検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

顎機能 (Jaw Function)
顎運動 (Jaw Movement)
咬合 (Occlusion)
歯科補綴学 (Prosthodontics)

研究テーマ

咬合と顎機能の解析 (咬合 (occlusion), 顎口腔機能 (stomatognathic function))
高精度6自由度運動測定システムの開発と応用に関する研究 (咬合 (occlusion), 顎口腔機能 (stomatognathic function), 6自由度 (six degree of freedom))
咬合治療に関する研究 (咬合 (occlusion), 顎口腔機能 (stomatognathic function))
歯科間接法に関する研究 (歯科間接法 (), 咬合 (occlusion), 顎口腔機能 (stomatognathic function))

著書・論文

著書:

1.坂東 永一 :

2.坂東 永一 :
よくわかる顎口腔機能ー咀嚼·嚥下·発音を診査·診断する,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
3.坂東 永一, 竹内 久裕 :
食感創造ハンドブック, --- 咀嚼運動の計測 ---,
サイエンスフォーラム, 東京, 2005年4月.
4.坂東 永一, 會田 雅啓 :
第3版 クラウンブリッジ補綴学, --- 第4章 臨床操作2 ---,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年3月.
5.坂東 永一 :
おいしさの科学事典, --- 第5章 おいしさとテクチャー,咀嚼,嚥下 ---,
朝倉書店, 東京, 2003年6月.
6.坂東 永一, 竹内 久裕 :
老化抑制と食品 = 抗酸化·脳·咀嚼 = (独立行政法人 食品総合研究所 編), --- 4.6 「食品の物性と顎運動」 ---,
株式会社 アイピーシー, 東京, 2002年2月.
7.上村 修三郎, 細木 秀彦, 高木 康里, 坂東 永一, 三谷 英夫, 上村 修三郎, 中沢 勝宏 :
顎関節のX線検査,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 1993年12月.
8.中野 雅德, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
第4章 IV-3「咬合診断」, --- 顎機能障害 新しい診断システムと治療指針(坂東永一,三谷英夫,上村修三郎,中沢 勝宏 編) ---,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 1993年12月.

学術論文(審査論文):

1.Maki Hosoki, Yumi Tokunaga, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano :
Investigation on the Allergic Condition among the Dental Professionals,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.in press,
2.Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando and Yoshizo Matsuka :
Case report of recurrent temporomandibular joint open lock associated with abrupt reduction of displaced articular disk,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.58, No.3, 184-190, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111991,   DOI: 10.1016/j.jpor.2014.04.001,   PubMed: 24951163,   CiNii: 130004953503,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
3.薩摩 登誉子, 重本 修伺, 石川 輝明, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
主機能部位でのストッピング嚙みしめ時の顆頭運動,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 19-27, 2012年.
4.Keisuke Nishigawa, Y Suzuki, Teruaki Ishikawa and Eiichi Bando :
Effect of occlusal contact stability on the jaw closing point during tapping movements.,
Journal of Prosthodontic Research, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2011.04.005,   PubMed: 21723804)
5.重本 修伺, 石川 輝明, 坂東 永一, 野口 直人, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣 :
運動論的顆頭点の検証,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.16, No.2, 130-131, 2010年.
(DOI: 10.7144/sgf.16.130,   CiNii: 10026470580)
6.野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う顎運動の測定解析法の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.16, No.1, 1-14, 2009年.
(DOI: 10.7144/sgf.16.1,   CiNii: 10025983603)
7.Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi, Shuji Shigemoto, Kazuo Okura, Toyoko Satsuma and Takeshi Yamamoto :
Current status of researches on jaw movement and occlusion for clinical application,
Japanese Dental Science Review, Vol.45, No.2, 83-97, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jdsr.2009.04.001,   CiNii: 10025820827)
8.Maki Hosoki, Eiichi Bando, Kenzo Asaoka, Hisahiro Takeuchi and Keisuke Nishigawa :
Assessment of allergic hypersensitivity to dental materials,
Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.1, 53-61, 2009.
(DOI: 10.3233/BME-2009-0563,   PubMed: 19458446,   Thomson Reuters: Web of Science™)
9.竹内 久裕, 坂東 永一, 安陪 晋 :
顎運動解析パラメータの標準化に関する検討, --- 6自由度顎運動解析 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.3, 321-330, 2008年.
(DOI: 10.2186/jjps.52.321,   CiNii: 10029763415)
10.竹内 久裕, 坂東 永一, 安陪 晋 :
顎運動解析パラメータの標準化に関する検討, --- ー切歯点における限界運動路解析ー ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.3, 311-320, 2008年.
(DOI: 10.2186/jjps.52.311,   CiNii: 10029763391)
11.佐藤 裕, 坂東 永一, 市川 哲雄 :
コンピュータ支援による咀嚼運動診断のための解析方法,
日本歯科産業学会雑誌, Vol.21, No.2, 58-67, 2007年.
12.Maki Hosoki, Yumi Hosokawa, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano :
An allergy survey among dental professionals,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.1, 34-38, 2007.
(DOI: 10.2186/prp.6.34,   CiNii: 10018731630)
13.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 中野 雅德, 坂東 永一, 竹内 久裕, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一 :
スパイラルCTを用いた顎関節の三次元評価法,
四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 231-238, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 291,   CiNii: 110006560988)
14.Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Masanori Nakano and Osamu Ishida :
Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom,
Medical Engineering & Physics, Vol.29, No.5, 615-619, 2007.
(DOI: 10.1016/j.medengphy.2006.07.007,   PubMed: 17027315,   Thomson Reuters: Web of Science™)
15.Oh -H. S., Masanori Nakano, Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto and J. -H. Jeong :
Relationship between occlusal tooth contactpatterns and tightness of proximal tooth contact,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.33, No.10, 749-753, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2006.01635.x,   PubMed: 16938103)
16.西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 由紀子, 安陪 晋, 松浦 広興 :
6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.3, 433-440, 2004年.
(DOI: 10.2186/jjps.48.433)
17.S. H. Oh, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto and Motoharu Kori :
Evaluation of proximal tooth contact tightness at rest and during clenching,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.31, No.6, 538-545, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2004.01181.x,   PubMed: 15189310,   Elsevier: Scopus)
18.宮本 洋二, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
歯科インプラントのオッセオインテグレーション喪失に関与するリスクファクターの検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.16, No.2, 278-288, 2003年.
(CiNii: 10011192075)
19.宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
歯科インプラントのオッセオインテグレーション獲得に関与する臨床的要因の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.15, No.4, 436-445, 2002年.
(CiNii: 10010140008)
20.Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Masanori Nakano, Keisuke Nishigawa, Eiji Yamauchi and Takaho Kawaguchi :
Effects of occlusal force loading on tooth movement in six degrees of freedom, --- Development of an analysis system ---,
The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.8, No.2, 91-98, 2002.
(DOI: 10.7144/sgf.8.91,   CiNii: 110001092010)
21.西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一 :
当科顎関節外来受診患者および本学歯学部学生を対象とした顎機能調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.13, No.2, 204-210, 2001年.
22.Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando and Masanori Nakano :
Quantitative study of bite force during sleep associated bruxism,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.28, No.5, 485-491, 2001.
(PubMed: 11380790,   Elsevier: Scopus)
23.安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 佐藤 裕, 山内 英嗣, 竹内 久裕, 鈴木 温, 呉 相稿, 川口 貴穂 :
咀嚼時の臼歯部咬合関係の評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, No.103, 98, 2000年.
24.松本 文博, 中川 弘, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
徳島大学歯学部附属病院特殊歯科総合治療部顎口腔機能治療部門における顎関節症の実態調査,
四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 227-283, 2000年.
25.西川 啓介, 石上 享嗣, 峙 和寛, 松田 りえ, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一 :
徳島大学歯学部学生を対象とした顎機能診査,
四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 245-250, 2000年.
26.重本 修伺, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 佐藤 裕, 中野 雅德, 池田 隆志 :
咀嚼運動の再現,
日本咀嚼学会雑誌, Vol.9, No.1, 29-36, 1999年.
27.上田(山口) 公子, 郡 由紀子, 重本 修伺, 住友 路子, 坂東 永一, 西野 瑞穗 :
小児の6自由度顎運動解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.1, 43-54, 1999年.
28.池田 隆志, 首藤 謙一, 坂東 永一, 松浦 広興, 安陪 晋, 三好 礼子, 山内 英嗣, 森木 裕貴, 中野 雅德 :
咬合紙記録における咬合接触像の評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.2, 321-327, 1999年.
29.坂東 永一, 薩摩 登誉子, 重本 修伺 :
高分解能6自由度運動測定器の開発,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.1, 149-159, 1999年.
30.中川 弘, 松本 文博, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
特殊歯科総合治療部を受診した患者の実態調査,
四国歯学会雑誌, Vol.11, No.2, 245-252, 1999年.
31.久保 吉廣, 坂東 永一, 竹内 久裕 :
無歯顎,硬·軟口蓋欠損患者の機能回復とその評価,
顎顔面補綴, Vol.21, No.2, 23-32, 1998年.
(CiNii: 10019229393)
32.西川 啓介, 坂東 永一, 中野 雅德 :
睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の研究,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.5, 740-746, 1998年.
33.中野 雅德, 安陪 晋, 坂東 永一, 佐藤 裕, 山内 英嗣, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志, 鈴木 温 :
方向余弦のx成分と傾斜角をパラメータとした咬合小面の定量的評価法の提案,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.5, No.1, 57-69, 1998年.
34.宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 中野 孝三郎, 長山 勝, 鈴木 温, 池田 隆志, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
口腔癌切除後の外科的再建部へオッセオインテグレーテッドインプラントを応用した3例, --- インプラント周囲の外科的再建組織の処理法に関する考察 ---,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.11, No.2, 69-77, 1998年.
35.山内 英嗣, 中野 雅德, 坂東 永一, 松浦 広興, 佐藤 裕, 安陪 晋, 鈴木 温, 池田 隆志 :
顎運動の調和という観点からみた大臼歯咬合面形態の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.4, No.1, 77-84, 1997年.
36.藤村 哲也, 坂東 永一 :
光造形装置による顎位の実体モデル化,
信学技報, 1997年.
37.池田 隆志, 吉本 有紀子, 村山 弥生, 細木 眞紀, 鈴木 温, 坂東 永一, 中野 雅德, 一宮 斉子, 濱 昌代, 井上 昌幸 :
徳島大学歯学部附属病院第2歯科補綴科における金属アレルギー患者,
四国歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 123-130, 1997年.
38.大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う生体信号の解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.3, No.1, 83-93, 1996年.
39.重本 修伺, 坂東 永一 :
ブラキシズム解析用顎運動測定器の開発,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.2, 379-389, 1996年.
40.郡 元治, 上田 龍太郎, 竹内 久裕, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一 :
磁気位相空間を応用した6自由度顎運動測定による女性被験者についての顎運動機能評価,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.2, 269-274, 1995年.
41.大井 啓司, 中野 雅德, 坂東 永一, 郡 元治, 近藤 宏治 :
クリッキングの音響解析, --- クリッキング音の大きさと音響スペクトルとの関係について ---,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.2, 261-267, 1995年.
42.大井 啓司, 中野 雅德, 坂東 永一, 郡 元治, 近藤 宏治, 山内 英嗣, 佐藤 裕 :
クリッキングの音響解析, --- クリッキング音の大きさと音響スペクトルとの関係について ---,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, 261-267, 1995年.
43.近藤 宏治, 大井 啓司, 近藤 一雄, 清水 俊也, 山本 伊一郎, 中野 雅德, 坂東 永一 :
咬筋におけるMusclular soundの検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.1, 95-104, 1994年.
44.細木 秀彦, 久保 典子, 前田 直樹, 高木 康里, 岩崎 裕一, 上村 修三郎, 鈴木 温, 細木 眞紀, 上田 龍太郎, 竹内 久裕, 中野 雅德, 坂東 永一 :
顎関節症患者における下顎頭の経時的な骨形態変化に関する一考察,
歯科放射線, Vol.34, No.2, 81-90, 1994年.
45.坂東 永一 :
下顎運動からみた診査·診断, --- 現状と将来展望 ---,
日本歯科医学会雑誌, Vol.13, 116-120, 1994年.
46.竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一, 池田 隆志, 藤村 哲也, 山本 伊一郎, 中野 雅德 :
6自由度顎運動測定による下顎切除患者の顎口腔機能評価,
顎顔面補綴, Vol.16, No.2, 63-76, 1993年.
47.竹内 久裕, 藤村 哲也, 坂東 永一 :
咬合力による顎口腔系の変形が顎運動解析に及ぼす影響,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.34, No.6, 1150-1161, 1990年.
(DOI: 10.2186/jjps.34.1150,   CiNii: 110003856093)

学術論文(紀要・その他):

1.大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 板東 伸幸, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 :
クリッキング側顆頭の同側側方滑走運動時の顆頭運動,
日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 227, 2012年.
2.薩摩 登誉子, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一, 細木 眞紀 :
主機能部位の運動論的検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 68-70, 2012年.
(DOI: 10.7144/sgf.19.68,   CiNii: 130004547562)
3.中村 真弓, 重本 修伺, 中野 雅德, 郡 元治, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 板東 伸幸, 坂東 永一 :
下顎の動きで操作する代替コンピュータマウスの試作,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 265, 2011年.
4.板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 :
運動論的咬合採得法の検討, --- -顆頭位の決定法について- ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 262, 2011年.
5.重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 加藤 隆史, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の顎運動様式,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.17, No.2, 146-149, 2010年.
(DOI: 10.7144/sgf.17.146,   CiNii: 10030435408)
6.野口 直人, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 中野 雅德, 山本 修史, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う顎運動の解析法の検討,
日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society, Vol.1, No.118, 163, 2010年.
(CiNii: 10026441062)
7.薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 :
6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(D13),
日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 93, 2005年.
8.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 :
スパイラルCTを用いた顎関節の三次元構築精度(B2-8),
日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 67, 2005年.
9.井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 :
歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 883, 2004年.
10.桑嶋 渉, 藤村 哲也, 坂東 永一 :
ヒト下顎限界運動顎位の6自由度解析,
信学技報, Vol.103, No.184, 51-54, 2003年.
(CiNii: 110003286538)
11.坂東 永一 :
歯の噛み合わせの測定と再現,
知能メカトロニクス専門委員会 研究報告, Vol.7, No.2, 1-9, 2002年.
12.呉 相鎬, 中野 雅德, 坂東 永一, 重本 修伺, 郡 元治, 西川 啓介, 三好 礼子, 川口 貴穂 :
小臼歯と大臼歯間の隣接関係の計測,
信学技報, Vol.49, 105-109, 2001年.
13.Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Atsushi Suzuki, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano :
Measurement of Tooth Movement with a Novel Device in Six Degrees of Freedom,
Dentistry in Japan, Vol.36, 59-61, 2000.
14.Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Takashi Ikeda and Atsushi Suzuki :
The Relationship between Jaw Movement and Masseter Muscle EMG during Sleep Associated Bruxism,
Dentistry in Japan, Vol.35, 53-56, 1999.
15.Motoharu Kori, Masanori Nakano and Eiichi Bando :
Development of Six Degree of Freedom Jaw Tracking Device Utilizing Two Magnetic Fields in Quadrature Phase and Measurement of Jaw Movement,
Dentistry in Japan, Vol.31, 54-56, 1994.
16.竹内 久裕, 藤村 哲也, 橋川 恵一, 鈴木 温, 坂東 永一 :
顎運動測定における生体の歪と解析への影響,
下顎運動とEMG論文集, Vol.6, 195-204, 1988年.
(DOI: 10.7144/sgf1982.6.195)

学術レター:

1.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
金属アレルギーとピアスの関係について,
歯界展望, 185, 2013年.
2.坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕 :
アンテリアルガイダンスの診断と治療,
四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 257-258, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109769)

総説・解説:

1.西川 啓介, 坂東 永一 :
咬合可視化装置の開発,
日本歯科評論, Vol.66, No.7, 49-50,
2.西川 啓介, 重本 修伺, 坂東 永一 :
コンピュータ支援診断システム MM-JIからチェアーサイド咬合診査機器,
The Journal of Dental Engineering, No.154, 11-14, 2005年7月.
3.坂東 永一, 石川 輝明, 北村 万里子 :
チェアサイドでの咀嚼·顎運動検査,
日本歯科医師会雑誌, Vol.57, No.11, 23(1159)-33(1169), 2005年2月.
4.坂東 永一 :
磁気を応用した顎口腔機能研究,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.11, No.1, 1-8, 2002年10月.
5.坂東 永一 :
臨床応用を目指した咬合研究の現状,
中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 9-13, 2002年8月.
6.坂東 永一 :
高精度6自由度運動測定器の開発研究,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.3, 309-323, 2002年6月.
7.坂東 永一 :
ブラキシズムをどのように攻略するか,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.2, 109-110, 2000年8月.
8.坂東 永一, 中野 雅德, 藤村 哲也, 西川 啓介, 竹内 久裕 :
顎機能の臨床的診査, --- MM-JIを用いて ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.6, 894-901, 1998年12月.
9.坂東 永一, 竹内 久裕 :
補綴領域におけるコンピュータを利用した診断·治療機器, --- -特に顎運動解析を中心に- ---,
The Journal of Dental Engineering, Vol.122, 9-12, 1997年.
10.河野 正司, 丸山 剛郎, 石橋 寛二, 坂東 永一, 川添 堯彬, 皆木 省吾 :
クラウン·ブリッジの咬合採得,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.1, 1-18, 1995年2月.
11.西川 啓介, 坂東 永一, 山内 英嗣 :
特集 咬合平面の診断と治療指針 5.下顎の運動機構と咬合平面,
歯科医療, Vol.9, No.4, 44-53, 1995年.
12.竹内 久裕, 坂東 永一 :
下顎欠損患者の顎口腔機能 下顎運動について,
歯科ジャーナル, Vol.38, No.4, 1993年.
13.坂東 永一, 竹内 久裕 :
顎運動の解析装置について,
The Journal of Dental Engineering, Vol.102, 27-32, 1992年.

国際会議:

1.Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Eiichi Bando and Yoshizo Matsuka :
Functional evaluation of dental occlusion with six-degree-of-freedom jaw movement data,
ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
2.Susumu Abe, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Naoto Noguchi, Masanori Nakano and Eiichi Bando :
Jaw movement patterns of sleep bruxism-tooth grinding during sleep,
平成23年度口腔QOLシンポジウム, Tokushima, Oct. 2011.
3.Shuji Shigemoto, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Kazuo Okura, Suzuki Y, Fukui M and Masanori Nakano :
Kinematic Reference Condylar Point for Various Mandibular Movement,
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Jul. 2010.
4.Toyoko Satsuma, Maki Hosoki, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi and Masanori Nakano :
A novel technique to visualize TMJ kinematics with computer graphics,
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Jul. 2010.
5.Y Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, N Noguchi, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa and Eiichi Bando :
Study of Jaw Position with Maximal Muscle Activity during Sleep,
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Jul. 2010.
6.Yoshitaka Suzuki, Keisuke Nishigawa, Naoto Noguchi, Takeshi Yamamoto, YOSHIHIRO KUBO and Eiichi Bando :
Evaluation of Occlusal Contact Area with Different Examination Methods for Dental Articulation,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
7.Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano, Eiichi Bando and Maki Hosoki :
Development of Magnetic Three-dimensional Dental Digitizer for Visualization of Jaw Structure and Function,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
8.Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Takeshi Yamamoto, Kazuo Okura, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Keisuke Nishigawa and Motoharu Kori :
Development of an Intra-Oral Sensor Consisting of three Non-Concentric Orthogonal Coils for Measurement of Jaw Movements,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
9.Toyoko Satsuma, Tetsuya Fujimura, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Maki Hosoki and Takeshi Yamamoto :
Visualization of Tooth Movements in Six-Degree-of-Freedom during Occlusal Force Loading,
86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.
10.Kazuo Okura, Naoto Noguchi, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Teruaki Ishikawa and Masanori Nakano :
Development of Analysis System for Sleep Associated Bruxism,
86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.
11.Takeshi Yamamoto, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa and Mariko Kitamura :
磁気式歯科用6自由度デジタイザの開発,
The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Nagoya, Jun. 2008.
12.Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Toyoko Satsuma, Mariko Kitamura, Maki Hosoki and Hisahiro Takeuchi :
Mandibular condylar movements in six-degree-of-freedom during chewing,
The 2nd International Symposium on The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century -Oral Sciences for our healthy life-,, Tokushima, Dec. 2007.
13.Keisuke Nishigawa, Yamamoto Takeshi, Noguchi Naoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Maki Hosoki, Hisahiro Takeuchi, YOSHIHIRO KUBO and Masanori Nakano :
Effect of different head postures on the jaw closing position during tapping movement,
The 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, Tokyo, Oct. 2007.
14.Yutaka Sato, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Tetsuo Ichikawa, Maki Hosoki and Shuji Shigemoto :
Development of Real-time Monitor for Examination of Occlusal Harmony,
12th Meetings of the International College of Prosthodontists, 190, Fukuoka, Sep. 2007.
15.Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Masanori Nakano, Takeshi Yamamoto and Toyoko Satsuma :
A study on implementation of jaw movement analysis using six-degree-of-freedom jaw movement parameters,
The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 328, Kobe, May 2007.
16.Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano and Naoto Noguchi :
Influencee of placing articulating paper intraorally on mandibular tapping movements,
The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Science in the 21th Century", 41, 淡路島, Mar. 2007.
17.Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Masanori Nakano :
Utilities of Jaw Tracking Device in Six Degrees of Freedom Using Magnetic Field,
International College of Prosthodontists, Greece, May 2005.
18.Shuji Shigemoto, T Kawaguchi, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano and Hisahiro Takeuchi :
Relationship between lateral border movement and posterior tooth contacts,
Interdisciplinary Prosthetic Dentistry, Taipei, Nov. 2003.
19.Maki Hosoki, Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Akira Takahashi, Hidehiko Hosoki and Masanori Nakano :
Evaluation of Three-dimensional Temporomandibular Joint Image Reconstructed from Spiral CT Data,
82th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jun. 2003.
20.Shuji Shigemoto, T Kawaguchi, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Masanori Nakano and T Fujimura :
Effect of Presence of Balancing-side Postenor Tooth Contacts on Lateral Border Movements,
IADR 81th General Session, No.2297, Goteborg, Jun. 2003.
21.Hisahiro Takeuchi, Eiichi Bando, T Fujimura, Masanori Nakano, K Koori, E Yamauchi and Yutaka Sato :
An Investigation of Jaw Movement Parameters for the Stomatognathic Function Database,
Journal of Dental Research, Vol.82, No.2292, B-297, Goteborg, Jun. 2003.
22.T Ishikawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi and Eiichi Bando :
The Quantitative Evaluation of Occlusal Contacts with Add-Picture Method,
THE KOREAN ACADEMY OF PROSTHODONTICS, No.P-8, 111, Seoul, Apr. 2003.
23.Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Hisahiro Takeuchi :
Mandibular Movements Pre- and Post-hemimandibulectomy:A case Report,
International Congress on Maxillofacial Rehabilitation, Vol.75, No.66, Okinawa, Oct. 2002.
24.Hisahiro Takeuchi, Susumu Abe, Eiichi Bando, Masanori Nakano and A Miyoshi :
Studies on the locus of first molar motion in the early phase of mastication,
1st International Congress on Mastication and Health -Oral Health for Healthy Life-, 97, Yokohama, Sep. 2002.
25.重本 修伺, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 川口 貴穂 :
義歯装着者の咀嚼運動測定,
1st International Congress on Mastication and Health -Oral Health for Healthy Life-, 17, 横浜, 2002年9月.
26.Hisahiro Takeuchi, Susumu Abe, Eiichi Bando and Masanori Nakano :
Changes of jaw movements in the early phase of mastication,
Journal of Dental Research, Vol.81, No.3715, A-455, San Diego, Mar. 2002.
27.Masanori Nakano, Susumu Abe, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi and Kazuo Okura :
Relation between occlusal facets of molar and chewing pattern,
Journal of Dental Research, Vol.81, No.1117, A-158, San Diego, Mar. 2002.
28.Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Masanori Nakano, Keisuke Nishigawa and Hisahiro Takeuchi :
Three dimensional analysis of a tooth movemant during occlusal force loading,
IADR 79th General Session, Chiba, Jun. 2001.
29.Hisahiro Takeuchi, Susumu Abe, Eiichi Bando and Masanori Nakano :
Effect of Food Texture on Jaw Movements,
Journal of Dental Research, Vol.79, No.1396, 318, Washington, D.C., Apr. 2000.
30.Hisahiro Takeuchi, Susumu Abe, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto and Kazuo Okura :
Association between Food Texture and Jaw Movement,
JAPANESE ASSOCIATION FOR DENTAL RESEARCH, No.90, 141, Kobe, Nov. 1999.
31.Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Maki Hosoki and Masanori Nakano :
Clinical survey of TMD patients with the questionnairo,
Journal of Dental Research, Vol.78, 272, Vancouver, Mar. 1999.
32.Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, T Ikeda and A Suzuki :
The relationship between jaw movement and masseter muscle EMG during sleep associated bruxism,
Journal of Dental Research, Vol.35, 53-56, Singapore, Jun. 1995.
33.YOSHIHIRO KUBO, Hisahiro Takeuchi and Eiichi Bando :
Jaw Movements in Mandibulectomy Patients,
First International Congress on Maxillofacial Prosthetics, 226-229, California, Apr. 1994.

国内講演発表:

1.重本 修伺, 伊藤 崇弘, 伊藤 光彦, 木原 琢也, 井川 知子, 平林 里大, 重田 優子, 森山 毅, 坂東 永一, 松香 芳三, 小川 匠 :
顎口腔機能情報を活用する次世代歯科用CAD/CAMシステムの構築 -顎運動測定器の開発と応用-,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
2.鈴木 善貴, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
切歯路と睡眠時ブラキシズムの分類との関係,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年10月.
3.大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
咬筋活動ならびに顎運動から評価した睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
4.田島 登誉子, 藤村 哲也, 重本 修伺, 松香 芳三, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 中野 雅德, 坂東 永一 :
歯の6自由度運動解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.20, No.2, 152-153, 2013年10月.
5.田島 登誉子, 藤村 哲也, 重本 修伺, 松香 芳三, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 中野 雅德, 坂東 永一 :
歯の6自由度運動解析,
2013年10月.
6.鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 大本 勝弘, 神原 佐知子, 高田 奈美, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムのクレンチング時における顎位と咬筋活動の検討,
日本補綴歯科学会, 2013年5月.
7.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 神原 佐知子, 高田 奈美, 上領 哲也, 坂東 永一 :
チタンを原因とする金属アレルギーが疑われた症例,
日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 286, 2012年5月.
8.大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 板東 伸幸, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 :
クリッキング側顆頭の同側側方滑走運動時の顆頭運動,
日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 227, 2012年5月.
9.薩摩 登誉子, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一, 細木 眞紀 :
主機能部位の運動論的検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 68-70, 2012年4月.
10.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
金属アレルギーとピアスの関係について,
日本歯科医学会誌, Vol.65, No.3, 92, 2012年.
11.中村 真弓, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 西川 啓介, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
日中の咬筋活動の測定,
第47回日本顎口腔機能学会, 2011年10月.
12.中村 真弓, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 西川 啓介, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
日中の咬筋活動の測定,
第47回日本顎口腔機能学会, 2011年10月.
13.高田 奈美, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 河津 嘉孝, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 本田 常晴, 坂東 永一 :
実験的ストレスと噛みしめ習癖の関係について,
平成23年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2011年9月.
14.大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 板東 伸幸, 郡 元治, 神原 佐知子, 杉尾 隆夫, 坂東 永一 :
観測点が顆頭運動経路に及ぼす影響,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2011年9月.
15.板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 大塩 恭仁, 中野 雅德, 坂東 永一 :
運動論的咬合採得法の検討, --- -全運動軸の推定誤差- ---,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2011年9月.
16.中村 真弓, 重本 修伺, 中野 雅德, 郡 元治, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 板東 伸幸, 坂東 永一 :
下顎の動きで操作する代替コンピュータマウスの試作,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 265, 2011年5月.
17.板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 :
運動論的咬合採得法の検討, --- -顆頭位の決定法について- ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 262, 2011年5月.
18.Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi, Kanbara Sachiko, Kamiryo Tetsuya, YOSHIHIRO KUBO and Eiichi Bando :
Causal Affect of Earrings for Pierced Ears on Dental Metal Allergy,
The Journal of the Japan Prosthodontic Society, No.120, 148, May 2011.
19.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 山本 修史, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 中村 真弓, 坂東 永一 :
睡眠時下顎安静状態における顎位と咬筋活動,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 156, 2011年5月.
20.Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi, Sachiko Kanbara, Tetsuya Kamiryo, YOSHIHIRO KUBO and Eiichi Bando :
Causal affect of earrings for pierced ears on dental metal allergy,
Program and abstracts the 120th scientific meeting of Japan Prosthodontic Society, Vol.3, 148, May 2011.
21.多喜川 紗耶, 藤枝 創, 河津 嘉孝, 吉田 祐介, 山岸 雄太, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 坂東 永一 :
咀嚼筋EMGを用いた噛みしめ習癖の評価について,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 101, 2011年3月.
22.重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 加藤 隆史, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の顎運動様式,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.17, No.2, 146-149, 2010年11月.
23.板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一, 清水 さとみ, 清水 俊也 :
咬合採得中の下顎位の検討,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
24.神原 佐知子, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 野口 直人, 山本 修史, 郡 元治, 久保 吉廣, 鈴木 温, 安村 博, 上領 哲也, 坂東 永一 :
タッピングポイントの安定性に及ぼす咬合接触の影響,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
25.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 野口 直人, 福井 真弓, 薩摩 登誉子, 竹内 久裕, 福田 政司, 宮本 裕司, 坂東 永一 :
起床時の筋症状と睡眠時ブラキシズムとの関係,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会, 2010年8月.
26.野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 西川 啓介, 竹内 久裕, 石川 輝明, 山本 修史, 坂東 永一 :
下顎偏心位で発現する睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会 第119回学術大会, 2010年6月.
27.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 福井 真弓, 郡 元治, 細木 眞紀, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時の安静状態における垂直的顎位の検証,
㈳日本補綴歯科学会 第119回学術大会, 2010年6月.
28.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 福井 真弓, 中野 雅德, 郡 元治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の最大咬筋筋活動時の顎位の検討,
日本顎口腔機能学会 第44回学術大会, 2010年4月.
29.多喜川 紗耶, 藤枝 創, 河津 嘉孝, 吉田 祐介, 山岸 雄太, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 坂東 永一 :
咀嚼筋EMGを用いた噛みしめ習癖の評価について,
第38回四国歯学会例会, 2010年3月.
30.木村 綾, 佐藤 泉美, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 野口 直人, 山本 修史, 坂東 永一 :
タッピングポイントの安定性と咬合接触の関係について,
第36回四国歯学会例会, 2010年3月.
31.重本 修伺, 石川 輝明, 坂東 永一, 野口 直人, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣 :
運動論的顆頭点の検証,
日本顎口腔機能学会 第43回学術大会, 2009年11月.
32.上領 哲也, 細木 眞紀, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 竹内 久裕, 坂東 永一, 岩永 浩幸 :
歯科用ジルコニアセラミックスの固定性ブリッジへの応用,
平成21年度 日本補綴歯科学会 関西支部·中国·四国支部総会ならびに合同学術大会 プログラム·抄録集, 2009年11月.
33.板東 伸幸, 福井 真弓, 重本 修伺, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 :
咬合採得材の介在が咬頭嵌合位に及ぼす影響,
平成21年度 日本補綴歯科学会 関西支部·中国·四国支部総会ならびに合同学術大会 プログラム·抄録集, 36, 2009年11月.
34.山本 修史, 西川 啓介, 野口 直人, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
姿勢の変化や咬合紙の使用がタッピングポイントに及ぼす影響について,
第118回日本補綴歯科学会学術大会, 2009年6月.
35.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 石川 輝明, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
睡眠中のブラキシズムと嚥下に伴う顎運動の解析,
日本顎口腔機能学会 第42回学術大会, 2009年4月.
36.野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
睡眠中の6自由度顎運動測定システムの開発,
日本顎口腔機能学会 第41回学術大会, 2008年11月.
37.鈴木 善貴, 西川 啓介, 野口 直人, 山本 修史, 北村 万里子, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 池田 隆志, 坂東 永一 :
観察方法の違いが咬合接触部位の判定に与える影響,
平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 27, 2008年8月.
38.野口 直人, 重本 修伺, 細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 石川 輝明, 垣内 佑亮, 竹内 久裕, 中野 雅德, 坂東 永一 :
咬合調整の定量評価法の検討,
平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 36, 2008年8月.
39.石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 :
ガム咀嚼中の下顎頭運動,
第21回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2008年7月.
40.野口 直人, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 大倉 一夫, 中野 雅德, 細木 眞紀, 石川 輝明, 北村 万里子, 西川 啓介, 郡 元治 :
口腔内用偏心三軸コイルを用いた顎運動測定,
日本顎口腔機能学会 第40回記念学術大会, 2008年4月.
41.石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 :
強い噛みしめによりクリッキングを生じる1例,
第20回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2007年7月.
42.坂東 永一 :
「歯科専門医教育の指導者養成プログラム」の取り組み,
2007年3月.
43.山本 修史, 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 北村 万里子, 中野 雅德, 野口 直人, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 大倉 一夫 :
咬合紙検査条件とタッピング運動との関係,
日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 14-15, 2006年11月.
44.佐藤 裕, 石川 輝明, 坂東 永一, 中野 雅德, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 北村 万里子, 山本 修史, 野口 直人 :
顎機能診断支援のためのリアルタイムモニタの開発,
日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 16-17, 2006年11月.
45.瀬尾 恭平, 石川 輝明, 山本 修史, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 修伺, 大倉 一夫, 安陪 晋, 佐藤 裕, 坂東 永一, 鈴木 温, 清水 俊也, 清水 さとみ :
下顎運動範囲の計測法に関する検討,
日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会プログラム, 19, 2006年9月.
46.石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 貴穂, 安陪 晋, 大塩 恭仁 :
チェアサイドにおける6自由度顎運動データによる顎口腔機能評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.50, No.115, 134, 2006年6月.
47.細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 細川 有美, 西川 啓介, 森木 裕貴, 野口 直人, 山本 修史 :
徳島大学病院における歯科用金属アレルギー患者の動向,
日本補綴歯科学会 第114回学術大会抄録集, 2005年10月.
48.新居 裕子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 細川 有美, 森 牧子, 森木 裕貴, 中野 雅德, 西川 啓介, 重本 貴穂, 矢野 俊夫, 大守 貴志 :
日光皮膚炎の治療をされていた歯科用金属アレルギーの一症例(演題番号22),
平成17年度 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 九州支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 34, 2005年9月.
49.中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 :
咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表),
第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, 114, 2005年7月.
50.細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 徳永 有美, 井上 典子, 西川 啓介, 森木 裕貴, 松浦 広興 :
cerconシステムによるロングスパンブリッジを装着した金属アレルギー症例,
日本補綴歯科学会 第113回学術大会抄録集, Vol.2-2-24, 2005年5月.
51.北村 万里子, 薩摩 登誉子, 坂東 永一, 石川 輝明, 重本 修伺, 重本 貴穂, 竹内 久裕, 郡 元治, 中野 雅德, 山内 英嗣, 安陪 晋 :
口腔内センサによる6自由度顎運動測定,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.113, 2005年5月.
52.井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 :
歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係(演題番号P-10),
日本補綴歯科学会 中国·四国支部 平成16年度総会および第30回学術大会 プログラム·抄録集, 22, 2004年9月.
53.薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 :
6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(ポスター発表),
第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.D13, 144, 2004年7月.
54.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 :
スパイラルCTを用いたヒト顎関節の三次元再構築精度(口演発表),
第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.2B8, 110, 2004年7月.
55.竹内 久裕, 坂東 永一, 中野 雅德, 安陪 晋, 西川 啓介, 郡 元治, 山内 英嗣, 三好 礼子 :
測定システムに依存しない顎運動解析パラメータの検討,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.111, 113, 2004年5月.
56.石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 川口 貴穂, 郡 元治, 中野 雅德, 竹内 久裕, 三好 礼子, 北村 万里子 :
小型センサを用いた運動測定器の改良,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.110, 2003年10月.
57.工藤 隆治, 細木 秀彦, 中野 雅德, 羽田 勝, 藤澤 健司, 伊賀 弘起, 伊賀 弘起, 松本 文博, 坂東 永一 :
徳島大学歯学部附属病院における顎機能診査レポートシステムの構築,
日本顎関節学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, 120, 2003年7月.
58.西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 有紀子, 安陪 晋, 松浦 広興, 細木 眞紀 :
顎運動再現システムを用いた6自由度咬合器の開発,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.109, 95, 2003年5月.
59.細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子 :
関節円板復位に伴って咬合の不調和を生じた一症例,
第15回 日本顎関節学会学術大会, Vol.1B11, 2002年6月.
60.中野 雅德, 坂東 永一, 安陪 晋, 三好 礼子, 佐藤 裕, 山内 英嗣, 郡 元治, 竹内 久裕 :
咬合接触状態の定量的評価法の確立に関する中間報告,
日本顎口腔機能学会 第27回学術大会, 71-72, 2002年4月.
61.川口 貴穂, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 郡 元治, 竹内 久裕, 安陪 晋, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 佐藤 裕, 中野 雅德, 重本 修伺 :
6自由度運動測定のための磁気空間とセンサコイルについての検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 87, 2002年.
62.三好 礼子, 中野 雅德, 坂東 永一, 佐藤 裕, 安陪 晋, 山内 英嗣, 薩摩 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介 :
チューインガム咀嚼時の咀嚼第5相における臼歯部咬合接触,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.107, 101, 2002年.
63.細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 中野 雅德, 坂東 永一, 高橋 章, 細木 秀彦, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一, 上村 修三郎 :
スパイラルCTによる顎関節の三次元形状,
第14回 日本顎関節学会学術大会, Vol.2, No.2, 12, 2001年7月.
64.菅原 千恵子, 高橋 章, 上村 修三郎, 坂東 永一, 柴田 考典 :
スパイラルCTの撮像方向に伴う下顎頭3次元再構成画像の形態・寸法の変動,
第14回 日本顎関節学会総会(神戸市), 2001年7月.
65.藤澤 健司, 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 大倉 一夫, 山内 英嗣, 郡 元治, 松浦 広輿, 坂東 永一, 池田 隆志 :
眼窩エピテーゼの維持源にオッセオインテグレーティツドインプラントを応用した1例,
第21回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2001年.
66.宮本 洋二, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
下顎無歯顎インプラント患者のオトガイ孔後方へのfixture埋入は是か非か?,
第31回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2001年.
67.竹内 久裕, 坂東 永一, 藤村 哲也, 河野 正司, 鶴田 正彦, 中野 雅德, 郡 元治, 山内 英嗣, 佐藤 裕, 安陪 晋 :
顎口腔機能データベースシステムの開発,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.45, No.106, 183, 2001年.
68.竹内 久裕, 安陪 晋, 坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕, 鈴木 温, 山内 英嗣, 薩摩 登誉子, 三好 礼子, 川口 貴穂 :
咀嚼初期における咀嚼側臼歯の顎運動解析,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.102, 90, 1999年10月.
69.佐藤 裕, 坂東 永一, 中野 雅德, 池田 隆志, 西川 啓介, 郡 元治, 重本 修伺, 安陪 晋 :
側方滑走運動時における作業側顆頭の動態 第1報 顆頭点の動きからみた解析,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.101, 74, 1999年5月.
70.安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 山内 英嗣, 佐藤 裕, 鈴木 温 :
咬合正面と咬合参照面との比較,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.98, 142, 1997年10月.
71.西川 啓介, 坂東 永一, 中野 雅德, 池田 隆志, 竹内 久裕, 大倉 一夫, 芝崎 寿郎, 安陪 晋 :
睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の測定,
日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.41, No.98, 33, 1997年10月.
(CiNii: 10013829732)
72.大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 安陪 晋, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 :
発現頻度による睡眠時ブラキシズムの分類,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.97, 68, 1997年6月.
73.佐藤 裕, 中野 雅德, 坂東 永一, 池田 隆志, 鈴木 温, 西川 啓介, 山内 英嗣, 大塩 恭仁, 安陪 晋 :
歯のガイドの変化が顆頭運動に及ぼす影響,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.96, 27, 1996年11月.
74.佐藤 裕, 中野 雅德, 坂東 永一, 池田 隆志, 鈴木 温, 山内 英嗣 :
側方運動のガイドの変化が顎運動に及ぼす影響,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39(94 ), 47, 1995年10月.
75.山本 伊一郎, 近藤 宏治, 池田 隆志, 大倉 一夫, 坂東 永一, 池田 隆志 :
持続咬みしめ時における咬筋筋音の測定,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.93, 43, 1995年6月.
76.西川 啓介, 中野 雅德, 坂東 永一, 大倉 一夫, 近藤 宏治 :
閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的対応,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.92, 165, 1994年10月.
77.大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 西川 啓介, 池田 隆志, 近藤 一雄 :
マルチテレメータシステムを用いたブラキシズムの解析,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.92, 92, 1994年5月.

その他・研究会:

1.山本 修史, 西川 啓介, 野口 直人, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 郡 元治, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
姿勢の変化や咬合紙の使用がタッピングポイントへ及ぼす影響について,
日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society, Vol.1, No.118, 86, 2010年8月.
(CiNii: 10026440863)

報告書:

1.細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 井上 典子, 徳永 有美, 石川 輝明, 北村 万里子 :
歯科用金属アレルギー患者における口腔内金属の起電力とアレルギー症状の検討,
平成15∼16年度 科学研究費補助金(研究基盤(C)(2))研究成果報告書, Vol.15592052, 2005年3月.
2.細木 眞紀, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 秀彦, 高橋 章, 坂東 永一, 上村 修三郎, 薩摩 登誉子, 石川 輝明, 北村 万里子 :
スパイラルCTによる顎関節の三次元評価法の確立, --- 第一法 精度検定 ---,
平成13年度∼平成14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, Vol.13672038, 2004年3月.
3.坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀 :
咬合治療に対するEBMに基づく評価,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成14年度 分担研究研究報告書, 89-91, 2003年4月.
4.石橋 寛二, 坂東 永一, 相馬 邦道, 宮武 光吉, 廣瀬 康行, 寺岡 加代 :
歯と咬合の長期的維持管理に関する予防·治療技術の評価についての総合的研究,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成14年度 総括研究報告書, 75-80, 2003年4月.
5.坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀 :
咬合治療に対するEBMに基づく評価,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成13年度 分担研究研究報告書, 51-56, 2003年4月.
6.石橋 寛二, 坂東 永一, 相馬 邦道, 宮武 光吉, 廣瀬 康行, 寺岡 加代 :
歯と咬合の長期的維持管理に関する予防·治療技術の評価についての総合的研究,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成13年度 総括研究報告書, 35-41, 2003年4月.
7.坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀 :
咬合治療に対するEBMに基づく評価,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成12年度分担研究研究報告書, 21-22, 2003年4月.
8.石橋 寛二, 坂東 永一, 相馬 邦道, 宮武 光吉, 廣瀬 康行 :
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 平成12年度 総括研究報告書, --- 歯と咬合の長期的維持管理に関する予防·治療技術の評価についての総合的研究 ---,
11-13, 2003年4月.
9.石橋 寛二, 坂東 永一, 相馬 邦道, 宮武 光吉, 廣瀬 康行, 寺岡 加代 :
歯と咬合の長期的維持管理に関する予防·治療技術の評価についての総合的研究,
厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業) 総括研究報告書, 3-7, 2003年4月.

特許:

1.坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 石川 輝明 : 顎運動の測定装置, 特願PCT/JP2008/55787), .
2.坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 野口 直人 : 顎運動の測定装置とこれに使用されるセンサコイルの製造方法, 特願PCT/JP2008/55786, .
3.坂東 永一, 薩摩 登誉子, 佐藤 裕, 北村 万里子 : 原因物理量推定方法および装置, 特願2008-235943, .
4.坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕, 細木 眞紀, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 歯の噛み合わせ測定装置, 特願2008-004891, .
5.坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 石川 輝明 : 顎運動の測定装置, (2008年3月), 特許第4612914号 (2010年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 歯科用金属アレルギー患者における口腔内金属の起電力とアレルギー症状の検討 (研究課題/領域番号: 15592052 )
  • 歯髄血流の圧力変化(歯髄脈波)に注目した歯髄診断法の開発研究 (研究課題/領域番号: 13877329 )
  • 顎運動再現システムを用いた6自由度咬合器の開発と応用 (研究課題/領域番号: 13672039 )
  • 顎口腔機能診断のためのデータベース構築に関する研究 (研究課題/領域番号: 12470422 )
  • 高精度変位計測器による咬合と歯周組織に関する研究 (研究課題/領域番号: 08407064 )
  • 咀嚼運動からみたアンテリオルガイダンスの評価 (研究課題/領域番号: 07838021 )
  • 口腔内6自由度顎運動測定器の性能向上と応用に関する研究 (研究課題/領域番号: 04454487 )
  • 全国顎顔面補綴患者の実態調査とその診断治療体系確立の検討 (研究課題/領域番号: 04304046 )
  • 顎口腔機能異常の発症因子としてのブラキシズムに関する共同研究 (研究課題/領域番号: 03044176 )
  • 口腔内6自由度顎運動測定器を主とした顎機能診断システムの開発 (研究課題/領域番号: 63440076 )
  • 全国ネット化による下顎運動機能の検査診断デ-タベ-ス構築に関する研究 (研究課題/領域番号: 63304052 )
  • 研究者番号(00014168)による検索