検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 口腔内科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科口腔外科 > 口腔内科 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 口腔疾患系臨床歯学講座 > 口腔内科学 (口腔外科学第一講座) >

研究活動

専門分野

歯学 (Dentistry)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.青田 桂子, 東 雅之 :
悪性腫瘍治療時の口腔ケア,
医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
2.山村 佳子, 東 雅之 :
口腔真菌症,
医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
3.松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
口腔顎顔面に現れる全身性疾患,
医歯薬出版株式会社, 2014年5月.

学術論文(審査論文):

1.Keiko Aota, Kohichi Kani, Tomoko Yamanoi, Koh-ichi Nakashiro, Naozumi Ishimaru and Masayuki Azuma :
Distinct Regulation of CXCL10 Production by Cytokines in Human Salivary Gland Ductal and Acinar Cells.,
Inflammation, Vol.41, No.4, 1172-1181, 2018.
2.Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Kohichi Kani, Koh-ichi Nakashiro, Naozumi Ishimaru and Masayuki Azuma :
Inverse correlation between the number of CXCR3+ macrophages and the severity of inflammatory lesions in Sjögren's syndrome salivary glands: a pilot study,
Journal of Oral Pathology & Medicine, 2018.
3.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
一次性舌痛症における唾液アミラーゼ活性測定の試み,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.10, No.1, 64-67, 2018年.
4.Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
Cepharanthine inhibits IFN--induced CXCL10 by suppressing the JAK2/STAT1 signal pathway in human salivary gland ductal cells,
Inflammation, Vol.41, No.1, 50-58, 2018.
(DOI: 10.1007/s10753-017-0662-x,   PubMed: 28879548)
5.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
五苓散と加工附子末製剤の併用が奏効した三叉神経痛の1例,
痛みと漢方, Vol.28, No.in press, 2018年.
6.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
徳島大学病院歯科診療所を受診したHIV感染症患者の臨床統計的検討,
有病者歯科医療, Vol.26, No.6, 444-450, 2017年.
7.西野 豪志, 滝沢 宏光, 澤田 徹, 河北 直也, 坪井 光弘, 梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 吉田 光輝, 川上 行奎, 近藤 和也, 山村 佳子, 東 雅之 :
肺癌手術における周術期口腔機能管理の術後肺炎予防効果,
日本呼吸器外科学会雑誌, Vol.31, No.4, 432-438, 2017年.
8.西野 豪志, 吉田 卓弘, 井上 聖也, 青山 万理子, 滝沢 宏光, 丹黒 章, 山村 佳子, 東 雅之 :
外科診療におけるチーム医療の現況と展望 4.周術期の口腔ケア-食道癌,肺癌手術における周術期口腔機能管理-,
日本外科学会雑誌, Vol.118, No.2, 155-160, 2017年.
9.Tomoko Yamanoi, Keiko Aota, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma :
Treatment with the Biscoclaurine Alkaloid Cepharanthin Significantly Increases Salivary Selection in Primary Sjögren's Syndrome Patients,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 1-10, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111058)
10.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, Shinji Ono, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey,
Oral Science in Japan, No.in press, 2017.
11.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
三剤併用が奏効した口腔顔面痛の3例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.9, No.1, 53-59, 2016年.
12.吉岡 昌美, 石川 久子, 永井 浩美, 伊賀 弘起, 東 雅之 :
外来化学療法患者の口腔健康管理に対する認識,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 24-29, 2016年.
13.桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を呈した歯科用金属によるアレルギーの1例,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.8, No.1, 39-44, 2016年.
14.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Takase Nao, Miyamoto Yuki, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
Significance of Time-Domain Measurements of Heart Rate Variability in Burning Mouth Syndrome,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.15, No.1, 25-33, 2016.
15.Takeshi Nishino, Hiromitsu Takizawa, Takahiro Yoshida, Tomohiro Inui, Haruka Takasugi, Daisuke Matsumoto, Naoya Kawakita, Seiya Inoue, Shoji Sakiyama, Akira Tangoku, Masayuki Azuma and Yoshiko Yamamura :
[Current Status and Effectiveness of Perioperative Oral Health Care Management for Lung Cancer and Esophageal Cancer Patients].,
The Japanese Journal of Thoracic Surgery, Vol.69, No.1, 30-34, 2016.
(PubMed: 26975640)
16.西野 豪志, 滝沢 宏光, 吉田 卓弘, 乾 友浩, 髙杉 遥, 松本 大資, 河北 直也, 井上 聖也, 先山 正二, 丹黒 章, 東 雅之, 山村 佳子 :
肺癌・食道癌の周術期における口腔ケアの現状とその効果,
胸部外科, Vol.69, No.1, 30-34, 2016年.
17.桃田 幸弘, 東 雅之 :
口腔異常感覚に対して白虎加人参湯が奏効した1症例,
漢方と診療, Vol.27, No.3, 27, 2016年.
18.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
新規口腔ケア製品「ペプチサルシリーズ」の使用感に関する調査,
日本口腔ケア学会雑誌,, Vol.11, No.1, 87-89, 2016年.
19.Yukihiro Momota, Yuki Miyamoto, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
A Case of Well-Managed Idiopathic Autonomic Neuropathy during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis,
Oral Science in Japan, Vol.3, No.1, 37-8, 2016.
20.山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 十川 悠香, 河野 文昭, 松尾 敬志, 先山 正二, 東 雅之 :
胸腔鏡下肺葉切除術における周術期口腔機能管理の効果に関する検討―後ろ向き研究―,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.10, No.1, 106-110, 2016年.
21.Minami Sato, Shingo Kuroda, MANSJUR KARIMA QURNIA, KHALIUNAA GANZORIG, Kumiko Nagata, Shinya Horiuchi, Toshihiro Inubushi, Yoshiko Yamamura, Masayuki Azuma and Eiji Tanaka :
Low-intensity pulsed ultrasound rescues insufficient salivary secretion in autoimmune sialadenitis.,
Arthritis Research & Therapy, Vol.17, 2015.
(DOI: 10.1186/s13075-015-0798-8,   PubMed: 26445930)
22.Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Cerebellopontine Angle Mass Mimicking Lingual Nerve Injury after Dental Implant Placement: A Case Report.,
Australian Dental Journal, Vol.60, No.3, 412-5, 2015.
(DOI: 10.1111/adj.12224,   PubMed: 25280059)
23.桃田 幸弘, 東 雅之 :
対応に苦慮した口腔異常感覚に対して五苓散が奏効した1症例,
漢方医学, Vol.39, No.2, 190-192, 2015年.
(CiNii: 40020560390)
24.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Pregabalin Relieved Gingival Pruritus Associated with Oral Dysesthesia: A Case Report,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.8, 01-02, 2015.
(DOI: 10.9790/0853-14830102)
25.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
一次性舌痛症に関する健康関連QOLの調査-MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2日本語版を用いて-,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.21, No.1, 9-14, 2015年.
(CiNii: 40020575506)
26.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Chika Kondo, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
A Case Series of Burning Mouth Syndrome Treated with Stellate Ganglion Near-Infrared Irradiation: Assessment of HealthRelated Quality of Life Based on the Japanese Version of the MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.6, 39-43, 2015.
27.Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Ryo Otsuka, Daisuke Shioguri, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Well-Managed Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome during Dental Therapy and Analysis of Heart Rate Variability: A Case Report,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.5, 23-26, 2015.
(DOI: 10.6084/M9.FIGSHARE.1421905)
28.Masayuki Azuma, Takanori Fujimura, Takashi Fujimoto, Tomoko Miyaoka and Shin Takasawa :
Interleukin-6/STAT pathway is responsible for the induction of gene expression of REG Ia, a new auto-antigen in Sjogren's syndrome patients, in salivary duct epithelial cells.,
Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.2, No.1, 69-74, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbrep.2015.05.006,   Elsevier: Scopus)
29.山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 長井 幸二郎, 東 雅之 :
徳島大学病院における慢性腎臓病患者の口腔管理について,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.9, No.1, 23-27, 2015年.
(CiNii: 40020472852)
30.吉岡 昌美, 永井 浩美, 石川 久子, 東 雅之, 河野 文昭, 松尾 敬志 :
徳島県下の地域歯科診療所における病院・施設への往診/訪問歯科診療の現状,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.60, No.1, 103-107, 2015年.
31.Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Yamanoi Tomoko and Masayuki Azuma :
γ-tocotrienol prevents 5-FU-induced reactive oxygen species production in human oral keratinocytes through the stabilization of 5-FU-induced activation of Nrf2,
International Journal of Oncology, Vol.46, No.4, 1453-1460, 2015.
(DOI: 10.3892/ijo.2015.2849,   PubMed: 25625649,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
32.青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 菅原 千恵子, 吉岡 昌美, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.1, 29-36, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109866,   CiNii: 120005823521)
33.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
口腔癌担癌ヌードマウスに対するdocetaxelおよびγ-tocotrienolの併用による抗腫瘍効果の検討,
日口組織培養誌, Vol.24, No.2, 23-30, 2015年.
34.山村 佳子, 青田 桂子, 武川 大輔, 十川 悠香, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 里見 淳一郎, 河野 文昭, 松尾 敬志, 永廣 信治, 東 雅之 :
徳島大学病院脳卒中センターにおける口腔管理の意義について,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.9, No.1, 37-41, 2015年.
35.Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Daisuke Takegawa, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
High-Wattage Pulsed Irradiation of Linearly Polarized Near-Infrared Light to Stellate Ganglion Area for Burning Mouth Syndrome,
Case Reports in Dentistry, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/171657,   PubMed: 25386367)
36.Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Mayuko Furukita, Kenji Fujisawa, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Orthostatic Dysregulation during Postural Change on the Dental Chair and Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis.,
Case Reports in Dentistry, Vol.2014, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/656045,   PubMed: 25045545)
37.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 高石 和美, 中川 弘, 富岡 重正, 郡 由紀子, 橋本 俊顕, 北畑 洋, 東 雅之 :
いわゆる病病連携による障害者歯科医療連携が奏功した集学的歯科治療について,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 35-40, 2014年.
38.高野 栄之, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 田岡 計久, 東 雅之 :
インプラント埋入後に生じたオトガイ神経麻痺が契機となり診断に至った下顎骨悪性リンパ腫の1例,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.27, No.2, 170-174, 2014年.
(DOI: 10.11237/jsoi.27.170,   CiNii: 130005002631)
39.桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-,
日本歯科人間ドック学会誌, Vol.9, 18-23, 2014年.
40.茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 :
抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病Aの1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.59, No.12, 786-790, 2013年.
(CiNii: 40019931047)
41.Keiko Aota and Masayuki Azuma :
Targeting TNF- suppresses the production of MMP-9 in human salivary gland cells.,
Archives of Oral Biology, Vol.58, No.12, 1761-1768, 2013.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2013.09.004,   PubMed: 24200302)
42.青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
Sjogren症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止 : セファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究,
日本口腔科学会雑誌, Vol.62, No.4, 254-261, 2013年.
(CiNii: 40019834188)
43.青田 桂子, 高野 栄之, 細川 浩良, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 :
リツキシマブの投与によって生じた口腔・上部消化管潰瘍の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.59, No.7, 478-482, 2013年.
(CiNii: 40019755821)
44.山村 佳子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 大守 真由子, 河野 文昭, 東 雅之 :
徳島大学病院内の口腔ケア依頼状況,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.7, No.1, 31-35, 2013年.
(CiNii: 40019714273)
45.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome.,
Pain Medicine, Vol.14, No.3, 351-357, 2013.
(DOI: 10.1111/pme.12008,   PubMed: 23240990,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
46.Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Michito Harada, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Hideyuki Takano, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma :
γ-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products.,
International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013.
(DOI: 10.3892/ijo.2012.1692,   PubMed: 23138939,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
47.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 松本 文博, 茂木 勝美, 東 雅之 :
イムノクロマト法による口腔カンジダ症迅速診断の臨床的有用性,
日歯人間ドック学会誌, Vol.8, No.1, 57-60, 2013年.
48.青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 山田 祐子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
精神科神経科入院患者の口腔環境評価と専門的口腔ケアの有用性について,
有病者歯科医療, Vol.22, No.2, 83-90, 2013年.
49.桃田 幸弘, 細川 浩良, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討-悪性化に関する臨床病理学的指標について-,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.5, No.1, 26-30, 2013年.
(CiNii: 40019724316)
50.大守 真由子, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
徳島大学病院精神科神経科入院患者に対する口腔ケアの意義,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 55-60, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109829)
51.Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Furukita Mayuko, Toyoko Satsuma, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Adrenergic urticaria and glossalgia induced by stress during dental therapy and monitored by heart variability analysis: A case report,
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, Vol.25, 264-266, 2013.
(DOI: 10.1016/j.ajoms.2013.02.008,   Elsevier: Scopus)
52.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
舌痛などの舌症状を主訴とする患者の臨床統計学的検討—舌痛症の特異性についてー.,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.5, No.1, 27-35, 2012年.
(DOI: 10.11264/jjop.5.27,   CiNii: 130004540647)
53.桃田 幸弘, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ワルファリン療法中に急速に増大・破裂した軟硬口蓋粘膜下血腫の1例,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.18, No.2, 68-71, 2012年.
(DOI: 10.6014/jjsom.18.68,   CiNii: 40019816737)
54.細川 浩良, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 可児 耕一, 東 雅之 :
上顎に発生した歯牙エナメル上皮腫の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.58, No.8, 480-484, 2012年.
(CiNii: 40019421438)
55.Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi and Masayuki Azuma :
TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation.,
Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.16, No.8, 1766-1775, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1582-4934.2011.01456.x,   PubMed: 21973049,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
56.Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, T Yamanoi, Kohichi Kani, H Takano, Yukihiro Momota, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma :
DNA demethylating agent decitabine increases AQP5 expression and restores salivary function.,
Journal of Dental Research, Vol.91, No.6, 612-617, 2012.
(DOI: 10.1177/0022034512446343,   PubMed: 22522773,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
57.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例-神経学的検査の有用性について-,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.4, No.1, 45-48, 2012年.
(CiNii: 40019298849)
58.山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29-34, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109812)
59.Tetsuya Tamatani, Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Yuichiro Kawashima and Takashi Bando :
Cepharanthin-enhanced radiosensitivity through the inhibition of radiation-induced nuclear factor-kappaB activity in human oral squamous cell carcinoma cells.,
International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 761-768, 2007.
(PubMed: 17786306,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
60.Masayuki Azuma, Yuki Ashida, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato :
Cepharanthin,a biscoclaurine alkaloid,prevents destruction of acinar tissues in murine Sjogren's syndrome.,
The Journal of Rheumatology, Vol.33, No.5, 912-920, 2006.
(PubMed: 16652422,   Thomson Reuters: Web of Science™)
61.玉谷 哲也, 東 雅之, 茂木 勝美, 芦田 有紀, 髙丸 菜都美, 板東 髙志, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 :
口腔扁平上皮癌細胞に対するセファランチンによる放射線感受性増強作用 : 分子標的NF-κBの抑制,
日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.2, 230-236, 2005年.
(DOI: 10.11277/stomatology1952.54.230,   CiNii: 10015656598)
62.Katsumi Motegi, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida and Mitsunobu Sato :
Expression of aquaporin-5 in and fluid secretion from immortalized human salivary gland ductal cells by treatment with 5-aza-2'-deoxycytidine: a possibility for improvement of xerostomia in patients with Sjögren's syndrome.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.3, 342-353, 2005.
(DOI: 10.1038/labinvest.3700234,   PubMed: 15640830,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
63.Tetsuya Tamatani, Masayuki Azuma, Y Ashida, Katsumi Motegi, R Takashima, Koji Harada, S Kawaguchi and Mitsunobu Sato :
Enhanced radiosensitization and chemosensitization in NF-κB-suppressed human oral cancer cells via the inhibition of g-irradiation- and 5-FU-induced production of IL-6 and IL-8,
International Journal of Cancer, Vol.108, No.6, 912-921, 2004.
(DOI: 10.1002/ijc.11640,   PubMed: 14712497,   Thomson Reuters: Web of Science™)
64.Mitsunobu Sato, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida, Rina Takashima and Koji Harada :
Cisplatin induces apoptosis in oral squamous carcinoma cells by the mitochondria-mediated but not the NF-kB-suppressed pathway,
Oral Oncology, Vol.39, No.3, 282-289, 2003.
(DOI: 10.1016/S1368-8375(02)00116-1,   PubMed: 12618201,   Thomson Reuters: Web of Science™)
65.Masayuki Azuma, Keiko Aota, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Yuki Ashida, Yoshio Hayashi, Mitsunobu Sato and Mitsunobu Sato :
Suppression of TNF-α-induced MMP 9 production in human salivary gland acinar cells by cepharanthine occurs via down-regulation of NFκB, --- A possible therapeutic agent for preventing the destruction of the acinar structure in the salivary glands of Sjögren's syndrome patients ---,
Arthritis and Rheumatism, Vol.46, No.6, 1585-1594, 2002.
(DOI: 10.1002/art.10315,   PubMed: 12115190)
66.Mitsunobu Sato, Keiko Aota, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Tuyoshi Yamashita and Yuki Ashida :
Stable inhibition of NF-kB in salivary gland cells does not enhance sensitivity to TNF-a-induced apoptosis due to upregulation of TRAF-1 expression,
Experimental Cell Research, Vol.276, No.1, 111-119, 2002.
(DOI: 10.1006/excr.2002.5515,   PubMed: 11978013,   Thomson Reuters: Web of Science™)
67.玉谷 哲也, 東 雅之, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 :
口腔癌細胞への変異型IkB-a遺伝子導入による抗血管新生作用を介した腫瘍増殖抑制効果,
口腔組織培養学会誌, Vol.10, No.2, 45-54, 2001年.
68.Tetsuya Tamatani, Masayuki Azuma, Aota K, Yamashita T, Takashi Bando and Mitsunobu Sato :
Enhanced IkB kinase activity is responsible for the augmented activity of NF-_B in human head and neck carcinoma cells,
Cancer Letters, Vol.171, No.2, 165-172, 2001.
(DOI: 10.1016/S0304-3835(01)00611-5,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
69.Kaoru Saegusa, Naozumi Ishimaru, Kumiko Yanagi, Norio Haneji, Mizuho Nishino, Masayuki Azuma, Ichiro Saito and Yoshio Hayashi :
Autoantigen-specific CD4+CD28low T cell subset prevents autoimmune exocrinopathy in murine Sjogren's syndrome,
The Journal of Immunology, Vol.165, No.4, 2251-2257, 2000.
(PubMed: 10925313,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
70.Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Tsuyoshi Yamashita, Kouji Harada, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato :
Suppression of tumor necrosis factor-a-induced matrix metalloproteinase-9-production by introduction of a super-repressor form of IkB-cDNA into immotalized human salivary gland acinar cells,
Arthritis and Rheumatism, Vol.43, No.8, 1756-1767, 2000.
(DOI: 10.1002/1529-0131(200008)43:8<1756::AID-ANR12>3.0.CO;2-H,   PubMed: 10943866,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
71.Keiko Aota, Masayuki Azuma, Tsuyoshi Yamashita, Testuya Tamatani, Katsumi Motegi, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato :
5-Fluorouracil Induces Apoptosis through the Suppression of NF-κB Activity in Human Salivary Gland Cancer Cells,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.273, No.3, 1168-1174, 2000.
(DOI: 10.1006/bbrc.2000.3072,   PubMed: 10891390)
72.Kaoru Saegusa, Naozumi Ishimaru, Kumiko Yanagi, Norio Haneji, Mizuho Nishino, Masayuki Azuma and Yoshio Hayashi :
Treatment with anti-CD86 costimulatory molecule prevents the autoimmune lesions in murine Sjogren's syndrome (SS) through up-regulated Th2 response,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.119, No.2, 354-360, 2000.
73.Kaoru Saegusa, Naozumi Ishimaru, Kumiko Yanagai, Norio Haneji, Mizuho Nishino, Masayuki Azuma, Ichiro Saito and Yoshio Hayashi :
Treatment with anti-CD 86 costimulatory molecule prevents the autoimmune lesions in murine Sjogren's syndrome(SS) through up-regulated Th2 response,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.119, 354-360, 2000.
74.柳 久美子, 東 雅之, 佐藤 光信, 林 良夫 :
慢性GVHDにおける口腔粘膜·口唇腺の免疫組織化学的研究,
日本口腔粘膜学会雑誌, Vol.6, 62-68, 2000年.
75.Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato :
Role of cytokines in the destruction of acinar structure in Sjogren's syndrome salivary glands,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.77, No.3, 269-280, 1997.
76.Mitsunobu Sato, Koji Harada, Hideo Yoshida, Yura Yoshiaki, Masayuki Azuma, Hiroki Iga, Takashi Bando, Kawamata Hitoshi and Yoshihiro Takegawa :
Therapy for oral squamous cell carcinoma by tegafur and streptococcal agent OK-432 in combination with radiotherapy : Association of the therapeutic effect with differentiation and apoptosis in the cancer cells,
Apoptosis, Vol.2, No.2, 227-238, 1997.
77.Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato :
Role of cytokines of acinar structure in Sjogren's syndrome salivary glands,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.77, No.3, 269-280, 1997.
78.Yoshio Hayashi, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Masayuki Azuma, Toshinobu Nishida, Yoshiaki Yura and Mitsunobu Sato :
Expression of vasoactive intestinal polypeptide and amylase in a human parotid gland adenocarcinoma cell line in culture,
Journal of the National Cancer Institute, Vol.79, No.5, 1025-1037, 1987.
79.Yoshio Hayashi, Shinichi Nagamine, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Mitsunobu Sato :
Small cell undifferentiated carcinoma of the minor salivary gland containing exocrine, neuroendocrine, and squamous cells,
Cancer, Vol.60, No.7, 1583-1588, 1987.
80.Yoshio Hayashi, Hideo Yoshida, Shinichi Nagamine, Tetsuo Yanagawa, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Mitsunobu Sato :
Induction of cells with acinar cell phenotype including presence of intracellular amylase, --- Treatment with 12-O-tetradecanoyl-phorbol-13-acetate in a neoplastic human salivary intercalated duct cell line grown in athymic nude mice ---,
Cancer, Vol.60, No.5, 1000-1008, 1987.
81.Masayuki Azuma, Furumoto Nanayo, Kawamata Hitoshi, Hideo Yoshida, Yanagawa Tetsushi, Yura Yoshiaki, Yoshio Hayashi, Yoshihiro Takegawa and Mitsunobu Sato :
The relation of ras oncogene product p21 expression to clinocopathological status criteria and clinical outcome in squamous cell head and neck cancer,
The Cancer Journal, Vol.1, No.9, 375-380, 1987.
82.Masayuki Azuma, Yoshio Hayashi, Hideo Yoshida, Tetsuo Yanagawa, Yoshiaki Yura, Akemichi Ueno and Mitsunobu Sato :
Emergence of differentiated subclones from a human salivary adenocarcinoma cell clone in culture after treatment with sodium butyrate,
Cancer Research, Vol.46, No.2, 770-777, 1986.
83.Mitsunobu Sato, Hideo Yoshida, Yoshio Hayashi, Kenji Miyakami, Takashi Bando, Tetsuo Yanagawa, Yura Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno :
Expression of epidermal growth factor and transforming growth factor-beta in human salivary gland adenocarcinoma cell line,
Cancer Research, Vol.45, No.12 P 1, 6160-6167, 1985.
84.Mitsunobu Sato, Yoshio Hayashi, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno :
Intermediate-sized filaments and specific markers in a human salivary gland adenocarcinoma cell line and its nude mouse tumors,
Cancer Research, Vol.45, No.8, 3837-3790, 1985.
85.Mitsunobu Sato, Hideo Yoshida, Yanagawa Tetsuo, Yura Yoshiaki, Urata Mitsuru, Masayuki Azuma, Furumoto Nanayo, Yoshio Hayashi and Yoshihiro Takegawa :
Interferon Activity and Its Characterization in the Sera of Patients with Head and Neck Cancer,
Cancer, Vol.54, No.1, 1239-1251, 1984.

学術論文(紀要・その他):

1.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科-発足前後5年間における外来・入院患者の臨床統計的観察-,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.22, No.1, 59, 2016年.

学術レター:

1.佐藤 光信, 吉田 秀夫, 由良 義明, 東 雅之, 伊賀 弘起, 加地 亮詞, 板東 高志, 梁川 哲雄, 竹川 佳宏 :
口腔扁平上皮癌に対するUFT,OK-432, 放射線治療を併用した一次治療,
BIOTHERAPY, Vol.6, No.1, 108-111, 1992年.

総説・解説:

1.高石 和美, 藤原 茂樹, 江口 覚, 大塚 良, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 工藤 景子, 大江 剛, 玉谷 哲也, 宮本 洋二, 東 雅之, 岩本 勉, 北畑 洋 :
当院における全身麻酔下歯科治療について -障害をもつ方へ安全な歯科治療の提供-,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 62-67, 2018年7月.
2.桃田 幸弘, 東 雅之 :
口の痛みについて-口腔顔面痛とその随伴症状-,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.26, 57-66, 2017年.
3.青田 桂子, 東 雅之 :
HIV感染症/AIDSによる口腔カンジダ症,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.6, 637-639, 2015年6月.
4.桃田 幸弘, 東 雅之 :
歯科用金属によるアレルギー,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.5, 513-5, 2015年5月.
5.桃田 幸弘, 高野 栄之, 東 雅之 :
貧血による舌炎,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.4, 357-9, 2015年4月.
6.東 雅之, 山村 佳子 :
くすり&全身疾患㈭ヘルパンギーナ,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.8, 869-871, 2015年.
7.桃田 幸弘, 東 雅之 :
臓器移植後の歯科治療,
月刊「歯界展望」別冊 歯科医師のための医学ハンドブック, 192-193, 2014年5月.
8.東 雅之 :
シェーグレン症候群に対する病期対応型テーラーメード医療の構築,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 85-89, 2011年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109802)
9.桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛を訴える患者について考える,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 133-137, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109807)

国際会議:

1.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, Shinji Ono and Masayuki Azuma :
A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey,
23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Hong Kong, Mar. 2017.
2.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shinji Ono and Masayuki Azuma :
Orofacial Pain Well-Treated with Concomitant Pregabalin, Tramadol Hydrochloride, Acetaminophen, and Powdered Processed Aconite Roots: A Case Series,
International Congress on Orofacial Pain, Yokohama, Sep. 2016.
3.Minami Sato, Kumiko Nagata, Shingo Kuroda, MANSJUR KARIMA QURNIA, Shinya Horiuchi, Yoshiko Yamamura, Masayuki Azuma and Eiji Tanaka :
Effects of low-intensity pulsed ultrasound on salivary gland,
The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Indonesia., Dec. 2014.
4.Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma :
Clinical significance of time-domain analysis of heart rate variability in burning mouth syndrome,
96th Annual Meeting Scientific Sessions & Exhibition, Hawaii, Sep. 2014.
5.Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Yukihiro Momota, Keiko Aota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
A mechanism underlying the constitutive expression of AQP5 in human salivary gland acinar cells,
21st International canference on oral and maxillofacial surgery, Barcelona, Oct. 2013.
6.Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori and Masayuki Azuma :
Effectiveness of professional oral care for the improvement of oral hygiene in patients with psychiatry neurology.,
Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Indonesia, Dec. 2012.
7.Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma :
Mechanism involved in the constitutive expression of AQP5 in human salivary gland acinar cells.,
Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Indnesia, Dec. 2012.
8.Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma :
Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome.,
10th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgeons, Bali, Nov. 2012.
9.Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, Katsumi Motegi, T Yamanoi, Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
Augmented Expression of Aquaporin 5 in Aging Mice,
The 2nd International Joint Symposium on Oral and Dental Sciences in Conjunction with Dental Specialists Seminar, Indonesia, Mar. 2012.
10.Masayuki Azuma :
Functional Regeneration of Salivary Gland,
The 2nd International Joint Symposium on Oral and Dental Sciences, Yogyakarta, Mar. 2012.
11.Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Yoshiko Yamamura, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota and T Yamanoi :
TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation.,
Autoimmunity Congress Asia, Vol.1, No.1, 1-5, Singapore, Nov. 2011.

国内講演発表:

1.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析,
唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析, 2018年5月.
2.高野 栄之, 小野 信二, 福井 誠, 玉木 直文, 吉岡 昌美, 桃田 幸弘, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
徳島大学病院NSTにおける歯科医師連携の現況と課題,
第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2018年4月.
3.高野 栄之, 岡本 拓也, 桃田 幸弘, 寺田 賢治, 東 雅之 :
画像解析を用いたデンタルチャート作成の試み,
第11回日本法歯科医学会学術大会, 2017年11月.
4.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 東 雅之 :
セファランチンはヒト唾液腺導管細胞由来IFNγ誘導性CXCL10を抑制する,
第54回日本口腔組織培養学会学術大会, 2017年11月.
5.青田 桂子, 宮本 由貴, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
当科における顎骨骨髄炎の臨床統計的検討,
第62回日本口腔外科学会総会・学術総会, 2017年10月.
6.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
三剤併用が奏効した一次性舌痛症の3例-口腔領域の難治性疼痛への対応-,
第62回日本口腔外科学会学術大会, 2017年10月.
7.高瀬 奈緒, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
左側下顎骨筋突起基部から埋伏歯の突出を認めた角化嚢胞性歯原性腫瘍の1例,
第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2017年5月.
8.宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 :
上顎に発生した石灰化を伴わない石灰化上皮性歯原性腫瘍の1例,
第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2017年5月.
9.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
五苓散と加工附子末製剤の併用が奏効した 三叉神経痛の1例,
第71回日本口腔科学会学術集会, 2017年4月.
10.高野 栄之, 桃田 幸弘, 小野 信二, 金川 裕子, 吉岡 昌美, 松本 文博, 青田 桂子, 可児 耕一, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
徳島大学病院緩和ケアセンターにおける 口腔機能管理の現況と課題,
第71回日本口腔科学会学術集会, 2017年4月.
11.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群におけるCXCR3+マクロファージの動態,
第71回日本口腔科学会学術集会, 2017年4月.
12.高野 栄之, 桃田 幸弘, 小野 信二, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 金川 裕子, 東 雅之 :
口腔機能管理を行った重症多形滲出性紅斑の2例,
第14回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2017年4月.
13.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 中津 忠則, 東 雅之 :
徳島赤十字ひのみね総合療育センター歯科における受診患者の動向,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
14.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
15.桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
経上顎洞的対孔形成術と化学療法を施行した上顎洞アスペルギルス症の1例,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
16.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 石丸 直澄, 東 雅之 :
ヒト唾液腺細胞株における CXCL10 の発現機能解析,
第53回日本口腔組織培養学会学術大会, 2016年11月.
17.大塚 邦紘, 牛尾 綾, 宮本 由貴, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 青田 桂子, 工藤 保誠, 東 雅之, 石丸 直澄 :
1,
第64回日本口腔科学会中国四国地方部会, Vol.64, 2016年10月.
18.宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 東 雅之 :
上顎歯肉に発症した骨髄肉腫の1例,
第64回日本口腔科学会中四国地方部会, 2016年10月.
19.高瀬 奈緒, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 宮本 由貴, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 :
上唇粘膜下に生じた血管筋腫の1例,
第64回日本口腔科学会中四国地方部会, 2016年10月.
20.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
プレガバリン,トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠および加工附子末製剤の三剤併用が奏効した口腔顔面痛の3例,
第21回日本口腔顔面痛学会, 2016年9月.
21.高瀬 奈緒, 青田 桂子, 宮本 由貴, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
口蓋に生じた筋上皮腫の1例,
第45回日本口腔外科学会中四国支部学術集会, 2016年5月.
22.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析,
第72回日本口腔科学会学術集会, 2016年5月.
23.可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 東 雅之 :
抜歯後出血に対して動脈塞栓術が奏効した1例,
第45回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2016年5月.
24.桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
特発性自律神経ニューロパチーの抜歯術の1例-心拍間変異分析による術中管理について-,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
25.山ノ井 朋子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者におけるセファランチンの作用機序の解明,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
26.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の発現制御機構,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
27.高野 栄之, 小野 信二, 桃田 幸弘, 後藤 崇晴, 水頭 英樹, 金川 裕子, 松本 文博, 青田 桂子, 可児 耕一, 東 雅之 :
徳島大学病院における癌化学療法に対する周術期口腔機能管理の現状と課題,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
28.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
口腔癌移植ヌードマウスに対するdocrtaxel・γ-tocotrienol併用療法による抗腫瘍効果の検討,
第52回日本口腔組織培養学会学術大会, 2015年11月.
29.佐藤 南, 永田 久美子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 山村 佳子, 東 雅之, 田中 栄二 :
低出力パルス超音波は唾液腺炎に対して抗炎症作用を有し唾液分泌を促進させる,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 164, 2015年11月.
30.宮本 由貴, 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 高瀬 奈緒, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 東 雅之 :
糖尿病による顎口腔領域の神経障害性疼痛が疑われた1例,
第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, Vol.0, No.0, 0, 2015年11月.
31.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 小野 信二, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 金川 裕子, 東 雅之 :
小児の舌根部に生じた骨性分離腫の1例,
第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, Vol.0, No.0, 0, 2015年11月.
32.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
一次性舌痛症に関する健康関連QOLの調査-SF-36v2日本語版を用いて-,
第60回日本口腔外科学会学術大会, 2015年10月.
33.桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛をどう捉え,どう対応するか,
第60回日本口腔外科学会学術大会, 2015年10月.
34.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 武川 大輔, 山村 佳子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
進行期肺がん患者の口腔管理∼ゾレドロン酸,デノスマブ投与前の歯科治療を考える∼,
第12回口腔ケア学会総会, 2015年6月.
35.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 金川 裕子, 小野 信二, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科発足前後5年間における外来ならびに入院患者動向について,
第47回四国歯学会例会・第34回四国歯学会総会, 2015年6月.
36.桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
新規口腔ケア製品「ペプチサルシリーズ」の使用感に関する調査,
第12回日本口腔ケア学会, 2015年6月.
37.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の発現機能解析,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
38.桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を伴った歯科用金属によるアレルギーの1例,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
39.近藤 智香, 松本 文博, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
当科における顎関節脱臼症例の臨床的検討,
第44回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2015年4月.
40.青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の役割,
第51回日本口腔組織培養学会学術大会, 2014年11月.
41.山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 高瀬 奈緒, 十川 悠香, 東 雅之 :
肺癌患者における周術期口腔機能管理の有用性について-術後合併症の観点より-,
第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
42.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 橋本 俊顕, 久保 宜明, 東 雅之 :
頬部脂肪萎縮性脂肪織炎の1例,
第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
43.佐藤 南, 永田 久美子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 山村 佳子, 東 雅之, 田中 栄二 :
唾液腺に対する低出力パルス超音波照射の影響の検討,
第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 176, 2014年10月.
44.桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
一次性舌痛症に対する心拍間変異分析-Time-Domain測定の意義-,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
45.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
5-FUによるヒト口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制とγ-T3によるその解除機構の検討,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
46.青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren症候群におけるサイトカイン/ケモカイン発現の解析,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
47.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科組織改編前後の患者動向について,
第24回日本口腔内科学会, 2014年9月.
48.石川 久子, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 東 雅之, 松尾 敬志, 丹黒 章 :
外来化学療法患者の口腔健康管理に対する意識調査,
第11回日本口腔ケア学会・旭川, 2014年6月.
49.永井 浩美, 吉岡 昌美, 石川 久子, 東 雅之, 河野 文昭, 松尾 敬志 :
地域歯科診療所における医科歯科連携の実態調査ー病院・施設への訪問診療の現状分析ー,
第11回日本口腔ケア学会, 2014年6月.
50.青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題,
第11回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2014年6月.
51.山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
頭頸部領域に対する癌化学放射線療法による口腔粘膜炎の実態調査,
第11回日本口腔ケア学会総会, 2014年6月.
52.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科発足前後の患者動向について,
第45回四国歯学会例会・第33回四国歯学会総会, 2014年6月.
53.青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
ドライマウス患者における唾液中のTNF-αとMMP-9発現に関する研究,
第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
54.山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺腺房細胞におけるMAPK経路を介したAQP5発現機構-SMRTとHDAC3発現からの解析-,
第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
55.桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-,
第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
56.松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 青田 桂子, 茂木 勝美, 東 雅之 :
顎関節脱臼患者における臨床的検討,
第43回日本口腔外科学会中・四国地方会, 2014年4月.
57.高野 栄之, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 東 雅之 :
イムノクロマト法を用いた口腔カンジダ症迅速診断-往診診療における臨床的有用性-,
第3回健康科学創成・栄養連携部門ミニフォーラム, 2014年4月.
58.山ノ井 朋子, 青田 桂子, 近藤 智香, 山村 佳子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
抜歯後出血を契機に診断された後天性von Willebrand症候群の1例,
第43回日本口腔外科学会 中四国支部学術集会, 2014年4月.
59.山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 東 雅之 :
ヒト唾液腺腺房細胞におけるAQP5発現機構 -MAPK経路の関与-,
日本口腔組織培養学会 設立50周年記念学術大会, 2013年11月.
60.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 :
下顎歯肉に生じた周辺性エナメル上皮腫の1例,
第61回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2013年11月.
61.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
ヒト口腔癌移植ヌードマウスに対するdocetaxel・γ-tocotrienol併用による抗腫瘍効果の検討,
第12回中四国口腔癌研究会, 2013年11月.
62.山村 佳子, 青田 桂子, 松本 文博, 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
入院精神疾患患者に対する歯科介入について,
第30回日本障碍者歯科学会学術大会, 2013年10月.
63.石川 久子, 永井 浩美, 十川 悠香, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 東 雅之, 河野 文昭 :
大学病院を拠点とした医科歯科地域連携の取り組みと活動状況,
日本歯科衛生学会第8回学術大会, 2013年9月.
64.十川 悠香, 石川 久子, 田口 侑子, 武川 香織, 高橋 侑子, 廣瀬 薫, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 東 雅之, 河野 文昭 :
周術期口腔機能管理の現状分析から見えてきた課題,
日本歯科衛生学会第8回学術大会, 2013年9月.
65.青田 桂子, 可児 耕一, 山村 佳子, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
口腔粘膜に初発した自己免疫性水疱症5例の臨床的検討,
第23回日本口腔内科学会, 2013年9月.
66.十川 悠香, 青田 桂子, 石川 久子, 田口 侑子, 武川 香織, 高橋 侑子, 廣瀬 薫, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 菅原 千恵子, 山村 佳子, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之, 河野 文昭 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状,
第10回日本口腔ケア学会・総会, 2013年6月.
67.山村 佳子, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 東 雅之 :
徳島大学病院腎臓内科との医・歯連携 - 腎疾患治療前からの積極的介入 -,
第10回日本口腔ケア学会学術大会, 2013年6月.
68.桃田 幸弘, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ワルファリン療法中に急速に増大・破裂した軟硬口蓋粘膜下血腫の1例,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
69.山村 佳子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
ヒト唾液腺腺房細胞における恒常的AQP5発現制御機構,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
70.青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群に対する新規治療戦略―唾液腺腺房構造の破壊を阻止する-,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
71.山村 佳子, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
徳島大学病院腎臓内科との医・歯連携―腎疾患患者の口腔管理について-,
第42回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2013年4月.
72.青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 :
リツキシマブの投与によって生じた口腔・上部消化管潰瘍の1例,
第57回日本口腔外科学会総会, 2013年.
73.青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
抗TNF製剤のヒト唾液腺腺房細胞に及ぼす影響―抗TNF製剤はシェーグレン症候群の治療薬と成り得るか―,
第49回日本口腔組織培養学会, 2012年11月.
74.青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 :
リツキシマブ投与半年後に難治性口底潰瘍を生じた原発性マクログロブリン血症の1例,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
75.東 雅之 :
臨床における唾液腺機能再生医療,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
76.茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病の1例,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
77.山村 佳子, 青田 桂子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
加齢に伴う唾液腺機能低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
78.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 山ノ井 朋子, 原田 道人, 東 雅之 :
ドセタキセルとg-トコトリエノールの併用による舌癌細胞株に対する抗腫瘍効果の検討,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
79.山田 佑子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 大守 真由子, 山村 佳子, 高野 栄之, 茂木 勝美, 東 雅之 :
頬粘膜下に生じた炎症性偽嚢胞の1例,
第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月.
80.山村 佳子, 青田 桂子, 茂木 勝美, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 東 雅之 :
加齢関連メチル化遺伝子AQP5の機能回復と唾液分泌促進作用,
第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月.
81.山村 佳子, 青田 桂子, 大守 真由子, 松本 文博, 東 雅之 :
精神疾患患者の歯科介入の重要性についての検討,
第29回日本障害者歯科学会学術大会, 2012年9月.
82.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 原田 道人, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 花木 秀明, 東 雅之 :
カンジダ検出イムノクロマトを用いた口腔カンジダ迅速検査法の有用性,
第25回日本口腔診断学会, 2012年9月.
83.青田 桂子, 茂木 勝美, 山村 佳子, 高野 栄之, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者におけるセファランチンの唾液分泌促進効果,
第21回シェーグレン症候群学会学術集会, 2012年9月.
84.青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
徳島大学病院精神科神経科入院患者における口腔ケアの有用性について,
第9回日本口腔ケア学会 学術総会, 2012年6月.
85.青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止ーセファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究ー,
第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月.
86.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
舌癌細胞株に対するドセタキセルの抗腫瘍効果に及ぼすg-tocotrienolの影響,
第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月.
87.青田 桂子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止―セファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究―,
第66回日本口腔科学会 学術総会, 2012年5月.
88.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 大守 真由子, 松本 文博, 茂木 勝美, 山村 佳子, 河野 文昭, 東 雅之 :
徳島大学病院ICUにおける口腔ケアで遭遇する舌褥瘡性潰瘍に対する試み,
第41回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2012年4月.
89.山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 大守 真由子, 東 雅之 :
医科疾患を有する患者の治療前歯科口腔ケア介入について,
第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月.
90.青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
徳島大学病院精神科神経科患者に対する歯科治療に関する検討,
第21回(社)日本有病者歯科医療学会 学術総会, 2012年3月.
91.山村 佳子, 茂木 勝美, 山ノ井 朋子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 東 雅之 :
加齢マウスにおける唾液分泌/AQP5発現低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性の検討,
第59回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2011年11月.
92.山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
TNF-αによる唾液腺腺房細胞でのヒストンH4アセチル化を介したAQP5発現抑制,
第48回日本口腔組織培養学会学術大会, 2011年11月.
93.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 松本 文博, 細川 浩良, 東 雅之 :
舌痛症患者に対する知覚・痛覚定量分析装置による痛みの客観的評価,
日本口腔科学会雑誌, Vol.60, No.1, 121, 2011年11月.
94.山村 佳子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
唾液腺線房細胞におけるTNF-αによるAQP5発現抑制機構,
第56回日本口腔外科学会総会, 2011年10月.
95.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
当科を受診した舌痛症患者の臨床統計学的検討 ―自律神経系の関与について―,
第56回日本口腔外科学会総会学術大会, 2011年10月.
96.高野 栄之, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛症患者に対する知覚,痛覚定量分析装置による痛みの客観的評価,
2011年6月.
97.青田 桂子, 松本 憲, 由良 義明, 東 雅之 :
10歳女児に発症した開花性骨異型性の長期治療経過,
第40回(社)日本口腔外科学会 中・四国地方会, 2011年5月.
98.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
抗癌剤誘発口腔粘膜炎発症モデルハムスターにおける致死因子としての口腔粘膜炎の役割,
第40回日本口腔外科学会中国四国地方会, 2011年5月.
99.茂木 勝美, 東 雅之 :
シェーグレン症候群唾液腺へのリンパ球浸潤における性ホルモン修飾酵素の役割,
2010年11月.
100.可児 耕一, 松本 文博, 山村 佳子, 細川 浩良, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討―悪性化の指標を探る―,
第58回日本口腔科学会中・四国地方会, 2010年11月.
101.山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 細川 浩良, 東 雅之 :
カンジダ菌の検出と口腔乾燥の関連性,
第19回日本口腔感染症学会総会, 2010年11月.
102.桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
単純性骨嚢胞を疑う骨性異形成症と考えられた1例,
2010年11月.
103.桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
臼歯部離開を呈した閉口末期の閉口障害の1例,
2010年11月.
104.茂木 勝美, 東 雅之 :
シェーグレン症候群唾液腺へのリンパ球浸潤における性ホルモン修飾酵素の役割,
2010年10月.
105.細川 浩良, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討 ―悪性化の指標を探る―,
第55回日本口腔外科学会総会, 2010年10月.
106.桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛を訴える患者さんについて考えるー舌痛症を中心にー,
2010年7月.
107.東 雅之 :
徳島大学歯学部における口腔内科学分野の役割,
2010年7月.
108.山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
当科における口腔カンジダ症の臨床統計学的検討,
第39回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2010年5月.

その他・研究会:

1.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌,, Vol.31, 10-11, 2016年.
2.里見 淳一郎, 山村 佳子, 青田 桂子, 武川 大輔, 松本 文博, 十川 悠香, 東 雅之 :
徳島大学病院脳卒中センターにおける口腔管理の意義について,
第17回徳島脳卒中研究会, 2015年2月.
3.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
γ-トコトリエノールはNrf2-Keap1経路と抗酸化タンパク質の誘導を介して5-FUによる口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制を解除する,
第13回中四国口腔癌研究会, 2014年10月.
4.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
がん治療における周術期口腔機能管理の現状と課題,
徳島大学病院Cancer Board, 2014年9月.
5.可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 :
下顎歯肉に生じた周辺性エナメル上皮腫の1例,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.28, 13-14, 2013年.
6.青田 桂子, 山村 佳子, 茂木 勝美, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者に対するセファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究,
四国歯学会雑誌, 2012年3月.
7.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
口腔カンジダ症に対する迅速免疫学的検査-イムノクロマト法の有用性について-,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.27, 10-11, 2012年.
8.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 山村 佳子, 東 雅之 :
副オトガイ孔を走行する神経様組織の切断によって口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.26, 8-10, 2011年.
9.高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
知覚・痛覚定量分析装置による舌痛症の痛みの定量的評価,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.25, 6-7, 2010年.

報告書:

1.桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ローヤルゼリーの口腔顔面痛に対する治療効果の検討-小型脳波センサーを用いて-,
第4回みつばち研究助成基金報告書, Vol.4, 23, 2012年.
2.高野 栄之, 宮本 悦子, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
心身障害者や自閉症児に対する蜂蜜を使用した歯みがきの有効性,
第3回みつばち研究助成基金報告書, No.3, 6, 2011年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 疾患関連分子群の発現制御を基盤とするシェーグレン症候群治療法の開発 (研究課題/領域番号: 17K11842 )
  • 口腔顔面痛に対する自律神経調節機能の強化-心拍変動バイオフィードバック法の試み- (研究課題/領域番号: 16K11888 )
  • 口腔顔面痛の診断マーカーの探索-小型脳波センサーと光トポグラフィを用いて- (研究課題/領域番号: 25463247 )
  • 口腔扁平苔癬に対する新規疾患病因論とそれに基づく治療戦略 (研究課題/領域番号: 24659896 )
  • シェーグレン症候群に対する病期対応型テーラーメード医療の構築 (研究課題/領域番号: 23390464 )
  • NF-κB依存型分子プロファイリングによる口腔癌特異的バイオマーカー (研究課題/領域番号: 20592362 )
  • 腫瘍壊死因子とアクアポリン5を分子標的としたシェーグレン症候群の新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 20592337 )
  • NF-κBシグナリング制御による口腔癌に対するリンパ管新生阻止療法の開発 (研究課題/領域番号: 18592221 )
  • 頭頚部癌に対する新規薬剤併用療法の開発-DNA脱メチル化剤と抗癌剤の併用- (研究課題/領域番号: 15390617 )
  • Toll様受容体-4シグナル:口腔癌における抗癌剤・放射線治療の増強効果 (研究課題/領域番号: 14207090 )
  • 口腔癌に対する変異型IkBα遺伝子導入による抗腫瘍効果発現機構 (研究課題/領域番号: 13672102 )
  • 口腔癌に対するiNOS遺伝子導入と放射線治療との併用療法の開発 (研究課題/領域番号: 12557176 )
  • 口腔扁平上皮癌細胞におけるnm23遺伝子の分化誘導抑制効果とその制御 (研究課題/領域番号: 10877326 )
  • 転写因子NF-_kBの発現抑制-唾液腺癌細胞におけるアポトーシス誘導の増強- (研究課題/領域番号: 10671884 )
  • 唾液腺粘液嚢胞発症モデルシステムの樹立とその治療法の開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 06557112 )
  • ヒト唾液腺癌細胞における新規な薬物受容体の検出と分化・アポトーシス誘導機構 (研究課題/領域番号: 06404072 )
  • 高転移性ヒト唾液腺癌細胞株の樹立とその転移機構の解析に関する研究 (研究課題/領域番号: 05671673 )
  • ヒト唾液腺癌細胞を用いた細胞分化誘導剤のスクリーニングシステムの開発 (研究課題/領域番号: 05557084 )
  • 唾液腺癌の分化誘導療法に関する研究 (研究課題/領域番号: 03454467 )
  • Ras癌遺伝子産物p21の発現からみた口腔粘膜癌の臨床的悪性度評価 (研究課題/領域番号: 62570901 )
  • 研究者番号(20144983)による検索