検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

歯周治療学 (Periodontology)
歯内治療学 (Endodontology)

研究テーマ

骨代謝に視点をおいた歯周病の病態と治療, 薬物誘発性歯肉増殖症の病因と治療, 歯周病の新しい診断指標の開発 (歯周病)
歯髄細胞の硬組織形成能と骨基質蛋白 (石灰化)

著書・論文

著書:

1.永田 俊彦 :
先端医療シリーズ・歯科医学2 歯周病 新しい治療を求めて, --- 骨代謝異常 ---,
先端医療技術研究所,
2.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
臨床編 歯周病の病因,
永末書店, 2016年1月.
3.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
高齢者透析患者の口腔内病変はどのように発見し対策を立てますか?,
医歯薬出版株式会社, 2014年9月.
4.永田 俊彦, 二宮 雅美 :
口腔ケア実践上のノウハウ 糖尿病になるとう蝕や歯周病になりやすい? 糖尿病患者の口腔ケアで注意点,強調すべき点は?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年3月.
5.木戸 淳一, 永田 俊彦 :
1型 2型糖尿病の患者から口臭と口腔乾燥症の相談を受けたらそれぞれどう指導する?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年.
6.木戸 淳一, 永田 俊彦 :
1型 2型糖尿病の患者から口臭と口腔乾燥症の相談を受けたらそれぞれどう指導する?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年.
7.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯周病治療の基礎と臨床 臨床編 1章 歯周病の病因,
2011年3月.
8.永田 俊彦, 二宮 雅美 :
歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---,
永末書店, 京都, 2005年12月.
9.永田 俊彦, 大石 慶二 :
「糖尿病の治療と看護」 3.糖尿病の合併症とその対策,看護 B.慢性合併症 9. 歯周病,
南江堂, 東京, 2003年8月.
10.永田 俊彦, 木戸 淳一 :
プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療, --- 第1章4 根分岐部の診査 ---,
永末書店, 2001年.

学術論文(審査論文):

1.Jung-Hwan Lew, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Takahisa Ikuta, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High Glucose-Mediated Cytokine Regulation in Gingival Fibroblasts and THP-1 Macrophage: a Possible Mechanism of Severe Periodontitis with Diabetes.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.50, No.3, 973-986, 2018.
(DOI: 10.1159/000494481,   PubMed: 30355945)
2.Koji Naruishi, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido, Akihiro Fukunaga and Toshihiko Nagata :
Relationship of aspiration pneumonia to cognitive impairment and oral condition: a cross-sectional study.,
Clinical Oral Investigations, Vol.22, No.7, 2575-2580, 2018.
(DOI: 10.1007/s00784-018-2356-7,   PubMed: 29388021)
3.Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Hwan Jung Lew, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
b-carotene suppresses Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide-mediated cytokine production in THP-1 monocytes cultured with high glucose condition.,
Cell Biology International, Vol.42, No.1, 105-111, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112503,   DOI: 10.1002/cbin.10873,   PubMed: 28906038)
4.Chie Mihara-Wada, Hiroyuki Seto, Hirofumi Ohba, Kaku Tokunaga, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Local administration of calcitonin inhibits alveolar bone loss in an experimental periodontitis in rats.,
Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.97, No.1, 765-770, 2018.
(DOI: 10.1016/j.biopha.2017.10.165,   PubMed: 29107933)
5.Jun-ichi Kido, Shinya Murakami, Masahiro Kitamura, Manabu Yanagita, Koichi Tabeta, Kazuhisa Yamazaki, Hiromasa Yoshie, Hisashi Watanabe, Yuichi Izumi, Reiko Suda, Matsuo Yamamoto, Hideki Shiba, Tsuyoshi Fujita, Hidemi Kurihara, Mitsuharu Mizuno, Akihiro Mishima, Nobumasa Kawahara, Kazuhiro Hashimoto, Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
Useful Immunochromatographic Assay of Calprotectin in Gingival Crevicular Fluid for Diagnosis of Diseased Sites in Patients with Periodontal Diseases.,
Journal of Periodontology, 1-19, 2017.
(DOI: 10.1902/jop.2017.170206,   PubMed: 28875823)
6.Yukari Kajiura, Hwan Jung Lew, Takahisa Ikuta, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Clinical Significance of GCF sIL-6R and Calprotectin to Evaluate the Periodontal Inflammation.,
Annals of Clinical Biochemistry, Vol.54, No.6, 664-670, 2017.
(DOI: 10.1177/0004563216680232,   PubMed: 27810997)
7.美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Post clinical clerkship-OSCEを見据えた歯周病科での模擬OSCEの概要,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111059)
8.Yasufumi Nishikawa, Yukari Kajiura, Hwan Jung Lew, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Calprotectin Induces IL-6 and MCP-1 Production via Toll-Like Receptor 4 Signaling in Human Gingival Fibroblasts.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.232, No.7, 1862-1871, 2017.
(DOI: 10.1002/jcp.25724,   PubMed: 27925202)
9.Hiroshi Ito, Yukihiro Numabe, Shuichi Hashimoto, Satoshi Sekino, Etsuko Murakashi, Hitomi Ishiguro, Daisuke Sasaki, Takashi Yaegashi, Hideki Takai, Masaru Mezawa, Yorimasa Ogata, Hisashi Watanabe, Satsuki Hagiwara, Yuichi Izumi, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazushi Kunimatsu :
Correlation Between Gingival Crevicular Fluid Hemoglobin Content and Periodontal Clinical Parameters.,
Journal of Periodontology, Vol.87, No.11, 1314-1319, 2016.
(DOI: 10.1902/jop.2016.160092,   PubMed: 27468797)
10.Koji Naruishi, Keiji Oishi, Yuuji Inagaki, Masumi Horibe, Mika Bandou, Masami Ninomiya, K Kawahara, J Minakuchi, S Kawashima, K Shima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Association between Periodontal Condition and Kidney Dysfunction in Japanese Adults: A Cross-Sectional Study,
Clinical and Experimental Dental Research, Vol.2, No.2, 1-8, 2016.
(DOI: 10.1002/cre2.39)
11.Eijiro Sakamoto, Chie Mihara-Wada, Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Inhibitory effects of advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide on the expression of osteoblastic markers of rat bone marrow cells in culture,
Journal of Periodontal Research, Vol.51, No.3, 313-320, 2016.
(DOI: 10.1111/jre.12310,   PubMed: 26223811,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
12.Jumpei Teramachi, Yuji Inagaki, Hiroki Shinohara, Hirohiko Okamura, Di Yang, Kazuhiko Ochiai, Ryoko Baba, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
PKR regulates LPS-induced osteoclast formation and bone destruction in vitro and in vivo.,
Oral Diseases, 2016.
(DOI: 10.1111/odi.12592,   PubMed: 27718290)
13.Yumi Kuwamura, Sumikawa Masuko, Tetsuya Tanioka, Toshihiko Nagata, Eijiro Sakamoto, Hiromi Murata, Munehide Matsuhisa, Ken-ichi Aihara, Daisuke Hinode, Hirokazu Uemura, Hirokazu Ito, Yuko Yasuhara and Rozzano De Castro Locsin :
Development of the Diabetes Oral Health Assessment Tool © for Nurses,
Health, Vol.7, No.12, 1710-1720, 2015.
(DOI: 10.4236/health.2015.712186)
14.Hiroki Shinohara, Jumpei Teramachi, Hirohiko Okamura, Di Yang, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Double stranded RNA-dependent protein kinase is necessary for TNF--induced osteoclast formation in vitro and in vivo.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.116, No.9, 1957-1967, 2015.
(DOI: 10.1002/jcb.25151,   PubMed: 25739386)
15.成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の産生抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.58, No.3, 212-218, 2015年.
(DOI: 10.11471/shikahozon.58.212,   CiNii: 130005086794)
16.Jun-ichi Kido, Yukiko Bandou, Mika Bandou, Yukari Kajiura, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Takahisa Ikuta, Reiko Kido, Koji Naruishi, Makoto Funaki and Toshihiko Nagata :
YKL-40 level in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Oral Diseases, Vol.21, No.5, 667-673, 2015.
(DOI: 10.1111/odi.12334,   PubMed: 25740558,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
17.Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Reiko Kido, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Effect of Hangeshashinto on calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Odontology, Vol.104, 152-162, 2015.
(DOI: 10.1007/s10266-015-0196-3,   PubMed: 25649126,   Thomson Reuters: Web of Science™)
18.Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Kazuya Tanaka, Tsuyoshi Saito, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Gene polymorphism of β-defensin-1 is associated with susceptibility to periodontitis in Japanese.,
Odontology, Vol.103, No.1, 66-74, 2015.
(DOI: 10.1007/s10266-013-0139-9,   PubMed: 24276427,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
19.稲垣 裕司, 中島 由紀子, 堀部 ますみ, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
肥満糖尿病ラット歯周炎の歯肉組織におけるオステオポンチンの局在,
日本歯周病学会会誌, Vol.67, No.4, 149-158, 2015年.
20.Hiromi Murata, T Hattori, H Maeda, S Takashiba, M Takigawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Identification of transactivation-responsive DNA-binding protein 43 (TARDBP43; TDP-43) as a novel factor for TNF-a expression upon lipopolysaccharide stimulation in human monocytes.,
Journal of Periodontal Research, Vol.50, No.4, 452-460, 2015.
(DOI: 10.1111/jre.12227,   PubMed: 25202836)
21.Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-products increase expression of S100A8 and A9 via RAGE-MAPK in rat dental pulp cells,
Oral Diseases, Vol.21, No.3, 328-334, 2015.
(DOI: 10.1111/odi.12280,   PubMed: 25098709,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
22.Javkhlan Purevjav, Xu Guangfei, Chen Gang, Chenjuan Yao, Yuka Hiroshima, Hiroshi Yoshimura, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Expression and LPS-Induced Elevation of Nod2 and Calprotectin in the Submandibular Gland of Wild-Type and TLR4-Knockout Male Mice,
Journal of Research and Practice in Dentistry, Vol.2015, No.290259, 2015.
(DOI: 10.5171/2015.290259)
23.Koji Naruishi, Akiko Kunita, Katsuyuki Kubo, Toshihiko Nagata, Shogo Takashiba and Seiji Adachi :
Predictors of improved functional outcome in elderly inpatients after rehabilitation: a retrospective study.,
Clinical Interventions in Aging, Vol.9, 2133-2141, 2014.
(DOI: 10.2147/CIA.S73388,   PubMed: 25584025)
24.Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Glycated albumin and calprotectin levels in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Journal of Periodontology, Vol.85, No.12, 1667-1675, 2014.
(DOI: 10.1902/jop.2014.140241,   PubMed: 25126693)
25.Hiroshi Ito, Yukihiro Numabe, Satoshi Sekino, Etsuko Murakashi, Hitomi Iguchi, Shuichi Hashimoto, Daisuke Sasaki, Takashi Yaegashi, Kazushi Kunimatsu, Hideki Takai, Masaru Mezawa, Yorimasa Ogata, Hisashi Watanabe, Satsuki Hagiwara, Yuichi Izumi, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Evaluation of bleeding on probing and gingival crevicular fluid enzyme activity for detection of periodontally active sites during supportive periodontal therapy,
Odontology, Vol.102, No.1, 50-56, 2014.
(DOI: 10.1007/s10266-012-0090-1,   PubMed: 23179356,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
26.Naofumi Tamaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Yuji Inagaki, Makoto Fukui, Toshihiko Nagata and Hiro-O Ito :
Resveratrol improves oxidative stress and prevents the progression of periodontitis via the activation of the Sirt1/AMPK and the Nrf2/antioxidant defense pathways in a rat periodontitis model.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.75, 222-229, 2014.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2014.07.034,   PubMed: 25091897)
27.Toshio Takuma, Keiji Oishi, Tomofusa Manabe, Satoshi Yonada and Toshihiko Nagata :
Buccal bone resorption around posterior implants after surgery: a 1-year prospective study.,
The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, Vol.29, No.3, 634-641, 2014.
(DOI: 10.11607/jomi.3018,   PubMed: 24818202,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
28.Masami Ninomiya, Tomoko Azuma, Jun-ichi Kido, Shinya Murakami and Toshihiko Nagata :
Successful case of periodontal tissue repair by fibroblast growth factor-2. -Long-term follow-up and comparison with enamel matrix derivative-,
Clinical Advances in Periodontics, Vol.3, No.4, 216-221, 2013.
(DOI: 10.1902/cap.2012.120014)
29.Mika Bandou, Xianqiong Zou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Karen F. Ross, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata, Mark C. Herzberg and Jun-ichi Kido :
Mechanism of interleukin-1α transcriptional regulation of S100A9 in a human epidermal keratinocyte cell line,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Regulatory Mechanisms, Vol.1829, No.9, 954-962, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbagrm.2013.03.010,   PubMed: 23563247,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
30.Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-products enhance calcification in cultured rat dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.39, 873-878, 2013.
(DOI: 10.1016/j.joen.2012.11.027,   PubMed: 23791254,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
31.Yoshikazu Fukumoto, Masumi Horibe, Yuji Inagaki, Keiji Oishi, Naofumi Tamaki, Hiro-O Ito and Toshihiko Nagata :
Association of gingival recession and other factors with the presence of dentin hypersensitivity.,
Odontology, 2013.
(DOI: 10.1007/s10266-012-0099-5,   PubMed: 23283584)
32.C Kudo, Koji Naruishi, H Maeda, Y Abiko, T Hino, M Iwata, C Mitsuhashi, S Murakami, T Nagasawa, Toshihiko Nagata, Satoshi Yoneda, Y Nomura, T Noguchi, Y Numabe, Y Ogata, T Sato, H Shimauchi, K Yamazaki, A Yoshimura and S Takashiba :
Assessment of the plasma/serum IgG test to screen for periodontitis.,
Journal of Dental Research, Vol.91, No.12, 1190-1195, 2012.
(DOI: 10.1177/0022034512461796,   PubMed: 23018816)
33.美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 坂本 英次郎, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの局所投与による歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, No.2, 167-174, 2012年.
(DOI: 10.2329/perio.54.167,   CiNii: 10030799485)
34.Jun-ichi Kido, Kaori Abe, Shouki Yatsushiro, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Toshihiko Nagata, Toshihiko Ooie, Masato Tanaka and Masatoshi Kataoka :
Determination of calprotectin in gingival crevicular fluid by immunoassay on a microchip,
Clinical Biochemistry, Vol.45, No.15, 1239-1244, 2012.
(DOI: 10.1016/j.clinbiochem.2012.05.009,   PubMed: 22609893)
35.Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiromi Murata, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Resistin in gingival crevicular fluid and induction of resistin release by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.5, 554-562, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01466.x,   PubMed: 22309231,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
36.Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Naoto Ohgami, Toshiyuki Namubu, Masatoshi Kataoka, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Ikuko Sagawa and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in human gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.4, 488-499, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01458.x,   PubMed: 22220998)
37.Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Ahmad Azlina, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Lipopolysaccharide-mediated induction of calprotectin in the submandibular and parotid glands of mice,
Inflammation, Vol.34, No.6, 668-680, 2011.
(DOI: 10.1007/s10753-010-9277-1,   PubMed: 21125321)
38.Kaku Tokunaga, Hiroyuki Seto, Hirofumi Ohba, Chie Mihara-Wada, Hideki Hama, Masumi Horibe, Satoshi Yoneda and Toshihiko Nagata :
Topical and intermittent application of parathyroid hormone recovers alveolar bone loss in rat experimental periodontitis.,
Journal of Periodontal Research, Vol.46, No.6, 655-662, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01386.x,   PubMed: 21722135)
39.Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yuji Inagaki, Mark C. Herzberg, Karen F. Ross, Kazuo Hosoi, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of antimicrobial peptide expression in human gingival keratinocytes by interleukin-1α,
Archives of Oral Biology, Vol.56, No.8, 761-767, 2011.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2011.01.004,   PubMed: 21316034)
40.稲垣 裕司, 板東 美香, 中島 由紀子, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが培養歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, Vol.53, No.4, 367-375, 2010年.
(CiNii: 110008006906)
41.Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Shosaikoto increases calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Journal of Periodontal Research, Vol.45, No.1, 79-86, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2009.01203.x,   PubMed: 19602113,   Thomson Reuters: Web of Science™)
42.Yuji Inagaki, Kaya Yoshida, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Jun-ichi Kido, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
High glucose levels increase osteopontin production and pathologic calcification in rat dental pulp tissues.,
Journal of Endodontics, Vol.36, No.6, 1014-1020, 2010.
(DOI: 10.1016/j.joen.2010.03.018,   PubMed: 20478457,   Elsevier: Scopus)
43.Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, MC Herzberg, KF Ross, Yasuo Shinohara, Takenori Yamamoto, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Modulation of calprotectin in human keratinocytes by keratinocyte growth factor and interleukin-1alpha.,
Immunology and Cell Biology, Vol.88, No.3, 328-333, 2010.
(DOI: 10.1038/icb.2009.104,   PubMed: 20065999)
44.Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2009.07.001,   PubMed: 19616504)
45.伊賀 弘起, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 松本 尚子, 永田 俊彦 :
徳島大学パイロット事業支援プログラム「歯科医療系学生の口腔保健・福祉体験実習による健康長寿支援」,
大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 108-114, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82696,   CiNii: 110007591420)
46.Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria.,
Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009.
(DOI: 10.1074/mcp.M800377-MCP200,   PubMed: 19218587)
47.廣島 佑香, 稲垣 裕司, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.5, 485-492, 2008年.
(CiNii: 110007151262)
48.Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of calprotectin expression in human keratinocytes in vitro,
Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.49, No.3, 224-232, 2007.
(DOI: 10.2329/perio.49.224,   CiNii: 10027094494)
49.Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Calyculin A induces apoptosis and stimulates phosphorylation of p65NF-κB in human osteoblastic osteosarcoma MG63 cells,
International Journal of Oncology, Vol.31, No.2, 389-396, 2007.
(PubMed: 17611696,   Thomson Reuters: Web of Science™)
50.Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Interleukin-1alpha regulates antimicrobial peptide expression in human keratinocytes.,
Immunology and Cell Biology, Vol.85, No.7, 532-537, 2007.
(DOI: 10.1038/sj.icb.7100078,   PubMed: 17549071)
51.Kaori Abe, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Ruspita Intan, Taigo Horiguchi, Toshihiko Nagata and Takafumi Noma :
Establishment and characterization of rat dental epithelial derived ameloblast-lineage clones.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.103, No.5, 479-485, 2007.
(DOI: 10.1263/jbb.103.479,   PubMed: 17609165)
52.Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes,
Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2005.00857.x,   PubMed: 17214633)
53.Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Arachidonic acid inhibits osteoblast differentiation through cytosolic phospholipase A2-dependent pathway.,
Oral Diseases, Vol.13, No.1, 32-39, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1601-0825.2006.01239.x,   PubMed: 17241427)
54.Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues.,
Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
(DOI: 10.1021/pr060291w,   PubMed: 17137335)
55. Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells,
Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2005.00845.x,   PubMed: 16677282)
56.Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006.
(DOI: 10.1007/s00774-005-0672-x,   PubMed: 16622732)
57.Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth,
Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
(DOI: 10.1177/154405910508401217,   PubMed: 16304451,   Thomson Reuters: Web of Science™)
58.瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用,
日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
59.Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin expression in human monocytes: induction by porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta,
Journal of Periodontology, Vol.76, No.3, 437-442, 2005.
(DOI: 10.1902/jop.2005.76.3.437,   PubMed: 15857079,   Thomson Reuters: Web of Science™)
60.大竹 登志子, 高橋 龍太郎, 大藪 靖彦, 南園 宗子, 葛山 司, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
2型糖尿病患者の歯周治療必要度指数(CPITN),
日本歯周病学会会誌, Vol.47, No.1, 28-35, 2005年.
(DOI: 10.2329/perio.47.28,   CiNii: 110004015817)
61.Masumi Horibe, Takamasa Sawa, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Regulation of tenascin expression in cultured rat dental pulp cells,
Odontology, Vol.92, No.1, 22-26, 2004.
(DOI: 10.1007/s10266-004-0038-1,   PubMed: 15490301)
62.Hideki Azuma, Jun-ichi Kido, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Substance P Enhances the Inhibition of Osteoblastic Cell Differentiation Induced by Lipopolysaccharide From Porphyromonas gingivalis,
Journal of Periodontology, Vol.75, No.7, 974-981, 2004.
(DOI: 10.1902/jop.2004.75.7.974,   PubMed: 15341355)
63.Jun-ichi Kido, R. Kido, Suryono, Masatoshi Kataoka, M. K. Fagerhol and Toshihiko Nagata :
Induction of calprotectin release by Porphyromonasgingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.3, 182-187, 2004.
(DOI: 10.1111/j.0902-0055.2004.00139.x,   PubMed: 15107070,   Thomson Reuters: Web of Science™)
64.二宮 雅美, 鎌田 伸之, 長山 勝, 永田 俊彦 :
エナメル基質タンパクの歯の移植への応用,
ザ·クインテッセンス, Vol.23, No.7, 89-96, 2004年.
65. Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Effect of Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta on calprotectin release in human monocytes,
Journal of Periodontology, Vol.74, No.12, 1719-1724, 2003.
(DOI: 10.1902/jop.2003.74.12.1719,   PubMed: 14974811)
66.Jun-ichi Kido, Reiko Kido, Suryono, Masatoshi Kataoka, Magne K. Fagerhol and Toshihiko Nagata :
Calprotectin release from human neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide via the CD-14-Toll-like receptor-nuclear factor kB pathway,
Journal of Periodontal Research, Vol.38, No.6, 557-563, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0765.2003.00691.x,   PubMed: 14632917)
67.Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Chie Wada, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Decreased expression of α2 integrin in fibroblasts isolated from cyclosporin A- induced gingival overgrowth in rats,
Journal of Periodontal Research, Vol.38, No.5, 533-537, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0765.2003.00692.x,   PubMed: 12941079)
68.浅野 将宏, 淺原 洋士, 桐野 晃教, 大石 美佳, 明丸 倫子, 濵 秀樹, スルヨノ , 塩野谷 明美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
思春期後に歯槽骨吸収が自然停止した早期発症型歯周炎患者の1症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.45, No.3, 279-288, 2003年.
69.Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid stimulates the expression of receptor activator of nuclear factor-kappa B ligand RANKL in mouse osteoblastic cells,
Biomedical Research (India), Vol.14, No.2, 126-132, 2003.
(CiNii: 10013504618,   Elsevier: Scopus)
70.二宮 雅美, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
MMP 阻害剤の歯槽骨吸収抑制作用,
ザ·クインテッセンス, Vol.22, No.9, 41-47, 2003年.
71.Yasuki Shimizu, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Nifedipine induces gingival epithelial hyperplasia in rats through inhibition of apoptosis,
Journal of Periodontology, Vol.73, No.8, 861-867, 2002.
(DOI: 10.1902/jop.2002.73.8.861,   PubMed: 12211494)
72.Nishikawa Hiroyuki, Akemichi Ueno, Taigo Horiguchi, Kikuji Yamashita, Inoue Hideo and Toshihiko Nagata :
Effects of TGF-beta1 on Extracellular Matrix Formation in Rat Clonal Dental Pulp Cells,
Dentistry in Japan, Vol.38, 44-50, 2002.
73.Masami Ninomiya, Nobuyuki Kamata, Ryoichi Fujimoto, Tomoko Ishimoto, Suryono, Jun-ichi Kido, Masaru Nagayama and Toshihiko Nagata :
Application of Enamel Matrix Derivative in Autotransplantation of an Impacted Maxillary Premolar,
Journal of Periodontology, Vol.73, No.3, 346-351, 2002.
(DOI: 10.1902/jop.2002.73.3.346,   PubMed: 11922266,   Thomson Reuters: Web of Science™)
74.中村 輝夫, スルヨノ , 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周炎患者の歯肉溝滲出液中に含まれるI型プロコラーゲンペプチドおよびオステオカルシンの定量分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.44, No.1, 73-81, 2002年.
(DOI: 10.2329/perio.44.73,   CiNii: 110004013233)
75.鎌田 伸之, 二宮 雅美, 東 智子, 藤本 良一, 友成 真弓, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.1, 205-213, 2002年.
76.多田 淳, 岩田 利光, 永田 俊彦 :
歯科訪問診療における口腔衛生指導への取り組み,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.1, 215-218, 2002年.
77.Jun-ichi Kido, Teruo Nakamura, Yoji Asahara, Takamasa Sawa, Kenjiro Kohri and Toshihiko Nagata :
Osteopontin in gingival crevicular fluid,
Journal of Periodontal Research, Vol.36, No.5, 328-333, 2001.
(Elsevier: Scopus)
78.Masatoshi Kataoka, Yasuki Shimizu, Kenji Kunikiyo, Yoji Asahara, Hideki Azuma, Takamasa Sawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Nifedipine induces gingival overgrowth in rats through a reduction in collagen phagocytosis by gingival fibroblasts,
Journal of Periodontology, Vol.72, No.8, 1078-1083, 2001.
(DOI: 10.1902/jop.2001.72.8.1078,   PubMed: 11525441)
79.Masami Ninomiya, Mika Oishi, Jun-ichi Kido, Yasuyoshi Ohsaki and Toshihiko Nagata :
Immunohistochemical Localization of Osteopontin in human Pulp Stones.,
Journal of Endodontics, Vol.27, No.4, 269-272, 2001.
(DOI: 10.1097/00004770-200104000-00007,   PubMed: 11485265,   Elsevier: Scopus)
80.木戸 淳一, 片岡 正俊, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
塩酸マニジピン服用患者にみられた歯肉増殖症の1例,
日本歯周病学会会誌, Vol.43, No.4, 388-395, 2001年.
81.Masatoshi Kataoka, YASUKI SHIMIZU, KENJI KUNIKIYO, YOJI ASAHARA, Kikuji Yamashita, Masami Ninomiya, Ichijiro Morisaki, Yasuyoshi Ohsaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Cyclosporin A Decreases the Degradation of Type I Collagen in Rat Gingival Overgrowth,
Journal of Cellular Physiology, Vol.182, No.3, 351-358, 2000.
82.Yoji Asahara, Fusanori Nishimura, Hisa Yamada, Koji Naruishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Yoji Murayama :
Mast cells are not involved in the development of cyclosporin A-induced gingival hyperplasia: a study with mast cell-deficient mice,
Journal of Periodontology, Vol.71, No.7, 1117-1120, 2000.
(DOI: 10.1902/jop.2000.71.7.1117,   PubMed: 10960018)
83.角野 裕行, 木戸 淳一, 浅原 洋士, 澤 孝賢, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis 由来リポ多糖による骨芽細胞の分化抑制作用およびその機構解明に関する研究,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.3, 592-601, 2000年.
(CiNii: 10007352790)
84.Hiroyuki Nishikawa, Akemichi Ueno, Seiji Nishikawa, Jun-ichi Kido, Mika Oishi, Hideo Inoue and Toshihiko Nagata :
Sulfated glycosaminoglycan synthesis and its regulation by transforming growth factor-β in rat clonal dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.26, No.3, 169-171, 2000.
(DOI: 10.1097/00004770-200003000-00010,   PubMed: 11199713)
85.Teruo Nakamura, Jun-ichi Kido, Reiko Kido, Keiji Oishi, Noriyuki Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
The association of calprotectin level in gingival crevicular fluid with gingival index and the activities of collagenase and aspartate aminotransferase in adult periodontitis patients,
Journal of Periodontology, Vol.71, No.3, 361-367, 2000.
(DOI: 10.1902/jop.2000.71.3.361,   PubMed: 10776922)
86.二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 浅原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 2000年.
87.大場 堂信, 赤沢 佳代子, 二宮 洋介, 桐野 晃教, 明丸 倫子, 石本 智子, 戸野 早由利, 中村 輝夫, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
人工透析患者の歯周病罹患度に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, Vol.42, No.4, 307-313, 2000年.
(DOI: 10.2329/perio.42.307)
88.池戸 大, 浅原 洋士, 澤 孝賢, 大石 慶二, 山内 規進, 清水 保樹, 大石 美佳, 二宮 雅美, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養骨芽細胞MC3T3-E1におけるフェニトインの分化促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.42, No.2, 104-113, 2000年.
89.D Ikedo, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Stimulatory effects of phenytoin on osteoblastic differentiation of fetal rat calvaria cells in culture.,
Bone, Vol.25, No.6, 653-660, 1999.
(PubMed: 10593409)
90.Jun-ichi Kido, T Nakamura, R Kido, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin in gingival crevicular fluid correlates with clinical and biochemical markers of periodontal disease.,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.26, No.10, 653-657, 1999.
(PubMed: 10522776)
91.Keiji Oishi, Mika Oishi, Akira Takahashi, Jun-ichi Kido, Shuzaburo Uemura and Toshihiko Nagata :
Examination of the roots of paramolar tuberoles with computed tomography: Report of 3 cases,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology, Vol.88, No.4, 479-483, 1999.
92.Mika Oishi, Masumi Horibe, Dai Ikedo, M Miyazaki, Keiji Oishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Effect of retinoic acid on osteopontin expression in rat clonal dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.25, No.10, 683-685, 1999.
93.Hideki Sasaki, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Seiichiro Kitamura and Toshihiko Nagata :
Pronounced palatal and mandibular tori observed in a patient with chronic Phenytoin therapy, a case report,
Journal of Periodontology, Vol.70, No.4, 445-448, 1999.
(DOI: 10.1902/jop.1999.70.4.445,   PubMed: 10328658)
94.Dai Ikedo, Keiji Ohishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Stimulatory Effects of Phenytoin on Osteoblastic Differentiation of Fetal Rat Calvaria Cells in Culture,
Bone, Vol.25, No.6, 653-660, 1999.
95.Jun-ichi Kido, T Nakamura, R Kido, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin, a leukocyte protein related to inflammation, in gingival crevicular fluid.,
Journal of Periodontal Research, Vol.33, No.7, 434-437, 1998.
(PubMed: 9842509)
96.Keiko Nakano, 大石 美佳, Y Ogawa, T Ohba, Junichi Kido, Y Miyake, 永田 俊彦 :
Prostaglandin E2 inhibits alveolar bone resorption in experimantal periodontitis in hamster,
Dentistry in Japan, Vol.34, 108-111, 1998年.
97.Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Toshihiko Nagata, Chizuko Tsurumi, Yoshihiro Miwa, Seiichiro Kitamura and Hideo Inoue :
cDNA cloning of bovine thrombospondin 1 and its expression in odontoblasts and predentin,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1382, No.1, 17-22, 1998.
(DOI: 10.1016/S0167-4838(97)00188-X,   PubMed: 9507054)
98.山内 規進, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 大石 慶二, 西川 聖二, 上野 明道, 永田 俊彦 :
前立腺癌細胞培養上清の骨芽細胞分化抑制作用とその性状,
四国歯学会雑誌, Vol.10, No.2, 249-256, 1998年.
99.Jun-ichi Kido, N Yamauchi, Keiji Oishi, Masatoshi Kataoka, Seiji Nishikawa, T Nakamura, H Kadono, D Ikedo, Akemichi Ueno, N Nonomura, A Okuyama and Toshihiko Nagata :
Inhibition of osteoblastic cell differentiation by conditioned medium derived from the human prostatic cancer cell line PC-3 in vitro.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.67, No.2, 248-256, 1997.
(DOI: 10.1002/(SICI)1097-4644(19971101)67:2<248::AID-JCB10>3.0.CO;2-B,   PubMed: 9328830)
100.Jun-ichi Kido, S. Nishikawa, H. Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K. Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of calprotein , a calcium binding leukocyte protein, In human dental calculus matrix,
Journal of Periodontal Research, Vol.32, No.4, 335-361, 1997.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.1997.tb00545.x,   PubMed: 9210089)
101.Noriyuki Yamauchi, Seiji Nishikawa, Jun-ichi Kido, Keiji Oishi, Toshihiko Nagata, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Shinohara and Hiroshi Ishida :
Relationship between the expression of parathyroid hormone receptors and hormonal effect during rat osteoprogenitor cell differentiation,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.15, No.1, 17-22, 1997.
102.中野 恵子, 大石 慶二, 山内 規進, 大石 美佳, 篠原 啓之, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
ラット胎児頭蓋冠由来細胞培養系におけるプロスタグランディンE2の石灰化促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.4, 484-492, 1996年.
103.二宮 雅美, 山下 菊治, 永田 俊彦, 北村 清一郎 :
ラット後肢の指骨切断後の治癒過程に及ぼすethane-1-hydroxy-1, 1-diphosphonateの影響—光学顕微鏡所見を中心に—,
四国歯学会雑誌, Vol.8, No.2, 189-206, 1996年.
104.Jun-ichi Kido, C Kasahara, Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, H Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of osteopontin in human dental calculus matrix.,
Archives of Oral Biology, Vol.40, No.10, 967-972, 1995.
(PubMed: 8526807)
105.Jun-ichi Kido, C. Kasahara, K. Ohishi, S. Nishikawa, H. Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K. Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of osteopontin in human dental calculus matrix,
Archives of Oral Biology, Vol.40, No.10, 967-972, 1995.
(DOI: 10.1016/0003-9969(95)00056-U)
106.Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, Toshihiko Nagata, N Yamauchi, H Shinohara, Jun-ichi Kido and H Ishida :
Physiological concentrations of retinoic acid suppress the osteoblastic differentiation of fetal rat calvaria cells in vitro.,
European Journal of Endocrinology, Vol.133, No.3, 335-341, 1995.
(PubMed: 7581951)
107.Toshihiko Nagata, Mika Yokota, Seiji Nishikawa, Hiroshi Ishida and Yoichi Wakano :
Osteopontin expression in clonal dental pulp cells,
Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.760, 342-345, 1995.
108.木戸 淳一, 山内 規進, 中野 恵子, 大石 慶二, 大石 美佳, 篠原 啓之, 片岡 正俊, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
株化ラット歯髄細胞培養上清がラット頭蓋冠由来骨原性細胞の石灰化骨様結節形成に及ぼす効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.38, No.5, 1143-1148, 1995年.
109.Keiji Oishi, H Ishida, Toshihiko Nagata, N Yamauchi, C Tsurumi, Seiji Nishikawa and Y Wakano :
Thyroid hormone suppresses the differentiation of osteoprogenitor cells to osteoblasts, but enhances functional activities of mature osteoblasts in cultured rat calvaria cells.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.161, No.3, 544-552, 1994.
(DOI: 10.1002/jcp.1041610318,   PubMed: 7962135)
110.Toshihiko Nagata, Atsuko Kawahara, Chika Kasahara, Mika Yokota, Seiji Nishikawa, Yoichi Wakano and Hiroshi Ishida :
Biochemical study on the tissue compartmentalization of phosphophoryn, osteopontin and bone sialoprotein (BSP) in rat incisor dentin,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.12, No.2, 7-13, 1994.
111.Toshihiko Nagata, Mika Yokota, Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, Hiroyuki Shinohara, Yoichi Wakano and Hiroshi Ishida :
1α,25-Dihydroxyvitamin D3 stimulation osteopontin expression in rat clonal dental pulp cells,
Archives of Oral Biology, Vol.39, No.9, 775-782, 1994.
112.Noriyuki Yamauchi, Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, Toshihiko Nagata, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Shinohara and Hiroshi Ishida :
Expression and characterization of parathyroid hormone receptors on fetal rat calvaria cells in culture,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.12, No.Suppl.1, 33-37, 1994.
113.笠原 信治, 笠原 千佳, 西川 聖二, 山内 規進, 大石 慶二, 下保 恵子, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
ラット頭蓋冠由来細胞が合成分泌するカルシウム結合性蛋白とメチルチオアデノシン代謝との関連,
日本歯周病学会会誌, Vol.35, No.1, 172-178, 1993年.
(DOI: 10.2329/perio.35.172,   CiNii: 110004725934)
114.Mika Yokota, Toshihiko Nagata, Hiroshi Ishida and Yoichi Wakano :
Clonal dental pulp cells (RDP4-1, RPC-C2A) synthesize and secrete osteopontin (SPP1, 2ar),
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.189, No.2, 892-898, 1992.
115.浜崎 章弘, 永田 俊彦, 川人 貴子, 大石 慶二, 石田 浩, 若野 洋一 :
ヒト歯髄細胞培養系におけるインスリンとEGFの作用,
日本歯科保存学雑誌, Vol.35, No.3, 724-730, 1992年.
116.Shinji Kasahara, Seiji Nishikawa, H Ishida, Toshihiko Nagata, N Yamauchi, Keiji Oishi, Y Wakano and H Inoue :
The role of 5'-methylthioadenosine on rat calvaria cell differentiation.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.182, No.2, 817-823, 1992.
(PubMed: 1734884)
117.笠原 信治, 西川 聖二, 山内 規進, 大石 慶二, 鈴木 茂人, 伊井 廣, 浜崎 章弘, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
骨原性細胞の増殖と分化に果たすメチルチオアデノシン代謝の役割 : ラット頭蓋骨由来細胞の増殖とアルカリホスファターゼ活性に及ぼすメチルチオアデノシンホスホリラーゼ阻害剤の影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.33, No.3, 632-638, 1991年.
(DOI: 10.2329/perio.33.632,   CiNii: 110004725805)
118.川原 淳子, 横田 美佳, 安友 美保子, 下保 恵子, 浜崎 章弘, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
ラット歯髄細胞が合成するタンパク質と石灰化の関連,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.34, No.5, 1435-1441, 1991年.
119.二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 淺原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 1988年.

学術論文(紀要・その他):

1.木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.1, 13-20, 2016年.
(CiNii: 120005823530)
2.Toshihiko Nagata, Masumi Horibe, Keiji Oishi and Jun-ichi Kido :
The close relationship between periodontitis and diabetes and the diagnosis of diabetes-associated periodontitis,
Proceeding of 2013-Asian-Pacific Society of Periodontology Meeting, 89-95, 2014.
3.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
FGF-2による歯周組織再生療法,
歯の長期保存の臨床 私はこうして歯を守る, Vol.38, No.6, 126-131, 2013年.
4.二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 263-269, 2003年.
5.大石 美佳, 桐野 晃教, 永田 俊彦 :
上顎側切歯にみられた歯内歯(Dens invaginatus/Dens in dente)における歯内治療の一例,
四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 301-307, 2002年.

学術レター:

1.Koji Naruishi, Akiko Kunita, Toshihiko Nagata, Shogo Takashiba and Seiji Adachi :
Cut-off values of Functional Independence Measure scores for discharge destination.,
Geriatrics & Gerontology International, Vol.15, No.5, 670-671, 2015.
(DOI: 10.1111/ggi.12430,   PubMed: 25899761,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
2.細木 眞紀, 松尾 敬志, 永田 俊彦, 市川 哲雄, 松香 芳三, 田中 栄二 :
徳島大学病院,
歯科審美, Vol.25, No.2, 196, 2013年.
3.徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎における副甲状腺ホルモンの局所投与による歯槽骨形成作用,
第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会記録集, 36, 2007年.

総説・解説:

1.Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
Biological effects of interleukin-6 on Gingival Fibroblasts: Cytokine regulation in periodontitis.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.233, No.9, 6393-6400, Mar. 2018.
(DOI: 10.1002/jcp.26521,   PubMed: 29574949)
2.Toshihiko Nagata, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Jun-ichi Kido and Seiji Nishikawa :
Etiology of drug-induced gingival overgrowth,
Current Issues in Periodontics, 1-8, Oct. 2016.
3.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
全顎的な歯肉のびらん・接触痛,
デンタルダイヤモンド, Vol.41, No.13, 19-20, 2016年10月.
4.成石 浩司, 永田 俊彦 :
最新の知見から攻める!①歯周病と腎疾患はどう関係するの?,
デンタルハイジーン, Vol.36, No.3, 304-305, 2016年3月.
5.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の動揺,
デンタルダイヤモンド, Vol.40, No.15, 21-22, 2015年11月.
6.成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病が生活習慣病に及ぼす影響,
臨床栄養, Vol.126, No.3, 262-267, 2015年3月.
7.永田 俊彦 :

診断と治療, Vol.102, No.9, 1399-1403, 2014年9月.
8.木戸 淳一, 板東 美香, E Sakamoto, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の病態に及ぼす最終糖化産物の影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.56, No.1, 17-24, 2014年.
(DOI: 10.2329/perio.56.17,   CiNii: 130004842554)
9.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の歯肉腫脹,
デンタルダイヤモンド, Vol.38, No.8, 133-134, 2013年6月.
10.大石 慶二, 永田 俊彦 :
透析と歯周病 (2)透析患者の歯周組織所見,
臨牀透析, Vol.27, No.6, 55-62, 2011年6月.
11.永田 俊彦, 二宮 雅美 :
2.各論 1)歯周病 (特集 透析患者の口腔衛生),
透析フロンティア, Vol.21, No.2, 12-16, 2011年5月.
12.高柴 正悟, 山田 了, 伊藤 公一, 高田 隆, 島内 英俊, 永田 俊彦, 吉江 弘正, 栗原 英見 :
歯周病臨床データベースに基づき歯周病原細菌感染度を指標とした 予防・治療の効果判定検査の確立,
日本歯科医学会誌, Vol.30, 70-74, 2011年3月.
(CiNii: 10030282213)
13.永田 俊彦 :
薬剤関連の口腔疾患,
Progress in Medicine, Vol.30, No.11, 2833-2838, 2010年11月.
14.永田 俊彦 :
糖尿病における歯周組織破壊の特徴, --- 歯槽骨代謝に及ぼす影響を中心に ---,
Diabetes Frontier, Vol.21, No.5, 542-548, 2010年10月.
15.永田 俊彦, 宮本 洋二 :
ビスフォスフォネート関連顎骨壊死をめぐる話題 (特集 すべての医師のための骨粗鬆症診療ガイド2010),
綜合臨牀, Vol.59, No.4, 540-543, 2010年4月.
(CiNii: 40017077504)
16.大石 慶二, 永田 俊彦 :
根面被覆術について,
四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 185-190, 2010年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109797)
17.永田 俊彦 :
歯周病と腎臓病の関連,
医学のあゆみ, Vol.232, No.3, 190-193, 2010年1月.
(CiNii: 40016902830)
18.瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態,
クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.
19.瀬戸 浩行, 永田 俊彦 :
Ca拮抗薬による歯肉増殖症の治療,
Dental Diamond, Vol.30, No.12, 118-119, 2005年12月.
20.Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.1817,   PubMed: 16204928)

国際会議:

1.E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, T Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Age and LPS inhibit osteoblastic differentiation in rat bone marrow cells.,
international Associatuin of dental Research, Seattle,
2.Yumi Kuwamura, Sumikawa Masuko, Eijiro Sakamoto, Takikawa Ineko, Yamako Hikari, Hirokazu Uemura, Sachi Kishida, Toshihiko Nagata and Munehide Matsuhisa :
Nurses' Implementation and Opinion of Assessment of Oral Health Behavior in Patients with Diabetes,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.8, No.Supplement S1 May, 50, Nagoya, May 2017.
3.Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaori Abe, Kaya Yoshida, Koji Naruishi, Toshihiko Nagata, Yasuo Shinohara, Geczy Carolyn and Jun-ichi Kido :
Advanced Glycation End-Products Increase Calprotectin in Human Gingival Epithelial Cells,
The 95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Francisco, Mar. 2017.
4.Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido, Takagi Ryosuke, Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
AGE and Porphyromonas gingival is-LPS Increase Sclerostin Expression in Osteocytes,
International Association for Dental Research, Mar. 2017.
5.Jung-Hwan Lew, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High glucose enhances IL-6-induced protease production in gingival fibroblasts,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
6.Yasufumi Nishikawa, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Jung-Hwan Lew, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Calprotectin induced the expression of inflammation-related molecules in gingival fibroblasts,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
7.Yukari Kajiura, Koji Naruishi, Yukiko Nakajima, Yasufumi Nishikawa, Jung-Hwan Lew, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High glucose enhaces P. gingivalis-induced cytokine production in THP-1 monocytes,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
8.Syotaro Yoshioka, Yoshiteru Tada, Junichiro Satomi, Kenji Yagi, Koji Naruishi, Kazuyuki Kuwayama, Keiko Kitazato, Takeshi Miyamoto, Yasuhisa Kanematsu, Masafumi Harada, Toshihiko Nagata and Shinji Nagahiro :
Impact of Periodontal Disease and Bacteria on Intracranial Aneurysms,
International Stroke Conference 2016, Los Angeles, Feb. 2016.
9.Masami Ninomiya, Keiji Oishi, Hashimoto Mari, Koji Naruishi, Yamanouchi Kouji, Fukumura Yoshiaki and Toshihiko Nagata :
A Cross-Sectional Study on the Severity of Periodontitis in Infective Endocarditis Patients,
11th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Oct. 2015.
10.T Ikuta, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Koji Naruishi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
YKL-40 in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
11.Yukari Kajiura, Mika Bandou, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki and Toshihiko Nagata :
Determination of glycated albumin and calprotectin in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
12.Hiromi Murata, H Maeda, S Takashiba, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Screening of novel factors for TNF-a expression in LPS-stimulated macrophages.,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Mar. 2015.
13.Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
HGFs-macrophage crosstalk: sIL-6R secretion in THP-1 macrophages,
62th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Reserch Abstract, Dec. 2014.
14.Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increases oxidative stress in human gingival fibroblasts,
53th General Session of the Korean Academy of Periodontology Meeting, Seoul, Korea, Nov. 2013.
15.Yukiko Nakajima, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata and Toshihiko Nagata :
Effect of hypoxia on gene expression in human oral keratinocytes,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
16.Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, 梶浦 由加里, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, Yukiko Nakajima, Yukiko Bandou, Makoto Funaki, Haruhiko Saito and Toshihiko Nagata :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
17.Hiromi Murata, Masami Ninomiya, Takashiba Shogo, Maeda Hiroshi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
A major neurodegenerative disease protein TDP-43 enhances TNF- transcriptional regulation in human monocyte-derived macrophage-like cells,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, 42, Sep. 2013.
18.E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, T Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE and LPS inhibits osteoblastic differentiation in rat bone-marrow cells,
91th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Settle, USA, May 2013.
19.Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, Mika Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using biomarkers in gingival crevicular fluid,
91th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research. Seattle, USA, May 2013.
20.Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE induces calcification and inflammatory factors in dental pulp tissues,
91th General Session & Exhibition of the International Accociation for Dental Research, Seattle, USA, May 2013.
21.Eijiro Sakamoto, Chie Mihara-Wada, Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Age and LPS inhibit osteoblastic differentiation in rat bone marrow cells.,
international Associatuin of dental Research, Seattle, Mar. 2013.
22.Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE induces calcification- and inflammation-related factors in dental pulp cells,
The 60th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Program and abstracts of papers, 92, Dec. 2012.
23.Mika Bandou, Yukari Kajiura, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Lipopolysaccharide induces oxidative stress and antioxidant responses in gingival fibroblasts,
The 60th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Program and abstracts of papers, 79, Dec. 2012.
24.Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Hiromi Murata, Yukiko Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis by measuring biomarkers in gingival crevicular fluid,
The 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress/ The 4th AASD Scientific Meeting, Nov. 2012.
25.Yuji Inagaki, Tsuyoshi Saito, Kazuya Tanaka, Takahisa Ikuta, Yukiko Nakajima, Toshikazu Yamaguchi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Gene polymorphisms of antimicrobial peptides in Japaneses periodontitis patients,
Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.54, No.3, 286, Sep. 2012.
26.Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increase calcification and inflammatory factors in cultured rat dental pulp cells,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress Final programme, 73, Stockholm (Sweden), May 2012.
27.Yuji Inagaki, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Relationship between pathologic calcification and osteopontin expression in dental pulp tissues of diabetic rats,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress, Final Programme, 125, Stockholm (Sweden), May 2012.
28.Masami Ninomiya, Satoshi Yoneda, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Successful periodontal regeneration by FGF2. -A long-term follow-up case report-,
The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanease Society of Periodontology, USA, Hawaii, Oct. 2010.
29.Yuka Hiroshima, Mika Bando, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki, Eijiro Sakamoto, Yukiko Nakajima, Chie Mihara, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Kazuo Hosoi and Jun-ichi Kido :
Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide,
88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
30.Yuka Hiroshima, Mika Bando, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki, Eijiro Sakamoto, Yukiko Nakajima, Chie Mihara, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Kazuo Hosoi and Jun-ichi Kido :
Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide,
88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
31.Mika Bando, Jun-ichi Kido, Yuka HIroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Toshiyuki Nanbu, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
88th General Sesseion & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
32.Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Azlina Ahmad, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Induction of calprotectin mRNAs by lipopolysaccharide in the salivary gland of mice,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 287-289, Tokushima, Dec. 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111354,   DOI: 10.2152/jmi.56.287,   PubMed: 20224205)
33.Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Phosphorylation of p65NF-kB and degradation of IkB in Calyculin-A-induced apoptotic cells,
The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
34.Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Phosphorylation of NF-kB in calyculin A-induced apoptotic cells,
21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
35.Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Calyculin A induces apoptosis and phosphorylation of p65NF-kB,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
36.Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats,
International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
37.Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c,
45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
38.Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Inhibition of osteoblastic differentiation by arachidonic acid treatment through increase of prostaglandin E2 in MC3T3-E1 cells,
The 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society, Osaka, Jun. 2003.

国内講演発表:

1.武川 香織, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 湯本 浩通 :
心血管疾患を抱えた重度薬物性歯肉増殖症患者に対して歯周基本治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 162, 2018年6月.
2.美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
降圧薬由来の歯肉増殖を伴う重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2017年11月.
3.梶浦 由加里, 二宮 雅美, 生田 貴久, HWAN JUNG LEW, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
上顎左右両側側切歯に認められた歯根嚢胞の一症例,
日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(第147回), 2017年10月.
4.桑村 由美, 坂本 英次郎, 澄川 真珠子, 大和 光, 瀧川 稲子, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
DiOHAT(Diabetes Oral Health Assessment Tool for Nurses)臨床版を用いた看護アセスメント結果の実態,
日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.21, 119, 2017年9月.
5.二宮 雅美, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 板東 美香, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 木戸 理恵, 高木 亮輔, 野中 康平, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
新規歯周組織再生剤「リグロス歯科用液キット」の有効性,
四国歯学会 第51回例会, 2017年6月.
6.美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Hwan Jung Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスドOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
四国歯学会雑誌, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年6月.
7.小林 哲夫, 木戸 淳一, 石原 裕一, 大森 一弘, 三谷 章雄, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 吉江 弘正 :
歯周炎と全身疾患(糖尿病・関節リウマチ)に共通するリスク遺伝子の解析,
第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年5月.
8.二宮 雅美, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.59, 158, 2017年5月.
9.木戸 淳一, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.59, 2017年5月.
10.坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 高木 亮輔, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
最終糖化産物とLPSはMAPKおよびNF-kBを介してマウス骨細胞のスクレロスチンの発現を調節する,
第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年5月.
11.坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 高木 亮輔, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
マウス骨細胞株MLO-Y4-A2のスクレロスチン発現における最終糖化産物およびLPSの影響,
第145回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2016年10月.
12.二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年10月.
13.梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液を用いた糖尿病関連歯周炎の新規診断法の確立,
第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月.
14.美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉増殖によって歯の移動を伴った重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
日本歯周病学会会誌, Vol.58, No.9, 145, 2016年10月.
15.美原 智恵, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉増殖によって歯の移動を伴った重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
16.板東 美香, 梶浦 由加里, 野中 康平, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6およびICAM-1の発現を増加する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
17.廣島 佑香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 篠原 康雄 :
最終糖化産物はヒト歯肉上皮細胞におけるS100A8およびS100A9発現を上昇する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
18.桑村 由美, 澄川 真珠子, 瀧川 稲子, 大和 光, 坂本 英次郎, 永田 俊彦 :
糖尿病口腔保健行動アセスメントシートDiOHAT実用版の臨床使用の試みと実用化に向けた課題,
日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.20, No.Sep., 145, 2016年9月.
19.二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年8月.
20.美原 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
第49回四国歯学会例会, 2016年6月.
21.西川 泰史, 成石 浩司, 梶浦 由加里, Jung-Hwan Lew, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カルプロテクチンはヒト歯肉線維芽細胞のTLR4を介して炎症性関連因子の発現を亢進する,
第144回日本歯科保存学会春季学術大会, 2016年6月.
22.梶浦 由加里, 二宮 雅美, 河野 薫, 永田 俊彦 :
出産後に悪化した限局型侵襲性歯周炎に対して感染度の評価を行い歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.58, 161, 2016年5月.
23.Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カロテノイドは高グルコース下で培養したヒト歯肉線維芽細胞のIL-6誘導性タンパク分解酵素産生を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
24.稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
骨細胞培養系におけるAGEとLPS刺激によるスクレロスチンの発現上昇,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
25.廣島 佑香, 木戸 淳一, 吉田 賀弥, 阿部 佳織, 篠原 康雄, 永田 俊彦 :
低酸素環境はヒト口腔上皮細胞におけるS100A8発現を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
26.坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, Jung-Hwan Lew, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の歯槽骨破壊におけるスクレロスチンの役割,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
27.木戸 淳一, 板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞と歯肉線維芽細胞において低酸素環境が誘導する遺伝子発現の比較,
第143回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2015年11月.
28.吉岡 正太郎, 多田 恵曜, 桑山 一行, 八木 謙次, 里見 淳一郎, 宮本 健志, 北里 慶子, 成石 浩司, 永田 俊彦, 原田 雅史, 永廣 信治 :
歯周病の重症度および原因菌は脳動脈瘤の発生と破裂に関与する,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
29.橋本 万里, 二宮 雅美, 北川 哲也, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある慢性歯周炎患者に対して歯周治療によりQOL向上を図った症例,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2015年10月.
30.梶浦 由加里, 木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
低酸素環境が誘導するヒト口腔上皮細胞における遺伝子発現の解析,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
31.坂本 英次郎, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞の遺伝子発現を調節する,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
32.成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の生産抑制効果,
第142回日本歯科保存学会春季学術大会, 2015年6月.
33.木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断(臨床教育講演),
四国歯学会第47回例会, 2015年6月.
34.桑村 由美, 澄川 真珠子, 村田 裕美, 瀧川 稲子, 大和 光, 石田 伸子, 菊井 聡子, 濵田 康弘, 飯藤 大和, 安原 由子, 日野出 大輔, 上村 浩一, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 谷岡 哲也, 永田 俊彦 :
多職種協働での糖尿病患者の口腔保健行動支援:口腔保健行動を査定するための査定シート案についての糖尿病看護の専門家の評価と実施状況,
糖尿病, Vol.58, No.supplement 1, S290, 2015年5月.
35.二宮 雅美, 橋本 万里, 永田 俊彦 :
重度慢性歯周炎を有する血液透析患者に対して包括的歯周治療によりQOL向上を図った一症例,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.57, No.May, 139, 2015年5月.
36.西川 泰史, 成石 浩司, 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カルプロテクチンがヒト歯肉線維芽細胞の炎症関連因子の発現に及ぼす影響,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, 2015年5月.
37.木戸 淳一, 永田 俊彦, 成石 浩司, 多部田 康一, 山崎 和久, 吉江 弘正, 渡邊 久, 和泉 雄一, 須田 玲子, 山本 松男, 柴 秀樹, 栗原 英見, 柳田 学, 北村 正博, 三島 昭宏, 水野 光春, 村上 伸也 :
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断ー第2報ー,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, 2015年5月.
38.増田 祐里, 稲垣 幸司, 二宮 雅美, 河野 隆幸, 永田 俊彦, 三谷 章雄 :
妊娠を伴う侵襲性歯周炎患者に対してチームアプローチを行った一症例,
第9回日本歯周病学会中部地区大学・日本臨床歯周病学会中部支部合同研究会, 2014年11月.
39.橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病におけるリゾホスファチジン酸の役割,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 220, 2014年11月.
40.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
HIV/HCV重複感染血友病患者に対する包括的歯周治療によりQOL向上を図った一症例,
日本歯周病学会 中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2014年11月.
41.二宮 雅美, 大石 慶二, 橋本 万里, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎発症患者における歯周病の進行度に関する横断的疫学調査,
日本歯科保存学会 2014年度秋季学術大会(第141回), 2014年10月.
42.寺町 順平, 篠原 宏貴, 稲垣 裕司, 楊 諦, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
PKRによる炎症性骨破壊制御,
日本解剖学会 第69回中国・四国支部学術集会プログラム, 2014年10月.
43.板東 美香, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は口腔由来線維芽細胞・上皮細胞での炎症関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
44.梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
45.橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
大豆由来リゾホスファチジン酸の歯周病抑制効果,
日本農芸化学会中四国支部第 40回講演会, 講演要旨集, 55, 2014年9月.
46.寺町 順平, 稲垣 裕司, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
PKRは歯周病変における破骨細胞形成及び骨吸収を制御する,
第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月.
47.板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト上皮細胞におけるInterleukin-1aによるS100A9遺伝子の転写調節,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
48.木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
低酸素環境とP.gingivalis由来リポ多糖はヒト口腔上皮細胞での炎症関連因子および血管関連因子の発現を調節する,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
49.篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
PKR阻害によるTNF-α誘導性骨吸収の抑制,
第140回日本歯科保存学会春季学会学術大会, 2014年6月.
50.橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病の進行に及ぼす口腔内リゾホスファチジン酸の抑制効果,
第56回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, 146, 2014年6月.
51.梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 橋本 万里, 篠原 宏貴, 二宮 雅美, 村田 裕美, 中島 由紀子, 米田 哲, 美原 智恵, 廣島 佑香, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミンおよびカルプロテクチンを指標とした糖尿病関連歯周炎の診断,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
52.橋本 万里, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある慢性歯周炎患者に対して歯周基本治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.56, 51, 2014年5月.
53.中島 由紀子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
Effect of hypoxia and P. gingivalis-lipopolysaccharide on the expression of inflammation-related molecules in human oral keratinocytes,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
54.篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
TNF-α誘導性破骨細胞形成におけるPKRの役割,
第57回春季歯周病学会学術大会, 2014年5月.
55.板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は歯周組織細胞での炎症性関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
56.梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回日本歯周病学会秋期学術大会抄録集, 2014年5月.
57.村田 裕美, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
侵襲性歯周炎患者に対して自家歯牙移植による咬合の回復を行った一症例,
日本歯周病学会 第3回四国地区臨床研修会, 39, 2014年4月.
58.寺町 順平, 篠原 宏貴, 稲垣 裕司, 森本 景之, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
歯周病微小環境での破骨細胞形成におけるPKRの役割,
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014年2月.
59.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎の一症例,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2013年10月.
60.小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
61.小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
62.寺町 順平, 篠原 宏貴, 稲垣 裕司, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
歯周病変における破骨細胞形成における日本鎖RNA依存性プロテインキナーゼの役割,
日本解剖学会 第68回中国・四国支部学術集会, 2013年10月.
63.生田 貴久, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討,
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
64.篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
歯周病変における破骨細胞形成に二本鎖RNA依存性プロテインキナーゼが関与する,
第56回秋季歯周病学会学術大会, 2013年9月.
65.村田 裕美, 前田 博史, 高柴 正悟, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
神経変性疾患関連因子TDP-43は単球におけるLPS誘導性TNF-a転写調節に関与する,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
66.中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
低酸素環境がヒト口腔上皮細胞の各種遺伝子発現に及ぼす影響,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
67.木戸 淳一, 永田 俊彦, 多部田 康一, 山崎 和久, 吉江 弘正, 渡辺 久, 和泉 雄一, 須田 玲子, 山本 松男, 柴 秀樹, 栗原 英見, 柳田 学, 北村 正博, 南部 敏之, 水野 光春, 村上 伸也 :
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
68.村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
神経変性疾患関連因子TDP-43はマクロファージ様細胞のTNF-a転写調節に関与する,
第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
69.中島 由紀子, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGE)はRAGE-MAPK経路を介してラット培養歯髄細胞の石灰化物形成を促進する,
第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
70.梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物が歯肉線維芽細胞における酸化ストレス反応に及ぼす影響,
第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年6月.
71.二宮 雅美, 板東 美香, 村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.55, 2013年6月.
72.木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原(和田) 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 船木 真理, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断マーカーとしての歯肉溝滲出液中グリコアルブミンとカルプロテクチンの有用性,
第56回日本糖尿病学会, 2013年5月.
73.坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年5月.
74.大石 慶二, 詫間 俊夫, 米田 哲, 永田 俊彦 :
臼歯部インプラントの頬側歯槽骨及び軟組織の形態変化∼前向き臨床研究∼ (第3報),
日本歯周病学会会誌 第56回秋季学術大会特別号, Vol.55, 113, 2013年5月.
75.木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
--,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
76.永田 俊彦 :
糖尿病と歯周病 糖尿病関連歯周炎の病態と診断 糖尿病学会シンポジウム19「新たに注目される糖尿病関連疾患」,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会(熊本), 2013年5月.
77.坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季歯周病学会, 2013年5月.
78.坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季歯周病学会, 2013年5月.
79.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
腎移植患者に発症した薬物性歯肉増殖症の長期経過症例,
日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会(第137回), 135, 2012年11月.
80.伊藤 弘, 沼部 幸博, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 戸円 智幸, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第六報),
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 65, 2012年11月.
81.稲垣 裕司, 生田 貴久, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 齋藤 剛, 田中 和也 :
日本人歯周病患者を対象として抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 64, 2012年11月.
82.堀部 ますみ, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病ラットの実験的歯周炎における歯周組織破壊とオステオポンチンの局在,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 157, 2012年11月.
83.中島 由紀子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGE)はラット歯髄における石灰化物形成と炎症反応を進展させる,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 97, 2012年11月.
84.坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第19回 徳島骨代謝研究会, 2012年11月.
85.生田 貴久, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
模擬無重力下での培養骨芽細胞の分化発現に及ぼす歯周病原因子の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 86, 2012年9月.
86.大石 慶二, 詫間 俊夫, 米田 哲, 永田 俊彦 :
臼歯部インプラントの頬側歯槽骨及び軟組織の形態変化∼前向き臨床研究∼ (第2報),
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 82, 2012年9月.
87.福本 善和, 堀部 ますみ, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
象牙質知覚過敏と歯肉退縮の関連についての臨床疫学研究(第2報),
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 82, 2012年9月.
88.伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 沼部 幸博, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性-歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第五報),
日本歯周病学会会誌 第55回学術大会秋季特別号, Vol.54, 83, 2012年9月.
89.生田 貴久, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
模擬無重力下での培養骨芽細胞の分化発現に及ぼす歯周病原因子の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 86, 2012年9月.
90.東 智子, 東 秀樹, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
フレアアウトを伴う重度慢性歯周炎患者に対して歯周外科治療と矯正治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年9月.
91.坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
日本歯科保存学雑誌 第136回春季学術大会講演抄録集, 82, 2012年6月.
92.坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
日本歯科保存学雑誌 第136回春季学術大会講演抄録集, 82, 2012年6月.
93.二宮 雅美, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の広範囲に認められた歯根嚢胞の一症例,
日本歯科保存学会 2012年度春季学術大会(第136回), 2012年6月.
94.坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
第136回 春季日本歯周病学会, 2012年6月.
95.木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 坂東 由記子, 廣島 佑香, 村田 裕美, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会 抄録集, 186, 2012年5月.
96.廣瀬 薫, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある知的障害者に対して口腔衛生管理を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年5月.
97.村田 裕美, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
侵襲性歯周炎患者に自家歯牙移植および全顎歯周外科治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年5月.
98.廣島 佑香, 板東 美香, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞のカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 131, 2012年5月.
99.伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 沼部 幸博, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡辺 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第四報),
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 126, 2012年5月.
100.板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 山田 由加里, 坂東 由記子, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断指標スクリーニングに向けた医科・歯科連携研究,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 112, 2012年5月.
101.畑中 加珠, 安田 多賀子, 福家 教子, 木戸 淳一, 大石 慶二, 田中 敬子, 須田 智也, 佐保 輝之, 市川 朋生, 鈴木 丈一郎, 八島 章博, 橘 亜希, 永田 俊彦, 和泉 雄一, 村上 伸也, 五味 一博, 高柴 正悟 :
SPT期間中の歯周組織の維持・改善に対する塗布用ブラシ一体型一般用歯周病薬(MC2)の多施設臨床試験,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 130, 2012年5月.
102.木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
103.木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
104.木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
105.村田 裕美, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はマクロファージ様細胞の炎症関連因子の発現を調節する,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 200, 2011年10月.
106.中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGEs)がラット培養歯髄細胞の石灰化物形成と抗菌ペプチド発現に及ぼす影響,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 46, 2011年10月.
107.伊藤 弘, 沼部 幸博, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性-歯周病迅速診断キット開発に向けて- 第二報,
日本歯周病学会会誌 秋季特別号, Vol.53, 107, 2011年9月.
108.坂東 由記子, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 板東 美香, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 四釜 洋介, 船木 真理, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のNKL-40の分析,
日本歯周病学会会誌 秋季特別号, Vol.53, 106, 2011年9月.
109.木戸 淳一, 阿部 佳織, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
マイクロチップELISA法による歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定,
日本歯周病学会 秋季特別号, Vol.53, 108, 2011年9月.
110.大石 美佳, 篠原 千尋, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
口腔内に多数の乳頭腫を伴う Cowden病患者の一症例,
第54回日本歯周病学会秋季学術大会, 2011年9月.
111.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
HIV/HCV重複感染血友病B患者に対して歯周基本治療を中心に包括的治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.53, 139, 2011年9月.
112.詫間 俊夫, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
臼歯部インプラントの頬側歯槽骨及び軟組織の形態変化 前向き臨床研究,
日本歯周病学会会誌, Vol.53, 103, 2011年9月.
113.福本 善和, 堀部 ますみ, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
象牙質知覚過敏と歯肉退縮の関連についての臨床疫学研究,
日本歯周病学会会誌, Vol.53, 104, 2011年9月.
114.中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット培養歯髄細胞における最終糖化産物(AGEs)の石灰化促進作用,
日本歯科保存学会雑誌 第134回春季学術大会プログラム, 12, 2011年6月.
115.美原 智恵, 木戸 淳一, 米田 哲, 廣島 佑香, 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 :
上顎 前歯の著しいフレアアウトを伴った薬物性歯肉増殖症の一症例,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 139, 2011年5月.
116.板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
117.伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 沼部 幸博, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて- 第1報,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 121, 2011年5月.
118.板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
119.廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞におけるカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 114, 2011年5月.
120.堀部 ますみ, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周病治療によってHbA1cが改善した2症例,
日本糖尿病学会 第54回年次学術集会プログラム, 150, 2011年5月.
121.美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 米田 哲, 廣島 佑香, 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 :
上顎前歯の著しいフレアアウトを伴った薬物性歯肉増殖症患者の一症例,
日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
122.堀部 ますみ, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周病治療によってHbA1cが改善した2症例,
糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-353, 2011年4月.
123.十川 悠香, 二宮 雅美, 東 智子, 永田 俊彦 :
急性骨髄性白血病の骨髄移植後に発症した移植片対宿主病患者に対し口腔衛生管理を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.53, 149, 2011年4月.
124.坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteineの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 141, 2011年1月.
125.坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteineの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 141, 2011年1月.
126.中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
グルコースが糖尿病ラット由来歯髄細胞の石灰化物形成とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第133回日本歯科保存学会秋季学術大会(岐阜), 2010年10月.
127.Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Ahmad Azlina, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Calprotectin expression in the mouse salivary gland: Induction by lipopolysaccharide,
第52回歯科基礎医学会(2010年9月20-22日), Sep. 2010.
128.坂本 英次郎, 美原 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの影響,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会(高松), 2010年9月.
129.浅原 洋士, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
II型糖尿病コントロール不良を伴った重度慢性歯周炎患者の治療例,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 120, 2010年9月.
130.坂本 英次郎, 美原 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの影響,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会(高松), 2010年9月.
131.Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Ahmad Azlina, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Calprotectin expression in the mouse salivary gland: Induction by lipopolysaccharide,
Journal of Oral Biosciences, Vol.52, No.supplement, 94, Sep. 2010.
132.稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
133.稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
134.廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
135.廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
136.木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
歯肉溝浸出液中の糖尿病関連歯周炎バイオマーカーの検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 97, 2010年5月.
137.二宮 雅美, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 徳永 格, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 江口 徹, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎モデルにおけるL-システインの歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.53, 42, 2010年5月.
138.二宮 雅美, 米田 哲, 永田 俊彦 :
慢性歯周炎患者に対してFGF-2歯周組織再生試験および歯牙移植による咬合回復を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.52, 132, 2010年5月.
139.稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-145, 2010年4月.
140.大石 慶二, 堀部 ますみ, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯周組織破壊の程度を表す新規指標(総合骨吸収率)の有用性:糖尿病の重症度との関連,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 119, 2010年4月.
141.坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
142.坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
143.大石 慶二, 永田 俊彦 :
歯根尖切除術について,
四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 201-202, 2010年.
144.廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 大石 慶二, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現に及ぼす小柴胡湯の影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
145.稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
146.大石 慶二, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
著明な歯肉増殖を伴う慢性歯周炎患者の一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.51, 106, 2009年10月.
147.美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの骨吸収と炎症におよぼす効果,
第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 93, 2009年10月.
148.板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 大石 慶二, 二宮 雅美, Javkhlan Purevjav, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中バイオマーカーの分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.51, 101, 2009年10月.
149.廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト歯肉上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現のマイクロアレイ法による解析,
第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 90, 2009年10月.
150.木戸 淳一, 片岡 正俊, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
歯周病バイオマーカーのマイクロチップ基板を用いた測定と歯周病診断への応用,
第2回日本口腔検査学会, 28, 2009年10月.
151.木戸 淳一, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵, 永田 俊彦 :
マイクロチップ基板を用いたカルプロテクチンの測定‐歯周病診断法への応用の可能性について‐,
第52回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 114, 2009年5月.
152.大石 慶二, 永田 俊彦 :
根面被覆術について,
四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 428, 2009年.
153.下川 洋介, 堀部 ますみ, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
ステロイド剤長期服用患者に見られた象牙質知覚過敏症の一症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.51, 121, 2008年10月.
154.大石 慶二, 徳永 格, 米田 哲, 大石 美佳, 永田 俊彦 :
CTによって診断された歯根破折の一症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.51, 154, 2008年10月.
155.Ruspita Ita, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, 阿部 佳織, 野間 隆文, 永田 俊彦 :
A possible role of Sp6 in Amelogenesis,
「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年12月.
156.山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析,
第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2007年11月.
157.阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 永田 俊彦, 野間 隆文 :
Redox regulation of amelogenin gene expression,
第49回歯科基礎医学学術大会, 2007年8月.
158.田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
カリクリンA 誘導アポトーシス細胞によおけるIkB の分解とNF-kB のリン酸化,
第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
159.大石 慶二, 永田 俊彦 :
下顎前歯に限局して生じた歯肉退縮の2症例について,
日本歯周病学会会誌, Vol.49, 190, 2007年4月.
160.阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 野間 隆文, 永田 俊彦 :
MAPK activation via ROS induces amelognin expression in the ameloblast-lineage cells,
「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年.
161.山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques,
第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
162.山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques,
第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
163.浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
原因不明の歯髄炎様疼痛および抜歯後疼痛が長期間持続した1症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.49, 203, 2006年10月.
164.稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 :
2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与,
第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
165.大場 博史, 瀬戸 浩行, 徳永 格, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 :
ラット頭蓋骨骨欠損におけるシンバスタチンの石灰化促進作用,
第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
166.瀬戸 浩行, 大場 博史, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 :
スタチンによるラット骨欠損部の石灰化促進作用について,
第4回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会, 2006年3月.
167.山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria,
第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
168.大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果,
第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
169.和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響,
第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
170.大石 慶二, 永田 俊彦 :
喫煙している慢性歯周炎患者に外科的歯周治療を行なった一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.47, 241, 2005年9月.
171.田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
172.Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata :
Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture,
2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
173.Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata :
Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells,
2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
174.Chie Wada, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata :
Effects of Cyclosporine A on the Remodeling of alveoalr Bone in Rats,
2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
175.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例,
日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
176.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
エナメル基質タンパクの自家歯牙移植への応用,
日本歯科保存学会2004年度秋季学会(第121回), Vol.47, 228, 2004年11月.
177.辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 :
骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例,
第63回日本矯正歯科学会大会, 302, 2004年11月.
178.瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 和田 智恵, 福本 善和, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Ca拮抗薬による歯肉増殖症の病態と治療,
第20回日本歯科医学会総会, Vol.57, No.4, 99, 2004年10月.
179.東 智子, 二宮 雅美, 東 秀樹, 永田 俊彦 :
エムドゲイン ゲルを用いた歯牙再植術の一症例,
第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 164, 2004年10月.
180.二宮 雅美, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
KCB-1D(FGF-2)による第Ⅱ相歯周組織再生試験, --- KCB-1Dにより著明な改善が認められたー症例 ---,
第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
181.大石 慶二, 大石 美佳, 永田 俊彦 :
培養ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の形成する細胞外基質の検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.46, 81, 2004年9月.
182.濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与,
日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
183.鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 :
顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索,
第58回日本口腔科学会総会, 132, 2004年5月.
184.浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
大理石骨病を有する慢性歯周炎患者の1症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.46, 180, 2004年5月.
185.二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
再生不良性貧血患者に認められたサイクロスポリンA誘発性歯肉増殖症の一例,
日本歯科保存学会2003年度秋季学会(第119回), Vol.46, 206, 2003年11月.
186.吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
アラキドン酸がプロスタグランジンE2合成経路に与える影響について,
第45回歯科基礎医学会総会, 2003年9月.
187.東 智子, 張 剛太, 鈴木 敬三, 吉田 賀弥, 堀部 ますみ, 中村 輝夫, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病性腎症患者の歯周病罹患に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, 2003年4月.
188.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
重度のニフェジピン歯肉増殖症により歯列不正が生じたと思われる症例,
第46回秋季日本歯周病学会学術大会, 170, 2003年4月.
189.二宮 雅美, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
骨代謝に視点をおいた歯周病治療薬の開発と展望, --- MMP 阻害剤の歯槽骨吸収抑制作用 ---,
第46回秋季日本歯周病学会学術大会, 47, 2003年4月.
190.宇佐美 妙, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
セラミックシャープニングストーンの傷に関する一考察,
第45回秋季日本歯周病学会学術大会, 215, 2002年10月.
191.岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 永田 俊彦, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
薬剤感受性の異なる口腔扁平上皮癌細胞におけるMDR1の発現と転写調節,
第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月.
192.吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
マウス骨芽細胞様細胞MC3T3-E1においてオカダ酸はRANKLの発現を促進する,
第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月.
193.大石 慶二, 大石 美佳, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヘルトビッヒ上皮鞘細胞と歯根膜細胞の共存培養における形質の変化,
日本歯周病学会会誌, Vol.44, 128, 2002年4月.
194.二宮 雅美, 山内 規進, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
下顎全歯に認められた著明なセメント質過形成の一症例,
第44回秋季日本歯周病学会学術大会, 176, 2001年10月.
195.A Takemura, Masami Ninomiya, T ohba, K Kunikiyo, H Azuma, H Hama, Suryono, H Shinohara, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Effects of novel MMP inhibitor on experimental periodontitis in hamsters,
79th International Association for Dental Research(LADR), Jun. 2001.
196.鎌田 伸之, 二宮 雅美, 東 智子, 藤本 良一, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植歯への応用,
四国歯学会 第25回例会·第20回総会, 2001年6月.
197.鎌田 伸之, 二宮 雅美, 藤本 良一, 友成 真弓, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植術へのエムドゲインの応用,
第55回日本口腔科学会総会, 2001年4月.
198.大石 慶二, M. Zeichner-David, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の分離培養とその性質,
日本歯周病学会会誌, Vol.43, 98, 2001年4月.
199.大石 美佳, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
上顎臼傍結節内にみられた歯髄腔の存在について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.41, 169, 1998年10月.
200.池戸 大, 大石 慶二, 山内 規進, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
フェニトインが骨芽細胞の分化に及ぼす影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.40, 113, 1998年9月.
201.中村 輝夫, 木戸 淳一, 木戸 玲子, 大石 慶二, 山内 規進, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
歯周疾患の活動性指標としてのCalprotectinの有用性,
日本歯周病学会会誌, Vol.40, No.0, 87, 1998年4月.
(CiNii: 110003991609)
202.池戸 大, 大石 慶二, 中村 輝夫, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
骨芽細胞における骨シアロ蛋白の役割 : アンチセンスDNAを用いた蛋白発現の抑制,
日本歯周病学会会誌, Vol.39, No.0, 106, 1997年9月.
(CiNii: 110003991288)
203.中野 恵子, 山内 規進, 大石 慶二, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 西川 聖二, 永田 俊彦 :
ラット骨原性細胞培養系におけるプロスタグランディンE_2の基質石灰化に及ぼす影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.0, 111, 1996年9月.
(CiNii: 110003990975)
204.木戸 淳一, 山内 規進, 大石 慶二, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦, 上野 明道 :
ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化調節因子について,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.0, 146, 1996年3月.
(CiNii: 110003991145)
205.木戸 淳一, 大石 慶二, 山内 規進, 篠原 啓之, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
歯石中のカルシウム結合性蛋白に関する研究 : オステオポンティン及びカルプロテクチンの同定,
日本歯周病学会会誌, Vol.37, No.0, 102, 1995年9月.
(CiNii: 110003990688)
206.山内 規進, 大石 慶二, 木戸 淳一, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 上野 明道, 野々村 祝夫, 児島 康行, 三木 恒治, 奥山 明彦 :
ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化抑制因子について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.38, No.0, 59, 1995年9月.
(CiNii: 10005681186)
207.大石 慶二, 山内 規進, 大石 美佳, 木戸 淳一, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
レチノイン酸が骨芽細胞の分化に及ぼす影響 細胞の分化段階で異なる作用について,
日本歯周病学会会誌, Vol.37, 105, 1995年9月.
208.山内 規進, 大石 慶二, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
ラット骨原性細胞の分化過程における副甲状腺ホルモンレセプター数の変化とホルモンの影響との相関,
日本歯周病学会会誌, Vol.36, No.0, 68, 1994年9月.
(CiNii: 110003990371)
209.大石 慶二, 山内 規進, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
レチノイン酸がラット胎仔頭蓋冠由来骨原性細胞の分化に及ぼす影響について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.37, 70, 1994年4月.
210.下保 恵子, 山内 規進, 大石 慶二, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
ラット頭蓋冠由来細胞培養系におけるプロスタグランディンE_2の骨様組織形成促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.35, No.0, 128, 1993年9月.
(CiNii: 110003990171)
211.大石 慶二, 山内 規進, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
骨原性細胞の分化に及ぼす甲状腺ホルモンの影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.35, 94, 1993年4月.
212.大石 慶二, 山内 規進, 永田 俊彦, 石田 浩, 若野 洋一 :
ラット胎仔頭蓋骨由来骨芽細胞に対する甲状腺ホルモンの作用について,
日本骨代謝学会雑誌, Vol.10, No.3, 348, 1992年7月.

その他・研究会:

1.寺町 順平, 篠原 宏貴, 稲垣 裕司, 岡村 裕彦, 永田 俊彦 :
炎症性骨破壊におけるPKRの枢軸的役割,
第135回徳島生物学会, 2015年12月.
2.稲垣 裕司, 寺町 順平, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
歯周炎局所の破骨細胞形成における二本鎖RNA依存性プロテインキナーゼ(PKR)の役割,
徳島骨代謝研究会, 2015年11月.
3.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯根側面に認められたX線透過像,
デンタルダイヤモンド, Vol.37, No.5, 119-120, 2012年4月.
4.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
FGF-2による再生療法,
臨床歯科を語る会 シンポジウム, 2011年7月.
5.二宮 雅美, 永田 俊彦 :
口腔内全体にわたる歯肉のびらん,
Dental Diamond, Vol.36, No.5, 139-140, 2011年4月.
6.二宮 雅美, 米田 哲, 堀部 ますみ, 美原 智恵, 稲垣 裕司, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2による歯周組織再生療法,
第10回 徳島Bone Forum, 2010年12月.
7.稲垣 裕司, 吉田 賀弥, 大場 博史, 中島 由紀子, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
高血糖は歯髄組織におけるオステオポンチン産生と病的石灰化を促進する,
第1回骨バイオサイエンス研究会 (岡山), 2010年6月.
8.稲垣 裕司, 吉田 賀弥, 大場 博史, 中島 由紀子, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
高血糖は歯髄組織におけるオステオポンチン産生と病的石灰化を促進する,
第1回骨バイオサイエンス研究会 (岡山), 2010年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 細胞性バイオマーカーを用いたインプラント疾患の診断とデバイス開発 (研究課題/領域番号: 15K15767 )
  • 老化促進物質AGE(最終糖化産物)による歯髄、歯肉、歯槽骨への細胞機能障害の解析 (研究課題/領域番号: 15K15701 )
  • 脳動脈瘤と歯周病に関する臨床および基礎的研究 (研究課題/領域番号: 15K10305 )
  • 最終糖化産物AGEsによる糖尿病関連歯周炎の重症化機序の解明と診断システムの構築 (研究課題/領域番号: 15H05054 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動への看護支援に向けた簡便なアセスメントシートの作成 (研究課題/領域番号: 26463305 )
  • 感染性心内膜炎に及ぼす歯周病原細菌感染度と炎症性サイトカインとの関係 (研究課題/領域番号: 26463135 )
  • 気圧変動および模擬無重力環境下での歯髄細胞の痛覚受容体発現に関する研究 (研究課題/領域番号: 25670810 )
  • 歯周炎・糖尿病・リウマチの共通リスクサイトカイン遺伝子の解明 (研究課題/領域番号: 25253104 )
  • 糖尿病歯髄の病的石灰化および炎症反応に及ぼす最終糖化産物(AGEs)の影響 (研究課題/領域番号: 24592869 )
  • 無重力環境下での骨芽細胞の遺伝子発現と分化機能発現に及ぼす歯周病原性因子の影響 (研究課題/領域番号: 23659979 )
  • 歯周病の進行度からみた感染性心内膜炎の発症リスクに関する研究 (研究課題/領域番号: 23593063 )
  • 糖尿病関連歯周炎の病態指標としての歯肉溝滲出液中オステオポンチンの意義と有用性 (研究課題/領域番号: 22592314 )
  • 日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子の多型解析と疾患感受性の検討 (研究課題/領域番号: 21592626 )
  • マイクロデバイスを用いたカルプロテクチン測定による歯周病診断法の開発 (研究課題/領域番号: 21592625 )
  • 歯髄細胞におけるオスモティックストレスと硬組織形成能に関する細胞生物学的解析 (研究課題/領域番号: 19659498 )
  • 指尖毛細血管採血による血漿抗体価測定を用いた歯周病細菌感染度の判定法の研究 (研究課題/領域番号: 18209061 )
  • 糖尿病性動脈硬化は歯髄石灰化の誘発因子となるか? (研究課題/領域番号: 17659597 )
  • 歯周病細菌に対する血清抗体価測定法の標準化に関する調査研究 (研究課題/領域番号: 17639021 )
  • 薬物誘発性歯肉増殖症発症におけるα2インテグリン遺伝子多型の関与 (研究課題/領域番号: 16592068 )
  • 日本人歯周病患者の遺伝子多型に基づく感受性検査および診断の確立 (研究課題/領域番号: 16209062 )
  • 歯周炎と全身疾患との関わりについての臨床研究 (研究課題/領域番号: 15209071 )
  • 歯周炎感受性における各種遺伝子多型の寄与率に関する総合研究の企画調査 (研究課題/領域番号: 14607021 )
  • 象牙質・歯髄複合体の創傷治癒メカニズムの解明と再生医療への応用 (研究課題/領域番号: 14207082 )
  • 全身疾患と歯周病罹患に関する疫学調査 (研究課題/領域番号: 13897019 )
  • ストレスが歯周病の危険因子であるかどうかの直接的証明 (研究課題/領域番号: 13877358 )
  • 骨代謝に視点をおいた歯周病の病態と治療に関する総合的研究 (研究課題/領域番号: 13307059 )
  • 発生工学に基づいた歯周組織再生療法の確立について (研究課題/領域番号: 12897020 )
  • 腎透析患者におけるカルシウム代謝異常と歯周疾患罹患度との相関 (研究課題/領域番号: 11877367 )
  • 歯周病患者における歯槽骨吸収活性診断キットの開発 (研究課題/領域番号: 11557168 )
  • 歯髄・歯周組織疾患の実態ならびに診断に関する分子生物学的研究 (研究課題/領域番号: 10307047 )
  • 歯髄・歯周組織の老化機構の研究 (研究課題/領域番号: 09307042 )
  • プロスタグランディンE_2の歯周病治療薬としての可能性 (研究課題/領域番号: 07457458 )
  • 骨原性細胞が合成するカルシウム結合性蛋白質とメチルチオアデノシン代謝との関連 (研究課題/領域番号: 04671163 )
  • 象牙質石灰化過程におけるオステオポンティンの生合成とその遺伝子発現に関する研究 (研究課題/領域番号: 03670893 )
  • 歯周炎におけるフォスフォリパーゼA_2の局在および意義に関する研究 (研究課題/領域番号: 03454442 )
  • 研究者番号(10127847)による検索