fukuda, Tatsuhiko Okabe, Minoru Horikita, Singo Hibino, Hiroshige Hayashi and Hirohito Honda :
Prevention of posttransfusional non-A, non-B hepatitis by a screen test for hepatitis C virus antibody of donor bloods.,
The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.38, No.1, 19-23, 1991.

学術論文(紀要・その他):

1. T Goji, Seisuke Okamura, H Takeuchi, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Katsuyoshi Tamaki, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, J Shunto and Tetsuji Takayama :
Migrated Endoclip and Stone Formation after Cholecystectomy: A Case Treated by Endoscopic Sphincterotomy,
Internal Medicine, Vol.48, No.23, 2015-2017, 2009.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.48.2634,   PubMed: 19952484)
2. 六車 直樹, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 伊東 進, 吉川 幸造, 嵩原 裕夫 :
小児に対し安全に施行しえたERCPの1例,
医薬の門, Vol.46, No.5, 30-33, 2006年.
3. 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 伊東 進, 佐野 暢哉, 日比野 真吾, 和田 哲, 林 秀樹 :
内視鏡的粘膜切除を施行した十二指腸腺腫の1例,
消化管の臨床, Vol.2, 67-71, 1996年.
4. 清水 一郎, 柴田 啓志, 横井 孝文, 六車 直樹, 梯 泰昌, 松永 裕子, 福田 保, 林 重仁, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 西條 哲也, 伊東 進 :

岡山医誌, Vol.108, No.3-6, 197-198, 1996年.
5. 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 梯 泰昌, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 柴田 啓志, 伊東 進, 松森 保道, 梶川 愛一郎, 広瀬 隆則, 林 秀樹 :
大量下血をきたした空腸平滑筋腫の1例,
消化管の臨床, Vol.1, 99-103, 1995年.
6. 清水 一郎, 柴田 啓志, 六車 直樹, 横井 孝文, 堀江 千昌, 堀北 実, 安田 貢, 梯 泰昌, 林 重仁, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進, 矢野 勇人, 佐野 暢哉 :
各種画像診断にて肝癌と鑑別困難であった肝内多発結節性病変の1例,
Liver Cancer, Vol.1, No.1, 43-50, 1995年.
7. 清水 一郎, 柴田 啓志, 矢野 充保, 六車 直樹, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 西條 哲也 :
UDCA就寝前1回投与による胆石溶解について,
消化器科, Vol.18, No.4, 407-412, 1994年.
8. 清水 一郎, 柴 昌子, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治進, 伊東 進 :
食道静脈瘤硬化療法が有効であった巨木型食道静脈瘤(pipeline varix)の1例,
臨床と研究, Vol.69, No.3, 827-830, 1992年.

学術レター:

1. Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Sclerotherapy with Aluminum Potassium Sulfate and Tannic Acid: An Effective and Less Invasive Strategy for Internal Hemorrhoids,
Clin Endosc, 2019.
2. 伊東 進, 六車 直樹 :
コリンエステラーゼについて,
内科診療Q&A, Vol.36, 1020-1021, 2003年.
3. 清水 一郎, 面家 敏宏, 瀏 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 多田 由恵, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進, 庄野 正行 :
脂質過酸化反応と肝繊維化,
岡山医誌, Vol.111, 131-132, 1999年.

総説・解説:

1. 和田 浩典, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃癌の内視鏡治療,
臨床と研究, Vol.94, No.12, 39-44, 2017年12月.
2. 六車 直樹, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
内視鏡分子イメージングの現況と展望,
Gastroenterological Endoscopy, Vol.59, No.7, 1473-1481, 2017年7月.
(DOI: 10.11280/gee.59.1473,   CiNii: 130005815177,   Elsevier: Scopus)
3. 岡本 耕一, 川口 智之, 影本 開三, 藤本 大策, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸癌の疫学と基礎 大腸鋸歯状病変のメカニズム.,
臨牀消化器内科, Vol.32, No.7, 818-824, 2017年5月.
4. 六車 直樹, 北村 晋志, 岡本 耕一, 木村 哲夫, 高山 哲治 :
内視鏡分子イメージング,
G.I.Research, Vol.22, No.1, 31-36, 2014年2月.
5. 六車 直樹, Cirocco Maria, Marcon Norman :
Dysplasiaを伴うBarrett食道に対する内視鏡診断および治療, --- 欧米における現状と課題 ---,
臨床消化器内科, Vol.25, No.3, 353-362, 2010年3月.
6. Naoki Muguruma and Marcon E Norman :
Technique and emerging role of cryotherapy.,
Techniques in Gastrointestinal Endoscopy, Vol.12, No.1, 44-48, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tgie.2010.02.002)
7. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao :
Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110782,   DOI: 10.2152/jmi.53.1,   PubMed: 16537990)
8. 伊東 進, 六車 直樹, 林 重仁, 日下 至弘, 多田津 昌也, 多田津 陽子, 岡本 耕一, 井本 佳孝, 稲山 久美, 板東 輝実, 田岡 聡子, 高川 真由子, 矢野 充保, 伊井 邦雄, 長尾 善光, 佐野 茂樹, 芝村 誠一, 島田 典招, 石田 和彦, 中村 一成 :
赤外線蛍光内視鏡の原理と応用,
Biomedical THERMOLOGY, Vol.23, 77-97, 2003年.
9. 伊東 進, 本田 浩仁, 日下 至弘, 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介 :
データ解説,
Frontiers in Gastroenterology, Vol.6, No.3, 52-61, 2001年.
10. 伊東 進, 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁 :
女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用,
性差医学, No.7, 69-72, 2001年.

国際会議:

1. Naoki Muguruma, Daisaku Fujimot, Tomoyuki Kawaguchi, k kagemoto, Satoshi Teramae, Yoshifumi Kida, Hironori Wada, fumika nakamura, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Toshihito Tanahashi, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Linked Color Imaging Improves Detection Rate of Sessile Serrated Adenoma/Polyp in the Colon: A Prospective Randomized Controlled Trial.,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.
2. Shinji Kitamura, Mototsugu Kato, Kenro Kawada, Masanori Takehara, Kaizo Kagemoto, Fumika Nakamura, Hironori Wada, Naoki Muguruma, Osamu Dohi, Shoko Ono, Hideki Ishikawa and Tetsuji Takayama :
Linked Color Imaging for the Detection of Gastric Neoplasm in High Risk Patients: A Prospective Multicenter Randomized Controlled Trial (LCI-FIND Trial).,
UEG Week2019, Barcelona, Oct. 2019.
3. Yasushi Sato, Tadahiko Nakagawa, Toshihito Tanahashi, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
JMJD2A is a novel epigenetic factor of chemotherapeutic susceptibility in gastric cancer.,
The ESMO Congress 2019, Barcelona, Sep. 2019.
4. Naoki Muguruma, Fujimoto Daisaku, Yasuteru Fujino, Kashihara Takanori, Kazuyoshi Noda, Fukuya Akira, Takehara Masanori, Hirao Akihiro, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari and Tetsuji Takayama :
Linked Color Imaging System in the Endoscopic Detection of Sessile Serrated Adenoma/Polyp,
Korea International Digestive Endoscopy Congress 2019, Aug. 2019.
5. Naoki Muguruma, Koichi Okamoto and Tetsuji Takayama :
Advanced Endoscopic Imaging in Colorectal Lesions,
Korea International Digestive Endoscopy Congress 2019, Aug. 2019.
6. Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Akihiro Hirao, Fumika Nakamura, Kumiko Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Therapeutic efficacy of chemoradiotherapy with Miriplatin for hepatocellular carcinoma.,
digestive disease week2019, San Diego, May 2019.
7. Masanori Takehara, Yasushi Sato, Kazuyoshi Noda, Akira Fukuya, Yasuyuk Okada, Yoshihiko Miyamoto, Hironori Wada, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a Novel Mirna-Based Signature to Predict Invasion and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors.,
digestive disease week2019, San Diego, May 2019.
8. Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Kumiko Tanaka, Takahiro Tanaka, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Keiichiro Matsumura, Miwako Kagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a Novel Mirna-Based Signature to Predict Invasion and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors.,
digestive disease week2019, Vol.156, No.6, 133, San Diego, May 2019.
(DOI: 10.1016/S0016-5085(19)37123-9)
9. Jun Okazaki, Toshihito Tanahasi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Fumik Nakamura, Masanori Takehara, Masahiro Bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
Interaction Between Pancreatic Cancer Cells and Adipocytes Promote Pancreatic Cancer Progression Through Overexpression of Saa1.,
digestive disease week2019, San Diego, May 2019.
10. Tetsuji Takayama, Toshihito Tanahashi, Koichi Okamoto, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato and Naoki Muguruma :
S100P as a novel hypomethylation target in Sessile Serrated Adenoma(SSA/P)-cancer sequence: A genome-wide DNA methylation array analysis.,
UEG Week2018, Wien, Oct. 2018.
11. Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Mir-144-3P/451A as a Novel Biomarker for Predicting Recurrence and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors Through Targeting Pten/P19.,
Digestive Disease Week 2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
12. Fumika Nakamura, Koichi Okamoto, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological Analyses of Colorectal Polyps and Cancers in Serrated Polyposis Syndrome.,
DIgestive Disease Week2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
13. Shota Fujimoto, Naoki Muguruma, Michiyasu Nakao, Yoshihiko Miyamoto, Tatsuhiro Ishida, Shigeki Sano and Tetsuji Takayama :
Near-Infrared Molecular Imaging of Gastrointestinal Stromal Tumors using a Novel Fluorescent Probe Indocyanine Green (ICG)-Labeled Dasatinib.,
Digetive Disease Week2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
14. Yasushi Sato, Tamotsu Sagawa, Yasuo Takahashi, Hiroyuki Ohnuma, Kyoko Hamaguchi, Masahiro Hirakawa, Koshi Fujikawa, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
A dose-escalation study of docetaxel, oxaliplatin and S-1 (DOS) as a first-line therapy for patients with unresectable metastatic gastric cancer.,
2018 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco, Jan. 2018.
15. Daisaku Fujimoto, Kaizo Kagemoto, Yasuyuki Okada, Hironori Tanaka, Satoshi Teramae, Akihiro Hirao, Fumika Nakamura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Usefulness of Linked Color Imaging System in Endoscopic Diagnosis of Sessile Serrated Adenoma/Polyp: A Novel Image Enhanced Technique.,
Digestive Disease Week2017, Chicago, May 2017.
16. Kaizo Kagemoto, Koichi Okamoto, Tohshi Takaoka, Yasuyuki Okada, Kumiko Tanaka, Akihiro Hirao, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
Detection of Aberrant Crypt Foci Using Image-Enhanced Endoscopy.,
Digestive Disease Week2017, Chicago, May 2017.
17. Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Katsutaka Sannomiya, Yasuhiro Mitsui, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Mitsuo Shimada, Yoko Horino, Shinya Matsumoto, Kenjiro Hanaoka and Tetsuji Takayama :
Optical Molecular Imaging of Aberrant Crypt Foci in the Human Colon by Glutathione S-Transferase-Activated Fluorogenic Probe.,
Digestive Disease Week2017, Chicago, May 2017.
18. Shota Fujimoto, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Misaki Miwa, Yoshihiko Miyamoto, Yoshifumi Takaoka, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
A New Theranostic Combination of Fluorescent Molecular Imaging and Laser Therapy Targeting C-Kit in Gastrointestinal Stromal Tumors.,
Digestive Disease Week2017, Chicago, May 2017.
19. Masanori Takehara, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Kazuyoshi Noda, Kaizo Kagemoto, Yuri Matsumoto, Tadahiko Nakagawa, Shunsaku Takeishi, Jun Okazaki, Daisaku Fujimoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Resection is safe and effective for rectal carcinoid tumors.,
The First World Congress of Gastrointestinal Endoscopy,, Hyderabad, Feb. 2017.
20. Tomoyuki Kawaguchi, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Kumiko Tanaka, Satoshi Teramae, Yasuhiro Mitsui, Yoshifumi Takaoka, Tatsunao Sueuchi, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Masako Kimura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Assessment of small bowel capsule endoscopy and APC gene mutation in familial adenomatous polyposis.,
The First World Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Hyderabad, Feb. 2017.
21. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Noriaki Murayama, Masanori Takehara, Kaizo Kagemoto, Yoshifumi Takaoka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of Lifestyle and Lifestyle-Related Disease on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Japanese With Metabolic Syndrome,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
22. Tatsuya Taniguchi, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe, Tadahiko Nakagawa and Tetsuji Takayama :
Des-g-carboxy Prothrombin (DCP) Is Produced by Overexpression of Prothrombin Gene in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
23. Tetsu Tomonari, Shunsaku Takeishi, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
MRP3 As a Novel Resistance Factor for Sorafenib in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
24. Yoshihiko Miyamoto, Naoki Muguruma, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Molecular Imaging Targeting Epidermal Growth Factor Receptor in Detection and Evaluation of Therapeutic Efficacy for Colorectal Cancer,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
25. Tetsuji Takayama, Naoki Muguruma and Koichi Okamoto :
Chemoprevention for Colorectal Cancer targeting Aberrant Crypt Foci,
The 5th International Forum,The 102nd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology, Tokyo, Apr. 2016.
26. Naoki Muguruma, Yoshihiko Miyamoto, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Kazuki Horikawa and Tetsuji Takayama :
Endoscopic molecular imaging of colorectal cancer targeting epidermal growth factor receptor.,
APDW2015, Taipei, Dec. 2015.
27. Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa and Tetsuji Takayama :
Des-G-Carboxy Prothrombin (DCP) Is Induced by PARP-1 in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
28. Kaizo Kagemoto, Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Jinsei Miyoshi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Proximal Aberrant Crypt Foci As Precursor Lesions of SSA/P-Cancer Sequence.,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
29. Naoki Muguruma, Miyamoto Yoshihiko, Fujimoto Shota, Okada Yasuyuki, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto and Tetsuji Takayama :
Optical Molecular Imaging and Assessment of Therapeutic Response of Colorectal Cancer Targeting Epidermal Growth Factor Receptor,
World Congress of Molecular Imaging 2014, Sep. 2014.
30. Kagawa Miwako, Toshiya Okahisa, Takaoka yoshifumi, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takaoka Toshi, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Okada Yasuyuki, Kagemoto Kaizo, Takehara Masanori, Kumiko Tanaka, Matsumoto Sayo, Teramae Tomofumi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama and Takaoka Toshi :
Angiogenesis-Related Factors At the Residual Inflammation in Patients With Ulcerative Colitis in Clinical Remission Stage,
Digestive Disease Week2014, Chicago, May 2014.
31. Akina Nakanishi, Toshiya Okahisa, Emi Umezu, Tadahiko Nakagawa, Miwako Kagawa, Toshi Takaoka, Takahiro Goji, Hiromi Yano, Shinji Kitamura, Takahiro Goji, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Expression of Thymidline EMT via ERK 1/2 Signal Patway in Ulcerative Colitis,
DDW2013,Orland, Orange County Convention Center, Orlando, May 2013.
32. Yasuteru Fujino, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Hironori Tanaka, Jinsei Miyoshi, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Usefulness of a new sphincterotome for the endoscopic submucosal dissection of colorectal neoplasms,
DDW2013, Orlando, May 2013.
33. Naoki Muguruma, Kwon Kwang-an, Al-Quarshobi Issa, Donnellan Fergal, Swan P. Michael, Streutker Catherine, Cirocco Maria, May R. Gary, Kandel Gabor, Kortan P. Paul and Marcon E. Norman :
The Role of Endoscopic Resection in the Diagnosis and Treatment of Gastric Inflammatory Fibroid Polyp,
DDW 2010, New Orleans, May 2010.
34. H Takeuchi, Seisuke Okamura, T Kimura, T Itagaki, K Okamoto, M Kaji, H Miyamoto, Naoki Muguruma and Susumu Ito :
Simple and appropriate pretreatment for nasal endoscopy: Usefulness of vasoconstrictor nose drop,
Digestive disease Week 2007, Washington, D.C., May 2007.
35. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hirokazu Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic assessment of gastric motility in diabetic gastroparesis before and after attaining glycemic control.,
Journal of Gastroenterology, Vol.40, No.6, 583-590, Jul. 2005.
(DOI: 10.1007/s00535-005-1592-1,   PubMed: 16007392)
36. U Eiko, Masahiro Nomura, Kohzou Uehara, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito :
, Influence in gastrointestinal endoscopy on circulatory dynamics: Relation with pulse wave velocity,
The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, 2003.
37. Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Tomomi Nada, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Yutaka Nakaya :
Abnormal gastric motility in liver cirrhosis: Effect of autonomic nervous function and volume of portal blood flow,
The 7th United European Gastroenterology Week, Roma,Italy, 1999.
38. Ken Saito, Yutaka Nakaya, Masahiro Nomura, N Takeuchi, Naoki Muguruma, Fumiko Kishi, Hirokazu Miyoshi and Hiromu Nishitani :
Study on the excitation process during ventricular depolarization in normal subjects by magnetocardiogram,
The 9th International Conference on Biomagnetism, Wien, 1993.

国内講演発表:

1. 川口 智之, 武原 正典, 影本 開三, 寺前 智史, 中村 文香, 田中 貴大, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胸腺を含む5臓器にわたって10個の同時性多発重複癌を呈したLynch症候群の一例 .,
第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月.
2. 武原 正典, 佐藤 康史, 川口 智之, 野田 和克, 福家 慧, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
癌関連脂肪細胞は膵癌のSAA1発現を誘導し,転移・浸潤を促進する.,
第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月.
3. Tetsuji Takayama, Koichi Okamoto and Naoki Muguruma :
Surrogate marker for chemoprevention study on colorectal cancer Molecular imaging of aberrant crypt foci.,
第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019.
4. Tadahiko Nakagawa, Toshihito Tanahashi, yoshihiko miyamoto, Jun Okazaki, masanori takehara, noriaki murayama, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yoshimi Bando, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
JMJD2A (KDM4A) sensitizes metastatic gastric cancer to chemotherapy by cooperating CCDC8.,
第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019.
5. yoshihiko miyamoto, Naoki Muguruma, yasuyuki okada, Hironori Tanaka, Jun Okazaki, Koichi Okamoto, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
EGFR-targeted molecular imaging for detection and treatment evaluation of colorectal tumors in animal model.,
第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019.
6. Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, Yasuhiro Mitsui, Fumika Nakamura, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Therapeutic efficacy of miriplatin in combination with radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2019.
7. 三好 人正, 村山 典聡, 寺前 智史, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 貴大, 田中 久美子, 松村 圭一郎, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年7月.
8. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸腫瘍に発現する EGFR を標的とした内視鏡分子イメージングの試み.,
第97回日本消化器内視鏡学会総会, 2019年6月.
9. 藤本 将太, 六車 直樹, 中尾 允泰, 安藤 英紀, 宮本 佳彦, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 石田 竜弘, 佐野 茂樹, 高山 哲治 :
新規蛍光プローブIndocyanine green (ICG) 標識Dasatinibを用いた消化管間質腫瘍 (GIST) の近赤外蛍光 イメージング.,
第14回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2019年5月.
10. Yasuhiro Mitsui, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological characteristics of Gastric adenocarcinoma with proximal polyposis of the stomach.,
第91回日本胃癌学会総会, Mar. 2019.
11. 三好 人正, 村山 典聡, 中川 忠彦, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 西田 憲生, 常山 幸一, 藤盛 孝博, 高山 哲治 :
直腸NETのmiRNA-Gene-Pathwayを介した転移機序の解明とmiR-144-3p/451aの転移予測マーカーとしての意義.,
第15回日本消化管学会総会学術集会, 2019年2月.
12. 藤本 将太, 六車 直樹, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 宮本 佳彦, 北村 晋志, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
近赤外蛍光標識c-KIT抗体を用いた消化管間質腫瘍(GIST)に対する新たな内視鏡診断治療法(Theranostics)の開発.,
第15回日本消化管学会総会学術集会, 2019年2月.
13. 三井 康裕, 田中 久美子, 寺前 智史, 北村 晋志, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Gastric adenocarcinoma with proximal polyposis of the stomach(GAPPS)家系における若年罹患者へのアプローチ.,
第5回日本消化管ポリポーシス研究会(日本消化器病学会関連研究会), 2019年1月.
14. 藤本 将太, 六車 直樹, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐野 茂樹, 石田 竜弘, 常山 幸一, 高山 哲治 :
Theranostics理論に基づく消化管間質腫瘍(GIST)の新規診断治療法の開発.,
第26回日本消化器関連学会週間(第96回日本消化器内視鏡学会総会), 2018年11月.
15. 水谷 太郎, 西岡 潤司, 井形 直紀, 岩佐 一秀, 本多 哲也, 川口 智之, 三井 康裕, 三好 人正, 末内 辰尚, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
携帯型小型腸音図システムの試作による腸蠕動音測定時間の最適化.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
16. 本多 哲也, 岩佐 一秀, 井形 直紀, 水谷 太郎, 西岡 潤司, 野田 和克, 宮城愛 (名), 山本加奈子 (名), 新居徹 (名), 津保友香 (名), 福家慧 (名), 武原 正典, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
潰瘍性大腸炎における内視鏡画像解析による腫瘍の診断.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
17. 井形直紀 (名), 岩佐 一秀, 西岡 潤司, 本多 哲也, 野田 和克, 高岡慶史 (名), 末内 辰尚, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法(CART)の濾過濃縮処理による腹水中物質の濃度変化.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
18. 西岡 潤司, 水谷 太郎, 井形 直紀, 岩佐 一秀, 本多 哲也, 野田 和克, 高岡 慶史, 末内 辰尚, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
Multiple Point Bowel-sound Analysis System(MPBAS)の試作による腸蠕動音測定部位の最適化,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
19. 和田 浩典, 北村 晋志, 中村 文香, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 三好 人正, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
CRT後咽頭狭窄を伴う表在型食道癌に対して細径内視鏡を用いたPDTが有効であった一例.,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
20. 福家 慧, 佐藤 康史, 佐川 保, 高橋 康雄, 大沼 啓之, 濱口 京子, 平川 昌宏, 藤川 幸司, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行胃癌に対するドセタキセル/オキサリプラチン/S-1 3剤併用療法の第1相試験.,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
21. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Hironori Tanaka, Yasuyuki Okada, Yoshihiko Miyamoto, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
miR-296-5p inhibits apoptosis and enhances invasion through the down-regulated BOK in unresectable pancreatic cancer.,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
22. Yoshihiko Miyamoto, Hironori Tanaka, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Molecular imaging of colorectal tumor targeting epidermal growth factor receptor (EGFR).,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
23. 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 宮本 佳彦, 武原 正典, 村山 典聡, 田中 宏典, 三好 人正, 谷口 達哉, 坂東 良美, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌においてCCDC8の発現調節を介して抗癌剤感受性を制御する.,
第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月.
24. 寺前 智史, 田中 久美子, 三橋 威志, 三井 康裕, 中村 文香, 藤野 泰輝, 三好 人正, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
新規APC遺伝子変異(C.1626+1G>A)を認めた家族性大腸腺腫症の一例.,
第6回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2018年9月.
25. 武原 正典, 佐藤 康史, 津保 友香, 福家 慧, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 中村 文香, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
膵癌と脂肪細胞の相互作用はSAA1の発現を誘導することにより膵癌の浸潤を促進させる.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
26. 津保 友香, 三井 康裕, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三好 人正, 藤野 泰輝, 中村 文香, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行神経内分泌癌に対するIrinotecan+Cisplatin併用療法の後方視的検討.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
27. 福家 慧, 佐藤 康史, 佐川 保, 高橋 康雄, 大沼 啓之, 濱口 京子, 平川 昌宏, 藤川 幸司, 藤野 泰輝, 三井 康裕, 岡田 泰行, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行胃癌に対するdocetaxel/ oxaliplatin/S-1(DOS)療法の第I相試験.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
28. 友成 哲, 新居 徹, 津保 友香, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 貴大, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 曽我部 正弘, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
集学的治療奏功例を含む進行肝癌に対するRegorafenibの初期治療成績.,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
29. 三井 康裕, 田中 久美子, 寺前 智史, 北村 晋志, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Gastric adenocarcinoma with proximal polyposis of the stomach(GAPPS)におけるAPC 遺伝子生殖細胞系列変異および臨床病理学的特徴.,
第24回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2018年6月.
30. 六車 直樹, 岡本 耕一, 藤本 将太, 宮本 佳彦, 北村 晋志, 宮本 弘志, 島田 光生, 高山 哲治 :
分子解析に基づく大腸前癌病変 Aberrant crypt foci の新規イメージング技術開発.,
第 13 回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2018年5月.
31. 藤本 大策, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸ポリープに対する Linked Color Imaging(LCI)の有用性の検討.,
第95回日本消化器内視鏡学会総会, 2018年5月.
32. Shinji Kitamura, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
New Traction Method with Endoloop for ESD.,
第90回日本胃癌学会総会, Mar. 2018.
33. 田岡 文香, 岡本 耕一, 影本 開三, 村山 典聡, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 三宮 勝隆, 佐藤 康史, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeにおける遺伝性及び発癌機序の検討.,
第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年2月.
34. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 三井 康裕, 北村 晋志, 藤本 大策, 曽我部 正弘, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 高山 哲治 :
microRNA arrayを用いた大腸粘膜下層浸潤癌リンパ節転移に関わるバイオマーカーの同定及び機能解析,
第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年2月.
35. 岡田 泰行, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 中村 文香, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 三好 人正, 三井 康裕, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
抗EGFR抗体薬治療におけるEarly tumor shrinkage(ETS)とEGFR内在化の関連について,
第88回大腸癌研究会, 2018年1月.
36. 藤野 泰輝, 野田 和克, 村山 典聡, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治, 久保 宜明, 坂東 良美, 岡村 誠介 :
胃巨大ポリープから出血をきたしたCowden病の一例.,
第4回消化管ポリポーシス研究会(日本消化器病学会関連研究会), 2018年1月.
37. 藤本 将太, 六車 直樹, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 宮本 佳彦, 北村 晋志, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
Gastrointestinal stromal tumorに対するC-KITを標的とした新規近赤外蛍光イメージング診断と光抗体療法の開発.,
第3回G-PLUS, 2017年12月.
38. 藤野 泰輝, 池田 敬洋, 友成 哲, 三井 康裕, 香川 美和子, 佐藤 桃子, 仁木 美也子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Ipilimumab にて完全奏功が得られた転移性直腸悪性黒色腫の1例.,
第 55 回日本癌治療学会学術集会,, 2017年10月.
39. 高岡 慶史, 影本 開三, 三井 康裕, 田中 久美子, 中村 文香, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 木村 雅子, 仁木 美也子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 石川 正志, 高山 哲治 :
免疫チェックポイント阻害薬で加療した直腸肛門部悪性黒色腫の4例.,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
40. 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃癌ハイリスク診断における胃黄色腫の意義.,
第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017), 2017年10月.
41. 藤本 大策, 六車 直樹, 高山 哲治 :
SSA/P診断におけるランダム化比較試験によるLinked Color Imaging(LCI)の有用性の検討.,
第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017), 2017年10月.
42. 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 谷口 達哉, 村山 典聡, 田中 宏典, 坂東 良美, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌において CCDC8の発現を調節することで薬剤感受性を制御している.,
第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
43. 村山 典聡, 岡本 耕一, 中川 忠彦, 木村 哲夫, 谷口 達哉, 田中 宏典, 佐藤 康史, 六車 直樹, 常山 幸一, 藤盛 孝博, 高山 哲治 :
miR-144-3p/miR-451a はPTEN/p19 を抑制することにより直腸カルチノイド(NET-G1)の浸潤・転移に関与する.,
第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
44. 田中 久美子, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治, 小倉 俊郎, 石畝 亨, 石田 秀行 :
胆管癌及び多発十二指腸癌を合併した家族性大腸腺腫症の一例.,
第5回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2017年9月.
45. 田中 久美子, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 佐々木 悠, 八島 一夫, 大瀬戸 久美子, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
本邦におけるCowden病の実態調査.,
第23回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2017年8月.
46. 岡田 泰行, 福家 慧, 郷司 敬洋, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 辻 靖, 高山 哲治 :
大腸癌における抗 EGFR 抗体薬による EGFR の lysosome への誘導と治療効果との関連について.,
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年7月.
47. 藤野 泰輝, 田中 久美子, 中村 文香, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸粘膜下層浸潤癌リンパ節転移に関わるmicroRNAの網羅的解析.,
第87回大腸癌研究会, 2017年7月.
48. 影本 開三, 岡本 耕一, 岡田 泰行, 高岡 慶史, 三井 康裕, 藤本 大策, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
画像強調内視鏡(IEE)によるヒト Aberrant crypt foci (ACF)の観察∼従来のメチレンブルー散布法と比較して∼.,
がん予防学術大会2017, 2017年6月.
49. 藤本 将太, 六車 直樹, 高山 哲治 :
KIT を標的とした Gastrointestinal stromal tumor の新しい光分子イメージングと光抗体療法の開発.,
第93回日本消化器内視鏡学会総会, 2017年5月.
50. 藤本 将太, 六車 直樹, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 高山 哲治 :
KIT分子を標的としたGISTの分子イメージング,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
51. 藤本 大策, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸SSA/Pに対するLinked Cokor Imaging(LCI)の有用性を調べるランダム化比較試験,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
52. 藤本 大策, 岡田 怜子, 福家 慧, 影本 開三, 三井 康裕, 郷司 敬洋, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸サーベイランスにおけるSSA/P検出率の上昇を目指して―LCIの有用性の検討―,
第13回日本消化管学会総会学術集会, 2017年2月.
53. 村山 典聡, 寺前 智史, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeにおけるポリープ,大腸癌の性状と発癌機序の検討.,
第13回日本消化管学会総会学術集会, 2017年2月.
54. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 平田 光里, 中川 忠彦, 村山 典聡, 武原 正典, 松本 友里, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の施行状況と今後の課題,
第37会日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
55. 笠井 嘉人, 玉井 瑠人, 谷 直也, 田中 大基, 末内 辰尚, 高岡 慶史, 香川 美和子, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
携帯型腸蠕動音収集解析システムの試作開発.,
第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
56. 寺前 智史, 田中 久美子, 岡本 耕一, 六車 直樹, 石川 秀樹, 竹内 洋司, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変について,
第54回小腸研究会, 2016年11月.
57. Daisaku Fujimoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Usefulness of linked color imaging in endoscopic diagnosis of SSA/P: A novel image enhancment technique.,
第24回日本消化器関連学会週間, Nov. 2016.
58. 岡田 泰行, 木村 哲夫, 郷司 敬洋, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 辻 靖, 高山 哲治 :
大腸癌における抗EGFR抗体薬のEGFR内在化誘導と治療効果の検討.,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
59. 松本 早代, 岡本 耕一, 六車 直樹, 中川 忠彦, 関 崚太, 武原 正典, 影本 開三, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 藤本 大策, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討.,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
60. 武原 正典, 木村 哲夫, 中川 忠彦, 谷口 達哉, 六車 直樹, 高山 哲治 :
膵癌と脂肪組織の相互作用によるSAA1発現亢進は癌の転移・浸潤を促進する.,
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月.
61. 中川 忠彦, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 曽我部 正弘, 宮本 弘志, 坂東 良美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌における新しい治療効果予測因子である.,
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月.
62. 寺前 智史, 田中 久美子, 六車 直樹, 石川 秀樹, 竹内 洋司, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変の検討,
第4回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2016年9月.
63. 六車 直樹, 岡本 耕一, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 島田 光生, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
分子解析に基づいたAberrant crypt fociの新規イメージング技術開発,
がん予防学術大会2016, 2016年7月.
64. 寺前 智史, 田中 久美子, 六車 直樹, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 村山 典聡, 末内 辰尚, 三井 康裕, 藤本 大策, 郷司 敬洋, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 江副 康正, 石川 秀樹, 竹内 洋司, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変についての検討,
第85回大腸癌研究会, 2016年7月.
65. 寺前 智史, 岡本 耕一, 六車 直樹, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 島田 光生, 高山 哲治 :
若年で原発性十二指腸癌を合併したSTK11全欠失型Peutz–Jeghers症候群の1例,
第22回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2016年6月.
66. 山尾 雅美, 西尾 進, 平田 有紀奈, 鳥居 裕太, 岩本 誠司, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆, 藤崎 由紀子, 渡辺 滋夫 :
膵臓原発性悪性リンパ腫の1例,
日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年5月.
67. 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃黄色腫の除菌後胃粘膜における胃癌バイオマーカーとしての意義,
第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年5月.
68. 北村 晋志, 竹内 尚, 影本 開三, 岡田 泰行, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
経鼻内視鏡検診における送水装置(AF-WP1)の有効性の検討,
第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年5月.
69. 松本 早代, 岡本 耕一, 六車 直樹, 野口 拓樹, 中川 忠彦, 武原 正典, 影本 開三, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 香川 美和子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討,
第12回日本消化管学会総会学術集会, 2016年2月.
70. 六車 直樹, 岡本 耕一, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 島田 光生, 高山 哲治 :
GST 活性型新規蛍光プローブによる大腸前癌病変 ACF の in vivo 分子イメージング,
第1回G-PLUS, 2015年12月.
71. 長瀬 襟加, 鳥居 裕太, 西尾 進, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 佐田 政隆 :
好酸球性胆管炎の1例,
日本超音波検査学会第19回中国・四国第23回合同地方会学術集会, 2015年11月.
72. 武原 正典, 宮本 弘志, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 岡本 耕一, 仁木 美也子, 木村 雅子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 坂東 良美, 高山 哲治 :
化学療法により長期生存が得られた脾臓原発血管肉腫の一例,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
73. 中川 忠彦, 曽我部 正弘, 岡崎 潤, 松本 早代, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法の濾過工程の物理刺激が腹水中サイトカイン濃度に及ぼす影響 第2報:培養癌細胞を用いた検討,
第36回日本アフェレシス学会学術総会, 2015年10月.
74. 影本 開三, 末内 辰尚, 三井 康裕, 田中 久美子, 香川 美和子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 木村 雅子, 仁木 美也子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 石川 正志, 高山 哲治 :
Nivolumabにて加療した直腸肛門部悪性黒色腫の2例,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
75. 中川 忠彦, 北村 晋志, 岡田 泰行, 谷口 達哉, 田中 貴大, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素 JMJD2A は切除不能胃癌に対する化学療法の新しい治療効果予測因子である,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
76. 田中 久美子, 六車 直樹, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 高岡 慶史, 田中 宏典, 宮本 佳彦, 松本 早代, 田中 貴大, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 友成 哲, 谷口 達哉, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変の検討 -形態学的,病理組織学的解析を含めて-,
第23回消化器関連学会週間(第57回日本消化器病学会大会), 2015年10月.
77. 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 山田 眞一郎, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 島田 光生, 佐田 政隆 :
正常肝に発症した巨大肝細胞癌の1例,
日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 2015年10月.
78. 岡田 泰行, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 木村 哲夫, 木村 雅子, 宮本 弘志, 岸 和弘, 六車 直樹, 辻 靖, 高山 哲治 :
大腸癌に対する抗EGFR抗体薬の効果予測因子の解析.,
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015年7月.
79. Jun Okazaki, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Masako Kimura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
S-1/oxaliplatin/irinotecan (SOXIRI) for advanced unresectable pancreatic cancer : A dose-finding study,
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2015.
80. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ACF-SSA/P-cancer sequenceにおけるメチル化遺伝子の網羅的解析,
第83回大腸癌研究会, 2015年7月.
81. 岡本 耕一, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 井上 篤, 松本 早代, 田中 久美子, 三宮 勝隆, 北村 晋志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/P-cancer sequenceにおけるACFの前癌病変としての意義―右側大腸癌のバイオマーカーとしてのACF―,
がん予防学術大会2015さいたま, 2015年6月.
82. 三井 康裕, 六車 直樹, 田中 久美子, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
異なる胃病変を呈する家族性大腸腺腫症(FAP)の1家系,
第21回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2015年6月.
83. 岡崎 潤, 福家 慧, 影本 開三, 高岡 慶史, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 高岡 遠, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
EUS-FNAで確定診断し得た小型退形成性膵管癌の1例.,
第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年5月.
84. 木村 哲夫, 武原 正典, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 髙岡 遠, 北村 晋志, 木村 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 池本 哲也, 島田 光生, 高山 哲治 :
非典型的な画像所見を呈する膵神経内分泌腫瘍(膵NET)の治療方針,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
85. 高岡 慶史, 岡久 稔也, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 松本 早代, 末内 辰尚, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 藤本 大策, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 河野 正樹, 難波 和樹, 赤田 茂甫規, 榎本 崇宏, 高山 哲治 :
過敏性腸症候群の客観的診断と病態評価のための腸音図システムの開発,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
86. 藤野 泰輝, 松本 早代, 佐藤 勝哉, 藤本 大策, 田中 久美子, 末内 辰尚, 三井 康裕, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeの前癌病変としての意義―病理所見,発癌,遺伝子異常の解析―,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
87. 田中 育太, 友兼 毅, 多田 早織, 吉野 すみ, 小田 修治, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヘリコバクターピロリ感染に伴う胃十二指腸炎を認め加療を行った11歳女児の1例,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
88. 藤本 大策, 佐藤 勝哉, 松本 早代, 藤野 泰輝, 末内 辰尚, 三井 康裕, 岡田 泰行, 岡崎 潤, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 田中 宏典, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 武石 俊作, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposisの前癌病変としての意義,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
89. 北村 晋志, 岡田 泰行, 福家 慧, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 宮本 佳彦, 末内 辰尚, 松本 早代, 三井 康裕, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 藤本 大策, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヨード染色後に病変の大部分が消失した表在型食道癌の一例,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
90. 田中 久美子, 六車 直樹, 高山 哲治, 佐藤 康史, 加藤 淳二 :
家族性大腸線種症における小腸病変の検討,
第2回日本家族性大腸線種症研究会学術集会, 2014年11月.
91. 田中 久美子, 六車 直樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸内視鏡検査の有用性の検討,
第88回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2014), 2014年10月.
92. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 影本 開三, 岡田 泰行, 岡崎 潤, 松本 早代, 末内 辰尚, 三井 康裕, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
大腸癌におけるEpidermal Growth Factor Receptor(EFGR)をターゲットとした分子イメージングと薬効評価,
第88回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年10月.
93. Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Suppressive effect of the farnesyltransferase inhibitor for aberrant crypt foci as a precursor of colorectal cancer.,
第56回日本消化器病学会大会(JDDW2014), Oct. 2014.
94. 山尾 雅美, 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 笹田 倫子, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 島田 光生, 佐田 政隆 :
内部に嚢胞性変化を伴った肝過形成結節の1例,
第24回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2014年10月.
95. 鳥居 裕太, 西尾 進, 山尾 雅美, 平田 有紀奈, 笹田 倫子, 松本 早代, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
胃壁内膿瘍穿通による肝膿瘍の1例,
第24回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2014年10月.
96. 谷口 達哉, 影本 開三, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
肝細胞癌におけるPIVKA-Ⅱの発現機序の解明―PARP1の役割―,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
97. Tetsuo Kimura, Takahiro Goji, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Momoko Sato, Masako Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The prospective study of S-1+gemcitabine and concurrent radiotherapy for unresectable locally advanced pancreatic cancer,
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2014.
98. 田中 久美子, 六車 直樹, 高山 哲治 :
PTEN exon 2に胚細胞性変異を認めたCowden病の1例,
第20回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2014年6月.
99. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 村山 典聡, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 大塚 加奈子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡切除された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
100. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 松本 友里, 松本 早代, 中村 文香, 髙岡 遠, 藤野 泰輝, 三好 人正, 田中 久美子, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 香川 美和子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌に対する内視鏡分子イメージング技術の開発,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
101. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 田中 久美子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
バレット食道癌における欧米と日本のマネジメントの相違に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
102. 鳥居 裕太, 西尾 進, 山尾 雅美, 平田 有紀奈, 發知 淳子, 伊勢 孝之, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
門脈圧亢進症および門脈・左胃静脈内血栓による巨大脾動脈瘤の1症例,
第87回日本超音波医学会学術集会, 2014年5月.
103. 六車 直樹, 田中 久美子, 高岡 慶史, 松本 早代, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における胃小腸病変に関する検討,
第100回日本消化器病学会総会附置研究会消化管ポリポーシス研究会, 2014年4月.
104. 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
早期胃癌に対する経胃瘻的ESD,
第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.
105. 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也 :
高度進行肝細胞癌に対するミリプラチンを用いた放射線併用動注化学療法の有用性,
第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.
106. 藤野 泰輝, 大塚 加奈子, 田中 久美子, 中村 文香, 三好 人正, 香川 美和子, 郷司 敬洋, 髙岡 遠, 矢野 弘美, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Sessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)の前病変としてのAberrant crypt foci(ACF)の解析,
第10回日本消化管学会総会学術集会, 2014年2月.
107. 松本 早代, 六車 直樹, 松本 友里, 岡崎 潤, 田中 久美子, 中村 文香, 藤野 泰輝, 三好 人正, 香川 美和子, 郷司 敬洋, 髙岡 遠, 村山 典聡, 矢野 弘美, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡治療された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第80回大腸癌研究会, 2014年1月.
108. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸発癌におけるACF-SSA/P-cancer sequenceの検証, --- -ACF,SSA/P,cancer in SSA/P組織を用いたメチレーションアレイ解析- ---,
第21回浜名湖シンポジウム, 2013年12月.
109. 高岡 遠, 藤野 泰輝, 平尾 章博, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 三井 康裕, 田中 貴大, 高場 梓, 香川 美和子, 友成 哲, 津田 美穂, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/PのLASSEREO Blue LASER Imaging併用拡大内視鏡診断,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第86回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年10月.
110. 六車 直樹, 宮本 佳彦, 藤野 泰輝, 高岡 遠, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌における分子イメージング,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第86回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年10月.
111. 香川 美和子, 岡久 稔也, 中川 忠彦, 高場 梓, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Thymidine Phosphorylaseを標的とした潰瘍性大腸炎治療薬の開発,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第55回消化器病学会大会, 2013年10月.
112. 鳥居 裕太, 西尾 進, 山尾 雅美, 平田 有紀奈, 笹田 倫子, 伊勢 孝之, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
巨大脾動脈瘤の1症例,
第23回日本超音波医学会 四国地方会学術集会, 2013年10月.
113. 平田 有紀奈, 西尾 進, 山尾 雅美, 鳥居 裕太, 笹田 倫子, 大塚 加奈子, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
十二指腸壁内血腫の1例,
第23回日本超音波医学会 四国地方会学術集会, 2013年10月.
114. 山尾 雅美, 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 藤岡 啓介, 小谷 裕美子, 髙尾 正一郎, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
カテーテル感染を契機に巨大脾腫をきたした一例,
第23回日本超音波医学会 四国地方会学術集会, 2013年10月.
115. 藤野 泰輝, 六車 直樹, 岡本 耕一, 北村 晋志, 矢野 弘美, 高岡 遠, 岡崎 潤, 郷司 敬洋, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 島田 光生, 高山 哲治 :
多発性小腸重積を生じたPeutz-Jeghers syndromeの1例,
第19回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2013年7月.
116. 高岡 遠, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
SSA/P症例におけるAberrant crypt foci(ACF)の解析,
第79回大腸癌研究会, 2013年7月.
117. 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
壮年者鳥肌胃炎の胃癌リスク-若年者と壮年者を比較して-,
第85回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年5月.
118. 三好 人正, 宮本 弘志, 三井 康裕, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
DAO活性による抗癌剤投与時の消化管粘膜障害と栄養の関連,
第110回日本内科学会総会・講演会, 2013年4月.
119. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 高山 哲治 :
EGFRを標的とした大腸癌分子イメージング-蛍光標識抗EGFR抗体による診断と治療戦略-,
第9回日本消化管学会総会学術集会, 2013年1月.
120. 岡田 泰行, 宮本 弘志, 宮本 弘志, 木村 哲夫, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸癌細胞におけるEGFR数及び各種遺伝子変異とcetuximabの有効性に関する検討,
第9回日本消化管学会総会学術集会, 2013年1月.
121. 高岡 遠, 岡久 稔也, 香川 美和子, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 田中 貴大, 津田 美穂, 友成 哲, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 榎本 崇宏 :
腸蠕動音測定による簡便かつ非侵襲的腸運動機能評価法の確立,
第9回日本消化管学会総会学術集会, 2013年1月.
122. 六車 直樹, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
大腸癌細胞のEpidermal Growth Factor Receptor (EGFR)を標的とした分子イメージング-抗EGFR抗体薬の効果予測と効果判定を含めて-,
第20回日本消化器関連学会週間, 2012年10月.
123. 津田 美穂, 岡本 耕一, 高岡 遠, 北村 晋志, 三宮 勝隆, 青柳 えりこ, 梶本 真弓美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
RAS阻害剤における大腸発癌予防効果の検討,
第71回日本癌学会学術総会, 2012年9月.
124. 末内 辰尚, 岡村 誠介, 井本 佳孝, 有田 加奈子, 竹内 尚, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 藤本 浩史, 廣瀬 隆則, 高山 哲治 :
胃perineuriomaの1例,
第83回日本消化器内視鏡学会総会, 2012年5月.
125. 北村 晋志, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
シュミレーターを用いたESDトレーニングシステムの試み,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
126. 三好 人正, 宮本 弘志, 松本 早代, 藤野 泰輝, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 山口 想太郎, 中屋 豊, 高山 哲治 :
消化管癌化学療法における血清Diamine Oxidase(DAO)活性と栄養障害に関する検討,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
127. 六車 直樹, Marcon Norman, 高山 哲治 :
バレット食道がんにおける日本と欧米の違い-カナダでの臨床経験を中心に-,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
128. 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 松本 早代, 藤野 泰輝, 三好 人正, 北村 晋志, 矢野 弘美, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 仁木 美也子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 高山 哲治 :
CPT11+CDDP療法を施行した胃原発神経内分泌癌(NEC)の4例,
第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
129. 北村 晋志, 青柳 えり子, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 高山 哲治 :
DNAマイクロアレイを用いたdocetaxel+cisplatin+S-1併用化学療法の治療効果予測,
第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
130. 北村 晋志, 青柳 えりこ, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 木村 雅子, 矢野 弘美, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 仁木 美也子, 高山 哲治 :
進行胃癌に対するdocetaxel+cisplatin+S-1併用化学療法の効果予測因子の開発,
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2011年7月.
131. 六車 直樹 :
消化管がん診断における光分子イメージングの現状と展望,
「医工連携をめざした生体光計測」フォーラム, 2011年3月.
132. 六車 直樹, 伊東 進 :
消化器領域における内視鏡的分子イメージング,
第28回日本レーザー医学会 シンポジウム6「PDD&PDTをめぐる新たな展開」, 2007年9月.
133. 井上 尚兵, 木下 陽子, 青柳 えり子, 六車 直樹, 伊東 進, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
新規ICG-ATT誘導体を用いた蛋白質標識モデル実験,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
134. 岡村 誠介, 六車 直樹, 宮本 弘志, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 友兼 毅, 梶 雅子, 伊東 進 :

第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年10月.
135. 井上 尚兵, 木下 陽子, 佐野 茂樹, 六車 直樹, 伊東 進, 長尾 善光 :
新規な蛋白質標識試薬の合成開発研究,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
136. 岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 西岡 将規, 島田 光生 :
輪状潰瘍瘢痕によるイレウス症状を呈した小腸結核の一例,
第85回日本消化器病学会四国支部例会, 2006年6月.
137. 岡村 誠介, 六車 直樹, 宮本 弘志, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 友兼 毅, 梶 雅子, 伊東 進 :
把持鉗子を用いたマルチベンディング2CHスコープによるESD, --- -2チャンネル法EMRからESDへの安全な導入- ---,
第85回日本消化器病学会四国支部例会, 2006年6月.
138. 木村 哲夫, 岡村 誠介, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 西岡 将機規, 島田 光生 :
輪状潰瘍瘢痕によるイレウス症状を呈した小腸結核の1例,
2006年6月.
139. 井本 佳孝, 六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進, 佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 中川 伸一 :
甲状腺を貫通した魚骨による食道異物の1例,
2006年6月.
140. 岡村 誠介, 宮本 弘志, 六車 直樹 :
よりスムーズなERCPを目指して, --- -知っておきたい基本手技- ---,
第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年5月.
141. 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 和田 哲 :
21世紀の高齢化社会に対応する消化器病診断·治療手技,(合同シンポジウム)高齢者における消化器内視鏡検査時の循環動態の検討,
第76回日本消化器病学会四国支部例会, 2001年.

その他・研究会:

1. 梶 雅子, 六車 直樹, 矢野 弘美, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 福野 天, 岡村 誠介, 伊東 進 :
完全内臓逆位症に併存した閉塞性黄疸に対し内視鏡的胆管ステント留置術を施した1例,
Gastroenterological Endoscopy, Vol.48, No.3, 341-345, 2006年1月.
2. 上村 英子, 野村 昌弘, 上原 康三, 澤 優子, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進, 矢野 充保 :
上部消化管内視鏡中における動脈硬化の循環動態への影響,
第45回日本老年学会, 2003年6月.
3. 上村 英子, 野村 昌弘, 澤 優子, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 :
上部消化器内視鏡検査における循環動態への影響:脈波伝播速度との関連性,
第65回日本消化器内視鏡学会総会, 2003年5月.
4. 上原 康三, 野村 昌弘, 上村 英子, 澤 優子, 伊賀 彰子, 原田 顕治, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 :
脈波伝播速度と上部内視鏡検査中の循環動態との関連性,
第5回日本高齢消化器医学会, 2003年1月.
5. 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 和田 哲, 宮本 弘志, 久次米 佐映, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
消化器内視鏡下総胆管処置中の循環動態の検討,
第63回日本消化器内視鏡学会総会, 2002年4月.
6. 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 :
亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討,
日本消化器病学会大会, 2001年10月.
7. 森下 智文, 野村 昌弘, 六車 直樹, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
老年者における内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査時の自律神経活動の変動,
第43回日本老年医学会, 2001年6月.
8. 野村 昌弘, 森下 智文, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
エパルレスタットの糖尿病性胃運動機能障害への効果:胃電図および心拍変動解析による評価,
第87回日本消化器病学会総会, 2001年4月.
9. 野村 昌弘, 名田 智美, 加藤 寛正, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 多田 由恵, 矢野 充保 :
上部消化管内視鏡検査により不整脈の発生素地は形成されるか?心電図QTc dispersionによる検討,
第42回日本消化器病学会大会, 2000年10月.
10. 加藤 寛正, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討,
第42回日本消化器病学会大会, 2000年10月.
11. 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動,
第25回老年消化器病研究討論会, 2000年6月.
12. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の心電図QT dispersionの推移,
第42回日本老年医学会, 2000年6月.
13. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 原田 雅史, 西谷 弘, 中屋 豊 :
肝硬変症における胃運動機能の検討:食道静脈瘤と門脈血流との関連性について,
第2回国際消化管運動研究会, 2000年4月.
14. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
胃運動は食道静脈瘤の有無により影響をうけるのか?胃電図による検討,
第86回日本消化器病学会総会, 2000年4月.
15. 宮島 等, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 山口 康男, 原田 雅史 :
肝硬変症における胃運動機能の検討:自律神経機能および門脈血流量との関連性について,
DDW-Japan 1999, 1999年10月.
16. 川口 律子, 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
胃電図および心拍変動解析を用いた高齢者の食後低血圧の検討:若年者との比較,
DDW-Japan 1999, 1999年10月.
17. 多田 由恵, 野村 昌弘, 多田津 昌也, 日下 至弘, 大喜田 義雄, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 齋藤 憲, 伊東 進 :
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査施行時における自律神経活動,
第57回日本消化器内視鏡学会総会, 1999年5月.

報告書:

1. 長瀬 襟加, 鳥居 裕太, 西尾 進, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 佐田 政隆 :
好酸球性胆管炎の1例,
超音波検査技術, Vol.41, No.1, 128, 2016年2月.
2. 岡村 誠介, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 山下 理子, 佐野 壽昭, 池本 哲也, 藤井 正彦, 三宅 秀則 :
膵管内発育を主とし特異な形態を呈した膵腺房細胞癌の1例,
消化器画像, Vol.9, No.1, 41-46, 2007年1月.
3. 岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 :
嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの1例,
胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 東京, 2006年.
4. Seisuke Okamura, Koji Tsujigami, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Shingo Wakatsuki, Toshiaki Sano, Atsushi Umemoto and Yoshihito Urakami :
Jejunal extramedullary plasmacytoma,
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, Vol.61, No.1, 107-108, Jan. 2005.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Serrated polyposis症候群の原因遺伝子と発癌機序の解明 (研究課題/領域番号: 19K08471 )
  • 新規胃癌抗癌剤耐性因子としてのEGR1の意義 (研究課題/領域番号: 18K08006 )
  • 大腸癌幹細胞を標的とした新しい光線免疫療法の開発応用 (研究課題/領域番号: 17K09385 )
  • Connectivity Map解析に基づいた新しい大腸癌予防薬の開発 (研究課題/領域番号: 17H04163 )
  • オートファジー選択的基質p62を標的とした新しい大腸癌治療法の開発 (研究課題/領域番号: 16K09313 )
  • 大腸がんリンパ節転移の分子機構の解明及びリンパ節転移術前予測マーカーの開発 (研究課題/領域番号: 15K09059 )
  • ACFを標的とした新しい高感度分子イメージング法の開発 (研究課題/領域番号: 26293176 )
  • 潰瘍性大腸炎におけるdysplasiaの高感度分子イメージング法の開発 (研究課題/領域番号: 25461034 )
  • 赤外線蛍光内視鏡診断のための赤外蛍光増強剤の開発 (研究課題/領域番号: 15659173 )
  • 赤外線蛍光内視鏡を用いた食道静脈瘤の微細血管構築に関する研究 (研究課題/領域番号: 12670492 )
  • 研究者番号(90325283)による検索