検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 医用検査学系 > 細胞・免疫解析学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 検査技術科学専攻 > 機能系検査学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用検査学領域 >

研究活動

専門分野

輸血検査学 (Blood Transfusion Audit), 免疫検査学 (Immunology Examination)

研究テーマ

血液細胞の分化過程における血液型糖鎖抗原の発現機構に関する研究, 免疫細胞の細胞内Ca2+シグナル伝達とその機能発現に関する研究 (血液型糖鎖抗原, 細胞分化, 免疫細胞, 細胞内Ca2+シグナル伝達)

著書・論文

著書:

1.細井 英司 :
臨床検査技師になるためのオリエンテーション2017, 分担:医学検査の基礎と疾病との関連,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2017年4月.
2.細井 英司 :
最新臨床検査学講座,免疫検査学, 第4章 輸血・移植のための検査学:Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ.分担:[8]∼[10],
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2017年2月.
3.細井 英司 :
臨床検査技師になるためのオリエンテーション2016, 分担:医学検査の基礎と疾病との関連,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2016年4月.
4.細井 英司 :
臨床検査技師になるためのオリエンテーション2015, 分担:医学検査の基礎と疾病との関連,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2015年4月.
5.細井 英司 :
臨床検査技師国家試験ファーストトレーニング(分担),
医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年9月.
6.細井 英司 :
特集(2):臨床検査技師教育を考える,4.大学院教育と臨床検査技師,
ラボ·サービス/宇宙堂八木書店, 東京, 2014年8月.
7.細井 英司 :
臨床検査技師になるためのオリエンテーション2014, 分担:医学検査の基礎と疾病との関連,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年4月.
8.細井 英司 :
実習安全管理指針,分担:第1章 総論:Ⅰ.実習の感染防御対策(ワクチン接種対策を含む,
一般社団法人日本臨床検査学教育協議会, 東京, 2012年5月.
9.細井 英司 :
臨床検査学実習書シリーズ, 輸血・移植検査学実習書, 分担:[Ⅲ] 4.タイプ&スクリーン,[Ⅳ] 1.実習計画モデル,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2010年4月.
10.細井 英司 :
臨床検査学講座,免疫検査学, 輸血・移植のための検査学,Ⅳ.赤血球抗体検査,分担:[8]∼[10],
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
11.細井 英司 :
誰でもわかる遺伝子検査, --- 個人識別 各論-3, 応用編(1)血液型 ---,
株式会社 医学書院, 東京, 2002年10月.
12.細井 英司 :
遺伝子検査の基礎と実習(PCR法の実習), --- PASA法を用いたABO式血液型の遺伝子解析, 実習 ---,
四国臨床衛生検査技師会血清研究班, 徳島, 1998年7月.
13.細井 英司 :
DNA診断, --- ABO式血液型の遺伝子解析 ---,
四国臨床衛生検査技師会血清研究班, 松山, 1997年7月.

学術論文(審査論文):

1.Tomoki Tada, Kensaku Aki, Wataru Oboshi, Kazuyoshi Kawazoe, Toshiyuki Yasui and Eiji Hosoi :
Evaluation of effects of various drugs on platelet functions using phorbol 12-myristate 13-acetate-induced megakaryocytic human erythroid leukemia cells,
Drug Design, Development and Therapy, Vol.10, 3099-3107, 2016.
(DOI: 10.2147/DDDT.S115910,   PubMed: 27713620,   Elsevier: Scopus)
2.Wataru Oboshi, Kensaku Aki, Tomoki Tada, Toru Watanabe, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Ken Saito and Eiji Hosoi :
Flow Cytometric Evaluation of Surface CD56 Expression on Activated Natural Killer Cells as Functional Marker.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3,4, 199-203, 2016.
(DOI: 10.2152/jmi.63.199,   PubMed: 27644558,   Elsevier: Scopus)
3.Wataru Oboshi, Toru Watanabe, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Kensaku Aki, Tomoki Tada and Eiji Hosoi :
SNPs rs4656317 and rs12071048 located within an enhancer in FCGR3A are in strong linkage disequilibrium with rs396991 and influence NK cell-mediated ADCC by transcriptional regulation.,
Human Immunology, Vol.77, 997-1003, 2016.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2016.06.012)
4.Wataru Oboshi, Toru Watanabe, Yuumi Matsuyama, Kobara Ayana, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Kensaku Aki, Tomoki Tada and Eiji Hosoi :
The influence of NK cell-mediated ADCC: Structure and expression of the CD16 molecule differ among FcγRIIIa-V158F genotypes in healthy Japanese subjects,
Human Immunology, Vol.77, No.2, 165-171, 2016.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2015.11.001,   PubMed: 26582002,   Elsevier: Scopus)
5.Kensaku Aki, Kazuyoshi Kawazoe, Azusa Izumi, Tomoki Tada, Kazuo Minakuchi and Eiji Hosoi :
Direct Determination of ABO Blood Group Genotypes from Whole Blood Using PCR-Amplification of Specific Alleles Method,
American Journal of BioScience, Vol.2, 49-55, 2014.
(DOI: 10.11648/j.ajbio.20140202.15)
6.細井 英司, 曽根 敦美, 安藝 健作 :
ラベンダー精油とグレープフルーツ精油による自律神経系および免疫系に及ぼす影響,
アロマテラピー学雑誌, Vol.13, No.1, 29-40, 2013年.
(CiNii: 40019668543)
7.Kensaku Aki, Azusa Izumi and Eiji Hosoi :
The evaluation of histo-blood group ABO typing by flow cytometric and PCR Amplification of Specific Alleles analyses and their application in clinical laboratories,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 143-151, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106016,   DOI: 10.2152/jmi.59.143,   PubMed: 22450003)
8.安藝 健作, 相原 美奈子, 森内 貴子, 森 美和, 細井 英司 :
ゴーヤ種子抽出抗Hレクチンの臨床検査への応用,
四国医学雑誌, Vol.67, No.5, 6, 247-252, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 85231,   CiNii: 40019180094)
9., 亀岡 淳一, 川上 和義, 三浦 昌人, 森山 隆則, 木田 和幸, 浦山 修, 輿石 一郎, 戸塚 実, 奥村 伸生, 岩渕 三哉, 大竹 茂樹, 涌澤 伸哉, 岡 昌吾, 三善 英知, 塩澤 俊一, 網崎 孝志, 荒尾 雄二郎, 高橋 睦夫, 細井 英司, 大澤 進, 原田 幸一, 粟田 久多佳, 石井 誠一, 金塚 完 :
全国20国立大学の保健学科検査科学専攻分野のカリキュラム・卒業後進路,
臨床検査学教育, Vol.3, No.2, 74-81, 2011年.
(CiNii: 40019043934)
10.Kazuhiko Sawada, Eiji Hosoi, Miwa Bando, Hiromi Sakata-Haga, N.S. Lee, Y.G Jeong and Yoshihiro Fukui :
Differential alterations in expressions of ryanodine receptor subtypes in cerebellar cortical neurons of an ataxic mutant, rolling mouse Nagoya,
Neuroscience, Vol.152, No.3, 609-617, 2008.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2007.12.048,   PubMed: 18313230)
11.福島 真理, 鳥井 真由美, 胡田 順子, 東 満美, 細井 英司, 濱野 修一, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生 :
シクロオキシゲナーゼII阻害薬のヒト血小板凝集に及ぼす影響,
臨床薬理, Vol.34, No.1, 69-70, 2003年.
12.Eiji Hosoi, Masao Hirose and Shyuich Hamano :
Expression levels of H-type alpha (1,2)-fucosyl-transferase gene and histo-blood group ABO gene corresponding to hematopoietic cell differentiation,
Transfusion, Vol.43, No.1, 65-71, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1537-2995.2003.00277.x,   PubMed: 12519432,   Thomson Reuters: Web of Science™)
13.Yoshitatu Sei, Brandom BW, Bina S, Eiji Hosoi, Chiharu Nishizaki, Hadley W. Wyre, Pudimat PA, Holman SJ, Venzon DJ, Daly JW and Muldoon S :
Patients with malignant hyperthermia demonstrate an altered calcium control mechanism in B lymphocytes,
Anesthesiology, Vol.97, No.5, 1052-1058, 2002.
(DOI: 10.1097/00000542-200211000-00005,   PubMed: 12411786,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
14.Eiji Hosoi, Chiharu Nishizaki, Kathleen L. Gallagher, Hadley W. Wyre, Yoshinobu Matsuo and Yoshitatsu Sei :
Expression of the ryanodine receptor isoforms in immune cells,
The Journal of Immunology, Vol.167, No.9, 4887-4894, 2001.
(DOI: 10.4049/jimmunol.167.9.4887,   PubMed: 11673493,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
15.Eiji Hosoi, Masao Hirose, Shyuich Hamano, Msako Morimoto and Yasuhiro Kuroda :
Effect of MDR antagonists on the cidal activity of vincristine for cells expressing MDR-1 is superior to those expressing MRP,
In.J.Oncology, Vol.13, 343-348, 1998.
16.Shyuich Hamano, Masao Hirose, Eiji Hosoi and Yasuhiro Kuroda :
Overcoming of cross-resistance to the cell-killing activityof oxygen radicals in VCR-resistant hematologic cell lines with cyclosporin-A,
Anticancer Res., Vol.18, 1543-1548, 1998.
17.Eiji Hosoi, Shyuich Hamano, Masao Hirose and Yasuhiro Kuroda :
Detection of histo-blood groop ABOmRNA in human chronic myeroid leukemia cell lines using reverse transcription-polymerase chain reaction(RT-PCR),
Cancer Letters, Vol.133, 191-196, 1998.
18.Haruhiko Saito, Eiji Hosoi and Shiro Saito :
Secretory profile of immunoreactive growth hormone-releasing hormone (IR-GHRH) during sleep in man and its clinical value,
Hormone and Metabolic Research, Vol.29, No.9, 422-426, 1997.
(DOI: 10.1055/s-2007-979069,   PubMed: 9370108)
19.Masao Hirose, Shyuich Hamano, Eiji Hosoi and Yasuhiro Kuroda :
Correlation between permeability-related glycoprotein expression and susceptibility to oxygen radicals in vincristine-resistant hematologic cell lines,
Cancer Letters, Vol.120, 179-184, 1997.
20.Haruhiko Saito, Eiji Hosoi, Ryuichi Yamasaki, Kazuhito Kameyama, Minoru Irahara, Yoshio Ohno and Shiro Saito :
Immunoreactive growth hormone-releasing hormone(IR-GHRH) in the feto-placental circulation and differential effects of L-Dopa, L-Arginine and Somatostatin-14 on the plasma levels of IR-GHRH in normal adults,
Hormone and Metabolic Research, Vol.29, No.4, 184-189, 1997.
(DOI: 10.1055/s-2007-979018,   PubMed: 9178029)
21.細井 英司 :
ABO式血液型の遺伝子解析と臨床検査への応用,
臨床病理, Vol.45, No.2, 148-156, 1997年.
22.細井 英司 :
アリル特異的増幅法(PASA法)を用いたABO式血液型およびcisAB型genotypeの遺伝子解析,
臨床病理, Vol.44, No.8, 783-790, 1996年.
23.細井 英司 :
PCR法を用いたパラフィン切片組織からのABO遺伝子増幅法,
医学検査, Vol.45, No.6, 992-997, 1996年.
24.細井 英司 :
毛髪DNAを用いたABO式血液型genotypeの遺伝子解析,
臨床病理, Vol.43, No.4, 391-396, 1995年.
25.細井 英司, 吉川 貴美枝 :
ABO式血液型およびcisAB型のgenotypeの遺伝子解析,
臨床病理, Vol.41, No.10, 1133-1140, 1993年.
26.齋藤 憲, 管 由紀子, 中西 一世, 細井 英司, 野村 昌弘, 中屋 豊 :
健常者の右側胸部誘導心電図所見に関する検討,
呼吸と循環, Vol.41, No.6, 565-569, 1993年.
27.Emiko Hosoi, Yutaka Yokogoshi, Eiji Hosoi, Hidetaka Horie, Toshiaki Sano, Shozo Yamada and Shiro Saito :
Analysis of the Gsα gene in a growth hormone-secreting pituitary adenomas by the polymerase chain reaction-direct sequencing method using paraffin-embedded tissues,
Acta Endocrinol., Vol.129, No.4, 301-306, 1993.
28.Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Ryuichi Yamasaki, Shinji Mitsuhashi, Eiji Hosoi and Shiro Saito :
Demonstration of biological activity of a growth hormone-releasing hormone-like substance produced by a pheochromocytoma,
Acta Endocrinol., Vol.129, No.3, 246-250, 1993.
29.細井 恵美子, 横越 浩, 細井 英司, 横井 治, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
Gsα遺伝子の点突然変異を認めたMENI 型の下垂体腺腫症例,
ホルモンと臨床, 冬増刊号(間脳下垂体腫瘍 Ⅱ), Vol.41, 124-127, 1993年.
30.平岡 葉月, 佐藤 光代, 永峰 康孝, 齋藤 憲, 細井 英司, 百瀬 圭三 :
ホルター心電図による心房細動例の心電図的検討,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.29, No.4, 187-190, 1992年.
31.細井 英司, 笹川 知位子 :
ABO式血液型のAおよびB抗原の免疫細胞化学的解析,
日本輸血学会雑誌, Vol.38, No.6, 728-732, 1992年.
32.Emiko Hosoi, Yutaka Yokogoshi, Eiji Hosoi, Kenji Yokoi, Toshiaki Sano and Shiro Saito :
A pituitary specific point mutation of codon 201 of the Gsα gene in a pituitary adenoma of a patient with multiple endocrine neoplasia (MEN) type 1,
Endocrinologia Japonica, Vol.39, No.3, 319-324, 1992.
33.佐藤 光代, 徳永 敏枝, 齋藤 憲, 和田 貴美子, 細井 英司, 百瀬 圭三, 永峰 康孝 :
健常者の肺気量変動に伴う心電図変化に関する検討,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.28, 124-128, 1991年.
34.篠原 紀美代, 渡邊 博文, 細井 英司, 齋藤 史郎, 苛原 稔, 山崎 淳, 青野 敏博 :
血液型A1型で抗B抗体の欠損した1例について,
日本輸血学会雑誌, Vol.36, No.3, 458-461, 1990年.
35.篠原 紀美代, 渡邊 博文, 細井 英司, 齋藤 史郎 :
妊婦に見出されたpara-Bombay Omhについて,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.27, No.1, 13-16, 1990年.
36.Haruhiko Saito, Masahiko Saito, Katsuhiko Saito, Akiko Terauchi, Takashi Kobayashi, Toyoaki Tominaga, Eiji Hosoi, Mitsuo Senoo, Kei Saito and Toshikatsu Saito :
Case report: Subclinical pseudohypoparathyroidism type II: Evidence for failure of physiologic adjustment in calcium metabolism during pregnancy,
Am. J. Med. Sci., Vol.296, No.7, 247-250, 1989.
37.木村 成昭, 亀山 和人, 細井 英司, 齋藤 史郎 :
ラットにおけるPGE2, 2-DGおよびL-arginineの視床下部GHRHおよびSRIFの放出に及ぼす影響とGH分泌との相関,
日本内分泌学会雑誌, Vol.65, No.2, 113-127, 1989年.
38.細井 英司, 渡邊 博文, 篠原 紀美代 :
ゼラチン粒子凝集法(PA法)による抗 HTLV-I抗体測定の検討,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.25, No.3, 132-135, 1988年.
39.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 齋藤 史郎, 小阪 昌明 :
静注用グロブリン製剤に含まれる抗赤血球抗体,抗HB抗体,抗HTLV-Ⅰ抗体およびHIV抗体の検討,
衛生検査, Vol.37, No.8, 1131-1135, 1988年.
40.Eiji Hosoi, Haruhiko Saito, Ryuichi Yamasaki, Shigeaki Kimura and Shiro Saito :
Influence of anesthetic agents on the release of growth hormone induced by growth hormone-releasing hormone in rats,
The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.35, No.3∼4, 85-90, 1988.
41.Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Kazuhito Kameyama, Eiji Hosoi and Shiro Saito :
Secretion of growth hormone-releasing hormone in patients with idiopathic pituitary dwarfism and acromegaly,
Acta Endocrinol., Vol.117, No.3, 273-281, 1988.
42.Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Kazuto Kameyama, Katsuhiko Yoshimoto, Eiji Hosoi, Mitsuhiro Matsumura, Kunihiko Harada and Shiro Saito :
Ectopic Growth Hormone-Releasing Hormone (GHRH) Syndrome in a Case with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1.,
Endocrinologia Japonica, Vol.35, No.1, 97-109, 1988.
43.Masashi Yamamoto, Haruhiko Saito and Eiji Hosoi :
Effect of electric stimulation of the celiac vagus on gastric acid secretion and plasma concentrations of somatostatin and gastrin in the portal and gastroepiploic veins of dogs,
Scand. J. Gastroenterol., Vol.23, 1109-1116, 1988.
44.篠原 紀美代, 渡邊 博文, 細井 英司, 永峰 康孝, 浜井 洋子, 磯部 淳一, 鎌田 正晴, 苛原 稔 :
ABO式血液型不適合妊娠の予測に関する血清学的検査法の検討,
衛生検査, Vol.36, No.8, 1275-1279, 1987年.
45.山崎 柳一, 小松 まち子, 細井 英司, 三橋 信次, 池田 峰子, 亀山 和人, 齋藤 晴比古, 齋藤 史郎, 前田 巧 :
LHRHアゴニスト(Buserelin)の正常成人男子におけるゴナドトロピンおよびテストステロンの分泌に及ぼす影響,
ホルモンと臨床, Vol.35, No.4, 101-105, 1987年.
46.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 齋藤 史郎, 磯部 淳一 :
手術時の血液使用状況ならびにMaximum Surgical Blood Order ScheduleとType & Screen の導入について,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.24, No.3, 105-108, 1987年.
47.Toshiaki Sano, Haruhiko Saito, Ryuichi Yamazaki, Eiji Hosoi, Kazuhito Kameyama, Takanori Hirose and Kazuhito Hizawa :
Production and secretion of immunoreactive growth hormone-releasing factor by pheochromocytomas,
Cancer, Vol.57, No.91, 788-1793, 1986.
48.Toshiaki Sano, Haruhiko Saito, Ryuichi Yamasaki, Kinichi Hamaguchi, Koji Ooiwa, Tadakazu Shimoda, Eiji Hosoi, Shiro Saito and Kazuo Hizawa :
Immunoreactive Somatostatin and Calcitonin in Pulmonary Neuroendocrine Tumor,
Cancer, Vol.57, No.1, 64-68, 1986.
(PubMed: 2866833)
49.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 磯部 淳一 :
徳島大学医学部附属病院輸血部における輸血業務の統計学的考察,
衛生検査, Vol.34, No.11, 1522-1526, 1985年.
50.篠原 紀美代, 渡邊 博文, 細井 英司, 磯部 淳一 :
輸血検査で見い出された興味ある4症例について,
衛生検査, Vol.34, No.8, 1200-1206, 1985年.
51.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 磯部 淳一 :
最近の5年間における献血者の輸血検査異常値出現率について,
衛生検査, Vol.34, No.6, 915-918, 1985年.
52.篠原 紀美代, 渡邊 博文, 細井 英司, 磯部 淳一 :
血球洗浄システム(SIM WASH)による抗グロブリン試験の検討,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.22, No.2, 7-10, 1985年.
53.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 磯部 淳一, 二宮 恒夫, 宮尾 英 :
濃縮第Ⅷ因子製剤の大量投与により溶血性貧血の発症を見た血友病Aの一症例について,
衛生検査, Vol.34, No.5, 814-817, 1985年.
54.Takahide Mori, Minoru Irahara, Haruhiko Saito, Yoshio Ohno and Eiji Hosoi :
Inhibitory action of somatostatin on meiotic maturation of cultured porcine follicular ova,
Acta Endocrinol., Vol.110, No.3, 408-412, 1985.
55.Shiro Saito, Haruhiko Saito, Ryuichi Yamasaki, Eiji Hosoi, Machiko Komatsu, Hiroyuki Iwahana and Takuya Maeda :
Radioimmunoassay of an analog of luteinizing hormone-releasing hormone, [D-Ser(tBu)]6des-Gly-NH102 ethylamide (Busererin),
J. Immunol. Methods, Vol.79, 173-183, 1985.
56.Toshiaki Sano, Haruhiko Saito, Ryuichi Yamazaki, Kazuhito Kameyama, Mineko Ikeda, Eiji Hosoi, Kazuhito Hizawa and Shiro Saito :
Production of growth hormone-releasing factor in pheochromocytoma,
N. Eng. J. Med., Vol.311, No.23, 1520, 1984.
57.Haruhiko Saito, Shiro Saito, Takeshi Ouchi, Motoo Oka, Toshiaki Sano and Eiji Hosoi :
Co-storage and co-secretion of somatostatin and catecholamine in bovine adrenal medulla,
Neuroscience Letters, Vol.52, No.1-2, 43-47, 1984.
58.Haruhiko Saito, Shiro Saito, Ryuichi Yamasaki and Eiji Hosoi :
Clinical value of radioimmunoassay of plasma growth-hormone-releasing factor.,
The Lancet, 401-402, 1984.
59.Takahide Mori, Haruhiko Saito, Yoshio Ohno, Minoru Irahara, Eiji Hosoi and Shiro Saito :
Evidence for existence of somatostatin-like immunoreactivity with molecular heterogeneity in porcine ovaries,
Acta Endocrinol., Vol.106, No.2, 254-259, 1984.
60.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 磯部 淳一 :
Polyagglutinability T の一症例について,
衛生検査, Vol.32, No.11, 1374-1377, 1983年.
61.渡邊 博文, 篠原 紀美代, 細井 英司, 磯部 淳一 :
徳島県における血液型分布に関する調査,
徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.20, No.3, 11-13, 1983年.
62.Shiro Saito, Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Eiji Hosoi and Ryuichi Yamazaki :
Distribution and characteristics of immunoreactive somatostatin, vasoactive intestinal polypeptide and calcitonin in tumors,
Biomedical Res., Vol.4, 289-296, 1983.
63.Haruhiko Saito, Shiro Saito, Toshiaki Sano, Eiji Hosoi and Hajime Saito :
Fetal and maternal plasma levels of immunoreactive somatostatin at delivery: evidence for its increase in the umbilical artery and its arterio-venous gradient in the feto-placental circulation,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.56, No.3, 567-571, 1983.
(PubMed: 6130103)

学術論文(紀要・その他):

1.細井 英司 :
第 4回日本臨床検査学教育学会学術大会イブニングセミナー「 6.免疫血清・輸血検査学」,
Medical Technology, Vol.38, No.3, 309, 2010年.
2.Masao Hirose and Eiji Hosoi :
Recovery of chemosensitivity in vincristine resistant cells showing multidrug resistance phenotypes in drug-free culture,
Research Bulletin of Naruto University of Education, Vol.22, 357-368, 2007.
(CiNii: 40019885720)
3.Masao Hirose and Eiji Hosoi :
Prognosis-related gene expression in PBL, IL-2L, EBV-LCL, and wild type and drug resistant cultured cells,
Research Bulletin of Naruto University of Education, Vol.21, 397-407, 2006.
(CiNii: 40019890750)
4.磯部 淳一, 細井 英司, 梅野 真由美 :
血小板凝集への白血球の関与,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.3, 217-222, 1993年.
5.齋藤 憲, 可児 洋子, 生原 早知子, 細井 英司, 笠井 利恵, 矢野 勇人 :
ホルター心電計の不整脈診断精度に関する検討,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.2, 197-203, 1992年.
6.細井 英司, 森竹 千枝, 磯部 淳一 :
血小板凝集能に及ぼすソマトスタチンの影響,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.2, 213-217, 1992年.
7.喜多 知子, 中村 観善, 磯部 淳一, 藤井 正信, 斎藤 憲, 香川 典子, 松浦 千恵子, 梅野 真由美, 細井 英司, 百瀬 圭三, 大西 敏男, 吉野 富雄, 長澤 秀行, 岡 三希生, 姫野 國祐 :
臨床検査技師養成施設における基礎·臨床専門科目の実習に関する調査,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.1, 175-219, 1991年.
8.Eiji Hosoi :
A family suspected of having Cis A2B phenotype,
Bulletin of School of Medical Sciences, the University of Tokushima, Vol.1, No.1, 227-234, 1991.

総説・解説:

1.齋藤 晴比古, 細井 英司, 佐野 壽昭 :
広範囲血液·尿化学検査,免疫学的検査(4)ソマトスタチン,
日本臨床, Vol.63, No.8, 203-207, 2010年7月.
2.細井 英司 :
教授就任記念講演 ABO血液型の抗原および遺伝子の解析と臨床的応用,
四国医学雑誌, Vol.64, No.5, 216-224, 2008年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110257,   CiNii: 40016437922)
3.Eiji Hosoi :
Biological and clinical aspects of ABO blood group system,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 174-182, Aug. 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110857,   DOI: 10.2152/jmi.55.174,   PubMed: 18797129)
4.細井 英司 :
こんな検査法知っていますか?, --- DNA を用いた血液型判定 ---,
Medical Technology, Vol.36, No.2, 196-197, 2008年1月.
5.齋藤 晴比古, 細井 英司 :
広範囲血液·尿化学検査,免疫学的検査(4)ソマトスタチン,
日本臨床, Vol.63, No.8, 172-176, 2005年8月.
6.Masao Hirose, Eiji Hosoi, Shyuich Hamano and Ali Jalili :
Multidrug resistance in hematological malignancy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3,4, 126-135, Aug. 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110687,   PubMed: 13678381,   Elsevier: Scopus)
7.齋藤 晴比古, 佐野 壽昭, 山崎 柳一, 細井 英司, 吉本 勝彦, 宮崎 修一, 岩花 弘之, 三橋 信次 :
SomatostatinおよびGHRH産生腫瘍, --- 臨床的ならびに基礎的研究とその意義について ---,
第6回下垂体腫瘍Workshop講演集, 111-117, 1988年5月.
8.齋藤 晴比古, 山崎 柳一, 細井 英司 :
広範囲血液·尿化学検査,免疫学的検査 -ソマトスタチン-,
日本臨牀, Vol.43, 1029-1034, 1985年9月.
9.齋藤 史郎, 齋藤 晴比古, 佐野 壽昭, 細井 英司 :
特集 ソマトスタチン(SS)の基礎と臨床 -ソマトスタチン(SS)産生腫瘍-,
最新医学, Vol.40, No.5, 998-1007, 1985年5月.
10.齋藤 晴比古, 山崎 柳一, 細井 英司 :
特集 ソマトスタチン(SS)の基礎と臨床 -ソマトスタチン(SS)の生理的意義-,
最新医学, Vol.40, No.5, 964-970, 1985年5月.
11.齋藤 史郎, 齋藤 晴比古, 井上 利彦, 細井 英司 :
膵内分泌腫瘍 ソマトスタチン産生腫瘍,
消化器科, Vol.2, No.4, 422-430, 1985年4月.
12.齋藤 晴比古, 山崎 柳一, 細井 英司, 齋藤 史郎 :
膵内分泌腫瘍特集, --- -ソマトスタチノーマ- ---,
胆と膵, Vol.5, No.5, 717-724, 1984年5月.

国際会議:

1.Tomomi Shirakata, Shinzi Abe, Chie Numatani, Gosuke Sugi, Miwa Bando, Eiji Hosoi, Hitoshi Houchi, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Comparison of the inhibitory effects of Ibuprofen, Aspirin and Cilostazol on human platelet functions,
The 21st Congress of Federation of Asian Pharmaceutical Associations, 横浜, Nov. 2006.
2.Shyuichi Miyazaki, Eiji Hosoi, Shinji Mituhashi, Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito and Shiro Saito :
Distribution and characterization of IR-GHRH in human pancreas and intestine, and effects of oral adomnistration of a various test materials plasma IR-GHRH,
InternationalSymposium on GastoIntestinal Hormones 7th, Shizuoka, Nov. 1988.
3.R. Yamasaki, Haruhiko Saito, Katsuhiko Yoshimoto, S. Miyazaki, Hiroshi Bandou, S. Kimura, Eiji Hosoi, Y. Shintani, S. Mitsuhashi, H. Iwahana, Toshiaki Sano and Shiro Saito :
Growth hormone-releasing hormone (GHRH)-secreting pancreatic tumor associated with multiple endocrine neoplasia type 1.,
8th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Jul. 1988.
4.Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Katuhiko Yoshimoto, Syuichi Miyazaki, Hroshi Bando, Shigeaki Kimura, Eiji Hosoi, Yasumi Shintani, Shinji Mituhashi, Hiroyuki Iwahana, Toshiaki Sano and Shiro Saito :
Growth hormone releasing hormone(GHRH) secreting pancreatic tumor associated with multiple endocrine neoplasia type,
Internationa lCongress of Endocrinology 8th, Kyoto, Jul. 1988.
5.Toshiaki Sano, Haruhiko Saito, Ryuich Yamazaki, Eiji Hosoi, Shiro Saito and Kazuo Hizawa :
Production and secreation of various peptide hormone by pheochromocytomas,
International Congress of Cancer, Budapest, Aug. 1986.
6.Ryuichi Yamazaki, Shiro Saito, Haruhiko Saito, Kzuhito Kameyama, Shinji Mitsuhashi, Eiji Hosoi and Toshiaki Sano :
Secretion of GHRH in patients with hypersomatotropism,
International Congress of Neuroendocrinology 1st, San Francisco, Jul. 1986.
7.Haruhiko Saito, Ryuichi Yamasaki, Eiji Hosoi and Shiro Saito :
Clinical significance of plasma growth hormone-releasingfactor(GRF) determination in normal subjects and in patients with disorders of growth hormone(GH) secretion,
International Congress of Internal Medicine 17th., Kyoto, Oct. 1984.
8.Takahide Mori, Yoshio Ohno, Minoru Irahara, Eiji Hosoi and Haruhiko Saito :
Existence of somatostatin-like immunoreactivity in porcine ovaries and its role in germinal vesicle break down,
International Congress of Internal Medicine 14th, Quebec, Jul. 1984.

国内講演発表:

1.河内 千佳, 三輪 詩佳, 多田 智紀, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
血小板表面抗原解析法を用いた血小板機能に対する薬剤評価法の検討,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
2.三輪 詩佳, 河内 千佳, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いた細胞傷害活性の検討,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
3.山本 真美, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
H遺伝子プローモーター領域におけるメチル化の解析,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
4.上川 千春, 山本 真美, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子プロモーター領域におけるメチル化が抗原発現に及ぼす影響,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
5.酒井 美由希, 小林 沙綾, 多田 智紀, 大星 航, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
血小板モデル細胞を用いた各種薬剤併用における薬剤効果·作用の評価,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
6.小林 沙綾, 酒井 美由希, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いたNK細胞活性評価指標の検討,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
7.細井 英司 :
「徳島大学における輸血検査教育の現状と今後の課題」 シンポジウム,
平成27年度日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会(第48回), 2015年11月.
8.多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 川添 和義, 植木 春香, 川添 和義, 細井 英司 :
血小板モデル細胞を用いた各種薬剤評価の検討,
第10回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2015年8月.
9.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞表面抗原発現解析による新たなNK細胞活性評価法の確立(第3報),
日本輸血・細胞治療学会, 2015年5月.
10.岡本 拓也, 石倉 美月, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
FTAカード血液サンプルを用いたABO遺伝子型判定の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
11.石倉 美月, 岡本 拓也, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
MSP法を用いたABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
12.後藤 里香, 原田 啓, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いたNK細胞活性評価の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
13.原田 啓, 後藤 里香, 多田 智紀, 大星 航, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞CMKを用いた抗血小板薬の薬剤評価法の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
14.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞活性化におけるCD16およびCD56発現の変化とその評価,
2014 感染・免疫クラスター・ミニリトリート[徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部], 2014年10月.
15.多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた血小板機能におよぼす薬剤評価法の検討,
2014 感染・免疫クラスター・ミニリトリート[徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部], 2014年10月.
16.多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 川添 和義, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価の検討,
第9回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2014年8月.
17.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞表面抗原発現解析による新たなNK細胞活性評価法の確立,
第62回日本輸血・細胞治療学会, 2014年5月.
18.牧原 汐里, 宮﨑 渚, 多田 智紀, 大星 航, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系分化誘導細胞を用いた抗血小板薬の評価,
第37回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
19.酒井 絵理, 福田 翔太郎, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討∼融解曲線を用いた解析∼,
第36回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
20.福田 翔太郎, 酒井 絵理, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討∼MSP法を用いた解析∼,
第37回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
21.宮﨑 渚, 牧原 汐里, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
ストレス状態におけるNK細胞への影響,
第37 回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
22.松本 直貴, 多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 廣瀬 政雄, 岡田 直人, 川添 和義, 細井 英司, 水口 和生 :
ヒト巨核球系細胞株CMKを用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤評価の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
23.安藝 健作, 多田 智紀, 大星 航, 廣瀬 政雄, 細井 英司 :
血液培養細胞株34 種類のABO 血液型に関する解析,
第58回日本輸血・細胞治療学会中四国支部例会, 2013年9月.
24.多田 智紀, 松本 直貴, 安藝 健作, 大星 航, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた抗血小板薬アスピリンの薬剤評価の検討,
第8回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2013年8月.
25.安藝 健作, 細井 英司, 多田 智紀 :
ABO血液型遺伝子解析法により検出された稀な対立遺伝子,
第61回日本輸血・細胞治療学会, 2013年5月.
26.堀家 由貴, 谷井 菜緒子, 多田 智紀, 泉 あずさ, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価の検討,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
27.谷井 菜緒子, 堀家 由貴, 泉 あずさ, 多田 智紀, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
長期ストレス状態における免疫系への影響,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
28.米田 直美, 小倉 有紀, 泉 あずさ, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの生化学的解析,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
29.小倉 有紀, 米田 直美, 泉 あずさ, 多田 智紀, 廣瀬 政雄, 安藝 健作, 細井 英司 :
各種血液培養細胞株のABO血液型に関する検討,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
30.泉 あずさ, 小倉 有紀, 安藝 健作, 多田 智紀, 廣瀬 政雄, 細井 英司 :
各種血液培養細胞株におけるABO血液型genotypeの確定,
第57回日本輸血・細胞治療学会中国四国地方会, 2012年9月.
31.倍味 宏行, 岸田 真季, 山本 歩実, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
ABO血液型遺伝子のExon6,7領域の各塩基置換におけるPASA法を用いた解析,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
32.岸田 真季, 倍味 宏行, 山本 歩実, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
精油による自律神経系及び免疫系への影響,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
33.山本 歩実, 岸田 真季, 倍味 宏行, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の血液培養細胞を用いた解析,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
34.足立 麻衣, 安藝 健作, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 細井 英司 :
血液培養細胞を用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の解析,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
35.曽根 淳美, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 細井 英司 :
ABO血液型別にみた血清IgG型抗A/B抗体価の検討,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
36.安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
唾液抽出DNAを用いたABO血液型遺伝子解析法の確立,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
37.安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
血液サンプルからの直接PCR法によるABO血液型遺伝子解析の検討,
第56回日本輸血・細胞治療学会, 2011年9月.
38.泉 あずさ, 福良 歌奈恵, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
Direct PCRキットによるPASA法でのABO遺伝子解析,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
39.猪井 紅美子, 平田 有紀奈, 安藝 健作, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 細井 英司, 川添 和義, 水口 和生 :
ストレス条件下における免疫パラメータの変動,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
40.福良 歌奈恵, 泉 あずさ, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
非侵襲的サンプルからの抽出DNAを用いたPASA法でのABO遺伝子解析,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
41.平田 有紀奈, 猪井 紅美子, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司, 谷口 友紀, 川添 和義, 水口 和生 :
血小板モデル細胞を用いた薬剤評価測定系の確立,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
42.仁木 朋加, 足立 麻衣, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討2 ∼カルモジュリン(CaM)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
43.足立 麻衣, 仁木 朋加, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討1∼プロテインキナーゼC(PKC)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
44.藤川 貴弘, 曽根 淳美, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO血液型の遺伝子解析 ∼プライマーの設計変更による非特異的バンドの抑制∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
45.曽根 淳美, 藤川 貴弘, 安藝 健作, 細井 英司 :
各血液型におけるIgG型抗A / B抗体価について,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
46.真部 裕一, 安藝 健作, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
バルプロ酸Naのヒト血小板機能に対する抑制作用,
第54回日本輸血·細胞治療学会中国·四国地方会, 2009年11月.
47.真部 裕一, 川添 和義, 阿部 真治, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
バルプロ酸ナトリウムによる血小板凝集抑制メカニズムについての検討,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
48.森内 貴子, 安藝 健作, 小林 憲司, 細井 英司 :
ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの安定性とその特異性,
第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
49.細井 英司 :
ABO血液型の抗原および遺伝子の解析と臨床的応用(教授就任記念講演),
第237回徳島医学会学術集会, 2008年8月.
50.徳永 尚樹, 妹尾 彰之, 相原 美奈子, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 :
赤血球分化過程における細胞の分化と増殖の関係,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
51.相原 美奈子, 妹尾 彰之, 徳永 尚樹, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 :
ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの調製法,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
52.妹尾 彰之, 徳永 尚樹, 相原 美奈子, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 :
H血液型抗原のフローサイトメトリーによる解析,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
53.田中 麻衣, 板東 美和, 細井 英司, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸ナトリウムの影響,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
54.道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 158, 2007年11月.
55.山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
56.杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
57.小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
58.白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
59.白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼谷 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
日本薬学会・日本病院薬剤師会第45回中国四国支部学術大会, 2006年10月.
60.澤田 和彦, 細井 英司, 坂東 美和, 坂田 ひろみ, 福井 義浩 :
ローリングマウス小脳プルキンエ細胞における1型リアノジン受容体の発現減少,
29回日本神経科学大会, 2006年7月.
61.三好 雅士, 杉 豪介, 坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 松本 真弓, 廣瀬 政雄 :
巨核球·血小板系への分化誘導に伴う表面抗原の発現,
第29回徳島県医学検査学会抄録集, 25, 2005年12月.
62.安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
63.榎本 匡志, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 :
フローサイトメトリー法による赤血球抗原の解析,
第29回徳島県医学検査学会抄録集, 26, 2005年12月.
64.井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
65.富永 樹, 大山 真由美, 胡田 順子, 鳥井 真由美, 石澤 啓介, 濱野 修一, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト血小板凝集能へ及ぼす影響∼アスピリンとNSAIDs 併用時の危険性∼,
第125年会日本薬学会プログラム集, 156, 2005年3月.
66.井上 めぐみ, 沼谷 ちえ, 水田 奈緒子, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の制御 ∼抗血小板薬を用いての検討∼,
第125年会日本薬学会プログラム集, 156, 2005年3月.
67.坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 冨永 辰也, 松本 真弓, 廣瀬 政雄 :
血液細胞分化過程における血液型H抗原の発現解析,
日本輸血学会第49回中国四国地方会抄録, 36, 2004年10月.
68.大山 真由美, 鳥井 真由美, 石澤 啓介, 富永 樹, 濱野 修一, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
アスピリンとCOX-2選択的阻害薬のヒト血小板凝集能に及ぼす併用効果,
第124年会日本薬学会抄録集, 165, 2004年6月.
69.細井 英司, 坂東 美和, 廣瀬 政雄 :
血液細胞分化過程におけるH血液型抗原の発現機構の解析,
第52回日本輸血学会抄録集, 355, 2004年6月.
70.青柳 えり子, 沼谷 ちえ, 益田 沙代子, 坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 松本 真弓 :
ヒト培養白血病細胞株を用いた巨核球·血小板分化誘導の検討,
第28回徳島県医学検査学会抄録集, 100, 2003年12月.
71.沼谷 ちえ, 益田 沙代子, 青柳 えり子, 坂東 美和, 細井 英司, 水田 奈緒子, 芳地 一, 水口 和生 :
血小板活性化と細胞内Ca2+濃度との関係について,
第28回徳島県医学検査学会抄録集, 101, 2003年12月.
72.益田 沙代子, 沼谷 ちえ, 青柳 えり子, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 竹中 真由美, 松本 真弓 :
赤血球系への分化誘導に伴うH抗原の発現,
第28回徳島県医学検査学会抄録集, 106, 2003年12月.
73.胡田 順子, 福島 真理, 鳥井 真由美, 東 満美, 西迫 寛隆, 濱野 修一, 細井 英司, 黒田 泰弘, 久寺米 敏秀, 芳地 一, 水口 和生 :
アスピリンによる血小板凝集抑制作用に対する非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の影響,
第123年会日本薬学会抄録集, 150, 2003年3月.
74.市場 久美子, 井上 由香, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 松本 真弓, 庄野 和子 :
分化誘導刺激による血液細胞の分化と血液型抗原の発現,
第27回徳島県医学検査学会抄録集, 64, 2002年12月.
75.井上 由香, 市場 久美子, 細井 英司, 水田 奈緒子, 芳地 一, 水口 和生 :
血小板機能調節におけるCa2+の役割,
第27回徳島県医学検査学会抄録集, 58, 2002年12月.
76.片山 希実子, 大字 洋子, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 松本 真弓, 庄野 和子 :
血液細胞の分化に伴う血液型抗原の発現,
第26回徳島県医学検査学会抄録集, 120, 2001年12月.
77.大字 洋子, 片山 希実子, 細井 英司, 廣瀬 政雄 :
血液細胞内Ca2+濃度の制御機構について,
第26回徳島県医学検査学会抄録集, 110, 2001年12月.
78.宮本 美佐, 山下 佳江, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 濱野 修一 :
血液細胞分化過程における血液型遺伝子の発現,
徳島県臨床衛生検査第24回学会抄録集, 144, 1999年12月.
79.宮本 美佐, 山下 佳江, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 濱野 修一 :
血液細胞分化過程における血液型遺伝子の発現,
徳島県臨床衛生検査第24回学会抄録集, 144, 1999年12月.
80.細井 英司 :
ABO式血液型の遺伝子解析とその臨床検査への応用-シンポジウム-,
第40回日本臨床病理学会中国四国地方会総会抄録集, 1996年11月.

その他・研究会:

1.細井 英司 :
臨床検査教育の現状,
徳島大学病院検査部勉強会(特別講演), 2011年5月.
2.細井 英司 :
学生実習における危機管理マニュアル作成について「免疫血清学分野」,
第5回日本臨床検査学教育学会学術大会 「教員研修会:シンポ」, 2010年8月.
3.細井 英司 :
遺伝子からみたABO血液型,
平成22年度検査研究部門研修会:移植検査部門(特別講演), 2010年7月.
4.細井 英司 :
ABO血液型遺伝子の構造と解析,
第2回 四国輸血研修会(特別講演), 2008年1月.
5.細井 英司 :
遺伝子検査の基礎と実習(PCR法の実習),
第21回四国地区血清検査研究班研修会(特別講演), 1998年7月.
6.細井 英司 :
DNA診断 -ABO式血液型の遺伝子解析-,
第20回四国地区血清検査研究班研修会(特別講演), 1997年7月.
7.細井 英司 :
免疫遺伝学について,
徳島県輸血研究班勉強会(特別講演), 1997年3月.

報告書:

1.細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価法の確立,
平成26年度∼平成27年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書(課題番号26670282), 2016年3月.
2.細井 英司, 永尾 暢夫 :
イブニングセミナーまとめ(第 3回日本臨床検査学教育学会学術大会)「担当: 6.免疫血清・輸血検査学」,
臨床検査学教育, Vol.2, No.1, 49, 2010年3月.
3.芳地 一, 水口 和生, 細井 英司, 福田 靖 :
脳低温療法思考患者における鎮静剤の体内動態とその適正投与向けて,
平成16年度∼平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書(課題番号16590113), 40, 2006年3月.
4.細井 英司 :
血液細胞分化過程におけるABO遺伝子mRNAの発現調節に関する研究,
平成10年度∼平成11年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書(課題番号10672177), 1-55, 2000年3月.
5.細井 英司 :
アリル特異的増幅法(PASA法)を用いたABO式血液型遺伝子解析,
平成7年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学), 578-583, 徳島, 1996年3月.
6.細井 英司 :
パラフィン切片組を用いた遺伝子増幅法の確立,
平成6年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学), 736-741, 徳島, 1995年3月.
7.細井 英司 :
毛髪を用いたABO式血液型genotypeの遺伝子解析,
平成5年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学), 837-843, 徳島, 1994年3月.
8.細井 英司 :
PCR-RFLP法を用いたABO式血液型の遺伝子の解析,
平成4年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学), 854-861, 徳島, 1993年3月.
9.喜多 知子, 中村 観善, 磯部 淳一, 藤井 正信, 齋藤 憲, 香川 典子, 松浦 千惠子, 梅野 真由美, 細井 英司, 百瀬 圭三, 大西 敏男, 吉野 富雄, 長澤 秀行, 岡 三希生, 姫野 國祐 :
医療技術短期大学部衛生技術学科,臨床検査技師学校及び大学衛生学科における基礎及び臨床専門科目の実習に関する実態調査,
平成2年度 教育研究方法等改善経費研究成果報告書, 131-133, 1991年3月.
10.齋藤 史郎, 齋藤 晴比古, 亀山 和人, 山崎 柳一, 細井 英司 :
GHRH産生膵腫瘍による先端巨人症の1例とくにGHRHの性状と分泌動態,
厚生省特定疾患間 脳下垂体機能障害調査研究班(昭和61年度総括研究事業報告書), 173-175, 1987年1月.
11.齋藤 史郎, 細井 英司, 西田 敏信, 喜多 知子 :
環境指標としての長寿命生物 -海産哺乳動物の血清成分の生化学分析とその評価-,
文部省環境科学特別研究(昭和60年度環境科学研究報告書), 131-139, 1986年3月.
12.齋藤 史郎, 細井 英司, 永峰 康孝, 大島 一洋, 喜多 知子 :
環境指標としての長寿命生物 -イルカの血清20成分の測定とその生物学的意義-,
文部省環境科学特別研究(昭和59年度環境科学研究報告書), 91-100, 1985年3月.
13.斎藤 史郎, 齋藤 晴比古, 山崎 柳一, 細井 英司 :
正常者およびGH分泌異常症患者におけるGRFの分泌動態,
間脳下垂体機能障 害調査研究班(昭和59年度総括研究事業報告書), 123-127, 1984年1月.
14.斎藤 史郎, 齋藤 晴比古, 山崎 柳一, 細井 英司 :
生体試料中GRFのラジオイムノアツセイ,
厚生省特定疾患間 脳下垂体機能障害調査研究班(昭和58年度総括研究事業報告書), 39-43, 1983年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価法の確立 (研究課題/領域番号: 26670282 )
  • 脳低温療法施行患者における鎮静薬の体内動態とその適正投与に向けて (研究課題/領域番号: 16590113 )
  • 血液細胞分化過程におけるABO遺伝子mRNAの発現調節に関する研究 (研究課題/領域番号: 10672177 )
  • 研究者番号(70229186)による検索