検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

病態栄養学 (Pathological Nutrition), 骨代謝内分泌学 (Bone Metabolism and Endocrinology), 小児科学 (Pediatrics)

研究テーマ

カルシウム·リン·ビタミンD代謝調節機序の解明と骨健康増進に関する研究, 食品機能解析と機能性食品開発に関する研究, 栄養素の転送と代謝障害に関する研究, 食品によるストレス制御に関する研究, 生活習慣病,肝障害·癌·糖尿病·外科手術患者等の栄養療法に関する研究 (臨床栄養管理, 機能性食品, 遺伝子発現調節, ストレス制御, リン代謝調節)

著書・論文

著書:

1. 武田 英二, 鈴木 佳子, 松村 晃子, 中屋 豊, 堤 理恵, 阪上 浩, 濵田 康弘, 秦 明子, 他42人 :
認定NSTガイドブック2017 改訂第5版,
2017年7月.
2. 武田 英二, 奥村 仙示, 中尾 真理, 竹谷 豊 :
抗ストレス効果を示す食品・食生活とバイオマーカー,
株式会社 シーエムシー出版, 2013年9月.
3. 新井 英一, 阪上 浩, 武田 英二, 竹谷 豊, 藤岡 由夫, 細川 雅也 :
臨床病態栄養学第3版,
文光堂, 2013年9月.
4. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Complications and Managements of Hyperphosphatemia in Dialysis,
InTech, Nov. 2011.
5. 武田 英二 :
NSTガイドブック2011改訂第3版, --- 1.栄養不良がもたらす影響 ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2011年1月.
6. 武田 英二 :
がん栄養療法ガイドブック第2版, --- Section1 がんの概要 2.小児がん(pp21-26), Section2 がんの栄養療法 11.小児がんに対する医学的栄養療法(pp113-126) ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2011年1月.
7. 武田 英二 :
最新呼吸リハビリテーション, --- II リハビリテーション・ADL/IADLトレーニングの基本的理解 1.呼吸器疾患の栄養療法 A.栄養療法の意義 B.栄養療法の計画 ---,
南江堂, 東京, 2010年10月.
8. 武田 英二 :
最新育児小児病学 改訂第6版, --- 小児病学 9.栄養性疾患(A.栄養失調症,B.ビタミン欠乏症及び過剰症) ---,
南江堂, 東京, 2010年9月.
9. 武田 英二 :
静脈・経腸栄養(第3版)ー基礎・臨床研究のアップデートー, --- Ⅲ.代謝管理 3.カルシウム・リン代謝と生体機能 , 5 ビタミンと代謝 ---,
日本臨牀社, 大阪, 2010年3月.
10. 武田 英二 :
今日の診断指針第6版, --- ビタミン欠乏症・ビタミン過剰症 ---,
株式会社 医学書院, 東京, 2010年3月.
11. 武田 英二 :
コメディカルのための論文の書き方の基礎知識, --- 第1章 論文を書く前に ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2010年1月.
12. 川浦昭彦 谷田憲俊 泉啓介 秋山純一 水谷雅年 野中紘士, 武田 英二 :
MNNG誘導胃腸発癌に対する1α(OH)D3の抑制効果発現過程における血管新生の阻害について,
2009年3月.
13. 武田 英二 :
小児の栄養,
2009年3月.
14. 武田 英二 :
1.1.臨床栄養学・臨床栄養学の意義/1.2.臨床栄養学・栄養素の代謝と機能/1.4.臨床栄養学・栄養必要量/4.1.代謝性疾患・肥満とメタボリックシンドローム/4.6.代謝性疾患・先天性代謝異常,
2009年3月.
15. 武田 英二, 山本 浩範 :
1.栄養素の役割a.3大栄養素の消化吸収,b.糖質の役割,c.脂肪の役割,d.蛋白質の役割,e.ビタミンの役割,f.微量元素の役割,g.水の役割,h.ミネラルの役割,
2009年1月.
16. 武田 英二 :
特集医師に必要な臨床栄養学 栄養素の過不足による疾患,
2008年11月.
17. 武田 英二, 奥村 仙示 :
食品技術総合事典,
2008年6月.
18. 武田 英二 :
小児における栄養投与量の決定,注意点,
2008年5月.
19. 武田 英二 :
第1章日本病態栄養学会の高度専門職業人認定とチーム医療 栄養管理の高度専門職業人の役割と責任,
2008年4月.
20. 武田 英二 :
骨吸収と骨形成のカップリング,
2008年.
21. 奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二 :
ビタミンK高含有経腸栄養剤のワルファリン療法に及ぼす影響,
2008年.
22. 武田 英二 :
ビタミン異常症(欠乏症/過剰症),
2008年.
23. 武田 英二, 阿望 幾久子, 上番増 喬 :
メタボリックシンドローム,
2008年.
24. 武田 英二 :
第3章4-F 先天性代謝異常症,最新栄養予防・治療学,
株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
25. 武田 英二, 竹谷 豊 :
第1章2-C ストレスと栄養,最新栄養予防・治療学,
株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
26. 武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 :
栄養管理のチーム医療,
文光堂, 東京, 2006年4月.
27. 中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 :
NST用語ハンドブック,
メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
28. 武田 英二 :
改訂版認定病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, --- 病態栄養専門師の役割と責任 ---,
メディカルレビュー社, 大阪, 2005年4月.
29. 武田 英二 :
第4回「栄養とエイジング」国際会議ヘルスプロモーションの科学, --- ビタミンD受容体遺伝子多型からみた骨粗鬆症の栄養指導 ---,
株式会社 建帛社, 東京, 2005年4月.
30. 武田 英二 :
臨床栄養学,
文光堂, 2004年4月.
31. 武田 英二 :
臨床医科学入門, --- ビタミンの化学と代謝 ---,
株式会社 光生館, 東京, 2004年4月.
32. 武田 英二 :
京, --- 肝硬変患者への栄養指導—耐糖能異常を踏まえて— ---,
日本新薬 株式会社, 京都, 2004年3月.
33. 武田 英二 :
栄養科学シリーズNEXT 臨床医学入門,
株式会社 講談社, 東京, 2003年12月.
34. 武田 英二, 中屋 豊, 高橋 保子 :
栄養士,医療スタッフのための実践臨床栄養学メモ第2版,
文光堂, 東京, 2003年11月.
35. 武田 英二 :
ビタミン代謝異常,
株式会社 医学書院, 東京, 2003年3月.
36. 武田 英二, 高橋 保子, 中屋 豊 :
栄養士,医療スタッフのための実践臨床栄養学メモ,改訂2版,
文光堂, 東京, 2003年.
37. 庄司 有里, 新井 英一, 水野 昭, 佐々木 一, 水本 憲司, 有馬 裕史, 松浦 基, 粟根 尚美, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
新規流動食(MHN-01)および従来流動食(SBF)の食後血糖値およびインスリン分泌量の比較,
日本病態栄養学会, 2003年.
38. 武田 英二, 奥村 仙示, 新井 英一 :
看護のための最新医学講座, --- 栄養療法·輸液 ---,
株式会社 中山書店, 東京, 2002年7月.
39. 武田 英二, 渡邊 孟, 奥田 拓道 :
高齢者の食と栄養管理,
株式会社 建帛社, 東京, 2001年5月.
40. 武田 英二, 高橋 保子 :
栄養士,医療スタッフのための実践臨床栄養学メモ,
文光堂, 東京, 2000年11月.
41. 武田 英二, 中坊 幸弘 :
臨床栄養学,
株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 1998年10月.
42. 武田 英二, 山下 亀次郎, 清野 裕 :
医師,管理栄養士のための栄養代謝テキスト,
文光堂, 東京, 1997年11月.

学術論文(審査論文):

1. Tomohiro Kagawa, Mina Kozai, Masashi Masuda, Nagakatsu Harada, Otoki Nakahashi, Mari Tajiri, Ryouhei Yoshikawa, Mari Nakao, Yuichiro Takei, Masayuki Iwano, Eiji Takeda, Yutaka Taketani and Hironori Yamamoto :
24-hydroxylase gene expression in renal proximal tubular cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.500, No.2, 275-282, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.04.058,   PubMed: 29653103)
2. Teruhiro Morishita, Michiko Sato, Hiroko Kume, Masae Sakuma, Hidekazu Arai, Takahumi Katayama, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo and Eiji Takeda :
Skeletal muscle mass of old Japanese women suffering from walking difficulty in nursing home.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 122-130, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111443,   DOI: 10.2152/jmi.65.122,   PubMed: 29593181)
3. Ryouhei Yoshikawa, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Mari Tajiri, Mari Nakao, Shiori Fukuda, Hidekazu Arai, Masashi Masuda, Masayuki Iwano, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
The age-related changes of dietary phosphate responsiveness in plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels and renal Cyp27b1 and Cyp24a1 gene expression is associated with renal -Klotho gene expression in mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.1, 68-74, 2017.
(DOI: 10.3164/jcbn.17-20,   PubMed: 29371756)
4. Kohei Sugihara, Masashi Masuda, Mari Nakao, Maerjianghan Abuduli, Yukiko Imi, Naoko Oda, Toshiya Okahisa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate exacerbates intestinal inflammation in experimental colitis.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.61, No.2, 91-99, 2017.
(DOI: 10.3164/jcbn.16-117,   PubMed: 28955125)
5. Chisaki Adachi, Hisami Okumura, Takafumi Katayama, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Single vegetable meal content equivalence and alternative to fat for satiety: a randomised trial in Japanese women,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.25, No.3, 478-486, 2016.
(DOI: 10.6133/apjcn.092015.25,   PubMed: 27440681,   Elsevier: Scopus)
6. Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Tamaki Otani, Hitoshi Kubo, Haruka Ueda, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Hiroshi Sakaue, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.310, No.7, E526-E538, 2016.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00234.2015,   PubMed: 26786774)
7. Mari Nakao, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Kotaro Abe, Masashi Masuda, Mariko Ishiguro, Masayuki Iwano, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate supplementation delays the onset of iron deficiency anemia and affects iron status in rats.,
Nutrition Research, Vol.35, No.11, 1016-1024, 2015.
(DOI: 10.1016/j.nutres.2015.09.001,   PubMed: 26475181)
8. Eiji Takeda, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Nobuya Inagaki, Masaya Hosokawa, Kenichiro Shide, Hiroshi Maegawa, Keiko Kondo, Eiji Kawasaki, Shoko Shinozaki, Yuichi Fujinaka, Tsukasa Matsubara, Takafumi Katayama, Hajime Sasaki, Akihiro Kawashima and Hiromitsu Aonuma :
Effect of nutritional counseling and long term isomaltulose based liquid formula (MHN-01) intake on metabolic syndrome.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.57, No.2, 140-144, 2015.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-132,   PubMed: 26388672)
9. Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Yuko Naniwa-Kuroki, Masae Sakuma, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Flaxseed oil intake reduces serum small dense low-density lipoprotein concentrations in Japanese men: a randomized, double blind, crossover study.,
Nutrition Journal, Vol.14, 39, 2015.
(DOI: 10.1186/s12937-015-0023-2,   PubMed: 25896182,   Elsevier: Scopus)
10. Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Eri Urano, Takafumi Katayama, Yuji Morine, Satoru Imura, Tohru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of nutritional metabolism after liver transplantation,
Nutrition, Vol.31, No.1, 105-110, 2015.
(DOI: 10.1016/j.nut.2014.05.016,   PubMed: 25441593,   Elsevier: Scopus)
11. Yutaka Taketani, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Hironori Yamamoto :
Niacin and Chronic Kidney Disease.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61 Suppl, S173-5, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.S173,   PubMed: 26598845,   Elsevier: Scopus)
12. Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Terumi Tanaka, Hirokazu Ohminami, Maerjianghan Abuduli, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Fluctuating plasma phosphorus level by changes in dietary phosphorus intake induces endothelial dysfunction.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.1, 35-42, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-96,   PubMed: 25678749)
13. B Zhou, Hisami Okumura, C Adachi, Y Kawakami, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
High-fat diet-related stimulation of sweetness desire is greater in women than in men despite high vegetable intake,
Public Health Nutrition, Vol.18, No.7, 1272-1281, 2014.
(DOI: 10.1017/S1368980014001426,   PubMed: 25079560)
14. Hirokazu Ohminami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebansou, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Dietary combination of sucrose and linoleic acid causes skeletal muscle metabolic abnormalities in Zucker fatty rats through specific modification of fatty acid composition.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 15-25, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-11,   PubMed: 25147427)
15. Yuuka Morimoto, Masae Sakuma, Hiroyuki Ohta, Akitsu Suzuki, Asami Matsushita, Minako Umeda, Makoto Ishikawa, Yutaka Taketani, Eiji Takeda and Hidekazu Arai :
Estimate of dietary phosphorus intake using 24-h urine collection.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 62-66, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-15,   PubMed: 25120281)
16. KKohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Eri Urano, Takafumi Katayama, Hiroki Mori, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery pattern of non-protein respiratory quotient and non-esterified fatty acid after liver resection,
Nutrition, Vol.30, No.4, 443-448, 2014.
(DOI: 10.1016/j.nut.2013.09.012,   PubMed: 24332605,   Elsevier: Scopus)
17. Otoki Nakahashi, Hironori Yamamoto, Sarasa Tanaka, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ichiro Kaneko, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Short-term dietary phosphate restriction up-regulates ileal fibroblast growth factor 15 gene expression in mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.54, No.2, 102-108, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.13-109,   PubMed: 24688219)
18. Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Mari Nakao, Yutaka Taketani, Hiroko Segawa, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Downregulation of renal type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter during lipopolysaccharide-induced acute inflammation.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.306, No.7, F744-50, 2014.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00474.2013,   PubMed: 24500689)
19. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Increasing dietary phosphorus intake from food additives: potential for negative impact on bone health.,
Advances in Nutrition, Vol.5, No.1, 92-97, 2014.
(DOI: 10.3945/an.113.004002,   PubMed: 24425727,   Elsevier: Scopus)
20. B Zhou, Hisami Okumura, S Seki, H Tatano, C Adachi and Eiji Takeda :
What influences appetite more: eating approaches or cooking methods?,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1.2, 118-125, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109528,   DOI: 10.2152/jmi.61.118,   PubMed: 24705757,   CiNii: 130004822698)
21. A Teramoto, Hisami Okumura, E Urano, T Nakamura-Kutsuzawa, K Sugihara, Takafumi Katayama, Hidenori Miyake, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Comparison of measured and predicted energy expenditure in patients with liver cirrhosis,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.23, No.2, 197-204, 2014.
(DOI: 10.6133/apjcn.2014.23.2.12,   PubMed: 24901087,   Elsevier: Scopus)
22. Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Role of nutrient transporters in lifestyle-related diseases,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.2, No.4, 409-416, 2013.
(DOI: 10.7600/jpfsm.2.409,   CiNii: 130003388626)
23. Wanjiku Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Induction of the hepatic stearoyl-CoA desaturase 1 gene in offspring after isocaloric administration of high fat sucrose diet during gestation.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.53, No.3, 150-157, 2013.
(DOI: 10.3164/jcbn.13-48,   PubMed: 24249969)
24. Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Masae Sakuma, Yuka Mori, Chisaki Adachi, Yukie Matsumoto, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Gene expression profiling in peripheral white blood cells in response to the intake of food with different glycemic index using a DNA microarray.,
Journal of Nutrigenetics and Nutrigenomics, Vol.6, No.3, 154-168, 2013.
(DOI: 10.1159/000354247,   PubMed: 24008923)
25. Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Mariko Ishiguro, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dietary phosphate restriction induces hepatic lipid accumulation through dysregulation of cholesterol metabolism in mice.,
Nutrition Research, Vol.33, No.7, 586-593, 2013.
(DOI: 10.1016/j.nutres.2013.05.004,   PubMed: 23827134)
26. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Mariko Ishiguro, Nagakatsu Harada, Masashi Masuda, Tomohiro Kagawa, Yuichiro Takei, Ayako Otani, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-Ichi Takeyama, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Thyroid hormones decrease plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels through transcriptional repression of the renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase gene (CYP27B1).,
Endocrinology, Vol.154, No.2, 609-622, 2013.
(DOI: 10.1210/en.2012-1647,   PubMed: 23307792,   Elsevier: Scopus)
27. Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Mariko Ishiguro, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Hypercholesterolemia and effects of high cholesterol diet in type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) deficient mice.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 191-196, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106356,   DOI: 10.2152/jmi.60.191,   PubMed: 24190035,   Elsevier: Scopus)
28. Hisami Okumura, T Nakamura-Kutsuzawa, A Teramoto, E Urano, Takafumi Katayama, H Miyake, S Imura, Toru Utsunomiya, M Shimada and Eiji Takeda :
Non-esterified fatty acid is being validated as a substitute measure for non-protein respiratory quotient in patients with cirrhosis,
e-SPEN Journal, Vol.8, e94, 2013.
(DOI: 10.1016/j.clnme.2013.04.003,   Elsevier: Scopus)
29. Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Reply to Letter to the Editor ''On the role of the type III phosphate transporters in vascular calcification'',
Bone, Vol.51, No.4, 829, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bone.2012.07.006,   Elsevier: Scopus)
30. Hisami Okumura, Akihiko Kawaura, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Treatment of rapid weight loss in a donor with hepatic steatosis in a living donor liver transplantation: a case report,
Hepato-Gastroenterology, Vol.59, No.115, 869-871, 2012.
(DOI: 10.5754/hge10237,   PubMed: 22469734)
31. Akiko Taniguchi-Fukatsu, Hisami Okumura, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Natto and viscous vegetables in a Japanese style breakfast improved insulin sensitivity, lipid metabolism and oxidative stress in subjects with impaired glucose tolerance,
British Journal of Nutrition, Vol.107, No.8, 1184-1191, 2011.
(DOI: 10.1017/S0007114511004156,   PubMed: 21899797)
32. Takashi Uebansou, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Sarasa Tanaka, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda :
Liver X receptor negatively regulates fibroblast growth factor 21 in the fatty liver induced by cholesterol-enriched diet.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.23, No.7, 785-790, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2011.03.023,   PubMed: 21889884)
33. Asuka Shiota, Yutaka Taketani, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Masataka Sata, Tohru Sakai, R. Mizuno, M. Isshiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
High phosphate diet reduces atherosclerosis formation in apolipoprotein E-deficient mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.2, 109-114, 2011.
(DOI: 10.3164/jcbn.10-150,   PubMed: 21980226)
34. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda :
Paradoxical regulation of human FGF21 by both fasting and feeding signals: is FGF21 a nutritional adaptation factor?,
PLoS ONE, Vol.6, No.8, e22976, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0022976,   PubMed: 21829679)
35. Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Takashi Uebansou, Makiko Fukaya, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effects of xylitol on metabolic parameters and visceral fat accumulation.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.1, 1-7, 2011.
(DOI: 10.3164/jcbn.10-111,   PubMed: 21765599)
36. Jun Shirakawa, Kikuko Amou, Hirokazu Ohminami, Kazuki Orime, Yu Togashi, Yuzuru Ito, Kazuki Tajima, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Eiji Takeda and Yasuo Terauchi :
Protective effects of dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitor against increased cell apoptosis induced by dietary sucrose and linoleic acid in mice with diabetes.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.29, 25467-25476, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M110.217216,   PubMed: 21613229,   Elsevier: Scopus)
37. Jun Shirakawa, Hideki Fujii, Kei Ohnuma, Koichiro Sato, Yuzuru Ito, Mitsuyo Kaji, Eri Sakamoto, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Yoji Nagashima, Kikuko Amou, Kazutaka Aoki, Chikao Morimoto, Eiji Takeda and Yasuo Terauchi :
Diet-induced adipose tissue inflammation and liver steatosis are prevented by DPP-4 inhibition in diabetic mice.,
Diabetes, Vol.60, No.4, 1246-1257, 2011.
(DOI: 10.2337/db10-1338,   PubMed: 21330637,   Elsevier: Scopus)
38. Ayako Tanimura, Fumiyo Yamada, Akihito Saito, Mikiko Ito, Toru Kimura, Naohiko Anzai, Daisuke Horie, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Analysis of different complexes of type IIa sodium-dependent phosphate transporter in rat renal cortex using blue-native polyacrylamide gel electrophoresis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 140-147, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 82750,   DOI: 10.2152/jmi.58.140,   PubMed: 21372499)
39. 奥村 仙示, 浦野 恵利, 板東 友美, 山内 利香, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
エネルギー代謝と血液生化学検査からみた肝切除前後の栄養評価,
日本臨床栄養学会雑誌, Vol.32, No.3, 133-140, 2011年.
(CiNii: 10029421521)
40. Rie Mukai, Reiko Nakao, Hironori Yamamoto, Takeshi Nikawa, Eiji Takeda and Junji Terao :
Quercetin Prevents Unloading-Derived Disused Muscle Atrophy by Attenuating the Induction of Ubiquitin Ligases in Tail-Suspension Mice.,
Journal of Natural Products, Vol.73, No.10, 1708-1710, 2010.
(DOI: 10.1021/np100240y,   PubMed: 20853873)
41. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Impact of splenectomy in patients with liver cirrhosis: Results from 18 patients in a single center experience.,
Hepatology Research, Vol.40, No.9, 894-900, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2010.00688.x,   PubMed: 20887594)
42. Asuka Shiota, Takahiko Hada, Tomoko Baba, Minako Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Protective effects of glycoglycerolipids extracted from spinach on 5-fluorouracil induced intestinal mucosal injury.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 314-320, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 79153,   DOI: 10.2152/jmi.57.314,   PubMed: 20847532,   Elsevier: Scopus)
43. Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara :
Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
(DOI: 10.3892/etm_00000075,   PubMed: 22993564)
44. Hisami Okumura, Taki Nakamura, Hidenori Miyake, Harumi Takeuchi, Takafumi Katayama, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of long-term late-evening snack on health-related quality of life in cirrhotic patients.,
Hepatology Research, Vol.40, No.5, 470-476, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2010.00637.x,   PubMed: 20412329)
45. Mariko Ishiguro, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Tadatoshi Sato, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Thyroid hormones regulate phosphate homoeostasis through transcriptional control of the renal type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) gene.,
The Biochemical Journal, Vol.427, No.1, 161-169, 2010.
(DOI: 10.1042/BJ20090671,   PubMed: 20088828,   Elsevier: Scopus)
46. Hidekazu Arai, Naomi Awane, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Masae Sakuma, Nagakatsu Harada, Akihiko Kawaura, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Increasing early insulin secretion compensate adequately for hepatic insulin resistance in CCl4-induced cirrhosis rats.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 54-61, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 77532,   DOI: 10.2152/jmi.57.54,   PubMed: 20299743)
47. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Kazusa Sato, Yuichiro Takei, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada, Kikuko Amou, Nagakatsu Harada, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hypocaloric high protein diet improves fatty liver and hypertriglyceridemia in sucrose-fed obese rats via two pathways.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.297, No.1, 76-84, 2009.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00014.2009,   PubMed: 19435858)
48. Emi Shuto, Yutaka Taketani, Tanaka Rieko, Nagakatsu Harada, Isshiki Masashi, Sato Minato, Nashiki Kunitaka, Amo Kikuko, Hironori Yamamoto, Higashi Yukihito, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda :
Dietary Phosphorus Acutely Impairs Endothelial Function.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.20, No.7, 1504-1512, 2009.
(DOI: 10.1681/ASN.2008101106,   PubMed: 19406976)
49. 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 奥村 仙示, 武田 英二 :
超速効型インスリン注射と就寝前夜食療法を併用した肝硬変合併糖尿病の4症例,
日本病態栄養学会誌, Vol.12, No.1, 51-57, 2009年.
(CiNii: 10029097991)
50. Kazuyoshi Kitaoka, Kaoru Uchida, Naoko Okamoto, Sachiko Chikahisa, Toshitsugu Miyazaki, Eiji Takeda and Hiroyoshi Sei :
Fermented ginseng improves the first-night effect in humans,
Sleep, Vol.32, No.3, 413-421, 2009.
(PubMed: 19294962)
51. Masae Sakuma, Hisami Okumura, Yuko Naniwa, Dai Matsumoto, Megumi Tsunematsu, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dose-dependent effects of barley cooked with white rice on postprandial glucose and desacyl ghrelin levels.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.44, No.2, 151-159, 2009.
(DOI: 10.3164/jcbn.08-232,   PubMed: 19308269)
52. Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Tadatoshi Sato, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Stanniocalcin 2 is positively and negatively controlled by 1,25(OH)(2)D(3) and PTH in renal proximal tubular cells.,
Journal of Molecular Endocrinology, Vol.42, No.3, 261-268, 2009.
(DOI: 10.1677/JME-08-0161,   PubMed: 19131501)
53. 奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二, 宇野 昌明, 永廣 信治 :
NST症例におけるワルファリン治療に及ぼす経腸栄養剤のビタミンK含有量の影響の検討,
Nutrition Support Journal, Vol.10, No.1, 27-30, 2009年.
54. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 酒井 徹, 武田 英二 :
高リン血症と心血管,
四国医学雑誌, Vol.64, No.3,4, 114-116, 2008年.
(CiNii: 40016304858)
55. Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Yui Miyazawa, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Palatinose and oleic acid act together to prevent pancreatic islet disruption in nondiabetic obese Zucker rats.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 183-195, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110858,   DOI: 10.2152/jmi.55.183,   PubMed: 18797130)
56. Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai :
Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites,
Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
(DOI: 10.1021/tx8000835,   PubMed: 18620432)
57. Hiroyoshi Sei, Katsutaka Oishi, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Eiji Takeda and Norio Ishida :
Diurnal amplitudes of arterial pressure and heart rate are dampened in Clock mutant mice and adrenalectomized mice.,
Endocrinology, Vol.149, No.7, 3576-3580, 2008.
(DOI: 10.1210/en.2007-1714,   PubMed: 18403480)
58. Kyoko Yuasa, Masako Sei, Eiji Takeda, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori :
Effects of lifestyle habits and eating meals together with the family on the prevalence of obesity among school children in Tokushima, Japan: a cross-sectional questionnaire-based survey.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 71-77, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110841,   DOI: 10.2152/jmi.55.71,   PubMed: 18319548,   Elsevier: Scopus)
59. Akiko Taniguchi, Hisami Okumura, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Natto and viscous vegetables in a Japanese style meal suppress postprandial glucose and insulin responses,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.4, 663-668, 2008.
(PubMed: 19114406,   Elsevier: Scopus)
60. J. Sekizawa, Y. Kojima, K. Mihara, Hironori Yamamoto, N. Ohta, A. Harada, Eiji Takeda, N. Yamada, T. Ikeuchi, Y. Imamura, Y. Nakamura and S. Miyairi :
Urine concentrations of indirubin in rats and humans and its possible interaction with other aryl hydrocarbon receptor ligands,
Presistent organic pollutants(pops)research in asia, 2008.
61. Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Hironori Yamamoto, Akira Mizuno, Keisuke Uryu, Takahiko Hada and Eiji Takeda :
Extracts of Momordica charantia suppress postprandial hyperglycemia in rats.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.53, No.6, 482-488, 2007.
(DOI: 10.3177/jnsv.53.482,   PubMed: 18202535)
62. Yutaka Taketani, Emi Shuto, Hidekazu Arai, Yuka Nishida, Rieko Tanaka, Takashi Uebanso, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Advantage of a low glycemic index and low phosphate diet on diabetic nephropathy and aging-related diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 359-365, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111542,   DOI: 10.2152/jmi.54.359,   PubMed: 17878688)
63. Dai Matsumoto, Hisami Okumura, Hidekazu Arai, Masae Sakuma, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Yuji Morine, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Nutritional treatment of a patient with hepatic cirrhosis with the novel low glycemic index liquid food (Inslow).,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 375-380, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111545,   DOI: 10.2152/jmi.54.375,   PubMed: 17878691)
64. Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Tadatoshi Sato, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Dietary palatinose and oleic acid ameliorate disorders of glucose and lipid metabolism in zucker fatty rats.,
The Journal of Nutrition, Vol.137, No.8, 1908-1915, 2007.
(DOI: 10.1093/jn/137.8.1908,   PubMed: 17634263,   CiNii: 80018293433)
65. Naoki Sawada, Yutaka Taketani, Norio Amizuka, Masako Ichikawa, Chiharu Ogawa, Kaori Nomoto, Kunitaka Nashiki, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Masashi Isshiki, Hiroko Segawa, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Caveolin-1 in extracellular matrix vesicles secreted from osteoblasts.,
Bone, Vol.41, No.1, 52-58, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bone.2007.02.030,   PubMed: 17448744)
66. Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Makiko Fukaya, Mitsuyo Sato, Hisami Okumura, Eiji Takeda and Toshio Doi :
Early-phase insulin secretion is distributed in obese subjects with glucose intolerance.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.6, 856-862, 2007.
(DOI: 10.1016/j.metabol.2007.01.017,   PubMed: 17512320)
67. Makiko Fukaya, Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Takashi Uebanso, Kaoru Matuo, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Mechanism of rapid-phase insulin response to elevation of portal glucose concentration.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.293, No.2, E515-22, 2007.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00536.2006,   PubMed: 17473051)
68. Yoshiko Tani, Tadashi Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Naoki Sawada, Kaori Genjida, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effects of prolonged high phosphorus diet on phosphorus and calcium balance in rats.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 221-228, 2007.
(DOI: 10.3164/jcbn.40.221,   PubMed: 18398500)
69. Kaoru Matsuo, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Makiko Fukaya, Tadashi Sato, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
The anti-obesity effect of the palatinose-based formula Inslow is likely due to an increase in the hepatic PPAR-α and adipocyte PPAR-γ gene expressions.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 234-241, 2007.
(DOI: 10.3164/jcbn.40.234,   PubMed: 18398502)
70. Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Makiko Fukaya, Kaoru Matsuo, Kazusa Muto, Hajime Sasaki, Motoi Matsuura, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Effects of a palatinose-based liquid diet (Inslow) on glycemic control and the second-meal effect in healthy men.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.1, 115-121, 2007.
(DOI: 10.1016/j.metabol.2006.09.005,   PubMed: 17161233)
71. Yoko Mizuha, Hironori Yamamoto, Tadatoshi Sato, Mitsuyoshi Tsuji, Masashi Masuda, Masayuki Uchida, Kentaro Sakai, Yutaka Taketani, Koji Yasutomo, Hajime Sasaki and Eiji Takeda :
Water extract of Cordyceps sinensis (WECS) inhibits the RANKL-induced osteoclast differentiation.,
BioFactors, Vol.30, No.2, 105-116, 2007.
(PubMed: 18356582)
72. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, K. Muto, K. Matsuo, M. Sakuma, M. Fukaya, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Gene expression in low glycemic index diet-impact on metabolic control,
Forum of Nutrition, Vol.59, 127-139, 2007.
(DOI: 10.1159/000107089,   PubMed: 17684409,   Elsevier: Scopus)
73. Yuka Nishida, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Fumiaki Imamura, Akiko Taniguchi, Tadatoshi Sato, Emi Shuto, Kunitaka Nashiki, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Acute effect of oral phosphate loading on serum fibroblast growth factor 23 levels in healthy men.,
Kidney International, Vol.70, No.12, 2141-2147, 2006.
(DOI: 10.1038/sj.ki.5002000,   PubMed: 17063170)
74. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Kazusa Muto, H Kume, Hajime Sasaki, Hidekazu Arai, Takeshi Nikawa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Restraint stress alters the duodenal expression of genes important for lipid metabolism in rat.,
Toxicology, Vol.227, No.3, 248-261, 2006.
(DOI: 10.1016/j.tox.2006.08.009,   PubMed: 16962226)
75. Hisami Okumura, Taki Nakamura, Harumi Takeuchi, Hidenori Miyake, Takafumi Katayama, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Masahiko Fujii, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of late evening snack with rice ball on energy metabolism in liver cirrhosis.,
European Journal of Clinical Nutrition, Vol.60, No.9, 1067-1072, 2006.
(DOI: 10.1038/sj.ejcn.1602420,   PubMed: 16508643)
76. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Takeshi Nikawa, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Immobilization decreases duodenal calcium absorption through a 1,25-dihydroxyvitamin D-dependent pathway.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.4, 291-299, 2006.
(DOI: 10.1007/s00774-006-0686-z,   PubMed: 16816923)
77. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Kunitaka Nashiki, Mayumi Nomoto, Emi Shuto, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto and Masashi Isshiki :
A novel function of phosphate-mediated intracellular signal transduction pathways,
Advances in Enzyme Regulation, Vol.46, No.1, 154-161, 2006.
(DOI: 10.1016/j.advenzreg.2006.01.003,   PubMed: 16846635)
78. Akihiko Kawaura, Eiji Takeda, Noritoshi Tanida, Kimie Nakagawa, Hironori Yamamoto, Kenji Sawada and Toshio Okano :
Inhibitory Effect of Long Term 1α-Hydroxyvitamin D3 Administration on Helicobacter pylori Infection,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.38, No.2, 103-106, 2006.
(DOI: 10.3164/jcbn.38.103,   Elsevier: Scopus)
79. 奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 :
肝硬変患者における就寝前夜食療法継続指導の健康関連QOLに対する効果,
日本病態栄養学会誌, Vol.9, No.2, 159-164, 2006年.
(CiNii: 50006121964)
80. Hironori Yamamoto, Yoshiko Tani, Kumi Kobayashi, Yutaka Taketani, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, John Wesley Pike, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Alternative promoters and renal cell-specific regulation of the mouse type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter gene,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1732, No.1-3, 43-52, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbaexp.2005.11.003,   PubMed: 16380173)
81. Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Tomoko Takeichi, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto, Masako Ichikawa, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells,
Kidney International, Vol.68, No.3, 1137-1147, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1523-1755.2005.00505.x,   PubMed: 16105044)
82. 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子, 武田 英二 :
血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点,
日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.1, 23-30, 2005年.
83. Junko Matsuda, Makiko Kido, Keiko Tadano-Aritomi, Ineo Ishizuka, Kumiko Tominaga, Kazunori Toida, Eiji Takeda, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda :
Mutation in saposin D domain of sphingolipid activator protein gene causes urinary system defects and cerebellar Purkinje cell degeneration with accumulation of hydroxy fatty acid-containing ceramide in mouse,
Human Molecular Genetics, Vol.13, No.21, 2709-2723, 2004.
(DOI: 10.1093/hmg/ddh281)
84. 武田 英二, 深谷 牧子, 松尾 薫, 新井 英一 :
機能性食品と高齢者(消化器疾患)への臨床応用 パラチノースの耐糖能障害への予防効果,
老年消化器病, Vol.16, No.2, 109-113, 2004年.
85. Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan :
Stress control and human nutrition,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
(徳島大学機関リポジトリ: 110734,   DOI: 10.2152/jmi.51.139,   PubMed: 15460899,   Elsevier: Scopus)
86. Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
(DOI: 10.1016/j.metabol.2004.03.004,   PubMed: 15281004)
87. 関元 幸代, 澄川 一英, 武田 英二 :
健常者に対するカルシウム・イソフラボン含有錠を大量摂取した時の安全性の検討,
健康・栄養食品研究, Vol.7, No.1, 11-20, 2004年.
(CiNii: 40006306060)
88. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Kunitaka Nashiki, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai and Yutaka Taketani :
Inorganic phosphate homeostasis and the role of dietary phosphorus.,
Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.8, No.2, 191-200, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1582-4934.2004.tb00274.x,   PubMed: 15256067,   Elsevier: Scopus)
89. Naoya Ikeda, Hiroji Uemura, Hitoshi Ishiguro, Mayumi Hori, Masahiko Hosaka, Satoru Kyo, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Yoshinobu Kubota :
Combination Treatment with 1α,25-Dihydroxyvitamin D3 and 9-cis-Retinoic Acid Directly Inhibits Human Telomerase Reverse Transcriptase Transcription in Prostate Cancer Cells,
Molecular Cancer Therapeutics, Vol.2, No.8, 739-746, 2003.
(PubMed: 12939463)
90. Tomoko Koda, Hisanori Minami, Tadashi Ogawa, Mariko Yamano and Eiji Takeda :
Higher Concentrations of Interferon-γ Enhances Uptake and Transport of Dietary Antigens by Human Intestinal Cells: A Study Using Cultured Caco-2 Cells,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.49, No.3, 179-186, 2003.
(PubMed: 12953796,   CiNii: 130001377334,   Elsevier: Scopus)
91. Yutaka Taketani, Mayumi Nomoto, Hironori Yamamoto, Masashi Isshiki, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Increase in IP3 and intracellular Ca2+ induced by phosphate depletion in LLC-PK1 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.305, No.2, 287-291, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(03)00750-2,   PubMed: 12745071)
92. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 水野 昭, 三宅 秀則, 田代 征記, 鶴尾 美穂, 武田 英二 :
肝硬変患者に対する就寝前夜食(LES)療法の長期継続効果:エネルギー代謝および耐糖能異常の改善がみられた1症例,
栄養-評価と治療, Vol.19, No.4, 461-465, 2002年.
93. 芳田 美智子, 山本 浩範, 森田 恭子, 武田 英二 :
スタニオカルシン2の分泌機構,
発達腎研究会誌, Vol.10, No.1, 50-56, 2002年.
94. Eiji Takeda, Kyoko Sakamoto, Kimi Yokota, Maiko Shinohara, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto and Mitsuo Shibayama :
Phosphorus supply per capita from food in Japan between 1960 and 1995,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.48, No.2, 102-108, 2002.
(PubMed: 12171429)
95. Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Hajime Koyama, Yutaka Taketani, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya, Eiji Takeda and Toshiaki Tamaki :
Hydrogen Peroxide Stimulates c-Src-mediated Big Mitogen-activated Protein Kinase 1(BMK1) and the MEF2C Signaling Pathway in PC12 Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.277, No.11, 9614-9621, 2002.
(DOI: 10.1074/jbc.M111790200,   PubMed: 11782488,   CiNii: 80015264938)
96. Osamu Yanagida, Yoshikatsu Kanai, Arthit Chairoungdua, Do Kyung Kim, Hiroko Segawa, Tomoko Nii, Seok Ho Cha, Hirotaka Matsuo, Jun-ichi Fukushima, Yoshiki Fukasawa, Yoshiko Tani, Yutaka Taketani, Hiroshi Uchino, Ju Young Kim, Jun Inatomi, Isao Okayasu, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda, Tomoyuki Goya and Hitoshi Endou :
Human L-type amino acid transporter 1(LAT1):/characterization of function and expression in tumor cell lines,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1514, No.2, 291-302, 2001.
(DOI: 10.1016/S0005-2736(01)00384-4,   PubMed: 11557028)
97. Tomoko Nii, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Makiko Ohkido, Sachie Kishida, Mikiko Ito, Hitoshi Endou, Yoshikatsu Kanai, Eiji Takeda and Ken-ichi Miyamoto :
) Molecular events involved in up-regulating human Na+-independent neutral amino acid transporter LAT1 during T-cell activation,
The Biochemical Journal, Vol.358, No.3, 693-704, 2001.
98. Takehisa Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto, Keiichi Ozono, Yutaka Taketani, Kanako Katai, Akimitsu Miyauchi, Masaaki Shima, Hideki Yoshikawa, Kosei Yoh, Eiji Takeda and Shintaro Okada :
Hypophosphatemic rickets accompanying McCune Albright syndrome: evidence that a humoral factor causes hypophosphatemia,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.19, No.5-6, 287-295, 2001.
(DOI: 10.1007/s0077410190287,   PubMed: 11498730)
99. Takeharu Tonai, Kei-ichiro Shiba, Yutaka Taketani, Yasukazu Ohmoto, Kaori Murata, Masahiro Muraguchi, Hiroyuki Ohsaki, Eiji Takeda and Takehiko Nishisho :
A neutrophil elastase inhibitor (ONO-5046) reduces neurologic damage after spinal cord injury in rats,
Journal of Neurochemistry, Vol.78, No.5, 1064-1072, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1471-4159.2001.00488.x,   PubMed: 11553680)
100. Tomoko Nii, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Ichiro Ohkido, Hiroko Segawa, Hitonori Yamamoto, Kyoko Morita, Kanshi Minamitani, Masanori Minagawa, Toshiyuki Yasuda, Hiroo Niimi, Akimitsu Miyauchi, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Direct demonstration of humorally mediated inhibition of the transcription of phosphate transporter in XLH patients,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.5, No.3, 144-152, 2001.
(DOI: 10.1007/s101570170002,   Elsevier: Scopus)
101. Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Michiko Yoshida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Megumi Kubota, Shigeko Yoshida, Mikiko Ikeda, F Watabe, Y Kanemasa and Eiji Takeda :
The polymorphism in the caudal-related homeodomain protein Cdx-2 binding element in the human vitamin D receptor gene,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.16, No.7, 1256-1264, 2001.
102. Megumi Kubota, Shigeko Yoshida, Mikiko Ikeda, Y Okada, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Association between two types of vitamin d receptor gene polymorphism and bone status in premenopausal Japanese women.,
Calcified Tissue International, Vol.68, No.1, 16-22, 2001.
(DOI: 10.1007/BF02684998,   Elsevier: Scopus)
103. 中村 多希, 奥村 仙示, 粟根 尚美, 武田 英二, 水野 昭, 田代 征記 :
肝硬変患者の耐糖能障害に関するアセスメント,
栄養-評価と治療, Vol.18, 31-34, 2001年.
104. Takamasa Ohnishi, Eiji Takeda, Shiro Yogita, Hidenori Miyake, Takafumi Kinoshita, Yoshiyasu Terashima, Toshio Matsumoto and Seiki Tashiro :
Effects of alendronate on bone metastases and hypercarcemia after surgery for hepatocellular carcinoma,
Japanese Journal of Clinical Oncology, Vol.30, No.9, 410-413, 2000.
(DOI: 10.1093/jjco/hyd105,   PubMed: 11095140,   Elsevier: Scopus)
105. 久野 明子, 西 正晴, 岩村 利佳子, 横田 貴美, 山中 仙示, 田代 正記, 武田 英二 :
胃切除患者の栄養アセスメント,
日本病態栄養学会誌, Vol.3, 114-127, 2000年.
106. Kanako Katai, Ken-ichi Miyamoto, Sachie Kishida, Hiroko Segawa, Tomoko Nii, Hiroko Tanaka, Yoshiko Tani, Hidekazu Arai, Sawako Tatsumi, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Regulation of intestinal Na+-dependent phosphate co-transporters by a low-phosphate diet and 1,25-dihydroxyvitamin D3.,
The Journal of Biochemistry, Vol.343, No.3, 705-712, 1999.
107. Hisami Okumura, Kaori Genjida, Kimi Yokota, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro and Eiji Takeda :
Daily pattern of energy metabolism in cirrhosis.,
Nutrition, Vol.15, No.10, 749-754, 1999.
(DOI: 10.1016/S0899-9007(99)00149-5,   PubMed: 10501287)
108. Hisami Okumura, Eiji Takeda, Kazumi Takata, Emi Shuto, Ken-ichi Miyamoto, Toshiyuki Watanabe, Yoshifumi Kawano, Yoichi Takaue and Yasuhiro Kuroda :
Total parenteral nutrition on energy metabolism in children undergoing autologous peripheral blood stem cell transplantation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.44, No.3-4, 199-203, 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 110667,   PubMed: 9597809,   Elsevier: Scopus)
109. Kazumi Takata, Noriko Chiba, Mariko Tawara, Hisami Okumura, Emi Shuto, Ken-ichi Miyamoto, Ichiro Yokota, Junko Matsuda, Yasuhiro Kuroda and Eiji Takeda :
Comparison of energy metabolism in insulin-dependent and non-insulin-dependent diabetes mellitus,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.44, No.1-2, 67-71, 1997.
(徳島大学機関リポジトリ: 111643,   PubMed: 9395720,   Elsevier: Scopus)
110. Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Yuka Iemori, Kyoko Morita, Takeharu Tonai, Takehiko Nishisho, Shigenobu Mori and Eiji Takeda :
A vitamin D receptor gene polymorphism in the translation initiation codon: effect on protein activity and relation to bone mineral density in Japanese women.,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.12, No.6, 915-921, 1997.
111. Kanako Katai, Hiroko Segawa, Hiromi Sakata-Haga, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Sawako Tatsumi, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Setsuji Hisano, Yoshihiro Fukui and Eiji Takeda :
Acute regulation by dietary phosphate of the sodium-dependent phosphate transporter (NaP(i)-2) in rat kidney.,
The Journal of Biochemistry, Vol.121, No.1, 50-55, 1997.
112. Eiji Takeda, K. Takata, H. Yamanaka, Yutaka Taketani, K. Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, S. Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type II.,
FEBS Letters, Vol.4, No.364, 157-160, 1996.
113. Eiji Takeda, Kazumi Takata, Hisami Yamanaka, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, Shigetada Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type 2,
FEBS Letters, Vol.396, 157-160, 1996.
114. Eiji Takeda, Kazumi Takata, Hisami Yamanaka, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, Shigetada Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type 2,
FEBS Letters, Vol.396, 157-160, 1996.
115. 早渕 康信, 武田 英二, 伊藤 道徳, 西條 隆彦, 内藤 悦雄, 松田 純子, マーブブル ホク, 黒田 𣳾弘 :
関節痛により発見されたマンノシドーシスの姉妹例,
日本小児科学会雑誌, Vol.95, No.7, 1666-1671, 1991年.

学術論文(紀要・その他):

1. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Kaoru Matsuo, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Gene expression in low glycemic index diet - impact on metabolic control.,
Forum Nutrition, Vol.60, 127-139,
2. Nozomi Yokoyama, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano and Eiji Takeda :
Association with Fetuin-A and Ectopic Calcification in -Klotho Mutant Mice.,
American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, 2013.
3. 奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 武田 英二 :
無理なくダイエット!∼ボリュメトリクス∼エネルギー密度(ED)に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い昼食の検討,
New Food Industry, Vol.55, No.5, 17-24, 2013年.
4. 奥村 仙示, 山内 利香, 浦野 恵理, 寺本 有沙, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
肝硬変患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討,
栄養アセスメント, Vol.28, No.1, 18-20, 2011年.
5. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Yuka Nishida, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada and Yutaka Taketani :
Phosphate restriction in diet therapy.,
Contributions to Nephrology, Vol.155, 113-124, 2007.
(DOI: 10.1159/000101004,   PubMed: 17369719)
6. 奥村 仙示, 谷口 章子, 浪花 裕子, 西田 由香, 竹内 晴美, 佐久間 理英, 谷 佳子, 高橋 保子, 武田 英二 :
粘性食を組み合わせた朝食長期摂取によるインスリン感受性,脂質代謝改善評価,
栄養-評価と治療, Vol.23, No.6, 40-43, 2006年.
7. 谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 山本 浩範, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取の血糖およびインスリン反応への効果,
栄養-評価と治療, Vol.22, 69-77, 2005年.
8. 竹内 晴美, 奥村 仙示, 中村 多希, 竹内 里美, 新井 英一, 竹谷 豊, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 田代 正記, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
栄養-評価と治療, Vol.21, 573-577, 2004年.
(CiNii: 80017155664)
9. 横田 貴美, 源氏田 可織, 山中 仙示, 森田 恭子, 篠原 麻衣子, 坂本 恭子, 武田 英二, 三宅 秀則, 田代 正記 :
肝硬変患者の栄養代謝アセスメント,
栄養-評価と治療, Vol.15, No.4, 385-389, 1998年.

総説・解説:

1. 武田 英二, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
新規シグナルとしてのリン酸(<特集>ビタミンB研究委員会平成26年度シンポジウム「ビタミン・バイオファクターの生理機能に関する最新の話題」),
ビタミン, Vol.89, No.8, 393-396, 2015年8月.
(CiNii: 110009978428)
2. 武田 英二, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
新規シグナルとしてのリン酸,
ビタミン, Vol.89, No.8, 393-396, 2015年8月.
3. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
小児疾患および成人疾患からみたビタミンD栄養学,
ビタミン, Vol.88, No.10, 499-506, 2014年10月.
(CiNii: 110009891160)
4. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
小児疾患および成人からみたビタミンD栄養学,
ビタミン, Vol.10, 499-506, 2014年.
5. 奥村 仙示, 大南 博和, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する③ニュートリゲノミクスを用いた日本食の評価,
PRACTICE, Vol.31, No.3, 31-34, 2014年.
6. 奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する②日本食を用いたボリュメトリクス(Volumetrics):エネルギー密度(ED)に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い食事,
PRACTICE, Vol.31, No.2, 159-163, 2014年.
7. 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する①食後高血糖を抑制する食事,
PRACTICE, Vol.31, No.1, 31-34, 2014年.
8. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 阿部 航太郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
慢性腎不全時のリン制限食を用いた栄養療法は,腎性貧血の発症進展を予防する,
四国医学雑誌, Vol.68, No.5-6, 270-271, 2012年12月.
9. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
リンの栄養学 健康と疾患(解説),
香川県小児科医会会誌, No.33, 35-39, 2012年6月.
(CiNii: 40019392175)
10. 武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
うつ病と栄養 (特集 メンタルヘルスと栄養),
四国医学雑誌, Vol.68, No.1, 3-8, 2012年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 97911,   CiNii: 40019338705)
11. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
栄養素輸送システムと食品機能,
消化と吸収, Vol.34, No.2, 11-19, 2012年2月.
(CiNii: 10030299244)
12. 武田 英二, 谷 佳子, 奥村 仙示 :
臨床栄養管理の意義とエビデンス,臨床栄養管理法―栄養アセスメントから経済評価まで―,
建帛社, 38, 2011年5月.
13. 奥村 仙示, 川上 由香, 佐久間 理英, 武田 英二 :
大麦を利用した食後高血糖抑制割合の検討と食品評価,
New Food Industry, Vol.53, No.4, 12-22, 2011年4月.
(CiNii: 40018771388)
14. 武田 英二, 谷村 綾子, 増田 真志 :
内科医のための骨粗鬆症・カルシウム・リン代謝からあらためて骨を考える,
Mebio, No.8, 12-17, 2008年8月.
15. 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二, 宮本 賢一 :
ビタミンDとリン代謝, --- 加齢遺伝子とのかかわり ---,
CLINICAL CALCIUM, Vol.16, No.7, 1137-1142, 2006年7月.
16. 武田 英二 :
痛風・高尿酸血症,
栄養・食糧学データハンドブック, 343, 2006年1月.
17. 武田 英二 :
第6章ストレス制御をめざす栄養科学,
食品機能素材Ⅲ, 54-59, 2005年11月.
18. 武田 英二, 西田 由香, 竹内 晴美 :
痛風・高尿酸血症,
診断と治療, Vol.93, No.10, 1747-1750, 2005年10月.
19. 川浦 昭彦, 西田 由香, 武田 英二 :
リン摂取と骨密度,
Clinical Calcium, Vol.15, No.9, 55-60, 2005年9月.
20. 武田 英二 :
座談会・経腸栄養の素材と生体機能調節,
栄養-評価と治療, Vol.22, No.4, 81-89, 2005年8月.
21. 武田 英二 :
先天性代謝異常,
健康・栄養科学シリーズ人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論Ⅰ, 85-88, 2005年5月.
22. 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
ビタミンDレセプター遺伝子多型と骨代謝,
臨床栄養, Vol.106, No.5, 580-586, 2005年5月.
23. 武田 英二 :
分子栄養学とは? 食事で遺伝子の発現が変わるのか?,
小児内科, Vol.37, No.5, 608-609, 2005年5月.
24. 武田 英二 :
ストレス制御をめざす栄養科学,
日本学術会議中国・四国地区ニュース, No.38, 2005年3月.
25. Kimie Nakagawa, Akihiko Kawaura, Shigeaki Kato, Eiji Takeda and Toshio Okano :
1α,25-Dihydroxyvitamin D3 is a preventive factor in the metastasis of lung cancer,
Carcinogenesis, Vol.26, No.2, 429-440, Feb. 2005.
(DOI: 10.1093/carcin/bgh332,   PubMed: 15539405,   Elsevier: Scopus)
26. 武田 英二 :
臨床栄養管理,
ILSI, Vol.84, 14-21, 2005年.
27. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
特集「透析患者の栄養評価における新理論と新技術」Ⅰ総論:最近の栄養評価における理論と技術およびその問題点,
臨牀透析, Vol.20, No.12, 7-14, 2004年7月.
28. 武田 英二, 竹谷 豊 :
特集 - エビデンスからみた機能性食品の現状 2. 耐糖能改善食品(1)食物繊維,
栄養評価と治療, Vol.21, No.3, 237-240, 2004年6月.
29. 武田 英二, 竹谷 豊 :
生体におけるリンの役割と制御,
腎不全とリン, 17-21, 2004年6月.
30. 武田 英二 :
III 食事療法 肝疾患合併時,
糖尿病最新の治療 2004-2006, 84-85, 2004年2月.
31. 武田 英二 :
小児のこころと身体の健康を支援する栄養科学,
大阪府学校医会誌, No.28, 1-12, 2004年.
32. 武田 英二 :
炎症性腸疾患に対する栄養管理の進歩,
消化と吸収, Vol.27, No.1, 20-23, 2004年.
33. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Naoki Sawada, Tadatoshi Sato and Hironori Yamamoto :
The regulation and function of phosphate in the human body,
BioFactors, Vol.21, No.1-4, 345-355, 2004.
(PubMed: 15630224,   Elsevier: Scopus)
34. 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 澤田 直樹, 武田 英二 :
Ⅶ.骨粗鬆症 ビタミンD至適摂取量-活性型ビタミンDを使用した場合の対応も含めて,
Clinical Calcium, Vol.14, No.1, 56-59, 2003年12月.
35. 武田 英二, 新井 英一, 竹谷 豊 :
分子栄養学からみた糖尿病の予防と治療,
臨床栄養, Vol.103, No.5, 565-569, 2003年10月.
36. 武田 英二, 山本 良郎 :
生体での栄養代謝調節,
栄養食品学-基礎と応用-, 272-309, 2003年10月.
37. 武田 英二, 竹谷 豊, 三宅 秀則 :
肝疾患における低栄養の病態と治療,
肝·胆·膵, Vol.47, No.1, 93-98, 2003年7月.
38. 武田 英二 :
小児の栄養,
標準小児科学第5版, 23-37, 2003年3月.
39. 武田 英二 :
ビタミン欠乏症 微量元素欠乏症,
内科学 第8版, Vol.8, No.1, 1765-1769, 2003年3月.
40. 竹谷 豊, 武田 英二 :
重症心身障害児の至適投与熱量と栄養基質,
JJPEN輸液栄養, Vol.25, No.2, 63-67, 2003年2月.
41. 武田 英二, 梨木 邦剛, 竹谷 豊 :
ミネラルの生体での代謝と吸収,
FOOD Style 21, Vol.7, No.2, 41-46, 2003年2月.
42. 武田 英二, 佐々木 一 :
耐糖能障害を予防・改善する機能性食品の開発,
消化と吸収, Vol.26, No.1, 94-97, 2003年.
43. 奥村 仙示, 中村 多希, 津田 紀子, 竹谷 豊, 國清 紀子, 高橋 保子, 武田 英二 :
肝硬変の栄養療法-夜食による早朝空腹時のエネルギー代謝改善効果-,
日本病態栄養学会誌, Vol.6, No.1, 17-20, 2003年.
44. 粟根 尚美, 新井 英一, 武田 英二, 松村 晃子, 高橋 保子 :
低Glycemic Index食品は2型糖尿病の発症を予防し治療効果を有する,
四国医学雑誌, Vol.58, No.4-5, 194-200, 2002年10月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110551)
45. 武田 英二 :
先天性異常症, --- 病態と栄養療法の基礎的理解のために ---,
食生活, Vol.96, No.10, 82-86, 2002年10月.
46. 武田 英二 :
栄養と遺伝子発現,
医学のあゆみ, Vol.202, No.12, 983, 2002年9月.
47. 武田 英二 :
腎尿細管・消化吸収機能異常症,
小児科学 第2版, 343-347, 2002年6月.
48. 渡辺 明治, 武田 英二, 清野 裕, 立川 倶子 :
「病態栄養専門士」とその認定制度,
臨床栄養, Vol.100, No.6, 675-679, 2002年5月.
49. 武田 英二 :
病態栄養士をめざすもの,
認定病態栄養士のための病態栄養ガイドブック, 10-13, 2002年3月.
50. 武田 英二, 新井 英一, 山本 浩範 :
ヒトビタミンD受容体の腸管での発現と骨粗鬆症,
臨床栄養Update 生活習慣と消化器疾患, Vol.39, No.2, 320-321, 2002年2月.
51. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 一色 政志, 武田 英二 :
カルシウム・リン酸輸送とカベオラ,
腎と骨代謝, Vol.15, No.4, 343-349, 2002年.
52. 竹谷 豊, 大久保 公美, 小林 くみ, 武田 英二 :
炎症性腸疾患の栄養アセスメント,
日本病態栄養学会誌, Vol.5, No.1, 45-48, 2002年.
53. 武田 英二, 飯田 めぐみ, 小林 くみ :
リン輸送体の分子生物学,
腎と骨代謝, Vol.15, No.1, 33-38, 2002年.
54. Eiji Takeda, Kyoko Morita, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Ken-ichi Miyamoto :
Renal handling of phosphate,
Calcium In Internal Medicine, 137-148, 2002.
55. 森田 恭子, 飯田 めぐみ, 武田 英二 :
副甲状腺ホルモンによるリントランスポーター遺伝子の調節,
CLINICAL CALCIUM, Vol.11, No.12, 82-86, 2001年12月.
56. 武田 英二 :
ビタミンD欠乏性くる病とビタミンD依存性くる病,
小児疾患の診断治療基準, Vol.33, 196-197, 2001年11月.
57. 武田 英二, 新井 英一, 森田 恭子 :
エネルギー,
臨床栄養, Vol.99, No.5, 546-549, 2001年10月.
58. 武田 英二, 森田 恭子 :
食物成分と薬剤との相互作用,
The Lipid, Vol.12, No.5, 59-63, 2001年10月.
59. 武田 英二 :
高齢者栄養学,
おいしいね, Vol.12, 15, 2001年7月.
60. 武田 英二 :
骨粗鬆症のリスクファクターである日本人リン摂取過剰に関する研究,
医学研究報告書, 76-79, 2001年6月.
61. 武田 英二, 野本 真由美, 山本 浩範 :
ビタミンA,D,
小児科診療, Vol.64, No.5, 660-665, 2001年5月.
62. 武田 英二, 加藤 秀夫 :
高齢者の食と栄養管理に関する対策と提言,
高齢者の食と栄養管理, 33-57, 2001年5月.
63. 武田 英二 :
高齢者栄養学,
おいしいね, Vol.11, 13, 2001年5月.
64. 武田 英二 :
医師のための糖尿病栄養学,
メディカルジャーナルDITN, Vol.278, 2-3, 2001年4月.
65. 武田 英二 :
リン酸代謝の栄養学,
カルシウムと骨, 146-150, 2001年4月.
66. 武田 英二, 岸田 祐枝, 藤田 裕之 :
骨代謝の基礎と最近の知見,
小児内科, Vol.33, No.2, 156-160, 2001年2月.
67. 武田 英二 :
新生児肝炎,
治療指針今日の治療指針 - 私はこう治療している, 825-826, 2001年1月.
68. 武田 英二 :
リンの生理機能,
HEALTH DIGEST, Vol.16, 1-6, 2001年.
69. 武田 英二, 新井 英一, 山中 仙示, 森田 恭子 :
ビタミンD受容体遺伝子多型からみた骨粗鬆症に対する栄養管理,
日本臨床栄養学会雑誌, Vol.23, 3-6, 2001年.
70. 山中 仙示, 田口 華代, 武田 英二 :
肝硬変患者のエネルギー代謝の評価法,
JJPEN, Vol.23, No.2, 83-86, 2001年.
71. 武田 英二 :
ビタミンD依存症Ⅱ型,
ビタミンD Update 2001, 200-211, 2001年.
72. 武田 英二, 山中 仙示 :
肝疾患と病態栄養-予防と治療を考える-,
最新肝臓病学 全国現状調査から将来展望まで, 110-113, 2001年.
73. 山中 仙示, 篠原 麻衣子, 坂本 恭子, 横田 貴美, 武田 英二 :
エネルギー代謝からみた肝硬変患者の栄養管理-肝硬変患者のエネルギー代謝,
日本病態栄養学会, Vol.3, 35-43, 2000年.

国際会議:

1. Hisami Okumura, Shoko Wada, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Yuji Morine, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of hepatectomy on energy metabolism in patients with liver cancer and cholangiocalcinoma by the difference of resection volume,
38th European Congress for Nutrition and Metabolism, Copenhagen, Sep. 2016.
2. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Hiroshi Tatano, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda :
Serum metabolites and gene expression profiling in peripheral white blood cells in response to the food intake with different glycemic index,
11th Metabolomics Society Conference, San Francisco, CA, USA, Jun. 2015.
3. Abuduli Maerjianghan, Ohminami Hirokazu, Tamaki Otani, Kubo Hiroshi, Ueda Haruka, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Effect of Dietary Phosphate on Glucose Metabolism by 18F-FDG PET/CT in Rats,
75th Scientific Sessions, American Diabetes Association, Boston Convenstion and Exhibition Center, Boston MA, June 5-9, 2015, Jun. 2015.
4. Yutaka Taketani, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Hironori Yamamoto :
Niacin and Chronic Kidney Disease.,
ACN2015 Asian Congress of Nutrition., May 2015.
5. S Wada, Hisami Okumura, B Zhou, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of hepatectomy on energy metabolism in patients with liver cancer and cholangiocarcinoma by the difference of resection volume,
12th Asian Congress of Nutrition (ACN), May 2015.
6. H tatano, Hisami Okumura, B Zhou, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Desire for protein and sweetness is stimulated by dietary habits of high fat intake,
12th Asian Congress of Nutrition (ACN), May 2015.
7. Misaki Katsumoto, Michiyo Yamasaki, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
SNPs Associated with Serum Phosphorus Concentration in Japanese,
American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
8. Abuduli Maerjianghan, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate is a Novel Regulator of Glucose and Lipid Metabolism,
American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
9. Hisami Okumura, K Sugihara, M Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Sep. 2014.
10. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Syoko Wada, Daisuke Kajiura, Masashi Masuda, Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Masaru Tomita and Tomoyoshi Soga :
Perioperative serum and urine metabolome analysis in patients with hepatocellular carcinoma,
37th European Congress for Nutrition and Metabolism, Lisbon, Portugal, 2015, September 5-8, Sep. 2014.
11. Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
The non-protein respiratory quotient as biomarker for the recover from hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma.,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
12. Hisami Okumura, Kohei Sugihara, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation.,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
13. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Ayaka Kamimura, Satomi Yamasaki, Kohei Sugihara, Yutaka Taketani, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda :
Metabolome analysis after hyper- and hypoglycemic food intake in healthy young men,
Tsuruoka, Yamagata, Japan, Jun. 2014.
14. Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Tomohiro Kagawa, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Rina Onishi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Thyroid Hormones Decrease Plasma 1,25-Dihydroxyvitamin D Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-Hydroxyvitamin D3 1-Hydroxylase Gene (CYP27B1),
American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, Nov. 2013.
15. Haruka Ueda, Yutaka Taketani, Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Lanthanum Carbonate or Dietary P Restriction Ameliorates Endothelial Dysfunction in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Rats,
American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
16. Michiyo Yamasaki, Misaki Katsumoto, Yutaka Taketani, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Effects of Dietary Phosphorus Load on the Postprandial Blood Glucose and Glucose-Regulating Hormone Levels.,
American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
17. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Ayaka Kamimura, Satomi Yamasaki, Moe Takase, Kohei Sugihara, Chisaki Adachi, Yuka Kawakami, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda :
Low-rice intake in low energy density diet stimulates sweetness desire in women more than in Men,
9th Metabolomics Society 2013 Conference SECC, Glasgow, UK, Jul. 2013.
18. Wanjihia W Violet, Ohminami Hirokazu, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Gestational Isocaloric High Fat High Sucrose Diet Causes More Severe Metabolic Complications in Offspring than Calorie Restriction.,
American Diabetes Association Scientific Session 2013, Chicago, IL, USA, Jun. 2013.
19. Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Eri Urano, Takafumi Katayama, Hiroki Mori, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery Pattern of Energy Metabolism and Blood Biochemical Data after Liver Resection in Hepatocellular Carcinoma Patients and Liver Transplantation Donors.,
8th Asia Pacific Conference on Clinical Nutrition, Chiba, Japan, Jun. 2013.
20. Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Metabolic programming of the steroyl-CoA desaturase 1 (SCD-1) gene after gestational isocaloric high fat high sucrose diet.,
8th Asia-Pacific conference on Clinical Nutrition, Tokyo, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
21. Maerjianghan Abuduli, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Effect of dietary phosphate-loading on glucose and lipid metabolism.,
8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
22. Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Health effect of phosphorus: cardiovascular disease and mortality.,
8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, Jun. 2013.
23. 森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 :
24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討,
第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
24. Hironori Yamamoto, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Ikeda Shoko, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
The Expression Profiling of Intestinal Nutrient Transporter and Channel Genes in Ratas with Renal Failure.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 951A, Oct. 2012.
25. Nakao Mari, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate Restriction Prevents Renal Anemia in Chronic Kidney Disease Model Rats.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 792A, Oct. 2012.
26. C Adachi, Hisami Okumura, B Zhou, Y Kawakami, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Effect of dietary energy density on fullness and satisfaction is modulated by habitual daily vegetable intake,
34th ESPEN Congress, Sep. 2012.
27. A Teramoto, Hisami Okumura, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Comparison of measured REE with predicted BEE in Japanese cirrhosis,
34th ESPEN Congress, Barcelona, Sep. 2012.
28. Hisami Okumura, A Teramoto, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Blood index for estimating non-protein respiratory quotient without using indirect calorimetry in cirrhotic patients,
34th ESPEN Congress, Barcelona, Sep. 2012.
29. Hironori Yamamoto, Otani Ayako, Yokoyama Nozomi, Onishi Rina, Takei Yuichiro, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regional Up-regulation of 25-hydroxyvitamin D 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the Alpha Klotho Mutant Mice,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
30. Ikeda Shoko, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Induction of the Intact and C-terminal FGF23 Levels and Its Gene Expression in Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
31. Nakahashi Otoki, Hironori Yamamoto, Tanaka Sarasa, Kozai Mina, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Kato Shigeaki and Eiji Takeda :
Dietary Phosphorus Restriction Up-regulates the Ileal Fibroblast Growth Factor 15 Gene Expression through the Vitamin D Receptor Activation,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
32. B Zhou, Hisami Okumura, C Adachi, Y Kawakami, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Low-rice intake in low energy density diet stimulates sweetness desire in women more than in Men,
American Diabetes Association 72rd Scientific Sessions, Chicago, IL, USA, Jun. 2012.
33. Hironori Yamamoto, Kikuchi Hiroko, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Tanaka Sarasa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
THE EXPRESSION PROFILING OF INTESTINAL NUTRIENT TRANSPORTER GENES IN RATS WITH RENAL FAILURE,
XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
34. Yutaka Taketani, Yamasaki Michiyo, Ueda Haruka, Mori Yukari, Tanaka Terumi, Horie Daisuke, Ominami Hirokazu, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
INTERACTION BETWEEN DIETARY PHOSPHATE AND CARBOHYDRATE ON GLUCOSE AND PHOSPHATE METABOLISMS IN HEALTHY YOUNG MEN.,
XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
35. Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regulation of Phosphate Homeostasis by Steroid/thyroid Hormones and Its Receptors,
The International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011), Taipei, Taiwan, Nov. 2011.
36. Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Flavonoid derivatives prevent disuse muscle atrophy,
Internatinal Conference on Food Factors, Taipei, Nov. 2011.
37. Yutaka Taketani, Tan Vu Van, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Abudli Maerujianghan, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hyperphosphatemia Causes Endothelial Dysfunction by Inhibiting Akt-Endothelial Nitric Oxide Synthase Pathway in Chronic Kidney Disease Rats,
American Heart Association Scientific Sessions 2011, Orlando, FL, USA, Nov. 2011.
38. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Ayako Otani, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
hyroid Hormones Decrease the Plasma 1alpha, 25-dihydroxyvitamin D3 Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-hydroxyvitamin D3 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene,
American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
39. Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Elevated Extracellular Phosphate Levels Down-Regulate Both Akt and AMP-Dependent Kinase in Endothelial Cells,
American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
40. Hironori Yamamoto, Tsuji Mitsuyoshi, Rie Mukai, T Inakuma, Junji Terao and Eiji Takeda :
Dietary quercetin and onion powder could prevent immobilization induced bone loss in rats,
5th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH), Barcelona, Oct. 2011.
41. Tan Vu Van, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Ken-ichi Miyamoto, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
ole of Akt-eNOS Signal Pathway in the Endothelial Dysfunction induced by Chronic Kidney Disease with Hyperphosphatemia.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
42. Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Masashi Masuda, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporters During Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
43. Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
All-Trans-Retinoic Acid Inhibits Intestinal Phosphate Uptake and Type IIb Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Gene Expression in Rat.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
44. Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
NATTO AND VISCOUS VEGETABLES IN A JAPANESE STYLE BREAKFAST IMPROVED INSULIN SENSITIVITY, LIPID METABOLISM AND OXIDATIVE STRESS IN IMPAIRED GLUCOSE TOLERANCE SUBJECTS,
33rd ESPEN Congress on Clinical Nutrition & Metabolism, Göteborg, Sweden, Sep. 2011.
45. Eiji Takeda, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Hisami Okumura :
Natto And Viscous Vegetables Improved Insulin Sensitivity, Lipid Metabolism and Oxidative Stress in Impaired Glucose Tolerance Subjects,
7th Asia Pacific Conference of Clinical Nutrition, Bangkok, Thailand, Jun. 2011.
46. Rie Mukai, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda, Yoshichika Kawai and Junji Terao :
Disuse muscle atrophy is suppressed by antioxidative flavonoid quercetin,
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine, Kyoto, Jan. 2011.
47. Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Disuse muscle atrophy is prevented by flavonoids,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
48. Rie Murai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Diused muscel atrophy is prevented by flavonoids,
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
49. Ayako Otani, Hironori Yamamoto, Yuichiro Takei, Mina Kozai, Masashi Masuda, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Regional Up-Regulation of 25-Hydroxyvitamin D 1a-Hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the alpha Klotho Mutant Mice,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
50. Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
All-Trans Retinoic Acid Maintains the Blood Phosphate Levels through the Positive and Negative Regulation of Type II Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Family Genes in Kidney and Intestine,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
51. Tan Vu Van, Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Asuka Shiota, Ayako Tanimura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate Restriction Ameliorates Endothelial Function in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Model Rats,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Cololado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
52. Tomoyo Kitamura, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Asuka Shiota, Tan Vu Van, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Phosphoproteomic Analysis in the Endothelial Cells Damaged by Hyperphosphatemia,
American Heart Association Scientific Session 2010, Chicago, IL, USA, November 13-17, 2010, Nov. 2010.
53. Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Tadashi Sato, Masashi Masuda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Beate Lanske and Eiji Takeda :
Up-regulation of Stanniocalcin 2 Expression by the Abnormality of Klotho-Fgf23 Signaling and Inhibition of Phosphate-induced Calcification in Aortic Vascular Smooth Muscle Cells,
American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, ON, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
54. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Transrepression of Renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase (CYP27B1) Gene Expression by Thyroid Hormone Receptor 1,
American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
55. Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Masae Sakuma, Yukie Matsumoto, Tadatoshi Sato and Eiji Takeda :
Gene expression profiling of human peripheral blood is affected by the differences in glycemic and insulinemic responses to food intake,
32th ESPEN congress, Nice, France, Sep. 2010.
56. Hisami Okumura, Rika Yamauchi, Eri Urano, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Identification of laboratory biomarker reflecting non protein respiratory quotient (npRQ) in hepatic cirrhosis,
32th ESPEN congress, Nice, France, Sep. 2010.
57. Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Effect of viscous mixed meal on glucose lipid metabolism and oxidant stress,
33th ESPEN congress, Gothenburg, Sweden, Sep. 2010.
58. Hirokazu Ominami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Takashi Uebanso, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Combined Efects of Dietary Carbohydrate and Fat on Tissue Fatty Acid Composition and Insulin Resistance,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
59. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Human FGF21 Is Paradoxically Induced by Both Fasting and Over-Feeding Signals - Is FGF21 a Nutritional Adaptation Factor?,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
60. Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
The Interaction of Dietary Carbohydrate and Fat on Pancreatic Islet Dysfunction Mediated by Glucolipotoxicity,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
61. Emi Shuto, Yutaka Taketani, W Kusunise, T Tanaka, D Horie, Kikuko Amou, Hironori Yamamoto, Tohru Sakai and Eiji Takeda :
Excessive dietary phosphorus acutely impairs endothelial function in healthy men,
The American Society of Nephrology 42nd ANNUAL MEETING & Scientific Exposition, San Diego, Oct. 2009.
62. Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, T Uebanso, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda :
Postprandial Hyperphosphatemia is a Novel Risk Factor for Cardiovascular Disease by Involving Endothelial Dysfunction,
American Society of Bone and Mineral Research 30th ANNUAL MEETING, Montreal, Sep. 2008.
63. Hisami Okumura, Akiko Taniguchi, Yuko Naniwa, Yasuko Takahashi and Eiji Takeda :
Effect of viscous mixed meal on glucose lipid metabolism and oxidant stress,
32th ESPEN congress, Nice, France, 15th International Congress of Dietetics Yokohama, Sep. 2008.
64. Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hyperphosphatemia mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells,
American Society of Bone and Mineral Research 29th ANNUAL MEETING, Honolulu, Sep. 2007.
65. Eiji Takeda :
Metabolic control by low glycemic index diet and gene expression,
ILSI's First International Conference on NUTRIGENOMICS Opportunities in Asia, Singapore, Dec. 2005.
66. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, K. Nashiki, E. Shuto and Hironori Yamamoto :
PHOSPHATE-MEDIATED INTRACELLULAR SIGNAL TRANSDUCTION PATHWAYS AND IT'S FUNCTION,
Forty-Sixth International Symposium on `Regulation of Enzyme Activity and Synthesis in Normal and Neoplastic Tissues`, Bologna, Oct. 2005.
67. M. Tsuji, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, T. Sato, K. Nashiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Postprandial changes of serum fibroblast growth factor23(FGF23) levels on high phosphate diet in healthy men,
27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
68. Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of so dium-dependent phosphate transporter(NaPi-IIa) in opossum kidney cells,
27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
69. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki :
Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men,
27th ESPEN Congress, Brussels, Belgium, Aug. 2005.
70. Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, M. Tsuji, T. Sato, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
A novel splicing variant transcript of the renal type a sodium-dependent phosphate cotransporter (NPT2a) gene is positively and negatively regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D3 and phex cleavable humoral factors,
26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
71. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
PTH-stimulated signaling molecules that are involved in the endpcytosis of NaPi-IIa phosphate transporter are compartmentalized and activated in caveolae-like micro domains,
26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
72. Hiroki Moriguchi, Tomiaki Morikawa, Hideki Nakanishi, Kazuya Matsumoto, Eiji Takeda and Takafumi Katayama :
Clinical support system with WBT for pressure ulcer care,
E-learn 2004, Phoenix,USA, 2004.
73. Eiji Takeda :
Regulation and Function of Phosphate in the Body,
The 3rd International Conference on Food Factors: Physiologic Functions and Disease Risk Reduction, Tokyo, Dec. 2003.
74. Eiji Takeda :
Nutirition Guidance for Osteoporosis Based on Types of Vitamin D Receptor Gene Polymorphism,
The 4th International Conference on Nutrition and Aging, Tokyo, Nov. 2003.
75. T. Sato, Kyoko Morita, Y. Kado, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Y. Nii and Eiji Takeda :
Decreased Vitamin D-Dependent Intestinal Calcium Absorption in Immobilized Rats,
25th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Mineneapolis,Minnesota, USA, Sep. 2003.
76. 竹谷 豊, K. Nashiki, N. Sawada, 山本 浩範, M. Ichikawa, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二 :
Subcellular Localizayion and PTH-Dependent Translocation of NaPi-IIa in Renal Proximal Tubular Cells,
25th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Mineneapolis,Minnesota, USA, 2003年9月.
77. Yutaka Taketani, N. Amizuka, C. Ogawa, N. Sawada, K. Nomoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
CAVEOLIN IN THE MATRIX VESICLES RELEASED FROM OSTEOBLAST,
2003年国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第1回合同国際会議, Osaka, Jun. 2003.
78. Yutaka Taketani, M Nomoto, Hironori Yamamoto, Kyoko Morita, M Isshiki, S Kato and Eiji Takeda :
Induction of 25-hydroxyvitamin D-1alpha-hydroxylase mRNA by phosphate depletion,
24th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, San Antonio, Texas, USA, Sep. 2002.
79. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, M. Kubota, S. Yoshida, Zhang Honghong, Yutaka Taketani, Kyoko Morita and Ken-ichi Miyamoto :
Human vitamin D receptor gene Expression in intestine and osteoporosis,
The 2nd China-Japan International Conference on Vitamins, Shanghai, Oct. 2001.
80. Eiji Takeda :
The polymorphism in the candal-related homedomain protein CDX-2 binding element in the human vitamin D receptor gene.,
The 2nd China-Japan International Conference on Vitamins, Shanghai, Oct. 2001.
81. M. Iida, Kyoko Morita, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Internalization pathway of renal phosphate transporter mediated chloride channel,
23rd Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Phoenix,Arizona, Oct. 2001.
82. Hironori Yamamoto, K. Kobayashi, Y. Tani, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, S. Kato, J. Pike and Eiji Takeda :
Renal cell-specific regulation of type IIa sodium-dependent phosphate cotranspoter gene expression by 1, 25-dihydroxyvitamin D3,
23rd Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Phoenix,Arizona, Oct. 2001.
83. Hisami Yamanaka, H. Miyake, S. Tashiro and Eiji Takeda :
Effect of late evening snack on energy metabolism in liver cirrhosis,
17th International Congress of Nutrition, Vinna,Austria, Aug. 2001.
84. Kyoko Morita, M. Iida, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effect of soybean isoflavone on bone metabolism,
17th International Congress of Nutrition, Vinna,Austria, Aug. 2001.

国内講演発表:

1. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 橋本 脩平, 向原 理恵, 中尾 真理, 竹谷 豊, 武田 英二 :
敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第14回日本病態栄養学会年次学術集会,
2. 上番増 喬, 竹谷 豊, 山本 浩範, 阿望 幾久子, 田中 更沙, 新井 英一, 大南 博和, 奥村 仙示, 武田 英二 :
コレステロール摂取はFGF21mRNA発現を抑制する,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会,
3. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 上番増 喬, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
組織の脂肪酸組成に対して食餌性糖・脂質の組合せが与える影響とインスリン抵抗性への関連性,
第53回日本糖尿病学会学術集会,
4. 武田 英二 :
栄養管理法について,
四国NMCクラブ 講演,
5. 新居 紗知, 勝本 美咲, 楢﨑 遥子, 世古 千裕, 山﨑 通世, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二, 竹谷 豊 :
一塩基多型rs1697421は食後血清リンに影響する,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術集会(徳島大学大塚講堂), 2018年9月.
6. 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 石黒 真理子, 増田 真志, 武田 英二, 竹谷 豊 :
生体ビタミンD代謝の日内リズムの制御機構の解明,
日本ビタミン学会第69回大会, 2017年6月.
7. 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 石黒 真理子, 増田 真志, 武田 英二 :
生体ビタミンD代謝の日内リズムの制御機構の解明,
第71回 日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
8. 杉原 康平, 増田 真志, 中尾 真理, Abuduli Maerjianghan, 石田 陽子, 山本 浩範, 武田 英二, 竹谷 豊 :
リンの過剰摂取はDSS誘発性大腸炎を悪化させる,
第19回日本病態栄養学会年次学術集会,パシフィコ横浜,神奈川県横浜市,2016年1月9日~10日, 2016年1月.
9. Abuduli Maerjianghan, 大南 博和, 阪上 浩, 大谷 環樹, 上田 遥香, 武田 英二, 竹谷 豊 :
食事性のリンが糖代謝に及ぼす影響:PET/CT用いた解析,
第36回日本肥満学会,名古屋国際会議場,愛知県名古屋市,2015年10月2日~3日, 2015年10月.
10. 中尾 真理, 山本 浩範, 福田 詩織, 竹谷 豊, 武田 英二 :
食餌性リンによる鉄欠乏性貧血の進展及び鉄代謝に及ぼす影響,
第33回日本骨代謝学会学術集会,京王プラザホテル,東京都新宿区,2015年7月23日~25日, 2015年7月.
11. 福田 詩織, 山本 浩範, 中尾 真理, 武田 英二, 竹谷 豊 :
食餌性リンによる腎αーklotho発現制御と異所性石灰化の発症,
第33回日本骨代謝学会学術集会,京王プラザホテル,東京都新宿区,2015年7月23日~25日, 2015年7月.
12. 山本 浩範, 池田 翔子, 糸魚川 玲子, 加藤 愛理, 小寺 里奈, 源甲斐 優美, 石黒 真理子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
急性炎症時における生体ビタミンD代謝変動の解析,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
13. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 阿部 航太郎, 福田 詩織, 武田 英二, 竹谷 豊 :
慢性腎不全モデルラットにおける鉄代謝異常と食餌性リンの影響,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
14. 福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 中尾 真理, 横山 望, 吉川 亮平, 大西 里奈, 武田 英二, 竹谷 豊 :
成長期における食餌性リンによるalpha-klotho発現制御,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
15. 和田 宵湖, 奥村 仙示, 武田 英二, 竹谷 豊, 片山 貴文, 荒川 悠佑, 居村 暁, 島田 光生 :
肝癌患者における肝切除前後のエネルギー代謝変化の検討,
第2回日本栄養改善学会四国支部学術総会, 2015年4月.
16. 和田 宵湖, 奥村 仙示, 杉原 康平, 山本 モモ, 竹谷 豊, 島田 光生, 武田 英二 :
肝癌患者における切除量が切除前後のエネルギー代謝に及ぼす影響,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
17. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 片山 貴文, 竹谷 豊, 武田 英二 :
脂質摂取量の多い食習慣による食欲や嗜好性への影響についての検討,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
18. 楢﨑 遥子, 竹谷 豊, 松浦 明香, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品毎のリン負荷指数の確立,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
19. 勝本 美咲, 竹谷 豊, 山崎 通世, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
日本人における血清リン濃度と関連するSNP,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
20. 杉原 康平, 奥村 仙示, 和田 宵湖, 山本 モモ, 竹谷 豊, 山田 眞一郎, 居村 暁, 島田 光生, 武田 英二 :
肝細胞癌患者における肝切除術後予後因子としての非蛋白質呼吸商,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
21. 武田 英二, 奥村 仙示, 和田 宵湖, 山本 もも, 杉原 康平, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
中遊離脂肪酸(NEFA)濃度を指標とした就寝前夜食(LES)療法の適応,
第45回日本消化吸収学会総会, 2014年11月.
22. 伊美 友紀子, 竹谷 豊, Maerjianghan Abuduli, 矢引 紀江, 谷口 由莉, 大南 博和, 武田 英二 :
リン過剰摂取による脂肪量減少の意義,
第35回日本肥満学会 シーガイアコンベンションセンター,宮崎市 平成26年10月24-25日, 2014年10月.
23. 谷口 由莉, 竹谷 豊, 大南 博和, Maerjianghan Abuduli, 伊美 友紀子, 坂田 ひろみ, 山本 浩範, 武田 英二 :
食餌性リンが摂食調節機構に及ぼす影響,
第35回日本肥満学会 シーガイアコンベンションセンター,宮崎市 平成26年10月24-25日, 2014年10月.
24. 奥村 仙示, 足立 知咲, 松村 晃子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
低エネルギー密度の日本食摂取後における男女の嗜好性に対する違いの検討,
第61回日本栄養改善学会学術総会 平成26年8月20-22日 パシフィコ横浜, 2014年8月.
25. 山本 浩範, 大西 里奈, 福田 詩織, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
FGF23/α-klothoシグナル異常による異所性石灰化発症とFetuin-Aの発現変動,
第32回日本骨代謝学会学術集会,平成26年7月24日—26日,大阪国際会議場, 2014年7月.
26. 松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品中リンの生体利用率の評価,
第57回日本腎臓学会, 2014年7月.
27. 松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品中リンの生体利用率の評価,
第57回日本腎臓学会学術総会 平成26年7月4-6日 パシフィコ横浜, 2014年6月.
28. 竹谷 豊, 松浦 明香, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品毎のリン生体利用率を利用したリン制限食の可能性,
第2回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会 平成26年6月29日 新大阪ブリックビル, 2014年6月.
29. 竹谷 豊, 森西 真由美, 松浦 明香, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 奥村 仙示, 武田 英二 :
食品毎のリン生体利用率の違いを利用したリン制限食の可能性,
第2回日本腎不全栄養研究会, 2014年6月.
30. 山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 香川 知博, 藤本 和輝, 中尾 真理, 青木 菜摘, 柴田 重信, 竹谷 豊, 武田 英二 :
ビタミンD代謝の日内リズムの分子機構の解明および時間治療への応用,
日本ビタミン学会第66回大会,平成26年6月13日,14日,姫路商工会議所, 2014年6月.
31. 福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 横山 望, 吉川 亮平, 大西 里奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
食餌性リンによる腎α-kloyho発現制限と異所性石灰化の発症,
第68回日本栄養・食糧学会大会 平成26年5月30日-6月1日 札幌市教育文化会館,酪農学園大学, 2014年5月.
32. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討,
第1回日本栄養改善学会四国支部学術総会,平成26年5月17日,徳島大学大塚講堂小ホール, 2014年5月.
33. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討,
第1回中四国栄養改善学会, 2014年5月.
34. 金本 真美, 濵田 康弘, 中屋 豊, 武田 英二, 奥村 仙示, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 島田 光生 :
NST介入による周術期栄養管理の有用性に関する検討,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
35. 杉原 康平, 奥村 仙示, 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
エネルギー代謝による生体肝移植後早期における栄養評価,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
36. 山本 モモ, 奥村 仙示, 杉原 康平, 寺本 有沙, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
肝硬変患者における窒素出納評価の問題点についての検討,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
37. 奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 関 さやか, 多々納 浩, 杉原 康平, 山本 もも, 山崎 聡美, 藤岡 真理子, 上村 綾佳, 川上 由香, 稲葉 廣美, 片山 貴文, 武田 英二 :
エネルギー密度に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い食事ガイドラインの作成,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
38. 奥村 仙示, 平山 明由, 上村 綾佳, 山崎 聡美, 高瀬 萌子, 川上 由香, 曽我 朋義, 冨田 勝, 武田 英二 :
メタボローム解析を用いた高GIおよび低GI食品摂取後の血清代謝物への影響,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
39. 谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 安井 苑子, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 長尾 紀子, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 :
くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーション及び合併症に及ぼす影響,
第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
40. 杉原 康平, 奥村 仙示, 山本 モモ, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 宇都宮 徹, 栗田 信浩, 島田 光生, 武田 英二 :
スリーブ状胃切除術前後のエネルギー代謝評価,
第5会日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会, 2013年9月.
41. 杉原 康平, 奥村 仙示, 寺本 有沙, 武田 英二, 森 大樹, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
エネルギー代謝と血液生化学検査からみた肝切除術前後の栄養評価,
第247回徳島医学会, 2013年8月.
42. 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 武田 英二 :
CKD-MBDの管理における食事性リン,
第58回日本透析医学会学術集会・総会(ワークショップ),福岡,6月20日~23日,2013年, 2013年6月.
43. 吉川 亮平, 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 横山 望, 大西 里奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
マウス腎α-klotho発現に与える加齢および食事性リンの影響,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
44. 中尾 真理, 山本 浩範, 阿部 航太郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン補給は鉄欠乏性貧血の進展を予防する,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
45. 山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 原田 永勝, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
甲状腺ホルモンは腎臓25水酸化ビタミンD3ー1α水酸化酵素遺伝子(CYP27B1)の転写抑制により血中活性型ビタミンD濃度を低下させる,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
46. 香川 知博, 山本 浩範, 香西 美奈, 原田 永勝, 向原 理恵, 竹谷 豊, 武田 英二 :
ビタミンD3-24水酸化酵素CYP24A1の新たな発現調節因子の同定,
日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
47. 山本 浩範, 田尻 真梨, 中橋 乙起, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖尿病時におけるビタミンD・カルシウム代謝異常の分子機構の解明,
日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
48. 山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 :
CKD,
第56回日本腎臓学会学術集会(ワークショップ),東京,5月10日~12日,2013年, 2013年5月.
49. 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章, 木下 成三, 川島 周 :
徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査,
第246回徳島医学会学術集会, 2013年2月.
50. 高瀬 萌子, 奥村 仙示, 川上 由香, 平山 明由, 曽我 朋義, 冨田 勝, 武田 英二 :
健常者および肥満者に対する75gOGTT後のメタボローム解析プロファイル,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
51. 寺本 有沙, 奥村 仙示, 杉原 康平, 片山 貴文, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
肝癌および肝移植ドナーの肝切除術前後におけるエネルギー代謝の評価,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
52. 杉原 康平, 奥村 仙示, 寺本 有沙, 森 大樹, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 :
肝癌および肝移植ドナーの肝切除術前後におけるエネルギー代謝の評価,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
53. 周 蓓, 奥村 仙示, 足立 知咲, 川上 由香, 稲葉 廣美, 細川 敦子, 森永 良二, 片山 隆文, 武田 英二 :
エネルギーの異なる昼食摂取後の満腹度・満足度に対する年齢の影響,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
54. 足立 知咲, 奥村 仙示, 藤岡 真理子, 山崎 聡美, 高瀬 萌子, 杉原 康平, 寺本 有沙, 武田 英二 :
エネルギー密度に着目した低エネルギーで満腹度・満足度の高い食事献立の検討,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
55. 奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 川上 由香, 稲葉 廣美, 細川 敦子, 森永 良二, 片山 貴文, 武田 英二 :
エネルギー密度を指標とした低エネルギーで満腹度・満足度の高い昼食の検討,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
56. 田尻 真梨, 山本 浩範, 中橋 乙起, 香川 知博, 竹谷 豊, 佐々木 一, 武田 英二 :
糖尿病時におけるビタミンD代謝異常の解明とリン制限食の治療効果,
第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
57. 片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 木下 成三, 川島 周, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 :
徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査,
第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月.
58. Maerjianghan Abduli, 竹谷 豊, 大南 博和, 上田 遙香, 谷口 由莉, 山本 浩範, 武田 英二 :
長期的高リン食摂取が糖代謝および脂質代謝に及ぼす影響(会議録),
肥満研究, Vol.18, No.Supplement, 175, 2012年9月.
59. 武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
オーダーメイド栄養学 オーダーメイド臨床栄養管理,
New Diet Therapy, Vol.28, No.2, 109, 2012年9月.
60. 山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構の解明,
第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 193, 2012年7月.
61. 山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
α Klotho-Fgf23シグナル異常による25-ヒドロキシビタミンD3-1α水酸化酵素(CYP27B1)発現亢進と異所性石灰化発症の分子機構の解明,
第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 233, 2012年7月.
62. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
1.局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化(第334回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会),
ビタミン, Vol.86, No.5, 358-359, 2012年6月.
(CiNii: 110009471164)
63. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化,
ビタミン, Vol.86, No.5-6, 358-359, 2012年6月.
64. 向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
1-III-11 リン・ビタミンD代謝の概日リズムの解析(一般演題要旨,日本ビタミン学会第64回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.86, No.4, 244, 2012年4月.
(CiNii: 110009437231)
65. 上田 遙香, アブドリ マルジャンハン, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害に対する炭酸ランタンの効果(会議録),
日本腎臓学会誌, Vol.54, No.3, 321, 2012年4月.
66. 大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
肝臓の脂質代謝を制御する胎生期栄養環境(会議録),
糖尿病, Vol.55, No.Supplement.1, S336, 2012年4月.
67. 十河 未来, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
炎症性腸疾患の発症および治癒過程におけるリン摂取量の重要性(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 151, 2012年4月.
68. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン制限食摂取による腎性貧血の改善効果(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 152, 2012年4月.
69. 森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 :
24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 168, 2012年4月.
70. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 179, 2012年4月.
71. 西 正暁, 島田 光生, 森 大樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 武田 英二, 奥村 仙示, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 :
肝切除周術期の生体侵襲に対するMEIN(R)投与の有用性の検討―基礎的実験と臨床的評価―,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
72. 大谷 彩子, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫, 武田 英二 :
リン·ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構の解明,
第244回徳島医学会学術集会, 2012年2月.
73. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン制限食による腎性貧血の改善効果,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
74. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
食餌中の糖・脂質の異なる組合せがZucker fattyラットのインスリン感受性と骨格筋の脂肪酸組成に及ぼす影響,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
75. 片島 るみ, 佐藤 千穂, 丸笹 美津子, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 山上 真樹子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 :
徳島大学病院における臨床研究推進体制構築の試み,
第32回日本臨床薬理学会年会, 2011年12月.
76. 向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構,
第18回日本時間生物学会学術大会, 2011年11月.
77. 山本 浩範, 武田 英二 :
エピジェネティクスと癌∼炎症と発癌,栄養食品因子について∼,
第33回日本臨床栄養学会総会 第32回日本臨床栄養協会総会 第9回大連合大会, 2011年10月.
78. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
エピジェネティクスと糖尿病,
第33回日本臨床栄養学会総会 第32回日本臨床栄養協会総会 第9回大連合大会, 2011年10月.
79. 大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
出生後の代謝応答を調節する胎児栄養状態の重要性,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
80. 竹谷 豊, 上番増 喬, 大南 博和, 武田 英二 :
ヒトFGF21は絶食・飽食シグナルを感知する栄養代謝の変化に応答する因子である,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
81. 堀江 大輔, 山田 歩規代, 谷村 綾子, 竹谷 豊, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
Na依存性リン酸トランスポーターとezrinとの新たな相互作用,
第84回日本生化学会, 2011年9月.
82. 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 宮本 賢一, 武田 英二 :
慢性腎臓病モデルラットにおけるリン接種制限による血管内皮機能改善効果,
第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
83. 竹谷 豊, ヴ ヴァン タン, 宮本 賢一, 山本 浩範, 武田 英二 :
リン制限食はアデニン誘発性CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害を改善する,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
84. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
85. 山本 浩範, 池田 翔子, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
86. 山本 浩範, 増田 真志, 田中 更紗, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
1-II-12 All-transレチノイン酸は小腸からのリン吸収を抑制する(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.85, No.4, 218, 2011年6月.
(CiNii: 110008607926)
87. 大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
2-II-28 Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.85, No.4, 254, 2011年6月.
(CiNii: 110008607997)
88. 新居 章, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則, 武田 英二, 奥村 仙示, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 :
肝切除周術期MEINR投与の有用性についての検討 : 基礎的実験とRCT(PS-206 ポスターセッション(206)肝臓:周術期管理-1,第111回日本外科学会定期学術集会),
日本外科学会雑誌, Vol.112, No.1, 863, 2011年5月.
(CiNii: 110008685748)
89. 田中 輝実, Van Vu Tan, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
アデニン誘導性CKDモデルラットにおける食事性リン制限は血管内皮機能を改善する,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
90. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 向原 理恵, 池田 翔子, 橋本 脩平, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限食によるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節機構,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
91. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸受容体RAR/RXRを介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の発現調節機構,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
92. 武田 英二, 奥村 仙示 :
臨床栄養管理からみた食事摂取法のエビデンス,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
93. 山本 浩範, 菊地 浩子, 中尾 真理, 中橋 乙起, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明,
第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
94. 川上 由香, 奥村 仙示, 森 由佳, 足立 知咲, 佐久間 理英, 武田 英二 :
DNAチップを用いた食品負荷による食後高血糖の網羅的遺伝子発現評価,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
95. 奥村 仙示, 寺本 有紗, 山内 利香, 浦野 恵利, 武田 英二 :
関節熱量計を用いずに肝疾患患者のLESの適応を判断するのに必要なnpRQを予測する血液生化学指標と式の検討,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
96. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺疾患におけるビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明,
第28回小児代謝性骨疾患研究会, 2010年12月.
97. 森 大樹, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 斎藤 裕, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 奥村 仙示, 武田 英二 :
肝切除周術期管理としての呼吸商の意義,
第72回日本臨床外科学会総会, 2010年11月.
98. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor15遺伝子発現調節,
第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会, 2010年11月.
99. 山本 浩範, 佐々木 一, 武田 英二 :
パラチノースとオレイン酸の組合せ食による肥満モデルラットの糖·脂質代謝異常抑制効果,
JDDW2010(第41回日本消化吸収学会総会・第18回日本消化器関連学会), 2010年10月.
100. 奥村 仙示, 山内 利香, 浦野 恵利, 武田 英二 :
間接熱量計を用いずに肝疾患患者のLES適応を評価する血液生化学指標の検討,
第32回日本臨床栄養学会総会第31回日本臨床栄養協会総会第8回大連合大会, 2010年8月.
101. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二, 宮本 賢一, 加藤 茂明 :
1.甲状腺疾患におけるリン・ビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明(第326回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会),
ビタミン, Vol.84, No.8, 408, 2010年8月.
(CiNii: 110007682315)
102. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンD-1α水酸化酵素(SYP27B1)遺伝子の転写抑制機構,
第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年7月.
103. 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 武田 英二 :
Klotho-FGF23シグナル異常によるスタニオカルシン2の発現亢進と血管平滑筋細胞のリン酸誘導性石灰化の抑制,
第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
104. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンDー1α水酸化酵素(CYP27B1)遺伝子の転写抑制機構,
第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
105. 斎藤 裕, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 奥村 仙示, 武田 英二 :
肝傷害患者における術前栄養指標としての呼吸商の意義,
第47回 日本外科代謝栄養学会学術集会, 2010年7月.
106. 中橋 乙起, 山本 浩範, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン代謝異常および食餌性リンによる線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の発現変動の解析,
第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
107. 増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 石黒 真理子, 中橋 乙起, 田中 更沙, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
腎II型ナトリウム依存性リン酸輸送担体Npt2aを介した新規ビタミンD代謝調節機構,
第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
108. 山本 浩範, 浦川 千鶴, 香西 美奈, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 山本 雅之, 武田 英二 :
食餌性リンはNuclear factor-E2-related factor 2 (Nrf2)活性化を介し,腸管解毒遺伝子の発現を調節する,
日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
109. 大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明,
日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
110. 阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
糖・脂肪毒性の相互作用を介した膵β細胞障害の発症機序の解明,
第53回日本糖尿病学会学術集会, 2010年5月.
111. 阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
膵β細胞障害の発症に対する食餌性糖・脂質の組み合せによる効果,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
112. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 上番増 喬, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
組織中の脂肪酸組成とインスリン抵抗性に及ぼす食餌中の糖・脂質の組合せの影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
113. 谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
114. 竹谷 豊, 首藤 恵泉, 宮本 賢一, 武田 英二 :
生活習慣病の病態における栄養素トランスポーターの役割,
シンポジウム・第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
115. 谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
116. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
Fibroblast Growth Factor15遺伝子の発現に及ぼす食餌性リン及び活性型ビタミンD3の影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
117. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析.,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
118. 塩田 あすか, 竹谷 豊, 田中 輝実, 佐田 政隆, 山本 浩範, 武田 英二 :
リンの過剰摂取は高脂血症モデルマウスのアテローム病変形成を減少させる,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
119. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
120. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 大屋 美穂, 小河 真理子, 中西 美咲, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能への影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
121. 向井 理恵, 藤倉 温, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 :
廃用性筋萎縮モデルマウスにおけるケルセチンの筋重量低下抑制効果,
日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
122. 浦野 恵利, 奥村 仙示, 松本 大, 山内 利香, 島田 光生, 武田 英二 :
肝疾患患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
123. 上番増 喬, 竹谷 豊, 山本 浩範, 阿望 幾久子, 新井 英一, 竹井 悠一郎, 増田 真志, 谷村 綾子, 原田 永勝, 奥村 仙示, 武田 英二 :
FGF21はグルコースにより誘導される,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
124. 山本 浩範, 菊地 浩子, 桑原 頌治, 田中 更沙, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 佐々木 一, 武田 英二 :
腸管トランスポーターを分子標的とした腎疾患治療法の確立をめざして,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
125. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
食事性のリン過剰摂取は血管内皮機能を障害する,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
126. 向井 理恵, 中尾 玲子, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 :
マウス尾懸垂モデル系におけるケルセチンの筋萎縮抑制効果,
第14回日本フードファクター学会学術集会, 2009年11月.
127. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害,
第63回日本栄養・食糧学会大会, 2009年5月.
128. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 田中 理恵子, 一色 政志, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害,
第12回日本病態栄養学会年次学術集会, 2009年1月.
129. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 一色 政志, 山本 浩範, 武田 英二 :
高リン負荷による血管内皮機能障害,
第26回日本骨代謝学会学術集会, 2008年10月.
130. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 酒井 徹, 武田 英二 :
食後高リン血症は血管内皮機能障害を惹起し心血管疾患のリスクとなる,
第55回栄養改善学会学術総会, 2008年9月.
131. 武田 英二 :
臨床栄養学からみた炎症性腸疾患,
日清キョーリン製薬株式会社 講演, 2006年3月.
132. 武田 英二 :
子どもの歯の健康管理と栄養について,
徳島県鴨島保健所 講演, 2005年12月.
133. 武田 英二 :
栄養・食生活と生活習慣病,
学際企画株式会社 講演, 2005年12月.
134. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
急性高リン負荷によるFGF23の応答,
中外製薬株式会社 講演, 2005年12月.
135. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
急性の高リン負荷によるFGF23の応答,
小児代謝性骨疾患研究会, Vol.23, 2005年12月.
136. 澤田 直樹, 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 新井 英一, 武田 英二 :
基質小胞形成におけるカベリンの役割,
日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
137. 竹谷 豊, 中村 麻子, 梨木 邦剛, 谷村 綾子, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
Ezrinによるリン酸トランスポーター(NaPi-IIa)分子複合体の機能調節,
日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
138. Eiji Takeda :
Regulatory mechanisms of inorganic phosphate homeostasis,
第53回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, Nov. 2005.
139. 武田 英二 :
栄養成分と生体機能,SNPsと栄養,
第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会第Ⅲ回大連合大会, 2005年11月.
140. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
高リン負荷に対するFGF23の応答,
徳島骨代謝研究会, Vol.12, 2005年10月.
141. E. Shuto, K. Nashiki, Yutaka Taketani, M. Isshiki, R. Tanaka, A. Tanimura, Y. Nishida, H. Okumura and Eiji Takeda :
Inorganic phosphate mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells,
日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
142. Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the Downregulation of Sodium-Dependent Phosphate Transporter(NaPi-IIa) in Opossum Kidney Cells,
日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
143. 武田 英二 :
食事・栄養によるストレス制御,
太陽化学株式会社 講演, 2005年9月.
144. 武田 英二 :
食事・栄養によるストレス制御,
国際「こころと栄養」シンポジウム, 2005年9月.
145. 武田 英二 :
「腎疾患と栄養管理」「血液疾患と栄養管理」「感染・免疫・アレルギー疾患と栄養管理」,
日本栄養新報社 講演, 2005年9月.
146. 奥村 仙示, 谷口 章子, 西田 由香, 竹内 晴美, 首藤 惠泉, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖値およびインスリン分泌への効果,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
147. 首藤 惠泉, 竹谷 豊, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 武田 英二 :
高リン負荷による酸化ストレスと血管内皮機能障害,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
148. 武田 英二 :
「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」,
日本栄養新報社 講演, 2005年7月.
149. 武田 英二 :
栄養不良の病態と管理,
さらや株式会社 講演, 2005年7月.
150. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 加藤 茂明, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
フラボノイド化合物ケルセチンの骨粗鬆症予防効果とその作用機構,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
151. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 武田 英二 :
単回リン負荷食の血中FGF-23濃度への影響,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
152. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 武田 英二 :
IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシスにおけるezrinの役割,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
153. 武田 英二 :
消化器疾患と栄養管理,
日本栄養新報社 講演, 2005年6月.
154. 武田 英二 :
NSTについて,
徳島栄養士会 講演, 2005年6月.
155. 武田 英二 :
臨床栄養管理と食品機能評価,
太陽化学株式会社 講演, 2005年6月.
156. Yutaka Taketani, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells,
日本細胞生物学会大会, Vol.58, Jun. 2005.
157. 武田 英二 :
「栄養アセスメント」「栄養補給法」「栄養摂取障害と栄養管理」,
日本栄養新報社 講演, 2005年5月.
158. 武田 英二 :
ナトリウム依存性リントランスポーターによるリン代謝調節機構,
旭化成ファーマ第40回日本小児腎臓病学会学術集会 講演, 2005年5月.
159. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果,
日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
160. 武藤 佳瑞智, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 小金井 恵, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 山本 浩範, 土井 俊夫, 武田 英二 :
内臓脂肪蓄積予防に対する糖・脂質形成の複合効果,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.48, 2005年5月.
161. 竹井 悠一郎, 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 武田 英二 :
スタニオカルシン2のビタミンD依存性分泌制御機構,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
162. 石黒 真理子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
甲状腺ホルモンによる生体リン代謝調節作用,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
163. 山上 文子, 津田 紀子, 徳永 圭代, 武田 英二, 川下 圭一郎, 橋本 忠幸, 木路 修平, 河野 匡 :
陸上長距離選手のエネルギー代謝に関する研究,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
164. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
165. 深谷 牧子, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
肝-門脈内グルコース感受性機構を介したインスリン分泌反応,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
166. 谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応への効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
167. 梨木 邦剛, 首藤 惠泉, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
高リンによる酸化ストレスを介した血管内皮細胞機能障害,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
168. 谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.28, 2005年5月.
169. 武田 英二 :
「病態栄養学の概念と意義」「生活習慣病と臨床栄養学」「栄養素の代謝と作用」「食事摂取基準・必要量」,
日本栄養新報社 講演, 2005年4月.
170. 武田 英二 :
「腎疾患と栄養管理」「血液疾患と栄養管理」「感染・免疫・アレルギー疾患と栄養管理」,
日本栄養新報社 講演, 2005年3月.
171. 武田 英二 :
「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」,
日本栄養新報社 講演, 2005年2月.
172. 新井 英一, 佐久間 理英, 須浪 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食(インスロー)の脂肪燃焼促進効果,
日本静脈経腸栄養学会, Vol.20, 2005年2月.
173. 武田 英二 :
消化器疾患と栄養管理,
日本栄養新報社 講演, 2005年1月.
174. 武田 英二 :
糖尿病の予防・治療と生活習慣,
第8回日本病態栄養学会ランチョンセミナー 講演, 2005年1月.
175. 松尾 薫, 新井 英一, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 佐久間 理英, 水野 昭, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Inslow)の長期投与による内臓脂肪蓄積に対する予防効果,
日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
176. 山本 浩範, 木村 宏子, 辻 光義, 石黒 真理子, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 宮本 賢一, 白神 俊幸, 田中 裕子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
腸管ペプチド輸送担体(PepT1)を分子標的とした新たな栄養補給法の開発,
日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
177. 奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
178. 武田 英二 :
「栄養アセスメント」「栄養補給法」,
日本栄養新報社 講演, 2004年12月.
179. 武田 英二 :
栄養・食生活と生活習慣病,
学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年12月.
180. 武田 英二 :
栄養・食生活と生活習慣病,
学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年11月.
181. 森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文, 能瀬 高明 :
知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発(第2報),
医療情報学24回連合大会論文集, 504-505, 2004年11月.
182. 武田 英二 :
炎症性腸疾患に対する栄養管理の進歩,
日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
183. 武田 英二 :
昼食後耐糖能におよぼす朝食での糖質調整流動食(インスロー)摂取の効果,
日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
184. 奥村 仙示, 竹内 晴美, 西田 由香, 谷口 章子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.51, 2004年10月.
185. 武田 英二, 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子 :
血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点,
日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
186. 佐久間 理英, 新井 英一, 須波 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食インスロー摂取後の2nd meal effectの検討,
日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
187. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Identification of target molecule of PTH-mediated signal transduction pathway that lead to the endocytosis of type IIa sodium dependent phosphate transporter,
日本生化学会大会, Vol.77, Oct. 2004.
188. 武田 英二, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
「高リンと血管内皮細胞機能」「リン酸トランスポーターの発現調節機構」,
第8回瀬戸内カンファレンス, 2004年8月.
189. 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分であるケルセチンによる骨粗鬆症予防効果,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
190. 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動に伴う腸管カルシウム吸収低下機序の解明,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
191. 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 武田 英二 :
核内受容体を介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の腎特異的転写制御機構,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
192. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 山本 浩範, 武田 英二 :
IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)活性調節におけるカベオラ様ドメインの役割:シグナル伝達と細胞骨格制御,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
193. 武田 英二 :
臨床栄養管理法,
海部病院学術研修会(へき地中核病院研修事業後援会) 講演, 2004年7月.
194. 武田 英二 :
小児の発育と発達,生理,栄養,
社団法人愛媛県栄養士会 講演, 2004年6月.
195. 武田 英二, 竹谷 豊, 新井 英一 :
食後高血糖を抑制する機能性食品の開発,
日本小児科学会徳島地方会, Vol.122, 2004年6月.
196. 武田 英二 :
臨床栄養管理法,
神戸薬科大学同窓会研修会 講演, 2004年5月.
197. 辻 光義, 山本 浩範, 三木田 愛, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
タマネギ生理活性成分であるケルセチンによる骨代謝調節,
日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
198. 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 山本 浩範, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動に伴う小腸カルシウム吸収及びPTH-ビタミンD調節系への影響,
日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
199. 竹内 晴美, 竹内 里美, 奥村 仙示, 中村 多希, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.27, 2004年5月.
200. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Studies on the translocational regulation of phosphate transporter by PTH with reference to PKA,PKC, and ezrin,
日本細胞生物学会大会, Vol.57, May 2004.
201. 梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
PTHによるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシス調節機構,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
202. 山本 浩範, 三木田 愛, 辻 光義, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
タマネギ成分,ケルセチンの骨代謝調節作用,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
203. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の内臓脂肪蓄積防止効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
204. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の長期投与における内臓脂肪蓄積予防,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.47, 2004年5月.
205. 武田 英二 :
食と健康,
大塚食品株式会社 質販店会 講演, 2004年4月.
206. 武田 英二 :
栄養管理法について,
四国NMCクラブ 講演, 2004年3月.
207. 武田 英二 :
肝疾患でみられる耐糖能障害の病態と栄養管理,
第10回「岩手の消化器臨床栄養懇話会」 講演, 2004年3月.
208. 武田 英二 :
栄養・食生活と生活習慣病,
学際企画株式会社 講演, 2004年2月.
209. 武田 英二 :
栄養・食生活と生活習慣病,
学際企画株式会社 講演, 2004年2月.
210. 新井 英一, 水野 昭, 竹谷 豊, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 水本 憲司, 一色 宏之, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Insolw)摂取後の日内変動に及ぼす影響について,
日本静脈経腸栄養学会, Vol.19, 2004年1月.
211. 深谷 牧子, 佐久間 理英, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 水元 憲司, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Inslow)摂取後の血糖上昇抑制効果の持続,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.7, 2004年1月.
212. 武田 英二 :
薬と飲食物相互作用・各種食品の活用について,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(6) 特別講演, 2003年12月.
213. 武田 英二 :
栄養士に役立つ栄養アセスメント,
香川県栄養士学会 講演, 2003年12月.
214. 武田 英二 :
糖の代謝について,
第4回高知県病院栄養士協議会研修会 講演, 2003年12月.
215. Hironori Yamamoto, Shevde NK, Eiji Takeda, DeLuca HF and JW Pike :
2-Methylene -19-nor-(20S)-1,25-dihydroxyvitamin D3,
小児代謝性骨疾患研究会, Vol.21, Dec. 2003.
216. 武田 英二 :
「栄養管理の意義と考え方」-栄養アセスメント・栄養補給方を中心に-,
第307回徳島県中部臨床研究会 講演, 2003年12月.
217. 森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文 :
知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発,
医療情報学23回連合大会論文集, 692-693, 2003年11月.
218. 武田 英二 :
栄養管理法について,
四国NMCクラブ 講演, 2003年11月.
219. 武田 英二 :
最大骨量を規定する環境因子とビタミンD受容体遺伝子多型(シンポジウム),
第30回小児栄養消化器肝臓学会「脂溶性ビタミンの臨床」, 2003年11月.
220. 森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文 :
知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発,
第23回医療情報学連合大会, 2003年11月.
221. M. Ichikawa, 竹谷 豊, K. Kobayashi, K. Nashiki, N. Sawada, 武田 英二 :
ESTABLISHMENT OF THE ELISA SYSTEM FOR CAVEOLIN-1,
日本生化学会大会, Vol.76, 2003年10月.
222. Yutaka Taketani, N. Amizuka, C. Ogawa, N. Sawada, K. Nomoto and Eiji Takeda :
CAVEOLIN IN THE MATRIX VESICLES RELEASED FROM OSTEOBLAST,
日本生化学会大会, Vol.76, Oct. 2003.
223. 武田 英二 :
栄養管理法について,
四国NMCクラブ 講演, 2003年9月.
224. 竹谷 豊, 新井 英一, 奥村 仙示, 武田 英二 :
平成13年度国民栄養調査からみた日本人リン摂取状況とこれからの栄養指導,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.50, 2003年9月.
225. 武田 英二, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊 :
肝硬変における耐糖能障害の病態,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.50, 2003年9月.
226. 津田 紀子, 奥村 仙示, 武田 英二, 竹下 ゆかり, 橋本 忠幸, 木路 修平, 島口 勝裕, 河野 匡, 山上 文子 :
陸上長距離選手のエネルギー消費量評価,
徳島医学会学術集会, Vol.227, 2003年7月.
227. 武田 英二 :
エネルギー・核酸の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(6) 特別講演, 2003年7月.
228. 武田 英二, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
食後高血糖を抑制する新規機能性流動食の開発,
日本外科代謝栄養学会, Vol.40, 2003年7月.
229. 武田 英二 :
ビタミン・無機質の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(5) 特別講演, 2003年6月.
230. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 加堂 有紀, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴うカルシウム吸収低下機構の検討,
日本ビタミン学会大会, Vol.55, 2003年5月.
231. 武田 英二 :
内分泌疾患・代謝栄養疾患・ビタミン欠乏症,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(3) 特別講演, 2003年5月.
232. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖尿病患者および耐糖能異常者における糖質調整流動食(MHN-01)の食後高血糖抑制効果,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.46, 2003年5月.
233. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 加堂 有紀, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴うメカニカルストレスの低下が小腸カルシウム吸収へ及ぼす影響,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
234. 津田 紀子, 竹下 ゆかり, 奥村 仙示, 橋本 忠幸, 木路 修平, 島口 勝裕, 河野 匡, 山上 文子, 武田 英二 :
陸上長距離選手のエネルギー消費量からみたエネルギー代謝の効率化,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
235. 新井 英一, 松尾 薫, 深谷 牧子, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01)の食後高血糖抑制効果および糖質代謝改善効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
236. 武田 英二, 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
糖尿病患者および耐糖能異常者における糖質調整流動食(MHN-01)の食後血糖抑制効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
237. 竹谷 豊, 網塚 憲生, 小川 千春, 澤田 直樹, 野本 香, 武田 英二 :
骨芽細胞からの基質小胞形成にカベオラが関与する,
日本細胞生物学会大会, Vol.56, 2003年5月.
238. 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 深谷 牧子, 松尾 薫, 竹谷 豊, 武田 英二, 水野 昭, 土井 俊夫, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 一色 宏之 :
耐糖能異常および肥満の改善効果が期待できる新規流動食(MHN-01)の開発,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.26, 2003年5月.
239. 武田 英二 :
タンパク質・アミノ酸の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(4) 特別講演, 2003年4月.
240. 武田 英二 :
脂質の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(3) 特別講演, 2003年4月.
241. 武田 英二 :
栄養管理法について,
四国NMCクラブ講演会 講演, 2003年3月.
242. 武田 英二 :
生活習慣病に対する機能性食品の開発,
(株)徳島健康科学総合センター 講演, 2003年3月.
243. 武田 英二 :
生活習慣病予防について・肥満が体に及ぼす影響について,
牟岐町生活習慣病予防健康講座 講演, 2003年3月.
244. 武田 英二 :
機能性食品の人での評価,
(財)四国産業・技術振興センター 健康産業産学交流会 講演, 2003年3月.
245. 武田 英二 :
小児期からの健康づくり∼小児生 活習慣病予防対策委員会の取り組みについて∼,
徳島県日和佐保健所 小児生活習慣病予防のための研修会・小児生活習慣病予防部会 講演, 2003年3月.
246. 武田 英二 :
糖質の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(2) 特別講演, 2003年3月.
247. 武田 英二 :
代謝調節と遺伝子,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(1) 特別講演, 2003年2月.
248. 新井 英一, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 一色 宏之, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01)の食後高血糖抑制効果:ヒト単回投与成績,,
日本静脈経腸栄養学会, Vol.18, 2003年2月.
249. 武田 英二 :
病後の保育と給食について,
徳島市私保連・給食担当者研究会 講演, 2003年1月.
250. 武田 英二, 奥村 仙示 :
臨床栄養管理からみた食事摂取法のエビデンス,
第14回日本病態栄養学会, 2003年1月.
251. 武田 英二 :
NSTと病院栄養士のこれから,
全国病院栄養士協議会中国・四国地区AMM 講演, 2003年1月.
252. 武田 英二, 水野 昭, 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
耐糖能異常を示す経管栄養患者に対する糖質調整流動食(MHN-01)長期投与の効果,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.6, 2003年1月.
253. 新井 英一, 水野 昭, 庄司 有里, 粟根 尚美, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01)飲用後の血糖上昇抑制効果,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.6, 2003年1月.
254. 武田 英二 :
免疫力を高める食事と生活,
あけぼの会徳島支部 講演, 2002年12月.
255. 武田 英二 :
慢性肝疾患の病態と栄養管理法,
第9回熊本肝炎友の会講演会, 2002年11月.
256. 武田 英二 :
栄養アセスメント,
社団法人大分県栄養士会 生涯学習(3年コース・5年コース)研修会 講演, 2002年11月.
257. 武田 英二 :
生き生きすごす食と生活,
藍住町社会福祉協議会 福祉健康づくりの町フェスティバル 講演, 2002年11月.
258. 武田 英二 :
高齢者の栄養状態の評価(スクリーニング・アセスメント),
社団法人日本栄養士会 全国病院栄養士協議会 講演, 2002年11月.
259. 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
無機リン酸トランスポーターのカベオラへの局在,
(社)日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.35, 2002年11月.
260. 工藤 美千代, 鶴尾 美穂, 秋田 賢子, 寺沢 ミエコ, 奥村 仙示, 武田 英二, 井上 大輔 :
肝疾患合併糖尿病患者への超速効型インスリン注射と4分割食併用の試み,
日本糖尿病学会中国四国地方会総会, Vol.40, 2002年11月.
261. 久保田 恵, 吉田 繁子, 元永 恵子, 宗包 仁, 新井 英一, 武田 英二 :
岡山県在住閉経後女性のライフスタイルと骨折リスクの検討,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.49, 2002年11月.
262. 竹谷 豊, 奥村 仙示, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二 :
食料需給表からみた日本人リン摂取量の推移,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.49, 2002年11月.
263. 武田 英二, 新井 英一, 竹谷 豊, 森田 恭子, 奥村 仙示 :
肝硬変患者における長期就寝前夜食療法の効果,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.49, 2002年11月.
264. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 水野 昭, 土井 俊夫, 武田 英二 :
肝硬変で見られる耐糖能障害の病態に関する研究,
日本臨床栄養学会, Vol.24, 2002年11月.
265. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 澤田 直樹, 森田 恭子, 武田 英二 :
カベオラを介した無機リン酸トランスポーターのホルモンによる調節,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
266. 武田 英二 :
身体面の諸検査結果説明,
日和佐保健所健康対策係 平成14年度小児生活習慣病予防教室 「すこやか教室」 講演, 2002年8月.
267. 武田 英二 :
乳幼児の発育発達と栄養について,
徳島県保育事業連合会 第34回保育夏期大学 講演, 2002年8月.
268. 武田 英二 :
エネルギー・核酸の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(6) 特別講演, 2002年8月.
269. 武田 英二 :
肝臓疾患の最新の知見,
社団法人石川県栄養士会 講演, 2002年8月.
270. 武田 英二 :
肥満と生活習慣病,
日和佐保健所健康対策係 平成14年度小児生活習慣病予防教室「すこやか教室」, 2002年7月.
271. 武田 英二 :
低Glycemic-Index食品は糖尿病予防および治療効果を有するか?,
徳島医学会学術集会, 2002年7月.
272. 武田 英二 :
スポーツにとっての栄養,
徳島県スポーツ栄養士協会 講演, 2002年7月.
273. 武田 英二 :
ビタミン・無機質の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(5) 特別講演, 2002年7月.
274. 竹谷 豊, 野本 真由美, 山本 浩範, 一色 政志, 加藤 茂明, 武田 英二 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
日本骨代謝学会, Vol.20, 2002年7月.
275. 新井 英一, 粟根 尚美, 辻本 雄介, 由類江 那奈, 水野 昭, 土井 俊夫, 武田 英二 :
OLETFラットにおけるインスリン早期分泌障害と糖尿病発症との関連性,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
276. 粟根 尚美, 新井 英一, 由類江 那奈, 辻本 雄介, 水野 昭, 土井 俊夫, 武田 英二 :
肝硬変における早期インスリン分泌反応の亢進-肝硬変モデル動物を使っての検討-,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
277. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 三宅 秀則, 田代 征記, 武田 英二 :
肝硬変患者における就寝前夜食(Late Evening Snack:LES)療法の効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
278. 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
Ⅱ型Na+依存性リン酸トランスポーターの細胞膜上の局在とPTHによるエンドサイトーシス,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
279. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 大久保 公美, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴う小腸カルシウム吸収低下機構の解析,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
280. 武田 英二 :
「脂質の代謝」「脂質代謝からみた栄養管理」,
島根県栄養士会生涯学習研修会 講演, 2002年6月.
281. 武田 英二 :
肝硬変患者における病態栄養,
味の素ファルマ株式会社 講演, 2002年6月.
282. 武田 英二 :
タンパク質・アミノ酸の代謝と障害,
株式会社 日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(4) 特別講演, 2002年6月.
283. 武田 英二 :
高脂血症のなりたちと予防法,
徳島市保健センター成人保健係 講演, 2002年6月.
284. 武田 英二 :
脂質の代謝と障害,
株式会社日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(3) 特別講演, 2002年6月.
285. 武田 英二 :
糖質の代謝と障害,
株式会社 日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(2) 特別講演, 2002年5月.
286. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 水野 昭, 三宅 秀則, 田代 征記, 鶴尾 美穂, 武田 英二 :
肝硬変患者に対する就寝前夜食(LES)療法の長期継続効果:エネルギー代謝および耐糖能異常の改善がみられた1症例,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.25, 2002年5月.
287. 新井 英一, 水野 昭, 粟根 尚美, 野間 喜彦, 土井 俊夫, 武田 英二 :
OLETFラットにおけるインスリン早期分泌障害と糖尿病発症との関連性,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.45, 2002年5月.
288. 武田 英二 :
代謝調節と遺伝子,
株式会社 日本栄養新報社クリニカルダイエティシャン研究会 栄養代謝生化学講座(1) 特別講演, 2002年4月.
289. 野本 真由美, 竹谷 豊, 山本 浩範, 一色 政志, 加藤 茂明, 武田 英二 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
日本ビタミン学会大会, Vol.54, 2002年4月.
290. 武田 英二 :
慢性疾患の病態代謝と栄養管理について∼糖尿病・肝疾患を中心に∼,
宮崎県栄養士会ステップアップセミナー, 2002年3月.
291. 武田 英二 :
栄養学への招待,
桐蔭総合大学事業 講演, 2002年3月.
292. 武田 英二 :
慢性肝疾患の病態と栄養管理,
第21回山口県臨床栄養研究会, 2002年2月.
293. 武田 英二 :
病院栄養士の専門性と卒後研究,
熊本県栄養士会 栄養学公開セミナー, 2002年1月.
294. 武田 英二 :
夢を実現される食生活∼忍び寄る生活習慣病,
徳島県立城東高等学校 ドリカムセミナー, 2001年12月.
295. 武田 英二 :
肝疾患から見た耐糖能障害,
第6回和歌山県生活習慣病懇話会, 2001年11月.
296. 武田 英二 :
糖尿病と代謝:とくに食事と肝臓の役割,
第17回備後糖尿病セミナー, 2001年11月.
297. 奥村 仙示, 中村 多希, 津田 紀子, 武田 英二, 水野 昭 :
肝癌を合併した肝疾患患者の末梢および肝糖取り込み率を検討した1例,
日本臨床栄養学会, Vol.23, 2001年11月.
298. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 武田 英二, 水野 昭 :
euglycemic hyperinsulinemic clamp with oral glucose load法(clamp-OGL法)を用いた肝硬変患者における耐糖能異常の検討,
日本臨床栄養学会, Vol.23, 2001年11月.
299. 久保田 恵, 吉田 繁子, 元永 恵子, 新井 英一, 武田 英二, 宗包 仁 :
未閉経女性の骨密度に及ぼすVDR遺伝子多型とカルシウム摂取量との関連について,
日本臨床栄養学会, Vol.23, 2001年11月.
300. 武田 英二 :
高齢者における病態別栄養管理,
阿南市医師会学術講演会 講演, 2001年10月.
301. 奥村 仙示, 武田 英二 :
肝癌を合併した肝疾患患者の末梢および肝糖取り込み率を検討した1例,
日本栄養改善学会, Vol.48, 2001年10月.
302. 武田 英二, 新井 英一 :
ビタミンD受容体の腸管特異的発現調節部位の遺伝子多型と骨粗鬆症,
日本消化吸収学会総会, Vol.32, 2001年10月.
303. 武田 英二 :
経腸栄養からみた栄養管理,
社団法人石川県栄養士会 講演, 2001年9月.
304. 武田 英二 :
高齢者における病態別栄養管理,
徳島市医師会 講演, 2001年9月.
305. 武田 英二 :
これからの医療と管理栄養士の在り方及びその教育をめぐって,
静岡県立大学食品栄養科学 講演, 2001年9月.
306. 武田 英二 :
高齢者における病態別栄養管理,
板野郡医師会学術講演 講演, 2001年8月.
307. 武田 英二 :
「糖尿病予防に対する栄養士の役割」「糖尿病患者の栄養管理」,
大分県栄養士会生涯学習研修会, 2001年8月.
308. 武田 英二 :
カルシウム・ビタミンDと骨代謝,
野口病院生涯教育セミナー, 2001年8月.
309. 山本 浩範, 小林 くみ, 竹谷 豊, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二, 加藤 茂明 :
腎近位尿細管IIa型ナトリウム依存性リン輸送担体の1α,25(OH)2D3による遺伝子発現制御機構の解析,
日本骨代謝学会, Vol.19, 2001年8月.
310. 宮内 章光, 高木 康行, 吉本 祥生, 宮本 賢一, 武田 英二, 杉本 利嗣, 山本 威久, 千原 和夫, M. J. Econs, H. Jueppner :
腫瘍性骨軟化症の惹起物質についての研究(FGF23の関与),
日本骨代謝学会, Vol.19, 2001年8月.
311. 飯田 めぐみ, 森田 恭子, 山本 浩範, 武田 英二 :
Cl-チャネルを介した新たなリン輸送制御経路,
日本骨代謝学会, Vol.19, 2001年8月.
312. 武田 英二 :
高齢者における病態別栄養管理-栄養不良,糖尿病,慢性肝疾患について-,
東海神経内科栄養研究会, Vol.2, 2001年7月.
313. 武田 英二 :
生活習慣病を予防する小児の健康保持と栄養管理,
学校保険委員会 講演, 2001年6月.
314. 武田 英二 :
糖質の代謝と調節,糖質と疾患,
社団法人島根県栄養士会生涯学習研修会 講演, 2001年6月.
315. 武田 英二 :
栄養管理のための栄養評価法,
社)徳島県栄養士会病院栄養士協議会研修会 講演, 2001年5月.
316. 芳田 美智子, 山本 浩範, 森田 恭子, 武田 英二 :
スタニオカルシン2の特性および分泌制御機構,
日本ビタミン学会大会, Vol.53, 2001年5月.
317. 武田 英二 :
「生活習慣病を問い直す-環境かゲノムか」骨代謝,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.
318. 田口 華代, 山中 仙示, 中村 多希, 高橋 保子, 三宅 秀則, 田代 征記, 山上 文子, 河野 匡, 武田 英二 :
24時間心拍数法を用いた慢性肝疾患患者のエネルギー消費量,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.
319. 小林 くみ, 山本 浩範, 谷 佳子, 竹谷 豊, 森田 恭子, 新井 英一, 宮本 賢一, 武田 英二 :
腎近位尿細管におけるリン再吸収調節機構の解析,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.
320. 宮本 賢一, 新居 智子, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 竹谷 豊, 武田 英二, 金井 好克, 遠藤 仁 :
CD98を介するアミノ酸輸送と感受システムの誘導機序,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.
321. 武田 英二 :
健康増進に対する栄養士の貢献,
静岡英和女学院短期大学食物学科特別講演, 2001年4月.
322. 武田 英二 :
慢性肝疾患の病態栄養管理,
城北臨床栄養カンファレンス 特別講演, Vol.8, 2001年4月.
323. 武田 英二 :
慢性肝疾患の病態と栄養管理,
栄養サポートチーム研究会 講演, 2001年3月.
324. 中村 多希, 山中 仙示, 田口 華代, 粟根 尚美, 水野 昭, 土井 俊夫, 武田 英二 :
インスリンクランプ法に経口血糖負荷試験を併用した方法(clamp-OGL)を用いた肝硬変患者における耐糖能異常の検討,
日本病態栄養学会, Vol.4, 2001年1月.

その他・研究会:

1. 増田 真志, 山本 浩範, Yimamu Yilimulati, 大谷 彩子, 大西 里奈, 武田 英二, 竹谷 豊 :

第2回 Neo Vitamin D Workshop 学術集会, 2016年8月.
2. 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
脂質摂取量の多い食習慣が嗜好性に及ぼす影響についての検討,
第14回日本先進糖尿病治療研究会, 2014年12月.
3. 金本 真美, 濵田 康弘, 中屋 豊, 武田 英二, 奥村 仙示, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 島田 光生 :
NST介入による周術期栄養管理の有用性に関する検討,
日本外科学会雑誌, Vol.115, No.2, 782, 2014年3月.
(CiNii: 110009870732)
4. 安井 苑子, 谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 :
くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーションに及ぼす影響,
第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月.
5. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化,
第334回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2012年3月.
6. 山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン・ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構,
第2回骨バイオサイエンス研究会, 2011年7月.
7. 増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
All-transレチノイン酸による腸管リン吸収への影響とそのメカニズム,
日本農芸化学会中四国支部第29回講演会/日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会合同講演会, 2011年1月.
8. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節,
第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
9. 橋本 脩平, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体ミネラルバランスが時計遺伝子の発現調節に与える影響,
第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
10. 山本 浩範, 菊地 浩子, 田中 更沙, 中橋 乙起, 中尾 真理, 竹谷 豊, 安西 尚彦, 武田 英二 :
腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明,
第5回トランスポーター研究会年会, 2010年7月.
11. 武田 英二, 佐久間 理英, 阿望 幾久子 :
糖質調整流動食インスローの機能および効果,
第12回マンスリーフードリサーチ, No.638, 12-16, 2008年8月.
12. 武田 英二 :
栄養・食品クロムの耐糖能改善効果について,
日本医事新報, No.4383, 94, 2008年4月.
13. 武田 英二 :
小中学生の栄養・食事のあり方,
阿南市学校保健会・学校保健収録, No.18, 18-25, 2008年.
14. 奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二, 宇野 昌明, 永廣 信治 :
NST症例におけるワルファリン治療に及ぼす経腸栄養剤のビタミンK含有量の影響の検討,
Nutrition Support Journal, Vol.10, No.1, 27-30, 2008年.
15. 武田 英二 :
徳島大学のストレス研究の現況,
2005年12月.
16. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki :
Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men,
ESPEN27th, Aug. 2005.
17. 武田 英二 :
消化管を標的とした機能性食品の開発,
第12回栄養とくしま 講演会「腸管の分子栄養学」∼長寿・宇宙食の開発から未来の食品素材探索まで∼, 2005年3月.
18. 武田 英二 :
経腸栄養剤の素材と生体機能調節,
メディカルレビュー社栄養評価と治療座談会, 2005年3月.
19. 武田 英二 :
ヒトによる食品の糖尿病リスク低減機能評価,
食品の安全性および機能性に関する総合研究推進会議・評議会, 2005年2月.
20. 武田 英二 :
ストレス制御と機能性食品の開発,
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部設立記念シンポジウム-COE拠点形成のさらなる発展をめざして-, 2004年11月.
21. Eiji Takeda :
Effects of a novel palatinose based liquid formula with low glycemic index (Inslow) on gene expression in rats Vahouny _ ILSI Japan,
難消化性糖質国際シンポジウム, Sep. 2004.
22. 梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
副甲状腺ホルモン(PTH)によるナトリウム依存症リン酸トランスポーター(NAPi-IIa)のエンドサイトーシス調整機構,
徳島医学会学術集会, Vol.229, 2004年8月.
23. 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動応答性腸管カルシウム吸収低下機序の解明,
中国・四国骨代謝研究会, Vol.14, 2004年7月.
24. 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 武田 英二 :
不動に伴うビタミンD依存性腸管カルシウム吸収低下機構の解明,
脂溶性ビタミン総合研究委員会, Vol.304, 2004年7月.
25. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 武田 英二 :
PTHによるナトリウム依存症リン酸トランスポーターNaPi-IIaのエンドサイトーシス調整機構,
カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会, Vol.3, 2003年12月.
26. 武田 英二, 森田 恭子, 佐藤 匡俊 :
重力負荷によって産生される新規カルシウム吸収促進因子の同定,
宇宙環境利用に関する公募地上研究平成14年度終了テーマ研究成果報告会, 2003年8月.
27. 武田 英二, 新井 英一 :
「糖尿病用流動食の機能評価」共同研究の結果報告および検討,
2002年9月.
28. 武田 英二, 野本 真由美, 山本 浩範, 竹谷 豊, 一色 政志, 加藤 茂明 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
脂溶性ビタミン総合研究委員会, Vol.297, 2002年9月.
29. Eiji Takeda :
The role of vitamin D receptor In human diseases:vitamin D dependent rickets type and osteoporosis,
中国人民解放軍総合病院高齢者研究所 講演, Jul. 2002.
30. 竹谷 豊, 武田 英二, 森田 恭子 :
メンブレントラフィッキングによるリン輸送担体の細胞内局在化とホルモンによる調節,
腎性骨症研究会平成13年度研究報告会, 2002年6月.
31. 野本 真由美, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
無機リン酸による1α水酸化酵素の発現調節,
小児代謝性骨疾患研究会, Vol.19, 2001年12月.
32. 武田 英二 :
腎におけるNa/Pi transporter:カルシトニンによる調節機構,
カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会, Vol.1, 2001年12月.
33. 野本 真由美, 山本 浩範, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
無機リン酸による1α水酸化酵素の発現調節,
徳島Bone Forum, 2001年12月.
34. 武田 英二 :
腸管ペプチド吸収系の意義と機能調節,
SPGフォーラム, Vol.36, 2001年12月.
35. 武田 英二 :
重力負荷によって生産される新規カルシウム吸収促進因子の同定,
選定宇宙環境利用に関する公募地上研究中間評価・報告会, 2001年11月.
36. 武田 英二, 芳田 美智子, 山本 浩範, 森田 恭子 :
スタニオカルシン2の分子機構,
発達腎研究会, Vol.10, 2001年9月.
37. 武田 英二, 山中 仙示, 中村 多希, 粟根 尚美, 水野 昭, 田代 征記 :
肝硬変患者の耐糖脳障害に関するアセスメント,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.24, 2001年6月.
38. 武田 英二 :
肝硬変患者のインスリン抵抗性に関する研究,
四国臨床栄養研究会, Vol.25, 2001年3月.

報告書:

1. 武田 英二, 奥村 仙示 :
糖尿病予防・治療のための食品の組み合わせ効果に関するヒト試験,Ⅲ-3ヒト試験等による生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防機能の検証,食品・農産物の表示の信頼性確保と機能性解析のための基盤技術の開発-機能性-(食品・農産物の新たな機能性解析技術の開発),
平成20年度運営委員会報告 農林水産省農林水産技術会議事務局 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所, 2009年2月.
2. Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Emi Shuto, Rieko Tanaka, Ayako Tanimura, Naoki Sawada, Tadatoshi Sato, Yuichiro Takei, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Nagakatsu Harada and Eiji Takeda :
Evaluation of anti-stress nutrients in the endothelial cells with fluorescence indicator,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 295-296, Tokushima, Nov. 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 111585,   DOI: 10.2152/jmi.52.295,   PubMed: 16366519,   Elsevier: Scopus)
3. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Control of oxidative stress and metabolic homeostasis by the suppression of postprandial hyperglycemia,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Suppl, 259-265, Nov. 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 111562,   DOI: 10.2152/jmi.52.259,   PubMed: 16366512)
4. Eiji Takeda :
Human nutritional science on stress control,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Supplement, 223-224, Nov. 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 111550,   DOI: 10.2152/jmi.52.223,   PubMed: 16366501,   Elsevier: Scopus)
5. 武田 英二 :
臨床栄養管理に対する基礎的および実践的研究,
日本栄養・食糧学会誌, Vol.58, No.1, 23-28, 2005年.
6. 武田 英二, 佐々木 一 :
昼食後耐糖能におよぼす朝食での糖質調整流動食(インスロー)摂取の効果,
The Japanese Society of Digestion and Absorption, Vol.27, No.2, 20-21, 2004年.
7. 武田 英二 :
栄養学について,
日本臨床栄養学雑誌, Vol.23, 3-4, 2001年.

特許:

1. 竹谷 豊, 武田 英二 : 消化管粘膜保護剤,カベオリン遺伝子発現促進剤および抗ストレス剤, 特願2005319349 (2005年11月), 特開2007126383 (2007年5月), 特許第4839436号 (2011年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ストレス反応に関与する栄養によるエピゲノム修飾の解明 (研究課題/領域番号: 24650423 )
  • 健康から発病に至る心理的・生理的変化および栄養代謝変化の解明 (研究課題/領域番号: 24300256 )
  • 加齢グラフト部分肝移植における機能不全の解明と新たな治療法の開発 (研究課題/領域番号: 23390324 )
  • 生活習慣病発症を予知する食事とエピゲノム修飾の解明 (研究課題/領域番号: 22650180 )
  • 食生活での栄養素相互作用と臓器代謝調節ネットワーク機構の解明 (研究課題/領域番号: 21300277 )
  • 脂肪肝グラフト部分肝移植における機能不全の解明と統合的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 20390359 )
  • メタボリック症候群を予防する低グリセミック・インデックス食の分子基盤 (研究課題/領域番号: 18300232 )
  • リン過剩摂取による食後高リン血症の概念の確立と病態の解明 (研究課題/領域番号: 17650225 )
  • 高齢者の口腔保健向上のための大豆ペプチド利用に関する研究 (研究課題/領域番号: 17592182 )
  • 末梢血からの破骨細胞形成能を指標とした食品の抗ストレス機能評価 (研究課題/領域番号: 16659173 )
  • リン生体調節を制御する複合的リン濃度感知システムの解明 (研究課題/領域番号: 13470013 )
  • 近位尿細管におけるナトリウム依存性リン輸送担体の活性調節機構-リン輸送担体小胞の同定と細胞内トランスロケーション調節機構- (研究課題/領域番号: 11671038 )
  • 新規カルシウム・リン代謝調節ホルモン(フォスファトニン)の測定法の開発 (研究課題/領域番号: 10557096 )
  • 一回の膜貫通領域をもつアミノ酸輸送担体の分子構造および機能解析 (研究課題/領域番号: 09257233 )
  • 遺伝子発現量を指標とした適正リン摂取量決定法に関する研究 (研究課題/領域番号: 08877071 )
  • 一回の膜貫通域をもつアミノ酸輸送担体の分子構造と機能解析 (研究課題/領域番号: 08268236 )
  • ラジオアイソトープを用いない血中1,25-ジヒドロキシビタミンD濃度測定法の開発 (研究課題/領域番号: 07557321 )
  • 一回の膜貫通領域をもつアミノ酸輸送担体の分子構造および機能解析 (研究課題/領域番号: 07276227 )
  • ビタミンD受容体のゲノム遺伝子解析とビタミンD受容体障害の簡易検出法の確立 (研究課題/領域番号: 06670800 )
  • ヒト低リン血性クル病の原因である腎Na/リン輸送担体遺伝子のクローニング (研究課題/領域番号: 05670145 )
  • ビタミンD受容体障害の分子遺伝学的解析とビタミンD作用の発現調節に関する研究 (研究課題/領域番号: 04670601 )
  • ビタミンD依存性くる病II型におけるビタミンD受容体蛋白の分子遺伝学的研究 (研究課題/領域番号: 02670444 )
  • 培養皮膚線維芽細胞によるピルビン酸代謝異常のスクリ-ニングに関する研究 (研究課題/領域番号: 63570441 )
  • ビタミンD依存性くる病II型の病態および治療に関する研究 (研究課題/領域番号: 62570428 )
  • 末梢血による先天性高乳酸血症の系統的診断法の確立に関する研究 (研究課題/領域番号: 61570459 )
  • 先天性高乳酸血症の病因としてのピルビン酸膜輸送障害に関する研究 (研究課題/領域番号: 61219016 )
  • ヒト造血器腫瘍細胞のDNA合成能に関する研究 (研究課題/領域番号: 59570399 )
  • 研究者番号(00144973)による検索