検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

口腔細菌学 (Oral Microbiology)
口腔細菌学 (Oral Microbiology)
抗菌化学療法学 (Antibacterial Chemotherapy)
微生物学 (Microbiology)

研究テーマ

微生物付着 (微生物, 付着)
誤嚥性肺炎の予防 (誤嚥性肺炎, 予防 (prevention))
抗菌薬抵抗性 (抗菌薬, 抵抗性)
細菌のストレス反応 (ストレス反応 (stress response), 細菌 (bacteria))

著書・論文

著書:

1. 三宅 洋一郎 :
9. 口腔微生物叢の理解,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2016年5月.
2. 三宅 洋一郎 :
9章 口腔微生物叢の理解,
医歯薬出版 株式会社, 2015年5月.
3. Ishikawa Akira, Yoichiro Miyake, Yoneyama Takeyoshi and Miyatake Kokichi :
Prevention of aspiration pneumonia in the elderly by reducing oropharyngeal microflora,
Nova Science Publishers, Sep. 2009.
4. Akira Ishikawa, Yoichiro Miyake, Takeyoshi Yoneyama and Kokichi Miyatake :
Chapter15; Prevention of Aspiration Pneumonia in the Elderly by Reducing Oropharyngeal Microflora,
Nova Science Publishers, Inc., Sep. 2009.
5. 梅本 俊夫, 奥田 克爾, 中山 浩次, 三宅 洋一郎 :
新歯科衛生士教本 微生物学 第2版,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年3月.
6. 柏原 稔也, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 :
EBMに基づいた口腔ケアのために 必読文献集(日本歯科医師会 監修/静岡県歯科医師会 編), --- 老人病院入院患者の口腔状態とデンチャープラークの細菌構成について-第1報予備調査結果- ---,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2002年3月.

学術論文(審査論文):

1. Takuya Nii, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Anti-inflammatory effects of olanexidine gluconate on oral epithelial cells,
BMC Oral Health, Vol.19, No.Article number 239, 2019.
(DOI: 10.1186/s12903-019-0932-0.)
2. Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Masami Ninomiya, Keiji Murakami, Hideki Fujii and Yoichiro Miyake :
The pathogenic factors from oral Streptococci for systemic diseases,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.20, No.18, 2019.
(DOI: 10.3390/ijms20184571,   Elsevier: Scopus)
3. Yoshihito Naitou, Hiromichi Yumoto, K Hs Kumar, Takashi Matsuo, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake, R Jimbo and Tetsuo Ichikawa :
Antifungal and Mechanical Properties of Tissue Conditioner Containing Plant-Derived Component, --- An In Vitro Study ---,
Journal of Prosthodontics, Vol.27, No.7, 665-669, 2018.
(DOI: 10.1111/jopr.12546,   PubMed: 28901663)
4. Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Koji Miyamoto, Katsuhiko Hirota, Hiromi Nakae, Saya Tanaka, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-Methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses an increase of oral bacteria: a single-blind, crossover clinical trial,
Clinical Oral Investigations, 1-8, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113011,   DOI: 10.1007/s00784-018-2490-2,   PubMed: 29766378,   Elsevier: Scopus)
5. Susilowati Heni, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Kouji Hirao, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Royal jelly inhibits Pseudomonas aeruginosa adherence and reduces excessive inflammatory responses in human epithelial cells,
BioMed Research International, Vol.2017, 3191752, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112385,   DOI: 10.1155/2017/3191752,   PubMed: 29075644,   Elsevier: Scopus)
6. Sekita Yasuko, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Antibiofilm and Anti-Inflammatory Activities of+ Houttuynia cordata Decoction for Oral Care,
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine : eCAM, Vol.2017, 2850947, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112956,   DOI: 10.1155/2017/2850947,   PubMed: 29234378,   Elsevier: Scopus)
7. Takashi Amoh, Keiji Murakami, Kariyama Reiko, Hori Kenji, Vidoucic Darija, Katsuhiko Hirota, Igarashi Jun, Suga Hiroaki, Pasek R Matthew, Kumon Hiromi and Yoichiro Miyake :
Effects of an autoinducer analogue on antibiotic tolerance in Pseudomonas aeruginosa,
The Journal of Antimicrobial Chemotherapy, Vol.72, No.8, 2230-2240, 2017.
(DOI: 10.1093/jac/dkx132,   PubMed: 28510695)
8. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Antibacterial and antibiofilm effects of Reuterin-Related Compounds to periodontopathic bacteria,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 8-17, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111063,   DOI: 10.20738/johb.30.1_8)
9. Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Yoko Somiya, Reiko Kariyama, Kenji Hori, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Hiromi Kumon, Matthew R. Parsek and Yoichiro Miyake :
Role of psl Genes in Antibiotic Tolerance of Adherent Pseudomonas aeruginosa.,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.61, No.7, 2017.
(DOI: 10.1128/AAC.02587-16,   PubMed: 28438927)
10. Kazuto Shiraishi, Noriko Tarashima, Yohsuke Igata, Keiji Murakami, Yasuko Okamoto, Yoichiro Miyake, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Synthesis and evaluation of c-di-4'-thioAMP as an artificial ligand for c-di-AMP riboswitch,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.25, No.14, 3883-3889, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2017.05.042,   PubMed: 28559057)
11. Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
RpoN Promotes Pseudomonas aeruginosa Survival in the Presence of Tobramycin.,
Frontiers in Microbiology, Vol.8, 839, 2017.
(DOI: 10.3389/fmicb.2017.00839,   PubMed: 28553272)
12. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria,
Oral Diseases, Vol.23, No.4, 492-497, 2017.
(DOI: 10.1111/odi.12638,   PubMed: 28083982,   Elsevier: Scopus)
13. Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Yasuki Noma, Issei Minase, Takashi Amoh, Yasuhiko Irie, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Explorative gene analysis of antibiotic tolerance-related genes in adherent and biofilm cells of Pseudomonas aeruginosa.,
Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.23, No.5, 271-277, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jiac.2017.01.004,   PubMed: 28274550)
14. Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
Role of the interplay between quorum sensing regulator VqsR and the Pseudomonas quinolone signal in mediating carbapenem tolerance in Pseudomonas aeruginosa.,
Research in Microbiology, Vol.168, No.5, 450-460, 2017.
(DOI: 10.1016/j.resmic.2017.02.007,   PubMed: 28263907)
15. Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Ayu Murakami, Takashi Amoh, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Evaluation of the effectiveness of the potent bis-quaternary ammonium compound, 4,4'-( , -hexametylenedithio) bis (1-octylpyridinium bromide) (4DTBP-6,8) on Pseudomonas aeruginosa.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.122, No.4, 893-899, 2017.
(DOI: 10.1111/jam.13392,   PubMed: 28035713)
16. Takashi Amoh, Keiji Murakami, Reiko Kariyama, Kenji Hori, Yasuhiko Irie, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Jun Igarashi, Hiroaki Suga, Hiromi Kumon and Yoichiro Miyake :
A Pseudomonas aeruginosa Quorum-Sensing autoinducer analog enhances the activity of antibiotics against resistant strains.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 101-109, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111094,   DOI: 10.2152/jmi.64.101,   PubMed: 28373605)
17. Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, B Sapaar, Takashi Matsuo, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake :
Pathogenic factors in Candida biofilm-related infectious diseases.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.122, No.2, 321-330, 2016.
(DOI: 10.1111/jam.13330,   PubMed: 27770500)
18. Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
RpoN Modulates Carbapenem Tolerance in Pseudomonas aeruginosa through Pseudomonas Quinolone Signal and PqsE.,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.60, No.10, 5752-5764, 2016.
(DOI: 10.1128/AAC.00260-16,   PubMed: 27431228)
19. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Shohei Ogata, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Preventive Effects of Houttuynia cordata Extract for Oral Infectious Diseases.,
BioMed Research International, Vol.2016, 2581876, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112384,   DOI: 10.1155/2016/2581876,   PubMed: 27413739,   Elsevier: Scopus)
20. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Takashi Amoh, Satoshi Ogino, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake, Hiroyuki Fukui and Yoshiki Kashiwada :
Anti-bacterial and anti-inflammatory effects of ethanol extract from Houttuynia cordata poultice.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2016.
(DOI: 10.1080/09168451.2016.1151339,   PubMed: 27023331)
21. Haruyuki Nakayama-Imaohji, Katsuhiko Hirota, Hisashi Yamasaki, Saori Yoneda, Hirofumi Nariya, Motoo Suzuki, Thomas Secher, Yoichiro Miyake, Eric Oswald, Tetsuya Hayashi and Tomomi Kuwahara :
DNA Inversion Regulates Outer Membrane Vesicle Production in Bacteroides fragilis.,
PLoS ONE, Vol.11, No.2, e0148887, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112326,   DOI: 10.1371/journal.pone.0148887,   PubMed: 26859882)
22. Omar Maningo Rodis, Edward Barroga, J Patrick Barron, James Hobbs, Jayanetti A. Jayawardena, Ikuo Kageyama, Bukasa Kalubi, Clive Langham, Yoshizo Matsuka, Yoichiro Miyake, Naoko Seki, Hiroko Oka, Martin Peters, Yo Shibata, Roxana Stegaroiu, Kazuyoshi Suzuki, Shigeru Takahashi, Hironori Tsuchiya, Toshiko Yoshida and Katsuhiko Yoshimoto :
A proposed core curriculum for dental English education in Japan.,
BMC Medical Education, Vol.14, 239, 2014.
(DOI: 10.1186/s12909-014-0239-4,   PubMed: 25404383)
23. Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Tsuyoshi Miyazaki, Nobuyuki Yamamoto, Koji Miyamoto, Keiji Murakami, Natsumi Fujiwara, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Anti-inflammatory and protective effects of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine polymer on oral epithelial cells.,
Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.103, No.2, 555-563, 2014.
(DOI: 10.1002/jbm.a.35201,   PubMed: 24753309)
24. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.27, 45-47, 2014.
25. 狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳 :
マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.27, 67-71, 2014年.
26. B Sapaar, A Nur, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, T Amoh, Takashi Matsuo, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake :
Effects of extracellular DNA from Candida albicans and pneumonia-related pathogens on Candida biofilm formation and hyphal transformation.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.116, No.6, 1531-1542, 2014.
(DOI: 10.1111/jam.12483,   PubMed: 24661775)
27. Dali Liu, Yanbin Zhou, Mariko Naito, Hiromichi Yumoto, Qiang Li, Yoichiro Miyake, Jingping Liang and Rong Shu :
Draft Genome Sequence of Porphyromonas gingivalis Strain SJD2, Isolated from Periodontal Pocket of a Patient with Periodontitis in China,
Genome Announcements, Vol.2, No.1, e01091-13, 2014.
(DOI: 10.1128/genomeA.01091-13,   PubMed: 24385574,   Elsevier: Scopus)
28. Katsuhiko Hirota, Satoru Inagaki, Ryo Hamada, Kazuyuki Ishihara and Yoichiro Miyake :
Evaluation of a rapid oral bacteria quantification system using dielectrophoresis and the impedance measurement.,
Biocontrol Science, Vol.19, No.1, 45-49, 2014.
(DOI: 10.4265/bio.19.45,   PubMed: 24670618,   Elsevier: Scopus)
29. 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 237-238, 2013年.
30. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 25-29, 2013.
31. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, D Liu, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo, R Shu and Yoichiro Miyake :
Effects of extracellular DNA and DNA-binding protein on the development of a Streptococcus intermedius biofilm.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.115, No.1, 260-270, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106279,   DOI: 10.1111/jam.12202,   PubMed: 23551549)
32. Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Minoru Nakamura, Katsuhiko Hirota, Hidehito Kato, Hiroshi Miyakawa, Noriyuki Shibata, Yoichiro Miyake, Etsuko Hashimoto, Keiko Shiratori and Junji Yagi :
Involvement of Commensal Bacteria may Lead to Dysregulated Inflammatory and Autoimmune Responses in a Mouse Model for Chronic Nonsuppurative Destructive Cholangitis.,
Journal of Clinical Immunology, Vol.32, No.5, 1026-1037, 2012.
(DOI: 10.1007/s10875-012-9712-1,   PubMed: 22661269)
33. Jing Li, Katsuhiko Hirota, Takaharu Goto, Hiromichi Yumoto, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Biofilm formation of Candida albicans on implant overdenture materials and its removal.,
Journal of Dentistry, Vol.40, No.8, 686-692, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jdent.2012.04.026,   PubMed: 22580351)
34. Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, K Miyamoto, N Yamamoto, Keiji Murakami, Yumi Hoshimo, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
MPC-Polymer Reduces Adherence and Biofilm Formation by Oral Bacteria.,
Journal of Dental Research, Vol.90, No.7, 900-905, 2011.
(DOI: 10.1177/0022034511402996,   PubMed: 21447697,   Elsevier: Scopus)
35. Heni Susilowati, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Masayuki Shono, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Intermedilysin induces EGR-1 expression through calcineurin/NFAT pathway in human cholangiocellular carcinoma cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.404, No.1, 57-61, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.11.057,   PubMed: 21094139)
36. J Li, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Enhanced germicidal effects of pulsed UV-LED irradiation on biofilms.,
Journal of Applied Microbiology, Vol.109, No.6, 2183-2190, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1365-2672.2010.04850.x,   PubMed: 20854456)
37. Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Etsuko Hashimoto, Minoru Nakamura, Hiroshi Miyakawa, Katsuhiko Hirota, Noriyuki Shibata, Hidehito Kato, Yutaka Arimura, Yoichiro Kato, Takehiko Uchiyama, Hideaki Nagamune, Makio Kobayashi, Yoichiro Miyake, Keiko Shiratori and Junji Yagi :
Long-term bacterial exposure can trigger nonsuppurative destructive cholangitis associated with multifocal epithelial inflammation.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.4, 577-588, 2010.
(DOI: 10.1038/labinvest.2010.40,   PubMed: 20142809)
38. Yuka Yoshijima, Keiji Murakami, Shizuo Kayama, Dali Liu, Katsuhiko Hirota, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake :
Effect of substrate surface hydrophobicity on the adherence of yeast and hyphal Candida,
Mycoses, Vol.53, No.3, 221-226, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1439-0507.2009.01694.x,   PubMed: 19671080)
39. Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Makiko Ushimaru, Akitake Yamamoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
The role of rpoS gene and quorum-sensing system in ofloxacin tolerance in Pseudomonas aeruginosa,
FEMS Microbiology Letters, Vol.298, No.2, 184-192, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1574-6968.2009.01717.x,   PubMed: 19645822)
40. Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Taniguchi Tomonori, Yamamoto Akitake, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Heterologous expression of a histone-like protein from Streptococcus intermedius in Escherichia coli alters the nucleoid structure and inhibits the growth of E. coli,
FEMS Microbiology Letters, Vol.288, No.1, 68-75, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1574-6968.2008.01327.x,   PubMed: 18761672)
41. A Ishikawa, T Yoneyama, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and K Miyatake :
Professional oral health care reduces the number of oropharyngeal bacteria,
Journal of Dental Research, Vol.87, No.6, 594-598, 2008.
(DOI: 10.1177/154405910808700602,   PubMed: 18502972)
42. Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth,
Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1365-2958.2008.06232.x,   PubMed: 18410499)
43. Haruta Ikuko, Kikuchi Ken, Hashimoto Etsuko, Kato Hidehito, Katsuhiko Hirota, Kobayashi Makio, Yoichiro Miyake, Uchiyama Takehiko, Yagi Junji and Shiratori Keiko :
A Possible role of histone-like DNA-binding protein of Streptococcus intermedius in the pathogenesis of bile duct damage in primary biliary cirrhosis,
Clinical Immunology, Vol.127, No.2, 245-251, 2008.
(DOI: 10.1016/j.clim.2008.01.010,   PubMed: 18337173)
44. Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake :
Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways,
Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1462-5822.2007.01040.x,   PubMed: 17883418)
45. Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Katakami Mikiko, Susilowati Heni and Yoichiro Miyake :
rpoN gene of Pseudomonas aeruginosa alters Its susceptibility to quinolones and cabapenems,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.51, No.4, 1455-1462, 2007.
(DOI: 10.1128/AAC.00348-06,   PubMed: 17261620)
46. Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Susilowati Heni, Shizuo Kayama, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Functional Analysis of spoT, relA and dksA Genes on Quinolone Tolerance in Pseudomonas aeruginosa under Nongrowing Condition,
Microbiology and Immunology, Vol.50, No.4, 349-357, 2006.
(PubMed: 16625057)
47. Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo :
CXCL12 and CXCR4 expression by human gingival fibroblasts in periodontal disease,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.141, No.3, 467-474, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2005.02852.x,   PubMed: 16045736)
48. Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake :
Coating of a surface with 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) co-polymer significantly reduces retention of human pathogenic microorganisms,
FEMS Microbiology Letters, Vol.248, No.1, 37-45, 2005.
(DOI: 10.1016/j.femsle.2005.05.019,   PubMed: 15953697)
49. Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius,
Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
(PubMed: 16034212)
50. Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Shizuo Kayama, Makiko Mori, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake :
Role for rpoS gene of Pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance,
FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.1, 161-167, 2005.
(DOI: 10.1016/j.femsle.2004.11.005,   PubMed: 15621433)
51. Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein.,
Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
(PubMed: 15383705,   CiNii: 10013604640)
52. Taniguchi Kazuko, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Darija Viducic, Kayama Sizuo, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake :
Novel Pseudomonas aeruginosa gene that suppresses tolerance to carbapenems,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.9, 2997-3001, 2003.
(DOI: 10.1128/AAC.47.9.2997-3001.2003,   PubMed: 12937012)
53. Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Correlation between resistance of Pseudomonas aeruginosa to quaternary ammonium compounds and expression of outer membrane protein OprR,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.7, 2093-2099, 2003.
(DOI: 10.1128/AAC.47.7.2093-2099.2003,   PubMed: 12821452)
54. Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kazuko Taniguti, Hiromi Murata, Darija Viducic and Yoichiro Miyake :
Effect of varidase (streptodornase) on biofilm formed by Pseudomonas aeruginosa,
Chemotherapy, Vol.49, No.3, 121-125, 2003.
(DOI: 10.1159/000070617,   PubMed: 12815204)
55. 奥井 学, 日比野 豊, 弘田 克彦, 西野 瑞穗, 三宅 洋一郎, 粟津 邦男 :
PBIIでフッ素イオン注入した口腔内装置用材料の細菌付着抑制効果に関する研究,
生体材料, Vol.20, No.2, 55-62, 2002年.
(CiNii: 10008011791)
56. Takatsugu Goto, Hideaki Nagamune, Aiko Miyazaki, Yoshiaki Kawamura, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Kazuaki Miyamoto, Shigeru Akimoto, Takayuki Ezaki, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Rapid identification of Streptococcus intermedius by PCR with the ily gene as a species marker gene,
Journal of Medical Microbiology, Vol.51, No.2, 178-186, 2002.
(PubMed: 11863269)
57. Yoko Terada, Katsuhiko Hirota, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Identification of Helicobacter Pylori in Denture Plaque of Hospitalized Aged Patients,
Dentistry in Japan, Vol.37, 56-58, 2001.
58. Sizuo Kitano, Kenji Irimura, Toru Sasaki, Naoko Abe, Atsuyo Baba, Yoichiro Miyake, Nobuhiko Katunuma and Kenji Yamamoto :
Suppression of gingival inflammation induced by Porphyromonas gingivalis in rats by leupeptin,
Japanease Journal of Pharmacology, Vol.85, 84-91, 2001.
59. Tsuneko Ono, Sumiko Shiota, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, Tomofusa Tsuchiya and Yoichiro Miyake :
Susceptibilities of Oral and Nasal Isolates of Streptococcus mitis and Streptococcus oralis to Macrolides and PCR Detection of Resistance Genes,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.44, No.4, 1078-1080, 2000.
(DOI: 10.1128/AAC.44.4.1078-1080.2000,   PubMed: 10722517,   Elsevier: Scopus)
60. Kinya Murakami, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Effect of antibiotics on CD15s-related antigen expressed on the Streptococcus anginosus group,
Dentistry in Japan, Vol.36, 22-27, 2000.
61. Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Kinya Murakami, Keiji Murakami, Daisuke Nagao and Yoichiro Miyake :
Effect of varidase (streptokinase) on biofilm formed by Staphylococcus aureus,
Chemotherapy, Vol.46, No.2, 111-115, 2000.
(DOI: 10.1159/000007264,   PubMed: 10671761,   Elsevier: Scopus)
62. 弘田 克彦, 村田 広美, 湯本 浩通, 大倉 一人, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析,
Bacterial Adherence研究, Vol.14, 6-8, 2000年.
63. 市川 哲雄, 寺田 容子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 細井 和雄 :
高齢者における口腔ケアと健康に関する基礎的研究,
Dentistry in Japan, Vol.19, 75-80, 2000年.
64. Fumiko Michishige, Sumiko Yoshinaga, Eriko Harada, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takashi Matsuo and Susumu Yasuoka :
Relationships between activity of daily living, and oral cavity care and the number of oral cavity microorganisms in patients with cerebrovascular diseases,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.1-2, 79-85, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 22626,   PubMed: 10408162)
65. Katsuhiko Hirota, Kinya Murakami, Ken Nemoto, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo, Hiromi Kumon and Yoichiro Miyake :
Fosfomycin reduces CD15s-related antigen expression of Streptococcus pyogenes,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.42, No.5, 1083-1987, 1998.
66. Seiji Fujiwara, Yoichiro Miyake, Tsuguru Usui and Hidekazu Suginaka :
Effect of adherence on antimicrobial susceptivility of Pseudomonas aeruginosa, Serratia marcescens and {Proteus mirabilis},
Hiroshima J. Med. Sci, Vol.47, No.1, 1-5, 1998.
67. Tetsuo Ichikawa, Katsuhiko Hirota, H Kanitani, Yoichiro Miyake and N Matsumoto :
In vitro adherence of Streptococcus constellatus to dense hydroxyapatite and titanium,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.25, No.2, 125-127, 1998.
(PubMed: 9576596)
68. Junji Suzuki, Hitoshi Komatsuzawa, Motyoyuki Sugai, Takako Suzuki, Katsuyuki Kozai, 三宅 洋一郎, Hidekazu Suginaka, Nobuo Nagasaka :
A long-term survey of methicillin-resistant Staphylococcus aureus in the oral cavity of children,
Microbiology and Immunology, Vol.41, No.9, 681-686, 1997年.
69. 弘田 克彦, 米山 武義, 太田 昌子, 橋本 賢二, 三宅 洋一郎 :
プロフェッショナル·オーラル·ヘルス·ケアを受けた高齢者の咽頭細菌数の変動,
日本老年医学会雑誌, Vol.34, No.2, 125-129, 1997年.
70. 米山 武義, 相羽 寿史, 太田 昌子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 橋本 賢二, 岡本 浩 :
特別養護老人ホーム入所者における歯肉炎の改善に関する研究,
日本老年医学会雑誌, Vol.34, No.2, 120-124, 1997年.
71. Tetsuo Ichikawa, Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Rudi Wigianto, Naeko Kawamoto, Naoyuki Matsumoto and Yoichiro Miyake :
Rapid bone resorption adjacent to hydroxyapatite-coated implants,
The Journal of Oral Implantology, Vol.22, No.3,4, 232-235, 1997.
(PubMed: 9524500)
72. T. Matsuura, A. Kohada, T. Yamamoto, Yoichiro Miyake, Y. Akagawa, H. Suginaka and H. Tsuru :
High incidence of Staphylococcus aureus] from dentures and tongues of maxillary resection patients,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.12, 354-357, 1997.
73. 柏原 稔也, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 :
老人病院入院患者の口腔状態とデンチャープラークの細菌構成について, --- 第1報 予備調査結果 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 448-453, 1996年.
74. 川本 苗子, 市川 哲雄, 蟹谷 英生, 柏原 稔也, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 :
電解水の義歯洗浄効果, --- -細菌学的検討- ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 574-579, 1996年.
75. Takashi Matsuura, Yoichiro Miyake, Seiji Nakashima, Hitoshi Komatsuzawa, Yasumasa Akagawa and Hidekazu Suginaka :
Isolation and characterization of teichoic acid-like substance as an adhesin of Staphylococcus aureus to HeLa cells,
Microbiology and Immunology, Vol.40, No.4, 247-254, 1996.
76. Katsuhiko Hirota, Ro Osawa, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
Highly expressed human sialyl Lewisx antigen on cell surface of Streptococcus gallolyticus,
The Lancet, Vol.347, No.9003, 760, 1996.
77. 市川 哲雄, 弘田 克彦, 蟹谷 英生, Wigianto Rudi, 川本 苗子, 堀内 政信, 三宅 洋一郎, 松本 直之 :
アパタイトインプラントの細菌付着に関する研究, --- -摘出インプラントの観察と細菌付着試験- ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.1, 40-45, 1996年.
78. 三宅 洋一郎, 杉中 秀壽, 藤原 政治, 碓井 亞 :
Pazufloxacinの固層に付着した細菌に対するIn vitro抗菌力,
日本化学療法学会雑誌, Vol.43, No.S-2, 66-71, 1995年.
79. Ken Nemoto, Ro Osawa, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
An investigation of gram-negative tannin-protein complex degrading bacteria in fecal flora of various mammals,
The Journal of Veterinary Medical Science, Vol.57, No.5, 921-926, 1995.
80. Motoyuki Sugai, Hitoshi Komatsuzawa, Tomoko Akiyama, Yeong-Man Hong, Tadahiro Oshida, Yoichiro Miyake, Toutaro Yamaguchi and Hidekazu Suginaka :
Identification of endo-β-N-acetylglucosaminidase and N-acetylmuramyl-L-alanine amidase as cluster-dispersing enzymes in Staphylococcus aureus,
Journal of Bacteriology, Vol.177, No.6, 1491-1496, 1995.
81. Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
Cross-reactivity between human sialyl Lewisx oligosaccharide and common causative oral bacteria of infective endocarditis,
FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.12, 159-164, 1995.
82. Yoichiro Miyake, K. Tsuruda, K. Okuda, (名) Widowati, Y. Iwamoto and H. Suginaka :
In vitro activity of tetracyclines, macrolides, quinolones, clindamycin and metronidazole against periodontopathic bacteria,
Journal of Periodontal Research, Vol.30, 290-293, 1995.
83. Keiko Tsuruda, Yoichiro Miyake, Hidekazu Suginaka, Hiroshi Okamoto and Yoshifumi Iwamoto :
Mirobiological features of gingivitis in pubertal children,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.22, 316-320, 1995.
84. Motoyuki Sugai, Hitosi Komatsuzawa, Kaoru Ooku-Inomata, Yoichiro Miyake, Eisaku Ishida and Hidekazu Suginaka :
Isolation and characterization Staphylococcus aureus mutans which form altered cell clusters,
Microbiology and Immunology, Vol.38, No.12, 995-999, 1994.
85. 三宅 洋一郎, 藤原 政治, 碓井 亞, 杉中 秀壽 :
固層に付着した細菌に対するbiapenemのIn vitro 抗菌力,
Chemotherapy, Vol.42, No.S-4, 82-90, 1994年.

学術論文(紀要・その他):

1. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に対する新規化合物の作用機序,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.31, 2018年.
2. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
新規化合物によるレボフロキサシン及びトブラマイシン殺菌作用の増強効果,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.30, 2017年.
3. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 天羽 崇, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius biofilm componentsの糖鎖結合能と炎症反応誘導能に関する解析,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.29, 2016年.
4. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
新規化合物によるビアペネム殺菌作用の増強効果について,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.29, 2016年.
5. 村上 圭史, 天羽 崇, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
クラリスロマイシンによる緑膿菌c-di-GMPの誘導,
第50回緑膿菌感染症研究会講演記録 /緑膿菌感染症研究会事務局編, 2016年.
6. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 星野 由美, 村上 圭史, 宮本 幸治, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
水溶性MPCポリマーの口腔細菌付着抑制効果,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.24, 47-49, 2011年.
7. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株におけるRSCVsの分離とその性状について,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.24, 81-83, 2011年.
8. 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.21, 49-53, 2008年.
9. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年.
10. 弘田 克彦, 村上 圭史, 鹿山 鎮男, 根本 謙, 三宅 洋一郎 :
微生物付着に与える2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine co-polymer処理の影響,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.17, 12-15, 2003年.
11. 市川 哲雄, 大村 直幹, 蟹谷 容子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
デンタルデバイス感染症, --- デンチャープラークから高齢者の健康を考える ---,
歯界展望, Vol.99, No.2, 407-416, 2002年.
12. 弘田 克彦, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusの付着,凝集時におけるhistone-like proteinの局在,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.16, 27-32, 2002年.
13. 大村 直幹, 市川 哲雄, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
デンチャープラークの最前線,
デンタルエコー, Vol.122, 31-35, 2001年.
14. 寺田 容子, 市川 哲雄, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
要介護高齢者における咽頭微生物叢について, --- 特に義歯装着の有無による影響 ---,
私の研究から, Vol.691, 9-11, 2000年.
15. 道重 文子, 吉永 純子, 寺尾 紀子, 原田 江梨子, 安岡 劭, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 柏原 稔也, 市川 哲雄, 松尾 敬志 :
含嗽の咽頭ぬぐい液細菌数に対する影響,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.7, 35-42, 1997年.
16. Hitoshi Komatsuzawa, Junji Suzuki, Motoyuki Sugai, Yoichiro Miyake and Hidekazu Suginaka :
The effect of Triton X-100 on the in-vitro susceptivility of mehicillin-resistant Staphylococcus aureus ot oxacillin,
The Journal of Antimicrobial Chemotherapy, Vol.34, 885-897, 1994.

学術レター:

1. 三宅 洋一郎, 弘田 克彦 :
細菌学的に見た細菌カウンタの有用性,
Dental Friends, Vol.9, 5-6, 2013年.
2. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection,
Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Program and Proceeding Book, 47-48, 2012.
3. Katsuhiko Hirota, Takeyoshi Yoneyama, Mayumi Sakamoto, Hiroshi Miyamoto, Masanori Kurihara, Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
High prevalence of Pseudomonas aeruginosa from oropharyngeal biofilm in patients with cerebrovascular infarction and dysphagia.,
Chest, Vol.138, No.1, 237-238, 2010.
(DOI: 10.1378/chest.10-0240,   PubMed: 20605833)
4. 清宮 明香, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周, 小野 恒子 :
透析液中の細菌検出における遺伝学的検討,
腎と透析65巻別冊 ハイパフォーマンスメンブレン'08, 2008年.
5. Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius,
Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 262-266, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ics.2005.11.021,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
バイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性「特集 ''One Health''時代の耐性菌対策・研究,
化学療法の領域, Vol.33, No.5, 1024-1028, 2017年5月.
2. Yasusei Kudo, Tada Hidesuke, Natsumi Fujiwara, Tada Yoshiko, Takaaki Tsunematsu, Yoichiro Miyake and Naozumi Ishimaru :
Oral environment and cancer,
Genes and Environment, Vol.38, No.13, Aug. 2016.
(DOI: 10.1186/s41021-016-0042-z,   PubMed: 27482300)
3. 三宅 洋一郎, 村上 圭史 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性,
化学療法の領域, Vol.31, No.9, 120-125, 2015年.
4. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
マクロライドによる細菌機能の制御,
呼吸器内科, Vol.24, No.4, 397-399, 2013年10月.
(CiNii: 40019859910)
5. 三宅 洋一郎 :
口腔細菌のトランスロケーションによる感染症とその予防, --- 誤嚥性肺炎を中心に ---,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 9-12, 2013年5月.
6. 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
Pseudomonas aeruginosaのバイオフィルム形成と抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子ネットワーク,
日本細菌学雑誌, Vol.67, No.2, 227-243, 2012年5月.
(DOI: 10.3412/jsb.67.227,   PubMed: 22688178,   CiNii: 40019598311)
7. 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性メカニズムの解明に向けて,
BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM, Vol.24, 21-23, 2011年5月.
8. 三宅 洋一郎, 村上 圭史 :
バイオフィルム形成とクオラムセンシング 臨床医学編 口腔内感染症とバイオフィルム,
化学療法の領域, Vol.26, No.9, 66-70, 2010年.
9. 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に影響を与える因子について,
四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 421-422, 2009年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109786)
10. 三宅 洋一郎, 板野 守秀, 矢納 義高 :
糖アルコールとデンタルプラークコントロール,
臨床検査, Vol.52, No.4, 455-458, 2008年4月.
(CiNii: 40015915769)
11. 三宅 洋一郎, 鹿山 鎭男 :
口腔内における感染防御機構,
日本臨牀, Vol.65, No.2, 2007年2月.
12. 三宅 洋一郎 :
基礎研究から臨床応用へ,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.19, 84-85, 2006年2月.
13. 三宅 洋一郎, 細川 育子 :
β-defensin と口腔内感染,
臨床と微生物, Vol.32, No.3, 269-273, 2005年5月.
14. 三宅 洋一郎 :
1.口腔ケアと細菌付着,
老年医学, Vol.43, No.11, 1745-1749, 2005年.
15. 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
知っておきたいう蝕原因菌と歯周病関連細菌,
日本歯科評論, Vol.64, No.2, 59-69, 2004年2月.
16. 三宅 洋一郎 :
口腔の病原微生物と感染症,
老年医学, Vol.42, No.3, 287-291, 2004年.
17. 三宅 洋一郎 :
気道感染と口腔内細菌の役割,
歯界展望, Vol.102, No.3, 629-633, 2003年9月.
18. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
口腔細菌とQuorum sensing,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 251-256, 2003年1月.
19. 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
バイオフィルム形成菌における抗菌薬抵抗性のメカニズム,
四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 277-284, 2002年1月.
20. 三宅 洋一郎 :
Staphylococcus aureusの付着,
皮膚, Vol.40, No.20, 46-51, 1998年12月.
21. 三宅 洋一郎 :
カンジダ属,Staphylococcus aureus付着の解析および抗菌薬抵抗性における役割,
四国歯学会雑誌, Vol.8, No.2, 127-139, 1996年1月.
22. 三宅 洋一郎 :
Bacterial Adherenceを考える,
侵襲と免疫, Vol.4, No.1, 10-16, 1995年1月.

国際会議:

1. Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Hiromi Nakae, Katsuhiko Hirota, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-methacryloyloxyethyl-phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses the adherence of oral bacteria,
2018 IADR/PER General Session (ExCel London Convention Center, London, England) 25-28th July, 2018, Jul. 2018.
2. Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Yuki Hosokawa, Hitomi Kuramoto, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo :
Streptococcal histone-like DNA binding protein induces MINCLE expression on monocytes,
95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (San Francisco), Mar. 2017.
3. Susilowati Heni, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo :
Royal Jelly inhibits Pseudomonas aeruginosa adherence and reduces excessive inflammatory resoponses in human epithelial cells,
2016 IADR, Seoul, Jun. 2016.
4. Yoichiro Miyake :
Antibacterial tolerance of adheerent bacteria,
Central Europeans Symposium on Antimicrobials and Antimicrobial Resistance, Croatia, Sep. 2015.
5. Yoichiro Miyake :
Aspiration Pneumonia in elderly and its prevention,
2nd Dental Research Exhibition And Meeting, Yogyakarta, Sep. 2014.
6. Hiromichi Yumoto, Takashi Matsuo, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Miyazaki Tsuyoshi, Keiji Murakami, Natsumi Fujiwara and Yoichiro Miyake :
Anti-inflammatory and protective effects of 2-methacryloyloxyethyl-phosphorylcholine-polymer on oral epithelial cells,
92th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (Cape Town, South Africa), Jun. 2014.
7. Nur Ashikin, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, 天羽 崇 and Yoichiro Miyake :
Extracellular DNA affects Streptococcus mutans biofilm through quorum sensing system and histone-like DNA binding protein expression,
The 12th Japan-Korea International Symposium on Microbiology, Tokyo, Mar. 2014.
8. Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo :
Pathogenic roles of Streptococcal histone-like protein in microbial infection,
The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD (Gyeongju, Korea), Nov. 2013.
9. Momoyo Azuma, Keiji Murakami, Katuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Yoichiro Miyake and Yasuhiko Nishioka :
The relationship between antibiotic tolerance and severity of clinical isolated Pseudomonas aeruginosa in respiratory disease patients,
The28th International Congress of Chemotherapy and Infection and the 14th Asia-pacific Society of Clinical Microbiology and Infection, 横浜, Jun. 2013.
10. Keiji Murakami, Momoyo Azuma, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Nishida Yasuhiko and Yoichiro Miyake :
The correlation between antibiotic tolerance and virulence of Pseudomonas aeruginosa clinical isolates,
28th International Congress of Chemoteherap and Infection, Yokohama, Jun. 2013.
11. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection,
Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
12. Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Nur Asikin, Kanako Takahashi, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Global Gene Analysis in Monocytes Stimulated with Streptococcal Histone-Like Protein,
90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
13. Liu Dali, Li Yunpeng, Zhou Yanbin, Naito Mariko, Hiromichi Yumoto, Yoichiro Miyake, Liang Jingping and Shu Rong :
Genome Comparison of A Clinical Virulent Porphyromonas gingivalis Strain With Type Strains W83 And ATCC33277,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sep. 2011.
14. Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
Pseudomonas aeruginosa psl genes play an important role in biapenem tolerance,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
15. Darija Viducic, Keiji Murakami, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
The Pseudomonas aeruginosa quinolone signal plays a dual role in the response to antimicrobial agents,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
16. Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Nur Asikin, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Liu Dali, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Gene Expression Profiling of Human Monocytic THP-1 Cells Stimulated With Extracellular Streptococcus intermedius Histone-Like DNA Binding Protein,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sep. 2011.
17. Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
The involvement of psl genes and the second messenger c-di-GMP in antibiotic tolerance of adherent Pseudomonas aeruginosa,
EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
18. Katsuhiko Hirota, M Hori, S Hayakawa, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
Development of New Materials That Refuse Microbial Adherence,
EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
19. Yoichiro Miyake, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, N Yamamoto, K Miyamoto and Takashi Matsuo :
Inhibition of the adherence of oral bacterial by MPC-polymer,
EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
20. Yoichiro Miyake :
Antibiotic tolerance of Pseudomonas aeruginosa, a human commensal,
International Symposium 62nd Anniversary of Gadjah Mada University School of Dentistry, Yogyakarta, Feb. 2010.
21. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Nuclear Translocation of NF-kB induced by Streptococcus intermedius intermedilysin,
International Conference of Indonesian Society for Microbiology: Recent advances of Microbiology in Health, Agriculture, Bioindustry, Surabayai, Nov. 2009.
22. Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Liang Ping Jing, Yoichiro Miyake and Shu Rong :
Recombinant Porphyromonas gingivalis DnaK purification and Pg-dnaK mutant creation,
2nd Meeting of IADR Pan Asian Pacific Federation and the 1st Meeting of IADR Asia/Pacific Region, Sep. 2009.
23. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells,
International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008.
24. Hiromichi Yumoto, Liu Dali, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Gene-regulatory and Physiological Functions of Histone-like Protein from Streptococci,
86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toronto (Canada), Jul. 2008.
25. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1,
The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
26. Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
The essentiality and involvements of streptocuccus intermedius histone-like protein in bacterial viability and normal growth,
The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
27. Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells,
21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
28. Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
Role of quorum sensings system of adherent pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance,
ASM conferences Pseudomonas 2007, Seattle, Aug. 2007.
29. Liu Dali, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Investigation of the toxicity of Streptococcus intermedius histone-like protein in Escherichia coli,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
30. Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
31. LIU Dali, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
pathogenicity of streptococcus intermedius,an Oral Commensal Bacterium,
2005-SINO-JAPANESE CONFERENCE ON STOMATOLOGY, Shanghai, Nov. 2005.
32. Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai :
Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius,
XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005.
33. Keiji Murakami, Kayama Sizuo, Viducic Darija, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake :
The involvement of pslL gene in biapenem tolerance of Pseudomonas aeruginosa,
Pseudomonas 2005 10th International Congress Abstract Book, 139, Marseille, Aug. 2005.
34. Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
A role of ppGpp in tolerance to quinolone in Pseudomonas aeruginosa,
Pseudomonas 10th International congress Abstract Book, 101, Marseille, Aug. 2005.
35. Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Keiji Murakami, Masayoshi Yamada, Hideaki Nakae, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo :
Molecular analysis of histone-like protein from Streptococcus intermedius,
80th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, San Diego(USA), Mar. 2002.
36. Naoki Ohmura, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Hideo Kanitani, Toshiya Kashiwabara, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of denture plaque on the pharyngeal microflora,
80th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, San Diego(USA), Mar. 2002.
37. Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Kanako Hattori, Ohki Ohnishi, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Hiroki Kourai and Hideaki Nagamune :
Structural Analysis of a Human Specific Cytolysin Intermedilysin from Streptococcus intermedius UNS46,
18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Birmingham, UK, Jul. 2000.
38. Hideaki Nagamune, Ohki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Hideaki Tsuge, Katsuhiko Hirota, Nobuhiko Katunuma, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Human-Specific Cell Lysis by Intermedilysin, an Exotoxin of Streptococcus intermedius,
18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Birminghan, UK, Jul. 2000.

国内講演発表:

1. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 :
浮遊菌とバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性に対するrpoS遺伝子の役割,
第32回日本バイオフィルム学会学術集会, 2018年7月.
2. 村上 圭史, 天羽 崇, 片岡 佳子, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 :
緑膿菌オートインデューサーアナログのマクロライドに対する効果,
第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
3. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 :
緑膿菌rpoS遺伝子が抗菌薬抵抗性に及ぼす役割,
第91回日本細菌学会総会, 2018年3月.
4. 村上 圭史, 狩山 玲子, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Autoinducer Analogがマクロライドの抗菌作用に及ぼす影響について,
第52回緑膿菌感染症研究会, 2018年2月.
5. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 :
rpoS遺伝子が緑膿菌の抗菌薬抵抗性に及ぼす影響,
第70回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
6. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に対する新規化合物の作用機序,
第31回日本バイオフィルム学会学術集会, 2017年7月.
7. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における新規化合物の抗菌薬抵抗性に対する作用機序の解析,
第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
8. 村上 圭史, 天羽 崇, 弘田 克彦, 片岡 佳子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌呼吸器感染症における抗菌薬抵抗性の臨床的重要性について「シンポジウム 不均一性細菌学:表現型の不均一性に基づいた細菌の生存戦略」,
第90回日本細菌学会総会, 2017年3月.
9. 村上 圭史, 狩山 玲子, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に及ぼすAutoinducer Analogの作用機序について,
第51回緑膿菌感染症研究会, 2017年2月.
10. 小川 翔登, 藤枝 真一, 村上 圭史, 天羽 崇, 三宅 洋一郎, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 菅崎 幹樹, 香川 葉子, 森本 悠里, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
緑膿菌オートインデューサー類似化合物が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響,
第40回徳島県医学検査学会, 2016年12月.
11. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
新規化合物の作用機序およびバイオフィルムに対する効果,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 38, 2016年10月.
12. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
歯周病原菌に対する新規化合物の効果,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会 平成28年10月15-16日 香川県高松市 かがわ国際会議場, 38, 2016年10月.
13. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 三宅 洋一郎 :
歯周病原菌に対する新規化合物の効果,
第58回 歯科基礎医学会学術大会 北海道札幌市 2016年8月24-26日, 2016年8月.
14. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
新規化合物によるレボフロキサシン及びトブラマイシン殺菌作用の増強効果,
第30回バイオフィルム学会学術集会, 2016年7月.
15. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
ホスホジエステラーゼ抵抗性を有する4'-チオ化学修飾型環状ジヌクレオチドの合成と評価,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
16. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 天羽 崇, 三宅 洋一郎 :
口腔常在菌Streptococcus intermediusが呼吸器疾患重症化に関与するメカニズム,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
17. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
新規化合物が耐性菌やバイオフィルムに及ぼす影響,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
18. 村上 圭史, 天羽 崇, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
付着菌およびバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性とそのメカニズム,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
19. 村上 圭史, 天羽 崇, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
クラリスロマイシンによる緑膿菌c-di-GMPの誘導,
第50回緑膿菌感染症研究会, 2016年2月.
20. 吉田 亜由未, 上田 舞, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 菅崎 幹樹, 香川 葉子, 森本 悠里, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
緑膿菌におけるストレス応答と抗菌薬抵抗性について,
第39回徳島県医学検査学会, 2015年12月.
21. 上田 舞, 吉田 亜由未, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 菅崎 幹樹, 香川 葉子, 森本 悠里, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
リボザイムを応用したcyclic-di-GMPの定量法の開発,
第39回徳島県医学検査学会, 2015年12月.
22. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌AI類似化合物は緑膿菌に対するビアペネムの殺菌効果を増強する,
第63回日本化学療法学会西日本支部総会, 2015年10月.
23. 村上 圭史, 狩山 玲子, 天羽 崇, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌psl遺伝子が抗菌薬抵抗に及ぼす影響,
第63回日本化学療法学会西日本支部総会, 2015年10月.
24. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
新規化合物による抗菌薬殺菌作用の増強効果について,
第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月.
25. 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌AHL類似化合物によるビアペネム殺菌効果の増強について,
第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015年9月.
26. Liu Dali, Zhou Yanbin, Li Yunpeng, Hiromichi Yumoto, Yoichiro Miyake, Liang Jingping and Shu Rong :
Pan-genome and comparative genome of 16 Porphyromonas gingivalis strains,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, Sep. 2015.
27. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 天羽 崇, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius biofilm componentsの糖鎖結合能と炎症反応誘導に関する解析,
第29回日本バイオフィルム学術集会, 2015年7月.
28. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
新規化合物によるビアペネム殺菌作用の増強効果について,
第29回日本バイオフィルム学会学術集会, 2015年7月.
29. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
糖部修飾型環状ジヌクレオチドの合成と評価,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
30. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
Cyclic-di-4'-S-adenosine monophosphate (c-di-SAMP)の合成と評価,
第17回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2015年6月.
31. 村上 圭史, 狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
新規化合物が薬剤耐性緑膿菌に対する殺菌効果に及ぼす影響,
第63回日本化学療法学会総会, 2015年6月.
32. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に対する新規化合物の効果,
第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
33. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 天羽 崇, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius Histone-Like Proteinと細胞外ベシクルの特性,
第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
34. 村上 圭史, 間世田 英明, 天羽 崇, 弘田 克彦, 片岡 佳子, 三宅 洋一郎 :
臨床および環境分離緑膿菌の抗菌薬抵抗性と病原因子に関する検討,
第88回日本細菌学会総会, 2015年3月.
35. 吉川 由佳里, 関貫 翔子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
本院で分離されたST-8型MRSAについて,
第38回徳島県医学検査学会, 2014年12月.
36. 関貫 翔子, 吉川 由佳里, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
臨床および環境分離緑膿菌における病原性について,
第38回徳島県医学検査学会, 2014年12月.
37. 狩山 玲子, 堀 賢司, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳 :
OprD欠損緑膿菌によるマウス大腿部感染モデルに対するクオラムセンシング阻害剤とビアペネムの併用効果,
第62回日本化学療法学会西日本支部総会 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 合同開催, 2014年10月.
38. 村上 圭史, 狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 弘田 克彦, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌におけるクオラムセンシング阻害剤が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響,
第62回日本化学療法学会西日本支部総会 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 合同開催, 2014年10月.
39. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 天羽 崇, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius Histone-Like DNA Binding Proteinの結合解析とExtracellular Vesicleとの関連,
第67回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
40. 天羽 崇, 村上 圭史, 狩山 玲子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に対する新規化合物の効果,
第67回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
41. 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原性との関連,
第56回歯科基礎医学会学術大会, 2014年9月.
42. Omar Maningo Rodis, Yoichiro Miyake, Yoshizo Matsuka and Bukasa Kalubi :
Globalization Efforts of the University of Tokushima Faculty of Dentistry,
17th JASMEE Academic Meeting, Jul. 2014.
43. 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性と病原因子に関する検討,
第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会, 2014年6月.
44. 堀 賢司, 狩山 玲子, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石川 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳 :
新規マウス薬効評価系の構築に向けた発光性緑膿菌による尿路バイオフィルム感染症モデルの作製,
第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会, 2014年6月.
45. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
Extracellular DNA influences pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa,
第87回日本細菌学会総会, Mar. 2014.
46. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 三宅 洋一郎 :
抗Si-HLP抗体のミトコンドリアATP synthase β subunitに対する交差反応性,
第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
47. 村上 圭史, Nur Asikin, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原性との関連,
第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
48. 木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 :
Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割,
第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
49. 間世田 英明, 上手 麻希, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
環境および臨床由来緑膿菌の特性比較,
第61回日本化学療法学会西日本支部総会, 2013年11月.
50. 堀 賢司, 狩山 玲子, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳 :
マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製と各種抗菌薬の治療効果,
第61回日本化学療法学会西日本支部総会, 2013年11月.
51. 村上 圭史, 小野 恒子, 髙丸 菜都美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株による抗菌薬抵抗性と病原因子との関連について,
第61回日本化学療法学会西日本支部総会, 2013年11月.
52. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
Homologous and heterologous extracellular DNAs affect Pseudomonas aeruginosa to produce more pyocyanin without inducing bacterial growth,
第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2013.
53. 村上 圭史, 星野 由美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
イグサ抽出液によるう蝕および歯周病予防効果の検討,
第55回歯科基礎医学会学術大会, 2013年9月.
54. 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における抗菌薬抵抗性とpsl遺伝子の役割,
第7回細菌学若手コロッセウム, 2013年8月.
55. 狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳 :
マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製,
第27回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, 2013年7月.
56. Keiji Murakami, Nur Asikin, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原因子との関連について,
第27回Bacterial Agherence & Biofilm学術集会, Jul. 2013.
57. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa,
第27回Bacterial Agherence & Biofilm学術集会, Jul. 2013.
58. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusヒストン様タンパク質のPAMPsとしての解析,
第22回Lancefieldレンサ球菌研究会&第45回レンサ球菌感染症研究会, 2013年6月.
59. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
The role of extracellular DNA in Pseudomonas aeruginosa and Streptococcus intermedius infection,
第86回日本細菌学会総会, Mar. 2013.
60. Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Effects of theaddition of Clarithromycin on Pseudomonas aeruginosa biofilm formation,
第86回日本細菌学会総会, Mar. 2013.
61. Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Nur Asikin, Kouji Hirao, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
Pathogenic roles of Streptococcus intermedius histone-like protein in microbial inflammation,
第86回日本細菌学会総会, Mar. 2013.
62. 白水 裕也, 星野 佑太, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬耐性のメカニズム,
第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月.
63. 星野 佑太, 白水 裕也, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原因子について,
第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月.
64. 村上 圭史, 小野 恒子, 髙丸 菜都美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における付着及びバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性遺伝子のスクリーニング,
第60回日本化学療法学会西日本支部総会, 2012年11月.
65. 江頭 陽子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 伊賀 弘起, 三宅 洋一郎 :
新規抗菌性界面活性剤の臨床応用を目指した基礎研究,
第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月.
66. 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
クラリスロマイシンによる緑膿菌RSCVsの誘導について,
第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月.
67. 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性に及ぼすpsl遺伝子とc-di-GMPの関与について,
第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月.
68. Nur Asikin, 弘田 克彦, 湯本 浩通, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
Biological roles of extracellular DNA of Streptococcus intermeius,
第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月.
69. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius,
第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, Jul. 2012.
70. 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索,
第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, 2012年7月.
71. 三宅 洋一郎 :
シンポジウム「再考!バイオフィルム」 口腔細菌のトランスロケーションによる感染症とその予防 -誤嚥性肺炎を中心に-,
第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, 2012年7月.
72. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Roles of extracellular DNA and DNA-binding protein in cell aggregation, biofilm formation and antibiotic tolerance of Streptococcus intermedius,
第21回Lancefieldレンサ球菌研究会&第44回レンサ球菌感染症研究会合同開催, Jun. 2012.
73. 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
クラリスロマイシン添加による緑膿菌への影響,
第60回日本化学療法学会学術集会, 2012年4月.
74. 江頭 陽子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 伊賀 弘起, 三宅 洋一郎 :
新規抗菌性界面活性剤の臨床応用を目指した基礎研究,
四国歯学会第40回例会, 2012年3月.
75. 星野 由美, 村上 圭史, 弘田 克彦, 日野出 大輔, 三宅 洋一郎 :
イグサ粉末の口腔細菌に対する効果,
四国歯学会 第40回 例会, 2012年3月.
76. 三宅 洋一郎 :
口腔細菌の病原性とそのコントロール,
POIC研究開設率記念講演 全身と口腔感染症予防の革新的幕開け∼新しい医療連携を目指して∼, 2012年3月.
77. 山田 茉樹, 眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ :
緑膿菌臨床分離株におけるpel, psl遺伝子の保有と抗菌薬抵抗性との関連について,
第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
78. 眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ :
緑膿菌臨床分離株におけるバイオフィルム形成能と薬剤感受性について,
第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
79. 岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 眞木 敬太, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ :
徳島大学病院で分離された緑膿菌における薬剤耐性のメカニズムとERIC-PCRの有用性について,
第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
80. 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索,
第59回日本化学療法学会西日本支部総会, 2011年11月.
81. 西田 みなみ, 野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 :
クラリスロマイシンが及ぼす緑膿菌コロニー性状への影響,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
82. 曽宮 葉子, 野間 保喜, 水瀬 一生, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 :
緑膿菌psl遺伝子の抗菌薬抵抗性への関与について,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
83. 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 :
バイオフィルム形成菌での抗菌薬抵抗性獲得メカニズムについて,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
84. 野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 :
付着緑膿菌のビアペネム抵抗性関連遺伝子の探索,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
85. 野間 保喜, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子の検討,
第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
86. Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake :
The Effect of Extracellular DNA on The Development of Streptococcus intermedius Biofilm,
第64回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2011.
87. 三宅 洋一郎 :
シンポジウムI「バイオフィルム見聞録」 バイオフィルムの病原性とその対策,
日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会(第135回), 2011年10月.
88. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
バイオフィルム形成緑膿菌における抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索,
第53回歯科基礎医学会学術大会, 2011年9月.
89. 李 景, 柏原 稔也, 内藤 禎人, 水頭 英樹, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 市川 哲雄 :
バイオフィルムに対するUV-LEDパルス照射の消毒効果,
LED総合フォーラム2011 in 徳島, 2011年6月.
90. 李 景, 柏原 稔也, 内藤 禎人, 水頭 英樹, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 市川 哲雄 :
バイオフィルムに対するUV-LEDパルス照射の消毒効果,
LED総合フォーラム2011 in 徳島, 2011年6月.
91. 永尾 寛, 藤原 奈津美, 木村 智子, 泰江 章博, 吉岡 昌美, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学の臨床実習視察報告,
四国歯学会第38回例会, 2011年3月.
92. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
第38回四国歯学会例会, 2011年3月.
93. 近藤 洋史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 松尾 敬志 :
THP-1細胞のケモカイン産生に及ぼす口腔レンサ球菌ヒストン様DNA結合タンパク質の影響,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
94. 小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 :
緑膿菌臨床分離株のRSCVの分離と抗菌薬感受性について,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
95. 西田 みなみ, 小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 :
抗菌薬による緑膿菌RSCVの誘導について,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
96. 曽宮 葉子, 小寺 佑佳, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 :
緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性について,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
97. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性との関連について,
第58回日本化学療法学会西日本支部総会, 2010年11月.
98. 星野 由美, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
イグサの口腔細菌に及ぼす影響について,
第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
99. 水瀬 一生, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌ladS遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について,
第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
100. 平尾 功治, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 高橋 加奈子, 木村 智子, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius由来histon様DNA結合タンパク質がヒト単球系細胞のサイトカイン・ケモカイン産生に及ぼす影響,
第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
101. 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusヒストン様タンパク質がTHP-1細胞のサイトカインバランスに及ぼす影響,
第52回歯科基礎医学会学術大会, 2010年9月.
102. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 星野 由美, 村上 圭史, 宮本 幸治, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
水溶性MPCポリマーの口腔細菌付着抑制効果,
Bacterial Adherence &Biofilm学術集会, 2010年7月.
103. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株におけるRSCVsの分離とその性状について,
Bacterial Adherence &Biofilm学術集会, 2010年7月.
104. 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性メカニズムの解明に向けて,
Bacterial Adherence &Biofilm学術集会, 2010年7月.
105. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株におけるRSCVの分離と抗菌薬抵抗性について,
第58回日本化学療法学会学術講演会, 2010年6月.
106. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
107. 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明, 大國 寿士 :
2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を持つ新奇Streptococcus mitis株の解析,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
108. 木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 高橋 加奈子, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるscrAおよびhtrA遺伝子の役割,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
109. 稲垣 覚, 弘田 克彦, 濱田 了, 葛岡 篤史, 石原 和幸, 三宅 洋一郎 :
誘電泳動インピーダンス計測法を用いた迅速微生物数測定装置による口腔微生物の測定評価,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
110. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
チューブバイオフィルムでのペル遺伝子発現誘導のメカニズム,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
111. 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinによる小胞体異常の分子機構の解明,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
112. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
113. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
114. 高谷 亜加里, 福田 幸恵, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 :
緑膿菌臨床分離株におけるwsp関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
115. 福田 幸恵, 高谷 亜加里, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 :
緑膿菌におけるσ因子関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
116. 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌シグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響,
第57回日本化学療法学会西日本支部総会, 2009年11月.
117. 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinに誘導されるHuCCT1細胞gp210の分布変動,
第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
118. 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 :
緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について,
第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
119. 大平 匡彦, 白井 昭博, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩結合型菌種特異的ペプチドの合成と生物学的特性,
第61回日本生物工学会大会, 2009年9月.
120. 弘田 克彦, 稲垣 覚, 濱田 了, 石原 和幸, 三宅 洋一郎 :
誘電泳動インピーダンス計測法を用いた迅速微生物数測定装置による口腔微生物の測定評価,
第51回歯科基礎医学会学術大会, 2009年9月.
121. 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 谷口 友伯, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について,
Bacterial Adherence & Biofilm第23回学術集会, 2009年7月.
122. 天野 富美夫, 三宅 洋一郎 :
サルモネラおよび黄色ブドウ球菌の輸液チューブへの付着に及ぼす脂肪乳剤の影響,
Bacterial Adherence & Biofilm第23回学術集会, 2009年7月.
123. 相川 文子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌の抗菌薬抵抗性におけるtcp遺伝子の役割,
四国歯学会第35回例会, 2009年6月.
124. 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動,
第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
125. 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 :
緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について,
第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
126. 劉 大力, 周 彦王分, 湯本 浩通, 鹿山 鎭男, 李 超倫, 梁 景平, 三宅 洋一郎, 束 蓉 :
Purification of recombinant Porphyromonas gingivalis DnaK and creation of its mutant,
第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
127. 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼,
第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
128. 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について,
第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
129. 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌とcyclic-di-GMPの関与について,
第43回緑膿菌感染症研究会, 2009年2月.
130. 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株の付着時における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について,
第56回日本化学療法学会西日本支部総会, 2008年12月.
131. 伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 :
緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について,
第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
132. 田中 純一, 小野 恒子, 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusに誘導される非アポトーシス細胞死の免疫組織化学的解析,
第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
133. 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 吉川 和寛, 田尾 知浩, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討,
第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
134. 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌における抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
135. 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
136. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusが誘導するヒト胆管上皮細胞死の分子機構の解明,
第50回歯科基礎医学会学術大会, 2008年9月.
137. 弘田 克彦, Susilowati Heni, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死,
第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
138. 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死,
第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
139. 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について,
Bacterial Adherence & Biofilm第22回学術集会, 2008年7月.
140. 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
透析液及び透析用水中の遺伝学的細菌検出法,
第53回日本透析医学会学術集会, 2008年6月.
141. 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析,
第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月.
142. 木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
143. 木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
144. 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
145. 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
146. 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 :
細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割,
第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
147. 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
148. 安藤 健一, 松田 明日香, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の評価,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
149. 山本 明毅, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 松田 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌におけるPQS Quorum sensingと抗菌薬抵抗性に関する研究,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
150. 松田 明日香, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
151. 竹内 まりえ, 松田 明日香, 安藤 健一, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の作成,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
152. Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
The essentiality and involvements of Streptococcus intermedius histone-like protein in bacterial viability and normal growth,
The 2nd international symposium on "The future direction of oral sciences in the 21st century", Dec. 2007.
153. 弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明,
第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
154. Dali LIU, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
Investigation of the toxicity of Streptococcus intermedius histon-like protein in Escherichia coli,
第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月.
155. 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月.
156. 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 劉 大力, Heni Susilowati, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensing機構とbiapenem抵抗性について,
第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月.
157. 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 :
Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象,
第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
158. Dali LIU, 湯本 浩通, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via activation of ERK1/2 and JNK pathways.,
日本歯周病学会50周年記念大会, 2007年9月.
159. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysin が誘導する非アポトーシス型細胞死の分子機構の解明,
第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
160. 三宅 洋一郎 :
教育講演IV 口腔内での細菌付着について,
Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月.
161. 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月.
162. 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 :
細胞溶解毒素インターメディリシンのヒト細胞特異的感染因子としての役割,
第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
163. 今大路 浩之, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 桑原 知巳 :
Bacteroides fragilisのDNA逆位による外膜vesicle形成の制御,
第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
164. LIU Dali, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Investigation of the essentiality of histone-like protein in Streptococcus intermedius,
第80回日本細菌学会総会, Mar. 2007.
165. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
166. 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出,
第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
167. 劉 大力, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
Investigation of the Essentiality of Histone-Like Protein in Streptococcus intermedius,
第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
168. 野間 保喜, 堀川 明日香, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
う蝕原因菌Streptococcus mutansの病原性に関する研究,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
169. 玉井 利奈, 滝本 真由美, 野間 保喜, 堀川 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌臨床分離株における抗菌薬感受性とバイオフィルム形成に関する研究,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
170. 滝本 真由美, 玉井 利奈, 堀川 明日香, 野間 保喜, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌におけるPQS Quorum Sensingと病原性に関する研究,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
171. 堀川 明日香, 野間 保喜, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
抗菌薬添加によるQuorum Sensing関連遺伝子発現の変動,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
172. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
抗菌薬添加による緑膿菌Quorum Sensing関連遺伝子発現の変化,
第54回日本化学療法学会西日本支部総会, 2006年12月.
173. 木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
174. 吉嶋 佑佳, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
親水性コーティング法による細菌付着抑制効果の検討,
第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
175. LIU Dali, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake :
Proinflammatory cytokines are induced in human monocytes in response to exposure to the histone like protein of Streptococcus intermedius,
第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2006.
176. 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出,
第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
177. 板野 守秀, 矢納 義高, 吉田 修, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
細菌共凝集塊の物理的分離におよぼす糖アルコール類の影響,
第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
178. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
IntermedilysinによるHucCT1細胞核抗原の異所性表出,
第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
179. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysin によるHuCCT1 細胞核抗原の異所性表出,
第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
180. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
Bacterial Adherence & Biofilm 第20回記念学術集会, 2006年7月.
181. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
抗菌薬抵抗性による緑膿菌rpoS遺伝子発現の変化,
第54回日本化学療法学会総会, 2006年5月.
182. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensingとofloxacin抵抗性について,
第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
183. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
抗菌薬による緑膿菌rpoS遺伝子プロモーター活性への影響,
第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
184. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Quorum sensingとOfloxacin抵抗性について,
第53回 日本化学治療学会西日本支部総会, 2005年12月.
185. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌 tcp 遺伝子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について,
第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2005年10月.
186. Oheni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Sizuo Kayama, Keiji Murakami, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake :
The Mechanism of Bile Epithelium Cell Death Under the Stimulation of Streptococcus Intermedius Cytolysin,
第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2005.
187. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
188. 三宅 洋一郎 :
教育セミナー Biofilm:基礎研究から臨床応用へ,
Bacterial Adherence & Biofilm 第19回学術集会, 2005年7月.
189. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌tcp遺伝子と抗菌薬抵抗性について,
第53回化学療法学会総会, 2005年5月.
190. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
P1-202 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について,
第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
191. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
P1-192 緑膿菌 bta 遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について,
第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
192. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について,
第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
193. 弘田 克彦, 菊池 賢, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 :
脳腫瘍以来のS.intermedius ILY高産生株に対するカルバベネム系抗菌薬感受性に関する検討,
第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
194. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌 Quorum Sensing 機構と抗菌薬抵抗性について,
第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
195. 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 :
抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性,
第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
196. 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Anginosus group streptococci感染症とその続発生,
第2回 感染病態研究会 シンポジウム「Symbiosis」, 2004年6月.
197. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌PAO1株におけるbiapenem抵抗性変異株の分離,
第52回日本化学療法学会総会, 2004年6月.
198. 助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である,
日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
199. 榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与,
日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
200. 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性変異株の分離,
第77回 日本細菌学会総会, 2004年4月.
201. 長宗 秀明, 榊原 恵美子, 田端 厚之, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化には外膜蛋白質OryRが関与している,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
202. 長宗 秀明, 前田 拓也, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化機構:外膜タンパク質QRP01の関与,
日本細菌学会 第76回総会, 2003年4月.
203. 湯本 浩通, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 大倉 一人, 村上 圭史, 山田 真義, 中江 英明, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermedius hitone-like proteinをコードする遺伝子のクローニングと発現,
第75回日本細菌学会総会, 2002年4月.
204. 湯本 浩通, 弘田 克彦, 山田 真義, 中江 英明, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志 :
Streptococcus intermedius histone-like proteinをコードする遺伝子のクローニングと発現,
第44回秋季日本歯周病学会学術大会, 2001年10月.
205. 村田 広美, 弘田 克彦, 西野 瑞穗, 三宅 洋一郎 :
前思春期性歯周炎の1症例,
第39回 日本小児歯科学会大会および総会, 2001年5月.
206. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, 大倉 一人, 長宗 秀明, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析,
第53回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2000年10月.

その他・研究会:

1. 天羽 崇, 村上 圭史, 田端 厚之, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 :
幼児口腔内から検出された多剤耐性レンサ球菌について,
第71回日本細菌学会中国,四国支部総会, 2018年10月.
2. 村上 圭史, 狩山 玲子, 公文 裕巳, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌Autoinducer Analogがマクロライドの抗菌作用に及ぼす影響について,
第52回緑膿菌感染症研究会講演記録, Vol.52, 67, 2018年10月.
3. 藤枝 真一, 小川 翔登, 村上 圭史, 天羽 崇, 三宅 洋一郎, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 菅崎 幹樹, 香川 葉子, 森本 悠里, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
呼吸器由来緑膿菌における病原性と抗菌薬抵抗性との関連について,
第40回徳島県医学検査学会, 2016年12月.
4. 片岡 佳子, 南 亜利沙, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代 :
本院で分離されたMRSAの分類とその特徴,
徳島県医学検査学会, 2013年12月.
5. 片岡 佳子, 堀口 なつみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代 :
「緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性について」,
徳島県医学検査学会, 2013年12月.
6. 村上 圭史, 東 桃代, 畑 美智子, 長尾 多美子, 鈴木 麗子, 三宅 洋一郎, 先山 正二 :
徳島大学病院におけるパルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE)によるMRSAの分子疫学調査,
第4回MRSAフォーラム, 2013年7月.
7. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 85-94, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109821)
8. 永尾 寛, 木村 智子, 泰江 章博, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学歯学部歯学科の臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 79-84, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109820)
9. 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 :
2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生する川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株の病原性に関する検討,
第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月.
10. 弘田 克彦, 米山 武義, 栗原 正紀, 宮本 寛, 坂本 まゆみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
摂食嚥下障害のある脳血管障害患者と緑膿菌,
はち・まる・にい・まる 8020, No.7, 108-109, 2008年1月.
11. 三宅 洋一郎 :
口腔ケアの基礎知識, --- 細菌学から見た口腔ケア ---,
8020運動推進特別事業における研修会, 2007年10月.
12. 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年7月.
13. 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
アンギノーサス群レンサ球菌とは?,
歯界展望, Vol.100, No.6, 1348-1349, 2002年12月.
14. 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
バイオフィルムにおける遺伝子発現とクオラムセンシング,
歯界展望, Vol.100, No.3, 612-613, 2002年9月.
15. 三宅 洋一郎 :
口腔細菌のクオラムセンシング,
歯界展望, Vol.99, No.6, 1322-1323, 2002年6月.
16. 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, Viducic Darijia, 谷口 和子, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Staphyrococcus aureusにおけるhistone-like proteinの存在と構造解析,
第46回ブドウ球菌研究会, 2001年9月.
17. 谷口 和子, 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 根本 謙, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌におけるBIPM抵抗性変異株の作成,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 22-26, 2001年1月.
18. 村上 圭史, 谷口 和子, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
緑膿菌抗菌薬抵抗性におけるストレス反応の影響,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 27-30, 2001年1月.
19. 足立 敦, 鴨井 久一, 三宅 洋一郎, 遊佐 典子 :
臨床検査を歯科医療にどう活かすか,
歯界展望, Vol.96, No.6, 1206-1223, 2000年12月.
20. 三宅 洋一郎, 谷口 和子 :
唾液と口腔微生物,
小児歯科臨床, Vol.5, No.2, 28-36, 2000年2月.
21. 石川 昭, 米山 武義, 三宅 洋一郎, 宮武 光吉 :
口腔ケアによる咽頭細菌数の変動,
看護技術, Vol.46, No.1, 82-86, 2000年1月.
22. 弘田 克彦, 村田 広美, 湯本 浩通, 大倉 一人, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 :
レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.14, 6-8, 2000年1月.
23. 村上 圭史, 小野 恒子, 谷口 和子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性変異株の分離とその性状,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.13, 23-25, 1999年1月.
24. 三宅 洋一郎 :
誤嚥性肺炎の発症における口腔細菌の役割と細菌学的にみた口腔ケアの意義,
歯界展望, Vol.91, No.6, 1298-1303, 1998年6月.
25. 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
小児の口腔内病原微生物と感染防止策,
小児歯科臨床, Vol.3, No.1, 29-40, 1998年1月.
26. 村上 欣也, 弘田 克彦, 根本 謙, 小野 恒子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusの抗sialyl-Lewisx (CD15s)抗体誘導能,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.11, 14-20, 1997年1月.
27. 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
アパタイトインプラントの細菌学的考察,
DE, Vol.116, 34-37, 1996年1月.
28. 弘田 克彦, 市川 哲雄, 柏原 稔也, 根本 謙, 小野 恒子, 村上 欣也, 松尾 敬志, 松本 直之, 三宅 洋一郎 :
Candida albicans biofilm modelの作製と電解水の抗biofilm効果,
Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.10, 30-35, 1996年1月.

報告書:

1. 小野 恒子, 三宅 洋一郎, 弘田 克彦, 根本 謙 :
付着細菌における抗菌薬抵抗性のメカニズムの解析,
平成12年度∼13年度科学研究費補助金(基盤研究(C2)研究成果報告書,
2. 三宅 洋一郎, 佐藤 博信, 中田 真吾, 村田 真里, 倉治 竜太郎, 小口 莉代, 金子 友希乃, 武内 一広 :
学生参加による歯科医学教育カリキュラム改革,
日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.27, No.3, 211-214, 2011年.
3. 宮武 光吉, 三宅 洋一郎, 飯島 理, 糟谷 正, 神川 正 :
社会福祉施設等入所者口腔内状態改善研究モデル事業報告書,
浜松, 1999年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • メタボローム解析による抗菌薬の殺菌メカニズムとしての酸化ストレスの解明 (研究課題/領域番号: 16K11446 )
  • 細胞内シグナル伝達物質c-di-GMPに着目した抗菌薬抵抗性メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 26462787 )
  • 複数菌種を用いたオーラルプロバイオティクスの開発 (研究課題/領域番号: 25670886 )
  • 自己免疫疾患発症に関わる口腔レンサ球菌の病原因子の解明 (研究課題/領域番号: 24592833 )
  • ペグを用いたバイオフィルムの抗菌薬抵抗性遺伝子の探索 (研究課題/領域番号: 22592040 )
  • 自己免疫性肝疾患に関わる口腔レンサ球菌の病原因子の解明 (研究課題/領域番号: 21592387 )
  • 緑膿菌の抗菌薬抵抗性獲得機構に関する遺伝子発現ネットワークの解明 (研究課題/領域番号: 21590627 )
  • エリスリトールを用いた新しく安全な義歯洗浄剤の開発 (研究課題/領域番号: 20592271 )
  • 緑膿菌のバイオフィルム形成と抗菌薬抵抗性について (研究課題/領域番号: 19592115 )
  • 口腔レンサ球菌が産生する細胞溶解毒素の胆管上皮細胞に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 18592003 )
  • 付着細菌における抗菌薬抵抗性とストレス応答の分子遺伝学的解明 (研究課題/領域番号: 17591914 )
  • 難治性感染症に関わる口腔レンサ球菌のDNA結合タンパク質の解析 (研究課題/領域番号: 14571788 )
  • 心・腎疾患を惹起する口腔レンサ球菌の病原因子の解明 (研究課題/領域番号: 12671827 )
  • 付着細菌における抗菌薬抵抗性のメカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 12671774 )
  • 草食家畜腸管由来タンナーゼ産生菌についての研究 (研究課題/領域番号: 11660297 )
  • 口腔レンサ球菌の肝疾患に関与する病原因子の解析 (研究課題/領域番号: 10671768 )
  • 口腔レンサ球菌の薬剤耐性機構と病原性の発現 (研究課題/領域番号: 10671703 )
  • 口腔レンサ球菌の付着およびヒト免疫・抗菌薬に対する抵抗性に関する研究 (研究課題/領域番号: 09671857 )
  • 口腔連鎖球菌の病原性および薬剤耐性機構の解明 (研究課題/領域番号: 08672074 )
  • 小児に好発する後天性心疾患の発症に関与する齲蝕原性口腔連鎖球菌の菌体成分の解析 (研究課題/領域番号: 06672059 )
  • PCRによるレンサ球菌感染症の迅速診断法 (研究課題/領域番号: 06671815 )
  • バイオフィルム細菌の抗生物質および消毒剤抵抗性に関する研究 (研究課題/領域番号: 06671813 )
  • 口腔ブドウ球菌の病原性およびその付着機構 (研究課題/領域番号: 05671571 )
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の薬剤耐性機構と病原性 (研究課題/領域番号: 05454510 )
  • 局所ドラッグデリバリーシステムによる歯周治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 04557801 )
  • 局所ドラックデリバリーシステムによる歯周病治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 04557081 )
  • 研究者番号(80136093)による検索